【モバマス】P「猫を飼い始めたんですよ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/04(土) 20:41:17.16 ID:7jKqaIFBO
P「5歳の猫なんですけどね。もう最強に可愛くて」

ちひろ「いいですねぇ。写真とかないんですか?」

P「もちろんありますよ、動画も。観てくださいこれ」

ちひろ「きゃー茶トラ! 可愛いー!」

P「でしょう」

ちひろ「動画は? 早く観せてください!」

P「ちょっと待ってくださいね」

ちひろ「……はっ!」

ちひろ(後ろからすごい圧を感じる)


凛・まゆ・響子・藍子「……」ゴゴゴゴゴ


ちひろ(あれはPラブ勢の一角!? なんであんなに真に迫って……あっ、そうか! 犬や猫などのペットは恋愛の敵!)

ちひろ(ペットを愛ですぎて、恋人を作る気がなくなるというのはよく聞く話。だから危機を感じてるのね)

P「ほら、ちひろさんこれですよ」

ちひろ「きゃーー! お腹見せてるー! ボールで遊んでるー!」

P「可愛いでしょう」

ちひろ「めちゃくちゃ可愛いです。また写真動画撮ったら見せてもらえますか」

P「いいですよ」

ちひろ(でもプロデューサーさん、気をつけてくださいね。猫に気をとられ過ぎるとアイドルたちがヤバいですから)

ちひろ(……というのを声にして忠告したほうがいいんだろうけど)

P「ふふ、いやあ本当に世界一可愛い。今日は早く帰らないとな」

ちひろ(この状態じゃ、どれだけ言ってもメロメロね)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1593862877
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:42:49.59 ID:7jKqaIFBO
凛「ねえ」

まゆ「ええ、マズイですね」

響子「このままだとプロデューサーさん、ペットを可愛がりすぎて恋愛が疎かになっちゃいます」

藍子「どうする?」

まゆ「答えるまでもないですよぉ」

凛「そうだね。猫には悪いけど」

響子「みんな考えることは同じですね」

藍子「そうと決まれば、さっそく今日実行に移そう」


ちひろ(それにしても、猫可愛かったなぁ。私もペット飼おうかな)

ツンツン

ちひろ「はい、どなたですか……」

凛「ちひろさん」ゴゴゴゴ

ちひろ「!?」

まゆ「お願いがあるんですけど」

ちひろ「わ、私にお願い?」

〜〜〜〜〜〜

P「ふんふーんふふーん♪」

P(ちゃんといい子に留守番してるかな。早く顔が見たい)ガチャ

P「ただいまー。きなこ、帰ってきたぞー」

ニャー ニャー

P(天使の鳴き声が聞こえる)

P「きなこー、ただい……ま……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:44:11.70 ID:7jKqaIFBO
凛・まゆ・響子・藍子「……」

P「……」

まゆ「にゃーん」

響子「にゃんにゃん」

P「……」

凛「なーご」

藍子「みぃ、みぃ」

P「お前ら、なんで人の家で猫のコスプレしてるんだ」

Pの猫(きなこ)「ニャー、ニャー」

P「あ、きなこ」

P(あれ? トイレが綺麗に片づけられてる)

凛「にゃん」スリ

まゆ「にゃにゃん」スリスリ

P「うおっ! 何してる!?」

まゆ「足にすり寄ってるにゃん」

P「それは見れば分かる! なんで足に……」

響子「プロデューサーさん。きなこちゃんのトイレ、綺麗にしておきましたにゃん」

P「あ、ありがとう……」

藍子「プロデューサーさん、甘えさせてくださいにゃん」

P「へ?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:46:19.54 ID:7jKqaIFBO
凛「甘えたいにゃん」

まゆ「撫でてにゃん♪」

響子「にゃんにゃんっ」

P「いや、というかどうやって俺の家に……ああもう、色々聞きたすぎて混乱してくる!」

きなこ「ニャー、ニャー」

P「!!」


P「よしよしきなこ。可愛いなあ」ヒョイッ

凛・まゆ・響子・藍子「!?」


きなこ「ニャー」

P「寂しくなかったか?」ナデナデ

きなこ「ニャー」

P「そうかそうか」ナデナデ

凛・まゆ・響子・藍子「……」

響子「どうしますか? 完全敗北ですよ」

まゆ「きなこちゃんからプロデューサーさんを奪って、甘えまくる予定だったのに……」

藍子「仕方ないね。あんなに可愛いんだもん」

凛「私たちが忍び込んだとき、ご主人じゃないのに甘えてきたもんね」

まゆ「まゆたちも計画を忘れて遊んじゃいましたよね」

P「そこの4人」

凛・まゆ・響子・藍子「!」ドキッ

P「詳しいワケを聞こうか」

まゆ「にゃ、にゃーん」

P「もう猫のマネはやめなさい」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/04(土) 20:47:59.78 ID:7jKqaIFBO
響子「うう……プロデューサーさんは、これからずっときなこちゃんと暮らしていくんですか?」

P「当たり前だろう」

凛「じゃあ恋人とかいらないんだね」

P「恋人?」

凛「ほら、ひとり身の人がペットを飼い始めると、恋愛が疎かになるっていうじゃん」

まゆ「プロデューサーさんは、きなこちゃんと仲睦まじく過ごしていくんですね」

藍子「女性には目もくれず、きなこちゃんと……」

P「……」


P「それとこれとは話が別だろ」

凛・まゆ・響子・藍子「!!」


P「確かにその手の話は聞くし、こうして猫を飼ってみると寂しさも減る」

P「けど、恋愛への欲求は相変わらずだよ。素敵な人と出会えば付き合いたいとも思う」

藍子「本当ですか?」

P「ああ、確信が持てるな」

響子「よかったぁ……」

P「もしかして、それが理由でこんな奇行を?」

凛「奇行とか言わないでよ」

P「人の家に侵入して水着になって猫の真似するのは完全な奇行だろ」

藍子「水着じゃないです! ちひろさんに貸してもらった猫なりきりセットです!」

P「ほぼ水着みたいなもんだろうが。というか、ちひろさんこんなのも持ってるのか」

まゆ「……」


まゆ「プロデューサーさん、ドキッとしないんですかぁ?」

P「え?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:49:46.18 ID:7jKqaIFBO
まゆ「美少女4人が揃いも揃って、こんなにセクシーでキュートな格好してるんですよ?」

凛「普通の男の人なら襲いかかってるよね」

P「まあ正直ドキッとはしたな。不審者がいるんだから」

響子「ひどいっ!」ガーン

P「そう思われるようなことしてるからな」

藍子「で、でも、ちょっとは男心をくすぐりますよね?」

P「……」

凛「大丈夫だよみんな。プロデューサーの心はちゃんと揺さぶられてる。さっきから私たちの体をなるべく見ないようにしてるし」

P「目のやり処に困るのは間違いない……」

まゆ「うふふ♪ 困らなくていいにゃん♪」

響子「むしろもっと見てにゃん!」

藍子「撫でてにゃん、触ってにゃん」

P「変態かお前ら!」

凛「人はみんな変態だにゃん。普段は常識という皮を被ってるだけにゃん」

P「うるさいわ! それより本当にやめてくれ、頼むから! 世間的に俺が危ういから!」

まゆ「誰も見てないにゃん。世間なんて気にせず、甘えさせてくださいにゃん」ジリジリ

P「詰め寄ってくるなって!」

凛・まゆ「にゃんにゃん!」

響子・藍子「にゃんにゃんにゃん!」

P「ちょっ、本当にやめっ……」

きなこ「ニャー」ピョン

P「ああっ、きなこ!? どこ行くんだ!」

きなこ「ニャー」トコトコ

ゴロン

凛・まゆ・響子・藍子「あ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:52:14.42 ID:7jKqaIFBO
きなこ「ニャー」ゴロゴロ

響子「……かっ……」

凛・まゆ・響子・藍子「可愛いー!」

まゆ「お腹見せてますよぉー!」

藍子「きっと撫でてほしいんだね♪」

響子「ここかなー? ここが気持ちいいのかなー?」ナデナデ

きなこ「ニャー」

藍子「えへへ、気持ちいいんだねー」

凛「これはヤバいね。犬もいいけど猫もなかなか」

P(た、助かった……きなこに救われたみたいだ……。ペットは場を和ませる力があるな)

凛「ねえ、次は私に触らせてよ」

響子「はい、どうぞ」

藍子「ネコじゃらしで遊びたい!」

まゆ「いいですねぇ。プロデューサーさん、ネコじゃらしありますか?」

P「あるよ。テレビの横にある棚の上に置いてある」

まゆ「ありがとうございます」

P「……」

P(何故だろう。嬉しい反面、もったいないことをしたような気持ちが……)

