西住みほ「カードゲーム詰め合わせです!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 13:46:53.24 ID:Ru6iyclXo
沙織「ゆかりん、どうしたの?それ」

優花里「実は、ホビーショップでカードゲーム詰め合わせっていうのを手に入れまして」

みほ「かーどげーむ?」

華「カードと華道って響きが似てますね」

沙織「それはどうなのよ……」

優花里「せっかくですので皆さんと遊ぼうかと思って持ってきたんです」

沙織「へー、いいじゃんやってみよ!やっぱ男を堕とすならインドア趣味も理解してあげないとね」

みほ「沙織さん彼氏の趣味に合わせてあげるタイプ、だもんね」

沙織「えへ」

華「できたことありませんけどね」

沙織「むー、これからできるの!」

優花里「じゃあこれを使って、来たるべき戦いに向けて修行してみます?」

沙織「戦い?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1581396412
2 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 13:51:20.71 ID:Ru6iyclXo
優花里「カードゲーマーは人生の重要な戦いにカードを用いると聞いたことがあります!」

みほ「えぇ……」

優花里「強くなければ人生は切り開けない、ということです!」

華「まさに人生の切り札、ですね」

沙織「そっか……。どんな人と結ばれるかなんてわかんないもんね。ちゃんと修行しといた方が良いよね!?」

優花里「はい!ここで修行して、素敵な彼氏を自らの手で掴み取るんです!」

華「素敵ですか……?」

みほ「優花里さん、なんだか積極的だね」

優花里「あいえ、私は西住殿……皆さんと遊ばれば別に何でもいいんですけど」

みほ「アハハ……」


沙織「最近の男は強い女子の方が好きって言うもんね!」

沙織「やってみよっか、カード修行!」

華「そうですね」
 
沙織「麻子は……」

麻子「Zzz……」

みほ「寝てるね」

沙織「じゃいいや、私達だけでやろっか」

沙織「よーし!カードでモテモテ作戦!」

優花里「パンツァー・フォー!」

みほ「お、おー……」
3 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 13:54:43.07 ID:Ru6iyclXo
沙織「で、何が入ってるの?」

優花里「えっとですね」

優花里「これが遊戯王で、こっちがデュエルマスターズ」

優花里「それとバトルスピリッツに、ヴァンガードですね」

みほ「あー」

沙織「うーん、なんとなく聞いたことあるかも」

華「ほんとですか?」

優花里「私も名前だけは知っていますから、たぶん有名どころなんだと思いますよ」

沙織「じゃあ、このへん押さえておけばオッケーってわけね」

華「簡単に学べるものなのでしょうか?」

沙織「前進あるのみだって!」

みほ「そうだね」ニコッ


優花里「じゃあ、まずはデュエルマスターズからやりましょう。これが一番対象年齢が広そうです」

沙織「わかった!」

優花里「武部殿の相手、誰がやります?」

華「では私、よろしいですか?」

優花里「分かりました、ではこちらをどうぞ」

沙織「ありがと華」

華「手加減はいたしません」
4 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 13:58:29.45 ID:Ru6iyclXo
華「まるわかりガイドというのが入ってますね」

沙織「説明書これだけ?こんなペラ紙1枚で大丈夫?」

優花里「大丈夫ですよ。購入層のことを考えれば、ちゃんとすぐ遊べるよう配慮されてますって」

華「そうですね」

優花里「私読みますよ」

沙織「そう?じゃお願い」

みほ「あ、じゃあ華さんのは私が読むね」

華「すみません」

優花里「5つの文明のクリーチャー達が激しくぶつかり合い、魂を揺さぶるド迫力のカードゲーム、デュエマ。だそうです」

華「魂ですか。熱くて素敵です」

沙織「カードってそもそも何する遊びなの?」

優花里「カード同士を戦わせて、相手を倒すんですよ」

沙織「ふーん。まあ男の趣味って感じね」


優花里「じゃ読んでいきますね。まず、山札と超ガチャレンジ?というのをそれぞれシャッフルして置きます」

優花里「裏面の青いカードが普通の山札、白いカードが超ガチャレンジだそうです」

華「確かに、裏面が違いますね」
5 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 14:01:31.06 ID:Ru6iyclXo
沙織「がちゃれんじ……??って何なの?」

優花里「まあ、ガチャのチャレンジでガチャレンジじゃないですか?」

沙織「あー、みんな好きだよねーガチャ。私もはやく彼氏ガチャSSR引きた〜い」

華「回したことあるんですか?」


優花里「置いたら、山札から5枚を中身を見ずにシールドゾーンに置きます」

沙織「シールドって何〜?」

みほ「シールドは攻撃の的で、全部壊されてから直接攻撃されたら負けなんだって」

優花里「まるで殲滅戦ですね。シールド5両にプレイヤー1両の6両編成です!」

沙織「なるほど、それ全部やっつければいいんだ」

華「それなら簡単です」

《超GR》《山札》【■■■■■】

【□□□□□】《山札》《超GR》


優花里「置いたら、山札からさらに5枚を引いて手札にします」

《手札/□□□□□)

沙織「引いたよー」

華「はい」

優花里「そしたら、ジャンケンして勝った方が先攻でゲーム開始です!」

沙織「じゃんけんグー!」

華「パーです」
6 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 14:05:58.11 ID:Ru6iyclXo
華「では私の番からですね。みほさん、ご指示を」

みほ「あ、うん。えっと、最初はね……」

みほ「手札から1枚をまなちゃーじ?するんだって。カードを使うのにはまなが必要だから……」

沙織「まな……?あー、やっぱりモテるにはマナがなってないとね」

華「それを言うならマナーでは?それで、どうやるんですか?」

みほ「ああえっと、《上下逆/∀}にして絵柄の方を上にしてシールドの手前に置くの」

華「ここですか?」

[バトルゾーン]
【□□□□□】
〈∀───〉


みほ「うん、そこ!」

みほ「そうしたら、カードを使えるの。『カードのコストと同じ数だけまなゾーンのカードをたっぷ?すればOK』……」

沙織「たっぷ?」

優花里「カードを横向きにすることです!」

華「分かりました。ということは、今ならコストが1のカードを使用できるのですね」

みほ「うん、きっとそう!」

華「ありませんね」

みほ「え」


みほ「……。ない場合、ターンは終わりかな?」

華「あら、もう終わりですか?」

みほ「うん」
7 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:09:26.48 ID:Ru6iyclXo
沙織「じゃあ私の番ね。まずは1枚逆さま……だけど」

沙織「どれ出せばいいの〜!?」

優花里「あ、いえ。後攻からはターンの開始に1枚引けるんです」

沙織「ほんと?じゃ後攻の方が有利じゃん!」

優花里「あと、とりあえずマナにするのはコストの高いものじゃないですか?」

沙織「そっか、手札にあっても今は使えないしね。じゃ1枚逆さまに出す、と」

〈───A〉
【■■■■■】
[バトルゾーン]


優花里「マナチャージは強制ではないみたいです」

沙織「そりゃ、手札から出してくんだからそうなんじゃない?いつか出せなくなっちゃうじゃん」

華「そうですね」

優花里「そしたら、カードを使って下さい!」

沙織「うん、私の番も終わり!」

優花里「……。またですか」

沙織「だってないもん、コストが1のカードなんて」


華「では私の番。今度は私もカードを引けるんでしょうか?」

みほ「そうだと思うよ」

華「ではカードを引いて、まなゾーンにカードを置きます」

〈∀∀───/+1〉

華「そうしたら、コストが2つのカードが使えるんですよね」

みほ「うん。コストと同じ数のマナゾーンのカードを横にしてカードを場に出してください」

[バトルゾーン]
【□□□□□】
〈∀∀───〉
8 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:14:28.35 ID:Ru6iyclXo
みほ「あ」

華「はい?」

みほ「その時、カードの文明と同じ文明のカードを最低1枚たっぷすること……だって」

華「文明と言えば、最初のページにも書いてありましたね」

優花里「光・水・闇・火・自然の5つですね」

沙織「私のカードはこれ、闇なのかな。黒いし」

華「ではこちらは自然……、でしょうか?緑ですから」

沙織「なんか1つだけ漢字2文字なのって変じゃない?もっと他にもなかったの?」

優花里「不自然ですね」

みほ「不自然って……」


みほ「今マナゾーンのカードは、2枚とも緑だから、同じ色のカードを使っておけばいいのかな?」

華「でしたら私、このカードを使います」

華「《ボーボボ・ボーボ坊/2}です」

《ボーボボ/3000}
〈'<<,───〉


みんな「……」

沙織「……何?そのカード」

華「《ボーボボ・ボーボ坊》です」

沙織「いや、それはそうなんだけど……。名前よ」

優花里「なんか聞いたことある名前な気がしますが……」

華「この、3000というのがカードの強さの数値ですか?」

優花里「あ、はい。カード同士のバトルで使うみたいです」

華「それでは、このカードで攻撃をしかければよろしいんですね」

みほ「あ、えっと。召喚したばかりのくりーちゃー?は召喚酔いしていて、このターン攻撃はできないんだって」

沙織「なに、酔うの?」

優花里「車酔いみたいなことですかね」

沙織「もー、怪物の割にだらしないんだから〜」

みほ「アハハ……」
9 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:20:05.83 ID:Ru6iyclXo
華「クリーチャー、というのが攻撃をするカードなんですね。あ、《ボーボ坊》にも書いてありますね」

沙織「てことは、最初の番にはカードが出せなくて、次の番に出しても攻撃できなくて……。攻撃するまで3回もかかるってこと?」

優花里「戦車道と同じです。戦闘が起こるのは少し時間が経ってからなんですよ」

華「それならば納得です」

みほ「いいのかな、そんな解釈で……」

沙織「じゃあこっちの番」

〈+1/───AA〉
【■■■■■】


沙織「やった、私もカード使える!……けど、何なのこのカード……」

優花里「どうしました?」

沙織「まあいいや、{2/凶鬼51号ハーシル》!」

〈───'>>,〉
{1000/ハーシル》


みほ「凶鬼……」

華「気合入ってますね」

沙織「こっちのカード変なのばっかり〜!私もそっちのにすればよかった」

沙織「ていうか、同じコスト2つのカードなのに{1000/ハーシル》と《ボーボボ/3000}って」

沙織「《ハーシル》弱くない!?」

優花里「全然凶鬼じゃないですね」

華「謎です」


華「それではこちらの番です」

みほ「そしたら、今回からカードを引いた後にあんたっぷもしてください」

華「アンタップ、ですか?」

みほ「横になったカードを縦に戻すの。それでまた使える様になるから」

〈<<───〉

華「分かりました。その後、まなチャージですね」

【□□□□□】
〈'∀∀,∀──/+1〉
10 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:23:06.27 ID:Ru6iyclXo
華「では今回はこちらのカードを使ってみます」

華「《超GR・チャージャー/呪文/3}です。使ってよろしいんですよね?」

みほ「うん。呪文はくりーちゃーと違って使い切りだから、使ったら墓地に置こう!だって」

沙織「へえ、そういうのもあるんだ」

華「では、このカードに書いてある通りにします。ガチャレンジ召喚する……」

華「かっこ、ガチャレンジ召喚。自分の超ガチャレンジの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する……」

《ボーボボ》
【□□□□□】《山札》《超GR》
〈<<<──〉


華「《ここ/超GR)の上から1枚目を、場に出すのですよね?」

みほ「そのはずだけど……」

華「ではめくってみます。はい」


《鋼特QダンガスティックB/4/2000+}


華「あら、光ったカードです」

優花里「レアカードですよ!」

みほ「華さん運良い〜」

沙織「え、それがいきなり出てくるの!?」

華「はい。こちらのカードを、コストを支払ったものとして召喚……できると」

華「支払ったものとして、というのは、支払わずに出せるということでよろしいのですよね?」

みほ「たぶん……」

華「では出してしまいます。クレームは受け付けません」

優花里「さすが五十鈴殿、肝がすわってます」

華「そして、この呪文は唱えた後、マナゾーンに置くそうです」

【□□□□□】
〈<<<∀──/+1〉


沙織「ずるーい、そのカード!」

華「そうですね、何だか便利な気がします」

沙織「気がするなんてレベルじゃないじゃ〜ん!」
11 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:26:24.87 ID:Ru6iyclXo
みほ「じゃあ、今度こそ攻撃できるからやってみよう」

《ボーボボ/A]《ダンガス/…}

華「今出した《ダンガス》は、召喚酔い……?でしたっけ、で攻撃できないのですよね?」

みほ「うん」

沙織「あれ、随分自信満々じゃん」

みほ「えっとね、《怒ピッチャコーチ》ってカードからガチャレンジ召喚されたカードはすぐに攻撃できるってガイドにあるから」

みほ「逆に言えば、それ以外は召喚酔いするってことなんじゃないかな」

優花里「きっとそうです!」

華「分かりました。では、《ボーボボ/A]で攻撃をします……。えっと」

みほ「カードをたっぷしてください」

華「こうですね」

《ボーボボ/<]


沙織「何なに、これで私の何が傷つけられちゃうわけ!?」

みほ「沙織さん……」

華「待ってください、まずは《ボーボボ》の効果です」

沙織「え、こんな時に使えるの?」

華「はい。このクリーチャーが攻撃をする時、と書いてありますから」

優花里「どんな効果なんですか?」

華「このクリーチャーと、自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ……?を入れ替え」

華「そのクリーチャーで攻撃を続行するそうです」

みほ「へえ……、ふしぎな効果だね」

優花里「それで、自分より強いカードに入れ替えるんですね!」

華「ああ……。なるほど、そういうことですか」
12 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:33:18.13 ID:Ru6iyclXo
華「それでジョーカーズというのは、このカード達の分類の様なものでしょうか?」

みほ「うん。このスタートデッキはじょーかーずのカードでできてるみたいだから、そうなんじゃないかな」

華「本当です、皆さんお持ちのようですね」

沙織「私のには書いてないなー」

優花里「こちらは《マフィ・ギャング》ですね」

沙織「え、ギャングなんだこっち……」

華「ですと、私のマナゾーンのコスト4以下のカードは……。こちらですね」

《ボーボボ/<]
【□□□□□】
〈《6/<}《6/<}《4/<}《3/∀}─〉


華「《ガチャダマン/4}。このカードと入れ替え、攻撃を続けます」

《ガチャダマ/<]《ダンガス/…}
【□□□□□】
〈<<《ボーボボ/<}∀──〉


華「そして、《ガチャダマ]が場に出たことで、その能力を使用できます」

華「もう1回、ガチャレンジ召喚です」

沙織「え、また!?」

優花里「うわ、強い……」

華「そうですね。今度は……」

《バツトラの父/1000}


華「《バツトラの父]……ですね」

《ガチャダマ/<]《ダンガス/…}《バツトラ/…}

みほ「《バツトラの父》……??」

沙織「だからなに?そのカード。バツトラって何??」

優花里「気にしてもムダですね……」

華「それで、どこに攻撃をするのでしょう?」

みほ「あ……、攻撃はね。シールドか、[>/タップ》している相手のくりーちゃーにするの」

華「[∀/ハーシル》には攻撃できませんね。なら、シールドを狙います」

みほ「狙うシールドは、攻撃する側が選ぶんだって」

華「では、端から削っていきましょうか」

【'X,■■■■】
[∀/ハーシル》


華「命中です」

沙織「あー、やられちゃった!」

優花里「壊されたシールドのカードは、手札に入れていいみたいですよ」

沙織「ほんと?だったらガンガン攻撃された方が良いじゃん!」

華「それだとすぐ負けてしまうのでは……?」

みほ「アハハ……」
13 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:37:38.34 ID:Ru6iyclXo
沙織「まあでも、これで攻撃は終わりでしょ?」

華「いえ、まだ攻撃できます」

沙織「え、なんで?《ダンガス/…}も《バツトラ/…}も出たばっかで攻撃できないんでしょ?」

華「《ガチャダマ]の能力により、私の場のガチャレンジクリーチャーは全て、{まっは・ふぁいたー}?という力を得ているみたいなんです」

《ダンガス/GR}《バツトラ/GR}


沙織「何よそれ」

華「場に出した番の間だけ、《向き/∀・>]を問わず相手のクリーチャーを攻撃できる、と」

沙織「はー!?」

【─■■■■】
[∀/1000/ハーシル》

《ダンガス/2000/A(マッハ)]《バツトラ/A(マッハ)]

華「では、《ダンガス/2000}で{1000/ハーシル》を攻撃します」

【─■■■■】
[X/破壊)


華「やりました!」

沙織「いややりました、じゃないから。ズルくないそっち?めちゃめちゃ強くない?」

みほ「ま、まあ……。まだ始まったばかりだから」

華「勝利は譲りません。沙織さん、お覚悟」

みほ「華さん、容赦なし……」

沙織「そっちがそう来るならいいわよ、こっちにだって考えがあるんだから!」

沙織「私の番」

〈+1/───AAA〉
【─■■■■】


沙織「このカード、使えるんでしょ!?」

優花里「は、はい!」

沙織「それならこれ!」

{3/衰罪デ殺パイダー》

〈───'>>>,〉
【─■■■■】
14 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:40:47.58 ID:Ru6iyclXo
沙織「えーなになに。ガチャレンジクリーチャー1体につけるか、1体ガチャレンジ召喚してそれにつける……」

沙織「だから、私もガチャ回せるってことだよね!?」

優花里「そうです、《超GR》から1枚目を出して……」

沙織「何が出るかな〜、そりゃ!」

{4000/シニガミ丁−四式》


沙織「あー、レアカードじゃな〜い!」

みほ「あ、でも、数字はすごく高いよ」

優花里「ほんとです、パワー4000ですよ!」

優花里「それに、{+2000/デ殺パイダー》は{4000/四式》にくっつけて、パワーを合計できるんです!」

【─■■■■】
{6000/四式パイダー》


みほ「合体しちゃった……」

華「さらに厳つくなりました」

優花里「こうやってどんどん重ねていくのがこのデッキの戦い方なんです!2枚以上つけることもできるみたいですよ」

沙織「いいじゃんいいじゃん!これなら一気に逆転できちゃうんじゃない!?」

優花里「まだ《パイダー》の効果もありますよ!」

沙織「え、どれ?ああこれね」


沙織「相手のクリーチャーのパワー-2000、0になったら破壊だって!」

《ガチャダマ/3000}《ダンガス/2000}《バツトラ/1000}

沙織「あやった、《レアカード/2000}を倒せるじゃん!」

華「あらあら」

《ガチャダマ](破壊/X]《バツトラ]


沙織「そしたら攻撃!」

優花里「あ、いえ、召喚酔いしてますから」

沙織「あ……」

沙織「む〜。何なのよー、召喚酔いって!《デ殺パイダー》とか名乗ってるのがそんなタマなわけ!?」

優花里「それは確かにそうですけど……」

華「見かけによりませんね」
15 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:44:43.07 ID:Ru6iyclXo
華「ではこちらの番です」

《ガチャダマ]《バツトラ]
【□□□□□】
〈∀∀∀∀∀─/+1〉


華「もう1体《ガチャダマン/4}を出します」

《ガチャダ]《バツトラ]《ガチャダ]
〈'<<<<,∀─〉


華「《ガチャダマ]の能力で、1回ガチャレンジ召喚します。はい」

《K2マッチョ/2000+}


華「あらまあ」

沙織「ケツマッチョ……」

優花里「ひどい……」

沙織「カードゲームってこんなカードばっかなの!?」

みほ「それは困るね……」


【─■■■■】
{6000/四式パイダー》

《ガチャダ/A]《バツトラ/A]
《ガチャダ/…}《K2/2000/マッハ}

華「《ガチャダマ》の能力で《K2》は今だけクリーチャーに攻撃可能になりましたけど、勝つのは無理ですね」

沙織「ふふーん、そんなんじゃうちの子は倒せないよ〜だ!」

華「では、片っ端からシールドを破壊していきましょう。ここで2枚破壊してしまえば、勝利は目前です」

沙織「え、なんで?」

優花里「いや【'XX,■■】《<<AA]こうされたら、次の武部殿のターンで《1体/<]倒したとしても」

優花里「【─■■】《─AAA]こうです。これでは直接攻撃されて負けてしまいます」

沙織「じゃあ次のターンで2体倒せばいいんでしょ?」

華「どうやるんですか?」

※次のターン

{∀/四式パイダー》

《<]《<]《A]《A]


沙織「え、だって横になってるクリーチャーには攻撃できるんでしょ?だったら何か出して2回攻撃すればいいじゃん」

優花里「召喚酔い……」

沙織「あ」

沙織「……、あそっか、やばいじゃん!」

沙織「あいや、だったらまた《パイダー》を引けばいいでしょ。それで解決!」

華「引けますか?」

沙織「……。どうしよゆかりん〜!?」
16 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:48:34.19 ID:Ru6iyclXo
優花里「引くしかないですよ」

沙織「そんなのムリ〜!」

華「《バツトラ]でシールドを攻撃します」

【─'X,■■■】


沙織「ちょっと、少しは手加減しなさいよ!」

華「容赦はありません。さ、破壊されたシールドを手札に加えてください」

沙織「うー、ひどい……」

沙織「あ」

優花里「あ」

みほ「?」

華「はい?」

沙織「ねえこれって……」

優花里「やりました、運が向いてきましたよ!」

華「なんですか?」


沙織「なんだかよくわかんないけどこれ!シールドトリガー!」

みほ「あ〜……」

華「それは一体……?」

沙織「この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてよい、だって!」

華「あらまあ。それで、そちらはどういったカードなのでしょう」


沙織「えっと、{呪文/父なる大地》!」

華「父なる??」

沙織「相手のクリーチャーをマナゾーンに置いて、代わりにこっが指定したクリーチャーを相手のマナゾーンから相手側に出す……、でいいのかな」

みほ「入れ替えですか?」

沙織「あれ、これ意味あるの?」
17 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:51:01.53 ID:Ru6iyclXo
優花里「ありますよ。新たに出たカードは召喚酔いするんですから」

みほ「そっか、攻撃してないカードを入れ替えて、攻撃回数を減らせるんだ!」

沙織「そういうことね!なら、まだ攻撃してなくて今回攻撃できるカード……」

《ガチャダ/A]《バツトラ/<]
《ガチャダ/…}《K2/マッハ}


沙織「《ガチャダマン/A]を選べばいいわけだ!」

〈<<<<∀《ガチャ/∀}/+1〉

沙織「それで代わりに1体選ぶ……。《ボーボボ》?」

〈<<《ボーボボ/<}<∀∀〉


沙織「え、これどういう状態で出すの?《このまま/<}?」

優花里「入れ替える、の時は入れ替える先の状態になるとありましたけど」

沙織「今回は別に入れ替えてるわけじゃないのかな」

華「どかして、新たに出す感じですね」

沙織「じゃあ《こう/A]でいいんじゃない?どうせ攻撃できないんだしさ」

華「わかりました」

《バツトラ/<]
《ガチャダ/…}《K2/マッハ}《ボーボボ/…}
〈<<<∀∀──/-1〉


優花里「なるほど、シールドトリガーがあるので一方的に攻撃されていても反撃のチャンスがあるんですね」

みほ「うん。運頼みなのがちょっと不安だけど……」

沙織「まあでも、これで攻撃は終わりでしょ?」

華「仕方ありません」

優花里「いや〜、危ないところでしたね」

沙織「ここからどんどん逆転していっちゃうからね、私の番!」

〈+1/──AAAA〉
【──■■■】
[∀/四式パイダー》
18 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 14:56:28.99 ID:Ru6iyclXo
沙織「まず、{2/凶鬼56号ゴロン》を出してー」

〈──'>>,AA〉
[四式パイダー》[ゴロン》


沙織「これって、〈マナ〉が残ってたらもう1枚カードを使えるよね?」

優花里「はい、マナがある限り何枚でも大丈夫ですよ」

沙織「なら、{4/葬罪ホネ損ビー》も使っちゃう!」


華「沙織さん?」

みほ「コスト4つですか??」

優花里「あ、問題ありません!」

沙織「(手札/ホネ損ビー》には、むげつの大罪2……?とかって能力があるからね!コストを2つ減らして使えるんだって」

華「それはすごいですね」

沙織「《ホネ》もガチャレンジ召喚してからくっつけて出す、と」

{2000/オーマ丙−二式》
{+2000/ホネ損ビー》

〈──>>>>〉
【──■■■】
{…/ゴロン》{…/二式ホネ》
{∀/6000/四式パイダー》

《バツトラ/1000/<}


沙織「《ホネ》をつけた時、山札の上1枚を墓地に置いて、それが闇の《オーラ》なら1枚引く……」

華「オーラ、ですか?」

優花里「《パイダー》や《ホネ》のようなつけて出すカードのことです!」

{クリーチャー/デュラン・ベルトラン》

沙織「あー、違うね」

沙織「そしたら{6000/四式パイダー》で《バツトラ/1000}を攻撃!」

華「こちらの負けですね」

(破壊/X]
《ガチャダA]《K2/A]《ボーボボ/A]
【□□□□□】


沙織「これで終わり!」

華「ようやく反撃開始ですね」

みほ「うん。勝負はここからだよ!」


優花里「あの〜」

沙織「ん、なに?」
19 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:00:47.71 ID:Ru6iyclXo
優花里「最後に[ホネ》のコストを減らしたツケを払わないといけないんです」

沙織「え、そんなのあんの!?」

優花里「書いてありますよ……」

沙織「げ、ほんとだ!」

みほ「ツケがあるんだ……。それはそうか」

沙織「自分のクリーチャーを1体破壊……。破壊!?」

華「それはまた、結構重いツケですね」

沙織「嘘ぉ〜!?じゃ、[ゴロン》を破壊するしかないかな……」


沙織「あっ……」

みんな「?」

沙織「あー、そういうことね!」

華「どうしました?」

沙織「《ゴロン》は、破壊された時に相手の《縦/A]のクリーチャーを1体破壊だって!」

華「おや?」

みほ「あー、そういうこと!」

沙織「あれ、こういうのなんて言うんだっけ?組み合わせて……、あそう、コンボだ!」

優花里「そうです!こういうコンボがこのデッキの強みなんです!」

沙織「うんうん、分かった!じゃあ《ボーボボ]を破壊ね!」

《ガチャダA]《K2/A](破壊/X]
【□□□□□】


沙織「これで私の番は終わり!」
20 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:09:26.95 ID:Ru6iyclXo
華「悠長に構えるのはよして、早めに攻めた方が良さそうですね」

華「《超GR・チャージャー/3}を使います。ガチャレンジ召喚です」

〈'<<<,∀∀'∀,──/+1〉


《Theカップラー漢/3000}


華「……。カップラーメン……ですね」

沙織「ぷ」

みほ「ふふ」

優花里「いや、恐れ入りますね」

みほ「なんだか楽しそうなカードいっぱいだね」

華「そうですね、やはり男の子向けの極みです」

【──■■■】
{∀/4000/二式ホネ》
{>/6000/四式パイダー》

《カップラ/3000/マッハ}
《ガチャダマ/A]《K2/A]


華「では、《K2]でシールドを攻撃します」

【──'X,■■】

沙織「あ!」

華「あ?」

みほ「ああ……」

沙織「やった、シールドトリガー!」

{呪文/ナチュラル・トラップ》


華「あー」

沙織「相手のクリーチャー1体をマナゾーン送りだって!《ガチャダマ]ね」

華「それは困りました」

《カップラ/…}《移動/X]《K2/<]
〈<<<∀∀∀'∀,─/+1〉


華「打つ手なしです」

沙織「よし!これはいけそうじゃない!?」

優花里「流れが来てますね!」
21 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:15:16.53 ID:Ru6iyclXo
〈+1/──AAAAA〉
【───■■】
[四式パイダー》[二式ホネ》

沙織「もう1体{3/衰罪デ殺パイダー》!ガチャをやってくっつけるから!」

{1000/サツイ丙−一式》
{+2000/衰罪デ殺パイダー》


沙織「それから[パイダー》をつけた時、相手1体のパワーを-2000して、0になったら破壊!」

《カップラ/3000}《K2/2000}

沙織「《K2マッチョ》が倒せるよね!」

{…/一式パイダー》
[∀/四式パイダー》[∀/二式ホネ》

《カップラ/A](破壊/X]
【□□□□□】


沙織「これでようやくシールドに攻撃できそうね」

優花里「時間かかりました……」

華「というか、こちらが攻め急いでいたのでは?」

みほ「そうかも」

優花里「デッキによって攻める速さが違うんですね」

沙織「うーん、やっぱそういうのあるんだね」

沙織「じゃ攻撃!」

【───■■】
['>,/四式》['>,/二式》

《カップラ/A]
【□□□'XX,】


華「シールドは手札へ……。トリガー?はありませんね」

沙織「やった!勝てそうな感じしてきたじゃん!」

優花里「はい!」


華「そうはいきません、私の番です」

【□□□──】
〈∀∀∀∀∀∀∀─〉

華「《怒ピッチャコーチ/4}を出します」

〈'<<<<,∀∀∀─〉


みほ「あ、そのカード!」

華「はい。場に出た時にガチャレンジ召喚できます」

沙織「またぁ?倒しても倒してもきりがないじゃ〜ん!」

《マシンガン・トーク/1000}
22 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:20:21.23 ID:Ru6iyclXo
華「それだけではありません。《怒ピ》から出されたマシンガン・トークは……」

優花里「怒ピ……」

華「スピード・アタッカーとなり、召喚酔いしません!」

沙織「えー!?あ、さっきみぽりんが言ってたやつ!?」

華「はい」

沙織「なんでこのタイミングで来ちゃうのよー!?」

【───■■】
[∀/3000/一式》
[>/6000/四式》[>/4000/二式》

《カップラ/3000/A]《マシンガン/1000/A]
《怒ピ/…}


華「2体でシールドを攻撃です!」

【───'XX,】

《カップラ/<]《マシンガン/<]


沙織「ぐー、まずいじゃん!シールドなくなっちゃった!」

優花里「トリガーもありませんでした」

みほ「これで、次の番で直接攻撃すれば華さんの勝ちになるんだね」

華「はい。あと一息です!」


沙織「え〜、どうすりゃいいのよぉ〜!?」

優花里「落ち着いてください、まだ手札はいっぱいありますから」

沙織「だって、もうどれ出せばいいのか分かんない〜!」

みほ「と、とりあえず強そうなカードを出せばいいんじゃないかな」

沙織「強そうなの……?」
23 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:23:23.49 ID:Ru6iyclXo
〈──AAAAA〉
【──────】
[四式パイダー》[二式ホネ》[一式パイダー》

沙織「えっと、じゃあ……」

沙織「むげつの大罪2!……だからコストが2つ減って」

沙織「{7/牙滅罪ゲ邪ンブルグ》……を場に出てる[二式ホネ》につける!」

〈──'>>>>>,〉
{4000/二式ホネ》
{+4000/ゲ邪ンブルグ》

[∀/四式パイダー》[∀/一式パイダー》
[∀/二式ホネンブルグ》


沙織「もー、ほんと変な名前!」

優花里「出ました、このデッキのレアカードです!」

みほ「すごーい、3枚合体!」

華「そちらは真っ当な男の子向けですね」

沙織「これって、ガチャレンジ召喚してくっつけるんじゃなくて」

沙織「元からいたのにつけたら攻撃はできる?」

優花里「できますよ!それが強力なんだとガイドのお墨付きもあります!」

沙織「ほんと!?じゃあ攻撃!」

優花里「あ、いえ。その前に効果を……」

沙織「あそっか!それじゃあ……、つけた時に相手のクリーチャーのパワーを-5000!」

華「5000もですか?」

《カップラ/3000/<]《マシンガン/1000/<]
《怒ピ/3000/A]


沙織「《怒ピ》のパワーをマイナスさせて、0になったら破壊ね!」

華「あらあら」

《カップラ/3000/<]《マシンガン/1000/<]
(破壊/X]
【□□□──】
24 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:26:27.10 ID:Ru6iyclXo
沙織「あっ……。よし!ここで一気に決めちゃうから!」

みほ「?」

華「《ゲ邪ンブルグ》、強そうですね」

沙織「[二式ホネンブルグ》で攻撃!」

[∀/四式パイダー》[∀/一式パイダー》
[>/8000/二式ホネンブルグ》


沙織「んで、《ゲ邪ンブルグ》の-5000がもう一回使えるから!」

華「まあ」

沙織「《カップラ]は破壊!」

(破壊/X]《マシンガン/<]
【□□□──】


沙織「そして、[二式ホネンブルグ》はぱわーどぶれいかー……?が与えられてて」

沙織「パワー6000につき1枚、シールドを追加で破壊!」

みほ「あ」

華「これはいけません」

沙織「これで《2枚/□'□□,】破壊すれば、[四式》と[一式》の攻撃で終わり、でしょ?」

【□'XX,──】

華「あらあら」

みほ「まずい!」

沙織「続けて[一式》で最後のシールドを攻撃!」

【'X,────】


優花里「シールドを全部壊しました!」

沙織「やった、勝った勝った!」
25 : ◆AHAsA7XoCo [saga sage]:2020/02/11(火) 15:28:48.09 ID:Ru6iyclXo
優花里「やりましたね!」

華「……。あ」

みほ「あ」

優花里「……?あっ……」

沙織「ん?」

華「すみません、シールド・トリガーです」

沙織「あ!」

《ナチュラル・トラップ》


沙織「あー、そのカード!そっちにも入ってんの!?」

華「そうみたいですね」

沙織「うそーん!?」

華「相手のクリーチャー1体をマナゾーン送りにします」

〈+1/──'A,>>>>>〉
[X/移動)[>/一式》
[>/二式ホネンブルグ》

《マシンガン/<]
【─────】


華「これではもう、止めは刺せませんね」

沙織「……」ポカーン…

華「仕方ありません、これも勝負の結果です」

優花里「……、次の五十鈴殿の攻撃で勝負ありです……」


華「では、《マシンガン/A]の直接攻撃で……」

《沙織》
【─────】

《マシンガン/<]


みほ「華さんの勝利です!」

華「やりました」

沙織「悔しぃ〜〜!!」
26 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 15:31:39.40 ID:Ru6iyclXo
みほ「おつかれさま」

優花里「いや〜、接戦でしたね」

華「はい。途中からどんどん追い上げられて、息がつまりました」

沙織「カードって意外と難しいのね。どっちのカードを使った方がいいのかとか全然分かんなかったよ〜」

優花里「確かに、コストが限られているので迷いますよね」

みほ「でも、すっごく楽しそうだった」

華「そうですね。ガチャにシールドに合体に……、と」

優花里「購買層を狙い撃ちしてます!」

みほ「うん」


優花里「どうです武部殿、カードがどういうものか分かりましたか?」

沙織「まあ、雰囲気は分かったけど……。ちょっと休憩」

沙織「次はみぽりん達やってよ、私見て勉強するから!」

みほ「え?」

優花里「いいですよ!では西住殿、お手合わせ願います!」

みほ「あ、うん」
27 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 16:00:50.85 ID:Ru6iyclXo
優花里「ではバトルスピリッツをやりましょう。西住殿、これ使ってください」

みほ「ありがとう。これはどんなゲームなのかな……」

沙織「今度はバトルスピリッツね、覚えた!……あれ、カードの他にも何か入ってるよ?」

みほ「なんだろうこれ?」

華「ビーズみたいですね」


優花里「コアっていうみたいですね、これ」

沙織「これがカードとなんの関係があんの?」

優花里「とにかくやってみましょう」


優花里「プレイシートを読みながらやりますね」

沙織「え、説明書これ1枚だけ?」

華「そのようです」

沙織「こんなんでほんとにルール分かんの?薄いカードも深く読めって言うよ?」

華「浅い川です」

みほ「アハハ……」
28 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:04:33.18 ID:Ru6iyclXo
優花里「まずえっと、プレイシートの外の(ボイド)となる場所にコアを置きます」

みほ「外?」

優花里「はい。次に、デッキを切って置いて……」

みほ「はい」

優花里「〔ライフ〕のところに《コア/・)を5個、ボイドから置いてください」

沙織「へえ、コアはここで使うんだ」

みほ「コアを5個……」

〔ライフ/:∴〕

沙織「これがさっきでいうシールドみたいな物なわけね」

華「そうですね」

優花里「そして、【リザーブ】のところにコアを3つと、ソウルコアを1つ置きます」

みほ「そうるコア?」

優花里「《この/*)、1つだけ大きいのがそうです」

沙織「何が違うの?普通のコアとそうるコアって」

優花里「なんでしょうね?」

華「全く想像がつきません」


みほ「えっと……、コアを3つ、そうるコア1つをりざーぶに……」

〔ライフ/:∴〕
【リザーブ/*∴】
29 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:07:24.81 ID:Ru6iyclXo
優花里「それで、デッキから4枚引いたら準備完了です」

