【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―7―

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

2 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 20:47:47.95 ID:6zEeXjVG0
 このスレは、『カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?』の続きとなっています。

 最初の1スレ:カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438528779/

 所々にエロ番外のある2スレ:【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―2―
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443780147/

 アクアが暗夜兄妹と和解した3スレ:【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―3―
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456839703/

 タクミとの戦いが終わりを迎えた4スレ:【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―4―
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466084140/

 スサノオ長城攻略戦が終わりを迎えた5スレ目:【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―5―
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483807375/

 白夜との戦いが終わり、願いが途絶えた6スレ目:【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―6―
 https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521469400/

 個人妄想全開の暗夜ルートになっています。
 オリジナルで生きていたキャラクターが死んでしまったり、死んでしまったキャラクターが生き残ったりという状況が起きます。
 ご了承のほどお願いします。

 主人公のタイプは
 体   【02】大きい
 髪型  【05】ロング・セクシーの中間
 髪飾り 【04】ブラックリボン
 髪色  【21】黒
 顔   【04】優しい
 顔の特徴【04】横キズ
 口調  【私〜です】

 長所短所には個人的趣味を入れ込んでいます。 
 ・長所  心想い【心を好きになる(誰とでも結婚できる)】
 ・短所  盲目 【目が見えない(ただそれだけ)】

 ※時々、番外編を挟むことがあります。
 番外の場合は『◇◆◇◆◇』を付けています。
3 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 20:53:52.29 ID:6zEeXjVG0
○カムイの支援現在状況●

―対の存在―
アクアA
(カムイからの信頼を得て、その心の内を知りたい)

―城塞の人々―
ギュンターA
(恋愛小説の朗読を頼まれています) 
フェリシアB++
(カムイに従者として頼りにされたい)
フローラA
(すこしは他人に甘えてもいいんじゃないかと言われています)
ジョーカーC+
(イベントは起きていません)
リリス(消滅)
(主君を守り通した)

―暗夜第一王子マークス―
ラズワルドA
(あなたを守るといわれています)
マークスB++
(何か兄らしいことをしたいと考えています)
ピエリB
(弱点を見つけると息巻いています)

―暗夜第二王子レオン―
オーディンA
(二人で何かの名前を考えることになってます)
ゼロB+
(互いに興味を持てるように頑張っています)
レオンA
(カムイに甘えてほしいと言われて、いろいろと考えています)

―暗夜第一王女カミラ―
ルーナA
(目を失ったことに関する話をしています)
カミラA
(白夜の大きい人に関して話が上がっています)
ベルカB++
(生きてきた世界の壁について話をしています)

―暗夜第二王女エリーゼ―
エリーゼA
(昔、初めて出会った時のことについて話しています)
ハロルドB++
(ハロルドと一緒にいるのは楽しい)
エルフィB++
(一緒に訓練をしました)

―白夜第二王女サクラ―
サクラA
(カムイと二人きりの時間が欲しいと考えています)
カザハナA
(素ぶりを一緒にする約束をしています)
ツバキB
(イベントは起きていません)

―カムイに力を貸すもの―
シャーロッテA
(返り討ちにあっています)
フランネルB+
(宝物を見せることになっています)
サイラスB+
(もっと頼って欲しいと思っています)
ニュクスB++
(許されることとはどういうことなのかを考えています)
スズカゼB
(おさわりの虜になったようです)
モズメB++
(時々料理を食べさせてもらう約束をしています)
リンカB+
(過去の雪辱を晴らそうとしています)
ブノワB
(動物の餌やりを一緒にやることになっています)
アシュラB
(暗夜での生活について話をしています)
4 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 20:56:16.73 ID:6zEeXjVG0
●異性間支援の状況
【支援Aの組み合わせ】
・レオン×カザハナ
 C[本篇の流れ] B[3スレ目・300] A[3スレ目・339]
・ジョーカー×フローラ
 C[1スレ目・713〜715] B[1スレ目・928〜929] A[2スレ目・286]
・レオン×サクラ
 C[1スレ目・511〜513] B[2スレ目・297〜299] A[3スレ目・797]
・ラズワルド×ルーナ
 C[1スレ目・710〜712] B[2スレ目・477] A[4スレ目・177]
・アクア×オーディン
 C[3スレ目・337] B[3スレ目・376] A[4スレ目・353]
・ルーナ×オーディン
 C[4スレ目・352] B[4スレ目・411] A[4スレ目・460]
・ラズワルド×エリーゼ
 C[1スレ目・602〜606] B[3スレ目・253] A[4スレ目・812]
・ベルカ×スズカゼ
 C[3スレ目・252] B[3スレ目・315] A[5スレ目・57]
・オーディン×ニュクス
 C[1スレ目・839〜840] B[3スレ目・284] A[5スレ目・362]
・サクラ×ラズワルド
 C[5スレ目・303] B[5スレ目・337] A[5スレ目・361]
・アクア×ゼロ
 C[1スレ目・866〜867] B[4スレ目・438] A[5スレ目・456]
・ラズワルド×ピエリ
 C[5スレ目・823] B[5スレ目・862] A[5スレ目・890]
・マークス×リンカ
 C[5スレ目・888] B[5スレ目・920] A[6スレ目・6]
・ブノワ×フローラ
 C[2スレ目・283] B[2スレ目・512] A[6スレ目・31]
・レオン×エルフィ
 C[3スレ目・251] B[4スレ目・437] A[6スレ目・49]
・ギュンター×ニュクス
 C[3スレ目・246] B[5スレ目・480] A[6スレ目・619]
・エリーゼ×ハロルド
 C[2スレ目・511] B[2スレ目・540] A[6スレ目・699]
・アシュラ×サクラ
 C[3スレ目・773] B[5スレ目・106] A[6スレ目・925]
・レオン×ピエリ
 C[6スレ目・76] B[6スレ目・107] A[6スレ目・948]

【支援Bの組み合わせ】
・ブノワ×エルフィ
 C[5スレ目・822] B[6スレ目・77]
・ツバキ×モズメ
 C[5スレ目・15] B[6スレ目・317]
・ラズワルド×シャーロッテ
 C[5スレ目・479] B[6スレ目・653]

【支援Cの組み合わせ】
・サイラス×エルフィ
 C[1スレ目・377〜380]
・モズメ×ハロルド
 C[1スレ目・514〜515]
・ルーナ×ハロルド
 C[3スレ目・375]
・カザハナ×ツバキ
 C[3スレ目・772]
・マークス×エリーゼ
 C[6スレ目・620]
・カミラ×ジョーカー
 C[6スレ目・671]
・エルフィ×スズカゼ
 C[6スレ目・698]
5 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 20:57:50.40 ID:6zEeXjVG0
●同性間支援の状況
【支援Aの組み合わせ】
・リンカ×アクア
 C[1スレ目・888〜889] B[2スレ目・285] A[3スレ目・254]
・ピエリ×カミラ
 C[1スレ目・752〜753] B[2スレ目・478] A[2スレ目・513]
・フェリシア×ルーナ
 C[1スレ目・864〜865] B[1スレ目・890〜891] A[1スレ目・930〜931]
・フローラ×エルフィ
 C[1スレ目・471〜472] B[3スレ目・338] A[3スレ目・377]
・レオン×ツバキ
 C[1スレ目・492〜493] B[1スレ目・870] A[3スレ目・798]
・ベルカ×エリーゼ
 C[2スレ目・284] B[3スレ目・301] A[4スレ目・354]
・ピエリ×ルーナ
 C[3スレ目・249] B[4スレ目・317] A[4スレ目・412]
・アクア×ルーナ
 C[3スレ目・283] B[4スレ目・461] A[4スレ目・813]
・カミラ×サクラ
 C[4スレ目・175] B[5スレ目・58] A[5スレ目・107]
・ギュンター×サイラス
 C[1スレ目・926〜927] B[3スレ目・316] A[5スレ目・363]
・シャーロッテ×カミラ
 C[2スレ目・476] B[4スレ目・439] A[5スレ目・436]
・ラズワルド×オーディン
 C[4スレ目・459] B[5スレ目・338] A[5スレ目・457]
・フェリシア×エルフィ
 C[1スレ目・367〜368] B[2スレ目・541] A[5スレ目・481]
・サクラ×ニュクス
 C[5スレ目・860] B[5スレ目・889] A[5スレ目・919]
・エリーゼ×カザハナ
 C[5スレ目・14] B[5スレ目・921] A[6スレ目・7]
・ルーナ×カザハナ
 C[4スレ目・780] B[5スレ目・861] A[6スレ目・32]
・ルーナ×フローラ
 C[4スレ目・781]  B[6スレ目・50] A[6スレ目・78]
・サクラ×エルフィ
 C[3スレ目・774] B[6スレ目・108] A[6スレ目・633]
・ピエリ×フェリシア
 C[3スレ目・250] B[6スレ目・700] A[6スレ目・926]
・ベルカ×ニュクス
 C[4スレ目・176] B[4スレ目・410] A[6スレ目・949]

【支援Bの組み合わせ】
・シャーロッテ×モズメ
 C[3スレ目・248] B[3スレ目・285]
・ジョーカー×ハロルド
 C[1スレ目・426〜429] B[5スレ目・336]
・マークス×ギュンター
 C[5スレ目・302] B[6スレ目・654]
・エルフィ×モズメ
 C[1スレ目・423〜425] B[6スレ目・902]

【支援Cの組み合わせ】
・ピエリ×リンカ
 C[3スレ目・247]
・フローラ×エリーゼ
 C[4スレ目・178]
・エルフィ×ピエリ
 C[3スレ目・771]
・スズカゼ×オーディン
 C[4スレ目・318]
・ハロルド×ツバキ
 C[5スレ目・56]
・アシュラ×ジョーカー
 C[5スレ目・105]
・ラズワルド×ブノワ
 C[5スレ目・435]
・シャーロッテ×サクラ
 C[6スレ目・30]
・カミラ×アクア
 C[6スレ目・106]
・シャーロッテ×カザハナ
 C[6スレ目・314]
・エリーゼ×カミラ
 C[6スレ目・315]
・レオン×ハロルド
 C[6スレ目・606]
・スズカゼ×ブノワ
 C[6スレ目・607]
6 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 21:00:01.41 ID:6zEeXjVG0
○仲間ジョブ決定一覧●
―対の存在―
・アクア(歌姫)

―城塞の人々―
・ジョーカー(パラディン)
・ギュンター(グレートナイト)
・フェリシア(ストラテジスト)
・フローラ(ジェネラル)

―暗夜第一王子マークス―
・マークス(パラディン)
・ラズワルド(ボウナイト)
・ピエリ(パラディン)

―暗夜第二王子レオン―
・レオン(ストラテジスト)
・オーディン(ダークナイト)
・ゼロ(ボウナイト)

―暗夜第一王女カミラ―
・カミラ(レヴナントナイト)
・ルーナ(ブレイブヒーロー)
・ベルカ(ドラゴンマスター)

―暗夜第二王女エリーゼ―
・エリーゼ(ストラテジスト)
・ハロルド(ブレイブヒーロー)
・エルフィ(グレートナイト)

―白夜第二王女サクラ―
・サクラ(戦巫女)
・カザハナ(メイド)
・ツバキ(バトラー)

―カムイに力を貸すもの―
・ニュクス(ソーサラー)
・アシュラ(上忍)
・フランネル(マーナガルム)
・サイラス(ボウナイト)
・スズカゼ(絡繰師)
・ブノワ(ジェネラル)
・シャーロッテ(バーサーカー)
・リンカ(聖黒馬武者)
・モズメ(弓聖)
7 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 21:01:12.00 ID:6zEeXjVG0
 今日はスレ立てだけになります。

 6スレ目のURLが作動していなかったのでこちらに
8 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/10/30(水) 21:08:03.26 ID:6zEeXjVG0
 6スレ目のURLのリンクが出来ていませんでした。

 白夜との戦いが終わり、願いが途絶えた6スレ目:【FEif】カムイ「私の……最後の願いを聞いてくれますか?」―6― 
 https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521469400/

 今日はスレ立てだけになります。
 前スレの最後のレスが風花雪月になっていたので、この章が終わった時に書く短編は『風化雪月の百合的なもの(複数カップリング)』になりましたので、よろしくお願いします。

 また、時々安価をしていこうと思っていますので、よろしければ参加していただけると幸いです。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/30(水) 23:04:47.63 ID:Qhmy9T9K0
おつ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/04(月) 13:20:24.52 ID:yduE1i2n0
支援ない組み合わせでも良いならエーデル×メーチェとか見たいな
11 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 20:36:38.54 ID:cdNEYyjX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地・軍師の天幕』―

マクベス「よし、そのままノスフェラトゥを送り続けなさい、内側の数は最低限で構いません。敵を出来る限り釘付けにするのです」

旧暗夜軍兵士「はっ、マクベス様!」タタタタッ

メイド「マクベス様、防壁での戦いはこちらの優勢で進んでいます。あの魔術のおかげです」

マクベス「丸裸にしていたら、何処からでも入られてしまいますのでね。せめて視覚的に優位に立てなくては、しかし……」

メイド「? なんでしょうか、マクベス様」

マクベス「なんでしょうかではありません。まったく、最後の最後で命令に背くとは思ってもいませんでした、やってくれますね」

メイド「……後でどのような処罰でもお受けします。ですが、今は……」

マクベス「当たり前です。貴女の処遇など今すぐ決めるべきことではありません。今、命令違反という理由で処罰したところで戦力が減るだけで、何のメリットもありませんので」

メイド「ありがとうございます。それではマクベス様、私は魔法部隊の指揮を執りに向かいます」タッ

マクベス「待ちなさい、一つだけ聞いておきたいことがあります」

メイド「なんでしょうか?」

マクベス「なぜ、私の命令に背いたのか、それだけは聞いておかなくてはなりません」

メイド「簡単なことです。マクベス様に仕えることを優先した、ただそれだけです」

マクベス「それだけですか?」

メイド「はい、私はそれだけです。失礼いたします」タタタタタッ

マクベス「……ふっ」

マクベス「仕えることを優先した、ですか……。まったく、あなた方が仕えているのは暗夜王国だというのに」ガサゴソッ

マクベス(まったく……)

マクベス「困った部下たちですよ……」

マクベス(さて、空いたゴーレムの隙間を埋める様にスフェラトゥを送り込みましたが、奴らはどう動くか。このまま、渓谷まで撤退してもらえるのならば何も言うことはありませんが……)

マクベス「さて、どう出ますかな?」タタタッ
12 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 20:44:45.67 ID:cdNEYyjX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『旧暗夜軍前戦陣地・渓谷側入り口付近』―

ゴーレム「グオオオン!」グッ

アクア「!」サッ

 ドゴンッ‼‼‼‼

アクア「今度はこっちの番よ、はあああっ!」チャキッ タタタタッ

 グッ ブンッ
  ドスリッ!

ゴーレム「!!!!」グラッ

カムイ「アクアさん、あとは私が!」ダッ 

 ブンッ!
  ザシュンッ

ゴーレム「グオオオオォォォ……」ドタンッ!

カムイ(ゴーレムの隊列に穴が開きました。これなら!)

カムイ「みなさん、今です!」

新生暗夜軍ソーサラー隊長「よし、火力を集中して、あの一帯を焼き払うのです!」

新生暗夜軍ソーサラー隊「よし、くらえ!!!!」シュオンッ

 ドゴゴゴンッ!‼‼

カムイ(ゴーレムと思われる気配が消えました。なら、次に来るのは……)

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオオオッ‼‼‼」ダダダダダッ

アクア「ノスフェラトゥの大群ね」

カムイ「そうみたいですね。ですが、ゴーレムの数をかなり減らせています。これなら――」

マークス「こちらの好きにできるという物だ。騎馬隊、私に続け!!!」チャキッ

新生暗夜軍パラディン隊長「マークス様に続けー!」

 ヒヒヒーンッ!‼‼
  ドドドドドドドドッ

マークス「敵を薙ぎ払え、ジークフリート」シュオン! ブンッ
 
 ザシュシュシュッ!‼‼‼

新生暗夜軍ジェネラル隊長「よし、騎馬隊の側面を奴らに取らせるな! グレートナイト隊は先行し、邪魔な奴らを蹴散らしてくれ!」

ギュンター「心得た。全員槍を構えよ、容赦する必要は無い、行くぞ!」

新生暗夜軍グレートナイト隊『ウオオオオッ!‼‼』ヒヒーンッ

 ドドドドドドドッ

カムイ「ギュンターさん」

ギュンター「カムイ様、側面の防備は我々にお任せを。村への突破口をお願いいたします」

カムイ「はい、任せてください!」

アクア「カムイ、敵の増援はこの先からやってきているみたい。黒い靄の所為でどこから来ているかは分からないけど、そこに内部に入り込むための入り口があるはずよ」

カムイ「そこを見つけ出して突破しましょう。マークス兄さん、援護をお願いします」タタタタッ

マークス「任せておけ。全員、一気に敵の前線を崩し突破する、いくぞ!」

新生暗夜軍パラディン隊『おーーーーー!!』

 ドドドドド!
13 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 20:48:31.50 ID:cdNEYyjX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カミラ「カムイたちが動きだしたようね。あの靄を突破して内部に入り込むつもりみたい」

ニュクス「かなり危険だけど、大丈夫なの?」

カミラ「仕方ないわ。劣勢とまではいわないけど、敵の増援で部隊の分断が進んでいるもの。この状態で本格的な籠城戦に切り替えられてしまったら、渓谷に一度戻らざるを得なくなる。そうなれば……」

ニュクス「敵の増援次第によっては、ここで長い時間を掛けることになるということね」

カミラ(そうなれば、奴が新しい手を打ってくるかもしれない。それが王都ウィンダムに向けられてしまったら……)

カミラ「そんなことを許すわけにはいかないわ……」

ベルカ「カミラ様、指示を。ここで待っていても状況は変わらない……」

ニュクス「ベルカの言う通り、今出来ることをするしかない、そうでしょう?」

カミラ「ええ、その通りよ。カムイ達の突入に合わせて私たちも仕掛けるわ。弓砲台と魔導砲台の位置は掴めているから、そこを縫うように仕掛けましょう。ベルカ、一部隊をあなたに預けるから、うまくやってみて」

ベルカ「わかったわ。ニュクス、しっかり掴まっていて」

ニュクス「ええ、お願いね」グッ

ベルカ「任せて、そこの部隊は私に付いてきて」バササッ

新生暗夜軍ドラゴンマスター隊『はい!』バサササッ

カミラ「それじゃ、私達も仕掛けに向かうとしましょう。付いて来なさい」バサササササッ!

新生暗夜軍レヴナントナイト隊『分かりました、カミラ様に続け!』バサササッ

カミラ(戦闘を行っている敵兵力に人間がいない以上、多くは村の内部でこちらが来るのを待っているでしょうね。足並みを揃えないで攻めても各個で対処されるし、そうならないようにしないと……)ゴソゴソッ スッ

カミラ「レオン、聞こえる?」
14 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 20:54:50.40 ID:cdNEYyjX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

エリーゼ「えーい!」シュオンッ ドゴンッ!

 ドサリッ

エリーゼ「やったー! って、あれ?」

ノスフェラトゥ「グオオオオオオッ!」ダダダダッ

エリーゼ「え、まだいるの!? わわっ!」

レオン「ブリュンヒルデ!」シュオンッ

 ググッ バシュンッ!

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオオオ……」ドササッ

レオン「エリーゼ、大丈夫か?」

エリーゼ「う、うん。ありがとう、レオンおにいちゃん。でも、どうしよう、これじゃ押し込まれちゃうよ」

レオン「ああ、何か手を打たないといけないな……」

サクラ「レオンさん、大丈夫ですか?」

レオン「ああ、何とかね。すまないけど、ノスフェラトゥの攻撃を抑えてくれているジェネラル隊のサポートに回ってくれるか」

サクラ「はい、任せてください」

エリーゼ「サクラ、あたしも行くよ!」

 タタタタッ

レオン(どうにか敵を倒しつつ、戦線は維持できている。だけど、だんだんと圧されているのも確かだ……)

レオン「どうにかして突破口を作らないと、このままじゃ渓谷に戻されかねない」

カミラ『レオンも苦戦しているみたいね』

レオン「ああ、ニュクスの作ってくれた水晶で連携は取れるから、すぐに崩れるってことは無いけどね」
15 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 21:13:55.84 ID:cdNEYyjX0
カミラ『そうね、ニュクスが作ってくれたこの水晶には助けられてばかりよ』

レオン「ああ、本当にね。それよりも仕掛けるのかい、姉さん」

カミラ『ええ、カムイ達が敵陣の突破を始めているみたいなの。でも、今は内部にいる敵の動きが分からないわ。だから、カムイ達を援護しつつ一斉に攻勢を仕掛けようと思うのだけど……。そっちは動けそう?』

レオン「なるほどね。ベルカの部隊が靄に近づきつつあるのも、その一つっていうことかな?」

カミラ『ええ、そうよ。私もこれから仕掛けるつもり。靄を突破してそのまま敵陣地に入り込んで、防壁を制圧するわ』

レオン「かなり危険だけど今はそれしかないか……。わかった。敵増援の流入が穏やかになってる。そろそろ、増援を終えて門を閉じるつもりかもしれない。閉じられる前に仕掛けよう」

カミラ『なら決まりね。それじゃ、これから仕掛けることにするわ』

レオン「わかった、こっちもベルカの部隊が攻撃に入るのを見計らって仕掛ける。中で会おう、姉さん」

カミラ『ええ、それじゃ』

レオン「……よし」

エリーゼ「レオンおにいちゃん、今のカミラおねえちゃんから?」

レオン「ああ、今から村内部へ強行突破を試みることになった」

エリーゼ「え、あの靄の中に飛び込むの!?」

レオン「同時に攻撃を仕掛ければ、靄の中の奴らも対応するのが難しくなるはずだ。危険は承知だ、でも、敵に圧されて渓谷に戻されるのだけはどうにかしないといけない。これ以上、奴に手を打たせるわけにはいかないからね」

エリーゼ「……そうだよね、白夜王都の時みたいなこと、させるわけにはいかないもん!」

レオン「ああ、絶対にね。ストラテジストとダークナイトを中心にした騎馬戦力で一気に敵戦列を押し上げて、ジェネラルや徒歩の部隊は側面から迫るノスフェラトゥやゴーレムを対処、隙を突いて村に入り込む」

エリーゼ「わかったよ、みんなに伝えてくるね!」タタタタタッ

レオン「ああ。よし、陣形を再編成して攻撃を掛ける! 全員準備するんだ」
16 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 21:17:45.05 ID:cdNEYyjX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地・内部中央に建てられた監視塔』―

旧暗夜軍兵士A「敵の飛竜部隊が二手に分かれました。さらに南西の門へ敵の騎馬隊が接近しているとの情報あり」

旧暗夜軍兵士B「南東門周辺の敵は隊列を組み直しています。おそらく、この部隊も突破を試みようとしているのだと思われます」

旧暗夜軍アドベンチャラー「おい、さっきの別れた飛竜部隊、あれも攻撃に向かってくるつもりだぜ。恐らく弓砲台と魔導砲台が狙いか? それで、あわよくばそのまま突破しようって魂胆だな」

マクベス「ふむ、同時に四カ所を攻撃するつもりですか。まぁ、この状況で攻め入ろうというのならば、それくらいしか向こうに手は無いでしょう」

旧暗夜軍アドベンチャラー「おっと、マクベス様。敵は概ね予想通りに攻撃してきてますよ」

マクベス「当たり前です、これでも綿密に作戦を立てましたのでね。この状況を早急に打開するためにとって来るだろう行動は予想できています。しかし、幾分か敵の動きが早かったか……」

旧暗夜軍アドベンチャラー「まぁ、元から兵力の差もあるわけで、そこは仕方ないですよ。で、どうします?」

マクベス「ここで弓砲台と魔導砲台失うわけにはいきません。直ちに例のポイントへの移動を。それと防壁の守備についている者たちは敵が防壁を突破したら、すぐに行動を起こすように指示を出して置いてください」

旧暗夜軍アドベンチャラー「了解しました。ちなみに敵を抑えられた場合は閉門ってことも伝えておきますよ」タタタタタッ

マクベス(閉門ですか。そうなれば、こちらとしても助かりますが、向こうもそうさせまいと突破してくるでしょうね)

旧暗夜軍兵士A「マクベス様、外部掃討戦力分のノスフェラトゥは次の部隊で最後となります」

マクベス「わかっています。引き続き、あなた方はここで敵の動向を監視を。何かあり次第合図を出すように、それと――」

旧暗夜軍兵士B「わかっています、あの大屋敷までですよね?」

マクベス「その通りです、あの大屋敷までですので、お忘れないように」

旧暗夜軍兵士A「はい、承知しておりますマクベス様。ここは私達にお任せください」

マクベス「頼みましたよ」タッ

マクベス(南側が破られれば敵の飛竜隊の第一陣が入り込んでくるでしょう。もっとも、それがこちらの狙いでもあります)

マクベス「ふっ、軍師である前に、私が魔術師であることを忘れてもらっては困りますよ。彼らは渓谷出口からすでに戦闘が始まっていると思っているのでしょうが――」

「本当の攻撃はまだ始まってすらいないのですよ。カムイ王女……」ニヤッ
17 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/05(火) 21:27:02.09 ID:cdNEYyjX0
今日はここまで

 マクベスは軍師であり魔術師でもある。白夜の眼鏡軍師とは違うのです。

 風花の百合的短編は、出来そうなら安価で決める形になるかもしれません。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/06(水) 16:02:42.00 ID:oUDqekCDO


卓上の鬼神「乱戦の定め」
19 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 18:34:06.96 ID:dhfGnLTA0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地・南方防壁前』―

カムイ「やあああっ!」

 ザシュンッ!

ノスフェラトゥ「グオオオオオォォォ……」ドタンッ

カムイ「さすがにここまで近づくと、敵が多くなりますね」

アクア「ええ。あの靄の奥に門があるとは思うけど、ここから目星を立てるのは難しいわ」

カムイ「でも、敵はまだ流入を続けています。なら、その動きから推測することはできます。それに目ではなく気配で探るのなら、私に分があります」

カムイ(これほど近づけば靄の気配も感じられます。それに靄の中を移動する奴らの気配も分かります。後は敵の増援がやって来た方角を辿れば、きっと……)

カムイ「さらに接近します。ソーサラー隊の皆さんも援護を頼みます!」ダッ!

新生暗夜軍ソーサラー隊長「わかりました。カムイ様を援護に回ります」タタタタッ

カムイ(靄の内部の気配、それを探り当てれば、きっと……)

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオオッ!!!!」ダダダダダダッ

アクア「させないわ。はああっ!」グッ ブンッ

 ザシュンッ
  ドササッ

新生暗夜軍ソーサラー隊長「そこです、ギンヌンガガプ!」シュオンッ!

 ドドオオンッ

新生暗夜軍ソーサラーA「よし、このまま押し込んでしまえば……ん?」

ノスフェラトゥ「グオオオオッ!」ドドドドドドッ 

新生暗夜軍ソーサラーA「なっ、側面から!? しまっ――」

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオッ!」ブンッ

 ドゴンッ

新生暗夜軍ソーサラーA「ぎゃああああっ‼‼‼」ドササッ

新生暗夜軍ソーサラーB「側面の敵に対処しろ。このままだと押し潰される!」

新生暗夜軍ソーサラー隊長「全火力を側面より接近する敵に集中します。残っているゴーレムの攻撃にも気を配ってください」

 シュオンッ ドドドドドッ
  ドゴオオンッ!
20 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 18:45:40.73 ID:dhfGnLTA0
カムイ(ソーサラー隊の皆さんがどうにか持ち堪えてくれている間に、村への手がかりを見つけないと……)

ノスフェラトゥたち「グオオオオオオオッ!」ドドドドドッ

カムイ「敵の増援……」

カムイ(この敵戦列、一直線にこちらへ向かっている。真正面から向かってきたと言う事は、この先に村に続く門があるかもしれません……)

新生暗夜軍ソーサラーB「新たな敵部隊、正面からこちらにやってきます!」

新生暗夜軍ソーサラー隊長「このままでは押し込まれるかもしれません。どうします、カムイ様」

カムイ「このまま靄へと突入します。今現れた敵の増援は真正面にこちらへと向かってきていました。おそらく、村を出て真っ直ぐにこちらに向かってきたのだと思います。なら、このまま直進することで……」

新生暗夜軍ソーサラー隊長「靄の先にある村に辿り着けると言う事ですか」

カムイ「はい、残念ながら確実に辿り着けるという保証はありませんが……」

新生暗夜軍ソーサラー隊長「いいえ、問題ありません、カムイ様の判断に従いましょう。各自、前方に現れた新たな敵へ攻撃を集中してください」

新生暗夜軍ソーサラーC「わかりました」シュオン バシュンッ!

 ドゴゴンッ ドゴゴゴゴンッ!

カムイ「敵の隊列を切り開きます。私に続いてください!」タタタタタタッ!
21 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 18:55:17.11 ID:dhfGnLTA0
新生暗夜軍パラディンA「マークス様、カムイ様の部隊が靄の中へ突入するようです」

マークス「よし、われわれもカムイに続く! いくぞっ!」

新生暗夜軍の兵士たち『おおおおおおーーー!‼‼』

 ドドドドドドドッ

カムイ「よかった、マークス兄さんたちも追いついてくれそうです」

アクア「カムイ、黒靄の奥には防壁が隠れているわ。弓の攻撃に注意しながら進みましょう」

カムイ「はい」

カムイ(ですが、この距離まで来たというのに敵の矢が飛んでくる気配がありません。敵の人員が多くないことは聞いていますが、明らかに攻撃の勢いが落ちている。まるで、誘導されているのかのようです)

カムイ「いえ、そう考えるべきなのでしょうね」

カムイ(ですが、この靄と防壁を突破して村に入り込めれば、この膠着状態を破ることが出来るはず)

ノスフェラトゥ「グオオオオオッ!‼‼‼」

アクア「はっ!」ザシュンッ

カムイ「やああっ!」ドスリッ ザシュンッ

 ブシャアア―― ドサリッ

アクア「カムイ、靄の中に入るわ」

カムイ「はい。アクアさん、失礼しますね」ガシッ

アクア「か、カムイ?」

カムイ「離れないようにしてください。私が先導しますから」

アクア「わ、わかったわ。……お願いね」ギュッ

カムイ「はい、任せてください」

 タタタタタタッ
22 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 19:23:48.48 ID:dhfGnLTA0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新生暗夜軍ドラゴンマスターA「マークス様、カムイ様の部隊が靄へと入っていきます」

ニュクス「敵もそれに対処しようとするはずだから、仕掛けるなら今ね」

ベルカ「……そうね、仕掛けましょう」チャキッ バサバサバサッ!

新生暗夜軍ドラゴンマスターA「よし、ベルカの後に続け!」バサバサバサッ

ベルカ(この先には弓砲台があったはず、靄まであと少し……)

ベルカ「弓砲台の射程に入るわ。それ以外の攻撃もあるはずだから、各自注意して…」

新生暗夜軍ドラゴンマスター隊『わかりました』

 バサバサッ
  バサバサッ

新生暗夜軍ドラゴンマスターC「……攻撃が来ない?」

新生暗夜軍ドラゴンマスターA「引き付けてから攻撃するつもりなのか……」

新生暗夜軍ドラゴンマスターB「わかりません。もしかしたらマークス様達の進軍を抑えるために、兵を割いたのかもしれませんし……」

ベルカ「状況はどうあっても変わらない。このまま靄を抜けて弓砲台近辺の防壁上部を制圧する」

バサササッ!

ニュクス「……おそらく待ち伏せているでしょうね」

ベルカ「ええ」

ベルカ(靄の中に入り込んだ瞬間に攻撃を仕掛けてくる可能性もある。それを避けられるかどうかはわからないけど……)

ベルカ「やるしかないわ…」

ニュクス「そうね。こっちは魔力の気配を探るわ」

ベルカ「ええ。靄に入るわ…」

 ボスンッ!
  ボスンボスンッ!
23 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 19:33:55.63 ID:dhfGnLTA0
ベルカ(思った以上に視界が悪い……。だけど、それほどの距離じゃないはず……)

 グオオオオオオッ……

ベルカ「このうめき声……」

ニュクス「ゴーレムがいるわね……。それにこのうめき声、攻撃態勢に入って――」

 バシュッ!

ベルカ「ニュクス、掴まって!」グッ

ニュクス「!」ギュッ

  ヒュンッ! ドゴンッ!

新生暗夜軍ドラゴンマスターB「ぎゃあああああぁぁぁぁぁ……」ドサンッ

新生暗夜軍ドラゴンマスターA「ちっ、一人やられた!」

ニュクス「向こうからこっちが丸見えっていうのは、冗談でも何でもないみたいね」

ベルカ「このまま突破する」バササッ

新生暗夜軍ドラゴンマスター隊『はっ!』バサバサッ

ニュクス「それにしてもこの靄、村を覆うように広がっているわね。少しでも入り込んだら視界を遮られてしまうようだから気を付けて」

ベルカ「ええ、注意するわ」

 ボスンッ ボスンッ

ベルカ(靄を出たわ。敵は――)

ゴーレム「グオオオオオッ!」

新生暗夜軍ドラゴンマスターA「防壁上部にゴーレム多数! 弓兵の姿はありません!」

新生暗夜軍ドラゴンマスターC「ちっ、思ったより高度が取れねえ。ちょっと高く上がりすぎると靄の中に逆戻りしちまう」

ベルカ「各自、攻撃開始」バサバサッ

ゴーレム「グオオオオオオッ」ドスンッ!
24 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 19:40:22.14 ID:dhfGnLTA0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カミラ「はああああああっ!!!」グッ ブンッ!‼‼

 ドスリッ!

ゴーレム「グオオオオオオオォォォ……」グニャリ……ドタンッ……

カミラ「ふぅ、どうにか防壁上部に辿り着けたわね。こっちの被害は?」

レヴナントナイトA「靄を抜ける際に数名がやられましたが、多くは健在です」

カミラ「そう、良かった。この様子なら、他もうまく入り込めたと思うわ。この地点を維持して、後続の援護に入りましょう」

新生暗夜軍レヴナントナイトA「はい。しかし、本当にこちらからはすべてが丸見えなのですね」

カミラ「ええ、こんなにはっきりと見えるなんてね。うまく、同時に仕掛けられたからよかったけど、バラバラに攻めていたら各個撃破されていたでしょうね」

カミラ(そう、それくらいこの仕掛けは有効なもののはず。なのに、これは……)

カミラ「……」

新生暗夜軍レヴナントナイトA「どうかされましたか?」

カミラ「ここはこの村の防衛の要よ。その防衛をゴーレムにだけ任せているのは変でしょう?」

新生暗夜軍レヴナントナイトA「敵の人員が足りないと言う事でしょう。現在、白夜平原へ続く街道が脅かされているという状況で、そちらに兵力を割いた結果かと……。ここ周辺にいた兵の多くを門の防衛に回したのかもしれません」

カミラ「……だとしても、ここは重要な拠点よ。それをわからないマクベスではないはず……」

カミラ(それに、ここにあるはずの魔導砲台が無くなっている。移動させたっていう事は、防壁を元から放棄するつもりだったということ?)

カミラ「色々と不思議な点はあるけれど、まず村の内部へ降りましょう。みんなと合流するわ」

新生暗夜軍レヴナントナイトA「はっ!」バサバサッ
25 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 19:45:36.87 ID:dhfGnLTA0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レオン「ブリュンヒルデ!」シュオンッ

 ザシュシュシュ!‼‼
  ドサリッ

レオン「よし、ここだな。エリーゼ、門の周辺にいる敵に対処してくれ。僕は内部に入り込んで、周辺を確保に向かう」

エリーゼ「わかったよ、レオンおにいちゃん。誰も通さないんだから!」チャキッ

サクラ「レオンさん、内部からノスフェラトゥが向かって来ます!」

レオン「大丈夫だ、数は少ない。一気に突破して、門の閉門を阻止するよ。ダークナイト隊、準備はいいか?」

新生暗夜軍ダークナイト隊長「はい、レオン様」

レオン「よし、殲滅しろ!」スッ

新生暗夜軍ダークナイト隊『オオオオオーーーー!』ドドドドドッ

 キィンッ! ズシャッ
  ガキィンッ! ギュアアアッ!

レオン(よし、どうにか閉門を阻止することはできたな。これで門を閉じられる心配はない。敵に取り返されないようにしつつ、後続を援護しないと……)

新生暗夜軍ダークナイト隊長「レオン様、門周辺の掃討、完了しました」

レオン「わかった。それで状況は?」

新生暗夜軍ダークナイト隊長「その、不思議なことに兵士が一人もいないのです。いるのはノスフェラトゥばかりでして、それ以外は何も……」

レオン「……」

新生暗夜軍ダークナイト隊長「いかがしますか?」

レオン「どうにか内部に入ることが出来た以上、ここを捨てる事は出来ないよ。まずは他の部隊と合流しつつ、この地点を維持する」

新生暗夜軍ダークナイト隊長「はっ」タタタタッ
26 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 19:53:07.47 ID:dhfGnLTA0
レオン「ここ、突破させるためにあえて手薄にしていたと見るべきか……」

レオン(この状況、明らかにこっちを誘い込んでいる形だ。ここを防衛するだけなら、靄の壁を突破させないことが重要になる。だけど、この状況を見る限り突破されることを考えていた。いや、そもそも突破させるつもりだったのかもしれない)

レオン「防壁とこの視界を遮る靄……」

レオン(この二つを捨てるほどの何かがマクベスにはあるということか……)

 タタタタタタッ

レオン「……ん?」

サクラ「レオンさん、門周辺の敵は倒し終わりました」

エリーゼ「それとね、後続の部隊が向かってる。もう少しで合流できるって」

レオン「わかった。姉さんたちも突破出来ただろうから、まずは合流しないと」

エリーゼ「うん、わかったよ。それにしても、なんだか不思議だね。こっちからは全部丸見えなんだもん」

レオン「ああ、敵の防御が厚かったら、こう簡単にはいかなかった」

エリーゼ「うん、何とかなって良かったー」

サクラ「はい。だけど、また外に押し出されてしまわないようにしないといけませんね」

レオン「ああ」

レオン(とにかく、村への道を築けた。今心配するべきは、後続が村の中に入れなくなるという事態だけだ)

レオン「それさえ、どうにかできれば、僕らの勝ちだ」
27 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 19:56:53.05 ID:dhfGnLTA0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地内部・南方防壁西側・上部見張り台』―

旧暗夜軍ボウナイトA「敵が障壁を突破しています」

旧暗夜軍アドベンチャラー「おお、そうか。あれは例の王女様だな。あいつら、手を繋いでこっちに向かってやがる。まったく、健気だねぇ」

旧暗夜軍ボウナイトB「攻撃しますか?」

旧暗夜軍アドベンチャラー「いいや、ここで攻撃する必要は無いってよ。靄の視界不良があるとはいえ攻撃してもあいつらの進軍は止まらないからな。となると、ここはあと少しで落ちる。ここにいてもしょうがねえ。弓砲台の移動処理は終えたんだ。あとは少ないゴーレムが時間稼ぎをしてくれるさ」

ゴーレム「グオオオオオッ」ガチャンッ ドゴンッ!

旧暗夜軍アドベンチャラー「ほぉ、敵が見えた瞬間に攻撃とは頼りがいがあるね。それじゃ、こっちは合流地点に向かうか」

旧暗夜軍ボウナイトA「わかりました。しかし、こんな作戦良く思いつくものですね」

旧暗夜軍アドベンチャラー「まったくな。その結果、もう防壁上部にはいられなくなるけどよ」

旧暗夜軍ボウナイトB「他の者たちは中央広場へ向かいました。残っているのは我々だけです」

旧暗夜軍アドベンチャラー「よし、それじゃ撤退するぞ」

旧暗夜軍ボウナイトA「はっ!」タタタタタタッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「さてと、他の場所も残ってるのはゴーレムだけ、これで準備は整ったってところか」チャキッ

 ググッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「合図を上げるぜ、マクベス様!」

 パシュッ

  ヒュイイイイイインッ!‼‼‼
28 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 20:06:26.08 ID:dhfGnLTA0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地・南方防壁西側前』―

 ヒュイイイイイインッ!‼‼

カムイ「この音……」

アクア「前方からよ。敵が合図を送ったのかもしれないわ」
 
カムイ「ええ、それにしても矢は飛んできませんが、ゴーレムの攻撃が激しいですね。出来れば、この先に門があればいいのですが……」

カムイ(頼みますよ……)

 ドドドドドドドッ

マークス「靄を抜けたか……」

新生暗夜軍パラディンA「前方、ノスフェラトゥ多数。その付近に内部へと通じる門があります!」

マークス「よし、周りの雑魚に構うな! まずは門を制圧する。全軍、掛かれ!」スッ

新生暗夜軍兵士たち『オーーーッ!』ドドドドドドドドッ

カムイ「はぁはぁ、どうにか辿り着けましたね、アクアさん」

アクア「ええ、何とかね。ふふっ、ありがとう先導してくれて」

カムイ「はい」

マークス「カムイ、よくやってくれた。どうにか、門を制圧できそうだ」

カムイ「マークス兄さん。いいえ、私たちの部隊だけではここまでたどり着けませんでした。マークス兄さんが率いる騎馬隊のおかげですよ」

マークス「ふっ、そうか。よし、後続も追いついている。このまま行けば……む?」

カムイ「マークス兄さん?」

マークス「まだ靄の中に入っていたようでな、視界が突然悪くなってしまった」

アクア「境界が分かり辛いから仕方ないわ。実際、こっちからだとどこから先が靄なのかわからないもの。ともかく、まずは靄から離れましょう」タタタタタッ

マークス「ああ。もっともここを抜けた以上、これが障害になることはない。あとは村を制圧するだけだ」タタタタタッ

カムイ「はい、マークス兄さん」タタタタタッ

 ズズズズズズッ

カムイ「ん?」
29 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 20:15:15.97 ID:dhfGnLTA0
アクア「どうしたの?」

カムイ「……」

カムイ(おかしい、たしか靄の気配はもう少し後ろにあったはず……。でも、今気配があるのは私たちがいた場所を越えています)

 ガシャンッ ガシャンッ

新生暗夜軍ジェネラルA「くそっ、この靄の境目はどこなんだ。ああ、視界が曇ったり晴れたり鬱陶しい!」

新生暗夜軍ジェネラル隊長「ほら、早く来い。遅れているとノスフェラトゥに追いつかれるぞ」

新生暗夜軍ジェネラルA「すみません隊長、本当に視界が見え辛くて。くそっ、この靄、まるで付いて来てるみたいだ。いつになっても視界が晴れない」

カムイ「靄が付いて来る?」

カムイ(靄の気配は……)

 ググッ グググググッ

カムイ「動いている……」

アクア「え?」

マークス「どうした、カムイ?」

カムイ「この靄、だんだんと村に近づいているようなんです」

マークス「こちらの侵攻に合わせているという事か? しかし、そのような小細工など――」

新生暗夜軍ジェネラルA「ぐっ、うああああ!」ガシャンッ

カムイ「!?」

マークス「な、なんだ!?」
30 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 20:19:03.04 ID:dhfGnLTA0
新生暗夜軍ジェネラルA「た、たいちょう、くっくるしい……」ガシャンッ

新生暗夜軍ジェネラルB「お、おい、何倒れてるんだ。そんなところで倒れたら、やられちまうぞ!? おい!」ガシャンガッシャンッ

 ボスンッ

新生暗夜軍ジェネラルB「な、なんだ? どうして視界が……さっきまで靄はここまで来てなかったはず――」

 ドクンッ

新生暗夜軍ジェネラルB「がっ……、うっ、な、なんだごれ……、が、がらだが……」

 ビチャッ

新生暗夜軍ジェネラルB「ぐ、ぐる、ぐるじい……。だ、だれが……」ガシャンッ ガシャンッ

 ドサリッ ポタタタタッ

新生暗夜軍兵士「ひっ、な、なんだこれは!?」

 グアアアア――
  ウアアアアア――

マークス「な、何が起きている!?」

アクア「わからない。でも、敵が何かをしてきたことは間違いないわ。あの靄、さっきのように視界を遮るだけじゃ済まないみたいよ」

 ググググッ

カムイ「! 靄がこちらに迫ってきます」

マークス「くっ、この靄に飲まれたらどうなるかわからん。全員、村の中に退避せよ!」

新生暗夜軍兵士「村に急げ、早く!」タタタタッ

カムイ「くっ」タタタタタッ

カムイ(ここは守るべき村でも拠点でもなかった。だからこそ、靄の中を進む私たちに対して、敵は攻勢を仕掛けなかった。そう、ここに私たちが入り込むことこそが狙いだった。これが、いいえ、この村そのものが――)

(マクベスさんが仕掛けた罠なのですね)
31 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/18(月) 20:36:57.61 ID:dhfGnLTA0
今日はここまで

 後続を断つマクベスの罠

 風花雪月、衣装が増えてうれしい。でも、教員組は衣装チェンジが出来なくて悲しい。

 次の展開を安価で決めたいと思います。参加していただけると幸いです。
 
◆◇◆◇◆◇
 今回の戦闘に参加する仲間を決めたいと思います。

・チーム『城塞組男+α』
 (ギュンター・ジョーカー・サイラス)

・チーム『城塞組メイド+α』
 (フェリシア・フローラ・ブノワ)

・チーム『マークス隊+α』
 (ラズワルド・ピエリ・フランネル)

・チーム『エリーゼ隊+α』
 (ハロルド・エルフィ・モズメ)

・チーム『サクラ女隊+α』
 (カザハナ・ツバキ・アシュラ)

・チーム『レオン隊+α』
 (オーディン・ゼロ・スズカゼ)

・チーム(カミラ隊+αα』
 (ルーナ・シャーロッテ・リンカ)

◆◇◆◇◆◇
 カムイ部隊「カムイ・アクア・マークス」と行動を共にするチーム>>32
 カミラ部隊「カミラ・ベルカ・ニュクス」と行動を共にするチーム>>33
 レオン部隊「レオン・サクラ・エリーゼ」と行動を共にするチーム>>34

 このような形で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/18(月) 23:56:54.31 ID:/YPAN2oq0
チーム『城塞組メイド+α』
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/19(火) 00:02:40.44 ID:LjEEiQt30
サクラ女隊+α
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/19(火) 00:05:00.52 ID:AAuTMwZtO
チーム(カミラ隊+αα』
 (ルーナ・シャーロッテ・リンカ)
35 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:26:33.34 ID:5uemCYmX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地・南西門内部』―

 タタタタタタタッ

カムイ「はぁ、はぁ……。大丈夫、靄は追って来ないようです。防壁内側に達したところで動きが止まりました」

マークス「そうか、他の者たちは大丈夫か?」

アクア「私は平気よ。だけど、靄の中にいた部隊はやられてしまったみたい」

カムイ「それに靄の所為で後続が村に辿りつくには多くの時間を要するはずです。いずれ、靄が晴れるかもしれませんが、それを敵が待ってくれるとは思えません」

マークス「どうにか内部に入り込めた戦力だけでどうにかしなくてはならないか……」

カムイ「私たち以外に突入出来た部隊はいるのでしょうか?」

マークス「レオン、そしてカミラの部隊が突入に成功しているようだ。まずは、二人の部隊と合流を目指すべきだろう」

カムイ「よかった。カミラさんとレオンさんの部隊が突入に成功しているのですね。これなら、きっと――」

???『大丈夫、そう言いたいのでしょう。カムイ王女』

カムイ「!」チャキッ

マークス「マクベスか!」チャキッ

???『ええ、そうです。声だけで察するとは驚きましたよ』スゥ

カムイ「……マクベスさん」

マクベス『くっくっくっ。お久しぶりですね、裏切り者の皆さん』
36 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:31:58.88 ID:5uemCYmX0
マークス「マクベス……」

マクベス『よもや、私のことを覚えているとは思いませんでした。もっとも、ガロン王様に泥を塗る不貞な輩に覚えられていたくありませんでしたがね。特にあなたのような存在には……』

マークス「何とでも言うがいい、私は私の信じる道を進む。それがお前達に刃を向ける道だとしてもな」

マクベス『ふん、言葉を濁す必要は無いと言う事ですか。結構、これで気兼ねなくあなた方、暗夜の汚点たる王族を皆殺しに出来るというもの。ふっ、皆殺しにしてしまえば、きっとガロン王様も喜ばれるはず。もちろん、あなたも例外ではありませんよ、カムイ王女』

カムイ「残念ですが、あなたに殺されるつもりはありません。本当の敵を打つまで、私は倒れるわけにはいかないのです」

マクベス『ふんっ。ご安心ください。あなたにとっての本当の敵などに興味はありません。私にとってはあなた方こそが倒すべき敵、ガロン王様の覇道を拒む存在。ガロン王様の紡ぐ覇道を支えることこそが私の使命である以上、あなた方を生かしておくわけにはいきません』

カムイ「ガロン王……」

カムイ(やはり、マクベスさんはガロン王……いいえ、奴の命令に従って戦っているということなのですか……)

カムイ「アクアさん、マクベスさんから奴の気配を感じますか?」

アクア「……いいえ。幻影からは何もわからないわ。だけど、村の中心から奴に似た気配がある。おそらく、何かあるはずよ」

カムイ(その気配の源がマクベスさんに何かしらの影響を与えているのかもしれません。でも、こうして話をすることができるのなら、今が最後のチャンスのはず……)

マクベス『さて、挨拶はここまででいいでしょう。これから殺すあなた方の慌てる姿を見れただけで満足ですので。ふふっ、ふははははははははっ』

カムイ「マクベスさん」

マクベス『む? なんですかな、カムイ王女。もしや、この期に及んで命乞いでもしてくれるのでしょうか。いいでしょう、見せてください。あなたの無様な姿を見れば、私の考えが変わるやも――』

カムイ「あなたは、ガロン王の正体を知っているのですか?」
37 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:40:56.52 ID:5uemCYmX0
マクベス『ガロン王様の正体……ですか?』

カムイ「はい……」

マクベス『ふん、この期に及んでつまらないことを聞いてくるものだ。ガロン王様は暗夜の王であり、この世界を統べる御方です。そして、私にとって唯一の主君、それ以外の答えはありません』

カムイ(そう、マクベスさんはガロン王を信じている。マクベスさんは長くガロン王に仕えてきたのですから、この言葉に嘘偽りはないでしょう。だからこそ、私は伝えなくてはいけないんです。それが奴に利用されているという事を)

カムイ「それがマクベスさんにとってのガロン王なのでしょう。でも、今いるガロン王はあなたが信じているガロン王ではないんです。ガロン王の皮を被った紛い物でしかありません」

マクベス『……紛い物?』

カムイ「ガロン王はもう死んでいます。今、あなたが従っているガロン王は別人なんです。奴はただ人を殺す為だけにガロン王に成りすまし、戦いを行うための道具にしている。そこにはガロン王が掲げ、あなたが信じているような覇道もなにもありません」

マクベス『……』

カムイ「もう、マクベスさんが信じているガロン王はいないんです。だから――」

マクベス『こうして争う必要は無い、そう言いたいのですかな?』

カムイ「……そうです」

マクベス『……争う必要はないですか。ふっ、まったく面白いことを言う。まさか、そのようなつまらないことを口にしてくるとは思いませんでした』

カムイ「マクベスさん、信じられない話だとは思います! でも、今あなたが従っているガロン王は――」

マクベス『カムイ王女、どうやら私の言葉をちゃんと理解出来ていないようですね。言ったはずです、ガロン王様は私にとって唯一の主君だと、それはどのような状況であっても変わらない。たとえ――』






マクベス『あなたの言ったことが真実であったとしても、私が戦う意味は変わることはありません』
38 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:44:21.09 ID:5uemCYmX0
カムイ「……え?」

マクベス『……』

カムイ「マクベスさん。まさか、あなたは……」

マークス「カムイ……」スッ

カムイ「マークス兄さん」

マークス「マクベス。それが、お前の正義と言う事か?」

マークス「……どうなのだ、マクベス?」

マクベス『私は正義のためなどという信念で戦ってなどいません。私は主君、ガロン王様のために戦うのです。それ以外のことなど考える必要もない。すべてはガロン王様のため、ガロン王様が作り上げる世界のため、それ以外のことに費やす時間も力もありはしませんよ』

マークス「そうか……。それ故に退くつもりはないのだろう?」

マクベス『ええ、あなた方をここへ招き入れたのは戦うためですので。あなた方をこの手で殺し、再びガロン王様が求めた世界にしていくため。だからこそ、あなたと相容れることはないでしょう。あなたの求める世界の形と、私の求める世界の形は全く別物。ガロン王様が築いた暗夜王国とそこから広がる世界こそが、私が生きるすべてなのです。故に戦う以外の道はないのですよ、カムイ王女』

カムイ「マクベスさん……」

マクベス『……』

カムイ(この意思は私の言葉で揺らぎはしないでしょう。それほどにマクベスさんの言葉には明確な信念と、そして私が求めてやまない和解に対する拒絶が見える。みんなが思っていたように、マクベスさんの意思は変わらない。とても真っ直ぐなこの意思を折る術を私は知らない。なら、それに対して私がするべきことは、一つだけです)チャキッ

カムイ「私には倒さなくてはならない敵がいます。それを打つためにもあなたをここで打ちます。あなたのその信念に全力で挑ませてもらいますよ、マクベスさん」

マクベス『ふっ、いいでしょう。ですが、ここであなた方を打つのは私のほうです。精々悪あがきに徹することですな』

 シュオンッ!
39 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:50:01.98 ID:5uemCYmX0
アクア「カムイ、マクベスは……」

カムイ「私は伝えるべきことは伝えました。正直、結果は皆さんの予想した通りになってしまいましたが……」

アクア「……」

カムイ「でも、なんだか不思議なくらいに安心している自分がいるんです」

アクア「安心?」

カムイ「ええ、憎い敵だからとかではなくて、その何でしょうか。すみません、うまく言葉が見つからないんですけど」

アクア「そう、私にはわからないけれど、多分それはあなたにとってとてもいい事なのかもしれないわ。あなたが安心できた意味が分かるといいわね」

カムイ「はい」

マークス「しかし、マクベスがあれほどの忠誠心を持っているとは。そして、ここにいるのはそのマクベスの下に集った兵士だ。先鋭と見て間違いないだろう」

カムイ「はい。でも、こちらも先鋭揃いですから。そう簡単にはやられませんよ」

マークス「ああ、む?」

 タタタタタッ

フェリシア「あ、カムイ様! やっと見つけました、無事でよかっ――はわわわっ!」ビターンッ

フローラ「ちょっと、フェリシア!?」

フェリシア「ううっ、転んじゃいましたぁ……」

アクア「こちらも、先鋭揃い……ね」

マークス「ふむ……」
40 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:53:44.35 ID:5uemCYmX0
カムイ「ああ、フェリシアさん大丈夫ですか?」スッ

フェリシア「あ、カムイ様。ぐすっ、だ、大丈夫です。ご無事でよかったです」

フローラ「カムイ様、お怪我は?」

カムイ「大丈夫です。フローラさんも無事に内部に入ってこられたようでよかったです」

フローラ「今は重装部隊の一員ですので。それにブノワがサポートしてくれましたから」

ブノワ「気にしなくていい…。カムイ様達と合流できてよかった…」

カムイ「はい、ブノワさんたちが無事で何よりです。しかし、こちらから入り込めた人たちだけで中央に攻め入るのは危険ですね」

マークス「ああ、このまま敵本陣を攻めるのは厳しい。なにより敵の罠で後続が到達出来ない以上、まずは他の部隊と合流を図り、戦力の立て直すべきだろう」

カムイ「そうですね。まずは防壁付近から侵攻したカミラ姉さんの部隊と合流を目指しましょう。おそらく、レオンさんの部隊もカミラ姉さんとの合流するために動くと思いますから」

マークス「おそらくな。それに、敵も狙うならまずは飛竜部隊からだろう。今の状況では、カミラ達もうまく飛び回れるとは思えん。追い詰められているかもしれん」

カムイ「はい、急ぎましょう」

マークス「よし、まずはカミラたちとの合流を目指す。全員、敵の奇襲に警戒しつつ、進軍を開始せよ!」

カムイ(カミラ姉さん、他のみなさんも無事でいてください)タタタタタタッ
41 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 16:56:01.41 ID:5uemCYmX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『暗夜軍前戦陣地・南中央防壁内部』―

 ヒュンッ! カッ
  グオオオオオンッ! グオオオオンッ!
   ドススンッ!

旧暗夜軍アドベンチャラー「よし、一騎落としたぜ。各員、攻撃の手を休めるなよ。ドラゴン共を絶対に移動させるな」

旧暗夜軍ボウナイトA「はっ!」

旧暗夜軍アドベンチャラー(よし、魔術部隊の到着まで抑えて置ければ、ここは勝ちだ)

 パカラパカラッ!

旧暗夜軍アドベンチャラー「ん?」

旧暗夜軍ボウナイトB「敵に動きがありました。現在、東西、それぞれの門より入り込んだ敵部隊がこちらに向けて進軍していると」

旧暗夜軍アドベンチャラー「そうか。まぁ、この状況なら満足に動けないだろうドラゴンをこっちが狙うってことくらいは読めるか……。まぁいい、東の方はブレイブとランサーの部隊が相手してくれる。西の敵はこの先の十字路にいるゴーレムとノスフェラトゥで時間稼ぎ出来るはずだ。こっちは魔術部隊の到着まで、現状況を維持するぞ」

旧暗夜軍兵士たち『おーっ!』

旧暗夜軍アドベンチャラー「さぁ、このまま詰めさせてもらうぜ」チャキッ パシュンッ!
42 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 17:06:59.26 ID:5uemCYmX0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ヒュンッ キィンッ
  カキィンッ! 

カミラ「はぁ、うまく釘付けにされちゃったわね。とりあえず、ドラゴンたちは家屋の影に隠れさせておきなさい。ここで頭数を減らすわけにはいかないわ」

新生暗夜軍レヴナントナイトA「はっ」

ベルカ「カミラ様、これからどうする?」

カミラ「まだ上昇限界がどこまでかわからないし、大勢で下手には動けないわ。戦線は持ち堪えられそう?」

ニュクス「そうね、白兵部隊をそれなりに輸送できたから、今はどうにか持っているわ。でも、このままじゃ時間の問題よ。明らかに敵の方が多いもの」

カミラ「そう、難しいところね。でも今はまだ持っているのなら、まだ反撃の機会はあるわ。それに負傷者の手当ても大丈夫そうだから」チラッ

新生暗夜軍兵士「いてえ、いてえよぉ」

カザハナ「ああもう、負傷したのは早く物陰に来なさい。こっちはぴょんぴょん行ったり来たり出来るわけじゃないんだから! 大丈夫、この程度じゃ死なないから落ち着きなさい」

ツバキ「落ち着くのはカザハナもだよ。落ち着かないと、治療もうまく行えなくなるからねー」

カザハナ「わ、分かってる! ほら、さっさと負傷箇所見せて、早くしないといけないんだから! ちょっと、ツバキも早く――」

ニュクス「確かにどうにかなっているわね。少しうるさいけど」

カミラ「あら、にぎやかでいいと思うわ。士気が落ちない様に鼓舞もしてくれるし、十分すぎる働きよ。さすがはサクラ王女の臣下ね」

ベルカ「……でも、騒がしいわ」

アシュラ「そう言うなって、現にあの二人がいなかったら負傷者の誘導とかはうまく行かなかったからな。あの二人は十分仕事を熟しているさ」

カミラ「アシュラの言う通りよ。ところで、敵の陣だけど突破口はあるかしら?」

アシュラ「無いわけじゃねえが、結局敵の矢を掻い潜って近づかないとならねえ。まぁ、もたもたしてると、敵が切り込んでくるだろうがな」

カミラ「そう、なら動きましょう。レオンもカムイも私たちとの合流を目指すはずだから、どちらかと合流するまでは持ち堪えないといけないけど、この状況じゃ到着まで持たないもの。ツバキ、カザハナ、負傷者の治療は一段落したわね」チャキッ

ツバキ「うん、どうにかなったよー」

カザハナ「な、なんとかね。で、どうするの? レオン王子かカムイ様の部隊が来るのを待つの?」

カミラ「もう隠れるのはおしまい。一気に距離を詰めて敵の弓兵部隊を瓦解させるわ。ツバキとカザハナはベルカたちと待機して、ニュクスとアシュラは私と一緒にちょうだい」

アシュラ「わかったぜ」

ニュクス「いいけど、動くってどういうつもり?」

カミラ「簡単なことよ。向こうも的が無くて退屈だろうから――」

「無理にでも狙いたくなるように、こっちから動いてあげるのよ」
43 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/11/30(土) 17:12:44.53 ID:5uemCYmX0
 今日はここまで

 ここのマクベスはガロン王のために戦う、そんな軍師である。

 そして、今日はカミラ王女の誕生日です。お誕生日おめでとう。
44 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 18:38:19.91 ID:CJ43w1Gz0
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『南中央防壁内部』―

カミラ「こんな感じの作戦だけど、どうかしら?」

ニュクス「率直に言ってかなり危険な作戦ね」

カミラ「ええ危険よ、不満があるなら降りてくれても構わないわ」

ニュクス「早とちりしないで、危険だと言っただけよ」

カミラ「ふふっ、それじゃニュクスは乗ってちょうだい」

ニュクス「わかったわ」

カミラ「アシュラ、私たちができる限り敵を引き付けるから、あなたはその隙を突いてちょうだい」

アシュラ「ああ、部隊指揮は初めてだが、まぁ、上手くやってみるさ」タタタタッ

カザハナ「カミラ王女、あたしたちはどうすればいいの?」

カミラ「アシュラの部隊が敵陣に入り込むと同時に攻めてちょうだい。敵全体に圧力を掛けるように攻撃を仕掛けてくれればいいわ」

ツバキ「全体? この状況ならアシュラの部隊みたいに一点を狙った方がいいんじゃないかな?」

カミラ「そうしたいけど、敵の援軍がレオンやカムイの到達より早かったら、突出した部隊を袋叩きにされかねない。それに飽く迄も私達がするべきことは援軍到着までの時間稼ぎよ」

ツバキ「わかりました。こっちは任せてください、カミラ王女」

カミラ「ええ、お願いね。ベルカは動ける竜騎兵を指揮して、二人の援護に努めなさい」

ベルカ「わかったわ、カミラ様」

カミラ「それじゃ、作戦開始よ」
45 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 18:40:59.39 ID:CJ43w1Gz0
旧暗夜軍アドベンチャラー「よし、敵はほとんど動きがなくなったな。まだまだ追いこんで本当に身動きが取れないようにしてやる。弓砲台はいつでも打てるように準備をしておけ」

旧暗夜軍兵士「はい」

旧暗夜軍アドベンチャラー「よし、前に出るぞ。進め!」

旧暗夜軍ボウナイトA「はっ。各員前進!」

 ザッザッザッ

旧暗夜軍アドベンチャラー(どうなるかと思ったが、防壁を越えて中に入り込んだ敵の総数はこっちと同等、少なからずは落とした以上、戦力的にこっちが有利だ。へっ、このまま押し込んでやる)

旧暗夜軍アドベンチャラー「へへっ、マクベス様にいい報告が出来そうだぜ」

 バサバサッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「?」

旧暗夜軍ボウナイトB「敵のドラゴンが一騎上がりました。まっすぐ、こちらに向かってきます!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「堪え性がないのが出てきたってところか? たった一匹で何ができる。準備は出来てるか?」

旧暗夜軍兵士「はい、間もなく砲台の射程に入ります」

旧暗夜軍アドベンチャラー「よし、打て!」

 バシュンッ!
46 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 18:45:38.38 ID:CJ43w1Gz0
ニュクス「カミラ王女、矢が来るわ」

カミラ「そう、それじゃ激しくするから捕まってなさい」グッ

ニュクス「え、ちょ、ちょっと!?」ガシッ

 グオオオオンッ! バサバササッ
  ヒュンッ! フォン! ドゴンドゴンッ!

カミラ「回避完了ね」 

ニュクス「はぁはぁ……。もう少し早く言って、落ちかけたわ」

カミラ「ふふっ、ごめんなさい。でも、ちゃんと避けられたでしょう?」

ニュクス「それはそうだけど、もう少し抑えてちょうだい。まだ、ベルカの方が優しかったわ」

カミラ「あらあら、ベルカのこと気に入っているのね。主としてとっても嬉しい情報ね」

ニュクス「それより、今の攻撃は弓砲台の物みたい。すぐ飛んでこないから設置されているのは一機だけみたいね」

カミラ「ええ、それじゃ距離を詰めるわよ」グッ

 バサササッ!

旧暗夜軍ボウナイトB「敵、さらに加速します」

旧暗夜軍アドベンチャラー「けっ、どんな命知らずだよ。根性あるじゃねえか」

旧暗夜軍ボウナイトB「む、あの特徴的な外装、カミラ王女か?」

旧暗夜軍アドベンチャラー「ほぅ、王族が突出してきたか、縮こまって下がった士気を高めるためかもしれないが、これでこっちが王女を落とせれば総崩れってもんだ。再装填が済み次第、すぐに攻撃しな」

旧暗夜軍兵士「はい。準備完了しました。打ちます!」ガシャコンッ

 バシュンッ!!!
47 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 18:50:05.96 ID:CJ43w1Gz0
  ヒュンッ! ドゴンッ!

カミラ「砲台の発射間隔がこれなら行けそうね。ニュクス、準備はいい?」

ニュクス「大丈夫よ、カミラ王女も聞く準備は出来ているの?」

カミラ「心配しないで。あなたの声はちゃんと耳に届いているわ。あなたに命を預けているのだから、当然でしょう?」

ニュクス「そ、そう……」

カミラ「どうかした?」

ニュクス「気にしないで。おそらく三射目が来るわ」

カミラ「そう、それじゃ……」

 バシュンッ! ヒュンッ!

カミラ「行くわよ!」ググッ!

 バサバサバサッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「どういうことだ? 王女の奴、いきなり高度を上げ始めやがったぞ」

旧暗夜軍アドベンチャラー(まさか、この期に及んで逃げ出そうとしてるのか? 王族だからって結局は命が惜しい、そういうことかよ)

旧暗夜軍アドベンチャラー「へっ、一騎だけで出てきたから何かと思ったが、結局尻尾巻いて逃げるか。へっ、そう簡単にここを抜けられると思っているのか? マクベス様の罠は完璧に作動してんだ。王女だろうがなんだろうが、靄に入った瞬間に死ぬだけだぜ」

48 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 18:54:18.84 ID:CJ43w1Gz0
 バサバサッ

カミラ「ニュクス、もう靄に達するかしら?」

ニュクス「……そこよ!!」

カミラ「!」グッ 

 グルンッ
  バサバサッ

ニュクス「もう少し余裕はあるけど、この高さまでね」

カミラ「そう、だけどこれだけの高さがあれば十分、行くわよ」グッ!

 バサバサッ!

旧暗夜軍ボウナイトA「敵、急降下を開始! こちらに向かって来ます!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「なっ、迎撃!」

新生暗夜軍兵士「だ、だめです。まだ装填が――」

カミラ「残念ね。それじゃ、死んでちょうだい」グッ

 ブンッ
 ガシャンッ!!!

旧暗夜軍兵士「ぎゃああああっ!!!」ドサッ

旧暗夜軍兵士「砲台が……。くそ、逃がすか!」チャキッ

カミラ「ニュクス!」

ニュクス「ライナロック!」

 ドコォ゙ンッ!!! 

旧暗夜軍兵士「ぐあああああっ!!!」ドサッ!

カミラ(これで、砲台は無力化できた。あとは派手に動き回るだけよ)
49 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 18:57:17.18 ID:CJ43w1Gz0
旧暗夜軍アドベンチャラー「てめえ!!」チャキッ パシュッ

 サッ

カミラ「残念ね。もっとしっかりと狙わないと、私は落とせないわよ」バサバサッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「その言葉後悔させてやる! 王女を落とせ!」

旧暗夜軍ボウナイトA「はっ!」チャキッ パシュッ!

 サッ バサバサッ

旧暗夜軍ボウナイトB「ちっ、ちょこまかと!」

 パシュシュッ
  ササッ バサバサッ

カミラ「これくらい敵を引き付けられれば上々ね」

ニュクス「ええ、ここ周辺の敵はこっちの動きに気を取られている。みんな私たちしか見ていないわ」

カミラ「ふふっ、それじゃ、もう少し付き合ってもらいましょう。アシュラが動きやすいようにね」ググッ

 バサバサバサッ!

旧暗夜軍兵士「なんだ、あの動きは!? 何とか撃ち落とさないと――」

 タタタタタタッ

旧暗夜軍兵士「な、なんだ? こっちの路地から足音が――」

新生暗夜軍兵士たち『……』

旧暗夜軍兵士「て、敵!? 早く知らせ――」

 ザシュンッ

旧暗夜軍兵士「がっ……」ドサッ

アシュラ「すまねえな。こっちも勝つのに必死なんでよ」

新生暗夜軍兵士「アシュラ様」

アシュラ「このまま、真正面の広場を強襲するぞ。隠れる必要はないぜ、俺たちの存在を見せつけてやれ」

新生暗夜軍兵士「はっ!」

アシュラ「さぁ、第二段階開始だ」タタタタタタッ
50 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:00:50.17 ID:CJ43w1Gz0
旧暗夜軍ボウナイトA「正面に敵部隊が出現! 前方の広場に向かっています」

旧暗夜軍アドベンチャラー「なんだと!?」

旧暗夜軍アドベンチャラー(くそっ、あの王女に気を取られて敵の別動隊を見落としたっていうのか!?)

