このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価とコンマ】自分の手で切り開く幻想郷生活七日目

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:36:03.64 ID:d380qYoI0
こーりんどー
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:36:49.61 ID:8Ho6O6ut0
2 三途の川
577 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 22:40:30.58 ID:rllju7AC0
――――

――



〜香霖堂〜

誰に会った?

自由安価直下(香霖堂に居そうなキャラ、特定のキャラにはコンマ判定)


578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:41:09.35 ID:NLVNvVhM0
亜栗
579 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 22:45:41.00 ID:rllju7AC0
亜栗「へい!いらっしゃ――――」

何時ものように扉を開けると、そこには亜栗が居た。

亜栗「…………あー?あー……あー?」

八十神「よぉ」

最近よく見るお客さんの姿を見て、亜栗は何とも言えない表情をしている。

亜栗「えー……ちょっとさぁー。えー……何、イメチェン?」

八十神「イメージを変えるだけでこんなになんねぇよ」

亜栗「だっよねー……」

どうする?
1 亜栗と話す
2 商品を見る

安価直下
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:45:55.29 ID:9ohDEjL10
581 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 22:51:49.27 ID:rllju7AC0
八十神「ちょっと話さねぇか」

亜栗「あら、人生相談かしらん」

煙草を吸う真似をして、亜栗は天井を見つめる。

八十神「……てめぇに人生相談したら、終わっちまうよ」

亜栗「えー?いけずぅ」

八十神「…………」

亜栗「……はー、やだやだ。わたくし、ごく普通の女の子なのに」

何話す?

自由安価下2までのもの
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:52:56.52 ID:P58kf09U0
試し打ち(不意打ちだけど)
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:53:07.91 ID:8Ho6O6ut0
拳銃仕込んだ義手のこと
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:53:08.76 ID:BXxS8A6tO
ナニに堕ちたとしても大事な縁だけは手放しちゃだめだよ?
真面目で可愛い姫様とか、落ちこぼれで可愛い愛弟子とかのは。
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 22:53:44.63 ID:d380qYoI0
怒涛のレスで草
586 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 22:54:36.67 ID:rllju7AC0
>>582>>583合体させまーす。なんで>>584も採用で。
587 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 23:02:13.14 ID:rllju7AC0
義手のあれこれ

八十神「お前と言えば、この義手なんだけど」

亜栗「あーね、なんかちょっと変わったねそれ。ザ!男の子のロマン!みたいになってるけど」

ビシィ!と、亜栗は八十神の右手を指さす。

亜栗「……てか、なんで拳銃と合体してんの?何?クトゥルフのいざこざはわたくしが無かったことにしたんだけど」

あー……いや、でもなぁ……と、亜栗が珍しく頭を悩ませている。

亜栗「穢れが無くなるって、そういうことなのかなぁ……クトゥルフなんて穢れの塊が――ああでも、クトゥルフだしなぁ――」

八十神「えい」

何の脈絡もなく。八十神は、亜栗の身体に、弾丸を放った。

コンマ0以上で――

コンマ直下
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 23:02:45.03 ID:3OWBqUCDo
ぽん
589 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 23:08:50.45 ID:rllju7AC0
コンマ3 痛みはない

右肩に当たって、その勢いでどんがらがっしゃんと亜栗は後ろに倒れた。

八十神「……ちっ、死んでねぇか」

亜栗「こえぇええええええええ!?いや、こわっ!この子こわっ!」

右肩に埋まった弾丸を手で取って、亜栗はそれをテーブルの上に置く。

亜栗「バイオレンス!ベリーベリーバイオレンス!ユー!」

八十神「はいはい」

亜栗「……あーうー。こんな脈絡もなくぶっぱする子じゃなかったのに……変化って怖い」

八十神「やっぱり、わらわ変わったか?」

亜栗「めちゃくちゃ変わってるよー、やだもー」
590 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 23:18:51.25 ID:rllju7AC0
大事な縁だけは手放しちゃだめだよ?

