男「なに!ドスケベ常識改変カレンダー!?」後輩女「2ですよ2」18禁安価

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

820 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/24(日) 05:21:30.81 ID:KD0oWCio0

ーーーー

男「この女ぁ!下手に出てれば(?)」


ツンデレ「頭が高いわよ!」


男扮するチンピラはツンデレに組伏せられてしまう。


男「ぐうっ」


そんなとき、お嬢の悲鳴が響いた。団子鼻が銃を突きつけホールドアップさせていたのだ。


ツンデレ「なっ!?畏れ多いわよあんた!その方を誰だと思っているのよ!」


団子鼻「ふん、おたくこそ今の状況わかってるのか。このお嬢さんのすました顔面から脳ミソばらまかせたくなかったら舎弟を解放してもらおうか」


男 ツンデレ(すごい煽り言った!)


お嬢「ご、ごめんなさいツンデレ…い、言う通りにしてくださいまし…」ブルブル


ツンデレ「っく!このくず!(男を解放して二歩ほど離れる)」


男「いてて。へへへありがとうございやす兄貴。姉ちゃんよくもやってくれたなぁ。オラァ!(三文芝居の声だけ迫真ボディブロー)」


ツンデレ「ヴっ!ごほ!ごほ!(迫真)…さ、さっさとお嬢様を解放しなさい…」


男「んん〜?そんな偉そうな言い方しちゃうのかぁ?」


団子鼻「間違って引き金を引いてしまいそうだ」ギリ


お嬢「いやぁあああ⤴️っ!?(頬を両手で抑え)」


ツンデレ「ま、まって!撃たないで!な、何が望みなのよっ」


男「手始めに土下座でもしてらおうかぁ。肩がいたくて仕方ねえからよぉ〜〜?んん〜?」


ツンデレ「くっ……」



821 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/24(日) 06:50:01.39 ID:KD0oWCio0

男の非情の要求に従い膝を折ろうとするツンデレ、するとカメラを持つクールがスケブで指示を出す。


クールつ【下着姿で土下座しよう】ジー


ツンデレ(えええ!?)


男「(カンペをチラ見して)よぉし、服は脱いでもらおうかふへへへへ。誠意ってやつを示すためになぁ!」


お嬢(ま、まあ…///結構回りに観光客がいますのに)


ツンデレ「わ、わかったわ…!撃つんじゃないわよっ…///」(震える手でブラウスのボタンを外していく)


男(エチエチィ!)


団子鼻(うわぁ…///)


クール(再生数のため、頑張って)


ツンデレは周りを気にするように服を脱いで下着姿となる。11月とはいえ天気が良く昼時で、鳥肌が立たない程度の肌寒さだった。


ツンデレ「///(下着姿で服をたたみ、その隣に正座する。)」

「わ!あの子なにしてるの!」


「うお!あっ、あれみなよ。あの子のジャケット。修学旅行課題のAV撮影だ」


「なんだぁ。でも。あんな///」


周りの観光客もクールのすがたをみて理解しながらも、その様子を興味深そうにうかがう。


男(修学旅行ってすげえ!ツンデレが観光名所で下着姿で土下座とか!)


ツンデレ「…っ……ど、どうかお嬢様を…解放してくださいっ…///(土下座)」


男 団子鼻 お嬢(ガン見)


お嬢「……はっ!…も、もういいでしょうっ。ツンデレもこうして、あ、あなたたちの要求通り辱しめを受けて頭を下げているのですっ!」


男「ふひひひひwいい格好だな姉ちゃんよぉ(後頭部を手のひらでぐりぐり)」


ツンデレ「〜!///」


クールつ【お嬢さんも並べて土下座させて】サッ


お嬢(な、なんですって〜〜!?///)ガーン


822 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/24(日) 10:37:02.54 ID:c09c+x1xO

男「どうします兄貴!」


団子鼻「男の溜飲は下がったかもしれないが、俺はそのお嬢さんの反抗的な目付きで傷ついたな。」チャキ


お嬢「は、反抗的な目なんてしてませんわよっ?!」


男「なんてこった!これはそっちのドスケベお姫様にも謝ってもらわないとなぁ!」


ツンデレ「な、や、やめなさいっ…!///お嬢様にそんなこと!生まれて人に頭を下げた経験なんてないのよっ!」


お嬢(すごい設定が語られましたわ…)


団子鼻「それは面白い、俺達が初めての謝罪相手になるって訳だ。世の中の厳しさおしえてやらねえとな!」ジョキジョキ


お嬢「…?な、なんの音です」


なんと団子鼻はハサミでお嬢が身に纏うチープなお姫様衣裳を切り裂いていた。


クール(団子鼻迫真…あの服は自由に使っていいって言ってたし)ジー


そして抵抗するまもなく、お嬢は自前の装飾つきオーダーメイド下着姿で放り出されてしまう。


男(団子鼻のやつなんて胆力!すげえ!)


お嬢「いやぁっ///あうう!(ツンデレの隣に手をつき)」


ツンデレ「お、お嬢様!(うわぁ。お嬢さん改めて…やらしー身体…///)」


男「さ、あらためて二人揃って謝ってもらおうかぁ。ふひひ」


団子鼻「変に反抗するなら、どーちーらーにーしー(ゆらゆらと銃口を二人に向け)」


お嬢「ひ、ひぃ!し、しますわ。い、命だけは…//うう/」


ツンデレ「(銃に怯える演技上手…)や、やめてっ。わ、わかったから!///」



823 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/24(日) 10:57:07.30 ID:c09c+x1xO


「なんてハードな撮影なんだ」


「私の学生時代を思い出すわ…」


「それにしてもなんて対称的なスタイルの二人…い、いやらしい///」


お嬢(な、なんで観光名所でこのような辱しめを///)


ツンデレ(あたしも嫌よぉ///でもこれが修学旅行課題なのね。お、思い出になるのね…)


二人の下着姿土下座を見ながら男たちは感動していた。


男(おい団子鼻っ。こんなことかがあり得るのか…//)


団子鼻(す、すごい光景だよね…///)


クール(土下座する二人をじっくり撮影)


クール「カット。おつかれさま、これ着て(ダウンジャケットを用意)」


男「いやぁーおつかれ!エッチすぎ!」


団子鼻「二人ともさ、さむくないかい?」


ツンデレ「意外と平均だけど、助かるわっ…///」


お嬢「は、恥ずかしさが勝りますわ…///」



クール「制服はあたしが持ってるから安心して、移動しよ」


824 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/24(日) 11:34:41.73 ID:c09c+x1xO

ーーー

クール「……これ、ベストアングル」


男「うおおお…二人の土下座した背中からお尻までを背後からとらえている!」


ツンデレ「あ、あんまりはしゃぐんじゃないわよっ///」


お嬢「そ、それでどこに向かっていますの?おそらく終わりでは無いのでしょう」


クール「うん。清水寺で一番有名なのってやっぱり舞台だと思う。そこで本番のご奉仕から性奴隷笑顔ピースまで撮影しようと思う。」


団子鼻「緊張する……い、いや女の子の方がそうだろうけどさ」


本堂の舞台に到着すると、撮影中ジャケットを着たクールが挨拶に回る。


クール「すみません。あたし達修学旅行生で、少しの間AV撮影で舞台を使わせていただきますね」


「あ、あーなるほど」


「へえーここを舞台にAV撮影。いいねえ」


通常なら狂気な会話も、ドスケベ改変ですんなり受け入れられた。


男(修学旅行と言えばAV撮影だもんなぁ(本気))


お嬢(日本文化とは奥が深いですわ…///)


クール「……お待たせ。取りあえず分かってもらった。裏方のあたしにできることってこれくらいだし」


ツンデレ「クールちゃん。じ、じゃあまたぬがなきゃいけないのね…///」


クール「それはうん。(無慈悲)」

825 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/24(日) 14:13:23.55 ID:DaMKMlceO
ドスケベ改変はこうでねえとなぁ!ヒャッハー!
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/24(日) 15:58:51.42 ID:nJXWiBjR0
会話の端々に改変特有の狂気が混じるの良いよね
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/24(日) 16:35:36.36 ID:xVL62ETOO
ドスケベ改変なら仕方ないな
828 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/28(木) 10:29:40.88 ID:wvPcqJ97O

改めて撮影が再開されることとなり、二人はダウンジャケットを脱ぎ下着姿を晒す。


ツンデレ「…//」


お嬢「し、視線が痛いですわ…//」プルプル


男「よっしゃあ!次はどのシーンからはじめるんだ」


クール「二人が隙をみて逃げるけど、舞台で捕まっちゃうところからいこう」


団子鼻「凄い執念だよね僕たち」


ーーーー


ツンデレはお嬢の手を引き清水寺を駆ける。下着姿で走る二人の姿は人の眼を惹き、お嬢の殺人ボディは走る度に揺れ動いていた。


ツンデレ「こ、こっちですお嬢様!//」タタタタ


お嬢「う、うう…//(なんという辱しめですの)」タタタ


その後ををチンピラの二人が追いかける。


男「おらぁ〜まてえ〜」タタタタ


「わ、なにあれ!?」


クール「(撮影中ジャケットを見せつつビデオカメラで撮影)」

「あ、なんだそういうこと」


お嬢は本堂の舞台で丁度足をもつれさせてツンデレに寄りかかるようにバランスを崩してしまう。


お嬢「あうっ!ご、ごめんなさいツンデレ…」


男「ふひひひ。もう逃げられねえぜぇ〜」


クール(堂に入ってる…)ジー


ツンデレ「お嬢様!く、しつこい奴等ねっ」


829 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/28(木) 10:53:48.95 ID:wvPcqJ97O


団子鼻も遅れて到着し、二人に銃口を向け脅す。


団子鼻「はあ、はあ…動いたら撃つぞコラぁ!」


クール(デブだからすごい息切らしてる…)


お嬢「う、うたないでくださいましぃ!」


ツンデレ「い、いっておくけど仲間の護衛に連絡つけたから、あんたたちもう終わりよ!(アドリブ)」


男「(本当にもう終わりなこというのやめろぉ!)へ、そのお仲間も俺達の舎弟が相手してるからここには来ねえよ」


お嬢「(何でチンピラにそんなチームワークがありますの…)そ、そんな…」


男「さっきからいやらしい姿で誘惑してくれるじゃねえか。へへへ、なあ!(ツンデレの手をとり、顎に手をやる)」


ツンデレ「(ドキーン!)な、なによ…あんたたちが脱がせたんでしょ変態!///(わ、私の相手は男ってことよね…やっぱりこいつ私のこと好きじゃない!(なりゆき))」


男は横目でクールの指示を見る。



クールつ【ブラを脱がせて、いやらしく触って】


男(いやらしく触るとかいう童貞にとっての最終定理!童貞じゃなかったわ!ええい!大体ブラのホックを背中に手を回して外すのがムズい!)


ツンデレ「〜//」ギュ


男はニヤニヤとした表情とは対照的に必死にブラをはずそうとしていた。そこには下着は自前のため乱暴にできないという裏事情があった。


男「(うおおおお!やったとれた!定期テストよりきつかった!)へへへへ。(ブラを放り投げ画外のクールにパス)おもった通り小ぶりだが綺麗なおっぱいじゃねえか」


クール(具体的に誉めるのなんか草)


ツンデレ「くう…!///」


お嬢「(つ、ツンデレさんのブラが…///ついにアダルトビデオ本番ということなのですね)ああそんな。ツンデレっ!」


830 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/28(木) 11:13:01.64 ID:wvPcqJ97O


クール(二人の正面に回らないとっ)ジー


男(大丈夫だ、俺はドスケベ改変で指技も上達しているはず!やれる!)


男はツンデレに後ろにまわり片腕を体に添え、もう片手で胸に触り乳首を刺激する。


ツンデレ「っあん!///」ビクン


クール(すっごいいい反応…)


男(片手で乳首を摘まみながら、片手でショーツ越しに股間に指を這わせる)


ツンデレ「ひゃっ…///んんっ!」ビクビクン


男(なんかツンデレ毎回すげえ反応する!俺の指が神か敏感なのか!(後者))


団子鼻(ツンデレさん恋愛効果で凄い感じてる//)


クール(やらしいからなんにせよよし)ジー


男「なんだよ姉ちゃんよ〜乗り気じゃねえかこんな人前で。へへへ。プルプル震えてよ」ムニムニ


ツンデレ「んんっ!…ば、ばかいうんじゃないわよ…へ、下手くそ…///怖くて震えてるだけよっ……やぁん!///」ビクン


男(ドスケベぇ!)


男はツンデレのショーツの中に指を滑り込ませ、直接陰部をなでる。


ツンデレ「〜〜〜///」ゾクゾク


「うお〜気合いはいってる撮影だな」


「す、すごいね」


クール(このまま少し好きにさせて…)


クールはお嬢と団子鼻にもスケブで指示を出す。



831 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/28(木) 11:40:58.51 ID:wvPcqJ97O

ーーーーー


ツンデレ「あ、はあ…///ん。あ…」


お嬢「うう///んっ…… 」


そこには画角におさまるように二人ならんで体をまさぐられるツンデレとお嬢の姿があった。


クール(若干ローアングルに…な、なんか余計にエッチ…//)


男「へへへ。すげえ濡れてるぜ。俺の指がそんなに良いのかよ(すげえ濡れてる!)」


ツンデレ「ば、ばかぁ♥️…う、うぬぼれんなっぁあ!///」


団子鼻(お、男君すごい。僕もがんばらないと…でもお嬢さんの身体…ほんとにムチムチで触る度にこっちが興奮する…)


お嬢「んん…ふう…///(ご、ごつごつした指なのに繊細な指使いですわ…///)」


クール(このまま先に男とツンデレに本番…というかエッチさせて…///…あ、そうだ。)


クールはスケブに新たな指示を書き、男たちに見せた。


クールつ【今から二人ともエッチするけど、その前にお互いの身体を売りあって自分だけ助かろうとしてみて】


ツンデレ(な、なによそれえ!?)


お嬢(け、けっきょくふたりともするというのに!)


男(なんかすげえこと言い出したぞ)


クールの指示は設定上信頼関係にある二人が我が身可愛さにそれを崩壊させるという薄暗さからくるドスケベさを演出するためのものだった。そして結局実を結ばないのに脚本の事情でお互いを売り合う羽目となった二人の羞恥心は裸を見られるものとは又少し別のものだった。


832 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/28(木) 16:55:11.03 ID:N9UqpY3P0
いいねぇ〜
833 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/29(金) 11:25:28.81 ID:YPmbfAMBO

クールの無茶ぶりに少しの間フリーズする四人だが、埒が明かないとはかりに男が先陣を切る。


男「へへへ、兄貴そっちのブロンドのお姫様も大分感じてるみたいですねぇ。」


団子鼻「お、おうまあなぁ。そろそろい、いれちまうかっ」


ツンデレ「///ほ、ほんきでこんなところでエッチする気なのっ!?猿!」


男「期待してるくせによ〜こんな濡らして」クニクニ


ツンデレ「っ♥️…///」


お嬢「ぁっ…///……お、お姫様である私はこ、こんなのたえられませんわっ!ツンデレ!あ、あなたこの二人とエッチして差し上げなさい!」


ツンデレ「お、お嬢様!?」


お嬢「そ、そもそも私の護衛を美形で固めたのはこういう時のためですものっ。任務を全うしてくださいまし」


ツンデレ「き、聞いてないんですけど!契約書にも書いてなかったわ!」


二人はアドリブ全開で口論を始める。男たちは邪魔しないようにしばらくみていた。


お嬢「と、とにかくこの場は頑張りなさい!汚らわしいわっ離しなさい〜!(団子鼻の手の中でじたばた)」


団子鼻(うわ!お嬢さんのふわふわブロンドヘアーが顔に…いい香りがする)


ツンデレ「な、何勝手なこといってんのよ!じょーだんじゃないわ!大体私はお館様からあんたがお転婆の我が儘娘で手間がかかるから給料上乗せってことで御付きになっただけなんだから!」


お嬢「!?」ガーン


男(はぁ〜よく思い付いて話せるもんだなぁすげえ)カンシンカンシン



834 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/30(土) 11:50:53.06 ID:8xm+23ixO
貧乳を貧乳を理由に弄ってはいけない(血涙)



お嬢「主に向かってなんて口の聞き方っクビですわ!ツンデレ!」


ツンデレ「あ、あっそ!じゃあクビついでに我が儘お嬢様に二人分相手して貰うことにするわ」


お嬢「な、なんですってぇ〜!?」


ツンデレ「男好みの肉まんおっぱいで楽しませてやればはい終わりでいいんじゃないの!」


お嬢「に、肉まんおっぱいですって!売り切れてるあなたに言われたくないですわ!在庫を切らした責任であなたが相手をしてやりなさいな!」


ツンデレ「〜!?生まれたときから今日まで販売してないのよこっちは!」


二人の会話はヒートアップしていき、声色にガチの雰囲気が混ざり始める。キョドり始めた男と団子鼻を見たクールは新たな指示を出す。


クールつ【入れちゃえ】ジー




お嬢「チンピラのお二人。あのツンデレが満足するまでお相手してくれますわ!どうぞ!」


ツンデレ「なにいってんのよ、男なんてみんなムチムチのタプタブが好きなのよ!あんたがやるのよ!」


二人は言い争いに夢中でその指示にきづかなかった。そして男たちがポジションを整えて挿入使用としているのに気づき、初めてカンペを見る。


お嬢ツンデレ「え?あ……ん゛ひっ!?///」ビクン


クール(二人揃って予想外な声。いい画)ジー


男「やっぱり二人仲良くだよなぁ。ふひひ。兄貴どうですか」


団子鼻「お、おう。お転婆だが、かなりいいぜ!(緊張で喉が…///)」ソクゾク


お嬢ツンデレ「そ、そんにゃ…///」ヒクヒク


クール(ここもハモった…)

835 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/30(土) 12:18:06.51 ID:8xm+23ixO


ツンデレ(い、いきなり野外エッチなんて…///)


お嬢(そ、それも清水の舞台でなんて…こんな体験があり得るなんてぇ///)


男(あ、ある意味俺たちのほうがきつい!俺たちも恥ずかしいのに態度には出せないしな!//)ズブブ


「おおー。ついに挿入した」


「気合いが入った撮影だなぁ」


「向こうの修学旅行生も撮影を始めたみたいだわ」


男たちの回りには薄い見学者の輪ができており、修学旅行生のけなげなAV撮影を見守っていた。特にお嬢のTNTボディとツンデレの日本刀ボディの対照的な様子にドスケベを感じる男性見学者は多かった。さらに、長身長髪クールビューティのクールが真剣に目の前のドスケベ光景を撮影していることに興奮する上級者も中には存在していた。


クール(ここからは予定通り立ちバックで腰を振って貰う。近づいて臨場感のある映像を撮る)タッ


男「(クールさんが近づいてきた。頑張らないとなっ)ほら、手すりに手をつきな!きれいな景色を眺めながら生はめしてやるよっ」パンパン


ツンデレ「あん!はあ…///んっ!う、うしろからとかぁ……♥️ね、キス、キスは?」


男(ええ(困惑))


クールつ【設定的にキスは無しで】


ツンデレ(うぐぐぅ…///)パンパン


団子鼻も男と同じくお嬢を手すりに手をつけさせ、立ちバックで責め立てていた。


団子鼻「っふ!っく!へへへなかなかいいじゃねえか!おら!」パンパン


お嬢「ん!ん…///あん…っ(荒ぶる口調のわりになんて気をつかった腰使い。人柄がでますわっ)」パンパン


お嬢(って!わ、私たら!何を冷静に…///改変に巻き込まれすぎて…エッチ中に冷静さを…こ、これは成長なのかしら……淑女としてぇ)


836 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/30(土) 13:00:54.08 ID:8xm+23ixO


男「ふっふっふっふっ(ドフラミンゴ)」パンパン


ツンデレ「ん!ぁ♥️んん!ぐっ……!///で、でか…///んひ!」ズンッズン


団子鼻(あ、あのみんなが憧れるお嬢さんと…こんな…っ///)ズッ!ズブ!


お嬢「はぁ…///ん!…んあ……んふっ」タプンタプン


クール「!」ジー


タタタタッ


クール「!」ジー


四人(す、少し冷静になると…セックスを撮影されるのめちゃ恥ず!)


ーーーー


クールつ【二人同時に射精してみて。】


団子鼻「!?(ぼ、僕もう限界だよ…!?)」パチュンパチュン


男「はあ、はあ。っく!(ツンデレわるい急ぐ!)」ズンズンズン!


ツンデレ「んあ!?///は、はやぁ〜♥️!?い、いきなりっんんんんっ」ビクンビクン


クールの秒読みに合わせて、必死に射精タイミングを合わせようとする男たち。


男団子鼻「くっ!で、でる!あ!(膣内射精)」


お嬢ツンデレ「やぁああんっ!///」ゾクゾク


男と団子鼻はゆっくりと肉棒を引き抜き、クールは陰唇をザーメンが垂れる二人の様子を撮影する。


お嬢「は、はあ…ん…んあ」


ツンデレ「…♥️っ…っ…」ピク

ーーー

837 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/30(土) 13:36:24.51 ID:8xm+23ixO

ーーー

お嬢「あ。ん///ん…んん」グリグリ


ツンデレ「はぁ♥️ん…あ…」ズンズン


その後、二人はタオルを敷いた地面に仰向けに寝た男たちにまたがり、腰を動かしていた。自分で腰を動かす騎乗位、そしてカメラの方向を向くために必然的に人が見ている本堂のむきでやらなくてはならず、お嬢とツンデレの羞恥心はひとしおだった。


男「///……空って…こんな青いんだな…んんっ!あ!」ビクビク


ツンデレ(のんき!こ、こいつ〜///デカチングリグリするのどんだけきついとおもってんのよ!許さないんだからぁ♥️)グリグリ


お嬢(み、みなさんみてますわ…うう。わ、我々の快感をむさぼる姿…///あ、頭がへんになりそうですわ…)クチュズリ


団子鼻「う、うう。ん!んん…///」ゾクゾク


クール「…」ジー

女性陣に動いてもらってるのには理由があった。それはこの撮影のラストである【快感にはまって笑顔でダブルピースし、性奴隷宣言】という謎のエンドに向けての準備だった。

クールつ【ふたりとも、そろそろできる?】


ツンデレ(や、やらなきゃおわらないんでしょ〜!///(首縦振り))ズンズン

お嬢(や、やぶれかぶれですわ…///)ズンズン


男(た、たのむぜふたりとも!…ラストは肝心だ!)


