【ダンガンロンパV3】「そして僕は狂った愛に殺される」【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆6vSzk1WFe6 [saga]:2018/08/21(火) 07:16:14.92 ID:93oa96bfO
・ダンガンロンパV3のネタバレがあります(ゲームクリア後の閲覧を強くおすすめします)
・流血、死亡表現があります
・紅鮭団時空です
・全キャララブラブ度最大からスタートです

「うぷぷ……全員で生還できるよう頑張ってね!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534803374
2 : ◆6vSzk1WFe6 [saga]:2018/08/21(火) 07:18:58.47 ID:93oa96bfO
……

………

…………

ピンポンパンポーン

「オマエラ、おはようございます! 朝です、7時になりました! 起床時間ですよ〜! さぁて、今日も張り切って行きましょう〜!」

最原「……ん……朝か」

最原「ふぅ……」

最原(…昨日でこの学園に閉じ込められてから10日が経った)

最原(…本来は10日経つとここから出してもらえるって話になってたんだけど……)

―――――――――――――――――
3 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/21(火) 07:20:54.17 ID:93oa96bfO

……

………

百田「ハァ!?ここでの生活を続けるだと!?」

モノクマ「うぷぷぷ……そうでーす!視聴者からのリクエストを受けここでの学園生活を延長することが決定しましたー!」

東条「最初に聞いていた話とは違うわね。10日経ったら出してくれるという話ではなかったかしら?」

転子「そうですよ!話が違います!いつになったらここから出られるんですか!?」

夢野「一度した約束を破ってはいけないと、ウチのママも言っておったぞ」

モノクマ「だってしかたないじゃーん!視聴者がそれを望んでるんだからさー!」

天海「視聴者って、これを見てる人等がそれを望んでるんすか?」

モノスケ「そうやで。ワイらも約束と違うことはしたくなかったんやけど……視聴者がどーしてもやってくれ言うからな……。ほら、今の時代視聴者からの声を取り入れないとすぐ炎上するやん?やからこれも苦肉の策っちゅーかなんちゅーか……」

モノファニー「ほーんと、生き辛い世の中になっちゃったわねー」

モノキッド「そういうわけでお前らの学園生活を続けることになったっつーわけだ!ヘルイェー!」

最原「そ、そんな勝手な………」

春川「ま、そんな騒いでも仕方ないんじゃない?モノクマが意見を変えるとも思えないし…第一、期間が延長されるだけなんでしょ?」

モノクマ「その通りです!今までと同じように過ごしてもらうだけだよー!」

赤松「まぁ確かに…それだけなら不都合はないかもしれないけど……」

王馬「ま、オレは楽しければなんでもいいけどさー、結局俺らはいつになったら出られるわけ?」

モノクマ「あぁ、その辺は安心してよ。期間を延長するって言っても20日程度だからさ」

モノスケ「あんまり長引かせ過ぎてもマンネリ化するやろうからな。そうならないためにこっちは必死やで」

モノクマ「それにほら、まだここに居たいって人だっているでしょ?この10日間でみんなの絆も深まったはずだしねー」

星「確かに……俺はここから出ても塀の中にぶち込まれるだけだからな。名残惜しくないと言えば嘘になる…」

入間「ケッ…まぁここには発明に必要な道具も施設も一通り揃ってやがるからな。俺様の天才的な発明をするには持ってこいなのは確かだ」

モノクマ「でしょー?こんな充実した施設なんてそうそうないんだからみんな楽しまなきゃ損だよ!視聴者もそれで喜ぶしねー」

モノダム「仲良ク生活シテ来タ皆ナラ…ダイジョーブ……ダヨ」

天海「まぁ確かに……ここにはこんな色んな人達がいますし……楽しめるのは間違いなさそうっすね」

百田「ま…それもそうだな。よく考えてみりゃーそんなに悪い話でもねーか」

アンジー「主は言いました……みんなここでの残りの期間を仲良く過ごすべきだと」

真宮寺「ククク……ここには美しい人がたくさんいるからネ……退屈することはなさそうだヨ……」

王馬「ま、人間じゃないのも混じってるけどねー!」

キーボ「王馬くん!ロボット差別はやめてください!」
4 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/21(火) 07:21:53.63 ID:93oa96bfO
モノクマ「ま、そういうわけでお前らにはあと20日間ここで暮らしてもらうから、そういうことでよろしくね!」