亜栗「あー、まぁ。何だろうね?その……ナニに堕ちたとしても大事な縁だけは手放しちゃだめだよ?」

あ、このナニって言うのはエッチな意味じゃなくて、シリアスな方の意味だからそこんとこ宜しく。と、要らない説明を付け加えて、亜栗は続ける。

亜栗「縁って言うのは、本当に本当に貴重で大事で、凄くて大切なものだからさ、ね?」

八十神「……」

亜栗「具体的に言うと。真面目で可愛い姫様とか、落ちこぼれで可愛い愛弟子とかさ……」

八十神「よく、分かんねぇよ」

亜栗「…………」

八十神「今、わらわにあるのは……」

亜栗「あるのは?」

八十神「……あるのは」

そんな、明るいもんじゃねぇからさ。

と、八十神は言った。
591 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 23:23:48.49 ID:rllju7AC0
昼2

亜栗「あーあー、全く。わたくしの忠告をそんな雑なとらえ方するなんて……もったいない」

八十神「まず、てめぇの言葉は信用できねぇ」

亜栗「あら酷い、前の反省を生かしてシリアスなときにはシリアスするように心がけているのに」

八十神「……」

亜栗「難しく考えんなよ?ご都合主義に、頼っていこうぜ?」

八十神「んだそれ」

何する?
1 商品を見る
2 誰かに会った
3 何処かに行く
4 スペカの強化
5 その他(自由安価)

安価直下
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 23:24:03.34 ID:d380qYoI0
魔翌理沙
593 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 23:32:34.59 ID:rllju7AC0
魔理沙「おーっす、暇つぶしに来たぞー」

その言葉と共に、扉を開けて魔理沙がやって来た。

亜栗「あら、まりちゃん」

魔理沙「気持ち悪い呼び方すんなよ……おっ、八十神もいるじゃないか」

八十神「……おう」

魔理沙「…………お前、本当に、八十神か?」

八十神の姿を見た瞬間から、魔理沙の表情が一気に変わる。

八十神「なぁ、わらわの姿ってそんなに変わったのか?」

亜栗「義手以外何も変わってないよ?ただ、ほら放つ気配がすっげー怖くなってる」

八十神「ふぅん……」

魔理沙「…………」

八十神「とりあえず、こっちこいよ」

何話す?

自由安価下2までのもの
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 23:34:13.19 ID:NLVNvVhM0
やっぱり、少し前よりもっとボインになってるぞ…
亜栗、八十神に何かしたのか?
したならそれを私にもしてくれ。
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 23:34:24.81 ID:99CUeVR0O

それにしてもなんで八十神はそんなにも子供が多かったんだ?
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 23:37:48.16 ID:9ohDEjL10
魔翌理沙
そういや八十神、前と比べて表情がスッキリしてるが何かいいことでもあったのか?
597 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/22(土) 23:52:22.55 ID:rllju7AC0
亜栗、八十神に何かしたのか?

魔理沙「……やっぱり、少し前より……その、大きくなってるよな」

八十神「あ?」

魔理沙「亜栗、八十神に何かしたのか?なんかしたなら私にもしてくれよ」

亜栗「あー……残念ながら、わたくし今回無関係なんすよ」

八十神「……胸、大きくなってんのか?」

亜栗「そのおっぱいだったらちょっとくらい大きくなっても誤差でしょ、誤差」

魔理沙「え、お前関係してないのか?だって、これは……」

亜栗「ええい!おっぱいとシリアスは結び付きません!」

八十神「……胸、大きくなったのかこれ」
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 23:57:10.33 ID:d380qYoI0
純狐さんすごいなあ
599 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 00:03:37.50 ID:4JdqleHB0
それにしてもなんで八十神はそんなにも子供が多かったんだ?

