少年「1」少女「2」女の子「3?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 23:07:31.19 ID:b/olDt2xO
少年「よいしょっと!うーん、今日はなかなか良いものが見つからないな」

少年は背丈よりもある金属の残骸を持ち上げながら呟く。

周りは全てゴミだらけ…粗大ゴミや生ゴミ…ロボットや戦闘機まである。

全てドームに包まれた『楽園』が捨てたもの。

ココは『楽園』のゴミ捨て場だ。



少女「お兄ちゃーん!」

半身が機械に覆われた少女が少年を呼ぶ。

少年「なんだよ!」

少女「良いもの見つかった?」

少年「ダメだよ…ガラクタばかりだ!」

少女「そうなの!へへん!」

少年「なんで嬉しそうなんだよ!」

少女「だって!初めてお兄ちゃんより先にお宝を見つけたもの!」

少年「本当か!それ!」

少女「うん!ほら!」

女の子「……」

少女「こんなもの見たことないでしょ!」

少年「これは…ロボット?人間?」

そこには高そうな服を着た綺麗なモノがいた。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543846051
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 23:29:11.52 ID:b/olDt2xO
少年「柔らかい…」

これは何なのだろうか?人なのか?それともロボットなのか?少年には判らなかった。

判らなかったので少年はとりあえず隠れ家まで運んだ。

少年「ほっぺがプニプニしてるなー」

少女「あ!お兄ちゃんだけずるい!私もやる!」

ツンツンとほっぺを押すと少しだけ反応する。

ちょっと面白い。

女の子「んっ…っ」

少女「で…この子…人間なの?」

少年「わかんないや…人間見たことないもん」

少年「でもほっぺすごく柔らかいし人間かなー」

少女「人間って『楽園』?に暮らしてるんでしょう?なんでこんなところにいるのかな?」

少年「目が覚めたら聞こうよ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 23:30:35.13 ID:b/olDt2xO
思い付きだから書留はない、取り敢えず寝ます
1.97 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)