千歌「白球を追いかけろ!!」2

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 18:03:18.38 ID:odXovgsf0
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557761841/
の続き

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1557997397
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 18:06:28.79 ID:odXovgsf0
この辺から結構内容変わります
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 18:07:00.11 ID:odXovgsf0
果南「ありゃ」

果南(スライダーかな)

果南(駄目だね、私は考えたら)

果南(やっぱり来た球を思い切り振り抜く)グッ


野々村「ふぅ」シュッ


果南(喰らえ――あっ)ブン


 バッターアウト!

果南「しまった、チェンジアップ……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 18:07:51.73 ID:odXovgsf0
鞠莉「果南、ドンマイ」

果南「……私苦手、あの投手」

鞠莉「でしょうね」



『5番ライト小原さん』


鞠莉(さてさて、恒例の尻拭いタイム)

鞠莉(でも正直私も苦手なのよね、この手の掴みどころのないタイプは)


野々村「ほいっ」シュッ

 ストライク!
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 18:08:18.34 ID:odXovgsf0
鞠莉(カーブ)

鞠莉(追い込まれる前に打ちたい)

鞠莉(次の球を思い切り)


 シュッ


鞠莉(外のボール気味だけど、私なら打てる――)ブンッ


 ガコッ

鞠莉「っ」

鞠莉(カットボール)


松村「また来たよ」パシッ

 アウト!
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 18:08:51.43 ID:odXovgsf0
鞠莉「なるほど……」

鞠莉(私がボール球でも打つこともお見通しなわけね)

鞠莉(ここまでしっかりと研究されてるなんて、初めてね)

鞠莉(東洋高校、その辺りの抜け目なさも強さの秘訣のようね)


曜「ふぅ、なかなか苦労しそうだね」

鞠莉「曜、身体は大丈夫?」

曜「うん、ちょっと疲れてるけど、平気だよ」


鞠莉(……曜は明らかに本調子とはいえない状態)

鞠莉(どんな形でもいい)

鞠莉(早めに点を取って、せめて精神面だけでも楽にしてあげないと)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:13:03.88 ID:odXovgsf0
【5回表】 カーブ0−0Aqours


 ボールフォア!

曜「くっ」


千歌(先頭の8番にフォアボール)

千歌(ここまでノーヒットだけど、毎回の四死球かエラーで出塁を許してる)

千歌(球数は早くも100球近い)

千歌(飛ばすバッターばかりだから、なかなか気が抜けない、甘いコースにも投げられない)

千歌(露骨に待球してくる打者もいる)

千歌(曜ちゃん、大丈夫かな……)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:13:31.12 ID:odXovgsf0
善子「曜さん」

曜「ちょっと抑えがきかなくて」

善子(球の球速もキレもさらに落ちてる)

善子(汗も凄い、見るからに辛そうな状態)


善子「ランナーの足は遅い」

善子「次は打撃が上手くない選手だし、確実にバントよ」

善子「確実にアウトを取りましょう」

曜「分かった」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:14:00.13 ID:odXovgsf0
『9番ピッチャー野々村さん』


野々村「……」スッ


善子(当然最初からバントの構え)

曜(とにかく、ストライクに――)シュッ


 ボール!


善子(ちょっと、曜さん)

曜「くっ」シュッ


 ボール!
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:16:14.21 ID:odXovgsf0
曜(どうしよう、全然入らない)

善子(軽く、もっと軽く投げていいから)


曜(軽く……)シュッ


 コンッ


曜(正面!)パシッ

善子(これなら!)

善子「曜さん、セカンド――」


曜「あれっ」ヨロッ


善子「っ――ファースト!」

曜「くっ」シュッ


 アウト!
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:16:41.40 ID:odXovgsf0
善子「曜さん!」

曜「ごめんごめん、ちょっとこけた」

善子「ねえ、本当に大丈夫なの」


曜「……正直、ちょっときついかも」

曜「だけどほら、泣き言を言ってられる状況じゃないから」

善子「そうだけど……」

曜「とにかくワンナウト、頑張って抑えよう」

善子「……ええ、そうね」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:36:58.66 ID:odXovgsf0
『1番ショート田中井さん』


三角(曜はずっと、大切に育てられてきたタイプ)

三角(優秀な指導者、最新の科学理論)

三角(選手寿命を削って投げるような、学生野球とは無縁だった)

三角(だから当然、過度な連投にも、過酷な環境にも慣れていない)

三角(それに加えて、この異常な暑さ)

三角(決して大きくない身体を目いっぱい使って投げる、曜のスタイルには堪えるはず)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/16(木) 19:37:24.35 ID:odXovgsf0
 ボール!


曜(どうしよう、どうしよう)

曜(身体が上手く動かない、腕が振れない)


 ボール!


三角(梨子ちゃん、おそらく故障でしょう)

三角(彼女が投げられれば、何の問題もなかったはずなのに)

三角(運がなかったわね、浦の星は)

 
 ボール!


善子(駄目だ、入らない)

曜「くそっ」シュッ


 ボールフォア!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:20:38.11 ID:DOy9M7N10
『2番セカンド菊地原さん』


三角(初戦からの連投)

三角(40度近い炎天下)

三角(合計400球近い球数)

三角(それに加えて、噂に聞く廃校へのプレッシャー)

三角(疲れてくると感じるでしょ、色々な重荷を)



曜(重い、身体が)

曜(こんなプレッシャーは初めてだ)

曜(負けたら、打たれたら廃校)

曜(みんなの想いが、身体にのしかかる)


 ボールフォア!
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:21:19.49 ID:DOy9M7N10
『3番センター三角さん』


三角(満塁――私が全員かえす)


曜「っ」シュッ


三角(ど真ん中!)


 カキ――――ン!


善子(センターオーバー!)


千歌「ランナー、全員帰ってきて――」

ルビィ「サード急いで!」


梨子(マズイ、思い切り返球はできない――)

 セーフ!
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:21:45.57 ID:DOy9M7N10
善子「三塁打、走者一掃」

善子(曜さん、もう限界よ……)


鞠莉(初安打と初失点が同時に)

曜「……」

鞠莉(それどころじゃ、なさそうね)


曜「……くそっ」


三角(ここまで持ったのは流石だよ)

三角(だけどこうなったら、私たちは止まらない)
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:22:16.10 ID:DOy9M7N10
『4番サード古井さん』


曜(3点)

曜(まだ取り返せる)

曜(止めないと、ここで止めないと)シュッ


古井(……もう限界かな、彼女は)


 カキ――――――ン!


曜「あっ……」

善子「やられた……」

千歌(広い球場をものともしない、ホームラン)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:22:43.30 ID:DOy9M7N10
梨子「ホームラン……」

千歌「曜ちゃん……」


果南「ツーラン、か」

ダイヤ「果南さん」

果南「ダイヤ?」

ダイヤ「投げるための、心の準備をしておいてください」

果南「……分かった」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:23:10.18 ID:DOy9M7N10
『5番ライト須々木さん』


善子(どうしよう)

善子(今のストレートは通用しない)

善子(それなら、変化球でかわす?)


曜(カーブを、低めに)シュッ


善子(マズイ、ど真ん中――)


 カキ―――――ン!


須々木「よっしゃ!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:23:41.55 ID:DOy9M7N10
花丸「2者連続ホームラン……」

ルビィ「曜ちゃん……」

ダイヤ(潮時ですわね)



善子「曜さん――」

曜「……」

善子「……」


ダイヤ「曜さん」

曜「……ダイヤさん」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:24:34.15 ID:DOy9M7N10
ダイヤ「交代ですわ」

曜「……はい」

ダイヤ「もう限界なのは、自分でも理解できるでしょう」

曜「……」

善子「ごめんなさい、私のせいで……」


ダイヤ「曜さんも善子さんも、よく頑張りました」

ダイヤ「これは無理をさせてしまった私の責任です」

ダイヤ「今は果南さんを信じて、交代しましょう」

曜「……」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:25:02.55 ID:DOy9M7N10
【守備交代】

投:曜→果南
捕:善子→鞠莉
遊:ダイヤ→曜
左:果南→ダイヤ
中:梨子→善子
右:鞠莉→梨子


 変更後オーダー

1:左・ダイヤ
2:三・千歌
3:遊・曜
4:投・果南
5:捕・鞠莉
6:右・梨子
7:中・善子
8:一・花丸
9:ニ・ルビィ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:25:28.79 ID:DOy9M7N10
【5回裏】 カーブ7−0Aqours


曜「…………」

鞠莉「曜」

曜「……ごめん」

鞠莉「……」


善子(結局、果南さんも打たれて7失点)

善子(東洋の打線は強い)

善子(だけど私が、もっとしっかりしていれば)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:26:48.10 ID:DOy9M7N10
↑訂正

【5回裏】 Aqours0−7カーブ


曜「…………」

鞠莉「曜」

曜「……ごめん」

鞠莉「……」


善子(結局、果南さんも打たれて7失点)

善子(東洋の打線は強い)

善子(だけど私が、もっとしっかりしていれば)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:27:17.09 ID:DOy9M7N10
千歌(0−7、春の大会を思い出すような大差)

千歌(あの時と違うのは、今日は絶対に負けは許されない状況だってこと)

千歌(諦めるわけにはいかない)


花丸「善子ちゃん」

善子「……なによ」

花丸「落ち込んでる?」

善子「当たり前でしょ、私のせいでこんなことになって」

花丸「そっか」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:27:44.15 ID:DOy9M7N10
花丸「それなら、マルが善子ちゃんのミスを取り返してきてあげる」

善子「花丸?」

花丸「尻拭いは、幼馴染の役目だっていつも鞠莉ちゃんが言ってるでしょ」

善子「花丸……」

ルビィ「ルビィだって、善子ちゃんの為に打つよ!」

善子「ルビィも」


花丸「だからちゃんと応援してね」

ルビィ「ねっ」

善子「……ありがとう」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:28:32.47 ID:DOy9M7N10
『8番ファースト国木田さん』


花丸(マルにはここまで全球ストレート)

花丸(まともにヒットも打ったことがない選手なんだから、その対応は当たり前)

花丸(でも野々村さんの平均球速は120を切る)

花丸(この大会、今まで対戦してきた投手の中で、一番遅い)


花丸(大量点の後、気が抜けた状態)

花丸(バットに当てることぐらいできるはず)

花丸(当たりさえすれば、何かが起こるずら!)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:29:02.73 ID:DOy9M7N10
野々村「よっ」シュッ


花丸(マルだって頑張って練習してきたんだ)

花丸(自分を信じて、思い切り振りきれ!)ブン


 カキン!


千歌「打った!」

梨子「セカンド後方、面白いところに上がったわ!」


菊地原「!」ダッ


千歌「でも菊地原さん速い!」

梨子「追いつかれる――」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:29:31.87 ID:DOy9M7N10
花丸(落ちて!)

ルビィ「落ちて!」


善子「落ちろ!」


 ポトッ


花丸「!」


ルビィ「やった!」

善子「落ちた!」


菊地原(くそっ、追い風のせいで追いつかなかった)パシッ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:30:04.81 ID:DOy9M7N10
鞠莉「先頭出たわよ!」

果南「ナイスだよ、マル!」


ダイヤ「ルビィ!」

ルビィ「うん、続くよ!」



『9番セカンド黒澤ルビィさん』


 カキ―ン!


千歌「センター前!」

善子「ルビィ!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:30:35.65 ID:DOy9M7N10
『1番レフト黒澤ダイヤさん』


ダイヤ(この流れを止めるわけにはいかない)

ダイヤ(打つのが難しくても、粘って――――)


 ボールフォア!

ダイヤ(よしっ)グッ

鞠莉「満塁よ!」

果南「次の千歌は今日当たってる、いけるよ!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:31:11.46 ID:DOy9M7N10
千歌「よーし、この打席も――ってあれ」


梨子「投手交代?」

善子「みたいね」


果南「動くのがずいぶん早いね、定時退社はどうしたのかな」

鞠莉「決勝だから特別なんでしょう、今日は」

梨子「少しでも捕まる気配が見えた時点で、交代」

果南「選手層の差を見せつけられているみたいで、嫌になるね」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:31:39.89 ID:DOy9M7N10
『東洋高校――ピッチャー野々村さんに代わりまして、大瀬さん』


果南「大瀬さん?」

鞠莉「データは――ああ、いつも解説してくれる2人が塁上だわ」


曜「右の本格派だよ。ストレートとスライダーを中心に投げる」

果南「曜!」

善子「大丈夫なの?」

曜「うん、休んだら少し楽になった」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:32:06.69 ID:DOy9M7N10
千歌「何を狙えばいいかな」

曜「スライダーはカットボール系と普通の、2種類ある」

曜「野々村さんと違ってストレートの割合が高いはずだし、そっちの方が無難かも」

千歌「分かった!」



『2番サード高海さん』


千歌(代わったところ、叩くよ!)


大瀬「ふっ」シュッ


千歌「やっ」キンッ


田井中「オーライ!」パシッ

 アウト!
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:33:06.38 ID:DOy9M7N10
千歌(ショートフライ)

千歌(やっぱり、球の威力が違うな)


曜「球威はありそうだね」

千歌「うん」

千歌「でも曜ちゃん、このタイプの投手は好きだよね」

曜「そうだね」

曜「失点の分は、打って取り返す」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:33:52.89 ID:DOy9M7N10
『3番ショート渡辺さん』


善子「曜さん!」

梨子「頑張れ!」


曜(正直きつい)

曜(身体も心も正常じゃない)

曜(それでも、やるしかない)

曜(私のせいで試合が壊れかけたのに、みんなが頑張って持ちこたえてくれた)

曜(それに応えなきゃ、私は主軸失格だ)
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:34:20.84 ID:DOy9M7N10
曜(球種的に、私なら投げてからでも対応できる)


大瀬「やっ」シュッ


曜(ストレート)

曜(思い切り――振り抜け!)


 カキ―――――ン!



千歌「大きい!」

梨子「でもこの球場は広いから――」


三角(捕れるか!)ダッ
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:34:57.14 ID:DOy9M7N10
千歌「いけ、いけ!」

善子「いいわよ、風に乗ってるわ!」

梨子「伸びて――――入った!」


ダイヤ「満塁ホームランですわ!」


ルビィ「曜ちゃん!」

花丸「凄いずら!」


三角「フラフラの状態でこれ」

三角「追い風に見事に乗ったか……」

三角「やっぱり、曜はスターだね」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:35:25.22 ID:DOy9M7N10
千歌「曜ちゃん、凄いよ!」

曜「あはは、風に助けられた」

善子「流石の幸運ね!」


果南「これで3点差、まだ余裕で射程圏内!」

鞠莉「私たちも続くわよ」

梨子「はい!」


千歌「よーし、ここから反撃だ!」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:35:53.72 ID:DOy9M7N10
【7回裏】 Aqours7−10カーブ


梨子「やっ」カキーン!


果南「ヒットだ!」

千歌「流石梨子ちゃん!」


ダイヤ「3番手の古村さんもしっかり捉えられていますね」

鞠莉「乱打戦、マリーの好きな流れよ!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:37:10.96 ID:DOy9M7N10
『7番センター津島さん』


善子(よしっ、私も続くわ――)


 ドスッ


善子「ぐぇ」


千歌「出た! 善子ちゃんの必殺技のデッドボール!」

曜「いやいや技じゃないから」


善子「痛い……」

逢沢「だ、大丈夫?」

善子「はい……」

善子(忘れてた、このパターンがあること……)
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:37:37.38 ID:DOy9M7N10
『8番ファースト国木田さん』


ダイヤ(3点差ですがここはバント)スッ

ダイヤ(きっちり頼みますわね)

花丸(了解ずら!)


花丸(さっきはたまたまヒットを打てたけど、本来のマルの唯一の見せ場)


 シュッ


花丸(きっちり、転がす!)コツン


逢沢「ファースト!」

古井(上手いな)シュッ


 アウト!
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:38:09.48 ID:DOy9M7N10
花丸「ルビィちゃん、あとはよろしくね」

ルビィ「う、うん……」

花丸「やっぱり、緊張してる?」

ルビィ「だって、終盤のこんな場面……」


花丸「大丈夫だよ」

花丸「もう昔のルビィちゃんとは違う」

花丸「今のルビィちゃんなら、大丈夫ずら」

ルビィ「マルちゃん……」


花丸「自分を信じて。そうすれば絶対に打てるから」

ルビィ「う、うん!」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:38:49.61 ID:DOy9M7N10
『9番セカンド黒澤ルビィさん』


ルビィ(古村さんはスプリット系のボールが決め球)

ルビィ(それまではストレートとスライダーが中心)


 ボール


ルビィ(1球外れた)

ルビィ(カウントを悪くしたくないだろうから、次はストライクのはず)

ルビィ(ルビィが得意なのはスライダーだから、たぶん来るのはストレート)

ルビィ(外野は前目だけど、上手く持っていけば――)


 カキーン!
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:39:17.65 ID:DOy9M7N10
花丸「右中間!」

千歌「外野の間を抜ければサードまで――」


三角「っと」パシッ


曜「うわっ、あれに追いつくんだ」

千歌「だけど善子ちゃんも帰ってきた! 1点差だよ!」



『1番レフト黒澤ダイヤさん』


ダイヤ(1点差、1アウトランナー1塁)

ダイヤ(私がこの相手にヒットを打つ確率を考えればバントもありですが――)
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:49:37.64 ID:DOy9M7N10
ダイヤ(間を抜かれて長打になる可能性を警戒して、定位置近くまで下がっている)

ダイヤ(ルビィ)チラッ

ルビィ(お姉ちゃん――うん!)


 ボール!


ダイヤ(本来、2人しかいない左打者を並べるメリットは薄い)

ダイヤ(しかし私は、わけもなくこの打順を選んだわけではない)


ダイヤ(ルビィは出塁率が高く足がある)

ダイヤ(前打者の花丸さんの打率を考えれば、1人で塁に出ている可能性が高い)

ダイヤ(そこに左打者の私がいれば、仕掛けやすいのです)
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 02:50:19.66 ID:DOy9M7N10
古村「……」グッ

ルビィ「!」ダッ


逢沢「盗塁!?」


 シュッ


ダイヤ(盗塁はもちろん――)


 キンッ


逢沢「エンドランか!」

菊地原「くそ、抜かれた!」


果南「流石ダイヤ!」

鞠莉「この状況で仕掛ける度胸、バットコントロール」

鞠莉「もう脱帽ね!」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:03:58.13 ID:DOy9M7N10
『2番サード高海さん』


千歌(1・3塁)

千歌(ここはスクイズをしたい場面)

千歌(でも警戒されてるなか、私が決められるかなぁ)


 ボール!


千歌(よし、カウントを1つ稼げた)


ダイヤ(千歌さん!)スッ

千歌(盗塁?)


ダイヤ(千歌さんがこの投手からスクイズを決める、または打てる可能性は低い)

ダイヤ(曜さんを敬遠されて、次の果南さんの所で技巧派の選手を出されたら絶望的)

ダイヤ(ワンナウトですが、ここは仕掛けたい)


ダイヤ(点差は1点、敵は動揺もしている)

ダイヤ(今なら――)
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:04:38.32 ID:DOy9M7N10
古村「――」シュッ

ダイヤ(ここです!)ダッ


逢沢(スクイズ――じゃない)

逢沢(単独の盗塁、舐めないで!)パシッ


菊地原「あっ」


ルビィ「――」ダッ

逢沢「えっ」シュッ


曜「ディレードスチールだ!」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:05:19.01 ID:DOy9M7N10
菊地原「くそっ」パシッ――シュッ


梨子「迷いなく投げてきた!」

千歌「ルビィちゃん!」

ルビィ(ギリギリ――間に合え!)


逢沢「このっ」パシッ


 セーフ!


曜「やった!」

千歌「同点だ!」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:06:34.20 ID:DOy9M7N10
花丸「ルビィちゃん、頑張ったずら!」

善子「ホント、よく走ったわねあんた!」バシバシ

ルビィ「えへへ、無我夢中だったよ」


鞠莉「さっきの、ダイヤとルビィで明確なサインのやり取りをしてないわね」

果南「えっ、本当に?」

鞠莉「ええ、警戒されないように敢えてだと思うけど」

果南「とっさにやったんだ、あれを」

鞠莉「姉妹の絆――とでも言うべきかしら」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:08:43.35 ID:DOy9M7N10
千歌(しかもダイヤさんが2塁に残った)

千歌(投手も動揺している今なら、私でも打てる!)カキーン!


花丸「ライト前!」

ルビィ「抜けたけど――」

須々木「このっ」シュッ


 バンッ


逢沢「いった……」ビリビリ


善子「す、凄い返球ね」

ルビィ「う、うゅ」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:10:13.81 ID:DOy9M7N10
『3番ショート渡辺さん』


曜(だけど1・3塁)

曜(単打で逆転のチャンス、犠飛でも十分)


曜(でも細かく刻む必要はない)

曜(私が一気に――決める!)


 カキ―――ン!


三角「!」ダッ


逢沢「センター!」

菊地原「三角!」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:10:45.72 ID:DOy9M7N10
三角(ホームランのときと違って風はない)

三角(私なら捕れる!)パシッ


曜「げっ」

千歌(と、とんでもない守備範囲)


ダイヤ(あれを捕りますか)ダッ


ルビィ「ファインプレーだけど、お姉ちゃんが帰って逆転だよ!」

花丸「やったずら!」


曜(疲れてる分かな、打球の勢いが足りなかった)

曜(1点じゃ、まだわからない)

曜(そう簡単に、勝負を決めさせてはもらえないか)
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:11:12.42 ID:DOy9M7N10
【9回表】 Aqours12−11カーブ


 キンッ


果南「あっ」


菊地原「よっしゃ!」

田中井「ヒットだ!」


千歌(9回ツーアウト)

千歌(あと1人って場面だけど、菊地原さんにヒットを打たれちゃった)


鞠莉「果南、ドンマイ!」

果南「うん」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:11:40.05 ID:DOy9M7N10
『3番センター三角さん』


果南「嫌なバッターに回しちゃったなぁ」

鞠莉「あと1人、もし打たれても次のこっちの攻撃は上位から」

鞠莉「落ち着いて、気負わずにいきましょう」

果南「だね」


果南(どうせ直球を投げ込むしかできないんだ)

果南(余計なことを考えずに、思い切り――)


 カキ――ン! 


果南「おわっ」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:12:07.68 ID:DOy9M7N10
鞠莉「右中間抜けた――梨子!」


梨子「器用ね、全く!」パシッ――シュッ

ルビィ(ホームは――無理だね)


三角「……」グッ


菊地原「同点だ!」

田中井「流石三角さん!」


鞠莉「果南!」

果南「大丈夫、次だよね」

鞠莉「ええ!」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:12:43.63 ID:DOy9M7N10
『4番サード古井さん』


果南(この人も典型的なパワーヒッター)

果南(曜の球をこの球場でホームランにした力は本物)

果南(でも力には力)

果南(球威で――抑え込む!)シュッ


古井(真ん中高め!)


 カキ―ン!
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:13:22.66 ID:DOy9M7N10
田中井「いい当たり!」

菊地原「だけど――」


善子「オーライ!」パシッ

 アウト!


果南「よっしゃ!」


三角「古井さん、切り替えていきましょう」

古井「うん」

古井(私が真っ向勝負で押し込まれるなんて、恐ろしい球威……)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:13:52.26 ID:DOy9M7N10
【9回裏】 Aqours12−12カーブ


外崎「ふっ」シュッ


千歌「また投手代わっているね」

ダイヤ「クローザー的な役割を担っている、外崎さんですね」

ダイヤ「ツーシームとスライダーを武器、的の絞りにくい投球が持ち味です」

千歌「なるほど」


ダイヤ「あの投手から大量点は難しい」

ダイヤ「1点取ればいいこの回に試合を決めてしまいたいですね」

千歌「了解です!」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:14:18.82 ID:DOy9M7N10
『2番サード高海さん』


千歌(ビデオではみたけど、実際はどんな球を投げるんだろう)


外崎「ふっ」シュッ


千歌(ストレート――)

 クッ

千歌「わっ」


 ストライク!
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:14:45.52 ID:DOy9M7N10
千歌(じゃない!)

千歌(インコースに食い込んできた)

千歌(これがツーシーム……)


 シュッ


千歌(えい)ブン


 ストライク!


千歌(これでも駄目)

千歌(だけど次は――)ブン


 バッターアウト!
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:15:22.14 ID:DOy9M7N10
千歌「駄目かぁ」

曜「最後のは?」

千歌「スライダーだった」

千歌「でもその前のツーシーム、ちょっと凄いよ」

曜「みたいだね、注意するよ」



『3番ショート渡辺さん』


曜(ツーシーム)

曜(それだけ自信を持っているなら、あえてそれを打ち砕く)


 シュッ


曜(私ならできる!)カキーン!


ルビィ「ヒットだ!」

ダイヤ「サヨナラのランナーですわ!」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:15:51.39 ID:DOy9M7N10
『4番ピッチャー松浦さん』


果南(うーん、この人もどうも苦手な感じが)


曜(果南ちゃん)スッ


果南(おっと、盗塁か)

果南(確かにその方がいいかも)


外崎「――」グッ

曜(ここだ!)ダッ


 シュッ


逢沢(くっ)パシッ――シュッ


 セーフ!
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:16:27.29 ID:DOy9M7N10
千歌「曜ちゃん!」

ダイヤ「これでサヨナラのランナーが得点圏に」


外崎「……」

果南(表情は変わらない――少しは動揺してほしいんだけど……)


 バッターアウト!



果南「駄目かぁ」


逢沢「ツーアウト!」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:16:55.73 ID:DOy9M7N10
『5番キャッチャー小原さん』


鞠莉(私はツーシーム系をアメリカで打ち慣れてる)

鞠莉(まともに勝負してくれれば打てる確率も高いでしょうけど――)


 ボールフォア!


果南「敬遠か」

千歌「梨子ちゃん! 頑張って!」

梨子「うん」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:17:28.05 ID:DOy9M7N10
『6番ライト桜内さん』


梨子(さあ)

梨子(投げられなかった分、ここで仕事しないとね)


 ストライク!


梨子(この人のツーシームは確かに強力だけど、全球同じボールを投げるわけじゃない)

梨子(私が狙うべきは、アクセントに絶対投げるスライダー)


 ボール!


梨子(追い込まれるまでは、狙い球を絞って)


 ボール!
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:18:25.90 ID:DOy9M7N10
外崎「……」シュッ


梨子(来たら――打つ!)


 カキーン!


千歌「センター前!」

ルビィ「曜ちゃんは――」


曜「っと」キキッ

曜(前進守備で三ちゃんは分が悪いね)
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:18:51.99 ID:DOy9M7N10
花丸「だけど満塁ずら!」

千歌「ここでバッターは――」


『7番センター津島さん』


花丸「……さて、守りの準備を」

善子「なんでよ!」

花丸「冗談だよ〜」

善子「まったくもう!」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:19:18.97 ID:DOy9M7N10
花丸「大丈夫、信じてるよ」

花丸「善子ちゃん、やる時はやる子だって」

善子「ふふん、見てなさい」

善子「華麗に試合を決めてきてやるわ」

花丸「うん、頑張れ!」



善子「さあ、来なさい!」


逢沢(この子はいい選手だけど、上位に比べれば打撃はまだまだ)

逢沢(インコースのツーシームで押し切れる)
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:19:52.36 ID:DOy9M7N10
善子(今日は守備でみんなに、曜さんに散々迷惑をかけた)

善子(女房役として、絶対に打つ!)


善子(……それに、最終回、同点、ツーアウト満塁)

善子(ここで打って、名門の東洋高校を破れば間違いなく目立てる)

善子(明日こそ、私がネット上で話題になる)

善子(くっくっくっ、この堕天使ヨハネの全国デビューは――)


 シュッ


善子(ってしまった、もう投げて――へっ)




 ドスン
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:20:25.38 ID:DOy9M7N10
外崎「あっ」

逢沢「あっ」


善子「〜〜〜〜〜〜〜」ジタバタ


千歌「え、えっと」

果南「これは……」

花丸「サヨナラ、デッドボール?」

ルビィ「そうみたい、だね」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:21:15.89 ID:DOy9M7N10
三角「ちょっと、嘘でしょ……」

菊地原「マジかよ……」

田中井「……」


梨子「……凄い空気になっちゃったね」

曜「うん」

梨子「こんなの、みたことある?」

曜「ない」

梨子「そうよね」


曜(善子ちゃん、君は本当に最高だよ)クスッ


善子(なんで)

善子「なんでこうなるのよ〜〜〜〜〜〜〜〜」




【試合終了】 Aqours13−12カーブ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:24:28.91 ID:DOy9M7N10
 ―試合後・高海家―


千歌「それでは県大会優勝を祝して――」


「「「「「かんぱーい!」」」」」


千歌「あー、みかんジュースは最高だね」ゴクゴク

花丸「でもジュースは禁止じゃなかったっけ?」

ダイヤ「今日だけ特別ですわ。めでたい日ですから!」

千歌「そうそう、今日は硬いこと言いっこなしだよ!」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:25:03.95 ID:DOy9M7N10
善子「……」

曜「おやおや、どうしたよーしこー」

善子「私、みかんジュース飲めない……」

梨子「それならほら、これ」


【哺乳瓶入りミルク】


梨子「善子ちゃん、これが好きなんでしょ」

曜「えっ、マジ……」ヒキッ

善子「いつの話してるのよ! 幼稚園の頃よ!」


曜「とりあえずほい、いちごミルク」

曜「さっき病院行った途中で買っておいたよ」

善子「あ、ありがとう」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:25:36.16 ID:DOy9M7N10
ダイヤ「曜さん、身体の方が大丈夫でしたか?」

曜「特に問題はなさそうで、単純に疲労みたいです」

曜「ごめんなさい、迷惑かけてしまって」


鞠莉「謝る必要はないわ、無理をさせたのは私たちの方」

ダイヤ「優勝できたのは、曜さんの力があってこそ」

果南「もっと胸を張っていいんだよ」

曜「……ありがとう」

ダイヤ「ただ今度からは、異変を感じたら早めに教えてくださいね」

曜「はい」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:26:02.43 ID:DOy9M7N10
善子母「花丸ちゃん」

花丸「善子ちゃんのお母さん」


善子母「初めてのヒット、おめでとう」

花丸「あっ、そういえば」

善子母「気づいてなかったのかしら」

花丸「試合に夢中で忘れてました」

善子母「打った時の状況が状況だったものね」

花丸「ですね、大量失点の後で」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:26:28.05 ID:DOy9M7N10
善子母「自主練をあれだけ頑張ったんですもの」

善子母「大会中の失策も1つだけ」

善子母「よかったわね、練習の成果が出て」

花丸「はい!」


千歌「コーチ、コーチ」

善子母「高海さん?」

千歌「私も実は、公式戦初安打でした!」

善子母「あら、そうだったかしら」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:26:58.73 ID:DOy9M7N10
善子母「意外ね、練習ではそれなりに打っているのに」

千歌「あはは、なんか本番に弱いみたいで」

善子母「でも決勝の大舞台で2安打、大事な場面には強いのかもしれないわね」

千歌「えー、最終回はあっさり凡退なのに」


花丸「1番大事な場面に強いのは、間違いなく善子ちゃんずら」

善子「花丸……」


善子母「そうね、決勝で2死球――しかもサヨナラ死球なんて初めて聞いたわ」

花丸「ずら!」

善子「そっちかい!」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:27:30.76 ID:DOy9M7N10
ルビィ「でも善子ちゃん、早速話題になってるよ」

ルビィ「今日の試合の善子ちゃんのプレー」

善子「えっ、本当に!」

ルビィ「うん、ほら!」


【皆が唖然とする中、死球の痛みで悶絶している写真】


花丸「『東洋高校まさかのサヨナラ負け! 最後は押し出し死球!』だって」

ルビィ「善子ちゃんの名前は出てないけど、写真はかなり広まってるみたい!」

花丸「流石善子ちゃんずら〜」

善子「いやいやいや、こんな広まり方をしても嬉しくないんだけど!」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:28:28.88 ID:DOy9M7N10
曜「でも2回もぶつけられて、痛くない?」

善子「痛いわよ! 痛いけど――それで勝てたんだから悪くないわ」

曜「そりゃそうだよね」

曜「やっぱり勝つのが1番!」


鞠莉「パパからもお祝いのメールをもらったわ」

鞠莉「廃校の有無はともかく、学校説明会の開催は前向きに検討するそうよ」

ルビィ「ネット上でも、統廃合の件が話題になり始めてるもんね」

鞠莉「まさか本当に優勝するとは思わなかったって、失礼しちゃうわね」


ダイヤ「あら羨ましい」

ダイヤ「私の両親は勝って当たり前だと、事務的な連絡程度」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:29:31.27 ID:DOy9M7N10
ルビィ「でもね、理亞ちゃんからお祝いのメールがもらったよ!」

善子「理亞ちゃん?」

花丸「理亞ちゃんって、あのSaint Snowの?」


ルビィ「うん」

ルビィ「遠征に来てくれた時に連絡先を交換したら、意気投合したんだ〜」


梨子「いつの間に仲良くなってたのね」

曜「ビックリだね」

千歌「ルビィちゃん、すっかり人見知りじゃなくなってない?」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:29:57.60 ID:DOy9M7N10
花丸「うぅ、マルの元からルビィちゃんが離れて行くずら……」

善子「はいはい、いい加減ルビィ離れしなさいってことよ」


ルビィ「大丈夫だよ、ルビィはマルちゃんが1番だから」

花丸「ルビィちゃん……」


ダイヤ「ルビィ、それだと私は? 私はどうなるのですか?」

ルビィ「うーん、お姉ちゃんも1番かな?」

ダイヤ「まぁ〜、流石ルビィ〜」ギュー


善子「ちなみに私は?」

ルビィ「善子ちゃんも1番!」

花丸「みんな仲良く1番ずら〜」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:30:25.27 ID:DOy9M7N10
ダイヤ「1番!」

ダイヤ「黒澤家に求められるのは1番のみ!」

ダイヤ「当然全国でも1番、ぶっちぎりで優勝ですわ〜」


果南「ねえ、ダイヤの様子おかしくない」

鞠莉「そうね、いくら優勝でテンションが高まっているとはいえ」

果南「なんかさ、変な物でも――あっ」

鞠莉「どうしたの?」


果南「ダイヤ、間違ってコーチが飲んでた苦めの飲み物を……」

鞠莉「わぉ」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 03:31:09.53 ID:DOy9M7N10
ダイヤ「はぁ、このジュースは少し苦いですが美味しいですね」ゴクゴク

