魔女学園の男子生徒

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 01:57:27.98 ID:pskRJb510
魔法、科学では未だ解き明かせない未知の術。

それを操る者は魔法使い、魔女と呼ばれる。

長い歴史の中魔女達は人の中で生きてきたが、二つの要因でその姿を消す。

中世に起きた魔女狩り、そして現代社会の発展された科学。

人から姿を消してしまった彼女達は、表側に出る機会を失った。

昔はそれぞれ独立して生きていた彼女達も、束になった者達から身を守る為独自のコミュニティを作った。

数ある交流の中でも、歴史と魔法を効率よく若い世代に伝える場所……学園は特に人が多い。

魔女学園、そう呼ばれる学園に1人の男子生徒が転校することとなった。

魔法に適性のある女が魔法使いの大半を占める為、男児というのは大人達からは可愛がられる者だ。

だが同世代からはこの学園に入るまでほとんど接触せずに過ごしていた……彼は喉を鳴らしそびえ立つ古城を見上げる。



主人公の……
『名前』
『容姿』
『性格』
『得意魔法』
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/26(日) 02:05:27.21 ID:h1bdN+JA0
『名前』鶴巻ユウキ
『容姿』髪の色は茶色で目の色は緑。身長150cmの低身長の童顔。あそこは立派
『性格』お人好しで優しい困っている人は見過ごせない。真っ直ぐな少年 
『得意魔法』身体強化魔法
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:09:57.31 ID:a7OlUTmF0
『名前』カルマ
『容姿』黒髪 やや肥満体型 卑屈な目つき
『性格』穏やかぶっているが支配的な性格で計算高い
『得意魔法』召喚術 触手や異形の怪魔を呼び出し意のままに操る
4 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 02:22:55.23 ID:pskRJb510
彼は古城の中にある生徒達の寮に向かう。

……日本人、男、様々な要素がすれ違う女生徒達に目を向けられた。

世界中にある学園には日本に構えている物もあるが、この学園はその中でも名門。

必然、数の少なく期待をされている男はこの学園に入る。

ユウキ(…………大丈夫かな……)

今までは自分を期待してくれている魔法使い達と、自分の家族だけしか知らない彼は不安だった。

異物として排除されないか、そう年相応に不安を抱えていた。

そんな彼に、背後から誰かが話しかける。

……直後に知ることになるが、その声のある時は彼の担任教師だった。



教師の……
『名前』
『容姿』
『性格』
『得意魔法』
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:33:06.53 ID:tMo6aswUO
『名前』エルマ
『容姿』金髪、20代(魔法薬で若作りしてる4X歳
『性格』基本優しい、ただし年齢の話はNGで実年齢に触れると性的拷問を通り越した虐待おばさんになって腹上死させられる
『得意魔法』薬草学、調合
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:34:13.29 ID:tMo6aswUO
↑基本は善人でナイスバディの聖母追加で
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:35:30.02 ID:RGnKt48gO
『名前』 中曽根 ミソラ
『容姿』 170pと女性としては高身長で爆乳スレンダーで黒髪ロングポニーテールのクール系美女
『性格』 何でもかんでもすぐ信じてしまうタイプの人間で大抵のことは笑って済ます大らかな性格
『得意魔法』化物魔翌力に物を言わせた五大元素を自在に操った超高威力の大規模破壊魔法(他にも色々使える)
8 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 03:00:24.13 ID:pskRJb510
エルマ「はじめまして、鶴巻ユウキくんね?」

