このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-9冊目-【超電磁砲】 - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :◇◇ 認知度アップのためにも 『age進行』 にご協力ください。 ◇◇ [sage]:2010/07/04(日) 17:40:56.00 ID:1M4S9gAo
 [ このスレなあに? ]
「とある魔術の禁書目録」及びその派生作品のSS投下用総合スレッドです。
2chは規制されている、スレを立てにくい、という方は当スレをご利用ください。

・どんなに短くても長くても迷ったらGO投下!
・未完成作品、投下中断もOK。中断回数はほどほどに。
・再開時には前回投下したものをお知らせするといいかも。
・エログロ等の注意書きの有無は判断はお任せします。

その他に感想や雑談、質問に相談、情報交換など、いろいろとお役立てください。


 [ 前スレ ]
 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-8冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1277220435/


 [ 最大主教さんとのおやくそく ]
・投下したる時は、名前欄にタイトルを入れねばならぬのよ。
・新刊のネタバレ解禁は、発売日の翌日からでなければ拷問も辞さぬところね。
・多人数の書き手で進行するスレということを踏まえれば、安価作品などは控えておいたほうが身のためなるわよ?
・毎月中旬は魔術的な障害が生じたるわ。数日の内に直りたるから、さしたる問題ではなきのだけれど。
・言葉の通じぬ者がいたりとも、触らぬ神に祟りなしに尽きたるわね。


 [ その他ルール ]
>>980を踏んだ人は次スレを立ててください。無理なら再安価を。
・前スレが埋まったのを確認した人は以下のスレにて『前スレのHTML化依頼』をお願いします。

 HTML化依頼スレ Part1
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1190564438/


 [ その他注意 ]
この板では、一部の単語にフィルターがかかっています。
メール欄に半角で『saga』(←sageじゃない)と入れると解除できます。
下記のスレで該当する単語などの詳細が確認できます。

 パー速機能覚書・テスト
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274855909/
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

SS製作者総合スレ91 @ 2017/05/24(水) 11:56:21.13 ID:YcuJ0qSH0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495594580/

三国志検定しよー! @ 2017/05/24(水) 11:53:48.81 ID:ZAaK7fToo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1495594428/

兄「妹に媚薬を飲ませた結果」 @ 2017/05/24(水) 11:49:23.54 ID:zOgkp897O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495594163/

アルテラ「>>2は、悪い文明!」 @ 2017/05/24(水) 08:10:17.39 ID:L6z1FyCxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495581017/

【久しぶりの】パー速でモンスト【トラップ】 @ 2017/05/24(水) 05:25:03.35 ID:PJQHqHjYo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1495571103/

桃子「鶴賀に来ればいいっす!」咲「私、男から無理だよ?」 @ 2017/05/24(水) 02:53:04.42 ID:UZOr4oLwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495561984/

二宮飛鳥「無数の流星と小さな勇気と」 @ 2017/05/24(水) 02:42:11.68 ID:ikXJgynOo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495561331/

ブラック・ジャック「こいつは厨二病ですな」患者「我は闇の支配者なり!」 @ 2017/05/24(水) 02:07:50.39 ID:JmgJznv7o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495559270/

2 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 17:41:33.60 ID:1M4S9gAo

 [ 過去スレ一覧 ]

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1272/12721/1272105815.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1272/12728/1272803763.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1273/12736/1273677472.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪4冊目≫」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1274/12747/1274787129.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-5冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1275/12756/1275661269.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1276/12761/1276186522.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1276/12767/1276704040.html



 [ 誘導 ]

 お勧めの禁書・超電磁砲SSを教えろください
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1268046166/

 思いついた小ネタ(タイトル含む)を書き込むスレ2
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1277653425/



 [ 関連リンク ]

 とある魔術の禁書目録 Index@wiki
 http://www12.atwiki.jp/index-index/

 自分用まとめ ◆「とある総合スレ記事一覧」
 http://asagikk.blog113.fc2.com/blog-entry-1515.html
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 17:43:11.37 ID:7k8QSx60
俺早だったな、>>1
4 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 17:44:06.81 ID:Cm26O.SO
>>1
5 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 17:44:26.98 ID:H.qJXgU0
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/04(日) 17:47:30.80 ID:oNjnuXo0
>>1超乙
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 17:48:29.54 ID:f.FiwgAO
こっからは>>1乙通行ってなァ!!
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 17:56:45.59 ID:srvDWYoo
>>1乙だァ
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/04(日) 18:01:14.55 ID:qqkqLvQo
>>1
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!スクリプトのせいであるスレが落ちたぁぁぁぁ
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 18:01:29.26 ID:am8ClBQ0
>>1乙乙

とりあえず前スレの999

999 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 17:58:00.47 ID:2gHAiSQo
>>1000
ならキャリーサ祭り

第二王女の名はキャーリサだから間違えのないよーに
11 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 18:05:57.44 ID:I.cTtREo
>>1

あと前スレ999
どうせならアニューゼ祭りやオッレウス祭りもしようぜ
あとビアージオのことをビアーシオだと思ってたのは多分俺だけ
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 18:06:04.81 ID:NxyN9e6o
>>1

うわ、スクリプトマジ勘弁
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/04(日) 18:07:35.65 ID:oNjnuXo0
オッレルス「これで>>11に、俺の名前は正確に伝わるはずだ」
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 18:09:55.67 ID:zoTKgAIo
>>1乙である
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 18:18:12.98 ID:zoTKgAIo
>>11
アニェーゼ「直接この杖を億まで突っ込んで差し上げましょうか」
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 18:26:04.65 ID:ipfW0LY0
                 _ . :': : : : :./
              ,. : '": : : : : : /
            /: : : : : : : : :/
         ,z:'::"':/: : : : : : : : :./
       |\:::/: : : : : : : : : /
       | l `ヽ、: :_:_:_ィ_::::::ヽ_ .--: :―――.-...._ _
         !ヽ、 l  , \   〉'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: }: } ̄
      / | ヽ\/ /  \/: : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : /:/:/_
      /! |!ヾ\、 \ / / ヽ、: : : : : : _, ィ ´    ` ̄ ̄´
     /| /、 \ \_` ヽ、/ / ヽ-‐'/
      { } / { } / 、\ \__ ,z- ‐'´
.    / } /.{ } / ヽ\二 , '"
.   /´{} .{ } / `"~イ /
   / { } { } i /|| {´
  人 {.} { } i.  || |
    \ .{ } i   || |
    ) }{ } i  x- 、| アクロバティックに超>>1乙です
. /,.ィ.:'"ヽ   /\. ハ
//:.〈 <´ヽ、{{   ∧
::彳(ィッ, ヽ- 'ヾ、 \ \
: :|ヽ-..、  ,.、 .}从ヽ !   \
{/: :イ=-.ゝaノ: :‐:、:\! \ヾヽ、.    ,、 r、
.\: :ミ: : 二: : :ミミ    \  、 ,\-、/ミヽ'/,_
 | '}ゝ‐-、:_ヾ:‐:ミ      `ヽ、   \ヽ ヽ<_
 ヽ    ヽ`              `\ ィ' , 〉二
                    `" ´   ̄´
17 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 18:27:31.35 ID:KIaZ5fE0
>>15
億まで突っ込むと兆までとどくな
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 18:34:38.41 ID:NxyN9e6o
誰がうまいこと言えと
19 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:00:09.28 ID:08nhjwU0
なにこの>>17うめえ
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:02:46.68 ID:7k8QSx60

山田くん>>17に座布団1枚
21 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:07:21.57 ID:vCdluwAO
落とされたスレ一覧

一方「殺さなきゃ駄目とか聞いてねェ」その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276347473/
垣根帝督「ははっ、全く一方通行は死にたがり屋さんだなぁ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270367115/
一方通行「友達って最高だよなァ」上条「まぁな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1277636346/
【その4】一方通行(今更年上好きなンて言えねェよなァ……)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1275833990/

そして
一方通行「帰ンぞ、欠陥電気」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270052377/l50

の復活はまだですか?
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:07:53.17 ID:Rm/uMwDO
先に万を通りすぎるんですねわかります。
23 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:08:07.19 ID:pJh4EgY0
あぼーん嵐はなんなんだ?
1行嵐とは違うのか?
24 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:10:09.64 ID:1M4S9gAo
>>23
500くらい吹っ飛んだスレ?
転載臭いから運営のほうで対処したんだと思う。
25 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:25:33.95 ID:1K5iTj.0
欠陥電気は復活してほしいな・・・
あと嵐は死んでほしい。割とガチで
26 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 19:35:09.43 ID:20EiDMDO
荒らしェ…
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/04(日) 19:39:18.62 ID:oNjnuXo0
学芸都市転載したっていう荒らしか
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 20:20:46.31 ID:g5Lm8rko
原作一巻の内容で
上条さんの代わりにセロリさんがみたいなSSのタイトルなんだったっけ?
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/04(日) 20:35:48.06 ID:20EiDMDO
>>28
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」

これか?
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/04(日) 20:43:37.57 ID:b2z3MdA0
>>21の中の一つ、
一方通行「友達って最高だよなァ」上条「まぁな」
の者です。

美琴「とある主人公(ヒーロー)の友情物語」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1278237077/l50
で再出発しました。
タイトル変わって見つけにくいと思ったので一応報告っす!

>>17 上手いwww
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 20:59:40.11 ID:Xaqgv2AO
今更…の次スレはまだ立ってない?

そして>>17
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 21:15:26.86 ID:20EiDMDO
前スレで30ほどの短編投下したいって言ってた奴まだかな
何気に気になってる
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 21:15:38.20 ID:ZWHyt6DO
検索してみればいい

あとわざわざスレタイ変えたのに貼っちゃ意味なくね?
考えすぎかもしれないけどさ
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 21:20:57.79 ID:t49silIo
「一方」と「垣根」しか見えてないみたいだから多分大丈夫だろww

現に一方さんスレなのに爆撃スルーされてるスレもいくつかあったりする
どことは言わないが
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 21:22:21.18 ID:1M4S9gAo
前スレの958だね。超期待。
新スレ立った後はラッシュ気味になるイメージあるけど、ここまで投下がないのも珍しいなー。
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:02:25.92 ID:.Fw3vEQ0
新スレ立ったあとは何かと別の話題にSSが呑まれるイメージがある
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 22:06:09.89 ID:20EiDMDO
よし、ちょっくら数レス借りますよ

下品・下ネタ注意
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:07:29.83 ID:20EiDMDO
ウィーン

一方通行「チッ、全然美味そうな珈琲置いてねェじゃねェか…」

一方通行「仕方ねェ…向こうのコンビニに行くとすっか」クルッ

10033「ばぁっ!」

一方通行「ぎゃああああああァァァァァッ!!!」

10033「な、なんですかその反応…とミサカはショックを受けたようで実はゾクゾクしてます…! と心中を明かします」

一方通行「……」クルッ

10033「あれ、今こっち向いたってのに何故またそちら側を向いてしまうんですか、とミサカは一方通行に訊ねます」

一方通行「何もいなかった。何もみなかった」スタスタ
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:08:06.00 ID:20EiDMDO
10033「放置プレイ…えへへ、初心に戻るのもいいものですね♪ とミサカは一方通行に着いていきます」トテトテ

一方通行「憑いていくの間違いだろォが」

10033「ちなみにミサカは乱暴に突いてもらうのが…きゃっ! とミサカは恥じらいつつも一方通行の腕に腕を絡ませていきます…///」

一方通行「もうほら、飴やっからどっか行け、割りとマジで」

10033「飴? わーい、ありがとうございます! とミヒャカは…ごくんっ」

10033「飴は貰いました。で、鞭はまだですか? とミサカは問います」

一方通行「お前本当に絶好調だなァ!」
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:08:34.10 ID:20EiDMDO
10033「……」ぎゅっ

一方通行「なンだよ…」

10033「最近、会えなくて寂しかったんですからね…とミサカは俯きながら言葉を漏らします」

一方通行「……」

10033「まぁ、その間に色々準備しましたけど…」ボソッ

10033「あっそうだ! これからちょっとミサカの家に寄って行きませんか? とミサカは首を傾げてみます」

一方通行「オイ! 前半部分にンな事言われたら行く気ドベ失せンだろうが! 大体準備ってなンだよ!」
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:09:46.33 ID:20EiDMDO
10033「はぅっ…み、ミサカに言わせる気ですか? とミサカは赤面します…」

一方通行「あ、言わなくていい。本気で言わなくていいからな」

10033「あぅ……その、ミサカ20000号の作った媚薬(パワーアップバージョン)と…短鞭と…え、エネマグラと…食パンと…ローションと…大量のろ、ロータ…や、やぁ…! やっぱり恥ずかしいですよぅ…っ、とミサカはモジモジしながら…ぅうっ」

一方通行「オレ、キケン、ハンダン。オレ、ニゲル、ハンダン」ダッ

10033「そうはい神裂、とミサカは一方通行の肩を掴みます」
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:10:13.88 ID:20EiDMDO
一方通行「離せ! はーなーせェー! 明らかに嫌な予感がすンだよ!」

10033「そんなに来たがらなくなくてもいいじゃないですかぁ、とミサカは一方通行をグイグイしますっ」

一方通行「行きたくねーもンは行きたくねーンだよ!」

10033「…そうですか、とミサカは肩から手を離します」パッ

一方通行「えっ? あ、おォ…」

10033「……ごめんなさい、調子に乗りすぎました。別に嫌がらせようって訳じゃなかったんです…では、とミサカは顔を伏せたまま後ろを向き走り去ります」

一方通行「あ、オイ!」
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:10:45.90 ID:20EiDMDO
タッタッタッ

10033「ハァ…ハァ…」

一方通行「オイ、止まれ!」

10033「! ……」シュタタッ

一方通行「スピード速めゃがって…! オラッ!」ガシッ

10033「あっ…」

一方通行「……」

10033「……」

一方通行「あー…さっきは言い過ぎたかもしンねェ、悪かったなァ。その…別にお前の家にそンなに行きたくなかったって訳でもなくて……あー…それに、寂しいってならその事も考える。だから……あァもう、いいからとにかく顔上げろ!」
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:11:17.40 ID:20EiDMDO
10033「……今の言葉、本当ですよね? とミサカはにんまりしながらゆっくりと顔を上げます」

一方通行「…………ァ?」

10033「あっ! 気が付いたらいつの間にかミサカの家の前でした! すっごい偶然です! では早速入りましょう、とミサカは一方通行の腕を引っ張りますっ」

一方通行「おま、なンだその棒読み! しかもオマエいつから誘導して…」

10033「なんの事ですか? とミサカはシラを切ってみます」
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:11:43.04 ID:20EiDMDO
一方通行「ンな…」

10033「さっきの言葉、嬉しかったです。だからさっきの言葉は、守ってくださいね?」

一方通行「…おォ」ワシャワシャ

10033「えへへ…ミサカはもう一方通行と糖分さえあれば生きていけます、とミサカは一方通行にすり寄ります」

一方通行「糖分もかよ…」

10033「さて、今日は何プレイがいいですか? とミサカは問います」

一方通行「何プレイもしねェーからな!?」
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:12:09.85 ID:20EiDMDO
これでおしまいです

これは前に書いたSSの続きなんですが、それ読まないとわかんないだすね…しかも今更だし特定してくれって感じでうぜぇwwwwとか思うかもしれないし、ああ本当に何か色々とごめんなさい抉ってください
最近書いてたSSが終わって、暇でつい書いてみちゃって、そんでスレがちょっと過疎ってたし、もったいないからえーい投下しちゃえ☆って感じでやっちまったさ

そういえばついったーに10033号いたんだな!びっくりしたぞ!

じゃあ食パン愛でてくるわ
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:13:44.50 ID:ZKHlUjYo
だれかー風紀委員呼んで―
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:14:38.41 ID:t49silIo
まさか続きが読めるなんてwwwwwwwwwwwwwwwwww乙

さぁ今度の一方さんは何をされるんだろうか
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 22:17:10.03 ID:a7x5Troo
>>46
俺ずっとそのスレ付いてたよ! 超面白かったわぁ……大ファンですよ
ずっと待ってたぜ、また書いてくれてありがとう
またまた書いてくれると助かるぜ!
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/04(日) 22:36:12.76 ID:oNjnuXo0
>>46

オレ、オマエ、ダイスキ。モットカイテクダサイ。
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 22:45:49.20 ID:20EiDMDO
あ、やべぇタイトル付け忘れた!
>>46のタイトルは「とあるドMとご主人様のその後」で

ドジっ娘属性って事で見逃してくれると嬉しいなぁ
52 :麦野「生まれてきてごめんね」 :2010/07/04(日) 23:05:06.40 ID:hWLjymM0
なんか結果的に誘い受けみたいになってしまいすいません。
投下させてもらいます



浜面「なになに、『この薬を一錠飲めば、ガサツなアナタもたちまち魅惑のレディーに大変身。

大丈夫!特力研のお薬だよ。』

…なんじゃこりゃ」

フレンダ「ふっふっふ〜、私の学園都市に張り巡らせているコネとパイプを駆使すれば

こんな貴重な物を手に入れるのも朝飯前なのよ」

滝壺「…フレンダ、すごい」

浜面「喜んでるところ悪いが、この薬一体どこで手に入れてきた?

滅茶苦茶胡散臭いんだが…万一、人体に有害だったらどうするんだよ?」

絹旗「浜面に同意するのは超しゃくですが、私も超同じ意見ですね。

第一、その薬誰が飲むんですか?」
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 23:11:01.09 ID:hWLjymM0
フレンダ「そうね、滝壺と私は飲むまでもなく貞淑なレディーだから除外して…

結局、絹旗が飲まないというなら麦野にでもあげようかしら」

絹旗「超救いようのないオバカさんですね」

浜面「麦野がそんなもん飲むとは思えないが…?」

フレンダ「何言っていんのよ、仕込むのよ、バレないように」

浜面「お前、また体を上下に裂かれるぞ」

フレンダ「あら、この薬を飲んだ後のレディーな麦野なら、そんな野蛮なことしないわよ。

それどころか、『フレンダ、あなたが私のことをそこまで気遣ってくれてたなんて…。

あなたに優しさに気付けない私はなんてお馬鹿さんだったのかしら。

せめてものお詫びに、今日の夜は鯖缶パーティーよ』みたいなウフフでデヘヘな展開に」

絹旗「超ありえません」
54 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:14:27.21 ID:hWLjymM0
浜面「しかし、人の性格を変える薬ってのもすごいな。

まあ、麦野は鼻っ柱が強すぎて人の意見を聞かなくなる時があるからな。

少しぐらい大人しくなってもらったほうがいいとは俺も思う」

絹旗「確かに、素直で優しい麦野というのも一度超見てみたいですね」

フレンダ「でしょでしょ!?麦野がもう少し丸くなれば『アイテム』のメンバーはもっと仲良くなれそうだし、

結局強い組織になるんじゃないかなー。滝壺もそう思うでしょ?」

滝壺「…うん、むぎのは私にはいつも優しくしてくれているけど、フレンダやはまづらに優しいむぎのも見てみたいな」

浜面「フレンダ、その薬ホントに害はないんだな?」

フレンダ「私が大丈夫って言ったら大丈夫なのよ。大船に乗ったつもりで安心しなさい」

滝壺「…フレンダ、がんばって。私は陰ながらフレンダのことを応援してる」
55 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:16:47.98 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜

ガチャッ

浜絹滝鯖「おかえりー」

麦野「あー、ムカつく、ホントマジで顔に下呂吐きたくなるレベルの早漏×××共に会ったわ」

絹旗「(帰ってきても挨拶一つない上に、聞くに耐えない下品な言葉遣い。これは超ご機嫌ななめですね)」

麦野「ド低脳のスキルアウトがぁぁっ!!レベル5の『原子崩し』の肩に馴れ馴れしく手をかけていいと思ってんのかよぉぉっ!。
ウゼェから全員ミンチにしてやったが、あいつに触られた服の汚れが取れねえよ」

浜面「(これは…あいつにとって良い薬になるかもな)それは災難だったな。

早く風呂に入りたいかもしれないが、ちょうど飯出来たから先に晩ご飯にしないか?」

フレンダ「今日は私がジュース買って来たよー、麦野一緒に飲も!」

滝壺「いっしょに飲もう、むぎの」

絹旗「超飲みましょう」

麦野「ん、今日ってなんかの記念日だっけ?」
56 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:22:22.22 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜

浜面「おい、ちゃんとジュースの中に薬は仕込んでおいたか」ヒソヒソ

フレンダ「心配いりません、私を誰だと思っているんですか、泣く子も黙る闇組織『アイテム』の一員ですよ」ヒソヒソ

麦野「あんたたち、何ヒソヒソ言ってんのー、早く飲みもん持ってきてよ」

フレンダ「あ、はい、ただいまー」




フレンダ「さーて、全員分ジュースは回った?」

滝壺「大丈夫だよ、フレンダ」

絹旗「フレンダが場を仕切るとは…ですが、今日だけは超許します」

麦野「だから、今日なんかあったの?」

浜面「まあまあ、それは乾杯が終わった後話すから」

フレンダ「それでは、『アイテム』の今後の発展と私たちの幸福を祈って!」

5人「かんぱ〜い!」ガチャン

麦野「」グイッ ゴクゴク

他4人「」グイッ→飲んだふり




浜面「(さあ、どうなる…!?)」

絹旗「(とりあえず、ジュースは超綺麗に飲み干しました)」

滝壺「(…楽しみ)」

フレンダ「(さあいでよ!綺麗な麦野ぉぉっ!)」

麦野「」

麦野「あ…」

麦野「あ…あ…」ホロホロ

4人「?」

麦野「アンタたち!今まで本当にごめんなさい!」
57 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:25:18.79 ID:hWLjymM0
浜面「えぇ、む、麦野!なんで土下座なんてするんだよ!」

麦野「い、今まで私はなんて酷いことをしてきたんだろう…

私はチームのリーダーなのに、アンタたちの気持ちなんて全然考えないで、罵ったりこき使ったり。

レベル5でほんのちょっと能力が強いというだけで、威張り散らしてばっかりだった。

でも考えてみると、私の取り柄なんて『原子崩し』の能力に、あとは精々親の財産とこのルックスぐらい。

私自身の力で勝ち取ったものなんて一つもないじゃない。

それなのに自分は優れた人間なんだって思い違いをして、

私ってなんて滑稽なのかしら。そのことに今、唐突に気づいたわ」
58 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:27:53.46 ID:hWLjymM0
絹旗「麦野!一体どうしたのですか!」

麦野「絹旗…いえ、呼び捨てなんて畏れ多いわね、絹旗さん。

別に私はどうもしていないわよ。

今まで私の心に巣食っていた傲慢さを、恥じているだけ。

絹旗さんみたいに、年下なのにすごい冷静沈着で優秀、

そのうえとっても可愛い女の子を部下に出来たこと、私は一生の誇りに思うわ。

私なんかには本当にもったいない子だった…頼りないリーダーに散々こき使われて、本当は不満で一杯だったんでしょ?」

絹旗「え、いや、そんなこと超少しも」

麦野「ううん、絹旗さんの考えていることはわかってる。本当にごめんなさいね。

ほかのみんな…みなさんにも迷惑をおかけしました。

滝壺さんは体調だってそんなに良くないのに、身を削って『アイテム』のために働いてくれて。

滝壺さんの『能力追跡』無しでは『アイテム』は一日たりとも回らなかったわ。

その上、誰にでも優しくて、とっても家庭的で。爪の垢を煎じて飲みたいぐらい、素敵な女の子でした。

こんなリーダーに今まで着いてきてくれて、本当にありがとう」ペコリ

滝壺「……」ゾワッ
59 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:30:40.11 ID:hWLjymM0
麦野「浜面君、あなたにはいくつ頭を下げても足りないわ。
もっとも、私の頭なんかどんなに下げても許してくれないと思うけど。
私、あなたのことレベル0ってだけで見下して、こき使って、嘲け笑っていたわよね。
あの頃の馬鹿丸出しで笑ってる私の口に、スキルアウト共の×××を突っ込んでやりたいと真剣に思ってるわ」

浜面「」

麦野「ごめんね、汚い言葉遣いで。幻滅させちゃった?でも、これから少しずつ直していくから。
だからお願い、私のこと見捨てないで」ウルウル

浜面「(うっ、なんか乙女オーラが出てて可愛い…まてまて落ち着け。いくら可愛くてもこいつは麦野)」

麦野「もし、私のことを見捨てないでいてくれるなら…恥ずかしいけど、私の体を自由に使っていいよ。
太もも周りの肉付きが良すぎてみっともないかもしれないけど、満足してもらえるかな?」

浜面「!」

浜面「ぜ、是非」

絹旗「窒素パーンチ」グボシャ

浜面「そげぶっ!?」

絹旗「ふん、超最低ですね」

滝壺「…最低」

浜面「ぐぉ…、た、滝壺まで」



フレンダ「まあ浜面は自業自得として…麦野!
いくら浜面相手だからっておふざけが過ぎるんじゃないの!?
大体『レディーになるための特効薬』を飲ませたはずなのに、結局どうなってるのよ!」

麦野「ひっ」ビクゥ!

麦野「ご、ごめんなさいフレンダさん。
私なんかにそんな貴重な薬を飲ませちゃって良かったのかしら?」ブルブル

麦野「そうよね、フレンダさんは私のことなんて大っ嫌いだろうから怒るのも当たり前よね。
そういうことなら、私は今日で『アイテム』のリーダーを辞めさせてもらいます」

4人「!」
60 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:33:18.16 ID:hWLjymM0
麦野「これ以上アナタたちに迷惑掛けたくないし、
メンバーに嫌われてまで『アイテム』のお仕事したくないから…
本当は浜面といっしょに雑用のお仕事させてもらえたらと思ってたけど、
やっぱりみなさん嫌われ者の私と一緒にいたくはないわよね。
それに厄介者がいなければ、みなさんもっと仲良くやっていけるでしょう?
…だからフレンダさん」

フレンダ「」

麦野「虫のいいお願いかもしれないけど、フレンダさんには『アイテム』のリーダーになってもらいたいの。
絹旗さんは優秀だけどこの中では一番年下。だからあなたが、滝壺さんと浜面君を守ってほしい」

フレンダ「え?え?」

麦野「大丈夫、フレンダさんには持ち前の機転と人望があるから、
私より立派に『アイテム』を引っ張っていけると思うの。
だから…どうか他のみんなのこと、お願いっ!」ドッ

浜面「あ、おい、麦野!どこに行くんだよっ!」
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/04(日) 23:33:57.25 ID:TyFf4n6o
ttp://auction.item.rakuten.co.jp/11089062/a/10000282/
カミヤン病感染者の女性人のうばいあい…

       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |
62 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:35:58.53 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜

滝壺「…むぎの、何処かに行ってしまった。今現在『体昌』を切らしてしまっているから、私の能力で探すこともできない」

絹旗「しかし、超一体全体これはどういうことなんでしょうか。

…まさかと超思いますが――」

浜面「そう、フレンダ、お前違う薬を盛っただろ!

あれのどこが『魅惑のレディーに大変身する薬』なんだよ!」




フレンダ「………………………てへっ」

浜絹「ごまかすなぁー!」

滝壺「大丈夫だよフレンダ。私はそんなフレンダを応援してる」

フレンダ「ホント!?」

滝壺「うん。

ほんとにほんとにほんのちょっとだけ」

フレンダ「」
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 23:36:12.82 ID:08nhjwU0
>>61
エエェェェェ
上条さんはともかくその百合子ちゃんは…
64 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:38:18.35 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜


絹旗「とりあえず状況を超整理しましょう。

あの麦野の挙動不審ぶりから察するに、あの薬の本当の効果は『飲んだ人が極度の自己不信に陥る』ことだと思われます」

浜面「おそらくはな。あの傲岸不遜の麦野があそこまで卑屈になるということは、効果は本物だ。

あの薬、確かに体にはなんの害もないようだが、人が培ってきた自我を徹底的に破壊する。

最低最悪の猛毒だな。

なんか、すっかり卑屈になったあいつの話を聞いているうちに、こっちまで悲しくなってきた」

滝壺「はまづらに同感する。

親しい人が変わり果ててしまうということが、ここまで胸が痛むことだとは思わなかった」

フレンダ「私も同じく。殺しても死なないような麦野が、あんな風になってしまうなんて。

あんなヘタレた麦野、2度と見たくない」

絹旗「その原因を作ったフレンダがよくそんなこと言えますね」

フレンダ「わ、悪かったわよ!

とりあえず、早く麦野を連れ戻しにいかないと!」
65 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:39:05.63 ID:hWLjymM0
絹旗「まあ、そうですね。フレンダがやることに私たちだって超同意したのですから、

フレンダだけを責めるわけにはいかないでしょうね」

浜面「とりあえず、麦野のヤツがひょっこり戻ってくるかもしれないから、

誰かはここで待機してて欲しいんだが」

絹旗「じゃあ滝壺は体調良くなさそうだから超お留守番。

万一敵対勢力に滝壺が狙われた時のことも考えて、私もここに残る。

あなたはフレンダと一緒に麦野を探して」

浜面「まて、それで良いのか?麦野はあんなでもレベル5の『原子崩し』だぜ、

身の心配はないだろう。

それより、フレンダの交渉先に当たって薬の解毒剤を手に入れるのが先じゃないか?」

フレンダ「…ごめん、あの薬を受け取ったヤツは多分今日中には捕まらない。

明日の夜にまた会う約束があるけど、それより前にアポを取るのは正直厳しい」

滝壺「なら、なによりさきにむぎのの確保が最優先。

今のむぎのは精神的にかなり参ってる。

変なことに巻き込まれる前に、早く助けてあげないと」

浜面「そうだな、わかった。絹旗、滝壺のことよろしく頼む」

絹旗「超言われるまでもないです」

滝壺「はまづら、フレンダ。むぎののこと、おねがい」
66 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:40:03.30 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜


麦野「…寒い」グスッ

麦野「辛い、悲しい、寂しい」

麦野「今から戻って謝ったら、みんな私のこと許してくれるかしら」

麦野「ううん、そんな訳ない。私のこと、嫌っているもの」

麦野「あそこから逃げ出してきたのだって、あのままいたらあの子たちに殺されるかもと思ったからだし」グスン

麦野「今更どこにも帰れない…」グスングスン

麦野「お願い、誰でもいいから私を助けて…」






不良A「もしもし、そこの綺麗なお姉ちゃん。良かったら僕たちと一緒にあそびませんか〜?」

麦野「えっ」ビクッ

不良B「さすがタクさん、すっげー美人見つけますね〜。

どう、俺達と一緒に夜の街で遊び回らない!?

色々楽しいところ知ってるよ」

麦野「あの、私はちょっと」ドキドキ

不良A「遠慮しなくていいって。…どうせ、今暇しているんでしょ?

知っているんだから、お姉ちゃんのこと」

麦野「え、どうしてそんなこと」アセッ

不良A「やっぱそうか〜。

お姉ちゃん、すっごい綺麗なのに男慣れしてないね〜。

キツい見た目に似合わず、清純派なんだ」ニヤニヤ

不良B「ウシシシ。タクさんあんまり女の子イジメちゃだめですよ〜。

…あ、それならひょっとして、お姉ちゃんまだおぼこちゃん?」ニヤニヤ
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/04(日) 23:40:33.55 ID:a7x5Troo
>>61
俺は一方通行の方が絵が上手いので欲しいデス
68 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:41:13.37 ID:hWLjymM0
麦野「………(昔の私なら、こんな下品なスキルアウト共、問答無用で一発でのしてたのに)」

麦野「(なんでだろう。破れかぶれになってるせいか、こいつらに引っ張られて遊びにいくのも悪くない気がする…)」

麦野「(こんな低俗なヤツらとなんて!…いや、こいつらにはしょーもない悪事繋がりとはいえ心を許せる友達がいる)」

麦野「(今まで気づけなかったけど、何にも持ってない私よりはよっぽど高次元の人間なのかしら…)」

麦野「(だったら…)」

麦野「ええ、そうなの。私、こんな引っ込み思案の性格のせいか、今まで誰とも付き合ったことすらないの。

…良かったら、私の初めてのお相手、お願いできないかしら」

不良B「………」

不良A「 ………こ、こいつは驚いた。はは、面白い姉ちゃんじゃねえか!

いいよ、俺が相手してやるよ!テクも経験もばっちりあるから、姉ちゃんは安心して俺に身を任せてりゃいい。

ベッドの上でひいひい言わせてやるよ」

不良B「た、タクさん。独り占めはズルイすよ」ヒソヒソ

不良A「うるせえ、こんな上玉の初体験をテメェなんかに譲れるか、ボケがぁ!

ヤるなら俺の後にしろ」ヒソヒソ

麦野「………(これでよかったのかしら)」

不良A「じゃあ行こうか。ここからすぐ近くに、すげぇムードのあるホテルがあるんだ」

麦野「(どうせ後で何度も後悔するんでしょうね、でもそんなこと今はどうでもいい)」

不良B「おう、今夜は姉ちゃんにとって一生忘れられない日になるぜぇ」

麦野「(私みたいな人間のクズを、たとえ身体目当てでも想ってくれる人がいるなら、別に―――!)」








「―――そこのアンタたち。こんな時間に何してるのよ」
69 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:42:17.55 ID:hWLjymM0
何事かと不良二人が声のした方に振り向く前に、麦野沈利がその声の主に気づいたさらにその前。
一陣の雷撃が、不良二人の間にある僅かな空隙を引き裂いた。




不良B「ヒッ」ペタン

不良A「テメェ、何モンだ」

腰が抜けた不良Bを捨て置き、慌てて折りたたみナイフを手にした不良Aが見たのは、闇に紛れて黒く染まった一人の人間。

自分たちより一回りほど小柄なシルエット。

「人に名前を聞くときは自分から名乗るもんでしょ?

あんたたち、そんなことも学校で習わなかったの?」

ま、スキルアウトに名乗る名前なんかないけどね。

影の一点に小さな光球が出現する。それは次第に大きくなり、やがて影の顔を照らし―――

「これに懲りたら、危険な火遊びは止しなさいよ」

学園都市230万人中の第3位能力者、御坂美琴の不敵な笑顔が覗いた。

その事実を認識した瞬間、不良Aの意識は衝撃で吹き飛んだ。
70 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:44:16.26 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜

「二人とも気を失っているだけだから心配要らないわ。

まああんたにとってこいつらの命なんてどうでもいいかもしれないけど」

「……………」

「まだだんまり?どっかの研究所で戦ってたときはあんなにギャアギャア吠えてたのに」

「……………」

「……………はぁ。まあそんなに何も喋りたくないというならわかったわよ。

お礼の一つも言わなくったって我慢してあげる。

ただ、一つだけ教えなさいよ。あんたなんだってあんなアブない奴らの誘いに乗ってたわけ?」

「……………」

「……………」

「…………み」

「み?」

「み、御坂さん」

「みさかさ…え?」

「御坂さん、本当に素敵な方なんですね。
一度はあなたを殺そうとした人にもそんなに優しくなれるなんて…
私も一応レベル5なのに、人間としての価値は満月とシデムシ。
御坂さん、もしよろしければ、私をあなたの弟子にしていただけませんか。
この通りです!」

「はぁぁぁぁぁっ!?ちょっ、こんな道端で土下座なんかやめなさいよっ!」

「そうですよね、やっぱり私なんか弟子にしたくないですよね…」シュン

「そ、そんなこと別に言ってないわよ…。

…ああもう、なんか色々複雑な事情があるみたいね。

ここまで来たら乗りかかった船だし、話してみなさいよ」
71 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:45:19.06 ID:hWLjymM0
「なるほどね…。要するに、麦野さんは今日突然、

レベル5兼組織のリーダーという肩書を取っ払った後に残る、麦野沈利という人間に自信をなくしてしまった。

元メンバーに詫びを入れまくって、挙句の果てには組織の脱退宣言して飛び出した。

絶望の挙句捨鉢になって、不良たちに身を任せようとした、と。

アンタ馬鹿じゃないの?」

「そ、そこまで言わなくてもいいじゃない…」

「何度でも言うけど、あんたは馬鹿よ大馬鹿!

なんでそんなに後ろ向きの考え方しかできないのよ。

そりゃレベル5ってのは世間から見れば人間である以前に化物みたいな超能力者で、

人間扱いされないことだっていっぱいあるわよ。

でもね、あんたみたいのにも仲間や部下がいるんでしょ!?

なに、まさかソイツらもアンタを化物みたいな扱いしているわけ!?」

「そんなわけない…とは思うわよ。

ただやっぱり、私はみんなにとって、『レベル5の第4位』に過ぎないんじゃないかなー、って思うようになったの。

本当はみんなと仕事抜きで仲良くなりたいわよ。

でも、みんなの方が私と仲良くなりたいのかどうか、自信が持てなくて」イジイジ
72 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:46:41.62 ID:hWLjymM0
「あぁ〜〜〜〜、今日のアンタはホントイライラさせてくれるわね。

まあ前会った時も大概ウザかったけど。

ねえ、まさかとは思うけどあなた、

『私はレベル5のとっても強い女だとみんなに思われてるけど、

ホントはとってもか弱い乙女なの。

でも、ありのままのワタシを見てくれる人は誰もいない。

私ってとっても不幸せ〜』

とかいう、頭がお花畑な思考しているんじゃない?

アンタは一人の化粧のケバイ女であると同時に、レベル5であり、どっかの組織のリーダーであり、

全部紛れもない本当の麦野沈利なのよ。

それなのに、『闇組織のリーダーというのは世を忍ぶ仮の姿で、ホントの私じゃない』

なんて、アンタの脳内でしか通用しない理屈じゃない。

特に仲間たちは『レベル5の麦野沈利』と一緒に仕事してるんだから、

ますアンタを『レベル5の人』と捉えるのは当たり前よ。

大事なのはそこから先。同僚である『レベル5の麦野沈利』を見て、

仲間が『この人と仲良くなりたいな』と思うかどうかじゃないの?

そしてそれはアンタの頑張り次第。

だからアンタも、こんな所でへこたれてないでもっとシャキッとしなさいよ!」

「は、はい!」

「……それに、アンタは少なくとも最低限は慕われているみたいじゃない。

そこにいるのはわかってるんだから、さっさと出て来なさいよ。

心配しないでも、別にとって食ったりしないから」




浜面「……バレてたか」

フレンダ「ヒィィッ、こ、殺されるゥゥッ!!」
73 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:48:46.28 ID:hWLjymM0
浜面「アンタ、俺たちのこと見逃していいのか?

うちらが大体どんなグループなのかはあんたも検討ついているんだろ?」

美琴「まあ確かにアンタたちは限りなくクロね。

けど、精神的にちょっとおかしいとは言え仮にもレベル5の一人と、

能力もわからない奴らを相手に不用意に喧嘩を挑むほど馬鹿じゃないつもり。

あんたは知らないけど、そっちの女二人には以前散々手こずらされたしね」

フレンダ「ま、まあ賢明な判断といったところなんじゃないかしらね!?(アブねー、あの時頑張っておいてよかったよ)」

美琴「それに、以前そっちの金髪に命の保証と引換に仲間の能力について話すよう脅したときも、

最後まで口を割らなかったしね。結構団結力のある組織みたいね」

フレンダ「あ、当たり前よ、仲間を売るなんてマネするわけないじゃない

(実際はあんたの電撃で痺れてしゃべれなかっただけなんだけどね。

おまけに第二位に脅されたときは喋っちゃったし)」

美琴「そんなわけで今日のところはお預け。でも次会う時は覚悟しなさいよ」

浜面「ああ、わかったよ。しかしアンタもなんだ。

話聞いてたけど、うちらのリーダーのこと結構気遣ってくれたんだ」

美琴「べ、別に気遣ってなんかいないわよ!!

ただ、同じレベル5として、それに一人の女として見てて腹ただしかったから、

ガツンと言ってやっただけ!!それ以上の意味なんてないんだから!!」

浜面「でも、うちのリーダーはそうは思っていないみたいだぜ?」

麦野「御坂さん…いえ、御坂『お姉様』のお陰で私、目を覚ましました。

今度お会いするときは、どこか二人っきりで、楽しくおしゃべりさせてくださいね。

良いお店を紹介しますわ」キラキラ

美琴「ま、まあ元気になったようで何よりだけど(なんだか戦闘意欲削がれるなあ)」

美琴「そうね、レベル5同士積もる話もあるだろうし。

次に会うときは敵味方に分かれていないよう祈ってるわ」

美琴「それじゃあ、またね」
74 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:50:34.99 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜

浜面「…………行ったな」

フレンダ「何がまたどこかでよ、もう二度と会いたくないって。

緊張した〜、死ぬかと思った〜」ヘナヘナ

麦野「何を言ってるのよ、フ、フレンダ。

御坂お姉様に会いたくないなんて―――」

浜面「まあまあ、んなことで喧嘩すんな(学園都市第3位、御坂美琴。

話には聞いていたが、思ってたよりずっとマトモでいいヤツだったな)」



〜〜〜〜〜〜〜〜

ヒュゥゥ〜
美琴「へっくし。うう、寒い」

美琴「(麦野さん、ガサツで自己中なオバサンみたいなイメージしか無かったけど、

意外と仲間に好かれているみたいじゃない)」

美琴「(アイツの幸せを願うなんてなんかしゃくだけど、上手く行けばいいわね)」

美琴「(しかし、あの歳で恋愛経験無いってのはヤバイわよね…私はあんな風にはならないようにしようっと)」
75 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:53:22.21 ID:hWLjymM0
〜〜〜〜〜〜〜〜


浜面「と、言うわけだ。俺たちが余計なことしたばっかりに、麦野には辛い思いをさせてしまった」

フレンダ「麦野、本当にごめんなさい」

麦野「…もういいのよ。

みんなに威張ってばっかりだった元の自分には、良い薬になったと思うから。

解毒剤を飲んた後の私が、もし懲りずにあなたたちに威張り散らすようだったら、

またこの薬を飲ませちゃって構わないからね?」

フレンダ「それもどうかと思うけど」

麦野「浜面、今日は助けに来てくれてありがとね。

私、すっごく嬉しかった。これからはすっごく優しくしてあげるから」ニコッ

浜面「」ドキッ

フレンダ「あー、浜面ばかりずるい〜、私にも優しくして〜」ギュッ

麦野「はいはい、勿論よ」ナデナデ

浜面「さ、さてやっと隠れ家に着いた。

麦野、滝壷と絹旗の二人も反省してるから許してやってくれよな」

麦野「勿論よ」

浜面「そうか良かった、これでひとまず一件落着だな。

おーい、滝壷、絹旗〜?」





滝壷「お帰りなさいませ、はまづらさま。

私みたいな女性的魅力に欠ける役たたずにも優しく声をかけてくださるなんて、はまづらさまの慈悲は海よりも深いんだね」

浜面「」
76 :麦野「生まれてきてごめんね」 [sage]:2010/07/04(日) 23:55:36.09 ID:hWLjymM0
滝壷「すぐ体を悪くして、戦闘員として頭数にも入らないグズでノロマな私と今まで口を聞いてくれて本当にありがとう。

でもよく考えたら、あなたたちと同じ空気を吸っている事自体が犯罪だとついさっき気づいた。

今首を吊るためのロープを見つけてきたから、もうちょっとだけ呼吸するのを許して」

浜面「だぁぁぁっ、何を言ってやがる!?絹旗、これは一体どういうことだよ!?」

絹旗「ちょ、超申し訳ありません!これは全て私の責任です!

大体、私みたいな幼児体型の超お馬鹿なお子ちゃまが、

浜面様たちのような超素晴らしい方々と一緒にいるのが超間違いだったことに気づいたんです。

ですからお願いします、私の体を超好きなだけ弄んで構わないので、どうか許してください!」

浜面「な、なんだよこれっ!まさか…」

フレンダ「浜面〜、うちらが乾杯した時のグラスが二人分空になってる…

多分、二人はうっかりジュースに薬を仕込んだことを忘れて飲んじゃったんじゃないかなー」

浜面「なんでお前はそんなに人事なんだよ!?」

フレンダ「いや〜、なんかもう、ここまで来たんなら私と浜面で『アイテム』乗っ取らない?

多分今の麦野と滝壷と絹旗なら、私たちが頼めば結局どんなことでも喜んでやってくれるんじゃないかな〜?

…こほん、浜面。

今初めて明かすけどね。ここまでの展開、すべて私の計画通りなんだよ…!」

浜面「嘘つけぇ!」


おしまい
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/04(日) 23:57:43.27 ID:oNjnuXo0
乙!これどう収拾つけるんだよwww

あと投下中の割り込みはマジで気をつけた方がいいと思う
78 : ◆U2.eVxS2QI [sage]:2010/07/04(日) 23:57:46.90 ID:hWLjymM0
ここまでです。
投下に手間取ってしまいすいませんでした。
初ssの上に未熟者なので色々叩きどころがあると思いますが、遠慮無く罵ってやってください。
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 00:01:34.61 ID:8pv6zcDO
乙!
どうでもいいがフレンダは俺の嫁
80 :貼り忘れてたおまけ、美琴の帰り道 :2010/07/05(月) 00:02:39.22 ID:fOfyVD20
美琴「(しかしまあ、今日はアイツらの前でちょっと格好つけすぎたわね)」

美琴「(しかも説教臭かったし)」

美琴「(これはもしかしなくてもアイツの影響ね)」

美琴「(麦野沈利を見てなんか無性にイライラしてたのも)」

美琴「(なんか自信なさ気にオドオドしてるところが、アイツと被ってたせいかも)」

美琴「(アイツも、もっと自分に自信を持ったらさらにカッコよくなるのになあ…)」

美琴「って、あああああアタシってばなんて恥ずかしいこと考えてるのよ!!??」

美琴「でも、自信満々な当麻って、やっぱり素敵かも…」ポワァァン



上条『美琴、お前だけを愛してる。この気持ち、誰にも邪魔はさせない』キリッ

美琴『ふ、ふ〜ん。でも、言葉だけなら何とでも言えるわよね。

私に認めて欲しかったら、態度で表してもらわないと…って、きゃっ!!』ギュゥッ

上条『これでいいか?俺はもう、お前しか見えないんだよ…!』キリッ

美琴「しょしょしょしょ、しょうがないわね〜〜〜〜!!?

アンタがそんなにど〜〜してもって言うなら、私は別にアンタのことなんかど〜〜だっていいんだけど、

エヘヘへへへ、プロポーズOKしても構わないわよ!!??

勘違いしないでよね、別にアンタのことが大好きだってわけじゃないんだからね、そこのところ」


寮監「何気持ち悪い独り言をつぶやいている、御坂。門限に30分遅刻だ。

覚悟は出来ているんだろうな?」

美琴「」
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 00:05:32.14 ID:1B9HjhQo
>>78
0/0って名前欄にレス数を入れろゴルァ!
書きながら増えたり減ったりするときは「○○レス位になりそう」って名前欄に書いていいと思うぞゴルァ!
卑屈麦のんかわいいぞゴルァ!
乙!
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 00:06:47.00 ID:riiADGwo
元から卑屈な浜面が飲んだら洒落にならなそうだなww
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 00:08:40.60 ID:okcq4S2o
おまけワロタww
GJ!!
84 : ◆U2.eVxS2QI :2010/07/05(月) 00:19:47.46 ID:fOfyVD20
>>81
丁寧な罵倒ありがとうございます。以後気をつけます。
機会があればまた投下したいと思うので、みなさんよろしければお願いします。
自分も麦野好きです。

85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 00:55:50.92 ID:ny689sM0
Mも付いたら完璧なのに…いろんな意味で

そしてアレイスター可愛くかけるかの実験書いてたら
先に薬で性格変化ネタ書かれてたー!

