このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

都市伝説と戦う為に、都市伝説と契約した能力者達…… - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/23(日) 21:11:54.72 ID:hIMLVSa30
「都市伝説と戦う為に、都市伝説と契約した能力者達……」とは
 2ちゃんねる - ニュー速VIPで生まれた
 都市伝説と契約して他の都市伝説と戦ってみたりそんな事は気にせず都市伝説とまったりしたりきゃっうふふしたり
 まぁそんな感じで色々やってるSSを書いてみたり妄想してみたりアイディア出してみたりと色々活動しているスレです。
 基本的に世界観は作者それぞれ、何でもあり。
 なお「都市伝説と…」の設定を使って、各作者たちによる【シェアード・ワールド・ノベル】やクロス企画などの活動も行っています。
 舞台の一例としては下記のまとめwikiを参照してください。
まとめwiki
 http://www29.atwiki.jp/legends/
まとめ(途中まで)
 http://nanabatu.web.fc2.com/new_genre/urban_folklore_contractor.html
避難所

http://jbbs.livedoor.jp/otaku/13199/
■注意
 スレの性質上、スレ進行が滞る事もありますがまったりと待ちましょう。
 本スレとはあまりにもかけ離れた雑談は「避難所」を利用して下さい。
 作品によっては微エロ又は微グロ表現がなされていますので苦手な方はご容赦ください。
■書き手の皆さんへ
 書き手の方は名前欄にタイトル(もしくはコテハン)とトリップ推奨(どちらも非強制)
 物語の続きを投下する場合は最後に投下したレスへアンカー(>>xxx-xxx)をつけると読み易くなります。
 他作品と関わる作品を書く場合には、キャラ使用の許可をスレで呼びかけるといいかもしれません。
 ネタバレが嫌な方は「避難所」の雑談スレを利用する手もあります。どちらにせよ相手方の作品には十分配慮してあげて下さい。
 これから書こうとする人は、設定を気にせず書いちゃって下さい。
※重要事項
 この板では、一部の単語にフィルターがかかっています。  メール欄に半角で『saga』の入力推奨。
「書き込めません」と出た時は一度リロードして本当に書き込めなかったかどうか確かめてから改めて書き込みましょう。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440331914
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

モナカ「安価とコンマで恋のQPをやるの〜♪」新月「その2さ」 @ 2024/02/21(水) 00:28:25.81 ID:eiDUCHuU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708442905/

大正・昭和生まれスレ @ 2024/02/18(日) 22:44:59.39 ID:/gAWMEKx0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708263899/

【GANTZ】俺「安価で星人達と戦う」part2 @ 2024/02/18(日) 14:35:20.96 ID:OVpLPeK+O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708234520/

イケパンみっちん38 セイント・ギロチン @ 2024/02/17(土) 23:55:52.22 ID:8M0h/YKbO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708181752/

凛として咲く花の如く @ 2024/02/17(土) 22:14:08.98 ID:VOVcZeLU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1708175648/

【劇場版安価】上里「MISSING ACE」【禁書】 @ 2024/02/17(土) 21:23:19.29 ID:4rPIL2iz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708172598/

さくらみこ「インターネッツのチロメで」星街すいせい「クロームね」 @ 2024/02/17(土) 17:48:16.53 ID:DPxFqjvco
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1708159696/

ママーッ!! @ 2024/02/17(土) 11:41:57.11 ID:3fozlnH0o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1708137717/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/23(日) 21:12:22.20 ID:hIMLVSa30
◆用語集
【都市伝説】→超常現象から伝説・神話、それにUMAや妖怪のたぐいまで含んでしまう“不思議な存在”の総称。厳密な意味の都市伝説ではありません。スレ設立当初は違ったんだけど忘れた
【契約】→都市伝説に心の力を与える代わりにすげえパワーを手に入れた人たち
【契約者】→都市伝説と契約を交わした人
【組織】→都市伝説を用いて犯罪を犯したり、人を襲う都市伝説をコロコロしちゃう都市伝説集団
【黒服】→組織の構成員のこと、色々な集団に分けられている。元人間も居れば純粋培養の黒服も居る
【No.0】→黒服集団の長、つおい。その気になれば世界を破壊するくらい楽勝な奴らばかり
【心の器】→人間が都市伝説と契約できる範囲。強大な都市伝説と契約したり、多重契約したりすると容量を喰う。器の大きさは人それぞれである。器から少しでも零れると…
【都市伝説に飲まれる】→器の限界を迎えた場合に起こる現象。消滅したり、人間を辞めて都市伝説や黒服になったりする。不老になることもある

前スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382952233/
3 :葬儀にて  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/26(水) 22:36:04.41 ID:jOcGN5Lr0
 みんなが、しくしくと泣いている
 集まっている誰もが、例外なく彼女の死を悲しんでいた
 14歳。失ってしまうには、あまりにも早過ぎる命
 どれだけ嘆こうとも、彼女は間違いなく、死んでしまったのだ

「どうして………………………自分の足で、屋上から………」
「……………遺書は、見つかっていないって?」
「……父親も、行方がわからないって……」

 ひそひそとしたささやき声が、右から左へと流れていく
 私はただ、呆然と、あまりにも早く死んでしまったその人の遺影を眺めていた

 優しい人だった
 とても優しくて、明るくて…………あぁ、自分もあんな人になりたいなぁ、って、そう思っていた

 彼女が死んだその日も、私はあの人と会っていた
 話を、していたのだ
 近頃、学校中でみんなが噂していたその話に怯えていた私を、あの人は元気づけてくれた

『大丈夫!あんなの、ただの噂だから。あんまり怖がっちゃダメよ?』

 優しく微笑み、あの人は頭を撫でてくれていた

『…………大丈夫。あんな噂、すぐに消えちゃうから』

 …そして、その時
 あの人が、呟いた言葉

『消して、みせるから………………………………必ず』

 強い決意を込めた言葉だった
 その言葉が何を意味していたのかは、わからない


 ただ、彼女が死んでしまった
 その事実だけが、残って


 ふらふらと、私は部屋を出た
 ぐしぐしと目元を拭う
 誰もいない場所へ、行きたかった
 ぐるぐる、ぐるぐると思考がぐるぐる回り回って狂々々廻り廻る
 誰もいないところじゃなければ、この思考を打ちきれないような、そんな気がしていた
 人のいないところへ、ところへ、向かっていって………


「………やっぱり、あいつが犯人だったんだ」


 聞こえてきた声に、足を止めた
 聞き覚えのある声だった
 同じクラスになった事もある、少年の声

「彼女の遺書にも、そう書いてあったか」
「………戦う、つもりだったのですね。あの人は」
「ーーーーーしている訳でもないのに、無茶を……!」
4 :葬儀にて  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/26(水) 22:36:48.31 ID:jOcGN5Lr0
 他にも数人分の声。少年の声の中に二人だけ、少女の声
 どれも、知っている声だった
 先ほどの声と同様、同じクラスになった事もある人の声
 いつも同じグループで固まっていることが多くて、目立つグループの子達
 ……そして、彼女とも仲が良かった、そんなグループ

 その、彼らは
 先ほど、何と言った?

「遺書を最初に見つけたのは、俺達だが…………まぁ、他の奴らも、すぐに気づくだろうな」
「犯人については、「組織」なども目星をつけ始めていたようですからね」
「………まさか。誰かが接触して、咲李に話したんじゃあ」
「かもしれないわね………せっかく、私達が、彼女に話さないようにしていたのに」
「……官女は…………真実を知ってしまったら……動かずには、いられなかっただろうから」
「遺書には、「黒いスーツの女の人」と書いていましたね……「組織」の方なのか、それとも「組織」の方のふりをした、誰かか………」

 彼らが何を話しているのか、私にはわからなかった
 ただ、背筋をつぅ、と、冷たいものが降りていく

「ーーーは、来るな。契約者じゃないんだから、危険だ」
「あのね、それ言ったら、ーーーだって、契約者じゃないし。どちらにせよ、危険よ」
「……危険は、承知だ」

 そして、ふと、気づく
 話し声に混じって、ずっと泣いている声
 一人は、ずっと泣き続けている
 その嗚咽の中で、彼女の名前を口にしているのが、聞こえた


「……遅くても、明日には土川 羽鶴に接触する。ことの真実を聞き出して、場合によっては………」


 がたんっ、と
 その時、私は音を立ててしまった

 ピタリ、と、聞こえてきていた言葉が、止まる

「誰だっ!?」

 慌てて、私は身を隠した
 息を殺し、気配を押し隠す

「誰か、居たか?」
「いや、いない…………だが」
「……誰かに聞かれたんじゃない?」
「だとしたら、まずいな………今夜中に、片を付けた方がいいかもしれない」

 何を話しているのか、私にはわからなかった
 わからなかった、けれど


「大丈夫、ーー、彼女の仇は、俺達でとるから」
「ーーーーーーーーー」

 あぁ、もう何も聞こえない
 心臓の鼓動だけが、やけに大きく聞こえる

 彼らは、何かしようとしていた
 ……いや、はっきり言おう
 彼らは、彼女の死の真相を、知っていた
 知っている上で………原因へと、向かおうとしていた
 でも、それは、その人は


 仇をとる、ということは、何をしようとしている?


 思考がぐるぐる回る
 先ほどまでとは、また別の思考がぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる


 真相の一歩手前、そこまで足を踏み入れて
 しかし、私はどうしようもなく「部外者」だった
 私は、彼らの話している内容を理解しきれなかった
 その時点で私は「部外者」で………それ以上の真実を知ることも、何も出来ない
 なぜか、そう確信できてしまって


 声を漏らさず、私はただ、泣き続けることしか出来なかった




to be … ?
5 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/26(水) 22:37:53.98 ID:jOcGN5Lr0
はぁい!
今更、スレタイに「」をつけるの忘れてたことに気づいた俺だよっ!!
いや、マジゴメンorz


とりあえず、ぽいぽいっと放り投げておきますね
誰の視点かは恐らくすぐバレそうだが
6 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ :2015/08/27(木) 13:14:24.56 ID:q227hL39O
スレ立て&投下乙でーす!哀しいなあ…
幼なじみグループよ、もっとまわりを頼っていいんだよ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/27(木) 19:48:34.78 ID:NfO3Ylfyo
花の人乙です
これあの女の子の話ですよね?ね?
組織所属のあの子の話ですよね!ね!
思いっきり関係者でしたね!ね!?
8 :過去ログ [sage 遅かったか…]:2015/08/27(木) 19:49:31.58 ID:NfO3Ylfyo
歴代過去ログの

Part 1 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1306/13068/1306854629.html
Part 2 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1310/13107/1310721571.html
Part 3 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1316/13160/1316003174.html
Part 4 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1318/13186/1318689302.html
Part 5 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1324/13246/1324651745.html
Part 6 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1328/13281/1328185735.html
Part 7 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1330/13305/1330588813.html
Part 8 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1341/13417/1341731297.html
Part 9 http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1361/13613/1361373676.html

Part10 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382952233/
9 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/27(木) 20:45:29.72 ID:SFsgxf/g0
歴代過去ログ貼り忘れというぽかもやらかしていたので俺は静かに力尽きる_(:3」∠)_

>思いっきり関係者でしたね!ね!?
当時の彼女は関係者のようでいてあまりにも部外者でしかなかったですし、いまさら真実を知ったところで当時部外者であった事実は動かしようがないのですよ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/08/28(金) 21:27:37.70 ID:YGopvMriO
誰もいない
投下するなら今のうち

いつの間に新スレでわろた、あんたら展開速いな!
11 :愛妹みぃ † 喧嘩<想像力  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 21:31:17.65 ID:YGopvMriO
「ん……と、確かここだっけか?」

満月の夜
時代を間違えた様なリーゼントの現役中学生・妹尾 賢志は、
黄昏 裂邪という少年に都市伝説の扱いの指導を受ける為、北区の山奥へと来ていた
全ては、妹を守る為
今後現れるかも知れない、強大な力と戦う為

「…しっかし薄気味悪ぃなぁ…月の光しか目の頼りがねぇぞ?」
「なーんだビビってるの? 年上の癖に」

寧ろ突然人の声がしたことに驚いた賢志は咄嗟に振り向いた
肩までの少し長い髪、自分よりも年下らしい背丈と顔立ち
賢志はその少年に見覚えがあった
裂邪に修行を懇願した際に、彼を“師匠”と呼んでいた少年だ

「あん時のガキ! テメェも来やがったのか!」
「お前だってまだガキだろ! ちょっと年上なだけで!」
「ガキじゃねぇ!! 俺ぁ妹尾 賢志だ!」
「俺だって水無月 清太って名前があるんだ!」
「お前等……夜中なんだから静かにしようぜ、な?」

ようやくの聞き慣れた声
いつからいたのだろう、すぐ傍の木の影に、黒尽くめのその少年は立っていた
彼の右目を覆う長い髪は夜風に揺れ、何時かの戦いで負った大きな傷を晒し、
漂う風格と、混沌とした気配と共に2人に僅かながらにプレッシャーを与えるようだった

「せ、先生!? いつの間に!?」
「ハァ…お前は自分の影に同じ事が聞けるか?」
「師匠は「シャドーマン」の契約者。影から影を自由に動けるんだぜ
 この世に光がある限り、師匠から逃げられる敵なんていないのさ!」

清太の自慢げな解説で納得がいった
彼が満月の夜、暗い山奥を修行場所に選んだこと
そしてもう一つ気が付いた

「あれ? 先生と初めて戦った時に影なんて……」
「その辺りも含めて、まずは座学から始めようか
 何せ、お前は知らない事が多すぎる…シェイド」

ぱちん、と裂邪が指を鳴らすや否や、彼の傍に黒衣の女性が現れた
その女性も、賢志は確かに見覚えがあった

「あ、あの時の……」
「以前はこの馬鹿の遊びに付き合わせてしまって申し訳ない
 「シャドーマン」のシェイドだ」
「余計なことは言わんでいい」

裂邪が指を鳴らして指示をしながら、ポケットから出したスマートフォンを己のベルトに翳すと、
シェイドと名乗る女性の姿は黒いローブの人影へ、
そしてその姿も黒い流動体へと変わり、空中に文字を書く
その文字は

「都市…伝説……」
12 :愛妹みぃ † 喧嘩<想像力  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 21:32:20.37 ID:YGopvMriO
「そ。“都市伝説”
 俺の「シャドーマン」や「レイヴァテイン」、お前の「賢者の石」、
 それにお前が今まで戦ってきた「組織」の黒服達、
 さらには有名な「トイレの花子さん」や「口裂け女」……
 この世に跋扈する噂や逸話、伝承が具現化したもの…それが“都市伝説”だ」
「…じ、じゃあ、契約ってのは…」
「そもそも都市伝説は、噂が広まる事で人間達の記憶に残る事でその存在が確立される
 故に、その噂に忠実に行動する事で、都市伝説達は自分の噂をより広めようとする
 例えば…「口裂け女」は自分の素顔を見た者を八つ裂きにして殺す」
「はぁ!? そんなことっ…噂を広めるのは人間なんだろ!?
 殺しちまったら元も子もねぇじゃねぇか!」
「お前!師匠に怒鳴っても仕方ないだろ!」
「え、あ、その…」
「ウヒヒヒヒ、まぁその反応が普通だわな
 大抵の都市伝説はそうやって馬鹿正直に噂の内容をこなすのさ
 だがそんな都市伝説の中にも賢い奴がいる
 たった1人の人間に自分を記憶して貰う事で、自分の存在をより強固に保つ
 その代わりに、その人間に自分の力を与える
 それが」
「“契約”、か……」

影が、空中に“契約”の2文字を形作る

「「賢者の石」は物品系だから、余程の物でなければ自分の意思で動いたり、話したりはしない
 俺はその瞬間を見た訳じゃないが…賢志の呼びかけや願いに応えて、契約を結んだんだろう
 そうしてお前は…契約者になった」
「ん? 先生、都市伝説と契約した人間が契約者なんだろ?
 さっき「組織」の黒服が都市伝説だって」
「あぁ、その通り。あれは人間じゃない
 人間が都市伝説になったんだ」
「なっ…」
「誰もが都市伝説と簡単に契約できる訳じゃない
 人間にはそれぞれ“器”…限界があるんだ
 その器から溢れた奴等の半分は、あの黒服みたいに都市伝説と同化してしまう
 人間の姿形のまま、都市伝説になってしまうんだ」
「…もう半分は?」
「消滅。この世から、跡形も無く、な」

ハッとしたような顔をして、賢志は黙ってしまった
言い換えれば、彼はもしかしたら消えていたのかも知れなかった
そうなったら妹の魅衣がひとりぼっちに―――いや、それどころかあの状況では殺されていたかも知れなかった
様々な“If”が、賢志を震え上がらせた

「ま、それを乗り越えてお前は晴れて契約者になったんだ
 「賢者の石」の力も手に入れた……代償として、お前は“日常”を失った」
「……どういうことだ?」
「都市伝説、及びその契約者は互いに引き付け合う性質があってな
 お前もそうだったろ? 契約者の日常は、今まで過ごしてきたような生温かいものじゃない
 常に死と隣合わせだ…己と、身の回りの人間の」
「っ!? そんなの絶対に―――」
「させねぇよ。その為に俺に弟子入りしたんだろ?」
「ふぁ〜あ……やっと俺の出番っすか?」
「もうちょっと待て」

裂邪は影を細長い棒状にすると、その先端を賢志に向けた
顔面すれすれに向かって来た為に、賢志は思わずぎょっとする

「賢志、お前は自分の都市伝説について…「賢者の石」について説明できるか?」
「え? えっと……き、金属が作れて、それで、えっと……」
「ウヒヒ、やっぱあんまし分かってないみたいだな」
「す、すんません…」
「いいよ、偶に都市伝説自身が契約直後に教えてくれたりするらしいんだが、そうじゃなかったみたいだな
 最初は必死になって適当にやったら能力が使えたってことも間々ある」

また、影は形を崩して文字を作る
“賢者の石”、“錬金術”、“エリクサー”、“パラケルスス”

「「賢者の石」ってのはその昔、現代科学の基礎となった錬金術において、
 如何なる卑金属をも貴金属に…すなわち鉄などの安い金属を金みたいな高価なものに変える為のアイテムだと言われている
 “石”とついてはいるが、実際に石なのかどうかも分からん、粉末だったかも知れないが、
 パラケルススが製造に成功した、所持していたと言われ、
 「エリクサー」と関連付けて不老不死の薬だの、どんな病気も直す万能薬だのとも言われている」
「…あ」
13 :愛妹みぃ † 喧嘩<想像力  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 21:32:59.12 ID:YGopvMriO
賢志は思い出した
「賢者の石」と契約した日、「ジーナ・フォイロ」の所為で疲弊していた魅衣が、
抱き上げただけですぐに体調が戻った事を
初めて裂邪と会い、戦った日、自分の怪我を右手で触れて治していた事を

「そ。お前もよく使ってた能力だな
 あと契約で金属以外の物質も金属に変化できるようになってるようだな
 いや、寧ろ“創造”か?
 何にせよ、その能力はかなり強力だな。「賢者の石」の要と言って良い」
「…それでも、あんたには敵わなかった
 もっと、強くなれる筈なんだ…いや、強くなんないと、魅衣を守れねぇ…!!」
「魅衣…?」
「ん、ここまでで第一章終わりだな
 続いて第二章と行きますか」

ぱちん!と再び指を鳴らすと、影は裂邪の背後に玉座を作り出す
彼はそれに座りこむと、怪しく笑いながら頬杖をついて座った

「都市伝説に関する大体の知識は叩きこんだ…ここからは実戦編だ
 だがお前は「賢者の石」について知らない事がまだ多い、それは俺も同じだ
 そこで、」

裂邪は目を見開き、真っ直ぐに賢志の目を見た
その突き刺さるような眼差しは、賢志の心を引き込んだ
風の音、虫の声、月の光、全てが何も感じない程に

「賢志。少しの間、お前は自分の身体をコントロールできなくなる
 しかし安心してくれ。それはお前の手の内を知りたいが為だ
 お前の身体を悪用したりはしない…信じてくれるな?」
「え…あ、あぁ」
「よし、契約成立だ」

その瞬間
裂邪の身体から七色の怪しげな靄が溢れ出し、賢志の身体に入り込んだ
ぎょっとする清太を尻目に、裂邪は眠り、賢志は茫然と立ち尽くす

(な、何が起こって―――――――なっ!?)
「あービックリした? まぁ無理も無いか」

賢志は早くも異変に気付いた
自分の意思で話すことが出来ない上に、自分ではない“何か”が代わりに口を開く
そして、自分の中に二人いるらしい気配

(まさか……先生!?)
「ウヒヒヒヒヒ、言ったろ? 今のお前は自分の身体を自分の意思で動かせない
 主導権は俺が握っている」
「っちょ、嘘だろ、そんなこともできんのか師匠!?」
「さあーて清太、待たせたな! こっからお前の修行だ!
 お前の相手は手の内がさっぱり分からないこの俺、妹尾賢志!」
(いや賢志は俺だぞ!?)
「人間の最も恐れるもの、それは“知らないこと”と“分からないこと”!
 もっと強くなりたければ、自ら恐怖を打ち砕け!!」

混乱する清太に対して尚も怪しい笑みを浮かべる賢志―――もとい裂邪は、
その場にしゃがみ込んで地面に右手を触れた

「まずは…『No.26 フェルム』!」

地面に弧を描くように手を動かすと、紅い光が走り、土が鉄で出来た鎌に変化した
それを手にとり、彼は清太に向けてその鋭い切っ先を振りかぶった

「うわっ!? 『イーヴィル・ブレイカー』!!」

咄嗟に、右手を水晶化させて鎌を止める
鎌は跡形もなく消え去り、清太は後ろに飛び退いた

(き、消えた!?)
「流石に防ぐか…ならこれはどうだ! 『No.80 ヒュドラルギュルム』!」

裂邪の右腕が、銀色の光沢を放つ水に変化する
銀の水は拳を形作り、清太へと向かう
14 :愛妹みぃ † 喧嘩<想像力  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 21:33:37.73 ID:YGopvMriO
「無駄だぜ師匠! 師匠が敵意を向けてる限り、俺に攻撃は通じない!」

再び水晶の掌を向ける清太
しかし、その寸前で拳は分裂し、三つに分かれて掌を避けた
驚く清太、笑う裂邪
寸でのところで、氷の壁を作り出し、清太は攻撃を逃れた
ぼろぼろと、氷が崩れ落ちる

(今度は…氷?)
「そういや、海水浴の時も使ってたな、その能力……「水晶は永久に溶けない氷」か?」
「くっそ……水晶と同じ硬さの氷なのに簡単に砕かれた…!」
「そりゃそうだ、水銀は常温では液体だが、質量は鉄以上…防御して正解だったな
 それにしても面白い能力だな、これも行けるか? 『No.37 ルビディウム』!」

またも裂邪の右腕が変化する
今度は銀色をした金属のようだが、直後に暗い赤色をした炎に包まれた

「ッ!?」
(ぎゃああああああ俺の腕が!?)
「ルビジウムは空気中で激しく酸化し自然発火する!
 お前が氷なら、俺は炎で勝負だ!」

炎の拳を振り上げ、裂邪は清太に襲い掛かる

「そんな炎、邪気と一緒に跡形もなくぶち殺してやる!
 『アヴァランチ・ブレイカー』!!」

清太は両掌を裂邪に向け、冷気の塊を裂邪の拳にぶつけて相殺を図った
ところが炎は掻き消えるどころか爆発的に勢いを増し、思わず水晶の手で掴みとった

「あっつ!?」
「冷気で火を消す算段だったか? 残念だったな
 空気中で冷えた水蒸気が水へと変わりルビジウムに反応して水素を生み出し、
 水素は炎と激しく反応して爆発を繰り返す……この炎は水では消せん!!」
(と、ところで……)
「ん? どうした賢志?」
(さっきから二人が叫んでるのって何すか?)
「何言ってんだ、必殺技に決まってんだろ!」
(えっと、大事なものなんすか?)
「当たり前だ! 都市伝説の力は契約者の“心”に直結する!
 方法、効能、威力、契約者が想像すれば都市伝説はそれに応えてくれる!
 都市伝説の戦いに必要なのは腕力や脚力じゃない! 想像力だ!!」
(想、像力……)
「師匠! 傍から見たらデカい独り言みたいで不気味だよ!!」

賢志は思い返す
金属バットや剣を作り出し、一方的に殴るだけ
それが自分の戦い方だった
裂邪はどうだ
「賢者の石」の、そして生み出したあらゆる金属の性質を理解し、
それを応用して様々な攻撃を繰り出している
裂邪だけではない
その相手の清太も、自分の能力で攻撃だけでなく、防御も行なっている
一方的に相手を殴るだけの賢志とは、圧倒的に差があった

(これが……都市伝説の戦い方……)

賢志はその時、何を感じただろう
少なくともこの戦闘で、彼は大きく成長したに違いない
15 :愛妹みぃ † 喧嘩<想像力  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 21:34:05.29 ID:YGopvMriO
†       †       †       †       †       †       †       







「ただいま、っと………流石に寝てるかな」

深夜
裂邪による世にも奇妙な修行を終え、賢志は静かに帰宅した
妹――魅衣を起こさないよう、静かに

「……じゃ、修行第三章、だな」

今日、彼が学んだこと
それは多くを知り、溜めこんだ知識を爆発させること
裂邪が言っていた2つの“恐怖”――“分からない事”と“知らない事”―――は、
己の知識が豊富である程、どんな状況にも対応しやすくなる
そして、知識は発展させれば力に―――“想像力”に繋げられる
即ち攻撃と防御、両面をカバーできるということだ

「…ごめんな、親父…ちょっと荒らすぜ」

賢志が入ったのは、生前に父が使っていた書斎
入室したのは今回が初めてだったが、室内は綺麗に整っていた
本棚には、彼の予想していた通りの題名がずらりと並んでいる
『錬金術の歴史』『パラケルススとは』『元素周期表と化学元素』『化学反応を学ぶ』『賢者の石について』


―――今後の宿題。様々なことを学べ。本、ネット、学校の先生、色んなものから関係ない事まで、全部だ


「やってやるぜ……魅衣を守る為なら、何だって……!!」

書物を取り、賢志の第三の修行が始まった
この修行は彼が睡魔に負けるまで続いたのだった



   ...了
16 :シャドーマンの  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 21:36:33.14 ID:YGopvMriO
さてと、皆様乙ですよ
どっから読んで無いんだ俺…ぼちぼち遡るとしよう


久々なキャラが出てて「こいつ誰よ」って思うかも知れんが
水無月清太については『邪気殺し』、妹尾賢志については『愛妹みぃ』を一読下さいまし
どっちもwikiに上がって……あ、『愛妹みぃ』1話しかあげてないんだっけ…
17 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/28(金) 22:02:52.30 ID:87pgsyAdO
影の人乙でーす!
久々に影の人の王道バトルを見たな!
それにしてもれっきゅんが大人びててびっくりよ
続き楽しみにしてます!
あと避難所の投下出来ないスレで次世代やってるのでそっちもよろしくー
18 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/28(金) 22:30:56.32 ID:oi8pE7iM0
シャドーマンの人乙でしたのー
わぁい、王道バトルだ!
王道書けない俺には羨ましい限りだぜ
19 :シャドーマンの  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 22:52:21.52 ID:YGopvMriO
今のトレンドは次世代か
裂邪の次世代は何処にスポット当てれば良いんだろう(裂邪の子供10人のリスト見ながら

いっそ現代から100年後!とかやってみるか
その前に書きたい話がうごごごごごうぼぁーギャアアアアアム

もっと激しい戦闘書きたいけど…どの話で書こうかなぁ


>それにしてもれっきゅんが大人びててびっくりよ
あれですよ
真面目に師匠やってるだけで普段はエロガキですy(影に飲まれました
20 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/28(金) 23:11:06.32 ID:oi8pE7iM0
まぁトレンドっつか、俺が勝手に書きだした上に避難所でやらずこっちでやってるだけなんですが(次世代)
裂邪の子供達で、こっちと同世代くらいになりそうな子いるんだろうか(年齢きっちり把握できていない顔)
21 :チキン野郎 [sage saga]:2015/08/28(金) 23:24:14.28 ID:XI6QJSbL0
花子さんとかの人&影の人乙です

やっぱり、幼馴染グループは危なっかしいですな
この先、何事もなければいいけど……

裂くんの一番の武器って厨二力じゃないかな?(いや、マジで)
うちのキャラは能力がストレートすぎるので耳が痛い(六本足に至っては能力がおまけですしおすし)

では、チキン野郎投下します
22 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:25:47.63 ID:XI6QJSbL0
・第四話 口裂け女が弟子!?

 弟子入りさせてください!!
 申し出は突然だった。何しろ、帰り道で突然言われたんだから。それに、頼んできた相手がなんとボクを殺そうとしてきた【口裂け女】。
 開いた口がふさがらない状況だった。
 取り敢えず、彼女から軽く事情を聞いた。それと、契約都市伝説とも会ってくれるように頼んだ。
 彼女はそれを了承。今日の午後八時に、近くの公園で顔合わせすることになった。
 そして、現在。ボクは、トバさんと目的地を目指して歩いていた。

「いいか、絶対に気は抜くなよ!」
「でも、あんまり警戒しすぎるのもどうかな?」

 こうして、トバさんを宥めながら。

「その考えが甘いんだよ! そいつは、仮にもお前を殺そうとしてきた敵だぞ。普通なら罠だ」
「うーん。確かにそうなんだけどさ……」

 ボクは、夕方の彼女を思い出す。
 真摯な瞳と誠実な話しぶりを。

「悪い人には見えなかったんだよね」
「……お前、昨日そいつに襲われたんだろ」
「いや、確かにそうなんだけどさ。それも、悪意を持ってやったというより仕事だったからしたって感じでさ」

 本題に入る前に、昨日の件について謝ってもくれたし。

「とにかく、会ってみてよ。そしたら、印象も変わると思うから」
「……怪しい素振りを見せたら、すぐに噛み付くからな」

 ぶっきらぼうに、トバさんは言い捨てた。

「わかったよ」

 公園まではあと少し。
 入口が、すぐそこにまで迫ってきていた。
23 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:27:37.48 ID:XI6QJSbL0
「あ、師匠!」

 園内には、すでに【口裂け女】がいた。
 ボク達の姿を見つけると、ストレッチを中断して駆け寄ってくる。

「本当に来てくれたんですね!」
「うん、約束したからね。で、えーと」

 夕方、彼女から名前を聞くのを忘れていた。

「何て呼べばいいかな? 【口裂け女】ってのはあれだし」
「私はそれでも構いません。師匠が困るというのなら、緋色(ひいろ)でお願いします」
「うん、わかったよ。緋色さん」

 砕けた口調で話す。
 敬語は止めてくれと、彼女に頼まれたからだ。

「では、こちらの方が」
「ボクの契約都市伝説の『【人面犬】のトバだ』自分で言うんだ……」

 トバさんは、緋色さんを睨みつけた。

「いいか、俺はあんたを信用していない。何かあったら、遠慮なく噛み千切るからな」
「ちょ、ちょっとトバさん!」

 いくら、何でも失礼だ!
 注意しようとすると、緋色さんが先に口を開いた。

「はい、それで構いません」
「……ふん」

 彼女の大人な対応に感心する。おかげで、不穏な空気が流れずに済んだ。
 トバさんは、眼光を光らせたまま後ろに下がった。

「俺は監視している。後は勝手にしろ」
「うん。それじゃあ、早速始めようか」
「はい!」

 速く走るための特訓を。
24 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:29:05.87 ID:XI6QJSbL0
「速く走れるようになりたい?」
「はい!」

 夕方、警戒を解いていないボクに【口裂け女】は語った。
 なぜ、弟子入りなんて言い出したかを。

「でも、今でも十分に速いのになんで」

 【口裂け女】は百メートルを六秒で走る、有名な噂だ。
 実際、彼女はとてもつもなく速い。ウサイン・ボルトですら真っ青になるほどに。それなのに、今以上に速くなりたいというのはどういうことだろう?

「……あなたに負けたからです」
「え?」

 予想外の答えに不意をつかれた。

「私は、【口裂け女】として自分の足に自信を持っていました。あなたに出会うまで、標的を逃がしたことがなかったからです」
「あれだけ速かったらそうだろうね……」

 ボクも、能力を使わなかったら捕まっていた。普通の人間なら、絶対に逃げ切れないだろう。
 もしかしたら、車やバイクでも無理かもしれない。

「しかし昨日、私はあなたに敗北しました。圧倒的な大差をつけられて」
「一応、契約者だからね」

 ……逃げるしか能がないけれど。

「その時、私は初めて悔しいと思いました。自分が井の中の蛙だということも知りました。だから、誓ったんです」

 ボクを見据えて、彼女は言い放った。

「自分のプライドにかけて、もっと速くなることを」
「……そうなんだ」

 立派だな、素直にそう思った。
 逃げるためだけに、走り続けたボクとは志が全く違う。彼女の動機は、アスリートに近い。ひどく前向きで、活力に満ちている。

「動機はわかったよ。けど、どうしてボクに弟子入りすることにしたの?」

 ボクが彼女に勝てたのは、能力を使ったからだ。生身なら普通に負ける。
 そんなボクに、何を教えて欲しいというのだろう?
 素朴な疑問に、【口裂け女】さんは即答した。

「あなたが優れた技術を持っていたからです」
「技術? いや、そんな大したものは使ってないよ」

 ボクは陸上部ではないから、ちゃんとした指導を受けたことがない。
 子供の頃、親に速く走るコツを教えてもらったくらいだ。後は、その手の本を参考にしながら独学で鍛えたに過ぎない。
 コーチとしては不十分だ。

「いえ、そんなはずはありません」

 【口裂け女】はすぐに否定した。

「あなたの走力は、人間としては規格外過ぎます。生まれ持った素質だけでは辿り着けない領域です」
「……そーなのかな?」

 いまいち、実感が沸かない。
 ボクはただ、逃げるためだけに走ってきた。ちゃんとタイムを計ったこともない。
 中学生の時、マラソン大会で一位になったりはした。でも、自分が飛び抜けて速いとは思えなかった。こういう学校行事では、手を抜く人がよくいる。彼らが本気を出したら、ボクは一位にはなれない。そう考えたからだ。
 上には上がいる。実際、ボクは姉ちゃんに追いかけっこで勝った覚えがない。
25 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:30:22.44 ID:XI6QJSbL0
「あ、あのいいでしょうか」
「え? あ、ごめん!」

 ついつい、昔を思い出してしまっていた。慌てて、話を戻す。
 
「まとめると、ボクの技術に目をつけたってこと?」
「はい。私達、【口裂け女】は生まれた瞬間から俊足を持っています。ゆえに、鍛えたことがありませんし、走り方を気をつけたこともないんです」
「つまり、技術や知識が未熟だっていうこと?」
「そうです」

 確かにそうかもしれない。
 今まで自分達より、遅い獲物ばかりを相手にしてきたのなら技術に進歩がなくて当然だ。そんな努力をしなくても狩りはできるのだから。
 ただ、契約者という壁にぶつかった彼女は、それでは満足できなくなった。
 だから、走りに関する技術を持ったボクの所に来た。すごくシンプルな話だ。……昨日の件を抜きにすれば。

「本来、あなたにこんなお願いをするのは筋違いだとわかっています」

 ……ボクは、昨日この人に殺されかけた。
 本来なら、断るのが当然だ。
 でも――。

「他に、頼める人がいなくて……」

 彼女のまっすぐな瞳を見ていたら、そんな気は失せてしまった。
 トバさんに怒られるな、ついつい苦笑する。

「わかった。認めるよ」
「ほ、本当ですか!?」

 容姿と噛み合わない、子供みたいな喜び方を彼女はした。すごく嬉しそうだ。
 ……どうしよう、可愛い。ギャップ萌えという奴だろうか。 
 思わず、彼女を見つめてしまうが気を引き締めなおす。ここから、大事な話をしないといけない。 

「正し、条件が二つ。ボクの契約都市伝説と会って承認を受けること。もう一つは」

 トバさんは言っていた。
 大多数の都市伝説は、伝承や噂に従って行動をすると。
 【注射男】や【口裂け女】が、ボクを襲ってきたほうがいい例だ。どちらも、噂通りの行動をしている。
 なら、ボクがこれから話すことは彼女に受け入れがたいかも知れない。だとしても、これは守ってもらわなきゃ困る。
 一つ呼吸をし、口に出した。

「ボクが師匠である間、人を襲っちゃいけない」
「……わかりました」

 返答はすぐに来た。

「あなたに弟子入りする時点で覚悟はしていました。勿論、受け入れます」
「……自分の本分を犠牲にしてまで速くなりたいの?」
「はい」

 【口裂け女】は目を細めた。

「そう、決めましたから」

 やっぱり、この人はすごい。
 臆病なボクは尊敬しかできなかった。
26 :シャドーマンの  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 23:30:38.01 ID:YGopvMriO
昔のメモあさってみて知ってしまった
やばい
来年裂邪に長男が生まれる

てことは
去年裂邪が高校を卒業して、今年の裂邪の誕生日にミナワにプロポーズした筈だから…


あ、既にニャル死んでるんか…
27 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:31:49.42 ID:XI6QJSbL0
「はい。じゃあ、休憩です」
「はい」

 公園に来てから一時間ほど経った頃、ボクは緋色さんに休憩をさせる事にした。 
 といっても、初日なのでハードなメニューはさせていない。ストレッチを入念にした後、軽めにジョギングとダッシュをさせたくらいだ。

「でも、師匠。私、まだまだ大丈夫ですよ」
「あー、うん」

 都市伝説が、超人的な体力を持っていることは聞いている。休憩させたのは疲れを取るためじゃない。

「今日の所は、緋色さんのタイプを知りたかっただけだからね」
「タイプですか?」
「うん。どんな走り方が向いているかのね」

 フォームに正解はない、それがボクの持論だ。
 確かに、走る上で重要なポイントはある。けれど、細かい所は人によって調整しなければならない。でないと、その人の真価は発揮できないと思う。
 緋色さんの場合は尚更だ。元々、俊足な彼女が今以上に速くなろうとするなら、ここは切り離せない。

「一時間見ていて、代々わかったからそれを伝えようと思って」
「わかりました」

 ボクは説明を始めた。
 たどたどしく、つっかえながら。我ながら、下手くそな説明だった。人にものを教える、ということに慣れていないせいだ。
 けれど、緋色さんは熱心に聴いてくれた。適切なタイミングで相槌を打ち、時々質問をしながら。本当に熱心だな、彼女にますます好感を持った。

「はい、取り敢えずはこんな感じかな」

 ボクはそう締めくくり、説明を終わらせた。

「口下手でごめんね。もっと、うまく説明できればいいんだけど」
「いいえ、十分参考になりました」

 お世辞だとしても嬉しい言葉だ。
 束の間の喜びに浸る。

「トバさんはどうだった、ボクの説明」

 足元で伏せている相棒に話を振った。

「下手くそ」
「知ってる。じゃあ――」

 口元に笑みを浮かべた。
  
「緋色さんの態度はどうだった?」 
「……」

 余計なこと言いやがって、トバさんの目が語っている。……ちょっと怖い。

「……」
「……」
「……」

 一分くらい、無言が続いた。トバさんとボクはもちろん、緋色さんも口を開かない。
 失敗しちゃったかな、流石に焦り始める。
 でも――。

「……まあ」

 諦めかけた時、奇跡は起こった。

「悪くねえんじゃねえか」

 トバさんはそっぽを向いた。
 顔を赤くしながら。
28 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:33:44.91 ID:XI6QJSbL0
 その日からずっと、緋色さんの特訓は続けられた。
 雨の日も風の日も。彼女はめげずに、ボクの指導を熱心に求めた。トバさんも、毎日ボクらに付き合ってくれた。本人曰く、「裏切られた時のため」らしいけれど。
 昼は学校、夜は特訓。奇妙ながら平穏な生活が続いた。
 変わったことといえば、昼食時にクラスメイトの真降君に話しかけられたことくらいだ。彼は、自分のことを都市伝説の【組織】に属していると明かした。帰宅してから、トバさんにその事を話すと「そいつとは深く関わるな」と言われた。何でも、【組織】というのは都市伝説や契約者を管理している機関で、悪い噂が絶えないらしい。

「でも、困ったことがあったら助けてくれるって言ってくれたよ」
「対価を要求されるのがオチだ」

 どうやら、トバさんは【組織】のことが嫌いなよう。過去に何かあったのかもしれない。
 それと、同じくクラスメイトの燐君とちょっとだけ仲良くなれた。調理実習の時に一緒になったのがきっかけだ。
 気さくな彼は、口下手なボクとも普通に話してくれた。とても楽しそうに。……彼が、誰に対してもこんな態度を取ることは知っている。それでも、嬉しかった。
 簡単なお菓子のレシピを教える約束もした、弟さんに作ってあげたいらしい。いいお兄さんだ。我が家だと、料理はボクの当番。姉ちゃんがキッチンに立つことは全くない。
 こうして、燐君と関係を持った訳だけど一つ気になることがあった。彼と話していると、誰かが視線を向けてくることだ。それも嫉妬の視線。
 正直、誰かの正体は薄々感づいている。でも、それに触れるのはタブー。わざわざ、地雷を踏むほどボクも馬鹿じゃない。
 ……本当は、怖い思いをしたくないだけなんだけどね!

「師匠、どうかしました?」
「え? ううん、何でもないよ」

 ここ最近のことを回想していると、緋色さんに声をかけられた。
 今は特訓の合間、休憩時間。夜の公園のベンチに二人で座っている。トバさんは、ボクの足元だ。

「明日の夕飯をどうしようかなって考えてただけだよ」

 適当にごまかした。

「夕食ですか。師匠が作るんですか?」
「うん、親が海外にいるからね。姉ちゃんは料理を全くしないし」
「そうなんですか、大変ですね」
「まあ、料理は嫌いじゃないし」

 無心で手先を動かすのは心地いい。気分転換にもなる。
 それと――。

「姉ちゃんが手料理じゃないと機嫌が悪くなるしね」

 無言で頬をつねったりしてくる。

「どうしてかはわからないけど」

 姉ちゃんの感情を読み取るのは難しい。いつも無表情だからだ。たとえ、何があっても眉一つ動かさない。姉ちゃんと親しくなった人は、初めのうち必ず戸惑う。
 さすがに、家族であるボクらは大体の意思がわかる。といっても、完璧ではない。手料理の件もその一つだ。

「……お前、本気で言ってるのか」

 今まで黙っていたトバさんが、急に口を開いた。
29 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:37:38.45 ID:XI6QJSbL0
「え? うん」
「……そうか」

 すごい残念な物を見る視線を向けられた。
 ……ボク、何か間違ったこと言ったかな!?
 困惑していると、緋色さんが「失礼ですが」と質問をしてきた。

「師匠のお姉様はどんな方なんですか?」
「う、うーん」

 正直、返答に困る。
 姉ちゃんを形容する言葉は、すぐには思い浮かばない。そのくらい、特異な存在だ。
 腕を組み思案する。

「武人だ」

 先にトバさんが答えてしまった。

「ちょ、ちょっとトバさん!?」
「なんだよ、別に間違っちゃいねえだろ」
「いやいや、いくらなんでも武人はないよ。武人は!」
「俺を見ても、顔色一つ変えない奴にはピッタリな名称だと思うぞ」
「そ、それは……」

 事実を基にされたら反論できない。卑怯だ。

「そんなすごい方なんですか?」
「ああ、やばい。常に尋常じゃない気配を張っているわ、まったく無駄のない肉体をしているわ、神業じみた技を普通に使うわ。もう人間じゃねえよ」
「ボクの家族を人外認定しないでよ!」

 全部、合っているけれど!
 というか、トバさん。普通に緋色さんと話しているじゃないか!

「一番すごいのは、趣味が裁縫だってことだけどな」
「……確かにすごいですね」
「あのねー!」

 いい加減、トバさんに文句を言おうとした。
 その時だった。

「!? 師匠!」
「え? うわ!?」

 緋色さんに突き飛ばされたのは。都市伝説なだけあって力が強い、数メートルは飛ばされた。体が宙に舞う。
 着地時、とっさに対応できず前のめりに倒れてしまった。

「痛っ!?」

 勢いが強すぎて、地面の上を肉体が滑る。
 無様なスライディング。顔と手が摩擦で痛む。

「いたた……。ど、どうしたの?」

 起き上がりながら、ベンチに目を向ける。
 一体、何のつもりで【緋色】さんはこんなことをしたんだろう。こんな乱暴なこと、理由がない限り彼女はしないは――
 
「え!?」

 思考はそこで止まった。
 眼前で繰り広げられる景色によって。
 
「て、てめえ!」
「ふふふ、お久しぶり」

 トバさんが怒声を浴びせる。
 つい、さっきまでここにいなかはったはずの第三者に。そいつは、ベンチの後ろにいた。

「元気にしてた? お犬さん」

 揺れる白衣、顔面を覆う包帯。間違いない、あいつだ。
 僕が初めて出会い、命を狙われた都市伝説。

「僕ちゃん、仕返しに来たよっ!」

 狂気に取り憑かれた科学者、【注射男】は愉快そうに宣言した。
 緋色さんの首に注射を打ちながら。

――続く――

雀のランニング講座は適当。なんかそれっぽい言葉を並べてみました
あと、鳥居の人。真降君の扱いがあれですみません
雀はそんなに悪い印象を持ってないよ
30 :シャドーマンの  ◆7aVqGFchwM [sage saga]:2015/08/28(金) 23:39:57.94 ID:YGopvMriO
ぎゃあああ更新し忘れてたチキンの人ごめんなさい!!そして乙です!
31 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/28(金) 23:41:57.25 ID:oi8pE7iM0
六本足兼チキンの人乙でしたー
そうか、お姉さまは武人か

そしてすまねぇな、雀君、その地雷も後で君に接触させる予定なんだ………(いくつかの「組織」について解説するネタ固めていきつつ)
ちなみに、あちこち説明させる際、トバさんも傍に居たほうがいいかな?
32 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/08/28(金) 23:45:21.03 ID:XI6QJSbL0
>>30
自分も似たようなことよくあるんで気にしないでください

>>31
>ちなみに、あちこち説明させる際、トバさんも傍に居たほうがいいかな?
んー、いない方でお願いします
その方が話がスムーズに進みそうなので
33 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/28(金) 23:56:22.52 ID:oi8pE7iM0
>>32
>んー、いない方でお願いします
いえっさ、了解です

ついでに雀君に訪ねよう
憐の戦闘シーン、見たい?(若干血が飛び散ります&説明回の前にもう一つ話が入ります)
34 :チキン野郎 [sage saga]:2015/08/29(土) 00:08:15.11 ID:Y6wQjDAN0
>>33
雀「ご、ご遠慮しますー!!」(逃走)

……茶番はこのくらいにして
できれば、見せて欲しいです
雀にとっていい経験になりそうなので(ゲス顔)
35 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/29(土) 00:11:52.88 ID:8lM50gSU0
>>34
>雀にとっていい経験になりそうなので(ゲス顔)
さすがはこのスレの作者だぜ、了解ですー

よーし、おにーちゃんついでに、雀君に憐の弟とポチ(以前のネタでちらっと出した「閑古鳥」の看板狗)とも知り合わせちゃうぞー
36 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/29(土) 15:41:59.26 ID:MyQHfEVAO
チキン野郎の人乙ですー!
武人なお姉さまwktk
>あと、鳥居の人。真降君の扱いがあれですみません
>雀はそんなに悪い印象を持ってないよ
いえいえお気になさらず。「組織」もいろいろあれですからねー
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/29(土) 17:35:15.83 ID:203Lzyvv0
流れ的に黒の軍勢の勢いが戻りつつある…気がする!
38 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage ただいま執筆中]:2015/08/29(土) 20:36:29.75 ID:gv+gb8D60
黒の軍勢の勢いが戻りつつある……だと
恐ろしいな……
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/30(日) 12:47:37.88 ID:MAcPuoFAO
>>36
>いえいえお気になさらず。「組織」もいろいろあれですからねー
ざまあwwwwwwwwwwwwww
必要もないキャラばっか量産してるくせになに強がってんのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
40 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage !red_res]:2015/08/30(日) 21:27:24.72 ID:vxKZG6HQ0




 ようこそ
 ようこそ、ようこそ、ようこそ



               Red Cape
41 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 21:29:44.93 ID:vxKZG6HQ0
 じわじわと、蒸し暑さが続くある日の事
 空井 雀は夕方頃、買い物の為に一人で歩いていた
 商店街への買い物を終えて、帰路についていると

「あ、すずっち。お買い物っす?」

 声をかけられ、振り返る
 そこに居たのは、制服姿の憐

「あれ、荒神君、まだ制服?」
「俺っち、アーチェリー部の練習あったんで、今帰りっす」

 ほら、と、アーチェリー部で使う道具の入ったケースを見せる
 練習で、これくらい遅くなってしまう事もよくあるようだ

「で、その帰りにー、よく行く喫茶店に行って、そこの看板犬のお散歩代理引き受けてきたっす」
「お、お散歩代理?」
「そうっす。いつも、じゃないけど。時々お手伝いしてるんで」
「なるほど………あれ。でも。その犬は」
「途中で、弟と合流したんで、今、弟がリード持って………」

 憐が答えようとしていた、その時
 きゃんきゃん、と子犬の声がした
 へっへっへっ、と、しっぽを千切れんばかりに振った柴の子犬が、てちちちちちちっ、と駆けてくる
 その首輪には「XI」の形をしたチャームが下げられている
 そして、その犬の首輪から伸びたリードを持っているのは

「にぃに?お友達?」

 ぽてぽてっ、とリードを手に歩み寄ってきたのは、「天使」と言う言葉がとてもよく似合う、美少年だった
 ふわふわの金髪に、よく似た色の金の瞳。色素の薄い肌。小柄な体躯は、人形を少し思わせる。浮かべる笑顔は、憐が浮かべるへらっとしたものとは違い、にぱっ、とした感じだ

「うん、そうっすよ、凛」
「凛?……その子が、荒神君の弟さん?」
「そうっすー。かわいい弟っす」

 へら〜っ、と笑う憐。若干、でれっとしているようにも見えるかもしれない
 てととっ、と二人に近づいた凛は、ぺとっ、と憐にくっつく
 子犬の方は、雀をじーっ、と見上げて、きゅぅん?と首を傾げる
 ご挨拶、と言われて、凛と言う名前らしいその少年は、にぱ〜っ、と雀を見上げて笑った

「はじめまして、ぼく、荒神 凛って言います」
「は、はじめまして。ボクは、空井 雀です」
「すずめ?………すずめおにいちゃん!」

 にぱぱー、と、凛は更に笑みを浮かべた
 きゅん!と、子犬も声を上げる

「すずめおにいちゃん、お買い物の帰り?じゃあ、ぼく達と一緒に帰ろうよ」
「え?えっと………」
「最近ね、ぶっそーな事件が多いから、なるべくみんなで帰ったほうがいい、って先生言ってたよ」

 だから一緒!と凛は主張する
 えっと、と、雀が憐を見ると、憐はへららんっ、といつも通りの笑みを浮かべている

「確かに、この所ちょっと物騒なのは事実っすしー。帰る方向、ってか、ポチの……この子犬を喫茶店に帰すまでのコースまで、ご一緒しないっす?そのお店、住宅街にあるお店っすから、ご一緒できると思うっすー」
「そ、そう?…………そ、それなら」

 そもそも、雀はどちらかと言えば、怖がりだ
 物騒、などと言われると少し怖くなる………それこそ、「都市伝説」と言う存在を知った今なら、なおさらだ
 雀が了承してくれた事で、凛が嬉しそうな声を上げる

 住宅街に入っていくに連れて、だんだんと道行く人の数は減っていく
 確かに、こうして人通りが少ないと、万が一の時、助けを呼ぶにも一苦労だろう

(まぁ、これだけの人数で歩いていれば、不審者とかは出ないよね………)

 雀が、そう考えていた時だった

 きゃんきゃんきゃんっ!!と、ポチと言う名前らしい子犬が吠え声をあげはじめた
 それと同時、三人の頭上を、何かの影が、横切る

「…………え」

 視線を、上へと上げる
 夕焼けが沈んでいく、闇と紅が交じり合った空を………不気味なものが、飛んでいた
 体調はだいたい1,8メートルくらいだろうか
 馬のような、羊のような、鹿のような………そんな面長な顔立ち。真っ赤な目。黒っぽい毛で覆われた胴体。その背中からはコウモリを思わせる翼が生えていて、細長い尾がっyらると揺れる。後ろ足は馬のそれによく似ていた
42 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 21:31:06.39 ID:vxKZG6HQ0
 悪魔、と
 そんな単語が、脳裏をよぎる
 空を飛ぶ悪魔のようなそれは、くるり、と身を翻して…………

「きゅんっ!」
「え?………っわ!?」

 ポチが、雀に飛びかかった
 子犬タックルを食らって、押し倒されるような形になった雀
 その結果、ひゅんっ、と急襲してきたジャージーデビルの攻撃を、避けることができた

「え、あ……あ、あれは」
「…………凛、すずっちとポチと一緒に、ちょっと離れてて!」

 混乱している雀を庇うように、憐が前に出た
 はーい、と、この場の空気にそぐわぬ凛の声がして、くっ、と雀は手を引かれる

「すずめおにーちゃん、こっちー」
「え、えぇ………ち、ちょっと待って………!?」

 きゃんきゃんきゃんきゃん!!と、ポチが吠えている声が辺りに響き渡る
 急襲してきたその悪魔は再び空へと飛び上がり、旋回していた
 再び、狙いをこの場にいる誰かへと、定めようとしているかのようだ

「な、何あれ………」
「んーとね、確か、「ジャージーデビル」だよ。えっとね、アメリカの方の都市伝説で、「リーズ家の悪魔」とか呼ばれてるんだって」

 緊迫感のない声で、凛が雀にそう告げた
 リーズ家の13番目の子供とも、リーズ家の子供達が拾った正体不明の卵から生まれた存在とも言われている、それ
 本来アメリカに存在しているはずのそれが、当たり前のように学校町の空を飛んでいる
 だらりとあけられたその口が、何か言葉を発しているようなのだが、早口の英語でしかもぼそぼそと話している為、聞き取ることはできない。ただ不気味なうめき声だけが響く

 「都市伝説」
 あれも、確かにそうなのだ
 雀が契約した人面犬のように、弟子になってしまった口裂け女のように
 ……あの、襲ってきた駐車男のように

 空を旋回するジャージーデビルは、明らかに「襲ってきている」
 逃げるなりなんとかしなければ、危ない
 雀一人ならば、逃げる選択肢を選ぶことだろう。人面犬との契約によって強化されたスピードがあれば、逃げきれるはずだ
 ただ、この場には憐と凛と、ポチがいる
 ……「逃げる」選択肢をとった場合、彼らを置き去りにしてしまう

「…大丈夫だよ、すずめおにーちゃん」

 きゅっ、と、凛が雀の手を、少しだけ強く握った
 きゃんきゃんきゃん、とポチが吠え続けている中、やはり、緊迫感を感じさせない声で、にぱーっ、と笑って、告げてくる

「だって、にぃには強いから」

 ……いつの間にか、憐はその手に弓を持っていた
 アーチェリーで使う弓、のように見えたそれは、瞬時に光に包み込まれていった


 狙いを定める
 空を旋回する、それに向けて
 ジャージーデビルの口から漏れだすその言葉を、憐はある程度聞き取れていた

『ーーーーいない、いない、まぁまが、いない』

 あのジャージーデビルの口から漏れだしていたのは、そんな言葉

『まぁま、どこ?ぼくを見つけたまぁまは、どこ?ぼくのまぁまになってくれたまぁまはどこ?』

 それは、母親を恋しがっているような声に思えるかもしれない言葉
 しかし

『まぁま、まぁま、まぁま、まぁま。ねぇねぇどこ?どこ??まぁまの為にご飯持ってくよ。まぁまの大好きなお肉持ってくよ。だからまぁま、見捨てないで』

 その目は、憐達を見るその眼差しは

『まぁま、ニンゲン、大好きだもんね。ぼくが持って行ってあげる。だから早く出てきてね、早く出てきてくれないと、せっかくのお肉が腐っちゃうよ。まぁま、この町のどこに隠れているの?』

 はっきりと、憐達を「食べ物」として見ていた

 ふぅ、と息を吐きだす
 ……せめて、少しでも、苦しみを与えないように
 そんな、憐の思いを載せたように………憐の放った「シェキナーの弓」の矢は、ジャージーデビルの心臓目掛けて、狙い違わず飛んでいった
43 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 21:32:18.26 ID:vxKZG6HQ0
「ッギ……………!?」

 ジャージーデビルの体が、落下していく
 重力に従うように………否、微妙に抗うように、落ちていく
 そして、最後の抵抗と言わんばかりに、鋭い爪を、振りかぶってきた

「っ!!」
「荒神君!?」

 ぱっ、と、赤が飛ぶ
 爪は憐を掠って、赤い切り傷を作る

 どしゃりっ、と、ジャージーデビルの体は地面に落ちて………それと同時、その肉体はぱぁっ、と光の粒子となって、存在の証すら残さず、消えた

「…………ん、よし。もう大丈夫っすよー」

 へらんっ、としたいつも通りの笑顔を浮かべて、憐は雀と凛へと視線を向けた
 先ほどまで吠え続けていたポチは、もう吠えるのをやめてぱたぱたぱた、としっぽを振っている

「え、い、いや、荒神君の怪我の方が………」
「んー、これくらいは、平気っすよー」

 そう、憐にとってはこの程度の怪我、怪我のうちには入らない
 す、と軽く手をかざし、契約都市伝説の力を開放する
 ぽぅ、と掌から溢れだした白い光は、憐についた傷をあっさりと消していった

「ほらほら、大丈夫すよー。これくらいなら、治せるっすからー」

 へらんっ、と、憐は笑う
 物事を、深刻にしないように、深刻に考えさせないように、大丈夫、と伝えるように

「ほら、にぃに、強いでしょう?にぃには強いから、あれくらいの相手は平気なんだよ」

 えっへん、と言うように、凛は雀にそう告げた
 戸惑っている様子の雀に、憐はさらににまり、と笑ってみせる

「………詳しいお話は、また今度。じっくり、「お話」するっすね」

 自分は、戦っている姿を見せてしまった
 都市伝説を認識しているのだと示してしまった

 ……だから、そろそろ、「お話」するとしよう


 きゅーん、とポチが声を上げる
 静けさを取り戻した住宅街、怪しい影は、もう、いない
44 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage !red_res]:2015/08/30(日) 21:33:14.80 ID:vxKZG6HQ0




    ようこそ
    はじめまして、こんにちは!

