ダイヤ「吸血鬼の噂」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

32 : ◆tdNJrUZxQg [saga]:2019/07/06(土) 08:09:17.93 ID:ZRnZyA2Z0


ダイヤ「……ご飯は食べられるのですか?」

千歌「あ、うん。普通に食べられるよ」

ダイヤ「一応聞いておきたいのですが……食事で血への餓えを紛らわすということは……?」

千歌「……無理、かな。どんなにご飯を食べてても、血が欲しいって一度感じたら全然満たされなくなっちゃうから……」

ダイヤ「まあ、そうですわよね……」


それでどうにかなるなら苦労はしていないでしょう。


ダイヤ「大蒜の他に食べられないものは?」

千歌「食べられないものというか……水があんまり飲めない」

ダイヤ「え?」

千歌「最初のうちはちょっと水の味が変だなってくらいだったんだけど……ここ1〜2日は水飲むと、気持ち悪くて吐き出しちゃってた……」

ダイヤ「そ、それって相当困りませんか……?」

千歌「う、うん……割と喉が渇いてて辛いかも……あ、でも昨日はダイヤさんが血を飲ませてくれたから、今は大丈夫だよ?」

ダイヤ「そ、そういうものなのでしょうか……?」


人間は4〜5日も水を飲まなければ死んでしまいます。

血が水の代わりになると言っても……昨日千歌さんが飲んだ血の量なんて、遅らく100m?にも満たない量です。

吸血鬼は根本的に体質が違うといえばそれまでかもしれませんが、人間が一日に必要と言われてる水の量は1.5?以上なんて話を聞いたことがあります。

どう考えても足りているとは思えない。


ダイヤ「本当に大丈夫なのですか……?」

千歌「……えーっと」

ダイヤ「正直に言ってください。餓えもそうですが、渇きも十分理性を失う要因になりかねませんわ」

千歌「…………正直に言うと、ものすっごく喉が渇いてるかも……」

ダイヤ「……ですわよね。どう考えても、血液だけで補えているとは思えませんもの」

千歌「ごめんなさい……」

ダイヤ「いえ、謝らないでください」


……とは、言ったもののどうしたものか。

水を飲むことが出来ない以上、水以外のものから水分を補給しないといけないということだ。


ダイヤ「そうなると……野菜や果物でしょうか……」


とりあえず、何かないかと冷蔵庫を開ける。

その瞬間──


千歌「──¢£%#&□△◆■!?」


千歌さんが奇声を発した。


ダイヤ「え!?」

千歌「!!!!!!!!!」


鼻を押さえ、涙を流してのた打ち回っている。


ダイヤ「まさか、大蒜……!!?」
617.75 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)