旧暗夜軍アドベンチャラー「このままじゃ、広場から突破される。歩兵隊、割り込んできた奴らを抑え込めるか?」

旧暗夜軍ランサーA「はい、お任せください。敵を迎え打つ、全員進め!」タタタタタタッ

旧暗夜軍ランサー部隊『おおおおおおおっ!!!!』ドドドドドドッ

旧暗夜軍ボウナイトA「前進してくる敵を攻撃するぞ、全員弓構え!!!」チャキッ

旧暗夜軍ボウナイト部隊『!』チャキッ ギリリッ

旧暗夜軍ボウナイトA「打てぇ!」スッ

 パシュッ パシュシュッ!

アシュラ「敵の攻撃が来るぞ! 身を隠せ!」

  グアアアッ
 ドサッ

アシュラ「ちっ、流石に少しは貰うか。だが、この程度なら問題ねえ」

旧暗夜軍アドベンチャラー(くっ、矢のほとんどが家屋に当たりやがる。距離を稼ぐための曲射じゃ命中率も期待できねえか)

アシュラ「このまま突っ込むぞ!」

新生暗夜軍兵士たち『はい!』

旧暗夜軍ボウナイトA「敵が広場に到達! どうしますか?」

旧暗夜軍アドベンチャラー「魔術部隊はもう少しで到着するはずだ。お前達は広場で敵を抑えに向かえ、俺達は回り込んで奇襲を掛ける。広場で止められれば、こっちの――」

旧暗夜軍ボウナイトB「た、大変です!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「どうした?」

旧暗夜軍ボウナイトB「敵のドラゴン部隊が動き始めました。数、三十以上!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「!!!!」
51 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:04:48.75 ID:CJ43w1Gz0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ベルカ「みんな行けそう?」

新生暗夜軍ドラゴンナイトA「はい、問題ありません。これほどの高さがあれば十分に戦えます」

新生暗夜軍レヴナントナイトA「一刻も早く、カミラ様の援護に向かいましょう」

ベルカ「ええ、分かってるわ。そういうわけだから、私たちは先に行って弓兵の注意を引くから、その隙を突いて……」

カザハナ「うん、まかせて!」

ベルカ「それじゃ、行くわ」バサバサッ

カザハナ「そういうわけだから、みんな準備はいい?」

新生暗夜軍兵「はい!」

ツバキ「僕らは広場の左から攻撃を掛けるから、カザハナは右側から攻撃してくれると助かるよー」

カザハナ「わかってる。それじゃ、行くよ!!!!」タタタタタタッ

 ウオオオオオオオーーーーッ!!!!!
  ドドドドドドドドドドッ
52 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:07:11.85 ID:CJ43w1Gz0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

旧暗夜軍ボウナイトB「敵ドラゴン部隊、広場に向かって来ます! このままでは戦線が維持できません!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「周辺の兵を広場に向かってるドラゴンの対処に回せ。突破は何としても阻止するんだ!」

旧暗夜軍ボウナイトB「! さらに後続の歩兵部隊が展開、進軍してきます!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「な、なんだと!?」

旧暗夜軍アドベンチャラー(このままじゃ、押し切られる。側面からの奇襲は中止して、俺たちだけでも右翼の敵を抑え込まねえと。でも、左翼と中央は抑えきれない)

旧暗夜軍アドベンチャラー(敵の攻撃速度に太刀打ちできない。中央に寄せ過ぎた戦力を配分できる余裕もない……)

 バサバサッ!

新生暗夜軍ドラゴンナイトB「よし、まずは弓兵を狙え!」

新生暗夜軍ドラゴンナイト隊『おーーーーっ!!!」バサバサバサッ

旧暗夜軍ボウナイトB「敵竜騎兵がこちらに向かってきます!」

旧暗夜軍アドベンチャラー「くっ……」チャキッ

旧暗夜軍アドベンチャラー(だめだ、間に合わねえ!)

 バサバサッ

新生暗夜軍ドラゴンナイトB「喰らえ!!!!」ググッ!

旧暗夜軍アドベンチャラー「!」

  ザシュッ
53 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:11:22.46 ID:CJ43w1Gz0
新生暗夜軍ドラゴンナイトB「がっ」ドサッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「へっ? な、何が起きた?」

???「アドベンさん、何をしているのですか。ここを任されているあなたが項垂れていてどうします? マクベス様の御役に立ちたいのでしたら、最後まで指示を出してください」

旧暗夜軍アドベンチャラー「……わかってる。だが、そっちも来るのが遅いぞ、メイド」

旧暗夜軍メイド「ええ、それについては謝罪いたします。それよりも、今はできる限り部隊を退却させたいので援護をお願いします。ここで多くの戦力を失うわけにはいきませんから」タタタタッ

旧暗夜軍アドベンチャラー「退却って、ここであいつらを潰すんじゃねえのか?」

旧暗夜軍メイド「本来ならばそうしたいところです。あの王族の王女を含めた部隊を潰せれば、マクベス様も喜ばれるはずですから」

旧暗夜軍アドベンチャラー「なら、今こそチャンスだろ。ドラゴン共は魔法に弱いんだからよ。ここで一気に――」

旧暗夜軍メイド「わかっています。ですが、私達が到達するのに時間が掛りすぎました……。ここで待っていても私達に勝機はありません。絶対に……」

旧暗夜軍アドベンチャラー「それはどういう……ん?」
54 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:13:27.10 ID:CJ43w1Gz0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カミラ「どうやら、敵の援軍が間に合ってしまったようね」

ニュクス「ええ、でもここまで戦線を上げておけてよかったわ。これならまだ持ち堪えられるは……ん? まって、西の方を見て」

カミラ「あらあら、考えていたら来てくれるなんて、運がいいわね」

ニュクス「ええ」

 タタタタタタタッ

カムイ「どうにか間に合ったようですね」

マークス「ああ、各員部隊の援護に入れ! 敵にこれ以上好きにさせるな」

新生暗夜軍兵士たち『オオオオオオオオオーーーーーーッ!』

 ドドドドドドドドドッ
55 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:16:02.46 ID:CJ43w1Gz0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

旧暗夜軍アドベンチャラー「ちっ、敵の援軍も到着したってことか」

旧暗夜軍メイド「そういうことです。ですから、ここは放棄します。まだ手はありますし、おそらく外に出ていた彼らも戻ってきている頃でしょうから」

旧暗夜軍アドベンチャラー「今更か。もう少し早く戻ってくればあいつらの到着も遅れたっていうのによ」

旧暗夜軍メイド「仕方ありません。単純な命令にしか従わないのが、あの肉達磨の利点であり欠点でもあります」

旧暗夜軍アドベンチャラー「たしかにな。それで、ブレイブとランサーの部隊はどうなってるんだ」

旧暗夜軍メイド「現在、東門より侵入した敵部隊と交戦しているようです。まだ退却していないようですから、奮闘しているようですね」

旧暗夜軍アドベンチャラー「そうかい。今からそっちの援護に向かう感じか?」

旧暗夜軍メイド「はい、と言っても私が数名を率いて向かいます。アドベンさんは中央で敵の侵攻を喰い止めてください。あそこは私たちにとって最高の攻撃地帯ですから」

旧暗夜軍アドベンチャラー「わかったぜ。よし、大屋敷の手前まで退くぞ」

 タタタタタタッ

旧暗夜軍メイド「では、東へ向かいましょう。あの二人の部隊がどうなっているかはわかりませんが、少なくともこっちの様にはなっていないでしょう」タタタタタッ
56 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:17:49.09 ID:CJ43w1Gz0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『東区域』―

 キィン カキィンッ

ルーナ「はあっ! やああっ!」

旧暗夜軍ランサー女「はっ、それ!」

シャーロッテ「ルーナ、ちょっと下がりな。おらああっ!」グッ ブンッ!

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ランサー、下がれ」

旧暗夜軍ランサー女「はいよっ」サッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ふんっ」キィィンッ ガコンッ!

 ズササー ズササーッ

ルーナ「はぁはぁ、思ったよりやるじゃないの。そんな、誰もが持ってるような装備の癖に」

旧暗夜軍ランサー女「戦いの腕は装備で決まるのかもしれないけど、実際は鍛錬の差で決まるもの、そうでしょうブレイブ?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ランサー、軽口は慎め」

旧暗夜軍ランサー女「そこは同意してよ。それで、勝てる?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「愚問だな。この程度ならどうにでもなる。力強いがそれだけの攻撃だ、恐れる理由は無い」

シャーロッテ「……ちっ、むかつくこと言ってくれるじゃないの」

サクラ「シャーロッテさん……」

シャーロッテ「大丈夫。それより、私たちから離れないでよ、サクラ様」

サクラ「は、はい」

ルーナ「……」

シャーロッテ(ちっ、まさかこのタイミングでレオン様たちと逸れる羽目になるなんて、ツいてないわ。緊急事態とは言っても、これはまずいわ。それにもっとツいてないのはこの二人ね……)

旧暗夜軍ブレイブヒーロー&ランサー女『……』チャキッ

シャーロッテ(息が無駄にぴったりだし、武器の捌き方も他の奴らと一味違う。正直に言ってこの二人――)

(めちゃくちゃ強いんだけど……)
57 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/14(土) 19:18:30.47 ID:CJ43w1Gz0
今日はここまで

 更新があまりできなくて申し訳ないです。
58 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 20:43:45.33 ID:Qc3Qcj7/0
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『東区域・密集家屋地帯路地』―

旧暗夜軍ランサー女「……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……」チャキッ

シャ―ロッテ「……」

シャーロッテ(こいつら思った以上に強い。息もぴったりで隙もない。こういう相手は乱戦で相手するならいいけど、こういう対面形式で戦うには分が悪いわ)

ルーナ「どうする、来た道を戻って別の場所から合流を目指す?」

シャ―ロッテ「逃げても追ってくるでしょ。それに戻ったところで――」

 ドゴンッ ガゴンッ!!!
  グオオオオオオォォォォッ!!!!

サクラ「し、シャーロッテさん……」

ルーナ「下がれないわね、これじゃ」

シャーロッテ「ええ……」

シャーロッテ(まさか、外に溢れてたノスフェラトゥが中に戻ってくるなんて思わないっての。まぁ、レオン様たちが大通りに向かったのはわかってるから、合流は簡単に出来るって思ってたのに……)

シャーロッテ「本当、どうしてこういう奴が離れにいるわけ。向こうの大勢と一緒に隊列組んでなさいよ」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「敵の別動隊に対処するためだ。もっとも、来たのはただ孤立した兵だったがな」

旧暗夜軍ランサー女「兵だけじゃなくて、白夜の王女も一緒とは思わなかったけどね」

サクラ「……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「どちらにせよ我々の敵だ。逃がすつもりはない」

シャーロッテ「そう……。逃がしてはくれないわけね」チャキッ ジリッ

ルーナ「……」コクリッ
59 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 20:47:47.08 ID:Qc3Qcj7/0
シャーロッテ「ルーナ、援護しなさい!」ダッ

ルーナ「まかせて!」チャキッ ダッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ランサー、先に俺が出る。援護しろ」ダッ

旧暗夜軍ランサー女「了解」タタタタッ

シャーロッテ(男が先行ね。馬鹿正直に攻撃しても避けられる。なら、このトマホークで!)チャキッ

シャーロッテ「喰らえっ!」グッ ブンッ!

 ヒュンヒュンヒュン

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「投擲か。しかし、甘い…」ブンッ

 ガキィンッ ゴトンッ!

シャーロッテ「甘いのはそっちだっての。ルーナ!」ダッ!

ルーナ「ええ、この距離なら!」

ルーナ(よし、女の方はまだ距離を詰めきれてない。なら、シャーロッテの攻撃に合わせてあたしも攻撃すれば、こいつは倒せる!)

シャーロッテ「もらった!!!」ググッ

ルーナ「そこ……ん?」

旧暗夜軍ランサー女「ふっ」シュタッ

ルーナ(あの女、何か壁に向かってジャンプしてるような――)

 グッ!

サクラ「シャーロッテさん、あぶない!」

シャーロッテ「!」サッ

旧暗夜軍ランサー女「はあああっ!」ダッ! シュパッ!

ルーナ「させない!!!」チャキッ シュパッ!

 ガキィンッ!!!
60 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 20:50:40.68 ID:Qc3Qcj7/0
  ズササーーーッ!

ルーナ「っ、はぁはぁ……」

シャーロッテ「はぁはぁ……はぁはぁ……」

ルーナ(あの女、壁蹴って一気に距離を詰めてきたわ。なに、このふざけた戦い方は)

シャーロッテ(あ、あぶねえ……。何が起きたかわからないけど、二人のおかげで助かった)

旧暗夜軍ランサー女「おしい……あと少しだったのに。こういうところじゃないとこれは使えないから決めたかったんだけど」チャキッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「しかし、奴らの時間切れは近いぞ。音がさらに近づいているからな」

旧暗夜軍ランサー女「そうだね」

 ドゴンッ ドゴゴンッ!

シャーロッテ「ちっ!」

ルーナ「……シャーロッテ、もう一回仕掛けられる?」

シャーロッテ「当たり前よ。このまま大人しく挽肉サンドイッチになるつもりはないわ」

サクラ「私も援護します」

シャーロッテ「ええ、お願い」

サクラ「はい!」チャキッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「む、そちらの王女は飾りというわけではなかったか。まぁいい、そうでなくては面白くないからな」チャキッ

シャーロッテ「後悔しても知らないわよ。はあああああっ!!!!!」ダッ
61 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 20:57:44.50 ID:Qc3Qcj7/0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レオン「状況はどうなってる?」

新生暗夜軍ダークナイトA「はい。前方の十字路に敵部隊を確認。さらに後方からノスフェラトゥも迫っています」

レオン「そうか。まさかこんな形で追い込まれることになるなんてね……。後方のノスフェラトゥの対処をお前たちに任せてもいいか?」

新生暗夜軍ダークナイトA「はい、お任せください!」パカラパカラッ

レオン「後方の敵を抑えてもらっている間に、サクラ王女たちを見つけださないと……」

 タタタタタタッ

エリーゼ「レオンおにいちゃん!」

レオン「エリーゼ、サクラ王女たちは見つかったかい?」

エリーゼ「ううん、ここにはいないみたい」

レオン「そうか、となると僕たちとは違う方向へ逃げたということか。くそ、ノスフェラトゥの襲撃に気づければこんなことにはならなかったっていうのに……」

エリーゼ「あれは仕方ないよ。靄の事もあったし、どうにか抜けられた負傷者の手当てもしないといけなかったから……。でも、だからこそ、この状況をどうにかしなくちゃいけないって、あたしは思うんだ。そのためにも、サクラたちを見つけないと」

レオン「エリーゼ……。ああ、そうだな。その通りだ。どうにかしてサクラ王女の居場所を突きとめよう」

エリーゼ「うん!」

レオン(だけど、ここ周辺は長い家屋が多く隣接しているし、戻って調べようにもノスフェラトゥの大群がいる。となると……)

レオン「リンカ、頼みたいことがある」

リンカ「なんだ、レオン?」

レオン「ダークファルコンに乗っているお前にしかできないことだ。少し上がって周囲を確認してくれないか。はぐれてしまった兵や、サクラ王女たちを見つけ出したい、出来るかい?」

リンカ「ああ、任せてくれ。それっ、行くぞ」パシンッ

 ヒヒーンッ
  バサバサッ
62 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 21:00:16.61 ID:Qc3Qcj7/0
 バサバサッ

リンカ「よし、ここくらいでいいか。空から鳥が落ちてきたのを見る限り、あの靄は上にもあるだろうからな」

リンカ(さてと、サクラたちが逃げた方角がわかりそうな何かはあるか?)

リンカ「向こうが入ってきた門か。あたしたちが逃げてきた大通りとは別方向となると、西側に向かうくらいしかないが……」

 ドゴンッ バゴンッ!
  グオオオオオオオオオオオッ! 

リンカ「……あそこだな」

 バサバサッ

レオン「リンカ、どうだ?」

リンカ「ああ、サクラたちがいると思う方角の目星は付いたぞ」

エリーゼ「え、本当!?」

リンカ「ああ、方角は門から見て西側だ。ここから南西の家屋が集中してる場所で家屋を破壊しながら進むノスフェラトゥの群れがいる。おそらくだが、その先にいると思う」

レオン「そうか……」

レオン(逃げているだけなら、もう合流してもおかしくない。だけど、今も合流できていないとすると……)

レオン「敵と遭遇して交戦状態なのかもしれない」

エリーゼ「早く助けにいかないと!」

レオン「ああ、路地の出口は十字路から伸びる街道のどこかになるはずだ。まずは街道を見渡せる十字路に攻撃を仕掛ける。敵は迎え撃ちに来るはずだ。その隙を突いて僕たちでサクラ王女たちを探し出そう」

エリーゼ「うん、わかったよ」

レオン「リンカ、お前も付いて来てくれるか?」

リンカ「ああ、指示通りに動いてやるさ」

レオン「ありがとう」

レオン(無事でいてくれ、サクラ王女)タタタタタッ
63 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 21:04:56.59 ID:Qc3Qcj7/0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 キィン!

ルーナ「っ!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ふん、その程度か」

ルーナ「まだまだ!!」ダッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ふっ、そうこなくては。だが、この程度では、な!」ダッ

 ブンッ!
  ガキィンッ!

ルーナ「くっ!!!」

ルーナ(もう、何こいつ、本当に強い。腹立たしいくらいに強い)

シャーロッテ「おらああっ!!!」ブンッ

サクラ(ううっ、だめです、シャーロッテさんが射線に入るように相手が動いて、弓を射てない)

旧暗夜軍ランサー女「ふふん、そう易々と援護させないよ。それ!」チャキッ シュパッ!

 ザシュッ

シャーロッテ「っ!」

サクラ「シャーロッテさん! 今、治療を!」

シャーロッテ「サクラ様、そこで止まって!」

サクラ「!」ピタッ

シャーロッテ「あんた、それをサクラ様にぶん投げるつもりでしょ? 易々とそんなことはさせないわ」

旧暗夜軍ランサー女「あー、あなたが止めなかったら、王女は倒せたのに」チャキッ

シャーロッテ「……」

シャーロッテ(こいつ、こういうところでの戦い方に慣れてるわ。わざわざサクラ様が攻撃し辛いように、射線に私が重なるようにしてくる。三対一でもこれじゃ意味ないわ)
64 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 21:07:47.49 ID:Qc3Qcj7/0
旧暗夜軍ブレイブヒーロー「はあああっ!!!」ブンッ

ルーナ「ちっ」サッ チャキンッ

 ガキィンッ
  ズサササーーーッ スタッ

ルーナ「はぁ……はぁ……」

 ドゴンッ!!!

サクラ「こ、この音……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「もうすぐか」

旧暗夜軍ランサー女「このままなら、私たちの勝ちだね」

シャーロッテ「ふん、優位だと高を括ってると足元掬われるわよ」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「たしかにその通りだ。人数的に優位な側が口にしているのだからな、言葉に説得力があるというものだ」

シャーロッテ「っ、ムカつく」

ルーナ「ええ、本当にムカつくわ」

サクラ「ルーナさん、シャーロッテさん……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「もう諦めろ。諦めるのであれば痛みなく一撃で葬ってやろう」

旧暗夜軍ランサー女「うん、同じ女性として辱めたりとかそういうのはしないから。暗夜王国の敵だとしても、敬意は払うよ?」

シャーロッテ「その心使いができるなら、そこ通してほしいんだけど」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ああ、いいぞ。通れるものなら通れ。もっとも、お前たちの腕を見る限りでは難しいだろうがな」

シャーロッテ「ちっ」
65 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 21:13:07.80 ID:Qc3Qcj7/0
シャーロッテ(全くもってその通りよ。ルーナとの連携はこいつらの連携に及ばないし……それに……)

 ドゴンッ! バギッ!

ルーナ「……もうすぐ奴らが来るわね。このままじゃ、本当にサンドイッチよ」

シャーロッテ「洒落にならないわよ、それ」

ルーナ「……ごめん」

シャーロッテ「謝らないでいいから、何か手を考えなさいよ」

ルーナ「そうは言ってもね……。ああ、もう!」

サクラ「……ごめんなさい、私の所為で。私が逃げ込む場所を間違えなかったら、こんなことには……」

シャーロッテ「……」

サクラ「ごめんなさ――」

シャーロッテ「サクラ様、あやまることなんてないわ」

サクラ「でも……私の所為なのは……」

シャーロッテ「それをあやまったり後悔したって目の前の敵はいなくならない。今の状況が変わらないことくらいわかってるでしょ?」

サクラ「それは……」

シャーロッテ「なら、もう前に進んで行くしかないでしょ。私達は死ぬために後悔するわけじゃないんだからさ。謝るのも後悔するのも、戦いの後でいいのよ。今はそんなことしてる場面じゃないんだからさ」

サクラ「シャーロッテさん」
66 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 21:21:31.72 ID:Qc3Qcj7/0
シャーロッテ「ほら、ルーナもしょげてないでさっさと気合い入れなさい。たしかに相手は強いけど、まだこっちは死んでないんだから圧倒的ってわけじゃない。こっちにも勝機はある、そうでしょ?」

ルーナ「……そうね。ここで落ち込んでも勝機は巡ってこないわ」チャキッ

シャーロッテ「そうそう、ちなみに私は良い男ゲットして玉の輿に乗るまで死ぬ気はないから」

ルーナ「はぁ、そんなのがあんたの夢なわけ?」

シャーロッテ「なに? 悪い?」

ルーナ「悪くはないけど、俗物すぎない?」

シャーロッテ「ふん。別にいいでしょ? で、その夢のための一歩は相手の胃袋を掴んでからなわけで、そのためにはちゃんと味見をしてくれる人がいないといけないわ。幸い、デザートの試食を手伝ってくれるって約束した王女様もいるわけだから、ここで死ぬわけにもいかない。そうでしょ?」チラッ

サクラ「シャーロッテさん……はい!」

シャーロッテ「そういうわけだから、そっちの心遣いに甘えるつもりはないわよ」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「そうか。まぁ、今さら乗ってくれたところで遅かったがな」

 ドゴンッ!!!

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオッ!!!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「お望みのサンドイッチだ。さぁ、判断が遅かったことを苦しみ悔いながら――」

「マクベス様のために死ぬがいい!」
67 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/23(月) 21:23:21.26 ID:Qc3Qcj7/0
今日はここまで

 シャーロッテはやっぱり姉御的な立ち位置がしっくり来てしまう。

 明日はピエリの誕生日です。なので、短いピエリリスを上げようと思います。
68 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/24(火) 19:55:05.73 ID:vF+jj9uO0
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―ピエリ誕生日SS―

 誕生日を迎えることが大人になる事じゃないって知ったのは、あの子に出会ってからだと思う。それまでの誕生日はただ歳を重ねる事だけしか出来ていなくて、ピエリは大人に近づいてなんていなかった。そんなことを思いながら雪が降る空の下にいると、声が聞こえた。

「駄目ですよ、ピエリさん。そのままじゃ、風邪を引いちゃいます」

 そう言って駆け寄ってきたその子を見ていると、お母さんを思い出す。
 ピエリのお母さんはとっても優しくて、お料理上手の綺麗な人だった。
 ピエリが何かを間違ったことをしたら怒ってくれて、最後には優しくしてくれた。
 そんなお母さんがピエリは大好きで、なりたい大人と言われたらお母さんって答えるほどだった。
 だけど、ある日、お母さんは真っ赤に染まって居なくなった。
 それからお料理の匂いもしなくなった。
 イライラして何かに八つ当たりしても怒られなくなった。
 好きなことをしても誰も怒らなくなった。
 辛くても心配されなくなった。
 ピエリのことを褒めてくれる人はいても、心配してくれる人は誰もいなかった。
 その日から、ピエリは大人になる事をやめて、子供のままでいることを決めたんだと思う。
 その結果、ピエリはみんなから怖がられるようになった。
 人殺しだからじゃなくて、ピエリだから怖がっていると知ったのは、あの戦いに参加してカムイ様や他の皆と一緒に戦っている時だった。
 ピエリが敵をバラバラにしても怒らない。だけど、何かに関わろうとするとみんな何か理由を付けて去っていく。本当は孤立している事も分かってた。でも、その原因がわからなくて、それを苦しいって言えなかった。
69 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/24(火) 20:00:24.20 ID:vF+jj9uO0
 誰もいない場所ならそんなことを考えなくてもいい。そうしてピエリが逃げ込んだのが星界の小さな祠みたいな場所だった。
 そこで、ピエリはその子に出会った。その子のことをピエリは全然知らなかったけど、向こうはピエリのことを知ってた。
 なのに、その子はピエリのことを怖がったりもしないで、言葉を掛けてきたから思わず聞いた。

『あなた、ピエリが怖くないの?』

 ピエリの質問に、その子はこう返してきた。

『その、怖がられたいんですか?』

 それにピエリは怖がられたくないって、素直に口にしていた。
 素直にそう口にしたら、すごく悲しくなって涙が出る。声を出さないように頑張ったけど、口の中から漏れ出して自然と体が丸くなって動けなくなった。
 だけど、こうやって泣いても気にしてくれないと思う。ピエリの事を知ってるなら関わらない方がいいってみんな知ってるから。だから、その子も声を掛けてくれない、そう思った。

『え、ちょ、ちょっと待ってください。なんで泣いてるんですか!?』
『え……』
『ご、ごめんなさい。その、突き放すために言ったわけじゃなくて、疑問に思ったことが口から出てしまったと言いますか……。その……』
『……』
『安心してください、私はピエリさんの事を怖がったりしませんから』

 そう言って、その子はピエリの頭を優しく撫でてくれた。
 昔、お母さんがそうしてくれたようにピエリが安心できるように優しく接してくれて、それがピエリの中の何かをもう一度動かしてくれたのだと思う。その子、リリスがしてくれたことが、もう一度、お母さんみたいになりたいって思う力になった。
 だからかもしれないけど、ピエリはリリスが気にかけてくれる度に、お母さんのことを思い出す。
70 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/24(火) 20:04:00.52 ID:vF+jj9uO0
「駄目じゃないですか、今日の主役が何も言わずに外に出たりしたら。皆さん、探していましたよ」
「今日はピエリの誕生日で、ピエリが主役なの! だから問題ないはずなのよ」
「いいえ、何をしてもいいってわけじゃありませんよ。むしろ、準備してくれている皆さんを心配させたらだめです」
「ぶーっ、リリスは堅物なの」
「堅物で結構ですよ。ああ、頭にいっぱい雪が乗ってるじゃないですか」

 さっきまで怒っていたのに、すぐにリリスはピエリを心配してくれる。ピエリの頭に乗った雪を優しく払ってくれて、それがとっても心地よくて嬉しくもあった。
 出会ったあの日から、リリスはピエリのことを怖がったりしなかった。
 一緒に星界を歩いてくれたし、外への買い出しの手伝いなどもしてくれた。
 何より、間違ってることをピエリがしようとすると、止めようとしてくれて、だけどそれが原因で喧嘩になったりもした。でも、リリスはピエリを止めることをやめなかった。
 ある日、本当に大喧嘩に発展したことがある。その喧嘩はピエリが勝ったけど、リリスはずっとピエリが間違ってるから止めるって言ってて、どうして止めるのって聞いた。
 そしたら、『友達が間違ったことをしようとしているのに止められないのは、相手の事を怖がっているからです。私はピエリさんことを怖がったりしないって言ったじゃないですか。だから止めるんです』って言った。
 そう言ってくれたことと、そういう思いを無視してわがままに振舞ってたことが情けなくなっていっぱい泣いた。そんなピエリのことをリリスは優しく撫でてくれて、そこに叱ったあとに優しくしてくれたお母さんを思い出せた。
 ピエリの中に残ってるお母さんの記憶をリリスはいっぱい掘り起こしてくれる。何より、今も隣にいてくれることがとてもうれしく感じるくらいに、ピエリはリリスの事が好きだった。
71 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/24(火) 20:09:18.32 ID:vF+jj9uO0
「どうしたんですか、なんだか嬉しそうですけど」
「えへへ、リリスってお母さんみたいって思ったの」
「またですか。残念ですけど、私はあなたみたいな子供、知りませんよ」
「うう、酷いの。ピエリ、こんなにリリスのこと愛してるのに」
「はいはい、ピエリさんに愛されて私はとても幸せですよ。よし、これで雪は落ちましたね。あとは傘とマフラーを……」

 リリスは傘を開くとピエリが入るように身を寄せてくれる。さらにマフラーも巻いてくれたから、首元がとっても暖かくなって思わず息が漏れた。

「ふぅ〜、あったかいの〜」
「ここで風邪を引いたら大変ですからね。今度からは防寒具を付けて外に出てください」
「はーい。だけど、一人で外に出たことは怒らないのね」
「い、いえ……まぁ、ピエリさんが一人でいてくれて助かったというのもありますから……」
「ん、どういうこと?」
「え、えっとですね…。ああ、その、こんなところで渡すのはどうかと思うのですが……」

 そう言ってリリスは服のポケットから何かを取り出して、それをピエリに差し出してくる。それは小さな箱で奇麗にラッピングもされている。柄はピエリが好きなお気に入りのリボンと同じものだった。

「なにこれ?」
「ピエリさんへの誕生日プレゼントですよ」
72 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/24(火) 20:15:24.78 ID:vF+jj9uO0
「ピエリの?」
「はい。本当は他の皆さんと一緒にお渡しするべきでしょうけど、これから準備とか色々とあって渡す時間が無さそうだなって。なので、私だけズルしちゃうことにしました」

 そうして差し出されたプレゼントを受け取ると、胸の奥がとても熱くなる。なんだか表現できない色々な思いが体の中を駆け巡るような感じがして、次第に顔も熱くなり始めた。
 その熱を逃がすように顔を下げて、まずはお礼をと口が開いた。

「あ、ありがとう……なの」
「ふふっ、どういたしまして。これで一つ大人になりましたね」
 そう言って、リリスはピエリの頭を優しく撫でてくれた。

『また大きくなったわね』

 同時に記憶にあるお母さんを思い出す。いつの誕生日だったかはわからないけれど、それは確かにピエリが成長していることを喜んでいるお母さんの姿だ。

「ピエリ、大きくなれたの?」

 二つの言葉に自然と言葉が出た。
 それは記憶の中のお母さんに対してなのか、それともリリスに対して聞いたのかはわからない。だけど、答えてくれるのは今の成長したピエリを見てきた人だけだということはわかっていた。

「ふふっ、出会った頃に比べればいっぱい成長していますよ。この頃は余り癇癪も起こさなくなりましたし、大きくなってると思います」
「むー、リリスは一言多いの」
「だって事実ですからね。成長してなかったら、さきほどの言い合いで喧嘩が始まってましたよ、きっと」
「もう……。えへへ」
「ふふっ」

 リリスは笑顔を返してくれる。記憶の中のお母さんも笑顔でピエリを見つめてくれた。

『お誕生日おめでとう、ピエリ』
「お誕生日おめでとうございます、ピエリさん」

 記憶の中のお母さんと、大切なお友達。
 二人のおめでとうに包まれながら、ピエリはまた一つ大人になるの。

 -END-
73 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2019/12/24(火) 20:18:23.83 ID:vF+jj9uO0
 今日はこれだけ

 ピエリは守られるよりも一緒にいて、きちんと導いてくれる人がいればきっと素敵な大人になれる子だって思ってる。
 リリスはああ見えて肝が据わってるはずだから、ピエリと一緒に歩んでいける友人になれると思う、そんなお話でした。

 改めて、ピエリ誕生日おめでとう。
74 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:12:55.72 ID:YeOTlC7p0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『中央区・大屋敷内部』―

マクベス「ノスフェラトゥは村内に戻ってきたようですね」

旧暗夜軍兵士「はい。ですが、西側へ回り込んだ群体は外周で待機していた敵軍と交戦、多くが撃破されたようです」

マクベス「そうですか、まあいいでしょう。障壁がある限り、敵が入ってくることはありえません。それに東側だけでもノスフェラトゥが戻ってきているのであれば上出来です。それよりも、南区域についての報告をおねがいします」

旧暗夜軍兵士「はい。敵は西区域より侵入した部隊が南区域の敵部隊と合流。残念ですが南の第一防衛線維持は不可能と判断し、現在第二防衛線を構築しつつ、最終防衛線での準備に取り掛かっています」

マクベス「そうですか。一部隊でも葬ることが出来ればと考えていましたが届きませんでしたか、西区域を守るノスフェラトゥやゴーレムの数を多くしておくべきでしたね。第一防衛線の破棄を決めたのはメイドですかな?」

旧暗夜軍兵士「はい。メイド殿の采配です」

マクベス「ふむ……」

旧暗夜軍兵士「マクベス様」

マクベス「いいえ、良い判断だと思っただけですよ。あのまま戦線の維持に努めたところで意味はありません。第一防衛線の瓦解が確実な以上、部隊を突出しさせておくべきではありませんから。となれば、当社の作戦は早々に破棄すべきですか。至急、合図を出してください」

旧暗夜軍兵士「はっ! 直ちに!」タタタタッ

マクベス(たしか南区域に入りこんだ敵はカミラ王女だと聞いていましたが)

マクベス「あの状況を切り抜けるとは、少なからずともガロン王様の血を引いているだけはあるということですか……」

マクベス(しかし、まだ戦いは終わってはいません。敵を分断し、王族を内部に捉えることが出来たのです。勝機はまだこちらに――)

マクベス「うっ、ゴホッ! ゴホゴホッ!」ビチャッ

 ググッ

マクベス「はぁ……はぁ……」

マクベス(くっ、やはり障壁の維持は負担が大きい。ですが、この程度で倒れるわけにはいきません)

マクベス「ええ、そうです。暗夜王国、そしてガロン王様の軍師である私がこの程度で倒れてなるものか」

マクベス(まだ、多くの兵が奮戦する中で、先に倒れるわけにはいきませんよ)

マクベス「……東区域の撤退が完了次第、私も出るとしましょう」

マクベス(私を信じた者たちを裏切らないためにも、そして私自身が信じるガロン王様のためにこそ、私の命は……)
75 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:15:50.48 ID:YeOTlC7p0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『東区域・大通り』―

新生暗夜軍兵士「敵、十字路に向かって進軍中!」

新生暗夜軍兵士「怯むな、数ならばこちらが優勢だ。このまま十字路を抑えるぞ!」

新生暗夜軍兵士「前方、敵ジェネラル部隊が来ます!」

レオン「それは僕たちの役目だ。エリーゼ、頼む」

エリーゼ「うん、ライナロック! それっ!」シュオンッ

レオン「ブリュンヒルデ!」

 ドゴンッ!
  ザシュシュッ!

旧暗夜軍ジェネラル「ぐああああっ」ドササッ

旧暗夜軍兵士「敵、前面に魔術部隊を展開しています」

旧暗夜軍ジェネラル部隊長「ちっ、このまま迎撃してもいたずらに兵力を消費するだけか。遊撃隊を編成したはいいが、こうも戦力差が出てしまったか」

旧暗夜軍兵士「敵が十字路に展開開始。抑えられてしまえば、家屋密集地で戦う遊撃隊が孤立しかねません」

旧暗夜軍ジェネラル部隊長「南区域の戦いがどうなっているかはわからないが、援軍を待っている時間はない。合図が無い以上、しばらくはここを死守することに努め、合図があり次第下がるとしよう」

旧暗夜軍兵士「わかりました」

旧暗夜軍ジェネラル部隊長「よし、ノスフェラトゥと挟み打ちにできている今の優位を活かせ! 反魔法処置の済んでいるジェネラルは全面に展開、敵の魔術攻撃を牽制せよ!」

旧暗夜軍兵士たち『はっ!』
76 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:19:40.98 ID:YeOTlC7p0
レオン「敵の重装兵が増えたみたいだ」

エリーゼ「大丈夫、あたしの魔法でやっつけちゃうんだから!」

レオン「まて、おそらく魔法反射の特殊処置を施している奴らだろう。一撃で倒し切れないと手痛い返しを受けることになるよ」

エリーゼ「え、それじゃどうするの?」

レオン「今の目的は、サクラ王女たちを見つけ出して合流することだ。敵の意識を防衛にだけ集中させられればそれでいい。ジェネラル隊、すまないが仕掛けてくれるかい?」

新生暗夜軍ジェネラル部隊長「はい、お任せください。行くぞ、我らの力を見せつける時だ!」

新生暗夜ジェネラル部隊『おおおおおーーーっ!』

 ドドドドドドドッ

旧暗夜軍ジェネラル部隊長「よし、迎え打て!!!」

旧暗夜軍ジェネラル部隊『うおおおおおーーーーっ!!!!』

 ガキィンッ
  ドゴンッ ドサッ!!
 グアアアッ!! ウアアアッ……

リンカ「動きが拮抗し始めたぞ」

レオン「よし、行くなら今だ。散り散りになった部隊を救出に向かおう」

エリーゼ「おにいちゃん、あたしも行くよ!」

レオン「頼む。リンカ危険だが上空から周囲を探ってくれると助かる。何か見つけたら教えてくれ」

リンカ「わかった。それと状況が状況だったら攻撃を仕掛けるが、いいか?」

レオン「ああ、構わない。多くの者が路地を通じて合流を図ろうとしているはずだが、それが来ない以上敵と交戦している可能性が高い、みんな気を付けて捜索を――」

 ヒュイイイイインッ!!!!

レオン「!?」

エリーゼ「え、何の音!?」

リンカ「方角からすると、ここの中心部からだな」

レオン「敵の合図みたいだ。何か動きがある前に、早くサクラ王女を見つけ出そう」

 パカラパカラッ
  バサバサバサッ
77 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:22:03.30 ID:YeOTlC7p0
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『東区・家屋密集地帯』―
 〜合図が出る少し前〜

ノスフェラトゥ「グオオオオオオォォォ!!!!!」

シャーロッテ「うるさい奴がいっぱい来たわね」

ルーナ「ええ、それでどうする?」

シャーロッテ「ノスフェラトゥを足止めしないといけない気もするけど、背中見せたら目の前の二人が飛んできそうね」

サクラ「シャーロッテさん、ルーナさん、後方は私が足止めします。距離が取れる分、私の方が有利なはずです」チャキッ

ルーナ「ちょっと、大丈夫なの?」

サクラ「はい、これでも弓の腕には自信がありますし、この細道なら外すこともありません。その代わり、前方のお二人の相手をお願いします」

シャーロッテ「……わかったよ。二人を叩きのめしたらすぐに合図するから」

サクラ「はい。お願いします」

ルーナ「もう、あたしを置いて話を進めないでよ」

シャーロッテ「なに、他に何か案でもあるわけ?」

ルーナ「……無いわ」

シャーロッテ「じゃあ、決まり。それじゃ、サクラ王女、背中任せたから」

サクラ「はい、お任せください」チャキッ

ルーナ「そ、そういうわけだから。サクラ王女様、その頼んだわよ」

サクラ「はい、ルーナさんもお気を付けて」ギュッ

 ドゴンッ‼‼‼‼

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオオオ!!!!!」ダッ
78 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:24:45.69 ID:YeOTlC7p0
サクラ(今、私に出来ることは目の前の敵を倒すことだけ。死なないためにも、この先続いて行く白夜王国の姿を見続けるためにも、こんなところで終われない!)

サクラ「行きます!」チャキッ ギリリッ

ノスフェラトゥ「グオオオオッ!!」ダダダダダッ

サクラ(私たちを見つけた以上、敵はまっすぐに向かってくるだけ。家屋を破壊する素振りもない。なら……)

サクラ「そこです!」パシュッ
 
 ズビシャァ!

ノスフェラトゥ「グオオ……」ドサッ

 ドゴンッ ガゴンッ!

ノスフェラトゥ「グオオオオッ!」ジタバタ

サクラ(後続を詰まらせれば、侵攻速度は遅くなります。これを続ければ、耐えられる!)

 ググッ ドゴンッ!

ノスフェラトゥ「グオオオオオオオオオオッ!」ダッ!

サクラ「はっ!」パシュッ

 ズビシャッ!

サクラ「そこ!」パシュッ
 
 ドスリッ!

サクラ「やあああっ!!」パシュッ

 ズシャリッ!

サクラ(これなら大丈夫、私は合図が来るまで敵を止め続ければいい。お二人を信じて)

サクラ「ここは絶対に通しません!」パシュッ!
79 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:26:16.18 ID:YeOTlC7p0
 タタタタタタッ

シャーロッテ「はあああっ!!!」ブンッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ふんっ!」グッ

 キィンッ ガキィンッ

ルーナ「そこ!!!」ダッ

旧暗夜軍ランサー女「甘い!」サッ カキィンッ

ルーナ「ちっ!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「今度はこちらからだ。はああっ!!」グッ ブンッ!

 ザシュンッ

シャーロッテ「っ!」サッ

 ポタタタッ

シャーロッテ(ちっ、少し入った……。でも、まだまだ!)チャキッ

ルーナ「シャーロッテ、大丈夫!?」

シャーロッテ「こんなのかすり傷よ。まったく、本当に相手にしたくない奴らね」

ルーナ「本当にね。だけど、退けないでしょ」ダッ

シャーロッテ「そうね」ダッ

ルーナ「今度はあたしが先に仕掛ける」

シャーロッテ「よし、援護は任せなさい」タタタタッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「来い、相手をしてやる」チャキッ

ルーナ「言われなくてもぶつかりに行ってやるわ! はああああああっ!」ブンッ

 キィンッ!‼‼

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ふん、この程度か?」

ルーナ「っ」
80 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:28:31.40 ID:YeOTlC7p0
ルーナ(純粋な剣技で倒すとなると骨が折れるわね、これ。なら、それ以外で崩すまでよ!)

ルーナ「これで、どう!」グッ

 ゲシッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「なっ、蹴りだと!?」グラッ

ルーナ(よし、態勢が崩れた。今なら!)

ルーナ「はああああっ!」ブンッ
 
 ズビシャアアッ!

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「がっ!」ポタタタッ

ルーナ「よし、入った!」

ルーナ(けど、浅い)

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「この!」グッ

シャーロッテ「まだ、こっちの攻撃は終わってねえんだよ!」ダッ

シャーロッテ(この距離、もらった!)

旧暗夜軍ランサー女「ブレイブ! させない!!!!」ダッ

 ガキィンッ

シャーロッテ「ちっ!」

旧暗夜軍ランサー女「ブレイブ!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「うおおおっ!」グッ!

シャーロッテ「ルーナ!」

ルーナ「っ!」

 ブンッ
ルーナ「よっと!」サッ

 ズサササーッ
81 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:31:56.91 ID:YeOTlC7p0
ルーナ「くそ、仕留め損ねたわね。あと少しだったのに……」

シャーロッテ「でも上々よ、男の傷はそれなりみたいだからな。あいつを倒せれば、ここを突破できるはず」

シャーロッテ(まぁ、この路地抜けた先が敵陣の中心って可能性は捨てきれねえけど……)

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……」ポタタタタッ

旧暗夜軍ランサー女「どうする? 引いて手当てしたほうがいいと思うけど?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「この程度の傷……どうとでもなる。今はこの三人を始末することが――」

ヒュイイイイインッ!!!!

ルーナ「な、なに!?」

シャーロッテ「何かの合図みたいだけど、私たちのじゃねえな……」

ルーナ「ってことは、敵のほうの合図ってことね」

旧暗夜軍ランサー女「……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……」

シャーロッテ(どっちだ? 総攻撃の合図なら、さっさとこいつらぶっ飛ばして合流しないとまずい。でも、これが撤退の合図なら……)

 パカラパカラッ……

ルーナ「ん? この音、馬?」

シャーロッテ「敵の援軍か?」

 ……コダ! サ…ラオウジョ!

ルーナ「この声……」

シャーロッテ「……まったく、サクラ様は愛されて羨ましいわ」
82 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:33:37.04 ID:YeOTlC7p0
レオン「サクラ王女! どこだ、返事をしてくれ!」

エリーゼ「サクラー、どこー!」

シャーロッテ「へっ、形勢逆転ね。今度はあんたらがサンドイッチよ」

旧暗夜軍ランサー女「ブレイブ……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ああ、ならば長居は無用だろう」

ルーナ「ふーん、逃げるわけ?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ああ、そのつもりだ。もっとも……」グッ

旧暗夜軍ランサー女「……」グッ

 ダッ

シャーロッテ「!?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ただで逃げるつもりはない……」

シャーロッテ(向かってきた!? でも、これなら返り討ちに……)グッ

旧暗夜軍ランサー女「はあああっ!!!!」ダッ ブンッ

シャーロッテ「て、てめえ! ルーナ、男の方がそっちに行くよ!」

ルーナ「任せて! はあああっ!」チャキッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……」フッ

 ササッ

シャーロッテ「なっ!?」

ルーナ「抜かれた!?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「さすがに一人くらいは倒しておかなくてはな……」チャキッ

シャーロッテ(しまった、奴らに詰め寄りすぎて背後ががら空きに!)

サクラ「はぁ、はぁ……まだ、諦めません!」チャキッ

シャーロッテ(サクラ様!)
83 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:36:58.63 ID:YeOTlC7p0
サクラ(今、確かにレオンさんとエリーゼさんの声が聴こえました。ノスフェラトゥの動きも遅くなっているから、あとはこのまま耐えきれれば――)

シャーロッテ「ちっ! 行かせねえ!」グッ

旧暗夜軍ランサー女「それはこっちの台詞だよ!」チャキッ シュパッ

 キィンッ!

シャーロッテ「くそっ、サクラ様、逃げて!」

サクラ「え、シャーロッテさん?」クルッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……死ね。白夜の王女」チャキッ

サクラ(……敵? 迎撃を。でもこの距離じゃ、撃ちたくてもすぐに反応なんてできない。下がってもノスフェラトゥにぶつかるだけ……)

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……」

サクラ(だめ、避けられない……)

シャーロッテ「サクラ様!!!!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「はああああああっ」ググッ

 バサバサッ

???「はあああああああっ‼‼‼‼」ブンッ
 
 ガキィンッ!‼‼

サクラ「……あ、あれ?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「な、馬鹿な!?」

 ヒヒーンッ!

旧暗夜軍ランサー女「ダークファルコン!?」

サクラ「あ、あなたは……リンカさん」

リンカ「どうにか間に合ったみたいだな、よかった」
84 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:40:09.36 ID:YeOTlC7p0
旧暗夜軍ブレイブヒーロー「くっ、まさか空から来るか。マクベス様の障壁があるというのに、何て真似をする」

リンカ「高くは飛べないだけの話だ」

ルーナ「な、なるほどね」

シャーロッテ「まさに命知らずって感じね。私は絶対にそんな真似しないわ」

リンカ「おまえら……」

シャーロッテ「まあいいわ、とりあえずこれで形勢逆転、まずはあんたからぶっ飛ばしてやるわ」ドゴッ!

旧暗夜軍ランサー女「っ!」ズササーッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ランサー!」ダッ

ルーナ「さすがに二度も通すと思って――」

 ササッ

ルーナ「って、また抜かれた!?」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「ランサー、退くぞ!」ダッ

旧暗夜軍ランサー女「わかった」ダッ!

シャーロッテ「逃がすか」チャキッ ブンッ!
 
 ヒュンヒュンヒュンヒュンッ!

シャーロッテ(このトマホークの軌道なら、どっちかには当たる!)

旧暗夜軍ランサー女「っ!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「!!!!」ダキッ

シャーロッテ「もらった!」

 シュオンッ!

 バキッ カランカランッ……
85 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:44:21.43 ID:YeOTlC7p0
シャーロッテ「え!? 消えた!?」

ルーナ「消えた、っていうか誰かが魔法で回収したって感じね……」

シャーロッテ「ちっ、逃がしたってわけね……」

 パカラパカラ
  パカラパカラ!

レオン「ここにリンカが下りたみたいだけど……! シャーロッテにルーナ、無事だったんだね」

シャーロッテ「は、はい。なんとか無事ですぅ、レオン様」

レオン「負傷してるのか、エリーゼすぐに手当てを。それと他には……」

サクラ「レオンさん……」

レオン「サクラ王女! 無事でよかった」

サクラ「はい、シャーロッテさんとルーナさん、そしてリンカさんのおかげです」

レオン「二人ともありがとう、それとリンカもね」

リンカ「なに、この程度どうってことない。それでどうする? ここに居た敵は逃げていったようだが……追撃するか?」

レオン「いや、この人数で追撃に出ても返り討ちにされるだけだよ。今は部隊を集めて姉さんたちとの合流を目指そう。この村の構造を見る限り、敵は中心部で僕たちを迎え撃つつもりだ」

ルーナ「中心部?」

レオン「ああ、この村の中心部。マクベスが選んだ最後の場所、そこで奴は待っているはずだからね……」
86 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:47:10.55 ID:YeOTlC7p0
◆◆◆◆◆◆
―渓谷出口の村『東区・中央部に近い路地』―

 シュオンッ ドササッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「がっ!」

旧暗夜軍ランサー女「いたっ!」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー(な、なんだ何が起きた……)

旧暗夜軍ランサー女「いたたたたっ、あれ敵が投げたトマホークは?」

???「もうありませんから、安心してください」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……メイドか?」

旧暗夜軍メイド「はい。救出が間に合ったようで何よりです。まさか、白夜の道具に頼ることになるとは思ってもいませんでしたが。これはドローと同じくらい便利なものですね」ポイッ カランカランッ

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「どちらにしてもありがとう、助かった」

旧暗夜軍メイド「いいえ、あなたがランサーさんを庇ったおかげです。もしも、そうしていなかったらどちらかはあの場所に置いて来なくてはなりませんでした」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「庇った?」

旧暗夜軍ランサー女「あのさブレイブ、もう放してもらっていいかな。流石に鎧が当って痛い」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「あ、すまん」サッ

旧暗夜軍ランサー女「いやいや、謝ることないから。それよりメイドちゃん、ちょっとブレイブの手当てをお願い」

旧暗夜軍メイド「はい、リライブ」シュオンッ

 ポワァン

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「助かった。それで状況はどうなっているんだ? あの音が聞こえたと言う事は……」

旧暗夜軍メイド「はい、第一防衛線は放棄、第二防衛線で時間を稼ぎつつ、最終防衛線での総力戦の準備に取り掛かれということでしょう」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「そうか……。もう少し、時間を稼げるかと思っていたが」

旧暗夜軍メイド「やはり王族を中心に動いている以上、敵は強大なのでしょう。もっとも、それを理由に私は諦めたりはしませんが」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「わかっている。お前の頼みを聞いて、それを了承したのはこちらだ。マクベス様のための戦いはまだ終わってはいない」

旧暗夜軍ランサー女「マクベス様のための戦いは、結果的に暗夜王国の戦いだからね。それじゃ、さっさと移動しないと。ここに居ても、意味は無さそうだし」

旧暗夜軍メイド「ええ、それでは参りましょう――」

「マクベス様と共に駆ける事の出来る戦場へ」
87 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/05(日) 16:48:13.66 ID:YeOTlC7p0
今日はここまで

 あけましておめでとうございます。
 ゆっくりとした更新にはなりますが、今年もよろしくお願いいたします。
88 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 19:43:13.87 ID:k/CPEquV0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『中央区域・南部』―

カムイ「……」

ブノワ「……」

カムイ「ブノワさん……」

ブノワ「ああ」ズズッ

 シュパッ!
  キィンッ!

ブノワ「!」

カムイ「ここも封鎖しているみたいですね」

アクア「主要な十字路に通じる路地はすべて抑えているみたい。さすがに村の内部構造を理解しているだけはあるわ」

マークス「やはり、一筋縄ではいかないようだな」

カムイ「どうしますか?」

マークス「敵の分断作戦はどうにか阻止したのだ。マクベスも各個撃破のために部隊を動かすつもりはないだろう。この状況なら……」

カミラ「全部隊の召集、そうでしょう兄様」

マークス「カミラ、戻ったのか」

カムイ「カミラ姉さん、敵の様子はどうでしたか?」

カミラ「敵はこの先の中央区域に集まっているみたい」

マークス「中央区域か。地図では大屋敷と広場がある場所のようだが……」

カミラ「ええ、とても開けた場所みたいね。ここで催し物とか市場を開いていたのかもしれないわ。今は弓砲台と魔道砲台の見本市ってところかしら?」

アクア「あまり見たくない催し物ね」

カミラ「ええ、それに遮蔽物もほとんどないようだから、攻撃を仕掛けるこっちとしては難しい戦いを強いられるでしょうね」

マークス「しかし、マクベスの作り上げた障壁を無効化しなければこの村から出られぬ以上、立ち向かう他あるまい。このまま中央区域へと向かいつつ、攻勢の準備を進めるよう全軍に伝えよ」

新生暗夜軍兵士「わかりました!」タタタタタッ
89 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 19:51:38.69 ID:k/CPEquV0
カムイ「中央区域へ入る前にレオンさん達の部隊も合流できるといいのですが」

マークス「敵全体が中央区域へ引き始めているから心配いらないだろう。それよりも、南東から入り込んでいる敵ノスフェラトゥの存在に注意が必要だ。敵本隊との戦闘が長引けば、奴らに後ろを取られかねん。中央広場へ攻撃を仕掛ける攻勢部隊の他、後方のノスフェラトゥの足止めをする少数の部隊も作り上げなくてはならないか」

カミラ「ともかく、まずは広場の手前まで進みましょう。まだ奴らが追いつくには時間が掛かるはずよ」

マークス「そうだな。カムイ、この先の路地の制圧を頼めるか?」

カムイ「分かりました、マークス兄さん。アクアさん、行きましょう」

アクア「ええ」

タタタタタッ 

アクア「それで、この路地をどう抜ける?」

カムイ「後方からノスフェラトゥの大群が迫っているのですから、時間を掛けることはできません。真正面から叩きましょう。ブノワさん、フローラさん」

ブノワ「なんだ?」

フローラ「はい、カムイ様」

カムイ「この路地を抑える敵を排除します。お二人に先頭をお願いしたいのですが」

ブノワ「わかった……」

フローラ「はい、お任せください、カムイ様」

カムイ「お二人は敵の攻撃を受けることだけに専念してください。フェリシアさんは私とアクアさんに付いて来て、お二人が負傷したら治療をお願いします。敵への攻撃は私とアクアさんが行います」

フェリシア「わかりました」

フローラ「フェリシア、お願いね」

フェリシア「はい、姉さん。がんばります!」

カムイ「……よし、行きましょう」ダッ
90 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 19:56:11.93 ID:k/CPEquV0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

旧暗夜軍ボウナイト「よし、中央広場の準備は整いつつある。お前達は一足先に下がり、マクベス様の本隊と合流せよ。ここは我々に任せて大丈夫だ」

旧暗夜軍兵士「はっ、わかりました」タタタタタッ

旧暗夜軍ボウナイト(よし……本隊への合流は滞りなく行われている。敵に動きが無ければ、われわれも合流を……)

 ガシャンガシャンッ!

旧暗夜軍兵士「敵、来ます!」

旧暗夜軍ボウナイト「来たか、編成は?」

旧暗夜軍兵士「重装兵を先頭に歩兵が数名、騎馬兵の姿はありません……。む、あれは――」

旧暗夜軍ボウナイト「どうした?」

旧暗夜軍兵士「か、カムイ王女の姿もあります」

旧暗夜軍ボウナイト「ほう、わざわざ前線に出てくるとは勇猛なことだ。だが、これはチャンスだ。奴を仕留めればマクベス様も喜ばれる。各員、奴を通すな!」

旧暗夜軍ジェネラル「了解、前に出ます」

旧暗夜軍ボウナイト「任せる。ふん、重装兵だけでここを抜けられると思っているようだが、考えが甘いな」チャキッ

旧暗夜軍ボウナイト(これの前ではそのような重装備、なんの意味もないのだからな)
91 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:00:14.90 ID:k/CPEquV0
フェリシア「敵が出てきました! 重装兵です」

カムイ「わかりました。アクアさん、アーマーキラーで切り掛りますので、援護をお願いします」

アクア「わかったわ。あなたがジェネラルを仕留めたら、一気に距離を詰めて奥の敵を仕留めるわ」

カムイ「はい。ブノワさん、敵にできる限り近づけますか?」

ブノワ「ああ、任せてくれ…。フローラ、俺が前に出る。お前はカムイ様達を守ってくれるか…」

フローラ「……」

ブノワ「フローラ?」

フローラ「いいえ、私が前に出るわ」ガシャンガシャンッ

ブノワ「フローラ!?」

フローラ「今、あのボウナイトが装備を変えたわ。おそらく、シャイニングボウよ」

カムイ「魔法武器ですか。仕方ありません、奴らの射程圏ぎりぎりで止まってください。そこから、攻撃を仕掛けますから」

フローラ「いいえ、大丈夫です。それに遠距離攻撃なら……」

フローラ(私の血が役に立つはずです)

フローラ「ですから、ここは私にお任せください、カムイ様」

カムイ「フローラさん……わかりました。あなたを信じます」

フローラ「はい……。フェリシア、悪いけど回復をお願いね」

フェリシア「姉さん……。うん、任せて!」

フローラ「行くわ。はああああっ!!!」ガシャンガシャンッ
92 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:02:37.81 ID:k/CPEquV0
旧暗夜軍兵士「敵一人、突出します」

旧暗夜軍ジェネラル「無謀にも向かってくるか、これでも喰らえ!」チャキッ ブンッ

フローラ(スレンドスピア……でも、この程度なら!)

 チャキッ ガキィンッ!!!

フローラ「っ!」

旧暗夜軍ジェネラル「ちっ、ダメージは入っているようだが、この程度では止まらないか」

旧暗夜軍ボウナイト「装甲に頼って特攻をしかけてくるのだから物理への自信はあるのだろう。だが、その考えが命取りだ」チャキッ

フローラ(来る!)

旧暗夜軍ボウナイト「死ね!」パシュッ!!!

 ズビシャアアッ!

フローラ「きゃっ!!!」

旧暗夜軍ボウナイト「よし、当たっ――」

 ドクンッ!!!

旧暗夜軍ボウナイト「がっ!!!!!」グラッ

旧暗夜軍兵士「ど、どうしました!?」

旧暗夜軍ボウナイト「ぐっ、ううっ、さ、寒い……。なんで、こんな……ぐあああっ!!」

旧暗夜軍ボウナイト(な、なんだこれは、いきなり体が凍え始めて、くそ、一体何が起きたっていうんだ!?)
93 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:06:48.99 ID:k/CPEquV0
フローラ(血はちゃんと反応したみたい。これで私が受けた痛みと同じものが、奴にも伝わったはず。凍て付くほどの寒さとしてね)

フローラ「氷の血、たっぷりと味わうといいわ」

フェリシア「姉さん、今手当てしますから!」

フローラ「ええ。それよりもカムイ様、今です」

カムイ「フローラさん、感謝します! ブノワさんはフローラさんを守ってください」ダッ

ブノワ「わかった…」ガシャンッ

カムイ「アクアさん、仕掛けます!」

アクア「任せて」ダッ

旧暗夜軍ボウナイト「カムイ王女!」

旧暗夜軍ジェネラル「ちっ、死ねええ!!!」チャキッ ブンッ

カムイ「当たりませんよ」サッ

旧暗夜軍ジェネラル「しまっ――」

カムイ「はあああっ!」チャキッ ブンッ

 ガッ ギギギギギギギギッ ガゴンッ!
  ズビシャアアッ!!!

旧暗夜軍ジェネラル「ぐああああっ」ドサッ

旧暗夜軍兵士「この!」チャキッ

アクア「させないわ」タタタタッ チャキッ ブンッ

 ザシュンッ

旧暗夜軍兵士「がはっ」ドサッ
94 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:23:59.69 ID:k/CPEquV0
旧暗夜軍ボウナイト(くそ、懐まで入り込まれた! だが、この距離なら!!!)チャキッ

カムイ「アクアさん!」

旧暗夜軍ボウナイト「外すか!」グッ

 バシュッ!
  サッ

旧暗夜軍ボウナイト(くそ、手が震えて、思うように動か――)

アクア「はあああっ!」チャキッ

 ザシュッ!

旧暗夜軍ボウナイト「がっ……、マク……ベス様……。申し訳、ありま……」

 ドサッ

旧暗夜軍ボウナイト「」

アクア「……」

カムイ「アクアさん、怪我はありませんか!?」

アクア「大丈夫よ、これでここの路地は制圧できたわね」

カムイ「はい。そうです、フローラさんは!」

アクア「敵の気配はないわ。ここは私に任せて」

カムイ「はい、お願いします!」タタタタタッ
95 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:29:26.17 ID:k/CPEquV0
フローラ「はぁ……はぁ……」

フェリシア「姉さん、無茶し過ぎです」

フローラ「ふふっ、そうかもね。でも、ブノワだとあの攻撃は受け切れなかったでしょう? だから私が出る以外の道は無かっただけよ」

ブノワ「面目ない……」

フローラ「謝らないで。それに生き残れたのは、あなたがくれたお守りのおかげかもしれないわ」

ブノワ「持っていてくれたのか…」

フローラ「ええ。案外、悪くないものね。少なくとも生き残った時にこれのおかげって思えるもの」

ブノワ「そうか……」フッ

カムイ「フローラさん、大丈夫ですか?」

フローラ「はい、怪我もフェリシアが治療してくれましたし、お守りの効力もありましたから」

カムイ「お守り?」

フローラ「はい、お守りです。ふふっ」

フェリシア「カムイ様、これからどうしますか?」

カムイ「もうそろそろ中央広場の入口に差し掛かります。そこで後続の部隊が到着するのを待ちましょう」

フェリシア「はい、わかりました。あ、姉さんは私より後ろにいてくださいね。まだ、傷は塞がってませんから」
96 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:31:08.49 ID:k/CPEquV0
フローラ「大丈夫よ、そんな心配しなくてもこの程度なら」

ブノワ「いや、まだ傷が塞がっていないのなら、少し下がっててくれ……。きちんとした治療が済むまで、俺がお前たちを守る盾になる……」

フローラ「ブノワ……」

ブノワ「……」

フローラ「……わかったわ。少しの間だけお願い」

ブノワ「ああ……。カムイ様、俺が先行する後に続いてくれ……」

カムイ「はい、よろしくお願いします」

 タタタタタタッ

アクア「フローラは?」

カムイ「大丈夫、無事でした。それよりも敵はいましたか?」

アクア「路地の先を見たけどいないみたい。その代り、真新しい靴跡がいくつもあったから、ここら一帯の敵は中央広場に退いたのかもしれない」

カムイ「仕方ありません。まずはぎりぎりまで敵に詰め寄りましょう」

アクア「そうね……」

カムイ(この先、敵と相対するのは遮蔽物もまるでない広場。だとすれば小細工などほとんど通用しないそういう戦闘になるのかもしれません。でも、それはマクベスさんも同じはずです)

カムイ「それがマクベスさんの望む、最後の戦いということですか……」
97 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:34:44.86 ID:k/CPEquV0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―中央区域『大屋敷前・大広場』―

マクベス「陣の形成は間に合ったようですね」

旧暗夜軍兵士「はい、全部隊の通達が速かったおかげです」

マクベス「ええ、おかげで敵との戦力差はそれほどない状態です。ここからは守るのではなく撃滅する戦いになる。そして、もしも敵が戦線を突破し、この大屋敷に達したのであれば……」

旧暗夜軍兵士「村北部まで撤退でしたね」

マクベス「ええ、その通りです。それが、あなた方にここにいることを許した条件ですから。くれぐれも遅れないようにお願いしますよ」

旧暗夜軍兵士「分かっています。私はメイド殿と同じく、マクベス様のご命令が絶対ですので。では、最後の準備に取り掛かります」

マクベス「ええ、お願いします」

旧暗夜軍兵士「はっ!」タタタタタッ

マクベス「……」

 タッタッタッタッ

マクベス「?」

旧暗夜軍メイド「マクベス様、ただいま戻りました」

マクベス「あなたですか。南西区域撤退の判断は見事でした。多くの兵を失わずに済みました」

旧暗夜軍メイド「いいえ、私の到着がもう少し早ければ南区域の敵に対処できていたはずです。申し訳ありません」

マクベス「それは違います。この部隊配置は私の判断によるもの、あなたの部隊を状況判断後に動かすと決めたのもそうです。ですので、気にすることはありません」

旧暗夜軍メイド「マクベス様……」

マクベス「それに、あなたは私の命令を守っています。そのように不安になる事はありません」

旧暗夜軍メイド「……ありがとうございます」

マクベス「では、行くとしましょう。もう、打つべき手は打ちました。あとはただ戦うだけです」

旧暗夜軍メイド「はい、マクベス様」

マクベス「部隊の再編も済んでいます。この単純な陣形では、奴らに選べる手などありはしません」

マクベス(もちろん、それはこちらとて同じこと。ですが、何も恐れることはありません。このような私個人の戦いであろうとも付いて来てくれる者がいる。だからこそ、私は今も信じ続けることができるのです)

マクベス(ガロン王様の描いた暗夜王国が全てを支配する世界という理想を……)

 タッタッタッ

マクベス「……」

マクベス(ですが、同時に理解しなくてはいけないこともある)
98 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:36:15.25 ID:k/CPEquV0
旧暗夜軍ランサー女「……」

旧暗夜軍ブレイブヒーロー「……」

旧暗夜軍アドベンチャラー「……」

旧暗夜軍メイド「……」

旧暗夜軍兵士たち『……』

マクベス(それは、ここに居る多くの兵士、その多くが私にとっての戦いで失われるということ……。すでに犠牲が出ているように、この最後の攻勢でもっと多くの犠牲が出ることは避けられないことです)

マクベス「……」

マクベス(多くの人間の命を背負うことを辛いと思ったことは今までなかった。それは大きな目的の下だからこそ無視できた問題。でも今、ここに居る兵士の多くは私に仕えることを選んだ。それは私自身の思想に命が消費されると言うこと。そして、私にとっての戦う意味は、すでに……)

マクベス「……」

 スッ

旧暗夜軍メイド「マクベス様、大丈夫です」

マクベス「な、なんのことですかな?」

旧暗夜軍メイド「誰もこの命を賭すことに疑問など抱いていません。マクベス様の力になりたいからこそ、私たちはここに居ます。だから、そのような顔をしないでください。その、似合いませんから」

マクベス「……ふん、分かったようなことを言いますね。たかが数ヶ月、私の付き人をしていただけだというのに」

旧暗夜軍メイド「ふふっ。マクベス様、この戦いに勝利したら、あの紅茶を淹れさせてください。きっと、この戦いの勝利は、あの紅茶に似合う大きな勝利のはずですから」

マクベス「……考えておきましょう」

旧暗夜軍メイド「はい」

マクベス「……」

マクベス「全軍、配置に着きなさい――」

「これより最後の攻撃を開始します」
99 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/12(日) 20:37:50.38 ID:k/CPEquV0
今日はここまで

 フローラの氷の血が実際発動すると、こんな感じで冷気が相手に降りかかる感じになるのかなって思う。
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/20(月) 18:50:10.10 ID:kbGtA8lDO

きれいなマクベス
101 : ◆P2J2qxwRPm2A [saga]:2020/01/23(木) 12:48:07.61 ID:Kl0tq6hf0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆◆◆◆◆
―白夜王国・渓谷出口の村『中央区域・中央広場入口南側』―

マークス「やはり、マクベスの準備は整っているということか」

カミラ「ええ、砲台を中心にして敵の戦列は整っているわ。左右の砲台を騎馬で攻めるのも手だけど魔道砲台の前方には杭がいくつもあって通ることはできないから、中央を通って回り込むしかないわね」

マークス「中央の道幅は杭によって狭まれている、そこを抜ける瞬間に仕掛けてくるのは間違いないだろう」

カムイ「騎馬兵や重装備の方々以外でしたら、杭を越えて移動もできそうですが、近づくまでに多くの時間を要するでしょうね」

マークス「となれば、突破の鍵は竜騎兵か」

アクア「だけど、遮蔽物も何もない場所だからすぐに気付かれるわね」

マークス「ああ、さらに敵には長射程の砲台がある。無策で乗りこめば、返り討ちにされるだけだろう。砲台の破壊、制圧を行うには何かしらの手を考えるしかないか」

マークス「幸いにもカミラが砲台を一つ破壊してくれたおかげで、敵の砲台配置には一種の穴がある。敵の攻撃陣は全ての包囲をカバーしているようだが、砲台同士の射程が重なるようにはできていないようだからな」

カミラ「それが唯一の突破口になりそうね」

マークス「そこを打つ以外に手はないだろう。カミラ、すまないが残っている竜騎兵を招集しておいてくれるか?」

カミラ「わかったわ、みんなを集めておくわね」タタタタタッ
357.17 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)