このスレッドは950レスを超えています。そろそろ次スレを建てないと書き込みができなくなりますよ。

【ガルパン】エリカ「私は、あなたに救われたから」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:14:02.11 ID:Zu52MeK10


もしも私が黒森峰に行かなければ

もしも私が戦車道をしていなければ

もしも私が西住の家に生まれていなければ

もしも、私が生まれていなければ






貴女はまだ、いてくれたのだろうか







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527426841
2 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:14:40.56 ID:Zu52MeK10






『みほ』





3 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:15:21.96 ID:Zu52MeK10


必死に掴む手を繋ぎ留められなかった

大切な人を救えなかった

なのに、私だけが残ってしまった

在りし日はもう遠く、貴女の声の音色は、手のぬくもりは、笑いあった日々は、私の中から消え去っていく




それでも



4 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:16:03.48 ID:Zu52MeK10





貴女の輝きだけは、忘れられない




5 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:19:01.12 ID:Zu52MeK10





〜黒森峰女学園中等部1年 4月〜


―食堂―





みほ「……」




「あの人、また一人で食べてる……」

「いいんじゃない?天才副隊長は孤高が好きなんでしょ」

「かもねー」





もう何度聞いたかわからない言葉が耳に入ってくる

私の事を話しているのは明らかなのに、まるで私がいないかのように



6 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:23:34.68 ID:Zu52MeK10



みほ「……なら、私と変わってくれればいいのに」



だから私も誰に向けているかわからない呟きをする



みほ「……あと、6年」



中等部を卒業してもそこからさらに高等部が3年。

あんまりにも長い道のりだ



7 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:26:10.10 ID:Zu52MeK10


みほ「……本当に、黒森峰を卒業したら終わりにできるのかな」



戦車道をやめたい。その言葉を誰かに話したことは一度もない

それが許されるとも思ってないから

きっと黒森峰を卒業してもやめられないのだろう

進学するのか、あるいは実家での修行になるのかはわからないが、私はきっと戦車道から、西住流から逃げられない




みほ「仕方ないんだよね。私は……西住みほなんだから」


8 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:29:14.21 ID:Zu52MeK10




「あら、一人でテーブルを使うだなんてさすが副隊長さんね?」



9 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:30:44.36 ID:Zu52MeK10
みほ「……」

「……無視?意外といい度胸してるのね」

みほ「え……?」

「ふんっ……」

みほ「あ、あの……」

「……何?このテーブルは副隊長様じゃないと使えないとでも言うつもり?悪いけどごはん冷めるから移動するつもりは無いわよ」

みほ「それは……別に。私の場所じゃないから……」

「ならいちいち驚くんじゃないわよ」

みほ「そうじゃなくて、さっきのは無視とかじゃないんです。私に話しかけてるとは思わなくて……」

「……はぁ?あなたの事を言ってるのになんであなたに話しかけてないって思うのよ」

みほ「……そうですね」

「あとね、あなたさっきから何うつむいてるのよ。人と話すときはちゃんと目を見て話せって教わらなかった?」

みほ「あ、ごめんなさ――――」
10 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:31:44.08 ID:Zu52MeK10




煌めくような銀髪、見つめると吸い込まれそうな碧眼

自分と同じ人間だと思えないほど整った容姿に私は思わず目を奪われてしまった



11 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:34:31.08 ID:Zu52MeK10

みほ「…………」

「……何よさっきから」

みほ「え、あ……ごめんなさい。えっと、その……逸見、さん」

エリカ「あら、私みたいな下っ端の名前を憶えてくれているだなんて、さすが副隊長さんね。器が広いわ」

みほ「ち、違うよ。チームの同級生の名前はみんな覚えてるの。……友達に、なれるかなって」

エリカ「……はぁ?何甘い事言ってるのよ」

みほ「え……?」

エリカ「いい?他の子ならいざ知らず、私とあなたは敵同士よ」

みほ「え……な、なんで?同じチームなのに」

エリカ「はっ、さすが入学してすぐ副隊長になった人は言うことが違うわね?私なんて相手にならないって事?」

みほ「ち、違うよ……」

エリカ「私は、まほ隊長にあこがれてここに入ったのよ。なのに、副隊長の席は同じ一年のあなたが座っていた」

みほ「……」

エリカ「あなたがそれに足る人物なら何も言わないわ。だけどね、あなた練習が始まってからまともにメンバーをまとめられたことある?」

みほ「……ごめんなさい」

エリカ「多少は腕に覚えがあるみたいだけれど、強いだけで統率の取れない人間が上にいても軋轢を招くだけよ」

みほ「……」

エリカ「私はあなたを認めてない。まほ隊長を支えるのは私よ。たとえ妹だろうと情けないあなたが副隊長だなんて我慢できないわ」

みほ「……」

エリカ「……何も言い返さないの?」

みほ「逸見さんの言う通りだから……」

エリカ「……そう。本当に情けないのね」

みほ「……」
12 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:42:59.27 ID:Zu52MeK10


彼女の言葉は正しく、しかしそれを理解した上でも面と向かって言われると辛いものがある。

結局、私は何も言葉を紡げないまま黙々と食事を続け、逸見さんもそんな私を無視するかのように学食のハンバーグを口元に運んでいった




エリカ「……ちょっとあなた」

みほ「……何?」

エリカ「口元、ついてるわよ」

みほ「えっ、あっ……」

エリカ「ちょ……もう、袖で拭おうとしないのっ!……ほら、ティッシュ。そのぐらい持ってなさいよ……」

みほ「ご、ごめんなさい……」

エリカ「……ふん、いい?あなたがコネで手に入れた副隊長の座なんて脆いものよ。私が実力ですぐに奪ってあげるから」



逸見さんはそう言い残すと食べ終わった食器を持ち席を立った



みほ「……」


今のやり取りだけで逸見さんがどんな人間かなんて偉そうな事を語ることはできないけれど、

少なくとも、普段練習で受けるとげとげしい印象とはまた違ったものを感じ取れた


みほ「……逸見さんって、案外優しい人なのかも。……それに」


13 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:43:29.63 ID:Zu52MeK10




みほ「……初めてだったな。お姉ちゃん以外の人と学校でご飯食べるの」




14 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:45:03.40 ID:Zu52MeK10



少しだけ、頬が緩んだ


15 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/05/27(日) 22:46:58.36 ID:Zu52MeK10
お待たせして申し訳ありません。

【ガルパン】エリカ「私は、あなたを救えなかったから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514554129/

↑の続きです。

当面は過去編となる予定ですが、しばらくお付き合いください。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 22:48:12.88 ID:hJMKVkwW0
乙乙
17 : ◆eltIyP8eDQ [sage]:2018/05/27(日) 22:50:23.60 ID:Zu52MeK10
すっげえ今さらですがキャラ崩壊等々ご留意お願いします
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 22:52:07.75 ID:XCBKB1nwo
たて乙
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 22:52:48.77 ID:L+ijkfT2o
待ってた
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 23:19:18.50 ID:+SBHy2uVO
きたあああああああ!
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 23:20:50.83 ID:SCE7f8+G0
きたきたきた!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/27(日) 23:28:39.88 ID:YVSdAO+I0
待ってました
楽しみです
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 23:52:50.62 ID:9AdofEtS0
立て&投下乙

来週って今さ!!!
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 00:41:23.78 ID:VKD+7+9O0
乙 待ってた。過去編か・・・長くなりそうで楽しみだ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 09:18:44.58 ID:PlPy7wsr0
新スレ乙
これだ!こういうのを見たかった!
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 16:02:20.83 ID:o7Lb4CYI0
まってた!
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/28(月) 21:31:54.03 ID:J0jr4y54O
楽しみに待ってた
最後まで書ききってくれ
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/29(火) 07:59:13.57 ID:gh6hGUVGO
わくわくドキドキ!
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/29(火) 22:35:21.10 ID:sQbe7R81O
ワイもまとめ民も完結までウッキウキやで
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/30(水) 01:17:36.68 ID:yqn3vnTG0
やったぜ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/05/30(水) 12:02:11.95 ID:HFtwz6vpO
>>1乙作戦です!
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 21:11:34.03 ID:FvKsgswg0
あとは荒らしがわかない事を祈る。俺が好きなssにはいつも湧くからな...
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/05/31(木) 23:23:57.36 ID:meJxt+i0O
大事なことだから今回も確認しておきたい
土曜? >>1ーシャ
34 : ◆eltIyP8eDQ [sage]:2018/06/01(金) 20:15:07.25 ID:LRiuij090
>>33

場合によっては変更がありますが、当面は土曜投稿の予定です
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 20:10:22.67 ID:/u9xQvuEo
ワクワクわに!
36 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 22:52:28.74 ID:L15gxiVg0






初めて食事を共にして以来、逸見さんは事あるごとに私のいるテーブルに来るようになった




エリカ「今日もチームをまとめられなかったわね?いい加減にしたら?」

みほ「……ごめんなさい」

エリカ「…………あなた、もうちょっと声張れないの?後ろのほうまで指示が届いてないわよ。いくら真面目な人がいたって、あなたがそれじゃあ可哀そうよ」

みほ「え?う、うん。そうだね、気を付けるね」

エリカ「……次は言わないわよ」

37 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 22:55:42.51 ID:L15gxiVg0




逸見さんとの会話は逸見さんから私に向けた嫌味で占められている

そして嫌味の後には必ず対策を上げてくる





みほ「逸見さん、今日もいるんだ」

エリカ「はぁー?私が先に座ってたんですけどー?何よ、ここはあなたの専用スペース?」

みほ「だから違うって……」

エリカ「ちょっ……あなた、何その手っ!?」

みほ「え?……あ、さっきちょっと戦車の調子見てたんだった」

エリカ「信じられない……そんな手で食事を摂ろうとしてんじゃないわよっ!!」

みほ「ご、ごめんなさい」

エリカ「ほらさっさと洗いに行ってきなさいっ!!」

みほ「は、はーい。……なんかお母さんみたい」

エリカ「なんか言ったっ!?」

みほ「な、なんでもないよ」

38 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 22:57:46.05 ID:L15gxiVg0




たぶん、それは逸見さんなりの優しさなのだろう




エリカ「聞いたわよ?あなた、授業中に居眠りしてたんですって?」

みほ「う……」

エリカ「困るのよ、副隊長がそんなんだと機甲科の人間全員のレベルが低く思われるから」

みほ「……ごめんなさい」

エリカ「それで?」

みほ「え?」

エリカ「なんで寝不足だったのよ」

みほ「えっと……練習メニューの効率化ができないかなって遅くまで考えてて……」

エリカ「……そういうのは一人で考える物じゃないわ。せっかく副隊長だなんて不釣り合いな地位にいるのだから他からも意見を集めなさい」

みほ「私、そういうの苦手だから……」

エリカ「……はぁ。仕方ない、私からそれとなく他の人に聞いておくわよ」

みほ「ごめんなさい……」

エリカ「……ええ、あなたが悪いからね」

みほ「うん……」

エリカ「……」


39 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 22:59:41.20 ID:L15gxiVg0