みほ「4枚……」

《手札/□□□□)

優花里「ジャンケンして、勝った方が順番を決めます」

優花里「ジャンケンちょき」

みほ「ぱー」

優花里「では私からです。よろしくお願いします!」

みほ「お願いします」


優花里「まず、ターンの始めに何もないスタートステップがあって」

沙織「なんで何もないのよ」

華「心を落ち着かせるところなのでは?」

沙織「いる?それ」


優花里「次がコアステップです。先攻の最初のターンは無しってありますね」

優花里「それでドローステップ。デッキから1枚引くみたいです。先攻も引けますね」

みほ「へー。カードよりコアの方が大事なのかな?」

沙織「あー、さっきもマナがないとカード使えなかったしね」

華「ではこちらのコアがコストになるのでしょうか?」
30 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:09:17.68 ID:Ru6iyclXo
優花里「最後にリフレッシュステップです」

華「始めるだけで、色々あるんですね」

みほ「そうだね」

優花里「リフレッシュステップは、疲労?状態のカードを回復してトラッシュのコアをリザーブに移しましょうとあります」

みほ「あー」

華「先程の、アンタップみたいなことですね」

沙織「ふんふん」


優花里「それでメインステップです。ここで自由にできるみたいですね。スピリットの召喚やマジックの使用等、7つの行動って書いてあります」

みほ「7つ」

沙織「どれとどれのこと?」

優花里「う〜ん、召喚とマジック……。後は何でしょうか」

華「コアの移動とあります。これでは?」

優花里「そうですね。あとえっと」

みほ「あ、ここに書いてあるのがそうじゃないかな」

優花里「本当だ、きっとこれです!」


華「ぶれいぶ、ねくさす、フラッシュ効果、バースト……ですね」

みほ「ぶれいぶ?」

優花里「謎です」

華「ねくさす?」

優花里「謎です」

みほ「ばーすと……??」

優花里「謎です〜!」
31 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:11:56.50 ID:Ru6iyclXo
沙織「もう、それはいいからゆかりん早く何か使ってよ」

優花里「あ、はい」

優花里「では、《光導創神アポローン/ネクサス/(2)}を使います」

華「あら?ずいぶんまともな名前ですね」

沙織「やっぱりさっきのおかしかったんじゃん!」

みほ「アハハ……」

優花里「えっと、ネクサスを使うには……」

優花里「コストの支払い方は全カード共通ですね。まずコストを確認して」

みほ「2だね」

優花里「次に軽減シンボルを確認します」

みんな「?」

優花里「コストの周りにある小さいマークがそうみたいです」

カードの左上
┌────
│〔2〕・


華「1つですね」

優花里「そして自分のフィールドのシンボルの数を確認……」

沙織「今度は何?フィールドのシンボルって、観覧車みたいなこと?」

みほ「富士山かも」

華「それです」ニッコリ

優花里「いやそれですじゃないですよ、カードの右下にあるマークです」

カードの右下
〜〜◆│
───┘


華「でも、お互いまだ場はがら空きですね」
32 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:15:10.44 ID:Ru6iyclXo
優花里「それで、(コスト−軽減シンボル)が実際のコストになるみたいですね。その軽減できる数が、フィールドに出ている対応したシンボルの数分だと……」

みほ「じゃあ、《アポローン]の軽減シンボルは《△》だから」

みほ「自分の場に《何かカード/△}があれば、(2−△)でコスト1になったってことかな?」

優花里「おそらく……」

沙織「へえ。さっきのあれ、なんだっけ……?なんちゃらの大罪みたいなことがみんなできるってわけね」

華「忘れてしまったんですか?」

沙織「えっと……、無実の冤罪!?」

みんな「……」

優花里「無月の大罪……」

沙織「あ……。そう、それね」エヘヘ…


優花里「最後にコストを支払います。リザーブか、フィールドのカードからコアをトラッシュに移動させる、と」

華「やはり、コアがコストとして使用されるのですね」

〔ライフ/∴:〕
【リザーブ/*∴】────[トラッシュ]

沙織「あそっか、最初からコアが4つもあるからカード使えるんだ!」

華「チャージだけで終わりなのは寂しいですものね」

みほ「そうだったの?」

沙織「うん」


優花里「では、【*∴】からコア2つを[トラッシュ]に移動させます」

【*・[-2]】───[:/+2]

優花里「これで《アポローン/ネクサス}をフィールドに出せました……、たぶん」

〔∴:〕《アポローン》
【*・】──────[:]
33 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:20:11.78 ID:Ru6iyclXo
沙織「で、ネクサス?って一体なんなのよ」

優花里「それは迷宮入りです……」

華「気になります」

沙織「男はみんな意味理解できるの??」

みほ「どうだろうね……」

優花里「とりあえず、フィールドに配置した後残り続けるカードらしいですけど……」

みほ「あ、パワーはないんだ」

優花里「そうですね。戦闘を行うカードではないみたいです!」


優花里「あ。最後の最後に、カードに記された最低Lv以上のコアを置くことで召喚や配置が完了ってあります」

沙織「え、何?カードの上にコアを乗せるってこと?」

優花里「そうみたいですね」

みほ「へえ、それは予想外」

華「個性的なルールですね」

 
華「それで、レベルとは?」

みほ「この、カードの左側に書いてあるのがそう?」

カードの左側
│〔0〕Lv1
│〔6〕Lv2

└────

優花里「そうですね」

華「ぜろレベルいち……。〔こちら〕がコストですよね」

沙織「Lv1なら1個も置かなくていいってこと?」

みほ「そうなんじゃないかな。あ、ねくさすはコアを置かなくていいんだって。書いてある」

沙織「なーんだ、カードに置くのはやらないんだ」

みほ「他のカードを使えばすぐやるんじゃないかな?」

沙織「そっか」

優花里「他のカードは、コアが0になるとスピリットは消滅するみたいですね」
34 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:24:20.16 ID:Ru6iyclXo
優花里「ではコアは置かず、{0レベル1}で配置完了です!」

華「これでようやく、カード1枚を場に出せましたね」

優花里「いや〜、苦労しました」

みほ「お疲れ様。なんだか不思議なゲームだね、コアを置いてレベルをあげるって」

沙織「うん。こっちはこっちで、だいぶ男子向けって感じ」

華「少し真面目な雰囲気ですね」


優花里「これで、《アポローン》の効果を使えるみたいです」

沙織「つーか何なの、そのカード」

優花里「はい?」

沙織「なんか恐ろしい量の文字が見えてるんだけ」

華「すごいです」

みほ「うん、びっくりしちゃった」

このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
《神託》〔界渡/化神/光導&コスト3以上〕
◆対象の自分のスピリットを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置ける。
◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
このカードの軽減シンボルは赤/紫/緑/白/黄/青としても扱う。
(0)Lv1[神技:3]Lv1・Lv2:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
〔このネクサスのコア3個をボイドに置く〕BP8000以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊することで、自分はデッキから1枚ドローする。
(6)Lv2[神域]Lv2『自分のアタックステップ』
系統:「界渡」/「化神」/「光導」を持つ本来のコストが6以上の自分のスピリットがブロックされたとき、そのスピリットを回復させる。


沙織「カードの半分が文字でうまってるじゃん……」

優花里「まあ、レアカードですし……。きっと強いことが書いてあるんですよ」
35 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:26:27.94 ID:Ru6iyclXo
優花里「えっと、このネクサスを配置した時……」

華「ネクサスは配置って言うんですね」

優花里「デッキの上から3枚をトラッシュに送って、このカードにボイドからコア3つを置く……」

優花里「ですって」

沙織「お、いいじゃんやってやって!」

優花里「ではボイドから……」

優花里「どこに置くんでしょう?絵の上、それとも字の上?」

みほ「絵の上じゃないかな……?字の上に置いたら読めなくなっちゃうし」

優花里「そうですね。では……」

《アポローン/∴/+3}
【*・】───[:]


優花里「置きました……」

沙織「へぇ〜、ほんとにカードに置くんだ」

華「ふとした拍子にどこかに転がって行きそうです」

みほ「散らばったりしたら大変だね」

優花里「気をつけないといけませんね」


優花里「カードを出したらバトルステップですが、先攻はこれもできないので私の番は終わりです。お待たせしてすみません、西住殿の番です!」

みほ「よーし、まずえっと……」

沙織「何もないスタートステップね」

みんな「……」

優花里「次はコアステップです。ボイドからコア1個を【リザーブ】に置いてください」

みほ「うん」

[─]───【+1/・∵*】
[───フィールド]〔∵:〕
36 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:29:19.43 ID:Ru6iyclXo
みほ「それでカードを引いて、リフレッシュステップ?は、自分の番に自分のカードをリフレッシュさせるんだよね?」

優花里「そうだと思います。そしたら手札のカードを使えますよ!」

みほ「ありがとう、なんかドキドキするね。どれがいいのかな……」ワクワク

優花里「いやもう、何枚でも使っちゃってください〜!」クネクネ

沙織「いや、コストあるでしょ」


みほ「じゃあ私はこのカード、{(2)/ボーン・ダイル》。コストを支払って……」

[+2/:]───【[-2]:*】

みほ「カードに{(1)Lv1}の分のコアを置く……」

[:]────【{-1}・*】
{+1/・/ボーンダイル》


みほ「これで大丈夫かなっ?」

優花里「はい!」

沙織「これがさっきでいうクリーチャーみたいなやつ?」

優花里「そうですね。バトルを行うカードです」

みほ「こっちではスピリット……っていうんだね」

沙織「そっかー……。ゲームによって呼び方が違うんだ、覚えなくちゃ」

みほ「そうだね。あ……、コアの移動って何なのかな?」

優花里「リザーブ・フィールドのカード間でコアの移動や追加を自由にできるみたいですよ」

優花里「カード同士でもできますね!」

みほ「出してすぐのカードでもできるのかな?」

優花里「特に……制限は書いてありませんね」

みほ「そっか……。じゃあ、試しに」

みほ「{・/カード》にコアを追加します」

[:]──【{-2}】
{+2/*・・/ボーンダイル》


みほ「これで[ボーンダイル》は{(3)Lv2}にパワーアップです!」

{BP3000/ボーンダイル》
37 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:34:25.36 ID:Ru6iyclXo
沙織「あー、そういうの分かりやすくするためにコアを使ってんだ!」

華「レベルの上下を表してるんですね」

みほ「そうだね」

沙織「でもその、{*/それ》も普通に使えるの?」

優花里「みたいですね」

華「何も違いはないのでしょうか?」

みほ「カードの効果で使ったりするのかな……?」


みほ「えっと、それからもう1枚カードを使います」

みほ「{ばーすとカード》を伏せます」

[:]───【─】
{:*/ボーンダイル》
─────〈バースト〉


沙織「何なのそれ?」

みほ「ここに1枚伏せて置けるんだって。書いてある効果を読んだら、まあ、防御のために伏せておく罠みたいなカードなのかなって」

沙織「へえ、さっきのシールドトリガーみたいなことね」

華「自分で伏せられるというのは便利ですね」

沙織「そだね」


優花里「それではバトルですね!」

華「召喚酔いはないのですか?」

優花里「特にそういったことは書いてありませんね」

沙織「へえ、そりゃいいね。ガンガン攻めていけるじゃん!」

みほ「えっと、{∀/縦向きのカード》を{>/横》にして攻撃!……でいいんだよね」

[:]───【─】
{∀/ボーンダイル》

優花里「はい」

みほ「じゃあ{∀/ボーンダイル》で攻撃!」

{>/ボーンダイル》
38 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:38:26.11 ID:Ru6iyclXo
みほ「攻撃はどこにできるのかな?」

優花里「基本、攻撃は全てライフを破壊するみたいですね」

華「横になっているカードを狙うことはできないと?」

優花里「はい」

沙織「バトルスピリッツなのにスピリット同士でバトルしないの?」

みほ「え」

優花里「あ……」

華「そう言えばさっきのゲームも、カード同士の戦いはほとんどありませんでしたね」

沙織「なんか思ってたのと違〜う、もっとカード同士でバリバリ戦うんじゃないの??」


優花里「あ、スピリットでブロックされた場合に戦闘になるようです」

沙織「ブロック?」

みほ「攻撃を防げるんだ」

優花里「みたいですね。《疲労/<←A}でブロックです」

沙織「でもでも、自分からはスピリットには攻撃できないんでしょ?」

優花里「それはまあ、そうですけど……」

沙織「ふーん……。男って意外と戦い嫌いなのかな?」

華「それならわざわざカードゲームをやらないのでは?」

みほ「そうだね……。じゃあ、ブロックする?」


優花里「あ、いえ。私のフィールドにはスピリットがいませんから」

《アポローン/ネクサス}

みほ「あ、そっか」

優花里「攻撃はライフで受けます」

優花里「カードのシンボルの数がダメージになるんですね。《ボーンダイル》の{●/シンボル》は1つですから」

優花里「私は1ダメージ受けたので、ライフのコア1つをリザーブに移動させます」

〔::X〕
【*・・/+1】───[:]
39 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:41:08.11 ID:Ru6iyclXo
華「命中しました!」

優花里「これで、5ダメージを与えたら勝ちなんですね」

沙織「うんうん、だいたい感じは分かったんじゃない?」

みほ「どうかな……。私の番はこれで終わり、優花里さんどうぞ」

優花里「はい!」

優花里「《コアステップ/*:・/+1】、ドローステップ」

優花里「今回からリフレッシュステップも機能しますね。トラッシュのコアをリザーブに戻します」

〔::〕《アポローン/∴}
【*∴:/+2】───[─]


優花里「では、《天星12宮樹星獣セフィロシープ/(3)}を出します!」

優花里「あ、今度は軽減シンボルが使えますね」

華「そういえばありましたね」

沙織「えっと、どうするんだっけ」

優花里「たしか、自分のフィールドにある対応したシンボルの分だけコストを減らせるんです」

沙織「あ〜……」

優花里「このカードは軽減シンボルが《△/1つ}で、私のフィールドに《アポローン/△}がいるので」

優花里「(3)をコスト2つで出せますね。{(1)Lv1}分のコアを置いて……」

《セフィロシープ/・/+1}
《アポローン/△}
【*:{-1}[-2]】───[:/+2]


優花里「これで召喚完了です!」

沙織「そっか、{△}【[-2]】で3つ分ってことか!」

華「こうしてコストを減らしてカードをたくさん使うんですね」

沙織「なんか結構大変そう〜」

優花里「これがこのゲームの肝なんですよ。運用コストを考えてライフへのダメージを調整したりして」ワクワク

みほ「うん、しっかり考えないとダメそうだね」ジーッ…

沙織「……。あー、みぽりんもゆかりんもこういうのの方が得意そうだね」

華「沙織さんもしっかり学ばないといけないのでは?」

沙織「う〜……。カードやるのも案外大変ね」
40 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:45:25.69 ID:Ru6iyclXo
優花里「それでは《セフィロシープ》の効果で、自身にボイドからコアを1つ置きます」

《シープ/・・/+1}

優花里「さらに《アポローン》の効果で、《アポローン》にもボイドからコアを1つ追加します」

《アポローン/∴・/+1}

優花里「そしてもう1枚《スピリット/(3)}を出します!」

《天星12宮魔星人シュタインゴイル/*/+1}
《アポローン/△}《シープ/■}
【{-1}[-1]】──[:・/+1]


華「実質コスト1つですね」

沙織「すっご、どんどんコスト減ってくじゃん!」

優花里「フィールドにカードがあるほど軽減できて、さらにカードを出せるようになっていくんですよ」

華「コストが0になることもあるのでしょうか?」

みほ「どうだろう?」


華「カードの色が違うのは何か意味があるのでしょうか」

沙織「色?」

みほ「《シープ》は緑、《ゴイル》は紫だね。《ボーンダイル》も紫」

優花里「シンボルがそれぞれ違うんですよ。《ボーンダイル》は《●/紫のシンボル}で、軽減シンボルにも紫のシンボルが求められてるんです」

優花里「《シープ》は《■/緑のシンボル}で、軽減シンボルは《アポローン》の持ってる《△/シンボル}です」


沙織「1つのセットにごちゃまぜに入ってるんだ。カラフルでいいじゃん」

華「先程のゲームの山札は一色で統一されてましたね」

みほ「あっちが統一されてたのって、その方がコストを払いやすいからだよね?」

優花里「恐らく……」

沙織「私はたくさん入ってた方がいいな、その方が見てて飽きないし」

華「ですが、こちらも軽減シンボル次第では一色になるかもしれませんね」

みほ「そうだね」
41 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:49:08.29 ID:Ru6iyclXo
優花里「《ゴイル》の召喚時の効果で1枚引いて、《アポローン》の効果で《アポローン》自身にコアを追加します」

《アポローン/::・/+1}

《みほ》〔:∵〕
{>/3000/ボーンダイル》〈バースト〉

《シープ/A/■}《ゴイル/A/●}
《アポローン/∴:}
【─】────[∴]
《優花里》


沙織「おー、いいじゃんいいじゃん。カードゲームって感じ!」

華「様になってきましたね」

みほ「うん」

優花里「それじゃ、《シープ]で攻撃して《アポローン]の効果を使います!」

沙織「またアポローン?」

華「さすが、効果が多いだけありますね」

優花里「《アポローン/∴:}のコアを3つボイドに置いて、BP8000以下の相手のスピリットを1体破壊し、1枚引きます」

みほ「えー!」

華「{BP3000/ボーンダイル》は破壊されますね」

優花里「うっ、すみません……!」

[:]───【─】
[:*/破壊》〔:∵〕


みほ「乗ってたコアはどこにいくの?カードはトラッシュだよね?」

優花里「はい。破壊されたカードはトラッシュですが……」

優花里「破壊されたカードに乗っていたコアはリザーブへ移ります!」

みほ「あ、そうなんだ」

[:]───【+3/:*】
[─────]〔:∵〕
────────〈バースト〉


優花里「そして攻撃によりライフに1ダメージです!」

─【+1/・:*】
───〔X::〕


華「これでライフは同点ですね」

沙織「でもゆかりんはもう1回攻撃できるんでしょ?《なんちゃらのシープ/A}がいるんだから」

優花里「はい。これで逆転です!」

みほ「ううん、私は伏せてあったカードを使うね」

みんな「!」
42 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:51:39.40 ID:Ru6iyclXo
みほ「ばーすとカードはコストを支払わずに発動できるんだって」

