安価とコンマで異世界転生!その10

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:20:52.05 ID:aT2Wc+nu0
〜前回までのあらすじ〜
異世界に転生した男は仲間を募り、
世界を救うことを目標に行動する
仲間が突如救世主や魔王の力に目覚めたり、
彼も多くの神を奉ずる教団を創立したりしているが、実際に神の奇跡を代行することができる
現在はフェニックスの素材を手に入れるため極北への旅路の中におり、旅の中で出会った魔法人形にヒトの感覚を取り戻させるため魔獣の肉をオークションで落札した所である

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1707211251
2 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:26:12.03 ID:aT2Wc+nu0
undefined
3 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:27:32.96 ID:aT2Wc+nu0
undefined
4 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:32:56.86 ID:aT2Wc+nu0
undefined
5 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:34:35.92 ID:aT2Wc+nu0
undefined
6 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:37:15.16 ID:aT2Wc+nu0
undefined
7 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 18:39:02.24 ID:aT2Wc+nu0
undefined
8 : ◆cUhskXlNTw :2024/02/06(火) 18:40:01.84 ID:aT2Wc+nuo
・男
【筋力】124【HP】68【素早さ】200【MP】114【顔面】30(神の力)【歌唱力】74【料理】111【中華料理】97【画力】26【加護】13
【刀術】・閃火斬(火属性武器でのダメージ+6、それ以外で+3)
『平凡人』(戦闘能力以外最低保証50)
『魔法の才能』(魔法習得難度易化)
『多芸』(感覚系ステータス+20)
『万能通訳』、『降神術』(神の依り代に適性)
『マグネリレーション』
武器:レジストソード(攻撃翌翌翌力3.5、魔法生物特効)防具:ミレニアムアーマー
習得魔法:上級火魔法 上級氷魔法 闇魔法 上級風魔法 回復魔法 光魔法 マナ電流互換 着火魔法 照明魔法 耳鼻咽喉キャンセラレーション 海割りの奇跡
所持:麻薬(1回分)"人は空を羽ばたけるのか?"鳥人間強制改造本ドラゴンキラー(ドラゴン系にダメージ増)、上級氷魔導書、13時間時計、魔王のデモウイルス、サファイアの原石、厨二っぽい太刀(攻撃翌力3、炎属性)、ベヒーモスの角剣
(経験値10/40……レベル31)

・中華
【筋力】133【素早さ】191【HP】43【MP】75【中華料理】112【顔面】76【加護】10【運命力】29【求心力】33
『救世主の資格』(【運命力】と【求心力】追加)
『魔王の資格』『神格』
『器用』(回数で壊れるアイテムを一回多く使え、罠や精密機械などに関するコンマ判定にボーナスが付く)
武器:デモンズスピア(攻撃翌力4) 防具:ミレニアムアーマー
装飾品:銀の腕輪(筋力+5)
習得魔法:上級火魔法 上級水魔法 上級光魔法 マナ電流互換 着火魔法 照明魔法 回復魔法
所持:危険な国三選、13時間時計
(経験値22/38……レベル29)

・氷魔【筋力】162【HP】??+36【MP】177【素早さ】151【料理】37【歌唱力】27【ダンス】1【顔面】37【加護】20
『消費MP1/2』、『ポリシーブレイク』
『究極氷魔法』消費【MP】:240(120)
『メルティング』、『氷魔法上位混合』
武器:ホークワンド(魔法ダメージ+5) 防具:ミスローブ
装飾品:冷却懐中時計(氷ダメージ+5)
習得魔法:極大氷魔法 氷空魔法 超上級水魔法 上級風魔法 超上級回復魔法 マナ電流互換改 着火魔法 照明魔法 洗濯魔法 水質検査魔法
所持:異性にモテる為の本(所持継続一日以上で【顔面】+5) 雷の魔導書、13時間時計
(経験値12/47……レベル38)

・やる気
【筋力】157【HP】57【MP】129 【素早さ】174【顔面】36【加護】20
『[ピーーー]気』(殺せると思った相手へのダメージ二段階上昇)
『魔王の資格(80%)』(不完全ながら能力値上昇、魔物の言語が分かる)
武器:スパイラルランス 防具:ミレニアムアーマー
習得魔法:超上級水魔法 土魔法 回復魔法 着火魔法 照明魔法 マナ電流互換改 洗濯魔法 水質検査魔法 上級闇魔法 天候操作魔法 ジャミングウェイブ 解錠魔法
所持:氷の上なら狙った場所に届くカーリングストーン爆弾
(経験値0/36……レベル27)

・ぶりっ子
【筋力】122 【HP】??+32【MP】140【素早さ】102【料理】73【歌唱力】44【ダンス】51【加護】10
【顔面】58
『誘惑』(【顔面】以下の【MP】の生物をたまに行動阻止)
『やりくり術』(アイテム値段を二割引)
『ドジっ子』(ランダム攻撃の対象から外れ、【顔面】+10)
『毒手』(攻撃を命中させた相手に永続スリップダメージ)
『従者式格闘術』(後出しでかばいダメージ上昇)
『風より速く動く術』
武器:ドラゴンキラー 防具:ソードブレイカー 緋色の法衣(炎や熱系の魔法や攻撃の無力化+魔法だった場合魔翌力吸収 )
習得魔法:上級水魔法 上級氷魔法 光魔法 回復魔法 マナ電流互換 着火魔法 照明魔法
必殺技:ぴゅん太郎
所持:化粧品(試供品)、13時間時計
(経験値30/39……レベル30)

・怪盗
【HP】??+1【筋力】120
【MP】136【素早さ】355
【歌唱力】53
『盗む』
武器:丁半槌 防具:ソードブレイカー
習得魔法:上級火魔法 風魔法 回復魔法
所持:アダマンタイトの曲刀、雷の力を吸収する杖
(経験値6/34……レベル25)

・狙撃少女
【筋力】122【MP】137【素早さ】??+6
武器:守人のパチンコ(攻撃翌翌翌力3.5、攻撃前に属性魔法を使用して属性付加可能、三発)
習得魔法:水魔法 光魔法
所持:スパークナイフ(攻撃翌力2.5、雷属性)アンチオールスナイパー(攻撃翌力8、一発)
(経験値11/39……レベル30)

【所持アイテム】竜毒血清、毒竜管、人造人間の子宮、金属、不思議な赤石、銀の鎖鎌、危険物の魔導書(乙種)人間サイズの蛇の胴体パーツ、邪教典、硫酸の入った瓶、筋トレメソッド本、13時間時計×3、純金小判×5 レア珍獣の生息地(本) 忘却されるまで封印した機械(本)無限に重なる葉っぱ、ホームセンター便利グッズ紹介本 回復スライム、氷スライム レインボースライム 探し物の位置を指し示すコンパス(『4回』、不良品)、牛スライム、文字を書き込んだら対になるものに文字が浮かび上がる一対の巻物、壊れたものを何でも直すレンチ、黄金の番人像、世界樹の露(三回分)、なんでも開けるドアノブ型生命体、クイックポーション、超回復ポーション、仮死薬、とろける濃厚牛乳、タンブルウィード×5、オークションカタログ、ある兄弟の話、ベヒーモスの解体肉、葡萄龍の逆鱗、刺客蛸、フェニックスの稚児の肉
【ギルドの資金】80090795
9 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/06(火) 19:43:25.30 ID:aT2Wc+nu0
神官によってその場を解散され、
全員が中華と合流した


ガーゴイル妹「あの、私たちもついていっていいんですか?」

中華「報酬、まだでしょ?それにさ、こんなに肉があるんだから食べていきなよ」


馬車にひかせるような量の肉を台車に積まれており、十分振る舞える量であると分かる


司書コピー「それで、いくら使ったんですか?」

男「784万」

司書コピー「……は?」


【ギルドの資金】72230795
10 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/07(水) 03:03:11.54 ID:mtW5ziBH0
氷魔「……まぁ……正直使いすぎではありますが……私も咎めなかったので責任があります……」

やる気「そういう訳で、最終的にあそこにいたメンバー4人、全員の意志っすね」

司書コピー「……申し訳ないって感情がよく分かりましたよ。私のためにそんな金額使わせて」

男「そう言うな。俺たちもうまい肉が食える!win-winだろ?」

ぶりっ子「それに、人の命はそんなに安くありませんよぉ」

ガーゴイル妹「……最初は不安で仕方ありませんでしたが、素敵な人たちですね」

ガーゴイル姉「ああ……そうだな。で、この人たちは誰なんだ?」

ガーゴイル妹「あなたを助けに来た人たちですよ!!なんで分かってないんですか!!」
11 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/07(水) 03:13:33.42 ID:mtW5ziBH0
本日はここまでです
ありがとうございました
12 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/07(水) 19:31:49.79 ID:mtW5ziBH0
先日のホテルに再びチェックインし、
中華はさっそく調理を始めた


やる気「久しぶりにいい肉が食えるっすね!」

怪盗「太らないといいんですけど」

狙撃少女「あの蛸の肉だったら大丈夫そうですけどね」


そう話していると、ガーゴイル妹が話を切り出す
13 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/07(水) 19:35:54.36 ID:mtW5ziBH0
ガーゴイル妹「あの、本当にありがとうございました」

男「仕事だし……ってか、俺はほとんどなんもしてないけど」

ぶりっ子「お姉さんも、神官が助け出してくれたようなものですしねぇ」

氷魔「……そういえば……どうやって助け出したんですか……?」

怪盗「あの神官の人が、よく分からない魔法でコカトリスを封印したみたいです」

ガーゴイル姉「あれは光魔法と……空間操作系の複合だなぁ。魔力で勝っていれば、そのまま消滅させることもできる」
14 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/07(水) 20:30:34.11 ID:mtW5ziBH0
披露された知識に感じ入っていると、
その妹は話を戻す


ガーゴイル妹「ではなくて、報酬の話です」

狙撃少女「ああ、そのことですか」

男「金でも、あるいはそうでなくても……働きに見合ったなにかをくれるならそれでいい」

ガーゴイル妹「>>下1」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/07(水) 20:34:48.66 ID:aaqYP+VJ0
金山の採掘権を差し上げます
16 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/08(木) 03:01:19.70 ID:bp5hCG0W0
ガーゴイル妹「金山の採掘権を差し上げます」


そう言うと、彼女は丸められた書類を取り出した
簡易につけられた封が切られて開けば、
そこには金山を採掘する権利について記されていた


氷魔「……金山……!?」

ガーゴイル妹「およそ800万、これで取り返して下さい」
17 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/08(木) 03:18:18.73 ID:bp5hCG0W0
本日はここまでです
ありがとうございました
18 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/08(木) 19:56:50.84 ID:bp5hCG0W0
やる気「えっと、お姉さんはそれでもいいんすか?」

ガーゴイル姉「こいつがやると言ったならやる。そもそも、私は不動産の類は持たない」

ぶりっ子「本当に金山が掘れるなら、800万なんて端金ですねぇ!」

ガーゴイル妹「そうかもしれません。ですが、金山があっても私が姉を取り返せていたかは定かではありません」

男「ありがたく受け取ろう。採掘の方法は考えておかなければならないが……」
19 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/09(金) 00:45:16.13 ID:XjGgzDTA0
ガーゴイル妹「人手はないのですか?」

怪盗「ここにいるのでギルドメンバーは全員ですが……」


確かにギルドメンバーは少ないが、
頼れる人手自体は確かにあった


狙撃少女「教団の方々に働いていただくのはいかがでしょうか?」

ガーゴイル妹「……きょ、教団?あなたたち、なにかヤバいことをしているのではありませんか?」

男「見てみるか?神の力を……」
20 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/09(金) 00:50:41.90 ID:XjGgzDTA0
そう不敵に男が笑うと、キッチンから声が届く


中華「やめなよ、大体気絶するじゃないか。夕食があるんだからね」

男「すまん!……という訳で、証明はできない」

ガーゴイル姉「申し訳程度の威厳すら一瞬しか持たなかったな」

氷魔「……実際……ここでは力を発揮するのは難しいでしょうね……内陸ですし……」

ガーゴイル姉「はっはっは、神を見せてくれるってんなら面白いが、天使に会うのだけはごめんだな」

やる気「嫌いなんすか?」

ガーゴイル姉「そうとも、あいつらほとんどの人間には優しいが、私らのような錬金術から産み出された生命は軽蔑してるのさ」
21 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/09(金) 02:41:16.97 ID:XjGgzDTA0
本日はここまでです
ありがとうございました
22 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/09(金) 19:45:27.18 ID:XjGgzDTA0
ぶりっ子「でも私たちもまだ天使には会ったことないと思いますよぉ」

ガーゴイル姉「もしいたらぶん殴ってやれ」

怪盗「嫌ですよ!?」

狙撃少女「……この感じで捕まったんでしょうか、道化師に」

ガーゴイル妹「お察しの通り……」

男「そういえば聞いてなかったな。なんで捕まったんだ?」

ガーゴイル姉「>>下1」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/09(金) 21:30:17.09 ID:JHHHlcQB0
恋人を人質にされて彼と引き換えに……
24 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/10(土) 04:15:54.79 ID:dUrjJAZW0
ガーゴイル姉「恋人を人質にされて彼と引き換えに……」

氷魔「……えっ……」

ガーゴイル妹「恋人なんて、また作ればいいのに……そう思いません?」

やる気「いやいやいやいやいや!それで、その恋人さんは、無事帰ってきたんすか?」

ガーゴイル姉「ああ、もう返してもらった」

ぶりっ子「それはよかったですねぇ、でも、会いに行ってあげたほうがいいんじゃないんですかぁ?」
25 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/10(土) 04:19:55.78 ID:dUrjJAZW0
ガーゴイル姉「もう別れたしな」

怪盗「えっ、どのタイミングですか!?ないですよね、そんなタイミング!」

ガーゴイル姉「彼を返してもらうときに決まってるじゃん。私は、私より強い人間しか恋人にしないと決めているんだ」

狙撃少女「はぁ」

ガーゴイル姉「身柄の交換が行われたテントの裏で、あいつはどんな大立ち回りを見せてくれるのかと思えば、なにもせず帰りやがった」

司書コピー「無理もないと思いますが……」

ガーゴイル姉「私だったらあいつを連れて逃げることだってできたさ。でも私の恋人やってるんなら、そこは私よりうまいことできるかと期待してたんだがなぁ……」
26 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/10(土) 05:00:00.70 ID:dUrjJAZW0
本日はここまでです
ありがとうございました
27 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/10(土) 19:20:20.35 ID:5F6k9fV5O
そんなことを話しているうちに、
中華は肉をほとんど調理し終えた
ベヒーモスのそれだけはあまりに量が多いので、
保存して持ち歩くこととなった


中華「はーいみんな席についてね」


否応なしに高級宿を選択させられたとはいえ、
大所帯であれば高級な部屋でなければ全員で座って会食は不可能だっただろう


男「超楽しみ」
28 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/11(日) 02:53:14.78 ID:cVwqulGu0
中華「今日は沢山肉が手に入ったからね、コース方式で出していこうと思うよ」


言われてみれば、キッチンからはまだなにがしか音がする
準備中のものもあるのだろう


氷魔「……中華さんは……食べないんですか……?」

中華「メインディッシュからは一緒に食べるよ。それまではつまみ食いで腹を満たす」

やる気「先に食ってるってことっすね」
29 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/11(日) 03:41:49.17 ID:cVwqulGu0
本日はここまでです
ありがとうございました
30 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/11(日) 19:23:15.78 ID:cVwqulGu0
中華「そういうわけで前菜、刺客蛸だよ」


野菜と一緒に盛り付けられた、
海鮮サラダのようなヘルシーな料理が配膳される


ぶりっ子「おぉ!おしゃれですねぇ!」

怪盗「こういうのが出る店で優雅にワインでも飲みながら食べるのがいいんですよ!……あれ、ワインは?」

ガーゴイル姉「貰ってるよー」

怪盗「ちょっと!それ私のですよ!?」

狙撃少女「盗んだものでしょう!?」
31 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/12(月) 03:19:59.66 ID:8A33Kona0
結局二人でワインは分けあいながら食事をすることとなった


男「いい食感だな」

司書コピー「そうですね、触覚のほうが強いのでかなり好みです」


実質的には生まれたばかりの彼女だが、
優雅にナイフとフォークを使いこなしている


氷魔「……さて……これで魔獣の肉を取り込んだことになりますが……なにか変化はありますか……?」

司書コピー「まだないですね」
32 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/12(月) 04:41:51.68 ID:8A33Kona0
やる気「しかし、この街でよく他の食材を揃えられたっすね」

中華「買い置きのものもあるけど、確かに骨が折れたね」


と、厨房から声が聞こえる


ぶりっ子「すごいですねぇ、私としては、ヘルシーでおしゃれなものが食べられたので大満足ですよぉ」

中華「それはよかった。では次だ」


そう言って彼は別の料理を持って現れる
33 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/12(月) 04:42:42.35 ID:8A33Kona0
本日はここまでです
ありがとうございました
34 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/12(月) 19:24:27.06 ID:ifRxW6XaO
それはベヒーモスの解体肉のステーキだった


怪盗「中華料理じゃないんですね?」

中華「コースだし、洋風料理もやってみようかなって」

やる気「ステーキは大好きっすよ!」


やる気はものすごい勢いでステーキにかじりつく


司書コピー「それでは、私も……」


彼女もまたステーキを切ってほおばる
そして嚥下し、体に取り込んでいく


狙撃少女「どうでしょう、変化ありました?」

司書コピー「>>下1」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/12(月) 19:35:06.87 ID:zb2MEoQG0
身体の中で何か熱が滾ってる感じが出てきた 悪い物ではなさそうですが……
36 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/12(月) 20:22:43.31 ID:tsiUZ8QnO
司書コピー「身体の中で何か熱が滾ってる感じが出てきた」

男「え、大丈夫か?」

司書コピー「悪い物ではなさそうですが……」


そう彼女は付け足す
悪い影響が発生するのでなければ、問題ないだろう


氷魔「……どんな反応が起きるのでしょうか……少し楽しみです……」
37 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/13(火) 03:12:24.81 ID:VP5Z76vo0
非常にジューシーな肉塊に、誰もがかじりつく
高級な肉のようにとろける訳ではないが、
噛めば噛むほど肉汁が溢れ出す


やる気「肉汁すごいっすね、ドリンク飲んでるみたいっす」

氷魔「……どうやら魔力が含まれているようです……MPを回復するポーションのような作用がありますね……」

ぶりっ子「それって、ベヒーモスは全身を巡る体液がそれぞれ魔力に満ちてるってことですよねぇ」

怪盗「恐ろしい生き物ですね、見た目は暴力装置でも、魔術を使いこなしますし」
38 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/13(火) 03:47:30.21 ID:VP5Z76vo0
本日はここまでです
ありがとうございました
39 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/13(火) 20:14:42.57 ID:VP5Z76vo0
すみません遅れました


食べやすいサイズ感で出されたため、
ボリューミーな肉でもすぐに食べきってしまった


中華「……よし!それじゃあメインディッシュだ!」


彼は全員分のメインディッシュを持ってきた
配膳し、一斉にクロッシュを外すように促す
蓋が外されると、そこには財宝のように輝くフェニックスの稚児の肉が、トマトの果汁を配合したソースで味付けされた状態で現れた
40 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/13(火) 21:31:24.59 ID:VP5Z76vo0
狙撃少女「す……すごい、これ本当に食べ物ですか?」

男「量が限られているだけに、希少な鉱物のようですらあるな」

中華「よし、じゃあいただこう。みんな、ナイフで一切れ切り離そう」


全員で丁寧に一切れ分を作り、きらびやかなそれをおずおずと口内へ放り込む


氷魔「……うまい……!!」

やる気「なんすかこれ!こんなもの食べたことないっす!!」


そして、誰もが衝撃とともに、
喜びに満ちた感想を述べる
41 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/14(水) 01:48:29.90 ID:cIm9cWy50
その味はまさしく究極で、
口内では燃えるような脂が踊っている
人類ではなく、神に与えられる食べ物なのではないかと考えるほどだ


司書コピー「……これはっ!」

ぶりっ子「ど、どうしましたぁ?」

司書コピー「熱が全身を駆け巡っています……!くっ……くぅぅっっ……!!!」

怪盗「!?」


次の瞬間、彼女は全身からまさに太陽のごとき眩い光と熱波を放った
42 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/14(水) 01:57:49.65 ID:cIm9cWy50
本日はここまでです
ありがとうございました
43 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/14(水) 19:28:18.73 ID:cIm9cWy50
狙撃少女「大丈夫ですか!?」


閃光が収まっていき、
全員の視界がはっきりとしてくる
そこに立っていたのは______


司書コピー「……生まれ変わったような気分です。いや、本当に私は今……生まれたのかもしれません」

男「その姿は……!?」


どう見ても普通の人間と同じ姿だった彼女だが、
今や炎でできた羽衣を纏い、
全身から暖かな光を放つ神々しい存在に変じていた
44 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/14(水) 21:05:03.49 ID:cIm9cWy50
ガーゴイル妹「元から魔力が溜まっていたところに、フェニックスの魔力を強く浴びたので変質したようですね」

司書コピー「今なら、分かります。私は人間の感覚を全て……そして、人ならざる感覚もまた得ました」

中華「よかった……んだよね?」

司書コピー「ええ、私はみなさんのおかげで、ついに自分を完全に持ったのです」

氷魔「……あれだけした甲斐があったというものです……」

司書コピー「私はもはや、司書のコピーなどではありません。そうですね……言うなれば、>>下1」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/14(水) 21:23:28.99 ID:vidPtUJw0
爆炎の魔法使い
46 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/15(木) 19:15:33.76 ID:QV1ZMeTK0
すみません寝落ちしました


司書コピー「爆炎の魔法使い」

氷魔「……なんか……私の対みたいなものになりましたね……」

炎魔「リスペクトです」

氷魔「……あ……ありがとうございます……?」

やる気「いいんじゃないすか?かっこよさそうっすし」

炎魔「でしょう?」
47 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/16(金) 01:00:30.29 ID:nazyfRVl0
ぶりっ子「ちなみに、魔法は使えるんですかぁ?」

炎魔「いえ、使えません」

怪盗「それなのに、魔法使いなんですね」

炎魔「大丈夫です、デカい花火を打ち上げることぐらいならできますよ」

狙撃少女「比喩ですか?」

炎魔「比喩です」

ガーゴイル姉「まぁ、フェニックスの力があるし……わざわざ魔法を詠唱しなくても、大抵のものは爆発させたり燃やしたりできるだろうな」
48 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/16(金) 01:21:00.99 ID:nazyfRVl0
男「うらやましいなぁ、俺もそういう体質になりたいものだ」

ガーゴイル妹「人間は、戦えば戦うほど成長するものですが……私や彼女は違いますよ。あなたたちがしてあげたように、与えられた物体が大切なのです」

炎魔「極端な話、『この世の全て』を手に入れたら私は頭打ちです。しかしみなさんはどこまでも強くなれますよ」

中華「そういえば話は変わるけど」

炎魔「はい」

中華「フェニックスの力があるってことは、飛べるの?」

炎魔「飛べます!」


彼女はそう言うと、
不思議な紋様の刻まれた、炎でできた翼を出現させた
49 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/16(金) 02:07:39.05 ID:nazyfRVl0
本日はここまでです
ありがとうございました
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/16(金) 02:33:17.46 ID:zWp3Tx+v0
坂上二郎「飛びます!飛びます!」
51 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/16(金) 18:31:03.37 ID:nazyfRVl0
やる気「うおっ、すげぇ」

炎魔「これが全能感というやつですね、今の私ならなんでもできちゃいそうです」


彼女は少し浮かぶと、翼をしまって着地した


氷魔「……そういえば……デザートは冷めていませんか……?」

中華「大丈夫。温かくして食べるものじゃないし」

炎魔「そういえば、食事中でしたね。食べ終えましょうか」
52 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/16(金) 20:21:53.21 ID:nazyfRVl0
一行はフェニックスの稚児の肉を食べ終え、
中華はデザートを運んできた


中華「という訳でデザート、葡萄龍の逆鱗だよ」


一つの逆鱗から『実』を取り出し、
それらを分けたものが運ばれてくる


ぶりっ子「いいですね、すごくコース料理のデザートっぽいですよぉ」

怪盗「優雅に食べたいですね」
53 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/17(土) 03:42:05.40 ID:CvXKJUXo0
狙撃少女「それでは、いただきます」


どう見ても葡萄にしか見えないその鱗を、
おずおずと口に運ぶ


男「……うまい!芳醇な甘味が暴力的なまでに弾けている!」

中華「確かにこれは……すごいね!」


一体の魔獣が、生涯をかけて溜め込んだ栄養や魔力が込められたその葡萄は、全身を活性化させるようなエネルギーに満ちている
54 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/17(土) 03:48:14.81 ID:CvXKJUXo0
本日はここまでです
ありがとうございました
55 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/17(土) 19:57:22.93 ID:CvXKJUXo0
炎魔「全身が喜ぶのを感じます」

氷魔「……本当に葡萄みたいですね……かなり甘いですが……」


一行はあっさりとデザートを平らげ、
その日の食事を終えた


やる気「いやぁ、こんなに食事で満足したのは初めてっすね」

ぶりっ子「ですです、私は幸せ者ですよぉ」
56 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/17(土) 21:34:06.54 ID:CvXKJUXo0
怪盗「まったく、今日はいい日ですねぇ」


どうやらワインをずっと飲んでいたので酔ってしまったようで、顔が真っ赤だ
向かいの席にいるガーゴイル姉は全く酔っていない


狙撃少女「あの、お酒はその辺にしておいた方が……」

怪盗「いや、まだ飲めますよぉ」

ガーゴイル姉「随分酒に弱いんだな」

ガーゴイル妹「姉さんがザルなだけです」

男「ほら、今日はもう終わり!な?」


男はワインの瓶を奪い、栓をした


怪盗「>>下1」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/18(日) 19:40:10.07 ID:bXRTY8880
むーこんな時に、ワインやを出してくれる魔物が居れば良いのにー

落札した本に書いてないですかー?
58 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/18(日) 19:55:19.38 ID:i2WdZe510
怪盗「むーこんな時に、ワインやを出してくれる魔物が居れば良いのにー」

中華「まさか、ワインを出す魔物なんているわけないだろう?相当酔ってるな……」

怪盗「落札した本に書いてないですかー?」

男「あぁ、禁域の話?まぁ、ドアノブみたいな奴もいるんだし、いてもおかしくはないが……」


男はそう言って冒険記を開く
以前の持ち主の趣味か、奇妙な生物や物体の登場するページには皺が多く、よく読まれていることが分かる
59 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/18(日) 20:06:27.06 ID:i2WdZe510
そうした皺などから奇妙な描写を斜め読みしていき、
ワインを出すような存在がいないかを探した


氷魔「……まさか……いたんですか……?」

男「いや、流石にワインを出すような化物はいなかったな」

怪盗「つまんないですねぇ!」

男「でも、>>下1を出す生物は存在するらしい」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/18(日) 20:10:29.24 ID:ghhXgEBH0
純金の卵
61 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/19(月) 03:23:46.82 ID:694qj6GD0
男「純金の卵を出す生物は存在するらしい」

やる気「へぇ、どんな生き物なんすか?」

男「乱獲されたら困るから教えないって書いてある。乱獲っていうか、禁域に人が立ち入りまくるのが嫌みたいだけど」

中華「なるほど……まさか?」

ぶりっ子「金の烏骨鶏、ですかぁ?」

中華「ああ、もしかしたら禁域に潜んでいるのかもしれない……あまり進んで行きたい場所じゃないけど」
62 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/19(月) 03:29:30.71 ID:694qj6GD0
本日はここまでです
ありがとうございました
63 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/19(月) 19:40:11.71 ID:694qj6GD0
それから、ガーゴイル姉妹は依頼の全手続きを終えたので去っていった
男たちも、時間的にもそろそろ眠ることとなる


狙撃少女「怪盗さんはもう寝ちゃいましたね」

男「勝手なもんだな。だが、酒は飲んでたしそんなもんだろう」

中華「あれだけのものを食べたんだし、寝てるうちに体が成長したりして」

氷魔「……いいですね……」
64 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/19(月) 21:59:01.28 ID:694qj6GD0
〜翌日・陰週月曜日〜


やる気「いい朝っすね……」

ぶりっ子「おはようございまぁす」


日当たりのいい部屋なので、
日光によって目覚めることができる
彼はカーテンを引き、窓を開く


やる気「……!?」

ぶりっ子「どうかしましたぁ?」
65 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/20(火) 03:02:37.20 ID:Iy6kDPpd0
炎魔「おはようございまーす!!」


いつの間にか外に出ていたらしく、
開けた窓から突貫してくる


怪盗「うわぁ!なんですか!」


眠りこけていた怪盗も、あまりの物音に目覚める


狙撃少女「びっくりしました、その……非常にアグレッシブになりましたね」
66 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/20(火) 03:13:15.49 ID:Iy6kDPpd0
本日はここまでです
ありがとうございました
67 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/20(火) 19:56:34.92 ID:Iy6kDPpd0
男「随分機嫌がいいな」

炎魔「はい、世界が輝いて見えます」

男「そうなのか?」

炎魔「今まで単なる物体でしかないと思っていたものにも、意味があったように思えるのです」

中華「随分極端に感受性が上がったものだね」

炎魔「私が今ここにいるのにも、きっとなにか意味があるんですよ!」
68 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/20(火) 21:27:39.95 ID:Iy6kDPpd0
やたらテンションの高い彼女をよそに、
チェックアウトするため受付までやってきた


受付「代金ですか?昨日、女性のお二方が払っていかれましたよ」

氷魔「……え……随分気前がいいですね……」

やる気「礼言う前に逃げられたっすね」

ぶりっ子「まぁ、ラッキーってことで行きましょう!」
69 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/21(水) 03:54:05.80 ID:TkBvAyhb0
本日はここまでです
ありがとうございました
70 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/21(水) 19:36:34.22 ID:TkBvAyhb0
この街ですべきことはあらかた終わったため、
一行は馬車を探すことにした


怪盗「そういえば、輸送ギルドの支部が昨日のオークション会場の近くにありました。そこに行きませんか?」

男「確実そうだな、行ってみよう」


目的地を目指し、例のオークション会場の付近を通ると、会場の付近に>>下1がいた
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/21(水) 19:50:15.55 ID:IYcWtxec0
ズタボロにされた進行役の道化師の姿
72 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/21(水) 20:58:27.62 ID:TkBvAyhb0
道化師「……………………」