果南「マズいよダイヤ! ばれたら出場停止になるかも!」

鞠莉「そ、そうよ。ストップストップ」

ダイヤ「いーやーですわ!」


果南「こうなったら入れ物ごと没収――うわっ、凄い抵抗力」

鞠莉「ちょっと曜、手伝って!」

曜「よ、ヨ―ソロー!」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/18(土) 11:31:32.53 ID:6PeBEhUzO
ラ板で見れてなかったから助かる
投稿しきって欲しい
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 00:53:30.17 ID:HGd5x8Sk0
 ―同時刻・黒澤家―


善子(はぁ、黒澤家のお風呂は大きくて快適だったわね……)

善子(『お姉ちゃんがいないと寂しいから泊まりに来て』なんて言われたときは驚いた)

善子(だけど結果的に、友達の家にお泊りなんてイベントを経験できたんだから、悪くないわね)

善子(花丸はお風呂だし、とりあえずルビィと2人でなんかしていようかな)

善子(ルビィは――んっ?)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 00:53:56.55 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「ふんふふ〜ん♪」


善子「なによ、楽しそうね」

ルビィ「ピギャッ!?」

善子「ヨハッ!?」


ルビィ「な、なんだ、善子ちゃん」

善子「な、なによ、驚くじゃない」

ルビィ「ご、ごめんね」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:03:12.54 ID:HGd5x8Sk0
善子「まあいいわ――それで何してるの?」

善子「さっきから、鼻歌を歌いながらスマホ画面とにらめっこだけど」

ルビィ「えっとね、色んな人からお祝いのメールが来てたから、お返ししてたの」

善子「へぇ、どんな相手と?」


ルビィ「日中高校の人たちが多いし、音ノ木坂のこころさんも」

善子「あっ、こころさんからは私もメール貰ったわ」

ルビィ「うゅ、まめな人だよね」

善子「曜さんには余計な一言が付いていたみたいで、怒ってたけど」

ルビィ「きっとそこだけ、板本さんが書いたんだろうね」

90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:05:43.71 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「あとね、理亞ちゃんからながーいメッセージ貰った」

善子「マジで、どんな?」

ルビィ「うん、これ」スッ


善子「うわっ、文字数制限いっぱい、しかも複数……」

ルビィ「凄いよね〜」

善子「凄いけど引くわよ、流石に……」

ルビィ「そう?」

善子(あの子、加減を知らないのかしら……)
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:06:20.07 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「今日はよかったよね、勝てて」

善子「そうね」


ルビィ「善子ちゃん、お疲れ様」

善子「デッドボールのこと? あんたもしつこいわね」

ルビィ「違うよ、キャッチャーとして」

善子「ああ、そっち」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:07:20.02 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「頑張ってたよ、善子ちゃんは」

善子「分かってるわよ」

善子「あの状況だと、私は何もできなかった」

善子「分かってる、だけど」


ルビィ「勝ったから、いいんじゃないかな」

善子「だけどまた、同じような状況になるかもしれない」

善子「もしそれが、今日より強い相手と戦うときに起こったら」

善子「今度は、私が解決する」

善子「それか未然に防ぐ、私が曜さんを助ける」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:08:37.14 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「よっぽど、曜ちゃんが好きなんだね」

善子「恩返しよ、色々な」

ルビィ「それに、完璧主義者だ」

善子「そうね、否定はしないわ」

善子「だけど、それはあなたもでしょ」

ルビィ「ルビィも?」


善子「完璧を目指すから、高い理想があるから、努力を重ねる」

ルビィ「そうかな? 別にルビィはそんな凄い考え持ってないよ」


ルビィ「ただ野球が好きで、楽しくて」

ルビィ「上手くなれば、もっと楽しくなるから、練習をする」

ルビィ「その練習も、楽しいから、もっとしたくなる」

ルビィ「あれ、よく分からなくなってきた……」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:09:13.32 ID:HGd5x8Sk0
善子(それなのに、本能では勝利を目指す)

善子(私はルビィより体格もいい、メンタルも強い)

善子(だけど、結果を残すのはいつもこの子)

善子(大きな弱さ、その中にある強さ)

善子(その強さは、どれだけ大きなものなんだろう)

善子(いったい、どこから来るんだろう――


花丸「2人で何を話しているずら!」

善子「うわっ、いつの間に」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:09:46.41 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「ま、マルちゃん?」


花丸「ルビィちゃん!」

ルビィ「うゅ?」

花丸「これ、あげるずら」

ルビィ「お手紙?」

花丸「理亞ちゃんに負けないように、マルの全てを絞り出してお祝いの言葉を大量に書いたものずら」

ルビィ「そ、そうなの?」

善子「この短時間で――というかいつから聞いてたの?」

花丸「メールのくだりから全部」

善子「あんたねぇ」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:10:13.70 ID:HGd5x8Sk0
善子「そもそも、張り合ってどうするのよ」

花丸「だって、ルビィちゃんとの絆で、ポッとでのどさんこなんかに負けられないもん!」

善子「……あんたも、強いわねぇ」

花丸「なんか、馬鹿にされている気がする?」

善子「気のせいよ」

花丸「むぅ、気になるずら」


善子「それより、三人揃ったら今日の振り返りをするんでしょ」

善子「早く始めましょう」

ルビィ「あ、うん」

花丸「そうだね」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:11:26.96 ID:HGd5x8Sk0
87訂正


 ―夜・黒澤家―


善子(はぁ、黒澤家のお風呂は大きくて快適だったわね……)

善子(『お姉ちゃんがいないと寂しいから泊まりに来て』なんて言われたときは驚いた)

善子(だけど結果的に、友達の家にお泊りなんてイベントを経験できたんだから、悪くないわね)

善子(花丸はお風呂だし、とりあえずルビィと2人でなんかしていようかな)

善子(ルビィは――んっ?)
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:12:02.19 ID:HGd5x8Sk0
 ―同時刻・高海家―


曜「ふにゅぅ」スヤスヤ

千歌「あー、寝ちゃったね」

梨子「かなり、疲れていたもんね」


曜「ちかちゃん……」スヤスヤ


梨子「……寝言でも千歌ちゃんか」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:12:41.97 ID:HGd5x8Sk0
梨子「曜ちゃんはどうして、こんなに千歌ちゃんが好きなのかしら」

千歌「うーん、理由とかはあんまりないと思う」

千歌「ただずっと近くにいた。それで気も合って、お互いが大好きで」

千歌「だから自然と愛情が生まれて、こうなったの。仲良しの姉妹みたいな」


梨子「でも姉妹にしては、曜ちゃんは妹っぽいよね」

千歌「えっ、私がお姉ちゃんでしょ」

梨子「誕生日、曜ちゃんの方が早いじゃない」

千歌「そうだけど……」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:13:10.85 ID:HGd5x8Sk0
梨子「曜ちゃんは、千歌ちゃんを追って浦の星で野球を始めたんだよね」

千歌「うん」

梨子「どうして、それまで一緒にやったことはなかったの?」

梨子「今までも、誘われてたんでしょ」


千歌「まあ、私はそこまで野球に興味がなかったし」

梨子「だけど、遊びや練習に付き合うことはあったんだよね」

千歌「まあね、その時は果南ちゃんもいたけど」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:14:13.21 ID:HGd5x8Sk0
千歌「やっぱり、幼馴染でやる野球ごっこは楽しかったよ」

千歌「だけど、一緒のチームは考えられなかった、かな」

梨子(あんまり、聞かないでほしいのかな)


曜「ちかちゃーん」ゴロゴロ

千歌「もぅ、本当に甘えん坊だなぁ」ヨシヨシ


梨子「……面倒よね、本当に」

千歌「そうだね、曜ちゃんはちょっと変わってるから」

梨子「千歌ちゃんもよ」

千歌「ふぇ、私も?」

梨子「当たり前でしょ」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:14:51.92 ID:HGd5x8Sk0
千歌「うーん、納得いかない」

梨子「いいじゃない、その面倒臭さが可愛いんだから」

千歌「ぶーぶー、そんなこという旦那とは離婚だー」

梨子「おっと、それは困るわね」

千歌「ふっふっふっ、旦那にベタ惚れのようだね、奥さん」

梨子「まあ、浮気は許さないけどね」

千歌「わ、分かってるよ」


梨子「だけどね、一妻多夫制なら問題ないわよ」

千歌「……」

梨子「早く戻れるといいわね、曜ちゃんと夫婦に」

千歌「……うん」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:15:18.50 ID:HGd5x8Sk0
 ―同時刻・小原家―


ダイヤ「はっ、ここは」

鞠莉「私の家よ」

ダイヤ「鞠莉さんの、家?」

果南「そうそう、色々と収拾がつかないから引き取ったんだよ」

ダイヤ「はぁ」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:16:09.69 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「しかし不思議ですね、確か打ち上げの途中だったような……」

鞠莉「……あなた、何も覚えてない?」

ダイヤ「ええ」


鞠莉「怖いわね、苦い飲み物の力は……」

果南「本当に、あのダイヤの記憶がないとか」

鞠莉「気をつけましょうね、将来」

鞠莉「特に果南は不安だわ……」

果南「うーん、不思議と否定しづらい」

105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:18:18.11 ID:HGd5x8Sk0
果南「まーいいや、ダイヤも起きたし、私帰るね」

鞠莉「あら、泊まっていかないの?」


果南「父さんの面倒見なきゃだから」

鞠莉「ああ、怪我をされていたのよね。お父様の容体はどう?」

果南「もうほぼ問題はないよ」

果南「ただ最近、家の手伝いも疎かになってたからさ、そっちもやらないと」


ダイヤ「素晴らしい心掛けですね、流石果南さん」

果南「明日、朝には迎えに来るからさ。じゃあね」

鞠莉「バイバーイ」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:18:45.62 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「さて、鞠莉さん」

鞠莉「うん」

ダイヤ「実際、鞠莉さんのお父様の反応はどうでした」


鞠莉「……褒めてはくれた、喜んでいたのも事実」

ダイヤ「はい」

鞠莉「だけどね、廃校の話は、さらに進んでいるらしい」

鞠莉「私に気を使って明言はしなかったけど、雰囲気で察することはできた」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:19:20.54 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「……難しいですね」

ダイヤ「親としては、娘の願いを叶えたい、助けてあげたい」

ダイヤ「しかし家の立場が、それを許さない」

ダイヤ「親としての感情より、当主としての理屈を優先しなければならない」

ダイヤ「本当に、上手くいかないもので」


鞠莉「大人ね、ダイヤは」

ダイヤ「私自身、嫌というほど感じてきましたから」

ダイヤ「1人の身内より大勢の他人のことを考える、立派な父の隣で」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:19:46.62 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「あー、でも私はそんな割り切れない」

鞠莉「もう飲まなきゃやってられないわよ!」

ダイヤ「ジュースを?」

鞠莉「大人のジュースよ!」

ダイヤ「駄目ですよ、お酒は」

鞠莉「あなたが言う台詞?」

ダイヤ「?」

鞠莉「……本当に覚えていないのね」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:20:12.48 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「まあいいわ、珈琲でも淹れましょう」

鞠莉「どうせ今夜は眠れそうもないし、廃校阻止の対策についてとことん考えましょう」

ダイヤ「あら、私もご馳走になっても?」

鞠莉「当然でしょ」

鞠莉「もう苦いジュースは飲ませたくないもの」

ダイヤ「そうですわね――あっ」


鞠莉「……あなた、本当は」

ダイヤ「な、なんのことやら」ポリポリ
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:21:59.36 ID:HGd5x8Sk0
 ―数日後・抽選会会場―


『……』


 カキーン!


 カキーン!


『駄目だ、抑えられない』

『身体が動かない、何を投げても打たれる気がする』

『投げるのが怖い、マウンドに立つのが――』
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:22:26.49 ID:HGd5x8Sk0
善子「曜さん、曜さん」ユサユサ」

曜「……んぁ」

善子「いつまで寝てるの、そろそろ抽選始まるわよ」

曜「あ、あぁ、うん」

善子「なによ、緊張して眠れなかったとか」

曜「いや、そうじゃないんだけどさ……」


曜(最近、悪夢で起こされてずっと寝不足)

曜(今だってそうだった)

曜(東洋戦、打たれる光景、自由に動かない自分の身体)

曜(生々しく、思い起こされる)
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:23:10.30 ID:HGd5x8Sk0
善子「しっかりしてよ、曜さんは注目されてるんだから」

善子「あなたは浦の星の顔なのよ、もう」

曜「あはは、ごめんよ」


『おい、あれ』

『もしかして、例の……』

『あのお団子――』


曜「あれ、だけど善子ちゃんもめっちゃ注目されてない?」

善子「……いや、私のは」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:23:41.19 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「今、ある意味話題の死球堕天使さんですからね」

千歌「死球堕天使?」


ルビィ「いやぁ、東洋との決勝の写真から、ネットの動画が特定されちゃったみたいで」

ルビィ「最近話題なんですよ、一部で」

花丸「そうなの?」

ルビィ「うん、善子ちゃんを含めてみんなのリアクションの面白さから、変なコラ画像もできたりしてね〜」

花丸「それは気になるずら〜」

ルビィ「ちょっと待って、いま写真を――」

善子「ストップ! 止めなさい!!」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:24:10.31 ID:HGd5x8Sk0
??「……ずいぶん騒々しいわね」

善子「この声は――」

ルビィ「理亞ちゃん!」


ルビィ「久しぶり、元気だった!」ピョンピョン

理亞「る、ルビィ」

ルビィ「会いたかったよ〜」

理亞「ふ、ふん、別に私は」

ルビィ「……そっか」ショボン


理亞「う、嘘よ、会いたかったに決まってるでしょ」

ルビィ「わーい!」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:24:40.56 ID:HGd5x8Sk0
梨子「知らぬ間に手懐けてる……」

曜「あんな生意気だった姿はどこへ」


??「生意気なのはお前もだろ」


曜「板ちゃんほどじゃないよ」

板本「いやいや、私はそこまで酷くない」

こころ「そうですね、どんな方でもここあに比べればまだまだ」

ここあ「えー、そんなことないよ」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:25:08.03 ID:HGd5x8Sk0
千歌「な、なんか人が集まってきてる」

ダイヤ「有名になったものですね、私たちも」


曜「それにしてもさ、何の用?」

板本「少し紹介したい奴がいてさ」

曜「紹介したい人?」

板本「そうそう、他校の1年なんだけど、なかなか有望で――」


??「前置き長いっすよ、板さん」

板本「いや、長くはないだろ」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:25:56.34 ID:HGd5x8Sk0
??「パーッとやってもらわないと」

板本「いや、意味わかんねえし」


曜「その子?」

板本「そうそう、こいつ」


田山「UTXの田山っす!」

田山「好きな物は野球――あとお金と女っす!」

曜「お、女?」

板本「こいつ、そういう趣味なの」

曜「そ、そう」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:26:27.09 ID:HGd5x8Sk0
田山「曜先輩のこと、前からちょーリスペクトしてたんすよ!」

田山「まじすげぇし、守備も打撃もすげー参考にしてて」

曜「あ、ありがとう」


田山「それにめっちゃ好みなんすよね、見た目とか!」

曜「いや、そっちはちょっと遠慮したいというか」

田山「えー、そう言わずに〜」ガシッ

曜「ちょ、顔近い、力強い」

田山「鍛えてますから!」


曜「た、助けて板ちゃん」

板本「やー、狼狽える曜を見るのは楽しいからなぁ」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:26:55.71 ID:HGd5x8Sk0
善子「曜さんが圧倒されてる」

千歌「珍しい光景だね」

梨子「でもなんか、謎の既視感が――」


柳澤「理亞ー、聖良先輩が呼んでるぞ」

理亞「姉さまが?」

柳澤「そろそろ戻れ――って曜先輩!」

曜「げっ」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:27:23.80 ID:HGd5x8Sk0
田山「柳澤、曜先輩と知り合いなの」

柳澤「そりゃそうよ!」

柳澤「すげーやべぇ曜先輩のこと、マジでリスペクトじゃん!」

田山「分かるわ! すげーしやべぇ、マジパネぇよな!」

柳澤「そうそう、パない!」


曜「板ちゃん、もしかして」

板本「そうそう、こいつら仲良いんだよ」

板本「ついでに下の世代ではトップクラスの2人組さ」

梨子「既視感の正体はこれね……」

千歌「会話で分かるよ、別次元なのは……」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:27:55.10 ID:HGd5x8Sk0
板本「よう、梨子」

梨子「春以来ね、板本さん」

板本「少しはマシな球を投げられるようになったらしいじゃないか」

板本「まだまだ私たちに通用するレベルじゃないだろうけどさ」


梨子「それは、やってみなきゃ分からないわよ」

板本「ふぅん、自信あるんだ」

梨子「さあ」
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:28:47.39 ID:HGd5x8Sk0
こころ「実際、あのフォークボールは脅威でしたからね」

梨子「こころちゃん」

こころ「梨子さん、自分の投球を取り戻してきたようですね」

梨子「おかげさまでね」

こころ「渡辺さんと梨子さんを擁する浦の星は間違いなく強敵」

こころ「それは間違いありません」


ここあ「ふん、こっちだって私がいるんだからな!」

板本「一応、笠野もいるしな――頼りたくないけど」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:29:12.94 ID:HGd5x8Sk0
聖良「ずいぶんにぎやかですね、皆さん」

千歌「あっ、聖良さん」


聖良「理亞、柳澤さん、戻りますよ」

聖良「そろそろ抽選が始まってしまいます」

理亞「うん」

柳澤「了解っす」


聖良「曜さん」

曜「なんですか」

聖良「対戦、楽しみにしてますよ」

聖良「今度は真っ向から戦えそうですから」

曜「……私の方こそ」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:29:39.32 ID:HGd5x8Sk0
こころ「それなら2人とも、それなら早めの対戦を祈ることですね」

聖良「なぜ?」

こころ「どこのチームであろうと、私たちと戦う段階で敗退は決まったも同然ですから」

こころ「終盤になれば残っている確率が下がるでしょう、必然的に」


聖良「……言いますね、こころさん」

曜「挑発かな、それは」

こころ「あくまで客観的な事実ですよ――ねえ、板本さん」

板本「そうだな」

板本「どこだろうと、私たちが負ける気はしない」


曜「へぇ」

聖良「……素晴らしい自信ですね」


こころ「では、楽しみにしていますよ」

こころ「皆さんと対戦できるのを」ザッ


聖良「私の方こそ」ザッ
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:30:07.42 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「熱いわね、ずいぶんと」

果南「いいじゃん、それぐらいの方が燃えるよ」

梨子「だけどあんなに挑発的なこころちゃん、珍しいね」

曜「それだけ気合いが入ってるってことかな」


千歌「でもくじ引きかぁ」

曜「千歌ちゃん?」


千歌「今回こそさ、誰か私の代わりに引いてくれない?」

千歌「ほら、ここまで2大会連続で外れくじを引いちゃってるし」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:30:59.51 ID:HGd5x8Sk0
曜「えー、けど主将が引くもんでしょ」

梨子「そうよね」


鞠莉「だけど、結果が出てないのも事実なのよね」

果南「悪いイメージしかできないのは、影響するかも」

千歌「そうそう」

ダイヤ「そうですね、千歌さんが気になるというなら、無理強いするのは」


花丸「じゃあ代わりは誰が?」

ルビィ「やっぱりお姉ちゃん?」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:31:25.54 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「私もそこまで運に自信は……」

鞠莉「幸運の持ち主の曜がいいんじゃないかしら」

曜「私?」


果南「創設メンバーの1人だし、無難な気もするよね」

千歌「そうだね、曜ちゃんならそんなに変な感じも――」


善子「待ちなさい!」


千歌「善子ちゃん?」

花丸「どうしたの?」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:31:57.06 ID:HGd5x8Sk0
善子「ここは私に任せなさい!」

善子「最高のくじを引いてくるわ!」


「「「「「…………」」」」」


花丸「……というわけで、やっぱり曜ちゃんでいいかな」

ルビィ「うん、いいと思う」


善子「ちょっと!」

花丸「なんずら」

善子「花丸はともかく、ルビィまでそんな反応しないでよ!」
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:32:26.72 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「だって、ねぇ」

花丸「うん」


ダイヤ「善子さん」

鞠莉「これは遊びじゃなくて真剣なの」

千歌「そうそう、冗談は善子ちゃんだよ!」

果南「千歌、真面目に!」


善子「くっくっくっ、みんな愚かね」

善子「私は至って真面目なのに」

曜「そうなの?」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:33:20.33 ID:HGd5x8Sk0
善子「これでもね、私は3回に1回は当たりを引きよせるのよ」

善子「今まで、私の力が通じずに、2回失敗している」

善子「つまりこれが3回目、間違いなく良いくじを引けるわ!」


花丸「おぉ、かつてないほど自信に満ち溢れた顔ずら!」

ルビィ「凄いよ! 根拠はないはずなのに信じられる!」


ダイヤ「……何だか、信じても大丈夫な気がしてきます」

鞠莉「……サヨナラ死球だって、ある意味ラッキーガールだったものね」

果南「今回は善子に賭けてみようか」

ダイヤ「……そうですわね」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:34:05.36 ID:HGd5x8Sk0
善子「ふっ、これで決まりね」

善子「見てなさい、素晴らしいくじを引き当ててくるわ!」ダッ


梨子「……大丈夫かな」

曜「あの感じだと、信じていいんじゃない」

千歌「そうだね、善子ちゃんはやる時はやる子だもん!」

梨子「2人がそういうなら」


千歌(あれ、でも最初に私が当たりくじを引き寄せていたとしたら……
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:34:34.10 ID:HGd5x8Sk0
―――
――




『UTX学園――18番』


鞠莉「順調に埋まっていくわね」


『音ノ木坂学院――32番』


ダイヤ「強豪校はばらけています」

ダイヤ「固まっているとすればUTXのいるブロック辺りでしょうか」


『函館聖泉女子高等学院――6番』
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:34:59.20 ID:HGd5x8Sk0
果南「私たちの番は」

千歌「そろそろだよ」


善子(いざ目の前にすると、緊張するわね)

善子(でも、私の真の力をAqoursのみんなに見せつけてやるんだから)


職員「浦の星女学院さん、次どうぞ」

善子「は、はい」


善子(とにかく引き寄せられたくじ――それを引けば間違いなく当たり)ゴソゴソ

善子(経験上、そろそろ幸運が訪れるはず!)

善子「これだ!」バッ
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:35:35.67 ID:HGd5x8Sk0
『浦の星女学院――17番』


ルビィ「あっ」

千歌「これは」

梨子「UTXね、相手」


ダイヤ「UTX、説明するまでもなく、超名門校です」

鞠莉「そうね」

ダイヤ「音ノ木坂のライバル、ここ最近はやや低迷していますが、それでも毎年全国ベスト8以上には入ってくる実力の持ち主です」

果南「しかもこれ、勝ち進んだら準決勝で音ノ木坂、ヤバくない?」

鞠莉「あとの2試合も聞いた事のある高校がうじゃうじゃと……明らかに厳しい山に入ったわね」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:36:01.12 ID:HGd5x8Sk0
善子「え、えっと」

ダイヤ「善子さん……」ジト

善子「ちょ、ちょっと、そんな目で見ないでよ」


花丸「ああもう、善子ちゃんの馬鹿!」

花丸「あの自信は何だったのさ!」

善子「し、知らないわよ」


千歌(ごめん、善子ちゃん……)

千歌(もっと早く気づけばよかった……)
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:36:33.68 ID:HGd5x8Sk0
梨子「ま、まあ、強い相手と当たる方が燃えるよね、曜ちゃん」

曜「ふぇ」

梨子「曜ちゃん」

曜「うん、そうだね……」


千歌(曜ちゃん、ちょっと元気ない?)

千歌(県大会の炎上を引きずってるのかな)

曜「ふわぁ」

千歌(いや、寝不足なだけ?)
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 01:37:17.47 ID:HGd5x8Sk0
花丸「どうしよう、これで初戦敗退なんてしたら――」


ルビィ「大丈夫だよ」


花丸「へっ」

ルビィ「ルビィたちは負けない。絶対に最後まで勝ち進める」

花丸「ルビィちゃん……」


ダイヤ「……そうですね」

鞠莉「ここまで来たら相手なんて関係ない」

果南「どんな敵でも倒して、勝ち進んでいくだけ」


ダイヤ「宿舎に帰ったら早速作戦会議にしましょう」

千歌「はい!」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:05:41.61 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎―


ダイヤ「さて、初戦のUTXのデータですが」

ダイヤ「東京は出場校数の関係で2枠に分かれているので、音ノ木坂とは別ブロックの代表です」


ダイヤ「今年のUTXは打撃のチーム」

ダイヤ「近年は有望な選手を音ノ木坂に奪われ続ける中、優秀な指導体制を生かし、圧倒的に爆発力のある打線を作り上げました」

ダイヤ「その中心は3番セカンドの田山選手」

ダイヤ「板本さんに近い打力に、盗塁成功率が100%近い俊足の持ち主」

ダイヤ「4番レフトの馬連さんは、男子のスラッガー顔負けの飛距離を持ちます」

ダイヤ「他にも、赤木さん、河端さん、畑山さん、坂田さん、高井さんなど、強力な打力を持った選手が控えています」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:06:12.50 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「ただし、投手は別です」

ダイヤ「エースはライアンさん。独特なフォームから130近い伸びのある直球を武器にする投手です」

ダイヤ「変化球はカットボールとチェンジアップ、球速差のある後者は特に要注意」

ダイヤ「彼女は怪我が多いことを除けば一流の投手、しかし他に優れた投手はいません」

ダイヤ「つまりライアンさんを降ろしてしまえば圧倒的に有利な状況になる」

ダイヤ「実際、予選では2番手以下の投手が投げた試合、弱小校相手にも大量失点を喫しています」

千歌「それなのに、全国まで勝ち上がってきた」

ダイヤ「そうなのです」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:06:40.13 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「それだけ、異常な打力」

ダイヤ「地方大会6試合での合計得点は、100点を超えます」

千歌「100っ」

梨子「それは計算ミスとか、競技の間違いとかではなくて」


ダイヤ「紛れもない事実です」

ダイヤ「攻撃力だけをみれば、全国でも最強のチーム」

ダイヤ「その分、失点も50を超えていますが……」


ダイヤ「例え曜さんや梨子さんでも、彼女たちを完璧に抑えるのは難しい」

ダイヤ「試合は、いかにライアンさんを攻略して点を取るかがカギになります」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:07:08.60 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「まず決めなければならないのは、先発投手ですね」

鞠莉「優勝までの試合数は5」

果南「詰まっている日程を考えると、やっぱり先発は交互かな」


梨子「普通に考えれば、曜ちゃんの先発の方が多めですよね」

千歌「つまり、曜ちゃんが1.3.5戦目、梨子ちゃんがが2.4戦目の先発?」


ダイヤ「しかし、対戦相手も考えなければなりません」

ダイヤ「トーナメントで最も強力、対策が必要な相手は準決勝の音ノ木坂、決勝の聖泉女子です」

千歌「そうですね」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:07:50.95 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「そして音ノ木坂はやや速球に弱く、聖泉女子は変化球に弱い」

ダイヤ「つまり音ノ木坂と相性がいいのは曜さん、聖泉女子は梨子さんです」

ダイヤ「そう考えれば、2、4が曜さん、1,3,5が梨子さんの方が無難でしょう」

ダイヤ「イニングなどは、継投で調整をすればいいですから」


果南「なるほどね」

鞠莉「確かにそれが無難かもしれないわ」

鞠莉「回復してきているとはいえ、体力的に消耗の激しい曜が初戦は、少し心配でもあったから」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:13:25.80 ID:HGd5x8Sk0
千歌「でも……」

ダイヤ「なにか問題でも?」

千歌「その、梨子ちゃんが音ノ木坂戦で先発しないのは」


梨子「千歌ちゃん」

千歌「梨子ちゃん――」


梨子「勝つためよ」

梨子「気持ちは嬉しいけど、私たちは勝たなきゃいけないの」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:14:04.27 ID:HGd5x8Sk0
梨子「何のための全国大会か、思い出して」

梨子「ここで勝利して、全国に浦の星の名前を轟かせ、廃校から学校を救う」

梨子「転校生の私でも覚えてるそれを、あなたが忘れちゃ駄目」

千歌(梨子ちゃん……)


ダイヤ「それに、梨子さんが中継ぎで投げる可能性は高い」

ダイヤ「リベンジの機会は、十分にあるはずです」


千歌「……そうだね」

千歌「感情や私情を挟んじゃいけないよね、主将の私は特に」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:14:30.49 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「それとやはり打順です」

ダイヤ「全国で勝つために、最善の打順を組む必要があります」

千歌「最善?」


ダイヤ「ええ」

ダイヤ「もちろん、今までのままでも十分でしょう」

ダイヤ「しかし1か所、歪な部分があります」

曜「それは?」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:17:26.94 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「ルビィ」

ルビィ「ピギッ!?」


ダイヤ「私はあなたを上位に配置するべきだと考えています」

千歌「ルビィちゃんを?」

ダイヤ「スタッツを考えれば、9番はおかしいでしょう」

ダイヤ「チームで曜さんに次いで打率、出塁率が高いというのに」

ルビィ「そ、それは」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:18:05.65 ID:HGd5x8Sk0
千歌「でもやっぱり、メンタル面を考えると」

ダイヤ「改善はされたはずです」

ダイヤ「今のルビィなら、問題なく上位打線を打てるでしょ」

鞠莉「そうね、理想は1番とか」


ルビィ「1番打者……」

ルビィ(プレイボールのコール、サイレンの音、集まる注目――)


ルビィ「む、無理、無理だよぉ」

ルビィ「ルビィには無理!」ダッ
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:18:35.21 ID:HGd5x8Sk0
善子「あっ」

花丸「ルビィちゃん!」

善子「花丸、追いかけなさいよ」

花丸「う、うん――」


ダイヤ「花丸さん、待ってください」

花丸「ダイヤさん?」


ダイヤ「私が行きます」

花丸「でも」

ダイヤ「千歌さんを中心に、話し合いを進めておいてください」
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:19:00.34 ID:HGd5x8Sk0
 ―グラウンド―


ダイヤ「さて、ルビィは」


ルビィ「……」


ダイヤ(あそこですか)



ダイヤ「ルビィ」

ルビィ「お姉ちゃん……」

ダイヤ「探しましたよ」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:19:30.89 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「やはり、上位打線を打つのは嫌ですか」

ルビィ「……うん」


ダイヤ「私は贔屓目抜きに、今の貴女なら問題ないと思っています」

ダイヤ「声をかけられただけで逃げ出し、試合前に気絶して」

ダイヤ「もう、そんな弱いルビィだった頃とは違うでしょう」


ルビィ「そんなこと、ないよ」

ルビィ「今のルビィが頑張れているのは、お姉ちゃんや花丸ちゃん、Aqoursのみんなが支えてくれるから」

ルビィ「本当はまだ何も変わっていない、弱いルビィのまま」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:20:28.54 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「そんなことはありません」

ダイヤ「今までの試合、抽選会のくじの後」

ダイヤ「誰よりも早く、力強く、前を向いていたのはルビィです」

ダイヤ「今のルビィは、このチームの誰よりも強い心を持っている」


ルビィ「違う、違うよ。ルビィは、そんな――」


ダイヤ「立派になりましたね」

ダイヤ「ただ幼く、可愛らしかったのに、本当にたくましくなりました」ギュッ

ルビィ「お姉ちゃん……」


ダイヤ「大丈夫ですよ。ルビィならきっと」

ルビィ「…………」
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:21:37.75 ID:HGd5x8Sk0
 ―全国大会1回戦当日ー


千歌「提出するオーダーは、これでいいかな」


1:ニ・ルビィ
2:中・善子
3:遊・曜
4:三・果南
5:右・鞠莉
6:捕・千歌
7:投・梨子
8:左・ダイヤ
9:一・花丸
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:22:03.82 ID:HGd5x8Sk0
花丸「ルビィちゃんが、1番」

善子「本当に変わったのね」

ルビィ「うん」


花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「花丸ちゃん?」


花丸「頑張ってね」

花丸「ルビィちゃんなら絶対に大丈夫」

花丸「誰よりも近くで一緒に野球をしてきたマルが言うんだから、間違いないよ」

ルビィ「うん、ありがとう!」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:25:18.76 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「さて、それじゃあ試合に向けて、気合いを入れていきましょうか」

果南「千歌!」

千歌「うん!」


千歌「全国制覇まで、あと5試合!」

千歌「私たちは県予選を勝ち進んで一歩進んだ」

千歌「全国でも、きっと勝てる!」


千歌「0から1へ!」

千歌「1から、その先へ!!」

全員「「「Aqours――」」」

全員「「「サンシャイン!!!」」」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:26:36.50 ID:HGd5x8Sk0
〔第10回全国女子高等学校野球選手権 1回戦〕


【浦の星女学院『Aqours』(先攻)VS UTX学院『A−RISE』(後攻)】


 先発メンバー


Aqours

1:ニ・ルビィ
2:中・善子
3:遊・曜
4:三・果南
5:右・鞠莉
6:捕・千歌
7:投・梨子
8:左・ダイヤ
9:一・花丸


A-RISE

1:一・板口
2:中・赤木
3:二・田山
4:左・馬連
5:三・河端
6:遊・南浦
7:投・ライアン
8:右・高井
9:捕・村中
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:27:05.31 ID:HGd5x8Sk0
【1回表】 Aqours0−0A-RISE


ライアン「――」シュッ


ルビィ(130ぐらいは出てる?)

ルビィ(独特なフォームのせいでタイミングも取りづらい、初見で打つのは辛いかも)


ルビィ「やっぱり、緊張する」

善子「ルビィ、大丈夫?」

ルビィ「う、うん」

善子「気楽にね」

ルビィ「ありがと、善子ちゃん」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:27:35.11 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ(でも早い段階でこの人をマウンドから降ろす)

ルビィ(その為には打ってプレッシャーをかけないと)


 プレイボール!



ルビィ(ひとまず初球は様子をみて)

 ストライク!


ルビィ(ストレートかな)

ルビィ(やっぱり基本はストレート中心)
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:28:22.09 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ(そこを狙って――打つ!)


 カキーン!


千歌「センター前!」

花丸「ナイスバッティングずら!」


善子「これだと私は送り?」

ダイヤ「A-RISE相手に弱気は禁物です」

善子「ヒッティングね」

ダイヤ「ええ」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:28:49.91 ID:HGd5x8Sk0
『2番センター津島さん』


 ストライク!

善子(セットに入ると流石に普通のフォームになるのね)

善子(カットボールは、ひっかけそうで怖い)


 ボール!


善子(ストレート)


 ボール!


善子(今のがカットかな)
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:29:15.12 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(ここで――)スッ


善子(ヒットエンドラン)

善子(ダイヤ、仕掛けるの好きよね)


善子(ランナーがルビィだからここでチェンジアップはない)

善子(当てるだけなら、難しくないはず――)


 シュッ

善子(いけ!)キンッ


板口「ほいほい」パシッ

 アウト!
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:30:10.39 ID:HGd5x8Sk0
善子(ファーストゴロだけどルビィは進塁)

善子(最低限ね、一応)



『3番ショート渡辺さん』


曜(ルビィちゃんと善子ちゃんの1・2番コンビ)

曜(高確率でランナーがいることになるから、こりゃありがたいね)


曜(初球は直球の確率が高い)

曜(とにかく狙い撃ち――)キンッ


 ファール!
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:30:49.89 ID:HGd5x8Sk0
曜(押された、いい球)

曜(次は)カキン


 ファール!


曜(ピンチで投球変わったかな)


千歌「曜ちゃん、押されてるね」

梨子「流石名門校のエースね」

ダイヤ「ライアンさんは精神的に強いタイプ」

ダイヤ「ピンチを背負っても動じないので、打ち崩すのが難しいのです」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:31:15.32 ID:HGd5x8Sk0
曜(1球外すだろうけど、ゾーンに来たら打とう)

曜(ランナー2塁だし、併殺もない――)


 シュッ


曜(キタ――ってチェンジアップ!?)キン


田山「よっしゃ!」パシッ――シュッ

 アウト!


曜「やられたぁ」


千歌「セカンドゴロかぁ」

ダイヤ「タイミングを外されましたね」

梨子「でも進塁打、ルビィちゃんが3塁には行けたわね」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:31:45.01 ID:HGd5x8Sk0
曜「果南ちゃん、球速差あるから注意ね」

果南「ほいよ」


『4番サード松浦さん』


千歌「だけどカットボールとストレートの組み合わせ」

千歌「どっちも威力があるから、捉えるのが難しいよね」

ダイヤ「そうですね、私たちはしっかり見極めて打たなければ」

梨子「私たちは?」

ダイヤ「関係ない――というか考えずに本能で捌く人もいるでしょう」


 カキ――――――ン!


ダイヤ「あの、果南さんのように」
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:32:13.26 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ホームランだ!」

花丸「果南ちゃんのパワー――未来ずら〜」


曜「ナイスバッティング!」

果南「ありがと」

曜「なに打ったの?」

果南「そりゃ硬式ボールだよ」

曜「そうじゃなくて、球種とか」

果南「うーん、わかんない」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:33:16.48 ID:HGd5x8Sk0
千歌「だけどこれでライアンさん、動揺してないみたい」

ダイヤ「打線の援護が期待できるからこそかもしれません」


 バッターアウト!


花丸「鞠莉ちゃんはあっさり三振」


曜「でも2点先制は幸先がいいね!」

曜「このリード、しっかり守っていこう!」

千歌「だね!」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:33:57.61 ID:HGd5x8Sk0
【1回裏】 Aqours2−0A-RISE


梨子「ふぅ」


千歌「緊張してる?」

梨子「それなりにね」

千歌「私はもうドッキドキだよ」

梨子「ふふっ、初めての大舞台だもんね」


千歌「でもね、梨子ちゃんとなら大丈夫」

千歌「信頼してるよ、私は」

梨子「うん」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:34:24.16 ID:HGd5x8Sk0
『1番ファースト板口さん』


千歌(いつもどおり変化球中心でカウントを稼ごう)

梨子(うん)シュッ

 ストライク!


梨子(もう1球)シュッ

 ストライク!


千歌(ボールになるカーブ)

 ボール
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:34:51.60 ID:HGd5x8Sk0
千歌(ピクリとも反応しない)

千歌(流石、打撃が売りのチームのトップバッター)

千歌(でもこれはどうかな)


梨子(フォーク!)シュッ


板口「!」ブン


 バッターアウト!


梨子「よしっ!」
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:35:19.32 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ナイスボール!」

千歌(これならいけそう)

千歌(やっぱり決めに行くフォークはみんな打てない)


 バッターアウト!


赤木「くっ」


千歌(この調子でいけばいくら強力打線でも――)


 カキ―――――ン!
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:35:57.42 ID:HGd5x8Sk0
梨子「!」

千歌「!」


田山「おー、これ完璧」


千歌「ホームラン……」

千歌(低めのいい変化球だったのに、無理やり持っていかれた)


千歌「梨子ちゃん!」

梨子「やられたわ」

千歌「あの人、やっぱり要注意だね」

梨子「今度は抑える、大丈夫」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:36:25.73 ID:HGd5x8Sk0
【6回表】 Aqours3−3A-RISE


千歌(両投手の踏ん張りも合って、試合は中盤まで予想よりロースコアなゲームに)

千歌(梨子ちゃんは特に頑張っていたけど、前の回に2失点で追いつかれちゃった)


『UTX高校、ピッチャーライアンさんに代わりまして、水張さん』


千歌「あれ、交代?」

果南「みたいだね」
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:36:53.10 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「前の回から肩を気にしてたから、そのせいかな」

ダイヤ「元々身体に爆弾を抱えている選手ですから」

ダイヤ「いけるところまでいく、そんな方針だったのでしょう」

千歌「なるほど」


ダイヤ「私たちも次の回で投手交代です」

ダイヤ「3巡目に入って、相手も梨子さんの球に慣れてきましたから」

梨子「分かりました」
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:37:37.43 ID:HGd5x8Sk0
曜「よっ」シュッ

善子「……」バンッ


曜「善子ちゃん」

善子「どうしたの?」


曜「どうかな、今日の私の球」

善子「特に問題ないけど、気になることでも?」

曜「そういうわけじゃないんだけど……」
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:38:27.50 ID:HGd5x8Sk0
善子「前の登板があの炎上した試合だったから、気になってるのかしら」

曜「うん、まあ」


善子「大丈夫よ、あれは疲労のせい」

善子「元気なときは、とんでもない投球をしてたじゃない」

曜「そうかな」

善子「ええ、曜さんなら問題ないわよ」

曜「分かった、ありがとう」


曜(でもやっぱり、不安だ)

曜(治まらない、炎上した時の悪夢)

曜(この試合、抑えられればスッキリするのかな)
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:38:53.13 ID:HGd5x8Sk0
 カキ―――ン!


善子「あっ、マリーが打ったわね」

曜「二塁打、いきなりチャンスだね」


 カーン

曜「ありゃ、千歌ちゃん内野フライ」

善子「あの投手もストレートは結構良さそうね」

曜「プレッシャーだね、同点のままだと」

善子「……らしくないわね、本当に」
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:39:39.18 ID:HGd5x8Sk0
『7番ピッチャー桜内さん』


梨子(水張さんは基本的に直球が中心)

梨子(でもライアンさんに比べるとその直球でもやや劣る)

梨子(ここで点を取れば、かなり勝ちに近づける)

梨子(ストレートに絞って、しっかり振り切る!)


 カキーン!

千歌「レフト前!」

ルビィ「でもレフトの馬連さんは強肩だから――」


むつ「鞠莉さんストップ! ストップ!」

鞠莉(いや、行けるでしょ!)ダッ

ダイヤ(すがすがしいまでのコーチャー無視、まったく鞠莉さんは)


南浦「馬連! ホーム!」

馬連「OK!」ビュッ
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:40:06.99 ID:HGd5x8Sk0
千歌「凄い返球!」

ルビィ「でもこれ――」


村中「おわっ」

水張「なっ」


鞠莉「ラッキー♪」


曜「おー、カバーのさらに上を超える飛んでも悪送球」

善子「タイミングはアウトだったのに、ついてたわね」

曜「だね、打った梨子ちゃんもサードまで行けたし」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:40:32.85 ID:HGd5x8Sk0
赤木「馬連!」

馬連「ソーリーソーリー」



『8番レフト黒澤ダイヤさん』


ダイヤ(ここは確実に加点を――)


 カキン!


千歌「叩きつけた!」

鞠莉「これでもう1点ね」


田山「ちぇっ」パシッ――シュッ

 アウト!
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:41:00.20 ID:HGd5x8Sk0
果南「ナイスダイヤ、上手いね」

ダイヤ「得意分野ですから。あまり誇れることではありませんが」

鞠莉「自信を持っていいと思うわよ、私は」

鞠莉「ダイヤのバットコントロールは、このチームはもちろん、全国レベルで見ても稀有なものよ」

ダイヤ「鞠莉さん……」


 バッターアウト!

花丸「ずらぁ……」


善子「さて、行きましょうか」

曜「だね」

曜(2点差、これなら多少気軽に投げられる)

曜(とにかく、頑張らないと)
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:42:15.32 ID:HGd5x8Sk0
【7回裏】 Aqours6−3A-RISE


曜「……」シュッ

善子「ナイスボール!」バシッ


善子(本人の反応的に不安だったけど、6回は普通に3者凡退)

善子(それどころか3者三振、むしろ調子はいいぐらい)

善子(さっきの打席も、タイムリーツーベースを打ってたし、少なくとも身体は問題なさそうね)

善子(この回の先頭も――)


 バッターアウト!
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:42:41.36 ID:HGd5x8Sk0
曜「ふぅ」

曜(いざマウンドに立つと、案外何とかなるもんだね)

曜(心配は杞憂だったかな)


『1番ファースト板口さん』

曜(この調子で、ちゃちゃっと最後まで――)シュッ


 ボール


曜(あれ)


 ボール ボール


善子(曜さん?)

曜(変だな)


 ボールフォア!
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:43:07.72 ID:HGd5x8Sk0
善子「曜さん!」

曜「善子ちゃん」


善子「大丈夫? どこか怪我とか」

曜「それは平気」

曜「なんかね、一瞬変な状態に入っちゃったみたい」

善子「変な状態?」

曜「とりあえず――ちょっと気分転換に」ギュー


善子「な、なによ急に抱きついて」

曜「へへっ、堕天使パワーいただきだよ!」

善子「……そんな馬鹿をやる余裕があるなら問題なさそうね」

善子「ここからはしっかり抑えるわよ」

曜「了解であります!」
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:43:37.30 ID:HGd5x8Sk0
『3番セカンド田山さん』


善子(……曜さん、少し震えてた)

善子(本人に自覚があるのかないのか、どちらにしても心配――)バシッ


 ストライク!


田山「うおっ」


善子(くっ)ビリビリ

善子(とりあえず、球の勢いは戻ったわね)
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:44:07.87 ID:HGd5x8Sk0
曜「らっ」シュッ


 ストライク!


田山「す、すげぇ」

田山(こんなストレート、初めて見た)

田山(って感心してる場合じゃなくて――)


曜「ヨ―ソロー!」シュッ


田山「!」ブン


 バッターアウト!
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:44:38.66 ID:HGd5x8Sk0
曜「ふぅ」

善子(これなら大丈夫ね)

善子(多少違和感はあっても、ひとまずこの試合は乗り切れそう)



『4番レフト馬連さん』


曜(ボールがいい感じに指にかかってる)

曜(このボールなら、打たれることは)シュッ


 カキ―――――――ン!


曜「!」

善子「!」


馬連「!?」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:45:08.08 ID:HGd5x8Sk0
梨子「えっ」

鞠莉「同点スリーランホームラン……」


善子「う、嘘」


馬連「ラッキーラッキー」

馬連(アバウトに振ったら完璧に当たったね)


善子(ボール自体はよかった)

善子(偶然衝突しただけ、だとは思うけど――)
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:45:37.71 ID:HGd5x8Sk0
曜「……」ボーゼン


善子(どうしよう)

善子(声を掛けなきゃいけないけど、なんて言えば)



『5番サード河端さん』


 ボール ボール ボール


善子「曜さん……」

曜(…………)


 ボールフォア!


『6番ショート南浦さん』


曜「くそっ」シュッ


 ボールフォア!
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:46:02.71 ID:HGd5x8Sk0
善子「た、タイムを」


善子「曜さん」

曜「ちょっと、コントロールできない」

千歌「どこか痛めた?」

曜「……分からない」


曜「ダイヤさん、次の回で投手交代してもいいですか」

曜「この回は何とか投げ切るんで」

ダイヤ「分かりました」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:46:29.84 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「しかし、どうしようもなさそうだったら無理なく言ってください」

ダイヤ「7回で同点、早めに処置をしないと取り返しがつかなくなりかねません」

曜「はい」


ルビィ「球自体は悪くないはずだから大丈夫だよ――ねっ、善子ちゃん」

善子「ええ」

ダイヤ「そうですね、打線は下位、頑張って切り抜けましょう」


『バッター水張さんに代わりまして、畑山さん』


畑山「しっ」
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:47:01.20 ID:HGd5x8Sk0
善子(代打、打撃はいい人だっけ)

善子(だけど普段の曜さんの球なら平気――なはずなんだけど)

 
 ボール ボール


善子(どんなに威力のあるボールでも、ストライクが入らなきゃどうしようもない)

善子(だからといって、強力な打線相手に置きに行くのは怖すぎる)


 ボール


善子(1球、1球でいいからストライクが入れば――)


 ボールフォア!
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:47:34.65 ID:HGd5x8Sk0
善子(またストレートのフォアボール……)


曜(……どうしたもんかな、これ)



『8番ライト高井さん』


 ボール


善子(あぁ)


曜(……緊急降板で、また迷惑をかけそうだな)シュッ

善子(ああ、やっぱり酷いボール)


 ストライク!


善子「えっ」

曜(今のを振った?)
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:48:03.06 ID:HGd5x8Sk0
曜(助かったけど、まだ1−1)シュッ

善子(またはっきりとしたボール球――)


 キン――ファール!


曜(これは)シュッ

善子「っと」パシッ

 ボール


曜(ワンバウンドしたボールは流石に振らない)

曜(だけど――)シュッ


善子(アウトハイ、どう見てもボール――)


高井「!」ブン


 バッターアウト!


曜「た、助かった……」

善子(1球もストライク入ってないのに)

善子(振り回してくれるタイプの選手がいてよかった……)
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:48:51.08 ID:HGd5x8Sk0
【9回表】 Aqours6−6A-RISE


千歌(再びマウンドに上がった梨子ちゃん何とか8回は抑えて同点のまま最終回)

千歌(この回先頭のルビィちゃんがヒット、善子ちゃんがデッドボールと、リリーフの岩山さんを攻めてノーアウト1・2塁)



『3番ショート渡辺さん』


千歌「曜ちゃん、頼むよ!」

曜「うん!」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:49:25.34 ID:HGd5x8Sk0
曜(投げる方は散々だけど、打つ方はいい感じ)

曜(ここで一気に試合を決めたい)


曜(この人は梨子ちゃんと同じ、フォークボールを投げる貴重な選手)

曜(それで苦戦するチームが多いけど、私たちは日ごろから梨子ちゃんの球を見て慣れてるから打ちやすい!)


 カキ――――ン!


千歌「右中間破った!」


ルビィ「勝ち越し!」ホームイン

善子「もう1点!」ホームイン
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:49:56.84 ID:HGd5x8Sk0
梨子「タイムリーツーベース!」

千歌「曜ちゃんさっすが!」


曜「……」グッ


曜(これで乱調の分を少しは取り戻せたかな)

曜(これで最終回、守り切れれば勝てる)


田山「曜先輩」

曜「んっ?」

田山「まだ終わらせませんよ、この試合は」


曜(いい表情)

曜(まだ、気は抜けないね)
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:50:31.19 ID:HGd5x8Sk0
【9回裏】 Aqours9−6A-RISE


千歌(果南ちゃんの進塁打と鞠莉ちゃんの犠飛でもう1点追加して裏の守り)

千歌(何とかツーアウトは取ったけど、1点を取られて9−7、なおも満塁)

千歌(ここでバッターは――)


『3番セカンド田山さん』


果南「難しい状況だね」

ルビィ「うん」

曜「安易な勝負をするより、厳しく攻めて、最悪馬連さん勝負でもいいかもしれない」

果南「梨子は今日、馬連さんを完璧に抑え込んでいるから」
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:51:04.99 ID:HGd5x8Sk0
千歌「梨子ちゃんはどう思う」

梨子「確かに、無理にカウントを取りに行くぐらいなら、とは思う」

梨子「でもそんな弱気だと、きっと足元をすくわれる」

梨子「田山さんで終わらせる、私はそのつもりで投げたい」


曜「そうだよね」

果南「私もその方が好きかな」

千歌「よし、決まりだね」

千歌「ここで試合を終わらせるよ!」


内野陣「「「「「おー!」」」」」
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:52:13.81 ID:HGd5x8Sk0
田山「……」


千歌(狙いはきっと変化球)

梨子(初球はストレートで勝負)シュッ


 ストライク!


千歌「よしっ」

千歌(次はストライクからボールになるカーブ)


 ボール!


梨子(集中してるわね)
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:52:48.16 ID:HGd5x8Sk0
千歌(次の球、ストライクが欲しい――)

梨子(フォーク、ストライクゾーンに)


千歌(立波さんに打たれた記憶はある)

千歌(でもしっかり狙いをつけられていなかったら、簡単には打たれないはずだよ)


 シュッ


田山(フォーク!?)キンッ

 ファール!
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:53:17.92 ID:HGd5x8Sk0
千歌(次もフォーク? いやたぶん読まれてる)

千歌(このカウントだと余裕があるから、それでもいいけど――)


梨子「えっ」

梨子(ちょっと待って、それは1番危ない)フルフル


千歌(大丈夫、私を信じて)

千歌(今の梨子ちゃんなら大丈夫だよ)スッ


梨子(……分かった、信じるわ)コクッ
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 02:53:52.83 ID:HGd5x8Sk0
梨子(思い切り腕を振って、高めに――ストレート!)シュッ


田山「っ」キンッ


果南「打ち上げた」

曜「キャッチャー――千歌ちゃん!」


千歌「オーライ!」

千歌(落ち着いて、ちゃんと練習通り捕球)

 パシッ


 アウト!



【試合終了】 Aqours9−7A-RISE
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:10:06.89 ID:HGd5x8Sk0
 ―試合後・宿舎―


千歌「はぁ、疲れた……」

ダイヤ「千歌さん、お疲れ様です」

千歌「ダイヤさん」


ダイヤ「曜さんを知りませんか?」

千歌「曜ちゃんなら、善子ちゃんと一緒に会議中です」

千歌「やっぱり試合中、違和感があったみたいなんで」
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:10:36.97 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「違和感――怪我ではないのですね」

千歌「はい」

ダイヤ「違和感……」


ダイヤ「試合中、明らかに様子はおかしかったですが」

千歌「ですよね……」

ダイヤ「突然の乱調、何があったんでしょうか」

千歌「怪我でないなら、やっぱり精神面」
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:11:06.90 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「東洋戦の影響は否定できませんね」

ダイヤ「しかし、このまま乱調が続くようだと……」

千歌「曜ちゃんのことだから立て直してくれる、と思いたいです」

ダイヤ「そうですね、楽観視はできませんが」

千歌「……」


ダイヤ「次の試合は曜さんが先発」

ダイヤ「何事も、起こらないといいのですが」
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:11:31.72 ID:HGd5x8Sk0
千歌「私、ちょっと様子を見てきます」

ダイヤ「ええ」


ダイヤ「……」


鞠莉「ダイヤ」

ダイヤ「鞠莉さん、どうでした」

鞠莉「……駄目ね」

ダイヤ「そうですか……」


ダイヤ(それに、問題は試合だけではない)
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:32:14.64 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎・曜の部屋―


曜「ふわぁ、いいねぇ」

善子「次、左側ね」

曜「ほいほい――んー、いいよぉ」


善子「変な演技臭いのはいらないわよ」

善子「見事に大根役者だし」

曜「あれ、そう?」
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:32:54.00 ID:HGd5x8Sk0
曜「せっかくマッサージしてもらってるから、雰囲気出そうとしたんだけど」

善子「いらないわ、その雰囲気は」

曜「ノリ悪いな〜」


善子「今は真剣なのよ」

善子「大切な旦那の身体を触ってるんだから」

曜「えー、津島流マッサージ術とか言ってたのに」

善子「それも含めて真剣なの、私は」

曜「うむ、分かってるよ」
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:33:34.92 ID:HGd5x8Sk0
善子「――はい、終わったわよ」

曜「ありがとー」

善子「うん、とりあえず身体に異常はなさそうね」

曜「そりゃよかった、怪我だったら大会アウトだったかもだし」


善子「だけど、原因が分からないという意味でもあるわ」

曜「それなんだよねぇ」

善子「曜さん、心当たりはないの?」

曜「……まあ、あるっちゃある」
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:34:00.32 ID:HGd5x8Sk0
善子「東洋戦?」

曜「うん、そうだね」

曜「あそこで滅多打ちにされてから、感覚が少し狂ってる」

善子「イップス、ではないわよね」

曜「……違うとは、思いたい」


善子「一応、催眠術やっとく?」

曜「あはは、考えとく」

善子「まあ、曜さんには効かなそうよね」
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:34:33.89 ID:HGd5x8Sk0
曜「2回戦の先発は私」

曜「迷惑をかけるかもしれないけど、頼りにしてるよ」

善子「え、ええ」


曜「それじゃあ、私は部屋に戻るね」

曜「疲れたから、そろそろ休むよ」

善子「わ、分かった」

曜「そうだ、戻る前に――ハグッ」ギュッ


善子「それ、試合中もやってたわよね」

曜「落ち着くんだよ、人に抱き着くと不思議と」
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:35:03.20 ID:HGd5x8Sk0
善子「曜さん……」

善子(また、震えてる)

善子(今はもう、試合中じゃないのに)


曜「……私ね、怖いんだ」

曜「打たれるイメージが、頭から離れない」

曜「投げられない自分の姿を想像しちゃう」

曜「段々、マウンドに立つのが怖くなってる」

善子「……」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:35:31.97 ID:HGd5x8Sk0
曜「ごめんね、変なところを見せて」パッ

曜「今のことは、忘れて」


善子「……大丈夫よ」

曜「善子ちゃん?」

善子「私が助けてあげる、支えてあげる」

善子「だから、怖がらないで」


曜「……ありがとう、善子ちゃん」
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:36:07.82 ID:HGd5x8Sk0
 ―夏季全国大会・二回戦―


千歌(今日は初回から幸先よく4点を先制)

千歌(曜ちゃんも完璧なピッチング、その後も追加点を重ねて、4回表まで6−0とリードしていたのに――)


 ボールフォア!


曜「……」
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:37:20.20 ID:HGd5x8Sk0
↑修正


 ―夏季全国大会・2回戦―


千歌(今日は初回から幸先よく4点を先制)

千歌(曜ちゃんも完璧なピッチング、その後も追加点を重ねて、4回表まで6−0とリードしていたのに――)


 ボールフォア!


曜「……」

善子「曜さん!」

曜「……どうしよう、また入らなくなった」


千歌(この回、初めて出した四球)

千歌(そこから突然崩れ出して、さらに2連続四球)

千歌(さらに2点タイムリー、そしてまた四球で満塁)


曜「感覚がおかしいんだ。ストライクが入らない」

曜「カーブをきちんと投げられる感覚がない」

善子「ワイルドピッチの連続、置きにいくストレートを狙い撃ちされて……」

千歌(いくら曜ちゃんでも、全国上位クラスの相手には、抜いたストレートだけじゃ打たれる)
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:38:07.30 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「その、もう限界、かな」

曜「……ごめん、そうかも」

千歌「梨子ちゃんに代わる?」

曜「うん」


善子「曜さん……」

曜「ごめんね善子ちゃん。君は悪くないから気にしないで」

善子「……うん」

千歌「……」
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:38:34.82 ID:HGd5x8Sk0
 ―試合後・宿舎―


善子母「……」


果南「あっ、コーチ」

善子母「松浦さん、久しぶりね」

果南「どうしたんですか、こんなところに」

善子母「呼び出されたのよ、あなたのお友達たちに」

果南「ああ、鞠莉とダイヤに」
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:39:40.77 ID:HGd5x8Sk0
善子母「私に用、おそらくは渡辺さんのことでしょうけど」

果南「ああ……」


善子母「あんなに分かりやすく、調子を崩した姿を見るのは初めてよ」

果南「ですよね、波はある方でしたけど」

善子母「このままだとマズい、それは確かね」

善子母「この大会中、調子を取り戻せないと、桜内さんは3戦連続1人で投げ切らなければならなくなる」

善子母「線の細い彼女に、炎天下の中でそれはなかなか酷でしょう」

219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:40:33.44 ID:HGd5x8Sk0
果南「本当は、私が投げられればいいんですけど」

善子母「……そうね」


善子母「もし私が監督で、渡辺さんが今後投げられないと仮定したら、次の試合はあなたを先発で使う」

果南「私を?」

善子母「優勝する、それが唯一の目標ならね」

善子母「スタミナのない桜内さんだけでは、最後まで持たないでしょう」

果南「それは……」


善子母「まあ、参考にしておいて」

善子母「最後の大会、あなたたち3年は気合も違うでしょう。それなりに通用はするはずよ」

果南「……ですね」
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:41:00.45 ID:HGd5x8Sk0
善子母「ところで、渡辺さんは?」

果南「曜なら、部屋にこもっちゃったみたいで」


善子母「試合には勝ってるし、自分でも打ってるんだから、気にすることないのに」

果南「完璧主義者なんですよ、あの子は」

善子母「ああ。そういえば松浦さんも渡辺さん、高海さんと幼馴染だったわね」

果南「そうです。だから姉貴分として、助けてあげたい部分もあって」

善子母「それならなおさら、あなたが先発かしらね」

果南「うーん、本気で考えて――」
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:41:26.80 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「ごめんなさい、遅くなって」

ダイヤ「お待たせしました」


果南「鞠莉、ダイヤ!」

善子母「遅かったわね」

ダイヤ「……申し訳ありません。少し、手間取ってしまって」

果南「なにかあったの?」

鞠莉「…………」

果南「鞠莉?」

ダイヤ「それは、後で話します」

果南「そう?」
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:42:03.20 ID:HGd5x8Sk0
善子母「今、待っている間にね、明日の先発について話していたの」

果南「そうそう。コーチは私が投げるのがいいんじゃないかって」

ダイヤ「果南さんが、先発?」

果南「うん」

善子母「優勝するためには、ここで桜内さんを休ませるべきだという提言よ」

果南「どうかな」

ダイヤ「それは……」


鞠莉「……いいと思うわよ――思い出作りの為にも」
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:42:31.17 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「ま、鞠莉さん」

善子母「思い出作り?」

果南「何を言ってるの?」

鞠莉「そのままの意味よ」

果南「いや、それじゃあ――」


ダイヤ「……果南さん」

果南「ダイヤ?」
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:42:59.57 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「話さなければならないことが、あります」

果南「えっ」

ダイヤ「コーチに来ていただいたのも、それを聞いていただく為」

コーチ「……」

果南「ちょっと待って、それは――」


鞠莉「お願いだから、最後まで、聞いて」

ダイヤ「先ほど、私たちは一つの決定を告げられました」

善子母「……」


鞠莉「……浦の星女学院は、正式に、沼津の高校との統廃合が、決まりました」
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:43:35.34 ID:HGd5x8Sk0
果南「統廃合、決定」

ダイヤ「鞠莉さんのお父様から、報告がありました」


果南「そんな、大会中に、なんで」

ダイヤ「一時的に生徒が増えても、継続は現実的ではないという判断です」

果南「いやでも、こんなタイミングで」

鞠莉「これでも、頑張って伸ばしてもらっていたほうなの」

果南「鞠莉……」


鞠莉「本当は、私が戻ってきた時点。ううん、この4月には、廃校はほぼ決まっていた」

鞠莉「それでもあきらめきれずに、無駄にあがこうとして、失敗して」

鞠莉「ごめんね。変な期待を持たせて」
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:44:03.92 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「もう優勝する必要もないの。この後は、ただの消化試合」

果南「だからって、そんな!」


鞠莉「ごめん、果南」

果南「鞠莉……」

鞠莉「ごめんなさい。頑張ったけど、もうどうしようもないの」

ダイヤ「鞠莉さん……」

鞠莉「ごめんなさい、ごめんなさい……」
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:44:29.74 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「あなたのせいではありません。だから、自分を責めないで」

鞠莉「……」


ダイヤ「鞠莉さんは、よく頑張りました。それは私がよく知ってます」

ダイヤ「元はといえば、内浦に残りながら何もできなかった私の責任です」

鞠莉「……そんなこと」


ダイヤ「……果南さん、鞠莉さんをお願いできますか」

果南「あ、ああ、うん――行こう、鞠莉」
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:44:56.15 ID:HGd5x8Sk0
善子母「……あなたも、大変ね」

ダイヤ「慣れています、この立場は」

善子母「大人の前でぐらい、弱音を吐いてもいいわよ」

ダイヤ「気持ちはありがたいですが……」


善子母「……他の子たちには、話すの?」

ダイヤ「……どうすれば、いいのでしょうか」

ダイヤ「コーチは、どう思いますか?」
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:45:27.25 ID:HGd5x8Sk0
善子母「間違いなく、知れば動揺は広がるわね」

善子母「少なくとも、次は試合どころではなくなる」

善子母「あの様子だと、小原さんはもう厳しそうだけど……」

ダイヤ「……」


善子母「……個人的な意見としては、話すべきよ」

善子母「外部から聞くより、信頼できる人間――特にあなたから聞く方が、ダメージは小さいはずだから」

ダイヤ「そうですね……」

善子母「だけど、無理なくね」

善子母「あなただって、まだ高校生なんだから」
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:45:55.24 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎・曜の部屋―


曜「うーん」

梨子「曜ちゃん、どうしたの」

梨子「ビデオとにらめっこなんて、珍しいね」


曜「ちょっと、変化球を勉強」

梨子「変化球?」
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:46:33.30 ID:HGd5x8Sk0
曜「1つでいいから、今から使える球を投げられないかなって」

曜「カーブもスライダーも、全然駄目そうだし」


梨子「短期間には、難しいんじゃないかな」

梨子「今投げられるのも、割と基本的な二つだよね」

曜「そうなんだよね〜」


曜「過去にチェンジアップとか、練習したことはあるけど、全然だめだったし」

梨子「無理しないのが一番じゃないかな」

梨子「カーブの調子が戻れば、きっと十分だよ」

曜「だけどこの大会中に、それは難しいし……」

梨子「新しい変化球を覚える方が、大変な気もするけど」

曜「まあね……」
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 03:47:01.03 ID:HGd5x8Sk0
曜「……でもさ、梨子ちゃん」

梨子「ん?」


曜「一応、握り教えてくれない。今投げられる球の」

曜「復調のヒントぐらいには、なるかもしれない」

梨子「……分かった、いいよ」

曜「ごめんね」

梨子「ううん、私もいつもみんなに助けてもらってるから、これぐらいはね」

曜「うん、ありがとう」
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:06:00.18 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎内―


千歌「あれ、果南ちゃん」

果南「あっ、千歌」


千歌「どうしたの、元気ないね」

果南「いや、別に……」

千歌「もしかして今日は練習できないとか?」

千歌「もう大丈夫だよ、捕球はできるようになったし――」
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:06:28.92 ID:HGd5x8Sk0
果南(どうしよう、誤魔化す?)

果南(でも嘘をつくのは、気が引けるな)

果南(ひとまず、廃校のことだけは隠して)


果南「次の試合さ、私が先発するかもしれないんだ」

千歌「果南ちゃんが?」

果南「ほら、曜は難しそうだし、梨子の3連投も避けたいからさ」

千歌「ああ、そっか」
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:06:55.75 ID:HGd5x8Sk0
千歌「それで緊張してるんだね」

果南「うん、まあそんな感じ」


千歌「ちょっと練習する? 付き合うよ」

果南「いや、大丈夫」

果南「千歌と練習していたおかげで、ある程度投げ込めてはいるし」

千歌「そう?」

果南「私に気にせず、千歌は休みなよ」

果南「ちゃん寝ないと、この時期は持たないよ」

千歌「う、うん」


果南「じゃあね千歌、おやすみ」

千歌「おやすみ……」


千歌(果南ちゃん?)
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:07:28.40 ID:HGd5x8Sk0
 ―準々決勝当日・ロッカー


ダイヤ「それでは、先発の果南さん、しっかりお願いしますね」

果南「うん」


千歌「よーし、じゃあ行こう!」

曜「おー!」

ダイヤ「……」


ダイヤ(結局、廃校のことは言いだせないまま)

ダイヤ(何かの冗談ではないか、もしかしたら覆るのではないか)

ダイヤ(そんな希望を持って、そして……)
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:07:54.29 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(いや、違いますね)

ダイヤ(結局、私の弱さ)

ダイヤ(皆に発覚して、動揺が走ることを恐れてる)


ダイヤ(どうしてこんなことになったんでしょうか)

ダイヤ(隠し通せるわけがないのに)

ダイヤ(情けない、これでまとめ役気取りなんて)

ダイヤ(しかし、弱音は吐けない)


鞠莉「……」


ダイヤ(少なくとも、鞠莉さんの分まで、私が――)
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:08:21.80 ID:HGd5x8Sk0
『あっ、出てきた!』
『頑張れー!』
『私たちがついてるよ!』


ルビィ「ピギッ!?」

千歌「えっ、な、なにこれ」

曜「お客さん、いっぱいだね」

梨子「相手の応援? だけど――」


『浦女〜!』
『頑張って沼津の星!』


善子「どう考えても、私たちの方ね」

花丸「ずら」
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:08:57.40 ID:HGd5x8Sk0
千歌「だ、だけど、どうして」

梨子「準々決勝だから? だけど音ノ木坂の試合でも、こんな満員には……」

曜「そうだよね――んっ、なんか弾幕を掲げている人が?」


【廃校決定でも有終の美を】

【最後まで駆け抜けろ!】


千歌「廃校――」

曜「決定?」

ダイヤ「あっ……」
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:09:24.88 ID:HGd5x8Sk0
善子「ちょ、ちょっと待って! 廃校決定って……」

ルビィ「ど、どういうこと?」

花丸「き、聞いてないずら」


千歌「ド、ドッキリとかじゃないよね?」

曜「ダイヤさん、なにか知ってます?」

ダイヤ「それは、その……」


ダイヤ(ああ、なんてことでしょう)

ダイヤ(もう、世間に広まっていたなんて)

ダイヤ(ひとまず、ここは誤魔化さないと)
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:09:54.26 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「……おそらく、廃校の可能性があるという情報が、歪んで世間へ伝わったのでしょう」

ダイヤ「どこが発信したのか、早めに抗議しなくては……」


ルビィ「そ、そうだよね、ビックリしたぁ」

花丸「安心したね、ルビィちゃん」

善子「まったく、人騒がせな」


果南「ダイヤ……」

鞠莉「……」
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:10:22.34 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「とにかく、目の前の試合に集中していきましょう」

ダイヤ「詳細については試合後、きちんと調べて報告しますから」


ダイヤ(卑怯な女)

ダイヤ(だけど、ここはこうするしかない)

ダイヤ(あとでどれだけ罵られても構わない)

ダイヤ(だから今は、嘘をつくことを許してください)
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:10:59.15 ID:HGd5x8Sk0
〔第10回全国女子高等学校野球選手権 準々決勝〕

【浦の星女学院『Aqours』(後攻)VS 公園高校『あしも☆えーる』(先攻)】


 先発メンバー


Aqours

1:ニ・ルビィ
2:中・善子
3:遊・曜
4:投・果南
5:捕・鞠莉
6:三・千歌
7:左・ダイヤ
8:右・梨子
9:一・花丸


あしも☆えーる

1:遊・中之島
2:中・東川
3:左・近畿
4:一・ショー
5:三・寿司
6:二・田井
7:右・太田
8:捕・志水
9:投・ドーシー
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:12:00.95 ID:HGd5x8Sk0
【1回表】 Aqours0−0あしも☆えーる


『1番ショート中之島さん』


果南(鞠莉は今のところ、何とかプレーはできそう)

果南(だけどいつもみたいな捕球は期待できない)

果南(だからとにかく、ランナーを出さないこと)


果南(出したら最後)

果南(私のノーコンと乱れた精神状態の鞠莉)

果南(バッテリーエラーが止まらなくなるのは目に見えてる)
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:12:26.72 ID:HGd5x8Sk0
果南(だけど……)


中之島「……」


果南(小さな)

果南(150cmもない? 正直、投げにくい)シュッ


 ボール

 ボール 

 ボール


果南(先頭でこれは、凄く嫌だ)

果南(くそっ)シュッ


 ボールフォア!
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:12:53.69 ID:HGd5x8Sk0
果南「あぁ……」

果南(これだから、私は)


曜「果南ちゃん、ドンマイ!」

果南「うん」


『2番センター東川さん』

果南(とにかく、これ以上はランナーを出さないように)

果南(ストライクゾーンに投げ込まないと!)シュッ


 キンッ!
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:13:20.55 ID:HGd5x8Sk0
果南(打たれた――けどサード)


千歌「あっ」ポロッ

果南「げっ」

曜「どっちか――無理か」

ルビィ「1・2塁……」


千歌「ご、ごめん」

果南「ドンマイドンマイ」
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:13:46.97 ID:HGd5x8Sk0
『3番レフト近畿さん』


果南(この人はバットコントロールに優れた選手)

果南(三振は、期待できない)

果南(それならゲッツー、は難しいかな)シュッ


 キンッ


果南(転がった!)