魔理沙「あー……それにしても、何で八十神はそんなに子供が多かったんだ?」

亜栗「あら、まりちゃん。興味津々なんだから」

魔理沙「そ、そういうあれじゃねぇよ!」

亜栗「んもう、顔赤くして否定しちゃって!やだやだ、エッチなんだから!」

魔理沙「そういうてめぇの思考がアウトだろうが!」

……で、どうなんだ?と、魔理沙は八十神にもう一度訊ねて――

コンマ8以上で――

コンマ直下
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 00:07:03.74 ID:d9bCmJoQ0
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 00:07:12.02 ID:5e3RfybR0
余裕
602 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 00:13:12.50 ID:4JdqleHB0
コンマ4 失敗

八十神「…………え?」

ハッとしたように、八十神は魔理沙のほうを向いた。

八十神「いや、悪い。全然話聞いてなかった……何の話し?」

魔理沙「……いや、だから――」

亜栗「はいはい、ストップストップ。一回失敗したのに成功するわけないでしょ?もう今日のチャレンジはおしまい」

魔理沙「は?」

亜栗「ね?」

魔理沙「……お、おう。まぁ、うん。デリケートな話題だからな、うん」

八十神「…………?」

好感度アップ

魔理沙15「何か、変なんだよな……んー?」
603 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 00:14:48.62 ID:4JdqleHB0
※では、今日はこれで終わりにしたいと思います。参加してくださった皆さんお疲れ様でした!

※また明日、お休みなさい……。

※純化の影響は結構酷いぞ!表面に出てねぇだけで!
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 00:17:20.13 ID:d3wLTnWr0
お疲れさま〜

もしかして記憶が?
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 00:17:24.04 ID:6AqOkVar0
乙です
恐るべし、純化
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 00:17:32.10 ID:d9bCmJoQ0
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 00:23:21.47 ID:byoZ9BXTo
全部忘れてただの復讐鬼に成り果てるbadendに
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/23(日) 19:07:23.07 ID:8hRS5dAD0

「復讐」なんかをして失った姉が戻るわけではないと知ったフウな事を言う者もいるだろう


許す事が大切なんだという者もいる



だが自分の肉親をドブに捨てられて


その事を無理やり忘れて生活するなんて人生はあたしはまっぴらごめんだし



あたしはその覚悟をして来た!!




「復讐」とは自分の運命への決着をつけるためにあるッ!
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 19:09:15.80 ID:vgmZWf8RO
ageんなクソボケ
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 19:16:25.43 ID:KL/qI1cZ0
>>609
>>608は作者では?
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 19:30:49.93 ID:vgmZWf8RO
作者ならトリップつけるだろ
単なるクソバカだよこいつは
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 19:51:12.03 ID:E1BMZ6smo
動画貼りつけてたいつもの人でしょ
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 20:43:04.87 ID:5e3RfybR0
確信犯定期
614 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 21:37:25.22 ID:4JdqleHB0
※こんばんは、おそらく22時半位からやっていきます。
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:20:27.83 ID:xi8ZJqguO
好感度20以上ならコミュ安価が3個になりますか?
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:25:51.85 ID:5e3RfybR0
なるはず
617 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 22:33:03.16 ID:4JdqleHB0
>>615

※三つになります。長くなるね!

夜1

八十神「……あー、そろそろ帰るかな」

魔理沙「やっぱり、あいつ」

亜栗「今日はもう止めてね?ね?」

魔理沙「……妙に、あいつを守るな?」

亜栗「そりゃあ、お友達ですからぁ?あー、でも、こういうのはフランたそ的にはNGかなぁー」

八十神「……?」

何する?
1 商品を見る
2 誰かに会った
3 何処かに行く
4 もう帰る
5 スペカの強化
6 その他(自由安価)

安価直下
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:33:13.02 ID:d9bCmJoQ0
依姫の部屋
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:33:32.16 ID:YQXmDMqu0
霖之助さん
620 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 22:37:42.25 ID:4JdqleHB0
※お部屋イベントがしかもこんな状況で出来ると思うなよ!コンマ!

