【艦これ】提督「クール鎮守府」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 22:36:41.31 ID:HIgqs1L2O
提督(元気で明るい艦娘たちと、賑やかな鎮守府ライフを送りたい――)

提督(艦娘という存在を知ってからというものの、そんな思いを常に抱いてきた)

提督(俺は野望を実現させるべく、高校を卒業すると同時に軍学校へと入り提督を目指した)

提督(しかし艦娘たちを従える“提督”になるためには、並外れた努力と資質が必要となる)

提督(文字通り血の滲むような努力を重ねる羽目になったが、それも薔薇色の鎮守府ライフを想像すれば苦にならなかった)

提督(そうしてようやくこの春から、晴れて“提督”として鎮守府に着任することができたのだが……)



――― 鎮守府 執務室 ―――


提督「………………」カキカキ

加賀「………………」カキカキ

不知火「………………ん、司令」

提督「」ピクッ

提督「……どうした?」

不知火「こちらの書類ですが、計算に誤りがあります」

提督「……そうか、すまない。すまないついでに修正を頼む」

不知火「了解しました」

加賀「………………」カキカキ

提督「………………」カキカキ

不知火「………………」カキカキ




提督(――どうしてこうなった)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577972201
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 22:51:40.63 ID:HIgqs1L2O
提督(俺は艦娘たちとの“賑やか”で“楽しい”鎮守府ライフを夢見ていた)

提督(駆逐艦の子たちに懐かれて、一緒に楽しく遊んだり、)

提督(夜は鳳翔さんの居酒屋で、酒呑み艦たちと盛り上がったり、)

提督(金剛をはじめとする“提督ラブ勢”とイチャイチャしたり、)

提督(そんなリア充顔負けの薔薇色人生が俺を待っているはずだったのに……)



提督「………………」カキカキ

加賀「………………」カキカキ

不知火「………………」カキカキ



提督(なぜこんな重苦しい空気の中で毎日を過ごさにゃならんのだ……)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 23:03:02.93 ID:HIgqs1L2O
加賀「提督、こちらの書類は粗方片付きました」

提督「……ご苦労。私の分もそろそろ終わる」

加賀「そう……ではお茶でも淹れますね」

提督「……頼む」



提督(こいつは加賀。俺の秘書艦だ)

提督(ザ・クールとでも呼ぶべき物静かで聡明な艦娘であり、見た目や言動通り仕事がめちゃくちゃデキる)

提督(だが性格は非常に淡白で、俺が何か話しかけても『そう……』だとか『えぇ』としか返事をしない)

提督(美人で仕事もしっかりこなしてくれるが、仕事の話以外でのコミュニケーションをほとんど取れないでいる)

提督(……着任したての頃、親しみやすさを出すために軽い冗談を口にしてみたが、一切反応されずに流された。かなり傷ついた)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 23:17:44.49 ID:HIgqs1L2O
不知火「加賀さん、私の方もほとんど終わりましたので手伝います」

加賀「ありがとう。でも1人で大丈夫よ、座っててちょうだい」

不知火「そうですか? ではお言葉に甘えて」



提督(こいつは不知火。秘書艦補佐を務めている)

提督(着任歴1年未満の新人提督は、仕事に慣れるため最初は秘書艦を2人つけるのが通例らしい)

提督(そんなわけで俺と加賀のサポートをしてくれているのだが……正直、常に睨まれているような気がして仕事に身が入らない)

提督(なにあの眼光? 俺何か悪いことしました? 駆逐艦だったらもっとはしゃいだり、年相応に甘えてきてもいいよね?)

提督(なのに何で君はいっつもそんな鋭い目付きで俺のことを見てくるの? あと加賀と同じで口数少なすぎだから!)

提督(あの仏頂面を崩そうと小粋なジョークを言ってみたりもしたが『それはどういう意味でしょうか』などと、素で理解できないという反応をされた)

提督(それを見て、高校デビューしようとクラスの自己紹介でウケを狙った結果盛大に滑ったことを思い出し、しばらくへこんだ)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 23:29:28.32 ID:32goRJCV0
キュート鎮守府とパッション鎮守府もあるのかな
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 23:31:31.30 ID:HIgqs1L2O
加賀「提督、お茶が入りました」

提督「……ああ」

不知火「ありがとうございます」

提督「……………」ズズッ

不知火「……………」ゴクゴク

加賀「……………」フゥ

提督「……相変わらず、加賀の淹れてくれたお茶は美味いな」

加賀「いえ、そんなことは……」

不知火「………………」ゴクゴク

提督「………………」ズズッ

加賀「………………」






提督(……気まずい)

提督(普通お茶の時間だったらもっとトークに花を咲かせてもいいだろ)

提督(気を利かせて褒めたんだから『ありがとうございます……///』みたいな可愛らしい反応があってもよくない?)

提督(あと不知火も我関せずみたいにひたすら茶を啜ってっけど会話に混ざってきて!)

提督(せっかく2人とも見た目は可愛いのに……いや、可愛いからこそ冷たい反応が心に来るんだよなぁ)

提督(ほんと、どうしてこの鎮守府には彼女らみたいなクール属性の子しかいないんだ……)

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 23:36:39.05 ID:vlef6ILH0
これから賑やかな連合国のお船達を建造すればよろしいのでしょうか。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 23:45:17.64 ID:HIgqs1L2O
不知火「……司令、そろそろ第1艦隊が帰投する時間です」

加賀「!」

提督「む、もうそんな時間か……加賀、仕事も片付いたし、“相方”を迎えに行ってやるといい」

加賀「分かりました」


提督(……普段は感情をほとんど表に出さない加賀だが、彼女の“相方”のこととなるとほんの少しだけ声が弾む)

提督(加賀が唯一心を許し、頼りにしている正規空母の“相方”)


 コン、コン。


加賀「あら、もう戻ってきたみたいね」

不知火「迎えに行くまでもなかったようですね。どうぞ、お入りください」


 ガチャ


提督(そう、彼女こそが加賀の相方であり、正規空母の――)









グラーフ「失礼する。航空母艦グラーフ・ツェッペリン、ただいま帰投した」

加賀「おかえりなさい、グラーフさん」



提督(――赤城かと思った? 残念、この鎮守府にはクール属性しかいねえんだよ!!)



※艦娘たちとイチャコラしたかった脳内ピンク色の提督が、クール属性の艦娘しかいない鎮守府に着任してしまったという物語です※

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/02(木) 23:49:14.75 ID:HIgqs1L2O
こんな感じでやっていければと思います
書き溜めは6回分ぐらいはあるのでまた随時投下していくつもりです
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 23:54:43.71 ID:jTNtUSo+0
乙、この後の展開が楽しみだ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 01:03:12.70 ID:QX9leKZto
おつ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 01:28:39.98 ID:KwoP3M1vo
おつ 期待
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 01:30:58.79 ID:6ojCdv1UO
クールだけど口数のある木曾とか那智とか武蔵とか長門とかがいれば……
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 01:53:42.80 ID:VWI+Cgn0o

軍事施設としては正しい在り方よな
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 16:20:21.80 ID:8ktr3b1/o

期待
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 17:00:35.57 ID:Cx2acDGxO

次はどんなクールな艦娘がくーるのかな?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 17:11:50.36 ID:K8f9WwlQO
天龍ちゃんはクールの内に入りますか?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 17:52:57.87 ID:E/g3KKlR0
モバマスのクールなら愛が重いのばっかだなと思ったがどのタイプも変わらんか...
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 19:33:28.02 ID:6KBSUuZRO
>>17
キュートだろ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 19:41:19.25 ID:FfpkbjOto
>>19
属性は自己申告だぞ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 19:47:21.41 ID:mb2NYvkRo
>>19
神谷奈緒と神崎蘭子を見ろ
その上で天龍ちゃんがクールを名乗って問題ないと分かるべ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/04(土) 02:12:49.50 ID:OLWhTVrlO
最近柔らかいけど初期の台詞だけだと
加賀さん以上に戦闘マシーンなんだよな赤城さん…
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 22:23:39.58 ID:/fWMs3OLO
たくさんのレスありがとうございます
再開します
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 22:37:37.85 ID:/fWMs3OLO
グラーフ「――以上で報告は終わりだ」

提督「ご苦労。あとは自由にしていて構わん」

グラーフ「了解した。加賀も今日の執務は終わったのか?」

加賀「ええ、今しがた」

グラーフ「そうか、ではこの後一緒にマミーヤにでも行かないか? なんでも今日から新作のデザートが出るらしいぞ」

加賀「是非お供しましょう。よければ不知火もどうかしら?」

不知火「私もですか? しかし、ご一緒してもよろしいのでしょうか?」チラ

グラーフ「構わないさ。Admiralもどうだ?」

提督「……いや、まだやることが残っているんでな。悪いが遠慮しておこう」

提督(これ以上気まずい空気の中にいたくないしな……)

グラーフ「そうか? ではまたの機会に、な」

提督「ああ」

加賀・不知火「………………」



提督(グラーフ・ツェッペリン。ドイツ出身のクールビューティーで、この鎮守府では数少ない正規空母の1人だ)

提督(というか正規空母は加賀とグラ―フの2人しか着任していない)

提督(……おかしくね? 普通加賀の相方って言ったら赤城だろ)

提督(凛とした佇まいに強者を思わせる立ち振舞い。しかし大食いというチャームポイントも兼ね揃え、周囲から慕われるお姉さんキャラ)

提督(大抵の鎮守府には初期から着任していると聞くが、なぜこの鎮守府にはいないんだ……!)

提督(せめて赤城がいてくれたら加賀のクールさも緩和され、あわよくば赤城にデレる加賀の可愛らしい一面も見れたかもしれないのに……)

提督(グラーフて……加賀とグラーフの組み合わせておかしくない?)

提督(クール×クールじゃん。クールさが緩和されるどころか絶対零度だよ!)

提督(……いやまぁいい子なんだけどさ。美人だし、礼儀正しいし、おっぱいでかいし)

提督(でも欲を言えばやっぱり王道を往く赤城×加賀が見たかったです!)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 22:47:40.07 ID:/fWMs3OLO
提督(……百歩譲って二航戦や五航戦が着任していたら、もっと和やかなムードにもなっただろう)

提督(友達感覚で接してくれる飛龍、茶目っ気満載で度々こちらをからかってくる蒼龍、圧倒的な包容力を誇る大和撫子の翔鶴)

提督(そして何より、俺的幼馴染にいてほしかった艦娘ランキング、ベスト3の瑞鶴)

提督(赤城×加賀も捨てがたいが、ずい×かがで素の感情を露わにする加賀も見てみたかった……くっ)





加賀「では提督、行ってまいります」

提督「ああ……今日も秘書艦ご苦労だったな。ありがとう」

加賀「…………いえ、これが私の仕事ですので」

提督(今の間は何? 仕事じゃなかったらやりたくないですってこと? そういうこと?)

不知火「………………」ギロッ

提督(あとなんで不知火は眼光の鋭さ増してんの? 私も嫌々手伝ってるだけですってことを目線で訴えてるの?)

グラーフ「………ハァ」ヤレヤレ

提督(あ、今溜息ついたよね? 部下に毛嫌いされる俺の姿を見て呆れ果ててんの? いい加減泣きそうなんだが?)

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 22:57:07.47 ID:/fWMs3OLO

―――加賀たちが去った後の執務室―――


提督「はああああああああぁぁぁぁぁぁぁ……」クソデカ溜息

提督「ようやく極寒の地獄から解放された……」グッタリ

提督「なぜ俺が毎日毎日こんな思いをせにゃならんのだ。仮にも提督だぞ? この鎮守府で一番偉いんだぞ?」

提督「それがどうして部下たちの顔色を窺いつつ、胃をキリキリ痛ませながら仕事に励まないといけないんだ……!」

提督「俺だって……俺だって皆と打ち解けようと努力してきたのに……」シクシク

提督「冗談を言っても軽く流され、褒めたり感謝の言葉を口にしても無反応。おまけに何も悪いことしてないのに睨みつけられ……」

提督「今や俺自身も『ご苦労』だとか『ああ』だとか、最低限の台詞しか吐けなくなっちまったじゃねえか!」

提督「だって少しでもチャラい発言やおふざけをしようもんなら、冷たい視線と沈黙という刃でバッサリ一刀両断だもの。そりゃ口数も少なくなるわ!」

提督「あぁ、俺の夢見たリア充鎮守府ライフは一体どこへ……」ガクッ

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 23:08:30.32 ID:/fWMs3OLO


――― 間宮 ―――


グラーフ「――それで、今日のAdmiralはどうだった?」

加賀「はい、本日も提督は実直に執務に取り組んでおられました」

不知火「部下である私に書類のミスを指摘されても、気を悪くした素振りも無く自分の落ち度を認めて謝罪してくれました」

グラーフ「そうか……やはり新しいAdmiralは寡黙で誠実な男のようだな」

加賀「そうですね。前任の提督は……その、色々と問題のある人でしたから、余計に今の提督が人格者に思えます」


※この鎮守府には前任の提督がいましたが、色々あった結果今の提督が新しく着任したという設定です


グラーフ「前のAdmiral……いや、もうAdmiralではないが、前任のアイツは軽薄な男だったからな」フン

加賀「全くです。執務を秘書艦に押し付けて遊びに行ったり、プライドだけは高くて自分の非を決して認めなかったり」ハァ

不知火「セクハラ紛いの言動も繰り返していましたし、人としても上司としても落ち度しかない人間でした」ムスッ

加賀「おまけに指揮もデタラメで碌に戦果を挙げられなかったからか、更迭されてしまったみたいだけれど……」

不知火「当然の報いかと。そもそも軍人の身で娯楽や色恋に現を抜かすなど言語道断です」フン!