だが投下する
三レス程お借りしますー
86 :土御門「俺の事が好きになって更にドM、ドジ、弱気、アホの子属性が付く薬?」0/3 [sage]:2010/07/05(月) 00:56:49.62 ID:ny689sM0
アレイスター「……土御門」

土御門「どうしたアレイスター、何か問題でもあったか?」

アレイスター「最近送られてきた雑誌で読んだのだが、30過ぎてオボコだと恥ずかしいらしいな」

土御門「……はぁ」

アレイスター「そこで是非キミの力を借りたいのだが」

土御門「おい!結標!この馬鹿止めろ!」

アレイスター「ああ結標にはもうこの部屋を出てもらっている」

土御門「何でそこら辺用意周到なんだよ!」

アレイスター「え?だって他人に見られたら恥ずかしいだろ?」

土御門「俺には良いのか?」

アレイスター「私は一向に構わない(キリッ」

土御門「……無理ェ……」

アレイスター「ふむ……なら多少なら無理をしても構わない」

土御門「……んじゃあこの薬を飲んでくれ」

アレイスター「ふむ?まあ其れくらいなら良いだろう、どれどれ……」

土御門(まさかあのカエル医者、こうなると知ってて呼び出したんじゃ……)

アレイスター「(容器から出てくる)まあ大した事にはならないだろう……(薬を飲む)」

土御門「……ゴクリ……」
87 :土御門「俺の事が好きになって更にドM、ドジ、弱気、アホの子属性が付く薬?」2/3 0じゃねぇ1だったorz [sage]:2010/07/05(月) 00:58:14.88 ID:ny689sM0
アレイスター「……いっ!(ゴッ)」

土御門(あ、転んだ)

アレイスター「土御門、頼むこのまま布団まで引きずって行ってくりぇ……くれないか少し捻った」

土御門「(噛んでる)分かった」

アレイスター「……少し恥ずかしいから、その、なんだ、すまないが、着替えるまで向こう向いててくれないか?」

土御門「(カエル顔の医者SUGEEEEEEE)分かった」

アレイスター「……(ゴッ)痛っ……グスン……」

土御門(何かぶつけとるwwwwww)

アレイスター「ふぅ……いいぞ」

土御門(胸無い、だがポニーテールは良いな)

アレイスター「……やっぱり今度にしないか?」

土御門「え?」

アレイスター「いや、流石に仕事でよくお互いに知ってるとはいえ、流石に身を預けるのはちょっと……その……」

土御門「……詰まり、そっちから炊きつけるだけ炊きつけといて、いざとなると自分の身可愛さにってか?」

アレイスター「え、あ、いや、そういうわけじゃ……」

土御門「(超焦っとる押し込めるか?)そうか、まあ俺は使い捨てだしなぁ」

アレイスター「わ、わかった、そうだな、私から誘ったのだし、うんそうだよな」
88 :土御門「俺の事が好きになって更にドM、ドジ、弱気、アホの子属性が付く薬?」3/3 [sage]:2010/07/05(月) 00:59:11.37 ID:ny689sM0
土御門(結局やっちまった…)

アレイスター「その……なんだ、これからも色々と、世話になると思うが、一緒に助け合っていこう」

土御門「あ、ああ(ここまで変わると何だか狐につままれたようだ……)」

アレイスター「な、なぁ、子供の名前はどうするんだ?」

土御門「え”(まさかコイツ避妊薬飲んで無いのか!?)」

アレイスター「あ……や、やっぱり迷惑だったか、な……グスン……」

土御門「全然大丈夫です(俺の馬鹿ぁああ!)」

アレイスター「え、あ、その、えへへ……ありがとう……」

土御門(可愛い……舞夏俺どうしよう……)

―――――――――

カエル医師「……アレイスターの女性化手術、後に土御門くんに全責任を負わせる……大体計画通りだね」

カエル医師「まあ看護師だけの為に少し頑張りすぎた感はあるが……コレで土御門君を介して看護師を増やすことが出来る」

カエル医師「僕は新世界の医者になる!(性的な意味で)」
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 01:02:14.80 ID:ny689sM0
投下終了ですー

アレイスター結局性別不明なんだよなぁ
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 01:04:59.60 ID:/QdoBcg0
萌えた、ひたすらに萌えた。それだけだ
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 01:13:00.38 ID:iZCzCZko
なんだこれはwwww

92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 01:16:36.90 ID:wZbc2IAO



>>46
乙乙!
続き嬉しいぜ
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 01:19:47.28 ID:vGp.xRko
声がアニメで流れてしまった……
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 01:45:49.56 ID:9ddnqsDO
モモタロスも萌えキャラっちゃあ萌えキャラだし問題ない
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 09:50:20.79 ID:G3R7LoUo
アレイスターの今の身体は、妻のものなような気がするww
元ネタの人的に
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 10:01:46.01 ID:dyxVQLw0
元ネタの人もドジっ子だしな
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 10:37:30.77 ID:G3R7LoUo
最終計画が妻か娘の蘇生だったりしたら泣ける
かまちーのことだからそんな安直なオチじゃねーだろうがww
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 10:42:52.01 ID:mBAcuYDO
誰もが望むハッピーエンドで終わらせてくれるんじゃね
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 10:56:32.50 ID:N.UmZG6o
実は風斬を生み出すことが最大の目的、他のことは全部カモフラージュ

誰もが一度は思うだろ?
「このキャラ画面から出て来てくれないかな」と
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 11:04:15.91 ID:CQhnEl.o
レベル6を生み出すのが目的ってわけではなかったのけ?
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 12:02:47.83 ID:/QdoBcg0
>>100
あくまで目的への一つの手段、ってどっかでみた気がする
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 13:17:16.43 ID:.OjzCQUo
妹達をバラ撒くのが目的だろ。今の所の見解だと。
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 13:17:39.85 ID:Y.nbRs60
神様の答えが知りたくてLevel6作るんだから、目的はその先じゃね?
104 :一方×御坂 @1レスのみ [sage]:2010/07/05(月) 13:31:14.39 ID:/QdoBcg0
御坂「……暇ねー」ボー

一方「あァ……」ボー

御坂「……」ピコーン

一方「……」ボー

御坂「ねぇねぇ、一方通行」

一方「……あァ?」ホッペプニ

御坂「やーい引っかかったー」

一方「……ハァ」

御坂「もうちょっと何か反応しなさいよ」

御坂「なんか面白い事ないかなー」ボー

一方「……」

御坂「……」ボー

一方「……おィ美琴」

御坂「何------」クルッ チュッ

「……お返しだァ」

「……ほっぺにちゅーとか子供じゃないの?」

「俺もホッペにされたからだ、お返しだっつってンだろォ」

「ふーん……」ジー

「ンだよ」

「それじゃぁ……」唇ツンツン

「……」

「ほら、お返ししなさいよ」

「ったく……」

「「」」
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 13:35:17.82 ID:/QdoBcg0
なんか飯後の一服で神のお告げを聞いた気がしたからやった、後悔はしてるが反省はしてない。さぁて、戻るか・・・
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 14:06:17.73 ID:ny689sM0
美琴もおちゃめさんだが其れ以上に一方さんもおちゃめだなwwww可愛いww
107 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 14:58:34.96 ID:kh7K8fE0
何これ








周りに変な目で見られたんですけど
108 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 15:29:18.43 ID:BBw5cYEo
>>107
まずはその緩ンだ口元をどォにかしとけ
109 :禁書昔話・かさ地蔵 [sage]:2010/07/05(月) 16:45:05.59 ID:.OjzCQUo
むかしむかし、冬の寒い夜に、笠を売り歩いていたお爺さん(上条)がいました。

上条「笠が六つ売れ残ってしまった」

上条「おや、あんな所にお地蔵様が。折角だからこの笠はお地蔵様に差し上げるとしよう」

お爺さんは六つの笠をお地蔵様に被せ、もう一体のお地蔵様には自分の手拭いをあげました。

上条「さて、帰ろうか………ん?」

ミサカ地蔵00008「」(´・ω・)チラチラ
ミサカ地蔵00009「」(´・ω・)ジー
ミサカ地蔵00010「」(´・ω・)チラッ
ミサカ地蔵00011「」(´・ω・)ジロリ
ミサカ地蔵00012「」(・ω・)ポーカーフェイス

上条「でも笠も手拭いももう無いし………」

ミサカ地蔵00013「」(´・ω・)チラチラ
ミサカ地蔵00014「」(´・ω・)ジー
ミサカ地蔵00015「」(´・ω・)チラッ
ミサカ地蔵00016「」(´・ω・)ジロリ
ミサカ地蔵00017「」(・ω・)ポーカーフェイス

上条「そもそもウチは家計が苦しくて………」

ミサカ地蔵00018「」(´・ω・)チラチラ
ミサカ地蔵00019「」(´・ω・)ジー
ミサカ地蔵00020「」(´・ω・)チラッ
ミサカ地蔵00021「」(´・ω・)ジロリ
ミサカ地蔵00022「」(・ω・)ポーカーフェイス

上条「………………………」

ミサカ地蔵00023「」(´・ω・)チラチラ
ミサカ地蔵00024「」(´・ω・)ジー
ミサカ地蔵00025「」(´・ω・)チラッ

ミサカ地蔵20000「」(´・ω・)ジロリ

お爺さんは一旦家に戻り、手拭い、頭巾、どてら、袴、ちゃんちゃんこ等、
100以上の品々を片っ端からお地蔵様にあげて文無しになりました。

ミサカ地蔵00148〜20000「」(´・ω・)チラッ

上条「不幸だ………」


おしまい。
110 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 16:46:08.52 ID:3QhXyLgo
ワロタwwww
111 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 16:47:32.28 ID:okcq4S2o
地蔵様多すぎww
112 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 16:48:27.54 ID:cYuqZuIo
地蔵様wwww
113 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 16:51:00.86 ID:0dtiqcko
いい話だwwww
114 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 17:34:47.03 ID:mBAcuYDO
某SSにて投下しようと思ったけどボツにしたものをここで再利用させてもらいたい。3レスもらう
115 :最強と最恐 :2010/07/05(月) 17:35:33.29 ID:mBAcuYDO
一通「なァ、打ち止め」

打止「なに?」

一通「お前のアホ毛ってどうなってンだァ?」ミョンミョン

打止「うーん、どんなに直しても立っちゃうんだよね」ピョコン

一通「うらァ!」カチッ

打止「ひっ! そんなことで能力使わないでよ!」

一通「よォし、これで直ったはずだァ」

打止「本当?」ピョコン

一通「なン……だとォ……?」

打止「あちゃー、あなたの能力でも駄目みたいだね」

一通「認めねェ……」

打止「え?」

一通「俺は認めねェぞ!」ミョンミョン

打止「いやー! 大声出しながらミョンミョンしないでぇ!」

一通「いいねいいねェ! ここまで俺に抵抗してくる奴は久しぶりだぜェ! くひゃひゃ! 覚悟しやがれェ!」ミョンミョン

打止「やめてー! 私の髪の毛をこれ以上弄ばないでぇ!」

一通「カカカキキクケケコココ!」ミョンミョン

打止「ひぇー!!」

――――
116 :最強と最恐 :2010/07/05(月) 17:36:05.80 ID:mBAcuYDO
――――

一通「ありえねェ……」グテー

打止「電池切れになるまでやらなくても……」ピョコン

一通「俺は負けたのか……?」

打止「いやいや勝ち負けとかないよってそんなに落ち込むこと!?」

一通「アホ毛に勝てねェ俺がお前を守れるはずがねェ……」

打止(なんか段々めんどくさくなってきたんだけど)

打止「……それじゃあ抜いてみたら?」

一通「! いいのか!?」

打止「え、別にいいけど?」

一通「い、痛くねェか?」

打止「そのくらいなら別に……」

一通「そォか、なら遠慮なくやらせてもらうぜェ」

打止「はい、どうぞ」ピョコン

一通「ふひゃひゃ! これでてめェの天下はおしまいだなァ!」ミョンミョン

打止(早くしてくれないかな……)

一通「行くぞ打ち止めァァァ!」

打止「はいはいどうぞ」

――プチッ
117 :最強と最恐 :2010/07/05(月) 17:37:04.37 ID:mBAcuYDO
一通「どォだァ! これでてめェの……なにィ!?」

打止「ど、どうしたの?」

一通「俺は確かに抜いたはずだ……なのに、なンでてめェはまた立ち上がってンだよ!?」

打止「立ち上がる? あ」ピョコン

一通「舐めやがってェェェ!」ミョンミョン

プチプチプチ

打止「いやん! いた! やめてよー!」

一通「あはぎゃは! こっから先は根比べだァ!」

打止「もうおしまい! これ以上いじったら一緒に寝てあげないよ!?」

一通「」ピタ

打止「全くもう! アホ毛に意地になってバカじゃないの!?」

一通「な、バカって!?」

打止「うるさいよバカ! MNW切断されたいの!?」

一通「……」フルフル

打止「うぅ、頭が変な感じだよ……」

一通「す、すまねェ」

打止「ほんとに悪いと思ってるの?」

一通「はい」orz

打止「そのまま30分ね」

一通「分かりました」orz

打止「さぁて、その体勢になにをしてやろうカナァ?」ニタァ

一通(アホ毛より最恐が目の前にいる……!)
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 17:37:34.72 ID:mBAcuYDO
以上ボツネタでした
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 17:40:46.55 ID:cYuqZuIo
一通さんかわいいなおいww
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 19:15:36.36 ID:Dy1zHv.0
きっと黒翼(笑)になればかてるよ!!
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 20:42:35.79 ID:fq6nBL.o
orzかわいすぎる。
勇気をもらったので投下させてください。

中学入学時、一方さんは籍を置いてるだけなんだろうけど、
一応手続きのとき挨拶行けってことで、制服作ってるといいなー。と妄想した。

保護者代理は木原くンで。
でもって、採寸したあと、いやがらせで女子制服も同じサイズで発注して
セーラー服→一方通行
学ラン→木原
に前日納品されるよう手配。
以下、3レスほどもらいます。
※女装注意
122 :中一時代 [sage]:2010/07/05(月) 20:43:57.01 ID:fq6nBL.o
某デパートから届いた箱には、真新しい学生服が入っている。
黒の詰襟、細身のライン、鈍く光る金色のボタン、揃いのズボン――いわゆる学ランを眺めて
木原数多はゆっくりとコーヒーを飲みほした。

「そろそろ一方通行んとこにも制服届いてる頃だな……ただしお前に届くのはセーラー服だけどなあ!
あのガキがポカーンとする間抜けヅラが目に浮かぶぜヒャヒャヒャ!
意外とあのガキ、何かあると思考停止すっからなぁ――メンタル面の補強と
思考停止後ブチ切れる癖が今後の課題かめんどくせえガキだなまったくよぉ」

「で、ブチ切れたガキは、当然俺の所に文句を言いにやってくる。

クソガキ『なんだこりゃァ!こ…こンなモン着れるかよォ!!』バサァ
(セーラー服を放り投げるクソガキ。しつけがなってねぇよなあ物投げんなっつの)

俺   『あー、俺んとこに学ラン届いてるわ。なんかの手違いだろ』

クソガキ『…さっさとそれ寄こせ』

俺   『学ラン渡してほしけりゃオネガイシマス木原サマって言ってみろよ』

クソガキ『はァ!?…っテメェ……っ』

俺   『お前のサイズじゃ既製品は着れねえし、今からまた注文しても明日じゃ間に合わねえなあ!
     セーラー服似合うかもしれねえぞpgr』

屈辱に震えるクソガキ。
顔真っ赤になってるクソガキ。
涙目で唇をかみしめるクソガキ。
カッワイイー、惚れちゃいそうだぜ一方通行、ってなあ!
まあ俺も鬼じゃねえし、半泣きくらいになったら学ラン渡してやらなくもねえ…」

ピンポーン

「おう、クソガキかぁ!?開いてっから入ってこい」

「制服届いたから見せに来てやったぜ木原くゥン」

「」

そこには。
正々堂々とセーラー服を着用した白い少年がいた。
123 :中一時代 [sage]:2010/07/05(月) 20:45:06.67 ID:fq6nBL.o
「手違い?でコレ届いたンだけどよ、どォせ明日しか着ねェし。
こういうの買ってもらったら、着て見せンのが常識だって研究員Aが言ってたから見せに来た」クルクル

「……いやいやいや。変なところで常識発揮すんな。その、頭につけてんのは何だ」

「ここ来る途中で買った。すげェな、この格好だと店員さン全然あやしまねェの」

耳にかけた白く細い髪をヘアピンで留めている。
淡いブルーの花をかたどった飾りが、白と紺のセーラー服に良く映えていた。

「なんか俺すっげェ似合わねェ?」ヒラリ

華奢な体格、中性的な顔立ち。ややハイなのか表情にもいつもの険がない。
正直似合う。似合うのだが、こんなはずではなかった。
なぜこんなにノリノリなのか。ショック過ぎて頭のネジがゆるんでしまったのか。
自分だけの現実に新たな数値(女装)を入力してしまったのか。

「おいコラ、木原くン?見せてやってンだから感想言えよ。なーンなーンでーすかァー?」

「えーと……、カッワイイー惚れちゃいそうだぜ一方通行…」

「キモイ。[ピーーー]」

(良かった、いつものクソガキだ!!)
124 :中一時代 [sage]:2010/07/05(月) 20:46:03.17 ID:fq6nBL.o
「うるせえんだよ!スカート持ち上げんじゃねえ!!そんな風に育てた覚えはねぇぞ!!!」

「こっちも育てられた覚えはないンですゥー。
つか、明日コレでいいのかよ?保護者代理で同席すンの木原くンだろ?
書類上で男になってる生徒がセーラー服で来て
『保護者さンにそういうプレイだからコレ着ろって言われましたァ』
って校長センセーに言ったら木原くンの社会的立場終わるンじゃねェの?」

「学ランあるから着ろクソガキ」

「あっそ、じゃァもらってくわ」

「明日、遅れんじゃねえぞ」

「ン。あ、そうだ木原くン」

玄関で、学生服の箱を抱えた少年が、ローファーに足を入れながら振り向いた。
いつもの、人をバカにしきった裂けたような笑顔。

「…黒くて男らしいのちょうだい、ってオネダリしてもらえなくてざーンねーンでーしたー!ってなァ。
テメェの考えなンざお見通しなンだよバーカ!」

癇に障る高い嗤い声を残して、ドアが閉まる。

「……あんまり大人をなめてんじゃねえぞ、クソガキ」

低く呟くと、木原数多は自宅マンションの警備システムにアクセスした。
目的は監視カメラの映像だ。
エントランスのカメラには、セーラー服姿の一方通行がばっちり映っている。

(画像と動画両方保存して、何かあったら『第一位が女装で援交』ってタイトルでバラまいてやる)

彼らはお互い、いやがらせにも全力投入する人種だった。
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 20:46:51.34 ID:fq6nBL.o
以上です。

まだややショタセラレータな名残のある12歳な一方さんが制服着てるのを見たかっただけなんだ!
決して下ネタトークがしたかったわけじゃないんだ!
でもあどけない感じでえげつないこと言われるとM的に大喜びです。
126 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 21:11:56.25 ID:N.UmZG6o
わが身を削ってまで嫌がらせし合ってるのも愛の一種だよ…な?
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 21:23:33.54 ID:riiADGw0
なんだかんだで仲いいなww

>打止「もうおしまい! これ以上いじったら一緒に寝てあげないよ!?」
>一通「」ピタ

さすがセロリ
128 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 21:26:13.36 ID:ZqvTjsAO
いいな。ただ女装させるだけじゃなくてちゃんと作ってある。
129 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:33:17.04 ID:YuKcZNM0

ちょっと投下させてもらいます。
五レスくらい?



・会話形式です。最初だけ地の文入ります。
・深く考えるだけ超無駄です。
・第五位が居て、第六位が青髪になってます。
・一方、垣根、美琴が幼馴染設定です。一方と美琴の間にフラグあり。
・あのスレの>>1です、ハイ。
・作者はホットケーキを焼きながら投稿しています。
・ホットケーキとかガキのおやつだろって思った奴屋上に来い。講座開くから。


始まります

130 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:34:21.60 ID:YuKcZNM0



とあるファミレスにて。
そこにとある七人が居た。
彼等はファミレスのボックス席に陣取り、各々神妙な顔をしている。
彼等はこの学園都市のレベル5達である。
そんな彼等は、今日珍しく全員集合してファミレスにて会っていた。
そんな彼等の中の一人が喋り出すところから、今回のお話は始まる。





一方「……さて、まず一言な」

全員「?」

一方「メルヘンと原子崩しに青髪ピアス。テメーらファミレスに居るンだからちゃンと注文して喰やァ!」ダンッ!!

美琴「まぁまぁ、落ち着いて」

一方「落ち着いてられっかァ!原子崩し!オマエなンでコンビニ弁当なンですかァ?ファミレスで定食頼めよ!」

麦野「ふっ、甘いわね第一位。コンビニのシャケ弁独特の美味しさが分からないとは……」

一方「わかりたくねェよンなもン!心底どうでもいいわァ!」

麦野「……ハァ」

一方「えっ!?そこでオマエがため息吐くのかよォ!?なンだよオマエその呆れ顔!それオレがすべき表情だろォがァァァッ!!」

131 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:35:12.22 ID:YuKcZNM0

美琴「あ、あははは……え、えっと、青髪さんは何でパン……?」

青髪「あぁ、お店の売れ残りやから。一つ食べる?」

美琴「えっ?あっ、はい。じゃあ……」

一方「フン!」ゴウッ!

青髪「わぷっ!?僕のパンがっ!?」

削板「ヘブッ!オイ!顔に当たったぞ」

一方「ワリィワリィ」

青髪「なにするんやいっつー!」

一方「黙れ。オマエ今の食べかけだろうが。魂胆が見え見えなンですよォ、この変態」

心理「別に間接キスくらい良いのだと思うけれど」

一方「いや、こいつだからダメだ。変態だし」

心理「まぁそれは否定しないけどね」

青髪「アカン!心理掌握の言葉が心に突き刺さってもうた!だけどそれもまた……」クネクネ

垣根「クネクネすんなよ気持ちワリィ」

一方「オマエはオマエでヒデェがなァ!なンだ!そのテーブルに乗っかった黒い何かは!?」

垣根「卵焼き」

一方「卵焼きは其処まで黒くねェし変な匂い放出したりしねェよ!どこの漫画のダークマターだァ!」

垣根「ふっ、忘れたのか?……俺に常識は通用しねぇ(キリッ」

一方「こいつ殺す。プラズマで跡形もなく殺す」

美琴「ちょ!本気で落ち着きなさいって!風渦巻いてるから!?」



暫くお待ちください。


132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 21:35:31.61 ID:jWGbjts0
w
133 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:36:27.67 ID:YuKcZNM0



一方「ハァ、ハァ……クソ」

美琴「ま、まったく……」

垣根「お前って意外と常識無いよな。店内で能力使うとかどんだけー」

一方「オマエが言うなァァァァァァァアアアッ!!」

美琴「落ち着け!そしてアンタも挑発すんな!」

垣根「へいへい」

麦野「というより何か面白い話無いの?誰々が振られたーとか、誰々が財布盗まれたーとか」

一方「いやマテ。それ面白いのか?」

削板「そういえばこの間上条がお金を落として無くしたとか言ってたな。全く!根性が足りん!」

垣根「いや、それ全く根性関係無くね?」

青髪「かみやんの不幸体質は今に始まったことやないんやけどなー」

麦野「へぇー、やっぱ面白いわ」

美琴「……ドSだ………」

心理「彼女、心の底から面白がってるわよ?」

一方「アァ、何か三下がすっげェ哀れだわ……」


134 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:37:13.81 ID:YuKcZNM0


美琴「所でこれからどうするの?まだファミレスで駄弁ってる?」

垣根「トランプでもやるか?」スッ

一方「いや、その前に何でトランプ常備してるのか知りてェわ」

垣根「何かマジックとか出来る男ってかっこよくね?的なね?」

一方「ダメだコイツ。色々終わってるわコイツ」

美琴「確かに……うん?青髪さん?」

青髪「……その手があったか……っ!」

麦野「……男ってバカばっか……」

美琴「右に同じ……」

一方「同じ男だと思うとなンか絶望して来るなァ……」

心理「いいじゃない。面白いし」


削板「モテないお前等に足りない物、それは根性根性根性根性根性根性根性!そして何よりも 根 性 が足りない!!!!」

一方「根性根性うっせェよバカ」


135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 21:37:32.72 ID:jWGbjts0
つまんね
136 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:39:11.73 ID:YuKcZNM0



垣根「……」マッシロ

一方「ハイ、垣根クゥンの十七連敗〜」

麦野「じゃ、アンタここの支払い全部お願いね。すみませーん、追加のパフェくださーい」

心理「あら、じゃあ私も」

美琴「私も」

垣根「まて、頼むから待ってくれ。もう一度チャンスくれ……」

削板「男がウジウジして情けないぞ、カッキー!」

垣根「勝手にあだ名付けないでくれねぇ?大体おかしいだろ。何で俺勝てねぇの?七並べだよな?何で十七回連続ドベなの?」

一方「オマエの運が壊滅的に終わってるだけだ」

青髪「まぁ、それにしてもルールすら満足に覚えてないナンバーセブンに負けるんわちょい異常やけどな」

垣根「……(チラッ」

削板「?」

垣根「……ぅ……ちくしょおおぉぉぉぉぉぉっ!!」ダッ!

一方「あ」

美琴「……逃げた」

心理「一時したら帰ってくるんじゃない?」

一方「だなァ。帰ってくるまで適当に注文しながらトランプするかァ」

麦野「そうね。すみませーん、更に追加で。ジャンジャン持って来てくださーい」

美琴「次なにするの?」

青髪「ババ抜きはどうや?」

一方「それでイイか。あァ、心理掌握オマエ能力使うンじゃねェぞ」

心理「手厳しいのね」

削板「ババ抜きってなんだ?」

全員「…………えっ?」
137 :『レベル5達の休日』 [saga]:2010/07/05(月) 21:41:39.68 ID:YuKcZNM0


うわっ、めっちゃグタグタだわ……
まぁ、gdgdな話を書きたかったってのもあるけど。
うーん、もう少し会話形式頑張ってみる……

では、こんな駄文を目に入れてくれた全ての皆様、どうもありがとうございました。
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 21:46:04.25 ID:N.UmZG6o
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 21:48:00.75 ID:65NopoDO
乙乙ー
とりあえず削板さんには思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さあたりが足りないな……
レベル5組は好きだから嬉しいな
140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 21:51:12.00 ID:.sFhocI0
>>137
>>135はいろんなとこでageてまわってる荒らしだから気にすんな

面白かったよ、乙
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 21:56:29.50 ID:jWGbjts0
批判的な意見は荒らし扱いあつかいかよ
実際読んでみて率直な意見を言っただけだが
何でも面白いとか適当なレスしてるから厨房が書いたような糞SSばっかになるんだろ
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:00:45.33 ID:hUzQTkAO
麦の━━━━━━━━━━んんん!!!!!!!!
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:01:19.39 ID:hUzQTkAO
誤爆しましたすいません
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:08:11.50 ID:8pv6zcDO
乙!なんか和んだ

>>141
でもせめて投下中にレスすんのは控えようぜ
145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:11:31.31 ID:lvS1InM0
>>141
偉そうな口きいてる暇あったら
まずsageてくれ

総合ならまだいいが、他のとこだとスクリプトに合うだろ
146 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:11:55.78 ID:6AdRAYDO
>>141
お前が批判したからといって面白くなるわけでも
147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:12:29.11 ID:jWGbjts0
来たらまた立てればいいだろ
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:13:01.64 ID:3QhXyLgo
なに見えないとこに安価してんだお前ら
149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:14:30.35 ID:DrbomsDO
こういうの読むと原作で第五位と第六位でたら
俺流第五位、第六位すっごい微妙になるだろうな。
150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:14:50.14 ID:9dlKcE20
ageるだけでどこでも袋叩きにしてくれるなんてここは荒らしに優しいインターネットですね
151 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:16:12.48 ID:jWGbjts0
>>146
見て感想もらうためにここに投下してるわけじゃないの?
批判レス厳禁なのか?
152 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:16:41.13 ID:z8CqkJco
まぁ投下されたSSにはおもしろいって言わなければいけないってわけでもないけどさ
153 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:17:20.78 ID:lvS1InM0
>>147
お前みたいな自己中のためにまたスレ立てする方の身にもなれ

しかも、スクリプトにあえば当然そのSS書きの士気も下がるし
お前の言う厨房の書いたような糞SSにもなっちまうんじゃねーの
154 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:17:46.41 ID:7qiZQ9Mo
読んでる方が嫌になってくるからここまでにしとくんだにゃー
155 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:18:02.18 ID:cbsxpgMo
>>151
批判すんのは別にいいがメール欄にsageって入れろってんだよ
156 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:19:32.69 ID:jWGbjts0
まあ読んでるスレが荒らされなければ見てないスレがどうなろうと俺には関係ないし、上げただけで叩かれるのもおかしい
叩くならスクリプトを叩け
157 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:20:18.85 ID:uMD6n2AO
別に批判してもいいから
何処がつまらないか教えてくれ

お前が面白いと思うモノを書いてやるから

誰かが
158 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:20:26.76 ID:.OjzCQUo
ただの構ってちゃん相手に批判すんなとかsageろとか言って何の意味があるんだよ………
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:22:01.11 ID:vGp.xRko
>>155
そういう荒らしだから相手にする必要ないよ。
反応見て喜んでる放火魔だから。
意見言いたきゃ多少の礼儀を弁えるべきだな。
160 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:27:20.29 ID:jWGbjts0
>>157
禁書キャラ使って台詞棒読みさせてるだけだし、ネタがベタだし、落ちもつまらない
161 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:28:50.68 ID:.Zvs59wo
このスレはage進行じゃなかったっけ
1にはそう書いてあるけど

面白いとかつまらないってのは好みによるんだろうけど
原作読んでないのが丸わかりなSSは萎えるかな
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:29:26.76 ID:NRWfpoSO
>>137
俺はあんたの書くレベル5達が好きだぞ。そしてもちろんあんたのスレも毎日みてるぜ!
163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:31:23.84 ID:T.DIVsA0
>>160
意見というか……それ悪口じゃね…?
例えばどうベタなのか?どんなところがつまらないのか?
こういうのが意見だと思う
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:34:14.13 ID:fOfyVD20
自分もこのスレで投下した身だから思うんだが、
褒めてくれるもいいけど同時に批判点もあるとまだ未熟者の自分には役立つ

勿論何よりも無視が辛いので、とりあえず何でも良いからコメント欲しいのは事実
もっとも、ただ批判だけというのも辛いけど
165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:36:26.12 ID:pFNMG32o
>>164
確かにスルーが一番辛いな
投下→レス無し、30分後別の人投下→レスの嵐
とかだとなおさら
166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:39:08.13 ID:C.1RWYDO
参考になるなら、なおさら具体的に批判してくれた方がいいよね!

たぶん一時的に落ち込むけどね!
167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:39:08.18 ID:jWGbjts0
>>163
各キャラのネタをとりあえず詰め込んだだけというか
ほのぼの系なのに落ちしょぼいというか・・

なに言っても批判は荒らし扱いみたいだからこれ以上はレス控えるけど
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:39:40.17 ID:dyxVQLw0
>>165
あるあるwwwあり過ぎるwwwww
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:40:37.68 ID:SyiexPw0
はい下げ
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:42:58.72 ID:wZbc2IAO
あまり池沼に触るなよ
一方垣根スレageまくってスクリプト召喚したいだけだろこいつは
途中からカモフラで他のスレもageてるみたいだがな
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:43:38.94 ID:e/uSbkA0
>>165
なんという俺
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:44:13.13 ID:T.DIVsA0
>>167
毒ぶっかけても苦しむだけだけど
毒を薄めてぶっかけたらワクチン出来るだろ?

そう言う事だ
173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:49:10.16 ID:okcq4S2o
>>165
泣きたくなるからヤメテ!
でも確かにオチが弱いというより、全体的に話が平たい感じがしたかも
せっかくレベル5組なんだからもっと暴れさせてもよかった気はする
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/05(月) 22:58:55.70 ID:ZqvTjsAO
一方通行は他人との距離を離すキャラなのに、異様に他人と積極的に関わってる。

ほのぼのに激しいオチは別にいらんだろ。それを言うならギャグ。
批判が叩かれるんじゃ無くて、お前の頭が足りてないから叩かれんだよ。
あとここはage推奨だろうが。
175 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 22:59:37.15 ID:5gd2G/Q0
ちょっと疑問に思ったんだけんど、
一方さんって黒翼出してる時は反射無効なの?
176 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/05(月) 23:02:11.04 ID:ltuAD.U0
>>175
有効。エイワスたんと戦ってる時反射してた。
木原戦では反射無効。垣根戦では不明。
意識を保ててるようだし多分成長している。
177 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 23:10:37.02 ID:5gd2G/Q0
>>176
ってことは意識がぶっ飛んでたら演算云々の関係で反射できないのか
178 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 23:11:55.25 ID:y50bCkAO
今回は、ピリッとまとまった良作の直後だったから
よけいに落ちのないダラダラ感がしちゃったのかも

日常系好きだけどな
179 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 23:37:38.16 ID:n4dIJJEo
二次創作って時点で公開自慰と同じなんだから好きにカいて好きに投下すればいいんだよ


そんな俺はイタリアのミサカ+アックア、教皇ネタがまとまらなくて悩んでる最中でござる
180 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/05(月) 23:37:43.14 ID:SyiexPw0
>>176
黒羽発動した瞬間木原クン殺されたから、反射が無効だったなんてわかんなかったじゃん
181 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/05(月) 23:58:41.42 ID:ltuAD.U0
>>180
反射無効。
木原くンが「反射が有効だったら顔についた砂とかも反射してるはずだ」って考察してから死んでくれてるよ。
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:04:10.51 ID:LYov/U60
さすが木原くン 良い仕事っぷりだァ
でも黒翼って最初は意識飛んでたけどロシアじゃ違ったし、そこら辺で反射の方もオンだったりオフだったりするんじゃねーの?
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:05:38.21 ID:TvHbEp2o
さすがに四回目ともなったら慣れてきたんだろう
エイワス戦でも自我はあったっぽいし
184 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:07:32.33 ID:tV4z/fc0
で、自由に出せるの?だせないの?
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:08:11.47 ID:KCsAsZoP
垣根戦で使った謎ベクトルが通常時でも使えるようになってたり
どうなってるのかよく分からないね
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:14:18.49 ID:P/nW64Ao
>>184
本気出せば使えるって感じじゃない?
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:14:26.67 ID:L3kICkc0
>>181
そーだったか、ちゃんと読んでなかったみたいだスマン
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:30:15.37 ID:qtoEjXso
そういえば、一方通行に幻覚とかって効くのかなぁ……
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 00:51:17.69 ID:V/DgseEo
幻覚の種類にも寄るが効くと考えるのが自然かと
可視光線は必要なベクトルだから反射できないだろうし
190 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 01:14:36.78 ID:YHvIFuM0
あげ
191 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 01:19:50.86 ID:VzbJksAO
でも結局は外部からの干渉だからな
全盛期なら効かないかも
192 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 08:28:00.08 ID:O6WN.AAO
久々に上琴が読みたい
最近少ない気がする
193 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 09:38:44.84 ID:6hoCV2DO
>>192
俺のチェックしてるスレでは上条「義兄さんと呼べ!」が上琴やってる
他にも通行止めや未元崩しもやってる
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 11:01:27.97 ID:CSX0yTEo
>>192
禁書板の上琴イチャスレを見るのもいいかもしれない。
195 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 11:51:46.25 ID:dr5fzjso
つか、禁書板の上琴イチャスレだけで腹いっぱいなるがww
196 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 18:05:32.94 ID:gNJ079Ao
上琴派の人は羨ましい
禁書板のイチャスレも勢いあるし、ssだけでなくイラストや同人誌も多い
上イン派の俺はssになかなか出会えなくて少し物足りない
そして浜滝少なすぎて泣ける
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/06(火) 18:34:24.88 ID:Fy1o25A0
>>196
仲間はいっぱいいるよ。俺もインデックスさんが好きだよ。
「インテルハイッテルさん」とタグ付けられたときのショックといったら…
198 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 18:34:29.75 ID:y3IMni2o
上琴厨はマナーが守れないから嫌なんだよな。
ってかどちらかと言うと御坂厨だが。
199 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/06(火) 18:52:26.10 ID:Fy1o25A0
>>198
美琴の事もすきだからそういうことは言わないでくだちい
200 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 18:53:24.89 ID:Si299NIo
>>196
が浜滝を書くと聞いて
201 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 19:05:17.70 ID:y3IMni2o
いや、御坂は好きだよ?
御坂厨は嫌いだよ
202 :禁書昔話・金の斧 銀の斧 [saga sage]:2010/07/06(火) 19:21:00.49 ID:CSX0yTEo
ある日、とある森で一人の木こり(白井黒子)が木を切っていました。

黒子「よっこいせー」ガスッ

黒子「どっこらせー………あら」ボチャン

木こりは手を滑らせ、愛用の斧を湖に落としてしまいました。
すると、湖から美しい精霊(美琴)が現れました。

美琴「あなたが落としたのはこの金の斧? それともこちらの銀の斧?」

黒子「そんな事よりわたくしと一晩の逢瀬をあばばばばばば!!!!」

精霊は木こりに電撃を浴びせると静かに消えていきました。



またある日、とある森で別の木こり(上条当麻)が木を切っていました。

上条「えいさ〜」ガスッガスッ

上条「こらさ〜………あっ」ボチャン

木こりは手を滑らせ、愛用の斧を湖に落としてしまいました。

上条「不幸だ…………」

木こりは泣く泣く斧を諦め、肩を落として家路に着きました。



またある日、とある森で別の木こり(アックア)が木を切っていました。

アックア「ふんっ!」ズバッ

アックア「ぬんっ………おっと」ボチャン

木こりは手を滑らせ、愛用のアスカロンを湖に落としてしまいました。
すると、湖から美しい精霊(ヴィリアン)が現れました。

「あ、あなたが落としたのは……この……金の………アス……カ……」ブクブクブク

精霊は何かを言い掛けたまま沈んでいきました。


おしまい。
203 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 19:21:58.10 ID:uU4Tz7go
>>196
しかし、みこくろ派の俺よりはマシだろう
みこくろっぽいSSを読んでたときに上条が出てきた悲しさといったら……
204 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 19:23:11.61 ID:Gb6emog0
一方通行×姫神が見たい
あと風斬ヒロインとか!科学サイドなのに登場してるの見たことないかも!
205 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 19:24:13.67 ID:Sl665yYo
アスカロンで伐採とか森一つ無くなるww
206 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 19:56:13.72 ID:0CgNlMDO
浜滝は本編でやってるからいいじゃないか
俺は浜フレ派なんだが数える程しかSSがないしな…
207 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:04:19.04 ID:CSX0yTEo
くそぅ折角投下したのにカプ話で盛り上がりやがって!
罰として誰か浜絹書いてくださいお願いします。
208 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:08:12.44 ID:QPR5Daco
浜絹はたくさんあって羨ましい
誰かフィアンマ×ヴェントをですね
209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:20:30.85 ID:g9fMniE0
>>202
ウィリアムさんぱねえwwww
こういう昔話SSは面白いな

流れはマイナーカプ話ですか
ではここはひとつ浜面心理定規とかどうだろう

しかし最近は電磁通行のSSが多いね
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:25:43.52 ID:EXyZBm2o
マイナーカプと言われて思いついたのが削板×神裂だけど
この二人の場合カプというよりコンビが似合うな。自販機と洗濯機的な意味で
……だれかこれにていとくん加えた友情物書いてくれないかな
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 20:27:59.18 ID:fhRc/ISO
だから、ステイル×神裂だって言ってんだろ……


別に神裂×ステイルでもいいけど
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:32:01.93 ID:qtoEjXso
ありそうでなかった麦フレ
いっつもフレンダさんの愛は一方通行
だれか実現させてあげて!
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:32:17.77 ID:JlQkDIAO
上インもステインも好きな俺はどうすれば救われますか…?
インデックスの逆ハーレムしかない
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:36:31.10 ID:HL.21Iko
>>213
インデックスさんを2人にすればいいんじゃないかな
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:36:35.88 ID:6hoCV2DO
姫神とアウレさんなんか俺得
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 20:38:44.20 ID:EXyZBm2o
>>213
上条さんとか神裂とかステイルとか風斬とか、
アウレさんとかクーデターの時にいたシスターとかでインデックスハーレムなら考えたことある
217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 21:05:06.42 ID:JlQkDIAO
インデックスが二人になるとかまじやべえ
幸せすぎる
そうだなヘタ練にも幸せになってもらいたいんだよな…
つーか全員の恋を叶えたいんだがどうしたらいいんだ!?
基本的に上イン、エツァみこなんだがエツァショチもすきだしヘタ練姫も青神も上姫も浜麦も未元崩しも浜滝も浜絹もフレ麦もすきなんて…
困ったなあ。もう全員分裂しろよ…本気出せば出来るんだろ?
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 21:07:25.75 ID:CSX0yTEo
その本気の出し方は最終的に乱交パーティにしかならないと思う。
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 21:33:26.20 ID:VzbJksAO
吹寄好きの俺だけど
上条さんとくっつくのは嫌だよな
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 21:51:25.77 ID:bjif6Ioo
マイナーカプで、削板×一方(百合子)を妄想したことはある
自分は一方さんはもともと男だよ派だけど、もし女子だったら
能力者として世界最高の天然ダイヤと人造ダイヤな2人を
かけあわせたがる研究者はいるだろうな、とか考えた

しかし、お見合い現場が崩壊するオチにしかならなかったからあきらめた
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:18:41.02 ID:WIFdOEc0
>>203
そんなあなたに、【レールガン】とある科学の超電磁砲で百合萌え
スレをおすすめします。
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 22:20:43.60 ID:OX.bwp6o
上滝書こうとしたけど、浜面をどうすればいいかわからなくて泣いた……
こいつどうすればいいの?
223 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:22:11.50 ID:qtoEjXso
無かった事にする
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:24:46.53 ID:V/DgseE0
>>202
出てきたはいいが気づかずに立ち去ろうとする上条さんに「無視すんなゴルァァァ!!」ってビリビリ浴びせたら
上条さんが「ひぃっ・・・悪魔・・・ふ、不幸だぁぁぁぁぁ!!」って逃げ出すまで想像した
225 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 22:26:26.61 ID:OX.bwp6o
>>223
やはり極限的にはそれしかないのか……
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:27:30.73 ID:WIFdOEc0
>>222
ホモにしちゃうとか?いや無いな…。居ないことにすんのが、一番楽だけど、浜面が助けるのをフレンダにするとか?いやはや、難しいな。
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:28:09.01 ID:DQkvuT2o
>>222
麦のん絹旗に振り回されて滝壺とかはほとんど触れ合ってないとか
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:28:57.34 ID:EXyZBm2o
>>222
上条さんが浜面の代わりに暗部落ちしか思いつかない
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:30:28.49 ID:mzjrWgIo
浜面の代わりに置いちゃうと、某スレと被るな……
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:31:21.26 ID:g9fMniE0
>>222
浜麦・浜絹どちらかにして滝壺は上条さんにってするしかないな
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:32:28.71 ID:KCsAsZoP
15巻のていとくん大暴れをなかったことにすれば
浜面は絹旗と仲良くて、滝壺とは距離のあるままだったんじゃないかな
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:36:38.69 ID:OX.bwp6o
>>226-231
ふむふむ……皆さんくす。
頑張って書いてみるわ。
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 22:38:05.58 ID:gNJ079Ao
さあて、ここで空気を読まずにまさかの浜滝もの投下ですよー、と
……にしてもタイミング悪いな俺
ただ今日中にどうしても投下しておきたい

5レスほど借ります
234 :とある無能力者と大能力者の日常 :2010/07/06(火) 22:39:20.50 ID:gNJ079Ao
浜面「ふー、いい湯だった」

 タオルを頭に乗せて出てきた浜面。
 髪はまだいくらかの水分を含んでいる。

滝壺「ごめんはまづら。ドライヤーこっちに持ってきたまんまにしてた」

浜面「いいよ別に、ほっときゃそのうち乾くだろうし」

滝壺「かぜひいちゃう」

浜面「こんなんで風邪ひくほどヤワな体してねえよ」ヨッコラショ


滝壺「……」ジー

浜面「どうした?」

滝壺「私が乾かしてあげる」

浜面「えっ、いや、別にいいって」

滝壺「嫌なの?」

浜面「いや、嫌じゃないけど、なんていうか」

滝壺「一度してみたかったんだけど。……だめ?」

浜面「だ、だめじゃないです」
235 :とある無能力者と大能力者の日常 :2010/07/06(火) 22:40:35.60 ID:gNJ079Ao
滝壺「はまづら、ここ座って」

浜面「お、おう」チョコン


浜面(こういう妄想も何度かしたことがあるが、いざやってもらうとなると思ったより恥ずかしいな。ただ髪乾かしてもらうだけなのに)


滝壺「ドライヤーの前に、まずはタオルで軽く拭こう」

浜面「オーケー」

 滝壺は、浜面の頭に乗ったタオルを取り払う。

滝壺「髪の毛ぺったんこだね」

浜面「濡れるとこうなるんだよ。なんかすごくダセえよな」

滝壺「これはこれでありだと思うよ」

浜面「そうか? 水も滴るいい男、なんてちって!」

滝壺「大丈夫。私はそんなはまづらを応援してる」

浜面「あれー、今俺何か応援されるようなこと言ったっけー」

ガシガシ

浜面「もうちょい強く。ちょい右。あー、そこそこ。あ゛ー」

滝壺「はまづらオッサンみたい」

浜面「うるせえよ」

滝壺「大丈夫。私はそんなオッサンはまづらを応援してる」

浜面「俺こうやってすました顔でいるけど地味に傷ついてるからな。好きな子にオッサンって呼ばれて悦ぶ奴はレアだからな」
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:41:06.12 ID:oMpmHmso
>>221
既に見ています。しかしういさてばっかりな感じがあるんだぜ
237 :とある無能力者と大能力者の日常3 :2010/07/06(火) 22:42:17.48 ID:gNJ079Ao
バサッ
カミノケクルーン

滝壺「あ、いつものはまづらだ」

浜面「いつものってなんだよ。にしてもだいぶ乾いたな。もうドライヤーする必要なくね」

滝壺「何言ってるの。ここからが本番だよ」

 ドライヤーを取り出す滝壺。

滝壺「熱かったら言ってね?」

浜面「ああ」

ヴゥゥゥン
ワシャワシャ

滝壺「髪痛んでる」

浜面「やっぱそうなの? 髪とか気にしないから特別な手入れなんて全然してないからな。染めてるし」

滝壺「……はまづららしいね」

浜面「どういうことだよ。やっぱ細かいところに気を使わない男は駄目か?」

滝壺「ううん。そうじゃないよ」
238 :とある無能力者と大能力者の日常4 :2010/07/06(火) 22:43:17.10 ID:gNJ079Ao
 滝壺はドライヤーのスイッチを切った。
 髪はすでに乾いていた。


滝壺「はまづらは、もっと自分を大切にしたほうがいい」

浜面「何言ってんだ。自慢じゃないが、俺はスキルアウト時代『他人に厳しく自分に甘く』をモットーにしてたような男だぞ」

滝壺「麦野と戦ったときも、ロシアに行ったときも。はまづらはいつも自分のこと二の次にしてた」

浜面「ッ……」

滝壺「私怖かったよ。はまづらが傷つくのをただ見ることしかできなくて。本当に怖かった」

浜面「滝壺……」

滝壺「はまづらは、私にできた新しい居場所なの。だから、もっと自分に優しくしてあげて」


滝壺「……」

浜面「……」

滝壺「よしよし」ナデナデ

浜面「……なにやってんだよ」

滝壺「はまづらのかわりに、はまづらを大切にしてるの」

浜面「……小っ恥ずかしいんだが」

滝壺「大丈夫だよ。私たち以外に誰もいないし、恥ずかしがらなくても大丈夫」ナデナデ
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:43:53.08 ID:y3IMni2o
>>222
俺のアイデアでよければ貸すぞ
基本的にNTRになる。
↑しないためには浜面が滝壺似合う前に、上条さんが会うって展開かな。

NTRはもう楽勝。
病院で足を滑らせた滝壺さん
「あ…」
偶然階段下にいた上条さん
「…マジ?」どっすん
「っ――」
「なんなんですか?いててっ」
「ごめんなさい」
「ひとまず上条さんの上からどいてくれると助かるのだが」
「ぅん」
「よいしょっと、でなぜ空から女の子がーのように私目の上に?」
「足を、滑らせただけ」
「ははっはっ。そうですよねー……はぁ不幸だ」
「ごめんなさい……」
「怪我無かっただろ?」
「うん」
「なら、いいよ。お前が怪我しなかっただけで俺は儲けもんだから、気にするな」
「…でも」
「気にするなって、上条さんはこういうことなれてるんでせう。……馴れたくなかったぜ」
「かみじょー…さん?ありがとう」
「いえいえどういたしまして……えっええっと」
「たきつぼ、りこう」
「うん、滝壺理后さん」
「たきつぼで、いい」
「なら俺のことも上条でいいよ」
「うん、ありがとね、かみじょー」

ここまで5分構想。出会い編はこんな感じでいいだろ。
あとは病室は隣だったとか。そんな感じで。
話を発展させたいなら麦野もフレンダも五体満足で仲良く過ごせて
浜面も絹旗と毎日見舞いに来る。そんなかんじなら、浜面以外全員ハッピーエンドは可能。
240 :とある無能力者と大能力者の日常5 :2010/07/06(火) 22:45:41.01 ID:gNJ079Ao
浜面(……ちくしょう、ガキ扱いしやがって。俺のほうが年は上なんだぞ。それに確かに俺はお姉さん好きだけど、どっちかっていうと誘惑系悪女的お姉さんが好きなのであって、こんな風に子ども扱いされても俺のプライドが許さないというかなんというか)ゴニョゴニョ


浜面(だー、くそっ。……幸せすぎる)

浜面「はあ」

滝壺「どうしたの」

浜面「いや、なんかさ、あまりにも幸せすぎてつい溜息が出た」

滝壺「何それ」

浜面「スキルアウト時代もそれなりに楽しかったけど、こんな風に落ち着いた幸せってのは感じなかったな」

 浜面は滝壺に向き合う。
 二人の目が合った。

浜面「それもこれも滝壺、お前のおかげだな」

滝壺「はまづら……」


浜面「俺は別に、自分を大切にしてないわけじゃないんだぜ。俺が傷ついたら悲しむ人がいるってのも理解してる。ただ、自分よりも大切なものを守るには、俺が傷つく以外に方法がなかったってだけで」

滝壺「だからそれが」

浜面「それに、滝壺だって俺のことは言えないぞ。お前ももっと自分のことを大切にしてくれ。見てるこっちがヒヤヒヤするんだよ」

滝壺「……」

浜面「お前は、俺にできた新しい居場所なんだからな」


滝壺「……」

浜面「……」

浜面「おりゃこのやろっ」ワシャワシャワシャー

滝壺「何するの」ウー

浜面「よし、明日は俺が髪乾かしてやるよ」



浜面「滝壺の変わりに、俺が滝壺を大切にする。これでおあいこだ」

滝壺「……うん」

おわり
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:47:13.61 ID:e9zpX.Io
っしゃ滝壺かわえええええええ!

はまづら乙
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:48:01.07 ID:EXyZBm2o
萌え死んだ
浜滝はいいものだ。乙!
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:48:36.79 ID:y3IMni2o
乙。
割り込みすまん。更新してなかった。

いいね王道だな、いいけど王道。
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:49:10.18 ID:g9fMniE0
やべええええええニヤニヤが止まらんwwww俺キメェwwww
浜滝はええのう

超超乙
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:49:34.34 ID:gNJ079Ao
いやあ初めてのss投下で心臓バクバク

……でもやっぱタイミング悪かったかな
あえて今投下したのは、やっぱり自分で求めるだけじゃ駄目で、それが好きならやっぱ自分で書いちゃおうゼ!
ってことが言いたかったのです

浜滝ssもっと増えろ
246 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/06(火) 22:56:27.61 ID:HYFQOzU0
最近滝壺が俺の中で来てるね
超電磁砲5巻の滝壺と浜面と出会った後の滝壺を対比するような作品とか書いてみたいけど無理ぽ
247 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 22:59:57.64 ID:iA715t2o
超乙!

みんな少しはリロードしてやれよww
248 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 23:01:40.54 ID:L3kICkc0
浜面をそもそも登場させない
アイテムに居ないことにするってのもありだな
249 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/06(火) 23:16:30.63 ID:/B69dUAO
>>245
乙!いいじゃんねえ、僭越ながら正史に入れちゃいたいくらいだわ
250 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 23:32:57.61 ID:AE9t0iQ0
5巻の滝壺フレンダの
滝壺「私の居場所、ここだけだから」
フレンダ「滝壺にもちゃんとした居場所ができるといいね」
のやりとりにはグッときたなぁ
251 :とある七夕の [sage saga]:2010/07/06(火) 23:36:45.53 ID:Fy1o25A0
浜ーブームのなか空気を読まずに一レス


土御門「舞夏ー、これ着て欲しいんだぜぃ」

舞夏「またゲテモノコンパニオンかー? 殺されたいのかー?」

土御門「ちがうにゃー。その名も 清純ラブラブ織姫イド だにゃー」

舞夏「」

土御門「俺用の イケメン爽やか彦星つじ もあるぜぃ」

舞夏「」

土御門「二人で一緒にメイドと執事になろうぜぃ。ラブラブしようぜぃ」

舞夏「」

土御門「まいかー。まいかー。いいだろー?」

舞夏「…」

土御門「ラブラブしたいぜぃラブラブしたいぜぃ。」

舞夏「…だ、だじゃれかー…」

土御門「…気に入らなかったか」ガックリ

舞夏「…待てー、何を片付けようとしてるんだー兄貴ー?」

土御門「え」

舞夏「そ、その、まあ別に露出が高いわけでもないしだなー。まあ。一緒に着るっていうならー、考えてやらんこともないー」

土御門「…!」

舞夏「…そ、そうだろー。 わ、わたしの執事様?」ドキドキ

土御門「俺のメイド様あああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!」ガバッ

舞夏「わきゃっ。 こ、こらー! 着替えられないだろー!バカ兄貴ー!」

土御門「うんっ、うんっ、着替えてラブラブいちゃいちゃしよーなー!!!」

舞夏「お、大声で言うんじゃない馬鹿執事ーっ」ポカポカ

土御門「うちのメイド様は本当にかわいいにゃあああっ」スリスリ


うん。土御門と舞夏だいすきなんだ。なのに面白く出来ないんだ。ごめん。バイビー
252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 23:38:54.40 ID:EXyZBm2o
>>251
乙!
にやにや止まらないんだけどどうすればいいんだこれ
253 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 23:40:10.53 ID:Sl665yYo
ドロドロな禁断の兄妹物いいじゃない!
254 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 23:48:35.76 ID:fhRc/ISO
>>251
続き書けビーム
255 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/06(火) 23:58:24.37 ID:g9fMniE0
>>251
可愛いいいい
土御門兄妹に初めて萌えた
舞夏可愛いよ舞夏
超乙です!
256 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 00:11:04.21 ID:ZsHPD.o0
「なに辛気臭い顔してるじゃん?」

「成績が悪い? そんなの一々気にしてたらキリがないじゃん。次に向けて気合を入れ直すじゃん」

「んー。よしこっち来るじゃん。ほら、ここ座るじゃん」

「ん?いいからこっち向くじゃん」

「それっ、ぎゅぅぅぅぅ!」

「あはは! 暴れるなじゃん! 辛いコトがあったら私の胸で泣けばいいじゃん。我慢できなくなったら私がこうやって抱き締めてやるじゃん。だからまた頑張るじゃん」

「大丈夫。お前はやればできる奴じゃん。ほれ、ナデナデしてやろう。いやもうわしゃわしゃしてやるじゃん」

「あっちょっ! 揉むな! こらっ! もうそんなことしてないでちゃんと勉強するじゃん!」



っていう俺が黄泉川に癒されるっていうチラ裏
>>251め、俺が書いてる間にそんな良作投下しやがって
257 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 00:23:35.12 ID:mo61WUAo
>>256
いいからHKB
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 00:33:58.92 ID:FelnT6AO
>>220
そういう事書かれっと読みたくなんだよね。色々想像するし。
ってワケで2レス投下。
259 :とある日和と究極配合 [sage]:2010/07/07(水) 00:34:49.17 ID:FelnT6AO
テン♪テケテケテケテン♪テン♪テケテケテケテン♪
  カコォ〜ン パシャンッ

削付き添い「え〜、今日の良き日、ご両家がこうしてお揃いになられた事は、大変めでたき事で御座います」

木原「あのな、堅っ苦しい挨拶してねぇでさっさと二人っきりにするぞ。要はこいつらがヤって百合子孕ませんのが目的なんだろうが」

百合子「木ィィ原くゥゥゥゥゥゥン?」

木原「ケッ、ガキが色気づきやがって。出てねえ胸でそいつの○○○おっ勃たせられんのかあ?」

百合子「木原くン木乃伊って好きィ? 全身の水分飛ばしてヒラヒラにして素敵なオブジェ応接間に飾ったげよっかァ?」

木原「ハッ、ヤベェヤベー、百合子ちゃんの迫力に思わずお漏らししちゃいそーになっちゃったあ、百合子ちゃんカワイクてツヨクて辛抱たまんねぇなぁオイ!!」

百合子「チックソ木原」
260 :とある日和と究極配合 [sage]:2010/07/07(水) 00:35:38.57 ID:FelnT6AO
――――


削板「…………」

百合子「…」

削板「あっ、あのう、ごっ、ご趣味はっ!?」

百合子「……ねェよ」

削板「こっ、根性はお好きですかぁっ!?」

百合子「……はァ?」

削板「根性があれば何でもできます!! わたくしこと、削板軍覇も根性根性ド根性で学園都市第七位になりましたあ!!」

百合子「……そうなンだァ」(めンどくせェな…早く終わンねェかな…)

削板「百合子さん!!」ユリコノテヲワシヅカミガシィッ!!

百合子「ヒッ! 何だよゥ!?」

削板「子供の名前は軍子と百合覇どちらにしまガヴルゥッ!?」ドガッキラーン☆

百合子「早ェ早ェよ早すぎンだろ流石によォ!?しかも娘に決まってンのかァ!!」



木原「ほー、見込みあんじゃねえか」ソギイタミアゲナガラ

削付き添い「あれでですか!?」

木原「大抵の奴は沈黙に耐えきれねえか、ぶっ飛ばされて再起不能だからな。アレ銃で撃たれても平気なんだろ? アレしかいねえだろうが実際」

削付き添い「はぁ……」


百合子「ハァ…ハァ…ンだアイツ……反射突き破って手ェ握ってきやがったぞ化けもンか……」



    はるか上空

削板「うアチィィィイ!?ここは大気圏?成層圏?よくわかんねえ!!だがここは根性だろ!!根性で耐えて根性で百合子さんに再アタックだ!!うおおりゃあああああああああ!!」ドバーン!!


※その日、赤青黄色のカラフルな飛行機雲が観測され、夕方のニュースに取り上げられました。

      終
261 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 00:55:11.53 ID:jpiGXW.o
こういう最強の嫁いたよな……そう…子萌先生チックな……
やっぱ百合子は天使だな
262 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 00:57:41.45 ID:rh7yikQ0
>>222
やっぱり浜面を消すか、>>239みたいに浜が滝に会う前に
上が滝に会うのがいいんじゃね?

これはとっても見たい!期待!
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:03:57.62 ID:ZsHPD.o0
浜面は半蔵と駒場と仲良くさせとけばいいよ
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:15:47.33 ID:B4Br23Qo
というか浜面を絹旗とくっつけた上でやればいいんじゃね?
265 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 01:33:13.71 ID:r.2lx9o0
根性くんどうやって反射をやぶたっんだよwwww
266 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:35:41.51 ID:Wh9/lSA0
削板「こっ、根性はお好きですかぁっ!?」


クソふいたww削板ワールド開戦の狼煙だな
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:42:13.17 ID:PBkWqZgo
>>261

子萌「上条ちゃんー! 今日こそ子作りするのですー!」

上条「だぁああ不幸だー!」



ごめん無理だった
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:44:20.34 ID:u1OEP0Uo
今日は七夕だから織姫彦星ネタに期待
地味に学園都市の人工衛星もおりひめひこぼしだし
269 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 01:49:26.19 ID:DtCZftMo
220だがありがとう!
超俺得だった!言ってみるもんだ
緊張してる削板かっこかわいいな!!
270 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 03:24:22.30 ID:m.Ow9sDO
今日はフレ/ンダがフレンダになる日か
271 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:14:45.12 ID:.hVolb60



誰も居ない間に……


・この前の続きです。
・今回は地の文形式です。
・深く考えるだけ超無駄です。
・第五位が居て、第六位が青髪になってます。
・一方さんと垣根のキャラ崩壊が尋常じゃないです。いやマジで。
・一方、垣根、美琴が幼馴染設定です。一方と美琴の間にフラグあり。
・今回は垣根中心のお話です。合言葉は「俺に常識は通用しねぇ(キリ」
・グタグタでオチが無いです。
・あのスレの>>1です、ハイ。
・作者はホットケーキが大好きです。
・ホットケーキとかガキのおやつだろって思った奴屋上に来い。ホットケーキ講座開くから。


272 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:15:32.73 ID:.hVolb60


『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」




さてさて、削板がババ抜きのルールを必至に覚えていた頃。
麦野が垣根への嫌がらせでパフェを頼みまくってた頃。
オマケのゲコ太ストラップが欲しいばかりにそれに美琴がそれに便乗してた頃。
青髪が店内の女子店員を物色していた頃。
一方通行が垣根のコーラが入ったグラスにタバスコを投入してた頃。
それらを大人の目で心理掌握が紅茶を飲みながら見てた頃。


学園都市の第二位。垣根帝督は、


「ちくしょおおおおおおっ!!」


川辺を全力疾走していた。涙をドバドバ流しながら。
かなりのスピードであり、もしかするとオリンピック記録よりも早いかもしれない。
そんな彼が泣いているのには理由がある。


「なんで、なんで俺負けたんだよおおおおおおっ!?よりにもよってナンバーセブンに!」


ファミレスにて、垣根はカードゲーム(七並べ)で脅威の十七連敗をしたのだ。
いや、それだけならまだよかっただろう。カードゲームで負けるのは今に始まったことでは無い。
だがあの根性バカと名高い削板に負けたという事実、それが未元物質で構成された垣根のハートを見事にブレイクした。


「くっそおおおおおおっ!!」


垣根は走る。学園都市の道を走る。

想像して欲しい。
不良とホストを足して二で割ったような金髪の少年が、赤い私服に身を包んで号泣しながら全力疾走している。

273 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:16:16.61 ID:.hVolb60


それを遠目に見た一人の少女はこう言った。


「……なんですかあれ?超キモいです。浜面以上のキモさですね」


知らないところでレベル0の不良にさえ負けた垣根であった。


午後二時三十二分のことである。





さて、時間が立てば精神もそれなりに回復する訳で、


「おし、帰って来たぞー!」


「時間は?」


「十分ジャスト」


歩いて来る垣根を見ながら一方通行と美琴は会話をする。
そこに垣根を労わってやる気は一ミリも無く、そんな態度に先程まで泣いてた彼はため息を吐く。


「おいおい。主役たる俺が帰って来たのにお前らそんな態度かよ」


「いつオマエが主役になった。オマエが勝手に全員集合させたンだろうがァ」


一方通行がそう言って、周りもウンウン、と頷く。

垣根だけが首を捻って?を浮かべていた。



274 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:17:26.80 ID:.hVolb60




回想




朝六時。


「ふぁーあ……いい天気やわぁ……」


パン屋の二階に下宿している青髪ピアスの朝は意外と早い。
パン屋の朝自体が早いとも言えるが。
窓からさす太陽光を浴び、彼らしく無い清々しい朝を迎える。


「さてと」


そして朝の新鮮な空気を部屋に取りいれるべく、ガラス製の窓を開けた。












「よぉ青がm」

ピシャン!!!



閉めた全力で閉めた。
思わず能力で筋力を強化してしまったくらいに。


275 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:18:54.97 ID:.hVolb60


「いやいや、まてまて落ち着くんや青髪ピアス。これはあれや、孝明の罠や」


ブツブツと混乱を落ち着けるべく呟く青髪ピアス。
深呼吸を一つ。


「すぅー、はぁー……よし!」


そして再度窓に手をかけ、スライドさせた。





「オイ!なんでいきなり閉めt」

ピシャン!!



また閉めた。
目の前の現実に頭が痛くなり、青髪は頭を手で抑える。


「アカン。訳わからんわ……」


「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」


ガラッと、今度は向こうから開けたらしい。
窓を開けたのは背中に六枚の翼を生やした、金髪の少年。


再度言う。

只今朝の六時。で、青髪の部屋は二階。窓の下に地面は無い。


「……フンッ!」


「もへら!?」


取り合えず、窓から入ろうとした不審者を思いっきり殴り飛ばした青髪ピアスだった。
276 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:19:42.66 ID:.hVolb60



「んっ……」


心理掌握が住んでいるのは美琴とはまた違った常磐台の寮だ。
彼女はこの寮で良かったとよく言っている。もう一つの寮は化け物寮監がいるからだ。

寮の部屋で、彼女はフカフカベットから身を起こす。



「……」


「……」



身を起こすと、寝起きの眼に映ったのは金髪の少年。
彼は「よっ!」などと言って手をあげた。



この部屋に住んでいるのは心理掌握一人である。
ちなみに現在朝の七時。


つまり、


「すみません、警備員ですか。部屋に不審者が「まてまてまていや待ってくださいお願いします!」

277 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:20:16.99 ID:.hVolb60


不審者が土下座するので、しょうがなく許してやる。
ついでに言うと心理掌握の部屋は土足である。つまり地面に額を擦り付けている訳だが……
まぁそれは置いておいて、心理掌握はため息を吐きながら尋ねた。


「一応聞くわ、どうして、どうやってここに入ったの?」


「俺の未元物質に常識は通用しねぇ(キリッ」


心理掌握の能力によって把握した垣根の心の中。



『俺の未元物質に常識は通用しねぇ(キリッ』×756



「……」


心理掌握はこの時初めて、この能力意味ねぇーと思ったそうな。

ちなみに未元物質を使って鍵を開けたらしい。捕まれよ第二位。



278 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:21:16.16 ID:.hVolb60





パシャ!


「うん……?」


麦野は朝、変な音で意識を覚醒させた。
携帯の目覚ましアラームを確かにセットしてはいるが、こんな音では無かった筈だ。

もごもご動きながら麦野は目を開ける。




デジカメが見えた。


「……」


目をゴシゴシと擦り、改めて見る。
そこには翼の力でか壁に並行に浮かぶ垣根の姿が!
彼はデジカメをゴソゴソとポケットになおし、


「……(グッ」


なんか右手の親指を立てて突き出した。
そして口パクで言う。


「ぐ っ じ ょ ぶ」


「はっ!」

279 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:21:51.94 ID:.hVolb60


何がグッジョブなのかさっぱり分からないが、麦野は心の思うがままに光線を上に向かって発射。
その光線をかわす不審者垣根。


「おわっ!?あぶねーかめ◯め波撃つなよ」


「黙れ不審者」


垣根が避けたため天井をビームが貫き瓦礫が落ちてくる。
それらをてきとーに無視しながら二人は喋り続けた。


「アンタなんでここにいんの?ここ私の家なんだけど?」


「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」


「それ言ったらなんでも上手く収まるって思ってんじゃねぇぞ?」


ビキビキとこめかみをヒクつかせながら話す麦野に比べて、垣根はおっちゃらけてる感じ。
だが彼は意外と真面目だったり。



ちなみにこんな会話があっている最中も天井崩壊しています。



「いやー、お前の寝顔写真ってヤバくね?これネットで絶対十万は行く「死ね」



再度麦野から放たれた光線のせいで建物が全壊したのはある意味当然のことだった。




280 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:23:00.13 ID:.hVolb60






「よぉ、削板!」


「おっ?なんだ垣根?」


七時半。
路地裏を巡回(放浪)していた削板は突然声をかけられ、振り返る。
そこには垣根が立っていた。
彼は空を指差して叫ぶ。


「あっ!あそこにUFOが!」


「何!?」


今時子供でも引っかからないだろ、というくらいの嘘だが、このナンバーセブンは別だった。
垣根の指差した方、何もない青空を凝視する。
その瞬間、


「俺の未元物質(ダークマター)に常識は通用しねぇ!」


「がばもっ!?」


281 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:23:40.74 ID:.hVolb60


何かが削板の口にダイレクトに叩き込まれた。
それは黒い……


「た、卵焼き!?」


「よく分かったな、だが終わりだ」


実際はただの黒い異臭を放つ物体なのだが。
削板はもごもご口を動かしそれを飲み込む。飲み込んで、しまった。


「……ぐふっ」


パタン、とあの頑丈さなら一方通行に並ぶ削板が見事に倒れた。
原因は勿論、口に叩き込んだ卵焼きのせい。


「……やっぱり俺の卵焼き(ダークマター)に常識は通用しねぇ」


泡を拭いて地面に倒れている削板を見て、垣根は少し冷や汗を垂らしながらそう呟いた。
というより卵焼きでルビがダークマターというのはどういうことなのか問い詰めたい。全力で問い詰めたい。



282 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:24:29.06 ID:.hVolb60




朝八時。


「お姉様。いくら休日とはいえ、そろそろ起きた方が宜しいのでは?」


「うーん……」


ゆっさゆっさと同居人に揺さぶられ、美琴は意識を眠りから覚ます。
寝起きのぼやーとした頭を振り、頭に血を巡らせる。


「ふぁ〜あ、ねむ……」


まだちょっと眠いようで、もぞもぞと芋虫のようにゆっくりとパジャマを脱ぎ、常盤台指定の制服へと着替えてゆく。


「今日はどうされるんですの?」


「一時したら一方通行の家にでもいくー」


間延びした声で黒子の問いかけに答え、美琴は着替え終わる。
パジャマをぽぽい、と洗濯機に投下。すぐに可動させ洗う。
283 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:25:07.43 ID:.hVolb60
何故かと言うと前、




『お姉様の匂い……クンカクンカァッ!!」


『アンタなにやってんだゴラァァァァァァァッ!』




こんな風に変態行為される可能性があるからだ。
ゴウンゴウンと洗濯機が働く音を聞きながら、洗面所で顔を洗う。


「ふぅ……んっ?どうしたのよ黒子?」


冷たい水のお陰で意識を完璧に覚醒させた美琴は、鏡に映った黒子に問いかける。
黒子は怪訝な不機嫌そうな顔をしており、今にもため息を吐きそうだった。


「またあの第一位ですか……」


「またって何よまたって」


無自覚な美琴の言葉に、黒子はため息を吐いた。
ちなみに美琴は休日の殆どを一方通行などと過ごしている。
それがお姉様LOVEの黒子にとっては気にいらない。メチャクチャ気にいらない。


「うぅー……今日の風紀委員の仕事さえなければあの腐れラビットをぶっ飛ばせますのに……」


「ラビットって……」


黒子の暴言に苦笑しながら、美琴はてくてくと歩く。
目的はベットの隣に置いてあるバッグの中にあるくしだ。

284 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:26:51.85 ID:.hVolb60



だが、


「……?」


「どうされたんですの?」


ふと、美琴は立ち止まった。窓を凝視して。
その行動に黒子は首を傾げ、美琴の隣に立ち窓を見る。


「……なんですの、アレ?」


なんか、白い点が見えた。遠くて見えないが、人のように見えるのは気のせいだろうか?


「ち、近づいて来る?」


そしてその何かはどんどん此方に向かって接近し、




285 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:28:04.96 ID:.hVolb60



「みっ、ことぉおおおおおおおおっ!」


ドゴォオオオオオオオオオオオンッ!!!


「うわああああああっ!?」


「きゃあっ!?」


窓に直撃した。
というより、窓を中心とした壁にぶつかった。
窓が消し飛び、壁が崩壊する。
だが何故か部屋の中に残骸が撒き散らされることは無かった。
ただしかなりの風が吹き荒れたが。


「俺に常識は通用しねぇってなぁ!」


「いやアンタちょっとま、うわっ!?」


いきなり部屋に飛び込んできた幼馴染にツッコミを入れようとする美琴だが、彼はキメ台詞とともに無視。
美琴をガシッと腰に抱え、


「いくっぞぉおおおおおおおっ!」


「一体どこにいぃぃぃぃぃぃ!?」


「お姉様ーッ!?」


窓から飛び去った。さながらどこかの怪盗だ。
人さらいの現場を目撃した黒子は愛しのお姉様に呼びかけるが、もう声など届かない所までいってしまっている。


286 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:28:36.64 ID:.hVolb60


「あれは、垣根さんでしたか?いきなりお姉様を攫うなど何を考えて……」


理由を考えていた黒子だが、




「白井黒子……?これは一体どういうことだ?」


「いっ……!?り、りりりりょ、寮監様……!?」


背後の入り口に佇むスーツ姿の女性を見た瞬間、そんな思考は一発で消し飛んだ。









「……」


無言のまま、少年は目をさました。
彼の名前は一方通行。学園都市不動の第一位である。
普段、彼は朝が遅い。
が、昨日「ねぇねぇ人生ゲームしよってミサカはミサカは貴方にお願いしてみる!」とねだるのをかわすためそうそうにベットに入ったのが災いしたのか今日は普段に比べると早かった。


「……九時かァ」


ぱかっ、と傍に置いていた携帯電話を開き、時刻を確認する。
今日は休日。普段より長く寝るつもりだったのだが、どうも目が冴えている。
287 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:29:18.16 ID:.hVolb60


「……」


だが低血圧なためテンションが低い一方通行はゆっくりと立ち上がり、部屋のドアを開く。
彼は三日前から黄泉川という女性の家に居た。
理由は自分の寮の部屋が使い物にならなくなったからだ。どこかの不良が一方通行が居ないうちに部屋に爆弾でも投げ込んだらしい。
黒焦げで扉も無い家に住むのはさすがにちょっとマズイと言われ、無理矢理居候させられている。


「……いきなりタックルとかしてこねェよな、あのクソガキ」


可能性は低く無い。
警戒しながらも彼はリビングへと通じる扉を開けた。









「お邪魔してまーす」


「お、お邪魔してます……」


ズベシャアアアッ!!


一方通行はこけた。ベクトル操作できる筈なのに思いっきりこけた。
顔面をフローリングの床にしこたま打ち、ゆっくりと震えながら起き上がる。


「オ、オマエら……なンでここにいンだァァァァァァアアアッ!?」


「おっ、なんか懐かしいなそのセリフ」


一方通行の三年前にた絶叫にも慌てず騒がず、叫ばれた犯人たる垣根はもぐもぐと咀嚼する。
その手には白ご飯が盛られたお茶碗と茶色の箸が握られていた。

288 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:29:54.97 ID:.hVolb60


「って、オマエ飯食ってンのかよォ!なンで!?」


「バカッ、おま、朝食白ご飯は常識だろうが」


「意味わからンわァァァァァ!!後ついでに言うとオレは朝はパン派だァァァァァ!!」


先程のテンションの低さはどこへやら。
一方通行は全力でツッコミを入れる。


「美琴ォ!なンでここにいンだァ!?」


「いや、なんか部屋から攫われて……」


「オマエかよ!やっぱ原因オマエなのかよ!」


美琴が隣に座っている垣根を指差し、一方通行が絶叫。
だが垣根のペースは崩れない。


「あっ、すみません。たくあん追加お願いできます?」


「あいよー」


「ねェ、いい加減オマエ殺すよ?スクラップにするよ?そしてヨミカワ。オマエもたくあん出さなくていいから」
289 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:30:52.30 ID:.hVolb60


ぶち切れる寸前なのがようやく分かったのか、垣根は箸を置き、


「全く、一方通行は我慢が無いから困る……」


「オマエここで殺すわ」


「どうどうどう!落ち着いて!」


リビングにあるガラステーブルを片手で持ち上げる一方通行。
それを垣根に向かって振り下ろすのを止める美琴。


「あれー?何これってミサカはミサカはカオスな状況の説明をお願いしてみる」


「一方通行の我慢が足りないって話しよ」


「オイコラそこのニート。オマエ後で覚えとけよ?」


リビングに入ってきた打ち止めにソファーに座った状態で言う芳川。
それを聞いてハァ、とため息を吐き一方通行はガラステーブルを下ろした。
290 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:31:29.07 ID:.hVolb60


「取り合えず帰れよオマエ。今すぐ一瞬で」


「い や だ」


「なンでオマエ人の神経逆撫でるの?バカなの?死ぬの?死ねよ」


「いや、だって。ここオマエん家じゃねぇし、オマエのこと聞く必要ねぇし。つまり俺に常識は通用しねぇ」


「ワリィ、何が言いたいのかサッパリ分からねェわ。もう本当マジで帰れオマエ」


キリッ、となんか変な効果音がついた顔でそう言う垣根を見て、一方通行は深い深いため息を吐いた。









「えっ?なんか問題あったか?」


「ありまくりだァァァァァァアアア!!」


ダァァンッ!!とファミレスのテーブルに一方通行の手が叩きつけられる。
それにより机の上にある色んな物が震えるのだが皆無視。
只今の回想を全部ちゃんと把握した上での問題無い発言。気が短い一方通行で無くても普通は怒る。


291 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:32:17.78 ID:.hVolb60

垣根を除く六人は語ってゆく。


「ほんま、あれは止めて。ドッキリとかゆーレベルや無かったから。女の子やったら大歓迎やけど」


「全く……女子の部屋に不法侵入なんで貴方何考えてるの?……いや、やっぱりいいわ。もう分かったから」


「また建物壊しちゃったよ……あー、また面倒なことに……」


「卵焼きごときにやられるとは……不覚!根性が足りねぇ!」


「黒子大丈夫かなぁ……携帯繋がらないし、帰りたく無い……」


「オマエのせいでクソガキに『貴方って我慢が足りないの?ってミサカはミサカは問いかけてみる!』とかウゼェくらい言われたンだけどォ?」


六人の言葉を聞いて、首を傾げる垣根。
それを見て全員はため息を吐く。

292 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:32:52.43 ID:.hVolb60
皆それぞれ言いたいことはあるが、一方通行が代表して言った。


「オマエ、常識って知ってかァ?」



そんなセリフに垣根はフッと笑い、


「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」




ブチッ!!!×六




いい加減聞き飽きたセリフに、六人全員何が切れた。









「えっ?ちょ、お前ら待って!?悪かった、俺が悪かったからプラズマとかマジ勘弁sぎゃあああああああああああああっ!!?」






その日、学園都市のどこかでプラズマやらビームやらが発生したそうだが、真偽のほどは定かでは無い。



293 :『レベル5達の休日』垣根「俺に常識は通用しねぇ(キリッ」 [saga ]:2010/07/07(水) 14:33:25.85 ID:.hVolb60



垣根君編、お終いです。

批判意見も有難いです。参考にさせて貰ってます。
……参考にさせて貰ってこれってスゴくヤバイかも……修行してきます。


PS

Qどうしてこんな時間に投稿出来たの?
A俺に常識は通用しねぇ(キリッ

294 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 14:36:06.41 ID:.72cC7co

なんでこんなにすぐにレスできるかって?もちろん俺n(ry
295 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/07(水) 14:37:56.18 ID:hRkWJn6o

何でこんな時間にレスできるかだって?俺n(ry
296 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 14:41:31.27 ID:IrVEmu2o

常識人な俺はしっかりと会社に勤めて
会社のPCから閲覧、書き込みを行っています。
297 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 14:46:10.95 ID:ZsHPD.o0

なんで(ry
298 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 14:47:31.36 ID:u1OEP0Uo

半ドンって知ってるか?(キリッ
299 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 15:25:38.93 ID:HNHqVUoo

何これマジお妙さん並の暗黒物質(ダークマター)


ちょっと前のだが削板のお見合い話おもしろかったぜ!
300 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 16:48:07.89 ID:E1lawkSO

やっぱりあんたの書くレベル5達は最高だ
301 :無能力者は終末への夢を見るか? :2010/07/07(水) 19:45:54.64 ID:HNHqVUoo
何レスかお借りします。

総合スレ6(ttp://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1276/12761/1276186522.html
の、>>283-300,370-376の続きです。

足がもげたりとある能力者が死んでいたりなど、グロ表現や死ネタ等注意です。
302 :無能力者は終末への夢を見るか? [saga sage]:2010/07/07(水) 19:47:20.47 ID:HNHqVUoo
「……じゃ、俺言ってくるわ」

「……えっと、垣根さん? で、でも能力者なら狙われるんじゃ…?危ないですよ?」

垣根を心配そうに見つめる学生は、原谷矢文といったか。

だが、垣根は、
「俺が囮になってやるっつってんの。そうすれば多少能力がある奴でも安心していけるだろ?」

と言って止めるより早く地下街から出てしまった。

「あ、ちょっと待ってよ!」

と制止を求める声が聞こえたが無視した。



地下街から出た垣根は、雨が降りしきる、廃墟の灰色の街中を走っていた。

(さて、どうする?)

大方あの監視の巡回ルートに見つかったのだろう、と推測をたてる。が、

「えぇいめんどくさい!」

どうせ囮になるなら早かろうと遅かろうと同じだ、と決心し、能力を発動をさせる。
むしろ、さっさとそのオブジェクトもどきの『監視』をたたきつぶせば、こそこそやる必要も一時的になくなる。

バサリ、と背中から神話に出てきそうな神々しい物が生える。
相変わらず派手派手しい、童話に出てきそうな輝く六枚の翼。
それをいきなり全開の大きさにし、思い切り地面にたたきつける。
彼を中心に地割れが起き、その反動で垣根の身体が空へ飛ぶ。

「これもあれも全部あのヤローのせいにしてやる!あの世で覚悟してろ、第一位!」

再び空気を叩きつけ、一気に加速する。

目的は単純明快。


「さっさとぶっ壊してやる!俺らの邪魔する奴らも、理不尽なこの世界も、全部だ!」


理不尽な理由によって破壊された雨降る学園都市を、一人の少年が飛んだ。
303 :無能力者は終末への夢を見るか? [sage saga]:2010/07/07(水) 19:48:31.80 ID:HNHqVUoo
所変わって避難用地下街

「……ちなみに、容体は一体どうなんだい?」

いつの間にか、カエル顔の医者が浜面の後ろにいた。

「……あ、今佐天さんが止血してるはずなんだけど……、と、とにかく足がもげてて!」

人の生死にかかわる仕事を一時期とはいえしてたが、それでもあれは度を越してたのか。
言葉にならない状況を、両腕を使って度合いを表そうと、肉体言語≪ボディランゲージ≫を用いる浜面。

「足がもげている……? ふむ、それは危ないかもしれないね?失血死する前にいこうか。」

「あ、はい!お願いします!」

大きな黒い鞄を抱え、垣根が囮になってる間にさっさと応急処置と搬送をすませる為に。

(アイテムのあいつらみたいには、もう死なせねぇ!)





学園都市を闊歩する、監視――もとい、能力者処刑用兵器。
かなり大きいそのオブジェクトのような威圧感を与えるそれの、スピーカーからいらだちに満ちた声が吐き出される。

『あーもうダメ、全然ダメ、くそっ、能力者≪バケモノ≫め……どこいってんだよぉ!? 急に反応消えやがって!』

パイロットの、金髪の女性はレーダーを確認して、何もない事を表示するにイラだっていた。
マイクやAIMを観測するレーダーはあるものの、高性能なカメラはついていない。
理由は単純。能力者(子供)を処刑するのに自ら志願するような彼らは、気まぐれ一つで無関係な子供(そう、例えば無能力者など)も殺してしまうからだ。

『あー死ね!足音一つ響かせてみろ!もう全部踏みつぶしてやる!』

そんな「理不尽」の象徴ともいうべきその駆動鎧のような兵器へ。

正体不明の攻撃が襲った。

『ぐっ、ぎぃいいいいいい!?』

パイロットの身体中へ、謎の攻撃が「浸透」した。
後頭部を思い切り殴られたと思ったら、腹の中から焼き焦がされたような。
そんな不思議な痛みが全身の皮膚から、内臓から、襲う。

機内へ、攻撃をしかけた人間のものであろう声が響く。


「意外と、通用するものだな?」
304 :無能力者は終末への夢を見るか? [saga sage]:2010/07/07(水) 19:49:35.02 ID:HNHqVUoo
『ぐ……ってめぇは誰だ!』

レーダーを覗くが、そこにはAIMの反応はない。
ぎゅるり、と駆動鎧のような兵器が戦闘態勢をとる。

「確認、か?無駄だろう。俺は能力者じゃないからな。」

男。そういえば、先程学園都市付近の施設が一つ潰されたと情報が入った。

『……もう一度聞く、てめぇは誰だあ!?』

先程の攻撃でこみ上げた吐き気を押しこんで、パイロットは聞き返す。

「――俺は、ただの根性無しだ。」

『はっ?………何を――』

ぐぎゅるりぃい!と金属を無理やり噛み合せたような、生理的に嫌な音が響く。
そのオブジェクトにも駆動鎧にも似た、『恐怖の代名詞』とも呼ぶべき兵器の左腕が。

ズドン!と音を立てて根元から落ちていた。

『な、何をした!てめぇええええ!』

操縦桿を握り、やみくもに片腕を振り回させる。

が、どこから来たのかも分からない攻撃に対して行ったそれは当たるはずもなく。

「滑稽だな。恐怖の代名詞、が恐怖に支配されているのは」

今度は残っていた片腕が、同じように落ちた。

『うわあああああ!な、何だお前は!何が目的だあああああああああ!?』

「単に、原石を保護しに来ただけだ。」

その言葉を最後に、パイロットは全身に謎の攻撃を受けて気絶した。
305 :無能力者は終末への夢を見るか? [saga sage]:2010/07/07(水) 19:50:37.04 ID:HNHqVUoo

―――

旧三沢塾の隠し部屋。

原石・姫神秋沙を監禁し、新興宗教のような事をしでかした三沢塾。
とある錬金術師がそれを乗っ取っり、そのもの結界としたビル。
そのビルは、未だにとある少女の為のAIM拡散力場を抑え込む結界の役割を果たしていた。

その隠し部屋で、佐天が削板に止血の応急処置を施していた。

「……うっ、」

「あ、起きました?」

「……、嬢ちゃんは一体?」

「動かないで下さい!……足、ないんですから。」

無理やり身体を起こそうとする削板の体制を、元に戻そうとする佐天。

「……足、やっぱり、なくなっちまったか。」


視線を、痛みの原因でもある自らの足へ動かす。

膝から下の肉が、無理やり削ぎ落されたような状態。
そこには白い骨があった。が、地を踏みしめるべき部分は骨ごとなくなっていた。
原谷にバカと言われる程の削板と、中学一年生の佐天にはわからなかったが、傷口からは透明な体液がにじみ出ている。

「……嬢ちゃんがここまで引っ張ってきたのか?」

「あ、いえ、そうじゃないですけど……。浜面さんが助けを呼んでいるんで、もう少し待ってて下さいね?」

「いや、いいんだ……、というか、俺と一緒にいたら嬢ちゃんまで巻き込まれちまう。」

「そこは大丈夫ですけど……、」

「えっ?」

佐天は説明した。今までの経緯や、ビルの特性の推測などを。
306 :無能力者は終末への夢を見るか? [saga sage]:2010/07/07(水) 19:51:42.88 ID:HNHqVUoo
―――
雨の降り続く学園都市。
大雨だった。が、先程と比べて勢いが弱まってきてもいる。

避難用の地下街の出入り口から少し離れた場所に、それはあった。
トタンの屋根に、そこら辺の木材を柱にした、貧困国に見られそうな小さな小屋。
それが廃墟の学園都市に、ポツポツと寄りそうように点在していた。

その光景はまるで、大災害にあった被災者が、互いに寄り添うように生活してる場所にも見える。

その小屋の一つ。

少年と少女が雨が降る空を見上げながら、会話していた。

「結局、どうしたい訳よ?」

「………どうするも、こうするもねぇだろ。……俺は、その資格がないんだ。」

少女の質問に、うつむいて息を吐く少年。

「……本当に?」

「……それ以外に、答えがある訳ないだろ。」

「……あんたって本当に変わった。やっぱり、あの子がさらわれたから?」

「…………」

その沈黙を肯定として受け取った少女は、さらに追及する。

「あんたがどうなろうと私たちには関係ないけど、あんたがそうやって拗ねてるせいで今も人が死んでるかもしれない訳よ?」

「そりゃ、分かってるけど……」
307 :無能力者は終末への夢を見るか? [saga sage]:2010/07/07(水) 19:53:01.96 ID:HNHqVUoo

「……分かってるなら、昔のあんたならどうした? ただ殴り飛ばしに行ったんでしょ?」

「………、」

「他人の都合も考えず!自分が嫌だから! あの能力者から聞いたけど、あんたってけっこう自分勝手な訳よ。」

「……」

「……そんなあんたが、こうやってズーンってなってられると、こっちまで気が滅入る訳!」

そう言って一呼吸おいて、彼女は少年に振り向いた。

「………あんたならできるでしょ?こんな理不尽な世界を殴って正せるだけの力があるんだから。」

「……俺は、何もできねぇよ。」

相変わらず、こちらと眼を合わせない少年に、その少女はイラついた。怒りを露わにする為に、ぷくーっと頬を膨らます。

「そんな事言ってるから、結局何もできないまま、何も変われないままなんでしょ!」


その少女は金髪で、青い瞳をしていた。

その少年はツンツン頭の黒髪で、右手をずっと握りしめていた。


「――大丈夫、あんたなら出来る訳よ! ………上条当麻!」



幻想殺しの少年と、何も出来なかった無能力者の少年と少女、そして何もしなかった事を後悔する第二位が交差するとき、物語は始まる――!
308 :無能力者は終末への夢を見るか? [sage]:2010/07/07(水) 19:55:28.49 ID:HNHqVUoo
区切りのよさそうなとこまで投下させてもらいました。
あんまりグロいのダメ、という意見がこの前あったのでやっぱりスレ建てた方がいいのかな、とも思ってみたり。
とりあえず投下分は終了です。
309 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 19:57:16.79 ID:aBxM886o
GJ!
グロいというよりすごい長編な予感がするけど、そうでもないのかな
310 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 20:08:51.71 ID:FelnT6AO
待ってたあああああああああああ!!!
311 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 20:16:18.60 ID:E1lawkSO
>>308

キャラの使い方って言うか動かし方がすごく上手いな、って感じた。
312 :禁書昔話・織姫と彦星 [saga sage]:2010/07/07(水) 20:47:09.65 ID:IrVEmu2o
むかしむかし
天の神様である天帝(神裂)には織姫(五和)という美しい娘がいました。

ある時、織姫は彦星(上条)という牛飼いの青年に出会い、恋に落ちました。
天帝は二人の仲を認め、めでたく結婚の運びになりました。

しかし二人は幸せのあまり仕事を怠け、織姫は機を織らなくなり、彦星は牛の世話をしなくなりました。
怒った天帝は天の川を隔てて二人を引き離し、年に一度だけ合うことを許しました。

7月3日

五和「彦星さんは元気かな………」

上条「メシできたぞ〜」
イン「遅いんだよ!」


7月4日

五和「7日は晴れるといいな……」

上条「あーもう、いい加減にしろって!」
美琴「うるさい! 勝負しなさい!」ビリビリ


7月5日

五和「早く会いたいな……」

上条「インデックスの奴がさぁ〜」
姫神「あなたはいつも。相変わらず」


7月6日

五和「待ち遠しいな……」

上条「もう勘弁してぇ……
子萌「この問題ができるまでは帰らせないのですよ〜」


7月7日

五和「『凡人崩し』!!!!」ズギャギャギャ
上条「ひでぶ!!」



めでたしめでたし。
313 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 20:52:02.47 ID:lHxHuzUo
>>312
乙!
やっぱり上条さんはどこまでいっても上条さん

てか思ったより七夕もの少ないな
深夜に投下ラッシュが来るのか?
314 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 20:52:26.42 ID:.GMtlswo
上条さんが全然めでたくない件について
315 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 20:54:15.92 ID:jpiGXW.o
嫁がいたのに他の女の子といちゃついていた上条さんの頭がめでたかったんじゃね?
316 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 21:09:50.13 ID:s5TT9Uso
美琴「あれがデネブ、アルタイル、そしてベガ。有名な」

上条「そんな甘い幻想をぶち壊す!」

美琴「夏の大三角が・・・消滅・・・だと・・・」

ごめん、なんでもなかった。
317 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 21:14:55.77 ID:Qw14tUw0
上条さんパネエじゃすまねーぞ
318 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 21:41:34.90 ID:dZf.l7EP
ミーシャにも勝てそうだな
319 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 21:42:43.97 ID:E1lawkSO
イギリス清教の男子寮ってあったけ?
320 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/07(水) 21:50:04.84 ID:E1lawkSO
もちろん必要悪の教会で
321 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 22:03:28.72 ID:mo61WUAo
あるんじゃねーか?明確に作中で言及されてた覚えはないが
322 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/07(水) 22:59:57.35 ID:hRkWJn6o
アウレオルスガかっこいいSSを書こうとしていたらまったく別のSSを書いていた件について
323 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/07(水) 23:29:14.79 ID:7bV7CA.0
>>316
現実殺し思い出した
324 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/07(水) 23:29:33.72 ID:oRg8/cko
おっし、17レスほど貰おうかー

前回
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/864
325 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 1/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:31:11.92 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


スレッドは荒れていた。
『一位の子に上条が落とされるかもしれない』

不安、焦り。今日も一位へと繋がる攻略法は全く解明されず。その間もある女の子は上条と仲良く食事している。
苛立ちはやがて暴走に発展していく。


『自分たちも一位に辿り着けば上条を落とせるかもしれない』

どうすれば?

『製作者から直接、聞き出そう』

326 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 2/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:33:50.80 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


(平穏だ……)

教室の窓から見える空は快晴、そよぐ風がツンツン頭の髪をやや揺らす昼休み。
ごく普通の、見た目だけはごく普通の男子高校生は、ぼんやりとそんなことを頭の中で呟いていた。

彼は、上条当麻は、不幸な少年である。

街を歩けば財布を忘れ、足元に注意していてもすっ転ぶ。スプリンクラーの誤作動を一人浴びてずぶ濡れになったり、便をずらして
飛行機に乗ればハイジャックにも遭遇できる。

ギャグのように降りかかるものから、その際限を知らず世界情勢に亀裂を起こすほどの問題に週単位で巻き込まれたりする。
そんなレベルの不幸だ。

「…………。美味しくなかった?」

一つ前の席を借りて向かい合うように座っているクラスメート、姫神秋沙が困った風に言った。

「――あ、ちがうちがう!」

はっとして上条は軽く手を突き出しぶんぶんと振って否定する。

先週からだろうか、上条は自身の運気が上昇し始めたような気がしていた。と言っても不幸プラスプラスが不幸プラスになった程度で
あるのだが、それがいつもの事とあまりにも馬鹿げたところに慣れてしまっているために、それだけでも彼は平穏だと思えてしまうの
だった。

こうして二人で一緒に昼食をとるようになって三日目。今日も姫神は上条にその料理の腕前を披露してくれている。
327 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 3/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:35:12.03 ID:oRg8/cko

「?」

姫神の長い黒髪がほんの少し傾き、じゃあどうして? と疑問を尋ねる目線を送った。

「ええっと、ちょっと幸せだと思ってさ」

そう答えた彼の、ちょっと困ったような笑顔に、ガダンッ!! と彼女は椅子からずり落ちそうになった。

「――――――。ゎ。私………………も…………」

「ど、どうした、姫神? いや昼はいっつも醜い争いに貧相な食事ばっかだからさ、こんな平和的な時間を過ごしてることが……
 ……ん?」

上条はこちらを見ている視線に気付く。

不穏なオーラを発している吹寄制理がこちらを見ていた。吹寄は目が合うとキッ! と睨みつけ、そして『ふんっ!』っと息巻いて
自分の机の上に目を向けた。

(なんか変なこと言ったっけ……。それともまだ怒ってんのか……?)

「…………明日も。作るから」

「あ! いいのか? 俺ばっか味見しちゃってるけど……」

姫神は居住まいを正して、珍しく照れた様子でコクリと頷く。その仕草がまた可愛い。

328 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 4/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:36:51.52 ID:oRg8/cko


(上条さんの生きてきた中でこんなにも平穏な日々があったでしょうか! いや無い!! 記憶喪失で半年そこそこの人生だけど多分
 今までにもなかったであろう!!)

いつも通りのちょっとした不幸は起きていた、無駄な労力を払わされたりもしている。

だが、姫神はお弁当のおかずを恵んでくれ。御坂は何故だか大人しく、会うたびジュースを渡してくるし。御坂妹は待ち構えていたかの
ように買い物を手伝ってきて。面識の薄い女子のクラスメートまでも上条が苦労しているとよく助けてくれ始めた。

(インデックスは相変わらずだが、運気は絶対に上がっている!)

少年はとことん鈍かった。

(わかんないのは吹寄だよな…………、こないだからずーっとあんな感じだし。そういや今朝の小萌先生もなんかおかしかったっけ……)

こないだ、というのはちょうど一週間前の話である。

329 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 5/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:38:01.44 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


「上条当麻!! 貴様という奴はァあああああ!!」

その日も遅刻ギリギリで教室に入ってきた上条に、吹寄は猛牛のような勢いの頭突きを胸部目がけて炸裂させまた廊下へと突き飛ばした。
ここまで全力で走ってきて、さらに止めまで喰らった上条はもう立ち上がる気力を失くし、そのまま倒れた状態で怒鳴りつける吹寄と話す。

「俺が何をしたって言うんだ、吹寄……」

経験上、これを受け入れ、どこか諦めた声で上条は一応尋ねた。ピクピクと震え、さすがに涙目であったが。

「あんなもので金稼ぎをして!! 恥ずかしいとは思わないの!?」

吹寄がずんずんと近づいてきてそんなことを言った。はて? あんなもの……? と一瞬考えたが思い当たるものがあって、

「違う!! あれは土御門が――」
330 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 6/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:39:20.09 ID:oRg8/cko

「何が違うこの馬鹿!!」

それは土御門が発案者であることは間違い無いのだが、仕事をしたのは上条で、既に報酬も貰ってしまった。

「ぎゃァああ!? 踏まっ、踏まないで吹寄さん!! 誤解なんですホントに売れるとか思ってなかったんです上条さんの『声』なんかを
 買う人がいるなんて微塵も思ってなかったんですッ!!」

それを聞いて勝手に納得でもしたのか、彼女は攻撃を一時中断する。

「……あー、そうよね。貴様はそういうやつだったわね、ったく」

「うう……? ふ、吹寄……!? 足どかせっ!」

「何よ? まだ終わっちゃ……?」

踏んづけて見下ろす、つまり股下にいる上条が目線をどっかに向けている。その意味に、その位置関係に吹寄が気付いた時、上条の
意識はしばしの間途絶える事になった。

331 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 7/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:40:25.32 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


回想終わり。

(……まぁ、堅物な吹寄からしてみりゃあんましいい事やってるようにはやっぱ見えないんだろな。そういや昨日も一万振り込まれて
 たし、一体誰が買ってるんだ?)


「あの子は。元気?」

姫神は話題を探してそんなことを訊いた。まだ緊張気味で、よく見たならその顔にほんの少し紅をさしているのがわかる。

「インデックスか? あいつは昨日から小萌先生のウチに泊まりにいってるよ。そういや今日も小萌先生となんか話さなきゃいけない
 ことがあるとかで明日まで帰ってこれないとか言ってたな」

「……じゃあ。上条君は今日は一人なの?」

「うん」

そう、少年はどこまでも鈍かった。

332 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 8/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:42:56.72 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


ムカつくことがある。三バカのうちの二人が作った怪しいゲーム機のことだ。
ふざけた中身、ふざけた値段。買うやつもバカだと思う、……そんなバカがこんなに多かったとは。

(あいつの何がそんなにいいわけ……? 良識を疑うわ……)

姫神さんには悪いけど、不真面目で、皆の邪魔ばかりして、それに人の下着どころか裸まで……、いいとこなんて一つも無いあんな
男のどこが!

ムカつくことはまだある。買った連中のことだ。

「…………」

今日もあいつを覗き見るように集まってる女子達に目を向ける。
彼女達は、月曜日からお昼を一緒過ごし始めた姫神さんに対して、よく聞き取れないがネガティブな言葉を吐いている。だがそんな
ことよりも、

(この一週間で皆の顔色、肌のつやが良くなってきてる…………)

もし原因があのゲームだとしたら? 人一倍の健康意識を持っている吹寄にはそれがとても気になるのだ。

ガダンッ!! と音がして、思わずそちらを振り返ると、姫神さんが慌ててるのが見えた。それからあいつがこっちに気付いて間抜けな
顔をした。ムカつく。

(絶対に買わない……!)

実際に効果があったとしても、あんなもの絶対に買わない! いや、そんな効果なんて元から無い!! あってたまるか!!
家に置いてあるコレクションを全部賭けてやってもいいわ!! 絶対に無い!!

333 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 9/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:44:53.67 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


「なぁ、姫神。今さらだけどホントにいいのか? 今までのお礼ってのはわかったし嬉しいけどさ、別に今日じゃなくてもいいんだぞ?  それにほら、またインデックスがいる日でも……」

「…………。でも。今日じゃないとダメなの。今日を逃したら多分。次はずっと先になるから」

「……? そうなのか?」

「うん。そうなの」

橙色に染まる夕暮れの中、スーパーの買い物袋を両手に提げ、上条は隣を歩く姫神秋沙に聞いた。二人は上条当麻の住む学生寮へと向
かっている。何の話かというと、これから彼女は今晩の上条家の夕食を作りにいくのだ。

ところで、昼休みからの紆余曲折、暴走し始めるクラスメート達を蹴散らし奔走し、吹寄にまで承諾を得る涙ぐましい姫神の物語は
都合上、端折らせていただく。

(よくわかんねぇけど、姫神にも姫神の事情があるんだろうな。……にしても)

さっきから彼女は立ち位置が安定していない。上条にくっ付きそうになったり離れたりと主に横のベクトルでだ。具合でも悪いのかと
ちょっと心配になる。それに気のせいかもしれないがどこか息も荒いような……。

(そういや聞いてなかったけど姫神も一緒にメシ食べてくのかな……)

どうなんだろうかと聞いておこうと思ったその時。歩く二人の前に、道の茂みから二人の少女が現れた。正確にはそのうちの片方は
少女と言うと語弊があるのだが。
334 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 10/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:46:42.90 ID:oRg8/cko

「インデックス? 小萌先生?」

「…………………………。どうして」

「とうま、何か言う事あるんじゃないのかな」

突然現れた上条家の居候シスターは、言葉に怒気を込めてこれまた唐突に尋ねてきた。その後ろにいる小萌先生は彼女の行動に
困り顔でおろおろしてらっしゃる。

「危うく騙されるところだったんだよ、急に焼肉なんて。それに……」

「えーっと、さっぱり何の話かわからないのですが……? それにお前、今日まで小萌先生のとこに泊まってくんじゃなかったのか?」

インデックスは姫神を一睨み。それに合わせて姫神はぷいっとあらぬ方向を向いた。

「…………姦淫は罪なんだよ、とうま。それに! やってることは売春夫と一緒なんだからね」

「かんいん??? ば、ばいしゅん?? 何だそりゃ。あっ、そういや今日のメシは姫神が作ってくれるんだぞ」

「…………これを見てもまだしらを切る!?」

「し、シスターちゃん!! なんで持って来てるんですか!?」

335 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 11/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:48:22.07 ID:oRg8/cko

インデックスは袖から一台のゲーム機、小萌先生の家からこっそりと持ち出してきた幻想少年を取り出し上条に見せつけた。
ちなみにこの幻想少年は、土御門が小萌先生に目を瞑っていただくための賄賂として、タダで渡したものだったりする。

「あいさも買ったんだよね?」

「……………………。」

姫神はそっぽを向き、黙ったままの知らん振り。ただ素早く状況を理解していた。一方、全く理解出来てない上条は……、

「なんだそれ? 弁当箱か?」


上条の返答に、ぷつんっ! とインデックスの中で何かが切れた音がした。

すーっと手を挙げると、少女は箱型ゲーム機を上条に向けて投げつけ、小萌先生はそれを見て小さな悲鳴を上げ、急いで路上に落ちた
それを拾い上げた、殺意を全開にむき出す。

上条は後退りを始める。なんで怒っているのか、今投げつけられたものは何なのか、そんなことはどうだっていい。
彼の直感と肉体が告げている。ともかく逃げろよと。

両手に持っていた買い物袋が落ち、それが火蓋が切って。
少年達の叫び声が街へと響く。

「とうまの…………バカァァあああああああああああああああああああああああッ!!」

336 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 12/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:50:37.63 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


「……………………姫神と小萌先生がいなかったら死んでたな」


今、上条は学生寮の近くにある公園のベンチに座っている。

命からがら、それと二人の手助けで牙地獄から逃げおおせることは出来たものの、ダメージは深刻だ。全身に噛み付かれ傷痕だらけ、
走り続けた足は重く。日も沈みかけ、腹も減った。何もなければ今頃……、家に戻りたいがおそらく無理だろう、これからどうするか。

「よくわかんねぇけど、小萌先生の話だと土御門が悪い!! 悪いらしい!! 電話にもでねぇしあんの野郎――」

「いた。ねぇ、さっき一緒に歩いてた長い髪の子が噂の一位?」

見つけ出してぶん殴って、そう言いかけた言葉は、背後からのよく知った女子中学生の声と、頬の傍を通過した一筋の閃光がかき消した。

嫌な予感が止まらない。そーっと振り向くとそいつは、近づいただけで感電死するのではないかという程の雷を周囲に撒き、一歩、また
一歩とゆっくりとした歩調でこちらへと寄ってくる。


(……神様、上条さんの冒険はここまでですか? あぁ、最近は大人しかったのになぁー……ってあれ?)

337 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 13/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:52:44.88 ID:oRg8/cko


「お姉様、あくまでも保護が最優先です、とミサカは目的の再度確認を――」

「わかってるわよっ!! 今度は逃がさないって……。行くとこないんでしょ? 来なさい」

その後ろに御坂妹が隠れていた。どうやらこっちの事情を知ってる様子なのだが……。

「そ、そんなこと言って上条さんをどうするつもりであらせまするか!?」

「ど、どうもしないわよ!! いいから来なさい!」

「い、いやだ!! なんでそんなハァハァしてるんだ!?」

「お姉様、涎が――」

またしても魂が逃げろと命ずる。危ない、御坂美琴の顔が危ない。捕まれば一体どうなってしまうのか。しかし、駆け出そうにも
今の傷ついた上条の体力では、とても逃げ切れそうに無いのだ。

どうする? 右手を握り締め覚悟を決めようとした時、上条の身体は宙を舞っていた。

「おぁわあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ〜〜〜…………………………!?」

「なっ!? 逃がすかあぁ!!」

上条の絶叫。そして先程とは比較にならない閃光が走り、ドォン!! という音が同時に後方から聞こえて、木が三本ほど吹っ飛んだ。
彼が自分は宙を舞ったのではなく、誰かに抱えられその木の上を跳んでいるのだとわかったのは、もう公園の外へ出た後だった。

338 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 14/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:54:16.24 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


上条はあるビルの屋上で降ろされた。途中で気付いてはいたが、改めて自分を助けた人物を見て上条は驚く。

「神裂!? なんでお前がここに!?」

「…………当麻。……火織と、呼んでください」

二メートルを越す日本刀を、その豊満な胸で抱きしめ、際どく太腿の付け根まで露になった片足で挟みながら、顔を赤らめて俯き気味に
そんなことを言う神裂はエロさがいつもの三割り増しになっている。エロい。だが上条はそれ以上に違和感を覚える。

(…………神裂ってこんなキャラだったっけ? それに下の名前で呼べって……)

またもや彼の何かが囁く。選択肢を誤るなと。

「………………か、火織? ありがとう助かった」

「………………………………はい」

恐る恐るそう言うと、神裂はまた一段と頬を赤らめた。なんだか可愛らしいと上条はそんな風に思った。とりあえず、どこかおかしいが
神裂は敵ではないようだ。少し安心してその場に座り込もうとする。

だが、残念ながら落ち着く暇は彼には無かった。

339 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 15/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:55:34.93 ID:oRg8/cko


「当麻さん!!」

ズンッ! と空から降ってきた何かが沈む様な衝撃とともに、また背後から声をかけられる。今度も聞き覚えのある声だった。振り向く
と、槍を携えた少女の姿が。

「五和……! なんでお前までここうのぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお!?」

「女教皇様!? 逃がしません!!」

言い切る間も無く、神裂がまた上条を抱きかかえビルの上を跳躍していく。
途中、一段低いビルに飛び降りる時、眼下に数十人のシスターの集団が駆けてくのが見えた。

不幸な少年の長い夜は、まだ終わらない。

340 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 16/17 [saga]:2010/07/07(水) 23:57:26.65 ID:oRg8/cko


―――――――――――――――


「アビニョンの時よりも!! ハードだぜい……ッ!!」

土御門は追われていた。学校を出てからずっとである。
誰に? わからない、突然に様々な人たちにともかく襲われたからだ。だから、追われている理由すらもまだわからなかった。

(まぁ、思い当たることなんてそこそこの数あるけどにゃー……)

現在、ビルとビルの隙間、その物陰にどうにか隠れている。そこから周囲を偵察すると偶然にもすぐ前の通りに指示を出していると
思われる人物を発見できた。

(建宮斎字……! 変な武器持ってところ構わず襲い掛かってきたのは天草式か!!)

学園都市の日常にとけ込み、姿は隠してはいるが殺気は隠しきれていない。「五和を、五和を取り戻すのよ……」よくわからないことを
周りいるメンバーと思われる者たちと呟き合ってる。しばらく監視していると数人のシスターが建宮に寄ってきた。

(どうなってる!? ランベスにいるはずの元アニェーゼ部隊!! 警備の連中は何やって――)

「いた!?」「こっちにはいないよ!!」「いい? 必ずあのグラサン猫男を見つけ出すのよ!!」

後方から駆けていく音と声。常盤台の制服に、同級生。あれは柵川中学だろうか、白衣を着たものまで。全員が土御門を探しているのだ。
彼女達も皆ごく普通の一般人だったなら土御門はこれほど苦労して逃げ回る必要は無かっただろう。

(ここも危険か。カミやんにも連絡取らないとな……。…………ッ!?)

「お姉様、目標を発見しました、とミサカはここに我々の勝利を確信します」

「土御門ね、余計なことせず大人しくついて来てもらえれば命の保証はするわ……って逃げんなァァああああ!!」

341 :土御門「幻想少年!!!!!!!」 17/17 [saga]:2010/07/08(木) 00:01:16.90 ID:JPVQvkoo


―――――――――――――――


(超電磁砲!! 妹達!! あいつらまで俺に一体何のようだッ!!)

逃走の限界を感じる。
この手に関してもエキスパートでもある土御門だが、自信はすり減り、いつ捕まってもおかしくなくなっていた。


「ねぇねぇっ! 助けてあげよっか? ってミサカはミサカはすっごい魅惑的な助け舟を出してみたり!」

「……!! お前達は……!?」

追っ手を撒くため入り込んだ裏路地に、今度は十人ほど、別の妹達が待ち構えていた。彼女達を代表するように、幼いミサカが誇らしげに
先頭に立っている。

「大丈夫、ここにいるミサカはなんにもしないよ、ってミサカはミサカはちゃんと説明してあげてみたり!」

「……助けてくれるのか?」

「うん! でもねー、そ・の・代・わ・り・に……」

肩から斜めにかけていた小さなバッグからごそごそとあるモノを取り出す。

「これ! ここにいるミサカの分と――」

小さな彼女は微笑んだ。

「ミサカにも一つ、あの人で作ったこれが欲しいなっー、ってミサカはミサカはおねだりしてみる!」


                                                         おしまい
342 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:03:06.32 ID:JPVQvkoo
長々失礼しました

気がついたら一ヶ月も経ってるとか我ながら笑えぬ
343 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/08(木) 00:04:31.99 ID:3Is.adU0
乙!

一方バージョン……だと……!?欲しいでござる><
344 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:04:51.26 ID:Zmbw85co
GGGGGJ
上条さんぱねぇ

そして一方さんざまぁww打ち止めNTRれてやんの
345 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 00:05:42.54 ID:9NGP0WIo
おつかれー!
楽しませてもらったぜ
346 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:07:11.79 ID:h5FQwwY0
上条さんどうなった?
347 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:09:07.96 ID:TRu.L/Eo
というか何でインデックスさんキレたの?
もしかして上条は自分の物みたいな感覚なのか?
メインヒロイン(笑)
348 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:12:59.40 ID:JPVQvkoo
>>344>>343でございます

>>346
まぁ深く考えないで欲しいけど、持ち前のテクニックでなんとか逃げ切るんじゃない?

>>347
インデックスパートも都合により(ry
349 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 00:15:47.91 ID:0aWoK/k0
>>344
おまえはなにを言ってるんだ
350 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:19:51.65 ID:JPVQvkoo
どうでもいい裏設定だけど、上条さんの隠しパラメータが上がる条件は『明るい食卓』だったりする。
もっと詰めて書ければよかったんだけどねぇ、自分じゃ厳しい。

乙くれた方々ありとう

1レス小ネタ書き戻るとしよう
おやすみなさい
351 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/08(木) 00:25:10.80 ID:3Is.adU0
え?そげプラスこれで完結なの?
352 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 00:25:17.51 ID:wS4EakAO
乙乙愛してる

あの、七夕過ぎたけど投下する
353 :インデックス「たなばた!」 [sage]:2010/07/08(木) 00:27:34.65 ID:wS4EakAO

上条「なぁインデックス。七夕って魔術的に意味ある行事なの?」

インデックス「うん。神話によると、天の川っていうのはね、
天界である西側と、人間界である東側をわけるためにあったんだよ。
とうまも聞いたことあると思うけど、おりひめとひこぼしは初めは一緒に暮らしてたんだね」

上条「ああ。それで、すっかりナマケモノになってしまった二人を離したんだっけ?」

インデックス「うーん。詳しくは違うんだけど、まぁいいや。
さっきとうまが言ってたように、神様が二人を離ればなれにしちゃったの。
でも、それだと二人が余りにも可哀想だ、って思ったんだろうね。
一年に一回だけ逢えるようにしたんだよ」

上条「……、その神様はいい奴なのか悪い奴なのかわからんな」

インデックス「そうだね。まぁこの話は止めにして、お団子お団子!」

上条「えっ、おわり?」

インデックス「おなかすいたもん」

上条「おい!」

インデックス「……むぅ。
    C F A
――『上方へ変更せよ』これでいいかな?」

上条「」


おしまい

354 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 01:40:32.43 ID:wXHcTtA0
なんかもうとっくにすぎてるけど七夕ネタで1レス借ります
355 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 01:42:46.71 ID:wXHcTtA0
初投下なんで生暖かい目でみてくださいぁぃ

もし織姫が妹達だった場合

妹達「今日は七夕なので彦星もとい彼にあいにいきます、とミサカ達は群をなして天の川を渡ります」

上条「ひぃっ!?なんか御坂妹が大群でこっちにくるぞ!」

禁書「お、、おーむが、、おーむがくるんだよ!」

フィアンマの場合

フィアンマ「俺様が川を渡る必要はない、向こうが渡ってくればいいのだから」

上条「いや渡れよ」

アックアの場合

アックア「彦星様、我が輩の愛を受け取るのである」

浜面「いやお前は絶対織姫じゃないし、、、つーかそれアスカロンじゃねぇか!!」

アックア「いいから受け取るのである」

浜面「ちょっ、、おまっ、ナニをしようと....」

ズボォ

浜面「ひどい、、こんなんじゃもうおむこさんにいけない、、、」

スレ汚しごめんなさい、一応浜面はアックアと面識あったよね? 
356 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 01:47:37.00 ID:EMzsoT6o
乙!
最新刊でアックアと浜面が対面してたから問題ない。


カップリングの流れに乗れなかった事を悔やむ。幻想止めはいないのか・・・
357 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 01:52:54.08 ID:fkEa2y.o
幻想止めなら今書いてるけどどうしても美琴が割り込んでくる
この二人だと兄妹以上の関係にならんような気も

どうにも
長男上条さん
長女美琴
次女打ち止め
みたいな感じに
358 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/08(木) 01:57:42.40 ID:3Is.adU0
>>357
お前が信じる幻想を信じろ

お前の中で幻想止めが兄妹のような関係だっていうなら、それでいいじゃない
投下しちゃいなよゆー
359 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:01:25.10 ID:IQBChBo0
シリアス展開にする際、敵サイドにオリキャラ出すのはどうなのかな?あり?
360 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 02:04:24.84 ID:2lNIWEDO
あくまで個人的にはだけど、単なるやられ役ならあり。
無駄に個性つけて既存キャラとの深い因縁関係とかなるとちょっとむず痒くなるな。
まあ主人公オリキャラよりは全然マシ
361 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/08(木) 02:21:24.14 ID:3Is.adU0
オリキャラ敵として出てきたとすると、木原くンみたいなキャラ濃くて既存のキャラに深く関わりすぎな上にTUEEEしてる奴は駄目だけど、杉谷みたいなあんまり掘り下げられなくて適度に苦戦するくらいの奴が理想だと思ってるんだけど
362 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:21:33.23 ID:IQBChBo0
>>360
超thxです
363 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:23:01.72 ID:IQBChBo0
オゥフ…リロードし忘れちまった
>>361もthxす
364 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:23:36.74 ID:tSiXJcY0
ラディッツならセーフ、ベジータならアウトって感じか
365 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:27:53.20 ID:yUPfzsYo
杉谷って誰だっけ
366 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/08(木) 02:31:51.28 ID:3Is.adU0
>>364
わっかりやす!それでいいじゃん俺……

>>365
19巻に出てきた、潮岸の部下。木原神拳を真似て一方通行にダメージを与えるも、手を傷める。忍者の末裔らしい
367 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 02:32:18.14 ID:0rwouso0
早く投下しようと思いつつもダラダラと書き溜めてたら80kb超えててワロタ。
何か100kbいきそうで怖い。もっとまとめる力つけないとなー
368 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 03:08:12.48 ID:fkEa2y.o
youスレ立てちゃいなyo
369 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 06:49:17.63 ID:EMzsoT6o
>>364
血よりも水の方が濃い瞬間を目撃した
370 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 07:26:40.60 ID:mtc3moDO
サッカー見た後眠れなかったから通行止めで6レス書いてきた
371 :とある悪魔の打ち止め :2010/07/08(木) 07:27:19.13 ID:mtc3moDO
打止「ねぇちょっとちょっとってミサカはミサカはあなたを呼んでみる」

一通「あン?」

打止「両手をこう、ばんざーい! ってしてみてってミサカはミサカは自らのジェスチャーを交えながらあなたにお願いしてみたり」

一通「はァ? なンで俺がそンなことしなきゃなンねェンだよ?」

打止「いいからいいからってミサカはミサカはあなたを催促してみる!」

一通「だりィ……」

打止「両手を上げるだけなのに!? ってミサカはミサカは驚きの声を挙げてみたり!」

一通「チッ、……これでいいンかよ?」バンザーイ

打止「うん!」

一通「でェ、俺はどうりゃいいンだ?」

打止「ちょっとの間そのままでいてってミサカはミサカはどうどうという仕草を取ってみる」

一通「俺は犬か」

打止「そうじゃないよ! お願いだからそのままでいてねってミサカはミサカは念を押してみる」

一通「わァったから早くしやがれクソガキ」

打止「またクソガキってもう! ……それじゃあいっくよーってミサカはミサカは身構えてみる!」

一通「はいはい」

打止「てぃやー!!」バッ

一通「……」

打止「……」コチョコチョ

一通「……あ?」

打止「あ、あれおかしいなー? ってミサカはミサカは指を動かし続けてみる」コチョコチョ
372 :とある悪魔の打ち止め :2010/07/08(木) 07:27:49.65 ID:mtc3moDO
一通「……」

打止「……」コチョコチョ

一通「……別にくすぐったくもなンでもねェぞ」

打止「えー、信じられない! ってミサカはミサカはめげずに指を動かしてみる!」コチョコチョ

一通「無駄だっつの」

打止「う、こんなのありえないってミサカはミサカはよよよとうなだれてみる……」ヨヨヨ

一通「残念だったなァクソガキ」

打止「で、でもきっとあなたにも絶対弱いところがあるはずだよってミサカはミサカは不屈の闘志で立ちがあってみる!」

一通「ンなもンねェから諦めろ」

打止「諦めないもん! ほら脇腹の次は足の裏だから座って座ってってミサカはミサカは床をポンポンしてみたり」

一通「はァ、だりィ……」

打止「そんなにだるいだるい言ってたら息をするのもだるくなっちゃうよってミサカはミサカはヨミカワの部屋にあった漫画のワンシーンを例に出してみる!」

一通「あンな豚と一緒にすンじゃねェ!」

打止「それじゃあ早く座ってってミサカはミサカはもう一度床をポンポンしてみる」

一通「ったく。……これでいいか?」

打止「うん、ありがとってミサカはミサカは素直にお礼を述べてみる」

一通「こンなンで礼なンざいらねェから早くしやがれってンだ」

打止「うん! それじゃあいっくよー! てぃや!」コチョコチョ
373 :とある悪魔の打ち止め :2010/07/08(木) 07:28:20.70 ID:mtc3moDO
一通「……」

打止「……」コチョコチョ

一通「……」

打止「やっぱりありえないってミサカはミサカはやじろべーみたいに頭をグラングランさせてみる……」

一通「おい、頭ぶつけンぞ」

打止「あいたっ!」ゴン

一通「言わンこっちゃねェ。おい、大丈夫か?」

打止「ちょっとクローゼットにぶつけただけだから大丈夫だよ! ってミサカはミサカは心配してくれたことに嬉しく思ったり!」

一通「……チッ、いちいちうるせェガキだ」

打止「もう、素直にならなきゃダメだぞ! ってミサカはミサカはお姉さん風にあなたをさとしてみる!」キャピ

一通「素直ですゥ。素直過ぎてなンだか今までの分を反射したくなってしまいましたァ」バッ

打止「え? は、反射って……わぁ!?」ガシィ

一通「逃がさねェぞ、打ち止めァ……」ニタァ

打止「こ、これは何気に今世紀最大のピンチかもってミサカはミサカは今の状況を冷静に分析してみたり……」

一通「よォく分かってるじゃねェか」ワキワキ

打止「出来れば指をワキワキさせないで欲しいなぁってミサカはミサカは無駄そうな抵抗をしてみる……」

一通「学園都市最強の体を弄ンだ罪は重てェぞォォォッ!」コチョコチョ

打止「弄ぶって変な意味に聞こえるよってきゃは、きゃははははは!」

一通「はっはァ! どうしたどうしたァ? さっきまでの余裕な笑みは金星にでも飛ンじまったのかァ?」コチョコチョ

打止「あはは、ひゃいい! きゃはひは、も、もう許ひてってミサカはミサきゃはは!」

一通「あはぎゃは! そのまま絶頂を迎えて二度と立ち上がれねェようししてやンぜェェェッ!」コチョコチョ

打止「ひぃいいいい!!」

――――
374 :とある悪魔の打ち止め :2010/07/08(木) 07:28:49.85 ID:mtc3moDO
――――

一通「……」

打止「……ぅ」グテー

一通「……正直すまンかった」

打止「何回もタップしたんだから早くやめて欲しかったなってミサカはミサカは文句を垂れてみる」グテー

一通「悪かったって。……あー、打ち止め」

打止「ん?」

一通「他に試したい場所とかはねェのか?」

打止「あるけどないってミサカはミサカはそっぽを向いてみる」プイッ

一通「……もう反射とかしねェから機嫌直せよ」

打止「ほんとに? ってミサカはミサカは半信半疑で聞き返してみたり」

一通「本当だ。いざとなったらMNWを切断でもなンでもすりゃあいい」

打止「そこまで言うなら試そうかな! ってミサカはミサカは上機嫌になってみる!」

一通「単純なガキだな。でェ、次はどんな格好をすりゃあいいンだ?」

打止「うつ伏せに寝て欲しいなってミサカはミサカはベッドをポンポンしてみる」

一通「次は背中ってかァ? まァ効かねェとは思うが」

打止「いいからいいからってミサカはミサカはまたもやあなたを催促してみたり」

一通「へィへィ」
375 :とある悪魔の打ち止め :2010/07/08(木) 07:29:40.18 ID:mtc3moDO
一通「これでいいのかァ?」

打止「うん! それじゃあいっくよー! てぃや!」コチョコチョ

一通「……」

打止「……」コチョコチョ

一通「……」

打止「……」コチョコチョ

一通「……諦めろ」

打止「背中も効かないってどんな体してるの? ってミサカはミサカはあなたの背中に倒れ込んでみる……」グテー

一通「さァな。そういう体質なンだろ」

打止「そんなのズルいよってミサカはミサカはあなたのを耳をふぅー」

一通「!」ビクッ

打止「? ふぅー」

一通「、!」ビクッ

打止「ねぇ、もしかして耳が弱いの? ってミサカはミサカはあなたの耳に手を伸ばしてみる」サワサワ

一通「ンっはァ、……そ、それ以上はだァッ……駄目だァ」

打止「ダメじゃないよってミサカはミサカはもう一度息をふぅー」

一通「ひィ!」

打止「あは、可愛いー!」サワサワ

一通「だ、だからァ……ン、やめろってェ、の……」

打止「やーだってミサカはミサカはあなたの耳を舐めってみる」ペロッ

一通「ひあン!?」ビクッ
376 :とある悪魔の打ち止め :2010/07/08(木) 07:30:26.46 ID:mtc3moDO
――ガチャ

黄泉川「ただいまじゃん! ……ん?」

芳川「ただいま。……あら」

一通「……」ビクッ

打止「……」ペロ

黄泉川「……ごゆっくりじゃん」

芳川「……仲がいいのはいいことよ」

――バタン

一通「おいィィィ! 現実から逃げンじゃねェよ!? 黄泉川、テメェは教師だろ!? ごゆっくりじゃねェよ!」

打止「はむ」

一通「ァう! ……ってテメェもいつまでもやってンじゃねェ! 早く降りやggggggッ!?」
打止「……さっきMNWを切断してもいいって言ったよねってミサカはミサカは悪魔の笑みを浮かべてみる」ニタァ

一通「dmwpjdagptmッ!?」

――――

芳川「止めなくていいの?」

黄泉川「ご飯までは仲良くさせとくじゃん」

芳川「それもそうね」

黄泉川「さーて腹を空かすだろうあの子達のためにじゃんじゃん作るじゃん!」
377 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 07:30:48.58 ID:mtc3moDO
さて、寝るか……
378 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 07:48:43.98 ID:YQBaXYAO
素晴らしいな
379 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 08:22:01.94 ID:CF7XY6AO
最高だな
380 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 08:27:45.04 ID:3L.G6nco
>>316みて思いついた
姫神「あれが上条。土御門。そして青ピ。有名な」

吹寄「そんな馬鹿共の額をぶち壊す!」ゴスゴスゴスッ

クラスメイト(馬鹿の大三角が・・・壊滅・・・だと・・・)

ごめん
381 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 09:07:57.44 ID:dMPO3.wo
>>380
ワロスwwwwww

吹寄かわいいよぉぉぉぉ
382 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 10:15:24.44 ID:NFVSqkko
いつもの事じゃないかwwww
383 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 11:41:12.31 ID:mtc3moDO
そろそろ投下した後に別の投下があったり小ネタによって流される現象に名前つけようぜ!
384 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 11:43:52.53 ID:NFVSqkko
>>383
もちろん漢字四文字で書いてカタカナ読みするんだよな?
385 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 11:49:55.80 ID:dMPO3.wo
>>383
そうスネるなよ
386 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 11:52:23.59 ID:tXg1W9oo
まずは>>383さんが一例を出してくれるはず・・・
387 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 12:02:51.79 ID:mtc3moDO
>>386
さっきの通行止めは俺だよ


残滓目録<シースルー>とかどうよ
388 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 12:07:29.70 ID:dMPO3.wo
とある投下の姫神秋沙(エアーコンプレッサー)
389 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 12:10:41.60 ID:YQBaXYAO
完全スルーされたわけでも無いんだし気にすんなよ
390 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 12:27:14.04 ID:IGjM9YAO
>>387
投下のタイミングも有ると思うよ、やっぱり18:00辺りから多くなり始めて、20:00〜23:00辺りが一番見てる人多いと思うし。
作品の出来で言ったら良いと思う。通行止めの競争率、ロリの微エロへの反応のし辛さがコメントの少なさに関係してるかな。
>>388
採用
391 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 12:43:18.69 ID:tUVW4kQ0
>>376
これは…いィなァ
392 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 12:43:33.04 ID:oooD4Wc0
俺もよく良作が前後に来て空気化する

というコトはつまり・・・
393 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 12:58:38.54 ID:9wkVNoAO
俺ほどの男になるとスルーされるのがむしろ快感になる
394 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 14:12:12.04 ID:xxKESmoo
>>11-17
まとめ見てたらこいつらまとめられてて笑った
395 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 14:14:00.22 ID:tXg1W9oo
>>17にワロタww
396 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 14:40:46.61 ID:60FsGsQo
妄想だけが進んで全然文が進まない……
397 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 14:40:47.65 ID:914kvMIo

管理人さんはほんとおちゃめな方やでぇ

そういや昨日は七夕だったんだな

上条「一年に一度しか会えないだって? まずはその幻想を(ry」
398 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 16:12:46.23 ID:X.uXwzg0
ふと思い立った場面を書いただけのネタを誰もいないうちに投下
一方さんと美琴さんで、3レス程おかりします。
399 :御坂「……どうしてこうなった」 [sage]:2010/07/08(木) 16:17:12.96 ID:X.uXwzg0
完全下校時刻をとうに過ぎた第七学区の路地裏の一角。
一目のつきにくい、埃っぽい匂いが鼻をくすぐるビルとビルの間の細道。

そこで、御坂美琴は途方に暮れていた。


「はーなーしーてっ」

「…………、ヤダ」


先ほどから、一見女の子のようにも見える白い髪で体躯の細い男が、美琴に抱きついて離れてくれない。


「ヤダじゃない。いい加減にしないよ、この酔っ払い!」

「……」

「無視すんなぁぁぁああああ!!!」


覆いかぶさるようにして美琴の自由を奪った人物は彼女の言葉に一切聞く耳を持たない。
吐きだされる息はほのかに酒臭いし、顔のみならず、黒いTシャツから露出している両腕の肌もうっすらと赤く染まっている。


「……オマエ、うるさい」

「アンタのせいでしょ!!」


細い体つきからは想像もできないほどの力でロックされてしまった美琴は、自棄になって叫んだ。

美琴の発言全てをキレイにスル―し続ける白髪の男は、
中学生という年齢に相応しい慎ましやかな少女の胸元に頬を擦りつけて、幸せそうにその眉を垂れ下げた。
安心しきった表情で美琴に身を委ね、幸福感に満ち溢れたように目を閉じる少年。
そんな、年端のいかない幼児が母親に無邪気に甘えるような仕草にも似た彼の態度に、美琴は戸惑いを隠しきれない。
400 :御坂「……どうしてこうなった」 [sage]:2010/07/08(木) 16:20:26.23 ID:X.uXwzg0
完全下校時刻ならいざ知らず、寮の門限があと数十分後に差し迫ってしまっている。
門限を破ってしまえば常盤台学生寮最強最悪の寮監様の餌食になることは必至。
先日、ルームメイトとのちょっとした喧嘩が原因で美琴は寮監の鉄槌をうけたばかりだ。
大能力者、超能力者。両名の息の根を止めた技の味が脳内にフラッシュバックして、美琴は思わずブルっと震えあがる。


(実戦部隊並のヘッドロックの餌食になるなんて、二度とごめんだわッ…!)


『規則破りの罰』の刑を執行されないためには、なんとしても、門限までに寮へ戻らなくてはならない。
そもそも、不良に絡まれるのが厄介で、美琴が普段あえて近寄らないようにしている路地裏を通っていたのだって、
なんとか寮の門限までに帰れるようにと近道をしていたからだ。
本音を言えば、美琴はさっさと白髪男の抱擁から逃れてすぐさま寮へのマラソンを再開したいのだが―――、


(なんか、力ずくで引っぺがせないというか……)


ただ少年に向かって、離せ、と繰り返すことしかできない美琴。


「私、すぐに寮に帰りたいの。だからさっさと退きなさい!」

「…………、何も聞こえませェーン」


明らかに聞こえているだろこの野郎、と心中で突っ込む。
一体、何度「離して」「イヤですゥ」の押し問答を繰り返しただろうか。
五回目まで数えて、美琴は数えることを放棄したので正確な数字は分からないが、
彼との変わり映えのない会話のキャッチボールは、かれこれ一五分は続いているように思う。
401 :御坂「……どうしてこうなった」 [sage]:2010/07/08(木) 16:21:47.01 ID:X.uXwzg0

「あー、もう……ッ!」


色々と諦めそうになる気分が、嘆息となって空気中に散る。

何故だが、美琴は背中に回された両手を無理に振り払うこと出来ずも、彼にに電撃をかましてビリビリの黒コゲにする気にもなれず。
惜しげもなく間抜け面を美琴の前に晒している少年を何かに例えるならば、目を細めてゴロゴロと喉を鳴らす猫。
無言で擦り寄ってくる彼にアフレコをあてるならば「いい子いい子して〜」とか「構って〜」という台詞がぴったりだ。

力任せに無理やりにでも彼の腕を振りせば、―――彼の赤い瞳に、暗い影が映ってしまいそうな気がして。


「……どうしてこうなった」


足元に擦り寄ってくる子猫のような男をどうにも無下にできないでいる自分の甘さに、美琴は頭を抱えた。
402 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 16:24:02.79 ID:X.uXwzg0
以上です。本当にどうしてこうなった
403 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 16:30:38.99 ID:A6joW2AO
仕事中だか言わせて貰おう
 
 
 
どうしてこうなった
404 :ごめんね 1/2 [sage]:2010/07/08(木) 16:48:24.48 ID:dMPO3.wo
打止「ふふ・・・ミサカネットワークを使った、あの人の身体と精神の操作は順調だね!

    ってミサカはミサカは自分の才能に酔いしれてみる!」

妹達「しかし・・・よいのですか?オリジナルにあのような・・・とミサカは丁重にお伺いを立てます」

打止「それだけがちょっとね・・・とミサカはミサカは不満に頬を膨らませてみる」

---

上条「・・・お前ら、何してんだ?」

美琴「え、ちょっ!いやっ、これは!ちが!違うっ!のっ!」

一方「なンですかァ?こっちはお取り込み中なンですけどねェ」

上条「・・・いや別に俺は単に通りすがっただけで・・・じゃ、じゃあな」

美琴「あっ!ちょ、ちょっとアンタ助けなさいよぉ!」

一方「おいおいィ、なんだかスカしてやがンなァ!やっちまうぞ、コラァ!?」ガシッ

上条「お、おい、こっちはそんなつもりはねーんだよ」パシッ

---

妹達「・・・あ」

打止「どうしたの?ってミサカはミサカは首を傾げて可愛く聞いてみる」

妹達「原因不明のエラーでネットワークと被験者のリンクが一時的ですが切断されました

    とミサカは内心驚きながら事実を正確に述べます」

打止「えっ!?そ、それじゃリアルタイムに行っているあの人への干渉は・・・」

妹達「はい、再度有線で接続を行うまでは通常の状態に戻ります、とミサカは絶望的な現状を説明します」

打止「つまり・・・ってミサカはミサカは言わない方が良い未来を予想してみる・・・」

405 :ごめんね 2/2 [sage]:2010/07/08(木) 16:48:51.24 ID:dMPO3.wo

一方「・・・てめェ、レールガン!?なンで俺にひっついてやがンだ!」

美琴「えっ!あ、アンタがいきなり抱きついて頬ずりして来たんでしょうが!」

上条「へー。抱きついて、頬ずりですか」

美琴「はぅあ!?」

一方「ンだとォ・・・なンでこの俺がてめェみてェなバb・・・いや、待てよ・・・」

美琴「今アンタ何を言いかけた?」

一方「そういや思い出したぜェ・・・記憶が途切れる前、あのガキから・・・なるほど、そういう事ですかァ」

---

妹達「バレたようです、とミサカは白旗を倉庫に探しにいくと見せかけて撤退します」

打止「えぇぇぇっ!ちょっと待ってよってミサカはミサカは『ドゴォン』キャー!?」

一方「さァて・・・悪い子にはお仕置きが必要だな?」

打止「ど・・・」

一方「オラァ!ベクトル操作による無限くすぐり地獄をくらェェェェ!」

打止「どうしてこうなったのぉぉってミサカはミサカわひゃひゃひゃやぁぁぁぁっ!」


なんか書いちゃった。ごめんね。>>402
406 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 17:26:25.02 ID:CKgNEeE0
乙!

通行止めええのぉ
407 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 17:45:26.34 ID:CF7XY6AO
ちょっwwww>>404のせいですべてが台無しwwwwwwwwwwww
408 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 17:48:54.31 ID:dMPO3.wo
ふひひ・・・いやマジで調子に乗りすぎた。すまん。
409 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 17:53:52.09 ID:X.uXwzg0
>>404
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
全てはMNWのシナリオ通り、ということだったのか……。
打ち止め、なんて恐ろしい子。

どうしてこうなっただと投げっぱなしなので、続き書けたらかくわwwwwwwww
410 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 18:23:08.70 ID:mtc3moDO
とある投下の残滓目録<シースルー>orとある投下の姫神秋沙<エアーコンプレックス>現象が起きたな
411 :感想タイムが終わった作品でも、今になって感想を言ったっていいじゃない人間だもの。 [sage]:2010/07/08(木) 18:46:36.60 ID:0e/CSr.o
1レス完結小ネタ投下  とある右席の馬鹿騒ぎ

フィ「フィアンマレッド!」ビシッ

アッ「アックアブルーなのである」ビシッ!

テッ「テッラグリーンですねー」ビシッ

ヴェ「じゃ、じゃあ私はヴェントイエロー!?……って何コレ!?」

フィ「何って……、予行演習だろう?」

ヴェ「予行演習って……。 そうじゃなくて!何よこの決めポーズとか!」

フィ「インパクトが大事だろ?」

ヴェ「いやいやいや!インパクトとか必要ないでしょ別に!というか見た目が既にインパクトが……!」

アッ「確かにそうかもしれぬであるが、やはり名乗るのは最低限のマナーであるかと……」

ヴェ「いやいやこれ別に役職名ですらないし武器振り回してるし別にマナー必要ないし!というかそもそも何!?英語!?英語必要なの!?」

テッ「これだと異教の猿(イギリス清教)のマネなんですけどねー。やはり分かりやすいのは英語ですからねー」

ヴェ「いやまってよ!そもそもいつの間に決まってるのコレ!? もしかして新しい勧誘方法?かくし芸?」

フィ「いや、昨晩のうちに……酒が入った勢いで……つい、な。」オレサマツイヤッチャッタ

ヴェ「ちょ……! ていうか男三人で深夜のテンションとかきもちわるッ!」

アッ「む。そうなのであったのか……? イギリスにいた頃はよくワインを飲みながら騎士団長と語り明かしてたのであるが……」ズーン

ヴェ「あんた意外とガラスのハートね!? いやそうじゃなくて!何でこんなくだらない事実践するのよ!」

テッ「いやーだって案外暇なんですよ?安酒飲むしかないじゃないですかー。」

フィ「それに色々たまってたからなぁ……そりゃ俺様やそこのガチムチだって浴びる程飲んでだな……」

アッ「半分フィアンマに無理やり飲まされたのである……」

ヴェ「(あぁ……一気飲みさせる嫌な上司タイプね)……そこにいなくてよかったわ、ホント。」

フィ「まぁそんな事より。明日までに練習しとけよ。」

ヴェ「え?」

フィ「いやだから、これで学園都市に一斉攻撃しかけるからな。」

ヴェ「( ゚д゚)」

ヴェ「(゚д゚)」
412 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 19:20:02.62 ID:ThX..8.0
よし分かった、言うぞ? 言うからな?

こっちみんなwwww
413 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 19:45:55.01 ID:dMPO3.wo
>>412
ID:ThX..8.0

なんて感謝の心に溢れたIDだ・・・

あとこっち見んなwwwwww
414 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 19:56:48.29 ID:qXluyc60
いやむしろ俺を見てくれ
415 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 20:32:11.15 ID:IGjM9YAO
ThX..1.0「はあ、誰が言うかよ」

ThX..4.0「あ、ありがとう……」

ThX..8.0「貴方様のお陰です。この御恩は一生忘れません」
416 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 20:57:20.00 ID:8pltBgs0
前書き・レス・あとがきで10レスほどお借りします。
なんか夢に出てきたんでSS形式にしたら凄く……酷いです……

まあ無理やりオチつけたような感じです。
こういうミサカいたらいいのになぁっていう妄想のせいで夢に出たのかも。
いつかこのミサカで長編書こうかなー……
417 :ダークラストオーダー :2010/07/08(木) 20:58:03.44 ID:8pltBgs0
一方通行「おいおい、誰ですかァお前?」

「良くぞ聞いたな一方通行! ミサカの名前はミサカ14444号と言う、とミサカは教えてあげます!」

一方通行「14444号……? 聞いた事ねェな。まァどォでもいい、俺の前に来て何の用だ?」

14444号「用? そんな物、決まっているだろ。ミサカと勝負して貰うためだ、とミサカは指を付けつけます!」

一方通行「……わりィ、俺とお前どっちがバグってンのか分かンねェわ」

14444号「どちらも正常だ。まあミサカは他のミサカと比べれば異常かもしれないがな、とミサカは付け足します」

一方通行「……まァ、異常っちゃァ異常だよなァ。主にその喋り方とかよォ」

14444号「これか? これはだな、うむ。師匠に影響されたと言うか。まあ、異常なのは自覚している、とミサカは自分の異常さについて頷きます」

一方通行「でェ? その異常固体が俺に勝負挑む訳は何なンだよ」

14444号「訳? 分かりきった事を今更だな、とミサカはうんざりした表情であなたを睨み付けます」

一方通行(……あァ、ねェ話ではねェわな。大方、俺に……殺されていった妹達の復しゅ)

14444号「学園都市最強とぶつかって損はねぇ! 今のミサカの全てをぶつけてお前を倒す! とミサカは完璧な宣戦布告します!」

一方通行(……うン、そりゃそォだろォな。俺をぶっ潰すっつゥのはやっぱり妹達の復しゅ)

14444号「最強の名に相応しい無敵の男一方通行、貴様を破ってこそミサカは更なるステップへと行けるんだ! とミサカは遥か上空を見上げます!」
418 :ダークラストオーダー2。タイトルは正直考えてなかった :2010/07/08(木) 20:58:36.49 ID:8pltBgs0
一方通行(復しゅ)

14444号「世界最強無敵にて天上天下唯我独尊学園都市が生み出した化け物一方通行! 正直言うとお前と戦うのは長年の夢だった! その称号を持つお前相手にミサカがどこまで通用するのか……楽しみだ! とミサカは臨戦態勢へ入ります!」

一方通行「ちげェのかよォォォォ!!」

14444号「? よく分からないが早速行かせて貰うぞ、とミサカは力を入れて――」

ドゴォオオオン!!

一方通行「……ェえ?」

14444号「っち、外したか……とミサカは舌打ちを漏らします。次は確実に当てるぞ!」

一方通行(ちょい待てェ!? 番外固体が赤子に見えンぞ!? 一回の突進で建物崩壊させてンじゃねェよ!!)

14444号「そらそら、本気出さねぇと死んじまうぞぉ! とミサカは二度目の臨戦態勢へ入ります!」

ヒュッ……

一方通行「う、ォォォオオオ!?」

ドゴオオオオオオン!!!!

14444号「……この技は破壊力が高い代わりに命中率が低いな。仕方ねぇ、やり方を変えるとミサカは構えを取ります」

一方通行「武術……それもストリートかよ……!」

14444号「行くぞ! とミサカは――」

一方通行「消えっ……」
419 :ダークラストオーダー3。タイトルは正直考えてなかった :2010/07/08(木) 20:59:22.28 ID:8pltBgs0
14444号「……本来ならば一度死んでるぞ、とミサカは背後から声を掛けます」

一方通行「!? いつから……」

14444号「本気出せよ一方通行。ミサカはそんなヘナチョコもやしをぶちのめしたって楽しくねぇんだからな! とミサカは言い捨てます!」

一方通行「……ざけンなよ!」

14444号「ミサカは番外固体みたいにお前が手を出せない事が好都合、だなんて言わねぇ。遠慮なんざいらねぇ、ドシドシ来い! とミサカはカムバックします!」

一方通行(クソ、クソ、クソォ! 理不尽すぎンだろ、ふざけンなよ! ふざけンなよォ!!)

14444号「……っち。つまんねぇとミサカは構えを解きます」

一方通行「ッ?」

14444号「そんなあなたを倒した所で何も得られない、とミサカは目を伏せます」

一方通行「……」

14444号「こんな手は使いたくなかったんだがな……上位固体はミサカの師匠が預かっています、とミサカは驚きの真実を伝えます」

一方通行「な、!?」

14444号「本気を出さねぇなら上位固体を殺します、とミサカは限りなく冷徹な目で見つめます」

一方通行「…………しょう……」

14444号「こんなやり方、本当は好ましくねぇ。だけどお前が本気を出さないってなら……」

420 :ダークラストオーダー4 :2010/07/08(木) 21:00:24.81 ID:8pltBgs0
一方通行「ち、くしょォォォォオオオオ!!!」

カチッ――

14444号「来たな……一方通行! そんじゃ仕切りなおしだ! 行くぜぇ! とミサカは走り出します!」

一方通行(考えろ、考えろ! 打ち止めも、コイツも、傷無く救う方法を!)

14444号「反射があるからって……油断すんなよ? とミサカは独特の構えを取り……」

一方通行「!?」

14444号「御・坂・神・拳!!」

バキィッ!!!

一方通行「く、は……!」

14444号「……電気を応用した肉体強化、悪くねぇが……負担が大きいな。やっぱこっちのが優秀か、とミサカは右手を突き出します」

一方通行(……理不尽ってレベルじゃねェぞ……!)

14444号「分かるか? 砂鉄の鞭だ、とミサカは鞭をうねらせます」

ヒュッ……バッチィン!

一方通行「!?」

14444号「そう……鞭の先端は扱い次第じゃ簡単に木原神拳と同じ効果を発揮する。まあ反射のラインギリギリで行使するにゃちょびっとばかりつれぇけどな、とミサカは鞭を巧みに扱います」

一方通行(いきなり現れやがって、その容姿で俺に勝負しかけやがって……!)

421 :ダークラストオーダー6 :2010/07/08(木) 21:01:20.17 ID:8pltBgs0
ドォォオオオオン……ドォオオオオオオン……

14444号「まじぃな、体がもたねぇ……!」

一方通行(どォ、す、りャ、良かっTA、ン、d、a?)

ドォオオン!!

14444号「くっ……」

一方通行(……あ、アそ、ォKA……WA-すtoと、オな、Zid、e、いいノ、か……?)

14444号「侮った、かっ? だが、こんな所で死ぬミサカじゃねぇぜ! とミサカは気張ります!!」

一方通行(…………――――イい、wwa、け、ねェ、Da、ロ、ォがァ――!!)

ピタ……

14444号「……動きが止まった……?」

一方通行「う、ぐ、ご、が、ァ、あああ、あああああああああァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

14444号「……はは、すげぇや……立てねぇ、とミサカは地べたに座り込みます」

一方通行(く、ハ、……――これ、以上、妹達には、手ェ、出させねェぞ……!)

14444号「翼が収まっていく……今回ばかりはミサカの負けか、とミサカは落ち込みます……」

打ち止め「あー! やっと見つけたってミサカはミサカは全速力でダッシュしてたり!」

一方通行「!?」


422 :ダークラストオーダー6。さっきの5だった :2010/07/08(木) 21:02:20.35 ID:8pltBgs0
打ち止め「全く……14444号、だっけ? ってミサカはミサカは確認してみる」

14444号「……お、ぅ。とミサカは気まずさに耐えられません」

一方通行「……14444号、お前にゃ言いてェ事が山ほどあンだがよォ……」

打ち止め「……あなたは何をしているか分かってるの? ってミサカはミサカは14444号を見下ろしてみたり」

14444号「……一方通行に、喧嘩しかけた。とミサカは目線を逸らします」

打ち止め「それだけじゃないよね、ってミサカはミサカは問い詰めてみる」

14444号「……感覚共有を許可してた、とミサカは伝えます」

打ち止め「それのせいでトラウマが発狂した子もいるんだよ? でもまだあるよね、ってミサカはミサカは笑顔で追い詰めてみるの」

14444号「……研究所から、勝手に出てった事……とミサカは俯きます」

打ち止め「……今述べた事は全部重要だよねってミサカはミサカは顔を近づけてみる」

14444号「……おぅ」

打ち止め「それじゃ、ミサカも着いて行ってあげるから皆にごめんなさい、しにいこってミサカはミサカは手を差し伸べてみる」

14444号「……迷惑かけた、とミサカは腰を下ります」

打ち止め「二度目は無いよ? ってミサカはミサカは確認してみたり」

一方通行(すっげェ辛い思いしたのに空気ですかそォですかァ)

打ち止め「それじゃまずは、この人からね、ってミサカはミサカは指指してみたり。番外固体とのお話は既に妹達全員に流したはずだよね? ってミサカはミサカはあなたのした事の重さを再認識させてみる」
423 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 21:03:56.88 ID:8pltBgs0
>>420>>421の間に挟んでくれ何も見なかったことにしてくれ

14444号「今回ばっかりは、一発で沈んじまうかもなぁ!? とミサカは腕を振り上げます!」

一方通行(ッ……やべェ!)

14444号「そぉい!!」

ヒュッ……パアアアンッ!!

14444号「まだまだまだぁ!」

パパパパパン!!

一方通行(……クソ、ッタレ……打ち止めとコイツを傷付けず、救う方法……! 俺がコイツを[ピーーー]のはもっての他、だが殺されに行くンじゃ打ち止めが殺される……)

14444号「! 隙あり! とミサカは鞭を振るいます!」

ヒュッ

一方通行「ッ…………――――yryf、しいfmd助――ォ、ォォォ、オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」

14444号「出やがったな……こっからがほんb」

ドォオオオオオンッ!!!!!!!

一方通行「dみcfmkwwm!!!!」

14444号「く、は……目で、追えな……」

一方通行「ォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!」

14444号「! 緊急事態、電気応用による肉体強化での回避っ!」
424 :UOOOOOOOOOOOOOOO :2010/07/08(木) 21:04:32.18 ID:8pltBgs0

14444号「6時間かけてたっぷりな、とミサカはげんなりします」

打ち止め「それじゃ、ちゃんと謝りましょってミサカはミサカはあの人を見据えてみる」

14444号「……どぉも、すみませんでした……とミサカはペコリします」

一方通行「……まァ、釈然としねェ部分もあるけどよ……もォ気にしねェ(つゥより気にしたくねェ)」

打ち止め「良かったねってミサカはミサカは笑顔になってみたり!」

14444号「……はい!」

打ち止め「じゃあ次に抜け出した研究所の皆さんに一人ずつ計38名、その次は14444号を心配して探してくれた妹達に一人ずつ計8665人、次にあなたの師匠とやらに、その次にこの建物に関係する人たちに一人ずつ、次に無銭飲食した店の関係者全員に、次にこの騒動を聞いて駆けつけた人たち全員に、次にそれで呼び出された警備委員と風紀委員の関係者一人ずつに、謝罪だよ。あ、大丈夫、もう研究所には長期休暇の申請してるからってミサカはミサカは と び き り ス マ イ ル」ニコッ

14444号「……え?」

End
425 :おわり :2010/07/08(木) 21:05:57.87 ID:8pltBgs0
何事も無く終わってよかったほんとよかったすごくよかったとてもよかった心配だったけど無事だった

夢の中じゃすごパしてたんだけど、その辺り曖昧……
師匠は誰か分かりますよねー。ありがとうございました。無理やりすぎるオチでサーセン
426 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 21:17:52.63 ID:dMPO3.wo
俺は面白いとおもうぜ!乙!
あと最近通行止め多いな!
427 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 21:20:04.95 ID:WfktH6AO
師匠は削板か?
とにかく面白かったよ
428 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:23:24.12 ID:7/bQ2pE0
佐天・左天スレ見た後だったから、14444号に物凄い違和感を感じた
429 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:40:16.55 ID:mtc3moDO
乙。妹達は使いやすくていいよね

俺も使いやすい妹達の話を3レスほど。タイトルは考えてない
430 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:41:08.10 ID:mtc3moDO
9521「ミサカの予定時間を過ぎていますのでそろそろ解放してくれませんか、とミサカはあなた達に問いかけます」

男1「だからお嬢ちゃん、その制服常盤台のだろ? 金持ってんだろ?」

男2「金をくれりゃあすぐにでも囲みを解いてやるよ」

9521「ですからお金などありません、とミサカは本日3度目の台詞を繰り返します」

男3「だからさぁ、カードでもいいんだって」

男4「早く出さねえと痛い思いするぜ?」

9521「今ここであなた達をねじ伏せるのは簡単ですが、実験以外に能力や体術の使用は禁じられています、とミサカは抵抗が出来ないことを公にします」

男1「まぁ能力が使えても男4人相手は歩が悪いよなあ?」

男2「そうそう。今身ぐるみ剥がしてやるからちぃっと大人しくしてろよ?」スッ

9521「やめてください」バッ

男3「おいおい抵抗しねえんじゃねえのか?」

9521「あくまで能力や体術に限った話です、とミサカはそれ以外の方法での抵抗を試みます」

男4「てめえ……屁理屈を!」ガシッ

9521「あうっ!」

男1「女ってのは髪をひっ掴まれるとなんにも出来なくなるんだよなぁ?」

9521「ううっ……!」

男2「ふひひ、さぁてどっから剥がしてやろうかなあ!?」

男3「ははは、このロリコンめ」

男4「ほどほどにしとけよ?」

9521(まずいです。他のミサカから連絡がないということはまだ実験が始まっていないということ。他のミサカで代替えすればいいいのに何故? とミサカは……)
431 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:41:35.41 ID:mtc3moDO
一通「おい、人のモルモットに手ェ出してンじゃねェよ三下共」

9521(一方通行!? 何故ここに……)

男1「あ?」

男2「なんだてめえ!?」

一通「これからくたばる輩に名乗る名前なンざねェよ」

男3「面白え、そのひょろっちい体を八つ裂きにしてやる!」

一通「邪魔だ」

男3「ぐああっ!」

男4「……てめえよくも!」

一通「消えろ」

男4「ごあっ!?」

男1「ひいいっ!? お前まさかどんな攻撃でも反射するっていう……あの……」

男2「ア、一方通行なのか!?」

一通「ほォ、だったら分かるよなァ? 俺様に手を出した奴らの末路がよォ?」

男1「う、うわああああ!」
ダッ
男2「置いて行くなああああ!」ダッ

一通「チッ、くだらねェ」

9521「あの、」

一通「あン?」

9521「何故ここに、とミサカは当然の疑問をあなたに問いかけます」

一通「いつまで経っても実験場所に来ねェから、替わりに来た奴から場所を聞き出してわざわざ出向いてやったンだよ」
432 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:41:58.37 ID:mtc3moDO
9521「ですがこういう不足の事態には別のミサカで対応するはずでは、とミサカはマニュアルを述べます」

一通「ンなマニュアルなンざ知らねェなァ。俺は今まで順番通りぶっ殺して来たってのに今更順番が変わるのが気持ち悪ィだけだ」

9521「そうですか……」

一通「さっさと実験場所に行くぞモルモット」スタスタ

9521「あの!」

一通「うるせェな、まだなにかあンのか?」

9521「助けて下さってありがとうございます、とミサカは頭を下げます」

一通「はァッ!? なに意味の分かんねェこと言ってンだァ!? それともなンだァ? 脳みそに蛆でも沸いた欠陥品かァ?」

9521「いえ違います。ただ実験外でお世話になった人には礼をするものと学習装置にありますので、とミサカは正常な欠陥電気であることを正確に伝えます」

一通「そォかそォかァ……あァ、今日のてめェの殺し方が決まったぜェ」

9521「そうですか。ですが簡単に殺られるつもりはありません、とミサカはモルモットとしての責務を果たしたいと思います」

一通「そのイカれた脳みそを沸騰させてやるから楽しみにしとけよォ」

9521「そのような楽しみは必要ありません。……では当初の時間より42分23秒遅れましたが実験を開始します、とミサカはあなたに確認を取ります」

一通「さァて遅れた分、手短に済ませンぞォォォッ!!」バッ

9521(助けられるという経験をしたのはこのミサカが初めてでしょう。相手が誰であっても、このような貴重な経験を出来たミサカはそれだけで生み出された価値を感じることが出来ました。ありがとうございます……)
433 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:43:21.97 ID:mtc3moDO
番号はシチュはともかく約1万回の内に一回くらいはこんなことあったんじゃないかっていう妄想でした
434 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 22:49:03.56 ID:IGjM9YAO
切ねえけど良い……
435 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 22:51:00.17 ID:tXg1W9oo
GJ!!…だがどうしてだろう、涙が出てきたよ…
436 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 23:31:09.55 ID:eyV5kUSO


1レス貰うけど地の分付きで初めてSS書いたから、何かおかしなところ無いか確認して貰いたい。

437 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 23:32:17.46 ID:eyV5kUSO

必要悪の教会の女子寮廊下


「〜〜♪」

神裂火織は上機嫌だった。
それはもう、スキップどころかターンでもしてしまいそうな程に上機嫌だった。
しかしそんな気持ちをぐっとこらえ、部屋へ急ぐ。

(ふふっ、やっと届きました。しかし頼んでみるものですね)

上機嫌な理由はその手に握られてるビデオカメラにある。




十日前




その日、神裂は学園都市に赴いていた。
わざわざ英国からやって来たその理由とは一人の男にある『頼み事』をするためであった。

(しかし了承してくれるでしょうか……?)

神裂はその男が住む学生寮の部屋に向かいながら
『頼み事』を了承してくれるかが考えたが、悩んでも仕方がない。その時はその時だ、と考え目的の部屋のドアの前に立つ。

「ここに間違いありませんね……」

表札を確認し、チャイムを鳴らす。事前に確認をしたから部屋には目的の人物が居るはずだ。

「はいは〜い、今出ますよ〜、っと」

呑気な声と共に扉が開く。

「神裂? 一体どうしたんだまた何か起こったのか?」

出て来たその人物は上条当麻。当の本人は気にしてないが神裂にとっては返しても返し切れない恩がある人物でもある。
当麻は神裂の姿を見ると、また何か厄介事が生まれたのかと勘ぐった。

「いいえ、上条当麻。今日は個人的な頼み事のために来ました。」
438 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 23:35:31.19 ID:eyV5kUSO
投下してから分かったけどこれは、ちょっと短すぎるから判断に困るかな。
スマンもう少し書き溜めて来るべきだった
439 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 23:40:43.21 ID:IGjM9YAO
>>438
句読点とあと1つ

わざわざ英国からやって来たその理由とは(、)一人の男にある『頼み事』をするためであった。

当の本人は気にしてないが(、)神裂にとっては(いくら)返しても返し切れない恩

いくらを入れとかないと、微妙に日本語が通じなくなる
440 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/08(木) 23:55:34.93 ID:eyV5kUSO
>>439
ありがとう。俺の場合は句読点をつけすぎることがあったから、つけすぎないように気をつけたんだけど仇となったか…………

確かめてみたら(いくら)はただのコピペミスだったけど誤字脱字は気をつけるようにします。


ほ、ほんとに、コピペミスだったんだからね
441 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/08(木) 23:55:43.95 ID:vej7GsAO
いくらは漬けなくでも良いんじゃない?(´・ω・`)
ちょっとくどくなるし
442 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 00:45:53.85 ID:YnM6vPIo
>>437
「しかし」が多くね?
443 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 00:52:40.66 ID:qbI9rcAO
>>441
そこはくどくして良いとこだよ。大事な友人の過酷な運命を壊してくれた人物に向けての描写だから。
返しても返しきれないだと、2回ほど同レベルな事をしてやれば返せそうな感覚。
神裂にとってはそんなもんじゃ無いだろう。イクラを盛る事で、神裂を思いやりと義理堅さに長けた人物であると読者に理解を起こさせる事ができる。
444 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sagesaga]:2010/07/09(金) 00:57:40.29 ID:XrsyblQ0
>>443
へい、イクラ一丁!!
445 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 01:28:01.93 ID:WeV6LwAO
句読点は結局リズムでしかないから
本人のタイミングで付ければいいんだけど
もし気になるならインデックスさんの講座を聞けばいいよ!


それと、
@神裂火織は上機嫌だった。
Aそれはもう、スキップどころかターンでもしてしまいそうな程に上機嫌だった。
Bしかしそんな気持ちをぐっとこらえ、部屋へ急ぐ。

@で『上機嫌』って言ってるから
Aで使わなくても、『……しまいそうな程に』で十分伝わる

Bの『気持ち』ってのが上機嫌のことだと『こらえる』はおかしいので、
これは『スキップどころか……』に当たるのかな?
文にして説明するのは難しいから自分で考えてほしいんだけど、なんかわかりにくいよな


あと『〜た』が続くと違和感が出るので、『〜である』とか『〜のだ』を使えば抑えられるかも

内容はグッド
カメラのくだりとか、後々生きてきそうな事をあらかじめ持ってきてるし
読者は自然に世界に入りこむよ
多分
446 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 03:05:44.27 ID:MKw2R.AO
>>445

A ターンしそうな位だから強調として二回いれたんじゃ?

B 多分否定的な感情に使うのが混ざったと思う

>>437

句読点は間違えてつけたりしなければ好きな様にすればいいと思う

小萌「ここで練習問題ですよ〜。これが解ければ補習は免除です。」

問題
次の文章の適切な位置に句読点をいれなさい。

かんざきかおりさんじゅうはっさい。
447 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 03:27:07.35 ID:d/VIKD60
>>446
>かんざき、かお、りさん、じゅうはっさい。
神崎、顔、離散、十八歳。
448 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 07:17:55.21 ID:F30rJkDO
間違ってはい神裂
449 :Salvare000 :2010/07/09(金) 07:38:16.32 ID:qbI9rcAO
447を今すぐ叩っ切りに行っては駄目ですか!?文明社会の歪んだ暴力と認識しましたが!!すっぱり処分して気持ちの良い朝を迎えましょう!!
450 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 07:48:13.42 ID:F30rJkDO
連レス申し訳ない

読点は変なところにさえ付けなければリズムみたいなものだからあまり気にする必要はない

実際に上記の文も読点なくても普通に読めるでしょ? 読点は書き手や句点から句点までの長さ、地の文の対象となる人物で色々変わってくる


例1:読点は変なところにさえ付けなければリズムみたいなものだからさ、あまり気にする必要はないんじゃないのか、と上条当麻は思った

例2:読点は、変なところに付けなければリズムみたいなものですから、あまり気にする必要はないのでは、と白井黒子は思った
例3:読点は、変なところに付けなければリズムみたいなものですからあまり気にする必要はないのでは、とミサカは思った

例4:読点は、変なところに付けなければ、リズムみたいなものだから、あまり気にする必要はないんじゃないかな、と滝壺理后は思った


厳密には違うと思うけどニュアンス的にはこんな感じかと
そして文を書くのが上手い人っていうのは、段落や改行、句点の間隔がほぼ同じになってる場合が多い

もちろん要所要所では変わってくるけど、間隔がほぼ同じなことにより自然とリズムが生まれ読みやすくなり、場面や視点が変わってもすんなりと入っていける
逆にこの間隔を崩すことによって、緊迫感やスピード感などのアクセントにもなる



結論:ここは皆でオナニーする場所だから周りを気にせずオナニーすればいいんだよ!
451 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 08:39:43.54 ID:MsmgJrUo
あるいは句点を使用して文を一回区切るとか
(読点は、変なところに付けなければリズムみたいなものです。あまり気にする必要はないのでは)とミサカは思った。
452 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 08:43:40.98 ID:rw0bwUoo
ところで三人のヒーローについてなんだが
一通さんは敵を見下ろすのが
浜面さんは敵を見上げるのが
上条さんは敵を真正面から見据えるのが
それぞれ一番似合うと思うんだがどうかな
453 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 10:34:17.40 ID:F30rJkDO
どっかで見たけど、守るべき存在に対して
一方通行は自分だけ地獄に落ちる
浜面仕上は自分も一緒に地獄に落ちる
上条当麻は地獄から引っ張り上げる
ってのがしっくり来た俺からすると

一方通行は敵を真正面から見据える。悪党には悪党を、くそったれにはくそったれを
浜面仕上は敵を見下ろす。場面的には見上げてるけど、敵を見下ろしてないとあれだけのことは出来ないと思う
上条当麻は敵を見上げる。どんな相手にも立ち向かうという姿勢は相手が上、自分は下だからなる姿勢かなと
俺はこんな感じ
454 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 10:41:51.49 ID:rw0bwUoo
なるほどなあ
455 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 11:34:05.25 ID:TllP9EAO
上条さん、浜面に対しては同意だけど
一通は自分だけ堕ちるというよりは元から闇の中にいて、守りたい人間を闇から光の当たる世界へ押し上げるタイプな気も

一方禁書、上条打ち止めの組み合わせならどうなってただろうな
456 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 12:17:58.28 ID:Q4VyxQAO
すみません。5、6レス程お借りします。初アイテムSSなので、おかしな点などありましたら脳内変換よろしくお願いします。

それでは投下します。
457 :とある少女の熱血談義 [sage]:2010/07/09(金) 12:19:47.48 ID:Q4VyxQAO

「ですから、ここが超良いんですよ! ――って、聞いてますか浜面?」

「……お、おぅ」


浜面仕上は、正直ウンザリしていた。
このお決まりのファミレスで、以前より幾度となく繰り返されてきた、絹旗最愛による映画談義。最初は少し興味深いなどと思っていたが、それも今ではただの気の迷いだったのだと、浜面は確信している。

(
もうかれこれ三時間だぞ……)


しかも、同じ映画の話をぶっ続けで三時間。これは浜面でなくてもウンザリするだろう。どこぞの電撃ビリビリ姫なら、一時間経過した辺りで確実に雷が落ちる。


(……た、助けを求めよう)

浜面は絹旗に見えないように、こっそりポケットに手を入れた。その手に握られているのは携帯電話。手汗を滲ませながら、浜面はゆっくりメールの文面を打っていく。


(頼むぞ、滝壺……!)

そう、浜面は滝壺理后にSOS信号を送った。
手元を見ずに打ったメールで、果たして正しい内容を伝えられたかどうかは甚だしく疑問だが。


458 :とある少女の熱血談義 [sage]:2010/07/09(金) 12:21:41.50 ID:Q4VyxQAO

「……なんだか超上の空ですね。そんなんだから超浜面なんですよ」

少し携帯に集中してしまった浜面に、違和感を感じたか。絹旗は不機嫌そうにストローを加えて、勢いよくグラスの中に入っていたメロンソーダを飲み干した。


「……は、はは」


背中に冷や汗が一筋伝う。浜面はカップに入っていたコーヒーを一口飲むと、絹旗のグラスを持って席を立った。


「……え?」

「注いでくるけど、何がいい?」

「……じゃあ、コーラを」

「分かった」


絹旗は何やら少し顔を赤らめてもじもじしていたが、浜面はそれを大して気にも止めずにそそくさと席を離れる。それと同時に、タイミングよく滝壺から着信があった。


「……滝壺!なぁ、今すぐ来れないか?」

『……なんで?』

「なんでって……。メール送ったの見ただろ?」

『……はまづら、もしかして気付いてないの?』

「……は?」

『……そういうことなら、ちょっと行けないかな。ごめんね、はまづら』

「……へっ!?あ、ちょっと滝壺さん!?」


459 :とある少女の熱血談義 [sage]:2010/07/09(金) 12:23:01.40 ID:Q4VyxQAO

浜面の悲痛の叫びも虚しく、滝壺は無情にも浜面の蜘蛛の糸を容易く断ち切った。
浜面は携帯を握り締めたまま固まるが、とりあえず絹旗にコーラを頼まれていたことを思い出し、急いで注ぎに行く。


そうして、ようやく浜面がコーラを持って席へ戻ると、絹旗が手元にある何かを眺めながらニヤニヤしていた。


「……何見てんだ?」

「……!!」


浜面が声を掛けると、絹旗は慌ててその紙を隠す。見るからに怪しい、と浜面は絹旗を疑いの眼差しで見つめた。


「戻ってくるのが超遅いんですよ!全く、何をやっていたんですか!?」

「お前こそ、今何を見てたんだよ?」

「……! は、浜面には超関係ないです!」


再び絹旗は顔を赤らめながら答える。
ニヤニヤしたり赤面したりと忙しいやつだな、と浜面はそんなことを思いながら席に着いた。


「……なんで遅かったんですか」

受け取ったコーラをちびちびと飲みながら、絹旗は少し伏せ目がちに言う。
浜面が苦笑いしながら「トイレだよ」と言うと、絹旗は明らかに嫌そうに眉をひそめて「超浜面ですね」とだけ言って、再びコーラを飲み始めた。

460 :とある少女の熱血談義 [sage]:2010/07/09(金) 12:25:23.92 ID:Q4VyxQAO


「……あの」

しばらく沈黙が続いた後。絹旗が躊躇いがちに口を開いた。
浜面がまた同じ映画の話か! と身構えたその時。絹旗はゴソゴソとカバンを漁り、何かを取り出す。絹旗の手の中には、二枚のB級映画チケットが握られていた。


「こ、これ。今度一緒に見に行きませんか?」

俯き、震える声で絹旗が言う。いつもの横柄な態度は幻だったのかと疑うほど、今の絹旗は良い意味で女の子らしい。

(……ちょっと、可愛いかも)

そこまで考えて、浜面はハッと我に返る。


(何を考えている浜面仕上。相手はあの絹旗最愛なんだぞ?映画の誘いなんてただの偽装(フェイク)。目的はまた別にあるはず!)

そう思いながら、ちらりと絹旗へと視線を戻す。絹旗は依然として顔を赤くしたままもじもじしていた。


「あ、」

ここで、ようやく浜面は気付く。
絹旗が何をしたいのか。絹旗が何を言いたいのか。

それはきっと。







「……トイレ我慢してるなら行って来てもいいんだぞ?」


無論、その後に窒素装甲を纏った拳が飛んできたのは、言うまでもない。


〜終わり〜
461 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 12:27:33.75 ID:Q4VyxQAO
とりあえず浜面さんを上条さん化して浜面×絹旗が超書きたかっただけです。超オナニーです。
でも後悔はしてないです。

それでは失礼しました。

462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/09(金) 13:04:46.64 ID:F30rJkDO
乙!
最近は麦のん麦のんだけど絹旗も超忘れちゃいかんね



俺「えー、ただいま上の方で禁書目録3大ヒーローのヒロインや敵に対するスタンスが議論されていましたが、本人達に聞いた方が早いのではと思いインタビューをしてきました」

上条「スタンス? んー、俺は頭より先に体が動くタイプだからあんまり深く考えたことないな。それとヒロインてのは誰ですか?」

浜面「スタンスか……ただがむしゃらにやってきただけだからこれと言ったものはないな。ほら、俺はバカだし無能力者だからその場にあるカードで勝負するしかないんだよ」

一通「はァ? スタンスだァ? ンなもンは最初から決まってンだよォ。気に入らねェ奴はぶっ殺す。そンだけだァ」

俺「もっと突っ込んだ話を聞きたかったのですが、上条さんはスーパーの特売、浜面さんは行くところがあるとか、一通さんには膝カックンしたら殺されそうになったので逃げて来ました」
463 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 13:04:57.54 ID:rw0bwUoo
はまづらてめぇ・・・
464 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 13:09:55.89 ID:F30rJkDO
感想にオナニー混ぜた上に変に被らせてしまって申し訳ない
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 15:02:23.87 ID:F30rJkDO
3レスだけど原子殺し書いてきた。御坂が麦野に変わっただけだけど
466 :原子殺し :2010/07/09(金) 15:03:03.49 ID:F30rJkDO
上条「とっくばい、とっくばい、とっくばーい♪」

麦野「あれ、上条じゃん。機嫌良さそうね」

上条「げっ! BJK!?」

麦野「誰がビーム女子高生だっつーの! 私には麦野沈利って名前があるんだよおぉォォッ!!」ズギュン

上条「ひぃ!? おいおい、いきなりそれはねえだろ……」

麦野「ふん、どうせ効かないんだからいいじゃねぇか」

上条「はぁ、それで麦野さんは俺になんの御用でせうか?」

麦野「用って言うかたまたま偶然この辺を散歩してたら上条に会ったっていうか……それだけ……」モジモジクルクル

上条「そ、そうか。なら俺はこれからスーパーの特売があるからこれで」スタスタ

麦野「あ、ちょっと待ちなさいよ」ガシィ

上条「な、なんだよ?」

麦野「私も連れてってよ」

上条「はぁ!? 麦野さんが……スーパーに……?」

麦野「な、なにか問題であんの?」

上条「さてはあれだな!? 庶民で貧乏学生の俺を笑いたいだけだな!? ちくしょうブルジョアめ!」

麦野「そんなんじゃないから!」

上条「じゃあなんだってんだよ!?」

麦野「私は上条と一緒に行きゃああああああ!!」ズギュンズギュン

上条「うわっまてっ! 落ち着けてええええ!」パシィ
467 :原子殺し :2010/07/09(金) 15:03:56.36 ID:F30rJkDO
麦野「わ、私の手を!? むぎゅー」プシュー

上条「落ち着いたか……あれ? おーい麦野さーん?」

麦野「むぎゅぅ」パチパチ

上条「発光してる……」

――――

麦野(うーん……ここは? 膝? 誰の膝で寝てるんだろう? え、寝てる?)

麦野「んぇ?」パチ

上条「お、やっと目が覚めたか」

麦野「か、上条っ!?」

――ガツン

麦野「いたっ!」

上条「いてっ! 急に起きあがんなよ!?」

麦野「ご、ごめん。ていうかなんで私、膝枕されてんの?」

上条「……麦野さん、まさか覚えてないのか?」

麦野「えっとぉ……あはは!」

上条「はぁ、麦野さんが俺にビームぶっ放して来たからそれを封じるためにために手を握ったら突然倒れたんだよ」

麦野「あ、……ぁぅぁぅ」

上条「全く、能力使って倒れるとか貧血か? ちゃんと肉食ってるか?」

麦野「いや貧血とかじゃなくて……」

上条「なんだ、違うのか?」

麦野「そ、そう貧血気味だったの! だからスーパーに詳しそうな上条にスーパーに連れてってもらおうと思ってたの!」
468 :原子殺し :2010/07/09(金) 15:04:37.35 ID:F30rJkDO
上条「そういうことなら初めからそう言えよ」

麦野「あ、うん……」

上条「てっきり上条さんは麦野さんがモジモジして髪の毛くるくるといじり出すからまさかデートのお誘いかと思ったんですけど淡い幻想だったんですね……」

麦野「え、デー、え?」

上条「うわあああん! やっぱり変な目で見られたああん!」クネクネ

麦野「あ、いや、だから私は」

上条「皆まで言うな、自覚はある」

麦野「……はい?」

上条「さて、気を取り直してスーパーに行くか!」

麦野「だから、ちょっと待っ」

上条「ほら、急がないと特売の肉も売り切れちまうぞ!」

麦野「……」ワナワナ

上条「ん、どうした麦野さん?」

麦野「……人の話を聞けってんだよおおォォォッ!!」ズギュン

上条「なんだよまた!?」

麦野「かーみじょー!!」ズギュン

上条「あぶねっ!? あーもう、不幸だー!!」
469 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 15:06:07.03 ID:F30rJkDO
御坂?ファミレスで楽しんでるんじゃない?
470 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 15:10:12.06 ID:FAeI8No0
乙!
最高に俺得だ!!
471 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 15:39:19.51 ID:rw0bwUoo
美琴涙目wwwwwwwwww
472 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 16:06:58.94 ID:2zOLKpQ0
乙!
これはこれでありかもしれんww
473 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 16:23:41.33 ID:k07gBQDO
乙乙
麦のんと美琴が変わるということは
美琴がはまづらさんを追い回すのか…胸熱
474 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 16:26:39.73 ID:YzpVNEAO
ただし麦野さんは手加減出来ないので
上条さんは橋の上で穴だらけになって死にます
475 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 16:40:49.48 ID:sME5OQSO
MUGINONクローンか
476 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 16:42:02.02 ID:0GWAKAAO
>>473
そうなるとアイテムのリーダーは美琴か
つまり黒琴ンダか
477 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 16:48:16.41 ID:wXdkp0Uo
クロコトンダだって蛇か鰐みたいだな
478 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 17:27:07.08 ID:F30rJkDO
麦野の妹達って妙に口が悪くなってそうな気がする

麦野妹「――とムギノはテメェに問いかけやがります」
打止「――ってムギノはムギノはテメェに問いかけやがってみたり」
番外「やっほぅ、ブチコロシにきたよ」

これはこれでありだな
479 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 17:29:54.97 ID:esUMf.DO
ワーストに違和感が無い件
480 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 17:34:40.96 ID:YzpVNEAO
超電磁砲組とアイテムがまるごと入れ替わりですね
素晴らしい
481 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 17:36:17.74 ID:Q4tS34.o
ワースト逆に大人しくなってる説を一票
482 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 17:44:36.58 ID:F30rJkDO
麦野→御坂
フレンダ→能力的な感じで佐天かな?
絹旗→黒子。レベル4繋がりで
滝壺→初春。追跡系統として

あれ、違和感ないじゃん
483 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 18:15:18.52 ID:BrWs0wDO
流れを切って悪い。

1レス貰う。
484 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 18:15:54.52 ID:c.9xD1ko
浜面「これ以上保温したら死んでしまう………」
485 :神崎――聖人と呼ばれて女――(予告編) [sage]:2010/07/09(金) 18:22:30.29 ID:BrWs0wDO


神崎(まだガン牌をやめませんか…)
一方通行「…クソ、クソ!俺だって電極の電池さえあればァ…誰にも負けやしねえンだよォ!」


ロン…コクシダ。
神崎(ここにきて、自分のフォームを取り戻した…だ…と…)
ゴゴゴゴゴ
上条「…何もない…そう。運も牌も、何もかも。だからこそ、来る。国士無双が」


浜面「雨が来るなぁ…匂いがする…」


ロン!タンノミナンダヨ!
インデックス「かおり…ゴミも拾えば宝なんだよ」
神崎(くっ…これで六連荘…八連荘まで――)
インデックス「――…あと二つ」ニヤリ

そして、最終決戦へ。

アックア「ああ…我か…?俺はアックア…
この辺りじゃ、神の右席のアックアで通ってる」
486 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 18:23:54.38 ID:BrWs0wDO
終わり

哲也を見てたら、電波が飛んできた
反省はしている
487 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 18:24:16.46 ID:1plDj2w0
ねーちんの名前は神裂火織な
488 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 19:25:30.81 ID:BrWs0wDO
すまん。素で間違えたorz
489 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 19:35:31.91 ID:r4BT6UAo
べるぜバブの神埼だと思えば何の問題もないな

アックアさんマジ強そう
490 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 19:44:51.17 ID:Q4VyxQAO
魔術サイドの練習SSです。未だに魔術サイドのキャラの口調がいまいち掴めないです。何かおかしな点等があれば指摘下さい。

それでは、本日二つ目ですが投下させてもらいます。
491 :とある異国の台所事情 [sage]:2010/07/09(金) 19:47:49.29 ID:Q4VyxQAO

「……ピンチです」


その日起床した神裂火織の第一声は、酷く暗いものだった。

彼女は今、イギリス清教『必要悪の協会(ネセサリウス)』女子寮の台所にいる。正確には、先日学園都市より送られてきた炊飯器の前。
どうやら学園都市製の炊飯器はとても優秀らしく。ある友人曰わく「何でも作れるんだよ!ハンバーグだって餃子だって作れるんだよ!」とのこと。それを聞き、神裂は意気揚々と炊飯器を取り寄せたのだが。


「……使い方が分かりません」

優秀な炊飯器を目の前にして、まさかのお預け状態。かといって、迂闊に手を出しても更に状況が悪化するのは目に見えていた。


神裂は改めて件の炊飯器を見つめる。
炊飯器に付いているボタンの数は十前後。点灯ランプらしきものも五、六。神裂は眉間に皺を寄せて、炊飯器を更に凝視した。
だが、いつまで見つめても使い方が分からない炊飯器に対し、神裂は次第に腹立たしい気持ちを募らせていく。今すぐここで斬り伏せてやろうかとまで考えたが、直前で何とか思い留まることが出来た。

492 :とある異国の台所事情 [sage]:2010/07/09(金) 19:50:11.30 ID:Q4VyxQAO


「……いや、いつかきっと私の気持ちは伝わるはずです! さぁ、炊飯器さん! 私にご飯の炊き方を教えて下さい!」


すなわち、愛。
自分なりの愛を持ってすれば、いつかは炊飯器も心を開いてくれる。神裂はそう考えたのだ。



…………。


しかし、炊飯器は何も言わない。

当然だ。
炊飯器は喋ったりしない。いくら学園都市製でも。もしいきなり炊飯器が喋り出すのなら、それはもはや炊飯器の形をした別の何かである。


「炊飯器さん!」

それでも神裂は炊飯器に話しかける。

そして、そんな神裂の様子を見る人影が一、二。

(神裂さん、どうしちまったんでしょう?)

(あらあら、大変でございますね)


オルソラとアニェーゼ。
以前はローマ正教に所属していた二人だが、とある事情により今はイギリス清教に世話になっている。
そんな彼女たちは現在、イギリス清教きっての実力者であり、世界に二十人程度しか存在しない聖人でもあるはずの神裂火織の奇行に、多大な恐怖を覚えていた。

493 :とある異国の台所事情 [sage]:2010/07/09(金) 19:52:35.12 ID:Q4VyxQAO

(せっかく朝ご飯を作りに来たのでございますが……。どうしましょうか?)

(か、帰っちまいましょう。もう嫌な予感しか――)


そうアニェーゼが言いかけた瞬間。

事件は起きた。



――バチチチッ!!


「「!?」」

二人が同時に神裂の方を振り向く。見れば、神裂の目の前からは多量の煙が上がっていた。


「な、な……」

神裂は白煙を上げる元恋人の姿に、わなわなと体を震わせる。
ガックリと膝をつくと、神裂はそっと『彼』に触れた。


「炊飯器さん……」

そして、神裂はそのまま炊飯器を抱きしめると嗚咽まで零し始める。ここまで悲しまれれば、炊飯器としても本望だろう。

そんな悲しみに暮れる神裂の前に、オルソラはゆっくりと歩み寄る。
そして、そっと彼女の肩を叩いて、優しい声で言った。






「朝ご飯、もう作ってもよろしいのでございましょうか?」





お わ り
494 :とある異国の台所事情 [sage]:2010/07/09(金) 19:55:40.92 ID:Q4VyxQAO
とりあえず終わりです。
禁書二期に備えて、今後は魔術サイドのSSの強化をしていかなくてはならないなぁと思う今日この頃です。
科学サイドに比べて魔術サイドは書き辛いですので頑張らなくては……。

それではお目汚し失礼しました。
495 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:23:30.02 ID:O6y/w4ko
乙!

僭越ながら率直な感想を言わせてもらうと、オチも弱く物語りの起伏も少なく、全体的にただ淡々と流れていってるような印象を受けた
たとえば、学園都市の炊飯器という設定を利用して普通の炊飯器にはない変わった機能をいろいろとつけてみて、
それで神裂が困惑してしまう、みたいな場面を入れてみるだけでも、物語の起伏は作れると思う
あと、せっかくオルソラやアニェーゼも出したのだから、いろいろと絡ませてみるとより面白くなったかなぁと
キャラ崩壊がひどいのも考え物だけど、二次創作なんだからもう少しはっちゃけてもいいと思うよ
偉そうにごめんなさい。参考になればうれしいです
496 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:23:31.39 ID:r4BT6UAo
オルソラさん黒ェ……

これはもう炊飯器と洗濯機と自販機で家電戦隊スイハンジャーを結成せざるをえない
497 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:31:24.42 ID:F30rJkDO
乙!

魔術サイドは科学サイドみたいにポンポン能力が使えるわけじゃないしアニメでは魔術サイドの深い話まではいってないから扱いにくいよね
てか科学サイドのキャラの方がいじりやすい気がする。一通さんなんか頭の天辺から足の裏までいじれるしな
498 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:32:30.04 ID:wVnYGN20
>>496
スイハンジャーで検索してみ? まぁ責任はとらんが。
499 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:33:31.10 ID:rw0bwUoo
>>497
性的な意味?
500 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:35:46.09 ID:r4BT6UAo
あったのかよぅ 家電戦隊もあったのかよ
でも風呂ブラウンローラ、自販機ホワイト削板、炊飯グリーン黄泉川、洗濯機ブラック神裂、冷蔵庫ダーク垣根とかやりたいじゃんよー
501 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:39:01.33 ID:c.9xD1ko
実在したからなんだと言うのか。
心ゆくまで書けばいいじゃない。
502 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 20:46:56.15 ID:Q4VyxQAO
>>495

めっちゃ参考になりました!ありがとうございます。

一人オナニーも良いけど、人の意見もきちんと聞いて行かないとやっぱり上手い文章は書けないと思うので……。こういった指摘は凄い助かります。
とりあえず自分の文章は起承転結の転がかなり浅かったですね……。あとは、もっとよく理解しているキャラを出すべきでした。よく見たら、全然キャラが絡ませられていないです。

それでは、今後も精進していきます。ありがとうございました!
503 :禁書昔話・みにくいアヒルの子 [sage]:2010/07/09(金) 20:54:18.88 ID:c.9xD1ko
そろそろ昔話ネタも尽きてきたなぁ


とある湖にアヒルの親子が住んでいました。
子供は5羽。みんなかわいい能力者でしたが、なぜか1羽だけはみにくい無能力者でした。

子アヒル1(麦野)「かっこわるいわねえ、無能力者のあ〜ひる5ぉ」
子アヒル2(絹旗)「そんなんだから無能力者のアヒル5は超アヒル5なんです」
子アヒル3(フレンダ)「結局、無能力者のアヒル5は駄目って訳よ」
子アヒル4(滝壷)「だいじょうぶ。わたしはそんな無能力者のアヒル5を応援してる」

子アヒル5(浜面)「くそぅ……」

子アヒル5はいつもイジめられていましたが、子アヒル達が成長していくにつれ、大変な事がわかりました。
他のアヒル達は大人のアヒルになったのに、子アヒル5だけは美しい白鳥になったのです。

そう、子アヒル5は実はアヒルの子ではなく白鳥の子だったのでした。

麦野「かっこわるいわねえ、無能力者のは〜くちょぉ」
絹旗「そんなんだから無能力者の白鳥は超白鳥なんです」
フレンダ「結局、無能力者の白鳥は駄目って訳よ」
滝壷「だいじょうぶ。わたしはそんな無能力者のはくちょうを応援してる」

浜面「…………何も変わってねぇ」

めでたしめでたし?


















滝壺「ところでアヒル3って能力者なの?」
フレンダ「」ギクッ
504 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 21:04:42.59 ID:F30rJkDO
乙!

昔話ならMNWでミサったりすればネタはあるんじゃね?
日本に限らなくてもいいわけだしさ
505 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 21:05:54.41 ID:iEdbEjY0
なんといういじめられっ子
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 21:37:25.36 ID:BlDBQ.AO
ワロタwwwwww
507 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 21:42:23.48 ID:qbI9rcAO
アレなネタができて投下しようとリロードした時に限って、しっかり作り込んだ作品が投下されており自らのアイデンティティーが揺らぐ事態にそろそろ名前を付けるべき。

元ネタうろ覚えのため無理矢理詰めこみ1レス
ハイジ知ってる人どのぐらい居るのか……
508 :アルプスの少女トウマ 超ダイジェスト [saga]:2010/07/09(金) 21:43:10.79 ID:qbI9rcAO
カミナリはなっぜ〜♪私を追ってるの♪あの崖はなっぜ〜♪私を呼んでるの♪おっし〜えて〜お爺さん〜♪

トウマ「はじめまして! お爺さん!」


アックアお爺さん「トウマ、この椅子を使うのである」


トウマ「どうしたのミコトペーター?」

ミコトペーター「トウマー、俺ー、お前の事がぁー……」

打ち止めユキちゃん(着ぐるみ被ってるイメージ)「メェェ〜、メェェ〜ッエ、メェェエメェェエメッエエエ!!」

トウマ「ユキちゃ〜ん!」

ミコトペーター「う…」



アクセラレーターさん(ロッテンマイヤー)「よくいらっしゃいましたトウマァ。まずはその汚い服を脱いで清潔な服に着替えてもらいますゥ」

土御門セバスチャン「これはこれはトウマお嬢様♪ アクセラレーターさんのお怒りに触れぬ様、くれぐれもお行儀良くなさって下さいにゃー?」


トウマ「あら? あなたは?」

サーシャ「第1の回答ですが、私はサーシャです。第1の質問ですが、あなたはニューハーフですか?」


トウマ「お爺さ〜〜〜ん!!」

アックア「お帰り、トウマ」

トウマ「お土産よミコトペーター! ゲコ太ソーセージ!」

トウマ「お婆さんにはハイ、白パン!!」

姫神お婆さん「ありがとう。私にはこのぐらいが定位置」


トウマ「サーシャのバカぁ!!サーシャなんて大っキライ! いいわ、立てないっていうのなら、まずはその幻想をぶち殺す!!」

サーシャ「……第1の感想ですが、展開が早すぎて付いていけません」スクッ

トウマ「サーシャ? ……わーいわーい、サーシャが立ったー――――!!」


ほーら♪ あの子が駆けてくる♪ ヨロレイヨロレイヨロレイヨロレイヨロレイヨロレヒオ〜♪ ヨロレイヨロレイハッフッヒアホ〜♪
チャッチャチャチャン♪
509 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 22:00:09.38 ID:iUIcnqw0
ハイジ知らない人なんかいないんじゃないのかに…
カッコいいよアーデルトウマwwwwww
510 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 22:35:44.72 ID:Nj7VrgQo
今考えてるssが纏まらないorzまだプロローグ考えてるだけなのに……
吸血殺し、黄金練成、三沢塾、原石etc……原作でそんなに深く掘り下げてない題材で書くのは骨が折れる
三沢塾の構造とかアニメ見れば詳しくわかるのかな……
511 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 22:39:44.30 ID:rw0bwUoo
自分で掘り下げちゃえば良いんだよ
512 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 22:47:32.19 ID:Q4tS34.o
アーッ!
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:09:13.61 ID:Nj7VrgQo
>>511
想像力を鍛えて頑張ってみるんだよ
>>512
ちょっと公衆トイレいこうか
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:14:44.11 ID:F30rJkDO
原作で深く掘り下げてないからこそ妄想が活きるんだ

姫神とアウレさんがお互いのためという淡白な関係ではなく実は愛があったり!
それ故、上条さんのそげぶを姫神が止めに入る超展開にしてみたり!
インデックスから解放されたアウレさんが姫神をパートナーにしてみたり!
禁書目録と超電磁砲の裏の裏の右斜め45度くらいで活躍させみたり!
タイトルはとある原石の黄金錬金にしてみたり!

ああ、そうだよ! 最近終わらせたSSの次回作の俺の妄想だよ! ちくしょう俺に構わず先に書きやがって下さい俺得なので!
515 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:24:23.73 ID:Nj7VrgQo
>>514
ごめん軍覇姫神なんだ
考えてるうちにアウレさん救済、黄金原石ほのシリ物になってたんだぜ
そんなわけで、安心して>>514はアウレさん×姫神を書けばいいと思うんだよ!
516 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:29:37.11 ID:r4BT6UAo
何か尻押さえたおっさんが二人ぐらいトイレから出てきたんだけど
後原石勢は俺得なのでぜひ二人ともがんばっていただきたい。是非。

小ネタ 初春キャラ崩壊注意。

風紀委員支部

初春「♪〜」

黒子(何してるですの? って、……こ、これは!?)サアアアア

黒子は何気なく初春のPC画面を覗いたつもりだった。  のだが。

一瞬にして血の気が引いた。
もし、魔術師がいたのならば、『原典』と呼んだであろう「それ」。
PC画面に映し出されたのはあの殿方と白い最強が全裸で(自主規制)してる画像であった。
後ろに迫ってる黒子に気づいてない初春が、スクロールする度に新たな(自主規制)画像が下から上へと映し出される。

初春「……今年の夏は、楽しみですね…」ブツブツ

何だか金髪碧眼の青年と見覚えのあるいつかの根性馬鹿が頬を赤らめて(自主規制)なのとか、理事長と噂の災誤先生の濃厚な(超自主規制)なのとか、
精神的に眼球的に色々とくるような画像が、まるで死の直前の走馬灯のように画面の上でも、黒子の頭の中でも駆け巡る。
脳に焼きつく、それは原典と同じように、人を狂わせる――

黒子「………」バタン!!

初春「!? う、うわっ!? ……って白井さん!?い、何時の間にィ!?」ビクゥウウ

黒子「初春……、や、やめてくださいましぃ……」ヒクヒク

白井黒子は、その日、『死んだ』。
翌日からの彼女は、白井黒子と呼ぶにはあまりにもかけ離れた存在となっていた。



一ヶ月後、そこには元気にお姉さまと肩を並べる黒子の姿が!!


美琴「いやあ、あんたが倒れた時は驚いたわよ。」

黒子「あら、心配をかけてしまいましたわね……。」

美琴「本当、心配したわよ……。 でも、前より元気になったみたいでよかった。」

黒子「ふふっ、私、とある趣味ができたので。」

美琴「へぇ? どんな趣味なの?」

黒子「……お姉さま、『BL』ってご存知?」                END
517 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:32:22.49 ID:ykQe8Hco
百合なのに薔薇好きって何て言うの? バイ? 両刀?
518 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:32:38.79 ID:r4BT6UAo
……今見返したら注意書き足りなかった。
アッーネタ注意でしたの!

原典は広める者に力をうんぬん。
519 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/09(金) 23:39:11.38 ID:qbI9rcAO
原典に記された内容を行使する者は、耐え難き痛みを伴うという……アッー!!

それにしてもここはイカ臭いインターネッツですね
520 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/09(金) 23:40:55.33 ID:5q1OQKk0

ホモが嫌いな女子はいないということかー


それにしても21巻表紙楽しみだな
521 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 00:04:57.52 ID:lgonYiM0
金髪碧眼の青年って誰?
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 00:05:48.46 ID:bbvTN86o
オッさんに決まってんだろ
523 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 00:12:36.57 ID:J.KSWkAO
『点』ではなく『面』で刺激を与えてくる人か
524 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 01:40:28.84 ID:37HXxADO
なんか電波受信したから2レスもらいます
525 :学園戦隊!AIM! :2010/07/10(土) 01:41:07.17 ID:37HXxADO
悪党「おいおい、この女がどうなってもいいのか?」

女「きゃー! 助けてー!」

男「くそっ! 俺にはなにも出来ないのか……!」

悪党「は、その程度か」

――ババン!

悪党「あ?」

??「テメェに明日を迎える資格はねェ」

??「お前の腐った幻想は俺がぶち壊す」

??「そのイカれた頭、電撃翌流して直してあげる」

女「この声は!」

男「来てくれたのか!」

一通上条御坂「我らAIM、ここに参上!」

――デデン!

一通「さァ、観念しろよこの小悪党」

上条「今すぐその女性を離せ!」

御坂「あんたの悪事もここまでよ!」

悪党「ついに現れたなAIM! おいお前ら、殺っちまえ!」

雑魚共「イーッ!」

一通「はっはァ! 俺が戦いにならねェ戦いを教えてやンよォ!」

雑魚A「ひでぶ!」

上条「この俺の右の拳に、壊せない幻想はない!」

雑魚B「そげぶ!」

御坂「あんたらには本気を出すまでもないわ!」

雑魚C「あべし!」
526 :学園戦隊!AIM! :2010/07/10(土) 01:42:24.21 ID:37HXxADO
悪党「ちっ、役立たずめ!」

一通「残りはテメェ一人だけだァ」

上条「おとなしく観念しろ」

御坂「今ならまだ情状酌量の余地はあるわよ」

悪党「笑わせんじゃねえ! 来い! 俺の超科学兵器、未元物質! (巨大ロボット的なあれ)」

――キラン! ヒューン……ガシャン! (軌道衛生上からの投下)

悪党「俺この未元物質で学園都市を踏み潰してやる!」

一通「そうでなきゃ面白くねェよなァ。来い! 俺の打ち止めァ!」

上条「お前に学園都市を好きにはさせない。来い! 俺の禁書目録!」

御坂「皆の学園都市は私達が守る! 来て! 私の超電磁砲!」

――キラララン! ヒュヒュヒューン……ガシャシャシャン!

一通「合体すンぞォォォッ!」

上条「おう!」

御坂「ペダルを踏むタイミング合わせて!」

一通上条御坂「交差合体!! 絶対能力!!」

――ビカーン!!

悪党「今日こそはてめえらを倒してその超科学兵器を手に入れてやる!」

一通上条御坂「やってみやがれ! 三下!」

――――

土御門「これはなんだ、アレイスター」

アレイスター「学園都市にしか出来ないオリジナルの戦隊物を作ろうと思ってな」

土御門「なんのために」

アレイスター「これを売りして日本中から子供を集めようかなと」

土御門「……」
527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 01:42:54.41 ID:37HXxADO
AIMってのは下の頭文字ね
A→Accelerator
I→Imagine Breaker
M→Misaka Mikoto
能力的にMをMelt downerの麦のんにしようと思ったけどキャラが一通さんと被るからやめた
528 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 04:32:02.10 ID:EX3jX9Yo
熱いな

いや、暑苦しいな
529 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 05:16:40.00 ID:fjOSEcDO
>>519
亀で悪いが…
インデックスさんをバカにすんなよ!



一応、ヒロインなんだぞ
530 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 05:42:40.46 ID:wSCDqeAo
いやそれは精……ごにょごにょ的な意味でのイカ臭さだろ。
つまり(超超自主規制って訳よ)って事だろ
531 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 08:58:31.12 ID:BgEWsYAO
>>529ェ…
532 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 10:21:21.08 ID:37HXxADO
本家でdocomoが規制されたぁ
533 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 10:41:02.01 ID:QYZY/6DO
マジで?
今書き溜めてんのに…
534 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 11:00:59.32 ID:KJcQDVM0
最近勢いがないな
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 11:31:38.95 ID:37HXxADO
>>533
まぁここに投下すればいいじゃない

>>534
流行り廃りがあるからね。新刊の後とか二期やゲームの続報がくれば勢い出るさ



誰か「なんか投下少ない」
俺「小ネタだけど書いてきたよー」
誰か「乙。じゃあ続くかー」
誰か「乙、ワロタ、wwwwww」
俺(ちくしょう)

ええ、俺のセンスがないのは10万飛んで3000も承知してますとも
536 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/10(土) 11:49:24.61 ID:J.KSWkAO
 勢いが落ち着くのは自然な流れ、尋常じゃない進行速度は総合ができたばかり→よっしゃ書くか! & 作者の個スレ立てるまでも無いネタが爆発、それと春のVIPSSスレスト祭・GEP誘導によるもの。
 そして総合運営に関わる全ての人達のおかげ。

 勢いを上げるためにやれるのは新たに人を引っ張ってくる事だけど、総合もずいぶん有名にはなってると思うし効果は上がるだろうか。

俺は今の状態に特に不満は無いな。
537 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 12:06:09.82 ID:pJ3ZBkUo
まぁ、基本どこでも波があるんだよね
それでもここは賑わってるとこだと思うよ
538 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 12:46:48.20 ID:EX3jX9Yo
>>532
本家ってVIPのこと?

マジかよ……
539 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 13:09:46.78 ID:0uItD16o
規制されっぱなしのAUの俺に隙はなかった

多分今年になってから書き込めたの10日くらいだ
540 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 15:19:25.44 ID:bbvTN86o
ttp://dengekibunko.dengeki.com/img/main1008/1.jpg
21巻表紙
541 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 15:39:24.68 ID:ptpmZ2M0
浜面△
麦のんぱねえ
542 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 15:43:33.69 ID:QIrE3uco
浜面ー!後ろ後ろー!
543 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 15:51:29.56 ID:UEsu52AO
浜面、ただのアホなチンピラじゃねーか
544 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 15:57:01.69 ID:Fb/vulMo
浜面はもともとアホなチンピラ
自分勝手な理由で美鈴さん殺そうとしたのに
いつのまにか主役扱いになった
545 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 15:57:45.57 ID:3fS0D/Yo
よっしゃぁああ! これで滝壺も本格的にヒロインの仲間入りや!
あと浜面かっけえな。他の二人にはないかっこよさだ

たぶん2期のアニメ化で一時的にでもまた勢いが増えるさ
そのときは魔術側ssが増えてるといいなぁ
546 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 16:02:12.25 ID:ptpmZ2M0
浜面さんはアホなチンピラだけどかっこいい
かまちーお気に入りのキャラだし

しかしイケメンだな
547 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 16:20:31.43 ID:U9HbYW2o
ロシアみたいな遮蔽物なさそうなところでどうやって戦うんだろうな
それにしても楽しみだ
548 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 16:52:48.61 ID:v2AjkYMo
アックアがいるけど麦のん相手に共闘してくれるかどうか。
549 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 16:56:44.62 ID:tHezPTs0
アックアと共闘したら、麦のん即死だな
550 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 17:08:42.14 ID:YFc.3kDO
>>544
窮地に追いやったのは駒場で、条件持ち掛けたのは学園都市だし浜面に選択権なんてなかったけどな
まぁ結果的には依頼成功しなくてもスキルアウト存続できたみたいだけど
551 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 18:19:35.50 ID:37HXxADO
麦のんの声優誰になるんだろうなぁ。個人的には小清水で再生してるんだけど。結構ドスい良い声出せるから適役だと思うんだよなぁ
垣根は宮野以外に適役いるんだろうか

こういう話ってここではあんまりしない方が良かったりする?
552 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 18:20:36.47 ID:KPOOeGQo
>>551
本スレとか禁書板の方がいいかも?
553 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 18:25:47.43 ID:v2AjkYMo
本スレは駄目だろ。ラノ板の声優話は拒絶反応が凄い。
かといってアニメスレだとネタバレになるから、やっぱ禁書板だな。
二期についてのスレがあった筈。
554 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 18:30:14.86 ID:37HXxADO
本スレってか2chは携帯規制にOCN規制で無理。てか禁書板なんてあったのねサンクス
555 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 18:34:42.49 ID:c1ImATMo
>>553
ラノベ板の本スレはアニメの話題になってるときであれば問題ないんじゃないか。
今日なんかポケモンとかガンダムの話してたんだし。

順調にアニメ化していってもこのくらいのペースだろうから
垣根とか麦野とかの声優がわかるのってかなり先だと思う。
2010年秋 禁書2期(13巻まで?)
2011年秋 超電磁砲2期?(妹達編+オリジナル?)
2012年秋 禁書3期?(SS以降?)
556 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 19:02:00.68 ID:TypqYTso
レッサーは水橋なイメージ
557 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 19:02:26.09 ID:X3CTu5A0
超電磁砲二期はOVAだよね。それで妹編やるのかね
暗部の話は密かに映画化してくれると思ってる
558 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 19:21:27.87 ID:bbvTN86o
超電磁砲OVAはオリジナルストーリー
559 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 20:22:48.05 ID:L/ibgYDO
たった30分だもんな
原作もストック無いし妹編自体終わってない
560 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 21:17:19.33 ID:oysvKJ.o
小ネタ
麦のんのしつこさが彼を彷彿とさせました





麦野「麦野沈利!お前の存在に心奪われた女だ!!」


麦野「この気持ち…まさしく愛だ!」

浜面「愛!?」

麦野「だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる。行き過ぎた信仰が内紛を誘発するように!」


浜面「お前のその歪み、この俺が断ち切る!!」

麦野「よく言った、無能力者ァァァァ!」


黒子「いつの間にハックを?」

初春「朝食の前に☆」


一方「まさかオマエと共に、フォーメーションを使う日が来るとは思ってもみなかったなァ」

浜面「オレもだ」


上条「よぉ、お前ら満足か、こんな結末で…………オレは嫌だね」
561 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/10(土) 21:26:06.66 ID:djevs9co
上条さん・・・( ´;ω;` )
562 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:15:18.24 ID:Y.e4loDO
声優なんて聞いてるうちに違和感なくなるし誰でも同じ。ほくろもそんな感じだったろ
563 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:31:14.15 ID:GSymAwAO
ちょいと二つ程聞きたいんだけど
一方さんに閃光玉やでかい音による攻撃って有効なのか?
それと絶対能力進化実験っていつから始まったって明記されてたっけ?
564 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:35:17.41 ID:l/CZ8H2o
聞かない。
意図的に音のベクトルを操作してるし
光も可視と不可視を分けることができるはず。
565 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:39:37.61 ID:A8ANs46o
>>564
その説明だと不意をつければ効くと言ってるような
566 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:42:09.62 ID:l/CZ8H2o
いや、だからある一定の音量以上を規制することも
一定の熱量を規制することができるはずだって言いたいわけだ。
だから髪の毛も白くなるし、目も赤くなってるだろ?
紫外線だけをカットしてる結果がアレだよ
567 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:45:30.28 ID:cwhIQdEo
どこのスレを見てその質問をするに至ったのかは大方想像がつくが
そんなもんお話の都合でどうにでもなるだろ
568 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:46:41.22 ID:Oa3kSEAO
おそらく大抵の奇襲は妹達バトルで学習済みなんじゃね?
この辺は実験内容の逐一描写が無いから各自の判断に任されるだろう
569 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:50:05.48 ID:l/CZ8H2o
まぁ話を作るなら

「これは……対一方通行蹂躙極秘資料だと?内容は……一方通行のパーソナルリアリティ、演算思考を分析した結果、ある一定の(ry
 誰だよ。こんなの作った奴は――資料製作・木原」
と言う木原くんが自分用に作った資料を偶然(襲わせたい人間に)見つけさせれば、それでいいじゃないか
570 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 00:54:19.19 ID:GSymAwAO
>>569
なる程なww

答えてくれた人ありがとう
571 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 01:31:19.52 ID:ogvHib.0
しかし色素のない一方さんはこのままだと紫外線で皮膚ガンになるよな
572 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 01:33:53.10 ID:IirE2UY0
今でも紫外線はきっちり反射してるよ
573 :ズレてるかも [sage]:2010/07/11(日) 02:15:33.72 ID:x2sNNXk0
                      , --..、
                     //Oヽ:::\
                    /:人:::::人:::::`ー..、
                  </:::::〉〉_マ/ハ::::乂ノ        ト、,.イ__,.イ
                  (乂:/::〈:::::::::::::〉:V )ノ       ,.イ ノ///∠ 二 Z_,.イ
                   `八:::∧::::::::::r、\       /レ'  /∠___ 二二\_
                    /:::/ /:::::::::::\::::\  _ト、レ'´         ヽ  ―<
                      /:::/ /::::::::::::::::::::\》》   >―             `ヽ_\
                       〈-、〉/::::::::::::::::::::::::::::\∠ イ///             ヽ  ̄
                   《《_/::::::::::::::::::::::::::::::::/ | / ∧/ |  i          ヽ ヽ_>
                     〈:::::::::::::∧:::::::::/  jイ Nハ/ト、!  ト、!_ヽ         ハ
                      ,-、,-、_ハ:::〈  `ーレイハ代心ト、ト、ヘ ̄「ヽ  !     ト、リ
              ヾVYフフ、 _,/、⌒)、_)、_ヽ_〉-、 イハ i{  ´, `  ィ茫ミ!  ヽゝ ヽ  jハ乂
             ≫て   /: : : : / v \ V> .、__j乂ハ  r' '  ゙ー jハ  /  「 ヽノ
             彳   / : : : /_   _ < O< \.>| ト、`      イ /ハト、 ハ! 个ヽ
                {{    {: : : /「ヽ 〉 //] |/\|ヽ >V .! ヾヽ   u  V/ソ!   | 从ヽ
             `ミ州∧: :/  > O <     /,.イ:::人 ` ``  ,. イ,不    ト、 「 `
              〈:.:.:.\Y  L/ r个i   v / ,.イ,斗ハ | >‐< / ∧{ ト、ヽ.从_,
               `<_」 v    レ^   / /jハ,.ィ'Yイ | ト、|ハ /_,.∠  >―〈
                  j / ̄ _ 二二,.壬=ミ fリ {::| | レ><―――-< ハ
                   {__/ ̄    ./,.ィ示`  ` Yゝ レ'´ ̄>≦二`ヽ : \ ト、
             、__//        /:代ソ   `ソ八ハ: : : ://: /,.ヘ: : \: :\_ハ
       V//    `>::/:{    _,. イ:::::| ゙゙   ,. ∧ハノ: //: //: : : ヽ: : \: : : 〉
       ヽイヽ.  `-イ/,.ィノ77ハ:::::/∧!::从 __'_/∠二 /: : ://: : : : : : :}: : : ハ:/
         `ーz`ーz‐'Z7爪V〃{{ レイ{乂∧_>< ̄: : ≦二二/: : : : : : : : / : : / : }
              r' ̄ 乂{ ̄/  ヽ/―――< >'´: : : : : : : : : : : : : : : /: : : /<
              {       {    { ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/^ヽ :ヽ
              ヽ_介ー-、!    '.: : : : : : : : : : : : : : : : : :,. <  ̄}}´: : : : /- 、 ヽ.|
                 | `77 ヽ ヾ  ヽ: : : : : : : : : : _,.イ: : : : : : :〃: : : : /<> ヽ |
                 | //   `ー―‐>― '´ ̄  ・ ・` <__〃_>< ≡ <> ヽ!
                 |         /        ・ ・ ・ ≡<>≡Z o <≡<>/
                 |          {    _,. -― ・ ・ ・ ≡<>≡ _M  /
                 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ヾ  ∠ r―- _・ ・ ≡<>≡  >―'´
                 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   ノ: : : : : : : : ̄:77―‐ァ―'´
               ,.イi i ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・/ |:へ、: : : : : : 〃: : :∧
                 { ヽi i i i i i i i i i i i i i/  |: ヽ ニニニ{{: : : :/ :}
            _,...∠ ̄ヽ  、_      /=彡ヘ: : : : : : : : :》: : : ,.イ
          /W <二ヽ  `ー―<></「「「∧ヽ: : : : : : : ||: : : : ノ
           / <> W     ヽ i i i i i i i ハ」」」∧∧〉: : : : : : }}_,. イ }
          ∧W <> W  <二ヘ <二/ |___\___,. イ } } } イ
          〈 ∧ W <> W <二><二>:|} } } } } } } } } } } -‐< 
574 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 02:38:48.41 ID:QvKX7OIo
>>573
仕事はええwwwwww
575 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 06:44:18.12 ID:Oa3kSEAO
>>573
ショ・ウ・サ・ン・カ・ク・テ・イ・ネ

な〜に抱きあってドラマしちゃってるのかにゃ〜ん?は〜まづらぁ。
滝壺ちゃ〜ん?ウサギちゃんみたいねー、盛りやがって。
2人まとめて後ろから腹の奥まで突っ込んでやろーかぁ?
さっさと沫吹いて逃げてみろよオスとメスゥ!!!
576 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 08:10:27.05 ID:pJrOstQo
左手治ってるっぽいのに目は治ってないんだよな
たぶんあの目からもビームでるぞ
577 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 08:38:25.73 ID:Busf/O20
最新刊で盛り上がってるけどねーちんを書きたくなったから4レス書いてきた
ここも携帯規制入ってるみたいだし、もしもしには辛くなってきた。だからファイルシークで無理矢理頑張る

設定としては原作から1年後くらい。神裂がサプライズでインデックスに会いに行くという設定です
578 :神裂「やって来ました学園都市!」 :2010/07/11(日) 08:39:38.36 ID:Busf/O20

上条「おう、久し振りだな神裂」

神裂「お、遅いですよ上条当麻!」ゲシゲシ

上条「悪い悪い。来る途中の信号に全部引っ掛かってさ。ん? なにやってんだ神裂?」

神裂「私、にも、分かりません。この、変な、ドラム缶、みたいなのが、離れなくて」ゲシゲシ

上条「はあ? ちょっと見せてみろよ。……あーこの掃除ロボ、スーツケースのアクセサリーかなにか吸い込んじまったみたいだな」

神裂「なっ! そしたら尚更これをどうしかしないといけませんね!」ゲシゲシ

上条「お、おいそんなに乱暴に扱ったら……」

掃除ロボ「ケイコク、ケイコク」

神裂「ドラム缶が喋った!?」

上条「だあっ! 言わんこっちゃねえ!」

神裂「わ、わわわ私、どうしたららら!?」アタフタ

上条「落ち着け神裂! ええぃこうなったら! お隣さんの義妹式掃除ロボしつけ術、半接状態<ハンクラッチ>を使うしかねえ!」

――ポチットナ?

清掃ロボ「ケイ、ケイ、ケーイ!?」

神裂「ひぇ!?」ビク

上条「今のうちに逃げるぞ神裂!」

神裂「ままま待って下さい上条当麻! 私を一人にしないで下さーい!」ペタン

上条「はあ!? ってなに腰砕けてんだよ……あんたはそれでも聖人ですか!?」

神裂「そ、それは今関係ないでしょう!?」

掃除ロボs「イジョウカクニンイジョウカクニンイジョウカクニン」

神裂「ひぃ!? ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」ガクブル
579 :神裂「やって来ました学園都市!」 :2010/07/11(日) 08:40:47.68 ID:Busf/O20
上条「だめだこいつ……早く、なんとかしないと。神裂、スーツケースをしっかり抱えてろよ!」

神裂「は、ひゃい!」

上条「ちょっと静かな所まで突っ走りますから暴れないでおくんなはれ!」ガバッ

神裂「ひぇ!? まさかこ、この体勢で走るのですか!?」オヒメサマダッコー

上条「そうだ! 女性一人+αを持ち上げられないほどヤワな体はしてませんよ上条さんは!」ダッ

神裂「ですがこれは大変恥ずきゃん!」

上条「口閉じてないと舌噛むぞォ!」ダダダダダッ

神裂「――っ!? ――、――!」

掃除ロボ「ジャッジメント、ジャッジメント」

――――

上条「はぁ、はぁ。ここまで、くれば大丈夫、だろ」ゼェハァ

神裂「大変な目に遭いました……」

上条「なんか年々機械音痴が進んでるんじゃないか?」

神裂「うるっせぇんだよ! それに私はまだ19だ!」ガバッ

上条「分かってるって! 冗談だよ冗談! だからそのブン投げようとしてるスーツケースを下ろしなさってはいかがでしょうか!」

神裂「……ふん」

上条「ほっ。にしても二泊三日なのに、なにをそんなに詰め込んで来たんだ?」

神裂「インデックスが前に読みたいと言っていた本とお土産のお菓子が沢山」

上条「……」

神裂「ああ、もちろん私の分もありますよ!? 女性はなにかと入り用ですからね!」
580 :神裂「やって来ました学園都市!」 :2010/07/11(日) 08:41:47.05 ID:Busf/O20
上条「いやいや、そういうので言葉を失ったわけではなくてですね」

神裂「……はい?」

上条「そんなに持ってくる物があるなら向こうから送れば良かったんじゃないのか?」

神裂「え、送る? え?」

上条「ほら、極普通に宅急便的なもので……」

神裂「そんなことが出来たのですか!?」ガシィ

上条「あー、まぁ、そりゃもちろん」

神裂「何故、周りは誰一人教えてくれなかったのですか!?」ユッサユッサ

上条「俺にそれを聞かれましてもぉ……(あぁ、きっと生暖かい目で見てたんだろうなぁ)」グラングラン

神裂「……で、す、が! 私一人、正規のルートで学園都市に辿り着けたことは大きな進歩です!」

上条「掃除ロボに惨敗してたけどなー」

神裂「あ、あれはあのドラム缶が悪いんです……」

上条「そういえば最近、コスト面や安全性がクリアされたみたいで近々全世界に向けて売り出すらしいぞ」

神裂「ぜってぇぶった斬る!」

上条「神裂が言うと冗談が冗談に聞こえないからやめてくれ……」

神裂「冗談ではありませんよ! あんな恐ろしいドラム缶は私がこの手で必ず……!」

上条「はいはい。それじゃあそろそろ行くか」

神裂「あ、はい。それもそうですね」

上条「あんまり外にいると何にも知らないインデックスが暇を持て余してひょっこりどっか遊びに行っちまうかもしれねえしな」
581 :神裂「やって来ました学園都市!」 :2010/07/11(日) 08:42:42.82 ID:Busf/O20
神裂「はい。それであの、そのぉ……ですね」

上条「ん、家のことか? だから俺は友達の家に泊まりに行くから気にすんなって。自由に使ってくれ」

神裂「それもそうなんですが、先程の……」

上条「先程の? あー。あれも別に気にすんなよ。今頃常盤台のジャッジメントが無駄に報告書を書いてるだけだろうし」

神裂「ではなくてですね……。……あぁ、もうっ! 助けてくれて感謝しまし!」

上条「……もしかして、噛んだ?」

神裂「〜〜っ」

上条「あ、うん。なんか可愛かったから上条さんは許す!」

神裂「か、かわっ『あれ、かおりだ!』」

神裂「インデックス!?」

禁書「あ、とうまも! ねぇどうして二人は一緒にいるのかな?」

上条「はは、インデックスにサプライズするつもりが逆サプライズになっちまったな」

禁書「さぷらいず?」

神裂「お久しぶりです。インデックス」

禁書「ひっさしぶりなんだよ!」

上条「それじゃあ後は二人で楽しくやってくれ。またな」ピッ

禁書「とうま?」

神裂「訳は後で話します。さぁ行きましょうインデックス」

禁書「? よく分からないけど分かったんだよ!」

神裂「ふふっ、なんですかそれは」


終わり
582 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 08:43:21.67 ID:Busf/O20
docomoかしこも規制規制ってちくしょう!
583 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 08:46:44.60 ID:JzppMZ.o
乙、全体的に中途半端な感じがするからギャグ路線ならもっと笑いどころを入れた方がいいかも


山田君>>582の座布団2枚取りなさい
584 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 09:06:43.78 ID:gS0IkEg0
俺は面白かったよ!

>>583
そこは木原君にすべきだろう
585 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 09:08:20.08 ID:JzppMZ.o
>>584

木原君じゃ命を取りかねないだろ
586 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 10:08:34.25 ID:Lau4KADO
>>585
だ(ry
587 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 10:42:12.49 ID:Oa3kSEAO
実に良かった。ところでそのスーツケースにはこの衣装が入ってるんだよな?
http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201006140714490006.jpg
588 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 10:57:53.09 ID:k9gMe9Yo
一年の間にどれだけ技術革新が進んだと思ってるんだ
そんなものはもはや過去の遺物よ
589 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 11:13:32.48 ID:t9h1kkDO
のくす牧場ェ…
590 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 11:41:42.58 ID:Lau4KADO
のくすに何が起きた
591 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 13:36:06.34 ID:pGjSClU0
の…のくす !?
592 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 13:48:19.77 ID:wvbUiwE0
三村「せ、せっくす!」
593 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 15:56:00.07 ID:n3SGem6o
http://2d.moe.hm/index/img/index2396.jpg
594 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 15:57:42.92 ID:n3SGem6o
http://2d.moe.hm/index/img/index2393.jpg

間違えた
でかいの
595 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:01:33.93 ID:ekepxcEo
とある第一位と魔術師  小ネタ

ジュウウワアアアアアアアア

快晴!
夏休みなのか、学生が多い繁華街。

一方「あぢィ。」グダー

一方「何でこンなあぢィンだよォ」トボトボ

一方「こンな時にアイス買ってこいとかいってくンじゃねェよ……クソ御門めェ……」フラフラ

一方「……決めた。もう決めたァ!もう反射全開にしてやるしィー」グイッ

ON!

モワッとした熱気やら紫外線が反射され、モワッと周りに広がる。
当然そのあおりは周りの人が受ける訳で。

オッ「ぐわっ!?」ビッカアアア バタン

フィア「何だこの熱気は……」モフワアア バタン

ロー「あつさがさらにあがってるけるのよ!?」モッワアアアア バタン

強烈な日差しやら熱気やらを受け、主に三人が犠牲となった。
その倒れ伏せた三人を見て、自らの行為に後悔した一方通行は、
「これほっといたらめンどくせェ事なるよなァ……」
と思いつつ、適当なカフェにでも連れて行く事にした。

===

オッレ「いやぁ助かった、急に倒れた所を助けてくれるなんて親切だな君も。」

一方「あ、いやァ……(俺のせいだって事気づいてねェのか?)

フィア「……別に俺様は見ず知らずの誰かに助けられなくても自力で何とかなったし……」ブツブツ

ローラ「学園都市とは魔術無しでこんなに快適空間になりけるのね……! 今度アレイスターにえあこんとやらを所望してみる事になりける!」

一方(何だこいつらァ……変な奴だなァ) むー

ちなみに店員から見ると、一方通行も十分変な人で、オッレルスが見た目としてはまともな方である。
それはともかく。

一方「……何か頼めよォ」

さすがに水だけでだらけておくのは色々と社会と店員の視線が痛いだろうと思い、注文をすすめる。
ちなみに既に周りの視線は痛いほどつきささっている。
596 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:02:08.18 ID:ekepxcEo
オッレ「いや俺は金ないし……」アハハ…

フィア「……別に注文する必要はない、ここを出てけばすむのだから……別に金持ってきてない訳じゃないぞ」フラフラ

ローラ「ここはポンドやらユーロやらは通用するのかしらね?」

一方「……いや俺が払いますゥ。後そこの赤いの無理すンなよォ。熱射病予備軍だろオマエ」

一方(……何だこいつら、見た目的にガイコクジンってのは分かるけどよォ……常識なさすぎだろォ)

とりあえず遠慮がちにオッレルスが一番安い烏龍茶、ローラが豪勢にココアフロートとパフェ、フィアンマが赤にそろえたいのかトマトジュースを選ぶ。
一方通行はいつものコーヒーを頼んで、様子を観察する事にした。

***

一方(全員飲んだか……さてと)

一方「……どうやって学園都市に来たンだよォ?」

全員「えっ」

一方「えっ、じゃねェよ。 どうやってここまで入ってきたンだ?」

ローラ(学園都市とやらがどんなのか見るために)

オッレルス(原石を守るために(=第七位ボコる))

フィアンマ(幻想殺しを俺様直々に回収しに)

ローラフィアンマオッレルス(……違法侵入なんていえない)サアアアア

一方「……何でオマエら顔そむけるンですかァ!?」

オッレ「いや、その!」

ローラ「そこは聞かれとうないというか!」

フィアンマ「事情があるんだよ」

一方「何か息ぴったりだなァ!? 何か学園都市にテロ目的で来たンなら、警備員に突き出すぞ」

全員(((それは困るッ!)))ヒイイイイ

一方「……つか何をたくらンで……って」prrrrrrr

ローラ「? 誰の携帯かしらね?」

一方「俺だよォ……つか『土御門』からかよォ」ヒョイ、ピッ

ローラ(……つちみかど!?)モシヤ!
597 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 16:02:24.78 ID:Busf/O20
山がない?オチがない?つまらない?関係ねぇ。かあぁァんけぇねぇェェんだよおォォッ!
オナニーを披露していい場所でオナニーを披露してなぁにが悪いってんだよッ!

すいません11レスもらいます
598 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:02:50.55 ID:ekepxcEo

一方「何か仕事か?」

土御門『いや、そうじゃないんだが……、ちょっと人を探しててな』

一方「人探しィ?」

土御門『あー、何か髪の毛がすっごい長くて金髪で目が青いババァだ。』

ローラ「ば、ババァ!?土御門ぉおおおおお!!許しませんのよ!」

一方・土御門『!?』

一方「おい、知り合いかこの女と?」アセアセ

土御門『し、知り合いも何も……と、とりあえず変わってくれ!』アセアセ

一方「ほらよっと」ヒョイ

ローラ「……土御門!ひひひひっひ人をババァ呼ばわりとは何事よ!?」

土御門『ひ、ひいいいいい!? ま、まさかこんな所にいるとは思わなかったんだにゃー!』

一方(だにゃーってお前……だにゃーってお前……)ウワー

土御門『そ、それに勝手にそっちがイギリスからここに来たのが悪いんだぜぃっ!おかげで最大主教がいなくなったーってこっちまで狩りだされるし!』

フィアンマ・オッレ(最大主教……?)ピクッ

ローラ「ちゃんと神裂やらステイルに言ったはずなるよ!」

土御門『≪サンタコス買いに行ってきます☆≫……あれのどこがこれに繋がるんだにゃああああ!!つーか今すぐイギリスへ帰れッ!今すぐ!』ピッ

ローラ「……あら、きれてしもうたようね?」ヒョイ

一方「あンなハイテンションな土御門初めてみたぜェ……。」ヒョイ

ローラ「というかあなたも土御門の知り合いなるのね? 魔術師でもないみとうけど」

一方「マジュツシってのが何だか知らねェけど、ただの仕事仲間だな。 ……というか帰った方がいいンじゃねェのか?」

ローラ「金は行きの分しかもっておらぬのよ!」フン

一方「いやそこ威張る所じゃねェから!」

====
599 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:03:02.36 ID:Busf/O20
初春「ちょっと意味が分からないです」

佐天「だからはむはむだよ、はむはむ!」

初春「ですからそのはむはむが分からないんですよ」

佐天「百聞は一見にしかず! 実践あるのみ! てぃや!」

初春「やんっ」

佐天「……どう?」

初春「特になにも感じませんが……」

佐天「うーん? そうだ、はい初春」スッ

初春「手がどうかし……っ!」

佐天「我慢しなくていいんだよ?」

初春「が、我慢なんて」

佐天「ほれほれ」

初春「はむ!」

佐天「おお!」

初春「はむはむ!」

佐天「あはは、くすぐったいよ初春!」

初春「はむ、はむーん」

佐天「それ以上はむはむしたら手溶けちゃうから終わり! てぃや!」

初春「はっ! もう、私で遊ばないで下さいよ佐天さん!」

佐天「ごめんごめん。でも、はむはむしてる初春可愛かったよ!」

初春「からかわないで下さいよぉ」
600 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:03:30.65 ID:ekepxcEo
えっどうしよう これどうすればいいの
601 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:03:40.84 ID:Busf/O20
御坂「やっほー遊びに来たよ」

白井「遊びにってお姉様、ここは溜まり場ではありませんの」

御坂「たまに手伝ってあげてるんだからいいじゃない。ほら、佐天さんもいるし」

佐天「お邪魔してまーす!」

白井「あなたまで! まぁ、いつも通りといえばいつも通りですわね」

初春「二人とも聞いて下さい、佐天さんがまた能力に目覚めたみたいなんですよ!」

白井「またとは随分メタなことを仰いますのね」

御坂「へぇー、どんな能力?」
佐天「思わずはむはむしちゃう能力です」

御坂「はむはむ?」

白井「ですの?」

初春「私もよく分からなかったんですが使われてみれば分かりますよ」

佐天「どうです? 試されてみます?」

御坂「うーん……はむはむってなんなのか気になるから試されようかな」

白井「お姉様がよろしければ私も構いませんの」

佐天「それじゃあいきますよ。てぃや!」

御坂「……」

白井「……」

初春「どうです?」

御坂「特に変わりは……っ!」

白井「私も特に変化は……っ!」
602 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:04:19.82 ID:Busf/O20
佐天「二人とも我慢しなくていいですよ。ここには私達しかいませんし」

御坂「が、我慢なんか」

白井「お姉様、私……我慢出来ませんの!」ガバッ

御坂「ちょっと黒子! あん、そんなにはむはむされたら私も……!」

白井「ご一緒にはむはむしましょう、お姉様?」

御坂「黒子ぉ……」

白井「はむはむ」

御坂「はむぅ、はむっ」

佐天「ある程度予想は付いてたけどまさかこうなるとは……」

初春「お互いの首筋をはむはむしあうなんて……えっちですね……」

白井「お姉様ぁ……もっとはむはむして下さいましぃ……」

御坂「いいわぁ、もっとはむはむしてあげる……」

白井「あぁん!」

初春「佐天さん、このまま放っておいたらまずいんじゃ……?」

佐天「白井さんには悪いけどまずいよね。すみません二人とも。てぃや」

御坂「! 私ったらなにを!? あひっ! ちょっともう離れなさいよ黒子!」

白井「能力がなくたって私はお姉様をはむはむしたいですの!」

御坂「黒子おぉぉぉ!」ビリビリ

白井「あーん! 最高ですのお姉様ぁん!」

佐天「逃げよう初春!」

初春「へ? あ、ちょっと引っ張らないで下さいよ佐天さん!」

御坂「ちょっと二人とも逃げないの!」

――――
603 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:04:57.94 ID:Busf/O20
――――

佐天「ここまで来れば大丈夫かな」ゼェハァ

初春「逃げる必要があったんでしょうか?」ゼェハァ

佐天「御坂さんのどぎついお怒りをもらいたくないし、それに初春だってうまくそそのかしてたじゃん」

初春「な、なんのことですかぁ?」

佐天「私には分かるんだよぉ? 初春がく、ろ、いってことがね」

初春「い、いやですねぇ佐天さん。あはは……」

佐天「初春のマリアナ海溝もまっく『言わせねェよ!?』」

佐天「初春の花弁もまっく『言わせないよってミサカはミサカは言葉を遮ってみたり!』」

佐天「なんなんですか!?」

一通「それはこっちの台詞だっつゥの! 真っ昼間からなァにを言ってるンですかァ!?」

打止「そうだよってミサカはミサカは何故か意味が分かってしまうことに自己嫌悪しながら同意してみる」

初春「お二人とも助かりました!」

佐天「誰かと思えば一方通行さんと打ち止めちゃんじゃないですか。お久しぶりです」

一通「……よォ」

打止「お久しぶりですってミサカはミサカは丁寧にご挨拶してみる」

初春「やっぱりお二人はいつもセットなんですね」

一通「そォかァ? まァ、ガキの世話は保護者がしっかりしねェとなァ」

打止「ガキじゃないもん! ってミサカはミサカはぶーたれてみる」

佐天「あ、そうだ。私、ついに能力者になったんですよ!」
604 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:05:34.47 ID:Busf/O20
一通「ほォ、またか」

打止「メタ発言きーんしってミサカはミサカはあなたの口元でばってんを作ってみたり!」

初春「凄く珍しい能力で一方通行さんも驚くと思いますよ?」

一通「へェ……どンな能力なンだ?」

佐天「思わずはむはむしちゃう能力です」

打止「はむはむ?」

一通「だァ?」

初春「そうなんですよ。やっと能力に目覚めた佐天さんのためにも是非協力してくれませんか?」

佐天(なんて真っ黒な娘なんだろう……)

一通「けどなァ、そンな得体のしれねェ能力のために協力すンのもなァ……」

佐天「御坂さんは協力してくれましたよ」

一通「超電磁砲が?」

佐天「はい」

初春「それで御坂さんは『私じゃよく分からないから一方通行に頼んでみたら? 学園都市最高の頭脳なら分かると思うわ』って言ってました!」

佐天(一言も言ってないよ黒春! じゃなかった、初春!)

打止「お姉様の提案なら無碍には出来ないねってミサカはミサカはあなたを見上げてる」

佐天「だめ、ですか?」ウルウル

初春(出ました佐天さんの必殺技、涙殺し!<るいころし>)

一通「チッ、しゃあねェな」

佐天「ありがとうございます! それじゃあいきますよ……てぃや!」
605 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:06:04.13 ID:Busf/O20
一通「……あン?」

佐天「どうですか?」

一通「特になにもねェが……っ!」

打止「どうしたの? ミサカはミサカは突然言葉を詰まらせたあなたを心配してみたり」

一通「なンでもねェ……近寄ンな」

打止「え……?」

初春「一方通行さん、我慢はよくないですよ!」ドンッ

一通「いきなり押すンじゃなねェ! ……打ち止め?」

打止「どうして、どうして近寄っちゃだめなの?」

一通「それ、は……!」

佐天「はむはむすればいいと思いますよ?」ボソ

一通「! 打ち止めァ!」

打止「きゃわぁ!?」

一通「はァむ、はァむ!」

打止「突然ミサカのほっぺをはむはむしないで! ミサカはミサカはあなたを押し返してみる!」

一通「はむ、はァむゥゥゥゥン!」

打止「ひいぃ!? まさかこれが能力なの!? ってミサカはミサカはああああ!!」

佐天(これは通報した方がいいのかな)

初春(通報されるべきは佐天さんだと思います)

佐天(初春がそそのかしたくせに)

初春(でも、やったのは佐天さんです)
606 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:07:02.75 ID:Busf/O20
一通「はむゥ、はむン」

打止「ね、ねぇ! もういいでしょ!? これ以上されたらほっぺ無くなっちゃうってミサカはミサカはギブアップ宣言してみる!」

初春「さすがにこれ以上は見てられませんね……」

佐天「そう、だね。すみません、今戻します。てぃや」

一通「はっ!」

打止「止まって良かったってミサカはミサカは胸を撫で下ろしてみたり」

一通「……」プルプル

佐天「あの、大丈夫ですか?」

初春「佐天さん、私なんだか嫌な予感がします……」

一通「佐天さァァァァンに初春さァァァァン?」カチッ

佐天「は、はいなんでございましょうか!?」

初春「ごめんなさぁい!!」

一通「仲良く頭を沸騰させてやろおォかあァァ!?」

佐天「ごめんなさいすいません! 逃げよう! 初春! ってもう逃げてる!?」

初春「私は悪くありませんからー!!」

一通「オラオラァ! 逃げ回るだけの小鹿で満足してンじゃねェぞ、小娘ェ!」

佐天「申し訳ありませんでしたー!!」

――――
607 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:07:42.62 ID:Busf/O20
――――

初春「夢中で逃げてたらいつの間にかいつものファミレスにいました」

佐天「無意識って怖いね」

初春「でもよく逃げられましたね」

佐天「先に逃げ出した初春が言う? まぁなんとかなるもんだね」


浜面「すまねぇ、遅くなった!

麦野「ほんとに遅えぞはーまづらぁ。この遅漏野郎が」

滝壺「はまづら、時間厳守」

絹旗「超遅刻ですよ浜面!」

フレ「結局、奢りは浜面って訳よ」

浜面「マジかよ……」


佐天「ねぇ、初春」

初春「なんですか佐天さん?」

佐天「私の能力ってもっと平和目的で使えばいいと思うんだ」

初春「と、いうと?」

佐天「あそこの不良っぽい人、なんか不当な扱いを受けてるよね」

初春「そう見えますね」

佐天「周りの女の人に私の能力を使ったら平和になると思わない?」

初春「素晴らしいです佐天さん! 是非お願いします!」

佐天(凄い食いつきだなぁ)

佐天「それじゃあちょっとやってみますか。てぃや」
608 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:08:15.13 ID:Busf/O20
麦野「早くドリンクバー取って来いよ……っ!」

滝壺「私、いつもの……っ!」

絹旗「私も超同じ……っ!」

フレ「今日は気分を変えて炭酸を……っ!」

浜面「え、ちょ、お前らどうしたんだ?」

麦野「はーむ」

滝壺「はむ」

浜面「ひぅ!? お前らなんで俺の耳をかぷっと!?」

絹旗「はむっ」

フレ「はむん」

浜面「次は指!? お前らなにがどうしたんだよ!?」

麦野「はーむづらぁ」

滝壺「はむづら」

絹旗「超はむ面」

フレ「はむ面」

浜面「俺は浜面だああぁぁ!」


初春「うわぁ、実に平和ですねぇ」

佐天「ファミレスで男一人に女四人がそれぞれ耳と指をはむはむしてる状況は平和と呼べるのかな……」
609 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:08:56.61 ID:Busf/O20
初春「佐天さんがやったんじゃないですか」キラキラ

佐天「なんだかんたで初春が一番楽しそうだよね」

初春「いやだなぁ、なんのことですか佐天さん?」

佐天「はいはい。ねぇ、そろそろ解除していいかな? さすがにファミレスであの光景はどうかなと」

初春「十分平和になったみたいですからいいと思いますよ」

佐天「端から見たらハーレムだよね。てぃや」



麦野「私はなにを!? って滝壺はいつまではむはむしてんだッ!」

滝壺「はむ、美味しいから」

絹旗「私は超どうかしてました!」

フレ「麦のんはむはむ!」

麦野「うっせぇ!」

浜面「お、おい滝壺。それ以上は……!」


佐天「なんかあんまり変わらないような?」

初春「段々レベルが上がってるんじゃないですかね?」

佐天「おーやるじゃん私! でもやっぱりこの能力ってどう使えばいいんだろ?」

初春「それはもちろんおもし……じゃなくて人のためですよ!」

佐天「うーん……」

初春「適材適所、適者生存ですよ! きっとどこかに佐天さんの能力を必要としてる人がいるはずです!」

佐天「そうだよね。よーし、私の能力が一番合う人に届け! てぃや!」
610 :佐天「思わずはむはむしちゃう能力、かぁ」 :2010/07/11(日) 16:09:35.59 ID:Busf/O20
禁書「とうまはまた私をほっといて……」

上条「だから、それは」

禁書「ご飯も作らずに女と遊び惚けてたんだね!?」

上条「違う、誤解だインデックス!」

禁書「問答無用なんだよ!」

上条「待て、話せば分かる! だからその大きく開けた口を閉じてくれぇ!」

禁書「とーまー!」

上条「ひぃ!!」

禁書「はむ」

上条「ふこ……あれ?」

禁書「はむはむ」

上条「インデックス、さん?」

禁書「はむ?」

上条「なにをやってるんでせうか?」

禁書「はむはむなんだよ」

上条「痛くないからいいんだけどなんか調子狂うな。どうしちまったんだインデックス?」スッ

――パシュン

上条「え?」

禁書「とうまとうまぁ!」ガブ
上条「あーなんでだー!? なにがあったー!?」

禁書「ぬーぬー!」

上条「よく分かんないけど、やっぱり不幸だー!!」
611 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:11:03.46 ID:1pXNi92o
他の人が投下してる最中に割り込み投下するのはどうかとおもう
612 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 16:11:13.99 ID:Busf/O20
docomoもかしこも規制規制で頭きちゃau!
613 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:11:35.04 ID:ekepxcEo
とりあえず投下しても大丈夫……?
614 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:12:05.95 ID:3c/Ug6SO
>>597
投下前には更新しようぜ…
何のための投下宣言だよ…
615 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:12:25.03 ID:1pXNi92o
>>613
おれは続きを期待してる
616 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:14:06.36 ID:l/CZ8H2o
>>612
最悪だな
オナニーじゃなくてただの糞だよ糞。
10年ROMってろ。割り込むとか、まさかこれで面白かったぜとか貰うつもりだったの?
ならやるよ、読んでないけど面白かったぜ。次回作はもう書かなくてもいいぜ
617 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 16:15:31.69 ID:Oa3kSEAO
とにかくとある第一位と魔術師の人、続きを(人∀・)タノム
618 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:18:55.88 ID:ekepxcEo
>>595-596,598の続きとなります。


オッレ「あ、じゃあ俺はこれで……本当おごらせてすまなかったよ」

一方「……別にィ。あの大食い修道女よりはかなり軽費だったしなァ」

フィア「じゃ、俺様もあの幻想殺しを狩りに……」フラフラ

一方「いやお前は病院行けよ病院。」

フィア「……俺様病院嫌いなんだよ」フラフラ

一方「子供かコラ」

フィア「そういう意味じゃない……フツーに体質が人と違うんだよ、(天使的な意味で)」

一方「ふゥン。(能力者的な意味で狙われてンのか?)」

ローラ「それよりもそこの白もやし」

一方「あァン?何ですかァ?」

ローラ「……一生の願いがありけるの」キリッ

一方「ハッ?」

ローラ「……イギリスまでの飛行機代、立て替えてほしいけるの!」ガバッ

一方「いい年こいた大人がこンな所で土下座すンなアア!! 土御門の知り合いなンだろ?あいつにでも立て替えてもらえよォオオオ!」

ローラ「えー土御門この前立て替えてもらった借りがあるから頼みづらいのよ」ニドメナノヨー

一方「この前もやったのかよォ!?」

ローラ「という訳で、オ・ネ・ガ・イ♪」

一方「クソッタレ……。仕方ねェなァ……」ホラヨッ 10万グライデドーダ?

ローラ「さっすが!正義のヒーロー様♪」コロッ

フィア(これが……!最大主教の技かッ……!)ローラ・スチュアート……オソロシイコ!

一方(こいつゥ……絶対色んな意味で嫌な上司に入るンじゃねェのか!?)ゾワアアア



一方(……土御門、同情してやるぜェ……)フッ……

フィア「何遠い顔してるんだよお前は」
619 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:19:57.79 ID:CB8QYYoo
ID:Busf/O20 はマジ反省しろ。
山なしオチなしくらいはどうでもいいしつまらないのも許容するが割り込みは駄目だ。
自分がオナニーしてる所に他の野郎が乱入してきてシコり始めたら気分最悪だろうが。
620 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:20:12.66 ID:fm7aZRg0
>>612
[ピーーー]ば良いと思うよ
621 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:22:20.86 ID:ekepxcEo


===

黄泉川sHOME


一方「……疲れた」バタン

打ち止め「うわっあなたが珍しく汗まみれで死にかけてるってミサカはミサカは驚いてみたり」

一方「くそォ…… 今度から怪しい人は助けてやらねェ事にした」

打ち止め「あなたが悪い考えに走ろうとしてる、てミサカはミサカはちょっぴり悲しくなってきたり」

prrrrrrr!!

一方「ン? 何だよこンな時にィ……」ガチャ

土御門『……なぁ、ところでグループの分のアイスはどうした?』

一方「あ………」

海原『あの、僕らもう何時間も待ってるんですけど……』

一方「あァ、それは……」ヤバ……

結標『すぐ戻ってきてやるゥ土御門ぶっ[ピーーー]ゥっつってたのはどこの誰かしら?ン?』

一方「………。今すぐ買ってきますゥ!今回は俺が悪かったァアアアアア!!」バタバタ!

打ち止め「あっ!いきなり泣きながら飛び出しちゃった!ってミサカはめぐるましく変わりゆく状況についていけなくて混乱状態ー!?」ウワー


==
暗部sハウス

土御門「……で、アイスはどうしたんだ第一位」

一方「……目の前で修道女と三下が最後の一個買ってだなァ……」

海原「つまり?」

一方「そのォ……。」モジモジ

結標「ん?」

一方「売り切れて変えませんでしたァ……」

土御門「……一方通行、お前には絶望したぞ」ハァ
622 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/11(日) 16:24:55.80 ID:ekepxcEo
土御門「……なーてんな。」ヒョイ

一方「ンあ? 何だこれ……」

結標「アイスよアイス。それコーヒー味ね」

海原「実はその三下さんこと、上条さんから一時間ほど前に譲ってもらいました。(定価の三倍の値段で)」

一方「へ?」

土御門「……結果オーライって事だにゃー。」シャクシャク

一方「………オイ」

土御門「ん?」

一方「ンじゃあつまり俺の一日は無駄足だって事かァ……?」

土御門「あっ、」

一方「ぶっ殺すゥ!!!! 譲ってもらったならさっさと言えェエエエエエエエエ!!」


END
623 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:25:23.18 ID:ekepxcEo
という訳で結局土御門不憫エンドでした。
失礼しました。
624 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:26:04.08 ID:wvbUiwE0
割り込んだ者です。携帯ではいくらリロっても出てこなかったのでPCで確認しました
携帯でファイルシーク通してやってる時は594で止まってたので大丈夫だと思いました
本当にすいませんでした。死んできます
625 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 16:27:45.71 ID:Oa3kSEAO
乙!一通さんがパシリなのは悲しいが、オールスターズで面白かった!
626 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:30:40.19 ID:3c/Ug6SO
>>624
微差だったから投下宣言が割り込んだのはまあしょうがないと思う。
ただその後、投下する前に自分より先に始めてる人がいないか確認する習慣をつけた方がいいと思うよ。
627 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 16:37:41.18 ID:uyfNTMDO
とりあえずどっちも乙

まぁこういうは今回が初めてな訳じゃないし次から気をつければいいと思う
628 :土御門元春が占いをするようです0/7 :2010/07/11(日) 16:48:05.70 ID:kdR72360
7レスほど貰います
629 :土御門元春が占いをするようです1/7 :2010/07/11(日) 16:49:33.36 ID:kdR72360
上条「なぁ土御門」

土御門「どうかしたかにゃーカミやん?」

上条「疑問なんだけど、なんで文化祭の出し物がお前の占いの館なんだ?」

土御門「そういう知識持ってるからやりなさいって脅され……頼まれて」

上条「脅されたってなんだよ!?」

土御門「なんて言うか、吹寄に『土御門元春、貴様断ったりしないわよね』って」

上条「あぁ…………。なるほど、確かに脅しだな」

土御門「開店まで少し時間あるしクラスの連中を占ってやるぜよ」

上条「魔術を使って占うのか? 魔術使ったら反動が来るんじゃ」ヒソヒソ

土御門「心配いらないぜよ、知識は魔術師のそれだが魔翌力は使わないぜい」ヒソヒソ

上条「心配いらないって言うなら占ってもらうか」

土御門「それじゃ試しに占いしても良いかなって人は個室に来てほしいぜい」
630 :土御門元春が占いをするようです2/7 :2010/07/11(日) 16:50:20.59 ID:kdR72360
一人目:女子生徒A

土御門「それで? 占ってほしいことを聞こうかにゃー」

女A「えっと、その……」

土御門「モノホンの占い師だと何を占ってほしいかすら占うらしいけど、俺には無理だから言ってほしいぜい」

女A「上条君と仲良くなりたいんだけど……」

土御門「」

女A「土御門君、上条君と一緒にいるし、いろんなこと知ってるでしょ? 彼の事教えてほしいな」

土御門(占いじゃなくねコレ恋愛相談じゃねコレ)

女A「それでね、えっと、仲良くなるにはどうすれば?」

土御門(適当にあしらおうかにゃー)

女A「土御門君?黙り込んでどうしたの?」

土御門「カミやんは年上萌えだぜよ」

女A「お、大人っぽくすれば良いのね? ありがと、土御門君!」
631 :土御門元春が占いをするようです3/7 :2010/07/11(日) 16:50:54.24 ID:kdR72360
二人目:男子生徒A

土御門「で、占ってほしいことは?」

男A「それがな、土御門」

土御門「おう」

男A「紛失した眼鏡がどこにあるか占ってほしいんだ」

土御門「…………は?」

男A「いつ無くしたかも分からんから困ってるんだ」

土御門「…………」

男A「だからさ、いつどこで無くしたか占ってくれよ」

土御門「…………トイレ行ってこい」

男A「ん? なんで?」

土御門「良いから行くぜよ」

男A「お、おう」

土御門「…………まさか頭の上に乗っけて『眼鏡どこ?』って聞かれるとは思わんかったぜよ」
632 :土御門元春が占いをするようです4/7 :2010/07/11(日) 16:51:41.63 ID:kdR72360
三人目:青髪ピアス

土御門「どうせ『いつになったら運命の人が現れるか占ってください』とかだろ?」

青ピ「それが違うんやな」

土御門「ん? じゃあ何を占ってほしいぜよ?」

青ピ「ボクの本名がどないしたら普及するか占ってほしいんや」

土御門「え、青髪ピアスって本名じゃなかったのかにゃー?」

青ピ「ちょ、流石にひどいでツッチー。そないな名前なわけあらへんやん」

土御門「それで? 本名はなんだったかにゃー?」

青ピ「それはもちr」

ガラッ 

吹寄「ちょっと青髪ピアス! 貴様はまだ裏方の仕事があるでしょう! 馬車馬のごとく働け!」

青ピ「ちょちょちょ待ってぇな本名言うことすら許されんのボクぅ?」

バタン

土御門「……とりあえずドンマイだぜよ」
633 :土御門元春が占いをするようです5/7 :2010/07/11(日) 16:52:34.76 ID:kdR72360
それからも

女B「上条君の好きなタイプを占って!」

土御門「確かちょっと前寮の管理人とか言ってたぜよ! 次の方!」

土御門元春は

女C「どうしたら上条の恋人になれるか教えてー」

土御門「ガンガン当たってけ! あわよくば砕け散れ! 次の方!」

クラスメイト達を

女D「当麻くんかっこいいよね、彼女の有無を占ってほしいな」

土御門「募集中だぜよ! ついでに青ピも彼女募集中! 次の方!」

開店時間まで

男B「当麻と良い雰囲気になってあわよくば付き合いたいんだが」

土御門「ホモなの!? カミやんは至ってノーマル! 次の方!」

占って(?)いきました

吹寄「上条当麻の好きなタイプを言いなさい!」

土御門「対上条属性最後の壁も陥落!? カミやんは年上萌え! 次の方!」
634 :土御門元春が占いをするようです6/7 :2010/07/11(日) 16:53:22.78 ID:kdR72360
土御門「で、占ってほしいことは?」

姫神「もっと。目立ちたい。どうすれば。」

土御門(やっと女子からもカミやんに関連しない占いの依頼が出たぜよ)

姫神「で。どうすれば。」

土御門「じゃ手相見せてほしいぜよ」

姫神「はい。どうぞ。」

土御門「…………水晶で占ってやるぜい」

姫神「? 分かった。」

土御門「………………タロットでも使ってみるぜよ」

姫神「どうぞ。」

土御門「……………………姫神、大変言いにくいんだが」

姫神「なに。」

土御門「どの占いでも今がピークだって結果なんだが…………」

姫神「」

土御門「…………なんて言うか、ドンマイ」

姫神「泣いてない。泣いてなんか。いない。」シクシク
635 :土御門元春が占いをするようです7/7 :2010/07/11(日) 16:54:47.23 ID:kdR72360
土御門「それじゃカミやんが最後だな」

上条「おう。占いよろしく」

土御門「何占えば良いぜよ?」

上条「そうだなぁ……この出し物お金取るんだよな?」

土御門「個室の入口に書いてある通り100円だぜい」

上条「それじゃ、どのくらいの儲けになるか、それで打ち上げ出来るか占ってくれ」

土御門「了解だぜい。………………結果出たぜよ」

上条「どうだった?」

土御門「ジュースとお菓子たくさん買ってどんちゃんやれるくらいには儲けれそうだぜよ」

上条「そっか。それじゃあ打ち上げのためにも頑張りますか」

土御門「そうだにゃー。それじゃぁそろそろ開店だぜい!」



土御門元春が占いをするようです 終
636 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 16:55:47.45 ID:kdR72360
投下終了です
乾燥くれたら嬉しいな
637 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 17:00:19.96 ID:xXzKDQs0
>>636服が乾いた。ありがとう。
638 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 17:02:51.58 ID:kdR72360
>>636
誤字orz 乾燥→感想
すっげー恥ずかしい
639 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:08:57.39 ID:JzppMZ.o
乙、面白かった

流石、上条さんと言わざるを得ない
640 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:16:53.01 ID:Pnh.4kwo
>>636
乙々
登場人物をもっと色々出しちまえばいいと思う

あとメ欄にsagaっていれると『魔翌力』とかおかしな変換されなくて済むよ
641 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:19:53.47 ID:cwhIQdEo
>>635
>上条「それじゃ、どのくらいの儲けになるか、それで打ち上げ出来るか占ってくれ」

上条さんがモテる理由がよく分かるな
642 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:22:57.56 ID:3dM8ADQ0
乙乙

文化祭とさっきの被り騒ぎで、昔クラスTシャツが他のクラスと被って、やんやかんだあって俺のクラスだけ普通に制服で参加だったのを思い出した
643 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:27:29.79 ID:k9gMe9Yo


>>642
業者の事故でクラスTシャツの納品が文化祭の翌日になったことがあった
644 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:31:42.00 ID:3dM8ADQ0
後の祭りだな
645 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:32:30.10 ID:ekepxcEo
木原くぅうううン!>>644から取り上げてェ!
646 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 17:57:35.44 ID:CB8QYYoo
クラス全員の名前入りTシャツ作ったらなぜか女子の一人が名前入ってなくてマジ泣きしちゃった事件を思い出した。
647 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 20:10:10.83 ID:uyfNTMDO
クラスTシャツのデザインを決める時に、ゲコ太を提案したいんだけど出来なくてモジモジしてたら周りが意外と可愛い物の提案をし始めて
ゲコ太もイケると思って提案したら微妙な空気になって苦笑いする美琴を想像してたら醤油こぼした
648 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 20:11:54.50 ID:ME9e9Lg0
勝負勝負しつこい美琴に切れた上条さんが
攻撃に転じて美琴をアッサリ負かし、それだけじゃおさまらず
美琴の服をビリビリに破いて犯し、完全に屈服させるSSが読みたいです・・
仕掛けてるのはいつも向こうだし、上条さんもそれくらいやり返しても許されるはず
649 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 20:14:44.62 ID:k9gMe9Yo
>>647
あとで廃案になったゲコ太Tシャツをこっそり個人で注文したりしてそうだ
Lサイズも注文しておいて、何かの罰ゲームで上条さんに着せたりも
650 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 20:33:44.87 ID:Oa3kSEAO
>>648
心のスキルアウトktkr
651 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 20:37:19.90 ID:Lau4KADO
今更だけどローラって古文文法まで間違ってたっけ
652 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 20:39:42.03 ID:Ac30rpAo
>>648
「じゃあ本気でやっていーんかよ・・・」

だな?
653 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:25:28.39 ID:Dt5vBcAO
上条「じゃあもし俺が勝ったらキスさせろよ」
 
御坂「えっ!?そ…そんなの……///」
 
 
こうですか
654 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:35:14.31 ID:MX3YLt6o
御坂妹「第一回最終信号通常選挙?」

っていうネタは受け入れられるだろうか?
655 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:36:51.08 ID:Tbmp9k.o
美琴って上条さんが記憶失ってからは勝負仕掛けたり追い掛け回したりしてないよな?
いつまでも追いかけっこしてるSSとかあるけど書く前に最低限時系列くらい調べるよな普通
656 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:42:25.50 ID:k9gMe9Yo
ビリビリって言わなくなったし、シスターズの件で意識し始めたからな
何よりも追いかけまわすよりも引きずりまわす方が楽しくなったんじゃないかと
657 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:46:01.13 ID:NNoGPxso
ごめんなさい
658 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:46:51.89 ID:uyfNTMDO
二次創作なんだし別にいいと思うけどな。原作に沿っての話ならやり過ぎはあれかもしれないけどさ
面白い面白くないは別にして「もしも」「たられば」が一番の旨味なんだからそこを楽しまなきゃ
659 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 21:55:59.10 ID:Tbmp9k.o
まぁコメディっぽいのなら全然構わんがシリアスなのやるんなら最低時系列とかキャラ設定くらいは把握してほしいな
二次創作といってもちゃんと原作あるんだから。禁書でやる意味あるのか?って思うし
>>648みたいなアニメだけの知識しかないのか知らんが、ろくにキャラも把握してないのにこういう特定のキャラを乏す内容のSSは
原作やキャラのファンに失礼だと思うわ
660 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:13:21.80 ID:kOqMTEI0
>>659
これ、貶してるか?
お前さんの過剰反応じゃねえ?
661 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:19:31.23 ID:8smiQL.o
チト嗜好の偏ったSSなら事前警告しとくのが吉ぜよ
662 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:55:26.33 ID:Tbmp9k.o
>>660
原作ファンとしてはなぁ。上条さんそんなこと絶対しないし。
あ、ゲス条さんは別よ。
663 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 22:58:52.72 ID:7WHi3GEo
>>662
2行目言っちゃったら、お前のただ好き嫌いじゃんって言われそうな気がするがww
664 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:02:42.33 ID:S.HqZsYo
原作の設定を厳密に再現したらそれはそれで面白みがないと思うけどなぁ・・・
あんまりガチガチだと今度は二次創作である意味がなくなるぜ
665 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:11:43.54 ID:Tbmp9k.o
>>663
いやだからゲス条さんなら別に理由つけなくても犯しまくるでしょ?しょせんゲス条だし。
俺が言ってるのはわざわざもっともらしい理由つけてんじゃねーよってこと。
最初からゲスとかカスで書くならまだしも中途半端に原作の設定とか利用してキャラ崩壊させるのってねぇ
まぁ嫌なら見るなで済む話だな
666 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:12:58.70 ID:t9h1kkDO
それこそ「んな事になる訳ねーじゃん」ってなってSSなんか成立しなくなるし、まぁ気楽にやろうや
667 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:14:04.08 ID:3dM8ADQ0
>>658も言ってるけどもしも、たらればを取ったら二次創作ってなんだよって話になる
逆に行き過ぎたら禁書である意味が無い
結局は卵が先か鶏が先かってくらい不毛な議論て訳よ
668 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:15:17.88 ID:8smiQL.o
>>651
古文文法がどうなのか知らん俺には判別不能だ……
669 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:15:53.34 ID:gM1NmMUo
結局幅広く受け入れて楽しんだ者の勝ちってわけよ。
670 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:20:55.45 ID:EwcDzBIo
でもまぁ、感想とか乙とかたくさん貰いたかったら
それなりに研究してから書いた方が良いよね
671 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:21:58.88 ID:ogvHib.0
そもそもビリビリって風斬編で言ってるけどな
672 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:22:07.61 ID:MX3YLt6o
じゃあちょっと3〜4スレ程失礼しますね。

御坂妹「第一回最終信号通常選挙?」


御坂妹「またあのお子様はテレビに影響されて変な事を始めましたね?とミサカはぼやきます。」


*立候補資格

当選挙は最終信号の権限を付与する選挙です、決定方法は民主的に選挙で行われる物でありmisakanetworkに登録しているシスターズであれば誰でも立候補できます。尚、当選挙の公示期間は本日から2週間、選挙日は7月11日となります。

最終信号通常選挙選挙管理委員会  一方通行


御坂妹「はぁ、一方通行まで担ぎだしてあのお子様ときたら・・・、でもどんなシスターズが立候補しているか気になるところです、とミサカは選挙人として当然の思考をします。」
673 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:23:38.78 ID:XtViJwAO
え、マジでビリビリ言ってなかったっけ?
ちょっと読みなおしてくる
674 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:26:45.01 ID:MX3YLt6o
MNW立候補者政見放送

無所属現職 ミサカ20001号   「のんびりたのしいシスターズ生活をやくそくするってミサカはミサカは宣言する!」

御坂妹「うわぁ、MNWネットワーク上で政見放送やってるよ
、とミサカはあきれかえっています。」

KMJO「それでは、現職・ミサカ20001号さんの政見放送です。」

ペコリ(一礼)

ミサカ20001号「こんにちは〜!みんなのアイドルラストオーダーこと20001号だよ!ってミサカはミサカは自己紹介っ!」

ミサカ20001号「ミサカはミサカは今までの実績でこの選挙を乗り切るよって自信たっぷり!」

ミサカ20001号「ミサカが当選した暁にはミサカがミサカがみんなにごほうびあげちゃう!」

御坂妹「堂々と買収宣言ですか、とミサカは小馬鹿にします」

ミサカ20001号「みんなの端末にはミサカ20001号ってかいて投票してね!」
675 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:29:43.55 ID:MX3YLt6o
KMJO「以上でミサカ20001号さんの政見放送を終了します、つづきまして アクセロリー党所属 新人 ミサカ14510号さんの政見放送です。」

ペコリ(一礼)

ミサカ14510号「皆さん今日は、この度は最終信号選挙に立候補いたしましたミサカ14510号です。」

御坂妹「(やけに固いですね?、とミサカは感想を述べます。)」

ミサカ14510号「私が最終信号になった暁には一方通行の接触権を解放します!」

御坂妹「(まともそうだとおもったらこれかよ!)」

ミサカ14510「一方通行いつまでもあのお子様の物ではありません!いまこそ団結し一方通行を皆の手に取り戻そうではありませんか!」

ミサカ14510「食事・入浴・睡眠、すべての行動はミサカたちのものでありお子様の物ではありません、どうか清き一票をよろしくお願いします。」
676 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:32:24.18 ID:MX3YLt6o
KMJO「以上でミサカ14510号さんの政見放送を終了します、つづきまして ミサカストリーキングの会所属 新人 ミサカ20000号さんの政見放送です。

ペコリ(一礼)

ミサカ20000「皆さん今日は、ミサカ20000号です。突然ですが・・・」

御坂妹「?」

「当麻!当麻!当麻!当麻ぁぁぁあああああぁぁ〜〜〜〜〜〜ッ〜!!!!
ひいぃぃぃいぐひぃ!あっ!あああぁぁはあぁああああんんんんんんん!スーハースハースーハー!
チューチューペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
なめなめちゅっちゅ当麻ぁぁ!そのツンツンで私の乳首せめてえぇぇああははははああああんんんばばばばっっっb!
男らしい表情!汗臭いパンツ!男臭い台詞すべていいよおおおぉおぉぉぉぉぉぉぉぉおぉおおおおぉおぉぉお!うあああああんああああああっ!
なめなめしたいお!なめなめさせてよ!なめなめすんぞこんちくしょうがああああああああああ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!
ネットワーク越しでみるあなたがいいいのおおお!とってもいいのおおおお!お姉様といちゃいちゃすると私の中の黒いのがざわつくの!なんとかして!おさめて
その黒いツンツンで私の中を鎮めて!あついのおおおお!ひいいいいん!あひいいいいんん!うあああああああああいいいよおおおおおお〜!
いちどでいいからそげぶされたいの!あなたのあつい拳を私の敏感な部分でフィス●ファッ●されるのがゆめなんですう!夢でいつもみてるんですぅ!今日もびしょぬれ
のパンツをあなた宛におくったよ!速達でおくったよ!だからわたしにあなたの精液べっとりのパンツちょうだい?うふふふふふうふ

しばらくお待ちください。


KMJO「・・・以上で立候補者の政見放送を終了いたします」


御坂妹「はぁ、どれを選んでも一緒の気がしますね。」


結局投票日の開票結果では現職が大差で当選という結果におわった、どの候補を選んでも現状とたいしたかわらないと判断されたようだった。」

最終信号通常選挙開票結果:
有効投票数(9969票:投票率100パーセント)

ミサカ20001号  8680票
ミサカ14510号  1288票
ミサカ20000号     1票


終わり

駄文サーテンでした、選挙の波にのりたくて・・・っ
677 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:36:04.23 ID:EwcDzBIo
korehahidoi
678 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:38:39.02 ID:Tbmp9k.o
乙です
20000号って確かロシアにいるんだよね?禁書新刊に登場するかな?
なんか変態のイメージついてしまってギャップ感じそうww

>>673
ビリビリは言ってるが思い出せないくらいしか言ってないな
それよりも普通に御坂って呼ぶ
原作や漫画じゃ御坂って呼んでるのにアニメでなぜかビリビリにされたってとこもある
679 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/11(日) 23:42:48.15 ID:3jl9Z1o0
ここの「レベル5達の休日」の人が書いてるスレってどこだろ?
凄く見たい……
680 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:48:51.45 ID:XtViJwAO
乙乙。
レス挟んでごめんなさい

>>678
なるほどな。アニメ見てないから知らんけど
確かに直接は言ってなかったかも
681 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/11(日) 23:55:44.79 ID:7t9WWCUo
>>679
上条「……俺らはともかくレベル5も、補習?」
だと思われ
多分
682 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [某スレに誤爆したわ……恥ずかしすぎる]:2010/07/12(月) 00:10:32.40 ID:Np.K.Ggo
土御門「かみやん、青ピ、なぞなぞだにゃー」

上条「なんだ? 唐突に」

土御門「今日俺は、朝食は6じ・昼飯のビーフステーキが12じだったにゃー。では今日の晩ご飯はなんじだかわかるか?」

青髪「いやいや、つっちーの飯事情なんて知らへんし」

上条「ていうかテメェ土御門、ビーフステーキなんぞ上等なもん食いやがって! その幻想をry」

土御門「にゃー! なんでこうなるにゃー!?」



舞夏「解答は数分後? だぞ〜」
683 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:11:37.05 ID:T2T7Ez20
けふのばんごはん→8じだな
684 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:16:02.96 ID:rIM5.f6o
上条さんって「〜せう」っての記憶喪失後に使ってる?
685 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:17:38.86 ID:ATrg7oSO
>>679
あれからじゃね?
686 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 00:43:00.70 ID:Np.K.Ggo
土御門「……かみやんにそげぶされたのは納得いかないけど、とりあえず答え合わせだぜぃ」

上条「フン、友達を差し置いて高級品なんぞ食うからだ」

土御門「それでは発表。答えは5じだにゃー」

青ピ「なんでなのん?」

土御門「実は、この『じ』ってのは時間の『時』ではなく字数の『字』だったんだにゃー」

上ピ「…………」

土御門「というわけで、『ば・ん・ご・は・ん』で5字だにゃー。ざーんねーん、ププwww」

上ピ「……」イラッ


バシッ ボカッ


土御門「……ほんの冗談なのににゃー」ボロボロ

                                おしまい
687 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 00:43:50.37 ID:Jpexm.go
>>672

変態だけど上条さん派の20000かww
一通派しか見てなかったから新鮮だわ

実際の選挙は選手は思ったより落としてねえな
688 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 00:44:18.96 ID:Np.K.Ggo
>>683見て思ったが、確かに「今日の」を入れると変わってくるなー

何はともあれ今週もみんながんばろう
689 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 02:12:59.28 ID:juJyU7w0
単発ネタとかネタミサカの絵を描いてくれるスレとかあったらいいなと思いました
690 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 07:22:56.07 ID:mQFnPXI0
>>648
マダー?
691 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 09:57:48.33 ID:fkkVxdE0
ここってクロスSSは投下しても平気なんでしょうか?

BBB(ブラックブラッドブラザーズ)×禁書とか書いてみたいのですが。
692 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 10:00:09.95 ID:bjmY8cg0
>>691
投下前にクロス物って明記しておけばOKだと思う
693 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 10:03:13.10 ID:fkkVxdE0
>>692
分かりました
どうもありがとうございます
694 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 10:12:39.11 ID:gx0bwioo
>>691
書き途中のネタと被る!でもwwktkしちゃうっ!(ビクンビクン
695 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 10:20:45.38 ID:fkkVxdE0
>>694
おお!こちらもぜひ見たいです。
あまりにも見あたらないので自作するしかないと思ってましたから。
696 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 10:37:34.94 ID:gx0bwioo
お互い頑張りましょう!
697 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 10:55:26.36 ID:bjmY8cg0
小ネタ 1レス


御坂「あの馬鹿に冷たくしてみようと思う」

白井「はぁ」

御坂「○○を無視し続けたらどうなるか、とか○○に冷たくしてみようってSSを読んだんだけど」

白井「はぁ」

御坂「最後にはさらに仲良くなるパターンがあるのよ」

白井「はぁ」

御坂「だからアイツに冷たくして仲良くなろうと思って」

白井「はぁ」

御坂「だから今度からアイツの事は無視するから! アンタも無視するのよ!」

白井「はぁ」

御坂「あぁどんな反応するかしら? 私に構ってもらえなくて泣いちゃうのかしら?」

白井「はぁ」

御坂「で、泣いてるところを『ごめんね』って優しく接すればそれはもうラブラブになるわね!」

白井「はぁ」

御坂「あぁん今から楽しみね! 早速今日から実行よ!」

白井「はぁ」


〜1週間後〜


上条「最近は御坂に追っかけまわされないし幸福だなぁ」
698 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 11:22:09.42 ID:gx0bwioo
上条さんが幸福・・・だと・・・でも容易にその様子が目に浮かぶwwww乙!
699 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 11:25:46.98 ID:1PuF3Hco
黒子が美琴に冷たくして最終的に仲良くなろうとしている………気がする。
700 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 11:34:28.18 ID:FMY4fcAO
まあそうなるよなwwww微笑ましいwwww
701 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 12:01:30.09 ID:gx0bwioo
>>697 インデックスの場合


イン「とうまに冷たくしてみようと思うんだよ」

スフィ「にゃぁ」

イン「○○を無視し続けたらどうなるか、とか○○に冷たくしてみようってSSを読んだんだけど」

スフィ「にゃぁ」

イン「最後にはさらに仲良くなるパターンがあるんだよ」

スフィ「にゃぁ」

イン「だからとうまに冷たくして仲良くなろうと思って」

スフィ「にゃぁ」

イン「だから今度からとうまのご飯は食べないから! スフィンクスも食べないんだよ!」

スフィ「にゃぁ」

イン「あぁどんな反応するかな? わたしにおかわりしてもらえなくて泣いちゃうかもしれないんだよ」

スフィ「にゃぁ」

イン「で、泣いてるところを『ごめんね』って優しく接すればそれはもうご馳走になるんだよ!!」

スフィ「にゃぁ」

イン「あぁん今から楽しみなんだよ! 早速今日から実行するんだよ!」

スフィ「にゃぁ」


〜1週間後〜


上条「最近はインデックスがご飯おかわりしなくて家計助かるなぁ」
702 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 12:40:09.15 ID:uEx2N6DO
703 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 12:45:09.33 ID:HL.hiTUo
これは仕掛けた側が耐えきれなくなるパターンだなww
704 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 13:55:04.01 ID:xTPtj2g0
禁書がロボットアニメだったらエヴァ、ファフナー、ラーゼフォン、フルメタ、ギアス、ナデシコとか絡めまくれるよね
宇宙に行きたかったらウリバタケさんがなんとかしてくれるだろうし

あ、もう禁書である必要ないな
705 :一方通行「お前らビールも飲めねェの?」 :2010/07/12(月) 14:21:33.41 ID:w.VLesAO
小ネタ三レスほど。

一方通行「お前らビールも飲めねェの?」

上条「……」

打ち止め「……」

一方通行「っは、ビールっつゥのは大人の味だからなァ」スッ

一方通行「まァお前らが飲めなくても」グビッ

一方通行「仕方なオエッ!」バシャー

上条「……」

打ち止め「……」

一方通行「……わざとだから。お前らが飲めねェのを哀れに思ってやっただけだし」

一方通行「ま、大人っつゥのはよォ」ガサ

一方通行「タバコくらい余裕で吸うンだわ」シュッ

一方通行「まァ最近は専ら赤丸だが、お前らに言っても」スー

一方通行「意味なゲホッゲフッ、オェエッ! ゴホッ!」

上条「……」

打ち止め「……」

一方通行「……お前らに副流煙吸わせないためだしィ?」

一方通行「ま、メンソールならイイだろ?」シュッ

一方通行「このスッーとする感じが」スー

一方通行「たま、ンね……ェ」ケホ

打ち止め「……玉は潰さないのってミサカはミサカは尋ねてみるんだけど」

一方通行「俺こっちのが好きだからだしィ。まァどォしてもっつゥなら潰すけどォ?」
706 :一方通行「お前らビールも飲めねェの?」2 :2010/07/12(月) 14:21:59.20 ID:w.VLesAO
ミサカ「タバコの先端にあるんだよってミサカはミサカは教授してみる」

一方通行「知ってたからァ」ふに

ミサカ「あ、フィルターだったってミサカはミサカはあなたを……」

上条「……」

一方通行「……お前が可哀相だからやっただけだし」

一方通行「まァイイ、大人はよォ」ガサ

一方通行「薬物なンざ当たり前なンだわ」ペローン

一方通行「お前らにゃ無関係だけどなァ」スハー

一方通行「……キタキタキタキタイイねェくかかくかけけくきかこ!」

打ち止め「……それ小麦粉ってミサカはミサカは指摘してみる」

上条「……」

一方通行「……麻薬だしィ。お前らド素人にゃ分かンねェだろうけどよ、そンな奴に見せてもつまンねェから仕舞っておいてやる」

一方通行「まァ大人っつゥのはあっち系も経験豊富でなァ」

一方通行「どンな不測の事態が起きよォと対処できンだよ」

打ち止め「……ミサカ実は昔からあなたが好きだったのってミサカはミサカは告白してみる」

一方通行「ぶばァ!?」バターン

上条「……」
707 :一方通行「お前らビールも飲めねェの?」3 :2010/07/12(月) 14:22:52.43 ID:w.VLesAO
一方通行「そ、その話は後だ。まァ大人っつゥのは昔ヤンキーでよォ」

一方通行「喧嘩慣れしてンだわ」

一方通行「俺レベルになると」

一方通行「相手がいねェっつゥか? 相当喧嘩してきたからねェ」

上条「……」イラ

バキッ!

一方通行「あァン!? お前俺に喧嘩売って」

バキッ!

一方通行「イイねェ愉快で素敵」

バキッ!

一方通行「もォ切れ」

バキッ!

一方通行「今から本気出すし」

バキッ!

一方通行「いてっ、やめ」

バキッ!

一方通行「ス、ストッ」

バキッ!

一方通行「すンませ」

バギィッ!

一方通行「」



上条「……」

打ち止め「……」

一方通行(わざとだしィ……三下が可哀相だからわざと負けただけだしィ。……なンかねみィし寝るか……アディオス)
708 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 14:23:23.37 ID:w.VLesAO
終わりですありあとうございますた
709 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 14:30:52.06 ID:jwVMYcAO
一通さん可愛い
710 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 15:05:50.60 ID:2ZXhv7A0
寝ちゃらめぇぇぇぇ!!
711 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 15:36:32.37 ID:QzEDp4Uo
いるよなこういうやつ
712 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 16:23:59.46 ID:gx0bwioo
これは可愛い一方通行たん
713 :禁書昔話・シンデレラ [saga sage]:2010/07/12(月) 16:33:30.83 ID:1PuF3Hco
昔々、あるところにシンデレラ(御坂妹)という少女がいました。
シンデレラは意地悪な継母(寮監)や姉(美琴・黒子)にこき使われて生活していました。

ある日、お城で舞踏会が開催されました。
しかしシンデレラは連れて行っては貰えず、家に残らされてしまいました。

寮監「それじゃあしっかり留守番してるのよ」
美琴「どうせアンタは着ていく服も無いしね」
黒子「わたくし達が帰るまでにお掃除よろしくですの」

御坂妹「仕方ありません。たしかに着ていくドレスも無いので諦めましょう、とミサカは涙を堪えて掃除します」

するとそこへ、魔法使いのお婆さん(インデックス)が現れました。

イン「カボチャを持ってくるんだよ!」

御坂妹「はあ。とミサカは首を傾げつつカボチャを提供します」

イン「いただきます」ボリボリ

御坂妹「………カボチャは生食に向かないのでは? とミサカはタダ飯食らいを睨みつけます」

イン「冗談なんだよ!」

魔法使いはあっという間にカボチャを馬車に、猫を馬に、ネズミを御者にして、
シンデレラには綺麗なドレスとガラスの靴をくれました。

イン「12時までには戻るんだよ!」

御坂妹「わかりました。とミサカは早速お城へ向かいます」

シンデレラがお城につくと、すぐさま王子様(上条)のお目に止まりました。

上条「おぜうさん、私と一緒に踊ってくれませんか?」

御坂妹「はい喜んで。とミサカは王子様の右手をとります」


バキン


上条「………………」

御坂妹「………………」

ボロ服のシンデレラは衛兵にお城からつまみ出されてしまいましたとさ。


おしまい
714 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 16:58:47.03 ID:gx0bwioo
そこは見てくれに騙されず御坂妹の魅力を見出すのが上条さんの仕事だろうがぁぁぁああ!

でも面白かった!乙!
715 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 17:43:37.64 ID:MD1lfUDO
着ていたドレスも消され(ry
716 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 17:45:04.93 ID:JmF3qFQo
>>715
!?





!?
717 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 17:49:48.47 ID:1PuF3Hco
>>715
そのパターンも考えたけど綺麗にオチなかったから不採用にした。
718 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 18:10:00.60 ID:iyYrq2DO
小ネタだけど2レスもらいます
719 :木原家 [sage]:2010/07/12(月) 18:10:47.38 ID:iyYrq2DO
木原「爺ちゃん醤油取ってくれ」

幻生「ほれ」

木原「どうも。テレス、お前も使うか?」

テレス「ええ」

木原「おらよ」

テレス「どうもお兄ちゃん」

一方「木原ちゃン、俺にも醤油くれよ」

テレス「あいよ」

一方「どォも」

幻生「そういえば、一方通行。この間の実験結果聞いたぞ? 実に良かったみたいじゃないか」

一方「へへン、あれくらい余裕だっつーの」

木原「調子に乗るんじゃねえ」ポカッ

一方「ゥ、調子なンか乗ってねェもン」

テレス「お兄ちゃんも素直に褒めてあげればいいのに。よく頑張ったわね、一方通行」ナデナデ

一方「木原ちゃンは優しくて好きだけど、木原くンはすぐ叩くからあンまり好きくない」

木原「あぁ!? なんだと!?」

幻生「こら数多、食事中に大声を出すんじゃない」

木原「……チッ」

一方「やーい、怒られてやンの」

木原「このクソガキ……ッ!」

テレス「そういうことを言うから好かれないのよ」

幻生「テレスの言うとおりだ。ところで一方通行。あー、お爺ちゃんのことは好きか?」

一方「うン、好きだぞ」

幻生「おー、そうかそうか」
720 :木原家 [sage]:2010/07/12(月) 18:11:24.49 ID:iyYrq2DO
木原「……。おら、そろそろ出る時間だ。早く食いやがれクソガキ」

一方「あ、待ってくれよ木原くン!」

テレス「せっかちね全く」

幻生「もう少しゆっくり食べても大丈夫だぞ?」

一方「時間厳守だっていつも木原くンは言ってるし、それに木原くンを待たせたくないし。……ごちそうさまでした。俺、支度してくる!」

テレス「ふぅん。十分好かれてるじゃないお兄ちゃん」

木原「けっ」

幻生「そういえば一方通行を引き取ったあと、一番最初に懐いたのは数多だったな」

木原「そうだったか?」

テレス「なにかあればすぐに『木原くン、木原くン』ってお兄ちゃんのところに行ってたじゃない」

木原「……そんな昔のこと忘れたな」

幻生「またまた、そんなことを」

木原「うるせぇ」

一方「支度出来たぜ木原くン! ン? 木原くン、顔赤いけど大丈夫か?」

木原「な、なんでもねぇ! 支度出来たんならとっとと行くぞ一方通行ッ!」

一方「先に行かないでくれよ木原くン! 木原ちゃン、お爺ちゃン、行ってくる!」

テレス「いってらっしゃい」

幻生「気をつけてなー」

一方「うン! ……あ、木原くン毛虫踏ンでンぞ!」

木原「うおぉ!?」

一方「嘘でしたァ!」

木原「このクソガキィィッ!!」ベシッ

一方「いてェ!」
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 18:12:30.60 ID:iyYrq2DO
今日も学園都市は平和でした
722 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 18:20:08.45 ID:iOqWv1.o
何これ和む
723 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 18:39:57.17 ID:DdjiUoAO
偽典のロリっ子はいないのか……
724 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 18:44:15.96 ID:1PuF3Hco
年を考えるとまだ赤ん坊か、下手すりゃ生まれてないんじゃないか。
725 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 18:45:41.44 ID:iyYrq2DO
手に入れられなくてよくわからなかったんですよ
726 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 19:47:07.09 ID:TteXFE6o
何これマジ木原家かわいい
727 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:19:21.38 ID:aS0FGMDO
ちょいと数スレお借りしますよ

下ネタ(?)注意
軽い性的表現(?)注意
728 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 1/14 [sage]:2010/07/12(月) 21:21:13.84 ID:aS0FGMDO
佐天「近くにいる誰かをラッキースケベにさせる能力かぁ…」

初春「佐天さんにぴったりの能力ですね!」

佐天「なんだと」

佐天「しっかしどうやったら能力が使えるかいまいちわかんないんだよねー……えいっ! とか、こんな感じ?」ミョインミョイン

初春「わっ、やめてくださいよ。もしかしたら私にかかっちゃうかもしれないじゃないですかぁ」

佐天「あははっ、ごめんごめん」

‐‐‐

一方通行「いてっ」チクッ

一方通行「……?」キョロキョロ

一方通行(…気のせいか)
729 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 2/14 [sage]:2010/07/12(月) 21:22:12.81 ID:aS0FGMDO
美琴「……」

一方通行「あァ? ありゃ超電磁砲じゃねェか…こっちには気付いてねェみてェだな」

美琴「あっ!」コケッ

一方通行「!」

美琴「いたたぁ……ハッ!」キョロキョロ

美琴「こんな日に限って短パン履き忘れるなんて…! ここら辺に人があんまり居なくて良かった…」

美琴「やっぱ短パン履きに戻ろ…」

タタタッ

一方通行(ゲコ太とか…ガッキくせェ)
730 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 3/14 :2010/07/12(月) 21:23:05.74 ID:aS0FGMDO
一方通行「珈琲買うか…」

ピッ ガコン

一方通行「あっクソ! 間違ってウスターソースオーレ押しちまった!」

御坂妹「おや、セr…一方通行ではないですか、とミサカは目の前の雪国モヤシに話し掛けます」

一方通行「オイ」

御坂妹「冗談です、とミサカは弁解を……そ、それはミサカが探してたウスターソースオーレ! とミサカは驚きます」

一方通行「あァ、これか? 今間違って買っちまったンだけどよォ…いるか?」

御坂妹「い、いいんですか? とミサカは遠慮している様で貰う気満々で手を伸ばします」

一方通行「ン」

御坂妹「わぁ…ありがとうございます、とミサカは今回ばかりはこのホワイトアスパラに素直にお礼します」

一方通行「だからさっきからモヤシだとかホワイトアスパラだとかうるせ…うォ!?」コケッ

御坂妹「ふぁっ?」
731 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 4/14 [sage]:2010/07/12(月) 21:23:58.60 ID:aS0FGMDO
一方通行「ってェ…」

御坂妹「……早く退いて貰えませんか、とミサカはあなたに押し倒された格好のまま言います」

一方通行「うォ! わ、悪ィ」バッ

御坂妹「もう、妹達の中で出血多量で死んだ者が出たらあなたの責任ですよ、とミサカは埃を払います」

一方通行「いやそれはなンでだよ」

御坂妹「まぁいいです。このウスターソースオーレは貰っていきますね。では、とミサカは立ち上がり歩き始めます」

一方通行「おォ…」

御坂妹「あっ、一方通行」クルッ

一方通行「あン?」

御坂妹「……変態」

一方通行「ンなっ…!」

御坂妹「……」スタスタ

一方通行「…ハァ」
732 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 5/14 [sage]:2010/07/12(月) 21:24:50.77 ID:aS0FGMDO
ガチャッ

一方通行「なンか妙に疲れた…」

芳川「あらおかえり。ちなみに愛穂ならアンチスキルで出かけてるわ」

一方通行「そォか…」

芳川「なんだか元気ないわね」

一方通行「別に…」

芳川「好みの珈琲でも買えなかったの?」

一方通行「あっ……クソッ、買うの忘れてた」

芳川「あなたが珈琲を忘れるなんて重症ね。明日ココアでも降るんじゃないかしら…」

一方通行「そこは珈琲にしとけよ。なんで甘くすンだよ」
733 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 6/12 ←調整の結果ちょっと減った :2010/07/12(月) 21:26:20.33 ID:aS0FGMDO
芳川「あら、ココアを珈琲の甘くしたのと思っちゃ駄目よ。そもそもココアはカカオ・ビーンズを磨り潰し、種々の香料を混ぜて水で溶いたものを古代マヤ人達は強壮、強制剤として愛用していたの。そのカカオを1519年に母国スペインに持ち帰ったのがアステカ王国を滅ぼしたコステス。これがココアのルーツ。現在のココアの作り方はココア・ビーンズを炒って種皮と胚芽をココアバターの一部排除して粉末にしたものを…」

一方通行「ココアと珈琲を一緒にしてすみませンでした。つーかなンでそンなにココアについて詳しいンだよ!?」

芳川「趣味よ。それよりあなたが素直に謝るなんて…やっぱり病気かしら」

一方通行「チッ…もう何があっても絶好に謝ンねェ。絶好にだ」

芳川「あ、ちょっと待って」

一方通行「あァン?」

ピトッ

芳川「……熱はないみたいね、割りと本気で言ってたのだけれど…」

一方通行「オイ…」
734 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 7/12 [sage]:2010/07/12(月) 21:27:18.82 ID:aS0FGMDO
ピタッ

芳川「うーん…どこを触っても平熱ね」

一方通行「当たり前だろ」

芳川「うーん…」ピトッ

ぷゆっ

一方通行「……!」

芳川「……やっぱり熱なんかないのかしら」

たゆん

一方通行「だから当たりめェだっつーの。つーかオマエ…、その…」

芳川「……? …あぁ、もしかして胸が当たってたのが気になった?」

一方通行「ちっ、げェーよ!」

芳川「あ、『当ててんのよ』ってやつやってほしかった? ごめんなさいね、気が利かなくて」

一方通行「違ェっつってンだろうがよォォ!!」
735 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 8/12 [sage]:2010/07/12(月) 21:28:14.88 ID:aS0FGMDO
芳川「気にしないから、恥ずかしがらないでいいのに」

一方通行「そういう問題じゃねェ! …もういい。寝る」

芳川「そう? じゃあおやすみ」

一方通行「おォ……ってうぎゃァ!」コケッ

芳川「きゃっ…」

もみっ

一方通行「……あァ?」

芳川「あら…触りたかったなら触りたかったっていえばよかったのに」

一方通行「〜〜っ、っ! っだァァもう!! 寝る!」

バタンッ

芳川「おやすみなさい…クスッ」
736 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 計算間違ってた…orz [sage]:2010/07/12(月) 21:29:53.97 ID:aS0FGMDO
一方通行「もう…寝る。そうだ、寝るしかねェ。今日は妙に転ぶし…そうだ寝るンだ…」

ボフッ

???「ひゃっ!」

一方通行「あァ? …おいクソガキ、ここで何やってンだ」

打ち止め「あ、あなたを驚かせようと思って布団に潜ってたんだけど…その、あなたが今抱き付いてきて…びっくりして脅かせずじまいになっちゃったじゃん…ってミサカはミサカは内心ドキドキしながら懇切丁寧に説明してみる」

一方通行「そォかよ。じゃあ退け。俺もう寝っから」ゴロン

打ち止め「あれ!? ミサカは思わぬハプニングにこんなにドキドキしてるのにあなたはスルーなの? なんかずるいーってミサカはミサカはじたばたじたばたー!」

一方通行「……zZZ」

打ち止め「寝てるー!! 今日下位個体押し倒した時でももうちょっとうろたえてたのに!?」

打ち止め「うー…み、ミサカも早く大人の女性になってあなたをドキドキさせちゃうんだからってミサカはミサカは決意してみる!」


おしまい!
737 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 オマケ [sage]:2010/07/12(月) 21:31:49.79 ID:aS0FGMDO
‐‐‐おまけ


19:最近変態個体増えてね?(263)
20:KJと接触する可能性が高い10032号と感覚共有するスレ 遭遇12回目(345)
21:【その幻想を】上条当麻萌えスレ【そげぶ!】PART148(1001)
22:セロリたんパンツを煮出した汁で作ったラーメンをセロリたんに食べさせたい(89)



KJと接触する可能性が高い10032号と感覚共有するスレ 遭遇12回目



301 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
ちょwwwwセロリと会っちまったwwwwww

302 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12751
縁起悪いな

303 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19090
あれ、セロリが持ってんのって10032号が前から飲みたがってたウスターソースオーレじゃね?

304 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>303
!!!マジだ!

305 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka3333
ウスターソースオーレwwwwwwwwゲロ不味wwwwそwwうwwwwwwwwwwwwwwっうぇwwww

306 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16344
ウスターソースか…
せめてオイスターソースだったら…

307 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16387
>>306
それもねーよ

308 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19999
おや?セロリのようすが…

309 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
ちょ
738 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:33:15.00 ID:gx0bwioo
クソッ!こんなニヤニヤできるSSが14レスも続くと思ってwwktkしていた
俺の鼓動の高鳴りをどこにぶつければ・・・!
739 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 オマケ [sage]:2010/07/12(月) 21:34:22.99 ID:aS0FGMDO
310 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17936
いやああセロリに押し倒される感覚とか誰得ううう!!

311 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11111
Nooooooooooooo!!!!

312 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17600
思わず感覚共有切っちまった

313 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
セロリたんの吐息が顔が近いよおおおおおおおああああ舐め舐めしたい!!!

314 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10033
あっ…も、もうこのままミサカをめちゃくちゃにしてぇ!!///

315 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
あう…///
あ、やべ鼻血g…

316 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
…こんなの事故だろ
意識する方が無駄

317 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18264
べ、別にこんなの全くドキドキとかしねーし
セロリとか全く興味ないし

318 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13333
セロリ派wwwwwwどこから湧いたしwwwwwwwwwwww

319 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10100
へ、変態だー

320 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15972
セロリ派はほんとろくなのいないな

321 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
ああセロリたんに変態って罵りたいよおお!そんでいっぱい罵った後はその分体液をペロペロしてあげあbbbbbb

322 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20001
あんな 事 故 に下心持つような子には…おしおきが必要だよねってミサカはミサカは天使の微笑みを見せてみたり☆


この後のスレ内はそれはもう目も当てられない程悲惨だったという…



本当におしまい!
740 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:37:29.00 ID:aS0FGMDO
おしまい
最初はこの他にインデックスとかあわきんとか海原とか絹旗と黄泉川とかいたんだが削っちゃった

それにしても計算間違いとか本当にごめんなさいね!誰か俺を銃殺して!
741 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:40:38.96 ID:n.0lkoQ0
海原でどうラッキースケベかましたかったのか、詳しく知りたいところだ
742 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:41:07.86 ID:T2T7Ez20
305 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka3333

たまに幽霊混ざったりするから能力名として「欠陥」をもつんだな
743 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:44:23.10 ID:aS0FGMDO
>>742
すみませン13333でした…o rz
744 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:46:54.92 ID:2ebyxgDO
銃殺しないから完全版つくって
745 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 21:57:10.03 ID:YIq97YAO

やべ、芳川×一方さんに目覚めそう…
ていうかいつまで効果が続くんだろ?


あと姉御が相変わらずで安心した
本当は気になってるくせにニヤニヤ
746 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:01:15.35 ID:/R5swIAO
これはいいものだな
乙乙
747 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:01:18.33 ID:/R5swIAO
これはいいものだな
乙乙
748 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:03:50.37 ID:V6Mp9920
芳川さん素敵です乙
749 :一方通行「ラッキースケベ? なンだそれ」 オマケのオマケ :2010/07/12(月) 22:09:19.39 ID:aS0FGMDO
>>741




海原「おy…」

一方通行「歯ァ食い縛れ三下ァ…」

海原「ええ!? なんでですか! 自分まだ『おや』すら言ってませんでしたよね!?」

一方通行「動機:海原くンの顔面に苛ついた」

海原「そんな動機があってたまりますか!」

一方通行「機嫌の悪ィ俺に会っちまったオマエが悪ィ」

海原「えええええ…ああ、気付かなかったフリして無視しとけばこんな事には…」

一方通行「今更後悔しても遅ェよ、うゥなばらくゥゥン?」

海原「さようならショチトル、さようなら御坂さん…」ブツブツ

一方通行「よォし、じゃあこっち向け海b…うォ!?」コケッ

ズサッ

一方通行「ってェ…今日はやけに転ぶ日だなァオイ」

海原「あの…すみません…」

一方通行「あァ?」

海原「自分の股関を…その、掴んでいる手を退けて貰っても…」

一方通行「ぎゃァッ! [ピーーー]海原ァァ!!」

ゴギャッ

海原「テクパトルッ!」


‐‐‐海原くンは暫く入院したそうです




即興ですまんね。そろそろ消えるね!しつくてごめんな!
750 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/12(月) 22:09:19.79 ID:NdJ1sAgo
14レスお借りします。


〜注意点〜

・キャラ崩壊

・地の文形式

・原作読んでない。能力の解釈間違いとかあったらごめん

・独自の物理学を展開

・幻想御手にものすごい設定変更
751 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 1/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:11:47.01 ID:NdJ1sAgo
「っは……はぁっ……!」

少年が必死に走る。髪は赤く染められ、身に付ける制服はだらしなくボタンが外されている。
お世辞にも行儀が良い格好とは言えなかった。
まるで化物でも見たかのような、酷く怯えた様子を見せる少年の視線の先には、口の両端を吊り上げて笑う少女が居た。


「待ってくださいよぉ」


傍から見ればただの追いかけっこ。少年の方が有利だろう。
しかし、ここ学園都市には『超能力』というものが存在する。
このシステムは男性と女性、肉体的なハンディキャップなど軽く覆せる物。
少年が少女を恐れる理由はこれにあった。


「んー……じゃあそろそろお終いにしよっかな」


少女は軽く膝を曲げ、地を蹴る。
すると50m近くあった距離は一気に縮まった。少女の疾走、否、滑空に因って。
前方に回りこむと、たじろぐ少年を見据え、言った。


「風紀委員です。暴行の現行犯で、貴方を拘束します。……くっはー、一度言ってみたかったんだよね」

「っふ、ざけんなぁぁぁぁ!!!」


近くにあった木材を掴み、少女に殴りかかる。
しかし頭部に達する僅か数cm手前、何か見えない壁にぶつかったかのように、そこから先へ進むことは無かった。


「手を出しました。じゃあこれで正当防衛♪」


決着が付くのは一瞬だった。一瞬で充分だったはずなのに、少女は徹底的に攻勢に回る。
少年の携帯電話を抜き取り、まともに動かなくなった体で必死に命乞いする少年を横目に、携帯電話を弄り出す。


「もしもし、警備員ですか? 能力者同士の喧嘩です。場所は――」


少女――佐天涙子は、通報を終えると携帯電話を放り出し、その場を後にした。
752 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 2/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:12:56.03 ID:NdJ1sAgo
風紀委員第一七七支部。
風紀委員の白井黒子はパソコンの前に座り、目の前の資料と睨めっこを続けていた。
ディスプレイに表示されていたのは、ここ最近発生している謎の通報についての案件である。
その様子に気付いた美琴が、後ろから覗き込む。


「……なーに眉間に皺寄せてんのよ。どれどれ?」


通報者不明。現場に到着した時には姿は無し。
重傷を負った被害者。辺りはまるで台風が過ぎ去った後かのような惨状。
高位能力者が関与していると思われる。


「被害者は皆スキルアウトですから、大方風紀委員の真似事ではないかと」


「姿は無し」とはまるでヒーロー気取りである。
しかし被害者の少年の有様を見る限り、そこまで綺麗な聞こえに当て嵌まらないことは、はっきりと言えた。


「監視カメラに姿は映ってないの?」

「それなら今初春が確認作業を行っています」

「付近の人を書庫と照らし合わせながらですので、もうちょっと時間が掛かりそうですね……」

「そのまま続きをお願いします。しかし、この現場の写真を見る限り……」


現場は凄惨な光景が拡がっていた。崩壊した建物、辺りには鉄くずやゴミが飛び散っている。
まるで巨人が空間を掴んで振り回したかのような。


「これをやったって言うなら、それなりに能力は高そうね……」

「幻想御手の件がありますから、書庫はあまり当てにならないかもしれませんわね」


幻想御手。以前はただの都市伝説と言われていた。曰く、使用するだけで簡単に能力レベルが上がる代物。
素行の悪い少年達が使用していた事件もあり、治安は悪くなっていく一方。

最も危険なのが幻想御手の代償、使用者の精神である。
人格の破綻や多重人格、記憶喪失、その他精神病諸々……
学園都市内の入院患者のおよそ5割が、幻想御手使用者であった。
753 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 3/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:13:57.04 ID:NdJ1sAgo
「……あれ?」


ふいに初春が声を上げた。声を聞き、美琴が駆け寄る。


「初春さん、見つかった?」

「あの、この人……」


初春はカメラの映像を巻き戻し、事件が発生した路地裏付近を指差す。
そこには後姿ではあるが、よく知る黒の長髪が映し出されていた。
そして、彼女は路地裏の方へと入っていった。


「佐天さん……こんなところで何を」

「っていうか佐天さん、何か目撃してるんじゃない?」

「連絡を取ってみれば如何です?」


はい、と初春は少しばかり慌てた様子で携帯電話を取り出す。やはり友人のことが心配のようだ。
コールしたが、聞こえてくるのは「留守番電話サービス」の音声のみだった。


「連絡、付きませんね……」


今のところ最も重要な手がかりと思えていただけに、一同一気に肩を落とす。
また新たな被害者が出る前になんとかしたい――そのような焦りがあった。



「はい、こちら風紀委員第一七七支部です」

部屋内に響くコール音。
不安を抱えていたせいか、また新たな事件が発生したようである。
これで、被害者は一気に5人増えた。
754 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 4/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:14:28.00 ID:NdJ1sAgo
常盤台学生寮。

御坂美琴はシャワーを浴びながら、思慮を巡らせていた。
件の通報者。初めは自分のよく知る、あの無能力者かとも考えた。
風紀委員以外でスキルアウトとこう何度も接触してしまう人物など、そうそう居るものではないからだ。
しかしそれはほんの最初だけ。現状を知り、今ではあの少年の仕業とは微塵も思えなかった。
第一彼は無能力者だ。
ではどんな人物なのか、美琴は興味が湧いていた。もしかしたらレベル5か。
学園都市の選ばれし7人。他はどんな人物なのか、是非一目見てみたいと常日頃思っていたが……


「……被害者は沢山居る。私は、何を馬鹿な事考えてるのよ……」


そこまで考えて、やめる。


「お姉様、お背中お流しぷぎゅっ」

「だから勝手に入ってくるなって言ってんでしょ!?」


顔面に全力でスタンプキック。
互いに慣れてきたせいか美琴の反応速度は良くなっているし、黒子は多少のダメージなら立ち上がれる。
「寮に帰ってきてまで仕事追われていてほしくない」と黒子の心配をしていたのだが、その必要は無さそうだった。


「ふふ……お姉様の生足……!」

「私が馬鹿だったわ。手加減できそうにないわね……!」

「お姉様ったらあんなに足を振り上げて、絶景でしたのようえっへへへ……」


物理攻撃ではなく、全力で電撃を放っても良いようであった。
755 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 5/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:15:03.05 ID:NdJ1sAgo
翌日の一七七支部。
初春は入室するなり美琴と黒子に尋ねる。


「白井さん、御坂さん! 佐天さんを見ませんでしたか!?」

「今日も来てないみたいだけど、何かあったの?」

「佐天さんが、どこにも居ないんです! 連絡もつかなくて……!」


佐天は前日も此処には来ていなかった。
その時は皆特別気にも留めていなかったが、さすがに今日も連絡が付かないとあっては心配にもなる。


「落ち着きなさい初春。佐天さんは学校にも来ていませんでしたの?」

「はい……さすがに授業を抜け出して探すわけにはいかなかったんですけど……」


黒子は立ち上がり、腕章を付けて言った。


「わたくしが巡回がてら探してみますの。見つけたら連絡を入れますわよ」

「黒子、私も行く。例の事件と遭遇するかもしれない」


沈黙が続く。
仮に相手との戦闘になった時、確かに美琴の力は非常に頼りになる。
しかし、二人の風紀委員としての立場を考えると、受け入れ辛いのも事実であった。
そんな態度を見て美琴は言った。


「なら私は……勝手に行くから。二人は何も知らなかった」

「……ですわよね。お姉様を止めるなど、最初から選択肢には無かったようですの」

「私ももちろん協力します。何かあったら、その時は三人で責任をとりましょう」
756 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 6/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:15:32.15 ID:NdJ1sAgo
「とりあえず二手に。あと、1時間くらいしたら一度連絡を取るから」

「分かりました。わたくしは主に空から探してみます」

「何かあったら呼ぶのよ。アンタの能力なら私が着くまでの時間稼ぎも出来るでしょうし」

「わたくし一人で解決が可能な内容であれば良いのですけど」


支部から出た美琴と黒子がそれぞれ真逆方向を探し始めてから、30分が経過しようとしている。
黒子は自身の力を揮い空を飛び回っていた。


(いささか酷使し過ぎましたか……)


能力の連続使用の為、息が切れ始めてきている。
一度徒歩に切り替えようと地面に着地した時、携帯電話が着信を告げた。




初春は一人支部に残り、監視カメラの映像を見つめ続けている。
ただ佐天のことが心配だった。状況が状況だけに、巻き込まれていないという確証は一切無い。


「佐天さん……佐天さん……佐天さん……!」


答える相手がいないのに無意識に名前を零してしまう。
そんな思いが通じたか、モニターに佐天の姿が映った。急いで美琴と黒子に連絡を入れる。
そして、自らも支部を飛び出した。
757 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 7/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:16:02.43 ID:NdJ1sAgo
佐天は、苛ついていた。
何故だか分からないが、目の前の物を全て疎ましく思っていた。
今までの制裁を加えたスキルアウトは皆、佐天に馴れ馴れしく声を掛け、無理矢理路地裏に連れ込もうとした連中ばかり。
言うなれば痴漢に対して仕方なく撃退スプレーで反撃をするようなもの、と佐天は考えている。
しかし、今は違った。
一目も憚らずいちゃつくカップル。馬鹿みたいに大きな声で下品に笑う女子高生達。ジュースを飲みながら歩く学生まで。
次々と殺意が芽生えてくるのを佐天は必死で堪えた。
いけない、こんなの。早く帰って寝よう。
そう思って駆け出したが、前も見ていなかったため目の前の男子学生に勢いよくぶつかってしまった。


「すみません。お怪我はありませんか?」


謝罪と共に、転んでしまった佐天に手を差し伸べてくる優しい男性。
しかしそんな相手に佐天は、我慢が出来なかった。



「何か、様子が……?」


初春から連絡があった地点に近付くにつれ、周囲が騒がしくなってくる。
何があったのか、一旦辺りの学生達に話を聞いて回る。


「一体何が?」

「の、能力者がいきなり暴れ始めたんだよ……!」

「分かりました。一刻も早く避難を」


また幻想御手使用者だろうか。あるいは例の謎の通報者か。
黒子の持つ空間移動能力は非常に強力なものであり、並の能力者ではとてもではないが相手にならない。
主に無能力者ばかりを相手にしてきた黒子ではあるが、それなりの場数を踏んでいる為、負けはしないだろうと考えていた。


「風紀委員ですの!」

「あれぇ、白井さん……」


その相手がよく知る友人、佐天涙子であることを知るまでは。
758 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 8/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:16:36.78 ID:NdJ1sAgo
佐天が幻想御手を使う可能性を考えていないわけではなかったが、いざ現実を目の当たりにすると、思考が中々追いついてくれない。
辺りの惨状。そしてその中心地にいる友人に対し、黒子は動揺してしまっていた。
おそらく佐天の仕業だろうか。一人の少年が空中に浮かんでいる。
少年は酷く怯えた様子で、必死に黒子に助けを求めた。


「佐天さん……その方を放しなさい」

「何でですかー?」


佐天は本当に理由が分からない、といった表情を浮かべる。その態度に黒子は確信を抱いた。
一気に男性の元へ飛び、空間移動によって開放する。
この場を離れるよう指示すると、男性は一気に逃げ出した。
佐天をその様子を目で追ってはいたが、大して興味は無さそうである。


「佐天さん、あなた……幻想御手を使用したのですか」

「そうですよ? いやぁ本当にスカッとします。能力レベルが高いって。御坂さんや白井さんの気持ちが分かりますね」

「何故このようなことを?」

「肩がぶつかっちゃって、ついイラッとしたんですよぉ」


ついイラッと。軽く言われては堪らない。
それで済まされるような状況ではなかった。
759 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 9/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:17:16.93 ID:NdJ1sAgo
「……佐天さん……」

「なんですか、その哀れんだ目。白井さんもちょっとイラッときちゃうなぁ……」

「それで結構ですの。佐天涙子、能力乱用に因る暴行、器物破損の現行犯で……貴方を拘束します」


黒子の精一杯の目力を込めた通告も、佐天はまったく意に介さないようであった。
それどころか、黒子の表情から滲み出る動揺を読み取り、更なる余裕さえ見せていた。


「迫力、無いですよ白井さん。ちっとも怖くない」

「……! でしたら、力尽くでいかせて頂きますわよ!」

「いいですよ!? さあやってみせてください!」


黒子は鉄矢を取り出し、一息で距離を詰める。
一気に飛び掛る。身構えた佐天の背後への空間移動。
完全に不意を突いたはず。そのまま体を回転させて空間移動させ、一気に体勢を崩しに掛かった。
このまま地面に組み伏せて自由を奪う。
腕を掴もうとした瞬間、まるで空を蹴ったように佐天の体はその場から飛び出した。


「アハ、危ない危ない。普通の人なら今のでアウトでしたね」

「そういえば忘れていましたわね。貴女の今の能力……」

「空気を操る、って感じです。単純で分かり易いでしょ? 空だって飛べますから」


宙に浮かんだまま佐天は言う。
確かに分かりやすい。が、非常に多彩な用途がある。総合的に見れば強力だ。
見れば周囲には切り裂かれたような跡も残っている。どうも攻撃方法は空気をただぶつける訳ではないのだろう。
黒子は鉄矢を握り締める。こうなったら直接鉄矢を打ち込んで、まず動きを鈍らせた方がいい。
意を決し、鉄矢を空間移動させた。が、その地点には既に佐天はいなかった。
760 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 10/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:18:02.24 ID:NdJ1sAgo
「当たらなきゃ、意味無いですよ」

「……よく知っていますのね」


確かに空間移動能力は、正確な座標指定が出来なければならない。
静止した物体に当てるのならまだしも、ここまで不規則な高速移動をされては当てることなど不可能に近い。


「もうネタは切れたんですか? つまんないですね〜」


佐天は、あくまでも楽しんでいた。
余裕の表情の佐天。対する黒子は息が切れ、鉄矢もほぼ無意味になってしまっている。
ここに来るまでに能力を使い過ぎたようで、このままでは空間移動自体が不安定になってしまう可能性があった。


「……もういいですよ白井さん。相手にならなさ過ぎてつまんない」


何が起こったかは分からない。
風が吹き付けたか。ほぼ感じ取れないような、そんな小さな違和感を両足に感じた。
小さな違和感はやがて大きな違和感、焼けるような激痛へと変わる。深く、幾重にも切り刻まれた足は大量の血液を流し始める。
やがて自身の体重をも支えきれなくなった黒子は、その場へ倒れこんだ。


「ぐッ……!」

「あは、あははははははははは!!! 弱いっ!!! さぁーって、次はどうしよっかなぁ?」


高らかに笑う佐天は、悶え苦しむ黒子を見下ろして頭を踏みにじる。元の彼女はもうそこに居なかった。
そして、別の方向を見て言った。


「……二人は仲が良いんですね。私もそんな風に分かり合える友達が欲しかったなぁ」

「黒子っ……!」


御坂美琴がこの空間に足を踏み入れた。
761 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 11/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:18:50.52 ID:NdJ1sAgo
「もうやめて、佐天さん……!」

「正当防衛ですよ。仕方ないじゃないですか」


黒子の頭部から足を離し、代わりに腹部を蹴りつける。黒子はそのまま動かなくなった。
一気に頭に血が上る。
今目の前にいる人物は、もう友人の佐天涙子ではない。
自分の周りにある平和を壊す、ただの害だ。
手加減無しで電撃を飛ばす。生身の人間がまともに受ければ助からないレベル。
そんな電撃にたじろぐことなく、佐天は宙を舞い身を躱す。


「そんな単調なものばかりじゃないですよね? レベル5でしょ?」

「……ッ!」

「そうだ。これから攻撃を避ける度に、白井さんに一回ずつ攻撃をしましょう」


まるで幼児だった。
閃いた、と言う佐天の表情の明るさはまさにそれ。
黒子の体が宙に浮かび、地面に叩き付けられる。
そんな行為を楽しんでいた。


「やめなさい……!」


美琴はポケットからコインを取り出す。


「ヒハ、出ました超電磁砲。さぁどうぞ?」


掛け値無しの、自身が出せる最大出力。
御坂美琴の通り名にもなっている超電磁砲を、佐天目掛けて撃つ。

しかし、佐天に届くことなく、超電磁砲は消失した。
762 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 12/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:19:30.97 ID:NdJ1sAgo
自信はあった。学園都市の序列第三位としての自覚はあったし、それに驕ることなく、努力も絶やさなかった。
伊達にレベル5として生きていない。なのに。自らの、最高の技があっさりと止められた。


「初めて超電磁砲を見たとき、ビームでも発射してるように思いました。でもこれ、要はコインを速く飛ばしているだけだったんですよね」


風が吹き荒れる。その風は黒子を吹き飛ばし、壁に叩き付けた。


「飛んでくる物質なんて、風をぶつければ止まります。さすがにちょっと距離は取らせてもらいましたけど」


佐天の表情が変わる。それは、美琴に対して完全に興味を無くしたようだった。
一気に懐へ飛び込み、右足を振り抜く。
そのつま先が美琴の体に触れようかというところで、一気に身体が逆回転した。
勢いをそのままに、踵が後ろ首を撃ち抜く。


「がはッ……!」

「あたた……やっぱり無理に体を動かすものじゃないなぁ」


突風を手足の先から噴射することにより、高い攻撃力を持たせたり、寸止めフェイント。空中でも自在に打撃を与えることが出来る。
レベル5とはいえ、美琴はあくまでただの女子中学生。
格闘戦術など学んでいるわけがなく、この攻撃には完全に反応が出来なかった。


「周りに適当に電撃を出せば、防げたはずデスケド? 今更何を躊躇してるんですか?」

(呼んでもない時に来るくせに、こういう時は来てくれないんだ……助けて、欲しかったなぁ)


意識が途切れる瞬間、美琴は一人の少年のことを思い出す。
不良に囲まれる自分を助けにくる馬鹿。いつの間にか逢う度に追いかけっこ。
そんな無能力者の少年のことを。


「なに人様の撃墜数をキリの悪ィ19999で止めようとしてやがるンですかねェ?」
763 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 13/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:20:14.50 ID:NdJ1sAgo
美琴は目を覚ます。
自分の物じゃないベッドに、あまり好まない独特の匂い。
体は上手く動いてくれないが、頭ははっきりしている。ここが病院であることはすぐに理解出来た。


「御坂さん……よかった……」

「初春さん……私、何で……?」


美琴は初春から事情の説明を受ける。
警備員が駆け付けた所、倒れている美琴と黒子しか居なかったこと。
周辺住民の話によれば、暴走する能力者と戦闘をした人物がいたこと。


「ちょっと部屋は離れてますけど、白井さんも無事です。足に大怪我を負っていて治るには時間がかかるそうですけど」

「ねぇ、初春さん……」

「あ、リンゴ食べます? 剥きますよ」


話を逸らす初春。
美琴は、既に予想が出来ていた。
初春の様子を見て、答えづらいのは分かっていたが……


「佐天さんはどうしたの……?」


動きが止まる。
しかし、目は逸らせない。


「私と黒子、佐天さんと戦ったわ。能力をしっかり使っていた……」

「……ええ。幻想御手です」
764 :佐天「こんなに気持ち良い物だったなんてね」 14/14 [saga]:2010/07/12(月) 22:21:04.56 ID:NdJ1sAgo
初春は美琴に背を向けたまま、続ける。


「御坂さんと白井さんが運ばれた後、路地裏で倒れているところを発見されました」

「その症状から、幻想御手と見て間違いないらしいと……」

「私、佐天さんのこと、何も分かってあげられませんでした……」


嗚咽が混じりだす。
とりあえず一命は取り留めたらしい。
しかし、使用したのはあの幻想御手である。最後に、一つだけ気に掛かることが美琴にはあった。


「佐天さんと、今話せる……?」

「別の部屋ですけど、入院しています。ただ、お話するのはちょっと難しいかもしれません」

「……なんで?」


その問いに初春は答えなかった。が、案内はしてくれると言う。
美琴は思うように動かせない体を初春に支えてもらい、佐天のいる病室まで辿り着く。
そして、ドアノブに手を掛け、室内に入った。
ベッドに潜って上半身を起こしている少女。その穏やかな表情は、確かに佐天涙子だった。
佐天がゆっくりと微笑み、口を開く。


「……こんにちは……えっと、どちら様ですか?」


幻想御手は、少女達の体に傷を、心に傷を与えた。
佐天はつい先日まであった自分を、確かに無くしていた。
765 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/12(月) 22:21:46.22 ID:NdJ1sAgo
以上、終わりです

最初の注意書きの通り原作を読んでいないため、どこかおかしなところがあるかもしれません
地の文もバトル展開も初挑戦なので日本語すら怪しい
これから頑張っていきたいのでアドバイス等あれば書いて頂ければ幸いです

佐天さん壊してごめんなさい、美琴と黒子あっさりやられさせてごめんなさい
766 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:33:20.83 ID:/R5swIAO
どこかというか…
767 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:33:33.13 ID:iOqWv1.o
上条さーん!早く来てこの幻想をぶち壊して―!
768 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:39:05.10 ID:/C/M08Ao
オチが弱すぎて何の為の話かサッパリ。
769 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 22:40:50.46 ID:ATrg7oSO
産業で
770 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/12(月) 22:47:46.01 ID:yGuKeYg0
なんつーか…うん、がんばったね…
771 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:47:46.03 ID:B9kwk720
物語の途中の一シーンって感じなのかな。
多分俺は>>765とは好みが似てるんだろーなー。面白かったよ
772 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:52:12.57 ID:Lv9hPXE0
<<765 続きは?ってかんじだな。
773 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:52:37.65 ID:/R5swIAO
話は置いといて文は普通に上手だと思う
774 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:53:36.46 ID:Lv9hPXE0
>>771 安価ミス>>765
775 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 22:56:28.09 ID:Lv9hPXE0
またやってしまったorz すいません>>772です。
776 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:15:56.24 ID:4WpniZM0
文は普通に違和感なく読めたし、結構上手いと思うけど、
いかんせん内容がカオスすぎた
777 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:26:30.17 ID:ART8ccs0
文は普通にうまい、内容がカオス

詰まる所、原作を読めば…
後は分かるな?
778 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 23:29:35.91 ID:FMY4fcAO
佐天vs黒子は、黒子が逸りすぎの感がある。黒子に
「あら、弱いんですのね。心が」
とでも言わせてそれに伴う一連の流れに持っていけば、ただの前座が味のあるエピソードに生まれ変わるはず。
黒子の精神に附いては、原作8巻を読んでね。
779 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:31:30.85 ID:n.0lkoQ0
短編小説だと、>>764みたいな唐突気味のラストって結構あるし俺は結構好きだな。
けど、原作未読で二次創作つくると、既読者からは内容改変が受け入れがたいことが多いね。

つまり>>777と同意見
780 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:43:05.92 ID:NdJ1sAgo
たくさんのご意見ご感想をありがとう

つまりストーリーが如何せんよろしくないのね
もっと勉強が必要だ
781 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:45:09.81 ID:UiczXuIo
番外通行っぽいネタ。4スレ貰います。
場面は20巻での一方通行対上条後。
782 :番外個体「『一方通行』。いい名前だね」1/4 [sage saga]:2010/07/12(月) 23:46:22.89 ID:UiczXuIo

(―――それでもまだ、ミサカは生きてるんだね)

一方通行の暴走。
黒い翼がこの世のすべてを破壊せんとし、幻想殺しが毅然と立ちはだかる。
黒い翼が地面をえぐり、大地を揺るがす。
悲痛な叫びが白銀の大地にただただ響く。
その引き金を引いたのは

(ミサカなんだね。でも。あの黒い翼がミサカに振るわれることはなかったんだよ)

一方通行は最後の最後まで、番外個体に怒りをぶつけることはなかった。

(あれは怒りというより―――)

番外個体は、自分に対し拳を振りおろしてきた一方通行の悲痛に歪む顔を思い出していた。
783 :番外個体「『一方通行』。いい名前だね」2/4 [sage saga]:2010/07/12(月) 23:48:06.05 ID:UiczXuIo
そして、一方通行が番外個体のためにその能力を行使したことを思い出した。
怪物と呼ばれ恐れられている、あの学園都市の第1位こと一方通行が。
だから番外個体は学園都市の悪意から救われた。
本来ならばとっくに死んでいるはずだった。

(それでも第1位は、ミサカの命を助けるために能力を使ったとはいわないんだろうね)

学園都市を出し抜くために使っただけだ。
その結果が「番外個体は生きている」という状況につながったにすぎない。
一方通行はそう言うに違いない。
どこか不器用で、どこか不格好で、どこか心地良い。

それでいてどこか脆い。
784 :番外個体「『一方通行』。いい名前だね」3/4 [sage saga]:2010/07/12(月) 23:50:07.52 ID:UiczXuIo
学園都市の悪意ある攻撃に対し怒り、自分が今まで積み上げてきたものが崩れる音に絶望する。
そして番外個体を死なせはしない、妹達はもう死なせはしないと、過去を悔いる。
怪物と呼ばれる彼の見せた人間味のある一連の行動に、番外個体はどこか温かいものを感じていた。

(きっと他の妹達と同じく、ミサカもまた勝手に背負っていくんだね)

罵詈雑言で突き放したら、彼はどうするのだろう。
ミサカは守られる必要など全くないよ、と言ったらどうするのだろう。

(そっけない言葉で返事をして、それでも勝手に背負っていってくれるんだろうな)

番外個体は確信を持ってその答えを導き出した。
785 :番外個体「『一方通行』。いい名前だね」4/4 [sage saga]:2010/07/12(月) 23:51:45.91 ID:UiczXuIo
(本当は優しいんだね、第1位。でも)

(ミサカの、感謝を表す言葉も、好意を表す言葉も。きっと第1位のところまでは届かないんだね)

―――番外個体が残酷なまでの悪意を向けても、一方通行が番外個体を殺すまでに至らなかったのと同じように。

(『一方通行』。第1位のことをうまく表してるいい名前だね)

届ける側からは施されるばかりで、それを受け取る側からは何もしてあげられない。
届ける側がどんなにボロボロになろうとも、受け取る側からの一切を拒む。

『弱いんだよ』

ミサカネットワークから拾い上げた、いつだったか最終信号が幻想殺しに向かって放った台詞。

『あの人はいっぱい傷ついて、手の中の物を守れなかったばかりか、それをすくっていた両手もボロボロになっちゃってるの』

番外個体は静かに微笑んだ。
今度はミサカが一方通行のために一方的に何かしてあげられればいいな、と思った。
786 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:53:07.79 ID:UiczXuIo
終わり。流れをぶった切る形のレスになったらならメンゴ。
787 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:55:15.54 ID:FlC9Bwc0
とてもいい話なのに
番外個体の語尾に「〜ね」が多用されているため
頭の中にカエル顔の医者が出てきて困りました
788 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:56:14.10 ID:lfnjQEDO
なってないから問題無し

789 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/12(月) 23:59:03.82 ID:ART8ccs0
乙、良い話だった。

こういう話を読んでいると純粋に8月の新刊が滅茶苦茶気になる。
790 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 00:02:20.04 ID:eMX5aBYo
ワーストもヨミカワの家に連れ込んじゃえ
791 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 00:04:31.27 ID:xOw61cDO
ミサカハーレムか。一方が熱くなるな
792 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/13(火) 00:29:49.87 ID:gZcq3DA0
久々にカマ条さん投下します、短編?だけど。

あとなんか別のとこで男の娘上嬢さんやってるみたいだから、今後カマ条さんはガチのオカマで見てくれるといいんじゃないかな、うん。

まぁ精神衛生上アレですけどね、うん。

つーか正直、今までのアレを男の娘で見てた人がいたかどうかは甚だ疑問なんですが。

2レス借ります。
793 :「カマ条とエツァリと美琴」 [sage saga]:2010/07/13(火) 00:30:40.19 ID:gZcq3DA0
8月31日朝 常盤台寮前

海原「デパートの下着売り場ですか?ご一緒しますよ?」

美琴「(…まいったなー、悪い人じゃないんだけど、このキラキラパワーが肌に合わないというか…。)」

海原「どうしました?行きましょう。」

美琴「(うわー、どどどうしよう?)」

美琴「…あ。」

青ピ「か、上やん!離してっ!てかなんでボクばっか構うの!?土御門くんもガチムチやん!ほら腹筋とか!!」

土御門「ちょ、青ピ!こっちにふるなにゃー!!」

カマ条「ん〜、土御門もかなりイイセンいってるんだけど〜、アタシ彼女もちとか、相方いる子は狙わないのよ〜。だ・か・ら♪」フゥーッ

青ピ「ぎにゃー!!耳!息!堪忍してぇぇぇぇ!!!」

土御門「あー…、まあ、上やん、その辺で、にゃー?」

カマ条「ま、そうね、この辺で勘弁したげるわ?」

青ピ「うう…、ボクもうお婿に行けへん…。」

カマ条「あら、それならアタシが養ったげてもいいわよ?どうせもう一人居候もいることだし…。」

青ピ「い〜や〜!!」

美琴「…。(どうしよ、ベタだけど待ち合わせで切り抜けようと思ったのに…こんなときにあんな奴らしかいないなんて…、つか何今の若干おぞましい光景。)」
  「………。(いや待った!アイツこないだ黒子と下着買いに行ってたし!意外と違和感なく行けるんじゃない!?お、オカマだしさ…。)」
  「……………(そうと決まれば!『またせちゃってごめんなさーい、上条さん(棒)』で行けるはず!うん、問題ない!!」

美琴「ま、またせちゃっt」

カマ条「アラ!オイシそうな男!!お兄さ〜ん、アタシとイイことしな〜い?」クネクネ

美琴「」
794 :「カマ条とエツァリと美琴」2 [sage saga]:2010/07/13(火) 00:31:25.05 ID:gZcq3DA0
青ピ「…あ〜、上やんの病気やで土御門くん。」

土御門「…こうなったらいろいろ面倒だからにゃー、先行っとくぜよ。」

海原「え、じ、自分ですか?」

カマ条「そうそう、アナタよ、ア・ナ・タ♪…ああ、見れば見るほどいい男…、アタシ、アナタとクサイ仲になりたいわぁ〜♪」

海原「(ちょっ、暗殺対象本人にナンパって…、コレはある意味チャンスか…?いや、暗殺のだよ、暗殺の。)」
  「(いや、しかし御坂さんの前でオカマにホイホイ付いていくような男、というキャラを演じるのは…、仮の姿であっても…。)」
  「(…うむ、大体ここでホイホイ付いていくのは不自然だな…。かくなる上は、と。)」

海原「い、いえ、せっかくですが、自分はこちらの方に用がありますので…。」

美琴「」

カマ条「…あら?ヤダ〜、美琴ちゃんじゃな〜い。なによ〜、こんないいオトコが知り合いにいるなら、紹介、しt…。」

美琴「…ふ、ふふふふふふ、人が、せっかく、ごまかそうとしてたってのに…。」バチバチ

カマ条「…え、ちょ、美琴ちゃん?な、なんかいつも以上にビリビリがひどいんだけd」

美琴「ぶち壊しにされた挙句…、男漁りとか…、…あーもう、ワケわかんないわホンット…、ふふ、ふふふ。」ビリビリ

海原「み、御坂さん?」

美琴「…死にくされ!!ボケぇぇぇ!!!!!」ズドーン

カマ条「ひ、ひぎゃああああああああああああああ!!し、死ぬ!美琴ちゃんほんと死ぬから今の!!」パキュイーン

海原「あばばばばば」

美琴「や・か・ま・し・いぃぃぃ!!!」バチバチバチバチ

カマ条「いきゃああああ!!!」パキューン

海原「…ぐ、な、なんで自分まで…。」ガクッ

寮監「御坂ぁぁぁぁ!!!なぁにをしとるかぁぁぁ!!」


終わり
795 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 00:52:28.99 ID:xCoOgsA0
乙wwwwwwwwww

やっぱりカマ条さんも上条さんだったか
796 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/13(火) 01:00:53.92 ID:rqRozFso
おかしいな、あんま禁書とオカマって関係なさそうなのにこのSSおもしろい
つまりどういうことだってばよ
797 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 01:06:25.85 ID:AeNuaAAO
やはり天才だった……ってことだな。
798 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/13(火) 01:08:33.62 ID:Hz4YqcAO
オカマと上条当麻、SSと変態。奇妙な線が交差するとき、物語は始まる―――!ってことさ
799 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 02:20:50.25 ID:LZqueIDO


なんかスポンジケーキ作りたくなってきた
800 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 05:53:47.57 ID:Hw8KhGMo
カマ条さんのおもしろさは異常だわ
801 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 07:23:20.98 ID:xOw61cDO
一方通行の絶対能力進化がそのまま続いてたら?という妄想を3レスほどしてみました
20000号が出て来ますが普通の20000号ですので変なつっこみはなしの方向でお願いします
802 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 07:24:12.98 ID:xOw61cDO
一方「ハァ、ハァ……テメェで最後か……」

20000「そのようですね、とミサカは他のミサカからの信号が無いことを確認します」

一方「クハハ……テメェをぶっ殺せば俺は晴れて無敵になれンだなァ……」

20000「果たしてそれはどうでしょうか? とミサカは現状を分析しつつ問いかけます」

一方「はァ? 今更なに言ってンだテメェ……」

20000「この一週間、あなたは飲まず食わずで一睡もせず999体のミサカを相手にし、今は立っているのがやっとの状態。そして19999体の戦闘データを持つミサカにどう挑むつもりですか? とミサカは客観的状況を交えて説明します」

一方「ハッ、渇きに飢えに疲労……ンなもンは関係ねェ。今ここでテメェを殺せば全部終わらせられるンだからよォ……」

――バンッ!

一方「ぐォッ!?」

20000「たかが鉛玉一発ですらまともに反射出来ない今のあなたに一体なにが出来るのですか? とミサカは頭に銃を突き付けながら再度問いかけます」

一方「テメェ……ッ!」ダンッ

――ガガガガッ

20000「……今までの戦闘データから間合いを遠ざける際に足元のベクトルを操作し、地面(下)からの攻撃をしてくるのは予測していましたが」

一方「ヒュー、ヒュー……」

20000「足元の瓦礫を振動させる程度の力しか残っていなかったのですね、とミサカは落胆を隠し切れません」

一方(意識が持たねェ……視界が歪む……目が回った見てェに気持ち悪ィ……)

一方「が、ァ……」ドサ

20000「ついに立つ力もなくなりましたか、とミサカは無様な姿を見下ろします」

一方「……うるせェよ。テメェらスライムなンざ能力が一瞬でも使えりゃ簡単に捻り潰せンだよォ……」

20000「そうですね。ならばじっくり観察することにしましょうか? とミサカは愉快で素敵な提案をしてみます」

一方「なン……だと……?」
803 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 07:24:47.28 ID:xOw61cDO
20000「絶対能力進化の最後の実験は、19000体のミサカが集めた戦闘データを分析し、それを最適化したものをインストールされた残り1000体のミサカを一週間という極めて短期間の間に抹[ピーーー]るというものです、とミサカは実験の内容を再確認します」

一方「それがなンだってンだ……」

20000「つまり、一週間経過した時点でこの実験は失敗になり、あなたの絶対能力進化はここで終わるのです、とミサカは残りわずかで一週間が経過することを伝えます」

一方「……ちくしょう、チクショウ、畜生ォォォッ!!」

20000「……」

一方「……チッ。あァもう演算もなンも出来ねェぜ。こりゃ参ったなァ……ハハッ」

20000「どうやらそのようですね。では、最後に言い残す言葉はありますか? とミサカは慈悲をかけます」

一方「……慈悲、ねェ。そォだな、テメェら全員殺せなくて悪かったなァ……」

20000「今なんと……?」

一方「だから、悪かったてンだよォ」

20000「何故、謝るのですか? とミサカは驚きを隠せません」

一方「だろォな。……俺が絶対能力になれなかったことにより、恐らく学園都市はまた別の計画を建てるはずだ。その時きっとテメェらが参考とされるはず。もしかしたらまた20000体作られるかもしれねェ」

一方「そしたらまたテメェらは殺される。俺が無敵になれなかったことでまた多くの不条理が生まれる。そンな不条理にテメェらをもう巻き込ませたくなかったからだよ」

20000「……酷い、エゴですね」

一方「あァ、分かってるさ。俺みたいな奴がどンな奇麗事を並べても糞以下にもならねェってことくらいよォ」

20000「……」

一方「さァ早く殺してくれ。どの道もう長くはねェ。なら、せめてテメェの……20000号の手で俺を殺してくれ」

20000「……分かりました」

一方「よろしく頼むぜェ」

――バンッ!
804 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/13(火) 07:25:22.05 ID:xOw61cDO
――――

一方「……あ?」

20000「これで終わりです、とミサがふっ!」

一方「おい、なにやってンだテメェ!?」

20000「自分を撃っただけですが、とミサカは……」

一方「そういうことじゃねェ! なンで、どうして俺を撃たなかったァ!?」

20000「ミサカも、不条理には耐えられ――ッ……ないのです、と……」

一方「おいおいィィ……しっかりしやがれよ……俺は認めねェぞこンな結末……」

20000「ここから……東に50メートルほどっ、のところに地下施設の入り……口がありま、す」

一方「それで生き延びろってかァ? 笑えねェ冗談は好きじゃねェよ……」

20000「これ、であなたは絶対能力ッ――です。もう……不条理が生まれることはあり……ま――せ、ん……」

一方「ちょっと待てよォォ……勝手に死ンでじゃねェぞオイィ……」

20000「……」

一方「起きろよ。なァ起きてくれよォ!? テメェらは俺が……俺が殺さなきゃなンねェンだからよオオォォォッ!!」

一方「……。……あァ、分かったぜ。今日のたった今から俺は無敵だ。……ハ、ハハッ! ハハハッ! ハァーハッハッハッハァ!!」


終わり
805 :結標「カラオケ……」 [sage]:2010/07/13(火) 08:04:06.81 ID:ThqZx2DO
学園都市某所

土御門「―――以上だ」

海原「では失礼します」

一方通行「……」テクカツンテクカツン

結標「カラオケ…」



土御門「」
海原「」
一方通行「」テクカツンテ…


土御門「カラオケ?」

結標「あ、なんでもないわ」(しまった声に出てたか)

結標「……最近いってないな〜と思って」



土御門(これは!)
海原(誘われている!?)一方通行「……」カツン…


土御門「そ、そうか…」(何言ってるんだにゃ〜、せっかくのフラグを)

海原「い、いいですよねカラオケ」(いつもどうりいつもどうりいつもどうり当たり障りなく当たり障りなく当たり障りなく)

一方通行「……行けばイイじゃねェか」



土御門・海原(なん……だと……)


結標「でも一人じゃ……それにもう遅いし」

一方通行「別にカラオケなら24時間空いてンだろうが」

一方通行「あァ、『一人』でかトモダチいなさそォだもンなァ」



みんなでカラオケ行く→酒はいる→勢いで近く海原の家→移動中男の酔いが醒める→ヤバくね→でも宅呑み→結標寝る→ボーイズトーク→タンスから妹のスカート→一方通行穿く→ヒャッヒャッヒャッ→次の日死屍累々

一方「……なンだコレ」
806 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/13(火) 08:55:49.35 ID:WgESPyM0
なんか飽きて放り投げたっぽいENDだなww
807 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/13(火) 09:08:00.24 ID:Hz4YqcAO
>>801
ラストが泣かせるな
808 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 13:01:52.66 ID:L1r96OU0
復活!
809 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 13:05:08.58 ID:3Ry8.2AO
やっと復活か
810 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 13:06:18.43 ID:nE2dB5Y0
なんだか暫く入れなかったんだが…
811 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 13:14:22.75 ID:6e9V8fs0
>>810
毎月の事だ
812 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 14:26:06.00 ID:liNMZx6o
恒例だもんな
813 :とある怪談の芽理井参 [sage]:2010/07/14(水) 16:12:45.00 ID:xs5ASH2o
トゥルルルルル………
ガチャ

上条「はい上条です」

「私、メリーさん。今ロシアにいるの」

上条「あー、メリーさん? 何の用でせうか(やべぇ、記憶喪失前の知り合いか?)」

「私、メリーさん。今北海道にいるの」

上条「いつの間に!? あ、もしかして魔術師? なんか空間移動的な能力?」

「私、メリーさん。今第七学区にいるの」

上条「早っ! つーかもしかして許可なしで侵入? まあいつもの事だけどさ」

「私、メリーさん。今あなたの部屋の前にいるの」

上条「あーはいはい、今開けますよっと」

ギィ

上条「ありゃ、誰もいない……」

「私、メリーさん。今あなたの後ろにいるの」

上条「オイ、空間移動できるからって人の家に勝手に入るなよ」ペシ

バキン

上条「あれ? どこ行った? 帰っちゃったのかな………」
814 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 16:28:33.51 ID:3IWmKcAO
Tさん「破ァ!!」バリィン!!