……背後から話しかけてきた金髪の美女が、彼に向かって微笑んでいた。

エルマ「薬学の教師で、あなたのクラスの担任……エルマです、よろしくね?」

まるで聖母を連想させる優しい微笑みに彼は思わず緊張する。

エルマ「さてと……貴方のお父様から話は聞いているかしら?」

ユウキ「は、はい……」

エルマ「そう? ならいいの、困った時は頼ってね?」

目を細めて笑いながら教室へ向かう。

エルマ「生徒達の親御さんはほぼ全員了承してくれたわ、娘を孕ましてもいいってね?」

…………魔法の才能は先天的なものが多い。

そして、親が魔法を使えれば子供は確実に魔法使いの才能を持つ。

鶴巻の当代当主の手腕は凄まじい根回しを行い、生徒の親の間では恋愛について誰も邪魔しない。

エルマ「惚れ薬から媚薬まで、なんでも揃ってるわ……ふふふ」

出発前、魔女世界の礎となることを誓った彼は……自分の血の重要性を知っている。

幸い親の後任が得られれば問題はない、一夫多妻となるのはある意味正常だ。

ユウキ「少なくとも1人、嫁を連れて帰って来いと」

エルマ「前の男子生徒はクラス全員娶ったってねぇ、私が学園に入る前だから……20年くらい前かな?」

そんな風には、と言おうとしたところで彼は口を閉じた。

女性の年齢を聞いていいことにならない、例え400年生きていようが見た目の年齢通り扱うのが魔法使いの常識だからだ。



同級生達の……
『名前』
『容姿』
『性格』
『得意魔法』
朝まで、1人何人でも可
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 03:16:14.58 ID:a7OlUTmF0
『名前』チルチカ
『容姿』寝癖のついた茶髪ロング ど近眼でぐるぐるメガネを着けている 無論メガネの下は美少女だが本人に自覚無し
背はやや低め 爆乳でお尻も相応に大きい
『性格』オタク趣味で人付き合いが苦手で恥ずかしがり屋 ちょっとズボラなところも 
『得意魔法』ゴーレム製作
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 03:24:50.88 ID:JJKh/f7m0
『名前』ブルーベリ
『容姿』子供にしか見えない身長と体型。垂れ目垂れ眉。紫髪ショートヘアで、アンテナのように脳天にリボンを結ぶのが好き。
『性格』喜怒哀楽が激しい、裏表の無い元気娘。ぷにぷにほっぺでぷくーっとふくれる。おいしいもの食べるとすぐ笑う。
『得意魔法』探査系。物体に触れるとその物体が過去に関わったことを読み取れるなどサイコメトリーじみた魔法。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 03:27:48.49 ID:KWeIcmvKO
『名前』朝宮 えみか
『容姿』美乳美尻 やや茶色がかった黒髪のストレートロングにヘアバンド 清潔な服装に涼やかな笑顔の正統派ヒロイン的美少女
『性格』努力家で誰に対しても優しい 怖がりだが間違った相手には勇気を持って立ち向かう
『得意魔法』風を操る
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 03:33:34.67 ID:RGnKt48gO
『名前』 仲本 アキラ
『容姿』 138pと小学生と間違われる程の低身長でありながら巨乳巨尻とグラマラスボディをもつ茶髪ショートカットの明るい印象の女の子
『性格』 ポジティブシンキングで自分の容姿も一つの個性として受け入れており同性よりも異性と関わりを持ちたい好奇心旺盛で回りくどいことを嫌い正々堂々としている
エッチな事もウェルカムらしいがビッチでは無く自分からは吹っかけず相手からふっかけて来られれば無抵抗
『得意魔法』酸素濃度分圧操作
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 03:48:39.85 ID:tMo6aswUO
『名前』相澤 ナナ
『容姿』桃色髪でサイドテール、革コートをいつも来てる
『性格』ダウナー系、授業が嫌いで屋上に居るタイプ、要領のいい勉強しなくても成績高い天才
『得意魔法』空想を実体化させる程度の能力
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 04:38:55.80 ID:h1bdN+JA0
『名前』クララ
『容姿』歩けば誰もが振り向く超絶美少女。髪型は膝裏まで届く綺麗な姫カット。抜群のスタイル。ただでさえ白い肌でも特に白い、身長も167と高身長。スリーサイズは103/55/95ブラのカップはMカップ。
『性格』裏表ない性格で誰にでも優しい性格で人の幸せを自分の事のように喜び人の悲しむ聖人。常に誰かの役に立つ為に行動している。母性も強く男女関係なく頑張っている人を見ると抱き締めて相手の顔を自分の胸に埋めて甘やかす癖がある。お節介を焼き過ぎて相手を困らせてしまうのが難点。
『得意魔法』電撃魔法
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 05:58:56.72 ID:JsKdWLdWO
『名前』 折笠 京子(おりがさ きょうこ)
『容姿』 前髪パッツン 姫カットのロング 爆乳の安産型
『性格』 礼儀正しく、誰に対しても優しい。規律を重んじる委員長で面倒見がいい
『得意魔法』母乳魔法(母乳を飲ませて飲ませた相手を強化する)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 06:02:31.72 ID:JsKdWLdWO
『名前』 シャルロット・コーデリア
『容姿』 金髪縦カールで碧眼。胸は超がつくほど大きいがコンプレックスのため普通に見せるブラジャーで普通乳にしている。陥没乳首
『性格』 傲慢不遜を絵に書いたような性格でお嬢様口調。しかし、優しさがわかりづらいだけで心優しい少女である
『得意魔法』身体操作(体を自由に操れる)
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 06:10:43.75 ID:HN4LSxWmO
『名前』 財前 慈愛(ざいぜん じあい)
『容姿』 黒髪を伸ばして足元まで伸びている。前髪で両眼を覆い隠したメカクレ 。身長は160センチほどだが、猫背であるためもっと小さく見える。胸は巨乳であり尻も比例して大きい。いつも俯きぎみ。
『性格』 根暗、一度相手に懐くと依存する体質。ボソボソと話して声が聞き取りづらい。しかし、懐くとその相手に対してだけハキハキと喋る
『得意魔法』セックス した男性の能力よりも強く強靭な子供を孕んで出産する妊娠魔法
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 06:13:33.42 ID:1v/J13X+O
『名前』アビニス
『容姿』長い銀髪をポニーテールにし褐色肌で目付きの鋭い少女、鍛えられ筋肉質とまではいかないものの引き締まった体つきをしている。身長は169cmもありバストは100cmを越えておりHカップはあるとか。
『性格』「世界一カッコいい魔女」を目指し色々と迷走しがちなアホの子。
迷走し過ぎて「魔法を使わない魔女ってかっこよくね?」と思い立ち体を鍛えた事もあった。
また「ワイルドでカッコいいから」という理由で破いたり切れ込みを入れ改造した制服をよく着用しているが、たまにスカートに入れたスリットが深すぎて可愛らしい柄物パンツが見えている事もある。
『得意魔法』衝撃転換魔法(自分が受けた衝撃を転換し相手に跳ね返す事等が出来る)
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 06:23:54.90 ID:H6oNlUej0
『名前』 潮村 ナギサ
『容姿』 身長194、B117、W57、H97のダイナマイトボディを持つ桃髪のウェーブロングの小麦色の肌が特徴の可愛い系女子
『性格』 自由を好み睡眠好きののんびり屋で途轍も無い性豪でよく休み時間や放課後に寝ている姿を目撃されている
100年に1人の逸材と呼ばれている程の魔翌力の持ち主でそれに見合った技術を持っているが彼女自身逸材扱いされるのは好いてない
『得意魔法』空間操作、創造・分解
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 07:26:26.42 ID:eWW5yBtwO
『名前』 寿 比恵(ことぶき ひえ)
『容姿』 太眉垂れ目少しふくよかで基本ゆるい笑顔
『性格』言動はゆるく、将来的に楽するために今努力するタイプ
楽するための魔法の勉強や道具作成を良くしている
見た目はあまり気にしないので寝坊した時など寝巻きのまま
登校してくることも多い
『得意魔法』 空間に作った穴で離れた場所同士を繋げる(ポータルとかドクターストレンジみたいな感じ)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 07:35:14.10 ID:/nJcpneDO
『名前』クロユリ
『容姿』黒髪ロングストレートを三つ編みにした眼鏡っ娘
『性格』引っ込み思案で気弱な性格をしておりいつもオドオドしている
『能力』好きな動物に変身できる
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/01/26(日) 08:04:48.69 ID:rTwExD1NO
『名前』シャナ・フェリア
『容姿』白髪ショートカットに青目 背は低く胸も薄いガチロリ体型
『性格』気が強いツンデレ気質の俺っ娘だが根は優しい ただし色々とチョロく騙されやすい面も
『得意魔法』身体能力強化 際限なく重ねがけ出来るが、欠点として使えば使うほど感度が跳ね上がってしまう
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:16:20.53 ID:7uCj132uO
『名前』 宮 暁 みや(苗字) あかつき(名前)
『容姿』 白髪を三つ編みにし、腰まで垂らしている。真紅の瞳に切れ長の目。巨乳。高身長
『性格』 礼儀正しく知性的。どことなく浮世離れしている
『得意魔法』 銃弾を召喚して愛用のライフルで穿つ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:18:44.76 ID:dnelbzyB0
『名前』ヘカテルミナ・クリミナ
『容姿』白髪のショートで小柄で華奢な体格  常に本を持っている
『性格』内気で大人しい
『得意魔法』知りたい人・物を念じれば持っている本にその情報が出てくる
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:56:21.76 ID:jQGKCbEMO
『名前』神城 紅葉(かみしろ もみじ)
『容姿』髪は黒のセミロング。身長158、B86(E)、W59、H87。やや童顔気味だが、凛とした大人びた雰囲気も持つ少女。
『性格』基本的に礼儀正しく、穏やか。かつ明るく朗らかで気さく。
努力家で理知的。時々冗談を言ったり、ノリが良いところも
『得意魔法』回復、浄化、破魔など光、聖属性か得意。光のレーザーなど攻撃も可能
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/01/26(日) 08:59:59.19 ID:bxob3c/JO
『名前』早峰 碧(はやみね あおい)
『容姿』灰色のショートヘアーで身長はそれなり 家系の都合で性別を偽って学園に通っておりユウキと同じ制服を着用している
ちなみに胸は特別な魔法をかけたサラシを巻いており解くとでかい
『性格』ダウナー系で無口なボクっ娘。読書が好き
『得意魔法』絶対記憶能力(一度経験したものを、索引を引くようにすぐに思い出すことができる)
27 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 10:20:46.37 ID:pskRJb510
エルマ「それじゃあ、これからよろしくね?」

ユウキ「よろしくお願いしますっ」

18人の女生徒と、1人の教師、そして編入生。

……彼は自分がなぜ遅れて入学したかを知っている。

クラスメイトの親達は自分の娘を売った……そのことを知っているのは教師と自分だけだ。

ユウキ(嫌な気分になるのは僕が未熟だからか……?)

彼は不快感を覚えるが、彼の代はまだ温情と言える。

ユウキ(……いや……大丈夫……結局許可されてるだけだ……額面通りに受け取れば何も強制されてない)

彼は自分にそう言い聞かせつつ、自己紹介を行う。
28 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 10:49:06.90 ID:pskRJb510
打って変わって数十分前の彼女達は……。

紅葉「今日、でしたっけ? 碧と同じ魔法使いが入学するのは」

碧「まあ……そうだね」

黒髪セミロングの少女が、碧と呼ばれた生徒に話しかける。

神城紅葉はクラスでも幅広く交友がある学生、灰色髪の早峰碧は家系の都合男として振る舞う少し大人しい学生だった。

暁「……皆んなは家から何か言われてますか?」

白く長い髪を一本の腰まで届く三つ編みにした少女……宮暁がその真っ赤な瞳をクラスメイトに向ける。

ねえ、と暁に話しかけられた同じく白い髪の少女は慌てて本を落としそうになる。

ヘカテルミナ「うっ、ううん……魔法でお父様のことを調べるのも、怖いし……」

シャナ「まあ、ヘカの魔法は親父さんも使えるしなぁ……思惑を知られないよう本に細工してるかも」

もう1人の白髪、三人の中では1番背が低いシャナ・フェリアが同調を示す。

その言葉に本を携えているヘカテルミナ・クリミナもコクコクと首を振る。

ナギサ「……私はどーでもいいけど、どーせ男ってだけでチヤホヤしてもらったガキだろ」

桃色の髪をかき揚げ、潮村ナギサは一言そう放つ。

比恵「そう言わないの、しばらくはクラスメイトなんだし、ねークロユリちゃん」

クロユリ「は、はい……わざわざ邪険にすることも、ないかと」

緩い口調で笑みを絶やさない寿比恵、そして黒髪を小さく揺らすクロユリはナギサをそう嗜める。

アビニス「ま、案外ムキムキが来るかもな! クマみたいなやつ!」

褐色肌に銀髪と言った風貌のアビニスが、ナギサの肩を叩き笑う。

強い力で体を叩かれ、彼女の体はガクガクと揺れる。
29 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 11:06:03.44 ID:pskRJb510
他の集団では、先ほどより真面目な雰囲気が漂っていた。

チルチカ「ご、ゴーレムでも容姿の情報は取得できませんでした」

小柄でどこかおどおどしている少女はそう報告する。

ブルーベリ「私もそう、物の記憶も封印されていたわ……さすが先生達ね」

紫髪の、小学生程度にしか見えない少女が合わせて報告する。

慈愛「………………何を隠しているの……先生は」

足元まで伸びた黒髪で顔も隠した生徒……財前慈愛が投げかける。

京子「鶴巻の子でしょう? 日本の魔法使いも噂しか知らないわ」

うーんと唸り、黒髪を指で弄りながら折笠京子が呟く。

クララ「怖い人ならどうしましょう……お父様の時代は荒れたと聞きましたし……」

ナナ「落ち着けよクララ……少なくともこのクラスで結婚を強要されてる奴はいないだろ?」

相澤ナナがそういうと、クララは少しだけ落ち着きを取り戻す。

アキラ「そうそう、怖い人ならみんなで倒しちゃお! それにフツーの人かもしれないし!」

えみか「基本的には私達は害を受けない限りいつも通り接しましょう? 彼だって私達と同じ学生なのですし」

底抜けに明るい仲本アキラの言葉に追従するように、朝宮えみかが肩を持つ。

シャルロット「……では私の方針としては……少しの間どういった殿方か見る、ということで?」

貴族然としたシャルロット・コーデリアの一言に、皆一様に頷く。
30 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 12:53:27.47 ID:bNBq1aWm0
彼は最初の授業を受け、ひとまず初日の授業が終わる。

……どうやら自分が家で受けていた学習は基礎の基礎らしい。

ユウキ(……まあ、普通に受ければ赤点はないな)

退屈にも感じていたが、存外足掛かりがしっかりとしてほかの講師やエルマにもある程度認められたかもしれない。

エルマ「ユウキくん」

ユウキ「はい」

寮へ帰ろうとしていたところ、不意に話しかけられる。

エルマ「この学園、広くて道も不定期に変わるの、課外受講として同じクラスの子に案内を頼んだから、一緒についていって?」

……たしかに、迷いそうなほど広い。

外から見たよりも廊下は長く、おかしな位置にある扉はおかしなところへ出る。

おそらく大昔の魔女が城に魔法でもかけたのだろう、魔女狩りにあっても要塞として使えるように。

エルマ「それじゃあ教室に戻って、待たせてるから」

そう言い、彼女は何処かへと消えていく。

ユウキ「戻るか」



案内してくれるのは……
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 12:58:34.47 ID:id+V7E95o
神城
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 13:11:41.75 ID:XKi1klKoO
クラスの半分以上が巨乳か…最高だな
33 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 13:49:36.11 ID:pskRJb510
紅葉「改めて……んんっ、神城紅葉です、よろしくね!」

ペコリと頭を下げる彼女に、彼も合わせて頭を下げる。

紅葉「案内役に志願しました、ちゃんとついてきてください!」

……彼女は先程の授業の中でも特に彼を特別視せてくる様子はなく、ニュートラルに接してくれたうちの1人だ。

ユウキ「うん、よろしくね」

彼も特に緊張することなく、彼女に微笑みかける。

紅葉「それじゃあついてきて、色々案内します!」




案内中に起きた出来事……
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 13:52:36.34 ID:55psq4WbO
慈愛とヘカテルミリがお茶をしており、その中に混ざることに
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 13:52:48.78 ID:EMTDWjo2o
お互いの話をした
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 13:54:12.33 ID:55psq4WbO
ヘカテルミナでした
すみません
37 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 15:39:05.30 ID:pskRJb510
ヘカテルミナ「……紅葉、さんと……」

慈愛「………………鶴巻くん……」

小柄で白髪のヘカテルミナと、猫背で足元まで伸びた黒髪で顔を隠す慈愛の2人がいた。

紅葉「あー、それ食堂のお菓子?」

ヘカテルミナ「うん、食べる?」

紅葉「…………えー……」

チラッと彼を見つめる紅葉……どうやらお茶会に参加したいようだ。

ユウキ「入っていきなよ、十分案内してもらったし」

紅葉「え、そんな……ユウキくんも一緒に参加しようよっ、いいですよね?」

慈愛「………………別に……」

ヘカテルミナ「カップ用意しますね」

ユウキ「……ありがとう、神城さん」

紅葉「お菓子とお茶はみんなで楽しまないと……ふふふっ」



お茶会中に起きた出来事……
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 15:48:04.13 ID:5VRrcuuPO
お茶にエルマ先生が大量の媚薬を入れていた
紅葉は飲まなかったがヘカテルミナと慈愛が発情していて、それを察知して別室に二人を連れ込む
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 15:48:27.74 ID:/nJcpneDO
互いにより詳しい自己紹介
40 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/26(日) 17:43:35.33 ID:iRxuG2w2O
慈愛「んっ…………はう……」

ヘカテルミナ「なん、だか……熱い……」

紅葉「ふ、2人とも? どうしたんですか?」

彼は紅茶を飲んでいた手を止め、魔法で嗅覚を強化する。

……豊潤な臭いの奥、薬草のような独特なもの……媚薬だろうか。

紅葉「ど、どうしよう……っ」

ユウキ「2人を部屋に運ぼう、ここじゃダメかも……」

彼はそう判断し、小柄なヘカテルミナを抱える。

ユウキ「寮……遠いな……っ」

紅葉「あ、空き教室が近くにっ」

落ち着きを取り戻しつつある紅葉は、慈愛に肩を貸しながら案内する。

…………机を並べ、放置されていたクッションを敷き簡易的なベッドを作る。

紅葉「うーん……ダメだぁ、毒物として除染できない……」

薬と毒は表裏一体、彼女の聖属性では完全な除去はできない。

2人の体温上昇を少し和らげる程度で、彼女は歯噛みする。

紅葉「ど、どうしましょう……このままじゃ……」

慈愛「ぅ、ん……ぁ…………つい……」

ヘカテルミナ「うーん……はぁ……はぁ……」

ユウキ「………………」



ユウキの行動……
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 17:47:05.36 ID:y4x7WdtfO
二人を抱く
二人の服を脱がせて全裸にし、手マンとクンニを行う
42 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 00:25:05.64 ID:Dz9Qxt1q0
ユウキ(お節介焼きめ……)

彼は諦め、自分の血行を魔法で向上させる。

紅茶を吸収し、薬の成分を体に巡らせる。

ユウキ「ぅ……ぐ、僕にも……」

紅葉「た、大変っ!? も、もう一つベッドを作らないと……クッション足りるかしら……」

ユウキ「かみ、しろさ……これは、分かった……媚薬、なんだ……」

その言葉に彼女は顔を赤くする。

紅葉「び、びびっ!?」

ユウキ「……きっと誰かが……僕の、子種を欲しがっているんだ……」

紅葉「こだっ!?」

ユウキ「2人とも……僕が、セックスしないと……目覚めない……半分飲んだだけで、さっきから、頭の中がそればかりで埋め尽くされて……」

嘘をついているわけではないが……少し心苦しくなる。

紅葉「せ、せせ…………性交、なんて……ああでもっ、うううっ……乱暴なことは許しませんからね!」

そう言いつつ、彼女はユウキの指示を受け服を脱がせる。

慈愛「く……はぁっ…………は、ぁ……」

ヘカテルミナ「んっ、んんっ……ひぁっ」

彼はヘカテルミナの閉じた蜜壺な顔を埋め、慈愛の方は指でほぐす。

紅葉「ひっ、ひゃあ…………なんて……ぅぅっ」

それを見守る彼女は、耳を赤くし見守る。



しっかり準備を終えまずは……
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 00:34:02.93 ID:TPE8wIIqO
小柄で媚薬の影響の大きいヘカテルミナから先に中出し
二人とも落ち着いた頃ヘカテルミナの魔法で媚薬を混ぜた犯人を調べる
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 00:35:40.57 ID:Am/4IbBVO
緊張と罪悪感で起たないユウキ
それに気づいた紅葉が、一念発起して服を脱ぎ、ユウキさんは悪くないと励ましながら回復魔法を使いながら慣れない手つきであそこを愛撫して起たせてくれる
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 00:36:35.04 ID:ShNwfGN+O
そういえば>>28で『碧と同じ〜』って言われてるってことは、ユウキだけじゃなく他の女子生徒からも碧は男と思われてるってことでいいのかな
46 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 01:03:54.70 ID:Dz9Qxt1q0
家系の問題だと言うのはみんな理解して女の子だとは知っていて
男の振りを否定も茶化しもせず男として扱ってあげている物だと考えてください
47 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 11:43:56.38 ID:Dz9Qxt1q0
ちょっと安価の量が少なくて膨らましづらいので追加します

エッチする時はしっかり内容を安価してください


ヘカテルミナを抱くと決め彼は……
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 11:48:29.24 ID:rhqUeR8+O
ヘカテルミナを全裸にしてクリトリスをクリトリスフードから剥がして手でクリトリスをいじくりながら挿入する
ヘカテルミナは破瓜のいたみも快楽になり絶頂して中出しする
慈愛はすでに出来上がっていたので、横になって騎乗位で挿入
その際、慈愛の両手を頭の後ろで組ませて巨乳が揺れるのを楽しむ
それと精力を強化し、慈愛の魔法も発動させて慈愛を妊娠、ボテ腹の妊婦にする
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 16:51:55.36 ID:fxvagFu00
面白そうなスレ発見
期待
50 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 17:47:17.60 ID:Dz9Qxt1q0
ヘカテルミナ「かっ、ひゃ、んんんっ!?」

陰核を指で潰しながら、彼女に絶え間なく与える。

ヘカテルミナ「っひ、あ、んひゃぁぁぁぁ!?」

彼のモノがねじ込まれ、一筋の血が垂れる。

ヘカテルミナ「あっ、なに、こりぇっ、おかし、くなるっ、んんんんっ!?」

ユウキ「クリミナ、さん……っ、大丈夫……?」

ヘカテルミナ「わから、ないですっ、お腹、熱っ、い……ぁぁぁっ!?」

……ゴプゴプと精液を流しこみ、種付けを終える。

彼は汚れた肉棒をティッシュで拭き取り、息を吐く。

ヘカテルミナ「はぁ……はぁ…………」

射精し終えると、ヘカテルミナの熱も引いて来た……やはりそういった媚薬なのだろう。

慈愛「………………」

ユウキ「あ、ちょ、財前さ……わぁっ!?」

するりと寄ってきた彼女に押し倒され、彼女に馬乗りになられる。

そのまま、同じく処女の彼女はゆっくり腰を下ろす。

慈愛「ぁ、あはっ、うふっ……」

根元まで咥えこんだ彼女は、腰を淫らに動かし彼を搾ろうとする。

慈愛「ふひ……あはっ、ユウキ、くぅんっ」

後回しにしたせいで発情しきったのか、彼を興奮させようと手を頭の後ろに回し豊満な胸を揺らし彼を視覚的に楽しませようとする。

慈愛「ぁぁぁはぁああ……っ、熱い……ドクドク、出てるぅ……」

ニヤニヤと髪の裏で笑みを浮かべ、嬉しそうに下腹部を撫でる。
51 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 19:13:08.51 ID:Dz9Qxt1q0
紅葉「許せません!」

怒髪天を衝く……とまではいかないが、彼女の憤怒は本物だろう。

2人を保健室に運んだ2人は犯人探しを始めることとなった。

その脇には、ヘカテルミナの魔書が抱えられている。

ユウキ「……もしかしたら勝てないかもよ……大人達が関わっている可能性もあるし……」

紅葉「その時は告発です! お父様は私の味方です! 三人を傷つけたことに黙ってなんかいられません!」

……どうやら止められそうにない。

ユウキ(これ……僕も話の一端を知っていたって知られたら……まずいよね)

言外に全ての大人達から性交を求められている……そして彼女達にはそのことを伏せている。

今回の件の一員と見做されれば…………よくて教室から疎外される。

紅葉「ヘカテルミナさんの魔書には知りたいことが記されるそうです、2人で犯人を懲らしめましょう!」

ユウキ「う、うん……そうだね……」

せめてエルマが露見されないよう手を打ってることを願う。

紅葉「……では、すでにヘカテルミナさんに魔法をかけてもらった魔書を開きますよ……」

そう言い、緊張した声音で本を開ける。



本を開けると……
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 19:20:00.43 ID:LVGwCL0MO
『犯人はまだ学内にいる』という非常にアバウトなもの(エルマが違和感の無いように干渉して即バレを防いでいる)
犯人探しのために二手に別れることに
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 19:21:27.96 ID:BW+6f9HvO
意図的なものではなく、エルマが食堂に茶葉を置いているが、茶筒には絶対飲んじゃダメ!とのシールが貼ってある
しかし、そのシールが剥がれてヘカテルミナと慈愛が飲んでしまった経緯が書かれていた
54 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 22:31:08.13 ID:Dz9Qxt1q0
紅葉「……『犯人はまだ学内にいる』……これだけ?」

ユウキ「きっと見つからないよ……魔書の目を晦ます相手だよ?」

紅葉「…………二手に分かれましょう、怪しい人物を今日だけでなくこれからも探るんです!」

探偵役にノリノリな彼女は、義憤を上乗せして大変乗り気だ。

紅葉「よい情報を待っています!」

タッタカはしたなく廊下を走り、紅葉は去っていく。

ユウキ「………………うーん」

彼女を放って帰るわけにも行かず、彼も犯人探しを行う。



ユウキが学園を見回っていると……
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:34:08.45 ID:V5UJ7lNDO
クロユリに遭遇
56 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/27(月) 22:52:15.55 ID:Dz9Qxt1q0
クロユリ「……え、ぁ……鶴巻、さん」

ユウキ「クロユリさん、奇遇だね……神城さん見なかった?」

クロユリ「探して、いるんですか?」

彼は一応事情を……ある程度ぼかして伝える。

ユウキ「と言うことなんだ」

クロユリ「……なる、ほど……」

メガネの奥でクロユリは思案する。

クロユリ「先生達が、犯人なのでは?」

……魔書の情報もなく、紅葉ではたどり着かなかった情報にたどり着く。

ユウキ(う、しまった……彼女にも気づかれちゃダメなのに……)



ユウキは誤魔化そうと……
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:01:23.47 ID:PKZzpngvO
『仮に先生が犯人だとしたら、こんなところで立ち話をしているのは不味い』と隠れて話をするために自室で詳しく話すことを提案
58 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 00:16:53.56 ID:4RE39KZK0
ユウキ「ここならいいかな……」

彼は寮の自分の部屋にクロユリを連れ込む。

クロユリ「……先生が聞いている可能性はここもありますが……まあ、口封じで記憶を消される、心配はないかも……」

ユウキ「うん……それで、クロユリさん……どうして先生だと?」

その言葉に彼女は頷き推理を語る。

クロユリ「はい、まず前提として、私達は貴方への行動を、強制されませんでした……」

これは理由も併せて彼は知っている……魔女は愛のない伴侶が性分として一番の憎悪の対象らしい。

故に許嫁という文化も薄く、恋愛の末結ばれるというのが魔女の婚姻だ。

これに対し惚れさせる魔法や薬を使うと言うことは、かけられた方が未熟とされより強い方の家に貰われる。

クロユリ「魔女界を憂う、教師……そう言った人が、お節介を焼いたの、だと」

…………まるで見透かしているようだ。

ユウキ(……誤魔化しきれないな……同調しておいた方がいい)

反論の余地のない理論展開に、彼も誤魔化すのをやめる。

ユウキ「……それじゃあ、どうする?」



クロユリの行動は……
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 00:30:01.04 ID:dtJDlGZQO
教師との協力関係にないか確かめる為に男性であるユウキと碧をブルーベリに調べて貰う
60 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 00:52:48.94 ID:4RE39KZK0
クロユリ「まあそれはそれとして……貴方も怪しいのは怪しいです」

ユウキ「う……だよね」

クロユリ「ので……少し人を呼んできます」

そう言い、彼女は席を立つ。

……少しして。

ブルーベリ「さすがクロユリね、私の記憶を読み取る魔法で1発よ!」

ユウキ「なるほど……ブルーベリさんなら確かに……僕の潔白も証明しやすい」

碧「…………ボクも一応容疑者らしいね」

クロユリ「はい、一応、ですが」

彼はなぜかと問おうとしたが……一応彼女は男として扱うのが暗黙の了解らしい。

ブルーベリ「碧くんタッチ! ……問題無し!」

碧「まぁね……」

彼はふと、嫌な予感がした。

ユウキ(……僕父さんからもエルマ先生からも今のこと知ってるぞっ!?)

ここにきて絶体絶命のピンチ……そして何より、ブルーベリを止める手立てもない。

……いわゆる……詰みだ。

ブルーベリ「ユウキくんタッチ!」



タッチされ……
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 01:04:04.49 ID:cKpMrvlsO
媚薬を仕込んでクラスメイトを手込めにしようとしたかどうかで記憶を読もうとしたので、セーフ
ただエルマの話でクラスメイト達とお近づきになりたいと深層心理では思っており、案内してくれて好印象を抱いていた紅葉の姿を読み取られてしまい、ブルーベリにからかわれる
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/01/28(火) 01:05:15.10 ID:YTCkq6w/O
タッチした瞬間ブルーベリがビクッと震えたが問題なしとの判定になり安心したクロユリと碧が退出
読み取られなかったことや部屋に残ったままのブルーベリの様子を訝しんでいるといきなり身体にすがりつかれる
どうやら情報漏洩対策としてエルマが情報撹乱&サイコメトリーに対しての発情魔法(効果は一回こっきり)を仕込んでいたらしい
自身の発情をどうやって治めれば良いのか分からないブルーベリから助けを求められる
63 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 01:09:08.94 ID:4RE39KZK0
ブルーベリ「うーん、紅葉ちゃんと案内されてる光景しか見えないなぁ……」

クロユリ「なるほど……あの2人はもしかしたら、誰もいないところで……発情していた可能性もある、と」

メガネの奥で静かに呟く。

碧「じゃあ、彼は白……かな」

ブルーベリ「そうだねぇ……いやぁそれにしても、紅葉ちゃんと距離近くなぁい? このこのー!」

グリグリと肘で彼を突く。

ユウキ「あ、あはは……」

クロユリ「……お付き合い、させてしまいましたね……ブルーベリ、碧……このことはあまり広めないよう……対処されれば、厳しいです」

そう言われた2人は、こくりと頷く。

クロユリ「お邪魔……しました……気をつけて、くださいね」

そう言い、クロユリは2人を連れ部屋を出ていく。

ユウキ「…………プハァッ……あせ、ったぁ……」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 01:12:32.56 ID:w/zKUQivO
碧くんは個人的にしっかりと牝に堕としてあげたいところ
65 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 01:24:08.16 ID:4RE39KZK0
比恵「……あれぇ? 紅葉ちゃんはぁ?」

食堂で食事していた彼女は、夕食の時間になっても顔を見せない紅葉を不思議がる。

暁「探偵らしいですよ」

アキラ「あはは、なんだそりゃ」

そんな会話を食堂の片隅で聞きつつ、彼は食事を終える。

……先程の件もありブルーベリやクロユリとはあまり接触したくない。

ユウキ「向いてないなぁ……こう言うの……」

シャルロット「……1日目で弱音ですか……」

京子「大丈夫ですか? 鶴巻くん」

ユウキ「えっ、あ、いやっ」

ナギサ「ま、そこまで落ちこぼれでもねぇし、ちゃんと励めよ凡人!」

言葉に出していた弱音を聞かれ、なぜか励まされた。

ユウキ(……はぁぁぁぁぁっ……僕って小心者なんだなぁ……)



眠ろうと自室に戻ろうとしていると……
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 01:27:56.34 ID:n0Yg6qVKO
神城が調査から戻ってきて、他にもいくつか媚薬などの仕掛けを見つけたとのこと
ユウキをフォローするため、これからもなるべく一緒に行動しましょうと提案
67 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 08:43:59.74 ID:4RE39KZK0
紅葉「お帰りなさい、ちょうど探しに行こうかとしていました」

ユウキ「神城さん……どうだった?」

紅葉「はい、この通りです」

そう言って、媚薬や催淫の効果のある結界の要などを彼に見せる。

紅葉「至るところにありました……そこで確信しましたよ、鶴巻さんにはまだ案内していないところが大半でしたので」

ユウキ「なるほど……」

紅葉「あ、後日改めて案内しますから!」

ニコニコ笑顔で彼女はそう返す。

紅葉「とにかく私の方針は決まりました……鶴巻さんと行動をともにし、無実を証明します!」

ユウキ「…………ありがとう神城さん……」

紅葉「ふふっ、紅葉でいいですよ……ユウキさん!」

底抜けに善良な彼女は、彼の手を握り微笑む。

彼も思わず心の底から感謝してしまう。



自室で紅葉との友情を確かめた後……
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 08:51:01.49 ID:FagjSF4tO
エルマから貰った媚薬を許容量ギリギリまで入れた紅茶を振る舞う
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 08:51:39.34 ID:yWqfQiYBO
シャルロットが慈愛を連れてくる
慈愛のお腹はポッコリ膨れており、しっかりと責任を取れとシャルロットが問い詰める
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 08:52:12.56 ID:50RGGEI4O
改めてお互いのことや学校についていろいろ語り合う
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 09:38:32.19 ID:lh5TFMbaO
感謝の意味がゲス方向に振り切れてて草
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 10:03:48.25 ID:pLrR/h6kO
ユウキも媚薬にかかったふりとかすれば
いつの間にか媚薬が混入していた→誰がこんなことを……で誤魔化せるかな?
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 10:27:05.23 ID:Uq39PUnoO
なんという下半身脳…
74 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 10:45:11.42 ID:4RE39KZK0

1、エルマからもらった『媚薬』を許容量ギリギリまで入れた紅茶を振舞う
2、エルマからもらった『媚薬を許容量ギリギリまで入れた紅茶』を振舞う

どっちが良い?
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 10:46:31.10 ID:1pcgk4mtO
ブルーベリ対策で2
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 10:48:13.53 ID:yWqfQiYBO
2かな?
77 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 13:15:33.38 ID:4RE39KZK0
ユウキ「そうだ、入学祝いにいろんな人からのもらい物があってさ、ごちそうするよ」

そういい、彼は缶に入ったクッキーと紅茶の茶葉が入った茶壷を取り出す。

紅葉「わぁ! そういえばご飯抜きで歩き回っていたんです! ごちそうになりますね?」

和気藹々と二人は編入祝いの品で小さな宴を開き……。

紅葉「は、はぅ……こ、これ、媚薬、なのでは……?」

ユウキ「……こ、れ……貰い、物で……ぅぅ、ん……」

二人共媚薬入りの紅茶を飲んで著しく体温が上がってしまう。

ユウキ(感覚的には、さっきの媚薬と同じだ……エルマ、先生め……手を回していたのか……)

完全に油断していた彼は、血行減衰や毒素分解も間に合わず身体中に回っていた。

……紅葉は言わずもがな、体温上昇で苦しんでいた。

紅葉「ユウ、き……しゃん……わた、しぃ……あつ、ぃ……です」

顔を赤くし、焦点のあっていない彼女はゆっくりと彼に向かう。



媚薬を飲んだ二人は……
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 13:19:18.09 ID:13iABgE7O
紅葉を抱く
スカートからパンツを抜き取り、挿入
そのまま胸を揉みながら射精を五回ほど

紅葉の反応がなくなりマグロになっても射精してダッチワイフのように扱う
79 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 15:35:03.61 ID:4RE39KZK0
紅葉「きゃ……ユウキ、さん…………」

彼女をベッドに押し倒し、スカートからパンツを抜き取る。

紅葉「……来て、ください……」

彼は頷き、腰を浮かせ下着を抜き取る。

先の二人よりも大量の媚薬を摂取した紅葉の割れ目は、大量の愛液を分泌していた。

紅葉「あぁっ!? ひ、んひゃぁぁ!?」

破瓜の痛みも快楽に変えるほどの快楽に背筋を反らして絶頂する。

正常位で彼女を犯し、制服をめくり露になった胸を揉む。

紅葉「ユッ、ゥキ、さッ、んんんっ?!」

極度の興奮状態にある彼女は簡単に絶頂し、一回目の射精までに意識はもうろうとしていた。

紅葉「ら、らい、丈夫、でしゅ、ユウキさ……あなたは、悪く……」

激しく腰を打ち付けられながら、彼女は言葉を絞り出す。

紅葉「っひ、ぁぁぁぁああっ!?」

一際大きな嬌声の後、彼女はぷっつりと意識を手放す。

紅葉「ぁ……ぅ……ぉほ……へぅ……ぁ」

虚ろな瞳で小さな声をあげながら、彼女は彼に押し付けられる度にカクカクと身体を揺らす。

肉人形と化した彼女は、そのまま彼の媚薬によって高められた欲望を受け止める器として四発ほど射精を子宮で受け止める。

二人は体力を使い切り、身体を重なるようにして眠る。
80 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 16:17:15.73 ID:4RE39KZK0
…………朝。

紅葉「……あ、あは…………おはよう、ございましゅ……」

顔を真っ赤にした紅葉が寝そべっていた。

お互い全裸で、眠ったまま揉んでいたのか手はまだ巨乳を掴んでいた。

ユウキ「ご、ごめっ」

紅葉「大丈夫です、事情は分かってます……今度から気を付けましょうね!」

笑みを浮かべながら彼を励ます。

ユウキ「……悪かったよ……今度から、貰い物はよく調べることにする」

彼は頷き、着替えを始める。

紅葉「先に、教室に行ってください……」

ユウキ「うん……」



自室に紅葉を残し教室に向かうと……
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 16:20:27.79 ID:o6zevyrnO
エルマが待ちかまえていた
流石にやり過ぎだと怒って問い詰めるが難なくかわされ今晩部屋に来るように言われる
82 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/28(火) 16:50:19.95 ID:4RE39KZK0
エルマ「おはよ、ユウキくん」

ユウキ「……やり過ぎです……ブルーベリさんに危うく露見するところでした……!」

彼はそれ以上の言葉は言わない。

……彼女達を己の妻とすることを半分は肯定している彼は、彼女達に薬を盛ること自体を責めれない。

エルマ「うーん、ま、杜撰とはいえ……貴方のアドリブは感じられたわよぉ?」

ユウキ「………………」

魔女の文化は知っているし、納得もしている。

ただ、他人のお膳立てを受けることを良しとはしない、自分はそういう性分なのだとここに来て初めて理解した。

エルマ「うふふ……怒った顔も可愛いわねぇ……今晩、私の部屋に来なさい?」

拒否権はない、といった様子でそういい放ち……彼女は一足先に教室に向かう。

ユウキ「…………」

大人たちに振り回されることを不快に思いつつ、彼も遅れて教室に歩き出す。



教室にたどり着くと……
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 16:58:41.88 ID:oiS9JqyzO
クララにぶつかりラッキースケベ
84 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/29(水) 18:06:09.37 ID:UJGE68gD0
クララ「神城さーん、もう授業が……っきゃぁ?!」

ユウキ「んぶぁ?!」

突如視界が柔らかく大きなものに防がれ真っ暗になる。

クララ「危ない!」

小柄な彼を弾き飛ばしてしまった彼女は後ろに倒れていく彼を抱きとめる。

クララ「い、ったぁ……大丈夫?」

ユウキ「もご、もが……」

クララ「っひゃぁ?! ユウキくん!?」

彼女の下敷きになったユウキは谷間に押しつぶされ、頭を強かに打ち目が回っているようだった。

クララ「ほ、保健室に運ばないと……」



保健室に運ばれた彼は……
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 18:13:47.33 ID:jkl/OTaI0
クララに手厚く看病される。
目を覚ますと思いっきり抱き締められてまた窒素しかける。
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 18:17:00.79 ID:WE66B8mAO
気が付くとクララに抱き締められており、その豊乳の感触を堪能
87 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/29(水) 21:08:33.60 ID:UJGE68gD0
……脳震盪に陥っていた彼は、クララに手厚い看護を受け午前中には復活した。

ユウキ「…………え……」

そして、目の前にはシャツを酷使する大きな胸。

クララ「……ん、おはようユウキくん」

ユウキ「おっ、おはよう……ございます……」

何故かかしこまる彼に、彼女はおかしそうに笑う。

クララ「ユウキくんみたいな弟が欲しかったなぁ……えいっ、もう大丈夫そうね? たんこぶも引っ込んだみたいだし」

ユウキ「むごがが」

包容力ある彼女の胸に本日二度目の圧迫死、もしくは窒息死の危機を感じる。



何とか脱出し彼は……
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:12:10.29 ID:fF1bar3LO
クララにお礼を述べて教室に戻る
すると紅葉が笑顔で近寄ってきて魔法で回復してくれたので、改めてお礼とお詫び
紅葉は媚薬の影響があっても、ユウキだから良かったと述べ、昨晩言ったようにこれからも協力しますと告げる
89 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/29(水) 22:18:35.12 ID:UJGE68gD0
保健室を出る前にクララに感謝を述べ、彼は保健室から離れる。

紅葉「あ、ユウキくん!」

廊下の向こうから黒い髪と大きな胸を揺らし紅葉が駆け寄ってくる。

紅葉「頭から大出血ときいたんですが……よかった、嘘みたいですね」

そう言いつつも、魔法で頭を癒そうとする。

ユウキ「それよりも……昨日はごめん……僕、取り返しのつかないことを……」

紅葉「……っ、だ、大丈夫ですっ、き、きっかけがあれだと言うだけです! これから仲良くすることに変わりません!」

ニコニコと笑う彼女に、彼は眩しく感じる。



笑みを浮かべる彼女に対し……
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:21:48.55 ID:YfpYEc0nO
ありがとうと礼を述べる
そして慈愛の様子を尋ねる
91 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/29(水) 23:18:29.28 ID:UJGE68gD0
ユウキ「ありがとう紅葉さん……僕、君の友達になれて嬉しいよ」

紅葉「えっ、えへへ……照れるなぁ……」

にこやかに笑っていると、ふと彼は思い出す。

ユウキ「そういえば昨日の2人は……?」

彼が抱くことになった2人、ヘカテルミナと慈愛。

紅葉「ヘカさんは来ましたよ、慈愛さんは……」

ユウキ「そっか……僕、様子見に行ってみるね……謝らないといけないし」

紅葉「そう、ですか……頑張ってください!」

寮の部屋の場所を教わり、彼は1人で足を運ぶ。



部屋に赴いた彼は……
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:20:30.16 ID:ZDZo41CaO
慈愛はボテ腹の妊婦になっており、にやにやしてお腹を抱えていた
ユウキが入ってきて慈愛に押し倒されてディープキスされてお嫁にしてくださいと言われる
93 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/29(水) 23:58:18.75 ID:UJGE68gD0
ユウキ「財前さん、昨日は…………っ!?」

慈愛「……あはぁっ、パパが来たよぉ?」

ニヤニヤと髪の隙間から口を歪め、ネグリジェ姿で自分の腹をさする。

その腹は妊娠五ヶ月ほどの妊婦と同じくらいに膨らんでいる。

ユウキ「なん、で……」

慈愛「ユウキ、さんっ」

腕を握り、ベッドに押し倒す。

そのまま唇を奪われ、舌と舌が激しく絡み合う。

髪の隙間から真っ赤な瞳が自分を見つめ、ときおり愛おしそうに目を細める。

慈愛「プハァッ……ユウキさん……お嫁さんにしてっ、もらってくださいっ」



彼女の言葉に彼は……
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 00:00:14.11 ID:sDvMgdkmO
お嫁さんはいずれしてあげる。今は恋人にならないか提案する
それに慈愛は喜び、ユウキのペニス を挿入し、赤ん坊入りの膣の感触を楽しむ
95 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/30(木) 11:07:21.57 ID:fD0zLOu90
ユウキ「分かった……きっとお嫁さんにしてあげる……でもそれは、卒業してからね、今は恋人で我慢してくれるかな?」

慈愛「はいっ」

案外こちらが手綱を握られれば……。

慈愛「エッチ、しよう?」

ユウキ「え、あ……ぅあ!?」

慈愛「えへっ、ぃひ……恋人、エッチ……ぅふふふっ!」

コツコツと挿入させた肉棒で子宮口を解し、騎乗位でリズミカルに上下する。

プルンプルンと目の前で胸が揺れ、彼の肉棒は否応なく勃起してしまう。



彼女に襲われた彼は……
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 11:10:40.91 ID:M+/xi56VO
流れでエッチすることに
正常位で両手を恋人つなぎでセックス
そのまま中出しするとさらに腹が大きくなって臨月になる

恋人になったので、同じ部屋で生活することにした
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 11:31:58.33 ID:N7WJ1KbuO
エルマ先生もモノにしたいけど、あの人立ち位置的にラスボスポジションにも見えるからまずは生徒全員堕として協力者確保してからか
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 11:54:43.58 ID:nalNoEuYO
現状まだコミュ出来てないキャラが居るから
先なんだろうけど教師は増える?
99 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/30(木) 13:40:00.69 ID:fD0zLOu90
先生を増やす機会は設けたいと思っています
100 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/01/30(木) 14:44:30.23 ID:fD0zLOu90
慈愛「ぇへっ、ユウキ、くぅん……!」

彼女を押し倒した彼は、そのまま覆いかぶさるように正常位で組み伏せる。

冷たい彼女の指先と自分の指を絡ませ、何度も腰を打ち付ける。

すでに妊娠済みの子袋は、まだ足らないといったふうに肉棒に吸い付いてくる。

慈愛「好きっ、すき……いっぱい、出してぇっ」

ユウキ「ざいぜん、さっ……もう……出るっ」

慈愛「うん、き、てぇ……んひゃぁぁぁぁっ!?」

特濃の精液を流しこみ、彼女も絶頂する。

慈愛「はぁ……はぁ……好きっ、好きです……好き」

疲れた彼女は、小さく彼の耳元で囁き続ける。

彼も荒い息のまま、彼女の胸に埋もれる。
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/01/30(木) 15:02:37.36 ID:2xtlDfPaO
女教師2「エルマ先生が破れたようね」
女教師3「クク…彼女は私達教師の中でも最弱…」
女教師4「生徒などに堕とされるとは魔女学園教師の面汚しよ……」

こうか
102 : ◆JsnqYoAbVY :2020/01/31(金) 23:40:03.34 ID:HY0BYoAJ0
……放課後。

彼は慈愛と暫くの間愛し合ったユウキは、言われた通り教師棟へ向かう。

何を言われるのか不安だった彼だったが……。

ユウキ「いや……先生に話があるのは僕もだ」

そう、媚薬の件。

関係ない二人の飲んでいた紅茶に盛り、自分の引き出物にもいつの間にか混ぜていたこと。

あの三人の為にも、断固抗議するべきだと彼は考えた。

ユウキ「失礼します……」

エルマ「……ふふ、すぐ来てくれたのねぇ? いい子いい子」




彼女がユウキを呼んだ用件は……
>>下
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 23:44:19.17 ID:zpkHDjO6O
自分の協力があったとはいえ何人かの生徒をもうモノにしたことを褒める&自分もユウキを味わうため
104 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/02/01(土) 01:06:00.38 ID:8FJMgUZx0
エルマ「もう三人も手を出したのね……ふふ」

ユウキ「それは……僕だってああ言うのは嫌いなんだ……でもっ」

エルマ「過程はいいの、もうあの三人に関しては貴方にもらわれても反抗もしないいい子になったんだから」

……彼は敵意を向けて睨み付ける。

エルマ「ふふっ、大人の思惑通りで助かるわぁ……」

ああそうそう、と彼女は呟く。

エルマ「褒めるだけじゃなくてね? もう摘み食いしちゃってもいいかなぁー、って思うの」

その言葉とともに、彼女は小さなタネを足元に投げる。

ユウキ「うわっ!?」

タネは即座に成長し、足を縛り自由を奪う。

蔓の先に花をつけ、それらは綿のようにふわふわと……即席のベッドに変わる。

エルマ「あはぁっ……いただきまぁす」



エルマはお互いの服を脱がせ……
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/02/01(土) 01:11:21.95 ID:G4kwdZW4O
ユウキを的確に責めて搾り取っていく
途中であえて攻守交代し自身を蔦でがんじがらめに拘束、ユウキに責められ無様にイキ狂うも前もって搾られていたためか途中でユウキがダウン、まだエルマを堕とすことは出来なかった
106 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/02/01(土) 01:59:02.35 ID:8FJMgUZx0
エルマ「んっ、んふっ、あはぁっ」