加賀「その点、今の提督は仕事に直向きで私たちに色目も使わないし、尊敬に値する上司だと思うわ」





――― 執務室 ―――


提督「あぁー、艦娘たちと乳繰り合いてぇなぁ」ダラーン

提督「それが無理ならいっそ執務をサボってどこか遊びに行くかぁ? 加賀も不知火も優秀だし、仕事を任せっきりにしても大丈夫でしょ」

提督「なーんて、そんなことしたら○されるだろうからやらないけどな!」ハハハ

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 23:25:08.39 ID:/fWMs3OLO

グラーフ「なんだ、2人とも新しいAdmiralのことを随分と評価しているんだな」フフ

加賀「ええ、彼なら信頼できると私は思います」

不知火「不知火も同意です」

グラーフ「ふむ、良いことだが……しかし、信頼しているのは上司としてだけか?」

加賀・不知火「っ!」

グラーフ「先程Admiralが私の誘いを断った時、2人とも心なしか残念そうに見えたぞ」

加賀「……気のせいではないかしら」プイ

グラーフ「Admiralに労いの言葉を掛けられたとき、一瞬反応が遅れていたようだが?」

加賀「あ、あれはいきなり『ありがとう』だなんて、予想だにしないことを言われたから……」

グラーフ「……言われたから、嬉しかったんだろう?」

加賀「……っ///」

グラーフ「前任は仕事を押し付けるだけ押し付けて、感謝の言葉すら一度も無かったからな」

加賀「……ええ、そうね。当たり前のことをしているだけとはいえ、やはり上官から労われるのは気分が高翌揚します」






提督「加賀の仕事っぷりには本当に感謝してるんだけどなぁ」

提督「何度か感謝の気持ちを伝えてはいるが、まるで嬉しくなさそうだし……」

提督「はっ!? もしかしてご機嫌取りしてるように思われてんのか? 部下に媚びを売る情けない上官だと!?」ガーン

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 23:30:04.59 ID:/fWMs3OLO

グラーフ「不知火も、加賀がAdmiralに労われていたとき、どこか面白くなさそうに見えたが」

不知火「……執務を手伝っていたのは私も同じなのに、加賀さんだけが褒められるのは納得いかなかっただけです」

グラーフ「つまり、自分のことも褒めてほしかったと?」

不知火「べ、別にそういうつもりでは……ない、です」シュン

グラーフ「ふふ、別に苛めるつもりはなかったんだ。すまない」

不知火「……いえ、素直になれない私の落ち度です。気にしないでください」







提督「にしても俺が加賀を労った時の不知火の目付き、クッソ怖かった」ガクガク

提督「なに加賀さんに取り入ろうとしてんだ潰すぞとでも言いたげな表情だった」ブルブル

提督「やっぱりご機嫌取りだと思われてんのかな……」

提督「よし、もうあいつの目の前で誰かを褒めるのはよそう」ウン

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 23:36:26.36 ID:/fWMs3OLO

加賀「……そういうグラーフさんは提督のことをどう思ってるのかしら?」

不知火「そうです! グラーフさんだって先ほど提督のことを評価してたじゃないですか」

グラーフ「私か? 私はそうだな……上官としては信頼しているが、特にそれ以上のことは何も思わないな」

グラーフ「もちろんあの誠実さは嫌いではない。寡黙で口数が少ないのも落ち着きがあって魅力的だとは思う」

グラーフ「だが如何せん、私は2人と違って秘書艦の経験が無いのでな。その分接する機会も少なく、まだ彼という人間の内面を測りかねている」

加賀「……なんだかその言い回しはずるいです」ムスッ

不知火「同じく。私たちだけが一方的にからかわれた気がします」ムスッ

グラーフ「はっはっはっ、すまないな。だが私とて艦娘である前に女だ。たまにはこういう浮いた話の一つや二つ、したくもなるさ」

グラーフ「それにまぁ……私もAdmiralのことは、なかなか、いいと思っているぞ///」ンフー







提督「……グラーフのやつ、最後溜息吐いてたよな」

提督「規律や階級を重んじる軍人らしい彼女のことだ。部下に嘗められている姿を見て失望されてしまったか……」

提督「…………」

提督「………………う」

提督「うあああああぁぁぁぁぁブロンド美女とダンケダンケしたいのおおおおぉぉぉぉ!!」

提督「『ンフー』とか『あ、Admiralも…なかなか、いい///』とか言われてみたいのおおおぉぉぉぉ!!!(発狂)」






???「……ん? なんだか執務室の方が騒がしいな」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/04(土) 23:40:07.14 ID:/fWMs3OLO
本日は以上になります
パッション鎮守府と演習! みたいなネタは考えてはいますが、まだ形にできていません
キュート鎮守府は……キュート属性の子が多すぎて所属艦を決められません。皆かわいすぎ問題

また数日中に投下します。それでは
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/04(土) 23:43:03.45 ID:pa8qmPSYo
おつおつ
提督よ…このままの距離感が1番信頼されたままだと思うぞ…悲しいことに…
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 00:02:43.59 ID:sUjjCPDG0


クール属性ねえ…この鎮守府は他に弥生や響に若葉とかいそう
初霜もクッソ真面目で任務に忠実でカッコカリの台詞でこういうの分からないとか言ってるトコからクールにしてもいいのかな?
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 00:07:28.86 ID:vO6G9uhto

こんな鎮守府へ提督に色目使う艦が配属されたら村八分にされそう
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 00:10:29.79 ID:ATMNi4es0
艦娘も属性が自己申告なら吹雪とか暁なんかもクールに入ってそう
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 00:30:23.67 ID:U727UKAl0
キュート鎮守府にはかわいい艦娘が
パッション鎮守府には変人揃いか
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 05:13:59.45 ID:jNO9A6d9O
>>36
秋雲は変な子じゃないです!
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 17:59:23.78 ID:M9OPSswCO
属性分けの本家だとメガキチやら25歳児やらだりーやら小梅やら森久保乃がCoだし、結構変人の確保もよゆーよゆー


長門武蔵みたいな武人系、はっちゃんみたいな本好き、朝潮みたいな真面目系とかだいたいCoになるかな
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 20:23:46.10 ID:Lu8eusC50
>>38
なんとなく朝潮は満潮と一緒に、大潮荒潮に連れられて気が付いたらキュートにいそうだわ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 21:21:32.64 ID:DzaZqnYr0
クールいいわー
提督がんばれ
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/06(月) 21:29:53.91 ID:lKiWa0//0
五十鈴、名取はクール
長良、鬼怒はパッション
由良、阿武隈はキュートなイメージの長良型六姉妹

異論反論はあるだろうが赤城がパッションなのは共通認識だろう?
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/06(月) 21:47:30.15 ID:xKGuhF2HO
>>41
変人枠パッションですね、分かります
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/06(月) 23:20:32.62 ID:6OdHMOmp0
パッションは変人
クールは変態
キュートは狂愛
がSSのイメージ...
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/06(月) 23:36:02.37 ID:9i4BbZIpO
パッション鎮守府の提督は右拳を胸に叩きつけながら「んー!んー!」言ってそう
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/07(火) 07:33:11.77 ID:qm0n8rk5O
パッソンはハゲ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/07(火) 20:31:09.99 ID:6Pq8Jioa0
>>34
『事故』が起きたり『誤射』や『戦闘中行方不明』が起きるだけじゃない?

和を乱す輩にはみんな『冷静に対処』するでしょ
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/07(火) 21:30:12.54 ID:hh14aZY7O
>>46
これ見たい
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/07(火) 22:35:15.09 ID:BKatMshc0
三重士ならぬ三重死か...
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 13:57:34.80 ID:ghXmI4pf0
このクール鎮守府にポーラを投入しよう(燃料投下)
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 15:13:21.70 ID:5AcjpCwKO
提督は冷たい視線をご褒美と思えるようになるべき
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 17:32:46.53 ID:HRgvFWP/0
新艦にクールな子がいたな
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 22:28:58.16 ID:nW/XQmMtO
レスありがとうございます。再開します
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 22:36:31.12 ID:nW/XQmMtO


 コン、コン。


提督(はっ! いかんいかん、あまりの精神的ダメージに我を失っていた!)

提督「入れ」キリッ

??「失礼する」ガチャ






那智「提督よ、何かあったのか? なにやら叫び声のようなものが聞こえたが……」

提督(やっべ! さっきのを聞かれてたのか! 俺の馬鹿!)

提督(どうする? まさか妄想を繰り広げて悶え叫んでいたなどとは言えまいし……何か言い訳を考えねば!!)

提督「……問題ない。実は来週大本営で開かれる新年会に備えて、カ、カラオケの練習をしていたのだ」

提督(我ながら言い訳が苦しすぎる!)

那智「カラオケだと?」

提督「う、うむ。新年会の余興の一つとして、のど自慢大会が企画されていてな。私もそれに参加することになっている」

那智「……ふむ、そうだったか」

提督(うわぁ、絶対ドン引きされてるだろコレ)





那智(……大本営主催の新年会、か)

那智(となれば恐らく、元帥をはじめとした軍の要人も多数参加するはず。いくら余興とはいえ、無様な姿は見せられん)

那智(もし下手糞な歌声を披露してお偉方の機嫌を損ねたり、場の空気を白けさせようものなら、提督の人事評価にも悪影響を及ぼすだろう)

那智(――そして提督に対する評価は、この鎮守府に対する評価と同義)

那智(鎮守府の評価が下がれば、今後重要な任務や貴重な物資が優先的に回ってこなくなる可能性もある)

那智(まさか提督はそこまで考えて、歌の練習などという柄にもないことをしていたのか?)
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 22:44:27.06 ID:nW/XQmMtO

那智「……貴様は歌が得意なのか?」

提督「いや……正直、得意ではない」

提督(小学校での音楽の時間、歌のテストと称して皆の前で歌わされて大恥かいたっけ)ホロリ

提督(音痴なモンは仕方ないだろ……それに人前で歌うとかコミュ障にはハードル高すぎるわ!)



那智(やはりな。カラオケなどといった娯楽に疎いであろうことは、この男の生真面目な性格を見ていればよく分かる)

那智(恐らくは同年代の者たちが青春を謳歌している傍らで、娯楽に興じることもなく、ただひたすら勉学に励んできたのだろう)

那智(結果として、この若さで鎮守府の運営を任されるまでに至ったが、その反面“遊び”や“息抜き”といったものには慣れていないはず)

那智(しかし、宴会とはいえ今回のソレは職務の延長線上のようなものだ。慣れていないからという理由で断れるはずもないし、もし断ればそれだけで心証を悪くしかねん)

那智(不得手なことであっても決して手を抜かず、影で努力することで欠点を克服しようとするその姿勢……ふっ、悪くない!)

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 22:51:57.97 ID:nW/XQmMtO

那智「提督、新年会ということは当然酒も出るのだろう? 貴様はいけるクチか?」

提督「まぁ、それなりにはな」

那智「そうか、それは良かった。昔から酒の強い男は上司からも好かれやすいと聞く。いい飲みっぷりは見ていて気持ちがいいからな」

提督「そういうものか」

那智「うむ。それでだ……今夜あたり一杯どうだ?」

提督「……何?」

那智「なぁに、予行演習というやつさ。歌の練習もいいが、宴会のメインはあくまで酒だからな。今から肝臓を鍛えておくのも悪くあるまい」

那智「ついでに飲みの席での立ち回りや、酒に関する作法なども教えてやろう。覚えておいて損はないぞ?」

那智(歌については私も分からんが、酒に関してなら力になれる)

那智(今までこういった機会も無かったし、ここらで酒を通して友好を深めてみるのもいいだろう)

那智(……何より鎮守府の為に努力しようとしている貴様を、放ってはおけないからな)フッ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 22:57:45.71 ID:nW/XQmMtO

提督(飲みのお誘い……だと?)

提督(いや待て、こいつも加賀たちと同じクール属性の艦娘。しかも、より軍人気質で気難しい性格をしている)

提督(酒の席とはいえ軽口を叩いたり、馴れ馴れしく接しようものならボコボコにされる未来しか見えない)ガクブル

提督(酔った勢いでボディタッチでもしてしまった暁には……ん? 待てよ……)




〜〜 提督妄想中 〜〜


那智『ふぅ……すっかり酒が回ってしまったな……』グデーン

提督『大丈夫か那智』

那智『なぁに、これくらい平気――っ!?』グラッ

提督『!? 危ない!』ガシッ

那智『す、すまん、少しよろけてしまったようだ……』

提督『気にするな。それより、その調子だとまともに歩けなさそうだな。どれ、部屋まで送っていこう』

那智『な…! い、いや、大丈夫だ。1人でも歩ける!』

提督『無茶をするな。転んで怪我でもされたら艦隊運営にも支障が出る。君はこの鎮守府で数少ない重巡洋艦なのだからな』

那智『……ふっ、そうか。ではお言葉に甘えるとしよう』ギュッ

提督『ああ、しっかり掴まっていろ。無事部屋まで送り届けてやる』

那智『…………提督よ、私が1人部屋なのは知っているな?』

提督『ああ、君の同型艦はこの鎮守府には未だ着任していないからな。提督としてすまないとは思うが』

那智『気にするな。確かに姉さんや妹たちに会えないのは幾分寂しくもあるが……今宵ばかりは僥倖だったかもしれんな』ボソッ

提督『? どういう意味だ?』

那智『……これから向かう私の部屋には私以外誰もいない。加えて、私は今とても酔っている』

那智『もし部屋で何かが起こっても、誰にも気付かれないし、私も明日には覚えていないかもしれない』

那智『貴様も男なら……わ、分かるだろ?』///

提督『……ふむ、そうだな。女性に恥をかかせるわけにもいかん。それに――』


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 23:04:34.33 ID:nW/XQmMtO


提督(それに酔っているなら何が起きても仕方ないよね!!!)ド-ン!




那智「提督、どうだ?」

提督(いくらクールとはいえ、酒に酔ってしまえばその牙城も崩れるはず……!)

提督(先ほど酒に強いかと聞かれた時、無難に『それなりには』などと答えてしまったが……実はかなり強いという自負がある)

提督(何せお前らとの付き合いでストレスを感じるたびに、夜中に1人でストゼロを呑みまくってたからなぁ!!)


提督「……せっかくのお誘いだ、私でよければ付き合おう」キリッ

那智「! そうか、そうこなくてはな! よし、今夜ばかりは私も飲ませてもらおう!」

提督(よっしゃ! 夢の一つでもあった『艦娘と居酒屋でワイワイ楽しく飲む』がようやく実現できる!)

提督(まぁウチには鳳翔さんがいないから居酒屋じゃなく食堂でだけどな畜生!)

提督(そして酔った勢いであわよくば……ぐへへへ)

提督(那智も酒の強さには自信があるようだが、所詮は女! 男より女の方が酒に酔いやすいことは医学的にも証明されている!)

 ※男より体重の軽い女性の方が血中アルコール濃度が高くなりやすいため、だそうです

提督(首を洗って……いや、夜に備えてもっと色んなところを洗って待っているがいい。酔い潰してやるぜぇ!!)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 23:10:29.32 ID:nW/XQmMtO

―――その夜 食堂―――



提督(……ぅぐ、も、もう無理……)グデーン

那智「どうした? まだ瓶を8本しか空けていないじゃないか。その程度では上官の酒に付き合うことなどできんぞ!」ハッハッハッ

提督(く、クソが……こいつ酒強すぎだろ!)オェェ…

提督(瓶8本って、その2/3ぐらいは俺が飲まされてるし! なにが『お前の肝臓を鍛えてやろう!さぁ飲め!』だ!)

提督(これがアルハラってやつか……上司から酒を強要される新入社員の気持ちが分かったぜ。いや俺の方が上司なんだけども!)




那智「よし、次はこの『百年の孤独』を開けるぞ! さぁ飲め!」

提督(いやそれ度数40%超えのバケモンだろ! てかよくそんな高価な酒持ってんなオイ!)

提督(しかも『百年の孤独』って……あれか、一生独り身であろう俺に対する嫌味か貴様ッ!)

提督「い、いや、本当にこれ以上は……」

那智「何を言う! 意識がある内はまだいける! さぁぐいっといけ、ぐいっと!」

提督(それは俺に死ぬまで飲めということか? まさか酒の席を利用して嫌いな俺を消そうと……?!)

59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 23:16:03.65 ID:nW/XQmMtO

那智(……さすがにそろそろ限界か)

那智(これ以上飲ませるつもりは無いが、上官から酒を強要された時のシチュエーションも経験しておくべきだろう。そしてその上手い躱し方もな)



提督(クソッ! 俺が何したって言うんだ!)

提督(一応真面目に仕事してるし、必死に戦術の勉強もして間違った指示を出さないよう頑張ってるだろ!)

提督(…………何だかムカついてきた)

提督(こいつ全然酔わねえし。顔も全く赤くなってねえし。酔いからのラッキースケベの一つも起こらねえし!)

提督(これ以上……これ以上、部下に嘗められてたまるかってんだよおおおぉぉぉ!!!!)



提督「貸せっ! 帝国軍人の意地と誇りを見せてやるッ!」パシッ

那智「あっ! 馬鹿! それ以上は――」

提督「うおおおぉぉぉぉ!!! 日本万歳ーッ!!」ゴクゴクゴクゴクゴク



――――――

――――

――

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 23:21:36.12 ID:nW/XQmMtO

加賀「……それで、その後提督は?」

那智「中身を飲み干した直後に倒れてしまってな……幸い命に別状はない」

那智「自室のベッドに運んでおいたから今も眠っているはずだ。酷い二日酔いは避けられんだろうがな」




那智は語った。

酔い潰れ、意識を失いながらも、決してその手は瓶を離そうとはしなかったと。

そこには確かに、帝国軍人としての意地と誇りがあったと。

そして、勇ましく一気飲みを敢行する提督の姿は、とても男らしかった、と。




那智(今回は悪いことをした……だがまたいずれ、共に飲もう、提督よ!)



※提督は酒に強くなるどころかトラウマで逆に飲めなくなりました
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/09(木) 23:25:26.61 ID:nW/XQmMtO
本日は以上です
新艦、クールな子が多くていいですね。一押しはアトランタちゃんです
また数日中に投下します。それでは
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 23:29:00.47 ID:itpb0Lze0
どんどん提督の心がクールになっていく…
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 23:30:39.85 ID:PnCpGJZN0

これはどちらのコミュニケーション能力が悪いのかしら
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 00:01:38.47 ID:OdWGYOX/o
おつ
あと一言…あと一歩お互いに近づけば……
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 00:15:19.75 ID:fg0Wq+G70
>>>提督(那智も酒の強さには自信があるようだが、所詮は女!

それ以前に艦娘なんだよなあ…  これは司令の落ち度ですね(キリッ)
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 11:58:16.90 ID:rTFKCsZL0
しおらしいタイプのクールな艦娘が来ただけでも関係性が瓦解しそうな危うさを感じる
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 13:39:05.78 ID:vyL9LB57O
クール系の艦娘て考えてみるとあんま居ないよな。
空母 は加賀、雲竜、アーク、グラーフ
戦艦は武蔵、長門、日向、ローマ、リシュ
重巡は那智
軽巡は矢矧、五十鈴、パース、アトランタ、龍田、木曽
駆逐艦は響、菊月、長月、弥生、不知火、磯風、時雨、霰、早霜、岸波、満潮、初月、若葉
潜水艦はユー、伊8、伊13
海防艦は対馬、石垣
その他、神州丸

こんな感じかな
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 15:08:58.18 ID:VZoSKpbGO
天龍ちゃんは?
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 15:29:30.97 ID:zAicCn0cO
珠ちゃんはキュートだろいいかげんにしろ!

間違えた天龍ちゃんはキュートだろいいかげんにしろ!


ぶっちゃけ二次創作のイメージしか無いから天龍はキュート枠にしか見えない
ウチの天龍は改にすらしてもらえない遠征要因なので毎日レイプ目で燃料集めしてます、多分精神ヤられてパッションと化してます
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 17:37:53.68 ID:FTVT9SjaO
駆逐艦に浜風、初風、マックスを入れ忘れたぜ。
天龍ちゃんはパッションやろ。
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 17:40:58.42 ID:9xXrRf+A0
あまり予想しすぎると>>1が書きづらくなるだけじゃないかなと思う
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 20:57:37.75 ID:dNMkjnjv0
>>67
雲龍と木曾を間違えてますぞ
一応つっこんでおく
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/11(土) 02:00:13.95 ID:U2EPOEbqO
変な読者ばっかり湧いてるなあ…
>>1が筆を折らないか心配だ…
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 22:38:55.94 ID:URLZoglwO
少しですが投下します
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 22:45:37.48 ID:URLZoglwO


――那智との飲み会(?)から数日後――



提督(――先日の一件で二日酔いどころか五日酔いになってしまった俺は、長らく自室のベッドから出ることができずにいた)

提督(その間の執務は加賀と不知火、そして責任を感じたらしい那智がこなしてくれたようだが……)

提督(酒にかまけて仕事も碌にこなせないアル中野郎として、ますます失望されてしまったことだろう。泣きたい)

提督(それはさておき、数日の療養を経てようやく頭痛と吐き気から解放された俺は、久々に日光浴でもしようかと中庭まで足を運んだわけだが――)



不知火「………………」

響「………………」

弥生「………………」

霰「………………」



提督(――そこには、微動だにせず睨み合う駆逐艦たちの姿があった)


提督「何やってんだあいつら……」

76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 22:55:32.03 ID:URLZoglwO


不知火「………………」

響「………………」

弥生「………………」

霰「………………」



提督(一定の距離を保ったまま、まるで互いに牽制し合うように誰一人動こうとしない……)

提督(え? なに、もしかして内部抗争的な何か?)

提督(俺に対しては冷たくとも、仲間同士ではうまくやれてると思っていたのに……!)

提督(ど、どうする!? 上官として止めるべきか……でもあそこに割って入るのは怖いなぁ。だって空気がヤバいもん)

提督(――ええい、ままよ!)



提督「な、なぁ。君らはそこで何をしているんだ?」

4人「「「「………………」」」」シーン

提督(はいシカト頂きましたぁ!!)



提督「お、おーい……」

4人「「「「………………」」」」シーン

提督(あ、もうダメ。こんな幼い子たちからも愛想を尽かされるなんて無理。死のう)

提督(やっぱり五日間も酔い潰れてたからか!? 無理もない、酒に溺れて仕事をしないだなんて、典型的なダメ人間だし……)

提督(くっ、恨むぞ那智よ……! ベッドまで運んでくれたのは感謝してるけど! そのまま一緒に添い寝してくれたらなお良かったです!)

77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 23:10:20.90 ID:URLZoglwO


弥生「………………」ピクッ

不知火「! 弥生、アウトです」

弥生「あっ、動いちゃった……」ガッカリ

提督(ん? これって……)


響「……不知火、司令官もいるし一旦中断しないか?」

不知火「……そうですね、では一旦やめにしましょう。霰も動いて大丈夫ですよ」

霰「んちゃ」スッ

提督「なぁ、もしかして……」

不知火「はい、『だるまさんがころんだ』で遊んでいました」

霰「……たのしかった」

提督「そ、そうか」

提督(なるほど、それで俺が話しかけても反応できなかったのか……っていやいやいや、なぜにそのチョイス?)

提督(ただでさえクールで無口な君らが『だるまさんがころんだ』って……)

提督(暗殺者同士が間合いをはかっているようにしか見えなかったぞ!)

提督(……とはいえ快晴の日に外で遊ぶというのは実に子供らしくていい。欲を言えばもっと微笑ましい絵が見たかったが……)



提督(――そうだ!)ピコーン!


78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 23:18:18.04 ID:URLZoglwO


提督「……なぁ、もし良ければ私も混ぜてもらえないだろうか?」

弥生「えっ?」

不知火「司令が私たちと一緒に、ですか?」

響「お酒はもう大丈夫なのかい?」

霰「………………」


提督(予想はしていたがこの反応……)


弥生『え゛っ!?』(いい歳したおっさんが私たちと一緒に遊びたいって……)

不知火『司令が私たちと一緒に、ですか……?』(司令“ごとき”が私たちと一緒にですって?)

響『お酒はもう大丈夫なのかい?』(酒臭いのは勘弁してほしいな……)

霰『………………』(あまりの嫌悪感に絶句)


提督(――とまぁこんな感じか……分かってるよ畜生!)グスッ

提督(でもいいじゃん! たまには大人だって童心に帰りたいの! それに仲間外れはよくないと思います!)



弥生(司令官と遊ぶの、初めてかも……嬉しいな)

不知火(病み上がりであるにも関わらず、部下である私たちと交流を深めようとしてくださっている……)ジーン

響(体はもう大丈夫なのかな? 心配だ)

霰(…………んちゃ♪)


79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 23:27:54.09 ID:URLZoglwO

不知火「……分かりました。私たちで良ければ一緒に遊ばせて頂きます。皆もそれでいいかしら?」

弥生・響・霰「」ウンウン

提督(ほっ、何とか仲間に入れてもらえるようだ。もし正面から拒絶されていたら追加で3日間は寝込んでいただろう)

提督(だが全員からの了承は得た。これで、これでようやく――)



提督(俺の野望の1つ、『駆逐艦の子たちに混ざって楽しく遊ぶ』が実現できる!!)ドーン!



提督(艦娘たちと楽しくお酒を飲むという夢は潰えてしまったが、あれしきのことでへこたれる俺ではない!)

提督(こちとら伊達に艦娘目当てで軍学校を首席で卒業してねえんだよ!)

※一刻も早く鎮守府に着任するため、めちゃくちゃ頑張った結果首席で卒業しました

80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 23:34:23.93 ID:URLZoglwO

提督「よし、では何をして遊ぶ?」

提督(フフフ……いつかこんな日が来た時のことを考え、色々と案は用意してあるのだ)

提督(たとえば“鬼ごっこ”ならタッチという名目で体に触れても咎められない。追いかけている時にバランスを崩してイケないところにうっかりタッチしてしまうのは事故ですよね!)

提督(“花いちもんめ”なら合法的に手を繋げる。しかも両手! まさに両手に花! 勝てずとも嬉しい花いちもんめ!)

提督(何なら“おままごと”で疑似夫婦ごっこもアリだ! 遊びとはいえ駆逐艦に『アナタ💛』とか『パパ💛』と呼んでもらえる。犯罪臭マジパナイ!)



提督「特に案がなければ私が――」

不知火「司令、実は次の遊びは既に考えてあるのですが……」

提督(な、なにィッ!? お触りOKな鬼ごっこは? おてて繋いで花いちもんめは??)

提督(幸せ家族計画なおままごとは!? 俺の長年のプランを無駄にする気か貴様ァ!!)



提督(……い、いや。冷静に考えたらここで駄々をこねるのは大人げなさすぎる)

提督(いい歳した成人男性が子供たちに『やだぁ!おままごとして遊ぶのぉ!』なんてキモすぎて[ピーーー]る)

提督(ここは子供たちの意見を尊重し、それに快く付き合ってあげるのが大人の対応。それにまぁ駆逐艦と戯れられるなら何だっていいか)



提督「ほう、一体それはどんな遊びだ?」

不知火「はい、それは――」


81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/15(水) 23:36:53.66 ID:URLZoglwO
今回はここまで
次回も数日中の投稿を目指します
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/15(水) 23:37:48.04 ID:VLzCWmyJo
おつ
くおおいい引き
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/15(水) 23:40:19.23 ID:mMNBneuao

次回提督死す
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 00:02:38.21 ID:XYqeIsrZ0
乙 闇のゲームかな?
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 05:24:05.18 ID:0pQULK1Q0

「サッカーしようぜお前ボールな」と「缶蹴りしようぜお前缶な」的な
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 05:24:16.36 ID:Nw1LM02M0
バトルドォォォォォォム!
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 14:11:33.23 ID:Mjm38dFdO
おままごとしようぜ、提督ペットな
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 17:16:47.16 ID:VLHDNKATO
それはご褒美です
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 15:22:03.32 ID:pur53v8sO
気性の荒い雄犬だから保健所で去勢してもらわないとね
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 16:48:59.36 ID:zICOOjAyO
駆逐艦が患者さんで提督は敗者さんのごっこ遊びだな
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 09:45:39.21 ID:y3glHyhX0
お触り合法という路線で浮かぶのはツイスター
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 18:32:59.68 ID:u6LA4RHY0
>>91
まあ提督の願望が一切叶うことがないからここまで拗らせちゃってるんだけどな...
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/20(月) 12:22:21.60 ID:8emohujro
>>90
敗者さんということは提督はトレーズか。
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/20(月) 14:18:39.56 ID:WTlkKh0Eo
>>90
ハァ…ハァ…敗北者……?
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/20(月) 14:47:46.46 ID:FlrBDfcxO
乗るな、アドミラル!
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 08:30:26.34 ID:IHleDZxIO
敗者なら無意味だ無駄だ愚かしいの方だろ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 12:38:05.47 ID:1lU43ATsO
アドミラルT「これでも負け続ける戦いは得意でね!」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 19:15:11.09 ID:Ko6WqlS50
しかし彼は提督負け戦なら百戦錬磨
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 22:55:17.90 ID:MrQCohZ+O
投下します
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 23:03:10.57 ID:MrQCohZ+O



弥生「――こちら弥生、北棟1階はクリア。どうぞ」

不知火『こちら不知火、たった今、資材倉庫の屋根に上ったところです。ココなら絶好の狙撃ポイントかと』ザザッ

弥生「了解……敵を発見次第、また報告するね」

不知火『了解』ザザッ








響「――こちら響、応答せよ」

霰『こちら霰……どうぞ』ザザッ

響「北棟1階の窓に人影らしきものを見かけた。恐らく敵チームの誰かだ」

霰『……どうする? 追う?』

響「いや、深追いは禁物だ。確認できた人影は1人分のみ。影の大きさから察するに駆逐艦……不知火か弥生のどちらかだろう」

霰『……人影は囮で、もう1人がどこかから狙ってる……?』

響「ああ。北棟周辺は遮蔽物が少ない。つまり周りからは狙撃し放題ってことさ」

霰『……じゃあ霰は、北棟周辺の狙撃ポイントを当たってみる』

響「頼んだよ。それから、不知火たちだけじゃなく司令官にも気を付けて。今回はいつもと違って三つ巴戦だからね」

霰『……了解』ザザッ








提督(…………なぜだ)

提督(なぜサバゲ―なんだッッ!?)


101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 23:09:48.19 ID:MrQCohZ+O


―――20分前―――



提督「――サバゲ―、だと?」

不知火「はい、最近私たちの間で流行っていまして」

響「遊びながら戦闘の訓練にもなるし、一石二鳥というやつさ」

弥生「最初は怖いかもって思ってたけど、やってみると楽しい、ですよ……?」

霰「………」コクリ


提督(えぇ……)ドンビキ

提督(幼女が天気の良い日に4人集まって、やることがサバゲーかよ……)

提督(さっき暗殺者みたいだとこいつらのことを評したが、そのまんまじゃねえか!)

提督(……というかサバゲーじゃまともに触れ合えなくね?)

提督(そもそも顔を合わせることすらほぼ無いじゃん。顔を合わせた時はどちらかが殺られる時じゃん!)

提督(あれか? なるべく俺と一緒の空間にいたくないから、サバゲーという接触回数の少ない遊びを提案してきたのか?)

提督(それともサバゲーに託けて俺をKILLするつもりか!? エアガンと実銃間違えましたーとか言って!)

提督(……いかん、サバゲーだけは阻止せねば!)