みほ「{マジック/絶甲氷盾》!自分のライフが減った時、ぼいどからコアを1つ自分のライフに置く!だって」

優花里「ライフ回復ですね!」

華「あらあら」

沙織「やっぱりシールドトリガーみたいなことなのね」

みほ「それから、コスト4を支払うことで、もう1つの効果も発揮できます」

[+4/∵*:]──【[-4]】

みほ「その効果で、アタックステップを終了!」

みんな「お〜!」


沙織「やるー、みぽりん!」

華「攻撃を受けてもノーダメージで凌ぎましたね」

優花里「お見事です西住殿〜!」

みほ「そんな大げさな……」

華「ですがもしかしたらそのカード、重要な防御カードだったのでは?」

沙織「たしかに。ここで使っちゃって良かったの?」

みほ「……、だめだったかも」

二人「え」


みほ「それじゃ私の番。【+1/・/コアステップ》、ドローステップ、リフレッシュステップ」

[─]──【+6/∵:*・】
[───────]〔:∵〕


みほ「あ」

沙織「?」

華「どうしました?」

みほ「今のリズム、なんだかいい感じだったかも」

沙織「そ、そう」

華「うふ」ニッコリ
43 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:55:43.90 ID:Ru6iyclXo
みほ「えっと、まずは{(2)/イチバンスピアー》を出して」

[+2/:]─【[-2]{-1}::】
{+1/*/イチバン》

みほ「これも出します!」

{[4]/ブレイヴ/スカル・ガルダ》

[+3/∵:]─【[-3]{-1}】
{□/イチバン》
{+1/・/スカル》


優花里「おや、そのカード」

華「プレイヴ、ですね」

沙織「何なのそれ?」

みほ「う〜ん……。よくわかんない」

みんな「え」

優花里「プレイシートにはブレイヴについて何の記述もありませんね」

華「これは検索が必要ですね……」

みほ「うん……。なんでぶれいゔだけなんにも触れられてないんだろう??」


みほ「ブレイヴはフィールドに出してる間はスピリットと同じ扱いなんだって」

優花里「攻撃もブロックもできると」

みほ「うん。それに加えて合体ができるみたい」

沙織「あ、また出た。合体。さっきのでもあったよね」

華「皆さんお好きですね、合体」

沙織「みぽりんなんでやんないの?」

みほ「えっと、条件があって。《スカルガルダ》の合体条件は{コスト4以上}だから」

優花里「コスト2の《イチバンスピアー》とは合体できないんですね」

沙織「ふーん、そうなんだ」
44 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 16:59:24.23 ID:Ru6iyclXo
みほ「えっとじゃあ、アタックステップです」

{□/∀/BP3000/イチバン》
{●/∀/BP4000/スカル》

〔::〕《ゴイル/BP2000/A}


みほ「[イチバンスピアー》で攻撃!防ぎますか?」

優花里「うーん……、そうですね……」

華「なるほど、ブロックするかどうかの駆け引きも醍醐味なんですね」

沙織「あー、なるほどね〜」

みほ「うん、なんだか緊張する……」ドキドキ

優花里「決めました、ここはブロックしません!」

みほ「ほんと?なら、攻撃はライフに当たるね」

〔∴X〕《ゴイル》
【・/+1】──


みほ「今度は[スカル》で攻撃!」

優花里「ブロックはしません、ライフを奪ってください!」

みほ「え」

〔:X〕
【・・/+1】──[∴]


みほ「……や、やった、逆転できた!」

沙織「なんかすぐ攻撃できるのっていいね」

華「たしかに、即座に行動できるのは羨ましいです」

みほ「羨ましいって……」

優花里「まあ、召喚酔いはそれはそれで違った駆け引きがありますから」

沙織「うーん……、それもそっか!」
45 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 17:04:41.45 ID:Ru6iyclXo
優花里「ではこちらのターンです」

優花里「《コアステップ/:・/+1】、ドローステップ、リフレッシュステップ」

〔:〕《アポローン/:}
《シープ/:}《ゴイル/*}
【∴∴/+3】──[─]


優花里「それならここで、とっておきのカードです!いきますよ……」

みんな「?」

優花里「《月紅龍ストライク・ジークヴルム・サジッタ/(6)}、{()Lv2}で召喚!」

《サジッタ/BP7000/*:/+3}
《シープ/・{-1}/■}《ゴイル/{-1}}
【{-1}[-5]】─[∴:/+5]


沙織「あ、レアカード!」

優花里「コアがなくなった《ゴイル]は消滅してトラッシュに送られます」

華「カッコいいカードですね。名前も強そうです」

沙織「見た目とか名前がカッコいいと効果も強くなったりするのかな?さっきもそうだったじゃん」

華「《ゲ邪ンブルグ》ですね」

優花里「ああ、ありそうですね。このカード、きっとこのデッキの切り札ですよ!」


優花里「では《アポローン》の効果で自身にコアを追加して……」

《アポローン/:・/+1}

優花里「アタックステップです!」

[∵:]──【─】
{□>/BP3000/イチバン》〔:∵〕
{●>/BP4000/スカル》

《サジッタ/A◆}《シープ/A■}
〔:〕《アポローン/∴△}
【─】───[∴:]


華「今度は《赤のシンボル/◆}ですね」

沙織「やっぱり色んな色のカードがあった方がいいね、賑やかで」

みほ「そうだね。今は特に色んなカードが出てるから、一色の時とは大分違うね」
46 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 17:09:06.96 ID:Ru6iyclXo
優花里「それでは《サジッタ/◆}で攻撃!そしてアタック時の効果です」

優花里「《アポローン/:(・)}のコア1つを《サジッタ》に移動させて」

《アポローン/:}《サジッタ/*:・/+1》

優花里「相手のBP12000以下のスピリットを1体破壊します!{BP4000/スカル》です」

[:∵]──【+1/・】
{*/イチバン》[X》〔:∵〕


沙織「あ、まだ合体するとこ見てないのに!」

優花里「すみません!強そうな敵は早めに倒しておかねばなりませんので……!」

みほ「ううん、勝負だから。全力で来てください!」

優花里「……ありがとうございます!」

華「やはり破壊効果は強いですね」

みほ「うん」

優花里「ではさらに《サジッタ/(3)Lv2}の効果で、相手のライフを1つ破壊できます!」

みほ「え」

[:∵]──【+1/・・】
{*/イチバン》〔X::/ダメージ〕


華「あらあら」

沙織「何それ、強すぎじゃん!」

優花里「加えてライフが減った時1枚ドローもできます」

沙織「えぇ……」

みほ「やりたい放題……」

華「やっぱり、強そうなカードは強かったですね」

優花里「攻撃も続行されているのでライフに1ダメージです!」

沙織「そっちも有効なんだ」

みほ「え〜……」

優花里「すみません!」

[:∵]──【+1/・:】
{*/イチバン》〔X∴/ダメージ〕


優花里「そして《シープ/■}で攻撃します!」

みほ「らっ、ライフで受けます!」

[:∵]──【+1/・∵】
{*/イチバン》〔X:/ダメージ〕

優花里「これでターン終了です!」
47 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 17:12:13.52 ID:Ru6iyclXo
みほ「すごい、一気に3つもダメージをくらっちゃった……」

華「《ジークヴルム・サジッタ》、強力ですね」

沙織「ほらほら、みぽりんもやり返しちゃいなよ!」

みほ「そう言われても……。私の番」

[─]──【+1/・∵∵∵】
{*/イチバン》〔:〕


みほ「あ。じゃあ、私も強そうなカードを使おうかな」

沙織「お、レアカード引けた?」

みほ「うん……。使ってみるね」

みほ「{フィールド/イチバンスピアー》の能力で、(手札/このカード》のコストは(6)になります」

優花里「?」

みほ「{(6)/天魔王ゴッド・ゼクス》!」

[+5/:∵]──【[-5]{-2}∵】
{[□]/*/イチバン》
{+2/:/ゴッドゼクス》


みほ「{(2)Lv2}で召喚」

{BP12000/ゴッドゼクス》


優花里「て、天魔王ですか……」

沙織「え、12000!?」

華「急にケタ違いになりましたね」

優花里「《サジッタ/BP7000}の立場が……」

みほ「あ……、えっと……」アセアセ


みほ「じゃあ{*/イチバンスピアー》にコアを追加して、{(2)Lv2}にパワーアップ!」

[:∵]──【{-1}:】
{+1/・*/イチバン》{:/ゴッドゼクス》

みほ「そして{*/イチバン》と{・/ゴッドゼクス》のコアを交換します」

{・・/イチバンスピアー》{*・/ゴッドゼクス》


華「そうるコアを交換しました!」

沙織「何か使い途があるの?見せてみせて!」

みほ「うん」

48 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 17:15:33.28 ID:Ru6iyclXo
みほ「では、アタックステップです!」

{□∀/BP4000/イチバン》
{□∀/BP12000/ゴッドゼクス》

〔:〕
《サジッタ/*∴/<}《シープ/・/<}
【─】───[∴:]


優花里「これは勝負の時ですね……!」

みほ「{□/イチバンスピアー》で攻撃します!この時、[フィールド/ゴッドゼクス》の{レベル2}の能力が使えます」

みほ「自身に{*/ソウルコア》が置かれている場合、色を2色持つスピリットの攻撃時に、相手のスピリットのコアを2つ[トラッシュ]に送ります」

みんな「??」

沙織「色を2色?」

みほ「えっと……、[イチバンスピアー》は{白と赤》の2色として扱うカードなんだって」

沙織「へー……。それで、コアを取っちゃうのって強いの?」

みほ「たぶん……。えっと、2体からコアを取り除きます!」

《サジッタ/*∴/<}《シープ/・/<}
【─】───[∴:]

 
華「これでは《セフィロシープ]のコアがなくなってしまいますね」

沙織「なくなるとどうなんの?」

みほ「コアのないスピリットは消滅します!」

沙織「おー、仕返しだ!たくさんやられたもんね」

優花里「すみません西住殿、そうはいきません!」

みほ「え?」

優花里「《セフィロシープ]の能力により自軍は相手の効果でコアを0にされません!」

華「まあ!」

沙織「えすご、対策してたんだ!」

みほ「なら、《ジークヴルム・サジッタ]からコアを2つ取り除いてください」

《サジッタ/*・[-2]}─[∴::/+2]


華「これで《セフィロシープ》が生き残りましたね」

優花里「2体が残れば次のターンで反撃できます!」
49 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 17:18:29.92 ID:Ru6iyclXo
沙織「でも、ゆかりんのライフは残り2だから……」

{□∀/イチバン》{□∀/ゴッドゼクス》

〔:〕
《サジッタ/*・/<}《シープ/・/<}
【─】───[∴∴・]


沙織「2体の攻撃が決まったら負けちゃうよ!?」

優花里「それも対策してあります。フラッシュタイミングです!」

みんな「?」

優花里「フラッシュタイミングでは、フラッシュ効果を持つカードをお互いのアタックステップに発動できるんです!」

沙織「え、相手の番なのに自分で好きにカードを使えるの?」

華「見てるだけではないんですね。アグレッシブで素敵です」

優花里「アタック→フラッシュ→ブロック→フラッシュ→バトルの解決、とある最初のフラッシュタイミングで、カードを使います」


優花里「《サジッタ/*・}のソウルコアを[トラッシュ]に送り!」シュバッ!

《サジッタ/・[-1]}─[∴∴・*/+1]

優花里「《鋼鉄双士ジェミニコス}を《サジッタ/・/<]に重ねて《降臨}!!」ズバシッ!

《ジェミニコス/・/</□}


みほ「ほえ?」

華「あらあら」

沙織「……」


沙織「ゆかりん、すごいテンション上がってたよ……」ジトッ…

優花里「えっ!?す、すみません……」
50 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 17:21:17.41 ID:Ru6iyclXo
華「何ですか?今の」

優花里「あ、今のはソウルコアを使ってノーコストでスピリットを呼び出す能力です!」

《ジェミニコス/(6)}

みほ「ほんとだ、コストはソウルコア1つしか払ってなかったね」

沙織「あ、また《それ/*]じゃん!」

華「なるほど、強力な能力を使う時にソウルコアを使用するのですね」

みほ「だから1個だけ特別だったんだ」

優花里「そうみたいですね!」


優花里「では西住殿、降臨した《ジェミニコス]の効果で、スピリット2体を手札に戻してください!」

みんな「!?」

沙織「2体も消しちゃうの!?」

華「まあ」

優花里「これで[イチバン》と[ゴッドゼクス》を消せば、ライフは残ります!」

沙織「おー、凄いじゃん!カウンターしかけてたんだ!」

優花里「当然です、西住殿相手に油断はできません!」

みほ「そうはいかないかな」

優花里「はい?」

みほ「{Lv2/イチバンスピアー》の{超装甲:白}!自身は相手の白のスピリットの効果を受けなくなります」

華「《ジェミニコス]は白のカードですね」

沙織「え、じゃあ効かないってこと!?ずるくない!?」

優花里「うっ。いや、じゃあ[ゴッドゼクス》だけでも!これでも問題ありません!」

みほ「それもムダです!」

優花里「え」


みほ「《天魔王ゴッドゼクス》は全てのスピリットの効果を受けません!」


みんな「ええ!?」

華「全部ですか!?」

沙織「何なのよそれー!?」

優花里「そんなの聞いてないです〜!!」


みほ「《イチバンスピアー》《ゴッドゼクス》で攻撃!優花里さん、覚悟!」

優花里「……!」


優花里「ひぇ〜〜〜!」〔ライフ0〕
51 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 17:22:48.74 ID:Ru6iyclXo
華「みほさんの勝利!」

優花里「参りました!」

みほ「アハハ……」

沙織「凄い、最後かなりいい感じにやってたじゃん!」

華「驚きました」

優花里「しっかり対策を立てていたとは。感動しました!」

みほ「いや……、そんな……」


沙織「でもなんか、すっごい真面目なゲームだったね」

みほ「うん。運の要素が全然ないから、全部自分で組み立てないといけなくて」

優花里「そうですね。でも自分で防御手段を色々と操れるのはいいです」

沙織「うん、相手の番に自分でカード使えるのって楽しそうだった!」

華「そうですね」

沙織「みぽりんなんであんなに上手くカードを使えたの?」

みほ「え?」

優花里「そうです、初めてとは思えませんでした!」

みほ「私なんて全然……。来たカードをただ使ってただけだから」

優花里「きっと、カードに選ばれてるんですよ!」

みほ「えぇ……」

沙織「やっぱり、しっかり考えて戦わないとダメなんだよね。うんうん……」


沙織「よーし、じゃあ次のゲームで初勝利決めちゃおう!」

みほ「うん、がんばって沙織さん!」
52 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 18:32:18.13 ID:Ru6iyclXo
偶然やってきた聖グロリアーナの面々も加わり、また新たなカードを始めることになった。 


オレンジペコ「カードでモテモテ作戦ですか……?」

ダージリン「フフ……。それはまた、思い切った作戦ね」

アッサム「しかしデータによりますと限りなく……」

ダージリン「愛は分析を超越したものと思うべし……。可能性があるなら、極めておいて損はないわ」

沙織「さすがダージリンさん!」

優花里「ではこのゲームで勝負しましょう。デッキをどうぞ」

ダージリン「ありがとう」

オレンジペコ「ヴァンガード……ですか?」

みほ「私達もまだやったことがないんです。公平な分、ルールを読みながらになりますがどうでしょう?」

ダージリン「どんなゲームでも、勝つのは私達。問題ないわ」

ダージリン「それにルールならアッサムが調べてくれるしね」

アッサム「わかりました」


沙織「今度こそ勝つから!」

華「リベンジマッチですね」

優花里「ではこれがデッキです」

みほ「がんばってね、沙織さん!」

沙織「オッケー」

オレンジペコ「こちらは誰がやります?」

ダージリン「当然、私がでるわ」

沙織「え」

ダージリン「どんな相手にも全力を尽くすのよ、聖グロリアーナは」

華「これは強敵ですね」

沙織「う……、早くもやな予感が……」

アッサム「では、私から説明させていただきます」

みほ「お願いします」

沙織「お、お願いします」
53 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 18:33:18.06 ID:Ru6iyclXo
アッサム「まず、《ギフトマーカー》と呼ばれるカードを山札と分けておきます」

沙織「ギフトマーカー……?」

アッサム「《フォース》とだけ書かれたカードがあるはずです」

沙織「ああ、あった!これですね」

アッサム「分けたら、デッキからグレード0のカード1枚を《ヴァンガードサークル/○]に置きます」

〈ーーー〉
[ー○ー]

[ー○ー]
〈ーーー〉


オレンジペコ「ダージリン様、カードは私が持ちます」

ダージリン「そう?悪いわね」

沙織「グレード0……」

アッサム「カードの左上にある数字がグレードです」

┌────
│(0)


オレンジペコ「これですね」

沙織「へえ、これコストじゃなかったんだ」

優花里「ではこのゲーム、コストはないんですね」

沙織「え、じゃあ手札を何枚でも使えちゃうのかな!?」

アッサム「それは後で説明しますよ」

沙織「あ、そうですよね」
54 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:34:08.93 ID:Ru6iyclXo
アッサム「《その位置/ー○ー]に置かれたカードはヴァンガードと呼ばれます」

沙織「ヴァンガード……」

華「どんな意味でしたっけ?」

ダージリン「先導者よ」

優花里「なるほど!」

華「すみません」

アッサム「次に山札を切って置き、ジャンケンをして勝った方が先攻です」

沙織「ジャンケングー!」

ダージリン「パーを出しなさい」

オレンジペコ「チョキ……。それはご自分で出してくださいよ……」

アッサム「……。お互い山札から5枚を引き、手札にします」

沙織「5枚……」

《手札/□□□□□)


