魔女娘「あなたは何ができるの?」サキュバス「うっふーんなこと」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/19(土) 13:04:48.72 ID:qFTZsmBy0
先生「今日は生涯のパートナーとなる使い魔を召喚する日です。皆さん何を召喚するかしっかりイメージしてきましたか?」


ライバル魔女「あら魔女娘さん、随分と貧相な触媒を使って召喚するのね。一生を共にする使い魔を召喚するというのに、そんな粗末な触媒しか用意できないなんて平民上がりは本当に可愛そうですわ」

ライバル魔女「そうだわ! よろしかったら私の余ったものを恵んであげましょうか? ライバル魔女様にいっっっしょう尽くしますと泣き咽び跪きながら言えたら与えてあげてもいいですわよ」


魔女娘「いらない。触媒なんかなくても召喚くらいできる」


ライバル魔女「ふん! 強がりはおよしなさいな。そんな古ぼけた手鏡一枚で何が召喚できるというの?! というかどこから持ってきたの。かび臭いし、ヒビも入ってるじゃないの」


魔女娘「実家の納屋に置いてあった」


ライバル魔女「ゴミじゃありませんか!?」
2 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/19(土) 13:13:45.79 ID:qFTZsmBy0
取り巻き「ライバル魔女様。順番が回ってきましたよ」


ライバル魔女「あら、ありがとう」

ライバル魔女「まあいいわ。せいぜい召喚してから触媒をもらわなかったことを後悔するといいわ! あとから跪いて一生尽くしますって泣いても知らないから」


魔女娘「ん、そんなことにはならないと思うから大丈夫。自分の召喚に専念してね」


ライバル魔女「その余裕も今の内ですわよ! 絶対あなたよりすごい使い魔召喚しますからね!」


魔女娘「行ってらっしゃい。頑張ってね」
3 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/19(土) 13:34:54.03 ID:qFTZsmBy0
友魔女「おつー魔女娘。今日もライバル魔女の相手お疲れ様」


魔女娘「お疲れ。だけどただ普通に話してただけだから、疲れてない」


友魔女「さすが成績ナンバー1様はナンバー2からの嫌味を物ともしないね! もっとライバル魔女のこと気にしてあげたら?」


魔女娘「……? 友達らしく接してるとは思うけど?」


友魔女「ホントにアウトオブ眼中なんだね……。ライバル魔女カワイソー」

友魔女「—―あ、ライバル魔女召喚しだした」


魔女娘「魔力の流れも安定してる。精神も乱れてない。ん、失敗はしない」


友魔女「じゃああとは何が出るか……って、デカいな」


魔女娘「それに魔力量も凄まじい。伝説級の使い魔、くる」


友魔女「—―っ、あれは……」


魔女娘「——――ドラゴンだ。すごい……」

魔女娘「おいしそう」


友魔女「え?」


魔女娘「え?」
4 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/19(土) 13:54:28.30 ID:qFTZsmBy0
ライバル魔女「おーほほほっ見ていましたか、魔女娘さん。というか見なさいこの雄々しくも美しい二色の眼を持つドラゴンを!」

ライバル魔女「これほどまでの使い魔を、あなた呼び出せますか?!」


友魔女「……冗談だよな」


魔女娘「昔、トカゲを丸焼きにして食べた。おいしかった。あれも似てるからきっとおいしい」


友魔女「食べるなよ、絶対だからな! フリじゃないからな!」


魔女娘「伝説級の使い魔……伝説級の味……」


友魔女「おいっ!?」


魔女「冗談」


友魔女「お前なぁ……」



ライバル魔女「無視しないでくださる!!?」
5 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/19(土) 14:42:38.23 ID:qFTZsmBy0
魔女娘「すごいの召喚したね」


ライバル魔女「そうでしょうそうでしょう。なんたって神童と呼ばれ育ち、魔法界の華といわれるのですもの。これくらい当然ですわ!!」

ライバル魔女「さあ、次はあなたの番よ。ワタクシのライバルとして恥じない使い魔を召喚しなさいな」


魔女娘「応援してくれるの? ありがとう」


ライバル魔女「応援なんかじゃありませんわ! ライバルがみっともないとワタクシまで低く見られてしまいますからね!」

ライバル魔女「だから、余った触媒をあなたに譲ってもよろしくてよ!」


魔女娘「うん、いらない」


ライバル魔女「もう!!」


魔女娘「魔力いっぱい込めれば何とかなる」

魔女娘「だから大丈夫。心配してくれてありがとう」


ライバル魔女「しっ、心配なんてしていませんわ。せいぜい見れる使い魔を召喚することね!!」


魔女娘「うん……じゃあ、友魔女、ライバル魔女、行ってくるね」


友魔女「がんばー」
6 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/19(土) 22:04:02.35 ID:qFTZsmBy0
魔女娘「さてと……」


先生「魔女娘さん、準備は大丈夫ですか?」


魔女娘「はい」


魔女娘(集中集中……魔力を魔方陣の上に置かれた触媒に注ぎ込むっと)グウゥ

魔女娘(……お腹すいたな。何か食べたいなあ……。非常食になる使い魔がいいなあ……)


鏡「」ピキッ


魔女娘「え――?」ガクン


先生「……っ!? 魔女娘さん! 一旦魔力を止めてっ」


魔女娘「止まりませんっ……吸われる……っ」


先生(このままじゃ何が出てくるか……)

先生「触媒を破壊します! 離れて—―」


鏡「」ピカ—―ッ—ードッ—ー


???「あらぁ、どこかしら、ここ」


先生「おそかった……」


???「……ああ、あたし召喚されたのね……」


魔女娘「貴方は――」


???「あなたがあたしを召喚したマスターね」

サキュバス「初めまして。私はサキュバス。よろしくね」


魔女娘「私は、魔女娘。よ……よろしく」

魔女娘「……あなたは何ができるの?」


サキュバス「あたしサキュバスよ。決まってるじゃない」

サキュバス「うっふーんなこと」


魔女娘「……そっか……やっぱり非常食にはできないか……」

魔女娘「うっ……お腹減った」バタン


先生「魔女娘さん!? 気絶してる……」


サキュバス「あらあら召喚の時に魔力びゅっびゅっしすぎちゃったね。……あと空腹でかな?」


魔女娘「うぅ……」キュルキュル
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/22(火) 07:10:00.94 ID:LlyJl/P/0
期待
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/24(木) 18:37:13.27 ID:Os+LDEiDO
まだかな
9 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2019/10/27(日) 18:52:51.62 ID:X5n/noWX0
魔女娘「うう……ん、ふああよく寝た」

魔女娘「……? ここどこ?」

魔女娘「やけに豪華なベッド……貴族が使うベッドみたい。ふかふか」

魔女娘「……どうせふかふかならベッドより焼き立てのパンのほうがいいなぁ」

魔女娘「ベッドみたいな大きさのふかふかなパン……食べたいなあ」グウゥ


魔女娘「……おなか、空いたなあ……ん?」


焼き立てパン「」ホクホク


魔女娘「なんでベッドの上に焼き立てのパンが……」ぐう

魔女娘「……。……食べちゃえ」


焼き立てパン「ち、ちょっとまってぇ—―!」


魔女娘「パンがしゃっべた!?」


焼き立てパン「すごいねあなた、この状況で食欲優先させるなんて」


魔女娘「生きたパン……絞めたことないな」


焼き立てパン「食べることしか考えてない!?」

焼き立てパン「まってまって!? 元の姿に戻るから—―」ボフンッ


魔女娘「うっ……けほけほ……あれ、パンは?」


???「どうやらあたしのマスターは色気より食い気みたいね」


魔女娘「……誰? パンは?」


???「さっき自己紹介したけど……まあ忘れちゃうか」

サキュバス「じゃあ改めまして、あたしはサキュバス。あなたの使い魔よ」


魔女娘「……私のパンは?」


サキュバス「ごめんなさいね。あの姿はマスターの欲望をもとに形作った幻想なの」

サキュバス「普通は性欲マシマシ汁だくだくな理想の美形になるんだけど……性欲よりも食欲が上回った人なんて聞いたことない」

サキュバス「……欲を助長させる暗示もかけてたのに」ボソ


魔女娘「そんな……食べたかったパン……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/27(日) 18:58:42.61 ID:hhs88MhUo
良いね食いしん坊少女
11 : ◆TEm9zd/GaE [saga]:2019/10/27(日) 20:23:58.87 ID:X5n/noWX0
サキュバス「ねえマスター、ここがどこだか気にならないの?」


魔女娘「そういえば、こんな豪華なベッドで寝たことない、私」

魔女娘「学園の保健室……な訳ないか。貴族みたいなベッドだし……それに……—―!!?」ハッ


魔女娘「ドアがない、窓も……どころか、ベッド以外に何もない!」


サキュバス「うふふ、やっと気づいたみたいね」ニヤリ

サキュバス「そう、ここには出口なんてない—―」ドサッ


魔女娘「うわっ—―?!」ドサッ

魔女娘(押し倒され—―)


サキュバス「ここはあなたの夢の中」

サキュバス「なにをしてもいい。なにをしても許される」

サキュバス「ねえ、見せて……あなたの欲を――」


サキュバス「醜く、愚かで、度し難い――その陰鬱とした劣情を――!!」


魔女娘「……っ」ガクン

魔女娘「な、にこれ……力が……」


サキュバス「言ったでしょう。ここはあなたの夢の中」

サキュバス「あたしが創ったあなたの夢。全てはあたしの思った通り」


サキュバス「抵抗しないで。どうせ逃げ場はないのだから」

サキュバス「受け入れて。――今まで一度も体験したことのない甘美な夢を見せてあげる」
12 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:31:48.96 ID:keKnuKXkO
――魔女娘視点。

 
 これまで一度も嗅いだことのない甘い匂いが鼻を擽る。

 どんなチョコレートよりも蕩けていて、どんな花蜜よりも粘執的な。

 そんな匂いに、私の心はふにゃふにゃに砕けてしまった。


 その匂いは目の前の女性から漂っている。

 美しい女性だ。

 二重の瞳に、熟れたリンゴを思わせる瑞々しい唇。カモシカのようにしなやかに伸びる手足は小麦のような健康的な色をしていた。


 そんな彼女のなかで一番心惹かれたのは、貴族が身に付けているような宝石――アメジストを思わせる紫紺の瞳。

 くっきりとした目尻にしっかりと嵌まったその瞳は、逸らされることなくまっすぐに私を射抜いている。

13 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:32:51.19 ID:keKnuKXkO
 今までで出会ったことのない美貌を目の当たりにして、胸はこれ以上ないくらいに高鳴った。

 こんな気持ち、初めて。

 今まで貧困に喘ぎ、日々の食べ物にも困る生活をしてきて、色恋を知る余裕もなかった。

 魔法の適性があるのが分かり、両親に身売り同然で貴族に売られ、養子になった今となっても……今さら、恋愛なんかに興味が持てなかった。


 だから、これが初めて。

 他人に見惚れるなんてことは――。

14 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:34:23.22 ID:keKnuKXkO

サキュバス「とまどってるの? 安心して、怖いことじゃないよ」


 脳みそを溶かす甘い声。

 その甘美さを真っ先に受け止めた耳から、頬をつたい、首もとまで熱が伝播する。ぞっと腕が粟立った。


 その麗しい腕が私へと伸び、捕らえる。

 ブラウスのボタンが上から一つ一つ外される。

 真白い服が剥かれ、幼少の折りに怪我したきり消えない傷の、決して綺麗とは言えない肌が空気に触れる。


サキュバス「かわいいおっぱいだね。ふふっ子供みたい」


 その言葉に、少しばかり熱が揺らぎ、うっと眉根を寄せる。


 私はあまり自分の事が好きではない。

 育ちの悪い貧相な体だけならまだしも、あちこちに刻まれた傷。

 例え貴族の一端になろうとも、例え魔法の腕前が凄かろうとも、この思いだけは消えやしないだろう。


 だから、目の前の綺麗な女性に、私の裸を見られるのは嫌だった。

15 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:35:37.73 ID:keKnuKXkO
魔女娘「ゃ……見ないで……」


 手を振り、振り払おうとするもその行為に意味などなかった。

 弱々しい私の力は、すぐ押さえられてしまった。

 私の腕を掴んだサキュバスは言う。


サキュバス「抵抗しないで、恥ずかしがらないで。あなたの身体、とても素敵だよ」 


 力強い視線に射抜かれ怯み、力が完全に抜ける。

 だけど、その瞳はやはり綺麗だった。

 そんな瞳をみていると、なんだか抵抗する気が失せてくる。

 むしろ彼女が見たいと言うのなら、自分から服を脱ぐべきではないかとすら思えてくる。

 思う前に身体は動いていた。


魔女娘「笑わ……ないでよ……」


 そう言った時には既にブラウスは腕から抜け落ち、下着のない私の肢体は全てさらけ出されていた。

16 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:36:57.96 ID:keKnuKXkO
サキュバス「……ふふっ、綺麗だよ、すっごくね」


 滑らかで細い指が伸び、私の胸を――薄い胸板の上に走っている切り傷を撫でる。


サキュバス「どうしたの、これ?」


魔女娘「……昔、男の人に襲われて、そのときに……」


サキュバス「へぇ……」


 サキュバスのか細い指が傷痕を嘗める。

 こそばゆさに身が震える。

 

サキュバス「この傷、嫌い?」


魔女娘「きらい……醜いでしょ」


サキュバス「そうでもないけど……まあ好きにはなれないか、乙女だもの」


 顔が胸にぐいっと近づく。吐息がかかり、どくんどくんと胸の上下が速くなる。

17 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:38:49.45 ID:keKnuKXkO
 ちろり、と軟らかで湿り気の帯びた感触が胸に、そこに走った傷痕に、与えられた。


 思わず、ひゃっとあられもない声が出てしまう。


サキュバス「かわいい声……これ、好き?」


魔女娘「……きらい」

 嫌いだった。他人に見られたくない箇所だった。そんな場所を、私は今、舐められている。
 目の前の美しい女性に舐められている。
 
 猫のようにチロチロと走る粘体は、今までに感じたことのない痺れを産む。
 
魔女娘「ひゃあ……あぁ、ん」
 
 我慢できずに、上げたことのない声を上げてしまう。

 こんなの知らない。
 こんな媚びたような声を上げる自分も、胸に走る気持ちよさも、嫌いなところを好きにされる疼痛も……美しい人に弄ばれる甘さも。

サキュバス「ふふっ、月並な言い方だけど、体は正直だねぇ。サキュバス冥利に尽きるなぁ」
 
 ぺろりと舌なめずりする妖魔。
 妖しく光ったその瞳は、弱った獲物を目の前にして喜悦に震える獣のよう。
 竦んでしまって何もできない。
 ただ、与えられている快楽の渦に流されるのみ。
 
18 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:39:44.79 ID:keKnuKXkO
サキュバス「出来上がってきたねぇ……じゃあ、こっちもイッてみようか」
 
魔女娘「――はへぇ?!」
 
 
 不意に、細く滑らかな指がお腹を撫でると、ツツっとそのまま下に伸びた。
 生え揃ってない子供みたいな淡い茂みの奥。
 ぬらりと汗ではない汁、淫らな液の溢れる一筋の割れ目。
 
 誰にも触れられたことのない箇所へと手を伸ばされた。
 

魔女娘「だ、だめ……そこ、おしっこのところ……汚いよ……」
 
サキュバス「ふふ、そんなことないよ」

 そう言ってサキュバスは遠慮なく敏感なところに指を突き刺す。
 
サキュバス「うふふ、入っちゃった。見て、分かる? マスターのきつきつなおまんこに私の指、出たり入ったり」

魔女娘「う、あぁん……ぁっあああん――!」
 
 欠けていたところを埋められる感覚に喜びの艶声がでてしまう。
 
 サキュバスが少し指を動かしただけで、グッチュグチュとお股から水音が溢れ出す。即ちそれ程までに、濡れていたということで……。
 
19 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:40:35.81 ID:keKnuKXkO

魔女娘「う、わぁ……はずかし、ぁっ……ああん、みない、でぇ――」
 
 今自分はどんな表情をしているのだろう。
 初対面の女性……しかも、顔の良い人に好きに弄ばれるなんて……。
 
 ぐしゃりと両手で顔を抑える。間違いなくだらしない顔になっている。そんな顔見せたくなかった。
 恥ずかしさで頭がおかしくなりそうだった。
 
 
20 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:41:36.44 ID:keKnuKXkO
 ぐちゅぐちゅ。
 私の女性器から奏でられる淫らな水音は勢いを増す。私の喘ぎと、サキュバスの弄笑が合わさった蠱惑の三重奏。

サキュバス「かわいいね、マスター。そんなに気持ちいいんだぁ……口からだらしなくよだれ垂らして……」
 
魔女娘「うへぁ……っあ、ひ」
 
サキュバス「まともに言葉も出せないか……でもまだまだ――」
 
魔女娘「イっ――あああっ!! なにこれ?? なにこへ?? あたま、おかしくなりゅ!!!」
 
サキュバス「うふふ、ここが気持ちいんだ? もっとやってあげるね」
 
魔女娘「やらぁ!? や、やだやだ!! ああぁっ、きもひ、よすぎ……! しらない、こんなの、しらなぃぃぃっ!!」
 
 こつこつこつ! 
 サキュバスの指、激しくなって。
 わたしの、気持ちいいところ、見つけられては、ぐちゃぐちゃになるくらいかき乱して――。
 
魔女娘「あ、あああっあへあへぇ……! あああんっふへぇえ――!!」
 
 脳が溶ける。もう、獣みたいな声しか出せない。
 限界だった。
 
21 : ◆TEm9zd/GaE [sage saga]:2020/02/22(土) 00:42:25.45 ID:keKnuKXkO
サキュバス「もう、イきそう? イきそうね! いいよ、ぐちゅぐちゅおまんこ爆発させて! 私に挨拶代わりの始めまして本気イキみせて!」
 
 私が限界になっているのを感じ取ったのか、攻める手の激しさが増す。
 脳の奥でチカチカとスパークが走った。電流は増幅し、私の体を焦がし尽くした。
 
魔女娘「あっ、あ、ぁっあ――あ、嗚呼アああぁっアアァああッッッ!!」
 
 溢れ出た快楽は、脳を犯し、体中を走り抜け、サキュバスの指が差し込まれた膣で爆発した。

魔女娘「――っっ!!!」
 
 高いところから降りてこれない。
 それほどまでに深い絶頂。
 呼吸さえ忘れてしまうほどだった。
 
22 : ◆TEm9zd/GaE [saga]:2020/02/22(土) 00:43:37.08 ID:keKnuKXkO
サキュバス「うふふ、かわいい」
 
 彼女の声が耳に心地良い。
 高いところにいた意識がふわりふわりと落ちてくる。
 気だるさが体を蝕み、意識が更に下へと落ちていく。
 まぶたが重くなってきた。
 
サキュバス「淫催眠も使ったけど、ここまで乱れてくれるんだ。くふふ、当たりのマスターだあ」
 
魔女娘「サキュバス……?」
 
サキュバス「ふふ、これからも末永くよろしくね、マイマスター」
 
 薄れゆく意識の中、妖艶に微笑むサキュバスの顔が印象的だった。
 その端整な唇を歪ませて言う。
 
サキュバス「次は現実で楽しみましょ。ね、マスター」
 
 
――――――
――――
――
 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/22(土) 01:27:22.01 ID:5MPB+ZAEo
うおおお再起動してる!
ありがとう!!
続き待ってる!
18.15 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)