102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 23:19:00.16 ID:MrQCohZ+O

提督「……危険ではないか? BB弾を使うんだろうが、目に入りでもしたら大怪我だぞ」

不知火「ご心配なく。専用のゴーグルも用意してあります」

提督「だ、だが私はエアガンなど持っていなくてな」

響「私のを貸してあげるよ。趣味で何丁か持っているんだ」

提督「そ、そうだ! 鎮守府でサバゲーなんてしていたら加賀やグラーフに怒られて――」

弥生「この間サバゲーをしていたら、

   『あら、面白そうね。今度混ぜてもらってもいいかしら』

   『ほう、遊びにも戦闘訓練を取り入れるとは……日本の駆逐艦は勤勉だな!』

   ……って言われました」

提督「ぐっ! し、しかし……」

霰「……私たちと遊ぶのは、やっぱり嫌?」ウルウル

提督「よし、やろう」キリッ



―――回想終わり―――


103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 23:27:32.47 ID:MrQCohZ+O

提督(……ともかく、サバゲーをすることになってしまった以上は仕方がない)

提督(仕方ない、仕方ないが……」



 Aチーム:不知火 & 弥生

 Bチーム:響 & 霰



 Cチーム:提督(ソロ)



提督(なんで俺だけ単独チーム? なんで俺だけソロプレイ?)

提督(5人なら3:2で別れればいいじゃん)

提督(俺は大人だし、ハンデということで俺を2人チームの方に入れて、残り3人でチームを組めば……はっ!?)

提督(そうか! そうなると誰か1人だけが俺と2人1組のチームになる。それが嫌であっダメ泣きそう)






弥生「……ところで、どうして司令官だけ別チームなの?」

不知火『司令は大人ですし、優秀な軍人です。聞けば軍学校を首席で卒業したとか』

不知火『艤装を使った海上での戦闘であれば艦娘の独壇場でしょう。ですが、陸上での銃器を使った戦闘であれば、訓練を受けている司令に分があります』

不知火『故に、司令であれば1人でも私たち2人分に匹敵する実力を持っていると判断し、パワーバランスを考慮したうえで公平に決めました』

不知火『……それに、もし2:3でチーム分けをした場合、皆司令と一緒のチームになりたがって揉めるでしょうから』

弥生「……たしかに」





不知火『さて、雑談はこのぐらいにして周囲の警戒を―― !』

弥生「? どうかした?」

不知火『人影を確認しました。あれは……』


104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 23:38:09.90 ID:MrQCohZ+O

提督(……くそっ、こうなりゃやってやる!)

提督(大人げなく自分たちに混ざろうとしてきた俺に対し、制裁を加えるためにサバゲーを選んだんだろうが……)

提督(だったら最後まで大人げなく、勝ちを狙いにいってやんよ!!)

提督(軍学校時代に陸上での実戦訓練を受けたこともあるんだ! 海ならともかく陸で小娘共に負けるわけ――がぁッ!!?)タァーン!!




提督(がっ……ヘッド、ショット……だ…と……?)ドサッ




不知火「――命中。司令の沈黙を確認」

弥生『……了解。容赦ない、ね』

不知火「ええ、遊びと言えどここは戦場ですので」



不知火(司令、申し訳ありません……ですが、貴方を尊敬しているからこそ、手加減はしませんでした)

不知火(部下に、それも駆逐艦に手心を加えられたと分かれば、失礼に値しますから……)





提督(……も、もう少し手心を加えてくれてもいいじゃん……)ガクッ



105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/23(木) 23:40:54.04 ID:MrQCohZ+O
短めですが以上です
本当はサバゲー描写をもっと掘り下げるつもりでしたが……サバゲーもFPSも未経験の自分には無理でした;
次回も10日以内に更新できればと思っています。それでは
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 17:51:33.69 ID:FIoi/GS50
サバゲーは索敵が重要だからね、そりゃあ目が多い方が勝つよね

索敵が重要なのは実戦もだけど

そこは海戦も陸戦も同じだけど



海戦オンリーとはいえ実戦経験豊富な艦娘四人を相手に陸戦とはいえ訓練しかやってない上多少なりともブランクあって的が大きく被発見率と被弾率が高い提督がソロって素直にイジメじゃないかな
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 21:08:59.11 ID:edNXGQXgO
慕ってて尊敬してるのが裏目に出ただけやろ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 21:09:30.68 ID:edNXGQXgO
慕ってて尊敬してるのが裏目に出ただけやろ
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:25:42.63 ID:AkB5QNhUO
投下します
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:29:43.43 ID:AkB5QNhUO


 チュン チュン



提督「――いい朝だ」



提督(今日は気分がいい……というより気が楽でいい)

提督(なぜかというと、加賀と不知火が不在だからだ)

提督(加賀は新設された遠方の鎮守府まで、実技指導のために出張中)

提督(不知火は昨晩から長距離遠征に出ており、加賀と同じく数日間は帰ってこない)

提督(と、いうことは――)



提督「――今日の執務は俺1人だああああぁぁぁぁ!!!」ッシャオラァ!!



提督(毎日毎日、朝から晩まであの2人と同じ空間に閉じ込められてみろ)

提督(一日中、書類にペンを走らせる音と、時計の針の音ぐらいしか聞こえないんだぞ?)

提督(会話も、談笑も、とLoveる的なハプニングも、ほぼ一切ないんだぞ!?)

提督(加賀からは『仕事が遅いですよ』と言わんばかりの無言の圧力をかけられ、不知火からは俺を射抜かんばかりの眼光を浴びせられ……)

提督(あんな空間で胃を痛めながら仕事をするぐらいなら、仕事量が増えたとしても1人で気楽に取り組んだ方がマシだ!)

提督(……まさか艦娘と一緒に過ごしたくないだなんて、少し前の俺なら考えもしなかっただろうにな)ホロリ


111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:35:11.37 ID:AkB5QNhUO

提督「さぁーて、ラジオでも流しながら優雅にお仕事しますかね、っと!」ルンルン

提督「あ、そうだ! お歳暮で貰った羊羹も出そう。えーとたしかそこの戸棚に――」



 コン、コン。



提督(? 朝っぱらから一体誰だ?)

提督「入れ」

グラーフ「失礼する」ガチャ

提督「グラーフ……? どうかしたのか?」

グラーフ「ん? 加賀から聞いていないのか?」

提督「加賀から? 何のことだ?」

グラーフ「本日は加賀と不知火に代わり、私が秘書艦を務めさせてもらう。よろしく頼む」ビシッ




提督(……は?)

112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:40:06.86 ID:AkB5QNhUO

――
――――
――――――


グラーフ「………………」カリカリカリ

提督「………………」カリカリカリ

グラーフ「………………」カリカリカリ

提督「………………」カリカリカリ



提督(……気まずい)

提督(なんでもグラーフ曰く、加賀が出張に行く前に……)



加賀『3日ほど留守にしますので、その間の秘書艦業務をお願いできないかしら』



提督(と、気を利かせてグラーフに秘書艦代理を頼んでくれたらしい)

提督(…………嘘だッッ!)クワッ

提督(俺のことを毛嫌いしている加賀が、そんな気を利かせてくれるはずがない!)

※ご存知の通り、提督は艦娘たちに嫌われていると思い込んでいます


提督(……大方、補佐役ではなく監視役として派遣されたんだろう)



提督の想像する加賀『3日ほど留守にしますので……その間、あの無能が仕事を滞らせないよう見張っていてください』



提督(――ってな具合になぁ! お前らの考えは読めてんだよ!)

113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:44:43.21 ID:AkB5QNhUO

グラーフ(………………)カリカリカリ

グラーフ(……秘書艦を務めるのは初めてだが、今のところ問題なく業務をこなせている……ように思う)

グラーフ(私を信頼して秘書艦を任せてくれた加賀のためにも、決してミスなど許されない)

グラーフ(……それに、Admiralに情けない姿を見せるわけにはいかないからな)フッ




提督(ちくしょう、せっかく1人で気ままに仕事するつもりだったのに……)

提督(これじゃあいつもと変わりないじゃないか!)

提督(そりゃあ秘書艦がいてくれた方が仕事は捗るが……代わりに俺の胃が犠牲になるんだよなぁ)キリキリ

提督(ドイツという国の国民性なのか、彼女は仕事や規則に対して非常に厳格だと聞く)

提督(もしラジオを聴いたり、羊羹を食べながら仕事しようものなら……)



グラーフ『Admiral、今は職務中だぞ。休憩時間まではあと53分41秒もある。分かったらラジオを止めてその菓子をしまえ』ギロッ



提督(なんてことになりかねん!)ヒィィィ

提督(それに今日この場で起こった出来事は、後日グラーフを通じて加賀の耳にも入るだろう)

提督(もしそうなればあとで加賀からも何を言われるか…………いや待てよ)

114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:50:58.21 ID:AkB5QNhUO

提督(この鎮守府に着任してからずっと、加賀は秘書艦として俺の側にいた)

提督(だからこそ、本来ならば信頼関係を築けているはずだが……現実はその真逆だ)ガックリ

提督(あれだけ一緒にいても全く会話が弾まないし、彼女が笑っているところを未だに見たことがない)

提督(恐らく骨の髄まで俺のことを嫌悪しているのだろう。或いは完全に無関心なのか……言ってて悲しくなってきた)グスッ


提督(……だが、グラーフは違う)

提督(廊下ですれ違うたびに挨拶をしたり、朝礼や演習などで顔を合わせることはあるものの、一緒に過ごした時間は短い)

提督(それはつまり、お互いをまだよく知らないということだ)

提督(加賀にはすっかり嫌われてしまったが、グラーフとならまだこれから仲良くなれる可能性はあるはず……!)

提督(そして“監視役”として派遣されたグラーフは、後日加賀にこう報告するわけだ――)



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

グラーフ『秘書艦を務めてみて分かったが、Admiralはとても紳士的で誠実な男だったぞ!』

加賀『グラーフさんがそこまで言うなんて……もしかして私は提督のことを誤解していたのかもしれないわね』シュン

グラーフ『今からでも遅くはない。Admiralに少し歩み寄ってみてはどうだ?』

加賀『ですが、私はこれまで提督に冷たい態度を……』

グラーフ『フッ、Admiralはそんなことを気にするような小さい男ではないさ。何なら私が仲介役になろう』

加賀『グラーフさん……分かったわ。私、提督と仲良くなってみせます!』グッ

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



提督(完 全 勝 利)

提督(いける……これはいけるぞ!)カリカリカリカリ!

提督(まだ俺の野望は潰えていない! むしろここからがスタートだ!)カリカリカリカリイィィィ!!



グラーフ(Admiral……何だか知らないが凄いやる気に満ちているな)

グラーフ(加賀と不知火が言っていた通り、仕事熱心な人だ)フフッ

115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 19:56:11.51 ID:AkB5QNhUO

提督(となると問題は、どうやってグラーフと仲良くなるかだが)

提督(物で釣る……のは駄目だ。彼女のようなプライドの高い人物に対しては逆効果になりかねん)

提督(例えば秘蔵の羊羹で懐柔しようとでもしてみろ。きっと……)



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

グラーフ『こんな物で私を釣ろうとは……随分と安く見られたものだな』フン!

グラーフ『そもそも食べ物で懐柔しようなどとは、貴官は私を何だと思っているんだ!』プンスカ

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



提督(……なんてことになるだろう)

提督(うん、物で釣る作戦は無しだな)







グラーフ(……先程から気になっていたが)

グラーフ(あの戸棚の隙間から見えている物……もしや噂に聞く“ヨーカン”ではないか?)

グラーフ(加賀の話では、日本が誇るスイーツの中でも一二を争うほどの美味だとか……)

グラーフ(……た、食べてみたい)ゴクリ

グラーフ(だが……)



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

提督『何? あの羊羹を食べたい、だと?』

提督『……グラーフ、代理とはいえ今の君は秘書艦だ』

提督『勤務中に食欲を抑えられないとは、秘書艦としての自覚が足りていないんじゃないか?』ハァ…

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



グラーフ(……真面目なAdmiralのことだ。きっと呆れられてしまう)

グラーフ(それに何より、食い意地の張った女などと思われるわけにはいかない!)

グラーフ(いかん! 邪念を捨て、執務に集中せねば……!)カリカリカリカリ

116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:00:57.98 ID:AkB5QNhUO

提督(物で釣るのが駄目なら、とりあえず褒めてみるのはどうだろうか?)

提督(相手が誰であれ、褒められて悪い気のする人間はいないだろう)

提督(しかし褒めるにしても俺は彼女の内面をあまりよく知らない)

提督(となると必然的に外見を褒めることになるが……)チラッ


グラーフ「………………」カリカリカリ


提督(……うむ、やはりどこから見ても美人だ)

提督(容姿を褒められた経験も一度や二度ではあるまい)

提督(つまり安易に褒めようものなら……)



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

グラーフ『貴官も他の男と同じような台詞を言うのだな。いい加減聞き飽きたぞ』ハァ

グラーフ『そんなありふれた世辞で私の気を惹こうなどとは、所詮Admiralもその程度の軽い男だったか』フン

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



提督(……これも駄目だな)ウン

提督(そもそも俺は女性の扱いに慣れていない)

提督(童貞の考えた陳腐な誉め言葉程度では、気を良くさせるどころかイメージダウンになりかねん)←童貞

提督(うーむ……)チラッ


グラーフ「………………」カリカリカリ


提督(……しかしホント、見れば見るほど美人だよなぁ)

117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:05:10.38 ID:AkB5QNhUO

グラーフ(……先程からチラチラとAdmiralの視線を感じる)

グラーフ(何だ? 私の顔に何か付いているのか?)

グラーフ(そ、それともどこかおかしいところが……!?)

グラーフ(くっ、秘書艦代理と聞いていつも以上に身嗜みに気を遣ってみたのだが……)

グラーフ(化粧の仕方がおかしかったか? それとも髪型がどこか崩れているのか?)アセアセ

グラーフ(だ、だらしない女だとは思われていないだろうか……)オドオド



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

提督『グラーフ、君は軍人や艦娘である以前に、一人の女性だろう』

提督『勤務中とはいえ、最低限の身嗜みぐらいには気を遣ったらどうだ?』ハァ…

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



グラーフ(……などと言われたりはしないだろうか)オロオロ

グラーフ(これまで異性と関わる機会などほぼ無く、それゆえ自分の容姿を気にしたことも無かったが……)

グラーフ(わ、私の外見は異性から見てどうなんだ?)

グラーフ(Admiralは……私のことを女性として見てくれているのだろうか……)ソワソワ

118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:09:29.46 ID:AkB5QNhUO

提督(……いかん、時間だけが無駄に過ぎていく)カリカリカリ

提督(黙々と仕事に取り組んでいる甲斐あって、執務自体は順調に進んではいるが……)



グラーフ(……ダメだ、せっかくの機会だというのに、無為に時間だけが過ぎていく)カリカリカリ

グラーフ(幸い執務自体は滞りなく進められてはいるが……)



提督「………………」カリカリカリ

グラーフ「………………」カリカリカリ

提督・グラーフ((…………と、とにかく何か話しかけてみよう!))




提督・グラーフ 「……グラーフ」「……Admiral」


提督・グラーフ「「!?」」

119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:14:04.44 ID:AkB5QNhUO

提督「ど、どうかしたか?」

グラーフ「あ、Admiralこそ、私に何か言おうとしていただろう?」

提督「う、うむ。その、だな……」


提督(やっべ! なんつータイミングの悪さだよ畜生!)

提督(図らずもグラーフの言葉を遮る形になってしまった……しかも咄嗟のことで頭が真っ白になって何も台詞が思い浮かばねぇ!)