彼女は淫らに腰を振り、浅ましく彼の精液を搾り取る。

魔法使いと違い魔女は自力での不老が苦手で、こうして精液や血、時に直接命を吸う。

彼の精液は、美貌を保つにはうってつけの触媒なのだろう。

ユウキ「はぁっ、はぁ……はへぇっ……」

ガクガクと彼は身体を震わせ、ユウキは魔力の塊のような精液を搾られていく。

エルマ「んふっ……さぁ、ユウキくん? 貴方の番よ?」

彼の拘束を解き、彼女は自分の秘所を広げる。

ユウキ「はぁ、はぁ……!」

エルマ「んんんっ、ふ、とぉっ……いい、わぁっ……もっと、来てぇっ」

大きな胸を揺らし、騎乗位から正常位で彼のものを受け入れる。

エルマ「ぁっ、すご、んんんっ!?」

若い男に自分の身体を使われ、何度もだらしなく絶頂する。

エルマ「んほっ、ひっ、チンポッ、ひゅごっ……んあああああっ!?」

イキ狂う彼女だったが……先にユウキがダウンする。

エルマ「ふーっ……ふーっ……お疲れ様ぁ、ユウキくん……明日もよろしくね?」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 09:11:59.35 ID:LaIiGf5QO
続き待ってる
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/02/12(水) 11:05:23.29 ID:ulQBfn0EO
まってる
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/13(木) 04:36:56.55 ID:l8kvWuNAO
更新来たと思ったら違った
比恵ちゃんとコミュしたい
110 : ◆JsnqYoAbVY [sage]:2020/03/02(月) 10:50:14.77 ID:b0HpVgVb0
マッ
111 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/03/02(月) 11:04:01.66 ID:b0HpVgVb0
酉これだったか
すみません、展開に悩んでたら酉忘れてました
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 11:23:19.30 ID:sKWSrYMZo
おお、よかった!
ゆっくりでいいので更新待ってます
113 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/03/02(月) 11:52:50.94 ID:b0HpVgVb0
慈愛「ユウキくん……」

目を覚ますと自室で、自分の部屋だった。

ユウキ「……え、っと……」

慈愛「朝です……ごはんにしましょう?」

彼女は大きくなったお腹をさすりながら、優しく彼を起こす。

慈愛「これ、先生から貰いました……赤ちゃんを守ってくれて、隠しもしてくれるんです」

そういい、彼女はケープを着ると外から見る限り細身な彼女の腹が見える。

慈愛「んっ……ぅふっ、くすぐったい……」

少し撫でてみるが、触感的にも細身な身体だ。

紅葉「ユウキさーん、朝ですよー、食堂でご飯が出ますよー」

慈愛「そ、そろそろ行きましょう……」

彼は頷き制服に身を通す。



朝食を済ませた彼に……
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 12:26:00.35 ID:2RVTT5L0O
碧が話しかけてきた
115 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/03/02(月) 14:35:29.72 ID:b0HpVgVb0
碧「……やあ、鶴巻くん」

ゆっくりコーヒーを飲んでいた彼の隣に、早峰 碧が座る。

碧「同じ男子同士、仲良くしよう」

彼女……いや、彼は家に男子として育てられているらしい。

一見では男子にしか見えないが、詳しく見れば女の子らしい顔立ちや体格である。

彼に対して紅葉や慈愛からどう接すればいいか教えてもらってはいる。

曰く、男子として接してあげて欲しいと。

ユウキ「そうだね……家でいくらか基礎は叩き込まれて遅れる感じはないけど……ちょっと肩身が狭いかな」

碧「ああ……だね」

彼はユウキの言葉に頷く。



彼等の談笑はしばらく続き……
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 14:46:12.51 ID:Kn6r97stO
最近の事件に関して話そうと思い、碧の部屋で情報交換の流れに
117 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/03/02(月) 15:42:36.76 ID:b0HpVgVb0
碧「ふー……神城さんと、媚薬事件のことを調べているみたいだね」

彼の部屋に行き、事件について情報を共有する。

碧「なるほど……大人たちも本格的に信用できなくなってきたね」

貰い物の紅茶に媚薬を盛られたことは伝えたが、それがエルマのもの……そして、そのエルマに襲われたことも伝えなかった。

……彼は何故か喋る気にはなれなかった……盛られた薬のせいか、それともそれ以外の感情か。

碧「…………君が来てからこういうことは起き始めた、ということは君が狙いなんだろうね」

無口だ、と聞いていたが彼は自分の推理を語り始める。

ユウキ「……まあ、尻尾を出すまで警戒を続けないとけないだろうね」

彼の言葉に碧は頷く。

ユウキ「そっちは、何かあった?」



碧が掴んだ情報は……
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/02(月) 15:53:29.70 ID:V+x6MqPCO
エルマの挙動が怪しい
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 16:18:12.81 ID:X/f4v7T+O
再開嬉しい
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 23:54:27.29 ID:EXpm4lkiO
そういえば行動安価の時
下3高コンマとかにしてたら
展開考える助けになったりしない?
121 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/03/09(月) 13:33:46.20 ID:k6yZUy1n0
碧「情報ではないが……諸々を整理すれば、怪しいのはエルマ先生だ」

……そこに行きつくのは通りではあるだろう。

ユウキ「だね……一番近いわけだし」

無理に否定はせず、彼はその言葉に肯定する。

碧「……問題は、証拠がない……怪しい、というだけ……」

彼は目を細め腕を組む。

ユウキ(…………芋蔓式に僕の悪事が暴かれるな……)

いや、彼主体で何かを行ったことは一度もない。

ただ大人の都合に彼女らと同じく巻き込まれ……今はギリギリ何も知らない、と演技しているだけだ。

事情を隠している、というのは充分彼に罪悪感を覚えさせる……彼はいつ暴かれるのかと肝を冷やし続ける。



情報交換を終え……
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/09(月) 13:36:42.70 ID:fLPmLps+O
シャルロットが訪ねてくる
クラスを代表して、勉強についてこれるか見てくれる
123 : ◆JsnqYoAbVY [saga]:2020/03/09(月) 15:34:49.59 ID:k6yZUy1n0
彼は自習室を申請を出して借り、自習に励んでいた。

シャルロット「……これほど丁寧に教えるなど、本当はあり得ないことでしてよ」

転入生の学力を確認し、遅れるようなら教える。

……クラスの皆はそう判断し、代表として成績優秀な彼女が選ばれた。

自室よりも少し狭い……本当に自習以外には使えない部屋。

シャルロット「なるほど……身体強化に関しては家系独自の物を省いてもなかなかのものですわね」

身体操作、という家系独自の魔法を使う彼女に褒められ、彼は少し微笑む。

シャルロット「ふぅ……まあ、愚鈍ではないようですし、私達の授業の邪魔などはしない程度であるなら問題ないですわ」

彼女は息を吐き、後ろに置かれていた荷物置きに使えるベンチに腰掛ける。

ユウキ「時間割いてくれてありがとう……これからもよろしくね」

シャルロット「別に、勉学の遅れは早めにした方がいいと考えただけですわ」



自習を切り上げた後……
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/09(月) 15:47:57.27 ID:Pn1+AcrVO
自主トレ中のシャナに遭遇、自己強化の使い手同士ということで話が弾む
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 02:02:15.35 ID:GSybUdbNO
待ってる
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/03(金) 00:55:29.70 ID:Bcd/b93oO
待ってる
56.52 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)