【モバマス】乃々「異世界とか……むーりぃー……」【安価あり】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/06(水) 00:59:42.63 ID:LVWqoSgo0
???「おお、若葉と珠美が言っていた子かい。横になったままですまないね」

乃々(……こ、この人は……)

今西長老「痛たた……こ、腰が……!」

芳乃「じいさま、安静になさってくださいー」

乃々(今西部長さん……!? こういう人も出てくるんですか!)

今西長老「ああ、分かっているよ。ありがとう」

若葉「じいさま。私たちは明日、この子と一緒にあの洞窟に行ってきます」

今西長老「……やめなさい」

乃々「えっ」

珠美「なぜですか! シシラヌがあれば、じいさまの熱も下がるかもしれないんですよ!?」

今西長老「どうしてワシが、あそこを立ち入り禁止にしたか言おう。恐ろしい鬼が住んでいるからだ」

珠美「鬼?」

芳乃「昔、この辺りで暴れていた魔物をじいさまが退治した時、1匹だけ手に負えない魔物がいたとかー。その魔物を死闘の末、あの洞窟まで追いやって、魔封じの札で封印したらしいですー」

若葉「そんな……じいさまも敵わない魔物がいるなんて……」

乃々(今西さん、そんなに強いんですね……ドワーフの長ですから、当然と言えば当然ですけど……)

今西長老「そういうことだから、洞窟へは絶対に行ってはならないよ。絶対にだ」

珠美「……嫌です」

今西長老「!」

珠美「嫌です、行かせてください! じいさまのそんな姿、珠美はもう見たくありません! どんな魔物が立ちはだかろうと、必ずシシラヌを手に入れてきます!」

今西長老「珠美……気持ちは嬉しいが……」

若葉「私も行きます!」

今西長老「わ、若葉まで……!」

若葉「ごめんなさい。でも、じいさまを救いたい気持ちはみんな同じです!」

今西長老「ワシのことはいい。寝ていればそのうち治るさ」

若葉「治らないからお医者様に診てもらったんですよ! そのお医者様がお手上げだったんです! もうシシラヌに頼るしか方法は……!」

乃々「……」

今西長老「確かにそうだが、お前たちを危険に晒すわけには……」

乃々「……わ、私も……私も、一緒に戦います……」

今西長老「え」

珠美「乃々ちゃん……!」

乃々「そんなに恐ろしい魔物がいるなんて思いませんでしたけど……逃げ出したいくらい、すごく怖いですけど……。若葉さんと珠美さんの想いを聞いたら……」

乃々(草花収集のこともありますし……)
530.98 KB Speed:23.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)