果南「ショート!」
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:14:12.90 ID:HGd5x8Sk0
曜「ルビィちゃん!」パシッ――シュッ

ルビィ「わっ」パシッ


 アウト!


ルビィ「え、えい!」シュッ

花丸「そ、逸れたずら!」パシッ


 セーフ!


ルビィ「あ、あわわ」

果南「る、ルビィまで……」
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:15:22.25 ID:HGd5x8Sk0
果南(マズイ、みんな動揺してる)

果南(どうしても、疑念を拭いきれてない)

果南(廃校問題の方に気を取られて、集中しきれてない)


果南(リーダーで責任感の強い千歌は駄目。精神的に脆い1年生も同様)

果南(鞠莉は相変わらずだし、ダイヤも予想外の展開で揺らいでいる)

果南(比較的まともそうなのは、良くも悪くもドライな曜と、転校生で比較的地元への思い入れが少ない梨子だけ)



『4番ファーストショーさん』


果南(とにかく、私が抑えないと)

果南(これでも三振は取れる方なんだ、なんとか――)シュッ
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:15:49.31 ID:HGd5x8Sk0
ショー「しゃっ!」カキ―――――――ン!!!


果南「あっ」

ダイヤ「これは、追うだけ無駄ですわね……」


曜「スリーランホームラン、か」


果南「くそっ」


果南(駄目だ、球に力がない)

果南(動揺しているのは、私もか)

果南(落ち着かないと、なんとか落ち着かないと……)
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:16:36.97 ID:HGd5x8Sk0
【5回裏】 Aqours0−6あしも☆えーる


 バッターアウト!


果南「くそっ」


千歌「ドーシーさん、打てないね……」

曜「制球は滅茶苦茶だけど、球の威力は凄い」

梨子「みんな焦ってる所為で、ボール球に手を出して凡退している……」

善子「なによもう、試合前はスマホばっかり弄ってたのに!」

ルビィ「あの人、Twitter中毒で有名な人だから……」

花丸「だけど、鞠莉ちゃんなら――」
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:17:05.76 ID:HGd5x8Sk0
 バッターアウト!


善子「あっさり見逃し三球三振……」

ルビィ「うゅ……」

鞠莉「……」


ダイヤ「鞠莉さん、今のは流石に……」

鞠莉「……いいでしょ」

ダイヤ「いや、しかし」

鞠莉「廃校になるんだから、もういいでしょ!」

ダイヤ「鞠莉さん……」
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:17:55.61 ID:HGd5x8Sk0
花丸「廃校?」

ルビィ「今の言い方だと、もしかして、本当に」

善子「わ、分からないでしょ」

善子「ただ打てなくてイライラしてるだけ、かも……」


果南「鞠莉……」

果南(最悪だ……)

果南(もうこれは、どうしようも――)
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:18:29.13 ID:HGd5x8Sk0
曜「ねえ、果南ちゃん」

果南「曜?」


曜「やっぱり、廃校は決まったの?」

果南「それは……」

曜「……分かるよ、3年生の反応をみる限り」

果南「……ごめん」
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:18:59.48 ID:HGd5x8Sk0
曜「……私は嫌だな」

果南「曜?」


曜「廃校になるのは辛い」

曜「私だって地元っ子だし、思い出もたくさんある、大好きな学校」

曜「だけどさ、それは負けていい理由にはならないよね」

曜「私は勝ちたい。どんな状況でも」

曜「負けるより、勝つ方が嬉しい」


曜「ねえ、鞠莉ちゃん」

曜「鞠莉ちゃんはさ、負けたいの?」

鞠莉「それは……」
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:19:26.54 ID:HGd5x8Sk0
曜「梨子ちゃんは、勝ちたいよね」

梨子「ええ」

曜「1年生のみんなも」

ルビィ「う、うん」

花丸「もちろん」

善子「当たり前でしょ!」


曜「果南ちゃんだって、同じだよね」

果南「それは、もちろん」
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:19:58.20 ID:HGd5x8Sk0
曜「だったら、今は集中しよう」

曜「余計なことは考えずに、試合に勝つことだけを考えて、進もう」

曜「本来の力を出せれば、私たちならここから十分に逆転できる」

果南「曜……」


 ボールフォア!

千歌「よしっ」


曜「今、千歌ちゃんがやったまま」

曜「しっかり見極めて対処すれば、私たちなら崩すのは難しくない投手」

曜「とにかく諦めないで、食らいついていこう」
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:20:29.96 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「でも、私は……」


『7番レフト黒澤ダイヤさん』


曜「……ねえ、鞠莉ちゃん」

曜「ここで負けたら、ダイヤさんはどうなるかな」

曜「きっと、責任を感じるよね」

鞠莉「……でしょうね」

曜「それに、優勝をするという条件で野球をすることを許してもらえたんだ」

曜「もし、それを叶えられなかったら」
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:21:06.96 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「……煽るわね」

曜「そうかな」

鞠莉「先輩への経緯はないのかしら」

曜「勝ちたいんだよ、それだけ」


 カキ―――ン


ルビィ「あっ、お姉ちゃん打った!」


曜「ほら、ダイヤさんも諦めてない」

曜「きっと鞠莉ちゃんと同じぐらい、動揺しているはずなのに」
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:21:33.57 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「……そうね」

果南「鞠莉」


鞠莉「ごめんなさい。確かに私は集中できていなかった」

鞠莉「試合後、みんなにちゃんと詳しいこと、なにが起こったかは話す」

鞠莉「私も余計なことを考えるのは止める」


鞠莉「だから今は、集中しましょう」

鞠莉「まず勝って、先へ進みましょう」

曜「――うん!」
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:21:59.20 ID:HGd5x8Sk0
『8番ライト桜内さん』


梨子(無事、解決したみたいね)

梨子(さて、そうなるとあとは――逆転を目指すのみ!)


 カキ――ン!


果南「センター前ヒット!」

鞠莉「梨子!」

曜「ナイス梨子ちゃん!」

善子「満塁よ!」
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:22:27.44 ID:HGd5x8Sk0
『9番ファースト国木田さん』


ルビィ「マルちゃん、お願い」

花丸「うん」


花丸(この人は元々制球に難がある)

花丸(打てなくても、手を出さずに見極めれば――)


 ボールフォア!


花丸「よしっ、押し出し」

千歌「これで1点!」

花丸「ルビィちゃん、続いて!」

ルビィ「うん!」
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:23:05.83 ID:HGd5x8Sk0
『1番セカンド黒澤ルビィさん』


ドーシー「くそっ」イライラ


ルビィ(動揺してる)

ルビィ(とにかく見極め、甘く入った球だけを――)


ルビィ「叩く!」カキ――ン!


千歌「右中間抜けた!」

果南「ツーベース! 2塁ランナーまで帰ってきて、もう2点!」
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:23:32.25 ID:HGd5x8Sk0
善子(3点差……)

曜「善子ちゃん、この流れに乗るよ!」

善子「ええ!」


『2番センター津島さん』


善子(一発出れば同点)

善子(公式戦初ホームランは、チームを救う一打)

善子(ふっ、私に相応しい――)


 ドスッ
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:24:00.30 ID:HGd5x8Sk0
千歌「よーし、また満塁!」

梨子「善子ちゃん、よくやったわ!」


曜「善子ちゃん、大丈夫?」

善子「え、ええ……」

善子(……今は個人よりチームよ)


善子「曜さん、私をホームまで導いてよ」

曜「任せて!」
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:24:28.69 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


曜(ホームランで逆転)

曜(だけど私はここまで2打席凡退)

曜(一発を狙うより、もっと確実な結果を)


 カキ――ン!


千歌「左中間だ!」

梨子「大きいわよ!」


 ドンッ


千歌「フェン直!」

梨子「花丸ちゃん、ルビィちゃんは帰ってきて――」
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:24:57.57 ID:HGd5x8Sk0
善子(私は――)

むつ「善子ちゃん行ける!」

善子(よしっ)ダッ


花丸「ずらっ!?」

ルビィ「3塁回った!」


善子(間に合うでしょ!)ズザッ

志水「ちっ」パシッ


 セーフ!
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:25:27.78 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「や、やった!」

花丸「同点ずら!」


善子「ふぅ……」

善子(あ、危なかった)

善子(コーチャーのむつさんが迷わず回してくれたから、何とか間に合ったわね)


果南「善子! ナイスラン!」ハグ

善子「か、果南さん」

果南「私も続くよ!」
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:26:13.84 ID:HGd5x8Sk0
曜(おっ、良い光景)

曜(割と距離のあった3年と1年なのに)


むつ「曜、ナイスラン」

曜「ん」

むつ「さりげなく3塁まできたのは流石だね」

曜「あはは、敵も味方も、みんなホームしか見てなかったからさ」

曜「むっちゃんもナイス判断、流石だよ」

むつ「まあね」
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:26:41.89 ID:HGd5x8Sk0
『4番ピッチャー松浦さん』


果南(この人は制球がアバウトなんだ)

果南(1球ぐらい、甘い球だって)


 ドスッ


果南「いてっ……」

果南(甘くはないか、うん)


ルビィ「で、デッドボール」

花丸「痛そうずら……」

善子「ねえ、なんか私の時と反応が違くない?」
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:27:09.02 ID:HGd5x8Sk0
花丸「だって善子ちゃんの場合、悲惨過ぎてもう笑うしかないし……」

ルビィ「うゅ……」

善子「言わないでよ!」

善子「というかどうしよう。今の死球、ハグして私の悪運が移った所為かも……」

花丸「それは気にし過ぎずら」


よしみ「大丈夫ですか?」

果南「うん、へーき」
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:27:35.04 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「果南……」

果南「鞠莉、逆転打は任せたよ」

鞠莉「……」コクリ


『5番キャッチャー小原さん』


鞠莉(みんな、強いわね)

鞠莉(私は弱い、いつも年上のお姉さんぶってるくせに)


鞠莉(……やっぱり、野球はいいな)

鞠莉(みんなで助け合える、1つのチームとして支え合える)


鞠莉(廃校は、阻止できなかった)

鞠莉(だけど戻ってきて、この素敵なチームメイトたちと野球ができた)

鞠莉(それだけで、十分幸せ――)


 カキ――――ン!
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:30:51.42 ID:HGd5x8Sk0
 ―準々決勝後・宿舎、千歌の部屋―


千歌(試合は、見事に勝利)

千歌(鞠莉ちゃんの豪快な一打で逆転)

千歌(その後は果南ちゃんをリリーフした梨子ちゃんが相手打線を見事に抑え込んだ)


千歌(困難な状況の中、みんなの力で掴んだ、会心の勝利)

千歌(試合後、他の事は忘れて、大はしゃぎだったな)
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:31:22.53 ID:HGd5x8Sk0
千歌(そして、宿舎に戻ってから)

千歌(鞠莉ちゃんとダイヤさんから説明された)

千歌(正式に廃校が決まったということを)


千歌(みんな、動揺は少なかった)

千歌(試合前の雰囲気、3年生の様子……、覚悟はできていたから)

千歌(ルビィちゃんは少し泣いてたけど、結果的にみんな試合で吹っ切れたおかげで、傷は浅く済んだかもしれない)


千歌(だけど、私は)
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:32:15.35 ID:HGd5x8Sk0
千歌(……喉乾いた、何か買いに行こうかな)ガチャ

千歌(みんな、どうしてるんだろ)

千歌(今日は各自、気持ちの整理をするために部屋で休んで、明日の朝にミーティング)

千歌(ルビィちゃんは花丸ちゃんが付き添ってくれて、あとは)


『違うかな』

『そっちの方が現実的じゃない?』

『リリーが言うなら、まあ』


千歌「ロビーの方から、声?」
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:32:41.89 ID:HGd5x8Sk0
千歌「誰かいるの?」


梨子「千歌ちゃん」

千歌「梨子ちゃん?」


善子「あら」

曜「どうしたの?」

千歌「曜ちゃん、善子ちゃんも」

千歌(3人だと、珍しい組み合わせ?)
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:33:37.50 ID:HGd5x8Sk0
千歌「なにやってるの?」

曜「DVDデッキ借りてさ、ビデオ観てるの」

曜「例の変化球について、梨子ちゃんとか、聖良さんとか、参考になるところはないかなって」


千歌「諦めてなかったんだ」

曜「諦めの悪さは私の取り柄の1つだから」

千歌「……凄いね、あんな話を聞いた直後に」


梨子「……千歌ちゃん、大丈夫?」

千歌「どうして?」

梨子「少し、様子がおかしかったから」
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:34:21.35 ID:HGd5x8Sk0
千歌「……まあね」

曜「やっぱり、ショックだった?」

千歌「うん」


千歌「私は、廃校を阻止するためにまた野球を始めた」

千歌「3人でもう一度野球をやるという目的も持っていた3年生」

千歌「純粋に勝利を目指している他のみんなとも違う」

千歌「廃校阻止は、私の原動力そのもので」

千歌「だから、その目的がなくなって、どうしたらいいか分からないんだ」
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:35:03.27 ID:HGd5x8Sk0
善子「大切な先輩――ダイヤの為じゃ、駄目なの?」

千歌「それでも、いいんだけど」

千歌「どうしても、ぽっかり穴が開いて」

千歌「前みたいに、勝ちに対するこだわりが薄れてきちゃう、そんな気がして」


曜「いいんじゃないかな」

千歌「曜ちゃん?」

曜「千歌ちゃんは野球が好きでしょ」

千歌「それは、もちろん」


曜「好きだから、ただ野球を出来れば満足。以前の私はそれに反抗した」

曜「だけど、今の千歌ちゃんは昔とは違う」

曜「きっと今なら、大丈夫」
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:35:56.50 ID:HGd5x8Sk0
善子「そうよ」

善子「たとえば今日、曜さんがみんなに渇を入れてるときに、1人打席でボールに喰らいついて、四球を奪った」

善子「あの姿は、あの場にいた誰よりも勝利への執念を感じたわ」


千歌「いや、あの時は夢中で」

曜「そんなことないよ」

曜「廃校になると分かっていても、大量点差で負けていても、最後まであきらめようとしなかった」

曜「それは千歌ちゃんが本気で勝ちたいと思っていたから」

曜「以前とは違う何かが、千歌ちゃんの中に芽生えたから」

千歌「曜ちゃん……」

梨子「自信を持って、千歌ちゃんならできるよ」

千歌「……うん!」
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:37:05.59 ID:HGd5x8Sk0
梨子「曜ちゃんはどうして浦の星で野球をやってるんだっけ」

曜「もちろん、千歌ちゃんと一緒に野球をするため」

梨子「ふふっ、正直ね」


善子「ちなみに私は、野球を極める為――」

梨子「あっ、善子ちゃんはいいわ」

善子「なんでよ!」



千歌「梨子ちゃんは」

梨子「最初は、大好きな野球を続けて、音ノ木坂の人たちを見返す為」

梨子「だけど、今はみんなと優勝する、それが一番の目的」
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:37:32.88 ID:HGd5x8Sk0
曜「でも、音ノ木坂に勝ちたい気持ちは、変わってないんでしょ」

梨子「もちろん」


千歌「じゃあ、勝とう」

善子「まずは音ノ木坂、その次の聖泉女子」

曜「絶対に負けない」


千歌「最後まで、私たちで駆け抜けよう」

梨子「ええ!」
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:38:08.48 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎・ルビィの部屋―


花丸「……落ち着いた?」

ルビィ「うん」

花丸「そっか、よかった」


ルビィ「ごめんね、また迷惑かけて」

花丸「いいんだよ」

花丸「マルはルビィちゃんの力になれるのが、嬉しいから」

ルビィ「ありがと、マルちゃん」
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:38:35.78 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「廃校、なんだよね」

花丸「……うん」

ルビィ「お姉ちゃんたち、どうしてるかな」

花丸「……大丈夫、みんな強い人たちずら」


ルビィ「……本当は、3年生には廃校なんて関係ない問題のはずなんだ」

花丸「そうだね、今年で卒業なんだから」

ルビィ「それなのに、お姉ちゃんも、鞠莉ちゃんも、果南ちゃんも」

ルビィ「廃校を阻止するために、ルビィ達のために、本当に頑張ってくれて」


ルビィ「だから、辛かった」

ルビィ「みんなの悲しそうな顔を見るのも、自分が何もできなかったのも」

花丸「……」
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:39:14.25 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「あと、2試合だね」

花丸「うん」


花丸「Aqoursとしては、冬の大会までは活動できる」

ルビィ「だけどお姉ちゃんは、最後の大会」

ルビィ「鞠莉ちゃんだって、きっとアメリカに戻る」

ルビィ「それに、もしかしたら他にも離脱するメンバーはいるかもしれない」

花丸「少なくとも、このメンバーでできるのは最後」

ルビィ「うん」


ルビィ「だから、私は最後まで進みたい」

ルビィ「絶対に、勝ちたい」
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:54:23.35 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎・鞠莉の部屋―


鞠莉「全部、伝えたわね」

ダイヤ「ええ」


ダイヤ「とてもいい子たち」

ダイヤ「私は彼女たちを欺いていたも同然だというのに、責めることもなく、むしろ励ましてくれて」

果南「いい仲間だよね」

鞠莉「うん、本当に――」
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:54:59.23 ID:HGd5x8Sk0
果南「鞠莉」

ダイヤ「鞠莉さん」

鞠莉「……もう、いいわよね」

鞠莉「もう、我慢しなくても」


ダイヤ「……ええ」

果南「……頑張ったね、鞠莉」

ダイヤ「私たちの前では、無理をしないで」
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:55:37.77 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「……私ね、自分が子どもだって思い知らされた」

鞠莉「現実的に、無理だと分かっている」

鞠莉「口ではそう言っても、心のどこかでは本気で考えていた」

鞠莉「自分だったら、廃校を阻止できる」

鞠莉「認めたくない現実を、変えることができると」


鞠莉「本当に、恥ずかしい。馬鹿みたい」

鞠莉「ただの世間知らずのお嬢様の我が儘」

鞠莉「みんなに迷惑をかけて、ダイヤや果南を巻き込んで」

290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:56:06.95 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「そんなことは」

果南「そうだよ――」


鞠莉「だけどね、我が儘を言って、よかった」

鞠莉「2人とまた野球ができて、大切な仲間が9人も増えて」

鞠莉「素敵なライバルたちとも出会えて、本当に、楽しくて、輝いていて」


鞠莉「そんな風に考えているのは、私だけなのかな」

鞠莉「みんなにはやっぱり、迷惑だったかな」
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:57:07.62 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「そんなこと、ありません」

ダイヤ「私も同じ考え」

ダイヤ「きっかけを作ってくれた鞠莉さんに感謝することはあっても、恨むなんてあり得ません」


果南「そうだよ」

果南「私だって、野球は諦めていたのに」

果南「野球部ができたおかげでうちの店に資金的な余裕までできて、感謝しかない」


果南「それに1番は、鞠莉と一緒に野球をできたこと」

果南「それは私とダイヤが、何よりも、ずっと望んでいたことだよ」
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:57:33.81 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「……2人とも」

果南「あと、2戦」

ダイヤ「私たちが共にプレーできる、試合」


果南「鞠莉は、大会が終わったらアメリカに帰るんだよね」

鞠莉「ええ、廃校が阻止できなかった時点で、それは決定よ」

果南「ダイヤは野球ができないし、来年には受験で東京」

ダイヤ「はい」

果南「私がここに残ったとしても、3人バラバラだね」
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:58:03.67 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「残酷よね、せっかく再会できたのに」

果南「きっともう、一緒にプレーすることはない」

ダイヤ「だからこそ、最後に思い出を作りましょう」

ダイヤ「永遠に消えない輝きを持った、最高の思い出を」

鞠莉「ええ」

果南「そうだね」
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:58:47.85 ID:HGd5x8Sk0
 ―準決勝当日―


【浦の星女学院、廃校決定】


鞠莉「……」

千歌「正式に、通知も来たね」


ダイヤ「……勝ちましょう」

ダイヤ「勝って、私たちの名を、浦の星女学院の名を、Aqoursの名を、歴史に刻み込むのです」


全員「「「おー!」」」
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:59:26.52 ID:HGd5x8Sk0
『浦の星〜!』

『頑張れ!』

『音ノ木坂なんか敵じゃないぞ!』


ここあ「うわぁ、完全アウェー」

板本「一応私ら、地元なのにな」


こころ「仕方ないでしょう。廃校寸前の母校を救うために結成された野球部」

こころ「しかもナインには、世代のヒーロー的存在の渡辺曜や、挫折から立ち直り音ノ木坂への恩返しを誓うかつての天才、桜内梨子がいる」

こころ「廃校決定というニュースが流れた今、大衆の心理は彼女たちを支える方へ向くのは自然なこと」

こころ「ただでさえ、人は弱者が強者を飲み込むカタルシスを味わうことを期待するのです」

こころ「絶対王者は即ち、絶対的なヒールでもある」
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 04:59:54.89 ID:HGd5x8Sk0
笠野「今日の先発は桜内か」

板山「梨子が、先発ね」


ここあ「えー、曜の球を打ちたかったのに〜」

こころ「最近調子を崩していましたからね」

こころ「連投とはいえ、仕方なかったんでしょう」


こころ「気を引き締めていきますよ」

こころ「この前におこなわれた第1試合の結果、決勝はあの鹿角聖良擁する聖泉女子」

こころ「ここは通過点ではありますが、気を抜かずに、叩き潰します」

板本「ああ」

ここあ「もちろん!」
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:00:33.19 ID:HGd5x8Sk0
〔第10回全国女子高等学校野球選手権 準決勝〕

【浦の星女学院『Aqours』(先攻)VS 音ノ木坂学院『μ's』(後攻)】


 先発メンバー


Aqours

1:ニ・ルビィ
2:中・善子
3:遊・曜
4:三・果南
5:右・鞠莉
6:捕・千歌
7:左・ダイヤ
8:投・梨子
9:一・花丸

μ’s

1:中・長崎    
2:捕・矢澤こころ 
3:遊・板本    
4:一・岡野    
5:左・ぺゲロ   
6:三・村田    
7:投・矢澤ここあ 
8:ニ・吉田    
9:右・立本    
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:01:00.25 ID:HGd5x8Sk0
【1回表】 Aqours0−0μ's


『1番セカンド黒澤ルビィさん』


ルビィ「お、お願いしましゅ」


 プレイボール!


千歌「ルビィちゃん、顔面蒼白だったよ」

梨子「流石に準決勝になるとプレッシャーが段違いだもんね」

花丸「でも今のルビィちゃんなら――」


 バッターアウト!


ダイヤ「あっさり3球三振ですわね」

花丸「ずら……」
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:01:26.25 ID:HGd5x8Sk0
『2番センター津島さん』


善子(直球3つで三振)

善子(いくらルビィが緊張していたとはいえ、調子は良さそうね)


善子(右打者の私は外に逃げるスライダーを打つのは大変)

善子(だからその前のストレートを積極的に打ちたいわね)


こころ「……」

 シュッ


善子(これを――)キンッ


板本「よっと」パシッ――シュッ

 アウト!
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:02:16.65 ID:HGd5x8Sk0
こころ「ツーアウト!」


善子(ほんの少しだけど落ちた、フォーク系の球?)

善子(球種を広く待っていれば、ただの絶好球だったのに)


曜「引っ掛けたね」

善子「やっぱり性格悪いわよ、あのキャッチャー」

曜「厄介だよね、ホント」
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:02:44.28 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


曜「今日は敬遠しないの?」

こころ「しませんよ、以前とは違います」


 ボール!


曜(外のボール球)

曜(それでもまともに勝負って感じじゃないのかな)

曜(手を出したいけど、それじゃあ前回の対戦の二の舞だし……)


 ストライク!


曜(と思ったらスライダーでストライク)
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:03:11.51 ID:HGd5x8Sk0
 ボール

曜(ストレート)


 ストライク!

曜(しまった、スライダー)


 ボール

曜(またストレート)


曜(もしかして、ストライクゾーンにはスライダーしか投げない?)

曜(いや、そんなことを考えたらこころちゃんの思う壺かな)

曜(でもまだ初回、思い切ってスライダーを待ってみても――)
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:03:41.11 ID:HGd5x8Sk0
 シュッ


曜(きた、スライダー!)カキン!


板本「オーライ」パシッ

 アウト!


曜「ありゃ」

曜(分かっていても簡単には打てない)

曜(あの高速スライダー、やっぱり苦労させられそうだね)


こころ(曜さんを打ち取れた、幸先がいいですね)

こころ(この調子で、攻撃の方もいい流れをキープしたいですが……)
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:04:30.64 ID:HGd5x8Sk0
【1回裏】 Aqours0−0μ's


千歌「相手は絶対にフォークを意識してる」

千歌「だから追い込まれる前に積極的に打ってくるはず、それを逆手に取ろう」

梨子「うん」


『1番センター長崎さん』

 プレイ!


千歌(まずは――)

梨子(外にスライダー)シュッ


 ストライク!

千歌(いいところに決まった)
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:05:02.09 ID:HGd5x8Sk0
千歌(今度はシンカーを)

梨子「やっ」シュッ


 キンッ

果南「おっと」パシッ――シュッ


 アウト!


千歌「ワンナウト!」

千歌(低めに変化球を集めて打ち取る)

千歌(本来の梨子ちゃんの制球と球種の多彩さ)

千歌(フォークを習得したおかげで、打たせて取るピッチングもやりやすくなってる)
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:05:32.10 ID:HGd5x8Sk0
『2番キャッチャー矢澤こころさん』


こころ(なるほど、そうきましたか)

こころ(浦の星の内野のうち3人、渡辺さん、松浦さん、ルビィちゃんは守備範囲が広い)

こころ(下手に三振を狙うよりも、ゴロを打たせて球数を抑えた方が効率はいい)


こころ(しかし、理屈通りにいかないのが野球です)

こころ(そもそもこの守備体系には、弱点もある)


こころ(ファーストの花丸ちゃん)

こころ(以前のようにエラーはしなくなりましたが、守備範囲の狭さは変わらない)

こころ(つまりゴロでもその横なら――)
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:06:00.76 ID:HGd5x8Sk0
 カキン!

千歌「ファースト!」


花丸「ずらっ」


こころ(抜けた、計算通り――)


ルビィ「うゅ!」パシッ――シュッ

こころ「なっ」

 アウト!


こころ(いくらルビィちゃんの守備範囲が広いとはいえ、ファーストの真横を抜けた打球をセカンドが捕るなんて……)
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:06:28.96 ID:HGd5x8Sk0
板本「やられたな」

こころ「板本さん」

板本「セカンドのチビちゃん、投げる直前にファースト寄りに動いていた」

板本「こころの狙い、完全にバレていたみたいだぞ」

こころ「……なるほど」


こころ(前回の対戦とは違う)

こころ(今の浦の星には、優秀な参謀がいるようですね)


ダイヤ「……ふふっ」
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:06:55.40 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート板本さん』


板本(それでも打球が強ければ抜けていた)

板本(こころが打ち損じた、それだけ梨子の変化球がキレてるってことか)


 ストライク!

板本(……少なくとも、バッピではないな)

板本(でも私なら、問題なく打てる)

 シュッ

板本(フォーク!?)キン


花丸「ずらっ」パシッ

 アウト!
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:07:23.96 ID:HGd5x8Sk0
板本「ファーストゴロかよ」

板本(あれだけ落差のあるフォークが、低めに綺麗に決まっていた――)

板本「やるじゃないか、梨子」


千歌「梨子ちゃん、ナイスピッチ!」

曜「球数も少ないし、完璧じゃん!」

梨子「そうね。1巡目の間は、この調子で抑えられそう」

千歌「問題は2巡目以降かな」

梨子「うん」
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:13:38.20 ID:HGd5x8Sk0
【2回表】 Aqours0−0μ's


 バッターアウト!

果南「あ、あれ」


曜「ストライクからボールになる外スラ3つで3球三振……」

千歌「弱点、バレバレだね」

ダイヤ「そこを容赦なくついてくるしたたかさ、流石ですね」


 キンッ――アウト!
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:14:39.51 ID:HGd5x8Sk0
善子「あっさりツーアウト」

鞠莉「……ボール球を打たされたわ」

ダイヤ「鞠莉さんの何でも打ってしまうスタイルもお見通しですか」


 バッターアウト!

曜「ありゃ、千歌ちゃんも三振」


千歌「凄い球だったよ……」

梨子「スライダー連投、容赦ないわね」

曜「この調子だと、序盤はお互いに様子見かな」

ダイヤ「そうですわね」
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:15:17.96 ID:HGd5x8Sk0
【3回裏】 Aqours0−0μ's


 アウト!

千歌「ツーアウト!」


千歌(ここまでお互いにパーフェクトピッチングが続く)

千歌(この回もここあちゃん、吉田さんを打ち取ってあっさりツーアウト)


千歌(この回も3者凡退に――)


 カキーン!

千歌「センター前――」


曜「やっ!」パシッ

 アウト!
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:15:48.47 ID:HGd5x8Sk0
板本「あのライナーを捕るかぁ」

こころ「渡辺さん、投球は不調でも守備は冴えていますね」


ルビィ「曜ちゃん、凄いよ!」ピョンピョン

曜「あはは、普通だよ普通」

曜「先にヒット打たれるのは癪だしさ」


梨子「じゃあこの調子で、初安打もお願いしようかな」

曜「いやいや、それは私じゃなくて、ルビィちゃんの仕事だよ」

ルビィ「ピギッ」


曜「私の前に出塁、お願いね。絶対に返すから」

ルビィ「う、うん」
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:16:16.03 ID:HGd5x8Sk0
【4回表】 Aqours0−0μ's


『1番セカンド黒澤ルビィさん』


ルビィ(人、増えたのは嫌だな)

ルビィ(やっぱり、苦手なものは苦手だし、緊張するよ……)

ルビィ(早くベンチに戻りたい」

ルビィ(曜ちゃんみたいに、ホームランを打てたらいいのに)


ルビィ(……打てるかな、ひょっとして)

ルビィ(初球。初球だけ思い切り振ってみよう)

ルビィ(筋トレもしたし、練習では柵越えも0じゃないから――)
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:16:59.91 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(投げにくんだよな、左だと)

ここあ(私は使えるシュートやシンカー持っているわけじゃない)

ここあ(だけどスライダーは、誰にも――)シュッ


こころ(あっ、抜けて――)


ルビィ(あれ、甘い?)


 カキ―――――ン!


善子「はい!?」


千歌「た、高々と上がって――」

花丸「ホームランずら!!!」
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:17:25.65 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「ふぇ?」


こころ「あぁ……」

ここあ「う、嘘っ」


ダイヤ「る、ルビィが、ホームラン?」

鞠莉「そうよ! あのチビちゃんがホームランよ!」

ダイヤ「ゆ、夢では、ないのですよね」

果南「現実だよ!」

318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:17:55.73 ID:HGd5x8Sk0
花丸「ルビィちゃん、凄いずら!」ピョンピョン

ルビィ「……」

花丸「ルビィちゃん?」


ルビィ「……夢?」

花丸「夢じゃないよ!」

ルビィ「ふわぁ、そっかぁ」

ルビィ(ルビィが、ホームラン)

ルビィ「えへへ」
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:18:23.13 ID:HGd5x8Sk0
こころ「ここあ」

ここあ「……」

こころ「やられましたね」

ここあ「うん」

こころ「時々起こる事故です、気にしないように」

ここあ「……分かってる」


こころ(体格のなさ、球威のなさ。あの子のコンプレックス)

こころ(よりにもよって、ルビィちゃんからの一発)

こころ(この後の投球に、影響がなければいいのですが……)
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:19:00.77 ID:HGd5x8Sk0
『2番センター津島さん』


善子(ルビィ、やるわね)

善子(こうなれば私も――)


 ドスッ


ここあ「あっ」


善子「……予想通りね」


千歌「得意の死球だ!」

梨子「だ、大丈夫かしら」
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:19:32.48 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


こころ(分かりやすく乱れてる)

こころ(とにかく一度落ち着かせないと)

こころ(外に、ストレート)


曜「おっ、甘い」カキ――ン!


ここあ「げっ」

こころ「センター!」


長崎「いやいや無理よこれは」
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:20:03.63 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ツーベース!」

花丸「善子ちゃんはホームインずら!」

ルビィ「曜ちゃん! 流石!」


ここあ「くそっ」

板本「落ち着け、ここあ」

ここあ「板本……」

板本「まだ序盤だ、2失点ぐらい問題じゃない」
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:20:35.33 ID:HGd5x8Sk0
こころ「そうです、すぐに取り返せる点差」

ここあ「うん」


こころ「とにかく落ち着いて」

こころ「この後の後続はあなたなら問題なく打ち取れるはずです」

板本「次の回、私たちでしっかり点を取るから、ここは切るんだ」

ここあ「――分かった!」
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:21:03.49 ID:HGd5x8Sk0
『4番サード松浦さん』


果南「うわっ」ブンッ

 バッターアウト!


千歌「また外スラ3つで三振……」

ダイヤ「この試合は立っているだけの方がマシかもしれませんわね……」

梨子「鞠莉さんも――」


鞠莉「あらっ」ブンッ

 バッターアウト!
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:21:39.03 ID:HGd5x8Sk0
『6番キャッチャー高海さん』


千歌「えいっ」キンッ


板本「オーライ!」パシッ

 アウト!

善子「ショートフライ」


花丸「2点取ったから、十分ずら!」

梨子「ええ、そうね」

梨子(2点か……)
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:22:10.89 ID:HGd5x8Sk0
【4回裏】 Aqours2−0μ’s


長崎「!」キンッ

梨子「あっ」


ルビィ「はいっ」パシッ――シュッ

 アウト!


ここあ「くそっ、あいつ上手いな!」

笠野「だな」

ここあ「あれ、笠野さん」

ぺゲロ「ケッカヨソウはイイノカ?」

笠野「金賭けようとしたらこころに怒られたから、しばらくやんねぇよ」
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:22:39.80 ID:HGd5x8Sk0
『2番キャッチャー矢澤こころさん』


こころ(さて)

こころ(やはり守備は堅い)

こころ(私のパワーではなかなか難しいですね)

こころ(それでも、やりようはあります)


千歌(とにかく同じように、低めに変化球を)

梨子(うん)シュッ


 ボール
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:23:12.36 ID:HGd5x8Sk0
こころ(よし、これなら)


 ボール

 ストライク!

 ファール

 ボール

 ファール

 ファール


千歌(粘るな)
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:23:52.51 ID:HGd5x8Sk0
 ファール

梨子(耐球?)

梨子(だけど甘いところには――)


 ボールフォア!

千歌「あら?」

梨子「根負け……」
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:25:18.34 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート板本さん』


板本(ナイスこころ)


梨子(板本さん……)

千歌(この人の前にはランナー出したくなかったな)


板本(間違いなくバッピ、ではない)

板本(だけど、私なら十分に打てるレベル)

板本(梨子が手に入れた自信の源は、フォークだ)

板本(それだけを狙う)

板本(格の違いを教えてやる)
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:25:45.97 ID:HGd5x8Sk0
千歌(打つ気満々)

千歌(さっきの打席は無理にフォークを打ちに来て引っ掛けた)

千歌(それなら、ここも――

梨子(フォーク)シュッ


板本(キタッ)カキ――ン!


千歌「うまっ」

梨子「ファーストの頭――超えられた」


こころ(流石板本さん!)


ここあ「よしっ、こころ帰ってきた!」
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:26:16.79 ID:HGd5x8Sk0
梨子「スリーベース……」

千歌「梨子ちゃん、まだ1点だよ」

梨子「そうね、後続を切れば」


『4番ファースト岡野さん』


千歌(この人の後は、あの淡白なぺゲロさん)

梨子(ここを抑えれば――)シュッ


岡野「くっ」キンッ


花丸「オーライずら〜」パシッ

 アウト!
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:26:42.22 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ファーストフライ!」

千歌(よしっ、これでツーアウト)


『5番レフトぺゲロさん』


梨子(この人は、弱点に投げておけば――)シュッ


 カキ――ン!

梨子「あっ」
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:28:11.31 ID:HGd5x8Sk0
千歌「せ、センター!」

梨子「善子ちゃん!」


善子「頭――越されて」


こころ「ツーベース!」

ここあ「ナイバッチ、ぺゲロ!」


ぺゲロ(ワタシだってオトノキのセンシュ)

ぺゲロ(ナメナイでホシイネ)
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:28:39.12 ID:HGd5x8Sk0
千歌「やられたね」

梨子「……流石に、そこまで簡単にはいかないみたい」

曜「だけど、それぐらいの方が倒しがいもあるでしょ」

梨子「うん、そうね」

千歌「まだ同点、後続はしっかり切ろう」

梨子「ええ!」

千歌「曜ちゃんも、よろしくね!」

曜「ヨ―ソロー!」
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:29:19.35 ID:HGd5x8Sk0
【6回表 Aqours2−2μ's】


こころ(同点、苦戦していますね)

こころ(ここあは頑張っていますが、打線が打てない)

こころ(悪くて2点リード、それぐらいを予想していましたが……)


 カキーン!


花丸「ルビィちゃん、またヒットずら!」

千歌「よーし、先頭出た!」


こころ(計算が狂った要因の1つは、この子)

こころ(ルビィちゃん、ここあとの相性がいいみたいで)
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:29:45.75 ID:HGd5x8Sk0
『2番センター津島さん』


善子(サインは――バント)

こころ(ここは素直に送らせましょう)


 コツン

ここあ「くそっ」パシッ――シュッ

 アウト!


千歌「ワンナウトランナー2塁」

梨子「ここでバッターは――」
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:30:14.80 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


曜「よーし! チャンス!」


こころ(ここは……)

ここあ(敬遠だよな)

こころ(後続はほとんどタイミングがあっていない)

こころ(仕方ないでしょう)


 ボールフォア!

曜「今日も敬遠するじゃん、嘘つき……」

こころ(ケースバイケースです)
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:30:43.62 ID:HGd5x8Sk0
『4番サード松浦さん』


鞠莉「果南、ステイよステイ!」

果南「わ、分かってるよ」

果南(だけど振っちゃうんだよなぁ。意識して止めてるはずなのに)


こころ(ここで安パイは助かりますね)


ここあ(こいつ外スラ――っと)シュッ

ここあ(引っ掛けた!?)

こころ「!?」バッ


千歌「逸れた!」

梨子「流石にこころちゃんでも捕れない」

花丸「2・3塁ずら!」
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:31:14.38 ID:HGd5x8Sk0
果南(た、助かった。普通に振っちゃったけど……)


ダイヤ(……)スッ

果南「えっ」

果南(マジか、スクイズ?)

果南(私に? バントなんてできるの?)


ダイヤ(余計なことは考えないで)

ダイヤ(あなたの反射神経と身体能力で、とにかく転がしなさい)
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:31:44.41 ID:HGd5x8Sk0
果南(バント――うーん、こうだったかな)ギクシャク

こころ(あからさまに様子がおかしい)

こころ(ここは1球、外して――)

ここあ(だな)シュッ


果南「ヤバッ」

果南(とにかくくらいついて――)バッ


千歌「わっ、飛びついて――」

 コツン
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:32:18.91 ID:HGd5x8Sk0
梨子「当てた!」


ここあ「あ、あんなウエストしたボールを」

こころ「当てるなんて」パシッ――シュッ

 アウト!


千歌「1塁はアウト――でもスクイズ成功だよ!」

花丸「果南ちゃん凄いずら!」


ダイヤ(思惑通り、外してくれて助かりましたわ)

ダイヤ(普通にバントするケースでは、まず決まらなかった)

ダイヤ(感覚が物をいう特殊な形にしたからこその、スクイズ成功)

ダイヤ(後続の鞠莉さんも含め、あまり打てそうになかったからこその策でしたが、ハマりましたね)
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:32:47.22 ID:HGd5x8Sk0
ここあ「またやられた……」

板本「今日はきついねぇ」

こころ「春の試合とは別のチームのよう」

こころ「これまでの相手とは流石に違うようです」


『いいぞ浦女!』
『勝てるよ!』


板本「あらあら、客も盛り上がっちゃって」

こころ「普段の味方が敵というのも、影響は否定できませんね」
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:33:17.33 ID:HGd5x8Sk0
板本「まあ準決勝だ、これぐらいの苦戦は想定内」

こころ「そうですね」

こころ「観客の反応も、おおむね予想通り」

ここあ「だな」


こころ「次の小原さん、今までの打席と同じように最善を尽くせば打ち取れる選手」

こころ「ここで切りますよ」

ここあ「うん」
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:33:44.95 ID:HGd5x8Sk0
『5番ライト小原さん』


鞠莉(なんか、馬鹿にされている感じがするわね)

鞠莉(確かに荒いのは認めるけど、果南ほどアバウトじゃないわよ、私の打撃は)


こころ「ふっ」

鞠莉(あっ、ムカつく)


鞠莉(このっ)ブンッ

 ストライク!
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:34:25.83 ID:HGd5x8Sk0
曜「鞠莉ちゃん、落ち着いて!」


鞠莉(いけない、駄目よこれじゃあ)

鞠莉(感情的になってるぶん、果南よりマズいわ)

鞠莉(冷静に、冷静に)


こころ(……一応、警戒しますか)

ここあ(雰囲気、変わった?)シュッ


 ボール

 ボール


鞠莉(よし、カウントを稼げた)

鞠莉(バッティングカウント、狙うのは次よ)
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:34:52.97 ID:HGd5x8Sk0
こころ(流石、理事長まで務める人)

こころ(冷静ですね。こうなると正直、投げる球がありません)

こころ(次は高海さん、最悪フォアボールでもいい)

こころ(私は、そう思うんですけど――)


ここあ「……」ブンブン


こころ(弱気は駄目、ですね)

こころ(仕方ない、ここはスライダーをストライクゾーンに)

こころ(簡単には、打てないでしょう)
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:35:34.98 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(よっしゃ、勝負!)シュッ


鞠莉(甘い、これなら――スライダー!?)

 キンッ


ここあ「よし、ショートフライ!」

こころ「いや、これは」


ルビィ「鞠莉ちゃんがパワーで思ったより飛んでる!」

花丸「落ちた! ヒットずら!」


板本「ちくしょう!」パシッ
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:36:24.82 ID:HGd5x8Sk0
果南「鞠莉、ナイバッチ!」

善子「これでまた2点差!」

梨子「果南さんに隠れてるけど、パワーはチームでトップクラスだもんね」

ルビィ「いける、いけるよ!」


ここあ「くそっ、あれが持っていかれるのか」

こころ「落ち着いて、これも野球の一部です」

こころ「そう悪いことばかりは続かない、どこかで自分たちにも流れはきますから」


こころ(しかし、これはあまりにも)

こころ(変えたいですね、なんとか)
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:36:52.97 ID:HGd5x8Sk0
【6回裏】Aqours4−2μ’s


 カキーン!


千歌「果南ちゃん!」


果南「よっ」パシッ――シュッ

花丸「ずらっ」パシッ

 アウト!


こころ「サードゴロ……」

こころ(今の、長崎さんの打球は悪くなかったのに)

こころ(野球の神も観客も、みな浦の星の味方ですか)
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:37:20.69 ID:HGd5x8Sk0
『2番キャッチャー矢澤こころさん』


こころ「お願いします」


こころ(しかし、そんな状況を何度も覆した来たのが、音ノ木坂、μ's)

こころ(今回も、例外ではありません)


千歌(梨子ちゃん、球が浮き始めてる)

千歌(ここまでリリーフも含めればずっと連投)

千歌(ある程度は仕方ない、というよりこれでも頑張っている方)

千歌(音ノ木坂へのリベンジ、そのモチベーションが、彼女を支えている)
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:37:47.07 ID:HGd5x8Sk0
千歌(頑張れ)

千歌(頑張れ、梨子ちゃん)


梨子(千歌ちゃん……)シュッ


こころ(甘い!)

 カキ――ン!


梨子「しまった!?」

曜「センター! 善子ちゃん!」
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:38:13.85 ID:HGd5x8Sk0
善子(分かってるわよ!)

善子(どうせチャンスで回ってきても死球ばっかり)

善子(守備で見せ場を作らないと、目立てないでしょ!)


こころ(追いつく!?)


善子「このっ」ズザッ

 アウト!


こころ「くっ」

こころ(流石、善子ちゃんの守備)

こころ(結果的に、初球打ちのアウト)

こころ(内容は悪くなくても、最悪です)
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:38:41.37 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート板本さん』


板本(今のは明らかに失投だった)

板本(同じ球を、パワーのある私に投げたら間違いなくホームランになってた)

板本(あいつ、ついてるな)


千歌(今のは大きい)

千歌(これで精神的に、楽になれる)

 ストライク!
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:39:09.23 ID:HGd5x8Sk0
板本(今度は絶妙なコース)

板本(追い込まれてからのフォーク)

板本(また確実に打てる保証はない)

板本(追い込まれる前に、打ちたい)


梨子(……)シュッ


板本(スライダー、ボール臭いけど――)

 カキン!


梨子「わっ」

千歌「センター返し――ルビィちゃ――」
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:39:43.43 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「うゅ!」パシッ

板本(捕られた!?)

板本(だけど、チビちゃんの肩とその体制じゃ――)


ルビィ「曜ちゃん!」パッ

曜「よっしゃ!」シュッ


花丸「ズラっ」パシッ

 アウト!


板本(そのままグラブトスして、曜も素手で取って即送球)

板本「女子野球だぞ、そんなのありか……」
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:40:14.49 ID:HGd5x8Sk0
笠野「あーあ、最悪」

笠野「失点で流れまで悪くなっちまった」

ここあ「わ、私の所為かよ!」

笠野「そうだろ、どう考えても」

笠野「サッサと変わろうぜ、私もそろそろ投げたいし」

ここあ「なっ」


村田「ちょっと、なにやってるんだ」

岡野「揉めるなよな……」

笠野「んだよ!」
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:41:05.54 ID:HGd5x8Sk0
こころ「2人とも、落ち着いて」

ここあ「こころ……」


こころ「流れが悪い、苛立つ気持ちは分かります」

こころ「しかし、まだイニングは3回も残っている」

こころ「冷静にプレー。それができるなら、実力差を考慮すれば焦る点差ではない」

笠野「だけどよ、これ以上失点したら」

こころ「そうですね……」
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:41:37.48 ID:HGd5x8Sk0
こころ「ここあ」

ここあ「な、なんだよ」

こころ「これ以上、私たちは失点するわけにはいきません」

ここあ「分かってるよ、そんなの」

ここあ「だから、失点したら交代とか、そんなんだろ」

こころ「ええ、そうですね」

笠野「ランナーが出たら交代で良くね?」

こころ「もちろん、状況によってもっと早く交代する可能性もあります」
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:42:04.18 ID:HGd5x8Sk0
こころ「しかし、失点した時点で絶対に交代です」

こころ「いいですね、ここあ」


ここあ「……分かった」

こころ「笠野さんも、サボらずに準備をお願いしますね」

笠野「了解」


こころ「逆転しますよ、絶対に」

こころ「負けは許されません」

こころ「私たちは、絶対王者なのですから」
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:42:36.34 ID:HGd5x8Sk0
【8回表】Aqours4−2μ’s


こころ(7回、ランナーを出しながらもなんとか抑えた)

こころ(この回も、先頭の小原さんを打ち取り、高海さん)


千歌「えいっ」キンッ


こころ「オーライ!」パシッ

 アウト!


千歌「あー、キャッチャーフライ」

ダイヤ「球威は、落ちていますか」

千歌「たぶん。普通に打てるようになってるんで」

ダイヤ「なるほど……」
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:43:03.28 ID:HGd5x8Sk0
『7番レフト黒澤ダイヤさん』


ダイヤ(矢澤ここあは左打者に弱い)

ダイヤ(ルビィはそれで結果を残している)

ダイヤ(当然、私だって有利なはずです)


こころ(ダイヤさんは長打がない選手)

こころ(球数を考えると、粘られたくはない)

こころ(とにかくゾーン力勝負、打たれたら仕方ない)


ここあ(ストレート)シュッ


ダイヤ(スピードはない、これなら私でも)

 カキーン!
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:43:30.92 ID:HGd5x8Sk0
千歌「センター前ヒット!」

曜「流石ダイヤさん、基本に忠実だね」


こころ(大丈夫、もうツーアウト)

こころ(ここまでは想定内)


『8番ピッチャー桜内さん』


こころ(ここで切れば――長打を打たれなければ、次は花丸ちゃん)

こころ(失点は、免れる筈です)
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:44:05.06 ID:HGd5x8Sk0
梨子(こころちゃんのことだから、現実的に)

梨子(アウトローの安全なコースで、ヒットならOK)

梨子(元チームメイトとして、彼女の心理は手に取るように分かる)

梨子(音ノ木坂は、こころちゃん1人で回しているチーム)

梨子(彼女の心理さえ読み取れれば、勝てる)


梨子(私が打てば、試合を決められるかもしれない)

梨子(ずっと、野手としての練習をしていた)

梨子(下位だけど、打撃も苦手なわけじゃないんだから!)
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:44:36.25 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(抑えないと)

ここあ(疲れ切った梨子ぐらい、私が抑え込まないと)


ここあ(投球内容は負けてる、打撃もお互いに打てていない)

ここあ(互いのチーム力を考えれば、ここまでの内容は、私の完敗)

ここあ(私は梨子に、絶対勝たなきゃいけないのに)


ここあ(ずっと、裏で言われ続けてきた)

ここあ(梨子がイップスにさえならなければ)

ここあ(年代別代表にも入れない私じゃなくて、梨子がいればと)
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:45:09.64 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(分かってる、才能の差があることなんて)

ここあ(私は所詮体格がなくて、もう限界が見えている、その程度の投手)

ここあ(現に今だって、イップスで1年を棒に振った梨子に追いつかれてる)

ここあ(実力だけ見れば、笠野さんにも劣る)


ここあ(それでも、エースは私だ)

ここあ(こいつのイップスなんて関係ない)

ここあ(例え梨子がいても、私がエースだって、証明するために)

ここあ(絶対に、打たれない!)


ここあ「くらえっ!」シュッ
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:45:39.16 ID:HGd5x8Sk0
梨子「!」

梨子(ここにきて、威力のある球)

梨子(だけど力が入っている分、真ん中より)


梨子(これは、打てる!)

 カキ―――ン!


ここあ「っ」

こころ「くっ」

板本「センター!」


梨子(完璧、センターの頭は超えたはず!)
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:46:06.67 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(ああ、駄目か)

ここあ(所詮、私のストレートだもんな)

ここあ(梨子に、勝つなんて――)


長崎(いや!)ダッ

長崎(思ったより打球に勢いはない)

長崎(完璧に捉えられたようで、しっかり押し込めてる)

長崎(これなら、私も十分)ズザッ

長崎(捕れる!)パシッ


 アウト!
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:46:43.40 ID:HGd5x8Sk0
こころ「捕った!」

板本「すげぇ、完璧なスライディングキャッチ!」

ここあ「長崎さん!」


ぺゲロ「スゴイネ!」

長崎「マグレだよ」


こころ(今日、ツキに見放されたいた長崎さんのファインプレー)

こころ(これは、来る)

こころ(流れが、確実に)
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:47:11.31 ID:HGd5x8Sk0
千歌「梨子ちゃん、ドンマイ」

梨子「ええ……」

梨子(まさか、捕られるなんて)

曜「あれは相手を褒めるしかないね、切り替えていこう」

梨子「うん」


曜(嫌な予感がする)

曜(私の予感、よく当たるから、不安だな……)
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:47:39.10 ID:HGd5x8Sk0
【8回裏】Aqours4−2μ’s


こころ「皆さん、いいんですか」

こころ「下位打線ですが、ここですよ」

こころ「ファインプレーで、流れはこちらに傾いた筈です」

こころ「絶対に、逆転します」


板本「同点じゃなくてか?」

こころ「逆転です」

こころ「並みのチームなら同点ですが、私たちは絶対王者、それができる」

笠野「だな」


こころ「いますよ!」

μ’sナイン「「「おー!」」」
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:48:07.25 ID:HGd5x8Sk0
【8番セカンド吉田さん】


梨子(あと2イニング)

梨子(1人出せばここあちゃんに回る)

梨子(下位の2人は、抑えないと)シュッ


 カキ――ン!

梨子「なっ」

千歌「三塁線――」


果南「くっ」


こころ「よし!」

ここあ「抜けた! ツーベース!」
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:48:33.21 ID:HGd5x8Sk0
千歌(嫌だな、この感じ)

千歌(春の大会、あの時に似てる)

千歌(突然、眠っていた獣が牙をむいてくる、そんな感覚)


『9番ライト立本さん』


梨子(打たれた……)

梨子(駄目、落ち込まない)

梨子(今のは高めに浮いた、仕方ない)

梨子(とにかく、前の回までと同じように低めにボールを集めれば――)シュッ


 カキ――ン!
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:49:01.91 ID:HGd5x8Sk0
花丸「ずらっ」ドスッ


千歌「ファースト強襲!」

梨子「花丸ちゃん!」


立本「くそっ」ダッ


花丸「ぼ、ボール……」

ルビィ「マルちゃん、後ろ!」

花丸「あ、あった」

ルビィ「落ち着いてベースを踏んで!」

花丸「ず、ずらっ」

 アウト!
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:49:41.70 ID:HGd5x8Sk0
花丸「痛いずらぁ」

ルビィ「だ、大丈夫?」

花丸「へいき、ノックで打球を身体に受けるのは慣れてるから」


ここあ「あー、マジか」

板本「反射神経のいい奴なら避けてたかもな」

こころ「……おそらく、それができても彼女は避けないでしょう」

こころ「それだけこの試合に真剣なのです」

板本「私たちも、気持ちで負けるわけにはいかないと」

こころ「そういうことですね」
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:50:10.07 ID:HGd5x8Sk0
千歌「この回、捉えられてるね」

果南「梨子、球威が落ちてきたかも」

曜「音ノ木はそれを見逃してくれないか」

花丸「ずらぁ……」

ルビィ「ど、どうしよう」


むつ「フォークで勝負とか、どう?」デンレイ

梨子「フォーク?」


むつ「板本さん以外、まだしっかりとは打たれてないでしょ」

むつ「梨子ちゃんのフォークなら、ゾーンで勝負しても、大丈夫なんじゃないかな」
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:50:36.22 ID:HGd5x8Sk0
千歌「いや、でもフォークの連投は体力的にも」

梨子「……いえ、やるわ」

曜「梨子ちゃん?」


梨子「今はそれしかない、でしょ」

果南「でも、大丈夫?」


梨子「はい」

千歌「……そうだね、梨子ちゃんが言うなら、それでいこう」
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:51:05.49 ID:HGd5x8Sk0
『1番センター長崎さん』


梨子(ファインプレーの後、きっとノッテいる人)

梨子(だけど関係ない)

梨子(フォークの連投!)シュッ

 ストライク!


梨子「よしっ」

梨子(この調子で――)シュッ

 ストライク!
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:51:33.23 ID:HGd5x8Sk0
ここあ「フォークの連投……」

笠野「追い込まれちまった」

ここあ「大丈夫かな」


板本「心配すんな」

笠野「板本?」

板本「あの人はうちのトップバッターだ」

板本「並みの選手じゃない」
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:52:00.26 ID:HGd5x8Sk0
千歌(さっきより低め)

千歌(バウンドしてもいい、そこにフォーク)

梨子(うん)コクッ


梨子(これで――)スポッ

梨子「!」


千歌(しまった、すっぽ抜けた――)

長崎(フォークはホームランボールだ!)


 カキ――――――ン!
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:52:26.26 ID:HGd5x8Sk0
千歌「せ、センタ――」

曜「の頭上、遥か彼方……」


善子「……」


ルビィ「ホームラン……」

花丸「また、同点……」


ここあ「す、すごい!」

笠野「やったぞここあ! 同点だ!」


板本(でもまだ、同点だ)
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:52:53.00 ID:HGd5x8Sk0
『2番キャッチャー矢澤こころさん』


こころ(畳みかける!)

 カキ―――ン!


ここあ「右中間!」

笠野「ツーベース!」


梨子「あ、あぁ」

千歌「り、梨子ちゃん……」

千歌(フォーク、また落ちなかった)
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:53:20.95 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート板本さん』


板本(あからさまに動揺してる)

板本(メンタルは相変わらずだな)

 カキ―――ン!


千歌「また大きい!」

 ドンッ


ここあ「フェン直二塁打!」

笠野「逆転だ! ナイス板本!」
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:53:49.03 ID:HGd5x8Sk0
梨子「……」

千歌「り、梨子ちゃん」

千歌「まだ1点差、頑張ろう」

梨子「……」コクリ


千歌(気持ちの糸が切れちゃって、見るからにフラフラ)

千歌(そうだよね。体力はとっくに限界)

千歌(制球も球威もないも同然)

千歌(何とかしたいけど、この状況で私にできることは……)
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:54:16.38 ID:HGd5x8Sk0
『4番ファースト岡野さん』


 ボール

 ボール

 ボール

 ボールフォア!


岡野「なんだよ、打ちたかったのに」

ぺゲロ「アトはマカセロ!」


『5番レフトぺゲロさん』


 ボールフォア!

ぺゲロ「ワタシモか」
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:54:42.45 ID:HGd5x8Sk0
 ザワザワザワ


千歌(球場、ざわついてる……)

千歌「梨子ちゃん」

梨子「……うん」

千歌「甘くてもいい、とにかくストライクを入れよう」

梨子「……そうね」

千歌「序盤と同じ、バックを信じよう」
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:55:13.96 ID:HGd5x8Sk0
千歌(満塁)

千歌(ストライクすら入らない状態)


千歌(ピッチャー交代?)

千歌(だけどこの状況では、無茶)

千歌(緊急登板の果南ちゃんじゃ音ノ木坂には通用しない)

千歌(曜ちゃんはまだ、投げられる状態じゃない)

千歌(とにかく、梨子ちゃんに頑張ってもらうしかない)
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:55:41.97 ID:HGd5x8Sk0
『6番サード村田さん』


千歌(ストライクゾーン、ストレートでいいから)

梨子(……)シュッ


 カキ――ン!

千歌「転がった――けど」


ルビィ「ゅ」ズザッ


ここあ「1・2塁間抜けた!」

笠野「もう1点、これで6対4!」

こころ「しかもまだ満塁です」
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:56:15.81 ID:HGd5x8Sk0
梨子(駄目、身体が動かない)

梨子(春と同じ、抑えられる想像ができない)

梨子(どうやっても、打たれる。そんなイメージに頭が支配される)


 ワアアアアアア


梨子(このドーム、凄い反響)

梨子(揺れてる、球場全体が私に襲いかかる)

梨子(押しつぶされそう)

梨子(ここから逃げ出せたら、どんなに楽か)
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:56:51.85 ID:HGd5x8Sk0
ここあ「歓声もすっかりこっちよりだな」

笠野「薄情な観客だこと」

こころ「……まあ、仕方ないのですよ」


こころ(結局はこうなる)

こころ(大衆は弱者の勝利を表面上は期待しながら、最後には強者が勝利する展開を支持する)

こころ(魅力的なバックグラウンドを持った弱者のチームが強者を追い詰めるも、あと少しの所で力尽き、敗れる)

こころ(好きでしょう、みなさん。そんなストーリーが)
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:57:18.20 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「り、梨子ちゃん!」

花丸「お、落ち着いて」

果南「梨子……」


梨子(駄目、みんなの声が聴こえない)

梨子(怖い、投げたくない)

梨子(もう、私は――)


曜「梨子ちゃん!」グッ

梨子「曜ちゃん……」

梨子(腕を、掴まれて)
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:57:45.12 ID:HGd5x8Sk0
曜「もう、投げるのやめる?」

梨子「……それは」

曜「やめないよね、梨子ちゃんは」

曜「音ノ木坂に勝つ、その為に頑張ってきたんだから」

梨子「……でも、もう」


曜「大丈夫、できるよ」

曜「私は信じてる、梨子ちゃんなら抑えられるって」

梨子「曜ちゃん……」
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:58:14.95 ID:HGd5x8Sk0
千歌「そうだよ、まだ試合は終わってない」

梨子「千歌ちゃん……」


ルビィ「そ、そうだよね」

花丸「マルたちはもっと大変な状況から、勝ち上がってきたずら!」

梨子「ルビィちゃん、花丸ちゃんも……」


果南「うん、いい感じだね」ハグッ

梨子「か、果南さん」

果南「どうせ私たちは梨子に託すしかないんだ」

果南「いくらでも、点なんてあげちゃえばいい」

果南「その分、私たちが取り返すからさ!」

梨子「――はい!」
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:58:40.61 ID:HGd5x8Sk0
『7番ピッチャー矢澤ここあさん』


ここあ(よし、ダメ押しは私が!)


梨子(……まだ、負けたわけじゃない)

梨子(果南さんの言葉、仲間を信じて)

梨子(ここで、諦めたりはしない!)シュッ


 カキン!

花丸「オーライずら!」パシッ

395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:59:12.19 ID:HGd5x8Sk0
こころ「ファーストフライですか」

ここあ「うん、差し込まれた」

こころ(球威が戻った?)



『8番セカンド吉田さん』

吉田(もう一本、とどめを刺してやる)


梨子「えい!」シュッ

吉田(ストレート!)キンッ


曜「やっ」パシッ

 アウト!


梨子「ショートライナー!」

千歌「ナイス曜ちゃん!」
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 05:59:45.11 ID:HGd5x8Sk0
こころ(……これは、少し予想外)

こころ(あと数点、取れると思っていましたが、流石梨子さん)

板本「逆転したんだ! あと1イニング守るぞ!」

ここあ「おー!」


こころ(投手交代には、微妙な点差ですね)

こころ(笠野さんに交代した場合、1人ランナーを出せば、直球に強いクリンナップに回ってしまう)

こころ(特に松浦さんと小原さん)

こころ(この2人との相性は、最悪に近いでしょう)

こころ(せめてもう1点あれば、やりようもありましたが……)

こころ(ここあはもう限界に近い)

こころ(しかしあと1イニング、頑張ってもらわないと)
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:00:12.97 ID:HGd5x8Sk0
【9回表】Aqours4−6μ’s


果南「梨子、よく抑えたね!」

梨子「はい!」


ダイヤ「点差は2点、絶対に逆転しますわよ!」

千歌「Aqours〜」

全員「「「サンシャイン!」」」
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:00:41.81 ID:HGd5x8Sk0
『9番ファースト国木田さん』


ここあ(こいつは問題じゃない)

ここあ(変化球をゾーンに投げ込めば、まず打てない)シュッ


 バッターアウト!


花丸「ずらぁ……」

花丸(気合いを入れたのにあっさり三振……)
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:01:07.48 ID:HGd5x8Sk0
花丸「ルビィちゃん、あとは――」

ルビィ「ぅゅぅゅ」ブルブル

花丸「が、頑張って」

ルビィ「……」コクコク


花丸(プレッシャーに押しつぶされてる)

花丸(ごめんね、打てなくて)ポンポン

ルビィ「マルちゃぁ……」
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:01:35.54 ID:HGd5x8Sk0
『1番セカンド黒澤ルビィさん』


こころ(構えはガタガタ、顔面蒼白)

こころ(とても、打てそうにありませんが――)

ここあ「……」グッ

こころ(意識しますよね、ここまでの内容的に)


ルビィ(どうしよ、頭、まっしろ)

ルビィ(……バット、振り方、どうするんだけ)

ルビィ(パニックだよ、もう、ただ立ってよ)
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:02:03.28 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(あと2つ)シュッ


 ボール
 
 ボール

 ボール


こころ(疲れているところに苦手な左打者、力も入ってる)

こころ(こうなると、ストライクは入りませんね)
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:02:32.61 ID:HGd5x8Sk0
 ボールフォア


ダイヤ「ルビィ! よくやりましたわ!」

花丸「ルビィちゃん……」

花丸(とりあえず一安心ずら……)


花丸「善子ちゃん! 頑張れ!」

善子「任せなさい!」

花丸(自信満々、対照的な1・2番コンビずら)
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:03:03.86 ID:HGd5x8Sk0
『2番センター津島さん』


善子(死球でもいいわよ、ここは)

善子(そうすればランナー2人置いて曜さん、一発で逆転)

善子(まあ、考えている時に限ってボールは身体に向かってこないんだけど……)

善子(とりあえず、ベースより立っておきましょう)


こころ(ここは、絶対に抑えたい)

こころ(ここあ)スッ


ここあ(インコース)

ここあ(よく死球をもらうこいつには、怖いゾーン)

ここあ(だけど、投げ切れば!)シュッ
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:03:29.95 ID:HGd5x8Sk0
善子(インコース!)

善子(完璧なコース――だけど)


 カキーン!

こころ「あれを捌いた!?」


花丸「ヒットずら!」

梨子「善子ちゃん!」


こころ(板本さんでもそうそうできないような技術を……)


善子「ふっ、津島流打撃術に不可能はないのよ」
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:04:04.07 ID:HGd5x8Sk0
こころ(それでも、球威があれば抑えられていた)

こころ(やはりもう、ここあは)

こころ「すみません、タイムをお願いします」


ここあ「こころ……」

こころ「ここあ、あなたはもう限界です。笠野さんに交代しましょう」

板本「いいのか?」

こころ「ここあを他のポジションにいれて、ワンポイントでもいい」

こころ「今の状態で、渡辺さんの相手をするのは難しいでしょう」
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:04:31.80 ID:HGd5x8Sk0
板本「……そうだな」

板本「いくら曜とはいえ、全開の笠野さんなら――」


ここあ「嫌だ」

こころ「ここあ?」

ここあ「私が勝負する、この試合は最後まで私が投げ切るんだ」


こころ「……駄目です」

こころ「そんな勝手、許されない」

こころ「ここはあなたでは抑えられない、それは理解できるでしょう」
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:05:02.97 ID:HGd5x8Sk0
ここあ「……分かるよ、それは」

こころ「なら」


ここあ「いつも、私はそうだ」

ここあ「双子の姉妹なのに、出来がいいのはこころ」

ここあ「野球でも、こころは日本代表候補なのに、私は年代別代表にも入れない」

ここあ「おまけの妹、実力不足」

ここあ「もう、それは嫌なんだ。証明したいんだよ、ここで私の力を」


板本「ここあ……」

こころ「しかし私たちはチーム。そんな勝手は」
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:05:30.74 ID:HGd5x8Sk0
笠野「いいんじゃないかな」

こころ「笠野さん!?」


ここあ「どうして」

笠野「伝令だよ」


笠野「ここあでいいだろ、ここは」

笠野「私が出ても、渡辺曜相手じゃ結果はそう変わらない」

笠野「バタバタとワンポイントするぐらいなら、ここあの気合いに賭けようぜ」

笠野「少なくとも、無気力リリーフより信用できるだろ」

ここあ「笠野さん……」
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:05:58.05 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


曜(投手交代は、なしか)

曜(1・2塁、流石に敬遠はないでしょ)

曜「私で、決めてやる」


ここあ(絶対に、抑える)シュッ


曜「!」

 ストライク!


こころ(最高のボール……)
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:06:26.78 ID:HGd5x8Sk0
曜(いい球……)

曜(まだ、余力を残していたのかな)

曜「いいね。そうこなくちゃ」


ここあ「やっ」シュッ

 ボール


曜(1−1)


ここあ「――」シュッ


曜(打てる!)キンッ

 ファール!


曜(球、キレてる)
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:06:56.34 ID:HGd5x8Sk0
こころ(追い込んだ)

ここあ(ここは――外に逃げるスライダー!)

 ボール


曜「……」


こころ(冷静ですね)

こころ(それでも、今のここあのボールなら)


ここあ(抑えられる!)シュッ


曜(ストライクゾーンに!)

 カキン!
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:07:51.59 ID:HGd5x8Sk0
千歌「叩きつけた!」

ここあ「ショート!」

こころ「板本さん!」


板本(くそっ、打球が死んでる)

板本(だけど絶対に刺す!)

板本(セカンドは無理――ファースト!)パシッ――シュッ


曜(アウトになるわけにはいかない!)

曜「間に合え!」ダダッ


 セーフ!
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:08:27.92 ID:HGd5x8Sk0
曜「やった!」

曜(ヒットはヒット!)


千歌「満塁!」

花丸「満塁ずら!」


ここあ「……」

こころ「ここあ、落ち着いて。打ち取ってはいました」

ここあ「うん、大丈夫」

こころ「次は先ほどのような奇襲には注意して」

こころ「全力で、打ち取りましょう」

ここあ「うん」
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:08:54.45 ID:HGd5x8Sk0
『4番サード松浦さん』


果南(塁が埋まってのスクイズは怖いし、2度目は流石にない)

果南(ヒッティングしかないけど、どうせボールになる外スラ)


ここあ「――」シュッ


果南(分かってるけど)ブンッ


 ストライク!


果南(振っちゃうものはどうしようもないんだよねぇ)

果南(このキャッチャー、嫌がらせみたいに徹底してくるから嫌に――)
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:09:21.39 ID:HGd5x8Sk0
果南(――そうか、決まってるのか)

果南(投げる球は、絶対に)


こころ(もう1球)

ここあ(うん)シュッ


果南(コースも分かってる、それなら)

果南(最初から決め打ちして、振ってしまえ!)


 カキン!

こころ「なっ」

こころ(あんなボール球を、片手で無理やりすくわれて)

こころ(セカンド後方――)
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:09:49.91 ID:HGd5x8Sk0
果南「落ちろ!」


 ポトッ

千歌「落ちた!」

花丸「ポテンヒット!」

梨子「ルビィちゃんホームイン、1点差でなお満塁!」


こころ(やられた、まさかあんな……)

こころ「ごめんなさい、私の予測が甘かったです」


ここあ「失点、したぞ」

こころ「状況的に、小原さんまではいってもらいます」

こころ「次の高海さんのところで、笠野さんに交代です」

ここあ「……了解、全力で投げるよ」

こころ「ええ」
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:10:37.14 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉(果南、よくやったわね)

鞠莉(打てるかしら、私に――)


ダイヤ「鞠莉さん」

鞠莉「ダイヤ?」


ダイヤ「初球スクイズです」


鞠莉「えっ、でも満塁で、守備は音ノ木坂よ」

ダイヤ「先ほどの果南さん、点を取ったイニングのあなたの打席」

ダイヤ「内野の後ろに落とされる可能性を考えて、あまり前には出られないでしょう」

鞠莉「まあ、私はバントが苦手ではないけど……」

ダイヤ「あなたなら、悟られずにできるでしょう」
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:11:03.84 ID:HGd5x8Sk0
『5番ライト小原さん』


鞠莉(奇襲、ね)

鞠莉(果南のスクイズもあって、多少は警戒されていてもおかしくはないのに)

鞠莉(だからこそ、やるのがダイヤ)

鞠莉(最も野球を観てきたあの子を、信じてみましょう)


ここあ(ここは抑える)

ここあ(低めに、ゲッツーで終わらせて――)グッ


善子(!)ダッ
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:11:31.32 ID:HGd5x8Sk0
ここあ「あっ」シュッ

こころ「スクイズ!?」


鞠莉(とっさで外しきれてない、甘い!)

 コンッ


善子(上手い!)


こころ(くっ、ホームは無理)

こころ「ここあ、ファースト――」
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:11:57.73 ID:HGd5x8Sk0
ここあ(駄目だ、追いつかれるわけには――)シュッ


こころ「なっ」

こころ(ホームに)パシッ


 セーフ!

こころ(ファースト――無理)

ここあ「あっ……」
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:12:28.63 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「ふぅ」

鞠莉(上手くいったわね)


花丸「同点ずら!」

ルビィ「まだワンナウト満塁だよ!」


ダイヤ「ふふふ」

ダイヤ(完璧ですよ、鞠莉さん)


こころ(また、読み負けた)

こころ(黒澤ダイヤ……)ギリッ
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:12:55.86 ID:HGd5x8Sk0
ここあ「……」

笠野「ここあ、よく投げたな」

ここあ「……ごめんなさい」

板本「謝るなよ、まだ同点」

笠野「ここはしっかり抑えるから、裏で点を取ればサヨナラだ」

ここあ「……うん」


笠野「こころも、引きずるなよ」

こころ「はい、分かってます」
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:13:22.47 ID:HGd5x8Sk0
千歌「笠野さん」

ダイヤ「典型的なパワー型のピッチャー」

千歌「私やダイヤさんには辛いタイプですね」


ダイヤ「しかし、点を取らなければ」

ダイヤ「梨子さんの状態を考えれば、プレッシャーのかかる同点の状況にはしたくない」

ダイヤ「何とか、攻略しましょう」

千歌「はいっ」
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:13:48.78 ID:HGd5x8Sk0
『6番キャッチャー高海さん』


千歌(だけど、特にダイヤさんは相性が悪いタイプ)

千歌(打つなら私)

千歌(私が梨子ちゃんを助けるんだ!)


こころ(変化球を投げて、崩れても困る)

こころ(とにかくストレート、押し切ります!)


笠野(よしっ!)シュッ

 ストライク!
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:14:16.92 ID:HGd5x8Sk0
千歌「わっ」

千歌(は、早い)


こころ(驚いていますね)

こころ(前回対戦時の笠野さんは、公式戦モードではなかったですから)


千歌(とにかく合わせて)

千歌(追い込まれる前に、ストライク来たら、打つ)

千歌(ランナーもみんな足は速いし、転がしても何とか!)


笠野「打たせねえ!」シュッ


千歌(打つ!)

 キン
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:14:44.36 ID:HGd5x8Sk0
千歌「あぐっ」

こころ「オーライ」パシッ


 アウト!


千歌(完璧に押された……)


ダイヤ「大丈夫ですよ、千歌さん」

千歌「ダイヤさん……」

ダイヤ「私に任せてください」
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:15:11.27 ID:HGd5x8Sk0
『7番レフト黒澤ダイヤさん』


善子「同点、ツーアウト満塁」

花丸「勝負の分かれ目、ずら」

ルビィ「お姉ちゃん!」


ダイヤ(さて……)


こころ「外野! 前!」

こころ(この人は外野までフライが飛ぶことさえほとんどない)

こころ(シンプルに――押し切ります)


笠原「OK!」シュッ


ダイヤ(甘い)キンッ

 ファール!
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:15:41.02 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(捉えたつもりでしたが……)ビリビリ

こころ(よし、今の甘いコースでも押されている)

こころ(この腕の細さで、笠野さんのストレートは打てない)

こころ(そうなると……)


 ボール

 ファール!

 ファール!



ダイヤ「ふぅ……」
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:16:15.11 ID:HGd5x8Sk0
こころ(やはり、粘ってフォアボール狙い)

こころ(笠野さんの制球の悪さも考えれば、それしかないでしょう)


笠野「ちっ」シュッ

 ボール!


こころ(これで、自爆したらまた思う壺)

こころ(とにかくストライクゾーンに!)スッ

こころ(ヒットはない、投げ続ければいつかは打ち取れる)


笠野(ごもっとも)シュッ

 キンッ

 ファール!
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:16:45.59 ID:HGd5x8Sk0
善子「当たっても弱々しい打球がファールゾーンに飛ぶだけ」

千歌「これじゃあ……」


 ファール!


ルビィ「大丈夫」

千歌「ルビィちゃん?」

ルビィ「お姉ちゃんは、絶対に打つよ」

花丸「ルビィちゃん……」
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:17:20.25 ID:HGd5x8Sk0
 ボール!


こころ(スリーボール)


ダイヤ(整いましたね、状況は)

ダイヤ(カウントも、タイミングも)

ダイヤ(これで、制球に難のある変化球は間違いなくない)

ダイヤ(押し出しを嫌がるなら――)


こころ(……仕方ない)

笠野(こうなりゃ手は一つ)

笠野(困った時の――ど真ん中ストレート!)シュッ

こころ(これで、押し切る!)
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:17:47.64 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(私は確かに非力)

ダイヤ(しかし、スピードのあるボールを金属バットで完璧に捉えれば――)

ダイヤ(パワーはなくとも、打球は飛びます!)


 カッキ――ン!


笠野「なっ」


善子「嘘っ、外野に飛んだ!」

花丸「だけどやっぱり勢いは――」

ルビィ「大丈夫だよ!」


こころ(外野は定位置より前に出してる)

こころ(これだと――)
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:18:22.55 ID:HGd5x8Sk0
長崎(駄目だ、届かない!)


ルビィ「外野超えた!」


曜「よし、1点!」ホームイン

果南「2点!」ホームイン


こころ(この球場は広い、これは)


鞠莉「3点目――ダイヤも」

果南「3塁蹴った!」
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:18:49.48 ID:HGd5x8Sk0
板本「急げ! バッターも帰ってくる!」


ダイヤ(無駄ですわ!)


長崎「くっ」シュッ

こころ(駄目、間に合わない……)


ダイヤ「4点目――です!」


花丸「ランニングホームランずら!」

善子「ダイヤ!」
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:19:15.60 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「凄いわダイヤ!」

果南「まさかのホームランじゃん!」

ダイヤ「ふふっ、たまたまです」


ダイヤ(そう、様々な要素が重なった結果。運が良かっただけ)

ダイヤ(それでも、最高の場面で、最高の打撃)

ダイヤ(そしてなにより)


ルビィ「お姉ちゃん! 凄いよ!」


ダイヤ(ルビィとの、アベックホームラン)

ダイヤ(本当に、最高ですわ)
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:19:48.75 ID:HGd5x8Sk0
笠野「……」

吉田「……」

岡野「……」

村田「……」


板本(流石に、言葉も出ないわな)

板本(4点、上手くいけば、取り返せない点差じゃないはず)

板本(だけどこれは、いくらなんでも状況が悪すぎる)
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:20:14.14 ID:HGd5x8Sk0
こころ「皆さん」

板本「こころ……」

こころ「まだ、試合は終わっていません」

笠野「……そうだな」


こころ「頑張りましょう、最後まで」

こころ「音ノ木坂としての誇りを持って」

板本「……ああ」
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:20:44.71 ID:HGd5x8Sk0
【9回裏】Aqours10−6μ’s


 バッターアウト!

立本「くっ」


千歌(よしっ、球の勢いが戻った)

千歌(やっぱり精神的に余裕があるお陰かな)

梨子(ワンナウト……)
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:21:10.10 ID:HGd5x8Sk0
『1番センター長崎さん』


 キンッ

千歌「ルビィちゃん!」


ルビィ「うゅ――あっ」ポロッ

曜「おっと」


千歌(や、やっちゃった、エラー)

千歌(どうしよう、これでまた気持ちが――)
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:21:44.44 ID:HGd5x8Sk0
梨子「大丈夫だよ、千歌ちゃん」

千歌「梨子ちゃん」

梨子「ルビィちゃんも落ち着いて、次はお願いね」

ルビィ「は、はい!」

千歌(梨子ちゃん、冷静だ)


『2番キャッチャー矢澤こころさん』


こころ(エラーとはいえランナーが)

こころ(私も続く)

こころ(次は板本さん、連打なら試合はまだ分からない)
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:22:11.05 ID:HGd5x8Sk0
梨子「……」シュッ

こころ「やっ」カキン!

 ファール!


こころ(今のはフォーク)

こころ(この回、すっぽ抜けなくなったけど、キレは落ちてる)


千歌(もう1球)

梨子(うん)コクリ

 シュッ


こころ(これなら打てる!)カキーン!


果南「げっ、レフト線――」

 ファール!
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:22:39.08 ID:HGd5x8Sk0
千歌(あ、あぶなっ)

千歌(次はどうしよう。スライダー?)

千歌(とにかく、低めに変化球を)


梨子(……)ブンブン


千歌(えっ、じゃあこっち?)

梨子(違う)

千歌(もしかして、これ?)

梨子(……)コクッ
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:24:18.15 ID:HGd5x8Sk0
こころ(ずいぶん、サインを決めるのに手間取っていますね)

こころ(だけど、今の梨子さんのボールなら、どれが来ても私は打てる)


梨子(UTXとの試合)

梨子(千歌ちゃんが信じてくれた、自信をくれた)

梨子「……」グッ


こころ(さあ、いったいなにを――)


梨子(だから――投げられる!)

梨子「やっ!」シュッ


こころ「!」ブンッ


 バッターアウト!
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:24:48.99 ID:HGd5x8Sk0
こころ「す、ストレート」

こころ(あの梨子さんが……)


千歌「梨子ちゃん!」

梨子「ふふっ、いい球だったでしょ」

千歌「うん、最高!」


こころ(まさか、ここまでの直球を投げられるようになるなんて)

こころ(……敵に塩を送ったのは、失敗でしたか)


こころ「板本さん、あとはお願いします」

板本「……」
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:25:24.08 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート板本さん』


梨子「あと、1人」


板本(終われない、私たちは名門音ノ木坂)

板本(ファンの期待、学校の期待、OGの期待、チームメートの期待――)

板本(背負っているものを、裏切るわけにはいかない!)


千歌(梨子ちゃん、もう1球ストレート!)

梨子(うん!)シュッ


板本(ストレート!)ブンッ
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:26:09.75 ID:HGd5x8Sk0
 カキン

梨子「ショート!」

千歌「曜ちゃん!」


曜「オーライ!」


板本(……あーあ、失敗した)

板本(いくら辛そうだからって、梨子を追い出さなきゃよかったな)

板本(私もこころも、甘すぎた)


板本(まあ、仕方ないよな)

板本(大変だろうけど、決勝、頑張れよ)


 アウト!



【試合終了】 Aqours10−6μ’s
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:02:20.24 ID:HGd5x8Sk0
 ―試合後・宿舎―


千歌「あとどれぐらいかかるかなぁ」

曜「そろそろだと思うけど……」

千歌(宿舎のロビーで梨子ちゃんを待つ私と曜ちゃん)

千歌(試合後、肩の違和感を訴えた彼女が、病院から帰ってくるのを待っている)


曜「梨子ちゃん、大丈夫かな」

千歌「うん……」

千歌(病院へ連れ行ってくれた善子ちゃんのお母さんは、単純な疲労だと言っていた)

千歌(だけどもし、どこかを故障していたら)

千歌(彼女の選手生命に、大きなダメージを与えるかもしれない)

千歌(そして次の試合、聖泉女子に勝つのも難しくなってしまう)

千歌(果南ちゃんには荷が重い、そして曜ちゃんも――)
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:02:50.95 ID:HGd5x8Sk0
梨子「ただいま」


千歌「あっ」

曜「梨子ちゃん!」


善子母「あら、2人とも待ってたの?」

千歌「だって、心配で」

曜「状態は?」


梨子「軽い炎症を起こしているだけみたい」

善子母「一応、投球を禁止されたりはしなかったわ」
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:03:18.65 ID:HGd5x8Sk0
千歌「そっか」

曜「ひとまず安心、なのかな?」


梨子「だけどね、また違和感が出た場合、その後は投げちゃ駄目らしいの」

梨子「球数を多く投げるのは、厳しいかもしれない」

曜「そっか……」

千歌「……」


曜「……そうなったら、私が投げるよ」

千歌「曜ちゃん、大丈夫なの?」
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:03:47.96 ID:HGd5x8Sk0
曜「仕方ないじゃん、他に選択肢ないし」

曜「ちょっと善子ちゃんと、色々相談してくる」

千歌「あっ、うん」

曜「梨子ちゃん、ゆっくり休んでね」

梨子「ありがとう」


梨子「じゃあ、私も部屋に戻るね。できるだけ安静にしていたいから」

千歌「分かった、おやすみ」

梨子「うん」
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:04:15.27 ID:HGd5x8Sk0
千歌「……実際、梨子ちゃんの肩はどうなんですか?」

善子母「できたら、投げさせたくないとは言われたわね」

善子母「もちろん、決勝戦を前にした野球選手が、それを聞き入れるわけがないけど」

千歌「……」


善子母「もし、危ないと感じたら止めてあげて」

善子母「一応、ダイヤちゃんにも話しておく」

善子母「だけど止められるのは、あなたしかいないわ」

千歌「……分かりました」
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:04:46.70 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎・花丸の部屋―


ルビィ「ぅゅゅ」スヤスヤ


善子「見事に寝てるわねぇ」

花丸「可愛い寝顔だよね」

善子「これまでも、ずっとこうなの?」

花丸「今日は特に疲れているみたいだから」

善子「最後の方、ガタガタだったものね」

善子「原因は疲労なのか、精神面なのかまでは分からないけど」
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:05:14.20 ID:HGd5x8Sk0
花丸「ルビィちゃんは、他の人より苦労が多い子だから」

花丸「みんな疲れているような状況では、なおさらね」


善子「あんたも、疲れてるんじゃないの?」

花丸「なんで?」

善子「元々体力は少ない方だし」

花丸「マルは平気、他のみんなより背負ってるものは少ないから」

花丸「あっさり凡退、守備でもみんなに助けてもらう、それだけだもの」
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:05:45.24 ID:HGd5x8Sk0
善子「そんなに自分を卑下するもんじゃないわよ」

善子「あんたは十分、チームに貢献している、それは私が保証するわ」

花丸「ありがとう、善子ちゃん」


花丸「だけど、1番きついのは善子ちゃんかもね」ギュッ

善子「いっ――ちょっと、どこ摘まんでるのよ」


花丸「また新しい痣ができてるね」

善子「それはまあ、死球を受けてばかりだもん」

善子「でもこれは勲章みたいなもんだから、いい気分よ」

花丸「流石善子ちゃん、変な子ずら――」
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:06:12.97 ID:HGd5x8Sk0
曜「ここか!」バンッ


花丸「ずらっ!?」

善子「ヨハッ!?」


曜「善子ちゃん、ちょっと付き合って!」

善子「な、なにに」

曜「色々話さなきゃいけないことが――あー、説明めんどいからとにかく来る!」グイッ

善子「わ、分かったわよ――じゃあおやすみ、花丸」バタン

花丸「ずら〜」
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:06:41.00 ID:HGd5x8Sk0
花丸「……相変わらず、嵐のような人ずら」

ルビィ「だね」


花丸「あっ、ルビィちゃん、起きちゃった?」

ルビィ「うん」

花丸「まったく。眠り姫の睡眠を妨害するなんて、困った先輩ずら」

花丸「善子ちゃんが毎回あっさり流されるせいもあるよね、もう」

ルビィ「あはは、だけど曜ちゃんたちらしいよね」
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:07:12.52 ID:HGd5x8Sk0
花丸「もう少し寝る?」

ルビィ「ううん、平気」

花丸「無理しなくていいよ」

花丸「チームの主力のルビィちゃんは、しっかり休まないと」

ルビィ「ルビィは主力じゃないよぉ」


花丸「それは無理があるよ。今日だって、大活躍だったのに」

ルビィ「たまたまだよ、それは」

ルビィ「今日だって、花丸ちゃんが最後まで居てくれなかったら、最後までプレーすらできなかったかもしれない」

ルビィ「花丸ちゃん抜きでは動けないルビィは、まだ半人前だよ」
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:07:38.99 ID:HGd5x8Sk0
花丸「そんなことないよ。ルビィちゃんは、立派な一人前の選手ずら」

ルビィ「それでも、ここまで来られたのは花丸ちゃんのおかげ」

ルビィ「ありがとう、ルビィと一緒に居てくれて」


花丸「……マルの方こそ、ありがとうだよ」

花丸「ルビィちゃんがいなかったら、現実で野球をすることもなかった」

花丸「こんな素敵な体験をすることなんて、できなかった」

ルビィ「うん」
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:08:30.95 ID:HGd5x8Sk0
花丸「夢みたいだよね、今の状況」

ルビィ「全国大会の、決勝戦だもんね」

花丸「凄い場所まできたこと、実感するよ」

ルビィ「ほんの数か月前まで、ずっと2人だけで野球をしていたのに」


ルビィ「だけど、ここで満足しちゃ駄目だよね」

ルビィ「決勝戦、お姉ちゃんの為にも絶対勝つ」

花丸「あと1試合、頑張ろう」

ルビィ「一緒に、ね」
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:08:57.15 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎周辺・公園―


ダイヤ(98)ブン

ダイヤ(99)ブン

ダイヤ(100)ブン


ダイヤ「ふぅ」

ダイヤ(やはり、試合後は疲れていますね)
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:09:23.20 ID:HGd5x8Sk0
果南「ダイヤ」

ダイヤ「あら、果南さん」

果南「お疲れ。ほい飲み物」

ダイヤ「ありがとうございます」


果南「……もうここまで来たら、身体を休ませた方がよくない?」

ダイヤ「一応、習慣ですから」

ダイヤ「人目に付かない場所で、こっそりと素振りをする習慣は」


鞠莉「もー、相変わらず融通が利かないわねぇ」

ダイヤ「鞠莉さんも」

鞠莉「どうしてダイヤは、そんなにも頭が固いのかしら――ほら、タオル」

ダイヤ「ふふっ、すみません」
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:09:49.30 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「今日よかったわね」

ダイヤ「ああ、試合に無事勝利できて」


果南「違うよ、ホームラン」

鞠莉「ずっと、打ちたいと言ってたもんね」

ダイヤ「そ、そうでしたか?」ポリポリ

鞠莉「ほら、また嘘をつくときの癖が出てる」

果南「分かりやすいなあ」
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:10:17.27 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「だけど、ランニングホームランですから」

ダイヤ「普通より前進した相手でなければ、ただの外野フライ程度の打球での」


鞠莉「それでも、昔のダイヤだったら外野の頭を超えることはなかった」

果南「親から野球を取り上げられて、1人になってからも影で頑張ってきたからこそのホームラン」

鞠莉「もっと、胸を張りなさい」

果南「そうだよ」

ダイヤ「……ええ、そうですね」
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:10:51.72 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「だけど、決勝か」

果南「そういえば、ダイヤ」

ダイヤ「はい?」

果南「もし負けたら、ダイヤはどうなるの?」

鞠莉「ああ、お父様との約束ね」


ダイヤ「さあ、どうなのでしょうか」

ダイヤ「父の言うことに必ず従う、という約束しかしていませんので」

果南「何その、白紙の委任状みたいなの……」
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:12:28.12 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「気にすることはないでしょう」

ダイヤ「今の私たちが負けることなど、あり得ない仮定です」

鞠莉「相変わらず、強気ねぇ」

ダイヤ「ただ……」

果南「ただ?」


ダイヤ「私の件が、ルビィに過剰なプレッシャーをかけてしまっている」

ダイヤ「その点は、妹に申し訳ないと」
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:12:54.13 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「大丈夫よ、あの子ならきっと、乗り越えられる」

果南「ルビィの強さを一番理解しているのは、ダイヤのはずでしょ」

ダイヤ「しかし……」


鞠莉「……信じましょう、あの子を」

鞠莉「最後は、自分で自分に勝つしかない」

果南「私たちはそれを信じて、自分の最善を尽くす」

果南「それしかできないよね」
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:27:17.66 ID:HGd5x8Sk0
 ―宿舎・梨子の部屋―


梨子「っ」

梨子(肩、痛い)

梨子(私は丈夫な選手じゃない)

梨子(この連投は、負担が大きい)

梨子(だけど泣き言は言えない)

梨子(曜ちゃんは調子を崩したのは、元をたどれば私のせい)

梨子(責任は、果たさないと)


梨子(だけど、眠れない)

梨子(どうしよう、少しでも回復しないといけないのに)

梨子(なにか、心落ち着かせる方法は)

梨子(……飲み物でも、買いに行こうかな)
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:28:09.22 ID:HGd5x8Sk0
 ガチャ


梨子(この時間だし、糖分とかは……)

梨子(だけどむしろ飲むべきかな、疲労回復を考えると――)


善子「あら、リリー」

梨子「善子ちゃん」

善子「どうしたの、こんな時間に」

梨子「こんな時間?」

善子「もう夜中よ、いま」

梨子「へっ」

梨子(そんな、まともに眠れていないのに……)
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:28:46.46 ID:HGd5x8Sk0
善子「……ふむ」

梨子「な、なに?」


善子「どうも、心が乱れているみたいね」

梨子「わ、分かる?」

善子「私にはお見通しよ、あなたの肩の痛みまで含めてね」

梨子「よく分かったね」

善子「私は人のことをよく見ているの」

善子「動作に違和感があれば気づくわ」
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:29:40.61 ID:HGd5x8Sk0
梨子「……そっか、流石善子ちゃん」

善子「痛みで眠れないのね」

梨子「うん」


善子「それなら、いい方法があるわ」

梨子「いい方法?」

善子「これ、お守り」スッ

善子「肩の痛みが引いて、最後まで持つように、堕天使の加護を与える宝具よ」
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:30:19.67 ID:HGd5x8Sk0
梨子「……そっか、ありがとう」

善子「あ、あれ、受け取ってくれるの?」

梨子「分かってる、少しでも気を間際らそうとしてくれたんだよね」

善子「……うん」


梨子「善子ちゃんにはね、本当に感謝してるよ」

梨子「イップスを治してくれて、今もこうやって助けてくれて」

梨子「私はあなたのおかげで、こうやって野球を楽しめて」

梨子「音ノ木坂に勝つこともできた」

梨子「本当にありがとう、善子ちゃん」
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:30:54.45 ID:HGd5x8Sk0
善子「ら、らしくないわね」

梨子「もうすぐ決勝だから、感傷的になっているのかも」


善子「……決勝戦では、私のポジションに打たせることね」

善子「三振なんて必要ない、どんな打球でも華麗に捕ってみせるから」

梨子「ふふっ、ありがとう」

善子「な、なに感謝してるのよ。そうすれば目立てるから言ってるだけよ!」

梨子「はいはい、分かってるわ」

善子「あー、信じてないわね!」
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:31:38.44 ID:HGd5x8Sk0
 ―決勝戦当日・グラウンド―


果南「決勝、か」

ダイヤ「よくここまで来ましたわね――ん?」


ルビィ「は、花丸ちゃん」ブルブル

花丸「お、落ち着くずら、ルビィちゃん」ブルブル


ダイヤ「……大変そうですわね、なかなか」

果南「そうだね」ブル

鞠莉「あら、果南もずいぶんと」

果南「む、武者震いだよ」
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:32:09.52 ID:HGd5x8Sk0
善子「まったく、みんな情けないわね」

曜「善子ちゃん、平気なの?」

善子「もちろん。堕天使には精神的圧力など関係ないわ」

曜「あはは、それはすごいね」


曜「だけど無理なくね。少し緊張してるぐらいが集中できるだろうし」

善子「そういうあなたは、ずいぶん余裕がありそうね」

曜「大きな試合、慣れてるからね」
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:33:01.77 ID:HGd5x8Sk0
善子「……正直、今日曜さんが投げるかもしれないって言われた時点で、私は緊張しっぱなしよ」

曜「だよね。無理してる感あったし」


善子「ねえ、本当に私でいいの?」

善子「全国に来てからの投球内容」

善子「カーブは基本的に使わないことを考えれば、捕手を千歌さんに戻した方がいいかもしれない」


曜「いいんだよ」

曜「私たちは最後まで2人でバッテリーだから」

善子「でも……」
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:33:37.32 ID:HGd5x8Sk0
曜「大丈夫、相談したとおり」

曜「いざとなれば、あの方法を使えば大丈夫だよ」

善子「ギャンブルだけどね、ずいぶんと」

曜「でもさ、そういうの好きでしょ」

善子「……まあね」


曜「自信を持ちなよ」

曜「君は私が認めた、大切な女房役なんだから」

善子「……ええ」
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:34:09.83 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ふわぁ、超満員」

梨子「昨日の夜から並んでいた人もいたみたいよ」

千歌「凄いね」


千歌「梨子ちゃん、肩の調子はどう?」

梨子「おかげさまで今のところ落ち着いてるみたい」

梨子「最後まで持つよ、きっと」

千歌「そっか、よかった」


千歌(だけど、ブルペンでは全然球がきてなかった)

千歌(負担をかけないように、抑えて投げているだけならいいんだけど)
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:34:46.27 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ダイヤさん、改めて聖泉女子について」


ダイヤ「はい」

ダイヤ「春同様、鹿角姉妹のバッテリー、特に鹿角聖良が中心のチーム」

ダイヤ「聖良さんはここまで3失点しか喫しておらず、絶好調です」


ダイヤ「打線は春より強力になっている」

ダイヤ「得点数も、全体トップクラス」

ダイヤ「1年生が多いチームですから、伸びしろがあったのでしょう」

ダイヤ「圧倒的な能力を持つエースを擁しながら、音ノ木坂に匹敵するチーム力を持っている、そんな相手です」
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:35:37.16 ID:HGd5x8Sk0
千歌「だけどやっぱり、聖良さん」

曜「前回、手も足も出なかった最強の投手」

ダイヤ「私たちが勝つには、彼女を攻略するしかない」

ダイヤ「球速はさらに上がり、スプリットも切れ味を増している」

ダイヤ「正直、これといった攻略法はありません」

ダイヤ「ただ喰らいついて、少ないチャンスを生かす、それだけ」

果南「まあ、何とかなるよ」

鞠莉「それに、投手の力ならこっちも負けてないんだから」

ダイヤ「ですわね」


ダイヤ「では、千歌さん」

ダイヤ「あとは、お願いします」

千歌「はい!」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:36:47.01 ID:HGd5x8Sk0
千歌「みんな」

千歌「このチームは、春の大会では0だった」

千歌「県大会で0を1に、音ノ木坂との試合でさらにその先へと辿りつけた」

千歌「この試合でも、きっとそれができる」

千歌「絶対に、勝てるよ」


千歌「0から1へ!」

千歌「1から、その先へ!」

千歌「Aqours〜」


全員「「「サンシャイン!!!」」」
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:37:22.76 ID:HGd5x8Sk0
〔第10回全国女子高等学校野球選手権 決勝〕

【浦の星女学院『Aqours』(後攻)VS函館聖泉女子高等学院『Saint Snow』(先攻)】


 先発メンバー

Aqours
1:ニ・ルビィ
2:中・善子
3:遊・曜
4:三・果南
5:右・鞠莉
6:捕・千歌
7:左・ダイヤ
8:投・梨子
9:一・花丸


Saint Snow
1:捕・理亞
2:遊・間宮
3:一・内村
4:中・柳澤
5:投・聖良
6:三・松尾
7:右・下林
8:左・江戸川
9:二・牧田
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:37:59.76 ID:HGd5x8Sk0
【1回表】 Aqours0−0Saint Snow


『1番キャッチャー鹿角理亞さん』


理亞(先発は桜内梨子)

理亞(渡辺曜にリベンジのつもりだったのに……)


理亞(でも、引き摺り下ろせばいい)

理亞(早々にKOしてしまえば、渡辺曜とヤれる)


 カキーン!
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:38:33.34 ID:HGd5x8Sk0
柳澤「センター前ヒット! ナイス理亞!」


千歌(いきなりか)

千歌(だけど今日は想定内)


理亞(疲れているのか、球が走ってない)

理亞(丈夫な姉様とは大違い、これならいくらでも打てる)


理亞(次はきっとバント)

理亞(だけど勿体ない、走ってしまった方が早い)

理亞(一応、私はグリーンライトを許可されてる)

理亞(捕手は高海千歌、失敗するわけがない)
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:39:02.23 ID:HGd5x8Sk0
千歌「梨子ちゃん」

梨子「ええ」


『2番ショート間宮さん』

理亞(カウント悪くなる前に、初球から)


梨子「……」スッ


理亞(よしっ)ダッ

梨子「!」シュッ


理亞(クイック早い!?)

千歌「やっ」パシッ――シュッ


 アウト!
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:39:35.48 ID:HGd5x8Sk0
理亞「ぐっ」

理亞(送球も……)

理亞(肩は強くないけど、以前はあんなに送球動作に入るのが早くなかった)

理亞(成長、している証拠?)


聖良「理亞」

理亞「姉様……」

聖良「落ち着いて、今のは冷静さを欠いていました」

理亞「はい……」

理亞(くそっ、高海千歌……)
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:40:04.11 ID:HGd5x8Sk0
【1回裏】Aqours0−0Saint Snow


『1番セカンド黒澤ルビィさん』


ルビィ「うゅ……」

ルビィ(結局、初回は3人で抑えた)

ルビィ(裏の攻撃、頑張りたいけど……)


理亞(ルビィ)

理亞(緊張しているのかしら、地に足がついていない感じ)


花丸「ルビィちゃん、ファイトずら!」
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:41:54.27 ID:HGd5x8Sk0
聖良「ふっ」シュッ


ルビィ(は、速いっ)

 ストライク!


ルビィ「うぅ」

 ストライク!


 バッターアウト!


ルビィ(うぅ、やっぱり身体が上手く動かない)

花丸「ルビィちゃん……」
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:42:36.70 ID:HGd5x8Sk0
『2番センター津島さん』


善子(やっぱり速いわね)

善子(球速だけなら、今までで一番速い)

善子(決勝まではほぼ1人で投げ抜いてきているはずなのに、よくこの状態を保てるわね)


 ストライク!

善子(アウトロー……)


 ストライク!

善子(また、同じコースね)
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:43:03.44 ID:HGd5x8Sk0
善子(どんどんストライクを取りに来る)

善子(打たれないという自信?)

善子(体力的な不安?)

善子(とにかく、あっさり凡退は避けたい)


聖良「――」シュッ


善子(ストレートで押してくるなら、十分)ブンッ


 バッターアウト!


善子「くっ、スプリット」
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:43:32.57 ID:HGd5x8Sk0
理亞「ふふん」

善子(ドヤ顔、ムカつくわね)


善子「曜さん、球は走ってるわ」

曜「みたいだね」


『3番ショート渡辺さん』

聖良(さて、ここですね)

聖良(試合の鍵を握る、個人的にも楽しみにしていた曜さんとの対決)

聖良(きっちり抑えなければ)
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:44:01.86 ID:HGd5x8Sk0
曜(追い込まれるとスプリットが来る)

曜(その前に、初球から叩く)


聖良(ストレート!)シュッ

曜(このぐらいのスピード、想定内!)カキン!


千歌「痛烈!」

花丸「だけどショートに――」


間宮「やっ」パシッ

 アウト!
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:44:27.13 ID:HGd5x8Sk0
曜「あー、捕られた……」

曜(相変わらず、守備範囲広いな)


聖良「ふぅ」

聖良(助かりましたね、流石間宮さん)


理亞「姉様!」

聖良「理亞」

理亞「危なかった」

聖良「そうですね、やはり曜さんは手ごわい」

聖良「もっと慎重に、攻める必要がありますね」
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:44:58.08 ID:HGd5x8Sk0
【2回表】Aqours0−0Saint Snow


『4番センター柳澤さん』

 カキーン!


間宮「ヒットだ!」

理亞「ナイスバッティング!」


千歌(また先頭を出しちゃった)

千歌(だけどさっきは、次が間宮さん)

千歌(今度は――)
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:45:24.39 ID:HGd5x8Sk0
『5番ピッチャー鹿角聖良さん』


千歌(長打は嫌だな)

千歌(とにかく低く、今日の球威で浮くとマズい)

梨子(うん)シュッ


聖良「ふっ」カキーン!


梨子「引っ張った!」

千歌「ヤバい、三塁線抜かれ――」


果南「やっ!」ザザッ――パシッ
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:45:55.45 ID:HGd5x8Sk0
柳澤「なっ」

聖良「捕られた!?」


果南「ルビィ!」シュッ

ルビィ「は、はい」パシッ

 アウト!


ルビィ「ま、マルちゃん!」シュッ

花丸「ずらっ」パシッ

 アウト!
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:46:24.66 ID:HGd5x8Sk0
千歌「果南ちゃん! ナイス!」

果南「あはは、結構いい感じだったでしょ」

果南(エラーしなくてよかった……)


梨子「ふぅ」

梨子(助かった)

梨子(これで、この回も何とかなりそう)

梨子(だけど肩。思ったより動かない)

梨子(お願い、最後まで持って)
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:46:50.14 ID:HGd5x8Sk0
【2回裏】Aqours0−0Saint Snow


果南「うりゃ!」カキ――ン!


ルビィ「打ったよ!」

花丸「大きいずら!」

ダイヤ(いや、少し足りない)


柳澤「よっと」パシッ

 アウト!


柳澤「あぶねぇ、あと数メートルでホームランじゃん」
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:47:20.16 ID:HGd5x8Sk0
果南「あー、上がりすぎた」


聖良「ワンナウト!」

聖良(冷や汗ものですね)

聖良(ただ、アウトはアウトです)


『5番ライト小原さん』

 カキ――ン!


千歌「これもセンター!」


柳澤「またかっ」パシッ

 アウト!


柳澤「聖良先輩から2連続大飛球、この二人もぱねぇな!」
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:48:42.98 ID:HGd5x8Sk0
理亞(この2人、相変わらず姉様のストレートに全く力負けしない)

理亞(次はもっと注意しないと)


曜「惜しかったね」

鞠莉「ちょっとずれたかも」

鞠莉「だけど練習試合の時から、タイミングが合うのは変わってない」

果南「そうだね。基本は直球だし、私たちにはちょうどいい」

曜「へぇ」
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:49:12.57 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(この試合、鍵は果南さんと鞠莉さんになるかもしれませんわね)


 バッターアウト!


曜「ありゃ、千歌ちゃんはあっさり三振」

鞠莉「序盤の元気な内は、私たち以外が打つのは厳しいかもね」

果南「クリーンナップで、次は点を取ろう」

曜「うん」


曜(だけど、点の前にヒット)

曜(まだ0のまま、それを早く1にしたい)

曜(そうしないと、前回対戦した1・2年のメンバーの硬さは取れないかも……)
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:49:43.17 ID:HGd5x8Sk0
【4回表】Aqours0−0Saint Snow


『2番ショート間宮さん』


梨子(ここまで、何とかゼロ行進)

梨子(毎回、ランナーは出すけど、バックの守備に助けられてる)

梨子(パーフェクトな聖良さんの投球内容を見る限り、できれば先に失点はしたくない)

梨子(せめて先制するまで、耐えないと)
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:50:12.10 ID:HGd5x8Sk0
間宮「おりゃ」カキーン


鞠莉「オーライ」パシッ

 アウト!


梨子「ワンナウト!」


『3番ファースト内村さん』

 カキーン


善子「ふっ」パシッ

 アウト!
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:50:39.72 ID:HGd5x8Sk0
千歌(ライトフライ、センターフライ)

千歌(いつもと違ってゴロではないけど、ポンポンと2アウト)

千歌(大丈夫、上手くかわせている)


『4番センター柳澤さん』

柳澤「しゃっす!」


千歌(だけど、問題はこの人)

千歌(聖良さんに遜色ない打力)

千歌(正直、どこに投げればいいのか分からない)


千歌(とにかくフォアボールでもいいから、厳しいコースに集める)

千歌(外に、シンカー)

梨子(うん)コクッ

 シュッ
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:51:25.53 ID:HGd5x8Sk0
柳澤「!」ブンッ

 カキ――ン!


千歌「あっ」


間宮「左中間!」

理亞「二塁打!」


千歌(コースは悪くなかったのに無理やり……)

千歌(まるで曜ちゃんみたいな打撃)

千歌(いやでも、ここまでは想定内)
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:52:16.83 ID:HGd5x8Sk0
『5番センター鹿角聖良さん』


千歌(この人)

千歌(やっぱり同じように、低めの、外に逃げる変化球)

千歌(大丈夫、柳澤さんほど、聖良さんは器用な打撃はしない)


梨子(外に、スライダー)シュッ

梨子「あっ」


千歌(しまった、真ん中に――)


 カキ――――――ン!!!
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:52:42.76 ID:HGd5x8Sk0
千歌「あっ……」


理亞「入った! ホームラン!」

間宮「すげぇ! バックスクリーン弾!」

理亞「流石姉様!」


柳澤「聖良先輩! パないっす!」

聖良「ありがとう、柳澤さん」

聖良(よしっ)グッ
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:53:10.10 ID:HGd5x8Sk0
果南「梨子」

梨子「果南さん」

果南「落ち着いていこう、まだ2点」

梨子「はい」


果南(よし、梨子は問題なさそう)

果南(だけど……)


曜「……」

ルビィ「……」


果南(あっちは……)
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:54:43.89 ID:HGd5x8Sk0
【5回裏】Aqours0−2Saint Snow


千歌(後続はしっかり切った)

千歌(だけど私たちの攻撃、自慢の上位打線が、あっさり3者凡退)

千歌(曜ちゃん、明らかに力が入った様子で、らしくなくて)

千歌(逆に表の攻撃も初めて3者凡退で抑えられたけど、このままだと……)


『4番サード松浦さん』

果南(さて、流れ変えないと)


理亞(さっきは、ストレートを打たれた)

理亞(こいつは前の試合でも打ったのはストレート、スプリットはまだ無安打)

理亞(だった、初球から見せる)

理亞(頭の中、混乱させてやる)
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:55:12.05 ID:HGd5x8Sk0
 シュッ

果南(よしっ、甘い)


 ストン

果南(ありゃ、落ちた?)

 カキ――ン!


ダイヤ「これは――」

千歌「三遊間抜けた!」

善子「初ヒット!」
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:55:39.30 ID:HGd5x8Sk0
理亞(どうして、明らかに裏をかいていたのに)

果南(いやー、危なかった)

果南(とっさに反応出来てよかったよ)


鞠莉(相変わらず、滅茶苦茶な打撃)

鞠莉(ふふっ、キャッチャーの呆然とした顔、少しキュートね)


『5番ライト小原さん』

鞠莉(いいわね、この感じ)

鞠莉(私も続く!)


 カキーン!
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:56:06.26 ID:HGd5x8Sk0
理亞「あっ」

理亞(ピッチャー返し――)


聖良「!」パシッ

 アウト!


鞠莉「あら?」

鞠莉(あれをよく捕ったわね……)
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:56:33.00 ID:HGd5x8Sk0
理亞「姉様!」

聖良「……危なかったですね」

理亞「凄い当たりだったけど、怪我とか」

聖良「問題ありませんよ」

理亞「良かった……」


聖良「2人とも、速いボールは得意そうですね」

聖良「次の打席からは、カーブも織り交ぜてみましょうか」

理亞「うん」
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:57:00.19 ID:HGd5x8Sk0
『6番キャッチャー高海さん』


千歌(うーん、抜けていればバントだったけど――)


ダイヤ(……)スッ


千歌(やっぱりヒッティング)

千歌(いくら前の2人が打てそうでも、私が返せないと話にならない)


理亞(とにかくストレート)

理亞(こいつはそれで十分)
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:57:33.84 ID:HGd5x8Sk0
千歌「やっ」カキン

理亞「よしっ」パシッ

 アウト!


千歌「むぅ、キャッチャーフライ」


『7番レフト黒澤ダイヤさん』


ダイヤ(私が――)キンッ


間宮「オーライ」パシッ

 アウト!
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:58:09.49 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(また押されてしまいましたか……)


果南「ダイヤ、ドンマイ」

ダイヤ「ええ」


ダイヤ(笠野さんと違って、決め球になる変化球がある分、決め打ちはできない)

ダイヤ(しかし、私か千歌さんが打たないと、果南さんと鞠莉さんが出ても意味がない)

ダイヤ(やはり聖良さんは、今までの対戦相手とは格が違う)

ダイヤ(攻略の糸口、早めに見つけられなければ……)
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:58:37.71 ID:HGd5x8Sk0
【7回表】Aqours0−2Saint Snow


千歌(6回はお互いに3者凡退)

千歌(いい当たりを打たれても、守備が梨子ちゃんを盛り立てている)

千歌(だけど、ここからの2人は)


『4番センター柳澤さん』

柳澤「しゃーっす!」


千歌(この人を抑える方法は――)

千歌(今日、腕に負担がかからないように極力使わないようにしていたフォーク)

千歌(これを、使うしかない)

梨子「うん」
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:59:17.90 ID:HGd5x8Sk0
梨子「やっ」シュッ

 ストライク!


千歌「ナイスボール!」

千歌(あっさり見逃した)

千歌(もう1球)


 シュッ

柳澤「りゃっ!」ブンッ

 ストライク!
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 07:59:44.33 ID:HGd5x8Sk0
千歌(よしっ、これなら打たれそうにない)

千歌(だけど、流石に3連投は危険かな)

千歌(インハイの釣り球、とにかくボールに)


梨子(ボールに)シュッ


千歌(んっ、ちょっと甘い?)

千歌(だけどボールだし、これなら――)


 カキ―――――ン!!!


千歌「えっ」
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:00:15.82 ID:HGd5x8Sk0
理亞「これはいった!」

間宮「ホームラン!」


聖良「柳澤さん!」


曜「インハイの釣り球を――」

善子「強引に、運ぶなんて……」
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:00:42.34 ID:HGd5x8Sk0
千歌(しまった、フォークで勝負の方がよかった……)

千歌「ごめん梨子ちゃん、私の配球ミス」

梨子「う、ううん。私こそ、コントロールを」

千歌「だけど今のはソロ、気にしない方がいい」

千歌「落ち着いて、集中しよう」

梨子「うん」

千歌(これ以上の失点は……)


梨子(だけど、今のストレート)

梨子(ちゃんと投げられていれば、あそこまでは飛ばされなかった)

梨子(私の肩、もう……)
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:01:11.06 ID:HGd5x8Sk0
『5番ピッチャー鹿角聖良さん』


聖良(様子が、少し変ですね)

 ボール


聖良(球速が明らかに落ちている)

 ボール


聖良(そろそろ、限界でしょうか)

 ボール


千歌(梨子ちゃん……)

 ボールフォア!
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:01:37.66 ID:HGd5x8Sk0
『6番サード松尾さん』


松尾「……」スッ


梨子(バントの構え)

千歌(とにかく、アウトを1つ貰おう)

 コツン


千歌「ファースト!」

 アウト!


千歌「ふぅ」

千歌(とりあえず、ワンナウト)
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:02:06.25 ID:HGd5x8Sk0
千歌「あとは下位3人、ここでアウトを貰おう」

梨子「うん」


『7番ライト下林さん』

梨子(だけど、この人は8・9番に比べて打力のある選手)

梨子(慎重に、慎重に――)


 ボールフォア!

梨子「うぅ」
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:02:32.71 ID:HGd5x8Sk0
『8番レフト江戸川さん』


千歌(駄目だ、梨子ちゃんはもう限界)

千歌(これ以上投げたら、怪我を悪化させちゃうかもしれない)

千歌(だけど、本人はまだ投げる気だ)

千歌(この回だけでも、なんとか)


梨子(フォークの連投で、押し切る!)


江戸川「くっ」ブンッ

 バッターアウト!
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:02:58.54 ID:HGd5x8Sk0
梨子「ツーアウト!」

梨子(あと1人で、チェンジ)


『9番セカンド牧田さん』

千歌(この人は打撃が得意なタイプじゃない)

千歌(梨子ちゃんが、ちゃんとしたコースに投げ込めれば抑えられる)

梨子(抑える!)シュッ


牧田「!」

 カキン!
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:03:27.77 ID:HGd5x8Sk0
千歌(セカンドゴロ!)

梨子「ルビィちゃん!」


ルビィ(ぼ、ボールきた)

 ポロッ


ルビィ「あっ」

花丸「る、ルビィちゃん!」
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:03:53.34 ID:HGd5x8Sk0
曜「落ち着いて! ファースト!」

ルビィ「う、うゅ!」シュッ

 セーフ!


ルビィ「あ、あぁ……」


千歌「ルビィちゃん……」

千歌(ここで、エラー)

千歌(ルビィちゃん、今日はずっと様子がおかしかった)

千歌(キャプテンとして、ちゃんとケアをしてあげなきゃいけなかったのに……)
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:04:20.73 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「そ、その、ご、ごめんなさい……」

梨子「平気よ、気にしないで」


千歌(梨子ちゃん、気丈に振る舞ってる)

千歌(だけど、今のはかなり精神的にきたはず)

千歌(正直、私もキツイぐらいだもん)


千歌(交代、すべきかな)

千歌(だけど、もう点を取られるわけにはいかない)

千歌(曜ちゃんも果南ちゃんも、いきなり投げても制球が定まらないのは明白)

千歌(ここは、梨子ちゃんを信じるしかない)
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:04:47.51 ID:HGd5x8Sk0
『1番キャッチャー鹿角理亞さん』


理亞「お願いします」

理亞(満塁)

理亞(姉様の出来を考えれば、あと1点取れば十分)

理亞(ここで私が、試合を決める!)


梨子「……」

千歌(理亞ちゃんは下位打線の打者とは違う)

千歌(私たちに残されたのは、フォークしかない)

千歌(お願い、頑張って)
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:05:14.92 ID:HGd5x8Sk0
梨子(フォーク)

梨子(とにかく、ゾーンにフォーク――)スポッ


千歌(だ、駄目――)

理亞(甘い!)

カッキ―――――ン!


柳澤「上がった!」

聖良「大きい!」
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:05:43.03 ID:HGd5x8Sk0
千歌「あぁ……」

梨子「……」

梨子(満塁ホームラン)

千歌(そんな、そんな――)


善子「まだよ!」


花丸「善子ちゃん!?」

曜(ボール、追いかけて――)
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:06:30.55 ID:HGd5x8Sk0
善子(ここは捕らなきゃ駄目!)

善子(もしホームランになったら試合が終わっちゃう!)


善子(伸びるな! 野球の神様がいるなら、これまでの散々不幸な目に遭った分の借りを返しなさいよ!)


曜(不思議とボールが伸びない)

曜「善子ちゃん!」


理亞「無駄よ!」

理亞(少なくともフェン直、追いつける打球じゃない)


聖良(いや、落下地点へ向かうのが早い)

聖良(打った瞬間――下手をすればその前に走り出していた)

聖良「これは――」
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:06:58.48 ID:HGd5x8Sk0
善子(フェンス際、スピードを緩めたら追いつけない!)

善子「絶対に、捕る!」


 バンッ!!


柳澤「なっ」

柳澤(全力で走ったまま、フェンスに激突!?)

柳澤(だけど、あれじゃあボールを捕るのは)


鞠莉「善子!」

ダイヤ「善子さん!」
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:07:30.88 ID:HGd5x8Sk0
善子(……)

 アウト!


梨子「えっ」

千歌「アウト!?」

花丸「善子ちゃん!」


理亞「う、嘘でしょ……」

理亞(あいつ、頭のネジがぶっ飛んでるんじゃないの……)


聖良「素晴らしいプレー」

聖良「しかし、これは……」
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:07:58.92 ID:HGd5x8Sk0
審判「君! 大丈夫か!」


善子「……」グッタリ


鞠莉「ダイヤ、善子が、善子が」

ダイヤ「お、落ち着きなさい」

ダイヤ(意識がはっきりしていない、目の焦点もあっていない)

ダイヤ「とにかく、医療班を待たなくては」


ルビィ「善子ちゃん……」

ルビィ(大丈夫、なのかな)

ルビィ(どうしよう、ルビィがエラーをしたせいで……)
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:08:33.47 ID:HGd5x8Sk0
善子(あぁ、ヤバい。身体痛い、頭がグラグラする)


果南「善子!」

花丸「し、しっかりするずら」


善子(手の感覚もないし、何も聞こえない)

善子(しまったな、無茶し過ぎた)


善子(ボール、捕れたのかな)

善子(あの勢いじゃ、落としたかも)

善子(ああ、私って本当に不幸)
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:09:18.31 ID:HGd5x8Sk0
梨子「しっかりして! すぐに人が来るから!」

善子(リリー、捕れてなかったらごめん)



曜「善子ちゃん……」


善子(ごめんね、曜さん)

善子(今日はバッテリー、組めないみたい)


千歌「善子ちゃん!」


善子(あとはお願いね、千歌さん――)
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:09:49.50 ID:HGd5x8Sk0
理亞「善子……」

聖良「理亞、落ち着いて」

聖良「あなたのせいではありません」

理亞「それは、分かっているけど」


聖良「いま、私たちが善子さんにできることは、祈ることのみ」

聖良「次の回に向けて、準備をしましょう」

聖良「どんなことが起こっても、試合は続くのですから」

理亞「うん……」
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:10:41.85 ID:HGd5x8Sk0
医者「しっかり固定して! できるだけ動かさないで!」


花丸「善子ちゃん……」

ルビィ「どうしよう、ルビィのせいで……」

花丸「ち、違うよ、ルビィちゃんは悪くないずら」

ルビィ「だけど……」


『頑張れー!』

『ナイスファイトだ!』


曜(お客さん、みんな善子ちゃんを見てる)

曜(こんな形で欲していた注目を手に入れるなんて、皮肉だな)

曜(……君は凄いよ。私には――いや、他の誰でも、今のプレーはできない)

曜(身体を張った善子ちゃんの頑張りを、無駄にするわけにはいかない)
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:11:18.27 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「……いつきさん」

いつき「は、はい!」


ダイヤ「次の回、先頭の善子さんのところに代打でお願いします」

ダイヤ「そしてそのまま、守備ではセンターに入ってください」

いつき「分かりました」


ダイヤ「梨子さんは限界ですね?」

梨子「……はい」

ダイヤ「次の回、投手は曜さんに交代です」

ダイヤ「捕手は千歌さん、でいいですか?」

曜「……」コクリ
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:12:15.19 ID:HGd5x8Sk0
千歌「その、善子ちゃんは……」

ダイヤ「……善子さんは、強い人です」

鞠莉「そうよ、あの子が元気じゃない姿なんて想像できないわ」

果南「だよね」

梨子「そ、そうですよ」


ダイヤ「無事を信じましょう」

ダイヤ「そして私たちにできることは、彼女のスーパープレーを無駄にしないこと」

ダイヤ「すなわち、勝利を届けることのみ」

ダイヤ「その為に、今は試合に集中する」

ダイヤ「それが、最も正しい選択です」

千歌「――はい!」
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:12:41.45 ID:HGd5x8Sk0
【7回裏】Aqours0−3Saint Snow


 バッターアウト!

いつき「す、凄い球」


千歌「また、勢いが増した?」

ダイヤ「流石聖良さん、動揺はみられませんね」


曜(初見で聖良さんの球は厳しいか)

曜(だけど私は打つ)

曜(絶対に、打つ)
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:13:08.30 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


曜(集中だ)

曜(意識を、神経を研ぎ澄ませ)


理亞(まるで鬼のような形相)

理亞(それだけ、集中してる証拠?)

理亞(だけど無駄よ、姉様のボールは打てない)


聖良「フッ!」シュッ


曜「!」カキーン!

 ファール!
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:13:36.65 ID:HGd5x8Sk0
理亞「あ、危ない」

理亞(レフト線)

理亞(あと少しずれたら、長打だった)


聖良(打つ気満々ですね)

理亞(それなら、スプリットで)

 ボール


聖良(いいコースでしたが、見極めた……)

理亞(もう1球)

 ボール
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:14:02.53 ID:HGd5x8Sk0
曜「……」


理亞(集中力が、さらに高まってる)

理亞(本能が、危険だと告げてくる)

理亞(だけど、勝負を避けるわけにはいかない)


聖良(スプリットが駄目なら、ストレートで、押し切る!)シュッ


曜(甘い!)ブンッ

 カキ――――――ン!
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:14:34.47 ID:HGd5x8Sk0
千歌「打った!」

ダイヤ「完璧ですわ!」

花丸「伸びて――ホームランずら!」


曜「よしっ」グッ


理亞「しまった……」

理亞(勝負、避けるべきだった)

理亞(少なくとも、真正面からぶつかる必要は……)
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:15:04.74 ID:HGd5x8Sk0
聖良「理亞」

理亞「姉様、ごめんなさい。今のは――」

聖良「まだリードは2点あります」

聖良「冷静にプレーできれば、問題はありません」

理亞「う、うん」

聖良「この後の2人、しっかり抑えますよ」

理亞「分かった!」
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:15:31.18 ID:HGd5x8Sk0
『4番サード松浦さん』


果南(一気に畳みかける)

聖良(ここは、予定通り――)シュッ


果南(あらっ、カーブ?)

 カキーン!


牧原「わっ」パシッ

 アウト!


千歌「いい当たりだったけど、セカンドライナー」

果南「ちょっと泳がされたよ」


聖良(カーブでも、合わせてきますか)

聖良(次は打たれるかもしれませんね)
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:15:59.25 ID:HGd5x8Sk0
『5番ライト小原さん』


鞠莉(ここは狙っちゃおうかしら)

理亞(最悪シングルはいいから、外に)

聖良(ええ)シュッ


 カキ――ン!

花丸「センター! 大きいけど――」


柳澤「オーライ」パシッ

 アウト!
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:16:28.28 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「1点ですか……」

千歌「それでも十分」

ダイヤ「そうですね」


ダイヤ(確かに得点は大きい)

ダイヤ(ただ、鞠莉さんで終わってしまうと……)


曜(さて、出番)

曜「千歌ちゃん、行こうか」

千歌「うん」
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:16:54.46 ID:HGd5x8Sk0
【8回表】Aqours1−3Saint Snow


 守備交代

曜   ショート→ピッチャー
ダイヤ レフト→ショート
梨子  ピッチャー→レフト
いつき センター


1:ニ・ルビィ
2:中・いつき
3:投・曜
4:三・果南
5:右・鞠莉
6:捕・千歌
7:遊・ダイヤ
8:左・梨子
9:一・花丸
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:17:22.33 ID:HGd5x8Sk0
『2番ショート間宮さん』


 ストライク!

千歌(曜ちゃん、速球は走ってる)

千歌(だけど、相変わらずカーブは入らない)

千歌(当然、それは相手も知っているはず)


曜「やっ!」シュッ

 ボール
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:17:51.91 ID:HGd5x8Sk0
千歌(やっぱり、カーブだと駄目)

千歌(もう1球、ストレート)

 ボール


千歌(入らない)

 ボール


千歌(だけど、置きにはいけないし――)

 ボールフォア
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:18:18.13 ID:HGd5x8Sk0
千歌「曜ちゃん!」

曜「ごめん、やっちゃった」

千歌「ちょっと力、入りすぎてるかも」

曜「だね」


理亞「姉様、やっぱりカーブは入らない」

聖良「そうですね、これだとストレート1本を狙い撃ちすればいい」

聖良「内村さん!」
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:18:47.71 ID:HGd5x8Sk0
『3番ファースト内村さん』


内村(ストレート狙い)


千歌(この人、前の普通に投げていた時もヒットを打たれてるんだよね)

千歌(器用なタイプ、怖い)


曜(ストレート、それしかない)シュッ


 カキーン!

理亞「1・2塁間抜けた! ヒット!」
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:19:15.23 ID:HGd5x8Sk0
千歌「1・2塁」

曜「やっぱり、ストレートだけを狙われている状態じゃ駄目だね」

千歌「やっぱり、カーブ使う?」

曜「うん、そうじゃなきゃ後続は抑えられない」


『4番センター柳澤さん』


千歌(初球、カーブ)

千歌(とにかくストライクゾーンに入れて)


曜(うん)シュッ

 ボール
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:19:43.32 ID:HGd5x8Sk0
曜(入らない……)

千歌(もう1球)

 ボール


曜(ストレート)

 ストライク!


曜(カーブ……)シュッ

曜(あっ、弾ませて)

 バンッ


千歌「っと」パシッ

 ボール
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:20:14.61 ID:HGd5x8Sk0
柳澤(今の難しいバウンド、よく止めたな)

柳澤(前は後ろに逸らすイメージしかなかったのに)


曜(千歌ちゃん)

曜(これなら、もしかしたら)シュッ


千歌(また暴投気味――)パシッ

 ボールフォア!


果南「無死……」

花丸「満塁……」
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:20:45.88 ID:HGd5x8Sk0
千歌「タイムお願いします」


花丸「どうしよう、曜ちゃん。次は聖良さんだよ」

果南「とにかく勝負しないと、これ以上失点はできない」

ダイヤ「しかし、ストレートだけでは……」

果南「だけどさ、打ち損じる可能性だってあるし」


曜「……1つ、提案があるんだけど」

千歌「曜ちゃん?」

曜「善子ちゃんと、考えてきた計画があるんだ」

ダイヤ「計画?」


曜「実はね――」
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:21:12.20 ID:HGd5x8Sk0
曜「――という感じなんだけど」


ダイヤ「……確かに、上手くいけば非常に効果的です」

曜「ですよね」


果南「だけどそんな、いきなりやっても……」

花丸「そ、そうだよ。ほとんど練習もしてないし」

ルビィ「…………」

果南「そんな賭けに出るぐらいだったら、ストレートの球威を信じる方が――」
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:21:43.62 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「……私は曜さんを信じます」

果南「なっ」

ダイヤ「聖良さん相手はもちろん、直球だけで後続3人を抑えるのは現実的ではありません」

ダイヤ「ここを無失点で切り抜けたいなら、賭けに出るべきです」


果南「ち、千歌は分かってくれるよね」

千歌「ごめん、果南ちゃん」

果南「え」

千歌「私は、曜ちゃんを信じる」

果南「でも――」
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:22:09.82 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ「果南さん。信じましょう、2人のことを」

果南「ダイヤ……」

花丸「……そうだよね」

果南「花丸まで……」


曜「ごめん、果南ちゃん」

曜「私は反対されても投げるよ」

果南「……分かった、だけどしっかり抑えるんだよ」

曜「うん!」
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:22:37.26 ID:HGd5x8Sk0
千歌「曜ちゃん」

曜「千歌ちゃん」

千歌「今なら、まだ止められるよ」

曜「うん」


千歌「投げるの、止める?」

曜「止めない!」

千歌「よし!」
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:23:04.56 ID:HGd5x8Sk0
『5番センター鹿角聖良さん』


聖良(少し揉めていたようですが、決まったみたいですね)

聖良(この状況で、話し合う内容などないと思いますが)

聖良(守備体系は普通の前進守備)

聖良(何か秘策がある? 一応様子を見ましょうか)


千歌(とにかく、追い込もう)

千歌(警戒されている今なら、ストライクは取れる)

曜(ストレート!)

 ストライク!
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:23:31.89 ID:HGd5x8Sk0
聖良(普通の、攻め方ですね)


曜(もう1球!)シュッ

 ストライク!


聖良(また同じような球)

聖良(あれは、警戒させるためのブラフ?)

聖良(なるほど、なりふり構わずということですか)

聖良(嫌いじゃないですね、そういう姿勢は)
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:24:00.63 ID:HGd5x8Sk0
曜(カーブ、振ってくれるといいけど)シュッ

 ボール


曜(もう1球)シュッ

 ボール


千歌(2−2)

千歌(あと、見せられるのは1球)


千歌(高め、打てない高さまで外したストレート)

 ボール
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:24:35.94 ID:HGd5x8Sk0
聖良(3−2)

聖良(カーブはストライクゾーンには投げられない)

聖良(釣り球も、カーブも振らない)


聖良(押し出しは絶対に避けなければいけない状況)

聖良(最後に来るのはストライクゾーンのストレートしかない)

聖良(ふふっ、いいですね)

聖良(あの華のある曜さんのストレート)

聖良(それを華麗に打ち砕くのは、この試合の幕切れにふさわしい!)


千歌(曜ちゃん、予定通り)スッ

曜(うん)コクリ
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:25:34.60 ID:HGd5x8Sk0
千歌(以前、ダイヤさんが言っていた)


ダイヤ『曜さんが世代を代表するスターと呼ばれる所以』

ダイヤ『それは二刀流であり、高い能力とスター性を兼ね備えていることだけではありません』


千歌(曜ちゃんはずっと、傍で、打席で、梨子ちゃんや聖良さんの球を見てきた)

千歌(そして何度も何度も、2人の投球ビデオを見返してきた)


曜(いけ!)シュッ


聖良(真ん中直球?)

聖良(舐められたものですね!)


 ブンッ 
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:26:25.06 ID:HGd5x8Sk0
聖良(えっ)


バッターアウト!

曜「よっしゃ!」グッ


聖良「な、なぜ」


千歌(だから、投げられないわけないんだ)


聖良「曜さんが、フォークなんて」

聖良(しかも、ストレートとほぼ同じ速さから、急激に落ちた)



果南「曜!」

花丸「曜ちゃん!」


ダイヤ(そう、曜さんの一番の武器はその吸収力の早さ)

ダイヤ(そして吸収した物をさらに昇華させる抜群の調整力)

ダイヤ(そして肝心な場面で魅せる、勝負強さ)

ダイヤ(スターと呼ばれる選手の、人々を驚愕させて引き込む特別な感覚を、彼女は持っている)
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:27:11.06 ID:HGd5x8Sk0
聖良(あり得ない、今のボールは、あり得ない……)

理亞「ね、姉様……」



梨子(普段からポーカーフェイスを崩さない聖良さんが、あんなにも動揺してる)


梨子(無理だと止めても、曜ちゃんは諦めなかった)

梨子(どうしたらフォークを投げられるか、何度も一緒に考えて)

梨子(だけど練習では、上手に投げられなかったのに)

梨子(本番で成功させるんだもの)


梨子「敵わないな、本物の天才には」

梨子(でも負けないよ、曜ちゃん)
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:28:01.18 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(信じられない球、聖良さんの様に速く、梨子さんの様に急激な落差を持っている)

ダイヤ(本当に、努力するのが馬鹿らしくなるような才能)

ダイヤ(しかし、素晴らしいのは曜さんだけではありません)


千歌「ワンナウト!」


ダイヤ(練習でも受けてすらいない、初見で魔球のようなボールを平然と捕球した千歌さん)

ダイヤ(あれだけ、落ちる球を捕るのが苦手だったのに)

ダイヤ(頑張りましたね、本当に)
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:28:28.32 ID:HGd5x8Sk0
『6番サード松尾さん』


曜(もうフォークはいらない。存在を認識させれば十分)

曜(あの球が相手の頭にあれば、ストレートだけで、抑えられる!)


松尾「くっ」ブンッ

 バッターアウト!


千歌「ツーアウト!」
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:29:07.08 ID:HGd5x8Sk0
『7番ライト下林さん』


曜(楽しいな、今が凄く楽しい)


『私ね、ずっと千歌ちゃんと一緒に野球をやりたかったんだ』


曜(こんな晴れ舞台で、その夢が叶って)

曜(2人で、私たちにしかできないことをやって)


 バッターアウト!

曜(本当に、最高の気分!)
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:29:33.53 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「ナイスよ、曜!」

曜「鞠莉ちゃん!」

果南「最高だよ!」

花丸「ずら!」


千歌「曜ちゃん!」

曜「千歌ちゃん!」

千歌「ナイスピッチング!」

曜「うん!」
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:30:26.58 ID:HGd5x8Sk0
【8回裏】Aqours1−3Saint Snow


ダイヤ(ただ、目覚めが少し遅かった)

ダイヤ(残された攻撃は、2回)


聖良「フッ!」シュッ

 バッターアウト!


千歌「くぅ……」

ダイヤ(あれだけ動揺していたのに、聖良さんは崩れない)
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:31:01.72 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(このままランナーを出せずに進めば、安打が期待できるクリーンナップに打順は回らない)

ダイヤ(千歌さんが倒れた今、次の打者は私)

ダイヤ(そしてその後続は……)


梨子「ふぅ……」

花丸「が、頑張れダイヤさん!」


ダイヤ(疲れ切った梨子さん、この試合バットにボールが当たっていない花丸さん)

ダイヤ(そして……)

ルビィ「ピィ……、ピィ……」ブルブル


ダイヤ(可哀想に、あんなに震えて。ほとんど過呼吸のような状態になって)
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:32:28.40 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(あの子は聡い子だから、この状況をよく理解しているのでしょう)

ダイヤ(千歌さんが倒れた、もしこの後私が打てなければ、自分が塁に出るしかない)

ダイヤ(ただでさえ、今日は決勝の重圧でまともにプレーできていない)

ダイヤ(そんな状態のあの子が、打てるわけがない。そうなれば――)


いつき「ルビィちゃん、きっとダイヤさんが打ってくれるから」

いつき「大事なところではいつも私たちを助けてくれる、凄い人だもん!」

ルビィ「で、でも……」

いつき「準決勝みたいに、ルビィちゃんが信じなきゃ!」

ルビィ「う、うん」
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:33:06.87 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(皆が注目する全国大会の決勝)

ダイヤ(いつきさんがそのまま打席に立つにしろ、よしみさんかむつさんが代打に出るにしろ、あれだけ私たちに尽くしてくれた人を、最後のバッターに、晒し者にしてしまう)

ダイヤ(そうなったら、あの子は間違いなく背負い込む。自分の責任だと)

ダイヤ(それを避けるために、打つ)

ダイヤ(ここで打たないわけにはいかない)


『7番ショート黒澤ダイヤさん』

理亞(この人を抑えれば、実質勝ったも同然)

理亞(ストレートとスプリット、2つで押し切る)

聖良(ええ)シュッ


ダイヤ「くっ」キンッ

 ファール
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:33:34.45 ID:HGd5x8Sk0
ダイヤ(とにかく、粘る)


 ボール

 ファール

 ファール

 ファール

 ボール

 ファール!


理亞(しつこい。何を投げても食らいついてくる)

理亞(しかも、当たりがよくなってきて)
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:34:05.94 ID:HGd5x8Sk0
聖良(これ以上、長引かせたくはない)

聖良(それなら最後は、力で押せば!)シュッ


ダイヤ(浮いた、真ん中!)

ダイヤ「はぁ!」

 カキ―――ン!


鞠莉「痛烈!」

果南「完璧に捉えた!」

花丸「これはセンターを超え――」
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:34:31.51 ID:HGd5x8Sk0
柳澤「なろっ」バッ

 バシッ!


柳澤「ふぅ、間に合った」

 アウト!


間宮「捕った!」

理亞「ファインプレー!」


ダイヤ「……」

花丸「そんな……」

果南「完ぺきな当たりだったのに……」

鞠莉「あれを捕るなんて……」
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:35:37.53 ID:HGd5x8Sk0
聖良「助かりましたね……」

聖良(柳澤さんの身体能力があってこその捕球)

聖良(結果的に、惜しかった分浦の星ベンチが意気消沈している)

聖良(無理もありません、準決勝の決勝打を彷彿とさせるような打球)

聖良(この状況で、あれを捕られては)


ダイヤ「くっ」

ダイヤ(結局、パワー不足……)

鞠莉(マズいわね……)


 バッターアウト!

梨子「くっ」

千歌「梨子ちゃんも、あっさり3球三振……」
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:36:12.51 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「うぅ、もう嫌だよぉ」

ルビィ「勝てないよぉ、こんなの」

ダイヤ「ルビィ……」

花丸「ルビィちゃん……」


曜「……ほら、みんな、攻守交代だよ」

鞠莉「……」

果南「……」

曜(3年生まで)
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:36:51.43 ID:HGd5x8Sk0
曜「しっかりしてよ」

ルビィ「でも、でも……」

曜「みんな諦めてるの? まだ試合は終わってないよ」

果南「だけど、曜――」


千歌「曜ちゃんの言う通りだよ」

曜「千歌ちゃん?」


千歌「どんなに状況が絶望的でも、まだ点差は2点、私たちの攻撃も1イニング残ってる」

千歌「みんなで頑張ってここまで来たんだ。試合が終わるまで、絶対にあきらめちゃ駄目」

千歌「諦めたら、善子ちゃんのプレーも無駄になっちゃう」
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:38:13.91 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉「……そうよ」

鞠莉「聖良のストレートだって、ダイヤでも打ち返せるんだから、球威が落ちてるんでしょ」

ダイヤ「少し引っかかりますが、確かにそのとおりでしょう」

ダイヤ「試合序盤のような球の威力はありません」

花丸「そうだよね! それならマルだって打てるかもしれない!」


千歌「最後まで一生懸命頑張ろう」

千歌「もし負けたら、善子ちゃんには笑って謝ろう」

千歌「ダイヤさんのお父さんに、みんなで自由をお願いしよう」

千歌「だけどそれをする為にも、最後まで全力でプレーしないといけない」

千歌「絶対に諦めちゃいけない!」



聖良「浦の星ベンチ、何やら揉めていますね」

柳澤「だけど、さっきより明るくなってません?」

間宮「だな」

理亞「でもルビィがうずくまってる、怪我でもしたのかも」
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:38:43.15 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ「嫌だよ、ルビィはもう嫌だ」

千歌「ルビィちゃん?」


ルビィ「立てないよ、まっすぐ歩けないよ、ボールが来ても絶対に捕れないよ」

ルビィ「ルビィは、みんなみたいに強くない」

ルビィ「またエラーして、打席では三振して、なにもできなくて」

ルビィ「代えてよ、お願い、もう代えて……」


ダイヤ「ルビィ、それ以上は――」


 パァン
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:39:24.13 ID:HGd5x8Sk0
花丸「……」

ルビィ「え……」ヒリヒリ


ダイヤ「は、花丸さん」

千歌(あ、あの、ルビィちゃんに甘い花丸ちゃんが、ルビィちゃんを叩いた!?)


花丸「駄目だよルビィちゃん、逃げたら」

ルビィ「に、逃げじゃないよ。だって、このままルビィが出てたら――」

花丸「ルビィちゃんは、野球をやるって決めたよね」

花丸「ダイヤさんと、Aqoursのみんなと一緒に、最後まで駆け抜けるって」
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:40:09.83 ID:HGd5x8Sk0
花丸「怖いのは分かるよ、マルだって逃げ出したい」

花丸「でもね、そんなのはみんな思ってること」

花丸「これはチームなの。みんな諦めずに立ち上がろうとしてる中、逃げるなんて駄目」

花丸「ここで逃げたら、もう二度とチームには戻れない」


ルビィ「だけど、ルビィは……」

花丸「ルビィちゃんはね、1番バッターなの」

花丸「みんなを引っ張る、チームが勝つためには、絶対に必要な人」


花丸「それにね、マルは絶対に塁に出る」

花丸「もし打てそうになくても、バントが上手なルビィちゃんが送りバントをしてもいい」

花丸「そうすれば、クリーンナップには回る」

花丸「曜ちゃん、果南ちゃん、鞠莉ちゃんが絶対に打ってくれる」

ルビィ「……」
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:41:03.88 ID:HGd5x8Sk0
花丸「善子ちゃん悲しむよ。ルビィちゃんが途中で逃げ出したなんて知ったら」

花丸「それにね、マルは最後までルビィちゃんと一緒に野球がしたい」

花丸「頑張ってきた数ヶ月を、最後まで一緒に、隣で駆け抜けたい」

ルビィ「……」


曜「大丈夫だよ、私が全員三振にさせるから、ボールは飛んでこない!」

ダイヤ「そうですわ。例え来ても私がきちんと処理しますから!」

ルビィ「……うん」



聖良「出てきましたね」

理亞「ルビィ、おぼつかない足取りだけど、大丈夫みたい」

聖良「まだ闘志は衰えていないといったところでしょうか」
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:41:31.42 ID:HGd5x8Sk0
【9回表】Aqours1−3Saint Snow


『8番レフト江戸川さん』


千歌「しまっていこー!」


曜(やることはシンプル)

曜(さっきまで同じ、とにかくストレート)


曜(だけどフォークも1球投げておいた方がいいかな)

曜(余裕のある状況の内に、もう一度意識させたい)シュッ


曜「やばっ」

曜(ちゃんと抜けてない!?)


 カキ――ン!
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:41:59.28 ID:HGd5x8Sk0
曜「いきなり打たれた!」

千歌「センター!」

千歌(これは、抜かれ――)


いつき「っ」パシッ

 ズザザザッ


ダイヤ「ダイビングキャッチ!」

梨子「と、捕ってる!」

 アウト!
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:42:25.09 ID:HGd5x8Sk0
千歌「いっちゃん!」

曜「凄い!」

曜(さっきの柳澤さんと遜色のないプレーだよ!)


梨子「凄い、凄いよ!」

いつき「え、えへへ」

いつき(たぶん善子ちゃんならもっと普通に捕れてたけど、代役の私にはこれが精一杯)

いつき(だけど練習の成果、やっと出せたかな)
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:42:53.87 ID:HGd5x8Sk0
『9番セカンド牧田さん』


曜(やっぱりフォークは駄目だ!)

曜(徹底的にストレート!)


 バッターアウト!


曜「ツーアウト!」

曜(これであと1つ……)


ルビィ「……」

花丸(ルビィちゃん……)
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:43:29.67 ID:HGd5x8Sk0
『1番キャッチャー鹿角理亞さん』


理亞(最後に回ってきた、リベンジの機会)

理亞(絶対に打つ!)


曜(ストレート!)シュッ

 ストライク!


曜(ストレート!)シュッ

 ストライク!
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:43:57.82 ID:HGd5x8Sk0
千歌(あっさりツーストライク)

千歌(フォークでもいいけど、ここはストレートで押し切る)

曜(だね)コクン


理亞(渡辺曜の性格的に、間違いなく3球勝負)

理亞(姉様の打席以外、フォークは投げていないか、投げミスしている)

理亞(ここは、ストレート一択に絞る)

理亞(狙うのは、セカンドのルビィ!)


曜(いけっ!)シュッ

理亞(振り負けるな!)ブンッ


 カキーン!
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:44:25.48 ID:HGd5x8Sk0
千歌「しまった!」

千歌(セカンド、ルビィちゃんのところに――)


花丸「ずら!」バシッ


理亞(と、捕った!?)


聖良「ファースト、絶妙なポジショニング!」

柳澤「だけど1塁は際どい!」


曜「花丸ちゃん!」

花丸「曜ちゃん!」シュッ

曜「間に合え!」パシッ


 アウト!
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:44:53.03 ID:HGd5x8Sk0
内村「くそっ、ベースカバーが早かった」

聖良「見事な連携ですね」


ダイヤ「凄いですわ、花丸さん!」

花丸「え、えへへ」

果南「よく捕れたね、あんな火の出るような打球」

花丸「マル、捕球だけは得意だから」


ダイヤ「ほら、ルビィも何か言葉を」

ルビィ「う、うん……」

花丸(これでも……)
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:45:20.59 ID:HGd5x8Sk0
曜「いやー、危なかった」

梨子「曜ちゃん、ナイスピッチ!」

千歌「さあ、円陣組もうか」

曜「うん!」


千歌「絶対に逆転するよ!」

ルビィ以外「「「おう!」」」

千歌「Aqours〜」

ルビィ以外「「「サンシャイン!」」」
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:45:47.17 ID:HGd5x8Sk0
【9回裏】Aqours1−3Saint Snow


『9番ファースト国木田さん』


理亞(あとアウト3つで、念願の優勝)

理亞(先頭は見事な守備を見せた花丸から)


千歌「花丸ちゃん! 頑張れ!」

曜「打てる、打てるよ!」
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:46:16.15 ID:HGd5x8Sk0
花丸(善子ちゃんに代わって入ったいつきさんが聖良さんからヒットを打てる可能性は低い)

花丸(それに――)


ルビィ「う、うぅ」


花丸(ルビィちゃん、まだ震えてる)

花丸(結局、立っているのが精一杯な状態は変わらない)

花丸(マルが打たなきゃさらにプレッシャーがかかっちゃう)

花丸(だけど逆に打てば、ルビィちゃんは楽になれる)

花丸(大切な友達を、これ以上苦しめないためにも、打たなきゃ)
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:46:48.09 ID:HGd5x8Sk0
 プレイ!


花丸(打たなきゃ。ここで打たなきゃ負けちゃう)

聖良「……」シュッ


花丸「えいっ」ブンッ

 ストライク!


理亞(ワンストライク……)


花丸(フェアゾーンにさえ飛べば何かが起こるかもしれない)ブンッ

 ストライク!


花丸(打てる)

花丸(頑張って練習してきたんだもん、マルは打て――)ブンッ


 バッターアウト!
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:47:17.81 ID:HGd5x8Sk0
花丸「スプリット……」


ダイヤ「花丸さん……」

梨子「仕方ないよ、あれは打てるボールじゃない」



花丸「……ごめんね、打てなかった」

ルビィ「花丸ちゃん……」

花丸「悔しい、悔しいよ」

ルビィ「……」

花丸「あんなに頑張ってきたのに、努力してきたのに、ボールに当てることさえできなくて……」


花丸「本当は、こんなこと言ったら駄目だって分かってる」

花丸「だけどお願い、打って」

花丸「ルビィちゃんなら、打てるはずだから」

ルビィ「…………」
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:48:01.88 ID:HGd5x8Sk0
『1番セカンド黒澤ルビィさん』


ルビィ(あぁ、ついに回ってきちゃった)

ルビィ(怖いよ、みんなの視線がルビィに集まってる)

ルビィ(プレッシャーに押しつぶされそう、座り込みたい、逃げ出したい)

ルビィ(でも打たなきゃ。ルビィが打たなきゃ)

ルビィ(善子ちゃんが、花丸ちゃんが、お姉ちゃんが、Aqoursのみんなが、負けちゃう)


ルビィ(でも分かんないよ。なにを待てばいいのか、どうすればいいのか)

ルビィ(もう、頭がぐちゃぐちゃになって、バットの振り方も思い出せないんだもん)

ルビィ(スイングは、どうすればいいんだっけ。何か、何か思い出さないと――)



『ダイヤでも打ち返せるんだから――』

『ルビィちゃんが――』



ルビィ(!)
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:48:27.95 ID:HGd5x8Sk0
理亞(ルビィ。とてもじゃないけど、打てそうにないわね)

理亞(本当は助けてあげたいけど、今は試合中)


千歌「ルビィちゃん! ファイト!」

ダイヤ「ルビィ! あなたはできます!」


聖良(あと2つ、あと2つで念願の、優勝)シュッ

 ストライク!


聖良(夢が叶う、理亞と、このメンバーと優勝するという夢が)シュッ

 ストライク!
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:48:54.35 ID:HGd5x8Sk0
理亞(よし、追い込んだ)

聖良(ルビィさんを打ち取れば、次は代役の助っ人組)


聖良(これで終わりだ!)シュッ


 コツン


理亞「えっ」



間宮「バ、バントだ!」

理亞「この場面でセーフティバント!?」


聖良(しまった! 完全に虚を突かれた!)


ルビィ「間に合って!」ダッ
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:49:22.65 ID:HGd5x8Sk0
聖良「くっ」パシッ――シュッ


ルビィ「やっ」バッ


曜「ヘッドスライディング!」

千歌「判定は――」


 セーフ! セーフ!



ルビィ「やった、やった!」


花丸「る、ルビィちゃん!」

ダイヤ「ルビィ!」
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:50:31.99 ID:HGd5x8Sk0
理亞(油断した)

理亞(ルビィが過去にバントをしたことは、1度もなかったから)

理亞(苦手なんだと、思い込んでいた)



花丸「すごいよ、ルビィちゃん」

花丸(ずっと、ずっと、2人で練習してきた)

花丸(小さな公園でできるのは、キャッチボール、ノックと――バント練習)

花丸(記憶喪失になっても思いだせるぐらい、何度も、何度も繰り返して、身体に染み込ませてきたもんね)

花丸「さすが、マルの自慢の女の子ずら」
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:50:59.78 ID:HGd5x8Sk0
 バッターアウト!


いつき「ス、スプリット……」

聖良「よしっ!」


鞠莉「だけど、動じないわね」

千歌「いっちゃんを容赦なく三振」

梨子「ツーアウトだけど、点差は2点」

花丸「ホームランで同点ずら!」

609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:51:29.20 ID:HGd5x8Sk0
『3番ショート渡辺さん』


曜(無理に大きいのはいらない)

曜(ゾーンに来た球を、振り抜くだけ!)


聖良(曜さん……)

聖良(先ほどはやられましたが、今度は!)シュッ


曜「打てる!」


 カキ――――――ン!
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:51:58.84 ID:HGd5x8Sk0
花丸「来た!」

千歌「スタンドに――」

 ファール!


曜「むぅ」

曜(惜しいなぁ)



理亞「な、なんて打球」


聖良(駄目だ、まともに勝負しては)

聖良(曜さんと勝負がしたい。この好敵手と、真っ向勝負を)

聖良(でも、この試合には大切な夢がかかってる)

聖良(みんなで作り上げてきた、大切な夢)
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:52:25.74 ID:HGd5x8Sk0
聖良「くっ」シュッ


 ボール

 ボール

 ボール


理亞(駄目だ、コーナーを狙い過ぎてる)

理亞(いくら姉様だって、疲れている状態じゃ――)


 ボールフォア!
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:52:52.71 ID:HGd5x8Sk0
理亞(同点のランナー、出た)

理亞「ね、姉様」


聖良「……まだ大丈夫」

聖良「外野を下がらせておけば、長打はそうそうない」

聖良「2人の内、1人を抑えれば勝てます」

聖良「今のは想定内、あなたも落ち着いて」

理亞「う、うん」
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:53:20.59 ID:HGd5x8Sk0
『4番サード松浦さん』


ダイヤ(聖良さんも理亞さんも、流石に浮足立っている)

ダイヤ(ランナーは足の速い2人、ここは――)スッ


ルビィ「!」

曜「!」


理亞(ストレート、は怖い)

理亞(松浦果南はカーブでカウントを稼ぐ)
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:53:48.30 ID:HGd5x8Sk0
聖良(ええ)グッ


ルビィ(いけルビィ!)ダッ

曜(よしっ!)


聖良「なっ」シュッ

理亞「だ、ダブルスチール!」パシッ

 ボール


理亞「このっ」シュッ


ルビィ(余裕だよ!)ザッ

 セーフ!
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:54:15.95 ID:HGd5x8Sk0
聖良「や、やられた」

理亞「これで、一打同点……」


聖良(確信を持ったスタート)

聖良(いつもなら対処できた)

聖良(落ち着かないと、私が落ち着かないと)


聖良(私が――)シュッ


果南「わっ」

 ドスッ


聖良「!」
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:54:44.06 ID:HGd5x8Sk0
花丸「デッドボールずら!」

ダイヤ「果南さんは――大丈夫そうですわね」

梨子「これで満塁!」


果南「いつつ」

果南(善子が乗り移ったかな)

果南(だけど状況的には最高)


果南「鞠莉! いいとこ持っていきなよ!」

鞠莉「ええ!」
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:55:11.17 ID:HGd5x8Sk0
『5番ライト小原さん』


理亞(サヨナラのランナーまで……)

理亞(姉様が揺らいでいる)

理亞(私が、助けなきゃ)

理亞(とにかく、小原鞠莉に速球勝負は駄目)

聖良(初球スプリット)シュッ


理亞(低いし、落ちすぎ――)

 バンッ

理亞「っ」ポロッ
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:55:38.68 ID:HGd5x8Sk0
ルビィ(後ろに逸らした!)ダッ


千歌「ルビィちゃん!」


理亞(駄目だ、間に合わない)

 セーフ!


花丸「ワイルドピッチずら!」

いつき「1点返した!」

梨子「なおも2・3塁!」
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:56:06.41 ID:HGd5x8Sk0
理亞(記録はワイルドピッチでも、今のは普通に止められるボール)

理亞(やっちゃった)


聖良「理亞」

理亞「姉様……」

聖良「ごめんなさい、私も冷静さを欠いていました」

聖良「少し、落ち着きましょう」

理亞「う、うん」


聖良「幸い、まだ1点リード、1塁も空きました」

聖良「ここは敬遠して、心を落ち着かせて、次の千歌さんと勝負です」

理亞「わ、分かった」
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:56:39.67 ID:HGd5x8Sk0
鞠莉(あら、立ち上がって)

鞠莉(この場面じゃ仕方ないわね)


千歌(あれ、敬遠?)

千歌(待って、ということは――)


 ボールフォア


鞠莉「ちかっち! 後は任せたわよ!」


千歌(9回裏、1点ビハインド、ツーアウト満塁で、バッター、私)

千歌(……とんでもない場面で、回ってきたな)
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:57:05.65 ID:HGd5x8Sk0
『6番キャッチャー高海さん』


果南「千歌!」

ダイヤ「千歌さん!」

梨子「頑張って!」


千歌(聖良さん、この回は球が荒れている)

千歌(それなら、粘ってフォアボール狙いでも――)


曜「千歌ちゃん!」
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:57:36.42 ID:HGd5x8Sk0
千歌「!」

千歌(いや、駄目だよね)

千歌(私がここで決める、それぐらいの気持ちでいかないと)


千歌(私が聖良さんからヒットを打つ)

千歌(その為に必要なのは、なんだろう)


千歌(球種を読む?)

千歌(それだけでもバットに当てることはできるかもしれない)

千歌(でも当てるだけじゃ駄目だ)

千歌(必要なのは出塁、その為にはコースまで完璧に読み切ること)


千歌(聖良さんは理亞ちゃんに全面的にリードを任せている)

千歌(つまり必要なのは、理亞ちゃんとの読みあいに勝つこと)

千歌(それも考える時間があり、不確定要素の少ない初球に)
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:58:34.90 ID:HGd5x8Sk0
千歌(まずは球種)

千歌(カーブは私が完璧に読まなくてもヒットを打てる可能性のある球)

千歌(この場面で初球から投げてくることはない、外してもいい)


千歌(残るのは――ストレートとスプリット)

千歌(理亞ちゃんの性格は強気)

千歌(つまりさっき後逸したスプリットを要求する――いや、違う)

千歌(彼女の本質は――弱さ)

千歌(臆病さ、なのかな)



千歌(それに、聖良さんは以前、言っていた)

千歌(『1番自信があるのはストレート』だと)

千歌(私はずっと、まともにストレートを打てていない)

千歌(自信があるボール、ストレートを投げてくる可能性は高い)
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:59:02.42 ID:HGd5x8Sk0
千歌(次はコース)

千歌(今の場面は9回裏、1点差で満塁)

千歌(押し出しは避けたい――当然死球も)


千歌(聖良さんは梨子ちゃんみたいに制球力があるタイプじゃない)

千歌(果南ちゃんに当てたばかりの状況)

千歌(インコースに投げて少しずれたら――理亞ちゃんはそんな風に考える筈)


千歌(善子ちゃんの打席もそうだった)

千歌(死球が多い彼女には、徹底して外を意識した配球)

千歌(私がやや内寄りに打席を取れば、間違いなくインコースはない)

千歌(残るのは真ん中か、アウトコース)
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:59:28.91 ID:HGd5x8Sk0
千歌(理亞ちゃんは善子ちゃんみたいに、破天荒なリードはしない)

千歌(真ん中はきっとない)


千歌(アウトコース、高めか、低めか)

千歌(ストレートなら高めの可能性もある)

千歌(私だったら、私だったらどう考えるかな)


千歌(速球の威力を信じて高め?)

千歌(基本の低め?)


千歌(聖良さんの決め球は、スプリット)

千歌(基本は低めで空振りを奪う球)

千歌(高ければ基本的にストレート一択)

千歌(でも低めなら迷う)

千歌(とっさに考えてしまう、それが致命傷になる
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 08:59:56.04 ID:HGd5x8Sk0
千歌(そうすれば私は打てない――と考えれば)


千歌(アウトロー)

千歌(アウトローのストレート)


千歌(他に何も考えない、ただそこだけに意識を向ける)

千歌(思い切り、振りきる)



理亞(姉様は、高海千歌なんかに打たれない)

理亞(絶対に、抑える)


聖良(私は、負けない!)シュッ
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:00:22.11 ID:HGd5x8Sk0
千歌(振りきれ!)ブンッ

 カキ――ン!


花丸「打ったずら!」

梨子「右中間!」


ダイヤ(フラフラと上がって――)


聖良「柳澤さん!」


柳澤「くそっ!」

 ポトッ


ダイヤ「落ちた!」
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:00:56.88 ID:HGd5x8Sk0
曜「同点!!!」ホームイン


ルビィ「曜ちゃん帰ってきた!」

花丸「果南ちゃんも――」


果南(本塁間に合う!)ダッ


聖良「返球急いで!」


柳澤「間に合え!」ビュッ


千歌(す、凄い球!)

曜「果南ちゃん!」



果南「!」ザザッ

理亞「!」パシッ――バッ


聖良「……」

千歌「は、判定は――――――
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:01:45.23 ID:HGd5x8Sk0
 ―数日後・内浦海岸―


千歌「はぁ」

千歌(静かだなぁ、ここは)

千歌(数日前まで、あんな場所に居たのに)

千歌(私が奇跡的に聖良さんからヒットを打って、曜ちゃんが帰ってきて、果南ちゃんも――)



千歌(試合後、ルビィちゃん経由で来たメール……)


『姉さまは実力で負けたわけじゃない』

『勝敗を決めたのは、捕手の差。私と、高海千歌の差』

『それだけは、絶対に忘れないで』
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:02:13.87 ID:HGd5x8Sk0
千歌「優勝――か」

千歌(目の前の、砂浜に刺してある優勝旗をみても、いまいち実感が湧かない)

千歌(現実じゃない、奇跡みたいな話だもんね)


曜「なにしてるのさ」

千歌「あっ、曜ちゃん」

曜「怒られるよ、砂浜に優勝旗なんて持ってきたら」

千歌「いいじゃん、その自由さが私たちっぽくて」

曜「うーん、かもね」
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:02:39.47 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ねえ、曜ちゃん」

曜「うん」

千歌「私たち、優勝したんだよね」

曜「もちろん」

千歌「夢じゃないよね」

曜「夢じゃないよ――ほら」ギュー


千歌「ほ、ほっぺたつねらないでよ」

曜「あはは、でも定番でしょ」

千歌「そうだけど……」
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:03:08.30 ID:HGd5x8Sk0
曜「楽しかったね、決勝戦」

千歌「だね」


曜「本当に、最高だった」

曜「あんな舞台、もう2度と経験できないかもしれない」

千歌「そんなことないよ」

千歌「私と曜ちゃんはまだ一緒に野球を出来る」

千歌「人数的に厳しい冬は難しくても、新しい学校で――」
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:03:35.52 ID:HGd5x8Sk0
曜「……ねえ、千歌ちゃん」

千歌「ん?」

曜「私ね、千歌ちゃんに話さなきゃいけないことがあるんだ」

千歌「話?」

曜「そう、大事な話」

千歌「ど、どうしたの、改まって」


曜「私はね、新しい高校では、一緒に野球はできない」

千歌「えっ」
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:04:14.84 ID:HGd5x8Sk0
千歌「ど、どうして」

曜「実はさ、誘われてるんだ」

曜「女子プロ野球のチーム、入団しないかって」

千歌「プロ……」

曜「男子と違って緩いから、高校に在学していても、プロにはなれるらしいの」

曜「だけど野球部に入ることは、当然できない」

千歌「そっか……」


曜「ごめんね、ビックリした?」

千歌「うん、少し」

千歌「けど、それなら仕方ないね」
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:04:44.01 ID:HGd5x8Sk0
曜「応援、してくれるかな」

千歌「もちろん」

千歌「きっと曜ちゃんなら、プロでも活躍できるよ」

曜「千歌ちゃん……」

千歌「私のことは気にせず、頑張って」

曜「うん――ありがとう」



千歌「あっ、私も1つだけ話していいかな」

曜「うん」
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:05:28.24 ID:HGd5x8Sk0
千歌「私ね、昔から嫌だったの」

千歌「曜ちゃんに勝てないのが、敵わないのが」

曜「私に?」


千歌「ソフトボールを始めたのも、曜ちゃんへの当てつけみたいなもの」

千歌「当時は野球よりソフトの方が女子の知名度は高かったし、ここで有名になれば戦わなくても曜ちゃんを越えられるかも、なんて思って」

千歌「だけど不純な動機だからか、上手くなれずに苦しんで」


千歌「そんなこと繰り返している内に気がついた」

千歌「自分の能力の限界、不純な動機では上がらない気持ち」

千歌「なによりも、その行為の虚しさ」

千歌「だからいつしか諦めるようになったんだ、曜ちゃんに勝つなんて無理」

千歌「自分は身の丈に合った世界で生きるのが、お似合いだって」

曜「そっか……」
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:06:07.35 ID:HGd5x8Sk0
千歌「でもね、今は思ってる」

千歌「曜ちゃんに負けたくない」

千歌「同じ舞台で戦いたい」

千歌「それが味方でも、敵でも、どちらでも構わない」

千歌「でも対等に、同じ目線に立って戦う」

千歌「その為に、どれだけ挫折しようが、現実を見せつけられようが、諦めない」

千歌「私はもう、逃げないよ」

曜「……千歌ちゃん」


千歌「先に、プロの世界で待ってて」

千歌「いつか絶対に、上回って見せるから」

曜「……私だって、絶対に負けないよ」
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:06:47.01 ID:HGd5x8Sk0
??「ちょっと、なに2人でいい感じの雰囲気作ってるのよ」


千歌「その声――」

曜「善子ちゃん!?」


善子?「ええ、私よ!」



曜「あれ、でもずいぶんと可哀想な見た目に」

善子「ふふっ、まさに傷だらけの堕天使」

千歌「だ、大丈夫なの?」


善子「千歌さんもなに自分が相棒的な感じの雰囲気出してるの!」

善子「曜さんの女房役は私でしょ!」

千歌「いやいや、私だって決勝で曜ちゃんと組んで無失点だったし」

善子「な、なんですって」
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:07:39.71 ID:HGd5x8Sk0
善子「も、もう一度勝負よ!」

曜「ちょっと善子ちゃん、落ち着かないと傷に障る――」

善子「今からやるわよ! 曜さんの女房役の座をかけて!」

千歌「いやいや、その状態じゃ勝負どころじゃ――」


梨子「ちょっと、なに勝手に話を進めてるの?」

千歌「梨子ちゃん!」

曜「た、助かった」


梨子「千歌ちゃんは私の女房役なんだから!」

曜「ちょ、梨子ちゃんまで」
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:08:09.16 ID:HGd5x8Sk0
善子母「こら善子! まだ安静だって言われてるでしょ!」

善子「げっ」


果南「なになに、痴話げんか?」

鞠莉「面白そう〜、私も混ぜてくださーい!」


ルビィ「ま、マルちゃん、怖いよぉ」

花丸「だ、大丈夫、マルがルビィちゃんを守るから」

ダイヤ「ちょっとみなさん、いい加減にしなさい!」
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:08:36.41 ID:HGd5x8Sk0
曜「あはは、結局落ち着かないね」

千歌「本当にね」

曜「みんな、いつの間に集まってきたんだろ」

千歌「せっかくいい雰囲気だったのにね」

曜「でも、楽しいよね」

千歌「うん!」



『夏季全国女子高等学校野球大会優勝・浦の星女学院【Aqours】』






   完
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:16:05.34 ID:HGd5x8Sk0
おまけ


 完結時能力値

 
 千歌:弾道2 ミF パE 走E 肩D 守D 捕B  右右  捕(一・三)
    調子安定 チームプレー○ キャッチャーC

  曜:弾道3 ミB パB 走A 肩A 守B 捕B  右右  投/遊
   :球速134 コンE スタB カーブ5 スライダー1(スプリット7)
    積極打法 積極盗塁 調子極端 チャンスB 併殺 人気者 広角打法
    速球中心 テンポ○ 奪三振 ノビA

 梨子:弾道2 ミD パE 走D 肩C 守D 捕D  右右  投(中・左)
   :球速125 コンB スタC カーブ2 シンカー2 スライダー2 フォーク4
    キレ○ 打たれ強さB ノビC

ダイヤ:弾道2 ミD パG 走D 肩E 守D 捕D  右左  左(ニ・遊・中)
    アベレージヒッター 流し打ち いぶし銀 逆境○ チャンスA 粘り打ち

 鞠莉:弾道3 ミD パB 走D 肩C 守C 捕D  右右  右(捕・一)
    悪球打ち 連打 チャンスC

 果南:弾道4 ミE パA 走B 肩A 守E 捕E  右右  三(投・左)
   :球速138 コンG スタS
    強振多用 積極打法 プルヒッター 送球E 扇風機 盗塁F
    四球 短気 闘志

ルビィ:弾道2 ミC パE 走C 肩E 守C 捕D  右左  二(遊)
    積極走塁 積極盗塁 選球眼 内野安打 盗塁A 走塁C 
    エラー バント職人 ヘッドスライディング

ルビィ(弱気状態)
   :弾道1 ミF パF 走C 肩E 守F 捕G 
    積極走塁 積極盗塁 選球眼 内野安打 盗塁A 走塁C 
    扇風機 チャンスG エラー バント職人

 花丸:弾道4 ミG パF 走F 肩F 守E 捕D  右右  一
    エラー バント○

 善子:弾道2 ミD パD 走D 肩D 守C 捕D  右右  中(捕・遊・右・左)
    選球眼 悪球打ち 意外性

 むつ:弾道1 ミG パG 走E 肩E 守E 捕F  右右  三
    
いつき:弾道1 ミG パF 走E 肩G 守D 捕E  右右  中(左)
    
よしみ:弾道2 ミF パE 走F 肩F 守F 捕F  右右  右(中)
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:16:38.64 ID:HGd5x8Sk0
以上で完結です
最後までお付き合いいただきありがとうございました
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:20:24.15 ID:HGd5x8Sk0
途中でコメントをくださった方(賛否含めて)ありがとうございます
おかげさまで最後までやりきることができました。

前回の投稿時、いくつかの粗が気になったので直すための作業でした。
全個所チェックしながら投稿したので、穴はある程度埋められたと思います
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 09:23:10.79 ID:HGd5x8Sk0
あともう一つ、ラブライブ板で進めていた時に色々とアドバイスをくださった方に、しっかりとお礼を言えなかったことについて。
ここに書くのも変かもしれませんが、皆さんの励ましがなければ間違いなく完結はできませんでした。
恐らく目に留まることはないと思いますが、本当にありがとうございました、感謝しています。
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 12:39:25.07 ID:yF9XiLitO
乙です、いい作品でした
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/20(月) 02:37:30.26 ID:P60mWB4KO
お疲れ様でした
とても楽しめました
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/20(月) 14:10:02.27 ID:ajaADGl00
あらためて最初から読ませてもらったけどそれでも面白かったです
熱いストーリーありがとうございました
309.99 KB Speed:10.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)