モノタロウ「もし何かあればオイラたちを呼んでね!出来るだけ頑張ってサポートするから!」

モノファニー「じゃあ皆で仲良くしてね!陰ながら応援してるわ!」

モノクマ「あ、そうそう!みんなの学園生活をより快適にする為にモノパッドをアップデートしておいたよー」

赤松「アップデートって?」

モノスケ「通話機能とメール機能を付けておいたんや。こういう機能もないとこの先不便や思てな」

最原「ほんとだ……ちゃんと全員分の連絡先が載ってるみたいだね」

王馬「いやー、いい仕事するじゃん!これでいつでもパシリ専用ロボットを呼び出せるよ!」

キーボ「それは…ボクのことではありませんね。ボクは自分の意思で買い物に行くことができますから」

モノキッド「存分に活かして残りの学園生活をせいぜい堪能しやがれ!」

王馬「………なんか怪しいんだよねー」ボソッ

モノクマ「ん?なにか言った?」

王馬「にしし、なんでもないよー
じゃあ俺たちは残りの学園生活を楽しむからモノクマも全力でサポートしてよー?」

モノクマ「勿論です!僕は愛する生徒の為ならどんな努力だって惜しまないよ!サービス残業だろうが帰る時間が遅いせいで家族に冷たくされようが……」ショボーン

モノスケ「あ!お父やんがブルーモードに入ってもうてる!おまえら、行くで!」

モノタロウ「じゃあ皆頑張ってね!」

モノキッド「ヘルイェー!せいぜい楽しみやがれ!モノダム!あいつらの学園生活を派手に祝いやがれ!」

モノダム「ウン……」シュボッ

モノファニー「それじゃ帰りましょ!」

モノクマーズ『ばーいくまー!』
5 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/21(火) 07:22:40.44 ID:93oa96bfO
バーン!バーン!バーン

キーボ「あっ、あれが俗に言う花火というやつですね!すでに学習済みですよ!」

夢野「あの花火の形はモノクマーズの顔に模してあるみたいじゃのう……」

入間「ケッ、ど不細工な花火でオレ様の目を汚しやがって……」

春川「……ていうか話が終わったんならもう寄宿舎に帰っていいんだよね?」

キーボ「そうですね。…現に王馬くんはモノクマの話が終わるや否やすぐ帰ったみたいですし……」

百田「ウシッ、じゃあもう夜だし俺達も寄宿舎に帰って寝るとすっか!」

キーボ「そうですね!……ボクの充電もそろそろ活動限界時間を迎えそうですし」

星「じゃあ今日はここら辺で解散ってことで問題ねーな?」

天海「そうみたいっすね。…じゃあみんな、明日からもよろしくお願いするっす」

最原「うん。こちらこそよろしくね」

……
それにしても学園生活の延長か……
確かにちょっと名残惜しさもあったのは否定できない……
それにここでの皆とは今までの生活で絆を深めてきた
……そう考えると残りの学園生活も楽しみかもしれないな………

赤松「……」 クラッ

最原「ん……赤松さん、どうしたの?」

赤松「あ……最原くん……ううん、ちょっと目眩がしてさ」

最原「え、大丈夫?」

赤松「あはは、流石にもう夜遅いから少し疲れちゃったのかも……うん、大丈夫大丈夫!」

最原「それならいいんだけど…」

赤松「ふぁ……少し眠くなってきちゃった。それじゃまた明日、最原くん」

最原「うん、おやすみなさい赤松さん」

最原(赤松さん、少し顔色が悪かったような……気のせいだといいんだけど)

百田「よーし終一明日からも気張っていくぞ!明日はいつもの倍トレーニングだ!」

最原「あはは、今日はトレーニングもなかったからね……でも倍はちょっと多いんじゃ…」

百田「あぁ?何言ってんだ終一!そんなんじゃいつまでも一生に一度は憧れる地上最強の男にはなれねーぞ?」

最原(…僕はそんなグラップラーみたいな憧れは持ってないんだけどな…)

百田「つーわけで俺ももう寝っから、また明日な!」

最原「うん、おやすみ百田くん」

ガチャ

さて……僕も寝るか
明日からの生活……ちょっと不安だけど楽しみでもある
……ここまで絆を深めてきたみんなとなら今まで以上の時間を過ごせるはずだ………

―――――――――――――――――
6 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/21(火) 07:25:38.80 ID:93oa96bfO
1日目 

【ナカヨシ度(最大5)】
百田解斗  
星竜馬
天海蘭太郎 
獄原ゴン太
王馬小吉
真宮寺是清
キーボ
東条斬美
夢野秘密子
春川魔姫
茶柱転子
白銀つむぎ
夜長アンジー
入間美兎
赤松楓
7 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/21(火) 07:27:03.19 ID:93oa96bfO
最原「さて……と」

最原(期間が延長されたと言っても特別にやることが増えたわけでもないし……)

最原「うん……いつも通りに過ごそうかな」

誰と一緒に過ごしますか?

安価↓1
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/21(火) 07:29:15.83 ID:sOXdz0dz0
王馬
9 : ◆6vSzk1WFe6 [saga]:2018/08/21(火) 08:18:29.49 ID:93oa96bfO
最原(王馬くんと一緒に過ごそうかな………)

………

………

――――食堂

王馬「ぐがーー!ぐがーー!」

最原「……」

最原(王馬くんが机に突っ伏したまま寝ているみたいだけど……)

最原「…王馬くん?」

王馬「ぐがー、ぐがー……ん〜…しゃいはらちゃん?」ゴシゴシ…

最原「こんな所で寝てたらまた東条さんに怒られるよ?この前もそれで追いかけ回されてたし…」

王馬「んー?もしかして最原ちゃんオレの心配してくれてるの?最原ちゃんがオレのことをそこまで心配してくれてたなんて……」

最原「……」

王馬「そんな嫌そうな顔しないでよー。分かってるよ、東条ちゃんを無駄に怒らせたくないだけでしょー?」

最原「…うん。東条さんはいつも頑張ってくれてるし余計な心労を増やしたくないって言うか…」

王馬「にしし、最原ちゃんも結構言うようになったね!総統のオレを心労の原因扱いするなんてさー。ま、実際そうなんだけど」

王馬「でも、でもそれでもオレはここで寝るよ!
昨日徹夜したからとっても眠いんだ!」グー

最原「ちょ、ちょっと王馬くん!?眠いなら自分の部屋で…」

王馬「グガーー!グガーー!」スピー スピー

最原(だ、ダメだ…!鼻ちょうちんまで作って爆睡してるみたいだ…)

最原「でも……こんな所東条さんに見られたらまた…」
10 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/21(火) 08:19:47.99 ID:93oa96bfO
ガチャ

東条「あら、おはよう最原く……」

最原「…あ」

王馬「グガーー!グガーー!」

東条「……王馬君」

王馬「……ん…しつこいなぁさいはらちゃん……オレはここで寝る…って…」ガタッ

東条「…おはよう、王馬君」

王馬「あー、東条ちゃんかー!おはようおはよう!奇遇だね〜こんな所で会うなんてさ〜」

東条「そうね……ねぇ王馬君?」

王馬「…ん?」

東条「何度も散々注意したのにまだ分かってくれてないみたいね…私とても悲しいわ」

王馬「んー、いや〜…ハハ…さっきのは寝てたっていうかね、徹夜明けの生理現象って言うか…」

東条「……」

王馬「いや〜…あの〜……」

東条「……」ゴゴゴ

王馬「……東条ちゃん?」

東条「…どうやら王馬君にはしっかりと理解してもらう必要があるみたいね」ゴゴゴゴゴ…

王馬「は、はは…」

……その後王馬くんは学園中を逃げ回ったが結局東条さんから逃げ切ることが出来ずに追い詰められることになる。
必死の泣き土下座によってなんとかその場を凌ぐことには成功したが、後で東条さんにこってり絞られていた。
…僕はこの時、東条さんだけは怒らせないようにしようと誓った。