コンマ7以上でお部屋

コンマ直下
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:38:16.98 ID:lF6ww5Yw0
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:39:22.62 ID:YQXmDMqu0
わーお
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 22:47:37.58 ID:E1BMZ6smo
出来るんだよなぁ
624 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 22:52:26.09 ID:4JdqleHB0
コンマ8 成功

――――

――



〜依姫の部屋〜

八十神「…………んだここ?」

月の都に帰ろうと適当にワープをしたら、どこか知らない場所に飛んでしまった。

八十神「あー、不法侵入しちまった。誰かにバレる前に帰ろ――」

依姫「やそ、がみ……?」

背後から、聞いたことのある声がする。

八十神「……もうバレてたか」

依姫「な、何故……八十神が、此処に?しかも、その姿は」

後ろを向くと、寝間着姿の依姫が目と声を震わせていた。

八十神「こんばんは、依姫」
625 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 22:59:14.42 ID:4JdqleHB0
依姫「答えて、下さい」

八十神「……あ?」

依姫「どうして、貴女から――一切の穢れが感じられないのですか」

戦闘体制はまだとっていないが、その声からは警戒が感じられる。

八十神「えーっと、まぁなんだ。依姫?別に、わらわは何も変わってねぇよ」

依姫「そんなわけないじゃないですか!その気配は!まさしく、あの――!」

八十神「落ち着けって、依姫……な?」

依姫「…………」

勝手に座るぞ、と言って。八十神は地べたに胡坐を掻く。

八十神「……本当に変わってねぇよ。分かんだろ?」

依姫「分かり、ませんよ」

八十神「そっか。それじゃあとりあえず、リラックスしろよ――ああいや、わらわがいきなりワープで飛んできたのもあると思うけど」

何話す?

自由安価下3までのもの
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 23:02:24.87 ID:xi8ZJqguO
依姫を抱きしめる
なぜか笑顔と涙が止まらない
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 23:03:47.63 ID:byoZ9BXTo
八十神
そう何も変わってないよ
この身を焦がす怒りの炎は最初から何も変わってない
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 23:14:51.69 ID:DF4YG1ouO
酒盛りといこうか?
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 23:15:19.66 ID:YQXmDMqu0
依姫
純狐か!?純狐に会ったのか!?

で、なんかこの後部屋飛び出して云々みたいなの想像した
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/23(日) 23:15:41.46 ID:d9bCmJoQ0
依姫の布団でそのまま寝落ちする
631 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 23:27:31.52 ID:4JdqleHB0
※例のごとく順番は変えています

酒盛りといこうか?

八十神「あー……酒盛りといこうか?」

依姫「今は、そんな気分じゃありません」

八十神「マジ?前一緒にお酒飲んだ時はノリノリだったのに」

依姫「その時はその時、今は今ですから」

八十神「……つれないねぇ」

やれやれ、と言った表情で八十神は首を振った。

八十神「じゃ、あとで一人で呑もうかなぁ。あーあー、寂しいなぁ」

依姫「随分と楽しそうですね」

八十神「何か楽なんだよ、知らねぇけど」
632 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 23:29:11.14 ID:4JdqleHB0
この身を焦がす怒りの炎は

八十神「そう、わらわは何も変わってないよ」

胡坐に頬杖つきながら、八十神は言う。

八十神「――この身を焦がす怒りの炎は、最初から何も変わってない」

依姫「っ!」

八十神「わらわの愛を壊したのは嫦娥だ。わらわに向けられた愛情を崩したのは嫦娥だ」

何もかもを、あいつは潰しやがった。

八十神「わらわの中の怨みと怒りと殺意とを。全てが嫦娥に向けられる」

依姫「貴女は、本当に……最初から、そんな……?」

八十神「方向が分からなかっただけなんだよ、今までは」

依姫「…………」

八十神「おいおい、そんな目で見ないでくれよ。友人」
633 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 23:42:43.57 ID:4JdqleHB0
依姫を抱きしめる

依姫「……何故」

八十神「ん」

依姫「何故貴女は――そうなってしまったんですか」

八十神「…………」

真剣な眼差しを向けてくる依姫に、八十神は考える。

八十神「だから、わらわは何も変わってねぇよ」

依姫「そんなわけないじゃないですか!」

声が大きく響く。

依姫「何も変わってない……?確かに、姿は変わっていないのかもしれない!けど――――」

八十神「何度も何度も、言わせないでくれよ」

依姫「っ!」

八十神「まぁ、確かに……純化されて色々変化したのかもしれねぇ。けど、本当に――わらわの中身は変わってねぇんだよ」

信じてくれよ、と。八十神は立ち上がって、頭を下げた。

八十神「嫦娥をぶっ殺して、わらわは愛を取り戻す。それだけなんだよ」

依姫「…………あれ」

変な違和感を、感じる。
634 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/23(日) 23:57:00.76 ID:4JdqleHB0
先ほども言っていた言葉に、違和感を感じる。