P(いやいや、これでいいんだ。俺はプロデューサーで向こうはアイドル&未成年。この壁は絶対に越えられないし越えちゃいけない)

凛「プロデューサー、ご飯はあげたの?」

P「皿を見ると食べたみたいだな。自動でキャットフードが出る機械があるから。というか俺にも触らせてくれ!」ナデナデ

まゆ「まゆも猫みたいに触ってくれると嬉しいのに」ボソッ

P「よしよしよし。可愛いなーきなこ」

きなこ「ニャー」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:55:16.07 ID:7jKqaIFBO

(翌日)

P「ということがあって、ペットの可愛さの力を感じましたよ」

ちひろ「きなこちゃん可愛いですしね。私も猫飼おうかなー」

P「お、飼いますか?」

ちひろ「でもなぁ」

ちひろ(私こそ、ペットを飼っちゃうと恋愛が疎かになっちゃう可能性が……)

ちひろ「今はまだ保留ですね」

P「そうですか。その気になったらいつでも相談に乗りますよ」

ちひろ「ありがとうございます」

P「っていうかちひろさん、なんでアイドルに猫のコスプレを貸したんですか」

ちひろ「すみません。凛ちゃんたちの圧がすごくて、つい」


???「……」ゴゴゴゴゴ


ちひろ「!!」ビクッ

P「どうしました?」

ちひろ「い、いえ」

ちひろ(後ろには……誰もいない。今感じた威圧感は気のせい?)


???「……」


〜〜〜〜〜〜

P(ふぅ、今日も早く帰って来れたな。きなこと遊ぶぞ)

P「ただいまー」ガチャ

ニャー ニャー

P(いつ聞いても可愛い声だ)

P「きなこー、新しいオヤツを買ってき……た……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 20:58:22.37 ID:7jKqaIFBO
瑞樹・早苗・留美・美優「……」

P「……」

瑞樹「にゃーお♪」

早苗「にゃーにゃー♪」

P「……」

留美「にゃんにゃん♪」

美優「……にゃーっ……」カァァ

P「……」


P「きっつ」

瑞樹・早苗・留美「こら」


早苗「そういうこと言っちゃダメでしょ?」

瑞樹「そうよ、こんなに色っぽい猫を4匹も捕まえておいて」

P「す、すみませんつい。というか捕まえてないですよ、勝手に上がり込んできたんでしょう!」

留美「プロデューサー君、私とっても傷ついた。くちゅんっ」

P「本当にごめんなさい。でも……」

瑞樹「ええ、分かってる。分かってるからもう言わないで。内心、私たちも無理があるって思ってるから」

P「瑞樹さんたち、何故こんな……大体予想はつきますけど」

早苗「察しの通りよ。凛ちゃんたちがプロデューサーに誘惑云々言ってたのを聞いて、私たちも参加しようと思い立ったの」

瑞樹「ドン引きされるか魅了できるかの二択で賭けに出たんだけど……結果はこの通りね」

P「いや、まあセクシーだとは思いますけどね」

留美「本当? くちゅんっ」

P「はい。ただもうちょっと衣装を大人っぽくしたほうがいいです。リボンとかフリルとかついてるので、それを無くして……」

早苗「こんなところでプロデューサーとしての顔を出さなくていいわよ」

美優「……あの……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/04(土) 21:00:11.74 ID:7jKqaIFBO
瑞樹「なに美優ちゃん」

美優「き、着替えてもいいですか……?」モジモジ

早苗「ダメよ! せっかくなんだからもっとアピールしなきゃ!」

留美「セクシーって言ってくれたんだものね。子供にはない大人の色気を出すのよ。くちゅんっ」

P「留美さん、ずっとくしゃみしてますけど、辛いなら外に出たほうが」

留美「晶葉ちゃんに薬をもらったから、100%とまではいかないけど平気よ」

美優「色気なんて……そんなこと、私には無理です……っ」

瑞樹「そうでもなさそうよ。プロデューサー、唯一美優ちゃんには反応してるから」

美優「!」

P「なっ……何を……!」

早苗「確かに、隅っこで縮こまってる美優ちゃんをチラチラ見てたわよね」

P「……」

瑞樹「ひょっとしてプロデューサー、美優ちゃんのことが?」

P「い、いや、そうじゃなくて」

美優「……」シュン…

P「ああ、違うんですよ! その、猫のコスプレして恥ずかしがってる姿がグっときたというか! あっ」

早苗「なるほどねぇ」

留美「プロデューサー君はそういうのが好きなのねくちゅんっ」

瑞樹「恥じらいが重要みたいね」

P「だからといって今更恥ずかしがるとこ見せても動じませんからね」

留美「ちっ」

美優「プロデューサーさん……私を選んでくれるんですか?」

P「え」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:03:16.58 ID:7jKqaIFBO
美優「他の方よりも、私を……」

P「話が飛躍しすぎですって!」

早苗「そうよ美優ちゃん! ポイントがちょっと加算されただけでゴールはしてないわ!」

美優「……わ、私! お料理、お洗濯、お掃除、どれも平均以上にこなせます!」

瑞樹「猫コスと全く関係ないアピールをしてきたわね」

留美「私たちだってハイレベルでこなせるわよ。良妻度をパーセンテージで示したら余裕の90越えよ、くちゅんっ」

P(数値の測り方を知りたい)

美優「私! プロデューサーさんが望むなら、どんなコスプレだってします!」

P「えっ」

早苗「マズイわ、効いたみたい」

P「い、いやいや効いてませんよ!」

瑞樹「本当に? 美優ちゃんの色んなコスプレ見てみたいとか思ってない?」

P「……」

瑞樹「思ってるのね」

P「少しだけ」

美優「プロデューサーさん、それじゃあ私を……」

P「だから話が飛躍しすぎですよ!」

美優「エッチなコスプレも頑張ります」

P「…………」

早苗「ヤバい揺らいでる」

瑞樹「プロデューサーも男だもの、仕方ないわ」

P「た……確かに揺らいだのは認めますけど、ダメです。プロデューサーと人気アイドルが熱愛なんて」

美優「に、にゃん……っ」ギュッ

P「!?」

美優「にゃん……」ギュー

P「美優さん、何して……!」

留美「ゴリ押しする気ね」

早苗「ゴリ押し!?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:05:15.47 ID:7jKqaIFBO
P「そ、そんなことしても無駄ですよ! 俺はプロデューサーとして、アイドルとの距離感を一定に保ち続けますから! 今までも、そしてこれからも!」

美優「プロデューサーさん」

美優「だ……大好き、にゃんっ……」カァァ

P「」

瑞樹「あっ、大ダメージねこれ」

留美「胸に抱きつきながら上目遣いで告白。ポイントを押さえてるわね」

早苗「2人とも、冷静に分析してる暇は無さそうよ。このままじゃ……」

瑞樹「そうね。この状況、私たちに不利すぎるわ」

留美「どうする?」

早苗「どうするって……」

瑞樹「……出直す?」

瑞樹・早苗・留美「……」


瑞樹「み、美優ちゃん! 今日はこのへんにしときましょうか!」ガシッ

美優「え?」


早苗「プロデューサー君が困ってるし、離れましょう!」グイグイ

美優「ええ!? そんな! あと一押しなのに!」

P(た、助かった……!)

美優「みなさん、私がリードしたからってこんなこと……ズルいです! それぞれの邪魔はしない約束じゃなかったんですか!」

瑞樹「だって、猫のコスプレが効いてるの美優ちゃんだけなんだもの……」

留美「同じ装備でもつけている人によってプラスにもマイナスになる。それって不公平じゃない?」

美優「承知の上では……」

早苗「悪いとは思ってるのよ。お詫びと言ってはなんだけど、今度予約制の高級エステに連れていくから」

留美「プロデューサー君をかけたバトルはまたの機会に。同じ条件で正々堂々と戦いましょう」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:06:30.34 ID:7jKqaIFBO
留美「ということでプロデューサー君、私たちもう帰るわ。くちゅんっ」

P「あ、はい……ってその恰好でですか!?」

早苗「さすがに捕まるわよ。玄関で着替えさせてもらってもいいかしら?」

P「もちろんです」

早苗「ありがとう。美優ちゃん、行きましょうか」

美優「うう……プロデューサーさん、明日のお仕事よろしくお願いします……」

P「瞳子さんと写真集の撮影でしたね。よろしくお願いします」

美優「つ、次こそは選んでもらえるよう頑張りますから……!」

留美「またね、きなこちゃん」

きなこ「ニャー」

留美「ふふ♪」

P「……」

P(危なかった。プロデューサーである以上は、アイドルとは一定の距離を保たないといけないのに)

P(美優さんもだけど、実は瑞樹さん、早苗さん、留美さんの恰好もグッときたんだよな……しっかりしろ俺!)