アッサム「引いたら、1度だけ手札の中から任意の枚数を引き直すことができます」

沙織「引き直しですか?」

華「初めて聞くルールですね」

アッサム「手札にグレード123が揃うよう、余計なカードを山札の下に戻して、その分を上から引き直してください」

沙織「じゃあ、3枚下に戻して、上から3枚引いて……」

アッサム「その後、山札は切ってください」

沙織「あ、はい」

オレンジペコ「いかがされます?」

ダージリン「必要ないわ。そのままで始めましょう」

優花里「引き直し、しないんですね」

みほ「よっぽど手札が良かったのかな……?」
55 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:35:03.99 ID:Ru6iyclXo
アッサム「では、ヴァンガードサークルのカードを、『スタンドアップ・ヴァンガード!』」

アッサム「……の掛け声で表にしてください」

沙織「え」

オレンジペコ「掛け声がいるんですか……?」

華「変わってますね」


沙織「よーし、スタンドアップ・ヴァンガード!」

《新風のパーン/ーAー]

ダージリン「スタンドアップ・マイ・ヴァンガード」

[ー∀ー/ぐらいむ》


みんな「??」

みんな「(何でアレンジしたんだろうこの人……)」

ダージリン「フフ……」
56 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:40:11.60 ID:Ru6iyclXo
アッサム「では、先攻からゲーム開始です。まずはカードを1枚引いてください」

沙織「はい」

《手札/■■■■■'■,)

アッサム「次に、手札から現在と同じか1つ高いグレードのカードをヴァンガード……」

《新風のパーン/G0/ー'A,ー]

アッサム「この上に重ねて出してください。出せたらで構いません」

沙織「ああ、これでグレード3まで進めていけばいいわけね」

オレンジペコ「グレード3が一番強いみたいですね」チラッ

ダージリン「そのようね」

みほ「まずはグレード1のカードだね」

沙織「えっと、じゃあ《天球のアトラス/G1}を出します」

アッサム「重ねて出すことは《ライド》と呼ぶようですね。グレード1にライド、と」

沙織「そうなんですか?じゃあ《アトラス》にライド!」

《天球のアトラス/G1/ー'A,ー]


アッサム「重ねられた下のカードは《ソウル》と呼ばれます」

《新風のパーン/ソウル)

アッサム「では、カードのスキルを使ってください」

沙織「はーい!えっと、まず《新風のパーン/ソウル)の能力で1枚引いて」

《手札/■■■■■'■,)

沙織「次に、《アトラス/ーAー]の能力で……、Sチャージ1??」

アッサム「ソウルチャージです。山札の上から1枚をソウルに置くんです」

沙織「分かりました」

《月光のダイアナ》
《'A,A/ソウル)

57 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:46:15.69 ID:Ru6iyclXo
アッサム「ヴァンガードにライドしたら、その後は手札のカードをフィールドの残りの枠に出すことができます」

[ーAー]
〈ーーー〉

アッサム「それらはリアガードとなります。場に出す時はリアガードをコール、と」

オレンジペコ「ヴァンガードとリアガード……」

ダージリン「……」

アッサム「その時、自分のヴァンガードのグレード以下のカードでなければなりません。現在なら1以下です」

沙織「何かコストとかあるんですか?」

アッサム「特にそういったことは書かれていませんから、可能な限り何枚でも出せるようですね」

アッサム「リアガードを出すときは、ヴァンガードの様に重ねる必要もありません」

沙織「うーん、なら……」

アッサム「ですが先攻は攻撃ができません。出しても次のターンに攻撃の的になるだけです」

アッサム「特に使えるスキルが無いようならこのままターンを終了してよいでしょう」

沙織「あ、はい。分かりました!」


ダージリン「では、こちらの番ね。カードを引いて」

オレンジペコ「はい」

(□□□□□'□,/手札》

ダージリン「{G1/ナイトスクワイヤ・アレン》にライド」

[ー'∀,ー/アレン》


オレンジペコ「(ソウル/ぐらいむ》の能力で1枚引きます」

(□□□□□'□,/手札》

ダージリン「{G1/ういんがる》をコール」

[ー∀'∀,/ういんがる》
58 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:48:26.80 ID:Ru6iyclXo
アッサム「……。カードを出し終えたらアタックです。[∀/縦》のカードを[>/レスト》してください」

アッサム「攻撃できるのは自軍の前列のカードです」

[ー'∀,∀/アレン》[ー∀'∀,/ういんがる》


オレンジペコ「横にするのはレスト……」

みほ「これは今までのカードと同じだね」

優花里「はい。タップや疲労状態ですね」


ダージリン「なら[ー'∀,∀/ヴァンガード》で攻撃」

[ー'>,∀/8000/アレン》

アッサム「攻撃は前列の相手のカードを指定して行います」

《アトラス/ーAー/8000]
《後列/ーーー〉


アッサム「今はヴァンガードしかいませんね」

アッサム「攻撃された時に防御側は手札でガードすることもできますが、今はいいでしょう」

沙織「そうなんですか?」

アッサム「理由は後ほど。では、《ヴァンガード》で攻撃した場合の特筆すべきルールです」

アッサム「ヴァンガードが攻撃した時のみ《ドライブチェック》を行います」

ダージリン「ドライブチェック……」

アッサム「山札の上をめくり、まあ、運試しのようなことを行うんです」

沙織「え、運試し?」

華「ガチャレンジ召喚ですね」

アッサム「……?そうですね、説明するよりやってみた方が早いでしょう。ダージリン」

ダージリン「……いいわ。ドライブチェック」

{☆/未来の騎士リュー》


ダージリン「……、これでよろしいのかしら?」

アッサム「フフ……。ええ」
59 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:50:34.31 ID:Ru6iyclXo
アッサム「カード右上の{☆/アイコン》はクリティカルトリガー。ドライブチェックやダメージチェックで出た場合に効果を発揮し」

アッサム「自軍のユニット1枚のパワーをこのターン+10000し、さらに自身か別のユニットがこのターンに与えるダメージを+1します」

{8000/アレン》{8000/ういんがる》

オレンジペコ「分けて与えることができるんですね?」

アッサム「ええ」

ダージリン「ならパワーは[ー>∀/リアガード》、クリティカルは《ヴァンガード》に」

{☆2/アレン》{18000/ういんがる》


アッサム「チェックしたカードは手札に加えます」

(□□□□□'□,/手札》

アッサム「チェックが終わればお互いのパワーを比べダメージを計算します」

アッサム「《アタック側の勝ち、引き分け》でアタックはヒット、ダメージを与えられます」

優花里「引き分けでもダメージを受けるんですか」

華「それは意外ですね」

アッサム「ええ。ヒットしたらダメージチェックです。今度は受けた側がチェックを行ってください」

沙織「はい。ダメージチェック」

《舞灯のプロメテウス/}


アッサム「アイコンはありませんね。では、そのカードをダメージとしてダメージゾーンに表側で置いてください」

《ダメージ/<──】


アッサム「ダメージを受けてもヴァンガードはフィールドに留まります」

沙織「え、破壊とかされないんですか?」

アッサム「そのようです。ただし、リアガードは負けた場合にドロップゾーンへと送られます」

アッサム「これでダメージ1。ダメージが6になれば試合終了ですから、気をつけてください」

沙織「ダメージ6で負けか〜。よーし!」

アッサム「……。クリティカル2の攻撃を受けた場合、ダメージは2なのでチェックも2回行いますよ」

沙織「あ」

沙織「そうですよね、ダメージチェック」

《戦巫女ククリヒメ/☆}


みほ「あ!」

沙織「やった、く……何とかトリガー!」

オレンジペコ「クリティカルですよ」

沙織「あ、そうそれね」
60 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:52:13.10 ID:Ru6iyclXo
優花里「え、でも今クリティカルが出ても意味あるんですか?」

みほ「ダメージやパワーを増やす能力はこのターン中だけなんですよね?」

アッサム「そうです。ですからクリティカル増加に意味はないでしょう。ですがパワーは別です」

優花里「ああ、そうですね!」

華「《ヴァンガード/8000}のパワーが+10000されれば……」

{18000/ういんがる》

《アトラス/18000}


沙織「そっか、ここで相手を上回ってたらこれ以上攻撃されなくなるってわけね!今はダメだけど」

アッサム「そうよ。では、受けたダメージはダメージゾーンへ」

《ダメージ/<<──】


ダージリン「もうよろしい?なら[ー>∀/18000/リアガード》で攻撃」

《ヴァンガード/18000}


優花里「まずいですよ、この攻撃も受けてしまったらダメージ3です!」

みほ「最初のターンなのに半分しかライフがなくなっちゃう……」

沙織「え〜、そう言われても……!」

アッサム「大丈夫です。今回は手札でガードできます」

沙織「あ、今度はやれるんだ!」

アッサム「ええ」

オレンジペコ「どうしてさっきはダメだったんですか?」

ダージリン「それは後で聞きましょう。それより、ガードはどうやるの?」


アッサム「カード左側に《シールド/?000}を持っているカードをガーディアンサークルに出してください」

沙織「あ、シールド?私シールドには詳しいんですよね〜」

アッサム「?」

華「確かにパワーが2つあるカードがありますね」

みほ「ほんとだ」
61 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:54:30.15 ID:Ru6iyclXo
アッサム「ガードに使うカードはヴァンガードのグレード以下である必要はありません」

《アトラス/G1}

アッサム「今でも、G2のカードをコールできます」

沙織「分かりました。だったら、これ!」

《手札/■■■■■'<,)
《タリスマン・エンジェル/G0/5000}


[ー>>/18000/リアガード》

《タリスマン/5000}
《ヴァンガード/18000}


アッサム「リアガードの攻撃にドライブチェックはありませんので、これでダメージ計算をします」

優花里「こちらは合計値で戦えるんですね」

アッサム「はい。これでガード成功となります」

沙織「攻撃側が負けたらどうなるんですか?」

アッサム「とくに破壊やダメージなどはないようです」

優花里「何もデメリットがないんですね」

アッサム「ええ。ガードに使用したカードはドロップゾーンへ送ってください」

アッサム「ガードは何枚でも出すことができます。1枚で足りずとも2枚3枚で防げますから、お忘れなく」


ダージリン「これが最初の攻撃時にガードを教えなかった理由ね」

みんな「え?」

アダージリン「初めの攻撃時、クリティカルが出ると[ヴァンガード》のパワーは18000。ガードするには《シールド15000}が必要になるわ」

{18000/ヴァンガード》

《ヴァンガード/8000}
※シールド10000だと同点止まりでガードできない


沙織「はい」

アッサム「しかしそれだと、現状のあなたの手札だと《G2}も出さなくてはなりません。すると次のターンでのライド成功率が……」

みんな「ああ〜!」

オレンジペコ「だから伏せていたんですね」

アッサム「しかもその引いたクリティカルは実際にはリアガードに与えられます。ガードされたらヴァンガードに与えませんからね」

{8000/ヴァ》{18000/☆2/リアガード》

《ヴァンガード/8000}
※ダメージを受けないのでこちらのトリガーはない
※手札も使い切っている


アッサム「するとリアガードの攻撃にはガードが足りず、結局2ダメージを受けることに変わりはありません」

優花里「なるほど!それなら1度攻撃を受けて、自分もトリガーを引いた方が手札の消費を抑えられるんですね!」

ダージリン「そういうことよ」
62 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:55:49.04 ID:Ru6iyclXo
沙織「ふぇ〜……、なんだか一気に難しくなっちゃった……」

ダージリン「やっていれば自ずとわかってくるはずよ」

みほ「落ち着いて、焦らず戦いましょう!」

沙織「うん……、分かった!」

アッサム「これで攻撃は終わりです」

ダージリン「そのようね」


沙織「危なかった、いきなりピンチになっちゃうところだったよ〜」

みほ「沙織さんがんばって!」

優花里「今度はこちらがトリガーを出して反撃しましょう!」

沙織「よーし、まかせて!」


沙織「まずカードを引いて……」

《手札/■■■■■'■,)

沙織「《詩聖のパルテノス/G2}にライド!」

《パルテノス/ー'A,ー/9000}


華「グレード2。順調に重ねていけてますね」

優花里「引き直した甲斐がありましたね」

沙織「うん。でー、《天球のアトラス/G1}を出す……」

《アトラス/'A,Aー]

沙織「それから《月光のダイアナ/G1}も!」

《ダイアナ/AA'A,]


華「勢揃いですね」

みほ「うん、どんどん攻撃していかないと!」

沙織「まっかせて!もう攻撃していいんですよね?」

アッサム「ええ」
63 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:58:07.39 ID:Ru6iyclXo
沙織「なら、《ヴァンガード/9000}で[ヴァンガード》に攻撃!」

{8000/ヴァンガード》{8000/リアガード》


ダージリン「ガードしないわ」

沙織「それじゃあ、ドライブチェック!」

《白妙の魔術師コルツ/}

沙織「あ〜ん、トリガーじゃない〜!」

ダージリン「ふふ……」

華「これはまた、運が物を言うゲームですね」

優花里「武部殿、別に運が悪いわけではないんですけど……」

みほ「うん。沙織さん、プレッシャーに負けずに戦おう!」

沙織「ありがと」ニコッ

ダージリン「ダメージチェック」

{引/まぁるがる》


ダージリン「おや。{引/アイコン》があるわね」

みほ「またトリガー……!」

優花里「さすが、強運ですね……」

沙織「う〜……」

アッサム「{引/ドロートリガー》ですね。クリティカル同様にパワーを与え、カードを引いてください」

ダージリン「いいわ。パワーは{10000/リアガード》に。そして1枚ドロー」

(□□□□□□'□,/ドローカード》
【──>/ダメージ》

{8000/ヴァンガ》{18000/リアガード》


沙織「やった、1ダメージ返せたよ!」

みほ「うん、その調子!」

ダージリン「フフ……」

オレンジペコ「ダージリン様、余裕ですね」

ダージリン「こんな言葉を知ってる?『ファイトにはその人間の全てが表れる』」

オレンジペコ「はい?」

ダージリン「どんな時も優雅に、それが聖グロリアーナのヴァンガードよ」
64 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 18:59:17.15 ID:Ru6iyclXo
沙織「じゃあ、《アトラス/8000}で攻撃!」

ダージリン「ガード」

(□□□□□□'>,/急進の騎士アニル》

{8000/ヴァンガード》
{10000/アニル》

《リアガード/'<,<A/8000}


優花里「防がれました……!」

沙織「ならもう一方の《リアガード/8000}で攻撃!」

ダージリン「ガード」

(□□□□□'>,/未来の騎士リュー》

{8000/ヴァンガード》
{15000/リュー》

《リアガード/<<'<,/8000}


華「これもガードされてしまいました!」

沙織「え〜、3回攻撃してダメージ1!?」

ダージリン「フフ……」

優花里「鉄壁ですね……!」

みほ「うん……」


ダージリン「こちらのターン」

アッサム「今回からは、{>/レスト》しているカードをターンの開始に{∀/スタンド》させてください」

アッサム「ドローと合わせてスタンド&ドロー、と」

ダージリン「いいわ。スタンド&ドロー」

(□□□□□'□,/ドローカード》

[ー'∀∀,]《アレン/ういんがる》
65 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:21:09.16 ID:Ru6iyclXo
ダージリン「{G2/至誠の騎士ベルギウス》にライド」

[ー'∀,∀/ベルギウス》

ダージリン「それと……」


アッサム「左右のリアガードは前後に移動させることができます」

ダージリン「左右ね……」

〈ーー'ー,/左後列》
[ー∀'∀,/左前列》


沙織「移動??」

オレンジペコ「移動させるとどうなるのですか?」

優花里「攻撃できるのは前列だけなんですよね?」

ダージリン「落ち着きなさい。[ー∀'∀,/ういんがる》を移動」

〈ーー'∀,/8000/ういんがる》

ダージリン「それで……、{G2/ブラスター・ブレード》をコール」

[ー∀'∀,/10000/ブラスターブレード》


ダージリン「これがお望みのようね」

アッサム「はい。後列の{G0・1/リアガート》はアタックの際、前列にパワーを与えることができます」

アッサム「グレード0・1のカードの左上にある《ブースト》と書かれたアイコンがその印です」

┌───
│(0)
│(↑)
│[ブースト]


華「それで後列が存在するんですね」

アッサム「はい。ブーストは[同じ縦列]の《ヴァンガード》《リアガード》に加えられます。ですので……」

〈ーー∀/後列》
[ー∀∀/前列》


ダージリン「{G1/ういんがる》をコール」

〈ー'∀,∀/ういんがる》

〈ー'∀,∀/8000/ういんがる》
[ー'∀,∀/10000/ベルギウス》


ダージリン「こうしても良いのね」

アッサム「ええ。ブーストする際もレストさせてください」
66 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:24:45.52 ID:Ru6iyclXo
ダージリン「[ー∀'∀,/ブラスターブレード》の登場時の能力。CブラストとSブラスト……」

アッサム「カウンターブラストは【ダメージゾーン》の表のカードを裏返すことです」

【──'>,/ダメージ》
【──'□,/ダメージ》


アッサム「そしてソウルブラストでソウルのカードをドロップゾーンへ送ります」

オレンジペコ「はい」

('X,∀/ソウル》
[G2/ヴァンガード》


ダージリン「コストを払ったことで、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却」

沙織「え……、退却って」

アッサム「ドロップゾーンへ送ってください」

沙織「あ〜、またいつもの強い能力かー……」

《退却/'X,<<]


優花里「やっぱりカードを破壊できると強いですね」

みほ「そうだね」

ダージリン「じゃ、{8000/ういんがる》のブーストをつけた{10000/ヴァンガード》でアタック」 

[18000/ー'>,∀/ヴァンガード》

《ヴァンガード/ー<ー/9000}


ダージリン「ガードはいかが?」

沙織「しません!」

ダージリン「そう。ドライブチェック」

《世界樹の巫女エレイン/治}


みほ「またトリガー!」

沙織「うそ〜!?」

優花里「今度は何ですか!?」

アッサム「これはヒールトリガーです。まずはパワーをアップさせて」

ダージリン「パワーは[ー>∀/リアガード》に」

{20000/ブラスターブレード》


アッサム「その後、相手以上のダメージを受けていればダメージを1回復できます」

沙織「あ、ダメージ回復だ!」

優花里「《絶甲氷盾》です!」

【──□/ダメージ》


《相手ダメージ/<<─】


アッサム「ですが、ダメージはダージリンの方が少ないですね」

ダージリン「あら、残念ね」
67 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:25:40.09 ID:Ru6iyclXo
沙織「ほっ、助かった。ここで回復までされてたら大変だったよ〜」