狙撃少女「え……」


そこには、先日オークションの進行をしていた道化師が横たわっていた
まだ息はあるようだが、
全身を痛めつけられたようだ


中華「どうして?」

氷魔「……話を聞きますか……?」

やる気「待つっす、こいつらには自爆するタイプもいるっすからもうちょっと慎重になるべきっすよ」
73 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/22(木) 01:15:48.29 ID:Cvk3gHQf0
炎魔「私なら大丈夫だと思いますよ」

男「……浚われない?」

炎魔「もちろんです」

ぶりっ子「いいんじゃないですかぁ?」


合意が取れたため、炎魔は道化師に話しかけた


炎魔「そこの方、こんな所でなぜ寝ているのですか」

道化師「寝たくて寝ているように見えますか……」

炎魔「どうやら元気はまだあるようですね」
74 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/22(木) 01:26:55.25 ID:Cvk3gHQf0
本日はここまでです
ありがとうございました
75 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/22(木) 19:38:53.48 ID:Cvk3gHQf0
怪盗「落とし前でも取らされたんじゃないですかね」

炎魔「そうでしょうか?」

道化師「いや……まだ落とし前をつけさせられてはいない」

狙撃少女「あの組織の落とし前、普通に死にそうですからね」

炎魔「じゃあなんでこんなことになってるんですか?」
76 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/22(木) 20:29:26.98 ID:Cvk3gHQf0
道化師「そういえば、あなたたちはもういなくなった後でしたね……」

男「俺たちがいなくなった後?となるとあれか」

中華「揮毫だね」

道化師「我々はオークションに……かの司祭の熱狂的な信者が訪れるという情報を掴んでいた」

氷魔「……そうですか……」

道化師「ですから我々は、内通者を用意し……その値段を吊り上げる予定だったのです」
77 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/22(木) 21:00:32.25 ID:Cvk3gHQf0
やる気「ひでぇっすね」

道化師「しかし奴ら……ある程度までは応戦したものの、あっさり諦めてしまったのです」

ぶりっ子「読めてきましたよぉ」

道化師「結局、落札したのは我々ですから、我々が保管することになったのですが……先ほど、奴らから襲撃に遭ったのです」

やる気「道化師連中が、数人に襲撃された程度で負ける訳なくないっすか?」

道化師「あなたたちが我々をどう評価しているのかは分かりませんが……我々の敗因は、奴らが>>下1を使ってきたことです」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/22(木) 21:09:07.65 ID:0znugJDw0
とある兄弟の本に描かれてる様な魔獣を使役して来た
79 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/23(金) 04:07:40.63 ID:yYSfeoGu0
道化師「とある兄弟の本に描かれてる様な魔獣を使役して来たことです」

怪盗「ってことは、禁域の生物ですね。いやぁ、関わりたくない!」

男「全くだ、カルト的人気の司祭と、それを信奉する禁域の関係者……非常にきな臭い」

狙撃少女「しかしながら、彼らを助ける義理はないことが幸運でしたね」

男「そうだな、こいつらを助ける義理はないが……一応、うちのギルドの目的は世界平和だ。いざとなれば禁域の魔獣を使役できる奴らの存在は……あまり歓迎できない。傲慢なことだが」
80 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/23(金) 04:17:20.78 ID:yYSfeoGu0
本日はここまでです
ありがとうございました
81 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/23(金) 19:37:17.18 ID:yYSfeoGu0
中華「じゃあ、そいつら倒すの?」

男「優先的な目標じゃないし、警戒にとどめておくのもいいかな」

氷魔「……そうですね……私たちは……まず極北の地を……目指さなければなりませんから……」

やる気「そういう訳で!」

道化師「ひぃっ!?」


彼は道化師の眼前に槍を突き立て、
見下し、威圧する


やる気「その狂信者共がどこに行ったのか、分かる範囲で教えるっす」

道化師「>>下1」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/23(金) 20:21:14.24 ID:NWp+Cpvu0
地下水道のエリアのどこかだと思う
83 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/23(金) 22:18:39.61 ID:yYSfeoGu0
道化師「地下水道のエリアのどこかだと思う」

ぶりっ子「下水ですかぁ?」

道化師「いや、下水じゃない。この大陸には、天然の巨大な地下水道が広がっているんだ」

男「……でかい地震でも来たら最悪だな」

道化師「そして……奴らはそれを拡張し、ねぐらとしている」

怪盗「つまり、この大陸のどこへでも行けるってことですね?」

道化師「時間は馬車より遥かにかかるが、そういうことになる」
84 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/24(土) 03:11:05.19 ID:A+fTAOZ00
狙撃少女「もしかしたら、旅の最中でその地下水道への入り口も一つは見つけられるかもしれませんね」

男「ああ、そうだな。情報提供に免じて、生かしておいてやる」


一行は這いつくばる道化師を尻目に、
輸送ギルドの支部へと歩いていった


中華「で、ここが輸送ギルドだね」


そこには、赤いレンガ造りの簡素な建物があった
85 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/24(土) 03:44:28.69 ID:A+fTAOZ00
隣に倉庫のような建物があり、
そちらの方が整備されている


氷魔「……すみませーん……」

受付「はい、ご依頼ですか?」

やる気「そっすね、俺っちらが移動するための馬車を手配して欲しいっすよ」

受付「なるほど、それでしたらすぐにご用意できます。ポイントカードはありますか?」

ぶりっ子「ポイント……カード?」

受付「なければお作りすることもできますが」
86 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/24(土) 03:51:00.25 ID:A+fTAOZ00
本日はここまでです
ありがとうございました
87 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/24(土) 18:42:18.00 ID:EQ5JF1n2O
男「なんか特典とかあります?」

受付「輸送距離に応じてポイントがつきます。あと、初回は街一つぶんの移動はタダになりますよ」

男「いい感じですね、じゃあ作ります」

受付「はい……あぁ、一応聞きますが、みなさまはギルドですよね?」

中華「そうだね」

受付「よかったです。ギルド名義で作成するものなので」
88 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/24(土) 20:18:13.56 ID:EQ5JF1n2O
一行はポイントカードを作成し、
手配された馬車に乗り込んだ


御者「どこまで行かれます?」

氷魔「……ここから北にひたすら……日が落ちるまでには適当な街に降ろしていただけると助かります……」

御者「分かりました。ではお乗りください」

やる気「ちなみに、どの街まで行けそうっすか?」

御者「>>下1」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/24(土) 20:23:13.80 ID:0SRcRK1P0
ここからなら、『図書の街』に着くだろう。調べ物があるなら利用するも良し、美人の『AI市長』に会うも良しだ
90 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/25(日) 04:44:53.43 ID:yy8X6uYb0
御者「ここからなら、『図書の街』に着くだろう。調べ物があるなら利用するも良し、美人の『AI市長』に会うも良しだ」

炎魔「おお、図書の街ですか!ぜひ行ってみたかったんです!」

ぶりっ子「調べものも、できるならしたいですしねぇ」

怪盗「しかし、AI市長ってなんですか?」

御者「知らないんですか?……旅の方であれば無理もないですね。AI市長とは、まぁそのままの意味で、市長がAIなんですよ」

狙撃少女「AIとはなんですか?」

御者「人工知能……と言われているが、あれが本当に人によって作られたものなのかは疑問だね」
91 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/25(日) 04:45:49.84 ID:yy8X6uYb0
本日はここまでです
ありがとうございました
92 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/25(日) 19:50:25.21 ID:yy8X6uYb0
馬車は走りだし、
数日滞在した金満な街から遠ざかっていく


男「つまり、人間ではない存在……知性そのものが市長を行っているということですか」

御者「そうですね。図書の街というぐらいですから、知識や教養を人々は重んじます」

中華「奇妙なことだけど、住民性には合ってるってことだね」

御者「そうですね。あと、AI市長ならではの特長もあるみたいですよ」
93 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/25(日) 20:12:51.02 ID:yy8X6uYb0
氷魔「……そういえば……美人と言っていましたが……」

御者「そうそう、一つの知能を複数のインターフェイスで共有している……つまり、肉体的には沢山いるんですよね、市長」

やる気「怖くないっすか?」

御者「まぁ、それも感性だよね。でも、このお陰で市長が直接民の声を聞いて、市政に反映できているらしいよ」

ぶりっ子「そう考えると、すごいですねぇ」

御者「とはいえ、やっぱり不気味に感じる人はいるし、いまいち何考えてるのか分からないみたいで、不満な人もいるらしいよ」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/25(日) 23:52:19.10 ID:9Us49Hc50
もしかして、シレッとベガバンクが目指してた偉業を達成してた?
95 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/26(月) 04:44:33.18 ID:bMfz/lah0
それから三時間ほど馬車に乗っていると、
図書の街が見えてきた


怪盗「なんですかあれ!?」

狙撃少女「塔ですね……結晶体でてきてます」


その街の中央には、そびえ立つ巨大な塔があった
太陽の光を乱反射し、
神々しさすら感じる光を放っている


御者「あれが世界最大の図書館です」
96 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/26(月) 04:46:09.56 ID:bMfz/lah0
本日はここまでです
ありがとうございました
97 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/26(月) 19:06:36.77 ID:bMfz/lah0
男「あんなもの、どうやって作ったんだ?」

御者「実は、それがよくわかっていないらしいんです」

中華「え?」

御者「言い伝えでは、ずっと昔に高名な魔術師が大勢の建築家を引き連れて建造したと聞きますが……」

氷魔「……その頃から……図書館だったんですか……?」

御者「いえ、違うはずです。あの街が街と呼ばれるようになったのは、ここ数十年のことですから。あの塔は、それよりずっと前からあったのです」
98 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/26(月) 21:19:34.09 ID:bMfz/lah0
やる気「それが、今は図書館なんすね」

御者「ええ、色んな本がありますよ。この世に存在する書物の半分は、あそこで読めるとも言われています」

ぶりっ子「あれだけ高ければ、それほどの本も収まりそうですねぇ」

御者「実は、それだけじゃないんですよ」

怪盗「それ、とは?」

御者「確かにあの塔は高いですが、地下にも続いているんです。これは噂ですが、地下には>>下1があるとか」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/26(月) 21:29:58.74 ID:TaU8vHac0
魔神を封印してる
100 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/27(火) 03:05:10.10 ID:YV+cz0bp0
御者「魔神を封印してるとか」

狙撃少女「魔神……!?」

男「もしかしてあの塔が作られた目的も、魔神の封印だったりするのか?」

御者「噂話に憶測を重ねる形ですが、ありえる話でしょう」

中華「……そんな所に街、作っちゃったんだ」

御者「この大陸は、開拓がどんどん進んでいますからね。金になるんでしょう」
101 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/27(火) 03:54:22.21 ID:YV+cz0bp0
本日はここまでです
ありがとうございました
102 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/27(火) 19:28:23.87 ID:YV+cz0bp0
塔はどんどん近づいていき、
一行はついに街に到着した


氷魔「……ポイントカードの特典で……」

御者「はい、分かりました」


馬車が去っていき、街に放り出される
絢爛豪華なカジノの街とは異なり、
小綺麗で気品のある街だ


やる気「どこ行くっすか?」


>>下1……どこへ行く?
1.今晩の宿を探す
2.巨大図書館
3.市長を探してみる
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/27(火) 19:31:39.74 ID:7iQ7+1TBO
1、先に宿を探して観よう
104 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/27(火) 19:46:31.75 ID:YV+cz0bp0
ぶりっ子「……ここもなんか高級感ありますし、先に休めの宿探しときません?」

怪盗「賛成ですね」

狙撃少女「そうですね、じゃあその辺の方に聞いてみましょうか」


男は通行人に声をかける


男「すみません、この街に安くていい感じの宿はありませんか?」

通行人「うーん、俺はこの街のもんだから、宿に注意は払ってないなぁ。……あ、そうだ。公民館に宿案内のパンフレットがあるぜ」
105 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/27(火) 21:04:21.62 ID:YV+cz0bp0
男「そうなんですか?ありがとうございます」

通行人「おう、公民館はすぐそこだ」


通行人の案内に従い、一行は公民館へとやって来た
玄関を通ると、街の案内図と受付があった


中華「あの、ここに宿をまとめたパンフレットがあると聞いてきたのですが」

受付「えぇ、ありますよ。これですね」


受付の女性は、『パンフレット』を取り出した


氷魔「……あの……これ……」

受付「情報の充実度には自信がありますよ」

氷魔「……これ……パンフレットなんですか……?」


そこに置かれたのはどう見ても本だった
しかも、かなり分厚く、一般的な辞書の半分ほどのサイズだ
106 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/28(水) 02:28:21.84 ID:dz/w5NE+0
やる気「返却したほうがいいやつっすよね?」

受付「パンフレットですから、持っていっても構いませんよ?」

やる気「いや、ちょっと荷物増やしすぎるのもアレなんで……」


街の常識に面食らいながらも、
『パンフレット』で宿の情報を調べることにした


ぶりっ子「すごい、それぞれの宿の毎年の納税額まで書いてありますねぇ!」

怪盗「ノイズでしかないですけどね……きちんとかいつまめば、十分で確度の高い情報が得られるのはいいところですが」
107 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/28(水) 02:33:04.81 ID:dz/w5NE+0
本日はここまでです
ありがとうございました
108 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/28(水) 19:48:47.25 ID:dz/w5NE+0
予想外に時間を取られたが、
無事自分たちにも使いやすい宿を特定できた


狙撃少女「いいところですね、それなりに自然もあります」


そこは、街はずれの宿だった
土地が安いため、部屋の大きさの割には料金が安いのだ


炎魔「さっそくチェックインです!」
109 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/28(水) 20:30:58.81 ID:dz/w5NE+0
看板娘「あ、いらっしゃいませ」


居眠りをしていた彼女は扉が開くのを聞いて、
慌てて挨拶をする


男「あー、全員入れる部屋あります?八人いるんだけど」

中華(思いっきり寝てたな……)

看板娘「そうですね、>>下1」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/28(水) 20:36:01.42 ID:FBK6E10J0
今はあいにく4室の
スイートルームしか
空いておりませんね
111 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/29(木) 03:39:00.35 ID:JCnVZ4Zf0
看板娘「今はあいにく4室のスイートルームしか空いておりませんね」

男「うっ、スイートルームか……」

看板娘「一部屋六人までなら入れますが……」

氷魔「……それなら……二部屋宿泊するしかなさそうですね……」

看板娘「いいんですか?」

やる気「今からまたパンフレット読むのは骨が折れるっすよ」
112 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/29(木) 03:44:37.28 ID:JCnVZ4Zf0
本日はここまでです
ありがとうございました
113 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/02/29(木) 19:55:00.43 ID:JCnVZ4Zf0
とりあえず部屋は取り終えたので、
一行は街に繰り出すことにした


ぶりっ子「物静かでおしゃれな街ですねぇ!」

怪盗「そうですけど……どこ言ってもあんな分厚い本読まされるんじゃ疲れちゃいそうですね」

狙撃少女「目が疲れそうです」


>>下1……どこへ行く?
1.巨大図書館
2.市長を探してみる
3.自由安価
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/02/29(木) 20:00:31.62 ID:EYbun/5E0
3.本のあるカフェ 

魔神について知りたい
115 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/01(金) 04:19:59.58 ID:pWHkA4hU0
男「……なんだかんだ、旅で疲れてるな」

炎魔「そうなんですか?」

中華「そうかも」

氷魔「……でしたら……カフェがありますよ……」

やる気「いいじゃないっすか、たまにはまったりするべきっすよ」

ぶりっ子「この街のカフェですから、調べものなんかもできそうですしねぇ」
116 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/01(金) 04:22:38.91 ID:pWHkA4hU0
そのまま、一行はカフェに入っていった
まだオープン数年なのだろう、
相当新しい雰囲気をしている


怪盗「本、本、本……」

狙撃少女「壁一面に本ですね」

男「目的の本は、どう探したものかな」

炎魔「なにか探してるんですか?」

男「……まぁ、実際そうかと言われれば噂だが。地下にいるらしい魔神について知りたくてな」
117 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/01(金) 04:32:16.90 ID:pWHkA4hU0
本日はここまでです
ありがとうございました
118 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/01(金) 19:47:34.45 ID:pWHkA4hU0
店員「魔神についての本をお探しですか?」

男「え、あぁ、そうですけど。まず注文いいですか?」

店員「はい、構いませんよ」

中華「みんな、注文決めた?」


中華がそう聞くと、
一人ずつメニュー表を指差して注文していく


店員「……はい、かしこまりました」
119 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/01(金) 21:08:12.69 ID:pWHkA4hU0
店員が去ってから五分ほどして、注文が運ばれてくる


氷魔「……おや……それは……?」


料理だけでなく、何冊かの本もそこにあった


店員「こちらの店では、食事とともに本の貸し出しも行っております」

男「ってことは、魔神の本も?」

店員「はい、リクエストがありましたら、それに従うようにしております。なければ、私どもの判断で選んでおります」
120 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/01(金) 21:11:25.97 ID:pWHkA4hU0
そうして全ての物品を提供すると、
店員はまた別の業務へと向かった


やる気「お、冒険モノっすね」


出された緑茶を飲みながら、彼は本を楽しんでいる


ぶりっ子「どうやら、みなさん大体趣味通りの本をもらっているようですねぇ」

怪盗「ぶりっ子さんはなんの本を……隠さないで下さいよ!?」

男(まぁ、大方の予想は付くけど……そういえば、炎魔はどういう本を出されたんだろう?)


>>下1……炎魔に貸し出された本とは
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/01(金) 21:31:58.49 ID:PohCgTKq0
フェニックスの力を得た者の末路 
122 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/02(土) 05:23:41.91 ID:wFWoyavO0
本日はここまでです
ありがとうございました
123 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/02(土) 19:28:48.05 ID:/mxqA6/wO
炎魔「……!?」


ちらりと本のタイトルを見やると、
そこには、『フェニックスの力を得た者の末路』と書かれていた


狙撃少女「どうかしましたか?」

炎魔「あ、いえ!なんでもないですよ!」


非常にショッキングな本だが、
どうにか平静を取り繕おうとしている
124 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/02(土) 19:40:03.67 ID:/mxqA6/wO
炎魔は神妙な面持ちで本を読んでいる
どうにかフォローを入れてやりたい、
と男は思ったが、その本のことが周りのメンバーに知られて大事になることを考えるとなにも言えなかった
それよりも、自分に貸し出された魔神についての本を読むことに専念すべきだと考えた


男「はぁ……」


魔神についてそのものの知識についてはそこそこに触れ、世界にいるとされる様々な魔神を考察している本のようだ
彼は目次から、塔の地下に眠る魔神についてのページを開いた


>>下1……大まかな記述
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/02(土) 19:49:28.09 ID:eXcxBHgIO
道化師の悲恋:魔神誕生の切っ掛け

魔神に関して詩的、物語方式に記載せれてる本があった。手に取って読んでみる。

『王国軍と革命軍が争う中、忠臣の道化師が国王から離反し革命軍に寝返ったのが魔神誕生までの秒読みだった。

道化師の情報から革命軍幹部たちは次々と王国軍を蹴散らし本拠地まで攻め入った
降伏を促す為、革命軍リーダーと幹部五名、そして『革命の女神』が城に入城した

しかし、道化師は一抹の不安を抱き城へと侵入し、革命軍幹部全員が惨殺され『革命の女神』か凌辱され、ころされていたのを目撃した
道化師が激昂し、王以外の城の住人を皆殺しにし、仲間たちの屍を担ぎ、何処かに姿を消した

日が進み、月日が流れ、年月が経ち、戦争の記憶が風化した頃、『魔神』と化した道化師が仲間たちを身にまとい、火口へと逃げた王を追い廻す様になった』
126 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/03(日) 03:12:57.33 ID:sOZdBG3E0
中華「どう?なにか分かった?」


彼は自分に渡された紀行本を一旦閉じ、
男に問いかける


男「……分かったような、分からないような……難解だ。なんかの喩えか?」

中華「どういうこと?」

男「全ての魔神がそうであるのかは分からないが、塔の地下にいる魔神……奴は、道化師と何らかの関係があるのは間違いないだろう」

中華「へぇ」

男「そして、奴らの組織の行動原理……それに関して考察するにも足る内容が書かれている。伝承だから、完全な内容かは分からないが」
127 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/03(日) 03:26:05.54 ID:sOZdBG3E0
本日はここまでです
ありがとうございました
128 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/03(日) 19:52:51.79 ID:sOZdBG3E0
中華「それで、どうしたいの?」

男「……うぅん、魔神に会えば、いくつかの因縁について決着を着けるか、より深く知ることができそうだが……」


男は言葉を濁す


中華「リスク?」

男「あぁ、リスクだ。かつて俺たちが会った魔神のように、話のできる奴じゃなさそうだしな……」
129 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/04(月) 04:44:13.25 ID:cpURwvN50
それから一行は、飲み物やデザートを食べるとともに書物を読み、店を出るのは夕方だった


【ギルドの資金】72225295


氷魔「……宿に戻ったほうが……いいかもしれませんね……」

やる気「今日は休んでばかりになっちゃうっすね」

ぶりっ子「まぁまぁ、たまにはいいじゃないですかぁ」

男「そうだな」
130 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/04(月) 04:53:31.13 ID:cpURwvN50
本日はここまでです
ありがとうございました
131 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/04(月) 18:57:31.88 ID:cpURwvN50
宿に戻ると、看板娘から声をかけられた


看板娘「あの、お部屋の準備はできていますが……それぞれ何人で泊まられるのですか?」

怪盗「そういえば、決めてませんでしたね」

狙撃少女「四人組を二つ、ということですから……」

男「男性三人と炎魔、あと女性四人でいいんじゃないか?」
132 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/04(月) 21:17:12.65 ID:cpURwvN50
男の提案通りの四人ずつに別れ、
宿泊することとなった


中華「……うん、いい部屋じゃないか」


スイートルームというだけあり、
設備は豪華で、整えられた植物たちが植わる庭もよく見える


やる気「俺っちはこういう部屋が一番好きっすね」


彼は備え付けのお茶菓子に早速手をつけながらそう語る
133 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/05(火) 03:49:19.92 ID:oD+m7am70
一方、女子部屋


氷魔「……魔力が溜まっています……発散したいですね……」

ぶりっ子「え?」

氷魔「……体を休め……おいしい食事を摂っていると……魔力がどんどん溜まっていくんです……」

怪盗「上がるんですか?魔力が」

氷魔「……別にそんなことはないですね……もて余す感覚だけが……私を焦らせます……」
134 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/05(火) 04:06:48.64 ID:oD+m7am70
本日はここまでです
ありがとうございました
135 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/05(火) 19:48:23.09 ID:oD+m7am70
狙撃少女「そういうこともあるんですね」


彼女はそう言いながら、
巨大なライフルのメンテナンスをしている


ぶりっ子「しかし、そんな大きなライフル……重くないんですかぁ?」

狙撃少女「やっぱり重いです。メンテナンスもありますし、非常に肩が凝ります」

怪盗「そういえば、狙撃が得意なのは知ってますが、なにか上手になったきっかけとかあるんですかね?」

狙撃少女「>>下1」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/05(火) 19:55:47.09 ID:NaR1vaQD0
望遠鏡やスコープで遠く、遠くを見ていくうちに的や目標物に自然と当たる様になったのは覚えています
137 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/05(火) 20:08:38.04 ID:oD+m7am70
狙撃少女「望遠鏡やスコープで遠く、遠くを見ていくうちに的や目標物に自然と当たる様になったのは覚えています」

氷魔「……遠くを……」

狙撃少女「えぇ、私は遠くを見るのが……知れないモノを知ることができるのが、好きなんですよ」

ぶりっ子「探求心があるんですねぇ」

狙撃少女「そうなんですかね?……ともかく、私が頼み込んでみなさんに同行させてもらっているのにも、そういった私の趣味が関わっているんですね」
138 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/06(水) 00:36:04.78 ID:9HRgy4AI0
それからしばらくすると、夕食が届いた
どうやら、ピザのようだ


怪盗「おお、ピザですよ!私チーズ好きなんです」

狙撃少女「ピザは初めて食べますね。……こんなに濃厚な物体、食べても大丈夫なんですか?」

氷魔「……けっこうおいしいですよ……ローブに付くので……あまり食べませんが……」

ぶりっ子「ううっ、太りそう……でもおいしいんですよねぇ」
139 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/06(水) 01:53:52.93 ID:9HRgy4AI0
本日はここまでです
ありがとうございました
140 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/06(水) 18:13:24.57 ID:9HRgy4AI0
一方、男子と炎魔の部屋


炎魔「これがピザですね」

男「ああ、ピザだ。パーティの時なんかに食べることが多いな」

中華「どんな食べ物でもお腹が空いてると美味しそうに見えるものだけど、ピザは特にだね」

やる気「あー分かるっす、それ。早速食べるっすよ」


やる気は付いてきたピザカッターを淀みなく操り、
綺麗にピザを切り分けた
141 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/06(水) 20:58:44.96 ID:9HRgy4AI0
そして四人はピザを食べる


炎魔「ピザ……うまい!」

男「そうかそうか……ん!?」


そう言った次の瞬間には、
炎魔はピザ一枚の半分ほどを食べてしまっていた


中華「ま、待った!分け合おう!」

炎魔「おっと、すみません。あまりにおいしくて」
142 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/06(水) 21:02:26.00 ID:9HRgy4AI0
驚異の食欲に驚かせられながらも、
四人は夕食を終えた


やる気「ほんじゃ、風呂入るっすよ!」

中華「そうだね、早めに入ろうか」

男「……あっ、先行っててくれ。ちょっとだけ用事がある」

中華「そうかい?ま、なるべく早く来てくれよ」


そう言って二人は浴場へと向かっていった
143 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/06(水) 21:06:11.82 ID:9HRgy4AI0
男「……さて、炎魔」

炎魔「な、なんですか?」

男「俺には、お前と話さなければならないことがある」

炎魔「あっ、ああ……ピザ食べ過ぎました。ごめんなさい」

男「違うわ!」


深刻な表情をしていたものの、
炎魔が変なことを言うのでいつもの雰囲気に戻されてしまった


炎魔「じゃあ、なんですか?」

男「フェニックスの力を得た者の末路がどうとかって本を読んでいただろう。なにかお前の命に関わることがあるのなら、言ってくれ」

炎魔「>>下1」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/06(水) 21:11:03.41 ID:8+IZ4dhUO
…私って『女性』なのか『男性』なのか分からなくなってしまったくらいですね。

フェニックスになった者は狩られたり身を隠したり、表で行動したりしてたみたいですが、その中で『性別』が雌雄同体みたいな記述しか載ってませんでした
145 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/07(木) 01:27:14.78 ID:bGv6QnJH0
炎魔「…私って『女性』なのか『男性』なのか分からなくなってしまったくらいですね」

男「……性別?」

炎魔「はい。フェニックスになった者は狩られたり身を隠したり、表で行動したりしてたみたいですが、その中で『性別』が雌雄同体みたいな記述しか載ってませんでした」

男「そ、そうか。命に関わることがないならよかった……いや、待て。これから風呂じゃないか」

炎魔「そうですね」
146 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/07(木) 01:31:12.54 ID:bGv6QnJH0
男「そうですね、じゃないだろう!?いいか、世界には男湯と女湯があるんだ」

炎魔「あぁ……」


特に何も言われなければ、
そのまま女湯に入っていたのだろうか


男「もしお前にアレが付いてるなら女湯に入るのは困難を極める。だが、今の外見は完全に女性だから、男湯に入ろうものなら場が騒然としてしまう」

炎魔「そうかもしれません」

男「……で、どうするんだ?」

炎魔「隠します」
147 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/07(木) 02:17:46.21 ID:bGv6QnJH0
本日はここまでです
ありがとうございました
148 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/07(木) 19:57:22.04 ID:bGv6QnJH0
男「隠すって、どうやって?」

炎魔「炎を出します。そうすれば分かりませんよね?」

男「怪しすぎるだろ!?」

炎魔「そうでしょうか……」

男「……仕方ない。交渉だ」

炎魔「交渉?」

男「そうだ。炎魔もついてこい」
149 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/08(金) 02:30:48.68 ID:23yssnpb0
男は炎魔を連れ、カウンターへと向かった
そこには看板娘ではなく、宿屋の店主がいた


店主「どうかされましたかな?」

男「不躾なのですが、頼みがありまして」

店主「ふむ、なんでございましょう。なるべくご期待に添えるようにいたしますが」

男「こちらの方なのですが……」

炎魔「ああどうも。炎魔です。私、両性具有なんです」
150 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/08(金) 02:33:09.95 ID:23yssnpb0
店主「なんと!それはそれは……」

男「えぇ、ですから浴場に入ると誤解を招いてしまうのです」

店主「そうかもしれませんな」

男「そこで、浴場の営業が終わった後すぐに彼女が入浴するための時間を設けていただきたいのです。無茶なお願いですが……」

店主「分かりました。お一人ならばいいでしょう」
151 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/08(金) 02:49:40.21 ID:23yssnpb0
本日はここまでです
ありがとうございました
152 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/08(金) 19:24:18.14 ID:23yssnpb0
そうして約束を取り付けられた男は、
急いで風呂へと向かった


中華「やっと来た」

やる気「ほら、早く脱いで入るっすよ」

男「すまんな、急ぐわ」


全裸になった三人は早速浴場へと入っていく
そこはそれなりに広く、
スイートルーム四つ分ほどの面積があった
153 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/08(金) 19:33:19.98 ID:23yssnpb0
それから三人は頭と体を流し、
いざ入浴という段階になった


中華「……あれ?」

やる気「どうしたっすか?」

中華「あそこの風呂、見たことないね」

男「電気とか、水とかじゃないな。なんか書いてあるぞ」


そこにはこの宿オリジナルの湯があり、
そしてその名前も掲載されていた


>>下1……湯の名前
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/08(金) 20:09:33.94 ID:Jb541SLDO
モフモフの湯
155 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/09(土) 04:05:22.96 ID:MXxiIowR0
そこには、モフモフの湯と書いてあった
実際、なにやら毛玉のような物体がいくつか浮いている


やる気「なんすか、あれ」


そのサイズはバスケットボールほどで、
片手で持てるギリギリのサイズ感だ


男「入れば分かるさっ!」


男はそう言うと湯船に飛び込んだ
156 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/09(土) 04:37:46.08 ID:MXxiIowR0
本日はここまでです
ありがとうございました
157 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/09(土) 20:33:39.69 ID:MRUBIkrMO
すみません遅れました


男に続いて二人も恐る恐る入っていく
浸かった感じはかなり普通の風呂であり、
浮いているモフモフの違和感が募る


中華「なんなんだろう、これ……」


そう言って一つのモフモフを掴む
すると、『それ』と目が合った
158 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/09(土) 20:37:24.71 ID:MRUBIkrMO
モフモフ「………………」

中華「ぇ………………」


二人は見つめあい、ただ沈黙する


やる気「どうしたっすか?」

中華「これ……」


彼はモフモフの顔をやる気に向ける
その顔は子猫のようであり、
客観的に見て非常にキュートだろう
159 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/09(土) 20:43:37.54 ID:MRUBIkrMO
やる気「おぉ、これ動物だったんすね」

男「なかなかかわいいじゃないか。これと戯れる湯ということだな」


そう話していると、店主がカートにモフモフを入れて入ってきた


中華「あれ、どうしたんですか?」

店主「モフモフの交代だ。あんまり浮かべとくとこいつらものぼせるんでね」

やる気「このモフモフ……球体の毛玉みたいな生き物はなんなんすか?」

店主「>>下1」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/09(土) 22:04:25.00 ID:5biNd+1DO
よく分からんが気がついたら存在し増えている謎の存在だ
161 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/10(日) 05:33:40.52 ID:bcfpHBz90
店主「よく分からんが気がついたら存在し増えている謎の存在だ」

男「え……?」

店主「空から降ってきたんだ。庭にな……」

中華「確かに謎の出自ですね」

店主「それで、娘が飼いたいっていうもんだから仕方なく餌やって、洗って……そんときに風呂が好きだってのが分かった」

やる気「だから、浮かべてるんすか?」

店主「最初はそんなつもりなかったさ。娘が店先にモフモフを置いて接客してたら、やたら評判がいいもんでな」
162 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/10(日) 05:35:28.76 ID:bcfpHBz90
本日はここまでです
ありがとうございました
163 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/10(日) 19:39:40.42 ID:bcfpHBz90
男「はぁ」

店主「で、風呂に入れてみたらどうだってことでやってみたが……名物になった」

中華「謎の存在……なんですよね?なんか変なこととかしてないですか?」

店主「いやぁ、ないなぁ。大体なんでも食うし、暴力的でもないし」

やる気「すごい生き物っすね」


そう言ってやる気は近くのモフモフを掴んで店主に渡す
164 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/11(月) 19:01:34.74 ID:L6vTt3eM0
すみません寝落ちしました


それから三人はモフモフの湯を楽しみ、
満足して部屋に戻ってきた


炎魔「じゃ、私もお風呂行ってきますね」

男「おう」

中華「あれ?そろそろ浴場は閉じるみたいだけど」

男「まぁ、色々あってな。炎魔だけ入ることになってるんだ」

やる気「事情は分からないっすが……まぁなんかありそうだし不思議ではないっすね」
165 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/11(月) 20:45:09.03 ID:L6vTt3eM0
三人が寝る準備をしていると、炎魔が帰ってきた


炎魔「うーん、さっぱりしましたね」

中華「それはよかった」

炎魔「みなさんも、あのモフモフと話しました?」

やる気「あぁ、モフモフ……え?いや、話はしてないっすよ?」

男「なんか言ってたのか?」

炎魔「>>下1」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/11(月) 20:56:47.18 ID:JQbHq2BJ0
「この女、チ○コがある!」って言われました
167 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/12(火) 04:41:35.05 ID:kmZ4zDl40
炎魔「「この女、チ○コがある!」って言われました」

男「ぶっ」

中華「え……?」

やる気「ちん……え……?」

炎魔「そういえば皆さんにはお話ししていませんでしたね!私には______」

男「ちょっと黙れ!夜に大声でそんなこと話すな!聞かれたらやべぇぞ!」
168 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/12(火) 04:54:18.55 ID:kmZ4zDl40
男は咄嗟に炎魔を取り押さえ、口を塞いだ


炎魔「んんっ!?」

男「いいか、冷静に話せ……今はいいが、いつか後悔することになるから、なるべく冷静になってくれ」

炎魔「分かりました」


男は炎魔から離れる


中華「それで、本当なの?『その話』……」

炎魔「ええ、本当です。どうも、フェニックスの力によるもののようです」
169 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/12(火) 04:59:44.41 ID:kmZ4zDl40
本日はここまでです
ありがとうございました
170 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/12(火) 19:53:35.18 ID:kmZ4zDl40
男は必死に炎魔を制していたが、
実は隣の女子部屋には聞こえていた


怪盗「……とんでもない話が聞こえてきましたけど!?」

狙撃少女「私たちが誘っても断ったのは……もしかして、男性だから……?」

氷魔「……4:4で合わせる為に男さんが部屋を分けたのかと思いましたが……まさか……本当に男女分けだったとは……」

ぶりっ子「でも……男の子だったら、もっと早くバレてると思うんですよねぇ」
171 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/12(火) 21:09:13.38 ID:kmZ4zDl40
怪盗「どうします?確かめます?」

狙撃少女「え、流石にデリカシーがないですよ」

氷魔「……でも……これから炎魔さんと顔を合わせるたびに……男の子なのかな……って考えなきゃいけないのは嫌ですね……」

ぶりっ子「聞けば教えてくれそうですけどねぇ」

怪盗「じゃあ、確かめましょう!」


怪盗は部屋から出ていった
172 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/13(水) 04:28:56.47 ID:vo9HKwXg0
狙撃少女「えっ、どうします?」

氷魔「……代表者が現れたのなら……着いていきましょう……」

ぶりっ子「そんな気負うことでもないと思うんですけどねぇ」


三人も怪盗に続いて男子部屋に向かう


怪盗「なに話してるんですかー?」

やる気「うわっ!どうしたんすか急に!」
173 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/13(水) 05:11:01.95 ID:vo9HKwXg0
本日はここまでです
ありがとうございました
174 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/13(水) 19:36:10.48 ID:vo9HKwXg0
男「……聞かれたか」

怪盗「ってことは、本当に?」

炎魔「はい、私には生えてますよ」

氷魔「……男の子だったんですね……」


三人も続いて入室する


中華「待った、そりゃ語弊がある。炎魔さんは『両方』だ」
175 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/13(水) 20:34:04.42 ID:vo9HKwXg0
炎魔「理由はよく分かりませんが、フェニックスの自己完結性から来ているのかもしれませんね」

やる気「へぇ〜」

ぶりっ子「そういえば、排泄とかするんですかぁ?」


真面目な顔でとんでもないことを聞いている


炎魔「ないですね」

狙撃少女「え?じゃあ食べたモノはどこに行くんですか?」

炎魔「>>下1」
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/13(水) 20:46:56.72 ID:StQaoWJd0
火炎放射のエネルギーとなるのです
177 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/14(木) 04:07:22.17 ID:jQyGz4ce0
炎魔「火炎放射のエネルギーとなるのです」

氷魔「……魔石の類を食べたら……火力出そうですね……」

炎魔「ええっ!?嫌ですよ!おいしい物だけ食べてたいです!」


冗談めかして話す氷魔に、露骨に頬を膨らませて返す


中華「もし必要なら、僕が魔石料理を作ろう!」

男「ははは、そりゃ期待できるな」
178 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/14(木) 04:09:46.18 ID:jQyGz4ce0
本日はここまでです
ありがとうございました
179 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/14(木) 19:23:45.11 ID:jQyGz4ce0
やる気「それより、気になるのはあのモフモフが喋ったってことじゃないっすか?」

氷魔「……話したのですか……?」

男「ああ、炎魔が話しかけられたと」

ぶりっ子「へぇ、なんで私たちの時は黙ってたんでしょう?」

怪盗「こうは考えられませんか?『炎魔ちゃんだけはモフモフの声を聞くことができる』……とね」
180 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/14(木) 19:25:05.69 ID:jQyGz4ce0
狙撃少女「充分ありえます。ラジオのチャンネルが合ったように、たまたま聞き取れるのかもしれません」

中華「……ちょっと不気味になってきたね、あのモフモフ」

男「俺もそう思っていたところだ」

ぶりっ子「炎魔ちゃん、あのモフモフ……仲間内でなんか話してませんでしたか?」

炎魔「えぇ?そうですね……>>下1」
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/14(木) 19:53:59.14 ID:IMtwiEGDO
もっともっとモフモフが欲しいねぇ
182 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/15(金) 01:42:02.96 ID:jVt3Hpfl0
炎魔「もっともっとモフモフが欲しいねぇ、って言ってましたよ」

怪盗「意外と平和的ですね」

狙撃少女「侵略を企んでいるのかと思いましたが、違いそうですね」

男「なんか増えるらしいし、もっと増殖するつもりかもしれないがな。だとしたら……」

中華「侵略とかしてきてもおかしくはないけれど、なにかした訳じゃないし、とりあえず安全と見てもいいね」
183 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/15(金) 02:28:47.32 ID:jVt3Hpfl0
本日はここまでです
ありがとうございました
184 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/15(金) 19:47:04.16 ID:jVt3Hpfl0
それから一行は再び部屋に分かれ、眠った


〜翌日・陰週火曜日〜


氷魔「……揃いましたね……」


全員が朝食を終え、部屋を出てロビーに集まる


やる気「ほんじゃ、チェックアウトするっすよ」


スイートルーム代は高く付いたが、
他に手がなかったので仕方ないだろう


【ギルドの資金】72285295
185 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/16(土) 03:23:54.92 ID:jrIEiAd70
怪盗「じゃ、張り切って行きましょう!」

狙撃少女「どこにですか?」

男「時間はいっぱいある。図書館の塔に向かおう」


乱反射するその塔は非常にシンボリックで、
この街はそれを中心に造られている
十分ほど歩けば、塔の前に着いた


中華「しかし、本当に大きな塔だ。本当に魔神がいるなら、これだけの物で封じるのも頷けるね」

ぶりっ子「うちの屋敷のちんけな地下でも封印できてましたけどねぇ」
186 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/16(土) 03:29:48.34 ID:jrIEiAd70
氷魔「……しかし……高低差はなかなかのものでした……それが重要なのかもしれません……」


そんな仮説を検討しつつ、一行は図書館に入っていく


炎魔「すごい……!」


どこまでも続いていくような螺旋階段が上へ上へと伸ばされており、
沿った壁面には無数の本棚が並んでいる
そして数メートルおきに足場で階層が作られており、
それらの階層ごとにもジャンルで分けられた本が本棚に入れられて陳列されている


氷魔「……これだけの本があれば当分飽きない……いや……永住できますね……許されるなら……」
187 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/16(土) 04:08:25.34 ID:jrIEiAd70
本日はここまでです
ありがとうございました
188 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/16(土) 19:49:12.37 ID:jrIEiAd70
本を探そうと思った所で、
階段の前で準備運動をしている大男が目についた


やる気「何してるんすか?」

大男「本回収のバイトだよ。体力に自信のない人やご老人は、上階まで本を探しに行くのが大変だからな」

ぶりっ子「なるほど……」

怪盗「これからどうします?」


>>下1……図書館での行動
1.本を探す
2.地下に行ってみる
3.自由安価
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/16(土) 19:53:26.28 ID:2QotgElDO
1
190 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/16(土) 20:32:47.66 ID:jrIEiAd70
男「よし、なんか本探すか」

大男「この図書館は上階に行けば行くほど、専門的なジャンルの本が増えていくぜ」

狙撃少女「ということは、一階や二階ではあまりめぼしい本はなさそうですね」

大男「そうだな……冒険者ならば、いらないかもしれん」


情報提供に感謝し、一行は階段を上り始めた
191 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/17(日) 03:56:15.61 ID:sZnAxShr0
中華「二階は……いわゆる生活雑誌だね」


階段脇の本棚を見ながら上っていく
雑誌は目を引くように作られているため、
モザイクアートのような色彩を放っている


やる気「男さん、こういうの読んだらいいんじゃないすか?」

男「えっ、俺?」

やる気「最近は大丈夫っすけど、前はちょくちょく生活の基本的なこととか知らなかったじゃないっすか」

男「ま、まぁな……」
192 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/17(日) 04:06:42.78 ID:sZnAxShr0
本日はここまでです
ありがとうございました
193 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/17(日) 19:56:15.88 ID:sZnAxShr0
狙撃少女「えっ、そうだったんですか?」

ぶりっ子「そうですねぇ」

狙撃少女「すごくしっかりしてるイメージがあるんですけどね」

男「マニュアル人間だからな、俺は」


そんなことわ話しながら階段を上っていく
そんな彼らの目を引いたのは、>>下1のジャンルの本棚だった
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/17(日) 20:09:48.54 ID:kqPZsnW50
神話・宗教の本棚
195 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/17(日) 20:41:37.37 ID:sZnAxShr0
怪盗「お、面白そうなやつありますよ」


一行は七階の本棚の前で立ち止まった
そこは、神話・宗教のコーナーだった


炎魔「難しそうなコーナーですね?」

中華「でも、僕たちはなるべくこれらについて学ばなければならないと思うよ」

氷魔「……さて……どれを読みましょうか……」
196 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/18(月) 05:22:43.15 ID:2A9gHQWx0
怪盗「これおすすめです、これ」


彼女は飛び上がり、
専用の足場を使わずに一冊の本を取ってきた


やる気「なんすか……胡散臭い本っすね」


タイトルには『神格の上げ方』と仰々しく刻まれている


怪盗「なにが胡散臭いってんですか!」

やる気「……これ読んで嬉しいの神だけっすよ?うちには一人いるっすけど……売るつもりでこんなもん出版する奴が怖いっすよ」

氷魔「……神がごく僅かなのは言うまでもなく……自由に動き回れる柱ともなれば……さらに一握り……」
197 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/18(月) 05:23:45.21 ID:2A9gHQWx0
本日はここまでです
ありがとうございました
198 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/18(月) 19:55:20.77 ID:2A9gHQWx0
ぶりっ子「考えてみれば、超怪しいですねぇ」

狙撃少女「……そもそも、それをメソッド化して伝承できるような人物がいるのでしょうか?」

男「確かにな。だが、その答えは出すことができるぞ」

中華「うん、著者は書いてあるね」


本を開いた1ページ目、そこにはタイトルともに著者の書かれた頁だった


>>下1……著者の名前
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/18(月) 21:19:25.55 ID:fmPaHn5f0
ピリッポス2世 (マケドニア王)
200 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/18(月) 21:33:00.20 ID:2A9gHQWx0
そこにはピリッポス2世と書かれていた


氷魔「……変わった名前の……人ですね……」

男「なんでだ……?」

氷魔「……え……?」

男「いや、なんでもない……」


都合のいいことに、彼はその王について知っていた
そして、それが自分のいた世界の人間であることも当然分かっていた
201 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/19(火) 02:08:01.11 ID:B4sMv3xa0
ただ困惑しながら、次のページを開く
本来これを読むべきである中華を気にかけながらも、
目次のようになっているその頁に目を通す


やる気「おっ、面白いことが書いてある感じっすか?」

男「ああ、面白いかも」


いくつかの章に分けられており、
その始まりは著者の独白だった


ぶりっ子「まさか、本物ですかぁ?」
202 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/19(火) 02:12:17.40 ID:B4sMv3xa0
素早くそれを開くと、
彼がいかにして神へと至ったのかが記されていた
かつて王であったことも語られており、
『本人』のものであることは間違いなかった


男「つまり______」


彼は転生し、この世界でも覇道を歩んだのだろう
そして、その果てが神だったのだ


怪盗「なんですか、急に?」

男「本物だ、これは」


論理的に確信したが、
いざ理由を聞かれれば勘だと答えることになる
203 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/19(火) 04:12:46.38 ID:B4sMv3xa0
本日はここまでです
ありがとうございました
204 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/19(火) 19:57:28.81 ID:B4sMv3xa0
狙撃少女「そうなんですか?」

男「ああ、まぁ勘だが」

中華「えぇ……」

男「そんな顔をするな、とりあえず中華は読むべきだ」


そう言って彼に本を渡すと、
怪訝な顔をしつつも中華は本を読み出した


氷魔「……勘……ですか……」
205 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/20(水) 04:08:25.47 ID:RtksaVUf0
やる気「俺っちもなんか本探してくるっすかね」

怪盗「私も!」


二人は恐るべき速さで階段を上っていった


ぶりっ子「どうやったら、人間の体であんなスピードが出せるんでしょうかぁ……」

狙撃少女「いつか私の弾丸よりも早く走るのではないかと恐れています」
206 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/20(水) 04:22:31.46 ID:RtksaVUf0
本日はここまでです
ありがとうございました
207 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/20(水) 19:21:57.40 ID:rn6P+eJdO
去っていく二人を見失うと、
残った男と中華以外のメンバーは周りの本を見始めた


男「どうだ、中華。なにか自分の神格を上げる方法は見つかったか」

中華「うん、いくつか書いてある。章ごとに違うやり方が記されているみたいだ」

男「それはいい。それで、なにか自分でもできそうなものはあったか?勿論、最大限バックアップしよう」

中華「>>下1」
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/20(水) 19:54:53.83 ID:b5CwePkDO
ひたすら座禅して無の境地に至れって
209 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/21(木) 04:39:40.76 ID:qGiUbp+40
中華「ひたすら座禅して無の境地に至れって」

男「無か……」

中華「ひたすらやればできそうじゃない?」

男「どうかな。料理のことを考えずにいられるかい?」

中華「それは……どうだろう?」

男「まぁ、料理のことを考えながらでも無の境地に至れるのであれば何ら問題はないな。ただ……」


そこまで言って男は顔を曇らせる
210 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/21(木) 04:43:27.62 ID:qGiUbp+40
中華「……どうした?」

男「いやぁ、いらぬ心配をしたのさ。まさか中華が料理のことを忘れる訳ないしな」

中華「態度は豪快だけど、結構繊細だよね」

男「褒めてる?」

中華「七割くらいは」

男「ははは、そうか。……うん、中華なら座禅だってやれそうだ」
211 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/21(木) 04:50:29.27 ID:qGiUbp+40
本日はここまでです
ありがとうございました
212 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/21(木) 19:30:39.09 ID:qGiUbp+40
わけもなく空気感をしっとりさせていると、
怪盗が降りてきた


氷魔「……結構早かったですね……」

怪盗「変なことに興味はないのです」

ぶりっ子「やっぱり、上に行くほど変な本が増えるんですねぇ」

狙撃少女「それで、なんの本を持ってきたんですか?」

怪盗「ふっふっふ……>>下1」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/21(木) 19:33:25.19 ID:nl32Mhet0
『真作と贋作の見極め方。これを知っていれば贋作でも本物と瓜二つ!!』
214 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/21(木) 22:51:36.99 ID:qGiUbp+40
怪盗「『真作と贋作の見極め方。これを知っていれば贋作でも本物と瓜二つ!!』」

男「なにかを偽造する気満々じゃないか!」

怪盗「し……失敬な、偽物掴まされないように勉強するだけですよ!」

???「こら、図書館ではお静かに、ね?」


注意する声の方を見ると、
浮遊するホログラムの女性がそこにいた


男「すみません。ところで……あなたは?」

市長「ここの市長をやっております」
215 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/22(金) 04:43:34.40 ID:NlhhfKwv0
男「ああ、あなたが」

氷魔「その姿は……?」

市長「かりそめの姿です。この塔は魔力が非常に豊富なので、素体がなくともホログラムで現れることができます」

やる気「んー……なんすか?」


彼もまた、本を取って戻ってきたようだった


市長「市長です」

やる気「ああ、話は聞いてるっすよ。異常に美人なんで、そうじゃないかと思ってたっす」
216 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/22(金) 04:45:47.51 ID:NlhhfKwv0
本日はここまでです
ありがとうございました
217 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/22(金) 19:46:52.09 ID:NlhhfKwv0
男「そうだ、市長さん」

市長「いかがなさいました?」

男「この図書館について、知りたいことがあるんですが……質問しても?」

市長「ぜひどうぞ。しかし、私は司書ではございませんので、専門的なことはお答えできない可能性もあります」


非常に機械的な一文だった
そもそも、統合的AIにも答えられないほどの専門的質問とやらはあるのだろうか


男「……この図書館の地下に、魔神が封じられているとの噂がありますが……真実ですか?」

市長「>>下1」
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/22(金) 19:54:37.71 ID:27O0croDO
いますけど、とてもおとなしい子ですよ
219 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/22(金) 22:11:48.11 ID:NlhhfKwv0
市長「いますけど、とてもおとなしい子ですよ」

怪盗「それはよかったです」

市長「みなさまで三組目ですかね」

狙撃少女「?」

市長「あの魔神を倒すつもりでやってきた方々です」

中華「まぁ……悪いやつだったら、実際倒すつもりだったね」
220 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/22(金) 22:20:09.99 ID:NlhhfKwv0
氷魔「……まぁ……魔神って自由ですからね……」


かつて一行が遭った魔神は、
邪悪なものとしてこの世に喚ばれ、
しかしヒトの如く哲学的にもものを考えられる存在だった


市長「他の魔神に会ったことがあるのですか?」

やる気「そっすね、超危険っすけどコミュニケーションは全然取れるし、打ち解けることもできる感じだったっすよ」

市長「ふむ……やはり、現存する魔神の多くは、最初に与えられた使命については忘却しているか、あるいは……ともかく、さらにそれ以外の魔神も、話せば分かる者が多いと推察できます」
221 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/23(土) 02:32:25.89 ID:cTz9Srcv0
ぶりっ子「まぁ、安全じゃなかったらその上にこんな大きな図書館作りませんよねぇ」

市長「……図書館ができたのは、魔神を確認する前だったんです」

怪盗「適当ですね〜」

市長「そうですね、なにぶん私が市長になる前のことですから」

狙撃少女「あなたなら、そういったことはしないと?」

市長「勿論、その通りです。元々、私はかの魔神を観測し、情報を集めるためのAIとして製作されたのです。ベースの思考から、リスク管理にはかなりシビアであることが求められていたのですね」
222 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/23(土) 03:02:12.31 ID:cTz9Srcv0
本日はここまでです
ありがとうございました
223 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/23(土) 19:08:10.49 ID:8W5fF1+OO
男「……なんで、それが市長に?」


明らかに繋がらない
最初から街を統御するために造られたAIだとばかり一行は思っていたが、そうではないようだ


市長「この街を守るには、それしかなかったのです。少なくとも、私の計算によれば」

中華「いや、どうやったんですか?」

市長「『開発』を進めようとする資本家やその手先を欺き、この街に手出しできないようにしました。彼らは魔神と戦うつもりだったので」

氷魔「……深く立ち入らないほうが良さそうな話ですね……」
224 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/23(土) 19:46:15.19 ID:8W5fF1+OO
市長「そろそろ予定がございますので、私は行きますね」


そう言って彼女はその場から消滅した


やる気「すごい人だったっすね……いや、AIっすね」

ぶりっ子「そうですねぇ、なんかちょっと怖かったですよぉ」

怪盗「そういえば、やる気さんはなんの本を持ってきたんですか?」


問われると、本を胸のあたりまで持ち上げて返事をする


やる気「これっすか?>>下1っす」
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/23(土) 19:57:41.43 ID:GkEITseu0
埋蔵金伝説の本
226 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/24(日) 04:35:47.03 ID:aDGEGDRl0
やる気「埋蔵金伝説の本っす」


表紙には光り輝く金の延べ棒の絵が踊り、
内容もまたロマンを求める者を駆り立てるようなものだった


狙撃少女「こういうのが好きなんですか?」

やる気「嫌いじゃないっす。なんか、懐かしい気分になったんすよ」

男「そりゃまたなんで」
227 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/24(日) 04:40:32.83 ID:aDGEGDRl0
やる気「うちの親父が、探してたんすよね」

中華「実在する自信があったのかな」


そう聞くと、彼は意味ありげに笑う


やる気「半分、そうだったと思うっす。実際言い伝えは確かにあったんすよ。俺っちらの祖先が、未来に託したという埋蔵金が」

氷魔「……鵜呑みにはしていなかった……ということですか……?」

やる気「鵜呑みにせざるを得なかったんすよ。一族の誇りとして、かつての栄華を象徴する埋蔵金が、『やっぱり無かった』なんてことはあっちゃいけないっす」


寂しそうな目で、彼は遠くを見ている
話しぶりから、ホームシックの類でないことは明らかだ
228 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/24(日) 05:05:21.15 ID:aDGEGDRl0
本日はここまでです
ありがとうございました
229 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/24(日) 19:32:48.22 ID:oyasrpF4O
ぶりっ子「かわいそうな話ですねぇ」

やる気「そっすね、でも埋蔵金探しに行ったのは宝探しみたいで楽しかったっす。いい思い出っすね」

怪盗「だから、それに興味を持ったんですね」

やる気「怪盗も好きそうっすよね」

怪盗「ええ!そういったロマンと生きるのが私ですから!」


それから一行は、三人の本をそれぞれ一緒に閲覧し、
夕方まで時間を過ごした
230 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/25(月) 04:04:10.68 ID:Qt5RgQO90
狙撃少女「もう夕方ですね」

男「今晩の宿についてだが、さっきあたりを付けておいた」

中華「ありがたいね」

男「例のパンフレットがここにもあったからな。一階の受付に置いてあった」


それから男は、ギルドの面々を宿まで連れていった
それは住宅地の中にあり、いかにも普通の宿だった
231 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/25(月) 04:32:38.03 ID:Qt5RgQO90
本日はここまでです
ありがとうございました
232 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/25(月) 19:54:07.27 ID:Qt5RgQO90
一行が宿に入っていくと、カウンターに店主がいた


店主「おお、冒険者の方々ですか?」

氷魔「……はい……そうですが……」

店主「うちは冒険者の方を割引で泊めてるんですよ、部屋も沢山空いてます!」

やる気「へぇ、そりゃいいっすね。……部屋が沢山空いてるってことは、あんまり冒険者来てないんすか?」

店主「ええ、実はそうなのです」

ぶりっ子「なんでですかぁ?いい街だし、いい宿だと思うんですけどねぇ」

店主「>>下1」
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/25(月) 20:16:35.76 ID:FV6o/Wrf0
何者かわかりませんが、最近冒険者を狙う恐ろしい集団がいるみたいで…
234 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/26(火) 04:09:26.67 ID:Dw4TtJJo0
店主「何者かわかりませんが、最近冒険者を狙う恐ろしい集団がいるみたいで…」

怪盗「冒険者を……?」

狙撃少女「市民や商人ならともかく、武力のある冒険者を狙うとは、変わってますね」

店主「ええ。動機はともかく、それでまだ捕まっていないのが恐ろしいのです」

男「だが、俺たちはまだ遭っていないな」

中華「本拠地でも分かれば、倒しにいきたい所だね」
235 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/26(火) 04:13:20.38 ID:Dw4TtJJo0
店主「そうしていただけるとありがたいのですが……それもそれで不安です」

氷魔「……彼らが……不死鳥より強いのでなければ……倒せなくてはいけませんから……」

炎魔「戦いですか……面白いんですか?」

やる気「人によるっすねー……炎魔は楽しめると思うっすよ」

ぶりっ子「私はなるべく戦いたくないですけどねぇ」

怪盗「スリの腕はそこまででもないので、直接対決しなきゃ盗めないものもありますから、手段として楽しんでますよ」
236 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/26(火) 04:15:04.27 ID:Dw4TtJJo0
本日はここまでです
ありがとうございました
237 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/26(火) 19:05:07.69 ID:LNSG9CjFO
嘆く店主を尻目に、一行は部屋に向かった
いわゆる大部屋であり、全員宿泊できる


狙撃少女「夕飯はいつですか?」

男「ああ、今回は頼んでないんだ。中華に作ってもらおうかと思って」

中華「いいのかい?冷凍してあるとはいえ、肉は早めに使いたかった所なんだ」

氷魔「……期待できますね……」

男「厨房は手狭だが、本格的なキッチンのある宿はほぼない。許してくれ」
238 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/26(火) 21:32:12.15 ID:Dw4TtJJo0
中華は充実した様子でキッチンへと入っていった


やる気「城下町に帰れば毎日食えるんすけどね」

ぶりっ子「今日図書館で調べたんですけどぉ、ここ、かなり極北に近いですよぉ」

怪盗「そうなんですね、あとどのくらいですか?」

ぶりっ子「ここからさらに北の港から行けるらしいですねぇ」


まだ夕食までは時間があるようだ


>>下1……どうする?
1.中華の料理を手伝う
2.氷魔と話す
3.やる気と話す
4.ぶりっ子と話す
5.怪盗と話す
6.狙撃少女と話す
7.炎魔と話す
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/26(火) 22:01:29.43 ID:CaPDctyDO
7
240 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/27(水) 00:38:53.55 ID:LNvNHsjO0
男「どうだ、炎魔。その力には慣れたか?」

炎魔「はい、日常で暮らすぶんには!」

男「そうか。……明るくなったな」

炎魔「前の方がお好きですか?」

男「いやぁ、そういうんじゃないさ。俺の好みはさておき、楽しそうでなによりだ」

炎魔「そうですか!」

男「……で、炎魔。これからどうするんだ?」
241 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/27(水) 00:55:58.12 ID:LNvNHsjO0
本日はここまでです
ありがとうございました
242 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/27(水) 19:18:50.64 ID:LNvNHsjO0
炎魔「え、どうするって……?」

男「既に人間の感覚は得たし、ここは図書の街だ。ここで暮らすのがベストなんじゃないか?」

炎魔「うーん……そうかもしれないんですけど、私の元になった司書さんにも会ってみたいんですよね」

男「……あんまりネガティブなことは言わないようにしていたが。そもそも生きているのか?」

炎魔「それは分かりません。でも、諦めたら私はきっと後悔します」
243 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/28(木) 04:27:51.11 ID:rUB0zay20
男「……そうか」

炎魔「なにか面白いですか?」


それを聞いて、男は笑顔になった


男「いや、すごいと思ったのさ」

炎魔「そうですか」

男「炎魔がそう言うなら、探し出そうじゃないか。君の元になった存在を」
244 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/28(木) 04:36:04.45 ID:rUB0zay20
炎魔「あの、説明してくれませんか?細かい機微は私にはまだ分かりません」

男「君が自発的に、しかも感情的に発言したんだ。勝手なことだが、進歩と言っていい」

炎魔「そうですか?」

男「そうとも、性格が変わっても、心根まで変わるのは難しい。だが、君は間違いなく変わった。意識的でない行動からも分かる」

炎魔「それを聞いて、すごいと?」

男「ああ、嬉しかった」
245 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/28(木) 04:41:55.89 ID:rUB0zay20
本日はここまでです
ありがとうございました
246 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/28(木) 19:45:19.45 ID:rUB0zay20
炎魔「私も嬉しいです!」


そう言うと、体から炎が炸裂した
燃え移るタイプの炎ではないようだが、
とても心臓に悪い
また、部屋の気温が上がった


男「そ、そうか……だが、人前であまり燃えないほうがいいぞ。怒られるか、心配されるかだからな」

炎魔「はい!そういえば私、この力を得てから新たな特技を習得したんです!」

男「話の展開が強引だな……でも気になるな、なにができるようになったんだ?」

炎魔「>>下1」
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/28(木) 20:08:24.76 ID:2ykYOaZV0
少ししょぼいですが、『破魔の炎魔』と『焼魔』を覚えました
248 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/29(金) 04:08:29.86 ID:24rABtDY0
炎魔「少ししょぼいですが、『破魔の炎魔』と『焼魔』を覚えました」

男「めちゃくちゃ強そうだけど」

炎魔「『破魔の炎魔』はその名の通りですが……」

男「いや、分からんよ!?」


大したことではなさそうに話を進めようとする彼女を止める
むしろ、そちらの方が分からない


炎魔「私の体と炎で立ちふさがり、邪な力の侵食を阻む技です」

男「肉壁かぁ。あんまり使わせたくないな」
249 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/29(金) 04:12:58.75 ID:24rABtDY0
炎魔「しかし、この肉体はもはやか弱い人形のものではないのですよ」

男「ほう」

炎魔「神聖なる不死鳥の力は、あらゆる災いを跳ね退けるのです!」


そう言って羽ばたくようなポーズを取る
飛べば様になるものを、立ったままポージングしている


男「……まぁ、そういうならそうなんだろう。でも気分的に嫌だな」

炎魔「そして『焼魔』はなんと……魔物に非常によく効く炎を放つ技です!予想だにしなかったでしょう!」

男「いやいやいや、聞いたまんまだよ。随分面白くなったな」
250 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/29(金) 04:32:28.73 ID:24rABtDY0
本日はここまでです
ありがとうございました
251 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/29(金) 19:09:15.21 ID:24rABtDY0
炎魔「人間とかには効かないので、みなさんを巻き込んだりしても大丈夫です!」

男「それは便利だな。ただ……状況次第で中華とやる気は燃えそうだ」

炎魔「ええっ!?魔物だったんですか!?」

男「いや、魔王の力を持ってるんだ。平時はともかく、力を解放してるときに撃つと燃えるかも」

炎魔「まだ改良が必要ですね……」

男「気に病むことはない。それよりも、もっと自分の人生を楽しむ技術を磨いたらどうだ?」
252 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/29(金) 21:16:12.56 ID:24rABtDY0
そんなことを話しているうちに、
夕食の時間となった


中華「はーいお待たせー」


彼は山盛りの肉を運んでくる
大皿から自由に取って食べる方式のようだ


氷魔「……すごい量ですね……」

やる気「よっしゃー!」
253 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/30(土) 04:26:33.74 ID:8aQIk2gf0
本日はここまでです
ありがとうございました
254 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/30(土) 19:41:43.59 ID:8aQIk2gf0
積まれた肉をものすごい勢いでやる気が食べていく
他のメンバーも適宜を肉を取って食べている
女性陣はどちらかといえば野菜を多く食べる傾向にあるが、炎魔は肉しか食べていない


ぶりっ子「魔神ってなんなんでしょうねぇ?」

男「本来、俺たちとは関係のない存在だ。だが、清算を要求されることにはなるかもしれないな」

怪盗「面倒な奴らですねぇ」
255 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/31(日) 04:38:35.45 ID:TRPfNB330
中華「魔獣も食べた、幻獣も食べたとなると……魔神の味も気になるね」

狙撃少女「えっ、急になんですか?」

中華「いや、魔神の話してたじゃん?」

炎魔「おいしそうでした?会ったことあるんですよね?」

男「……とてもじゃないけど、食べる気分にはならんなぁ」

氷魔「……いかにも危険そうなものでも……食べてみればおいしいこともあります……」
256 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/31(日) 04:41:01.39 ID:TRPfNB330
やる気「チャレンジ精神っすね」

中華「そう、何事もチャレンジしてみればできるかもしれないんだ。ね、炎魔?」


彼は野菜をフォークで刺し、渡す


炎魔「お野菜ですか……?」

ぶりっ子「苦手なんですかぁ?」

炎魔「味覚がろくにない頃は、むしろ好んで食べていたんですが……」
257 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/31(日) 04:44:13.77 ID:TRPfNB330
本日はここまでです
ありがとうございました
258 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/03/31(日) 19:56:37.83 ID:TRPfNB330
怪盗「私にも苦手な野菜はあります。彼女を責めることはできません」

狙撃少女「おいしいのに……」

男「だが、野菜が苦手なやつに野菜を食わすのは一筋縄ではいかんぞ」

中華「やっぱり?」

氷魔「……説得……というのもありきたりで効果は薄いですし……」

中華「じゃあ、うちに伝わる秘伝のメソッドで食べさせるしかないね!」

男「そんなものがあるのか!どうやって食べさせるんだ!?」

中華「>>下1」
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/03/31(日) 20:27:31.62 ID:lHKZBJ9z0
肉を野菜で巻いて食べる方法だよ! キャベツロールとかピーマンの肉詰めより手軽で巻くだけだからね!
260 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/01(月) 00:29:09.22 ID:rn7YhWAf0
中華「肉を野菜で巻いて食べる方法だよ! キャベツロールとかピーマンの肉詰めより手軽で巻くだけだからね!」


そう言って彼は肉と野菜を合体させた
そして、それを再び炎魔に食べさせようとする


炎魔「うっ……うー……ええいっ!」


一瞬渋る様子を見せたが、最後にはそれにかじりついた
261 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/01(月) 00:32:23.04 ID:rn7YhWAf0
恐怖の表情のまま、恐る恐るそれを咀嚼する
そして、どうにか嚥下した


ぶりっ子「どうですかぁ?」

炎魔「ま……まぁ、これだったら、食べてもいいですね!」

怪盗「そういえば、私もおばあちゃんにやってもらったような思い出がありますね」

狙撃少女「なんか、こういう一面があると安心します」
262 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/01(月) 19:48:14.95 ID:rn7YhWAf0
すみません寝落ちしました


微笑ましい夕食を終え、中華は洗い物を始めた


男「野菜をうまいと感じるかどうかと年齢には関係があるらしいな。歳を取ればとるほどうまく感じるという」

氷魔「とすれば……炎魔さんは生後数日……厳しいですね……」


>>下1……どうする?
1.中華の洗い物を手伝う
2.氷魔と話す
3.やる気と話す
4.ぶりっ子と話す
5.怪盗と話す
6.狙撃少女と話す
7.炎魔と話す
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/01(月) 20:18:18.82 ID:HSsap0/g0
3.内容:最近、ベリアル側からのアプローチが無いと相談する
264 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/02(火) 01:40:02.02 ID:Xhzlv4H10
男「そういえば……」

やる気「なんすか?」


大量の肉を平らげて満足げなやる気に話しかける


男「あのベリアルとかいうやつ、最近は刺客とか寄越してこないな」

やる気「そうっすね……夢にまで干渉できるなら、なんらかの方法で攻撃してきもおかしくはないんすけど」
265 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/02(火) 01:44:04.04 ID:Xhzlv4H10
男「あっち側にも事情があるのか?」

やる気「それは分からないっすけど……まず、ここじゃ手出しできないんじゃないすか?あの市長、底が知れないっすからね」

男「ああ、市長が工作している可能性はありそうだ。だが、オークションの時は?」

やる気「ピエロの奴らと関係があるかもしれないっすね。だとすれば、接点はあったっすけど」

男「揮毫を強奪した奴らと繋がっている可能性もあるな。まぁ、ここ二つの街だったら理由付けはできそうだが……もっと攻めてきたら怖いな」
266 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/02(火) 01:48:04.63 ID:Xhzlv4H10
本日はここまでです
ありがとうございました
267 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/02(火) 19:28:10.61 ID:Xhzlv4H10
やる気「不安なら、調べてみたらいいんじゃないっすか?この街になら多分資料もあるっすよ」

男「そうだな。そういえば、俺は読んでないんだが……」

やる気「埋蔵金っすか?」

男「ああ、そうだ。なんか取れそうなやつあったか?」

やる気「正直な話、金脈の採掘権持ってるならいらないんじゃないすか?」

男「まぁ……それを言われると苦しい。だが、ロマンとして気になる。なんかないか?」

やる気「>>下1」
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/02(火) 20:37:01.34 ID:CS4xVpBk0
貪欲な王様が飛行船一杯の金銀財宝をとある地方の地底奥深くに埋めたって話が載ってたっす
269 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/03(水) 02:51:02.00 ID:qkbMYFVu0
やる気「貪欲な王様が飛行船一杯の金銀財宝をとある地方の地底奥深くに埋めたって話が載ってたっす」

男「おぉー……面白そうだな」

やる気「もしこの大陸にあるとすれば……探せなくはなさそうっすよ?」

男「そうか?結構難しそうだが」

やる気「巨大地下水脈の話があったじゃないすか。もしかしたら、それと関係してるのかもしれないなって思ったんすよ」

男「なるほどね。一国の王ともなれば、その存在は知っていてもおかしくはない」
270 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/03(水) 02:52:46.99 ID:qkbMYFVu0
やる気「まぁ、その王様じゃなくても、水脈の存在を知ってる権力者なら利用しそうっすよね」

男「ああ、あり得る……本格的に気になってきたな」

やる気「大陸にいくつか入り口があるって話っすし、調べてみるのもよさそうっすね」

男「ああ、調べたほうがいいことを洗い出せたよ。ありがとう」

やる気「礼には及ばないっす。単なる世間話なんで」
271 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/03(水) 03:56:02.76 ID:qkbMYFVu0
本日はここまでです
ありがとうございました
272 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/03(水) 18:37:48.49 ID:qkbMYFVu0
それから洗い物を終えた中華を全員で労い、眠りについた

〜翌日・陰週火曜日〜


中華「今日はどうするの?」

男「今日も図書館に行こうと思う。昨日は自由に本を探したが、今回はきちんと情報に狙いを定めてやるよ」

氷魔「……いいですね……最近……よく分からないことが多いですから……」


行動指針を決定し、一日お世話になった宿に別れを告げた

【ギルドの資金】72270295
273 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/03(水) 21:32:17.75 ID:qkbMYFVu0
そして、再び図書館へやってきたのだった


やる気「それで、どれについて調べるんすか?」

男「大魔王ベリアルとやらのことを知っておきたいな」

ぶりっ子「そりゃまた随分上まで上がらないといけなさそうですねぇ」


脇に見える書庫にある本のタイトルをちらちらと流し見しながら、ひたすら階段を上る
そして、ついにそれらしい本を見つけた


>>下1……その本のタイトル
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/03(水) 21:50:32.57 ID:e2ItHYXDO
魔王年代記
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/03(水) 21:55:08.36 ID:Jar0ug8H0
『魔王の成り立ち 魔王の12通りの名乗り方と「大魔王になる為の試練」』

魔王の名を名乗れる方法を大きく分けて分類する

失伝
失伝
前任者の魔王を倒す事
魔王の名を襲名する事
魔神に祝福される事
魔王の力を譲渡する事
人々から恐れられる事
神を倒す事
生まれ持った才で名乗る事
人の手によって生まれる事
人々の邪な信仰を持って誕生する事
魔に精通し人智を越える事

コレらの方法を五つ以上満たした者が晴れて『大魔王』を名乗ることが出来る
276 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/04(木) 03:16:28.36 ID:qKyxIGyk0
十分は階段を昇り続け、
周りの本はどんどんニッチになってきた
どれもが独自ジャンルのような本で、
分類分けがあまり機能していない


怪盗「あ、これいいんじゃないですか?」


梯子を使って取るべき高さの本を、
アクロバティックに宙返りしながら回収する


狙撃少女「タイトルはなんですか?」

怪盗「『魔王年代記』です!」
277 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/04(木) 03:17:06.36 ID:qKyxIGyk0
本日はここまでです
ありがとうございました
278 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/04(木) 18:39:51.81 ID:qKyxIGyk0
もはや何階なのかも分からない高層で、
読書スペースも閑散としていたために、
全員でそこに座ってそれを読むことにした
幸運にも、それは二冊あったのだ


炎魔「魔王、めちゃくちゃいますね……」


有史以来、その資格を得た者は100名を超える
しかし、『大魔王』の称号を持つ者はごく僅かだった


男「かなり最近にまで及んで、色んな魔王のことが書いてあるが……流石に、うちの二人については書かれてないな」
279 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/05(金) 05:07:43.34 ID:MGSmoKmT0
中華「魔王って人間じゃないイメージがあったけど、結構人間もいるね」


いわゆる魔物の中で、特に強い者が魔王であるという認識は古来から人間たちの中であるものだ
しかし、本質的には魔を統べる者でしかないため、
その力や資質を認められれば、種族はあまり関係ない


氷魔「……人間の魔王は……むしろ多すぎますね……魔族の中でも……様々な種族から輩出されていますが……」
280 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/05(金) 05:09:12.53 ID:MGSmoKmT0
本日はここまでです
ありがとうございました
281 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/05(金) 19:33:18.42 ID:MGSmoKmT0
やる気「あれ……?」

ぶりっ子「どうしたんですかぁ?」

やる気「ベリアルってやつ、確かに載ってますけど……300年前に死んでるっすよ?」

怪盗「えぇ!?」


衝撃の真実だった
誰もが、それに対し様々な仮説を考える


狙撃少女「ベリアルの名を騙る別人かもしれませんね、今のベリアルは……」
282 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/05(金) 21:09:21.07 ID:MGSmoKmT0
中華「ありうるね、でも……もしかしたら、本当に死んでたかもしれないよ?」

男「復活したということか?」

氷魔「……それも有力です……もし復活したとしたら……復活前の死因について……知っておいたほうがいいかもしれませんね……」

やる気「なるほど……それなら書いてあるっすよ」


魔王ごとに、知られているものはその死因まで記されている


ぶりっ子「で、そのベリアルはなんで死んだんですかぁ?」

やる気「>>下1」
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/05(金) 22:36:28.26 ID:TOViheWG0
食中毒
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/05(金) 22:40:46.33 ID:SfJYQ0p70
当時の勇者一行とその他の仲間たちに討たれたって書いてある
285 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/06(土) 19:44:46.31 ID:UzPYIezk0
すみません寝落ちしました


やる気「食中毒っすね」

怪盗「……そんなことでぇ!?」

やる気「みたいっすよ?なに食って死んだのかが分からないっすけど」

狙撃少女「なにか、奴にとってはとてつもない毒になってしまう食べ物があるのかもしれませんね……」

男「知ることができれば、なにかに使えるかもしれないが……」
286 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/06(土) 19:47:56.17 ID:UzPYIezk0
使い道の定かではない情報を手に入れた一行は、魔王年代記を読むのをやめた


中華「よし、次の本を見に行こう」

氷魔「……次は……なんですか……?」

男「地下水道への入り口を知りたい。この地域の地理系の本なら、なにか書いてあるかもしれないと思っていてね」

炎魔「探検したいですね」

やる気「危険っすけどね」
287 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/07(日) 05:33:59.18 ID:DPCw094R0
ぶりっ子「地理誌とかなら、結構下ですねぇ」

怪盗「どういう人が読むんでしょうか?」

市長「お答えしましょう」


素朴な疑問に答えたのは市長だった
しかし、彼女が現れたのは完全に虚空からであり、この塔の全てを掌握していることを誇示するかのようだった


狙撃少女「心臓に悪いですね……」

市長「そうですか?では、なにか予告をつけることにしましょう。ご指摘ありがとうございます」
288 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/07(日) 05:35:01.28 ID:DPCw094R0
本日はここまでです
ありがとうございました
289 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/07(日) 18:56:24.30 ID:DPCw094R0
皮肉にしか聞こえないが、AIとはそういうものだ
紛れもなく本心である


男「それで、地理誌って誰が読むんですか?」

市長「私です。市民の多くにも、目を通してもらっています」

中華「そんなに人気なのかい?」

市長「安全で、不満の出ない開発のためです。こちらでできる限りのシミュレーションはしますが、市民からのフィードバックもかなり多く……ここは世界で最も地理誌が読まれている街なのです」
290 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/07(日) 22:18:58.59 ID:DPCw094R0
氷魔「……それなら……好都合です……」

市長「どういうことでしょうか?」

やる気「俺っちらは、この大陸の地下にあるという地下水脈の入り口を探してるんすよ」

市長「ああ、それですか」


どうやら、彼女は知っているようだ
特にそれを聞いて驚いた様子もない


ぶりっ子「どこにあるんですか?」

市長「>>下1」
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/07(日) 22:22:16.51 ID:Dmh6ZTOG0
この都市の下↓にあります
292 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/08(月) 03:35:13.15 ID:2Bgr1zje0
市長「この都市の下↓にあります」


そう言って彼女は下を指差す
地下なので、当然この都市の下にあるだろう


怪盗「具体的に、どこから入れるんですか?」

市長「いくつか入り口は繋げてありますが……一番近いものだと、この図書館の地下深くでしょうね」
293 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/08(月) 04:29:10.65 ID:2Bgr1zje0
本日はここまでです
ありがとうございました
294 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/08(月) 18:49:46.04 ID:2Bgr1zje0
狙撃少女「では、行ってみましょうか」

市長「それと、伝えておかなければならないことが」

男「なんですか?」

市長「この塔の地下から地下水脈へ行けることについては、他言なさらぬように」

中華「……なんで、僕たちには教えてくれたんですか?」

市長「先日のうちに、あなたたちについては調べました。色々と胡散臭いこともしていますが……悪意のある人達ではないことは分かったので」
295 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/08(月) 19:29:57.78 ID:2Bgr1zje0
氷魔「……そうですか……信用していただけるなら……それで……」

市長「地下に繋がる扉は施錠されています。鍵を渡しておきましょう」


彼女は男に鍵を渡してきた
この図書館にいるのはホログラムのはずだが、彼女は鍵を持てている
しかし、そのことを追及するのはやめることにした


男「どうも、ありがとうございます」


一行は彼女と別れ、長い螺旋階段をひたすらに下り、一階に降りた
そして、一階にある地下行きへの扉を開き、薄暗い螺旋階段をまた降りていく
296 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/09(火) 19:05:31.95 ID:BAMXj5dp0
すみません寝落ちしました


すると、煉瓦造りの地下階段に、土が露出するとともにトンネルが開けられている場所がある
若干の湿り気も感じ、ここが地下水脈の入り口なのだと分かる


中華「よし、行こうか」

氷魔「……なにが潜んでいるか……分かりませんから……気をつけましょう……」
297 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/09(火) 19:09:23.38 ID:BAMXj5dp0
そこは、まるで坑道か、あるいは下水道のようだった
洞穴の中央にはいつでも水が流れていて、
この空間自体の崩落は、トンネル端の木製の柱で防がれている
そして、その光景がひたすらに続いていく


ぶりっ子「どこまで続くのでしょうかねぇ」

やる気「話じゃ、大陸全土を結んでるって話っすよ。疲れたら切り上げて出口から出たほうが賢明っすね」

怪盗「お宝の匂いがします!」
298 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/09(火) 19:12:09.95 ID:BAMXj5dp0
それから半刻ほど歩くと、
興味を惹かれるものが現れた


狙撃少女「あっ、あれ見てください」


彼女が指す先には、小屋があった
ここが坑道のように作られたとしたら、
作業員や監督の拠点だろう


男「よし、入ってみようか。中になんか居たら嫌だし、警戒しておこう」


臨戦態勢に入ったまま、代表して男が入口のドアを開ける


>>下1……小屋の中の様子
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/09(火) 19:18:14.49 ID:W9wa+Xci0
ラフな服装の鉱夫がいた
300 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/10(水) 04:02:47.32 ID:rT0Zk5+D0
鉱夫「……ん?」


小屋に備え付けられた、年季の入った木製の椅子には、ラフな格好の鉱夫が腰掛けていた


中華「あ、こんにちは」

鉱夫「おう……今は昼ってことか」

氷魔「……そうですね……その様子ですと……かなり長く地下にいらっしゃるようで……」
301 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/10(水) 04:03:32.14 ID:rT0Zk5+D0
本日はここまでです
ありがとうございました
302 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/10(水) 19:22:08.52 ID:rT0Zk5+D0
やる気「しかし、とんでもない広さの地下道っすね、これ全部おっさんがやったんすか?」

鉱夫「そんな訳ないだろう。まぁ、関わりはしたがな」

ぶりっ子「今は休憩中ですかぁ?」

鉱夫「まぁ、そんなところだ」

怪盗「しかし、なんのためにこんなに地下道を広げてるんですか?」

鉱夫「>>下1」
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/10(水) 19:49:00.86 ID:vNGKMufK0
・・・『宝船』、それの発掘のためだとよ
304 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/11(木) 02:32:11.41 ID:ylQZp4qN0
鉱夫「・・・『宝船』、それの発掘のためだとよ」

狙撃少女「『宝船』?こんな地下に、船ですか?」

鉱夫「まぁ、水脈だからな。それにかこつけて呼ばれてるだけさ」

男「……と、いうことは……埋蔵金の類か」

鉱夫「ああ、そうとも。だが、掘れども掘れども出てきやしない。当たり前さ、何百年も前の代物だからな」
305 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/11(木) 02:35:09.22 ID:ylQZp4qN0
中華「……でも、大陸全土にこのトンネルはあるんでしょう?そんなことさせたら、絶対赤字ですよね」

鉱夫「そこが不気味な所さ、俺たちの雇い主は金に糸目をかけちゃいない」


そもそも、これだけのトンネルがあれば交通の便としても利用可能なはずである
実際、オークション会場を襲撃した集団はこれを利用している


氷魔「……しかも……その存在を公表していませんね……」

鉱夫「ああそうとも。だから、なにか後ろめたい秘密があるだろうし、金じゃ買えない『何か』が宝船の正体なんじゃないかって思ってる」
306 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/11(木) 02:41:30.06 ID:ylQZp4qN0
本日はここまでです
ありがとうございました
307 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/11(木) 19:06:48.07 ID:ylQZp4qN0
やる気「見つけたいっすね、それ」

鉱夫「冒険者だろうし、そう言うと思ったよ。勘弁してくれ」

ぶりっ子「でかい仕事ですからねぇ」

鉱夫「全くだ、しかもこうしてサボってもほとんどバレないしな」

怪盗「こんな大きなトンネル、監督しきれないでしょうね」

狙撃少女「……そろそろ行きますか」
308 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/11(木) 19:58:21.23 ID:ylQZp4qN0
一行は鉱夫に別れを告げ、
どこまでも続く地下道に戻った


男「そういえばここ、虫とかいないなぁ」

中華「だね。いいのがいれば捕りたかったけど」

氷魔「……嫌です……出会ったら即氷漬けです……」

やる気「でも、実際虫はいないのに、かんか怯えてないっすか?」

氷魔「……この地下水脈……魔力が漂っているんですよ……もしかしたら……ここ自体に魔法がかけられているのかも……」
309 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/12(金) 03:14:23.22 ID:4fkpslTJ0
ぶりっ子「そうなんですかぁ?」

怪盗「もしそうなら、気になりますね……そいつが、宝船発見の鍵を握っているのかも?」

炎魔「なるほどー、なんか空気が淀んでるとは思ってたんだよ」

狙撃少女「地下というだけではないのですか?」

炎魔「うん、どんよりした魔力が溜まってる」

男「ほう……」
310 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/12(金) 03:15:47.68 ID:4fkpslTJ0
本日はここまでです
ありがとうございました
311 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/12(金) 19:52:39.37 ID:WnGx1DsuO
中華「それならさ、その魔力がどこから来てるかって分かる?」

炎魔「大体であれば」

氷魔「……そうなんですか……!?……それはすごいですね……」

やる気「じゃあ、辿ってみるっすよ」

炎魔「分かりました!こっちの方です!」


炎魔はみなを先導して歩き始める
ときに交差するその道を、迷うことなく歩いていく
312 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/12(金) 22:31:39.67 ID:4fkpslTJ0
しばらく歩いていくと、光が見えた
微弱なものであり、
外に繋がっているわけではなさそうだ


ぶりっ子「なんでしょう?」


近づくと、そこには光る小さな物体が落ちているのが分かった


怪盗「光り物!いただき!!」


彼女は喜び勇んでその物体を手に取る
それは>>下1だった
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/12(金) 23:03:53.36 ID:2xw9vI/DO
エメラルド色に光る卵
314 : ◆cUhskXlNTw :2024/04/13(土) 03:45:07.19 ID:YopTuG3Jo
本日はここまでです
ありがとうございました
315 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/13(土) 19:46:26.20 ID:YopTuG3J0
狙撃少女「ばっちいですよ、捨てなさい」

怪盗「いやいや、見てくださいよ!これ!」


それはエメラルドのような光を放つ、卵だった
一体なんの生き物の卵なのかは分からないが、
とにかくそれは卵だった


男「じゃあ炎魔にあっためてもらうか。一応鳥だし」
316 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/13(土) 19:49:51.42 ID:YopTuG3J0
炎魔「じゃあ、私の子供ですね!」

中華「そこまで入れ込まなくても……」

氷魔「……でも……割れたら困りますし……大切にしなきゃいけませんね……」


炎魔は大切そうに卵を懐に忍ばせ、
さらに洞穴を進んでいく


炎魔「そろそろ、魔力の発生源ですね」
317 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/14(日) 04:42:24.79 ID:P32bI2eK0
やる気「さて、なにがあるんすかねぇ?」

ぶりっ子「怖いですねぇ、なんかいたらどうしましょう」


話しながら歩いていると、炎魔が恐る恐る口を開いた


炎魔「通りすぎました」

怪盗「通りすぎた……?」

炎魔「はい、なんというか……すり抜けたような……」
318 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/14(日) 04:59:48.39 ID:P32bI2eK0
本日はここまでです
ありがとうございました
319 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/14(日) 19:49:12.79 ID:P32bI2eK0
狙撃少女「つまり、それがある空間の入口に行くと、出口から出てしまうということでしょうか」

炎魔「そんな感じです」

男「おぉー……すごい結界っぽい」

中華「どうしようね?どうにかして破らないといけなさそうだけど」

氷魔「……作戦を考えましょう……今日は多分そろそろ夕方ですし……一旦上に上がりましょう……」


ちょうど、近くに上へと昇っていく梯子があった
一行はそれを昇って外に出る
そこは>>下1だった
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/14(日) 21:18:59.83 ID:/HbQl71+0
AI市長のとある一室
321 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/15(月) 05:02:06.13 ID:eywkB3im0
地面にある蓋のようなものを開け、一行は外に出る


やる気「さて、ここは……」

市長「……あなたたちでしたか」


そこには、AI市長がいた
様々な机と、そこに置かれた書類が部屋に所狭しと並んでおり、どうも彼女の仕事部屋の一つらしい


ぶりっ子「なにしてるんですかぁ?」

市長「そうですね、平たく言えば雑用でしょう」
322 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/15(月) 05:02:56.91 ID:eywkB3im0
本日はここまでです
ありがとうございました
323 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/15(月) 18:36:49.55 ID:eywkB3im0
怪盗「そりゃお疲れ様ですね」

市長「……しかし、なぜそこから出てきたのです?」

狙撃少女「え?」

市長「ここはあの図書館のすぐ近くです。かなり時間が経っているのに、全く移動していませんね?地下になにかいたのですか?」

男「いや、いなかったが……もしかしたら、魔力の根源のことといい、空間が歪んでいるのかもしれないな」
324 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/15(月) 19:37:28.50 ID:eywkB3im0
市長「なんと、それは大変ですね……」

中華「そういえば、市長にとっては死活問題かもしれないね。ここの地下が、データの通りではないことは……」

市長「ええ、いつ襲撃者が現れるか分かったものではないので」

氷魔「……魔物に……狙われているのですか……?」

市長「魔物も来ますが、特別狙われているということはありません。むしろ、人間が危険ですね」

やる気「その様子じゃ、市長に就くときに相当軋轢を生んだっぽいっすね」
325 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/16(火) 01:27:13.18 ID:O55EePiB0
市長「一応言っておきますが、私の支持率は八割を超えています」

やる気「じゃなくて、なんか相当乱暴な方法でその座までたどり着いたせいで権力者に恨まれてるんじゃないすか?」

市長「やはり……気付かれていましたか」

ぶりっ子「ですが、私たちにとっては都合がいいかもしれませんねぇ」

怪盗「そうです。私もあなたも、地下は検める必要がある……協力していただけませんか?」

市長「あなたたちが完全に信用できるなら、合理的な話でしょうね」
326 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/16(火) 01:30:45.67 ID:O55EePiB0
本日はここまでです
ありがとうございました
327 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/16(火) 19:39:50.23 ID:O55EePiB0
狙撃少女「つまり、私たちは万全の信頼が置ける存在ではない……と?」

市長「それを言えば、本当に信じられるのは私たちだけですが……そんなところでしょう」

男「会って一日だしな。データの集積なら探せばあるかもしれないが」

市長「ええ、データは十分……しかし、それだけで量りきれないこともあると、私を造り出した人は言ってしました」


まるで表情が動かないので、本心かどうかは分からない
しかし、製作者に対しては、彼女も悪からず思っているようだった


中華「こればっかりはね」

市長「そこで、見せていただきましょう。データでは量れないものを……」

氷魔「……なにを……見せるのですか……?」

市長「>>下1」
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2024/04/16(火) 21:54:14.09 ID:dtrwliZK0
…めg、魔神の封印を解いて仲間にして見せて下さい。 信用は置いておいても『善性』は保証されます
329 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/16(火) 22:44:29.15 ID:O55EePiB0
市長「…めg、魔神の封印を解いて仲間にして見せて下さい。 信用は置いておいても『善性』は保証されます」

やる気「今なにか言いかけなかったっすか?」

市長「気のせいでしょう。私がエラーを起こすとでも?」

ぶりっ子「……まぁいいです。その魔神を仲間にすればいいんですねぇ」

怪盗「危険じゃないんですか?」

市長「正直、失敗するとはあまり考えていません。ですが、もし失敗するようなら……あなたたちごと再封印するかもしれませんね」
330 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/17(水) 01:06:43.83 ID:em+CCG3u0
狙撃少女「そうと決まれば早速……」


話しかけた狙撃少女を、市長が遮る


市長「もう夜になりますよ。今日はここで休み、明日行くべきです」

男「そうだな。……ここで?」

市長「市庁舎には宿泊施設があるのです。ルームサービス等は、全て私たちがやっています」

中華「へぇ……いくら?」

市長「無料です。ただし、誰でも利用できるというわけではありませんよ」

氷魔「……私たちは……大丈夫なのですよね……?」

市長「ええ、皆様もご存知かと思われますが、この街で宿を探すのは少し手間です。ですから、訪れた要人は市庁舎に泊めることになっています」

やる気「へぇ、そうなんすね」

市長「とはいえ、外交は途絶の傾向にあるため、あなたたちが最初の利用者となります。ぜひフィードバックをお聞かせ下さい」
331 : ◆UEqqBEVZVY [saga]:2024/04/17(水) 01:07:11.12 ID:em+CCG3u0
本日はここまでです
ありがとうございました
118.25 KB Speed:4.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)