提督(こういう時リア充だったら、気の利いた言葉や場を繋ぐトークがすんなり出てくるんだろうが……)

提督(くそっ! 軍学校では武器の扱い方は習っても、女の扱い方までは習ってねぇんだよ!)グヌヌ



提督「あー……」

グラーフ「………」ドキドキ

提督「いや、何というか……その……」




   グ ゥ 〜




提督「……………」

グラーフ「…………///」←腹の虫が鳴ってしまい赤面中

提督「…………その、羊羹でも、食うか?」


120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:19:13.81 ID:AkB5QNhUO

――――――
――――
――


グラーフ「……美味しい」モグモグ

提督「……気に入ってもらえたようで何よりだ」

グラーフ「すまない……まだ執務も終わっていないというのに、こんな高級スイーツを頂いてしまって……」

提督「貰い物だし別に構わんさ。それに……本当のことを言うと、私も執務中に食べるつもりで取っておいたんだ」

グラーフ「何? そうなのか?」

提督「あ、ああ…………仕事中に間食を取るのは、感心しないか?」

グラーフ「フッ、それを言うなら今の私はどうなる」モグモグ

提督「そ、それもそうか……あっ、いや! 決してお前のことを感心しないなどと言うつもりではなくてだな……!」アセアセ

グラーフ「……ふふっ、分かっている。貴官でもそのように狼狽えたりするのだな」フフッ

提督「!」

グラーフ「しかし、このヨーカンというスイーツは本当に甘いな。コーヒーに合うかもしれない」

提督「……羊羹には日本茶がよく合うぞ」

グラーフ「ニホンチャ? ああ、グリーンティーのことか?」

提督「緑茶もそうだが、羊羹のような深みのある甘さには、渋みの強い煎茶や抹茶が合うらしい」

グラーフ「センチャ? マッチャ? ……ふむ、それは飲んだことが無いな」

提督「……よければ今から淹れよう」

グラーフ「!」

提督「羊羹と一緒に頂こうと思ってな、ちょうど煎茶を買っておいたのだが…………どうだ?」

グラーフ「……ふっ、ではお言葉に甘えて頂くとしよう」ニコッ

121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:29:30.48 ID:AkB5QNhUO

グラーフ「」ズズッ

グラーフ「……ほぅ。なるほど、確かにこの渋みがヨーカンの甘味と引き立て合い、お互いがより美味しく感じられるな」

提督「良かった。あまり西洋では馴染みのない味だからな。口に合わなければどうしようかと思ったが……」

グラーフ「たしかに人を選ぶ味かもしれない。少なくとも、子供たちは苦手そうだ」ズズッ

グラーフ「……ふぅ」


提督(……なぜだろう)

提督(見た目はまるっきり外国人なのに、両手で湯飲みを持って茶を啜る姿に違和感を感じない)

提督(それどころか、普段は見せない穏やかな表情を浮かべて一息つく姿は、何だか様になっていて……)


提督「……絵になるな」ボソッ

グラーフ「!? ごほっ! ごほっ!」

提督「だ、大丈夫か!?」

グラーフ「ごほっ! ……い、いきなり何を言うのだ、貴官は」///

提督「す、すまん。気に障ったか……?」

グラーフ「……いや、気に障ってはいない、が……そんなことを言われたのは初めてだ」

提督「そんなこととは?」

グラーフ「だから、その……絵になるなどという浮いた台詞を、だ」///

提督「あ、ああ。あれはその、何というか……」

グラーフ「……貴官はもっと堅い男かと思っていた」ジトー

提督「……思ったことが勝手に口から出ただけだ。それを言うなら君こそ、もっとお堅い女性だと思っていた」

グラーフ「む? たしかに装甲は加賀よりも硬いが……装甲空母ほどではないぞ?」

提督「いや、そういう意味では……フフッ」

グラーフ「! Admiral、今笑ったか?」

提督「す、すまん。ついおかしくてな……不愉快であったのなら謝ろう」

グラーフ「……いや、貴官はもっと笑った方がいい。今のように、な」ニコッ

提督「………そうか」フッ



――――――
――――
――

122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:36:20.58 ID:AkB5QNhUO


―――3日後―――


加賀「航空母艦、加賀。ただいま出張から戻りました」

不知火「同じく不知火、長距離遠征より帰投しました」

グラーフ「ああ、おかえり。2人とも長旅で疲れただろう」

加賀「ええ、少しばかり……けれどそれを言うならグラーフさんこそ、慣れない秘書艦業務でお疲れでは?」

不知火「遠征のためとはいえ、急に秘書艦を押し付けてしまい申し訳ありません」

グラーフ「なに、たしかに初日こそ覚えることが多くて多少苦労したが、2日目以降はこれといって苦にならなかったぞ」

加賀「そうですか。流石はグラーフさんね。貴方に秘書艦業務を任せて良かったわ」

グラーフ「ふふ、そう言ってもらえると私も鼻が高い」ンフー



不知火「……ところで、私たちが留守の間、司令とはどうでしたか?」

グラーフ「どう、とは?」

加賀「その……グラーフさんはあまり提督と話をしたことがないと言っていたから、気まずくはなかったのかと」

グラーフ「ふむ、まぁ……」




 提督『……絵になるな』




グラーフ「……ふふ」

加賀「?」

グラーフ「いや、特に問題は無かった。Admiralのことも、少しだけ分かった気がするよ」フフッ

不知火「……何だかひっかかります」ジー

グラーフ「気のせいだろう。それより、何ならこれからも定期的に秘書艦業務を代わっても――」

加賀「そこ(秘書艦)は譲れません」キッパリ

グラーフ「そうか、それは残念だ」フフッ

123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:42:28.56 ID:AkB5QNhUO

―――執務室―――



提督「………………」




 グラーフ『貴官はもっと笑った方がいい。今のように、な』




提督(……自分でも驚くくらい、自然に接することができていたな)

提督(もしかしたら俺は、彼女たちのことを誤解していたのかもしれない)

提督(勝手に自分で壁を作り、被害妄想を抱いていただけなのではないか……?)


提督(……今日からまた加賀と不知火が秘書艦だ)

提督(グラーフの時と同じように、相手のご機嫌を伺おうとせず、自然体で接すれば……)

提督(もしかしたら……いや、きっと仲良く――)



  バァーン!!



提督「!?」

加賀・不知火「………………」

ドアだったもの「」

提督「ふ、2人とも、長期の出張と遠征、ご苦労だった」

加賀・不知火「………………」

提督「きょ、今日からまた秘書艦として、よろしく頼む!」

加賀「……ええ、心配いらないわ」ムスーッ

不知火「……今後とも、ご指導ご鞭撻、よろしくです」ムスーッ

提督「あ、ああ……」






加賀「………………」カリカリカリ ←グラーフに焼きもちを妬いてモヤモヤしている

不知火「………………」カリカリカリ ←グラーフの嬉しそうな態度が引っかかってヤキモキしている

提督「………………」カリカリカリ ←2人の不機嫌そうな様子に胃がキリキリしている




提督(…………やっぱ気まずい)


124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 20:47:04.18 ID:AkB5QNhUO
今回はここまで
嫁回なのでいつもより多めの更新でした


次回はパッション鎮守府との演習回です
パッション鎮守府で出してほしい艦娘がいれば挙げていってください
ただ、なるべくパッション属性っぽい艦娘でお願いします
(明確な定義は無いので絶対にこの艦娘はダメ!ということはないですが)

下10レスの中から5〜6人ぐらい適当に拾います

それではまた
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:49:33.85 ID:GzI5AH8mo

ポーラとか?
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:52:18.79 ID:bxeOBgyGo
乙でーす
伊19で!
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:56:22.13 ID:Q7rITiTq0
陽炎で
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:57:02.83 ID:pOArwOmJo
おつおつ
白露で
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:57:03.84 ID:TTLEP74Ho
乙乙
デロイテル
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:57:09.48 ID:dQl6FLPPO
アイオワはいけるかね
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:00:36.96 ID:Ifgwxkh0o
空母枠は…千代田とか
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:10:28.53 ID:A+HSgyMR0

軽巡いないな、長良はどうでしょ?
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:11:25.27 ID:A+HSgyMR0
あ、デロちゃんいた…(スマヌ)
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:16:26.76 ID:lgBfbzhy0
体育会系なら大鳳
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:29:53.71 ID:hxm/FWxHo

>>133が無効ならギリギリまだ大丈夫かな
舞風ちゃんでお願い
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:58:44.03 ID:FAXWS6J90
周りとの誤解が解ける前にグラーフと良い仲になりそうな雰囲気
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/28(火) 22:42:33.29 ID:6wugWPMJ0
??「>>136また仲間を失うのね……残念だけど仕方ないわね」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 00:10:31.86 ID:RaZHHozJO
ところで霧のヒュウガはパッションに含まれますか?
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 14:00:43.27 ID:bU3TlsQko
姉のイセがパッションで妹はキュート
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 21:43:56.63 ID:Oj3UBjnjO
>>1です。レスありがとうございます
演習に参加できるのは6人までですが、せっかく書き込んでもらったので全員拾ってみます
今から設定を練るので時間はかかりますが、次回更新をお待ちください
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:07:31.27 ID:iPUpGslWo
おっけーまってまーす
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:29:41.76 ID:09t9Tw060
乙 無茶せずにね
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 21:12:04.17 ID:k+CrdaI7O
冒頭が書き上がったので投下します
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 21:22:44.59 ID:k+CrdaI7O


―― とある鎮守府 正門前 ――



  バタン  ブロロロロロ...



那智「……ふぅ、ようやく着いたか」

加賀「随分と時間がかかったわね」

不知火「仕方ありません。県を3つも跨ぐような距離でしたから」

グラーフ「しかしなぜバス移動なんだ? 私は一度シンカンセンとやらに乗ってみたかった……」シュン

霰「グラーフさん……元気、出して」

響「仮にも私たちは軍の最重要機密と同列の扱いなんだ。公共交通機関を使うわけにはいかないさ」

那智「それに、バスに揺られての長旅も悪くなかっただろう?」

不知火「フネである私たちがバスに乗って移動するなど、それだけで貴重な体験でした」

グラーフ「それはそうだが……ん? Admiralはどうした?」

不知火「司令ですか? そういえば姿が見当たりませんね……」キョロキョロ

提督「………ここだ」スッ

不知火「あっ、司令。一体どこに――ッ!?」ゾクッ



提督「………………」ゴゴゴゴゴ



不知火(こ、この気迫……司令に一体何が……!?)

那智(ほう……敵地に着いて早々、戦意に満ち溢れているようだな!)

グラーフ(いかん、今日は遠足で来たのではなかった……どうやら私は気が緩んでいたようだ)

加賀(さすがね、提督。ついさっきまで旅行気分でいた皆の気が引き締まったようだわ)





提督(………ぎぼぢわ゛るい゛)

提督(バス酔いして近くの茂みで吐いていたなどとは言えない……)

提督(う゛っ……イカン! 気を緩めたらまた吐きそうだ……!)


145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 21:35:05.23 ID:k+CrdaI7O


???「Hoi! 私たちの鎮守府へようこそ!」

???「待ってたわよ、不知火!」



那智「ん? どうやら出迎えのようだが……」

不知火「! 貴女は……陽炎姉さん!」



デ・ロイテル「長旅おつかれ〜。でもって今日はよろしくねっ!」キラッ☆

陽炎「久しぶりね! 元気してた?」

不知火「陽炎姉さんこそ、相変わらず元気そうですね」

グラーフ「なんだ、不知火と……えーと」

陽炎「陽炎よ。よろしくね、外人さん!」

グラーフ「ああ、よろしく。不知火とカゲロウは姉妹なのか?」

不知火「はい。私は陽炎型駆逐艦の2番艦で、姉さんは名前の通り1番艦です」

陽炎「以前は一緒の鎮守府に所属してたんだけど、転属やら何やらでここ数年は会えてなかったのよねー」ギュッ

不知火「……あの、姉さん。離してください」

陽炎「え〜、久々に会えたんだし、少しぐらいスキンシップさせてくれたっていいじゃない!」ダキツキ

不知火「はぁ……仕方ありません。少しだけですよ」

グラーフ(と言いつつ満更でもなさそうだな)フフッ


146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 21:43:41.51 ID:k+CrdaI7O


デ・ロイテル「ん? もしかしてアナタは……げげっ! あの時の重巡!?」

那智「そういう貴様は……たしかデストロイア、だったか?」

デ・ロイテル「デ・ロイテルよ! 駆逐艦でも怪獣でもないしっ!」

那智「あ、ああ。すまん」

デ・ロイテル「もうっ! ……けどいいわ。こうして再会したのも何かの縁よね。仲良くしましょ?」ニコッ

那智「……ふっ、そうだな。スラバヤでの戦いで連合軍の指揮を執る貴様の勇姿は今でも鮮明に覚えているぞ」スッ

デ・ロイテル「ほんと!? へへーん、そう言ってもらえると嬉しいわ!」ガシッ

那智「今日は貴様たちと戦えるのを楽しみにしている」ガシッ





陽炎「――ところで、貴方が不知火たちの司令官?」

提督「ああ……今日はよろしく頼む」ゴゴゴゴゴ


陽炎(す、凄い気迫ね……不知火にも負けず劣らずって感じだわ)

デ・ロイテル(やっばーい! 何だか怖そうな人かも……)


提督(……ダメだ、吐き気が収まらん)ゴゴゴゴゴ

提督(艦娘同士交流を深めるのは構わんが、とりあえず中に案内してくれ! でもって少し休ませてくれ!)ゴゴゴゴゴ


陽炎「た、立ち話もなんだし、とりあえず鎮守府の中を案内するわね!」

デ・ロイテル「じゃあ改めて――」コホン



陽炎&デ・ロイテル「「パッション鎮守府へようこそ!!」」


147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 21:56:38.56 ID:k+CrdaI7O


―― パッション鎮守府 廊下 ――



陽炎「――と、いうわけで、この鎮守府には総勢10名の艦娘が所属してるの」

不知火「10名ですか。私たちも人のことは言えませんが、随分と小規模ですね」

陽炎「仕方ないわよ。まだ設立されて1年ちょっとの駆け出し鎮守府だもの」

デ・ロイテル「でもでも、所属してる子たちはみーんな個性的で面白い人ばっかりなんだから!」

響(それは鎮守府を運営する上で重要なことなんだろうか……?)


陽炎「もちろん個性的なだけじゃなく、全員実力者ぞろいよ?」

加賀「……この辺りの海域には、近年になって深海棲艦が多数出没するようになったと聞いています」

陽炎「ええ。だからこそ、こうして鎮守府が設立されたの。でも艦娘の人数にも限りはあるし……」

デ・ロイテル「あまり大人数をこの鎮守府に移籍させるわけにはいかなかったから、各地から実力者を少数集めて、いわば先遣隊としてこの鎮守府に配属させたってわけ」

陽炎「だから必然的に、ここには全国各地の猛者たちが集ってるのよ」

デ・ロイテル「いわゆる少数精鋭ってやつ?」

不知火「なるほど……となれば、今日の演習も一筋縄では行かないでしょうね、司令」

提督「……うむ、そうだな」ゴゴゴゴゴ

提督(早く……早く休憩させてくれぇ!)


148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:13:02.33 ID:k+CrdaI7O


???「あっ! お客さん発見なのね!」タタタタッ――ダキッ!



