【遊戯王】コナミ「デュエルカーニバル?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/13(火) 20:27:04.50 ID:K/LzZDnRO
・「遊戯王デュエルカーニバル」「遊戯王タッグフォースシリーズ」の2次創作です。
・コナミ君が主人公になります。
・コナミ君の設定に解釈違いがあるかもしれません
・本投稿は初の投稿になります。つまり他のコナミ君ssとは関係ありません。でも正直タイトルはあのssから(ry
・コナミ君が喋ります。
・低クオリティ・亀更新

・はよArcーVとbrainsと初代とGXと5DsとZEXALが遊べてモブが攻略できるタッグフォース7出してくれ

・いくら焦っても立てミスは良くない、何やってんだ遊作(責任転嫁)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542108424
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/13(火) 20:29:23.48 ID:K/LzZDnRO
『welcome to Heart land??!』
『ハートランドへようこそ!』


コナミ「…」

オボット1号「オソウジ、オソウジ…」ガーッ…


コナミ「……」

オボット1号「オソウジ、オソウジ…」ドサドサッ


コナミ「………zzz」
オボット1号「…『ゴミの認証を開始します…認証、成功ゴミと判定しました。直ちに収集を開始します。』」ガーッ…ガーッ…ガーッ…
オボット1号「『ゴミの回収が困難になってます、応援を要請します。支給応援、応援』」



コナミ「…ん…?あ…?」
コナミ「…!?あぁ!?」

オボット達「オソウジー、オソウジー…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/13(火) 20:41:44.57 ID:K/LzZDnRO
オボット1号「『回収を開始します。ターゲット捕捉』」

コナミ「いや、ちょっと…ええ…?ここどこだよ…てかサッパリ記憶が…」

オボット1号「オソウジー!」ヒュン!
コナミ「!えっ!?いや危なっ!危ねぇだろ!お前!人に当たったら…」

オボット達「オソウジー、オソウジー」

コナミ「…何だアレ…ロボ…ロボッ…ト?いやでもあんな丸っこいのネオドミノにあったか…?サテライトにも…」


オボット1号「『対象の行動を確認、デュエルでの排除を本部に提案中…提案中…』」

オボット1号「『提案、了承。ただ今からデュエルによる排除を行います。』」

コナミ「…デュエル?」


「デュエルディスクセット」「ARビジョン、リンク完了」


コナミ「あーもう…何がなんだかさっぱりだが…デュエルをするって事ことだよな…よし!」



オボット1号・コナミ「『デュエル!』」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/13(火) 20:55:57.87 ID:K/LzZDnRO
コナミ LP8000
オボット1号 LP8000


コナミ「あー…こっちの先行か…俺のターン!ドロー!」手札6

コナミ「俺は手札からモンスターをセット!そんでカードを2枚セットしてターンエンドだ!」

コナミ 手札3
モンスター 裏守備1
魔法・罠 2


オボット1号「『私のターン、ドロー。』」手札6

オボット1号「『私は手札から、炎舞−「天?」を発動します。』」


炎舞−「天?」
「炎舞−「天?」」は1ターンに1枚しか発動できない。@:このカードの発動時の効果処理として、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。A:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃翌力は100アップする。


オボット1号「『私はこれによりデッキから武神−ヤマトをサーチし、そしてそのまま召喚します。』」


武神−ヤマト
1ターンに1度、自分のエンドフェイズ時に発動できる。デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を手札に加える。その後、手札を1枚墓地へ送る。「武神−ヤマト」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/13(火) 21:40:49.39 ID:kvOkXZnD0
オボット1号「『バトルフェイズ、武神ーヤマトで裏守備モンスターを攻撃します。』」

コナミ「セットモンスターは…霧の谷の見張り番!守備1900だから破壊はされないな!」


霧の谷の見張り番 攻1500 守1900
霞の谷を代々見張り続ける、見張り番一族の末裔。
谷で起こる出来事は、どんな些細な事も見逃さない。


オボット1号「『ダメージステップに手札から武神器−ハバキリのモンスター効果を発動。』」


武神器−ハバキリ
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
戦闘を行う自分のモンスターの攻撃翌力は、そのダメージ計算時のみ元々の攻撃翌力の倍になる。


オボット1号「『これにより武神ーヤマトの攻撃翌力は3600となります。』」

コナミ「…マジで?」


武神ヤマト「…フンッ!」
霧の谷の見張り番「…!!!」ドカーン!


オボット1号「『バトルフェイズ終了、メインフェイズ2私はカードを2枚セット』」


オボット1号 手札3
場 武神ーヤマト 炎舞ー「天キ」伏せ2

オボット1号「『そしてターン終了時、武神ーヤマトの効果を発動。デッキから武神器ーハバキリを手札に加え手札から武神器ーヘツカを捨てます。これでターン終了。』」


コナミ「ちょっと待った!エンドフェイズにトラップ発動!強化蘇生!こいつの効果で俺は墓地から霧の谷の見張り番をレベルを一つあげて特殊召喚するぜ?」

強化蘇生
(1):自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
そのモンスターは、レベルが1つ上がり、攻撃翌力・守備力が100アップする。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

見張り番「…」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/13(火) 21:55:47.48 ID:cqe6PzS6O
期待
7 : ◆EDAxE0.IbA :2018/11/13(火) 21:57:35.92 ID:kvOkXZnD0
あ、コテつけました…つけれてるかな?

コナミ「俺のターン!ドロー!」手札4

コナミ「(さっきハバキリってのをまた加えてた訳だから3600以下の攻撃翌力のモンスターはヤマトには通用しないって事だよな…なら!)俺は手札からチューナーモンスター、チューニングガムを召喚する!」
チューニングガム「ニィ…(クチャクチャクチャ…)」


チューニングガム 攻400 守1200
「チューニングガム」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱う。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターでしか攻撃できない。
(2):自分フィールドのSモンスター1体のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にする。

オボット1号「『チューナーとチューナー以外…データ照合中…データ照合中…』」

コナミ「んでもって行くぜ!俺は!レベル5の見張り番とレベル1のチューニングガムでシンクロ召か…」


『error、error』

コナミ「…えっ?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2018/11/13(火) 22:11:16.09 ID:/chbsSTgO
sagaいれろ

翌が消えるぞ!
9 : ◆EDAxE0.IbA :2018/11/13(火) 22:12:29.43 ID:kvOkXZnD0
コナミ「えっいやちょっと…あれ?壊れたか?確かに何回か枕にした事はあるけどサティスファクションオリジナル製だぞー…おーい…もしもーし…」コンコンコン…

『error、error、シンクロモンスターの存在が確認出来ません。召喚できるモンスターが存在してません。』

オボット1号「『スキャンしたところそのディスクに異常は見られません。』」
コナミ「いやそんな訳ないだろ…6シンクロは確か何枚か入ってた筈だぞ…確かコーラルドラゴンあたり…が…」


コナミ「…ない、ないないない!?ちょっと待て!?シンクロモンスターが1枚しか入ってない…だと!?…タンマ、待て、一体どこやった…?上着のポケットか?それとも…」


オボット1号「『ただちにデュエルを進めてください。デュエルを放棄するなら我々は直ぐに回収を…』」

コナミ「あー分かった!分かった分かった!だからとりあえずそのアーム振り回すのやめろ!やめろってば!…とりあえず今はこのまま続けるしかないよな…俺はカードを1枚伏せてターンエンドだ。」

コナミ 手札2
場 見張り番(強化蘇生)チューニングガム 伏せ2







10 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/13(火) 22:31:01.14 ID:kvOkXZnD0
undefined
11 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/13(火) 22:49:54.06 ID:kvOkXZnD0
あれ?消えとる…

オボット1号「『私のターン、ドロー』」手札4

オボット1号「『私は手札から武神器ーサグサを召喚します。』」
サグサ「(ピョーン)」

武神器ーサグサ 攻1700 守500
墓地のこのカードをゲームから除外し、自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターはこのターンに1度だけ戦闘及びカードの効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
「武神器−サグサ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

オボット1号「『そして私は武神ーヤマトと武神器ーサグサの2体を…オーバーレイ!』」

コナミ「?オーバー…レイ…!?何だ!?こんなエフェクトシンクロでは見たことないぞ…!?」

ヒュイーン…
ヒューン…ヒューン…ドドォォォン!


オボット1号「『エクシーズ召喚!現れろ!「武神帝ースサノヲ」!』」
武神帝ースサノヲ「…!」

武神帝ースサノヲ
「武神」と名のついたレベル4モンスター×2
このカードは相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃できる。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「武神」と名のついたモンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
「武神帝−スサノヲ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

コナミ「…何だこのモンスター…シンクロ…じゃないし融合…にも見えなかったよな…しかもなんだ…?あのふわふわした物体…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/13(火) 22:58:25.49 ID:/chbsSTgO
たしか改行しすぎかなんかでなるんだっけ?
13 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/13(火) 23:11:22.93 ID:kvOkXZnD0
オボット1号「『私は武神帝ースサノヲのモンスター効果を発動、オーバーレイユニットを一つ取り除きデッキから武神モンスターを選びそれを墓地に送るか手札に加えます…私は武神器ーハチを墓地へ』」

武神器ーハチ 攻1700 守500
自分のメインフェイズ時、自分フィールド上に「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが存在する場合、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
「武神器−ハチ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

オボット1号「『そして今送ったハチの効果の効果、貴方の魔法罠を1枚破壊します。私はセットされている右のカードを選択。』」

コナミ「墓地からモンスター効果だと!?…だけど割られるトラップ発動!捨て身の宝札!コイツの発動条件はクリアしてるからな!2枚ドロー!」手札4

捨て身の宝札
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター2体以上の攻撃力の合計が、相手フィールド上に表側表示で存在する攻撃力が一番低いモンスターよりも低い場合、自分のデッキからカードを2枚ドローする。
このカードを発動するターン、自分はモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができず、表示形式を変更する事もできない。

オボット1号「『バトルフェイズ、スサノヲは相手の全てのモンスターに一度ずつ攻撃が可能です。』」
コナミ「…うそん…」

オボット1号「『スサノヲで霧の谷の見張り番に攻撃』」

コナミ「トラップ!トラップ発動!セキュリティー・ボール!これで攻撃してきたスサノヲは守備表示になるぜ!…相川からプレゼントされたカード入れといて良かったー…」

セキュリティー・ボール
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
その攻撃モンスター1体の表示形式を変更する。
相手の魔法・罠カードの効果によって、セットされたこのカードが破壊され墓地へ送られた時、フィールド上に存在するモンスター1体を選択し破壊する。

オボット1号「『…私はこれでターンを終了します。』」

オボット1号 手札3
場 武神帝ースサノヲ守備表示 伏せ2
14 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/13(火) 23:41:29.82 ID:kvOkXZnD0
コナミ「とりあえず大ダメージは防げたけどな…それじゃ俺のターン!」手札5

コナミ「…コイツだけは失くせないよな、俺は手札からチューニングサポーターを召喚する!」
チューニングサポーター「ヘイッ!」

チューニング・サポーター 攻100 守300
(1):フィールドのこのカードをS素材とする場合、このカードはレベル2モンスターとして扱う事ができる。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。


コナミ「俺は!レベル5の見張り番にレベル2として扱えるチューニング・サポーター!それにレベル1のチューニングガムをチューニング!」

コナミ「シンクロ召喚! 閃b竜スターダスト!!」


バサッ…バサッ…カッ!
スターダスト「ヒキャアアアアア!!!!」

閃b竜 スターダスト
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。選択したカードは、このターンに1度だけ戦闘及びカードの効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも使用できる。

オボット1号「『…?????データ、不明、不明。データベースに存在しない、シンクロモンスター、です』」
コナミ「そりゃそうだろ!これはアイツがモーメントで…おっと、あんまりいい過ぎても良くないか…チューニングサポーターがシンクロ素材として墓地に送られたから1枚ドローさせてもらうぜ?」

コナミ「それじゃあバトルだ!行け!スターダスト!武神帝スサノヲを攻撃!いっけー!」
オボット1号「『攻撃宣言時にリバースカード発動、聖なるバリアミラーフォース、この効果で攻撃モンスターをーーー』」

コナミ「いいや!スターダスト自身を対象にしてスターダストの効果!コイツの破壊を1ターンに1度だけ無効に出来る!要はミラーフォースは効かないって事だ!そのままスサノヲはーーー」

15 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/14(水) 00:06:47.92 ID:+xthuumE0
オボット1号「『墓地の武神器ーサグサの効果発動、このカードの効果で武神帝ースサノヲの破壊を1度だけ無効にします。』」

コナミ「あー!そんな効果もあるのか!?クッソー…メインフェイズ2!カードを2枚伏せてターンエンド!」

コナミ 手札3
場 閃光スターダスト 強化蘇生 伏せ2

オボット1号「『私のターン、ドロー。私は再びスサノヲの効果を使用、デッキから武神器ームラクモを墓地に送ります、そしてそのままムラクモを発動。』」手札4


武神器ームラクモ
自分のメインフェイズ時、自分フィールド上に「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが存在する場合、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。
「武神器−ムラクモ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


オボット1号「『貴方のスターダストを対象にします。』」
コナミ「墓地のチューニングガムの効果!Sモンスター1体を対象にする効果を無効にする!」

オボット1号「『私は手札から魔法カード、死者蘇生を発動。墓地から武神ーヤマトを特殊召喚します。更に手札から武神ミカヅチを召喚。』」
ヤマト「…ふんっ」
ミカヅチ「せいっ…」


死者蘇生 (制限カード)
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。


武神ーミカヅチ 攻1900 守1500
自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、自分の手札から「武神」と名のついたモンスターが自分の墓地へ送られた場合、そのターンのエンドフェイズ時に1度、デッキから「武神」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
「武神−ミカヅチ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


オボット1号「『私は「レベル4獣戦士モンスター2体でオーバーレイ!」』」


16 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/14(水) 00:44:34.72 ID:+xthuumE0
オボット1号「『エクシーズ召喚!現れろ!武神帝ーカグツチ!』」
武神帝ーカグツチ「…!!!」


武神帝−カグツチ 攻2500 守2000
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送った「武神」と名のついたカードの数×100ポイントアップする。
また、自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊される場合、その破壊されるモンスター1体の代わりにこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。
「武神帝−カグツチ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


コナミ「いや今度のはなんて言うか…デカイな、うん…でももう慣れたぞ!それに何となーくだけどエクシーズ召喚のやり方も見えてきた!もうビビらせようたってそうは」
オボット1号「『武神帝ーカグツチの効果発動、デッキからカードを5枚落としその中の「武神」カードの数×100p攻撃力を増やせます。』」
武神帝ーカグツチ「…セイヤッ!」

ビビット騎士
武神降臨
武神ーヒルメ
サイクロン
武神器ーヤサカニ

オボット1号「『「武神」カードは3枚落ちました。よって攻撃力を300ポイントUPします、そして罠カード剣現する武神を発動』」

以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。
●ゲームから除外されている自分の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して墓地に戻す。

オボット1号「『私はこの効果で墓地から武神器ーハチを墓地に戻します。墓地に戻ったハチの効果で貴方の魔法罠を1枚破壊…右側のカードを破壊します。』

パワーフレーム

コナミ「くっ…!また破壊されるのかよ!」
オボット1号「『バトルフェイズ、武神ミカヅチで攻撃。』」

コナミ「スターダストの効果!1ターンに1度破壊を無効にする!…戦闘ダメージは受けるけどな!」

コナミ LP8000→7600
17 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/14(水) 01:07:24.85 ID:+xthuumE0
オボット1号「『更に武神帝ースサノヲでスターダストに攻撃』」
コナミ「攻撃力は一緒…じゃないよなぁ」
オボット1号「『ダメージステップに手札から武神器ーハバキリの効果、攻撃力を元々の攻撃力の倍に変更します。』」


スサノヲ「…切り捨てる!」
スターダスト「…ピキャアアアアン…」


コナミ「スターダスト…!クソっ…」
コナミ LP7600→5300

オボット1号「『私はこれでターンを終了します。』」
コナミ「エンドフェイズ!俺は永続トラップ、闇の増産工場を発動する!この効果で俺は手札から超時空戦闘機ビック・バイパーを墓地に送ってカードをドロー!…?」


闇の増産工場
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。


超時空戦闘機ビック・バイパー
パワーカプセルにより、様々な能力を発揮する超高性能戦闘機。


コナミ「…?俺のターン、ドロー…???(あれ…?こんなカードいつのまに入れたっけ…?まあ兎に角テキストを…)」


???「はっ!グリーン!遂に引かれたぞ!遂に我々の出番が来たと言う事だ!!!」
???「レッド隊長!!!やりましたね!遂に僕達が活躍できるチャンスが到来しました!では早速我々の機体を…」


コナミ「…ってなるほど…おーい、そこの2人ー、聞こえてんのかー?返事しろー」

???「「!」」
18 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/14(水) 23:57:05.44 ID:+xthuumE0
???「む…!?何と!?今司令官殿は我々の事を呼んだのか!?つまり我々の事が見えていると…?」

コナミ「あー…うん、一応見えてるぞー。まああれだよな、カードの精霊って奴だよな?」

???「…それにしては驚いていないようでありますが…普通我々の姿は人間には見えない筈ですので、声をかけられるなんて初めての事で…」

レッドレイヤー「いや、いきなり現れて申し訳ない。私の名前はレッドレイヤー!そして私の隣の彼はグリーンレイヤー隊員だ!第3次元デュエル空間にて人々の平和と自由を守るため日夜活躍を行なっている戦隊で我々のことは」


コナミ「分かった、取り敢えず何の影響か分からんけど俺のデッキに入ってたって事はカードとして使用してもいいって事か?…いや、駄目ならいいんだけど」

レッドレイヤー「…勿論!全く問題ないぞ!だが我々の戦いには常に専用の「友(マシーン)」が必要なのだ!我々を友に乗せ、その力を最大限に発揮してくれる事を推奨する!」

グリーンレイヤー「そして我らがマシーンはこの箱の中に待機しております!私はレベル4が2体!隊長はレベル5が2体必要です!では!」


コナミ「…いや、ちょっと待てよ!…あっ、エクストラに引っ込んで…エクストラ?って事はアイツら…」

オボット1号「『先程から空になんらかの言葉を投げかけています。然るべき治療施設への案内、探索中…探索中…』」

コナミ「ってまだ俺のターンなんだよな…取り敢えずワカンねぇけどレベル4とレベル5のモンスター、二体づつ揃えればいいって事か!そうと決まれば…!」
19 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/15(木) 00:13:57.87 ID:9J1V4iDL0
コナミ「俺は手札から超量士グリーンレイヤーを召喚!」

グリーンレイヤー「レッド隊長!お願いします!」
レッドレイヤー「うむ!任せておけ!我々の初戦闘、張り切って行くぞ!」

コナミ「んでもってその効果でレッドレイヤーを手札から特殊召喚する!」


超量士グリーンレイヤー 攻1600 守備1400
「超量士グリーンレイヤー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から「超量」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、手札の「超量」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。


超量士レッドレイヤー 攻2000 守備800
「超量士レッドレイヤー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「超量」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、「超量士レッドレイヤー」以外の自分の墓地の「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。


コナミ「更に俺は墓地から光属性のビックバイパーを除外して手札から霊魂の護送船を特殊召喚する!」

霊魂の護送船「(デンデデンデデンデンデンデンデンデデ!デデデン!デデデン!デデデンデンデデデン!)」


霊魂の護送船 攻1900 守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に存在する光属性モンスター1体をゲームから除外した場合に特殊召喚する事ができる。


コナミ「そんでラスト!手札から黙する死者発動!墓地の見張り番を蘇らせる!戻ってこーい!見張りばーん!」

見張り番「…」モゾモゾ


黙する死者 魔法カード
(1):自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できない。

20 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/15(木) 00:40:00.15 ID:9J1V4iDL0
レッドレイヤー ☆5
グリーンレイヤー ☆4
霊魂の護送船 ☆5
見張り番 ☆4

レッドレイヤー「うむ!流石だな、司令官よ!これで我々の機体の準備は完了!いつでもエクストラデッキから発進可能だ!」

コナミ「でもこん中には融合できるやつもシンクロの為のチューナーもいないぜ?…てかシンクロはスターダストだけだったし融合もないからもうエクストラにカードは…」

グリーンレイヤー「いえ!司令官殿!エクストラデッキをご確認下さい!」

コナミ「お、おう…んー…!?あー!3枚!入ってるじゃん!これあのエクシーズモンスターと同じ奴!…なるほど、黒いカードなんだな。ダークシンクロとは違った黒さだけど
そんで確かレベル5とレベル4を合わせるんだよな!こう…重ねる感じか?」

グリーンレイヤー「そうそう!そんな感じです!…本当はもう1人メンバーはいるんすけど今はまだデッキの中っすね!」


コナミ「とにもかくにも!俺の人生初のエクシーズ召喚!行くぜええええ!!!!俺は!レベル5のレッドレイヤーと霊魂の護送船!更にレベル4のグリーンレイヤーと見張り番を…」

コナミ「オーバーレイ!!!!!!!」


レッドレイヤー「行くぞ!機体「マグナライガー」!発進準備、OK!点火!」

グリーンレイヤー「こちらも発進準備OKです!機体「エアロボロス」!オールクリア!点火準備OK!」

レッド・グリーン「オールOK!GO!」
21 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/15(木) 01:02:53.81 ID:9J1V4iDL0
undefined
22 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/15(木) 01:16:03.71 ID:9J1V4iDL0
undefined
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/15(木) 01:18:14.79 ID:9J1V4iDL0
undefined
24 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/15(木) 01:21:15.31 ID:9J1V4iDL0
すっげー消えとる…なんでやろ…後効果説明の方法、色々抜け落ちてたり手法変わってですんません

コナミ「エクシーズ召喚!!!!!超量機獣マグナライガー!超量機獣!エアロボロス!」

マグナライガー「グルルルルルォォォォォォ!!!!!」
エアロボロス「キシャアアアアアァァァァァァ!!!!!」


超量機獣マグナライガー
ランク5/炎属性/機械族/攻2600/守2000
レベル5モンスター×2
(1):X素材が無いこのカードは攻撃できない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのカードを破壊する。このカードが「超量士レッドレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。


超量機獣エアロボロス
ランク4/風属性/機械族/攻2200/守2400
レベル4モンスター×2
(1):X素材が無いこのカードは攻撃できない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。このカードが「超量士グリーンレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。


コナミ「…かっけぇー!!!カッコいいなぁオイ!次Dホイール弄る時はこういうの考えてみるかー!」

レッドレイヤー『どうかね!司令官!気に入ってくれたようでなによりさ!…では!次はデュエルでこの機体の強さを証明してみせようか!』

コナミ「おう!俺は!エアロボロスの効果を発動!オーバーレイユニットを一つ取り除いて相手のモンスターを裏守備にする事ができる!俺は見張り番を取り除いて効果を発動!」

グリーンレイヤー『エアロボロス!エフェクトモード起動!システムチェック!GO!』
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/15(木) 09:10:29.48 ID:wJXkGaESO
喋るコナミ君(某SSの影響です)ロスだったので満足です。

ゼアル以降の遊戯王は詳しくないですけど楽しみにしています。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/15(木) 23:40:23.66 ID:mP2xSZVko
こいつは期待できる遊戯王ssが来たな
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 12:03:04.38 ID:Ejy8yvt7O
続き期待
だけど先行ドローってことはマスタールール2?なの?
エクシーズ並べてるし4ではないことはわかるけども
28 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 00:28:00.32 ID:2R6G4k+M0
お待たせしました。今日で初戦闘終わる…筈

オボット1号「『私はその効果に対して墓地の武神器ーヘツカの効果を発動、対象に取られた武神帝ーカグツチへの効果を無効にします。』」


武神器ーヘツカ
星4/光属性/獣族/攻1700/守1200
自分フィールド上の「武神」と名のついたモンスターがカードの効果の対象になった時、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。


エアロボロス『対象、消失!見失いました!隊長!』
レッドレイヤー『焦る事は無い!マグナライガー!エフェクトモード準備!』

コナミ「なら更に俺はマグナライガーの効果を発動!オーバーレイユニットを一つ取り除きフィールドのモンスターを破壊する!俺は護送船を取り除いて…対象は再び武神帝ーカグツチだ!」
レッドレイヤー『マグナキャノン!発射!』

オボット1号「『私は武神帝ーカグツチの効果を発動。オーバーレイユニットを一つ取り除きカグツチの破壊を無効にします。』」

コナミ「ならバトルフェイズ!マグナライガーで武神帝ースサノヲに攻撃!」

オボット1号「『再び武神帝ーカグツチの効果を発動、オーバーレイユニットを使いスサノヲの破壊を無効に。』」
コナミ「だがダメージは受けて貰うぜ?」

マグナライガー 攻2600
スサノヲ 攻2400→2500

オボット1号 LP8000→7900
29 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 00:31:28.74 ID:2R6G4k+M0
このssのルールはゼアル当時、つまりマスタールール2となっております!カードプールは最新のものですがペンデュラムとかリンクモンスターは無しといった感じです。

コナミ「エアロボロス…は攻撃力足りないから攻撃は無しだな…俺はこのままターンを終了!お前のターンだぜ!」

コナミ 手札0
場 マグナライガー ORU1 エアロボロス ORU1
闇の増産工場 強化蘇生

オボット1号「『私のターン、ドロー。』」手札2
オボット1号「『そのままバトルフェイズへ移行します。まずは武神帝ースサノヲでエアロボロスに攻撃』」

エアロボロス『隊長!前方から敵が接近!このままではエアロボロス、大破します!』
マグナライガー『グリーン!こうなったら奥の手だ!我々も出撃する!司令官!指示を頂戴しよう!』

コナミ「ああ任せとけって!俺はエアロボロスの効果を発動!この効果はオーバーレイユニットに「超量士グリーンレイヤー」を所持している場合相手ターンにも使用可能!」

コナミ「オーバーレイユニットを一つ、取り除きモンスター一体を裏守備表示にする!俺はスサノヲを裏守備表示に変更!」
コナミ「更にマグナライガーも同じ効果を持つモンスター!俺はオーバーレイユニットのレッドレイヤーを取り除いてカグツチを破壊する!」

レッドレイヤー「行くぞ!グリーン!」
グリーンレイヤー「ハイ!隊長!」


「「今!必殺の…「マグナ!」「グリーン」ブラストーーーーー!!!!!」」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 00:35:40.73 ID:z/8Y4Rl4o
OK
31 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 00:42:43.64 ID:2R6G4k+M0
カグツチ「!!!!!」ドカーン!
スサノヲ「………」クルッ

コナミ「…いや、結構派手だなーおい…爆発のエフェクトとかスゲーし…あれ?2人とも消えたけどモンスターとか大丈夫かー?おーい?」

レッドレイヤー(ああ!問題はない!今そちらにグリーンを援軍に寄越そう!我々のマシーンは乗り手がいなければ動かす事は出来んのだが…頼むぞ!司令官!)

コナミ「おっ、レッド助かる!俺は墓地に送られたレッドレイヤーのモンスター効果!墓地からこいつ以外の超量モンスターを復活させる!戻ってこい!グリーンレイヤー!」

グリーンレイヤー「せりゃ!隊長の思い…僕が無駄にはしませんよ!」

オボット1号「『…私はカードを1枚、セット。これでターンを終了します。』」

オボット1号 手札1
場 スサノヲ裏守備 伏せ1

コナミ「このエンドフェイズに俺は闇の増産工場の効果を発動する!フィールドのエアロボロスを墓地に送ってカードを1枚ドロー!」

グリーンレイヤー「お疲れ様っす…ゆっくり休んで下さい!エアロボロス!」
32 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 00:54:55.98 ID:2R6G4k+M0
コナミ「そのまま俺のターン!ドロー!」手札2

コナミ「俺はフィールドのマグナライガーの効果を発動!フィールドのグリーンレイヤーをこのカードに搭乗させオーバーレイユニットとする!これによりマグナライガーはまた攻撃する事が可能!」

グリーンレイヤー『マグナライガーの動かし方も隊長には教わってるっす!…まあ完璧には使いこなせないんすけど…』

コナミ「そのままバトルフェイズ!マグナライガーで裏守備表示のスサノヲを攻げ…」

オボット1号「『トラップカード、強制脱出装置、これによりモンスター一体を手札に戻します、私はマグナライガーを選択』」


強制脱出装置 通常罠
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

コナミ「おいおいおい!いきなりかよ!?…俺は闇の量産工場の効果を発動!コイツの効果でマグナライガーを墓地に送ってカードを一枚ドローする!サンキューな!マグナライガー!」

マグナライガー『ありがとうっす!後は頼むっすよ〜!』

コナミ「そして今引いたカードもナイスドローだ!俺は手札からライバル・アライバルを発動!その効果で俺は今引いたブラッドヴォルスを召喚!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/17(土) 01:18:54.72 ID:2R6G4k+M0
ライバルアライバル 速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のバトルフェイズに発動できる。モンスター1体を召喚する。


ブラッド・ヴォルス
星4/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200
悪行の限りを尽くし、それを喜びとしている魔獣人。
手にした斧は常に血塗られている。

コナミ「そのままブラッド・ヴォルスで裏守備のスサノヲとバトルだ!やれ!ブラッド・ヴォルス!」

ブラッド・ヴォルス「GYRRRRR!!!!」
スサノヲ「!」ズドーン!

オボット1号「『…スサノヲの守備力は1600ポイント、破壊されます。』」

コナミ「これでスサノヲ撃破!そしてこのままターンエンド!さあ!お前のターンだぜ?」

コナミ 手札1
場 ブラッド・ヴォルス
闇の増産工場 強化蘇生

オボット1号「『では私のターン、ドロ』」


呼び出せ…我を…呼び出せ…
我は異世界からの使者…数字をつかさどる黒きカード…


オボット1号「…ビビビッ…?『私のターン、ドロー…ドロー…ドロー…ド、ロー…ロー…』」

コナミ「…?あれ?おーい?お前のターンだぞー?…いきなり動きが止まったな…故障かー?」
34 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 01:36:41.63 ID:2R6G4k+M0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「お前は…!?」

「勝利の方程式は全て揃った。勝つぞ遊馬」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「さぁ、異世界から「彼ら」がやって来た…お願い出来るね?カイト?」

「…貴様が俺に命令するな、俺はただーーーハルトを救うだけだ」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「…この世界も動き出したようだね、僕たちも行こうか…我が可愛い息子たち」


「はっ、かしこまりました。父さん」

「了解です、父上」

「仕方ねぇ…付き合ってやるよ、お父様様…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『さぁ…さぁ…さぁ!良からぬことを始めようじゃないかぁぁぁ!!!!!!!』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
35 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 01:51:19.49 ID:2R6G4k+M0
コナミ「…?あれ?おーい?お前のターンだぞー?…いきなり動きが止まったな…故障か…?」

レッドレイヤー(…いや、司令官。あのロボットに何か…何か取り憑いている!しかもこの感じは…!)


オボット1号「ビッ…ビビビッ…ビー…ビーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

コナミ「!な、なんだ!?爆発でもすんのか!?おいおいおい!いくらなんでもこんな街中で爆発したら大変な事になるぞオイ!今すぐ止めないと…」

オボット1号?「…ソノシンパイハムヨウダ、サアデュエルヲ再開シヨウカ…」

コナミ「…おっ、よっしゃデュエル再開だな!…
って流石に俺でも分かるぞ…お前誰だよ?」

オボット1号?「流石ニバレルカ…ダガキサマニハカンケイノナイハナシダ、ソレニハナスヨリモサキニキサマニハワガチカラヲミヲモッテアジワセテヤロウ!我ノターン!ドロー!」手札2

オボット1号?「我ハ魔法カード、武神降臨を発動!コレニヨリ墓地、除外ゾーンより武神モンスターヲ二体マデ特殊召喚スル!ヨミガエレ!武神ーヤマト!武神器ーハチ!」


武神降臨 通常魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体と、ゲームから除外されている自分の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターをエクシーズ召喚の素材とする場合、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。

オボット1号?「ソシテソノママエクシーズ召喚ヲオコナウ!光属性レベル4モンスター二体デオーバーレイネットワークヲ構築!エクシーズ召喚!」
36 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:05:15.87 ID:2R6G4k+M0
undefined
37 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:06:35.12 ID:2R6G4k+M0
またやってしまった…

オボット1号?「現れよ!ランク4!武神帝ーツクヨミ!」
ツクヨミ「…」パアァ…


武神帝ーツクヨミ
ランク4/光属性/獣戦士族/攻1800/守2300
光属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
手札を全て墓地へ送り、デッキからカードを2枚ドローする。
また、このカードが相手のカードの効果によってフィールド上から離れた時、その時にこのカードが持っていたエクシーズ素材の数まで、自分の墓地からレベル4の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターを選択して特殊召喚できる。
「武神帝−ツクヨミ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

コナミ「また新しいエクシーズ…!だけどこいつから変な気は感じない…って事は」

オボット1号?「我ハツクヨミノ効果ヲハツドウ!手札ヲスベテ墓地ニオクリカードヲ二枚ドロースル!我ハ手札カラ武神決戦ヲ墓地ニ送リカードヲ二枚引ク!」

オボット1号?「ソシテワレハ引イタ魔法カード貪欲ナツボヲ発動!墓地カラカードヲ5枚選択シ墓地カラデッキニ戻ドシテ二枚ドロー!」手札3


貪欲な壺 通常魔法
(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

武神ーヒルメ
武神ーカグツチ
武神器ーハバキリ
武神器ーヤサカニ
ビビット騎士

オボット1号?「更ニワレハ墓地ニ落チタ武神器ーハチノモンスター効果ヲ発動!貴様ノ闇ノ量産工場ヲ破壊スル!」

コナミ「闇の量産工場の効果…は使用しない、よってそのまま破壊される。」

オボット1号「ソシテワレハ手札カラ武神ーアラスダノモンスター効果ヲ発動スル!ハチガ墓地カラ除外サレタコトニヨリアラスダヲ守備表示デ特殊召喚!」
アラスダ「…」キラキラ…
38 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:18:59.28 ID:2R6G4k+M0
武神ーアラスダ
星4/光属性/獣戦士族/攻1600/守1900
自分のフィールド上・墓地の「武神」と名のついたモンスターがゲームから除外された場合、このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、「武神」と名のついたカードがドロー以外の方法で自分のデッキから手札に加わった場合、そのターンのエンドフェイズ時に1度だけ発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。
「武神−アラスダ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。


オボット1号?「更ニ我ハ装備魔法リビング・フォッシルヲ発動!攻撃力・守備力ヲ1000下ゲ効果ヲ無効ニシテ墓地カラ武神器ーハバキリヲ特殊召喚!」
ハバキリ「(パタパタパタ…)」


リビング・フォッシル 装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
(2):装備モンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンし、効果は無効化される。


オボット1号?「ソシテ我ハ手札カラ武神器ームラクモヲ召喚!ソシテ我ハ…」

「我ハレベル4ノモンスター3体デオーバーレイユニットヲ構築!!!!!エクシーズ召喚ヲオコナウ!!!!!コレニヨリヨビダスノハ我自身!!!!!」

コナミ「!!!!」
39 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:30:32.74 ID:2R6G4k+M0
「現レヨオオオオオオオ!!!!!」


57


コナミ「なんだあれ…繭みてえのが徐々に開いて行って…!?」


「NO.57!!!!!奮迅竜トレスラグーン!!!!!」


ガン!ガン!ガガガガガガガ…!!!!!!

トレスラグーン「ピキャアアアアアアア!!!!!」


NO.57 奮迅竜トレスラグーン
ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻 100/守2600
レベル4モンスター×3
このモンスターは「NO」以外との戦闘では破壊出来ない。
このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
このカードの攻撃力は、選択したモンスターの攻撃力分アップする。
また、相手フィールド上のカードの数が
自分フィールド上のカードの数より多い場合、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、使用していないモンスターカードゾーンまたは魔法&罠カードゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、指定したカードゾーンは使用できない。


コナミ「…なんだこのモンスター…!地縛神とも違ぇ…機皇帝とも時戒神とも違ぇ!この…この威圧感は何なんだ!?」
40 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:40:46.59 ID:2R6G4k+M0
トレスラグーン「我は我自身のモンスター効果を発動!このカードが特殊召喚に成功した時貴様のモンスター一体の攻撃力を奪う!「ソウル・ハウリング」!」

トレスラグーン 攻100→2000

コナミ「クッ…!」

トレスラグーン「そして我の攻撃!我自身で貴様の僕に攻撃する!くたばるがいい!」

ブラッド・ヴォルス「グオオオオッ!!!」

コナミ「ブラッド・ヴォルス!ウォッ…!!!!!!」
コナミ LP 5500→5400

レッドレイヤー(司令官!?)
グリーンレイヤー(司令官!?大丈夫ですか!?司令官!?)


コナミ「ウッ…(たった100のダメージでこの衝撃…!これは…)」

トレスラグーン「更に武神帝ーツクヨミで貴様にダイレクトアタック!」

ツクヨミ 攻1800→1900

コナミ「クッソ…!やっぱりこの感じ…この衝撃はテメエの仕業か!」
コナミ LP5400→3500


トレスラグーン「その通りだ…貴様には我の力の贄になってもらおう…」
コナミ「力の…贄…?」
41 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:49:06.26 ID:2R6G4k+M0
トレスラグーン「その通り、我にとってデュエルとは力を得る為の手段に過ぎない。貴様がこの世界初めての相手であったが…貴様の力を得たら貴様の力を我の為に使わせて貰うとしよう…!我はこれでターンを終了」

トレスラグーン 手札0
場 トレスラグーン 武神帝ーツクヨミ
炎舞ー「天キ」

コナミ「なんだよ…それっ…そんな…そんなデュエル…なんて…」
レッドレイヤー(司令官!そなた身体が…)

トレスラグーン「こんなに痛みを伴う決闘はした事がないか?ならばサレンダーするが良い…そうすれば痛みは…」


コナミ「…なんてつまんねぇんだよ、おい」


トレスラグーン「む…?」

コナミ「こんな痛みどうってことはねぇっつうの…!てかさ…!力の為のデュエルってさ…おもろくは…なさそうだよな!」

トレスラグーン「貴様…では貴様はデュエルに何を望むのだ?貴様も決闘をする以上そこに何かを望むであろう?貴様は何を…」


コナミ「…あ?いや望み…んなもんねぇっつの…あーいや一つあるわ…

デュエル、デュエルするためにデュエルしてるわ、俺な…」

トレスラグーン「…貴様、それは一体…」

コナミ「あーもうごちゃごちゃうるせーな!俺のデュエルは俺自身が見せるものが全部だってば!俺のターン!ドロー!」手札2
42 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:49:53.52 ID:2R6G4k+M0
コナミ「俺は手札から魔法カード!マジック・プランターを発動!俺の場の強化蘇生を墓地に送ってカードを2枚…ドロー!」


マジック・プランター 通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示の永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。


コナミ「俺は手札からモンスターをセット!んで伏せカードを伏せてターンエンド!」


コナミ 手札1
場 セットモンスター 伏せ1
43 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:50:46.01 ID:2R6G4k+M0
トレスラグーン「我のターン!ドロー!貴様の話がどうであれ我には関係ない!我は武神帝ーツクヨミの効果を発動!手札を捨てカードを二枚ドロー!我はビビット騎士を捨てカードを二枚ドロー!」手札2

トレスラグーン「そしてこれで貴様は終いだ!我は手札から速攻魔法サイクロンを発動!貴様のセットカードを破壊する!」

サイクロン 速攻魔法
(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。


ビュオオオ…!
波紋のバリアーウェーブフォース


波紋のバリアーウェーブフォース 通常罠
通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。


トレスラグーン「これで貴様の伏せカードは0!そして我は武神ーヤマトで伏せモンスターに攻撃!」

ヤマト「…ふん!」
はにわ「ジー…」ドカーン!


星2/地属性/岩石族/攻 500/守 500
古代王の墓の中にある宝物を守る土人形。


トレスラグーン「そしてこれで終わりだ!武神帝ーツクヨミ!更に我で貴様に直接攻撃!往ね!名も知らぬ決闘者よ!」

レッドレイヤー(司令官!)
グリーンレイヤー(司令官さん!?)
44 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:52:10.07 ID:2R6G4k+M0
コナミ「あー…うん、駄目!まだ俺のリアルライフは渡せないな!俺は手札から煌々たる逆転の女神の効果を発動!」


凛々たる逆転の女神
星6/光属性/天使族/攻1800/守2000
(1):自分フィールドにカードが存在せず、
自分の手札がこのカード1枚のみの場合、
相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
その後、自分はデッキからモンスター1体を特殊召喚できる。


コナミ「逆転の女神様はまだ俺についてるって訳だ!俺はこのモンスターの効果で相手フィールド上のカードを…」


コナミ「全 て 破 壊 す る!」
凛々たる逆転の女神「全て壊すんだ(手札から墓地に行きながら)」

トレスラグーン「なっ、何だと…!貴様っ…!我とその眷属をもだと…!」

コナミ「更にこの効果の使用後!俺はデッキから好きなモンスターを一体特殊召喚する!おれは…コスモクイーンを特殊召喚!」
コスモクイーン「…!」フワフワ…カッ!


星8/闇属性/魔法使い族/攻2900/守2450
宇宙に存在する、全ての星を統治しているという女王。


トレスラグーン「くっ…!我は…我はこれでターンエンド!」

トレスラグーン 手札0
場 なし
45 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:52:57.84 ID:2R6G4k+M0
コナミ「そんじゃ俺のターン!ドロー!」手札1

コナミ「俺は鎧蜥蜴(アーマーリザード)を召喚!」


星4/地属性/爬虫類族/攻1500/守1200
かたい体のトカゲ。大きな口で噛みつかれたら、ひとたまりもないぞ。


コナミ「んでそのままバトル!2体のモンスターでダイレクトアターック!」

トレスラグーン「グオッ!!!!!」
トレスラグーン LP7900→3500

コナミ「よーし!ライフは並んだ!これで俺はターンエンドだ!」

コナミ 手札0
場 コスモクイーン アーマーリザード


トレスラグーン「う…ぐ…!我の…ターン!ドロー!」手札1

トレスラグーン「!我はカードを1枚伏せターンエンド!」
46 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:54:23.06 ID:2R6G4k+M0
コナミ「よーし!行くぜ!俺のターン!」手札1

コナミ「あの感じ…伏せカードは気になるけど…ここは攻撃するしかないだろ!バトルフェイズ!俺は2体のモンスターで総攻撃だー!」

レッドレイヤー(うむ!これが決まれば司令官の勝利だ!)
グリーン(これで決まりです!)


トレスラグーン「まだだ…!まだ!我はトラップカード!エクシーズリボーンを発動!これにより我は墓地のエクシーズモンスターを特殊召喚する事が出来る!」



エクシーズ・リボーン 通常罠
(1):自分の墓地のXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを下に重ねてX素材とする。



トレスラグーン「蘇れ!我が分身…トレスラグーン!トレスラグーンは特殊召喚時に貴様のモンスターの攻撃力を奪う…!これで貴様は…」
47 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:55:47.79 ID:2R6G4k+M0
謎の手「…ピッ!ピッ!」

トレスラグーン「…何故だ!何故トレスラグーンが出てこない!?」


コナミ「俺は墓穴の指名者を発動!コイツの効果で俺は墓地からトレスラグーンを除外した!これでトレスラグーンの特殊召喚は無し!よって攻撃は…」


墓穴の指名者 速攻魔法
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。


コナミ「有効だー!俺は!2体のモンスターでダイレクトアターック!」



トレスラグーン「馬鹿な…!この私が…!負けるなど…!」



トレスラグーン「(…だが、この者の、デュエルを楽しむとは一体…なんだ…?それがーーー)」



トレスラグーン「(それがーーー分からないーーーー)」
48 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 02:56:45.11 ID:2R6G4k+M0








『winner!!!!!デュエリストコナミ!!!!!!』
49 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 03:05:57.10 ID:2R6G4k+M0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オボット1号「ビビッ!ビー…『修復プログラム…作動中…修復、完了しました。再起動を開始します。』」


コナミ「いや最後割と派手に吹き飛ばしたけど大丈夫かなー…あのロボット…おーい…生きてるかー…おーい…」

オボット1号「『再起動、完了。目の前の人物をデュエリスト登録開始。お名前の方は?』」


コナミ「あ、起きた…え?名前?いや自分はコナミって…」

オボット1号「『コナミ、デュエリストコナミ登録完了。ようこそハートランドへ、では失礼します。』」

オボット達「オソウジー、オソウジー…」



コナミ「…結局何だったんだよアイツら…まあ、兎に角ひと段落、かな?」

レッドレイヤー(うむ!我が司令官のおかげで無事問題なく解決した!…ところで先程あのロボット…いやあのカードが使用したモンスターなのだが…)

コナミ「あー…これ、だろ?取り敢えず訳わかんないけど俺が預かっとくよ、誰が拾うか分からんしな。」
50 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 03:11:48.57 ID:2R6G4k+M0
レッドレイヤー(それで良いだろう、だが何かそのカードからは力を感じる…使う時には気をつけてくれ、司令官。)


コナミ「おう。ありがとな…ってあれか、お前ら俺についてくるのか?」

グリーンレイヤー(はい!そうするっす!もう1人のブルーもそれに賛成みたいっすから!)