お嬢とツンデレは腰を動かしながらとろけた笑顔をつくり、両手でピースサインを作る。


お嬢「わ、私たちはぁオチンポにドはまりしちゃいましたわぁ〜☆」ピース


ツンデレ「こ、これからは性奴隷としてぇ暇さえあればオチンポにまたがって腰を動かすことを誓います♥️」ピース


お嬢ツンデレ「(ふたりで指でハートをつくり)セックス最高(ですわ)〜〜☆☆」


クール「(うんうんと頷きながら撮影する)」


「わ、わぁ///」

「すごいの見たな」


「///」


男 団子鼻「うっ///…く!あ!(射精)」


お嬢ツンデレ「ぁあっ!///」ビクンビクン


クール「(ジー)…………カット。オッケーお疲れ様。」


男(と、とんでもねえ課題だ!先輩たちもしてきたんだなこれを…(していない))


ツンデレ「///」(両手で顔を抑えて首をふる)


お嬢「は、はあはあ…///言葉もありませんわ」


団子鼻「み、みんな服を///」

838 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/30(土) 13:44:55.47 ID:8xm+23ixO

次回!ドスケベ改変AV撮影第二部!

ドスケベ達よ募集!

撮影する京都の観光名所(地名)。AVの内容。メンバーを書いて♥️(一人一回は出る必要があるのでクールは今回確定で)

次回更新のコンマと一番近いやつ採用させて




秋。秋はいいのう。黒を着てもなにも言われぬ。
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2021/10/30(土) 16:15:53.83 ID:au3bYYF1O
嵐山温泉

男がカメラ役
クールとお嬢とツンデレが男性更衣室に入ってきた
更衣室にはおっさんが多数いた
おっさん達の前でストリップショー

全裸になったら男湯に入って、全員おっさん達の要求に応える
要求はM字開脚の状態でインタビュー・公開おしっこ・団子鼻にトリプルフェラチオを全員でやる
一人ずつ団子鼻と騎乗位SEXして、三人にお掃除フェラされる

男は団子鼻にカメラ役を交代し、3人順番にバックをガンガン突いて、終わったら3人からお掃除フェラ

最後にツンデレがカメラ役となり、男と団子鼻がクールとお嬢のおっぱいで身体を洗われて、最終的にパイズリフェラ&正常位でセックスしてイク

(その間ツンデレはオナニー)

ツンデレがカメラをおっさんに持たせて、アヘ顔の全員を映しながら、M字開脚で「修学旅行セックス!サイコー!」と言って、おっさん達の拍手で締めくくる
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/30(土) 18:35:26.30 ID:AbRjSAmt0
嵐山温泉で、出るのは男、お嬢、ツンデレ、クールでカメラ役は団子鼻で男は三人の裸をみて勃起してしまい三人は男のちんぽをみて虜になってしまい三人でトリプルパイズリフェラをして中だしをする団子鼻をカメラをとりながらしこしこしてしまう
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/30(土) 19:54:10.08 ID:Rvw6XIUSO
からくり忍者屋敷

出演するのは男、お嬢、ツンデレ、クールでカメラ役は団子鼻(依頼人物でもある)

くノ一の格好をした女性陣が悪事をしている役人を仕留めるため屋敷に忍び込むが屋敷の罠に掛かり捕まってしまう。特別尋問員である男は尋問(エロ)を行い、くノ一達に依頼した人物を吐かせようとするが、中々上手くいかない。何とかして吐かせようと考え、3人を絶頂寸前まで焦らして「吐けば絶頂させてやる」と言う。結果3人同時に吐いて好きなだけ男に犯してもらえ最後には「私達は男様の物です。どうぞ男様のお好きなようにしてください」と言ってしまう。言われた男は本当に好きなようにやり、満足するまでヤる。最後は各自感想を言って締め括る。
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/30(土) 23:00:10.55 ID:BDHoDwB6O
>>841 一応念のために、からくり忍者屋敷は東映太秦映画村のです
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/31(日) 00:19:36.94 ID:u4cbtCgr0
逆にお屋敷で女性陣に好き放題される男たちが見たいなあ…具体的には思いつかないけど…(クソ雑魚想像力)
大奥の逆バージョンみたいな感じ…?
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/31(日) 01:26:56.98 ID:h8xDOX9n0
貴船神社
撮影はお嬢で男とツンデレが神様役、団子鼻とクールが縁結びのためにやってきたカップル役
カップルがお参りしているところに神様が登場し、まず男とクール、ツンデレと団子鼻でそれぞれ交わって力を授けた後カップルで交わることで縁結びが成就する
845 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/03(水) 10:09:57.46 ID:nPg/RdQ5O
ドスケベたちありがとう

てきとーに脳内のドスケベを書いてくれるだけでいいんだよ♥️

このレスに近いコンマ決定!同数のときは近いレスぅ!
846 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/03(水) 11:00:32.73 ID:nPg/RdQ5O
あ、嵐山温泉ってそんな有名なの(京都くそ雑魚ナメクジ勢) トリプルパイズリフェラの面積無視感好き
>>840 で決定!


男「い、いやーいい経験だったな」


ツンデレ「ふん…ば、バズらなかったら許さないんだから///」


クール「とった映像は先生に渡して、編集してくれるみたい」


お嬢「仕方ないとはいえ先生方にみられるのですね…」


団子鼻「でも、全員が出ないといけないからまだクールさんが残ってるよね」


クール「うぐ」


ツンデレ「そうね。」


ツンデレは意地悪な笑みを浮かべてクールの前に後ろに手を組んで立つ。

ツンデレ「クールちゃん無茶な指示出しすぎたんだから自分もされても文句はないわよね〜♪」


クール「さ、再生数のためだから。その、お手柔らかに///」


男「ふひひひひwじゃあどんな感じで撮ろうか」


男たちは清水寺を後にし、次の観光地もとい撮影場所を探す。


847 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/03(水) 12:44:44.69 ID:nPg/RdQ5O


お嬢「課題もそうですが観光もしたいですわっ。嵐山いってみましょう色々ありますわ」


ツンデレ「ち、ちょっとあるくのはやくない…?(内股)」


男「おうどうした」


ツンデレ「あんたのがでかくてヒリヒリしてるのよー!」


男「いやぁ〜失敬失敬w」


団子鼻「じゃあ此処から一時間くらいだけどいってみようよ」


クール「渡月橋とか…竹林とか…いってみたい」


男たちはバス停まで歩き始める。清水寺からバス停まで10分ほどかかり、ツンデレは男におんぶで運ぶことを要求する。


男「恥ずかしいんだけどぉ」


ツンデレ「ふぅ〜んあんた、自分で痛め付けた女の子にそんなこと言うのね。」


男「痛め付けたって」


クール「運んであげればいいじゃん」

ーーー

ツンデレ「〜><♪」ギュ


男「(は?軽いんだが。こんなに軽くて柔らかいとか最高だぜ)たくしょーがねえなぁ。」


団子鼻(お、男君たってるよ…)コソコソ


お嬢「あ、バス停見えてきましたわ。(鮎の塩焼きを頬張り)」モグ



848 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/04(木) 16:12:09.24 ID:WoQjPIWsO


バスを乗り継ぎ嵐山に到着する男たち、男は前日にはトロッコ列車などを見学しており、クールの要望通り紅葉を望める渡月橋を観光していた。


男「はーテレビで見たことあるぅ」


ツンデレ「なんかすごぉい(語彙力消滅)」


お嬢「紅に染まる山々、綺麗ですわ〜♪先程の羞恥が流れていくようです」ホワワ


団子鼻「紅葉狩りで沢山人が集まるのよく見るもんね。今日は混雑ってほどでもなくて良かった」


クール「こんなにきれいなのにまだ本格化してないんだ。」

クールは落ちている紅葉を数枚見繕い、それをポーチにしまう。


団子鼻「なにをしているの」


クール「ん……綺麗だから栞作る」


屈んだことで前に流れた長髪を手で直しながら、クールは満足そうに微笑んだ。その妙に風情のある様子は団子鼻の目を奪っていた。ドスケベとは違う風流な美が漂っていた。


団子鼻「おおお…」


男(肩ポン)


団子鼻「お、男君」


男「分かるぞ、今のは萌えた。誰もお前を責められまい」


団子鼻「そ、そうだよね///」


クール「?」サラリ


お嬢ツンデレ「?」ヘケッ


お嬢「皆さん、いい場所見かけましたわ!写真とりましょう!こちらです〜っ」

849 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/05(金) 08:33:41.06 ID:KwPP4wgRO

ーーー

その後、ツンデレが縁結びのご利益が有名な野宮神社に行きたいと言い、自由行動時間となった。男たちは竹林の小径をゆっくりと歩きながら見学していた。


男「なんか幻想的(小並感)」


団子鼻「すごいなぁ。夏は涼しいらしいね」


クール「300メートルくらい竹の林が続いてる。幽玄だね」


他の観光客もちらほらいる中、三人はゆっくり歩を進める。


男「なあ!ここでクールさんAV撮影しないか!(台無し)」


クール「ん………ここはやめておく///」


団子鼻「さっきより日も当たらないし寒いしね」


男「あそっかぁ。でもそうなるとこれから日も落ちるし、撮影できる場所限られてくるな。」


男「あそこの人力車サービス使わせてもらって、生はめしながら観光とかいいと思ったんだけどな」


クール「だ、だめだめ…///」


ツンデレ「お待たせ〜♪」


お嬢「ツンデレさんすごく拝んでましたわね。後輩女さんから頼まれていた御朱印ももらってきました〜♪」


団子鼻「お帰りっ」


男「もうしばらく散策したら課題できる場所探そうぜ!」


お嬢「熱心ですわね男さん。見上げたものですわ!」


男「(正直ドスケベ改変じゃないのにこんな課題があるなんて困惑すると共に歓喜している!)」ウキウキ


850 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/06(土) 14:55:24.97 ID:AGLACMdOO

ーーー


男「ハァ…ハァ(満身創痍)さ、撮影させてくれるところ見つかったぞおおおおうおおおおおお」


団子鼻「や、優しい旅館があるもんだね!」


お嬢「六件目にして…」


ツンデレ「普通に考えててAV撮影させてとか許してくれるわけないけど、修学旅行生だものねこっちは」


クール「男、毎回強めに『僕達修学旅行生なんですけど!』ってつけてて笑った」


男「そこ抜かしたら捕まるかも知れないという恐怖がすごかった。課題も楽じゃないぜ(チョコもぐもぐ)」

男たちは撮影許可がでたという狂気の温泉旅館に向かい始める。まさに世界全体を網羅するドスケベ改変の賜物だった。


男「機材もって歩くの疲れたわ!(大体俺よりツンデレの方が力持ちだろ。男の子だから言わねえけどぉ)」


団子鼻「ごめんね代わるよ男君」


男「半分だけ頼むわ」ワタシワタシ


ツンデレ「あ、あたしも少しだけもってあげる。華奢だけど」


クール「(良く言うよ)あ、でももう着いたみたい。あそこだよね男が許可もらった旅館(指差し)」


ツンデレ「へー。わ!す、すごい立派。門構えまで豪華だわ!お嬢さん見て!」


お嬢「ふーんこれが……………っは!た、確かに豪華ですわね♪」


男(お嬢さんにとっては月並みだった!)


団子鼻「なんか緊張するなぁ」

851 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/08(月) 16:23:37.71 ID:pCgeLyjHO

ーーーーー

男「すげえ。室内温泉借りられちゃったよ」


お嬢「訳を話したら微笑ましそうに貸してくださって、女将さんお優しい方でしたわっ」


男たちは外の気温が下がってきたことから宿泊部屋についている室内の温泉を借りていた。ドスケベ改変故のあり得ない親切心だった。


ツンデレ「へええ…立派ね…こんな旅館に泊まりたいわ。…で、団子鼻。どんな撮影をするのよ?確か団子鼻が今回監督よね」


男「ああ、温泉での撮影にビジョンがあるっていうから俺は何件も探したんだぜ」


団子鼻を「ありがとう男君。いやぁ、やっぱり温泉なら寒くもないし、裸でいるのも自然かなって思ってさ」


四人が話していると脱衣場が開かれる。脱衣していたため遅れてきたクールが体にタオルを巻いてゆっくり入ってきていた。他の四人は旅館の作務衣風部屋着を貸してもらっていた。


クール「…お、おまたせ…」テクテク


男(うおおおお長身スレンダーボディをタオルで隠しやがって!最高だ!)


ツンデレお嬢「」ニヤリ


ツンデレ「クールちゃん撮影するんだし隠さなくてもいいんじゃないの〜♪」


お嬢「そうですわっ。私たちなんてお寺で脱いでますのよ?」


男(意趣返しがはじまってるぅ!)ガンミ


団子鼻「」ガンミ


クール「や、ま…そうなんだけど……///あたしだけ裸ってのは……」


お嬢ツンデレ「問答無用(ですわ)!」バ!


クール「きゃ!?」


男(クールさんもきゃって声あげるんだな。三白眼とかはうおお!とか言いそうだよね)


団子鼻(た、たしかに///)


852 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/09(火) 12:57:31.72 ID:mQ92d5g7O


ツンデレとお嬢にタオルを剥ぎ取られたクールは撮影のために簡単に束ねられた髪を揺らしながら体を抱えてしゃがみこんでしまう。


クール「////」バッ


ツンデレ(な、なんか悪いことしてる気分だわ…//)


お嬢「さ、クールさん素晴らしい修学旅行課題としましょう♪(天然鬼畜)」



クール「そ、そうだ…ね…///(両手で身体を抑えながらゆっくり立つ)」


男「おいやべえぞ!背高くてモデル体型!」ヒソ


団子鼻「バスケ部で運動してるからすごいスリムだよね」ヒソ


団子鼻はバッグから撮影中のジャケットを羽織る。貸しきりとはいえ誤解を生まないための配慮だった。


団子鼻「よ、よし!じゃあ撮影始めよう!時間もないし」


お嬢「張り切ってますね団子鼻さん。男さんも、クールさんをいやらしくしてあげなくてはいけませんよ!」


男(超難題なんだが!)


ツンデレ(て言うかそういえばそうよね。団子鼻がカメラなら男が出演じゃない)


クール「お、おてやわらかに」


男「はぁあ!(作務衣を脱ぎ肉棒を露出)」バン!


クール「…っ!で……かいよねやっぱり…///」オズオズ



853 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/09(火) 23:17:05.85 ID:5usvw46D0


男「監督、まずはどうする」


団子鼻「じゃあ、さっきの撮影じゃしなかったことしよう。あの、胸ではさむ…///」


男「パイズリな!(直球)」


団子鼻「そ、そうそれ」


クール「胸で挟むっ……(自分の胸を見て)」


ツンデレ「待ちなさいよ、私やクールちゃんはシンデレラバスト!Aカップなのよ!そんな無茶は」


クール「あたしはBカップだけどね(早口)」


お嬢「…」タププン


ーーーー

クール「…っ…ん……ふ……!…///」ヌリュヌリュ


男「ぉほほwww…」ビクビク


クールは男の前で屈み、その控えめな胸をローションで濡らし、手で寄せてパイズリをしていた。健気な様子は男を目でも楽しませていた。


クール「……き…きもちいいの…これ?」ヌリュヌリュ


男「自信を持ってくれ(普通に女の子が俺のチンポを胸で挟んでるだけで最強なんだが?)」


ツンデレ「……」モヤモヤ


お嬢「まあ…///」


団子鼻「…」ジー

854 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 00:16:44.41 ID:EOwaEd470

クール「…ん…っん…///」ヌリュヌリュ


男「くはぁ…」ビクン


ツンデレお嬢「」ジー


団子鼻「ジー…ね、ねえ二人とも、よかったら参加してくれた方が嬉しいな」


お嬢「わ、私たちもですか!?」


ツンデレ「……し、しかたないわねっ…クールちゃんだけに男のバカみたいなオチンチンを任せてられないもの…///」プイ


お嬢「……ま、まあそうでしょうか……///」


クール(ツンデレはかなりジェラシーまじってそうだけど…た、助かるし黙っとこ)ヌリュヌリュ


男「三人も一度に相手……これがAV撮影なのか(驚愕)」


お嬢とツンデレも作務衣を脱ぎ、クールと同じように裸で男の肉棒の前に屈み混んだ。
  

男(同年代女子が三人目の前で裸とか!とか!しかもこれ改変じゃないとか!(改変))


お嬢「……そ、それで監督さん…我々は何をすればいいんですの」


団子鼻「そうだね…先っぽをクールさんが咥えて、二人は、横から舐める。三人で一緒に舐めるのを撮ってみよう!」


男(トリプルフェラだと……団子鼻さては神か…)


クール「あたしが先っぽなんだ…///」


ツンデレ「……ま、まあメインはクールちゃんだからね…今回…///」


ーーー


855 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 00:53:46.10 ID:EOwaEd470


クール「ん…んん///ちゅ…んぶ…」


お嬢「れ…れろ……ん…//」


ツンデレ「こ、こんなにバキバキにして…なんなのよあんた…ちゅ…ん…///」


男「こんなゆめのような光景はなぁ!バキバキにしなければ無作法なんだよなぁ!」


三人の不規則な舌の動きに男の肉棒は面白いように反応する。手慣れてない舌使いが逆に男を高ぶらせた。



クール「ちゅ…んっ//」


お嬢「はむ、んん…ん。」


ツンデレ「れろぉ…」


男「で、でるっ…!う!やば…っ」


クールは震える肉棒から口を離す。男のザーメンが放出され、クールの首下にかかる。


クール「わっ!……う、あつ…///」ベタァ


お嬢「まあっ!…クールさんなんて淫靡な…///」


ツンデレ「白いのが体に…うわ…//」


男「ふううう……最高だ…(ちなみにまだまだいける)」


団子鼻「ジー」(すごい、さっきも撮影したのにまだまだ元気だ)


856 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 02:17:21.70 ID:F1dx/4s5O

ーーー

ツンデレ「温泉だから簡単に洗い流せていいよね(シャワーでクールの身体を流す)」


クール「ん…ありがとっ」サアアアア


男とお嬢は団子鼻の撮った映像を見直していた。


男「うおお…三人のフェラチオをいろんなアングルから…エロい(直球)」


お嬢「団子鼻さん、撮影技術すごいですわね…色々と器用な…」


団子鼻「我ながらすごく良く撮れてる…お嬢さんの身体も、もちろん」マジマジ


男「ドスケベな体な!」


お嬢「も、もう……///」タプ


団子鼻「男くん。いよいよ次は本番だよ」


男「ああ!」

ーーーーーー

男の目の前には、尻餅をつき足を閉じて赤らめた顔でこちらを見つめるクールの姿があった。相変わらず表情の変化が乏しいが赤くなった頬が表情以上に羞恥心を語っていた。


クール「……///」


男「よ、よしじゃあ正常位でいくぜ…」


ツンデレ「よかったわね〜男、一日で私とクールちゃん、二人とエッチできて。まあ男なんてエッチできれば誰でもいいんでしょ?はーやだやだ。ちんちんに脳みそあるのね」


団子鼻「まあまあ。仕方ないよツンデレさん」ジー


お嬢「男さんのあの大きいものを…クールさんが///」


857 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 03:16:29.57 ID:F1dx/4s5O


男はゆっくりとクールの膣内に肉棒を挿入していく。


男(くうう…ツンデレに負けず劣らずの運動部オマンコ!)ズブブ


クール「ぁ…あ…///やっぱ……すご…」ビクン


団子鼻「二人の表情もズームでとっておかないと」ジー


男「動くぜっ。く!」ズンズンズンズン


クール「ぁっ!…ん……ふっ…ん…っ」


クール「深…っ…///…んあ…はあ」


団子鼻は撮影を続けながら、お嬢とツンデレに指示を出す。お嬢はクールの背後に回り、両手で乳首をつまみ刺激する。


お嬢「し、失礼しますわ…//」クリクリ


クール「ちょ…っ!ん…お嬢さんっ…?ぁっ!…///」


そしてツンデレは男の乳首を背後からつまみ刺激する。


ツンデレ「べ、べつに私はこんなことしたくないけどっ。再生数のためなんだからね!///」クニクニ


男「ううっ!///くぁ…!(ツンデレの肌が背中に感じてヤバイんだが!)」ゾクッ


二人にいたずらされながらも男は腰を動かし続け、クールを責める。クールも乳首と膣内の刺激に淫らな声が漏れ、止まらなくなっていた。


クール「んっ!……ふっ…あ…ん…」ビクンッ!


お嬢「き、気持ち良さそうですね〜クールさん。こんなのはいかが」カリカリ


858 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 03:26:06.60 ID:F1dx/4s5O


ツンデレ「♥️〜…ふーはむ…」コリコリ


男「ぅっ!あっ!…///」ビクビク


お嬢は乳首を刺激するタイミングを変えてみたり、ツンデレは乳首を刺激しながら耳たぶに息を吹きかけ、唇で咥えたりして二人を刺激していく。


男(こんなことされたらすぐに射精(で)ちまう!)ビクビク


クール「んんっ…!な、なんか…んっ…お嬢さん上手…っあ…//」パンパン


お嬢(常識改変で…やはり成長を…///複雑ですわ)コリコリ


団子鼻「…す、すごい。すごいいやらしいよ!…」ジー


男「少し早めるぜっ!っく!あ…んん!」ズンッズンッズンッ


クール「〜〜〜〜//」


ツンデレ(こ、こうしてみると背中やっぱり男の子だわ…広くて…///)ドキドキ


四人の淫らな絡みに団子鼻は撮影しながら興奮が治まらなくなってしまっていた。


団子鼻「う…///はあ…はあ…(自分の肉棒をしごきはじめ)」スリスリ


お嬢「クールさん、がまんせず気をやってしまいなさい〜っ」クニクニ


クール「ふっ…ん…あ…んふ…ん…あ…///」



859 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 03:46:13.27 ID:F1dx/4s5O
団子鼻がオナニーを始めるのは脚本の奴隷感が拭えぬ。だが改変はできるだけ実現していくのだよ。




男「っ!…く!あ…で、でる!だすぞっ!クールさん!あ!」パンパンパンパン


ツンデレ「♥️〜」ハムハム


クール「あ、っん!ん…んん〜〜〜〜っ!///」ビクビク


クール「い…いっく……んぁん!…///」ガクガクッ


男「ぁあっ!(膣内射精)」


クールの絶頂についで、男の射精がおこなわれる。


男クール「はあ…はあ…はー…///」


団子鼻もその過激な様子を見ながら絶頂を迎える。片手で肉棒を触りながらも撮影の手にブレはなかった。


団子鼻「はあ…はあ…//はあす、すごくいやらしい映像がとれたよ。カット!」

お嬢「お疲れ様ですっおふたりとも」


ツンデレ(あ、クールちゃん中に……べ、べつに羨ましくなんて無いし…)


団子鼻「簡単に身体を流して、女将さんにお礼言って退散しようっ」


男「ふう…ふー…そうだなっ!」


お嬢「さ、撮影が終わったなら、乙女の身体をあまり見ないでほしいですわ///」ギュ


ツンデレ「そ、そうよ!あんたたちちょっと出てなさい!」


クール「…ふうう。悪いね」


男「ちぃ!仕方ねえ!」


団子鼻「そ、それもそうだねっ。いこう男くん。」

ーーー
860 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 03:59:44.48 ID:F1dx/4s5O

男たちは簡単に身体を流し、温泉関係者にお礼を言うと旅館を後にする。外は薄暗くなっており、集合時間も近くなってきていた。


男「いやぁ〜激動の一日だった。」


ツンデレ「ほんとね。これも修学旅行の思い出ね」


お嬢「そうですね、恥ずかしかったですが、いい思い出ですわ」


団子鼻「ちょっと時間まずいかもね。急ごうか」


クール「バス停は、あっちだね。(若干内股)」


ーーーーーー

その日の深夜


神社境内に建てられている家の、自分の部屋で音楽を聴きながらスマホをいじっていた後輩女は、ドスケベ改変のことを思い出していた。


後輩女「……あ、そういえばドスケベ改変の。えーと」


そのままスマホでYouTubeを開き、努助部学園 修学旅行と検索する。


後輩女「これでいいのかな?そもそも本当にYouTubeかもわからないけど。普通ならアウトだし…ん?」


【努助部学園修学旅行課題 清水寺命乞いレイプ お姫様と御付きがチンピラの慰み者に】

【努助部学園修学旅行課題 嵐山温泉で絡み合う生徒たち 見所はトリプルフェラ】


後輩女「wwwwwww」


後輩女「いひひひひひwwお、お腹いたい…w」


 
861 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 04:11:56.12 ID:F1dx/4s5O
Scorching school excursion 完!

次回通常のドスケベ常識改変! 募集♥️


なんか気づいたら長いことしてるしもしかしたら新規のドスケベもいるかもしれないので簡単にルールおさらい。

・次回更新時の私のレスのコンマにもっとも近いものを採用(同点の際は先に出した案。案を出したとき前に出た案とコンマが被っていたらコンマ振りなおし一度OK)

・1IDにつきドスケベ改変はひとつ

・基本的に何の指定がなければ男 後輩女 お嬢はドスケベ改変から逃れる。最低一人逃れれば良いので【ドスケベカレンダーは◯◯だけで捲る】とか書いてくれればその他二人はドスケベ改変の影響を受ける。

・指定がなければ平日の学園での改変になりがち。


あとは妄想のままに好きに書いて♥️
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 04:25:34.18 ID:T5kGafvSO
>>687
863 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/10(水) 05:09:38.85 ID:F1dx/4s5O
登場人物の雑な説明! 努助部学園関係者

男 二年三組 古典研究部を騙るドスケベオカルト部部長 身長170半ばの平均的な体格。短髪だったが最近伸び気味。 70点と揶揄される顔面の持ち主 学園二位の巨根の持ち主

後輩女 一年二組 古典研究部を騙るドスケベオカルト部副部長 神社の娘 ドスケベ改変カレンダーを発見した本人。 基本ツインテールで毒舌気味。小柄で貧乳安産型。

お嬢 二年三組 一学期に転校してきた文字通りお嬢様。西洋の血が外見に現れておりブロンドヘア、コーカソイド、碧眼がトレードマーク。世間知らず。ドスケベボディの持ち主でスリーサイズが判明している。

同級生A 二年三組 男のクラスメイト サッカー部レギュラーで筋肉質なボディの持ち主。 四組のショートカットと付き合っている。

団子鼻 二年三組 男のクラスメイト 小太り一重まぶたでぷっくりした鼻 少し薄い頭髪という外見的マイナスを補ってあまりある人間性の持ち主 色々器用

三白眼 二年三組 男のクラスメイト ブラウンのセミロングで目付きが鋭く言葉遣いが粗いが人懐こい現演劇部部長 平均的なボディの持ち主

ツンデレ 二年四組 バスケ部のエース 実家が道場でかなり手練れ 基本はポニーテール 猫目が特徴でスレンダーなボディの持ち主 かつて階段で怪我しそうなところを助けられたことから男に矢印あり

ショートカット 二年四組  陸上部のエース 同級生Aと付き合っている文字通りショートカットのスポーツ少女

クール 二年四組 バスケ部レギュラー ロングヘアーのミステリアスだがバスケ部ではツンデレと共にエース級 二人ともスレンダーボディなためディフェンス技術もかけて【赤壁(レッドクリフ)】と呼ばれている

ヤンキー 二年四組 男と同中でマイノリティに属している。 黒ブラウン金の三色メッシュのセミロングヘア カラコン ネックレスが特徴的

A真面目 一年二組 後輩女のクラスメイト 小柄で脱色気味サラサラマッシュヘアーが特徴 華奢な体格 学園一位の肉棒を備えている

後輩1 一年二組 後輩女のクラスメイト  後輩女より小柄で140後半の身長 ふくよかなボディの持ち主。巨乳 演劇部 セミロングヘアをハーフアップにしている

ギャル 一年二組 後輩女のクラスメイト 夏休みでギャルデビューした。それまでは黒髪おかっぱ 現在はブロンドヘアをサイドテールにしている 太ももがムチムチ 

褐色娘 一年一組 人懐こい性格 身長は160前半。スイムキャップの邪魔にならないようなミディアムショートヘア。そして腕、足、顔と露出している部分がほどよく日焼けで褐色に染まっている

ドーナツ 一年四組 ゆるふわ栗色のショートボブヘア パン屋でバイトしており学園1の爆乳の持ち主 全体的にムチムチ Mっ気が強い

生徒会長→姫カット 三年  元生徒会長。お嬢以上ドーナツ未満の爆乳の持ち主 文武両道 身長170後半で元剣道部部長 

生徒会1→眼鏡先輩 三年 アシンメトリーボブ 姫カットと同級生だが敬語をつかう。現在は世代交代で生徒会じゃないので名前が変わる 控えめボディ

レスリング 三年  元レスリング部部長の全国レベルの実力者 脂肪と筋肉の黄金比な肉体の持ち主 親しみやすい性格 多くの生徒のオナペットとなっている

茶道 三年 元茶道部部長 雅な雰囲気を漂わせるロングヘア淑女 同学年の好青年と付き合っている。好意的な表現をするとヤンデレ

好青年 三年 180p以上のの長身で明るく染められた天然の癖っ毛 嫌みのない性格 社会人フットサルチームでエースの身体能力 なにより整った清潔感のある顔 モテる(確信) 茶道と付き合っている。

先輩1 元演劇部部長 身長170後半 ショートヘアのモデル体型女子 ヤバイやつだと一部で有名

(元)放送委員長 三年 色々小柄な体格でウルフカット 大声が通る 

先生陣 >>116

先生E 二十代後半の美術の教師 癖のあるロングヘアーで常にベレー帽を被っている スレンダーなボディの持ち主。



864 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 06:00:30.38 ID:K5tvKzGz0
ドキドキ水着大会でお嬢とドーナツと生徒会長と男参加で
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 06:06:01.25 ID:K5tvKzGz0
ごめんなさい間違って内容書けずに投稿してしまいました数字は上の方でいいのでお嬢とドーナツと生徒会長と男参加でプールで水鉄砲対決水鉄砲が女子の水着に当たると溶け男興奮して夢の学園トップスリーたちのおっぱいに興奮して勝者の男は三人トリプルパイズリフェラをお願いしてそのあと三人中だしする
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 06:58:26.64 ID:hvA3S85i0
>>517
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2021/11/10(水) 07:06:08.46 ID:yUjgygkq0
>>442

【後輩女とお嬢とでめくる。男が平然とオナる姿に大爆笑の後輩女】
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 07:07:06.40 ID:YhoWsOdK0
>>506
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 07:51:23.67 ID:G4cEZ0zCO
>>460で後輩女が改変される
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 09:45:34.12 ID:up9evtAN0
>>678
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 16:38:36.63 ID:bEGZFIJ7O
>>632
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 18:10:56.65 ID:lq5cpU3LO
>>616
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 20:49:42.47 ID:sQ70t2qbO
>>455
男とお嬢は改変無しで
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 21:01:50.72 ID:K7+5sawR0
>>407
男と後輩女は改変なしで
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/10(水) 22:23:48.23 ID:pfeStnICO
>>684
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/11(木) 02:46:04.92 ID:V2kMU2LnO
>>685
後輩女が改変の影響を受ける
877 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/12(金) 01:44:51.44 ID:gihtX2IrO
ドスケベ達の夢の跡

ありがとう! このレスコンマで決定だオラァ!(イキリ)
878 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/12(金) 08:23:27.97 ID:gihtX2IrO

二年の修学旅行から休日を挟み、男達は早朝の古典研究部部室に集まっていた。


男「いやぁ楽しかったなお嬢さん」


お嬢「学園の皆様と京都を散策できたのがとても嬉しかったですわ〜♪」


後輩女「色々な神社の御朱印ありがとうごさいますぅ。お土産の八つ橋まで」ホクホク


男「ありがとうございますワンって鳴いてみな」


後輩女「んんー?なんか鳴き声が聞こえますね」


男「修学旅行の間特に問題なかったよな?(隠されているドスケベオカルト部用品含め)」


後輩女「ふ、私に抜かりはありません」


男「とんでもねえやつと同じ時代に生まれちまったもんだぜ」


お嬢「なにやら学園も久しぶりな気がしますもの」


後輩女「いやぁ〜二人とも頑張ってましたね。AV撮影ww見ましたよ。もうなくなってましたけどぉ」


男「ああ、まあなぁ」


ドスケベ改変おさらい先生【ドスケベ改変の痕跡は大体その日の内に消滅するけど本人の記憶には残るし、詰められても疑問には思わないのだ】


お嬢「本当に恥ずかしかったんですから。おほほほ」


後輩女「www」


その後男はお手洗いで一時的に部室をあとにする。


お嬢「そういえば後輩女さん、あの常識改変カレンダーは捲らなくても大丈夫ですか?悪い気とやらがたまっていませんか」


後輩女「えーと。うっ!?な、なんて穢れた気!(適当)これはめくらないとまずいです!」


879 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/14(日) 00:47:08.25 ID:Zfz4SCVj0


お嬢「仕方ありません…ひ、ひさしぶりで身がひけますが」


後輩女「それではぁ〜(カレンダーの前に歩み寄り)」


後輩女「てい!」ペラッ


お嬢「ちょ…!?男さん戻ってきておりませんわよ?」


後輩女「あ、てへ♪(邪悪)でも仕方ないです。今も暴発しそうだったので」


お嬢「それならばやむを得ませんか…それよりっ、な、内容は?」バッ


ゴゴゴゴゴ


性欲が食欲と睡眠欲と同程度に「けっして我慢できないもの」だという常識
局部を見られることへの羞恥心は少し残っているが「でも性欲処理のためには仕方ない」と認識される


お嬢「これは……ええと」


後輩女「少しピンときませんね。まあ、ちょうどいい試金石がありますし見学してみましょう」


お嬢「試金石?」


男「ふう、ただいまぁ」


お嬢「あっ(察し)」


後輩女とお嬢はドスケベ改変の影響を受けた男に注目する。男はお約束で捲られたカレンダーには気づいている様子はなかった。


男「ふう、あ、やっべ」


後輩女「?」


男「昨日早く寝ちゃって溜まってるわ(ベルトを緩めてパンツと下着を脱ぐ)」


お嬢「〜〜〜!!?」

後輩女「wwww」



880 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/14(日) 02:19:32.84 ID:tWP0AmZdO
テンガって手でするより気持ちいいのかなぁ!なあ!気持ちいいってことで進めるな!


男は二人の前で躊躇なく下半身を露出する。肉棒は既に固くなっていた。


後輩女「こういうことですね〜wつまり、早弁とか昼寝と同じレベルになっているみたいです」ヒソヒソ


お嬢「わ、われわれ異性の前でも躊躇なくあんな…//」


後輩女「ブラブラチンポ揺らしながら歩いてますよ…w」


男は部室を下半身を露出させながら部室を歩き、引き出しをあける。


後輩女「わっ!?ちょ!?」



そこはドスケベオカルト部のドスケベグッズの保存場所であり、お嬢の前で平然とそれを開きエロ本、そしてテンガを持ち出す男に後輩女は焦りを隠せなかった。


男「〜♪」ガサガサ


お嬢「え?え?なんですの…月刊ドスケベ……?あれっていやらしい本では…な、なぜあんなところに」


後輩女「えーあーあーんー、あ!そっか!ドスケベ改変であんなところに部長のおかずが置かれていた事になってたんですね!まったく神聖な部室に困ったものです!(早口)」


お嬢「な、なるほど……確かに今までも文化祭のホルスタインビキニやら、無から生まれてましたね(納得)」


後輩女「ねー。そうですね。(部長〜バッカ!世話が焼けますよ!お返しにクッソ情けないオナニーガン見しますからね)」



881 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2021/11/14(日) 13:52:59.81 ID:tWP0AmZdO


男「…くっ…う…ふ…っ」ゴジゴシ


男は椅子に座り片手にエロ本、片手にテンガを持ち、上下運動を始める。その様子はリラックスした様子でありお嬢たちに見られていることを気にする様子はなかった。


お嬢「いやらしい本をみながら…気持ち良さそうな顔でし、してますわ…//」


後輩女「いやぁデリケートでプライベートな一面があらわになってますねww。可哀想に(口だけ)」


男「ふう…う……はあ…」シュッシュッ


後輩女「多分、性欲が人一倍の部長にとってはこの人前での[田島「チ○コ破裂するっ!」]も手慣れたものなのでしょう」


お嬢「か、改変された意識の男さんは毎日してそうですわ…//」


後輩女「いひひひwwま、ながめてるだけでも笑えますけど少し実験っ」


後輩女は座って[田島「チ○コ破裂するっ!」]する男に近づくと、わざとらしくニヤニヤしながら屈んでバカにするように眺める。


後輩女「部長、気にせず〜♪後学のために勉強したいだけなので。後輩の前で引き続きしこしこしてくださいねww」


男「ふうっ…はあ。う…そ、そうだな…」シコシコ


後輩女「どうしました?」


男「い、いや。馴れてるはずなんだが近くで見られるとどうにも…///」


後輩女「恥ずかしくなっちゃいますぅ?エロ本見てシコシコしてるのを見られるの。大丈夫ですよ。い
・つ・もしてるんですからね〜ww」


男「そ、そうだなっ…う。っく!…はあ」シュッシュッ


後輩女「それにしてもこの本の色々丸見えなモデルさん、この人が妄想のなかで犯されちゃってるんだぁ。へー相変わらず巨乳大好きですね〜ww腰震わせてるww」


882 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/14(日) 13:55:06.30 ID:tWP0AmZdO
なぜsagaが外れているんだ! 田島くん帰って!
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/14(日) 20:19:57.73 ID:R7ZlObyL0
ようやく持ち主へ忖度したカレンダー
884 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/15(月) 13:02:25.44 ID:fiFYlPIUO


男「っく…う!あ…っ!」


お嬢「声が大きくなってきましたわ…//」


後輩女「出しちゃえ出しちゃえw」


男「っ!〜〜!」ビクンビクン


男はお嬢たちに見られながら絶頂を迎える。


男「ふうう…取りあえず時間もないしこれでいいか」


後輩女「時間があればもう一度やってました?」


男「あと三回はしてたな」


後輩女「猿ぅww」


お嬢「お、お疲れさまです男さん」


男「ああ……二人はしなくていいのか?」


お嬢「わ、私は遠慮しておきます…w」


男「我慢は体に毒だぜ(お嬢を見つめ)…」


お嬢「……どうしました?」


男「……っ!…」シコシコ


後輩女「お嬢先輩のドスケベボディをオカズしてて草ぁ!結局二回目始めてるしw」


お嬢「も、もうっ!おやめくださいまし…///(自分の体を抱き)」


885 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/18(木) 02:38:19.81 ID:cADS9s20O

ーーーーー

その後、HRのために男とお嬢は自分の教室に入る。


男「おっす」


お嬢「おはようごさいま…ぁあ゛っ!!?」


同級生A「お。おはよう二人ともっ…う…っ!」シコシコ


三白眼「ん…んん…っあ…ん…お。おはよー」クニクニ


お嬢はお互いのオナニーを見せあっている同級生Aと三白眼の姿に声が荒ぶる。


お嬢「お、お二人ともなにをっ」


三白眼「なにって…ん…ぁっ…ん!…オナニーしてるんだけど男と女だしなぁ」クニクニ


同級生A「っふ…はあ…く…見せあった方が効率いいもんなっ…ん」シコシコ


お嬢「そ、それってつまりおかずに…///」


男「いいねぇ。あとで俺もさせてくれよ三白眼」


三白眼「んっ…あたしが気分ならな。あ、んっく…!」クニクニ


お嬢(落ち着きなさい。これは改変で仕方のないこと…///)


同級生A「っく!あ…!あ!でるっ!」


三白眼「ま、まてまて!あたしもそろそろ…っ」


お嬢「え?」


男「やるやる、一緒に絶頂迎えるゲーム」


お嬢「〜〜〜///あ、頭が変になりそうだわ…」クラ


同級生A 三白眼「いくっ!あ…!あー!」


ほぼ同時に絶頂を迎える二人をお嬢は複雑な心境で見届けていた。



886 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/18(木) 03:06:21.32 ID:cADS9s20O

ーーー

休み時間


お嬢「…」


お嬢「…」チラ


「なあこの画像エロすぎだろ。うっ…く…!(スマホをみながら)」シコシコ


「うわぁ…すげ…//」シコシコ


お嬢「…」チラ


「ん、あっ!…ん…ん…このローターほんと相性いい」


「私の、ちょっと強すぎるなぁ…んんっ」


お嬢「…///は、針の筵ですわ…」


男「うおおおおっ…なんてドスケベイラストっブクマだぁ!」シコシコ


お嬢「男さんはあの調子ですしっ」


三白眼「ジョジョは今日オナニーしてないけど珍しいね。あの日?」


お嬢「い、いえー。気が乗らないだけですの。おほほほ(珍しいなんて言われるくらいしてる設定なのですか私!)」


お嬢「三白眼さんも、朝以来はしていませんわね」


三白眼「ん、いやぁ、ほれ。(お嬢の前でスカートを軽くめくり、ショーツが膨らんでおり)バイブいれてんだ。あははは」


お嬢「そ、そうですのぉ……///」


三白眼「んふっ…よい、しょ…(ショーツを下ろし、バイブを抜き)」


三白眼「うわー…///我ながら濡れてら……(スイッチをいれてスイングさせ)ほら、どーよジョジョ。こんな動きするんだぜっ」ウインウイン


お嬢「す、すごい……って!見、見せないでいいですわー!///」
887 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/18(木) 03:39:59.75 ID:cADS9s20O
ーーー

後輩女のクラス


後輩女「ニヤニヤ」


ギャル「…あ、あのさ。流石にハズいわ///あんまみないでよ」クニクニ


後輩女は休み時間にオナニーを始めたギャルの様子を眺めていた。恥ずかしがり屋のギャルですら、オナニーを見られるのが多少恥ずかしいレベルなことにドスケベ改変の威力が垣間見えていた。


後輩女「まぁまぁ。私、ギャルちゃんのやり方参考にしたくてさ〜♪ショーツの上からクリいじってきもちよさそうだねw」


ギャル「んん…っ…まあね〜時間も限られてるしすぐいけるいつものやり方がね…」クニクニ


後輩女「いつもそうやってるんだ〜w」


ギャル「うっ…わ、忘れてマジ…///ん、あっ…あ…!」


後輩女「お、いっちゃう?」


ギャル「っんっ…っ…!…!」ビクンビクン


後輩女「ギャルちゃんのオナイキ見ちゃったw」


ギャル「ふう、ふう……や、みてんじゃん今までも」


後輩女「(改変されてるとやっぱりこれが当たり前だよね)えーと。あ!」


後輩女の目線の先には他の生徒と同じくオナニーをする学園一の肉棒をもつA真面目の姿があった。


A真面目「…!」シコシコ


後輩女「うわ……wwA真面目君も当然のようにシコシコしてる」


A真面目「…ん…ふ…あ、後輩女さんどうしたの?」シコシコ


後輩女「(まあレスリング先輩の母乳欲しがったり、ムッツリスケベなのはしってたけどw)やー相変わらず大きいなーって。」


A真面目「あははは。そうかな。そうかも。あんまり見られるとやりずらいな…///」


後輩女「💡 ね、A真面目君放課後時間ある?」


888 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/18(木) 04:02:44.41 ID:cADS9s20O

放課後の古典研究部部室、後輩女とお嬢は先に集合しており、本日のふりかえりをしていた。


お嬢「た、大変でしたわ…クラスメイトたちのじ、自慰をこれ程みることになるなんて//」


後輩女「昼休みの食事が終わってすぐに始めるのはビックリしましたねぇw」


お嬢「ところでなぜ早めに来てほしいとLINEを下さったのです?男さんはまだ来ていないみたいですが。」


後輩女「じつはですね…」


ーーーーー


それから10分後、男は部室の前でA真面目と鉢合わせした。


男「お、奇遇だな」


A真面目「男先輩お疲れさまです。実は後輩女ちゃんに来るようにお願いされまして」


男「んん〜?何のようだろうな。まあいいだろう!部の敷地を跨がせてやる!」


A真面目「ありがとうございます」


男「お前はいつかこえなければならない壁であるとともにライバルだからな(巨根ランキング)」


男とA真面目は古典研究部の扉を開く。後輩女とお嬢はすでに来ており、A真面目は何の用事かと訪ねた。


後輩女「ふふふ。実は2人のオナニーを手伝ってあげたいとおもってたんですよ!」


お嬢「そ、そうですわね…///」


この痴女率100パーセントの発言。男はともかくA真面目は絶句確定だが、ドスケベ改変された二人にはまた別な風に聞こえていた。


男「へええ〜気が利くな!」

A真面目「な、なんか嬉しいけど申し訳ないな後輩女さん///」

889 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/18(木) 06:20:42.87 ID:cADS9s20O

ーーー

後輩女の提案に乗った二人は位置が近い椅子に座る。


男「ん〜やっと後輩女も敬うようになったか。遅くない?(暴君)」


後輩女「間違ってちんぽちぎってもいいですよねぇ?」


A真面目「そ、それはこまるよ…」


後輩女「A真面目君じゃなくてこのボケタコに言ってるから大丈夫だよぉ」


男「はよ!はよ!どんな風に手伝ってくれるんだ!取りあえずパンツ見せろ(懲役)」


後輩女「こいつはちゃめちゃぁ!」


男「こいつって言うな」


お嬢「こ、こちら用意できましたわ。」


お嬢がリモコンを操作すると映像が映り始める。それは完全にドスケベオカルト部のAVであり、本来ならばお嬢には絶対に見られてはいけない代物だった。しかし今朝言い訳で乗りきっていた後輩女は今日限り利用することにしていた。


男「中々準備がいいなぁ」


A真面目「が、学校で…///」

ホワンホワン


後輩女『覚えてますか、私の神社での改変で超ドスケベミニスカ巫女服を着たこと』


お嬢『忘れられるわけありませんわ…///』


後輩女『覚えてますか、文化祭でドスケベホルスタインビキニを着たこと』


お嬢『それもまた忘れられるわけありませんわ…//』


後輩女『どー考えても、部長いい思いしすぎですよ!そう思いませんか』


お嬢『ん…まあ、不可抗力とはいえそうかもしれません。いい思いという表現だと望んで改変カレンダーを捲っているような感じになりますが』


後輩女『でしょ〜。ちょっといたずらしてもチャラですよチャラ。いひひw』


お嬢『……チャラ……ですねぇ』


ホワンホワン
890 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/20(土) 23:40:32.68 ID:N1fTai4OO


後輩女「ということで二人ともチンポだしてください」


男「わかった」


A真面目「う、うん」


お嬢「…///(どういう状況なのかしら)」


男達はパンツを下ろし、肉棒を露出して椅子に座る。学園トップツーの巨根が並び、ドスケベな動画を見ていたためすでに肉棒は固くなっていた。


後輩女「やーこうしてみると中々壮観wやっぱり数ミリA真面目くんの方が大きいね」


男「くそおおおおお!」


A真面目「そんなじろじろ見ないでよ…」


後輩女「映像だと女優さんがズンズン突かれてますね〜♪二人とも想像しちゃう?自分のチンポで突えてること」


お嬢(え、えっちな映像…凄いですわ///一人の殿方に後ろから突かれながらもう一人に口にねじ込まれ…)ガンミ


後輩女「でも二人が突くのはこのテンガなのであしからず。オナニーのお手伝いなのでぇ♪(テンガ二刀流)」ジャキン


男「ぐふっ!?」

A真面目「ぁっ!」


後輩女は二本のテンガを二人のチンポに飲み込ませる。その感触に声が漏れるふたりを気にせず、ゆっくり上下させる。


後輩女「〜♪それそれw」シコシコ

男「くっ!人の手だと!あ!う!」


A真面目「こ、これすごいっ…んん!」




891 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/21(日) 00:06:07.26 ID:vp2190jN0

後輩女の操作は巧みであり、男達は目の前の映像の男優と肉棒がリンクいたような感覚すら感じていた。


後輩女「あーあ。そろそろおまんこに中だししちゃいそうですよ」シコシコシコ


男「ぅあっ!あ!ん!」ビクンビクン

A真面目「〜っ!…はあ…ん…!」ビクンビクン


後輩女(A真面目君少し弛めないと射精しそうだなぁ。)シコシコ


そして男優の射精とタイミングを合わせて二人もテンガのなかに射精してしまう。


男 A真面目「っああー!」ドビュ


お嬢「す、すごいですわ。後輩女さんタイミングばっちり」


後輩女「ふ。わ、すっご。びくんびくんしてますw」


男「はーふー…流石だ」


A真面目「きもちよかった…噂は聞いてたけど凄いですねこれ(テンガ)」


男「購入を考えるか?」


A真面目「そ、そうですね…」


後輩女「まだ終わってませんよ。わ、出してもぎんぎんw(テンガを抜き取り)」


お嬢「次の映像ですわねっ(リモコン操作)」


892 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/21(日) 01:12:47.45 ID:vp2190jN0

男「おお?これはっ」


お嬢がリモコンを操作し映像を切り替える。新たな映像もAVには代わりはないが、ボンデージを纏った女性に縄で縛られた男優が責められる。SMものが流されていた。


A真面目「うわ。これ…///」


男「これは後輩女が持ってきてた『女王様のマゾ豚調教 前編』じゃないか」


後輩女「その通りっ。そしてここからは私の手で可愛がってあげます!」シコシコ


男「おおおぅ!」


A真面目「あう!」


後輩女はテンガに含まれたローションで滑る肉棒を小さい手でしごき始める。二人の肉棒はすぐにマックスの大きさになり、快感を産み出す。


お嬢(な、なんてこと!動けない殿方に鞭だなんて。し、しかも四つん這いにさせて背中に座ったりも//)


男「(女の子に手コキされるとか固くなるわ!そりゃー!)」クチュクチュ


A真面目「はあ、うう。あっ」クチュクチュ


後輩女「ふふん。(A真面目君がMっ気あるのは何となくわかるんだけど、部長はどうかな)」シコシコ


後輩女「(部長は色んな性癖の坩堝なのは付き合い長いし分かるけど、あんまりMっぽい一面は見たことないんだよね。よーし)ねえねえ、二人とも今は女王様にいじめられてるのを妄想してチンポ固くしてるんですか〜?」


男「ふう。ふー。い、いやあそういわれるとな…」


A真面目「は、恥ずかしいよ後輩女さん…//」


後輩女「(同級生Aくんそれは自白と同じぃw問題は部長〜)」



893 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/21(日) 01:44:24.06 ID:y4gchUpBO
ミス訂正軍曹「訂正だ!A繋がりでバグるんだ!」
後輩女「(『同級生A→A真面目』くんそれは自白と同じぃw問題は部長〜)」


後輩女の手には二人の肉棒の震える感覚が伝わり、快感がたまっていることを伝える。それを楽しみながら後輩女は手コキを続けた。


男 A真面目「はあ。はー。ふう。ふう」ビクビク


後輩女「ねえねえ部長。ほら、男優さんが女王様に足でチンポ弄られて感じてますよ〜wされたいですか。こういうので自分でしたことありますぅ?」シコシコ


男「ぅあ!っくー。んぐ!い、いやぁなんだろうな…っ」


後輩女「折角こういう動画おかずにしてるんだから、教えてくれた方が私としても手伝い易いですよぉ」シコシコ


A真面目「あう!あ、んん!っ」


男「ぉうっ!う、っあ!………ま、まあM男ものでオナニーこともある…な//」


後輩女「(wwwやー改変されてなかったら聞けない事でしたね)そーなんですね〜♪」


後輩女「それじゃ、いっちゃえマゾ豚ども〜w」シコシコシコ


後輩女は手の動きを早める。その絶妙な力加減に二人は二回目の射精を抑えられず放ち、床を汚してしまう。


男 A真面目「〜〜〜〜ぁあ!っう!!」ビクンビクン


お嬢(弧を描いて精液が床に…後で拭かなくては…///)


A真面目「はあ、はあ。ふー」


男「ぜえ…ぜえ…」


後輩女「あれ、部長10回くらいはイケるはずなのに辛そうですね」


男「放課後までのオナニーでもう5回くらいは出してるからな…はあ…ふう。」


後輩女「へー(悪い笑み)」
894 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/21(日) 02:43:29.79 ID:y4gchUpBO


A真面目「ぼくも…放課後までに二回イっちゃったから。ふう…ふう」


後輩女「まだまだいけますよね〜♪二人とも」ガシ


男「ぐっ!敏感になってるからにぎるなっ…」ビクヒ


A真面目「あう!」


後輩女「でも確かに二人とも少し固さが弱くなってきましたね。でも大丈夫、みてください」

映像では同じく弾切れ寸前の男優が女王様に無理矢理しごかれている姿が映っていた。


男「なにっ、ま、まさか」


後輩女「マゾ豚の二人も大丈夫大丈夫〜w(電マ二刀流)」ジャキン

A真面目「え、まさかそれで」


後輩女は電気マッサージ機の電源をつけると、二人の玉袋に押し付けた。強めの振動でブルブル陰嚢が揺れながら二人にそれを伝え、声が溢れた。


男 A真面目「んおおおっ!!?」ビクンビクン


後輩女「ぐりぐりwいひひひひ。チンポ元気になりましたね」ブブブブブブ


お嬢「あ、あらぁ…」


後輩女「一人ずつ、いえ、一匹ずつ処刑していきましょうwまずは……部長かな♪」


後輩女は二刀流電マを陰嚢から離し、それを男の肉棒に近づける。サディスティックな笑みをえかべ、二つの振動した部分を合わせジジジと音を鳴らしながら後輩女は竿に当てようとする。


男「うわっ。ち、ちょっとまってくれっ//」


後輩女「うっさいマゾ豚〜wえい。(振動する二つの電マで肉棒を挟み込む)」ブブブブブブ


男「あう〜〜〜〜っ!!」ビクンビクンッ


お嬢「ま、まあっ…腰が跳ねましたわ」


後輩女「A真面目君もよーくみててね。すぐにA真面目くんの学園1ちんぽもこうやって鳴かせてあげるからw」


A真面目「う、う…///」


後輩女「いひひひw想像してチンポ固くしちゃってるじゃん。」


895 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/21(日) 03:18:43.73 ID:y4gchUpBO

男「あああっ!〜〜〜っ!!」ビクンビクン


後輩女は電マサンドイッチで悶える男に視線を戻し、グリグリと動かしながら意地悪な笑みを浮かべる。


後輩女「ほら部長。M男ものでオナニーしたときみたいに感じちゃっていいんですよ〜w」ブブブ


男「ち、ちんぽが痺れてっ!あ!〜〜〜っ!」


後輩女「出しちゃえ出しちゃえw」グリグリ


男「ぐ、ぐりぐりうごかすなっ!うっ!んん!あんっ!///」ビクビク


後輩女「いひひひwあんっ。だって。女の子みたいな声出ましたね部長〜wそんな敏感になってるんですか。」ブブブブ


男「だ、ダメだっ!あっ!あー!うっ!(射精)」ガクガク


後輩女「わっ。出た。結構勢いよく射精しましたね〜w(電マを放す)」


男「はあ…っ…はあ…はあ…」


お嬢「男さん。汗だくですわ///」


後輩女「…っ」ゾクゾク


付き合いの長い男をヘロヘロにした嗜虐心の満たされは後輩女にとってもひとしおだった。


後輩女「さてと、次は〜♪A真面目くんねw」


A真面目「う、ま、まって、まっ。んんんっ!あーーーっ!!」ビクンビクン

A真面目の制止を振り切り、後輩女は男と同じように電気マッサージで肉棒を挟み込む。

A真面目「まって!んん!あ!やばっ//!」ビク


後輩女「ほらほら。画面の男優も辛そうだけど気持ち良さそうな顔してる。いまのマゾ豚二匹と同じ顔ぉw」グリグリ


A真面目「だ、だめっ!う!あ!がまんっ!きかないっ」


A真面目は男よりも弾が残っていたのか、射精も早く。三分もしないうちに限界を迎えた。


A真面目「っ!んー!っ!//(射精)」ビクンビクン


後輩女「出たぁ〜♪いひひひwチンポ震えてる〜w(電マOFF)」カチ


A真面目「は、はあ………はあ……はあ…//」


男「…ぜえ……ぜえ……//」


お嬢「お、お二人ともお疲れさまでしたわ…//」


後輩女「気持ち良さそうに息絶え絶えで。ザーメンの掃除任せる気まんまんですかぁ?」


お嬢「雑巾は用意しましたわっ」


後輩女「仕方ないですねっ」


896 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/21(日) 03:27:01.32 ID:y4gchUpBO
次回!12月突入!

