七海やちよ「いろはに乳首をつついてもらっても物足りなくなってきたわ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/21(水) 11:37:27.09 ID:VLxrFUwU0
前作

七海やちよ「屋上の魔女の手下の攻撃で乳首を突かれるのが気持ち良くてやめられない」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542338297/


※キャラ崩壊

やちよ「どうしましょう……困ったわ」

やちよ「元々は屋上の魔女の手下の突進攻撃だったせいかしら」

やちよ「いろはにつんつんしてもらうだけじゃ、刺激が足りなくなってきたわ……」

やちよ「はぁ……困ったわ……」

やちよ「……一先ず、いろはに相談してみよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542767846
2 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/21(水) 11:54:02.11 ID:VLxrFUwU0
いろは「刺激が足りない……ですか?」

やちよ「ええ、そうよ」

いろは「えい」ツン

やちよ「ん……」ピクッ

いろは「確かに前より反応が小さいですね」

いろは「やっぱり、元々は使い魔の攻撃だっからでしょうか」

やちよ「ええ、恐らくね」

いろは「でもさっきはいつもより強くつついたのに……ただ単につつく強さの問題じゃないみたいだし……うーん……」

やちよ「困ったわね……」

いろは「はい……」
3 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/21(水) 12:11:10.72 ID:VLxrFUwU0
いろは「やちよさん」

やちよ「どうしたの、いろは?」

いろは「やっぱり、皆にも相談しましょう」

やちよ「えっ!? でも、それは……」

いろは「大丈夫です。みんな引いたりなんてしません」

いろは「……本当は私一人で何とか出来たら良かったんですけど、ちょっと難しそうです……」

いろは「でも、みんなで考えればきっと良い案が出てくると思うんです」

やちよ「でも……もし、引かれたりなんてしたら……」

いろは「大丈夫です! 絶対にみんな引いたりなんてしません! 私が保証します!」

いろは「みんなを……何より私を信じて下さい!」

やちよ「いろは……」

いろは「……」

やちよ「……わかったわ」

いろは「やちよさん……!」
4 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/02(日) 16:36:46.99 ID:bO/6bSwp0

──────

鶴乃「いろはちゃんばっかりずるい! わたしにもつつかせて! ふんふん!」

フェリシア「乳首ぃ? あんなん、服とこすれてイテーだけじゃん!」

さな「フェ、フェリシアさん……! ちゃんと下着つけないとダメですってば……!」

さな(乳首かぁ……私はあんまり感じないんだけどなぁ……)

さな(……大きさの違いなのかな……)



いろは「ね? 大丈夫でしたよね」

やちよ「ええ、そうね……ありがとう、いろは」
5 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/02(日) 16:43:51.85 ID:bO/6bSwp0
いろは「と、いう訳なので、皆にもつついてもらって、つつき比べをしようと思います」

いろは「まずは鶴乃ちゃんから」

鶴乃「よーし! 最強の魔法少女、由比鶴乃におまかせっ!」

鶴乃「ちゃらーっ!」ズンッ

やちよ「ぐっ……!」

いろは「どうですか?」

やちよ「駄目ね。強くて痛いだけで、全く気持ち良くなかったわ」

いろは「そうですか……」

鶴乃「そんなぁ……」ショボン
6 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/02(日) 16:46:47.97 ID:bO/6bSwp0
いろは「フェリシアちゃんは……」

フェリシア「オラッ!!」ゴッ

やちよ「うっ」

いろは「フェリシアちゃん、パンチしちゃダメだよ!」

フェリシア「うわ、やちよ胸ねーなー!」

フェリシア「骨に当たって、スッゲー手痛かったぞ!」

やちよ「」
7 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/02(日) 16:50:48.73 ID:bO/6bSwp0
いろは「さなちゃんならどうでしょう」

さな「えいえいっ」ツンツン

やちよ「んっ……」

いろは「どうですか?」

やちよ「……駄目ね。3人の中で一番良かったけど、やはり刺激が足りないわ」

いろは「そうですか……」

さな「……すみません……」
8 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 20:26:45.08 ID:RJcradIT0
─────



いろは「うーん……皆につついてもらってもダメでしたね……」

やちよ「……」

いろは「どうしたら良いんでしょう……」

やちよ「ねぇ、思ったんだけど……」

いろは「はい?」

やちよ「今まで使い魔の攻撃でつつかれてた訳でしょう?」

いろは「そうですね」

やちよ「という事は、ただ単につつくだけじゃなくて、魔力が込もってないといけないんじゃないかしら」

いろは「……あっ! なるほど! 確かにそうかも知れませんね!」

やちよ「そういう訳だから……」

いろは「?」

やちよ「いろはの矢を、私の乳首に射ってくれないかしら」

いろは「えっ!?」
9 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 21:29:26.70 ID:RJcradIT0
いろは「ダメですよ! そんな事したら、やちよさんの乳首に矢が刺さっちゃいます!」

いろは「大丈夫よ。その矢はいろはの魔力で作られた矢でしょ?」

やちよ「だから、鏃の部分を丸く作れば良いのよ」

いろは「鏃の部分を、丸く……?」

やちよ「ええ、私の槍を見てみて」キュピーン

いろは「えっと……あっ! 刃先が丸くなってます!」

やちよ「ええ、これは私の魔力で作られた槍」

やちよ「だから、刃先の丸い刺さらない槍を強くイメージすれば、それが作れるのよ」

いろは「じゃあ私も、鏃の丸い矢をイメージすれば……」

やちよ「ええ、射っても刺さらない矢が作れる筈よ」

いろは「なるほど! それなら乳首に射っても安心ですね!」

やちよ「そうよ」
10 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:03:43.23 ID:RJcradIT0
いろは「まずは変身して……」キュピーン

やちよ「そう。そして強くイメージして……」

やちよ「鏃の丸い、乳首に射っても安心な矢を」

いろは「んん……っ」

 シャキーン

いろは「で、出来ましたたっ!」

やちよ「やったわ、いろは!」

やちよ「さぁ、来なさい!」バッ

いろは「はい!」
11 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:10:37.64 ID:RJcradIT0
いろは「うん、やってみる!」バシュッ

やちよ「んっっ!」ビクン

いろは「まだっ!」バシュッ

やちよ「ふぅっ…!!」ビクンッ

いろは「これでっ!」バシュッ

やちよ「ああぁっ!!」ビクンッ

 ドサッ

いろは「やちよさん!」

やちよ「はぁ……はぁ……良いわ、いろは……とっても気持ち良かったわ……」

いろは「良かった……!」
12 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:15:05.89 ID:RJcradIT0
やちよ「でも、どうしましょう……」

いろは「どうしたんですか?」

やちよ「……もっと……欲しくなってしまって……」

いろは「え? えっと、じゃあもう一度……」

やちよ「いえ、それじゃ足りないわ……」

いろは「え、じゃあどうすれば……」

やちよ「……あなたの……『ストラーダ・フトゥーロ』を、私の乳首に放って欲しいの……」

いろは「ええっ!?」
13 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:24:03.57 ID:RJcradIT0
いろは「そんな……そんな事したら……!」

やちよ「大丈夫よ」

いろは「でも、どういう風にすれば……」

やちよ「大丈夫。私の言う通りにして」

いろは「……はい」

やちよ「あれはまず、最初に無数の矢で攻撃しながら、空に矢の魔力を集めるでしょ?」

いろは「はい」

やちよ「それを……こう、私の胸の輪郭に沿って乳首をなぞるようにして……」

いろは「はい」

やちよ「そして、集めた魔力を私の乳首に向かって撃ち落とすのよ」

いろは「……わかりました」

やちよ「大丈夫よ。いろはなら出来るわ」

いろは「はい!」

やちよ「さぁ……来なさい!」バッ
14 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:34:02.93 ID:RJcradIT0
いろは「……この一射が、やちよさんを満たせますように……」

 キュイイイィィィーーーン

いろは「届けっ!!」バシュッ

 シュババババババッ

やちよ「〜〜〜〜〜っっっっ!!!」ゾクゾクゾクゾクッ

いろは「まだっ!」

 ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

いろは「絶頂に導いて……!」

いろは「『ストラーダ・フトゥーロ』!!!」

 ズドオオオォォォーーーン!!!

やちよ「んあっああぁぁぁーーーー」ビクンビクンッ
15 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:43:43.51 ID:RJcradIT0

 ドサッ

いろは「やちよさん!」

やちよ「はぁ……はぁ……最高よ、いろは……こんな快感、初めて……」

いろは「良かった……!」

やちよ「……でも、どうしましょう……困ったわ……」

いろは「どうしたんですか?」

やちよ「こんな快感を味わってしまったら……もういろはがいないと生きていけないわ……」

いろは「……良いですよ……やちよさんが、それを望むなら……」

やちよ「……良いの……?」

いろは「はい」

やちよ「これからも、私の側にいてくれる?」

いろは「はい」

やちよ「私の乳首に『ストラーダ・フトゥーロ』を放ってくれる?」

いろは「はい……いつでも」

やちよ「ありがとう……いろは」

いろは「やちよさん……」









この後、滅茶苦茶乳首に『ストラーダ・フトゥーロ』してもらった




16 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:49:34.90 ID:RJcradIT0
おまけ




 ─ある日─

やちよ(はぁ……撮影が長引いて疲れたわ……)スタスタ

やちよ(早く帰って、いろはに乳首に『ストラーダ・フトゥーロ』してもらわなくちゃ……)スタスタ

やちよ「んっ?」

やちよ(あそこにいるのは……レナ?)

やちよ(珍しいわね、一人でいるなんて……)

やちよ(ん? そういえば、彼女の武器も確か槍だったわね……)

やちよ(……閃いたわ!)
17 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 22:56:37.23 ID:RJcradIT0
レナ「はぁ……ももこもついてないわよね。さゆさゆのライブの日に風邪ひくだなんて」スタスタ

やちよ「レナ」スッ

レナ「きゃっ!? や、やちよさんっ!?」

やちよ「ちょっと良いかしら」

レナ「な、なにっ!? レナ、これからライブだし急いでるんだけどっ!?」

やちよ「お願い、そんなに時間はとらせないわ」

レナ「わ、わかったわよ! ちょっとだけだからねっ!?」

レナ(あのやちよさんが、レナに頼みごと……?)

レナ(なんだろ……)
18 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 23:06:44.70 ID:RJcradIT0
やちよ「──……と、いう事なんけど……」

レナ「……」

レナ(……どうしよう……キモいんだけど……)

レナ(っていうか、えっ? 何? 乳首? はぁっ?)

レナ(乳首つつかれるのがやめられないとか……意味わかんない……マジキモい……)

レナ(でもそんなこと、やちよさんに言えないし……)

レナ(……そういえば、かえでも「ここが良いんだよね?」とか言いながら根っこで乳首イジってくるけど、全く気持ち良くないのよね……)

レナ(なんでだろ……大きさの違いかしら……)

やちよ「それで、レナに私の乳首を突いて欲しいんだけど……」
19 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 23:23:09.40 ID:RJcradIT0
レナ「い、イヤよ! っていうか、レナ急いでるんだってば!」

やちよ「お願い! 今度の、ポイント10倍デーの時にレナの分のお菓子もいっぱい買ってあげるから!」

レナ「っ! ……あー、もう! わかったわよ! 1回だけだからねっ!?」

やちよ「えぇ、ありがとうレナ」

レナ「……ったく」キュピーン

レナ「……いつまでも、やちよさんの相手してるほど、ヒマじゃないから」

レナ「……行くわよ!」

 スススススッ

レナ「イッけえぇーー!!」

 シュババババババババッ

やちよ「〜〜〜〜〜っっっっ!!!」ゾクゾクゾクゾクッ

レナ「はあっっ!!」バッ

レナ「とどめっ!!」

 ドッパァァーーーン

やちよ「んあっああぁぁぁーーーー」ビクンビクンッ
20 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 23:28:03.55 ID:RJcradIT0
やちよ「はぁ……はぁ……」

レナ「これで良い!?」

やちよ「えぇ、ありがとう。気持ち良かったわ」

レナ「じゃあ、レナもう行くからねっ!?」

やちよ「えぇ、またお願いするわ。それじゃ」スタスタ

レナ「……」

レナ(……レナの攻撃を気持ち良いで済ませられるなんて……やちよさんの乳首……)

レナ(……すご!)






終わり
21 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/12/09(日) 23:39:03.24 ID:RJcradIT0
という訳で終わり

レナとかえでは健全な中学生だから、かえでの魔法で作った根っこを使った擬似触手プレイなんてしてません


演技ヘタクソで棒読みなやっちゃんかわいい
制服似合ってないとか、みふゆにお母さん呼びされてイラッてくるやっちゃんかわいい
まだまだいけるとか言って制服着ちゃうやっちゃんかわいい
5万円分の食事券とかポイント10倍デー気にしてる所帯染みたやっちゃんかわいい
皆で旅行楽しみにしてるさなかわいい
激辛カレー食べて悶絶するフェリシアかわいい
ビーチフラッグで負け続けて悔しがる鶴乃かわいい
カナヅチないろはちゃんかわいい
密かにやっちゃんの事(……すご!)って思ってるレナかわいい

結論 やっちゃんかわいい

やっちゃんかわいいです
12.64 KB Speed:1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)