【シンフォギア】少女「転生したから安価とコンマで月を破壊する」 女神「MDR」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 01:58:30.86 ID:8KqTD0AR0
はい
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 02:17:43.91 ID:8KqTD0AR0
奇数が恋しくなってきた
559 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/06(日) 03:40:02.33 ID:HeSVOMKa0
響(シェム・ハ)「ふっ...ふふふっ...」


翠(フィーネ)「っ!?」

ここに来て場にも柄にも合わぬ笑い...だと
シェム・ハは先史文明期にも見せた事もないような思わずと言った吹き出し笑いを繰り返した後、もはや歓喜を隠さぬ様子で仰々しく腕を広げた

響(シェム・ハ)「驚愕だ、だが万謝するぞ人間、いや...あるいはフィーネ、貴様に、か?」

翠(フィーネ)「!」

響(シェム・ハ)「我の居ぬ間に忌々しきは全て塵芥に...中々に気の利いた出迎えだ...あぁならばこそ!かつて見た夢を今一度ッ!!!」

シェム・ハの、夢...?
いえ、それより

翠(フィーネ)「貴女達!今尚異なる次元と繋がっているのだろう!跳ぶぞっ!」

シェム・ハという存在が最後に行き着いたもの、それが今発揮されようとしているのだとしたら
もはや口調を取り繕う余裕もなく、私はこの場にいる装者と勇者、そして通信を聞いているであろう弦十郎くん達に向けて叫び、シェム・ハから離れるようにマリアちゃん達の背を押した

マリア「ッ!?...フィーネ!翠の身体は任せたわよっ!」

友奈(赤嶺)「ここまでか、それでもきっと...逃げるよ、未来さんも!」

未来「嫌っ!だって響が!響!響ぃぃぃッ!!!!!!!」
560 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/06(日) 03:40:34.96 ID:HeSVOMKa0
未来ちゃんの悲鳴にも近い叫びが耳に痛い
私もこんな風に響ちゃんを犠牲にするような手は取りたくはなかったわ
けれどこのままじゃ...


走り出した際に落としたのか、ヘッドギアからシェム・ハの声が通信機越しに聞こえた

響(シェム・ハ)『ほう、この身に纏う衣、いやこの身体自体がそう在れと...ふっ、ならばもはや世界樹を使うまでもない』


あぁ、それに気付いてしまっては本格的に時間がない

フィーネ《備えろ蒼井翠!でなければ呑まれるぞッ!》

翠《フィーネさんそれってどういう》

フィーネ《いいから個を保てッ!私にもどこまで抗えるか測れんッ!》

なぜなら響ちゃんは誰とでも、何処までも


繋がれてしまう


響(シェム・ハ)『さぁ、還るのだ...5000年前のあるべき形へッ!』



コンマ下
奇数 セーフ
偶数 アウト
ゾロ目 セウト
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 03:47:33.01 ID:RbHGFsWwO
頼む
562 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/06(日) 04:26:44.83 ID:HeSVOMKa0
☆☆☆

で〜れれ〜で〜でん!

☆☆☆

未来「あぅっ」

友奈(赤嶺)「よっと」

マリア「ふっ」

翠「うきゃっ」

痛つっ...はっ!

翠「フィーネさん!?」

フィーネさん視点の光景を見ていたら、丁度ここ...刀使の世界に跳んだところで意識が強制的に表に戻ってきてしまいました

フィーネ《ここよ、少し力を使い過ぎた...それより早く世界同士の繋がりを切りなさいッ!》

翠「あっはい!誰か早く装置!転移装置座標切ってください!早くっ!」

私達が慌てた様子で戻ってきたからか、刀剣類管理局の人達も唖然としていましたが、私の言葉を聞きすぐに動いてくれました

切歌「マリア!翠さん未来さん!」

調「と、誰?」

『翠』「翠!どうなったの!?響さんは!」

私達は駆け寄ってきた『翠』達に肩を借りつつ、ひとまず紫様のところに集まることに



他に逃げ延びられた人コンマ下1
奇数 司令室にいたメンバー
偶数 無し
ゾロ目 エルフナインちゃん+α

何かする?安価下2以降
(仮にシンフォギア世界に戻る場合は判定が入ります)
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 04:34:05.49 ID:8KqTD0AR0
良い方向に動いてくれよ
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 04:47:20.08 ID:RbHGFsWwO
タギツヒメがシェム・ハに吸収された事も含めて一連の流れを紫様に話しておく
その後、野生の勘で司令室にいたルシエドや蛇達から予め全部集めておいた勇者の花を預かる
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 11:02:42.85 ID:0wwaL1pMO
現状のシェム・ハについて折神紫から「そう時間が経たない内に荒魂に意識もコントロールも掌握される」と、シンフォギアの世界に関しては「造反神が何とかしてくれてる」と赤嶺友奈から聞いた後に急ぎの作戦会議
夢姫ちゃんと『凛音』ちゃん、ノーブルレッドも逃げ延びられてる…よね?
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/06(日) 14:32:34.92 ID:8KqTD0AR0
今いる世界を巻き込まずに元の世界へ向かう方法を考えよう
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/07(月) 18:02:18.56 ID:EYQZgFAB0
シンフォギアの世界やビッキーの心配をしていると元気が無くなってるどころか生き生きとしている山桜からゆーゆとビッキーの声が…
568 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 04:55:37.74 ID:hyWijIaS0
undefined
569 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 04:56:20.42 ID:hyWijIaS0
・・・

友里「とにかく、4人共無事で良かったわ」

マリア「貴女達も間に合ったみたいでホッとしたわ」

私達が来る少し前、司令室にいたメンバー...ししょーや緒川さん、友里さんに藤尭さん、エルフナインちゃんはフィーネさんの言葉をしっかり理解し、この刀使の世界に逃げ延びていました
これがこれまでの他の平行世界のようにギャラルホルン経由でしか行けない世界であったら当然私達のみか、赤嶺ちゃんすらも逃げられなかったかもしれません

翠「それに、あなた達も...ありがとうございます、エルフナインちゃん」

エルフナイン「いえ!間に合って良かったです!」

逃げ延びられたのはししょー達だけではなく、もう数人...いえ、もう数匹
蛇達とルシエドです
どういうわけか、珍しく司令室にいたようで、エルフナインちゃんのファインプレーによって救われました
こんな時にだけ司令室に集まっていたなんて野生の勘なのでしょうか

エルフナイン「その前に見た時は2号さんもいた筈なんですけど、逃げる時にはいつの間にかいなくなってて...ずみ゛ま゛ぜん゛...」

切歌「きっとあの子なら大丈夫デスよ!」

調「うん、きっと、あの子は強く逞しく育ってる」

蛇達とルシエドとは逆にきりしらさん2号はどこかへ行ってしまっていたようです
果たしてどっちの野生の勘が正しかったのか...
570 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 04:56:57.20 ID:hyWijIaS0
マリア「必ず救いましょう、逃げ損ねたのは子猫1匹だけじゃない」

友里「そうね、逃げ遅れは友人や家族に留まらず」

弦十郎「恐らくは全人類、そして何より」

未来「響...」

久々にあまりの事件の規模の大きさに俯きたくなってしまいますが、それこそそんなことをしている場合ではないのは先のフィーネさんの様子から察せます
まさに私達だけが人類の生き残りになってしまうかどうかの瀬戸際のようですから

フィーネ《全人類、ね...彼女が完全に目覚めればそれだけでは済まないわよ》

翠《それって》

フィーネ《悪いけれどもうしばらく回復に専念させてもらうわ》

フィーネさんはまだ表に出てこれるほどは回復出来ていないようです

クリス「話がまるで見えねえんだが、そっちじゃどんなしっちゃかめっちゃかが起きてんだ」

翼「ただ事ではないようだが、タギツヒメが?」

紫「そちらの客人についても含め、説明願おう」

弦十郎「あぁ、すでに聞いていると思うが我々はS.O.N.G.の...」
571 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 04:57:53.07 ID:hyWijIaS0
・・・

紫様に、そして刀使の皆さんや刀使の世界に残っていたメンバーに対して一連の流れを説明した私達
と言っても見てわかることや計測されたこと以外の、例えばシェム・ハさんがどんな存在なのか等はシェム・ハさんを前にした時のフィーネさんの言動やその時流れ込んできた思考を思い出しながら私がおおよその予測を説明したわけですが

姫和「タギツヒメが吸収された、だと」

翠「シェム・ハさんが枷となる腕輪の封印を解き甦るためのエネルギーに変換した、らしいです...穢れと認識される物質の塊だからか、荒魂という存在自体元々私達の世界に無かったからか、はたまたタギツヒメという自己意識が芽生えていたからか、完全な変換は為されずシェム・ハさんは不完全な復活の仕方をしたとか」

紫「ならば、恐らくそう時間がか経たないうちに荒魂に意識もコントロールも掌握される、荒魂としての存在が消えていないのなら奴は何度でも甦る筈だ」

確かに、刀使ノ巫女の原作でも姫和さんがタギツヒメを倒し吸収した後それを内側から食い破るかのように甦り吸収し返していました
なら、いくら神様といえどそこに勝機は

翠(フィーネ)「それは今回に限っては希望的観測にしかならないわね、それも絶望的に低い確率の」

翠《フィーネさん!?》
572 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 04:58:45.99 ID:hyWijIaS0
undefined
573 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 04:59:27.69 ID:hyWijIaS0
もはや一言もなく交代される始末...と思いましたが、よっぽどギリギリの回復率で出てきたのか私の意識は深層世界に飛ばされず
一歩後ろに下がらせられた程度といった感覚...目と口の動きだけ乗っ取られたような状態に

弦十郎「了子くん!もう大丈夫なのか!」

翠《そうですよ!結構無理してるんですよね!?》

翠(フィーネ)「無理を通してでも伝えておくべきだと思ったのよ、彼女の...シェム・ハの厄介さを」

それからフィーネさんは、思い出せる限りの、そして『あのお方』ことフィーネさんの彼氏さんから聞いたというシェム・ハさんのことを話し始めました


シェム・ハ...フルネームはシェム・ハ・メフォラシュ
自称していた通り神様、すなわちアヌンナキの一柱であり、その名前は『力ある言葉』を意味しそれはまさしく彼女の能力そのものを指す