「……むぅ? いない? ……ふっ、やれやれ、お前には俺の助けなど不要だったか、邪魔したな。せっかくだ、この『乙札』をやっておこう。じゃあな」
815 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 16:40:18.08 ID:rcgE6.Qo
くそっ乙杯に見えた
816 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 16:58:48.22 ID:nE2dB5Y0
乙ww
ホラー殺しwwwwww
817 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 17:40:05.95 ID:SN4EKYk0
乙wwwwww怪談知らずじゃねえかwwwwwwwwwwwwww

一方さんと打ち止めで3レスくらいお借りしますねー
818 :ブルー・レイン・ブルー 1/3 [saga]:2010/07/14(水) 17:41:00.45 ID:SN4EKYk0


 憂鬱だ、と一方通行はソファに座り、雨音を聞きながら思った。
 彼自身は雨なんて好きでもないし嫌いでもない。そもそも好悪の感情を向ける対象にすらならない。
 しかし、彼の足元でぐったりと横たわっている少女にとっては『憂鬱』なのだ。子どもは総じて外で遊ぶのが好きだ。
 それは打ち止めも例外ではなく、むしろ積極性のあるこの子どもは、雨の日をとても嫌がる。何もできないからつまらないのだと言う。

(……まァ、何もできねェけどよ)

 実際、打ち止めが晴れの日によく外で遊んでいるのを一方通行は知っている。
 彼女くらいの年齢の子どもにとっては、『外』というだけで立派な遊び場だ。
 マンションから一歩外へ出るだけでいい。打ち止めは何通りもの遊び方を見出し、楽しむことができる。
 だからこそ、外に出られない雨の日、打ち止めは退屈そうに一方通行にまとわりついてばかりだった。

 彼女がまとわりついてくる点に関しては、うざったいと思うこともなくなった。人間の順応能力の高さには驚くばかりである。
 しかし、普段は元気溌剌である子どもがこうもやる気を失っていると、見ているこちらにまで憂鬱が伝染する。
 もともとテンションの高くない一方通行は、見事に打ち止めのローテンションをそっくりそのまま受け継いでしまった。

 口を開くことさえ億劫で、だりィと小さく呟いた声は雨音にかき消される。
 むう、と一方通行が何かを言ったことだけはわかったらしい打ち止めが、横になっていた体をむくりと起こした。
 癖毛が上だけではなくサイドにも出来上がっているが、もちろん彼女は気づかない。そして、一方通行も指摘しない。面倒くさいのである。

「なんか言った? ってミサカはミサカは眠そうなあなたに訊ねてみるんだけど」

「……、……」

 返事も、だるい。ふるふると首を横に振って、一方通行は打ち止めの髪をがしがしと掻きまわす。
 癖毛はもはや目立たずに、彼女の髪はライオンの鬣によく似た寝起きモードに変化した。

「やめてやめてやめてーってミサカはミサカは無反応なあなたに逆ギレ寸前!」

「……、……っく」

「あ! いま笑った! あなたがやったことなのに笑ったあ! ってミサカはミサカはあなたの所行を心底恨んで――」

 ぐっと足にしがみつかれたと思った次の瞬間には打ち止めの手が一方通行の髪に伸びていた。
 少女がいきなり膝に乗ったために、ごり、と一方通行の太ももあたりから妙な音が聞こえ、もっと肉を食うべきだろうかと彼が一瞬考えてしまったことは秘密である。
 しかしながら言っておくと、元から彼は骨太ではない。また、彼の好物は肉であり、これ以上肉を食べたところで一方通行が太ることはないだろう。
 そんなくだらないことを考えている間にも、打ち止めの手ががっしりと一方通行の白髪を引っ掴み、同時に打ち止めはにこりと笑う。
 愛らしい笑顔とは裏腹に、彼女はわしゃわしゃわしゃと一方通行の髪で遊びはじめた。

819 :ブルー・レイン・ブルー 2/3 [saga]:2010/07/14(水) 17:41:55.20 ID:SN4EKYk0

「ちょ、まっ、オマ、エ」

「目には目を、歯には歯をっ! 頭わしゃわしゃには頭わしゃわしゃをってミサカはミサカはわしゃわしゃわしゃー!」

 さらさらの直毛をここぞとばかりに掻き乱して遊ぶ子どもと、そんな彼女が膝の上から落ちないようにさりげなく姿勢を変える少年。
 誰が見ても、微笑ましいと思うだろう。雨脚は次第に弱まり、ざあざあと聞こえていた音は、いつしかしとしとと穏やかな音色に変わっていく。

「だァから――イイ加減に、や、め、ろ!」

「まだまだいじり足りないーってミサカはミサカは実はあなたの髪でみつあみとかもしてみたいって告白してみる!」

「誰が許すかァ! テメェの髪でやれ、テメェの髪で!」

 ミサカは自分の髪だとうまくできないの、と打ち止めは憤慨しているが、一方通行はわざとらしく眉間に皺を寄せシカトを決め込んだ。
 そして、少女の腋に手を差し込むと、そのまま抱きかかえて自分の膝から下ろし、テレビのチャンネルを操作する。
 あからさまに『もう相手はしてやらない』という雰囲気を醸し出し始めた一方通行に焦る打ち止めはぱたぱたと彼の膝を叩いた。効かない。

「むう、こうなったらとことん邪魔してやるんだからってミサカはミサカはあなたのテレビ視聴の妨害を宣言してみたり!」

「上等だァ……やってみ、」

 はた、と一方通行が動きを止める。そんな彼に首をかしげた打ち止めは、ひょいひょいと手招きをする彼に渋々近寄った。
 前向け、と一方通行は普段と変わらぬ尊大な態度で告げるが、手はそっと少女の髪を一束持ち上げている。繊細な指先だった。

「え、何しようとしてるの? ってミサカはミサカはあなたの行動がいまいち読めない……」

「イイから、黙って前見てろ。テレビでもつけとけ」

 ほらよ、とリモコンを手渡した一方通行は、それっきり無言で打ち止めの髪をいじりだす。
 何をされているのか気になる打ち止めだが、一方通行を信頼しているのか深く追及することはなく、黙ってテレビを観始めた。
 テレビから流れる音声と、雨音だけが部屋に響く。息を吐き出すことさえ躊躇われるほどの沈黙だというのに、騒ぎたい盛りの打ち止めは大人しい。
 時折髪をくいっと引っ張られるような感覚があるが、それは決して不愉快ではないのだ。むしろ、程よい刺激というべきか。

「……ン。できた」

 一方通行が、何かを成し遂げたときの達成感を滲ませた口調で沈黙を打ち破る。お、と打ち止めは自分自身の違和感に気づいた。
 右側の髪が、普段とはなんだか違う気がする。触ってみると、どうやら髪を編みこまれているらしい。
 ぱあっと顔を輝かせて自分を見つめてくる子どもをいなし、鏡でも見てこいと一方通行はその背を押した。

 うん、と少女は洗面台のほうへ駆けて行く。
 その後ろを気だるげに、しかし満足そうに歩く少年は、少女が鏡に映る自分を見て上げた歓喜の声に口元を緩める。

「みつあみじゃなくて編みこみだねってミサカはミサカはあなたの器用さに驚いてみる!」

「そりゃどォも」

820 :ブルー・レイン・ブルー 3/3 [saga]:2010/07/14(水) 17:42:56.14 ID:SN4EKYk0

 雨音が止んだ。見様見真似だ、と断っておいて、一方通行は少女の髪に髪飾りをつけてやる。
 いつだったか珍しく外出した芳川が買ってきた花のついた髪飾りは、打ち止めによく似合っていた。

「ねえねえ、今のミサカはいつものミサカより可愛いと思うんだけどってミサカはミサカはあなたに感想を求めてみたり!」

「あァはいはい、可愛い可愛い」

「うっわあ、案の定やっぱりこの人は女心をわかってなーい! ってミサカはミサカはそれでも自分のビフォーアフターに大満足っ」

 実のところ、一方通行自身もはじめてやったにしてはなかなかうまくできた編みこみに満足している。
 ヘアスタイリングも案外面白いものだ、これからもたまにいじってみようかという思いを抱く程度には。
 ばたばたとリビングに戻って窓から外を確認した打ち止めは、雨が上がりすっかり晴れ模様になっていることに喜んだ。
 これで、外へ出ることができる。元気な子どもの――打ち止めの、本領発揮だ。

「せっかくだからお出かけしようってミサカはミサカは雨上がりを満喫したい意志をあなたにしっかりアピールしてみる」

「……、はァ」

 髪を少しいじるだけでおめかしをした気分にでもなったのだろう。普段の数倍、打ち止めはいきいきとしている。
 一方通行は子どもの考えることは単純だと思いながらも、一旦ソファに沈めた身を起こして立ち上がった。

「前みてェに水溜りを突っ走って泥まみれで帰ってこられても困っからなァ、監視してやるよ」

「一緒にお出かけするって言えないの? ってミサカはミサカはあなたの口の悪さを窘めつつ、新しく買ってもらったレインブーツを準備してくるね!」

 打ち止めはばたばたと玄関に走る。
 そんなに急ぐことはないと思うのだが、雨が上がってテンションも高くなったのかもしれない。というかそれしか考えられない。
 一方通行はゆっくりと玄関に向かう。
 きっと、どこかで虹が見られるだろう。虹という現象そのものは好きでも嫌いでもないが、虹を見てはしゃぐ打ち止めを見てみたいと思う。

(きっと、うぜェくらいに騒ぐンだろォな)

 見て見て! と飛び跳ねる子どもが容易に想像できて、一方通行は僅かに口端をあげる。それは、笑みと呼ぶにはあまりにも拙い表情だった。


おわり!!!!!
兄妹みたいなふたりが好きすぎて! あと雨がうざすぎて!!
それでは失礼しましたー
821 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 17:46:26.90 ID:hsTRA4so
なにこれ和む
822 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 18:39:18.63 ID:xMxZJ620
超 G J  !!!
823 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 19:17:45.87 ID:biXalcAO
素晴らしすぎて死ぬかと思った
824 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 19:39:19.37 ID:G.SFHsoo
ところで、殺人事件ネタで既存のキャラがグロい死に方するのってありかな。
一応注意書きつけるけど。
825 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/14(水) 20:15:21.24 ID:jpPf.A60
ありじゃね、原作だって結構グロいし
826 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 20:35:13.07 ID:Fop.AQco
おいおいなんて読後感だよこりゃあ。エアコンのドライより効いたぜ。
827 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/14(水) 20:40:44.73 ID:DntrrlI0
まあ投下直前に注意書きがあれば文句は出ないんじゃね
828 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 20:54:34.76 ID:MxhxDxso
不謹慎だったり明らかな冒涜や悪意がなければ良いんじゃないかしら

多分俺は読まないけど
829 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 21:57:01.96 ID:RZH5WMDO
最終的に100レスを超えるものってのはやっぱりスレ建ててやった方がいいのかな?本家でやろうと思ってたんだけど携帯規制なので

内容はとあるドラマCDの100のお題を禁書キャラでやっていくって話で、スレを建ててやる長さでもないから総合に10題ずつ小分けにやっていきたいなと思うんだけどどうだろうか?

中途半端な長さだからスレ建てるには短いし総合でやるには長い。面白いと思ってくれたらありがたいけど、面白くないと思った人は不快な内容をしばらく見せられる


どうすればいいか決めかねてるので意見を下さい
830 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:05:36.96 ID:MxhxDxso
難しいけどスレ立てしちゃって良いんじゃないだろうか
終わったらちゃんとhtml化依頼出せば誰も文句言わないだろうし
さすがに総合は厳しい・・・と思ったけど小分けで
1日1回で10日に分けて、とかだったら総合もアリ・・・かもしれな
831 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:05:39.42 ID:KbysOFwP
スレ立てて終わったらHTML化依頼
832 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:06:21.90 ID:CeYisTYo
残りレス数と相談かな
とりあえずこの総合スレ9冊目でやるのはキツい気がする

過去には100超もあったし、一括でも分割でもここで十分おk
833 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:12:37.71 ID:7EGSrgDO
1スレ目のころに此処に投下しようとして書き始めた禁書×美琴が3000レスを超えたんだが
流石にここじゃまずいよな
834 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:13:29.81 ID:D0TFN8Mo
もうお前スレたててこいよwww
835 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:13:45.88 ID:MxhxDxso
三wwwwww千wwwwwwwwww
836 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:14:17.33 ID:WVax42go
三つスレたてても終わらないwwwwwwwwwwww
837 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:14:45.17 ID:dPr52wAo
>>833
昨日落ちてて飢えてるから今すぐスレ立てて投下して欲しいくらいだ
838 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:16:15.35 ID:CeYisTYo
>>833
GEPじゃなくてどこか文字数制限のないところか、いっそ公開用に仮サイト作っちゃったほうがいいレベル
839 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:17:45.53 ID:xJ2bg5Ao
>>833
3000とかどこの猛者だよ立ててくださいお願いします
840 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:19:33.19 ID:K0Wrycco
       ___          
      / ___\     
      | [___] \    
    _|ノイ|´・ω・`|リ__>    とうま〜 
   /    \ ◇/   \  
   |  i_  ノノヽ\  ヽ、‖
   | ̄| |⊃| | ||   lU
   \|_|ノノ  \\  \      
   ∠ _∠コ /   / ̄  ハ,,ハ   
   _____/__/´    (-ω-) )
841 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:19:40.61 ID:6hjxjPU0
>>833さんマジパネェっす
842 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:20:14.01 ID:KbysOFwP
待て>>833は携帯だ
843 :829 [sage]:2010/07/14(水) 22:25:29.37 ID:RZH5WMDO
俺の100レスとかなんなのって感じだなww

残りだと中途半端になりそうなので次スレから10回に分けてやることにしました。まだ途中までしか書きためてないので
それでやめた方がいいって話が出ればスレを建てようと思います
844 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:25:51.05 ID:7EGSrgDO
暇な時にポチポチやってたらこうなったんだぜ…
もう半分は過ぎてるから出来上がり次第スレ建てさせてもらいます

>>842
1レス分ごとに区切って保存してたのでマイクロSDのファイル数がカオスなことになってます
845 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:29:26.57 ID:MxhxDxso
>>844
>1レス分ごとに区切って保存してた

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚ Д゚) …!?
846 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:30:22.86 ID:CeYisTYo
>>844
oi
みす
おい

3000で半分だと……?
847 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:31:54.08 ID:K0Wrycco
>>844
六スレ完全投下でも足りるか足りないかとか尊敬するわぁ
848 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:33:56.55 ID:7EGSrgDO
…あれ?もしかして俺異端?

それなりに読む気力のある人がいるっぽいのでペース上げて書き上げようとおもいます…
11スレ目くらいまでには…
では…
849 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:41:09.74 ID:3nRSbGc0
>>848
異端じゃねぇ、ちょっとばっかし他の人より書き溜めの量が「多い」だけだ。

是非是非期待してます。
850 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 22:50:35.99 ID:fK0E0/Io
1レスって何文字の何行が限界だっけ
851 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 23:27:39.97 ID:xs5ASH2o
文字数はわからんけど行数は確か50行
852 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/14(水) 23:38:59.28 ID:jJ0vKZo0
もうArcadiaあたりの投稿サイトに載せた方がいい気もするけど
853 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:08:59.19 ID:JYo.pY6o
もしアルカディアから人がこっちに流れてきたらもっと悲惨な状況になりそう
今アルカディアにどれくらい人がいるか知らんけど
854 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:12:05.52 ID:cJkgcrco
よく話には聞くけどそれどんななの?
855 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:13:09.92 ID:WT6suAwo
アルカディアってあれだろ? DMに出てきた
856 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:15:01.45 ID:EOb3FFgo
小説を書こう! って手も……
857 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:18:16.59 ID:qlK1ug2o
アルカディアはエロ書くときだけ使ってるな。
他の奴が書いてるのはあんまり読んでなかったり。

ちなみにここね。
http://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=list&cate=all&page=1
858 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:20:30.89 ID:CjGT9r.o
あっちはツリー式なんで、大長編書くときはむこうのほうがいいと思う
DAT落ちしないからわざわざまとめてもらわなくてもログが見やすいしね
859 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 00:21:02.69 ID:AHiqqlU0
ゼロの使い魔とのクロスがおもろい
860 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 00:22:56.58 ID:EOb3FFgo
Arcadiaって一つ一方さんのクロスオーバーがあるだけで
禁書はあんまりないよな。

>>853
あっちの人ってどうなの? 沢山人いるのか?
荒れたりするのかな……

ちなみに、三千レスって何万字ぐらいなんだ??
861 :転載 [sage]:2010/07/15(木) 01:17:59.89 ID:l9RHeoE0
           ,,,x=ニ三ニ==‐x、_
              f"〃〃//彡三二ニ=x、_
          r{{ {{ {{ f゙t彡-ミ三二ニ‐-ミ、
            {iミルア゙゙~     }ミ   ニ‐-ミ
            Y゙    ,,x== ヾミ    ‐-ミ
          {__ ミィf歹   }ミミ _ ニ‐ミ
              ゙irfi}      / iミ^'i }三ミ
              { |  _     iミソ/ミミ゙
           l `  __ -'  ,ィミトi゙lミミ{
            l `´     ,,ミji州从
            ji,ィ仆トx、 ィジ/"トルト
             シノ川ルイ'"r‐''''¨ ̄〉、_
             r‐''゙゙¨i     l\   /:::::::l゙'‐-x、____
           ,xl \_,ノヽ,  ノ  ヽ/:::::: _」::::::::::::::::::::\
            <゙ ::l//_____//  /::<´::::::::::::::::/::::::::}
          /::::>∧.l  ̄//   /:::::::::::ヽ::::::::, ':::::::::::::::l
        r'゙::::/ / ',l /     /:::::::::::/:::::::/ :::::::::::::::::l
        l ::::l:::::/  i|/     /:::::::/:::::::::::::i:::::::::::::::::::::l

御坂旅掛
862 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 01:52:31.76 ID:3o8VBRk0
むかし禁書を詳しく知らないころに、
友人に「ベクトル操作」と言われて考えてたベクトル操作

れべるいち
話のベクトルを変える程度
(安心して話の腰を折ることができる)
れべるに
その場の空気のベクトルを変える程度
(危うい空気を和ませることができる)
れべるさん
ある程度演算すればきっと物質のある程度のベクトルが操作できる程度
(ケンカには不意打ち以外では負けないくらい)
れべるよん
世論のベクトルを変える程度
(風の噂を操ったり株で一儲けしたり)
れべるご
あらゆるベクトルを操る程度
(精神的なもの含む)
863 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 07:02:20.74 ID:REvhFh.o
一方「オマエの恋のベクトル、操作してやンよ」
864 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 07:16:00.22 ID:SCPTrMwo
>世論のベクトル
それ精神操作より強い気が・・・
865 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 07:55:19.62 ID:qlK1ug2o
レベル1のベクトル操作能力者
小泉純一郎、雁屋哲、和田アキ子

レベル2のベクトル操作能力者
ビートたけし、イアン・マッケラン

レベル3のベクトル操作能力者
該当者なし

レベル4のベクトル操作能力者
朝日新聞、ホリエモン
※ただしどちらも能力暴走の恐れあり

レベル5のベクトル操作能力者
該当者なし
866 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 08:39:00.24 ID:SCPTrMwo
多分池上さんも能力者だよ
867 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 09:44:33.32 ID:Nnu9gQDO
>>865
十字教の開祖最強だな
868 :とある暗部の超遭遇 :2010/07/15(木) 10:23:25.21 ID:4RZXXHc0
1レスだけ投下させてください

原作無視につき注意


絹旗「あれ?私以外にお客がいるとは超めずらしいですね」

子萌「…?は、はじめましてなのです」

絹旗「このB級映画、パイレーツオブバタリアンに目を付けるとは超やるじゃないですか」

子萌「いえ実は、飲み会の景品でこの映画のチケットが当ったのですよ」

絹旗「(飲み会?)」

子萌「あ、映画が始まるみたいです」


上映終了後


絹旗「まさか主人公が最初からゾンビだったとは…超騙されました」

子萌「先生は絹旗ちゃんと違って、しっかり予想していたのですよ!」

絹旗「(先生?)じゃあ、私は超帰ります。また会えると良いですね」

子萌「そうですねー。では絹旗ちゃん、寄り道せずまっすぐお家まで帰るのですよ!」

絹旗「はいはい。子萌ちゃんこそ超気を付けてください」


別れた後


子萌(いやあ、まさかあんなトコで遭遇するとは思わなかったわ)

プルルル…ガチャ

子萌「携帯が…。はい。…はい。分かりました。すぐに対応させます」

子萌(やれやれ、お仕事の時間ですか)

子萌「あ、麦野?1コ仕事が…は?イヤ?」

子萌「全く!文句を言うな!コイツときたらー!」


終わり
869 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 10:56:24.62 ID:X8tyfnM0
小萌先生が電話の人だと…その発想はなかった
870 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 10:56:27.03 ID:yyC.O2AO
子…
871 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 11:09:41.49 ID:l/rNBwDO
子萌、神崎、未現物質、御琴
この辺りはよく間違えられるな
872 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 11:44:39.77 ID:qlK1ug2o
垣根提督 も
873 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 12:01:02.64 ID:Nnu9gQDO
風切、滝坪、インなんとかさん
874 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 12:17:26.37 ID:jxv5qoAO
アニョーゼとか…ね…
875 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 12:19:33.33 ID:Jw7o9IAO
なぜ打ち止めェが出ていない
876 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 12:35:26.89 ID:l/rNBwDO
それはサスケェ的なあれで何故が見逃してしまう
877 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 12:38:58.19 ID:axJb7ck0
一方通行はアクセラレーターって読んでるけど打ち止めはうちどめって読んじゃう
878 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 12:42:25.48 ID:SCPTrMwo
めんどいから一方通行さんは、いっつーさんて呼んでる
879 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 13:25:35.86 ID:l/rNBwDO
なんか暇だったから御坂妹を使った小ネタを2レス書いてみました
880 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 13:26:54.33 ID:l/rNBwDO
『通し番号』
研究員「通し番号、始め!」

00001「1とミサカは00002号に伝えます」

00002「2とミサカは00003号に伝えます」

00003「3とミサカは00004号に伝えます」

研究員「テンポ悪っ!!」


『御坂を探せ!』

上条「全ページ同じ顔が並んでる……ぶっちゃけ怖い」


『メタルミサカ』

麦野「スライムプチプチしてレベル上げかぁ!?」

メタルミサカ「……」

麦野「え?」


『はぐれミサカ』

御坂妹「迷子になりました、とミサカは助けを求めます」

麦野「そっちかよ!!」


『プラチナミサカ』

上条「あれ、お前腕時計なんかしてたっけ?」

御坂「このプラチナのデザインが可愛くてね」

上条「ブルジョアめ!」


『キングミサカ』

打止「ねぇ、私に演算補助止められて踏まれてる気分はどう?」

一方「――! ――――!」

打止「あ、そうだったぁ。喋れないんだったね? ふふっ。まだやめてあげないんだから」

一方(キングじゃなくてクイーンだろォが)
881 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 13:27:59.57 ID:l/rNBwDO
『姉妹』

上条「はははははっ!! この御坂すげぇよ! さすが御坂妹のお姉さん!」


『バレンタイン』

アレイスター「まさか全ての妹達が幻想殺しの下に集まるとは思わなかった」

アレイスター「そしてなによりエイワスが超がつく程のハイテンションになっていた」


『ホワイトデー』

アレイスター「幻想殺しが上条弟なる弟達<ブラザーズ>を造ってくれと嘆いていたらしい」

アレイスター「さすがにそれは色々と困るから密かに資金援助をしたが果たして……」

上条「カードが使えない。不幸だ……」


『ミサカシリーズ』

一方「ミサカシリーズ!? チッ、完成してやがったのかッ!!」

00001〜20000「だうーん」

一方「いや、多すぎンだろ……」


『ミサザイル』

一方「どっかで見たような……?」


『全力で』

打止「それ本当なの? もし本当なら全ミサカで総力を持って潰すけど?」


『どっちもミサカショー』

上条「タイトルで既に落ちてる!」
882 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 13:28:35.44 ID:l/rNBwDO
『言わせません』

上条「俺のこの手が真っ赤に燃えるぅ!」

御坂「勝利を掴めと轟き叫ぶ!」

上条御坂「ばあぁぁくねつ、ゴッドフィンガー」

御坂「石破ッ!」

上条「ラーブラ『言わせません!』」

御坂「ちょっと空気読みないよ!」

御坂妹「はい。ですから空気を読んで入りました、とミサカは反論を述べます」

上条「どっちでもいいけど続きやろうぜ!」

姉妹「お前が一番空気読め!」

上条「えっ」



終わり。改行考えてなくて3レスになっちゃった
883 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 13:30:27.60 ID:SCPTrMwo
クソワロタwwwwwwwwとミサカは心から称賛を送ります
884 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 13:33:14.64 ID:DI2WimIo
なかなか面白いですね、とミサカはクールを装います。
885 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 13:40:46.48 ID:8ec2lAAO
まあまあですね、次に期待しましょう、とミサカは口角をピクピクさせつつ採点します
886 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 14:02:07.05 ID:Xh17FjU0
セロリたん分が足りないよぉぉぉ!!とミサカは不満を表します。
887 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 14:26:01.46 ID:Jw7o9IAO
アンソロジーの4コマっぽいなww
1つ思いついた
ミサカのピクロス

 1コマ1コマがミサカ
     ↓
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□

御坂妹「さぁどれを塗りつぶすか指定して下さい、とミサカは命令を待ちます」

一通「……縦3横3、縦3横4……」

御坂妹「さあ指定された妹達、ガングロメイクを施して下さい、とミサカはアクセラレータの命令を伝えました」

10036「しばらくお待ちください、とミサカは馴れないヤマンバギャルとやらに成りおおせて見せます」セッセ、セッセ

12885「睫毛はカールさせるべきでしょうか? とミサカはガングロメイクを完璧に施すべきかどうかをアクセラレータに尋ねます」ヌリヌリカキカキ


一通「ああああアァァァァああああアアア!! うっぜェェェェエエエ!!!」

□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□■■□■■□□
□■□■□■□■□
□■■□□□■■■
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□


打ち止め「あっ間違えてる! 10032号、横9縦5をキャンセルしてってミサカはミサカはキャリアウーマンっぽく修正を促してみたり!」

御坂妹「キャリアウーマン、ぷっクスクス……失笑しましたが、それはそれとしてミサカは14225号に美白に戻れと宣言します」

14225「了解しました。では洗顔フォームを塗りますので少々時間をいただきます、とミサカはフォームを手に馴染ませながら洗面台に向かいます」テクテクウォッシュウォッシュ


一通「ああああイライラさせンなもォやンねェェェェエ――――!!!きかくかかきけききききかけけけけけきききくくか――――――――っ!!!!」
888 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 16:04:19.76 ID:qlK1ug2o
乙っていうかソレはなんの絵なのかすげー気になるwwww
889 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 16:19:47.48 ID:NOAIqTo0
2つほど温めてるネタ
使いたきゃお好きにどうぞ

1
神条「ククク……カス共が……!この右手の前にひれ伏すがいい……!」

2
佐天「人の話の腰を折る能力かぁ……」

上条「〜〜〜!!〜〜、〜!イチイチアキラメテルンジャ」佐天「あ、上条さんこんにちはー!」ニコニコ

上条「あー、佐天さんだっけ?こんにちは(あれー、どこまで言ったっけ)」
890 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 17:32:38.87 ID:axJb7ck0
乙。それはパンダか?


ここってネタだけ書いてもいいの?
891 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 17:39:06.18 ID:WYzu4lco
個人的には小ネタスレあるから、そっちでやってほしいけど
ここも雑談もござれだからどうなんだろ
892 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 17:40:47.42 ID:SCPTrMwo
そればっかしになるとウンザリする人も出るだろうねえ
893 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 17:54:05.41 ID:yyC.O2AO
原作全部読んでないから聞きたいんだけどさ、
原作やSSで上条と土御門と青ピがどうやって仲良くなったとか描写されてる?
894 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 18:13:41.79 ID:s6twDpQ0
ない
895 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 18:36:32.57 ID:Zn6qsdUo
二人が出てくる前に記憶ぶっ飛んじゃったから、話に組み込むのは難しいんだろうなぁ
多分ずっとノータッチだと思うわ
896 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 18:57:30.72 ID:ROP8blc0
小ネタ 1レス


〜昼放課〜

青ピ「ボクぁ気付いたんよ」

土御門「何にぜよ?」

上条「どうせつまんないことだろ」

青ピ「やっぱり一番良いのはツンデレ!」

級友達(また三馬鹿が騒いでるよ……)

土御門「クーデレってのも良いと思うぜい」

青ピ「甘いなぁツッチーは。ギャルゲやるとツンデレの良さに気付きそのうちヤンデレに魅了され最後にはやっぱりツンデレに戻るんやでぇ」

上条「確かにツンデレって良いよな」

女子達(!?)

上条「テンプレ通りだけど『べ、別にアンタのためじゃないんだからね』って言われたいよな」

女子達(!!)

青ピ「流石カミやんは話が分かるなあ」

土御門「二人ともツンデレ派か、相容れないぜよ」


〜1週間後〜


上条「最近クラスメイトの女の子たちが冷たい……不幸だ……」
897 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 19:19:13.46 ID:n.wTF7k0
さぁ、続けたまえ
898 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 19:21:29.57 ID:yyC.O2AO
>>894>>895
ありがとう
構想がkskしたぜ
899 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 19:53:43.27 ID:ROP8blc0
>>896続き 2レス

〜放課後〜

土御門「前貸したゲームどうだったぜよ?」

上条「いやぁ、クーデレってのも良いもんだなぁ」

女子達(!?)

青ピ「カミやんまさかの裏切り!?」

上条「そりゃツンデレも好きだけどさ、新たな境地に目覚めたんだよ」

土御門「それじゃカミやん、今好きなものは?」

上条「クーデレ一筋!」

女子達(!!)

青ピ「この節操なし!」

上条「お前だけには言われたくねぇよ!」


〜1週間後〜


上条「最近の女子達って何かOLっぽくないか?」

青ピ「確かに会話が全部事務的やねぇ」

土御門「何かあったのかにゃー?」

男子達(お前ら三馬鹿ってか上条の発言のせいだよ……)
900 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 19:55:36.08 ID:ROP8blc0
〜HR後〜

上条「俺はとうとう気付いたぞ!」

青ピ「なんや? やっぱツンデレの良さに改めて気付いたか?」

土御門「違うぜよ青ピ、クーデレこそ至高ってことに気づいたんだぜい」

上条「否! 断じて否!」

青ピ・土御門「「?」」

上条「究極にして最高の属性は『デレデレ』だぁぁあああッ!!!」

女子達(!?)

青ピ「そんなのただの甘えん坊ちゃうん?」

土御門「俺もそう思うぜよ」

上条「甘いッ! ツンデレにしろクーデレにしろ最終的に『デレ』へ到達するッ! つまり『デレ』はあらゆる属性の終着点!!! そしてそれのみを抽出した『デレッデレ』の状態こそが究極ッ!!!!」

女子達(!!)


〜1週間後〜


青ピ「なぁツッチー、ボク思うんやけど」

土御門「どうかしたぜよ?」

青ピ「最近カミやんの周り女の子だらけやない?」

土御門「そうだにゃー。しかも本人はもててる自覚が全くないぜよ」

青ピ「女子達のオーラが目に見えてピンク色やなぁ……」

土御門「カミやんがデレデレ好きだからにゃー……」

青ピ「カミやんやないけど台詞借りるわ……不幸やなぁ……」

土御門「あぁ……不幸ぜよ……」
901 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 20:21:12.64 ID:UmoN32DO
上条さんとは気が合いそうだ
902 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 20:22:27.97 ID:JYo.pY6o
素直クールが至高
903 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 20:28:28.26 ID:Zn6qsdUo
ツンツン→ツンデレ(9:1)→ツンデレ(5:5)
が至高

異論は認めない
904 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 20:48:39.48 ID:zsBCs120
829と833ってどっかに投下した?
905 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/15(木) 20:55:58.18 ID:Jw7o9IAO
>>900
上条爆発しろ。てめえなんざ新型パナップのパリパリ感の是非について三バカで語ってろ

>>888>>890
パンダです。
凝った奴にするかァ……? →山で良いだろ、でっかい三角にすりゃいーじゃーん? →ん?下位個体のゴーグルなら簡単かもってミry →上手くいかないわ。と言うより升目が、ミサカが足りないわね。あら…?ゴーグルと言うよりパンダ……?
といった流れで、偶然パンダ決定です。
906 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 21:28:06.99 ID:yS5axVE0
スキルアウトって何処で寝てるの?
学校に通ってるなら寮って可能性もあるんだけど、駒場さんとかスキルアウト時代の浜面とかは何か当てはまらなさそう。

小萌先生みたいなボロアパートとかに住んでるのかな?
907 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 22:17:05.77 ID:l/rNBwDO
>>904
>>829です。次スレから10回に分けて投下したいと思ってます
908 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 22:31:58.63 ID:E6ihkvc0
>>906
廃ビルじゃね?
909 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 22:45:37.14 ID:zWRNy7wo
>>907
そこまで小分けにしなくてもいいと思うぞww
てかやりすぎるとまとめさんが大変じゃね

ていうかまとめさんがんばりすぎじゃね
910 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 23:04:11.43 ID:yS5axVE0
>>908
ありがとう

冬は毛布無いと[ピーーー]るな
911 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 23:05:47.34 ID:57vw5w.o
>>907
そんだけ書けるのって凄いと思うけど
ちゃんと推敲とか削ったりとかしててそれなのか気になる
912 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 23:52:30.76 ID:cKhK9wDO
スキルアウトって要するに不良だからなあいろいろだろうな。
学校通ってやったり、籍だけ置いといて不登校なら寮とか。
学校辞めてたらアパート借りたり
浜面のいたグループみたくある程度力あるなら廃ビル改造してメンバーで住んでそ
913 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/15(木) 23:56:33.02 ID:l/rNBwDO
>>909
総量は変わらないんだけどあんまりスペース取るのもあれかなと
まとめさんにはうーん…そこら辺はまとめさんのさじ加減てことで。面倒なら載せてもらわなくてもいいですし


>>911
1題1レスの台詞形式なので難しいことは一切してません。推敲は毎回頑張っていますが如何せん…って感じです
914 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 00:01:22.31 ID:0pMrta.0
すまーん
忘却の空シリーズって、現在4までであってる?
915 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 03:04:12.14 ID:/lo9v.AO
>>913
まとめは
〜シリーズその1〜10とか付けるだけで良いと思うし、そんな気にしなくて良いさ
>>914
合ってる
916 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 03:20:28.23 ID:7ne.FEAO
欠陥電気の人帰ってこないかなぁ
917 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 04:09:24.69 ID:SkSKeAAO
俺もずっと待ってる
918 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 04:34:17.73 ID:Kba4JWc0
俺も
919 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 07:48:37.94 ID:ECBcyEk0
俺も待ってる
なんか反応あると嬉しいんだが…
920 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 08:04:28.08 ID:BapXJ2AO
一方通行「俺の体は三下専用だからな!」の人はどうなったの……
921 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 08:31:07.75 ID:/9hKv2DO
俺も一回スクリプトに潰されたから分かるけど、モチベーションの低下が半端ない。書き溜めが全部消えたとかそんなレベルじゃない


100レスかかるって言ってた者だけど、まだどうしようか少し迷ってるから1つだけ投下して反応を見たいと思います
922 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 08:31:49.05 ID:/9hKv2DO
入学試験<スキルテスト>


上条「そういや姫神ってここに転校してくる前って確か霧ヶ丘女学院にいたんだよな?」

姫神「そう。でも。それがどうしたの?」

上条「いや、あそこって常盤台や長点上機学園と並ぶエリート校だろ? 一体どんな入学試験してんだろうって思ってさ」

姫神「うーん。霧ヶ丘女学院は他のエリート校と違って単純な学力よりも。能力の特殊性が一番優先される。だからシステムスキャンが入学試験みたいなもの。かな」

上条「へぇー能力の特殊性か……ん? 俺の幻想殺しならその基準を満たしてるんじゃねぇか?」

姫神「確かに。言われてみれば」

上条「おお! ついに俺の時代が来たんじゃねぇか!? エリート校なら奨学金もたんまり貰えるはず! 俺、来年編入しようかな!」

姫神「……ねぇ。なにか大切なことを忘れてる」

上条「学力か? 確かにこればっかりは今更なぁ……」

姫神「それよりもっと前」

上条「うーん……なんかあるか?」

姫神「あそこは女子校」

上条「……!?」

姫神「……」

上条「こ、こうなったら上嬢さんにでも……」

姫神「その幻想をぶち壊す」
923 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 08:35:31.42 ID:/9hKv2DO
こういう感じのを10題ずつ小分けにやろうと思っています

投下宣言と10レスで11レス。だから最低110レスもらうことになる。どうしたらいいものか
924 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 08:41:34.02 ID:/dFNQP60
>>923
別に一度に何レスまでとか一人で何レス以上使うなとかの決まりはないから好きにやって良いんじゃないの
これは個人的な意見だけど一応投下終了のレスもあった方が良いと思うよ

astk、もといwktkして待ってる
925 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 09:12:51.30 ID:/IQhbQUo
スクリプト爆撃にあってないウチはラッキーなんだろうなぁ
926 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 10:03:56.77 ID:WsSkSqI0
自分のスレの場合はラッキーというより『こんな駄文スレ潰す価値もねーよ』って思われてると思う。
927 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 11:15:59.49 ID:/IQhbQUo
>>926
わかってた・・・わかってたよ・・・
928 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 11:48:20.44 ID:.UPnlUSO
>>920
新スレはここに立ててある
今Sage進行だから下のほうにあるんじゃないか?
確かタイトルに三下って入ってるのは変わらないはず
929 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 11:53:31.48 ID:TvV8og2o
良SSで爆撃されてない所だってある。
バカが気まぐれでやってる行動なんだから大した意味は無いよ。
930 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 12:04:12.67 ID:/9hKv2DO
垣根、一方通行、一方、百合子
この辺りが被害にあってんだよな
931 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 12:41:49.51 ID:vtltzsAO
スレタイに一方さん入ってるのに爆撃されていない俺のスレって……
932 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 12:44:26.84 ID:JIikLIDO
いい事だろ
喜んどけよ
933 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 12:45:44.30 ID:U1hJt76o
よくわかんないけど製作くんだりまで来て爆撃する馬鹿が居るって事?
934 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 12:49:42.92 ID:l6BdRVM0
少しだけ書き込み

BBB×禁書

BBBエンディング後につきネタバレ注意
935 :BBB×禁書1/2 :2010/07/16(金) 12:54:17.21 ID:l6BdRVM0
とある都市の片隅にて


打ち止め「お兄ちゃんは一体誰なのって、ミサカはミサカは興味津津」

ザザ「うーん、こりゃ困った」

本当に困惑した様子で頬を掻く大学生風のさえない男。
彼はある大きな戦いに敗れ、数千年も生きた命に終止符を打ったはずだった。
が、気づけば見たこともない都市に立ち、あどけない少女に声を掛けられていた。

ザザ「見たとこ日本なのは間違いないようだけど…お嬢ちゃん、ここって特区かな?」

打ち止め「ここは学園都市だよって、ミサカはミサカは当たり前のことを聞かれてちょっと困惑」

ザザ「学園都市?そんな地名があったかな」

打ち止め「?」

ザザ「取りあえずありがとうお嬢ちゃん(彼女に移って記憶を覗く方が早いか)」

瞬間、男の眼が妖しく光り、打ち止めの体は硬直する。
そして、彼はこの学園都市という世界を彼女のわずかな記憶から知ることになる。

打ち止め「はは、ははは、ははははははははっ」

打ち止め「何だここは!こんなに膿んでいる世界が有るなんて!」

打ち止め「どうして僕がここに来たかは分からないが…ここは"面白い"」

一通り覗き終えた彼は、自分の"端末"である男の体に戻る。

打ち止め「あ、あれ?」

ザザ「大丈夫かい?少しぼーっとしてたみたいだけど」

打ち止め「うん…少しぼんやりしてたみたいって、ミサ…」

???「打ち止めァッ」

彼女の言葉を遮り、真っ白な超能力者が怒りを隠さず現れる。
936 :BBB×禁書2/2 :2010/07/16(金) 12:55:05.56 ID:l6BdRVM0


ザザ「あ、知り合いかな?じゃあ僕はもう行くね」

2人が言い争いを始める前に、彼はその場を離れることにした。

ザザ「超能力の開発、実験用クローンの製造、非道な実験!」

ザザ「…そして彼が超能力者の頂点、か」

ザザ「あんな"優しそうな子供"に、一万人も殺人をさせるこの世界は…一体なんなんだろうな」

もはや彼の中では、自分がここにいる理由は些細なことになっていた。

ザザ「ねえ、アダム、カーサ、みんな…もしかしたらこの世界、君達も来ているのかな」

ザザ「ここで吸血鬼(ブラックブラッド)は、認知されていないみたいだけど」

そう言って寂しそうな笑顔を浮かべて、彼は都市を歩いて行く。
彼は他人に乗り移ることで永き時を生き、策謀を繰り広げた吸血鬼。

ザザ「何も答えが分からないまま、この命を特区で落としたと思っていたけれど…」

ザザ「この世界でなら、あるいは答えが分かるのかな?」


通称ウォーカーマン。

とりあえずここまでです。スペースありがとうございました。



937 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 13:06:00.33 ID:SkSKeAAO
ザザって「ザムディン!!」くらいしか思い浮かばない俺
938 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 13:18:11.44 ID:TvV8og2o
>>937
おまおれ
939 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 13:31:05.88 ID:7s/PHk60
オレのじーさんの名前だ!
940 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 13:34:59.04 ID:U1hJt76o
ステイル「ただしイノケンティウスは尻から出る」
941 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 14:04:16.47 ID:l1BnpzI0
美琴「ウニョラー」
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYup3FAQw.jpg
942 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 14:17:25.72 ID:QL5VaUDO
キタキタおやじは倒せない
943 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 15:22:03.23 ID:/9hKv2DO
自分の作ったキャラが他で出てると嬉しいなぁ。あんなんでも見てくれてる人が居たんだと思うと涙出てくる
爆撃されたから完結編かリメイクしてもう一回やろうかなぁ
944 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 15:24:52.01 ID:Kb5.0O.0
>>943
ごちゃごちゃうっせんだろど素人が!

四の五のいわずに書きやがれ!!!
945 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 15:39:36.17 ID:/IQhbQUo
>>934
個人的にはもっともっと書いてほし過ぎるwwwwww
946 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 16:35:50.93 ID:SkSKeAAO
>>943
どれの事?
947 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 16:58:37.46 ID:/9hKv2DO
>>944
機を見てその内にでも…


>>946
垣根「女になってやがる!?」
で作った?垣根♀の帝子がとあるスレにいたから、見てくれてたんだなぁって
948 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 17:05:05.40 ID:./TiEIAO
…あれべつにお前のキャラじゃなくね?ネタ被っただけにしか…
949 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 17:08:42.87 ID:SkSKeAAO
>>947
d
950 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 17:24:03.28 ID:/9hKv2DO
>>948
ネタが被っただけでも嬉しいもんだ
951 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 18:45:01.59 ID:8Zhi/dc0
もうすぐで10スレ目か……
次スレまでには書き溜めてるの投下したいなー
100レスの大台は超えないようにしたいけど、どうなることやら。
952 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 18:52:35.47 ID:B02MWmIo
俺も幻想止め投下したい
まあその前に前期末テストというぶち殺せない現実が待っているんだがな……('A`)

ここに投下したネタを加筆修正してスレ立てって別に問題はないよな?
953 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 18:57:57.65 ID:11RGVMEo
加筆して、スレ建てしてもいいぐらいの長さあるならいいんじゃねーの?
VIPとかで落ちた人はそういう人多いし

>>1に書いてるけど、中断ってどのくらいまで許容できる?

終末とかもう3回やってるしあんまり多いみたいだと迷惑だろうからこれはスレ建てした方がいいのかな。
954 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 19:12:32.88 ID:TvV8og2o
>>953
迷惑と言うつもりは無いけど前回のはほとんど覚えてないし、追うのも面倒だから読み流しちゃってる。
書き溜めてみて長いようならスレ立て、短ければ一気に投稿ってやった方がよさげ。
書き溜めないで書くならやっぱスレ立てた方がいいんじゃないか?
955 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 19:22:46.79 ID:/lo9v.AO
不定期投下になるなら、スレチェックしてはやきもきになるから総合の方が良いな。

総合が投下渋滞を起こしてるならともかく、今はそんな事無いし。書き手が負担感じないやり方で良いと思うよ。
HKBのプレッシャーかかって放棄が両者にとって一番の損失だから。
956 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 19:25:59.58 ID:pBKmlZYo
>>952
おk、待ってる。幻想止めとか胸あつだな。
957 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 20:57:53.03 ID:vtltzsAO
>>947
おお、見てたよ。それは是非とも立て直して欲しいな。
958 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 21:16:58.65 ID:D0OR9s6o
幻想殺し×打ち止め→幻想止め

幻想殺し×吸血殺し→幻想殺し

一方通行×吸血殺し→一方殺し=一方通行×幻想殺し

もしかして姫神がメインヒロインになれないのって……
959 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:18:05.80 ID:SwutZXEo
>>947
帝子の続きも>>922の続きも期待してるぜ
960 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:28:55.17 ID:/sFnmY.0
幻想殺し×吸血殺し、は普通に理解できるけど、
幻想殺し×打ち止め、は一部超マニアしか需要ないんじゃない?


まあ、好みは人それぞれだからどうでもいいけど、読む人どれくらいいるんだろ?
961 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:32:38.04 ID:B02MWmIo
別に恋愛やエロじゃなくて、対インデックスみたいな兄妹ノリでもいいと思うんだけど
962 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:37:36.41 ID:pBKmlZYo
>>960
12巻と13巻を読んでこい。
上条さんの背中に抱きついたり。
上条さんに抱えあげられたりしてるんだぜ。

あと需要がどうとか言ってる奴に。

書けば需要が出る。書かなければ需要は出ない。
需要があるから書くのではない、需要がないから書くのである。
963 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:39:36.01 ID:c.MxDJo0
通行止めは兄弟みたい
幻想止めは親子みたい
964 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:43:01.64 ID:k69d15so
考慮に入れるべきなのは、上琴がテンプレだと思っている連中が多いように、
通行止めがテンプレだと思っている連中は多いってことだ。

ま、見たくない奴は見るなって言うならそれまでだけどなww

965 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:43:41.60 ID:Lh2KLEk0
打ち止めは愛より家族愛だな

そういやvipで前見た浜面さんと打ち止めの絡みも面白かったな
966 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 22:56:49.00 ID:0aDIMgw0
幻想止めは2回ほど見たことあるけど、一方さんは駄目なロリコンで
打ち止めの気持ちが包容力のある上条さんに向きチュッチュするというNTR色の強いのだった
ロリかつNTRはなかなか上級者向けだと思ったものだが
967 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:11:28.90 ID:Q9EeyP.0
駄目なロリコンは余りに不憫なので
せめて不器用なロリコンって言ってあげようぜ。
968 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:12:03.04 ID:SkSKeAAO
>>966
おまおれ
あれのせいでいい印象が全く無いんだよな

勝手に読まないようにはするけど投下するときは一言欲しいな
969 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:33:46.40 ID:0aDIMgw0
>>967
しかし打ち止め騙してソープ嬢の真似事させたりとかしてたようだし駄目なロリコンだったぞ
もう一つのSSはそこまでじゃなかったけどセックス下手で打ち止めの変化に全く気付かなかったりとかだったな

>>968
幻想止め自体がそういう需要なのかと思っちゃうんだよな
970 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/16(金) 23:53:35.81 ID:/lo9v.AO
そりゃもうアクセラレータじゃなくてダメセロリータだろww
ゲス条さんと同類だww
971 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/16(金) 23:58:18.12 ID:ku1Rgm.0
まあ、一方さんを貶めないと書けない幻想止めっていうのもな…
最初から一方さんに出会わず、上条さんに助けられた、とかならいいのかもな
972 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:08:49.80 ID:ILbSWAM0
一方さんが他の女に目を向ける二次創作は妄想できるが
打ち止めが一方さん以外に目を向けるのは想像できない

こういう人が多いんじゃね?
原作はどっちかっつーと、一方さんの方が一途なイメージだけどな、なんでだろうな?
973 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:16:35.08 ID:QmiHOmg0
打ち止めは上条さんが助けたstart

一方通行がインデックスに、上条さんが打ち止めに出会ったstart

一方通行がインデックスに手を出したstart

一方通行なんかおらんかったんやstart


まあSSなんだからやりたい放題やればいいだろ
974 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:20:38.31 ID:FgFfhcDO
嫌いなCPは見なければいい、俺はそうしてる

基本アイテムは浜面絡み以外は見てないぜ
975 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:27:02.55 ID:J0NPrOA0
まぁやりすぎると禁書でやる意味あるのか?なるからほどほどにな。
976 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:27:08.43 ID:QmiHOmg0
俺はむしろ浜面絡みのアイテムは見ないな
977 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:27:57.45 ID:sKMuB2AO
まあなんにせよ最初にCP明記しろってことだわな。
投下後にうだうだ言われるの防止になるし
読む方も避けられる
978 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:33:45.69 ID:o2L1ZUY0
>>974
お前は俺か

もう次で10冊目か…俺もSSに挑戦してみようかな
979 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:40:41.05 ID:nC7ddnQo
よーし、舞夏さんと8冊目のhtml置いとくぞー。

 [ 舞夏さんとのおやくそく ]
・投下する時は、名前欄にタイトルを入れるとわかりやすいんだぞー。
・新刊のネタバレ解禁は、発売日の翌日からだから注意なー。
・多人数の書き手で進行するスレだから、安価作品などはやめといたほうがいいかもなー。
・毎月中旬は定休日で接続できなくなるけど、数日で直るから大丈夫なんだぞー。
・おかしな人やそれに触る人なんかは相手にしちゃダメだぞー。

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-8冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1277/12772/1277220435.html

あとは、流れ的に
>・エログロ等の注意書きの有無の判断はお任せします。

・できれば内容の方向性などを投稿前に一言書いておくとよさげ。
みたいな感じに差し替えたほうがよさげ?

↓さぁ任せた
980 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:51:49.80 ID:CrQej760
ま、どんな組み合わせ書こうが構わないけど、特殊な組み合わせなら最初に明記しておいて欲しいな
途中まで読んで「うげぇ、なんだこれ」って気がついた時とほど空しいものは無い…
981 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:52:27.45 ID:J0NPrOA0
それもできれば〜的なフレーズで組み込んでおけばいいんでね?
982 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:56:39.27 ID:lbM9076o
特殊な組み合わせって例えばどんなんだ?
983 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 00:59:47.49 ID:oXR3t5go
現行の中から例を挙げるなら麦琴とか電磁通行あたりじゃね?
984 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:02:43.33 ID:J0NPrOA0
というかカプを可能なら最初に明記〜で良いんじゃないか?
特殊っていっても人の捕らえ方によるからな。
985 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:05:22.25 ID:CrQej760
>>982
価値観は人それぞれだけど、『この内容ならそれなりに嫌がる人(見たくない人)いるだろうなぁ…』って感じる物でいいと認識してるけどなぁ
986 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:34:17.00 ID:lbM9076o
まぁ、自分はNTR以外なら平気だけどなぁ、まぁ人それぞれだよね

ところでID:CrQej760次スレは?
987 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:51:44.94 ID:uJRQtI6o
誘導

【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-10冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279299041/
988 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:53:04.08 ID:CrQej760
すまぬ忘れとった

【次スレ】

【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-10冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/news4gep/index.html#1

989 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:54:34.54 ID:uJRQtI6o
>>988
それURL何か間違ってる気がする
あと>>2まで頼む。>>3にスレタイミスに関して書くから
990 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:54:40.87 ID:nC7ddnQo
>>2まで待ってやれよww
991 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:56:32.28 ID:nC7ddnQo
おっと、行ってた。

>>988
超乙乙。
992 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:59:26.30 ID:CrQej760
度々ミスすまぬです
新スレ訂正URLは下記です

【訂正次スレ】

【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-10冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279299041/
993 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:05:27.44 ID:uJRQtI6o
>>3書いといた。>>992
994 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:19:31.97 ID:0Bt16qgo
>>1000なら
次スレは黒子×ステイル祭り
995 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:24:01.38 ID:exv1ygwo
>>1000なら
次スレは一方通行×姫神祭り
996 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:38:55.68 ID:dAVvaLso
>>1000なら
次スレはステイル×美琴の同じ年ネタ祭り
997 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:41:28.77 ID:oXR3t5go
1000なら次スレはワーストがとある高校に転入する話で盛り上がる
998 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:47:46.25 ID:o2L1ZUY0
>>1000なら
次スレはロリ化ショタ化祭り
999 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:48:34.28 ID:uJRQtI6o
>>1000ならガチ泣き神作品が投下される
1000 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:48:44.93 ID:G7m4e1U0
>>1000なら
次スレはハイパーおねーさんタイム(再)
1001 :1001 :Over 1000 Thread
    ´⌒(⌒(⌒`⌒,⌒ヽ
   (()@(ヽノ(@)ノ(ノヽ)
   (o)ゝノ`ー'ゝーヽ-' /8)
   ゝー '_ W   (9)ノ(@)
   「 ̄ ・| 「 ̄ ̄|─-r ヽ
   `、_ノol・__ノ    ノ   【呪いのトンファーパーマン】
   ノ          /     このスレッドは1000を超えました。
   ヽ⌒ー⌒ー⌒ー ノ      このレスを見たら期限内に完成させないと死にます。
    `ー─┬─ l´-、      完成させても死にます。
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / |
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |
        /::::::::::::::::l/ /  冂
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|               製作速報VIP@VipService
      .〔:::::l     l:::l   凵                  http://ex14.vip2ch.com/news4gep/
      ヽ;;;>     \;;>

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
18歳♀だけど質問ある? @ 2010/07/17(土) 01:54:57.00 ID:6rL6aUDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1279299296/

【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-10冊目-【超電磁砲】 @ 2010/07/17(土) 01:50:41.31 ID:CrQej760
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279299041/

今のJr.アイドルのレベルって高いじゃん?もし児童ポルノ法が無かったらって考えるとさ @ 2010/07/17(土) 01:50:10.13
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4vip/1279299010/

新生ブリタニア帝国 ダモクレスの空 @ 2010/07/17(土) 01:36:42.14 ID:B.Lvi1.o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1279298202/

律「今、私の隣には聡が寝ている」※エロ @ 2010/07/17(土) 01:11:56.37 ID:Uxo5ijg0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279296716/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

406.94 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)