依姫「愛を取り戻すって、八十神――――」

八十神「あ?」

依姫「……どういうこと、ですか?」

そう、訊ねた瞬間。

八十神「――――」

八十神の中の何かが音を立てて弾けて――。
635 : ◆z07gL4YySg :2020/02/23(日) 23:58:17.22 ID:4JdqleHB0





「愛は――――愛に、決まってるだろうが!」




636 : ◆z07gL4YySg :2020/02/23(日) 23:59:51.56 ID:4JdqleHB0
八十神「そうだ!あいつは――嫦娥はわらわの愛を壊しやがったんだ!」

頭を掻きむしりながら、叫ぶ。

八十神「わらわの思い出を壊したんだ!わらわの幸せを壊したんだ!」

八十神「朝から晩まで真の愛情を確かめ合って!お互いの粘液という粘液を混じり合わせて!心も身体も愛で満たされて!」

発作のように、八十神は続ける。

八十神「――――そうだ!誰かが愛してくれたんだよ!」

八十神「誰が愛してくれたかも関係ない!誰に愛されたのかも関係ない!どうでもいい!そんなことはどうでもいいんだよ!」

依姫「っ…………」

ヒステリックに高笑いをする八十神の姿を見て、依姫はその違和感に気づいた。

――何故、夫を殺されたことに対する怒り恨みを表さないのか。

それは、夫の記憶が無くなっているから。

そのくせ、八十神の「夫への愛情」だけが心の中心に存在している。
637 : ◆z07gL4YySg :2020/02/24(月) 00:09:02.18 ID:b+c/iURF0
八十神「誰でもいいから、誰でもいいから愛してくれ――!壊された愛情と幸せを、わらわに分けてくれ――!」

夫の記憶がないのに、夫への深い愛情が存在している。

だから今、八十神に残った愛が行き場を無くして暴れている。

依姫「八十神――――」

八十神「じゃあなんだ!?お前が――」

その瞬間。

依姫「きゃ……っ!」

八十神「わらわを、愛してくれるのか?」

八十神は無理やり依姫をベッドに押し倒した。

依姫「ちょ、ちょっと――」

八十神「なぁ、そうなんだろ?」

コンマ0で――。

コンマ直下
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 00:09:48.05 ID:R1746UqJ0
南無三
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 00:11:36.28 ID:R1746UqJ0
嗚呼
640 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 00:22:44.35 ID:b+c/iURF0
コンマ5

興奮した八十神にベッドの上で。依姫は抱きしめられた。

依姫「八十神――!」

引き剥がそうとするが、何故か剥がすことが出来ない。

八十神「そうだ、そうだ、これだ、これだよ――――」

依姫を抱きしめたまま、八十神は呟く。

八十神「こういうのを、わらわは求めていたんだ」

は、はは、ははは、ははははは――――。

渇いた笑い声と笑顔のまま、八十神は枕に顔を埋める。

そして。だんだんと声が震えてくる。

依姫「あ、れ……?ちょっと、もしかして――」

八十神「なぁ、なぁ、なぁ――わらわを、愛してくれよ?頼むよ、依姫、なぁ――」

依姫「…………」

コンマ4以上で>>630

コンマ直下
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 00:24:23.46 ID:OPKWnC1Oo
やさしさ
642 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 00:35:06.28 ID:b+c/iURF0
コンマ6 成功

依姫「……あれ」

暫くすると、八十神の口から寝息のようなものが聞こえて来た。

依姫「や、八十神?ちょっと、八十神!?」

抱きしめられたままその状態で、八十神を揺らすが。一向に起きる気配はない。

依姫「……私、この状態で寝るの……?」

依姫「はぁ――――」

そう考えた瞬間、依姫に一気に疲れが襲ってきた。

依姫「…………よしよし」

そして――何となく。その友人の頭を撫でた。
643 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 00:36:14.47 ID:b+c/iURF0
好感度アップ

依姫21「…………八十神」
644 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 00:37:20.28 ID:b+c/iURF0
十五日目終了

【ステータス】
名前:八十神
性別:女
種族:神霊
程度の能力:気ままにワープできる程度の能力
体力:最大級(9)
身体能力:結構出来る(6)
知脳:平均以下(4)
弾幕ごっこ:二ボスレベル(3)


見た目:兎耳の片方に斬られた傷
    片手片足が月の技術で出来た義手義足
    むちむち
    ミリタリチックなズボンとタンクトップ

性格:人好きで人嫌い
口調:男寄り口調
一人称:わらわ
住処:月

スキル:「被虐悲運のウサギ」
     コンマ1を出した際、一度だけコンマ判定を振りなおすことが出来る。弾幕ごっこ時、この効果は相手ターン時のみ発動する。

スペルカード:斉射「オープンファイア」
       3ターンの間。自分ターン時コンマ-2し、相手ターン時コンマ+2する。

       怨符「千三百年の怨嗟」
       2ターンの間。自分ターン時コンマ-3する。

       愛符「今は叶わぬわらわが願い」
       2ターンの間。自分ターン時コンマ-1し、相手ターン時コンマ+3する。

アイテム:「八十神の義手義足」
      八十神が最初に付けていた義手義足。ワープ機能が付いている。

     「ストロングゼロ二十四本入りケース」×2
      外の世界のお酒、市販品未開封。

     「うさ耳バンド」
      兎の耳がくっついたバンド。兎が着けても意味は無い。

     「金属の箱」
     「永遠」と共に居るために必要な物。

【好感度一覧】

レイセン20「いいなぁ……」

豊姫9「もっと女らしい服を着ればいいのに」

鈴仙6「ありがとう、ございます……!」

てゐ10「凄いね、その義手義足」

霊夢8「だって痛そうなんだもん」

紫9「副長さんが、こんな所に居ていいのかしら?」

華扇3「隻腕、ねぇ」

魔理沙15「何か、変なんだよな……んー?」

久侘歌6「ふ、触れちゃいけないやつですかね」

依姫21「…………八十神」

妹紅6「優曇華院ねぇ」

神子11「おお、怖い怖い」

布都4「お主が仙人なわけがない!」

ドレミー5「……衰えましたねぇ」

サグメ5「心配している」

霖之助7「破いたって」
645 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 00:38:24.67 ID:b+c/iURF0
咲夜10「貴女の髪だって十分綺麗じゃないですか」

清蘭4「地上での暮らして不自由はないかなぁ」

鈴瑚4「下っ端にまでよくもまあ」

純狐?「そう、これでいいの」

文10「同じにしないでくださいよ!」

映姫7「穢れが無いくせに、罪は重い」

輝夜8「恥ずかしいわー」

慧音4「本当にすまない……」
646 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 00:39:55.12 ID:b+c/iURF0
※それでは、今日はこれで終わりにしたいと思います。参加してくださった皆さんお疲れ様でした!

※また明日、お休みなさい……。

※愛して(はぁと)
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 00:42:40.40 ID:R1746UqJ0
依姫は八十神の愛を満たせるかな?
648 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 21:36:43.58 ID:b+c/iURF0
※今日はお休みさせてもらいます。許せサスケ。

>>647

※今の八十神を愛で満たすってだけなら簡単だぞ。エッチすればいいから。

※身体ん中で暴れてる「愛」を発散したい、ってのもある。
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 21:59:15.19 ID:dTHvULfTO
依姫の会話の時に今晩エッチしようと言ったら
どれぐらいの成功確率になるんだろう?
650 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 22:45:28.71 ID:b+c/iURF0
>>649

※0で成功で好感度補正で+1する感じ
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 22:49:04.22 ID:dTHvULfTO
ありがとうございます
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 22:52:04.56 ID:zkEmHLVBO
復讐遂げるルートの成功率は?
653 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/24(月) 22:56:34.81 ID:b+c/iURF0
>>651

※ええんやで。

>>652

※復讐っつって何するのか知らんけど、やろうと思えばできるんじゃないかな(何も考えてない)
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 23:50:07.66 ID:OPKWnC1Oo
嫦娥が原作で影も形もないから出せんのでは
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 23:54:04.12 ID:dTHvULfTO
嫦娥討伐を目的とした異変は起こせますか?
656 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/25(火) 00:29:08.35 ID:M4RhbDww0
>>654

※こう、好感度も何も設定しないで。地の文でこう、何とか居る感じで頑張って?姿形は知らん。カエルかな?

>>655

※やるとしてもコンマ判定必須かなー。嫦娥って蓬莱人だから討伐も出来ねぇし、どうすんだろうね。異変って。
657 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/25(火) 22:26:59.59 ID:M4RhbDww0
※すみません、今日も休ませてもらいます。悲しみ。
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 22:35:24.16 ID:K5JZuyI30
かしこまり
659 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 00:32:47.82 ID:8HYXdJZX0
※寝る前にこれだけ。明日すぐやるためにな?

十六日

早朝

どっちが先に起きたよ

偶数 八十神
奇数 依姫

コンマ直下
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 00:39:46.41 ID:ydlkUkNV0
ぐっも
661 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 22:05:25.29 ID:8HYXdJZX0
コンマ奇数 依姫

※こんばんは、23時くらいからちょっとだけやります。
662 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 23:11:48.65 ID:8HYXdJZX0
※やる夫。


――――

――



早朝

依姫「ん、んぅ……」

ぼんやりと目を覚まして。意識がはっきりするまで天井を見つめる。

依姫「寝て、いたのか私は」

そう呟いて、依姫は隣にいるその人物に視線を移す。

八十神「…………」

依姫「……ちょっと驚いたな」

昨日のヒステリックさが嘘のように、八十神は静かに眠っていた。

八十神「……すぴー」

依姫「とりあえず、解放されてるようだし。起こさないように――いや、起こしたほうが良いのかこれは」

どうする?
1 普通に起こす
2 こうやって起こす(自由安価)
3 起こさない

安価直下
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:13:33.54 ID:HztcCrK5O
キスをして起きるまで口を塞ぐ
664 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 23:17:52.16 ID:8HYXdJZX0
※まずは神を納得させてからだよ。確認はまた後で。

コンマ0で

コンマ直下

好感度+1

※被虐悲運の兎判定なし
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:23:57.21 ID:i6WQjJw+0
zero-
666 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 23:24:54.62 ID:8HYXdJZX0
コンマ1 失敗

※さーいーあーんーかー

どうする?
1 普通に起こす
2 こうやって起こす(自由安価)
3 起こさない

安価直下
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:29:22.62 ID:hJFvCXo/0
キスはキスでも額にキスする
668 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 23:33:07.77 ID:8HYXdJZX0
※へいへいへい!コンマビビってる!へいへいへい!

コンマ9以上で

コンマ直下

好感度+1

※被虐悲運の兎判定なし
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:34:15.81 ID:ydlkUkNV0
てけり
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:34:22.90 ID:m3+/4wkRo
ほえ
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:34:53.82 ID:ydlkUkNV0
ごめん
672 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 23:36:08.67 ID:8HYXdJZX0
コンマ1 失敗

※再々安価

どうする?
1 普通に起こす
2 こうやって起こす(自由安価)
3 起こさない

安価直下
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 23:36:33.88 ID:HztcCrK5O
膝枕をして起きるまで待つ
674 : ◆z07gL4YySg [saga]:2020/02/26(水) 23:46:16.02 ID:8HYXdJZX0
※三回目やし普通に採用な。

依姫「…………よっと」

何となく、寝ている八十神の頭を太ももの上に乗せる。

八十神「ん、ぅ……」

寝間着越しに感じる、八十神の感触がなんだがくすぐったい。

依姫「……あれ、これってかなり恥ずかしいことをしているんじゃ――」

いや、いやいやいや。と、頭を横に振る。

依姫「あー、こほん。とりあえず、起きるまでこうしておこうか……な」
309.07 KB Speed:5.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)