気が付くと私たちは毎日のように昼食を共にするようになっていた。

相変わらず逸見さんは開口一番私への嫌味じみた注意をしてくるけれども、

その指摘は間違っておらず、何よりも不満を隠さないまま指摘への対策をしてくれる逸見さんの事を私はとても親しく感じていた






だからだろう、私はあまりにも無思慮だった





40 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 23:03:16.10 ID:L15gxiVg0




エリカ「あなたは相っ変わらずね。戦車から降りる程度の事でなんで転ぶのよ」

みほ「……ちょっとよそ見しちゃって」

エリカ「いい、戦車道も武道である以上怪我の危険は常に付きまとう。だけど、不慮の事故ならともかく不注意からくる怪我だなんて意識が低いとしか言いようがないわっ!」

みほ「……ごめんなさい」

エリカ「あなたがそんなんである限りあなたを認める人なんてでないわよ」

みほ「……うん」

エリカ「あなた、自分が上級生に舐められてるってわかってる?」

みほ「……うん。でもそれは仕方がない事だよ」

エリカ「はぁ?」

みほ「だって、1年生が2、3年生を押しのけて副隊長になったら誰だって良い気はしないって思うし……」

エリカ「……はっ、あなた本当に西住家の人?まほさんとは雲泥の差ね。戦車道やめてさっさと転科すれば?」

みほ「……そうだね」

エリカ「……少しぐらい言い返そうと思わないの?」

みほ「え……?」




逸見さんはじっと、私を見つめる

睨むのではなく、ただ、何かを図るかのように私を見つめていた




エリカ「私は今、あなたを馬鹿にしてるのよ?侮辱してるのよ?……悔しくないの?」

みほ「……逸見さんの言うことは間違ってないから」

エリカ「……もういい」

41 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 23:04:22.47 ID:L15gxiVg0


そう言うと、逸見さんは席を立ち、残された私は彼女の問いの意味を考えた



みほ「……間違ってないよね」




逸見さんも、私も




42 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 23:07:40.14 ID:L15gxiVg0




あくる日の逸見さんは、いつもの私を小ばかにするような表情ではなく、

無表情で、ただただ怖い顔をしていた。





エリカ「ねぇ、あなたこの間、練習の後チームの子と話してたでしょ」

みほ「え?うん、一緒の戦車に乗った人達だね」

エリカ「あの時のあなたのチーム、随分と動きが悪かったわね」

みほ「あはは……あれは、私が上手く指揮できなかったから……」

エリカ「足を引っ張るのがいて大変ね?」

みほ「……そんなことないよ」

エリカ「そう、お優しいのね?」

みほ「違うよ。最初から上手な人なんていないから……だから、練習して頑張ってるんだよ。ボコみたいに」

エリカ「でもあの子たちは今日も同じミスをしたわ」

みほ「……みんながみんなすぐにできるようになるわけじゃないから」

エリカ「いいえ、違うわ。あの子たちに足りないのは練習じゃない、覚悟よ」

みほ「……それだって、きっといつか」

エリカ「……」

みほ「それにねっ、その人たちと仲良くなれそうなのっ!なんか、副隊長だから近寄りがたかったらしくて。でも、これでみんなとも友達に――――」




エリカ「……舐めた事言ってんじゃないわよ」



43 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 23:10:58.66 ID:L15gxiVg0

みほ「……え?」

エリカ「あなた自分が誰なのかわかってる?」

みほ「誰って……私は西住みほだよ」

エリカ「正しけれど満点ではないわ。あなたは、黒森峰の戦車道チームの副隊長である西住みほよ」

みほ「……」

エリカ「仲良くなるのは結構よ。でも、あなたはその前にやるべきことがあるの」

みほ「それは……」

エリカ「いい加減理解しなさい。あなたは自分の立場に責任を持たなきゃいけないの。中等部とはいえ、黒森峰の戦車道チームをあなたは背負っているのよ」

みほ「……私だって、好きで副隊長になったんじゃないもん」

エリカ「……そう、わかったわ。もうあなたに期待するのはやめる」

みほ「逸見さん……?」




エリカ「西住みほ、私と勝負しなさい」





突然の事だった。

その時の逸見さんは私に向けて、怒りとは違う感情―――失望をあらわにしていた。

彼女が私に対して良い感情を抱いていないという事は知っていたけど、

それでもどこか人の良さを隠しきれていない彼女に、私は安心感を覚えていた。

だけど、目の前の逸見さんからはそんな部分は消え去って、彼女の銀髪が、碧い瞳がそのまま彼女の心の温度を示しているように感じてしまう。

44 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/02(土) 23:12:08.00 ID:L15gxiVg0




逸見さんのどこか私を小馬鹿にするような表情が、遠く、懐かしく思えた



45 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/02(土) 23:12:39.78 ID:L15gxiVg0
ここまでー。また来週
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:40:05.84 ID:/u9xQvuEo
おつー
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:48:59.76 ID:v2Tcn5jKo
乙ー
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/03(日) 00:56:32.80 ID:q5X1z9wd0
次回も楽しみです
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:11:25.42 ID:2RT3IW7/o
>>34
因みにこのペースで順調に週一更新したとして大体いつくらいの完結予定になるんだい?
50 : ◆eltIyP8eDQ [sage]:2018/06/03(日) 10:50:52.02 ID:VTWnZlE00
>>34
予定は未定ですが、一応年内完結は目指してます。
51 : ◆eltIyP8eDQ [sage]:2018/06/03(日) 10:51:59.54 ID:VTWnZlE00
>>49でした。

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 11:04:21.91 ID:J6Y+8glE0
なんだかんだで面倒見が良いなエリカさん
もしかしたらここからみほがママ爆弾を投げる世界線も有ったんだろうか
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 13:22:30.03 ID:C/iEDb8PO
過去のストーリー必要なのか
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 14:45:11.43 ID:bWnryd2+0
書いてる人間が必要だと思えば必要
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 16:50:15.79 ID:rfEPHlBB0
必要に決まってんだろ!
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 19:34:25.05 ID:8eOBCauOo
読みたいぞ
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/03(日) 22:38:51.03 ID:q5X1z9wd0
二人の間に何があったかは気になる
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 22:58:11.97 ID:SgAwfJC40
sageられないksは黙ってろ
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/03(日) 23:09:13.52 ID:pZTKXmJ00
wwktk
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:47:31.71 ID:dEPmjhKf0
本編見ただけじゃ、黒森峰時代だと一番マシな関係性だったぐらいまでしか推測できんし
このSSにおいてここまで依存してる理由を説明するとなるとむしろ避けて通れん(確信)

一大人気ペアとして成り立たせてるのはほぼ二次創作によるのを忘れちゃならん(戒め)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:49:10.36 ID:dNKgTIan0
なんだこいつキモチワルっ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/06(水) 00:21:14.05 ID:QNG5JaskO
期待の裏返し 2回の投下でこのレスポンス
文量が増えたからとのことだが スレ二つ目で完結できるのか……
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 20:12:28.38 ID:+898dR0Uo
待つ間読み返しているが最初読んだとき
>逸見エリカの実力は副隊長を超えていた
ってエリカが言ってるところで違和感感じなかった俺無能
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 05:38:16.92 ID:ZzM8iSRD0
スレなんざいくらでも使ってええ
むしろ長いほうが楽しみの期間が延びて嬉しい
65 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:40:06.12 ID:SKxrM6UB0








『負けたら戦車道をやめる』




お姉ちゃんは、逸見さんにその言葉を言わせることで副隊長の座を賭けた模擬戦の許可を出した。

……お姉ちゃんはひどいと思う。あんなにも戦車道に一生懸命な逸見さんに、戦車道そのものを賭けさせるだなんて






まほ「みほ、明日の試合期待しているぞ」

みほ「……」

まほ「正直、逸見の言葉にも一理ある。今のお前は上級生はもちろん、同級生もまとめきれてるとは言い難い」

みほ「なら……」

まほ「だから、明日の試合で知らしめるんだ。お前の実力を、強さを、西住流を」

みほ「っ……」

まほ「お前がそういう事に向かない性格なのはわかっている。だが、それでも強くないといけないんだ」

みほ「……なんで」

まほ「みほ、私たちは……お前は、西住流の女なんだ。強くあることは私たちの義務なんだ」

みほ「……うん」

まほ「わかってくれたならいい。今日はしっかり休んで、明日に集中するといい」

みほ「……」


66 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:41:27.76 ID:SKxrM6UB0


お姉ちゃんはつまりこう言いたかったのだろう。

逸見さんを踏み台にしろ。と

同学年で実力のある逸見さんを下すことで、私が副隊長である理由を示せと。

お姉ちゃんは間違っていない。弱い人間が上に立つことを納得できる人はいないだろうから。

逸見さんは間違っていない。チームを背負っている人間が、私のような情けない人間で良いはずがない。




だから




みほ「……嫌い」




戦車道も、西住流もそして―――――それしか無い自分も



67 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:45:46.84 ID:SKxrM6UB0






模擬戦は逸見さん達の優位で始まった。教科書にのっとったお手本通りの動き。

だからこそ、初めて組むチームであってもしっかりとした連携を取ることができていた。

だけど、それでも、私によって1輌、また1輌と数を減らしていく。



『副隊長っ!!裏を取られましたっ!!』

みほ「わかりました。そのまま引き付けて時間稼ぎをしてください」

『みほさんっ!ごめんなさいっ、逸見さんの車両逃しましたっ!!』

みほ「大丈夫です。そのまま包囲を狭めていってください」

68 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:47:55.91 ID:SKxrM6UB0


みほ「……」


ああ、なるほど。逸見さんはこれが嫌だったのだろう。

私の指揮は、みんなに届いていない

無視しているとかじゃなく、私の指揮についていけていない

それは、みんなが悪いんじゃなく、ただただ私が悪いんだ。

どうすればみんなに伝わるのだろう、どうすれば伝えられるのだろう

どうすれば―――――逸見さんのようになれるのだろう





気づけばお互い僚車は無く、一対一の戦い



みほ「……」

『みほさんごめんなさいっ……』

みほ「大丈夫です、気にしないでください」



私の視線の先には、同じようにキューボラから体を出している逸見さんがいる。

その視線はまっすぐ私を見据えていて、私は思わず目をそらしてしまう。

69 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:50:00.36 ID:SKxrM6UB0



エリカ「……」


逸見さんは顔をしかめて、おそらく舌打ちでもしたのだろう。体を戦車の中に戻すと、逸見さんの乗った戦車は前進してきた。





みほ「……前進」


逸見さんの車両は迷いなくこちらに向かってくる。

逸見さんはきっと戦車道が好きなんだろう。だからこそ私が副隊長である事に怒ったんだ。

私なんかより情熱を持った逸見さんのほうが副隊長に相応しい。何よりも――――私が勝ったところでこの辛い日々が続くだけ。

ならいっそ






そこで、私は思考を止めた






70 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:52:48.43 ID:SKxrM6UB0




夕焼けの差し込む更衣室。

私とエリカさんは無言で着替えていた。



みほ「……」

エリカ「……」

みほ「……逸見さん」

エリカ「……何?」


お互い、背中合わせで会話を続ける。


みほ「お姉ちゃ……隊長に私からもう一度言うよ。逸見さんが副隊長にふさわしいって」

エリカ「……」

みほ「逸見さんは私に勝ったんだから当たり前だよ。お姉ちゃんもお姉ちゃんだよ、逸見さんに戦車道をやめるだなんて言わせておいて……あんな風に引き下がらせて……」

エリカ「ねぇ、なんでわざと負けたの?」



私の声を遮るように投げかけられた問いに、私は一瞬言葉に詰まってしまう。



エリカ「気づかないと思った?だとしたら……馬鹿にするのも大概にして」

みほ「……違うよ。私はただ、逸見さんの言葉が正しいと思ったから」

エリカ「……」

みほ「逸見さんの言う通りだよ。私に副隊長だなんて荷が重いよ」
71 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 21:57:30.02 ID:SKxrM6UB0