コナミ「分かった分かった…んじゃ取り敢えず…なんか食うか…それとも泊まれるところ探すか…兎に角行くとするか!」
レッド・グリーン「ラジャー!」
51 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 03:12:59.87 ID:2R6G4k+M0





取り敢えずここまでー
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 08:58:07.11 ID:z/8Y4Rl4o

コナミくんの性格といい使用カード(バニラモンスター、トレスラグーン)某ss思い出すな
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 09:10:39.44 ID:g/kAwSrSO
ブラッドヴォルスは鬼柳のかな?
54 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 10:59:09.24 ID:+8EJZex5O
>>52
ぶっちゃけタイトルとかもあのssのパク…俺は!先人をリスペクトする!!!!!!
文章力とかデュエル構成とか先人リスペクトできてないですけどね!

>>53
鬼柳産のブラッド・ヴォルス
拾ったカードコナミ君には便利便利

コナミ「…って言ってもここらへん土地感0なんだよなぁ…ぜってーネオドミノからは離れてるし…」

レッドレイヤー(司令官、取り敢えず休める所を探してみてはどうかね?先程のデュエルでかなり消耗してるだろう?)

コナミ「あー…これくらいなら何とか…って言ってもちょっと休みてえな、とは言え金も殆ど枯渇してるんだよなー…クソッ、こんな事ならトリシューラプリンなんてツァンに奢るんじゃなかった…」


ポツッ…ポツポツッ…
ザーッ…


コナミ「…っておいおい…雨かよっ!取り敢えず雨宿り出来そうな場所ねぇか!?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハートランド郊外
廃館

コナミ「…まあ廃館なら一晩くらい邪魔しても構わないか…おーい!誰か居ませんかー!…居ないならお邪魔しますよっと…」

グリーンレイヤー((隊長、これ不法侵にゅ…))
レッドレイヤー((…まあこの様子だと人も居なさそうだし、一晩くらいなら良いんじゃないか?司令官もお疲れだろうし…))


???「…」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 11:01:54.86 ID:lQNy1qT8O
何だこの名作になる予感プンプンのSSは!?
支援
56 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 11:09:52.09 ID:+8EJZex5O
コナミ「…取り敢えず中入ったけど…まあ本当に廃館って感じだな…うわ、ここ濡れてんじゃん…てか腹減ったな…こんな調子じゃ台所には何もないだろうし…うーん…」


???「…あ…」


コナミ「…仕方ない、寝るか。そんじゃお休みーーー」


???「あ…あの…」


コナミ「…ん?」クルッ
???「あ…あの…乾パン…入ります?」


コナミ「…」


コナミ「うわあああああああああ!!!!!出たぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
???「いや出てませんから!私ゴーストリックなんかじゃないですからあああ!!!」
57 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 11:11:43.17 ID:+8EJZex5O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「ハグッ…んぐっ…ふー…やっぱ乾パン美味いわ…新パック出たりした時はコイツに限ったしなぁ…レモンヌードルは流石に毎日食ってると飽きたし…」

???「あ、あのー…」

コナミ「あ、悪い悪い。俺ばっか食ってて悪いな…乾パンとか角砂糖とかいる?」

グリーンレイヤー((今何気なく自分の物にしましたね、司令官…))

???「いや、いらないんですけど…てか私食べれませんし…」

コナミ「ん?食べらんない?」

???「いや、私カードの精霊なんです…って言っても信じませんよね…そんな事…」

コナミ「…いや、割と信じるってか今デッキん中いるし…てか今日良くカードの精霊と会うなおい…」


???「え…?」

レッドレイヤー「こんにちはお嬢さん、私の名はレッドレイヤー。司令官がお世話になったよ、ありがとう」
グリーンレイヤー「あ!自分はグリーンレイヤーって言いまっす!もう1人居るんだけど…姉さん照れ屋なんすよね…」

コナミ「…とまあこんな感じだ。てかカードの精霊には何回かあった事もあるし人間になってるのも…ウォッ!?」
58 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 11:15:28.92 ID:+8EJZex5O
???「本物…本物の「エクシーズ戦隊超量ジャー」だー!すっ凄い…本物!」

レッドレイヤー「おや、お嬢さんは私達の事を知ってるんだね。それは嬉しいよ、握手しても良いかな?」

???「は、はいぃ!うわぁ…本物…」

コナミ「イテテ…な…なんだ…結構有名なのか?お前ら…」


???「勿 論 で す !エクシーズ戦隊超量ジャー…彼らと言えば輝かしい戦隊物の歴史において初めてのヒーロー!3人で宇宙に蔓延る悪をばったばったと打ちのめし!お茶の間の子供達の人気者となったスーパーヒーロー!今ではシリーズ化して「M・HEROタイムキング」と肩を並べる「黒蠍レンジャーvsゴヨウレンジャー」まで放送されてますがその初代に会えた事はなんというか素晴らしくてですのそれであの」


コナミ「へぇ〜お前ら凄いんだな…」

グリーンレイヤー((まあ今回ここに降り立った原因はウチらのマグナキャリアの故障が原因なんすけどね…))


???「…兎に角!レッドレイヤーさん達は凄いってわけです!…残念です。ここが明日にも潰されなければもっとお話聞きたかったんですが…」

コナミ「…ん?ここ潰れるのか?」
59 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 11:46:19.15 ID:+8EJZex5O
???「まあ…はい、もうここに住んでた住人は居ませんし…私はただ屋根裏で勝手に住まわせて貰っただけですから…私ももう荷物は畳みましたし…持ってく様な荷物もありませんけど…」

コナミ「ふーん、そっか…でもいいのか?この家、思い入れとか色々あるんじゃないのか?行く当てあんのか?」

???「…そりゃ、ありますけど…でも私には何の権利もないですし…それに迷惑はかけられませんし…カードの姿ならまあ…誰かが拾ってくれるかな…でも私なんて弱いし…誰も拾ってくれないかな…そしたら…あの?」


コナミ「…zzz」

???「ね…寝てますね…」

グリーンレイヤー「あー…」
レッドレイヤー「…まあ、許してやって欲しい。慣れない地で先程まで激しいデュエルをしてたんだ…」

???「い…いやまあ良いんですけど…それじゃ…レッドレイヤーさん達もお休みなさい…」

レッドレイヤー「ああ、お休みお嬢さん…ああ後…」

レッドレイヤー「もう少し誰かを頼る事をしてもいいんだと私は思うぞ。…私もいくつもの死線を潜り抜けられたのは私だけの力じゃないんだ。君は…」


???「…ありがとうございます。やっぱりレッドレイヤーさんはヒーローです…お休みなさい」ガチャ…


レッドレイヤー「…あのように幼き子の笑顔も見れないとは…辛き事だな、司令官よ」

コナミ「…」
60 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 11:48:02.10 ID:+8EJZex5O
翌日 朝

???「…起きて…!起きて下さい…!」

コナミ「…ん?あぁ〜…おはよ…」

???「…おはようございます…それではもうそろそろ取り壊す人達が来るので裏口から出て行って下さい…」

コナミ「あー了解…」

???「…その、本当に短い間でしたがありがとうございました…また何処かで会えたら…その時は宜しくお願いします。」

コナミ「んー…おう…」



???「…寝ぼけ眼って感じですけどね。それじゃあ…」

???「取り敢えずここらへんに落ちて…」ボンッ…

???(あっ…そろそろ入ってきましたね…どんな人が拾ってくれるんでしょうか…男の人かな…女の人かな…兎に角雑に扱ってくれなければ…いや兎に角拾ってくれれば誰でも…鑑賞用でなくてもストレージにでも入れてくれればいいな…)

???(あっ…誰が手にとってくれました…そのままポケットにしまうのかな…あれ?そのまま箱に…?この感じ他にも先客が…)



マグナライガー「グオゥ…」
エアロボロス「キシャ…」
???「…」

スターダスト「クルルォン…!!」

???(…えっ?)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 14:56:53.89 ID:0CRbO7HjO
正体は逆ギレパンダだな!
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 15:22:43.89 ID:tN0vqyGDO
この世界にもニチアサはあるんだな
プリキュア枠は何だろう、マドルチェ?
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 18:26:24.10 ID:0CRbO7HjO
>>62
きっと炎星だよ
64 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 22:41:49.54 ID:2R6G4k+M0
サイカーイ

黒服「何だお前は!?ここはカラットグループの作業場になるんだ!今すぐ出ていきなさい!」

コナミ「おーい!責任者出せー!ワイはここの者に頼まれたんやー!ぐずぐずしてると暴れ出すでー!責任者も摘み出してやるでー!」

黒服「なんだと…!お嬢様をお守りしろ!全員でコイツを取り押さえ…」


「待って下さいませ!」


コナミ「…おう、あんちゃんが責任者のもんか?
(にしてもまた…また令嬢かよ…もうアイツらみたいなのはこりごりだっての…)」

黒服「お嬢様!お下がり下さい!ここは我々で…」

「いえ、大丈夫です…そこの方、私に何か御用ですか?」

コナミ「おう!ワイの名前はコナミってゆう者やけどど…」「…普通にお話されても大丈夫ですよ?」


コナミ「…あーはい……ここの立て壊し、なんとかなんねぇか?お嬢様?」


「それは…あら、申し遅れましたわ。私エンジェル・カラットと申します。以後お見知り置きを」
65 : ◆EDAxE0.IbA :2018/11/17(土) 22:55:41.27 ID:2R6G4k+M0
コナミ「お、おう…そんでさー…いや、結構無理言ってんのは分かるんだけど…立て壊し、どうにか出来ないか?」

カラット「…そうですね…正直なところ、私はこの立て壊しには賛成じゃないんですの。」
コナミ「おおならーーー」

カラット「ーーーしかしながら、会社の令嬢としてはまた別ですの。今の私は「カラットグループ」の令嬢、その立場から言えばーーーダメですわね。」

コナミ「ま、そうなるよなぁ…ならってわけじゃないけど…コイツで決めるってのはどうよ?」デュエルディスク!セット!


カラット「…ええ!やはりそれが一番相応しいですわ!でも私、手は抜きません事よ?」


コナミ「それはこちらも一緒だぜ?さぁ!デュエルだ!」



???(えっ?えっ?デュエル?一体誰がーーーって!?貴方ーーーーーー!!!!!!??????)
66 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 22:56:43.07 ID:2R6G4k+M0





「デュエルディスクセット」「ARビジョン、リンク完了」



コナミ・カラット「「デュエル!」」
67 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 23:13:25.76 ID:2R6G4k+M0
カラット「私のターンからです、私はカードを一枚ドロー!」手札6

カラット「私は手札から天空の使者 ゼラディアスの効果を発動致します!このカードを手札から捨てデッキから天空の聖域を加えこれを発動しますわ!」


天空の使者 ゼラディアス
星4/光属性/天使族/攻2100/守 800
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。デッキから「天空の聖域」1枚を手札に加える。
また、フィールド上に「天空の聖域」が存在しない場合このカードを破壊する。


天空の聖域 フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、天使族モンスターの戦闘で発生する
そのコントローラーへの戦闘ダメージは0になる。


カラット「そして私は手札からモンスターをセット!更に手札を2枚伏せましてターン終了ですわ!」


カラット 手札2
場 セットモンスター 天空の聖域
伏せ2枚
68 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 23:31:31.92 ID:2R6G4k+M0
コナミ「んじゃ俺のターン!ドロー!」手札6

???(その声は…!いや何やってるんですか!?)

コナミ「え?いや何って…デュエルデュエル、この廃館をかけてあのお嬢様とデュエルしてるって感じだけど…」

???(いや何で貴方が…だって貴方はこの館とは何も…)


コナミ「いやーだってメシ貰っちまったしさー…流石になんもしないで出て行くのはマズいだろ?…あー後!後デュエルしたかったとか!色々あるけどなー!

???(そんな…理由で…?)

コナミ「あ!その代わり力貸してくれるか!?さっき見たけどお前モンスターエクシーズなんだよな?機会があったら出してもいいか?」

???(…でも私…弱っちいですしそれに…)


コナミ「俺は手札から魔の試着部屋を発動!」
???(話聞いてます!?)

コナミ「ライフを800払って効果発動!デッキの上から4枚めくってレベル3以下のモンスターを可能な限り特殊召喚する!俺はこれによってデッキトップから…」8000→7200

カラット「お待ちになって下さい!私はカウンター罠カード、神罰を発動!天空の聖域がある時、貴方が発動したカードの発動を無効にしますわ!よって魔の試着部屋は無効です!」
69 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/17(土) 23:50:01.08 ID:2R6G4k+M0
魔の試着部屋 通常魔法
800ライフポイントを払う。
自分のデッキの上からカードを4枚めくり、
その中のレベル3以下の通常モンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
それ以外のカードはデッキに戻してシャッフルする。


カウンター罠
(1):フィールドに「天空の聖域」が存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。


コナミ「800払い損ってわけですか…!なら俺は手札から冥界の使者を召喚する!」
冥界の使者「オオ…オオオ…!」


冥界の使者
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守 600
このカードがフィールド上から墓地に送られた時、お互いに自分のデッキからレベル3以下の通常モンスター1体を選択し、お互いに確認して手札に加える。
その後デッキをシャッフルする。


コナミ「そのまま冥界の使者でセットモンスターに攻撃!」
カラット「セットモンスターはシャインエンジェル…破壊されますわ。」


シャインエンジェル
星4/光属性/天使族/攻1400/守 800
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、デッキから攻撃力1500以下の光属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚できる。


カラット「ですが破壊されたシャインエンジェルの効果!私はデッキから力の代行者ーマーズを特殊召喚致します!」
マーズ「…」ムキッ…
70 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/18(日) 00:06:54.00 ID:hjSatBEf0
コナミ「力の代行者マーズ…って確かスゲー強くなる奴だよな…メインフェイズ2に入ってカードを2枚セット!これでターンエンドだ!」

コナミ 手札2
場 冥界の使者 伏せ2枚

カラット「では私のターンです!ドロー!…ふふふ…これは良いカードを引きましたの!」手札3

コナミ「う…やな予感すんぞおい…」

カラット「私は手札から神秘の代行者ーアースを召喚致します!」
アース「フフフフフ…」


神秘の代行者ーアース チューナー
星2/光属性/天使族/攻1000/守 800
このカードが召喚に成功した時、自分のデッキから「神秘の代行者アース」以外の「代行者」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、代わりに「マスター・ヒュペリオン」1体を手札に加える事ができる。


カラット「私はこのカードの効果で代行者…ではなく!マスター・ヒュペリオンを一枚サーチ致します!この効果は場に天空の聖域がある時にのみ発動可能!」

カラット「そして私はフィールドのアースを除外して手札からマスター・ヒュペリオンを特殊召喚致します!来てくださいませ!マスター・ヒュペリオン!!!」


マスター・ヒュペリオン「……」ドドドドドドドド…カッ!

コナミ「…やっぱデカイよなぁ…コイツ…」


マスター・ヒュペリオン
星8/光属性/天使族/攻2700/守2100
このカードは、自分の手札・フィールド上・墓地に存在する「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する天使族・光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、この効果は1ターンに2度まで使用できる。
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/18(日) 13:39:59.52 ID:ydoWKO5AO
エンジェル・カラット「かっとビングよ、私!」
72 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/18(日) 23:36:02.96 ID:hjSatBEf0
お待たせしました。

カラット「私はマスター・ヒュペリオンの効果を発動!墓地から天使族モンスターを一枚除外してフィールド上のカードを一枚破壊いたします!私はゼラディアスを除外して貴方の冥界の使者を破壊!」
冥界の使者「ウ…ウォォ…アー…」シュン…

コナミ「蒸発したみたいになってんぞおい…フィールドから墓地に送られた冥界の使者の効果!互いにデッキからレベル3以下の通常モンスターを手札に加える!
俺はデッキからチューン・ウォリアーを手札に!」


チューン・ウォリアー チューナー
星3/地属性/戦士族/攻1600/守 200
あらゆるものをチューニングしてしまう電波系戦士。
常にアンテナを張ってはいるものの、感度はそう高くない。


カラット「では私は…デッキから神聖なる球体を手札に加えます!」


神聖なる球体
星2/光属性/天使族/攻 500/守 500
聖なる輝きに包まれた天使の魂。
その美しい姿を見た者は、願い事がかなうと言われている。
73 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/18(日) 23:45:40.95 ID:hjSatBEf0
カラット「そして私はマスター・ヒュペリオンの更なる効果!天空の聖域が場にある時この効果を2回発動させる事が可能となります!私はシャインエンジェルを除外して…右の伏せカードを破壊!」

マスター・ヒュペリオン「…」ゴゴゴゴゴ…ピッ!

コナミ「うおっ!?…破壊された伏せカードは…ラッキー!運命の発掘!カードを1枚ドロー!」手札4

運命の発掘 通常罠
(1):自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地の「運命の発掘」の枚数分だけ、自分のデッキからドローする。

カラット「外れ…でしたの?ですが!このターンでトドメをさせば何てことありません!私は永続罠、女神の加護を発動させますわ!これによって私のライフを3000ポイント回復させます!」8000→11000


女神の加護 永続罠
自分は3000ライフポイント回復する。
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードがフィールド上から離れた時、自分は3000ポイントダメージを受ける。
74 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/19(月) 00:17:50.95 ID:J5GOU3QV0
カラット「これによって私のライフポイントが貴方のライフポイントを3800ポイント上回った為マーズの攻撃力を3800ポイント上昇させます!」
マーズ「…」ビルドアップ! 0→3800

カラット「そしてバトルフェイズ!私はマスター・ヒュペリオンでダイレクトアタック!(この攻撃が通ればマーズの攻撃力が更に上がって6500ポイント!ヒュペリオンと合わせて9200ダメージです!)」


???(ちょっと…!これは不味いんじゃないですか!?ねえ!?)

コナミ「いやいやいや!そう上手くはいかないっての!リバースカードオープン!罠カード!分断の壁!発動!」


分断の壁 通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの全ての攻撃表示モンスターの攻撃力は、相手フィールドのモンスターの数×800ダウンする。


コナミ「これによってそっちのフィールドのモンスターは1600ポイントずつ攻撃力がダウン!」

マスター・ヒュペリオン 「…」2700→1100
マーズ「…」ビルドダウン! 3800→2200

コナミ「んでそのままダメージだ!」

コナミ 7200→6100
マーズ「…」ビルドアップ! 2200→3300

カラット「ワンターンキルならず、ですね…ですが!再びダメージを与えたのでマーズの攻撃力が変動します!
そして攻撃力3300のマーズであなたにダイレクトアタック!」
マーズ「…」斧パンチ!

コナミ「…いってー!でも!兎に角やられずには済んだしな…まだライフは残ってるからセーフセーフ!」
6100→2800
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 00:49:43.03 ID:auXQZGXSO
乙です。

やっぱりコナミ君はこうでなくちゃ。
76 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 21:26:21.97 ID:wDQIgGTI0
大変遅くなりました!
更新再開します!

カラット「そしてこの攻撃で更にマーズのら攻撃力はプラスされます!」
マーズ「…!」ビルドアーップ!3300→6600

カラット「…私はこれでターンを終えますわ…」

カラット 手札3
場 マスター・ヒュペリオン(攻撃力1100)力の代行者マーズ(攻撃力6600)天空の聖域
女神の加護


コナミ「でも結構喰らったな…そんじゃ俺のターン、ドロー…ってこのカードは…」手札5

???(…あっ!そのカード…それって!)


ブルーレイヤー「ああ…遂に引かれちゃいました…!いや、恥ずかしいです…!デッキに…!デッキに返して…!」

???(間違えないです!ブルーレイヤー!ブルーレイヤーさんですよこの人!レッドさんやグリーンさんの仲間の!
うわぁ…この照れ具合も含めて本物だったんだぁ…!)

ブルーレイヤー「いやそういうのいやホント嬉しいんですけどちょっとヤバイっていうかちょっとキツイです〜無理です〜返して下さ〜い…」

コナミ「あー…あの…そのー…召喚しても…いいか?」

ブルーレイヤー「それは大丈夫なんですけど…!出来るだけ早く機体に乗せて下さいね〜お願いします〜司令官〜」ヒュン

???(うわあ…!伝説のエクシーズ戦隊の3人…どれも迫力があるなぁ…!)

コナミ「…お、おう…了解しましたよっ…と!そんじゃデュエル再開だ!俺は手札から悪魔への貢物を発動!」
77 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 21:28:38.96 ID:wDQIgGTI0
悪魔への貢物 通常魔法
フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して墓地へ送り、手札からレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。


コナミ「俺はコイツの効果で特殊召喚されたカードを1枚墓地に送る!俺はマスター・ヒュペリオンを選択!墓地に送ってもらうぜ!」

マスター・ヒュペリオン「…」ゴゴゴゴゴ…ヒュン…

コナミ「更に手札からレベル4以下の通常モンスターを特殊召喚する!来い!チューン・ウォリアー!」
チューン・ウォリアー「チュミーン!」

コナミ「そして手札から超量士ーブルーレイヤーを召喚!」
ブルーレイヤー「いや何かめっちゃデカイ人いるじゃないですか何ですかあれあー言う相手は隊長が相手するのが普通」


超量士ーブルーレイヤー
星3/水属性/サイキック族/攻1200/守2000
「超量士ブルーレイヤー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「超量士ブルーレイヤー」以外の「超量」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「超量」カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。


コナミ「ブルーレイヤーは召喚・特殊召喚した時デッキから「超量」カードを1枚手札に加える事が出来る!俺は「超量妖精アルファン」をサーチ!」
78 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 21:32:02.91 ID:wDQIgGTI0
コナミ「そして俺はレベル3モンスター2体でオーバーレイネットワークを構築しエクシーズ召喚を行う!こい!ランク3!」

ブルーレイヤー「…機体「グランパルス」スタンバイ!メインエンジン!後方エンジン!OK!出撃準備完了致しました!」


コナミ「エクシーズ召喚!超量機獣グランパルス!」


グランパルス「…」ボコボコボコ…


超量機獣グランパルス
ランク3/水属性/機械族/攻1800/守2800
レベル3モンスター×2
(1):X素材が無いこのカードは攻撃できない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このカードが「超量士ブルーレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。


コナミ「俺はエクシーズ召喚されたグランパルスのモンスター効果を発動!このカードのオーバーレイユニットを一つ取り除く事でフィールド上の魔法・罠を一枚破壊する事が出来る!」

コナミ「チューンウォリアーを取り除いて天空の聖域を破壊!…これで確かマーズの効果は適用されない筈だよな!」

カラット「…っ!…はい、その通りですわ…!これでマーズの攻撃力は…」


星3/光属性/天使族/攻 0/守 0
このカードは魔法カードの効果を受けない。
自分フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在し、
自分のライフポイントが相手より上の場合、
その数値だけこのカードの攻撃力・守備力がアップする。


マーズ「…」ビルドダウン! 6600→0
79 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 21:38:44.52 ID:wDQIgGTI0
コナミ「元々の数値に戻る!要は0に戻るって事だ!バトルフェイズ!俺はグランパルスでマーズに攻撃!」

グランパルス『メインスラスター、オープン。オートロックオン開始…発射します!』
マーズ「ぐぉっ…!」

カラット「くうっ…!やりますわね!ですけどまだ私の方がライフはまだまだあります!勝負はこれからです!」LP 11000→9200

コナミ「俺は手札を1枚伏せてターンエンド!」


コナミ手札2
場 グランパルス 伏せ1


カラット「私のターン!ドロー!」手札4

カラット「私は手札から魔法カード!救援光を発動致します!私は800ポイントLPを払って除外されてる光属性を手札に戻します!私は天空の使者ゼラディアスを手札に加えます!」LP 9200→8400


救援光 通常魔法
800ライフポイントを払い、ゲームから除外されている自分の光属性モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを手札に加える。


カラット「そして私はゼラディアスを手札から捨てて2枚目の天空の聖域を手札に加えてこれを発動…」

コナミ「天空の聖域の発動時にグランパルスの効果を発動!この効果は相手ターンでも使用可能だからな!俺はブルーレイヤーを取り除いて天空の聖域を破壊する!
…ブルーレイヤー…お願いしてもいいかー?」
ブルーレイヤー「いえ…その…そりゃいいんですけど…でもできればその…掛け声を…」

???(掛け声…!ブルーレイヤーお姉ちゃーん!頑張ってー!)


ブルーレイヤー「ブルーレイヤーブラストオオオオ!!!!!」ドカーン!
80 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 21:44:36.12 ID:wDQIgGTI0
コナミ「…なんだ今の…あ、墓地に行ったブルーレイヤーの効果でブルーレイヤー自体をデッキに戻すぜ」
???(ブルーレイヤーさんへの「いつもの掛け声」ですっ!あっちなみにレッドレイヤーさんの場合がですね…)

カラット「まだです!私は手札から永続魔法!神の居城ーヴァルハラを発動します!」


神の居城ーヴァルハラ 永続魔法
永続魔法
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動と処理ができる。


ヴァルハラ「その効果で私は手札から死の代行者ーウラヌスを特殊召喚します!そして手札から神聖なる球体を召喚しますわ!」
ウラヌス「Gugggggi…」
神聖なる球体「(ぽわんぽわん…)」

死の代行者ーウラヌス チューナー
星5/闇属性/天使族/攻2200/守1200
(1):フィールドに「天空の聖域」が存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「代行者」モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルは、この効果で墓地へ送ったモンスターのレベルと同じになる。


ウラヌス「Gooooo…」ヒュン
カラット「ウラヌスの効果で私はデッキから裁きの代行者ーサターンを墓地に送ってそのモンスターのレベルと同じにします!サターンはレベル6ですのでウラヌスもレベル6!」

カラット「そして私はレベル2の神聖なる球体にレベル6の死の代行者ウラヌスを…」


カラット「「チューニング」致しますわ!」
81 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 21:56:39.75 ID:wDQIgGTI0
コナミ「この召喚方法は…!」

カラット「シンクロ召喚!おいでなさい!神聖騎士パーシアス!!!!!!」
神聖騎士パーシアス「フッ…ハァッ!」


神聖騎士パーシアス シンクロ
星8/光属性/天使族/攻2600/守2100
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。


コナミ「シンクロ召喚…!こっちにもやっぱりあるんだなぁ!」

カラット「見惚れて頂いて光栄ですわ!ではバトルフェイズ!私はパーシアスでグランパルスに攻撃致します!」

パーシアス「…フン!」ジャキン!
グランパルス「『…グランパルス、損傷。作戦を終了致します』」ドカーン!

???(ああグランパルスが沈んで行きます…被害も甚大さあどうする超量ジャー!次回に続…)
コナミ「続かねえし俺にも被害が出てるっての!あーいてぇ…」2800→2000

カラット「私はこれでターンを終了!」

カラット 手札0
場 パーシアス ヴァルハラ 女神の加護
82 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:20:04.15 ID:wDQIgGTI0
コナミ「俺のターン!ドロー!(…この手札だとパーシアスは倒せない…なら!)俺は手札から超量妖精アルファンを召喚!」手札2
アルファン「アルファ!」キュート!


超量妖精アルファン
星1/光属性/天使族/攻 0/守 0
「超量妖精アルファン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルは対象のモンスターと同じレベルになる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「超量」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを墓地へ送る。


???(アルファン!超量ジャーのマスコット役にして実は重要な役割を持っていそうで何もなかったアルファンちゃんですね!いやーこの年のアルファンちゃん関連のグッズは飛ぶように売れてショップもウハウハだったとか!正に可愛らしいの化身で見るものも癒さ)

コナミ「そして俺はアルファンをリリースして効果発動!デッキから「超量」モンスターを3種類見せてランダムに相手に選ばせる!俺はブルー・グリーン・レッドの三体を選択!…さぁ!選んでくれ!」
???(アルファンちゃーん!?)

カラット「むむ…ランダムですからどれでも良いのですが…真ん中!真ん中のカードです!」

コナミ「真ん中は…超量士ブルーレイヤー!選ばれた超量モンスターを特殊召喚しその他のモンスターは墓地へ!もう一回頼むぞ!ブルー!」


ブルーレイヤー「なんでまた私なんですかー!デッキの殻に閉じこもらせて下さいよー!」
レッドレイヤー「まあそう言ってくれるなブルー!グリーン!ブルーの援護を任せるぞ!」
グリーン「任せて欲しいっすー!タイチョー!後は任せて欲しいっすよー!」
83 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:21:20.67 ID:wDQIgGTI0
コナミ「俺はブルーとレッドのモンスター効果を発動!ブルーの効果でデッキから超量機神剣ーマグナスレイヤーを手札に加えレッドの効果で墓地からグリーンレイヤーを蘇生する!…俺はこれでターンエンドだ!」

???(…マグナスレイヤーは超量機獣の必殺技。でも機獣達は今は呼び出せませんからね…)

コナミ 手札3
場 ブルーレイヤー(守備表示)
グリーンレイヤー(守備表示)伏せ1

カラット「では私の…ターン…!私は!奇跡の代行者ージュピターを召喚致します!」
ジュピター「…」ムキッ


奇跡の代行者ージュピター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1000
1ターンに1度、自分の墓地に存在する「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在する天使族・光属性モンスター1体の攻撃力は、エンドフェイズ時まで800ポイントアップする。
また、フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、1ターンに1度、手札から天使族モンスター1体を捨てる事で、ゲームから除外されている自分の天使族・光属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。


コナミ「また新しい細マッチョ代行者…!」

カラット「私は奇跡の代行者ージュピターの効果!墓地から光属性・天使族のカードを除外してフィールド上の天使族の攻撃力を800上昇させます!マスター・ピュペリオンを除外!」

カラット「私はパーシアスを選択!攻撃力をアップします!」
ジュピター「…ハァッ…!」
パーシアス「フンッ!」2600→3400

カラット「更に私はパーシアスのモンスター効果!相手フィールド上のモンスター一体の表示形式を入れ替えます!私はブルーレイヤーの表示形式を変更!」

ブルーレイヤー「ふぇぇ…」攻1200
コナミ「!やっべ!」
84 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:31:54.25 ID:wDQIgGTI0
カラット「バトルフェイズ!私はパーシアスで守備表示のグリーンレイヤーに攻撃致しますわ!」

コナミ「…あれ?なんでわざわざ表示変更したブルーレイヤーに攻撃しな…!貫通効果持ちか!?」

カラット「その通りです!貴方のライフは残り2000!お祖母様からもなるべくピッタリ0にした方が美しいと言われたのでその通りやらせて貰いますわ!」

グリーンレイヤー「マズイっす司令官…!兎に角司令官の安全を!自分達は大丈夫っすから!」

コナミ「…悪りぃ!トラップ発動!ダメージダイエット!このターン受ける戦闘ダメージを…半分に!」


ダメージダイエット 通常罠
このターン自分が受ける全てのダメージは半分になる。
また、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、そのターン自分が受ける効果ダメージは半分になる。


パーシアス「…ハァッ!」
グリーンレイヤー「司令官には届かせませんっすよ…!司令官!後は頼みます!」

コナミ「サンキューな!グリーンレイヤー!…俺は墓地に送られたグリーンレイヤーの効果!手札からマグナスレイヤーを墓地に送ってカードを1枚ドロー!」2000→1000
85 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:35:06.51 ID:wDQIgGTI0
カラット「また決められませんでしたか…!ですがまだモンスターは残ってます!私はジュピターでブルーレイヤーに攻撃!」

ジュピター「…!」謎ビーム!
ブルーレイヤー「くうっ…!…グリーンさんが意地を見せたんですからね…!司令官!お疲れ様です!」


コナミ「ああ任せとけ!何とかするから大丈夫だ!」1000→700

カラット「…私はターンエンド!この瞬間ジュピターの効果は切れ、元の攻撃力に戻ります!ターンエンド!」
パーシアス「…」3400→2600

カラット 手札0
場 ジュピター パーシアス 女神の加護
86 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:39:01.78 ID:wDQIgGTI0
???(グリーンレイヤーさん…ブルーレイヤーさん…)
コナミ「何とか2人のお陰でギリギリ耐えられたな…てかつえーなオイ…!カラットお嬢様!あんたやるなぁ!」

カラット「お褒めいただき光栄でして!これでもお祖母様とのデュエルの特訓はしております!…お父様も私の成長に気づいて頂ければ良いのに…」

コナミ「…?」

カラット「…なんでもございません、さあ!貴方様のターンです!」


コナミ「はいよっ!俺のターン!ドロー!」手札4


???(でもどうするんですか…?まだライフも彼方の方が遥かに高いですしこっちのライフは風前の灯火ですし…エクストラにも一発逆転ー!みたいなカードは…)

コナミ「いやこれから出すから何の問題もないだろ?あ、スタンバっとけよー?」
???(へ?)
87 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:41:44.11 ID:wDQIgGTI0
コナミ「俺は手札から切れぎみ隊長を召喚!」
切れぎみ隊長「フザケンナ!(声以外も迫真)」


切れぎみ隊長
星1/地属性/戦士族/攻 400/守1200
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。


コナミ「効果で俺は墓地からレベル4以下のモンスターを一体蘇生する!俺が選ぶのは超量妖精アルファン!レベル1モンスター!」
アルファン「アルファンファン!」プリチー!

???(アルファン…って可愛いですけどステータスが一番高いのはブルーレイヤーさんじゃないですか?レベル1を2体並べてどうす…)
???(…いやちょっと待って下さい無理です無理です!私謙遜してるわけじゃないですけど逆転できるような効果持ってないですしそれにああもうエクシーズのエフェクト出てる!引っ張られますって!やめて!出さないでええええ!!!!!)


コナミ「俺は!!!!レベル1のモンスター2体でオーバーレイネットワークを構築ー!!!!エクシーズ召喚ー!!!!!!」


???(ああもう出てしまいますからー!)
88 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 22:54:35.01 ID:wDQIgGTI0
コナミ「エクシーズ召喚!!!ランク1!!!シャイニートマジシャン!!!!」

シャイニートマジシャン「…うぅ…出てしまった…どう考えてもこの状況に似つかわしくないモンスターが出てしまいましたー!」


シャイニートマジシャン
ランク1/光属性/魔法使い族/攻 200/守2100
レベル1モンスター×2
このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
また、このカードを対象とする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。


カラット「シャイニート…マジシャン…?
でもあのシャイニートマジシャン…!

そこの方!」
黒服「はっ!」

カラット「至急資料を持ってきて下さいますか?資料は…」


コナミ「よっしゃエクシーズ召喚決まったー!良かったぜー…またエラー吐いたらどうしようかと…」

シャイニート「…なんで…なんで私なんですかー!もっとつよそうなモンスターいっぱいエクストラ入ってるじゃないですかー!あのドラゴンさんとかー!私じゃ勝てませんってー!」

コナミ「いや大丈夫大丈夫!なんとかなるって!ヘーキヘーキダイジョビダイジョビ、いやー流石に守備表示での召喚にはなるけど…」

シャイニート「そりゃ私攻撃力100ですからね!?小突かれたら死にますからね!?」

コナミ「…それにだ!」
シャイニート「なんですか…?」


コナミ「…俺は負けると思ってカードは出さないからな!…宜しくなシャイニート!頼むぜ?」

シャイニート「…はぁ…宜しくです…」
89 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 23:00:19.83 ID:wDQIgGTI0
コナミ「んで俺は早速シャイニートに装備魔法、ガーディアンの力を装備させる!」

シャイニート「うわこれ重たいや…つでもないですね…いやむしろエナジー系の…研究に疲れた時に飲んでたやーつ…」


ガーディアンの力 装備魔法
(1):装備モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):装備モンスターの攻撃力・守備力は、このカードの魔力カウンターの数×500アップする。
(3):装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除く事ができる。


コナミ「んで手札を1枚セット!これでターン終了!」

コナミ 手札1
場 ガーディアンの力 伏せ1
90 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 23:07:44.77 ID:wDQIgGTI0
カラット「私のターン!ドロー!」手札1

カラット「今度こそ終わりにさせます!私はジュピターの効果を発動!裁きの代行者サターンを除外して効果発動!パーシアスの攻撃力を再び800ポイント上げ3400ポイントに!」
パーシアス「…!」
シャイニート「ひえぇ…!あれ喰らったら死にますってば!マジで!死にますぅ!」

カラット「ご存知の通りパーシアスは貫通効果を持っております!私はパーシアスでシャイニート・マジシャンを攻撃致します!これで終わり…!」

コナミ「シャイニートに装備させたガーディアンの力の効果を発動!ガーディアンの力に魔力カウンターを乗せる!更にこのカウンター一個につき攻撃力と守備力を500ずつあげる!」

コナミ「…んだけど!その前に罠発動!D2シールド!」
シャイニート「うえっ!?なんか盾みたいのが…なんか守備力上がった気がします!」


D2シールド 通常罠
自分フィールド上に表側守備表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの守備力は、元々の守備力を倍にした数値になる。


コナミ「これでシャイニートの守備力アップ!これによってシャイニートの守備力は…!」

シャイニート 守2100→4200→4700
91 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 23:15:32.80 ID:wDQIgGTI0
カラット「守備力4700…!」

パーシアス「…」キンッ!
シャイニート「…弾けた…!弾けましたよー!私ー!見てましたかー!ねー!ホラー!」

カラット「くうっ…!してやられましたわね…!(ですけどまだ私の方がライフ上では有利…!)私はカードを一枚伏せてターンエンドします!」LP 8400→7100

カラット 手札0
場 パーシアス ジュピター 女神の加護 伏せ1

コナミ「そんじゃ俺のターン!ドロー!
シャイニート「やりましたー!やりましたよー!いやー守備なら私も少しは行けます!このまま耐えて耐えて…」
俺はシャイニートを攻撃表示に変更!」手札2

シャイニート「…あの…私耐えるためのカード…なんですけど…」

コナミ「俺は手札から魔法カード、アームズ・ホールを発動!デッキの一番上からカードを墓地に送って効果発動!」


ギャラクシーサイクロン 墓地


アームズ・ホール 通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。


コナミ「こいつでデッキからデーモンの斧をサーチ!んでそのままシャイニートに装備!攻撃力1000アップ!」

シャイニート「おお中々大きいですねこれ…」

シャイニート 600→1600

コナミ「バトルフェイズ!俺はシャイニートでジュピターに攻撃!この瞬間ガーディアンの力の効果でまた魔力カウンターを乗せて…更に500ポイント攻撃力アップ!」

シャイニート 1600→2100
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/20(火) 23:21:46.70 ID:wDQIgGTI0
コナミ「行けっ!シャイニート!必殺の「一撃」で相手のLPを刈り取れっ!」

シャイニート「常識的に考えて無理ですよねそれ…うー斧重たい…」
ジュピター「クオオッ…」ペチッ

カラット「…ふふ、可愛らしいダメージですね」LP 7100→6800


シャイニート「可愛らしい…可愛らしいダメージ…」
コナミ「…ジュピターは破壊できたから問題なし!俺はカードを1枚伏せて…ターンエンド!」

コナミ 手札0
場 シャイニート ガーディアンの力(魔翌力カウンター2)デーモンの斧 伏せ1


カラット「では私の…ターン!ドロー!」手札1

カラット「…今まで幾度も決めようとしましても全て阻まれてまいりましたわ…ですので!この一撃で確実に決めさせて頂きます!私は手札から3枚目の天空の聖域を発動!」

コナミ「おいまたかよっ!?」

カラット「そして私は永続罠奇跡の降臨を発動致します!これによって私は…裁きの代行者ーサターンを特殊召喚致します!」
サターン「オイオイこれでは…我々の勝ちじゃないか…」


奇跡の降臨 永続罠
(1):除外されている自分の天使族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。


裁きの代行者ーサターン
星6/光属性/天使族/攻2400/守 0
自分のライフポイントが相手を超えている場合、自分フィールド上に存在するこのカードをリリースして発動する事ができる。
超えているライフポイントの数値分のダメージを相手ライフに与える。
この効果は自分フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在しなければ適用できない。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行う事ができない。 


カラット「そしてサターンのモンスター効果!これによって私と貴方のLP分のダメージを貴方に与えます!これで…これで!本当にフィニッシュですっ!」

サターン「Saturn!Ready?OK!Saturn!」

コナミ「…」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 23:24:03.68 ID:EXX39Li+o
サターン違いじゃねぇか!
94 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 23:37:34.87 ID:wDQIgGTI0
シャイニート「いや効果ダメージなんて…!どうするんですかー!?私でもあんなの防げませんし…!墓地のダメージダイエットでも防ぎきれないダメージで…」

コナミ「お、なんだちゃんとみてたのか、お前」

シャイニート「いや見てるに決まってますよ!隣から見えますしそれに…それに…この屋敷がかかった…試合なんですから!気にもなりますっ!」

コナミ「でも確かここはもう良いって…」


シャイニート「それはっ!しょうがないからであって私だって…!本当はこの家が無くなるなんて嫌ですよ…ただ居候してるだけでしたけど!この家の暖かさとかなんかそういうのが、ここに住んでる人が!私に気づいてなくても、なんか…良かったんです…!だからそれを無くしたいわけないじゃないですか!」


コナミ「…そんでどうしたいんだよ?」

シャイニート「…そりゃ残したかった、です。でも…もう無理じゃないですか…もう貴方も負けちゃいますから…」

コナミ「違うって…シャイニート、お前はーーー」
95 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 23:40:25.85 ID:wDQIgGTI0
コナミ「お前はーーーどうしたいんだよ?」




シャイニート「…私を…私とこの家を!助けて下さい…「コナミ」さん!」
96 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/20(火) 23:49:39.08 ID:wDQIgGTI0
コナミ「…なら良し!まあ良くなくてもこのカードは使ってたけど!負けたくないしなー!俺!」


コナミ「トラップカード!リフレクト・ネイチャーを発動!」
カラット「その罠カードは…!」


リフレクト・ネイチャー 通常罠
このターン、相手が発動したライフポイントにダメージを与える効果は、相手ライフにダメージを与える効果になる。


コナミ「コイツの効果でこのターン!俺が受ける効果ダメージは…相手が代わりに引き受ける事になる!確か俺が受ける筈だったダメージは6400ポイントだったよな!この分のダメージを…」


コナミ「カラットお嬢様!あんたにそのままお返しするぜ!」


カラット「きゃああああぁ!!!!!」

カラット LP7100→700
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 23:55:36.86 ID:xeLhaZDRo
どっかのコナミくんもよく使ったリフレクト・ネイチャー!!
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/21(水) 00:17:50.82 ID:D1D9rXP80
シャイニート「…ラ…ライフポイントが…並んだ」

カラット「そんなカードを伏せていただなんて…!…私もまだまだ…と言う訳ですね…」

コナミ「(いや、ネオドミノだとバーン対策してないとホントにきつかったからなぁ…突然2000以上のバーンが普通に飛んできたし…)」

カラット「…私に出来る事はもうございません、…ターンエンドです。」

カラット 手札0
場 パーシアス
天空の聖域 奇跡の降臨 女神の加護
99 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/21(水) 00:19:41.37 ID:D1D9rXP80
コナミ「…俺のターン、ドロー」手札1

カラット「(このまま攻撃してきてもダメージは発生しないのでまだ…いえ、彼の墓地に落ちたあのカードはで私のカードの女神の祝福が破壊されて…私の負け、ですね)」


ギャラクシー・サイクロン 通常魔法
「ギャラクシー・サイクロン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


コナミ「…俺は手札から霧の谷の見張り番を召喚してそのままバトル!」

カラット「え…」

コナミ「シャイニート・マジシャンでパーシアスに攻撃!この時ガーディアンの力で500ポイント更に攻撃力・守備力をアップする!更にシャイニートは1ターンに一度戦闘では破壊されないから…パーシアスだけ破壊だ!」

シャイニート「私がこんな巨大なモンスターと相打ちだなんて…!ワクワクしますよー!てーい!」
パーシアス「グゥッ…!」ドシャーン!


コナミ「そして見張り番でダイレクトアタック!なるべく優しく頼むぞー!見張り番!」

見張り番「…」ちょこん

カラット「…ええ、私の…」
100 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/21(水) 00:20:58.29 ID:D1D9rXP80
カラット「…私の負けですわ…」700→0



『winner!!!コナミ!!!』
101 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/21(水) 00:22:16.07 ID:D1D9rXP80
とりあえずここまーで
デュエル構成やら文章やら色々雑な部分もあって申し訳ありません!
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/21(水) 00:26:31.40 ID:OsjLglTHo
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/21(水) 09:50:38.39 ID:S6BrOt6SO
乙です。

リフレクトネイチャーを使いこなすとはさすがww

ネオドミノにはバーン使いがいっぱいいたからね……リアリストとか。

これからも続きを楽しみにしています。


(豚さ……いやなんでもない)
104 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/27(火) 00:28:03.64 ID:hcH7VK180
大変遅くなりました。更新ちょっとずつ再開していきます。
皆さん暖かいコメントありがとうございます。

リフレクトネイチャーかエネルギー吸収板
スピードの中の決闘では必要不可欠…
105 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/27(火) 00:41:30.93 ID:hcH7VK180
コナミ「よっしゃー!大勝利ー!」
シャイニート(ほ…本当に勝ってしまった…しかも私出てしまった…!)

カラット「…お見事ですわ!完敗です!これでも私少々デュエルには自信がありましたのに…」

コナミ「いやお嬢様強かったぞ?一歩間違えてたら負けてたの俺だっただろうし」

カラット「あら…ふふ、お褒め頂き感謝致します…それで約束の件ですね、ここの打ちこわしをやめさせて頂きます」

コナミ「おお!了解了解!だってさ!良かったなぁ!オイ!」

シャイニート(声が大きいですよ!…まあ私は普通の人には見えないですからいいんですけど…)


カラット「…ああ、それと…少しお待ち頂いて宜しいかしら?」
コナミ「?」

106 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/27(火) 00:56:14.22 ID:hcH7VK180
黒服「…お待たせしました!カラット様!」

カラット「ありがとうございますわ、さて…ここの打ちこわしを防いだのはお見事ですわ、ですけど…これからここはどうされるおつもりで?」

コナミ「は?いやどうするって…どうするんだよオイ?」

シャイニート(いやどうするも何も…別に何もありませんよ…またここに居つくぐらいかなぁ…)


カラット「…この土地の権利書はお持ちですの?」

シャイニート(…あっ…)
コナミ「けんりしょ?何だそれ…見たことないな…あーでもノーマネーの姉貴が何か話してたようーな、そうでもないよーな…」

カラット「…端的に言うとそれが無いとここは誰のものでも無い土地になります、要は自分の物だとアピールする証明!みたいな感じです。コナミさんはここの証明書は…」

コナミ「いや、持ってないない。そもそもここに来たの昨日でふらっと雨宿りに潜り込んだだけで…」

カラット「兎に角!それが無い以上貴方にこの土地と…屋敷をどうこうする権利はありません。そしてその権利書は…カラット家の元に存在しておりましてよ?」

コナミ「…あれ?じゃあこれって…」

シャイニート(あーつまり…このデュエル自体本当は意味ないって事だね…)
107 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/27(火) 01:10:49.11 ID:hcH7VK180
コナミ「…マジかよ!くそっ…!そこら辺の話マーサ辺りに聞いときゃ良かった…!でもそうすっと…どうするかなー…?」


カラット「…ですが本題はそこではありません」
コナミ「ん?」


カラット「この権利書は…本来はここの元家主が持っていた物でしたの。それをカラット家は預かっていただけ…そしてこれを…遺書に相応しい人に渡してくれとの事で。」

コナミ「ほ〜」シャイニート(なるほど…)


カラット「そしてその遺書には…自分が亡くなったら彼の奥様にそうで無ければ息子に…と書いてありました。」
シャイニート(でもここの奥さんも息子さんももう亡くなってる筈だったけど…だから渡す相手なんて誰も…)


カラット「…しかしこの後にはもし…彼女達がもう既にいない場合は…とある人間…いや、「屋根裏に住み着いている少女」に渡して欲しい、とここには書いてるんです。」

コナミ「…?それって…」



108 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:26:49.18 ID:Sd4wHvfe0
そう言えばという訳じゃないんですけど今が時系列的にはゼアル本編で言う所の7話くらいの時系列です
設定とかに齟齬があるかもしれませんので適宜指摘して頂けると幸いです。

カラット「さらに遺書にはこう書かれてますわ
「私にも詳しくは見えてない…だがボンヤリと私が天井を見ているとたまに姿が見えたりしたのだ、その少女は特に一日中動く事も無く別に何をしている訳でもなさそうだ」と」

シャイニート(…いや見られてたんですか私…あんな一日ダラダラしてるだけの姿なんかを…)
コナミ(いや一日何もしない事なんて珍しくないだろ?俺だって暇さえあれば寝てるし)

カラット「そして、この家の家族の方にもこの少女の姿は見えていたようですよ?みんなして家の守り神みたいな扱いをしてたとか」

シャイニート(本人は多分新作の薬のアイディアも出ずにゴロゴロしているだけだと思いますけど)

カラット「…そしてその息子さん、この家の最後の持ち主もその少女がこの家を継ぐことを了承してます…とは言えそんな少女は今の今まで居なかった様ですが」

コナミ「なるほど…おーい?今の話本当かー?」
シャイニート(確かに私は屋根裏に住み着いてたってのはそうなんですけど、見えてた事は気づかなかったです…そうですか…私にこの家を…)
109 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:29:02.81 ID:Sd4wHvfe0
カラット「ここにはその少女の絵もあるんですが…それが先程のデュエルでコナミ様が召喚された「シャイニート・マジシャン」と非常に似ているんです。ですから何か関係があるのでは?と思ったのですが…」

シャイニート(…いや、多分私ですね。そっかぁ…あの人見えてたんだぁ…)

コナミ「…んー、それで結局ここはどうなるんだ?やっぱり無くなっちまうか?」

カラット「そうはさせませんわ!デュエルの結果で決まった事はキチンと守らせていただきます!ここは打ちこわさせません!」

コナミ「(…だってさ…どうする?シャイニート?)」

シャイニート(私は…ここが無くならないなら別に大丈夫です、私はどこでも大丈夫ですしここの屋敷も自由に使って貰った方がいいんじゃないかな…)
110 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:31:00.22 ID:Sd4wHvfe0
コナミ「…よっし、なら決定だな。んじゃカラットお嬢様!迷惑かけたなー!もう出て行くから!」

カラット「え…?もう出ていかれるのですか!?ここの屋敷の事は…」


コナミ「あー俺わかんねぇからいいわ!…あ!その代わりって訳じゃないけどさ…」

コナミ「「屋根裏の少女」からの伝言!いくつかあるみたいだから伝えとくー!えーとまず…」



カラット「(…本当に不思議な人ですね…いきなりデュエルを仕掛けて来たかと思ったら特に屋敷にも執着せずに出て行ってしまうなんて…まるでデュエルがしたかっただけの様です)」

カラット「(ですけど…悪い人ではなさそうです)」


コナミ「…だってさ、ここは自由に使って貰っていいし適当に改造してしまって構わない。ただ打ちこわしだけは辞めてくれって「屋根裏の少女」は言ってるぜ?権利書もそっちが自由にしてくれって」

カラット「あら…では打ちこわし以外はどうしても良い…と?」

コナミ「ま、そういう事みたいだな?隣で聴いてる限りそれでいいみたいだぞ?」

シャイニート(まあ…そんな感じでお願い出来れば幸いですー…)
111 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:32:21.91 ID:Sd4wHvfe0
カラット「…分かりましたわ、そう伝えて起きます…と言う事はコナミ様の「シャイニート・マジシャン」は…」

コナミ「そうそう、そのシャイニート・マジシャンが屋根裏の少女って訳。本人は見られないと思ってたみたいだけどな」

シャイニート(余計な事言わないで下さいよー…)

カラット「と言う事は…所謂カードの精霊ですか!?童話では聞いてましたが本当にいるのですね!?是非お話を聞かせて頂いても…」

黒服「…お嬢様、そろそろお時間が…」

カラット「…分かりましたわ。ではコナミ様、そのお話しはまた次回にでも聞かせて下さいね?では失礼致します」

コナミ「おー!じゃーなー!…あ!そうだ!カラットお嬢様!」

カラット「…?何でしょう?」
112 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:33:34.39 ID:Sd4wHvfe0
コナミ「またデュエルしようぜ!」



カラット「…ええ!また機会があれば!」
113 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:35:47.15 ID:Sd4wHvfe0
カラット「コナミ様…とても面白いお方でしたわね…また…またお手合わせ願いたい物です。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「…とまあ出て行ったはいいとして…アテがまた無いんだよな、さてどうするかね…」

シャイニート(…って事は私宿無しって事ですか!?いやお家とか無いんですか!?)

コナミ「だってここ来たばっかだし…特にここら辺詳しい訳でもないし…そっちこそどっか行くアテ知らねえか?」

シャイニート(無いですよーそんな物ー!あぁこのままでは野宿ルート真っ逆さま…こんな事ならおウチ手放すんじゃなかった…)

コナミ「えー?野宿でも良くないか?お前カードだからケースの中とかなら飛んでは行かないだろうし…それとも狭いとか?」



レッドレイヤー(司令官、残念ながらシャイニート嬢が気にしてるのはそういった事では無いと思うぞ?我々は兎も角、レディに寒空の下で過ごさせるのは些か配慮に欠けるとは思わないかね?)

グリーンレイヤー(そうっすよ?ウチら3人は良いっすけどシャイニートさんだけは何とかして上げて下さいっすね?)

ブルーレイヤー(いや私女性…まあそうですね。司令官、何とかなりませんか?)


コナミ「…ほら、まだ昼間だし…夜までには何とかなるだろ!それより…」
114 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/11/29(木) 22:37:35.47 ID:Sd4wHvfe0

コナミ「これからも宜しくな?「シャイニート」」





シャイニート(…宜しくお願いします…って!それはそれとして今日泊まれる場所探して下さいよー!)


コナミ「分かった分かった!善処するってば!」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 12:44:35.43 ID:uqgzOwxSO
続き待ってます乙
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 16:33:36.12 ID:8HiZiswmO
超量新規も来るし続きはよ

はよ
117 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/12/31(月) 15:17:24.26 ID:8ffLsQf+O
大変遅くなって申し訳ありません…
見てくれている人も少ないでしょうが更新再開します。
また読んでくだされば幸いです。
118 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/12/31(月) 15:26:34.30 ID:8ffLsQf+O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「取り敢えず住処もそうなんだけど金が全然ないのも問題だよな…仕事探さないと…」

シャイニート(職無し家無しと最低最悪のスタートにも程ありますね…と言うかその見慣れないデュエルディスクといい何処か遠い所からやってきたんですか?)

コナミ「それが全然わっかんねぇんだよな〜分かったら苦労しないんだけどさぁ…あ、カード拾ちてんじゃん、拾ーろいっと」

シャイニート(話聞いてますかー…?あーなんでこんな人に付いていこうと思ってしまったんだ私ー…)

コナミ「おっ、こっちにもカード落ちてんな、貰いっと…おっ、また1枚あるな、拾ってこっと…」

シャイニート(すいません恥ずかしいんで辞めてもらってもいいですか?もうちょっとボリューム下げるとか…)

コナミ「…またカードだな…なぁシャイニート、なんかカード続いて落ちてると思わないか?」

シャイニート(知りませんよー…誰かが間違ってデッキごと落としたとかじゃないんですか?もしくはデッキケースから連続でボロボロ落としていった…とか…?)
119 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/12/31(月) 15:41:51.66 ID:8ffLsQf+O
コナミ「…あっちの方に対して伸びる様にしてカードが落ちてんな…もしかしたら誰かが落としたのを気づいてないのかもしれねーし、届けに行ってやりますか!」

シャイニート(人の心配するより今日の宿についての心配して下さいよー!もー!どうするんですかー!さっきから歩きまわってもない1つ決まってないじゃないですかー!)

レッドレイヤー(まあまあ…取り敢えず落ちてくれ、シャイニート嬢。確かに司令官には無鉄砲な所もあるとは思うが悪い男ではない…筈だ。それに届けてあげると言うのは私も賛成だな、困っている人が居れば助け、可能な限り手伝う!そう!それこそが我らの…)


シャイニート(『超量戦士乃掟』第三項目十二条の『ヒーローたるものの掟』の項目ですか!?あれは本放送で出てきた使い方でも感動したんですけど大全集で明らかになった裏設定も素晴らしくて私その項目はーーー)


コナミ「よっし行くぞー、もしかしたらなんかお礼してくれるかもしんないし、そうと決まれば…あっちの路地裏の方まで伸びてんのか?取り敢えず拾っていくぜー?」
120 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/12/31(月) 16:04:42.63 ID:8ffLsQf+O
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
路地裏

コナミ「…よっ、とっ!これで32枚だな。多分これデッキごと落としてんなぁおい…俺みたいないい人間に拾われたからいいものを、そうじゃなかったら盗まれてたぞこれ」

ブルーレイヤー(司令官その…最初の何枚かポケットに入れようと…)

コナミ「…いやだってさー…サテライト時代だと落ちてたカード拾ってデッキに入れてた癖があって…んーこの先か?随分途切れねぇな、なんか急ぐ用事でもあったのか?」

グリーンレイヤー(いやーまるで流れ血みたいっすよね、歩いてたらぽたぽたぽたぽた流れてくるよーな…ホラ、よくあるじゃないっすか!ホラー映画なんかで血が流れてくる演出とか…)


コナミ「」
コナミ「」
コナミ「」ポイッ


シャイニート(そんな訳ないじゃないですかー!何ちょっと怯えた様な顔してるんですかー!?)
コナミ「い…いやこれって…そーいう事だったのか…!?って事は俺はまんまと誘き出されて怪物の餌かなんかに…」

シャイニート(なりませんよー!…多分…)
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/31(月) 16:11:20.89 ID:R8ZPCilJ0
期待
122 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2018/12/31(月) 16:18:29.18 ID:8ffLsQf+O
コナミ「取り敢えずここまで拾ったのはこの隅っこの方においとけば気づくだろ!良し!家に帰るか!」
シャイニート(その帰る家がないんですってば!…ここまで来たら渡してあげればいいじゃないですか…別にそんな化け物なんていませ…)


「うわああああああああああ!!!!!!!!!!!」



コナミ「!?なんだ今の声…!奥の方からか!?」

レッドレイヤー(…取り敢えず行ってみようではないか?司令官?)

コナミ「…お、おう…!」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/01(火) 13:37:48.39 ID:pIkPLMjSO
待ってました。

デュエル描写が書ける人を尊敬します。
124 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/01(火) 17:14:11.78 ID:NQL29XEq0
男「もうやめてくれよっ!?ちょっと缶を投げ捨てちまっただけじゃねーかぁ!?」

???「黙れ!地球を汚すその行動…!エスパーロビンは決して見逃さない!さぁ!必殺の大盤振る舞いを受けるがいい!」


男「うわあああああああ!!!!!?????」


エスパーロビン「今日も勝利の大盤振る舞い!エスパーロビンがいる限りこの世に悪は栄えない!」


コナミ「…何だ何だオイ…?どーいう状況なんだよコレは…?」

シャイニート(あれは…「異次元エスパーエスパーロビン」じゃないですか!)

コナミ「…エスパーロビン?」
125 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/01(火) 17:45:06.99 ID:NQL29XEq0
シャイニート(エスパーロビンをご存知でない!?いいですか?エスパーロビンと言えば!戦隊やM・HERO物とは一線を介した役者本人を売りとしたハートランドの超!人気作品ですっ!マスクや衣装を被った彼らとはまた違いますがこれはこれでアクションが売りで…にしてもかなり精巧に作られたコスプレですね…中の人の背丈とか目とかも似ててまるで本物の奥平さんみたいですけど…)

エスパーロビン「…なんなんだ?君たちはここは危ないから下がっていたまえ!いつ何処にデットマックスからの使者がいるか分からない…気をつけるんだ!」

シャイニート(声までそっくり…え、嘘ですよね?まさかー奥平さんじゃないですよねー!奥平さんただでさえ予定が2年後位までずっしり詰まってるって噂もあるくらい今旬の売れてる俳優さんなんですから本物な訳…)

コナミ「あーいや、取り敢えずこのデッキを返しにきたんだけどさ…これお前のか?」

エスパーロビン「…これは俺のものじゃない、恐らくそこの男の物だろう」
エスパーロビン「ーーーそれをこちらに渡してくれたまえ、俺が責任を持って燃やしておこう。」
126 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/01(火) 19:07:46.03 ID:NQL29XEq0
コナミ「え?いや…なんで?」

エスパーロビン「決まっている!デットマックスが使うカードなど良くない物が混ざってるに違いない!だからそんなカードはこの世から排除しなくてはならないだろう?」

コナミ「…でもそしたらこの人デュエル出来なくなっちまうじゃん…」


エスパーロビン「デュエルなんてする必要があるのか?…デュエルなんで必要ないんだ…何故ならこの俺、エスパーロビンが人々の平和を守るからだ!」


ヒュンッ!


コナミ「危なっ!?」

エスパーロビン「そのカードを持っているということは貴様もデットマックスの手先である可能性が高いと言うわけだ!さぁ!貴様にも勝利の大盤振る舞いを喰らわせてやろう!」

コナミ「もう訳ワカンねぇってのー!頼むから落ち着けって…!」

シャイニート(あっこの殺陣まさか本物…?えっいやなんでなんで…?)


???「風也ー!待ってくれー!お前に話したい事があるんだ!」
???「ちょっと遊馬!危ないって…!」


コナミ「…ん?」

127 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 14:32:41.84 ID:yx6z6gmUO
遊馬「止めんな小鳥!俺は風也に伝えなきゃいけねぇ事があるんだ…!風也ー!今そっちに行くからなー!」

小鳥「ちょっと落ち着いてよ遊馬!いきなり話したところで解決するわけでもないでしょ!?頭冷やしなさいよ!」
遊馬「だからってこのままにしたって解決する事じゃねぇ…!おい風也!目ぇ覚ませよ!」

エスパーロビン「ゆう…まっ!?…仕方ない…!今のところは一時引くとしよう!ではさらばだ!」


コナミ「あっおい!?…いっちまいやがった…」


「遊馬、エスパーロビンが行ってしまったぞ!?これでは彼が私と関係があるのかどうか突き止められないではないか!」

遊馬「どうして止めるんだよ小鳥!」

小鳥「遊馬のバカっ!ちょっとは冷静になってよっ!…風也君は確かに可哀想だとは思うけど、私達にどうにか出来る事じゃないよ…」


シャイニート(やっぱりあれは本物の奥平さんだったんですか!?…うわーしまったああああ!!!!サイン貰っておけば良かったあ!!!!)
128 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 14:48:27.90 ID:yx6z6gmUO
遊馬「そんな事はねぇ!…かっとビングだ!かっとビングさえあれば風也だってきっと元気になってくれる…!俺はそう信じてる!」

小鳥「…遊馬のかっとビングでも風也君の事は…」

「遊馬!こんな所でグズグズしているわけにはいかない!早く次にエスパーロビンが現れる場所まで行くぞ!遊馬!」


コナミ「…とりあえずカードこの人のだよな?えーっとデッキケースデッキケース…」


小鳥「…兎に角もうこれ以上風也君に関わるのはやめようよ…風也君がもっと大変になっちゃう…」

「小鳥!それは駄目だ!私はエスパーロビンの秘密を何としても解き明かさなくては行けないんだ…!その為には彼に是非会って話さなくては…」

遊馬「そうだぜ小鳥!俺は1人でも風也に会いに行く。会って…俺はあいつとデュエルしなくちゃならねぇ!」


コナミ「…デュエル…?なぁ今デュエ…!?」
129 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 15:01:51.00 ID:yx6z6gmUO
遊馬「俺はアイツと会ってデュエルしなくちゃならねぇ…!デュエルの話をしてる時のアイツ、スッゲー楽しそうだったんだよ!だから俺は…」

コナミ「…おーい、おーい…」

「それに関しては賛成だ、今エスパーロビンには「No.」が取り憑いている。」
遊馬「!本当か!?」

コナミ「…あのさー…ちょっと話聞いてもー…」

「ああ、それも含めてエスパーロビンに話を聞く必要があるな…それはそうと遊馬、さっきから君達に誰かが声をかけている、君の知り合いか?」
遊馬「え…?」

コナミ「あ…やっと気付かれた…」
130 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 15:09:18.93 ID:yx6z6gmUO
遊馬「ウワワワワッ!?ぜ…全然気づかなかったぜ…!」
小鳥「私も気づかなかった…!ご、ごめんなさい!気がつかないで!」

コナミ「俺そんな影薄かったかなぁ…?アカデミア時代のアイツ程じゃ無いだろうけどさ…あぁそれで聞きたい事がいくつかあるんだけどさ…まずーーー」




コナミ「ーーー君達の後ろ辺りでふわふわ浮いてる彼、誰?」




小鳥「…えっ?」

遊馬「…それって!?」


アストラル「…!?君には…!?君には私が見えているのか…!?」


コナミ「あー…割とばっちし?」
131 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 15:19:51.25 ID:yx6z6gmUO
小鳥「透明の人って…それって遊馬が話してたアストラルって事!?…遊馬以外にも見える人がいたのね…」

コナミ「ほーん、アストラルって言うのかー…あ、お前らも見えてんの?」

シャイニート(…見えますね…半裸の男性…?女性…?)
レッドレイヤー(私にも見えているぞ、司令官。ちなみに他の2人も見えているらしい)

アストラル「私も君の隣に何人か居るのが見える…!と言う事は君達は私と同じ存在ということか…!?」


遊馬「マジで!?あんた大変だなー…煩くないか?こいついっつも隣で煩くてさー…デュエルの時とか一々隣でごちゃごちゃ話しかけてくるから集中出来ねぇし…」

コナミ「あー分かるわ、隣で一々言われると正しくても集中出来ないことあるよなー…タッグ組んでる時なんかだと意外な一言に助けられたりするんだけどさー」


遊馬「…って事はアンタもデュエリストか!?」


コナミ「おう!あったりめーよ!生まれてこの方ずーっとデュエリストだぜ!…そういうお前もデュエリストなんだろ?」


遊馬「おう!俺の名前は九十九遊馬!夢はデュエルチャンピオンになる事!その為にかっとビングしてデュエルしてる!宜しくな!…そういやあんたの名前は?」


コナミ「ん…?あぁ名前か、俺はコナミ、名前は呼び捨てでもさん付けでもどっちでもいいぞー」
132 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 15:23:55.74 ID:yx6z6gmUO
アストラル「君たちに聞きたいのだが私の事を何か知らないか?名前がアストラルと言う事と「No.」と呼ばれるカードが私の記憶にあることだけは覚えているのだが…」

シャイ「い、いやー…知らないですねー…自分あんまり知り合い…いないんでぇ…」

グリーンレイヤー「…あ!でもNo.ってカードなら見た事あるっすよ!」

アストラル「何…!何処で見かけたか教えてくれないか…!そのカードは私の記憶なんだが…それがあれば私の事を何か思い出すかもしれないんだ」

グリーンレイヤー「と言うか今司令官のEXデッキに既に入ってますよ?でも結構暴れてましたから今司令官が預かっているんすけど…」

アストラル「…何!?マズイ…遊馬!」



コナミ「そんじゃデュエリストが2人いるって事は…やる事は一つだよな!?」

遊馬「おう!早速デュエルだ!行くぜ!かっとビングだ!お…」


アストラル「遊馬!待つんだ!彼は今No.を所持している!デュエルをするなら気をつけて…」

遊馬「No.…本当かー?アストラル、俺にはコナミが暴走している様には見えないぜ?」


コナミ「…?どしたー?」


アストラル「…確かに彼は暴走している様には見えないが…」

遊馬「それにデュエルすれば分かるだろ!よしDゲイザーセット!デュエルディスク!セット!」

コナミ「よっしゃ!行くぜー!」


コナミ・遊馬「「デュエ…」」
133 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 15:38:08.22 ID:yx6z6gmUO
小鳥「ちょっと待ちなさーい!!!!!!」

遊馬・コナミ「「おわっ!?」」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「何だよー小鳥…今からデュエル始める所だったのに…」

小鳥「何じゃないでしょ!ふ・う・や・く・んー!風也君の件はどうすんのよー!」


遊馬「…そうだったぁ!?わ、悪い…小鳥…」

コナミ「あーあのさ…さっきから話してた風也君って…一体誰の事なんだ?あのマスクかけた奴の事なのか?」

小鳥「そうそうそのマスクをつけた…ってエスパーロビン、ご存知じゃないんですか!?」

コナミ「いや全く…てかさっきから言われてるエスパーロビンについて俺全く分かんないんだけどさ…何があったんだよ…?」

遊馬「それはなーーーー」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Now lording…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
134 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 15:57:21.67 ID:yx6z6gmUO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「ーーーつまりあの仮面被った奴がエスパーロビンって「役」で…そのエスパーロビンをやってる人が奥平風也…なんだよな?」

小鳥「それでその風也君は自分とエスパーロビンとのギャップに苦しんでるんだけど…お母さんはそれを見せないように風也君に言ってて…」

遊馬「しかも仕事のせいでデュエルも自由に出来ねぇなんてよ…!あんなにデュエルが好きな奴なのに!」

アストラル「それが原因かは分からないがNo.にも取り憑かれているようだ、No.は通常持ち主の欲望を暴走させ操る筈ーーーしかし…」


コナミ「…あれ?でも俺…そのNo.って言うの持ってってけど何も起きねぇぞ?」


No.57


遊馬「…本当だな…なぁアストラル、これってどー言う事なんだ?やっぱりコナミが暴走してるようには見えねーんだけど…」
アストラル「…私にも分からない、それに非常に興味深くもある…コナミ、君はーーー」
135 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 16:16:15.30 ID:yx6z6gmUO
ギーンゴーン…ガーンゴーン…

小鳥「…もうこんな時間…そろそろ暗くなってくるよ遊馬…続きは明日にしない?」
遊馬「うー…仕方ねぇか…婆ちゃんにも怒られちまうし…」

シャイニート(暗くなる…あーっ!?コナミさーん!?どうするんですかー!泊まる所ー!)
コナミ「あっやっべ…どうすっかな今日…」

遊馬「どうしたんだコナミ?」

コナミ「あ、いや何でもな…」グーッ…

アストラル「…観察結果3、人間の食べて出すの永久コンボ。その食べる時になる音声。即ち…彼はまだ食べていない、つまりコンボを達成する前という訳だ。」

遊馬「要は腹が減ってるって事だろ…でも俺も腹減ったなー!今日は婆ちゃんが唐揚げとデュエル飯作ってくれるって言ってたからなぁ…!楽しみングだぜ!俺!」

コナミ「唐揚げ…!飯…!あっ、やっべ涎が…」ダラダラダラダラ


遊馬「…そうだ!コナミももし良かったらうち来て飯食おうぜ!今日ねーちゃん遅くなるしデュエルの話、聞かせてくれよ!」

小鳥「もー相変わらずデュエル馬鹿なんだからー…ごめんなさいコナミさん、コナミさんにも用事が…」


コナミ「行きますっ!いやっ!是非行かせて下さいっ!」
小鳥「即答ッ!?」
136 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 16:30:24.03 ID:yx6z6gmUO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬の家

遊馬「よっしゃー!着いた着いた!ここが俺の家だぜ!」

コナミ「おぉー!デッケー!」

遊馬「だろー!?ここに俺とねーちゃんとばーちゃんの3人で住んでるだぜ!…ばーちゃんー!ただいまー!ご飯ごは…」


バシッン!!!!


遊馬「いてててて…」

春「こりゃ!遊馬!帰って来たらまずやる事があるじゃろ?ーーー手洗ってきて、それからご飯じゃよ?」

遊馬「あー…ごめん!婆ちゃん!ーーーコナミも入って来いよー!手洗って一緒飯食おうぜー!」
春「おやぁ?今日はお客さんもいるんかね?」

コナミ「おじゃましまーす!…スッゲー!美味そー!いっただきまーーー」


ペシッン!!!!!
137 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 22:42:57.97 ID:FUzL9RaY0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬家 屋根上

遊馬「ぷっは〜!食った食ったぁ!やっぱサイコーだな!デュエル飯!」

コナミ「スッゲー美味かった…!お婆ちゃんも優しくていいお婆ちゃんだな〜、俺お婆ちゃんって呼べるような存在がいなかったからなぁ…あー食ったぁ〜!」

遊馬「だろー!?お婆ちゃんが作るデュエル飯は世界でいっちばん美味いんだぜ!?…かーちゃんが作るデュエル飯はあんまり美味しくなかった気がするなぁ…なんてな!」

コナミ「確か遊馬の父親と母親って2人とも冒険家なんだっけか?」

遊馬「そう!2人ともちょースゲェ探検家でさ!特にとーちゃんなんかすげーんだぜ!このペンダント見てみてくれよ!」

コナミ「おぉー…キラキラしてんなぁ…」

遊馬「実はな?アストラル曰くこの鍵には何かしら不思議な力があるみてえなんだよ…な?アストラル?」

アストラル「あぁ、その鍵の事は私も詳しく調べられてないが…それよりも今の私にとっては不思議な事がある」


アストラル「コナミ、君は一体なんなのだ?」

コナミ「…俺?」
138 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 22:55:37.02 ID:FUzL9RaY0
アストラル「そうだ…何故か君はNo.を所持しているにもかかわらず暴走しているような素振りではない。それに…私の事を直視出来ている。」

コナミ「いやー…まぁ、体質…とか…?」

アストラル「…通常No.とはその人間の欲望や心の闇を増幅させ憑依する事によってその人間を操る…即ちNo.に操られていないという事は欲望や心の闇が存在しない、という結論になるのだが…」

遊馬「…コナミがかー…?」

シャイニート(欲望がなさそうには…見えないんですけどねー…)

コナミ「…あのなぁー…もしかしたら俺が聖人みたいに心が清くて仙人みたいに心が美しい人間かもしれないんだぞー?お前ら勝手に決めつけやがって…」

遊馬「聖人はあんなにガツガツと飯は食わないんじゃないかよー?」

コナミ「…確かに…」


アストラル(…コナミ…私の記憶であるNo.に操られない人物、また私の事を直視する事の出来る人物…)

アストラル(まだ現状では把握出来ない…か、観察結果に加えるのはまだまだ時間がかかりそうだ…)
139 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 23:42:03.08 ID:FUzL9RaY0
遊馬「よっしゃ!そろそろ遅くなって来たし降りるか!コナミもそろそろ帰んないと遅くなっちまうぜ?」

コナミ「あっ、あのー…それなんだけどさー…」


「今日も正義の大盤振る舞いだ!」
「うららっー!?」


遊馬「今の声…!?おいアストラル!」

アストラル「今の声はエスパーロビンの物だ、さぁゆくぞ遊馬!」

遊馬「ああ分かってる!…コナミはどうするんだ?」


コナミ「いや、ついてかなきゃ遊馬お前補導されるかもしれないしな…乗りかかった舟だしな!行くぞ!」
140 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/03(木) 23:52:51.06 ID:FUzL9RaY0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「大丈夫か!おい!しっか…徳之助!?お前なんでこんな所いるんだよ!」

徳之助「う…うらー…はっ!?ゆ、遊馬君!?一体自分はどうしたウラか!?」

遊馬「今風…エスパーロビンにやられたよな!?今どっちに行ったんだ!答えてくれ!」


徳之助「うー…うらららら…多分あっちの方ウラ!確か…埠頭の方だった筈ウラよ!」

遊馬・コナミ「「よし、あっちだな!サンキュ!」徳之助!」



徳之助「…あれ、誰ウラ…?」
141 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/04(金) 00:09:32.31 ID:hyBNd0fG0
埠頭 撮影スタジオ

遊馬「はぁっ…はぁっ…!風也の奴この中か…?」

コナミ「ああ多分な…!…取り敢えずこん中に風也はいる…筈だ…ただ…どうやって入るかなこれ…」

遊馬「…正面突破して入るしかねぇだろ…!行くぜコナミ!」

コナミ「あっ、それあかんあかんよ、遊馬。昔な?俺の知り合いに『敵グループは無視する。突破して満足する。』って奴がいたけどそいつが…」


徳之助『とか何とか遊馬君なら言いそうな事だと思ったウラよ?』
遊馬「!?徳之助!?お前もう大丈夫なのか!?」

徳之助『あーもう大丈夫ウラよー、それより!そのまま正面突入するのは遊馬君らしいけど効率的じゃないウラよ?もっと頭を使うウラ…』

遊馬「頭を…?なんだよ頭突きでもすんのか?」徳之助『違うウラよ…』

コナミ「いやいや頭を使うって違うだろ?あれだ、向かいの建物かなんかに爆薬仕掛けてその間にポーズ決めながら突っ込む…」徳之助『あんた今までどんな人生送ってきたウラか!?』

徳之助『2人とも違うウラー!…まあ兎に角聞くウラ、実はこの辺に…』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
142 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/04(金) 00:27:26.60 ID:hyBNd0fG0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コナミ「…よし、大丈夫だぞ…」

遊馬「ふぅ〜!潜入完了!ありがとな徳之助!」

コナミ「んでこん中に入ったはいいけど…なんか人多いな…闇雲にかざすって言っても限界はあるしどーするか…」


シャイニート(…3FBブロック第2ホール)

コナミ「は?何だそれ?」

シャイニート(エスパーロビンのいるかもしれないホールです…確か前の特番で映ってた撮影用セットはそこだった筈です。いやあそこしかない、少なくともあそこじゃなきゃ異次元ジェットは入らない筈…週撮影だから多分そこかな…あれでもアイアンハンマーはーーー)

コナミ「…取り敢えず行ってみるか」
143 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/04(金) 00:44:03.00 ID:hyBNd0fG0
『M・HERO タイムキング エクストラ募集中』
『国立兄弟によるサッカー&デュエルガチンコマッチ!放送日〜』
『蝶野さなぎの生??ファン感謝デュエルライブ!エクストラはさなぎちゃんとのデュエルチャンス!?』
『Mr.ハーット!バァァァニング!!!!!』

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーー

第2ホール
遊馬「…ここだな…」

コナミ「見た目的には特に変わった所はないけどな…取り敢えず入ってみるしかーーー」


「風也っ!?もうやめなさいっ!貴方一体どうしたの!?」
「うるさいっ!デットマックスが作り出した偽物めっ!貴様なんかにこのエスパーロビンは決して操られない!さぁ!覚悟しろっ!」


遊馬「ーーー風也ァ!やめろっ!」

コナミ「あっおい遊馬っ!?」
144 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/04(金) 00:58:06.56 ID:hyBNd0fG0
遊馬「止めろ風也…っ!」
エスパーロビン「くっ…!貴様っ!?」

風也の母「あ…貴方この前の風也のお友達…!?」

遊馬「風也っ!お前…!本当にデュエルやめちまうのかよ!?お前デュエルが大好きなんじゃねぇのかよ!なぁ!風也…!」

エスパーロビン「うっグゥッ…!?お…俺にデュエルなんて…デュエルなんて必要ない!こんな物…もう!俺には…必要…」


遊馬「…捨てられる訳ねぇ…デュエルの!魂であるデッキを…簡単に捨てられる訳ねぇもんな!」
アストラル「…デュエルだ、遊馬。彼エスパーロビン…奥平風也とデュエルし勝ってNo.の呪縛から解放するんだ!」

遊馬「言われなくてもやってやるぜ…!アストラル!行くぜ風也!デュエルでお前の目を覚ましてやる!」

エスパーロビン「いいだろう…!お前とデュエルで決着をつけエスパーロビンと…母さんが正しい事を証明してみせる!」



シャイ「生ピューマンのスーツ、生アイアンジェットのセット…これまさか1話限定のマスク割れエスパーロビンのセット…!?嘘ですよねこれ!?宝の山どころじゃないですよこれ…」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/04(金) 14:05:14.20 ID:gWWLo+BSO
乙です。やっぱりコナミ君はNo.57なのね。
満足という言葉が出てきた以上、このスレを読んでもっと満足するしかねぇ!
146 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/05(土) 23:33:28.78 ID:ZEOsvljY0
更新サイカーイ

遊馬・エスパーロビン「「デュエル!!!!」」


風也の母「ああ風也…!どうしてこんな事を…!」


エスパーロビン「俺のターンからだ!ドロー!俺は手札から野獣戦士ピューマンを召喚!…今日も正義の大盤振る舞いを!一緒に行おう!ピューマン師匠!」
ピューマン「ああ!任せておけ!ロビン!私も君と共に戦おう!」


野獣戦士ピューマン 効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1600/守1000
このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキ・墓地から「異次元エスパー・スター・ロビン」1体を手札に加える。


遊馬「…モンスターが喋ったぁぁ!?」

アストラル「あれはエスパーロビンの剣の師匠であるピューマン!幾度となくロビンのピンチを救ってきた凄腕の剣士…!気をつけて臨むんだ!遊馬!」


コナミ「うーん…なぁ、あのカードん中にも精霊が入ってんのか?」

レッドレイヤー(恐らくあのカードはそうではないな、多分カードを出した瞬間声が流れる仕組みになっているのではないかな?)

シャイニート(ARビジョンもリアルになりましたからねー。アイドルのライブなんかや番組でも使われてるみたいですね…)
コナミ「へー…」
147 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/05(土) 23:44:15.46 ID:ZEOsvljY0
エスパーロビン「そして俺は手札を1枚セット!これでターン終了だ!さぁ!俺の大盤振る舞いを見せてやろう!覚悟しろ!デットマックス!」手札4


エスパーロビン LP8000 手札4
場 野獣戦士ピューマン
伏せ 1


遊馬「俺のターン、ドロー!俺は手札から…」



こっちに逃げ込んだのかー!?
捕まえろー!しらみつぶしに探すんだー!


遊馬「…?なんだ?この声…」

風也の母「この声は…このスタジオの警備員達!?でもなんでこっちの方に…」


コナミ「警備員…っておい、まさか…まさか裏口から侵入した事がバレたって事かよー!?」
148 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/05(土) 23:55:06.41 ID:ZEOsvljY0
風也の母「ああどうしましょう…!?もし風也が暴れている事が知れ渡ってしまった事が世間一般に知られたら大きな損失だわ…!今後の風也のスケジュールにも影響が…!」

エスパーロビン「…」

風也の母「貴方達ッ!今すぐデュエルを中断しなさい!そして今すぐ…」


エスパーロビン「黙れっ!」


風也の母「!!!」

エスパーロビン「これは俺とコイツのデュエルだ!貴様が…口を挟むなっ!」

風也の母「風也ちゃん…?」

遊馬「…その通りだぜ風也のかあちゃん!これは俺と風也のデュエルだ!そして…必ず風也の奴を助けてやらなくちゃならねぇ!…風也のかあちゃんはそこで見ててくれ!」

アストラル「確かに遊馬の言う通りだ、この機会を逃せばいつNo.を回収できるか分からない。それにーーーエスパーロビンとのデュエルの機会を逃すわけにはいかない!」

風也の母「…っ!」

エスパーロビン「…さぁ!デュエルを再開しようか!」

遊馬「おう!俺は手札からゴゴゴゴーレムを…」
149 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/06(日) 00:11:37.20 ID:4DenSrio0
そっちにはいたかー!
いなかった!じゃあこっちの方は…


風也の母「マズイわ…どんどん声が大きくなってきている…このままじゃ…!」


コナミ「…なぁ、えーっと…風也の母親…だったよな?」
風也の母「ええ…貴方は…?」


コナミ「あのさ…後でさ…?」

風也の母「え…?え、ええ…?」


コナミ「…よっしゃー!おい遊馬ぁ!風也の事はお前に任せるからなー!それとアストラルー!多分俺とお前知り合いじゃない…と思うからなー!それだけ伝えとくー!そんじゃまた後でー!」

遊馬「お、おいコナミ!?お前どこにーーー」


コナミ「よっしゃー!行くぜシャイニート!一応忠告しておくけどカードん中戻っておいた方がいいからなー!」

シャイ「これも1話限定のセット…!こんなお宝が眠っているなんてやっぱり本家は…え?いやちょっと待って下さい?なんかカードに引っ張られるんですけど…!?」
150 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/06(日) 00:33:52.60 ID:4DenSrio0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
警備員A「見つかったか!?」
警備員B「いやまだだ!」
警備員C「兎に角探すぞ!今日はアイドルのライブもあってただでさえ忙しいのに…!さっさと見つけて…」


「やあやあ諸君!お仕事お疲れ様なことで!だけどな…」


警備員A「!?なんだ?」


コナミ「あんた達が探してるやつはここにいるんだぜー!さぁ!捕まえて見せな!このダニエル様の事をなー!」


警備員B「…侵入者を発見ー!発見したぞー!追えー!」
警備員C「侵入者は仮面をつけて二階方向の階段の方へ逃走中ー!支給応援頼むー!」

コナミ「はっはっはー!捕まえて見せなー!俺様は甘くないぜー!」
シャイニート(な…何やってんですかー!?そ、それに何ですかそのマスクとマント…!?アーッ!!!!!?????それ完全に限定品エスパーロビンのマントとマスクー!あんたなんて事してるんですかーっ!)

コナミ「悪い悪いっ!後で返すから許せっ!とりあえず今は思いっきり逃げんぞーっ!」

シャイニート(レッドレイヤーさぁん!?これってレッドレイヤーさん達的にはありな感じなんですかー!?アウトな感じじゃないんですかーっ!?)


グリーンレイヤー(ってか不法侵入黙認してる時点でまあアウトっすよねー!ある意味ー!)
レッドレイヤー(うむ!だが友の為にした事だ!ーーー多分問題は無いはずだ!うむ!)

シャイニート(それでこそ超量戦隊ではあるんですけどー!もおおおおお!!!!)
151 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/06(日) 00:47:34.19 ID:4DenSrio0
コナミ「とりあえずどっか隠れられるとこ探さないとな…!なぁシャイニート!このスタジオで広くて隠れやすそうな場所知らないか!?」

シャイニート(知りませんよーそんなのー!…あれでも確か3FのCブロックの…!コナミさん!その先です!その先のスタジオに入って下さい!そこなら結構大きかった筈です!)


コナミ「了解!この先の…ここだな!とりあえず入るぞー!」




3FCブロック第3スタジオ



『さなぎの生放送ファン感謝ライブ!会場』
152 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/06(日) 00:54:11.82 ID:4DenSrio0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「…なんか暗くねーか…?」
シャイニート(確かに暗いですね…でもいいじゃないですか、じっくりここで待って警備の人が少なくなってから彼らの所に帰れば…)




『さなぎの〜!生放送デュエルライブ〜!☆』




ウオオオオオオオオオオオッ!!!!!!!!!!!



コナミ「…?なんじゃこりゃあ…?」

153 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/07(月) 22:27:45.64 ID:JkSIn/ZF0
ちょいちょい消えてすいません
遅いですが更新再開でーす
皆さまコメントありがとうございます!

さなぎ『みんなーっ☆!さなぎのライブデュエルに来てくれてありがとーっ!今日は生放送特別企画!なんとさなぎがみんなとのデュエルをしちゃいまーす!デッキの用意は出来てますかーっ!?』


当たり前だー! さなぎちゃんとデュエルしたいぞーっ!
俺とデュエルしてくれええええええええ!!!!!


さなぎ『よーしっ!みんなデュエルの準備は万全みたいだねーっ!それじゃあ決めていくんだけど…さなぎはさなぎセンサーに1番びびっときた人とデュエルしたいと思いまーす!だからみんなおおーきく!手を上げて下さーい!
私が指名したらいざ!デュエルタイムだからねー!』



シャイニート(なるほど…アイドル番組のスタジオに入ってしまったと…でもこれなら警備員も入りづらいでしょうから機会を見計らって出ていけばーーー)

コナミ「はーい!!!はーい!!!はーい!!!やりますー!デュエルやりまーす!!!」


シャイニート(ーーーは?)
154 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/07(月) 22:35:34.79 ID:JkSIn/ZF0
シャイニート(いやいやちょっとコナミさん!?何やってるんですか!?いいじゃないですか!別にここでデュエルしなくてもーーー)

コナミ「デュエルー!デュエルさせてくれー!さなぎちゃーん!」

シャイニート(ま、まあこういったライブなら大体サクラが選ばれる筈ですからコナミさんが選ばれる事はーーー)


さなぎ「おーっ!さなぎセンサーにすっごい反応あり!?これはやるっきゃないよ…!その相手は…!

君だー!そこの赤帽子の彼!さなぎがデュエルを指名するゾー!☆」


シャイニート(あっ、終わった。)
155 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/07(月) 22:50:18.28 ID:JkSIn/ZF0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライブ・ステージ上

ワァァァァァ…!!!!

コナミ「うわっ以外と高いんだなこのステージ…」
シャイニート(ああ何故こんな事に…)

さなぎ「こんにちはー!早速だけど今からデュエルする訳なんだけど!意気込みとかどうっ?緊張してるっ!?」

コナミ「…えっ?俺か?いや全然っ!寧ろ今から楽しみで楽しみで仕方ないっての!悪いなファンの諸君!ーーー今日はこの俺が勝たせて貰うぜー!」


なんだあいつー!さなぎちゃん見せろー!
さなぎちゃんあんな奴コテンパンにしてくれー!

さなぎ「うんうん!その意気や良し!流石さなぎセンサーにビビっと来まくっただけあるよー!…それでこそさなぎも楽しみなのです!さぁ!早速行っくよ〜!3!」

コナミ「よし来た!2ー!」

シャイニート(うぅー…1!)



ARビジョン、リンク完了





156 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/07(月) 22:51:39.84 ID:JkSIn/ZF0





さなぎ・コナミ「「デュエル!」スタート☆!」


157 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/07(月) 22:56:17.90 ID:JkSIn/ZF0
とりあえずここまでー
次からデュエルですー…雑になってしまいスマソ

後時間かかりすぎてすいません…こっからすんなり投稿したい
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/08(火) 00:28:23.60 ID:FtIA43ESO
乙です。

次からデュエル……これは満足するしかねぇ!

デュエッ!
159 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 18:30:57.14 ID:+x/aViED0
更新再開

コナミ「俺の先行!ドロー!俺は手札からマジックカード魔の試着部屋を発動!800P払ってデッキの上から4枚めくって…」

コナミ LP8000→7200

超量士グリーンレイヤー
バニーラ
ガーディアンの力
チューン・ウォリアー


コナミ「今めくられた中でレベル3以下の通常モンスター、バニーラとチューン・ウォーリアーを特殊召喚!」手札5


バニーラ「バニッ!(うさっ)」守2050 ☆1
チューン・ウォリアー「チュミミーン…」攻1600 ☆3 チューナー

さなぎ「ワーッ??!そのうさぎちゃんかわいいー!!!」


バニーラ 通常モンスター
星1/地属性/獣族/攻 150/守2050
甘いものがとっても大好きな甘党うさぎ。
世界一甘いと言われる甘糖人参を探し求め、
今日も明日もニンジンをかじりたい。


さなぎちゃんの方がかわいいぞーっ!
さなぎちゃんー!俺とデュエルしてくれーっ!

コナミ「やっぱ熱気がすげえな…!更に俺は霧の谷の見張り番を召喚!」
見張り番「…」攻1500 ☆4
160 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 18:37:16.58 ID:+x/aViED0
コナミ「俺はレベル1のバニーラとレベル4の霧の谷の見張り番に…レベル3のチューン・ウォーリアーをチューニング!」
バニーラ「バニッ!」
見張り番「…フッ!」
チューン・ウォーリアー「チュミミミミミーン!!!!!」


☆4+☆3+☆1=☆8


コナミ「シンクロ召喚!今回も頼むぜ、スターダスト!」
スターダスト「ヒキャアアアア…!」攻2500 ☆8


さなぎ「そして更にシンクロ召喚!?いいねぇいいねぇ!コナミくん!コレはさなぎセンサーに…ビビっときただけあるよ!」


コナミ「そんでもって俺はカードを2枚伏せてターンエンドだ!さぁ!ドンと来い!」

コナミ LP7200 手札2
場 スターダスト
伏せ2
161 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 18:47:54.88 ID:+x/aViED0
さなぎ「それじゃーさなぎのターン!いっくよー☆!ドロー!」手札6

さなぎ「私は手札からマドルチェ・ミィルフィーヤちゃんを召喚しまーす!」
ミィルフィーヤ「…ンニャア?」


マドルチェ・ミィルフィーヤ 効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 500/守 300
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
このカードが召喚に成功した時、手札から「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。


さなぎ「そしてさなぎはミィルフィーヤちゃんの効果で手札からマドルチェモンスター一体を特殊召喚しちゃいまーす!エンジェリーちゃーんを拍手でお迎え下さーい!」
エンジェリー「イェーイ!」

イェーイ!!!!エンジェリーちゃーん!
今日は何秒フィールドに居られるのー!?


マドルチェ・エンジェリー 効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1000/守1000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「マドルチェ」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは戦闘では破壊されず、次の自分ターンのエンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。このカードをデッキに戻す。
162 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 19:02:58.98 ID:+x/aViED0
さなぎ「私はエンジェリーちゃんをリリースしてデッキからマドルチェモンスターを一体!特殊召喚しまーす!ゴメンねーエンジェリーちゃん…」
エンジェリー「?」


さなぎ「そしたらデッキからマドルチェ・ホーットケーキを呼び出すよー!カモン!ホーットケーキくん!」
ホーットケーキ「ホーット…」


マドルチェ・ホーットケーキ 効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1500/守1100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、デッキから「マドルチェ・ホーットケーキ」以外の「マドルチェ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードをデッキに戻す。
163 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 19:27:19.78 ID:+x/aViED0
さなぎ「そして!ホーットケーキくんの効果使っちゃいまーす??!美味しそうなホットケーキに誘われて…郵便屋さんが飛び出されちゃいました!来て!マドルチェ・メッセンジェラート君!」
メッセンジェラート「ハンコクダサーイ」


マドルチェ・メッセンジェラート
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1600/守1000
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「マドルチェ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
この効果は自分フィールドに獣族の「マドルチェ」モンスターが存在する場合に発動と処理ができる。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードをデッキに戻す。


さなぎ「そしてメッセンジェラート君の効果で私はデッキからマドルチェ・シャトーを手札に加えるよ!」手札5
メッセンジェラート「アーイソガシイソガシ」


シャイニート(…結構モンスター並ばれてるじゃないですか…大丈夫なんですか?)

コナミ「でも攻撃力自体はそんなに高くはないモンスター達だな…チューナーとかは居ないから…成る程な」
164 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 21:13:53.40 ID:+x/aViED0
さなぎ「そしてここで私はフィールド魔法!マドルチェ・シャトーを発動!皆様をお菓子の王国にご招待いたしまーす!」


ワアアアア…!


マドルチェ・シャトー フィールド魔法
このカードの発動時に、自分の墓地に「マドルチェ」と名のついたモンスターが存在する場合、そのモンスターを全てデッキに戻す。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の「マドルチェ」と名のついたモンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
また、「マドルチェ」と名のついたモンスターの効果によって、自分の墓地のモンスターがデッキに戻る場合、デッキに戻さず手札に戻す事ができる。


コナミ「…って後ろのセットまで変わるのか!?スゲー…金かかってそだなおい…」
シャイニート(ARビジョンで何でも出来ますからね…そんなにお金かからないそうですよ?質感まで持たせるとそれなりにするらしいですけど…)

さなぎ「シャトーの効果によって墓地のマドルチェちゃん達はみーんな帰っちゃうんだけど…今は墓地にいないからカンケー無し!」
165 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 21:18:14.71 ID:+x/aViED0
なぎさ「それじゃーいっくよー??!私はレベル3のホーットケーキくんとレベル3のミィルフィーヤちゃんでオーバーレイッ☆!」

なぎさ「エクシーズ召喚!来て!リヴァちゃーん!」
リヴァイエール「クルルオォン!」


虚空海竜リヴァイエール
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/風属性/水族/攻1800/守1600
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、除外されている自分または相手のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

コナミ「やっぱモンスターエクシーズか…!」

さなぎ「そしたらリヴァちゃんの効果いっきまーす!オーバーレイユニットを一つ使って…除外されてるレベル4以下のモンスターを一体特殊召喚!私はエンジェリーちゃんを選ぶよー!カムバーック!エンジェリーちゃん!」
エンジェリーちゃん「戻ってきたよー!」

おかえりー!エンジェリーちゃーん!
でもすぐ素材になるんでしょー!?


さなぎ「悲しいけどそうなのです…エンジェリーちゃん!いつもいつもありがとー!」
エンジェリー「?」

シャイニート(…あのモンスター本当は意思あるんじゃないですかね…?)
166 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 21:23:38.33 ID:+x/aViED0
さなぎ「それじゃ…なぎさのいつものやついっくよー!

私は!レベル4のマドルチェ・メッセンジェラートと!マドルチェ・エンジェリーの2体で…!オーバーレイ!」
ジェラート「ワーッ!?」
エンジェリー「?」バイバイ

さなぎ「2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズしょーかん!!!!!」


さなぎちゃーん!


さなぎ「おいでませ??!お菓子の国の女王様!クイーンマドルチェ・ティアラミス!」

ティアラミス「オホホ!いざ!妾出陣でして!皆の者!用意は宜しくて!?」


クイーンマドルチェ・ティアラミス
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/天使族/攻2200/守2100
レベル4「マドルチェ」モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の「マドルチェ」カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻し、戻した数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主のデッキに戻す。
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/09(水) 21:42:30.62 ID:iF8xS5Oro
ティアラミスは今でもひどい性能しとるわ
168 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 21:52:17.33 ID:+x/aViED0
さなぎ「更に!私は永続魔法マドルチェ・チケットを発動!」


マドルチェ・チケット 永続魔法
自分のフィールド上・墓地の「マドルチェ」と名のついたカードがカードの効果によって自分の手札・デッキに戻った時、デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
自分フィールド上に「マドルチェ」と名のついた天使族モンスターが存在する場合、手札に加えず表側攻撃表示で特殊召喚する事もできる。
「マドルチェ・チケット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

さなぎ「マドルチェ・チケットはこのお城への招待状!
…ちなみに握手チケットはみんなちゃんと持ってるかなー?大丈夫ー?」


チキンレース!
強欲で貪欲な壺ー!
命削りの宝札ー!!!!


コナミ「熱がっ!熱が凄いっ!熱が凄いっての!!!」
169 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 21:59:39.62 ID:+x/aViED0
さなぎ「よーし!みんな大丈夫そうだねー!そしたらいよいよ女王様の効果発動!オーバーレイユニットを1つ取り除いて効果発ど
…あれれ?なんか風が冷たいよーな…?ハクチッ!」

ヒュウウウウ…

コナミ「悪いけどここでトラップカード、迷い風!コイツの効果でその女王様の効果を無効にして攻撃力を半分にしちまうぜ!」


迷い風 通常罠
(1):特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果は無効化され、元々の攻撃力は半分になる。
(2):このカードが墓地に存在し、相手のエクストラデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。


ティアラミス「不敬!不敬でしてよー!」
攻2200→1100
170 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 22:08:48.45 ID:+x/aViED0
さなぎ「おーっと!やるねぇコナミくん…なら!さなぎ式第2戦法なのです!

私は!ティアラミス1体で再度オーバーレイネットワークを構築するよ!」

コナミ「…おいちょっと待て!?エクシーズモンスターって2体以上でエクシーズするもんじゃないのか!?」


さなぎ「残念ながらそれだけではないのです!このモンスターはランク4以下のマドルチェエクシーズモンスターの上に重ねる事でもエクシーズ召喚可能なのだー!」
ティアラミス「今回は出番を譲って差し上げますが次はこうは行きません事よ!?覚悟…」


さなぎちゃーん!!!!!!


さなぎ「エクシーズしょーかぁーん!!!!!
現れて??!お菓子のお城のお転婆プリンセス!マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード!!!!」

ショコ・ア・ラ・モード「わたくし、さんじょー!」


マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード エクシーズ・効果モンスター
ランク5/地属性/天使族/攻2500/守2200
地属性レベル5モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク4以下の「マドルチェ」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事もできる。
(1):1ターンに1度、自分の墓地の「マドルチェ」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
(2):このカードが「マドルチェ・プディンセス」をX素材としている場合に自分の墓地の「マドルチェ」カードがデッキに戻った時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「マドルチェ」モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
171 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 22:23:36.07 ID:+x/aViED0
コナミ「今回はお嬢様かぁ!?なら…!俺は墓地の迷い風の効果を発動!墓地からこのカードを再セットする事が出来る!俺は墓地から迷い風を再びセットするぜ!」

さなぎ「そんな効果もあるんだね…でもこのターンにセットしたそのカードはもう使えないから…
私はア・ラ・モードちゃんの効果を発動!墓地のマドルチェカードを1枚デッキに戻すよ!この効果で私は墓地からエンジェリーちゃんを墓地からデッキに戻す…んだけど!
この時シャトーの効果で私は代わりに手札にエンジェリーちゃんを戻しまーす!」

さなぎ「そして更にチケットの効果!手札にマドルチェが帰って来たのでデッキからマドルチェモンスターを1枚手札に加えられるんだけど…これも天使族のマドルチェがいれば代わりにフィールドに特殊召喚出来る!私はデッキからマドルチェ・シューバリエを特殊召喚!」
シューバリエ「一同、戦闘準備ー!」


マドルチェ・シューバリエ 効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1700/守1300
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、「マドルチェ・シューバリエ」以外の「マドルチェ」と名のついたモンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
172 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 22:33:47.09 ID:+x/aViED0
シャイニート(エクシーズしたかと思ったらすぐ3体並んでて…コナミさんのデッキよりも遥かにスピードが違いますね…)


さなぎ「それじゃさなぎのバトルフェイズ!いっくよー!マドルチェ・シャトーがある場合フィールドのマドルチェモンスターの攻撃力・守備力は500ポイントずつ上がりまーす!」

シューバリエ 1700→2200
ショコ・ア・ラ・モード 2500→3000


コナミ「可愛い格好して結構エゲツない攻撃力だな!?」

さなぎ「私はショコ・ア・ラ・モードちゃんでスターダスト君に攻撃ー!」
ア・ラ・モード「私の必殺技…パート2!」


コナミ「俺はスターダストの効果を発動!1ターンに1度だけカード1枚を対象にしてそのカードの破壊を1度だけ無効にする!俺はスターダスト自体を選択して破壊を無効にする!」LP6700


さなぎ「えーっ!?うーん…他のみんなの攻撃力じゃスターダスト君は倒せないし…
それじゃメインフェイズ2に入ってカードを1枚伏せて私はターンを終了するよっ!」


さなぎ 手札3 LP8000
場 モンスター
マドルチェ・シューバリエ
マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード
虚空海竜リヴァイエール

魔法 マドルチェ・シャトー
マドルチェ・チケット 伏せ1
173 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/09(水) 23:06:41.76 ID:+x/aViED0
さなぎ「さて!コナミくんはどうこの状況をひっくり返してくるのか!
さなぎセンサーにビビっときたコナミくんならやってくれる筈!みんな目を離さず着いてきてねー!」

さなぎちゃーん!目なんか離した事一度もないぞー!頑張れー!


シャイニート(結構さなぎさんから期待されてますね…)
コナミ「…そこまで期待されちゃやらない訳にも行かないよな!俺のターン!ドロー!」手札3


コナミ「俺はトラップカード、凡人の施しを発動!この効果で俺はカードを2枚ドローして…A・マインドを除外する!」手札4


凡人の施し 通常罠
デッキからカードを2枚ドローし、
その後手札の通常モンスター1体をゲームから除外する。
手札に通常モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。


A・マインド チューナー(通常モンスター)
星5/闇属性/機械族/攻1800/守1400
A・O・Jの思考回路を強化するために開発された高性能ユニット。
ワーム星雲より飛来した隕石から採取された物質が埋め込まれており、高いチューニング能力を誇る。
その未知なるパワーの謎は未だ解明されていない。


さなぎ「ドローカード…!って事はこれから本番って事だね!」

コナミ「俺は手札からフィールド魔法を発動する!フィールド魔法、チキンレースを発動!これによってマドルチェ・シャトーは破壊させてもらうぜ!」

さなぎ「おっとっと…!いきなりお城から崖っぷちになっちゃった…」

チキンレース フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、
自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/10(木) 13:34:09.48 ID:QKsFIqxSO
乙です。

コナミ君の反撃に期待してます。
175 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/10(木) 22:53:22.86 ID:92Zfknu50
コナミ「俺はチキンレースの効果で1000ポイントライフを払って効果を発動!この効果で俺は…デッキからカードを 1枚ドロー!」LP5700

さなぎ「コナミくんどんどん崖に向かってるねー、でも次のターンさなぎも効果を使わせて貰うんだから…?」


マジック・ストライダー「…フン!」


コナミ「とまあそう言う訳にも行かないんだなーこれが!俺は手札からマジック・ストライダーの効果を発動!俺となぎさちゃんの表側表示の魔法カード1枚ずつを対象にして効果を発動!」


マジック・ストライダー 効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 600
(1):このカードが手札に存在する場合、自分及び相手フィールドの表側表示の魔法カードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカードを除外し、このカードを手札から特殊召喚する


コナミ「お互いの魔法カードを除外する事でこのモンスターを特殊召喚出来る!」
176 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/10(木) 23:01:58.20 ID:92Zfknu50
さなぎ「うーん…チケットもシャトーもやられちゃったかー…!やるねー!コナミくん!」

コナミ「そして俺はモンスターを裏守備表示でセット!
バトルフェイズに入る!俺はストライダーでシューバリエに、スターダストでリヴァイエールに攻撃!」

スターダスト「キュオオオオン!!!」
ストライダー「…!」


リヴァイエール「キュエエエ…!」
シューバリエ「ぜ、全軍!撤退でありまーす!」

さなぎ「おっ…と!破壊されたシューバリエくんの効果!破壊されたこの子はデッキに戻りまーす!カムバーック!シューバリエくーん!」LP7200

コナミ「まあざっとこんなもんよ!俺は手札を2枚セットしてターンエンド!」

コナミ 手札0 LP5700
場 モンスター
スターダスト
マジック・ストライダー
セットモンスター

魔法罠 伏せ3(迷い風)
177 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/10(木) 23:42:31.28 ID:92Zfknu50
さなぎ「うーん…コナミ君中々いい感じの攻撃してくるねー!さなぎセンサーはやはり間違ってなかったのだ!
そのお陰でみんなのボルテージも最高潮!そろそろ決めて行くよーっ!みんなー!準備はいいーっ!?」

ウオオオオォォォォォォ!!!!!
さなぎちゃーん!!!!!今日も見せてくれー!!!!!


シャイニート(わわわわわ…!今の攻撃で完璧に火をつけちゃったんじゃないですか…?)
コナミ「よっしゃばっちこーい!!!」

さなぎ「さなぎのターンッ!ドロー??!!!私は罠カード、マドルチェ・ハッピーフェスタを発動ー!この効果によってさなぎは手札からマドルチェモンスターを…」


さなぎ「好きなだけ!特殊召喚可能なのでーす!」

コナミ「好きなだけ…っておいい!?」


さなぎ「みんな大しゅーごー!来て!マドルチェ・エンジェリーちゃん!マドルチェ・マーマメイドちゃーん!マドルチェ・クロワンサンくーん!」


エンジェリー「再びとうじょー!?」
マーマメイド「…(フキフキ…)ふーっ…」
クロワンサン「?…?…」
178 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/10(木) 23:55:33.86 ID:92Zfknu50
マドルチェ・ハッピーフェスタ 通常罠
手札から「マドルチェ」と名のついたモンスターを任意の数だけ特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に持ち主のデッキに戻る。



マドルチェ・マーマメイド 効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻 800/守2000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
このカードがリバースした時、自分の墓地の「マドルチェ」と名のついた魔法・罠カード1枚を選択して手札に加える事ができる。



マドルチェ・クロワンサン 効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1500/守1200
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
また、1ターンに1度、このカード以外の
自分フィールド上の「マドルチェ」と名のついたカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを手札に戻し、このカードのレベルを1つ上げ、攻撃力を300ポイントアップする。


コナミ「一気に3体もモンスターが…!」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/11(金) 00:07:43.99 ID:HEt84sip0
さなぎ「エンジェリーちゃんの効果!エンジェリーちゃんをリリースしてデッキからマドルチェモンスターを特殊召喚!
私はデッキからマドルチェ・ホーットケーキくんをもう一回特殊召喚!」

エンジェリー「??」

ホーットケーキ「ホーッ…!」


さなぎ「そしてホーットケーキくんの効果!墓地からエンジェリーちゃんを除外して…またまたデッキからメッセンジェラートくんを特殊召喚!
その効果で私はデッキからマドルチェ・シャトーを手札に!」
メッセンジェラート「アーイソガシイソガシ…!」


コナミ「…またおんなじ事されてるけど結構強くないかこれ…」

さなぎ「私はレベル4のモンスター2体でまたまたオーバーレイ!エクシーズ召喚!再びおいでませ??!マドルチェ・ティアラミス!」
ティアラミス「またまた降臨でしてよ!さあ今度こそ平伏して…」

コナミ「だからそいつはマズイっての!俺はさっき伏せ直した迷い風を再び発動!ティアラミスの効果を無効にして攻撃翌力を半分に!
…ただしこのカードは除外されちまうけどな…」

ティアラミス「ホント不敬でしてよー!もー!」攻2200→1100
180 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/11(金) 00:21:52.63 ID:HEt84sip0
さなぎ「なら何度も何度もアンコールするまでなのです!もう一回ティアラミスちゃんを素材にしてエクシーズ召喚!私は2体目のア・ラ・モードちゃんを召喚しちゃいます!」


ア・ラ・モードA「私が貴女で!」
ア・ラ・モードB「貴方が私で!」
ア・ラ・モードA・B「マドルチェ・シスターズダブルXX(エクシーズ)!」

さなぎ「そして私はマドルチェ・シャトーを発動!これでマドルチェモンスターの攻撃力を500ポイントずつアーップ!」

ア・ラ・モードA・B 2500→3000
ホーットケーキ 1600→2100
クロワンサン 1500→2000
181 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/11(金) 00:35:58.03 ID:HEt84sip0
さーなぎちゃん!さーなぎちゃん!さーなぎちゃん!さーなぎちゃん!


さなぎ「さぁ!一気に行っちゃうよー!まずはア・ラ・モードちゃん2体でスターダスト君にに攻撃!
確かスターダスト君の破壊無効は1ターンに1度だけだったからコレで倒せるよー!」


ア・ラ・モードA「私の必殺技…パート2ー!」
ア・ラ・モードB「そして私の新必殺技!パート3ー!!!!」



コナミ「トラップ発ーーーー」
スターダスト「ーーーーーーー」ドカーン!


コナミ「…」
182 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/12(土) 23:25:30.62 ID:JmkOw0dF0
再開
今日中にデュエルは終わる…筈です


さなぎ「スターダスト君撃破!そして!私はホーットケーキ君でストライダーくんに攻撃!これでストライダーくんも…あれ?あれれれれ…?」


おいどうしてホーットケーキが攻撃しないんだ…?

それにまだスターダストドラゴンも残ってるぞ!?


コナミ「………」

さなぎ「ーーーコナミくん、罠1枚減ってない?」

コナミ「…あっ、はーい…」
183 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/12(土) 23:31:04.10 ID:JmkOw0dF0
コナミ「俺はトラップカード、仁王立ちと闇の増産工場の効果を同時に発動していたってわけ!
そして仁王立ちの効果をマジック・ストライダーに発動してその後ストライダーを闇の増産工場でリリース、コレでストライダー以外に攻撃できないからもう攻撃宣言は出来ないって訳だ!サンキューストライダー!」手札1

仁王立ち 通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの守備力は倍になり、ターン終了時にその守備力は0になる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このターン、相手は対象のモンスターしか攻撃できない。


さなぎ「うーん…中々攻撃が通んないねーコナミくんには…でもそれでこそだね!
なら私はカードを1枚セット!」手札0

さなぎ「そして私はレベル3のホーットケーキと!レベル3のクロワンサンで!オーバーレイネットワークを構築!

さぁ!今回のステージが初出演!新しい私の仲間をみんな拍手で迎えてあげてくださーい!」


No.20


コナミ「…ってあの召喚エフェクトは…まさか…!?」
184 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/12(土) 23:39:30.06 ID:JmkOw0dF0
さなぎ「いっくよー!エクシーズしょーかん!現れろ!No.20!お菓子に釣られた大きな蟻さん!蟻岩土ブリリアント!」



ブリリアント「…!!!!キシャアアア!」守1800



No.20 蟻岩土ブリリアント
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/昆虫族/攻1800/守1800
レベル3モンスター×2
このモンスターは「No.」以外との戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
185 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/12(土) 23:45:19.92 ID:JmkOw0dF0
コナミ「No.…!」

シャイニート(だ、大丈夫なんですか!?あのカードは危ないって言ってましたけど…?)

さなぎ「みんなー!これが私の新しいお友達、ブリリアントちゃんでーす!みんな拍手して上げてねー!」


ワーッ!!!!!


コナミ「…でも見てる限り暴走してるようには見えなくないか?特にヤバそうな雰囲気はしねぇし…問題はなさそうだけど」

さなぎ「私はブリリアント君の効果を発動!オーバーレイユニットを一つ使って自分フィールド上のモンスターの攻撃力を300ポイントアップ!」


ア・ラ・モード×2 3000→3300
ブリリアント 1800→2100

さなぎ「そして私はア・ラ・モード2体のモンスター効果を使うよ!墓地からマドルチェカードを2枚デッキに戻します!私はマドルチェ・シャトーとマドルチェ・ホーットケーキくんを戻すけど…ホーットケーキは手札へ!」
186 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/12(土) 23:50:33.81 ID:JmkOw0dF0
さなぎ「さあさあさあ!このさなぎの新しいモンスターに対してコナミ君はどう対抗するのか!?次のターンに期待しましょー!
私はこれでターンエンド!」


さなぎ 手札1
モンスター
ア・ラ・モード 3300
ア・ラ・モード 3300
ブリリアント 2100

魔法 シャトー 伏せ1
187 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/12(土) 23:57:28.02 ID:JmkOw0dF0
コナミ「…まあ兎に角!俺が勝てば何の問題もかいだろ…なら、俺のターン!ドロー!」手札2


コナミ「俺はモンスターを反転召喚!リバースモンスターは魔装機関車デコイチ!コイツの効果で俺はデッキからカードを1枚ドローする!」手札3
デコイチ「…」シュシュポッポッ…


魔装機関車デコイチ 効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1400/守1000
リバース:カードを1枚ドローする。
自分フィールド上に「魔貨物車両 ボコイチ」が表側表示で存在する場合、さらにその枚数分カードをドローする。


コナミ「更に俺は魔法カード、黙する死者を発動!この効果で俺は墓地から霧の谷の見張り番を守備表示で復活させる!戻ってこーい!見張り番!」

コナミ「そして俺は鎧蜥蜴を召喚!これでレベル4のモンスターが3体!」手札1

見張り番「…」
鎧蜥蜴「グルルル…」
188 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:05:51.50 ID:cdxTfTiw0
シャイニート(レベル4のモンスターが3体…エクシーズ召喚ですか!)

コナミ「そーいう事!俺はレベル4のデコイチ、見張り番、そして鎧蜥蜴の3体でオーバーレイネットワークを構築!」


コナミ「さあ暴れてくれんなよ…!エクシーズ召喚!」


No.57



コナミ「来い!No.57!奮迅竜トレスラグーン!!!」


トレスラグーン「…!クルルオォォン!!!!!!!」攻100
189 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:10:57.61 ID:cdxTfTiw0
さなぎ「コナミ君もNoを…!」


コナミ「俺はトレスラグーンの効果を発動!このカードが特殊召喚に成功した時相手フィールド上のモンスター一体の攻撃力をこのモンスターに加える事が出来る!
俺はショコ・ア・ラ・モードを選択してこの効果を発動!それによって攻撃力を…」


さなぎ「成る程ー、それで攻撃力を上げて倒そうって事かぁ…なら!逆に利用させて貰らおっかな!カウンタートラップ発動!魔導人形の夜(マドルチェナイツ)!」
コナミ「んなっ!?」


魔導人形の夜(マドルチェナイツ)
カウンター罠
自分の墓地にモンスターが存在しない場合に発動できる。
効果モンスターの効果の発動を無効にする。
自分フィールド上に「マドルチェ・プディンセス」が存在する場合、さらに相手の手札をランダムに1枚デッキに戻す。


さなぎ「このカードはさなぎの墓地にモンスターがいない時に使えるカウンター罠カード!効果モンスターの効果の発動を無効にする!これでトレスラグーン君の攻撃力は…!」


トレスラグーン「…」攻100
190 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:15:41.41 ID:cdxTfTiw0
コナミ「攻撃力100…!」
シャイニート(それにNo.の耐性のせいで戦闘破壊されないから…このままじゃサンドバッグですよー!?)

コナミ「…取り敢えず俺はトレスラグーンの2つ目の効果を発動!オーバーレイユニットを1つ使う事で使用されてないモンスターゾーンか魔法罠ゾーンのカードを1つだけ無効にする!
俺はオーバーレイユニットを3つ使用してモンスターゾーン2つと魔法罠ゾーンを1つずつ無効にする!」

さなぎ「ワッ!?…モンスターゾーンが霧で見えなくなっちゃった…」

コナミ「…俺は闇の増産工場の効果を発動!手札からボコイチを墓地に送ってカードを1枚…ドロー!」手札1


魔貨物車両 ボコイチ 通常モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 500/守 500
デコイチ専用の貨物車両。
どんな物でも運ぶ事ができるが、大抵は到着時に壊れている。
191 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:22:03.55 ID:cdxTfTiw0
コナミ「…俺はカードを1枚伏せてターンエンド!」

コナミ 手札0
モンスター
スターダスト 攻2500
トレスラグーン 攻100

魔法罠 闇の増産工場 伏せ1
192 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:30:45.50 ID:cdxTfTiw0
さなぎ「私のターン!ドロー!…トレスラグーンの効果で新しくモンスターは召喚出来ないけど…このターンでフィナーレまで一直線!」手札2


なーぎさちゃん!なーぎさちゃん!なーぎさちゃん!なーぎさちゃん!


コナミ「スッゲェコールだな…てかオイ!
少しは俺の応援してくれても…」


さなぎ「私はブリリアント君の効果を発動!オーバーレイユニットを1つ使って自分フィールド上のモンスター全ての攻撃力を300ずつアーップ!」

ア・ラ・モード×2 3300→3600
ブリリアント 2100→2400
193 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:40:55.28 ID:cdxTfTiw0
さなぎ「そしてブリリアント君を攻撃表示にして…さなぎのバトルフェイズ!ア・ラ・モードちゃんでトレスラグーン君に攻撃!」

ア・ラ・モード「行くわよ行くわよ行くわよ!これでクライマックスですわ!」


シャイニート(これ全部通ったらコナミさんのライフは0になっちゃいますよ!?取り敢えずトレスラグーンを増産工場でリリースして…)


コナミ「…トレスラグーンの攻撃力が100ポイント、んでア・ラ・モードの攻撃力が3600だから…3500のダメージ…」
194 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:43:09.44 ID:cdxTfTiw0
コナミ「ならそのダメージ…いっただきー!トラップカード発動!バイバイダメージ!」


さなぎ「ここにきてまだトラップカードォ!?」
195 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:47:58.51 ID:cdxTfTiw0
バイバイダメージ 通常罠
このカード名の効果は1ターンに1度しか適用できない。
(1):自分のモンスターが攻撃されたダメージ計算時に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されない。その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた時、相手はその数値の倍の効果ダメージを受ける。


コナミ「まずトレスラグーンが攻撃された事によって俺は3500のダメージを受けて…!」
LP2200

コナミ「そしてその時!俺が受けたダメージの…」


コナミ「バイのダメージを相手に与える!」


さなぎ「って事は私が受けるダメージは…!」
196 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:53:12.54 ID:cdxTfTiw0
コナミ「7000ダメージだー!特大級のファンレター!受け取ってくれよー!」


さなぎ「そのファンレター、受け取り拒否って出来ないかなーっ!!!!????」
LP7200→200


さなぎちゃーん!?
てめえさなぎちゃんに何してんだー!おいー!


シャイニート(すっごいありがた迷惑なファンレターですね…)
197 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 00:58:51.02 ID:cdxTfTiw0
さなぎ「…ううー…でもまだまだ!まだライフポイントは残ってるんだから!私は2体目のア・ラ・モードちゃんでトレスラグーン君に攻撃ー!」

コナミ「そのお返事はノーサンキューで!
俺は闇の増産工場の効果でトレスラグーンを墓地に送って1枚カードをドロー!これでトレスラグーンへの攻撃を回避する!」手札1

さなぎ「でもまだ攻撃は続行してるよ!ア・ラ・モードちゃんでスターダスト君に攻撃!」
コナミ「再びスターダストの効果!1ターンに1度カード1枚の破壊を無効にする!俺はこいつ自身を選択!」LP1100


さなぎ「ブリリアント君じゃスターダストの攻撃力には足りないけど…メインフェイズ2!私はマドルチェ・チケットを発動!そしてア・ラ・モードちゃんの効果で墓地からクロワンサンくんを手札に戻すけどこの時デッキから…マドルチェ・シューバリエくんをチケットの効果で特殊召喚!」

シューバリエ「再び出陣であります!」


さなぎ「そして私は手札からクロワンサンくんを召喚!」
クロワンサン「…?…!」


さなぎ「クロワンサンくんの効果発動!私はマドルチェ・チケットを手札に戻してクロワンサン君のレベルを1つあげて攻撃力を300ポイントアップする!」

クロワンサン☆3→4 2000→2300
198 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:03:27.57 ID:cdxTfTiw0
コナミ「またレベル4のモンスターが2体…まさか…」


さなぎ「流石に3度目の正直だよ!今度こそいいとこ見せてこー??!クイーンマドルチェ・ティアラミス!」
ティアラミス「今度こそひざまづかせて差し上げますっ!」


コナミ「またかよっ!?もう防げるカードなんてないってのー!」

さなぎ「今度こそ決まりそうだね!私はティアラミスちゃんの効果を発動!オーバーレイユニットを1つ使って墓地のマドルチェカード2枚を2枚までデッキに戻すよー!
私はマドルチェ・シューバリエと魔導人形の夜を選択してシューバリエ君を手札に!魔導人形をデッキに!」

ティアラミス 「妾の名において、成敗致しますわっ!そこのトカゲ!消えなさいっ!」

さなぎ「これによって戻したカードの枚数だけ相手フィールド上のカードを戻せるの!私はスターダスト君と闇の増産工場をデッキに戻しまーす!」


コナミ「スターダストが…!…一気にフィールドが更地か…」


さなぎ「さなぎはこれでターンエンド!」


さなぎ 手札4
モンスター
ショコ・ア・ラ・モード 3600
ショコ・ア・ラ・モード 3600
ティアラミス 2700
ブリリアント 2400

魔法罠 シャトー
199 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:09:38.82 ID:cdxTfTiw0
さなぎ「コナミくんスッゴイ強いねー…!やはりさなぎセンサーは間違ってなかったのだ!…
でも勝たせて貰うのはさなぎなんだから!」

コナミ「悪いけどこっちも勝たせて貰わなきゃならないな…!このまま決め切ってやるぜ!」

さなぎ「それは困るねー…!じゃあさなぎもーーーえっ?スタッフさん?」


スタッフ「あのー…もうそろそろ生放送の時間が押しててー…後1ターンくらいしか放送出来なくて…」

さなぎ「あっ、もうそんな時間…!?な、なんとかならないかな!?」

スタッフ「このままだとさなぎさんのラスト1ターンが取れなさそうなので…でもすぐにさなぎさんがトドメをさすシーンに入ればなんとか行けそうです!」
さなぎ「いやでも…」
200 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:14:21.70 ID:cdxTfTiw0
…?どうしたんだ…?
さっきからデュエルが止まってるぞ…?


コナミ「…あのー…ドローしていいか?」

スタッフ「あっ!ちょっとお願いがあるんですけど…時間がかなり押してるんでこの試合さなぎちゃんの勝ちカットでーーー」

さなぎ「駄目だよー!キチンと最後までデュエルしなきゃーーー」


コナミ「ーーー分かった。時間が押してるんだよな?」

スタッフ「!ありがとうございます!後でお礼は…」


さなぎ「そんなの駄目だよー!コナミくん!さなぎの事考えてくれてるのは嬉しいけどちゃんとーーー」
201 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:17:13.54 ID:cdxTfTiw0
コナミ「要するにーーーこのターンで決着つければいいって事だよな!デュエル再開しよーぜ!俺のターン!ドロー!」


スタッフ「ちょっとーっ!?」



さなぎ「ーーーやっぱりさなぎセンサーに狂いはなかったー!みんなー!おまたせー!デュエル再開いっくよー!」

ウオォォォォォ!!!!!
202 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:21:29.80 ID:cdxTfTiw0

コナミ「ーーー俺は手札からモンスターカード、はにわを召喚!」手札1
はにわ「にわっ!」


コナミ「そして俺は今引いた装備魔法、戦線復帰の代償を発動!
これのコストで俺は俺のフィールド上のモンスターを墓地に送ってお互いの墓地からモンスター一体を復活させる!」


戦線復帰の代償 装備魔法
自分フィールド上の通常モンスター1体を墓地へ送り、自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。


さなぎ「ここで蘇生魔法…!?でも!私の墓地にモンスターはいないしコナミ君のスターダスト君はデッキに戻っちゃったから攻撃力の高いモンスターなんてーーー」
203 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:23:31.01 ID:cdxTfTiw0
コナミ「いや、そうでもなさそうだぜ!俺は墓地からこいつを復活させる!
ーーーもう一度頼むぜ!来い!No.57!奮迅竜!トレスラグーン!」


トレスラグーン「グルルルル…!」


さなぎ「トレスラグーン君…!?でもそのカードの攻撃力は100ポイントじゃ…!?」


コナミ「それがそうでもないんだなー!トレスラグーンの効果はエクシーズ召喚した時じゃなくて特殊召喚した時に発動する効果!つまり…」

コナミ「俺はトレスラグーンの効果でプリンセス・ショコ・ア・ラ・モードを選択!これによって攻撃力を3600ポイントアップさせる!これにより攻撃力は…!」


トレスラグーン「グルルルルルォォォン!!!!」攻3700


さなぎ「攻撃力…3700…!?」
204 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:24:37.56 ID:cdxTfTiw0

コナミ「バトルフェイズ!俺はトレスラグーンで蟻岩土ブリリアントに攻撃ー!」

さなぎ「ブリリアント君の攻撃力は2400、トレスラグーン君の攻撃力は3700、だからさなぎのLPはーーー」


205 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:25:29.90 ID:cdxTfTiw0
コナミ「ーーーだからコイツで決まりって訳!!」



さなぎ「ーーーやっぱりやるねぇ、コナミ君!」LP200 → 0



winner! コナミ!
206 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/13(日) 01:27:43.77 ID:cdxTfTiw0
取り敢えずここまでー

長らく時間がかかってしまい申し訳ありません!
さなぎちゃんのキャラとかうまく掴めてるか不安…

さなぎちゃんのキャラ気になる人は「激闘!デュエルカーニバル!」をプレイしてみてくれ!(宣伝)
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/13(日) 14:02:05.10 ID:KIZcrVVSO
乙です。
熱いデュエルをありがとうございました。
続きも楽しみにしています。
208 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:06:56.16 ID:04SlxxBs0
遅れてすいません、ドラマパートです

コナミ「いよっしゃあ!勝ったぁ!」

さなぎ「ててて…負けちゃったかぁー…さなぎの事応援してくれてたみんなー…ごめんね?」


さなぎちゃん大丈夫だぞー!
殆ど不意打ちみたいな勝ち方で負けたんだからさなぎちゃんは悪くないぞー!
てか大人げない勝ち方過ぎるだろ赤帽子ー!


レッドレイヤー(…確かに少々大人気無かったかもな、司令官?いいかね?君はもう少しレディに…)

コナミ「えーそうかぁ…?
…てかさっきのデュエル、お前ら居なかったよな?どっか行ってたのか?」

レッドレイヤー(ああ、その事なんだが…取り敢えず追って話すとしよう。それより司令官、シャイニート嬢。…2人とも何か忘れてないかね?)

シャイニート(…あっ)

コナミ「忘れてる事?いやこのデュエルには勝って時間は守って警備員からは逃げ切って…逃げ切…」
209 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:07:49.25 ID:04SlxxBs0
コナミ「あーっ!!!!????
やべぇ遊馬!あっちの方の事忘れてた…!と、取り敢えず戻らねえと…!」


さなぎ「みんなありがとー☆!それじゃみんな一曲行ってみよー!コナミくんも一緒に…」


スタッフ「…ってちょっとー!どこ行くんですかー!?」
コナミ「悪い!急用!悪いなファンのみんな!俺の歌はまた今度って事で!」


待ってないぞー!
じゃあなー!赤帽子ー!
赤帽子のお兄ちゃん地味だけどデュエルは強かったねー!


さなぎ「…ってあれれ?コナミくん行っちゃったねー…なら!コナミくんの代わりにさなぎがガンガンに盛り上げていっちゃうよー!」


イェーイ!!!!待ってましたー!
さーなぎちゃん!さーなぎちゃん!さーなぎちゃん!さーなぎちゃん!


さなぎ「(にしてもコナミ君かぁ…さなぎセンサーにあんなにビビッと来たのは久しぶりだなぁ…また会えたら面白そーだね☆!)」



???「…チッ」
210 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:08:42.43 ID:04SlxxBs0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3FBブロック第2ホール

コナミ「おい大丈夫か遊馬!?デュエルは…」


アストラル「…遊馬、コナミが帰って来たぞ」
遊馬「…でなー風也、今度…おっコナミ!どこ行ってたんだよ…心配したぜ?」


シャイニート(これは…)
レッドレイヤー(うむ、恐らくはもう終わったのであろうな…邪悪な気配もしない。一件落着、だな)

コナミ「…まあ兎に角大丈夫そうで何よりだよ…悪いな途中で消えちまって」

遊馬「気にすんなって!…おっそうだ!風也!紹介するぜ!コイツがコナミだ!」

風也「ゆ、遊馬!?…ど、どうもっ!おっ、奥平風也ですっ!?」

シャイニート(…やっぱり全然エスパーロビンと印象違いますね…)
コナミ「あー…もう大丈夫か?」

風也「はい!遊馬のおかげで何とか…それに母さんの事も…」


風也の母「…貴方、コナミさん…でしたよね?」

コナミ「え、あ、まあ…」
211 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:09:42.34 ID:04SlxxBs0
風也の母「…今回の件、本当に貴方と遊馬君には感謝してます…思えば私もこの子には少し無理をさせ過ぎてたのかもしれません…それを遊馬君は私に考えさせてくれた…」

風也「母さん…」
遊馬「風也のかーちゃん…」


風也の母「だから風也…貴方…エスパーロビンを辞めても…」


風也「ううん母さん、僕は続けるよ。僕の事を…エスパーロビンを愛してくれている人は沢山いる。だから今度は僕自身の事を好きになってもらう為に…僕はエスパーロビンも奥平風也も両方自分だと思って生きて行く!」


風也の母「風也…!」

風也「僕と言う名の大盤振る舞いだよ母さん!…ありがとう母さん」
212 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:10:23.74 ID:04SlxxBs0
コナミ「…一件落着…だな」

遊馬「おう!んじゃ帰るか!…ってもうこんな時間かよ!?」

コナミ「あ…もう大分遅くなっちまったな…遊馬もそろそろ帰んないとあのお婆ちゃんに心配されちまうぜ?」

遊馬「婆ちゃんもそうだけど姉ちゃんの方がヤバイぜ…!おいどーすんだよアストラル!?」

アストラル「遊馬、ちょっと静かにしていてくれ。これはあの回のオマージュシーンにもなっているんだ…あのシーン…ああ、胸が熱くなるな」
シャイニート(あのシーンですか…確かに胸が熱くなりますね…!どうですアストラルさん?朝までエスパーロビン二期について語りあいませんか?)
アストラル「いいだろう、まず私はあのシーンは…」

遊馬「…駄目だこりゃ…」

コナミ「ま、これ以上居ても邪魔になりそうだし俺たちも帰るか…」


風也「…あっ、コナミさん!これ!こんなもので良ければですけど」
コナミ「…あっ、やべ忘れてた!…いいんすかお母さん?これ貰っても…」


風也の母「ええ、勿論ですわ。なんて言ってもエスパーロビンは私の自慢のヒーローでーーー」
213 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:11:03.43 ID:04SlxxBs0


風也の母「ーーー私の自慢の息子ですから!」
214 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:11:38.65 ID:04SlxxBs0
アストラル「ああ勿論…あの後アイアン・ジェットは出た…あれは素晴らしい迫力だった…」
シャイニート(羨ましい…!えってか生エスパーロビンからの生アイアン・ジェットとかちょっと嫉妬もんっすね…ううー…コナミさんについていかなければ良かったぁ…)

コナミ「ひでー事言うなよ…そんな事言ってると今日泊まる所…ああ…」

遊馬「ん?コナミどうしたんだ?」

グリーンレイヤー(司令官…もう言っちゃいません…?多分一晩位なら…)

コナミ「いやでもなぁ…」

レッドレイヤー(…うむ、私もそうしても良いと思うぞ司令官、この少年ならば無下に断ることはすまい…取り敢えず話してみてはどうかね?良い案が見つかる可能性もあるだろう?)