提督(ん? 誰かがこちらに駆けて―――なッ!?)ヨロッ

加賀・不知火「!?」

陽炎「あっ! こらイク! いきなり抱き着いたりしたら駄目じゃない!」

伊19「へへー、お客さんなんて久しぶりなのね! 貴方が今日演習する鎮守府の提督さん?」スリスリ

提督「あ、ああ。その通りだ」

伊19「へー……よく見るとなかなかのイケメンさんなのね!」ギューッ

伊19「けどそんなコワイ顔してちゃダメなの! ほら、笑って笑って!」ムギュ

提督「ひょ、ひょら! ひゃめにゃいか!」ホッペタツネラレ‐

提督(うおおおおぉぉぉぉ!! 頼むから今は大人しくさせてくれぇ!!)

提督(あまり揺らされると吐き気が……うぷっ)

提督(くそっ、揺らすのはその胸だけにしろってんだよ……!)


陽炎「ちょ、ちょっとアンタ! いくらなんでも失礼でしょうが!」ヒキハガシ

伊19「ぶー! もっと遊びたいの!」プンプン

陽炎「あのねぇ、この人たちは遊びに来たわけじゃないのよ?」

陽炎「ほら! 私は皆を執務室まで案内しなくちゃいけないから、さっさとどっか行った!」シッシッ

伊19「イケズなの! もうっ、あとでもっと遊んで貰うのねー!」タタタタッ



陽炎「まったく……あの、ごめんなさい。イクにも悪気はないんだけど……」

提督「い、いや、構わん。少し驚いたがな」

提督(いざ離れられると少し口惜しい気もするな……さきほどの柔らかい感触をもっと味わっておくべきだった)クッ!

提督(……ん? あれ……酔いが収まっている、だと……!?)

提督(ついさっきまであんなに気持ち悪かったのに……もしや、イクの過剰なスキンシップにより酔いが消え去ったのか!?)

提督(性欲の高まりが、気分の悪さを上回ったとでも!?)

提督(なんてことだ……まさかおっぱいに酔い覚ましの効果があったとは!!)

提督(思えば異性に抱き着かれるなんて生まれて初めてだが、衣服越しでもおっぱいの感触が伝わってくるとはな……)

提督(ふふふ、感謝するぞイク! 二重の意味でな!)フフフ



デ・ロイテル(あれだけ失礼なことをされたのに、嫌な顔一つせず笑ってる……?)

陽炎(厳しそうな人に見えたけど、意外と心は広いみたいね)ホッ

加賀・不知火(………………)←なんだか面白くない


149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:18:41.32 ID:k+CrdaI7O


???「Hi! 陽炎、ロイテル、Guestの案内ご苦労さま!」



デ・ロイテル「あっ、アイオワ! はろー!」フリフリ

陽炎「アイオワさんこそ、昼食の準備お疲れ様です!」

アイオワ「Thank you! まったく、Guestの分の昼食も用意してくれだなんて、Admiralも急に言わないでほしいわ!」

陽炎「まぁ食事当番は交代制ですし……」

デ・ロイテル「たまたま今日の当番がアイオワだったんだから、仕方ないよー」

アイオワ「You're right.(それもそうね) ところで、アナタたちが今日の演習相手かしら?」

加賀「はい、よろしくお願いします……しかし驚きました」

アイオワ「What?」

加賀「まさかアメリカ史上最高の軍艦とも謳われた貴女が着任しているとは」

グラーフ「カゲロウがここの鎮守府は強者揃いだと言っていたが、どうやら本当のようだ」

アイオワ「Oh! そう言ってもらえると嬉しいわ。えーっと……」


加賀「正規空母、加賀です。どうぞよろしく」

グラーフ「同じく正規空母のグラーフ・ツェッペリンだ。海外艦同士、仲良くしよう」

那智「重巡洋艦、那智だ」

不知火「駆逐艦、不知火です」

響「響だよ、不死鳥の通り名もあるよ」

霰「……霰、です」

アイオワ「アラ、レ……? Oh! Dr.SLUMP!? ニッポンのComicは私も好きよ!」

霰「……んちゃ、とかは言いません」


150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:24:30.28 ID:k+CrdaI7O


アイオワ「それから……Youが彼女たちのAdmiral?」

提督「ああ」


提督(デカァァァァァいッ! 説明不要!)

提督(さきほどのイクも凄かったが、こちらも負けてはいない!)

提督(むしろ谷間が強調されている分、視覚的な刺激はアイオワの方が上か……?)

提督(……今日は来て良かった)グッ!


アイオワ「MeがIowa級戦艦Name Ship、アイオワよ。Nice to meet you!」

提督「こちらこそ。よろしく頼む」

提督(元気で明るくて社交的で、まるで俺の理想としていた艦娘じゃないか!)

提督(デ・ロイテルにせよイクにせよ、ここの子たちは皆フレンドリーでいいなぁ……)

提督(うちの子たちも見た目や実力では負けていないと思うが、いかんせん親しみやすさが無い)

提督(まぁそれは提督である俺に威厳やらコミュ力やらが足りていないせいだが………泣きそう)



デ・ロイテル(イクにからまれていた時は笑ってたのに、今は何だか辛そうな顔をしている……?)

陽炎(やっぱり日本の軍人としては、かつての敵国であるアメリカの軍艦に対して思うところがあるのかしら……)


151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:29:06.32 ID:k+CrdaI7O


―― パッション鎮守府 執務室前 ――



陽炎「――着いたわ。ここが執務室よ」


提督(ようやく向こうの提督とご対面か)

提督(所属している艦娘たちの性格から鑑みて、恐らく提督も明るくて快活な人物なんだろう)

提督(毎日艦娘たちと楽しいリア充生活を送っているんだろうな……くっ、羨ましすぎる!)


陽炎「司令、入るわよ」

???「……あぁ」



  ガチャ



パッション提督「ようこそ……私がこの鎮守府の提督、です……」ゲッソリ   ※以下、Pa提督と表記

提督(!?)

提督(な、なんだ? この覇気のまるで感じられない人物は?)


提督「ほ、本日はお招き頂き、ありがとうございます!」ビシッ

Pa提督「こちらこそ……はるばるお越し頂き、ありがとうございます……」ゲッソリ

Pa提督「演習は午後……ヒトゴーマルマルからの開始を予定していますので……どうぞそれまではお寛ぎください」

提督「お、お気遣いありがとうございます」

提督(何だかやつれているようだし、色々と大丈夫なのか、この人は?)

提督(常にスマイルの絶えないナイスガイを予想していたのだが……一体なぜこれほどまで憔悴して――)


152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:33:58.77 ID:k+CrdaI7O


???「執務室にいっちばーん!」ドアバァーン!!

???「ああもうっ! 白露速すぎー!」ドタドタ



提督「?」

Pa提督「こ、こら! ノックをしてから静かにドアを開けるよう、いつも言ってるだろう……!」


白露「えぇー? 細かいことは気にしない気にしないっ!」

舞風「怒っちゃやーですよぉ、提督ぅ!」

Pa提督「まったく……それよりほら、皆さんに挨拶しなさい」

白露「わわっ! もしかして今日の演習相手の人たち? 初めまして、白露型1番艦、白露だよ!」ビシッ

舞風「どもどもー! 陽炎型駆逐艦、舞風です! ……って不知火姉さん!?」

不知火「あら、舞風も所属していたの。相変わらず騒がしいわね」

舞風「それが私の取り得ですから! っていうか陽炎姉さん、不知火姉さんが来るって知ってたんなら教えてよー!」

陽炎「ふふっ、ごめんごめん。せっかくだしサプライズにしようと思って。でも久々に姉妹が3人も揃ったわね!」ギュッ

不知火「ね、姉さん……! 先程も言いましたがあまりベタベタしすぎないでくれませんか」

陽炎「えー? そんな寂しいこと言わないの! ほらっ、舞風もこっち来なさい!」

舞風「わわっ、何だかちょっと恥ずかしいけど……まぁいっか! よぉ〜し、せっかくだし再会を祝して踊りましょう! それ、ワン、ツー♪」

不知火「ちょ、ちょっと! 舞風まで……!」アタフタ

陽炎「あははっ! それ、ワン、ツー♪」


153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:38:28.34 ID:k+CrdaI7O


白露「いいなー、陽炎も舞風も……ていとくぅー、私も妹たちに会いたいよー!」

Pa提督「そんなこと言われてもな……そ、それより、近海警備の報告を頼む」

白露「はーい! えっとねぇ――」



???「お姉はどこ!?」ドアバァーー-ン!!



提督(!? 今度はなんだ?)

Pa提督「ち、千代田。お前までドアを……」


千代田「そんなことより千歳お姉は? 今度こそ千歳お姉に会えたの!?」ガシッ、ユッサユッサ

Pa提督「お、落ち着け! 肩を揺らすな……!」ガックンガックン

白露「あー……ごめんね千代田さん。今回の出撃でも千歳さんには会えなかったよ」

千代田「そ、そんなぁ……!」

Pa提督「ほ、ほら! 分かったら手を離s「提督!!」

千代田「私がここに配属されてからもう396日も経つのに、未だに千歳お姉に会えないってどういうこと!?」

Pa提督「どういうことと言われても……ドロップも建造も運次第なんだ、仕方がないだろう……?」

千代田「そ・れ・で・も! 毎日毎日出撃してるのに一向に出会えないなんておかしいでしょ?!」

千代田「はっ! ……ま、まさか提督、お姉のことを隠してるんじゃないでしょうね?!」ユッサユッサ

Pa提督「は!? な、何を訳の分からんことを……!」ガックンガックン

千代田「本当はとっくの昔にお姉は着任してるのに、私に会わせないよう隠してるんでしょ!?」

千代田「それで……それできっと、毎晩隠し部屋で千歳お姉と……い、いやぁぁぁあああぁぁぁぁ!!」ブンブン!

Pa提督「お、落ち着けぇ! 落ち着いてくれええぇぇぇ!!」ガクンガクン!

Pa提督「ア、アイオワ! 千代田を何とかしてくれぇ!」ガクンガクン!


アイオワ「もう、しょうがないわね! 千代田、少し落ち着いて! Calm down!」ガシッ

千代田「離してアイオワさん! 千歳お姉が、千歳お姉がぁ!!」ウワァァァン!

アイオワ「とりあえず、食堂にでも連れて行くわね。また後で会いましょ! Bye!」

千代田「千歳お姉! 千歳お姉ぇぇぇぇ......!!」ズルズル...


154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 22:43:02.37 ID:4Apk2hwP0
このパッション提督禿げてるからヅラ被ってそう
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:43:33.48 ID:k+CrdaI7O


Pa提督「ふぅ……すみません、見苦しいところをお見せしました……」グッタリ

提督「い、いえ。何というか、大変ですね……」

Pa提督「ハハハ……千代田も普段は優しくていい子なんですが、姉である千歳のこととなると、たまに暴走気味になってしまって……」ゲッソリ

白露「でも姉妹に会えなくて辛いっていう気持ち、わかるわかるー!」

デ・ロイテル「あっ、白露! それひょっとして私のマネ?」

白露「あっ、わかるー?」

デ・ロイテル「わかるわかるー!」

白露&デ・ロイテル「「やっばーい、ウケる―!」」キャハハハハ!


Pa提督「はぁ……」アタマカカエ

提督(に、賑やかすぎるのも考え物だな……)←ちょっと引いてる





陽炎「ところで司令、もう正午になるけど」

Pa提督「ん、ああ……そろそろ昼食にしようか。皆さんの分も用意してありますので、食堂へどうぞ」

提督「ありがとうございます」

響「たしかアイオワさんが食事の用意をしてくれたって言ってたよね」

陽炎「ええ。ああ見えてあの人、料理が得意なのよ?」

那智「ほう、人は見かけによらないな」

グラーフ「アメリカ艦の手料理か……楽しみだな、加賀」

加賀「はい。流石に気分が高翌揚します」ワクワク


156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:50:27.13 ID:k+CrdaI7O
今回はここまで
ついでにパッション鎮守府の簡単なキャラ設定でも




Pa提督……苦労人。疲れが取れるからという理由で、☆マークの入った謎のドリンクを常飲しているが入手ルートは不明

陽炎……しっかり者の長女。パッション鎮守府の秘書艦を務めており、駆逐艦ながら周囲からの人望は厚い

デ・ロイテル……新進気鋭のオランダ軽巡。史実では那智(と羽黒)の魚雷が原因で沈んでいる。コミュ力の高さは鎮守府随一

伊19……悪戯っ子。悪意はないが、性知識に乏しいまま過剰なスキンシップを取ろうとしてくるので性質が悪い(下半身のタチは良くなる)

アイオワ……アメリカが誇る大戦艦。陽炎が日常生活におけるリーダーなら、アイオワは戦闘におけるリーダー。燃費が悪いのが玉に瑕

白露……何でも一番に拘る駆逐艦。同じ駆逐艦かつ長女でもある陽炎や、波長の合うデ・ロイテルと仲が良い

舞風……陽炎と不知火の妹。じっとしていることが苦手で、よく皆にダンスを披露している

千代田……普段はマトモだが定期的に暴走する。チトセニウムの摂取量が不足しているのが原因と考えられている(大本営調べ)




残りの面々は次回登場予定です
週1〜2回ある休みの日に一気に書くスタイルなので、次の更新は早ければ1週間以内に。それでは


157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 23:09:02.06 ID:GLw36b9Oo
おつおつ
提督はお互い相手が羨ましいだろうなぁ
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 01:44:20.31 ID:p3AwM1Li0
乙 ちひろが明石と裏で手を組んでるのか...
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 05:27:35.14 ID:0+igw6CO0

パッ督がんがれ
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 08:37:00.28 ID:mnoz0zsyO
乙。
逆だとまだ概ね上手く回るやつや、オー人事オー人事
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 12:23:50.40 ID:0rHl8acgO

陽炎型が揃って心なしかぬいぬいの表情が緩んでそう
そういや舞風とアイオワが同鎮守府に居るのね
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/02/03(月) 03:43:15.86 ID:NYnf1Zppo

書き込むときメール欄に「saga」を入れると高揚が高翌揚にならなくなるよ
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:08:05.33 ID:AIPdfgk+0
Pa提はハゲてないのか

スタドリ流出してんぞ何ヤってんだよちひろ
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:29:39.25 ID:IbDPXHarO
ちっひ「売れて金になるならそれで結構」
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:17:58.72 ID:/kyWWbXD0
>>164
高速修復材ってもしかして...
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:23:47.67 ID:2jnBdfpDO
鬼!悪魔!ちひろ!
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:21:47.82 ID:tsUUFcNLO
お待たせしました。投下します
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:28:35.10 ID:tsUUFcNLO


―― パッション鎮守府 食堂 ――



白露「いぇーい! 食堂に一番乗りー!」キャッホー!