シェム・ハさんの能力は『言葉によって構造式を書き換える力』

例えば、すでにあるプログラム、在り方にプログラム言語化させた自身の一部を滑り込ませ全く別の存在に改造するような不条理、それこそが彼女の十八番
地球生物の進化と滅亡に大きく関与した存在であり、その功績と手腕から先史文明期には『改造執刀医』とも称された



翠(フィーネ)「豊富なエネルギーに触れた時それを利用するよう予めプログラムしていたのか、それとも無意識か...いずれにせよ目覚めた彼女ならすぐにでも不調の原因である荒魂、タギツヒメという意識の残骸は残らず書き換えてしまうでしょうね」

エルフナイン「構造式の書き換え...埒外物理学...錬金術とはまるで異なる強引なやり方です...」
574 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 05:00:24.28 ID:hyWijIaS0
翠(フィーネ)「おまけにプログラムに自身を滑り込ませるのにおいて響ちゃんの『繋ぐ力』は相性が良過ぎる、本当なら世界樹を創り出して地球を遊星神殿へと改造し、そこから地球上の全生命体を怪物へと作り改めるという筋書きでしょうが、直接繋がれてしまうのならもはやそんな手順を取る必要もない...だからこそ時間がないわ、今の彼女が完全に復活出来ていないのはその荒魂を書き換えること、そして恐らくは響ちゃんの身体に馴染むのに時間がかかっていること」

未来「!響と、馴染むのには時間がかかるんですか!?」

翠(フィーネ)「そればっかりは個人差ね、存在を保つ為の肉体なのだからおいそれと書き換えるなんてことはないでしょうけど、本来の持ち主の意識...響ちゃんの意識を捕まえる、掌握するのに時間がかかるかどうかは本人がどれほど抗うか、あるいはどれほど逃げるかによって変わるわ」

『翠』「逆に弱っていたり受け入れたりしてしまったら時間はかからない、か...」

フィーネさんが悪さをする存在なら響さんが手を伸ばすことはあっても自身を差し出すことは考え難い...と思います
ただ体力的な問題で弱ってはいる筈なのでなんとも言えません

薫(刀使)「結局そのシェム・ハってのは書き換える力とやらで何しようとしてんだ?全人類改造人間化計画でも企ててんのか?」

夏菜「人間は皆仮面ライd」

『翠』「今真面目な話してるから」

あとその台詞に出てくるライダーは改造人間のことじゃないですしね
ってそれはどうでもよくて


翠(フィーネ)「まずはそう、けれど彼女の真の目的は権力と力の掌握...その為に自身以外のアヌンナキを全て亡き者とすること...そうあのお方は言っていたわ」


全員「!!!」

なんて自分勝手で傲慢な
その為の戦争の道具に人類を改造しようというのでしょうか
575 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 05:01:05.92 ID:hyWijIaS0
マリア「私達は言葉通りの道具というわけね...」

翠(フィーネ)「自身を言語と置き換えることであらゆるシステムに潜伏するシェム・ハを覆滅させることは不可能...それ故にあのお方達は封印した」

翼「それがあの腕輪」

翠(フィーネ)「いいえ...」

そこで否定の言葉を口にするフィーネさんに、全員が首を傾げてしまいます
その流れで封印となれば腕輪ではないのでしょうか

翠(フィーネ)「データの断章となったシェム・ハは全人類の遺伝子情報内に記憶され保存され続けている、何度倒そうとデータ断章から再生を果たすシェム・ハは事実上の不死身」

そこでフィーネさんは言葉に詰まり、やがて重い口を開きました


翠(フィーネ)「故にあのお方はネットワークジャマー・バラル...バラルの呪詛によって統一言語で繋がれた人類を分断、封印に成功した...」


翠《あっ...》

『翠』「嘘...」

私が転生してまで成そうとし
『翠』が自己満の為に手伝い
フィーネさんが遂に成し遂げたバラルの呪詛からの解放

それは最凶最悪の神様を復活させない為の最後の砦だったようです
576 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 05:02:44.01 ID:hyWijIaS0
・・・

クリス「フィーネ...お前それって」

翠(フィーネ)「そうよ笑えばいいわ、私が自分勝手で傲慢な理由で破壊した月の遺跡は、あのお方が命懸けで施した私達人類の守護だった...あのお方が私のことを見捨てるはずがない、そんな風に信じることが出来なかったばかりに私は...っ」

クリス「いや、まぁ」

翠(フィーネ)「月ごと破壊したと伝えたら物凄く怒られたわ」

クリス「うん、いや知らねえけど」


翠《タイムリープマシンありませんか...いやもうタイムマシンで過去の私を消すとかでもいいんで...》

『翠』《気持ちはわかるけど...いやもうドンピシャで一番やっちゃいけないとこだったよ月の破壊なんか》

フィーネさんが暗くなる中、私と『翠』もまた落ち込んでいました
というか私はちょっとふざける余裕がないほどにダメージが大き過ぎて...
だってまさか統一言語を取り戻したら詰む敵が出てくるなんて...
つまりこの事態が引き起こされたのって今回こそ完全に1から10まで私のせいってことじゃないですか
私が余計なことをしなければ二期で月の遺跡も再起動して何の問題もなくなりますし例え後々にシェム・ハさんが何らかの流れで復活したとしてもこんなことには...


友奈(赤嶺)「反省も後悔も後にするべきじゃないかな、少なくとも私の世界も今無関係じゃいられないから手伝わせてもらうよ...それに書き換える力を持つ存在ってのは私達にとっては馴染みもある」
577 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/08(火) 05:03:18.66 ID:hyWijIaS0
その時、フィーネさんが暗くなっていたからかそれとも私が落ち込んでいるのに気付いたのか、赤嶺ちゃんが肩に手を乗せてそう声をかけてくれました

友奈(赤嶺)「とりあえず時間稼ぎなら何とかなるかもしれない、貴女達の世界...シンフォギアの世界は造反神が何とかしてくれるって」

『翠』「何とかって...」

友奈(赤嶺)「一時的に塗り替えて停止、効かなければ隔離...やりようはあるよ、何せこっちも神様だからね」

言われてみれば、造反神...神樹様も、天の神も、人の魂に干渉したり世界を書き換えたり
赤嶺ちゃんの言う通りゆゆゆの世界目線ではシェム・ハさんの能力も目新しいものではないのかも
だからといって私の受けたショックが和らぐことはありませんが、希望が失われたわけではないと気付けました

弦十郎「彼女の言う通りだ、まず我々が考えるべきことは響くんの奪還、そして」



刀使の世界を巻き込まずに元の世界に戻る方法安価下
(普通に戻ろうとすると戻った瞬間シェム・ハさんに乗っ取られたりシェム・ハさんのデータ断章が刀使世界に流れ込んだりします)
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/08(火) 16:36:25.97 ID:KGstmMBv0
これは…難しい問題だ…
真希さん達がシンフォギアの世界へ行く時に使ったワープポイントは他に無いかな?
シェム・ハの問題に関しては造反神が抑え込んでる所を狙うか、はたまた刀使の技術や神樹様の力に頼るしかない?
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/08(火) 21:21:15.51 ID:aAW0kU7pO
乗っ取り対策…イミテーターでガングニールの持つ力を他の皆にもおすそ分け出来ないか

元の世界へ残り帰り方…隠世(隔世?)を介して刀使の世界に影響を与えずに行けないか
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/08(火) 21:38:38.75 ID:+lzvyBGmO
あんまりしたくない方法「ゆゆゆやif世界を中継地にして潜り込む」
581 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:08:32.64 ID:NTh5A/xa0
刀使の世界の皆さんとここまで共に戦ってきたのはタギツヒメを倒すという共通の目的があったから
それがなくなった今、これ以上この刀使の世界に迷惑をかけることは出来ない
それがししょーの...否、私達シンフォギアの世界のメンバーの総意でした

可奈美「待ってよ!皆困ってるなら私達もまだ!」

薫(刀使)「乗り掛かった船だ、オレ達にも手伝わせろ」

エレン「薫が自分から働きを求めてるのデス...!」

で、まぁこうなるのは予想していましたが

翠(フィーネ)「迷惑が〜なんていう心情的なものはこのお人好しさん達に任せるとして、外部の協力を仰ぐのは私としてもあまりオススメしない、極力少数に留めるべきだと思っているわ」

紫「つまり、こちらの助けが状況に不利に働く可能性があるということか」

翠(フィーネ)「そういうことね...もっとも手遅れであるならむしろ...」

フィーネさんの言葉にどういうことなのか、と刀使の皆さんが説明を求めてきます

翠(フィーネ)「世界同士の繋がりを利用してシェム・ハがこの世界にまで渡ってくる可能性がある、ということよ...転移システムを経てこちらのネットワークに自らの断章を潜り込ませることも彼女には容易い、元々その種を植え付けられている私達だけでなく、貴女達にも新たに植え付けることすらも」

この世界に逃げ込む際にフィーネさんが急かした理由はコレです
現在は繋がりを切った状態なのである程度流入してくるのを防げているとは思いますが、あのままでは転移装置から...下手をすれば私達の誰かからシェム・ハさんの断章の感染が広がっていたかもしれないと
582 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:09:23.35 ID:NTh5A/xa0
『翠』「それだけじゃないよ、もうこっちの世界には存在しないはずのノイズが自然発生し始めてる...つまりこの世界の過去に『ノイズを内包するバビロニアの宝物庫が存在していた』っていう事実が書き足されているかもしれないってことになる」

翠(フィーネ)「そう、干渉が長引き互いの世界の常識が浸透し続ければいずれ『刀使の世界のシェム・ハが存在していた』という改変が起こりかねない」

こっちの可能性は赤嶺ちゃんが知らせてくれたゆゆゆの世界の現状から推測出来るものです
世界同士の歴史が交わる...正確には現在のそれぞれの世界の時間空間が干渉し合うことで歪みが生じ、その歪みに理由、原因を付け歪みではなくさせる為に世界そのものが過去を現在から連続した過去に改変してしまうということ

翠(フィーネ)「そうなってしまった時そのシェム・ハ同士がどうなるかはわからない...互いに潰し合うなり対消滅するなりしてくれるなら万々歳だけれど、恐らくそうはならないわ、シェム・ハを2柱同時に相手なんてあり得ないしシェム・ハ同士が繋がってしまえば余計に厄介になる」

エレン「今度こそ2つの世界が1つになってしまうかも、ということデスね」

翠(フィーネ)「あのシェム・ハに平行世界なんて武器を持たせたら終わるわ」

姫和「隠世を翻弄してきていたとはいえ、タギツヒメの方がいくらかマシだったか...」

クリス「隠世...なぁ、その隠世って一応この世界とは別れてんだよな?タギツヒメと同じようにとりあえずそこ通って元の世界に戻れねえのか?ここに乗り込まれるリスクは減らせんだろ」

真希「あるいはネットワークを介さない方法であればボク達が使ったようなワープポイント...アレがまた使えれば」

刀使の世界の現世とは別の世界として存在する隠世...シンフォギアでいうところのバビロニアの宝物庫のような扱いのそれや、原理不明のワープポイント
583 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:10:08.43 ID:NTh5A/xa0
翠(フィーネ)「シェム・ハが自身を潜らせられるのは存在し繋がれるもの...原理を解析されなければあるいは、といったところかしら」

確かに転移装置を使うよりは遥かにシェム・ハさんに断章を潜らせられる可能性は低い方法です

弦十郎「ちなみに、了子くんは他に案があるのか?」

翠(フィーネ)「そうね、利用する異世界への影響を最低限許容したとすれば...例えばすでに影響が出てしまっている世界、それに元々シェム・ハが存在している可能性の高い『元の世界に近い歴史を歩んだ平行世界』を選ぶかしら」

友奈(赤嶺)「それに当てはまるのは私の世界だね」

『翠』「それに一回翠が飛ばされた世界とか、ギャラルホルンの出口が浜辺に直結してる世界が後者に当たるかな...でもそれって、影響がもっと深刻になったり平行世界側のシェム・ハさんに余計な刺激与えたりは」

翠(フィーネ)「するでしょうね、それが最低限を許容すると言った理由よ」

最低限がでかい...
それほどまでの事態というのは理解出来ますが、あまりしたくはない手段ということがわかりました

翠(フィーネ)「だけどその隠世というものを使うにせよワープポイントを探すにせよ、元の世界に戻った瞬間にシェム・ハの支配が私達に広がればその時点で自我も奪われる可能性も大いにあるわ」
584 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:10:45.69 ID:NTh5A/xa0
友奈(赤嶺)「書き換えの力...造反神が抑え込めるかもしれないけど、絶対でもないし」

夏菜「可能性があるとすれば神殺しですかね、シェム・ハさんとやらは文字通り神様なのでしょう?」

翠(フィーネ)「神を殺す、神の支配を打ち消す...切り札になり得るのは間違いないわ」

未来「でも、響は...っ」

調「翠達がイミテーターで響さんと同じ事をするのは可能だよね?その力を私達に付与することは出来ないの?」

イミテーターで模倣したものを皆さんに付与...そんな都合のいい方法なんて...

翠《あっマリアさん!》

翠(フィーネ)「ん?マリアちゃん?」

マリア「私!?...あ、まさか制御と再配置のコンビネーションアーツを哲学兵装に応用!?」

『翠』「それだ!!!」

響さんが束ねたフォニックゲインを再配置し仲間まで含めてエクスドライブにしてしまうマリアさんのアガートラームなら!
585 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:11:17.91 ID:NTh5A/xa0
エルフナイン「本来マリアさんのアガートラームの絶唱特性はエネルギーベクトル操作...フォニックゲインならいざ知らず哲学兵装の操作は...」

翠(フィーネ)「...いいえ、その銀の左腕ならばきっと...」

申し訳なさそうにエルフナインちゃんが出た案の甘い点を指摘しようとしましたが、フィーネさんはそれを否定しました
しかし多くを語ろうとはしません
フィーネさんがマリアさんのアガートラームなら出来るかもしれないと思ったのは何故なのか、根拠は明かされぬまま

マリア「...いいわ、やってみましょう、成功するまで何度でも試せばいいだけの話よ」
586 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:12:11.96 ID:NTh5A/xa0
・・・

こうしていくつかの案が出揃い、これから確実なものとするためブラッシュアップが為されます
隠世を利用するのであれば隠世に行く方法やそのまま安全に通る方法、目的の場所に出る方法をタキリヒメやイチキシマヒメに尋ねたり
ワープポイントを探したり
造反神...神樹様の力を借りるなら神託を待ったり
後はマリアさんによる哲学兵装の制御と再配置実験...と思ったのですが

マリア「やってみましょうとは言ったけれど...神殺しの力が付与されていることをどう確かめればいいのかしら」

翠「試しに殺せる神様なんていませんしね...」

かなり最初のところでつまづいてしまいました
ですが皆さんのギアが神殺しになれない以上、他にいい手も思い付きませんし...
587 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:13:17.07 ID:NTh5A/xa0
フィーネ《『無かったことになるダメージ』とやらを無効化出来れば証明になるのでしょう?》

再び体力回復に専念するため私の中で休んでいるフィーネさんは、私と『翠』に念話でそう話しかけてきます

『翠』「そっか...この中で『無かったことになるダメージ』が使える人〜」


シーン...


翠「そりゃまぁアレは神の力ありきですし...仮に出来たことがあっても今は無理なんじゃ」

『翠』「知ってた」

友奈(赤嶺)「ある意味神樹様の加護もそれに近いんじゃない?でも足りないか」

加護程度の量では足りないでしょうね
とはいえ神樹様も限界が近い状態ですし流石に実験の為に沢山力をくださいとは頼めません
というかそれが許された場合どんな形で来るんでしょう...記念の花みたいに送られてくるとしたら花束とか?

翠「そういえば響さんがあぁなってしまって何か変化が起きてしまうかと思っていましたが、そんなことはありませんでしたねこの山桜」
588 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/10(木) 05:13:46.67 ID:NTh5A/xa0
ふと手に取ったのは響さんの...友奈ちゃんの力が込められていると思われる記念の山桜の花
響さんが、元の世界がシェム・ハさんに支配されている今、それこそその直前に記憶を取り戻した響さんにはこの花とも完全に繋がりが出来たはず
なので元気がなくなったり枯れたりなんかするかと思いましたが、普通に生き生きとしています
これが響さんの無事を意味するならこれほど力強く心強いものはないとも言えますね

翠「...ん?」

『翠』「どしたの」

翠「いえ、今何か...」

その時、ふと手元の花から声が聞こえたような...



安価下
1 友奈ちゃんのところ(深層世界)に行ってみる
2 耳をすませてみる
3 声が聞こえる怖い...放っておく

(沙耶香「そういえば、タギツヒメは増えても3体までだったから、乗り移っても3人までだった?」

寿々花「まさかシェム・ハと共にタギツヒメも無限増殖なんてことありませんわよね?」)
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/10(木) 16:50:20.73 ID:tRfOR47lO
1
590 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/11(金) 02:13:46.52 ID:Z2xYkj650
翠「もしかして...」

例えば誰かに憑依されたとして、元の意識、人格、魂はその場合どうなるのか
普通なら深層世界...私でいえば翔子さん達がいたり、今はフィーネさんが休んでいるような、憑依した方も干渉出来る領域に追いやられます
そして翔子さんは以前(冗談半分とは言っていましたが)魂だけの状態であれば消すのも容易い、なんていう話もしていました
つまり深層世界は憑依する存在によっては決して安全とは言えずむしろ逃げ場のない袋小路ということになりますが...

そうではない、許された者のみが干渉出来る領域...もう一つの深層世界が私達には存在しています

翠「勇者ギアを纏えた響さんなら、もしかして...『翠』!夏菜さん!」

・・・

『翠』「理解は出来た...けどそれって」

夏菜「ある意味敵の懐に潜り込むようなものですよね...大丈夫なんですか?」

翠「あそこは深層世界に広げた樹海のようなもの...赤嶺ちゃんも言ってたじゃないですか、一時的に塗り替えて停止、効かなければ隔離って...つまり逆に樹海内を隔離した安全圏にするのも可能なはずです!」

夏菜「可能だとしても今そうなってるのかわかりませんよ?むしろそこすらシェム・ハの手に堕ちて私達がこちらに持ち帰ってしまう可能性も」

そこは...まぁ、賭けですが
とにかく響さんの無事が確かめられる方法があるのなら、試すべきです

翠「それにもしあの樹海の方の深層世界がダメだったらどっちにしろ私達がシェム・ハさんの支配圏内に入るのは時間の問題です、なら先にその可能性があるのかどうかを知っておくのも必要でしょう」

『翠』「知らなかったじゃ済まないか...わかったよ、響さんも心配だし」

夏菜「ちゃんと考えあってのことなら...私も助けられた身ですし、付き合いますよ」
591 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/11(金) 02:14:19.93 ID:Z2xYkj650
こうしてどうにか2人の説得は済みました

翠「ありがとうございます...フィーネさん、私達が居ない間はよろしくお願いします」

2人は深層世界へ行く為眠るとして、私はフィーネさんに身体を預けます

フィーネ《わかったわ、力も大分戻ってきたし任せなさい》

翠《くれぐれも服は着ていてくださいよ...》

・・・

樹海のような景色の深層世界
園子ちゃんや若葉ちゃんといった私達が力を借りた、あるいは個人的な繋がりが出来たゆゆゆ世界の人達の魂の欠片のような存在がいる場所
そして、ここに関しては私や『翠』、夏菜さんそれぞれに別々の深層世界として独立しつつも、任意で接続することが可能です

翠「てことで来ました」

園子「いらっしゃ〜い」

若葉「よく来たな」

『翠』「皆いる?」

千景「いるわよ」

芽吹「話は聞いていたわ、友奈...結城の友奈のところまで行くのよね」

『夏菜』「響さんもそこにいるんですよね?」

夏菜「そうだと助かるんですが」

翠「いいえ、居るはずです...絶対に」

8人集合した私達は、挨拶もそこそこに響さんの(友奈ちゃんの)領域を探して歩き出しました
流石表の身体が世界を超えている為全然遠く感じますが...