いつも通りのドスケベ改変募集! 

>>861 >>863 この辺参考にして♥️

3月で終わろうと思ってるけど構いませんね!(FUGO)

好きにドスケベ案を描いてくれれば嬉しい 
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 07:14:57.72 ID:U3JwBZmi0
>>632
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 07:50:10.62 ID:fbnIoRj9O
>>616
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 08:54:20.63 ID:CbiAQdtrO
>>687
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 08:56:21.01 ID:CbiAQdtrO
すいません少し訂正
>>687で男とお嬢は改変無しでお願いします
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 10:23:24.95 ID:v6j/MyXCO
>>517
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 10:35:51.21 ID:i4IeM4+h0
寒くなってきたので女子トイレ混雑緩和のため、女子のおしっこは男子の口に済ますこと
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 12:50:04.03 ID:wClU0NMA0
>>874
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 12:59:00.85 ID:yIw8Oi690
今日は進級がかかった大事なテスト!
なのに大変!カレンダーのせいで、ドスケベ部は部員以外の誰からも見えないし、聞こえないし、触れなくなっちゃった!
しかも元に戻るのは、自慰で絶頂後10分か、中出し絶頂後1時間だけ!?
このままじゃテストは欠席で留年確定、ここはドスケベ部で協力して、皆に内緒の絶頂三昧でテストを乗り切らなきゃ!
次回ドスケベ常識改変カレンダー「誰にも見えない!?進級テストと絶頂の日!」

(後輩女・お嬢が自慰だけで乗り切るテストもあると嬉しいッス)
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 13:48:46.76 ID:+zALOH4RO
3月で終わるのね了解
リアル日付?それとも作中の日付?
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 14:00:24.47 ID:+zALOH4RO
今日は父親に感謝する日
学園は生徒の父親達の風俗となり、女生徒は全員が風俗嬢に
男生徒は記念撮影のカメラ役だったり、トイレに設置された肉便器の清掃係だったり
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 14:04:02.59 ID:mxgAjTNXO
>>869
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 19:04:32.71 ID:KXt7rl5wO
>>876
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/21(日) 22:56:48.14 ID:BXYUzr88O
>>873
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/22(月) 01:54:37.32 ID:HiixFHmO0
>>678
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/22(月) 06:49:26.10 ID:EwwTkvRGO
お前のドスケベが大好きなんだよ!
もっと続けてくれよ!(シコシコ)
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/23(火) 12:59:04.95 ID:8XN4Kc3z0
俺もまだみたいお嬢や俺のエロ改心まだまだみたいシコ足りないよ
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/11/23(火) 17:37:07.27 ID:pc9BNgIm0
自分が改変されることを怖がり朝一でこっそり引くお嬢
出てきたのは『交姦夫婦留学生』
他校から生徒がやってきて一日夫婦体験(初夜まで)するというモノ
男子生徒代表として選ばれたのは男
自分が巻き込まれずホッとするお嬢だったがやってきたのはお嬢の幼馴染みの銀髪少女だった
自分の所為で幼馴染みが改変に巻き込まれたことを知ったお嬢はなんとか止めようと画策するが
男は改変の影響で学校代表として真面目な夫になり妻の銀髪幼馴染みとどんどん距離が縮まっていく
そんな男と幼馴染みを見せられたお嬢は初夜のベッドまで覗き見して…
914 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/24(水) 03:38:25.54 ID:D7AeWDxN0
このレスのコンマで決定! ありがとう❤️ レアキャラのテカテカハートだ!

作中時間で三月まで頑張るじぇ(失踪魔)これまでの感じからあと1スレまるまるくらいかかりそうじゃないか(憤怒)

>>911 そういうレスが私を甦らせる なんか変な音してるんですがそれは
915 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/24(水) 03:58:44.57 ID:D7AeWDxN0

休み明けの古典研究部部室。早朝に男と後輩女が話していると少し遅れてテニス部の朝練を終えたお嬢が入室する。


お嬢「おはようごさいますっ」


男「お嬢さんおはよう」


後輩女「おはようございますぅ〜♪」


お嬢は挨拶もそこそこに部室の棚に向かう。そこは前回の改変でドスケベオカルト部のドスケベグッズが保管されていることがバレた場所だった。お嬢はその棚を躊躇いなく開く。


お嬢「!」ガララ!


男「!?(なにぃーーーー!!!ど、どうなってるんだ!バカな!こんな形でお嬢さんにドスケベオカルト部の秘密がばれるなんて!お、おわった…!ていうか、なんでピンポイントでそこを調べたんだお嬢さん…!?)」


前回の改変を把握していない男は突然のことに止めることもできず戦慄する。


お嬢「……」


お嬢「……ふー。やっぱり無いですね(棚を閉める)」


男「えっ」


後輩女(なんか不安な気がしたんで、休み前に隠し場所変えておきました)ヒソヒソ


男(お前がナンバーワンだ…)ヒソヒソ


当然お嬢がドスケベオカルトグッズを見たことを知っている後輩女は隠し場所の位置を変えていた。これでお嬢の中であのときのドスケベグッズは改変で生まれ、すでに消滅した産物と言う認識になった。


お嬢「おほほほ。いえ、すこし気になってしまって。あの棚には何が入っているのかなと」


男「ははははは(空笑い)何か新しいdvd買ったら入れておくよ」


後輩女(あぶないあぶない…ん?)(友人からLINEが来る)ピロン




916 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/24(水) 04:43:53.60 ID:D7AeWDxN0


後輩女「ちょっと友達に呼ばれたので、お先に失礼しますね」


男「部活と友達どっちが大切なんだよ!!」


後輩女「メンヘラで草。それでは〜♪」


後輩女は早めに自分の教室に戻り、古典研究部は男とお嬢のみとなる。


男「さて、今日も捲っていくか!」


お嬢「えっ。捲りますの?」


男「ああ。迸る邪気を感じる!」


男はカレンダーを勢いよくめくる。男にとっては少し久しぶりのドスケベ改変だった。

ゴゴゴゴ

毎年恒例に行われている「セックスコンテスト」が本日の昼休み後の授業時間に開始される
このイベントは1年間を通して1番エロイと思ったペアに対して投票をする
投票するのは、生徒のみで自身が関わってないペアに対して投票できるものとする
選ばれたペアは壇上で生ハメセックスをどちらも満足するまで行わなければならない


男「ふひひひwエチエチ」


お嬢「まあ…まあ…///後輩女さんは改変されますが…申し訳ないですわね」


男「緊急事態だから仕方ないな!(戯れ言)」


917 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/24(水) 06:02:47.26 ID:D7AeWDxN0


お嬢「というか…な、なんですのセッ…クスコンテストって!」


男「皆さんご存じなんだろうな、俺たち以外。毎年行われてる設定みたいだし」


男「後輩女にそれとなく聞いてみれば分かるだろ。でもエロいと思ったペアってなんだよ(困惑)」


お嬢「学園でも認知されるペアってことかしら。となると好青年さんや茶道さんみたいなカップルが選ばれそうですね」


男「まぁ〜昼休み後の授業になればわかるかぁww」


ーーーーーー


元放送委員長「今年もやってきたーーーーー!!今年の学園で一番エロいペアはどいつだ!その答えが今日明かされるぅ!」


「「「「うわぁあああああああ!」」」」


元放送委員長「壇上で生ハメしたいかぁーーー!!」


「「「「おおおおーーーーー!」」」」


男 お嬢「ええ(困惑)」


昼休み後、男たちは多目的ホールに集められた。男たちが思っている以上に今回の改変イベントは盛り上がるものだったらしく、元がついた放送委員長がオーディエンスを焚き付ける。その熱意は多目的ホールに集まった全校生徒に伝播し熱狂の坩堝だった。


後輩女「いやぁ〜楽しみですね!」ワクワク


お嬢「そ、そうですわねっ…」


男「後輩女も楽しみにしてたのか」


後輩女「何クールぶってるんですか部長。部長も昨日楽しみすぎてクソダサタップダンスしせたくせに」


男(そんなことしてたことになってるぅ!)


918 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/27(土) 23:50:29.91 ID:GlTpxG6T0

放送「それでは、皆さん我慢もできないみたいなので早速今年一番エロかったペアを発表します!」


放送「午前中の間に投票は済ませてもらっており、ここにはいない先生方が急いで集計してくれました!」


男(先生が仕事増えてて草ぁ!)


放送委員長は集計結果が書かれた紙を見つめ、第三位から発表を始める。


放送「なんと三位は、一年のドーナツさんとA真面目さん!このお二人はカップルらしいですね!それで票を集めたみたいです。あのおっぱいの破壊力は納得だ!」


ドーナツ「わっ…わ、わたしたちが三位だって…」


A真面目「照れ臭いね」


ギャル「ドーナちんとAたんか〜外したぁ。ドーナちんは選んだけどペア相手Aたんじゃねーわ」


お嬢(そっか二人ともあってないとだめなんですね…)


後輩女「私も二人にいれたよ。悩んだんだよねぇ。」


放送「そして二位の発表!これは二人とも三年のペアだ!学園1の顔面偏差値アベレージカップル……好青年さんと茶道さんだー!!」


好青年「なんだマジか!茶道なら一位行けたと思ったんだけどな。でもすげえな二位だってよ」


茶道「うれしいわ♥️」ギュ
  

放送「ちなみに次点で姫カットさんと好青年さんのペアでした」


茶道「姫カットさん!私から奪うつもり!?とんだ泥棒猫ね!(胸ぐらつかみ)」


姫カット「お、おちつきたまえ。不可抗力だ私は君たちにいれたぞ」グイ


後輩女「流石は美男美女ペアですね」


男「茶道先輩普通にエチエチだからなwふひ」


919 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/11/28(日) 00:44:23.84 ID:M/3RB1ak0


お嬢「し、しかし…あのお二人がすでに出たと言うことは一位は誰が」


男「俺は既に何となくわかるw」


後輩女「同じくぅw」


放送「さあ!それでは栄光と淫靡の一位を発表だーーー!」


「「「おおおおお!!」」」


放送「栄えあるナンバーワンエロペアは…」


放送「二年の男さんとお嬢さんだーーーー!!コングラッチュレーションズ!」


男「知ってた件について!……え?俺も!?」


お嬢「わ、わたしたちの名前が呼ばれましたわ!?」


後輩女「お嬢先輩が一位とは流石ですね。部長は正直意外…幸運でしたね!」


お嬢(な、なんてことですの!よりによって改変を逃れた二人が一位だなんて…)

「おめでとう!良かったな男よ」

「お嬢さん良かったねー!」

「うらやましいな!」


レスリング「あら〜お姉さん自信あったんだけどな。まあショーちゃんうちの学園じゃないししゃーないか」


放送「さあ、壇上に上がってください二人とも!」


男 お嬢(きょどり)

701.89 KB Speed:3.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)