Pa提督「いちいち騒ぎ立てるんじゃない、まったく……」ハァ

Pa提督「すみません、騒がしい鎮守府で……」ペコリ

提督「なぁに、賑やかでいいじゃないですか」ハハハ

提督(少し喧しい気もするが、毎日がお通夜みたいなウチと比べたら……)

Pa提督「いやはや、お恥ずかしい……」

Pa提督(反面そちらの鎮守府の子たちは落ち着きがあって羨ましいですね……)


提督・Pa提督(いいなぁ……)






加賀「ここが食堂ですか」ウキウキ

グラーフ「何やら美味そうな匂いが漂ってくるな」ワクワク

不知火「先に向かったアイオワさんと千代田さんの姿が見当たりませんが」キョロキョロ

陽炎「きっと調理場じゃないかしら? 様子を見てくるから先にテーブルに……ってあれは――」



???「えへへ〜♪ もう1本開けちゃお〜っと」キュポン


陽炎「ポ、ポーラさん!? 昼間っから何やってんの!?」

ポーラ「ん〜? カゲロウさんも一緒に飲みますぅ〜?」エヘヘ

陽炎「うわっ酒クサっ! もうっ! 今日は午後から演習だから、あれほどお酒は飲んじゃダメって言ったじゃない!」

ポーラ「だいじょーぶ〜。ポーラ、お酒が入ってても戦えますっ!」ビシッ

陽炎「そういう問題じゃなくて……ああもう、司令も何とか言ってよ!」

Pa提督「今度はどうした……ってポーラ!? お前一体何を……!」

ポーラ「え〜? 何って、演習前の景気づけですよぉ♪」

Pa提督「こ、ここにある酒全部飲んだのか!?」

デ・ロイテル「うわぁ……そこら中に瓶が転がってるんだけど」

舞風「2本や3本じゃきかないですね、こりゃ」


169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:33:17.51 ID:tsUUFcNLO


Pa提督「お、お前……今日が演習だって分かってるよな……?」

ポーラ「もっちろん! イタリア重巡のいいとこぉ、見せちゃいますよぉ〜♪」ニヘラ

Pa提督「いいとこ見せる前に醜態を晒してどうする……!」

Pa提督「ていうかこんなに大量の酒どこから………はっ!? まさかお前……」

ポーラ「キッチンの戸棚の奥に捨ててあったんでぇ、勿体ないと思ってもらっちゃいました〜」ヒック

Pa提督「捨ててあったんじゃない! 保管しておいたんだよ!! ああ……俺のコレクションが……」ガックリ




不知火「……どなたか存じませんが、何というか……凄い方ですね」

響「あんなに幸せそうにお酒を飲む人は見たことが無いな」

響(ところでウォッカは無いのかな?)キョロキョロ

那智「向こうの提督が言うように、これから演習だというのに酒に溺れるとは、軍人として感心できんな」フン

那智(あれも、それも、あっちに転がっている瓶も……どれも滅多に手に入らない貴重な物ばかりではないか!)ゴクリ...

提督(酒、か……いかん、先日のアレ※を思い出してまた気分が……)ウップ


※那智との飲み会(という名の拷問)


170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:34:10.08 ID:tsUUFcNLO
デ・ロイテル「ねぇ提督、落ち込むのも分かるけどお客さんを待たせてるし、ひとまずお昼にしましょ?」

舞風「そうですよぉ。飲んじゃった物は仕方ないですし」

白露「私お腹すいたー!」

Pa提督「……ああ、そうだな」ドヨーン

Pa提督「重ね重ねすみません……今食事の用意をしますので……」

提督「は、はい……」

提督(何だか気の毒になってきたな……)

Pa提督「おーいアイオワ。食事の準備をしてくれ」



アイオワ「――Hi! お待たせ! Me特製、アメリカンランチを召し上がれ!」

加賀「こ、これが……」

グラーフ「アイオワ特製のアメリカ料理……!」



 ・ピザバーガー(約8000kcal)

 ・シカゴピザ(約3800kcal)

 ・チーズステーキ(約2500kcal)

 ・チーズケーキシェイク(約2000kcal)



一同(…………豚のエサかな?)
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:39:51.99 ID:tsUUFcNLO


アイオワ「さぁ! 遠慮しないでドンドン食べてね☆」

Pa提督「お、おい……いくらなんでも高カロリーすぎやしないか?」

アイオワ「Huh? この後演習でしょ? これぐらい食べておかなきゃPowerが出ないわ!」

Pa提督「戦艦の燃費を基準にして考えるな! 見ろ、皆さんもドン引きして――」チラッ


加賀「素晴らしいですね、さすがは世界一の大国です」モグモグ

グラーフ「ああ。この豪快さは日本やドイツも見習わねばな」ムシャムシャ


Pa提督(えぇ……)

陽炎(そういや空母の燃費も戦艦並だったわね……)

提督(加賀のあんな幸せそうな顔は初めて見るな……)




加賀「……ですが1つだけ」

アイオワ「?」

加賀「ご馳走になっておきながら厚かましいことは承知の上で、1つだけ言わせてもらいますと……」










加賀「ピザとチーズが被ってしまっています」

アイオワ「Oh! それもそうだわ!」ウッカリ

一同(そこ!?)


172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:47:49.20 ID:tsUUFcNLO


デ・ロイテル「と、とりあえず私たちも食べよっか!」

陽炎「まぁ、カロリーはともかく味は悪くなさそうだしね……」

Pa提督「仕方ない……各自、適度に量を調節して食べるように」

白露「はーい! どれから食べよっかなー」



不知火「司令、私たちもいただきましょう」

提督「そ、そうだな。たまにはこういう食事も悪くないか」

霰「……凄い、チーズの量」

響「こっちのピザも厚みが通常の倍くらいあるよ」ハラショー

那智「いくら演習で体を動かすとはいえ、ほどほどにしておかねば無駄にバルジが付きそうだ……」

提督(確かに。演習で体を動かさない俺は余計に太りそうだな……)




千代田「――あ、あのっ!」

提督「? 君は先ほどの……たしか、千代田だったか?」

千代田「は、はい。その……さっきは取り乱したりしてごめんなさい!」ガバッ

提督「!? あ、頭を上げてくれ……! 別に私は何もされていないぞ」

千代田「そうだけど……初対面なのに目の前で見苦しいところを見せてしまって……」シュン

提督(ああ、さっきのアレか。たしかに少しビックリしたが……)

提督「別に気にしてはいない。誰にでも落ち着きを失う時はあるだろう」

千代田「そう言ってもらえると助かり……ます」ホッ



提督(…………ふむ)

提督(この千代田という艦娘、さっきは慌ただしくて気付かなかったが………デカいな)

提督(イクやアイオワといった分かりやすいデカさに目が眩んでいたが、千代田の持つソレも相当なボリュームと見た!)キラーン

提督(情緒不安定なところもあるが、根は素直でいい子のようだし……)

提督(……せっかく遠方まで来たんだ。少しぐらい他所の艦娘とお近付きになってもバチは当たらないはず!)

提督(そう! これはあくまでコミュニケーションの一環! 鎮守府同士の交流を深めるために必要なプロセス!)


173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:55:02.41 ID:tsUUFcNLO


提督「……さっき、姉がどうとか言っていたな」

千代田「えっ? あっ、はい」


提督(先程の騒ぎようから察するに、千代田は姉に対する好意が尋常ではないようだ)

提督(で、あれば――)


提督「ふむ。君があそこまで夢中になる女性だ。きっと素晴らしい艦娘なのだろう」

千代田「!」

提督(よしっ、手応えアリ! ふふふ、自分の好きな人物を褒められて喜ばないやつはいまい!)

提督(この調子で姉のことを褒め倒し、気を良くさせたところで『――るの?』……えっ?)

千代田「千歳お姉に……興 味 が あ る の ?」ジロッ


 <◎> <◎>


提督(ヒエッ……!)

千代田「ねえ、お姉のことがそんなに気になる……?」

提督「い、いや! 気になるというわけではなく、ただ単に褒めただけで……」

千代田「もし……もしそっちの鎮守府にお姉が着任することになったとして」

千代田「お姉に色目を使ったり、手を出そうものなら――」



千代田「 ゆ る さ な い か ら 」ジロッ


提督「」





千代田「……ふぅ、さてと。私もお昼にしよっかな。貴方たちも遠慮せずに食べていってね」

提督「ハイ」

千代田「それから、午後の演習ではよろしくね! じゃあまた」フリフリ

提督「アア、マタアトデ」フリフリ

提督「………………」

提督「…………」



提督(……ちょっとちびった)ガクブル


174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 23:04:46.76 ID:tsUUFcNLO


???「――ああーっ!!」

???「提督! 一体何をしているんですか!」


Pa提督「!? お、お前たちは……」ビクッ


長良「執務室にいないから、どこへ行ったのかと思ったら……」

大鳳「どうして勝手にご飯を食べているんですか!」




グラーフ「何やらまた騒がしいな」

加賀「おや、貴女は……」

大鳳「? もしかして……加賀さん、ですか?」

加賀「ええ。そういう貴女は……大鳳さん、だったかしら」

大鳳「はい! 誉れ高い一航戦である加賀さんにお会いでき、光栄です」ビシッ

加賀「ありがとう。私も会えて嬉しいわ」

グラーフ「加賀、彼女を知っているのか?」

加賀「はい。私の後輩とでも言いますか……日本の最新鋭空母である大鳳さんです」


大鳳「初めまして、装甲空母の大鳳です」

グラーフ「ドイツ製航空母艦、グラーフ・ツェッペリンだ。よろしく頼む」

大鳳「ドイツの……聞いたことがあります! 何でも赤城さんの設計を参考にして建造されたとか……」

グラーフ「よく知っているな。私も日本の装甲空母のことは以前から耳にしていたが……そうか、貴女がタイホウか」

大鳳「私を知っているんですか?」

グラーフ「ああ。堅牢な装甲に覆われた、非常に打たれ強い艦だと聞いている。一度会ってみたかったんだ」

大鳳「わぁっ…! 何だか照れますね」

グラーフ「ふふっ、今日は良い戦いにしよう」スッ

大鳳「はい、よろしくお願いします!」ガシッ


175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 23:18:16.64 ID:tsUUFcNLO


大鳳「――さて」


大鳳「提督!!」

Pa提督「な、なんだ?」

大鳳「なんだ、じゃありません!」

長良「また走り込みをサボったでしょ!」



不知火「? 何の話をしているのでしょうか」

陽炎「あー……大鳳さんと長良さんは日課で毎朝走り込みをしてるんだけど、司令もそれに付き合わされてるのよ」

舞風「私もたまに付き合うけど、毎朝10キロ走るのはキツいよねぇ」タハハ

響「毎朝? 10キロ?」

霰「……すごい、です」



Pa提督「か、勘弁してくれ! この間付き合ったばかりじゃないか……!」

長良「この間って、もう5日も前の話でしょ!」

大鳳「いいですか提督。走り込みも筋トレも、継続しなければ意味が無いんですよ?」

長良「過度にやり過ぎるのは逆効果だけど、提督は私たちと違って普段体を動かさないんだから! ほら、立った立った!」

Pa提督「ま、待て! 今から昼飯を……」

長良「そんなカロリーの高そうな物を食べてからだと存分に動けませんよ!」ガシッ

大鳳「運動してお腹を空かせれば、その分ご飯も美味しく感じられます。さぁ行きましょう!」ガシッ

Pa提督「や、やめろ! やめてくれえええぇぇぇぇぇ………」ズルズル...




不知火「……引きずられていってしまいましたが」ポカーン

白露「大鳳さんと長良さんは健康マニアっていうか、トレーニングオタクだからねー」

舞風「流石に毎日はアレだけど……それもこれも提督の健康を思ってのことだし、いいんじゃない?」モグモグ

陽炎「はぁ……演習前にぶっ倒れなきゃいいけどね」


提督(……やっぱり、この鎮守府ヤバいんじゃないか?)


176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 23:27:45.89 ID:tsUUFcNLO
今回はここまで
パッション鎮守府キャラ設定その2



ポーラ……酒と言ったらポーラ、ポーラと言ったら酒というぐらいの飲兵衛。ストッパーであるザラ姉さまが未着任のため無制限に飲みまくる

長良……運動マニア(主に走るのが好き) Pa提督やアイオワをよくジョギングに誘っている(そのおかげでアイオワは太らずに済んでいる)

大鳳……筋トレマニア。『ダンベル何キロ持てる?』という質問に対し「トンの間違いでは?」と素で返したのはあまりにも有名



次回も1週間以内に更新できたらいいです
それでは
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 23:55:29.25 ID:LeHBqcnP0
トンは無理だろjk
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 00:01:40.98 ID:oteMb/z40
(頭が)パッション
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 00:03:10.43 ID:jSPZAkf8o
おつー
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 02:06:43.46 ID:y7bjI/pq0

>>177
大鳳16万馬力だしいけるんじゃない?まあこれ基準にしちゃったらグラーフは20万馬力で大鳳を上回っちゃうけど...
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 09:57:57.29 ID:4VJgimsco



毎日10kmとか、せめて提督には自転車使わせてやろうよ
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 18:52:50.22 ID:y7bjI/pq0
>>181
ランなら10kmだがバイクなら40km、スイムなら1.5kmだぞ
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 12:42:38.24 ID:czGtdfQG0
10kmくらいなら週二くらいでやると丁度いいわ
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 19:59:08.55 ID:8bifDXqFO
投下します
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:05:49.45 ID:8bifDXqFO

――
――――
――――――




―― パッション鎮守府 第1会議室 ――


Pa提督「……では、これより……演習の、メンバー発表を、行う……」グッタリ




白露「……ねぇ、アレ大丈夫なの?」ヒソヒソ

千代田「いつにも増してツラそうなんだけど」ヒソヒソ

陽炎「そりゃまぁ食事抜きで10kmマラソンやらされたらああなるでしょうよ……」ヒソヒソ

舞風「あれだけ走った後じゃあ食事も喉を通らないよねぇ」ヒソヒソ

デ・ロイテル「それ以前に向こうの空母2人がほとんど食べ尽くしちゃってて、提督の分は残ってなかったけどね……」ヒソヒソ

大鳳・長良(少しやり過ぎたかしら……)←戦犯


ポーラ「てーとくぅ〜、そんなんじゃ演習にも勝てませんよ〜♪」ニヘラ〜

伊19「ほらほら、しっかりするのね!」バシン! バシン!

Pa提督「わ、分かったから背中を叩くんじゃない……!」イテテ...




Pa提督「……コホン」

Pa提督「では、確定している5人のメンバーを発表する」キリッ


一同「!」ザッ


デ・ロイテル(皆の空気が変わった……!)

陽炎(何だかんだ決めるとこは決めるのよね、うちの司令は)フフッ


186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:08:42.24 ID:8bifDXqFO


Pa提督「まず……旗艦、アイオワ!」

アイオワ「Yes sir!」



Pa提督「続いて……イク!」

伊19「はいなのー!」



Pa提督「大鳳! 千代田!」

大鳳「はっ!」ビシッ

千代田「はい!」



Pa提督「ポーラ!」

ポーラ「えぇ〜?」グデーン




Pa提督「以上5名が確定メンバーだ。残る1名はバランスを考慮して駆逐艦にしたいが……」

陽炎「だったら舞風を推薦するわ」

舞風「えっ、私?」キョトン

Pa提督「ふむ……理由を聞こうか」

陽炎「まぁ凄い個人的な理由だけど……成長した妹同士の戦いが見てみたいのよ」

Pa提督「妹同士というと……向こうの鎮守府にいる不知火のことか?」

陽炎「ええ。私自身が相手してあげるのも悪くないけど、せっかくなら舞風と不知火の戦いを見てみたいなって」


舞風「不知火姉さんとかぁ……うん、私はオッケーです!」

千代田「あら、やる気満々じゃない」

舞風「はい! 強くなった私の姿を不知火姉さんにも見せてあげたいなーって!」

Pa提督「……白露はそれでいいか?」

白露「うーん……ほんとは参加したかったけど、今回は舞風に譲ってあげる!」

陽炎「悪いわね、白露」

白露「いいっていいって! 同じ長女として陽炎の気持ちも分かるし」

白露「その代わり、もし今度私の妹たちと演習する機会があったら譲ってね!」


Pa提督「よし、では6人目は舞風で決まりだな」


187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:12:15.85 ID:8bifDXqFO


長良「……ねぇ司令官。このメンバーに決めた理由を聞いてもいい?」

デ・ロイテル「私も聞きた〜い! ていうか参加したかったんだけどな〜」チラッ

Pa提督「分かった分かった。ちゃんと説明するから、それで今回は我慢してくれ」

デ・ロイテル「むー……理由次第かな」



Pa提督「まず、アイオワとイクをメンバーに採用した理由だが、相手側が“慣れていない”からだ」

長良「慣れていない?」

Pa提督「相手方の鎮守府はウチと同じで規模が小さく、所属している艦娘の人数も少ない」

Pa提督「事前に得た情報では、戦艦と潜水艦が1人も着任していないらしい」

Pa提督「ゆえに戦艦と潜水艦に関する知識が少なく、身内での演習もできないことから対処法も心得ていないはずだ」

Pa提督「つまり、戦艦や潜水艦と戦うことには“慣れていない”と踏んで、2人の採用を決めた」


陽炎「なるほどね。確かに普段から戦っている艦種よりも、戦い慣れていない艦種を相手にする方が厄介だもの」

Pa提督「ああ。特に潜水艦との戦いには対潜に特化した装備とそれなりの経験が必要だからな」

千代田「ふーん。つまり、相手の苦手な艦種で迎え撃つってことね」

デ・ロイテル「……なんかちょっとズルくない?」

Pa提督「そう思われても仕方がない。だが、何事も勝ちに拘るのが私の信条でな。お前たちもそうだろう?」

デ・ロイテル「まっ、そうよねー」

長良「やるからには勝たないと!」フンス

大鳳「相手の弱点を突くのは戦の定石です。それに、事前の情報収集も立派な戦略の一つかと」

Pa提督「そういうことだ。2人とも、やってくれるか?」


アイオワ「OK! 戦艦の火力と装甲を見せてあげるわ!」

伊19「イクも潜水艦の怖さをた〜っぷり教えてあげるのね!」ニヒヒッ


188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:16:10.51 ID:8bifDXqFO


Pa提督「次に、大鳳と千代田を採用した理由だが、これは単純に制空争いで負けないためだ」

陽炎「相手側には加賀さんとグラーフさんがいるしね」

長良「こっちも空母を2人ぶつけないと、制空権を取られて空からの攻撃に対し無防備になる、か」

Pa提督「ああ。特に加賀の艦載機搭載数は空母随一と聞くからな。大鳳か千代田のどちらか1人だけでは太刀打ちできんだろう」

大鳳「グラーフさんの実力も未知数ですし、航空戦力は多いに越したことはないでしょう」


千代田「それは分かったけど……私は軽空母よ? 相手は2隻とも正規空母だし、ちょっと分が悪くない?」

Pa提督「確かに正規空母と軽空母とでは基礎スペックに若干の差はあるかもしれない」

Pa提督「……だが私は、お前が加賀や大鳳たちに劣っているとは思わない」

千代田「!」

Pa提督「それとも……正規空母を相手にする自信が無いか?」

千代田「だっ、誰も自信が無いだなんて言ってないわよ! フン! そこまで言うならやってあげるわ!」///

Pa提督「よし、その意気だ」ハハ





白露「千代田さん、少し照れてない?」ヒソヒソ

デ・ロイテル「正規空母に劣ってるとは思わないって言われたのが嬉しかったんじゃない?」ヒソヒソ

陽炎(千歳さんのことしか頭にないと思ってたけど……もしかして意外と司令のことを……)ムムッ


189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:19:54.70 ID:8bifDXqFO


大鳳「私も軽空母が正規空母より下だとは思いません。ですが、私たちが真っ向から挑んだところで優位に立てるでしょうか?」

長良「そうよね。軽空母だとかは関係なく、2対2じゃ制空権を確実に奪い取るのは難しい気がするけど……」

デ・ロイテル「良くて拮抗……相手に制空権を取らせないことはできても、こっちも同じく制空権は取れないんじゃない?」

Pa提督「確かに、普通に航空戦を仕掛けたところでジリ貧だろう」


Pa提督「そこで……2人には“アレ”をやってもらう」

大鳳・千代田「!」


陽炎(なるほどね。確かに“アレ”なら加賀さんたちとも互角以上に戦えるかも)

アイオワ(久々に大鳳たちの“アレ”が見られるなんて……フフッ、楽しみね!)


Pa提督「……どうだ? 頼めるか?」

大鳳「……分かりました。千代田さん、頑張りましょう!」

千代田「ええ。私の背中、大鳳さんに預けるから!」

Pa提督「制空争いの負けはそのまま演習の負けに繋がる。逆も然り、だ。……2人とも頼んだぞ」

大鳳・千代田「「はい!」」


190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:26:24.65 ID:8bifDXqFO


Pa提督「そしてポーラを採用した理由も、制空争いをより有利にするためだ」


Pa提督「先程も述べたが、戦闘において制空権の確保は非常に重要だ」

Pa提督「制空権さえ確保してしまえば空からの攻撃を警戒する必要が無くなり、対空砲火を捨てて砲撃戦に専念できる」

Pa提督「純粋な砲撃戦になれば、火力・装甲・射程の優れたアイオワを擁するこちら側が圧倒的に有利だ」

Pa提督「それに制空権が取れれば『弾着観測射撃』が使用可能になり、ますますアイオワが戦いやすくなる」

Pa提督「あらゆる点を考慮しても、制空権を取ることにはメリットが多い」


陽炎「それは分かるけど、どうしてそれがポーラさんを採用することに繋がるの?」

Pa提督「簡単な話だ。相手の空母をより倒しやすくするためだよ」

Pa提督「装甲空母を除いた全ての空母に共通する弱点として、中破すると艦載機を発艦できない、という点が挙げられる」

Pa提督「大破や轟沈判定までは追い込めずとも、中破にさえしてしまえばこちらのものだ」

Pa提督「であれば、より少ない手数で相手を中破させられる、火力の高い艦が望ましい」


長良「それで私やロイテルのような軽巡よりも、火力の高い重巡のポーラさんを採用したってこと?」

デ・ロイテル「理屈はわかるけど、私だって火力には自信あるんだから!」

Pa提督「単純な火力だけの問題じゃない。一番の理由は……射程距離だ」


Pa提督「ロングレンジでの戦いを得意とする空母を倒すためには、こちらにも長射程の攻撃手段が多数欲しい」

Pa提督「同じ空母である大鳳と千代田の艦載機、アイオワの大口径主砲、そして……ポーラが持つ“あの装備”」


Pa提督「203mm/53連装砲」


Pa提督「イタリア製の、数少ない長射程の中口径主砲」

Pa提督「装備するだけなら軽巡でも可能だが、元々この装備を所持していたポーラの方が扱いには長ける」


Pa提督「空母を一撃で中破させ得る火力と、長距離からでも相手を狙えるフィット装備」

Pa提督「これがポーラを採用した理由だ」





Pa提督「と、いうわけで……頼んだぞ、ポーラ!」キリッ

ポーラ「う〜ん、ポーラちょっと気分が悪くてぇ〜……辞退してもいいですか〜?」グデーン

Pa提督「」


191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:29:25.91 ID:8bifDXqFO


Pa提督「だ、だからあれほど演習前に飲むなと言ったのに……!」

ポーラ「ごめんなさい〜。また今度ぉ頑張りますから〜」エヘヘ

Pa提督「ダメだ、今さら編成を変えられん! 何とか頑張って出てくれ!」

ポーラ「えぇ〜。そう言われてもぉ、無理なものはむーりぃー」ダラーン


Pa提督「お、お前なぁ……」

アイオワ「全く、仕方ないわねぇ」

アイオワ「ポーラ! もし演習で勝てたら、1週間好きなだけお酒を飲んでもいいそうよ!」

Pa提督「はぁ!?」

ポーラ「ホントですかぁ!?」ガバッ

Pa提督「ま、待て! そんなこと一言も……」

ポーラ「ポーラ、頑張りますっ! 空母でも重巡でも、バンバンやっつけちゃいますよぉ〜!」キラキラ


Pa提督「お、おいポーラ!」

白露「提督、こうなった以上諦めたら?」

アイオワ「やる気になってくれたんだし、別にいいじゃない」

Pa提督「他人事だと思って……大体1週間飲み放題って、その酒は誰が用意するんだ?」

長良「そりゃあもちろん」

デ・ロイテル「提督でしょ?」

Pa提督「ですよねチクショウ!!」







Pa提督「はぁ……演習前なのに、もう疲れた……」グッタリ

大鳳「大丈夫ですか? やはり日々の鍛錬が足りていないのでは……」

長良「おっ、なら明日からは+3kmいっときます?」

Pa提督「いやぁ元気が有り余って仕方ないなぁ! 演習ガンバルゾ!」ハハハ

陽炎(やれやれ、先が思いやられるわね……)ハァ

Pa提督(……早く終わらせて休みたい……)ガクッ



――――――
――――
――


192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:32:55.51 ID:8bifDXqFO


―― 第2会議室(クール鎮守府一行の控え室) ――



提督(……さて)

提督(今から演習前の作戦会議なわけだが)チラッ




加賀「……………」

グラーフ「……………」

那智「……………」

不知火「……………」

響「……………」

霰「……………」




提督(……こえぇよ)

提督(戦いの前だからだろうか、いつにも増して全員殺気立ってやがる……!)ブルッ




加賀・グラーフ(夕食も楽しみです(だな))

那智(夜には酒も出るのだろうか……)

霰(……………)←特に何も考えてない


193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:36:38.73 ID:8bifDXqFO


提督(こいつらは全員、見た目や雰囲気通りの武人気質だ)

提督(那智やグラーフはもちろん、響や霰でさえ遊びと称して日々サバゲーに明け暮れる始末)

提督(演習とはいえ、こと戦闘に関しては一切手を抜くつもりなど無いだろう)

提督(そんな連中が、もし演習で負けたらどうなる……?)



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

那智『……負けたのは、貴様の指示が悪かったせいだぞ』チッ

加賀『元々期待していなかったとはいえ、何ですかあの穴だらけの作戦は?』ハァ...

不知火『不知火を本気で怒らせたわね……』ギロッ

響『〇ね』

霰『むしろ〇す』

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




提督(……………)








提督(勝 た ね ば)


提督(勝って、生き残らねば……!)ガタガタ


194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:40:50.71 ID:8bifDXqFO


提督(俺は提督! 俺は首席! 俺は優秀!)

提督(考えろ! 考えて、考えて、考え尽くせ!)

提督(灰色の脳細胞を総動員し、ありとあらゆる策を捻り出すんだ!)グヌヌヌ...



加賀(提督が……)

不知火(いつにも増して真剣な表情を……!)ゴクリ

那智(やつの気迫と、この戦いに対する熱意が伝わってくるようだ……!)

グラーフ(これは期待に応えねば、な)フッ



提督(嫌だ! まだ死にたくない! 提督を辞めたくない!)

提督(……いかん、ネガティブになるな! 発想を逆転させろ!)

提督(そう、ピンチはチャンス! これはチャンスなんだ!)

提督(もしこの戦いで俺の策が見事にハマり、大勝利を収めたとしよう)

提督(そうすればきっと――)



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

加賀『提督、見事な指揮でした』

那智『今回の勝利は……貴様のおかげだな』フッ

グラーフ『見直したぞ、Admiral!』

不知火『今までの非礼をお許しください。今後とも、ご指導ご鞭撻、よろしくお願いします!』ビシッ

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





提督(こ れ だ !)

提督(俺はこの戦いを乗り越えて、実力でこいつらを従えてみせる……!)


195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:46:00.81 ID:8bifDXqFO


提督「……では、これより作戦会議を始める」

一同「!」


提督「まずは編成についてだが……旗艦は加賀に任せたい」

提督「艦載機による広範囲の視野を持ち、冷静に状況分析のできるお前がリーダーに打ってつけだ」

提督「……頼めるか?」

加賀「ええ。鎧袖一触よ、心配いらないわ」キリッ




提督「そして、グラーフには加賀と一緒に制空権の確保に尽力してもらいたい」

提督「向こうも恐らく空母2隻が出てくるだろうからな」

提督「装備に関しては……また後で指示を出す」

グラーフ「了解した。私に任せておけ」キリッ




提督「那智は駆逐艦に指示を出しつつ、敵の巡洋艦クラスの相手をしてくれ」

提督「本来なら軽巡を組み込んで、小規模な水雷戦隊を編成したいところだが……うちには軽巡がいないからな」

提督「役目が多く、相当な負荷がかかるポジションだが……やれるか?」

那智「愚問だな。那智の戦、見ていてもらおうか!」キリッ




提督「不知火、響、霰の3人には、対空砲火と対潜警戒を頼む」

提督「俺の予想が正しければ、恐らく潜水艦……イクが出てくるはずだ」

提督「役割はある程度分担してもらうが、状況に応じて臨機応変にも動いてほしい」

不知火「分かりました」ビシッ

響「勝ってみせるよ」

霰「頑張り、ます」



提督「よし、では詳しい作戦とそれぞれの装備について説明する――」



――――――
――――
――


196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/14(金) 20:50:05.56 ID:8bifDXqFO


――
――――
―――――――



提督「――という作戦で行く」

提督「……異論はないか?」



一同「……………」シーン



加賀(……相手の鎮守府にどのような艦娘が所属しているかは、今日ここに来てから初めて知ったはず)

加賀(にも関わらず、向こうの艦種や編成を考慮したうえで、これほどの作戦を短時間で立案するなんて……)

加賀(何でしょうか……気分が高揚します……!)



不知火(……司令)

不知火(必ずや、司令の期待に応えてみせます)

不知火(それに陽炎姉さんや舞風にも、いいところを見せないとね)



提督(……つ、疲れた)

提督(頭を捻りすぎて知恵熱が出そうだ……)

提督(だがやれるだけのことはやった。あとは……こいつら次第だ)




提督「では…………必ず勝つぞ!」

一同「はい!!」



――――――
――――
――


197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/14(金) 20:52:05.06 ID:8bifDXqFO
今回はここまで
提督たちはやればできる子(という設定)


次回からはようやく演習です
戦闘描写は初めて書くので時間がかかるかもですがお待ちください
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/14(金) 21:59:00.05 ID:lfp7Nuc7O
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/14(金) 22:09:09.82 ID:iwkGXaD0o
おつおつ
モチベーションが最悪なのにパフォーマンスが落ちないとかかクッソ優秀じゃないか…
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/14(金) 22:53:27.06 ID:LdxkKHbtO


対潜はシフト組めてるとしても問題はアイオワか
高速発揮時の射撃精度が悲惨らしいとは言え、あの火力・射程・装甲で加賀よりも速いとか米帝クオリティ恐るべし
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 10:03:45.08 ID:ECjw+2LGO
どんだけステータス異常食らっても生きている限り最高のパフォーマンスを発揮するのが帝国軍人の誇りぞ
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 20:06:12.44 ID:dlt4CjZR0
Cu提督がどんなステータス異常食らってるか楽しみだ
123.02 KB Speed:3.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)