翠「...!いました響さんっ!!友奈ちゃんっ!!」

しばらく進んだところで、見つけたのは2人の姿
間違いありません、響さんと友奈ちゃんです

響「...ぁ、翠ちゃん、皆」

友奈「わっ!園ちゃん達もいる!みーんなー!!」

しかしどうも様子が
友奈ちゃんは元気いっぱいですが、響さんは随分と落ち込んでいるような



何話す?安価下
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/11(金) 02:37:32.36 ID:WjPPsfKY0
響の意識(魂?)を救出してくれた友奈にお礼を言った後、響に再開できたのにどうして落ち込んでるのか尋ねる
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/11(金) 03:04:07.71 ID:zUrkel98O
「あれだけの事があったのに山桜の花が普通に元気なの凄いですね…」
594 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/12(土) 03:20:39.54 ID:raU8Sjtp0
・・・

翠「響さんのこと、助けてくれてありがとうございます、友奈ちゃん」

正直響さんがこの深層世界に避難させられていなかったら、本当にシェム・ハさんをどうにかするまで手も足も出ないところでした

友奈「ううん!勇者部の活動は皆の為になることを勇んでやることだから!」

千景「結城さんらしいわね」

友奈ちゃんはそう言いますが、仮に彼女が勇者部の部員でなくとも結果は変わらなかったでしょう
要は彼女もまた人を思いやり行動することが出来る良い子なのです

翠「それにしても、あれだけのことがあったのに山桜の花が普通に元気なのすごいですね...」

夏菜「タギツヒメとかシェム・ハとか、ソウルジェムだったら疲労と心労で真っ黒になるレベルですよね」

芽吹「ソウル...?」

友奈「あはは、確かに色々すっごいことが起きてたけど...勇者部五箇条一つ!なるべく諦めないっ!もう一つ!なせば大抵なんとかなるっ!」

ぐっと握り拳を作り、上に高く突き上げながらこれまた元気よく発言する友奈ちゃん
逆に言えばなんとかなると信じられなければ諦めてしまうようなことだったということになりますが、こういうところも友奈ちゃんの強さでしょう

若葉「あの花は私達それぞれの心理状態とも深く関係しているからな、結城が折れぬ限り山桜もまた力強く咲き続けるだろう」

園子「ゆーゆは今日も元気いっぱいだね〜」

友奈「うん!響さんに気付いてもらえたし!それに今は園ちゃん達にも会えてもっと元気が出てきたよ!」

園子「嬉しいこと言ってくれるZE〜!」

友奈「わーい園ちゃーん!」

もはや部室のノリでキャッキャ抱き合いくるくる回る園子ちゃんと友奈ちゃんはなんとも微笑ましい光景です

で、それはいいとして
595 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/12(土) 03:21:11.13 ID:raU8Sjtp0
『翠』「ここまでずっと会話に参加しない人がいるわけだけども」

『夏菜』「いやいや、あんなあからさまに落ち込んでる人には簡単に話しかけられませんよ...というか響さんがあんなになってるの初めて見るかもしれません」

やはり気になるのは響さんの様子です
勿論私は響さんが落ち込むのを見るのは初めてではありませんし、なのでいつもと違いすごく静かなことにそこまで驚きはしませんが

翠「...あの、響さん...再会出来たのにどうしてそんなに落ち込んでるんですか?」

『翠』「行ったー!いやむしろ言ったー!」

『夏菜』「ど直球とは大胆な」

外野がうるさいですね...

響「ぁっ、えっと、違うよ?再会出来たのはすごく嬉しいし、安心もした...なんだけど...」



コンマ下
01〜30 タギツヒメと分かり合えなかった
31〜60 上記+シェム・ハさんを止められなかった
61〜90 上記+向き合わず逃げてしまった
91〜00 上記+シェム・ハさんの真意を知ってしまった
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 03:27:14.03 ID:+hJiDRAp0
はい
597 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/12(土) 04:57:26.32 ID:raU8Sjtp0
undefined
598 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/12(土) 04:58:27.46 ID:raU8Sjtp0
響さんは自分の手のひらをじっと見つめ

響「私は...結局、タギツヒメさんと分かり合えなかった...タギツヒメさんの手を掴むことは出来なかった」

翠「響さん...」

なるほど、それが響さんがこうなってしまっている理由ですか
確かにタギツヒメに伸ばした響さんの手は取ってもらえることはなく、むしろ裏切られたような形で響さんは乗っ取られ、そしてそんなやり取りが最後になってしまっていました

響「私の伸ばしたこの手は、偽善じゃないって信じたい...でも、言葉がタギツヒメには...」

夏菜「た、タギツヒメが本当に分かり合えない相手だったか、最期まで強情だったってことじゃ...響さんは悪くないですよ!ね?ね?」

『翠』「そ、そうだよ響さん!」

響「違うよ」

ピシャリ...と、響さんの否定の言葉で静まり返ってしまいます

響「タギツヒメは武器を持たない私の言葉じゃダメだって言っていた...タギツヒメにとっては言葉より剣だって...私のしたことはタギツヒメにとって偽善ですらなかった...言葉が通じるのに、言葉じゃないものじゃないと分かり合えないんだって、言葉じゃないものを心から望んでいたんだって、タギツヒメと一つになった時わかったんだ...」

タギツヒメは響さんの手を拒んだ時、言っていました


響(タギツヒメ)『であれば剣を取るべきであった、我が望むは元来剣を通じ語らうこと...他の者ならいざ知らず、武器を持たぬお前の言葉は我の心を動かすには盤石過ぎる、シンフォギアの娘』


タギツヒメにとっては言葉で歩み寄られる事よりも、立ち合いの中で歩み寄られる事の方が良かったと
599 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/12(土) 04:58:58.17 ID:raU8Sjtp0
思えば原作の、本来の流れでも、タギツヒメは立ち合いを楽しみ剣を通しての会話をしていると気付いた可奈美ちゃんによって、そしてそれを理解し共に剣を通して語らおうとした姫和さんによってタギツヒメは...

響「言葉が通じれば...価値観は仕方ないけど、それでも話し合うことは出来ると思ってた...その為に私の手にアームドギアが無いんだって...でも、タギツヒメは分かり合う為に戦ってたんだ...」

目の前の響さんが剥き出しの魂、精神そのものだからか、隠す事もなく思っている事を全て話してくれていますが
それを聞いた私達は言葉に詰まってしまいます

『翠』「タギツヒメの在り方というか性格が思いっきり響さんと合わないって今気付いた...」

翠「響さんの取り柄であるはずのアームドギアを持たないということが、こんな形で響さんを追い詰めてしまうとは...」

これから先、それこそ戦う事でしか分かり合えないどころか、戦う事でしか分かり合いたくない、なんていう敵が現れないとも限りません
そういうのは何処ぞのすぐつまらない物を斬ろうとする石川さんにでも相手しておいてほしいばかりですが...



どうする?安価下
(千景「理解や認識じゃなく生き方やポリシーの問題は他人に左右出来るものではないし...適材適所で響さん以外が担当になればいいんじゃない?」

翠「それで響さんが妥協してくれるかどうか...」

『翠』「もう未来さん呼ぶ?」)
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 11:44:58.92 ID:+hJiDRAp0
紫様から伝言
「タギツヒメと分かり合えたのならとうの昔に私や篝、美奈都が説得している。立花が気に病む必要は無い」
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 16:57:59.60 ID:QQFJYymsO
千景が「刀使達は人類の脅威と分かり合う為に戦ってたんじゃない」と言った後に「過ぎた事を悔やむ暇があったら今やるべき事を考えなさい!」と説得をかける
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 00:37:54.06 ID:x3xiY+i9O
夏菜「今考えてる事は後で折神さんに打ち上げましょう。きっと聞いてくれます」

友奈「今あの神様を止めればタギツヒメも救えるんじゃないかな?」
603 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/13(日) 23:47:05.36 ID:VYzBHWk70
undefined
604 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/13(日) 23:47:36.32 ID:VYzBHWk70
これはいわば、響さんのアイデンティティを揺るがす問題です
今までは(ノイズのように元々意思疎通が不可能な敵を除けば)なんやかんや結局話し合うことは出来ていたり、和解は出来ずとも会話が成り立っていたりする敵ばかりでした
それはどの相手も戦うことが目的ではなく、過程の中で戦うことを選んだ人達ばかりだったからです

元視聴者、現転生者としてのメタ視点では『統一言語の消失』を『話し合う』という形で補うことが出来るのが人類だということが描きたいことの一つになっているからかな、とも思いますが、それは置いておいて

ただただ戦いたい、そこに他者の理解や共感は関係なく、妥協も理由も存在しない
例えばそれは趣味であり、あるいは生きがいであり
それがたまたまスポーツの域を出て命のやり取りにまで及んでいた

そんなタギツヒメのことを理解するべきだ、共感するべきだとは私も、そもそもタギツヒメ自身も思っていないことでしょう
命のやり取り云々はともかく生きがいそのものには共感出来る可奈美ちゃんが少し特殊なだけです
しかし響さんはそれを共感は出来ずとも理解してしまった、そしてそのタギツヒメの生きがいを無条件で否定してしまう自分自身に苦悩することになってしまった...と、こんな感じでしょうか

翠「理解出来ないものは理解出来ないもの、共感出来ないものは共感出来ないもの...普通そんな風に割り切るものですが」

もしかしたら、その普通が中々出来ない響さんだからこそ手を繋ぐことを武器に出来たのかもしれませんし、逆にそのアームドギア故に他者の意見を理解しようという想いが強まってしまっているのかも
等とまた思考が逸れてしまいました
今は響さんに元気を取り戻す...もとい、現場に折り合いをつけてもらわないと
605 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/13(日) 23:48:19.54 ID:VYzBHWk70
千景「前提から間違っているのよ」

若葉「...千景?」

千景「刀使達は人類の脅威と分かり合う為に戦っていたんじゃない」

そこでばっさりと切り捨てたのは千景さんでした
千景さんの言う通り、刀使達は昔から荒魂を斬り祓い退けてきましたし、荒魂を利用する研究こそ行われていても少なくともタギツヒメに対し共存を望みながら戦っていた刀使はいません

千景「過ぎたことを悔やむ暇があったら今やるべき事を考えなさいッ!」

響「...」

千景さんの叱咤に、響さんは余計俯いてしまいます
千景さんの言葉は正論であり、千景さんなりの励ましも含まれていたのでしょうが、響さんにそれは伝わったのか...

夏菜「...と、とりあえず、今考えてることは後で折神さんに打ち明けましょう、きっと聞いてくれます」

翠「ですね」

ある意味今の響さんの状況はそれほどタギツヒメに対して真剣に向き合い考えていたということにもなりますし
それなら、紫様なら何か言ってくれるかも
そして夏菜さんの提案はまぁ響さんの悩みの先延ばしのようなものでもあります
今一番大切なのはシェム・ハさんを相手にどう動くか、そしてそれまでの間響さんには無事でいてもらうこと...
606 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/13(日) 23:49:30.77 ID:VYzBHWk70
友奈「あのー...」

その時、友奈ちゃんが挙手しました

友奈「今あの神様を止めれば、タギツヒメも救えるんじゃないかな?」

...えっ



響さんコンマ下
奇数 今度こそ助ける!
偶数 私はもう...
ゾロ目 でも、神様にも...シェム・ハさんにもやりたいことがあるんだよね...

(翠「響さんの誕生日は913の日!イメージカラーの黄色も同じですね!...あぁダメですその部屋は!まだ準備終わってな...げふんげふん、ナンデモナイデスヨ」

『翠』「緊急!ターゲットこっちに接近中!ケーキ班急いで隠して!...毎年やってるから流石に響さんも気付いてると思うんだけど、でも響さんだからね...どうかな...」)

(翠「特殊ボイス時空の私と『翠』がお誕生日おめでとうございますとは言いましたが...今本スレ内で微妙な空気ですね響さん」

女神「XDの新イベもアレな空気ですど、特にグレてる方...というか新OPといいすごいですね今回の!IF装者も増えそうですし!!!」)
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/14(月) 01:12:56.52 ID:UkhszInt0
ほい
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/14(月) 01:14:50.05 ID:UkhszInt0
どうして奇数は出ないんでしょうか…
609 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/16(水) 04:44:32.68 ID:SARo9aw40
若葉「どういうことだ?結城」

友奈「えっとね?ぶわぁ〜ってなってたのが、しゅ〜ってなって消えちゃったと思ってたんだけど、まだ何となく気配を感じるの...だから多分まだ大丈夫だよ!タギツヒメ!」

どうやら...タギツヒメが響さんの精神、深層世界を支配して...多分、その後タギツヒメはシェム・ハさんの腕輪に吸収されたかのように見えましたが...きっと、それは不完全だったが故にタギツヒメは消滅し切っておらず、今ならタギツヒメの魂を元に戻せるのでは、ということ...だと思います
前半抽象的な表現が多くて推測になりますが

『翠』「むしろ最後の最後だけ気配を感じるとか具体的なこと言ってくるのが怖いんだけど」

翠「そこだけ武術を習う者としての感覚なのでしょう...知りませんけど」

というかそんなことよりタギツヒメまだ健在なんですか!?

園子「シェム・ハと名乗る神様が体調を崩したということは荒魂としての特性が残ったままだろうし、ゆーゆの言ってる通りなら可能性は十分高いと思う...もっとも放っておけば霧散し変換までされた魂は二度と元には戻らないから、もし助けるのなら今が最後のチャンスってことになるんじゃないかな」

なんてしぶと...あぁいえ、強い生命力と言いますか
正直物凄く苦労させられたの上に別段和解出来る算段もないのでタギツヒメがまだ生きていると知ってもこう...こみ上げるようなものはありませんでした
これは私が薄情なのでしょうか
しかし、響さんにとっては朗報です

夏菜「立花さん!まだ終わってませんよ!タギツヒメはまだ生きているって!」

『翠』「今ならまだ手は届くかもしれない、なのに手を伸ばさなかったら一生後悔するよ、響さんっ!」

響さんの伸ばした手がお節介であったのなら、今度こそタギツヒメの想いに沿う形で最期を迎えさせてあげればいい
610 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/16(水) 04:45:08.06 ID:SARo9aw40
私達だけではこれほど苦労して追い詰め、全員ぼろぼろになりながらやっと倒すまで後一歩というところまで持って行けたタギツヒメ...そんな相手を今一度現世に呼び戻し再び倒すのは正直骨が折れるレベルではないでしょう
ですが、もし上手く行けば響さんも立ち直りシェム・ハさんは大きく力を失うというまさに一石二鳥状態...
そこまで考えていなくとも、響さんなら迷わずタギツヒメを助ける為に動くはず...


響「...やらない」


...えっ

思わず物凄く最近、正確にはついさっきと全く同じ反応をしてしまいます
響さんの方を見てみると、響さんは椅子の上で膝を抱えていました

響「私はもう...余計なことは出来ないよ、やりたくないよ...」

翠「響、さん...?」

この人は、誰なんでしょうか
本当にこの人は『あの』響さん...?

...いえ、勝手に理想を押し付けて、勝手に原作だのなんだのと言ってキャラに当て嵌めて、私は本当の彼女を見られていなかったのでしょうか
普段の笑顔の裏には、こんなに苦悩する1人の少女がいたということでしょうか
目の前の彼女は魂、精神を剥き出しにした状態...普段以上に自分を隠すことが下手になります
だから、これこそが本当の響さん...
611 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/16(水) 04:46:55.34 ID:SARo9aw40
『夏菜』「...翠さんが、皆が救われたその手を...余計だと言うんですか」

響「...」

『夏菜』「貴女のその繋ぐ手は!」

響「だとしてもッ!!」

響さんは勢いよく立ち上がり、『夏菜』さんの言葉を遮るようにして叫びます

響「だとしても...タギツヒメさんにとっては、余計なことでしかなかった...誰かと繋ぐための手だと信じて拳を握ってきたけれど...この手じゃ繋がれないものが確かにあった...タギツヒメさんはきっとあの時私がこの手を差し伸べなければ満足していた筈なんだ...」



安価下
1 とりあえず響さんは友奈ちゃんに任せて帰る
2 響さんのことはそっとしておいてもう少し深層世界を探索
3 その他(記述)
(響「私のこの手なんて、S2CAくらいにしか役に立たない!」

夏菜(それはそれで十分過ぎるのでは)

『翠』《ちょっと翠!翠の急に怒鳴る感じの感情の爆発のさせ方が響さんにまでうつっちゃってるじゃん!》

翠《知りませんけど!?》)
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/16(水) 08:27:41.27 ID:XpzxRvJJ0
3 翠が「響さんのことは任せてほしい、二人だけで話がしたい」と提案する
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/16(水) 18:46:33.84 ID:fWdEMdUg0
3 「立花さん、貴方にも大切な人がいる筈だ。改心する気の無かった悪役と大切な人、どっちが大事か考えてほしい」
614 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/17(木) 03:42:39.35 ID:8bDHADxn0
両手を強く握り締め、ぷるぷると震わせている響さん
その憤りは自身の行いの失敗に対するもの
こう言ってはなんですが、響さんが何かを成そうとして失敗してしまったのは何も今回が初めてではありません
では何故...それは、これまではその後悔をへいきへっちゃらと押し殺したり、それこそ未来さんに支えられてきたからでしょう

翠「...皆さん」

その代わりを私が努める、なんてことは勿論不可能ですが

翠「ここは...響さんのことは任せてほしいです...2人だけで、話をしたいんです」

それでも私は、何もせずに帰ることより、何かをすることを選びました

『翠』「任せてって、どう...ううん、いいや任せる、何かあったら呼びに来るから」

夏菜「翠さん...」

園子「流石にここは茶化せないんよ、行こうゆーゆ、わかちゃん達も」

若葉「あ、あぁ」

千景「せいぜい説得が成功するのを祈ってるわ」

私のことを信じて、1人、また1人とこの場を後にしていきます
そして

『夏菜』「...立花さん、貴女にも大切な人がいるはずです...改心する気のなかった悪役と大切な人、どっちが大事か考えてほしい」

『夏菜』さんも、最後にそう言い残して離れて行きました

・・・

さて、と



何話す?安価下
(芽吹「話すって、何を話すつもりなのかしら」

夏菜「『蒼井』さんはどう見ます?」

『翠』「アレだと思う、こう...拳で語り合う的な」

千景「クエストばかり間に挟んであって全然進まないイベントストーリーじゃないんだから...」)
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/17(木) 04:11:40.80 ID:hgglvBH80
「初めて私が響さんと会った時のことを覚えてますか?」とまだ月を破壊する前の頃の話をする
616 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/20(日) 03:13:27.46 ID:h/Psk+SO0
樹海の様な内装を施されている深層世界
そこに置かれたとても場違い感のあるダイニングテーブルといくつかの椅子
昂った気持ちが落ち着いたのか再び着席していた響さんの正面の椅子に、私も腰を下ろしました

響「...」

翠「...響さん」

空気は重く暗い
悠長にしていられないというプレッシャーもあります
けれど、焦るべきではありません
今はタイムリミットを忘れて、ただただ響さんと向き合いましょう

翠「ねぇ、響さん...初めて私が響さんと会った時のこと、覚えてますか?」

響「...」

響さんの返事はなし
最初はそんなものでしょう

翠「あの日、私転校初日だったんですよ...教室で自己紹介して、物珍しさで集まってきたクラスメイトに囲まれて...でも上手く話せる気もしなくて読書しながら話しかけないで〜ってバリア張って」

響「...」

翠「次の日からは頑張ろうって先延ばしにしてその日の学校をやり過ごして、放課後はどうせ家に帰っても誰も居ないからって辺りのお店とかぶらぶらして...気付いたらすぐ近くにノイズがいたんです」

まさか、転生してその日のうちにノイズと出会すとは思いませんでした
いくら発生率が高い(フィーネさんの仕業)とはいえ

翠「怖いとか、死にたくないとか、そういうのより先にとにかく逃げなきゃってことだけで頭にいっぱいになってとにかく走ってました、走って走って、必死になって逃げて...その先で、響さん、貴女と出会ったんです」



響『あ、君も逃げて来たの!?なら早くこっち!!』

翠『は、はい!』



翠「今にして思えば、あの時すぐに私がギアをいれば、その後も逃げ続けなくて済んだのかもしれませんね...ごめんなさい、私もあの時はギア纏った事なくって、ギリギリになってしまいました」
617 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/20(日) 03:14:18.93 ID:h/Psk+SO0
逃げに逃げて、どこかの屋上で遂に限界が来て座り込んでしまうまで、それが一期一話なのだと気付けもしないほどでしたから、結構テンパっていたのだと今ならわかります
いえ、まぁその後もここで響さんの覚醒という原作に介入してしまっていいのかという葛藤があったのでギアを纏った事がなかったからという理由だけではなかったのですが

響「....初めて、だったの?」

翠「そうですよ、聖詠も初めて、戦うのも初めて...あの日あの時まで私はシンフォギア装者でもなければS.O.N.G....当時は二課でしたが...とも無関係な一般人、ちょっと普通の人は持ってないペンダントを持っているだけの中学2年生」

何故ペンダントを持っているのかは、女神様や『翠』の両親辺りの事情が絡んでくるので割愛

翠「もしあの場に私1人だったら...」

逃げてる途中で響さんに会わなかったら...ノイズを振り切れればそれで良し、振り切れなかったら...原作への影響を考えて

翠「ギアを纏うか迷っているうちにノイズに殺されていたかもしれませんね」

転生しておきながら、と女神様の様に第三者視点から見ている誰かが居たとすれば、そんな風に思われてしまうかもしれません
でも私も、積極的に介入してしまえと開き直ってしまえたのは最初にギアを纏ったその時からです
618 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/20(日) 03:14:53.87 ID:h/Psk+SO0
翠「力があるのだから、後ろにいる誰かのことを守らなくちゃ...そんな風にギアを纏ったのがきっかけでしたから...今こうして生きていられるのは響さんのお陰ですね」

なんて、少し大袈裟だったでしょうか

響「...逆だよ、あの日助けられたのは私の方」

確かに、あの場においてはそうでしょう
でも、そうじゃないんです

翠「貴女が手を差し伸べてくれたから、私達はあそこまで逃げられたんです...生きようと、戦おうと思えたんです」
619 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/20(日) 03:15:30.94 ID:h/Psk+SO0
つい熱くなってしまいました
ふぅっと息を吐き、仕切り直します

翠「...私と会う前に、もう1人小さな女の子の事も助けようとしていましたよね?ノイズに追われ、ただでさえ逃げるのに身軽でいたいような状況で...おまけに私まで見つけて迷う事なく手を差し伸べて」

響「それは...絶対助けなきゃって、思って...」

そうです
響さんはいつだって、見ず知らずの誰かの命すらも天秤に掛ける事もなく即座に守るべきものだと判断出来る人です

翠「えぇ、あの日私もあの女の子も確かに貴女に救われました、響さんのその想いが、私達の運命をその先のミライに繋げたんです」

私は身を乗り出し、響さんに手を差し伸べました

翠「確かに誰も彼もが言葉で解決なんて出来ないかもしれない、争い戦うことでしか分かり合えない人もいるかもしれない...でも、だから貴女は手を繋ぐことをやめてしまうんですか?その手に刃を持ち、その人達の為に戦うんですか?」

響「それ、は...でも...」

翠「戦いを望むのなら、貴女の武器で答えればいい、武器を持たないその拳こそが、いつでも開けば争うことを止められるその拳こそが私の武器だと分らせてやればいいんです」



安価下
1 もう少し説得(記述)
2 立ち直り判定(後にコンマ)
3 その他(記述)
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/20(日) 03:55:27.41 ID:89BWyP8y0
「私が月を砕いたあの時、未来さんと約束したことがあるんです。『もう二度と響さんを裏切らない、ずっと響さんの側にいる』と」
「あの時の約束は私なりの贖罪だったのかもしれません。それでも、あの日からずっと貴女と過ごした今の私は、心から貴女を支えたいと思っています」
「ですからどうか、私と繋いだその手を信じてあげてください。その手は皆と手を繋ぐことが出来る貴女だけの特別な手だと」
621 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/22(火) 05:03:10.49 ID:DOHotV6x0
undefined
622 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/22(火) 05:03:56.71 ID:DOHotV6x0
仮にタギツヒメとまた戦うことになったとして、その時果たして彼女は響さんの拳を、剣以外の武器による対話を認めるかどうかという問題は当然あります
タギツヒメでなくとも似たようなことを言う人はいるかもしれない
ですがそんな、自分が認めた武器しか武器と認めないような相手は多分元々分かり合えないでしょう
ふとそんな事が脳裏を過ぎりましたが、そんなところまで響さんに言う事もないですよね

翠「響さん」

響「ぁ...ぅ...」

響さんは私の差し出した手に視線を向けながらも、そこに手を伸ばそうとしては引っ込めての繰り返し
簡単に握ってはくれません
もう一押し必要ですか...

翠「...それでも納得出来ない、切り替えられないというのなら...私の為に、前を向いてくれませんか」

響「...ぇ?」

響さんのお人好しなところに付け込むようで少しズルいかもしれませんが
こうなれば私も恥を捨てます

翠「月の遺跡、バラルの呪詛...その支配から逃れる為、私はかつてフィーネさんの策に乗り...月を穿ちました」

本来カ・ディンギルの一撃は月の表面を擦り、一部を欠けさせるのみに留まるはずの通称ルナアタック
私や『翠』がそこに介入したからこそ、と少々自惚のように聞こえてしまいますが、実際カ・ディンギルの一撃は月の中心を射抜き完全に破壊、その事件の名もルナブレイクと変わっていました

翠「私が月を砕いたあの時、未来さんと約束した事があるんです...『もう二度と響さんを裏切らない、ずっと響さんの側にいる』と」

響「未来と...そんな、約束を...?」

おっとちょくちょく裏切ってないかとか遠くに行ってないかとかそういう突っ込みはノーサンキューですよ、アレです、気持ち的には約束破ってない的な感じで通してますから
えぇ、平行世界に飛ばされるのは事故ですし結社にいた時のは洗脳されていたということにしてますからね、申し訳ないですが全部アダムさんのせいです
623 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/22(火) 05:04:31.77 ID:DOHotV6x0
翠「あの時の約束は私なりの贖罪だったのかもしれません...それでも、あの日からずっと貴女と過ごした今の私は、心から貴女を支えたいと思っています」

響「翠、ちゃん...」

行き場を彷徨わせている響さんの手を、私の方から取りに行きました

響「っ」

緊張からかビクッとしながら閉じてしまった響さんの両手をそれぞれ包み、合わせて響さんの目の前まで持っていきます

翠「ですからどうか、私と繋いだその手を信じてあげてください、その手は皆と手を繋ぐ事が出来る貴女だけの特別な手だと」



コンマ下(説得ボーナスにつき難易度やや低め)
01〜30 それでもやっぱり信じられない
31〜98 もう一度信じる
ゾロ目 シェム・ハ「間に挟まりてぇ〜」
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/22(火) 08:39:38.62 ID:fGNDCaIZ0
625 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/23(水) 04:45:11.09 ID:On3984hq0
響「私だけの、特別な手...」

響さんだってわかっているはずです
響さんがこれまで手を伸ばし、掴んできた手は、決して少なくないということを
何も戦闘時だけではありません、日常的に、誰に対しても人助けをしていた響さんですから

響「...次は、大丈夫かな」

翠「それは響さん次第です」

どうやるのかも、どこまでやるのかも
そして今度は大丈夫だと判断するのも
全て響さん、貴女の匙加減です

響「...うん、わかったよ...もう一度信じてみる...翠ちゃんが救われたと思ってくれたこの手を...特別だと言ってくれたこの手を」

そう言う響さんの言葉に、目に、もう迷いはありませんでした



安価下
1 とりあえず表に戻る
2 もう少し何か話す
3 その他(記述)
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/23(水) 13:42:02.54 ID:gkY3bWdu0
3 未来も他のみんなも心配してると伝えておく
627 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/24(木) 04:12:31.74 ID:6WeTw82c0
全て綺麗さっぱり吹っ切れたというわけではありませんが、大分持ち直した響さん
あるいはもしかすれば、再びタギツヒメと相対することになればまた状況は変わってくるかもしれませんが
今はそれより

翠「シェム・ハさんに此処のことがバレたら全ておじゃんですからね...もう当初の予定より随分長居してしまいましたし」

『翠』達と合流し次第、戻った方がいいかもです
此処には...響さんのところには友奈ちゃんも残ってくれますし、そこまでの心配はないでしょう

響「来てくれてありがとう翠ちゃん、皆にも伝えておいてね」

翠「どう致しまして...でも、そう思っているなら伝言じゃなく直接伝えたらどうですか?表で再開出来てから皆さんに」

席を立ち、帰り道の方角をちらりと見て

翠「此処に来た私達だけじゃありません、未来さんも他の皆さんも響さんのことを心配してます」

響「未来...皆...うん、絶対に戻るよ!」

響さんの笑顔に私も笑顔で返し、手を振りながらその場を後にしました

・・・

『翠』「長い!遅い!」

翠「まぁまぁ...あの調子なら、しばらくは...余程響さんの心を揺らす何かでも起きない限りは大丈夫だと思います」

私が戻るのを待ってくれていた『翠』達と合流し、私は無事響さんを説得出来たことを伝えます
反応は様々でしたが、最終的には全員が安堵のため息を付きました

千景「何にせよ本人の意識が改善されたのなら良かったわ、弱れば弱るほど精神は強い精神に飲み込まれやすい...憑依ものの定番だもの」

園子「異常な後ろ向きな思考、ネガティブな考え方になってること自体が他の精神からの影響を受けた結果とも考えられるから、それを弱められたのなら最悪の事態は避けられそうだね〜」

『夏菜』「世話が焼けます...」

夏菜「本当に、困ったものですね」

『翠』「それを君らが言うんかい」

千景「ブーメラン刺さってるわよ、『蒼井』さん『貴女』にも」

翠「全員なんだかんだ面倒くさい人達ということで」

芽吹「そうね貴女も含めてね」

友奈「あはは...とにかく私は響さんのところに行くね!またね〜!」
628 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/24(木) 04:13:21.88 ID:6WeTw82c0
・・・

翠《終わりました、フィーネさん身体のことありがとうございました》

フィーネ《そっちは無事会えたみたいね》

表での行動を交代してもらっていたフィーネさんにお礼を言い、私は表に戻ります



表の世界(刀使の世界やシンフォギアの世界等)で何か起きてる?安価下
(特になければ紫様等にここまでの経緯を説明したりします)
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/24(木) 11:03:04.05 ID:noJrPYOq0
刀使の世界は特に異変無し
シンフォギアの世界はまだ大丈夫、シェム・ハが荒魂の汚染と戦ってるとの事
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/24(木) 21:34:43.53 ID:bD/wfnfpO
XDU、まさかのTOSコラボって本当ですか?

安価は…未来さんがビッキーの無事をひたすら祈ってたり装置の改良を試みてたり
631 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/26(土) 05:22:25.76 ID:muAZ6EUa0
翠「っとっと...」

表に戻ってきて周りを見渡し、一先ず目に見えて何か変化が起きているわけではないことはわかりました
まぁ何かあったら交代するタイミングでフィーネさんが一言二言何かしら言いますよね

翠「まずは『翠』と夏菜さんを起こしに行って...」

・・・

既に私と同様に表に戻ってきていた『翠』と夏菜さんと合流し、それぞれがきちんと共通の深層世界に訪れていたことを確認します
それが終われば今度は、響さんのことやタギツヒメのことを相談する為紫様に会いに行くことにしました

翠「一応は立ち直った様子の響さん、ですがそれが虚勢でないとも限りませんし、紫様からならもしかしたら別の角度からの意見が聞けるかもしれませんからね」

夏菜「そういえば司令達には?」

『翠』「勝手に響さんに会いに行ったとか怒られそうだし乗り気になれない...とりあえず紫様だけでいいんじゃない?」

翠「響さんの無事を知らせる方を取るか、知らせてしまって緊張が緩んでしまわないよう敢えて確実に助けられる方法が見つかるまで黙っておくか...皆さんの様子次第にしておきましょう」

知らせるべきだとは思いますが、もしこれで皆さんが響さんの無事を少しでも疑っているならまだしも、絶対に無事だ、そうでなくとも絶対に助けると意気込んでいるはず
ならむしろその意気込みを維持してもらっていた方が...いえ、戦闘に支障をきたすほどに心配していたりする場合はすぐにでも知らせて安心させるべきではありますが
しかし具体的に助ける方法はまだ分からず、ぬか喜びになる可能性も...
632 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/26(土) 05:23:09.92 ID:muAZ6EUa0
・・・

紫「夢を介しての接触、深層世界...隠世のようなものか」

翠「ですね」

今ちょっと説明面倒になって適当に返してしまいましたが、まぁ考えてみれば可奈美ちゃんの夢の中の世界に見せかけた隠世も似たようなものだと思うのであながち間違いではないでしょう

紫「危険な真似、というのは百も承知であろうし、戦闘に立たせている私にお前達の行動に対しどうこう言うことは出来ない、そういった小言はそちらの大人に任せるとして...そうか、立花響は無事だったか」

『翠』「それに、タギツヒメも...まだ助かる見込みがあるっていうレベルの話だけど」

紫様はふむと頷き

紫「タギツヒメが...タギツヒメを形成していた荒魂が消失もとい変換を拒み神シェム・ハの影響下から逃れようとしているのは間違いないだろう、それはこちらも観測したことだ」

翠「観測...?」

紫「あくまで世界同士を繋げることはせず外側からの計測を用いてそちらの世界の観察を試みた結果だ、お前の身体を借りたというフィーネはその結果を読み取り『世界中の活動が停止こそされてはいるが変化も無く、シェム・ハは依然として荒魂の汚染と戦っている、次の段階に進めずにいる今ならまだ世界を取り戻すことは可能』と結論付けていた」

フィーネさんそういうの交代するときにこっちにも共有しておいてくださいよ!!!
ですがつまりそれはシェム・ハは私達の世界の生物の精神を掌握しながらも荒魂が邪魔をして肉体の改造にまで手が回っていないということ
633 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/26(土) 05:23:47.79 ID:muAZ6EUa0
紫「それからその観測者としての立場を保ちながら等の方法を模索しつつ装置の改良を進めてはいる、元からそういった改良を目指す予定ではあったがこれは小日向の強い要望だったか」

夏菜「小日向さん...」

聞けばやはり一番取り乱しているのは未来さんだそうで
あれやこれやと意見を出しながら慣れない技術班の手伝いをしようとしたりしたと思えば、最終的にひたすら響さんの無事を祈るしか無くなっているそうです

翠「未来さんには...伝えた方がいいでしょうか」

『翠』「冷静じゃないところに情報ぶつけて平気かな...静止を振り切ってシェム・ハさんを殴りにでも行ったら大変だよ」

ですね...
気が重くなっていると、紫様がそういえばと言葉を紡ぎました

紫「立花に伝えてほしい、仮にタギツヒメと分かり合えたのならとうの昔に私や篝、美奈都が説得している...立花が気に病む必要は無い、と」

翠「...はい」

やはり、対話による和解は不可能...そう紫様はとうの昔から身をもって知っています
タキリヒメ、イチキシマヒメのような特殊なことになっていればあるいは...ですが、タギツヒメにはその可能性は低いということでした



安価下
1 誰かと話す(記述)
2 イベント判定
3 その他(記述)
(翠「節子、それシンフォギアやない、シンフォニアや...あれ?」

女神「世界は救われる...彼女を失えば...このやり取り既視感が」

『翠』「XDのコラボは迷走しまくってやっと安定してきたように思えるね、やると思ってたよ!」)
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/26(土) 11:12:07.82 ID:VcYyETb30
1 未来さん
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/26(土) 23:29:32.18 ID:xKoHBwK1O
3、シェム・ハとの戦い方について作戦を考える
636 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/27(日) 02:15:41.85 ID:bYI5+kkA0
紫様からの伝言を貰い...と言ってもすぐにまた響さんに会いに深層世界に行くというのは今度こそシェム・ハさんに察知される危険性がある為出来ませんが...部屋を出て、次は何をするかを話し合いながら廊下を歩いていた私達

翠「響さん、それからタギツヒメには自力で抗ってもらうしかないとして...シェム・ハさんとどう戦うか...」

夏菜「腕輪が本体なら腕輪を外すなり壊すなりすれば良いんでしょうかね」

『翠』「確か赤嶺ちゃんも最悪破壊する予定だったんだっけ?」

翠「ですね...でもシェム・ハさんもそこは守りに来るでしょうし...」

それに腕輪...腕に付いているというのがネックです
そこを狙いに行ってこちらが掴まれれば、今度は響さんの『繋ぐ手』というアームドギアを利用してシェム・ハさんの支配を受けてしまうかもしれません

翠「どうしたものですかね...」


未来「戻ったんだね...翠ちゃん...」


翠「ひょわっ!?」

左肩に突然の気配、そこにあったのは超至近距離の未来さんの顔でした
思わず飛び退いて振り返ると、笑っている未来さんが立っています...いえ、目だけ笑ってませんね

『翠』《どうする翠、どう見ても未来さん限界だよ》

翠《だからこそ困るんですよ》

このままでも不味い気はしますが響さんの無事を知らせても不味い気がするという



コンマ下
奇数 バレる
偶数 バレない
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/27(日) 02:25:27.96 ID:z0Wdy7dm0
はい
638 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/27(日) 04:12:32.75 ID:bYI5+kkA0
未来「...気のせいだったかな?」

未来さんは的が外れたと言いたげな表情をしながら顔を傾けました

夏菜「な、何が?」

未来「3人から響の匂いがした気がしたんだけど」

翠「未来さんそういう人じゃなかったですよね!?」

未来さんもっと普通の...せいぜい元陸上部なだけの普通の人でしたよね!?性格もキャラも!
しかしまぁ、未来さんに何も言わずに響さんに会いに行っていたことがバレたら不味かったみたいです...



何話す?安価下
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/27(日) 17:42:54.69 ID:TMCLdfFVO
汚染が進んでるであろう腕輪「だけ」に神獣鏡の光を当てられる自信はあるか聞いてみる
640 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/29(火) 00:56:01.16 ID:U2k5Xuac0
冗談か本気かはともかく、少なくとも取り乱し過ぎてロクに話も出来ない〜なんてことにはなっていなくて一安心

未来「それより翠ちゃんが意味もなく了子さんに身体を任せるとは思えない、『翠』ちゃんと夏菜ちゃんも休んでたよね...もしかして響を助ける方法、何か思い付いたの?」

いやこれバレるの時間の問題かもしれませんね!?

翠「えっと...じゃああの、未来さん」

未来「うん」

響さんの為なら何でもすると言わんばかりの未来さん

翠「響さん...いえ、シェム・ハさんと戦うことになったとして、神獣鏡の光を腕輪に...腕輪だけに当てられる自信はありますか?」

汚染が進んでいるであろう腕輪
恐らくシェム・ハさんの切り札であり弱点でもあると思われるそれの存在を少しでも揺るがせられれば、あるいは


自信コンマ下
(低い 00〜99 高い)
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/29(火) 02:39:03.18 ID:vUm+6JoE0
はい
642 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/30(水) 02:48:12.49 ID:+/Sr0VzD0
未来「腕輪だけに...に、2割...」

『翠』「えぇ...」

未来「あっえっと...ごめんね、もう少し...18%くらいかも」

翠「さらに減りましたが」

しかし仕方がないともいえます
未来さんの神獣鏡での戦い方はとりあえず大きいのをぶっぱか周り全方位を囲んでぶっぱです
精密な射撃のようなものはほとんどやってきていません

夏菜「小型のノイズくらいの大きさなら、皆さんを避けて撃ち抜くのはよくやっていますよね」

未来「うん、でもそれは勿論気を付けてるけど、皆も避けてくれるって信じられるから...」

まぁ見栄を張ったり責任感を感じたりなんかして大いに自信があると宣言されるよりは
むしろそれほど未来さんが真剣に響さんを助けることを考えている証拠です

『翠』《いっそ後でアスクレピる前提で響さんの腕ごと斬る...とかは?》

翠《私も考えましたけど色んな意味でどうなってしまうかわかりませんし、何より皆さんの倫理観的に最終手段にしておくべきでしょう》

『翠』《だよね》

私がシェム・ハさんに取り憑かれたりしたのであれば迷いなく腕ごと斬るか斬ってもらうのも全然有りですが
そして響さんも聞けばいいよとは言ってくれるとは思いますが...出来ることなら嫌な思いはもうしてもらいたくありません



安価下
1 イベント判定
2 その他(記述)
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/30(水) 03:03:56.34 ID:3H8FNZ+C0
2 前に見た黄金ビッキーをイミテーターで再現出来ないか試してみる
644 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/30(水) 04:09:48.79 ID:+/Sr0VzD0
ひとまずクリスさんに稽古を付けてもらうと言って行ってしまった未来さん
こちらもこちらで私達なりにシェム・ハさんと正面からやり合える手立てがないか考えるとしましょうか

『翠』「逆に敵味方関係無しにこの人だったらシェム・ハさんと戦えるかもしれない、なんて人はいないかな?」

翠「とにかく強いキャラ...フィーネさん...ネフィリム・ノヴァ...キャロルちゃん...アダムさん...」

見事にラスボス級ばかり思い付いてしまいますね
フィーネさんは私の中で無理無理と首を振っていますが

夏菜「神の力で暴走したお二人も中々に厄介でしたけどね」

『翠』「その節はご迷惑を...でも仮にまた神の力を得られたとしても神に神擬きじゃ無理ゲーな気がする...やっぱり神殺しの概念かー」

しかし響さんのガングニールが使えたところで、概念、哲学兵装だけでは覆せないレベル差や実力差があるかもしれません
というのは推測に過ぎませんが、強くなければ近付くことすらという可能性は高いのも事実
何せ響さんのガングニールは拳...接近しなければ神殺しも発動出来ません

翠「イミテーターなら響さんのガングニールも出来ますが、それだけでは...イグナイト、あるいはエクスドライブまで再現した方が...」

『翠』「...金ピカの響さん」

思わずあっ...と思わず声を出してしまいます
645 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/30(水) 04:10:25.52 ID:+/Sr0VzD0
『翠』「樹海での戦いの中、大満開の友奈ちゃんと一緒にあの場に再現された響さんのいつかどこかの可能性...エクスドライブより優先されたってことは、少なくとも限定的な部分での数値はエクスドライブを超えてる...ってことにならない?」

翠「圧倒的な強さはすでにいつかの深層世界での試練で確認済み、確かに試す価値はあるかもしれないです」

あの金ピカ状態がどういったものなのか...輝け流星の如くなムテキの光る蕎麦なのか、それとももはや言葉は不要でその瞬間を味わうだけでいい魔王なのか、はたまた1000%なのかは実態を解析出来ていないのでわかりませんが
あの段階で神樹様があの場でエクスドライブより相応しい形態だと判断するくらいの実力があるのは確実です

『翠』「神樹様なら能力値諸々なら再アクセスして再現出来る、それをイミテーターに解析させて」

翠「模倣する...えぇ、やってみましょう!」

活躍は知らない、けれど存在は知っている響さんの金ピカフォーム
未知数なところは沢山ありますが、未知に手を伸ばし既知にしていくのはこれまでも何度もやってきたことです!

夏菜「は、話が進んでいく...ちょっ、2人とも待ってください!許可!先に許可取ってから〜!」
646 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/09/30(水) 04:11:13.18 ID:+/Sr0VzD0
・・・

「Stealer Imitator tron」


紫様にここなら使っていいと許可を貰った刀使用のシミュレーションルーム
私はイミテーターを纏い、園子ちゃんに念話を送ります

翠《以前再現してもらった金ピカ響さんの詳しい情報、お願いします》

園子《うん、わかったよ...くれぐれも気を付けて》


コンマ下
奇数 再現出来そうだけど
偶数 負荷が強過ぎる
ゾロ目 成功!
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/30(水) 11:06:40.27 ID:L6Afl1iF0
成功する確率が低いけどまぁ妥当な数値だな
648 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/10/01(木) 03:57:09.26 ID:u1FvW+P30
翠「ふぅ...」

データ受信、フィードバック、ギアに反映...

翠「コピー・金ピカガングニールッ!」

私の声に応えるように、イミテーターのギアの目元にある画面には解析結果のようなものが表示されていきます


《UNDER ANALYSIS》

《THE CORE IS GUNGNIR》

《DETECT MORE THAN ONE RELIC》

《MYSTERIOUS REACTION CONFIRMATION》

《ANALYSIS COMPLETED》

《ALCHEMIC GOLD》


翠「うっ...くっ...」

いつもとは異なり、非常に解析までの時間がかかっていた今回の模倣
その間ギアは熱を発し、それに当てられ周りの水分が蒸発して水蒸気が発生するほどで
勿論それを纏っている私もかなりの熱さを感じていましたが、デュランダルを模倣した時に比べればなんてことありません

翠「!」

その時、イミテーターが響さんのガングニールを模倣した姿、更に形状こそガングニールから変わらないもののいつかの虹色のオーラを携えた銀色のギアに
そして

翠「出来た...」

そのオーラを全て跳ね除けるかのような内側からの激しい光の後、ギアは黄金に輝いていました

翠「これが金ピカガングニール...あ、あれ?」


《EMERGENCY CANCELLATION》


しかしその輝きは一瞬のものでしかなく
まるでメッキが剥がれるようにパラパラと黄金が取れていき、遂に普通のガングニールを模倣した姿に戻ってしまいます
649 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/10/01(木) 03:58:05.66 ID:u1FvW+P30
『翠』『何事!?なんで戻ってんの!』

私の様子をモニタールームで見ていた『翠』から声がかかりますが、それはこっちが聞きたいくらいでした

翠「元々が短時間しか運用出来ないのか、それともイミテーターでも完全な再現が難しい...?」

過剰な疲労もなくイミテーターのギア自体も問題なく動かせているので、何らかの負荷がかかってしまったわけではなさそうですが
そもそも本来がどういった経緯で誕生した姿なのか...文字通り理屈では説明出来ない奇跡や、決して人類が辿り着けない超高次元の技術によるものだったとしたらイミテーターが白旗を上げることもあるのかもしれません
しかし神樹様には完全な再現が可能なこと、その神樹様が作った勇者システムを反映させることがシンフォギアに可能なことから、ある程度までのトンデモならイミテーターに出来ないことはないと思うんですが

翠「金ピカガングニール...それが生まれた経緯だけでも知れれば何かわかるかもしれませんが...流石に平行世界の事情をポンポンと知ることは出来ませんし」



安価下
1 再チャレンジ
2 もう少し何かする(記述)
3 イベント判定
650 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2020/10/01(木) 07:39:44.47 ID:RSDkmbpI0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/01(木) 09:40:03.19 ID:iVLjlag20
2 シェム・ハの気力やスタミナを消耗させる方法を考えてみる
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/01(木) 20:33:16.43 ID:nvOyojOOO
2 、とりあえずエルフナインに相談
653 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/10/03(土) 04:32:49.34 ID:5nG4TY2D0
・・・

響さんの金ピカガングニール
それ自体はイミテーターで解析も再現も可能でした
が、それは十分に持続させることが出来ないという新たな問題も出てきてしまって
これまでイミテーターはノイズやアルカノイズ、ファウストローブ、心象変化ギア等多岐に渡って模倣が可能だったのでかなりの衝撃です

翠「あ、いえ、出来ないことがないわけでもありませんでしたね...イグナイトモジュールの搭載とか」

ニーベルングとの拒絶反応...というより、他の聖遺物を組み込むことがダメなんでしょうか
もっとも『イグナイト状態のギア』を模倣することは可能ですしそれはそこまで問題はありませんけど

翠「何にしても金ピカに関してはもう少し詳しく調べないといけませんね」

イミテーターの解析結果を後で確認しますか...

エルフナイン『さっきの光は一体!?何をしているんですか!』

夏菜『あ、エルフナインさん』

その時、モニタールームにエルフナインちゃんが駆け込んで来ました
金ピカガングニールを模倣した時の光がどうやら部屋の外まで漏れていたようです

『翠』《丁度いいしエルフナインちゃんにも意見聞いてみる?金ピカのこととか他の手立てとか》

翠《ですね、そっちに行きますね》

金ピカも不安定なことがわかった以上、シェム・ハさんに対抗する手立て...倒すまで行かずとも気力を削ったりスタミナを消耗させられるような案はやはり欲しいところです



コンマ下1
奇数 問題発生
偶数 まだ大丈夫

エルフナインちゃんの意見安価下2以降
(コンマ下1が偶数の場合のみ採用)
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/03(土) 08:42:07.74 ID:nP0y/+rb0
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/03(土) 18:00:26.53 ID:ZSZn3q1o0
錬金術(だっけ?)が関わってる事、複数のシンフォギアの力が必要かもしれない的な推測が出る
656 : ◆BT63SEH4KsDo [saga]:2020/10/05(月) 04:13:42.48 ID:7vQqDCeU0
イミテーターのギアからエルフナインちゃんのタブレットにデータを送り、より詳しい解析が行われました
といっても元はあくまでイミテーターが対象を模倣する為の解析...それも実物や記憶どころか神界や霊界に近いような所からのものをタブレットでも見られるように形式を無理矢理変えたものなので、全部が全部わかるようになるわけではありませんが

エルフナイン「これは...」

『翠』「何か分かったの!?」

エルフナインちゃんは画面いっぱいに並ぶ文字の羅列のいくつかにマーカーを使い、画面をこちらに向けながらその強調したい箇所を指差しました

エルフナイン「ガングニールの模倣という話でしたが、まずここ...その形態には錬金術が関わっていると書いてあります」

翠「錬金術...ファウストローブってことですか?」

エルフナイン「いえ、形態そのものに何らかの術式が加えられている...という方が正しいかもしれません、単なる付与か形態変化に必要不可欠なプロセスに組み込まれているのかまではわかりませんが」

錬金術...ならあの金ピカの響さんは錬金術師の道を選んだ響さん?
いえ、ファウストローブでないならシンフォギア装者ではあるはず、なら私のように装者でありながら錬金術を使えるようになっているとか

夏菜「誰かに術式をかけてもらった...とか、ですかね?」


あぁ、確かに響さんであればどこかにキャロルちゃんやサンジェルマンさん達のような錬金術師と手を取り合う並行世界があっても不思議ではありません
540.21 KB Speed:3.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)