このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】楓「リリウム魔法学校へ! 6人で試合しよう!」【百合】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

293 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 00:51:48.98 ID:7SKIN3uXO
ゼーレにローラとヒカリの魔法を見せて仲間二人のそれと似ているところや違いを聞く。
また仲間達がどんな人だったのかも聞いてみる。
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:12:43.15 ID:ipf9iCvrO
ゼレスもステラ同様に魔法が強くなっていた
性格が反映されたのかステラを守ろうとする時限定でめちゃくちゃな強さに
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:15:00.22 ID:4NHX9+zD0
>>292にてまた見分けられなかったことにより本気で落ち込んでいるアルシェを見かける。見分けられないなら見分けられるようになれば良いとアドバイスする
結果、四六時中ティアを観察し続け、ほんの僅かな仕草や癖、声質などから完全に見分けられるようになる
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:16:53.25 ID:ipf9iCvrO
たまたま不意打ちで見分けられなかったってだけじゃないの?固有魔法を使わせて見分ける事には成功してたような
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:18:07.72 ID:ipf9iCvrO
物真似云々はいたちごっこが延々と続いてるようでもやもやする
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:25:06.97 ID:/TJOjX1e0
申し訳ない>>292無効にして下さい
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:36:53.26 ID:R4tN20URO
ラクリマは二人の妹ポジみたいな位置で落ち着いたんだしこれ以上続けるのは不毛だと思うけどなぁ……夏旅行の一件で懲りて過度にからかうことは無くなっただろうし……

もし安価ズレるならレナデンの決戦前夜見たいです
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:41:04.68 ID:4NHX9+zD0
すまん、>>295は魔法に頼らなくとも見分けられるようになるってニュアンスだった
まあ>>292が無効になるならそれも無効でお願いします
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 01:53:40.67 ID:/TJOjX1e0
自分の配慮不足だった本当に申し訳ない
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 02:06:23.71 ID:8RT8JMgDO
>>292>>295が無効ってことは>>291>>293>>294>>299であと一個かな?

魔王迎撃に部外者や卒業生を可能な限り巻き込まない、という樹の考えからエミールに事情を隠しつつしばらく来ないように伝える橘花
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/15(日) 08:33:24.16 ID:gFUQZ6K7O
今更にも程があるんだけど魔獣島で見つけた宝箱って開けたっけ
304 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:11:07.13 ID:R4kuAzV9o
>>303
まだ開けてませんね
305 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:11:37.41 ID:R4kuAzV9o
中庭ーー


ゴガアッ! ドオオオオッ!


クロエ「おーおー、ゼレステペアとレナデンペアの組手、中々白熱してるわね」


楓「レナさんすっごいよ。盾めちゃくちゃ硬くなってる」


ステラ「隕石魔法【メテオ】!」ゴオオッ!


レナ「魔障壁【ガーディアン】!」ギイッ!


デン「すごい盾だね……」


レナ「あの霧散する空間でさえ盾を創れるようになったのよ。普通の空間なら今まで以上に硬めて盾にできるわ」


ステラ「くうう……!」


デン「来るよ!」


レナ「ええ。次が5発目。凌げばおしまいよ!」


ステラ「隕石魔法【メテオ】!」ゴオオッ!


レナ「魔障壁【ガーディアン】!」ギィッ!


ステラ「まだまだ! 隕石魔法【メテオ】!」ゴオオッ!


レナ「な!?」


バキンッ!


デン「危ない!」バッ!


レナ「た、助かったわ。まさか6発目があるなんて……」


デン「ハート型だったね……」


ステラ「今の私の弾数制限は倍ですよ!」


レナ「2発くらうとガーディアンでもダメなのね。なら見せてあげる」


ステラ「双隕石魔法【ツインメテオ】!」ゴオオッ!!


レナ「要塞魔法【フォートレス】」ガコォンッ!


ゴッ ゴオッ!


ステラ「な……か、硬い!」
306 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:12:06.98 ID:R4kuAzV9o
デン「ナイス、レナ。これだけ隙ができれば……」ビュッ!

デン「直接叩ける!」


ステラ「!」


ゼレス「ステラさん! 聖弾【ホーリーボール】!」バウッ!


デン(早い!?)バッ


ゼレス「今の……」

ゼレス「ステラさん。私の後ろにいてください」ザッ…


デン「どうやら……守る人の前だと強くなれるみたいだね」


ゼレス「そのようです」


デン「奇遇だね、私もだよ。神弾【ネオ】!」カッ!


ゼレス「神聖魔法【ホーリー】!」バウッ!


ドオオオウッ!!


ステラ「きゃっ!」


レナ「要塞魔法【フォートレス】」


ステラ「れ、レナさん?」


レナ「あの二人、もう互いの魔法のことしか目に入ってないわ。このまま落ち着くまでこの中にいるわよ」


ステラ「は、はい!」


ドオオオオオンッ……


ーーーーー

ーーー

307 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:12:36.19 ID:R4kuAzV9o
橘花の研究室ーー


エミール「なんか、みんなピリピリしてますね……?」


橘花「ん、ああ。ちょっとな……」

橘花「それよりエミール。ここに来るのはしばらく止めだ」


エミール「え?」


橘花「ここは危ない。だから私から連絡するまでは……」


エミール「なんでですか! 何が危ないんですか!?」


橘花「……教えられない。とにかく、エミールが不安になることだけは避けたいんだ」


エミール「……女ですか」ボソッ


橘花「は?」


エミール「私以外に実験と称して女を連れ込む気ですか! 私には橘花先生だけなのに橘花先生はそうやって……っ!」


橘花「ま、待て! なんか勘違いしてるぞ!」


エミール「私は橘花先生のことが大好きなのに!」


橘花「エミー……ル……?」


エミール「……!」ハッ


橘花「いや、その……照れるな」ポリポリ


エミール「あ、あのあのあの……!」


橘花「エミール、信じてくれ。私はエミール以外の者とここまで仲良くしないよ」

橘花「それと約束だ。次ここにエミールを呼んだ時、今の返事をする」


エミール「!」


橘花「それまで、私を信じてここには近寄らないでほしい。不安にはさせたくないが……少し危険なことが起こるらしい」


エミール「……分かりました。信じます」


橘花「ああ、ありがとう」


ーーーーー

ーーー

308 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:13:10.27 ID:R4kuAzV9o
食堂ーー


クロエ「そういえば私達の魔力が似てるらしいけど、アートルムの昔の仲間ってどんな魔法使いなの?」


ローラ「私のはこういう……ミトラ、お願い」キンッ

ローラ「魔獣とシンクロできる魔法だ」


ヒカリ「ボクのは魔力の性質を変えて他人に譲渡できる魅了魔法です」


ゼーレ「私には二人の妻がいました。その二人がちょうど魔獣を従える力と、様々な魔力を持つ者でした。すごい偶然です」


クロエ「同じ魔法なの?」


ゼーレ「それは……まあいずれ会うはずですから、その時に本人に見せてもらうのが早いですね」


クロエ「それもそうね。早く会ってみたいわ」

クロエ「そうそう、他に仲間っていたの?」


ゼーレ「仲間……いえ、友達はたくさんいたと自負してますが、仲間とはあまり呼びませんでしたね」

ゼーレ「クロエさんも私から見ればたくさんの仲間がいますが、本人にとっては友達でしょう?」


クロエ「ええ。大切な友達よ」


ゼーレ「私にも大切な友達がたくさんいました。その彼女達が愛したこの世界を私は護りたい。……手伝ってくれますね?」


クロエ「当然」ニッ


ーーーーー

ーーー

309 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:13:44.49 ID:R4kuAzV9o
デンの部屋ーー


デン「……」


こんこんっ


デン「はいはーい」ガチャッ


レナ「……入っていいかしら」


デン「レナ。もちろんだよ、どうぞ」


レナ「失礼するわ」


デン「どうかした?」


レナ「明日よ。対魔王は」


デン「うん」


レナ「何があろうと、絶対に私があなたを護る。だから防御は考えなくていい。……全力全開で、本気出しなさい」


デン「当然!」ニッ


レナ「……何よ。不安なんかないみたいな顔しちゃって」


デン「ないよ、不安なんて。全部の不安はあの夜に置いてきた」

デン「今はレナがいる。レナが護ってくれるから、レナを護るために本気になれる」


レナ「クサすぎよ、デン」


デン「えへへっ。でもちょっとキュンときたでしょ?」


レナ「……」ペチッ


デン「あいたっ」


レナ「ふふっ」


デン「あははっ」


レナ「デン、やるわよ!」


デン「うん!」


ーーーーー

ーーー

310 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:14:21.83 ID:R4kuAzV9o
中庭ーー


ノワール「私が魔界との扉を開かなかったらそもそも魔王ってこっちにこれないんじゃ……」


クロエ「どうかしらね。向こうからこじ開ける方法でもあるんじゃないかしら」


樹「少なくともサリアさんは戦ってる未来を見てるわ」


ヂリッ……!


ノワール「!」


ゼーレ「来ましたか……!」


ズバアッッ!


クロエ「な……! 空間が裂けた……!?」


???「ああ、開いた」ズ…ッ

???「ふふふ……久しぶり」

???「お姉ちゃん」ニコッ


樹「い……妹!?」


魔王、???のプロフィールを作ります

テンプレート↓
【名前】○○・レジェンダリア・アートルム
【容姿】
【性格】
【得意魔法】
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムの妹にして、魔界の頂点に立つ魔王。(その他付け足したいことがあれば。口調が違っても大丈夫です)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 00:24:41.44 ID:h6llbl5n0
これは血のつながりがある妹オンリーです?
312 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 00:42:23.98 ID:R4kuAzV9o
血の繋がりなくても大丈夫です!
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/16(月) 01:22:44.53 ID:PU3LR9MvO
【名前】イース・レジェンダリア・アートルム
【容姿】ゼーレと同じプラチナブロンドのツインテール(姉と同じくアホ毛あり)に紺色の瞳を持つ。しかしゼーレのそれのような宇宙の如き煌めきではなく深淵のような闇が渦巻いている。
体型はティアルシェや嵐とどっこいどっこいのつるぺたロリで、まるでR-18ゲームの悪の女幹部のような非常に際どく露出度の高い鎧を纏っている。
【性格】無邪気で子供っぽいがそれ故の残酷さを併せ持つ。世界の誰よりも姉であるゼーレを愛しているがその想いは酷くいびつで歪んでいる。
【得意魔法】
『万魔殿』パンデモニウム
ノワールの魔法と同じ名前だがイースのものは自身の魔力を流し込むことで対象の生物を『魔』へと変える力を持つ。
太古の時代の不死鳥の悪魔化は彼女が意図的に人間に分け与えたこの魔法が原因。

『魔文殿』アーカイブ
現存する全ての魔法を使用できる

『頂点』アルティマ
使用魔法を最高位のものに変換する
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムの妹にして、魔界の頂点に立つ魔王。血の繋がった正真正銘の妹であるがそれ故に決してゼーレと結ばれないことからいつしか狂っていき、自身に『万魔殿』を行使することで魔王と化した(『魔文殿』『頂点』の二つの魔法は元から持っていたものではなく、魔王化で人の枠組みから外れたことで修得した)。
ゼーレに愛と絶望を与えることで自身のものに堕とそうとするヤンデレ。スフィアを悪魔化させ幹部として据えていたのもゼーレの精神を抉ろうとする目論見があった。
なおゼーレの妻二人には姉と結ばれた存在ということで嫉妬と憎しみを抱いており、同時に姉最大の弱点として狙いを付けている。
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 01:48:40.00 ID:Ql4w6dik0
【名前】リーベ・レジェンダリア・アートルム
【容姿】ゼーレを幼くしたかのような姿の幼女。瞳の奥には紅い混沌が渦巻く
【性格】天真爛漫。善も悪もなく、自身の思うままに振る舞う
【得意魔法】
『消去』(キャンセル)
魔翌力、魔法、その他魔法的な効果を全て消去する。この魔法は『魔文殿』で使用することができない

『魔文殿』アーカイブ
現存する全ての魔法を使用できる

『頂点』アルティマ
使用魔法を最高位のものに変換する

【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムの妹にして、魔界の頂点に立つ魔王。
ゼーレが世界で初めて魔法を創造した際、宇宙の理が書き換わったことによって生じた世界の歪み。本人は妹を自称しているが、どちらかと言うと娘の方が近い。リーベ・レジェンダリア・アートルムという名前も勝手に名乗っているだけで、本来彼女に名前という概念は存在しない。自我を持った災害とでも言うべき存在
自身が生じる切っ掛けとなったゼーレに並々ならぬ感情を抱いており、暇さえあればゼーレを付け狙う。本質的には親にかまってもらおうとする子供のようなものなのだが、規模が桁違い過ぎるせいで周囲にとっては傍迷惑どころではない
人間や悪魔に対してはあまり興味がないが、ゼーレに近しい者に対しては例外的に興味を示すことがある
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 02:05:26.45 ID:xF9iv5IL0
【名前】ローズ・レジェンダリア・アートルム
【容姿】朽ちかけの喪服に片眼鏡の美女。光の無い金眼とまばらに伸びたプラチナ・ブロンドの髪、姉より背が高く胸は巨乳を通り越し奇形の域。
【性格】お姉ちゃん大好きメンヘラ女、ゼーレが自分を愛してくれれば世界の全てがどうなってもいい。ゼーレが他の女に走ったもんだから元々歪んでいた性格が更に歪んでいる。
【得意魔法】暗黒魔法
 歴史上初の闇魔法であり、また闇魔法の上位魔法でもある。当然現代の闇魔法使いにできる事は大概できる。
 不安や恐怖を増幅させ発狂させたり悪感情を増幅させ個々の仲を引き裂いたりもできるが存在しない悪感情を直接植え付ける事は出来ない。
 他にも強い憎悪を持った者を悪魔に変えたり欲望を元に魔物を作り出す事もでき、人や魔獣の憎悪を煽り強力な悪魔にすることもできる。
 何より自分の魔翌力が届く範囲内にある悪感情が高まれば高まるほどローズの魔翌力が強化される。
 そのため人々を虐げ憎しみを生み、魔法で更に憎悪を増幅させる事で増した力で更に絶望を振り撒くという魔王らしい無限ループを作れる。
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムの妹にして、魔界の頂点に立つ魔王。
かつてお姉ちゃんを誑かした悪女を排除するため世界中の人々の心の闇を元に魔物を生み出す魔法を世界に刻み実質無限の軍勢を手にした(この魔法が誤作動して起きるのが闇の試練)
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 03:37:20.03 ID:558r/odiO
ゼーレ甲斐性なし説が出て来たな……
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 08:02:02.78 ID:8zsX36v4O
>>316
ゼーレ「近親ヤンレズ相手にソレはひどくない?」
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 09:58:57.44 ID:y/t4kaFsO
【名前】スキア・レジェンダリア・アートルム(自称)
【容姿】ゼーレと完全に一致した容姿。瞳だけはゼーレと違い虚無を思わせる漆黒の色をしている。
【性格】ゼーレ本体と悪魔達の事を第一に考えて行動する
【得意魔法】ゼーレと完全に同一であるが、彼女が人道に反するとして使用を躊躇うような魔法も平然と使う。例としては『黙示録』(隕石魔法+頂点)、『魔界顕現』(パンデモニウム+頂点)など
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムが影分身に頂点を発動させることで生まれた実体のある分身。本体の意のままに動く分身としての性質を持っていたが、のちにゼーレの妹として振る舞う自我が生まれた(魔王を倒して休眠に入ったタイミング)
自身が新たな魔王となり魔界を統率する事で人間界への侵攻を防ごうと考え実行したが、不安定な自我が魔界の瘴気に蝕まれたことによって本来の魔王同様人類に敵対するようになる。本体への回帰欲求からかゼーレだけは対象外(人類側から奪還したいと考えている)
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/16(月) 10:03:31.32 ID:rJXQ621eO
【名前】クーパー・レジェンダリア・アートルム
【容姿】瞳の中に宇宙が存在しているかの如く暗い紺色の両眼と、足元近くまで伸び放題にしたプラチナ・ブロンドにアホ毛。背はやや高めで胸はクロエ並に平坦
【性格】嫉妬心と自尊心だけが強い我欲の塊、他人を認められない狭量。規格外でありながら他者を尊ぶ姉には憎しみしか無い
【得意魔法】
『簒奪』ローブ
他者が持つ魔法を奪い自分のモノにする魔法、複製や模倣ではなく強奪なので魔力量次第で抵抗可能だが根刮ぎ全て奪うため奪われた人間は一切の魔法を使えない魔力欠乏症にされる
『戦利品』ロート
強奪した全ての魔法を使用できる
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムの妹にして、魔界の頂点に立つ魔王。
姉と比べ全てが劣ると言われ続け、歪んだ自尊心と劣等感からゼーレへの憎悪を募らせ続けた
魔王になったのは自分を見下す世界ごとその元凶たるゼーレを滅ぼすため
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 13:32:37.68 ID:h6llbl5n0
ヤンデレキャラ魅力的ではあるけど>>1が扱いきれなそうな感じがあるから悩むなあ
321 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 14:22:16.60 ID:R4kuAzV9o
1.イース
2.リーベ
3.ローズ
4.スキア
5.クーパー

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが???となります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが???となります
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 14:24:45.23 ID:T0+QRohsO
2
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 14:27:31.96 ID:h6llbl5n0
4
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 14:32:06.00 ID:tn+Y8yXDO
4
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 14:32:31.59 ID:bPQdcPb4O
4
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 14:34:41.26 ID:5jPlvk2p0
4
327 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/16(月) 15:49:48.59 ID:R4kuAzV9o
魔王はスキア・レジェンダリア・アートルムとなりました
設定は>>318を参照
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 17:59:15.82 ID:GGSB8OH20
お姉ちゃんスキーどころかお姉ちゃんそのものだった
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 23:45:54.91 ID:8q9e7DJJO
自分と同じ容姿の相手からこれまた自分と同じ声で「お姉ちゃん」だなんて言われたら頭がおかしくなりそう
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/16(月) 23:53:13.37 ID:OZF/5ZgQO
ティア&ラクリマ『え?』
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 01:29:12.79 ID:QfFkAuNQ0
流石に時間かかるか
332 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 21:58:25.77 ID:6/IVnupxo
すみません、昨日また寝落ちしておりました…
333 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 21:58:53.11 ID:6/IVnupxo
ゼーレ「やっぱりあなたが……!」


スキア「“やっぱり”?」


ゼーレ「あれだけの致命傷を与えたんです。いかに魔王といえど、復活する可能性は限りなく低いと思っていました。でも私は念を入れて私の分身にその後のことを任せました。それがスキア、あなたです」


スキア「うんうん」


ゼーレ「その魔力が私が睡眠に入った直後に感じ取れなくなりました。私の分身を倒せる者はあの時点ではいないはずなので、魔界に行ったのだと予想は付きました。でも……」


スキア「なんで魔界に行ったのかは分からない。だよね?」


ゼーレ「……はい。あなたは私の半身です。人を護ることはあっても敵対することはないと……」


スキア「あながち間違ってないよ。私はあなたを護りたいの。……人間からね」


ゼーレ「!」


スキア「隕石魔法【メテオ】。頂点【アルティマ】」

スキア「黙示録【アポカリプス】」


ゴオオオオオオオオオッ!!!


スキア「ここを中心に半径10kmの範囲は吹き飛ぶ。お姉ちゃんは魔界に来たくないだろうから、こっちの世界を魔界にしてあげるね?」
334 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 21:59:19.72 ID:6/IVnupxo
クロエ「勝手に話進めてんじゃないわよ! ティト!」キンッ!

クロエ「食べ放題よ! 行きなさい!!」


ティト「ああ!」バッ!


ステラ「隕石がまだ宇宙空間にある内にぶつけて砕きます! 隕石魔法【メテオ】!」


ティア「浮遊魔法【フロート】!」


モミジ「反重力魔法【アンチグラビティ】!」


スキア「な……!?」


スキア「な ん て 無 駄 な こ と を !」


スキア「この辺を守ったところで手の届かないところに落ちる隕石は止められない。周りが焼け野原になったらあなた達のこと倒してあげるから、それまで待ってなさい」


ゼーレ「……スキア、あまり人間を舐めない方がいいですよ」


ローラ「すぅ……ピュイイイイイイイイイッ!!」


ーーーーー


スフィア「ギャオオオオオオオオオオオッ!!」バキキキキッ!


ルク「フシャアアアアアアアアアッ!!」ゴオオオッ!


ーーーーー


ラピス「ゴガアアアアアアアアアッ!」ピカアアアッ!


レイラ「ゴギャアアアアアアアアアアアアアッ!!」ゴシャアアアッ!


ーーーーー


ソフィア「闇凝結【ダークコンデンス】。闇の龍よ。お願いします」ギュララッ!


闇龍「キシャアアアアアアアアアアアッ!」ズバアッ!


ーーーーー
335 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 21:59:46.84 ID:6/IVnupxo
パラパラパラ……


クロエ「どうやら隕石は一つも落ちなかったみたいだけど?」


スキア「…………」


ゼーレ「スキア、諦めなさい。魔界に行ったあなたに何があったか分からないけれど、この世界に手出しはさせない」


スキア「……神弾【ネオ】」ゴッ!


レナ「要塞魔法【フォートレス】」ガキィッ!


スキア「……この中で一番魔力が強い奴を殺せば諦めるかと思ったけど、それも簡単じゃなさそうだね」


レナ「はんっ。デンがあんたなんかに負けるわけないでしょ」


スキア「その割には反応もできてなったみたいだけど? あなたが防御してなかったら死んでたよ、その子」


デン「違うよ。反応できなかったから防御しなかったんじゃない。する必要がなかったからしなかっただけ」

デン「私のことはレナが護ってくれる。だから私はあなたを倒すことに全力を注げる! 腕巨大化魔法【ビッグフィスト】!」ゴオッ!


スキア「ぐっ!!」ミキッ!

スキア「あー……痛いなあー……。治癒魔法【ライブ】。頂点【アルティマ】」

スキア「蘇生魔法【リザレクション】」ゴキンッ!


デン「な……治った……!?」


スキア「はー……。凝縮魔法【ビーム】。頂点【アルティマ】」

スキア「貫ノ頂・魔槍【グングニル】」


ボッ!


レナ「要塞魔法【フォートレス】!」


アルシェ「! 避けて!」


ジュオッ!


デン「!!」ドッ!

デン「がっ……!! ぐ……!」

デン(速すぎて避けられなかった……! 右肩に穴が空いてる……!)ドクッドクッ
336 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:01:34.12 ID:6/IVnupxo
スキア「あー、痛そう。いい顔してる……」


アルシェ「神槍魔法・貫【ブリューナク】!」ギュゴオオッ!


スキア「防御魔法【シールド】。頂点【アルティマ】」ギンッ!

スキア「盾ノ頂・不撓不屈【イージス】」ガギィ!


アルシェ「!!」

アルシェ(強化した神槍なのに……!)


スキア「魔弾【シュート】」ゴオッ!


ゼーレ「防御魔法【シールド】!」ギィッ!


スキア「……なんだ、結局お姉ちゃんが守るんじゃん。もういいや。今のあなた達を殺しても大して美味しくないし。他の悪魔も引き上げてあげる」


ゼーレ「他の悪魔……!?」


スキア「私がここに来るときに開けた穴さあ。魔界顕現【ラグナロク】って魔法なんだよ。魔界と人間界の任意の場所に任意の大きさの穴を開けて自在に行き来するって魔法なんたけどさ」

スキア「それ、他にも3つほど開けてあったんだよね」


ゼーレ「!!」


スキア「ま、一年後にまた来るよ。それまでにちゃんと強くなってね」

スキア「その上で徹底的に痛めつけてあげる。一年あればもしかしたら、なんて希望を粉々に打ち砕いて絶望のどん底に突き落としてあげるよ」

スキア「今度は世界中の人間みんな絶望させてあげる。そして絶望した人間の美味しい肉で元気になった悪魔と一緒に暮らそうね、お姉ちゃん」
337 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:02:21.41 ID:6/IVnupxo
ズ……ッ!


ゼーレ「待ちなさい! 神弾【ネオ】!」


スキア「防御魔法【シールド】」ギンッ!

スキア「お姉ちゃんが怖がってちゃだめじゃん。魔力がぶれぶれだよ。ま、一年後にまた来るから、それまでにちゃんと心の準備しておいてね〜」


パッ


楓「消えた……」


レナ「デン、大丈夫!?」


デン「うん……。なんとか肉体変化で元には戻したから……。でも血が抜けて……」フラ…


クロエ「と、とにかく一度中に戻るわよ! デンとレナは保健室!」


ーーーーー


スタジアムーー


サリア「そろそろだな。もう魔法を引いて大丈夫だ」


ヴィーネ「はいはーい♪」スウウ…


ズ……ッ


「帰還命令……」


パッ


ヴィーネ「おー、ほんとに帰った。サリアの視た未来視だと割とすぐに帰るから、観客を守ることに専念しろって言うのは正しかったのね」


サリア「ああ。同じく時雨さんやウィンさん、他のプロにも伝えてある。魔王本人のものも含めて4つの穴が空いたようだが、どこもひとまずは帰ったようだ」


ヴィーネ「りょーかい。ゼレスちゃんに連絡しておくねー」


ーーーーー
338 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:02:53.71 ID:6/IVnupxo
ティロリン♪


ゼレス「!」

ゼレス「悪魔の穴の方の心配はいらなさそうてす。今母から連絡が入りました」

ゼレス「『スタジアムに穴が開いて悪魔っぽい奴が来たからみんなのこと守っておいたよ〜』……だそうです」


晶「……こっちも時雨さんから。『サリアプロに言われたとおり、悪魔が来たので観客を守っておいた』」


嵐「ウィンさんもだ。『いえ〜い』の一言と綺麗なスタジアムの写真だけ送られてきた」


ヒカリ「さ、さすがに皆強いね……」


イオ「これ、一年後に攻められても大丈夫なんじゃ……」


ジリリリリリリッ!


クロエ「な、なに? みんなのス魔ホが鳴ってるの?」


『速報です。突如空に穴が開き、悪魔と見られる魔獣が各地に出現しました。しばらくして魔獣は穴から消えましたが、穴の跡から黒い煙があがり、『一年後に悪魔の軍団がこの世を支配する』というメッセージを残した模様です。なお、マホリオプロやスタジアムスタッフの防衛により、死傷者や大きな被害は現在確認されておりません』


樹「これじゃあ世界中の人みんな怖がるじゃないの……!」


ゼーレ「魔王というのはそういうものです。相手を恐怖させ、絶望させることに最も長けた存在。おそらく今回の狙いは顔見せと、絶望の種を世界中に蒔くことです」


クロエ「私達の知り合いのところに悪魔が来たのはわざとってことね。一年後に攻めてきたとき、今回は勝てたはずの人達が負けるようなことがあればより絶望するから。それが知り合いならなおさら……」
339 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:03:21.44 ID:6/IVnupxo
ゼーレ「……これから一年で、できる限りのことはします。でも、スキアは私が寝ていた間も力を蓄えていました。……復活して一年の私で勝てるかどうか……」


クロエ「何一人で勝つ気になってるのよ!」バシッ!

クロエ「勇者一人で魔王に勝つなんて思わなくていいの。今は魔法体系だって進化した。コンビネーションだって洗練されてる。これだけの魔法使いがいるんだから頼ってよね!」


ゼーレ「クロエさん……」


樹「今日のところはひとまずなんとかなったみたいだし、話し合いは後。デンさんの治療に当たるわ」


デン「おねがいします……」




■■■


■■■■■
340 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:03:53.98 ID:6/IVnupxo
スタジアム、通路ーー


監督「今日はお客様に顔見せだ。これから声援をいただく大切な味方だから、笑顔でな」


ウィン「はいっ!」


ズ……ッ!


ざわざわ ざわざわ


ウィン(あ、来た……。サリアプロから言われてた悪魔ってやつかな)

ウィン「すみません、監督。先に行きます」タッ


監督「あ、おい!」


フィールドーー


ウィン「……」ザッ


きゃああああ! ウィンちゃーん!


花「……来たか」


ウィン「お前は……」


花「ふふふ……ふははははははっ!」


ウィン「!」バッ


花「いい土だなあ人間界!」ズボオッ!


ウィン「は?」


花「あ、いい……暖かみを感じる……」


ウィン「ちょ、襲いに来たんじゃないの?」


花「襲ってほしいのか?」


ウィン「いや、襲わないならいいんだけど……」


花「ふむ……」ユラ…


ウィン「! 時間魔法【クロック】!」ユラ…


花「ハッ!」ゴオッ!


ウィン「防御魔法【シールド】!」ギィッ!


花「貴様、やはり時間に干渉しているな。あの部屋の中での動きもそうだった。というより私に触る方法が時間の流れを変えるしかないと言うべきか」


ウィン「お前も時間を歪められるんだな。あの時アルシェさんの魔法が当たらなかった理由がやっと分かった」
341 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:04:21.89 ID:6/IVnupxo
花「ま、これで襲った口実もできた。魔王様に怒られることもないだろう」


ウィン「それでいいの?」


花「ふん、そもそも今日は顔見せだけだ。大した問題ではない」


ウィン「今日は……か」


花「ああ。魔王様は深い絶望を望んでおられる。そのためには時間が必要なのだ。必ず一年後に世界が終わると知って絶望しない人間などいないからな」


ウィン「どうだか」


花「なに?」


ウィン「必ず世界が終わるなんて大それたこと言わないほうがいいよ。それに、何かを守るために本気になる人をボクは何人も知ってる。あまり人間を舐めるなよ」


花「くっくっく……大層な口を利くな。一年後が楽しみだ。……っと」

花「帰還命令だ。さらばだ、時に干渉する少女よ」


ウィン「次来たときは観客を守る必要もないだろうし、本気で倒してやるから覚悟しておいてね。……ああ、これ」バサッ


花「土?」


ウィン「気に入ったんでしょ。魔界に持ち帰って根でも張って、力でも蓄えてなよ」


花「ふっ、感謝しよう。だが次来たときに手を抜いたりはしない。本気でお前と戦おう」


ウィン「楽しみにしてるよ」


花「悪魔との戦いを楽しみにするとは異な奴だ。さらば!」


パッ


■■■■■

■■■

342 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 22:05:08.11 ID:6/IVnupxo
翌日ーー


クロエ「リリウム魔法学校演劇部様へ……?」カサッ


ヒカリ「手紙?」


クロエ「ええ。演劇部宛の封筒が届いてたの」ペラッ


『一年間の精査の結果、リリウム魔法学校演劇部の演目が審査を通過いたしました。よって、リリウム魔法学校演劇部を全国演劇部大会へご招待します』


クロエヒカリ「!!」


クロエ「やったわヒカリ! 私達の演技が認められたのよ!」


ヒカリ「すごいよ! 全国大会!」


クロエ「……となると、勉強は当然、演劇もマホリオもこれまで以上に本気で取り組まないとね」


ヒカリ「うん。もう一年後には全部の決着をつけないといけないんだもんね」


クロエ「ええ。なんとしてでも魔王からこの世界を守るわよ」

クロエ「さて、新年度が始まるまでちょうど一週間……。どう過ごそうかしら」


安価↓〜↓5自由行動安価
残りの春休みをどう過ごすか
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 22:19:41.91 ID:4QS/OC8iO
いつの間にかウィンのライバルポジに収まった花さん

新学期前にエミールを呼んで橘花が返事
返事が終わった途端、エミールから相談を受けていた元黒魔術部メンバーや二人の動向を気にしていた樹・リリィ達がドアから部屋に雪崩れ込んで来た
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 22:31:26.60 ID:JugGfDBw0
個々の魔法能力を再評価して以前からの成長度合や成長傾向の把握

今後の訓練方針や戦術構築を決めてイク
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 22:34:07.60 ID:LeAXIw1NO
新入生に向けた劇の練習
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 22:55:32.73 ID:KjSfzcGB0
ソフィアに魔王襲撃時の助力のお礼を言いにいく
ミリアとエルクもおり、闇魔法ズが対魔王について協力してくれることに
また、来年度からエルクがリリウムに転校してくるらしいことを知る(作劇上無理そうなら無視してOKです)
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 22:57:32.97 ID:9ggdbato0
花見
348 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 23:02:18.37 ID:6/IVnupxo
>>346
一番自然なのはエルクが新入生で入学する場合かな?と思うのですが、クロエと同学年への転校でよろしいでしょうか?
2年生で入学も可能です。希望の学年があれば指定をお願いします
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/17(火) 23:09:08.22 ID:oIlmFffnO
エルクが去年の時点で高校一年生という設定だから必然的に二年生にならない?
350 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/17(火) 23:15:40.10 ID:6/IVnupxo
ミリアの設定のところに書いてありましたね、すみません…
2年生への転入で書かせていただきます
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 01:43:02.31 ID:ry2GS70v0
大体のゼーレのせいじゃないか……
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 15:41:15.07 ID:KoP8E2tKO
基本的な命名法則は〇ノ頂・□□か
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 18:30:23.49 ID:JJldhQGJO
絶ノ頂
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 21:24:16.17 ID:+00s1uru0
対象の感度を3000倍にしそう
355 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:41:47.28 ID:XcWsY1Vzo
元黒魔術部室ーー


ガチャッ……


橘花「……来たか」


エミール「はい」


橘花「なんだ、その……。まず座ってくれ」


エミール「は、はい」ストン


橘花「……」ポリポリ


エミール「……あの?」


橘花「いろいろ考えたんだが……」


エミール「は、はい」

エミール(“だが”……か)ズキン


橘花「よく分からなかった。すまない」キッパリ


エミール「……え?」


橘花「私はその……魔法の研究しかしてこなかったから、エミールのことも研究対象としてしか見ていなかったんだと思う。だから恋愛というのがよく分からないんだ」


エミール「そ、そうですか……」


橘花「……ただな。エミールが喜ぶことはしたいし、他の人に笑顔を見せるのは……なんというか、もやもやする」


エミール「それって……」


橘花「……これって、好きってことでいいのか……?」


エミール「は、はい……多分……///」


橘花「そうか、これはそういうことだったのか……」


ガチャッ バタバタバタバタ!


橘花「な、何だ!?」
356 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:42:24.05 ID:XcWsY1Vzo
「いたたたた……押さないでくださいよ、もー!」


リリィ「ご、ごめんなさい!」


橘花「な……お前たち、何でここに!」


樹「橘花の告白なんて見逃せるわけないでしょ! というかあの返事はなんなのよ!」


橘花「し、しょうがないだろ! ほんとに恋愛は初めてなんだ! これが恋愛感情なのか分からないんだよ!」


「いやー、これだけ一緒にいてヤキモチ焼くほどなのに、恋愛感情じゃないって言う方が無理ありますけどねー」


リリィ「というかエミールさんこんなにいじらしいのに、橘花先生は待たせ過ぎなんですよ!」プンプン


橘花「な、なに!?」


樹「そうよそうよ! エミールさんはあなたのこと大好きだってあんなに分かりやすかったのになんで気づいてあげられないのかしら!」


エミール「あ、あの……その辺で勘弁してください……///」プシュウウ…


「かわいいいい!///」


橘花「や、やめろ! エミールが嫌がってるだろ!」


やんや やんや


ーーーーー

ーーー

357 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:42:49.86 ID:XcWsY1Vzo
部室ーー


ラクリマ「舞台上で学校の施設を一通り案内して、挨拶して終わり」


ノルン「新入生相手の劇だし、明るく楽しくしないとね〜」


ラクリマ「そうだよ、私達もう2年生なんだ! 後輩ができるんだよ!」キャー


クロエ(微笑ましいわね……)ホッコリ

クロエ「さ、新入生にがっかりされないためにもしっかり練習するわよ!」


はいっ!


ーーーーー

ーーー

358 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:43:22.16 ID:XcWsY1Vzo
校長室ーー


樹「さて、今現状の戦力を確認しましょう。ゼーレさんも把握しておいて損はないし聞いてね」


ゼーレ「はい」


クロエ「私は入学した時は闇と魔力を別々に使うことしかできなかったけど、今は獄闇魔法【ヘル】や極闇魔法【タナトス】まで使えるようになったわ」


ローラ「私自身はあまり強くなってないけど、リズやクリアとシンクロできるようになりました」


ヒカリ「ボクは魅了魔法で、いろんな属性の魔力を人に与えられるようになりました」


ティア【密集地での魔法のおかげで、フロートの浮遊力が格段に上がりました】


アルシェ「アルシェも密集地で強くなった。最上級貫通魔法の神槍魔法・貫【ブリューナク】も撃てるし、それを範囲魔法にした殲滅魔法【デストロイ】も撃てる」


ナミネ「私は獄水魔法【ヘルアクア】まではなんとか……。水を操るのは上手くなったと思うのですが」


時雨「私は巨大氷弾【フロスト】が最大かな……。わりと補助も兼ねた使い方をしてるし、マホリオでは力不足は感じてないけど……」


モミジ「私は魔法の強化っていうのは実感してなくて……。しっかり自分の役割を果たすために相手の弾をよく見るようにはなったとは思いますけど」
359 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:43:55.03 ID:XcWsY1Vzo
楓「あたし達は三人とも神クラスの魔法まで使えるようになったよ! 去年の全国大会はそれでも力負けすることあったけど、今は負けるつもりなし!」


晶「あー、楓に言われたけどその通りだ。炎神魔法【アグニ】、風神魔法【ルドラ】、雷神魔法【インドラ】だな」


嵐「神クラスが最強かと思ってたけど、ゼーレさんとか見てると頂魔法なんてのを使ってて驚いたよ。もっと精進しないとな」


レナ「私はアルシェさんのご実家で鍛えてもらったおかげで、要塞魔法っていう防御魔法のかなり上位のものを使えるようになったわ。……まあ、貫通されちゃったけどね」


デン「私は今なら神弾【ネオ】も使えますし、何より防御で頼もしい人がそばにいてくれるので安心してます」


イオ「私は超新星爆発【スーパーノヴァ】が使えますけど、マホリオでは怖くて使えません。でも、人を守るために悪魔と戦う時には覚悟を決めるつもりです」


ラミー「私はあまり前に出るのには向いてないかも……。ソフィアさんには人を護るための力があるって言われたから、もしかしたらレナさんみたいに防御に徹した方がいいのかも」


ノワール「私は固有魔法は使いません。ただ悪魔との殴り合いならそこそこの奴とも戦えるつもりです」


イリス「私はゼーレさんに貰った固有魔法で時を止められるようになりました。連発はできませんが、強力な武器です」
360 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:44:20.72 ID:XcWsY1Vzo
ステラ「私は最近になって隕石魔法【メテオ】の段数制限が5発から10発に倍増しました。ただ6つ目以降は隕石がハート型になってしまいますが……」


ゼレス「私は少しずつですが、神聖魔法【ホーリー】のコントロールができるようになってきました。まあ、まだまだ母には遠く及びませんが」


ラクリマ「私は変化なしだなー。転板【チェンジボード】は5枚のままだし、相変わらず正面には貼れないし」


ノルン「ノルンも変わりなしです〜。睡眠魔法【スリープ】だけですね〜」


樹「ふむふむ……」

樹「大きく分けてアタッカーと補助役で強化の方針を決められそうね。一年しかない以上、あれもこれも手を出すよりは長所を伸ばすのがいいと思うわ」

樹「で、肝心の練習法だけど……みんなに任せるわ」


ゼーレ「えっ!? ほ、放任でいいんですか?」


樹「ええ。自分のことは自分が一番分かってるでしょうし、私が変に口を出すよりよっぽど効率的な練習ができるはずよ」


クロエ「リリウムの方針が自主性を重んじてるからね。みんな自由に練習してるわよ」


ゼーレ「それであれだけの魔法を……現代の方すごいですねえ……」


クロエ「ま、当然授業も受けて、だけどね。その上で好き勝手に魔法の練習をしてるのよ」


樹「とりあえず把握はこんなところでいいわね。じゃ、解散していいわよ」


ーーーーー

ーーー

361 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:45:16.47 ID:XcWsY1Vzo
ソフィアの住む城ーー


クロエ「この間は助かったわ。これ、お礼のお菓子よ」


ソフィア「ありがとうございます」


ミリア「おー! まんぷく屋のおまんじゅう!」


クロエ「あら、ミリアプロもいたのね」


ミリア「で、これなんのお礼?」


クロエ「この間悪魔がこの世界に攻めてきたのよ。その時の防衛を頼んでたの」


ミリア「ああ、あれ……」


エルク「人間に手を出すとは不届きな……」ゴゴゴ


ミリア「あれやっぱり本物の悪魔だったんだね。変な宗教団体が大掛かりな宣伝でもしたんだろうって世間じゃ話題だけど、力のある人はあれが本物って気づいてるよ」


クロエ「混乱が生まれてないならいいんだけど……。次は一年後に来るらしいし、その時にちゃんと理解して逃げてくれるかどうか」


ミリア「なら私達闇魔法ズが手伝うよ! ていうかソフィアも水臭いなー。言ってくれたら一緒に戦ったのに」


ソフィア「ミリア・メルトル様はアウェーに遠征に行ってる日でしたから」


ミリア「呼び捨てでいいって言ってるじゃん、もう。……って私の日程把握してくれてたんだ。やっさしいなー」
362 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:46:10.02 ID:XcWsY1Vzo
エルク「ともかく!」ダン!

エルク「悪魔だか枕だか知りませんが、人間に手を出すなら私も容赦しませんよ!」


ミリア「よく言ったエルク! 闇魔法ズで頑張るぞー!」


ソフィア「……」ズズズ…


ミリア「はいソフィア、おー!」グイッ


クロエ(仲良しね……)


ミリア「あ、そうそう。クロエさんってリリウムの生徒だったよね?」


クロエ「ええ、そうだけど」


ミリア「実はエルクがリリウムに転校することになったんだ。こっちのチームと複数年契約結んだから、エルクにもこっち来てもらおうと思って。寮もあるし、いい学校だよほんと」


クロエ「そうなのね。学年は……」


エルク「二年生です。よろしくお願いしますね、クロエ先輩」ペコリ


クロエ「ええ。同じ闇魔法使いとして歓迎するわ」ニッ


ーーーーー

ーーー

363 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:46:47.22 ID:XcWsY1Vzo
ガーデンーー


クロエ「ふう……」ズズ…


ローラ「いい天気で良かったねえ」ポカポカ


ヒカリ「うん。久しぶりのデートだし、ゆっくりできていい感じ……」


クロエ「桜も綺麗に咲いてるわ。新入生がいい気分で入学してきてくれるといいわね……」


はらはら……


ローラ「あ、クロエちゃんの頭に桜の花びら乗っかったよ」


ヒカリ「ふふ、かわいい」


クロエ「ちょっと、やめてよもう……///」パッパッ


ローラ「ああ、写真撮りたかったな」


ヒカリ「確かに。あれは残す価値のある桜クロエだった」


クロエ「写真……」

クロエ「三人で一緒に写った写真って少ないわよね。せっかくだから今撮りましょうか」


ローラ「賛成! クロエちゃん真ん中にして……」ギュッ


ヒカリ「ス魔ホ浮かせてっと……」ムギュッ


パシャッ!


クロエ(……一年後もこうして平和でありますように……)


ーーーーー

ーーー

364 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 22:47:15.07 ID:XcWsY1Vzo
入学式ーー


樹「ーーでは、演劇部による紹介劇『ようこそリリウム魔法学校へ』をどうぞ」


ビーーーーーーッ


クロエ(ラクリマが親友であるノルンを連れ回して、各施設の説明をしていく劇。どんな場所があるのか掴んでもらう大事な劇だけど、ラクリマ達二年生はしっかりとこなしてくれた)


ーーーーー

ーーー




入学式が終わり、レクリエーションーー


クロエ「今年もレクリエーションの日は上級生は休みと。どこに行こうかしら」


安価↓以下から選んでください
コンマゾロ目で新キャラ
 食堂
 図書室
 部室(演劇部室)
 寮
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 22:47:47.99 ID:ry2GS70v0
部室ー
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 22:48:20.22 ID:ry2GS70v0
およよ、入部希望者???
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 22:48:59.76 ID:LdNzzBVpO
ナイスゾロ目
368 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/18(水) 23:09:04.26 ID:XcWsY1Vzo
部室ーー


ガチャッ……


クロエ「っと……見かけない顔ね」


???「は、はじめまして」ペコリ


クロエ「一年生かしら?」


???「はい! 今はレクリエーション中で、部室を見て回ってました」


クロエ「そう。ここは演劇部よ。さっきステージでやってた劇もうちの部員がやったの。三年生抜きでね」


???「へええ……!」


クロエ「隣の準備室も開けてあげるわ。今までの舞台で使った小道具とかしまってあるから、見るだけでも面白いと思うわよ」


???「ありがとうございます!」


クロエ「あ、そうそう。私は部長のクロエ・アートルムよ。あなたの名前を聞いても?」


???「あ、私は……」


新入生、???のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば。口調が違っても大丈夫です)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/18(水) 23:29:02.72 ID:Sb1EAeLRO
【名前】相葉 夜魅
【容姿】黒髪の長髪である以外は身長体重体型の全てが平均値で特徴が無いのが特徴
【性格】好意と悪意、害意と善意を両立させる狂人、愛しているから殺したいと愛しているから尽くしたいが両立し、自分の中では如何なる理屈も矛盾しない。そのため何をしてもおかしくない
【得意魔法】感情操作
 自分の感情や発想を強制的に一方向に向かせる自己制御手段、本来的には洗脳魔法と言うべきモノ
 今のところ前科は無いが自分以外に向けることもでき、その場合洗脳以外の何物でもない
【備考】性格と思考回路が破綻しているだけで常識が無い訳ではない(良心は無いし納得もする訳が無い)ので自分自身を洗脳して常識人に矯正している
 洗脳魔法は意思の力で抵抗できるのできっかけさえあれば自分にかけた洗脳を振り払う可能性もある
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 23:44:51.27 ID:LdNzzBVpO
【名前】カーム・セレスティア
【容姿】銀髪ツインドリル、赤の瞳。身長、スタイル共に年相応
【性格】落ち着いた性格。何かに熱中すると徹底的に極めていくタイプ。好きな事に関しては負けず嫌い
【得意魔法】
福音魔法:神聖魔法の亜種。敵による解除が不可能なバフを味方にばら撒く。発動中はカームの魔翌力が徐々に減っていくがその気になれば重ね掛けも可能
【備考】
前年度の中学生マホリオ全国大会の優勝チームの一人。優勝したのは三年次のみだが圧倒的な実力とチームワークで幾度も上位まで昇り詰め、彼女が在学していた三年間は「福音時代」とまで呼ばれていた。
昨年度のリリウムの学園祭に来ており、その際に鑑賞した演劇部の作品に感動して入部を決めた(特に舞とラクリマの演技)
マホリオ面に関しては強力無比なバッファーだが本人はバフに徹する必要がある性質上、高校でも結果を出せるかはチームメイト次第といえる
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/18(水) 23:58:57.14 ID:vLHokue5O
【名前】ネイロス・ドーリア
【容姿】翡翠色の垂れ目が特徴的な、ゆるふわ茶髪の女の子。ロリ巨乳。
【性格】しゃきっとしているが、エネルギーを使い果たすとノルンみたくなる。
【得意魔法?】『最果てを覗く目』
夢の中で魔界を旅する能力。彼女はその世界が魔界であることを知らない。
【備考】
得意魔法?によって魔界の夢を見てきた。それを題材とした小説を書いていて劇の脚本に活かせたらいいなと思っている。夢の中でゼーレによく似た少女に出会ったことがある?
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:00:22.30 ID:yXq5jGkj0
【名前】エメラ・果奈
【容姿】黒髪の短髪に蒼と黒のオッドアイ、身長142cm、B:98 W:62 H:72のアンバランスボディー
【性格】イタズラ大好き問題児、ルールやマナーが示されると破りたくなるタイプ
【得意魔法】仮面人格
 自分のイメージした人格を作り出し自分や他人の人格に上乗せする魔法
 普段より少し自信気にと言うレベルの小さな変化からローラの人格を百合江っぽくするレベルの改竄まで幅広くできる
 人格を書き換えるのではなくイメージした人格を上乗せするだけなので多少なりとも対象者の性質が残るし対象者がその気になればすぐに元通りになる
 またモデルになる人格があると再現度は高くなる、なおどのレベルの変化であっても記憶はバッチリ残る
【備考】常識や良心が無い訳ではないのだが魂が他人の困った顔を求めるせいで欲求に逆らえない
 前の学校では懲罰数歴代トップをたたき出している
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/19(木) 00:01:58.06 ID:ChOt9Tz4O
【名前】白峰 やよい
【容姿】黒のおかっぱに眼鏡 身長体型共に平均的
【性格】大人しくて読書が好きだが妄想癖があり一度考え込むと止まらない面も
【得意魔法】意識魔法 集中力を操ることで注意を散漫にさせたり逆に何でもないものに集中させることで隙を生むことが出来る
実は妄想癖はこの魔法の影響もあるとか
【備考】リリウムの新一年生
幼い頃から夢見がちな面があり色々な本を読んではその世界に浸るのが好き
役者や脚本の表現など演劇部と自分の趣味が繋がるのではと思って演劇部の見学に来た
374 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 00:13:26.34 ID:abze44sao
1.夜魅
2.カーム
3.ネイロス
4.エメラ
5.やよい

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが???となります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが???となります
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:14:02.44 ID:BiFPToTn0
5
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:14:50.49 ID:GilZ4g7hO
5
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:18:12.68 ID:3aWNjANwO
1
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:19:10.48 ID:h0QmwOvTO
2
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:19:46.52 ID:rmuMvMt10
5
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:19:58.07 ID:fPkPxLvsO
5
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:20:18.39 ID:yXq5jGkj0
1
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:20:56.44 ID:h0QmwOvTO
5か。おめでとう
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:21:11.09 ID:SLA913ZbO
1
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:22:34.60 ID:yXq5jGkj0
おもっくそ出遅れたぜorz
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 00:22:42.02 ID:BiFPToTn0
百合江の後継者かな?
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 05:44:47.09 ID:Ab1GJzjwO
どちらかと言うと中学時代のレナのが近そう
387 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 14:27:41.08 ID:abze44sao
新入生は白峰やよいとなりました
設定は>>373を参照
388 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 14:28:32.14 ID:abze44sao
やよい「白峰やよいっていいます」


クロエ「やよいね。よろしく」

クロエ「やよいは演劇部に入るつもりなの?」


やよい「考え中です。昔から小説や漫画を読んでその世界に浸るのが好きだったので、もしかしたら演劇の作品づくりのお手伝いができるんじゃないかなって思って……」


クロエ「そうなのね。卒業した人の中にも妄想しては鼻血出すような人もいたし、中学までは本を読んでばかりで引っ込み思案だった人もいるし、きっといい経験になるわよ」


レナ「人の過去をべらべら喋らない」ガチャッ


クロエ「ああ、レナ。準備室にいたのね」


レナ「ええ。今日はレクリエーションのために全部活休みだし、ちょっと綺麗にしておこうと思って」


クロエ「この人がさっき話した中学まで引っ込み思案だった子よ」


やよい「び、美人さん……! それに引っ込み思案には見えないです……」


レナ「昔変わるきっかけになった出来事があってね。あなたみたいな子が入ってくれると私も嬉しいわ」


やよい「はい! もし入部したらよろしくお願いします!」


ーーーーー

ーーー




安価↓以下から選んでください
コンマゾロ目で新キャラ
 食堂
 図書室
 寮
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 14:40:50.61 ID:BiFPToTn0
図書室
390 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 19:45:06.79 ID:abze44sao
図書室ーー


クロエ「ここのところ来てなかったし、少し読書して過ごそうかしら。学校の図書室なのに雑誌もわりと揃ってるのすごいわよね、ここ……」


ーーーーー

ーーー




クロエ「っと、少し読みすぎたわね。あとは借りて部屋で読みましょうか」


次に行く場所
安価↓以下から選んでください
コンマゾロ目で新キャラ
 食堂
 寮
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 19:48:37.41 ID:DFAZJI5R0
食堂
392 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 20:42:57.41 ID:abze44sao
食堂ーー


クロエ「……」


ラピス「んくんく……この新作ジュース美味しいですねえ。ただここのところ甘いのが続いてますから、ちょっと趣向を変えてもいいかもしれません」


「ありがとうよ、お姉さんの感想はほんと参考になるねえ」


ラピス「いえいえ、私も好きでいただいてるだけですから」


クロエ(食堂の女神って呼ばれてるの気づいてるのかしら……。正体知らない人にはうちの食事のレベルアップのために呼ばれた食の知識人だと思われてるらしいけど)


アルシェ「クロエ、どうしたの」


クロエ「ああ、ちょっと喉が乾いたから寄ったのよ」


アルシェ「なら今あっちで試作品を配ってる。飲んでみるといい」


クロエ「ええ、そうするわ」


次に行く場所
安価↓以下から選んでください
コンマゾロ目で新キャラ
 寮
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 20:44:54.18 ID:BiFPToTn0
りょー
394 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 21:22:11.77 ID:abze44sao
自室ーー


クロエ「ふう……」バフッ


ヒカリ「おつかれ、クロエ。一年生とは知り合えた?」


クロエ「一人部室で声をかけたわ。興味があるみたいだったわね」


ヒカリ「お、新入部員だね。どんな子が入ってくるかボクも楽しみだよ」


クロエ「私も楽しみだわ。最上級生として、恥ずかしくない振る舞いをしないとね」


ーーーーー

ーーー

395 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 21:22:48.15 ID:abze44sao
翌日、部活紹介ーー


「続いて演劇部の紹介です。演劇部の皆さん、お願いします」


ヒカリ「……」チャキッ


凜華「……」スラッ


ガキッ キンッ!


ヒカリ「……無念」ドサッ


おおおおぉぉ……!


凜華「演劇部でなら、剣士にだってなれる。どうぞ見学に来てください」ニコッ


パチパチパチパチ!


クロエ「くうう……やっぱり短いわね……!」


レナ「うちの二大巨塔を使う作戦はいいと思うわよ。さ、何人が入部してくれるかしらね」


演劇部新入部員数↓コンマ一桁+10人
10人につき1人後輩キャラ作成(0の場合のみ2人作成になります)
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 21:26:17.35 ID:QghHTY6DO
はい
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 21:26:17.86 ID:BiFPToTn0
あい
398 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/19(木) 22:19:03.18 ID:abze44sao
部室ーー


クロエ「今年の新入部員は15人ね。私は部長のクロエ・アートルムよ。よろしくね」

クロエ「早速だけど、まずはみんなの演技力を見せてもらうわ。台本はこれね」

クロエ「明日二人一組になってやってもらうから、そのつもりでね。奇数だから誰か上級生とやるか、誰かが2回やるかになるけど……それは一年生が決めていいわ」

クロエ「練習場所はここを使ってもいいし、どこか別の場所でもいいわよ。とにかく明日の部活の時間で発表してもらって、それに応じて裏方からか役者スタートか決めるから、まずは緊張しないことを目標に頑張ってみて」

クロエ「それじゃあ一回目の部活は短いけどここまで。先輩も同じものを入部したときにやってるから、アドバイスを聞くのもいいわね。それじゃあ解散!」


おつかれさまでしたっ!


やよい「あ、あの部長!」


クロエ「あら、やよい。入部してくれたのね」


やよい「はい! 早速なんですけど、ご相談が……。私は脚本とかの裏方をやるつもりで入部したんですけど、入部テストはみんなと同じくやりますか?」


クロエ「そうね、やっぱりやってもらう必要はあるわ。やよいが気づいてないだけで、役を演じることに楽しさを見いだせるかもしれないし、役者をやることで役者目線での気づきを脚本に役立てられるようになるかもしれないしね」


やよい「な、なるほど……! 浅慮でした!」


クロエ「じゃあ、明日頑張ってね。応援してるわ」


やよい「はいっ」


ーーーーー

ーーー




翌日


クロエ「さあ、早速演技を見せてもらうわよ!」

クロエ(どんな子が入ってきたかしらね)ワクワク


新演劇部員のプロフィールを作っていきます

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 22:48:49.61 ID:yXq5jGkj0
>>369
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 22:53:57.88 ID:Yb9l+5IFO
>>370
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 23:05:22.21 ID:0x6sL5awO
【名前】マイナ・リリエンタール
【容姿】金髪のゆるふわロングヘアーに青目 年齢の割に背が高く発育も良いわがままボディ
【性格】明るく天真爛漫でとにかくテンションが高い 超絶ポジティブ
一人称は『ワタシ』
【得意魔法】周囲の精神を高翌揚させポテンシャルを高めるバフ魔法(対象指定可能)
効力は本人のテンションに依存しており意気消沈してたりネガティブだったりすると逆にデバフになってしまう
【備考】
海外からの留学生。運動神経抜群で身体を動かすのは得意だが、実は漫画や小説、劇やアニメにゲームととにかく物語が大好きなオタク趣味持ち。
リリウムへの留学を決めたのも趣味の要素が大きい。
まだ言葉に慣れておらず時折カタカナ言葉が混ざったり語尾が『デース!』になったりとエセ外人風の口調で喋る。
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/19(木) 23:29:26.60 ID:GYPdILZqO
【名前】ナーラ・カルボン
【容姿】キツい顔立ちでツインテ&ドリル、長身で貧乳小尻のやせ型
【性格】小者オブ小者で目上や実力者にはヘコヘコビクビクだが格下だと思った相手には尊大に振る舞う。
移り身の早さは学内でもトップクラス
【得意魔法】格差強化
自分を基準に自分より劣る相手には力を制限するフィールドを作る弱い者イジメみたいな魔法
逆に自分より優れた相手は更に強化されるため強者にはそう勝てなくなる
現時点では制御が不完全で常にフィールドが出っぱなしになってる、また能力差があればあるほど強化・弱体化が強くかかる
【備考】得意魔法の優劣判定は純粋な戦闘力だけではなくナーラの主観でかなり補正されるため総合的には負けるはずが無い相手でも『手強い』と感じた瞬間から強者扱いされブーストがかかる
逆に地力が上の相手でも格下だと思い込んでるウチは相手を弱体化させる事ができるため気の持ち様ではジャイアントキリングも不可能ではない
小者らしい僻み根性と自尊心から巨乳は格上扱いし無乳とちびっ子を格下扱いする
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/19(木) 23:35:20.34 ID:BiFPToTn0
3スレ目840から

【名前】ネリー・フルール
【容姿】銀髪ポニーテールに紫の透き通った眼、ロリ体型組程ではないが小柄。一人称「ネリー」
【性格】魔法柄自分で指輪を作るので手先が凄く器用でアクセ作りが趣味、また作業に集中していると回りのことが全くと言っていいほど見えなくなるので無愛想と勘違いされるが根はとても優しい娘である
【得意魔法】鉱石魔法、魔翌力を持つ石から力を取りだし自分の魔法として様々な属性の魔法を使うことが可能。以前登場した火炎石なら炎魔法のような
色んな石を宝石のように加工した指輪を手のそれぞれの指にはめている
【備考】ステラの使う隕石ってどんな力があるんだろうと興味がある。希少な水晶竜と仲良しになりその体から作品を作ってみたいという夢があるがリリウムでは意外と身近に居ることを彼女はまだ知らない

装飾係でよさそう。一応そのままぺたり
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/20(金) 09:45:38.60 ID:3jguVRmA0
【名前】ゲネヴィア・黒須
【容姿】銀から黒にグラデーションしてるミディアムヘアー、碧眼つり目、胸はあるが全体的に太いぽっちゃり体型
【性格】善悪二元論を多用する委員長気質、融通が利く方ではなく「万が一」や「もし何かあったら」が口癖
危険=悪と考えるフシがありそのせいで半ば力=悪だと決めつけている
【得意魔法】魔力を帯びたモノを反射する反射板を作れる。魔力皆無の物理攻撃(単純な投石やベアナックルなど)は素通りしてしまうが魔法により生まれたモノは大概反射できる
魔法を使わない投擲でも魔石やマジックアイテムなら反射するし魔力で動かしていれば魔力の無い物も跳ね返す
【備考】自分は異性愛者だと必死になって言い聞かせてる(百合でないとは言ってない)
中一の頃に(勉強や実技を)色々仕込んでくれた当時三年のお姉様がいた、たった一年で思いっきり依存してしまったせいでお姉様が卒業して以来基本レイプ目
ぽっちゃり体型なのは成長期に太り気味な方が胸が大きくなると聞いたため。おっぱいが育ったので現在は脚や腹周りの肉をどうにかしようと奮闘中
405 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/20(金) 13:15:43.73 ID:m19fxR/3o
1.夜魅
2.カーム
3.マイナ
4.ナーラ
5.ネリー
6.ゲネヴィア

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新入部員となります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新入部員となります
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:20:41.52 ID:tV7o96ADO
2
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:20:53.59 ID:n1ZxoEyq0
2
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:21:57.13 ID:T3E4XjGeO
5
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:25:26.71 ID:ePd5MBKhO
2
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:27:59.25 ID:3AoCFf5RO
1
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:28:25.62 ID:QiF1B7jSO
1
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:28:30.34 ID:Vt/ppLwGO
2
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:28:45.70 ID:qXiPFPTv0
1
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 13:29:18.20 ID:K38W+br7O
2
415 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/20(金) 21:40:32.95 ID:m19fxR/3o
新入部員はカーム・セレスティアとなりました
設定は>>370を参照
416 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/20(金) 21:41:00.93 ID:m19fxR/3o
「よ……『よろしくお願いしますシャイニー私こそずっと好きだったのよ』」


「『そっか。……そっか、嬉しいな』」


クロエ「ふむふむ」メモメモ

クロエ(アガりすぎて一息で全部のセリフを言っちゃうのはよくないわね。人の目に慣れるところからかしら)メモメモ

クロエ「はい、ありがとう。次の子、お願いするわ」


やよい「はいっ」


カーム「はい!」


クロエ(やよいの相手の子、どこかで……)


デン「あ……!」

デン「“福音”のカーム・セレスティア!」


カーム「は、はい?」


デン「昨年の中学生のマホリオ学生大会優勝チームの一人だよ! まさかリリウムに来てたなんて……!」


カーム「わわわ、知ってたんですね。ありがとうございます」


クロエ「はいはい、興奮するのは分かるけど後でね。じゃあやってみてちょうだい」


やよい「はい! 白峰やよい、シャイニー役です!」


カーム「カーム・セレスティア。ブラック役です。お願いします」


コンマ↓やよいの演技力
コンマ↓↓カームの演技力
51以上で役者スタート
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 21:43:42.41 ID:+bCFrx7V0
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 21:43:59.37 ID:tV7o96ADO
はい
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 21:46:26.94 ID:8YbMhJMzO
可愛らしい演技力だ
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 21:55:50.76 ID:jhsTJUg6O
そういえばノルンは次の年マホリオ1人になっちゃうね。エルクと御桜で同学年キャラ余ってるし組み替えもあり?(物語的にはこの年で終わりだから気にしなくてもいいかもだけど……)
421 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/20(金) 22:28:30.81 ID:m19fxR/3o
やよい「す、すす……『好きだ、ブラック!』///」


カーム「にゃ……! な、『なに、と、突然』……!」


やよい「ず、『ずっと想ってた』……えと『君と恋人としてお祭りに行きたい……どうかな』」


カーム「う、うん。じゃないっ……よ、『よろしくお願いします……シャイニー』」

カーム「『私こそずっと好きだったのよ』」


やよい「『そっか。……そっか、嬉しいな』っ……!」


クロエ「はい、そこまで。初々しい感じでいいわね」

クロエ「二人ともしっかりセリフは覚えてきてたし、ちゃんと喋れてたけど……裏方スタートかしら」


やよいカーム「はい!」


クロエ「……で、これで全員終了ね。それじゃあみんなに伝えておくわ」

クロエ「私達リリウムの演劇部が、全国大会への選考を通過したわ」


ざわざわ……!


クロエ「よって、夏休みには演劇部の全国大会に出ることになったわ。当然優勝を目指して練習していくから、そのつもりでいること!」


はいっ!


クロエ「いい返事ね。それじゃあ基礎練習から始めるわ。一年生は上級生と組んで練習を見てもらってね」

クロエ「それじゃあペアを組んで発声練習から!」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

1ヶ月4週間とし4月〜7月までの4ヶ月を一学期とします
16週間あります

1/16回目の行動です
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/20(金) 22:54:24.45 ID:3jguVRmA0
春の陽気に当てられたノルンが睡眠魔法垂れ流しにしたせいで学校中が睡魔に襲われ寝ぼけ半分に魔法を垂れ流しにする生徒が続出
ヒカリが誰彼構わず魅了したり舞の周りが不穏な空気になったりする

職員室に至ってはリリィのリラックス効果との合わせ技で強制安眠空間になっていた
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 23:00:15.98 ID:SQ3TBIgCO
小ささと可愛らしさで新入生から揉みくちゃにされる嵐とゼレス
見かねた楓&晶、ステラが助けに入る
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 23:10:55.41 ID:jhsTJUg6O
ゼーレ、正体は知られていないもののその容姿レベルの高さから目立ってしまい同級生から質問責めに会う
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/20(金) 23:39:04.35 ID:n1ZxoEyq0
助っ人同好会をローラ視点で
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 01:16:30.00 ID:XXxG1Lz10
イリノワ・イオモミがダブルデート
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 01:40:26.27 ID:x8msht+PO
ついに4人でダブルデートが回収された
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 11:55:21.51 ID:lDExVZ+V0
そろそろ宝箱開けたい
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 18:08:41.66 ID:yak9J9EKO
魔獣の島にあった宝箱ということでゼーレの恋人の片方を探す手掛かりになりそうではある
430 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:02:02.29 ID:WMnEUiGTo
教室ーー


クロエ「転校生が何人かいたみたいね」


楓「うんうん。2年生にマホリオプロの娘さん入ってきたんだよ」


クロエ「エルクね。ソフィアさんのところで会ったわ」


楓「あとはうちのクラスにも来たけど……」チラッ


「ゼーレさんってあのアートルムと同姓同名だよね! ご両親がアートルムのこと大好きだったりするの?」


「前はどこにいたのー?」


「髪キレー! ね、触ってもいい!?」


ゼーレ「ええ、えっと……?」アワワ


楓「あれだけ美人さんだとそりゃ囲まれちゃうよなー」


クロエ「まあみんなもいずれ慣れるわよ。ゼーレさんにとっても現代人と話すチャンスだと思うわ」


晶「ま、どうしてもだめそうなら助け舟を出すか」


楓「……そういえば嵐はどこに行ったの?」キョロキョロ


ーーーーー

ーーー

431 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:02:30.81 ID:WMnEUiGTo
食堂ーー


わちゃわちゃ


嵐「や、やめろよ〜!」


ゼレス「撫でるのやめてくださいっ!」


かわいいー!


「なんてことだ……今年の一年生に『リリウムちっちゃいものファンクラブ』を布教する前にもみくちゃになってしまうとは……!」ワナワナ

「……撫でられるゼレスさん嵐さんも可愛いな」ゴクリ


楓「あ、いたいた」


晶「嵐、こんなところにいたのか」


嵐「あ、楓、晶! 助けて!」


ステラ「ゼレスさん、一年生に呼ばれたと思ったらこんなところに……」


ゼレス「ステラさん、助けてくださいー……」


楓「はいはい、そこまで。嵐持ってくねー」


えーっ


晶「悪いな。アタシ達の彼女だからあんまり手出さないでくれるか?」


ステラ「そ、そうです。私達の彼女なんですよ!」


きゃー! すごい、大人!


ゼレス「な、なんか盛り上がってますけど……。もう行っていいんですかね」コソコソ


嵐「これ以上囲まれるのも嫌だし、抜け出そうぜ」コソコソ


楓「二人ともこっちこっち。早いとこ食堂から出ちゃって!」


キスとかもうしたんですかー!?


晶「あーもう、今度はアタシ達が囲まれる番かよ!」


ステラ「あはは……」


ーーーーー

ーーー

432 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:02:58.26 ID:WMnEUiGTo
ガーデンーー


ローラ「えーっと……」

ローラ(今日の依頼は2つ。ガーデンの水やりのお手伝いと、魔獣のお世話……)

ローラ「失礼しまーす……」


「あ、助っ人同好会の方ですね。お待ちしてました」

「実は大規模な種の植え替えがあって、水やりの人員が足りなかったんです。同好会の方が来てくれて助かりました!」


ローラ「そう言ってくれるとやりがいがあります! 水やりはどこのお花を……」


「この円形の花壇と、あっちの一部の花壇ですね。花が植えたままになってるところに水やりをしてくれればいいですから」


ローラ「今土になってるところは植え替え中ということですね。分かりました!」

ローラ(これは魔獣の力は借りなくてもいいかな)


しゃあああああ……


ーーーーー

ーーー




「ありがとうございます! 助かりました!」


ローラ「いえいえ、また何かあれば助っ人同好会にお声掛けくださいね!」

ローラ(さて、次は魔獣のお世話だ♪)
433 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:03:31.94 ID:WMnEUiGTo
厩舎ーー


「おお、ローラちゃん! いつもありがとねー」


ローラ「はい! こればかりは他の助っ人同好会の人よりも自信がありますし、どんどん頼ってください!」エヘン!


「それじゃあ今日は魔獣のお風呂のお手伝いを頼むよ」


ローラ「はい!」


「まずはカピーバだ。魔法で温泉を用意してあるから、そこに誘導してくれ」


カピーバ「キュル……」ウトウト


ローラ「か、かわいい〜……! 動物園の聖母カピーバさん……! こっちだよ、おいで〜……」


カピーバ「……」トテトテ


ざぼんっ


ローラ「すぐ入った! お利口さんだね」ナデナデ


カピーバ「キュルル……♪」


「次はこっちの子を頼むよー」


ローラ「はーい!」


ーーーーー

ーーー

434 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:04:00.24 ID:WMnEUiGTo
ローラ「みんな綺麗になりましたね」


「ローラちゃんのおかげだよ。ありがとうね」


ローラ「いえいえ、魔獣が幸せなら私も嬉しいですから♪」


ふわ……っ


ローラ「? なんだかあったかい気配……が……」ウト…


校舎の陰ーー


ぽかぽか


ノルン「……」ウトウト

ノルン(日当たりさいこう……)ポカポカ

ノルン「……ぐう」


ーーーーー

ーーー




部室ーー


ヒカリ「くう……くう……」


「ひ、ヒカリくんが無防備にもこんなところで寝ている……!」


「ああああ……最近まじまじと顔を見る機会なかったけどやっぱり顔がいい……」ハアハア


「し、辛抱たまらん……!」


舞(うう……なんだか眠たい……)フラフラ


「むおおおお……! ヒカリくんのこと襲っていい!? いいよね!?」ハアハア


「凜華さん! 待ってええええええ!」ドドドド


凜華「な、なになにー……」フラフラ

凜華(くう、眠気が……)
435 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:04:27.91 ID:WMnEUiGTo
職員室ーー


リリィ「くう……くう……」スヤスヤ


ぽわぽわ……


ぐうぐう…… すやすや……


リリィ「んへへ……ナーちゃん……」ニマニマ


ーーーーー

ーーー




ラクリマ「おーい」ユサユサ


ノルン「んー……?」ノソリ


ラクリマ「あ、起きた? 魔法すごい漏れてるよ」


ノルン「えっ!?」ガバッ


ラクリマ「私も寝ちゃってさ〜。さっき起きてノルンさん探しに来たんだよ」


ノルン「うう〜、またやっちゃった〜。気をつけてるのになあ……」


ラクリマ「ここに来るまでいろいろ寝てる人いたけど、みんな気持ち良さそうだったし問題なし! 多分!」


ノルン「そうかな〜……」


ラクリマ「そうそう♪」
436 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:04:58.80 ID:WMnEUiGTo
その頃、街中ーー


イリス「えっと今日は……」


ノワール「だ、ダブルデートってやつだね」ドキドキ


イリス「意識しすぎですよ。密集地だってこの四人で回ったんだから、その延長と思えば」


モミジ「今日はスポッティアで遊ぶよ!」


イオ「スポッティアってあれですよね。いろんなスポーツのコーナーがあったり、ゲームセンターとかカラオケが遊べるっていう……」


モミジ「そうそう。いろいろあるから四人でも楽しめるんじゃないかな」


スポッティアーー


モミジ「3時間、四人でお願いします」


「はい、ではこちらマジックバンドになります。これをかざすことで各種アミューズメントをお楽しみいただけます。入場から3時間で魔力が反応しなくなりますので、そうなりましたらこちらの受付にマジックバンドをお返しください」


モミジ「はい、ありがとうございます」


「どうぞお楽しみください!」ペコリ


ーーーーー


イリス「えいっ!」スカッ


ノワール「ふっ!」カキーン


モミジ「おおおー」パチパチ


イリス「ううー、当たりません」


ノワール「持つところが悪いよ。もっと短く、こう……」ギュッ


イリス(う、後ろから抱きしめられっ……!?///)カアア…!


ーーーーー
437 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:05:26.35 ID:WMnEUiGTo
モミジ「あわわわわ!」バンバン!


イオ「きゃー! いやー!」ダダダダ!


ノワール「お、ゾンビと戦うガンシューティングやってるね」


イリス「がんしゅーてぃんぐ?」


ノワール「モミジさん達が手に持ってるのはゲーム用の銃。あれで画面を撃つとゲームが反応して本当に撃ってるみたいな感じになるの」


イリス「面白そうです……!」


ノワール「イリスはゲームもあんまりしてこなかったんだね」


イリス「はい。なので今とても楽しいです!」


イオ「弾が! りろ、リロード!」ガチャガチャ


モミジ「イオちゃん危ない!」バンバンッ!


イオ「た、助かりました!」

イオ(今のちょっとかっこよかった……)キュン


ーーーーー

ーーー




ノワール「楽しかったー」ノビー


モミジ「うん、すごく楽しかった!」


イリス「またどこか遊びに行きましょう!」フンス


イオ「イリスさんはいろいろ遊びたい盛りですもんね」クスッ


イリス「はい! ノワールさんと一緒でももちろん楽しいですけど、二人だけだと同じ場所にばかり行きがちですし……こういう機会があると楽しみが増えます!」


ノワール「うん、私も新鮮だった。また遊びに行こうね」


モミジ「うん!」


ーーーーー

ーーー

438 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/21(土) 22:06:00.62 ID:WMnEUiGTo
クロエ「全校生徒熟睡事件は故意じゃないのと、損害が出なかったのとでお咎めなしと」


ノルン「うう、校長先生に呼ばれた時は寿命が縮む思いでした……」


クロエ「まあまあ、みんなよく寝れたらしいし良かったじゃない。一年生からもおやすみ先輩って呼ばれちゃって大好評よ」


ノルン「おやすみ先輩……それはそれで複雑です〜……」


現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

4月2週
2/16回目の行動です
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 22:09:12.21 ID:yak9J9EKO
そのままだった宝箱を開ける
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 22:31:51.04 ID:yxwPKf1u0
レナとアルシェ、魔王に自身の全力が通じなかったことを振り返って話し合う。魔王が使用した「貫ノ頂・魔槍」や「盾ノ頂・不撓不屈」をどうするか、どう超えるか、等
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 22:33:25.95 ID:e2FE56DfO
部員にマホリオの方は問題ないか聞いてみる(来年度以降1人なってしまうノルンや、まだ入学したばかりの新入生など)
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 23:03:03.81 ID:eLGHdu2zO
姉になり切るどころか同一の存在だなんて羨ましいなあとスキアに謎の嫉妬をするラクリマ
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 23:08:32.53 ID:sUKHesPAO
橘花エミールと樹ラミーによるダブルデート(相変わらず橘花が恋愛に疎すぎるので初回限定で着いてきた)
二組とも教師側が揃ってロリなためにそこかしこでエミール・ラミーの妹と思われる
橘花は妹扱いに戸惑っていたが樹は割とノリノリで、デート中は橘花・樹はエミール・ラミーを『お姉ちゃん』と呼んでいた
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 23:09:16.62 ID:XXxG1Lz10
教師陣のダブルデートいいぞ
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 00:34:23.01 ID:kO6ccAw50
ゼーレは3年生という認識でいいの?
446 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 08:16:01.60 ID:4LgSXhoFo
ゼーレは三年生です
魔法の知識は学生以上にあること、この一年が特に作戦会議など必要で学校にいた方がいいこと、といった理由から、現代の常識を学びつつ一年間だけ在席してもらおうという運びになってます
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 12:58:17.22 ID:DPOh4090O
神さえ超えた先に頂があるって何かいいな
448 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:23:15.31 ID:4LgSXhoFo
修練場ーー


ギイイイ……


レナ「あ……」ピタッ


アルシェ「はあ、はあ……」ボタボタ


レナ「ちょっと、汗すごいわよ。大丈夫?」


アルシェ「レナ……? 特訓、してた、から……」ハアハア


レナ「……私達の魔法、魔王に通じなかったものね」


アルシェ「もっと強くならないと、ティアを守れない……」フキフキ


レナ「奇遇ね。私も同じこと考えてここに来たのよ」


アルシェ「レナの魔法、まだまだ強くなると思う」


レナ「……ねえ、一緒に特訓してもいい? あなたの魔法を受け止めるの、すごくいい練習になると思うの」


アルシェ「ん」コクン


レナ「ありがとう。リリウム最強の矛を受け止められるくらい強くなって、魔王にも負けないくらい強くならないと……!」


アルシェ「アルシェも負けない。リリウム最硬の盾を貫けるくらい強くなる」フンス


レナ「貫ノ頂って、アルシェも撃てるの?」


アルシェ「多分撃てる。それには魔力が足りないから、強くならないとだけど」

アルシェ「……でも、撃たない」


レナ「?」


アルシェ「ブランカは魔力を圧縮することで、貫通力のある魔法を使える。でもそれだけならある程度強い人ならできる」


レナ「そうね。楓さんチームとかはかなり圧縮のコツ掴んでたみたいだし」
449 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:23:50.78 ID:4LgSXhoFo
アルシェ「でも、生まれてからずっとあそこで特訓してきたブランカの人間は、もう一個奥の扉に入れる」


レナ「奥の扉?」


アルシェ「もっと魔力が薄い場所。そこでもずっと特訓してきたから、魔力さえあればもっともっと強い魔法が撃てるはず」


レナ「貫ノ頂の、さらに上……」ゴクリ


アルシェ「穿ノ頂・神槍【ゲイボルグ】。それがブランカの人間が使える最強の魔法」


レナ「お母さんは使えるの?」


アルシェ「……」フルフル

アルシェ「ママは密集地で魔法を受けてないから、グングニルが限界だと思う」


レナ「ならそれを防げるくらい強くなれば……」


アルシェ「ん、魔王の攻撃なんか怖くない」


レナ「ありがとう、アルシェ。そんな魔法があるなんて知らなかったわ」


アルシェ「早速特訓しよう。やるなら早い方がいい」


レナ「ええ!」


ーーーーー

ーーー

450 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:24:18.62 ID:4LgSXhoFo
部室ーー


ラクリマ「むむむ……」


クロエ「どうしたの?」


ラクリマ「あ、先輩。魔王のことを考えてたんですが……」


クロエ(ラクリマもやっぱり不安になっちゃったかしら……。ここは先輩として元気づけて……!)


ラクリマ「姉と同一の存在って羨ましいなあって思って……」


クロエ「は?」


ラクリマ「私もお姉ちゃんと同じになりたいなあ……。あんなに可愛くて優しくて素敵な人だもん。はあ……お姉ちゃんになりたい……」ブツブツ


クロエ「あなた本当にティアのこと好きねえ……」


ラクリマ「当然だよ! お姉ちゃんの妹で良かったって毎日思ってるもん!」


クロエ「はいはい。練習するから用意しなさい」

クロエ(もう、心配して損したわ。……ま、ラクリマくらい芯がブレない方がいいわよね)


ラクリマ「よーし、今日も部活頑張るぞー」

ラクリマ(……そういえば芸能事務所のお返事、まだしてなかったな……)


ーーーーー

ーーー

451 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:24:46.87 ID:4LgSXhoFo
クロエ「はい、今日の部活はここまで!」


ありがとうございましたっ!


クロエ「で、ここからは部長からのお節介ね。みんなはマホリオで組むトリオはもうできたのかしら?」


ざわざわ ざわざわ


クロエ「知ってる人も多いと思うけど、私は演劇部の二人と組んでるわ。凜華とモミジね」

クロエ「部内で組むもよし、もちろん友達と組むもよし。部活以外にもマホリオのことで悩みがあったら相談してくれていいからね」


はーい


ーーーーー


クロエ「ノルン、いいかしら」


ノルン「はい?」


クロエ「ノルンはこのままだと来年マホリオで組む相手がいないわよね」


ノルン「そうですね〜。デン先輩もラミー先輩も卒業しちゃうので〜」


クロエ「お節介なのは分かってるけど……来年どうするの?」


ノルン「ん〜……そもそも、ノルンはマホリオで成績を残したい人間ではないので、来年新しく入る一年生と組んでもいいかな〜って」


クロエ「そうね……。私の周りみんなマホリオも本気だから忘れがちだけど、マホリオでどうしても勝ちたい人だけじゃないものね」


ノルン「でも、心配してくれてありがとうございます〜」


クロエ「かわいい後輩のためだもの。それくらいの世話は焼くわ」


ーーーーー
452 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:25:15.36 ID:4LgSXhoFo
クロエ「あ、二人とも」


やよい「はい?」


カーム「あ、部長。なんですか?」


クロエ「二人はマホリオで組む相手は見つかったの?」


やよい「私はまだ……」


カーム「私もです」


クロエ「あら、カームなんかは大人気だと思ってたけど」


カーム「ありがたいことに声はかけられますが、私もやる以上は本気で勝ちたいので……。テキトーに組んではお相手の方にも失礼ですからね」


クロエ「そうね。いい人が見つかるといいわね」

クロエ「やよいも、あまり気負いすぎないでね。さっき気付かされたけど、私やカームみたいにマホリオに本気じゃないって人もいると思うし、自分と合う人と組むのが一番だわ」


やよい「はい!」


ーーーーー

ーーー

453 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:25:41.71 ID:4LgSXhoFo
街中ーー


エミール「は、はじめまして」


ラミー「ど、どうも」ペコリ


樹「そっか、二人は初対面だったかしら」


橘花「そうだな。エミールが卒業したあとにラミーが闇から出てきたはずだから、顔を合わせるのも初めてのはずだ」


樹「ま、今日はご飯食べて服見るくらいだし、そんな緊張しなくても大丈夫よ」


橘花「まったく、それくらいのことなら言われなくてもできるというのに……」


樹「だーめ。どうせ橘花のことだからテキトーな店に入っておしまいでしょ。デートは相手に喜んでもらってなんぼなのよ。ほら、行きましょ」


ーーーーー

ーーー




レストランーー


樹「食事はちゃんと相手も食べられるところでね。なまじ相手は学生なんだから、あまり高すぎるところは萎縮しちゃうわ」


橘花「う、うむ」


「ようこそ、ご予約いただいたリリウム様ですね」


樹「はい。もう入れますか?」


「どうぞ、お席の用意はできております」

「……ふふっ、しっかりした妹さんですね?」チラッ


ラミー「えっ? えーっと……」


樹(あれ、これ私達ちっちゃいから妹だと思われてる?)

樹「……お姉ちゃんがしっかりしないからね!」フンス


ラミー「え? えっ!?」


「可愛らしい妹さん達ですね。どうぞ、こちらになります」


橘花「あ、ああ。ありがとう」
454 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:26:12.73 ID:4LgSXhoFo
橘花「おい、妹だと思われてるぞ」ヒソヒソ


樹「いいわよ、楽しいし」

樹「ねー、お姉ちゃん」ニコッ


ラミー「か、かわいい……っ」


エミール「……」キラキラ


橘花「う、そんな目で見るな……! お、お姉ちゃん……っ」ボソボソ


エミール「……!」キューン


ーーーーー

ーーー




服屋ーー


樹「うーん……服ねえ……買っても学校の中だと校長っぽい服装しかできないし……」


ラミー「でもこういうデートの時には着るでしょ。言い訳して可愛い服着れないのはもったいないよ」


樹「そ、それもそうね」


ラミー「エミールさんも橘花先生の見たい格好があるなら服買ってもらわないと! 白衣もいいけど、可愛い服着てるの見てみたいでしょ」


エミール「う、うん!」


橘花「う、着せ替え人形にされる予感……」


エミール「先生はいっつも私の魔法で楽しんでるんだから、こういう時くらいは私にも楽しませてください!」


橘花「わ、分かった分かった。観念するよ」


ーーーーー

ーーー

455 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:26:40.52 ID:4LgSXhoFo
橘花「うう……こんなフリフリの服私は着ないぞ……」ガサッ


エミール「他の人には見せません。私の実験協力のモチベーションのために着て見せてもらうだけです」


橘花「く……意地悪なお姉ちゃんだ」


エミール「はぅ……お姉ちゃん呼びはずるいですよ」


樹「うーん。中々お似合いね、あの二人」


ラミー「うん。なんだかんだ息ぴったりだよ」


樹「私も今日は楽しかったわ。ね、お姉ちゃん」


ラミー「うん♪ カップルじゃなくて姉妹っていうのも新鮮だったな」


樹「同感よ。たまにはこういうのもいいわね」


ーーーーー

ーーー

456 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/22(日) 23:27:09.74 ID:4LgSXhoFo
校長室ーー


クロエ「あ、戻ってきたわね」


樹「クロエさん? どうかしたの?」


クロエ「これを開けようと思って」


樹「宝箱?」


クロエ「去年の夏休み魔獣島に旅行した時ゼレスさんが見つけたのよ。ただ封印の鎖があるからその時は開けられなくて、持ち帰って開けてもらおうって話になったの」


樹「なるほどね。それでラピスさんもいるのね」


ラピス「はい。鎖が解除できるならそれでもいいですが、だめなら力づくでもと思いまして」


樹「分かったわ。少し見てみましょう」


宝箱の中に入ってたもの自由安価↓〜↓3最高コンマのものを採用
道具用テンプレート↓
【名前】
【効果】

テンプレートを使用せず、道具の名前だけレスしても構いません
〇〇のようなものといった漠然としたものでも大丈夫です
その場合細かな設定はこちらで調整します
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 23:29:26.72 ID:kO6ccAw50
星の涙
誰かが死にそうになった時身代わりで砕ける不思議な石
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 23:34:00.91 ID:diwtbLqaO
【名前】神樹の種
【効果】かつて魔王によって焼き尽くされた神樹から零れ落ちた一粒の種
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 23:47:04.76 ID:F8xJlP70O
古びた絹織物
460 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 00:20:06.12 ID:ZqiNcnVMo
樹「これはこうね……」ガチンッ

樹「うん、複雑な魔力錠だけどなんとかなるわ。ずいぶん昔のだし、これくらいなら……」ガチャガチャ


ガチャッ!