………王馬くん、東条さんと一緒に過ごした
王馬小吉、東条斬美とのナカヨシ度が上がりました!

………まだ時間があるな
誰と過ごそうか?

安価↓1
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/21(火) 08:23:59.75 ID:0aqzetPF0
春川
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 10:53:47.26 ID:XTWNC2j40
何人か病ませても…バレへんやろ…
13 : ◆6vSzk1WFe6 [saga]:2018/08/23(木) 03:11:17.62 ID:3RugQj1M0
最原(春川さんと一緒に過ごそうかな………)

………

………

――――春川の個室

ピンポーン

……

……

ガチャ

春川「…最原?」

最原「おはよう、春川さん」

春川「ハイハイ、おはよう……」

サッ

最原「……?」

最原(春川さん…今なにか隠したような……)

春川「…どうしたの?そんなにジロジロ見て…」

最原「あ、えーっと……」

なんて言おうか……

1.何を隠したか聞く
2とりあえず誤魔化す

安価↓1
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 06:38:25.08 ID:uYH1300i0
1
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 19:11:25.06 ID:5/oHjyuSO
おかえり
待ってたよ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/24(金) 08:12:06.18 ID:pAVqDPPx0
愛されての人か?そうなら超期待
17 : ◆6vSzk1WFe6 [sage]:2018/08/25(土) 06:36:02.95 ID:HJ2KhYaP0
最原「今、何か隠さなかった?」

春川「……」

最原「…あの……春川さん?」

春川「………」

最原「…えぇっと……」

春川「……これのこと?」ヒョイ

最原「これは……ハンカチ?」

春川「うん…作ってみたんだ」

最原「作ったって…春川さんが?」

春川「……うん」

最原「…春川さんが裁縫が上手なんて知らなかったよ。これ、凄く良くできてるし」

春川「……」

春川「…それ、アンタにあげるよ」

最原「え?」

春川「…何、不満なの?」

最原「い、いや…そうじゃなくてさ……本当に僕が貰っていいの?」

春川「…いいよ、別に」

春川「……元々アンタにあげる為に作った物だし……」ボソッ

最原「……?」

春川「…とにかく、貰ってよ」ギロッ

最原「う、うん……」

最原(凄い圧で睨まれてしまった……でもこのハンカチ本当に良く出来てて…手作りとは思えないな)

最原「……ありがとう、凄く嬉しいよ。大事に使わせてもらうね」

春川「……うん」

最原(それにしても……)

最原「………」ジッ…

春川「…何か言いたそうな顔してるけど?」

最原「あ、いや…こんな事言うの失礼かもしれないけど……春川さんが裁縫するなんて……」

春川「…意外?…昔孤児院にいた時は下の子達の服を直したり作ってあげたりしてたからさ」

最原「そっか、それで上達していったんだね」

春川「うん…あの子達外に出る度に服を破ってくるからさ…」フフ

最原(…春川さん、なんだか楽しそうだな…)

………春川さんと雑談して過ごした
春川魔姫とのナカヨシ度が上がりました!

………まだ時間があるな
誰と過ごそうか?

安価↓1


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/25(土) 07:06:55.82 ID:4GphzWADO
赤松
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 22:36:08.14 ID:xlYKMEsG0
復活してたのか
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 18:26:22.55 ID:xE318Ma1o
ほしゅ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 18:28:16.37 ID:e5xbMzj9O
待ってた
保守
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/18(日) 04:06:38.25 ID:Gf7kyDbu0
保守
14.57 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)