    さぁ、非日常の世界へ、ごゆるりと案内いたしましょう!!



               Red Cape
45 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 21:34:34.73 ID:vxKZG6HQ0
六本足兼チキンの人にそっと切腹焼き土下座
大したことない戦闘だけど、さらっと目撃させました
ついでに、憐の弟とポチと遭遇させてみた試み
46 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ :2015/08/30(日) 21:55:10.68 ID:jHzoEXvxO
花子さんとかの人乙でーす!
まぁまって誰だろうね。何だか嫌な予感がするよ


>>39
わかってるよ、そんな事
47 :ごはんのじかん  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 22:08:35.50 ID:vxKZG6HQ0
 八月某日、学校町某所


「「ざまあwwwwwwwwwwwwww」…………っと」

 暗い部屋の中、カタカタとキーボードを叩く音が響く
 その人物はパソコンを前に、どこかの掲示板で煽りの言葉を書き込んでいた
 いつもの習慣、これ!と決めた掲示板に粘着し続け、その板が荒れに荒れて過疎るまで荒らし続けると言うストレス解消
 自分の行いによって、板がどれだけ荒れようとも、それによって、そこで楽しんでいた者達がどんな想いを抱こうとも、知った事ではない
 どうせ、顔を合わせたことのない、名前も知らない連中ばかりなのだ、引き際を間違えて殴られたり、ましてや殺されたり、なんて心配もない
 ただ自分はげらげらと笑いながら、そこの連中が怒り狂う様子を観察していればいい
 どうせ、この程度の煽りで、こんなリアルと関係ない場所で怒り狂う奴なんて程度が知れた馬鹿ばかりなのだから
 人生の役にも立たないニート連中にきまっているのだから、せいぜい、こちらの役に立って少しは世の中に貢献しろ
 …………本気で、その人物は考えていたようだった

 暗くて狭い部屋
 掃除がいい加減なのか、そこは少々汚れていて

「お、怒ってる怒ってるwwwwwww厨2乙wwwwwwwwwwwSSじゃねーよ、駄文以下のクソだろwwwwwwwチラシの裏にでも書いとけばーかwwwwwwwwwww」

 げらげら笑いながら、いつもの癖で、書き込む内容を口に出して………


 その人は、気づく事が出来なかった
 己の部屋の中に、いつの間にか、手に入れた覚えもない、人間くらいの大きさの人形 が



 ……ずるずると、何かを引きずる音
 血の匂い

「持ってきたぞ」
「!ご飯、ご飯、ごっはーん!!」

 はしゃぐ声
 誰かが引きずってきたそれを、他の誰かが「いただきまぁす」と食べ始めた
 ぐしゃ、べちゃっ、と食事の音が響く
 食われている最中にそれは目を覚ましたのか悲鳴を上げたのだが、ちっとも気にせずがつがつがつ、と食べ始める

「うっわ、いい食べっぷり………そんなに腹減ってたのか」
「そりゃ、目立たないようにしているからな。あいつ用の食事の調達なんてできていなかったし」

 ぱらぱらと雑誌をめくるその男が、肩をすくめた
 仕方あるまい、あれは、「人間」しか食べないのだから

「彼女のように、他の肉も食えるんなら、俺達が食事を調達してやるんだがな」
「………仕方ないだろう。他は、食っても栄養にならんし腹も満ちんのだから」

 もう一人が、食事中のそれに同情するようにそう口を開いた
 人間以外を与えた事もある、しかし、それは人間以外の味をよくわからなかったし、空腹がマシになる事すらなかったのだ
 食わねば死ぬ、ならば、人間を与えるしかあるまい

「しかし……我々は、いつまで、こうして隠れていなければならないんだ?」
「仕方ないだろ。あの方が見つからないのだから」
「どこに隠れていらっしゃるやら……」

 彼らの仲間は、ここにいる以外にもいる
 ただ、全員が、うかつには動けない状態だった
 彼らにとっての「主」が、この学校町に来てすぐに、行方がわからなくなってしまったのだから
 どこにいるのか、自分達「手駒」の誰にもわからず、連絡すらとれず、みな、途方に暮れている状態だ
 焦れて「主」を探し始めた者達は、皆、誰かしらに退治されてしまったようだ
 ……「主」が手駒を増やしている様子はない
 うかつに、犠牲を増やす訳にはいかないのだ

「とにかく、まだしばらく、潜む………あの方が我々に接触してくれるまで、勝手な行動は、するな」
「あいつの飯調達は?」
「……今回のように、密かに。死んでも誰も気にしない者を。失踪しても、すぐには気づかれない者を選んで、与える。そうするしかないだろう」

 ごちそうさまー、とのんきな声
 口の周りをべったりと血で汚しているそれに、一人がやれやれ、と言うように口の周りを拭きに行ってやった


 食われた哀れな人間は、骨と血溜まりを残し、もう他には何も残っていなかった



to be … ?
48 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 22:10:40.23 ID:vxKZG6HQ0
乙ありです、と言いつつ引き続きも一個そぉいっ!!
「いい加減敵サイドの情報出せよ」って突っ込まれたので書いたけど、御免、情報ほぼ出せてなかった!!
49 :チキン野郎 [sage saga]:2015/08/30(日) 22:30:29.81 ID:o9psSCCE0
花子さんとかの人乙です!
ジャージーデビルにちょっと感情移入をしてしまった自分がいる
そういえば、この話の時系列ってどうしましょうか?(四話ラスト前かその後か)
50 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/30(日) 22:32:04.05 ID:vxKZG6HQ0
あ、時系列は夏休み前ならいつでも大丈夫ですの
そちらで書きやすい時系列にしてくださいませ
51 :チキン野郎 [sage saga]:2015/08/30(日) 22:43:17.18 ID:o9psSCCE0
>>50
了解です!
……さて、五話書くか
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/31(月) 16:06:47.91 ID:+sZfXLog0
皆さん乙です
花子さんの人は昔と変わらず手が早いな…
53 :眼球と少女たち ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/31(月) 21:45:56.85 ID:CB6KDJ5AO
久々に本編投下
今までのお話は前スレのどっかだよー(なげやり)
そのうちwiki編集せねば
54 :眼球と少女たち ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/31(月) 21:46:26.13 ID:CB6KDJ5AO
 口をきったのはるりの方。
「あんたが『人の消える試着室』の契約者で間違いないわね」
「ええ」
 少女の暗い眼窩が、るりに向けられる。
「誰だか知らないけど、邪魔をしないで欲しいの」
 るりは傲然と胸を張った。
「知らないと言うなら教えてあげるわ。わたしは桐生院るり。『組織』ο(オウ)-NoのNo.3よ」
「るりさん、別に名前を聞かれてる訳じゃないと思うよー」
「ツッコミ無用!」
 きっぱり言い捨て、少女に正対する。
「あんた、自分が何をしてるか解ってる?」
「ええわかるわ。私は赦されないでしょうね。それでも…」
「わかっていれば十分よ」
 るりは手にした「ケーリュケイオン」を少女に向ける。
「あんたの身柄、『組織』が拘束するわ」
「お断りよ」
 言うや否や、少女以外の総てが炎に包まれる!
「これは…!」
「熱っ!」
 急いで蘇芳が吹雪で炎を吹き消す。
 それに気づかずに逃げ出そうとした少女の腕を飛び出したせせりが掴む。
「な…!」
 まさか一瞬で炎を消されるとは思わなかったのだろう。明らかに狼狽えている。
「どうやって、炎を…!?」
 目の見えない少女にはどうやって炎が消えたのかわからないようだ。
「あの炎も都市伝説ね」
 せせりが穏やかに問う。
「なんでこんな事をしたのかしら?」
「ほっといて!」
 腕を掴むせせりを振り払おうとやたらめったらに手を振り回す。
「私は世界が見たいのよ!あなた達に何がわかるって言うの!」
 激高した少女の力で、せせりの全身が炎に包まれる。
「せせりさん!」
「店長さん!」
 一同があわててせせりと少女の元に駆け寄る。
「!」
「おっと、逃がさねーですよ」
 幻が少女の腕をがっちり掴む。
 だが少女は微動だにせず、というよりむしろ呆然として、燃え上がるせせりを見つめている。
「せせりさん…」
 燃えているのは人体ではなく、一体の陶器人形(ビスクドール)だった。
「人形ですって?」
 愕然とする一同の耳―いや、頭の中に、せせりの声が響いてくる。
(ごめんなさいね、驚かせちゃって)
(わたしは契約者なの。『蝶は魂の象徴』) 
(元の体は既に滅んでいるけど、わたしの魂は蝶になって、こうして今も生きている。人形は、いわば魂の器。かりそめの身体なの)
 愕然とした様子を隠せない少女の身体が不意に崩れ落ち、その身体からひとひらの蝶が舞う。
55 :眼球と少女たち ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/31(月) 21:46:54.00 ID:CB6KDJ5AO
(この蝶は彼女の魂そのもの。これで彼女も人間の視力に惑わされずに、世界を見る事が出来る)
 その時。
 「人の消える試着室」の異空間がかき消されるように失せ、一同と被害者の少女達は「黒いパピヨン」の床に放り出されていた。
「いったー!」
 したたかに尻餅をついたノイが声を上げる。
「ノイちゃん!」
「ノイ・リリス!」
 過保護な大人達が駆け寄るが、ノイは大丈夫と手を振って見せた。
「よかったぁ…」
 感激した柳がノイに抱きつき、ムーンストラックに投げ飛ばされるいつもの光景が帰ってきた。
「新宮さん、おかえり」
「てめーはそれだけですか」
「新宮さんなら、きっと何とかすると思ってた…から」
「何とかしたのはボクじゃねーですよ」
 幻の視線の先には、蝶となったせせりの姿。
(これじゃ不便ね。ちょっと待ってて)
 せせりの蝶はひらひら舞うと、ディスプレイしてあった沢山のビスクドールの中にふいっと消えた。
 せせりの蝶が入った人形は動きだし、ぎしぎしと関節を鳴らせる。
「わ!」
 ノイが驚きの声を上げる。
「なるほど、単なる飾りじゃなくて、実用も兼ねてたですか」
 道理で頼んでも売って貰えなかった訳だ、幻は納得顔だ。
「ちょっと関節がきしむわね。まあスペアの躯だから仕方ないわ」
「良くできてやがるですねー。ボクもこんな綺麗なドールがほしいのですよ」
「もし良ければ制作者に頼んであげるわよ。偏屈だけど、腕は確かだから、気に入られれば素敵なドールを造ってくれるわ」
 その時。
「待ってー!」
 ノイとるりがひらひら舞う少女の蝶を追いかけている。
「お待ちなさい!あんたは都市伝説事件の犯人なのよ!このまま逃がすわけにはいかなくてよ!」
「あらあら」
 くすくすと笑うせせりは、店内の窓を開けた。
 蝶はそのまま、ひらひらと開いた窓から逃げていった…
『あー!』
 ノイとるりの叫びがハモる。
「逃げちゃった…お話したかったのに」
 嘆息するノイとは対照的に、るりはかっかしてせせりに迫る。
「ちょっと!なんて事をするのよ!事件の犯人をわざわざ逃がしてやるなんて!」
 あんたも風評被害を被った被害者でしょうがと迫るるりだが、せせりはどこ吹く風だ。
「まあいいじゃないですか、No.3」
 るりの肩を叩くのは、待機していた新橋蒼。
「この子達を治療して、『レテ川の水』で記憶を操作すれば、全てはなかった事です」
56 :眼球と少女たち ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/31(月) 21:47:30.78 ID:CB6KDJ5AO
「兄上!」
 るりは兄に鋭い一瞥をくれるが、兄は相変わらずの笑顔で
「『人の消える試着室』は単なる噂だった。それでいいんじゃない?るりさん」
「もう!兄上まで!」
 兄にまで言われては仕方がない。るりは渋々と矛を収めた。そして店内を見回すと、
「それにしてもここはなかなか素敵な服が揃っているわね。仕事以外でまた来るわ」
「どうぞ、お待ちしているわ」
 人形に憑いたせせりは一同に出すお疲れさまのお茶を出す準備を始めた。

 後日、「黒いパピヨン」にて。
『もしもしマスター?新しい躯が届いたわ。エリザベスは元気…?相変わらずそうね、よかったわ。今度うちの常連さんにも造ってあげてくれないかしら…きっと貴方も気に入る娘よ。ええ…』
 せせりが国際電話をかけている傍で、お茶を飲んでいるのはいつもの面々。
「まあ、悪くない葉ね」
 るりも気分は悪くはなさそうだ。事件をどうにか有耶無耶に済ませたことで安心しているのだろう。
「あの書類の山には泣かされたわ、せせり、事件をもみ消す代わりに、お茶の代金奢りでいかが?」
「それくらいなら喜んで。服の方もゆっくり見ていってね」
 すでにノイと幻はお茶を飲み終え、きゃっきゃっと服を見ている。
 あーでもない、こーでもないと服を取っ替え引っ替え鏡の前で合わせている姿は、それなりに微笑ましいもので、服などわからない男連中も、自然に笑みがこぼれてきた。
 と、幻がケースの中のアクセサリーを見に行ったその時、僅かな間だがひとりになったノイが、試着室をのぞき込む。
 誰も居なかったはずの試着室には、少女がひとり。
 いつか見た、姿形も、服装も、何もかもがノイと同じ少女。
 少女は、ノイに問いかける。

「あなた、誰?」
「あ、あたしは、あたしは…ノイ・リリス・マリアツェルだよ!」
「そうね、それじゃね」
 初めて遭った時と同じ、花のような笑顔を見せて去って行った。

(なんだろ…あたし今、自分が誰だかわかんなくなった…)



【眼球と少女たち 完】
57 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/08/31(月) 22:46:50.89 ID:ZfN0MkqY0
鳥居の人乙でしたー
む、炎系都市伝説……何だろうか

そして、ノイちゃんが危なかった気がするのは気のせいでせうか
58 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ :2015/08/31(月) 22:50:21.97 ID:uYsZ3J7bO
乙ありでーす!
これからもっと危なくなるよ!そろそろ物語も大詰めになってきますから。かなり長丁場だけどね!
59 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/08/31(月) 22:53:26.70 ID:uYsZ3J7bO
あ、ちなみに炎系都市伝説は「人体発火現象」の拡大解釈でした。
60 : 【末吉】 [sage]:2015/09/01(火) 21:19:01.17 ID:w27SVuigo
鳥居の人乙っした
こう繋がるのか
せせり女史…一体何歳なんd(
61 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/02(水) 01:18:48.18 ID:Hu8r9KqG0
 学校町東区中学校連続飛び降り事件
 犠牲者は全部で10名…………そう言う事になっている
 が、最後に飛び降りた「土川 咲李」に関しては、犠牲者と呼ぶべきかどうか、判断に迷うところである
 この事件は、犯人である土川 羽鶴が契約していた都市伝説の力によって、次々と生徒が飛び降り自殺をしていった事件である
 しかし、咲李は、都市伝説の能力を受けて飛び降りたのではない
 自らの意思で屋上へとあがり、飛び降りたのだ
 それでも、土川 咲李の名前がこの事件の資料において「犠牲者」の欄に名前が書き連ねられているのは、彼女もまた、この事件の犠牲者である事は間違いなく、事実であるからだろう
 咲李は、この事件に幕を下ろすために、中学校の屋上から飛び降りた。戦い、全てを終わらせるために飛び降りたのだ
 ………しかし、結果は、失敗
 彼女は、今までの犠牲者達と同様、都市伝説に取り込まれ、その一部になったに過ぎなかった
 失敗、と断じていいかどうかすら、この後の経緯を思うと微妙なところでもある
 彼女が土川 羽鶴の契約都市伝説に取り込まれたからこそ、獄門寺 龍哉を始めとしたあの子供達の一部が怒りを爆発させ、羽鶴を完全敗北させるに至ったのだから……………最も、約2名が暴走したせいで、そちらの方が大変だった、と言う事実はさておき


「………「笑う自殺者」に「富士の樹海の自殺者の幽霊が、人間を引き込んで自殺させる」を組み合わせた、か。本当、物騒な使い方しやがる」

 資料に目を通しながら、慶次はぼそりと、そう呟いた
 土川 羽鶴は二つの都市伝説を組み合わせ、次々と生徒を自殺させていった
 そして、自殺した生徒達は都市伝説に取り込まれ、彼の意のままに操る事ができていたらしい

 正直、かなり胸糞悪い事件であった
 羽鶴は、己の娘が飛び降りてもなお、己の行為を悔やむことすらせずに、犠牲者を増やそうとしていたのだから
 彼は娘が何を思って飛び降りたのかすら、気づけなかったのだ
 咲李は二通、遺書を残していた
 そのうちの一通は間違いなく土川 羽鶴へとあてられた物
 羽鶴は見つけたその遺書を読むことすらせず、ゴミ箱へと捨てていた

 あんな親が、この世の中には存在するのだ
 ……思い出すだけで、ムカムカとする
 あの男が犯人だとわかっていれば、自分が殺しに行ったと言うのに

(………元々、自分の娘なんてどうでも良かったのか。それとも、「狐」の誘惑に乗って、頭がおかしくなっていたせいなのか………)

 …どちらにせよ、胸糞悪い事実に、代わりはない
 ぱたん、と、資料を棚に戻した、その時

「何をしているんだい?」

 と、郁に声をかけられた
 小さく舌打ちして、慶次はそちらに視線を向けた

「昔の事件の資料を見てたんだよ。悪いか?ここの資料は、「組織」関係者は閲覧自由だろう」
「そうだがね………資料室に入るなら、ここを管理しているCNoにきちんと許可をとってからにしてくれ。特に、君はANo所属なんだしね」
「警戒しなくとも、資料ちょろまかしたり、変に手を加えたりはしねぇよ」

 …どうにも、このゴスロリ好きの黒服は苦手だ
 関わり始めたのは三年前の連続飛び降り事件の際からだが、その時抱いた苦手意識という第一印象は、今も変わらずそのまま慶次の中にあった
 話していると、背筋がざわざわしてくる

「じゃ、用済んだし、俺はこれで」
「そうかい………このところ、「狐」や「バビロンの大淫婦」の事で周囲はピリピリしている。怪しまれるような行動は、謹んだほうがいいよ」
「うっせ、わーってるよ」

 郁から逃げるように資料室を後にした
 本当は、もう少し調べたい事があったのだが………仕方ない、またの機会にしよう

(三年前の事件の黒幕は「狐」。そして、それが今、学校町にいるなら…………見つけて、始末してやる)

 自分が手柄を上げれば、風当たりの強い強硬派も、少しは見直されるかもしれない
 ……「三年前」に強硬派が、愛百合が犯したミスの埋め合わせができるかもしれない


 考え込みながら歩き去っていく慶次は、誰かの視線が己に注がれていることに、気づくことはなかった


to be … ?
62 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/02(水) 01:22:04.80 ID:Hu8r9KqG0
中途半端だけど情報ぶん投げてみただけの
63 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/02(水) 06:56:43.87 ID:9i85S0VAO
>>60
乙ありでーす
>こう繋がるのか
こう繋げたかったんだ!長かった!
>せせり女史…一体何歳なんd(
それは言わないお約束ww

花子さんの人乙ですー
ここから強硬派の巻き返し来るか?
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/03(木) 14:29:20.36 ID:fPABJuKo0
皆さん乙です

エリザベスってそういう事だったのか…つまりマスターとは…!
今回も意外と熱い性格のるりさんが見れて個人的に良かったです

慶次君についてなんですが…あーもうこれはやばい感じがしますね
今後巻き込まれて魅了されないかすごく心配です

てか慶次君って幼馴染グループからは厄介者扱いだし
事件の話を相談できるのって担当の黒服以外には居そうにないし
あれ、もしかして慶次君っておともだちが…

最近になって知りましたがかなえちゃんってほんの少しぽっちゃり気味なのか
日常パートの主人公の女の子にはかなえちゃんのぽっちゃりした所を
背後からつまむ悪戯をして欲しいですね。キュンキュンしちゃう
なんならかなえちゃんは慶次くんの背後から腹筋をつまもう!それで汽車ぽっぽごっこしよう!
ほら慶次!女友達ができたぜ!もっと喜ぼうぜ!(無茶振り)
…ここまで書いちゃった後に気付いたけど、日常パートの女の子ってまだ名前不明なのね…
65 :とある女子高生とナチュラルホモ共の高校生活日記  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/03(木) 17:23:28.87 ID:qttdVVx20
 勉強のため、図書館に来ていた。勉強………そう、そう言う名目で
 ちょっとは勉強もするけれど、真の目的は、それではなくて

「………あった」

 地方版の新聞。「三年前」の事件とやらについて、ネットでも少し調べては見たがあまり情報がなくて
 しかし、地元の新聞なら、少しは何か書かれているんじゃないか、と思ってそれを探しに来たのだ
 そして、私はそれを見つけた

「飛び降り事件…………あ、でも本当は飛び降りてたんじゃなくて、落とされてたんだ……」

 中学校で、連続して生徒が飛び降り自殺した事件
 当初はそう思われていたようだが、実際は学校の教師の一人が、生徒を次々と屋上から突き落としていたらしい
 逮捕当初、犯人の教師は正常な会話を行えるような状態ではなく精神鑑定にかけられ、その後、精神病院に入った………と、されている、らしい
 新聞でも、その辺りやや曖昧に書いているようだった
 「三年前」と言うその年に起きた事件で、彼らが何か、関わっていそうな事件、となるとこれくらいしかなかった
 10人もの犠牲者が出ている事件
 もしかしたら、彼らの知り合いも、犠牲者の中にいたのだろうか

(もうちょっと、情報が欲しいかな………)

 もう少し、前の日付の新聞も見てみよう
 そう考えて、新聞を元の位置に戻した
 えぇと、もうちょっと前の日付の、日付の………

「………あら?」

 ない
 あれ、誰かちょうど、それを読んでいるのだろうか
 きょろきょろとあたりを見回して………コピー機のところに、見覚えのある男性を見つけた
 以前、Lと一緒に居た教会の人だ、と言う男の人
 コピー機で、何やらコピーしている最中のようだった
 思わず、じっと見つめる
 うん、やっぱり、ちょっと冷たい感じの顔立ちだけど、いい男…………と、思っていると。その人が、視線を、こちらに動かして………

「ーーーーーーっ!!」

 思わず、隠れた
 なぜ、隠れてしまったのか、わからない
 ただ、「隠れなければいけない」と、そう感じてしまったのだ

「……ジェルトヴァさん?どうなさったっす?」

 聞こえてきた、声
 ……Lだ。彼も、図書館に来ていたらしい

「…いや、なんでもない………………すまない。待たせてしまったな、レン。こちらの用は、終わった」
「ふふー、待ってないから、大丈夫っす。俺っちも、借りる本探すのに、ちょっと時間かかっちゃってたっすから」

 あぁ、いつも通りのあの笑顔を浮かべているんだろうなぁ、と、隠れていてもなんとなく、わかった
 Lは、いつだって誰に対しても、あのへらんっ、とした笑みを浮かべて、誰にだって優しいから
 Lの言葉に、男の人はそうか、と、少しほっとしたような声をあげたようだった

「…………お前と、お前の母親には。世話をかけさせてばかりだな」
「お気になさらずー、っす。ジェルトヴァさん、学校町に来たのも久しぶりっすし。機械関係弱いのも、普段は使ってないんだから仕方ないっすよ。ちょっとずーつ、慣れていけばいいっす」

 ……?
 あれ、あの男の人、Lの母親とも知り合いなんだ
 もしかして、案外付き合い長い………?

「……私は。お前達への恩をまだ返せていない。何かあったら力になる……だから、何かあったら、言うといい」
「………………ん、ありがとございますー、っす。何かあったら、お願いするかも、っす」

 元々大きな声で話していた訳でもない声が、ゆっくりと遠ざかっていく
 こそこそと、私は隠れていた場所から顔を出す

「…………ぁ」

 「三年前」の、新聞。先ほど、私が探していたそれが、元の位置に戻されていた
 どうやら、あの男の人がコピーしていたのは、これらしい
 手に取り、記事を確認する
 そこに記されていたのは、事件の最後の犠牲者の、名前
 「土川 咲李」
 年齢は、生きていたら私達より二つ年上、と言ったところだろうか
 新聞に掲載されていた生前の写真の彼女は、とても優しい笑顔を浮かべていた

(…………あれ、なんか……)

 その笑顔を見ていて、ふっ、とLの笑顔が浮かんだ
 Lのへらりとした笑顔とそれは違うはずなのに、どこか似ていて

 Lのいつものあの笑顔は、「土川 咲李」の真似をしたものではないのか、と
 なぜか、そんな風に、感じたのだった

to be … ?
66 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/03(木) 17:27:51.21 ID:qttdVVx20
世間では夏休みは終わっていますが、夏休み中のシーンをそぉいっ
じわじわとなんか

そして、乙ありですのー

>>63
>ここから強硬派の巻き返し来るか?
巻き返せるといいよね

>>64
>あれ、もしかして慶次君っておともだちが…
いつから奴に友達がいると錯覚していた?

>…ここまで書いちゃった後に気付いたけど、日常パートの女の子ってまだ名前不明なのね…
そう言えば出してなかったね
67 :チキン野郎 [sage saga]:2015/09/04(金) 21:59:12.83 ID:d94Y6Ice0
鳥居の人&花子さんとかの人乙です

ああ、マスターって……
『人の消える試着室』の契約者には幸せになって欲しいな

大丈夫だよ、慶次君! 今はぼっちブームだから! ぼっちの方がもてるから!(白目)
……どうでもいい話なんですが、慶次君の脳内ビジュアルが某イケメンライダーで固定されていたり

学校町の図書館ってなんか良くないものが集まってそう
その内、ネタにしてみようかな

では、チキン野郎投下します
ここまで、書きたいことだけ書いてたらだいぶ粗くなってしまいました(今回は特に)
プロットとかちゃんと組まないとダメだね、うん
68 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/04(金) 22:01:24.80 ID:d94Y6Ice0
・五話 注射男と――

「緋色さん!?」

 彼女がボクを突き飛ばした理由。
 それは、最悪の形で姿を現した。

「ふふふ、【口裂け女】まで手中に収めていたとはね。おかげで、人間君を殺し損ねたよ」

 【注射男】は、動きが止まった緋色さんを押した。ドミノを倒すように、軽く。
 一切の身動きを取れずに、緋色さんは倒れた。

「さあ、本番と行こうか」
「く、くっそが!!」

 激昂したトバさんが、【注射男】に飛びかかる。
 至近距離からの攻撃。しかし、ひらりと躱された。【注射男】が、お返しとばかりに注射器を打とうとする。
 今、トバさんは宙。回避は不可能だ。迫り来る針に対し、トバさんは――

「なっ!?」

 注射器に噛み付いた。
 そのまま、【注射男】の手からもぎ取り着地。

「予想済みなんだよ!」

 注射器を落とし踏み砕いた。

「……やるじゃないか、前より強くなっているよ」
「この体に慣れてきたんでな!」

 再び、トバさんが襲いかかる。

「まっ、注射器はいくらでも作れるんだけどね!」

 【注射男】の手に、壊したはずの武器が戻っていた。もしかして、能力で生み出せるのかもしれない。
 二人は激突、攻防を繰り広げる。非日常の戦いをボクは放心して見ていた。
 ……って、今はそんな場合じゃない!
 慌てて、倒れた緋色さんの元に駆け寄る。
 首に触れると、温かみを感じた。まだ生きている! 少し安心した。

「緋色さん! 緋色さん!」

 肩を揺さぶり、意識の覚醒を促す。
 前に習った、救急処置の受け売りだ。

「緋色さん! 緋色さん!!」
「……し、師匠ですか」
「うん、ボクだよ!」

 良かった、緋色さんが意識を取り戻した。

「私、【注射男】に……」
「うん。でも、大丈夫。今、トバさんが戦っているから」
「それなら私も……!」

 緋色さんは、手をつき立ち上がろうとする。
 けれど、体は起き上がらない。ただ、腕が痙攣するだけ。
 注射のせいだ、麻痺を引き起こす薬でも入れていたんだろう。

「くっ!」

 それでも、緋色さんは立ち上がろうとする。
 諦めずに、必死の形相で。

「緋色さん、無理しないで!」

 ボクは見ていられなくなった。

「緋色さんはボクを助けてくれた。今は、トバさんに任せ『られないと思うよ』……え?」

 顔を上げる。

「君の相棒は」

 【注射男】がボクに顔を向けていた。

「もう動けないから」

 地面に倒れたトバさんを踏みつけながら。
69 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/04(金) 22:03:27.56 ID:d94Y6Ice0
「トバさん!?」

 必死で名前を呼ぶ。けれど、応答はない。

「そ、そんな……」

 頭の中が真っ暗になる。
 ボク達三人の中で、戦えるのはトバさんと緋色さん。その二人が、こうして奴の餌食になってしまった。
 もう打つ手はない。
 膝が震え、顔が引き攣る。もう駄目だ、おしまいだ。残されたボクに出来ることなんて――。

「……!」

 瞬間、悪魔が囁いた。

「お前だけは助かることができる」

 なぜなら、ボクには逃げ足がある。不良、都市伝説さえも撒いた武器が。
 震えが収まり、立ち上がった。

「見捨てろ、そんな得体の知れない奴ら」

 悪魔は囁き続ける。

「ここは自分の身の安全が一番だ」

 二人を見捨てるために、【注射男】が怖いために、この場から速く逃げ出すために。

「背中を向けて走り出せ、面倒事を捨て去れ、ベッドに潜り込め!」

 非日常から背を向けろ、言葉が脳を駆け巡る。
 都市伝説なんて存在しない。ちっぽけな不良しか危険はない。我が家には、姉とボクの二人しか住んでいない。
 この世はハッピーだ、きっと友達もすぐにできる。そうしたら、嫌な妄想なんてすぐに忘れられる。
 さあ、目を瞑って走り出そう。いらない物を捨て――

「られるわけないだろう!!」

 思い出す、二人の都市伝説と過ごした日々を。
 トバさんとお喋りを沢山したことを、姉ちゃんと三人でご飯を食べたことを。
 緋色さんと一緒に街中を走り抜けたことを、ひたむきに頑張り続けてくれたことを。
 乱暴だけど実は優しい【人面犬】、アスリートの心を持つ【口裂け女】。二人と過ごした日々は楽しかった。ボクの宝物になるほどに、一生覚えていると断言できる。
 だから、ボクは正面を向く。ただ真っ直ぐに【注射男】と対峙する。
70 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/04(金) 22:06:20.71 ID:d94Y6Ice0
「へえ、逃げないんだ。関心だね」

 【注射男】の軽口を無視して身構えた。こうなったら、戦うしかない。
 能力を発動、足が凄まじい勢いで熱くなっていく。同時に、恐怖心が少しだけ消えた。能力を使うことによって気分が高揚しているのかもしれない。なぜかはわからないけれど。
 足が限界まで温まったところで、最初の一歩を踏み出した。急激な加速による衝撃を耐えつつ、前へ前へ進んでいく。目標は、もちろん【注射男】だ。

「相変わらず速いねー」

 拳を握り締め、敵へ突き出す。
 素人パンチだ。腰なんて入ってないし、握り方も適当。けれど、ボクにはスピードがある。威力はなくても、当てることくらいは出来るはず、

「でも、無意味だ」

 だった。

「がっ!?」

 脇腹に【注射男】の蹴り。もろにくらい、吹き飛ばされる。

「いくら速くても直線の攻撃なら反応できるよ。残念だったねっ!」

 甘かった。
 這いつくばりながら後悔する。素人考えなんか当てにするんじゃなかった。
 激痛に呻きながら立ち上がろうとする。苦しいけど、ここで諦めるわけにはいかない。二人の命が掛かっている。

「へー、頑張るね。じゃあ、僕ちゃんも本気出しちゃうよっ!」

 本気?
 疑問を解決するように、【注射男】の手の片に注射器が生まれた。中の液体は、禍々しい赤色。前に見た物と色が違う。
 これをボクに打つ気なんだろうか、警戒心が跳ね上がる。けれど、敵は予想外の行動をとった。

「え?」

 針は、【注射男】の首に打ち込まれた。
 押されることで、徐々に減っていく液体。すると、【注射男】の肉体が盛り上がり始めた。
 筋肉がついている!?
 贅肉でないことはすぐにわかった。早朝ジョギング等で見かける、マッチョの人と体つきが一緒だったからだ。最終的に、【注射男】はボディビルダー顔負けの巨漢に変身した。

「すごいでしょ。僕ちゃん、肉体強化もできるんだよっ!」

 言い終わらない内に、【注射男】がボクに突っ込んできた。立ち上がり逃げようとするも、傷んだ体は思うように動かない。
 結果、為すすべもなく胸ぐらを掴まれ持ち上げられた。手足をジタバタさせ、抵抗するも全く効いていない。

「はい、ドーン!!」

 そのまま、投げ飛ばされた。
 浮遊感を味わっている暇もなく、脇に植えられた木に激突。衝撃が体を突き抜け、肺から空気が絞り出された。

「がっ!?」

 草むらに落下した頃には、意識が朦朧としていた。

「いやー、その小さな体でよく頑張ったよ。えらい、えらい」

 敵が近づいてくる。
 ぼんやりとした視界が、なんとか捉えてくれた。

「でも、もう終わりだ。三人揃って仲良く地獄へレッツゴーだよ」

 ボク、死ぬんだな。
 終わりが近づいているのに、心は大波を立てなかった。むしろ、落ち着いている。いつもなら、泣き叫んでもおかしくないのに。人間、死ぬ時は心が穏やかになるのかもしれない。
 ただ、一つだけ強い心残りがあった。二人のことだ。今、ボクが死ねばトバさんも一緒に消える。その後、緋色さんも殺されてしまうだろう。それだけは何としても阻止したい。けれど、体はもう動かない。意識もあやふや。絶望的すぎる。
 ああ、せめて旅立つ前にトバさんと契約解除をしたい。無駄死には、ボク一人だけで十分だ。そして、誰かに二人を助けて欲しい。【注射男】を倒して欲しい。ボクの死体を気にしないで欲しい。誰か、誰か、誰――

「発動条件を満たしました。これより、【催眠術】の発動準備に入ります」

 え?
 突然、機械的な声が聞こえた。それも、脳に直接。まるで、テレパシーだ。

「契約者の許可、自動承認。記憶の開放、自動承認。人格の開放、自動承認」

 意味不明な言葉が、脳に流れ込んでくる。
 これは一体?

「全項目をクリア。【催眠術】発動」

 瞬間、頭の中が真っ白になった。
71 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/04(金) 22:10:17.60 ID:d94Y6Ice0
 オレが目蓋を開けると、目の前に【注射男】がいた。

「ん? おめざめかい。まあ、すぐに眠ることになるけどね」

 構わず、敵は注射を打とうとする。
 隙が多い動作だ、いくらでも反撃が出来る。武器さえあれば。
 それが出来ないなら答えは一つ。

「そっちがな」
「ん!?」

 逃げるだけだ。
 能力を再発動。しゃがんだ体勢で跳び、【注射男】の後ろに移動。武器を求めて走り出す。

「逃げるのは良くないなっ!」

 増強された肉体を用い、敵が追いかけてくる。速い、オレには及ばないが。
 【注射男】を引き離した上で、武器の提供者と接触する。

「緋色、ナイフを貸してくれ」

 しゃがみ、未だ身動きが取れない緋色と目線を合わせる。

「は、はい。でも、師匠。どこかおか『急いでもらっていいか?』は、はい!」

 彼女が戸惑うのは当然だ。今のオレは、彼女が知っているボクじゃない。
 けれど、今は説明する暇がない。
 緋色の手の平に、眩い光が生まれた。ゆらゆらと揺れ頼りない。だが、徐々に形状が変化。鋭利さを増していく。
 最終的には、上物のナイフへと姿を変えた。

「ご武運を!」

 礼も言わずに、ナイフを受け取る。すぐに、後ろを振り向いた。

「速いな、【注射男】」

 白衣の宿敵は、苛立ちを募らせていた。肩を怒らせている。

「嫌味なら死んでから言って欲しいな」
「そうか。じゃあ――」

 歩を進めた。
 もちろん、【注射男】に向かって。
72 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/04(金) 22:14:02.52 ID:d94Y6Ice0
「お前が先に逝ってろ」
「っ!?」

 逆手に握ったナイフを、【注射男】の右腕に滑らせる。
 腕力などいらない、速力さえあれば十分。血を吹き出させながら、余裕で通り過ぎた。

「お、お前!!」 
「直線なら避けられるんじゃなかったのか?」

 オレが軽口を言っている間にも、敵は次の行動を取っていた。
 左手に、青い液体が入った注射器を生み出す。そのまま、自分の右腕に刺した。
 回復薬か、予想通りに【注射男】の出血が止まる。よく見ると、傷口も完全に塞がっていた。

「痺れ薬、パワーアップアイテム、回復薬。何でもありだな。アイテムがないとボスと戦わないタイプか?」
「……なぜだ」
「ん?」

 挑発に乗らず、【注射男】は怒鳴った。

「なぜ、この俺を切り裂けた!!」
「そっちが本性か」

 疑問に答えずおちょくる。わざわざ、正直に答えてやる必要もない。

「うるさい! いいから答えろ!! なぜ、お前は俺を切り裂けた! なぜ――」

 科学者は叫ぶ。

「お前のスピードが上がっている!!」

 理解できない、理解できないと。駄々っ子のように、謎を謎のまま撒き散らす。
 可哀想になってきたので、回答を教えてやることにした。

「なぜかって? そりゃ」

 歩を進める。

「俺が鳥になったからだよ」

 二つの目標を狙いながら。

「今は【雷鳥】だ」
「がっ!?」

 右腕を切り裂きターン、左腕も切り裂く。今度は深く斬れた、地面に二本の腕が落ちる。
 これで、奴が注射器を使うことは不可能。武器を奪いきった。恐れるものは何もない。
 余裕が出来たので、詳しく解説してやることにした。

「雷鳥は、高く飛ばない。その代わりに、森の中を走るように飛ぶ。地上の動物が追いつけない速度で。だから、この技は【雷鳥】」

 地を飛ぶように駆け抜ける、俺が知る最もシンプルな歩法。
 それが【雷鳥】だ。
 
「俺の、俺の腕がー!!」

 受講者は、全く聞いていなかった。血を流しながら、発狂している。

「聞いておけばいいものを」

 言い終わらない内に、【雷鳥】を使った。
 地の反発力を利用し、浮くように駆ける。スピードは折り紙付きだ。最高加速を保つ、それが【雷鳥】のコンセプトなのだから。
 
「冥土の土産になる」 

 さっきと同じ要領で、【注射男】の両足も斬る。せめてもの情けで、切断はしないでおいた。
 【注射男】は絶叫しながら、地面に倒れ伏した。死にたくないとばかりに、体を必死に動かし抵抗。先程まで見せていた余裕は完全に消えている。

「イタイ! イタイ! イタイ! イタイ! イタイ! イタイ! イタイ!!」

 苦しみを隠さず、オレから距離を取ろうと這う。
 芋虫のように、ゴム屑のように、どこかのチキン野郎のように。

「安心しろ」

 【注射男】の首に、ナイフを突きつけた。

「地獄へは一瞬だ」

 鮮血が夜空に吸い込まれた。
73 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/04(金) 22:18:43.06 ID:d94Y6Ice0
「ん?」
「どうしたの?」
「いやー、雀に仕掛けておいた能力が発動したみたいなんだ」
「ああ、【催眠術】ね」
「そうそう。あれが発動したってことは、雀の身に何かあったんだよ」
「都市伝説に襲われた?」
「かもしれない。まあ、大丈夫だとは思うけれど」
「でしょうね。なんたって、私達の子だから」

 日本人夫婦は、異国の地で息子の話をする。

「ん? まだ生きてるよ、足元の人」
「あ、本当」

 無数の屍を踏みつけながら。

――続く――

トバ「……俺の扱い、酷すぎねえか」

雀「作者に悪意はないから! 戦闘シーンを書くのがダルかっただけだから!!」

削って書いた弊害です、はい
次章くらいからは、トバも活躍するんじゃないかな?(適当)
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/04(金) 23:08:36.60 ID:Z8BUY5xz0
チキンの人乙です
5話にしてまさかのパワーアップ
これは早い方なのか…学校町ならむしろ早い方か
ん?ご両親?雀は次世代組と同級生だからつまりこれは
75 :チキン野郎 [sage saga]:2015/09/04(金) 23:17:17.80 ID:d94Y6Ice0
>>74
念のため言っておくと両親は未登場キャラですよ
「姉を強キャラ風にしちゃったし両親は契約者にしちゃえ!」というお茶目な発想の元に生まれました
76 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/04(金) 23:32:19.52 ID:2bEbZdBB0
チキン野郎の人乙でしたー
おぉっと雀君覚醒したか………って思ったら、両親が何かしてたのね
どっかの集団に所属していたりするんだろうか

>大丈夫だよ、慶次君! 今はぼっちブームだから! ぼっちの方がもてるから!(白目)
あいつ、Ao椛ョではあるけど、仕事上Cbニ組んだり、Cbフオフィスに向かう事多いんだよな
そして、Cbフ黒服は女性が多い

………あれ、あいつ、爆発するかもげていいんじゃね?

>……どうでもいい話なんですが、慶次君の脳内ビジュアルが某イケメンライダーで固定されていたり
何……だとwwwww
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/05(土) 13:22:05.05 ID:qy4YF3FN0
チキン野郎の人乙ですー
もうタイトルは「チキン野郎は今日も逃げる」じゃないですよね!
「俺はもういい加減うんざりしてきたのでチキン野郎を辞めてやった」が正式タイトルですよね!?
人格と記憶の解放ってことは覚醒後の方が素の性格ってことですよね!?ねえ!?
六本足共々今後も楽しみにしてます
78 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/05(土) 21:19:12.65 ID:L8Z7yVCAO
花子さんの人乙ですー
自分から過去の事件に首を突っ込んだか…何も起きないと良いけど、多分何か起きるだろうな

チキン野郎の人乙ですー
覚醒雀くん格好いいね!ご両親はこれまた強そうで…

>>64
>エリザベスってそういう事だったのか…つまりマスターとは…!
渡米後暫くは南部で暴れたりもしていましたが年を重ねて丸くなり、人形師に落ち着きました
>今回も意外と熱い性格のるりさんが見れて個人的に良かったです
案外熱血なんですよね。野次馬で世話好きの一面もあり、書いてて楽しいキャラです。

>>67
>『人の消える試着室』の契約者には幸せになって欲しいな
これからは自由に世界を見て暮らすことでしょう。見たいもの、見たくないもの含めてね。
79 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/07(月) 00:13:54.81 ID:hRZEWXsy0
 紅 かなえは、自身の少しぽっちゃりした体型を気にしている節がある
 太っている、と言う訳ではないが、「ぽっちゃり」と言う言葉がよく似あってしまう体型
 確かに、年頃の乙女としては気にしてしまうところだろう
 慶次から見れば、さほど気にする事でもないと思うのだが

「…運動、してるのになぁ」

 少ししょぼんとした声でかなえはそう口にする
 確かに、彼女は薙刀を習っており、その稽古は週5回あるようで、夏休み中は稽古時間を増やしてもいるようだ。かなりの運動量のはずだ
 それなのに、かなえのぽっちゃりめの体型はそのままである
 ………慶次はその理由を、なんとなくではあるが察していた

「とりあえず、かなえ。今、お前が食ってるのは何だ?」
「え?えっと…………金魚鉢パフェです」

 ……ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに
 とりあえず、正面の席に座っているかなえの頬をつっつくと、あぅあぅあぅあぅ、と声を漏らしてきた

「お前のその肉の原因は、どう考えてもカロリーとりすぎだ。平気な顔して食ってんじゃねぇよ、そのあからさまに重たそうなもんを。こないだも、フォーチュン・ピエロでよくばりカレーだかって、トッピング全載せみたいなカレー一人で食いきってたよな」
「え、あ、う、その………」

 おたおたとしているかなえだが、どう考えても、原因はそれだ。食べ過ぎだ
 ちらっ、と、かなえの隣で実体化している岩融…実体化といっても、契約者以外には見えない程度にとどまらせているようだが…を見ると、ふっ、と視線を逸らしてきた
 どうやら、岩融も、自身の契約者のぽっちゃりの原因を察してはいたらしい
 じゃあ止めろ、と言いたいのだが、この岩融は契約者に若干甘い面があった気がする。いや、それでも契約者のことなのだから、止めろ

「間食やめろとは言わないから、ちったぁ量を抑えとけ。カロリー少なめのもん食うようにしろ」
「うぅ…………ど、努力します」

 しょぼーん、としながらも、かなえは金魚鉢パフェの残りを食べていっている
 残すのは勿体無いから仕方ない、が…………本当に大丈夫なのだろうか

「……で。だ。本題は?原因があからさまなぽっちゃりに関する話をする為に俺を呼んだ訳じゃないだろ」
「あぅ、ご、ごめんなさい」

 はむっ、とパフェ中段辺りのプリンを口にしながら。かなえはようやく、本題を切り出してくる

「その………「三年前」の事件の、黒幕。「狐」の、その部下の人達も、学校町に入り込んできてる……って、聞いたのだけど。慶次さんは、どんな人達が入り込んできたのか、知ってますか………?」

 恐る恐る、と言うように、彼女は問うてきた
 …なるほど、そういう事か
 このように聞いてくると言う事は、かなえもその辺りも情報は聞いていない訳か

「いや、俺も聞いていない。まだ調査中なのかもな………っつか、かなえ。お前、「組織」から聞いていないにしろ、他の連中からはその話、聞いていないのか?ほら、あいつら。いつも固まってる、あの連中」

 それこそ、「三年前」の事件の関係者たるあの連中から、かなえは話を聞いていなかったのだろうか
 慶次の言葉に、かなえは、少ししょぼんとした表情を浮かべる
 そんなかなえの代わりに、岩融が答えてきた

『聞いていないな………彼らにとって、「三年前」の事件は他者からは触れられる事すら好まぬ過去だ。こちらから聞く訳にもいかんしなぁ』
「かなえだって、あの………土川 咲李とは知り合いだったんだろ?関係者に数えてもいいと思うんだがね」
「………うぅん。私は。関係者には、数えてもらえないと思う」

 ふるふると、慶次の言葉にかなえは首を左右にふった

「私は………………あの頃は、岩融さんと契約していなかったから。契約者じゃなかったから………あの時には、関係者にはなれなかったのだと思います」
「…そうか。悪ぃ」

 かなえにとっても、あの件は辛い思い出なのだろう
 土川 咲李は、誰に対しても平等に優しかったと言う。かなえも、それなりに関わっていたと言うし、優しかったのだろう
 その人が、自殺した………己の父親の愚行を止めようと、無謀な手段をとって死んでしまった
 当時中学1年生だった彼女にとっては、トラウマに等しい出来事だったのかもしれない

「あ……でも、その。慶次さん。どうして。龍哉君達が、「狐」の部下の事、知ってるって思ったんですか?」
「…あいつら、鬼灯と仲がいいだろ。あの「通り悪魔」と。あいつは、「狐」を追って世界中回ってたらしいからな。その辺の情報を持っている可能性がある。そんな鬼灯と仲がいいなら、聞いているかもしれないだろ」

 ーーー「通り悪魔」
 江戸時代の随筆に見られる妖怪の一種で、ぼうっとしている心に憑依すると言われている。「通り魔」の語源にもなっており、ふとした瞬間に魔が差し、自分では思ってもみない行動を起こしてしまうと言われている
 鬼灯は江戸の時代にそれと契約し、その果てに飲み込まれた男だ。別の存在と多重契約して飲まれた、とも言われているようだが、慶次はそこまでは把握していない
 とにかく、それは「悪魔の囁き」に近い性質を持っており、それと契約して百年を超える時を生きている鬼灯を「組織」としては危険視しているのだ
 獄門寺家の客人である以上、学校町にいる間は手を出せないのが本当に恨めしい

(とは言え、情報を持っているなら、吐いて欲しいところだが………)

 なんとかして、「狐」の情報を鬼灯から聞き出せないか、慶次はそう考える

「鬼灯さん………あ、そっか。龍哉君達、あの人と仲がいいから………うぅん、ごめんなさい。私、鬼灯さんとは、あんまりお話した事、ないから。その、あの人、ちょっとだけ怖くて…」
「気にするな。ありゃ、本来はどっちかってとかかわらない方がいい部類だろ」
『………やれやれ。二人共、その程度にしてやれ。あの男も、昔、色々とあったのだから』

 二人の会話に、岩融がそっと苦笑した
 どうやら、鬼灯の昔の事情を多少は知っているらしい………具体的に何があったのか、話すつもりはないようだが


80 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/07(月) 00:14:20.28 ID:hRZEWXsy0
 とりあえず、この日はそれで、かなえとは別れた
 何かわかったら伝えるように、とは言っておいたし、こちらも何かしら情報を得たら伝えるとも言っておいた
 かなえとは、仕事上組む事が多い。情報は共有しておいたほうがいいだろう

 ………そして、慶次としては
 できれば、かなえには都市伝説との戦いで犠牲にはなってほしくない
 彼女には生きて欲しいし、きちんと幸せな生活を掴んでほしいと、そう感じていた
 それが、どのような感情から生まれた考えなのか、心の底では理解しているが、表面上では理解していない事にしている
 そうでもしないと、仕事に支障がでそうだった

 そうやって考え事をしながら、一人で歩いていると

「…………あれ、今、あんた一人か?」

 声をかけられ、そちらを見れば
 そこにいるのは、「三年前」の事件の関係者の幼馴染グループの一人
 契約者ではない癖に平然と都市伝説の存在も契約者の事も受け入れている変わり者が、そこにいた

「一人じゃ悪いか?花房 直斗」
「悪くないけど、あんた、たいてい担当の黒服と一緒にいるだろ………赤鐘 愛百合だっけ?あのおばさんくさい黒服」
「おばさんくさいって……いや、そうだけど」

 否定はしない
 実際、愛百合は雰囲気とか雰囲気とか雰囲気とか、おばさんくさいし、昔から

「愛百合は、今、忙しいんだよ。「狐」絡みで」
「調査中、ってとこか……その最中に、余計なことしなけりゃいいんだが」

 直斗の言葉に、慶次は少し、むっとした
 お前な、と口を開こうとして。しかし、それよりも先に直斗が言葉を続ける

「「三年前」、赤鐘 愛百合は、致命的なミスをした。咲李さんの性格を知らなかった、ってのがミスの原因だろうな。あぁいうことを聞かされたら、彼女はあぁ言う行動に出る可能性があった。それが、どれだけ無謀だろうがな」
「……………」
「あれは、咲李さんも悪かったと思う。咲李さんは、都市伝説を甘く見ていた。しかも、契約者付きの都市伝説だったんだ。咲李さんのような、契約していない一般人がどうこうできるようなレベルじゃなかったんだよ。たとえ、命をかけようが、な」

 ……少し、意外だった
 あの幼馴染グループは、全員、土川 咲李のことは大体肯定しているとばかり思っていたから
 今、直斗は明らかに、土川 咲李の行動を否定するような………やや、非難するような事を口にしたのだから
 慶次の視線に気づいたのだろう、直斗は笑う

「咲李さん自体は、いい人だったと思っているよ。ただ、完璧な人間だった訳でもない。正直、彼女は都市伝説には関わるべきじゃなかったんだろうが………彼女のお陰で良かった影響もあるからな。俺としては複雑だよ」
「……そうか」

 そうさ、と直斗は肩をすくめてきた
 契約者ではない癖に、まるで契約者側の立場から土川 咲李を見ていたような違和感を感じなくもないが、幼少期から契約者やその関係者と接し続けた結果が、これなのかもしれない
 両親ともに契約者ではなく一般人、そして彼自身も器が小さすぎて契約者にはとうていなれないと言うのに、幼馴染が関係者ばかりであったことが、果たして彼にとって幸運なのか不運なのかは、慶次には判断できなかった

「ま、とりあえず、一人ならちょうどいいや話したい事があるんだ」
「話?………「強行派」の俺にか?」
「「強行派」つっても、20年以上前よかマシなんだろ?人体実験とかに関わってる訳でもないし。これくらいなら話してもいいと思うしな」

 ……死者が出るリスクは減らしたい
 直斗がそう呟いたのを、慶次は聞き逃さなかった

「「狐」の手駒の情報、鬼灯から聞いた分でよけりゃ、教えるぜ」

 ……そして、今、目の前に
 己が求めていた情報がまさに、現れようとしていた




to be … ?
 
81 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/07(月) 00:15:58.51 ID:hRZEWXsy0
ぺたしぺたしと情報的なあれ
雀君への組織関連情報提供ネタはもうちょっとまってね
82 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/07(月) 11:51:42.37 ID:MOZRBHAAO
花子さんとかの人乙ですー
直斗君は何の意図があって彼に近づいたんだ?不穏だ
それとかなえちゃん、いっぱい食べるおにゃのこは可愛いよ!
83 :チキン野郎 [sage saga]:2015/09/08(火) 23:46:27.10 ID:X1eVcowQ0
花子さんとかの人乙です
うん、かなえちゃんをバイキングに連れて行ってあげたい。食後、摂取カロリーを告げた後で体重計にのっけたい
……戯言はこの辺にして
直斗君は他の幼馴染と比べて異質ですな。一体、どう話を動かすのか期待
慶次君は組織サイドの主人公をちゃんとやってますな(ちゃっかり女子とお茶してるし)

では、チキン野郎六話投下します
84 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/08(火) 23:48:51.56 ID:X1eVcowQ0
・六話 チキン野郎のこれから

 古い夢を見ていた。
 幼い頃のボクが、両親と一緒にいる光景だ。なぜ、夢かとわかったかは単純。記憶の片隅に、該当するものがあったから。
 木々に囲まれた空間に、ボク達三人はいた。

「いいか、雀」

 お父さんが言う。

「これから、ちょっとしたオマジナイをかけるからな」
「オマジナイ?」
「そう、オマジナイ。雀を守ってくれるんだぞ」
「そうなんだ」

 オマジナイ。
 当時の僕は知らなかった。その言葉を漢字で書くと、お呪いとなることに。中学生になってから知り、心の底から恐怖した。

「じゃあ、かけるぞ」
「うん」

 一つ、不思議なことがある。
 ボクは、お父さんにオマジナイをかけられた後の事を憶えていない。
 子供の頃は、似たようなことがよくあった。特定の時間だけが脳からすっぽりと抜け落ちてしまう、そんな不思議な現象。なぜか、それがあった次の日には、必ずと言っていいほど足が速くなっていた。両親が海外に行ったあたりから、なくなったけれど。

「……影を創り出せ、【催眠術】」

 【催眠術】?
 怪しげな単語を聞いたところで、ボクの意識は遠のいた。
85 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/08(火) 23:51:51.24 ID:X1eVcowQ0
「師匠! 師匠! 師匠!!」
「……ん」

 目が覚めた時、天井が最初に挨拶をしてくれるのが普通だ。でも、今は違った。
 ボクの視界に入り込んだのは、緋色さんの顔。それも超至近距離。
 ……ファ!?

「ひ、緋色さん! 近い!! 近いよ!!」

 体温が上がるのを感じながら、彼女から離れようとする。けれど、彼女はボクが目を覚ましたことに気づくと抱きしめた。

「ちょ、ちょっと!?」
「師匠! 無事なんですね、師匠!!」

 あ、当たってる!? 胸のふくらみがあたっている!
 興奮を抑えつつ、涙を浮かべる緋色さんから逃れようとする。でも、無理。力が違いすぎる。

「良かったです! あの後、急に師匠が倒れてたので……」
 
 その言葉で、【注射男】の事を思い出した。

「そ、そうだ! 【注射男】はどこ!? もういなくなったの!?」
「……え? 何を言っているんですか、師匠。【注射男】なら『緋色が倒した』トバさん!?」

 横を見ると、トバさんがいた。
 ボクが倒れているせいで、今は同じ目線。新鮮な気分だ。

「お前が吹っ飛ばされた後、薬の効き目が切れてな。そのまま倒した」
「そっか、良かった。ありがとうね、緋色さん」
「い、いえ」

 ほっとした、胸を撫で下ろす。これで、絶体絶命の状況は切り抜けられた。
 緋色さんが、何か言いたそうな顔をしているのが気にはなるけど、まあいいや。

「……つーか、緋色。とっと離れろ、そこの童貞が顔を赤くしている」
「童貞は余計だよ!」

 事実だけど、事実だけど!

「す、すいません師匠!」

 緋色さんが、慌てて立ち上がったのでボクもそれに従った。

「だ、大丈夫だよ。それよりも、二人の方こそもう平気なの? 怪我とかない?」
「大丈夫だ。都市伝説は、自然治癒能力も強い」
「そっか」

 良かった、心の底から思う。
 大切な相棒と弟子。どちらか片方だけでも失ってしまっていたら、ボクはきっと泣き叫んでいた。泣いて、泣いて、泣いて、最後には逃げようとしたに違いない。
 ボクは弱い人間だ。臆病でチビで非力。本当は、初めて【注射男】と出会った時に死んでいてもおかしくない。
 今こうやって生きていけるのは、助けてくれたトバさんと緋色さんのおかげだ。二人が守ってくれたから、ボクはここにいられる。
 守ってくれたから……。

「……どうした」
「え? あ、ごめん」

 つい、考えふけてしまっていた。

「ちょっと考えてたんだ、ボクは運がいいなって」

 ボクは豪運の持ち主かもしれない。
 【注射男】に襲われた所を【人面犬】に助けられ、【注射男】に再襲撃された時は【口裂け女】に助けられた。天に恵まれているとしかいえない。
 そう、ボクは豪運を持っている。ボクは。 

「まあ、都市伝説と出会って死なずに済んでるんだから運はいいかもな」
「ちなみにさ」
「ん?」

 思い切って尋ねてみる。

「都市伝説と出会って無事で済む人ってどれくらいいるの?」
「……そんなこと聞いてどうする?」

 知らない方がいい、トバさんの態度はそう語っていた。
 でも、ボクは納得できない。運良く助けられた人間として。

「思ったんだよ」
「何を」
「守れたらいいなって」

 二人に助けられたように、都市伝説から人々を守りたい。誰かに悲しい思いをさせたくない。
 仲間が殺されそうな状況を経た今、その思いが芽生えた。世界がひっくり返るような衝撃によって、真実が姿を現したことで。
86 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/08(火) 23:53:44.29 ID:X1eVcowQ0
「ボクは今まで、都市伝説から逃げてばっかりだった。立ち向かおうとせず、ただ逃げることだけ考えていた」

 自分以外の人間が、都市伝説に襲われることを想定せずに。

「ボクが背を向けている間にも誰かが殺されている。そうでしょ?」
「……お前がやる義務はねえ」
「ボクを助けてくれた人が言う台詞じゃないよ」
「それとこれは別だ」

 ああ、優しいな。
 トバさんは本来、人を助けようとする都市伝説だ。彼の性格、ボクを【注射男】から守ってくれたことが証明している。
 それでも、トバさんはボクの安全を最優先としている。自分の意思を曲げてまで。

「ありがとう。でも、決めたんだ」

 非日常の世界で、悲しみを生み出さないために。ボクは、

「都市伝説と戦うよ」

 宣言をした。

「……足が速いだけで何ができる」
「何も出来ないね。だから、努力するよ」

 筋トレをして、戦い方を覚えて、今より遥かに強くなる。
 時間がかかるやり方。でも、それ以外に道はない。

「ボクは強くなってみせる。けど、それだけじゃ足りない。一人じゃ限界がある。だから、トバさんにも手伝って欲しい」

 これが、強者からの申し出だったら、トバさんはすぐに受けるはずだ。
 優しくて強い彼は、人々を襲う都市伝説を許せない。契約者と手を取り合って敵に挑むはずだ。でも、ボクは弱者。戦うのに向いていない人種、ゆえにトバさんは今まで一度も都市伝説と戦えと言っていない。

「……」

 案の定、返ってくるのは無言。
 ボクは言葉を続けた。

「それとね。もしも、ボクが死にそうになった時は契約を解除して。トバさんが逃げる時間くらいは作ってみせるから」
「……バカ野郎!」

 沈黙が破られた。

「なーに、偉そうなこと言ってるんだこのチキン野郎は! 何が強くなってやるだ、お前なんて囮にしかならねえよ!! 尻振って逃げ回ってるのがお似合いだ! だからな――」

 大声が公園中に響く。

「俺が認めるまで、黙って囮やってろ! 逃げて、逃げて、敵をおびき寄せろ! 狩るのは俺がやる、いいな!」
「うん!」

 膝を曲げ、トバさんと向き合う。

「ボク、頑張るよ」

 仏頂面の人面犬は、「当たり前だ」と吐き捨てた。「じゃねえと、お前なんか一瞬で死ぬ」、耳に痛い文句も忘れずに。

「わ、私も手伝います!」

 緋色さんが慌てた様子で言った。

「ありがとう。でも、緋色さんはいいよ」

 ボクと、契約をしている訳でもない彼女を巻き込むのは気が引ける。今、助けてもらっただけでも感謝しきれないのに。 

「ボク達を手伝ったら、他の都市伝説に目をつけられるよ」
「構いません。速さを求めた時点で、私は【口裂け女】失格ですから。それに」

 彼女も膝を曲げる。

「弟子が師匠に従うのは当然のことです!」

 自信満々の言葉、反論する気は失せた。

「……わかったよ。これから、よろしくね」

 こうして、ボクら三人は同盟を結んだ。理想と意志だけを武器に。
 小さな、小さな組織が誕生した。
87 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/09/08(火) 23:59:23.25 ID:X1eVcowQ0
 その後、公園の茂み。

「トバさん、どうして嘘をついたんですか。私が【注射男】を倒したなんて」
「考えてみろ、あの時のあいつはどう見てもおかしかった。後で、あいつに聞いてみても覚えていなかったしな。多分、精神的な何かが原因だろう。だったとしたら、真実を言って刺激するのは危険だ。リスクが高すぎる」
「た、確かにそうですね。……やっぱり、トバさん」
「何だ?」
「優しいですね」
「……」
「む、無言で立ち去ろうとしないでください!」
「お前が余計なことを言ったからだ。それとな緋色」
「はい?」
「俺が死んだら、お前が雀と契約しろ」
「え?」
「一度、契約者となった人間は宿命から逃げられない。だから、あいつの力になれ」
「そ、そんな約束しないで――」

「トバさーん、まだー?」

「今、行く! ほら!」
「え? ま、待って下さい!」

――続く――

一章終了

雀は、強くなれる日がくるまで逃げますよ(二人がいる時を除いて)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/09(水) 02:44:35.53 ID:3r72c6AM0
花子の人乙でした
鬼灯の契約してたのは妖怪・通り魔だったか
これから黒幕の情報が徐々に明らかになりそうな感じか

トバさんの人も乙です
トバさんと緋色の会話が伏線っぽくて先が気になる
読み返して思ったけど噂通りに行動してる都市伝説はその行動に介入されると噂通りの行動から逸脱し出して自我を持つようになるのかな…

いいね、近未来の学校町
自分も書きたいけど時間と立場上それは許されない…
89 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/09(水) 15:50:05.27 ID:3N2pCPM40
チキン野郎の人乙でしたー
トバさん、死亡フラグたてちゃらめぇっ!?
夢の内容は、催眠術をかけた時か


でな。申し訳ない、チキン野郎の人にちょっと質問
以前の、憐と一緒にいてジャージーデビルに襲われた話の後、雀君、自分も都市伝説契約者だ、って自主的に話すかな?
話すかどうかによって、話の持って行き方がちょっと変わるから(いくつかの組織について説明する流れはそのままですが)


>>83
>うん、かなえちゃんをバイキングに連れて行ってあげたい。食後、摂取カロリーを告げた後で体重計にのっけたい
やめたげてよぉ!?

>慶次君は組織サイドの主人公をちゃんとやってますな(ちゃっかり女子とお茶してるし)
そうか、あいつは「組織」サイドの主人公だったのか

>>88
>鬼灯の契約してたのは妖怪・通り魔だったか
通り魔の語源となった通り悪魔。伝わる話的には「悪魔の囁き」みたいな能力っぽいイメージです
「魔が刺す」とかも通り悪魔関連できてたんだっけ。違ったっけかな(ややうろ覚え

>自分も書きたいけど時間と立場上それは許されない…
いつでも待ってますだけどリアルも大事にね
90 :チキン野郎 [sage saga]:2015/09/09(水) 18:06:06.66 ID:Geo2oQV90
>>89
話しますよ、素直ですから雀
むしろ、聞かれてないことまで答えるかも

>あいつは「組織」サイドの主人公だったのか
え? 違うの!?

91 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/09(水) 19:20:56.83 ID:pQsRsZT00
>>90
>話しますよ、素直ですから雀
はーい、了解ですの、って雀君w
これは何と契約しているのかどころか緋色さんとの事もぽろっと言ってしまいそうな予感すら

>え? 違うの!?
少なくとも俺はそう意識してなかったが、そうか言われてみるとそれっぽいか?
92 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/10(木) 13:36:05.44 ID:t4hwSCeAO
チキン野郎の人乙ですー
トバさん頼む、そんな事言わんでくれ…!
93 :ハイパー説明タイム  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 01:23:10.21 ID:Vx/xCCIK0
「すみません、伯父さ………じゃなくて、先生。化学準備室、使わせて頂いて……」
「構わん。五月蝿いのは別にやっておくから、きちんと説明しておいてやれ………この街で学校町で契約者になった以上、何に巻き込まれるかわからんからな」

 はぁい、と返事して、憐は化学準備室の主である荒髪 秀を見送った
 さて、授業の合間の休み時間に話はしておいたから、来てくれるとは思うが……

「来なかったらどうするんだ?」
「んー、まぁ、そん時はそん時ー………と、言いたいところっすけど。改めて時間とるなりなんなりして、お話はしないと駄目っすよね」

 この学校町において、都市伝説契約者となったのならば。いくつかの組織に関する知識は持っていたほうがいいだろう
 何も知らずに言いくるめられて所属する事になった、なんてなったら大変なことになる可能性だってある
 まぁ、最近はたちの悪い集団は、学校町にはあまりいないとはいえ、「狐」が学校町に入り込んでいる最中だ。そちらに接触されたら、と考えると、やはり警戒するにこした事はない

 ……そうしていると、きた
 少し緊張した様子でやってきたその人に、憐はへらんっ、といつも通りの軽い笑みを浮かべてみせた

「いらっしゃいー、っす。すずっち。来てくれて、良かったっすー」

 空井 雀
 さぁ、今から彼に、説明していこうではないか
 この学校町で接触の可能性がある、いくつかの組織に関して



 化学準備室にやってきた雀は、緊張しているようだった
 …それはそうだろう、以前、ジャージーデビルに襲われた件で契約者である事を明かした憐が、「契約者であれば知っておいたほうがいい事を伝えたいから」と、雀をここに呼んだのだが。そこには、憐以外の人もいたからだ
 全員、雀にとってもクラスメイトだ
 獄門寺 龍哉、花房 直斗、日景 遥。全員、よく憐と一緒にいるグループだ

「ほんとは、ゆうっちとかあきっちとかみこっちも居た方良かったかもっすけど、用事があったっぽくて来られなかったみたいで」

 へらっ、と、憐は雀の緊張を和らげようとするように、緊張感のない笑みを浮かべながら言った
 それでも、雀はどこか緊張している様子だ。主に、遥から何か嫉妬に似ているような視線が向けられているせいかもしれないが
 どうぞ、と、龍哉が勧めた椅子に雀は恐る恐る座った

「ん、それじゃあ、お話するっすねー」
「あ、えぇと……その、荒神君。都市伝説……の、話、だよね?」

 雀が、憐以外の三人の顔を順々に見回す
 そうっすよー、と、憐は気楽な様子で答える

「ご安心ください。僕と遥様も、都市伝説契約者ですので」

 やんわりと微笑み、龍哉はそう、雀に告げた
 つ、と、雀の視線が直斗に向く
 憐と龍哉と遥は、都市伝説契約者。では、直斗は?と言う事なのだろう

「俺は契約者ではないけど、都市伝説の事やらは知ってるから安心してくれ…………で、空井は、都市伝説の事、どれくらい知ってるんだ?」

 じ、と直斗が雀を見つめる
 その眼差しは、いつもの軽い調子と全く変わらない

「えぇと………都市伝説、というものが実際は存在していて………それと、人が契約出来る、と。ボクも、トバさん………人面犬と契約した際に、説明してもらいました」

 そう言って、雀は正直に自分の契約都市伝説や、緋色との事まで話した
 そこまで雀が話すとは思っていなかったらしい直斗は、おや、と言う表情になる

「普通、契約者って、自分が契約している都市伝説の事は説明しないもんだとおもってけど」
「え?……そ、そうなの?」
「まぁ、契約都市伝説がバレると、弱点バレる事も多いっすからねー。自分から言う人が、全然いないー、って訳でもねーっすけど」
「どちらにせよ、空井さんが契約都市伝説についてお話なさってくださったのですから、こちらも、お話する必要がありますね」

 しゃん、と龍哉が背筋を正す

「僕は、「大通連」「小通連」。それともう一振り、刀の都市伝説と契約しております。鈴鹿御前が使っていたと言われる鬼に由来した物で、僕が望めば、それらの刀は僕の傍までやってきます」

 龍哉に続き、次は憐が口を開く

「俺っちはー、前に、すずっちにちらっと見せたっすよね。天使と契約してるっす。あれで、傷を癒やしたり、ちょこっとは空飛んだり出来るっすよ」
「……あれ?あの時使っていた、弓は?」
「「シェキナーの弓」の事っすね、あれは、母さんからの借り物っす」

 つまり、憐の場合母親も契約者だ、と言う事だ。間接的だが、それも伝えたことになる
 ……最後に、遥

「憐が話したなら、俺も話す。俺が契約しているのは、「ベオウルフのドラゴン」だ。こうして………」

 すっ、と、遥の目が、爬虫類めいた金の輝きを持った目に変わった。その口元から、うっすらと牙が覗く

「体の一部分を竜化して戦える。まぁ、怪力とかは普段から使えるけどな」
94 :ハイパー説明タイム  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 01:27:05.24 ID:Vx/xCCIK0
「な、なるほど………」

 変化した遥の目に見られると緊張する、と言うか恐怖に近いものを覚えるらしく、少し引く雀
 それを見たからか、遥はすぅ、と目を元に戻した

「ま、俺達の契約都市伝説については、こんなとこか」
「じゃあ、次は………「組織」とか、その辺についてだな。真降から、「組織」については聞いたんだったか?」
「あ、えぇと、そう言うのがある、って言う事を真降君から聞いて、それ以外はトバさんから聞いた程度で」
「…了解っすー。それじゃあ、「組織」についてから、説明してくっすねー」

 へらりとした笑みを浮かべたまま、憐は説明を開始する

「「組織」はー、確かに、すずっちの言う通り、都市伝説や契約者を管理してる感じではあるっすー。まぁ、どうしても人間に害を与えてしまうって言うか、うっかり猟奇的な殺人事件起こしちゃったりするのもいるから、そう言う被害を防いでく、って意味合いがあるっすねー」
「あとは、都市伝説と契約した奴で犯罪者がいた場合、そう言う奴らとっちめないと駄目だからな。警察だけじゃ、どうしようもないパターンが多いし」

 遥が、憐の説明を補足する
 実際、都市伝説と契約している犯罪者は、通常の警察では手に負えない存在となっている場合が多い。証拠をほぼ残さないタイプであったり、通常では不可能な手段で殺したり、と言う事が多々あったり、逮捕しようにも抵抗されれば契約者ではない人間にはどうにもならない事が多いからだ
 「組織」は、多数の都市伝説や契約者を有する事で、それらの犯罪者に対して対向する手段を持っているのだ

「昔は、悪い噂絶えなかったみたいっすけど、ここ20年でその辺、だいぶ落ち着いてきてるんすよ」
「そうなの?」
「そうっすー。人体実験やってたりしてた悪い人達が居たみたいっすけど、そう言う人達がまとめて「めっ」ってされたそうっすから」

 憐はかなりマイルドな表現をしているが、ようは一斉に粛清された、そういう事である
 某Fbフトップに関しては、「そういう事おおっぴらにやったらわかってるよな?わかってるよね?」と言う最終勧告がいったと言う事で、とりあえず、今現在の「組織」内において、そういった非人道的な事に手を出している輩は居ない
 居た、としても、Ao繹ハ陣の一人である火山そのものの化身と言っても差し支えない存在が、即効、処罰に向かうだろう。その他にも、SbノはS0イクトミ直属の、そう言った違反者を処罰する部隊が存在すると言う噂が「組織」内には存在している
 そう安々と………いや、重い決意を持っていたとしても、「組織」においてはそう言った事に手を出せる雰囲気では、もはやないのだ

「とはいえ、今でも「強硬派」とか「過激派」って呼ばれる派閥の人達はちらほらいて、時々問題起こしちゃってはいるっすけどね。そう言う人が存在するのは、「組織」に限らないっすから。全部が危ない人、って訳ではないんで、ご安心を、っすー」
「な、なるほど………えぇと、荒神君達は、「組織」には……」
「俺っち達は、所属してねーっす。ただ、俺っちの父さんは所属してるっすね」
「俺も。お袋が所属してる」

 憐の言葉に続いて答える遥
 遥の母親の場合、むしろ「組織」内でかなり上位の立場にいる存在なのだが、それを遥がどこまで認識しているかは怪しい

「まぁ、俺っちの父さんの場合、別な意味で危険人物な予感がちょっとだけするのはさておきー………「組織」については、これくらいっすかね」
「「組織」について、は?」
「学校町で暗躍しているのは、「組織」だけじゃないからな、他の集団についても、ある程度は知っておいたほうがいいと思うぜ。うっかり勧誘受けた時とか、判断の基準になるだろ」

 知っておいて損はない、と直斗は笑う
 とはいえ、全てをしっかりかっきり説明するとあまりにも時間がかかりすぎてしまう故、いくつかをさらりと説明する程度になってしまうのだが
 次は、と言うように、遥が口を開く

「じゃ、次は俺が「首塚」について説明する。「平将門の首うかの祟り」は、聞いた事があるか?」
「平将門、は日本史で習ったとして………首塚の祟りも、何かで見たか聞いたかした事があるような……」
「よし、んじゃあ、話は早いな。「首塚」のトップはその将門様だ。「首塚の祟り」が実体化した、な」

 遥は、今の「首塚」について説明していく
 かつては、「組織」に敵対する形で結成された集団であるが、今では一応は敵対していない状況である
 今後、再び「組織」が「首塚」に対して敵対行動をとったり、将門の機嫌を損ねるような事をすれば再び「首塚」は「組織」に対して牙を向き、「平将門の祟り」も再開されるだろう

「今の活動は、都市伝説事件とかで親なくした連中の保護が多いかね。前までは「組織」の過激派やら強行派やらの被害でそうなった奴らの面倒見てる事が多かったが………あぁ、もちろん、戦える奴らもいるぞ。俺だって、そうだしな」
「あ、日景君は、「首塚」に所属しているの?」
「もちろん!将門様は、すごい方だからな。つっても、力が強すぎて、ヘタに戦う訳にはいかない状況も結構あるから。そう言う時、俺達みたいなのが戦うのさ」

 にやっ、と笑ってみせる遥
 ……こそり、と、直斗は雀に、さらに補足説明する

「……ま、「首塚」はどっちかってと、平将門のカリスマ性に惹かれて集まったのが多い。今の活動は、学校町における自警団的な面も強いな」

 「首塚」が睨みを効かせている
 それだけでも、都市伝説事件を減らす効果は結構ある。トップである将門の祟りがわりとシャレにならないレベルの威力をもっているせいもあるのだろう

「「首塚」についてはそんなとこっすかねー………じゃ、また俺っちが。今度は「教会」について、説明させていただくっす」

 「教会」
 歴史的に見れば、かなり古くから存在する集団である。そのトップに関しては謎が多いが、現実の教会関係者もかなりの数が関わっていると言われている
 主に悪魔と呼ばれる存在と敵対しており、他にも人を害する存在に対しては敵対している事が多い
 ……もっとも、完全に善良、と言われるとそうと言う訳でもない。いや、「教会」の考え方自体は若干偏屈ながらも決して悪いものではないのだが………「教会」の全てが一枚岩、と言う訳ではない。「教会」の内部で何かしら企む者もいない訳ではないのだ
 20年近く前に、少々大きく大問題が発生して以降、「教会」の威信にかけて自浄に努めていった結果、かなり落ち着きこそしたが、今でも火種はくすぶっていると言う
95 :ハイパー説明タイム  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 01:27:56.88 ID:Vx/xCCIK0
「あそこは、基本、天使とか、そこら辺に関係した者の契約者じゃないと勧誘はしてこないー、とは思うっすけど、トラブったら面倒な事は事実なんで。学校町にはさほど人員入り込んではいないっすけど、一応、お伝えするっす。「教会」絡みで何かしら巻き込まれたら、相談、乗るっすよ。一応俺っち、所属させていただいてるんで」

 お任せくださいっすー、と憐はへらんっ、と笑ってみせる
 もう、「教会」関係者が学校町で何かやらかす心配は低いのだが、一応、念の為だ

 憐の説明が一段落つき、次は龍哉が口を開く

「では、次は僕が………僕の家、「獄門寺組」について」
「う、うん、獄門寺君の家………………え?「組」?」
「はい。僕の家は、明治のはじめより極道を営ませていただいております。さらに、父の代より、都市伝説関係者の方々にも数名、所属していただいております」

 雀が何か驚いた様子を見せたが、龍哉はさほど気にしていない様子で、説明を開始した

「獄門寺の家の13代目様がやっていた事と同じように、学校町にて悪事を働く都市伝説やその契約者から、町と住人を護るために活動しております。「獄門寺組」に所属してくださっている方は、その考えに同意してくださった方や、悪事を働いてしまった方が反省の意味を込めて、所属して罪を償っております」

 さらに、「獄門寺組」の特徴としては、「首塚」とのつながりが強い、ということだろう
 「首塚」に何かあれば、「獄門寺組」も動く。「獄門寺組」に何かあれば、「首塚」も動く、そんな同盟関係が結ばれているのだ

「空井さんも、学校町の住人ですから。何か、都市伝説の事で困った事がありましたら、力になりますからね」

 遠慮無く申してください、と龍哉はにこにこと笑った
 100%善意の上での言葉なのだが、それを雀がどう受け取ったのかは不明だ

「……それでは。最後に。「レジスタンス」について、お伝えするっす。他にも学校町に入り込んでる集団は色々いるっすけど、俺っち達がきちんと説明できそうなのは、後はこの辺なんで」
「マッドガッサー一味辺りは、優なり晃がいれば説明出来たけど、今日は用事あったみたいだしな」

 ……つまるところ、他にも色々と学校町にはいるのだ、と言っているようなものだが、当人達には雀を怖がらせるつもりはないのだ。一応

「とりあえず、「レジスタンス」についてっすけどー………まぁ、簡単に言うと「抵抗勢力」、ってとこっすねー」
「抵抗勢力………どこに対しての?」
「あちらこちら、っすー……まぁ、時代や場所によって変わってくるっすね。そもそも、「レジスタンス」は、強大な力を持っている都市伝説集団に対抗するかたちでできたところっすから」

 「教会」がその力を、権威を拡大させ、他を迫害していた時期には「教会」に対抗し、「第三帝国」の前進と言っても過言ではない、某国の政権が強まっていた時期にはそこに抵抗し
 その時代その国ごとに、レジスタンスは強大な力を持って他を迫害してくる集団に抵抗室受けている
 今現在は「アメリカ政府の陰謀論」を中心にいくつかの集団相手に闘いながらも、「組織」や「教会」に対する監視の目も弱めてはいない

「まぁ、今は学校町では、派手に敵対行動はとってないっすね、どこもおとなしめっすから………今、「レジスタンス」が一番警戒している、となると。「狐」関連だと思うっすし」
「…「狐」?」
「そう。「狐」さ………なぁ、空井」

 すぅ、と
 直斗の視線が、真正面から雀をとらえた

「「九尾の狐」って、聞いたこと、あるか?」

 それは、遠い昔から、伝承や物語において語り継がられてきた存在

「それが…………「九尾の狐」の中でも、とびっきり悪質なのが、今、学校町に入り込んでいる」

 伝承や物語において語られる能力は多々様々存在するが、そいつは

「そいつは、人の心を魅了する。魅了して魅了して魅了つくして、そいつを都合のいい操り人形にする」

 かの国の王が餌食となったかのように
 傀儡とされたものは、その身を滅ぼしていってしまうだろう

「その「狐」に魅了されたりなんだりで、そいつに従っている連中も、入り込んでしまっている………今んとこは潜んでるみたいだが、気をつけろよ?」

 被害が広がってしまわないように
 見知った相手と敵対する、なんていう最悪の状況を防ぐために
 伝えられるべきことは、伝えておくべきだろう
 見知った相手が、そいつらの餌食にならないように、伝えておくべきだろう

「何かあったら。いつでも俺達は相談に乗るから」


 もう二度と、あの時のような後悔をしないために
 うてるべき策は、全てうっておくにかぎるのだ





to be … ?
96 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 01:31:13.59 ID:Vx/xCCIK0
チキンの人に切腹焼き土下座
説明はなし遅くなって申し訳ないのとぐだぐだ長いだけできちんとまとまってなくてごめんよぅ

雀君、もっと知りたい事あったら、聞いてくれれば後で返答ネタ書くね
97 :チキン野郎 [sage saga]:2015/09/11(金) 18:02:17.85 ID:NzQBk2nB0
花子さんとかの人乙です&ありがとうございます
レジスタンス、面白そうっすな。今後、花子さんとかの人の話に絡んでくるのかな?

それじゃ、気になった点を
雀「狐って契約者も操れるの?」
98 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/11(金) 20:26:22.00 ID:64yfxK/AO
花子さんとかの人乙ですー
うん、頭の悪い俺でも何とか理解できた!
99 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 20:35:38.15 ID:KEeOxbb40
>>97
>レジスタンス、面白そうっすな。今後、花子さんとかの人の話に絡んでくるのかな?
ヒント:それぞれの集団の説明は当人、もしくは家族や親類がそこに所属している者が説明した

>それじゃ、気になった点を
いえっさー、では、近日中に返答するネタ書きますねー

>>98
>うん、頭の悪い俺でも何とか理解できた!
説明不足な点がないかどうかって正直ハラハラしているなどと
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/11(金) 21:08:25.92 ID:pgcp3XJW0
今だ!!!100get
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

花子さんの人乙
獄門寺組の説明が本編キャラの口からされたのはこれが初めてか
何も知らない立場から聞かされたら正直どこもやばそうな印象抱くかもな…

自分が雀ならまず「君達が同性愛者だって噂を聞いたんだけど嘘だよね…」とかうっかり聞きそう
雀は性格良さそうだからまずそんな事は聞かんだろうが
101 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 22:24:31.20 ID:KEeOxbb40
あ、うっかりしてましたが、
>ヒント:それぞれの集団の説明は当人、もしくは家族や親類がそこに所属している者が説明した
ですが、最後の「狐」に関する説明だけは別です

>何も知らない立場から聞かされたら正直どこもやばそうな印象抱くかもな…
俺も書いててちょっとそう思った

>自分が雀ならまず「君達が同性愛者だって噂を聞いたんだけど嘘だよね…」とかうっかり聞きそう
聞いても別に問題はないのよ
102 :疑問に答える  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 23:04:26.83 ID:KEeOxbb40
 一通り、話を聞いた所で
 雀は、一つ気になる事があった
 とにかくそれを確認しようと、尋ねる

「えぇと………その、九尾の狐は。人を魅了して操るん、だよね?それって、契約者相手も………」
「操れる」

 雀の問を予想していたかのように、直斗は即答した

「人間も、契約者も、都市伝説も。だいたい、全部操ってくるな。魅了されたらアウト、と思ったほうがいい」
「流石に、犬やら猫やらは操ってないらしいけどな。魅了が効かないのか、そう言う連中は誘ってないのか、どっちなのかはわからないけどな」
「僕達も、「狐」に関しましては、他の方から聞かせていただいた情報ばかりでして………断言できない情報が多く、申し訳ありません」

 遥と龍哉も、直斗に続いてそう口にする

「今、学校町に入り込んでいるその「狐」は、世界のあちらこちら回って、部下というか配下というか下僕というか、そう言うの集めてたっぽくてー、おかげで、部下が国際色豊からしいっす」
「な、なるほど…………あれ。でも。その「狐」って、どうして、学校町に来ているの?」

 ふと、新しく疑問を感じたようで、そう尋ねてみる雀
 そうすると、直斗は今度は少し考えてから、答える

「………あくまで、予想でしかないけどな。ここを足がかりにするつもりなんじゃないのか?」
「足がかり…?」

 何の、と雀が問うより、早く

「ここで部下っつか手駒になるやつを集めて。後々、もっと大きな事をする為の。九尾の狐が過去にやらかした事………特に、古代中国で。「封神演技」とかで物語られているそれからの予想だけどな」

 あの狐は権力者に取り入る
 己の欲望を叶えるために

 「組織」等の存在がある以上、いかに狐が強かろうとも、一人で悪事を行うには限界が生じるだろう
 だからこそ、手駒がいる
 それも、うんと強い手駒が

 きっと、それを手に入れるために、この学校町は都合がいいのだろう
 何せ、ここには日本でも有数の都市伝説契約者が、数多く存在するのだろうから

「まぁ、最終的には。「狐」は誰頭に討伐されて終わるだろうけどな」

 それでも警戒は必要だけど………と、そう言いながらも
 直斗は。妙に確信めいて、そう断言した

「「狐」は、学校町を舐めているから」


 そう、「狐」にとって一番の誤算はそれなのだろう
 三年前に、ほんの少し学校町を訪れたその時に、気づけなかった事が

 この街に集う契約者達が、一筋縄で行くはずもない
 それに気づかぬ「狐」も、その部下達も
 もはや、火の中へと飛び込んだも、同然なのだ



to be … ?
103 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/11(金) 23:05:18.41 ID:KEeOxbb40
と、言うわけで、雀君の疑問にそっと答えるネタぶん投げておきますの
104 :チキン野郎 [sage saga]:2015/09/11(金) 23:43:35.16 ID:NzQBk2nB0
乙です
あー、狐って……(個人的には、封神演技よりも某無双ゲーの印象が強い)
105 :いつか見た 夢  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/14(月) 00:05:36.99 ID:q0h+yu4j0
 夢を、見ていた
 るりらるりら、と誰かが歌う声
 はらり、はらりと舞う桜の花びら
 それは、とても穏やかな時間だった
 花の向こう、笑うその姿に手を差し伸べて

 伸ばされた手は、こちらの手をつかめずにずるり、と落ちる
 血塗れの手、辺りは炎で囲まれている
 辺りの光景が一瞬で塗り替えられ、大きな木が燃え落ちようとしていた

「  、           」

 何か、語りかけられた気がした
 しかし、聞こえない、わからない
 血塗れのその手をとって、抱き上げる

 己のすべきことはわかっている
 火が燃え広がってしまう前に
 あの木が燃えつけてしまう前に


 たとえ、この身が人の身でなくなろうとも……………


 ごがっ、と、鈍い痛みで目を覚ました
 視界に入り込んできたのは、空の青と雲の白、樹の枝の影と木の緑

「鬼灯さん?大丈夫ですか?」
「あ?…………あー」

 どうやら、自分は眠っていたらしい
 むくり、と体を起こす………背中やら何やら、あちらこちら、痛い

「木の上から落ちてしまわれたようなのですが………お怪我はありませんか?」
「おぅ、これくらいなら問題ねぇ」

 ………うん、木の上で眠っていて、落ちた、ということなのだろう
 なんとも情けない話だ
 この程度の軽い打ち身であれば、人の身ではない己であれば、すぐに治る事だろう
 人の身であった頃等、数百年前のことであるから、詳しくは覚えていないが……

「………?」

 一瞬、つきり、と頭が傷んだ気がした
 何か、思い出せそうで思い出せなかったような、そんな………

「鬼灯さん」

 くっ、と、龍哉がこちらの顔を覗き込んでくる

「まだ、眠たいのでしたら、お部屋でお休みになられたほうがよいですよ」
「…………あぁ、そうするわ。ここんとこ、暑さでろくに寝てなかったしな」

 獄門寺家の冷房設備が整っていない、と言う訳ではないが、どちらにせよ寝不足気味なのは確かだ
 小さくあくびしつつ、立ち上がる

「「狐」探しで、連日、力を使われているのでしょう?………あまり、無理なさらないでくださいね」
「………おぅ。ま、俺以外にも、あちらこちらで探してんだしな、無理ない程度でやるさ」

 ……黙っていたが、やはり龍哉は気づいていたらしい
 いや、気づかれる程度に、己が疲れを隠せていなかっただけか
 もう少し、うまくやれるようにしなければ

 ふらり、とあてがわれている部屋にはいると、ごろり、と寝転がった
 静かに目をとじる

(…………夢を)

 夢を、見たくない
 夢を、見たい

(    、       )

 畳の感触を感じながら、また、眠りへとふっ、と落ちていった



 もう一度見た 夢の中で
 ゆらりと揺れた九つの尾の姿に、あの炎よりも強く燃えたぎる憎悪を、はっきりと感じながら



to be … ?
106 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/14(月) 00:06:32.21 ID:q0h+yu4j0
誰もいないのでそっとぶん投げておいた過去的なそうでないようなあれそれ
107 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/14(月) 12:30:51.29 ID:gdD9ijFAO
乙ですー
鬼灯さんの過去か、興味あるな
しかし現代編も次世代編も書き進まない
ストーリーが決まってるのに書けないってのもなんだかなー
108 :   ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/18(金) 23:24:01.39 ID:R/vWYXyS0
 ひたひたと、それは学校町を歩き回っていた
 それが町中を歩いていようとも周囲の人々は気にする様子もない………いや、ある一部の人は、その姿を見たらびくっ、とする事はあるかもしれない
 何せ、それは警察官の姿をしているのだから
 「姿をしている」と言ったのは、彼が姿こそ警察官ではあるが、実際は警察官等ではないからだ
 彼は「偽警官」と呼ばれる都市伝説だ。警察官らしいのは姿形だけであり、その本性は凶悪な殺人鬼である。怪力のような目立った特殊能力はないが、人間そっくりの姿と拳銃は、通常の人間にとっては物理的にも精神的にも脅威となりうる存在だ
 そんな彼がなぜ、町中を歩きまわっているかというと、獲物を探しているのだ
 彼個人としては、物語られている都市伝説にそうように、女性をターゲットにしたいところだが………

(上司の行方がわからねぇしなぁ………うっかり、人間のふりをしている上司ターゲットにしちまったら、俺は死ぬしか無い)

 そう、大変と困った事に、人間ではないはずの彼の上司は、ただいま人間のふりをして人間に紛れ込んでいるらしい
 それだけならまだいいのだ。ただ、問題なのは、一体、今、どんな人間の姿をとっているのか、自分達部下にすら一切合切教えてくれていない、と言う事実である
 これは、困る、非常に困る
 上司の性格上と言うか性質上、高確率で女性の姿をとっているはずである。こちらがターゲットに選んだ女性がうっかり、その上司が化けた姿であったら………死ねる。殺されると言う以前に、そんな事をしでかしたら自分で死を選ぶ
 まぁ、そんな理由があるので、しばらく女性をターゲットに選ぶのはやめておく事にする

(あー、でも、男の肉は硬ぇの多いからな。飯用として持ち帰ったら嫌がられるか……?)

 彼、偽警官には仲間がいた。偽警官ではないが、彼と同じように人間ではないそいつらの中には、人間を主食としている者もいる
 偽警官はターゲットを殺せば後は放置するだけだが、そう言う仲間がいる以上、殺したターゲットはそいつの胃袋行きになる事も多い
 ……女と男だと、女の方が食べていて美味いらしい。偽警官は人間は食べないので、その感覚は全くピンと来ないのだが

(肉付き良さそうなのにするか……?あー、でもデブいたぶってもつまんねぇんだよなぁ。いたぶるなら、やっぱいい女に限るんだが………)

 町中をうろつきながら考えこみ
 結論としては、痩せすぎてない男を適当にターゲットに選ぼう、そういうことにして

(………よし、あいつにするか)

 ターゲットに選んだのは、高校生
 その後を、ゆっくりとついていく
 辺りから、自分達以外の人間の気配がなくなるまで、しかし、疑惑の目を向けられない程度の距離を保って
 家につくまでにチャンスが訪れなかったら、家を訪問する形にすればいい

 ………辺りに、自分達以外の気配がなくなる
 チャンスだ

「すみません、ちょっと、いいですか?」

 その高校生の少年に話しかける
 偽警官の声に、少年は何だろう、と言うように振り返ってきた
 とくに、疑っているような様子はない
 偽警官は、素早く警察手帳(もちろん、偽物)を取り出してみせた

「何だよ?」
「この辺りで、殺人事件がありまして………目撃者を探しているのですが」

 こうやって聞くのは、半ば「偽警官」としての習性である
 さっさと殺してもいいのだが、こればっかりはやめられないから仕方ない
 偽警官の質問に、少年は首を傾げて

「殺人事件?行方不明事件じゃなくて、か?」

 少年のその言葉に、偽警官は内心ギクリ、とした
 彼の仲間が、人肉を食らう仲間の為に人間を調達したのは、確かこの辺りのマンションである
 ……まだ、表面化していないと思っていたのだが、すでに行方不明になった、とされてしまっていたか?
 新聞とニュースをチェックしそびれていたかもしれない。帰ったら、確認しなければ、と偽警官は考える

「殺人事件です。一人暮らしの女性が殺害されまして……このあたりで、怪しい人物は見かけませんでしたか?」
「うーん…………」

 考え込んでいる様子の少年
 思案している様子で、視線を宙に彷徨わせる

 完全に無防備なその状態を、偽警官は見逃さない
 手元に出現させたナイフで、その少年の喉元を切り裂こうとした


 辺りには、誰も居ないはずだった
 周囲の住宅から、こちらに向けられている視線もない
 目撃者等いないはずであり、この行為を咎める者もいないはずだった


「っが…………!?」

 肩に、鋭い痛み
 からんっ、と、握っていたナイフが地面に落ちて、乾いた音をたてた
 ぶぅん、と、何か、虫が飛んでいるような音が耳元で聞こえたような気がした

 攻撃された、偽警官はそう確信した
109 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/18(金) 23:25:56.34 ID:R/vWYXyS0
 どこから、誰が?
 目の前の少年を、見る
 少年は、思案等最初からしていなかったかのように、にこやかに笑って偽警官を………否、偽警官の後方を見ていた
 偽警官が視線を動かすと………そこにあったのは、隙間
 二つの家の塀と塀の間にあった、細い細い隙間。人間が入り込めるはずもないそこを、見ていて

「ほら、言った通り来ただろ?」

 得意げに、少年が言った
 隙間に、誰か、いる…………ぎょろり、と、視線が偽警官を射抜く

「っちぃ……!」

 恐らく、別の都市伝説だろう
 最悪、目の前のこの少年が契約している存在かもしれない
 偽警官は、少年へと手を伸ばした
 人質にしよう、と言う算段だったのだが、残念ながら、それはうまくいかない

 伸ばされた手を、少年は軽く払って

「うぐっ!?」

 偽警官の体が、くるりっ、と一回転した
 ごっ!!と、その体が地面に叩きつけられる
 何か、柔道か合気道の技でもかけられたらしい
 背中を強かに打ってしまい咳き込む偽警官に、何かが近づいてくる

「確かに、来たわねぇ。「組織」のお仕事お手伝いしてくれて、おばちゃん、嬉しいわぁ」

 よいしょ、とややおばさんくさい声と共に、黒いスーツをまとった女が隙間から姿を現した
 その手に引っ張られるようにもう一人、若い男が姿を現す

「よくもまぁ、自分を囮に………っつか、お前、戦えたのか」
「ちょっとした護身術使えるだけだよ」

 男の言葉に、少年はさらりと答えた
 呼吸を整えようとする偽警官の胸元に、男の足が載せられる

「「偽警官」。悪ぃが、連行させてもらうぞ………話してもらわなきゃいけない事が、たくさんあるからな」

 偽警官を見下ろす男の傍を、ぶぅんと、カブトムシが飛んでいた
 先ほど、黒いスーツの女は「組織」と口走っていた
 なるほど、「組織」の連中か………ならば

「………捕まる訳にゃあ、いかねぇな」

 そう、口を割らされるはめにはなってはいけない
 記憶を読まれる訳にも、いかない

 偽警官は、ナイフと並んでもうひとつ、己の武器を手元に出現させようとする
 耐久性においては人間と対して変わらない脆弱なこの身を殺すにはじゅうぶんな武器、拳銃を

 次の瞬間には銃声が鳴るはずだった
 しかし、それよりも早く、カブトムシが偽警官の片手を貫いた

「愛百合っ!」
「はいはい、今やるわね」

 黒いスーツの女が、偽警官の手を掴んで、ひっぱる
 女はもう一方の手に、本を持っていた。薄く開かれた、その本の頁の隙間に………手を引っ張られた偽警官は、ずるり、と吸い込まれてしまって
 そして、そこで偽警官の意識は、途絶えた



「へぇ、そんな事出来たのか」

 愛百合が見せた能力に、感心した声をあげる直斗
 彼女が「隙間女」に飲まれた黒服である事は知っていたが、まさか、自分以外も隙間に引っ張りこむような能力があるとは、今回の件まで知らなかった
 どうやら、本のように小さな隙間に引っ張りこんだ場合は意識を奪う事ができ、そうではない隙間には意識を保った状態で引っ張り込めるらしい
 なるほど、使いようによっては、かなり便利だ

「ある程度ダメージ与えた相手じゃないと、引っ張り込めないけどねぇ」
「なんか、ゲームでそういうの結構よく聞くような」

 こう、ポケットなモンスターのとか、そういうので

 とりあえず、「狐」の配下の一人を生け捕りに出来たのは事実である
 直斗が慶次にもたらした情報で、だ

 鬼灯から聞いた分の「狐」の配下についての情報を、直斗は慶次に話してみせた
110 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/18(金) 23:28:08.11 ID:R/vWYXyS0
 その中で、一番捕獲出来そうなのが、偽警官だったのだ
 情報を前もって渡し、そして、町中で偽警官の姿を見つけると、素早く慶次に連絡したのである。情報を渡すついでに、携帯の番号を直斗が無理矢理慶次から聞き出した成果が出たのだ

(腹立つが、まぁ、確かに役に立ったな………)

 花房 直斗は、都市伝説について知っているし詳しいが、契約者ではない
 はっきり言おう、戦闘の場にいたとしたら、通常は足手まといだ
 しかし、今回の直斗が囮となる作戦は、直斗自身が提案してきたものである
 相手が偽警官程度であれば、護身術でも不意を打てばある程度なんとかなる、という計算もあっての事だろうが、非契約者の癖にかなりの度胸だ

「囮作戦とか、嫌がるもんだと思っていたが」
「俺が囮になるのはいいんだよ。事情を知らないやつを囮にするのは嫌だけどな………まぁ、憐なんかは知ったら反対してきただろうけど。だから、お前らに話持ってきたんだよ。「強行派」は、そう言う作戦平気だろ?」
「ひどい偏見を向けられた気がする」
「気のせいさ」

 慶次から向けられる視線に、直斗はぷい、とそっぽを向いた
 直斗もまた、土川 咲李の件では「強行派」に若干思う所があるので、ある程度の偏見はあるのだろう。他の幼馴染グループのめんつと比べると、まだマシなレベルだが

「んじゃ、俺はこれで」
「えぇ、協力、ありがとうねぇ」

 ころころと笑って、直斗を見送ろうとする愛百合
 直斗は、すたすたとここから離れていって………ふと、足を止めると、くるりと振り返る

「……気をつけろよ。偽警官は楽な相手だったけど。鬼の奴とか厄介なのもいるんだから。油断したら、死にかねないぞ」

 それは、忠告
 それを告げる直斗の表情は、普段の陽気な様子とはどこか違っていた
 愛百合は薄く笑い、それに答える

「言われなくても、大丈夫よ。都市伝説の件は、都市伝説が始末をつける。契約者じゃない子は、しゃしゃり出て来ちゃダメよ?」
「……その考え、咲李の時にも持ってくれてりゃ良かったんだけどな」

 そう言うと、直斗は今度こそ、この場を立ち去っていった
 さて、と、愛百合は偽警官を閉じ込めた本をしまい込む

「さ、慶次君、報告もしないといけないし、帰りますよ」
「おぅ、わかった」
「それと………確かに、今回の情報は有益だったけど。彼のいうこと、鵜呑みにしすぎちゃダメよ?」

 わかってるわよね?と
 愛百合は確認するように、慶次をじっと見つめてきた

「彼は都市伝説に詳しい、って言っても、契約者ではないから。都市伝説の戦力をしっかり図れるかどうかは、ちょっと怪しいんですもの。情報提供元が鬼灯、って言うのも引っかかっちゃうしねぇ
 今回の作戦だって。おばちゃん達が彼の作戦に乗らなかったら、見捨てられて無駄死にだったし。穴のある作戦だったものね」
「………わかってるよ」

 慶次の言葉に、よし、と笑って、愛百合は歩き出す
 その後をついていきながら、慶次はぼんやりと考えた

(…色々と気に食わないが。あいつの情報は正しかった。作戦も、特に問題はなかったし………今回の件で、俺と愛百合が見捨ててこない事も、全部計算づくだったんだろうな)

 見捨てでもしたら、あの幼馴染グループにどういう目に合わされるかわかったものではない
 慶次と愛百合のそんな考えすら見ぬいての作戦だった、慶次はそう考えたのだ
 ……あの直斗と言う少年、油断ならない

(対等に情報やり取りする気でいかないと、むしろこっちが利用されかねないな………それに)

 あの忠告は、本当に相手の戦力を警戒してのものだ
 何せ、相手はあの九尾の狐である
 警戒し過ぎるに越したことはないのかもしれない

 契約していない人間は、総じて自分達契約者よりも下である
 そのように常日頃考えていた慶次だったが、花房 直斗と言う少年に関してだけは、考えを改めてもいいかもしれない
 この日、慶次はそのような結論へと達したのだった




to be … ?
111 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/18(金) 23:29:15.04 ID:R/vWYXyS0
連投気味になってしまって申し訳ない
直斗が慶次に接触して数日後くらいの時間軸じゃないですかね、多分
112 :誰かの思い出  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/21(月) 22:01:53.97 ID:fMVBtChV0
 ーーーーー痛い
 自分の体から体温が奪われていくのがはっきりとわかる
 当たり前だ、だって、自分から、たくさんの血が流れでていっているのだから

(ちょっとだけ、無茶、しちゃったかな………)

 でも、自分が前にでなければ、きっと、あの子が死んでいたから
 それは、嫌だった
 自分の目の前で人が死ぬのは嫌だ
 自分の知っている人が死ぬのは、嫌だ
 人はいつか死んでしまうものだとわかっているけれど、自分よりも年下の子が死んでしまうなんて………殺されてしまうなんて、嫌だ

 口が耳まで裂けた女の人が振り下ろした鎌が、私の体をどう引き裂いたのかは、わからない
 ただ、恐らく、助からない怪我なんだろうな、と、そう思った

 男の子達は、どうなっただろうか
 うまく、逃げてくれたかな……………

(………あ、れ?)

 ……温かい
 何か、暖かなものが、自分に注がれている
 それと同時に、冷たくなっていっていたはずの自分の体が、また温まっていくのがわかった
 痛みは、ない
 傷が、消えている?
 暖かくて、優しい手が、触れてきている

「…だい、じょうぶ?」

 声が、聞こえる
 ゆっくりと目を開けると、泣き出しそうな顔の男の子が、じっとこちらを見つめていた
 ひらりっ、と
 私の視界の隅を、何かが舞い落ちた

「ストップ!それ以上、火ぃ吐くな!辺りが燃え広がる!!」
「そしたら逃げられるだろ!」
「大丈夫です、僕が仕留めます」
「逃げようたって、逃がさないんだから!」
「連絡はした!?」
「…した………スーパーハカーが、一気に知らせてくれたから。父さん達も来る、と、思う」

 自分の顔を覗き込んでいる男の子が、いつも一緒にいる他の子達の声が、聞こえてくる
 どうやら、みんな逃げていなかったらしい………なんか、変な会話が聞こえた気がするのは、気のせいだろうか

「まだ、痛い……?」

 と、こちらを覗き込んでくる男の子が、小さくしゃっくりあげながら、そう言ってきた
 慌てて、答える

「っだ、大丈夫、どこも痛くな………」

 答えていて、気づく
 男の子の背中から、生えているそれに
 淡く黄色に輝き、小さく羽ばたいているそれは、まるで天使の翼のようで

「ぁ…………っ」

 視線が、その翼に向けられている事に気づいたようで、男の子の顔色がさぁっ、と青くなった
 浮かんでいる表情は、恐怖
 後になって思えば、それは、「拒絶されるかもしれない」と言う恐怖だったのかもしれない

 けれど、あの時、自分はそんな事には気づかないで、ただ


「………………綺麗」


 と、どこかぼんやりとした意識の中、そう、口にした
 そうすると、男の子は一瞬。きょとん、として…………そして、ぽろぽろと涙をこぼして、泣き出してしまった
 男の子が泣いている声に、他の子供達がびっくりした声をだして駆け寄ってきたのを、確認して

 …おそらくは、血を流しすぎたせいだろう
 私は、そのまま気を失った


 それが、あの子達と仲良くなれたきっかけだった
 そしてあの時、私は誓ったのだ
 私は、彼らの「日常」となり、「日常」を支えてあげよう、と


 その誓いは、最期の時まで、変わらぬままだったのだ


to be … ?
113 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/21(月) 22:03:10.68 ID:fMVBtChV0
ほんとに連投になっちゃってるなぁ
とりあえず、誰かってなってるけど誰なのかバレバレの回想めいた何か
114 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/09/23(水) 11:24:50.11 ID:PDK+EXzAO
花子さんとかの人乙ですー
直斗くんは慶次くんを巧く利用できるのか?
慶次くんもみすみす利用されはしないだろうし、楽しみですね
そして咲李ちゃん…
115 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/23(水) 20:23:54.17 ID:kqwrCVf20
>>114
> 直斗くんは慶次くんを巧く利用できるのか?
直斗が人聞き悪いって顔してそう

咲李は良い子でしたからね
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/27(日) 23:50:35.56 ID:pIEkhetoo
花子さんの人が復活して人狼要素を取り入れた話術や駆け引き有りの新しい話を書いてると聞いて飛んできました
大きな戦闘はこれからかな?年をまたぐことになるかは分かりませんが楽しみにしてます
鳥居の人のノイちゃんも久しぶりに見れて良かった
お元気そうで何よりです
117 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/29(火) 00:15:58.61 ID:wOFS/jX10
 秋。秋といえばスポーツの秋芸術の秋、いろいろとあるわけだが

「なるほど、そのお店の栗きんとんが美味しいんだ」
「うん、約一ヶ月間くらいの期間限定で、ちょっとお高めだけど。とっても美味しいの」

 食欲の秋、と言うのがどうやら自分の周りには多いようで
 Cが美味しいお店を、何箇所か紹介してくれた
 以前、R達に学校町を案内してもらった時も何箇所か教えてもらったけど、そことはまた別の所だ

「かなえは、食べ物の店詳しいわね」
「あっ、う、うん、えっと、その………お、美味しい物食べられると、幸せだし………」

 こちらの指摘に、もじもじと恥ずかしそうにするC
 そのつつき心地のいい頬を、軽くぷにぷにっとする

「…その結果が、このぷにぷにと」
「あぅうう」

 そう、ちょっとぽっちゃりしてるんだよなぁ、Cは
 薙刀習ってるって言うし、体育となるとそれなりに動いてるし。なのに、どうしてぽっちゃり気味なんだろう
 Yも結構食べる方だけど、Yはすらっとしてるのになぁ………新体操って、そんなにカロリー消費激しいんだろうか

「いーい?運動してるからって油断しちゃダメよ。消費カロリー以上にカロリー摂取したら、結局太るんだからね?」
「あぅうう………えと、その………ど、道場の他の人が、おまんじゅうとか、ケーキとか、持ってきてくれて、その、食べなきゃ悪いし……」
「餌付けされてるっ!?」

 さてはその道場、Cより年上多いなっ!?Cはなんとなく、おばちゃん受け良さそうだし!「ほら、これもお食べ」とか食べさせられてそうだ!
 以前は、自分以外の女なんてどうでも良かった私だが、Cとはそれなりに仲良くなったのだし、ぶくぶくと肥え太っていく事だけはストップさせなければ

「かわいいお洋服だって、太れば着られなくなったりするんだから。気をつけるように」
「う、うん、っき、気をつける」

 よし、素直でよろしい
 YやMはそう言う関係大丈夫そうだけど、Cは今後も見ておいてあげないと
 なんだろうか、こう、誰かがちゃんと見てないと不安になるタイプかもしれない。Cは

(まぁ、他にも、別な意味で見ていないと不安になるのはいるけど………)

 なんて、そう、心の中で思っていると

「れーん、今日は放課後、用事あるか?」
「今日はー、教会のお手伝いっすー。その後は家帰る前に夕食の買い出し。伯母さんがこっちに帰ってくるんで、いつもより豪勢に、っすー」
「ど畜生っ!?………あ、あの人、仕事から帰ってくるのか。じゃ、今晩はみんなでゆっくりした方がいいな」

 聞こえてきたのは、HとLの声
 Hに突っ込み入れなければ、と言う使命感を一瞬感じたのだが、後半聞いてまぁ許すか、と言う気分になる
 Lの話し方からするに、Lは伯母さんとかとも一緒に生活していて、でもって、伯母さん、仕事で単身赴任だったのかな?

(家族団欒、かぁ)

 ……そう言えば、おじいちゃん、元気かな
 学校町に来てから、会っていない。お盆の時期も、帰らなかったし

(……………あれ、そういえば。どうして、帰らなかったんだっけ?)

 普通、お盆の時期って、一旦帰るもの………いや、別に帰る用事ないから帰らなかったんだっけ?
 ふと、思考が流れていきそうになった、その時

「あ。でも明日は特に用事ないっすよ?」
「ほんとか?じゃあ、デー」

 ……………

「せいっ!」
「あだっ!?」
「はるっちーっ!?」
「あ。あの、昨夜ちゃん。なんで、日景君の後頭部に、いきなりハイキックを」
「やらなきゃいけない予感が下から」

 Cの言葉に、私は堂々とそう答えた
 うん、本当、Cとは別な意味で放置してちゃダメだ!
 NがRにわりとべったりと言うか、最近「あれ、逆にRが割合Nにべったりなんじゃ」って気づき始めたあっちの方がまだ安心でき………出来るよね、大丈夫だよね!?
 周囲を取り巻くこの状況に、私は頭を抱えるしかないのだった



to be … ?
118 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/09/29(火) 00:19:29.30 ID:wOFS/jX10
御免、名前欄変更し忘れてた。「とある女子高生とナチュラルホモ共の高校生活日記」です
いつの間にか夏休みネタ終わってまた日常ですよっと
あ、それと。かなえの表記をKからCに変更しました。灰人とイニシャル被って紛らわしいし

>>116
いえーい、帰って来てました。執筆スピードガタ落ちしてっけどね

>花子さんの人が復活して人狼要素を取り入れた話術や駆け引き有りの新しい話を書いてると聞いて飛んできました
俺の悪い頭で考えてるから、話術や駆け引きはだいぶレベル低いよ!御免な!
人狼要素は、キャラ達が人狼で遊んでただけだけどね
119 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/02(金) 20:49:09.34 ID:0p0eo+KAO
花子さんとかの人乙ですー
うむ、かなえちゃんはやっぱり可愛い
組織つながりでるり澪キラと食い倒れツアーとかさせたい
120 :狐の駒は隠れ住む  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/03(土) 23:20:59.78 ID:vayCnk8+0
 ぺちぺちぺち
 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち

 帰ってくるなり目に飛び込んだ光景に、九十九屋はどんな顔をしたら良いのかわからず、とりあえず立ち止まった
 ぺっちんぺっちんぺっちん、と、可愛らしい少女を模した人形が、大人しく正座している角が生えて大柄な女を叩き続けているその光景は、異様としか言い様がない

「……何をやっているんだ、アナベル」
「あ、九十九屋お兄ちゃん!聞いて聞いて聞いて!!皓夜ったら酷いの!」

 ぷんすか、と言った様子で、アナベルと呼ばれた人形はぴょこんっ、と女の膝から降りると、てちちちちちっ、と九十九屋に近づいていった
 九十九屋がしゃがんでやると、ぴょんっ、と彼の腕まで跳んで、そのまま抱っこされる

「皓夜がね、皓夜がね!私のおもちゃ食べちゃったの!」
「おもちゃ?」

 もしや、と思って、皓夜………角が生えた大柄な女の傍らを、見る
 そこに散らばっているのは、何かの欠片

「あぁ、うん。理解した。腹が減って我慢がきつくなったんだな」
「………ごめんなさい」

 しょぼぼーん、とした様子で皓夜はそう口にした
 何せ、彼女は「人間」しか食えない
 一応、一度食べればある程度食べずとも大丈夫であるはずなのだが、この学校町に来てからと言う物、その食事を得られない時間の方が長い
 どうしても、空腹になってしまうがゆえに、アナベルのおもちゃ………以前の皓夜の食べ残したる頭蓋骨に、手を出してしまったのだろう

「気にするな。なかなか食事を調達してやれないこっちにも責任はある。アナベルも、許してやれ」
「むー………」

 九十九屋の言葉に、アナベルはなかなか機嫌を直さない
 仕方ないな、と、九十九屋は自分のかばんから、何やら取り出した
 それは、長く太い針金を、危なくないよう丸くまとめた物
 針金は九十九屋の掌の上に乗ると………ぐにゃり、と、ひとりでに動き出した
 ぐにゃり、ぐにゃり、ぐにゃり、ぐにゃああああ…………

「……おぉー……」

 目の前で変化していく針金を、アナベルは本来輝くはずなど無い人形の瞳をキラキラと輝かせて見つめていた
 正座したままの皓夜も、きらきらと子供のように目を輝かせて見つめている
 やがて、その針金は。九十九屋の掌の上で複雑に絡み合い、髑髏を模した形へと変化した

「ほら、これやるから。これで我慢しておけ」
「やったー!!九十九屋お兄ちゃん大好きー!」

 きゃっきゃっ、とはしゃぐアナベル
 店に置いたなら、結構な値段を取る代物なのだが、これくらいはいいだろう
 九十九屋の能力を持ってすれば、この程度の物を作り上げる等容易い事なのだから

「あなべる、いいなー………」
「皓夜も欲しいか?」
「う?うー…………うぅん、いらない、こーや、もらっても、きっと、こわす……」

 自身の力が強い事を自覚してか、しょんぼりと皓夜は答える。自身の強すぎる腕力を制御しきれないのは、彼女の弱点だろう

「ウィリアムとアダムは?」
「まだ、かえってきてない……だいじょーぶかな?」
「アダムはともかくウィリアムはどうだろうな。あいつ、調子に乗りやすいところあるし……」
「誰のことを心配してんだ?」

 皓夜と話していると、背後から声
 九十九屋が振り返ると、そこにいるのは欧米系の顔立ちの男二人
 一方は、人一人入りそうな樽を傍らに置いている

「あぁ、確保出来たのか………見つかっていないだろうな?」
「もちろん。アダムに周囲見張らせてたし、妙な視線も感じなかった。問題ないぜ」
「ここまでつけてくる気配もなかったし、大丈夫だと思う」

 二人の言葉に、わかった、と九十九屋はうなう居た
 皓夜は、九十九屋が契約都市伝説の能力を発揮していた時よりもさらに瞳を輝かせ、「ごはん?ごはん??」と口にしている。もしも、彼女が犬だったならば、ちぎれんばかりに尻尾を振っていることだろう

「そうだ、皓夜、ご飯だぞ!俺が契約都市伝説の能力で持って生け捕りにしてきた!新鮮だぞ、褒め称えろ!!」
「わーい!うぃりあむすごーい、だいすきーー!!」

 すっく!と正座状態から立ち上がった皓夜
 そして、ふらつきながらイタリア系の顔立ちの男性、ウィリアムへと突撃し

「あ、待った、皓夜。お前に抱きしめられると俺は死ねr っぎゃーーーーー!!??」
「何やってんだお前ら」

 皓夜の強烈なタックルを受けて、倒れこむウィリアム。なんかすごい音がした気がするのは気のせいか
 「あししびれたー……」と皓夜が呟いているのを見るに、タックルしたと言うよりもウィリアムの目前ですっ転んで巻き込んだのが正しいのかもしれないが

「…………やれやれ」

 隠れ住まねばならぬのにこんなに騒がしくていいのか、と九十九屋は深々と、ため息を付いたのだった
121 :狐の駒は隠れ住む  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/03(土) 23:21:35.07 ID:vayCnk8+0



 その日
 学校町の、どこかで
 生きながら食われる痛みに絶望の叫びを上げた誰かがいたが
 その事実に、誰も気づくことは、なかった



to be … ?
122 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/03(土) 23:23:48.34 ID:vayCnk8+0
今度こそ敵戦力の情報ちょこっとは出せたぞやったー
まだ全員じゃないけど、こう言う連中みたいですね



>>119
>組織つながりでるり澪キラと食い倒れツアーとかさせたい
スレ住民の愛でかなえがちょっとぽっちゃりからぽっちゃりへとランクアップする日はそう遠くない
123 :【六本足】 [sage saga]:2015/10/05(月) 21:49:14.02 ID:VOx8O/5H0
花子さんとかの人乙です
ついに敵サイド登場ですか
一見、ほのぼのしてるけどえぐいっすな

久しぶりに六本足
色々と破綻している話ですが完結はさせたいです
124 :苦境【六本足】 [sage saga]:2015/10/05(月) 21:53:16.26 ID:VOx8O/5H0
 その部屋には、夜だというのに灯りがつけらていなかった。
 テレビの電源は入っている。
 だが、微々たる光では闇を濃くするだけ。
 まったくの暗闇より不気味だ。
 そんな部屋の中央に一人の少年がいた。
 あどけない顔をしており、小学生か幼稚園児だとわかる。
 彼は、テレビ画面を見つめながらある物を食べていた。
 フライドチキン。
 脂ぎったそれを夢中で貪っている。
 時刻はすでに二十三時、子供が夕食を摂るにしては遅い時刻。
 ただ、少年にとっては珍しいことではなかった。
 彼の母親が、夕食を家に置き仕事に戻る時間は不規則。
 遅い時刻に食事を摂るのはよくあることだ。
 フライドチキンを食べ終えた少年は、未練がましく骨をしゃぶっていた。
 まるで、飢えた犬のように。
 全てを喰らい尽くそうとしていた。
 獣じみた行為を終えると、少年は床に寝転がった。
 もう何もすることがないとばかりに。
 彼に一切の迷いはなく、ただ自身の中に眠る何かに従っていた。
 それは本――。

「馬鹿らしい」

 言葉を漏らすと、暗い部屋は一瞬で消え去った。
 飛ばされていた意識が肉体に戻る。
 右腕と背中の痛みが証拠だ。
 瞼を開き、現実を直視した。
 目の前には幾本もの触手、宙でそれらを操る【スレンダーマン】。

「自分の過去を視るほど暇じゃない」

 【空撃】を射った。
 右足から飛んだ衝撃波は、触手を砕き肉片を飛び散らせる。
 俺の体にも、いくつかへばり付いた。
 腐った海産物のような臭いが鼻を突く。

「どうせなら、未来を見せろ」

 再び、【空撃】。
 今度は【スレンダーマン】本体を狙った。
 空間を震わせ、目標へと真っ直ぐに向かっていく空気の弾丸。
 絶対の威力を持つそれは激突した。

「早いな」

 目標ではない対象、瞬時に元の長さへ再生した触手の束に。
 生々しい轟音が鳴り響き、肉片が空に舞い上がる。
 【獣の数字】のおかげで、触手の高速再生ができるんだろうか。
125 :苦境【六本足】 [sage saga]:2015/10/05(月) 21:54:51.11 ID:VOx8O/5H0
「どうでもいいけどな」

 阻むものがあるなら、消えるまで攻め続ければいい。
 人間に殺せない都市伝説なんて存在しねえ、師匠もそう言っていた。
 右足に力を込め、【空撃】を放った――はずだった。

「ん」

 上げたはずの足が、地面に張り付いている。
 同時に、強い痺れを感じた。
 引き剥がそうと力を入れてみたが効果はない。
 そればかりか、痺れが一層に強くなる。

「お前の仕業か」

 額の数字を赤く光らせる【スレンダーマン】。
 この痺れは奴の仕業だ。
 【スレンダーマン】は、ネットで生まれた都市伝説。
 一枚の画像に、不特定多数の人間が肉付けをして今の形となった。
 そのせいか、設定が非常に曖昧だ。
 能力も同様、自由度が非常に高い。

「げんかくをみせることも、かなしばりをかけることもできるってことか」

 痺れは全身にまで広がった。
 指先を動かすのすら困難、呂律も怪しい。
 右腕と背中の痛みだけが自由。
 この状況でも泣き叫んでいる。
 完全に追い詰められた。  
 静止した俺に、【スレンダーマン】が触手を伸ばす。
 太く逞しいそれを使えば、身動きの取れない人間を絞め殺すくらい余裕だろう。
 迫る命の危機、肉体がそれに抗うと蠢き出すが痺れに制圧される。
 代わるように、今度は脳髄が稼働。
 過去の経験と照らし合わせ、この状況を脱する方法を模索する。 
 結果は――。

「なしか」

 脚を封じられた今、俺に取れる策はない。
 【スレンダーマン】の触手が、すぐそばまで迫ってきていた。
 走馬灯は思い浮かばない、駆け巡るのは危機を回避しようとする意識だけ。
 いつもなら、これに従い行動を取るが今は不可能。
 ただの空回りだ。
126 :苦境【六本足】 [sage saga]:2015/10/05(月) 22:00:08.20 ID:VOx8O/5H0
「しぬのか」

 首にぬるりとした感触。
 【スレンダーマン】の触手が張り付いた。
 窒息か頚椎を折る気だろう、面倒な殺し方だ。
 こいつの力からすると、そこらの壁にでも叩きつけたほうが楽だろうに。
 そんな事を考えている間にも、触手は巻き付き始めていた。

「ししょうにおこられるな」

 都市伝説ごときに殺されるな、師匠はよくそう言っていた。

「自分達が生み出したものに殺されるなんて馬鹿らしい。せめて、人間に殺されろ」

 言いつけは守れそうにない。
 触手に力が加えられようとしていた。
 その時だった。
 【スレンダーマン】の額が強い輝きを放ったのは。
 周囲の闇が、赤く強い光で照らされた。
 思わず、目を細める。
 閃光弾には遥かに劣るが、開けたままにするにはきつかった。
 今度は何をするつもりだ。
 【スレンダーマン】否【獣の数字】の契約者の思惑を考える。
 俺の身動きを奪った上で何をする気なのかわからない。
 殺すだけなら、今のままで十分なはずだ。
 動き出す思考。
 だが、変化が起きた。

「あ」

 触手の絞め付けが急に弱まった。
 それどころか、首から離れていく。
 一体、何がしたい。
 【スレンダーマン】を睨みつけ、真意を探ろうとした。
 そこに奴と触手の姿はなかった。
 一瞬で姿を消した。
 といっても、別に不思議なことではない。
 【スレンダーマン】の伝承の一つに、瞬間移動をするというものがある。
 姿を消すことくらい容易だろう。
 問題は、なぜ瞬間移動をしたかだ。
 戦闘中だったら不自然なことではない。
 しかし、今は処刑中。
 わざわざ、移動する必要などない。
 あるとしたら、それは――。
 推論を立て終えたのと、【スレンダーマン】の気配を感じたのは同時だった。
 二つが組み合わさり、位置情報が確定する。
 奴は今、塀の向こう。
 ここから少し離れた場所にいる。

「契約者さん!!」

三人を襲うために。

――完――

あれとかそれとか超便利(執筆あるある?)
……出来るだけ使わないほうがいいらしいけど
127 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/05(月) 23:16:02.82 ID:OUQoxstN0
六本足兼チキンの人乙でしたー
スレンダーマン怖い強い
そして、あっ、あかん

>一見、ほのぼのしてるけどえぐいっすな
一番のほのぼの要員がえぐい方向性への材料な時点で頭を抱えるしか無い
128 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/07(水) 01:15:22.58 ID:Xfnaw9B20
 駅に着くと、もうそこには父の姿があった
 あちらもすぐに息子に気づいたのか、顔を上げてくる

「…来たか。診療所の手伝いはいいのか?」
「向こうも、お袋が今日帰ってくるってのはわかってるし、こっちが連絡するよりも先に、今日は来なくて大丈夫だって言われた。親父こそ、部活の顧問やってるだろ。そっちは大丈夫なのか」
「化学部なら、今の部長はまともだから放置しても問題ない。そうじゃなくとも、昔から自由にやらせていたしな」

 我が父親ながらこれでいいのか、と、荒神 灰人は父親である荒神 秀の言葉に呆れた
 父が教師を務めている高校に通うのは気まずい事この上ない為、別の高校に通っている今現在、父の学校での働きっぷりは実の弟同然の従兄弟や一つ年下の幼馴染達から聞くしかない訳だが、正直不安しかない
 一応、生徒からはそれなりに慕われているし校長からの信頼も厚いとは聞くが、本当に大丈夫なのだろうか

(まぁ、信頼されてるのは、都市伝説契約者としての実力やらその辺も含んでだろうが………)

 都市伝説事件の発生率が、20年前までと比べると格段に減っているとはいえ、元々中央高校は都市伝説事件が学校町内でもひときわ、野生の都市伝説が出現し易いエリアなのだ
 今でも、教師なり生徒なりで都市伝説と契約していて、戦闘能力をある程度保有している者が、学校の敷地内に出現した都市伝説の相手をする事は多いと聞く
 自身が通う高校でもちらほらと都市伝説が出没する事はあるが、正直、中央高校程ではない
 それらに対して対応出来るだけの戦力を中央高校は保有している、とも言えるだろう
 実際、「組織」等も、中央高校関係者をあまり巻き込みたがらない、と言う話を聞いたことはある

(………そもそも。親父が働いてる場所で何かあったら、叔父が黙ってないか)

 未だに「組織」でも最強クラスの一角と呼ばれる父の弟の事をふっと考える
 ……叔父の場合、当人の戦闘能力や契約都市伝説だけではなく、性格とか性格とか性格の面でそう言われている可能性も高いという事実からは、そっと目をそらしながら

「…………」

 と、父の視線が、改札へと向いた
 自然と、灰人もそちらに視線を向ける

 駅の改札を抜けて、母がこちらに近づいてくる様子が、見えた
 少し疲れているようではあるが、出かけていった時と、特に変わった様子はない
 少なくとも目に見える怪我はなかったようで、そこにはほっとした

「おかえり、お袋」
「あぁ、ただいま」

 こちらが手を振ると、母もひらり、と手をふって答えてきた
 母の顔の右半分を隠している長い前髪が、軽く揺れる

「……お帰り、ウル。無事か」
「無事だよ。秀と灰人こそ、何か問題はなかったか?」

 いつも通りの男っぽい口調で母はそう聞いてきた
 特に無い、と答えようとして………いや、あるか、と、すぐに切り替える

「ここんとこ、都市伝説による事件が増えてる」
「中央高校だけで見ても、20年前程ではないものの、増えているな」

 灰人が答えれば、父もまた答える
 そうか、と、母はため息を付いた

「ヨーロッパでも、「狐」が通った後に都市伝説事件が増えててな………「アヴァロン」に侵入しかけた奴がいて、流石に大騒ぎになった」
「それで、帰りが遅れたのか」

 そういう事だ、と、母は溜息をつく
 本当ならば、もう数ヶ月早く、日本に帰ってくるはずだったのだ。ヨーロッパに戻ったのは、あくまでも届け物をするためだけだったはずなのだから
 しかし、母がヨーロッパへと戻っていた間に、白面九尾の狐が出現し、その影響であちらこちらで事件が起きた
 その結果、それなりに強力な力を持っている母が戦力として駆りだされ、足止めを食らってしまったのだ
 ………無事で帰って来てくれたから、いいのだが

「しばらく、面倒な相手は懲り懲りだ………とはいえ、学校町に「狐」が来ている可能性が高い以上、そうも言っていられないんだろうが」
「お袋じゃないと手に負えないような相手が学校町に来ていない事を祈るよ」

 そんな会話をしながら、駅の駐車場へと向かう
 父の車の助手席に乗り込んで、母はようやく本格的に落ち着いたようだった
 車が、ゆっくりと動き出す

「………そうだ。「教会」のジェルトヴァがこっちに来ているらしいが。フェリシテは接触したのか?」
「あぁ、しているようだ。「教会」直轄の教会に毎週通っているんだしな。フェリシテと憐の話からすると、完全に追加の人員として来た形になっているな」
「おかげで、遥が機嫌が悪いらしいぞ」
「遥はそうか………涼は?」
「相手にしていないから、今のところ問題はないな。凛の方は、特にあの男とは関わっていないから、そちらも問題はない」

 車の中で、そんな会話をする
 叔母のフェリシテと従兄弟たる憐は毎週教会に通っているし、憐に至ってはよく手伝いに行っているから、「教会」所属のその男とはよく遭遇する
 そもそも、叔母は「教会」所属であり、ジェルトヴァとは前々から顔見知りなのだ
 だからこそ、母は少し心配しているのだろう。叔母とジェルトヴァは昔、何かあった………と言うより、ジェルトヴァの方から一方的に何かしらあったようだから。叔母は一切気づいてない上に気にしていないが

 そんな、会話をしていた時だった
 どんっ!!と大きな音がして、車が揺れる
129 :高校生活日記・非日常パート  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/07(水) 01:16:25.51 ID:Xfnaw9B20

 音の原因は、すぐにわかった
 原因が、車のボンネットに、居る

「ひ、ひ、ひ」

 それは、老婆だった
 一人の老婆が、自分達の乗る車のボンネットにしがみつき、けたけたと不気味な笑い声を上げている
 突然の奇怪な状況に、しかし車の運転を誤らずにすんだ父はさすが、と言うべきだろうか
 小さく舌打ちしながらも、ハンドルからは手を離さない

「………ったく。前が見えづらいのは、面倒だな」
「この状況で言うのがそれだってのは流石だよ………灰人、この婆さん、「何」なのかわかるか?」

 母の言葉に、後部座席からやや身を乗り出し、その老婆を観察する
 ボンネットにしがみつき、老婆はけたけた、けたけたと笑い続けており、ボンネットにしがみついているだけで、それ以上、攻撃してくる様子は見えない。と、なると………

「高確率で、「ボンネットババア」!」

 そう、「ボンネットババア」だ
 全国各地、様々なバリエーションが存在する、俗にいう「ババア系都市伝説」のうちの一種類だ
 国道を走っていると、突然、老婆がボンネットに飛び乗ってくる。その時に、運転を誤ると死んでしまう………車を追いかけてくる「ダッシュババア」や「ターボババア」なんかと比べるとどちらがマシなのかわからないが、ドリブルしているボールをぶつけてきて事故を発生させる「ドリブルババア」と比べると、直接攻撃してこないだけマシと言える

「対処法は?」
「そのまま、7km走り続けるのが良いらしいが………」

 ちらり、と父の様子を伺う
 ボンネットにしがみついている「ボンネットババア」が邪魔で、前方の視界が通りにくい
 全く運転出来ない状態ではないが、7kmとなるといけるかどうかわからない

「いけそうか?親父」

 それでも、一応確認をとってみると

「いけなくもないが、面倒だ」

 と、そう返された
 いけなくもない、という辺り、本当、父も都市伝説に慣れているからこう言う時、さほど困らない

「ま、たしかに面倒だな」

 母は、父の言葉にそう言うと………顔の右半分を覆う長い前髪を、軽く掻きあげて
 そして、ボンネットにしがみつく「ボンネットババア」を、見た



「はい…………あぁ。そこら辺に転がしておくから、回収を。念の為、証言を聞き出して………」

 自分にとっても知り合いである、母が所属している組織の者へと電話をかける灰人
 その間に、両親は車のボンネットの状態を確認していた

「…少しへこんだくらいだな。これなら、修理に出す必要もないか」
「流石に、重みでへこんだか……修理費用くらい、だすけど」
「いらん。新車でもないからな」

 よく見ないとわからないレベルのへこみ
 これくらいならば、無視しても問題無いだろう

「連絡入れておいた。適当に転がしとけば、回収するってよ」
「あぁ、わかった………影んとこに置いておくか。一般人が目撃したら、腰を抜かしかねない」

 ずずっ、と重たいそれ………石と化したボンネットババアを、物陰へと隠しておいた
 このリアルすぎる石像は、ちみっこが見たら確実に泣き出しかねないし、人によってはトラウマ間違いなしだ

「……帰って来て早々、能力使わせて悪かったな」
「いいんだよ、相手が弱かったから、すぐに石になったんだし」

 母の長い前髪の向こう側、一瞬、左目とはい路の違う赤目が輝いた
 能力を使って疲労したのか、ふわ、とあくびをしている

「………だっる。帰ったら、寝る。時差の関係もあるから、余計に眠たい」
「おぅ、帰ったら安心して寝ておけ」

 父が軽く母の頭を撫でると、母は少し安心したように父に寄り添った
 ………仲が良いのは悪いことではないし、二人はさほどいちゃつく方でもないから、大目に見ておく


 学校町に在住している「レジスタンス」構成員の中でもトップクラス
 否、「レジスタンス」全体でも、その能力の強力さで知られる、母の敵対者を石化させる能力は、やはりすごいものなのである、と
 灰人はこの日、改めてそう認識したのだった



to be … ?
130 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/07(水) 01:18:25.48 ID:Xfnaw9B20
やべぇ、喋り方のせいで誰が喋ってんだかよくわからん事態に(なぜ男っぽい喋り方にしたし)
ひとまず、灰人の母親を出してみただけ
顔見せしただけに近いんで今後どれだけ関わるかは未定ですが、「レジスタンス」絡みでなんかあれば出やすいかなって状態
131 :【六本足】 [sage saga]:2015/10/12(月) 22:57:09.32 ID:LDOnXyZN0
花子さんとかの人乙です
来ましたな、レジスタンス。そして狐が本気でヤバそう
獣の槍持ってこないとまずいんじゃないかな
……外人妻とか不良教師勝ち組じゃないですかやだー

前回に引き続き六本足
スレンダーマン戦のカンさん視点です
では投下
132 :姦姦蛇螺とスレンダーマン【六本足。番外編という名の別視点】 [sage saga]:2015/10/12(月) 23:00:41.78 ID:LDOnXyZN0
 【獣の数字】の契約者が送り込んだ刺客は、私達の元に突然現れました。

「ロク君!!」
「六本足さん!!」

 【スレンダーマン】の触手に持ち上げられた六本足さんを前に、私と契約者さんは思わず叫びました。
 本来は、真っ先に助けようとすべきなのでしょうが体が追いつきません。

「くっ」

 最初に動いのは【首切れ馬】の黒服でした。
 懐から拳銃を取り出し、素早く発砲しました。
 耳をつんざくような音が響きましたが、肝心の銃弾は当たらなかったようです。
 【スレンダーマン】は、相変わらず触手で六本足さんを持ち上げていました。
 しかし、銃声は私達の意識を変えました。

「契約者さん!」
「うん!」

 私と契約者さんは、空中に大量の札を生み出しました。
 この札は、張り付いた対象を痺れさせ苦しめます。
 【コンガマトー】と戦った時は、奴を地上に引きずり下ろすことに成功しました。
 今回もそれが狙いです。
 私達は、生み出した札を【スレンダーマン】に向かい弾幕として放とうとしました。

「がっ!!」

 苦痛に満ちた呻き。
 見ると、黒服が銃を取りこぼし頭を抱えています。

「え!? ど、どうしたの!?」

 契約者さんが、思わず黒服に声をかけます。
 彼女はそれが聞こえないようで、ただ虚空に叫んでいました。

「ち、違う!! わ、私は後悔なんて!!」

 そこで、私ははっと気がつきました。

「幻覚」
「え?」
「【スレンダーマン】の能力です。奴の近くにいると、精神的な異常を起こすんです」

 銃声がしたのに、民家から人が出てこない時点で察するべきでした。
 黒服の場合は、過去のトラウマか何かを見せられてのでしょう。
 そうとなると――。

「契約者さん、今すぐここから逃げてください!!」
「え!? そ、そんなことできないよ! ロク君がピンチなのに!!」
「だからこそです! このまま、ここいると――」

 あなたまで能力の餌食になります、言葉は最後まで伝えられませんでした。
 なぜなら、もう遅かったからです。

「が!?」
「契約者さん!!」

 頭を押さえ倒れこむ契約者さんに、私は駆け寄りました。
 集中力が途切れたことにより空中の札が消えました。
133 :姦姦蛇螺とスレンダーマン【六本足。番外編という名の別視点】 [sage saga]:2015/10/12(月) 23:02:14.36 ID:LDOnXyZN0
「い、いや!! 一人きりなんて絶対に!!」
「契約者さん、落ち着いてください!!」
「いやだ!! いやだ!! いやだ!!」

 駄々っ子のように、彼女は同じ言葉を繰り返します。

「これも幻覚!」

 【スレンダーマン】を睨みつけるのと、六本足さんが民家に激突するのは同時でした。

「六本足さん!!」

 右腕に巻かれていた触手が千切れ、彼はそのまま落下していきました。

「よくも!!」

 再び、空中に札を展開。
 今度は、先程の倍以上生み出しました。 

「地にひれ伏せろ!!」

 高密度の弾幕が、【スレンダーマン】に向かって飛んで行きました。
 大切な人達を傷つけられた恨みと共に。
 しかし、信じられない光景が目の前に広がりました。

「なっ!?」

 突然、無数の札が塵となり消え始めたのです。
 私の意思と関係なしに。

「い、一体どうなって……え?」

 そこで私は気がつきました。
 自分の下半身に違和感があることを。

「足!?」

 失った筈の部位が戻っていたのです。
 ちゃんと、緋袴も着ていました。
 腕も二本に戻っています。

「ど、どうして!」

 混乱している私は気がつきませんでした。
 今いる場所が、木々に囲まれていることに。
 周りに沢山の人影があることに。
 目の前に――。

「これより、生贄の儀を開始する!」
「え?」

 突然の宣言に、私は頭を上げました。
 すると、目にしてしまいました。
 私が最も嫌い、最も憎み、最も恐れている存在を。

「大蛇!!」

 大きな口を開けた化物は、すぐそこにいる私に近寄りました。

「来るな! 来るな!!」

 私の意識はそこで途切れました。
134 :姦姦蛇螺とスレンダーマン【六本足。番外編という名の別視点】 [sage saga]:2015/10/12(月) 23:04:53.70 ID:LDOnXyZN0
 コンクリートの上で私は目を覚ましました。
 体中から不快な汗が流れ、非常に気持ち悪いです。

「くっ」

 震えの止まらない六本の腕で、どうにか体を持ち上げました。
 【スレンダーマン】に見せられた幻覚の影響が残っているようです。
 最悪な状態のまま、私は契約者さんの姿を見つけました。
 近くに倒れています、黒服も同じように倒れていました。

「契約者さん」

 今にも力を失いそうな腕を使い、彼女の元へ這い寄りました。

「契約者さん、起きてください!」

 体を揺さぶり、覚醒を促しますが唸り声しか返ってきません。
 どうやら、幻覚の作用が消えていないようです。

「契約者さん!!」

 それでも、諦めずに同じことを繰り返します。
 何度も、何度も。
 深い眠りに落ちた契約者さんを救うために。
 違和感に気づいのは、腕が軋み始めた頃でした。

「っ!」

 前を見ると、そこには【スレンダーマン】がいました。
 ついさっきまで、いなかったはずなのにです。
 瞬間移動、奴の持つ能力の一つを思い出しました。
 【スレンダーマン】は、触手をこちらへと伸ばしてきました。
 私達に止めを刺す気です。
 
「やられる訳には!」

 抵抗するため、札を生み出そうとしました。
 しかし、一枚もまともに作れません。
 幻覚により、能力すら弱まっているためです。
 情報によって実体を保てている私のような都市伝説は、精神に対する攻撃がよく効くのです。
 この状態だと、札一枚を作るのにもかなりの時間が必要でしょう。

「くっ!」

 迫り来る触手に私は無力でした。
 せめて、時間稼ぎをと思い気を引かせようと試みます。
 契約者さんの前に移動し、【スレンダーマン】を睨みつけます。
 頭の中を走馬灯が駆け巡りました。
 契約者さんが始めて私に見せた笑顔。
 六本足さんと交わした約束。
 トラブルだらけなのに楽しかった日常。
 どれもが大切で、私には過ぎた宝物です。
 今、奪われようとしているそれらを愛おしく感じました。
 
「……ありがとうございました」

 幾本もの触手が、私に終わりを告げようとしていました。
 死の前に願うのは六本足さんが、この間に駆けつけくれることです。
 どうにか、契約者さんを助けて欲しいと切実に思いました。
 絡みつく触手、六本の腕が縛られます。
 動きを完全に封じられました。
 次に【スレンダーマン】は、私の首を絞めようとしました。
135 :姦姦蛇螺とスレンダーマン【六本足。番外編という名の別視点】 [sage saga]:2015/10/12(月) 23:07:15.69 ID:LDOnXyZN0
「さようなら」

 言葉を消し去るように、触手が動き出しました。
 ――破裂という形で。

「え?」

 飛び散る触手だったもの、私の拘束も解かれました。
 【スレンダーマン】は、私に視線を向けていませんでした。
 触手を再生させながら、ただ頭上を仰いでいます。
 見ると、私のよく知っている人間が宙を跳んでいました。

「遅くなった」

 彼は、そのまま私の前に着地しました。
 先程までと違う姿で。
 まず、四本の足がズボンを突き抜けて生えていました。
 いつもなら、下を脱いでから能力を使っているはずなのにです。
 もうひとつの違いは――。

「ろ、六本足さん! その腕!!」

 彼の右腕、及び右手の指が折れ曲がっていることでした。
 おそらく先程、【スレンダーマン】に叩きつけられた時に負傷したのでしょう。

「大丈夫だ、脚は使える。それに」

 六本足さんの背中が僅かに遠くなりました。

「これが終わったら話すことができた」
「え?」

 直後、空間が揺れました。

――完――

次回、スレンダーマン戦決着
136 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/13(火) 21:01:16.04 ID:PzNq5+al0
六本足兼チキンの人乙でした!
幻覚能力は地味に厄介なのよなぁ
精神系攻撃はきついぜ

そして、良いタイミングで助けたよくやった


>>131
>獣の槍持ってこないとまずいんじゃないかな
アニメも始まったしねって言いたいところだが、果たしてこの世界に獣の槍はあるか否か

>……外人妻とか不良教師勝ち組じゃないですかやだー
以前避難所の方でぽいしたネタでちらっと書いてたりした通り、ヤンデレ弟も外人妻もらっている訳で、兄弟そろって外人妻もらってんですよね
爆発しろって言いたいんですが家族揃っての戦力的にこっちが爆発させられる予感しかない(爆発系能力いないけど)
137 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/15(木) 01:19:26.05 ID:9YaeQYUk0
 ………おそらく、作り上げた彼は自信たっぷりな事だろう
 人間が、科学の力を持ってできる強度テストは、すべてクリアした事だろう
 しかし、だ

(それでも、無理でしょうね)

 努力を認めない訳ではない。しかし、努力でどうこうできる問題でもないのだ
 彼女、影守 美緒はそのように考えていた
 学校町における警察組織の中ではトップに限りなく近い立場にいる彼女は、本日、学校町の警察組織内で秘密裏に開発が進んでいた、「対都市伝説用装備」の性能テストに立ち会う事になっていた
 学校町は、都市伝説事件が多い。20年程前からだいぶ減ってきたとはいえ、世界の裏でそのような者達が暗躍している事を、知っている者も多少は存在しているのが現実だ
 美緒のように、身内に都市伝説契約者がいるから、という者や、自身が都市伝説契約者であるという者等事情は様々ながら、都市伝説の存在を知らぬ人々を守る、というその目的は変わらない
 そして、都市伝説を知る警察関係者の中で、こんな事を言い出した者が現れた

「都市伝説と契約していない人間でも、都市伝説と対等に渡り合えるだけの装備を手に入れれば、「組織」等の都市伝説組織に都市伝説事件で介入されなくなるのではないか」

 もっと簡単に言えば、「法の番人は自分達警察組織だけで十分な状態にしたい」、そういうことなのだろう
 なにせ、都市伝説事件においては、警察は満足に捜査すらできない場合が多い。痕跡すら残さない者が多かったり、犯人を捕まえようにも返り討ちにあってしまう可能性が高いから仕方ないのだが、それでも、不満を感じている者は多かった。事件を有耶無耶にされてしまう事も多かったから、そのせいもあるのだろう
 それ故に、都市伝説と契約していなくとも、都市伝説と対等に渡り合える装備を求めた
 そんな装備があれば、対都市伝説用の特殊捜査課を作るなどして、警察だけで都市伝説事件を捜査できると、そう考えてのこと

 だが、美緒は考える
 そんな装備、「都市伝説と契約していない人間」に作るのは不可能である、と
 ただの人間の科学力では、ただの人間の身体能力では、都市伝説と対等に渡り合う等難しいのだ
 それができるのは、一部…………ほんの一部の、特殊な人間だけ
 組織だって都市伝説が関連した犯罪捜査ができるだけの人数が、いくら学校町とはいえ集まるはずがない
 それ以外の人間がいくら抗おうとも、都市伝説と対抗するのはあまりにも難しい
 約20年以上にも渡る警察として働き、都市伝説事件を見続けてきた者として、美緒はそう断言できた
 いかに優れた装備品を手に入れようとも、それは変わらない。都市伝説という存在に対して、契約者ではないただの人間は、あまりにも無力なのだ
 だからこそ、美緒は、都市伝説事件は「組織」等の、それに適した集団に一任しているのである
 美緒にとっては、それが彼女なりに部下の位置後を守る方法なのだから

「今回開発しました、対都市伝説用装備は、主に防御力に重点を置いた物です。炎、冷気、電撃。それらの攻撃を完璧に防ぎます。もちろん、光線系に対しても。あぁ、衝撃もある程度吸収しますよ」
「…………そうですか。動きやすさなどは」
「機動性を犠牲にする、などという愚かな仕様にはしませんよ……都市伝説との戦闘というものは、ほんの一瞬が命取りになることも多いようですから」

 あぁ、そのとおりだ
 流石に、それくらいは理解していないと、困る

 ………と、そのような会話をしていた時だった
 扉が、開く。どうやら、彼らが来たようだ
 両方共、男性。片方は黒いロングコートを羽織った40代程度。もう一方は、まだ20代と思われる若者だ
 ロングコートの男性が、ちらり、と美緒を見た。何を言いたいのか、だいたい理解して、美緒は頷く

「……そこにある、機動隊が着るような服。それが、タイ都市伝説用装備、とやらか?」

 若い方の男性が、今回、職員が用意した対都市伝説用装備を見て、そう言った
 そうです、と職員は頷く

「お二人が、「組織」の………?」
「あぁ、そうだ。影守警視正から要請を受けて、対都市伝説用装備の耐久テストを行いに来た。門条 天地と………」
「角田 慶次だ」

 二人が、そう名前を名乗った
 確か、当初は天地が一人で来ると聞いていたのだけれども………慶次まで来たと言うのは、美緒にとっては少々意外だった

(どちらにせよ、やる事は変わりがないのでしょうけれど)

 職員が、天地と慶次に今回開発した装備について説明している様子を、美緒はじっと見つめる
 一通り説明が終わって………早速、耐久テストに入ることになった
 一瞬で終わるであろう、それに

「それじゃあ、テストを開始するから。全員、少し下がってろ」

 天地はそういうと、対都市伝説用装備を身につけさせられたマネキンへと向き直った
 つ、と、慶次が一歩後ろに下がる
 美緒は職員の腕を掴むと、慶次よりもさらに後ろへと下がった

「警視正?あまり後ろに下がると、テストの経過が………」
「よく見えないかもしれませんが、これくらい下がらねば危険です」

 きっぱりと、断言する
 そして、美緒が断言した、直後。天地の周囲が、一瞬、ぐにゃり、と歪んだ
 そうして、すぅ、と、背中から純白の翼を生やした若い女性が、次々と姿を現す

「お呼びですかー?」
「お仕事ですかー?」
「ですとろーい?」
「おもいっきりやっちゃっていいんですかー?」

 きゃぴきゃぴと、ミニスカートを身に着けた若い女性達…………天使に見えるそれらはにぎやかに、天地にそう話しかけた
138 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/15(木) 01:20:09.65 ID:9YaeQYUk0
 あぁ、と天地が頷くと、「はーい!」と天使達は元気に返事をして

 天使達の手元に現れるのは、いくつもの銃火器
 マシンガン、ミサイルランチャー、ロケットランチャー、火炎放射器等々………可愛らしいその容姿に見合わず、そして、通常ならばその細腕では持ちあげられないであろうそれを軽々と持ち上げて
 それらの銃火器が、一斉に火を吹いた
 けたたましい発砲音やら何やらが響き渡り、そして

「ほい、終わった。見ての通りだ」

 対都市伝説用装備を身につけさせられていたマネキンは、跡形もなく粉々になっていた
 職員は呆然とした顔でその結果を見ているが、美緒にとっては予想の範囲内だ

「ど、どうして………い、今使われたような銃火器でも、きちんとテストしたのに………」
「国内でどうやってミサイルランチャーやロケットランチャーのテストをしたのか気になるところだがそれはさておき。俺の「モンスの天使」の攻撃は、見た目通りのものじゃない」

 震えるような職員の言葉に、天地はさらりと答える

「通常の銃火器以上の攻撃力を、俺の「モンスの天使」は持っている。それくらいじゃないと対応出来ない連中も多いからな」

 都市伝説的存在。それらの中には、民話や神話で語られるような存在もまた、含まれる
 天地が契約している「モンスの天使」が持つだけの攻撃力が必要となる機会もまた、存在しているのだ
 そして、これだけの攻撃力を持っているのは、天地の「モンスの天使」だけではない。それ以上の攻撃力を持っている存在もいるのだ
 つまり、天地が契約している「モンスの天使」の攻撃すら耐えられなかったのならば

「今回、開発された装備は。実戦で使用できるだけの物じゃないな」

 きっぱりと、天地はそう断言した
 美緒としても、同じ考えだ
 今回の結果を見るに、それは明らかな事

「あの、テスト用の装備、さっき、「モンスの天使」が破壊した分だけか?」

 天地が、「モンスの天使」を消しながら、職員にそう尋ねた
 職員はこくこくと頷くと、先ほどと同じ装備をまとったマネキンを運んでくる

「よし、それじゃあ、慶次、向こうはお前が」
「はいはい、わかってるよ」

 天地の言葉に、慶次はダルそうに答えた
 ぶぅんっ、と、小さく、虫の羽音がする
 慶次の傍らに、一匹のカブトムシが現れて。直後、カブトムシの姿は消えた………ように、見えた

 どんっ、と、音がした

 機動隊が使うようなシールドと、マネキンが被せられている兜。その2つに、穴が開いていた
 完全に、穴はマネキンの額を貫通している
 人間であったら、即死だ

「「カブトムシと正面衝突」の威力にも、耐え切れないようだな」
「………そうですね。範囲攻撃も、一点集中の攻撃も、どちらにも耐え切れなかったようで」

 がっくりと肩を落とす職員の肩に、慰めるように手をおきながら、美緒は慶次の言葉に答えた
 こうなるだろうな、と、美緒が予想した通りとなった
 ………やはり、まだまだ。人間の技術でもって、都市伝説に抗うのは無理なのだ
 いや、まだまだ、ではない
 これからも、ずっと、無理なのだろう、と
 美緒はそう、あらためて強く感じたのだった



「都市伝説の力に頼らずに、都市伝説の力に耐えうる装備を作るなんて、無理に決まってるのにな」

 耐久テストを終えた帰り道、慶次はそうぽつりと口にした
 そうだな、と天地は頷いてみせる
 今回のような試みを行った者が、過去にいなかった訳ではない
 挑戦し続けた者達はいる、それでも、ダメだった

「人間の兵器では、都市伝説は殺しきれない。弱い都市伝説なら殺せるかもしれないが、限界が存在する。人間の兵器程度で死ぬ都市伝説は、耐久性が人間と同じかそれ以下だからな」
「そんなもん持った連中に、都市伝説事件でしゃしゃり出られても正直邪魔だな」
「俺もそう思う。だから、少し相手にショック与えるレベルでやるんだよ。これで、この手の研究から手ぇ引いてくれりゃいいんだが」

 だが、他の奴が続ける可能性はあるんだよな、と天地はため息を付いている
 毎回、対都市伝説装備用の耐久実験に、天地は参加し、作成された対都市伝説用装備を徹底的に破壊していた
 変に加減等したら、その方が悪い結果を招くことはわかりきっているからだ

「一応、一度、「モンスの天使」の攻撃で壊れなかった事はあったんだがな………」
「あったのか?あんたの攻撃で?ビルやら工場やらまるまるぶっ飛ばせるハッピートリガーのあんたの攻撃に耐えぬいたのか?」
「さり気なく何、口走ってんだてめぇ………あぁ、耐えた。ただし、作成者は異常(アブノーマル)持ちだったが」
「あー………」
139 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/15(木) 01:20:35.95 ID:9YaeQYUk0
 なるほど、と慶次は納得する
 異常、と呼ばれる、都市伝説と契約していなくとも、まるで都市伝説と契約しているかのような特殊な力を持ち得る人間もまた、存在しているという事実がある
 それらの特に厄介なところは、都市伝説と契約することで、さらに力をつけるような者もいる、ということだろう
 かつて、学校町で数々の事件を起こした「ハーメルンの笛吹き」の契約者もまた、異常持ちであったらしい、と言う話を、慶次は聞いたことがあった
 そもそも、異常持ちは精神的に何かしら欠落などを抱えているパターンも多いらしく、慶次としては絶対に関わり合いたくない、と感じていた
 その点に関しては、天地とは気が合うところだ。天地も、異常持ちの人間は苦手としているらしい
 もっとも、天地が異常持ちを苦手としているのは、「都市伝説と人間との垣根を曖昧にするから」とか、自分の親しい相手が異常の影響を受けてしまったことがある、などの理由が強いようだが

「どちらにせよ、それ、意味ないよな。「普通の人間」の力で成し得たことじゃないんだし」
「そう言うことだ。「普通の人間」じゃ、その限界は超えられないんだよ」

 だからこそ、と、天地は続ける

「だからこそ、俺達都市伝説契約者が。「組織」が。今はまだ、都市伝説の存在を完全に公にするには時期尚早である現状、都市伝説と人間との垣根を守っていかなければならない。その結果、悪役扱いされようとも」

 それが、「組織」に所属した上の責務である、と
 天地は、そう考えているのだろう

「慶次。お前も、味方をもうちょっと作っておけよ」
「味方?それなら………」

 自分の担当の黒服である赤鐘 愛百合がいる、と
 慶次が答えるより早く、天地は言葉を続けてきた

「担当黒服以外で、だ。できれば、「組織」関係者以外にも、な」
「なんでだ?」
「担当の黒服以外、味方がいない状況だと、視野が狭まる。「組織」の奴以外に味方がいない場合も、同様だ」

 覚えておけよ、と天地が少し真剣味を帯びた声でそういった、その理由に
 慶次は、この時、気づくことは出来なかった
140 :甲虫弾丸  ◆7JHcQOyXBMim [sage !red_res]:2015/10/15(木) 01:22:32.37 ID:9YaeQYUk0


 あなたは、とても幸せ者だ
 あなたにとって「普通」である事が「普通」ではない事実に気づいていないから


 あなたは、とても幸せ者だ
 あなたにとって「普通」である事が「普通」ではない事実に気づいてしまったから


 どちらも、とても幸せだ
 それが「不幸せ」であると気づいていないのだkら



               Red Cape
141 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/15(木) 01:23:59.85 ID:9YaeQYUk0
こんな真夜中ですが書けたのでぶん投げる
パソコンのリカバリやら俺の腹痛やらで書くの遅くなったうえちょっと間あいたせいもあってぐっだぐだで申し訳ない
ちと詰め込み過ぎたねぇ
142 :とある女子高生とナチュラルホモ共の高校生活日記  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/16(金) 16:53:19.67 ID:TDWvs8Ah0
「さっむぅい………」

 はぁっ、と自分の吐息で指先を温める
 今週は、11月並の寒気が日本全体を包み込んでいるらしい
 天気予報でそれはわかっていたつもりなのだが、コートこそだしたものの「手袋はまだ早いよね」と、出していなかったのだ
 が、手袋は出しておいたほうが良かったかもしれない。指先が、冷たい

「さくっちー?指先、真っ赤になってるっすよ」
「うぅ、私、ちょっと冷え性気味なんだよね………明日は手袋出しておこう」

 心配するように言ってきたLの言葉に、そう答える
 今日は、ちょっとラッキーな日だ
 学校へと向かう途中に、LとH、それにMと会って、一緒に学校に向かう事ができているのだから
 なお、Lはマフラーを、Mは手袋を身に着けていた。やっぱり、寒いからだろう。Hに至っては、マフラーも手袋も両方身に着けている。もしかしたら、さむがりなのかもしれない

「今の時刻でこれだと、帰る頃にはヘタしたら、もっと寒くなってるわね」
「流石に、雪降るまではいかねぇと思うが……」

 Hが、空を見上げる
 空は綺麗に晴れてはいるが、おひさまの光が何かに遮断されているんじゃないか、ってくらいには寒い
 はぁっ、と吐き出す息は、白く染まっていた

「……さくっちの指、ほんと、見るからに冷えきっててちょっち痛々しいっすね…………ほら」
「え?」

 思わず、私はきょとん、とした
 Lが、そっと私の手をとってきたのだ
 こちらの指先を包み込んでくるLの手は、温かい

「うわ、だいぶ冷たい。痛くなってたりしてないっす?」
「へ、平気よ。霜焼け起こすほどではないし……」

 ………うかつ!
 私とした事が、実にうかつだ
 男子に手を取られて、ドキドキしてしまうだなんて
 いや、ドキドキというか、きゅん、というか、その
 普段の行動からして、Lにそういった事を期待していなかったせいか、ちょっとした衝撃を感じたのかもしれない
 じわ、じわ、と、Lの温かい手に包まれて、指先が暖まってくる

「……ん、これくらいで、大丈夫っすかね」

 すっ、と、Lの手が離れる
 離れていくその手が、少し名残惜しかった

「明日は、ちゃんと手袋持ってくるっすよ?」
「え、えぇ」

 へらんっ、とLはいつもとおりの笑みを浮かべている
 ………いつも通りだからこそ、余計にドキドキしてしまう
 Hからの視線が突き刺さっているような気がするのだが、それを気にする余裕もない
 頬が赤くなっている気がするのだが、果たして、寒さのせいだとごまかせるだろうか
 こちらがそう考えている間に、Lはクラスメイトの姿を見かけて、おはよう、と声をかけにいってしまっていて

「安心しなさい、咲夜」

 と、考え込んでいたこちらの肩を、Mがぽんっ、と叩いてきた

「あ、安心って、何を………」
「だって、ほら」

 す……と、Mが指差した先
 そこでは

「あー、すずっちも、指先冷たくなってるっすー」
「あ、うん、まだ手袋出していなくて………って、憐君!?」

 クラスメイト(男子)の手を、こちらにしていたように軽く包み込んでやっているLの姿で

「憐、あれ、誰にでもやるから」
「うん、なんか色々安心した」

 100%ただの親切心でしかないんだろうな、と言うのもまた、同時に理解できて
 やはり、Lにそういうのを期待したほうが間違いというかなんというか

 とりあえず、今、自分がMと共にすべき事
 それは、Lに手を包み込まれているクラスメイトに嫉妬めいた視線を向けているHへのツッコミ(物理)であると判断し、二人でほぼ同時に、動いたのだった



終われ
143 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/16(金) 16:54:40.32 ID:TDWvs8Ah0
フラグ立てが先だとはわかっていたのだが、このところの寒さに敗北していてカッとなって書いた
ほのぼのさせたかったんや
六本足兼チキンの人、軽く雀君借りちゃって申し訳ない
144 :九十九屋九十九の帰路での出来事  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 16:15:14.76 ID:7pnZ2QKa0
 からからと店のシャッターを下ろし、ふぅ、と青年………九十九屋 九十九はふぅ、と息を吐きだした
 学校町に来てすぐに、彼はレンタルスペースを借りて、針金アートの店を出していた
 彼が作った針金アートの展示と販売を行っている店だ。はじめは客が入るか不安だったが、幸いにしてそこそこ客は入ってくれている
 そこそこに、まっとうな手段で現金収入が入ると言うのはありがたい
 正体をさとられぬよう隠れ住まねばならぬ身としては、非合法な収入だけでやっていくには厳しいのだ

(学校町に来る前に、アダム辺りが稼いだ金もだいぶある、が………一応、まっとうに生活している「ふり」も必要だしな)

 難儀な道を進んでいる、とは思う
 せめて、自分達を魅了してやまない主が見つかりさえすれば、少しは楽かもしれない、とも思う
 しかし、主は何を考えているのか、姿を消したまま
 学校町にいる事は、確かなのだ。ただ、その存在を見つけ出すことが自分達はできないでいるし、主からも接触がない

(新たな宿主を見つけた後に、トラブルでも起きたんだろうか………)

 家路につきながら、そんな事を考える
 学校町に来てからだいぶ経つが、ここまで連絡がないのはおかしい
 死んでいる、とは考えない。もしも死んでいるのだとしたら、自分達に何かしらの変化が出ているだろう、と思考的には理解していなくとも、本能的に理解していた
 だが、なんらかのトラブルが発生した可能性は否定出来ない
 自分達の主は、契約ではなく憑依と言う形を取る場合もあるのだが、憑依の際にトラブルが起きれば、自身の正体についての記憶を忘却してしまう可能性があるからだ
 低い可能性であるとはいえ、万が一、そんな事態になっていたら………

(こりゃ、本腰入れて探したほうがいいか……?「バビロンの大淫婦」が学校町に入り込んでるって情報もあるし、そっちと鉢合わせでもしたら………)

 考え事をしながら暗い道を一人歩く九十九屋の後ろから、ひたひたと、近づいてくる足音が一つ
 その気配に九十九屋は気づいていたが、反応は見せようとしない
 警戒も、しない
 さて、どう出るか、と、それをほんの少し楽しみにしていた

 そして、その時はようやくやってくる

「ちょっと、いいかい?」

 声をかけられ、振り返る
 そこにいたのは、全身を包帯で包んだ、男

「何か?」
「ちょっと、時間を知りたいのだけど。教えてくれないだろうか」

 少しよろめくような歩き方で近づきながら、その包帯まみれの男は近づいてきた
 時間ね、と、九十九屋は懐から携帯を取り出し、時間を確認しようとして

 ーーーーっが、と、包帯まみれの男が、九十九屋の携帯を持つ腕を掴んだ
 そして、いつの間にか反対の手に持っていた注射器を、ぶすり、と、九十九屋の腕に刺そうとした
 刺そうとした、のだ

「20時30分ジャスト、だな」

 が、針は、九十九屋の腕に刺さっていない
 彼が着ている服の袖の下に、何か、固い物があって…………それが、注射器の針を拒んでいるのだ
 包帯の下、男が驚愕の表情を浮かべたことがはっきりとわかり、九十九屋はニヤリ、と笑う

「本来、女子供を狙うはずなんだけどな、お前ら「注射男」は…………狙うターゲットが見つからなくて、誰が相手でも良くなったか?それとも、そんななりで都市伝説そのものか、と思ったが…………契約者か?」
「………ッ貴様!」

 注射男が、九十九屋から距離をとった
 生憎、九十九屋には都市伝説の気配を探るような能力はない為、相手が契約者であるのか都市伝説そのものであるのか、そこまではわからない
 ただ、相手の能力が「注射男」である事くらいはわかる。先ほどの注射をそのまま打たれていたら、今頃九十九屋は死んでいた事だろう

「ま、つまり、俺がお前を殺しても、正当防衛、って事だ」

 挑発的に、九十九屋は注射男に対して笑ってみせた
 その笑みに、注射男が、動く

「……どうやら、貴様も契約者らしい、何と契約しているのか知らないが、注射さえ刺してしまえば………っ」

 両手に何本もの注射器を出現させた注射男が構える
 九十九屋としても、肌が露出している部分に注射器を刺されてしまうと、流石にまずい
 だからこそ、先に動いた
 と言っても、体は動かさない。腕一本、指一本、動かす事なく………ただ、軽く意識した。服の下に仕込んでいる、それに。鞄にたくさん入れている、それに

 注射男が、構えた注射器を九十九屋に突き刺そうと駈け出したのと………九十九屋の服の下から、何本もの針金が飛び出したのは、ほぼ同時
 先端を尖らせた鋭い針金は恐ろしいスピードで注射男へと襲いかかり、その全身に突き刺さった
 注射男が悲鳴を上げるよりも先に、ぐるり、と針金が幾重にも口のあたりに絡みつき、言葉を塞ぐ

「さっきの言葉からして、お前は契約者………つまり、人間だな」

 全身を針金で貫かれ、さらにぐるぐる巻きにされて苦悶の声をあげる注射男………の、契約者に歩み寄り、九十九屋はサディスティックさを滲ませる笑みを浮かべた

「それなら、俺の仲間の「食事」になってもらおうか」

 ここで皓夜の「食事」を確保できたのはラッキーだ。きちんと死なない程度に加減した状態で、持ち帰らなければ
 包帯の下の顔が、絶望の色を浮かべたのは明らかで。九十九屋は満足気にただ、笑うのだった

to be … ?
145 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 16:16:35.27 ID:7pnZ2QKa0
敵サイドの戦闘能力的なのをもうちょいちゃんと出したかったと下手人は証言しており
これで、契約都市伝説は伝わらないだろうけど戦い方は伝わるといいな
146 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/17(土) 16:42:20.03 ID:YB3FjNaAO
投下したみなさん乙ですー
六本足さん頑張って!なんか台詞が死亡フラグっぽいけど頑張って!
そして九十九屋さんの能力は面白いな
澪キラ緑あたりと戦わせたいけど澪が本気だして死神持ち出したら洒落にならないのでおとなしくかなえちゃんを某ドーナツバーに招待する程度にとどめる
147 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 16:51:40.73 ID:7pnZ2QKa0
>そして九十九屋さんの能力は面白いな
とりあえず、戦闘スタイルは「針金を自在に操って戦う」って感じです
これだけだと、流石に契約都市伝説が何なのかぱっとわかるまい

>澪キラ緑あたりと戦わせたいけど澪が本気だして死神持ち出したら洒落にならないのでおとなしくかなえちゃんを某ドーナツバーに招待する程度にとどめる
戦闘不能にさえしなければ軽くバトってもいいのよ
そして、かなえの体重がまた増えてしまうw
148 :死を従えし少女 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/17(土) 18:51:16.38 ID:YB3FjNaAO
「助けてくれ!」
 黄昏時の学校町。悲鳴を上げるのは中年の男。白い服を着た女―ひきこさんに嫌というほど引きずり回され、息も絶え絶えだった。
 止める人間はいない。時刻が時刻で人の往来がまばらだった事と、いつもなら行動を共にする浅倉澪・マリアツェルと桐生院キラがドーナツバー「マジカルスイート」に友人を連れて行っていたからだった。
「ちっ、もう終わりか。つまらないな」
 黒いサマーセーターの上からやはり黒い革のジャケットを羽織った少年―緑は、既に動かなくなった中年男を見下ろした。
「何をしてるんだ?」
 声を掛けてきた者が居た。
 見た目は若い男。大人と言ってもおかしくない。
 なんだか苛々する。気分が落ち着かない。
「お前もオトナだ、お前も敵だ!」
 男に向かって「ひきこさん」を幾体か放つ。
「生憎だが、通用しないな」
 服の下から幾筋もの針金を放った彼―九十九屋 九十九は余裕で言い放つ。
 ひきこさん達はたちまち針金で全身を貫かれ、光となって消えてゆく。
「なっ…!」
 緑はほんの一瞬だけ、驚きの色を表情に見せたが、怯むことなくひきこさんを続けざまに呼び出す。
「オトナなんか、オトナなんか…みんな[ピーーー]ばいいんだぁ!」
「そいつは聞けない相談だな」
 それに、お前も何時か大人になるんだが、そうしたら死ぬのか?」
「煩い!俺はオトナになんかならない!」
 九十九屋の言葉にも、緑は耳を貸さない。
 新たに呼び出されたひきこさんも針金に貫かれ消え失せると、残った針金が緑を貫かんと迫る。
 緑は盾代わりにひきこさんを呼び出そうとするが、針金の方が早い。
(きょうも皓夜の食事が手にはいるな。子どもというのが後味が悪いが)
 九十九屋がそう考えを巡らせると同時に、緑を貫くはずだった針金は、別のものに絡みついた。

「鎌…?」

 針金は、瀟洒な銀の大鎌に絡みつき、そこで動きが止まっていた。
 鎌を持つのは少女。白いふんわりしたスカートとブラウスに、フリルで飾られた黒いベストを着ている。見たところ12歳程度のようだ。
 都市伝説―にしても異質な「死」の気配を漂わせた少女が九十九屋に問う。
「彼をどうする気ですか」
 九十九屋はやれやれ、と肩をすくめた。
「どうもこうも、仕掛けられたのはこっちの方でね。正当防衛だよ、お嬢さん」
149 :死を従えし少女 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/17(土) 18:51:46.79 ID:YB3FjNaAO
 少女―浅倉澪・マリアツェルは緑に向き直る。
「緑。この人の言ってること、本当?」
 しばし、沈黙が落ち。
「ムカムカしてやった。反省はしてない」
 その言葉を聞いた澪は、針金が絡んだままの大鎌を下ろした。
「…友達が非礼を働いてすみません。私が代わりに謝りますので、この場を納めて頂けませんか?」
「澪…いや、同士浅葱!?」
「友達なのかい」
「一応は」
 澪は苦笑いをして応える。
「そうか。友達は大事にしな」
 そう言って、九十九屋はふたりに背を向けて立ち去っていった。

「友達、か…しかしあの嬢ちゃんの気配、少々変わっていたな」

「赦して貰えたみたいだよ、よかったね、緑」
「俺と…」
「え?」
「俺とお前が友達だと!?ふざけんな!お前は俺の部下で、俺の方が上位メンバーなんだ!それを忘れるな!」
「あたしもキラも、あなたと手を組んだだけで、部下になるなんて言ってないんだけど」
「澪ー!」
「澪ちゃん!」
 声と共に、ふたりの少女が駆け寄ってきた。
 ちょっとぽっちゃりした、愛嬌のある可愛い少女は紅かなえ。パステルカラーの派手可愛い衣装に身を包んだ勝ち気そうな少女は、桐生院キラ。
「急に走っていっちゃうから、どうしたのかと思った」
 何かあった?と心配げに問うかなえに澪はなんでもない、と安心させるように答えた。
「それにしてもあそこのドーナツとシェイク、ホントにおいしかったー!こんなにお持ち帰りにしちゃった」
 幸せそうなかなえと対照的に、キラは不審顔だ。
「緑、なんで顔赤いの?」
「あかっ…!な、なんでもない!いいか同士浅葱!俺とお前はただ手を組んでるだけで、利口ぶったお前なんかいけすかない奴なんだからな!ホントだからな!」
 いきなり怒鳴られた澪はきょとんとしている。
「?どうしたの?急に」
「なんか緑、あやしー?何があったのか言わなきゃ、お持ち帰りのドーナツ、分けてあげないわよ」
「うるさい!」
「この子が緑くん?ずいぶん賑やかな子だねー」

 賑やかに賑やかに、学校町の夕焼けは暮れていった。


 後日。
「ここ?針金アートのお店って」
「そうそう!すごい凝ってるって評判なんだってー!」
 店に訪れた澪とキラは、値段も手頃な小物入れや小さめの作品を物色していた。
「あ」
「あ」
 澪と、九十九屋の視線が合う。
「その節は、どうも…」
 互いに苦笑いを交わしたのだった。



150 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/17(土) 18:53:29.27 ID:YB3FjNaAO
さっそく九十九屋さんと遭遇させてみた。
そのうちかなえちゃんと澪キラのドーナツバーのパートも書くかも
151 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 20:38:18.95 ID:VpNLJ+Im0
鳥居の人乙でしたー!
さて、ここで遭遇したのが、今後どう響いてくるやら
そして、かなえ。太るぞ
152 :九十九屋九十九の営業中  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 22:35:47.89 ID:VpNLJ+Im0
 針金で作った動物や人の置物。幾重にも針金を編みこみ作った小物いれ
 展示しているだけでもなく、販売もしている針金アートは、どれも趣向を凝らしたものだ。小物いれ等、針金でできているとは、一見ではわからない物もある

「わぁ、すごい。表面に薔薇の模様が……」
「小物いれの表面の模様は、図面さえ描いてくれれば注文も受け付けるよ。デザインの複雑さによって、値段は変わるけど」

 客として訪れた澪とキラに、九十九屋は店員としての営業スマイルを浮かべながら、そう説明していた
 小物いれだけではなく、動物型の置物に関しても、ある程度リクエストは受け付けている
 なにせ普段並べている物は、九十九屋がほぼ趣味で作った物である為、どうしても偏りが出てしまうのだ
 実質、ほぼ一人で生活費を稼いでいる身としては、リクエスト受けて商品を作るなど工夫しないときついとも言える

「一応、大きめの物も注文さえしてくれえば作るよ。料金に関しては、こっちの料金表に目を通してもらえれば早いかな」
「どれどれ……あ、洋服スタンドなんかも作れるんですか?」
「あぁ、できるよ。サンプルの写真は、こっち」

 てきぱきと資料を見せる
 きゃいきゃいと、楽しげにサンプルを確認している二人を見ながら

(皓夜は、女子供の肉の方が柔らかい、って言ってたんだよな。まぁ、大人の男の肉は、それはそれで食べごたえあるとも言ってたが……骨と皮みたいな老人は不味いっつってたか)

 などと、少々物騒な事を考えていた
 九十九屋は、基本、自分以外はどうでもいい存在としか見ていない
 最近では面倒見なければいけない存在が増えてしまった為、やや保護者臭くなってはいるものの、己と同じ主を持つ者以外に対してはどうでもいい存在としか見ていない
 たまたま、そんな仲間の一人が人間を食らう事でしか栄養を得られない存在である為に、最近では彼女の食料になるかどうか、で他人を見ているような節があった

(……ま、失踪したら騒ぎになりそうな奴を食事用に確保する訳にはいかないしな。獲物探しは、ひとまずアダムとウィリアムに任せるか)

 この間の注射男の契約者は、たまたま拾えたからラッキーだった、と思うべきだろう
 ひきこさんの契約者に関しては、惜しかった
 ……今、目の前にいる少女の片割れ。彼女さえ現れなければ、柔らかい食事を皓夜に提供出来ただろうに、と、少し悔しさに似たものを感じた
 主が姿を現し、この学校町が主の支配下に入ったならば、彼女ごと、皓夜の食事にしてやろうか、と、そのようにも考えていた、その時
 携帯が、着信を告げる

「おっと、失礼。それじゃあ、ゆっくり見ていて。何か気になる商品とか、注文したい物があったら、声をかけてくれ」
「はい、わかりました」
「……あ、このアクセサリーボックス可愛い………う、でも流石に、結構値段張るなぁ」
「どれどれ……これ、ここにパワーストーン嵌めてるから、値段張るんじゃないかな、ほら、ない場合はもうちょっと安いって」
「え?……本当だ。でも、これがあるからこそって思うし………」

 きゃいくあい、楽しげに話している二人から、距離をとって携帯の画面を確認する
 画面に標示されたその名前に、おや、と思う。まだ生きていたのか

「はい、九十九屋……」
『あ、つくつくー?ボクボク、ボクだよー。元気だったー?』
「オレオレ詐欺の一種か、また懐かしい。切るぞ」
『待ってー、つくつくひどーい。ボクだよー、ミハエルだよー、切らないでー』

 ……毎度毎度、こいつドイツ人じゃなくてイタリア人かスペイン人辺りじゃね?と思わなくもない
 相手がまだ12歳程度の少年と言っても、こう、今の会話は英語だったからいいが、ドイツ語でこのノリで話された時の違和感たるや酷かった思い出がある
 単に、日本人がドイツ人に抱く幻想が原因だったとも言えないが

『とりあえずさー、やっと日本についたんだよ。ねーねー、あの人見つかったー?とおりあくまだかってのにヨーロッパ中追い回されてる間にはぐれたから、どうなってたかボクわかんなーい。あとさー、迎えに来てー』
「一気に喋るな。とりあえず、ウィリアムに連絡しとくから、そっちに迎えに来てもらえ。俺はまだ仕事中だ」
『え、つくつく仕事してるの?わーい、あとでお小遣いちょーだい』
「寝言は寝て言え」

 ぶつっ、と通話を切った
 ひとまず、ウィリアムの携帯にメールを入れておく………メールに気づかなかった場合は、どうなっても知らない
 ミハエルなら、なんとかするだろう、おそらく

「すみませーん、ちょっといいですか?」

 と、あの少女達に声をかけられ、はいはい、と九十九屋は二人の元へと向かった




 近日中、学校町にまた、厄介な存在がやってくる事を
 この時点では、九十九屋だけが把握していたのだった



to be … ?
153 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 22:37:31.88 ID:VpNLJ+Im0
鳥居の人に焼き土下座!
アンサーネタついでに敵陣の期待の新戦力のちらっと顔見せ的なの。まぁ、電話越しの声だけだけどな!!
154 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/17(土) 23:13:06.78 ID:YB3FjNaAO
お早い反応ありがとうございます!
そしてこちらも焼き土下座
九十九屋さんはなかなか剣呑なお方だったようで、(子どもだから後味は)云々のあたりは、wikiに上げる際修正させていただきます!
今後柔らかい少年少女の肉を巡ったガチバトルを考えたい所存であります!
155 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/17(土) 23:20:28.43 ID:VpNLJ+Im0
事件をがっと動かすまでに立てるべきフラグを数えるだけの
とりあえず、大きく事態が動く時は、それ用のネタぶん投げた後にこっから事態が動くよーって宣言しますね
それまで、敵陣は割合おとなしめ
実は敵陣営、あちこちうろついてて、かつまともに戦えるのが九十九屋しかいない事実に気づいてね(アダムとウィリアムは戦闘向きじゃない&皓夜とアナベルは都市伝説そのものなのでおんもあんまり出ない)
そのうち来る期待の新戦力が来たら別ですが

>>154
幸い、すぐに思いついたのでばっと反応できましたの

>今後柔らかい少年少女の肉を巡ったガチバトルを考えたい所存であります!
wktkするしかない
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/10/18(日) 13:51:42.38 ID:6MJWh8yv0
鳥居の人&花子さんの人乙です

九十九屋さんは都市伝説絡みだとナチュラルにアレだけど
真っ当に稼ごうとしている辺りはやっぱり根が真面目なのでしょうかね
針金アートという響きから何となく凝り性の雰囲気も伝わってきてこれは好印象

澪ちゃんかわかわprprしt…失礼
相手が九十九屋さんでも肝が据わってる所はお母さん似かな
今後どうなっていく展開なのかワクワクが止まらんぞ
堪能させて頂きました

書くべきか次世代学校町で、いや書きたい
書いて絡んであわよくば踏まれたい
単発でも書かねば‼‼可憐な少年少女に踏まれねばだろう⁉⁉
157 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/19(月) 21:15:35.93 ID:WR0IJSzT0
今書いているネタは今夜中に間に合うか否か

>>156
乙ありですのー
九十九屋がまっとうに稼ごうとしているのは、その方が周りから疑われにくいからですね
表向きだけでもまっとうに生活しているふりしてれば、目をつけられにくい
なお、針金アート作ってる様子は>>120-121辺りのネタ内でちらっと書いた様子みたいな感じですね
能力で針金操って、思ったままの形にしてる

>書くべきか次世代学校町で、いや書きたい
(正座待機
158 :元「十三使徒」と元「十三使徒」候補生  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 00:55:21.14 ID:Un0Jpaoo0
 カタカタとキーボードを叩いていた手を休め、ジェルトヴァはぐぅ、と背伸びをした
 今現在、「教会」から正式に学校町に派遣されているのは、ジェルトヴァを含めて四人。うち、常に教会に滞在しているのが三人。その中で、まともにパソコンを扱えるのは二人。そのうち、まともに仕事をするのは一人
 ジェルトヴァは、その一人だった
 いや、教会に常に滞在している三人のうち、パソコンを扱えない一人も仕事ぶりは真面目だ
 が、今の時代、パソコンを扱わない仕事はどうしても効率が悪くなってしまう
 よって、事務作業はほぼ、ジェルトヴァ一人に任せられていた
 もう一人、学校町に派遣されているものの、現地男性と結婚している為、常に教会に滞在している訳ではないフェリシテも手伝ってくれる事はあるが、基本的には一人だ

(カイザー司祭も、せめてもう少し、電子機器の使い方を覚えてくれれば………いや、贅沢は言っていられないか)

 ……そもそも彼は、パソコンを使わない事務作業ならば、常人よりだいぶ早いのだし
 作業を保存していると、窓の外………教会の裏庭の方から、歌声が聞こえてきた

「♪ かこめ かこめ … ♪」

 この声は、憐だ
 あの歌は、確か日本の童謡だっただろうか
 確か、それに関連した都市伝説も存在していたのだったような………

「♪ 負けた餓鬼達を かこめ かこめ 逃げられぬように ♪」

 ………………
 ちょっと待て

「♪ 夜明けの晩に 首を切り落とせ … ♪」
「………レン、ちょっと待て」

 思わず、窓を開いて裏庭にいた憐に声をかける
 どうやら、裏庭で落ち葉の掃除をしていた様子の憐は、突然ジェルトヴァに声をかけられ、きょとん、とする

「ジェルトヴァさん?どうかなさったっす?」
「……今、歌っていた歌だが。この国の童謡……では、なかったのか?」
「?……あぁ。「かごめかごめ」ではないっすよ。昔、それを元にして作られた別のお歌っす。怖い歌として、有名になってたりもしてたんすよー」

 へろんっ、と、箒を手にしたまま、憐は笑った
 そうか、と頷きながらも

「……掃除中に歌を口ずさむのはいい、が、できればもう少し、穏健な歌で頼む。今の歌は、おそらく、子供が聞いたら泣く」
「そうっす?俺っちの弟はよくリクエストしてくるっすけど」

 しまった、そういえば彼はブラコン気味であった
 歳の離れた弟が可愛くて可愛くて仕方ないらしく、その弟の言葉に関してはあまり疑わず納得してしまったりするのだ
 とりあえず、憐の弟であるあの少年は若干、同じ年頃の少年とはずれている面があるから、気をつけたほうがいいと思うのだが

「ジェルトヴァさんは、休憩っす?なら、こっちも掃除もうちょいで一段落っすから、コーヒーでもいれるっすよ」
「………そうか。それなら、頼もうか」

 はーい、と返事をして、憐は掃除を再開した
 ジェルトヴァも、先程までの仕事内容が保存されている事を確認すると、パソコンの電源を落とす
 少し、根を詰め過ぎた気がする。休憩を取らせてもらおう

 与えられている仕事部屋から出る
 キッチンへと向かおうとすると

「…………あの男をまともに制御できるのは…………」
「「組織」も、苦労しているようで………」

 応接間の方から、話し声が聞こえてきた
 どうやら、客が来ていたらしい
 ジェルトヴァの知らない声と、カイザー司祭の声。どうやら「組織」の人間と話しているらしい
 学校町に滞在する「教会」所属の者として、「組織」と「教会」との関係調整が、カイザーの主な仕事となっている
 正直、かなり胃に悪い仕事だろう。それを20年近く続けていると言うのだから、まったくもって頭がさがる。それを考えれば、新たにここに派遣された己が書類事務を請け負うのは当たり前の事なのだろう

(そう考えると………やはり、あの男に、もっとまじめに働いてほしいものなのだが)

 そのように考え、同時に「期待するだけ無駄か」とそう結論づけた
 なにせ、もう一人は………

「……お?書類、一段落ついたのか?」

 ………その問題の人物、否、「悪魔」はちょうど、キッチンにいた
 あぁ、と、その悪魔………メルセデスの言葉に、やや無愛想に答える

「できれば、そちらにももう少し、仕事をしてもらいたかったのだが」
「俺はお前らとは、やるべき仕事の役割が違うからな。適材適所ってやつだ」

 ジェルトヴァの言葉に、メルセデスはさらりと答えてきた
 確かに、メルセデスの言うことも最もではある。あるのだが、それでもジェルトヴァがメルセデスに向ける視線は、冷たくきついものだ
159 :元「十三使徒」と元「十三使徒」候補生  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 00:56:09.75 ID:Un0Jpaoo0
「……私は。何故、お前のような悪魔が今でも「教会」に所属できているのか。理解できない」
「さてな。俺がカイザーと契約しているからじゃないか?そのせいで、カイザーの命令にはあまり逆らえないからな」

 肩をすくめてみせるメルセデス
 この男の正体は、悪魔「クローセル」。真の姿は天使に似ているが、悪魔である事実に変わりはない
 正体を隠して数百年に渡り「教会」に潜伏していたものの、20年ほど前に正体が表沙汰になり、「教会」を追われるどころか、そのまま討伐されるはずだった
 だと言うのに、何があったのか。「セラフィム」の契約者であるカイザーはメルセデスと、ただでさえ飲まれかけであるが故、完全に飲み込まれ消滅の危険すらある多重契約を行いメルセデスを助けてしまったのだ
 その後、どのようなやり取りが「教会」と行われたのか、当時まだ10代の少年であり、「教会」でも立場があまり上ではなかったジェルトヴァ走らない
 ただ、今なおメルセデスが「教会」に所属し続けている、と言う事実だけが存在してた
 ジェルトヴァとしては、その事実が気に食わない
 カイザーにしても、司祭としてや仕事ぶりに関しては尊敬しているが、メルセデスとの多重契約に関しては異を唱えたいくらいだ

「そう睨むなよ、なぁ?」

 ジェルトヴァの心境を見抜いているかのように、メルセデスは楽しげに笑って顔を覗き込んできた
 普段、この教会を訪れる一般信者に見せている人のいい笑顔ではない。彼の本性を表しているかのような、意地の悪い邪悪な笑顔

「せっかく、同じとこに派遣されてる者同士だ。仲良くしようじゃねぇか」
「………悪魔と仲良くするつもり等、ない」

 憐が来るまでここで待っているつもりだったが、やはり、自室に戻ろう
 踵を返そうとしたジェルトヴァの腕を、メルセデスが掴んでくる

「っ、何を…………」
「良い子ぶるなよ。なぁ?元「十三使徒」候補生」

 びくり、と
 メルセデスが口にした言葉に、ジェルトヴァは体を硬直させた
 にやにやと笑いながら、メルセデスは続ける

「俺が、知らないはずないだろ?「十三使徒」にふさわしい人員については、俺が選別していたんだからな」

 ……つぅ、と、汗が流れる
 日頃、考えないようにしていた過去の記憶が、引きずり出される

「忘れるなよ。何か一つでも、歯車がズレていたら。お前は正式に「十三使徒」の一員となっていただろう。そうなっていれば、20年前。お前もまた、この学校町に災いをもたらす存在となっていただろうよ」
「…私は。「十三使徒」には、選ばれなかった」

 …………そうだ、選ばれはしなかった
 だが、結果的にそうなっただけの事
 もしも、「十三使徒」を率いていたエイブラハムが学校町で事を起こすタイミングがズレていたら。「十三使徒」に欠員ができて、自分が新たな「十三使徒」として選ばれていた可能性は、あるのだ
 「十三使徒」がどのような集団であったのか。ジェルトヴァが正しくその知識を得たのは、「十三使徒」が壊滅した後。それまでは、エイブラハムから教えられていたことを、全て鵜呑みにしていたのだから

 己には、元「十三使徒」の者達を断罪する資格も、攻め立てる資格も、ない
 それを、改めて、認識させられる

「お前の欠点を一つ、教えてやる。これと決めた相手の言葉は、何もかも鵜呑みにしてすべて肯定しかせず、盲目的に従う事だ」

 楽しげに、楽しげに、メルセデスは言葉を続ける

「かつては、それはエイブラハムだった。その次は、フェリシテ………憐の母親。異端審問官であるお前が、悪魔である俺に問答無用で攻撃しかけてこないのも、悪魔である俺と契約したカイザーを放置しているのも、フェリシテから大目に見るよう、頼まれたからだろ?」
「……そんな、事は」


『きっと、カイザー司祭様も、何か考えがあってのことだと思うから、大目に見てあげてほしいっす。その絡みで、メルセデス司祭も。あの人も結局は、「教会」のエゴの被害者なんだから』


 あれは、何年前だったか
 異端審問官になってすぐの頃、「教会」の仕事で学校町を訪れた時の事だったか
 その時、ジェルトヴァよりも先に学校町に派遣されていた彼女、フェリシテから告げられた言葉
 「十三使徒」壊滅後、後ろ盾がいなくなったジェルトヴァを何かと支えてくれた彼女の言葉に、ジェルトヴァは従い………今でも、それが続いている

 無自覚のそれを叩きつけられ、ジェルトヴァはたじろぐ

「その弱点、どうにかしとけ。隙をつかれて精神支配系食らった場合、お前みたいなのは抵抗しきれない場合が多いしな」

 笑いながら、メルセデスが離れていく
 ぱたんっ、と、扉が閉まる音がする。メルセデスがキッチンから出たのだろう

 ……悪魔らしい行動、とでも言うべきなのだろうか
 普段、目を背けている事実を一度に一気に叩きつけられ、思考が停止する
 本来の流れであれば、堕天の誘いでもかけてきていたのかもしれない。今のメルセデスはカイザーを堕天させることに執着しているため、こちらにまではその誘いはかけてこなかったようだが

「………ジェルトヴァさん?どうかなさったっす?」

 声をかけられ、びくり、と体を震わせる
 振り返ると、そこにはきょとん、とした表情の憐が立っていて、母親であるフェリシテを真似ているような、軽い調子の口調で心配そうに声をかけてくる

「ぼーっとして。そんなに、おつかれっす?」
「………そう、だな。少し、疲れているらしい」
160 :元「十三使徒」と元「十三使徒」候補生  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 00:57:19.99 ID:Un0Jpaoo0
 ようやく、言葉を発するだけの心の余裕が出た
 流石に、憐の前で情けない姿を晒す訳にはいかない。彼の母親であるフェリシテにまで、知られたく、ない
 ジェルトヴァのそんな心境を知ってか知らずか、憐はんー、と、何やら考えて

「……んじゃあ、コーヒー飲み終わった後にでも、マッサージするっす?」

 へらっ、とした表情で、そう提案してくる憐
 その笑顔が、三年より前まで憐が浮かべていた笑顔とは質が違うことを感じながらも、癒されるような感覚を覚えた

「マッサージ?………ありがたいが。そこまでしてもらうのも、悪い」
「お気になさらずー、っす。俺っち、よく父さんとか伯父さん達にもやってるっすから。慣れてるし、けっこう上手なんすよ?」
「……そうか。なら、頼もうか」

 はぁい、と気の抜けた返事をしつつ、まずはコーヒーを淹れる準備を始めた憐を見ながら、ジェルトヴァは椅子に腰掛けた
 そうして、軽く目を閉じる

(……「もしも」の可能性の話など、しだしたらきりがないが)

 それでも、つきつけられた己にありえたであろう「もしも」の可能性に、ふと油断すれば、その事に関することばかりに思考が消費されてしまいそうで
 ジェルトヴァはしばし、己の思考との戦いを強いられることとなったのだった




to be … ?
161 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 00:59:11.33 ID:Un0Jpaoo0
冒頭で憐が口遊んでたのはざわざわP様作成のボカロ曲「かこめかこめ」
個人的には海外の方が英語で歌ってるバージョンが雰囲気あってわりと好きです

というのはさておき、フラグのために書いたネタなんですが色々とっちらかっててだめだなぁ
一応、情報提示的なのとフラグめいた何かをぽいぽいしておきます
162 :アダム・ホワイトは仲間思い  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 21:55:11.87 ID:VZAc/BD30
 彼、アダム・ホワイトが契約している都市伝説の能力は、はっきり言って戦闘向きではない
 同じ主を持つ仲間であるヴィットリオ・パッツィの能力もどちらかといえば戦闘向きではないが、使いようによっては戦闘中にとっさに発動出来なくもない能力である
 それと比べれば、アダムの契約都市伝説による能力は、説明だけを聞けば戦闘にも応用出来そうだが、その実、そこまでの応用力はない
 その能力は「気配を感じさせない事」、まずはそれに尽きる。たとえ、目の前にいたとしても、よくよく注意しなければ気付かれない、そんな能力だ
 気配を感じさせないというその点だけを考えれば、暗殺等に使えそうではある
 しかし、あくまでも「よくよく注意すれば気づかれてしまう」程度の能力でしかないのだ。そして、己が他のものに対して何かしらのリアクションをしたならば、その瞬間に存在を認識されてしまうのだ
 このまま、アダムがその都市伝説と契約し続けて、能力を強めていけば、より気配を感じさせないようにできるのかもしれないが、少なくとも今のアダムには不可能なのである
 戦闘の役に立たない、からと言って、全くの役立たず能力ではないのは幸いと言えようか
 気配を感じさせない彼の能力は、「他人の家に無断で忍び込む」事には適していた
 まぁ、流石に鍵開け能力までは備わった訳ではないので、こちらは自らの努力で身につけたものだが
 その能力を使いこなし、アダムは己の生まれた国で捕まったならば懲役100年をゆうに超えるであろうだけの窃盗の罪を重ねてきている
 そして、今の主の配下となってからは、同じ主を持つ仲間に日本生まれの「鬼」が存在し、かつ、そんな彼女が人間以外は食らっても腹を満たせず栄養にもならない、と言うことで………食事用の「人間」を確保するためにも、使いこなさせてもらっている。と、言うより、今はそれが主流だ

 この日もまた、アダムはその鬼………皓夜の為の食料探しやら、今現在行方がわからなくなっている主を探すため、能力を発動する為の準備をしていた
 己の契約都市伝説は、能力を発揮するためにある程度準備が必要であるから、そこは少し面倒である
 鏡台の前に座り、白粉をはじめとした化粧品を取り出す。そうして、なれた手つきで化粧を始めた
 まずは、顔を真っ白に塗りたくる。能力発動のために、まずはそれが必須だ。次に口と、口の周りを少し大げさに口紅を塗っていて
 ……視線を感じた。まだ能力を発動していない為、きちんと存在は認識されている
 何事か、と思って視線が向けられている先を見ると、じーーーっ、と、皓夜とアナベルが、こちらを見つめてきている

「どうかしたか?」
「あだむがおけしょうしてるところ、みてるー」
「いつもいつも、大変だよねー」

 じーーっ、と、少女(と、呼んでもいいかどうかは正直微妙だが)はアダムに視線を向け続ける
 一応、女性として化粧が気になるのかもしれない、が

「ピエロの化粧なんて、見ていても面白くもないだろうに」

 そう、ピエロ
 今、アダムが行っていた化粧は、ピエロに扮装する為のものだった
 正確にはピエロではなくクラウン、と言う細かい事はさておき、よくサーカスで大げさな化粧をして面白おかしい振る舞いをする、あれだ。独特の化粧故、「ピエロ恐怖症」と言う症状でそれを恐れる者もいる
 アダムの契約都市伝説は「ピエロの人形」。ピエロの扮装をして、金持ちの家に忍び込んでいた浮浪者の話がベースとなる話だ。その話に語られるようなピエロの扮装をしなければ、彼の能力は発揮できないのである

 面白くもないだろう、と言うアダムの言葉に、皓夜とアナベルはぶんぶんと首を左右に振った。アナベルは皓夜の頭の上に乗っかっていた為、皓夜が首をふった拍子に落っこちかけていたが

「こーや、けしょーしたことないから。みててたのしい」
「私も、やった事ないから見てて楽しー!」
「まぁ、皓夜は山ん中にずっといたって言うから縁なかったろうし。アナベルはそもそも人形だから化粧しないだろ」
「むー、アナベルだって、お化粧して綺麗になりたいのに」
「布地に染みこんで大変なことになると思うからやめとけ。化粧品って、布につくと案外落ちにくいんだぞ」

 経験からくるアドバイスだったのだが、アナベルはむぅー、と不満そうだ
 が、何か思いついたのだろうか。ぴょんっ、と皓夜の頭から降りると、アダムに近づいてきた
 そうして、はしっ、とアダムの化粧道具を手に取る

「あ、こら、何を……」
「アナベルが、アダムにお化粧してあげる!」

 ……………
 何だと

「待て、アナベル。お前、ピエロのメイクのやり方なんてわかるのか?」
「ふっふーん。私、アメリカ生まれだもの。前の持ち主がホラー映画大好きだったから、ピエロのお顔がどんなのかくらいわかるのよ!」
「それ、確実にホラー御用達のホラーなピエロだよな!?いや、それでも能力発動するが!」

 あ、これはだめだ
 アナベルはもう、やる気満々、と言った顔である
 どんなタイプのピエロにされるかわからないが、能力が発動する範囲内だったら許すしかなさそうだ

「わかった。きちんと俺の能力が発動できるようにやってくれよ」
「やたっ!ほらほら、皓夜も一緒にやろう!」
「うー………やってみたい、けど。こーや、ぴえろよくわかんないし、あだむのおけしょーどうぐ、こわしそうだから……」

 アナベルの誘いに、皓夜は少し残念そうに言った
 確かに、皓夜は少々、手加減が苦手だ。元の力が強すぎて、手加減したつもりでも手加減にならない事が多い。軽く持ったつもりで物を壊してしまう事がよくある
 それを自覚しているがゆえに、我慢しているのだろう
 そんな皓夜の様子を見て、アダムは少し考え。すっ、とアイシャドウを一つ、手にとった

「ほら、皓夜」
「う?」
「これ、そろそろ買い換えようと思ってた奴だから。お前がうっかり壊しても大丈夫だぞ………壊せ、って言う訳じゃないが」

 アダムの、その言葉に、皓夜はぱぁああああああ、と表情を輝かせた


「やったー、ありがとう、あだむ!それじゃあ、えっと、こーやもやるー!」
「よーし、皓夜。私が教えてあげるから、その通りにやるのよ!」
「おー、わかった!」

 お姉さんぶるアナベルに教えられ、無邪気にアダムに化粧を施す皓夜
 ……出来る限り、今夜は皓夜の食料を見つけ出してやおる
 アダムはそう、決めたのだった

to be … ?
163 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 21:56:59.15 ID:VZAc/BD30
避難所のチラ裏でも言ってたんですが、敵サイドのウィリアムの名前をヴィットリオに変更したんで、それをちらっと出す意味もあって敵サイドのちょっとした小ネタ
まぁ、それならそいつメインにしろよって話なんだけど、こっちが先に思いついたんだから仕方ないね
半分、アダムの能力の説明回に近いけど
164 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/20(火) 22:42:49.18 ID:Vka3uv0AO
>>156
乙ありですー!
>澪ちゃんかわかわprprしt…失礼
また命知らずな…
>相手が九十九屋さんでも肝が据わってる所はお母さん似かな 両親譲りの図々しさと両親より遥かに小賢しい頭脳が武器です
>今後どうなっていく展開なのかワクワクが止まらんぞ
避難所の次世代本編もよろしくね!

花子さんとかの人乙ですー
ヴィットリオさんがメイク道具を取り出した時点ですわ男の娘と色めき立ったのがこちらの…こちらの…
165 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ :2015/10/20(火) 22:49:11.37 ID:Vka3uv0AO
>>156
おっと書き忘れ
>書くべきか次世代学校町で、いや書きたい
>書いて絡んであわよくば踏まれたい
おいでーおいでー待ってるよー
166 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/20(火) 22:54:21.90 ID:VZAc/BD30
>>165
おぉっと、ピエロメイクするのはヴィットリオじゃなくてアダムだぜ

そうか、ヴィットリオを男の娘にすれば帳尻があうn(樽に閉じ込められました)
167 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ :2015/10/21(水) 18:10:07.41 ID:jtOyBYLAO
>>166
>おぉっと、ピエロメイクするのはヴィットリオじゃなくてアダムだぜ
おおっと失礼
>そうか、ヴィットリオを男の娘にすれば帳尻があうn(樽に閉じ込められました)
無茶しなさって…
168 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/21(水) 23:59:54.55 ID:6nFhyEy80
>>167
男の娘だったらナンパやりにくいと言うイタリア男の意見により、ヴィットリオ男の娘案は残念ながら没となりますた
169 :【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:24:40.33 ID:oNQktpAo0
花子さんとかの人&鳥居の人乙です!
書いてないうちに学校町が進んでいる! ……チキンの方も書こう

>>143
>六本足兼チキンの人、軽く雀君借りちゃって申し訳ない
いえいえ、どうぞどうぞ
……その内、憐君借りてもいいでしょうか?(うち、ヒーラーがいないので)

では、投下します
170 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:26:12.19 ID:oNQktpAo0
「契約者さん!!」

 カンさんの叫び声、三人の元に瞬間移動した【スレンダーマン】。
 二つの情報は肉体を再稼働させようとした。
 筋肉が枷を解き放ち足掻こうとする。
 しかし、より強い痺れがそれを押さえつけた。
 ここから絶対に動かさない、そう言っているように。
 それでも、肉体は足掻くのを止めない。

「くっ」

 あの日、俺は誓った。
 俺達に向かってくる物は全て排除すると。
 まぎれもない、自分自信のエゴのために。
 居心地のよい場所を失いたくないと。
 だが、偉そうなことを言っておいてこの有様だ。
 修行不足にも程がある。
 師匠なら半殺しにするだろう。

「がっ!」

 そもそも、俺は何故あんな大それたことを考えたんだろう。
 個人にできることなんて、たかが知れているというのに。
 いくら、二人の側が心地よかったからといっ――
 そこで気づいた。
 俺にとっての二人とはなんだろうか、その答えに。

「ああ」

 なぜ、今まで気付かなかったんだろう。
 こんな単純な回答に。

「ああ!」

 だとしたら、俺は一刻も早く動き出さなければいけない。
 【スレンダーマン】を殺すために。
171 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:27:40.11 ID:oNQktpAo0
「ああ!!」

 記憶が脳内に溢れかえる。
 そのどれもが戦闘関係のもの。
 都市伝説との実戦、路地裏での喧嘩、師匠の教え。
 有象無象を取得選択、必要な知識だけを求める。

「これだ」

 該当する件が、いくつか見つかった。
 それは、師匠に教えられたことであり、喧嘩で学んだもの。

「いいか、人間ってのは割と単純にできている。何かに夢中になると、その前にしていたことを忘れてしまうって感じにな」
「麻酔無しの手術は地獄だ。手術する前に、自殺した奴が大勢いた。手術を受けてもショック死する奴も多かった」
「強烈な痛みってのは体に異常を生み出す」

 ヒントは、右腕と背中にあった。
 強い痛みを持つこの二箇所だけが、痺れをあまり感じさせなかった。

「いたみ」

 今の俺に必要なのはそれだ。
 強烈な痛みで痺れを支配する。
 医学的根拠はまったくない方法、素人考えの浅知恵。

「やるけどな」

 能力を発動。
 下半身にいつも以上の痛みが走る。
 ズボンを無理矢理に突き破り、四本の足が現れた。
 下を脱いでいなかったのは幸いだった。
 おかげで、いつも以上の痛みを感じれた。
 しかし――。

「たりない」

 この程度では駄目だ。
 少し、体が動くようになったがとても戦闘はできない。
 ただし、脚は使えるようになったのであれが使える。

「っ!」

 前列の右足で地面を踏む。
 動作としてはたったそれだけ。
 だが、全身に強い衝撃が伝わる。
 弱まる痺れ、活性化する筋肉。
 これが師匠から教わった三つの技のひとつ、【踏撃】。
 地を踏み肉体の調子を整える技だ。
 震脚やら四股を参考にしているらしい。

「よし」

 体が調子を取り戻してきた。
 脚は勿論、左腕や首も動く。
 それでも足りない。
 ぎこちなさがまだ残っている。
 あの【スレンダーマン】と対するには役不足だ。
 
「ん」

 ふと、右手の指が目に入った。
 折れた腕と繋がるそれらは、しばらく使い物にならない。
 なら、いっそのこと痛みに変換したほうがいい。

「折るか」

 左手で右親指を折り曲げた。
172 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:36:24.42 ID:oNQktpAo0
 俺が駆けつけた時、倒れていなかったのは【スレンダーマン】に殺されかけているカンさんだけだった。
 すぐに、彼女を縛る触手に【空撃】を当て破壊。
 同時に着地した。

「遅くなった」

 カンさんと軽く言葉を交わし無事を確認。
 手遅れではなかった。

「これが終わったら話すことができた」

 会話はすぐに打ち切った。
 後列の右足で、斜め右後ろに【空撃】を放つ。
 聴き慣れた破裂音が耳に入る。

「い、いつのまに!」

 そこには、触手を再生させている【スレンダーマン】。
 カンさんと話をしている間に、瞬間移動をして襲おうとしていた。
 気配でバレバレだったが。
 すぐに追撃の【空撃】。
 今度は外れた。
 
「そこか」

 中列の左足で横に【空撃】。
 迫っていた触手を迎え撃つ、宿主の【スレンダーマン】には届かない。
 その後も、場所を変えながら似たようなことを繰り返した。
 瞬間移動をして触手を仕掛けてくる【スレンダーマン】、【空撃】で跳ね除ける俺。
 どちらも止めをさせない戦況が続く。
 恋人達がいる地点と距離をとったので少しは安心できる。

「油断はできないけどな」

 民家の屋根の上で【空撃】、触手が飛び散り庭に落下する。
 瞬間、【スレンダーマン】の姿が消えた。
 頭上に気配を感じその場で一回転し【空撃】、触手とぶつかり炸裂する。
 降り注ぐ触手の破片、その隙間から生き残った何本かが襲いかかる。
 締め付けられる前に、六本の足で迎撃。
 全方向から迫る触手を蹴り飛ばす。
 再生をされる前に、【スレンダーマン】へ【空撃】。
 また、当たる寸前で瞬間移動をされた。
 それにしても。

「触手が増えてるな」

 時間が経つごとに、【スレンダーマン】の触手が増えていた。
 今など、一発の【空撃】だけで落とすことができなかった。
 これも【獣の数字】の影響だろうか。
 【スレンダーマン】に起こっている異変、それを考えながら気配を探る。
 後ろ斜め右上空。
 位置はすぐにわかったが気にかかることがあった。
 振り返り、【スレンダーマン】を補足する。
 奴は俺の知っている姿ではなかった。
 着込んでいたスーツが弾け飛ぶほど、胴体が膨張。
 頭部、腕部、足部は形を失いながら飲まれていく。
 眩しいほどの、赤い輝きを放ちながら。
 
「意図的に能力を暴走させたか」

 【獣の数字】の契約者の、器用さを目の当たりにしている間に化物は生まれた。
 かつて【スレンダーマン】だったもの、一つの巨大な肉塊が。
 全長はおよそ五メートル。
表面は桃色、生きていることを示すように微かに振動している。
 ひどくシュールな光景、巨大ミートボールと言われたら納得してしまう。
 思考に余裕があったのはここまでだった。
 肉塊の側面から触手が生まれる、先程とは比べ物にならないサイズで。
 下手な樹木より太い。
 圧倒的な大きさを誇る触手は、いかにもあっさりと横薙ぎに振るわれた。
 激しい風切り音、絶対の威力を持つ事が一瞬で分かった
 相殺するため【空撃】を放つ。
 衝撃の弾丸、分厚い肉の塊。
 ぶつかり合った二つの勝敗はあっさりと決まった。
173 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:39:19.45 ID:oNQktpAo0
「っ」

 【空撃】は、かすり傷しか与えられなかった。
 速度を落とさずに、触手が俺の命を奪おうとする。
 もちろん、死ぬつもりはない。
 屋根の上を駆け抜け、下に飛び降りる。
 今度の着地は、さっきよりも楽だった。
 六本の足に、負担を分担させながら地を踏みしめる。
 一方、触手は急な方向転換ができなかった。
 電信柱や、屋根を巻き込みながら元のコースをたどる。
 折れ曲がるコンクリートの棒、飛び散る建築物の破片。
 圧倒的な威力を見せつけられた。

「まずいな」

 あまりに、肉塊が強すぎる。
 物理攻撃に特化されたせいだろうか。
 触手であの硬度だと考えると、本体はどれだけ頑丈なのかわかったものじゃない。
 【空撃】も【侵撃】も、おそらく効かないはずだ。
 だとしたら――。

「殺るしかないか」

 覚悟を決め、【アレ】を使うことを決意する。
 五本の足に力を込め、しっかりと地を踏みしめる。
 そして、前列の右足を上げようとした。

「んっ」

 やらせないとばかりに、肉塊が触手を振り下ろした。
 凄まじい風切り音、避けても傷を負うのは必死だ。
 なら、いっそのことこのまま突っ切たほうがいい。
 二人が無事なら、相打ちでも構わない。
 右足を上げ、腰を曲げる。
 俺だけが使える、【アレ】を放つために。

「来い」

 すぐそこに迫る触手、俺も右足で【アレ】を使おうとした。
 だが、

「六本足さん!」」

 急に触手が止まった。
 飛んできた、一枚の紙切れが張り付いた途端に。
 いや、紙切れじゃない。
 カンさんの札だ。

「やってください!!」

 声がした方を見ずに頷く。
 右足に神経を集中、五本の足をより踏ん張る。
 こうでもしないと、【アレ】は成功しない。
 五本の足による支え、【空撃】の技術、少しのリスク。
 三つの要素と精密さ、それらが揃って初めて繰り出せる俺だけの奥義。
 【空撃】の理想形であり、二本足では到達できない領域。
 名は――。

「【六天】」

 お前なら切り裂ける。
 【ケン○ッキーに使われている鶏は六本足】と契約した際、師匠に言われた。
 六本足のお前になら、撃ち出すんじゃなく切り裂くことができると。
 意味は、【六天】の鍛錬をしてわかった。
 【空撃】が空気を弾とする技なら、【六天】は空を切り裂く技だ。
 威力、飛距離がまるで違う。
 その分、肉体が受ける負担が段違いに高い。
 二本足だと、バランスが取れなくなり失敗するほどに。
 だが、六本足なら無理を押し通すことができる。
 五つの支えで、絶対の一刀を振り下ろせる。
 今がその時だ。
174 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:41:14.90 ID:oNQktpAo0
「っ!」

 肉塊を狙い、右足を蹴り上げる。
 筋肉の悲鳴を黙らせ、体勢を崩そうとする反動を五本の足で封殺。
 空。
 ただ、それを切り裂くことを考える。
 自分のエゴを押し通すために、思いの真相を打ち明けるために。
 札が溶け消え、触手が動き出す。
 だが、遅い。

「っ!!」

 斬撃が裂いた。
 触手を。
 夜空を。
 肉塊を。
 何もかも斬った。
 後は、ただ肉塊の残骸と体液が降り注ぐだけ。
 砕け飛んだ、俺の右足と共に。
 【六天】のリスク、それは空を斬った足を失うこと。
 強力すぎるため、使用した途端に足が耐えれなくなってしまうからだ。
 俺の場合、一時間あれば元に戻るから問題ない。
 血は多少失うが。
 足を二本に戻し、カンさん達へ向かい歩き出す。
 住宅街も俺も、体液や肉片やらでベトベトになっている。
 都市伝説だからその内消えるだろうが。
 どうでもいいことを考えていた時だった。
 視界が揺らいだのは。

「ん」

 無理をしすぎた。
 足が震えだすのを感じなら結論を出す。
 【空撃】、【侵撃】、【踏撃】の三つの技を使った代償だ。
 強力な代わりに負担が大きいこれらは、戦闘後体に響く。
 今日は多用したせいで、余計それが顕著だ。
 その上、更に負担の大きい【六天】も使った。
 ダメージも受けたし、血も流した。
 俺の体が耐えられなくて当然だ。

「ここまでか」

 闇はあっさりと訪れた。
175 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:44:31.72 ID:oNQktpAo0
 初めて、失神したのは小学一年の頃。
 師匠と出会った日のこと。
 鍛錬風景を観察していた俺に、初対面の師匠が話しかけてきたのが発端だ。
 
「お前、面白いな」 
 
 その一言の後に、蹴り飛ばされた。
 凶悪な痛みを感じる暇もなく、宙に投げ出され地面に落下。
 当時は心得がなかったので、受身すら取れなかった。
 蹴りと落下の衝撃が、遅れて訪れた。
 体中が絶叫、限界を超えたことを訴える。
 だから、

「ふーん」

 立ち上がった。

「なぜ、立った?」

 問いかけに、当時の俺は思ったままを答えた。

「いたいから」
「痛いから?」
「ねたままだと、いたいとおもうこともできなくなりそうだから」
「……へえ、そうかそうか」

 師匠は笑った、爆笑した。
 愉快でしょうがないとばかりに。

「こりゃいい。天然ものがこんな所にいるなんてな」
「てんねん?」
「ああ、お前は」

 師匠が拳を握った。

「本物の中の本物だ」 

 直後、意識は飛び、目を覚ました頃には師匠の自宅にいた。
 こうして、俺は師匠の弟子となった。
 その後も失神することはよくあった。
 師匠との鍛錬中。
 ヒーローとの戦闘後。
 ディズニーとゴタゴタに巻き込まれたとき。
 その他色々。
 俺にとっては、一種の習慣となっていた。
176 :六天【六本足】 [sage saga]:2015/10/22(木) 23:53:51.00 ID:oNQktpAo0
「ロク君!!」
「六本足さん!!」

 けれど、この二人に気絶から起こされるのは初めてだった。
 体を起こし、周辺を見渡す。
 場所は、気絶した所と同じ。
 肉片や体液は、綺麗に消えている。

「ああ、良かった! 本当に良かった!!」

 恋人が胸へと飛び込んできた。
 ろくに、対応できずアスファルトに倒れこむ。
 肉体が疲労しているせいで、避けることも受け止めることもできなかった。

「目を覚ましたら、ロク君が倒れて……。もしかしてと思って。私、慌てちゃって。でも、本当に良かった!」
「契約者さん、落ち着いていください。六本足さんは、戦ったばかりなので疲れています。後からにしましょう」
「あ。そ、そうだよね! ごめん、ロク君!」

 恋人が離れると、代わりに離れて立っていた黒服が近づいてきた。
 かなり険しい表情をしている。

「……申し訳ありませんでした」
「何がですか」
「【スレンダーマン】に私は真っ先にやられました」

 黒服は、さらに顔を歪めた。

「あなた達を守るどころか、お荷物になってしまいました。本当に申し訳ありません」
「気にしてませんよ」
「しかし!」
「二人が無事だった。それだけで十分です」
「……」

 彼女は、無言となり俯いた。
 俺は視線をそらし、二人へと向き合った。

「ん? どうしたの、ロク君」
「話がある」
「話?」
「どうしたんですか、改まって」

 目を丸くする恋人とカンさん。
 俺は、二人に話さなくてはならない。
 さっき、気づいたこととそれに伴う決断を。

「……ロク君?」

 か弱い声を打ち消すように、俺は言った。

「別れてくれ」

 最善の答えを。

――完――

この前、六本足を一通り読み返したんですよ
色々とひどすぎて泣けてきました
都市伝説の設定くらいちゃんと調べろよとか、プロット細かく練っとけよとか、勢いで設定付け足すなよとか
最後まで書きますけどね、ええ(wiki版で大幅修正します)

やっと出せましたよ、必殺技【六天】
これを書きたいがためにここまで書いていたというか(他にもいくつかありますが)
ちなみに、手榴弾よろしく足の破片は凶器となります。肉ならまだしも骨が当たると悲惨です
……そこ、六点って言わない。結構、気にしてるから言わないで
177 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/23(金) 00:14:24.29 ID:+4AZXZYA0
六本足兼チキンの人乙です
必殺技だーーー!こいつぁ格好いい!
が、おぉおう……それが最善、か……

>……その内、憐君借りてもいいでしょうか?(うち、ヒーラーがいないので)
構わないのよ
あいつ、基本、知り合いとかが怪我してるの見かけたら即座に治しに向かうだろうし
特に、出血してる系の怪我は(トラウマ刺激されるのか、急いで治そうとする)
178 :高校生活日記・非日常パート   ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/23(金) 17:35:49.84 ID:z72CFYjA0
 冷え込む帰り道、はらはらと落ち葉が風に舞う
 なるほど、11月並の冷え込みである。吐き出す吐息が白く染まる

「…冬に入るまでに、なんとかなるでしょうか」
「さぁな………向こうがなかなか、尻尾を出さないからな」

 はらり、と落ち葉が舞う道を龍哉と直斗は二人で歩いていた
 靴底越しに、枯れた落ち葉の感触が伝わってくる

「鬼灯が調べていた面子は、だいぶ削った………ただ、鬼灯が調べきれなかった相手もいるからな」
「すべてが、学校町に来ている訳でもないのでしょうが。残っている相手も少々厄介ですし、調べきれなかった相手がそれと同程度となると……」

 かさり、かさり
 落ち葉が踏まれる音が、静かな辺りに響く
 夕暮れ時、住宅街にあまり人通りはなく、二人分しか影は伸びない

「ただ、そろそろ、向こうも焦れてきているかと、思われるのですが」
「だな………うまく、動けばいいんだが」

 事情を知らぬ者が聞いても理解できぬであろう会話をしながら、ゆっくりと進む2つの影
 その、影に向かって………別の影が、伸びる
 一見、人間の影に見える、しかし、人間ではない影が

「………足いらんかえ?」

 二人の耳に届いたのは、老婆の声
 「足売りババア」の声だった
 大きな風呂敷包みを背負ったその老婆は、「足いらんかえ?」と言う質問に対し、「いいえ」と答えると足を一本奪い去り、「はい」と答えれば、余分な足を一本付けられる……そのように伝えられている
 「はい」と答えても「いいえ」と答えても悲惨な結末にしかならず、助かるには「私はいらないので、○○のところへ行ってください」と答えると良いとされている
 すなわち、今、二人が答えるべき正しい答えはそれだろう
 しかし

「………いいえ、いりませんよ」
「足は、二本ありゃあじゅうぶんだ」

 そのように答える二人
 足売りババアを、見てすらいない
 二人の言葉に、足売りババアはにやり、と気味の悪い笑みを浮かべた
 その影が、「伸びる」
 足売りババアの下半身は人間のものとは違う、異形のものと化していた
 今まで奪ってきた人間の足だろうか。それが、ムカデのように足売りババアの下半身についているのだ
 足の本数だけ、下半身はにょろりと伸びており、まさしく百足だ
 足売りババアは、二人の足を奪おうとして

 すぱぁんっ、と
 足を切るための鎌を持っていた腕が、落ちた

「ぎ………っ!?」

 ひゅんっ、と、二振りの刀が宙を舞う
 龍哉の扱う「大通連」「小通連」が、くるくると、龍哉の意思に従って動く

「直斗、確か、鬼灯さんの情報で」
「あぁ、足売りババアは、いたな。元契約者で、今はもう飲まれて人間やめてるタイプ」

 くるり、と、ようやく二人は振り返り、足売りババアを見た

「ひとまず、気絶させて。後は「組織」にでも引き渡すか。さほど、重要な情報は持っていなさそうだしな」
「そうですね。何か情報を持っていてくれていたら、その時はその時ですし。「組織」がうまくやってくださるでしょう。以前、こちらで尋問しました「ひきこさん」の契約者よりも、有効な情報を持っていれば、のお話ですが」

 二人の会話に、足売りババアは「まずい」と判断した
 確かに、己の持っている「あのお方」の情報は重要度は低いかもしれない………しかし、「組織」相手となると、些細な情報ですら渡すにはまずい
 ならば、己の命を潰して情報を渡さないのが一番であるのだが、鎌をもっていた腕は落とされてしまった
 もう一方の手を伸ばそうとしたが、大きく上半身を持ち上げていた状態だった為、それよりも早く、落ちていた鎌は直斗が踏みしめ、渡さない構え

 ……逃げるしか、ない
 確か、通りに出れば川があった、そこに飛び込んで…………

「ダメですよ」

 龍哉が、「小通連」を手にして駆ける
 身をよじって逃げようとする足売りババアの背中へと跳び乗り、その背中を駆け上がった
 足売りババアがそれを振り落とすよりも、早く、がっ、とその肩を掴んで

「ぎ、ぁ」

 ごっ、と刀の柄で、後頭部を殴りつけられて
 一度ならば意識を手放さなかっただろう、しかし、数回も殴りつけられれば、元々防御が人間と変わらぬ身、耐え切ることは出来ず、その意識は闇へと落ちて
 ずぅんっ、と、辺りに轟音が鳴り響いた

「…これで、また一つ、駒は潰した。さぁ、「狐」、どう動く?」

 呟く直斗の言葉は、足売りババアにも、ここにはいない「狐」にも、届くことはなかった

to be … ?
179 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/23(金) 17:37:21.31 ID:z72CFYjA0
少しずつ、少しずつ、でも確実の敵の駒は削っていく
そうしないと、一気に暴れられたら面倒だしね
ようはそういうことです
固有名ついてない敵モブなんてこんなもんよ
180 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/23(金) 17:39:08.87 ID:z72CFYjA0
少しずつ、少しずつ、でも確実の敵の駒は削っていく
そうしないと、一気に暴れられたら面倒だしね
ようはそういうことです
固有名ついてない敵モブなんてこんなもんよ
181 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/23(金) 17:40:26.24 ID:z72CFYjA0
あ、重複投稿なってしまってるごめんorz
182 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/24(土) 23:42:18.41 ID:u9UtAyvAO
六本足の人乙ですー
ロクさん、意図は分かるがそんなこといわんといてや…
花子さんとかの人乙ですー
本スレで龍哉くんを見たのが久方ぶりな気がして仕方がない
183 :【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 00:52:03.20 ID:uuWXplrH0
花子さんとかの人乙です
足売りババアですか、うちの六本足なら喜んで契約しそうです
……二人に全力で阻止されるでしょうが

では投下します
184 :別れ話【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 00:55:22.58 ID:uuWXplrH0
「へ?」

 俺の答えに、恋人は呆けた顔をした。
 何を言っているか、わからないという様子だ。

「ロ、ロク君? 突然どうしたの?」
「別れ話を切り出しただけだ」
「わ、か、れ、ば、な、し?」

 首をかしげ、虚ろな目になる恋人。
 そこへ、カンさんが慌てた様子で割って入ってきた。

「落ち着いてください、契約者さん! 六本足さん、急に何を言っているんですか!!」
「必要だから切り出しただけだ」
「必要?」

 必要という言葉に、恋人が反応した。

「必要ってどういうこと?」
「文字通りの意味だ」
「……そっか」

 沈黙が訪れた。
 カンさんは俺を睨みつけ、恋人はただうつ向いている。
 黒服は、所在無さそうにしていた。
 部外者の彼女がいる場所で話べきではなかったかもしれない。
 とにかく、ここにいてもしょうがないので口を開くこうとした。

「私が弱いからだね」

 寸前、恋人が顔を上げた。

「私が足でまといだから別れようといったんだよね? 邪魔だから別れようといったんだよね?」

 無言のまま、並べられる推測を聞く。

「確かに、私は弱い。ロク君とは比べ物にならないほどに。でも、努力するから! ロク君と並んで戦えるほどに強くなる! だか『違う』……え?」
「違う」

 もう一度繰り返す。

「別れるのはそんな理由じゃない」

 恋人に戦闘力なんて求めていない。
 師匠からも、女は自分の力で守れと叩き込まれている。

「じゃ、じゃあどんな理由? 悪いところならいくらでも直すか『違う』え、え!?」
「悪いところなんて一つもない」

 視線を合わせ、勘違いを正す。
 恋人に悪いところなど一つもない。
 別れを切り出したのは、

「あるのは俺だ」

 俺に問題があるからだ。
185 :別れ話【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 00:57:37.87 ID:uuWXplrH0
 【口裂け女】に襲撃された日以来、恋人とカンさんに感じる気持ちが変わった。
 恋人からは安らぎを。
 カンさんからは落ち着きを強く感じた。
 二人がいるだけで、どんな場所も心地のよい場所へと変化した。
 まるで、魔法のように。
 だから、俺は二人を守ると誓った。
 エゴを突き通し、自分の幸せを守るために。
 ここに、大きな落とし穴があった。

「俺は」

 一緒にいると心地がいいから、俺が二人を守りたいと思った理由。
 根底に有るのは、無礼極まりない答え。

「二人をお気に入りの道具程度にしか思っていなかった」

 恩のある相手に、抱いていい感情じゃない。

「だからこそ、【獣の数字】の件があっても付き合い続けた」

 道具程度にしか思っていないから、危険な目に合わすことができた。
 別れる、という最善を実行しなかった。

「俺に二人といていい資格はない」
 
 宝物を宝物と見れない人間に、幸せになる価値はない。

「だから、別れてくれ」

 結論を告げる。
 馬鹿な男を捨て、二人仲良く暮らす日常に戻って欲しいために。
 恋人とカンさんは、黙って俺の話を聞いていた。
 一言も口を挟まず、ただじっと。
 
「……つまり、ロク君は私達を軽く見ていたっていうこと?」

 話の最後、俺に尋ねたことを覗いて。

「ああ」
「そっか。……わかったよ」
 
 納得してくれたようだ。
 望んでいた展開、最良の状況。
 このまま、話を畳むことにする。
 黒服へと目線を移した。

「黒服さん。傷を治したいので、俺は道場に寄って行きます。二人の事は任せていいですか」

 あそこにいけば、都市伝説製の薬がある。
 今の俺でも、一夜あれば直すことができるはずだ。 

「……わかりました。しかし、また【獣の数字】の襲撃があったらどうするつもりですか?」
「大丈夫です。あそこは、結界が張ってありますから」

 それに、道場は師匠の家に隣接している。
 万が一ということはありえない。

「あと、二人を送った後なんですけど」
「ええ、彼女達の自宅の範囲は警戒しておきます」
「ありがとうございます」

 懸案事項は全て消えた。 

「では、行きましょう」

 痛む足で【踏撃】、無理矢理に筋肉を活性化。
 駄目になった足を、歩くために誤魔化す。
 【スレンダーマン】との戦いで得た疲労を、無視して立ち上がった。
 後から、筋肉痛が倍で来るのは経験則で分かっている。
 こればかりは、薬でも抑えきれないことも。

「人が起きる前に」

 電柱や屋根は、組織が何とかしてくれるだろう。
 気にしないことにし、一歩を踏み出す。
186 :別れ話【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 01:00:18.53 ID:uuWXplrH0
「ロク君!」

 抱きついてきた元恋人を、片腕で受け止めながら。

「別れようといったはずだ」
「うん、言ったね」

 胸元で笑顔が咲いた。

「だから、考え直させることにしたよ!」

 前向きな行動を宣言しながら。

「考え直させる」
「うん。だって、ロク君は私を軽く見ていただけでしょう。なら、今度こそ何があっても振られないようにさせる! 夢中にさせてみせる!」
「本気か」
「うん、もちろん!!」

 とんでもなく、恋人はポジティブだった。
 きっぱりと振ったはずなのに。
 むしろ、普段よりテンションが圧倒的に高い。

「カンさん、どうなってる」
「ええ。見ればわかると思いますが、六本足さんの別れ話は逆効果でした」
「なぜ」
「……それはですね」

 含み笑いを、カンさんはしてみせた。

「六本足さんが、契約者さんをお気に入りだと認めたからですよ」
「道具としてだろ」
「ええ。ですが」

 恋人は、契約都市伝説の声が聞こえてないみたいだった。
 ただ、強く抱きつていくる。

「契約者さんには関係ないですよ、そんなこと」
「関係ない」
「ええ。なにしろ――」

 「ロク君が私のことをちょっとでも思ってくれていたなんて。嬉しすぎるよ!」、恋人が何か言っているが聞き取れない。

「あなたのことを、世界で一番好きな人ですから」

 どうやら俺は、割と愛されているらしい。
187 :別れ話【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 01:09:00.42 ID:uuWXplrH0
 離れようとしない恋人を引き剥がし、もう一度説得をした。

「俺は価値のある人間じゃない」
「ロク君が自分の魅力に気づいていないだけだよ」
「二人を平気で危険な目に合わせる」
「困難を乗り越えて人は成長するんだよ」
「俺は俺が許せない」
「私が許すよ!」

 キラキラした瞳と奇麗事が返ってくるだけだった。

「カンさんは許せないかもしれない」
「許しますよ、契約者さんが許すのなら」

 変化球も乱入により無駄骨となった。
 もう何を言っても無駄ですよ、カンさんが視線で伝えてきたが無視をする。

「今日、下手をすればお前もカンさんも死んでいた」
「死んでいないから結果オーライだよ」
「次もそうなるとは限らない」
「不可能を可能にするのが人間だよ!」

 諦めたほうがいいですよ、またアイコンタクトが飛んできた。
 もちろん、従うはずがない。
 次にどう説得するか、脳を回転させる。
 俺の悪いところを上げ続ける、都市伝説の危険性を教え込む、普通の恋愛を勧める。
 選択肢は無数、効果があるかどうかは知らない。
 取り敢えず、どれか一つ口にしてみることにした。

「恋愛をしたいんなら、契約者以外の『ロク君』ん」

 恋人が屈み、俺の左手を握った。

「私はね、ロク君がいいの。ロク君だけがいいの。だって」

 「ずっと待っていたから」、よくわからないことを言われた。

「昔、会ったことがあったか」
「ううん、ないよ。去年の春に会うまで、ロク君のことをまったく知らなかった。でも、私は待っていた。ロク君と出会うのを」

 予知能力でも持っているんだろうか。
 なぜか、体が熱くなってきた。

「だからね、傍に居させて。ロク君が、私をちょっとでも気に入っている限りは。どんな場所でもいいから」
「地獄でもか」
「うん!」

 どこまでも明るい返事。
 カンさんも、俺に向かって頷いた。

「私達はもう運命共同体だよ!」

 自信満々の答え。
 俺は、

「わかった」

 根負けした。
188 :別れ話【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 01:10:04.04 ID:uuWXplrH0
「お話の方は終わりましたか」
「ええ、すみませんでした」

 律儀に待っていた黒服に、カンさんと一緒に頭を下げる。
 恋人は、なぜか勝ち誇ったような顔をしていた。

「いえ、人間関係は大事ですから」

 一瞬、彼女は眉を下げた。
 なにか、引っかかるようなことがあったのかもしれない。

「では、行きましょう。夜が深くなりすぎる前に」

 四人で歩き出す。
 俺を中心として、左隣に恋人、右隣にカンさん。
 前方に黒服という形で。

「……ねえ、ロク君」
「なんだ」

 恋人が、恥ずかしそうに手を出した。

「手、つないでいい?」
「ああ」

 右手で握る。
 ひんやりとした肌が心地いい。

「はじめてだね」
「そうか」
「そうだよ」

 ろくな会話をせずに、俺達は帰路を急ぐ。
 一歩ずつ、着実に。
 味気のない時間。
 なのに、嫌な気は全くしない。
 むしろ落ち着く。

「ずっと」

 恋人が、手に軽く力を入れた。

「こんな風に続けばいいのに」

 何の話かは聞かなかった、聞かないほうがいいと思った。
 カンさんも同意見、ただ穏やかな顔をして黙っている。
189 :別れ話【六本足】 [sage saga]:2015/10/25(日) 01:11:58.50 ID:uuWXplrH0
「ロク君」
「なんだ」
「ありがとう。私と――」

 続きは途切れた。

「……え?」

 突然起きた異変によって。

「え!?」

 俺達は歩道を歩いていた。
 なのに今、当のアスファルトに足が埋まっている。
 突如、舗装された道路が泥のように柔らかくなったからだ。

「な、なに!?」
「契約者さん、落ち着いてください」

 カンさんは冷静、札を生み出し周囲を警戒し始める。

「また、【獣の数字】ですか」
「ええ、おそらくそうでしょうね」

 黒服が拳銃を取り出す。
 俺も足を開き、いつでも動けるようにした。

「い、一体どこに!?」

 声を聞き流し、気配を感じるのに集中。
 都市伝説の居場所を探る。
 目を閉じ、無の世界へ突入。
 色を徹底的に消し、気配だけを浮かび上がらせる。

「いた」

 そして、見つけた。

「……どこにですか?」
「ここです」

 地面を指さす。

「下!?」

 俺達がアスファルトに吸い込まれたのは、この直後だった。

――完―― 

いい加減、畳まないとね
今年中に終わるかな?
190 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/25(日) 15:51:09.09 ID:4OqB+cQAO
六本足の人乙ですー
せっかく丸く収まったと思ったのにまたしてもピンチ!?
みんなの明日はどっちだ!
191 :とある看板犬の昼下がり  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/25(日) 17:02:19.44 ID:eHKPqH+90
 すぷぷー、と、その子犬はのんびりお昼寝していた
 「Ⅺ」の形のチャームが付いた首輪をつけているその柴の子犬。名前を「ポチ」と言う
 喫茶店「閑古鳥」の、看板犬である。主な仕事は客に愛想をふりまく事なのだが、閑古鳥はそういう店名のせいなのか、普段から客は少ない
 よって、普段は店の中で勝手に遊びまわり、遊び疲れたら眠る、と言うパターンが多い
 しかし、だ。仮にも一応時として看板犬なのである
 カランカラン、と来客を告げる鈴の音を、ポチの耳はぴくっ、と拾いあげた
 すっく、と立ち上がると、早速客に愛想を振りまくべく、てちてちてちっ、と店の入口へと駆けて行った

「わぁ、可愛い」
「うん、この子が、話してた看板犬だよ」

 店に入ってきたのは、紅 かなえと浅倉澪・マリアツェル、それに桐生院キラと言う少女三人
 ポチはキュンキュンと声をあげ、尻尾を振りながら、三人の足元をうろちょろとした
 そうして、すんすんすん、とお客さんの匂いを確認した
 すんすん、すんすん…………

「…………きゅぅん?」

 あれ?と言うように首を傾げるポチ
 すんすん、すんすん、と、念入りに匂いを確認する

「あれ?どうしたんだろ…………っわ、ち、ちょっとくすぐったいかも」

 すんすん、すんすん、すんすん、すんすん
 ポチが念入りに匂いを確認している少女は、澪だった
 匂いを確認しようとして、鼻先がぺちょっと足首あたりに触れたりする為、素肌に直接ではないにしろ、ちょっとくすぐったいようだ
 が、ポチはそんな事は一切気にせず、澪の足元をうろちょろしながらすんすんと匂いを確認し、「きゅぅん?」と愛らしく首を傾げる

「ほら、ポチ。ダメだよー」

 ひょいっ、と、そんなポチは、閑古鳥の店主に抱き上げられた
 抱きあげられると、抵抗もせずだらーん、と抱き上げられるポチ。そんな状態でも、尻尾はぶんぶんとふっている

「あ、風夜さん。こんにちは」
「やぁ、こんにちは、かなえちゃん。その二人は、お友達?」

 店長の言葉に、はい、と頷くかなえ
 澪とキラもぺこり、と軽く頭を下げた

「こんにちは。かなえさんが、このお店のデザート美味しい、って教えてくれて」
「金魚鉢パフェがある、って聞いて……あと、シュークリームも美味しい、って」
「なるほど、あれ目当てか。それじゃ、ちょっとサービスして、クリーム多めにしようかな」

 澪とキラの言葉に、店長はにこにこと笑って、厨房に引っ込もうとする
 ……と、ポチがしゅたっ、と、店長の手から脱出した。ぺちゃっ、とちょっと着地に失敗して転んだものの、めげた様子もなくてちてちてちっ、と、席についたかなえ達の元へと向かう
 そうして、また、すんすんっ、と、澪の匂いを確認しようとする

「澪ちゃん、懐かれたのかな?」

 そんなポチの様子に、かなえは首を傾げる
 すりすりと、半ば体をすり寄せながら、ポチは澪の匂いを確認し続け………

 ……………

 …………………すぷーーーーー

「な、なんか、微妙に足に重みが」
「………あ、ポチちゃん、澪ちゃんの足の上で寝ちゃってる」

 すぷーーー
 なにせ、元々お昼寝途中だったポチ
 眠たくなったようで、澪の足の上に顎をおいて眠ってしまい


 ポチが、何を思って、澪の匂いを確認し続けていたのか
 それは、誰にもわからないままだった



to be … ?
192 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/25(日) 17:04:50.60 ID:eHKPqH+90
六本足兼チキンの人乙でした!
「このままハッピーエンドになるとでも思ったか」って声が聞こえた気がする

前の話で出した足売りババアの外見イメージは、こう。上半身が鎌持ったおばあちゃんで、下半身は百足(ただし足は全部人間の足。さらに全部別々の足で統一感なし)です


とりあえず、今回はほのぼの回でした
ポチは看板犬頑張ってるよ!ゆっくりもふっていってね!

そして、鳥居の人様、澪ちゃんとキラちゃんお借りしました土下座
193 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/25(日) 21:05:53.46 ID:4OqB+cQAO
花子さんとかの人乙ですー
澪キラをお使いいただきありがとうございます土下座ー
近いうちに反応ネタ投下しますね!
194 :ヴィットリオ・パッツィは何も見ない  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/27(火) 22:57:47.60 ID:WotbxwvK0
 ヴィットリオ・パッツィはイタリアで生まれ、イタリアで育ってきた
 自分は自分の生まれ故郷を愛していたし、他所へと行く理由等存在しないと、幼い頃から思いながら育ってきた

 その考えが崩されたのは、あの美しい存在に出会ってからだった
 思考全てを埋め尽くすような美しいその存在を前に、「従わなければ」と考えた
 この美しい人に従う事は当たり前の事であると、そう感じたのだ
 その己の考えが、美しいその存在によって植え付けられたものである等と、気付くこともなく


「あー、もう。面倒くせぇな………」

 人通りの多い駅前で、だらっと人を待つヴィットリオ
 九十九屋からのメールで、同じ存在を愛している同士の迎えをしなければいけなくなったのだ
 昼間は、生活に必要な物資を書いつつナンパ(命かける存在は一人であるとして、ナンパは男の仕事なのでしなければいけないのだ)するつもりであっただけに、面倒な仕事を押し付けられた気分である
 これで、迎えに行く相手が女性であればまだ別だが、相手は男で、しかもお子様&老人なのだ。気が進む訳がない
 とは言え、金を稼ぐ手段は持っていないに等しいヴィットリオからすれば、生活費を稼いでおり財布の紐を握っている九十九屋には頭があがらない為、言うこと聞くしかないのだが

(それに、あいつは時間はきっちりしてっから、そこは幸いか)

 そう考えつつ、駅前を行き交う人々を見る。ある線より上の美人を見ると思わず目で追ったりとかそういうことをしつつ、時間を過ごしていると

(………お、来た)

 駅から出てくる少年と、それに付きそう老人
 少年は、ふわっとした長めの金髪をポニーテールにしており、割合かちっとした服装をしている。特徴的なのは、首に下げている懐中時計だろうか。首飾りと言うには少し大きな懐中時計なのだが、少年は気にせず身に着けている
 その少年に付きそう老人は………少々、異様な姿だった。なぜならば、とても大きな鎌を手にしていたからだ。ダンボールとかで作った作り物ではない、間違いなく本物の刃の輝きを持つ鎌。まるで死神が持っているようなそれを、重たい様子も見せずに手にしているのだ。そして、周囲の人間は、そんな危険な物を持っている老人を咎めようともしない……否、老人の存在に気づいてすら、いない

「よぉ、ミハエル」
「あ、ヴィットー、やっほー。ボク来たよー」

 少年………ミハエル・ハイデッガーは、ヴィットリオの姿に気づくとてととととととっ、と駆けて来た
 老人はゆっくりと、ミハエルの後を追いかけている

「可愛いボクを迎えに来てくれたんだね、ありがとう!」
「九十九屋に言われたからだよ」
「ヴィット、ノリわるーい」

 けらけらと笑うミハエル
 まだまだ子供なせいか、単に個人の性格か。ドイツ人によく見られる堅苦しさはミハエルにはない(時間がきっちりしている辺りは流石ドイツ人だが)
 ぽーん、と勢い良く飛びついてくるミハエルからは、さっと逃げるヴィットリオ
 女性から抱きつかれるのはいつでも歓迎だが、男はたとえお子様でもお断りである
 むーぅむーぅ、と不満そうなミハエルの頭を、老人がぽふり、と撫でた

「………ヴィットリオは、いつもこうだろう。気にするな」
「むーぅ、仕方ないなぁ。ファザータイムがこう言ってるし、許してあげる」

 傲慢さをにじませた態度でそういうミハエル
 はいはい、とヴィットリオは適当に流した

「ほら、さっさと行くぞ。こっちで増えた仲間と会わせてやるから」
「えー。ボク、それよりもサムライとかニンジャ探したい」
「仲間に「落ち武者」だかって感じのやつがいるからそれで我慢しろ」

 行くぞー、と歩きだすと、ミハエルは「オチムシャ!サムライの一種だよね!」となんだかワクワクした様子になりながら、素直についてきた
 す、と、老人がヴィットリオに並ぶ

「………あの方は?」
「まだ見つかってない………何があったんだか」

 老人の言葉にヴィットリオが答えると、そうか、と短い返答
 す………と、老人はそのまま少し下がり、ミハエルに付き従うように歩いて行く
 孫と祖父、と言うには、どこか異様な雰囲気。老人から感じる気配に、ヴィットリオは冷や汗を流す

(つっても、俺も慣れてきたよなぁ。最初ん頃は、近寄ることすら嫌だったし)

 老人を前にして、自然と感じる恐怖
 ヴィットリオは、それから無理矢理意識をそらした


 「見たくないものは見ない」。それが、ヴィットリオが生きていく上で自然と身につけたものであった
 己の生まれ故郷の田舎より便利そうな都会は、見るとそこに行きたくなってしまって故郷が嫌いになりそうで見たくない。だから、「故郷が一番だ」と考えて都会なんて見ない
 怖いものなんて見たくない。そんなものを見て、恐怖でショック死したらどうする。だから、怖いものなんて見ないし気づかない
 己を誘惑してきた美しいそれから感じた恐怖心を見てみぬふりして、見ない、見ない、見ない

 そして、人間にとって、絶対に避けられぬもの
 「死」の運命から目をそらす
 故に、ヴィットリオ・パッツィは、その存在の正体を見てみぬふりして、見ない

 ミハエルが契約しているその存在、「ファーザータイム」がどんな存在であるのか、を
 ヴィットリオは、決して考えようとはしなかった


to be … ?
195 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/27(火) 23:00:02.64 ID:WotbxwvK0
敵陣サイドの情報まだ全部出してない!と情報ぶん投げ小ネタ
敵陣に期待のショタがやってきたよ!

>>193
乙ありですのー
196 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/30(金) 22:06:29.94 ID:OTmMK/yAO
花子さんとかの人乙ですー
ヴィットリオ君さすがイタリア男や
そしてミハエル君の都市伝説ファーザータイムか!盛り上がる!澪と対決させたい!
197 :ヴィットリオ・パッツィは戦わない  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/31(土) 17:16:55.38 ID:xQnSjo9P0
 自分達の隠れ家へと帰っていく、その途中。ヴィットリオ逹は、自分逹に向けられている視線に、気づいた
 あまり、良い感情がこもっていない。どちらかと言うと、敵意だろうか

「どうするの?」
「………どうすっか」

 あたりを見回す
 この辺りは………まだ、人の目がある
 人目につくところでは、まだ目立つことをする訳にはいかない。と、なれば

「おびき寄せるか」
「ん、オッケー。ファーザー、行こう」

 ミハエルの言葉に、ファーザータイムはこくりと頷いた
 二人は、自分達に敵意を向けている相手に気付かれないように、少しずつ、自然に、人目のない道へと進んでいく

「それでさー、どうするの?殺すのは簡単だけど」
「そうだな………相手次第だな。消して問題なさそうな奴だったら、皓夜の食事用に確保だ」

 皓夜は鬼であるが、それ以上に女性である
 ヴィットリオ的には、空腹で苦しんでいる仲間の女性の為に力になれるなら、出来る限りなってやりたいところだ
 つまり、今、自分達に敵意を向けている相手次第では、美味しいご飯になってもらう必要がある、そういうことになる

「オッケー、えーと、じゃあ、ヴィットが捕まえる?」
「念の為いうが、お前らも協力しろよ」
「え、なんで。ヴィットの能力使えば、一発で捕獲出来るじゃん」
「お前とファーザータイムならな。それ以外は、ある程度、隙ないときついっつの。俺から、相手の意識そらすだけでもいいから」

 そう、ヴィットリオが契約している都市伝説は、ミハエルが契約している「ファーザータイム」のような存在であれば、一瞬で無力化し捕らえる事が出来る
 が、それ以外の存在は、流石にある程度隙を作ってもらわなければ、無理だ
 少なくとも、ヴィットリオを警戒された状態では難しい
 更にいうと、ヴィットリオは戦闘は全くといっていい程に出来ないのだ
 ミハエルとファーザータイムに任せるしかない

「仕方ないなぁ。それじゃあ、ボクとファーザーにおまかせだよ。ね、ファーザー」
「………うむ」

 ファーザータイムが、手にしていた大きな鎌を軽く揺らす
 そして………ミハエルの手元にも、大きな鎌が一振り、姿を現した
 ミハエルとファーザータイムが同時に動く。老人とは思えぬ、子供とは思えぬ動き。大きな鎌を手にしたまま、二人は高く、跳んで

「っく!?」

 ぎぃんっ!と二人の鎌が交差し、ヴィットリオとミハエルの後をつけてきていたその人物を、壁際に追い詰める
 交差する鎌は首元に迫っており、少しでも動けば、首を切り落とされるだろう
 彼らをつけてきていた、その相手は

「………子供?」

 ファーザータイムの呟き通り、それは子供だった
 子供には、ファーザータイムが見えているのだろうか。敵意がこもった目で、ファーザータイムを睨みつけている

「大人め………っ!」

 それは、ファーザータイムへの敵意と言うよりも、「大人全体への敵意」だった
 その子供が、『凍り付いた碧』と呼ばれる集団に属している、「黒」と呼ばれる下位メンバーの一人である

「ねえねぇ、君。ボク逹になんか用ー?それとさー、君って家族とかいるー?」
「…っうるさい!俺には、親なんていない!!」
 
 ……しかし、そんな事実はミハエルも、ファーザータイムも、そして

「そうか、それは好都合だな」

 ヴィットリオも、当然、知らない訳で
 ミハエルとファーザータイムにだけ意識を払っていたその「黒」は、ヴィットリオから意識が完全にそれていて
 ヴィットリオの声に「黒」が反応するよりも早く、「黒」の体が、消えた………否、「閉じ込められた」
 「黒」が立っていた場所に、人一人入りそうな大きさの樽が転がる

「おー、相変わらず、発動しちゃえば一発だね」

 じりじりっ、とその樽から距離を取るミハエル
 過去に、ヴィットリオのこの能力で完封された事があるミハエル的に、若干トラウマらしい

(思えば、九十九屋が俺にミハエルの迎え任せたのは、ミカエルが何かやらかしそうになっても、俺なら完璧に止められるからなのかもなぁ……)

 しみじみと、そんな事を思いながら
 「死神を閉じ込めた樽」の契約者であるヴィットリオは、その樽を持ち帰り、皓夜へのおみやげとするのだった


to be … ?
198 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/31(土) 17:18:46.01 ID:xQnSjo9P0
鳥居の人に焼き土下座
ヴィットリオの能力判明ついでにご飯調達させました
ぐっばい、名も無き「黒」の一人
なお、「死神を閉じ込めた樽」のエピソードは確かイタリアのお話だった、はず
199 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/10/31(土) 18:27:30.75 ID:p+0IKSHAO
花子さんとかの人乙ですー
おお、能力は「死神を閉じこめた樽」ですか…
待てよ?この能力澪と相性最悪では?
200 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/31(土) 21:18:35.84 ID:0F/dv5LN0
>>199
乙ありですのー

>待てよ?この能力澪と相性最悪では?
気づいてしまったのですね
201 :とある女子高生とナチュラルホモ共の高校生活日記  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/31(土) 22:31:51.12 ID:0F/dv5LN0
 事の始まりは一週間程前の事である

「咲夜さん、ご存知ですか?ハロウィン期間中は、学校町で一番大きな商店街で、仮装した人は割引していただけるんですよ」
「へぇ、そうなの?なんか、面白い試みね」

 Rからそんな事を聞かされて、私はちょっと、ワクワクしていた
 詳しく話を聞いてみると、露出が多すぎる仮装は禁止、などといった細々とした決まりはあるものの、けっこう自由に仮装してオッケーな様子
 しかも!普段あんまり割引とかセールしないお店も、20%くらいまで割引してくれるらしい
 こう、あんまり生活臭出すような事は言いたくないけれど、一人暮らしの女子高生的にはおいしい話である

「んー、露出多いのはダメかー………サキュバスの仮装とか、しようと思ったんだけどなー」

 そうやって、道行く男共をメロメロに!……と思ったのだけど、流石にダメらしい
 仕方ない、ならば、別方向で攻めて行こうではないか


 そして、ハロウィン特別セール期間中のその日
 商店街の隅にある、仮想する人用の更衣室で、せっせと着替える
 びしっ、と着物を身に付ける。着物の着付けを自分で出来ると言うのも、女のたしなみみたいなものだ。そうして………すちゃ、と、プレゼントとしてもらっていたものの、いつ使おうかと使いドコロに悩んでいた、装着者の感情に反応して動く猫耳と尻尾装着!
 ふっふっふ、猫娘……と言うより化け猫と言う奴だ
 ネコ娘風の仮装なら猫耳尻尾だけでもいいのだが、せっかくのイベントだし、気合いれてやる!
 ばっちり仮装したその姿で、商店街を歩く
 きぐるみ姿やら、単純に猫耳つけただけやら、プロの特殊メイクかってツッコミ入れたくなるような仮装の人逹がたくさんだ
 商店街のお店の人も簡単な仮装をしていたりして、なんとも賑やかな光景になっている
 と、そうやって歩き回っていると

「あ、さくっちー。さくっちも、お買い物っすー?」
「あ、憐君」

 ぱたぱたと、こちらに駆け寄ってきたのはL
 彼も、しっかりと仮装している………と言っても、神父様みたいな服装をしているだけだけど、多分、これも仮装のうちに入るのだろう
 エコバッグも持ってるし、お買い物組か

「化け猫の仮装みたいっすね。可愛らしいっす」
「ふふふ、そうでしょう、そうでしょう」

 へらんっ、といつも通りの軽そうな恵美を浮かべているLに、我が仮装を見せつけてみる
 そうだ、もっと見とれるがいい…………

「あ、憐君、こんにちは。今日、店の方でハロウィンの特別メニューあるけど、どうする?一応、お持ち帰り用もあるけど」

 と、その時
 Lに声をかけてきたのは、以前、学校町を案内された時に連れて行かれた喫茶店のマスター
 そして、彼は、あの看板犬を連れていて

「きゅーん」
「お、風夜さん、こんにちはー、っす………わぁ、ポチ、可愛い仮装っすね!ハイパー可愛いっす!」

 あぁっ!?
 Lが速攻で、可愛く仮装させられている子犬の方にっ!?
 っく、Lが犬好きだってのは聞いてたけど、ここまで完全敗北すると屈辱感すら感じないけど、屈辱感よりももっと強い敗北感がっ!!??

 思わず、がっくりと項垂れるこちらの様子に、子犬がきゅぅん?と愛らしく首を傾げていて
 その敗北感は、更に強まったのだった


おわれ
202 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/10/31(土) 22:33:35.40 ID:0F/dv5LN0
そういえば今日はハロウィンであると気づいたので、たてなきゃいけないフラグとか先に書くべき話ほっぽり出して軽いハロウィンネタである
みんなハロウィン楽しんでるかーい?
俺は賞味期限切れが近いドライフルーツが安かったので、ドライいちじくとドライマンゴー買って食いました。うまい(ハロウィン関係ない)
203 :チキン野郎 [sage saga]:2015/10/31(土) 23:32:16.43 ID:FrY+/qwg0
花子さんとかの人乙です!
なぜか、ファザータイムから某おもちゃを連想してしまった
……剣ぶっ指すと中から飛び出たりしないよね(期待)
というかミハエル君、ポニーテールか。もしかして、男の娘?(偏見)

ハロウィンねー、9月下旬にかぼちゃプリン買ったぐらいだ(もはや、ハロウィン関係ない)
学校町の場合、本物が混じってるだろうからタチが悪い

では久々にチキン野郎投下します
……ハロウィンネタ書いときゃよかった
204 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/10/31(土) 23:36:27.70 ID:FrY+/qwg0
・七話 首なしライダーと競え!

 風だ。
 男は思った。自分の前を走る、オートバイに対して。
 俺は風を相手にしているんだ。心にもう一度言い聞かせ、グリップを更に回す。愛車(オートバイ)はすぐに答えた、普段は出さない速度へ一瞬で移行。危険な領域に突入する。
 だが、これでいい。俺が相手にしているのは自然だ。このくらいしないと勝てない。男は睨みつける、目の前を走る風ことオートバイを。危険な速度で当たり前のように走行する化物を。
 出会いは少し前だった。
 男は、愛車で深夜の峠を走りに来ていた。いつもの事だ。峠を攻め、速さと刺激を求めることは彼にとってのライフワーク。何もおかしいことではない。だが、異変は突然起こった。
 いつものように走っていると、謎のオートバイに抜かれたのだ。見たことのない車種、真っ黒な車体とライダースーツ、骸骨を模した派手なヘルメット。まさしく、全てが謎。そればかりでなく、抜群のドライビングテクニックを持っていた。男が対抗心を燃やすほどに。
 男はすぐに抜き返そうとした。グリップを回し速度を上げる。同時に、相手も速度を上げた。男を引き離さない程度に。
 馬鹿にされている、そう解釈した男はグリップをまた回す。黒づくめのライダーもそれに倣う。以降はこれの繰り返し。イタチごっこが始まった。
 男はかなりのテクニックを持っている。この峠では、一番と言われる程に。しかし、黒づくめのライダーはそれを上回る力を持っていた。その上、男を挑発し煽るような真似もする。
 イタチごっこを繰り返すうちに、男はのめり込んでしまった。絶対にこいつを抜かす、その思いに囚われている。普段の彼なら、途中でこれを止めていただろう。いくら、速さを追い求めているといっても事故を起こしたら元も子もない。
 しかし今夜、自制心は吹き飛んでいた。風としか思えない、黒づくめのライダーと彼が狩る謎のマシーンだけを男は気にしていた。自分が死ぬかも知れないなんてことを一切考えていない。スピードを追求するだけの探求者、今の彼はそうとしかいえない存在へと成り果てていた。
 男は知らない。自分がオートバイを追いかけるのは、自分の意思だけによる行為ではないことを。黒づくめのライダーが、仕組んだ罠であることを。
 彼が風だと表現するそれは、もっと禍々しいものだということを。
 男は無知のまま、ただ速度を上げていく。目まぐるしく変わる景色を気にもせず、風に強く吹かれながら。
 追い抜いてやる。
 小さく呟き、男は最後の階段を登ろうとしていた。絶対に生きては帰れないレッドゾーン、自身が制御できる限界の先へ。興奮している彼は躊躇いもなく突入しようとする。命という概念を忘却の彼方へと追いやりながら。
 瞬間、黒づくめのライダーは体を僅かに震わせた。痙攣かと思える程度に。しかし、高い眼力を持つ者なら気づいただろう。ライダーが笑ったということに。
 悲劇の幕は下ろされた。
 男はグリップを回し、黒づくめのライダーも同じ行為をする。四つのタイヤが、ゴムを激しくすり減らす。
 道の先にガードレール、黒づくめのライダーはここで仕上げをするつもりだ。今の速度を保ったままだと、男が曲がれきれず激突するのは必死。黒づくめのライダーは、無事目的を達成する。
 地獄へと向かう道を男は突き進む、黒の案内人をお供に。自信が愛する峠を墓とする。
 ――はずだった。

「は?」

 つい一刻まで、熱く燃えていた男は覚めてしまっていた。あまりにも急な乱入者が、自分を追い越し謎のオートバイと並んだことで。
 それはオートバイではない。かといって、自動車でもなかった。そもそも、乗り物ですらない。
 生身の人間だった。
 綺麗なフォームで走る小柄な人間は、男を追い越し謎のオートバイと併走。凄まじい勢いで、足を動かしている。あまりにもシュールな光景に、男の開いた口がふさがらなくなった。
 なんなんだ、これは。ギャグか何かか。
 思考は一気に冷める。現実離れしすぎた光景を見てしまった故の症状だ。
 小柄な人間は黒づくめのライダーに手招きをする、俺について来いとばかりに。走る速度を上げながら。
 黒づくめのライダーは応じた、負けじとスピードを上げる。二人は男からどんどん離れていく、しまいには人間では制御不能と言えるほどのスピードでカーブを曲がっていった。
 彼はこれ以上、グリップを回そうとはしなかった。むしろ、スピードを落としていく。今さら、危険だということがわかったからだ。

「……これ、夢か」

 男は結論づけた、走り去っていた二人を現実の外へ押し出しながら。
205 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/10/31(土) 23:39:14.99 ID:FrY+/qwg0
 男が二人を見失った後、レースは上の段階へと達していた。
 黒づくめのライダーが速度を上げると、ランナーも同じことをする。反対の場合も同様だ。二人は競い合いながら並走していた。
 もちろん、公道なのでオートバイや自動車も走っている。それら全てを二人は追い越していた。スピードを全く落とさずに。
 カーブでも同様だった。猛スピードを維持したまま、二人はコーナーへ突入。ガードレールにぶつかることも、歩道にはみ出る事もなく当たり前のように曲がっていた。
 そんなことを続けている内に変化が起こった。
 今まで、正確無比な運転をしていたライダーが乱れ始めたのだ。ただ前へ前へと進んでいたタイヤが僅かにぶれ、コーナーへ突入するタイミングがずれるようになった。
 明らかにライダーは動揺していた。自身と並行するランナーの存在に対して。自身と同等、又はそれ以上の化物として恐れ始めていた。
 一方、ランナーは平常心を保っている。人外の脚力でアスファルトを踏みしめ、カーブも楽々と曲がっていた。スピードを統べている、そう表現するのが一番適していた。
 このままでは負ける、先に事故死してしまう。ライダーは悟ったのだろう。だからこそ、彼は行動に出ることにした。自己の特色をもっともよく出すために。ハンドルから手を離し、ヘルメットへと手を伸ばす。
 次の瞬間、ランナーは見た。ライダーのヘルメットの下を。そこには、当然顔が――
 なかった。
 本来、頭部が位置する場所には何もない。ただ、向こう側の景色だけが見える。
 ライダーは、ヘルメットを後ろに投げ捨てた。もういらないとばかりに。軽い音を出しながら、ヘルメットは後方へ転がっていった。
 レースが再開される。動揺していたはずのライダーは、元の調子を取り戻した。完璧な運転をし、ペースを握ろうとスピードを上げる。だが、思惑は叶わなかった。ランナーは、ライダーの真の姿を見ても様子が変わらない。上げたペースにも、平然とついて行った。
 ランナーは元から知っていたのだろう、ライダーが異形だということを。オートバイ乗り達を死に追い詰める都市伝説、【首なしライダー】だということも。
 超人と異形、理を超えた二人はまたもコーナーへ近づいていた。もう何度通ったかわからない場所。しかし、今度ばかりは事情が違った。
 ランナーが突然、【首なしライダー】にハンドサインを出したからだ。彼はガードレールいやその向こう、闇が広がる森を指さしていた。一見、意味不明なサイン。だが、【首なしライダー】は体を軽く曲げてみせた。肯定したとばかりに。
 二人は決めあったのだ、次のコーナーを曲がらないことを。代わりに、ガードレールの向こう側をコースにすることを。
 危険な道を敢えて通ることで、決め手に欠けるレースを終わらせるために。お互いを、人外と承知した上での取り決めだ。
 二人は速度を落とさずに、ガードレールへと真っ直ぐ進んでいく。
 後数メートルもないという所で【首なしライダー】の指先が動いた。二度、上げ下げを繰り返す。素早くかつ精密に。すると、目の前のガードレールに異変が起こった。突如、一部分が何かに切り取られたかのように地面へと落ちたのだ。ちょうど、オートバイが通れるくらいの穴が生まれた。ライダーはそこへと向かっていく。
 ランナーは、ガードレールを飛び越えようとしていた。ハードル走の要領で行く気だ。
 くぐり抜けと跳躍。違う方法で、二人は闇へと足を踏み入れた。
206 :チキン野郎は今日も逃げる [sage saga]:2015/10/31(土) 23:49:48.33 ID:FrY+/qwg0
 当たり前だが、夜の森に明かりなどない。
 ただ暗闇と自然の住人だけが存在する。人が近寄るにはあまりに不気味な場所。たとえ、人がそこにいようとも動こうとは思わない。朝になり、明るくなってから動こうとする。
 そんな特別な場所を、オートバイとライダーは疾走していた。木や岩などの障害物を避けながら。公道よりかは速度を落としているが、未だに猛スピードを保っている。
 神業じみた光景。だが、何よりもすごいのはテクニックではない。ランナーが、当たり前のように森を走り抜けていることだ。
 【首なしライダー】が、闇をもろともしないのは納得できる。元から首がない状態で走っているので、暗くても問題ないと考えられるからだ。
 だが、ランナーは違う。彼も化物じみてはいるが、【首なしライダー】のような異形ではない。オートバイの明かりしかない中、彼はどうやって地形を把握しているのだろうか。
 謎は謎のまま、レースは続いていく。未だに、二人の距離に大差はない。どちらも障害物に引っかからないので、遅れることも死ぬこともない。エンジンの轟音が森の中で響いていくだけ。
 停滞、気だるけな言葉がぴったりの状況。勝利も敗北もなく、時間だけが流れていく。
 【首なしライダー】は、ついに痺れを切らした。彼は、あくまでレースで敗北と死を与えるつもりだった。それがポリシーだからだ。しかし、今夜の相手は同じく人智を超えたもの。こちらのスピードに平然と付いてくるばかりか、障害物も全て華麗に避けていく。とても事故死させられるような相手ではない。
 決断するまで、時間はあまりかからなかった。
 【首なしライダー】は、感覚で右方のランナーを捉えると準備に取り掛かった。指先に力を込め、能力を発動。何もなかったはずの先端に、細い糸が生える。
 糸は急速に伸び、右方へと向かっていた。ランナーを殺すために。この糸は、【首なしライダー】にとってオートバイにつぐ武器だった。何しろ、縁が深い。
 道路に張られたワイヤーに猛スピードで突っ込み、首をはねてしまったライダーの亡霊。それが【首なしライダー】の正体だと言われているからだ。
 己を殺した凶器で、彼はランナーを狙う。自分と同じように、首をはね落とそうと。
 だが、その願いは叶えられなかった。
 突然、ランナーが失速し始めたのだ。足を怪我したから等ではない。明らかに、意図的なものだ。【首なしライダー】は、疑問を浮かべながら自身もスピードを下げる。
 それが命取りとなった。彼は気づくべきだったのだ。ランナーが失速した理由が、もう走る必要が無くなったからだと。ここへ誘い込むことが目的だったということを。
 速度を下げながらも、【首なしライダー】は糸での攻撃を繰り出した。長さはもう十分、指先を動かすだけで首が消える。そう信じて疑わなかった。
 糸を動かした瞬間、幾数もの銀閃が飛んできるまでは。

「!?」

 銀閃の正体は、投擲されたナイフだった。
 無駄のない軌道を取りながら、刃は糸を切り裂いた。さらに、【首無しライダー】の足さえも貫く。
 驚愕と痛み、降りかかった災難に運転が乱れた。オートバイは、避け切れるはずだった木に激突。圧倒的な衝撃にバイクは潰れ、【首なしライダー】は宙へと投げ出された。勢いを保ったまま地面に落ち、為すすべもなく転がる。接触の痛みを感じる暇もなかった。
 回転は、また木にぶつかることで止まった。
 【首なしライダー】は、すぐさま行動に出るため立ち上がろうとした。しかし、右股に刺さったナイフのせいで叶わない。地面を転がったせいで、より深い箇所にまで刃が侵入。歩くことが不可能となっていた。
 ならば、状況の確認を。
 【首無しライダー】は、感覚を研ぎ澄ました。ナイフを投擲したのが、ランナーでなかったのはわかっている。だとしたら、ここにもう一人敵がいるのは確か。警戒心を極限まで高め索敵を開始する。対象は、ランナーがいる周辺。
 この行為は間違っていない。常に、敵の存在を認識することが戦いでは重要だ。彼にとって、命取りだったのは敵がランナーと投擲者の二人だと思ったこと。伏兵がいる可能性を考えなかったことだ。
 直前、【首なしライダー】は気づいた。自分に向かって何かが向かってくることを。
 目のない彼には、感覚で小動物だと捉えるのがやっとだった。そのまま――

「!!」

 ライダースーツごと、腹を食い破られた。

――続く――

チキンレース?回でした

おまけ 「ハロウィンってなんの日?」

六「かぼちゃ食う日だろ」

カ「それ、冬至です」
207 :チキン野郎 [sage saga]:2015/10/31(土) 23:57:33.29 ID:FrY+/qwg0
あ、目がないのにハンドサインやらがわかったのは気配で感じたってことで
……苦し紛れの訂正です、はい
208 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/01(日) 00:25:05.03 ID:0hjCcz/C0
六本足兼チキンの人乙でしたー
おぉ、バイクに並走できるくらいのスピードか……まぁ、口裂け女よか早かったんだから、それだけのスピード出るか

>なぜか、ファザータイムから某おもちゃを連想してしまった
っく、某おもちゃがわからなくてネタに乗れない悔しさよ

>というかミハエル君、ポニーテールか。もしかして、男の娘?(偏見)
そういうことにしてもいいのよ?

>学校町の場合、本物が混じってるだろうからタチが悪い
(そっぽ向いてる)

>……ハロウィンネタ書いときゃよかった
時期ネタは一週間くらいは前後しても許されるってばっちゃが言ってた
209 :チキン野郎 [sage saga]:2015/11/01(日) 00:55:28.89 ID:n52sFruF0
>っく、某おもちゃがわからなくてネタに乗れない悔しさよ
あれです
黒ひげが危機一髪なやつです
210 :アダム・ホワイトは仲間思い  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/01(日) 00:55:29.29 ID:0hjCcz/C0
 ハロウィンである
 この期間、学校町で一番大きな商店街にて、仮装していれば最大で30%オフなのだ
 よって

「生活費を抑えるためにも!あの商店街で買い物する時にはこの仮装で行く事にする!」

 オペラ座の怪人、通称ファントムの仮装をし、九十九屋はそう宣言した
 いや、流石にこの仮装のまま、商店街に行く訳ではないが、一応確認の為に前もって一回着てみるのだ

「なんでこんなに気合入れるんだよ。手作りのわりには気合を入れて」
「この街なら、いっそ気合はいった仮装の方が目立たない。まっとうな手段以外で稼いで、「組織」だの「獄門寺家」だのに目をつけられると厄介だから、生活費は極力抑えた方がいい。よって、割引効く間に、保存効く食いもんとか買いだめしといて大丈夫なもん買い貯めるぞ!」
「うわ、こいつガチ買い物する気だ!?あと、なんで俺がアルセーヌ・ルパンのコスプレなんだよ。ルパンはフランスだろ」
「イタリアの方の話だって俺が間違えて覚えてたからだ」
「ぶっちゃけやがった!?」

 九十九屋の言葉に、ツッコミを入れているヴィットリオ
 なお、九十九屋も本音としては仮装なんぞしたくないが、生活費節約がかかっているのなら仕方ない為、半ばやけになっているともいう
 そのやけに、ヴィットリオとアダムを盛大に巻き込んでいるのである

「かそー?いつもと、ちがうかっこうするのかー?」
「そういう事だ。だから、皓夜。俺は怪我してないから安心しろ」

 包帯をぐるぐる巻きにしてミイラ男の仮装をしているアダムが、皓夜にそう告げた
 アダムのその姿に、皓夜が怪我したのか、と心配したからである
 ……手軽にできる仮装に逃げたのがまずかったのか、変にリアリティでもだそうと包帯に、血が滲んだように赤い絵の具ちょっと垂らしたのがまずかったか、どちらだろうか

「いろんなかっこー、おもしろそう……」
「皓夜も仮装する?」

 ひょこんっ、と、仲間の頭の上がお気に入りらしいアナベルが、皓夜の頭の上に乗っかりながら問うた
 うー、と皓夜は声を上げる

「でも、こーや、かそーしても、かいものとかはいけないし………」
「買い物行かなくとも、仮装はしていいんだぞ?」

 そもそも、日本生まれであるのはともかく、近代の文化には疎い皓夜。ハロウィンの意味もよくわかっていなかったようで、商店街の割引以外に仮装理由がわからなかったらしい(いや、そもそも「商店街」「割引」についてもよくわかっていないだろうが)
 アダムの言葉に、ぱっ、と表情を輝かせる

「じゃ、こーやもかそー、してみたい!」
「わかった。今すぐは無理だけど、何か仮装衣装、用意してやるな」
「ねーねー、私も仮装ー」
「…アナベルのも、後でな。まずは、買い物行かないといけないから」

 はーい、と返事をする皓夜とアナベル
 買い物に行く用の仮装は、主に九十九屋が用意したが………買い物に関係ない皓夜とアナベルの仮装まで用意してくれるかどうかはわからない
 と、なれば

(用意するのは、俺か)

 ………まぁ、なんとかなるだろう
 出来なくも、ない

「アダム、そろそろ買い物行くぞ」

 と、ヴィットリオを説得(半分物理)するのが終わったらしく、九十九屋が声をかけてきた
 わかった、とアダムはそれに返事を還す

「じゃ、行ってくるな」
「おー、いってらっしゃい」
「いってらっしゃーい」

 皓夜とアナベルに見送られ、アダムは九十九屋とヴィットリオに続くべく、一旦、ミイラ男の仮装を解きながら歩く

(……そういや、皓夜。人肉以外は栄養にならないし腹も満ちないが、食えない訳じゃないんだよな………試しに、何か菓子でも買ってみるかな)

 少しは気分転換になるかもしれない、と
 一人こっそり、そんな事を考えたのだった


おわる
211 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/01(日) 01:00:37.93 ID:0hjCcz/C0
俺達のハロウィンはこれからだ!ってことで日付変わったけど敵サイドハロウィンネタそぉいっ
書けそうだったら、敵サイドじゃなくとも他の面々でもハロウィンネタ書きたいね
一週間くらいは、本筋あんま関係ないハロウィンネタ書いていくかもしれないし書いていかないかもしれない

>>210
>黒ひげが危機一髪なやつです
あ、なるほど
となると、ファザータイムじゃなくてヴィットリオの「死神を閉じ込めた樽」の能力の方の事かな
212 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/01(日) 01:19:27.35 ID:0hjCcz/C0
(レス番間違えてた)
(スマヌ)
213 :チキン野郎 [sage saga]:2015/11/01(日) 09:01:43.55 ID:n52sFruF0
>>211
あ、すいません混合してました
急いで読むもんじゃないね
214 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/11/01(日) 11:51:29.01 ID:NRWvfTXAO
花子さんとかの人乙ですー
おお、ハロウィンネタですね。ポチ可愛いよポチ
敵方のハロウィンもいいですねー。心配する皓夜ちゃんかわゆい
チキンの人乙ですー
首なしライダーにも勝てるとかただ者じゃない速さ
続き楽しみにしてます!
215 :死を従えし少女 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/11/01(日) 11:52:24.39 ID:NRWvfTXAO
 「閑古鳥」の店内。
 あまり客の入りも多くないそこに、少女たちの歓声がきゃいきゃい響きわたり、いつもよりちょっぴり賑やかだった。
「あたし金魚鉢パフェ!絶対完食する!」
 キラはすっかり魅了されたようで、そこここにピンクのリボンの付いた水色のワンピースの袖をひらひらと揺らせ、テーブルを興奮のあまりかどんどんと叩いている。
「あたしは、このひつじババロアがいいかな。それとシュークリーム」
 足の上にポチを眠らせたまま、髪に赤いリボンを飾り、黒いワンピースを着た澪がメニューを指さす。
 ふと、澪の視線が足下のポチに向く。
(…あれ?)
 なんだろう。ただの子犬ではない。「何か」を感じるが、うまく表現できない。
「私も、金魚鉢パフェにしようかなあ。でもシュークリームも捨てがたいなあ」
 かなえもメニューを手にしつつ、決めかねているようだ。
 風夜という店主が、テーブルに水を運んできた。
「ん、ポチがずいぶん懐いたね…って、君…」
 澪を見つめて、一瞬その表情が変わる。
「君、ノイ・マリアツェルって子知ってる?知り合いなんだけど、よく似てる」
「母を知ってるんですか?」
 澪は正直驚いた。こんな所で、母の知り合いに会うなんて。
「母?」
 今度は風夜が驚く番だった。
「母って、あのノイちゃんがお母さんかい?」
「どうした?風夜…」
 奥から銀髪の男が出てくる。おどおどした様子だったが、澪を見て安心したように微笑んだ。
「や、やあ。ノイ、久しぶり…」
 外見は、という但し書き付きならばよく似てるとは言われるから仕方ないとはいえ、澪は苦笑いする。
「ノイの娘の浅倉澪・マリアツェルです。はじめまして」
「へえ、お母さんに似てないしっかり者だね。君も契約者かい?」
「はい。母が例の事件で都市伝説になってしまったので、その血をひいてます。あとはまあ、それなりに」
「あのノイが、お母さん…想像、できない…」
 半ば呆然と銀髪の男、つまりはギルベルトが呟く。
「でしょうね。でも、ムーンストラックおじさんも居るし、母親としては及第点だとは思いますよ。一度あたしが熱を出して学校を休んだ時に、代わりに制服着て学校に行ったのは赦してませんが」
 ばっさり切り捨てた澪の台詞に、風夜がぷっと吹き出した。
「ノイちゃんらしいねー。しかし、君のその手厳しさは誰に似たんだい?」
216 :死を従えし少女 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/11/01(日) 11:52:52.34 ID:NRWvfTXAO
 さあ、どうでしょうと誤魔化して、澪は紅茶とひつじババロア、シュークリームを注文した。
「あたし金魚鉢パフェ!それとひつじババロア!」
「私は…シュークリームは外せないかな、それと…」
 少女たちがきゃっきゃと注文する声を子守歌に、看板犬はすぴすぴと昼寝していた。



END
217 :死を従えし少女 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/11/01(日) 11:53:59.57 ID:NRWvfTXAO
以上です。続きあるかも。
とりあえず花子さんとかの人には焼き土下座を進呈orz
218 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/02(月) 00:40:52.58 ID:fRutEFdC0
鳥居の人乙でしたー
ノイちゃん何やってるのw
わりと早く入れ替わりバレてた予感しか感じないのは気のせいか
とりあえず、ポチは澪ちゃんと遭遇するたびに、すんすんと匂い確認して首かしげてるかもしれない
219 :獄門寺家の客人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/03(火) 00:24:23.83 ID:Vu7sYkIk0
「鬼灯さん。トリック・オア・トリート」
「Trick or Treat!」

 ちょーん、と、翁の仮面をつけた龍威と犬耳と尻尾をつけた凛が、獄門寺家の縁側で三味線の手入れをしていた鬼灯に、そう声をかけた
 二人の言葉に、鬼灯は一瞬。きょとん、として

「………あぁ。万聖節か。ほら」

 ここ十数年で、日本でもハロウィンに仮装してお菓子を、なんて習慣が一般的になりつつある
 凛の犬耳尻尾はともかくとして、龍威の翁の仮面は仮装と言っていいかどうか微妙ではあるが、この二人の「悪戯」は何をやらかすのか、若干想像したくない
 鬼灯が小さな箱を二人に渡すと、二人はぱぁああっ、と子供っぽい表情浮かべた

「ありがとうございます、鬼灯さん」
「ありがとー!お菓子くれたから、悪戯はなしにするね」

 きゃっきゃっ、と喜んでいる二人
 ……凛が油性ペンをしまいこんだ気がするのは、見なかった事にしよう、うん

「それじゃあ、凛。次、行こう」
「うん!次は、あの三人組だね!」

 突撃ー!と言うように、二人はぱたぱた、縁側を駆けていった
 なるほど、次の犠牲者候補は、あの建築三人組か、と鬼灯は他人事のように思いながら、また三味線の手入れを再開する

「ちゃんとお菓子、用意していたんですね」

 と、その鬼灯のところに、庭の掃除が終わった様子の絵里が近づいてきた
 おぅ、と、鬼灯は返事を返す

「憐の坊やから、用意しといた方がいいって言われてたからな」
「なるほど。ちなみに、箱の中身は、何だったんですか?」

 獄門寺家に仕えている者として、獄門寺家の次男の龍威が口にするものが、万が一でも変なものであってはいけない
 この鬼灯は、子供には優しい性質なのでおかしな物ではないと思うので、あくまで念の為の確認だ
 絵里の言葉に、鬼灯は先ほど龍威と凛に渡したのと同じ小さな箱を取り出して

「ほら」

 と、絵里に手渡した

「それ、坊や逹にやったのと同じもんだから。お前にやるから、確認しとけ」
「え?………私、仮装していない上に子供じゃないんですが」
「気にするな。菓子要求事態は、在処も龍一にやってたしな。南瓜饅頭渡されて「何か違う」って顔してたが」
「…あれは、お菓子じゃなくて悪戯してもいいのよ、って言う誘いだったんでしょうね。龍一様は、その手の誘いには高確率で乗らないと思うのですが」

 そういえば、そんなやり取りしていたような、と思いながら絵里はその小さな箱を開けた
 中に入っているそれを見て、おや、と声を上げる

 小さな箱の中に入っていたのは、落雁だった
 落雁は、米などから作った澱粉質の粉に水飴や砂糖を混ぜて着色し、型に押して乾燥させた干菓子だ
 はっきり言って、安物だとあまり美味しくない物うえ、形の少々不格好な物が多い
 鬼灯がハロウィン用に用意したのだろうこの落雁は、カボチャおばけの形をしているのだが、決して不格好ではなく、しっかりとした形をしている

「いただいて、本当にいいんですね?」
「おぅ、好きにしとけ」

 三味線の音の調子を確認しながら、鬼灯は頷いた
 それでは、と。絵里はいただきますと小さな箱にはいった落雁を一つ、口にした
 上品な甘さが口の中に広がり、落雁はすぅ、と雪か何かのようにあっさりと溶けて消えていく
 ……なるほど、これは上等な物だ

「随分と、奮発しましたね」
「俺に対して菓子要求してくる奴は、そんな数いねぇだろうしな。たまには金平糖以外でもいいだろ。坊や逹も、せっかく食べるなら美味い菓子の方がいいだろ」
「それもそうですね」

 箱の中にはまだ落雁が残っていたが、まずは蓋をする
 これは、一気に食べるのはもったいない。ちょっとずつ、食べよう

「ありがとうございました。今晩のおかず、リクエストありますか?ないなら、かぼちゃを使ったおかずになりますが」
「んー?………酒に合いそうなもんがいい」
「抽象的な。まぁ、いいでしょう」

 鬼灯の言う酒は、ビール等ではなく日本酒系だ
 何か、それにあうおかずを考えるとしよう
 建築三人衆の部屋から、なんかあの三人の悲鳴が聞こえてきたような気がしつつも、それを聞かなかったことにして、絵里は今晩の献立を考え始めたのだった


おわれ
220 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/03(火) 00:25:47.09 ID:Vu7sYkIk0
はないちもんめの人に焼き土下座。絵里さんと建築三人衆お借りしました
俺達のハロウィンはまだまだこれからだ
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/04(水) 00:21:09.83 ID:RRjaP4RV0
花子さんの人乙です
落雁ってあのあまり美味ではない方の砂糖菓子かあ
高いのだと美味しいのか…さすが勉強になるぜ鬼灯さん

死神の人も乙です
ノイちゃんは母親になってもお茶目なようで何より
ただ娘の気苦労も大きいのだろうなと…
222 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/04(水) 00:33:00.81 ID:/3L7pFdg0
乙ありですー

>高いのだと美味しいのか…さすが勉強になるぜ鬼灯さん
いただきもので大変と美味しいのを食べたことあります
す………っ、とお上品に、しかしあっという間に口の中で溶けて、甘さが後にひかない感じで優しい味わいだった
223 :土川 咲季の思い出  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/09(月) 23:33:41.81 ID:zDPQEhag0
 何故、契約したのか、と、その子に聞いてみた事があった
 答えは、とてもシンプルで

「そうじゃないと、護れないだろ」

 と、そう即答してきた

「でも、貴方達のお父さん逹だって、契約者なんでしょう?」
「だからだよ。いつまでも親父達が生きてるわけでもないし。年取ってきたら、若い時みたいに戦えるとも限らないしな」

 頼り続けるわけには行かないと、その子はそう言ったのだ
 まだ、小学生なのに
 自分よりも年下のその子は、その時点ですでに親に頼ると言う選択肢を選ばないと言う考えを持っていたのだ

「親父逹が、弱いって訳じゃないんだよ。でも、頼り切るのは危険だからな」
「だから、貴方が戦うの?」
「憐と龍哉が、もう契約してんだ。俺だって契約して、戦うべきだからな」

 そう答えたその子の両目が、一瞬、金に光った

「……………あの時、二人にだけ戦わせちまったからな。あの時のような事には、二度とさせない」

 どうやら、私と出会う数年前、まだ、その子逹がもうちょっと小さかった頃に、その子逹はとても恐ろしい存在に襲われたらしかった
 その時、その子逹の中で契約していたのは二人だけ
 たったその二人で恐ろしい相手と戦うその姿に、その子は契約を決意したのだ
 ……そのタイミングを狙って、その子に契約を持ちかけてきたその存在は、もしかしたら以前から、その子との契約のチャンスを伺っていたのかもしれない

「怖くないの?」
「別に。あいつらが死ぬほうが怖い」

 迷いのない答えに、強いな、と思った
 でも、「怖いな」とも、思った
 だって、この子は戦うことには恐怖がない
 自分の大事な存在を守るために、己の命をかける事を恐怖しない
 ………それは、紙一重なのだ
 強いけれど、同時に、とても危険な事で
 その子が、一歩間違えば死んでしまうかもしれない、いなくなってしまうかもしれない、その事実が怖かった

「安心しろよ、咲季も守ってやっから」

 こちらの表情から、何を感じ取ったのだろうか
 その子は、きっぱりとそう言い切った

「俺達が揃ってりゃ、敵なんていねーからな。どんな相手だって、叩き潰してやるよ」
「あはは、そっか………でも、無理はダメだからね?」

 わかってる、とその子は笑う
 頼もしくて、でも、なんだか不安を感じてしまって


 ……本当は、私も「契約」した方が良かったのかもしれない
 そうすれば、その子逹だけ戦わせるなんて事に、ならずにすんだから
 けれど、私は「契約」は出来なかった
 「器が小さいから無理だ」と、そう断言されてしまったから
 私は、みんなのようにはできなかった



 だから
 私には、この選択肢しかなかったのだ

 ここで飛び降りて、その都市伝説の内部へと取り込まれ…………内側から、その支配権を奪う
 大丈夫、出来る
 あの、黒いスーツを着た女の人が言っていた
 この都市伝説相手ならば、その対抗策でなんとかなるかもしれない、と

 大丈夫、出来る
 出来なきゃいけない

 あの子逹が戦わずにすむように
 私が、私なりのやり方で、戦ってみせるのだ




fin
224 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/09(月) 23:34:32.54 ID:zDPQEhag0
以前から気になってたフリゲに手を出しちゃったので更新頻度落ちたらごめんね(クズ顔ダブルピース)

ひとまず、彼らにとっての三年前のあれそれとかそういうアレ
225 :諸君、今日はいい夫妻の日だ  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/23(月) 22:24:13.90 ID:su3ehjNe0
 11月23日。その日は、日本において「いい夫妻の日」とされている。の、だが

「………なのに!龍一さんは、私を置いてどちらにっ!?」

 学校街、獄門寺家にて。13代目頭首獄門寺 龍一の妻である在処の叫びが、響き渡っていた

「厄介な都市伝説が出たから、そっちの討伐だってよ」

 在処のその叫びに答えたのは、獄門寺家に客人として招かれている鬼灯
 龍一と在処の第二子である龍威は、鬼灯に本を読んでもらっていたようで、ちょーん、と彼の膝の上に座っている

「っく………それならばそうと、私も誘ってくれれば、こう、夫婦の絆的なものを見せつけられる戦いであったと言うのに……」
「「今回の現場は、火気厳禁だ」と、お父さんが言っていました」
「それで何故、私が何も告げられずに置いて行かれる事にっ!?」
「お前さんの息子が話した理由で、だいたい察せられるだろ」

 龍威と鬼灯からのダブルの指摘に、っく、と言う表情になる在処
 まぁ、事実なので、仕方ない。火気厳禁、と言うより、厳密には「爆発厳禁」な現場であった為、在処の同行は不可能だったのだ
 そして、龍一は。万が一にも、それでも在処がついてこないように、事情を離さずに向かったようだった

「こう、もうちょっと、私のことを信頼してくれてもいいでしょうに……」
「お母さんでしたら、確実に爆発させる、と信頼しているのではないでしょうか」
「息子のフォローがフォローなっていなくて、逆に辛い」

 10歳の息子のフォローがむしろ急所に当たったかの如く精神に追加ダメージを与えてくる
 反論しようにも、何と反論したら良いやら

「夜になったら帰ってくるだろ、龍一の実力なら」
「まぁ………うん、そうですよね。龍一さんですから。「いい夫妻の日ラブラブ大作戦」は夜までおあずけです」
「具体的に何やろうとしてんのか知らんが、爆発はさせないようにしとけよ」
「爆発はさせませんよ!多分」

 多分かよ、と言う鬼灯の突っ込みはスルーである
 在処は、ワクワクと龍一の帰りを待つことにして………


「…それで。何故、在処は布団に潜って蛹のような状態になっているんだ」

 夜遅くに帰宅した龍一は、ぼそり、とそう口にした
 龍一の視線の先では、布団に潜って微動だにしない在処の姿
 ……否、よくよく見れば、かすかに上下している。中に潜り込んでいる人間が、寝息を立てているようだった
 息苦しくないのだろうか、と龍一はそんな事を考える

「お父さんの帰りが遅かったので、「よろしい、ならばプランBです」、とお母さんは言っていました」
「…………そうか」

 龍哉の言葉に、龍一は在処が何をしようとしていたのか、なんとなくではあるが、察した
 大方、こちらを驚かせようとしたのだろう。多分ではあるが

「………ちなみに、在処、夕食は」
「途中で空腹に負けたのか、とりあえずお茶漬けは食べてました」

 わかった、と頷く
 まぁ、満腹でないのなら、いい。今夜中に起きなかったら、その時はその時、翌日に回せばいい
 状況説明をしてくれた龍哉に感謝しつつ、とりあえず龍一は返り血その他を落とすために風呂へと向かった


 頭を撫でられている感触を感じた
 うとうとと覚醒しかけた意識が、再び眠りへと沈みそうになる

「……起きたか?」

 が、聞こえてきた龍一の言葉に、在処はぱっ、と目を覚ました
 自身の頭を撫でてきていた龍一を見上げて、笑う

「…おかえりなさい、龍一さん。遅いです。そして、置いていくなんて酷いです」
「………ただいま。今日の現場は、お前向きではなかった」

 きっぱりと断言してくる龍一
 あ、これ、すねてもいいかな、と、在処は再び、布団蛹になろうとして

「………今日は、いい夫妻の日とやらだから。お前とゆっくり出来なかった詫びに、ケーキを買ってきたのだが」
「龍一さん、私がケーキごときで釣られる安い女だと思いましたか!それに、この時間にケーキなんて食べたら確実に太ってしまうでしょう。そのケーキ限定物とかだと嬉しいので早く見せてくださいそして食べましょう」
「前半と後半が激しく矛盾しているようだが」

 がばり、と起き上がった在処の姿に、龍一はほんの少し、笑って

「………至宝軒の、今月22日と23日限定の物だ」
「今すぐ食べます。あ、龍一さん、ちゃんと一緒に食べましょう。紅茶淹れてきますから」

 ぱたぱたと、在処は台所へと向かう
 爆発の危険性を感じたのか、龍一が後をついてきているのを感じながら、在処はほんわか、幸せを感じたのだった

おわれ
226 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/23(月) 22:29:07.21 ID:su3ehjNe0
本編進んでないけど、いい夫妻の日なのでカッとなって書いた
はないちもんめの人に焼き土下座
227 :鳥居を探すの人 ◆12zUSOBYLQ [sage]:2015/11/24(火) 21:48:12.51 ID:pFlxyjnAO
皆さま乙ですのー
感想書けなくて申し訳ない
とりあえず現代編と未来編の短編のたのた書くので許して下さい
228 :アダム・ホワイトは家族思い  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/24(火) 22:23:35.06 ID:kSB0UnrT0
 手際よく、野菜が切られていく。調理に関してはヴィットリオの方が手馴れているな、とアダムは改めてそう感じた

「おっさーん、そっちの調味料とってくれ」
「あぁ、わかった」

 ヴィットリオが指差した調味料の瓶を取ると、Grazie、と返事が返ってくる。ついでに鍋も、と言われたから、空の鍋を手渡した

「…何を作っているんだ?」
「おでん」
「おでん」
「前にコンビニで買って食べたのが美味かったから。俺が作るのだから、洋風になるけどな」

 なるほどおでん。通りで、イタリア料理ばかり作るヴィットリオにしては珍しく、大根も切っていると思った
 彼達の中では、ヴィットリオが一番、料理が出来る
 次点が唯、その次が一応はアダムなのだが、彼が作ることができるのは本当に簡単な物だけだ。切る、焼く、煮る、の単純な料理のみ
 それと比べれば、ヴィットリオは料理人並、とは言わないが料理のレパートリーが広いため、大変と助かる。ほぼイタリア料理だが
 …………なお、九十九屋は料理は全く、出来ない。あれは料理ではない、料理と呼べないナニカだった

「…っし、おっさん、後は俺がやっておくよ」
「手伝いはもういらないか?」
「あぁ。だから、お子様二人を頼んだ」

 うん?と思ってキッチンの入口を見る
 ……皓夜とアナベルが、じーーーっ、と、やや退屈そうにこっちを見ていた
 わかった、と頷いて、アダムは二人の元へ向かう

「どうした?……ミハエルと、唯は?」
「みはえるとゆい、いっしょにでかけたぞー。ふぁざーたいむもいっしょー」
「肉食べたいから、北区の山の方に行ってイノシシ獲ってくるって言ってたけど」

 居るのか、イノシシ。いや、いないとは断言出来ないが
 ……大丈夫だろうか。あの二人なら大丈夫だろうか?ミハエルも唯も能力は戦闘向きであるし、もしもの時はファザータイムがいる
 そのように考えつつも、アダムは少し心配だった
 ミハエルはまだ子供だし、唯だってまだハイスクール通い。子供と言っていいだろう。ファザータイムも一緒とはいえ、その二人でイノシシ狩り。大丈夫と思いつつ、それでも心配なのだ

(俺の子供みたいに、なってほしくもないし………)

 ーーーつきりっ、と
 一瞬、思い出してしまった記憶を振り払う
 あの方が行方不明になって以来、どうにも、昔のことを思い出す回数が増えてきた気がする

「う?あだむ、どうしたー?」
「……いや、なんでもない」

 なんでもないよ、と皓夜の頭を撫でようとして………しまった、手が届かない
 皓夜の方が背が高いから、仕方ないと言えば仕方ないのだが
 うー?と皓夜はアダムの様子に首を傾げ、皓夜の頭に乗っていたアナベルがその頭から落ちた。はしっ、と肩に捉まる事で床までは落下しなかった
 しばし、皓夜は考えて………どうやら、何かを察したようで

「こうー?」

 と、ちょっとかがむ、と言うかしゃがんできた
 確かに、これなら頭をなでられるのだが…………男として、微妙に複雑なのは、気のせいか

(まぁ、皓夜は鬼なのだから、人間よりデカイのは当たり前なんだよな……)

 そんな複雑な心境を振り払いながら、皓夜の頭を撫でてやる
 外見はともかく精神は子供同然のせいか、皓夜は頭をなでられると嬉しそうに、嬉しそうに笑って


 その笑顔に、一瞬だけ、子供の姿が、ダブって


(………あぁ、早く、あの方を見つけなければ)

 そうしなければ、「また」自分は耐えられなくなる

(それに、守って、やらないと)

 あの方の「命令」がなくとも、皓夜を死なせないように
 アダムはこっそりと、そう決意したのだった



to be … ?
229 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/11/24(火) 22:25:33.59 ID:kSB0UnrT0
っそぉい、と敵サイドの(多分)最後の一人の情報ちら見せさせつつ、他にもなんか情報ちらほらちらほら
いい父子の日っぽくしたかったけど、それっぽさはあんまし出なかったねぇ、失敗失敗
230 :エキストラ・ジョーカー【六本足別視点】 [sage saga]:2015/12/11(金) 23:36:13.98 ID:jITgyxaY0
 切り札。
 トランプ遊びで、他の札を全て負かす強い力を持つと決められた札。
 とっておきの、他を圧倒し得る人やもの。
 最後に出す強力な手段。

「ただし、使いどころを間違えば意味はない」

 街頭が当たらぬ場所で、【獣の数字】の契約者は笑っていた。
 自身の持つ切り札、【スレンダーマン】を失った上で。

「やるじゃないか、六本足。【スレンダーマン】をあしらうとは。今日ならば、いけると思っていたのに」

 称賛、敵に贈るのは本来おかしな言葉。
 だが、【獣の数字】の契約者が嘘を言っている様子はない。

「まあ、お前がより幸せになったので良しとしよう」

 彼または彼女の目は捉えていた。
 六本足が得た幸福を、さらなる高みに登った証拠を。

「それでこそ六本足。人の形をした獣、獣の形をした人! 相手をするにふさわしい」

 愉悦に歪む顔。
 正し、わずかな陰りがあった。

「だからこそ、余計な女優が増えたのは残念だ。シナリオを変えることになったのも」

 殺気を向けるは黒服。
 本来、登場する予定のなかった人物。

「端役などいらない。必要なのは、中心人物だけでいい」

 彼または彼女は数える、舞台に立つべき俳優達を。
 六本足。
 その恋人と仕える従者。
 そして、

「もう一枚のジョーカー」

 波紋。
 本来、水面でしか見られない現象が道路で起きた。

「ああ、切り札は二枚に限る」

 この時間、上空から街を見下ろした契約者がいたとしたら驚いたことだろう。
 なにしろ、街中から紫の光が飛び立ち、ある住宅街周辺の道路に吸い込まれていったのだから。

「幸せを知ったお前を、地獄に落とすことが出来るのだから」

 敏感な人間なら気づくだろう、紫の光の正体が怨念だということに。
 その発生原因は様々。
 六六六、三桁の数字により不幸になった者達の鬱憤。
 街で続出している悪質な事件の被害者達の恨み。
 覚えのない罪で捕まった容疑者達の憤り。
 どれもが醜い感情。
 今、この街ではそれらが溢れかえっていた。

「さあ、怨みを吸い込め!」

 もう一枚の切り札、エキストラ・ジョーカーは怨念を吸い込み力としていた。
 地面の下、自身が作り出した異空間の中で。

「終焉を始めるために!!」

 水音が静かに響いた。

――完――

仮面ライダージョーカーを見たいがためにWの劇場版を観るのはありなんでしょうか?

お久しぶりです
書き溜めたり訂正している内に十二月になってしまいました
年内終了は無理ね、これ

続きは近日中に(大幅訂正が入らない限りは)
231 :黒鬼【六本足】 [sage saga]:2015/12/15(火) 00:01:12.77 ID:21gs+Y1h0
 意識が覚醒した時、最初に刺激されたのは聴覚。
 微かな水音が聞こえた。
 次に視覚。
 どこまでも広がる闇が目に入る。
 一応、うっすらと景色は見えた。

「何もないけどな」

 衣服についた、冷たい泥を払い立ち上がる。
 足元がぬかるみ、バランスが取りにくい。
 歩きづらそうな場所だ。
 今、わかっていることは極小数。
 ここの地面は、よく濡れているということ。
 周囲には何もないということ。
 ただそれだけ。

「ロク君!」

 音がした方を向くと、二つの人影。
 ぼんやりとしているが、確かに恋人とカンさんだ。

「無事か」
「うん!」
「ええ、怪我はありません。しかし、ここは一体。都市伝説の結界でしょうか」
「だろうな」

 空間中から異質な雰囲気がする。
 とても、自然が作り出した場所とは思えない。
 ただ、

「今は情報が少なすぎる」
 
 まともな考察ができない。

「おそらく、奴の追撃でしょう」

 声と共に、反対方向から一筋の光が届いた。
 【首切れ馬】の黒服だ。
 懐中電灯を持っていたらしい。

「まだ、こんな隠し球を持っているとは想定外でした」
「そうですね」

 これだけの事が出来る都市伝説となると、その辺にいる有象無象な訳が無い。
 【スレンダーマン】並みの切り札、と考えるのが自然。
 希望的観測はしない方がいい。

「……まずいですね」
「ああ」

 カンさんも同じことを考えていたようだ。
 今の俺は五本足、おまけに体も損傷が激しい。
 今も、【踏撃】で無理矢理動いている状態だ。
 万全とは程遠い。
 他の三人は、体に傷こそないものの精神を消耗している。
 都市伝説である、カンさんと黒服には特にダメージが大きいはずだ。
 ここで戦闘になったら、ただで帰れないかもしれない。

「最初から二段構えだったか」

 【獣の数字】の契約者は、ここまで狙っていたんだろう。
 【スレンダーマン】で戦力を削ぎ落とし、次の刺客で止めを刺す。
 ひたすらに強敵をぶつけてくるだけの分かりやすい策。
 だが、惜しみがないので俺達を追い詰めることができている。
 今までの襲撃は遊びだったとばかりに。
 黙るカンさんと黒服。
 これから、どうするかを考えているんだろう。
 一方、恋人は我慢が出来ないとばかりに口を開いた。

「あ、あのカンさん」
「何ですか、契約者さん」
「ここは都市伝説が作った結界なんだよね。だったら、都市伝説を倒さずにここを出ることって」
「出来たらやっています」
「ですよねー」

 カンさんは【姦姦蛇螺】、大蛇に呑まれる前は巫女だ。
 神道に精通しているので、結界を解くのは得意といっていい。
 だが、そんな彼女が結界を解くそぶりも見せない。
 つまり、強力すぎて手に負えないということだ。
232 :黒鬼【六本足】 [sage saga]:2015/12/15(火) 00:05:16.39 ID:21gs+Y1h0
「で、でもさ。これだけ、広そうな空間を作れるっていうということは能力が偏ってるんじゃないかな。ほら、結界はすごいけど攻撃はからっきしとか」
「襲って来る都市伝説が一体とは限りませんよ。結界を張っているのとは別に、他の都市伝説を投入してくるかもしれません」
「それはないみたいだ」
「え?」

 疑問の声を出すカンさん。
 同時に、

「ちょ、え?」

 空間が不気味な光に包まれた。

「ひ、火の玉!?」

 頭上に浮かぶ、大量の人魂によって。
 色は紫、どれもかなりの大ぶりだ。
 軽く一メートルくらいはある。
 火の玉によって照らされた空間は、闇の中で見たのと同じ印象を与えた。
 どこまでも濡れた地面が広がり、小さな水たまりがあちらこちらにある。
 唯一の新発見は、数十メートル先に大きな水たまりがあるということだけ。

「い、一体何の都市伝説!?」

 答えはすぐに現れた、その水たまりから。
 荒々しい水しぶきを上げ、最初に飛び出したのは巨大な頭蓋骨。
 毛も、皮も、血管も、肉もない。
 あるのは、ただの骨。
 六六六、額に刻まれた三桁の数字だけが異色。

「……なるほど」
「……」

 カンさんと黒服は、正体に気がついたようだ。
 次にそれは左腕を水中から出し、陸に手をつけた。
 もちろん、これも骨。
 肉の一片もついていない。
 右腕も同じようにした。
 ぬかるんだ地面に大きな穴が空き、水と泥が飛び散る。
 最後に、両腕で体を引っ張り上げるようにした。
 動作は鈍いが、巨大さを印象づけさせる。
 徐々に現れる胴体、臓器の一つもない骨の塊。
 現実離れした白さだけが印象的。
 脚部が出てくることはなかった。
 というより、胴体より下が骸骨には存在しない。
 結果、現れのは全長二十メートルほどの巨大人骨。

「きょ、【狂骨】!?」

 色々と規格外な【狂骨】だった。

「私の知っている【狂骨】と違うんだけど!?」
 
 恋人は、俺と同じ感想を叫んだ。
 【狂骨】。
 井戸に捨てられた人骨が化けた妖怪、怨念の塊。
 井戸を使った者を祟ると伝承されている。
 本来、こんな風に巨大な妖怪ではない。

「ど、どうなっているの!!」
「……怨みを吸い込んだんでしょう」
「怨み?」
「ええ」

 目を細めながら、カンさんが語りだした。
 何か、分かったらしい。

「【狂骨】は、怨念の塊です。昔の文献でも、そこが強調されているほどに。【狂骨】と怨みは切っても切り離せない関係にあります」
「う、うん」
「ならば、その狂骨が怨みを吸い込んだらどうなるでしょう? 自分の代名詞といえるそれを」
「そ、そりゃ成長するかな? ある意味、栄養みたいなものだし。 骸骨相手に変な表現だけど」
「ええ、そうです。実際、奴からは尋常ではない怨みを感じます。これほどの空間を生み出せたのも、そのおかげでしょう」
「だからって、大きすぎない!?」

 カンさんの解説は、おそらく合っている。
 実際、俺も怨みと思えるものを感じていた。
 殺気と似た刺激がする。
233 :黒鬼【六本足】 [sage saga]:2015/12/15(火) 00:07:19.65 ID:21gs+Y1h0
「下手なリアルロボットよりでかいよ、あれ!」
「スーパーロボットよりは小さい」
「ロク君、呑気すぎ!」
「……契約者さんも、十分呑気だと思います」

 適当に応酬をしていると、カンさんが空中にいくつかの札を生み出した。
 いつもの札と、違う文字が書かれている。

「カンさん、その札って確か霊用の」
「ええ、【狂骨】の本質は霊だと言われてますから。おそらく、効くでしょう。この浄化の札が」

 浄化の札、悪霊や怨霊等の穢れた存在にのみ効果のある札。
 対象が限定的なせいで、普段は使うことがない。
 ただ、決まれば相手を消し去るほどの威力を持つ。
 カンさんの切り札だ。

「ほ、本当? それなら、だいぶ楽になるね」
「喜ぶのはまだ早いですよ」

 カンさんの札が、【狂骨】に向かって飛行する。
 凄まじい速度、目で追うのが厳しい。
 あの巨体で避けるのは困難だろう。
 札は着弾地点を目標に、最後のスパートをかけた。
 いよいよ、目で捉えるのが難しくなる。
 そして、

「え!?」

 地面から噴き出た大量の水が壁となり阻んだ。
 札は回避出来ずに正面衝突。
 水に巻き込まれた。

「あ、あちゃー」

 恋人が落胆の声を上げた。
 浄化の札といっても紙でしかない。
 濡れればふやけ、書かれた文字も消えてしまう。
 こうなってしまうと、手の施しようがない。
 カンさんが使う札は、文字が書かれていなければただの紙切れ。
 何の効果もない。
 力を失った札は、落下してきた水に混じり流された。
  
「……【狂骨】は井戸に棲む妖怪。だから、水を操ってもおかしくないというところですかね」
「そ、そんな無茶苦茶ありなの!?」
「ありです」
「ありだな」
「息ピッタリ!?」

 都市伝説に常識を求めていたら、契約者はやってられない。
 すぐに死ぬ。

「も、もうちょっと焦ろうよ!! このままじゃ『大丈夫です』え?」
「今のは様子見ですから」

 カンさんは冷静さを失っていない。
 視線はただ、前方の【狂骨】を捉えている。

「奴の防衛手段はわかりました。今度は、仕留めに行きます」
「で、でも」

 心配そうにする恋人、カンさんは彼女を諭すように行った。

「さっき言いましたよね、【狂骨】は霊だと」
「う、うん」
「ならば、元巫女である私との相性は最悪です。霊を見通すくらい造作もありません」
「で、でも!」
「今、【狂骨】が水を操る少し前です。奴から強い波動の様なものを感じました。おそらく、あれで水を操っているんでしょう」
「それがどうしたの?」
「考えてみてください。奴が波動を出したのは、水を操る少し前。つまり、命令が行動に移るまでの時間が長いんです」
「……ま、まさか!?」
「はい、そのまさかです」

 黒服が、僅かに息を飲んだ。
 わかったらしい、カンさんが何を言おうとしているのかを。

「今の奴は、私が遠くにいたからこそ対応できたんです。短距離なら、命令と行動の間を突くことができます」

 遠くからなら、いくら能力の発動が遅くても弾幕を防ぐことが出来る。
 札は速いといっても、目で捉えることが出来るレベルだからだ。
 だが、近距離なら話は別。
 足元から迫る無数の札に、発動が遅い能力では捌ききれない。
 シンプルながらも有効な策だ。
234 :黒鬼【六本足】 [sage saga]:2015/12/15(火) 00:09:21.86 ID:21gs+Y1h0
「で、でもそれって【狂骨】の近くまで行かないと……」

 恋人は、【狂骨】を見上げた。
 水中から出てきた後、一切身動きをとっていない。
 しかし、巨体は威圧感を与える。
 いざとなったら迎撃行動も取るだろう。

「ええ。なので、安全に行おうとしたら機動力が必要です」
「そ、そんな都合のいいもの……あ」

 俺達三人の視線は、黒服に向けられた。

「ええ、いますよ」

 黒服の影が歪に広がった。
 無理矢理広げた裂け目のようになり、不気味に揺れ始める。

「最高の馬が」

 影から見慣れた妖怪が現れた。
 黒く上品な毛並み、引き締まった四本の足。
 そして、首から上に頭はない。
 なのにも関わらず、鋭い嘶きを上げた。

「そうか、【首切れ馬】に乗って攻撃できれば」
「安全性は高まるでしょう」

 カンさんが黒服に目配せ、彼女は躊躇いなく頷いた。

「貸しましょう。正し、私もバックアップをします。任せきりには出来ません」
「俺も支援する」

 このざまでは、かく乱するのがせいぜいだろうが。

「わかりました。では、ありがたく」

 カンさんの胴から長い尻尾が生えた。
 【姦姦蛇螺】、本来の姿へとなる。
 その長い尻尾を伸ばし、体を持ち上げ乗馬した。
 余った尻尾は、後ろで丸めている。

「よし。じゃあ、私『契約者さんは乗らないでください』え!?」
「私だけで十分です」
「わ、私も浄化の札を作れるよ! 二人でやったほうがいい気に決まっているよ!!」

 普段は見せない激しい剣幕で、恋人はカンさんに迫った。
 必死さが全身から伝わって来る。
 一方、彼女は困ったような笑みを浮かべた。

「契約者さんは、私に何かあった時に戦ってください。ここは、私だけでいきます」
「で、でも!!」

 恋人が食い下がろうとする。
 その時だった。

「口論はそこまでだ」
「え?」
「……あれは!」

 カンさんが眺める先、そこは地獄と化していた。
 遅れて、恋人も気づいた。
 目を丸くして、顔を強ばらせる。

「な!?」

 【狂骨】の周りの地面から、それらは湧き出ていた。
 邪魔な土を跳ね除け、真っ白な体を茶色に汚しながら。
 下半身とサイズ以外、【狂骨】と違いのない姿を現した。

「が、骸骨!?」

 無数の骸骨が、生者のようにうようよとしていた。
 ぎこちない動作で、【狂骨】の周りを囲みこもうとしている。
 おそらく、盾のつもりだろう。
 これでは近づくことができない。
 それどころか、一部の骸骨はこちらへ向かって歩き始めた。
 動作こそぎこちないが、動きは遅くない。
 土を跳ね除けたことからして、パワーもそれなりにありそうだ。
235 :黒鬼【六本足】 [sage saga]:2015/12/15(火) 00:12:08.83 ID:21gs+Y1h0
「カンさん、作戦を変える。この際、一人残しておくのは危険だ。総力戦で行く」
「……はい!」

 カンさんは頷くと、長く太い尻尾を恋人に巻きつけ持ち上げた。

「ちょ、ちょっと乱暴すぎないカンさん!?」
「我慢してください」

 突然の行動に慌てながらも、恋人はそのまま馬に乗せられた。
 カンさんの前だ。

「た、高っ!」
「馬上なので当然です」

 慣れない馬上に慌てる恋人。
 だが、問題はないだろう。
 俺も前に乗ったが、乗り心地は悪くなかった。
 あくまで、都市伝説の馬なので馬術の心得がなくても乗りこなすことができる。
 むしろ、問題があるのは俺の方だった。

「黒服さん」

 二人に聞こえない声量で呼びかけた。

「はい」
「俺が【首切れ馬】の通り道を作ります。その間、二人の護衛を頼みます」

 援護ごときでは、あの軍団を蹴散らす事は出来ない。
 誰か一人、道を切り開く必要がある。

「……その状態でやるつもりですか」
「ええ」

 眼前の骸骨は無数。
 まだまだ湧き出る可能性すらある。
 一方、俺の肉体は限界を超えている。
 今も、【踏撃】で無理やり動かしているに過ぎない。
 足も五本だけ。
 もしかしたら、途中で倒れるかも知れない。
 だとしても、

「約束しましたから」

 やらない訳にはいかない。
 もう一度、【踏撃】。
 肉体を更に活性化、なんとか動き回れるくらいに調整する。

「じゃあ」

 亡者の群れへと向かい、一歩を踏み出した。

「待ってください」

 はずだったが、後ろから襟首を掴まれて静止させられた。

「護衛はあなたがやってください。道は私が作ります」
「あなたが」
「はい」

 【首切れ馬】の黒服が戦っている所を、俺は何回か見たことがある。
 いずれも、拳銃を使っていた。

「大丈夫なんですか」

 拳銃は強力な武器だ。
 ただ、弾が尽きればそれで終わり。
 この数の骸骨を相手に、立ち回ることができるとは思えない。
 だが、黒服は頷いた。
236 :黒鬼【六本足】 [sage saga]:2015/12/15(火) 00:17:51.45 ID:21gs+Y1h0
「ええ、このタイプの相手なら」

 彼女は目を細めると、右手で額を抑えた。

「私も本気を出せます」
「本気」
「ええ」

 答えはすぐに分かった。
 黒服の体に、劇的な変化が訪れたからだ。

「数で押してくる相手には腕力で対抗できるので」

 最初に、額が膨らみ瘤となった。
 何の能力かと思っていると今度は縮んだ。
 元の綺麗な額に戻ったのも束の間。
 再び、皮膚が盛り上がり瘤となった。 
 何度か膨張を繰り返すし、皮膚を突き破り異物が現れた。
 長さは十センチほど、黒光りし鋭く尖っている。

「角ですか」
「はい」

 全身にも変化が訪れた。
 細身の体が盛り上がり筋肉が増強される。
 かといって、筋肉ダルマな訳ではない。    
 例えるならボクサー。
 極限まで削られたボディに、戦うためだけの筋肉が詰め込まれている。 

「え、え!? カ、カンさんあれって!?」
「……まさか」
「そのまさかです」

 驚愕する二人を振り返り、黒服は言い放った。 
 
「【首切れ馬】に乗馬し徘徊する鬼、【夜行さん】。私が【首切れ馬】と契約したことで手に入れたもう一つの力です」

 【夜行さん】、【首切れ馬】とセットで語られる妖怪だ。
 【首切れ馬】を乗り回し、遭遇した人々に酷いことをすると言われている。

「二つの都市伝説が融合したとでも言うんですか?」
「いえ、正確には違います。【首切れ馬】には契約者を【夜行さん】に変化させる力があるんです。私の場合は、呑み込まれたので完全に【夜行さん】になりました」
「なにそれすごい」
「……緊張感がなさすぎます、契約者さん」

 珍しいタイプの話だ。
 少なくとも、俺は聞いたことがない。
 カンさんの問いに答えると、黒服は【首切れ馬】に背を向けた。

「それほど、便利な力でもないんです」

 背中のせいで、二人には見えなかっただろう。
 黒服が右目を手で抑え、指の隙間から血が流れでたのが。

「代償です」

 俺の視線に気づいた彼女が囁いた。
 二人には聞き取れないだろう。

「【夜行さん】は片目の鬼です。私が能力を使うには」
「片目を失う必要がある」
「はい」

 白い球形が握りつぶされた。

「義眼なので心配は無用です」

 また作ればいいので、呟きとぎこちない微笑み。
 それだけを残し、黒服は亡者の群れへ飛び込んでいった。

――完――

別に欠損・異形萌えじゃないですよ
ええ、本当に(隻眼は好き、厨二的で理由で)
237 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/12/16(水) 20:53:33.95 ID:s/3ab94b0
三本足の人乙でしたー
なんというハイパー嫌な予感
が、最終決戦と言う雰囲気もばっちりなワクワク感よ

>仮面ライダージョーカーを見たいがためにWの劇場版を観るのはありなんでしょうか?
汝、汝の欲望に従うがいい

>年内終了は無理ね、これ
大丈夫、俺もがっつりペース落ちてて年内終了無理状態


とりあえず、俺以外に本スレに人がいるのが嬉しいぜヒャッハー
今夜中になんかぶん投げられたらいいな
238 :「組織」と「教会」の中間管理職2人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/12/17(木) 00:05:36.41 ID:pCdTWPkj0
 ことり、と二人分の茶がテーブルの上に並べられる

「それでは、どうぞごゆっくりー、っす。カイザー司祭様、俺っち、裏庭のお掃除、続きしてくるっすね」
「はい、ありがとうございます、憐」

 へらんっ、といつも通りの笑みを浮かべて、憐は応接間を後にした
 その後ろ姿を見送りながら、天地は何気なく、応接間を見回す
 飾り気のない質素な応接間の中で、ふと目についたのは、チェスセット。透明な素材で出来たチェスの駒が並んでいる。調度品、というよりは、時折使われている物のようだ

「どうかさないましたか?」

 と、カイザーが、穏やかに微笑みながらそう声をかけてきた
 別に、と、天地は返事を返す

「……こないだ、チェスやって負けたから。今度勝負する時はどうやって勝ってやろうか、って思っただけさ」
「おや、貴方もチェスはお強い方でしょうに」
「だから悔しいんだよ」

 手加減したとかそういうのではなく、純粋に実力で負けたのが悔しいようで、次は必ず勝つ、とぶつぶつと呟く様子に、カイザーは少しだけ微笑ましげな表情を浮かべた
 こういったところは、天地は相変わらず子供っぽいと言うか、やや大人げない
 仕事に関してはきっちりこなしているらしいから問題ないのだろう、とそう判断したしなめはしない。子供じみた面が残っているのも、門条 天地と言う人間の個性だと、そう考えて

「それで。そちらの状況はどうですか?」
「………どうにも。「狐」の駒は順調に削っていっているが、側近クラスとまではいかないな。そっちは?」
「同じような状況ですね。とはいえ、「教会」としては倒すべき本命は「バビロンの大淫婦」ですので、「狐」方面には集中出来ないのが現状ですが」

 中間管理職同士の、非公式の情報交換
 表向き、「組織」と「教会」はおおらかに情報交換を行う訳にもいかないので、どうしてもこういった形になる
 そろそろ柔軟に対応してもいいのかもしれないが、互いが辿ってきた歴史やら内部の派閥の問題やらで、なかなかうまくいかないものだ

「側近クラスの連中の情報も、鬼灯から提供された分もあって集まってきたが、まだ足りない」
「捕縛した相手から情報をあまり絞り出せない、と言う現状は、流石に難儀しますか」
「あぁ。「狐」は情報が漏れるのをよっぽど恐れてるみたいだしな。それに……」

 それに?とカイザーが首をかしげていると、天地は紅茶で喉を少し潤してから、答える

「「狐」の件は、憐が三年前の事件で絡んでいる。そのせいか、あのヤンデレ野郎が「狐」の配下に容赦がねぇ」
「…………………あぁ」

 理解し、カイザーはそっと苦笑した
 天地が言っているのは、荒神 涼……「コーラを飲むと骨が溶ける」の契約者の、彼の事だろう。未だに、「組織」最強候補の一角とも呼ばれると同時、「組織」トップクラスの問題児の一角。結婚し、子供が出来て落ち着いたと思ったら、兄に対するヤンデレにプラスして妻や子供に対する大きな愛情と共に家族の為ならばいくらでも残酷になれると言う、敵に回したら怖い割合が増えたのだ。「組織」としては頭がいたい

「今でも、あの男をまともに制御できるのは大門 大樹くらいだ。あいつには他にも任せたい契約者はいるんだが、あの問題児任せている以上、今以上の負担強いる訳にもいかないからな」
「「組織」も、苦労しているようで」
「そっちはそっちで、あの異端審問官が来ている最中だろ………一応、今回は、前回よりはおとなしいな」
「……………えぇ、まぁ」

 カイザーはそっと、慎ましく視線を逸らした
 今現在、「教会」から派遣されているジェルトヴァが過去に学校町に来た際にやらかした事は、「組織」にも迷惑をかけた
 問題の当人はその件を未だに一切反省しているのだから、余計にたちが悪い

(あぁ、いえ。少しだけは、反省していましたか。憐に迷惑をかけた事で)

 本当にそれだけなのだから、困った者だ
 「自分は正しい」「自分が行っている事は正しい」
 そう信じて、彼が疑っていない。「そう考えるように育てられた」のだから、若干は仕方ないとは言え、「十三使徒」候補生であったのも20年近くも前の話になる。そろそろ、もうちょっとマシになってはほしかった。カイザーもまた関係者である以上、強く言えないのが現状だが

「とにかく。現状は、「狐」の配下を削っていくしかありませんね」
「そうだな。魅了を解除するなり叩きのめすなり。どっちの手段でもいいがそうしていくしかない。「狐」の居場所はわからないが、駒がなくなっていけば奴は焦るはずだ」
「……それくらいしか出来ないのは、歯がゆい事ですけどね」

 せめて、少しでも犠牲を減らす意味込めて、それくらいしか対策が打てない
 学校町に入ってすぐに、忽然と消えてしまった「狐」。その事実に、2人は溜息を漏らした

「………あぁ、そうだ。ついでだ。これも伝えておくか」
「……?何でしょう」
「どうにも、「狐」側に情報が漏れている気がする」

 天地のその言葉に、カイザーは少し、表情を険しくした

「……それは」
「「組織」か、それとも他所からか。「狐」側に、どこかかしらから情報が漏れている可能性が高い」

 しばし、部屋の中を沈黙が支配する
 カイザーは考え込んでいるような表情を浮かべていて、天地はその出方を伺っているようだった

「………確証は?」
「まだ半々ってとこだ。目星はつけている。そうではないと思いたいが、いざと言う時は」

 ーーーーそう言った事もまた、穏健派のCbフ中では自分がやるべき仕事だ、と
 天地はそう、自重したように笑ったのだった



to be … ?
239 :罪深い赤薔薇の花子さんとかの人  ◆7JHcQOyXBMim [sage saga]:2015/12/17(木) 00:07:38.10 ID:pCdTWPkj0
日付越えちまったい
さらっと>>158-160と同時間軸のちょっとした会話的なもの
と、ちょっとだけフラグめいた何かみたいな何か
240 :二匹の蛇【六本足】 [sage saga]:2015/12/23(水) 22:30:50.52 ID:1WXmZjfO0
 黒服の戦闘能力は圧倒的だった。
 肩が当たるだけで敵を吹き飛ばし、一突きだけで骸骨を砕いていた。
 骸骨が弱いわけじゃない。
 俺も、【首切れ馬】に襲いかかってきた連中を倒しているからわかる。
 奴等は見た目に反して硬く、筋肉もないのに力が強い。
 おまけに、生物と違って殺すのが面倒。
 バラバラにしないと動きを止めない。
 【侵撃】を使う程じゃないが、確実に消耗させられた。
 今も四本足で苦戦しながら倒した所だ。
 何回も同箇所に蹴りを当て、ヒビを入れることで骸骨をやっと砕いた。
 ぬかるんだ地面も俺を疲れさせる。
 力が入りにくいし、バランスも取りにくい。 
 ちなみに、足は一本温存している。
 五本足はどうも使いにくい。

「ロ、ロク君大丈夫!?」

 呼吸を整えていると、馬上から恋人が声をかけてきた。

「大丈夫だ」
「で、でも!」
「それよりも早く進むぞ。もう近い」

 骨の破片を蹴飛ばしながら、前に進むことを促す。

「今は六本足の言うとおりにしましょう、契約者さん。頑張っているのは彼女もです。好意を無駄にするわけにはいきません」

 カンさんは、諭しながら黒服へと視線を向けていた。
 【首切れ馬】も同様、歩きながら自身の契約主を見つめている。
 黒服は、引き続き激闘を繰り広げていた。
 守りを固めようとする骸骨達を、拳の連打で制圧している。
 既に、かなりの数を倒しているはずなのに疲労が全く見えない。

「そっちもいけたか」 

 鬼に分類されるだけあって、【夜行さん】の膂力は凄まじい。
 だが、彼女自身の体術も玄人並みだった。
 突きでわかる。
 あれは、鍛錬を重ねなければ到達できない領域だ。
 拳を多用していること、フットワークの軽さからしてボクシングを修めているんだろう。
 肉体に合った戦い方だ。
 おかげで、俺達は【狂骨】の近くまで来れていた。

「……この辺りでいいかもしれません」

 カンさんの言葉に、【首切れ馬】が歩みを止めた。

「いけるのか」
「はい、おそらくは。ただ」

 空中に札が展開されていく。
 恋人も、慌ててそれに続いた。
 二人分の能力行使、周囲が札で覆われる。

「【狂骨】が動きを見せないのが不気味です」

 水の壁で札を防いでから、【狂骨】は骸骨達に迎撃を任せていた。
 せいぜい、カンさんが試しに何回か放った札を水で防いだくらいだ。
 確かに、不気味。
 気に止めないのが無理な話だ。
 だからといって、攻撃を中断するわけにもいかない。

「単純に動くのが遅いからじゃないかな? さっき水たまりから上がった時も鈍かったし」
「だと、いいんですが……」

 カンさんが顔を曇らせた。

「大丈夫だ。何かあったら俺と【首切れ馬】がフォローする」
「わ、私も頑張るよ!」

 責め時を逃すわけには行かない。
 多少強引でもここは押し通す。

「……ええ、そうしましょう」
「うん!」

 瞬間、【狂骨】に向かって無数の札が放たれた。
241 :二匹の蛇【六本足】 [sage saga]:2015/12/23(水) 22:33:55.43 ID:1WXmZjfO0
 何事も終わる時はあっけない。
 ヒビだらけとなり、崩れ落ちた【狂骨】を前に道理を再確認していた。

「いやー、なんとかなったね! 水の壁も割とあっさり超えられたし。パンチをしてきた時はどうなるかと思ったけど」
「簡単に避けることが出来たので逆に驚きました。正直、拍子抜けです」
「本当に図体が大きいだけだったね!」

 カンさんと恋人は、リラックスした様子で話している。
 【首切れ馬】は、戦闘が終わると黒服が影へしまいこんだ。
 骸骨達も、【狂骨】が倒れると同時に光となり消えた。
 今は、一部を除き戦闘前と同じ光景が広がるだけ。
 
「いかにも、フラグが立っていたのに」
「……メタいことを言わないでください」

 呑気に雑談する二人。
 一方、黒服は少し離れて佇んでいた。
 背中越しに角が見える。
 【夜行さん】の能力はまだ解いていないようだ。
 用心しているんだろう。
 【狂骨】は倒したが、空間をはまだ元に戻っていない。
 おそらく、時間の問題。
 その内、【狂骨】は粒子となり空間から俺達は解放される。
 かといって、安堵はしきれない。
 黒服が警戒をするのも当然だ。
 俺も四本足を解いていない。

「あれだね、巨大な敵は噛ませだね!」
「漫画だと多いですね、そのパターン」

 二人の会話は続いていた。

「まあ、ラスボスが大きいっていうのも定番だけど」
「雑魚を吸収して巨大化とかですか」
「そうそう。ただでも大きかったのが、もっと膨らんだりね」

 ひどく、どうでもいい話をしていた。
 疲れているので、輪に加わるのは止めておく。
 軽く一息つく。
 すると、力が抜けたのか地べたへ座り込んでしまった。
 尻に冷たさと、泥特有の感触。
 自分で思っているほど消耗していたらしい。 

「しょうがない」

 どうせ、ズボンは破けている。
 明日にも捨てる事になるだろうし、汚してもいいだろう。
 体中に溜まった何かを吐き出すように深呼吸。
 一人、休息を取る。

「私的には、狂骨って言うとあの小説が思い浮かぶよ。魍魎の方が好きだけど」
「面白いですよね、魍魎。シリーズ最高傑作と呼ばれるだけはあります」
「うんうん。もはや毒を持っているよ、あれは。ちなみに、カンさんはあの人の本ならどれが一番好き?」
「そうですね。やはり、『死ねばい――」

 二人の会話を聞きながら背伸び。
 軽く骨が鳴る。 
 【狂骨】が同じことをしたら、どれだけの音が出るんだろうか。
 ふと思い、残骸を眺めた。
242 :二匹の蛇【六本足】 [sage saga]:2015/12/23(水) 22:36:11.47 ID:1WXmZjfO0
「ところでね、カンさん」
「何でしょう」
「一つ、気になることがあるんだ」
「気になること?」
「ほら、【狂骨】は霊だってカンさん言ってたよね」
「ええ」
「だったら」

 恋人は笑顔で口を開いた。

「憑依することもできるのかな?」

 悪寒が走った。

「あれ? カンさん、どうしたの?」

 カンさんも俺と同じ考えに至ったようだ。
 一言も発さずに札を作り、恋人へ貼り付けた。
 もちろん、浄化の札。
 当の本人は、きょとんとした顔をしている。

「もしかして、私の話本気にしたの?」
「……ええ」
「まさか、そんな訳ないよ。念のため、【狂骨】にはたっぷり札を貼ったんだから。ねえ、ロク君」
「ああ」

 【狂骨】は【スレンダーマン】に比べてあっさりと倒せた。
 カンさんとの相性が抜群に悪かったからだ。
 だが、【獣の数字】の契約者がそんなミスを犯すのはおかしい。
 あの性悪が、何の考えもなしに怨霊と巫女をぶつける訳がない。
 だとしたら、答えは見えてくる。
 奴の計画は三段構え、【狂骨】が敗れるのは想定内だとしたら。
 あの巨大な骸骨は、莫大な力を収める器でしかないとしたら。
 札という、相性が最高な武器を持つこちらを油断させるためだとしたら。
 恋人が言ったように、憑依が真の能力だったとしたら合点がいく。
 戦闘が終わった所で、気が緩んだ三人の内の誰かに憑依。
 連戦で消耗した俺と争わせる。 
 いかにも、あいつが好きそうなやり口だ。
 カンさんでも、勝利により生まれた隙を突かれたら危ないだろう。
 巫女とはいえ、絶対の耐性を持つわけじゃない。
 ましてや、相手は莫大な力を持つ【狂骨】。
 憑依にだけ集中したら、どうなるかわかったもんじゃない。
 
「いくらなんでも、心配しすぎだよ」

 恋人とカンさんは白。
 浄化の札に触れても何ともない。
 【狂骨】が莫大な力を持つとしても、札に触れたら拒絶反応くらい起こすだろう。
 だとしたら、可能性は一つ。

「って、ロク君?」

 静かに立ち上がる。
 前列の両足に神経を集中。
 これから放つ一撃だけを考える。

「何してるの!?」

 目標の背後に回り込んだ瞬間、両足で頭部を狙った。
 多脚の利点。
 それは、ドロップキック以外で両足を蹴りに使えること。
 後ろの足でバランスを取れるため、前足は自由自在。
 腕と同じ扱いができる。
 そして、この技は【二槌】。
 両足で挟む込むように【侵撃】を叩き込む技。
 直撃した場合、相手の体内で衝撃がぶつかり合い絶大な被害を与える。
 本来、手で使う技を参考にした。
243 :二匹の蛇【六本足】 [sage saga]:2015/12/23(水) 22:38:37.92 ID:1WXmZjfO0
「当たらなければ意味がないけどな」

 実際、両足は空を切った。
 じっとしていた目標が急に動き、距離をとったからだ。
 跳躍距離が凄まじい、十メートルは軽くある。
 獣の様な身のこなし、一瞬の出来事だった。
 目標は、こちらを警戒するように振り返る。

「え、え!?」

 額には三桁の数字。

「契約者さん、下がってください!」
 
 そして、鋭い角。
 左目は紫に染まり虚ろ。
 ただ、濃い怨みだけを映している。

「嫌なものですね」

 カンさんは、既に浄化の札を展開していた。  
 数え切れない程の数、本気具合が良くわかる。

「頼りがいのある人が敵になるのは!」

 豪勢な弾幕が、【首切れ馬】の黒服を狙って放たれた。
 正面、右方、左方。
 三方を囲い込むように飛行する札の壁。
 俺の横を通り過ぎ、黒服を捉えようとする。
 まさに蛇の口。
 強化系でも逃げるのは困難だろう。
 
「なっ!?」

 ――だが、相手が悪すぎた。
 突如、地面が割れ大量の水が吹き出る。
 黒服に迫っていた紙の蛇は、止まることができずに激突。
 一枚残らず濡れ無効化された。
 その瞬間を狙っていたとばかりに、黒服が水のカーテンを通り抜け走り出す。
 圧倒的な速力、二人の方を睨み駆け抜ける。
 俺は眼中にないらしい。
 相手をするのは後だとばかりに視線を向けてこない。

「通さないけどな」

 左前足による【空撃】。
 限界を訴える足を黙らせ繰り出した。
 空間を歪ませながら、空気の弾丸が疾走。
 黒服へと軌道を取る。
 しかし、彼女に直撃することはなかった。
 答えは単純。
 着弾の寸前、黒服が【空撃】を避けたから。
 右へではない。
 左へではない。
 上へでもない。
 もちろん、下へでもない。
 彼女は、走りながら右斜め前へと避けた。
 【空撃】がかするのを気にもとめずに。
 視線を向けるのは二人ではなく俺。
 優先順位が変わったようだ。
 両拳を握り締めながら一瞬で俺に迫る。
 反射的に右前足で中段の【侵撃】。
 だが、無意味。
 黒服はバックステップで後ろへ。
 紙一重で躱し、右足が弧を描き終わった頃に追撃。
 踏み込み、左ジャブを打ち込んできた。
 鋭い、【夜行さん】の腕力を考えたら一発当たっただけで終わりだ。
244 :二匹の蛇【六本足】 [sage saga]:2015/12/23(水) 22:41:49.39 ID:1WXmZjfO0
「当たったらな」

 左へ移動したので助かった。
 拳が、横を通り過ぎただけなのに脳を揺らす。
 風切り音も凄まじい。
 一方、黒服は戸惑っていた。
 当然だ、彼女には右目がないから視野が狭い。
 あちらからしたら、俺が消えたように見えたろう。
 しかし、黒服が逡巡した時間は僅か。
 すぐ、答えに気づいた。
 俺に蹴りを出させる暇を与えずに、こちらへ方向転換。
 再びジャブを放とうとする。
 しかし、

「そうはさせません!」

 逆襲を仕掛けてきた紙の蛇が許さない。
 黒服が後ろへ跳ぶと同時、彼女がいた場所を通り過ぎた。
 どうやら、四本足でも注意を引くくらいは出来たようだ。
 迫る紙の蛇、黒服は宙。
 今度こそと思ったが、上手くは進まなかった。
 先程以上の勢いで、地面から水が噴出。
 空中を飛んでいた紙の蛇を殺し尽くす。

「終わりじゃないけどね!」

 蛇はもう一匹いた。
 恋人の操る札が左側から現れる。
 噴出地点を躱し、黒服へと牙を剥いた。
 偶然、左側だったせいで黒服は気づいていなかったようだ。

「そこだ!」

 恋人の絶叫、黒服を囲もうとする無数の札。
 全てが王手を示していた。
 
「行けー!!」

 退路を絶たれた黒服いや【狂骨】。
奴は残念そうに目を伏せた。

「え?」

 ――懐から拳銃を取り出しながら。
 にやりと笑みをおまけにして。
 札の存在を気に止めずに、【狂骨】は引き金に手をかけた。
 銃口が向けられているのは、

「そうきたか」
 
 俺だ。

「六本足さん!!」

 狙いから逃れるべく走り出そうとする。
 だが、足は痺れを訴えるばかり。
 動かない。
 よりにもよって今、誤魔化しのきかない限界を迎えていた。

「ロク君!!」

 蛇が黒服を呑み込んだ。
 銃声と弾丸を置き土産にしながら。
 胴体に強い衝撃、地面から足が離れた。

「○○○○○!!」
「△△△!!」

 視界が、人魂だけを捉えている。
 耳はまともな機能を無くし、言葉になっていないノイズだけが聞こえた。
 ああ、死ぬのか。
 理解するのに一瞬もかからなかった。
 自分の体のことは自分がよくわかる。
 弾丸が内蔵を破壊したことを。
 銃創から血が噴き出ていることを。
 まともな体力が残ってないことを。
 俺は宙に舞いながら知った。
 
「△△△!!」

 結局、傍にいるのは無理だったな。
 駆け寄ってくる彼女に、そう言ってみることは叶わなかった。
 
――終わり――
245 :六本足 [sage saga]:2015/12/23(水) 22:54:26.62 ID:1WXmZjfO0
花子さんとかの人乙です
安心と安定のヤンデレ弟、内通者も気になりますな

今回の裏話を
本来は全く違う内容になる予定でした(一度倒された狂骨が強化復活・六本足と黒服が契約等等)
でも、それじゃちょっとなーとなったので今回のあらすじに
……結果、黒服が割を食うことになりました(これ以降、ほとんど出番ないのに)
続きは十二月中にいけるかな

おまけ 
Q 好きなクリスマスソングを教えてください

六「チキンライス」
恋「snow halation」
カ「悪魔のメリークリスマス」
246 :以下、名無しにかわりまして都市伝説契約者がお送りします [sage]:2016/01/10(日) 16:51:23.34 ID:D49tqiia0
明けましておめでとうございます

花子さんの人は避難所の方も乙です
スパイがいる…だと…?大きく話が動きそうな匂いが

六本足の人も乙です
とうとう黒服さんが餌食になったか
六本足君があの世に行こうが一命を取り留めようが
ハードモードな展開になりそうな予感がするのは何故だろう…

改めまして明けましておめでとうございます
今年は中二病っぽいけど事件がらみでは凄腕を発揮する契約者とか
異形の巫女さんを見ると性的興奮を覚える変態とか出したいと思います
本年もよろしこお願いします
247 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 22:48:55.11 ID:9oG9YnH/0
 夢を見ていた。
 舞台はよく見慣れた場所、我が家の居間。
 時刻は夜、窓に闇が写っている。
 しかし、照明はつけられていない。
 テレビの光だけが室内に光をもたらしている。
 そんな場所に子供が一人いた。
 男だ。
 髪が長く、キャラクターもののシャツを着ている。
 身長からして、小学校に上がる前。
 まだまだ未熟だ。
 この子供を俺はよく知っている。
 同時に、まったく知らない。
 子供は、テレビ画面を凝視しながら食事をしていた。
 フライドポテトを齧り、オレンジジュースに手を伸ばす。
 そして、フライドチキンにかぶりついた。
 ただただ、無心に食らっている。
 空腹を満たすために。
 栄養を補給するために。
 生きるために。
 やがて、荒々しい食事を終えると子供は横になった。
 毛布すらかけずに、眠りの準備につく。
 わかっているからだ、この程度では体調を崩さないことを。
 子供いや昔の俺が、寝息を立てるまでに一分もかからなかった。
248 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 22:50:59.87 ID:9oG9YnH/0
 場面が切り替わった。
 舞台が畳敷きの広い部屋へと変わる。
 中央にちゃぶ台があり、数人の人間が囲んでいる。
 その中に昔の俺もいた。

「ほら、もっと食え」

 ガタイのいい老人が、茶碗に飯を盛った。
 大盛りだ。
 茶碗は、小学生の俺に渡された。
 前の場面より、髪が短く背が伸びている。

「はい」

 受け取ると、小学生の俺は飯を掻き込む。
 猛烈に腹が減っているからだ。

「よし、食え食え。じゃねえと、明日ももたねえぞ」

 老人こと師匠も負けじと飯を食っていた。
 俺よりベースが早い。
 あっという間に茶碗が空になる。

「ちょっと親父」

 お櫃から飯を盛っていた師匠に、苦い顔をした青年が声をかけた。
 師範代、師匠の息子だ。

「いくら、特別な弟子だからといって無茶はさせるなよ。まだ、小一なんだから」

 俺は気にせず、みそ汁をすすっている。

「馬鹿野郎。若いうちに仕込んどかないと意味がねえだろ。年取ってからじゃ身につくもんも身に付かねえ」
「だからって、倒れるまで走らせるとか頭おかしいだろ! しかも、山の中を!」
「お前も昔やったろ」
「やりたくてやったわけじゃねえよ! あんたに無理矢理やらされたんだよ!! ほら、母さんも何か言ってくれよ」

 今度はあんかけ豆腐に手をつけた。

「なんでもいいけどさ。あんたがおかわりする分のご飯、もうないよ」
「え!?」

 空っぽのお櫃を覗き込む師範代。
 師匠はそれを見てにやりと笑った。
 いつものパターンだ。
 師匠の家で、ご馳走になることはたまにあった。
 すると、必ず二人が同じことをしていた。

「このクソ親父!!」

 涼しげな顔で、師匠はお茶を飲み干した。
249 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 22:51:48.70 ID:9oG9YnH/0
 舞台は、また我が家に戻っていた。
 正し、居間ではなくキッチン。
 時刻も前より早い。
 そこで、更に背が伸びた俺が包丁を握っていた。
 目標はまな板の上、鶏肉だ。
 左手で押さえつけながら、ざく切りにしていく。
 まな板の隣に、ボウルが置いてある。
 中身は、切った玉ねぎと水。
 さらして、辛味をとっている。
 鶏肉を切り終えると、今度はフライパンを手にした。
 どうやら、親子丼を作るらしい。
 昔、俺はよく親子丼を作っていた。
 鶏肉が入っているし、調理が楽だからだ。
 慣れた動作で、俺は手順をこなしていった。
 玉ねぎと鶏肉を煮詰め、溶き卵を加えると蓋をした。
 この間、鍋を揺らすのがこつだ。
 そうすれば、親子煮が鍋底にくっつかず丼によそいやすい。
 あっという間に調理を終え、俺は親子丼片手に居間へ移動した。
 もちろん、照明はつける。
 テレビを見ながら一人、俺は親子丼を食べ始めた。
250 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 22:53:54.79 ID:9oG9YnH/0
 丼ぶりが空になると視点が切り替わった。
 生活感溢れた居間の次は、まったく正反対の場所。
 人里離れた夜の森。
 俺はそこで、木に身を預けている。
 ぼりぼりと、カ○リーメイトを齧っていた。
 隣の木にも人影がある。
 少年だ。
 身長は当時の俺と同じくらい。
 濃い眉毛と、真っ直ぐな瞳が印象的だ。
 少年は、俺に向かって何やら怒鳴っていた。
 器用なことに小声で。

「だーから! こんな時にカ○リーメイトを食うな!!」
「なんでだ」
「なんでだ!? そりゃ!」

 少年は、人差し指を森の奥へと向けた。
 そこにあるのは、眩しいほどの光。
 広範囲を照らしている。
 もちろん、ここにも届いていた。
 あまりにも明るいので、昼かと錯覚してしまいそうだ。

「俺達は今、神を目の前にしているからだ!」

 光源には、何かがいた。
 身をくねらせ、身体を自由自在に伸ばしている。
 不定形だ。

「神は神でも土地神だろ」
「あーもう、黙れ!」

 声を荒らげ、少年ことヒーローは腕を組んだ。
 昔から、うるさい奴だ。

「いいか。俺達の任務は、師範達が来るまで暴走したあいつを監視することだ。飯なんか食ってたら見つかるかもしれねえだろ」
「説教している方が見つかるだろ」
「誰のせいで説教していると思っている!!」

 これだけ、感情を込めても小声。
 一種の才能かもしれない。

「たく、俺の妹のほうがまだ聞き分けがいいぞ」

 ヒーローには妹が二人いる。
 リーダー気質なのは、それが関係しているのかもしれない。

「とにかく、今すぐ食うのを止めろ!! わかったか」
「ああ、わかった」
「よし!」
「じゃないと死ぬ」
「え?」

 今度は俺が土地神を指さした。
 明らかに、俺達に向かって来ている奴を。

「ちょ!?」

 さすがに、ヒーローが大声を出す。

「早くしないと置いてくぞ」

 俺は既に走り出していた。
 土地神なんかと戦う気はない。

「おい、待てよ!」

 この後、結局二人で戦う羽目になったのを思い出した。
251 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 22:54:40.80 ID:9oG9YnH/0
 森の次はまた居間だった。
 窓にはカーテン、時計の針は十一時を指している。
 そんな遅めの時間に、中学の制服を着た俺が食事をしていた。
 食事の内容は簡素。
 コンビニおにぎりが二つ、唐揚げ串が一本。
 それだけ。
 帰りが遅くなったので、コンビニで買ってきたらしい。
 俺は物足りなそうに食べていた。
 高校に入る前までは、出来合いの飯で済ませることがよくあった。
 師匠との鍛錬やトラブルで、自炊を出来ない日があったからだ。
 さっさと夕飯を済ませると、俺は風呂場に向かった。
 風呂に入った後はすぐに寝るだろう。
 他にする事もない。 
252 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 22:58:01.85 ID:9oG9YnH/0
「醤油ラーメンを二つください」
「一つ大盛りで」

 今度はラーメン屋に切り替わった。
 特別広くも狭くない味のある店だ。
 中学時代と思われる俺と連れは座敷席にいた。
 注文をあっさりと済まし、雑談をしている。

「いやー、あの人のせいで時間食っちゃたね」
「ああ」

 俺はお冷に口をつけた。

「カーネル君に向かって、異常がどうたらこうたらとか言ってたけど何だったんだろう。自分のことを科学者だと言ってたけど」
「ああ」

 お冷を飲み干す。

「あ、あのーカーネル君」
「なんだ」

 ピーチャーからコップに水を入れる。

「空返事をやめよう! あと、水飲みすぎ!!」
「別にいいだろ」

 この場面のことを思い出した。
 確かに、俺は喉が妙に乾いていた。
 理由はわからない。

「まったく、私が奢るんだから話くらい付き合ってよ」

 連れことディズニーは頬を膨らませた。

「奢るのは交換条件だ」
「いや、そうだけどさ。ちょっとはサービスしてもいいじゃん!」

 ラーメン屋に来る前日、俺はディズニーの自宅周辺に現れる都市伝説を退治した。
 やってくれたら、ラーメンを奢ると言われたからだ。

「ほら、お喋りをしよう。手始めにさっきのことでも」
「あのおっさんのか」
「うん、カーネル君色々と言われてたじゃん。本能がどうたらとか、防衛がどうたらとか」
「言われたな」

 よくわからないことを長々と話された。
253 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:00:28.28 ID:9oG9YnH/0
「君は本能に従って生きて」
「動物並だ」
「反射的に、感覚的に正解を」
「武術家が一生かけて踏み込」
「いや、達人ですら」
「そもそも、人の」
「バグと言っていい」
「ハードウェアがソフトウェアに」

 正直、半分も聞いていない。
 覚えている箇所だけを要約するとこうなる。

「俺は無人島に永住できるらしい」
「ファッ!?」

 どっちかというと脱出したい。

「な、なんなの! その唐突な結論!!」
「まとめるとこうなる」
「それ、まとめ過ぎなんじゃないの!?」

 ディズニーは頭を抱えた。

「まあ、カーネル君が色々と人間離れしているのは事実だけどさ」
「そうか」
「そうだよ!」

 今度は激昂、忙しい奴だ。

「漫画みたいに衝撃波出すし、当たり前のように銃弾避けるし、能力を使わずに都市伝説を倒すし!」
「ヒーローも同じことできるぞ」
「……勘だけで無味無臭の毒を見破ったり、完璧に隠された監視カメラに気付いたり、儚げな美少女を躊躇なく蹴飛ばすのはロク君にしかできないと思うけど!!」
「最後のは犯人だったろ」

 蹴って当然だ。

「あの段階じゃ誰も気づいてなかったよ! というか、カーネル君も気づいてなかったよね!!」
「結果オーライだ」
「もうやだ!」
 
 ディズニーが息を切らす。
 立て続けに言葉を並べるからだ。

「落ち着け」
「誰のせいだと思ってるのかな!?」

 ラーメンが運ばれてくると会話は途切れた。
 あっさりとしながらもコクのあるスープ、それとよく絡む麺を味わっている内に無言になったからだ。

「ね、美味しかったでしょ。家族とよく来るんだ、ここ」

 食後、ディズニーは笑顔で言った。
 旨いものを食べたから機嫌が良くなったんだろう。

「ああ、うまかった」  

 本音だった。
254 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:02:56.71 ID:9oG9YnH/0
 ラーメン屋の風景が霞み、また視点が切り替わろうとする。
 いい加減、パターンはわかっていた。
 居間と外、この繰り返しを夢は見せている。
 理由はわからない。
 知る必要もない。
 所詮、夢は夢だ。
 次の順番は、居間だとわかっていればいい。
 俺、一人だけがいる居間だと。
 パターンは崩れず、予想通りに視点は居間へと移った。
 俺が黙ってテレビ画面を眺めている。
 バラエティ番組が放送されていた。
 中身のない、使い古された題材が取り上げられている。
 見慣れた芸人が、いつものようにボケていた。
 特に変わりばえがない光景。
 強いて言えば、俺の身長が伸びているくらいだ。
 前が中学時代だったから、高校に入った後かも知れない。
 制服を着ていないので判断はできなかった。
 俺は動かず、ただテレビに目を向ける。
 いつものように一人で。
 いつものよう――

「お邪魔します!」
「お邪魔します」

 声が玄関から届けられた。
 続いて足音。
 声の主が居間へ向かって来ていた。
 これは――。

「ごめんね、ロク君。遅くなっちゃった」

 そうか。
 扉が開けられ、二人の姿を見て自覚した。

「今日はチキンカレーだよ!」

 夢に浸かりすぎていたことを。
 昔の記憶を掘り返されたせいで、高校に入ってからの自分を忘れていたらしい。

「手伝う」

 視界に映る俺が腰を上げた。
 よっぽど、腹が減っているらしい。

「いや、いいよ! 私のせいで遅れたんだし」
「どうでもいい」

 強引に厨房に入っていく自分。
 ただ食うことだけしか考えていないのは、高校に入る前と変わっていない。
 それでも、全く違う点が一つある。
 
「ロ、ロク君の包丁さばきがやけにうまい!?」
「前は夕飯も作ってたからな」
「そうなの!?」
「意外ですね」

 俺に、食卓を囲む相手が出来たことだ。
255 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:05:42.01 ID:9oG9YnH/0
 その後は、二人と食事を取る光景が延々と続いた。
 恋人が悪戦苦闘しながら作ったサクサクの天ぷら。
 ケチャップを塗り広げたら落ち込まれたオムライス。
 料理本通りにいかなかったシフォンケーキ。
 気合の入ったビーフシチュー。
 やけにうまい筑前煮。
 カンさんがささっと作った浅漬け。
 出汁がしっかりと聞いた味噌汁。
 俺が久しぶりに作った親子丼。
 俺達は、毎日食卓を囲んだ。
 春夏秋冬、ずっと。
 三人で食事をすることが当たり前になるほどに。
 
「ああ」

 そうか。
 俺はやっとわかった。
 二人に心地の良さを覚える訳が。

「嬉しかったのか」
 
 毎日、同じ誰かと一緒に食事を取る。
 今まで、体験したことがなかった行為。
 知らず知らずの内に、俺はそれを好きになっていたらしい。
 食卓を囲む相手である二人、カンさんと恋人に特別な想いを抱くほどに。
 傍にいたいと思ってしまうほどに。
 今まで、母親にすら向けたことのない感情を持つほどに。

「ああ」

 居間の風景が掻き消えた。
 代わりに、果てのない闇が広がる。

「ああ!」

 【口裂け女】に襲撃された夜、俺はやっと気持ちを自覚した。
 二人が大事だと、傍にいて欲しいと無意識に知った。
 だから、俺は――。

「ああ!!」

 思いが膨れ上がる。
 溜め込んでいたものが溢れ出し闇を侵食する。
 全てを知った今、俺は諦められなくなっていた。

「まだ一人にはなりたくない」

 二人の傍を離れたくない。
 まだ生きていたい。
 死にたくない。
 身勝手な思いが集まりだす。
 手放さないために、肯定するために。
 この闇を掻き消す為に。
 
「消えろ」

 エゴが咆哮を上げた。
256 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:08:09.72 ID:9oG9YnH/0
 闇が消えると、ここが花畑だということがわかった。
 あらゆる種類の花が咲き乱れている。
 蝶や蜜蜂も飛び交い、賑やかさを増していた。
 頭上は青空、雲一つない。
 出来過ぎな光景だった。

「やっと気づいたの、自分の気持ちに」

 隣から声がした。
 舌っ足らずな幼女の声だ。

「ああ、やっと気づいた」
「いくら何でも、時間がかかりすぎじゃ」
「悪かったな」

 隣に目を向けた。
 そこには、予想通り幼女がいた。
 子役のような整った顔立ちをしている。
 が、目を引くのはそこではない。
 白髪いや銀と言ったほうがいい髪。
 赤のメッシュも入ったそれを、ツーサイドアップにしている。
 服装は白のワンピース。
 銀髪と純白の肌に、よく合っていた。
 街にいたら、悪い意味でもいい意味でも人目を引く。

「駄目な契約主で」
「……勘付くのが早いの」
「自分の契約都市伝説だからな」
「話すのも初めてなのにか」
「ああ」

 幼女いや『ケン○ッキーに使われている鶏は六本足』は苦い顔をした。

「その勘の良さを他のことに使えんかの」
「無理だな」
「断言するな!」

 ツッコミ役。
 カンさんと同じタイプだ。

「ところで」
「なんじゃ」

 俺は疑問を尋ねた。

「なんで、人間の形をしてるんだ」
「気分じゃ。精神界だから姿は自由自在なのじゃ」
「そうか」
「先に言っておくと、主様には無理じゃ。人間だからの、形に縛られているのじゃ」
「みたいだな」
「試すがの早いの!」

 頭の中で、別の姿を念じてみたが無駄だった。

「じゃあ、質問二つ目」
「まだあるのか。次はなんじゃ」

 俺は彼女の足を指さした。

「六本足じゃないのか」
「六本足じゃとパンツが見えるわ」
「パンツ履いてるのか」
「それ、セクハラじゃぞ!!」

 鶏にセクハラ認定。
 おそらく、世界初だ。

「人間の姿をしておるんじゃ。下着も履いておるわ」
「現実だと履いてないのにか」
「……二度と能力を使えなくしてやろうか」
「悪かった」

 契約都市伝説との関係は良好に限る。
257 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:10:28.51 ID:9oG9YnH/0
「で」
「ん」

 俺は花畑の奥を指さした。
 正確には、そこにある木製の扉を。

「あれを通ったら帰れるのか」
「そうじゃ」

 契約しているだけあって、簡単に意思疎通が出来た。

「早く帰るぞ。あの扉はそろそろ消えるからの」
「そうする」

 どうやら、俺の死期は近いらしい。
 手遅れになる前に、さっさと戻ろうとしよう。
 花を踏んづけ、一歩を踏み出した。
 その時だった。

「……しつこい奴じゃの」

 ここが墓場へと変わったのは。
 前方、後方、右方、左方。
 全方向の地面から、大量の人骨が湧き出た。
 さっきの異空間と同じように。
 花びらが舞い散り、土煙が漂う。
 華やかさが一瞬にして消えた。

「【狂骨】か」
「ああ。どうやら、札で殺す損ねたようじゃ。止めを刺すために、主様を追ってきたようじゃの」
「しつこいな」
「まったくじゃ」

 大柄な骸骨達が花を踏みつけ、俺達を目指し侵攻してくる。
 ざっと見て、百以上はいた。
 この前、司令塔を果たしていた巨大骸骨はいない。
 ということは、こいつらを一匹残らず壊さないと駄目なんだろう。
 厄介を通り越して脅威だ。

「ちなみに、わらわは戦力にならん。そっちはからっきしじゃ」

 聞く前に答えられた。
258 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:12:05.92 ID:9oG9YnH/0
「代わりに、主様を強くすることはできる」
「強くする」
「ああ。ちょっと目を閉じてみるんじゃ。それとわらわが話している間、口を開くなよ」

 言われた通りにした。

「なあ、主様。主様は逃げていたな」
 
 語りが始まった。

「己の異常に」
「無視していたな」
「自分が持っていないものを」

 投げかけられる短い言葉。
 俺はただ、聞くに徹する。

「じゃがの」
「もういいんじゃ」
「主様は手に入れたんじゃ」
「一番欲しかったものを」

 息継ぎが聞こえた。 

「そこはもう逃げ場所ではないのじゃ」
「だから、解き放て」
「鎧ではなく武器にしろ」
「過去ではなく未来を目指せ」

 彼女は一気にまくし立てた。
 迫る敵を歯牙にも掛けず、堂々と。
  
「生まれ持った異常を使役しろ!」
「あらゆる障害を粉砕しろ!」
「無双の限りを尽くせ!!」

 体が痺れる。
 奥底から力が湧き上がり、全身を通っていく。
 なのにも関わらず、気分は良好だった。
 むしろ、清々しい。
 溢れんばかりの力が、自然と制御できる。
 理解できる。 
 実感できる。
 これは俺だと、思うがままに振るえばいいだけだと。

「今こそ、眼を見開け!」

 瞳が世界を視た。

「【野生(ビースト)】!!」

 一新した世界を。
259 :開眼【六本足】 [sage saga]:2016/01/20(水) 23:20:41.59 ID:9oG9YnH/0
「先に行く」

 ドアの前で別れを告げた。

「帰れ帰れ、手遅れになる前にの。わらわも後から行く」

 契約都市伝説が手で払う仕草をする。
 地面を埋め尽くしている、骸骨の破片を踏みつけながら。

「ここは、死ぬ時に来るべき場所じゃ。あと八十年は土を踏みな」
「そうする」

 ドアノブに手をかけ回す。

「あとの」
「なんだ」
「今度、わらわに名前をつけてくれ。名があった方が落ち着く」
「わかった」

 扉の向こう側は、眩しくてみることができない。
 ただ、なぜか安心感を感じた。

「お安い御用だ」

 彼女は、己を御す術を教えてくれたのだから。

「頼んだのじゃ」

 最後の最後に、契約都市伝説は微笑んだ。

――終わり――

・異常【野生】 本能に従う程度の異常→本能を従える程度の異常
 詳細は本編終了後

手直ししたりやる夫スレをを読み漁っているうちに一月にもつれ込んじゃいました……
次は早めに上げよう(フラグ)

タイトルは日曜朝から
スペクターの変身ポーズが好き

六本足が異常持ちなのは元からの設定です
こんだけ頭おかしい奴なんだから異常持ちの方が納得できるだろうという感じで
……他の異常と被ってないといいな
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/06(土) 12:55:45.40 ID:2qjv+MwH0
六本足の人乙です!
熱い展開になりそうなパワーアップ回でしたか
本能を従える異常ってかなり強そうな感じですがこれは無双に期待していいのでしょうか…!期待しよう
ちなみにこののじゃロリ様は物理世界にも登場するでしょうか…!?しますよね!!してくれ!!
261 :単発ネタ【代理投下】 [saga]:2016/02/20(土) 21:12:54.31 ID:BylHCjpzo
「チョコ、もらってください!」
ベンチでくつろいでいたら、突然そう言われた。
「え、いらない」
ていうか、誰だこれ。知り合い?誰の?俺の?
「そう、ですよね……」
女はとぼとぼと帰って行った。
あ、思い出した。
前に、助けてやった契約者だ。
口裂け女なんかに負けかけてて、見てられなかったんだよな。
その時会っただけだと思うんだが、
あっちは俺のこと知ってるっぽかったな。
「あらぁ、タロウくん」
「うお!びっくりした」
気が付いたら、横に別の女が立っていた。
えらいグラマラスなやつだ。
たしか、こいつも契約者だったはず。
「ちょうどよかったわぁ、タロウくん」
そう言いながら、女は随分と高級そうなラッピングの箱を取り出した。
おい、ていうか、今、胸の間から出してきたぞ。どんな仕組みだ。
「タロウくんは、チョコ好き?食べれるかしらぁ?」
「いや、嫌い。食えない」
「まあ、そうよねぇ」
特に残念そうでもなく、女は帰っていった。
あ、ごみ箱に入れた。
……ちなみに、俺の名前はタロウではない。
俺の名前は、
「……チビ」
そう、チビ。
「って違うわ!」
「…………?」
見ると、髪の長い女がいた。
さっきと違いスレンダーだ。
その手は、何か、こう、すり切れた肉塊みたいなものを引きずっている。
どう見ても都市伝説です。
「あげる」
「いらない」
またチョコかよ。食わねえって。食えねえって。
「………………そう」
女は特に表情も変えることなく去って行った。
ああ、そんなに激しく引きずって……。
「ホーリーナイトさん」
また女が来た。俺みたいな全身真っ黒な女だ。
あんまり会いたくない相手だな。
ていうかホーリーナイトってなんだ。誰だ。俺に言ってんのか。
「本命チョコ、置いておきますよぉ」
「いや、いらねえっつってんだろ……」
どいつもこいつも。
……おい、今、本命って言ったよな。
目の前に置いてあるの、「一目で義理と分かるチョコ」なんだが。
「嘘ですけどね」
そう言って女は、行ってしまう。
「いや、いらねえって言ってんだろ!?」
どうすんのこれ!?俺食えねえよ!?
「あーー!!」
「おぅ!?」
女の子が駆けてくる。ネコミミフードの小さな女だ。
こいつも知ってる。よく話しかけてくる一般人の餓鬼。
「こんなところでなにしてるんです!?どうしたんですか?」
うるさい。
「おひるねですか?おきゅうけい?おさんぽ?」
顔を覗き込んでくる。うざい。
置いてある黒いパッケージのチョコを押しやってみる。
「……くれるんですか?」
俺食わねえしなあ。
「やーりまーしたー」
嬉しそうにくるくる回りだした。
それ、そんなに美味しいか?
「お母さんいってましたー。
 『くろねこさんは、こーうんをはこんできてくれる』ってー
 ほんとだったんですねー!」
余計にうるさくなった。
「こーうん、おもちかえりですー」
うわ!持ち上げんな!その持ち上げ方は怖い!振り回すな!痛いわ!
「にゃー!」
尻尾さわんな!抱きしめすぎだ!苦しいわ!話せ!
「にゃー!!」
「あはは、にゃー!にゃー!」
にゃーじゃねーんだよおおおおお!!!!

このあと滅茶苦茶ペットにされた。


378.04 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)