花丸「善子ちゃんが寝てる……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆6sysT0v2o77I :2017/08/06(日) 10:50:49.46 ID:MHpDgdf4o
〜昼休み、部室〜

善子「すぅ……すぅ……すぅ……」

花丸(善子ちゃん、部室で椅子にもたれてお昼寝するの好きだよね、ほんと)

花丸「それではいつものように……こほん」

花丸「善子ちゃん、起きて―」ボソッ

善子「すぅ……すぅ……」

花丸「起きないとほっぺにチューしちゃうよー」

善子「すぅ……すぅ……すぅ……」 

花丸「じゃあするからね? ……んっ♡」チュッ♡

善子「ん……んぅ……」

花丸(またしちゃった……♡ 眠ってる善子ちゃんも可愛いずら……♡)

花丸(……さて……)

善子「すぅ……すぅ……」 

花丸(よし、いつも通り……完全に熟睡してる)

花丸(じゃあさっそく、善子ちゃんのスカートの中にお邪魔して……)モゾモゾ
2 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 10:56:47.34 ID:MHpDgdf4o
花丸(スンスン……スカートの中、汗で結構蒸れてるね……♡)ムワッ

善子「すぅ……すぅ……すぅ……」 

花丸(善子ちゃんの匂い、堪らないずら……♡)

花丸(今日のパンツは白だね……っと、お股のところに鼻を思いっきり押し込んで……)グニュウッ

善子「ぅ……んん……」モゾモゾッ

花丸「すぅううううううううっ」スーッ♡ フーッ♡

善子「んん……すや……すや……」

花丸「っはあ……♡ 善子ちゃんのすごく濃い匂いがする……♡」ムラムラ
3 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 11:04:15.72 ID:MHpDgdf4o
花丸「すんすん……汗で蒸れた善子ちゃんのアソコの匂い……♡」スンスン グリグリ

花丸「マルはこの匂いの虜ずら……♡ すんすん……何回嗅いでも飽きない……♡」クンクン グニュグニュ...スンスン

花丸「……!? なんだか湿って……! こ、これは……っ!?♡」グリグリ...ジワッ...

善子「……なにしてるの? ずら丸」

花丸「っ!!」ビクゥッ

善子「ヨハネのスカートの中に隠れてないで、出て来なさい」

花丸「……」モゾモゾモゾ
4 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 11:18:06.90 ID:MHpDgdf4o
善子「どうだった? 私の匂い」

花丸「最高でした」グッ

善子「よろしい」

善子「他になんか変なことしてないでしょうね? 例えば……」

善子「アンタ、寝ているヨハネの唇にキスしたことは?」

花丸「ありません!」

善子「ほんとに?」
5 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 11:30:21.18 ID:MHpDgdf4o
花丸「ペロペロ舐めたことなら何回かあります!」

善子「おい」

花丸「えへっ♡」

善子「……。こういうこと、よくやってたの? その……今日だけじゃなくて」

花丸「しょっちゅうやってました!」

善子「アンタ、正直者ね……っていうか、よく今まで気づかなかったわね、私……」

花丸「善子ちゃん、いっつも寝付きいいよね。熟睡って感じ?」

善子「……ヨハネの寝顔、いつもどんな感じよ」
6 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 11:37:12.16 ID:MHpDgdf4o
花丸「とってもとっても可愛いずら♡」

善子「そう……よかった」

花丸「じゃあマルはこれで……」

善子「いや、よくないけど」

花丸「……」

善子「本来、絶交モノの案件だと思うけど……ヨハネは寛大だから」

善子「ヨハネのリトルデーモンになることで許してあげる。拒否権はないから」

花丸「はい……」
7 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 11:46:29.10 ID:MHpDgdf4o
善子「どうしたの? 嬉しいでしょ? 今まで以上にヨハネの傍にいられるのよ、喜びなさいよ」

花丸「嬉しいです、ヨハネ様♡」

善子「切り替え早いわね」

花丸「……ヨハネちゃんでもいい?」

善子「……妥協してあげる」

善子「それでずら丸、誰かとキスしたことある?」

花丸「ないよ」
8 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 11:57:26.27 ID:MHpDgdf4o
花丸「寝ているよし……ヨハネちゃんのほっぺたになら何度もしたけど」

善子「おい」

花丸「えへへ♡」

善子「……。まあいいわ……とにかく、アンタが私の唇にしてないって言うなら、私もキスは未経験ね」

善子「じゃあお互いのファーストキスを、今ここで捧げ合おうじゃない」

花丸「……え?」

善子「決まってるでしょ。ヨハネとリトルデーモンの契約の儀式よ」

花丸「ほんと!? 今までずっとずーっと我慢してたけど、やっと善子ちゃんとキスできるんだね!?」ガバッ

善子「そんな嬉しそうにがっつかないで! ていうか善子言うな!」ギュウ
9 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:03:18.49 ID:MHpDgdf4o
花丸「じゃあさっそく……」ススッ

善子「あ、アンタからじゃないの〜っ! ヨハネからするんだから、おとなしくしてて!」グググッ

花丸「はい……」 

善子「じゃあ、するからね? ……んっ」チュッ♡

花丸「……/// あの……///」

善子「……どうしたの? 嬉しすぎて死にそうなの?」

花丸「そこ……ほっぺたずら」
10 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:06:56.02 ID:MHpDgdf4o
善子「わ、分かってるわよ! まずはアンタの両頬にキスして、その後唇にするのよ!」

花丸「そっかぁ」

善子「じゃあ反対側も……んっ」チュッ♡

花丸「……///」モジモジ

善子「ふん……動じないやつだと思ったけど、ちゃんと照れるのね」

花丸「善子ちゃん、照れ隠し上手いね」

善子「わっ、私は照れてないしっ!/// 照れる要素がどこに……///」

花丸「今照れてるずら♪」

善子「うるさいっ!/// っていうか、完全に『善子ちゃん』呼びに戻ってるし……!」
11 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:09:59.31 ID:MHpDgdf4o
善子「こほん。これより、花丸はヨハネとリトルデーモンの契りを交わします」

花丸「……」 

善子「今から行う口づけがその契約の証よ……んぅっ……」チュ...♡

花丸「ん……っ、はぁ……」

善子「……これでアンタは、完全にヨハネのリトルデーモンだからね」

花丸「……あのぅ……///」

善子「何? 堕天しすぎちゃった?」
12 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:14:08.58 ID:MHpDgdf4o
花丸「舌入れたりしないの?」

善子「なっ!?/// ぜ、贅沢言うなぁっ! ……えっと、また今度ね……///」

花丸「うん♡」

善子「よ、余裕ぶってるのも今の内だからね……! もっとすごいことさせてやるんだから……!///」

花丸「もっとすごいこと……?」

善子「ちょっとしゃがんで」

花丸「……こう?」グッ

善子「ほら」ピラッ
13 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:19:55.74 ID:MHpDgdf4o
花丸「なぁっ!?///」

善子「さっきまで人のスカートの中に潜って好き放題してたくせに、今更照れないで!///」

花丸「い、いきなりスカート捲っちゃってどうしたの……!?///」ガンミ

善子「パンツ、よく見てみなさいよ///」

花丸「あ……下のところかなり湿ってる……」ジーッ

善子「……///」モジモジ

花丸「……」サワッ

善子「きゃっ!?♡///」ビクッ
14 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:30:19.22 ID:MHpDgdf4o
善子「さ、触れなんて言ってないでしょ馬鹿!///」

花丸「ごめんつい……、うん、確かに湿ってるずら」ネチョッ...

花丸「指に善子ちゃんのが付いちゃった……んっ」ペロッ

善子「何舐めてんのよ!///」

花丸「どうしてこうなっちゃったの?」

善子「……ヨハネの大事なところに、パンツ越しに鼻を押し込んでグリグリしてたでしょ、アンタ」

花丸「うん……いつもは起きなかったんだけど」

善子「普段の私、やるわね……。とにかく、お股に快感……違和感を感じて目が覚めたら」
15 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:33:00.31 ID:MHpDgdf4o
花丸「今快感っていったよね」

善子「……目が覚めたら、花丸にスカートに顔突っ込まれてる状況で……」

善子「パンツの……ヨハネのアソコの匂いを思いっきり嗅がれてて……それで……」

善子「驚くと同時に……興奮しちゃって……///」

花丸「興奮してお股濡らしちゃったの?」

善子「そうよ! そういうことよ!///」

善子「私の匂い最高って言ってくれたし! その後、アンタが私の唇をペロペロしたことがあるだの、」

善子「こういうことをしょっちゅうやっていただの、私の寝顔が可愛いだのヨハネのほっぺに何度もキスしただの聞かされて!」
16 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:36:11.95 ID:MHpDgdf4o
花丸「いやあ……///」テレテレ

善子「その上で花丸をリトルデーモンにして! 私もアンタの両頬にキスして!」

善子「お互いに初めてのキスを交わし合って! こんなの……こんなの! 興奮するに決まってるじゃないのっ!!」

花丸「ふふっ、善子ちゃんたら、へ……」

善子「ド変態のアンタには言われたくない!」

花丸「『平和な思考回路で可愛いね』って言おうとしたのに……」

善子「それ、褒めてんの?」

花丸「可愛いよ、善子ちゃん」
17 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:42:08.24 ID:MHpDgdf4o

善子「……まあいいわ。それじゃ、ヨハネの大事なところをこんな風にした責任、取ってもらおうかしら」

花丸「具体的には?」

善子「慰めてよ、ここ……花丸の指で」

花丸「いいよ……じゃあ、脱いで。パンツ」

善子「ぅ……わ、分かったわ……///」シュルシュル...

善子「は……はい……///」パサッ

花丸「おおっ……こ、これが善子ちゃんの……///」マジマジ

善子「みっ、見てないで早く!///」
18 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:45:25.81 ID:MHpDgdf4o
花丸「じゃあ、入れるよ……」クチュ...♡

善子「ふ……ぁ……♡」ピクッ

花丸「すごい……ぐしょぐしょだね……♡」クチュクチュ♡

善子「ぅ……く、んぅ……ぁふ……♡」ビクッビクッ

花丸「善子ちゃんの中、とろとろしてあったかいね……♡」ヌチュヌチュ...ヌチュゥ♡

善子「ふあ……♡ じ、自分の手でやるより……あ、アンタの手でやって貰う方が……♡」ビクビクッ

花丸「……♡」ヌチュッ...クチュクチュ♡

善子「ぅあっ♡ ……ず、ずっと……ずっとぉ♡ 気持ちいい……っ♡ はぅぅ♡」ビクンビクンッ

花丸「ありがとう、善子ちゃん……♡ マルも、善子ちゃんが感じてくれてて嬉しいよ♡」クチュクチュクチュ♡
19 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:50:41.00 ID:MHpDgdf4o
善子「うう……♡///」ビクビクッ

花丸「善子ちゃんの愛液、どんどん溢れて止まらないね……♡ マルの指、ヌルヌルのベトベトだよ……♡」ヌチュヌチュ...ヌチャァッ♡

善子「ぅ……ふぅ……♡ あっ……! 抜いちゃ、やぁ……っ」

花丸「すんすん……善子ちゃんの濃い匂いがするよ……♡」クンクン スンスン

善子「てぇっ!/// ゆ、指の匂いを嗅ぐなぁっ!///」

花丸「あむっ……ちゅるっ♡ おいひ♡」ペロッ♡ チュッ♡ チュルッ♡

善子「そして舐めるなぁ! しゃぶるなぁ!///」

花丸「おら、もう我慢できない……♡ ねぇ、善子ちゃんも……もっとシて欲しいでしょ?」

善子「え、ええ……///」モジモジ
20 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:54:03.54 ID:MHpDgdf4o
花丸「今度はマルのお口でイかせてあげるずら♡」ガバッ

善子「は……ちょおっ!?///」

花丸「ちゅうっ、れろ、ちゅ、じゅるっ♡」チュウウ...ペロ...ジュルルッ♡

善子「あ、ああっ♡/// こ、このっ、へんた、いっ♡」ビクビクッ

花丸「ちゅ、ぺろ、ん、はむっ、れろ、ちゅぅぅ♡ ちゅぷ、ちゅぷっ♡」チュルル...グニュッ♡ ニュプッ♡

善子「あふ、んふっ♡ し、舌っ♡ そんなに中にグイグイっ♡ 突っ込まないでぇっ♡ あんっ♡」ビクッビクッ

花丸「ちゅ、んくっ♡ とろとろのいっぱい出てきたよ♡ ちゅぷっ、ん、ちゅぅ♡」ペロペロ...チュウウ♡

善子「んぅ♡ ら、らめっ♡ い、イくぅっ、イっちゃう♡ は、はなれてっ♡ あぅっ♡」ビクビクッ
21 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 12:56:28.77 ID:MHpDgdf4o
花丸「やら♡ らひへいいお♡(やだ♡ 出していいよ♡)」ニュプニュプッ チュウゥ...ヂュルッ♡

善子「はあっ♡ は、はなまっ、はなまるぅっ♡♡ だ、堕天しちゃ、うっ、ぅああっっ♡♡♡」プシャアアアッ♡

花丸「んんっ♡ ん、んく♡ ぺろ、ちゅぷっ♡ ぷはっ♡」ヂュルル...ゴクン♡

善子「ぁ、あ……はぁ……っ♡」ヒクッ ヒクヒク

花丸「イっちゃったね♡」ポタポタ

善子「ご……ごめんなさい……♡ アンタの顔、私ので……♡」ゾクゾクッ

花丸「えへへ……♡ いっぱい掛けられちゃった♡ 善子ちゃんのお汁まみれずら♡」ポタポタ...ペロリ♡
22 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 13:02:17.69 ID:MHpDgdf4o
善子「ごめん……♡ 今、拭くから……♡」フキフキ

花丸「んっ……堕天使ヨハネ様が、所有物の証としてマルにマーキングしたってことでいいよね♡」フキフキ

善子「は、恥ずかしいこと言わないで!♡/// マーキングって……♡」フキフキ ゾクゾクッ

花丸「そういうことだから、謝らなくていいよ、そもそもマルが勝手にやったことだし」フキフキ

善子「でも……♡」フキフキ

花丸「というか善子ちゃん……ごめんといいつつ、さっきから内心興奮しまくってるでしょ……」ジトーッ

善子「そ、そんなことないし!♡/// ヨハネので、汚しちゃってごめんね……♡」ゾクゾクッ

花丸「マルは汚されてなんかいないよ。だって、善子ちゃんは綺麗だもん」
23 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 13:05:40.08 ID:MHpDgdf4o
善子「は……花丸ぅ〜っ♡」ガバッ

花丸「えへへ……どうしたの、善子ちゃん♡」ギュウ

善子「もっと……! もっとイケないことしましょ……♡ ね、花丸ぅ♡ はむ、ちゅっ、んちゅっ♡」チュッチュッチュッ♡

花丸「んむっ、ちゅぷ、ちゅぷ、ちゅぱっ♡ そうしたいのは山々だけど、そろそろ時間切れだよ……」チュッチュッ...チュパッ♡

善子「え?」クルッ

善子「……そうね。もうすぐ授業が始まるわね……」

花丸「続きはまた今度……ひゃあぁっ!?♡///」ビクッ

善子「……ふふっ♡」サワサワ
24 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 13:10:30.75 ID:MHpDgdf4o
花丸「よ、善子ちゃん!?/// どこ触って……!///」クネクネ

善子「アンタのパンツ、ぐっしょぐっしょじゃない♡ なぁに?♡ そんなに興奮したの?♡ ぺろっ♡」ネチョォ...ペロリ♡

花丸「あ……♡ 当たり前だよっ、大好きな善子ちゃんとえっちなことシてたら興奮しまくるに決まってるずら!///」

善子「それ、脱いで私にちょうだい」

花丸「え?」

善子「代わりにこのヨハネのパンツあげるから。交換よ」ネッチョリ

花丸「ええっ!?♡///」
25 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 13:15:59.95 ID:MHpDgdf4o
〜午後の授業中〜

花丸(善子ちゃんのパンツ……ぐしょ濡れ……♡ なんかネトネトしてるし……♡)

花丸(でも不思議と、気持ち悪くない……むしろ、気持ちいい……♡)

花丸(マルの愛液で濡れたおまんこに、善子ちゃんの愛液べっとべとのパンツが密着して……♡)

花丸(すごく興奮する……♡ 授業が全然頭に入らないずら……♡)
26 : ◆6sysT0v2o77I [saga]:2017/08/06(日) 13:17:34.14 ID:MHpDgdf4o
善子(花丸の愛液まみれのパンツが、私のアソコにべったり張り付いてる……♡)

善子(これ……ヨハネのおまんこと花丸のパンツがキスし合ってると言えるわよね……♡)

善子(そうよ! 実質貝合わせだわ! これだけでも興奮するのに、ほんとにあいつと擦り付け合ったら、私……!♡)

善子(だめだ……授業そっちのけで、あいつのことしか考えられない……♡)


――結局、学校帰りに花丸は善子に家へと誘われ、2人は互いの性器を激しくキスさせ合ったという


おしまい
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/06(日) 22:31:35.82 ID:SDXEdl9ho
えっろすぎ、乙
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/07(月) 01:35:16.39 ID:v5t5gFdo0
よしまるはイチャラブえっちがいいね
おつ
15.27 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)