男「なに!ドスケベ常識改変カレンダー!?」後輩女「2ですよ2」18禁安価

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

449 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/09(金) 13:22:54.78 ID:FmUZcaKX0
>>401
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/09(金) 16:22:33.85 ID:GPUscJd20
>>400
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/09(金) 16:51:30.97 ID:GpqaVeurO
性のテクニックがモノを言わせるバトル漫画の世界になる。
バトルファックで頂点を目指せ。
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/09(金) 16:59:54.67 ID:PzWiU6uwO
>>451
>>438とコンマ被ってますよ
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/09(金) 17:15:40.97 ID:XzWUHaM5o
ふっふっふっ…!でドフラミンゴはもう天才なんよ
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/09(金) 17:19:42.71 ID:mP/JTe3ao
改編内容「努助部学園は異能力者を育成する学園である」

ラノベの能力学園物みたく異能力が使えるようになったドスケベオカルト部一行。学園では「能力開発」という能力の訓練をする授業があったりする。
学園の殆どの生徒が「夜によく眠れるようになる」「胸のサイズを少し大きく出来る」等のしょうもない能力しか持ってないが、ドスケベオカルト部の面々は固有の能力を持っていて
後輩女が「女性限定で好きな場所にテレポートが出来る能力(服や持ち物はその場において行く)」
お嬢は「あらゆる傷や万病を治す母乳を出せる能力(おっぱいが丸見えの状態じゃないと発動しない)」
男は「自分が「エロい」と感じた女性に首輪を発生させ、その女性を24時間「主人である男が大好きな奴隷」に出来る能力(常時発動)」という能力を持っている。

また能力の副作用に関わるエロ行為なら誰も気に止めなくなっていて、後輩女が全裸で目の前にテレポートしてしまったり、お嬢が人前でおっぱいを丸見えにして母乳を出したり、男が奴隷達とラブラブセックスしてても「そういう能力ならしょうがない」という風に咎められない。
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 00:21:32.30 ID:Hacrlfzy0
改変内容 努助部学園にはセックス+αしないと出れない部屋があるという噂があり、改変によって出現した部屋は外との時間の流れが違い部屋での1年が外での1時間程になる。
改変を見たお嬢は部屋を使われない様にするため学園の部屋を片っ端から探し始める。男と後輩女も建前はお嬢と同じで実際は覗いたりしようと思い部屋を探す。
部屋が出てくる条件は異性が2人以上でほぼ同時に部屋に入るとその入った部屋が今回の改変の部屋となる。
上記のことから部屋を発見出来なかったお嬢は男と合流して部室に入ることとなる。
今回の+αについては、外の時間で1時間経過することだった。
部屋の中で妊娠や出産をしても部屋の外に出ればそれは無かったことになる。
いつも後輩女が男にカメラを渡しているので今回はなしでお願いします。
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 01:37:42.36 ID:yBujKdNPO
全ての人類が惚れ症、発情しやすい体になる
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 04:26:46.27 ID:tsM4Fhg2O
超能力や精神と時の部屋なんて採用できるのかな…
全人類発情に至っては学校関係無いし

>>100
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 05:14:57.25 ID:mWi7Z6lkO
本日から中間テストが始まる。
初日には保健体育のテストがあり、内容は性行為の実施テストである。
あらかじめ先生が選んである男女2人のペアで行うこととなっており、男の相手はお嬢となった。
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 05:28:01.83 ID:qFTK/RSa0
スレタイから離れ過ぎないようにするには……次から「〇〇というのが常識」みたいに最初に書くの必須にするとか?

>>69
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 05:35:17.97 ID:dlkECWW7O
毎年恒例に行われている「セックスコンテスト」が本日の昼休み後の授業時間に開始される
このイベントは1年間を通して1番エロイと思ったペアに対して投票をする
投票するのは、生徒のみで自身が関わってないペアに対して投票できるものとする
選ばれたペアは壇上で生ハメセックスをどちらも満足するまで行わなければならない
今回、選ばれたのは男とお嬢のペアだ
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2021/07/10(土) 05:36:09.39 ID:dlkECWW7O
>>460
コンマが被ったのでこのコンマで
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 07:10:26.74 ID:mh1Lot9DO
おっぱい大きくなる衣装とか出てたのに今更?
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/10(土) 19:02:48.09 ID:udyjuGVyO
オークやゴブリンみたいなファンタジーな生き物は出せますか?
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/11(日) 00:50:44.61 ID:YNKsLsHYO
妖怪の狐娘をドスケベオカルト部に入れたい
465 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/11(日) 22:15:38.88 ID:Q4kCkaxGO

ドスケベ改変案ありがとう❤️ このレスコンマで決定

ゲロッパ!
466 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/11(日) 22:44:14.96 ID:Q4kCkaxGO


ドスケベオカルト部部室


後輩女「君がため 惜しから…」


男「はいいいいいぃ〜いいい!いー!いー!」バシッ


お嬢「ぜ、全然間に合いませんわ」


後輩女「部長が町内百人一首大会で編み出した『クッソ喧しい奇声戦術』相変わらずの威力ですね」


男「ふ。知らないおじさんにキレられて封印していたからな」


お嬢「なぜ今解禁を…それはそうと私ではまだ上の句の段階で動き出せませんわ。流石ですねお二人とも」


後輩女「まあ我々古典研究部ですからねぇ〜」


男「健全な古典研究部だからなぁ」


お嬢「とりあえず、これで今回めくるのは私の役割ということですわね…」


男たちは百人一首でドスケベ改変カレンダーを捲る人を決めていた。総当たりの結果お嬢が二敗したためゲームセットとなった。


男「さあお嬢さん!」


後輩女「苦悶のドスケベ改変、めくってください!断腸の思いです」


お嬢「そのわりにはワクワクしているような…気のせいかしら(天然)で、ではいきますよ…(カレンダーをつまみ)」


お嬢は片目をつぶり恐る恐る一番上をめくりあげる。


ゴゴゴゴゴ

文化部妊活チェックの日 全ての文化部は妊活を一組以上行いその活動内容を録画し報告しないといけない
排卵剤も支給されるのできちんと使用すること、妊活を行わなかった部に所属の生徒は退学処分とする


男「こーれはまた」


後輩女「突っ込みどころ満載なのが出てきましたよ」


467 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/12(月) 00:32:39.48 ID:5NocU4Ci0


お嬢「な、なぜ我々の年代で妊活を」


男「恐るべきドスケベカレンダーに常識は通じないみたいだな」


後輩女「排卵材とやらもどーせ改変特有のなんやらがありそうですねぇ」(だて眼鏡クイ)


お嬢「文化部限定。しかもペナルティが凄まじい…って後輩女さん。そんな冷静でいいのですか」


後輩女「大丈夫ですよ。ヒソヒソ」


お嬢「…な、なるほど」


男「まあとにかくいつも通りドスケベ生徒会長に聞きに行こうぜ!あれ、まだ会長だよな?」


後輩女「そろそろ世代交代の時期みたいですね。引き継ぎがどうのこうのいってましたよ。」


お嬢「これからは生徒会長さんのことは姫カット(名前)さんと呼べばいいのかしら…。」


男「まあまだ生徒会長だからな。ドスケベボディ生徒会長も見納めが近いのか…!くっ!(苦悶)」


後輩女「次期会長もドスケベボディかもしれませんよ。」


男「確かに!て言うかお嬢さん立候補してみないか。え?ブロンド。碧眼。ドスケベボディ。天然。そして生徒会長?属性過多すぎぃ!」


お嬢「が、柄じゃありませんわっあと、ドスケベボディって…」


後輩女「否定できないお嬢先輩萌え!」


ドスケベオカルト部が話していると、噂の生徒会長が扉を開き現れる。


生徒会長「おはよう。男はいるかね」ガラ


男(まじでうちの部室だけノックしねえなこのデカパイ!)


後輩女「おはようごさいますぅ♪」


468 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/13(火) 08:26:46.14 ID:8qjyQgYP0

雑談の中で今回の改変が少子高齢化の対策だのなんだのと建前を聞く古典研究部。


男「なるほど〜(馬鹿でしょ)」


後輩女「無知でしたそんな理由が(馬鹿ですねえ)」


お嬢「ためになりますわ(お馬鹿ですわ)」


生徒会長「ま、行き過ぎな決まりではあるがお国の決定に従わないわけにはいかないからね。退学なんてなってくれるなよ」


男 後輩女(それはそうとドスケベだしよし!!)



お嬢「生徒会長さん、そろそろ生徒会選挙ですわね。」


生徒会長「うん。立候補者も複数人でてきてな、問題なく世代交代できそうだ。さあお嬢さん(錠剤をわたし)」


お嬢「え?これは…」


生徒会長「排卵剤だ。すぐ溶けて効果覿面」


お嬢「ええ(困惑)」


後輩女(注射タイプではなくてよかったですね)


469 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2021/07/13(火) 11:11:23.55 ID:2l6XDjLs0
後輩女ちゃんは合法的に男のチンポ楽しめるから嬉しいんだろうなあ…
470 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/15(木) 02:25:15.48 ID:9UswKUh+0

その後放課後まで特に問題なく一日が進行し、生徒たちは帰るもの、部活動に向かうもの等いつも通りの様子を見せる。


男「しっ!ふっ!ふっ!」(ゲーム機を前に必死の形相)カチャカチャ


団子鼻「男君部活に行かなくていいのかい」カチャカチャ


男「そのお喋りが命取りだバカめ!(小物)」


液晶内では男の操作キャラクターが血祭りにあげられ、男は机に顔を突っ伏す。


男「そろそろいくかぁ。団子鼻は帰るか?」


団子鼻「うん。お嬢さんも来たよ。」


お嬢「ごめんあそばせ。男さん。そろそろ部活に参りましょう。」


男「そうだな!」


男達が部室に向かうと、ドアの前で後輩女が待っていた。


男「あれ、何で入らないんだあいつ。あっ!!」


お嬢「ど、どうしました。」


男「(後輩女のスカートから延びる黒ストを見つめて)黒のストッキング…いいよな」


お嬢「ええ(困惑)」


後輩女「あ、遅いですよ部長。早くいきましょう」


男「どこへよ」


後輩女「他の文化部へ見学ですよ!いひひひひ!」


男「そうだなwふひ」




471 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/15(木) 02:35:24.72 ID:O2nvZa3UO
団子鼻は文化部に入って無いのか
472 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/15(木) 04:10:50.32 ID:9UswKUh+0
再利用系ドスケベ駄文投稿者



お嬢「お二人とも。何故他の部活の見学を?まさか常識改変を楽しむなどという…」


男「俺たちにかせられた業(カルマ)が故に。ゲヘナでもがく罪人」


後輩女「部長(ぼけ)は放っておいてと。ほら、他の文化部の人たちがどんな様子なのか見届けるのもカレンダーを捲ってしまった我々の役目でしょう」


お嬢「それは、そうかもしれませんね(納得)」


後輩女「流石お嬢先輩〜♪(抱きつき頬擦り)」


男(心底羨ましい。俺も10秒だけ女の子になってお嬢さんに抱かれながら撫でられたい(?))


話が纏まり、男たちは他の部活動の妊活を見学しにいくこととなった。勿論ドスケベオカルト部の思惑は生ハメを見学することである。


後輩女「〜♪」


お嬢「で、どこの部活動から見学しますの?」


男「そうだな…後輩女希望あるか?」


後輩女「う〜む…あ!後輩1ちゃんとギャルちゃん」


後輩女が指さす先には後輩女と同じクラスの一年二組である後輩1とギャルの姿があった。ギャルはテニス部所属で濃い目のブラウンに染められた髪をサイドテールにまとめ、健康的な肌を防寒しつつ晒すように工夫された着崩しは素晴らしかった。


後輩1「ね〜。私もあっちのお店の方が美味しいと思う」


ギャル「でっしょ。アタシマジ毎日買いに行ってるもん」


男「(ふっ。二人とも中々エチエチだな。胸はギャルさんは後輩1さんより少し小さいくらいか(誤差を見逃さず))って、ギャル?あの子が?」


お嬢「どうかなさいましたか」


ーーーーーー

夏休み前

男『テニスボールここに置いておけばいいか?』


ギャル(黒髪オカッパ)『は、はい。ありがとうございますっ。重くて…』


男『あんなフラフラと危なっかしく廊下歩いてたら心配にもなるわなぁ』


ギャル『え、えへへ。あ、ありがとうこさいます。あ、ありがとうございます。先輩』キョドド

ーーーー


男「……同姓同名か(自己完結)」

473 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/15(木) 04:53:37.82 ID:9UswKUh+0


後輩女「ギャルちゃんはテニス部なのでともかく、演劇部の後輩1ちゃんは……GOOD(ネイティブ)」


後輩1「あ、後輩女ちゃんさっき教室で別れたのに奇遇だね」

ギャル「忘れ物?アイロンなら貸してあげるよ」


お嬢「ギャルさん、夏休み明けでガラッと変わりましたね。わたしビックリしましたもの部活動で」


男「やっぱりそうなのか!同一人物か……すごぉい(少年)」


後輩女と二人が話していると、ギャルは男とお嬢にも気づき、ブレスレットをつけた腕を振り社交的に挨拶を交わす。


ギャル「お嬢パイセンとチャンおとじゃ〜ん。てかチャンおとマジレア。夏休み前以来。奇跡」


男「チャンおと!?」


ゴリッゴリに夏休みでイメチェンを決めてきたギャルだが、それをいじりながらも貶す者はいなかった。それほどギャルのイメチェンは外見的にも内面的にもプラスに働いていた。


お嬢「ギャルさんはイメチェンをしてからテニスの成績も伸びてきていて素晴らしいですのよ」


後輩女「二人はこれから部活?」


後輩1「うん。もう私たちも行こうと思ってたの」


ギャル「アタシもいかないとパイセンたちに怒られるなぁ」


男(そういうところは真面目なのか)


次回!ドスケベオカルト部はどの文化部に攻め混むのか安価発動

1 演劇部(対象、先輩1 三白眼 後輩1から選んで♥️)
2 文化部と、新キャラクターを募集 

↓2で ヨロシクー

474 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/15(木) 05:46:07.61 ID:8V3yl6gRO
踏み台
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/15(木) 06:11:13.38 ID:GVK6blvO0
茶道部 茶道部部長
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/15(木) 07:19:31.94 ID:2nW7G+WD0
男たちに何かさせるよりも他のキャラを見に行く形式のほうが内容が充実しそうだな
覚えとこう
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/18(日) 08:00:04.30 ID:3NiIfi6i0
はよ
478 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/19(月) 03:06:10.52 ID:7XguLJ/B0

ギャル「そういや文化部は今日大変だね」


後輩1「え?なんでぇ」


後輩女「妊活だからね。本当に大変。」


男「大変とかいうレベルの話なのか(唖然)」


お嬢(恐るべし常識改変!)


ギャル「しかもチャンおと。アイドルが学園に来たとき見たけどすっごいデカかったじゃん?やべーね後輩女ちゃん」




後輩女「ダイジョブダイジョブ(棒読み)あ、ちなみにギャルちゃん。デカかったって、なにが?(ゲス顔)」


ギャル「ぅえ?!そ、それはあれじゃんよ。…ち、ちんちん(小声)」


男(地金が出る感じエッチ!)


それより!後輩1ちゃん。部活にお邪魔していい〜?」


後輩1「え?良いと思うよ。でもどうして?」


後輩女が同級生と話していると、廊下を甲高い悲鳴が貫く。


「いやぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


「「「「!??!」」」」


お嬢「な、なんですの今の婦女子の声は」


男「たぶん茶道先輩の声だぞ!」


男たちは後輩1、ギャルと別れ、声のもとに駆け出し、少し離れた茶道部の部室の扉を開く。

479 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/19(月) 04:07:58.75 ID:7XguLJ/B0


男たちが見たものは茶器を振り上げる茶道の姿だった。


茶道「なによっ!私が他の人の子を妊娠しても良いっていうの!?あり得ないわぁ〜!!」


好青年「いやそんなこと言ってないだろ!落ち着いてくれ!」


男「なぁにこれえ」


茶道部A「部、部長。茶器を投げないでください!こわれちゃいますよ!」


お嬢「好青年さんの胸ぐらを掴んだ茶道さんが…鬼の形相ですわ」


後輩女「なにやらおもしろそうですねえ(野次馬根性)あ、茶道一年ちゃん元気?どうしたの?」


茶道一年「ほ、ほら。妊活しないと文化部退学になっちゃうじゃん?それで部長が自分が引き受けるって言ってぇ」


好青年「さっきもいったけど茶道部は男子いねえし。会長の奴にも免除されてただろ。無理にすることなくないか」


茶道「なによっ!私と子作りしたくないっていうの!?お父様お許しください!(黒髪を振り乱し茶器を振りかぶる)」


好青年「そ、そんなことはねえよ」


茶道「じゃあ、私と着床確実濃厚生はめしてくれる?」


男(着床確実濃厚生はめ!?)


後輩女(声に出して読みたい日本語!)

ザワザワ


茶道部A「な、生はめですって…///」

「茶道部部長先輩があんなことを///」


480 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/19(月) 04:57:31.29 ID:7XguLJ/B0


お嬢「茶道部部長さんはなぜあのようなことを?面妖ですわ…」


後輩女「愛でしょうね(適当)病的なまでの好青年先輩への愛が彼女を狂わせたのでしょう。あ、水羊羹美味しい。部長これ古典研究部にもストックしておきましょうよ(茶道一年にあーんされながら)」


男「(茶道一年さんにあ〜んてもらえりゃ砂利だって旨いんだよなぁ!代われや!まじで!)そうだな」


茶道一年(なんで男先輩顔芸してるんだろ…)


男「だが。お嬢さん考えても見てくれ。着物を着こなしたあの手入れされた黒髪を靡かせる茶道先輩。我慢できないよぉ!」


お嬢「わ、私男性のリビドーはわかりかねますわ///ま、まあたしかに…」


男「ドスケベな外見してるのに!?」


お嬢「少し向こうでお話しましょうか。」


後輩女「お嬢先輩。まあまあ。あれを見てください」


後輩女が指さす先には、着物をはらりと緩め、四つん這いで好青年に迫る茶道の姿があった。その淫らな様子は部員たちも声をかけるのを忘れて見いっていた。

「え。うそ。本当に好青年先輩と部長がここでするの///」


「やばぁ…茶道ってもっと神聖な物だと思ってた///」


後輩女(ま、仮に妊娠しても明日にはなかったことになってるんですが。)


好青年「茶道。あの会長からもらった排卵剤は?」


茶道「もう私の体内よ。さあ!覚悟を決めて!」


その瞬間。好青年も覚悟を決めた漢の顔を見せる。


後輩女(普通に流されてるだけだと思うんですけど)

481 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/19(月) 15:06:18.65 ID:VFgqSNLj0
コイツら本当に面白いな……
482 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/20(火) 04:01:57.52 ID:9+9S9qmIO


好青年は茶道部部長の肩に手をおき見つめ返す。癖ッ毛が明るい色に染められたジャニーズ系イケメンフェイスで茶道部部長を見つめ、ドスケベ改変と知らないがゆえの未来への覚悟を決める。


好青年「わかった。元々俺はお前と人生最後まで行くつもりだったからな。お前が望むなら義父さんに殴られてもいいさ。」キリ


茶道「好青年♥️」ポ


「やだぁ。かっこいい」


「部長愛されてますね…///すてき」


男「👂」キキミミ


男「おまんを愛そう。この命つきるまで。拙者がおまんだけのための海援隊を作ってやるぜよ(小声で)………んー。もうちょいウィットに富んだ……ん?(細目で見つめる後輩女と目が合い)」


後輩女「あちゃちゃぁ〜…なんで龍馬…(額に手を当てて)」


男「えっうそ聞こえてた!?俺を殺せえ!(武士)」


後輩女「しばらく覚えておきますよ。それよりこれ、見てくださいお嬢先輩に渡された薬。多分茶道先輩が服薬したものと同じだと思うんですけど(パッケージを見せる。)」



男「(苦悶の表情)…なになに。…いかなる場合も妊娠率30%オーバー…?すげえ…」


後輩女「凄まじいマジックアイテムですね。茶道先輩の気合いの入り方が伺えます」

男たちは改めて好青年達を見つめる。すでに愛するもの同士の第一段階キスに移行しており部員+お嬢は口に手を当ててその様子を見つめていた。


お嬢「や、やはり…ダーリンとの始まりは熱いヴェーゼなのですね///素敵ですわ」ガンミ


男 後輩女「えっろ(邪)」




483 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/20(火) 04:34:16.81 ID:9+9S9qmIO

二人の舌は音をたてて絡まり、部室全体に淫らな水音を響かせていた。しばらくして呼吸の限界が訪れ唾液のアーチを完成させつつ唇は名残惜しそうに離れていった。


「す、すご〜…」

「なんか熱々だったね///」


お嬢「す、すごくエッチでしたわ…」


茶道部一年「見いっちゃった。///」


後輩女「くぅ〜!なんていやらしいディープキス!永久保存版ぜよ!」


男「なんで龍馬」


茶道はへたりこみながら上気させ、息を整える。しかしそんな茶道を押し倒すように好青年が迫る。


茶道「きゃあ///」


茶道にとって予想外なのは部室の一角には布団が敷かれており、生はめを行うならばそこだろうと思っていたところにがっつくような好青年のムーブが挟まれたことだった。


茶道「こ、好青年。畳の上よここは。///もう3メートルとなりにはお布団用意してあるんだもの。そちらに…」


茶道は自分を見つめる好青年の目がいつもとは違うワイルドさを秘めていることを悟った。


好青年「畳の上だから興奮するんじゃねえか。なあ茶道。茶道部部室で部長がこんなお願いしたんだ。どこだろうと変わらねえだろっ(強めの動作で着物の胸元を開かせ)


茶道「///〜〜♥️!?!」ゾクゾク


男「あの人のいい好青年先輩が!」


後輩女「あんな荒々しく!畳の上で茶道先輩に!(茶道先輩めちゃときめいてる)」


お嬢「ま、まるで。そう。優秀なドーベルマンが主人に突如はむかうかのような…」


男「好青年先輩がドーベルマンか。じゃあさしずめ俺は」キリ


後輩女「野良犬定期」


「部、部長が両手抑えられてっ///」


「イケメン(重要)に上から……っ///」


茶道部一年「ふ、ふっとうしちゃいそう///」

484 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/22(木) 02:25:16.82 ID:pffFJuxFO


茶道「好青年がこんながっつくなんて///」


好青年「お前が誘ってきたんだから、後輩部員の前で鳴いてもらうぜ」


好青年は手慣れた様子で茶道の股に指を這わせる。アンダーヘアを撫でながらクリトリスを撫で回す。


茶道「あ、や♥️んん」ピク


「と、殿方の指が部長のおまたに…///」


茶道部A「///脚、閉じても止められないでいじられているわ」


男「ふひひ。以外と濃いんだなぁ…アンダーwドスケベだぜ」


お嬢「スラッとした足の付け根が…蹂躙されて///」


後輩女「やんややんや」ゴロゴロ


茶道部一年「///わあ(ガン見しながら後輩女を膝枕して撫で)」


男(死ぬほど裏山!)


さらに好青年はもう片方の指を二本茶道の口にいれ、舌を触るSッ気ムーブを決める。股間と口を犯された茶道は悶える。


茶道「〜〜///」クチュクチュ


茶道(いっく!いくぅ〜〜!!♥️)ビクンビクン



485 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/22(木) 02:59:38.36 ID:ZC+9xAZD0

男「こっちからは茶道先輩の下半身しかみえないけど、絶頂するときにぎゅって太ももが痙攣するの見た!?見た!?(童貞)」


後輩女「見ました見ました。いひひひ」


お嬢「あの清楚な茶道さんが///」


そのまま茶道に被さるようにして、挿入の体勢に入る好青年。ついに妊娠の時が来たと悟る茶道は急激に恥ずかしさが訪れ顔を両手で隠す。しかしその手を好青年ははがし表情を見えるようにする。



茶道「///は…はずかしいわ…//うう」カァ


好青年「折角妊娠するんだ。隠し事はやめてもらうぜ。みんなにも見てもらおうか」

好青年に呼ばれ、部員と男たちは二人の周りにあつまる。


男「茶道部部長が中だし絶頂妊娠を決める瞬間をじっくり見せてもらいますね」


「わ、私も興味ある//」

「あたしもっ」

後輩女「あの清楚な茶道部部長が中だしされてアヘ顔でクッソ無様に絶頂するのみてます!」


お嬢「///」ドキドキ


茶道「み、みんな…//うう。わたしっ♥️…孕まされちゃうわっ」


好青年「さあ。入れるぞ…(俺も緊張するが冷静に)」


好青年の肉棒が茶道の湿った陰唇にあてがわれる。そしてゆっくりと挿入し、その様子を皆は興味深そうに眺めていた。


486 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/22(木) 03:42:42.63 ID:ZC+9xAZD0


茶道「〜〜っ///」ビクンビクン


好青年「早めに動かせてもらうぞ…っ」ズンズン


茶道「ん♥️ん♥️っ…//うう。んん!」


「え、エッチしてるぅ」


茶道部一年「始めてみた…///しかも、これ、中で出すんだよね」


男「恥ずかしそうに感じる茶道部部長……エッチエチw」


後輩女「むき出しの平均おっぱいも一突き毎に揺れて。いひひひ」


お嬢「長い髪口の端に引っ掛かってますわ///」


好青年は茶道の膣内を楽しむように暫く動かすと、ピストンの速度を速める。


好青年「っく!いつもより、なんか締まるなっ。興奮してるみたいだ」パンパンパン


茶道「♥️んっ///あ!あん!ん〜///はあ。はあ。だ、して出して射精(だ)して〜♥️」


後輩女「おねだりですおねだり!」


男「好きな四字熟語は、妊娠懇願です」


お嬢「ないでしょうそんなの///世間知らずの私でもわかりますわ」

「わ、も、もうそろそろ…///で、出る?」


好青年「っく!んぐ、ふう。ふう。で、出るっ!茶道」パンパンパン


茶道「だ、出してぇ♥️っ!ん!あん!私を人妻にしてっ!あん!中出し受精アクメさせて〜っ♥️あぁ〜!!あん!」


好青年「っく!うう!あっ(膣内射精)」


茶道「ぁあ〜〜〜///」ビクンビクン


後輩女「いってるいってるぅw」


男「これが茶道部部長の妊娠絶頂顔かぁw」


「や、やらしい…///」


「すごくびくびくしてる!」


お嬢「む、無効となるとはいえ///ドキドキしてしまいますっ」


好青年「くうう…お、俺も興奮しちまってたな…すげえ」(挿入したまま余韻を楽しみ)


茶道は顔を真っ赤にしながら自分を覗き込む部員たちと目が合い。ようやく両手で顔を隠して羞恥と中出しの歓喜に悶えた。


487 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/22(木) 03:48:48.88 ID:ZC+9xAZD0

次回!古典研究部の妊活!

00〜49後輩女
50〜99お嬢 

↓2 のコンマで! ついでに簡単なシチュエーションとか希望あれば 
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/22(木) 06:50:23.43 ID:2ZMpsJTv0
踏み台
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/22(木) 08:49:32.26 ID:5uLeJVNWO
カモン後輩ちゃん
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/22(木) 08:58:17.32 ID:IhdqB/0L0
お嬢来い
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2021/07/22(木) 09:11:19.47 ID:B4sROTiC0
先輩チンポに堕ちてる後輩ちゃんじゃないか!

でもどうせお嬢も混ざって3Pだから…(願望)
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/22(木) 10:59:23.39 ID:oH/Aig0l0
ここまでのコンマが全部後輩ちゃんという徹底ぶり
絶対に大好きな先輩チンポで妊娠させてもらうという意志を感じる
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/22(木) 11:37:59.85 ID:bPEbG0TdO
シチュ案
どっちがやるかを厳正にくじ引きで判断したら後輩ちゃん当たり
『めんどくさいんでさっさと終わらせましょ』などといつもの憎まれ口で辛辣に男をなじるも、身体は既に完堕ちしてるのでおまんこは準備完了のぐしょ濡れ状態
そのまま抱えあげられて見せつけるような態勢で全力妊活、ちょうど部室に様子を見に来たギャルちゃんをはじめとした後輩ちゃんのクラスメート女子に男ちんぽでアへ顔を晒すところまで全部ばっちり見られる(なおギャルちゃんはギャルのメッキが完全に剥がれて地が出る)

お嬢に関してはギャラリーや男の邪魔にならないように後輩ちゃんのおっぱいを責めたり言葉責めして参加してほしい
494 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/24(土) 05:03:53.12 ID:CZ/XMwg5O
部分的に使わせて♥️


茶道部の活動を見学し終えた男たちは部室に戻っている途中に生徒会長に出会った。


生徒会長「やあ。古典研究部は妊活を終えたのか?」


男「さっきまで茶道部の妊活を見学して勉強してたんですよ」


生徒会長「なに?茶道部は妊活を免除されていたはず」


後輩女「茶道部部長が好青年先輩と妊活したいということで、積極的に行ったみたいですぅ」


生徒会長「(苦笑)なるほどな彼女らしい。それで、これから部室に戻り妊活を行うということだな。」


お嬢「それなのですが」


後輩女「そう!私たち、二人とも今日は厳しい日なんですよぉ。後日でもいいでしょうか?」


男「なに!」


これが二人の策略。生理的に不可能となればどうすることもできない。そして男としてもデリケートな話題には混ざりにくい。お嬢と裏で話を合わせていた防御策だった。


男「いや聞いてねえけど!?」


後輩女「わざわざ言うわけないんだよなぁ」


男「たしかに(納得)」


生徒会長「む、そうだったか。それならばしかなたいが(端末を操作し始め)」


後輩女(え、なにそれ嫌な予感)


生徒会長「………嘘はいけないな後輩女よ。お嬢さんはともかくキミはまだだろう」


「「「!?」」」


生徒会長「生徒会が生徒達の詳しい周期が記載されているアプリ『月夜』をインストールした端末を所持していることくらい常識なはずだ」


(((いや絶対常識じゃないとおもう(おもいますわ))))


後輩女「そ、そんなばかなぁ、いくら何でもそこまで」


生徒会長「たとえば、お嬢さん。キミは三日目だな」


お嬢「ち、ちょっと会長さんっ!?///」


男(なんか生々しい話!ていうか…改めてすげえぞドスケベ改変。逃げ場は封じられてやがる)


後輩女「(ボーゼン)」


生徒会長「とにかく、できるのは君と男だけだ、必ず行って証拠を提出するように。国が定めたことだ。情状酌量はないぞ」


ーーーー


495 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/24(土) 05:22:23.68 ID:CZ/XMwg5O

古典研究部部室


後輩女「やばいでしょ」


男「たしかにヤバイ。アプリの意図がわからん」


バスローブを纏った二人は腕を組みながら改めてドスケベカレンダーの威力を実感していた。


男「まあ俺は勿論、うれしいがな!!ふひひ」


後輩女「猿がぁ〜」


お嬢はそそくさと布団の用意をして、二人に近づく。


お嬢「お二人ともっ。用意ができましたわ!」


男「いやぁありがとうお嬢さん。わざわざ用意してもらっちゃって」


お嬢「お気になさらず。だ、だってお二人はこれから大切な…」


後輩女「お嬢先輩。気にしなくて大丈夫ですから、何度もいってる通り明日には。」


お嬢「いえ!そうだとしても私はお二人に集中していただきたいですわ!」グッ


後輩女「やめてくれお嬢先輩。その視線は私にきく(オビト)」


男「後輩女、たしかに俺も覚悟を決めたぜ。愛し合おうな!(腰を抱き)」


後輩女「こ、このやろう!」


お嬢は天然で、男は意図的に今回の生ハメに対する特別感を演出し始める。
後輩女は歯噛みしながら男に手を引かれるまま布団に座る。


496 : ◆FdkaB5CQpg [saga]:2021/07/24(土) 05:47:53.18 ID:CZ/XMwg5O

布団にぺたん座りした後輩女のバスローブに手をかける男。


男「ふうう〜。よし、脱がすぜ…」ドキドキ


後輩女「…〜……ま、まあ。ささっとおわらせて帰りましょ。はよ」


すると男と後輩女の間にお嬢の手が割り込む。


お嬢「お二人とも!先ほど何を見ていましたの!」


男「えっ」


後輩女「な、なんですか?」


お嬢「愛し合うもの同士!まずはマウストゥマウスでしょう!遊びではありませんのよ!」プンプン


男「あそっかぁ(脳死)」


後輩女「ははは(白目)」


お嬢の剣幕に圧され男は後輩女の両肩を持ち、向き直す。


男「よし、いくぞ」


後輩女「ま、まって部長。お昼のあと歯は磨きましたか?」


男「当たり前だメーン」

お嬢「男さん!」

男「ご、ごめん」


後輩女「そのあとなにか食べました?今乾いてないですか?口の中切ってたり」


男「どんだけ俺の口の中不潔にしたいんだよ大丈夫だいくぞ!」ギュ


後輩女「…!」


男はゆっくり後輩女に顔を近づけた。後輩女はその場で緊張した様子で待ち受ける。両目を開いたままの二人は近づくお互いの顔を見続け、二人の口より先にデコ同士が当たり、超至近距離でのガン飛ばし合い状態となる。


後輩女「…!」グリグリ


男「…」グリグリ


お嬢「………な、なんなんですの?……え?なにこれですの?」


男は目を閉じて後輩女の唇に唇を重ねる。その様子をお嬢は手を口に当ててガン見する。


お嬢「まあ!まあ!」


497 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/24(土) 17:31:22.59 ID:OmC12o6p0
まあ!
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2021/07/24(土) 22:28:41.47 ID:JvXxSJ9u0
ま!
388.76 KB Speed:4.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)