みほ「それに、逸見さん負けたら戦車道やめるって……そんなの、おかしいって――――」




瞬間、頬に衝撃が走る。

それに遅れて痛みが広がっていく。

何が起きたかわからず呆然とする私の前で、エリカさんは目を潤ませ、息を荒げながら私をにらみつけていた。




みほ「……逸見さん?」

エリカ「……なんでっ……なんでなのよっ!?あなたはホントは強いのにっ!!私を見下して楽しいっ!?」

みほ「ち、違っ……私、そんなつもりじゃ……」

エリカ「同じよっ!!あなたは仲間を軽んじて、私の覚悟を踏みにじったっ!!」

みほ「ねぇっ聞いて逸見さん私は……」

エリカ「私を哀れんだつもり……?私を救いたいとでも思ったのっ……?そんなのッあなたの自己満足じゃないッ!!」

みほ「そうじゃないの逸見さん、私は」

72 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:00:59.11 ID:SKxrM6UB0


エリカ「いいわよね西住流の家に生まれた人はっ!?幼いころから戦車道を仕込まれて、充実した設備と環境で強くなることを定めてもらえるからっ!!」

みほ「っ!?」

エリカ「『持ってる』あなたからすれば、『持たない』私はさぞかし滑稽でしょうねっ!?」





何回も、何十回も、いやそれ以上に言われてきた言葉。

なのに、逸見さんから放たれたその言葉は、知っているはずなのに今まで聞いたどんな言葉よりも深く、私の何かに突き刺さった



73 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:03:08.01 ID:SKxrM6UB0


みほ「……あなたに、何がわかるの?」

エリカ「……」



『お前は西住流の女なんだ。強くあることは私たちの義務なんだ』




みほ「西住流の家に生まれた私の、何がわかるのっ!?強くならなきゃ、勝たなきゃいけないって言われ続けることがどれだけ辛いか―――」
    
エリカ「あなたの事情なんか知ったこっちゃ無いわよッ!!あなた、一度でも自分の事を話したっ!?」

みほ「それ、は……」

エリカ「そうよねっ!?あなたはいつも謝ってばっかで、自分の事しかみてないっ、西住流で、隊長の妹で、副隊長だからほかの子が近寄りづらいと思ってたの?

    優しくすれば友達ができると思ってたの?……違うわ。全部全部っ、あなたの問題よッ!!」

みほ「……違、う。私は、ただ……みんなと楽しく戦車道がやれればって……」

エリカ「……みんな黒森峰の戦車道チームに入った時点で覚悟していたはずよ。たとえその覚悟が甘かったとしても、厳しい訓練の中で理解をしたはず。

    あなたはただ、傷の舐めあいにあの子たちを巻き込んだだけっ。あなたのしている事は、優しさですらないのよっ!!」

みほ「違う、私は……」    

74 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:04:13.09 ID:SKxrM6UB0


誰だって上手く行かない事がある。

ただ無理を強いるだけが上達への道じゃない。

間違ってないはずなのに、私の口はなぜかそれを言い出せない。






エリカ「あなた以前言ったわよね?『チームの子の名前は全部覚えてる』って。でもあなたが知ってるのはそれだけよ。

    あの子たちの悩みも、苦しみも、上っ面で受け止めて優しい振りで返してるだけ―――――あなたの言葉には何もないわ」

みほ「っ……」

エリカ「私は、弱さを理由に馴れ合う奴らが嫌い。……だけど、それ以上に……今のあなたが大っ嫌いよ。誰かの弱さを利用して自分を慰めようとするあなたが」

みほ「違う……」




私はただ、落ち込んでいるあの人たちを元気づけたかっただけで

あの人たちがもっと戦車道を笑顔でできるようになればって


75 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:08:06.14 ID:SKxrM6UB0


エリカ「あなた、家柄や環境を引き合いに出されるのが嫌みたいね?……そのくせ、自分からはなにも変えようとしない」

みほ「そ、それはっ……」

エリカ「あなたはずっとそう、知って欲しいって思ってるくせに、察してもらいたがってる。……ムカつくのよ、かまってちゃん」

みほ「……だったら、だったら私はどうすれば良かったのッ!?何をすればみんなと一緒になれたのッ!?」




ナイフのような鋭い言葉に、自分でも驚くほど感情的に言い返す。

だけど、いつのまにか呼吸を整えていた逸見さんは眉一つ動かさず冷静に言葉を返してくる。





エリカ「……ならまず、その上っ面の優しさをやめなさい」

みほ「違うっ!!私は、私はちゃんとみんなのっ事をッ!!」

エリカ「だったらなんでわざと負けるような事をしたのっ!!?あなたを勝たせるために頑張ったあの子たちの努力を無視したくせに、何がみんなの事を思ってるよっ!?」

みほ「っ……」

エリカ「……あなたがどんなに強くったってそのままじゃ誰もついてこない、友達なんてもってのほかよ。……『優しくしているだけ』のあなたを、誰が信頼すると思うの?」

みほ「……きっと、きっといつか知ってくれるはずだよっ、西住流や、戦車道関係なく私を、西住みほをっ!!」

エリカ「……それが、あなたの本音なのね」

みほ「え……」
76 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:09:41.32 ID:SKxrM6UB0


エリカ「思ったとおりね。上っ面の優しさも、何を言われようとペコペコ謝るだけなのも……下手に出て構ってほしかっただけ

    『私はこんなに優しくしてるんだから、みんなも私に優しくして』って事?」

みほ「……なんで、なんでそんな酷い事言うのっ……」



私は間違ってなんかないはず



エリカ「言ったでしょ。私はあなたが嫌いなの。あなた、情けない上に卑怯なのね」

みほ「……やめて」



だって、みんなと友達になりたいのは私の本心のはずだから



エリカ「言い返せるものなら言い返してみなさいよ、否定できるものなら否定してみなさいよ」

みほ「わた、私はっ……」




そうだよ。みんなと楽しく、優しく、私はそれが大事だって



77 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:14:38.09 ID:SKxrM6UB0


エリカ「……ねぇ、知ってる?―――――『優しくされたい』から『優しくする』あなたみたいな人間をね、偽善者って言うのよ」






その言葉は、私が一番目を背けていたものを引きずり出した






みほ「――――っうあああああああああああああああっ!!」

エリカ「……」



絶叫と共に逸見さんの胸倉を掴みあげる。

勢いのあまり逸見さんの体がロッカーに音を立ててぶつかる。

78 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:17:42.48 ID:SKxrM6UB0


みほ「うるさいっ、うるさいよ……だって私は、みんなと仲良くなりたくって……だけど、ここじゃ私は強くないといけなくって……」

エリカ「……」

みほ「あなたに、何がわかるのっ……戦車道が好きで、本気になれるものを持ってるあなたに私の何がわかるのッ!!?」

エリカ「……」



逸見さんは表情一つ変えず私をじっと見つめていて、

その余裕を持った姿が眩く、憎らしくて、私は一層声を張り上げる。




みほ「そうだよっ!?私は強いよっ!?あの人たちより、あなたよりっ!!」

エリカ「……」

みほ「なのに、なのになんで……あなたはそんなに真っ直ぐなの……私は、私はこんなにも、無様なのに……」



だんだんと声が小さくなる。それに合わせて、逸見さんの胸倉を掴んだ手から力が抜けていき、私は膝から崩れ落ちるようにへたり込む。

何かを掴もうと手を上げることもできず、

逸見さんを見つめ返すこともできず、

私はただ、俯いて泣きじゃくるしかできなくなった。

79 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:19:16.86 ID:SKxrM6UB0


みほ「ぐすっ、酷いよ……私は、私だってあなたみたいに、エリカさんみたいに……自分らしく、いたいのに……」

エリカ「……」

みほ「……なんで」


ポツリと呟く



みほ「……なんでみんな私に期待するの……」



そんなもの、いらないのに



みほ「私は、西住流も、黒森峰も、副隊長も関係なくただ……」




誰かの期待を背負えるほど私は強くないのに



80 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:21:19.84 ID:SKxrM6UB0


みほ「なのに……私にはそれ以外何もなくて……私の、私だけの物なんて……」

エリカ「……」




『流石西住流の娘さんね』

『1年で副隊長だなんて期待のホープだね』

『なーんか、思ってたより地味だね』

『どうせコネでしょ』





みほ「嫌だよ……辛いよ……期待されて、失望されて……それでも期待されるのは……」

エリカ「……どうあがいたってあなたは西住家の人間よ。そこから逃げ出すか留まるか。どちらにしたって、あなたは選択を強いられるわ」

81 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:25:53.20 ID:SKxrM6UB0


エリカ「だから答えなさい。あなたはどうしたいの――――どうしてほしいの」

みほ「わかんないよっ……」

エリカ「……」

みほ「わかんないよ……私がどうしたいかなんて……だって、私は戦車道しか……西住流しか知らないんだもの……」

エリカ「……なら、ずっとそうやってなさい」



振り返ることもなく出口へと歩いていく背中

私はその背中に縋りつこうとした

立ち上がれなかった


その背中に手を伸ばそうとした

伸ばせなかった



叫んだ喉が痛みを訴える

嗚咽が、呼吸を乱す

それでも、乾ききった雑巾をさらに絞るように

僅かに振動が乗った呼気で
82 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:28:15.60 ID:SKxrM6UB0




みほ「助けて……」



83 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:30:04.90 ID:SKxrM6UB0



エリカ「……」

みほ「……」

エリカ「………………最初からそう言いなさいよ」

みほ「え……?」



踵を返した逸見さんは、再び私を見下ろす



エリカ「あなたがどんなに辛くったって、苦しくたって、それを言わなきゃ伝わらないわ」

みほ「……」

エリカ「私はね、戦車道に人生を捧げるつもりでこの学校に来たの。前進も後退もできないような中途半端なあなたに、構ってる時間はない」

みほ「っ……」

エリカ「……だけど、動き出すなら話は別よ。進む先が前か後かなんて自分で決める事なんだから」

みほ「……逸見さんは私の事嫌いじゃないの?」

エリカ「嫌いよ。何考えてるかわかんなくて、情けないあなたを見ているとイライラするわ」

みほ「……」


84 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:32:30.87 ID:SKxrM6UB0


エリカ「……それでも、助けを求める人をそのままにするほど薄情なつもりはないわよ」

みほ「……逸見さん」

エリカ「……何?」

みほ「ごめんなさい……わざと負けるような事して……あなたの気持ちを踏みにじって……」

エリカ「……良いわよもう。私こそ……悪かったわね、いきなりぶったりして。ちょっと感情的になりすぎたわ。……あと色々言ったりして。家の事とか、そのあたり」

みほ「うん……痛かった。どっちも……」

エリカ「そう、なら良かった。痛くなかったらもう一発かましてたわ。今度はグーよ」

みほ「あはは……酷いなぁ。……逸見さん」

エリカ「……」



大きく息を吸って、逸見さんを見上げる。

今度はちゃんと、言葉にする。



85 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:35:37.16 ID:SKxrM6UB0


みほ「私を、助けてください」

エリカ「……偉そうな事言ったけど、私は何もできないわよ?あなたの家の事情に口を出す気はないし、あなたの甘い考えに付き合う気もないわ」

みほ「……でも、逸見さんは私が持ってないものをもってるよ」

エリカ「……」

みほ「私は、西住流以外何も知らない。何もできない。……だから、それ以外を私に教えてほしい」

エリカ「……私だって戦車道くらいしか誇れるものを持ってないわ」

みほ「そんな事ないよ。だってあなたは……こんなにも真っ直ぐだもの」

エリカ「……」

みほ「別に知識や技術を教えてほしいんじゃない。ただ、あなたを知りたいの」

エリカ「……そういうのは気になる殿方に言うセリフじゃない?」

みほ「うーん、まぁ、気になってるってのは間違ってないしいいんじゃない?」

エリカ「あのねぇ……大体、私になんの得があるっていうのよ」

みほ「……私には戦車道しかない。だから、それを教えてあげる」

エリカ「……随分な言い草ね。あなたに教えられるの?」

みほ「うん。だって少なくとも私は――――逸見さんより強いよ?」

エリカ「……全く、言ってくれるわね」

みほ「え……?」



逸見さんはそっと手を差し伸べる。


86 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:36:53.58 ID:SKxrM6UB0


エリカ「ほら、いつまでもへたり込んでんじゃないわよ」




それに戸惑う私にじれたのか、無理やり私の手を引き立ち上がらせた。




みほ「わわわっ……」

エリカ「びしっとしなさい副隊長」

みほ「う、うん……」

エリカ「……空っぽのあなたに私の何が必要かなんてわからないわ。……正直、あれだけ強いのに戦車道に不満があるってのがムカついてしょうがないけど」

みほ「……ごめんなさい」

エリカ「謝らなくていいわよ。だけど、3つ約束して」

みほ「え……?」

87 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:40:56.18 ID:SKxrM6UB0


エリカ「まず一つ。もう、勝負に手を抜かないって」

みほ「……」

エリカ「誰かの本気に、本気で答えないのは侮辱以外の何物でもないわ。どれだけ実力に差があろうと、向かってくる意志を無碍にする権利は誰にもないのよ」

みほ「……うん」

エリカ「それともう一つ。誰かに感謝を伝える時に『ごめんなさい』はやめなさい。聞いててイライラするわ」

みほ「うん」

エリカ「最後に―――――ちゃんと前を向きなさい。内気なくせに目線まで下げてるなんて辛気臭くて仕方ないわ」

みほ「……うん。わかったよ」

エリカ「ならいいわ。もう帰りましょう」



言いたいことは言ったからと、逸見さんは再び出口に向かっていく。

私はその背中にもう一度声を掛ける。



みほ「……ねぇ逸見さん」

エリカ「何よ」

みほ「もし、私が本気で戦って……逸見さんに勝ってたらどうしてた?」

エリカ「……そしたら、戦車道をやめてたでしょうね」

みほ「人生を賭けるつもりでここに来たのに……?」

エリカ「あの戦いに、それだけの価値があるって思っただけよ」

みほ「……」

88 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:45:23.56 ID:SKxrM6UB0


エリカ「……冗談。ほんとはカッとなって勢いで言っただけよ」

みほ「逸見さん、私の事言えないじゃん……」



肩をすくめる逸見さんに私はあきれてしまう。

逸見さんはそれにムッとする。



エリカ「うるさいわね。……まぁ、もし負けてたら……転校して、別の所でやってたんじゃない?」

みほ「え……?」

エリカ「あれよあれ。『戦車道をやめる』って言うのは『黒森峰での戦車道をやめる』って事よ」

みほ「そ、それはいくらなんでも……」

エリカ「書面に残してるわけでもなし。そもそも学校の授業なのにやめるやめないもないでしょ」

みほ「えぇ……?それいったらおしまいじゃ……」



その戦いのせいでさっきまで散々言い争いをしていたのに……

不満げな私に気づいたのか、逸見さんは咳ばらいを一つする。


89 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:50:12.71 ID:SKxrM6UB0


エリカ「いいのよっ!結果的に私はやめなくて済んだんだから。思う存分、黒森峰で戦車道をするわっ!!」

みほ「……ふふっ」



自分勝手な言い分だけど、前を向いて、胸を張って言い切る逸見さんの姿はとても頼もしく、

私はつい笑ってしまう。




みほ「逸見さん」

エリカ「ん?」

みほ「……ずるい人」

エリカ「……あなたも大概よ。私、今日の試合の事一生根に持つから」

みほ「あはは……うん、そうだね。私もずるいよ」

エリカ「それと」

みほ「?」

エリカ「エリカで良いわよ」

みほ「え……?」

エリカ「さっき、そう呼んだでしょ?」




『私は、私だってあなたみたいに、エリカさんみたいに……自分らしく、いたいのに……』



90 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:51:48.06 ID:SKxrM6UB0


みほ「あっ……あれは、感情的になってつい……」

エリカ「別に呼びたくないならいいわよ」

みほ「えっ!?ううんっ!!エリカさんエリカさんエリカさんっ!!」

エリカ「連呼するのは違うでしょ……ほら、行くわよ。……みほ」

みほ「……」

エリカ「……何も言ってくれないと恥ずかしいんだけど」

みほ「え、あ……えっと、ちょっとびっくりしちゃって」

エリカ「西住さんじゃどっちの事かわからないでしょ?それに、あれよあれ、私はあなたが西住流の娘だなんて認めてないから」

みほ「……」

エリカ「だから……みほ、って呼ぶわ。……嫌なら考えるけど」

みほ「……あははっ!エリカさんって思ってたより可愛い人なんだね?」

エリカ「はぁ?ケンカなら買うわよ?」

みほ「違うよ。……エリカさん」

91 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:52:24.61 ID:SKxrM6UB0






みほ「西住みほです。……よろしくお願いします」








エリカ「……逸見エリカよ。ま、よろしくね」




92 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:53:32.31 ID:SKxrM6UB0



みほ「……ふふっ」

エリカ「何笑ってんのよ」

みほ「なんだか友達みたいだなって」

エリカ「はぁ?んなわけないでしょ。私とあなたは良くてライバルよライバル。怨敵と書いてね」

みほ「そっか。まぁ、今はそれでいいよ」

エリカ「今も何もずっとそうよ」

みほ「エリカさん」

エリカ「……何」

みほ「ありがとう」

エリカ「……ふんっ、さっさと帰るわよ」

みほ「あ、待ってよっ」

93 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:54:25.74 ID:SKxrM6UB0





貴女との思い出の中で最も強い記憶。頬と胸の内に残る痛みと共に、窓から入る夕日が私の心に焼き付いている

何もなかった私の手を取ってくれた人

私を見てくれた人

そして――――『初めて』出会った人

       『初めて』私を伝えた人



94 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:54:59.23 ID:SKxrM6UB0



貴女が私の道を照らしてくれた

貴女が私の手を引いてくれた

貴女がいたから私は前を向けた



貴女は


95 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:55:29.01 ID:SKxrM6UB0





私を包み込んでくれる柔らかな光だった




96 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/09(土) 22:55:55.50 ID:SKxrM6UB0
ここまで。また来週。
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:02:51.57 ID:gUewaHBhO
乙 見応えがある内容だ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:07:12.75 ID:Ucs+EMDfo
思わず見いってしまった
乙ー
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 01:16:21.87 ID:TzaI0NEOo
乙でした
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 09:50:55.38 ID:iQBFQPv10
引き込まれる
乙です
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 18:25:19.21 ID:A6QP7L/J0

相変わらず超面白い
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/10(日) 23:30:54.62 ID:9kD/gl0qO
助けた戦車にわにが乗ってたってルートは公式でもやってたけど、これでいくと本当にヤバいな
銀髪は染めたんじゃなくて白髪なんだろうな……
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 11:46:26.44 ID:2xNahqck0
>>1の文章で、このまま友情を育みつつ紆余曲折ありながらも、あのプラウダ戦でも勝利して卒業の時も一緒にいる、全体的に見れば文句無しのハッピーエンドのエリみほが読みたい。

だってこのエリカ死んじゃってるから…
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/11(月) 12:43:49.56 ID:v3yDbr4rO
>>103
それ大洗的にバッドエンドなんすよ…
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 13:18:08.41 ID:+hBLfdye0
更新乙

大洗のバッドエンドか黒森峰のバッドエンドか…
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/11(月) 15:23:22.56 ID:IvF1gulr0
バタフライ効果で大洗には愛里寿が入学するんやで
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 15:26:01.28 ID:EEHs24bSO
>>104
大洗が廃校にならないルートでいいじゃん(いいじゃん)
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 16:08:46.20 ID:2xNahqck0
大洗ルートは隠しルートみたいなもんだと思えば…

正規(黒森峰)ルートでは画面の隅の方の新聞に大洗廃校危機って書いてある程度で、複雑なフラグ管理が成功すれば進めるよ的なもんだと思えば気にならないかな(白目
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 22:33:03.15 ID:o9D1VU9RO
週一更新とか大人のテクニックすぎるよぉ……三日おきくらいの更新にしてくれぇ
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 22:41:18.86 ID:L5d5Ni/oo
贅沢言うなよ
週一でもかなり早いペースなのに
111 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/06/11(月) 22:49:43.24 ID:0YP86RpC0
すまねぇ……ホントは現在投稿分で過去編終わらせる予定だったんですが、
やっぱもっと掘り下げとかないと……ってなった結果、プロットの段階で過去編の文量が当初の5倍くらいになってしまって
それを整えるのに週一じゃないと追いつかない状態なんです……
なんでたぶん、このスレじゃ終わらせられません。もうしばらくお付き合いください。
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 22:54:08.43 ID:c/P2RiPMo
ゆっくりでいいよー
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:14:40.69 ID:BtXv+0/Bo
>プロットの段階で過去編の文量が当初の5倍くらい
やったぜ
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:38:10.73 ID:sQM4Cik2O
やっぱこういう大作を書く人はプロットからしっかり練ってるんだな、さすがだわ、、、。
贅沢言うなら三日でも辛い、物理的な限界を突破して毎日更新してほしいもゆだぜ。精神と時の部屋はよ。
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/12(火) 09:28:18.52 ID:T4ae/i7HO
個人的にどうやってプロット作っているのか、気になる…
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/12(火) 09:29:06.11 ID:T4ae/i7HO
個人的にどうやってプロット作っているのか、気になる…
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 10:33:34.55 ID:/cDE4RePO
どうやってってのは漠然としてた難しい質問じゃなかろうか、、、

パソコンでとか、手書きノートだとか言う方法論的な問いなのか、
あるいはストーリーの質を向上させる為に日頃どんな努力(物語構造認識系の本読むとか、色んな人と努めて会話するとか)してるのかを聞く問いなのか、
限定してあげたほうが>>1さんも答えやすいのでは

横槍ゴメン
118 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/06/13(水) 01:52:28.73 ID:HAs+Ypo/0

>>115>>117


折角質問してくださったので私なりの回答をさせていただきます。あと深夜のせいでテンション高いので。

プロットの作り方については、テキストファイルを2つ作り、片方には箇条書きで全体の流れを書いて、
もう片方にはそれを元に台本形式でシーンを構成。その上で、齟齬や矛盾があったら修正。地の分を入れるのであれば、それに合わせて会話を修正しつつ挿入って感じです。
ただ、箇条書きのプロットは今やってるスレのようなよっぽど長いSSじゃないとめったに作りませんね。
50〜200レス程度のSSで、台本形式ならそのまま直接テキストに書き込んで、ちょっと直して投稿です。




ストーリーの質については……あくまで参考程度に留めておいて欲しいのですが、
『話の作り方』的な本はほとんど読んだ事がありません。
その上で自分の作劇の源が何かと問われたら、映画と昔読んだ数多のラノベと漫画かなぁ。って感じです。


小手先の話になりますが、表現力や、細かい言い回し、漢字、熟語、ことわざなんかはラノベや漫画でも十分学ぶことができます。(自分ができているかは別として)
正直、ことわざや漢字なんかはそれこそネットで調べればすぐに出てきますが、それらの存在自体を知らなければ調べることもできず、
逆に詳細は忘れていてもそういった表現の存在さえ知ってればいくらでも調べようがあります。
なので、読みやすい漫画、ライトノベルは表現の幅を広げるのに役に立つという事です。
無論、昔の小説や硬い文章のものを読むのは決して無駄じゃありませんし、むしろ読むべきだとは思いますが、
昨今、一般小説においてもラノベに近いような文体が見受けられる中、2次創作、あるいは同人作品であるならばそこまで考える必要は無いと思います。
私自身、SSやラノベを読んでいるときに文章力をどうこう思う事はほとんどなくて、やっぱり創作物で一番大事なのはストーリーって考えています。
ていうか、商業作品でもないのに文章力をどうこう言われる筋合い無いわって思っていますし。
119 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/06/13(水) 01:59:04.17 ID:HAs+Ypo/0

話の作り方についてですと、
大事なのは色んなストーリーを自分に収納することで、
漫画でもラノベでも一般小説でも、自分が知らない表現やストーリーを知ることで、
ありきたりですが自分の感性を育てることができるんじゃないかなって思ってます。
その上で、個人的によくやってるのが映画や舞台鑑賞ですかね。
漫画やラノベって一巻完結じゃない場合大抵何冊か読まなきゃいけませんが、
だからと言って一巻完結の一般小説だと読むのに時間がかかるし、自分に合わないジャンルだとめっちゃ疲れます。
けれど映画の場合、どんなに長くても2、3時間ぐらいで1つのストーリーが完結しますし、
何より多少内容が合わなくてもこちらから読み進める必要がなく、勝手に話が進んでくれます。
舞台については映画と同じく勝手に話が進んでくれるというのと、舞台作品の性質上、表現が大仰になるものが多く、
そういった部分はアニメや漫画の二次創作、あるいはオリジナル作品を書く場合において結構参考になったりします。
2.5次元舞台なんかはアニメ漫画の表現と、そういった舞台の表現が噛み合った結果人気がでているんじゃないかなって思いますし。
ただ、舞台作品は大きいところだとチケット代が高い場合が多く、加えて地方から見に行くとなると交通費もバカになりません。


そういったわけで、手っ取り早くストーリーの幅を広げたいため私は映画ばっか見てます。安い時ならポップコーン含めても2000円以内でおさまりますし。
まぁ、私の場合は普通に映画が好きだから見ているだけですが。


最後に、キャラの性格については出来る限り把握するよう心がけてます。
二次創作でキャラ崩壊なんかいくらでもありますが(現にこのスレもそうですし)、そのうえで原作からキャラを変えるのであればそれ相応の理由を用意しようってのが私の考えです。
読んでいる人がそのキャラ崩壊に納得しているかも大事ですが、何よりも書き手自身がそのキャラ崩壊に納得していないと本当に支離滅裂になるんで。
最悪描写不足と言われようとも、自分が納得できる理由を用意すると少なくとも書く側は納得と整合性をもってストーリーを書けます。
まぁ、ギャグ系の場合完全に勢いで押し通しても良いと思いますが。ていうか私がそうですし。


長々と語ってしまいましたが、上記のはあくまで私個人のやり方であって、それこそ作劇法なんて人の数だけあるものだと思っています。
なのでこうすればいい!!って思わず、好きなようにやればいいかと。
このスレにしてもあくまで『ガールズ&パンツァー』という大本の作品があって初めて成立する二次創作です。
原作が一番大事という事を忘れずに、崩したいところはごめんなさい!しつつ少しずつ書いています。




長文失礼しました。
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 03:05:27.17 ID:2Q3em7WXo
長文過ぎて荒らしと勘違いしたわ
次期待
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 04:04:54.85 ID:BqgqYH23O
おもしろい話を書く人の話なら長文でも問題なしさ
質問したやつgjやぞ。>>1さんも解説ありがとうございます。
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 10:49:51.11 ID:Mw0zaIN7O
115の者です。ありがとうございます、こんな丁寧な答えを頂いてもらって。将来何かストーリーを作りたいと思っていてでも左も右もわからないので色々参考になります!117さんも横槍ありがとうございます!
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 16:03:04.46 ID:sVokkJ3SO
横槍ありがとうの喧嘩売ってる感
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 16:14:43.54 ID:4k2bFmRl0
覚えたての言葉を使いたいんでしょ
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 22:35:26.64 ID:w9AtTc/y0
そっちもだけど 頂いてもらっても軽く衝撃
ともあれ>>1の真摯な対応には頭が下がる
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 11:42:23.19 ID:Cj6QmGOCO
毎日が日曜日になぁーあれっ
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 11:43:31.81 ID:Cj6QmGOCO
間違えた、土曜日になーれ、だ、、、
毎日が日曜日だったら永遠に続きこないやん、、、
128 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:46:27.58 ID:oBFJBq/H0






「練習終わったってのになんであいつらまた戦ってるの?しかも一騎打ちで」

「なんか副隊長から挑んだらしいよ?」

「え?あんなおどおどしてるのが?」

「逸見の態度がよっぽど腹に据えかねたのかな……」

「うわーあの子可愛い顔して意外と根に持つタイプなんだな……」





まほ「……」





129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:48:53.33 ID:BXjPbabFo
始まったー
130 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:50:11.67 ID:oBFJBq/H0
―――――
――――
―――




エリカ『……』

みほ『隊長』

まほ『なんだ?』

みほ『明日、逸見さんともう一度戦わせてください』

まほ『どういう事だ』

みほ『私も逸見さんも、あの結果に納得がいきません』

まほ『……ダメだ。すでに決まったことを何度も蒸し返すわけには――――』

みほ『勝った逸見さんが引き下がり、負けた私がそのままというのは示しがつかないと思います』

まほ『みほ、お前……』

みほ『だから今度は私から、副隊長の座をかけて逸見さんと戦います』

まほ『……意味のない戦いだ。認めるわけにはいかない』

みほ『隊長。いえ、お姉ちゃんは言ったよね?強くあることは私たちの義務だって』

まほ『……ああ』

みほ『私は、私の強さを伝えたいの。みんなに、エリカさんに』

まほ『だが……』

エリカ『グラウンド30周』

まほ『逸見……?』

エリカ『負けたらグラウンド30周でどうでしょう?今回は副隊長からの再戦希望なんですから、私の時のように戦車道を辞めるだなんてする必要はないかと』

みほ『30周かぁ……うちのグラウンド400メートルだからちょっときついかも』

エリカ『楽じゃ意味ないでしょ』

まほ『まて、私はまだ許可を出しては……』

みほ『お姉ちゃん、私はエリカさんと戦ってしっかりと決着を着けたい。なあなあで済ませるわけにはいかないの』

エリカ『隊長、お願いします』

まほ『……わかった』



131 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:52:21.00 ID:oBFJBq/H0
―――
――――
―――――



まほ「みほ、お前が進んで誰かと競いたがるだなんてな……」




「副隊長凄いなぁ……あれでホントにこないだまでランドセル背負ってたの?」

「それについてけてる逸見も大概だな」

「逸見さん頑張って―っ!!」

「みほさーんっ!!負けないでーっ!!」

「……おっ?そろそろ決まりそうだな」




ダァン! ダァン!


シュポッ!


「……副隊長の勝ちか」

「やっぱりこの間は調子が悪かったのかもね」

「みほさん、さすがです……」




まほ「……」





132 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:53:38.88 ID:oBFJBq/H0





みほ「……」

エリカ「っ……だぁもうっ!!」

みほ「エリカさん」

エリカ「……何よ、敗者になんか用?」

みほ「……私の勝ちだよ、エリカさん♪」

エリカ「……言ってくれるじゃない」

みほ「エリカさんどうだった?しっかりと私に負けた気分は」

エリカ「そうね……なんて言うか―――――うっさいバーカッ!!」

みほ「あ、エリカさんどこ行くのーっ!?」

エリカ「『負けたほうがグラウンド30周』っ!!私が言い出したんだからやってやるわよコンチクショーっ!!」

みほ「せめてジャージに……行っちゃった」




まほ「みほ」




133 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:55:35.42 ID:oBFJBq/H0
みほ「お姉ちゃん?」

まほ「教えてくれ、なぜ逸見と戦おうと思ったんだ」

みほ「……私が、初めてちゃんと話をしたいって思った人だから。そのためにはちゃんと本気でエリカさんと向き合わないといけなかったから」

まほ「……」

みほ「お姉ちゃん。エリカさんは、私の嫌いなところを全部嫌いって言ってくれたんだ」

まほ「え……?」

みほ「……お姉ちゃんの妹で、西住流の娘だから色んなことを言ってくる人がいて、だけど、私に敵わないってわかるとみんな面と向かって何も言わなくなる」

まほ「……」

みほ「だけどね、エリカさんは私のほうが強いって理解して、それでも私に真正面から突っかかってくれるの」

まほ「……」

みほ「お姉ちゃん、私ね……最初にエリカさんと戦った時手加減したの」

まほ「……ああ、知っている」

みほ「だよね。私、エリカさんに怒られたんだすっごく、すっごく」

まほ「……」
134 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:56:52.60 ID:oBFJBq/H0
みほ「『あなたは自分の事しか考えてない』って。……その通りだった。私は、嫌な事から逃げてるだけだった」

まほ「……」

みほ「だから、今度は本気で戦った。エリカさんの本気を、本気で迎え撃った」

まほ「そしてお前が勝った」

みほ「うん、だって私の方が強いから」

まほ「……お前がそんな事を言うなんてな」

みほ「あはは、そうだね。……お姉ちゃん、私は、私がなんなのか知りたい」

まほ「それは……どういう意味だ?」

みほ「……お姉ちゃんはさ、もしも自分が戦車道をやってなかったら何をしていたと思う?」

まほ「……考えた事もないな」

みほ「私も。小っちゃいころから当たり前のように戦車に乗って、当たり前のように戦車道を初めて、当たり前のように勝利を求められてきた。……そして勝ってきた」

まほ「……」

みほ「だけど、それは私が『西住』だからであって、『みほ』のものじゃない。私は……『西住みほ』を知りたいの」

まほ「……」

みほ「別に戦車道を辞めるとかそんなんじゃないよ。ただ……戦車道関係ない、私らしさを知りたくなったの。エリカさんといればそれが分かるかもしれないから」

まほ「……」

みほ「…それじゃあ私は行くね。エリカさん、水も持たずに行っちゃったからさ」

まほ「ああ」

みほ「お姉ちゃん」

まほ「なんだ?」

みほ「私、黒森峰に来て良かったかも♪」

まほ「……久しぶりだな。みほの笑顔を見るのは」
135 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 22:57:37.20 ID:oBFJBq/H0




まほ「逸見エリカか……」



136 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:04:09.56 ID:oBFJBq/H0





みほ「エリカさん、30周お疲れ様」

エリカ「あなたわざわざ待ってたの?もう暗いのに」

みほ「だって私達が言い出したことなんだから。ちゃんと最後まで付き合うよ」

エリカ「……そう」

みほ「エリカさん」
 
エリカ「……何?」

みほ「その、一緒に帰ろう?」

エリカ「嫌」

みほ「うぅ……で、でも私の寮もそっち方向だから……あと、夜道で女の子一人は危ないし……」

エリカ「学園艦で何の危険があるっていうのよ……大体、あなたそこらの男性より体鍛えてるでしょうに」

みほ「で、でも……」 

エリカ「……はぁ、別にあなたがどんなルートで帰ろうと文句言わないわよ」

みほ「……なら、私は私のルートで帰るね」

エリカ「はいはい、好きにしなさい」
137 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:05:54.04 ID:oBFJBq/H0






エリカ「ちょっと、隣歩かないでよ。一緒に帰ってると思われるじゃない」

みほ「私は私の好きなルートで好きなように帰ってるだけなんで」

エリカ「あなた急に言うようになったわね……」

みほ「誰のせいかな?」

エリカ「……誰のせいでしょうね」

みほ「ふふっ。……エリカさん、今日はありがとう」

エリカ「何の事よ」

みほ「私ともう一度戦ってくれたこと」

エリカ「……あれは私が一番納得がいってなかったからよ。お礼を言われる筋合いなんて無いわ」

みほ「それでも。今日の試合が無かったら私はたぶん、あなたを知る事ができなかったから」

エリカ「へぇ?あなたが一体私の何を知ったっていうの?」

みほ「うーん、とりあず意地悪で、怒りっぽくて、あと意地っ張りってところかな?」

エリカ「そういうあなたはドジでおっちょこちょいで臆病で卑怯で泣き虫でポンコツな副隊長ね?」

みほ「うぅ……倍返しだよ……」

エリカ「……みほ」

みほ「エリカさん?」

エリカ「約束、守りなさいよね」

みほ「……」
138 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:07:58.34 ID:oBFJBq/H0



『本気には本気でぶつかる事』

『厚意には感謝で返すこと』

『しっかりと前を向く事』




夕焼けが差し込む中、誓った約束。

月の光が辺りに満ちる中、思い返す。

そして今一度、深く頷く



139 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:11:53.01 ID:oBFJBq/H0

みほ「……うん。絶対に守るよ」

エリカ「そ、なら……まぁいいわよ」



エリカさんはそう言うと、数歩前に出てこちらに振り返る。



みほ「エリ、カさん」
140 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:17:16.01 ID:oBFJBq/H0


月明かりが私達を、彼女を照らす

儚さを感じる白い肌、じっとこちらをとらえて離さない碧眼、そよ風になびく銀髪が月光を反射してきらきらと、まるで光の粒子を放っているかのように煌めいている

まるで、自分がおとぎ話の世界に入ってしまったかのような錯覚をしてしまうほど幻想的な姿。

そして、何よりも私の目を惹いて離さないのは






エリカ「精々頑張りなさい」





初めて見た彼女の微笑み




いつも私に見せてくる意地悪な笑顔とは違う

透き通るような表情に、姿に、全てに、

私は一瞬言葉をなくしてしまう。



141 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:20:22.04 ID:oBFJBq/H0


みほ「……」

エリカ「みほ?」

みほ「……綺麗」

エリカ「……はぁ?何言ってんのよ気色悪い」

みほ「……え?あ、ち、違うの!!月が綺麗だなって!!」

エリカ「あのねぇ……どっちにしてもそういう事は殿方に言いなさい」

みほ「……?どういうこと?」

エリカ「あなた国語が得意なんじゃなかったっけ?……まぁ、知らないならいいわよ後世の創作らしいし。それに私、月って嫌いなのよ」

みほ「え、なんで?」




私の問いにエリカさんはしまった、と言いたげな顔をすると気まずそうにそっぽを向く。




エリカ「……内緒よ」

みほ「ええ……そこまで言っておいて……」

エリカ「……いつか、話すかもね」

みほ「なら、いつか聞かせて」

エリカ「……」


それっきりエリカさんは何も話してくれず、

けれども、私が隣を歩いていることにも何も言ってこなかった。

それがどうにも嬉しくて、エリカさんに認められたような気がして、




なんとなく、歩幅が広くなった




142 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/16(土) 23:21:24.90 ID:oBFJBq/H0
ここまで。
みぽりんにはまだまだ笑顔になってもらいます。
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:24:55.65 ID:BXjPbabFo
乙です
ここからの喪失感は堪えるだろうな……
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:42:12.51 ID:CDk9Jm3nO
エリみほに付き纏う滅びの美学好き
また来週まで待たないといかんのか、、、ハァン
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 00:13:07.78 ID:0cUPT7RRo
こいつらいれば十連覇は確実だな

なお
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 02:29:26.64 ID:96McRzJro
乙ー
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 04:00:46.41 ID:RyKeSPr10
このままエリカが死なずに黒森峰10連覇するルートがみたい。
大洗なんて高校は無かった(白目
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 18:12:06.98 ID:IkNCsOxl0
みほエリ尊い…
また一週間頑張れる
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 19:55:16.13 ID:eSJ3kYulO
また一週間頑張って生きねばならぬという苦行、、、早くしなせてよぉ!
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 21:38:08.08 ID:c7AlEXs10

俺の見たかったエリみほはまさにここにあったって感じだぜ素晴らしいな素晴らしい

既に結果が確定してる未来がある分、尊さと悲しみでメンタルダメージが酷いことになってるんですがそれは
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 01:47:32.73 ID:iRfoCs/oo
落とす前にあげれるだけあげるドSの所業
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/18(月) 11:57:54.18 ID:nL+yiqtIO
このドS! >>1乙!

誰かになりきる精神症ってなんか病名とかあんのかな
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 16:46:23.97 ID:gy9klDXiO
中等部の3年間があったとするとグッと重みを増すよなぁ
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 22:03:13.02 ID:0FFzTxn7O
質問しつもーん(沙織風)

>>1さんはその週に投稿する分をいつも何曜日ころに書き上げてるんですか。
書き上げてからの手直しは結構綿密にやるほうですか。誰か人にみせたりしてますか。
書き始めて思わぬところで話につまったりしたことはありますか。
あるとしたらどうやってそれを解消していますか。

ぶしつけな質問ですはありますが、もしよろしければ、教えてほしいです。
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 23:30:26.84 ID:pg7opeS60
聞いてどうするの?
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 23:35:08.29 ID:0FFzTxn7O
どうするのと聞かれると困りますが、このSSが好きなので!
こういうことに興味もつのはあまり良くないでしたか?
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 10:17:19.89 ID:lIANeyS70
なんか変な奴らが湧いてきたな。黙って見てろ。
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 11:18:54.54 ID:9GzN41gKO
初々しい中学生かあるいは外人さんだったのだろう。
今晩ようやく続きかー、長い一週間だったよ。
159 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/23(土) 22:06:31.00 ID:JwHr3bg+0





〜中等部1年 8月〜




まほ「そこまでっ!!次のチームっ!!」




夏の日差しが最高潮な8月の昼下がり、大会が終わっても少しの休みを挟めば黒森峰はまた、来年に向けて練習を始める。

副隊長とはいえ、私はまだ一年生。ただみんなを指揮するだけじゃなく今やっているような基礎訓練もしっかりやらなくてはいけない。

必要な練習なのはわかるし、現にまだまだ私は体力不足だという認識は持っているけれど、




みほ「暑い……」


だからと言って、わざわざこんな猛暑日にやらなくてもと思うし、学園艦なんだから涼しいところに移動してくれないかな、なんて考えながら木陰で膝を抱え込んでしまう。




160 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:09:07.09 ID:JwHr3bg+0


エリカ「日陰で体育座りだなんて、虫じゃないんだからやめなさい」

みほ「エリカさん……」

エリカ「いくら自分の番じゃないからって練習中にそんなボケっとしてるんじゃないわよ」

みほ「あはは……大会終わったのにエリカさんはやる気満々だね」

エリカ「何舐めた事言ってるのよ。所詮中学生大会での優勝よ?気を抜いてる暇なんてないんだから」

みほ「それは……そうかもだけど」

エリカ「まったく……副隊長として優勝に貢献したくせに他人事みたいな態度ね。そういうところ嫌いだわ」

みほ「……エリカさんだって頑張ってたよ」

エリカ「頑張るだけなら誰だってできるのよ。大事なのは結果を出すこと。そして、一番わかりやすい結果は勝利なのよ」

みほ「……そっか」

エリカ「……やっぱり黒森峰に来てよかったわ。戦車の質も、練習の質も他校とは比べ物にならない」

みほ「そうなの?」

エリカ「……そう思ってる」

みほ「知らないんだ……」
161 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:16:52.12 ID:JwHr3bg+0

エリカ「いいのよ。住めば都って言うでしょ?自分の場所が一番だって思うのが大事なの」

みほ「……うん、そうだね」

エリカ「それに、先輩たちの熱気に中てられて一年もやる気出てるみたいだしね。……もっとも、大会終わってからなんて遅いけど」

みほ「それでもさ……みんな、凄いよね。あんな風に熱中できて。私は……」

エリカ「……ねぇ」

みほ「何?」

エリカ「あなた、戦車嫌いなの?」

みほ「……違うよ、戦車は好き。……だけど、戦車道は楽しいって思えないな」

エリカ「なら、戦車道を好きになる素質はあるわよ」

みほ「……そうかな」

エリカ「私は好きよ、戦車も戦車道も。戦車に乗れることが楽しいし、その上で負ければ悔しいし、勝てば嬉しいわ」

みほ「……」

エリカ「でも、一番好きなのは……競い合ってる時。相手が本気で向かってきて、こちらが本気で迎え撃つ時

    戦車と乗員と一体になったような瞬間、私は最高に楽しいわ」




その言葉が本心なのであればなるほど、私のした事が彼女の逆鱗に触れるのも納得だと思う。

そしてそれを理解できたからこそ、私はエリカさんに一種の尊敬のような気持ちを抱いていた。

同時に、それを持っていない自分への劣等感も。




162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/23(土) 22:21:04.76 ID:JwHr3bg+0


みほ「……エリカさんは凄いね。ちゃんと、みんなと一体になれるんだから。……私は、そんな風にできないよ」

エリカ「なら、今度一緒の戦車に乗りましょう?」

みほ「え?」

エリカ「たしかうちってII号戦車があったわよね。あなたが車長兼砲手で、私が操縦でいいかしら?」

みほ「で、でも……」

エリカ「あくまで練習の一環よ。あなたの手腕、間近で見せてもらうわ」

みほ「……うん」

エリカ「どう?少しは戦車道楽しめそう?」




そう言ってエリカさんは微笑む。





みほ「……うんっ!」




だから私も微笑み返す。

エリカさんと出会ってたった数か月でこんな風に笑いあえる関係になれるとは思ってもいなかった。


163 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:24:19.59 ID:JwHr3bg+0

エリカ「なら、そんなヘタレてないででびしっとしなさい」

みほ「あ……ごめんなさい。でも、なんだか今日のエリカさん優しいね」

エリカ「はぁ?」

みほ「だって、私が戦車道楽しめるようになるために、一緒の戦車に乗ってくれるだなんて」

エリカ「聞いてなかったの?あくまで練習の一環よ」

みほ「それでもだよ。私は、それがすっごくうれしいから」

エリカ「……そ。なら勝手に喜んでなさい」

みほ「そうするね」

エリカ「……あなた、初めて会った頃よりずいぶん図太くなったわね」

みほ「そう?ならそれは……誰のせいかな?」

エリカ「……ふん。あーあ、なんかお腹空いたわ。今日のランチどうしようかしら」

みほ「エリカさん、大体ハンバーグセットじゃないっけ?」

エリカ「……そうだったわね」

みほ「たまには別のも食べるといいんじゃない?つくねとか」

エリカ「別にひき肉料理が好きなんじゃないわよ……」





いつのまにか、暑さなんて気にならなくなっていた。

だって、エリカさんと話すことの方が私の胸の内を満たしてくれるのだから。



164 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:36:47.26 ID:JwHr3bg+0




「西住さん、今日もごめんなさい……」

「私たちが上手くできないせいで足引っ張っちゃって……」

「もっと行けると思ってたんだけど……」





ある日の練習後、私は目の前にいる3人に頭を下げられていた。

彼女達がしたのは簡単なミス。

だけど場合によっては致命的になりかねないものだった。

とはいえあくまで練習での事。責める気は無いし、むしろ練習で欠点が見つかること自体はとても良い事だと思う。

だから、私は『いつもの様に』彼女たちを傷つけないよう、語り掛ける。


みほ「練習中でのミスなんだから謝るほどの事じゃないよ。ほら、元気出してっ!!」

「怒ってない……?」

みほ「いいよ、誰だって上手く行かない時はあるんだから」

「そ、そうだよね!」

「私たちだって頑張っていればそのうち……」

みほ「……でもね、」




エリカ「あら?どこの負け犬かと思ったら副隊長とその取り巻きじゃない?」



165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 22:38:03.61 ID:tG3Mg9Eio
わにわに
166 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:38:52.35 ID:JwHr3bg+0

みほ「エリカさん……?」

「い、逸見さん……」

「なんでここに……」

「……何、今の」

エリカ「聞こえなかったの?負け犬って言ったのよ。雑魚集団って言ったほうがわかりやすかった?」

みほ「え、エリカさん?」




鋭く、突き刺すような言葉に彼女たちはたじろぐ。

私はまるで初めて会った時のように私たちを睨みつけるエリカさんに戸惑いを隠せなかった。




「っ……なんであなたにそんな事……」

エリカ「あなたに言い返す資格があると思う?強い奴の優しさに甘えているような奴が一端の戦車乗り気取るんじゃないわよ」

「なっ……ひ、ひどい……」

エリカ「何が?ここは黒森峰女学園、戦車道の強豪。その機甲科に入って戦車道をやってるくせにぬるい環境でとどまっているような奴に居場所なんてないわ」

「わ、私たちだって頑張って……ねぇ!?」

「う、うん……」

「そうだよ!」

「だよね!!西住さんだって私たちの頑張りを認めて――――」






エリカ「黙りなさいッ!!」






167 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:42:53.76 ID:JwHr3bg+0


突然の怒声、それを叩きつけられた彼女たちは今度こそ動けなくなる。

私にはわかる、エリカさんは今、本気で怒っている。

……経験者だから。



エリカ「あなたたち……自分の努力すら誰かの同意がないと誇れないの!?そんなの……努力なんて言わないっ!!」

「あ、あなたにそんな事言われる筋合いはないっ!!

「そうだよ!!あなただって、西住さんに負け――――」



みほ「やめて」



その言葉を自分でも驚くほど冷たい声で遮る。

先ほどまでエリカさんを見ていた三人の瞳は今度はこちらに向く。

だから、私も彼女たちを見渡す。

一人一人その瞳に語り掛ける

168 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:48:32.45 ID:JwHr3bg+0


みほ「エリカさんは努力をひけらかしたりしてないよ。そして、誰よりも努力してる事を私は知ってる……」

「西住さんっでもっ……」

みほ「少なくとも、今のあなた達にエリカさんをどうこう言う資格はないと思う……けど」



最後に言い切れない辺りまだまだエリカさんを見習わないとなぁ……

それでも、私の気持ちは彼女たちに伝わったようで、唇を噛みしめ俯いてしまう

それを見届けたかのように黙っていたエリカさんが口を開く。




エリカ「……散りなさい。あなた達みたいな雑魚にこの子の時間を奪う権利は無いわ」




「……わ、私だって強くなるためにここに来たのにっ」

「え、ちょっ……」

「ま、待ってってば!?」

エリカ「……」

みほ「……ごめんね」




呟いた言葉は、どちらに向けたものだったのだろうか。



169 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:52:09.53 ID:JwHr3bg+0
みほ「……エリカさん聞いて、みんなは別にやる気がないとかじゃなくて……ただ、急に変わった環境に着いていけてないだけで」

エリカ「……あれは、あなたが招いた事態よ。もっと早くに切り捨ててれば、あの子たちは今日まで無駄な時間を過ごさなくて済んだわ」

みほ「エリカさん……」

エリカ「環境は関係ない。堕ちる奴はどんな場所でも堕ちる。……あなたまでそれに付き合ってどうするの?」

みほ「……私は、そんな事無いと思う」

エリカ「……」

みほ「誰だって苦手な事、弱いところがあるとおもう。それは技術だけじゃなくて、心にも。……私がそうだから」

エリカ「……」

みほ「私、みんなともう一度話してくる。今度はちゃんと、私の考えを伝える」

エリカ「……今さら本気になれると思う?誰かさんに甘やかされて周りとの差が目に見えてついてしまった今、あの子たちがあなたの言葉に耳を傾けると思う?……逆恨みされるのがオチよ」

みほ「……だとしても、このまま放っておけない。エリカさんの言う通り私にも責任があるんだから」

エリカ「……」

みほ「それにね、私たちまだ中学1年生なんだから。こんなところで諦めるなんてもったいないよ」

エリカ「あら?さすがは天才副隊長さん。説得力あるわね?」

みほ「あはは……」

みほ「だからさ、もうちょっと待ってほしい。……ううん。先に行ってて。あの人たちだってきっと戦車道が好きだから、強くなりたいからここに来たはずなんだから」

エリカ「……元よりそのつもりよ。強くなりたいなら、勝手になればいいのよ」





その言葉は彼女たちにも、私にも、エリカさん自身にも言っているように聞こえた。






170 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:55:48.50 ID:JwHr3bg+0





〜中等部1年 2月〜





「あいつらまた戦ってるんだ?2学期の時もやってたろ」

「期末恒例になるんじゃない?」 

「今度は集団戦か。ほかの奴らも良く付き合うな」

「知らないの?副隊長と逸見って一年に人気あるんだよ?」

「そうなん?副隊長はまだしも逸見キッツい性格なのに」

「言い方はアレだけど間違ったことは言わないしね。わかる子にはわかりやすくて人気なんでしょ」

「ふーん」

「逸見の奴なかなか諦めないな」

「一年のくせに、いや、一年だからこそあんなに一生懸命なのかもね」

「んーでも、まだ副隊長には及ばない感じだな」

「勝てたのは最初だけ。運が良かったのかな?」

「あ、そろそろ決まるぞ」

「……やっぱ副隊長の勝ちかー。こりゃあ、副隊長は固定かな」



171 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:56:46.82 ID:JwHr3bg+0






エリカ「……ああもうっ!!」

みほ「エリカさん地団駄って……」

エリカ「うるっさいわよっ!!」

みほ「エリカさん、中途半端に絡め手を使うぐらいなら最初から真正面向かってきたほうが良かったと思うよ?」

エリカ「……最初の頃、それで負けたのに?」

みほ「少なくとも統率能力はエリカさんのほうが上だよ。数を個として扱えるぐらい統率できればきっと、もっと強くなれるから」

エリカ「……難しいこと言うわね」

みほ「そうだなぁ……何か、エリカさんの得意な戦術を見つけるといいかも」

エリカ「得意な戦術……」

みほ「沢山の中途半端よりも、これ一本!ってのがあるだけで戦術の質は全然変わってくるから」

エリカ「……なるほどね、ありがとう。いいこと聞いたわ」

みほ「ん♪それじゃあ、グラウンド30周行ってらっしゃい♪」

エリカ「………………バーカッ!!」ダダダダダッ

みほ「遠吠えすぎるよエリカさん……」

エリカ「……」スタスタ

みほ「あ、戻ってきた。どうしたのエリカさん?」

エリカ「みほ、明日の寄港日だけどあなたなんか予定ある?」

みほ「え?特にないけど」

エリカ「そう、実家に戻るとか、あなたの実家ってそのあたり色々ありそうだけど」

みほ「うーん、長期休暇とかには戻るけど、お母さんも忙しいからね。寄港日は結構自由にしてるんだ」

エリカ「そう。なら丁度いいわ」

みほ「……あ、あの、もしかして何かに私を誘ってくれるの……?」

エリカ「え?よくわかったじゃない」

みほ「ほんとっ!?やったーっ!!」

エリカ「そんな喜ぶ事……?」

みほ「だって私、こういうの初めてだからっ!!」

エリカ「そ、とにかく予定が空いてるならいいわ。それじゃあ、明日の5時に動きやすい格好で車両甲板に来て」

みほ「……え?」
172 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 22:57:36.97 ID:JwHr3bg+0




みほ「……なんで車両甲板にU号戦車が……」

エリカ「昨日車庫からこっそり移動しておいたのよ。休み前だから誰も使わないしね」

みほ「いや、何で?」

エリカ「前に調べたんだけど、陸ではタンカスロンって競技をやってるらしいわ」

みほ「タンカスロンって確か……10トン以下の戦車なら誰でも参加できるっていう……」

エリカ「そう。試合参加は一輌から可能で、なんなら飛び入り参加も認められる野良試合よ」

みほ「……まさか」

エリカ「そのまさかよ。今日、熊本でやるって情報を掴んだのよ。それに参加するわ」

みほ「えぇ……」

エリカ「何その不満顔。昨日はあんなに楽しみって感じだったのに」

みほ「いや、普通に遊びに行くのとばかり……」

エリカ「なんであなたをそんなのに誘わないといけないのよ」

みほ「……はぁ。大体エリカさん、タンカスロンみたいな非公式っていうか、ちょっとダーティな競技嫌いだと思ってたんだけど……」

エリカ「別に好きじゃないわよ。伝統と強さを両立している黒森峰の戦車道からしたら野良試合なんてチンピラのやることだもの」

みほ「ならなんで?」

エリカ「約束したでしょ。一緒の戦車に乗るって」

みほ「あ……」

エリカ「普段の練習だと副隊長のあなたと、ヒラ隊員の私が一緒の戦車に乗るってなかなかないからね」

みほ「で、でも……勝手に戦車を校外に持ち出したら……」

エリカ「そんなの、さっさと勝って戻しとけばいいのよ。休み明けまで車庫なんてみないでしょうから」

みほ「そういう事じゃなくて……」

エリカ「行きたくないの?」

みほ「そうじゃないけど、もしもの時他の人に迷惑が……」

エリカ「みほ、あなたのそういうところ嫌いよ。私はね、あなたに聞いてるの。……やるやらない、どっち?」

みほ「…………やる。ううん、やりたい」

エリカ「ならさっさと乗りなさい」

みほ「……エリカさんはズルいね」

エリカ「あなたみたいなのと付き合ってくならズルいくらいが丁度いいのよ。……それに、苦労と悪さは若いうちにしとけって言うじゃない?」

みほ「初めて聞いたよ……」

173 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:04:12.01 ID:JwHr3bg+0





周囲から聞こえる爆音と歓声。

その真っただ中で私たちを乗せたU号戦車は走り回っていた。

時折砲弾がこちらを掠める。

車輛のレギュレーションは同じだけど、逆に言えば相手の砲撃がそのままこちらの致命傷になるという事でもある。

味方はおらず、周り全てが敵な状況で私は必死に足元で操縦しているエリカさんに指示を出す。





みほ「エリカさん狙われてるっ!!もっと射線取られないように動いてっ!!」

エリカ「わかってるわよっ!!あなたこそもっとちゃんと狙いなさいっ!!」

みほ「こんだけ動き回ってるのに無茶言わないでよー!!せめて、2秒あれば……」

エリカ「わかったわよっ!!1秒稼ぐから絶対にあてなさいっ!!」

みほ「……うんっ!!」




174 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:08:02.70 ID:JwHr3bg+0





エリカ「ああもうっ!!」

みほ「ごめんねエリカさん私がもっとちゃんと命中させてたら……」

エリカ「うるっさいバカっ!!そんな事いいだしたら私だって何度操作ミスしたかわかんないわよっ!!」

みほ「それはそうだけど……」

エリカ「……ふん、ま。いいわ。目的は果たせたもの」



さっきまであれほど悔しそうにしていたエリカさんの表情が途端に穏やかになる。



みほ「目的?」

エリカ「楽しかったでしょ?」

みほ「え……」

エリカ「戦車道。……まぁ、普段の試合形式とは違うけど、やってることはそう変わらないでしょ」

みほ「エリカさん……」

エリカ「私は楽しかったわよ。あなたの実力の一端を垣間見れた気がするわ」

みほ「……」



そう。一緒の戦車で、右も左もわからなくなるほどの混戦の中で、エリカさんは笑ってた。

私も笑ってた。




エリカ「強さも、戦車が好きって気持ちも持っているあなたなら、戦車道だって好きになれるわよ。……私は、そう思ってる」




エリカさんはそっと、慈しむようにU号を撫でる。

その姿に、その言葉に、私は大切なことを思い出す。




みほ「エリカさん、私」

エリカ「何?」


175 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:18:29.86 ID:JwHr3bg+0



戦車道が嫌いだと思ってた。

戦車が好きだなんて本当は嘘だと思ってた。

きっと、あのままの私だったらいつかその通りになってたんだと思う。



みほ「……楽しかった。本当に、楽しかった」



エリカさんに出会えなかったら、手をとってくれなかったら。

うずくまり、下を向いたまま一生自分から逃げていたのだと思う。




エリカ「……そう。なら、悪さした甲斐があったわ」

みほ「……っ」

エリカ「ちょ、何泣いてるのよ?どこかぶつけたの?」

みほ「ち、違……私、私ね……嬉しくって……戦車道、楽しくって……私……」

エリカ「……強い癖に泣き虫ね。そういうとこ、嫌いよ」



エリカさんは呆れたような顔をしながら、だけどそっと私の頭を撫でる。

その優しさにどうしようもないぐらい胸を打たれ、私はやっぱり涙を止められなくなってしまう。

それでも嗚咽交じりの声で、伝えたいことを言う。



みほ「エリカさん……ありがとう」

エリカ「ん、どういたしまして」


176 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:21:00.26 ID:JwHr3bg+0


戦車道だけが私の全てだと思っていた

そんな私が嫌いだった

だけど貴女と出会えたあの日から、私は少しだけ自分を好きになろうと思えた

そう思えたのは貴女が私を受け止めてくれたから

私が嫌いな私を、嫌いと言ってくれるから

貴女が口に出さない優しさが私を抱きしめてくれたから

空っぽの私に初めて大切なものができた

まだ、貴女に面と向かって言う事は出来ないけれど、

確信していることがある

私が今日笑顔になれたのは貴女がいたから

私は―――――







貴女に救われたんだ





177 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:21:55.54 ID:JwHr3bg+0




エリカ「ようやく泣き止んだわね」

みほ「うん、ハンカチありがとう」

エリカ「まったく、ハンカチぐらい持ってなさい。……二回目よ」

みほ「ご、ごめんなさい……」

エリカ「……ま、今日は気分が良いから許してあげるわ」

みほ「……ありがとう」

エリカ「……ふん」

みほ「そういえばエリカさん」

エリカ「何よ」

みほ「U号、どうするの?」

エリカ「え?」

みほ「撃破されちゃったからここで直すか回収車呼ばないと……何か考えあるんでしょ?」

エリカ「……」



ダラダラと汗を流しだしたエリカさん。

まさか、いや、あんなに用意周到だったのにまさか



みほ「え、考えて無かったの?」

エリカ「……負けるつもり無かったから」

みほ「無鉄砲すぎるよ……」

エリカ「……押して帰れないかしら?」

みほ「無茶だよぉ……」
178 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:22:34.83 ID:JwHr3bg+0






結局、お姉ちゃんに電話して回収車を寄越してもらう事になり、

私たちは色んな人からハチャメチャに怒られた挙句一か月間の雑用を命じられ、さらにたまたまタンカスロンの試合を見に来ていた黒森峰の生徒による証言の結果、

『U号戦車爆走事件〜若き榴弾姉妹、青春の鉄火場〜』の主犯として、期待の悪童(ホープ)の異名と共に黒森峰中等部の歴史に名を刻むことになりました





179 : ◆eltIyP8eDQ :2018/06/23(土) 23:23:27.51 ID:JwHr3bg+0
ここまで。

このスレでは戦車道戦は極力描写しません。ていうかそんな余裕ないので。

また来週。
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:27:09.98 ID:lf9WIot60
そろそろ高校か、と思ったがまだ中等部か
面白いから良いのだが一週間生殺しとはやっぱりドSよのう・・・
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:37:15.98 ID:A7b6f7mqO
乙ー

182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:39:01.26 ID:RcNGglnU0

西住流を履修すると人に優しくなれると同時に不器用になってしまう副作用があるのだ...
183 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/06/23(土) 23:39:20.18 ID:JwHr3bg+0
>>154

その週の投稿分の大まかな部分は2週間ぐらい前には書き上げていますが、
手直しは本当に投稿直前はもちろん投稿中までやったりします。
人に見せたりはしてないですが、書き上げた後寝かせて自分の中で客観視できるようになると
途端に展開のアラや矛盾が見つかったり、ここ描写足りないなぁ……追加するか!ってなります。
だからといって荒いところが全部直せるわけじゃありませんが。




話に詰まることはしょっちