鶴屋さん「もっかい!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:19:45.50 ID:zkz27ckRO
「やあやあ、キョンくん。奇遇だねっ!」

唐突ではあるが、SOS団の名誉顧問。
鶴屋さんについて、語らせて貰おう。
とはいえ紹介する前に彼女は颯爽と出現した。

「ん? なんだい? そんな見つめちゃってさっ! あたしの顔になんかついてるにょろ?」

この語尾がやたらにょろにょろしている鶴屋氏は、朝比奈さんと同学年の二年生であり、俺との関係は先輩後輩の間柄である。実に光栄だ。

「あっはっはっ! あたしの方こそ光栄さっ!」

快活な笑顔が眩しい。
自分もこんな風に笑えたらとつくづく思う。
チャームポイントである八重歯が輝いている。

「んー? おやおや、なんだい、キョンくん。あたしの八重歯っちが気になるのかいっ?」

八重歯っち……だと。
破壊力が留まるところを知らない。
防御力が底をつき、完全に無防備な俺に。

「そんなに気になるならキスしよっか?」

言葉を失うとは、まさにこのことだと思った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1579195185
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:23:18.19 ID:zkz27ckRO
「あっはっはっ! なんだい、その顔は?」

その顔とはどの顔のことだろう。
今、自分がどんな顔をしているのか気になる。
しかしそうは言っても、一介の男子高校生に過ぎない俺は、手鏡など持ち合わせてはおらず、それを見透かした鶴屋さんが手鏡を取り出し。

「キスしたくてたまらないって顔だよっ?」

見ると、鏡の中には熱に浮かされた俺が居た。

「キョンくんがどうしてもと言うなら、あたしとしてもやぶさかスティックじゃないにょろ」

はて。やぶさかスティックとは、なんだろう。
間違いなくやぶさかと藪から棒を混ぜている。
それを指摘すると、藪蛇に噛まれると思った。

「キョンくんはキスしたことあるかいっ?」

尋ねられて、ふとあの夜のことを思い出す。
涼宮ハルヒと共に囚われた閉鎖空間での一幕。
忘れたいけれど、忘れるには惜しいような。
そんな心境が顔に出ていたらしく鶴屋さんは。

「へえ〜そっか。ハルにゃんとしてたのかっ」

この先輩に嘘や誤魔化しは通じないと悟った。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:25:13.11 ID:zkz27ckRO
「ねえねえ、キョンくんっ!」

まるで好奇心旺盛な、かわいい子猫のように。
あるいは獲物を追い詰める獅子が虎のように。
しなやかな身体をくねらせて顔を覗いてくる。

「キスってどんな感じなのか知りたいなっ!」

そんな事を言われたら教えたくなってしまう。

「ふりだけでも良いから、やってみてよっ!」

キスするふり。ただの真似事。おままごと。
それならばなんら問題はないように思えた。
じりじりと、鶴屋さんが距離を詰めてくる。
まるで焦らすように、ちょっとずつ近づく。
ふと気づくと俺は、自分から接近していた。

「キョンくん、ズルはいけないにょろ」

めっと叱られて、しゅんと落ち込む。
すると鶴屋さんは嗜虐的に目を細めた。
ペロリと舌舐めずりして、唇を湿らせる。
鼓動が高鳴る。生唾を何度も飲み込んで。
俺はもう、鶴屋さんのキスを待ち望んでいた。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:28:37.58 ID:zkz27ckRO
「ハルにゃんとはどんな風にしたんだいっ?」

先程とは一転、無邪気に尋ねられて思い返す。
たしか、こうやって肩に手を置いて見つめて。
ポニテが好きだとか何とか世迷言をほざいた。

「あっはっはっ! キョンくんらしいねっ!」

俺らしいとはどういう意味だろう。
まったく褒められている気がしない。
釈然としない気持ちになっていると。
不意に鶴屋さんは制服のスカートのポケットから髪ゴムを取り出し、長い髪を1本に結えた。

「自慢じゃないけど、ポニテには自信があるのさっ! 気に入ってくれたら、嬉しいなっ!」

気に入るも何も正直、似合い過ぎて気が触れそうです。頭がおかしくなるくらい可愛らしい。

「えへへっ! こんなあたしのことを可愛いなんて言ってくれるのはキョンくんだけっさ!」

たしかに鶴屋さんは可愛いと言うより美しい。
けれど、こうしてはにかむ彼女は幼く見えて。
無意識に、その存外華奢な肩を、引き寄せた。

「あっ……キョンくんは、意外と強引なんだね」

男だったら時として強引にならねばなるまい。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:30:13.46 ID:zkz27ckRO
「ん……いいよ」