きなこ「ニャー」スリスリ

P「きなこ、オヤツ食べるか?」

きなこ「ニャー」

P「よしよし、今あげるからな……っと、そうだ。着替え終わったら4人を送っていかないと」


(翌日)


P「ちひろさん、もうアイドルに猫のコスプレ貸すのやめてもらえませんか」

ちひろ「すみません、すさまじい威圧感に負けてしまって。今後は絶対に貸しませんから」

P「というか何着持ってるんですか?」

ちひろ「8着ですね。凛ちゃんや瑞樹さんたちにはクリーニングして返していただく予定ですし、在庫はありませんよ」

P「ならいいですけど」

ちひろ「それよりプロデューサーさん、きなこちゃんの新しい画像は無いんですか? 動画でもいいですよ」

P「昨日撮影しましたよ。ぜひ観てください」

ちひろ「きゃーー! ボールころころ転がしてるー! お尻ふりふりして飛びかかる準備してるー!」

P「可愛いですよね」

ちひろ「すごく癒されます……よければ画像いただけませんか?」

P「いいですよ。今送りますね」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:08:27.45 ID:7jKqaIFBO
ちひろ「はぁ〜……本当に可愛いですねぇ。触ってみたいなぁ」

P「触りますか?」

ちひろ「へ?」

P「人懐こいので初対面の人でも触らせてくれますよ」

ちひろ「……えっと……」

ちひろ(つまりそれって『俺の家に来ないか?』ってこと?)

P「あー、でも俺の家に上がるのは嫌ですよね」

ちひろ「そんなことないですよ。プロデューサーさんさえよければ、今度きなこちゃんと会いたいです」

P「本当ですか! データで見るのと実際に見るのとじゃ、可愛さが違いますよ! いつ空いてます?」

ちひろ(すごいグイグイ来る。飼い猫を見せたくて仕方ないって感じね)フフ

ちひろ「明後日の夜とかどうですか」

P「大丈夫ですよ」

ちひろ「じゃあ予定開けておきます。私の家の近くにペットショップがあるので、プレゼント持っていきますね♪」

P「うわ、嬉しいな! きなこ絶対に喜びます!」

ちひろ(……ペットを飼うと、恋愛が疎かになる……か……)

ちひろ(もしかしたら、ペットをきっかけに始まる恋もあったりして。なんて♡)


おわり
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/04(土) 21:09:23.32 ID:7jKqaIFBO
おまけ


(別の日)


P(今日もなんとか早く帰って来れた。きなこと遊べるぞ)

P(……さすがにもうアイドルが侵入してたりしないよな? 猫コスの在庫は無いって言ってたし)

P「ただいまー」ガチャ

ニャー ニャー

P(この声を聴くと体の疲れが吹っ飛ぶよ)

P「きなこー、今日はどんな遊び……を……」



みりあ・桃華・千枝・ありす「……」

P「……」

みりあ(チアガール猫ver.)「にゃーんっ!」

桃華(メイド猫ver.)「にゃん!」

千枝(体操服猫ver.)「み、みゃあ……」

ありす(スク水猫ver.)「ごろごろ」



みりあ・桃華・千枝・ありす「みゃーご♡」

P「アウト!!!!!」


おわり
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:11:17.20 ID:7jKqaIFBO
力尽きて子供組は書けなかった
読んでくださってありがとうございました
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2020/07/04(土) 21:12:15.05 ID:/gCNkHmcO
フリーホラーゲーム
『魔女の家 マジで初見 実況』
(20:28〜配信開始)

://youtube.com/watch?v=BF5VlPav2U0
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:43:47.03 ID:fXU0VLrDO
>>16
こらこら、JS組が本番ありでしょうが
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 22:16:35.12 ID:wuUWU7VH0


M「なんで出番がないにゃ!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/05(日) 07:30:59.12 ID:E1jE5HHSO


MもNもAもSもいないのは何故
20.25 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)