リツカ「かぷせるさーゔぁんと!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 15:27:54.68 ID:O0kyhMXu0
______この世界には不思議な不思議な生物がとても多く住んでいます。

人間と似通った姿こそ見受けられ、大きさは個体差こそあるものの50pほどのまるでぬいぐるみのような
愛くるしい姿をした生き物。

『かぷせるさーゔぁんと』。略して『かぷさば』です。

かぷさばは人間と自然と共存し時には力を合わせて共に生きていくべき存在です。

そしてここに雪原を元気よく駆ける一人の少年の姿が。

今年で10歳になる彼は晴れて大人の仲間入り。

これから研究所に向かい、これから苦楽を共にするかぷさば所謂『パートナー』を貰いに行く途中のようです。

注意
Fateとポケモンのクロスオーバーになると思います。
姿、名前が同じなだけのオリキャラばっかり出てくる予定です。
SS初心者です。
2 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 15:36:10.70 ID:O0kyhMXu0
_______ここは『カルデア研究所』。

大きな霊山の麓に位置する小さな湖の畔に建つその研究所は最先端のかぷさば技術を日夜研究すると同時に新人マスターの教育、指導に力を入れる行政機関である。
そこに今日もまた一人の新人『マスター』が新たな冒険に出る為にここを訪れていた・・・

受付のお姉さん「あら。ふふ、こんにちわ。君、もしかしなくても新人マスターの子かしら?」

リツカ「はい。リツカって言います。」

受付のお姉さん「やっぱり!真新しいリュックに手袋に帽子、いかにもこれから冒険に行きますって格好してるもの」

リツカ「いやーなんか恥ずかしいです」
3 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 15:40:58.57 ID:O0kyhMXu0
受付のお姉さん「それで今日はもしかして新しい子を?」

リツカ「はい!旅に出るためにパートナーを貰いに来ました!」

受付のお姉さん「うん!元気いっぱいでいいわね!でもその前にかぷさばについての説明を受けてもらうことになってるわ」

受付のお姉さん「担当の者を呼んでくるからちょっとここで待っててね」

リツカ「はい!」

4 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 15:53:51.29 ID:O0kyhMXu0
リツカ(なんだか皆忙しそうだな・・・)キョロキョロ

マシュ「あの・・・どうかされましたか?」

リツカ「えっ・・・いや今人を待ってるんです。お姉さんもここの職員さんなんですか?」

マシュ「はい。と言っても簡単なお手伝いをしているだけですが・・・」

マシュ「あのつかぬ事お聞きしますがもしかして新人のマスターさんですか?」

リツカ「はい!今日からマスターになります!」

マシュ「やっぱり。なんかこれから旅に出るぞーって感じがします」

リツカ「あはは、それさっき受付の人にも言われちゃいました」
5 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:00:43.09 ID:O0kyhMXu0
マシュ「まぁここで働いていると新人のマスターさんをよく見かけますから」

マシュ「私も近いうちにマスターになる予定なんですよ」

マシュ「生まれつき身体が弱いのでまだ予定止まりですけど」

マシュ「もしかしたら旅先で偶然ばったり!なんてこともあるかもですね!」

マシュ「・・・すみません少しテンションが上がっちゃいました」

リツカ「いえ分かりますその気持ち」
6 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:10:38.22 ID:O0kyhMXu0
マシュ「もしそうなったらご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いしますね先輩」

リツカ「先輩・・・僕の方が年下ですよ?」

マシュ「それでもマスターとしては先輩になるので・・・ふふ先輩♪」

リツカ「あはは・・・(・・・年上の女の人に先輩って呼ばれるのなんかむず痒いなぁ)」

ロマン「あれ?二人とも知り合いだったのかい?」

マシュ「お疲れ様ですロマン博士。いえさっき知り合ったばかりで・・・」
7 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:19:21.10 ID:O0kyhMXu0
ロマン「そうなのかい?まぁすぐに仲良くなれるのはいいことだよ」

ロマン「さてリツカ君。待たせて申し訳なかったね」

ロマン「僕がこのカルデア研究所の所長!・・・代理を務めるロマニだ」

ロマン「皆からは親しみを込めてロマン博士と呼ばれているよ!」

ロマン「今君と仲良くお喋りしてたこの子はお手伝いのマシュだ」

マシュ「マシュです。未熟者ですがよろしくお願いします」

リツカ「あ、リツカです。今日はよろしくお願いします!」
8 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:29:49.16 ID:O0kyhMXu0
ロマン「まぁマシュは今日はこっちの担当じゃないんだけどね」

マシュ「あ、そうなんです・・・私は私の仕事があるので残念ですがこの辺で・・・」

リツカ「じゃあ・・・また旅先で!」

マシュ「はい!お会いできたらバトルとかお喋りとか沢山しましょう!それでは失礼します」



ロマン「さてでは我々も移動しようか」

リツカ「はい!」
9 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:41:45.34 ID:O0kyhMXu0
ロマン「というわけで今からかぷさばについて必要最低限の知識を勉強、おさらいするよ」

ロマン「まぁ細かいことは旅を通して体験として覚えていくと思うから本当に最低限のことだけ」

ロマン「では改めて、こほん。ようこそカルデア研究所へ。リッカ君!」

ロマン「ここでは主にかぷせるさーゔぁんと。略名かぷさばについて研究しているんだ」

ロマン「主な研究内容は難しい話になるから取りあえずは置いておくけどね」

ロマン「それとは別に新人マスター研修ができる場所としても一応は機能しているんだ」
10 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:50:43.15 ID:O0kyhMXu0
リツカ「・・・質問いいですか?」

ロマン「いいよー。質問はどんどんしてくれて構わない!探求心こそロマンだからね」

リツカ「えーっと・・・研究所で新人マスターの研修するのは何でですか?」

ロマン「あー・・・それはね情けない大人の事情って奴なんだけど」

ロマン「研究だけじゃ実績を出せなきゃ研究費用とかそのうち降りなくなるわけだ」

ロマン「研究が行き詰った時にこそお金がないのは困るからね。新人のマスターの研修や教育で国からそれなりにお金を貰っているって所かな。いやー世知辛いね」

リツカ「あー・・・分かるような分からないような」

ロマン「最初こそは仕方なくやってた部分もあったんだけど、今はもうそんなことはないよ!」

ロマン「やりがいのある素晴らしい仕事だと思っているからね!」
11 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 16:59:40.50 ID:O0kyhMXu0
ロマン「さて・・・変な方向に話が脱線しちゃう前に僕からリツカ君に問題です。これはなんでしょうか?」

リツカ「あ、さーゔぁんとカプセル、です!」

ロマン「そう!このカプセルの中にはかぷさばが入っているんだ」

ロマン「かぷさばについては実際に見てもらった方が早いからね」

リツカ「なんのかぷさばが入っているんですか!?」

ロマン「慌てない慌てない。今からこのカプセルから出すからね」
12 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 17:07:41.55 ID:O0kyhMXu0
ロマン「じゃあ行くよ。出ておいでキャスター」シュッ

キャスター「ピカチュー・・・なんてねっ」ポンッ

リツカ「おぉ〜」

ロマン「この子はクラスをキャスター。真名は・・・知ってるかな」

リツカ「えーっと・・・」

キャスター「ヒントをあげよう。天才だ。それも最高の天才」

リツカ「・・・分かんないです」
13 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 17:15:41.92 ID:O0kyhMXu0
ロマン「えーと・・・モナリザって聞いたことあるかな?」

リツカ「うーん・・・」

キャスター「マジか!君マジなのか・・・!?」

リツカ「実はあんまり旧歴史とかかぷさばについて知らなくて・・・」

ロマン「あー・・・レオナルド・ダ・ヴィンチって分からないかな?」

リツカ「・・・知らないです」

キャスター「!!!!?」

ロマン・リツカ(膝から崩れ落ちた!)

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 17:23:30.36 ID:cH5t6q4BO
ダヴィンチちゃんかわいい
15 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 17:27:26.50 ID:O0kyhMXu0
リツカ「・・・バカですみません」

ロマン「だ、大丈夫大丈夫!これから学んでいけばいいよ!」

ロマン「ほらダヴィンチちゃんも知名度的に有名なくせに知られてなかったのがショックなのは分かるけど」

キャスター(改め以下ダヴィンチちゃん)「・・・君それ全然フォローになってないからね?」

ダヴィンチちゃん「はぁ。まぁいいよ。前例がなくて衝撃的だったのは事実だけど」

ダヴィンチちゃん「改めましてキャスター、天才レオナルド・ダ・ヴィンチ。気軽にダヴィンチちゃんって呼んでくれたまえ」

リツカ「・・・ごめんねダヴィンチちゃん」ナデナテ

ダヴィンチちゃん「そんなに・・・・気にしてないよ」
16 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 17:40:09.47 ID:O0kyhMXu0
ロマン「あはは・・・さて。じゃあ気を取り直してかぷさばについて少し詳しく説明していくよ!」

ロマン「旧人類史において有名な偉人、英雄、人外、魔物、はたまた神様と呼ばれる存在がデータとして存在しているんだ」

ロマン「それはほんとにいたかどうか分からない。でもそれを沢山保存してある媒体がこの世界のどこかにあると思われる」

ロマン「そしてそのデータの一部に命を吹き込まれた存在。それがかぷさばなんだ」

ロマン「かぷさばがどうやって産まれているのかは分からない」

ダヴィンチ「気づいたらこの世界に生まれていたからね。自分たちが何処から来たのか全く見当もつかない」
17 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 17:41:33.53 ID:O0kyhMXu0
>>14
レス嬉しいです。頑張ります
18 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 17:51:06.20 ID:O0kyhMXu0
リツカ「えーっと・・・じゃあダヴィンチちゃんは過去の世界からタイムスリップしてきた過去の偉い人ってこと?」

ダヴィンチちゃん「いや正確には私はレオナルド・ダ・ヴィンチの極一部の情報を元に生み出された新しい生命体だ」

ダヴィンチちゃん「それは生まれたときから本能のように自覚し。偉人としての記憶は自らのものではなく情報として持っているだけ」

ロマン「まぁつまりそれがかぷさばってことなんだ。ちょっと難しいかな?」

ダヴィンチちゃん「まぁ単純に過去の誰かの記憶を持ってる動物か何かだと思えばいいよ」

ダヴィンチちゃん「過去の偉人として接する必要なんてこれっぽっちもない」

ダヴィンチちゃん「まぁ中にはそれで納得いってないやつらもいるけどね」

19 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 18:04:09.91 ID:O0kyhMXu0
ロマン「まぁそこは度々問題になっているところだね・・・人間に対して協力的なかぷさばもいれば」

ロマン「個体差こそあれどかぷさば扱いに納得がいかなかったり人間を下に見たり非協力的なかぷさばもいる」

ロマン「人間側にもかぷさばを動物以下に見ている集団あったりするんだ」

リツカ「・・・みんな仲良く生きていくことはできないんですか?」

ダヴィンチちゃん「難しいだろうね。でもそれは人間だけでも不可能なんだ。無理なのが当たり前だと持った方が気が楽だよ」

ロマン「・・・それでも良くしていく努力を辞めなければ、とは思ってるんだ。ここの研究もその為にある」

リツカ「・・・難しくてよく分かんないや」
20 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 18:15:55.71 ID:O0kyhMXu0
ロマン「・・・そうだね。さて暗い話はここまで。勿論今までの話も忘れちゃいけない大事なことだけれど」

ロマン「ここからも大事な話だから気分を切り替えていこう!」

リツカ「・・・はいっ!」




ロマン「じゃあ次はクラスの話をしよう!かぷさばのクラスには何があるか分かるかな?」

リツカ「えーっと・・・セイバー、キャスター、ランサー、ライダー、バーサーカー・・・あ、アーチャー」

リツカ「・・・うーん」

ダヴィンチちゃん「後は七騎ならアサシンかな」

リツカ「そうそうアサシン!あとは・・・なんだっけアヴェンジャー?」

ロマン「お、よく知ってるね。基本的な七つのクラスを七騎。それ以外のクラスをエクストラって言うんだ」

ロマン「すべて発見されているわけじゃないけどさっきリツカ君が言ってくれたアヴェンジャー」

ロマン「あとはルーラー、シールダー、アルターエゴなどが発見されているね」
21 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 18:29:06.00 ID:O0kyhMXu0
ダヴィンチちゃん「私はさっき言ったようにキャスターのクラスだよ」

ロマン「クラスにはそれぞれ特色があるんだ。例えばキャスターのクラスのかぷさばはバトルでは魔術や呪いが得意なクラスだね」

ロマン「それと言語能力や知力が他のクラスのかぷさばと比べて平均的に物凄く高いんだ」

リツカ「あ、やっぱりそうなんですね。ダヴィンチちゃん凄い喋るなぁって思ってました」

ダヴィンチちゃん「私はキャスターで尚且つ天才だからね。まぁこれでも結構疲れるんだけど」

ロマン「平均的なかぷさばは言語の理解はできても短い会話くらいしかできないのがほとんどだね」

ロマン「バーサーカーのクラスになるともう会話すら成り立たないのがほとんどだよ」

ロマン「その代わりとっても力がありバトルでは物凄い強さを誇るけどね」

リツカ「なるほど。皆いい所があるってことですね!」

ロマン「うん。いい答えだ」
22 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 18:48:49.88 ID:O0kyhMXu0
ロマン「さてこのままバトルの話に行こうか」

リツカ「バトル!!」

ロマン「お、食いつきが凄いね!もしかしてバトル好きかい?」

リツカ「はい!僕の夢はグランドマスターになることです!」

ロマン「グランドマスターかぁ・・・いいね!夢はでっかく!まさしくロマンだ!」




ロマン「じゃあ知ってることもあるだろうけどかぷさばバトルについてだ」

ロマン「まずは一回のかぷさばバトルに使えるかぷさばは最高六騎まで。そして同時にこれは旅に連れて行ける最大数でもある」

ロマン「これより多く連れて行くには仕事などの資格がいるから君は六騎までが最大だと覚えれば大丈夫!」

ロマン「そしてバトルには一対一のシングルバトル、二対二のダブルバトル、三対三のトリプルバトルがあり、戦うかぷさばの数や対戦方法は双方の合意によって決まるんだ」

ロマン「そしてどちらかのかぷさばが決められた数戦闘不能になったら終わり!」
23 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 18:58:51.45 ID:O0kyhMXu0
ロマン「バトルに関しては以上!」

リツカ「えっ!バトルの内容とかはないんですか!?」

ロマン「それはこれから君が旅をしていくうちに回るジムで学ぶことだよ」

リツカ「あ、なるほど」

ロマン「その様子だと知っているようだね。この世界には七つのジムがあるんだ」

ロマン「ここから一番近いジムだとフユキシティの騎のジムかな」

ロマン「ジムではそれぞれバトルについて学び、試練を課され、それをクリアしてジムリーダーに勝利する」

ロマン「その後身体のどこかに令呪を刻んでもらってそれを七つ集めると時計塔の四天王に挑めるんだ」

ロマン「そしてその時点のグランドマスターに勝利すればグランドマスターになれるというわけだ」
24 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 19:15:40.46 ID:O0kyhMXu0
ロマン「凄く険しい道のりだよ。三つ目までは頑張れば誰でも取れるだろうけど四つ目からは本当に難しい」

ロマン「七つ目なんてめったに挑戦者なんか現れないって聞くよ」

リツカ「それでも僕はなります!なってみせます!」

ロマン「うん。それでこそロマンだよ!」

ロマン「じゃあ次は・・・」







ロマン「・・・さて随分と時間がたってしまったね。この子も限界のようだ」

リツカ「あ、そういえば途中から全然反応なかったですねダヴィンチちゃん」

ダヴィンチちゃん「すー・・・すー・・・」zzz

ロマン「キャスターといえどここまで複雑な言語化は凄く体力を使うようなんだ。お疲れさま」ポンッ

ロマン「君も少し疲れただろう。少し休憩にしようか」

リツカ「はい!じゃあトイレ行ってきてもいいですか?」

ロマン「うん。どうぞ。」

リツカ「行ってきます!」タッタッタ…





ロマン「あ、トイレの位置分かるかな?まぁいいか。誰かに聞くだろうし」
25 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 19:28:21.32 ID:O0kyhMXu0



リツカ「トイレどこだろう・・・」キョロキョロ

リツカ「わっぷ」ドン

おっとりとした女性「あらあら・・・」

リツカ「す、すみません!よそ見しながら歩いてて」

おっとりした女性「いえいえ・・・それにしても見ないお方ですね。ここには何用で?」

リツカ「あ、僕新人マスター研修にきましたリツカって言います」

おっとりとした女性「あらあらこれはこれはご丁寧に。わたくし此処で臨時職員をやっておりますキアラと申します」

おっとりとした女性(改め以下キアラ)「以後お見知りおきを・・・」ペコリ

リツカ「あ、はい・・・どうもです」ペコリ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 19:29:57.35 ID:cxerZlfW0
(アカン)
27 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 19:35:49.30 ID:O0kyhMXu0
キアラ「それでリツカさんはどうしてこんな所にいらっしゃるのでしょうか?此処は研究区画ですよ?」

リツカ「あ、あのトイレの場所が分からなくて・・・」

キアラ「あらあら。厠でございましたらそうですね・・・この道を右に曲がった先の階段を下りて真っすぐ行くと見えてくるかと」

リツカ「ありがとうございますキアラさん!」タッタッタ…





キアラ「ふふふ、あのように可愛らしいとついつい食べてしまいたくなりますね・・・おっといけない。この後もお仕事がありますから・・・ふふふ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 19:41:14.63 ID:6iNUwqrYO
R板だから嫌な予感はしたけどまさかキアラとは…(うちのカルデアの主力)
29 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 19:48:27.15 ID:O0kyhMXu0
リツカ「階段を下りて・・・真っすぐ・・・?」

リツカ「あれ?道合ってるよね・・・?暗くてよく見えないけど・・・」

リツカ「・・・なんか変な場所だなぁ。トイレあってもおしっこ出ない気がする」




リツカ「絶対トイレじゃないけど明かりの付いてる部屋が一つだけある・・・」

リツカ「・・・すみません。誰かいますか?」コンコン

マシュ「・・・先輩?その声先輩ですか?」

リツカ「あ、マシュさん。よかった!僕迷っちゃって・・・」

マシュ「い、今入ってこられると!!」

リツカ「えっ・・・あ・・・」

マシュ「私・・・困ります・・・」


_____リツカの目に映ったのは少女が機械でできた義足を抱えている姿だった
30 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 19:51:36.99 ID:O0kyhMXu0
>>28

R板・・・?え?あ?

・・・・・・やっちまった!!
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 19:53:53.82 ID:6iNUwqrYO
>>30
え、まさかのKENZENだったの…?
32 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 19:57:04.22 ID:O0kyhMXu0
>>31
はい・・・エロ要素欠片もないです・・・

あ、キアラさん出てるから嘘つきました
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 20:01:21.01 ID:6iNUwqrYO
>>32
これはエロを入れろという魔性菩薩様のお導きかと
34 : ◆wrv.63n1FM [sage]:2017/11/30(木) 20:08:43.75 ID:O0kyhMXu0
>>33
少し考えてみましたが文章力的にもシチュ的にもかなり難しそうなので素直にKENZEN板に再建てします・・・
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:29:28.95 ID:PqjABsAA0
あらら…ドンマイです。

とりあえず建て直したらURL貼ってくれるとありがたいです
18.21 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)