樹「はい、開いたわ」


クロエ「おお……! 開けてみるわね!」


ギイイ……


クロエ「……種?」


ラピス「種ですね」


樹「書物でみた神樹の種に似てるけど……。ルクさんかスフィアさんに聞けば分かるかもね」


クロエ「スフィアさんが魔獣島と知り合いだったみたいだし、聞いてみようかしら」


ーーーーー


スフィア「ふむふむ……。確かに神樹の種に違いないわね」


クロエ「凄いものなのね」


スフィア「そうね。私が悪魔になる前はまだ大きな神樹があったはずだけど、今はないし……その子供かしら」

スフィア「神樹はまだゼーレがみんなに魔法を与えるようになる前から、魔力が必要な魔獣達に魔力を与えてたわ。いろんな草木や自然物が魔力を生み出すのは昔からだけど、神樹が生み出す魔力は純粋で綺麗で、みんな大好きだったわね」


クロエ「世界一高純度な魔力を生み出す樹ってことでいいのかしら」


スフィア「ええ。私が知る中で最も魔力の質がいいのは間違いないわ」


クロエ「なら早速埋めないとね」


スフィア「え、埋めるの? だってその……もう一年後には魔王にやられるかもしれないのに」


クロエ「やられるつもりはないし、仮にたとえ明日世界が終わるとしても、きっと私はこの種を植えるわ」


スフィア「……あなたってほんと……闇魔法の使い手とは思えない前向きさよね」


クロエ「あなただってこの世界がなくなるの嫌でしょ。せっかくゼーレとも再会できたんだから、本気で護るために協力しなさいよね」


スフィア「はいはい」

スフィア(ほんと、人をその気にさせるのが上手いわね。気づいたら魔法使いの中心にいるのもなんとなく頷けるわ)クスッ


現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

4月3週
3/16回目の行動です
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 00:56:35.83 ID:Qy7URvkD0
ラクリマ、芸能事務所にOKの返事を出す
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 02:16:25.82 ID:caRQf1StO
カームのチームメンバー探しを手伝う
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 03:48:49.13 ID:tfoIJ0luO
カサブランカとも連携しようということで樹が向こうの校長に連絡
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 04:28:21.36 ID:YLmIHkqz0
エルク、教室内で無自覚にいちゃつく人間(ゼレステ)を見て思わずニッコリ
なお闇の気配を感じ取ったゼレスには無駄に警戒された模様
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 06:41:49.11 ID:z8dF9LnfO
満月の日に嵐・晶に血をねだる楓(一応恋人になってから習慣化していた)
しかし魔王関連で不安を感じていたためか今回はそれだけでは収まらず、より深く二人を求めた
466 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:43:24.27 ID:ZqiNcnVMo
二年生の教室ーー


「これで右脳左脳どっちが派か分かるんだってー」


「え、腕組むだけで?」


「エルクさんもやってみようよ。まず腕組んで、その後指組みするの!」


エルク「こうですか?」ギュッ


「右右脳タイプだ! 右右脳タイプは……」ペラペラ


エルク「よければゼレスさん達もやってみませんか?」


ステラ「え? えっと……どうするんですか?」


エルク「腕組みしてもらえますか?」


ゼレス「腕組み?」ギュッ


ステラ「?」ギュッ


「いや、二人で腕組みじゃなくて! 自分の胸の前で腕組みするの! もー、いちゃいちゃしてくれるよねー」


エルク(ナチュラルにいちゃいちゃ……人間は幸せが一番です……)ジュルリ


ゼレス「っ」ゾクッ

ゼレス(闇の魔力を感じます……。ステラさんのこと守らないと……)ガルル


エルク(ああ、小さい体で守るように前に出て……愛らしい人間ですねえ……)ゾクゾク


ーーーーー

ーーー

467 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:43:50.41 ID:ZqiNcnVMo
校長室ーー


樹(魔王を相手にうちの子だけだと、勝てる見込みは限りなく低いわ……)

樹(あのニュースは世界中の人が見たはず。世論はただの無害な大規模魔法だと思ってるみたいだけど、見る人が見れば本気で魔界からの宣戦布告だって分かるわ)

樹「となると……」サラサラサラ


ラミー「お手紙書いてるの?」


樹「ええ。カサブランカの校長と……あとは知り合いのマホリオの大会運営の人とかね」


ラミー「それって、あの魔王の……」


樹「そうよ。とにかく戦力は集めて損はないわ。ただいたずらに一般人に怖い思いをさせないようにはしないといけないから、できるだけ内密にね」


ラミー「う、うん……!」


ーーーーー

ーーー

468 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:44:23.28 ID:ZqiNcnVMo
部室ーー


ラクリマ「クロエ先輩」


クロエ「どうやら覚悟は決まったみたいね」


ラクリマ「はい。私……OKしようと思います」

ラクリマ「……私、お姉ちゃんの後を追って生きてきたけど、舞台だけは自分でやりたいって思ったんです。だから、行けるとこまで行ってやろうと思います」


クロエ「いい目ね、ラクリマ。自信持ってやってきなさい!」


ラクリマ「はい!」


ラクリマが芸能事務所に所属しました。
アイドル見習い兼演劇部所属になります。


ーーーーー

ーーー

469 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:44:53.80 ID:ZqiNcnVMo
食堂ーー


カーム「はあ……」


クロエ「どうしたの、カーム。ため息なんかついて」


カーム「クロエ部長……。実はマホリオで組む方が中々見つからなくて」


クロエ「実績があると期待されて大変ね」

クロエ「私は最初の頃、とにかく知り合いを増やしたわね。誰がどんな魔法を使えるかも知らなかったから、仲良くなるついでにマホリオで組めそうな人を探してね」


カーム「ふむふむ」


クロエ「結局部活内の二人と組むことになったけど、一緒に戦い続けてく内にコンビネーションも磨けたし、強い人と組むより連携が上手く行きそうな人と組むのもありかも。いろんな人と試しにやってみるのもいいかもしれないわね」


カーム「参考になります」


クロエ「ま、手伝えることがあったら言ってね。さすがに何から何までアドバイスする訳にはいかないけど、ちょっとしたことなら手伝えるから」


カーム「はい! ありがとうございます!」


ーーーーー

ーーー

470 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:45:39.75 ID:ZqiNcnVMo
楓と嵐の部屋ーー


楓「がぷっ」


晶「……」


嵐「慣れたもんだな」


晶「あー、まあな。求められるのは純粋に嬉しいし……」


楓「ぷはっ。……ん、美味しい」


嵐「次は俺か」スルッ


楓「がぷっ」


嵐「ん……」


楓「ちゅうちゅう……」クピクピ

楓「ぷはっ」


嵐「もういいか?」


楓「んー……うん……」


晶「飲み足りないならもうちょっとくらい大丈夫だぞ? 満月の時にしか吸われないんだし……」


楓「ちがくて……その、ちょっと怖いんだ」


嵐「怖いって……魔王がか?」


楓「……」コクン


晶「またトラウマか……?」ナデナデ


楓「ううん、それは大丈夫……でもその……もっと二人が欲しい」


晶「え……」


楓「ん……っ!」チュッ


晶「んっ……!」


嵐「か、楓!?」
471 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:46:05.73 ID:ZqiNcnVMo
♡幕間
  楓と晶と嵐の……♡


突然のキスに晶は目を白黒させ、しばしなすがままにされていた。
はっと気がつくと、楓は嵐の唇も奪っていた。それも舌も絡ませ、より深く繋がろうとしている。

「かえれ……ぢゅるるっ……どうし、たんだよ……」

「うう……怖いからもっと触ってほしいって変かなあ……。というかそういうことをするのに理由っている……?」

確かに愛し合う三人の間に理由はいらないだろう。そう言われると嵐も晶も閉口して楓を受け入れるしかなくなってしまう。
嵐を抱き止めたままの楓は器用に制服の中へと手を侵入させ、柔肌の上を直接なぞるように触れていく。

「んっ……ふっ……!」

くすぐったさと気持ち良さとが嵐の体を駆け巡り、気づけば身をよじる内にベッドへと押し倒されていた。
行為によって高まった体温は嵐の皮膚にうっすらと汗を浮かばせ、そのしっとりとした首元に楓は顔を埋める。

「やめっ……かえで、汗くさいからぁ……!」

楓は聞く耳を持たず舌を這わせている。
先程血を吸うために空けた穴の上を舌が通り、得も言われぬ感覚に嵐の背筋が震える。

「ぷあっ……」

楓が口を離せば、嵐はぴくぴくと体を震わせているだけだった。
ただ深いキスと首筋を舐められただけで、嵐の小さな体の奥底がきゅんきゅんと疼いている。

「晶も……」

晶はその間行為から目を離すことができなかった。
当然と言えば当然かもしれないが、目の前で始まった情事に未だに頭がついていっていないというのもあったかもしれない。
472 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:46:31.86 ID:ZqiNcnVMo
それだけ呆然としていれば、楓が唇を奪うのは容易いことだった。
自身よりやや背の高い晶の首に手を回し、くいっと近づけ口付ける。そしてそのまま舌を侵入させ口内を蹂躙していった。
数分としない内に晶の息が上がり、嵐と同じようにベッドに並べて寝かされる。

「今日の楓激しいな……」

「ああ……」

愚痴っぽくこぼしてみても、止める意思は二人にはもうない。
楓が二人を求めるように、二人もまた楓を受け入れたがっているのだ。

「うう、だめ……もっと二人に触りたい……」

するすると恥じらいもなく制服を脱ぎ去っていく楓。
二人ももぞもぞと制服の留め具を外していく。
当然先に楓が脱ぎ終わり、見事なまでの絶壁を晒して二人に覆いかぶさった。

「ひゃっ! ちょっと楓……!」

講義の声をあげる嵐を無視し、二人の間に挟まるように潜り込む。
自分のものより大きい両者の胸へと手を伸ばし、制服の上からふにふにと揉む。

「あっ、まて、脱ぐから……!」

シワになる、とぶつぶつ言いつつ、二人ともするりと上を脱いだ。
黄色いジュニアブラと赤いスポーツブラ姿になったのを確認し、改めて楓は二人に手を伸ばす。

「はぅっ、んっ……!」

「あっ、あぁ……っ!」

決して激しい行為ではない。だが互いが互いを見ているという意識からか、一人でする時よりも格段に強い快感が広がっていく。

「はぷっ」

「んぅあっ!?」

不意に、楓が晶のスポーツブラの上から乳首に噛み付いた。
生地越しに温かい舌が突起に触れて、ビクッと体が大きく震える。
それに驚いたのもつかの間、空いた胸に手が伸ばされ、ブラジャーの下へと入り込んでくる。
きゅっと先端をつままれ、背が弓なりになるほど体が跳ね上がる。

「くひっ……!? やぁっ、かえ、でぇ……!」
473 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:46:59.03 ID:ZqiNcnVMo
その反応で満足したのか、今度は嵐の方へと体をずらす。
ずりっと一気にブラジャーを上へずらすと、可愛らしい桃色の乳首が顔を出した。
つんと上を向いたそれを、両の手でためらいなくつまみあげる。

「ふあうっ、んううぅっ!」

快感よりも痛みが勝り、じわっと嵐の目尻に涙が浮かぶ。
それをぺろりと舐めとると、今度は一転して優しく乳首の辺りを撫で始めた。

「あ、んぅう……!」

ジンとした痛みが引き、それどころか甘い快感に転換されていく。
きゅんと下腹部が疼き始めたところで、楓はぱっと手を止めてしまう。

「ぁ……」

名残惜しさに声を漏らすと、楓はにんまりと笑って体を起こした。
二人のスカートをさっと取り除くと、愛液の染みた二つのショーツがあらわになった。
その上からそっと手を当てて、くにくにと指を動かす。
じわりとシミが広がり、二人の息も荒くなっていく。

「んっ、んっんっ……!」

「あ、かえでぇ……っ! それ、きもちぃ……!」

ショーツも指を引っ掛けてするりと脱がす。
とろとろにほぐれきった秘裂に指をあてがい、ゆっくりと押し進めていく。

「は、ぁぁあ……っ!」

上がる声がさらに高くなり、次から次へと熱い液が漏れ出す。
くちゅ、ぷちゅと小さな音から始まった責めは徐々に激しさを増していく。

「あっあっあっ……!」

「んっんぅっ、んんうっ……!」

きゅうきゅうと痙攣する嵐の膣内と、ひくんひくんと痙攣する晶の膣内。
限界が近いことを示すように、二人の体が大きくびくつく。
474 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:47:43.09 ID:ZqiNcnVMo
「イッちゃえ、二人とも♡」

折り曲げた指で、内壁をこりっと強く引っ掻く。

「ひっ♡ くぅうううううんっ!!♡♡♡」

「ああっ!♡ ひゃああああああっ!!♡♡♡」

びくっと大きく腰を跳ね上げ、二人同時に絶頂する。
ぎゅううっと楓の指を締め付け、ゆっくりと弛緩していく。

「はあっ、はうっ……♡」

「やばい、これ、あたまだめになる……♡」

カクカクと腰を震わせる二人。
そんな姿を見て満足したのか、楓は二人の真ん中に挟まってシーツを被ってしまった。

「え……楓、いいのか……?」

実際楓は何もされていない。厳密にはキスをしたり血を吸ったりしたが、性的に満足したかは分からないが故の質問だった。

「うん、満足した。二人の愛、たくさんもらったから」

にひひと笑って答える。

「うーん、してもらったのはアタシ達だけど……楓がいいならいいや」

ぎゅっと両側から楓を抱きしめてまぶたを閉じる。
楓が悪夢にうなされないよう。怖い思いをしないよう。

その日、三人の寝顔は穏やかで、とても幸せな眠りだったそうな……。
475 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/23(月) 23:48:21.42 ID:ZqiNcnVMo
クロエ「ラクリマにカーム……みんなもいろいろ前進してるのね。私も負けてられないわ」


現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

4月4週
4/16回目の行動です
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 00:03:20.75 ID:zkKv7/4MO
最近のR展開ラッシュに部屋さんも喜んでそう

大会に向けて+対魔王への戦闘力強化も兼ねてのマホリオ特訓
ウィンチームに勝った実績からかギャラリーもかなり多かったがそのぶん特訓にも身が入った
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 00:06:52.57 ID:f7/EhHp90
重力も冷気も継続的に食らい続けると加速度的にダメージが増えると思うんよ

てなわけでモミジ・凜華の魔法連続展開時間延長を目指した訓練
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 00:43:37.86 ID:McNU4fpO0
ゼレスとカームが廊下でばったり
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 00:46:39.75 ID:/0AaNF5H0
部屋といえばそう言えばまだだったので

久しぶりに図書室の隠し部屋に行くイリノワ
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 01:34:35.26 ID:udetBie/O
>>478で意外にも意気投合し、同系統の魔法を持つ先輩として、カームがゼレスの事を慕うようになる。師匠と呼ばれそうになったが恥ずかしいので流石に止めるゼレス
481 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:26:57.10 ID:s8LCLEPio
廊下ーー


カーム「あっ」バッタリ


ゼレス「っと……」バッタリ


カーム「え、ヴィーネプロ……!? じゃない……」


ゼレス「ああ、ヴィーネ・ケルキオンは私のママですよ」


カーム「ということは……もしかしてゼレス・ケルキオンさんですか! 近くで見るとすごく可愛い……」


ゼレス「はい。そういうあなたはカーム・セレスティアですね。“福音”のカーム……有名ですよ」


カーム「わ、わあ……! ゼレス先輩に知っていてもらえたなんて感激です……!」


ゼレス「え、嬉しいけど……私の方はそんなに有名じゃないでしょう」


カーム「そんなまさか! 昨年一年生にして全国学生大会に出たリリウム唯一のトリオですよ! 知らないはずないじゃないですか!」


ゼレス「よく知ってますね……」


カーム「当然です! 私マホリオ大好きですから、これでも色々調べてるんですよ」エヘン


ゼレス「ふふふ、私もマホリオは大好きですよ。私達気が合いそうですね」


カーム「はい!」

カーム「あの、ゼレス先輩はママさんと同じで神聖魔法の使い手ですよね……」


ゼレス「そうですよ」


カーム「あのあのっ! 師匠と呼ばせてもらってもいいですか!?」


ゼレス「ふえっ!?」
482 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:27:24.45 ID:s8LCLEPio
カーム「私のは厳密には神聖魔法の亜種ですが、同じタイプの魔法使いとして尊敬してるんです!」


ゼレス「ううう……! 師匠呼びは確かに憧れますけど、ダメです! 私はまだ人に師事できるほどの実力じゃありませんから!」


カーム「な、なんと……! 自分の実力をしっかり把握して、見栄も張らずに素直に打ち明けてくださるなんて……! ますます尊敬です!」

カーム「ゼレス先輩、弟子になるのは潔く諦めますが、これからも仲良くしてくださると嬉しいです!」


ゼレス「それは是非。私もカームさんとは仲良くしたいです」


カーム「はい!」


ーーーーー

ーーー

483 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:29:23.59 ID:s8LCLEPio
図書室ーー


イリス「ここ……」


ノワール「うん、私達が喧嘩する原因になったところ」グッ


ガコンッ


ノワール「開いた。入ろう、イリス」


イリス「はいっ」


ガコッ


『キスをすると出られる部屋』


ノワール「あー……聞いてるか分からないけど、言わせて。ここで前に喧嘩したんだけど……」


『キスは可能ですか? 無条件に開けることもできますが』


ノワール「それはその……できる、よ」


イリス「私達、仲直りしてお付き合いすることになりました」


『キマシ』


イリス「きまし?」


『いえ、なんでもありません。それより、おめでとうございます』


ノワール「うん。ここで意識することになってなかったらこうはならなかったかも。だからお礼を言おうと思って」


『恋する二人の後押しになれたならこれ以上嬉しいことはありません』


イリス「さて、報告も済みましたし出ましょうか?」


『キスをすると出られる部屋』


ノワール「ああ、壁の文字が……。やっぱりするのか。……イリス」


イリス「はいっ」


ノワール「うー、まだドキドキするけど……。んっ」チュッ


イリス「んっ……」チュッ


キ マ シ タ ワ ー


ガコンッ


イリス「あ、開きましたねっ///」カアアッ


ノワール「う、うん。出ようか///」テレテレ


ーーーーー

ーーー

484 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:30:07.47 ID:s8LCLEPio
中庭ーー


ざわざわ ざわざわ


楓「今日はギャラリー多いねー」


晶「学生大会3連覇のチームを破ったトリオが戦うんだ。そりゃ一目見たいだろ」


クロエ「今日はよろしくね」


モミジ「ううう……人多いとまだ緊張するなあ……」


クロエ「舞台と一緒よ。みんな見たいから見に来てるの。見せつけてやりましょ」


先生「では準備はよろしいですね?」


楓「はーい。こっちはあたしが大将ね」


凜華「こちらはモミジさんが大将だ。よろしく頼む」


先生「では……試合開始!」


晶「獄炎魔法【ヘルファイア】!」ゴオッ!


凜華「巨大氷晶壁【アイスランパート】!」ギイッ!


わああああああっ!


クロエ(ここまで応援されてるとほんとに試合みたいね……)

クロエ「モミジ! 闇弾【ダークボール】!」ドウッ!


モミジ「うん! 反重力魔法【アンチグラビティ】!」


嵐「俺が落とす! 雷弾【サンダーボール】!」バチッ!


ぐいんっ!


クロエ「無駄よ! 私の魔法にモミジの反重力魔法がかかったホワイトホールは魔法を弾く!」


楓「防御魔法【シールド】!」ガキンッ!

楓(う……! クロエの魔法も威力が上がってる……!)ミシッ
485 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:30:36.03 ID:s8LCLEPio
クロエ「さすがにこれだけじゃ当たらないわよね……。じゃあ……やるわよ」

クロエ「闇よ! 彼の者達を包みこめ! 巨大暗黒匣【ビッグブラックボックス】!」ズオッ!


楓「来た!」


凜華「凍てつけ! 凍塵魔法【フローズンフィールド】!」ビュオオッ!


モミジ「重力魔法【グラビティ】! 反重力魔法【アンチグラビティ】!」グイングイン!


クロエ「疑似宇宙魔法【アストロ】!」


晶「ぐ……このぐらぐらは慣れないな……!」


楓「二人とも、しっかり自分の周りに盾張って! 魔法が切れるまで耐えるよ!」


嵐「ああ!」


クロエ「ふふふ……! 今日の狙いは耐久よ。狙い通りに事が運んでくれて嬉しいわ」


凜華「すー……はー……!」グググ…!


モミジ「うぐぐぐ……!」グググ…!


晶「中々晴れないな……」


嵐「攻撃もしてこないし……防御用の魔法は解除していいんじゃないか?」フシュッ


楓「あ、バカ! 防御して!」


クロエ(一つ魔力が薄れた!)ピクッ

クロエ「そこ! 闇弾【ダークボール】!」ドウッ!


嵐「がっ……!?」
486 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:31:07.40 ID:s8LCLEPio
晶「おい嵐!?」


楓「多分落とされた……! 私達は闇の中で見えないけど、クロエは確かこの中の魔力を感じ取れたはず」


晶「じゃあほんとに耐久って訳だ……!」

晶(くそ、寒い……)ブルルッ


凜華「はあ、はあ……!」

凜華(魔力がだいぶ減ってきたな……)


楓(うぐえええ……重力めちゃくちゃで気持ち悪い……)ウップ


モミジ(も、もうキツいよお……!)ハアハア


クロエ「凜華、モミジ、解除!」


凜華モミジ「!」フシュッ


楓「あ……っ!?」チカチカッ


晶「うおっ!?」チカチカッ

晶(目が……! 急に明るいところに出たからか!)


クロエ「冷気や酔いで倒せなくても、視界が奪われたらおしまいね」


凜華「氷弾【アイスボール】!」キンッ!


クロエ「闇弾【ダークボール】!」ゴウッ!


晶「ぐあっ!」


楓「うわあっ!」


先生「そこまで! 勝者モミジチーム!」


わあああああああっ!


楓「うー……目やっと慣れてきた……」グシグシ


クロエ「おつかれさま、楓」


楓「やっぱウィンさんチーム倒したのもたまたまじゃないねー。コンビネーションの幅がすごいし、次から次に策が出てくるから対処しきれなかったよ」


晶「前までのアストロは割とすぐに晴れたからその後すぐに反撃に出れたけど……。今回のはかなり長かったから、光に目がやられたよ」

晶「くそー、動きを止めさせて冷気で凍らせるのが目的かと思ったら、太陽の光まで利用するなんてな」
487 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/24(火) 21:31:35.95 ID:s8LCLEPio
クロエ「あら、当然それも目的よ」

クロエ「モミジ達の魔力が尽きる前に体が冷えてくれればよし、先にこっちの魔力が尽きるようなら太陽の明るさを利用する。策は何重にも用意するものよ」


楓「その口ぶりだと、太陽の出てないときの策もあるみたいだけど……」


クロエ「もちろん。闇を解除する前に凜華とモミジが反射板を用意する、私が魔力を感知して、解除する前に接近しておいて不意打ちする……まあ、いろいろよ」


晶「とんでもないな……」


クロエ「実力じゃどうやったって勝てないもの。百の策を用意してその内一つが効けば良し。それを積み重ねて勝てるなら、策くらい千でも万でも用意するに決まってるわ」


凜華「新しいコンビネーションを聞くたびに、クロエさんと組んでよかったって思うよ。敵にしたら底がしれなくて末恐ろしいね」


楓「ほんとほんと。だからこそこっちもやりがいがあるんだけどね。戦うたびに自分たちを見つめ直すきっかけになるよ」


クロエ「またやりましょうね」


楓「おう!」


凜華(そして実戦の中で、私達の魔法を少しでも持続させるための練習にもしてしまう……。頼もしいリーダーだ)フフッ


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

5月1週
5/16回目の行動です
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 21:49:13.93 ID:LnGUyyJkO
スキアの宣戦布告から早一ヶ月、もしかしたら何らかの動向があるかもだしゼーレの嫁二人を探せそうな手がかりを集めてみよう
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 22:21:50.94 ID:McNU4fpO0
ラクリマの仕事現場に遭遇するノルン
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 22:35:46.18 ID:9hgC5Uk1O
ゼレスとステラがお互いに相手のお弁当を作って食べさせ合いっこ(ご一緒している御桜ラクリマの前で)
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/24(火) 23:54:34.27 ID:XUNV9EQnO
密集地で強化されたティアルシェに遅れを取ってしまっている感が否めないナミネが魔法強化や応用が出来ないかと色々考案する
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 00:29:43.96 ID:iKv0Zner0
やよいのルームメイトがマホリオ熱心な人と組みたがっているようなので、カームに紹介
493 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 19:46:52.01 ID:j26dLCiKo
ナミネ(ティアさんアルシェさんは密集地で魔法を受け、他の皆さんもメキメキと実力をつけていますが……。私は正直、強くなったとは言えません)

ナミネ(このままではいけません! 私だって魔王どの戦いに参加する者の一人。強くならなければ!)

ナミネ(まずはシンプルに魔力強化からですね。魔王との戦いまでに水神までたどり着きたいところです)

ナミネ(他には……やはり応用しないといけません。ただぶつけるだけではなく、補助にも上手く使えるようになれば戦略の幅は広がります。私の得意魔法は水、自由に動かすだけなら他の属性魔法より長けています!)

ナミネ「ていっ!」ビシャッ!


リリィ(ナーちゃん、頑張ってください……!)ハラハラ


ーーーーー

ーーー

494 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 19:47:24.93 ID:j26dLCiKo
ガーデンーー


カシャッ パシャッ


ノルン「ん……?」モゾ…


「おっと、こんなところで寝てる子がいたの。悪いわね」


ノルン「えーっと、カメラマンさんですか〜?」クシクシ


「ええ。といっても専門は人物だけどね。ここで撮影の予定があるから試し撮りしてたの」


ノルン「へ〜。誰かここで撮るんですか〜?」


「そうよ。ラクリマ・ソレルちゃんってアイドルの卵なんだけど……」


ノルン「ら、ラクリマさん!?」


ラクリマ「お待たせしましたー」ヒョコッ


「お、来たわね! じゃ早速撮っていきましょう!」


ラクリマ「あ、ノルンさんここにいたんだ! 最初の宣材写真撮るから、学校の中か近くでいいところないかって聞かれて、ここって答えちゃったんだー。お昼寝の邪魔しちゃったかな」


ノルン「う、ううん。大丈夫〜……」


ラクリマ「そう? もしよかったら見てってよ! 記念すべき私のアイドルとしての第一歩だよ!」


ノルン「邪魔じゃないですか〜?」


「ええ。誰かに見られながらの方が気も引き締まるしね」


ラクリマ「よーし、ノルンさんに可愛いって思われる写真お願いしますね!」


「任せなさい! 照明魔法【ストロボ】!」ピカッ!

「まずは基本のポーズ……って言っても分からないと思うから、最初は私が口出しするわ。途中から好きなようにやってもらっていいから」


ラクリマ「はい!」


「首を少し傾げて、振り返るように微笑んで!」


ラクリマ「はーい!」ニコッ


ノルン(か、かわいい……!)


パシャッ カシャッ


ーーーーー

ーーー

495 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 19:47:52.77 ID:j26dLCiKo
食堂ーー


ラクリマ「あ、こっちこっちー!」


ステラ「こんにちは、失礼しますね」コトッ


ゼレス「こんにちは」コトッ


御桜「ラクリマさんの宣材写真がいくつか撮れたので、友人と見てみてほしいと言われたそうです」


ラクリマ「ノルンさんに見せたら顔真っ赤にしてどれでもいいって言われちゃってさー。怒らせたのかなあ」


御桜ゼレスステラ(「どれもいい」の聞き間違いじゃ……)


ラクリマ「だから3人に聞いてみようと思って。どれがいいかな?」


御桜「私はこの元気なポーズがいいですね。ラクリマさんらしさがあります」


ゼレス「私は……これですね。動きは少ないですが、神秘的で妖精さんっぽくて可愛らしいと思います」カチャカチャ


ステラ「あーん。……私はこれですね、花びらが舞っている写真です。表情と相まってとても綺麗です」カチャカチャ


ゼレス「あーん」パクッ


ラクリマ「いやナチュラルにいちゃつくね!?」


ゼレス「はっ!」


ステラ「あわわ、今日はお弁当の食べさせ合いっこをさせる予定だったからそのことで頭がいっぱいで……!」


ラクリマ「それでもちゃんと写真は見てくれるんだね……」


ステラ「すみませんすみません……!」


エルク(はああ……♡ 食堂にいたらなんとも幸せな光景が……!)ゾクゾク


ーーーーー

ーーー

496 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 19:48:24.02 ID:j26dLCiKo
図書室ーー


クロエ「あら、ゼーレさん」


ゼーレ「どうも」ペコリ


クロエ「調べもの?」


ゼーレ「うーん……調べものというよりは、あるだけの本をできるだけ読んでます。今のことを知るには本が便利ですからね」


クロエ「なるほどね、勉強熱心だわ」


ゼーレ「クロエさんは?」


クロエ「もしかしたらゼーレさんと一緒に睡眠に落ちたお嫁さん達が活動してるんじゃないかと思って、新聞を調べに来たのよ」


ゼーレ「しんぶん?」


クロエ「そう。毎日のニュース……できごとね。それを数十ページにまとめて毎朝発行されるの」


ゼーレ「そ、そんな便利な本が!? 読んでみたいです!」


クロエ「ゼーレさん、しー。ここ図書室よ」


ゼーレ「おっと」


クロエ「データの棚ね。ここに今までのバックナンバーもあるわ」ガサガサ


ゼーレ「普通の本とは違いますね……。大きくてガサガサしてます」


クロエ「これが新聞よ。ちゃんと毎朝届くから、気になるなら読んでみるといいわ」

クロエ「えーっと……これが今朝のね」


ゼーレ「ふむふむ」ガサッ

ゼーレ「『神社仏閣の密集地、観光客微増』、『リリウム魔法学校出身プロ、先輩後輩対決!』、『森の奥、ドラゴンの鱗か!?』……」

ゼーレ「す、すごいです……! この本を書いた人は世界中を見渡す目を持ってるんですか……!? 世界中のできごとをこんなにこと細かくまとめるなんて……!」ヒソヒソ
497 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 19:48:50.96 ID:j26dLCiKo
クロエ「くすっ、違うわよ。世界中にいる記者がニュースを書いて、それを一箇所に集めて出版してるの。言うなら共同著書ね」


ゼーレ「な、なるほど……」


クロエ「で、知りたいことを調べるときは司書さんに頼めばサーチしてくれるわ」テクテク

クロエ「魔獣関係のニュースを、ここ一ヶ月の中からお願いするわ」


「はい! 検索魔法【サーチ】!」バラララッ

「この辺りですね。どうぞ!」


ゼーレ「おおお……」


クロエ「確かお嫁さんの一人は魔獣に詳しいのよね。ならこれで何か分かるかもしれないわ」


ゼーレ「わ、私も調べます!」


クロエ「ええ、お願いするわ」


ーーーーー

ーーー




クロエ「ゼーレさんのおかげでそれっぽいニュースがいくつか集まったわね。それも魔獣のお嫁さんだけじゃなくて、もう一人の方まで」


ゼーレ「ふふふ……嫁のことならお任せください!」


クロエ「近い内にこれをもとに探しに行きましょうね。ゼーレさんも会いたいでしょ」


ゼーレ「はい!」


ーーーーー

ーーー

498 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 19:49:17.89 ID:j26dLCiKo
やよいの部屋ーー


コンコンッ


やよい「はいはい!」ガチャッ


カーム「呼ばれて来たけど……どうしたの?」


やよい「実はね、私の同室の方がマホリオに熱心らしくて……もしかしたら気が合うんじゃないかなと思って声をかけたの」


カーム「ほんと!? ありがとう、やよい! えーっと……」


やよい「入って入って!」

やよい「じゃあ紹介するね!」


やよいの同室の子のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】マホリオが好き。(その他付け足したいことがあれば。マホリオ好きであることが分かる説明があれば、「マホリオが好き」の文を削除してもらっても大丈夫です)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 20:11:42.01 ID:0P9x73BuO
【名前】ミーヤ・レイニス
【容姿】金眼に金髪ショートでとても大きなアホ毛がチャームポイント 背は年相応で健康的な身体つきだが胸は大きめ
【性格】とにかく明るくハイテンション 語尾に『〜ッス!』と付く後輩口調
若干アホの子のきらいがある
【得意魔法】転位魔法
対象に魔法弾(シュートに酷似しているが攻撃翌力は無い)を撃つことで自身と着弾した対象の位置を入れ換える
また弾を二発別々の対象に当てればそれらの入れ換えも可能
【備考】
子供の頃からマホリオ大好きな生粋のマホリオ馬鹿(褒め言葉)。
中学の頃から各校のマホリオを見て進学先を決めようとしていたが、圧倒的な強さで三連覇を決めたウィンチームを見て『自分もあの人達と戦いたい』とリリウムへの進学を決めた。
なお入学してからウィンチームが入れ違えに卒業していることにやっと気付いて落胆したが、現三年生にウィンチームに土を着けたチームがいると知って俄然闘志を燃やしている。
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 20:35:19.67 ID:W/WcUTmuO
【名前】ポメ・ラニアン
【容姿】ふわふわの茶髪ロングで背が低い
【性格】天真爛漫で好奇心旺盛
【得意魔法】獣化
【備考】体を動かせるのでマホリオが好き。いろいろな言葉を教えてくれるのでやよいのことも好きだが、覚えた言葉はすぐ忘れてしまう。入学試験では実技と座学、それぞれの点数が別の意味でぶっちぎりだった
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:20:45.65 ID:jYlnV6gWO
【名前】四条院麗奈 しじょういんれいな
【容姿】長い茶髪をポニーテール状にまとめている。瞳の色も茶色。くりっとした丸い目。
【性格】考えるより先に行動してみるタイプ。一分一秒が惜しいストイックな性格。
【得意魔法】スイッチ
AとBの位置を入れ替える魔法。自分にも使える
【備考】両親が元トッププレーヤーだった為に家庭の教育ではマホリオ以外のことに殆ど触れてこなかった。それ故に病的にマホリオに執着している。中等部の時に組んだチームメイトから距離を置かれた(麗奈の熱意について行けなかった)事がトラウマで人付き合いは少し苦手。
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/25(水) 21:26:07.12 ID:TfKBT7dG0
【名前】ナーラ・カルボン
【容姿】キツい顔立ちでツインテ&ドリル、長身で貧乳小尻のやせ型
【性格】小者オブ小者で目上や実力者にはヘコヘコビクビクだが格下だと思った相手には尊大に振る舞う。
移り身の早さは学内でもトップクラス
【得意魔法】格差強化
自分を基準に自分より劣る相手には力を制限するフィールドを作る弱い者イジメみたいな魔法
逆に自分より優れた相手は更に強化されるため強者にはそう勝てなくなる
現時点では制御が不完全で常にフィールドが出っぱなしになってる、また能力差があればあるほど強化・弱体化が強くかかる
【備考】得意魔法の優劣判定は純粋な戦闘力だけではなくナーラの主観でかなり補正されるため総合的には負けるはずが無い相手でも『手強い』と感じた瞬間から強者扱いされブーストがかかる
逆に地力が上の相手でも格下だと思い込んでるウチは相手を弱体化させる事ができるため気の持ち様ではジャイアントキリングも不可能ではない
小者らしい僻み根性と自尊心から巨乳は格上扱いし無乳とちびっ子を格下扱いする
503 :501訂正 [sage]:2020/11/25(水) 21:27:49.73 ID:jYlnV6gWO
【名前】四条院麗奈 しじょういんれいな
【容姿】長い茶髪をポニーテール状にまとめている。瞳の色も茶色。くりっとした丸い目。
【性格】考えるより先に行動してみるタイプ。一分一秒が惜しいストイックな性格。一般的な女性の口調で話すが、人付き合いに抵抗があり自分の方から突き放そうとするので語気が強くなりがち。
【得意魔法】スイッチ
AとBの位置を入れ替える魔法。自分にも使える
【備考】両親が元トッププレーヤーだった為に家庭の教育ではマホリオ以外のことに殆ど触れてこなかった。それ故に病的にマホリオに執着している。中等部の時に組んだチームメイトから距離を置かれた(麗奈の熱意について行けなかった)事がトラウマで人付き合いは少し苦手。
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/25(水) 21:28:42.85 ID:OtcqEoSAO
【名前】相葉 夜魅
【容姿】黒髪の長髪である以外は身長体重体型の全てが平均値で特徴が無いのが特徴
【性格】好意と悪意、害意と善意を両立させる狂人、愛しているから殺したいと愛しているから尽くしたいが両立し、自分の中では如何なる理屈も矛盾しない。そのため何をしてもおかしくない
【得意魔法】感情操作
 自分の感情や発想を強制的に一方向に向かせる自己制御手段、本来的には洗脳魔法と言うべきモノ
 今のところ前科は無いが自分以外に向けることもでき、その場合洗脳以外の何物でもない
【備考】性格と思考回路が破綻しているだけで常識が無い訳ではない(良心は無いし納得もする訳が無い)ので自分自身を洗脳して常識人に矯正している
 洗脳魔法は意思の力で抵抗できるのできっかけさえあれば自分にかけた洗脳を振り払う可能性もある
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:30:21.72 ID:iKv0Zner0
一度使ったの貼るのはいいけど備考欄はちゃんと読んだほうがいいと思うの
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:34:27.45 ID:jYlnV6gWO
>>502>>504
マホリオ好きに繋がりそうな設定を何かしら足してあげれば良さそうかな?
507 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 21:37:38.38 ID:j26dLCiKo
1.ミーヤ
2.ポメ
3.ナーラ
4.麗奈
5.夜魅
(訂正のため麗奈の順番がナーラの下になっているので注意!)

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新キャラとなります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新キャラとなります
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:39:23.20 ID:iKv0Zner0
3と5はそもそも今回適した安価なの?

1で
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:40:38.21 ID:LczMEbcAO
1
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:42:03.15 ID:jYlnV6gWO
2
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:43:28.50 ID:TfKBT7dG0
スマンかった

2
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:45:58.03 ID:9TosPfWDO
2
513 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 21:48:12.01 ID:j26dLCiKo
>>508
ひとまず候補にはいれます
選ばれた場合は設定に合うように調整するつもりです
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:48:30.24 ID:iYJcOQzx0
2
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:48:58.16 ID:oOUyDeKDO
マホリオ熱心な人と組みたい→強い人と組めれば弱い者いじめができる!と読み解けば>>502は行けそうな気もするけど

安価下
516 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 21:55:07.19 ID:j26dLCiKo
新キャラはポメ・ラニアンとなりました。
設定は>>500を参照。
517 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/25(水) 22:03:48.57 ID:j26dLCiKo
ポメ「ポメ・ラニアンだよ! よろしくね!」パタパタ


カーム(ないはずの尻尾が見える……)

カーム「よろしく、カーム・セレスティアです」


ポメ「やよいからマホリオ好きって聞いたよ! うちもね、マホリオ大好きなの!」


カーム「それはその……コンビネーションや魔法の競い合いという意味で?」


ポメ「ううん! 体を思いっきり動かせるから!」ニコーッ


カーム「……やよい」


やよい「あ、あはは……ポメちゃんはこういう子なんだ」

やよい「でも実力はすごいよ! 入試の実技でずば抜けた身体能力だったって体育の先生も褒めてたんだから!」


カーム「ほう……」


ポメ「カーム! 気が向いたらでいいから、うちともマホリオで遊んでよ!」パタパタ


カーム「はい、考えておきます」フフッ

カーム(確かに今まであった人とは違うタイプ……。試しに組んでみるのはありかも……?)


現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

5月2週
6/16回目の行動です
7回目の行動時、マホリオのリリウム一年生大会が開催されます
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 22:08:33.02 ID:JqDhh2yD0
ベットでお互いの体の触り合いが寝る前の日課になっていたイリノワ
しかしこの日はいつも以上にお互いがお互いを求め合ってしまい、遂に一線を越える
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 22:10:32.77 ID:mRoGO2J/O
カームとやよいが試しにポメの魔法を見せてもらう
そこにちょうどローラが通りかかり、見たことのない可愛い魔獣と勘違いしてもふもふし始める
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 22:21:15.11 ID:P9SCTJKPO
ローラのみならずヒカリクロエにもポメが懐いてなんだかほっこり空間に
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 23:33:49.89 ID:xm1bHXy00
助っ人同好会にも協力してもらいながらカーラチームの最後のメンバーを見つけることに成功する
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 23:56:29.23 ID:sz8xUplP0
ノワールとの将来を考えて休暇に実家に連れて帰りたいと想像を膨らませるイリス
まずは固有魔法習得を(報告済んでるっけ?)セレニテに報告したいが
確実に魔翌力欠乏症のもう一人の母親とも関わる問題なだけに
樹とゼーレにどう報告していいか相談
(ノワールとの安寧のためにも)対魔王の勢力集めのために何とか実家とゼーレの架け橋になりたいイリス
523 :521 [sage]:2020/11/26(木) 01:23:18.87 ID:ZCmaKJvz0
ローラに引きずられてカーラになっちゃったごめん
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 10:07:18.06 ID:0aa6fgEgO
カーラ「やはりマホリオですか……いつ結成しますか?私も加入します」
クロエ「カーラせんせ院」
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 12:14:58.67 ID:vYsTDfHjO
今のところ相性は良さそう
残り一人も攻撃担当にするか、それとも盾役を見つけるか悩むな
526 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:24:16.38 ID:htKmwgGio
♡幕間
  イリスとノワールの……♡


「ほわあ……」

私の腹部に腕を回しぎゅぎゅっと抱きしめているのは、誰あろう私の彼女であるノワール・ヴァーミリオンその人である。
何がお気に入りなのか、ここのところ最近こうして一緒に寝ている。私のお腹なんて触っても面白くないと思うのだけど。

「むにむに……」

む。お腹を触られてむにむにと言われるのは少し嫌だ。
モデルさんのような体型だとは言わないが、たるんではいないはずだ。でもノワールさんは毎回むにむにーと言いながら触ってくる。

「もうっ、私の番ですよ!」

くるりと振り返り、ノワールさんの二の腕に手を這わせる。
悪魔との戦いのために鍛えているのか、引き締まっていてうっすらと筋肉がついている。
腹筋も固くて、これこそ触っていて楽しいお腹だお言えよう。

「んふふ、くすぐったいよ」

脇腹を擦ったのか、身をよじりながら笑う。
目の前で目を細めて、気持ち良さそうに笑うノワールさん。
正直とても眼福だ。
みんなと仲良くはなったが、輪の中で大笑いするところは見たことがない。となれば、こんなに緩んだ笑顔は私しか見られないだろう。

「ノワールさんはむにむにというよりカチカチですね」

「鍛えてるからね」

自分でもお腹をさすり、確かめるように手を動かす。
手が触れて、きゅっと指を絡ませ合う。
視線が絡まって、どちらからともなく唇がくっついた。
527 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:24:43.32 ID:htKmwgGio
「ん……っ」

「ちゅ……」

彼女の体の中で、一際ぷにぷにな部分が触れる。
ぷるんとした唇はなんの手入れもしていないはずなのに瑞々しく、二度目の口付けをねだってしまいたくなる感触だ。
それを察したのか、二度三度と口付けが繰り返される。

「……なんか今日すごくドキドキしてる」

「私も……です」

赤く染まった頬。潤んだ瞳。熱い吐息。
互いに情欲の色が見て取れる。
今までもこうして触れ合ってはきたが、ここまで興奮を覚えることはなかった。
たまたまか、日頃からの積み重ねか。理由は分からないが、それはもはやどうでもよかった。
カチカチの腹筋から手を上にずらしていく。当然否応なしに、おそらく人体で最もむにむにとした部分に手が触れる。

「んっ……!」

胸に触れられただけで、ぴくんと体をよじる。
むにむにと優しく触れれば、面白いように反応を返してくれる。

「ん、ふぅ……っ!」

声を押し殺しながらも、反撃の一手を打ってくる。
パジャマの上からだが、同じく胸へと手を伸ばしてきてふにふにと揉まれる。
器用に両の手を互いの乳房へ伸ばして揉み合う。
漏れる声を手で抑えることもできず、吐息がお互いにぶつかる。

「はっ、んうっ……!」

「あっ、くぅ……っ!」

ボーッとした頭で、とにかくこの恥ずかしい声を抑えなければと考える。
無我夢中でたまらず目の前に唇に吸い付く。
結果として舌を絡ませながら互いの胸を揉むというさらなる痴態へと発展したことに、熱に浮かされた頭では気づくことはできなかった。
528 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:25:45.33 ID:htKmwgGio
「はぷっ、じゅる、んく……っ」

唾液を交換し、求めるように舌を動かす。
いつしか手は互いの頂点を摘み、より相手を気持ちよくしようとしていた。

「はあっ! あっ、くぅんっ!」

「んうっ! はぶっ、じゅぷっ……!」

気づけば脚も絡み、二人の間の距離はゼロとなっていた。
もっと一つになりたい。もっとノワールさんに触れたい、触れてほしい。

「いくっいくいくいく……っ!! 〜〜〜〜〜〜っ!!♡♡♡」

「きちゃう、きちゃいましゅっ! ひゃああああああああっっ!!♡♡♡」

びくんと二人の体が同時に跳ねて、同時に達した。
ぎゅううっと互いの体を抱きしめ合い、これ以上ない程に密着する。
快感の波がじわーっと引き、それでも互いの存在を確かめるようにくっついている。
とくんとくんとノワールさんの心音が体に響く。それが愛おしくて、優しく口付けをする。

「んっ」

こんなに愛おしくて大切な人ができるなんて、前までの私には想像もできなかった。
どうかこの幸せな日々が続きますように。そう願いながら、心地良いまどろみに身を任せて眠りに落ちていった。
529 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:26:25.31 ID:htKmwgGio
翌朝ーー


チュンチュン……


イリス「……」モゾ…

イリス(あのままノワールさんと寝てしまったんですね……)グシグシ

イリス(ううん……いつかちゃんとママにノワールさんを彼女として紹介したいですね)ツンツン


ノワール「うーん……」モゾモゾ


イリス(となるとこの固有魔法のこともママに話さないと……)


ーーーーー

ーーー




校長室ーー


イリス「……それでご相談なのですが」


樹「うん、なにかしら?」


イリス「この魔法のことを親に話すとなると、どうしてもゼーレさんのことを話さなくちゃなりません。どう伝えるべきか……」


ゼーレ「そのまま伝えてはだめなのですか?」


イリス「そのまま伝えて信じてもらえるかどうか……。やっぱり伝説ですから、そもそも今生きていることを信じられないっていう人もいると思います」


ゼーレ「そうですねえ……」


樹「でも信じてもらわないと話が進まないものね。正直に言って、信じてもらえなかったら別の手を考えるのでもいいと思うわ」

樹「……まああのセレニテさんのことだし、信じないってこともなさそうだけどね」


イリス「やっぱり正直が一番ですかね……。ありがとうございます」


樹「ええ、きちんと伝わるといいわね」


ーーーーー

ーーー

530 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:26:58.45 ID:htKmwgGio
中庭ーー


カーム「それじゃあポメの魔法を見せてもらっていい?」


ポメ「うん! いっくよー!」

ポメ「獣化魔法【ビースト】!」モフンッ!

ポメ「がおがおー!」モフモフ!


カーム(わんこ……)


やよい(わんちゃん……)


カーム「……でもこれ、私の魔法と相性がいいかもしれない」


やよい「?」


カーム「私の魔法は味方の能力を引き上げることがでるから……。ポメみたいに体を動かすことに集中できる魔法なら、身体能力を上げることで優位に立ち回れる」


ポメ「わーい! カームとチームだー!」


カーム「そ、それはまだ確定じゃないけど! ただまあ、一考の余地は充分にあるかな」


ローラ「あ、カームさーん! 人探しの手伝いで助っ人に来ました!」


カーム「助っ人部の先輩ですね! 今日はお願いします」ペコリ


ローラ「マホリオで組む人を探すんです……よね……?」ピタッ


ポメ「?」モフモフ


ローラ「な、ななな何この子! かわいい! 魔獣!? 初めて見た! かわいい!!」ナデナデモフモフ


ポメ「わふ〜んっ♪」ナデラレ
531 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:27:27.52 ID:htKmwgGio
カーム「そ、その子は同級生のポメ・ラニアンです! 魔獣化の魔法が使えるらしくてその姿に……」


やよい「もふもふですよねえ」ナデナデ


ローラ「うん、もふもふ……!」ナデナデ


ポメ「わふわふ、ローラ先輩の撫で方上手……」ウットリ


クロエ「ローラ、こんなところで何してるの?」


ローラ「あ、クロエちゃんにヒカリさん! 今日はカームさんのマホリオ仲間を探す助っ人に来たんだ」ナデナデ


ヒカリ「……その子は?」


ポメ「うちはポメです! ポメ・ラニアンです!」モフモフ


ローラ「ふわふわのもふもふなんだよ! 撫でてみて!」


ヒカリ「い、いいの?」


ポメ「はい!」パタパタ


カーム(あ、この状態だとほんとに尻尾もあるんだ……)


ヒカリ「それじゃあ……」ナデナデ


ポメ「わふ……。なんだか魔力の流れが心地良いです……」


クロエ「私もいいかしら」ナデナデ

クロエ「おお、もふもふね」


ポメ「わふっ。気持ちいいところを的確に……!」

ポメ「うち、いい先輩に恵まれてる……!」ウットリ


ローラ「あはは、ポメさんもう二人に懐いちゃったね」


ポメ「ポメさんだなんてそんな! ポメちゃんとか、呼び捨てでお願いします!」


ローラ「じゃあ……ポメちゃん?」


ポメ「はい!」パタパタ!


ローラ「尻尾振ってる〜♡」ナデナデ
532 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:27:54.43 ID:htKmwgGio
クロエ「名残惜しいけど、私達行くわね。演劇部の用意があるから」


やよい「えっ!? 私達は……」


ヒカリ「あ、今日は三年生だけ。夏休みの大会に向けての台本の調整だから、今日はゆっくり人探しして大丈夫だよ」


カーム「あ、ありがとうございますっ」


ローラ「それじゃあさっそく探しに行こうか?」


カーム「はい! お願いします!」


ポメ「ゴーゴーだよー!」


カームチーム三人目候補のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
533 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/26(木) 23:29:07.16 ID:htKmwgGio
今日はもう寝るので、投票は明日夜になる予定です
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 07:07:38.82 ID:oipZ6AzQ0
>>502
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 08:25:12.53 ID:i7IpB6bmO
【名前】ソマリ・スノーシュー
【容姿】毛量の多い銀髪ミディアムヘアのロリ爆乳
【性格】気まぐれかつあまのじゃくで人に言われた事は基本やらない
【得意魔法】疑似生命
無生物に一時的な命を吹き込む魔法、人体模型が走り出したり他人の魔法に意思を持たせ半ば暴走させることもできる
魔翌力の消費量に応じて高度な疑似生命になるので会話をできるレベルとなるとあまり長続きしない
【備考】身だしなみをはじめ無頓着なモノが多く髪が爆発してたり半裸で出歩く事も少なくない、一人暮らしさせると家がたいへんなコトになる
疑似生命で与えられた命の知識量や性格は対象の無生物に依存するので目的をもって魔法を使っても上手くいく保証は無い
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 08:54:54.49 ID:LdNK5JJH0
【名前】シェリル・オルゼラリア
【容姿】紅瞳の銀髪のツインテール。やや小柄だが隠れ巨乳。着痩せするタイプ
【性格】勝気。常に前向きで、どんな事にも手を抜かない。俺っ娘。
【得意魔法】鏡魔法 最大10枚の巨大な鏡を出現させる事ができる。鏡は魔翌力を反射する性質を持つ。
自身や対象を鏡に映す事で分身を作り相手を錯乱させる事も可能。
※分身は実態を持たない為、分身の攻撃によるダメージは発生しない。耐久力は分身の元となった人物の能力値により左右される。
【備考】口調はやや荒い所もあるが、基本的に礼儀は良く慢心はしない。可愛いものが好きだが周りには内緒にしている。虫が苦手。
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/11/27(金) 17:32:48.40 ID:wNTI8MOgo
最初のスレに投下したものを手直しして貼ります

【名前】セレナ・リネージ
【容姿】赤髪ポニテ、瞳の色は翠。身長は高めでおっぱいも大きめ
【性格】面倒見のいい姉御肌。一人称はあたし
困っている人がいると放っておけない人情家
【得意魔法】透明(セレナ及び一部の感性に優れた者には視覚的に認識できる)なブロック状の「障害物」を任意の場所に生成し
空中を歩いたり、簡易な壁として用いることができる(物理・魔法共に干渉し素通りはしない)
作った足場はセレナ以外の他者も使用できるが透明なのでやや勇気がいる
生成した足場はある程度以上の「ダメージ」を受けるか時間経過で消滅する
ちなみに感触は柔らか目でうっかりぶつかっても安心
【備考】陸上部所属の元気っ子。よくランニングしている
面倒見のいい彼女を慕う生徒は結構多いらしい
好きなものは運動と甘いもの。意外と料理上手
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 18:21:46.92 ID:Eah62FjYO
【名前】佐々木 光
【容姿】短く刈り込んだ緑髪に大きな胸を持った高身長の麗人
【性格】下手な男より男らしいおっぱいのついたイケメン、を目指している三枚目キャラ
一人称は僕
【得意魔法】浮翌遊砲台
空飛ぶ砲台を出せる。砲台は戦艦の主砲サイズから拳銃サイズまで調整可能で飛び回らせることもできるし射撃もできる
要するにファンネル。固有魔法を認識してから日が浅く出すだけなら数を出せるが動かしたり精密射撃となるとまだ使える数が少ない
【備考】自分は男だと公言してるトランスジェンダー。内心男なので着替えや風呂など日常的なことでも心のチンコが勃起しかねない→そこから強姦に発展しかねないとの配慮から寮が一人部屋等の特別待遇(隔離政策)を受けてる
実際中味が童貞なこともあり周りの不用意な言動に興奮することも多い、部屋に誘われたりしたらそれだけでもエッチな事を期待しちゃう
主観的には異性愛者(肉体的には同性愛)
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/11/27(金) 18:25:43.37 ID:rE+CUIp70
【名前】レティス・アウローラ
【容姿】肩にかかるくらいの長さのストレートヘア、地毛は金髪だが魔法染料で紫がかった色に変えている。眼のいろは透き通ったライトブルー。身長は158センチ
【性格】必要最低限の事しか喋らないため、時々話が噛み合わなくなる事がある。口数が少ないが人付き合いは好き。所謂不思議ちゃん?
【得意魔法】
言霊 SVOCが明確な言葉を発する事でその通りの事象が発生する。ただし出来ることできないことは魔翌力量によって決まりレティス自身が何となく出来ないな、と感じる事は実現できない模様。常時発動する。普段無口なのはこの為
【備考】
あまり多くのことを語らない謎多き少女。魔法については生まれた頃から本能レベルで理解しているので暗い過去とかは無く人と関わるのは普通に好き。諸事情で伏せられているが実はとある国のお姫様らしい
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 18:26:13.63 ID:wqaE7EynO
>>503
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/27(金) 18:32:17.21 ID:6E0QSIzaO
【名前】シンシア・フォルクス
【容姿】白銀のストレートロングに切れ長の金の瞳
背は高いが胸は結構ぺったんこ
【性格】物静かでクール、しかしメンタル面が結構脆く割とヘタレ 一人称は『私』
【得意魔法】瞬間移動 本人が視認できる範囲1メートルほどにワープすることが出来る
連続使用は出来ず十秒ほどのインターバルが必要
【備考】リリウム最強を誇り昨年度に卒業したウィン・フォルクスの妹。体格の違いからむしろ姉に見える。
マホリオへの意欲は人一倍あるが外見や雰囲気に反して魔法の扱いが非常に不得手。姉のことは尊敬しておりシスコンレベルで大好き(普段は『姉さん』呼びだがデレると『お姉ちゃん』呼びになるほど)だがよく周囲から比較されてしまうので同時に劣等感も感じてしまっている。
固有魔法含めて伸び代は非常にあったりするのだが、メンタルの弱さがそれを妨げている節がある。
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 19:49:59.90 ID:e2E4SloiO
時間に余裕があると候補が沢山集まっていいね
543 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/27(金) 19:55:08.43 ID:Ri+/Zkuio
1.ナーラ
2.ソマリ
3.シェリル
4.セレナ
5.光
6.レティス
7.麗奈
8.シンシア

↓から投票
たくさんの設定ありがとうございます!
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新キャラとなります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新キャラとなります
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 19:58:41.86 ID:G2GKGyp10
4
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:02:46.99 ID:AMDFetUj0
3
546 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/27(金) 20:03:44.44 ID:Ri+/Zkuio
アナウンスを忘れておりました!
投票時のコンマ下1桁が0のものは10として扱っています

今までの投票も、この投票も変わらずです
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:08:27.40 ID:mi+4Pr+DO
6
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:09:17.00 ID:e2E4SloiO
6
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/11/27(金) 20:09:37.62 ID:1rgXYSv7O
4で
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:10:57.94 ID:4Sev+WXT0
6
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:11:01.05 ID:e2E4SloiO
おわわわ、2レスで決まることなんてあるんだね…
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/11/27(金) 20:12:31.70 ID:1rgXYSv7O
アイエエエエ二連0!?
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:16:58.76 ID:AMDFetUj0
弐撃決殺お見事
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:26:22.69 ID:AMDFetUj0
無口系のキャラはいそうでいなかったのか。アルシェが一応無口設定ではあるけど
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:36:06.49 ID:SE85Yv6IO
ティアが筆談を勧めそう
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 20:38:12.87 ID:LeK1VLjCO
ふと思ったんだがこのスレってクロエが卒業したら完結になるのかな
557 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/27(金) 22:24:30.95 ID:Ri+/Zkuio
新キャラはレティスとなりました
設定は>>539を参照
558 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/27(金) 22:30:14.75 ID:Ri+/Zkuio
>>556
その予定です
厳密には卒業式は3月中頃に行うので、卒業=スレの終了ではなく、3月を最後まで過ごして終わりになる予定です
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 22:40:38.20 ID:G2GKGyp10
キャラ設定によるとアルシェは感情乏しいってだけで無口というわけではない、らしい
560 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/28(土) 00:17:07.97 ID:lOFKEFyOo
レティス「……」


ポメ「あ、いたー!」


ローラ「この子がそうなの?」


ポメ「うん! 全然喋らない子なんだよ! もしかしたらまだ誰とも組んでないかも!」


カーム「えーっと確か……レティスさん」


レティス「……」コクン


ローラ「今マホリオで組んでくれる人を探してるんだけど……誰かと組んでる?」


レティス「……」フルフル


ポメ「なら組もう! うちらと組もう!」パタパタ


レティス「……」ナデナデ


ポメ「わふう……♪」


レティス「……三人」スッ


ローラ「あ、私は別の人とチームなの。組んでほしいのはこの二人だけだよ」


レティス「……」


カーム「喋るのが苦手なのはなんとなく分かります。私もあなたがどんな魔法を使うのか分かりません。なので……」

カーム「打ち解ける意味でも、少し一緒に過ごしてみませんか?」


レティス「……!」コクン


カーム「よかった。カーム・セレスティアといいます、よろしくお願いしますね」


ポメ「ポメ・ラニアンだよ! よろしくね!」


レティス「……レティス・アウローラ。……よろしく」


ローラ(よかった。ひとまず一年生大会にはトリオで参加できそうかな)


現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

5月3週
7/16回目の行動です
7回目の行動時、マホリオのリリウム一年生大会が開催されます
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 00:20:13.97 ID:xxupAUAeO
クロエ達のハイパークロエや楓チームの連携を意識した他のカップル達が恋人同士のコンビネーション魔法を考案する
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 00:28:48.02 ID:vk/NIicm0
一年生大会までの間に連携できるよう練習するカームチーム3人。片やわんぱく娘、片や無口ちゃんで悪戦苦闘。とりあえずポメはやりたいように動かせ、レティスの方は言霊が発動せずに喋れる範囲を探ってみることに
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 00:30:47.53 ID:6NIOZsiu0
三年生に進路希望調査が行われる
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 00:33:18.65 ID:QCOejE89O
やよいがカームチームの様子を見に来てレティスとも顔合わせ
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 01:08:46.85 ID:YGnQ3vBiO
最近ことある事に顔を赤くして逃げてしまうノルンを面白半分で追いかけ回すラクリマ
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:43:20.92 ID:+tlKECJcO
そろそろ開始っぽい
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:44:03.28 ID:+tlKECJcO
ごめん、誤爆だ
568 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 00:08:30.52 ID:cvaWXn26o
すみません、今日の更新はなしです!
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 00:10:44.73 ID:TMS0Olcv0
うぃ
570 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:08:32.76 ID:cvaWXn26o
中庭ーー


やよい「カームちゃーん」


カーム「あ、やよい。どうかした?」


やよい「特に用事があるわけじゃないけど、マホリオの練習してるのが見えたから。その子が三人目?」


カーム「暫定ですが……大会はこのトリオで出ます」


やよい「お名前は……」


レティス「……レティス・アウローラ」


やよい「無口な子なんだね」


カーム「なんとか聞き出したところによると、魔法が特殊なんだって。言霊って言って、喋ったことが現実になっちゃうみたい」


やよい「ええ、すごい!」


レティス「……『ポメ』が『カーム』に『抱きつく』」


ポメ「おわああ」ムギュッ


カーム「こういう魔法らしい」


やよい「おお〜……」


レティス「……」ドヤ


ポメ「あ、外れた」パッ


カーム「単語なら喋っても大丈夫そうだけど……」


やよい「でもこれだとカームちゃんがリーダーになるしかないね」


カーム「え?」


やよい「だって、ポメちゃんは作戦考えるの苦手でしょ?」


ポメ「うん!」


やよい「レティスちゃんは喋ったら魔法になっちゃうから、指示を出すのも大変だし……。そうなるとカームちゃんがリーダーになって指示するしかないよ」


カーム「た、確かに……。頑張らないと!」ムンッ
571 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:09:05.40 ID:cvaWXn26o
カーム「よし、まずは基本の連携を取れるようになろう!」

カーム「私が大将で、一番後ろ。その前にレティス、最前線がポメ!」


ポメ「はーい!」


レティス「……」コクン


カーム「ポメは好きに動いて、私とレティスがサポート。レティスはシュートで相手を牽制しつつ、言霊は私の指示で使って。できそう?」


レティス「……ん」コクン


ポメ「よーし練習しよー!」


やよい「頑張ってー!」フレーフレー


ーーーーー

ーーー

572 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:09:32.42 ID:cvaWXn26o
食堂ーー


ラクリマ「あ、ノルンさーん」


ノルン「!!///」ガタッ


ピューッ


ラクリマ「行っちゃった」


部室ーー


ラクリマ「一緒にストレッチしよー」


ノルン「ききき今日は先輩とするから……!///」


ダーッ


ラクリマ「ありゃ」


寮ーー


ラクリマ「たまには一緒に大浴場いこー」


ノルン「無理ぃぃぃぃぃ!///」


ダダダダッ


ラクリマ「もー、追いかけっこ大好きだなあ」ニマニマ


ーーーーー


ラクリマ「おーい」


ノルン「!」


ーーーーー


ラクリマ「お昼ごはん食べよー」


ノルン「ひっ!」


ーーーーー


ラクリマ「ノルンさーん」


ノルン「あわわっ!」


ーーーーー

ーーー

573 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:09:59.98 ID:cvaWXn26o
ラクリマ「はー、楽しい。焦ってるノルンさんもかわいいなあ」

ラクリマ「でもなあ、あそこまで避けられると追いかけたくなっちゃう。やめ時が分からないよ、もう」


ノルン「……」ブツブツ


ラクリマ「あ、ノルンさん」


ノルン「ま、また……!」ダッ


ラクリマ「ありゃ。ほんとにたまたまここにいただけなんだけどな……。避けられると傷つくなあ」


ノルン「……!」ピタッ


ラクリマ(あ、止まってくれた)

ラクリマ「ね、なんで避けるの? この間までそんなことなかったよね?」


ノルン「だ、だって……っ」


ラクリマ「だって?」


ノルン「ラクリマさん、かわいいんだもん……」ボソボソ


ラクリマ「へ?」


ノルン「写真撮影の……」


ラクリマ「あのアイドルの?」


ノルン「……」コクン

ノルン「今までも、その……かわいいって思ってたけど、あの時の笑顔が……」


ラクリマ「かわいかった?」


ノルン「う、ん……///」コクリ


ラクリマ「そ、そっかー……///」テレテレ

ラクリマ(直接言われると照れるなー。笑ってはぐらかそうにもそういう空気じゃないし……///)
574 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:10:26.49 ID:cvaWXn26o
ノルン「だからその……恥ずかしくて逃げてた……。ごめん……」


ラクリマ「う、ううん……」


ノルン「あ、あの……ね……? ノルン、ラクリマさんのこと……好き……なんだ」


ラクリマ「……うん」


ノルン「ラクリマさんは……ノルンのことどう思ってる……?」


ラクリマ「えっと……私もノルンさんはかわいいなって……」


ノルン「う、嬉しいけどそうじゃなくって……! す、好きかどうか聞きたい……!」


ラクリマ「……好き、だよ」


ノルン「!!」


ラクリマ「あーあ、言っちゃった……。お姉ちゃんとお姉ちゃんが好きな人以外は好きにならないようにしてたんだけどなあ……」


ノルン「ほんとにお姉さん大好きだよね、ラクリマさん」


ラクリマ「うん。昔から優しくて、私の理想の人だもん。……でも、それもこの辺でおしまいかな」

ラクリマ「お姉ちゃんと違って私は舞台に立つのが好きだし、お姉ちゃんと違ってノルンさんが好き。やっと姉離れができそうかな」アハハ


ノルン「あ、でも……アイドルって恋愛禁止……?」


ラクリマ「ううん、そんなことないよ。女の子同士なら子供も好きなタイミングで作れるし、マスコミにつきまとまわれてスキャンダルとして暴露されたりっていうのがなくなるから、うちの事務所は公表してる」


ノルン「そっか」


ラクリマ「私達もさっそくみんなに公表しちゃおっか?」


ノルン「そ、それはまだちょっと待って〜っ!///」


ーーーーー

ーーー

575 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:10:53.99 ID:cvaWXn26o
修練場ーー


アルシェ「うーん……」


ナミネ「どうしました?」


アルシェ「クロエのチームとか、楓のチームとか、連携がすごい。……アルシェ達もそういうのできないかな」


ティア【考えてたことがあります】


ナミネ「なんでしょう?」


ティア【私の魔法で魔法を浮かせられないでしょうか】


ナミネ「……ふむ」


アルシェ「やってみる価値はある。やってみよう」

アルシェ「凝縮魔法【ビーム】!」ビシュッ!


ティア「浮遊魔法【フロート】!」


グンッ!


ナミネ「おおっ!」


ティア「できた……」


ナミネ「相手の不意を突くには十分ですね!」


アルシェ「多分ナミネの魔法も浮かせられる」


ナミネ「私のは元から浮かせられますから……」


アルシェ「そうだった」


ティア「でも使いようによってはナミネさんの負担を軽減できるかも……」


ナミネ「そうですね、コンビネーションはまだまだ改良できそうです」


ーーーーー

ーーー

576 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:11:25.54 ID:cvaWXn26o
教室ーー


先生「今日は進路希望を聞きますからね。午後の2時間は自習になります。呼ばれた人から順に隣の教室でお話を聞かせてください」

先生「えーっと、まずはアートルムさん……あ、クロエ・アートルムさんから」


クロエ「はい」ガタッ


ーーーーー


先生「さて、卒業した後なにがしたいか聞かせてくれる?」


クロエ「ええ」


安価↓〜 3票先取
1.進学
2.マホリオのプロを目指す
3.舞台関係の仕事に就職
4.その他(自由安価)
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:12:13.52 ID:TMS0Olcv0
1
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:13:38.84 ID:PI+6aHmHO
1で
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:14:02.07 ID:gmgQhZ/PO
1かしら
580 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:51:02.99 ID:cvaWXn26o
クロエ「マホリオも強くなりたいし、演劇に興味がないって言ったら嘘になるわ。だから、演劇のことを学べる学校に進学して、そこで個人的にマホリオのことも頑張ろうと思う」


先生「なるほど、進学ですね。演劇となると……この辺かしら」ペラペラ


クロエ「そうね、やっぱり実力があるところで……」


ーーーーー

ーーー




教室ーー


楓「あたし達はマホリオのプロになりたいなー。三人なら結構強い自信あるし!」


晶「あまり調子に乗らない。もっと強い奴はたくさんいるんだからな」


クロエ「凜華は宝坂を目指す、モミジも劇団への入団を目指して演劇の勉強……ローラは進学してリーケを背負うために勉強、ヒカリは魅了魔法を使いこなして医療に携わるために進学……」

クロエ「当然だけど、みんな考えてるわねえ……」


ーーーーー

ーーー

581 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 20:51:34.27 ID:cvaWXn26o
一年生大会ーー


カーム「さ、いこう!」


ポメ「おー!」


やよい「カームちゃん、頑張ってね!」


カーム「そういえばやよいはどうするの?」


やよい「成績付かないのは困るから、参加はするよ。一応組むにあたって練習もした!」


カーム「なるほどね。ならもしかしたら戦うかも」


ポメ「あ、試合準備できたって! いこいこ!」


レティス「……」コクン


カームチームの結果↓コンマ
やよいチームの結果↓↓コンマ
01〜10 1回戦敗退
11〜25 2回戦敗退
26〜45 3回戦敗退
46〜70 4回戦敗退
71〜90 準決勝敗退
91〜98 決勝敗退
99、00 優勝
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:51:45.06 ID:TMS0Olcv0
どあ
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:52:23.91 ID:gmgQhZ/PO
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:54:08.86 ID:2pe97NhJO
やよいはこれどんな相手と組んだんだ……
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:55:26.00 ID:gmgQhZ/PO
確かに気になる

そしてカームチームごめんぬ
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:56:43.18 ID:TMS0Olcv0
すまぬ、すまぬ……
587 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 21:20:42.19 ID:cvaWXn26o
マホリオに本気じゃないやよいを連れて準優勝ができるレベルのキャラがモブだとさすがにもったいないので、新キャラ作成してもよろしいでしょうか?
一年生が5人目となり卒業生の数より多くなってしまうのですが、どうでしょうか
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:22:28.25 ID:gmgQhZ/PO
いいんじゃない

レディス選ばれた時とか候補多かったしその中から再度投票とか
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:23:10.50 ID:Y95ZpWkJO
作って良いと思う。
デンみたいに予想外の重要キャラになる可能性も有り得そうだし。
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:23:33.84 ID:gmgQhZ/PO
いや強いキャラとして作るとなると募集し直しかあすまんち
591 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 21:44:05.41 ID:cvaWXn26o
では新キャラ募集とさせていただきます
592 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 21:44:32.49 ID:cvaWXn26o
一回戦ーー


カーム「なんて言ってたら一回戦で当たるとはね……」


やよい「友達とはいえ、やる以上手加減はなしだよ!」


ポメ「マホリオ、マホリオ! はやくやろう!」パタパタ


審判「では、試合開始!」


ーーーーー

ーーー




カーム「……」パチクリ


ポメ「負けたねー」


レティス「……完敗」


カーム「あんなに強い人がいたなんて……やよい、どうやって組んだんだろう……」


ーーーーー

ーーー




樹「では、一年生大会はこれにて終了となります。この結果を受けて学内のマホリオランキングにも入ることになりますから、確認してみてくださいね」


先生「校長先生ありがとうございました。では各自今日はこのまま解散となります。しっかり休んで、明日からも元気でいること」


はーい!


カーム「やよい」テクテク


やよい「か、カームちゃん……」


カーム「もう、申し訳なさそうな顔しないでよ。勝ちは勝ち。喜んで?」


やよい「うん、でもチームメイトがあんなに強いなんて知らなくて……」


???「……」テクテク


カーム「あ、あの子……ねえ」


???「?」クルッ


???のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:44:52.75 ID:gmgQhZ/PO
エルク込みとはいえ2年生も6人いるんだなあ
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:51:55.26 ID:wprgkCDA0
>>535
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:54:42.76 ID:PVYKACnpO
カームが全国大会覇者なの踏まえると

・浪人
・高校からこっちに来た留学生
・かつてのカームチームメンバー
・中学の時は興味がなくて本気じゃなかった(あるいは未参加)

強者感を出したいならこの辺りで考えるといい感じかね?
カームが面識ないようだから中学時代の宿命のライバルみたいな方向性は少し違和感あるかな?

安価下
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:55:40.33 ID:PVYKACnpO
面識ないなら「かつてのチームメンバー」もダメだったね。消さないで送信してしまった
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 21:56:53.74 ID:xbnyoR7SO
>>499
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:03:40.28 ID:PVYKACnpO
他人ので悪いけど>>503を推してみる
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:08:51.28 ID:4OGYxM5s0
>>536
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/11/29(日) 22:14:13.82 ID:Wy8miEtZo
【名前】シエラ・アリッサム
【容姿】大きめの緋髪ツインテール、つり目
背は平均よりやや小さい程度で胸はまったいら(当人曰く「ハンデ」)
【性格】自分の強さに絶対の自信を持つ高飛車娘
自分より弱いものは露骨に見下している…ように見えて的確なアドバイスを送ったりと意外と親切(要はツンデレ)
【得意魔法】小爆発を起こす光弾を発生させ操る
敵にぶつけたりバリアのように周囲に巡らせたり、あえて足元で爆発させ勢いで高く跳躍したりと応用が効く
【備考】海外(どこかはお任せします。架空の国でも可)では神童として高名なマホリオプレイヤー
幼い頃からなんでもできる天才肌で、それ故に他者とのトラブルが絶えなかったらしい
…実際のところは彼女のツンツンした態度が反感を招いていたというだけの話で(シエラも自身の態度が要らぬ反感を買っていると気付いていて態度を曲げなかった)
本当は気遣いのできる優しい子
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:20:03.74 ID:BBaF7MXf0
前スレに挙がってた魔法の案、名無しのモブにするには勿体なさそうだったので使わせて頂きました

【名前】サラ・エスパス
【容姿】黒髪ポニーテール、目つきは鋭い。高身長スレンダー
【性格】真面目で融通が効かない。潔癖で完璧主義
【得意魔法】空間操作。空間を縮めて瞬間移動めいた動きをしたり、歪曲させて攻撃を回避したりと用途は様々
空間を操る関係上、時空の変化(時間停止等)を察知することもできる(対処できるかどうかは別)
【備考】非常に真面目で、規律や秩序を重んじる。いわゆる風紀委員みたいなタイプの人間
その真面目過ぎる人間性が災いして友達はあまりいない。友達が少ない分、一度親しくなった人はとても大切にする
やよいはその数少ない友達の一人。内心では自分の面倒な性格とそれを曲げることもできない不器用さを自覚しており、そんな自分に嫌な顔をせずに付き合ってくれるやよいのことを心から信頼している
元々マホリオに興味があったわけではないが、一度やると決めたことに一切妥協できない性格のため真面目にトレーニングを重ね、固有魔法がマホリオ向きだったことも幸いしてチームを準優勝に導いた
602 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 22:26:34.56 ID:cvaWXn26o
1.ソマリ
2.ミーヤ
3.麗奈
4.シェリル
5.シエラ
6.サラ

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新キャラとなります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新キャラとなります
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:27:34.15 ID:TL+/Tk49O
1
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:27:36.36 ID:CJs70/9q0
5
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:28:04.79 ID:tKNHWOvhO
5
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:28:19.97 ID:GG2oEN22O
1
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:28:24.78 ID:DUz+1yi0O
5
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:28:37.08 ID:wprgkCDA0
6
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:29:46.41 ID:JWloKBszO
5
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:30:12.27 ID:RtPCAGdxO
1
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:30:14.82 ID:DUz+1yi0O
3人目はモブ子ちゃんになるのかな
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:32:57.64 ID:BBaF7MXf0
書き上げて満足して一息ついてたらもう投票終わってたとは……
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:33:14.34 ID:CJs70/9q0
あまり『二人組作ってー』のノリにはしたくないけど、1年生が5人ならそのうち1人が御桜と結ばれれば余りがなくなるんだよなっていう…
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:34:48.37 ID:DUz+1yi0O
エルク「あの」
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/11/29(日) 22:36:14.81 ID:Wy8miEtZo
目を離したら/投票終わってた
自分のキャラが選ばれると嬉しいなぁ
入れてくれた人ありがとう
616 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 22:38:13.59 ID:cvaWXn26o
???はシエラ・アリッサムとなりました
設定は>>600を参照
617 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 22:39:01.26 ID:cvaWXn26o
>>611
現状上手いこと3人目は描写しないようにと考えてますが、今後の展開では十分新キャラの可能性があります
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:48:59.76 ID:TMS0Olcv0
同室のやよポメ、強者同士のカムシエの組み合わせを個人的に見たいけど他の人はどうお考えだろう
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 23:06:40.57 ID:7PledXFZO
やよい × ポメとカーム × レティスを想定してたけどここにきて新キャラ出るとは思わなんだ
620 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/29(日) 23:21:34.38 ID:cvaWXn26o
カーム「シエラ・アリッサム……よね?」


シエラ「そうだけど、なに?」


カーム(そうだ、いろいろ声かけてた中にいたけど、上から目線過ぎて組もうと思わなかった子だ)


シエラ「なによ、ジロジロ見て。そんな失礼な態度しか取れないから一回戦で負けるんじゃないの」


カーム「お、覚えてるの?」


シエラ「当然でしょ。あんな一人に頼りきりのチーム、ちぐはぐすぎて忘れようにも忘れられないわ。せめて言霊使いの子にももっと自由にさせるべきだったわね」


カーム「……」

カーム(すごい……あの短い試合で改善点すら見つけてるなんて)


シエラ「だからジロジロ見るのやめなさいよ」


カーム「ご、ごめん。でもそんなに強い人がいるなんて思ってなかったから……」


シエラ「ふん、思い上がりね。思い上がるのはもっと他人の長所を引き出せるようになってからにしなさい」


カーム「……ふふっ」クスッ


シエラ「な、なに笑ってるのよ」


カーム「ううん、ツンツンしてるかと思ったらアドバイスしてくれて……なんだか優しいなあって」


シエラ「なっ……!///」カアッ


やよい「そうなんだよ! シエラちゃん、アドバイスが的確なの。だから私もここまで戦えたんだー」


シエラ「ふ、ふんっ!」プイッ


カーム「今度は負けないよ、シエラ。これからよろしくね」


シエラ「……ええ、よろしく」


現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

5月3週
8/16回目の行動です
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 23:29:41.08 ID:7PledXFZO
今年の結婚式はどのカップルだろうという話題になり、現在進行形でイチャラブしているゼレスとステラを皆がガン見
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 23:33:31.31 ID:uLo7hpnnO
ウィンチームに勝利したクロエ、ヴィーネプロの娘であるゼレスに宣戦布告するシエラ
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 00:09:41.59 ID:6O6BWTxq0
チームの三人目の子が「ひょっとしたら自分が足手纏いだった為に決勝戦で負けてしまったのではないか」とやよいに相談。どうやら自身の魔法の扱いが得意ではない模様
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 00:22:11.20 ID:DD08lYsuO
ティア、アイドル活動を始めたばかりのラクリマが心配で過保護気味になってしまう
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 00:52:40.07 ID:fwJ2wv/kO
街で偶然ナナに出会い、せっかくなのでお茶しながら近況を話し合う
途中でウィンの話になるがその時ちょうどビルの大きなモニターに期待の新人としてウィンのインタビューが映る
誇らしげなナナだったが、周りの聴衆や試合会場の黄色い歓声に少し嫉妬して不機嫌になったりもした
626 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 20:57:43.16 ID:fbJaV8vDo
ティア「ラクリマ、大丈夫ですか? 変な人に声かけられたりしてませんか?」ハラハラ


ラクリマ「大丈夫だよー」


ティア「迷子になってレッスンに遅れたりしてないですか? ラクリマ昔から少しそそっかしいところがありますから……」


ラクリマ「それも大丈夫! レッスン場の場所分かりやすいし、他の研究生の子とも一緒にいったりしてるもん」

ラクリマ(お姉ちゃんに心配されるの久しぶりだな〜♪)


ティア「何かあったらすぐ言うんですよ。力にはなれないかもしれないけど、お話を聞いてあげるくらいはできますから」


ラクリマ「うん! それじゃ、今日はレッスンあるから行ってくるね」


ティア「気をつけて……」ハラハラ


ーーーーー

ーーー

627 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 20:58:10.19 ID:fbJaV8vDo
食堂ーー


ステラ「ゼレスさん、あーん♪」


ゼレス「あーん」パクッ


「ゼレステだー」 「生ゼレステ久しぶりに見た……」


ノルン(すごいなあ、あの二人。いちゃいちゃしすぎて周りに見られてることも気にしてないや……。ノルンもいつかラクリマさんといちゃいちゃ……///)ポッ


「やっぱり結婚式挙げるのかなあ」


ノルン「結婚式〜?」


「あ、知らない? リリウムの生徒の間でこっそり受け継がれてきた伝統なんだけど、6月中に結婚式を挙げると卒業してからもずっと仲良しでいられるんだって」


ノルン「へ〜……」チラッ


いちゃいちゃ いちゃいちゃ


ノルン「でもあの二人ならそんなことしなくても大丈夫そう〜」


「あはは! 確かに!」 「でも結婚式挙げてほしいなー。幸せになってほしいもん」


ノルン「そうだね〜」


ステラ「あ、食べカスがついてますよ」チュッ


ゼレス「!」


いちゃいちゃ いちゃいちゃ


ーーーーー

ーーー

628 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 20:58:37.72 ID:fbJaV8vDo
廊下ーー


クロエ「まだ先の話だけど、ステラは夏休みに孤児院に帰ったりするのかしら」


ステラ「そうですね、どこかのタイミングで帰れればと……」


ゼレス「私も行っても大丈夫でしょうか?」


ステラ「もちろんです! カーラ先生も会いたいと言ってましたし、一緒に行きましょうね!」


シエラ「あ」バッタリ

シエラ「クロエ・アートルムとゼレス・ケルキオン……!」


クロエ「ああ、一年生ね。確か大会準優勝の……」


シエラ「知っていただいて光栄です」


ゼレス「私達になにか用ですか?」


シエラ「いえ、用は特に」

シエラ「……ただ一つだけ言っておこうと思いまして」コホン


クロエゼレス「?」


シエラ「あのウィンチームを倒したクロエチーム、ヴィーネプロの娘がいるゼレスチーム……あなた達にはいずれ勝ちます。リリウム最強の座は私が貰いますから」


クロエゼレス「……ふふっ」


クロエ「宣戦布告ね、いいわ」


ゼレス「受けて立ちますとも」
629 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 20:59:04.73 ID:fbJaV8vDo
クロエ「それにしても……ふふ、私が宣戦布告される立場になるなんてね。二年前が懐かしいわ」


ゼレス「もしかしてクロエ先輩も? 実は私もウィンさんに……」


シエラ「な、なに勝手に盛り上がってるんですか。挑発されておいてのんきですね」


クロエ「ああ、ごめんなさいね。でも挑発するくらい元気な方が私は好きよ」


シエラ「……ふん。まあ言いたいことは言いましたし失礼します」


ゼレス「ああいう負けん気がリリウムのマホリオチームが強い理由なんでしょうか」


クロエ「うーん……たまたまそういう性格のが集まってる気もするわ」


ステラ(ふふふ、なんだかんだお二人が仲良くなってて私は嬉しいです)ニコニコ


ーーーーー

ーーー

630 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 20:59:32.58 ID:fbJaV8vDo
街中ーー


ナナ「……」テクテク


クロエ(あ、あの人……)

クロエ「ナナさーん!」タッタッタ


ナナ「はい? あ、クロエさん! お久しぶりです!」


クロエ「久しぶりね。元気そうで安心したわ」


ナナ「クロエさんもお変わりないようで。よかったら近くのカフェでお茶でもしませんか?」


クロエ「ええ、ぜひ」


カフェーー


クロエ「で、最近ウィンさんとは連絡とってるの?」


ナナ「はい、もちろんです。毎日電話してますよ♪」


クロエ「ラブラブねえ……」


ナナ「クロエさんはどうですか? なにか変わったこととか……」


クロエ「魔王との戦いに向けてみんな頑張ってるわ」


ナナ「魔王……やっぱりあの宣言は本気だったんですね」

ナナ「私の学校でも何人か信じてる人が集まって対策を練っています。樹校長がいろんなところに連絡を取って、混乱を招かないよう内密に連絡を取れるものだけで戦うみたいで……」


クロエ「それじゃあ、世界中に対魔王の戦力がいるのね。心強いわ」


『今日のインタビューは、新人ウィン・フォルクス選手です!』


クロエ「お、噂をすればね」


『学生大会では前代未聞の3連覇! プロでも圧倒的魔力で大活躍です!』

『そしてなんと言っても、普段の時と試合の時とで雰囲気がガラリと変わる、そのギャップに惹かれる人も多いんだとか!』
631 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 21:00:13.30 ID:fbJaV8vDo
ナナ「うんうん、分かってますね」フフン


『見てください! デビューしたてにも関わらずこの応援団の多さ!』

『ウィン(勝利)はウィンのものー!』


ナナ「……」ムッ


「あ、テレビでウィン選手の特集やってる」

「私ウィン大好きー! 試合中の写真見たことある!? すごいかっこいいから!」


ナナ(呼び捨て!?)ムムッ


クロエ「ふふっ、大人気ね。人気者の彼女は大変だわ」


ナナ「いいですもんっ、私にはちゃんと毎日電話してくれますもんっ」プンプン


クロエ(かわいいすね方するわね……)ホッコリ


ーーーーー

ーーー

632 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 21:00:41.17 ID:fbJaV8vDo
食堂ーー


やよい「あ、シエラちゃん! こっちこっち!」


シエラ「やよい、そんな大声出さなくても分かってるわよ」ストン


やよい「あ、ごめんね……?」

やよい「そ、それより相談したいことがあって……」


シエラ「なに?」


やよい「決勝で負けたのは自分のせいじゃないかってこの子が……」


???「……」シュン…


???のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
633 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 21:01:59.84 ID:fbJaV8vDo
>>620
このレスでの募集は、5月3週ではなく5月4週でした
次の安価では日付を訂正して、6月1週からとなります
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/30(月) 21:21:28.97 ID:02v6OIkWO
【名前】シンシア・フォルクス
【容姿】白銀のストレートロングに切れ長の金の瞳
背は高いが胸は結構ぺったんこ
【性格】物静かでクール、しかしメンタル面が結構脆く割とヘタレ 一人称は『私』
【得意魔法】瞬間移動 本人が視認できる範囲1メートルほどにワープすることが出来る
連続使用は出来ず十秒ほどのインターバルが必要
【備考】リリウム最強を誇り昨年度に卒業したウィン・フォルクスの妹。体格の違いからむしろ姉に見える。
マホリオへの意欲は人一倍あるが外見や雰囲気に反して魔法の扱いが非常に不得手。姉のことは尊敬しておりシスコンレベルで大好き(普段は『姉さん』呼びだがデレると『お姉ちゃん』呼びになるほど)だがよく周囲から比較されてしまうので同時に劣等感も感じてしまっている。
固有魔法含めて伸び代は非常にあったりするのだが、メンタルの弱さがそれを妨げている節がある。

設定的にこの娘が合いそうだった
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/11/30(月) 21:39:41.25 ID:DD08lYsuO
【名前】ロロナ・レーミア
【容姿】髪(ショート)も肌も真っ白。眼は真紅。スラりとしたスタイルでさながら白蛇を擬人化したかのよう
【性格】おどおどしていて引っ込み思案。すぐに自己嫌悪に陥る
【得意魔法】
揺らぎ:魔法のクラスがランダムで変動する。確率的にはかなり低いが頂クラスにもなり得る
【備考】
シエラチームの3人目メンバー。魔法の性質を評価したシエラの勧誘によって加入。魔法性質抜きにしても魔力のコントロールが安定せず、昔から苦しめられてきた。実は得意魔法は極めれば意図したようににクラスを操れるというもので、魔力消費は多いもののゼーレの頂のような芸当も可能となる
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 21:45:24.20 ID:rPqAJkg/0
【名前】ナーラ・カルボン
【容姿】キツい顔立ちでツインテ&ドリル、長身で貧乳小尻のやせ型
【性格】小者オブ小者で目上や実力者にはヘコヘコビクビクだが格下だと思った相手には尊大に振る舞う。
移り身の早さは学内でもトップクラス
【得意魔法】格差強化
自分を基準に自分より劣る相手には力を制限するフィールドを作る弱い者イジメみたいな魔法
逆に自分より優れた相手は更に強化されるため強者にはそう勝てなくなる
現時点では制御が不完全で常にフィールドが出っぱなしになってる、また能力差があればあるほど強化・弱体化が強くかかる
【備考】得意魔法の優劣判定は純粋な戦闘力だけではなくナーラの主観でかなり補正されるため総合的には負けるはずが無い相手でも『手強い』と感じた瞬間から強者扱いされブーストがかかる
逆に地力が上の相手でも格下だと思い込んでるウチは相手を弱体化させる事ができるため気の持ち様ではジャイアントキリングも不可能ではない
小者らしい僻み根性と自尊心から巨乳は格上扱いし無乳とちびっ子を格下扱いする


小物って落ち込むときはとことんクズになるから違う気もするけど
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 21:47:22.85 ID:/8LABbUEO
過去の貼るの当たり前になってきたけど、一応場面に合わせて備考欄を少し弄るくらいはした方がいいと思うんだが、場合によっちゃ募集締め切りも早めるしあまり良いイメージないが、、、
638 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 21:59:41.41 ID:fbJaV8vDo
1.シンシア
2.ロロナ
3.ナーラ

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新キャラとなります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新キャラとなります
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:02:05.99 ID:O1ngCAsi0
2
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:02:29.16 ID:CQLNvgibO
考えてたけど間に合わんかった
2
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:02:42.53 ID:6O6BWTxq0
2
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:02:47.11 ID:DMBMIjcDO
2
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:08:46.84 ID:0cyoaNPqO
1
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:08:54.40 ID:SR4QeD4zO
2
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 22:17:32.44 ID:zV2pruq80
2
646 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 22:19:55.63 ID:fbJaV8vDo
???はロロナ・レーミアとなりました
設定は>>635を参照
647 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/11/30(月) 23:32:37.65 ID:fbJaV8vDo
シエラ「ロロナ、まだ引きずってたの」


ロロナ「だ、だって……」


シエラ「魔法が安定しないのは分かりきってたことでしょ。大事なのはそこじゃなくて、それでも決勝に行ったって事実よ」


ロロナ「ううう……」


やよい「あまり引きずらなくていいよ。学年で二番目に強いんだもん。胸を張らなくちゃ!」

やよい「それに、あのウィンさんチームが在学中に唯一勝ったクロエ先輩チームも、一年生大会では準優勝だったんだよ。もしかしたら縁起がいいのかも」


シエラ(それは若干こじつけだけど……励ますには十分かしら)

シエラ「ま、嘆く暇があるなら練習しなさい。やる気があるなら付き合うわ」


ロロナ「ひう……!」

ロロナ(シエラさん怖い……)


やよい「シエラちゃんは「一緒に練習頑張ろうね」って」


シエラ「そうは言ってないでしょ!?」


ロロナ「あうう……!」

ロロナ(わ、私がうじうじしてるから二人が喧嘩始めちゃった……! 私のせいだあ……!)ドンヨリ


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

6月1週
9/16回目の行動です
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 23:54:26.33 ID:82TDlZmoO
シエラにロックオンされ発奮したクロエとゼレスがお互いにマホリオ特訓
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 23:57:30.39 ID:SR4QeD4zO
負けず嫌いのカーム、やはり悔しかったようで目立たない場所で一人特訓

のはずがレティスにこっそり見られていた
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 01:32:12.48 ID:Ola3YNbhO
演劇部でエチュード形式の稽古
見学していたやよいだったが妄想癖が出て色々な組み合わせで妄想してしまう
そうしていると不審に思ったカームから唐突に顔を覗き込まれた
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 01:34:40.52 ID:Mznp2A3F0
やよいちゃん、演劇部でカーム、チームメンバーでシエラロロナ、ルームメイトでポメと接点めっちゃある

安価は、ゼーレの嫁の片方がいそうな場所が判明するで
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 02:19:14.56 ID:bdq/jOlbO
休日、イリスに誘われて街でデートするノワール。
買い物や食事を楽しんだ帰り道、夜景が綺麗に見える絶景スポットで指輪を渡し結婚を申し込むイリス。
実はノワールも同じ事を考えており、イリスに指輪を渡し返事を返す。
感極まり深く口付けを交わす二人。
653 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:03:11.71 ID:nS6lOJoSo
部室ーー


クロエ「今日はエチュードをしていくわ。この箱の中から引いた役で、即興で物語を創り上げて」ガサッ


凜華「『海賊』……」


モミジ「『宇宙人』……!?」


やよい「……」ポクポクチーン


〜〜〜〜〜


ピシュン! チュドォーン!