みほ「危なかったね」

アッサム「ではダメージチェックを」

沙織「あ、はい。ダメージチェック!」

《天球のアトラス/}
《ダメージ/<<'<,─】


ダージリン「トリガーなし……」

みんな「……」

沙織「……」

沙織「ま、まあこういうこともあるよね、そうだよね」

みほ「う……、うん。そうだよ」

ダージリン「うふふ……」


ダージリン「続けて{8000/ういんがる》のブースト、{20000/ブラスターブレード》でアタック」

ダージリン「〈ー>'>,/ういんがる》の能力により、同列の《ブラスターブレード》にパワー+5000」

[ー>'>,/33000/ブラスターブレード》

《ヴァンガード/9000}


華「パワー33000!」

優花里「こんなの防ぎようがないですよ〜!?」

沙織「ぐぬぬ〜、ダメージチェック!!」

《戦巫女ククリヒメ/☆}
《ダメージ/<<<'<,─】


みんな「あ」

みほ「クリティカル……」

沙織「もう、今じゃないってば〜〜〜!!」


オレンジペコ「から回ってますね」

ダージリン「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるものだけなのよ」

オレンジペコ「……。ああ、なるほど」
68 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:26:34.65 ID:Ru6iyclXo
沙織「もういいもん、トリガー出なくたって!私の番!」
 
みほ「沙織さん……」

ダージリン「フフ……」

《手札/■■■■'■,)

沙織「よし!《煌天神ウラヌス/G3/▽}にライド!」

《ウラヌス/ー'A,A]


アッサム「《ギフトアイコン/▽}を持つグレード3にライドした時、《イマジナリーギフト》を得られます」

沙織「いまじ……、え?」

アッサム「《イマジナリーギフト》です。最初に分けておいたものから1枚を取ってください」

沙織「ああ、この《イマジナリーギフトフォース》っていうのですね」

アッサム「ええ、それをフィールドの六ケ所の内のどこかに置きます」

[ー○ー]
〈ーーー〉


アッサム「《フォース》を置いた場所にあるカードは、自分のターン中のみパワーが+10000されます」

優花里「10000!?」

華「豪快ですね」

沙織「すごいじゃん!」

アッサム「さあ、どこかに置いてください」

沙織「じゃあ、《ヴァンガード》のところかな」

《フォース/ー'A,A/+10000]


アッサム「《イマジナリーギフトフォース》は自分のターンしか効果を発揮しませんが、置いたターンのみというわけではありません」

アッサム「次の自分のターンになれば再び効果を発揮します」

沙織「え、じゃあ置いておけば毎回+10000されるんですか?」

アッサム「はい。ターン終了と共に戻りますけどね」
69 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:28:23.63 ID:Ru6iyclXo
沙織「えっとそれで、《ウラヌス》の能力を使えるのかな?」

沙織「登場時にソウルブラスト2……をして、」

《ヴァンガード/G3}
《ソウル/AA'XX,)


沙織「《イマジナリーギフトフォース》をヴァンガードのところに置く……」

沙織「え、《フォース》をもう1つ取れるの!?」

アッサム「そのようですね。2枚以上を重ねがけすることができるようです」

優花里「それすごく強くないですか!?」

華「ええ」

《ヴァンガード+2フォース/33000}


ダージリン「33000……。おやりになるわね」

みほ「その調子です、沙織さん!」

沙織「まっかせといて!じゃあリアガードを出して……」

《剛直のペルセウス/G3/13000}

《ペルセウス/'A,AA]


沙織「《ダイアナ/AA'A,]を後ろに!」

《ダイアナ/ーーA〉

沙織「《空いたところ/AAー]にもう1枚《リアガード》を出します!」

《白妙の魔術師コルツ/G2}

《コルツ/AA'A,]
《後列/ーーA〉


沙織「これで、《ヴァンガード/33000}で攻撃!」

{10000/ヴァンガード》

《ヴァンガード/A<A]


ダージリン「ガードしないわ」

沙織「ドライブチェック!」

アッサム「グレード3の攻撃時は、ツインドライブです」

ダージリン「ツインドライブ……」

オレンジペコ「ドライブ2回ですか?」

アッサム「ええ」

沙織「やった、それなら絶対トリガー出るじゃん!」

みんな「……」

優花里「あのー、それなら相手も引いてしまうのでは……」

沙織「あ……、そっか。それじゃだめじゃん」

ダージリン「……」
70 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:31:02.48 ID:Ru6iyclXo
沙織「じゃ私だけ引く!ドライブチェック!」

《大鍋の魔女ローリエ/治}


沙織「あ!」

みほ「出た、回復のトリガーだ!」

優花里「やりましたね!」

ダージリン「へえ……」

沙織「パワーは《ペルセウス/'A,<A]に!」

《ペルセウス/23000}

アッサム「相手以上のダメージを受けていれば回復ですね」

【──□/相手ダメージ》


《ダメージ/<<<<─】


沙織「そりゃもう、こっちはボコボコですから!」

みほ「ボコボコ……」

アッッサム「回復したダメージゾーンのカードはドロップゾーンへ送ってください」

沙織「はい!」

《ダメージ/<<<'X,─】


アッサム「ではツインドライブですので、もう1度チェックを」

沙織「あ、はい。もっかいチェック!」

《舞灯のプロメテウス/}


ダージリン「トリガーではないようね」

沙織「まあでもよし!1枚出たし」

ダージリン「ダメージチェック」

{/急進の騎士アニル》
【──'>,□/ダメージ》


華「これでダメージ2!」

優花里「あと一撃で同点です!」

沙織「よし!今度は《リアガード/23000}で攻撃!」

{10000/ヴァンガード》
71 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:33:17.45 ID:Ru6iyclXo
沙織「攻撃時に《ペルセウス/'<,<A]の能力で、カウンターブラストして……」

《ダメージ/'■,<<──】

沙織「2枚引いて、1枚をソウルにいれる、っと」

《手札/■'X,■■'■■,)
《ソウル/AA'A,)


華「手札をたくさん引きますね」

優花里「このゲームで手札が増えるのはすごく強いですよね。ガードたくさんできますし」

沙織「うん、これで次のターンの準備もバッチリ!」

ダージリン「ノーガードよ。ダメージチェック」

{/沈黙の騎士ギャラティン》
【──'>,>□/ダメージ》


沙織「やったー!これでダメージ同点!」

優花里「盛り返してきましたね!」

華「いい流れです」

沙織「さらに《リアガード/<<'A,]で攻撃!これで逆転!」

ダージリン「そうはいかないわ、ガード」

(□□□'>,/世界樹の巫女エレイン》

{10000ヴァンガード》
{20000/エレイン》

《コルツ/10000}
《ダイアナ/8000}


沙織「防がれた……」

みほ「でも、いい攻撃だったよ!」

優花里「そうです、勝負はこれからです!」

沙織「うんうん!」
72 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:34:35.31 ID:Ru6iyclXo
ダージリン「そ。なら、そろそろ本気でいかせてもらおうかしら……」ゴゴゴ…

沙織「う……!」

華「すごい迫力です……」


ダージリン「{▽/G3/騎士王アルフレッド》にライド!」

[ー'∀,∀/アルフレッド》


みほ「騎士王……!」

華「イメージに合いますね」

ダージリン「《ギフトアイコン/▽}所有者へのライドにより、《イマジナリーギフトフォース》を獲得」

{23000/アルフレッド+フォース》

ダージリン「登場時能力によりカウンターブラストし、山札から《ブラスターブレード》をコール」

【──>'□,□/ダメージ》

['∀,∀∀/ブラスターブレード》


ダージリン「《ブラスターブレード》の登場時能力。カウンターブラスト・ソウルブラストし、相手の前列を退却」

【──'□,□□/ダメージ》
('X,∀/ソウル》

ダージリン「消えなさい《コルツ/AA'A,]!」

《退却/A<'X,]


沙織「またやられちゃった……!」

ダージリン「そして{G1/ういんがる》をコール」

〈'∀,∀∀/8000/ういんがる》
[∀∀∀/前列》


華「六ケ所全部にカードが出ました……!」

優花里「総攻撃です!」

ダージリン「いくわよ。{8000/ういんがる》のブースト、{23000/ヴァンガード》でアタック!」

ダージリン「[∀'>,∀/アルフレッド》の能力で自身にパワー+10000」

{41000/ヴァンガード》

《ヴァンガード/13000}


みほ「41000……!」

優花里「強すぎます〜!」

沙織「ガードなし!ここを防ぐよりリアガードの攻撃をガードした方がお得だよね!?」

華「はい」

みほ「そうだけど……。大丈夫だよね……」

ダージリン「フフ……。油断大敵、ツインドライブ」
73 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:36:19.72 ID:Ru6iyclXo
{☆/未来の騎士リュー》

沙織「あ!」

優花里「クリティカルトリガーです!」

ダージリン「クリティカルは《ヴァンガード》、パワーは《リアガード》へ」

{☆2/ヴァンガード》

《ヴァンガード/13000}


華「あっ……」

沙織「え?」

沙織「あっ……、もしかしてやばい!?」

アッサム「……」

ダージリン「2枚目」

{☆/ふろうがる》


オレンジペコ「うわ!」

沙織「げ!」

みほ「ダブルクリティカル……」

ダージリン「クリティカルは《ヴァンガード》へ……!」

{☆3/41000/ヴァンガード》

《ヴァンガード/13000}
《ダメージ/■<<──】


みんな「……!」

ダージリン「運はいつでも私達を見ているわ。誠意ある方をね」

沙織「……」


沙織「こんなの勝てっこないじゃ〜〜〜ん!!」

《挺身の女神クシナダ/引}
《舞灯のプロメテウス/}
《絶界巨神ヴァルケリオン/}

《ダメージ/■<<'<<<,】
74 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:37:53.79 ID:Ru6iyclXo
アッサム「ダメージ6、ダージリンの勝利ですね」


ダージリン「対戦ありがとう。良い刺激になったわ」

沙織「え〜ん、もうやだ〜〜!」

華「よしよし」

麻子「うるさいな……」

みほ「あ、麻子さん起きた」

アッサム「ダージリン……、少しやりすぎなのでは?」

ダージリン「あら心外ね。イギリス人は恋愛と戦争では……」

オレンジペコ「いくらなんでも可哀想ですよ。押しかけてきてるのはこちらなんですし」

ダージリン「……。仕方ないわね……」


ダージリン「あなたにこんな言葉を送るわ。自信を失った時こそ傲骨虚心の精神が必要である……」

沙織「??」

ダージリン「戦いに必要なのは図太さと冷静さなのよ。それを忘れないことね」

みんな「……」

みんな「(うまいこと締めたな……)」

沙織「うぅ……グスッ…」
75 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 19:38:55.67 ID:Ru6iyclXo
優花里「しかし変わったゲームでしたね。呪文やマジックなどのサポートが1つもないとは」

華「ほとんど、トリガーチェックしか記憶にありません……」

優花里「でも毎ターンすごく楽しそうでした!」

沙織「あんなの全然私の本気じゃないから!今回はたまたま運が悪かっただけだし!」

麻子「本当に運なのか?」

みほ「ま、まあ……」

沙織「……」カチーン

沙織「なによ、今更起きてきて!」

麻子「?」

沙織「そんなこと言うんならもうちょっと早く起きてきてアドバイスの一つもしなさいよ!」

麻子「な、なんだ??」


みほ「で、でも。ダージリンさんは凄く余裕があったよね」

優花里「そうですね。自分だけじゃなく、相手の運もコントロールしているみたいな覇気がありました」

華「あれが、カードで戦う者の心意気なんでしょうか」

麻子「そんなに凄かったのか?」

優花里「鬼ですよ、鬼。かないっこありません!」

麻子「おに……」

沙織「つーかあの人何であんな強いの!?それがおかしいんじゃん!!」

みほ「アハハ……。さすがに、相手が悪かったかも……」
76 : ◆AHAsA7XoCo [saga]:2020/02/11(火) 20:39:27.30 ID:Ru6iyclXo
優花里「最後は遊戯王です!デッキをどうぞ」

沙織「また運が必要だったらどうしよ〜……」

華「気にしては負けですよ」

みほ「じゃあ相手は、麻子さんやってみますか?」

麻子「いや、いい。今の沙織に絡まれるのは面倒だ」チラッ

沙織「べー」

みほ「そ、そうだね……」


角谷「私がやってやろっか」ニヤッ

みんな「!」


沙織「元会長!」

みほ「どうしたんですか?」

角谷「ダージリンから聞いたけど、武部ちゃん婚活してるんでしょ?協力しちゃおうと思ってね」ニヤニヤ

みほ「アハハ……、婚活……」

華「よろしいのですか?」

角谷「いいってことよ。河嶋のとっても楽しい受験勉強に付き合ってやんのもそろそろ限界だったし」

みんな「あ〜……」
77 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:41:04.60 ID:Ru6iyclXo
角谷「で、武部ちゃんはコテンパンに伸されて意気消沈しちゃってるわけだ」

沙織「う、それは……」

角谷「こういう時はさ〜、何か懸けて戦うのが良いんだよ。その方がやる気も出るし」

華「懸ける、ですか?」

沙織「え、何?」


角谷「私に勝ったら良い人紹介してやっから」

みんな「!?」


沙織「ほんとですか!?」

角谷「ほんとほんと〜」

優花里「すごい、太っ腹です!」

みほ「それで、負けた時は……」

角谷「みんなに河嶋の勉強手伝ってもらおっかな」

みんな「げ……」

角谷「冷泉ちゃんもいることだしね」

麻子「うわ……」

華「これは負けられませんね」キッパリ

優花里「罰が重すぎます!」

麻子「絶対勝て!負けたら承知しないぞ!」

沙織「言われなくてもやってやるわよ!」

みほ「アハハ……」

優花里「あ、じゃあこれデッキです」

角谷「さんきゅ〜」

沙織「約束守ってもらいますからね!」

角谷「お、いいねぇ。勝負の前はそうでなくっちゃね」
78 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:41:50.87 ID:Ru6iyclXo
角谷「で、これなんなの?」

優花里「遊戯王です。デッキの他にスターターガイドとルールブックがついてますね」

沙織「カードやったことあるんですか?」

角谷「な〜い!だから説明よろしく」

華「分かりました」

沙織「いやルールブック分厚っ!?何これ!?」

みほ「これスターターデッキについてきたの?すごい、良心的……」

華「それだけ複雑ということでは……?」

優花里「でも、スターターガイドもあるんですよ。二段構えでティーチングしてくれるなんて凄いですよ!」

角谷「わかったから、早く始めちゃってよね」

華「あ、はい。では私から説明させていただきます」


華「まずデッキを切って置きます」

角谷「ほいほい」

華「エクストラデッキのカードはデッキとはわけておきます」

沙織「エクストラデッキ……」

華「青いカードが入るみたいです」

沙織「ああー、これね。ガチャレンジみたいなもんね」

角谷「私のにはないね」
79 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:43:09.74 ID:Ru6iyclXo
華「これで準備完了。ジャンケンして勝ったほうが先攻後攻を決めます」

沙織「ジャンケンチョキ!」

角谷「パ〜」

沙織「よし、先攻!」

華「そして手札を5枚引いてください」

沙織「5枚ね」

《手札/□□□□□)


華「LP8000でデュエルスタートです。まずはドローフェイズ、ですが」

沙織「ドローはない?」

華「はい。先攻はドローできません。次に何もないスタンバイフェイズです」

みんな「……」

角谷「?」

華「そしてメインフェイズ1です」

みほ「1?」

優花里「2もあるみたいですね」

華「メインフェイズでは、モンスターの召喚、魔法・罠の発動とセット、特殊召喚、リンク召喚ができます」

沙織「リンク……?」

華「エクストラデッキのリンクモンスターを呼び出すことですが、まずは手札のモンスターを使ってみましょう」


華「基本的な召喚である通常召喚は、1ターンに1回だけです」

沙織「カード使うのにコストは?」

華「カード全般に共通のコストがあるわけではないようですが……。星5以上のモンスターにはありますね」

角谷「星5ねぇ……」チラッ

沙織「へー……。なんなの?」チラッ

華「フィールドのモンスターをコストにするんです。星5・6で1体、星7・8で2体」

角谷「フィールドから……。ふーん」

優花里「なら、まずは星4以下のカードを使うべきでしょうね」

沙織「星4以下ね……」
80 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:49:10.63 ID:Ru6iyclXo
華「モンスターの通常召喚には表側攻撃表示とセットの2種類があります」

《表側攻撃表示/A}
《セット(裏側守備)/□}


華「できるのは1ターンに1度、どちらか1つです」

華「モンスターゾーンに召喚・セットしてください」

〈ーーーーー〉
[ーーーーー]
【─ー・ー─】:EXモンスターゾーン
[ーーーーー]:モンスターゾーン
〈ーーーーー〉:魔法・罠ゾーン


みほ「へえ、モンスターを裏側で出せるんだ?」

角谷「なに、珍しいの?」

みほ「はい」

優花里「それに、最初から横向きで出せるんですね……。攻撃する気がないんですかね」

華「モンスターには《攻撃力と守備力}の2つのパワーがあるので、目的によって表示を使い分けるようですね」

沙織「あー、さっきもパワーとシールドは数字違ったもんね」


沙織「じゃあまずは、《テクスチェンジャー/ATK100}を出す!」

《テクスチェ/ーーAーー]


沙織「これで大丈夫?」

華「はい。あとは魔法と罠ですが……」

華「魔法カードは自分のターンに何枚でも使えます。フィールドに伏せてから使うこともできますね」

沙織「それってなんか違いがあるの?」

華「えー……、何でしょうか?」

角谷「……。罠は?」

華「あ、はい。罠カードは1度伏せてから使いますが、これも何枚でも伏せられます」

沙織「あー、ある!伏せちゃお」

《伏せカード/ーー△ーー}


華「伏せたターンには発動できませんが何枚でも発動できて、相手のターンにも発動できるそうです」

沙織「相手の番でも使えるんだ、いいじゃん!」

角谷「相手ターンのいつ?」

華「えー……。タイミングが指定されていないものは自由に発動できるようですね」

角谷「ほうほう」
81 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:50:36.04 ID:Ru6iyclXo
華「これらを好きなだけ繰り返し、やることがなくなれば先攻のターンは終了です」

沙織「じゃあ私の番は終わり!」

角谷「じゃ私のタ〜ン」

華「後攻からはターンの開始時に1枚ドローします」

角谷「ほいよ」

(■■■■■'■,/ドローカード》


角谷「ふ〜ん、んじゃこれ」

{ATK1800/ライトロードパラディン-ジェイン》
[ー'∀,ーーー]

《テクスチェ/ーーAーー]


優花里「ずらして出すんですね」

角谷「突撃かました方が良かった?」

優花里「いえ。ていうかカードを出す場所って何か違いがあるんですか?」

沙織「さっきの前列と後列みたいな?」

華「特に無いようですね」

角谷「そ。んで(■■'■■■,/手札》を伏せる、と」

〈▼ーー▼▼/伏せカード》


優花里「3枚も伏せました……!」

みほ「あれ全部罠なのかな?」

華「何だか今までのゲームとは雰囲気違いますね」

みほ「うん。いきなり4枚もカードを使ってる……」
82 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:51:58.20 ID:Ru6iyclXo
角谷「……。ほんで?」

華「えー、後攻からはバトルフェイズが行えます」

角谷「あ〜、バトっちゃう感じ。んじゃ攻撃」

華「攻撃表示のモンスターで相手モンスターを指定して攻撃します。いない場合に直接攻撃となります」

角谷「いるね、弱っちそーなのが」

{ATK1800/ジェイン》

《テクスチェ/ATK100}


沙織「攻撃する時に{>/横》にしないの?」

華「しないみたいですね」

優花里「へえ、それも初めてですね!」

角谷「これでやっつけられるってわけだ」

角谷「ほんじゃ、{ジェイン》の能力で、攻撃する時攻撃力が300アッ……」

沙織「はい待った!」

角谷「ん」

沙織「攻撃対象になった時に《テクスチェ》の効果を発動できます!」

沙織「その効果で、攻撃は無効です!」

角谷「ほぇ〜……、やるねえ」

沙織「さらに、デッキからサイバース族……?の、通常モンスター……??」

沙織「……を特殊召喚できます」

角谷「へえ」

沙織「えっと、サイバース族の通常モンスター……。あ、これこれ」

《ライドロン/ATK2000}


沙織「特殊召喚って、このまま出していいの?」

華「はい。通常召喚同様にフィールドに出してください」

華「表示形式は表側攻撃表示か表側守備表示のどちらかですね」

《表側攻守/A<}

沙織「ならこう!」

《ライドロン/ーーA'A,ー]

83 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:53:11.68 ID:Ru6iyclXo
華「特殊召喚は1ターンに何度でも行えるそうです」

角谷「そりゃ便利だね〜」

沙織「攻撃が終わったらどうなるの?」

華「バトルフェイズの後にはメインフェイズ2があります」

沙織「2ってことは、もう1回召喚できるってこと?」

華「いえ、通常召喚はメインフェイズ1・2通して1度です。特殊召喚は何度でもできるので可能でしょうけど」

角谷「ふーん。まあいいや、ターン終了〜」

角谷「あ。エンドフェイズに[ーー∀ーー/ジェイン》の効果発動。デッキの上から2枚を墓地に送る、と」

(墓地/ライトロードモンク−エイリン》(墓地/ダークブレイズ・ドラゴン》

角谷「これで終わり」


沙織「私の番!」

《ドローカード/□□□'□,)

沙織「え〜、これどうすればいいの〜?」

みほ「沙織さん?」

沙織「なんか、コストとかないし……。どのカードを使えばいいのか全然分かんない〜!」

みほ「それは……」

麻子「自分のカードをよく見れば分かるだろ」

沙織「なに?」ジトッ

麻子「う……。まずは戦線を整えればいい……」

沙織「何それどういうこと!?もっとわかりやすく言って!」

麻子「えぇ……??だから……防御を固めて攻撃もして、反撃の手段は温存しておくんだよ」

沙織「……。はい???」

麻子「こりゃだめだな」

みほ「ふ、二人とも落ち着いて……」
84 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:55:00.82 ID:Ru6iyclXo
沙織「えーじゃあ、この青いモンスターってどう出すの?」

華「リンク召喚ですね」

華「リンクする場合、出したいカードによって定められた素材をフィールドに揃えてください」

沙織「え、自由に選べるの?」

華「そのようです」

沙織「ガチャ回さなくていいの!?」

優花里「回す方がおかしいんですよ、きっと」


華「例えば《デコード・トーカー・エクステンド/LINK3}の場合」

{効果モンスター2体以上}

華「とありますので、この場合の素材は《LINKの数値分のモンスター}かつ」

華「《条件を満たしたモンスター必要最低限以上}である必要があります」

沙織「えっと……」

みほ「《LINK3}だから3体で」

優花里「《効果モンスター}を2体以上ってことですね」


角谷「絶対3体分必要なら2体以上って条件に意味あんの?」

華「あ、それはですね……」

華「リンクモンスターを素材に含める場合、自身を《自身のLINKの数値分のモンスター}として素材にできるんです」

沙織「……、LINK2なら2体分ってこと?」

華「はい。ですから、《LINK3}で《効果モンスター2体以上}なら」

《効果モンスター》《効果モンスター》《効果モンスター》

華「や」

《LINK2効果モンスター》《効果モンスター》


華「でリンク召喚できるんです」

角谷「じゃあさ、効果モンスター2体以上ってんなら」

《効果モンスター》《効果モンスター》《通常モンスター》


角谷「これでも良いんじゃないの?《3体分》で《効果2体》いるよ?」

華「えーっと……。《効果モンスターのみ》で2体以上ということのようです」

角谷「なるほどね〜」
85 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:56:21.92 ID:Ru6iyclXo
沙織「まあ何となくわかったかな……?」

沙織「防御して攻撃もして……、手札は使い切らないようにして……」

沙織「え〜っと……」

みんな「……」


沙織「はい質問!リンクって自分の番に何回できんの?」

華「何度でもじゃないですか?これも特殊召喚の1つのようですから」

沙織「じゃあ、特殊召喚したターンって、えっと……普通の召喚はできるの?」

麻子「通常召喚だろう」

沙織「あ、そうそうそれ」

華「特に規制はないようですね」

沙織「そっか!じゃあ後……、《リンク先》って何?」

華「それはですね」

華「リンクモンスターにはカードの絵柄の回りに《マーカー/△}がありますよね?」

▽△▽
◇絵◇
△▽△


沙織「ああ、あるある」

華「それがリンクマーカー、その先が《リンク先》です」


沙織「あ、じゃあこうなってたら……」

▽△▽
◇A◇《リンクモンスター》
▲▽▲

[ーーーーー]
【─A・ー─】
[▲ー▲ーー]


沙織「《ニヶ所/▲ー▲ーーー]がリンク先ってこと?」

華「そうなりますね」

華「リンクモンスターは、【EXゾーン】だけでなく[リンク先]にも出すことができるそうです」

優花里「リンクモンスター同士をつなげていくんですね」

沙織「う〜ん、そっかー……」
86 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:58:10.77 ID:Ru6iyclXo
沙織「よくわかんないけど……、とりあえず決めた!」

麻子「やっとか」

華「ずいぶんかかりましたね」

沙織「まず、《サイバース・ホワイトハット/星6/手札)の効果!」

沙織「自分フィールドにサイバース族が2体以上存在する場合、手札から特殊召喚できるから……」

《テクスチェ/サイバース}《ライドロン/サイバース}

沙織「これで特殊召喚!」

《ホワイトハット/ー'<,AAー]


角谷「ほうほう、ずらずら並んじゃって」

優花里「コストが必要な星5以上のモンスターでも、特殊召喚だとコストは必要ないんですか?」

華「そのようですね。そのための特殊召喚なんだと思います」 

優花里「ああ、それもそうですね」


沙織「じゃあ、《ライドロン/ー<A'A,ー]を素材にして……」

華「素材モンスターは墓地に送ってください」

《素材/ー<A'X,ー]


沙織「《リンク・スパイダー/LINK1}を出しちゃいます!」

《リンク・スパイダー/通常モンスター1体}

華「リンクモンスターは【EXモンスターゾーン】に出します」

[ーーーーー]
【─ー・ー─】
[ーーーーー]


華「《二ヶ所/─ー・ー─】の内のどちらかを選んでください」

沙織「ならここね」

[ー∀ーーー/ジェイン》
【─A・ー─】《リンクスパイダー》
[ー<Aーー]《ホワイトハット・テクスチェ》


華「これでリンク召喚は完了です」

角谷「へえ、正面とっちゃう?とことんやる気だねえ」

沙織「それだけじゃないですけどね!」

角谷「ふーん?いいねぇ、そうこなきゃ」

沙織「ふふーん、余裕でいられるのも今のうちですから!」

みほ「沙織さんファイト!」

沙織「うん!じゃあ、もう1度リンク召喚!」

《素材/─'X,・ー─】
《素材/ー'XX,ーー]
87 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 20:59:50.44 ID:Ru6iyclXo
角谷「おほ〜、豪勢じゃん」

沙織「今度は強そうなの!」

《デコード・トーカー・エクステンド/LINK3/ATK2300}

《エクステンド/─A・ー─】


みほ「あ、レアカードだ」

華「そのデッキの目玉カードですね。スターターガイドにも真っ先に出てきますし」 

沙織「ほんと?やっぱそうだと思ったんだよね!」

角谷「気合入ってるのは分かったから、ほらほら」

沙織「あ、じゃあ《ホワイトハット/墓地)の効果!リンク素材になったら、相手モンスターの攻撃力を-1000!」

{ATK1800→800/ジェイン》


角谷「ありゃ」

沙織「それで《伏せカード/ーー△ーー〉を発動!」

《サイバネット・リグレッション/通常罠}


沙織「自分がリンク召喚した時、フィールドのカードを1枚破壊して、1枚ドロー!」

〈'X,ーー▼▼/伏せカード》

《手札/□□□'□,)


角谷「ありゃりゃ、やられちった」

優花里「何でも1枚破壊ってすごいですね」

みほ「そうだね」

沙織「で、《リビルディア/ATK1800}を……えっと、召喚して……」

《リビルディア/ーーAーー}

沙織「《エクステンド/─A・ー─】は自分のリンク先のモンスターの数×500攻撃力アップ!」

[ー'∀,ーーー]
【─'A,・ー─】
[ーー'A,ーー]

《エクステンド/ATK2300→3300}
88 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:01:11.95 ID:Ru6iyclXo
優花里「なるほど、この効果のために正面に出したんですね!」

角谷「あー、そんなこともあるわけね」

沙織「で、バトル!えっと……」

{ATK800/ジェイン》

《エクステンド/ATK3300}
《リビルディア/ATK1800}

沙織「《リビルディア》で攻撃!」

角谷「や〜ら〜れ〜た〜……!」

[ー'X,ーーー/破壊》


華「戦闘は攻撃力の高い方が勝ち、引き分けだと互いに破壊されます」

華「やられたモンスターは墓地に送られ、攻撃力の差の数値分LP8000からダメージを受けてしまいます」

角谷「ぎゃあ」

{8000→7000/LP》


優花里「やりましたね、先制攻撃です!」

沙織「まだまだ、攻撃はここからだから!」

角谷「へえ?」

沙織「びっくりしちゃいますからね!えっと……」

沙織「《リビルディア/ーーAーー]の効果が発動して。墓地から攻撃力1500以下のサイバース族を1体特殊召喚できます!」

《テクスチェンジャー/DEF100}

《テクスチェ/'<,ーAーー/リンク先}


角谷「壁出してどうすんの?」

沙織「本命はこっちです〜。《エクステンド/EXゾーン】の効果!」

沙織「[ー'X,ーーー/リンク先》のモンスターがバトルフェイズ中に破壊されたら、このターンに2回攻撃できるようになっちゃうんです!」
89 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:03:49.53 ID:Ru6iyclXo
みほ「2回攻撃!」

優花里「攻撃力3300で2回って、強すぎじゃないですか!?」

角谷「ほほう」

沙織「すごいでしょ!?じゃ、《エクステンド/ATK3300}で直接攻撃!」

角谷「ほげ」

{7000→3700/LP》

みほ「すごい、一気にLPを半分にしちゃった!」

沙織「まだ、もう1回攻撃!」

優花里「これで残りLP400ですよ!勝ったも同然です!」

角谷「そりゃ困っちゃうね。〈ーーー'▼,▼/伏せカード》発動〜」

{永続罠/ーーー'⊥,▼/リビングデッドの呼び声》


角谷「これで墓地からモンスター1体を特殊召喚しちゃうから」

沙織「う」

角谷「これこれ〜」

{ATK2400/ーー∀ーー/ダークブレイズ》
《エクステンド/─A・ー─/ATK3300}


沙織「……って、こっちの方が攻撃力高いじゃん!」

角谷「そりゃそうでしょ。ただの壁だし」

沙織「……。攻撃!!」

[ーーXーー/破壊》
{3700→2800/LP》


沙織「これでターン終了!どう、いい感じじゃない!?」

華「はい。見事な手際です」

優花里「かなり優勢ですよ!」

みほ「有利になっても落ち着いてね」

沙織「うんうん、分かってるって」

麻子「絶対嘘だ……」ボソッ

沙織「む」ギロ


角谷「ふーん、ほんとかな〜?」

沙織「あ。何ですか先輩まで」

90 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:05:28.87 ID:Ru6iyclXo
角谷「いやいや。余裕ってのはそう長く続かないもんだってこと」


角谷「ま、見てなって。私のタ〜ン」

(─■■'■,ドローカード》


角谷「そうだね〜。まずはこれかな」

{通常魔法/トレード・イン》

角谷「(─■'X,/星8モンスター》を捨てて、2枚ドロー」

(墓地/巨神竜フェルグラント》

(■'■■,/ドローカード》
〈ーーーー▼〉
[ーーーーー]


みほ「手札を入れ替えるカード……」

優花里「なんか、強そうな感じがします……」

沙織「ん〜……」

角谷「それから、(墓地/ライトロードモンクエイリン》を除外して……。除外って何だっけ」

華「除外というのは、ゲームから取り除くことです。墓地とは別に隔離しておいてください」

角谷「おっけーおっけー。それで(手札/暗黒竜コラプサーペント》を特殊召喚しちゃって」

[ーーーー∀/コラプサーペント》

角谷「そんでこれを発動!」

{通常魔法/復活の福音》


優花里「動き出しました……!」

沙織「なんかやだ〜、怖い〜……!」

角谷「墓地からこれこれ〜、こいつを特殊召喚」

{ATK2800/巨神竜フェルグラント》

[ーー'∀,ー∀/巨神竜》


優花里「あ、レアカードです!」

華「目玉カードですかね」

みほ「みるからに強そうだね」
91 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:07:33.97 ID:Ru6iyclXo
角谷「そうだよ〜?効果はっつど〜。リンク以外の相手フィールド・墓地のモンスター1体を除外しちゃうから」

沙織「じょ、除外……ってことは、もう使えないってこと?」

華「墓地のカードを操るカードより、除外を操る効果の方が少ないようですね。なので、再利用が難しいと」

沙織「うぅ……」

角谷「まずは、邪魔くさい《テクスチェンジャー》に消えてもらおうかな」

沙織「あー!」

《除外/'X,ー<ーー]


角谷「そんで、[ーー∀ー∀/フィールドの2体》をコストにして……。墓地に行くんだよね?」

華「あ、ええ。その通りです。2体をリリースして手札からの通常召喚ですね」

[ーーXーX/リリース》

角谷「こいつも行ってみよー」

{ATK2800/フェルグラント・ドラゴン》

[∀ーーーー/フェルグラント》


沙織「ん??」

優花里「《巨神竜》も墓地に送ってしまうんですか……??」

角谷「ちゃんと理由があるって。(墓地/コラプサーペント》の効果はつどー。デッキから《輝白竜ワイバースター》を手札に加えるよ」

(─'■,/手札》

角谷「そんで(墓地/コラプサーペント》を除外してその(手札/ワイバースター》を特殊召喚」

[∀ーーー'∀,/ワイバースター》


みんな「……」

角谷「そんでそんで〜。〈ーーーー▼/伏せカード》はっつど〜!」

{通常罠/竜の転生》

角谷「[∀ーーー'X,/ワイバースター》を除外して、(墓地/巨神竜フェルグラント》をもっかいふっか〜つ!」

[∀ー'∀,ーー/巨神竜フェルグラント》
92 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:09:43.41 ID:Ru6iyclXo
みんな「おお〜……!」

優花里「すごいです!魔法も罠も自由自在に使いこなしてます!」

みほ「うん。まさに手足のようにって感じ!」

角谷「褒めても出るのは干し芋だけだよ」

沙織「いやいや、褒めてる場合じゃないから!」

角谷「そ。褒めてる場合じゃーないよね。[フィールド/巨神竜》の効果が再び発動するからね」

沙織「え!?」

角谷「相手のフィールド・墓地のモンスター1体を除外だよ。(墓地/サイバース・ホワイトハット》ね」

(墓地→除外/ホワイトハット》

角谷「そんで{ATK2800/巨神竜》の攻撃力は《ホワイトハット/星6}の星×100ア〜ップ」

{ATK2800→3400/巨神竜》


{ATK2800/フェルグラント》{ATK3400/巨神竜》

《エクステンド/ATK2800}《リビルディア/ATK1800}


優花里「《エクステンド》の攻撃力を上回りました!」

沙織「あー!まずいじゃん!」

角谷「かもね。んじゃ攻撃!」

{ATK3400/巨神竜》
《リビルディア/1800}

《破壊/ーーXーー]


沙織「あた!」

《LP/8000→6400}

角谷「まだまだ、こっからだよ〜。[フィールド/巨神竜》の効果!」

角谷「戦闘で勝った時、(墓地/星7・8/ドラゴン1体》を特殊召喚できちゃうんだねー」

華「何がいましたっけ?」

角谷「{星7/ダークブレイズ・ドラゴン》が復活〜!」

{ATK2400/∀ー∀ー'∀,/ダークブレイズ》
93 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:14:22.91 ID:Ru6iyclXo
沙織「なんだ、さっきの壁モンスターじゃん」

角谷「それはどうかな?」

沙織「え」

角谷「じゃその[∀ー∀ー'∀,/ダークブレイズ》で攻撃」

{ATK2400/ダークブレイズ》

《エクステンド/2300}


沙織「えー、《エクステンド》なんでこんなに弱くなってんの〜!?」

角谷「なんとか先のカードが減ったからでしょ。はい破壊」

《破壊/─X・ー─】

沙織「やだ〜!」

《LP/6400→6300}


優花里「あー、せっかくのキーカードがやられてしまいました!」

みほ「そんなぁ……!」

華「これはまずいですね」

角谷「いや〜、まだまだだよ?」ニヤッ

沙織「??」


角谷「[フィールド/ダークブレイズ》の効果。倒した相手の攻撃力分のダメージを相手にプレゼント!」

《エクステンド/ATK2300}

沙織「うそ!?」

角谷「ありがたく頂戴してよね」

沙織「いりませんってぇ!」

《LP/6300→4000》

角谷「そして{ATK2800/フェルグラント》で直接攻撃!」


沙織「ひど〜い!」

《LP/4000→1200}

{LP2800/角谷》
〈ーーーーー〉
[∀ー∀ー∀]{ATK2800・3400・2400}
【─ー・ー─】
[ーーーーー]
〈ーーーーー〉
《沙織/LP1200}
94 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:16:06.60 ID:Ru6iyclXo
優花里「一気に逆転されちゃいました……!」

みほ「すごーい……」

角谷「ターン終了。河嶋が近づいてきたね……」ニヤニヤ

優花里「ひえっ……、恐ろしい脅しです!」

華「横暴です!」

麻子「おい、なんとかしろよ」アセアセ

沙織「……」

角谷「?」


沙織「へへーん、実は大丈夫なんです!」

角谷「ほーん?」

麻子「ほんとか!?」

優花里「何か秘策があるんですか!?」

沙織「その通り!見てて、私の番!」

《ドローカード/□□□'□,)


角谷「そんじゃお手並み拝見」

沙織「余裕は今のうちなんだから!くらえっ!」


沙織「《サンダーボルト/通常魔法}!」

角谷「?」
95 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:17:35.90 ID:Ru6iyclXo
沙織「この効果で、相手フィールドのモンスターを全部破壊!!」

みんな「!?」

優花里「ぜ、全部ですか!?」

みほ「すごい、一発逆転だぁ!」

沙織「これならどんなに強いモンスターでも一撃だから。しかも全部ね!」

角谷「ほーほー、そりゃまずい」

沙織「……。え、何その余裕」

角谷「(墓地/復活の福音》の効果。[フィールド/ドラゴン族》が破壊される場合、自身を除外して身代わりにできる」

角谷「これ1つで破壊される全部の身代わりにね」ニヤッ


沙織「え!?」

角谷「はい残念」

(墓地→除外/復活の福音》
[∀ー∀ー∀/みんな無事》


みんな「……」

沙織「……。あれ?」

沙織「うそうそ、今の不発で終わり!?」

角谷「残念だったね」

沙織「うそ〜〜、え〜〜!?」
96 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:18:32.07 ID:Ru6iyclXo
沙織「じゃーもー勝てないじゃん!」

麻子「冗談じゃない、負けはゆるされないぞ!」

みほ「うん、最後まで諦めないでください!」

沙織「そんなこと言ったって……」

優花里「とにかくここは凌ぐしかないですよ!」

華「まずは落ち着きましょう」

沙織「う〜……」


沙織「じゃあ《これ/□□'□,)を裏側で出して……」

《伏せモンスター/ー□ーーー]

沙織「《罠カード/□'□,─)を伏せて終わり……」

《伏せカード/ーーー△ー〉


華「あの、伏せるカードには魔法と罠があるので、バラさないほうが良いのでは……?」

沙織「……」

麻子「ばかかおまえは!」

沙織「……。うるさいうるさ〜い!」

みほ「アハハ……」

角谷「こっちのターンだね」

(──'■,/ドローカード》


角谷「こりゃー勝負あったね」
97 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:19:39.76 ID:Ru6iyclXo
沙織「え!?」

角谷「私はスタンバイフェイズに……」

優花里「スタンバイフェイズで何かできるんですか!?」

華「初めてですね、何もないフェイズで何かをするのって」


角谷「干し芋補給〜」ムシャムシャ


みんな「……」

沙織「は?」

角谷「いや〜、これで私のLP4000回復……」

沙織「しません!!」

みほ「アハハ……」

沙織「もー、何なんですか変な脅しかけて!!」

角谷「まーまー、そうカッカしない。ほら、{ATK2400/ダークブレイズ》で攻撃」

《伏せモンスター/ーーー□ー]
《フリップ・フローズン/ーーー<ー/DEF100}

《破壊/ーーーXー]


角谷「で、《ダークブレイズ》の効果。倒した相手の攻撃力分のダメージね」

みほ「あ、まずい!」

優花里「攻撃力しだいでは……」

《フローズン/ATK500}


角谷「ん〜、残念」

みほ「ほっ……」

《LP/1200→700}

角谷「でも攻撃はまだ残ってるよ〜?」 

優花里「そうでした!もう壁モンスターもありませんよ!」

沙織「いーえ。《フローズン/墓地)が墓地に送られた時、相手フィールドのモンスターを全て守備表示にします!」

角谷「お?」

[>ー>ー>]
【─ー・ー─】
[ーーーーー]
98 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:20:54.05 ID:Ru6iyclXo
優花里「やりました!」

華「これでもう攻撃はできませんね」

みほ「よかった〜」

角谷「お〜、凌ぐねえ」

沙織「危なかった〜……」


角谷「いやー、攻撃力の高いモンスターが守備表示になったのはもったいないね」

華「攻撃しなかったモンスターは、メインフェイズ2で攻撃表示に戻せるようです」

角谷「あ、そうなの?そりゃいいこと聞いたね。じゃ戻しとこ」

{DEF2000/ダークブレイズ》
{ATK2800フェルグラ》{ATK3400/巨神竜》

〈ーーーーー〉
[∀ー∀ー>]


沙織「え〜、攻撃表示に戻っちゃうの!?」

優花里「そんな、これでは反撃のチャンスが……」

角谷「ほい、ターン終了」


優花里「なんとか攻撃は凌ぎましたけど……」

華「ですが……」

角谷「モンスターを出さなきゃダメだし、出しても{ダメージ能力/ダークブレイズ》に負けてちゃ意味なし」

角谷「そんで倒せても{ATK3400/巨神竜》に負けてちゃ《LP700}の今ほぼ意味なし。八方塞がりだね」

沙織「うぅ……、どうしよう〜〜……」

角谷「大変だよ〜、河嶋の相手は……」ニヤニヤ

沙織「うぐぅ〜〜!」
99 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:22:37.07 ID:Ru6iyclXo
みほ「沙織さん……」

麻子「いいから落ち着け」

沙織「!」

麻子「一々相手のペースに乗せられるな」

角谷「……」

沙織「そんなこと言ったって……」

麻子「まずはカードを引け。考えるのはそれからだ」

沙織「わ……、わかったわよ。引けばいいんでしょ引けば」

《ドローカード/□'□,─)

[ーーーーー]
《ーーー△ー〉


麻子「あとはさっきと同じだ。カードにできることは決まっている。考えれば必ず分かる」

沙織「分かるって言ったって……。今あるカードでなんとかできるの……?」

麻子「それを自分で考えろ」 

沙織「なっ……」

沙織「……。とりあえず、《貪欲な壺/通常魔法}を発動。墓地のモンスター5体をデッキ・EXデッキに戻して……」

《ライドロン・スパイダー・リビルディア・エクステンド・フローズン/墓地}


沙織「もう2枚引く……」

《ドローカード/□'□□,)
100 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:23:57.00 ID:Ru6iyclXo
優花里「いいですよ、手札が増えました!」

沙織「で……?これでどうすんのよ……」

みんな「……」

麻子「……」ジーッ

沙織「……。えっと、とにかく相手を倒すしかないんだから……」

みほ「……」

沙織「あれがあれであーなって……」ブツブツ…

麻子「ふぅ……」

華「……。どうやら、道が見えたようですね」

みほ「うん」

角谷「おー、考えるねー。良いよ〜、頭使ってこー」

沙織「ねえ華、このカードってどう使うの?」

華「あ、それはですね……」ゴニョゴニョ


麻子「……まったく世話が焼ける」

みほ「ふふ」ニコッ
101 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:25:44.91 ID:Ru6iyclXo
沙織「とにかく、全部倒せばいいんだから……。ふんふん、なるほどね」

沙織「よし!やることは決まった!」

みほ「沙織さん!」

角谷「ほー?」

沙織「見てて!まず《ウィジェット・キッド/手札)を出して……」

《キッド/ーーAーー]


沙織「効果!《デジトロン/手札)を特殊召喚できるから、出します!」

《デジトロン/ーーA'<,ー]

沙織「それでそれを《素材/ーーA'X,ー]にして……」

沙織「《リンク・スパイダー/LINK1}をリンク召喚!」

《スパイダー/─A・ー─】
《ウィジェット/ーーAーー]


角谷「お、出てきたね」

華「始まりました!」

沙織「そして《伏せカード/ーーー△ー〉を発動!」

《サイバネット・カスケード/通常罠}


沙織「リンク召喚した時、その《リンク素材/墓地)を復活できます!」

優花里「《デジトロン》ですね!」

《デジトロン/ーーA'<,ー]

【─A・ー─】
[ーーA<ー]


角谷「ほうほう、素材がいっぱいだ」
 
沙織「はい。だからもう1回リンク召喚!」

《素材/ーー'XX,ー]

沙織「リンクモンスターは[リンク先]にも特殊召喚できるから……」

《スパイダー/LINK1}
▽△▽
◇A◇
△▼△

【─'A,・ー─】
[ー'ー,ーーー]


沙織「今度は《ここ/ー'ー,ーーー]にこれを出す!」

《セキュリティ・ドラゴン/LINK2]

《スパイダー/─A・ー─】
《セキュリティ/ー'A,ーーー]
102 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:27:01.91 ID:Ru6iyclXo
優花里「リンクモンスターが2体!」

角谷「ほえ〜。いいじゃん、面白いね」

沙織「それで、《セキュリティ/ーAーーー]の効果!このカードが相互リンクの場合に、モンスター1体を手札に戻せます!」

角谷「??」

優花里「相互リンク……ですか??」

沙織「えっとね。2体のリンクモンスターがそれぞれマーカーをもう一方に向けてればいいの」

沙織「だよね?」

華「はい」

沙織「2体のマーカーはこう!」

▽△▽
◇A◇《スパイダー》
△▼△
【─A・ー─】
[ーAーーー]
▽▲▽
◇A◇《セキュリティ》
△▼△


《スパイダー》
【─'▼,・ー─】
[ー'▲,ーーー]
《セキュリティ》


沙織「これでおっけーなハズ!」

角谷「ほーほー。よくできてるね」

みほ「すごーい!」

沙織「でしょでしょ!?じゃあ効果で[∀ー'∀,ー>/巨神竜》を手札に戻してください!」

角谷「あそっか」

[∀ー'X,ー>/巨神竜》
103 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:30:48.45 ID:Ru6iyclXo
優花里「やりました!」

みほ「うん!《巨神竜》を倒した!」

沙織「それで、もう1回リンク召喚!!」

華「3連続リンク召喚ですか!」

《スパイダー/─'X,・ー─】
《セキュリティ/ー'X,ーーー/LINK2}


《デコード・トーカー・エクステンド/─A・ー─/ATK2300}
▽▲▽
◇A◇
▲▽▲

[∀ーーー>]
【─A・ー─】
[ーーーーー]


優花里「《エクステンド》復活です!」

みほ「やった!」

角谷「でも、パワーアップはできないよね〜?マーカーの先にモンスターはいないんだから」

沙織「それはどうでしょう?最後にこのカード!」

《死者蘇生/通常魔法}


沙織「これで自分・相手の墓地のモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚できるから……」

《デジトロン・スパイダー・セキュリティ/墓地)
(墓地/ジェイン》

沙織「(墓地/ライトロードパラディン-ジェイン》をこっちに呼び出せば……!」

角谷「!」

《ジェイン/ATK1800}

《エクステンド/─A・ー─】
《ジェイン/ーー'A,ーー]

《エクステンド/ATK2300→2800}
104 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:34:21.38 ID:Ru6iyclXo
沙織「じゃじゃーん!これで完成です!」

角谷「いや〜、ずいぶん頑張ったね」

角谷「けどいいの?逆転するにはちょっと足りないんじゃな〜い?」

{ATK2800/フェルグラ》{DEF2000/ダークブレイズ》

《エクステンド/ATK2800}《ジェイン/ATK1800}


沙織「やれるだけやったんだから、これでいいんです!」

みほ「うん、その意気です!」

沙織「えへ。じゃこれで攻撃ね!《エクステンド/ATK2800}で{ATK2800/フェルグラント》!」

角谷「ほう?」

優花里「いいんですか、相討ちになってしまいますよ!?」

沙織「うん……、仕方ない!」

['X,ーーー>]
【─'X,・ー─】
[ーーAーー]


角谷「へえ、思い切るね」

沙織「これで、《ジェイン/ATK1800}で{DEF2000/ダークブレイズ》に攻撃する、と」

華「しかし、それだと攻撃力が足りていないのでは……??」

角谷「そーそー」

沙織「ううん。《ジェイン》は攻撃する時、攻撃力が300アップする……」


沙織「って、自分で言ってましたよ?」

角谷「あちゃ……。バレてた」


華「まあ!」

みほ「そっか!」

沙織「これで《ダークブレイズ》も破壊!」

[ーーーー'X,/破壊》

[ーーAーー]
《ジェイン/ATK2100}
105 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:35:29.92 ID:Ru6iyclXo
沙織「やった!全部やっつけた〜!」

優花里「お見事です!」

みほ「これなら逆転できるよ!」

華「やりましたね」

沙織「最後に《ジェイン]の効果でデッキの上から2枚捨てて、私の番は終わり!」


角谷「やるね〜。けど、{ATK1800}1体残して終了しちゃっていいの?《LPは700》しか残ってないんだよ?」

角谷「こっちが1体でも強力なカードを出したら負けちゃうよ?」

沙織「それは……」

沙織「もう、賭けるしかないです。うん!」

角谷「へえ……、いい覚悟だね。じゃあ、ドローしちゃおっか」

沙織「ゴクリ……」

{──■'■,/ドローカード》

みんな「……」

角谷「……。ふーん」

沙織「……?」

角谷「ま、しょうがないか……」
106 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:38:38.33 ID:Ru6iyclXo
角谷「うん、ターン終了!」

沙織「え!?」

みんな「ええ!?」

角谷「ターン終了。なーんにも出せない!」

沙織「うそ……、まじ?」

角谷「まじまじ。さ、モンスター引いて倒してちょーだい」

沙織「……、だったらこれでどう!?」


《ドローカード/'□,──)


みんな「引いたカードは……!?」

みんな「!」


《ライドロン/星4/ATK2000}


みほ「モンスターカードだ!」

沙織「やったー、引けた〜!!」

《ライドロン/ーーA'A,ー]


{LP2800/角谷》

《ジェイン/ATK1800}《ライドロン/ATK2000}


角谷「うんうん、やればできるもんだね」ニヤッ

沙織「じゃあ、2体で攻撃!」

みほ「2体の攻撃力の合計は3800!沙織さんの勝ちです!」


角谷「や〜ら〜れ〜た〜〜!!」

{LP0/角谷》
107 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:40:04.59 ID:Ru6iyclXo
沙織「やったよ、勝てた〜!!」

みほ「おめでとう!」

華「ハラハラしました」

優花里「いい勝負でした!」

沙織「ありがとみんな!麻子もね」ニコッ

麻子「疲れた……」


・・・・

角谷「約束通り、良い人紹介してあげる」

沙織「ほんとですか!?」

優花里「すごいです!」

華「こんな日が来るとは、感慨深いです」

みほ「華さん……」

角谷「呼んどいたから、そろそろ来るころだね」

沙織「うそやだ、もう来ちゃうの!?どうしよ〜、心の準備が……」


河嶋・小山「杏ぅ〜……」ヨロヨロ


みんな「!?」
108 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:41:35.19 ID:Ru6iyclXo
小山「私一人じゃ無理です、桃ちゃんの勉強手伝ってください〜……」ヨロヨロ

河嶋「杏ぅ〜……」ズズズ…

優花里「ぞ、ゾンビ……!」

華「不気味です……」

角谷「……」ニヤニヤ

沙織「……」

みほ「あのー、これは一体……」

角谷「ん?だから、良い人だよ」


角谷「友達想いの良い人に、反面教師にちょうど良い人!」ニヤッ!


みんな「……」

沙織「……」イラッ

優花里「とんちですか」

華「当然の結果ですね」

麻子「ばかばかしい……」

みほ「まあ、そうだよね……」

沙織「ひどーい、騙すなんて!!」

みんな「(信じてたんだ……)」


角谷「カードもいいけど、勉強もしないとね。こうなっちゃうよ〜?」

河嶋「杏ぅ〜……」
109 : ◆AHAsA7XoCo [sage saga]:2020/02/11(火) 21:44:03.07 ID:Ru6iyclXo

・・・・


優花里「どうでした、カードゲーム」

沙織「楽しかった!」

華「そうですね」

みほ「どのゲームもそれぞれ個性があって、違う良さがあって……」

華「向き不向きもですね」

みほ「そうだね」

麻子「沙織には向いてないのがよく分かった」

沙織「そんなことないもん、ちゃんと自力で勝ったし!」

麻子「自力……?」

沙織「一応は自力でしょ!」


沙織「でもさ〜、これだけやったんだし、少しは身になったかな」

華「だといいです」

優花里「きっとなってますよ!」

みほ「うん。がんばってる沙織さん、とっても素敵だった!」

沙織「ほんと?じゃあさらにモテモテになっちゃうかな!?」

華「さらに、というのはおかしいですけどね」

沙織「もう、そういうこと言わない!」

みほ「アハハ……」


おわり
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/20(木) 18:20:44.78 ID:0D2HNPBWO

色んな詳しくカードが細かく書かれてて楽しかった
マジでお疲れ様
141.37 KB Speed:7.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)