女「こんなの魔法少女じゃない!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 09:57:24.00 ID:vi+8tXbZ0
女「なんで化け物と戦わなくちゃいけないの」

猫「化け物じゃなくてファントムだよ」

猫「この世界の負の思念から生まれて放っておくと世界が滅んでしまうんだ」

女「それはもう聞いたよ」

猫「ファントムを倒して魔石を集めれば願いが叶うよ」

女「ファントムが現れないようには出来る?」

猫「それは無理だと思うな」

女「猫さんて本当に使えないよね」

猫「ちょっ」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:02:18.68 ID:vi+8tXbZ0
女「だいたい私以外にも魔法少女いたし私が戦わなくてもいいでしょ」

猫「初仕事の時に助けてくれた子がいるだろう?」

女「友ちゃん……」

猫「君が戦わないせいであの子が命を落とすかもしれないけど良いのかい?」

女「卑怯、最低、詐欺師、クズ、悪徳商法」

猫「はは……やる気になってくれて嬉しいよ」

女「猫さんも戦ってよね」

猫「前にも言ったけど僕らは人間を魔法少女にすることは出来るけど戦闘能力は無いんだ」

女「使えない」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:08:16.19 ID:vi+8tXbZ0
猫「まあそう言わないで、君は才能があるからすぐに強くなれるよ」

女「独りだとその前に死んじゃうかもしれないよ」

猫「そうだね」

女「だから今から友ちゃんに電話して来てもらおう!」

猫「もう呼んでおいたよ」

女「え」

友「女ちゃーん」ギュー

友「今日はいつもの人助けじゃなくて戦闘だけど頑張ろうね」

女「苦しいよぉ」

友「あ、ごめん。でも女ちゃんは私が守るから!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:14:00.02 ID:vi+8tXbZ0
女「そういえばどうやって呼んだの?」

鼠「俺たちの間ではテレパシーで連絡が取れるんだ」

女「へー」

女「なんで仲間なのに違う動物なの?」

鼠「特に理由はない!」

女「そうなんだ……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:21:59.15 ID:vi+8tXbZ0
女「行こっか」

友「うん、このゴッドスレイヤーでパパッとやっつけちゃうから見ててね」

女「……」

鼠「俺は大剣が欲しいと言われて与えただけだ。名前はヤツがつけた」

友「女ちゃんは武器もらってないんだっけ?」

女「うん、だって魔法少女には要らないからね」

友「素手と変身魔法で戦うんだね。渋い」

女「1人1種類の魔法しか使えないって言うから応用が利きそうな変身魔法にしたんだ」

女「友ちゃんは強化魔法だよね」

友「うん、女ちゃんも武器もらおうよ」

友「弓矢で援護射撃して欲しいな、ジャッジメントアローとかどう?」

女「あはは……魔法少女に武器は要らないよ」

友「渋い!素手で岩とか砕きそう」

女「そういうのじゃないよ私」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:36:09.79 ID:vi+8tXbZ0
友「またつまらぬ物を斬ってしまった」

女(案の定友ちゃん1人で楽勝だった……)

友「はい、魔石半分こ」

女「私何もしてないのに」

友「女ちゃんが後ろにいてくれるから安心して戦えたんだよ」

青髪「魔石ゲットだと思ったのに先越されちゃったかー」

青髪「ま、あんた達から貰えばいっか」

女「え?」

インコ「大人しく渡した方がいいぞ」

友「は?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:46:48.00 ID:vi+8tXbZ0
女「あれって猫さんの仲間だよね?いいの?」

猫「僕らには魔法少女同士の争いを止めることは出来ない」

猫「守るべき普通の人たちに危害を加えるなら止められるんだけど……」

鼠「むしろ魔法少女同士の戦いによってより強い魔法少女が生まれるのを期待している」

女「そんな……」

友「ねずっち酷い!」

青髪「良いから早く魔石出せよ」

友「はっ、要は悪の魔法少女って事でしょ?」

友「私がやっつけてやる!」ダッ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 10:55:07.84 ID:vi+8tXbZ0
友「ぐはぁ!」

女「えっ、なんで?前に飛んだはずなのに」

女(急に友ちゃんの動きが止まって、そこに攻撃が)

友「仲間がいたんだ」

青髪「ファントムは何してくるか分からないから仲間くらい用意しないと」

赤髪「青ちゃんてムカつくから相手してると周り見えなくなっちゃうよね」

友「まだまだぁ!」

女「わ、私も頑張る」

赤髪「もう終わってるから」

友「ぐほぉっ」

女「血!?」

赤髪「私は毒の魔法の使い手だから紅姫ちゃん」

赤髪「あっ、紅姫ちゃんっていうのはこの銃の事なんだけど」

青髪「相変わらず変な名前だ」

赤髪「うるさい」

赤髪「とにかく、攻撃を食らったら毒でお終いってこと」

女「そんな……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:00:43.14 ID:vi+8tXbZ0
女「助からないんですか!?」

青髪「こいつは強いから死んだ方が助かる」

女「酷い……」

赤髪「あなたも死にたいの?」

青髪「やめろ、私も運動したい」

女「このぉ!」ダッ

青髪「……」

女「えっ、体が……」

青髪「私の魔法はなんでも止める事が出来る」

青髪「今は1つの物を少しの時間しか止められない」

青髪「だから魔石を集めてもっと強くするんだ、そしたら世界中なんでも止め放題で好きに出来るだろ?」

青髪「おらぁ!」

女「うぐっ」ドサッ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:03:57.66 ID:vi+8tXbZ0
青髪「逃げても無駄だからよ、大人しくサンドバッグになってろよな」ゲシゲシ

女「うぅ……」

友「女ちゃ……ん……」ドサッ

赤髪「あはっ、死んじゃったかな?」

赤髪「ねえ知ってる?」

赤髪「魔法少女が死んだら変身前の姿に戻るんだよ?」

赤髪「この子の正体はどんなのかなー?」

女「友ちゃん……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:12:25.59 ID:vi+8tXbZ0
おっさん「」

赤髪「えっ、マジ?おっさんじゃん」

赤髪「おっさんでも魔法少女になれるの?」

トカゲ「性別くらい守れよ」

鼠「才能がある者をスカウトするのが俺の仕事だ」

青髪「お前おっさんと仲良しだったんだな」

青髪「セクハラされまくったんじゃねーの?」

女「……」

青髪「さて、そろそろ貰うもん貰って帰るか」

赤髪「オッケー、おっさんの魔石は確保したよ」

青髪「どこに持ってる?瓶かなんかにでも入れてるんだろ?」

猫「彼女は魔法少女になったばっかりだから持ってないよ」

青髪「は?使えねー」

青髪「あばよ、お前が魔石集めたころに貰いに来るからな」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:20:55.20 ID:vi+8tXbZ0
女「……」

女「何を信じたら良いんだろ……」

女「友ちゃんも本当は」

鼠「こいつは生粋の魔法少女好きだった。少なくとも変身中は邪な気持ちはなかったはず」

女「そっか……だと良いな」

女「猫さん、友ちゃんは魔石何個で生き返るの?」

猫「無理だよ。失われた命は魔石の力でも取り戻せない」

女「本当に使えない!」

女「じゃああいつらの殺し方くらいは教えてよ!」

猫「戦って勝しか無いんじゃないかな」

女「はあ……インターネットで調べるからいいよもう」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:32:26.76 ID:vi+8tXbZ0
1週間後

猫「あれから部屋から出ないなんてご両親も心配してるじゃないか」

猫「こんな事してないでファントムと戦った方が強くなれるよ」

女「猫さんはただ私をファントムと戦わせたいだけでしょ」

女「私は魔法の使い方を考えてたんだよ」

女「例えばこうやって体の一部を変身させて攻撃するとか」

猫「ぐえっ……」

女「右手を触手にしてみたよ、凄いでしょ」

猫「す、凄いね……でも苦しいから離して欲しいな」

女「酸や毒ガスを作れる体になったり火や水にも変身出来るんだよ」

女「変身魔法って私が思ってたよりずっと強い」

女「インターネットで魔法少女の弱点も調べたし私が最強だよ。ふふふっ、ふははははは」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:39:57.46 ID:vi+8tXbZ0
1か月後

猫「あれから真面目にファントム退治してくれて僕は嬉しいよ」

女「大変だったよ」

猫「そうかな?変身魔法を駆使して上手く戦えていたと思うけど」

女「他の魔法少女に見つからない様に戦うのは」

猫「なんでそこまで避けるんだい?あの2人みたいなのばかりじゃなくて友ちゃんみたいな子だっていっぱいいるよ」

女「関係ないよ。全員敵だから」

女「だから私の魔法を知られる訳にはいかないの」

女「もし猫さんが仲間に教えたらその時は……」

猫「君をサポートするのが役目だからそんな事はしないよ」

女「残念、私犬派だったんだけどなー」

猫「怖いよ……」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:44:27.64 ID:vi+8tXbZ0
女「そんな事よりまだ足りないみたい」

猫「その友ちゃんの剣を軽々と振り回す腕力が欲しいんだよね」

女「違う、私以外の物を変身させられる様になりたい」

女「猫さんに試した事もあったけど無理だった」

猫「そんな事してたの……」

女「やっぱり狩るしかないかな」

猫「君もあいつらと同じになるっていうのかい?」

女「関係ないよ、全部敵だもん」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:49:43.41 ID:vi+8tXbZ0
眼鏡「いや!来ないでください」

ギャル「もー、魔石くれたらそれで良いって言ってんでしょ」

ギャル「早く出せって」

眼鏡「駄目です!魔石を集めて妹の病気を」

ギャル「うっせ」ドスッ

眼鏡「ぐあっ……」

ギャル「それならなんで病気治す魔法にしなかったわけー?」

ギャル「つまりさっきのは嘘っしょ」

ギャル「だーかーら、あーしがイケメン大富豪と結婚する夢を叶えるために魔石貰うから」

眼鏡「そんな……」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 11:59:06.25 ID:vi+8tXbZ0
女「こんにちわ」

ギャル「ん?」

眼鏡「助けて!」

女「助けたら持ってる魔石全部くれます?」

眼鏡「そんなっ」

ギャル「えっ、あんた同類って事?でもコイツはあーしの獲物だから他当たれし」

女「先手必勝」ガシッ

ギャル「ちょっ、離sぎゃああぁあああーーー!!」

眼鏡「電気……?」

女「うん、これはなかなか」

ギャル「あっ、ああ……」ジョワー

女「あ、気絶しながらおしっこ漏らしてる。魔法少女もおしっこするんだ」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:05:38.11 ID:vi+8tXbZ0
女「あった魔石。あーん」ゴクン

眼鏡「魔石を食べ……」

女「食べたんじゃなくて体内に収納したんですよ」

女「さて、助けてあげたわけですし」

眼鏡「魔石は駄目です。妹の病気を治したいから」

女「へー、あなたはどんな魔法が使えるんですか?」

眼鏡「回復魔法です。でも妹の病気は治せませんでした……」

女「あははっ、正直に答えちゃうんですね。駄目ですよそんなんじゃ」

女「でも、嘘をついてる可能性もありますよね」

眼鏡「嘘じゃないです。お願いします許してください」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:11:41.56 ID:vi+8tXbZ0
女「じゃあ私の手下になりますか?」

女「手下になればいずれは妹さんの病気も直してあげますし、こんな人に怯える必要もありませんよ」

眼鏡「信じられません。だってそんな事」

女「あっ、そういえば」シュッ

グシャア

女「猫さん以外の動物さんは殺処分です」

眼鏡「触手……なんで?」

女「だって自分の手の内を知られるわけにはいかないじゃないですか」

女「あなたも死にます?」

眼鏡「あ、ああ……化け物……」ジョワー

女「クスっ、あなたもお漏らしですか」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:16:45.27 ID:vi+8tXbZ0
眼鏡「て、手下になれば殺さないでくれるんですか?」ブルブル

女「そうですよ。だからそんなに震えないでください」

眼鏡「手下になります。妹の病気を治せるのは私だけだから」

女「そうですね。私の目的が果たせたら治してあげます」

女「じゃあ儀式をしましょう」

眼鏡「儀式?」

女「お互いの心の溝を埋めるための儀式です」

女「魔法少女の弱点をついて私に身も心も奉げるようになってもらいます」

眼鏡「それってどういう……んっ!?」

女「んっ、ちゅっ……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:26:02.36 ID:vi+8tXbZ0
眼鏡「なんでキス?」

女「体が熱くなってきましたか?私の唾液には人間を発情させる効果があるんです」

眼鏡「あなたはいったい」

女「あなたと同じ魔法少女ですよ。魔法で化け物になっただけの」

女「ほら、脱いで」

眼鏡「はい」ハアハア

女「キスしながおっぱいいじってあげますね」

眼鏡「ん、んん……んはっ、これ何?分からない」

眼鏡「頭チカチカして気絶しちゃいそう、おっぱい触られるだけでおかしくなっちゃう」

女「気持ち良いんですよ多分」

眼鏡「気持ち良い?」

女「嫌ですか?」

眼鏡「嫌じゃないです」

女「もっと欲しいですか?」

眼鏡「欲しい、もっと!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:31:48.17 ID:vi+8tXbZ0
女「良いですよ」

女「今度は口でおっぱいです」チューチュー

眼鏡「んふぅっ、乳首しゅご、んんっ」

眼鏡「ダメ、なんかこれっ、ん、んんんぅっ!!」ジュワー

女「母乳出ちゃいましたね」

眼鏡「ああ……おっぱい、おっぱい……」

女「今度はここにしましょうか」クチュ

眼鏡「あん!」

女「脚を開いてください」

眼鏡「はい……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:40:07.67 ID:vi+8tXbZ0
女「エッチなお汁でビショビショですよ。ここも乳首みたいのがぷっくりしてますし」

眼鏡「んあっ」

女「きっとスケベだからこんなにお股から液が出るんでしょうね」

眼鏡「やめて、私そんなのじゃ……」

女「お股いじられるの気持ち良いですよね?」

眼鏡「はい……」

女「自分でいじったらいつでもどこでも気持ち良くなれるんですよ?」

眼鏡「いつでも、どこでも」ゴクッ

女「やっぱりスケベじゃないですか」

女「ほら、中に指入れてもっと気持ちよくしてあげますからね」

眼鏡「んんっ、んはぁ、そこは……」

女「この辺がいいんですか?いっぱいさわってあげますね」

眼鏡「ああっ、ダメぇ……そんなに、しちゃっ……んあっ、んんんんんんっーーーー!!」ブシャー
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:43:49.88 ID:vi+8tXbZ0
女「あはっ、凄い、水道みたい」

眼鏡「はあ……はあ……」

女「気持ち良かったですか?」

眼鏡「はい……良かったです」

女「じゃあ本番を始めましょうか」

眼鏡「えっ?」

女「だってまだ私に身も心も奉げる気にはなってませんよね」

眼鏡「あぁ……どうなっちゃうの……」

女「魔法少女の弱点を使います」

眼鏡「弱点?」

女「触手です」ウネウネ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:51:36.21 ID:vi+8tXbZ0
眼鏡(触手が体中に巻き付いて熱い、ジンジンする)

眼鏡(乳首も吸われて、口の中もアソコも擦られて気持ちいい)

女「そろそろ入れていいですか?」

眼鏡「わ、私初めてなんですだから……」

女「じゃあこっちで」

眼鏡「んおぉっ!おひりぃー!?」

眼鏡「お尻凄っ、飛ぶ!頭、飛ぶぅー!!」ブシャー

女「あー、またいっぱいお汁吹いてる。そんなに出すと干からびちゃいますよ」

眼鏡「気持ちいいのぉ……」

女「ここにも欲しいんじゃないですか?」

眼鏡「欲しっ、でも、でもぉ」

女「触手じゃ嫌なんですね」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 12:58:43.01 ID:vi+8tXbZ0
女「これはどうですか?」

眼鏡「おちんちん?」

女「そうです。私のおちんちんは欲しくないですか?」

眼鏡「欲しい、欲しいぃ!」

女「じゃあ私の物になってくれますか?」

眼鏡「なります!身も心も、私の全部をあなたに捧げます」

眼鏡「だからっ、だからあなたの物にしてください!」

眼鏡「おちんちんくださいぃーー!!」

女「おちんちん目当てなんですか?」

眼鏡「違います!でも……」

女「ご褒美は欲しいですもんね」

眼鏡「はい……」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 13:10:00.26 ID:vi+8tXbZ0
女「では、おちんちんに誓いのキスを」

女「そうすれば主人として下僕にご褒美をあげます」

眼鏡「ありがとうございます」チュッ

女子「よくできました」

眼鏡「んほおぉ!きたぁ、ご主人様のおちんちんお股に刺さってるぅ!」

眼鏡「しゅごいのぉ、太くて硬くてあぁん」

眼鏡「好き!好きです、ご主人様もご主人様のおちんちんも好きーー!!」

眼鏡「あぁ……死んじゃう、私っ、気持ち良すぎて死にますうぅーーーー!!」ビクンビクン

眼鏡「……」

女「駄目ですよ。おちんちんは射精するまで治まらないんですから」

眼鏡「んがっ、わ、私寝て?ごめんなさい」

女「大丈夫ですよ。おちんちんが鎮まるまで犯し続けるだけですから」

眼鏡「私が先に壊れちゃいそうです」

女「何か問題でも?」

眼鏡「いえ、壊してください。ご主人様の事しか考えられなくなるまで壊し尽くしてください」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 13:22:02.73 ID:vi+8tXbZ0
女「ふう」

眼鏡「ご主人様ぁ……」

猫「お疲れ様。こっちの子はどうするんだい?」

ギャル「……」

女「仲間が殺されたのに落ち着いてるんだね」

猫「事前に聞いていたからね。それに僕は君のサポートが仕事だから」

女「私がファントムと戦う限り文句は無いか」

女「優秀だね。前に使えないって言ったの謝るよ。ごめんなさい」

猫「いいよ。それよりもどうするんだい?」

女「眼鏡さんがお疲れみたいだしまた今度で」

女「体内で毒を作ってそれを注入して人気のない所に隠しておくよ」

猫「いいのかい?」

女「実験したいから」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 13:30:16.16 ID:vi+8tXbZ0
ギャル「ん……?」

ギャル(ここはどこ?体が動かない)

「病気は駄目でしたけど怪我ならなんでも治せると思います」

「でも試してみないことには分からないじゃないですか」

ギャル(この声、聞き覚えが……)

女「あっ、おはようございます。2日ぶりですね」

ギャル「おはようございますじゃn、2日ぶり!?」

女「体動かないと思うので抵抗しようとしても無駄ですよ」

ギャル「はっ、体が動かなくてもあーしの魔法で」

ギャル「ってマジで全然動かないし!」

女「ずっと寝てたんですよ。その間誰も助けてくれなかったみたいですね」

女「世知辛い世の中です」

ギャル「どうせ魔石は奪ったんだろ?早く解放しろよ!」

女「実験が終わったら考えます」

ギャル「はあ?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 13:38:01.74 ID:vi+8tXbZ0
ギャル「ムカつく……あーしの炎の魔法で燃やす!」

眼鏡「きゃあ!」

女「大丈夫、私が守りますよ」

眼鏡「ご主人様……」

ギャル「意味分かんないんですけど……」

女「変身!」

ギャル「なっ、炎?」

女「あなたの魔法の炎を飲み込む強力な炎に変身しました。これであなたは無力です」

ギャル「化け物……」

女「このまま消し炭にしてあげてもいいんですよ」

ギャル「熱っ、こんな化け物に勝てるわけない……」ジョワー

女「また漏らしちゃいましたね」

ギャル「また?と、とにかく私が悪かったです許してください何でもしますから」

女「じゃあ実験に付き合ってください」ニコッ

ギャル「……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 13:45:25.33 ID:vi+8tXbZ0
女「眼鏡さんの武器って」

眼鏡「拳銃です。やっぱり武器はこれが強いかなと思って」

女「普通だ。名前とかつけてるんですか?」

眼鏡「えっ、武器に名前つけたりしてないですけど」

女「普通だ。てっきり銃を使う人は見た目も名前も変な銃を使うのかと」

眼鏡「はあ……」

女「とりあえず私が変身して脚を切断するから魔法で治してあげてください」

ギャル「なんかメッチャ怖い事言ってるんですけど」

女「えいっ!」

ギャル「がぁあ!!脚がー!!」

女「神経が麻痺してるから痛くないと思いますよ」

ギャル「確かに痛くないけど……うっ、吐きそう……」

眼鏡「うっ……な、治します」

ギャル「な、治った!私の脚治ったー!」

女「じゃあ今度はもっと切り刻みますね」

ギャル「……」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 14:01:06.59 ID:vi+8tXbZ0
女「凄い、回復力ですね」

眼鏡「えへへ」

女「まだ魔法使えますか?」

眼鏡「はい、大丈夫です」

女「じゃあ今度は好きなだけ銃で撃ってから治してください」

眼鏡「分かりました」バンバン

ギャル(なんのためらいもなく蜂の巣にされるあーし)

ギャル「ははっ、もう殺せよぉ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 14:12:47.20 ID:vi+8tXbZ0
眼鏡「治りました」

女「凄いですね眼鏡さんの回復魔法は最強です」

眼鏡「ご主人様の方が凄いですよ」

女「じゃあこれはもう処分で」

女「私の手の内を知ってる存在は邪魔です」

ギャル「はっ、どーせそんな事だと思ったし早くやりなさいよ」

眼鏡「待ってください!儀式をしないんですか?」

女「あまり人数を増やしたくないんです」

眼鏡「お願いします!この人には酷い事をされたけど死ぬのは嫌なんです」

女「これを上げるから眼鏡さんの下僕にしたらいいです」

眼鏡(これはもしかしてご主人様の発情エキス)

女「1時間待ちます。出来なかった時は、分かりますよね?」

眼鏡「分かりました」
21.55 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)