クロエ「右舷に被弾! 離脱します!」


凜華「クロエ隊員! ……クソッ、宇宙帝王め……!」


モミジ「リン、カ……」


凜華「モミジ、君のことは我らリリウム軍が必ず守る! だから安心していてくれ!」


モミジ「ウ、ン……!」ギュッ


ヒカリ「来ます!」


ピシュン!


凜華「モミジを母星に届けるまで、私の船だけは死んでも落とさせない!!」

凜華「うおおおおおおおおおっ!!」


〜〜〜〜〜


やよい(どうなっちゃうのどうなっちゃうのー!!?)ハラハラ


カーム「やよいっ!」ズイッ


やよい「ひゃっ!」


カーム「ボーッとしてどうしたの。呼びかけても上の空だったし……」


やよい「え、えへへ……ちょっと妄想に夢中になってた」


カーム「部活中にのんきな……」アハハ

カーム「しっかり見て学ばないと。私達は裏方スタートなんだから」


やよい「う、うんっ」


ーーーーー

ーーー

654 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:04:16.62 ID:nS6lOJoSo
部活後、中庭ーー


ゼレス「聖弾【ホーリーボール】!」ドウッ


クロエ「暗幕【ダークカーテン】!」バッ


じゅうっ!


ゼレス「やっぱり相性が悪いですね……!」


クロエ「まだまだ闇の飲み込む力で対抗できるわよ! もっと本気で来なさい!」


ゼレス「なら! 神聖魔法【ホーリー】!」ドウッ!


クロエ「!」


じゅうっ!


クロエ「だいぶホーリーの扱い上手くなったんじゃない?」


ゼレス「闇を貫けなかったら同じことです!」


カーム「……」クルッ


校舎裏ーー


カーム(ここなら……)キョロキョロ

カーム(ウィンプロチームを倒しても、トッププロの娘でも、腐ることなく向上する……。尊敬です! 私だって負けて悔しい。だから特訓しないと!)

カーム「福音魔法【ゴスペル】!」ラー♪

カーム(福音は魔力常時消費の魔法……。となれば、魔力量を増やすのが先決。限界まで魔力を消費して、超回復を利用する地道なトレーニングをするしかない)


レティス「……」ジー…


カーム「ひゃっ!? いいいいつからそこに!?」


レティス「……こそこそしてた、から」


カーム「付いてきてたの?」


レティス「……」コクン


カーム「見られてたんだ……。あ、なら一緒にトレーニングしない?」


レティス「……する」
655 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:04:59.88 ID:nS6lOJoSo
カーム「レティスの魔法は扱いが難しいから、決まったパターンを考えないとね」


レティス「……カームの魔法で、強化できない?」コテン


カーム「うーん……私達どっちも補助に使う魔法だから、もしかしたら相性悪いのかも」


レティス「……悲しい」シュン


カーム「例えばレティスが『ポメが』『速く飛ぶ』って言うのと、私が福音を使うの、結果としてはほとんど同じでしょ?」


レティス「……」コクン


カーム「だから、レティスのワードをもっと上手く使いたいんだけど……」ウムム…


レティス「……想像できることなら、たいていその通りになる」


カーム「想像……あ!」

カーム「私の福音で想像力と魔力を強化できないかな!?」


レティス「……想像力の強化……面白そう」クスッ


カーム「あ、笑った顔初めて見た。ふふ、よーしさっそくやってみよう!」


ーーーーー

ーーー

656 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:05:27.18 ID:nS6lOJoSo
街中ーー


ノワール「そろそろ夏だねえ。半袖用意しないと」


イリス「あ、なら夏服見に行きませんか?」


ノワール「いいね、行こう!」


服屋ーー


イリス「ノワールさん、これ似合いそうです」


ノワール「イリスはこれ似合いそう」


イリス「ふふっ、自分のじゃなくて互いの服を見繕うって変な感じですね」


ノワール「あー……確かに。ここに来る途中からイリスにどんな服が似合うかしか考えてなかったら、すごい自然にイリスの服手にとっちゃった」


イリス「私もです」


ーーーーー

ーーー




ハンバーガー店ーー


ノワール「やっぱうまいなー、ジャンクフードは」


イリス「あ、あむっ……」

イリス「あ、ソースが……」


ノワール「あはは、イリスこういうとこ来たことなさそうだもんね」


イリス「お恥ずかしながら……。でもすごく美味しいです」


ノワール「ほんとはデートにこういうところって良くないんだけどね。でもイリスが喜ぶかなって」


イリス「はい! いい経験です!」キラキラ


ノワール「ほら、ポテトもどーぞ」スッ


イリス「あーんっ」パクッ


ーーーーー

ーーー

657 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:06:12.39 ID:nS6lOJoSo
観光タワーーー


イリス「わあ……」


ノワール「綺麗な夜景だね」


イリス「はい、すごいです……」


ノワール「イリスも来たことはないの?」


イリス「はい、雑誌で見て来てみたくて……」


ノワール「そっか」


イリス「……あの、リリウムの結婚式ってご存知ですか?」ゴソ…

イリス「結婚式の真似事をすると、卒業してからも仲良しでいられると……噂なのですが」カパッ

イリス「……わ、私と結婚してくれますか?///」


ノワール「指輪……参ったな……」ポリポリ

ノワール「私が先にプロポーズしようと思ってたのに」カパッ


イリス「!!」


ノワール「私と結婚してくれますか?」


イリス「は……はいっ!」グスッ


ノワール「もう、泣かないでよ。顔上げて?」


イリス「……っ」


ちゅっ……


ノワール「幸せにするからね」ニコッ


イリス「〜〜〜!」ギュウウウウ!


ノワール「いたた、いたいいたいっ」アハハ


ーーーーー

ーーー

658 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:06:51.41 ID:nS6lOJoSo
図書室ーー


クロエ「来たわよ、アートルム。奥さんの行方が分かったって本当?」


ゼーレ「はい。また新聞を読んでたら、見知った人影が写真に写ってて……まだ一人だけなのですが」バサッ

ゼーレ「これです」


クロエ「これは……」


見つかったのは安価↓〜 3票先取
1.魔獣使いの嫁
2.魅了魔法の嫁
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 22:07:13.84 ID:Mznp2A3F0
2
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 22:08:58.45 ID:ruhY0XZFO
2
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 22:12:30.45 ID:wAFMSMvHO
2
662 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:40:35.39 ID:nS6lOJoSo
ゼーレ「今で言う魅了魔法、でしょうか。その魔法使いが写真に写っていたんです」


クロエ「ならぜひ会いに行かないとね」


ゼーレ「はい!」


コツン ボウッ!


ゼーレ「写真の位置にテレポートできる魔法陣です。行きましょう!」


クロエ「急ね!?」


ゼーレの嫁のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】魅了魔法
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
663 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 22:41:36.01 ID:nS6lOJoSo
ここのところ新キャラが多いですが、ゼーレの嫁二人の作成でひとまず落ち着くと思うので、もう少しだけ作成や投票にご協力お願いします
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/01(火) 23:15:27.44 ID:u7ADmMxpo
【名前】アイリス・スノードロップ
【容姿】桃色のショートカット。瞳の色は緑で、ハートマークのような紋様が両の瞳に浮かんでいる(魅了魔法使用時に光る)
背はすらりと高く胸は平坦で、一見男性にも見える
【性格】明るく元気。初対面の人にも長年の親友であるかのように話しかけられる気さくさを持つ
一見何も考えていないように見えるが結構頭も切れる
【得意魔法】ゼーレに授けられた魅了魔法。「世界中全ての人と友達になりたい」という彼女の夢から産み出された
視線を合わせるだけでちょっとだけルミネに親しみを抱く程度から、彼女の言うことならどんなことでも聞いてしまう隷属状態にまでしてしまうことが可能だが(任意で調整可能)
アイリス自身はこの魔法を「裏技、ズル」と捉えていて、基本的には使用せず自主的に封印している
【備考】世界中全ての人と友達になりたいと本気で考えており
そのために自分にできることをしようと現在世界のあちこちを巡って人助けに励んでいるようだ
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/12/01(火) 23:15:49.84 ID:3KzncnkoO
【名前】ライナ・フィーネリア
【容姿】新雪のように真っ白なストレートロングと金の瞳
背はゼーレよりやや高く巨乳
【性格】温和で心優しく、困っている人を助け尽くすことを喜びとする
特に子供が好き(ゼーレともう一人の嫁は別格)
一人称は『わたし』で誰に対しても敬語口調
【得意魔法】魅了魔法 ヒカリのものと同じく相手の魔力と波長を合わせることで相手に親近感や安らぎを与え、その性質を利用しての魔力の伝播が可能
しかし魔法の始祖たるゼーレから授かった魔法だけあってヒカリのそれより遥かに強力であり、やろうと思えば世界中の人々の魔力を集約する・世界中に魔力を伝えることも可能である
【備考】ゼーレの妻の一人であり幼なじみ
魔法が発現する前から他者から非常に好かれており、その面が固有魔法として発現した
ゼーレのもう一人の妻とは非常に仲が良く良好な関係だが、同時にゼーレをより愛すために競い合うライバルでもある
特に二人ともゼーレとの間に娘を成すことが無いまま眠りについてしまったため、このような状況ではあるがその機会を狙っていたりもする
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:25:49.86 ID:QHh8yJj/0
【名前】リュミエ・アウリス
【容姿】白髪ロングポニーテール。やや高身長、均整の取れた美しい体型
【性格】明るく陽気。歌と踊りが好き
【得意魔法】魅了魔法。歌や踊りに乗せることで効果を増幅させることもできる
【備考】眠りに就く前は踊り子だったらしく、きらびやかで際どい衣装を身に着けて舞を披露していた。現代では路上ダンス等で生計を立てつつ悪魔や魔王についての情報を集めている
魅了魔法を使った彼女のダンスは非常に評判が良く、健康増進や魔翌力回復、病気平癒に美容、恋愛成就、合格祈願、二回行動付与、失せ物が見つかる等、様々な効能があると噂になっている
667 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/01(火) 23:38:42.46 ID:nS6lOJoSo
1.アイリス
2.ライナ
3.リュミエ

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新キャラとなります
明日昼12:00までに誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新キャラとなります
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:41:07.34 ID:wAFMSMvHO
2
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:41:31.18 ID:QHh8yJj/0
1
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:42:46.60 ID:4BdsdAh9O
3
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:45:50.60 ID:bhHxbBFBO
2
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:46:13.09 ID:vrblxcTU0
1
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:46:37.61 ID:0BhPiSLDO
1
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:47:14.54 ID:oYRL0Hjv0
2
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:47:40.99 ID:BBf10FTTO
3
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:48:16.19 ID:BBf10FTTO
大接戦でくさ

安価下
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:49:31.33 ID:Y2UTqvesO
コンマ二桁が1〜3なら1、4〜6なら2、7〜0なら3で
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:49:54.48 ID:VDK6x2WqO
2
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 23:50:28.06 ID:oYRL0Hjv0
接戦を制したのは1か
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/02(水) 00:07:59.08 ID:rOGTVZc1o
目を離したら/すごいことになっていた
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/02(水) 00:58:54.36 ID:I3JG/qC/O
>>664
アイリスの投稿者ですが今誤植に気付きました
得意魔法の説明のところで「ルミネに親しみを〜」とありますが
ルミネというのはこの名前にする前に考えていた名前です(ヒカリの使うものの大元となる魔法の使い手だから彼女を意識した名前にしようかなと考えてました)
なのでここは「アイリスに好意を〜」に変換お願いします
682 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/02(水) 19:48:28.59 ID:pa2NeSvlo
新キャラはアイリス・スノードロップとなりました
設定は>>664を参照
683 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/02(水) 19:49:32.99 ID:pa2NeSvlo
「アイリスさん、なんとお礼を言っていいか……。もう立たれるとのことなので引き止めるわけには行きませんが、このご恩は決して忘れません」


アイリス「大げさだよー。この辺は水が溜まりやすい地形地質って聞いて、梅雨になったら大変かなって思って来ただけだから」


「ですがここまで見事な土のうの壁を築いてくださるとは……我々老人には荷が重く、今年も集会所で身を寄せ合うつもりでしたから」


アイリス「うん、それは正解。できるだけ積んだけど、大雨の日はあの丘の上の施設に固まってるのがいいと思うよ」

アイリス「よーし、じゃ次の場所に行くね。お礼のご飯美味しかったよ! また来るねー!」


ブオン!


ゼーレ「アイリスー!」ガバーッ!


アイリス「うわっ!? ゼーレ!?」ギューッ!


ゼーレ「アイリス、アイリス!」ワーイワーイ


アイリス「ゼーレ、ゼーレ!」キャーキャー


きゃっきゃ


「き、急に人が……!」


ブオン!


クロエ「よっと」ストッ


ゼーレ「会えた〜……」


アイリス「ゼーレだー」


むぎゅー……


クロエ「再会そうそうお熱いわね……」
684 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/02(水) 19:50:34.02 ID:pa2NeSvlo
ゼーレ「新聞でアイリスの姿を見つけたから飛んできたの!」


クロエ「あなたがアイリス・スノードロップさんね。ゼーレさんから聞いてるわ」


アイリス「君は?」


クロエ「私はクロエ・アートルム。現代の魔法使いよ」


アイリス「ほうほう、よろしくね! 握手!」ブンブン


クロエ「人の笑顔が好きで、人助けをしてるって聞いたわ。そこを見込んで頼みがあるんだけど……」


アイリス「……魔王のことかな? 私達が起きたってことは魔界の力が大きくなったってことだもんね」


クロエ「そう。ゼーレとはもう協力しあってるわ。どうかしら」


アイリス「もちろん協力するよ。ゼーレもいることだしね」

アイリス「ま、現代にも助けてほしい人はたくさんいるみたいだし、ゼーレのテレポートの魔法陣を借りて人助けも続けさせてくれると嬉しいな」


クロエ「もちろん、それは止めはしないわ」


アイリス「ありがと! 私、世界中の人と友達になりたいからさ、魔王なんかに好き勝手してほしくないんだ。だから一緒に助けあって世界を守れたらって思うよ。よろしくね!」


クロエ「ええ、よろしく!」



現在の目標
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

6月2週
10/16回目の行動です
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 20:02:26.64 ID:EphjF44B0
食堂でシエラとカームがばったり。そのままお昼をご一緒する
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 20:18:39.80 ID:ZFlMf6VDO
御桜と茜が休日に街をぶらつく
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 20:23:25.06 ID:dm4rxPqaO
ゼーレとアイリスが記憶映写魔法を用いて逆に教師陣に魔法師の授業をすることになる。なお途中から2人の惚気話が混ざり始める
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 20:23:51.48 ID:dm4rxPqaO
魔法師→魔法史
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 21:03:29.11 ID:dOKAcyFg0
掲示板で様々なお手伝い募集の貼り紙を見ているエルクを発見する。最近人助けに励んでいるという
せっかくなのでクロエも貼り紙を見てみる
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 22:06:40.60 ID:wu27X3iAO
>>687の最中に、同一存在であるが故にスキアの記憶が混線
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 22:08:18.48 ID:FPxr75LeO
ティア、ラクリマのレッスンの日に町を歩いていたらラクリマの事務所の人(先輩アイドルとか事務員とかマネージャーとか)にラクリマと間違われて事務所に連れていかれる
幸い事務所にラクリマが来たので誤解は解けたがあまりのそっくり具合に事務所でも話題になる
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 22:08:58.09 ID:FPxr75LeO
あ、間に合わんかった
まぁ次に回そう
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 22:10:30.83 ID:EphjF44B0
他の安価に付け足す系、それだけで1枠使っちゃうの勿体ないと思うのだけど何か解決策あるかな(キャラも増えてきたので尚更)
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 22:11:15.57 ID:wu27X3iAO
自分の下にしてもらって大丈夫よ
695 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/03(木) 23:58:47.56 ID:NGzkxNdfo
今回は足せそうだったので混ぜて書きました
696 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/03(木) 23:59:17.32 ID:NGzkxNdfo
食堂ーー


シエラ(今日は人が多いわね……)キョロキョロ


カーム「シエラ、隣空いてるよ」


シエラ「……失礼するわ」ストン


カーム「はーい」


シエラ「いい気なものね。あれだけ嫌味を言われて私と仲良くできるとでも?」


カーム「思ってるよー。嫌味っていうか……言葉はキツいけど、的確なアドバイスだったし」


シエラ「……言葉がキツい自覚はあるのよ。でも、言いたいことは言わないと気が済まないし……」


カーム「それでも私はシエラと仲良くしたいな。当然、ライバルとも思ってるけどね」ニッ


シエラ「……」


カーム「っと、ごちそうさま」カタン

カーム「今日は人が多いし、早いとこ失礼しないとね。じゃあね、シエラ」


シエラ「……ええ」


ーーーーー

ーーー

697 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:00:05.25 ID:WisdSC4+o
掲示板ーー


エルク「……」ジー…


クロエ「エルク、何見てるの?」


エルク「あ、これはクロエさん。掲示板に人助けの募集があるので見てたんですよ」


クロエ「ああ……」チラッ

クロエ(『お部屋の片付け手伝って』、『恋愛相談受付中』……お手伝いしてほしい人、したい人が張り紙をしてるんだったわね)

クロエ「……これって大抵は助っ人同好会が解決するはずだけど、エルクは入会してないのかしら?」


エルク「助っ人同好会……いえ、そういうのには入ってないです」


クロエ「私の彼女が助っ人同好会だし、よかったら話聞いてみる?」


エルク「はい、お願いします!」


ーーーーー


ローラ「エルクさん……。最近助っ人同好会に来る依頼が若干減ったのはそういうことだったんだ」


エルク「迷惑だったでしょうか?」


ローラ「ううん! 助けてほしい人がいたんなら、誰が助けるかは関係ないよ!」


エルク「なんと素晴らしい精神……!」


ローラ「あ、助っ人同好会に直接依頼が来ることも多いし、よかったら入会し「ぜひ!」

ローラ「……食い気味にきたね」クスッ


エルク「はい!」フンス


ローラ「それじゃあ入会ってことで。よろしくね、エルクさん!」


ーーーーー

ーーー

698 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:00:41.32 ID:WisdSC4+o
空き教室ーー


ゼーレ「えー、お集まりいただいてありがとうございます。早速魔法史の授業をしますね」


樹「お願いするわ」


アイリス「魔送【ライン】」


ゼーレ「ありがと、アイリス。よーし、たくさん魔力もあるし……映写魔法【スクリーン】!」


パッ


ゼーレ「今から私の記憶を用いて解説していきます。まずこの映像は……」

ゼーレ「魔法を授けている時の映像ですね。そもそも人間は魔法を使えず、魔力に体が慣れれば魔法使いに、魔界の毒素に体が染まれば悪魔になるんです」


ふむふむ なるほどー


ゼーレ「つまり、現代で言われている魔力欠乏症というのは病気でもなんでもなく、正常な状態ということです。私がその人たちの元に行って魔法を授ければ、すべて解決します」


アイリス「やらないの?」


ゼーレ「面識のない人が来て「魔法をあげるよ」なんて言われても、普通は断るよ。アイリスも嫌がる人に善意を押し付けたりしないでしょ?」


アイリス「そっかー……。昔なら毎日のようにせがまれたのにね」


ゼーレ「あ、すみません。授業を続けますね」

ゼーレ「次はこれ、原初の魔法使いの魔法です。どうです、弱々しいでしょう? 魔力量も、質も、現代とは比べ物にならないほど弱かったんです。魔力に慣れてないから、当然といえば当然ですね」
699 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:01:32.58 ID:WisdSC4+o
パッ


ゼーレ「これは……アイリスとの魔法の練習ですね」


アイリス「わー懐かしー♡」


ゼーレ『アイリス、力を抜いて……』


アイリス『でも、怖いよ……っ』


ゼーレ『私に任せて、ね……?』


アイリス『あ……っ』


ゼーレ「初々しくてかわいいなあ……」キュン


アイリス「うわ! 最初ってこんなだっけ。今はもう使いこなせてるから忘れてたよー」


ざわざわ ざわざわ


ゼーレ「で、これが……」


パッ


ゼーレ「……実体を持つ私の分身が、悪魔化の魔法を使っているところです」

ゼーレ「……っ!」


ザザッ ザザッ!


アイリス「映像が……! 大丈夫、ゼーレ?」ギュッ


スキア『ゼーレ本体が睡眠に入ったことを確認……。同じく、魔王の魔力も消失……』

スキア『……魔王を倒したとしても、悪魔の中から力を持ったものが次の魔王となる可能性がある……か……』

スキア『ゼーレの親友であるスフィアも、民衆を守るために悪魔にしてしまった。なら、どこまでも貫き通さなければ……』

スキア『……私自身を悪魔と化し、魔界に侵入。人間を守るために、魔界を統べる……! それが、私がお姉ちゃんとスフィアにできる償い……!』

スキア『悪魔儀式【デモナイズ】!』ズオッ!


ゼーレ「……!!」
700 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:02:20.72 ID:WisdSC4+o
樹「……今のは」


ゼーレ「……スキアは私の分身……いえ、私とほぼ同一の存在。前回の邂逅で魔力が絡んで、記憶が混線したのかも……」


アイリス「それって……今のは事実ってこと?」


ゼーレ「……多分。スキアは、人間を守るために魔界の頂点に立った。でも、魔界の毒素や瘴気にあてられて自我が揺らいでしまった……」


リリィ「そんな……人間を守るために魔王になるなんて……」


アイリス「もし仮にゼーレが力を残してたら、ゼーレ自身がそうしてたはずだよ。私達には力がある、それは人間のために使うんだってずっと決めてたから」


ゼーレ「あの子は、私の意志を継いで……」


樹「なら決まりね。スキアさんのことも助けましょう」


ゼーレ「な……!」


樹「昔と違って、今は強力な魔法使いがたくさんいる。それに、すでに世界のあちこちに協力要請は済んでるわ。それこそ不可能なことなんてないくらいの戦力よ」


ゼーレ「……」


樹「もう一人のあなたを封印するのだって本当は気が進まないのよ。彼女の根底に悪意がないなら、助けるのにいささかの抵抗もないわ」


ゼーレ「お願い、します……。あの子を、助けたい……!」


アイリス「よく言ったゼーレ! よし、皆で力を合わせよー!」


おー!


ーーーーー

ーーー

701 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:03:07.38 ID:WisdSC4+o
休日、街中ーー


御桜「お姉ちゃんとお出かけ久しぶりだなー」


茜「今日は休養日だからねー。元気そうでよかったよ」


御桜「そうそう、プロが魔王との戦いの準備をしてるって本当?」


茜「ほんとだよー。理事長直々に指令が来て、内密で準備しとけってー」

茜「だから、来年の3月31日と前後1日はもう休みに決まってるんだー。その日だけはチームの垣根も無視して協力しろってさー」


御桜「そっか……」


茜「不安にならなくていいよー。プロが一致団結したら、それこそ魔王なんて目じゃないんだから」


御桜「うん、信じてる!」


茜「あ、あそこだ。オーダーメイドの魔具屋さん」


カランカラン


「いらっしゃいませ。紅林様と久遠様ですね?」


御桜「はい。私は杖の調整を」


茜「私は格闘用グローブ新調しようと思って。魔法具じゃないけど大丈夫だよね〜?」


「もちろんです。では奥のお部屋で詳しくお話を伺いますので、どうぞこちらへ」


ーーーーー

ーーー

702 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:03:44.47 ID:WisdSC4+o
ロリータファッションショップーー


ティア「……」テクテク

ティア(これ、ラクリマに似合いそうですね。アイドルの衣装でもこういうの着そうですし、普段着から慣れさせておいてもいいかも……)


「あれ、ラクリマ? 偶然じゃん。ラクリマもレッスン前に服見に来てたの?」


ティア「え、いや……」


「てかやばっ! 時間ないよ! スタジオ行かないと!」パシッ


ティア「人違いなんですけどぉぉぉ……」


レッスン室ーー


「セーフ!」


「あ、ラクリマも一緒だったんだ。ってあれ、着替えは?」


ティア「あの、その……」オドオド


ラクリマ「セーフ! おはようございまーす!」バーン!


「えっ!?」


ラクリマ「あれ、お姉ちゃん!?」


「ええっ!?」


ティア「ラクリマー! 人違いって言えなくてー!」


「えええええええっ!!?」


ーーーーー

ーーー

703 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:04:24.71 ID:WisdSC4+o
プロデューサー「ふむ、つまり君はラクリマの姉だと……」


ティア「はい……」


プロデューサー「呼ばれて来てみたらなんという……」

プロデューサー「確かにそっくりな姉がいるとは聞いていたがこれほどとは……」マジマジ


「やっばーい! ほっぺぷにぷにー!」


ラクリマ「あー! 先輩ずるい! 私も最近ぷにぷにしてないのにー!」


ティア「あうう……!」プニプニ


プロデューサー(双子アイドルとして十分推せるポテンシャルだ……。正確には双子じゃないが……。どうにか口説けないものか……)


ーーーーー

ーーー

704 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 00:05:15.33 ID:WisdSC4+o
魔界ーー


サキュバス「魔王様……」


スキア「ん、ああサキュバスか。そういえば君にはお礼を言ってなかったね。魔界だとどうしても魔力の摂取に限界がある。量は仕方ないとはいえ、君があれだけ上質なものを持って帰って来てくれて助かったよ」


サキュバス「は、はい……!」パアッ!


花「…………」


自室ーー


クロエ「魔王……いや、スキアさんは人間を守ろうとしてたのね。なら校長先生の言うとおり助けないと」


ヒカリ「クロエならそういうと思った。みんなも同じ意見みたいだよ」


クロエ「よーし、そうと決まれば魔法の練習をしないとね!」


現在の目標
・スキア救出の用意をする
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

6月3週
11/16回目の行動です
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 00:08:59.19 ID:mhYvpj29O
もう一人の嫁の手がかりを探す
魔獣関連だし可能であればリーケの家の力を借りたい
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 00:20:47.22 ID:uai1MzvE0
ステラとゼレスの結婚式イベント
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 00:32:24.34 ID:x+LS7fziO
闇魔法の根源が何なのか、ゼーレに聞いてみる
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 01:08:41.26 ID:E9vGd5HXO
鍛練による消費が大きいからか、アルシェの食事量がラピスに迫る
成長期であるクリアの食事量も増えてきており、食堂の限界が懸念され始める
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 05:09:12.26 ID:P11rjSOC0
四人で遊んでいる際にイリノワが指輪を着けている事に気付くイオモミ
実はお互い緊張して結婚のプロポーズが出来ずにいたが、何かを察したイリノワの助力を受け、結婚式イベントへ
710 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:00:24.61 ID:WisdSC4+o
食堂ーー


樹「そう、分かったわ……」


クロエ「あら校長先生。暗い顔ね」


樹「ああ、クロエさん。実は今ちょっとピンチでね」


クロエ「?」


樹「ラピスさんだけならまだしも、最近はアルシェさんも同じくらいたくさん食べるようになって、しかもクリアも育ち盛りだから……」


クロエ「食堂がピンチなのね……」


樹「今年度を乗り切れば、卒業するからなんとかなると思うんだけど……」


クロエ「お金……あっ!」ポチポチ


カーラ『もしもし?』


クロエ「カーラ先生、相談があるんだけど……」


カーラ『なんでしょうか?』


クロエ「実は学校の食費がピンチらしいのよ。そこで、ステラの落とした星で増えたお金を少し学校に寄付できたらと思って」


カーラ『なるほど、そうでしたか。あれだけのお金、うちの孤児院だけで使いきれるものではなかったので、助けになるならぜひ寄付させてください』


樹「そんな、学外から助けてもらうなんて……」


クロエ「そもそもがこの学校の中で得たお金よ。ステラにも話すけど……きっと喜んで寄付するって言うわ」


樹「……ステラさんにも話を聞くわ。それから受け取るかどうか決めさせて」


クロエ「ええ」


ーーーーー

ーーー

711 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:00:51.31 ID:WisdSC4+o
ステラ「学校に寄付ですか? 構いませんよ?」ケロッ


樹「そ、そんなあっさり」


ステラ「だってこの学校の中で練習して落ちてきたものですし、学校のものでもあると思うんです。あの時は学校とも相談して孤児院に預かってもらうということになりましたが、必要なら遠慮なく使ってください!」


クロエ「ね?」


樹「そうね……」

樹「分かったわ、マクベス・エクスルードハウスからの寄付を受け入れる。それで今年の食料事情は解決するわ」


クロエ「よかったわ。私もあのご飯が食べられなくなるのは困るもの」


ステラ「私もです!」


樹「……ありがとう、助かったわ」


ーーーーー

ーーー

712 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:01:44.01 ID:WisdSC4+o
図書室ーー


クロエ「あ、いたいた」


ゼーレ「?」


クロエ「ゼーレさんに聞きたいことがあって。闇魔法のことなんだけど……」


ゼーレ「闇魔法ですか……」


クロエ「そもそもこれってどういう魔法なの? 他の魔法とはタイプが違うみたいだけど……」


ゼーレ「……言っていいものでしょうか」


クロエ「? 言ったら困るの?」


ゼーレ「少なからずショックを受けるかと」


クロエ「ふーん。まあ聞くつもりで来たし、話してもらえないかしら」


ゼーレ「……分かりました」

ゼーレ「闇魔法というのは……人の持つ心の闇を物質として放つ魔法です。その根底にあるのは、恐怖や不安といった負の感情です」


クロエ「そこまでは知ってるわ。私が知りたいのはその先、根源なの」


ゼーレ「……闇とは、魔界に偏在する瘴気のことです」


クロエ「!!」


ゼーレ「負の感情に心が染まることが、悪魔化の条件。そうなれば魔界に存在する闇に心をそれ以上蝕まれることはなく、悪魔として生きていくことになる」
713 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:02:13.07 ID:WisdSC4+o
クロエ「なるほどね、それは言いづらいのも納得だわ」


ゼーレ「闇魔法を使いこなす過程で襲ってくる魔物は、限りなく悪魔に近い存在です。何年にも渡って数人の闇魔法使いを襲うことで、魔界への扉を開けられるだけの力をつける。そして体を組み替えて悪魔になる……それが、この世界で闇が闇魔法使いを襲う理由です」


クロエ「なんで闇魔法使いなの? 襲うだけなら誰でもいいんじゃ……」


ゼーレ「体内に闇を保持していて、なおかつ人の形を保っているからです。悪魔になるにはそういった者から体を借りる方が早いんだと思います」


クロエ「……確かに、私が戦った闇も最後に人の形を取ろうとしてたわ。上手くできないのか人の形を保つだけで精一杯って感じだったけどね」


ゼーレ「もしかしたら、クロエさんを取り込むことで悪魔化が完了するところだったのかもしれません。ご無事でよかったです」


クロエ「……なるほどね……これは限りなく悪魔に近い魔法だったのね」


ゼーレ「あの……落ち込まないでください。確かに悪魔に近い魔法ですが、それは確かにあなたの固有魔法ですから」


クロエ「ええ」


ーーーーー

ーーー

714 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:03:29.45 ID:WisdSC4+o
寮、イリスとノワールの部屋ーー


コトッ コトッ


ノワール「雨降っちゃったね……」


イリス「まあ、梅雨ですしねえ」


イオ「でもボードゲームも楽しいです」


モミジ「うんうん、初めてやったけど面白いよ」


イリス「それはよかったです。あ、結婚マスですね」


ノワール「結婚……」チラッ


イリス「///」ポッ


イオモミジ(あ……!)


イオ(お揃いの指輪してる!)


モミジ(もしかして結婚式したのかな……)


イオモミジ「……///」チラッ


イリス(あ……さてはお二人とも、まだ結婚式を挙げてませんね)


ノワール(となれば……)


イリス「結婚といえば、この学校にも結婚式の噂があるそうですね」


ノワール「うん、私も聞いたよ。結婚式があるから、6月は夜間の外出もちょっと大目に見られるんだって」


イオモミジ「!」


イリス「私達はもうしましたから、先生の監視は関係ありませんね」


ノワール「えへへ……///」


イオ「わ、わーわー……///」カアア


ノワール「二人は結婚式したの?」


モミジ「ま、まだ……って何言わせるの!///」カアッ


ノワール「私達はイオさん達にも幸せになってほしいな。結婚式するならお手伝いさせて?」


イオモミジ「……」ゴクリ


ーーーーー

ーーー

715 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:03:56.98 ID:WisdSC4+o
夜、ガーデンーー


ノワール「こっち」コソコソ


モミジ(夜に寮を抜け出すなんてドキドキするよー……!)


イリス「この辺でどうでしょうか? 雰囲気バッチリですよ」


イオ「は、はい……!」ドキドキ


ノワール「では……イオさん、モミジさん。これから健やかなる時も病める時も、互いを敬い、慈しみ、愛し合うことを誓いますか?」


イオ「……はい、誓います」


モミジ「誓いますっ」


ノワール「では、誓いのキスを」


イオ「……んっ」


モミジ「……ちゅっ」


イリス(きゃー!)パチパチ


ノワール「これでいいのかな?」


イリス「はい、結婚式の形式は問いません。愛を確かめ合えばいいそうてすから」


イオ「モミジさんと結婚……」


モミジ「イオちゃん、幸せにするからね……!」


イオ「は、はいっ!」


ーーーーー

ーーー

716 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:04:30.82 ID:WisdSC4+o
同時刻、星見館ーー


ステラ「月が綺麗ですね……」


ゼレス「そうですね、すごく綺麗です」


ステラ「……月なんて今までだって見てたのに、あなたと見る月はとても綺麗に見えるんです。……不思議ですね」


ゼレス「夕方まで雨でしたから、空気中のゴミが地面に落ちたのかも……なんて、嘘ですよ」

ゼレス「ステラさんと一緒だと、私にも月がすごく綺麗に見えます。ふふっ」


ステラ「あなたと見る景色だから……ですね」


ゼレス「……もし今魔王が攻めてきても、ステラさんを守れるなら……私、死んでもいいです」


ステラ「もう、不吉ですね」


ゼレス「あなたのためならそれすらも惜しくないってことですよ」


ステラ「……ゼレスさん」


ゼレス「はい」


ステラ「愛してます」ニコッ


ゼレス「私もです」ニッ


ステラ「ゼレスさん……」


ちゅっ


ゼレス「んっ……!」


ーーーーー

ーーー

717 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:07:03.49 ID:WisdSC4+o
寮への帰り道ーー


ゼレス「……ステラさん、結婚しましょうか」テクテク


ステラ「は、はいっ」


ゼレス「孤児院にもいつか挨拶に行って、ママにも報告しないと」


ステラ「やることいろいろですね」クスッ


ゼレス「ステラさんと一緒なら、なんでも楽しいですよ」ニコッ


てくてく てくてく……


ーーーーー

ーーー

718 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/04(金) 23:08:00.91 ID:WisdSC4+o
図書室ーー


ゼーレ「……」ペラペラ


アイリス「……」ペラペラ


クロエ「今日も新聞で嫁探し? 精が出るわね」


ゼーレ「あ、クロエさん……。大丈夫ですか?」


クロエ「ああ、闇魔法のこと? 気にしてないわよ。私の固有魔法に変わりはないし、もう使いこなせてるしね」

クロエ「それより、助っ人を呼んできたわ」


ゼーレ「助っ人ですか?」


ローラ「どうも」ペコリ


ゼーレ「ローラさん?」


クロエ「ローラはね、現代の魔獣に詳しいのよ。もう一人のお嫁さんが魔獣に関係してるなら、もしかしたら情報があるかもと思って」


ローラ「助っ人同好会としても、ぜひお手伝いしたいさせてください! まずは特徴を教えてもらえますか?」


アイリス「助っ人同好会!? なにするの!?」


ゼーレ「アイリス、それは後で。協力してくれるんだから失礼のないようにね」


アイリス「はーい」


ゼーレ「で、特徴は……」


ゼーレのもう一人の嫁のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(魔獣関係の魔法)(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 23:17:28.78 ID:nASsf4kW0
【名前】レオーネ・スプリングフィールド
【容姿】茶色の長髪で琥珀色の目、体系はやや小柄ではあるが引き締まっている
【性格】良くも悪くも素直で思ったことがすぐ口に出る
警戒心の強いところがあり、初対面の人には警戒しがちだが、なつくと甘えがちになる
【得意魔法】魔翌力で魔獣等を強化することができる。
魔獣限定である分他の強化魔法より強力ではあるが、身体能力の強化に特化しており、魔獣の魔法的能力の強化という点では並程度である
【備考】過去には野生動物の中で育っていた野生児だった。目覚めてからも自然の中過ごしている
魔獣使いというのは魔法ではなく、動物たちとの心のかわし方を育ちの中で自然と得たもの
ゼーレの妻の一人である。元は拾われただけで、警戒心むき出しだったがやがて惹かれていった
愛情表現として顔をなめることがある
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/12/04(金) 23:35:01.24 ID:ACSU/vA3O
【名前】クゥ
【容姿】濃緑のショートヘアーに暗闇でも猫のように爛々と輝く金の瞳
やや薄目の褐色肌の幼児体型
【性格】明るく天真爛漫、だが少しアホの子
一人称は『クゥ』で会話文の漢字が少なめ
【得意魔法】魔獣融合(ビーストフュージョン)
心を通わせた魔獣達と融合しその力を借りることが出来る
ローラのシンクロに似ているが融合時の姿を自在に選ぶことが出来、『人の姿で魔獣の姿を宿す』『半人半獣の姿になる』『完全に魔獣の姿で行動する』などを選択出来る
また複数の魔獣との融合も可能
なお融合時の主導権はクゥの側にあるが、その状態でもクゥは魔獣と自由に会話が出来る
【備考】ゼーレのもう一人の嫁
物心付いた時から野山で獣達と共に過ごしていた野生児で非常に身体能力が高い
動物的な感性から相手が良い存在か悪い存在か、嘘をついているかどうかを瞬時に見抜くことが出来る
固有魔法は持ち前の動物好きから発現したもので、眠りにつく前にゼーレの力を介して信頼できそうな人間に自分と同じ力を与えた

実はその人間こそがリーケの始祖となる人物だったりする
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 23:36:18.48 ID:ACSU/vA3O
野生児被ったわw
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 23:38:09.04 ID:P11rjSOC0
おっと、融合系考えてたが既に出てしまったか
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 23:38:35.83 ID:8lnXJsURO
【名前】リーケ・エターニア
【容姿】超小柄で何と140cmにも満たない。赤みを帯びた銀の長髪で、本人の身長よりも長いので、常に側にいる魔獣の背中にかけさせてもらっている。瞳の色は明るいオレンジ色で、常にジト目のように見える
【性格】ロロナや1年次のデンに匹敵するクラスのウルトラハイパーネガティブ思考の持ち主だがゼーレアイリスと魔獣たちの事は自分の命をかけてでも守ろうとする。
【得意魔法】魔獣領域(自分の周囲に魔獣を呼び寄せた上で魔獣たちが有利になる強力な結界を展開する。何匹集めようが一度に消費する魔翌力は変わらないというチート仕様)
【備考】
ゼーレの嫁その2。その名前はリーケ家の由来になっているが、血の繋がりはない。当時の魔獣愛護団体的な組織がリーケを崇拝してたとかで継がれていったらしい
ゼーレに魔法をもらう以前は神樹を囲む広大な森の中で魔獣たちと暮らしていたので出自は不明。人間たちに居住区域周辺の森を焼かれる形で故郷と仲間たちを失っているので後ろ向きな性格になっている
魔物を守る為の力をくれたゼーレと、そのゼーレが信頼するアイリスの二人に対しては絶対の信頼を置いている
常に側にいる魔獣はティト同様の星獣で物心のついた頃にはすでに親友同士だった。地球規模で言えば寿命が存在せず、リーケ封印後も生き続けてずっと復活の時を待ち続けていた
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:00:07.12 ID:kXCvrkKyO
【名前】メロリア・メロル
【容姿】思わず抱きしめたくなるボリューム満点のふかふか金髪ロング。高身長でナイスバディなお姉さん
【性格】気まぐれな性格。過去も未来も考えず常に今だけを考えて生きている
【得意魔法】シンクロ魔法。シンクロ可能な対象はローラの比ではない
【備考】ゼーレの幼馴染兼嫁。とにかく楽しく生きるがモットーで放って置くと何をしでかすかわからない。ゼーレの力を借りて宇宙空間に飛び出しティトの母に会ったことがあるというぶっとんだエピソードがある
725 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/05(土) 00:14:19.03 ID:f+FSmbTso
1.レオーネ
2.クゥ
3.リーケ
4.メロリア

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが新キャラとなります
今日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが新キャラとなります
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:16:22.51 ID:fd3XPHL60
3
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:16:25.49 ID:kXCvrkKyO
自分のはダメなんだっけ?

3
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:16:37.33 ID:YPkM9u3G0
3
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:17:11.34 ID:MQ/EXBfcO
4
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:18:30.76 ID:rkjfc/JDO
3
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:21:37.53 ID:iljavxDrO
4
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:30:07.40 ID:qIRnz7NZ0
1
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 00:30:50.35 ID:aPM55vBjO
3
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/05(土) 00:31:45.81 ID:iVqqtTwAo
2
735 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/05(土) 00:38:03.06 ID:f+FSmbTso
もう一人のゼーレの嫁はリーケ・エターニアとなりました
設定は>>723を参照
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 01:40:27.49 ID:ZdnImq25O
イオ好きだったから、イリノワとの絡みを通して出番増えたの嬉しいな
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 02:05:11.10 ID:YPkM9u3G0
名前は伏せるけど自作キャラ関連の安価を他の方に取ってもらえると少しうれしくなりますありがとうありがとう
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 08:27:54.56 ID:1tPZjJPAO
(完全に個人の性癖だけど、イオモミのHシーンが来たらそのおっぱいが存分に活かされるシーンであってほしい)
739 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/05(土) 20:41:25.87 ID:f+FSmbTso
ローラ「ふむふむ……」


クロエ「どう? 心当たりはある?」


ローラ「うん、最近ある地域の魔獣がおとなしくなって、その原因が魔法使いなんじゃないかって。写真もあるんだけど……今言った特徴と一致してると思う」スッ


ゼーレアイリス「リーケ!!」


クロエ「ビンゴっぽいわね」


アイリス「この写真どこで撮ったやつ!?」


ローラ「えーっと……地図だとこの辺?」ガサッ


キンッ!


ゼーレ「魔法陣用意できた! よし行こう!」


アイリス「おー!」


クロエ「だから迷いがなさすぎるわよ!」


ーーーーー
740 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/05(土) 20:41:54.65 ID:f+FSmbTso
ストッ!


ゼーレ「リーケ!」ギュウウッ!


リーケ「わ、わっ。ゼーレ?」ギュウ…


アイリス「リーケー!」ギュー!


リーケ「アイリスも……」ギュウ…


クロエ「よっと。あなたがリーケ・エターニアね」


リーケ「だ、誰?」ビクッ


ゼーレ「大丈夫、私達の友達よ。怖がらなくていいわ」


ローラ「よいしょ」ストッ

ローラ「わ、魔獣がたくさん……!」ナデナデ


リーケ「!」

リーケ「この子が黙って撫でられるなんて珍しい……」


クロエ「ローラは魔獣と仲良しだからね。きっとあなたとも仲良くなれると思うわ」


ゼーレ「私達と学校に来てみない? きっと楽しいよ」


リーケ「ゼーレがそういう……なら」


アイリス「リーケはゼーレのこと大好きだなあ」


リーケ「アイリスのことも大好き……だよ?」


アイリス「わたしもー!」ギュギュー!


クロエ(ほんと仲良しねえ……)


現在の目標
・スキア救出の用意をする
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

6月4週
12/16回目の行動です
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 20:53:42.87 ID:0b8JAD620
結婚式シーズンの最終週だな
安価下
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 21:09:00.29 ID:Spa5OOdeO
やよいチームとカームチームが模擬戦(カームの申し出により)
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 21:41:11.63 ID:H3D3MZjdO
ゼーレアイリスリーケの元祖アートルムとクロエヒカリローラの現代のアートルムが一同に会す
魔法の類似点とかカップル達の愛の深さを張り合ったりとかで話が弾む
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 22:42:46.28 ID:YPkM9u3G0
神樹が燃やし尽くされたという事実を知ったリーケがパニックを起こして走り去ってしまい、星獣に乗ってそのまま神樹があった場所に向かう
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/06(日) 02:41:55.63 ID:98AlbXwC0
神樹が神聖な樹であるのなら神聖な魔翌力を分け与えれば成長するのでは?

という事で神樹の種を植えた場所にゼーレゼレスカームが集合。伸ばそうとがんばる
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/06(日) 06:41:35.93 ID:ZokqMeNnO
結婚式シーズンに影響されて魔法の効果もあって凜華への想いがどんどん募ってしまっている舞
そんな時によりによって凜華と舞の組み合わせで告白シーン(舞が告白する側)の稽古をやることに
747 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:09:11.97 ID:ZK5feIHUo
部室ーー


舞(結婚式があちこちで行われているらしいですね……。私も凜華さんと……)


凜華「舞さん、私達の番だよ」


舞「は、はいっ。一年生のために告白シーンの再現ですよね」


凜華「そうそう。じゃあ……」コホン


舞「『凜華さん、好きです』」

舞「その綺麗な瞳が、つややかな髪が、陶器のような肌が、全てが私の心を掴んで離さないのです。ああ、欲しい、凜華さんが欲しい……!」


凜華「ちょ、舞さん!? ち、近い……!」


舞「あっ……!」ハッ


ざわざわ ざわざわ


凜華「みんな見てるし、やり直せる?」ボソッ


舞「はい。すう……」

舞「『凜華さん、好きです』」


ーーーーー

ーーー




凜華(ああ、びっくりしたなあ……。まさか演技も放り投げて告白されるなんて……)


舞(凜華さんならあれが演技じゃなかったって気づいてしまいますよね……。ああ、やってしまいました……)
748 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:09:58.68 ID:ZK5feIHUo
図書室ーー


クロエ「もうすっかりここの住人ね」


ゼーレ「本を読むの楽しいですから」


リーケ「あ……」テテテッ

リーケ「ローラ、さん」


ローラ「こんにちは、リーケさん」


アイリス「おや、見慣れない子がいる」


ヒカリ「こんにちは。ヒカリ・ロゥレスっていいます」


アイリス「ヒカリかー。よろしくね!」


クロエ「ヒカリは魅了魔法の使い手なのよ」


ゼーレ「ああ、それは確かに懐かしい魔力を感じるわけですね。アイリスも同じような魔法を使えますから」


クロエ「魔獣好きと、魅了魔法の使い手……私達もあなた達みたいにずっと仲良くいられたらいいわね」


ローラ「うん!」


リーケ「仲良し……。結婚、するの……?」


ヒカリ「えへへ、まあ、その……」モジモジ


アイリス「いいねいいね! 仲良しが一番だよ! で、一番仲良しな人同士は結婚するべき!」


クロエ「昔と今の魔獣って違ったりするのかしら?」


リーケ「ううん、魔獣はみんないい子だから、今も昔も変わらない……。でも、神樹の気配が感じられないくらい物が増えてて大変……。今は地図で探してた」ガサッ


ローラ「え、神樹は昔焼け落ちたって……」


ゼーレ「!」


リーケ「え……?」
749 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:10:34.58 ID:ZK5feIHUo
ゼーレ「……リーケが魔王からの攻撃を食らって、私が防御用の陣でリーケを眠らせた後……」


アイリス「魔王の攻撃が飛び火して、一気に燃えたんだ。魔力に反応して燃える魔法だったから、とんでもない速さだった」


リーケ「……!」ガタッ


だっ!


クロエ「あ、ちょっと! どこに……!」


ヒカリ「玄関の方に走ってったよ!」


外ーー


リーケ「すう……ピュイイイイッ!」


「ご主人!」ズドンッ!


リーケ「神樹のあった場所に……飛んで……!」


「ああ!」ビュンッ!


図書室ーー


ゼーレ「……多分神樹のところに行ったんだと思う。私達も魔法陣で飛ぼう」キンッ

ゼーレ「私がリーケに初めて会ったのも、神樹の近くだった。魔獣に囲まれて、幸せそうだった。多分、あそこがリーケにとっての故郷だから……」


キンッ


ーーーーー

ーーー

750 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:11:11.61 ID:ZK5feIHUo
神樹の跡地ーー


リーケ「あ、あ……」ヘタッ


すとっ すとっ


クロエ「……」


リーケ「ああああああ……っ。うわあああああああんっ!」


ゼーレ「……」ギュッ


クロエ「……ここに種は植えたけど……さすがにまだまだ成長してないわよね」


ゼーレ「植え……えっ!?」


リーケ「ひぐっ、ひぐっ……」


アイリス「これ……芽じゃない?」


リーケ「うう……っ?」ゴシゴシ


ヒカリ「あ、ちっちゃいけどこれ……」


ローラ「芽だよ、多分!」


リーケ「あ、あ……」ポタポタ

リーケ「うわああああ……っ」ボロボロ


ゼーレ「うんうん、神樹の子供だけど、あってよかったね」ポンポン


クロエ(あ、嬉し泣きなのね……。悲しくて泣いてるのかと……)


ゼーレ「神樹……もしかしたら、神聖魔法の魔力を注げば早く成長するかもしれないわ。やってみる価値はあるかも」


リーケ「うん……!」


アイリス「よーし、神聖魔法の使い手を呼ぼー!」


ーーーーー

ーーー

751 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:11:38.97 ID:ZK5feIHUo
その頃、中庭ーー


カーム「試合を受けてくれてありがとね、やよい」


やよい「私は二人に話しただけだよ。シエラちゃんが乗り気だったんだ」


シエラ「試合は何回やっても損はないもの。私が成長する糧にするだけよ」


ロロナ「こ、今度は足引っ張らないようにするね……!」


レティス(……頑張ろう)フンス


ポメ「マホリオだー!」


カーム「審判はセルフジャッジで。こっちの大将は私」


シエラ「こっちはやよいが大将。じゃあ試合開始よ!」


ポメ「獣化魔法【ビースト】!」モフンッ!


シエラ「魔弾【シュート】!」ドウッ!


ロロナ「揺らいで! 揺動魔法【シェイク】!」ズオッ


カーム「福音魔法【ゴスペル】!」ラー♪

カーム(揺らぎは……ネオ!?)


ゴオッ!!


レティス「……『私が』『頑丈な盾を出す』……防御魔法【シールド】!」


ガキィッ!!


シエラ「!!」


レティス(ネオを防ぐレベルの魔法だと一気に魔力を消費する……)フラ…


ポメ「おりゃあああああ! 魔弾【シュート】!」


シエラ「光爆弾【ライトニングボム】!」カッ!


ボウンッ!


ポメ「キャウン! ば、爆発したー!」
752 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:12:05.49 ID:ZK5feIHUo
モクモク……


カーム「ポメ、煙の動きに集中!」ラー♪


ポメ「おおっ!」ギュンッ!

ポメ「しゅーちゅーりょくアップ!」


ボフンッ!


ポメ「そこ!」ギュアッ!


ロロナ「ひいっ!」


ポメ「あれ、シエラじゃない?」


シエラ「私はここです」


カーム(いつの間に背後に……!)


シエラ「魔弾【シュート】」ペチッ


カーム「あうっ。……し、試合終了です……」


ポメ「あれー? シエラが相殺したから、煙の中にいるのシエラだと思ったんだけど……」


やよい「私の魔法で意識を「煙の動きだけ」に集中させたの。だから煙の後ろからロロナちゃんが入り込んでテキトーなところから抜け出して、その隙にシエラちゃんが大将の後ろをとったってわけ」


カーム「やられた……」


シエラ「前回はポメの強化を意識しすぎてたのが、今回は防御もできて指示も出せてた。だいぶ進歩したわね」


カーム「ポメ、レティス、反省会を……」


クロエ「カーム! 今いいかしら?」


カーム「く、クロエ先輩? それにゼレス先輩も!」


ゼレス「とにかく集まれって……まったく、ステラさんと一緒におやつを食べてたのに……」


カーム「ちょうどマホリオが終わったところなので大丈夫ですが……。みんなごめんね、呼ばれたから行ってくる!」


ポメ「行ってらっしゃーい!」


ーーーーー

ーーー

753 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:12:35.35 ID:ZK5feIHUo
神樹の跡地ーー


カーム「神樹の芽に魔力を……」


ゼレス「確かに神聖魔法は効くかもしれせんが……自然に任せた方がいいのでは?」


ゼーレ「いえ、神樹は他の草木とは違い魔力を内部で自分の栄養に変え、それを綺麗にして外部に放出するんです。だから自然に任せても、人が魔力を注いでも、成長速度が変わるだけで結果は変わらないはずです」


ゼレス「アートルムさんがそう言うなら……」


アイリスヒカリ「聖送【ホーリーライン】!」


クロエ「純粋な神聖魔法には及ばないけど、二人分ラインで送ってもらうわ。これも足しにして、やれるだけやってみましょう」


カーム「はい!」


クロエ「じゃあ、せーので!」


カーム「ふぬぬ……!」


ゼレス「はっ!」


ゼーレ「フッ!」


ぐぐぐ……!


ローラ「大きくなれー!」


リーケ「が、頑張れ……!」


ーーーーー

ーーー

754 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:13:09.96 ID:ZK5feIHUo
ゼーレ「ちょっと大きくなりましたね……」


リーケ「神樹……」ナデナデ


クロエ「多少は神樹に近づいたのかしら……」


ゼレス「といっても膝くらいの高さしかありませんよ。木と言うには小さすぎます」


ゼーレ「これからも時々成長を見に来ましょう。神樹が大きくなって魔力を取り込む面積が増えればそれだけ成長も早くなるはずですから、きっとすぐに大きくなります」


リーケ「ほんと?」


ゼーレ「ええ、きっと」ナデナデ


ガサガサ……っ


「ピュルル……?」


ローラ「あ、魔獣の子だ……。神樹の空気を感じて来たのかな」


「ピュルル……」


ローラ「魔獣の邪魔になっちゃうし、今日は帰ろうか」


リーケ「うん……。ばいばい、魔獣の子……」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・スキア救出の用意をする
・1学期を過ごす
・期末テストを受ける
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

7月1週
13/16回目の行動です
15回目の行動終了後、期末テストになります
16回目の行動終了後、学内マホリオトーナメントになります
755 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/07(月) 00:14:36.16 ID:ZK5feIHUo
同時にリーケの星獣の名前も募集します
↓〜↓5の中で、最高コンマのものを採用
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 00:22:01.03 ID:x0JuT8qK0
上手い人に手取り足取り教えてもらいながら演劇の練習にも精を出すカーム。日が暮れるまでクロエも付き合う

名前はギャラクシー
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 01:16:54.92 ID:C/EFuZXMO
ラクリマとノルンの初デート中にティアルシェカップルと遭遇し、そのままダブルデート。魔獣名の安価は「トワ」で
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 06:50:37.24 ID:fPdkX6KWO
みんなで期末テストに向けた勉強会
『きまつてすと、って何ですか?』状態のゼーレも一緒に

星獣の名前は『ギンガ』で
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 10:08:43.26 ID:ELuaQXoAO
凜華が舞への返事をするために小部屋に呼び出す
が、呼んだ部屋が偶然例の『キスしないと出られない部屋』だった

名前はソルナでお願いします
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 12:24:56.05 ID:Mjk8JSQJO
シエラとロロナ、一年生大会優勝チームのリーダーがシエラと組みたいから代わりに抜けて欲しいとメンバーを説得している現場に遭遇。スルーするつもりだったがロロナの事を悪く言われていたのを聞いてブチギレ

名前は『パーリア・ロプ・ポローニ・デ・ルーベ・コロコローナ』
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 16:11:35.36 ID:x0JuT8qK0
他四つのコンマ全部足しても>>757に届かないのか……
762 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:17:01.70 ID:US/yTNLwo
寝落ちしていました…
二度寝する前に投下しておきます
763 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:18:50.96 ID:US/yTNLwo
リーケの星獣の名前はトワに決定しました
皆さん名前の案をありがとうございます
764 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:19:18.37 ID:US/yTNLwo
演劇部ーー


カーム「先輩達、今日もよろしくお願いします!」


クロエ「カームはほんと熱心ねえ。中学で演劇部に入ってた訳でもないし……」


カーム「去年の文化祭で舞先輩やラクリマ先輩の演技を見て、びっくりしたんです。まるで本当にそういう人がいるように見えて、舞台に引き込まれて……」


舞「面と向かって言われると照れますね……。では今日は腹式呼吸の練習からしましょうか」


カーム「はい!」


凜華「お腹に手を当てるね。こっちの方が分かりやすいから」スッ


舞「では腹式呼吸を意識して、息を吐いてください」


カーム「ふー……」


凜華「そして吸ってみて」


カーム「すー……」


凜華「うんうん、最初に比べたらぐんと腹式呼吸見についてるよ」


舞「私も確認しますね」スッ


ぴとっ


凜華舞「!」ササッ


カーム「? どうかしましたか?」


舞「あ、す、すみません」スッ

舞「では、吐いて吸ってください」


カーム「はい。ふーー…………すーー…………」


舞「いい感じですね」


クロエ「それじゃあ私が部室の端に行くから、逆の端から声を届かせるよう練習しましょう」


カーム「はい!」


ーーーーー

ーーー

765 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:19:55.47 ID:US/yTNLwo
クロエ「お疲れさま。いい感じだったわよ」


カーム「はい、ありがとうございました!」


クロエ「というか、こんな時間になっちゃってごめんなさいね。そろそろテスト期間だから、部活がやれなくなる前にちょっとでもコツを掴んでもらいたくて」


カーム「いえ、私が頼んだことですから。では失礼します!」ガチャッ


バタン


クロエ「二人もありがとね。付き合ってもらっちゃって」


凜華「ううん、教えるのもためになるよ」


クロエ「それじゃあ私鍵掛けちゃうから、二人ももう寮に戻っていいわよ。お疲れさま」


舞「はい、お疲れさまです」


凜華「……あのさ、舞さん。ちょっと時間いいかな?」


舞「?」


ーーーーー

ーーー

766 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:20:23.93 ID:US/yTNLwo
図書室ーー


凜華(人がいないところ、人がいないところ……)


舞「あの、凜華さん……?」


凜華「ご、ごめん。もうちょっと付いてきて」ペタッ


ガコンッ!


凜華「ーー!?」ガクンッ


舞「凜華さんっ!」ガシッ


凜華「あ、ありがとう……。ここは……?」


舞「あ、入ってきたところに文字が……」


「キスをしないと出られない部屋」


凜華「あ……!」


舞「ここが噂の部屋でしたか……。実在していたとは……」


凜華「ど、どうしよう、入っちゃった……」

凜華(いや、ここなら人は来ないし……)ゴクリ

凜華「ま、舞さんっ」ガシッ


舞「は、はいっ!?」ドキッ


凜華「その……告白の演技の時、本気で告白した……よね?」


舞「は、はい。やっぱりバレてましたか……」


凜華「その……色々考えた。もちろん人から好かれるのは嬉しいし、そう振る舞ってきたつもりもある。でも、舞さんにそう想ってもらえたのがすごく嬉しい」


舞「!」


凜華「正直、恋愛っていうのはよく分からない。演じることはできるけど、それは他の人を観察した結果であって、私自身が感じたことじゃない」

凜華「だから……舞さんと正解を探していきたい」


舞「私……重たい女ですよ。暴走したら皆の前であんなことを言っちゃうような女ですよ」
767 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:21:03.32 ID:US/yTNLwo
凜華「構わないよ。舞さんが言いたいなら言って。それもきっと恋愛の一つの正解だと思うからさ」


舞「……っ」

舞(ほんと、王子様が染み付いてるんですね……)キュン


凜華「どうかな、舞さん」


舞「そんなの、当然お願いしますって言うに決まってるじゃないですか……!」


凜華「よかった」ニコッ

凜華「さて……ここを出るにはキスしないといけないんだよね」クイッ

凜華「演技でも唇は外してきたから、正真正銘のファーストキス。……下手くそだったらごめんね」


ちゅっ……


舞「んっ……!」


キ マ シ タ ワ ー


ガコンッ!


凜華「開いた……」

凜華「出ようか、舞」


舞「は、はいっ……!」


ーーーーー

ーーー

768 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:21:41.35 ID:US/yTNLwo
別の日、空き教室ーー


クロエ「いやー……」


がやがや がやがや


クロエ「勉強会の人数も増えたわねえ……」


ナミネ「分からないところは教えあってくださいねー!」


はーい!


クロエ(ナミネ、だいぶ先生役が板についてきたわね……)


ゼーレ「あの、付いてきたのですが……きまつてすと、ってなんですか……?」


クロエ「ゼーレはそこからね。期末テストっていうのは学期の最後にやるもので、数カ月の間に勉強した成果を確認するためのものよ」


ゼーレ「なるほど……ということは、今まで勉強してきたことを学び直しているのですね」


クロエ「そういうこと。さ、私達も勉強するわよ」


ゼーレ「はい!」


ーーーーー

ーーー

769 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:22:20.56 ID:US/yTNLwo
休日ーー


ラクリマ「……」ソワソワ


ノルン「お、お待たせ〜……」ドキドキ


ラクリマ「! 私服かわいい!」


ノルン「えへへ……」テレテレ


ティア「あ、ラクリマ。ラクリマ達もお出かけですか?」


ラクリマ「お姉ちゃん! も、ってことはお姉ちゃん達も?」


アルシェ「ん、デート」


ラクリマ「私達もデートなの!」


ノルン「ら、ラクリマさんっ!」


ティア「デート……もしかしてお付き合いを?」


ノルン「は、はいっ、お付き合いさせてもらってますっ!」


ティア「そう固くならなくていいですよ。ラクリマのこと、よろしくお願いします」


アルシェ「先輩カップルとして、いろいろ教えてあげる」


ラクリマ「ほんと!? ダブルデートだー!」


ノルン「い、いいんですか〜? お邪魔じゃないでしようか〜……」


ティア「二人なら気心も知れてますし、大丈夫です。では行きましょうか?」


ノルン「は、はい、お願いします〜」


ーーーーー
770 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:23:01.50 ID:US/yTNLwo
街中ーー


アルシェ「最近は新しいお店の開拓をしてる」


ラクリマ「お姉ちゃんは食べるのあまり好きじゃないよね?」


ティア「アルシェが食べてるのを見るのは大好きですから」


ラクリマ「うー、ほんとお似合いだなー」


ティア「ラクリマも、ノルンさんが気持ち良さそうにお昼寝してると幸せな気持ちになりませんか?」


ラクリマ「なる! 寝てるだけなのに胸がじわーって暖かくなるよ!」


ティア「そういうことです。好きな人が幸せなら、見てるだけでこっちまで幸せになるんです」


ノルン「……///」カアア


アルシェ「今日はここ。生茹でスパゲッティのお店」


カランカラン……


「いらっしゃいませ。奥の席へどうぞ!」


アルシェ「……」グウウ…


ティア「大盛り無料みたいですし、アルシェも満足できそうですね」


アルシェ「ん、たくさん食べる。種類がたくさんあるから、ティアも好きなのがあるかも」


ラクリマ(そっか、こうやってお互いのことを考えてるんだ……。素敵なカップルだなあ……)


ノルン(ノルンたちもいつかあんな風に……)


ーーーーー

ーーー

771 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:23:39.51 ID:US/yTNLwo
廊下ーー


ロロナ「うう、魔法が安定できなくてごめんね……」


シエラ「問題ないわ。あれは繊細な魔法だし、プロでも試合中に狙ったランクにするのは難しいもの。ロロナの場合はひとまず、威力が弱まらないようにするのが目標よ」


ロロナ「う、うん。自信ないけど頑張るよ」


優勝リーダー「そういうわけで、あなたには抜けてもらっていいかしら」


優勝アタッカー「な……! そんな勝手な!」


シエラ「おっと」コソッ

シエラ「空き教室の中でマホリオのチームが喧嘩してるわね。あれは……」


ロロナ「わ、私達が決勝で負けた相手……」


優勝リーダー「あなたじゃなくて、シエラさんをチームに引き抜くわ。そしてカーラさんも引き抜く。私とその二人がいれば、学内大会で三年生にだって勝てるわ!」


シエラ「ずいぶん勝手なことを……」スタスタ


ロロナ「い、いいの? 勝手に話進めちゃってるけど……」


シエラ「無視よ無視。あんな風に決めつけて話すような奴、こっちから願い下げ」


優勝リーダー「だいたいシエラさんもカームさんもチームメイトに恵まれてないのよ」


シエラ「……」ピタッ
772 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:24:06.72 ID:US/yTNLwo
優勝リーダー「私と組めばいいのに、試合に慣れてないような人と組んじゃって可哀想に。特にあのロロナって子! あんな臆病者じゃ試合じゃ足手まとい……」


シエラ「!」ブチッ!


ロロナ「あっ……!」


ガラッ!


優勝リーダー「あ、シエラさん! 今ちょうどこの人にチームを抜けてもらったから……」


パンッ!


優勝リーダー「いっ……!」ヒリヒリ


シエラ「ふざけんな!! ロロナはお前なんかより何倍も凄いやつだ!! 毎日一生懸命努力して、練習して、頑張ってるんだ!! それを何も知らないお前みたいなやつが臆病者だとか言うな!!!」ブンッ!


ロロナ「だ、だめ! シエラさん!」ガシッ!

ロロナ「それ以上やったらだめだよ……!」


シエラ「はぁ……はぁ……!」

シエラ「……もういい、ロロナ。離して」


ロロナ「……」スッ


シエラ「……あんたとは組まないから」


ロロナ「ご、ごめんね、後で保健室行ってね……! ま、待って、シエラさん……!」タタタッ


優勝リーダー「……っ」


ーーーーー

ーーー

773 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 02:24:34.15 ID:US/yTNLwo
ロロナ「あ、あの……」


シエラ「……ごめん、怖かったわよね」


ロロナ「ううん、私のことで怒ってくれたんだもん。手を上げたのは良くなかったかもだけど、嬉しかったよ」


シエラ「……ありがと。そう言ってくれて」


ロロナ「あ、あのね、私もっと頑張るからね。私、シエラさんと一緒のチームでいたいから……だから、もっと練習頑張るよ……!」


シエラ「……ん、明日からも練習するから、そのつもりでね」


ロロナ「うんっ!」


現在の目標
・スキア救出の用意をする
・1学期を過ごす
・期末テストを受ける
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

7月2週
14/16回目の行動です
15回目の行動終了後、期末テストになります
16回目の行動終了後、学内マホリオトーナメントになります
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 09:29:00.78 ID:FTEW8bfrO
やよいチームのマホリオ稽古
>>771-772の一件から以前よりシエラとロロナの距離が縮まっており、それを見たやよいの妄想が爆発する
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 10:06:27.50 ID:2Wz8C1vLO
エミールが橘花とデート
ファッションに無頓着な橘花のために夏物含め様々な服を買い込み着せ替えを堪能する
後日その件で橘花をからかう樹だったが、ラミーもそれを狙っていることには気付いていないようだ
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 10:40:33.55 ID:HPv8cJz10
シエラがダメならとカームを引き入れようとする優勝チームのリーダーだがポメの無邪気さとレティスの不思議オーラに飲まれて目論みは失敗。
それどころかすっかり打ち解けて仲良くなってしまい、チームを抜けさせようとして喧嘩してしまったメンバーの所に全員で謝りに行くことに
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 11:03:03.70 ID:pEZLfzh9O
四人でテスト勉強をするイリノワとイオモミ
途中、マホリオの話になりモミジの何気ない一言で実はイリスの魔法がマホリオと相性がいいかもと気付く
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 14:42:50.13 ID:bpwFi0nqO
次の部長を誰にするべきか考え始める
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 15:26:35.26 ID:ZDw/++SwO
安価としては今回が初めてだけど、こういういざこざは起きてそうだよね
780 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/08(火) 23:20:32.64 ID:US/yTNLwo
今日の更新はなしです、すみません!
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 23:23:29.27 ID:HPv8cJz10
了解です
782 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:37:05.72 ID:kRCmOSKxo
優勝リーダー「……」ツカツカツカ


カーム「よーし、今日も勉強を……」


優勝リーダー「カームさん」


カーム「はい?」


ポメ「あ、強い人だー!」


優勝リーダー「あなたを引き抜きにきたわ。どう、私とチームを組まない?」


カーム「え……」


ポメ「うおー! すごいよ! 「へっどはんてんぐ」だよ!」


レティス「……ヘッドハンティング……」


ポメ「あれ、間違ってたかー。横文字は難しいなあ」


カーム「えっと、私はこの二人とチームだから……」


優勝リーダー「この二人じゃあなたの実力を引き出すことなんてできない。何も考えてない人と何も喋らない人よ?」


ポメ「何も考えてなくないよー! 今もどうやって勉強するか考えてたもん!」エッヘン


優勝リーダー「……宿題の写しあるけど、使う? 復習になるかも」


ポメ「おー! 使う使うー! ありがとー!」

ポメ「獣化魔法【ビースト】!」モフンッ

ポメ「お礼にもふもふしていいよー!」モフモフ


優勝リーダー「え、ええ……」モフモフ


レティス「……」ジー…
783 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:37:39.39 ID:kRCmOSKxo
優勝リーダー「……撫でる?」


レティス「……」フルフル


優勝リーダー「……あなたも宿題の写しいる?」


レティス「……」コクコク


優勝リーダー「えーっと、じゃあ取ってくるね。ちょっと待ってて」


カーム「ふふっ、二人とも不思議でしょ? いつの間にかペースに巻き込まれちゃう」


優勝リーダー「……ええ、変な感じ」

優勝リーダー「あなたの引き抜きはやめるわ。この二人に迫られたらすごく落ち込みそう」


カーム「ありがとう、そうしてくれると嬉しいな」


優勝リーダー「あーあ、これで学内大会の参加は無理かー……」


ポメ「えー、なんで? あんなに強いのにー」


優勝リーダー「引き抜きしようとして、チームを解散したの。そのまま喧嘩分かれして、仲直りもできないまま」


ポメ「だめだよー!」


カーム「仲直りしないと!」


レティス「……」コクコク!


優勝リーダー「う……! 分かったよ……仲直りする」


ポメ「うんうん! 一緒に謝ってあげるよ!」


優勝リーダー「……ありがとう」


ーーーーー

ーーー

784 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:38:12.07 ID:kRCmOSKxo
空き教室ーー


優勝アタッカー「……」ツーン


優勝リーダー「あ、あの……」


ポメ「がんばれ……!」


優勝リーダー「ごめん! 私、またこのチームで組んで学内大会に参加したい……!」


優勝アタッカー「……今度解散とか言ったら絶対に許さないから」


優勝リーダー「! うん! もう言わないよ!」


カーム「解決、かな? よかったよかった」ホッ


レティス「……仲良しが、一番」


ーーーーー

ーーー

785 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:38:44.65 ID:kRCmOSKxo
中庭ーー


優勝リーダー「よ、よし、この勢いでシエラさんにも謝ろう」


ロロナ「し、シエラさーん」トテトテ


シエラ「今のはいい感じだったわ。……でもいちいち反応聞きに来なくてもいいのよ?」


ロロナ「ご、ごめんなさい」


やよい(シエラさんとロロナさん仲良しだなあ……。はっ!)


〜〜〜〜〜


ロロナ「ああ、そんな……こんなところで生き別れの姉に会えるなんて!」


シエラ「妹よ! なぜ会ったときに気づかなかったのか……!」


〜〜〜〜〜


やよい(なんてことがあったりして!?)ドキドキ


シエラ「やよい、次はやよいの練習よ。私とロロナ、それぞれの注意を別の物に引きつけられる練習をするわ」


やよい「はっ! 分かったよお姉ちゃん!」


シエラ「お姉ちゃん……?」


やよい「あわわ違う! シエラちゃんごめんね!」


優勝リーダー「あ、あの……」


ロロナ「!」ビクッ


優勝リーダー「ご、ごめんなさい。引き抜きなんて無粋なことしようとして……。チームメイトとは仲直りしたし、もう引き抜きに来たりしないわ」


シエラ「……そう。何があったか知らないけど、良かったわ。いい顔になったじゃない」


優勝リーダー「……シエラさんって、キツく見えて優しいよね」


ロロナ「う、うん。すごく優しいよ……!」


シエラ「ちょ、やめてよ。話は聞いたしもういいでしょ、練習するわよ」


やよい「はーい!」


ーーーーー

ーーー

786 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:39:26.67 ID:kRCmOSKxo
イリスとノワールの部屋ーー


カリカリカリ……


モミジ「イリスさん、ここって……」


イリス「魔法薬学ですか。これは複数の薬草をかけ合わせたときの知識がいりますから……このページですね。ざっと傾向を掴むだけでもいいと思います」


ノワール「……なんだかんだこの四人でいること多くなったよね。落ち着くというか、馴染んだというか」


イオ「確かにそうですね……。こうして試験勉強も一緒にしてますし」


モミジ「ありがと、イリスさん」

モミジ「……そういえばイリスさん、新しい魔法になってから初めての大会だね。今回はもっと戦えるかも」


イリス「……確かに!」


モミジ「!」ビクッ


イリス「今までは試合中に読心するのは反則すぎるかと思ってしていませんでしたが、時空間魔法ならルールに則って戦えます!」


ノワール「おおー」


イリス「そうと決まれば、テストが終わったらたくさん魔法の練習をしないと……!」メラメラ


ーーーーー

ーーー

787 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:39:59.79 ID:kRCmOSKxo
服屋ーー


エミール「つ、次はこれ着てみて!」


橘花「なあ、もうよくないか?」


エミール「よくないです! 先生のロリ服は絶対に見ないと!」


橘花「わ、分かったよ。……エミールの夏服を楽しみに着てたのに、なぜ私が着せ替え人形に……」ブツブツ


エミール「ベビードールと、ああ、ゴスロリも着せたい……! これと、これも……」


ーーーーー

ーーー




校長室ーー


橘花「ーーということがあってだな」


樹「あはははは! あはっ、あはははは!」

樹「それでそんなかわいい服着て帰ってきたの!? 元とはいえ教え子に着せ替え人形にされるなんて……ふふっ」プルプル


橘花「笑うな! もう、けっこう気に入ってるんだぞあの服」


樹「エミールさんが選んだ服だから?」


橘花「エミールが選んだ服だから、だ!」


ラミー(ロリ服の着せ替えかあ……私も樹に着せたいなあ……)ニヤリ


樹「……っ」ゾクッ


橘花「どうした?」


樹「いえ、ちょっと寒気が……。暖かくなってきたから油断してたかしら」


橘花「校長が風邪引くわけにはいかないからな。ちゃんと体を労れよ」


樹「ええ」


ーーーーー

ーーー

788 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/09(水) 14:40:27.25 ID:kRCmOSKxo
部室ーー


クロエ「うーん……」


レナ「どうしたの、悩み事?」


クロエ「ああ、レナ。夏休みに入れば演劇部の全国大会があって、それが終われば私達は引退でしょ?」


レナ「ええ、そうね」


クロエ「だからその後の新部長を誰にするか考えてたんだけど……」


レナ「演技力で選ぶならラクリマさんが一番ね」


クロエ「ええ。だけどラクリマはアイドルとしても活動し始めたから、時々休む必要がある。そうなると別の人を部長にするか、副部長を選ぶことになるんだけど……」


レナ「私はあまり下級生と仲良くないし……責任感とか、統率力とか、そういうのはやっぱりクロエが詳しいんじゃない?」


クロエ「ううーん……誰がいいのかしら」


現在の目標
・スキア救出の用意をする
・1学期を過ごす
・期末テストを受ける
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

7月3週
15/16回目の行動です
15回目の行動終了後、期末テストになります
16回目の行動終了後、学内マホリオトーナメントになります
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 16:51:18.15 ID:X/s9erpRO
そろそろ夏旅行の計画しよう
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 17:01:55.62 ID:JlEqP82NO
樹がラミーを連れて「キスしないと出られなくなる部屋」の調査に乗り出す
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 17:25:19.35 ID:/yjcsM2vO
各カップルがそれぞれ『◯◯点以上取れたら××してあげる』的な条件を設定した結果、恋人からのご褒美を勝ち取るためにやる気に大幅ブースト
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 19:28:23.68 ID:1X+QspB40
実技の授業中に2人組になって演習を行うが、ロロナの魔法が頂魔法になってしまい、相手の子に怪我をさせてしまう
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 20:45:55.62 ID:bl3xAjRR0
勉強中、疲れ果てたローラがクロエ成分を補充するため引っ付く
それを見たヒカリもくっ付く
794 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:38:34.64 ID:2FrG5RlTo
図書室ーー


ラミー「ここに噂の部屋があるんだよね……?」


樹「ええ。建設する時に頼んだ覚えはないから、建築家が作ったか、誰かが後から作ったか……。どちらにせよ、一度調査をしようと思ってね」

樹「で、中に入るには両思いの結界を抜けないといけないから……。それでラミーも連れてきたの。ごめんね、こんなことで連れ回して」ペタペタ


ラミー「ううん、樹の助けになれるなら嬉しいよ」


ガコンッ


樹「開いたわ。入りましょう」


ラミー「うん!」


樹「……中はただの寝室ね。ベッドと、ベッドボードと、水の入った水差し……」


「キスをしないと出られない部屋」


樹「えーと……模倣・解析魔法【アナライズ】」キイイ…

樹「おお、すごい仕掛けね。結界が複雑に組まれてる……。並の魔法使いの仕業ではないわ」


「この部屋を調べに来たのか?」


ラミー「あ、壁の文字が……」


樹「そうよ。私はこの建物の所有者。作った覚えのない部屋があるって聞いて調べに来たの」


「所有者か。ならばこの部屋のことを話さなければならないな」


樹「お願いするわ」


「この部屋、つまり私を作ったのは異世界の者だ」


樹ラミー「い、異世界!?」
795 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:39:09.68 ID:2FrG5RlTo
「もっとも、私も詳しくは知らない。ただ、塔の守護者をしていると言っていた」


樹「名前とか容姿とか、分からない?」


「不明だ。必要な知識だけをこの部屋に与え、彼女はどこかへ消えた」


樹「彼女……女性ってことね」


「それも不明だ。あくまで女性だと感じたから彼女と言ったが、姿を明確に認識した訳ではない」


ラミー「ど、どうするの? 知らない人が作ったみたいだけど……封印しちゃうの?」


「それは困る」


樹「……いえ、噂は広まってしまったし、わざわざここに来る生徒もいるわ。それを無くしたら生徒もつまらないでしょうし、こういう不思議が一つくらいあってもいいわ」


ラミー「そっか」


樹「ま、この部屋で嫌な思いをする生徒が出るようならすぐに封印するけどね」


「この部屋で危害は加えないと約束しよう」


樹「ならよし。ラミー、調査は終わりよ。戻りましょう」


「キスをしないと出られない部屋」


ラミー「……だって」


樹「もう……」


ちゅっ


ーーーーー

ーーー

796 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:40:16.88 ID:2FrG5RlTo
中庭ーー


先生「今日は固有魔法の練習をするからなー。固有魔法が分かってない奴とかは普通のシュートで代用するぞー」


ロロナ「よ、よろしくね」


ポメ「よろしくー!」


先生「まず相手との魔力の差を把握しろよ。魔法当たると痛いからなー」

先生「じゃ、片方が攻撃、もう片方はシールドだ。はじめ!」ピッ!


ポメ「そっちからでいーよー! 防御魔法【シールド】!」


ロロナ「う、うん。揺らぎの魔法だから、気をつけてね……!」


ポメ「はーい!」


ロロナ「魔弾【シュート】! 揺動魔法【シェイク】!」


グワッ!


ロロナ(あ……! 頂魔法!?)


ポメ「へ……っ!?」


ドゴオオオオオオオオッ!!!


ポメ「が……っ!!」ミシ…ッ


先生「お、おい! 中止だ! おいポメ! 意識はあるか!?」


ロロナ「あ……あ……!」ガタガタ


ポメ「う……」


先生「気絶してる……。あたしはポメを保健室に連れて行く! ロロナ、付いてきてくれ!」


ロロナ「は、は、はい……!」


ーーーーー

ーーー

797 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:40:49.01 ID:2FrG5RlTo
保健室ーー


保険医「はい、これで大丈夫。あとはこの塗り薬をこれからしばらく塗るから、時間が空いたら保健室に来てね」


ポメ「いやー、びっくりしたよー」アハハ


先生「相手がポメで助かった……。魔獣に近い反射神経で、なんとか急所は外して避けたらしい」


ロロナ「ご、ごめん……ごめんなさい……!」


先生「いや、あたしの監督不行き届きだ。確率は低いとはいえ、神クラスや頂クラスの魔法になる可能性はあった。ロロナの相手はあたしがするべきだったんだ」


ポメ「でも誰も死んだりしてないし、生きてればオッケーですよ! うち元気!」ムフン


先生「まあ確かに、怪我で済んだのは不幸中の幸いだ」


ロロナ「でも、でも……! 怪我、させちゃった……!」


ポメ「生きてれば怪我くらいするよ! ほら見て!」マクリマクリ

ポメ「この間廊下走ってたら転んで、ヒザすりむいちゃったんだ! 他にも、このほっぺたのは魔獣化してるの忘れて、自分の爪で引っ掻いたキズ! だから怪我が一つ増えるくらい平気なのだ!」


ロロナ「う、うん……っ」


ポメ「気にしちゃダメだよー。すごい魔法なんだから、これからどんどん使いこなす気でいこー!」


ロロナ「う、うんっ!」


先生(ポメ……ただの能天気かと思っていたが、中々励ますのがうまいじゃないか)フフッ


ーーーーー

ーーー

798 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:41:19.80 ID:2FrG5RlTo
空き教室ーー


クロエ「そうそう、そろそろ夏休みだし、また旅行に行くのもいいわね」


ローラ「そうだねえ。また行く場所用意しようか?」


ヒカリ「今年は何人で行くことになるんだろう……」


クロエ「ま、今年は演劇部の大会が終わった後かしらね。それまでは部活に集中したいし」


楓「あーん、頭痛いよー、勉強嫌だよー」


嵐「頑張れって楓。もうちょっとだからさ」


クロエ「皆も予定が合えば一緒に旅行行かない? そういうご褒美があればテスト勉強も頑張れるかも」


楓「旅行! やる気復活! うおおおおお」ガリガリ


晶「現金な奴だな……」


イリス(ご褒美……)

イリス「ノワールさん」コショコショ


ノワール「ん?」


イリス「て、テストでいい点だったらいっぱい甘やかしてあげますね?」コショコショ


ノワール「!!」


凜華「テスト終わったら一緒に観劇に行こうか?」


舞「はい!」


ティア【テスト終わったらたくさんご飯食べましょう】


アルシェ「ん!」


ステラ「テスト終わったら、我慢した分たくさんいちゃいちゃしましょうね……♡」ボソッ


ゼレス「……///」コクリ


クロエ「やっぱり彼女のご褒美の方が効くのね……」


ーーーーー

ーーー

799 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:42:03.40 ID:2FrG5RlTo
夜、寮の自室ーー


クロエ「んーー……っ」ノビーッ

クロエ「明日テストだし、そろそろ寝ましょうか。たくさん勉強したしいい点が取れそうね」


ローラ「……クロエちゃんっ」ガバッ


クロエ「ろ、ローラ!?」


ローラ「うう……勉強してたからクロエちゃんにくっつく時間もなくて……。だからクロエちゃん成分を補給するの」


ヒカリ「あ、じゃあボクも。ぎゅーっ」ギュー

ヒカリ「あー、久しぶりのクロエの体温だ……」


クロエ「もう、しょうがない彼女達ねえ」ナデナデ

クロエ「よし、今日はこのまま三人で寝ましょうか。テスト勉強頑張ったご褒美よ」


ローラ「やったー!」


ヒカリ「添い寝も久しぶりだ! よし、お布団敷こう!」


ーーーーー

ーーー

800 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 20:42:58.10 ID:2FrG5RlTo
テスト当日ーー


先生「皆さんテストは受け取りましたね?」


クロエ(あれだけ勉強したんだから大丈夫……!)


先生「では、テスト開始です!」


クロエの座学平均点↓コンマ
クロエの実技平均点↓↓コンマ
>>768>>798>>799により合計コンマ+30のボーナス(それぞれにプラスされます)
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 20:47:01.87 ID:/5aob/GD0
はい
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 20:47:28.34 ID:R2jC5BQjO
803 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/10(木) 21:45:05.41 ID:2FrG5RlTo
先生「テストを返却しますね。クロエ・アートルムさん」


クロエ「はい」

クロエ(! 100点!)グッ!

クロエ(あ、でも実技の方はおろそかにしてたから赤点回避ギリギリってところかしら……)


先生「夏休みまであと少しですが、その前にマホリオの学内大会がありますからね。最後の学内大会ですから皆さん頑張ってください」


現在の目標
・スキア救出の用意をする
・1学期を過ごす
・7月末のマホリオ学内トーナメントまで訓練する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

7月4週
16/16回目の行動です
16回目の行動終了後、学内マホリオトーナメントになります
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:09:19.02 ID:79ikTW9GO
動き方の参考にしようとヴィーネチームの試合を観戦しに行くステラチーム3人組。実はヴィーネの通算1000勝目が賭かった試合らしい

このレスのコンマがゾロ目なら相手チームにウィンがいる
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:10:16.44 ID:xxOQI9jZO
最後の大会、そして来るスキア救出に向けて魔翌力の鍛練
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 23:27:35.34 ID:/5aob/GD0
知らんうちにルクとスフィアが卵産んでた
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 01:20:37.84 ID:LLtS9H8Z0
クロエの近くに自分の知らない闇の魔翌力を薄々感じていたゼーレ。宇宙を起源とするテネリタスの闇はアーカイブにも引っかからないようで興味津々な模様。クロエの記憶が飛んだ事にも関係しているかも?
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 10:10:26.79 ID:IXYSaRRQO
プロ入りして期待の新人として活躍しているウィンと時雨
その様子を見て自分達も負けていられないと大会前に発奮する
(特に二人を下したクロエチーム・二人に師事していた晶&嵐への影響が大きかった模様)
809 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/11(金) 22:49:53.99 ID:47QK/xceo
今日は更新なしです
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 23:16:27.59 ID:LLtS9H8Z0
はいです
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 01:04:59.80 ID:bOFYPCWSO
今日もなしか
812 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 01:49:50.89 ID:0oSPhOU9o
スタジアムーー


わああああああっ!


ステラ「わわ、すごい熱気ですね」


ゼレス「今日はヴィーネさんのプロ通算1000勝が懸かってますからね。応援にも熱が入ります」


ラクリマ「せ、せん……すごいねー」


ゼレス「1000勝なんてそうそうできる芸当ではありませんからね。20年前後ハイパフォーマンスを維持できる実力と、よい仲間に恵まれる運。歴代でも数えるほどしか達成した人がいないのも納得です」


「さあ選手が出揃いました! 注目はもちろんヴィーネ選手! 今日そのキャリアに1000個目の勝ちを刻むことができるのかー!?」

「試合ッ! 開始ですッ!!」


ステラ「今日の相手は……」


ゼレス「今勢いに乗ってるチームです。向こうのチームも連勝していて、ここでも勝って勢いを盤石にするために全力での試合が予想されています」

ゼレス「使用魔法は、惑星、感覚妨害、炎魔法ですね」


ラクリマ「惑星? 感覚妨害?」


ゼレス「見てれば分かりますよ」
813 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 01:50:19.85 ID:0oSPhOU9o
相手大将「惑星魔法【プラネット】」フオン


「出ましたー! プラネットです! 自身の周りに円運動をする魔力の塊を展開! 近づいた魔力に反応する自動防御と、好きなタイミングでの攻撃が可能な攻防一致の強力な魔法です!」


サリア「まずは正面からいこうか。魔弾【シュート】!」ゴウッ!


バシュッ!


「サリア選手のシュートに対して、プラネットからも迎撃のシュート! 恐るべきはこの魔法、魔力への反応を勝手に行うということです!」


サリア「ふむ、やはり魔力への反応は簡単には抜けないか」


茜「腕強化魔法【ザ・フィスト】」ゴウッ!

茜「フッ!!」


「あーっと! 自動防御もなんのその! 茜選手が突っ込むー!」


相手大将「無駄!」


バシュッ!


茜「遅い」ゴッ!


「ぬ……抜けたーーーーッ! 勝負ありかー!?」


相手サポーター「感覚妨害【ジャミング】!」


茜「ーーっ!?」ガクンッ


「で、出ました! ジャミングです! 相手の五感を好きにしてしまう、これもまた強力な魔法だー!」


茜(目が……)


相手アタッカー「敵前で棒立ちか! 炎弾【ファイアボール】!」


茜「くっ!」ヒュッ!


「避けたー! あの動き、恐らく目で見てはいません! だが確かに避けているー!」
814 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 01:57:59.86 ID:0oSPhOU9o
茜(クロエさんの闇の中に顔を突っ込んで避けた経験が活きたな……)


サリア「……よし、視えた。ヴィーネさん、出陣を」


ヴィーネ「はーい!」


わああああああっ!


「満を持してヴィーネ選手が動き出す!」


サリア「まずはサポーターからいこうか」


相手アタッカー「させるか! 炎神魔法【アグニ】!!」


サリア「打ち消して、貫いて」


ヴィーネ「はいよー! 聖神魔法【ルー】!」


「神対神! 実況席まで魔力の圧が届いていますっ!!」


ドッ!!


相手アタッカー「まだまだあ!!」


相手サポーター「感覚妨害【ジャミング】!」


茜(視界が戻った。ジャミングは一人ずつしかかけられないのか)


相手アタッカー「うおおおおおッ!! 炎ノ頂・焔【インフェルノ】!!」


サリア「君がジャミングで魔力のリミッターを外すのも視えていた」


ゴシャアアアッ!!


ヴィーネ「うそ、ルーに勝っちゃうの!?」


サリア「茜さん、頂と言えどルーに当たって魔力は削れています。やれますね?」


茜「当然」ブワッ!


「花びらの量が格段に多い! これは……!」


茜「脚進化魔法【エヴォ・レッグ】、腕深化魔法【ヘビー・フィスト】」ゴオオオッ!

茜「ハアッ!!」ズシャアアッ!!


きゃあああああああっ!


「な、なんと!! 威力が落ちていたとは言え、頂魔法を殴って消し飛ばしましたー!」
815 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 01:58:28.71 ID:0oSPhOU9o
相手アタッカー「く、そ……」


「ガス欠だー! 大ピーンチ!!」


相手大将「照準! 衛星魔法【サテライト】!」ピタッ


サリア「茜さん、上に」


相手大将「発射!」ドキュウ!


茜「ッ!」バッ!


ヴィーネ「はっやー……。すごい魔法ね」


相手大将「照準」ピタッ


ヴィーネ「よしこーい!」

ヴィーネ(速くて貫通力のある魔法……受け止めてみたいわ!)


相手大将「発射!」ドキュウ!


相手サポーター「感覚妨害【ジャミング】!」


ヴィーネ「うっ!?」ガクンッ


サリア「防御魔法【シールド】!」ガキィッ!

サリア「……全く、油断だらけですね」


ヴィーネ「ごめんごめん」

ヴィーネ(これがジャミングかー。目も見えないし、箒に乗ってる感覚もない。やりづらいな……)


サリア「ヴィーネさん、やることは分かりますね」


ヴィーネ「うん。じゃ、防御はよろしくね」


茜(来る……!)ゾクッ
816 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 01:59:14.01 ID:0oSPhOU9o
ヴィーネ「神聖魔法【ホーリー】!」


ギュアアアアアアアアアッ!!


「出ましたー! ヴィーネ選手の全方位攻撃ー!!」


サリア「防御魔法【シールド】」ギャリリリ!


茜「はああああああああ!」ズガガガガガ!


「茜選手、殴って魔法を打ち消している! ヴィーネ選手に劣らない規格外っぷりだー!」


相手サポーター「防御魔法【シールド】!」ギギギ…!


相手アタッカー「火盾魔法【ファイアシールド】……!」グググ…!


バキンッ! ジュオッ!


相手大将「プ、プラネット……! きゃあああああああ!」


審判「勝負あり! 勝者ヴィーネチーム!」


わああああああああ!


「惑星魔法の自動防御もなんのその! 圧倒的魔力で押し潰しましたあああああ! これでプロ通算1000勝となります!!」


ヴィーネ「ぃやったあああああ! ありがとおおおおおお!!」ワーイワーイ


ゼレス「まったく、あの人は子供みたいにはしゃぎますね」クスッ

ゼレス「お母さーん! かっこよかったですよー!」


ヴィーネ「ゼレスちゃんの声!?」バッ

ヴィーネ「えーと、えーっと……どこで見てるか分からないけど、ゼレスちゃんありがとー!」


ステラ「すごい、ですね」


ラクリマ「ほんと、強すぎるよ」


ゼレス「……私の、自慢のお母さんですから」ニコッ


ーーーーー

ーーー

817 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 01:59:55.62 ID:0oSPhOU9o
空き教室ーー


スフィア「…………」


ルク「…………」


リズ「卵だー」コロコロ


クロエ「二人の子?」


ルク「ま、まさか! 違いますよ!」


スフィア「残念だけどね。無精卵よ」


ローラ「無精卵……」


スフィア「一種の生命維持活動よ。つがいができたときに出産できませんじゃ洒落にならないでしょ。だからときどきこうして無精卵を産むのよ」


ルク「ただ、この卵をどうするか……」


クロエ「無精卵なら食べられるのよね?」


ルク「もちろんです。栄養も豊富ですし、不死にはなれませんが多少の健康も手に入ります」


クロエ「なら早速……」


ローラ「待ってクロエちゃん」


クロエ「?」


ローラ「これは私達人間よりも、リズかクリアに食べてもらおう。二人とも成長期だし、食べられるなら食べてほしいな」


ルク「やはりそうなりますか。私達もどのように処理するか悩んでいたので、ローラさんに決めてもらえて助かりました」


スフィア「リズ、今日のご飯はちょっと豪華になるみたいよ」


リズ「そうなの!? わーい!」


ーーーーー

ーーー

818 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 02:00:29.06 ID:0oSPhOU9o
食堂ーー


『ーー以上、新人選手へのインタビューでした!』

『ここからはVTRも交えて紹介していきましょう。まずはこちら、開幕前にやってきてしまったウィン選手と時雨選手の映像です』


クロエ「……」ジー


楓「お、テレビ見てるの?」


クロエ「ええ、ウィンさん達が特集されてるらしくて」


『一種のデモンストレーションだったそうですが、急に出てきた時はびっくりしましたね。ウィン選手は緊張するような人じゃないけど、プロデビューはさすがに緊張して時間を間違えたのか? って思いましたから』


晶「あの悪魔との戦いはデモンストレーションってことになってるんだな」


嵐「ウィンさんと時雨さんのとこに来たのも、口実にちょうど良かったらしい。同じリリウム出身だし、同じデモンストレーションでデビューを飾ったってことにしたみたいだ」


『しかしその後、すぐにレギュラー入りですからね。今年入団の新人の中では、この二人は頭一つ……いえ頭二つ分くらい抜けた実力の持ち主てしょう』

『学生大会三連覇ですからね。これはとんでもない新人が現れましたよ』


凜華「そんな人たちと私達は戦ってたんだもんね……」


モミジ「こ、後輩として恥ずかしくない戦いをしないと……!」


晶「その通りだな。アタシと嵐は直接稽古をつけてもらったし、なおさら負けられないよ」


嵐「……いや、どうやら皆やる気みたいだぞ」チラッ
819 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 02:00:58.69 ID:0oSPhOU9o
アルシェ「ん、あれぐらい強くならないと」


デン「ウィンさん、やっぱりすごいな……」


クロエ「よし、なら早速練習しないとね。凜華、モミジ、行くわよ!」


凜華「ああ!」


モミジ「うん!」


ーーーーー

ーーー

820 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 02:01:26.74 ID:0oSPhOU9o
中庭ーー


凜華「準備オッケーだよ」


モミジ「今日はどんなトレーニング?」


クロエ「今日は魔力を上げるトレーニングを……」


ゼーレ「クロエさん」


クロエ「?」


ゼーレ「少しお時間いいですか? 闇魔法について聞きたいことが……」


クロエ「ええ、いいけど。凜華、モミジ、ちょっと待ってて」


ゼーレ「手短に済ませますね。えーっと……クロエさんから感じる闇の魔力が普通の魔力とは違う気がするので、心当たりがあれば教えてもらえればと」


クロエ「うーん……テネリタスの闇かしら」


ゼーレ「テネリタス?」


クロエ「テネリタス、出てきて」キンッ


テネリタス「んー?」ストッ


ゼーレ「おお……確かに普通の魔力ではありませんね」


クロエ「宇宙から降ってきたのよね。あとは……ティト」キンッ


ティト「ん?」ストッ


クロエ「この子もそう。宇宙から来た魔獣なの」


ゼーレ「この狼の子は見覚えがあります。リーケにとても懐いていた、トワという名の魔獣にそっくりですね」

ゼーレ「その子もそうですが、この星の理(ことわり)とは違う存在のようです。魔力は持っていますが、性質が違うみたいです。だから違う魔力を感じたんですね」
821 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 02:02:55.39 ID:0oSPhOU9o
クロエ「……私、記憶がなくなったことがあるのよ。その前にテネリタスが暴走したんだけど、関係あるのかしら」


ゼーレ「感じる魔力は非常に強いものです。恐らく闇の飲み込む力も、この星に存在する全ての闇魔法より強力でしょう」

ゼーレ「暴走したことによって、最も繋がりの強い者から魔力を超え、生命力さえ奪ってしまったのかもしれません。今のクロエさんからは満ちた生命力を感じますから、問題はなさそうですが……」


クロエ「また暴走しないように付き合えばいいってことね」


ゼーレ「はい。アーカイブにも引っかからない魔法だったので気になって聞きに来てしまいました。練習のお邪魔をしてすみません」


凜華「いえ、大丈夫ですよ」


ゼーレ「失礼します。練習頑張ってくださいね」


クロエ「よし、じゃあスキアさん救出のためにも練習するわよー!」


ーーーーー

ーーー

822 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 02:03:24.72 ID:0oSPhOU9o
学内大会当日ーー


樹「今日は学年の垣根を超えた、全校生徒による学内マホリオトーナメントです。持てる力を出し切り、優勝を目指してください」


クロエ「凜華、モミジ、行くわよ!」


凜華「ああ!」


モミジ「うん!」


クロエ「でも一回戦は一、二年生がメインだったわね。まずは応援しましょうか」


ポメ「いよーし、やるぞー!」


カーラ「頑張ろう!」


レティス「……」コクン


シエラ「さ、行きましょうか」


やよい「緊張する……」


ロロナ「ううう……」ドキドキ


ゼレス「今年は優勝を狙いますよ」


ステラ「はい!」


ラクリマ「頑張ろー!」


ノルン「ノルンはチームの半分が三年生だから、二回戦からか〜」


デン「まずは応援しようか」


ノルン「は〜い」


一回戦
カーラチームの結果↓コンマ ゾロ目で敗退、それ以外で勝利
シエラチームの結果↓↓コンマ ゾロ目で敗退、それ以外で勝利
ステラチームの結果↓3コンマ 00で敗退、それ以外で勝利
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 02:29:28.08 ID:bOFYPCWSO
カームがカーラになってるー
824 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 02:31:54.25 ID:0oSPhOU9o
あああカーラ先生じゃないですカームです!すみません!
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 02:33:14.05 ID:M1gyG7bBO
んにゃ
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/13(日) 05:16:22.92 ID:+QLHJ0Pno
念のため
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:53:29.24 ID:QVBMH/MiO
とりあえず全員勝ち進む
828 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 23:54:52.06 ID:0oSPhOU9o
すみません、各チームのブロック分けを忘れておりました!

各チームのブロックを決めます
ABCDの4ブロックに別れ、ABの優勝者同士、CDの優勝者同士が準決勝として戦い、さらにその勝者同士が決勝戦を戦います
つまりブロックが別れると、少なくとも準決勝までは戦えません
01〜25 Aブロック
26〜50 Bブロック
51〜75 Cブロック
76〜00 Dブロック
ブロック内での試合の順番は数字が小さい方が先です

クロエチーム↓コンマ
レナチーム↓↓コンマ
楓チーム↓3コンマ
ティアチーム↓4コンマ
ノワールチーム↓5コンマ
デンチーム↓6コンマ
ステラチーム↓7コンマ
カームチーム↓8コンマ
シエラチーム↓9コンマ

ブロック内での組分けは、コンマの結果によって事後的に描写します
同ブロックにクロエチームとレナチームがおり、レナチームのみが負けるコンマだった場合、試合相手がクロエチームとなり、クロエチームの勝利によって敗退する描写をするといったような具合です
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 23:56:02.07 ID:fSIMXKBPO
様子見つつ何回か踏むか
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 23:56:54.32 ID:JJbXVWlJ0
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 23:58:04.10 ID:SdqWbgV1O
せいや
832 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/13(日) 23:58:08.87 ID:0oSPhOU9o
またアナウンスになりますが、コンマを取る場面において1が後から続けてレスをした場合(>>824のような場合)はレスを無視し、参加者の方のレスのコンマを採用します

このレスも無視し、↓以降のコンマの採用となります
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 23:58:55.17 ID:62VN7w9WO
どん
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:00:02.94 ID:oce98Yxuo
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:00:04.15 ID:SUAnKfibO
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:01:04.04 ID:2iWjt0cDO
はい
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:01:15.15 ID:muQTqOsiO
ワンモア
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:07:21.13 ID:z9VCuYxp0
偏りすぎてる
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:10:05.03 ID:muQTqOsiO
A
クロエ 楓 ティア デン ステラ カーム シエラ

B
レナ

C
(該当無し)

D
ノワール
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:13:22.41 ID:oce98Yxuo
Aブロック激戦区過ぎて草
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:20:24.19 ID:+cG44ssAO
16チーム中7チームが知り合いか……
842 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/14(月) 00:36:01.97 ID:tOoLYIG7o
各ブロックは2スレ目14の画像のようになっています

一回戦は、一二年生16チームずつの合計32チームが戦い、その半数が二回戦へ
二回戦は、三年生と一回戦の勝ち上がりチーム合計32チームが試合
三回戦 16チームが試合(全校ベスト64)
四回戦 8チームが試合(全校ベスト32)
準決勝 4チームが試合(全校ベスト16)
決勝 2チームが試合(全校ベスト8)

ABCDの各ブロックを優勝した4チームがブロック代表となり、決勝トーナメントを戦います

なので、Aブロックはこのままだと四回戦で間違いなく知人と当たることになります
843 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/14(月) 20:33:12.53 ID:tOoLYIG7o
カーム「一回戦突破です!」


ポメ「二年生倒しちゃったよー!」


やよい「おめでとう! こっちも無事に勝ったよ!」


ロロナ「で、でも次からは三年生もいるから……うう、きっと勝てないよ……」


シエラ「ロロナ、まずは気持ちよ。負けるイメージを持つと魔法にも影響するから、とにもかくにも気持ちを強く持ちなさい」


ゼレス「ま、優勝する前にこんなところで手こずってはいられませんね」


ラクリマ「どんどん行こー!」


ステラ「おー! です!」


ーーーーー


クロエ「こうして見ると……Aブロックに知り合いがすごく固まってるわね」


凜華「組み合わせはランダムみたいだし、こればかりは仕方ないよ」


クロエ「そうね。組み合わせに文句を言っても始まらないし……やれるだけやりましょう!」


二回戦結果↓コンマ(ここからはチーム数がある程度減るまで、まとめて判定します)
81〜99、00 シエラチーム敗退
76〜99、00 カームチーム敗退
ゾロ目 ステラチーム敗退
00 ティアチーム敗退
25 レナチーム敗退
50 デンチーム敗退
75 ノワールチーム敗退

(クロエチーム、楓チームは勝利確定)
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 20:34:40.56 ID:dQzZdft10
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 20:44:28.62 ID:7qphY3nJO
減らない
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 21:01:31.62 ID:4DsNrE73O
皆強い
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 21:22:53.69 ID:Jh72/yVQ0
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 21:23:31.08 ID:4DsNrE73O
判定は直下だけだと思う
849 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/14(月) 21:44:54.33 ID:tOoLYIG7o
クロエ「全員突破ね。三年生は順当に勝ち上がると思ってたけど、ステラやカーム達下級生も勝ち上がるなんて」


凜華「私達も上級生になったから分かるけど、下級生には負けたくないものだね」


モミジ「負けたくない上級生と、勝ちたい下級生……だから毎年白熱するんだね」


クロエ「さ、次の試合よ!」


三回戦結果↓コンマ(チーム数がある程度減るまで、まとめて判定します)
3の倍数 シエラチーム敗退
81〜99、01〜20 カームチーム敗退
46〜70 ステラチーム敗退
36〜45 ティアチーム敗退
31〜35 レナチーム敗退
21〜30 デンチーム敗退
11〜20 ノワールチーム敗退
06〜10 楓チーム敗退
01〜05 クロエチーム敗退

00、71、73、74、76、77、79、80の場合全員勝ち上がり
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 21:46:29.97 ID:4DsNrE73O
んあ
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/14(月) 21:49:10.64 ID:oNULItcho
カームが落ちたか
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 21:51:22.30 ID:4DsNrE73O
シエラも危なかったセーフ
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:16:52.04 ID:V7YZTnsO0
さて、6/8だから次はどこかしらぶつかるが
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:18:15.42 ID:V7YZTnsO0
そいやティアルシェの寺院での魔法強化分はコンマ判定に反映されてるのかな
855 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:14:25.12 ID:dmkBl9KHo
カーム「デン先輩と戦えるなんて……!」


デン「私こそ“福音”と戦えて嬉しいよ。よろしくね」


「両チーム準備はよろしいですね? デンチームはラミーさんが大将、カームチームはカームさんが大将です。では、試合開始!」


カーム「福音魔法【ゴスペル】!」ラー♪


ポメ「獣化魔法【ビースト】!」モフンッ


ノルン「魔弾【シュート】!」ビシュッ!


ビュンッ!


ラミー「早いっ!?」


デン「見えてるよ! 拳硬化魔法【アイアンナックル】!」ゴッ!


ポメ「がうっ!」パシイッ!


デン(強化したパンチを普通に受け止めた! 本当に魔獣みたいな筋力になってるのか……!)


ポメ「がおっ!」ビュンッ!


ラミー「暗黒壁【ダークモノリス】!」ズオッ!


ゴッ!


ポメ「かったーい!」ヒリヒリ


レティス「……『モノリスに』『簡単にヒビがはいる』」


ミシッ……!


ポメ「もー! もう一発!」ゴッ!


ゴシャアッ!


ラミー「な……! 崩れた……!?」
856 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:15:16.47 ID:dmkBl9KHo
デン「魔弾【シュート】!」ゴアッ!!


カーム「!」


ポメ「カームあぶない!」


レティス「……『私が』『すごく固い盾を出す』……! 防御魔法【シールド】!」ギイイッ!


ガキイッ!


ノルン「うそ……」

ノルン(デン先輩のシュートを防ぐシールドを一年生が張るなんて……)


レティス「……はあ、はあ……っ」ポタポタ


カーム(あのシュートを防ぐシールドを張るために、すごく魔力を消費していますね……。私の福音で魔力が増えていても、この消費スピードじゃ……)

カーム「攻めに転じるよ! ポメ!」


ポメ「はいよ!」ビュン!


レティス「……!」コクリ


ノルン(レティスさんがポメさんの箒に相乗りした……?)


ポメ「飛ばすよー!」ギュン!


レティス「……『私達の魔法が』『見えなくなる』……!」


ポメ「魔弾【シュート】魔弾【シュート】魔弾【シュート】魔弾【シュート】ォ!!」ドドドドッ!


デン「ラミーさん、上に飛んで!」


ラミー「は、はい!」ビュン!


ドオオオオンッ!


レティス(透明化はさすがに想像力を使うな……)フラ…


ポメ「レティス、しっかり掴まっててね!」


ノルン「動きを止めます! 魔弾【シュート】!」ドウッ!


ポメ「うわわっ!」キキーッ!
857 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:15:45.24 ID:dmkBl9KHo
デン「ナイス足止め!」

デン(魔力を増やして、見えないシュートを乱れ撃ち。防戦一方じゃどれか一つでも発射の瞬間を見逃したら危ない。ここで決める!)

デン「ラミーさん!」


ラミー「うん! 闇弾【ダークボール】!」ドッ!


カーム「防御魔法【シールド】!」ギイッ!

カーム(よし、防いだ! またゴスペルを……)

カーム「あれ、デン先輩は……」


ポメ「うしろ!」


カーム「え……」


デン「魔弾【シュート】!」ドウッ!


カーム「きゃああああ!」


「そこまで! 勝者デンチーム!」


ポメ「うう、ノルン先輩に足止めされちゃった……」


カーム「いてて……。ダークボールを目隠しに使うなんて……」


デン「やっぱり福音は強いね。あのまま長引いてたらまずかったかも」


カーム「そう言ってもらえると、頑張ったかいがあります」


ーーーーー

ーーー

858 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:16:19.19 ID:dmkBl9KHo
クロエ「私達には『闇や氷のせいで前が見えないことが弱点』って言っておきながら、あそこまで見事に目隠しとして成立させるなんて……。魔力もそうだけど、デンの戦略眼はウィンさんにも負けてないんじゃないかしら……」


凜華「他の知り合いは勝ち残ってるね。Aブロックは激戦区になりそう」


モミジ「あ、次の試合の準備ができたみたい。行こうか?」


クロエ「ええ。次も勝つわよ!」


四回戦結果
B、Dグループの二チームを先に判定します
↓コンマ
01〜85 レナチーム勝利
↓↓コンマ
01〜80 ノワールチーム勝利

四回戦は8チーム中6チームが名前ありキャラのチーム、そしてその内4チーム勝ち上がりのため、「2チームがモブ、1チームがモブ、全チーム名前ありキャラ」のどれかとなります
よって、コンマに各チームを割り振り、それによって勝利チームを決めます
1、2、3 クロエチーム
3、4、5 楓チーム
5、6、7 ティアチーム
7、8 デンチーム
9 ステラチーム
0 シエラチーム
コンマが出たチームが勝ち上がります
十の位、一の位、それぞれで判定します
もし1チーム分しかコンマが出なかった場合(00、00だった場合など)は、こちらからのレスの後でまたさらに判定をします
↓3コンマ
↓4コンマ
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:17:12.78 ID:EdFWiuKnO
にゃあ
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:18:03.26 ID:aOtQWiOS0
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:18:36.27 ID:fgNOT+yX0
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:18:56.64 ID:s3Cm5sBDO
はい
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:21:30.50 ID:EUJupDOHO
三年生が順当に勝ち進んだね
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:24:02.51 ID:FEkhXC8MO
これ35と97とかだと5チーム勝ち進む表になってるけど、ミスとかでなくこれであってる感じ?
865 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:25:47.98 ID:dmkBl9KHo
>>864
あ、今気づきました…ミスですね
そうなった場合はさらに判定してたかもです、すみません
866 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:27:11.96 ID:dmkBl9KHo
勝ち上がり
レナチーム
ノワールチーム
クロエチーム
楓チーム
ティアチーム

敗退
デンチーム
ステラチーム
シエラチーム

となります

眠たいので、短いですが今日はここまでです
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:27:47.78 ID:aOtQWiOS0
ラクリマとノルンでぶつかるからステラチームvsデンチームだといいなあ
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:28:19.62 ID:aOtQWiOS0
7が出てるからデンも勝ち進むんじゃ?
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:34:28.10 ID:FEkhXC8MO


対戦カード決めた上で、有利不利踏まえて判定とかでも良かった気がする
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:45:34.05 ID:VLTJYVDDO
その辺も考慮した上で描写してくれんじゃないかな
871 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/15(火) 22:48:02.69 ID:dmkBl9KHo
>>868
デンチームも勝ち上がりですね
ミスが多くて申し訳ない
872 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:21:44.30 ID:4MgcrV1Xo
デンチームvsステラチームーー


デン「二年生ナンバーワンチームのお出ましか……。福音から激戦が続くなあ」


ラミー「か、勝てるかなあ……」


ノルン「ら、ラクリマさん……」


ラクリマ「ノルンさん、やる以上は全力だよ!」


ノルン「……! うん!」


ゼレス「ここらで天才デン・ハザードを倒しておきましょうか」


デン「強気だね。私も負けるつもりはないよ」


ステラ「よろしくお願いしますね」ペコリ


「デンチーム、大将デンさん。ステラチーム、大将ステラさんです。では、試合開始!」


ゼレス「聖弾【ホーリーボール】!」ビシュッ!


ラミー「暗黒壁【ダークモノリス】!」ゴオッ!


ドプンッ!


ゼレス「な……! 闇魔法!? ズルいですよ!」


デン「そっか、神聖魔法は闇魔法と相性が悪い……。この試合有利だよ!」


ラミー「う、うん!」
873 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:22:13.21 ID:4MgcrV1Xo
ラクリマ「そーでもない! 転板【チェンジボード】!」ズラアッ


ステラ「ゼレスさん、一番!」


ゼレス「はい! 聖弾【ホーリーボール】!」


ラクリマ「それは……雷!」バチッ!


デン(板を通ったことで属性が変わった!?)


ラミー「耐えて、モノリス!」グッ…!


ビキイッ……!


ゼレス「壊れ……ない……?」


ラミー「私の闇は『護る闇』……。硬さだけならレナさんにも劣らないよ」


ステラ「ならこれで……!」


ラクリマ(今日はすでに1発撃ってる……。決勝までいくなら温存したいけど、そうも言ってられないよね)


ステラ「メテ……」


デン「身体軽量化魔法【ライトボディ】!」フワッ


ゼレス「聖域魔法【サンクチュアリ】!」ガキイッ!


デン「止められたか……」ミシ…ッ


ゼレス「大将自ら切り込んでくるとは。とんでもない判断力です」

ゼレス(でもこの距離なら避けられない!)

ゼレス「神聖魔法【ホーリー】!」ドギュウッ!


シュウウウウ……


ゼレス「勝負ありです、先生」


「し、勝負あ……」


デン「誰か戦闘不能になった?」シュウウ…!


ゼレス「な……!」


デン「身体硬化魔法【ヘビィボディ】」コンコン

デン「動きは遅くなるけど、耐えるだけならピカイチだよ」


「ぞ、続行です!」
874 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:22:42.13 ID:4MgcrV1Xo
ノルン「魔弾【シュート】!」ドウッ!


ステラ「!」


ラクリマ「転板【チェンジボード】! 反転!」


ラミー「モノリス!」ギイッ!


ラクリマ「油断しないで、ステラさん。デン先輩は伊達に天才って呼ばれてないよ。演劇部でも、びっくりするほど精密な身体変化魔法を使ってるもん」

ラクリマ「そんな相手とやりあってるんだから、油断は命取りになる」


ステラ「す、すみません! 魔弾【シュート】!」バシュッ!


ゼレス「聖弾【ホーリーボール】!」バシュッ!


ラミー(な、なんで誰もいないところに撃って……)


デン「! 角度が変わる板だ! 後ろに飛んで!」


ラミー「!」バッ!


ドシュドシュッ!


ノルン「あ、あぶな〜……」


デン「攻守ともにバランスもいいし、切り替えのスピードも速い……。強いな……」


ラミー「ど、どうしよう……?」


デン「……ラミーさんの盾で強引に突破しよう。私を囮にして」


ラミー「……うん」


ノルン「は、はいっ」
875 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:23:12.29 ID:4MgcrV1Xo
デン「身体軽量化魔法【ライトボディ】!」フワッ


ゼレス「来ます!」


ラミー「暗黒壁【ブラックモノリス】!」ズオッ


ステラ「ーー!?」ビクッ


ラクリマ「目隠しだよ! 後ろ!」


ゼレス「させません! 聖域魔法【サンクチュアリ】!」


デン「さすが、このスピードが見えてるんだ。でも……」


フシュッ


ラクリマ(モノリスが消えた……!?)


ノルン「魔弾【シュート】!」ドシュッ!


ステラ「きゃあああっ!」


ゼレス「あ、え……?」


ラクリマ「目隠しは……デン先輩の動きは……陽動……?」


「勝負あり! 勝者デンチーム!」


ステラ「う、うう……いたた」


ゼレス「強い……。戦い慣れてるんですね」


デン「まあね。昔からマホリオの試合はたくさん見てたし、上手い立ち回りを考えるのも好きだったから」


ゼレス「……私も相当だと思ってましたが、デン先輩のマホリオ馬鹿には敵いませんね」フッ


デン「でもそっちだって強かったよ。またやったら分からないかも」


「両チーム礼!」


ありがとうございました!


ーーーーー

ーーー

876 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:23:40.60 ID:4MgcrV1Xo
楓チームvsシエラチームーー


「楓チームは大将が楓さん。シエラチームは大将がやよいさんです」


シエラ「クロエ先輩に次ぐ、学内ランキング2位のチームですね。戦力という点だけなら学内1位の呼び声も高い……。相手にとって不足はありません」


楓「うそ、あたし達2位なの?」


嵐「そうだよ。掲示板見てないのか?」


楓「見てない!」ドヤ


ロロナ「に、2位ってすごく強いよね……? どうしよう、勝てないよ……!」


シエラ「所詮2位です。私達が狙うのは優勝、そしてランキング1位の座です。2位に手こずる訳にはいきません」


晶「おお、すごい自信だな」


嵐「でも……」


楓「舐めてると一瞬で終わらせちゃうぞ♪」ニコッ


ゴオッ……!


シエラ「……!」ゾクッ


やよい「す、すごい魔力の気迫……!」


「では……試合開始!」
877 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:24:08.01 ID:4MgcrV1Xo
楓「風弾【エアロボール】!」ゴウッ!


やよい(は、はや!?)

やよい「防御魔法【シールド】っ!」


シエラ「だめ! 光爆弾【ライトニングボム】!」


ボボボンッ!!


楓「おお〜」


ロロナ「だめって……い、今間に合ってたよね……?」


シエラ「魔力の練り方が尋常じゃない。やよいのシールドなら、防ぐどころか相殺さえできたかどうか……」


やよい「だ、だからボムで打ち消したんだね。ありがとう……」


楓「ちなみに今みたいな貫通力のある魔法、あたし達3人とも使えるからね」


シエラやよいロロナ「!!」


シエラ「ロロナ!」


ロロナ「う、うん!」


シエラ「光爆弾【ライトニングボム】!」


ロロナ「揺動魔法【シェイク】!」

ロロナ(お願い……!)


晶「極クラスだ!」


嵐「極雷魔法【ナルカミ】!」バチチチッ!


ドゴオオオオオオオンッ!!


やよい(意識を爆風に……!)

やよい「意識操作魔法【フォーカス】」キンッ!


楓「爆風が邪魔だね。風斬魔法【かまいたち】!」ズアッ!


ブワッ!


やよい「ななな……!」

やよい(様子見じゃなくて踏み込んで来るなんて……!)
878 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:24:44.62 ID:4MgcrV1Xo
シエラ「ロロナ、もう一度!」


ロロナ「う、うん!」


晶「今度は……」


シエラ「光爆弾【ライトニングボム】!」


ロロナ「揺動魔法【シェイク】!」


晶「いっ!? 頂クラスだ!!」


シエラ「いっけええええええええええ!!!」


楓「風神魔法【ルドラ】!!」ブワッ!


嵐「雷神魔法【インドラ】!!」バチッ!


晶「炎神魔法【アグニ】!!」ゴウッ!


ズドドドドドドドオオォォォォッッ!!


シエラ「あ……」


楓「すっごい威力だった……危ない危ない」


シエラ「……降参、です」


「……勝負あり。勝者、楓チーム」


楓「よしっ!」


「両チーム礼」


ありがとうございました!


ーーーーー

ーーー

879 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:25:12.63 ID:4MgcrV1Xo
シエラ「……あれで、2位……」


やよい「強かった……」


ロロナ「う、うん。策とか戦略とかそういうのを飛び越して、とにかく力勝負って感じだったけど……」


シエラ「歯が立たなかったわ……」


やよい(クロエ部長達はあれより強いの……?)


ロロナ「……ご、ごめん。私が魔法をもっと強くできてたら……」


シエラ「……いえ、あれは仕方ないわ。多分優勝争いをするくらい強いチームだもの。言い訳だけど、一年生が敵う相手じゃなかった」

シエラ(……十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人、か)


ポメ「シエラ、やよい、ロロナー!」ダーッ!

ポメ「お疲れさま! すごかったよ!」


カーム「ほんと、すごかった。お疲れさま」


シエラ「なに、笑いに来たの? あれだけタンカを切っといて負けたから?」


カーム「違うよ、労いに来たの。私達は一個前に負けちゃったから、応援してたんだよ」


シエラ「……あんた本当にお人好しね。あんなに嫌なことばっかり言う奴なんか無視しちゃえばいいのに」


カーム「シエラが優しいって分かっちゃってるもん。ツンツンされてももう怖くないよ♪」


シエラ「はあ……」
880 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:25:53.82 ID:4MgcrV1Xo
シエラ「やよい、ロロナ」


やよいロロナ「?」


シエラ「……カーム、ポメ」


カームポメ「なあに?」


シエラ「ありがとう。これからも強くなるために頑張るから、その……仲良くしてほしい」


カーム「もちろん」ニコッ


ポメ「わーい! 仲良し仲良しー!」


やよい「シエラちゃんのツンデレかわいいなあ……」ホッコリ


ロロナ「う、うんっ」


やよい「……あれ、そういえばレティスちゃんは?」


カーム「それが……デン先輩の魔法を受け止めるために結構な魔力を消費してしまったので、医務室で横になってます。少し寝れば良くなるそうですから」


やよい「そっか」


ポメ「よーし、みんなで試合観戦だー!」


ーーーーー

ーーー

881 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/16(水) 23:26:37.92 ID:4MgcrV1Xo
クロエ「ローラ達は順調に勝ち進んでるわね。さすが私の彼女だわ」ウンウン


モミジ(イオちゃんも勝ってる……)グッ


凜華(舞さんは普段チームに参加してないからな……。今回は急造のチームだし、もう負けてるみたいだ)


クロエ「さ、次はブロック準決勝よ」


凜華「私達と、ティアさんチームと、楓さんチームと、デンさんチーム……」


モミジ「みんな知り合いになっちゃった……」


クロエ「誰が相手でも関係ないわ。行くわよ!」


ブロック準決勝結果
B、Dグループの二チームを先に判定します
↓コンマ
01〜75 レナチーム勝利
↓↓コンマ
01〜70 ノワールチーム勝利

Aブロックは組み合わせ決定から判定します
1、2 クロエチーム
3、4 ティアチーム
5、6 楓チーム
7、8 デンチーム
9、0 再判定
↓3コンマから、十の位、一の位それぞれで判定
先に出た二チームが試合、残ったニチームが試合となります
試合順が確定するまで判定します
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 23:28:13.54 ID:tVJiV8jK0
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 23:28:29.42 ID:zO+KLk3DO
はい
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 23:28:49.38 ID:AnfTYDGyO
んん
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 23:32:33.15 ID:KOk0Q4pwO
レティスが普段喋らないのって周囲に迷惑をかけるからというよりはレティス自身の負担を抑える意味合いが強そうだな〜
886 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/17(木) 20:13:33.05 ID:rAi1yfcho
ティアチームvsデンチームーー


ナミネ「ラミーさん、負けませんよ」


ラミー「私だって。樹にいいところ見せたいもん」


アルシェ「デンと戦うの初めて……?」


デン「そうかも。私もアルシェさんの強力な魔法に興味あったから、戦えて嬉しいよ」


ティア「妹の仇……」


ノルン「うう、そう言われるとその通りなんですけど〜……」


ティア「……冗談ですよ。戦った結果だし、気にしてません。全力で戦いましょう」


ノルン「は、はいっ!」


「ティアチーム、大将はティアさん。デンチーム、大将はラミーさん。確認よろしいですね」

「では……試合開始!」


先にコンマの合計が【150】に到達したチームの勝利です
ティアチームコンマ↓×1.5 0/150
デンチームコンマ↓↓ 0/150
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 20:23:47.41 ID:PbfcyqN10
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 20:24:44.61 ID:+QoKBgDDO
はい
889 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/17(木) 21:38:18.31 ID:rAi1yfcho
ティアチーム 61.5/150
デンチーム 61/150


アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!!」ズゴオオオッ!


デン「神弾【ネオ】!!!」ゴギャアアア!


ドオオオオオオッ!!


ナミネ「きゃっ! ふ、二人ともすごい威力……」


デン「試合前から魔力を練ってこれか……。ラミーさんのモノリスでも防げないかも……」


ナミネ「獄水魔法【ヘルアクア】!」ビュウッ!


ラミー「暗黒壁【ブラックモノリス】!」ガキイッ!


ナミネ「さすがにこの程度の魔法は通してくれませんか……!」


ティア「互角……ですかね」


ノルン「アルシェ先輩すごい〜……」


ティアチームコンマ↓×1.5
デンチームコンマ↓↓
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 21:40:11.69 ID:B+t015UmO
とうりゃ
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 21:45:04.27 ID:d14bZUmhO
99とか引けないと負けか
892 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/17(木) 23:07:27.95 ID:rAi1yfcho
ティアチーム 165/150
デンチーム 88/150


ナミネ「では、ティアさん。あれを」


ティア「はい」


ノルン(な、なに……?)


ナミネ「水よ」タプン


ティア「浮遊魔法【フロート】」ピタ…ッ


デン「巨大な水の塊を浮かせた……。固まったほうがいいかな」スッ


ナミネ「水連弾【アクアガトリング】!!」ビシャシャシャ!


ラミー「暗黒壁【モノリス】!」ズオッ!


ドドドドドッ!


ノルン「うしろ!」


デン「防御魔法【シールド】!」


ドドドドドッ!


デン「水の塊が前後に……!」


ナミネ「私が浮かせたものと、ティアさんが浮かせたもの。そして……」


ティア「浮遊魔法【フロート】!」ズオッ!


ノルン「し……」


デン「下!?」


ドバアアアアアッ!!


ラミー「きゃあああああっ!」


「勝負あり! 勝者、ティアチーム!」


ナミネ「やりました! 大成功です!」イエイ!


デン「包囲型攻撃の対策は怠ってたなあ……いてて」


ノルン「でも、全校ベスト16……」


ラミー「私にとっては快挙だなあ。嬉しいよ」


アルシェ「このまま優勝する」フンス


「では、両チーム礼!」


ありがとうございました!
893 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/17(木) 23:08:04.08 ID:rAi1yfcho
クロエチームvs楓チーム


ざわざわ ざわざわ


楓「ギャラリー多いねー」


クロエ「事実上の決勝ってやつかしら。ランキングのワンツートップの戦いだもの」


晶「ここんところクロエのチームには負け越してるし、ここらで勝たせてもらうぜ」


凜華「そう簡単には勝たせてあげないよ」


嵐「どっちが勝っても恨みっこなしだからな」


モミジ「う、うん!」


「クロエチーム、大将はモミジさん。楓チーム、大将は楓さん。確認よろしいですね」

「では……試合開始!」


先にコンマの合計が【200】に到達したチームの勝利です
クロエチームコンマ↓×2 0/200
楓チームコンマ↓↓×2 0/200
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 23:10:11.24 ID:d14bZUmhO
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 23:12:31.65 ID:kpJYXSxPO
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 23:42:46.54 ID:SBHPoOxi0
相変わらず本番に弱い
897 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/18(金) 20:26:42.69 ID:qEoxKZpvo
クロエチーム 48/200
楓チーム 130/200


クロエ「先手必勝! 疑似宇宙魔法【アストロ】!」


ズオッ!


楓「風加速魔法【マッハ】!」ビュンッ!


凜華「楓さんが抜けた!」


楓「一人でも抜けたらそれは使えないでしょ! アストロ破れたり!」アッハッハー!

楓「よーし、獄風魔法【ヘルウィンド】!」バオッ!


凜華「氷晶壁【アイスウォール】!」ガキイッ!


ゴオオオウッ!


クロエ「く……っ。とりあえず解除よ、体制を立て直すわ」フシュッ


モミジ「う、うん」フシュッ


晶「お、闇が晴れたな」


嵐「俺たちの得意な力勝負の時間かな」チリッ


クロエ「さ、どうしようかしら……」ゴクリ


クロエチームコンマ↓×2、ゾロ目の場合×5
楓チームコンマ↓↓×2

同時に200を超えた場合、その時点で合計値の大きい方の勝利
合計値が同じ場合、さらに試合続行
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 20:32:43.66 ID:/2YLJECA0
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 20:33:09.05 ID:HHHo5WoDO
はい
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 20:34:34.79 ID:/7I1pE9QO
これが主人公補正か
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/18(金) 20:43:50.24 ID:U+HbvRSno
これで180VS140?
さあわからなくなってきました
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/18(金) 20:44:30.82 ID:U+HbvRSno
あっ違う
ゾロ目だから378だわ
やるじゃん
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 20:47:11.91 ID:spsY/ZnU0
こんなんびびるわ。今年こそ汚名挽回となるか
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 20:56:57.86 ID:ffh/tMcoO
後はノワールチームがそこそこ強かったっけ

ウィン相手でもウィン側に倍率増加なかったような(150vs200だったけど)
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 21:02:40.55 ID:FMOtDv8NO
ダークシンクロ克服したりするかな
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 21:32:44.93 ID:XQIfZpaq0
>>903
汚名は返上しようぜ
907 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 16:34:12.27 ID:KQYZ5lwIo
クロエチーム 378/200
楓チーム 140/200


クロエ「……はあ、やりたくなかったけど仕方ない」


凜華「アレだね?」


モミジ「うまくできるかなあ……」


晶「楓、嵐、なにか来るぞ。気をつけろ」


嵐「出す前に止めるか?」


楓「それがいいと思う。なんかやばい感じするし」


嵐「なら止める! 雷神魔法【トール】!」バヂィッ!!

嵐(雷の化身の如き雷の塊だ! これをどう防ぐ!?)


クロエ「闇よ! 悉く天を覆い尽くせ!!」ズオッ!!


凜華「氷よ! 空に舞いて総てを凍て尽くせ!!」キィンッ!!


モミジ「星よ! その力にて万物を引き寄せろ!!」ズッ!!


クロエ「全ての分子が運動を停止する、マイナス273.15℃の世界! 絶対零度【アブソリュート・ゼロ】!!」ガチンッ!


バチチチチチッ!! バチンッ! パチッ! チリッ……


嵐「止まっ……た……?」


晶「く……! 集まれ! 一度防御を……!」


クロエ「遅い! 魔弾【シュート】!」ドウッ!


楓(ま、魔力が練れない! シールドを……!)

楓「きゃああああああっ!」ドウッ


「そこまで! 勝者、クロエチーム!」
908 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 16:35:00.14 ID:KQYZ5lwIo
クロエ「か、解除……」ガタガタ


凜華「さ、さむい……」ガチガチ


モミジ「あれで決まってなかったら負けてたよ……」プルプル


晶「日を遮って温度を下げて、さらに空気を凍らせる。そして重力を操って物体の動きを止めて、限りなく温度を下げたわけか」


クロエ「原理的にはそう。ただ空間を冷やすっていう性質上、私達も危険な魔法なの。その後の一発で決められなかったら即降参よ」


凜華「あとはまあ、寒くなるぞって覚悟かな。急に寒くなった相手はびっくりするけど、こっちは寒くなるって分かってるからね」


楓「まさかここに来てまで新コンビネーションを開発してるなんて……」


嵐「完敗だな。俺達もまだまだだ」


パチパチパチパチ!


楓「もー! クロエ、他で負けたら承知しないからなー!」


クロエ「ええ。もちろん優勝はいただくわ!」


ーーーーー

ーーー




レナ「Aブロックすごいことになってるわね……」


ローラ「うん、すごい激戦区だよ」


ヒカリ「こっちもしっかり勝ち上がって、クロエに恥ずかしくないところ見せないとね」


イオ「やっぱりイリスさんもノワールさんも、素の戦闘力が高いですね……」


ノワール「イリスはマホリオしてこなかったんだもんね」


イリス「はい。なので今すごく楽しいですよ!」


ブロック決勝結果
B、Dグループの二チームを先に判定します
↓コンマ
01〜60 レナチーム勝利
↓↓コンマ
01〜60 ノワールチーム勝利
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 16:40:05.44 ID:Zv5kTNLDO
はい
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 16:45:18.20 ID:nyYfO8RJ0
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 17:15:02.46 ID:nNJwt28TO
つよい
912 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 17:26:27.38 ID:KQYZ5lwIo
「勝者、レナチーム! よってBブロック代表はレナチームになります!」


わああああああ!


レナ「よし、全校ベスト4よ!」


ローラ「次は決勝トーナメントか。ドキドキするね」


ヒカリ「Aブロックの試合は今から始まるところみたい。見に行こう!」


ーーーーー


「Dブロック、勝者ノワールチーム! ノワールチームは決勝トーナメントいきです!」


パチパチパチパチ!


ノワール「イリス、ハイタッチ!」


イリス「いえい!」パチン!


イオ「Aブロックはこれから決勝みたいです。見に行きましょう!」


ーーーーー



Aブロック決勝、クロエチームvsティアチームーー


「クロエチーム、大将モミジさん。ティアチーム、大将ティアさん。確認よろしいですね」


ティア「全校ベスト8まで来ましたが……満足してません。このまま優勝します」


クロエ「優勝するのは私達よ。本気でやりましょう」


アルシェ「ん!」


モミジ「決勝トーナメントまであと一つ……」ゴクリ


ナミネ「ここまできたら優勝したくなってしまいますね。デンさんチームの分も頑張りますよ!」


凜華「こっちも楓さん達の分も背負ってる。負けるわけにはいかないよ!」


「では、Aブロック決勝……試合開始!」


先にコンマの合計が【200】に到達したチームの勝利です
クロエチームコンマ↓×2、ゾロ目の場合5倍 0/200
ティアチームコンマ↓↓×1.5 0/200
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 17:29:07.05 ID:xbTs+cw/0
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 17:29:50.82 ID:nNJwt28TO
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 17:56:02.37 ID:kUzfm3PQO
まーたピンチを演出してる
916 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 19:27:56.48 ID:KQYZ5lwIo
クロエチーム 10/200
ティアチーム 163/200


アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!」ズゴォオッ!!


クロエ「いっ!? 闇よ飲み込め!」ズオッ


モミジ「重力魔法【グラビティ】!」グググ!


ゴシャアアアッ!!


凜華「氷晶壁【アイスウォール】!」ガキィッ!


クロエ「な、ナイスよ凜華。助かったわ」


モミジ「ブラックホールで飲み込みきれない魔力の量だなんて……」


ティア「ナイスです、アルシェ。このままいきましょう」


アルシェ「ん!」


凜華「ナミネさんの魔法は私が凍らせることができる。大丈夫、相性は有利だ」


クロエ「ええ。怖じ気づいてなんていられないわ」


クロエチームコンマ↓×2、ゾロ目の場合5倍
ティアチームコンマ↓↓×1.5
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:28:32.16 ID:kUzfm3PQO
ここでゾロ目出すのが主人公だ
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/19(土) 19:30:30.28 ID:2W+coL3/o
うーん
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/19(土) 19:32:15.70 ID:2W+coL3/o
ん、ティアチームはコンマの1.5倍だから
>>916の数値は123じゃないかな?
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:32:36.26 ID:Sb+33sDi0
82 × 1.5 = 123 なので

42 vs 165 かあ
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:34:13.86 ID:kUzfm3PQO
どっちも低いけどここも数値負けしちゃったか
922 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 19:46:14.46 ID:KQYZ5lwIo
>>919
さんすうレベルの数式を間違ってしまった…
>>919さん、>>920が正しいです
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:49:18.99 ID:Sb+33sDi0
どんまいよ
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:53:28.38 ID:Sb+33sDi0
こんなところでゾロ目出しちゃった
925 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 19:59:28.20 ID:KQYZ5lwIo
クロエチーム 42/200
ティアチーム 165/200


クロエ「攻めるわよ! 闇弾【ダークボール】!」ドウッ!


モミジ「魔弾【シュート】!」


ナミネ「水障壁【アクアカーテン】!」ビシャアッ!


クロエ「二人分の魔法を受け止める大きさで、しかもしなやかさがある……。厄介な防御魔法ね」


ナミネ「これでもいろいろ工夫してますから」ニッ


クロエチームコンマ↓×2、ゾロ目の場合5倍
ティアチームコンマ↓↓×1.5
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:59:37.58 ID:Sb+33sDi0
三度目の正直?

二度あることは三度ある?
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:59:54.00 ID:kUzfm3PQO
やあ
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 20:00:43.68 ID:kUzfm3PQO
間に合わなかった……
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 20:01:47.10 ID:GdNm2/VmO
ほぼほぼダブルスコア
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 20:05:11.98 ID:0Uv56xFZO
クロエチームが負けたのは残念だけど、一年の時の大会でネームドの中では最初に脱落してたティアチームがここまで強くなったことを考えると感慨深いものもある
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 20:28:13.12 ID:GdNm2/VmO
クロエ側がコンマ03秒早くて55ゾロ目だったらティアチーム00でも317対315でギリギリ勝利だったからドラマになってたかもなー
932 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 22:00:15.74 ID:KQYZ5lwIo
クロエチーム 158/200
ティアチーム 365/200


凜華「巨大氷弾【フロスト】!」ギイッ!


クロエ「砕け! 闇弾【ダークボール】!」ゴオッ!


ゴシャアアアッ!!


ナミネ「頭上で氷を割った……? 氷のつぶてくらいじゃダメージにはならない……」

ナミネ「……そうか、モミジさんだ。ティアさん! 氷のかけらを浮かせてください!」


モミジ「重力魔法【グラビティ】!」


クロエ「砕いた氷のかけら全てが弾となる! 氷流星群【アイスメテオシャワー】!!」


ーーーーー


楓「あんな魔法使ったことあったっけ!? すごいよクロエ!」


嵐「底なしのびっくり箱みたいだな……」


ーーーーー


ティア「浮遊魔法【フロート】!」ブワッ!


ギチッ……! ギシィッ……!


モミジ「く……! ティアさんに下から押されてる……!」


ティア「ふぐぐ……! モミジさんが上から押してきます……!」


アルシェ「ティア、もうちょっと頑張って」スッ

アルシェ「殲滅魔法【デストロイ】!」ゴアッ!!


ジュオッ!!


凜華「ぜ……全部消された……!?」
933 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 22:00:49.43 ID:KQYZ5lwIo
アルシェ「もう一発。破壊魔法【キャノン】!」ズゴオオッ!!


クロエ「絶対零度【アブソリュート・ゼロ】!」ズオオッ!


凜華「ぐ……!」パキキ…!


モミジ「重力魔法【グラビティ】……!」ギリリリ…!


クロエ「とまれええええええええええッッッ!!!」


ゴシャアアアッ!


凜華「氷晶壁【アイスウォール】!」ガキイッ!


バキイイインッ!


モミジ「……!!」


アルシェ「……もう一発」スッ


クロエ「こ……降参よ」

クロエ「……アブソリュート・ゼロでさえ止められないなんて、どんな魔力よ……」フッ


「勝負あり! 勝者、ティアチーム!」


わあああああああああっ!!


ーーーーー

ーーー




クロエ「ベスト8ね……」


凜華「お疲れさま、クロエさん」


クロエ「お疲れさま、凜華、モミジ」


モミジ「あれ、あんまり悔しくなさそう?」


クロエ「うーん、悔しいけどやれるだけのことはやったつもりだし……。やり切った気持ちの方が大きいかしら」


凜華「じゃ、どこが優勝するか最後まで見届けないとね」


クロエ「ええ!」


ーーーーー

ーーー

934 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 22:01:19.39 ID:KQYZ5lwIo
決勝トーナメントーー


「各ブロック代表者は前へ」


Aブロック代表 ティア アルシェ ナミネ

Bブロック代表 レナ ローラ ヒカリ

Cブロック代表 ? ? ?

Dブロック代表 ノワール イリス イオ


「これより、決勝トーナメントを開始します」


まずCブロック代表vsノワールチームの結果を先に判定します
コンマ↓偶数 ノワールチームの勝利
奇数ゾロ目で新キャラ
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 22:02:30.77 ID:GdNm2/VmO
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 22:06:00.14 ID:w/tZ9sxgO
マホリオ大会のコンマ全体的に荒ぶってんなw
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 22:06:52.38 ID:GdNm2/VmO
マジか
938 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/19(土) 22:12:30.55 ID:KQYZ5lwIo
まさか奇数ゾロ目出るとは…!
A、Bブロックの試合が終わったあと、新キャラと決勝で邂逅します
リーダーのみの募集予定です

今日はここまで
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 01:09:10.63 ID:JzwYKjaaO
すごE
940 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/20(日) 16:47:31.71 ID:eWT6UMM+o
決勝トーナメント第一試合ーー


「ティアチーム、大将はティアさん。レナチーム、大将はレナさん。確認よろしいですね」


レナ「私の盾がアルシェの攻撃を防げるかに懸かってるわね」


アルシェ「一緒に特訓した。でも手は抜かない」


レナ「こっちも本気よ。お互い全力でぶつかりましょう」


ローラ「同室とはいえ……ううん、だからこそ本気だよ!」


ティア「は、はい! 負けません!」


ヒカリ「よろしくね」ニッ


ナミネ「はい! よろしくお願いします!」ムンッ


「では、試合開始!」


先にコンマの合計が【200】に到達したチームの勝利です
ティアチーム↓コンマ×1.5 0/200
レナチーム↓↓コンマ 0/200
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 16:56:49.81 ID:2CysDpZ7O
どうかな
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 17:00:16.55 ID:OTeMwx6+0
943 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/20(日) 20:08:55.77 ID:eWT6UMM+o
ティアチーム 121.5/200
レナチーム 55/200


アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!」ズゴォオッ!


レナ「魔障壁【ガーディアン】!」ギィッ!


ミシッ……!


レナ「くっ……!」グリッ!


ナミネ「逸らした! 上手い……!」


レナ「キッツいわね……。フォートレスじゃないとダメかしら」


ローラ「エアロ、シンクロ!」キンッ


ナミネ「水弾【アクアボール】!」バシュッ!


ローラ「風弾【エアロボール】!」バウッ!


ヒカリ「パワーはアルシェさんが圧倒的だね……。ボクがローラさんに魔力をあげて、それで打ち勝つしかないかな……」


ティアチーム↓コンマ×1.5
レナチーム↓↓コンマ
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 20:12:26.93 ID:tbtXBYk3O
そいや
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 20:12:51.33 ID:LySL00FDO
はい
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 20:12:52.01 ID:X300tlG70
きまりかな?
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 20:16:25.38 ID:xlqUvZe2O
寺院で強化受けたのが大きいね。劣勢だったら上手く力を扱えずに振り回される描写になってたのだろうけど
948 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/20(日) 22:38:45.55 ID:eWT6UMM+o
ティアチーム 261/200
レナチーム 88/200


レナ「……ヒカリさん、私にありったけの魔力をちょうだい」


アルシェ「……ッ」グググ…!


ヒカリ「あ……! う、うん! 魔送【ライン】!」


アルシェ「これが、今のアルシェの全力……!」ズオッ!

アルシェ「穿ノ頂・神槍【ゲイボルグ】!!!」ヴァッ!!


レナ「要塞魔法【フォートレス】!!」ガゴォンッ!


ズオオオオオオオオッッ!!!


レナ「きゃああああああああ!!」


「そ、そこまで! 勝負あり!」


ティア「だ、大丈夫ですか!?」


レナ「う……っ」


ローラ「だ、大丈夫。すごい魔力の塊で叩かれたから気絶してるけど、怪我はないよ」


ヒカリ「びっくりした……。二人分の魔力のフォートレスでもあっさり貫いてくるなんて……」


「勝者ティアチーム。決勝へ進出です」


ローラ「頑張ってね、ティアちゃん。ここまで来たら優勝だよ!」


ティア「は、はい!」


ーーーーー

ーーー

949 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/20(日) 22:39:14.66 ID:eWT6UMM+o
決勝戦ーー


ナミネ「相手は……ノワールさん達でしょうか」


アルシェ「ん、多分そう。イリスの戦闘力はすごいから」


ティア「イオさんもマホリオに慣れてきてるし、大変な相手になりそう」


樹「決勝は私が審判をします。勝ち上がりチームは前へ」


ティア「緊張しますね……」テクテク


ナミネ「あれ、ノワールさん達じゃない……!?」


???「…………」


???のプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可。名字もあればお願いします)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 22:51:46.43 ID:PHnZksKeO
【名前】シェリル・オルゼラリア
【容姿】水色の瞳の銀髪ツインテール。やや小柄だが隠れ巨乳。着痩せするタイプ
【性格】勝気。常に前向きで、どんな事にも手を抜かない。俺っ娘。
【得意魔法】鏡魔法 最大10枚の巨大な鏡を出現させる事ができる。鏡は魔翌力を反射する性質を持つ。
自身や対象を鏡に映す事で分身を作り相手を錯乱させる事も可能。
※分身は実態を持たない為、分身の攻撃によるダメージは発生しない。耐久力は分身の元となった人物の能力値により左右される。
【備考】口調はやや荒い所もあるが、基本的に礼儀は良く慢心はしない。可愛いものが好きだが周りには内緒にしている。虫が苦手。
マホリオの実力も相当な物で去年の大会も準決勝まで進んだもののウィンチームに敗北していた。
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 22:53:44.63 ID:xlqUvZe2O
【名前】アテナ・ライトレイ
【容姿】トパーズ色のつり目。やや高めの身長で胸は大きめ。仄かに光を帯びた美しい銀の長髪。神話に出てきそうな女神のような姿
【性格】高貴な性格。自分がこれと決めたことを中々曲げようとしない
【得意魔法】神魔法
文字通り神の力を支える。基礎魔法が神弾だが、他の魔法使いの魔弾に対する神弾のポジションの魔法も存在
【備考】1年生。実は天界における最高神の依代。魔界ごと魔王を滅ぼそうと考えており、パワーチャージ中
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 22:58:42.06 ID:NuA507xU0
【名前】東雲 明里(しののめ あかり)
【容姿】黒髪ローポニーテール。身長は並だが胸は大きめ
【性格】自然体で落ち着きを崩さない。平時は年老いた猫のようにのんびりしている
【得意魔法】巫術という体系の魔法(?)を使う。シュートの代わりに御札を投げたり、シールドの代わりに結界を張ったり等、リリウムで教えている魔法とはいろいろと異なっている。結界は陣地の作成や相手を捕縛したり等、防御以外にも様々な使い方ができる。悪霊や怪異等の不浄な者には効果抜群
【備考】とある小国で巫女を務めていた少女。今年の春からリリウムに留学し始めたため実力が知れ渡っておらず、大会では思わぬダークホースとなった
祖国で「リリウムにて災厄が起こる」という神託を受けて留学してきたらしく、留学生活を満喫しつつも年度末の戦に備えている
お茶と団子が好き
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 23:03:04.85 ID:+EogfMvqO
【名前】セシル・クラリス
【容姿】ピンクの短髪で目は黄色(ラブライブのりなりーイメージ)
【性格】実力至上主義だったがカームたちとのやり取りを経て少し軟化
【得意魔法】ロスト(この世に現存しないが過去に存在した魔法なら何でも支える。この魔法はゼーレも使えない。というか模倣できない)
【備考】1年生大会の優勝チームリーダー。文武両道で人望もあるがマホリオに対しては厳しくなりすぎてしまうこともある。ぶっちゃけタイマンでもシエラを倒してたくらいには強い
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 23:03:35.19 ID:+EogfMvqO
支える→使えるでした
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 23:10:57.03 ID:f2bP7azM0
他の人のに手を加えて使うのっておk?せっかくなら選ばれなかったの再利用してあげたい
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 23:20:09.99 ID:f2bP7azM0
……と思ったんだが既に再利用されてたようで……
↑は忘れてくだち
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 23:29:45.47 ID:f2bP7azM0
【名前】轟彩芽 とどろきあやめ
【容姿】黒髪ポニーテール、高身長スレンダー
【性格】真面目。もしくは頑固
【得意魔法】
反転魔法 彩芽自身の魔弾の威力を基準とし、相手の魔翌力が大きいほど有利になり小さいほど不利になる不思議な魔法。
【備考】現二年生。これまでに目立った活躍はなかったが土壇場のメンバー変更が功を奏して決勝まで勝ち進めた。魔法の性質の都合、強くなりすぎてもいけないので魔翌力の鍛錬が難しい。
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/12/20(日) 23:30:40.60 ID:NTbZR+iDO
【名前】オルフィア・リーフォース
【容姿】紫のウェーブがかったロングストレートに赤目 年齢の割には結構なグラマラスボディ
【性格】礼儀正しい敬語口調だが、底知れない怪しげな魅力も振り撒いている
【得意魔法】魔力消失
強弱に関わらず、ありとあらゆる魔力を消失させるフィールドを張り巡らせることが出来る
フィールドはオルフィア自身の魔力がある限り維持することが出来るが展開中は自身の魔法も打ち消されてしまうのが弱点
【備考】
リリウムに入学した新入生。しかし一年生大会の時に大会に出ていたかが定かではない。
というよりごく一部の人間はいつからリリウムに通っていたのかの疑問も覚えているらしく謎が多い人物。
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/20(日) 23:48:35.42 ID:ha4sqOfI0
【名前】ゲネヴィア・黒須
【容姿】銀から黒にグラデーションしてるミディアムヘアー、碧眼つり目、胸もあるが全体的に太いぽっちゃり体型
【性格】善悪二元論を多用する委員長気質、融通が利く方ではなく「万が一」や「もし何かあったら」が口癖
危険=悪と考えるフシがありそのせいで半ば力=悪だと決めつけている
【得意魔法】魔翌力を帯びたモノを反射する反射板を作れる。魔翌力皆無の物理攻撃(単純な投石やベアナックルなど)は素通りしてしまうが魔法により生まれたモノは大概反射できる
魔法を使わない投擲でも魔石やマジックアイテムなら反射するし魔翌力で動かしていれば魔翌力の無い物も跳ね返す
【備考】自分は異性愛者だと必死になって言い聞かせてる(百合でないとは言ってない)
また百合女子への当りもキツイ
960 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 00:03:19.24 ID:xWnoZNWAo
1.シェリル
2.アテナ
3.明里
4.セシル
5.彩芽
6.オルフィア
7.ゲネヴィア

たくさんの設定案ありがとうございます!
↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【20】を超えたキャラが???となります
本日中に誰も【20】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが???となります
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:04:22.67 ID:zLlGEvnwO
5
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:05:05.99 ID:ZpCUA7UK0
1
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:05:06.49 ID:/GQkQm/90
7
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:05:33.70 ID:mvv+Iu4pO
3
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:05:36.76 ID:MRbE4Gq0O
6
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:05:38.14 ID:H3MB7Jz7O
1
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:06:06.82 ID:XcveHKxPO
1
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:06:10.44 ID:y/gZCQtgO
7
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:06:21.63 ID:gAoVMcwj0
5
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:06:39.67 ID:NQn/Rq92O
1
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:06:42.13 ID:qjLmeXY/O
5
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:07:11.87 ID:PKsGXXkk0
5
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:08:23.27 ID:KZY2ih66O
ぽっと出だしどのようにでも処理できる6とかにしたかった気もするけど、ここから絡ませられるかな
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:10:35.85 ID:qBfXKW33O
まあネームドとは言っても大会専用の強キャラみたいな扱いじゃない?
975 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 00:18:04.46 ID:xWnoZNWAo
新キャラはシェリル・オルゼラリアとなりました
設定は>>950を参照
976 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 00:19:51.59 ID:xWnoZNWAo
今スレはここまで
皆さんいつもスレにご参加いただきありがとうございます!
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:22:02.31 ID:CtXimQhu0


キャラの増加ペースに安価を取る側がついていけてない気はする…
魔王はいいとして1年生6人、ゼーレさんチーム3人、加えて今回のシェリルで1人で計10人もいるからな…

それと御桜、エルクが空気になりがちか。そう思うなら自分でとれよと言われたらそこまでだが
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:27:02.58 ID:qBfXKW33O
多少はしゃーない
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:27:33.59 ID:gAoVMcwj0
>>957の設定を見て変更したチームメンバーに御桜とエルクが入ってたりしたら面白そう、と思っていた時期が私にもありました
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 00:38:24.35 ID:392Az/03O
スレの残りで小ネタ投下するだろうから一度止めておいた方が良さそう。順番的にヴィーネチーム誕生秘話かしら
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 10:52:34.71 ID:UctwwTIUO
>>979
昨年度のメンバー2人が卒業したので今年はエルクと御桜が加入した、とかならいけそう。ノルンみたいなパターンもあることだし
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 10:59:01.48 ID:UctwwTIUO
二人ともトッププロの親族だし実は強キャラでしたって言われても説得力はあるんだよね。それ以上に未だに描写の無いこの二人の戦闘を見たいというのが大きいけど
983 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 22:59:33.33 ID:xWnoZNWAo
エピソードゼロ
  最強を目指す物語


私は、最強と呼ばれるにはまだ未熟です。
きっとこれからも最強を目指すことに変わりはないでしょう。
 ーーヴィーネ・ケルキオン著 『自伝 最強を目指す物語』より抜粋


〜〜〜〜〜


数年前……。

地方での試合だった。相手は手練のベテラン。こちらも同期で組んだチームで、お互いの手の内は知り尽くしていた。
相手の魔法を防ぎ、隙を見ては攻撃する。
白熱の試合の末なんとか勝利はものにしたが、魔力はだいぶ消費していた。
その夜。
近くに魔力を蓄えた湖があると聞き、そこまで観光も兼ねて飛んでいった。
月明かりに照らされた水面がキラキラと輝いていて、宝石が浮いているようだと年甲斐もなく見惚れてしまう。

「ゼレスちゃんに見せたら喜ぶかしら……」

靴を脱いで水辺に腰掛ける。ひんやりとした水が、試合で火照った体に心地良い。
ちゃぽちゃぽと足先で水を弄んでいると、ふと後ろに気配を感じる。
まだ遠いが、強大な魔力の持ち主だ。おそらくは野生の魔獣。この湖に魔力を浴びに来たのだろう。
町からは少し離れてるとはいえ、防衛のために戦ったほうがいいのだろうか。
考えを巡らせながら靴を履き直し、杖を構えて木陰に隠れる。

「ーーーなっ……!?」

しかしてそこに現れたのは、大きな傷を負ったドラゴンだった。
悲鳴をあげそうになるのを、すんでのところで堪える。
伝説の存在。
いないものとされている魔獣を目の当たりにした驚きと、それが酷い傷を負っている驚き。
見ただけで分かる。
巨大(おお)きく、堅固(かた)く、強靭(つよ)い。
それが無残にも血だらけとなり、荒い息を吐き、安息の地を求めている。
一体何者がこれほどの傷をつけたのか。好奇心と恐怖が混ざり合う。
しばらく水を飲むドラゴンを眺めていると、ふと顔を上げこちらに視線を向ける。

(見つかった)(殺される?)(餌、いや敵だと思われてる)

一瞬でいくつもの思考が浮かんでは消え、まるでスローモーションのようにドラゴンの口が開くのを見つめていることしかできない。

「ゴギャアアアアアアアッッ!!」

そして放たれた炎は私のーー。
984 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 23:00:26.99 ID:xWnoZNWAo
「94六15壱6764200零6!!!」

私の横を通り抜けて、後ろにいた「ナニカ」にぶつかった。

「た、助けてくれたの……?」

ドラゴンは私と視線を交わす。

『人間よ、ここから離れてくれ。こいつはこの世界のものじゃない……。私がこいつを倒さなければ……』

優しい口調で語りかけてくれる。
だが傷は塞がっている訳もなく、劣勢なのは明らかだ。
そんな体なのに助けてくれたドラゴンを放っておけるほど私は薄情ではなく。

『に、人間……!?』

杖を構えて相手に向き合っていた。

「私、これでも結構強いのよ。協力してやっつけましょ」

『……かたじけない!』

「伍ッ!!」

直線。真っ直ぐドラゴンへ向かう道。止まることも曲がることもない。
そのスピードから考えられる偏差。

「そこ! 聖弾【ホーリーボール】!」

「8ッ!」

その「ナニカ」は、常識では考えられない反射で踏みとどまり、右にステップした。
本来なら当たるはずだったホーリーボールは地面で弾け、一瞬だけの閃光となって辺りを照らした。
夜の暗がりの中では私の魔法は一層の眩しさを得る。
その眩しさをモロにくらったナニカは怯み、うめき声をあげてその場に留まった。

『素晴らしいぞ人間よ!』

黒い鱗の先にある、堅牢な爪。それを一切の遠慮なく叩きつける。
ドラゴンの一撃は空気を裂き、ナニカを地面にめり込むほどの威力で振り下ろされた。

「釟2037壱3仇1108参86!!」

『やはりそうか……! 同じ程の攻撃を先程も浴びせたというのにこの堅さ……。ダメージに対する即時免疫の獲得だな』

爪を持ち上げた跡には、ダメージなど喰らっていないという素振りのナニカが佇んでいた。
そして周りが揺らめき。

『グオオオオッ!!』

瞬時にドラゴンの爪が凍る。さらに、炎をまとった体当たりで、堅いはずの鱗を突き抜けてドラゴンにダメージを与えている。
985 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 23:01:06.94 ID:xWnoZNWAo
「あ、悪魔……」

ドラゴンの全力を受け止めるタフネス。一方的な攻撃を加えるパワー。そして底知れない不気味さ。

「19参04六一仇830零!」

『人間、逃げろ……!』

この後に及んで、まだ私の身を案じている。
だが逃げたところでどうにもならない。
体が震える。
どうする、どうする。

「久遠さん!」

「フッ!」

林の中から、二つの影が勢いよく飛び出す。
一つはシュートで動きを止め、もう一つは懐に潜り込み、あろうことか悪魔に殴りかかった。

「零6弐ッ!?」

腹部を正確に射抜かれた悪魔は、胃から逆流した吐瀉物を撒き散らしながらも敵たる私達を睨みつけている。

「我らが大将も情けないですねー」

その声には聞き覚えがあった。
今年入団したばかりの選手だ。実力は折り紙つき、戦況判断にも優れた名手。

「紅林さん……!」

「はいはーい」

紅林茜。名家紅林家の娘にして、類稀なる魔法の才能の持ち主。そしてフィジカルにも目を見張るものがあり、マホリオだけでなく格闘技でもその名を轟かせている。
だがなぜ彼女がここに……。
同じ団体に所属しているが、トリオを組んでいる訳ではない。方や団体の顔である魔法使いと、今年入団の新人だ。挨拶や多少の交流はあるが、こんな戦いに身を投げ出すほどの信頼関係ではない。

「なんで私がここにいるのかはその子に聞いてくださいねー」

そんな考えを見透かされたのか、紅林さんに声をかけられる。
そう、出てきた人影はもう一つ。
見たこともない少女。ライトグリーンの長髪に、プロポーションの取れた長身の体型。じっくり見てみても、やはり見覚えのない人物だった。

「リリウム魔法学校、二年。サリア・マグノリア。いずれあなた達とトリオを組む魔法使いです」

「え……?」

言っていることが分からない。私とトリオを組みたいというファンは少なくない。だけど、紅林さんも交えてトリオを組むと断言する理由が分からなかった。

「サリアさんの魔法は未来視なんだってー。こっちに修学旅行で来てて、しかもここで三人で悪魔を止める未来を見ちゃったから、私に声をかけて来たらしいよー」

「未来視……」
986 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 23:02:02.69 ID:xWnoZNWAo
珍しいが、確かに存在する魔法だ。
普通なら未来視を活かした占い屋として独立するものが多いが、マホリオのプロになるのはさらに珍しい。

「考えごとはあとです、ヴィーネさん。構えてください」

「え、ええ!」

『や、やめろ……。お前たちが敵う相手じゃない……!』

瀕死のドラゴンが息も絶え絶えに訴えかける。
でも、もう覚悟は決まっていた。

「二回も逃げろと案じてくれた。その優しさに報います、ドラゴンさん」

「久遠さん、右に! ヴィーネさん、サンクチュアリでドラゴンさんを守ってください! ドラゴンさんは湖の水で傷口をゆすいで、体力を回復してください!」

「脚深化魔法【ヘビー・レッグ】」

「了解! 聖域【サンクチュアリ】!」

消えたかと見紛うほどの速さで紅林さんが距離を取る。
そして私も魔法を展開。光のベールが私を中心に包み込む。神聖魔法の性質、"退ける力"をフルに使った防御魔法だ。ちょっとやそっとの攻撃では揺らぎもしない。
そのベールの中でドラゴンは湖に尾を突っ込む。器用に傷口を洗い、魔力をその身に浴びて回復しているようだ。

「仇43八10136陸七!!」

無防備となったサリアさんに悪魔が飛びかかる。
だが、そこに攻撃が来ることを知っているように、全くの無駄がない動きで体当たりを避けた。
躱されたことに怒った悪魔は、炎と氷の攻撃を同時に展開する。だがそれもサリアさんにはかすり傷一つ負わせられない。
そして怒りに身を任せた、再びの体当たり。

「久遠さん! 顎(ジョー)!」

「腕深化魔法【ヘビー・フィスト】! シッ!」

一瞬で間合いを詰めた紅林さんが、全霊の力で顎(?)を打ち抜く。
サリアさんしか眼中になかったのか、悪魔はあっけなく攻撃を食らう。
脳を揺さぶられたのか、声を上げる間もなく悪魔が沈黙した。

「……あっけないなー」

「久遠さん、まだです」

悪魔が顔を上げる。
攻撃は当たらず、しかも好きなように殴られる。その怒りに体を震わせ、憎悪をありありと滲ませている。

「953ニ6伍345四6壱一0七仇31!!!」

ビリビリと大気が震えるほどの魔力。
炎神魔法と氷神魔法が同時に来たかのような破壊力だ。

「久遠さん、サンクチュアリの中に!」

二人がサンクチュアリの中に入ってくる。
神魔法二つを受け止めたことは今までない。ありったけの集中力で前面に魔力を固め、ひたすら耐え続ける。

「こ……の……!」
987 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 23:02:54.16 ID:xWnoZNWAo
だが悪魔も苦しそうだ。おそらく持てる全ての魔力を注いだ攻撃なのだろう。
耐えられるか、耐えられないか。私に懸かっている。
だが未来が見えるというサリアさんまでもがサンクチュアリの中にいるのだ。ならば応えなければならない。

『人間よ……』

ドラゴンが起き上がる。サンクチュアリの中で休んでいたドラゴンは、いつの間にか起き上がれるほどまで回復していたのだ。

『ドラゴンの力を見せてやる』

黒く艷やかだった鱗が、さらなる堅さを帯びていく。
それはもはや鱗と呼ぶには生物味がなく、ひたすらに鍛えられた玉鋼の如き輝きを宿している。

『堅さは悪魔だけの専売特許ではないぞ!』

二つの神魔法の中にその身を投げ出す。
怯む様子もなく悪魔の元に辿り着いたドラゴンは、固めに固めたその拳を全力で振り下ろした。
先程とは比べ物にならない衝撃。だがそれでも悪魔は生きている。

『どうした悪魔よ。魔法が止まっているぞ?』

「聖弾【ホーリーボール】!」

「久遠さん!」

悪魔が気づいた時にはもう遅かった。ドラゴンが足を止め、私が光で目を眩ませる。サリアさんの号令で紅林さんが飛び出し……。

「同じ威力だと既に耐性がついてるんだよね。じゃあ誇っていいよ、これは試合でも使ってない魔法だから」

紅林さんがさらに魔力を練り上げる。

「腕神化魔法【ネオ・フィスト】」

振り抜かれた腕は軌跡すら追えない速さで打撃を完了し、今度こそ完全に悪魔は沈黙した。

「終わった……?」

「終わりです。助かりました、ヴィーネさん、久遠さん」

悪魔の体が宙空に吸い寄せられる。
魔界への転送が始まったのだろう。ほんの数瞬で姿が掻き消え、まるで何事もなかったかのように静かな景色へと戻っていた。

「ドラゴンさんも、ありがとうございました。もっと早く来れたら良かったのですが……」

『いや、あれ以上遅くならなかったことに感謝しよう。お陰で命を救われた』

優しい声だ。

『いえ、これでは上から目線すぎるわね。ありがとう、ほんとに助かったわ』

「あれ、口調変わったねー?」

『ふふ、さっきまでは緊張でああいう口調になってたの。でも好きな人となら緊張せず話せるから。こっちが私の素の口調よ』
988 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/21(月) 23:04:21.06 ID:xWnoZNWAo
それからしばらく湖のほとりで三人と一匹で談話を楽しんだ。

サリアさんが卒業したら、私達と組む未来が視えていること。
ドラゴンの名前はレイア。娘もいるから仲良くしてほしいとのこと。
紅林さんがサリアさんに「久遠さん」と呼ばれていたのは、今の彼女と近い内に結婚する未来が視えて、今の名前とごちゃごちゃになって呼んでしまったとのこと。
ドラゴンの存在は秘密にすること。

そして、いつかまた誰かが危ない目にあったら、ここにいる四人で協力して乗り越えること。

そう約束した。



そしてその数年後である現在。
サリアさんの言うとおり、私達三人はトリオを組むことになった。
世代もバラバラなのに、デビュー戦から驚くほどのコンビネーションを見せるトリオ。スポーツ紙には連日のように私達のニュースが載る。

「また新聞なんか読んでるんですかー?」

茜さんが話しかけてくる。

「新聞は大事ですよ。茜さんもちゃんと読んでください」

逆側からはサリアさんが。

「新聞っていうか、私達の記事よ」

バサッと広げると、両側から二人が覗き込んでくる。
では、今まで私が読んでいた記事のタイトルを読み上げよう。

「『最強のトリオ、未だ快進撃止まず!』」

二人に抱きつく私と、照れながらも笑うサリアさん、嫌そうな顔ながらも拒否しない茜さん。
その写真を見て、私達三人は顔を見合わせる。

「最強って言っても、レイアさんの固めた鱗は砕けそうもないしなー」

「あの時の悪魔の攻撃、レイアさんが止めてくれなかったら私のサンクチュアリが砕けてたわよ」

「あの巨躯でとてつもない俊敏さのレイアさんです。私が未来を視たところで避けられそうもありません」

くすりと笑って、あの時のドラゴンさんに思いを馳せる。
我々、未だ最強には程遠く。

「ヴィーネ選手、茜選手、サリア選手。入場の時間です!」

控室にスタッフが来る。
新聞を畳み、立ち上がる。

「じゃあ、いきますか」

「おー」

「はい!」

これが私達の結成秘話。そして最強を目指す道中の物語。
最強を目指して、私達は明日もまたスタジアムへ足を運ぶ。
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 01:38:16.44 ID:W1rTmtIZO
ヴィーネチーム、レイアと面識があったのか
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 11:12:41.09 ID:yKvAC1smO
おつおつ
スキアとの戦いではこの四人がまた揃うことになるのか……今度はラピス達も加わりそうだからさらに凄まじいことになりそうだ
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 11:24:39.39 ID:yhzVqtq9O
あれ、サリアと茜って加入時期違うんじゃなかったっけ(5スレ目>>718
992 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/22(火) 14:24:14.59 ID:uV+1IplQo
20年ほど前、ヴィーネがプロに
(スレの現時点から)6年前、茜がプロに
(スレの現時点から)3年前、サリアがプロに
そしてサリアがプロになると同時に、ヴィーネの同期は引退
茜もチーム組み換えにより、3人が組むことに

>>985で、茜が今年入団の新人、サリアはまだリリウムの生徒となっています
が、未来を見たために、修学旅行を抜け出して茜に声をかけて戦いに来たという風に描写しています

チームへの加入はバラバラですが、トリオになったのはサリア入団直後に、茜も同時にまとめて組んだという感じです


ただここまで書いて気づきましたが、これだと茜とサリアの加入年が2年しか違いませんね…
このサイドストーリー時点で、茜はプロ2年目という風に読み替えてもらえれば助かります
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 16:32:46.31 ID:6XIMltp8O
ヴィーネ達も悪魔、それも上級のとやりあってたんだなぁ。そりゃあ茜もノワールと互角にやりあえる訳だ

それにしても茜は、素の身体能力+魔法ブーストで俊敏に動き回りながら軌道上には残像の如く花弁が舞うとかめちゃくちゃカッコいいだろうな
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 22:15:26.13 ID:LMgylBT0O
レイアがタイマンで勝てないくらいには強かったんだな・・・
995 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/23(水) 22:27:02.51 ID:zA005lFho
現在各キャラクターのプロフィール欄に使用魔法の追記作業をしています
新規スレ立ては明日になるかと思います
お待たせして申し訳ありません
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 22:31:39.36 ID:ay6hhUZmO
了解

6スレ目の最初、ヴィーネチームの3人が抜けてるね
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 00:34:44.85 ID:EQMyWOiHo
乙。ゆっくりでええで
998 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:29:42.15 ID:YJjCFc/jo
【安価】ウィン「リリウム魔法学校へ! 7……ナナ?」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1608822860/

次スレになります、よろしくお願いします
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:36:58.47 ID:1w5F5Pk50
>>1000ならリズに番いができる
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:48:45.26 ID:jkc5ak1WO
>>1000ならエルクと御桜に何か出番が欲しい
1001 :1001 :Over 1000 Thread
               | ///////i!、\ \ ヽ
   、 ,          |/// / ツ/// /i 1!、 \ ヽ ヽ
  エIIエ ふ イ 大. お  |// //// // /.| ||i;゛、   ヽ ヽ  、
  .Eヨ     | .申 , れ  .|/ /リ{ {{{{// / i | ||i .!ヾ   ヽ `、 ヽ
           ̄    |.//{ Y'''''/ /ノ |.|!||! 、i ヽ    `、 、
  、 ァ .つ | 十    |///| { ,,;;;;i :: |.|ii ii、 i  !    i  i
  ┐用 .う  .レ.cト、   |シ从|.|,,,;;;" ̄~"|.|.ii ヾ、、 ヽ    i  i|
  ~ー‐ 、、    、、  |//i、.|| ii!' ,,, -‐.|.| 乂 \  \   i
  ┼ __  -|―|‐    |i i.i|. r| li!く  ゚ |ト /  i;; \  \  i
  ノ 、__   !_    | ii ||/"| l!`ミニ=ニ||'  /;;;;;: \  `、、_
              { |、{{..(| ll! i!;;;;;;; /|  '、:::...:  \  `ー-
   |-    /       | i!|1ト、|lili! !;;;;;;;/ .!  ii|il= il!   .` ー
  .cト、   /⌒し    |!i从/i∧i! i::::    ili!'__iI!--―'' ナ`-ト
          、、   |/いi|l!∧ ::  ー'''''二 ==--一"ヲ/  ||
    O  -|―|‐    .|./i i i|/∧ : :: ヾ-'"        / ;;;::リ'
         !_       | .|/i i!!リi ヽ:: :: ::|li、´ ̄ ̄ ̄ ̄ン ;;;: /
               | .i! i| /i| |、ヾ、.ィi' Tー-―テI|、  ;/:::
        /      |  /リ、| | ||.\i! l! ー‐キil!:::|/::::::::_
        /⌒し    |/ / i!.!;!ii|| |!::::` 、i!  " リ:/-‐''' ̄      SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
              /   .ノ  i! !/:::::::::: へ=-‐'´           http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
双葉杏「コーヒーが飲みたい」 @ 2020/12/24(木) 23:41:01.21 ID:rtTJ1a3X0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608820860/

佐々木「クリスマスだね」キョン「そうだな」 @ 2020/12/24(木) 22:08:53.43 ID:MFd4PAJFO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608815333/

りあむ「クリスマス・イヴだからって、浮かれてデートするカップルってなに??」 @ 2020/12/24(木) 17:51:21.47 ID:BFG+AUIdO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608799881/

【ラブライブ!サンシャイン!!】善子「頻尿は体質、おもらしは自己責任」 @ 2020/12/24(木) 13:25:38.61 ID:VQgbteAf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608783938/

【シャニマス】摩美々「まみみのお利口強化週間」 @ 2020/12/24(木) 12:35:39.07 ID:6vGozh9Vo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608780938/

ハゲの小部屋 @ 2020/12/24(木) 12:20:51.80 ID:P7OOUMAto
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1608780051/

【オリジナル】クリスマス・ヒーロー @ 2020/12/24(木) 05:36:10.58 ID:uyzFntxd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608755770/

男「友達に宅飲み誘われた」 @ 2020/12/23(水) 23:54:31.60 ID:zKMKb4slo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608735271/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

593.80 KB Speed:3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)