カルネアデス・プリズム(名探偵コナン×竜とそばかすの姫)
1- 20
81:探竜唱 ◆2k5pFFm6nI[saga]
2021/12/09(木) 02:39:14.21 ID:4yq8c2840

ーーーーーーーー

「んー」

園子の唸り声を聞き、
コナンは脳内で黒タイツ劇団の三文芝居を幕引きさせる。

「実はハブられてたとか。
細くも長くもない子からの妬みとかすごそうだし」

「怒るよ」

瑠果が高さも温度も微かに、だが確実に低下させた声を発し、
真顔で園子を見ていた。

「ごめんなさいっ!」

「私からも謝ります、ごめんなさい」

園子がぱたんと体を折って真剣に謝罪し、蘭がそれに続く。
それを見て、瑠果は一つ頷いてついと前を見た。
その瑠果の前に、路留がすうっと移動して片膝をつく。

「お立合い、ここには君以外一体何人いたのかな?」

自分のスマホを胸に当てる形で、路留が質問した。

「先生は先に打ち合わせとかに行ってたから、私を入れて七人ね」

「つまり君を除いて六人だね」

路留は、6の数字が表示されたスマホを周囲に示しながら発言した。

「あいつ、カードの名手なんだ。モラン大佐と張るぐらいのな」

コナンが、軽く嘆息して哀に向けて呟く。


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
103Res/111.27 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice