男「なに!ドスケベ常識改変カレンダー!?」後輩女「2ですよ2」18禁安価

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

770 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/09(土) 11:51:22.91 ID:vMqIVC+F0
お嬢
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/09(土) 12:07:57.38 ID:591RzpAq0
お嬢が人気すぎて草なんよ(いいぞもっとやれ)
772 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/09(土) 15:56:11.61 ID:2LTom1pzO


男はドアの前で生唾を飲み込む。深夜に女子の部屋に忍び込む緊張感にドアノブを握る手が震えていた。


男(っく!なんて高揚感!だか修学旅行と言えば夜這い交流…先輩たちも成し遂げてきたんだ!)


男が扉を開こうとしたとき。携帯に着信がはいる。


男「!?こ、こんな時間に誰だあぁん!? 後輩女か」ドキーーン

後輩女『夜分にすみません部長。』ピ


男「なめた真似を。ドスケベコスプレ10連発の刑な」


後輩女『童貞野郎の妄言は置いておいてと。頑張ってますか?ふw…夜這い交流会』


男「これからやろうとおもってんだよ。さすがに緊張するな。だが俺は夜這いする!(鋼の意思)」


後輩女『(深夜0時回ってもまだ継続中。ドスケベカレンダーも融通をきかせてるみたい)へええ。まあ学園の公式行事ですものねwいひひ』


男「当たり前だ。先輩たちに俺は続くぜ」


後輩女『頑張ってくださいね〜wじゃ、私はお先に就寝します』


男「うん。(プツ)何のようだったんだ。まあいい。い、いくぞ!」


男は改めてドアを開く。女子の部屋が施錠されていないのは夜這い交流に参加する意思表示であり、室内に入った男は落ち着きなく周りを見渡す。


男「なんだ。なんか…内装は変わらないのに。女子の部屋ってだけでちがうぞ…雰囲気が(道程特有の嗅覚)」


男はゆっくり歩を進め、三つ並んだベッドを見つめる。



773 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/10(日) 12:16:05.30 ID:zjTTvqmqO


男「よし、一番左にしよう」


男がベッドに近づき、恐る恐る掛け布団をめくる。


男「なっ!この西洋の面影がある顔立ち、まさか」


ナイトキャップを被った無垢なその寝顔は、男のクラスメイトのお嬢であり、ブロンドのゆるふわロングヘアーをキャップで覆い隠した姿は普段よりも大人な雰囲気を漂わせていた。


お嬢「」スヤスヤ


男「なんてこった!ばかな!使い果たしたか運!(小声)」


男「夜這い交流会でお嬢さんを夜這いするなんて…ありがとう(感激)」


男はそのままゆっくり布団をめくる。続けざまの衝撃が男を襲った。お嬢の寝巻きはすっけすけのネグリジェで、学園トップクラスと言えるドスケベボディーを怪しく着飾り見えない部分はショーツを着けた股間部分くらいだった。


男(鼻血)


男「こ、こんなドスケベなことがあるのか…お、恐ろしい…俺は恐ろしい存在に喧嘩を売ってしまった…」


男「何でおっぱいまで丸見えなんだよありがとうすぎる(?)」


お嬢「スヤスヤ」


男「ふう、ひう…呼吸を整えろ…そうか。聞いたことがある。女子も夜這い交流に向けて、過激な服装をしてくることがあるってな(改編特有の知識)」



774 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/10(日) 14:09:56.59 ID:zjTTvqmqO


男は満を持してお嬢の肩を触り揺さぶる。


男「ふひ…お、お嬢さん?(事案)」


お嬢「ん…ぅ〜…っ」ゴロン


男(うおおおおおそっぽ向いて布団をかぶり直すだだっ子ムーヴ!萌え!)


男(だが眺めてばかりもいられねえ!)ユサユサ


お嬢「んっ……ん?…なんですぅ?」


男「!(敬礼)」


お嬢「お、男さん!?なぜ、ここにっ…あ!」


お嬢の蝕まれた脳みそにも改変は浸透しており、夜這い交流だと言うことを理解した。


お嬢「ま、まあ〜男さんがしてくるなんて。知り合いすぎて驚いてますわっ」


男「本当にな!俺は嬉しすぎるぜ…(感涙)」


お嬢「うふふ。そ、そんなみられては恥ずかしいですわ///」(体を抱く)