そう言って、目を閉じる鶴屋氏。
これが俗に言うOKサインなのだろうか。
そうだ。きっとそうに違いない。いざ、参る。

「あっ! いっけない! うっかりしてたよっ!」

顔を傾けて口づけを落とす間際、中断された。
パチリと目を開けた鶴屋さんと、目が合った。
輝く大きな瞳の奥底に、意地悪な色が見えた。

「あたしってばトイレに行く途中だったことをすっかり忘れてたよっ! 残念でした! というわけで、またね少年! 良い夢見なよっ!」

なんだそれは。意味がわからないし笑えない。
この状況でトイレだなんて許されるだろうか。
いや、断じて許せない。俺の目が黒いうちは。

両腕を広げて、俺は鶴屋さんを通せんぼした。

「おろ? なんだい、キョンくん? あたし今、急いでるから後にしてくれないかなっ?」

後になんか出来ない。
今じゃないと駄目なんだ。
広げた両腕で、鶴屋さんの細い身体を抱いた。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:32:11.59 ID:zkz27ckRO
「んっ……はふっ」

きつく抱きしめると、鶴屋さんの口からそんな甘い吐息が漏れて、俺の耳朶に快感が生じた。

「キョンくん……痛いにょろ」

言われて我に返る。何をしているんだ俺は。
欲望に突き動かされるまま、理性を失って。
これではただの暴漢と同じ。自己嫌悪する。

「あ、違うよっ! えへへ、痛いのはお腹さっ!」

なんだ、お腹か。それなら、ひと安心だ。
そうかそうか、鶴屋さんはお腹が痛いのか。
それはなんとも申し訳ないことをしたものだ。
一刻の猶予もない鶴屋氏を解放しようとして。

「あっダメだよキョンくんっ! そのままあたしを抱きしめて、逃がさないようにしなきゃ!」

何を言っているのだろう、この人は。
お腹が痛い彼女をこのまま拘束しろだなんて。
Why? 何故。さっぱり意味がわからない。

「あのね、あたしはねっ、このままキョンくんの腕の中で漏らしたいの。ダメっかな……?」

ダメだけどダメじゃない。ダメなわけがない。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:34:22.17 ID:zkz27ckRO
「えへへ……やっぱりキョンくんは優しいねっ」

どうだろう。果たして俺は優しいのだろうか。
少なくとも、純情な気分ではいられなかった。
胸の底に疼くのは湧き上がるのは邪な劣情だ。

「キョンくん……あたしを見て」

鶴屋さんを見つめる。
やはり美しい。綺麗な人だ。
それでいて茶目っ気もある、可愛い先輩だ。

「ごめんねっ……こんな先輩、嫌だよねっ?」

嫌じゃない。嫌なわけない。嫌いになれない。
それを言葉にするのは簡単だけど、出来ない。
言葉にしたら何だか途端に陳腐になりそうで。

「あっ……キョンくん、だめっ」

だから俺は言葉の代わりに口づけを落とした。

「ふぐっ……んあっ!?」

ぶちゅっ!

はて、何か水音が聞こえたが、なんだろう。

「フハッ!」

おや、誰かが愉悦を漏らした。やれやれだ。

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ〜っ!

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

堰を切ったように響き渡った、排泄音と哄笑。
それらが織りなすフハーモニーに聞き惚れる。
さながらオーケストラのように、悦に浸った。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/01/17(金) 02:35:44.82 ID:zkz27ckRO
「ふぅ……鶴屋さん、大丈夫ですか?」
「はあ……はあ……気絶するかと思ったにょろ」

そう言って空元気を見せる鶴屋さんの可愛さに意識が飛びかけ、俺の方が気絶しそうだった。

「あの、キョンくん、漏らしてごめ……んむっ」

謝罪の言葉なんて聞きたくなかった。
だからキスをして黙らせると、鶴屋さんは。
目を潤ませて、顔を真っ赤にしながら。

「もっかい!」

と言って、何度も何度もキスをせがんだ。

「ありがとね、キョンくんっ」

数えきれないキスのあと、鶴屋さんは朗らかに微笑んで、八重歯っちを輝かせながら。

「初めてのキスは、思わずうんちが出ちゃうくらい、めがっさ気持ち良かったよっ!」

それは良かったと、俺は心から嬉しく思った。


【キョンと鶴屋さんの接糞】


FIN
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2020/01/17(金) 07:27:13.85 ID:xPjqV0eFo
やっぱりお前か
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 07:31:55.21 ID:IiEJTBja0
== SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)ローカルルール ==

SS速報VIPは何かを書きたい人と読みたい人のための投稿サイトです。

SS速報VIPではアダルト・グロテスクな表現などを含むスレッドは立てられません。全年齢な掲示板です。
「家族で笑ってディスプレイを囲んでお茶が飲めないSS」を投稿する掲示板は「SS速報R」へ!
8.71 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)