コナミ「でも…うーん…はぁ、仕方ないか…」
遊馬「…どうしたんだよコナミ?」


コナミ「…あの、実はな…」
215 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:12:13.88 ID:04SlxxBs0
遊馬家

遊馬「(ーーーいいか、コナミ…姉ちゃんと婆ちゃんは寝てる可能性が高いから…静かに行けばバレないかもしんねぇ!)」

コナミ「(任せとけって!…取り敢えずバレねえように行けばーーー)」

遊馬「(あとちょっとだ!そこの階段さえ登ればーーー)」

パチっ


明里「それで?何か言う事はある…?遊馬ァ…?」



遊馬「」
コナミ「」
216 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:13:03.56 ID:04SlxxBs0
明里「こんな時間までどこほっつき回ってんのよ!!!!連絡も繋がんないし!!!!」

遊馬「ね、姉ちゃん…?そ、そんなに、に、に怒らなくても…」

明里「おまけに訳わかんない男まで連れて来てるし!あんた誰よ!?」

コナミ「コ、コナミと申しますお姉様ッ!あっ怪しいっ者ではありませんっ!ゆ、遊馬くんとは今日からの長い付き合いですっ!?」

明里「訳わかんない事言ってんじゃないわよ!遊馬!どーしてこんな奴連れてきたのよぉ…!」グググググ…

コナミ「し…絞まるぅ…!首が…」

遊馬「ね、姉ちゃん!コナミはその悪い奴じゃなくて!えーと、何て言うかその…」
アストラル「住所不定」
遊馬「そう!住所不定のいい奴だぜ!」


明里「完全に不審人物じゃない!兎に角そんな奴家に入れるわけには行かないっの…!悪いけど出て行って貰うわよ!」

コナミ「わ、分かった!分かりましたから離して下さいお姉様そろそろ限界が」


とめ「ちょっと待ってくれ、明里ちゃん?」
217 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:13:53.32 ID:04SlxxBs0
遊馬「ば、婆ちゃん…?」

とめ「明里ちゃんや、取り敢えずコナミちゃんを離しておやり、そのままじゃ話せないよ?」
明里「お婆ちゃん…でも完全に不審者よ?こいつ…」

コナミ「ゲホッゲホッ…はー…はー…あー死ぬかと思ったぁ…」

とめ「…コナミちゃん、一つ聞いてもいいかい?」

コナミ「な、何ですか…?」


とめ「今日のご飯、美味しかったかい?」


コナミ「…勿論ですっ!特にデュエル飯が最高に美味かった!なー遊馬!」
遊馬「お、おう!ばーちゃん!今日のデュエル飯もサイコーに美味かったぜ!やっぱりばーちゃんの料理は最高だぜ!」


とめ「そうかい、そうかい!…ならコナミちゃん、明日の朝ごはんも食べて行きなさい、お婆ちゃん腕をふるっちゃうからね?」
218 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:14:47.90 ID:04SlxxBs0
遊馬「…って事はばーちゃん!」

明里「おばーちゃん!でもそんな知らない人を…」

とめ「いいじゃないかい明里ちゃん、一晩位泊めてあげてもそれに…」


遊馬「おーいコナミ!泊まっていいって婆ちゃんが言ってるぜー!」
コナミ「え、マジか!?マジで!?本当に?いいの!?」


とめ「…私には一馬が帰ってきた様に思ってねぇ…」
明里「…父さんが…?」


とめ「…コナミちゃん!」

コナミ「あ、お婆さん!ありがとうございます!」

とめ「いいのよいいのよ!それよりコナミちゃん…」


とめ「…遊馬の事、宜しくお願いします。迷惑もかけるかも知れませんが仲良くしてやって下さいね?」
219 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:15:22.07 ID:04SlxxBs0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遊馬「コナミはそっちでいいかー?」

コナミ「大丈夫大丈夫…無理言って悪いな遊馬」

遊馬「あーいいっていいって!…にしてもコナミってスゲー遠くから来たんだよな?だから泊まる所もないんだろ?」

コナミ「あー遠い所かどうかはワカンねぇけどさ、気づいたらいきなりハートランドに居たんだよな…どーやって来たんだろ…」

アストラル「…遠い場所から…」

遊馬「…って事はもしかして俺の知らねえスゲーカードもいっぱい知ってるって事か!?なあなあ!教えてくれよコナミ!」

コナミ「スゲーカードかぁ…例えば機皇帝ってカードがあってだな…」


わいわい、がやがや…
220 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:16:42.59 ID:04SlxxBs0

アストラル(コナミ…遠い場所からやって来た私のことが見えるデュエリスト…)

アストラル(そして私の分身であるNo.を所持していても暴走しないデュエリスト)

アストラル(彼が一体なんなのか…私の観察結果に載せるにはまだ情報が足りていないようだ)


アストラル(引き続き彼には観察が必要だろう)
221 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:17:50.55 ID:04SlxxBs0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
???「これは由々しき事態だ、カイト…No.の存在が世間に知れ渡ってしまったとあっては我々の計画ももっと早く進行しないと行けなくなってしまったよ…」


カイト「…俺の知った事ではない、俺は今まで通りNo.を「狩る」だけだ。行くぞ、オービタル。情報を回せ」

オービタル「か、かしこまり!」


???「カイト、君には期待しているんだ…君の働きによってハルトはすぐに良くなる…頑張ってくれたまえ。」


カイト「…貴様らこそ俺の期待に答えて欲しい所だ」


バサッ!


???「…ふーむ、確かにカイトは凄腕のハンター…しかしながら彼だけでは少々不安が残る…新たなハンターを増やす事を「Dr」に検討してみるか…」ウィーン…
222 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:18:23.39 ID:04SlxxBs0


???「…『ナンバーズハンター』…」
223 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/17(木) 22:18:49.89 ID:04SlxxBs0
取り敢えずここまでー
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/17(木) 22:28:10.94 ID:d0kWpcZSO
乙です。
これからも続きを楽しみにしています。
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/17(木) 22:34:55.03 ID:51/aRzblo
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/01/18(金) 14:35:16.95 ID:niPnT2620

このスレからは感じるもの・・・、まさしく愛だ!
227 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 21:57:20.76 ID:xH73Y6Av0
遅くなりました…

皆さまコメントありがとうございます
更新再開していきます
228 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 21:59:54.91 ID:xH73Y6Av0
チュンチュン…チュンチュン…

遊馬「zzz…うーん…おれのたーん…どろー…」

小鳥「…遊馬ー…遊馬ー…」

遊馬「そこだぁ…俺はガガガマジシャンでだいれくとあたっく…」

小鳥「…遊馬ー!起きなさーい!早くしないと学校遅刻するわよー!」


遊馬「んん…?おー…小鳥かぁ…おはよ…」

小鳥「「おはよ」じゃないわよー!今何時だと思ってるのー!?遅刻ー!学校ー!」



遊馬「んー?

…うおおおおっ!!!???ヤッベェー!!!遅刻するうううー!!!???」
229 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:06:38.97 ID:xH73Y6Av0
バタバタバタ…

遊馬「うおおお遅刻遅刻ー!
あっ、悪いばあちゃん!朝ご飯は…」


とめ「こりゃ!遊馬!キチンと朝ご飯は取りなさい!
デュエル飯じゃ、持ってて食べとくれ?
コナミちゃんも美味しそうに食べとってくれたからのー」

遊馬「サンキュー!ありがとなーばあちゃん!

…あれ?今日コナミはどこ行ったんだ?いつもなら一緒に飯食ってる所なのに」


とめ「ああコナミちゃんならの〜ーーー」
230 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:07:50.40 ID:xH73Y6Av0
コナミ「…ふわぁ…ねみぃ…」

レッドレイヤー(司令官、今日はここらへんを調べてみるのか?)

コナミ「ん〜…まあそうだな…取り敢えずここらへん一体の写真と…後は裏路地とかか…
どこいんだろなー?そのグループってのは?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー????Now lording…


?ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
231 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:11:00.57 ID:xH73Y6Av0
遊馬家 数日前

コナミ『zzz…』

明里『…あんたー…ちょっとあんた起きなさいよー』
コナミ『zzzzzzzz…』


明里『…起きなさいってば!!!』


コナミ『うおっ!?』ビクッ!

明里『あ、漸く起きた。おはよう』

コナミ『あー…おはようございます…
明里…さん?…まだ早いな、おやす』


明里『待てや!』コナミ『は、はいぃ!』


明里『ちょっとお願い事があるんだけどーーー』
232 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:12:29.10 ID:xH73Y6Av0
コナミ「…って訳でここ数日探してるんだけど…中々成果が出ねぇ…一体どこ隠れてんだ…?」

シャイニート(そろそろ見つけないと明里さんに怒られてしまいそうですよね…そうなったらお家追い出されてまた宿無し…)


コナミ「…そうならんように早く見つけないと…この路地裏なんてどーだ?如何にもいそうって感じだろ?」

グリーン(確かにTHE・いそうって感じの路地裏っすねぇ…本当に行くんすか?司令官…)

コナミ「入らん事にはなんともだからな、取り敢えず行くか…ヤバかったら出て行けばいいだ」



???「その必要はねぇ」
コナミ「…ん?」

???「おい、てめえ…危ねぇぞ、どいてろ」
233 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:14:36.97 ID:xH73Y6Av0
コナミ「えーーー」


ギイイイイイイイイィン!!!!!


???「だから危ねぇだろ…おい、聞いてんのか?」


コナミ「…か…」

???「あ?」


コナミ「カッケー!そのバイクスゲーなオイ!えっ自作か!?いいなぁ…これ…」


???「な…なんだよお前…」
234 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:15:42.30 ID:xH73Y6Av0
ーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「うーん…見た感じディスクはついてねぇな…どーやってデュエルするんだ?これで」

???「おいおい…何でバイク乗りながらデュエルする必要があるって言うんだよ…兎に角テメエ…何でこんな所にいるんだ?」

コナミ「えーデュエルしねぇのかぁ…?勿体ねぇなぁ…
あー…俺?俺はなー九十九ジャーナルってとこから送られてきた記者のコナミって言いますー
実はとあるグループを探して…」


???「…おい、今テメエ…九十九って言ったか?」
コナミ「ん?いや九十九ジャーナルのコナミって…」


ガシッ!

コナミ「ウオッ!?」
レッドレイヤー(司令官!?)
シャイニート(コナミさん!?)
235 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:16:36.30 ID:xH73Y6Av0
???「そうか…なら話は早えな…おいてめえ…九十九遊馬って奴に伝えておけ…「シャークがテメエに喰らいつく為に埠頭で待ってる」ってな…」

コナミ「い、いやいきなり振られてもな!何がなんだかサッパリ…」

シャーク「兎に角奴に伝えろ、シャークが待ってるってなぁ!
…ようやくだ!ようやく俺は奴に…「九十九遊馬」にリベンジ出来る!」ザッザッザ…


コナミ「…ゲホッゲホッ…な、なんだったんだよオイ…」
シャイニート(コナミさーん!?大丈夫ですかー!?)

コナミ「あー平気平気…にしてもどうすっかね…アイツ遊馬目当てみたいだったけど…」


コナミ(…ヤケに目が暗いんだよなぁ…まるで死んだ魚みてぇな目…)
236 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:19:32.07 ID:xH73Y6Av0
ーーーーーーーーーーーーーーー
シャーク「…今戻った」

海王「おいおいシャークさんよぉ…ちょっとおせーんじゃねーのぉ?兄ちゃんから大切な話があるって…」

陸王「落ち着けよ弟、まあシャークも聞け…今日だ、今日の夜!例の計画を実行に移す!…お前ら準備はいいな?」

海王「構わねぇぜぇ!兄ちゃん!オイ!シャーク!お前もそれでいいな?」


シャーク「勝手にしろ…ただ1つ、日没前に少し時間を貰うぜ…別にそんなに時間はかからねぇと思うがな」


シャーク「(九十九…遊馬!)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
237 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:26:35.15 ID:xH73Y6Av0
ハートランド学園

コナミ「えーと遊馬の奴は確か…」

レッドレイヤー(…いいのかね?司令官…あの少年…シャーク君とやらの目…普通ではなかったが)

コナミ「…ま、取り敢えず伝えとかないと遊馬にとっても悪いかもしんないしよ。それに行く行かないは遊馬の自由だしな。」

コナミ「…この教室だったっけか、そんじゃお邪魔しまーす…遊馬いるかーーー」



委員長「とどのつまり、No.のカードがないという事は、遊馬君はへっぽこデュエリストですね」
238 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:29:40.88 ID:xH73Y6Av0
コナミ「…?」
遊馬「委員長…どー言う意味だよそれ!?」

委員長「意味も何もそー言う事でしょう…とどのつまり、遊馬君のデュエルはNo.頼りのデュエルだと言う事ですよ。
強力なNo.頼りのデュエルでは本当に強いデュエリストとはとどのつまり、言えないでしょう?」

キャッシー「そんな事無いわ!遊馬は私とのデュエルではNo.なんて使ってないもの!それでもキチンと勝ったもの!」
小鳥(それはキャットちゃん自体が遊馬に対して遠慮してたところもあるわよね…)

遊馬「そんな事ないだろ!?なぁ鉄男!」


鉄男「…いや遊馬、俺もお前が最近No.のカードに頼り過ぎてるんじゃないかって思う。」


コナミ「…」
遊馬「鉄男…!」
239 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:30:56.31 ID:xH73Y6Av0
鉄男「確かにNo.のカードは強力だ…でも今の遊馬はそのNo.を如何にして召喚するか…それだけを考えてるんじゃないのか?お前だって…No.に頼ってるって思ってるんじゃないのか?遊馬?」

遊馬「そんな事ねぇ…!俺は別にNo.の力なんかに頼らなくても1人でデュエルにだって勝てる!」


アストラル「それはどうかな、遊馬。君のデュエルには安定性が著しく欠けている。今の君では…例えばシャークのようなデュエリストにはNo.抜きでは負けてしまうだろう。
いやNo.があってもどうか…」

遊馬「アストラルてめえまで…!」


徳之助「う…ウララァ…どうすればいいウラかー…こーいう時は大体強い奴の裏に隠れるウラ…今回は…ウー…ウララァ…」

コナミ「おーいトスの助…だっけ?今話し込んでる最中か?」

徳之助「俺の名前は徳之助ウラ!…ってあんたこないだの…」
240 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:33:34.07 ID:xH73Y6Av0
遊馬「ってコナミ!?お前…何でここに居るんだよ!?」

コナミ「いや遊馬に伝言、急ぎっぽいから「シャークが埠頭で待ってる」…ってさ」

遊馬「シャークが…!?」
アストラル「シャーク…」


委員長「…なら遊馬君!丁度いい機会です!シャークにNo.無しで勝って見て下さい!それが出来たらとどのつまり遊馬君も一流デュエリストだと言えるでしょう!」

遊馬「シャークに…No.無しで…」


委員長「どうです?遊馬君なら出来るでしょう?」

小鳥「遊馬…」
コナミ「…」


遊馬「…分かったよ。」
241 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:34:46.06 ID:xH73Y6Av0
遊馬「やってやるよ、シャークに…No.無しで勝ってやる。」

鉄男「遊馬…いいんだな?」


アストラル「残念ながら君の今のデュエルタクティクスではNo.抜きでの勝率は0.1%にも満たないだろう、やるだけ時間のーーー」

遊馬「お前は黙ってろ!アストラル!」

小鳥「遊馬…」


遊馬「ーーー特訓してくる…コナミ、さんきゅな」
242 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:37:13.54 ID:xH73Y6Av0
小鳥「遊馬…」

キャッシー「ちょっと委員長!遊馬が負けたらどう責任を取ってくれるニャ!?」

委員長「負けたらとどのつまり遊馬くんはただの馬鹿だったと言う奴でしょうね、馬鹿じゃデュエルには勝てませんよ」

徳之助「でもシャーク相手っていうのは無茶ウラよ…ウラのウラでも勝てない相手ウラ…」

鉄男「兎に角遊馬が弱くても強くても関係ねぇ、遊馬がNo.さえ使わなきゃそれで…」


レッドレイヤー(…)
コナミ「…なぁー…1つ聞きてえんだけどさー…」

一同「コナミ「「「「遊馬の知り合いさん?」」」」さん?」
243 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:38:01.56 ID:xH73Y6Av0
コナミ「…No.ってそんなに強いのか?」

委員長「…もちろんですよ!とどのつまり、強力なモンスターカードです!使えば誰だって強くなれる程の…」

コナミ「じゃあこのデッキじゃ勝てねぇか?」


委員長「…ちょっと見させて下さい…っぷぷぷ…何ですかこのデッキ!」

鉄男「…ものすげえデッキだな…モンスターのシナジーも薄いし…通常モンスターばっかりだし…」

徳之助「(でもこのスターダスト…って言うのは強そうウラね…いいウラね…欲しいウラね…)」

キャッシー「なんかここまで纏まり無いと回すのすら難しそうね…」

小鳥「うーん…よく分かんないけど…このシャイニートちゃんって子かわいいー!」
シャイニート(////)
244 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:39:30.63 ID:xH73Y6Av0
委員長「ま、とどのつまり貴方のデッキじゃNo.どころか僕のデッキに勝つ事すら難しそうですね!とどのつまりこのデッキはクズカードを集めたレベルの…」

コナミ「…そっか…クズカードかぁ…」


『カードをクズの一言で片付けるアンタにーーーー』


コナミ(ーーーお前さぁー…そう言っときながら案外最後はアンタそのデュエリストと仲良くなってたよなー…アイツの人間観はあてになるのかならんのか…)
245 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:41:39.00 ID:xH73Y6Av0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
放課後 埠頭

遊馬「…来たぜ、シャーク!」

シャーク「…ほう…来たか…おい…お前No.は持ってきただろうな?」

遊馬「No.は…このデュエルで俺は使わねぇ!」

シャーク「何…?」

アストラル「…」
遊馬「このデュエルではアストラル…お前にも頼んねぇぞ、俺1人でこのデュエル、勝ってみせる!」

シャーク「舐められたもんだな俺も…!ならテメエがNo.を使いたくなるよう無理矢理にでも引きずり出してやるよ!」


鉄男「シャークの奴本気だぜ…!」
キャッシー「遊馬ー!頑張ってー!」
コナミ「ガンバー!」


小鳥「(…なんか普通にいるわね…この人…)」
246 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:42:10.76 ID:xH73Y6Av0



遊馬・シャーク「「デュエル!」」



247 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/21(月) 22:43:20.26 ID:xH73Y6Av0
一旦ここまでー
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/22(火) 00:34:10.01 ID:Lxo5T8QSO
乙です。
249 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 08:55:52.90 ID:RrjyT0eZO
ちょくちょく遅くなって申し訳ない…
更新再開です
250 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 08:56:23.78 ID:RrjyT0eZO
シャーク「俺のターン!ドロォー!」手札6

シャーク「俺は手札からキラー・ラブカを召喚!」
キラー・ラブカ「シャアアア!」


キラー・ラブカ 効果モンスター
星3/水属性/魚族/攻 700/守1500
自分フィールド上の魚族・海竜族・水族モンスターが攻撃対象に選択された時、墓地のこのカードをゲームから除外し、攻撃モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃を無効にし、その攻撃力を次の自分のエンドフェイズ時まで500ポイントダウンする。
「キラー・ラブカ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


シャーク「更にキラー・ラブカの召喚に成功した時、俺は手札からシャーク・サッカーを特殊召喚!」手札4
シャーク・サッカー「シャァァァク・サッカァァァ!」


シャーク・サッカー 効果モンスター
星3/水属性/魚族/攻 200/守1000
自分フィールド上に魚族・海竜族・水族モンスターが召喚・特殊召喚された時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードはシンクロ素材とする事はできない。
251 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 08:57:46.78 ID:RrjyT0eZO
シャーク「俺は2体のレベル3モンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!」


シャーク「浮上せよ!潜行母艦エアロシャーク!」

エアロシャーク「…」ガガガガガ!


遊馬「いきなりモンスター・エクシーズ…!」


潜行母艦エアロ・シャーク(アニメ)
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/魚族/攻 1900/守 1000
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材1つを取り除く事で、 自分の手札1枚につき400ポイントのダメージを相手プレイヤーに与える。
252 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 08:58:21.13 ID:RrjyT0eZO
シャーク「俺はエアロ・シャークのモンスター効果を発動!オーバーレイユニットを1つ取り除き…自分の手札の枚数×400ポイントのダメージを相手に与える!」

シャーク「俺の手札は4枚!よって1600ポイントのダメージ!喰らえ!『エアー・トルピード』!」

遊馬「うわあああ!?」LP8000→6400

シャーク「俺は手札を2枚伏せてターンエンド!」手札2


シャーク 手札2
場 潜行母艦エアロシャーク
伏せ 2


シャーク「さぁ、お前のターンだ!」
253 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 08:59:25.05 ID:RrjyT0eZO
遊馬「俺のターン、ドロー!」手札6

遊馬「俺はゴゴゴゴーレムを召喚!」
ゴゴゴゴーレム「ゴゴゴッ!」


遊馬「俺は更に魔法カード、破天荒な風を発動!攻撃力・守備力を1000UPする!」
ゴゴゴゴーレム「ゴゴゴゴゴーッ!」
攻1800→2800


ゴゴゴゴーレム 効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1800/守1500
(1):守備表示のこのカードは、1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。


破天荒な風 通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力・守備力は、
次の自分のスタンバイフェイズ時まで1000ポイントアップする。


アストラル「…」


小鳥「遊馬のモンスターの攻撃力が上回った!」
鉄男「だがシャークの場には伏せカードが2枚もある…攻撃がすんなり通るのか…?」
254 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 08:59:56.49 ID:RrjyT0eZO
遊馬「バトルだ!俺はゴゴゴゴーレムでエアロシャークに攻撃!」

ゴゴゴゴーレム「ゴゴーッ!」


シャーク「…相変わらず見え見えの罠に突っ込むとはな!トラップ発動!ポセイドン・ウェーブ!」
遊馬「罠カード!?」


ポセイドン・ウェーブ 通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手モンスター1体の攻撃を無効にする。
自分フィールド上に魚族・海竜族・水族モンスターが表側表示で存在する場合、その数×800ポイントダメージを相手ライフに与える。


シャーク「こいつでテメエのモンスターの攻撃を無効に!そして800ポイントのダメージをテメエに与える!」

遊馬「クソッ…!」LP6400→5600
255 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:00:24.97 ID:RrjyT0eZO
委員長「あ〜あ…やっぱり遊馬君の攻撃は止められてしまいましたね…とどのつまり遊馬君のデュエルはデュエルの幽霊だよりなんですかね」


アストラル「…遊馬、今の攻撃は少々迂闊だった。ここはゴゴゴゴーレムをーーー」
遊馬「うるせぇ!お前の指図なんて受けなくても俺は1人でやれるんだよ…!俺はカードを1枚伏せてターンエンド!」


遊馬 手札3
場 ゴゴゴゴーレム 攻2800
伏せ1
256 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:01:09.51 ID:RrjyT0eZO
シャーク「…その程度かお前の実力は!なら…お前はただホープを呼び出すための撒き餌に過ぎねぇって事だ!俺のターン!ドロー!」
手札3

シャーク「俺は再びエアロシャークのモンスター効果を発動!オーバーレイユニットを1つ取り除きテメエにダメージを与える!俺の手札は3枚!よって1200のダメージだ!」

遊馬「うわぁぁぁぁぁあ!?」LP5600→4400


小鳥「一気に遊馬のライフが半分に…」
キャッシー「にゃー…見てられないニャ!」

コナミ「…ライフ半分か…」


シャーク「更に俺は手札からサイレント・アングラーを特殊召喚!コイツは場に水属性モンスターがいる場合特殊召喚出来る!」
サイレント・アングラー「…」ゴボゴボ…


サイレント・アングラー 効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻 800/守1400
自分フィールド上に水属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
このターン自分は手札からモンスターを特殊召喚できない。
257 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:01:57.87 ID:RrjyT0eZO
シャーク「そしてコイツを生贄に捧げ!俺は手札からジョーズマンをアドバンス召喚!」
ジョーズマン「フッシャアアア!」攻2600


ジョーズマン 効果モンスター
星6/水属性/獣戦士族/攻2600/守1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードをアドバンス召喚する場合、リリースするモンスターは水属性モンスターでなければならない。
このカードの攻撃力は、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する水属性モンスター1体につき300ポイントアップする。


シャーク「コイツの攻撃力はコイツ以外の水属性の数一体につき300!攻撃力をアップする!
…コイツの効果はお前も覚えてるよなぁ?」

シャークマン「フッシャアアアアアア!!!」攻2900


遊馬「ゴゴゴゴーレムの攻撃力を上回った!?」
258 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:02:47.22 ID:RrjyT0eZO
シャーク「バトルだ!俺はジョーズマンでゴゴゴゴーレムを攻撃!『シャーク・ストリーム』!」

遊馬「お、俺は罠カード、ダメージダイエット!コイツでこのターン受けるダメージを半分にっ…!」

シャーク「だがゴゴゴゴーレムは破壊される!喰らいつけぇ!ジョーズマンッ!」


ジョーズマン「フッシャアアアア!!!!」
ゴゴゴゴーレム「ゴ…ゴゴ…」ドカーン!


遊馬「ゴゴゴゴーレムがっ…!」
LP4400→4350

シャーク「更に!俺はエアロシャークでダイレクトアタック!『ビック・イーター』!」


エアロシャーク「…!!!」ドキュン!


遊馬「ガッ…!」LP4350→3400


シャーク「…これで俺はターンエンドだ…さぁ、九十九遊馬!ホープを呼ぶんだな!」

シャーク 手札1
場 エアロシャーク ジョーズマン
伏せ1
259 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:03:22.56 ID:RrjyT0eZO
遊馬「う…ぐ…!」

小鳥「遊馬!」
委員長「とどのつまり、これは決まりましたね。遊馬君のデッキにこの状況をひっくり返すカードはありません。つまりは遊馬くんの負け…」

遊馬「まだだ…まだ…俺の…ターン!ドロー…!」手札4

ゴブリンドバーグ

遊馬「(ゴブリンドバーグ…!コイツを使えばレベル4のモンスターが2体並ぶ…つまりホープを…)」
遊馬「(でも俺は…!)」

アストラル「…遊馬」

遊馬「…な、何だよ!お前の助言なんてーーー」

アストラル「ーーー私としては君がこの試合でNo.を使おうと使うまいと関係は無い、ただーーー」


アストラル「ここでホープを使わないと「君は勝てない」」
260 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:03:58.64 ID:RrjyT0eZO
遊馬「…!」

アストラル「それを持って君がNo.を使うかは君の自由だ、No.がかかってない試合で君がNo.を使おうと使うまいと私には関係ない」

遊馬「俺が…負ける…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

委員長『とどのつまり、No.のカードがないという事は、遊馬君はへっぽこデュエリストですね』

鉄男『…いや遊馬、俺もお前が最近No.のカードに頼り過ぎてるんじゃないかって思う』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


遊馬「俺は…!」
261 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:04:42.96 ID:RrjyT0eZO
遊馬「…俺は…!ゴブリンドバーグを召喚!」
ゴブリンドバーグ「二ヒヒヒヒ!」


ゴブリンドバーグ 効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1400/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
この効果を発動した場合、このカードは守備表示になる。


遊馬「俺はゴブリンドバーグの効果を発動!その効果で俺は手札から…ガンバラナイトを特殊召喚!」手札2


ゴブリンドバーグ「ニヒッ!」ヒューン…
ガンバラナイト「ガンバラナイト!」


ガンバラナイト 効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 0/守1800
フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、このカードの表示形式を守備表示にできる。
262 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:05:44.59 ID:RrjyT0eZO
小鳥「遊馬の場にレベル4のモンスターが2体…!」

コナミ「これは…来んのかエクシーズ召喚!?」


鉄男「…遊馬…」


シャーク「これでレベル4のモンスターが2体…!

さぁ呼べ…ホープを、呼べええええ!!!!」


遊馬「…ああ、分かったよ」
263 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:06:32.11 ID:RrjyT0eZO
委員長「ゆ、遊馬君!?貴方No.を呼び出す気ですか!?それはルール違反です!約束が…」


遊馬「…アストラル、No.だ、No.を出してくれ…」
アストラル「…良いだろう、遊馬…私としてもそれが正しいプレイングだと思うからな」


遊馬「俺は…!レベル4のゴブリンドバーグと…ガンバラナイトで…!オーバーレイ!」


遊馬「2体のモンスターオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!」


遊馬「俺は…俺は…!」
264 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:07:09.70 ID:RrjyT0eZO
シャーク「さあ来い…!No.…!」


39


遊馬「…来い!No.39!希望皇…ホープ!」


ホープ「ホォープ!!!」


No.39 希望皇ホープ(アニメ)
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻 2500/守 2000
レベル4モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードのエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
モンスター1体の攻撃を無効にする事ができる


小鳥「ホープが…出た…」
コナミ「あれが…遊馬のNo.か…」
265 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:07:47.73 ID:RrjyT0eZO
シャーク「それでいい…!No.…!そいつこそ俺のぶっ倒しがいがあるってもんだ…!」

鉄男「遊馬…どうして…!」


遊馬「…バトルだ!俺は!希望皇ホープで潜行母艦エアロシャークに攻撃!『ホープ剣スラ』…」

シャーク「そしてその攻撃も待ってたぜ…!俺は!墓地のキラー・ラブカの効果を発動ー!」

遊馬「墓地から…!?」

キラー・ラブカ「シャアアアア…!」
シャーク「こいつの効果は墓地からコイツを除外することによって発動が可能!俺の場のモンスターが攻撃対象になった時コイツを除外する事で攻撃を無効にする!」


キラー・ラブカ「シャア!」
ホープ「ホオッ!?」

遊馬「ホープッ!?」
266 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:08:19.72 ID:RrjyT0eZO
シャーク「その後そのモンスターの攻撃力を500ポイント、ダウンさせる…!食らいつけ!キラー・ラブカッ!」


キラー・ラブカ「シャアアアア…!」
ホープ「ホッ…ホォープ…」攻2500→2000


遊馬「ホープッ…!

俺は…これでターンエンド…」


遊馬 LP3400 手札2
場 希望皇ホープ
267 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:08:52.45 ID:RrjyT0eZO
シャーク「さぁNo.には噛み付いた…!後は…引き摺り込むだけだ…!
俺のターン…ドローォ!!!!!」手札2


浮上


シャーク「!…行くぞ.…!俺は手札からビックジョーズを召喚!」
ビックジョーズ「シャァーク!」


ビックジョーズ 効果モンスター
星3/水属性/魚族/攻1800/守 300
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時にゲームから除外される。


シャーク「そして魔法カード、浮上を発動!墓地から浮上せよ!シャーク・サッカー!」
シャーク・サッカー「シャャーク・サッッカー!!!」


浮上 通常魔法
自分の墓地のレベル3以下の魚族・海竜族・水族モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを表側守備表示で特殊召喚する。
268 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:09:38.31 ID:RrjyT0eZO
遊馬「シャークの場にレベル3のモンスターが2体…!」
アストラル(だが彼のエクストラデッキに既にNo.であるリバイスドラゴンは存在しない…何を仕掛けてくるつもりだ?)


シャーク「見せてやるぜ…!これが俺の対No.用の切り札だ…!俺はレベル3のビック・ジョーズとシャーク・サッカーで…」


シャーク「オーバーレイ!」


シャーク「俺は2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!

エクシーズ召喚!」
269 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:10:21.18 ID:RrjyT0eZO

シャーク「来い!ブラック・レイ・ランサァァァァー!!!」


ブラック・レイ・ランサー「フッ…ハアッ!!!!」



ブラック・レイ・ランサー
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/闇属性/獣戦士族/攻2100/守 600
水属性レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。
270 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:10:49.91 ID:RrjyT0eZO
徳之助「でっ、出たウラァァァァ!」

鉄男「これがシャークの新しい…モンスターエクシーズ…!」


シャーク「俺はブラック・レイ・ランサーのモンスター効果を発動!オーバーレイユニットを1つ使い…フィールド上のモンスター1体の効果を無効にする!俺は希望皇ホープの効果を…」


レイ・ランサー「フンッ…ハァァァァァッ!」


シャーク「無効にする!喰らえ!『パラライズ・ランス』!」

ホープ「ホッ…!?ホープッー!!!!」


アストラル「ホープの効果を…!」
遊馬「ホープッー!!!」
271 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:11:35.44 ID:RrjyT0eZO
シャーク「バトルだ!俺は!ブラック・レイ・ランサーでNo.39!希望皇ホープに攻撃ー!『ブラック・スピア』ー!」


レイ・ランサー「ハァァァァァッ…!ハァッ!!!!!」攻2100
ホープ「ホープッ…」攻2000



ドカーン!!!!!!!



遊馬「ホープが…やられた…」LP3400→3300
272 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:12:13.59 ID:RrjyT0eZO
シャーク「トドメだ!行け!ジョーズマン!エアロシャーク!」



遊馬(ーーー俺が、負けたーーーー)



遊馬 LP3300→0
273 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 09:12:46.94 ID:RrjyT0eZO



winner!「シャーク」!
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/26(土) 09:46:01.75 ID:TDydnafSO
乙です。
さすがはシャークさんだ!
275 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:03:34.53 ID:axRLXWj90
ガンガン更新。
今までの遅れを取り戻す!

コメントありがとうございます、皆さん楽しんでくだされば幸いです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小鳥「遊馬が…負けた…」


委員長「全く…約束を破ってNo.を使ったのに負けるなんて…遊馬君には失望しましたよ。さ、行きましょう皆さん」

鉄男「…遊馬、お前にはがっかりだ…お前はそんな卑怯な事をする奴じゃないと思ってた…お前はデュエリスト失格だな」


小鳥「ちょっと鉄男君!?みんな…」



コナミ「…」
レッドレイヤー(司令官…?)

コナミ「…少しならあるか…良し」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
276 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:04:26.57 ID:axRLXWj90
遊馬「…」


シャーク「…おい、お前…」

遊馬「…」


シャーク「…ちっ、おい!」

遊馬「…」


シャーク「…今のお前からは何にも感じねぇ…前のお前の方がまだ面白く感じたぜ…」

遊馬「…」


シャーク「…つまんねぇデュエルだった…お前みてぇなNo.使いを倒した所で…何も嬉しくねぇ」

遊馬「…」


シャーク「…じゃあな…お前と戦うことも2度とねぇだろうよ…」



遊馬「…2度と…ない…」
277 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:05:08.98 ID:axRLXWj90
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「…なぁ、アストラル…」

アストラル「なんだ、遊馬」


遊馬「俺は…間違った事をしちまったのか…?」


アストラル「…分からない、だが君のあの時のプレイングは確かにせいかーーー」
遊馬「そういうことじゃねぇんだよ!」


アストラル「…遊馬、残念ながら君が考えている事は私には理解出来ない。私には記憶がない…だから…どんな風に君の考えを受け止めていいのかも分からない。」


遊馬「ーーーああ、そうだよな。お前は!デュエルと!No.の事だけ考えてる変な奴で!それ以外なんの役にも立たなくて!…お前なんて…お前なんて居なければーーー」


コナミ「よっ、レッドポーション味とブルーポーション味どっちがいい?」ペターッ

遊馬「冷たぁー!?」
278 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:05:45.71 ID:axRLXWj90
コナミ「よっ、デュエルお疲れ様。取り敢えず飲み物でも持って来たし飲むか?…少ないDPからのコナミ様の奢りだぞー?」

遊馬「…いらねぇ」


コナミ「そっか、んじゃ俺ブルーの方頂くわ…おー初めて飲むけど中々美味い…
ゲホッ!?なんだこれ!炭酸強っよ…!」


遊馬「…コナミもさっき見てたんだろ!俺のデュエルを!俺が…No.を使っちまう所…!」

コナミ「おう、見てたぞー…カッコいいなーホープって!まるでヒーローみたいで…」


遊馬「…コナミも思ってんだろ!俺の事…デュエリスト失格だって!俺が!約束を破った最低な奴だってーーー」


コナミ「思ってないぞ?そんな事」

遊馬「えーーー」
279 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:06:22.74 ID:axRLXWj90
コナミ「いやぶっちゃけ俺だって出してるわ、No…別に使えないわけでも無いんだしさー、勝ちたい!って思ったら使っちまうよなーNo.」

遊馬「で…でも!No.は強力なモンスターで…みんなは持ってねぇから…」


コナミ「…前居たところでなー?世界で1枚だけしかねースッゲー貴重なカードを持ったスッゲーイケメンでスッゲー性格までいい完璧超人みてぇな男が居たんだよ…
おまけに頭までスッゲーいいさ…」

遊馬「…」


コナミ「…んでな、そいつとデュエルした奴らが居てな?そいつらは何処にでもいるフツーのカードしかつかわねぇの!
3人揃ってさー…みんな誰もが持ってる滅茶苦茶出しにくいカードを出すために必死で…批判も結構されたっけか?」


コナミ「んで結局無茶苦茶出しにくいカードは出たんだよ!無茶苦茶出しにくいだけで効果は無茶苦茶強かったなぁ…本当に!
んでな…出した後そのスッゲーイケメンは世界に1枚しかねぇカードを使って…勝った」


遊馬「…それで?」
280 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:09:58.71 ID:axRLXWj90
コナミ「…なぁ、遊馬…この2つさ…どっちの方がスゲーと思う?直感で答えてみろよ〜…はい5、4…」


遊馬「えっ!?いや…わかんねぇよ!どっちもスゲー奴らなんじゃないか…?」


コナミ「ーーーああ、俺もそう思ってるぜ、んでなーーーどっちも凄くもなんともねぇんだと、俺は思ってんだ」


遊馬「…どっちも…凄くない…」
アストラル「…」


コナミ「どっちの奴らもただ勝つ為に戦って…んでその決着がついただけなんだよな…多分…だからさ…」


コナミ「…あんまり深く考えんすぎんなよー?一回のミスくらい大した事ねぇよ!
…本当にミスしちゃ行けねぇ時なら遊馬はきっとミスらねぇと思うからさ…悩んで考えまくろーぜ?…俺みたいに」
281 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:15:49.83 ID:axRLXWj90
遊馬「コナミが悩んで考える…

プッ、ふふ、考えらんねー!コナミが考えてる所ー!」


コナミ「ちょっ、オイ!?それはねーだろ遊馬ァ!?…もー怒った!レッドポーション味も寄越せー!俺が飲んでやるー!」


遊馬「そうはさせねぇぞ!俺が飲んじまうぜ!…おおっ!初めて飲むけど美味いなーこれ!」


コナミ「返せー!俺の120DPー!」

遊馬「やだねー!悔しかったら取り返してみろよー!…うめーなこれ!」


アストラル(…遊馬が先程より元気になっている…?人間は人との話し合いで笑顔になる…観察結果に加えて置かなくては…)
282 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:16:41.44 ID:axRLXWj90
ーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「…しゃー!飲みきったぜー!…良し!やっぱり俺…シャークにリベンジしてぇ!今度はNo.ありでも無しでも…全力を尽くす為にな!」

コナミ「はーはー…おー…頑張れよー
…No.って言ったってカードだからな、破壊もされるし除去だってされるわけだから…使っても良いと思うんだよなー俺は、うん」


遊馬「…んでその後…鉄男とかにも謝ってくるぜ…デュエルは兎も角、約束を破っちまったのは俺が悪いからなー!」

コナミ「おう、頑張れよー…んでこの後遊馬はどうすんだよ?」

遊馬「…シャークが最後って言ってたのが気になるんだよな…あいつが危ねぇ事してるんなら止めてやりてぇ…そんで!またアイツとデュエルする!」


コナミ「…そっかぁ…いいよなぁ青春…
俺もアカデミアで過ごしていた時は毎日がデュエル三昧だった…そのうちみんな中々デュエルしてくんなくなったけど…」
283 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:17:18.89 ID:axRLXWj90
遊馬「コナミは家に帰ってばーちゃんとねーちゃんに遅くなるって伝えてて貰えるか?…これは俺の勝負だからな!」


コナミ「ーーーおう!任せとけ!
…いい知らせを期待してるぜ!」
284 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:30:25.39 ID:axRLXWj90
シャイニート(…って送り出したわけですけど…大丈夫ですかね…遊馬さん…)

コナミ「んーまあ…大丈夫だろ!あの調子ならシャークだって倒しちまうかもなー!…ま、それは無理かもしれんけど…」


レッドレイヤー(…にしても司令官!先程の遊馬殿への説得、中々様になっていたぞ?
…あれは司令官の実体験だろう?)

コナミ「あーまーそうだったかなー…?
…あんまりこう言うのには慣れてねぇからなぁ…様になってんのかなぁ?」


シャイニート(…あの、コナミさん…)

コナミ「んー?どした?」
285 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:31:10.30 ID:axRLXWj90
シャイニート(…私…もう少し役に立ちたいです…コナミさんの…実はみなさんは気にしてないかも知れませんけど!…あの青い…おかっぱの彼にクズカードって…言われた時…)

シャイニート(…ちょっと考えちゃったんです…私は皆さんと違ってただ同情で拾われたんじゃないかって…私、同情で拾われたならもっと頑張らないと、じゃないと私のいる意味がーーー)


コナミ「んでさー、あん時実はー…」

グリーン(へー!そんな体験したんすか…!凄いっす!やっぱ司令官面白い人っすねー!)


シャイニート(…そーいう聞いてないんだか聞いてるんだかよく分からない様な反応はやめてくださーい!もういいです!呼び出すときは一言下さいね!)


シャイニート(もー…超量の皆さんも…本当は聞いてても知りませんよー!コナミさんもー!私居座りますからねー!エクストラに居座りますからねー!)
286 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:31:52.60 ID:axRLXWj90
レッドレイヤー(…全く、レディには優しくだよ?司令官…それにグリーンレイヤー!君も司令官に対してはもう少しーーー)


ブルーレイヤー(…あの、あんまり出てきはしませんけど隊長も、もう少しレディにはですねーーー)


グリーンレイヤー(そう言ってもですねー!隊長!司令官もいいひーーー)



???「オービタル、停止させろ」

???「かしこまり!」
287 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:32:36.58 ID:axRLXWj90

ーーーーーーー!

コナミ「まあ兎に角!あの時には
…おい、シャイニート…?レッド!?グリーン!?ブルー!?」


シャイニート(何ですか、謝ったって許しません、許すってならエスパーロビンのサインでもーーーえ?)


(〜♪)


コナミ「何だ…?」


???「オービタル、コイツが今回のハント対象だな?」
オービタル「そうであります!やい!そこの赤帽子!神妙にしろ!カイト様のお通りなるぞ!」
???「黙れオービタル」


レッドレイヤー(ーーー)
ブルーレイヤー(ーーー)
グリーンレイヤー(ーーー)


シャイニート(時間が…止まってる…!?)
288 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:33:31.14 ID:axRLXWj90
コナミ「んだよ…この状態…!いきなり過ぎんぞ…!」


カイト「さぁ、俺とデュエルして貰おうか…!貴様の持ってるNo.を賭けてな!
『デュエルアンカー』!起動!」


シュルルルル!!!


コナミ「うおっ!?何だこれ…!あっ、やべ懐かしい!この感覚スッゲー懐かしいぞオイ!」ガシッ!

シャイニート(コナミさん!?)
289 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:38:55.58 ID:axRLXWj90
カイト「そのアンカーで貴様はもうこのデュエルから逃げられない…!さぁ!構えるがいい!」

コナミ「もう全くわかんねぇ…!そもそも誰なんだよお前はー!」


コナミ(…全く意味わかんねぇがアイツは…アイツは…強え…多分気を抜いたら…やられる!)



ARビジョン、リンク完了…
290 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:39:38.69 ID:axRLXWj90



カイト・コナミ「「デュエル」!」
291 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/26(土) 22:40:12.04 ID:axRLXWj90
取り敢えずここまでー

毎回遅くて申し訳ない…
292 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/27(日) 20:31:45.00 ID:WsXZ2nhw0
>>1です
多分次の更新は明日の9時頃になりそうだと思います…いつも遅くて申し訳ない…!
いつも読んでくださりありがとうございます

感想等コメントありましたらなんでもお書き下さい…
誤字脱字等もありましたらご指摘お願いいたします
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/28(月) 02:20:44.29 ID:hR47XQfSO
乙です。
確かにVS太陽編は凄かったですよね。

>>スッゲーイケメンでスッゲー性格までいい完璧超人みてぇな男が居たんだよ…

遊星さんかな?

>>そいつらは何処にでもいるフツーのカードしかつかわねぇの!

コナミ君もですよね?
こっちのコナミ君もバニラ使ってましたし。
294 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:09:00.05 ID:gkwWsbcw0
お待たせ致しました
更新再開します

>>293
チーム太陽戦は良い試合でした…
遊星さんはスッゲーイケメンでスッゲー優しくてスッゲー強い奴(コナミ君談)
295 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:10:24.82 ID:gkwWsbcw0
カイト「さぁ、狩らせて貰おうか…貴様のNo.を!
俺のターン!ドロー!」手札6


コナミ「クソッ、始まっちまった…!やるしかねぇのか…!」

カイト「俺は手札からフォトン・スラッシャーを特殊召喚!」
フォトン・スラッシャー「…」攻2100


フォトン・スラッシャー
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2100/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、このカードは攻撃できない。


カイト「このモンスターは俺の場にモンスターが居ない場合のみ特殊召喚が可能!
更に俺はフォトン・クラッシャーを通常召喚!」
フォトン・クラッシャー「…」攻2000


フォトン・クラッシャー 効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2000/守 0
(1):このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。


コナミ「いきなり2000超えのモンスターが2体も…!」

カイト「俺はカードを1枚伏せてターンを終了する!
さぁ、貴様のターンだ!」手札3


カイト LP8000 手札3
場 フォトン・スラッシャー
フォトン・クラッシャー
魔法罠 伏せ1
296 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:11:59.05 ID:gkwWsbcw0
コナミ「兎に角行くぞ…!俺のターン、ドロー!」手札6


コナミ「俺は手札から魔法カード予想GUYを発動!俺はこのカードの効果でデッキからバニーラを特殊召喚する!」
バニーラ「バッバニッ!?」☆1


予想GUY 通常魔法
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。


コナミ「更に俺は手札からチューニングガムを通常召喚!
これで俺の場にはレベル1のモンスターが2体!」
チューニングガム「…(くちゃ…くちゃ…)」


チューニング・ガム
チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 400/守1200
「チューニングガム」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱う。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターでしか攻撃できない。
(2):自分フィールドのSモンスター1体のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にする。
297 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:13:18.11 ID:gkwWsbcw0
カイト「ほう…来るか…No.!」


コナミ「俺はレベル1のモンスター2体でオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!」


コナミ「…来てくれシャイニート!」


シャイニート「…ってえええええ!?わたっ、私ですかっ!?えーとえーと兎に角守備表示で…」守2100


カイト「…No.では無い?」
オービタル「データ解析中…解析中…データ反応無し、あのエクシーズはNo.ではないであります、ですがあのエクシーズモンスターから謎の反応が…」

カイト「謎の反応?No.に関係しているのか?」
オービタル「い、いえ。そーいう訳では無いのですが…兎に角おかしな反応で、今まで見た事が無いような反応でして…」


カイト「なら俺には関係ない、お前は引き続きフォトンモードの調整をしろ」
オービタル「かっ、かしこまっ!」
298 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:14:28.38 ID:gkwWsbcw0
シャイニート「コナミさんっ!?だ、出すなら一言行ってから出して下さいよっ!

…それに私が出てきてもあのモンスターは突破出来ないのに私を出してもあんまり効果は…」

コナミ「…」

シャイニート「…コナミさん…?」



コナミ「…悪りぃ、今回は割と…結構ヤバいかもしれん」

シャイニート「えっ…?」


コナミ「…俺はカードを2枚伏せてターンエンドだ!」


コナミ 手札2
場 シャイニート
伏せ2

シャイニート「ヤバい、って…あ…はは…そんな怖い顔しないで下さいよ〜…何だかんだでコナミさん結構強いんです…し…」

コナミ「…」

シャイニート「(…大丈夫…ですよね?)」
299 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:16:25.90 ID:gkwWsbcw0
カイト「では行こうか、俺のターン!ドロー!」手札4


カイト「俺は手札から銀河剣聖の効果を発動!手札からフォトンモンスターを見せる事によってこのモンスターを特殊召喚出来る!俺はフォトン・ワイバーンを貴様に見せこのモンスターを特殊召喚!」
銀河剣聖「…はあっ!」攻0


銀河剣聖 効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の「フォトン」モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このカードのレベルは見せた「フォトン」モンスターのレベルと同じになる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力・守備力はそのモンスターのそれぞれの数値と同じになる。


カイト「この時このモンスターのレベルは見せたフォトンモンスターのレベルと同様の物として扱う!」

カイト「フォトン・ワイバーンのレベルは7!よってコイツのレベルを7へ変更!」
銀河剣聖 ☆8→☆7
300 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:17:53.42 ID:gkwWsbcw0
カイト「更に俺はフォトン・スラッシャーとフォトン・クラッシャーをリリースしアドバンス召喚!来い!フォトン・ワイバーン!」

フォトン・ワイバーン「…!」バサッ!


フォトン・ワイバーン 効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドにセットされたカードを全て破壊する。


コナミ「今度は最上級モンスターまで…!」

カイト「フォトン・ワイバーンの効果を発動!このカードが召喚に成功した時、貴様のフィールドのセットカード全てを破壊する!
俺は貴様の2枚の伏せカードを破壊させてもらうぞ!」


フォトン・ワイバーン「…!」ひゅおおお!!!


シャイニート「コナミさんっ!」
コナミ「トラップ発動!D2シールド!これによってシャイニートの守備力を2倍にする!」

シャイニート守2100 → 4200


コナミ「そしてもう1枚は破壊されて…!」
301 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:19:18.62 ID:gkwWsbcw0
Drow One Card !

カイト「なるほどな…No.に取り憑かれてない程の実力はある、と言う事か…」


コナミ「もう1枚のカードは奇跡の発掘!これによってカードを1枚…ドロー!」手札3


シャイニート「コナミさん!実質ノーダメージですよ!多分ですけどコナミさんの買い被り過ぎですよ、実際はーーー」


コナミ「…ッ」

シャイニート「…ァ…
(なら…コナミさん…私、守ります…私が絶対ーーーだってコナミさんは私の初めてのーーー)」


オービタル「守備力4200!?かなりステータス上は高いモンスターであります!カイト様…」

カイト「黙っていろ、オービタル!
問題は無い!俺はレベル7の銀河剣聖にレベル7のフォトン・ワイバーンをオーバーレイ!エクシーズ召喚!」


コナミ「ランク7のエクシーズ…!」
シャイニート「…!」
302 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:20:43.76 ID:gkwWsbcw0
カイト「孤独なる魔術師の王冠よ!敵を!光を!世界を!思うがままに切り裂くがいい!エクシーズ召喚!!!」


74


カイト「No.74!マジカル・クラウン!ミッシング・ソード!」


ミッシング・ソード「…」シャッ…シャッ…シャッ…


No.74 マジカル・クラウンーミッシング・ソード
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/地属性/サイキック族/攻2700/守2300
レベル7モンスター×2
このモンスターは「No.」と名のついたモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードを対象とする魔法・罠・効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。
その後、フィールド上のカード1枚を選んで破壊できる。
303 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:23:58.71 ID:gkwWsbcw0
コナミ「やっぱり出てくるか…No.!」
シャイニート「…でも守備力はこっちの方が上です!今の私ならどんな攻撃も…」


カイト「…俺はセットしていた魔法カードを発動!速攻魔法!月の書!」


月の書 速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。


シャイニート「魔法カード…!でも!その魔法カードは私には効きま…」

カイト「月の書の効果でモンスターを1体選択する!
俺は…俺の場に存在するミッシング・ソードを選択!」


コナミ「な…!?」

カイト「そして俺はミッシング・ソードの効果を発動!オーバーレイユニットを1つ使い、このカードを対象に取ったカードの発動を無効に破壊する!」
ミッシングソード「…」
304 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:25:15.58 ID:gkwWsbcw0
シャイニート「自分のカードを自分で潰した…ってこと…
あ…あ…?」

コナミ「…プレイングミス…?」


カイト「…この俺がミスだと…?

とんだロマンチストだな…!貴様の場を見てみるがいい…」


コナミ「場…?俺の場にはシャイニートしか…シャイニート?」


シャイニート「あ…え…
嘘…血…胸から…出…て…」ブシャ…

ミッシング・ソード「…」チャキッ…
305 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:26:16.50 ID:gkwWsbcw0
コナミ「シャイニートっ!?糞っ…!そいつの効果か!?」


カイト「その通り、ミッシング・ソードには痛みを移し替える力がある…それによって代わりに貴様のモンスターが犠牲になったと言う事だ」


コナミ「シャイニート!オイ!大丈夫か!?オイ!」

シャイニート「あ…う…コ…コナミ…さん…う…後…ろ…」


カイト「バトルフェイズ!俺はミッシング・ソードでダイレクトアタック!
『ミッシング・ブレード』!」

ミッシング・ソード「…!」攻2700


コナミ「うぐっ…!」LP8000→5300
306 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:27:57.06 ID:gkwWsbcw0
シャイニート「コナミさ…!んぐっ…!」
シュウウウウ…


コナミ「大丈夫だよ…!それよりおい…大丈夫か…?」

シャイニート「あ…なんと…破壊されて墓地には行きますけど声くらいは…ガッ!」

コナミ「…無茶すんなよ…後は任せとけって…」


シャイニート「…コナミさん…気をつけて…下さいね?」キラキラ…

コナミ「…おう」
307 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:28:33.15 ID:gkwWsbcw0
オービタル「うーむ…またもNo.以外のエネルギーを探知…やはりあの小娘から出ているようですが…」


カイト「俺はこれでターンエンドだ」


カイト LP8000 手札2
場 マジカル・クラウンーミッシング・ソード
魔法・罠 無し
308 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:32:54.21 ID:gkwWsbcw0
コナミ「取り敢えずあのNo.をどうにかしなくちゃな…俺のターン!ドロー!」手札4


コナミ「…よし…!俺は手札からアーマー・リザードを通常召喚!」
鎧蜥蜴「Guyyyy!」攻1500

コナミ「そして俺は手札からマジックカード鹵獲装置を発動!お互いにモンスターを一体ずつ選択して効果を発動する!俺は通常モンスターのアーマー・リザードを選択するぜ!」

カイト「…俺はミッシング・ソードを選択する」


鹵獲装置 通常魔法
お互いが自分フィールド上モンスターを1体ずつ選択し、そのモンスターのコントロールを入れ替える。
ただしこのカードのコントローラーは自分フィールド上に表側表示で存在する通常モンスターを選択しなければならない。


コナミ「そしてそれらのモンスターのコントロールを入れ替える!お前のNo.使わせてもらうぞ!」


ミッシング・ソード「…」ヒュン!
コナミ「カモン!ミッシングソード!」

鎧蜥蜴「guyyy…」ヒュン!
カイト「…」
309 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:34:34.81 ID:gkwWsbcw0
コナミ「バトルフェイズ!俺はミッシング・ソードでアーマー・リザードを攻撃!…悪い、アーマー・リザード」


鎧蜥蜴「guooo…」ドカーン!
ミッシングソード「…!!!」


カイト「ふん…」LP8000→6800
オービタル「カイト様!」


シャイニート(…良し!これで相手のNo.を奪いつつコナミさんが逆転です!
手札の枚数も互角ですしこのまま行ければ!)


カイト「…やはりNo.には取り憑かれない、か…」


コナミ「俺はカードを1枚伏せてターンエンド!」


コナミ LP5300 手札1
場 ミッシングソード
伏せ1
310 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:36:54.38 ID:gkwWsbcw0
コナミ(これでアイツのエースモンスターは奪った筈…そう、状況的には大分こっちが優勢になった筈だ、筈…なのによ…)

コナミ(この言い表せない不安感はなんだ…?)


カイト「なるほど…確かにNo.に取り憑かれないだけの実力はあるようだな、今までNo.に取り憑かれてきた奴らよりはどうやら出来るらしい…」

オービタル「あのアイドルか何かの小娘もNo.には取り憑かれてなかったですが中々善戦してたでありますね…しかし!結局はカイト様のあのカードの前には…」


コナミ「アイドル…!?ってまさか…!お前らさなぎちゃんの事…!」
シャイニート(さなぎさんが…!?)
311 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:43:35.47 ID:gkwWsbcw0
カイト「余計な事をベラベラと話すなっ!
オービタル!…まあいい…
貴様にも見せてやろう…!果てなき銀河の輝きを!」



カイト「そして刈り取ろう!貴様の魂を!俺のターンッ!ドロー!!!」手札3


コナミ「兎に角ここを切り抜けなきゃどうしようもねぇ…!
クソッ!来るなら来やがれ…!」
312 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:46:13.19 ID:gkwWsbcw0
カイト「俺は手札から魔法カード、トレードインを発動する!手札からレベル8モンスターを1枚墓地に送り、カードを2枚ドロー!」


トレード・イン 通常魔法
(1):手札からレベル8モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。


カイト「そして俺は魔法カード強制解放を手札から発動する!」


強制解放(アニメ)通常魔法
フィールド上に存在するモンスターエクシーズ1体を選択して発動する。
選択したモンスターのエクシーズ素材を全て墓地に送る。

カイト「俺はこの効果でミッシング・ソードを選択!オーバーレイユニットを全て落として貰おうか!」


シャイニート(素材破壊…!)
コナミ「これじゃあミッシング・ソードの効果を使っても意味がねぇ…!俺はミッシングソードのオーバーレイユニットを墓地へ!」
313 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:49:13.49 ID:gkwWsbcw0
カイト「これで邪魔者は存在しない!

俺はモンスターを通常召喚!現れろ!銀河眼の雲竜!」
雲竜「ンギャア…!」


銀河眼の雲竜 効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250
このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「銀河眼の雲篭」以外の「ギャラクシーアイズ」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚する。
「銀河眼の雲篭」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードが墓地に存在する場合、
自分のメインフェイズ時に自分フィールド上の「ギャラクシーアイズ」と名のついたエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。墓地のこのカードを選択したモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。
「銀河眼の雲篭」のこの効果はデュエル中に1度しか使用できない。


カイト「そして効果を発動!手札・墓地からギャラクシーアイズを1体場に呼び出すことが出来る!俺は先程墓地に送った…」
314 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:49:47.74 ID:gkwWsbcw0



カイト「『銀河眼の光子竜』を場に呼び出す!!!!」



コナミ「ギャラクシー…アイズ!?」
315 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:55:29.18 ID:gkwWsbcw0
カイト「闇に輝く銀河よ…」ガシッ!


カイト「希望の光になりて…我が僕に宿れ!!!」ブンッ!!!


カイト「光の化身、ここに降臨!!!


現れろ!!!」シュウウウウー!


カイト「『銀河眼の光子竜』!!!!!」


銀河眼の光子竜「…!!!!!」



銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン) 効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
(1):このカードは自分フィールドの
攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):?????????????????????????????????????????????????????
316 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 21:57:46.68 ID:gkwWsbcw0
シャイニート(ギャラクシー…アイズ…)

コナミ「フォトン…ドラゴン…!
黒ずんでてよく見えねぇけど…この迫力は…!」


カイト「バトルフェイズ!!!俺は!ギャラクシーアイズでミッシング・ソードに攻撃!」

コナミ「だけどミッシングソードはNo.!No.はNo.以外には破壊されねぇからミッシングソードはーーー」


カイト「無駄だ!手札から速攻魔法、破滅のフォトンストリームを発動!自分フィールドにギャラクシーアイズが存在する時、貴様のカード1枚を除外する!」
コナミ「んなっ!?」


破滅のフォトンストリーム 速攻魔法
自分フィールド上に「ギャラクシーアイズ」と名のついたモンスターが存在する場合に発動できる。
フィールド上のカード1枚を選択してゲームから除外する。
自分フィールド上に「銀河眼の光子竜」が存在しない場合、このカードは自分のターンにしか発動できない。
317 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:01:23.27 ID:gkwWsbcw0
ミッシング・ソード「…!!!!」シュウウウ…

カイト「これで貴様の場からモンスターは居なくなった!
よってギャラクシーアイズの攻撃は貴様への直接攻撃となる!」


コナミ「クッーーー」
シャイニート(コナミさんっ!)


カイト「行け!ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン!」
光子竜「…!!!!!」


コナミ「ーーーグハッ…!」LP5300→2300


シャイニート(ーーコナミさんっ!?)
318 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:04:25.69 ID:gkwWsbcw0
コナミ「ガ…ハァ…ハァ…
大分…ダメージ食らっちまったな…」

カイト「…俺はターンを終了する…どうする?貴様のNo.を差し出せばこれ以上苦しまずにトドメを刺してやっても…」


コナミ「…おいおい…まだ諦めてねーぞ…!
俺は…!エンドフェイズにトラップ!活路への希望…発動!」


活路への希望 通常罠
(1):自分のLPが相手より1000以上少ない場合、1000LPを払って発動できる。
お互いのLPの差2000につき1枚、自分はデッキからドローする。


コナミ「こいつの効果でライフを1000払って…!」LP1300

コナミ「相手とのライフポイントの差2000につきカードを1枚…ドローする!」

カイト「LPの差は5400…」
319 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:05:25.57 ID:gkwWsbcw0
コナミ「よってカードを2枚…ドローする…!」


超量士グリーンレイヤー
超量妖精アルファン


コナミ「そーだよな…まだ…負けられるかよ!」手札3


カイト「…ほう…俺のターンは終わりだ
…さぁ!貴様のラストターンだ!」


カイト LP6700 手札0
場 銀河眼の光子竜
320 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:06:22.50 ID:gkwWsbcw0
コナミ「俺のターン…ドローッ!」手札4


コナミ「行くぜトレスラグーン…!俺は手札から超量士グリーンレイヤーを召喚!」


グリーンレイヤー「…」
シャイニート(グリーンレイヤーさん…)


コナミ「グリーンレイヤーの効果!このカードの召喚時手札から超量1体を特殊召喚出来る…!俺は超量妖精アルファンを特殊召喚!」
アルファン「ファンファーン!」


コナミ「アルファンのモンスター効果!自分フィールドのモンスターのレベルを他の超量モンスターのレベルと同じにする!俺はグリーンレイヤーのレベルである4を選択!」

アルファン「ア〜ル…ファーン!!!」

アルファン☆1→4
321 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:07:26.59 ID:gkwWsbcw0
コナミ「そして魔法カード!思い出のブランコを手札から発動!これで墓地からアーマーリザードを俺は呼び出す!戻って来い!アーマーリザード!」


思い出のブランコ 通常魔法
(1):自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。


シャイニート(レベル4のモンスターが…3体…!つまり出るエクシーズは…!)

カイト「なるほどな…ついに来るか…No.!」
322 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:10:08.55 ID:gkwWsbcw0
コナミ「俺は!レベル4のグリーンレイヤー!アルファン!アーマーリザードの3体でオーバーレイネットワークを構築!」


コナミ「3体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築…!エクシーズ召喚!!!」


57


コナミ「行くぜ…!来い!No.57!

奮迅竜トレスラグーン!!!」


トレスラグーン「グオオオオオ!!!!」


カイト「来たか…それが貴様の…「No」.…!」
323 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:11:25.78 ID:gkwWsbcw0
コナミ「トレスラグーンのモンスター効果!特殊召喚に成功した時相手のモンスターの攻撃力を拝借する!
俺はギャラクシーアイズの攻撃力を頂くぜ!」


トレスラグーン「グルルルル…!!」攻3100
光子竜「…」攻3000


シャイニート(良し…!トレスラグーンがギャラクシーアイズの攻撃力を上回りました…!このまま攻撃すれば…!)


カイト「攻撃してくる…か…」


コナミ「バトルフェイズ!
俺は!トレスラグーンで銀河眼の光子竜に攻撃ー!
ぶっ飛ばせー!!!」
324 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:12:40.29 ID:gkwWsbcw0
カイト「ーーー」ニヤッ


トレスラグーン「グオオオオオオ!!!」
光子竜「…!!!」


ドカーン!!!!!!!
325 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:13:48.16 ID:gkwWsbcw0
コナミ「…銀河眼の光子竜撃破…!これで…」



カイト「それはどうかな?」



銀河眼の光子竜「ピキャアアァァァァ!!!!!」攻4500

トレスラグーン「ウググググォ…」攻100


シャイニート(えっ?えっ…?ギャラクシーアイズがまだ…フィールドに…?しかも攻撃力まで上がって…!)

コナミ「しかもトレスラグーンの攻撃力まで元に戻ってる…
一体何があったんだよ!?」
326 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:15:25.16 ID:gkwWsbcw0
カイト「…銀河眼の力は未知なる力…その力により貴様のモンスターと銀河眼は共に異世界へと姿を消した…あの戦闘の時にな…」


カイト「そして銀河眼は!バトル終了と共に異世界から帰還する!その相手がモンスターエクシーズならばそのオーバーレイユニットを吸収し1つにつき500ポイント攻撃力を上昇させる!!!」


(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップに、
その相手モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターとフィールドのこのカードを除外する。
この効果で除外したモンスターはバトルフェイズ終了時にフィールドに戻り、この効果でXモンスターを除外した場合、このカードの攻撃力は、そのXモンスターを除外した時のX素材の数×500アップする。


コナミ「つまり戦闘では破壊できねぇモンスター…!」


カイト「そう言う事だ…
さぁ!貴様のターンを早く終了するがいい!そのNo.を貴様ごと刈り取ってやる!」
327 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:16:27.03 ID:gkwWsbcw0
コナミ「俺は墓地に行ったグリーンレイヤーのモンスター効果…!手札から超量合神ーマグナフォーメーションを墓地に送って…

カード1枚ドロー…!!!」


コナミ「俺はトレスラグーンを守備表示に変更!そしてカードを1枚伏せる!」
トレスラグーン「…」守2600


コナミ「これで俺は…ターンエンドだ…!」


コナミ LP1300 手札0
場 トレスラグーン
伏せ1
328 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:19:02.55 ID:gkwWsbcw0
カイト「俺のターン…ドローッ!!!」
オービタル「流石カイト様…!所詮あの赤帽子もカイト様の敵ではなかったのであります!!!」


コナミ「…」


シャイニート(コナミさんが…さっき伏せたカードは波紋のバリアーウェーブフォース…!)


波紋のバリア ウェーブフォース 通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。


シャイニート(これならトレスラグーンが除去されてもダイレクトアタックを無効に出来る…!
そうすれば…コナミさんなら…!)
329 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:25:45.87 ID:gkwWsbcw0
カイト「…残念ながらこのドローはモンスターカードではない…即ち除外してダイレクトアタックは出来ないと言う訳か…」


シャイニート(!良し!躱しました!これで次のターンコナミさんはーーー)


カイト「だがーーー

どうやらそれ以上のカードだったようだな!」


フォトン・トライデント 速攻魔法
自分フィールド上の「フォトン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は700ポイントアップし、守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、選択したモンスターが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊できる。
330 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:27:49.72 ID:gkwWsbcw0

シャイニート(えーーーー守備ーーー貫つーーーそれじゃーーー)


カイト「ーーー狩らせてもらうぞ…貴様の魂を!!!!


行け!ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン!!!!!」



光子竜「グキャアアアアアアアアアア!!!!!」攻4500→5200
トレスラグーン「…」守2600


シャイニート(嘘ーーーですよねーーーコナミさん、何か他にーーー躱す手段がーーー)


コナミ「…なぁ、シャイニート…」


シャイニート(!何ですか!?大丈夫ですよ!コストですか!?壁ですか!?私に出来るなら何でもーーー)
331 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:28:41.00 ID:gkwWsbcw0


コナミ「ーーー誰か新しい、いい人に拾って貰ってくれよな…


悪いな、また1人にして」



シャイニート(ーーーーーーやめて)
332 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:29:54.78 ID:gkwWsbcw0



カイト「『破滅のフォトンストリーム』!!!!!!!!」



トレスラグーン「グオオオオオオオオ…!!!!」


コナミ「ーーーーーー」



コナミ LP1300→0
333 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:30:33.85 ID:gkwWsbcw0


winner「カイト」
334 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:36:51.92 ID:gkwWsbcw0
コナミ「…」


カイト「頂くぞ、貴様の魂ごとな」


ガシッ!


コナミ「あーーー」
カイト「『フォトンハンド』」スッ…


No.57



オービタル「ーーーNo.回収成功であります。
しかしながら妙でありますね…赤帽子から生命反応が…」

カイト「必要ない、No.の回収は済んだ…オービタル、時間停止を解除しろ。すぐにここからーーーーー」
335 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:44:08.62 ID:gkwWsbcw0
シャイ「ーーーコナミさん…コナミさん…起きて…下さいよ…驚かせようとしてるんですよね?起きて…下さい…よっ…

コナミさん…起きて…下さい…」


オービタル「あの小娘…先程のデュエルで出てきたモンスターと一致するでありますか!?
どうしますかカイト様…ここはフォトンハンドでーーー」


カイト「ーーー」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『兄さんーーー』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カイト「ーーー帰るぞ、オービタル」


オービタル「え?は、はぁ…
かっ、かしこまりっ!」
336 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:45:01.00 ID:gkwWsbcw0
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
レッドレイヤー(ーーーであるからしてグリーン、君はもう少し司令官にだな…)

グリーンレイヤー(まあまあ!司令官も良い人っすしこれ以上はーーー

司令官?どこにーーー司令官!?)


コナミ「…」


シャイ「コナミさんっ…コナミさ…」


レッドレイヤー(シャイニート嬢!?どうしたのだその傷は!?それに司令官が何故ーーー)
337 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:45:50.76 ID:gkwWsbcw0
シャイ「ーーー助けなきゃ…コナミさんを…

助けなきゃ…」


ブルーレイヤー(シャイニートさん!?その傷じゃ無理です!止まってーーー)


シャイ「コナミさんを助けーーー
ゲホッ、ガハッ…ガッ…」


シャイ「助けなきゃーーー助けなきゃ私がーーー」


コナミ「…」
338 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:47:05.84 ID:gkwWsbcw0
(わたしは、なんのへんてつもない、ただのカード)ポタ…


(わたしは、なんのやくにもたたない、ただのカード)ポタッ…


(わたしは、ただむいみにうまれてしまった、カード)ポタポタッ…


(わたしはーーーまた、なにもできなかった、
むのうで、くずで、つかえなくてーーーなんにもできなかったーーー

『助けて貰った恩返し』すらできないーーー)ポタポタポタ…



(ただのーーーーゴミ)


???「…kisi…!kisisisisi…!」
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/28(月) 22:47:10.96 ID:AwNGJdPt0
はあつっかえ
340 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/28(月) 22:49:59.13 ID:gkwWsbcw0
…とりあえずここまでー
次回の更新は2日後の同じくらいの時間を予定してます。
コメント等ありましたら書きこんでくだされば幸いです…


…シャイニート好きの皆様、ごめんなさい…
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/29(火) 01:44:51.39 ID:uXk0QTSSO
乙です。

まさかコナミ君が負けてしまうとは……

コナミ君は……このスレはどうなるんですか!?
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/29(火) 10:35:38.70 ID:dV0/03L4o

やっぱカイト相手じゃ無理か

それは別としてカイトの効果説明の言い回しとかすごくよかったです
次も待ってます
343 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 22:34:47.33 ID:pIHYTgFUO
遅くなりました…
ちょっとキリのいい所まで行けるか分かりませんが更新させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーハートランド郊外
元廃館

レッドレイヤー(シャイニート嬢…ここは君が居た…)

シャイ「まだ改装中ですけど裏口…まだ空いてますね…失礼します…ガッ…」ガクッ

グリーンレイヤー(シャイニートさん!?もう限界ですよ!少し休んで…)


シャイ「休んでなんか入られません!コナミさんは今にも死ぬかもしれないんですよ!今適切な治療をしなかったら…コナミさんは…コナミさんは!」

ブルーレイヤー(シャイニートさん…)


シャイ「…大丈夫ですよ、私なら。

やっぱり超量戦隊の皆さんは優しいですよね…使えない私なんかと違って、皆さんが活躍出来てたらあのデュエルだって…」

レッドレイヤー(…シャイニート嬢…)
344 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 22:41:25.08 ID:pIHYTgFUO
廃館 屋根裏部屋
シャイ「…相変わらず何も変わってませんね…コナミさん、降ろしますよ?」

コナミ「…」

レッドレイヤー(シャイニート嬢、司令官もそうだが君も休んでくれ、今の君では…)


シャイ「大丈夫ですよ、レッドさん…それに今やればまだコナミさんは助かるかもしれませんから…御三方共下に降りて貰ってもいいですか?お願いしますーーー
コナミさんは必ず助けます、だからーーー」

グリーンレイヤー(でもシャイニートさん…)


レッドレイヤー(ーーー分かった、シャイニート嬢…君を信じるとしよう)
345 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 22:58:11.33 ID:uOfnhyb/0
グリーンレイヤー(隊長…でも今のシャイニートさんは…!)


レッドレイヤー(グリーン、君の気持ちは分かるーーー
だが我々では何も出来ない、だからーーーシャイニート嬢、司令官を…頼む)ギュッ

シャイニート「レッドさん…」


ブルーレイヤー(私からもお願いします…シャイニートさん…ごめんなさい、本当は私達も力になりたいのに…)ギュッ

シャイニート「ブルーさん…」


グリーンレイヤー(ーーーシャイニートさん!自分を責めすぎないで欲しいっす!シャイニートさんが居なかったら司令官はーーー司令官はーーーしれいかんー!)ブワッ!


シャイニート「グリーンさん

ーーーありがとうございます…何とか私、役に立ってみせますからーーー」
346 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 23:08:36.78 ID:pIHYTgFUO
ーーーーーーーーーーーーーーー

ブルーレイヤー(レッド隊長、シャイニートさんはーーー)


レッドレイヤー(それ以上は言うな、ブルー君…今の司令官に対してーーー今の「彼女」に対して出来ることは何も無い
…無事を祈ろう、大丈夫だ…シャイニート嬢ならな、そう思うだろう?グリーン!)


グリーンレイヤー(…勿論っす!シャイニートさんならヘーキっすよ!シャイニートさんならきっとーーー大丈夫っす!)
347 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 23:19:43.27 ID:pIHYTgFUO
シャイ「まずは…ええと…ええと…なんだっけ…ああ…ああ…!こんな事、普段作る時は簡単に出来るのに…」


シャイ「取り敢えずこの薬品と素材を入れて…混ぜ合わせて…これをかき混ぜて…」

シャイ(こんな効くのかも分からないような薬品の取り扱いなんて私には必要無かったのに、私に必要だったのはキチンと役に立つような事だったのにーーー)


コナミ「…」


シャイ「何が「マジシャン」ですか…こんな…くだらないただの引きこもりなんて必要なかったんですよ…」

シャイ(ーーーだからお願いです、謝らせて、下さい。
初めてーーー生まれて始めて必要だって言ってくれた貴方をーーーコナミさんを救わせて下さいーーー)
348 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 23:28:48.88 ID:pIHYTgFUO
ーーーーーーーーーーーーー
遊馬「ーーーコナミがまだ帰ってきてねぇ…?」


春「そうなんじゃ遊馬ちゃん…いつも食事の時間になると必ず帰ってくるのにのう…」

明里「案外ただ出て行っただけかも知んないけどね…あーいう風来坊は何も言わず出て行く癖があんのよ!全く頼んでた取材の件もあるってのに…」


遊馬「…俺、ちょっと出かけてくる!
ばーちゃん!食事は後で食べるから!」


明里「ちょっと遊馬ー!?いきなり何処行くのよー!?」

春「…心配じゃのう…コナミちゃんに何も無ければ無ければいいんじゃが…」
349 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 23:36:30.67 ID:pIHYTgFUO
シャイ「一回転…二回転…逆に半回転…後に一回転…」

シャイ「最後にこの薬品を入れて…」


シャイ「出来ました…!後はこれをコナミさんに飲ませれば…!」

コナミ「…」


シャイ「コナミさん!気付け薬です!飲んで下さい!飲んで…」

コナミ「…」


シャイ「…辛いっ…こんな辛いの飲ませるなんて酷いですよね…飲んで下さい…コナミさん…コナミさんっ!」
350 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 23:43:32.17 ID:pIHYTgFUO
遊馬「はぁっ…はぁっ…ここにもいねぇ!何処行ったんだコナミの奴…!」

アストラル「遊馬、落ち着きたまえ。彼がまだ何かに巻き込まれたとは限らない。
ーーー君も先程のタッグデュエルで疲れている、落ち着いて行動すべきだとーーー」


遊馬「うるせぇ!良くわかんねぇ…良くわかんねぇけど!コナミの奴に何か起きたような気がするんだよ…カンみてぇなもんだけど…」

アストラル「非科学的な根拠だ、遊馬。兎に角夜ももう遅い…一旦家に帰ってーーー」



カイト「人の心に淀む闇を照らす光、人は俺を…」

遊馬「なんだ!?」
アストラル「時間が止まっている…!?
遊馬!これは!?」


カイト「No.ハンターと呼ぶ。」
351 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/30(水) 23:55:16.78 ID:pIHYTgFUO
コナミ「ゲッ…ゲホッ、ハッ…」


シャイ「コ…コナミさんっ!?気がつきましたか!?大丈夫ですかっ!?痛い所は…?」


コナミ「…zzzz…」


シャイ「あ…寝てるだけですか…良かったぁ…もう夜も遅いですし、今日は一晩ここで過ごしましょうか」


コナミ「…zzz…」


シャイ「にしても寝てる時とさっきの区別がつきにくいですよね…ホント…
でも良かったです、私でも役に立てて…

あ、皆さんにも伝えますね?レッドさん!コナミさんがーーー」


レッドレイヤー「シャイニート嬢はエクストラデッキから外すべきではないかね?」
352 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:06:20.30 ID:JqOdOECQO
ーーーーーーーーーーーーー

カイト「俺はフォトン・ケルベロスを召喚!このモンスターの効果に貴様はこのターン罠カードを使用できない!」


遊馬「アストラル!おい!アストラル!
次の手はーーー」

アストラル「バカなーーーこの男のデュエルタクティクスは私を上回ると言うのか!?」


カイト「バトル!俺は!ギャラクシーアイズで貴様にダイレクトアタック!」



遊馬「アストラルー!!!」

アストラル「我々のーーー負け」


カイト「『破滅のフォトン』ーーー」
353 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:12:25.46 ID:JqOdOECQO
シャイ「レッド…さん?」


グリーンレイヤー「正直、自分もそう思ってたっす…さっきの試合もシャイニートさんが出てなければ勝ってたかもしれませんし…」

シャイ「グリーンさ…」


ブルーレイヤー「私もそう思ってました。彼女さえ出しゃばらなければカイトには勝ててた気がします
ーーー所詮ただの民間人の彼女には荷が重すぎたんです」

シャイ「…ブルーさんも…私の事ーーー」


レッドレイヤー「ーーー残念ながらシャイニート嬢は言うなればこのデッキのーーー」


レッドレイヤー「『ゴミ』」


シャイ「ゴ…ミ…?」
354 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:22:30.96 ID:Baczf8GS0
ーーーーーーーーーーーーー
ポツ…ポツポツ…


アストラル「ーーー完敗だな、我々の」

遊馬「…おう、そうだな…アストラル…」


アストラル「…君は動じてないのか?遊馬?」

遊馬「動じてるぜ?だけどなーーー
『一回のミスくらい、なんて事ねぇ』」


アストラル「ーーーー」

遊馬「…まだ俺は、シャークにも、アイツにも勝てねぇかもしれねぇ…だけど諦めねぇ!」

遊馬「それにさっきの試合でアイツのロボットも言ってただろ?
『さっきの赤帽子からは上手く奪えなかったですが…今回は奪わせて貰うであります!』って」

アストラル「赤帽子ーーーか」
355 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:29:01.21 ID:Baczf8GS0
遊馬「コナミは生きてると思うぜ、まあ何処に居るのかはワカンねぇけどよ…
でも必ず見つかる筈だ!必ず俺が見つけてやるからな!」


アストラル「ーーー成る程、確かに道理は通っているかもしれないな…私もコナミを探すとしよう、もしかしたら彼からあのNo.ハンターのデータを得られるかもしれないからな」


遊馬「いよっしゃ!そうしたら早速探そーーー」


明里「何処ほっつき歩いてるの遊馬ー!
今何時だと思ってるのー!?
…コナミの奴もまだ帰って来てないけど…アンタももう遅いんだから帰ってきなさい!」


遊馬「…お、怒られちまった…」
アストラル「確かにもう辺りも暗い…探すには難しいだろうな。」


遊馬「そうだよな…待っててくれよ…コナミ!」
356 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:34:54.01 ID:Baczf8GS0
ーーーーーーーーーーーーーーーー
グリーンレイヤー「『ゴミ』」
ブルーレイヤー「『ゴミ』」
レッドレイヤー?「『ゴミ』…」

シャイ「ち、違います…」


グリーンレいやー「『ゴミ』!」
ブるーれイヤー「『ゴミ、ゴミ、ゴミ』!」
レgッどoレイやー!「『gomi』」

シャイ「わ、私は…」


ぐsリーnンれイやー!!!「『ごみー』!」
ブぶブルーーーーoレイヤー7ーーー
「『ゴミ!ゴミ!ゴミ!ゴミ!ゴミ!』」
れ5ッドsれsイヤーi!!!!p!
「『ゴミ…ゴミ…ゴミ…』」



シャイ「いや…やめて!やめて!やめて!!!やめて!!!」


3人『ゴミー!!!!』


シャイニート?「…私は…私は…!」
???「…gomi…gomi…kihihi…!」
357 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:46:40.68 ID:Baczf8GS0
ーーーーーーーーーーーーーーーー
レッドレイヤー(…我々の力不足もあるのだろうな、我々がいながらあのような少女に全ての荷を背負わせてしまった…!)

グリーンレイヤー(…隊長…!自分もそう思うっす!もっともっと我々でサポートする必要が大事っす!シャイニートさんにはなんて言えばいいっすか…)

ブルーレイヤー(その為にもマグナ・エアロ・グランの機体だけでは不十分ですね…
いち早くマグナキャリアを修理しなおし司令官やシャイニートさんの力に…シャイニートさん?)


シャイニート?「…」


レッドレイヤー(シャイニート嬢!司令官は大丈夫かね!?それに君の怪我も…)


シャイニート?「…ええ、もう問題ないですよ?大丈夫です」


グリーンレイヤー(ホントっすか!?良かったっす…!シャイニートさん!本当にありがとうございますっす!)

ブルーレイヤー(グリーン君たら…ありがとうございます、シャイニートさん…貴女がいなかったら司令官はどうなってたか…)


シャイニート?「いえ…全然大丈夫ですよ?それより皆さんもお疲れですよね?もし良かったらお休みになって下さい…
『後片付け』は危ないので私がやりますから…ね?」
358 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:47:23.44 ID:Baczf8GS0
レッドレイヤー(そう言われると…なんだか眠たくなってきたな…何から何までシャイニート嬢に任せるのは気が重いのだが…)


グリーンレイヤー(まあ確かに張り詰めてたっすからね…自分も休ませてもらうっす…本当にありがとうっす!シャイニートさん!)


ブルーレイヤー(そうですね…私も眠らせていただきます…シャイニートさんもゆっくり、休んで下さいね…)

タッタッタッ…


シャイニート?「ええ、お休みなさい…それに…」
359 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:48:34.79 ID:Baczf8GS0




ダウナード・マジシャン「お疲れ様でした。」
360 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/01/31(木) 00:51:12.29 ID:Baczf8GS0
とりあえずここまでー
遅くなって申し訳ありませんでした…

時間は土曜日の同じぐらいの時間に投稿出来れば…いいなぁ…
コメント有難うございます…中々賛否ある内容になるかな…とは思ってます…

重ね重ねシャイニートファンの方々には申し訳ない…
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/01(金) 00:57:56.93 ID:2rzawWgSO
乙です。

あのコナミ君がデュエルに負けたぐらいで倒れるわけないだろう!?

そういやこっちのコナミ君はチームサティスファクションのリアルファイト担当だったんだろうか……
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/01(金) 02:25:29.99 ID:T84eE78uO
乙でしたなww
やはり低攻撃翌力はゴミですぞwwwwww
ヤードもやはり高攻撃翌力&高火力に限りますなwwwwww
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/01(金) 03:52:32.30 ID:o0upCezfo
とりあえず鉄の意志も鋼の強さも感じないのでだめです
364 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 22:38:29.02 ID:CyI31VDn0
おまたせしました
皆様コメントありがとうございます、更新致します
ーーーーーーーーーーー

「ーーーナイスライディングだった。」

「相変わらず俺が強い…?
ふっ、そんな事はないさ、俺もかなり冷やっとしたデュエルだった。」


「ーーーこの街を、お前も出て行くんだろう?」

「…寂しくないかと言われれば嘘になるな…みんな、この街を出て行った…みんなに会えないのは辛いと思う事もある」


「だがーーー俺たちの絆は距離じゃない、
仮に地球より、オゾンより上に行こうとも…俺たちの絆が変わる訳じゃない」


「そしてそれはーーーお前もだ」
365 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 22:48:12.31 ID:CyI31VDn0
「…これはモーメントの開発中に偶然発見したデータから復元したカードだ」


「カードは作った…という事だな、このカードには何らかの意思があるのかもしれない」

「ーーーこのカードはお前に持って欲しいように俺は感じるんだ。もし良かったらーー

ーーーそうだな、お前がカードを譲られて断った事なんて一度もない、な」


「このカードが俺とお前をーーーお前とこの街を繋げてくれると俺は信じているーーー」



「ーーー行ってやれ、お前を必要としている人の元へーーー」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Now lording…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

366 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 22:55:14.22 ID:CyI31VDn0
…ナミさん、コナミさん


コナミ「…ん…」


シャイ?「…コナミさん、おはようございます。もう身体の方は大丈夫ですか…?」

コナミ「身体…?んー…ちょっと重いけど大体平気かな…てか何があったんだっけ…?」


シャイ?「…昨日は災難でしたよね、いきなり訳の分からないデュエリストに襲われて…

まあ『盗られたものは何もなかった』ですし何より…コナミさんが無事で良かったです…」


コナミ「お、おう、そっか…
てかお前…シャイニート…だよな…?カードの精霊でエクシーズモンスターで…」
367 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 23:07:07.89 ID:CyI31VDn0
シャイ?「…ええ、そうですよ?コナミさん…でもちょっと違うんです」

コナミ「…?」


ダウナード「今の私はダウナード・マジシャン!カードとして使えなかった元の私なんかよりよっぽど成長したのが今の私です!

コナミさん!どうですか!?私も成長したんです!これでコナミさんの期待にも答えられる筈なんです!私が!!!」


コナミ「ちょ、ちょタンマ!了解!つまりえーと…兎に角成長したって事なんだよな?」


ダウナード「はい!
…まあまだ使えない『ゴミ』だった頃の私はエクストラに入っちゃってるんですけど…いずれは消えるから問題ないですよ!」


コナミ「使えない…カード…」


ダウナード「いやーにしてもコナミさんもすごーくあのデュエル善戦したと私は思ってて…私としてもコナミさんの役にたちたいな…って思ったんです…」

ダウナード「だってなんせーーー」
368 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 23:13:11.00 ID:CyI31VDn0



ダウナード「『私しかエクストラが居ないんですから、コナミさんは私が守らないといけないですからね』」
369 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 23:20:14.85 ID:CyI31VDn0
ーーーーーーーーーーーー
オソウジーオソウジー

遊馬「ここら辺にもいねぇ…コナミの奴本当にどこ行っちまったんだ…?」

小鳥「サチ達にも聞いてみたけどそれらしい人は見てないみたい…昨日の夜の事だったからみんな気づいてないのかな…」


オソウジーオソウジー

遊馬「…やっぱしらみ潰しに探すしかねぇよな…本当は鉄男達の手も借りてぇけどよ…」

小鳥「…鉄男君、まだ昨日の遊馬の事を怒ってるみたい…聞く耳持ってくれないもの…」


オソウジーオソウ…タイチョウ!?

アストラル「…?遊馬、あのオボットなのだがーーー」

遊馬「…鉄男には今度キチンと謝る、そんでその後またアイツとデュエルする!
でも今は居なくなったコナミを探さなきゃならないから…」


タイチョウ!?オカラダノホウハ…
ダイジョウブダ!ホカノタイインヤスターダストヲワタシハカナラズシレイカンノモトニ


アストラル「遊馬、あのオボットからコナミのカードの声が聞こえてくるが…止めなくていいのか?」


遊馬「もっと早く言えよアストラルウウウウウウ!?」ダッ!

小鳥「ちょっと遊馬ー!?」
370 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 23:32:09.35 ID:CyI31VDn0
オボット「オソウジー、オソウジー」


遊馬「あのオボット予想以上に速え!おーい待ってー!待ってくれー!!!」


オボット「オソウジー、オソウジー」


アストラル「君が追いつかないと我々はコナミの情報を失う事になる。遊馬、頑張ってくれ」
遊馬「お前は何でそんな落ち着いてんだよー!?」


オボット「オソウジー、オソウジー」


小鳥「駄目よ遊馬ー!このままじゃ…追いつけないわ!」
遊馬「頼むー!誰か止めてくれー!」


「…はぁー…相変わらず…だなっ!」
371 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 23:55:34.35 ID:CyI31VDn0
オボット「オソウジー、オソーーー?」



ガンッ!!!!!!!!!!!



オボット「ピーピーピー、エラー、エラー、エラー、エラ」


遊馬「あ、止まっ…た?」

アストラル「!君は…」



シャーク「テメエ、何やってんだ…?」
372 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/02(土) 23:59:38.60 ID:CyI31VDn0
ちょっと短いですが今日はここまで…
次回は月曜日の同じくらいの時間に更新します
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 00:55:05.77 ID:M5psIWWsO

人は希望を与えられ、それを奪われる時、最も美しい顔をする…。

それが>>1のファンサービスさぁ!
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 01:20:24.85 ID:lVe5RFKA0
月曜過ぎたぞ!
と思ったけどいつの月曜か書いてなかった
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 11:12:40.87 ID:k67zOKT1o
いつまでも待つさ
376 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 22:25:25.84 ID:P8gHScfi0
あれ、今日、月曜日…あっ…(もの忘れ)

…すいません、更新再開します…
非力な私を許してくれ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
レッドレイヤー(むー!…駄目か…我々のようなカードだけの存在ではビクとも…む?)

グリーンレイヤー(ああいよいよハッチが開けられたっす…さようなら司令官…短い間っすけどこれからの活躍を溶鉱炉の中で…あれ?)

ブルーレイヤー(あの、機体だけでもですね、何とかならないかと思いまして…あら?)


アストラル「やはり…遊馬、これはコナミが持っていたカードで間違えないだろう。取り出してくれ」

遊馬「お前なー…簡単に行ってもこの量だと…良し!出てきたぜ!汚れは…大丈夫かな?おーい?聞こえるかー?」


レッドレイヤー(この声は…!遊馬殿にアストラル殿であったか!助けて頂いて感謝仕る…)


遊馬「…アストラル、何て言ってるんだ?」

アストラル「助けてくれた事を感謝している」
377 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 22:32:04.91 ID:P8gHScfi0
グリーンレイヤー(イヤー助かったっす…いきなり起きたら真っ暗で周りゴミばっかなんすもん…一瞬夢かと思ったっすよ…)


アストラル「つまりいきなり君達はオボットの中に居たと言うことか?」

遊馬「って事は今のコナミの居場所はわかんねぇのか…」


レッドレイヤー(いや、我々は昨日の夜までとある屋敷に居たのだがそれからの記憶が曖昧なのだ…あの後シャイニート嬢に勧められて睡眠を取った後…
そうだ!?シャイニート嬢は居ないかね!?)


アストラル「シャイニート…彼女の気配は感じないな。君達だけではないのか?」

ブルーレイヤー(…つまり、今我々は司令官とシャイニートさん2人と別れていると言う状態ですか…)



シャーク「おい、さっきから遊馬の奴は何を1人でぶつぶつ話してんだ?」
小鳥「あはは…それが見えればーいいんだけどねー…」
378 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 22:40:59.71 ID:P8gHScfi0
遊馬「おーいアストラルー…どうすりゃいいんだー?」

アストラル「取り敢えずはその屋敷に向かうしかあるまい。その後コナミを探してーーー」


グリーンレイヤー(ちょっと待ってくださいっす!アストラルさん!さっきからなんか光ってるなーって思ったんすけど何か凄い光が強くなって…うわああああ!!!???)

レッドレイヤー(グリーン!どうしたのかねグリ…!これは…!)


スターダスト「…」


アストラル「ーーーこの、モンスターは…」

遊馬「おいアストラルー、どうしたんだよー…早く行こうぜ?コナミの奴がーーー」


スターダスト「…!」バサッ!
379 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 22:59:26.50 ID:P8gHScfi0
レッドレイヤー(スターダスト殿が…飛んだ…)

グリーンレイヤー(…はっ!もしかしてっすけど!スターダストさんコナミさんの所に飛んで行ったんじゃ…!?アストラルさーん!追いかけて欲しいっすー!)


アストラル「ーーー遊馬、あっちの方向だ!あっちの方向にコナミが居るかもしれない!」


遊馬「マジか!?よっしゃー!行くぜ!コナミ!かっとビングだー!俺ー!」ダッ!


小鳥「え?え!?ちょっと遊馬ー!?何が分かったのよー!?」ダッ!

シャーク「…おい!遊馬!一体なんの話してるんだ!…全く…!」ダッ!
380 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 23:09:19.41 ID:P8gHScfi0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダウナード「それでー今日はーどこに寝泊まりしますー?
裏路地ですか?公園ですか?…コナミさんとならどこでも構いませんよ、私は…」


コナミ「…なぁ、シャイニー…今はダウナードだっけ?お前…

そんなに野宿好きだったか?寧ろお前ーーー」


ダウナード「ーーーやっぱり、即席の薬品じゃ効果は薄いか」ボソッ


コナミ「…?なんだよ?お前いったーーー」


ダウナード「いえ!何でもないですよー!そうですねー…そしたら…」



遊馬「…!?おいコナミかー!?大丈夫か!?心配したーーー」


コナミ「…?あれって…っておいダウナード!?お前…ウワッ!」


ダウナード「…どうしてこんなところに遊馬さんが…!
何で…何でなんですかっ!?」ダッ!
381 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 23:18:01.33 ID:P8gHScfi0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「おい!?今のコナミだったよな!?」

レッドレイヤー(間違えない!あの姿は司令官の物!それに隣にいたのはシャイニート嬢か!?)

アストラル「遊馬、コナミ達が裏路地の方へと入っていった。今すぐに追うんだ!」

遊馬「おう!」


小鳥「…はぁ…はぁ…遊馬元気ありすぎよーもー…!
置いていかないでってばー!」

シャーク「ーーーおい、女。悪いが先に行かせて貰うぜ…
ついてくんなら気をつけるんだな…」ダッ


小鳥「え…ちょっとー!?」


シャーク(今ちらっと見えた赤帽子の隣の女…あの女から感じた気配、おそらくはーーー)
382 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 23:27:27.46 ID:P8gHScfi0
ハートランド 路地裏

コナミ「はぁ…はぁ…お、おいシャ…ダウナード!いきなり走りだしてどーしたんだよ!?てかアイツはーーー」


ダウナード「コナミさん、これーーー飲んで下さい。」


コナミ「ーーーは?」

ダウナード「大丈夫、身体には悪くないです、大丈夫です、ちょっと頭がスゥーとしてーーー何もかも忘れるだけですから」


コナミ「え?え?お前ーーー」

ダウナード「さあ早く…飲んで下さい、大丈夫です、もし仮にコナミさんが廃人になっても、どうなっても私が最後まで一緒に居ます。だから飲んで下さい、お願いします、コナミさん、飲んで下さい、私の為にこの薬をーーーー」


スターダスト「ピギャアアアアア!!!!!!」パリーン!
383 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 23:36:11.70 ID:P8gHScfi0
ダウナード「!薬がっ…!」

コナミ「え?お、おい…何だよこれ…こんなドラゴン、俺見た事がーーードラゴン…?」


スターダスト「…」


コナミ「ドラゴン…こんなドラゴン、前にも見た事…あるな…そういや確かコイツも…アイツから貰ったんだっけな…」

ダウナード「コナミさん…?」


コナミ「んでその後ここに来て…ここに来て…遊馬とかと…遊馬?」


遊馬「コナミー!?おーい!?大丈夫かー!?」


コナミ「…あれ!?おいどうなってんだ!?えーと確か俺の記憶じゃ最後に誰かとデュエルしたんだよな、それでそん時に…そん時に…負けたんだったな…」


ダウナード「あっ、あっ…コナミさん!もういいですから!もう離れましょう!?ここじゃあーーー」
384 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 23:47:17.40 ID:P8gHScfi0
コナミ「…てかオイ、シャイニート!?お前大丈夫だったか!?あの後無事にあのNo.ハンターから逃げられたんだな!?
…思い…出した!あー良かった…取り敢えずスターダストも無事で良かった〜…レッド達も無事か?確認しねぇと…」


ダウナード「ーーー何で、記憶が戻ったんですか?」


コナミ「…?オイシャイニート…?お前傷は大丈夫か…?結構深く傷ついたからな…というかもしかしてお前ーーー」

遊馬「おーいコナミー!大丈夫かー!?」


ダウナード「ーーーーそのままで良かったのにーーー」


コナミ「遊馬かー!?悪りー、心配かけた!荷物とか殆どねぇけど置きっ放しになってるかもしんねぇから…」


ダウナード「ーーー私だけ、いれば良かったのにーーー」


ダウナード「ーーー私が、私がーーー」
385 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/06(水) 23:59:52.45 ID:P8gHScfi0

ダウナード「私が!!!コナミさんの!!!役に立ちたいだけなのに!!!!!!」


ガシッ!!!!!!!


コナミ「…へ?」


ガチャ!!!!!!!!


コナミ「は?」


シュイーーーーーン…


コナミ「…えええええ!?」
386 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 00:04:12.93 ID:hVTeJ0oP0

遊馬「おいコナミ!?お前何でデュエルディスクなんて構えてんだよー!?」

コナミ「分かんねぇって!え、何で動いてんだ!?
てか腕が動かねぇー…!なんか見えねぇ壁があるみたいな…」


ダウナード「コナミさんは渡しません…コナミさんは私の物です…」


コナミ「おいシャイニート!?お前いつのまにこんな力身につけたんだよ!?いやぶっちゃけ凄えなって…」

ダウナード「ダウナードですよコナミさん…大丈夫ですからね…
私に任せて下さい…取り敢えず目の前の遊馬さんを倒して先に進みましょうね…」


ブルーレイヤー(シャイニートさん…!?この禍々しい気配…あの時感じたのと同じ…)

アストラル(なるほど…この気配、恐らく彼女はーーー)
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 00:09:23.66 ID:/LcCuIkGO
拾って貰った恩も忘れてこんな暴挙に出るなんて…
やっぱりシャイニートもダウナードもクズカードね、こんなよりも緑髪の可愛いランク4の魔法使い族エクシーズをエクストラデッキに入れるべきよ!
388 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 00:11:23.97 ID:hVTeJ0oP0
ダウナード「さぁ、遊馬さん…そこを退いて下さい…さもなければデュエルで貴方を倒してーーー」


シャーク「そのデュエル、俺が受けてやる。」


ダウナード「…貴方は、昨日の…」

遊馬「シャーク…!?」


シャーク「俺に勝ったらここから好きに出させてやるよ、追ったりもしねぇ…だが俺に負けたらその赤帽子を返して貰おうか…それでいいか?」


コナミ「いやおれ景品じゃ」

ダウナード「ええ、それじゃ早速始めましょうか…コナミさん、ディスクとデッキ、借りますね?」


シャーク(この女から溢れる気配…間違えなくNo.!
丁度いい…新しく調整し直したデッキで、No.無しでもNo.をぶっ倒してやる!)
389 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 00:14:11.08 ID:hVTeJ0oP0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小鳥「はぁっ…はぁっ…!
もー駄目…少しも走れない…遊馬ー…コナミさん見つかっ…た?」



シャーク・ダウナード「「デュエル!」」


コナミ「デュ、デュエル!?」



小鳥「ーーーーもー!?どうなってんのよー!?」
390 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 00:22:12.29 ID:hVTeJ0oP0
とりあえずここまでー
遅れてひじょーに申し訳ないです…

今日か明日の夜にはデュエルパートを上げます(約束)
皆さま暖かいコメントありがとうございます!皆様のコメントが本当有難い…


>>387
出しにくいのとランク1は2人で喧嘩でもしてなさい。
やはり最高に出しやすくて効果も強い私が最強ってわけね!
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 00:24:53.81 ID:tae+iMnXO
乙でした

気に入らねぇな、クズカードの分際で…
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/07(木) 00:37:25.37 ID:pd6ug+GG0
お疲れ様でした
393 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 22:52:36.13 ID:hVTeJ0oP0
今日は時間通りです!

そういや新作遊戯王ゲーム出るみたいですよね〜
…あの、モブの方の皆様とか…赤帽子さんまた使えたりとか〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダウナード「私のターン…ドロー!」

コナミ「おいシャイニート!落ち着けっての!くそっ、ディスクが動かせねぇ…!」


ダウナード「私は手札から番猫ーウォッチキャットを特殊召喚!」
キャット「…zzzzz…」


番猫ーウォッチキャット 効果モンスター
星1/地属性/獣族/攻 0/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した自分ターンのエンドフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。


ダウナード「そして私は手札から通常モンスター、バニーラを通常召喚!」
バニーラ「バッ、バニ…」☆1


レッドレイヤー(シャイニート嬢!?シャイニート嬢!どうしたんだ!?我々の事が分からないのか!?)


アストラル「…おそらく今の彼女には聴こえて無いだろうな」

アストラル(そして彼女から感じられる気配…あれは恐らく…)
394 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:01:32.69 ID:hVTeJ0oP0
ダウナード「私はレベル1のモンスター2体でオーバーレイネットワークを構築!
バニーラとウォッチキャットを素材にして…エクシーズ召喚を行います!」


ダウナード「ハーッ…私はーーー

『使えないゴミ』を攻撃表示でエクシーズ召喚…」


『使えないゴミ』
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/魔法使い族/攻 200/守2100
レベル1モンスター×2
このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
また、このカードを対象とする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。


『使えないゴミ』「…てくだ…誰か…助け…」
攻100


コナミ「ーーー!?シャイニートッ!?」
395 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:11:48.28 ID:hVTeJ0oP0
小鳥「あのモンスター…!あの時コナミさんのデッキに入ってたエクシーズモンスター…」

遊馬「だけどなんか様子がおかしいぜ…?あのモンスター…あんなにボロボロでまるでーーー泣いてるみたいだ…」


アストラル(…しかし妙だな…確かシャイニート・マジシャンは守備力の方が高いモンスター…守備で立てるのが基本の筈だが…)


ダウナード「全く持って無様な姿ですよねー、コナミさん…そう思いませんか?
あんなつっかえないゴミはもう必要無いんです!これからはーーー」


コナミ「おい、デュエルに集中しろよ…
集中しねぇとお前、負けちまうぞ…?」


ダウナード「ははは…やっぱりデュエルが最優先…ですか、
いいですよコナミさん!これからは私がコナミさんのアシスタントになりますよ!

なんなら私がコナミさんのデュエルをぜーんぶやってあげます!コナミさんは何にもしなくてもーーー」
396 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:18:10.17 ID:hVTeJ0oP0
コナミ「ーーーああ、そうか…そりゃーーー

楽そうだな、「人に任せるデュエル」ってのは」


ダウナード「ですよねー!それじゃ私はカードを2枚伏せて魔法カード、補充部隊を発動!」


補充部隊 永続魔法
(1):相手モンスターの攻撃または相手の効果で自分が1000以上のダメージを受ける度に発動する。
そのダメージ1000につき1枚、自分はデッキからドローする。


ダウナード「これで私はターンエンド!」


ダウナード LP8000 手札1
場 シャイニート 攻撃表示
補充部隊
伏せ2
397 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:23:44.83 ID:hVTeJ0oP0
シャーク「…俺のターン、ドロー!」手札6

シャーク(攻撃力100のモンスターを攻撃表示、か…普通なら罠だが…)


『使えないゴミ』「…お願いします…私…は…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「助けて…兄さん…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャーク「…全く持ってイラっとくるぜ…!俺はハンマー・シャークを召喚!」
ハンマー「フッシャアアア!」


ハンマー・シャーク 効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1700/守1500
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードのレベルを1つ下げ、手札から水属性・レベル3以下のモンスター1体を特殊召喚する。
398 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:34:46.78 ID:hVTeJ0oP0
シャーク「俺はハンマーシャークの効果を発動!1ターンに1度、このモンスターを1つ下げ手札から水属性レベル3モンスターを1体!特殊召喚する!
来い!ビッグ・ジョーズ!」
ビッグ・ジョーズ「シャアアア!」


遊馬「早速シャークの場に2体のモンスターが揃ったぜ!」

アストラル「ああ、そしてレベルは3…彼のエクシーズ召喚が来る!」



シャーク「俺はレベル3のビッグ・ジョーズと!レベル3となったハンマー・シャークでオーバーレイ!」


シャーク「来い!潜航母艦エアロ・シャーク!」
エアロ・シャーク「…!」


ダウナード「早速エクシーズモンスターですか…」
399 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:40:06.42 ID:hVTeJ0oP0
シャーク「俺はエアロ・シャークのモンスター効果!オーバーレイユニットを1つ、墓地に送る事で相手の手札1枚につき、400のダメージを与える!
『エアー・トルピード』!」


カパッ、シューン!


ダウナード「かすり傷みたいなもんですね…
それにそこの『ゴミ』はどうやら随分図太いみたいで…モンスター2体で攻撃した方が宜しかったのでは?」LP7600



シャーク「…心配するんならテメーの心配だけしてるんだな…俺は魔法カード!浮上を発動!俺は墓地から守備表示でビッグ・ジョーズを特殊召喚!」

シャーク「更にビッグ・ジョーズの特殊召喚に成功した時!俺は手札からシャーク・サッカーを特殊召喚する!来い!シャーク・サッカー!」手札2
シャーク・サッカー「シャァァァク、サッカー!!!」
400 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:44:30.97 ID:hVTeJ0oP0
小鳥「またレベル3のモンスターが2体並んだわ!」

遊馬「シャークの奴、飛ばしてやがる!
レベル3のモンスターが2体って事は…!」



シャーク「俺はレベル3のビッグ・ジョーズと!レベル3のシャーク・サッカーで!

オーバーレイ!」


シャーク「2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!!!」


シャーク「来い!ブラック・レイ・ランサー!」

ブラック・レイ・ランサー「ハアッ!」


コナミ「スゲー…2体連続エクシーズ召喚…!シャークの奴あん時より腕上がってんのか!?」


ダウナード「2体連続召喚…これで攻撃してくるわけですか」
401 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:51:22.42 ID:hVTeJ0oP0
シャーク「バトル!俺はエアロ・シャークでシャイニート・マジシャンに攻撃!
『ビッグ・マウス』」


エアロ・シャーク「…!」攻1900

『使えないゴミ』「ヒッ…!お願いします…やめて…来ないで…!」攻100


コナミ「おい、攻撃が来るぞダウナード!
お前シャイニートはーーー」


ダウナード「ま、仕方ないから使ってあげますね?
私はエアロシャークの攻撃宣言時罠カード、ディメンション・ウォールを発動!これによりこの戦闘によって私が受けるダメージは貴方が代わりに受ける事になります!」

シャーク「なるほど反射ダメージ狙いか…!」


ディメンション・ウォール 通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
この戦闘によって自分が受ける戦闘ダメージは、かわりに相手が受ける。
402 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/07(木) 23:57:23.67 ID:hVTeJ0oP0
ダウナード「これによって貴方は私が受けるはずだった1800のダメージを代わりに受ける事になります!
そして『ゴミ』は1ターンに1度戦闘から自分の身を守る効果がついてます…肝心な時に役にたたない効果が」


エアロ・シャーク「…!」ガガガガガ!

『使えないゴミ』「うぐっ…!痛い…痛いよ…寒いよ…!」


シャーク「…ッ!だがこれでシャイニート・マジシャンの戦闘耐性は消えた!
俺は!ブラック・レイ・ランサーでシャイニート・マジシャンを攻撃!
『ブラック・スピアー』!」LP8000→6200


レイ・ランサー「…ハァッ!」攻2100

『使えないゴミ』「お願い…もう…辞めて…下さ…」攻100


グリーン・レイヤー(シャイニートさん!!!)

ダウナード「本当1人じゃ何にも出来ない…!
私は更に罠カード、バイバイダメージを発動!」


シャーク「更に罠カードだと!?」

コナミ「二重の罠カード…」
403 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:06:52.56 ID:kMFioeVi0
ダウナード「これにより貴方の攻撃で私がダメージを受けた場合!貴方にそのダメージの倍のダメージを与えます!そしてこの戦闘で『ゴミ』は破壊されません!」


シャーク「倍のダメージ…!クソっ!レイ・ランサー!」


レイ・ランサー「ハァッ!」

『使えないゴミ』「うぐっ…!あっ…がっ…!」


ダウナード「くうっ…!そして補充部隊の効果!受けた1000ポイントにつき私はカードを1枚引く…私は…2枚ドロー!」手札3
LP8000→6000


ダウナード「そして貴方に倍のダメージ…つまり!4000のダメージを与えます!さあ!喰らって下さい!」


シャーク「ぐっ…!うおおおお…っ!」
LP6200→2200
404 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:13:45.92 ID:kMFioeVi0
小鳥「シャーク!?」


遊馬「今はシャークの攻撃だって言うのに…シャークのダメージの方がデケェ!」

アストラル「なるほど、あのダウナードとか言う人物、中々のデュエルタクティクスを持っているようだ…君以上のかもしれん」


シャーク(グッ…!かなりライフ削られちまった…流石に舐めすぎてたな…)

シャーク(…それにこのダメージの感覚…これはやはり…)


シャーク「俺はメインフェイズ2でカードを1枚伏せる…これで俺はターンエンド!」


シャーク 手札1 LP2200
場 エアロ・シャーク
ブラック・レイ・ランサー
伏せ1
405 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:21:27.47 ID:kMFioeVi0
遊馬「あのシャークがあんなにダメージを負っちまうなんて…」

アストラル「だが彼女の場に存在しているシャイニート・マジシャンの攻撃力は100、自分から仕掛けられる攻撃力では無いが…」


ダウナード「では私のターン…ドロー!
…確かシャークさんでしたっけ?」手札4

シャーク「…何だ?」


ダウナード「いえーーー随分牙が抜けた、鮫なんだなぁって…コナミさんは気をつけるように言ってますけど気をつける必要無かったかな…」
406 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:32:06.60 ID:kMFioeVi0
シャーク「ほーう…随分言ってくれるな?
オイ赤帽子?お前結構いい教育してるじゃねぇか…あ?」

コナミ「いや普段はこんなに言う奴じゃないんだけどさ…てかオイシャイニート、お前いい過ぎじゃ…」


ダウナード「…いい加減コナミさんにもその『ゴミ』の名前で呼ぶのやめて欲しいんですけど…!
まあいいです、さっさとデュエルを終わらせて早い所ここから立ち去りましょうか…私は手札から大木炭18を召喚!」
大木炭18「モエツキマシタ、マックロニ」
攻100


大木炭18 通常モンスター
星1/炎属性/炎族/攻 100/守2100
完全に燃え尽きてしまった巨木の化身。
この炭で焼く肉は絶品と言われ、重宝されている。


アストラル「…また攻撃力100のモンスター…」


シャーク「…なるほど」
407 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:40:37.61 ID:kMFioeVi0
ダウナード「そしてバトルフェイズ!私は大木炭18でエアロシャークに攻撃!」


大木炭18「ミギヒジ、ストレート」攻100
エアロシャーク「…」攻1900


小鳥「えっ!?でもシャークの攻撃力の方が高いのになんで攻撃を…」

シャーク「俺はセットしていた罠カード、フィッシャー・チャージを発動!この効果で俺は魚族モンスターを1体リリースして効果を発動!」


フィッシャー・チャージ 通常罠
自分フィールド上の魚族モンスター1体をリリースし、フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。


エアロ・シャーク「…」ブクブク…

シャーク「これにより俺はテメエの18を破壊し、カードを1枚ドローする!」手札2


ダウナード「…成る程、鼻はまだ聞くみたいですね」
408 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:50:57.45 ID:kMFioeVi0
エアロ・シャーク「…!」シューン!

大木人18「タオルハナゲナイデー」ドカーン!


遊馬「でもシャークの奴も何故かリリースして18を破壊した…?何で攻撃力の低いモンスターを…」

ダウナード「仕方ないですね…
私は『使えないゴミ』でブラック・レイ・ランサーに攻撃!早く攻撃しろ!」


『使えないゴミ』「ヒッ…!?何で…私じゃあ駄目…」攻100
レイ・ランサー「…!」攻2100


コナミ「また攻撃力が低いモンスターでの攻撃…って事はあのカードか…!」
409 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 00:55:41.84 ID:kMFioeVi0
ダウナード「そう言う事です、私は手札から急降下ボムを捨ててその効果を発動!」


急降下ボム「ヒュゥゥゥーーーン!!!!」


急降下ボム (アニメオリジナル)
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカードを手札から墓地に送って発動する。エンドフェイズ時までフィールド上に表側表示で存在するモンスター全ての元々の攻撃力・守備力を入れ替える。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


ダウナード「これによりお互いのモンスターの攻撃力と守備力を入れ替えます!」


『使えないゴミ』攻100→2100
ブラックレイランサー 攻2100→600


『使えないゴミ』「痛いのはいやです…!痛いのはいや…!」
レイ・ランサー「グオォォォ…!!!」ドカーン!
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 01:02:50.78 ID:WlC/G5yhO
このダウナードはまるで鉄男と委員長みたいだな
411 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:04:15.81 ID:kMFioeVi0
シャーク「うおおおおっ!!!!」LP2200→700


遊馬「攻撃力と守備力が入れ替わった…!?右京先生が使ってたカードみてぇな…」

アストラル「そのような戦法を取るなら守備力の高いモンスターを攻撃表示にするのも頷ける、シャークがあのモンスターを破壊していなかったら勝負は決まっていた…
成る程、シャイニート・マジシャン…彼女も中々のデュエリストだと言う事か…」


ダウナード「コナミさんが少し余分に持ってたカードのおかげで有利になれました!
メインデッキから『必要無い物』を何枚か抜いた分、入れなくちゃ行けなかったですからね!」


コナミ「…成る程なー…でも今のターンで決めきれなかったって事は次のターンシャイニートは無防備になるんじゃ…」
412 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:12:07.34 ID:kMFioeVi0
ダウナード「勿論大丈夫ですよ!使い切った『ゴミ』はリサイクルしなくちゃ行けませんから!私はメインフェイズ2へ!そして…」


ダウナード「私は!メインフェイズ2、ランク3以下の自分エクシーズの上に重ねる事でエクシーズ召喚する事が出来るモンスターを召喚します!」


コナミ「その召喚方法は…」


ダウナード「私は私自身でオーバーレイネットワークを構築!お疲れ様でしたー!さー、その薬品飲んで下さいねー?」


『シャイニート・マジシャン』
「い…いや、いやです…私…」


コナミ「…おい、それ…」


ダウナード「…いいから飲めよっ!お前なんてどうせ使えないんだからっ!私の為に飲めよ!ほら早く!」グイッ!


『シャイニート・マジシャン』
「いっ、いや、やめて!やめてっ!お願いします!レッドさん!グリーンさん!ブルーさん!助けて!」


グリーン(シャイニートさんっ!?あれはヤバイっす!隊長何とかーーー)

レッド(わかっている!しかしながら一向に近づけんのだ!まるで見えない壁があるような…!)
413 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:19:20.73 ID:kMFioeVi0
ダウナード「いい飲みっぷりですよー?それじゃ行きましょうか!エクシーズ召喚!」


『シャイ』「…コナミさん…助けーーー」


ーーー行ってやれ、お前を必要としている人の元へーーー


コナミ「…!おい、シャイニーーーー」



ダウナード「エクシーズ召喚!カモン!私!」攻2700



ダウナード・マジシャン
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2100/守 200
魔法使い族レベル4モンスター×2
このカードは自分メインフェイズ2に、自分フィールドのランク3以下のXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。このカードのX素材を1つ取り除く。
414 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:27:49.88 ID:kMFioeVi0
小鳥「新しいエクシーズモンスター…!?
でもあのモンスターさっきからデュエルしてたあの子そのまま…」

遊馬「分かんねぇけど…兎に角あのモンスターからでる気配はヤベェ…!俺でも伝わってくる!」


ダウナード「私の攻撃力はオーバーレイユニット1つにつき200ポイントアップします!そして更に貫通能力も持ってます!」


ダウナード「貴方のデッキはランク3中心のエクシーズデッキ…しかも主要エクシーズは使い切った…!次のターンでトドメをさしてあげますよ!私はこれでターンエンド!」


ダウナード 手札2 LP6000
場 ダウナード・マジシャン
補充部隊
伏せ 無し


ダウナード「どうですかコナミさん!これで私の勝ちです!こちらの方が場も手札もLPも有利!次のターンで私のーーー」
415 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:32:56.70 ID:kMFioeVi0
コナミ「…いや、これは…
『ダウナード』、お前、次のターン気をつけた方がいいんじゃねぇか?」

ダウナード「もーコナミさんってそんな心配症でしたかー?
大丈夫ですよーあんな牙を抜かれた鮫、対した敵じゃありません…現に彼の牙は今ーーー」


シャーク「ーーーおい、それでテメエのターンは終わりだな?」


ダウナード「はい、終わりですよ?それでーーー」


シャーク「そうかよ、ならーーー
全く持ってイラっと来まくってた所だ、1つ…スカッとさせて貰うぜ?」


ダウナード「え…?でも貴方のエースはーーー」

シャーク「俺のターン…!ドォロォー!!!」手札3


コナミ(…あの目、なんだよなー…
あー言う目してる奴相手にして無事で帰れた記憶ねぇよ…)
416 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:37:32.46 ID:kMFioeVi0
アストラル(だがシャーク…彼のエースモンスターはブラック・レイ・ランサーだった筈…それを失ったのは確かだが…)


シャーク「俺は手札からレベル4、ダブルフィン・シャークを召喚!」
ダブルフィン・シャーク「シャア!」


ダブルフィン・シャーク 効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1000/守1200
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地からレベル3またはレベル4の魚族・水属性モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動するターン、自分は水属性以外のモンスターを特殊召喚できない。


シャーク「コイツのモンスター効果!俺は墓地からシャークを復活させる!再び浮上しろ!レベル4!ハンマー・シャーク!」
ハンマー・シャーク「フッシャアアアアア!!!!」


遊馬「シャークの場にレベル4のモンスターが2体…!」

アストラル「つまりそこから考えられるのはーーーランク4のエクシーズ召喚!」
417 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:42:56.59 ID:kMFioeVi0
シャーク「ーーー俺は!レベル4のダブルフィン・シャークに!レベル4のハンマーシャークを…」


シャーク「オーバーレイ!!!!」


シャーク「2体の水属性レベル4モンスターでオーバーレイネットワークを構築!

エクシーズ召喚!!!!」



シャーク「吠えろ!未知なる轟き!深淵の闇より姿を現わせ!!!!」


シャーク「バハムート・シャーク!!!!」


バハムート・シャーク「…!!!!」カッ!


バハムート・シャーク(オリジナル)
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2600/守2100
水属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
水属性・ランク3以下のエクシーズモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
418 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:51:32.18 ID:kMFioeVi0
コナミ「ランク4のエクシーズモンスター!シャークの新しいエクシーズモンスターか!」

シャーク「俺はバハムート・シャークのモンスター効果を発動!オーバーレイ・ユニットを1つ取り除く事でエクストラデッキからランク3以下の水属性エクシーズモンスターを一体特殊召喚する!
『ゴット・ノウズ』!」


バハムート・シャーク(ゴボボボボ…!)


シャーク「俺はその効果で更なる牙を召喚するぜ!
来い!ランク3!牙鮫帝シャーク・カイゼル!」

シャーク・カイゼル「シャアァァ…!」
攻1800


牙鮫帝シャーク・カイゼル
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/魚族/攻1800/守2000
レベル3モンスター×3体以上(最大5体まで)
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードにシャークカウンターを1つ置く。
また、このカードが戦闘を行うダメージステップの間、このカードの攻撃力はこのカードに乗っているシャークカウンターの数×1000ポイントアップする。


遊馬「よし!またシャークの場にエクシーズが2体に増えた!」

アストラル「だがそのどちらとも攻撃力はダウナードマジシャンより低い…シャークはどうするつもりだ?」
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 01:53:57.11 ID:n8U/0rDbO
節子、バハムート・シャークの効果は『ゴット・ノウズ』やのうて『ゴッド・ソウル』や
420 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 01:58:38.38 ID:kMFioeVi0
ダウナード「…ランク4からランク3…確かにそれには一瞬驚かされましたが…
そのどちらも私の攻撃力には追いついてません、大人しくーーー」


シャーク「ーーー誰がこれで終わりだなんて言ったんだよ?これからーーーテメエを噛み砕く準備をしてるだけだ!」ヒュン!

エクシーズ・スライドルフィン「ヒューイ!」バシャ!


エクシーズ・スライ・ドルフィン
効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1200/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、
そのXモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


シャーク「エクシーズ・スライドルフィン!コイツは俺がエクシーズ召喚に成功した時に手札から召喚出来るモンスターだ!
そして更に場に水属性モンスターがいる場合!手札からサイレント・アングラーを特殊召喚!」手札0
サイレント・アングラー「…」☆4
421 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:06:05.33 ID:kMFioeVi0
>>418
ゴット・ノウズは神のシュート技やったね、にいちゃん…

すいません、間違えました…脳内修正お願いします…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小鳥「またシャークの場にモンスターが2体…!さっきと同じよ!」

遊馬「だけど今回はレベル4のモンスターが2体だぜ!つまりこれは…!」


シャーク「俺はレベル4のスライドルフィンとアングラーでオーバーレイネットワークを構築!」


アストラル「更なる…エクシーズ召喚…!」


シャーク「エクシーズ召喚!!!深淵より世界を見渡せ!
来い!深淵に潜む者!」

深淵に潜む者「Gruuuuu…」攻1700


深淵に潜む者 エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻1700/守1400
レベル4モンスター×2
(1):このカードが水属性モンスターをX素材としている場合、自分フィールドの水属性モンスターの攻撃力は500アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、相手は墓地のカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
422 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:16:14.40 ID:kMFioeVi0
バハムート・シャーク「…」ゴゴゴゴゴ…
シャーク・カイゼル「シャア…!」ゴゴゴ…
深淵に潜む者「Gruuu…」ゴゴゴ…


ダウナード「更なるエクシーズ…モンスター!?」


シャーク「バトル!俺はバハムート・シャークでダウナード・マジシャンに攻撃!」


バハムート・シャーク「…!!!!!」
ヒュウウウ…!


ダウナード「血迷いましたか!?私の攻撃力は2700!2600のバハムート・シャークじゃ」

シャーク「深淵に潜む者の効果!!!
コイツのオーバーレイユニットに水属性モンスターがある場合!俺の場の水属性モンスターの攻撃力を500upする!」


ダウナード「何…!?」


バハムート・シャーク 攻2600→3100
シャーク・カイゼル 攻1800→2300
深淵に潜む者 攻1700→2200
423 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:24:54.64 ID:kMFioeVi0
シャーク「よって攻撃は有効!

噛み砕け!!!!バハムート・シャーク!!!
『ゴッド・ボイス』!!!!」


バハムートシャーク「ーーーー!!!!」
バシャーン!!!!!!!


ダウナード「しまっーーーきゃっ!?」
LP6000→5600


コナミ「ダウナードッ!?危ねっーーー」


シャーク「追撃しろ!シャーク・カイゼル!
更に深淵に潜む者でダイレクトアタック!」


シャーク・カイゼル「シャア!」クワッ!
深淵に潜む者「Gruooo!」ブンッ!



ダウナード「あーーーーー」


レッドレイヤー(シャイニート嬢ッ!)
424 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:30:53.88 ID:kMFioeVi0

ダウナード(ーーーまた、痛い事、また私が傷を受けることーーー)



ダウナード(新しい私はやられてーーーー駄目だった私以下)



ダウナード(ーーー私にはこれがお似合いなのか、ボロボロになって、無力で)



ダウナード(誰の役にも立てなかったーーー)



コナミ「ーーーーッ!!!!」
LP5600→3300→1100


ダウナード「それでまたーーー私を頼ってくれた人を、傷つけてしまう…私が…」ポロッ…ポロッ…
425 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:38:34.20 ID:kMFioeVi0
グリーンレイヤー(司令官ッ!?)

ブルーレイヤー(司令官かダメージを…)


アストラル「代わりに…受けた…」


シャーク「ーーーーふん」


遊馬「コナミ!?おいお前…動けるようになったのか!?」


コナミ「…おーう!大丈夫だぜー!…それにまあソリッドビジョンだからヘーキヘーキ!
…ちょっと痛えけど…」


ダウナード「なんで…貴方は私を庇うんですか?」

コナミ「ん?」
426 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:43:56.76 ID:kMFioeVi0
ダウナード「あの時だってこの時だってそうですっ!なんで私なんかを庇うんですかっ!私が役に立った事なんてない!私は迷惑かけてばっかりで!
私はっ!コナミさんに助けて貰ったのに!私は何も返せない癖にーーー」


コナミ「決まってんだろ?」

ダウナード「ーーーえ?」


コナミ「ーーー何たって、一緒にデュエルしてるんだからーーー
一緒にデュエルしてるパートナーの事の事、助けなきゃデュエルにも勝てないし…なんかおかしいと思わねぇかなって…」

ダウナード「…デュエ…ル…」


コナミ「ほら!まだデュエルの途中だぜ!ドローしろ!ドロー!4枚だっけ?」


ダウナード「え…あ…わ、私は!補充部隊の効果!ダメージ1000につき1枚ドローするから…4枚ドロー!」手札6
427 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:49:25.26 ID:kMFioeVi0
ダウナード「え、えっとその…私…」

コナミ「ん?」


ダウナード「私…その…必要…ないんじゃないかなって思ってて…いや今も思ってるんですけど…!」

ダウナード「ーーー私、まだコナミさんの役に立たなくても!一緒にいてもいいですかっ!?私なんて使えるカードじゃないです!結局成長しても駄目駄目でーーー」


コナミ「…いや、必要ないもあるでもさ…

お前、エクストラデッキに居座るんだろ?
別に枠なんて埋まってないし…毎試合出せる訳じゃないけどさ、それでもいいなら…」

ダウナード「あ…あ、はい?」


コナミ「てかお前普通に役に立ってるからなー?あん時だって…あ、そうだ!お前に渡し忘れたもんがあったんだ!
えーと…あ!これ!」
428 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 02:54:08.02 ID:kMFioeVi0
ダウナード「え…これって…!
えっ嘘っ!?コナミさんこれっ!エスパーロビンのサインじゃないですかっ!?」


アストラル・小鳥「「エスパーロビン」のサインッ!?」

遊馬「お前らなぁー…」


ダウナード「こ、こんなもの何処で手に入れたんですかっ!?しかも色紙付きで!コナミさんお金なんてもってない癖に!」

コナミ「あん時だよ、あん時。ほら、スタジオにせんにゅ…お邪魔した時、あの時風也のお母さんに頼んで1枚貰った。」


ダウナード「…もしかして…私のために…?」

コナミ「あん時はお前にも世話になったしな?
ーーーマジで使えないなんて思ってないぜ?だからーーーこれからも頼むぜ?


『シャイニート』?」


シャイニート・マジシャン
「ーーーありがとうっ…ございます!コナミさんっ!」
429 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 03:00:55.57 ID:kMFioeVi0

シャーク「…おい…俺はとっくにターンエンドしてるんだがな?」


シャーク LP700 手札0
場 バハムート・シャーク
牙鮫帝シャーク・カイゼル
深淵に潜む者
(攻撃力全体500up)



シャイニート「あっ、はいっ!私の…ターン、ドロー!」手札7


シャーク「俺はこのタイミングで深淵に潜む者の効果を発動!このターンお前は墓地から効果を発動出来なくなる!俺はスライドルフィンを墓地に!
…さ、かかってきな」


シャイニート「…あの、本当に私がやっても良いんですか…?」

コナミ「そりゃお前のデュエルだから…
あーでも!後でデッキは返せよー?」


シャイニート「わかってますよー!

…エクストラデッキはもうありませんけど!コナミさんの顔に泥を塗らないように頑張りますから!」
430 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 03:01:48.56 ID:kMFioeVi0
アストラル「…?」

シャーク「あ…?今お前エクストラデッキは無いって…」


シャイニート「行きます!私は手札からーーー」



???「…kisi」


シャイニート「…え?」


???「…kisisi」


コナミ「…ん?どうしたシャイニート?」


シャイニート「コ…コナミさん…あの…身体が…動かないんですけど…」


???「…kisisisisi…」


???「kisyasyasya…」
431 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 03:03:56.09 ID:kMFioeVi0
ちょっとキリ悪いんですが今日はここまでー…
今日の夜、また続き上げていきます…

誤字脱字見かけたら遠慮なく指摘してくだされば幸いです…
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 05:34:13.56 ID:BWTrWdYNo

シャイニートにNoが取り付いたのか?
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 10:39:49.66 ID:QvVYek7SO
乙です。
困った時の急降下ボムさん! ボマーから貰ったのかな?
434 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 22:34:57.08 ID:kMFioeVi0
お待たせ致しました…
更新、再開して行きます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シャイニート「コッコナミさんっ…!腕がっ…勝手にっ…!」

予想GUY

チューンウォリアー


コナミ「おい大丈夫かっ…!
何だこれ…!シャイニートに近づけねぇ…!」

予想GUY除外

マジックストライカー


マジシャン・ストライカー 効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 600/守 200
(1):このカードは自分の墓地の魔法カード1枚を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。


遊馬「おいアストラル!?どーなってんだよ!」
アストラル「この気配…!やはりNo.か…!」
435 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 22:39:39.07 ID:kMFioeVi0

封印師 メイセイ


エクシーズ・レシプション


瞬着ボマー


封印師 メイセイ 通常モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1100/守 900
封印の呪符を使いこなす事ができる数少ない人物。
その経歴は未だ謎に包まれている。


エクシーズ・レセプション 通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルのモンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。


瞬着ボマー 効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1000/守1000
裏側守備表示のこのカードを相手モンスターが攻撃した場合、ダメージ計算を行わずこのカードは攻撃モンスターの装備カードになる。
次の相手ターンのスタンバイフェイズ時、その装備モンスターを破壊する。


シャイニート「う…うう…!何かが…何かが私の中で囁いて…!!!!!」

シューン!シューン!シューン!シューン!
436 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 22:44:35.95 ID:kMFioeVi0
コナミ「これは…エクシーズ召喚のエフェクト…!?それもレベル3が…4体!?」


???「…xyz…!!!!!」


『No.75』


シャーク「…来やがったぜ…!」




75「KISYASYASYAーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」守2600



No.75 惑乱のゴシップ・シャドー
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/風属性/魔法使い族/攻1000/守2600
レベル3モンスター×2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
その効果は「お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする」となる。
(2):このカード以外の自分フィールドの「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする(このカードがX素材を持っている場合、それらも全て重ねてX素材とする)。
437 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 22:53:16.51 ID:kMFioeVi0
コナミ「な…No.…!?
って事はもしかしてコイツのせいでシャイニートが…!?」


シャイニート「ハァ…ハァ…コ…コナミさ…
あぁっ!?」

75「KISYASYA〜KISYASYA〜」ペコペコ


遊馬「No.…って事はあいつのせいであの子がおかしかったって事だよな!?」
アストラル「どうやらそれで間違ってないだろう、しかしながらあのNo.まるで意思があるような…?」


レッドレイヤー(あのカードがシャイニート嬢を…!おのれ!許さんぞ!あのモンスター!)
グリーンレイヤー(見てるだけでムカつくっすー!!!隊長ー!!!1発ぶちかまして良いっすかー!!!!)
ブルーレイヤー(2人とも落ち着いて下さい!…司令官…シャイニートさん…!)


75「KISISISI〜」バッ


ダウナード LP1100 手札2
場 ゴシップ・シャドー ORU4
438 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 22:59:10.26 ID:kMFioeVi0
遊馬「シャーク!アイツはNo.だー!気をつけろー!!!」

シャーク「言われなくとも問題ねぇ!
むしろようやく出てきて悪いが…早速ぶっ倒させて貰うぜ!俺のターン!ドロー!」
手札1


シャーク「俺は再びバハムート・シャークのモンスター効果!オーバーレイユニットを1つ使用しエクストラデッキからエクシーズを召喚する!」

シャーク「俺はコイツを召喚する!
トライエッジ・リヴァイア!」

トライエッジ・リヴァイア「…!」シャキーン! 攻1800→2300


トライエッジ・リヴァイア
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/海竜族/攻1800/守1500
レベル3モンスター×3
このカードが戦闘によって破壊したモンスターは墓地へは行かずゲームから除外される。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
ターン終了時まで、選択したモンスターの攻撃力は800ポイントダウンし、効果は無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。


75「KISYA〜?」

シャーク「そして墓地のエクシーズ・スライドルフィンの効果!フィールド上にエクシーズモンスターが召喚された時、墓地のコイツをオーバーレイユニットに加えることが出来る!」
439 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 23:08:34.43 ID:kMFioeVi0
トライエッジ・リヴァイア ORU0→1

75「KISI…」


シャーク「そしてリヴァイアの効果!コイツのオーバーレイユニットを1つ使用しモンスター1体を対象にして発動する!そのモンスターの攻撃力を800下げ…」

シャーク「その効果を無効にする!」


小鳥「効果を無効にする…!これって!」

アストラル「ああ、ブラック・レイ・ランサーと同じ効果だ、効果さえ無効にすれば…」

遊馬「No.だって倒せる!」


75「…KISI…!」ヒュン



シャーク「さぁ!トライエッジ・リヴァイアの効果で『お互いにデッキから1枚ドロー』して貰おうか!」


遊馬「うおーっ!やっぱり『お互いにデッキから1枚ドロー』する効果はすげーぜ!」

小鳥「『お互いにデッキから1枚ドロー』すればNo.も倒せるのね!」
440 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 23:20:28.20 ID:kMFioeVi0
シャーク「…あ?」手札2

シャイニート「い…今一体何が…うっ!」
手札3


75「SYASYASYA〜」ORU2


遊馬「…えっ!?今何が起きたんだ!?えーと今お互いにカードを1枚ドローする効果をシャークが使って…?」

アストラル「…いや、本来シャークのモンスターの効果は『モンスターの効果を無効にし、攻撃力を800下げる』効果だった
しかし今ーーーあのNo.によってその効果を『ただの噂』にされたということか」


遊馬「…噂ァ?」


コナミ「…効果を捻じ曲げる効果…」

75「SYAー…SYA!」ヒョイッ
441 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/08(金) 23:34:42.67 ID:IP0Vg+NiO
シャイニート「ううっ…
ハーッ…ハーッ…さ…さっきから頭ん中で声が鳴り響いて…!あああああ!」

コナミ「!シャイニート…クソっ…なんとかしねぇと…!」


シャーク「ちっ…効果が効かねぇって事か…(しかも2枚とも罠か…このターンじゃどうしようもねぇ…)」

シャーク「…俺はカードを2枚伏せ、ターンエンド…」

シャーク LP700 手札0
場 バハムート・シャーク
牙鮫帝シャーク・カイゼル
深淵に潜む者
トライエッジ・リヴァイア
(全体攻撃力500UP)
伏せ2
442 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:01:31.03 ID:iSytGevXO
75「SYA〜SYA〜」ピッ

シャイニート「ううっ…!」手札4


75「SYA〜?SYA〜SYA〜SYA〜?」ニヤニヤ

コナミ「こいつ…時間稼ぎかよ?」


75「SYA!」ピンポーン!

コナミ「成る程な…先にシャイニートを乗っ取るつもりか、お前…」


遊馬「乗っ取る…!?」
アストラル「…成る程な、確かにNo.として彼女を乗っ取れば自由に彼女として行動が行える…しかし何故そんな事を…?」


75「SY〜A…SY〜A…SY〜A…」ノロノロ


シャイニート「コナミ…さん…さっきから…頭ん中の声…かなり大きく…!!!」
443 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:04:07.79 ID:YZ962v4B0
シャーク「ちっ…マジで…こいつ…イラっと来るぜ…!」イライライライラ

75「SYA〜…!」ニヤニヤ

コナミ(クソっ…!どうすりゃいいんだよ…!シャイニート1人じゃどうしようにもならねぇしこのままじゃ…!?)


スターダスト「…」


コナミ(ーーースター、ダスト…

ーーーそっか、成る程な…
ありがとな、友よーーーお前のおかげで…)


コナミ「何とかなるかもしんねぇ…!」


75「…KISISI〜?」ハテ
444 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:09:39.74 ID:iSytGevXO
コナミ「おい!シャイニート!少しだけなら動けるか!?」

シャイニート「う…うう…コ…コナミさん…
なんとか…少しなら…」


コナミ「よし!なら少しだけ我慢しろよ…!シャイニートー!バンザーイ!」


75「?」エ?
シャーク「は?」
アストラル「バンザーイ?何だ遊馬それは?」
遊馬「え?いやバンザーイってのはこうやって手をーーー何でだ?」

小鳥「…え、どうして…?」


シャイニート「え!?は、はいっ!
バ、バンザーイ!」バッ!


コナミ「よし!ディスクに向かって打てー!「スターダスト」ー!」


スターダスト「…!」シュウーン!
445 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:24:37.28 ID:YZ962v4B0
ガンッ!

シャイニート「え!?え?え!?なんか今音が…」

75「SYAー!?」ゲ…


小鳥「い…今、デュエルディスクが1人でに外れたの!?」
アストラル「成る程、あの竜がーーー!」


コナミ「さんきゅなスターダストー!

俺達のデュエルは特別製でなー!ちょっとした強い衝撃与えると手からディスクが外れるようになってるのさっ!んで…!」


ガシャッ!ヒュイーン…


コナミ「…俺が引き継げば問題…無しだ!
俺は…!No.75…攻撃表示に変更…ッ!」


75「…KUSYA…!」ニヤァ…
攻1000
446 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:33:34.98 ID:YZ962v4B0
シャイニート「こ…コナミさんっ!?何やってるんですか!?そんな事したら…コナミさんが!」

コナミ「うっ…!け、けっこー頭ん中のボリューム…デカいんだな…!ガンガン色んな奴らの声が…!聞こえてきやがる…!」

シャイニート「いいから私に戻して下さい!私は所詮精霊ですからなんともなりますけど!生身のコナミさんじゃ…!」

コナミ「いーっての…にしても悪いな、シャイニート…デュエル…最後まで続けさせてやれなくてよ…途中で変わる羽目になっちまった…」

シャイニート「そんな事いいんです!いいから早く…」


コナミ「おい、シャー…ク…
お願いが…あるんだけどよ…」


シャーク「…はっ…な、なんだよ…?」

コナミ「あーそのな…この状態…割と続けるの…苦しくてさ…」


75「KISI…?」ハテ?
447 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:40:05.19 ID:YZ962v4B0
コナミ「ほら…んでさ…割と…辛いんだわ…だから…そのバハムート…シャークで…さ…」


75「…KISYA〜…」ウーム


コナミ「俺にトドメを…刺してくれよ…」


75「…」リカイデキナイ…


レッドレイヤー(し…司令官…)


シャーク「…赤帽子お前…」


コナミ「ヴッ…!頼むぜシャーク…!俺は…これでターン…エンド…!」

ダウナード LP1100 手札4?枚
場 ゴシップシャドー 攻撃表示
448 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:50:10.23 ID:YZ962v4B0
遊馬「コナミが…No.を攻撃表示に…」

アストラル「これでこのままシャークのモンスターで攻撃すれば…勝負は決まる」
アストラル(…筈だが何か妙な感じがする…これは一体…?)


シャーク「…俺のターン、ドロー…」手札1


シャーク「…チッ…気にいらねぇな…」

コナミ「はは…悪いな…こんな事頼んじまってよ…早いとこ頼…グハッ!」

シャイニート「コナミさんっ!?」
レイヤーズ(((司令官っ!)))


75「…」ウーム…?
449 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 00:58:10.97 ID:YZ962v4B0
シャーク「…バトルフェイズ…

…おい、本当にいいんだよな?」


コナミ「…おう…来い…!」


75「…!」ピカーン!



シャーク「ーーー俺は!バハムート・シャークでNo.に攻撃!」


バハムート・シャーク「…!!!!!!」
シュウウウウウ…!!!!!!!!

75「…KISYA…!」ニヤァァァァァ…!
450 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:05:11.05 ID:YZ962v4B0
シャーク「…『ゴッド・ボイス』!!!!」


バハムート・シャーク「!!!!!!!」
ゴゴゴゴゴ!!!!!!!!!


コナミ「シャークのモンスターの攻撃力は3100!この攻撃が通れば俺の負け…か…
そんじゃーーー」


バッ!


シャイニート「コナミさんっ!」


コナミ「…えっ…?」


75「KI〜SI〜?」クスクス…
451 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:12:49.98 ID:YZ962v4B0
コナミ「お、おいっ!?何やってんだシャイニート!?
抱きつくなって…!は〜な〜れ〜ろ〜!」

シャイニート「いやですっ!絶対に離れませんっ!コナミさんだって私の代わりにダメージを受けてくれたんですっ!今度は私が代わりにダメージを受けますっ!」

コナミ「な、何言ってんだ…!俺は大丈夫だから!な!いいから早く安全な所まで逃げとけって…!」


75「KISYA〜SYASYASYA!!!」ゲラゲラ

コナミ「ほっほら!アイツも危ないぜ!いいから少し離れてろって…うー…!」
ガチャガチャ…


シャイニート「…私なら…大丈夫です!
コナミさん、ホント…ホントに少しだけですけど恩返しさせて下さい…!せめてカードの霊らしい事を…」
452 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:13:36.22 ID:YZ962v4B0
バハムート・シャーク「…」

コナミ「い、いやそれはさー…有り難いんだけど…それはまた別の機会に活かして欲しいって言うか…出来れば今は腕を自由にして欲しいってか…!…!これか!」


ガチャガチャ…ポチッ!


シャイニート「…?今の音…何の音ですか?
コナミさーーーー」



シャーク「ーーーやっぱりな…さっきから妙に態度が変だと思ったがーーー

テメエ…マジでいい根性してんなぁ…?」


コナミ「あー…あははははー…」LP1100→100


闇よりの罠 通常罠
(1):自分LPが3000以下の時、1000LPを払い、「闇よりの罠」以外の自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。このカードの効果は、その墓地の通常罠カード発動時の効果と同じになる。
その後、その墓地の通常罠カードを除外する。
453 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:14:09.51 ID:YZ962v4B0
遊馬「コナミのLPが減った…!でも0になってる訳じゃないぜ!?」

アストラル「いや、アレはダメージではなくカード効果によるLPの減少だ…しかしいつの間にカードを…?」


シャーク「テメェ、前のターン自分でこのカード伏せてたよな?」

シャイニート「前のターン…?で、でも前のターンはコナミさんは苦しんでて…

…あれ?コナミさん…今苦しんでない…?」


コナミ「い、いやーこれはさー!ほらー!
そこのNo.にー!やれって言われて…」


75「!」チャウチャウ


シャイニート「…首降ってますね…?」
454 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:17:12.80 ID:YZ962v4B0
コナミ「おいぃ!?お前さっきいいって言ったじゃん!?「こーいうカード引いたんだけどお前どう思う?」って考えたら「OK!」みたいな返事しただろぉ!?」


75「…???」ハテ…?


レッドレイヤー(…司令官…?)
グリーンレイヤー(あ、あはは…司令官…あの…流石にそれは…)
ブルーレイヤー(…すいません、機体の修理の方再開しまーす…)


シャイニート「…」アトズサッ


遊馬「え?おい、どーいう事だよ?」

アストラル「なるほど…そう言う手口もあるのか…遊馬、今度実践してみるとしようか?」


シャーク「…一応聞いておくが、言い訳はあるか?無ぇなら…」
455 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:19:17.08 ID:YZ962v4B0
コナミ「…俺はー!
罠カードー!闇よりの罠ー!発動ー!」


コナミ「この効果で俺はー!!!墓地のディメンション・ウォールの効果を発動ー!!!」


コナミ「これの効果でダメージをシャークに跳ね返すー!!!!!これで俺の勝ちだー!!!!」


75「SYA〜SYASYASYASYASYAー!!!」ゲラゲラ


シャーク「手札から速攻魔法シャーク・スパーク!テメエの罠を無効に!」


コナミ「あっ」


シャーク・スパーク(オリジナル)
速攻魔法
このカードを墓地へ送る事で、相手の罠カードの発動と効果を無効にする。
456 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:20:15.07 ID:YZ962v4B0
75「SYA〜?」

コナミ「無、無効って…事は…
エート2100ダメージ喰らうから…負けるな…?」


シャーク「ま、そう言う事だな。少し反省しやがれ、そんじゃ…」


コナミ「ーーーって事はこっちも使うしかねぇって事だろ!」オープン!


シャーク「ーーー何?」


75「SYA〜SYA、SYASYA!」


コナミ「罠発動!反転世界ー!」ドン!


反転世界(リバーサルワールド)通常罠
フィールド上の全ての効果モンスターの攻撃力・守備力を入れ替える。
457 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:20:47.74 ID:YZ962v4B0
コナミ「コイツの効果で俺はフィールド上の全てのモンスターの攻撃力と守備力を入れ替える!よって攻撃力はーーー」


ゴシップ・シャドー 攻1000→2600
バハムート・シャーク 攻3100→2100


遊馬「シャークとNo.の攻撃力がまた反対になっちまった…!」


75「KI、 SYAー!!!!!」シュンシュンシュン!


シャーク「ーーー俺は罠カード!エクシーズ・ドロップを発動!」


エクシーズ・ドロップ(オリジナル)
通常罠
フィールド上に存在するモンスターエクシーズ1体を選択して発動できる。
このカードを選択したモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。
458 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:21:34.56 ID:YZ962v4B0
シャーク「俺はこの効果で俺の場に存在するトライエッジ・リヴァイアにオーバーレイユニットを一つ追加する!」

トライエッジ・リヴァイア「…!」
ORU0→1


アストラル「リヴァイアに再びオーバーレイユニットが…!」

シャーク「リヴァイアの効果!オーバーレイユニットを1つ使用し効果発動!俺は…」


コナミ「…いや!『俺たちはお互いにカードを1枚ドローする』!…だったよな!
ゴシップシャドー!」


75「…KIKIKIKIKI!」ORU2→0


シャイニート「…何で結構2人して仲良くなってるんですかー!もー!」
459 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:22:28.07 ID:YZ962v4B0
シャーク「くっ…!」手札1

コナミ「これによって攻撃は続行!行けー!
ゴシップ・シャドー!」


75「SYAーーーー!!!!!」フンッ!


バハムート・シャーク「…!」ドカーン!


シャーク「ぐうっ…!!!」LP700→200


小鳥「シャークのモンスターがやられちゃった!?」


シャーク「…ちっ…一杯喰わされたぜ…まさか罠カードを2枚も伏せてるとはな…
にしてもそこまでして勝ちたいのか?お前は…」
460 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:24:26.35 ID:YZ962v4B0
コナミ「…いや、まあさー…シャイニートは大丈夫そうだし、後は俺さえ何とかなればいい訳だし…
やっぱりデュエルってのは勝ちたくなるもんだろ?特に理由なんてないけど…」


シャーク「…勝ちたくなる…か…
そうだな、ま、お前の考えも一理はある…か」

コナミ「シャーク…」


シャーク「…どうやら今回は俺が甘かったらしい…そろそろ俺も潮時なのかもしんないな…」

コナミ「シャーク…!ありがとな…!実は俺…!」
461 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:24:54.50 ID:YZ962v4B0
シャーク「な ん て 言 う と 思 っ た か !








!」


シャーク・リベンジ・スプラッシュ
(オリジナル)通常罠
自分フィールド上の「シャーク」と名のついたモンスター1体が破壊された時に発動できる。
破壊されたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は1000ポイントダウンする。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


コナミ「…あ」
462 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:26:18.41 ID:YZ962v4B0
バハムート・シャーク「…!!!」
ゴゴゴゴゴ…


シャーク「…おい、そこの女…」


シャイニート「…わ、私ですか?」


バハムート・シャーク「!」カッ!


シャーク「…お前、めんどくせえ奴についたな」


バハムート・シャーク「!!!!!」
ドバシャァァァァァァァ!!!!!!


シャイニート「…ええ、まあ…

一応…私の『マスター』?何で…」



コナミ「うおおおおおお!!!!????」
LP100→0


75「…KISI!」
463 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:26:52.44 ID:YZ962v4B0


Winner!「シャーク」!!!!
464 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/09(土) 01:29:04.64 ID:YZ962v4B0
取り敢えずここまでー

次回の更新は来週の月曜日くらいかな…?

いつも見て頂いて誠感謝です!コメントの方もありがとうございます!
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 02:01:59.89 ID:A19o3fzSO
乙です。コナミ君マジ策士……

コナミ君と遊馬のデュエルが楽しみです。
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 10:30:17.25 ID:0UB5CcFJO
乙でした

オリジナルって書くと>>1のオリカと勘違いする人が出てくるかもしれないから、アニメオリジナルとかアニメオリカって書いたほうがエエかもしれまへんで?
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 09:54:10.85 ID:hpxK3e8SO
>>466
おそらくアニメではなくDCのオリカかと。
まぁ私も遊戯王wikiで検索するまで分かりませんでしたし、>>1さんに明記してもらえるならその方がありがたいですかね。
468 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/10(日) 19:46:30.95 ID:QctBArs30
>>466
>>467

ご指摘ありがとうございます
表記方法なのですが
アニメオリジナル→(アニオリ)
漫画(Dチームその他も含む)オリジナル→(漫オリ)
激闘!デュエルカーニバルなどのカードゲームオリジナル→
(TFオリ)
完全に>>1オリジナル作成カード(使うかは分からない)→
(完オリ)

といった表記でよろしいでしょうか?
ちなみに今までのカードの(オリジナル)はアニメor漫画のオリジナルカードになってます
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/10(日) 20:07:16.87 ID:p6Ggoeib0
>>468
私はいいと思う!
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 20:19:56.21 ID:fz46Mti/O
>>468大丈夫だ、問題ない
471 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/11(月) 23:43:40.30 ID:Go0JLZhN0
おまたせ致しました。
更新再開致します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「」チーン


シャーク「ったく…まあちっとはスカッとしたか…おい、起きろ」

ゲシッ


コナミ「ん…ううん…?」

シャーク「眼ェ、覚めたか?」

シャイニート「コナミさん…大丈夫ですか?」


コナミ「おーう…大丈夫ー…
にしてもシャーク…お前強いなー…」

シャーク「…はっ、こちとら伊達にデュエルして来てるわけじゃないからな
にしてもテメェ、そのNo.どうにかしやがれ…また暴れられても俺はもう面倒見ねえぞ…」


コナミ「んー…コイツかぁ?でもコイツ割といい奴だし…ウオッ!?」


75「…kisi…」ニヤ
472 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/11(月) 23:48:49.31 ID:Go0JLZhN0
遊馬「あれは…!?先程のNo.かよ!?
でももうデュエルは終わったのに…!」


75「kisi、kisi…kisisisisisi!!!!」ヒューン!


レッドレイヤー(!いかん!また司令官の方に向かっている!)
グリーンレイヤー(もう2人には取り憑かさせないっす!オイラ達がーーー)


75「kisi!」ホイッ


シャイニート「…コナミさんに…?」

コナミ「…えっ、俺?」
473 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/11(月) 23:54:51.88 ID:Go0JLZhN0
75「syasyasya〜」アクシュ


コナミ「ん〜…?…ああ、握手か…?
おう、そんじゃ取り敢えずお疲れ様…んでお前は」


75「sya〜!」チャオ!


コナミ「…え!?っておい!?消えた!?
今のなんだったんだよー!?おーい!?」


アストラル(…No.75、あのNo.は今まで出会ったNo.とは異なるものを感じた…

…あのNo.には要注意すべき、か
観察結果に加えておかねば…)
474 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:02:13.79 ID:hR4avKw20
ーーーーーーーーーーーーーーーー
シャーク「…さて、帰るか…
(俺のデッキでもNo.には通用する…ならば…)」


遊馬「シャーク!」

シャーク「あ…?」


遊馬「ありがとなー!コナミの事!助けてくれてよー!それにシャーク、すっげー強くなってた!またデュエルするのが楽しみだぜー!」


シャーク「…はっ、悪いがお前に遅れをとる程またまだ俺も落ちぶれちゃいねぇよ…
…また、挑戦してこい。今度は「No.」付きでな…」

遊馬「…おう!待ってろよシャーク!俺はお前も超えてみせる!かっとビングだー!俺ー!」


小鳥「…ふふっ、遊馬ったら…すっかり元気になったわね!」
475 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:09:08.29 ID:hR4avKw20
シャーク「…それとそこの赤帽子!」


コナミ「うーむ…ん?どした?」

シャーク「…テメェ、つくづくイラッとくるぜ…「次は全力でかかってこい」」


コナミ「…(いやーラストの方とか割と全力だったんだけどな…)」


シャーク「…そことそこの女!」

シャイニート「はっ、はい!?なんでしょーかっ!?」
476 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:15:22.18 ID:hR4avKw20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

???「兄さん…!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャーク「…なんでもねぇ、せいぜいまあ…気をつけとけ…じゃあな…

お前とのデュエル、中々楽しかったぜ?」



シャイニート「は…はぁ…」

コナミ「…やっぱ強かったなー、あいつ…」
477 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:21:20.09 ID:hR4avKw20
シャイニート「あの…本当になんて言ったらいいか分からないんですけど…」

レッドレイヤー(…)
グリーンレイヤー(…)
ブルーレイヤー(…)


シャイニート「…すいませんでしたっ!皆さんの事をこんな風に扱って…!
許して貰えないとは思ってます!でも…でも!私もまた皆さんと…」


レッドレイヤー(…頭を上げてくれ、シャイニート嬢…!謝らなけばいけないのは我々の方だ…!)

シャイニート「えっ…?」
478 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:26:05.43 ID:hR4avKw20
グリーンレイヤー(そうっす!元はと言えば自分達がシャイニートさんにあんなに頼ったのが問題だったっす…!
司令官のちょっと頼りない所まで自分たちが考慮してれば…!)

シャイニート「グリーンさん…」


ブルーレイヤー(…ええ、シャイニートさん…我々に間違えなく責任はあります
司令官も悪い人では無いんですけど人の心まではあんまり読めない人ですから…)

シャイニート「ブルーざぁん…!」


レッドレイヤー(うむ…司令官の不備を含めても今回の事に対して君は素晴らしい活躍を示してくれた!
…そんな君を褒めれど誰が責められると言うんだい?)


シャイニート「レッドざぁん…!皆ざぁん…!」


レッドレイヤー(シャイニート嬢!我らの方こそ、また君と一緒に戦わせて欲しい!
一緒にちょっと抜けているが基本良き…
良き…?司令官を支えて行かせて貰えるか…?)

シャイニート「…勿論ですっ!また皆さんと一緒に戦わせて下さい!私も頑張りますからっ!」
479 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:30:30.34 ID:hR4avKw20
コナミ「いいはなしだなー」

アストラル「胸が熱くなるな。」



小鳥「遊馬、今回私置いてけぼりな気がするんだけど…」


遊馬「俺も今の話の時は置いてけぼリングだぜ…」
480 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:34:54.60 ID:hR4avKw20
遊馬「まあ兎に角…心配したぜ!コナミ!
腹減ってないのかよ?」


コナミ「ん…腹は…減ってる!
てかスゲー減ってる!そういや昨日から何も食ってないからな…腹減ったなぁ…」

遊馬「だろー!よっしゃー!家帰ろうぜー!ばーちゃんと姉ちゃんにもコナミが無事だって知らせないとなー!」


コナミ「そういや1日もあけちまったのか…
…マーサならマジギレしてるよなぁ…
大徳寺先生ならまあまあ許して…くれるかなぁ…?」


シャイニート「あーーー」


コナミ「…ん?どした?行こーぜ?シャイニート?」


シャイニート「ーーーあの、これは私の

ーーーわがままなんですけどーーー」
481 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:39:48.91 ID:hR4avKw20
遊馬家


明里「それで…まあコナミの奴は見つかったみたいね…」


コナミ「その説はご心配をおかけしました…」

明里「んでまあ怪我もないみたいだし、良かったわね。ええ…」


春「おお〜おかえりなさい、コナミちゃん!…ご飯、出来ておるよ!」


コナミ「ホントっすかー!?んじゃ一つーーー」


春「手洗い!遊馬もこっそり食べようとしないっ!」

遊馬「ひいっ!?」


明里「そんで遊馬もいつも通り…でもねぇ…でもねぇ…!!!」
482 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:44:28.75 ID:hR4avKw20


明里「その子は誰かって事なのよー!!!」



シャイ「あ…あの…お邪魔します…」
483 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:44:58.91 ID:hR4avKw20
コナミ「んー…あのー…親戚、親戚!
えーと俺の弟の嫁の知り合いの母親のいとこのーーー」


明里「じゃ無いわよー!アンタウチを何だと思ってんのー!

…アイツが子供連れてきた時には遂に誘拐したかと思ったから1発シメておいたけどアンタもそうして欲しいの〜????」


コナミ「たいたいたいたい!姐さん!
ストップ!ストーップ!」


シャイ「…あ、あの…私、お邪魔ですよね…?やっぱり…」


春「あの2人ならいつもあんな感じだから心配要らんよ…それよりアンタも食べんさい、ちょーど出来上がったからね?」

シャイ「は、はぁ…い、頂きます…
…美味しっ!?」


遊馬・コナミ「「だろー!?」あっ、すいません、ふざけた訳じゃ無いんです!ストップ!許して!許してー!!!」
484 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:50:28.58 ID:maeSpQBZO
明里「ったく…えーと…
取り敢えずようこそ、えーと名前が…」

シャイ「えっと…シャイですっ!
あのっ!そこのコナミさんとなんと言うか…」


明里「…ねぇ、一つ聞かせて欲しいんだけど…」

シャイ「…何でしょうか…?
「お姉さん…」?」


明里「…ちゃん…」


シャイ「…お姉…ちゃん?」


明里「…」
485 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:51:47.06 ID:hR4avKw20

明里「おばあちゃーん!私この子家に泊めたいんだけどー!」


遊馬「マジで!?良いのか姉ちゃん!?」


シャイ「良いんですかっ!?明里さんっ!?」


明里「今更シャイちゃん1人くらいぜーんぜん問題無いわよー!
後お姉ちゃんって呼んで構わないから、
むしろ積極的に呼んでねー!」


シャイ「は、はぁ…?」


コナミ「え…俺の時と対応違くない…?」


明里「そりゃそうよ、アンタ可愛げ無いし
でもそうしたらシャイちゃんの寝る所どうしようかなー…
ねぇ、シャイちゃんどうするー?シャイちゃんが寝たい所開けるわよー、どいた男共はソファーで寝るだけだから」


シャイ「え、えっとそれならーーー」
486 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 00:59:30.14 ID:hR4avKw20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コナミ「ふー食った食ったぁ…」

シャイ「コナミさんはもう少し遠慮を覚えて下さいよ…

にしても…同じ屋根裏でも大分違うんですね…」

コナミ「まあ、遊馬の場合かなり親父さんのコレクションも多いからなー…
…てか良かったのか?俺とおんなじベッドで良いだなんて」

シャイ「おんなじベッドも何も今までだってそうだったですよね?基本的にカードになって横に居たんですし…」


コナミ「…確かに…」

シャイ「…それとも生身の私と寝るのはそんなに嫌だった…とか、なら私カードになりますけどーーー」
487 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 01:00:13.62 ID:hR4avKw20
コナミ「いや、別にどっちでもいいんだけどさー…
てかまたなんで急に人間の姿でいるなんて言い出したんだよ?お前今までだってカードのままで満足そうだったしそれにーーー」


シャイ「…別にいいじゃないですか、それよりもう寝ます…お休みなさい…」バタッ


コナミ「…いや、結局人間のままで寝るのかよ…まあ、いいか…お休みなー?いい夢見ろよー…?」


パチッ
488 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 01:00:55.91 ID:hR4avKw20
シャイ(…私にも良く分かんないです)


シャイ(それまであんまり人間の姿になる事はなくて、殆どゴーストリックみたいに暮らしてました)


シャイ(でもコナミさんと出会って、一緒に話して、デュエルして)


シャイ(私、コナミさんと一緒にもっとーーー)


シャイ「…なんて言うのか良く分かんないんですけど、コナミさんは…」


コナミ「…zzz…」
489 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 01:01:39.91 ID:hR4avKw20



シャイニート・マジシャン「大切な人…?」
490 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 01:02:17.67 ID:hR4avKw20


遊馬「zzz…」


アストラル(新たなナンバーズ、新たな謎ーーー)


アストラル(だがそれ以上にーーーあのデュエルで感じた恐怖ーーー)


アストラル(私は…得られるのだろうか?自分自身について…自分自身の記憶について)


アストラル(…見つけるしかあるまい、No.を、そして取り戻すしかない、それこそがーーー)
491 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 01:03:24.36 ID:hR4avKw20



アストラル「大切なーーー事だ」


492 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/12(火) 01:04:19.80 ID:hR4avKw20
取り敢えずここまでー
色々とご指摘ありがとうございます…!
今後の参考に生かさせて貰います


続きは2日後位に更新させていただく予定…


…ちなみに皆さんは激突!デュエルカーニバルのオリキャラの推し居ます?
個人的には女の子は光焔ねねちゃんとか神導魔希子ちゃんとか好きっすね
男キャラだと壇材正人とか黒門暗次君とか…

…あんまりカーニバル自体知名度ないの辛いなぁ…
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 11:03:56.95 ID:OvNfqrWcO
退屈なデュエルをしよう。
ミスを恐れよう。
デュエリストに個性はいらない。
人と同じプレイングをしよう。
No.に支配されれば安全だ。

                    退屈なデュエル推進委員会
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 21:58:04.73 ID:88CFaDUNO
久々に遊☆戯☆王の新作が出ると話題になってるけど、どんなの風になるんやろな?
>>1はこうなるってほしいって予想(希望)あるん?
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 12:08:23.45 ID:H8bXaCoRO
僕はエンジェラ・カラットちゃんと神導魔希子ちゃん!
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 15:03:05.39 ID:SOWQwocZo
WCS2011のミサキちゃん好き
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/14(木) 15:45:18.27 ID:fGVP7hJ50
神導魔希子ちゃんが好きとは…、イッチ分かってますねぇ
後デュエルカーニバルキャラに限るのならでしたらゾフィー霧崎も悪くない。そう思いませんか?
498 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 22:30:50.74 ID:sWMtxFWW0
遅くなりました!ちょっと!コメント返信とか!
させていただきますね!

>>495
魔希子ちゃんいいよね…あれ委員長枠ですよね…
カラットちゃんもすこです、また出すように考えてます

>>496
…すき。
レグルスモフモフしてるの可愛いよね…

>>497
霧崎ちゃんは女子人気高そうな騎士タイプの女子ですよね、あれ…そういうの、いいと…思います…

>>494
モブ出してクレメンス…モブ攻略させてクレメンス…
ついでに久々にコナミ君動かせてくだち…後は個別ストーリーがメインからモブまできちんとあって新モブ追加されて新しい1枚絵貰ってVRAINSまで攻略出来て…
…これただのTF…

後皆さんの好みの中にサイコーに可愛いさなぎなんかよりも可愛いアイドルがいないのはおかしいと思うんですよぉ
みんな応援して下さいねぇ?
499 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 22:32:48.96 ID:sWMtxFWW0
と言う訳で更新、再開です…
雑いのは許して下さい…!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
???「ーーここが地球か…
随分と「あっち」とは違うな?」


???「当然だ、本来なら俺たちが「こちら」に来るのは技術もエネルギーも足りん
その「No.」の力を使ってようやく我ら2人だけ先に来ることが出来た訳だ…

…お前…なくすなよ?」

???「心配すんなって!
ほらポケットの中しまとっきゃいいんだろ?」

???「違うわー!!!キチンとデッキの中にしまっとけー!!!今俺たちが今使えるNo.はたったの1枚なんだぞー!!!
無くしたらどうするつもりだー!!??」

???「あーあーもううるせーな!ったよ!心配症だなー…」
500 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 22:38:20.13 ID:sWMtxFWW0
???「全く!今の俺たちには「俺たち自身の力」も「あのカード」も使えないんだ…元の姿にもなれんからこんな格好だしな…」

???「お前似合ってなくね?」


???「兎に角!今回我々は先陣を切り人間界の調査を行うという使命を授かった!
その使命を真っ当する為にまずは…」


???「まずは…?」


グゥー…


????「…なんか、食べるか」
501 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 22:45:02.07 ID:sWMtxFWW0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝見、皆さま。
如何してお過ごしでしょうか。


私は今ーーーーーー


コナミ・遊馬「「変則ギア!ジャンケングー」パー!」


遊馬「いょっしゃー!ジ・ャ・ジ・メ・ン・ト・ハ・ン…ド!
ハァ…ハァ…これでまた頂上まで近づいたぜ!必ず俺が勝ってやる!」


コナミ「うおおおあああああ!負ける…かぁ!行くぞ遊馬ァ!」


コナミ・遊馬「「変則ギア!ジャンケンー」ー」


…お使い中です
502 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 22:51:44.35 ID:sWMtxFWW0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「ねーちゃん!おかわり!」

明里「自分で注ぎなさい」


コナミ「明里さーん!おかわりー!」

明里「あんたは遠慮を覚えなさい!」


シャイニート「…あの、コナミさん…
私の分もあげますから…」

明里「シャイちゃんはもっと食べていいのよー?お代わりもまだまだあるから注いであげるわねー?」



春「朝から元気で良い事じゃのー」ズズー
503 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 22:58:20.43 ID:sWMtxFWW0

コナミ「ふー食った食った…んじゃもう一寝入り…」

明里「ふざけんじゃないわよあんた!
ウチにはこんなヒモみたいな奴を飼ってる余裕はないのよー!ほら!働くかお金出しなさい!」

シャイニート「コナミさん…ヒモ生活は流石に私でもどうかと思います…明里さんのヒモは駄目です、ヒモは」

遊馬「よっしゃ!今日も張り切ってかっとビングだぜ!俺!
…アストラル?」

アストラル(…「銀河眼の光子竜」…あのドラゴンの強力なエネルギー、そしてNo.ハンターと名乗った彼…)


春「じゃがなーんか忘れているような…?」
504 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:08:45.11 ID:sWMtxFWW0
遊馬「アストラルお前まだこの前のデュエルの事考えてんのかよ?
そりゃ確かにあいつは強かったけどよ、またやれば今度は…」

アストラル「…彼のデュエルは私達のNo.を狩りにくるものだった、君が理解するには100年は経つだろうが私と彼のデュエルは君が考えている次元の物ではない。」

遊馬「んだとてめぇ〜!人が慰めてやってんのによ〜!?」

明里「てか遊馬!あんたまーだデュエルなんてやってんのよー!アンタはデュエル禁止だって私言ったわよねぇ〜!?」

シャイ「いいですかコナミさん、ヒモと言うのは親しい女性に養ってもらう男性の事です。ちなみにこの場合親しい女性は明里さんって事になりますけどまずコナミさんは明里さんとそんなに親しくない筈なのに明里さんからヒモって発言が出たって事は明里さんコナミさんの事…?」

コナミ「え?てか遊馬デュエル禁止されてんの…?」


春「何を忘れとるんかのう…?ええと、おはがきはもう出したし、お米はあるし、六十郎さんには…六十郎さんには…?」
505 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:14:32.59 ID:sWMtxFWW0
春「忘゛す゛れ゛と゛っ゛た゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛! ! ! !」


一同「」ビクッ



春「…六十郎さんへのお使い…忘れとったぁ…」
506 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:17:35.91 ID:sWMtxFWW0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊馬「グギギ…!重てぇ…!ばあちゃんも急いでんならここまで作んなくてもいいのによー…!」

コナミ「久々にこの位の重さは体感するなぁ…
確かこの重さはセキュリティからバイクかっぱらってきて分解した時以来くらいか…?」

シャイ「…」


レッドレイヤー(シャイニート嬢…大丈夫かね?)

シャイ「あーはい…ちょっと重いくらい何ですけど物持つ事なんてあんまりないだけなんで…筋力がですね…」


コナミ「にしてもこの地図ではそんなに遠くないんだよなー…
この先くらいが目的地なんじゃないか?」


遊馬「マジか!?よっしゃあ…!ここの角を曲がれば目的地た!
かっとビングだお…」

バッ!
507 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:22:49.18 ID:sWMtxFWW0
階段「ズラーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」




遊馬「れ…」


コナミ「え…おい…マジかよこれ…?」


シャイ「」


アストラル「…」
508 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:30:19.19 ID:sWMtxFWW0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


シャイ「…とまあこんな感じで今必死にこの階段登ってるんですけど…まだ着かないんですね…」


コナミ「コ・ミ・ッ・ク・ハ…ン…ド・ォ!…まだつかねぇのかこの階段!?もう日が暮れかけてんぞ、このままだと夜になって…」


遊馬「…こうなったらコナミ!変則ギアのスピード上げてさっさと登りきる!行くぜ!変則ギアー!」

コナミ「変則ギアー!」



シャイ「いや変則ギア辞めたらもっとすんなり行くんじゃないですか…?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
509 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:30:57.97 ID:sWMtxFWW0
シャイ「…はぁー…はぁー…漸く…着きましたぁ…」


遊馬「ジ・ャ・ジ・メ・ン・ド・ハ…!
よっしゃー!着いたー!2番乗りだぜー!」

コナミ「あーちくしょー!最下位かー!でもなんとか日が暮れるまでには登り切れたなー…まあギリギリセーフって訳で…」



六十郎「ま っ た く も っ て ア ウ ト に き ま っ て る じ ゃ ろ が ー !」


3人「…六十郎さん?」
510 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:35:12.06 ID:sWMtxFWW0

六十郎「そうじゃ!お春ちゃんから使いとして3人寄越すと電話で言うから茶でも用意して待っといてやろうかと思っとったのに…
もうすっかり冷めきったわいっ!!!…もうさっさと置いて帰れ、これから暗くなるとお春ちゃんも心配するからの…」


遊馬「えー何でだよー!中にくらい入れてくれたって良いじゃねーかよー!せっかくばーちゃんから手紙預かってきたのによー」ホイッ


六十郎「…お春さんからの手紙…?どれちょっと見せてみい」


コナミ「ま、遅くなると行けねぇから帰るか…
取り敢えずここら辺に荷物纏めといていいっすかー?」

シャイ「これ全部食べ物ですからね…あー重たかったぁ…」


六十郎「…ふむ、なるほどのぅ」

遊馬「そんじゃなー、じいちゃ…」
511 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:37:10.11 ID:sWMtxFWW0

六十郎「…いや、帰らんでええぞ。寧ろ今日はここに泊まっていくと良い…お春ちゃんからのお墨付きじゃからな」


六十郎「…お主たちを歓迎しよう、この…



『決闘庵』での」
512 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:40:31.93 ID:sWMtxFWW0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
店主「…はぁ、今日もお客さん…来ないなぁ…
このままうちの店は寂れてーーー」


???「おいここの店で飯食えんのかー?」

???「まあ、大丈夫だろう…と言うか腹が減った…何でもいいからエネルギーを補給しなくては!」


店主「…お客さん?…お客様!?よ、ようこそっ!『ぽかぽか食堂』へっ!に、2名様でございますかっ!?」


???「様だなんてつけなくていいっていいって…それより腹減ったなー!…んで何食べればいいんだ?」

???「そうだな…おい、店主…この『カツ丼』とか言うの2つくれ」


店主「かっ、かしこまりましたー!」
513 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:43:46.79 ID:sWMtxFWW0

???「…あれ?でもここ飯食う店だよな?でも俺たち確か金ーーー」

???「静かにしろっ!…そうなったら店主を押さえつければ良い!その為に人が居なさそうな店を選んだんだ、お前のパンチで何とかなるだろう…?」


???「…ま、それもそうだなー!」


店主「お待たせしましたぁ!カツ丼2杯お待ちどう様ですっ!」


???「もー出来たのかー!…
えっとさ、よくワカンねぇんだけどどーやって食べるんだ?フォークとかスプーンとかーーー」


???「この箸を使って食べれば良いだろうがぁ!…箸?
…店主、これが箸…だよな?」


店主「は、はぁ…?使いにくければ割り箸などお持ち致しましょうか?」
514 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:45:35.81 ID:sWMtxFWW0
???「ーーーいや、これで良い…それでは頂くぞ、店主」パクッ


???「てかお前ハシ持つの上手くねーか?全然上手く持てねぇんだけ…ど…」パクッ!


???「「…」」モグモグ…



???「「…」」ゴクン…


店主「…い、如何でしょう…?」
515 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:47:57.02 ID:sWMtxFWW0


???「「…う…」」


店主「う?」




???「「美味ァーーーーーーーーい!!!」」
516 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:48:46.26 ID:sWMtxFWW0
決闘庵

六十郎「改めてこの決闘庵の管理をしておる六十郎と言う者じゃ、ええと、お主たちが…」


遊馬「俺が九十九遊馬!んで赤い帽子被ってんのがコナミで…」

コナミ「ウィース」

遊馬「んでこっちの子がシャイって言う子だぜ!」

シャイ「よ、宜しくです…」


六十郎「おう、宜しく頼むぞい?」
517 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:51:05.06 ID:sWMtxFWW0
遊馬「んで爺ちゃんさー…決闘庵に入ったはいいけど何をやるんだー?」

コナミ「決闘庵って言うくらいだしそりゃ勿論デュエルじゃねぇか?デュエルー!デュエルー!」


六十郎「ま、そうじゃな…デュエルも勿論そうじゃが…

我がデュエル庵ではこんな物も飾っておるんじゃよ」


バッ!


シャイ「…これって…」


アストラル「…木像?」
518 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:52:51.11 ID:sWMtxFWW0
「青眼の木像」

「真紅眼の木像」

「スタチュー・ブラック・マジシャン」


遊馬「…すっげぇ…!このモンスター達カッケェな…!」

六十郎「そうじゃろ?こーいうモンスター達はワシが彫ってるんじゃがな…これらを管理するのもワシの仕事なんじゃ」


「S(スタチュー)・HERO・フレイムウィングマン」

「S・HERO・ネオス」

「スタチュー・ブラック・マジシャン・ガール」


シャイ「凄いですね…まさに今にも動きだしそうな…と言うかこのHEROのデザインいいですねぇ…あっ、素晴らしい!」

六十郎「このデザインはご先祖様が残した資料からワシが復元した者なのじゃよ?弟子が1人旅立つ度にな、ワシが手作りで手向けとして彫って…」


コナミ「…」
519 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:55:12.33 ID:sWMtxFWW0
「S・ドラゴン…閻魔」

「S・ドラゴン…月華」

「S・ドラゴン…妖精」

「S・ドラゴン…玄翼」

「S・ドラゴン…機械」


「S・ドラゴン…星屑」


コナミ「…なぁ、爺さん…この竜達って…」


六十郎「む…?ああ、その竜達なんじゃがな…
ご先祖様の知るカードとは違ったらしくの…姿と特徴しか載ってなかったんじゃよ…いつか解明するとかなんとか言った事は書いていたけどの!」ニヒヒ
520 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:58:55.24 ID:sWMtxFWW0
コナミ「…なるほどなぁ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

六十郎「さて!一通り見てもらった所での…どうして引き止めてまでこの決闘庵に入って貰ったか!説明させて貰おうか!

それはずばり…!」



コナミ「ずばり?」

遊馬「ずばり?」

シャイ「…ずばり…」
521 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/14(木) 23:59:28.86 ID:sWMtxFWW0
ペチャ!


六十郎「…全員、この木像と床、ぞうきんで綺麗にしとくれー

んじゃ頼んだぞー」


遊馬・シャイ「「…は?」」


アストラル「…ぞうきん」


コナミ「…ぞうきん…だな」
522 : ◆EDAxE0.IbA [saga]:2019/02/15(金) 00:03:10.86 ID:fd9KoRJm0
…考えるんだ…3つの事を…


1つ…遅れたのに雑で申し訳ない…


2つ…次回デュエル入りたいので少し時間かかります…



3つ…次回は来週の月曜日の夜に更新します…次回は遅れないよう尽力します…
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/15(金) 00:31:35.55 ID:HhDODtLO0
お疲れ様でした
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 01:55:59.02 ID:qiSiKl3bo
358.32 KB Speed:5.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)