男「何でそんなドスケベな格好をしてるんだよw」


お嬢「よ、夜這い交流は女子にとっても大切ですもの…///」


男「そ、それはそうだなぁ///」


まともなものがいない故の、本気出てれる二人がそこにはいた。


775 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/10(日) 19:38:02.00 ID:WDtaT+ma0
うーんこの……ww
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/10(日) 20:08:59.51 ID:Nag56hqW0
いいぞもっとやれ
777 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/12(火) 22:37:50.52 ID:wmOWa8pKO

お嬢「それにしても…私の寝顔を見ましたねっもう。」プンプン

男「可愛かったからいいじゃん(いいじゃん)」


お嬢「まったくっ。乙女の不覚ですわ(ナイトキャップを取ると、ブロンドヘアがパサッとこぼれ)」


男「手品かな?いや!それよりも…うっw…ドスケベすぎる…(ネグリジェ姿のお嬢をまじまじと見つめ)」


お嬢「か、過激すぎたかしらっ…///」


男「いいともう(当たり前だろうが!なんだすけすけおっぱい丸出しにしやがって!)」


二人が話していると、お嬢の同室の女子二人もその声に目を覚ます。


「んん…なにぃ?」


「ふぁ…お嬢さんどうしたの…?あっ……男だ…」


お嬢「まあっ。失礼いたしましたお二人とも。男さんは夜這いにきましたのよっ」


男「お邪魔するぜ」キリ


「うっわ。男本当幸運だね」


「お嬢さんいやなことされたらすぐたすけるからね!」


男子が女子の部屋に夜這いに来たと言う本来大問題間違いなしの状況も、この場の四人は平然と飲み込み会話を進んでいく。


男「俺は女の子には紳士だから(けだもの)」


「どうだか。あ、お嬢さん。あれ見せてあげなよ。寝る前に夜這いされた時のために練習してたやつ」


お嬢「え、えええ…///そうですわね……っ………(両手でロングヘアーを持ち上げ、膝を若干曲げて男を見つめる)………ど、どうかしらっ///」カァ


男「ひいいいいドスケベさに殺されるううううう(畏怖)」


778 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/13(水) 03:34:59.75 ID:vhRLdAq6O

ーーー

男はお嬢のベッドで膝立ちになり、お嬢を見つめる。男には薄暗いライトで照らされた部屋にいるお嬢の唇は艶々に見えた。


男「相変わらずドエロという言葉が具現化したような姿っ」


お嬢「も、もうっ。誉め言葉ではありませんわよ…///」


「「ジー」」


お嬢「えっ、お二人は見届けるのですかっ///」


「う、うんっ。だってほら。夜這い交流って楽しみな行事だし…」

「実際に参加しなくても、みるだけでも一生の思い出だもん」


同室の女子二人も隣のベッドで寝そべりながら男たちを見届ける。その瞳は純粋な羨望と好奇心に満ちていた。


男「なんだと…(さ、さすがに恥ずかしい…いや!だが俺は改変されていたとはいえみんなの前でアイドルちゃんとハメた男!やれる!)」


男はお嬢のドスケベすけすけ衣裳に我慢がふりきれてしまい、ベッドに押し倒す。


お嬢「ぃやんっ!///」ドサッ!


「「きゃああああ///」」


男「もうこれ以上このドスケベボディーを前に我慢できねえっ!おっぱいさわらせてください!(手遅れ)」


お嬢「こ、これが噂に聞く夜這い交流なのねっ……///ど、どうぞ…(ネグリジェを自分で捲り)」


「な、なんなのあのおっぱい///」


男「ありがとう!ふひ、ふひひひひひ。ひひ(両手で魔乳を鷲掴みにする)」ムニィ


779 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/13(水) 04:02:20.43 ID:vhRLdAq6O

お嬢「んぁっ…///」


男「(こ、これが…改変なしのお嬢さんのおっぱいか…ちがうなぁ〜勿論改変してるときのおっぱいも最強だけどこのおっばいは、イノセント)」シミジミ


お嬢「さ、さわりかたやらしっ…///揉みながら、指で乳首をくりくりとだなんて…///」ピクン


男のドスケベ改変で培われた指技はお嬢に通用するまでに成長しており、揉みながらつねるという高等技術を変幻自在に駆使していた。


「「///」」ドキドキ


お嬢「はぁう…あん…///こ、これが修学旅行の醍醐味てぃですの…」ピクン


男「先輩たちも、この行事を越えてきたんだな…だか!俺が上った山が一番高い(お嬢の暴乳をプルプル揺らしながら自分の顔をうずめる)最高だ!!」ムニ


お嬢「お、男さん本当に私の胸がお好きなのですねっ〜///普段から視線は感じてますし(改変の時も思ってましたが)。ま、まったくぅ。やんっ!ふ、ふとももにさわられてはぁ!」


男「俺はお嬢さんのからだすべてでシコれる能力を持つ(特質系)なめるなっ。このすべすべのふとももぉ!二の腕ぇ!俺のものだ!」シュリシュリスリスリ


お嬢「ら、らめえええ〜〜〜///」ビクンビクン


「手、手の動きが色情魔!///」


お嬢「…///あ、あついですわっ…下腹部に熱いものが…(目線を下ろすと、男の勃起巨根がすりすりと擦りついており)…うう〜//な、何て存在感っ…相変わらずですわっ…」


お嬢は自分の平坦な股間に比べてあまりにもグロテスクで巨大なものがついている男の股間に目を奪われていた。そしてそれは見学の二人も同様だった。


「「な、なにあれ…///やばぁ」」

780 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/13(水) 11:27:36.61 ID:4UHbZhEe0
オチンポ様にひれ伏せ
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/13(水) 13:51:30.26 ID:IwctFT580
お嬢あなたがNo.1だ
782 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/14(木) 01:08:50.52 ID:EsVn38niO

ーー

男「もう辛抱できない、お嬢さんいれるぜ」


お嬢「わ、わかりましたわ。」

仰向けに力なく寝転ぶお嬢に近づく男。正常位の体勢でゆっくり挿入しようとするが、見学していた女子がスマホで動画を撮影し始める。


「うわぁ…///」ジー


お嬢「い、いれるところを撮らないでくださいまし…///」


「な、なにいってんの!ここが一番バズるんだからさ。SNSでももう色んな挿入寸前写真が飛び交ってるよ。記念だよっ」


男(そ、そういえば先輩の写真見せてもらったことがある…(偽りの記憶))


男もお嬢も皆していることだから仕方がないと思いつつ、羞恥に悶えながら挿入を果たす。


男「っく〜!何て締め付け…」ガクガク


お嬢「ぅんん〜…///」ブルブル


「うわぁあ…合体の瞬間まで全部撮れた///二人にも送るからね」


男(数々のドスケベ改変を越えてきた俺だがっ身近にもこんな行事があるなんてなっ(赤面)、く!腰がとまならい!)


お嬢「あ、あんっ///こんな大きいの…声我慢できませんわ…///やぁ」


「お嬢さんのふかふかでやばぁ。絶対バズるよ…」ジー


「でも男のチンポも…ヤバイよ。」ジー


二つのスマホで撮影されながらも、二人は腰を打ち付けあい高まっていった。


783 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/14(木) 01:31:20.79 ID:EsVn38niO

男「うっ!…くー!はあ…はあ…」


お嬢「んぁ!んん///はあ。やっあ///」


男とお嬢が快感に浸っていると。ベッドとなりのテーブルに置いておいた男のスマホに着信が入る。


男「お、俺の?誰だこんな時間にっ。う。はぁ///(腰止められねえから取れない!)」パンパン


「とってあげるよ、えーと、同級生Aだってさ。」ポイ


お嬢と同室の女子にスマホをとってもらい、電話に出る。


同級生A『よおっ。どうだ?相手は見つかったかい(スピーカー機能特有の爆音)』


男「うお!なんだよ〜スピーカーか。じゃあ俺も…っうわ。ますます…締まるっ」パンパン


お嬢「ど、同級生Aさんですの。あんっ…セックスしながら友人と会話だなんて///こ、これも夜這い交流ですのねっ」


「やー同級生A。私○○。男はお嬢さんと夜這い交流してるよ!」


同級生A『おお。それは良かったな男!あーこっちなんだけどな、聞こえるか。』


『……ァ…♥️……チュ……ヤァ…♥️アン……』


同級生A側のスピーカーは微かだか確かに淫らな複数の声を拾っていた。


「わ、そっちもしかして」


ショートカット『やっほー。私と同級生Aは付き合ってるから参加してないけど、私の同室の二人と夜這いしにきた二人が楽しんでるんだ。』


男「な、なにぃ!?」


お嬢「ひ、ひと部屋で三グループ!な、何て淫らな///」


「すっご〜w」


同級生A『すげえ光景だよな。』


ショートカット『今なんて二人で並んでチンポ舐めてるしさ。ふふふふ。ね、私ももう我慢できない〜♪』


同級生A『そうだなっ。そっちも頑張れよ男!』


男(ドスケベ改変でもめったに無いようなエチエチ体験が今起こっている!(ドスケベ改変中)クラスメートと通話しながら生はめなんて!)


784 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/14(木) 01:48:12.07 ID:EsVn38niO


男「お、お嬢さん俺。すごい興奮しちまった…!///」パンパン


お嬢「んんんっ///は、激しいですわ。あぁ〜ん!」


「うう…///」

「すっご…///電話先の二人も…」


ショートカット『ほらっ。陸上部で鍛えてる私が動いてあげるからぁ。電話の向こうにも聞かせてあげよっ///』


同級生A『き、緊張しちまうなぁ〜…うあっ』


ショートカット『すっごいぎんぎんにしてる♪うちの部屋三人ともギンキンだね。』


「く、くらくらするぅ///」


男「はっは…ふ…!くっ!で、出るっ、う!」パンパンパン


お嬢「あ、あはぁ//はあ。あ、あ〜!あ!あー!」ビクンビクン

男たちもラストスパートで、お互い快感に浸りながらの膣内射精を果たした。


男「はあ〜……///興奮しすぎて腰が壊れるかと思った…お嬢さん、まだ行けるか(勃起)」


お嬢「んはぁん…///時間的に、も、もう一度くらいなら。でも少し休憩ですわぁ。///」


「い、いいなぁ」

「私たちも…//」

その時、新たに二人の男子が夜這いに男たちの部屋に訪れる。

「「きゃああ〜///」」


ーーーーーー


後輩女の部屋

後輩女「ふぁ。ホットミルク飲み終わったしそろそろ寝よっと。」ピローン


後輩女「ん?グループL○NEこんな時間に」


『男たちの挿入寸前の写真から挿入中の写真までが5、6枚アップされる』


後輩女「wwwwwww(朝には消えてるの残念すぎぃ!w)」

785 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/14(木) 01:53:23.03 ID:EsVn38niO

次回 
Scorching school excursionラスト 

修学旅行3日目!(三泊四日だからラスト一泊)


 後輩女だけでドスケベ改変を捲っていくぅ! 修学旅行側(二年)か学園側かも一緒に書いてくりゃれれれ♥️


3日目のドスケベ改変を募集 よろしくドスケベたち!
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 07:22:07.45 ID:CelHcRk60
後輩女じゃないとダメ?
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 08:27:42.65 ID:biXCOJKq0
>>756
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 08:41:33.01 ID:n2wA/MVo0
>>760
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 09:13:12.18 ID:pn9rwL630
>>728
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 09:22:25.04 ID:k0E5lDQVO
>>786
そりゃまあカレンダーの存在を知ってるのが男と後輩女とお嬢の三人だけだし、その内の二人は修学旅行に行っててめくれないし
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 09:44:57.73 ID:0z0ofHs50
>>727
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 10:06:38.67 ID:7nBtf8JnO
>>731
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 11:04:35.22 ID:7nBtf8JnO
>>729
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 13:57:32.60 ID:cqMtLYPVO
>>732
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/14(木) 18:01:34.99 ID:CelHcRk60
修学旅行編で男とお嬢が混浴温泉に来ていて男とお嬢のエロをみているドーナツがいていつの間にか男がドーナツにも発情してお嬢とドーナツにwパイズリをやらせるドーナツを男のチンポの虜になりお嬢と取り合う
796 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/15(金) 13:01:35.41 ID:8bW+D+rvO
ドスケベたちありがと♥️ このレスのコンマで決定します

人間が時空間移動するのは申し訳ないがNG
797 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/15(金) 13:08:05.00 ID:8bW+D+rvO
>>793 >>794 で決勝戦

この日がきたことを誇りに思う(適当) このレスのコンマで近いほうで決定!
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/15(金) 20:24:40.51 ID:f5CEGwoH0
IDを見ると>>793はどう考えても失格かと
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/15(金) 20:37:11.35 ID:MkTm40veO
ほんとだ
>>792>>793が同じID
両方とも無効だよねこれ

って事は>>794
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/15(金) 22:21:45.70 ID:V/bOBWxI0
コンマが被ってたわけでもないしそもそも>>792を訂正するとも言ってないしどっちも無効やね
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/16(土) 00:50:25.86 ID:xaUQR10KO
そんで肝心の>>1はどーすんのコレ?
そのまま通す?ルール通り無効にする?
802 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/16(土) 13:22:17.84 ID:xq1ah1H/O
な、なんて洞察力気付かなかった>>1ごと許せぇ

ルール明確にしてたかしてなかった覚えてない(死刑)

同じIDでドスケベ案はひとつというルールを公式ルールブックに記載しておくからよく読んでおくように!

今回は>>794で バカみたいなバカエロを読んで♥️
803 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/16(土) 15:59:33.92 ID:xq1ah1H/O


班ごとにAV撮影の課題を出される
班のメンバーは全員が男優女優として出演する義務がある
カメラマンは適宜交代し、最低でもハメ撮りはやる事

撮影場所は旅館でも野外でもOK
風呂や温泉は撮影の兼ね合いで全て混浴になっている

完成したAVは全年齢有名動画サイトに投稿する決まり

ゴコゴ


後輩女「ドスケベ常識改変君は本当にバカだなぁw(ドラちゃん)」

修学旅行三日目の朝。学園に登校してきた後輩女はドスケベ改変カレンダーを捲る。その改変とは修学旅行生徒を狙い撃ちにしたものであり、腕を組みながらそれを読んだ後輩女は草がおさえられなかった。


後輩女「動画サイトってYouTubeでしょこれもう。BANされるでしょw」


後輩女「昨日の上げられた写真も面白かったのに消えちゃって残念。ふたりとも必死な顔してたw」


後輩女「ま、どんな動画を撮ったかは改変されてるし聞けば教えてくれるでしょ。楽しみにまとーっと。」


後輩女(てか私独り言えぐぅ)


部活動が無いため、後輩女は自分の教室にもどっていった。こうしてドスケベ改変により修学旅行の二年たちの灼熱の三日目の火蓋が切っておとされた。

ーーー


宿泊ホテル ロビー


朝食も済まし集められた二年生たち。学年を代表して先生Aが説明を行う。


先生A「はい皆さんいますね。それでは三日目は予定通りAV撮影を行いますよ」


「「「「はーい」」」」




804 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/16(土) 16:01:18.98 ID:PZboURLK0
もう初っ端からひどいww
805 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/16(土) 16:42:51.84 ID:xq1ah1H/O


声の通るロビーでAV撮影と言う言葉を大きめの声量で話す先生A。しかしホテル関係者も生徒も誰一人おかしな反応はしなかった。受付のお姉さんたちも「ありがち」みたいな顔で微笑ましそうに見ていた。


先生A「グループ表は各自持っていますね。カメラも(無から生成)。」


先生A「日本の風流が根強く残る京都の花鳥風月のもとで、AV撮影。これはとても素晴らしいことです。」


お嬢「まぁ〜♪風流。これが風流、ワビサビですのね〜♪」

男「そういえばAVって歴史的な一面あったなぁ(?)」


団子鼻「そうなんだ流石古典研究部」


もはや世界に突っ込み役は後輩女しかおらず、その後輩女が学園にいる以上修学旅行でAV撮影は世界の理だった。


先生A「各班3時間ごとに私の携帯にメールを送って安否確認を行うこと。それ以外は、夜の8時までにこのホテルに帰って来れば自由行動とします。」


「「「はーい」」」


ーーーー


男「さてと、おれの班は。…お、団子鼻同じ班だな!」


団子鼻「よろしくね男君。あとの三人は…」


ツンデレ「わ、私たちよ!いい。撮る以上は再生数一番しかないんだからっ!」


クール「せっかくの行事だからね。」


お嬢「全力をつくしましょう!あとこれ、色々と必要になりそうなグッズが入ってるというカバンです。各班一つずつ配られるみたいです。」


男「あーアダルトグッズとかかな(悪気なし)」






↓2までで、京都府内の場所。そして撮影するAVの内容、メンバーを募集!もう一度募集するつもりだからフルメンバーじゃなくてもOKれす!

コンマが高い方を採用させて。案がひとつでてそれでいいやってやつは!埋めコメして♥️

誰が求めたか身体プロフィール

男性陣

身長 男>団子鼻

肉棒(直球) 男>>団子鼻

精神性 団子鼻>>>男

 
女性陣

身長 クール>>お嬢≧ツンデレ

おっぱい(直球) お嬢>>>>>>クール>ツンデレ

戦闘能力 ツンデレ>>>お嬢>クール
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/16(土) 17:05:23.46 ID:HB1w1qI1O
嵐山温泉

団子鼻・男・お嬢・クールが出演、カメラ役はツンデレ
団子鼻と男がお嬢とクールの女体おっぱいで全身を洗われる
男達はお返しにおっぱいをしゃぶって揉んでキレイキレイする、最終的には生ハメ中出し
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/16(土) 17:11:24.90 ID:PZboURLK0
清水寺

男・団子鼻・お嬢・ツンデレが出演
男性陣はチンピラ、女性陣は捕らわれたお嬢様(お嬢)と護衛(ツンデレ)という設定で
助かる為に媚と身体を売るが最後にはどちらもおチンポにハマってWピースしながら笑顔で性奴隷宣言
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/16(土) 17:16:45.51 ID:ZH2V6cxEO
しかし男の精神性はもうちょっとなんとかならなかったのか
おっぱいはふたりが小さいんじゃなくてお嬢がデカすぎるんだ
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/16(土) 19:23:05.59 ID:YYezVKcB0
大原温泉
出るのは男、お嬢、クール、ツンデレカメラは団子鼻で男のチンポ見た三人は自分達の裸でどんどん男のチンポが大きくなっていくのをみて三人がかりでパイズリをしたりおっぱいで身体を洗ったりして男のチンポの虜になり三人に中だしをする  
810 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/19(火) 03:11:05.76 ID:xjW79IqtO
レスありがとう!AV撮影の現場にさせられる清水寺君可哀想…悔い改めて(責任転嫁) あと京都ガチ勢じゃないからマイナーさに比例して描写の制度は落ちるよね!

ーーー


東大路通から清水寺までの一キロほどの坂道は両サイドが観光客向けの土産屋が並んでおり、男たちはタクシーを利用してそこに到着した。


クール「…京都って、大体他県と比べて建物が低い位で同じ景色なのに観光名所周辺だけいきなり和を主張し始めない?」


団子鼻「確かに。求められてるものをわかってるよね。」


男「おいツンデレ!これどうだツンデレ妹ちゃんのお土産に(日本刀のキーホルダー)」


ツンデレ「ほんとあんたって…あの子のお土産はもう…ちょっと待ってよ何でツンデレ妹のこと知ってるわけ?」


男「ハロウィン交流でな。俺も最初はツンデレの妹だなんて知らなかったんだが」


ツンデレ「ふ、ふぅ〜ん。ま、お土産は私が買ってあるから大丈夫よ」


男「じゃあこのいちりんヘアゴム俺買うからさ、渡してあげてくれよ」


ツンデレ「ロリコンがぁ!」


男「紳士なお兄さんといえ」キリ


ツンデレ「じ、じゃあさ!これ!この縁結びのお守り。私も買うからあんたも買って、その後交換しましょ!」


男「無意味な一工程挟まれてて草。別にいいけど」


タクシーから降りたと共に飛び出していたお嬢は興奮気味な様子で坂を下ってきた。


お嬢「皆さんパフェ食べましょう抹茶ですわ!縁側の席でワビサビを全身で感じながら食べれば味も二乗ですわ!」


811 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/19(火) 03:36:39.48 ID:xjW79IqtO

ーーー

お嬢「クールさんこれ見てください。一番上にウエハースと抹茶アイス、そしてあんみつ、ナタデココと来てまたアイスですわ。にくいですね」ニコニコ


クール「にくいね」ニコニコ


男「団子鼻なにしてるんだ。スマホで」パク


団子鼻「笑われるかもだけど、インスタにさ」ジーカシャ


男「バエ気にしての!?やるじゃん(畏怖)」


ツンデレ「(お守りを見てニコニコしている)」パク


ーーーー


男「さて、どうしようかAV撮影!」


お嬢「き、緊張しますわね…///」


団子鼻「渡されたバッグの中に『修学旅行課題・AV撮影中』って背中にかかれてるジャケット入ってたから、撮影係はこれ着ないとまずいね」


ツンデレ「そうね。それなしで撮影してたら捕まっちゃうわ」


普通に野外で撮影は捕まるという常識がありながら修学旅行課題での撮影はセーフという歪みきった認識にドスケベ改変の威力が垣間見えていた。


男「俺思うんだよなぁ!AVって女性が主役だろ!だから三人の肌を清水寺をバックに隅々まで」


クール「却下。AVが女が主役かどうかはさておきこの課題では男と団子鼻もメインで出てもらう」


ツンデレ「で、でも正直何を撮ればいいのかチンプンカンプンだわ。ねえどんなかんじなの?団子鼻……よりあんたの方が詳しそうよね」


男「お誉めいただき光栄です。まあ人並みには嗜んでおりますゆえ。(猿並み)」



812 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/19(火) 04:13:23.61 ID:xjW79IqtO

男たちは清水寺への坂を歩きながら話を進める。


男「でも過激なセクシーシーンがあればそれでAVだと思うぞ」


団子鼻「ぼ、ぼくもそんなイメージだなぁ」


お嬢(いやらしい常識改変から一時的に解放された旅行だというのに///で、ですがこのアダルトビデオ撮影というのは日本の伝統的行事なのですよね…が、がんばらねば!(改変済み))


ツンデレ「ふ、ふうん……じゃ、じゃあ私に案があるわ!」


クール「教えて」


ツンデレ「先ずは出演者は私と男!」


クール(でしょうね)


男「ふひひひw俺とツンデレが本堂の舞台で本番を迎えるんでゲスね?」


ツンデレ「そ、そんなわけいじゃないっ!バカじゃないの!///」


お嬢「いやしかし、エッチがなくてはアダルトビデオと言えないのでは…?」  


クール「うん。私もそう思うな。ツンデレはどういう流れにするつもりなの?」


ツンデレ「だ、だから…私と男が他愛のない話をしながらっその…///清水寺を堪能して、さ、最後にねちっこくキスをしてエンディングよ」


男(それはそれでしてみたい)


クール「…ツンデレ、それたぶんAVじゃないと思う。改めて却下」


ツンデレ「〜〜///そ、それなら、え、エッチもしてあげるから!」


団子鼻「まあまあ。案の一つとして保留しておこうよ」

813 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/19(火) 07:41:56.22 ID:P0Ysbwq10
なんと罰当たりな…
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/19(火) 10:11:35.37 ID:0o2/lelc0
それがいいんじゃないか(ゲス顔)
815 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/19(火) 13:19:49.18 ID:10fpluGiO

お嬢「団子鼻さんはどのような映像がいいと思います?」


クール「……うん。団子鼻が一番客観的な意見くれそう。」


男ツンデレ「ぁるぇ?」


団子鼻「う、ううーん。そういわれると…」


同級生女子にどんなAVが受けるのかと聞かれる団子鼻だが、その質問は羞恥心的にキャパオーバーだった。


団子鼻「えーーと…///(顔真っ赤)」


男「団子鼻の気持ちにもなれ!女子にそんなこと…言える分けねえだろうがぁ!(熱血)」


お嬢「それもそうです。失礼しました団子鼻さん」アセ


クール「でもニーズが分からないと再生数は伸びない。それはツンデレのプライドが許さない。でしょ?」


ツンデレ「も、もちろんよっ!(腕組みそっぽ向き)」


男は意を決した様子でクールを手招きする。ほぼ身長が同じの二人は道の隅で密談を始めた。その様子を残りの三人は眺めていたが密談は五分ほどで終わりを迎え。


男「おまたせ!」


クール「………大体どんなのが受けるのかはわかった///(真っ赤)」


団子鼻「あっ(察し)」


816 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/19(火) 13:53:13.63 ID:10fpluGiO
ドスケベスレ内でも善と悪が闘っている がんばえー!


清水寺に到着した五人はお参りをする。そして本堂前の広場でクールは撮影中のジャケットを羽織り、カチンコとビデオカメラを手に取る。


クール「今回は私が撮影する。四人は出演して」


団子鼻「カチンコはい、いいと思う。一人だと大変でしょ」


ツンデレ「クールちゃん、四人ってストーリーとか配役はどうするの?」


お嬢「男さんとの話し合いが終わってから爆早でスマホをフリックしていましたが」


クール「わ、私が考えた///AVってほとんど男の人が見る。だからツンデレやあたしが0から考えても的外れの可能性がある。…だから男から聞いたのを元に」


男「でも趣味なんて十人十色だからなぁ(ど、同級生女子、しかもクールさんがドスケベな脚本を考えただとぉ…こんなことが起こりうるのか!)」


お嬢「お、男さんの入れ知恵だと怖いですわね…///」


男「正直俺も怖い」


クールはグループラインでその殴り書き脚本をアップする。短時間ゆえに穴だらけたが大まかな道筋は決まっていた。つまり。


ツンデレ「……ご、護衛役の私とお姫様役のお嬢さんがチンピラ役の二人に命乞いしながら体を差し出して最終的には快楽落ちして二人並んでダブルピースしながら性奴隷宣言ですって〜〜〜!!!?」


団子鼻「ええ…(困惑)」


お嬢「///」パクパク


クール「……そう。ポピュラーな、ええと。…凌辱…物って言うんだよね?」


男「ま、まあうん。(自分で話しておいて放心)こ、これをクールさん書いたのかw」


817 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/22(金) 02:58:05.86 ID:AxpoFcJo0

ーーーー


クール「みんな用意はできた?」メガホン片手


男「できたぁ(スカジャンにダボダボのジーンズ)」


団子鼻「僕たちこれでいいんだ(派手なスーツ)」


男「団子鼻お前…怖いな(率直)」


クール「うん。中々」


団子鼻は元々鋭い一重で、それが絶妙なチンピラファッションで更に強烈なインパクトだった。


団子鼻「そ、そうかな…ふくざつだよ」


ツンデレ「これ、バッグに入ってたの?用意いいのね」(きっちりとした黒パンツスーツ、白ブラウス、ネクタイなし)


男「お前!えすぴーじゃん!セキュリティポリスじゃん!なんかかっけえ!」


ツンデレのサイズにあったスーツはスレンダーな体型にフィットし、ポニーテールを靡かせた姿は涼しく、猫目は凛々しかった。


ツンデレ「はぁ〜あ(何らかの型)」ババババッ


男(勝てるかぁこんなのに!)


お嬢「あの、この衣装チープ過ぎるのでは(童話のお姫様のようなドレス)」


男「ふひひひwお嬢さんお姫様でゲスな」


クール「皆似合ってる。早速撮っていこう。頑張って演じてね。」


ツンデレ「演じてねっていわれても…///」


818 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/10/22(金) 04:33:42.63 ID:AxpoFcJo0

ーーーー

撮影は清水寺の境内の広場で行われ、撮影中のジャケットを羽織るクールがビデオを回す。


男「はぁあ〜兄貴。いないもんすかね〜いい女ぁ」


団子鼻「でかい声を出すんじゃねえ二日酔いなんだぁ」


クール(パッと見、ちょっといけてるチンピラと太った兄貴分……カンフーハッスルみたい)ジーー


クールはカメラアングルを変える。今度は女性陣を映す。


ツンデレ「お嬢様。下賤なものたちが多いですから、気を付けてくださいね」


お嬢「おほほほほほ。そのときはツンデレが守ってくれるのでしょう。怖いものなしですわ」


男「お!すっげえ上玉いますよ兄貴!見てくださいよ〜ここからでもドスケベなのがわかるぜ!御付きの女も可愛いじゃねえかよぉ」


団子鼻「おう。あの服装雰囲気。どこぞの箱入り娘みたいだなぁ。連れてこい(唐突)」


男「へいっ!おうおうおうお二人さん。俺たちと遊ぼうぜぇ」


大股で男はお嬢たちに近づき、首を妙に振りながら話しかける。その姿はどこにだしても恥ずかしいチンピラだった。


ツンデレ「あんた、死ぬわよ。軽い気持ちでこの方に近づくんじゃないわよ(手を伸ばして遮り)」


お嬢「まあ。これがナンパなのね。軽薄そうなお方ねっおほほ」


男「そういわずによ。俺達が清水寺案内してやるからよぉ〜あた仲良くしてくれよぉ〜」ヘラヘラ


男「姉ちゃんも可愛いじゃねえかよ。俺と遊ぼうぜぇ」


男がツンデレに手を伸ばそうとするが、素早い動きでツンデレに腕を極められてしまう。


男「ちょっといたい!」ガキィ


ツンデレ(やば。)(極めた腕を離し)


男「このやろぉ〜!俺を怒らせたな〜!(ツンデレを抑えにいく)」


ツンデレ「えい(再び腕を極める)」


男「勝ち目がねえ〜〜!!?」ガキィ


クール「…カット、ツンデレ、負けてあげて」


ツンデレ「ええ〜〜?」


男「頼むぜほんと。」


クール「……まあ、最初強いのはいいか。その方がいざ媚を売るときの落差があっていやらしいしね。」ウンウン


お嬢(ゆ、友人に対する発言ですのこれが///)

819 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 13:09:22.21 ID:dykCBYhA0
落差は大事(力説)
615.81 KB Speed:3.8   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)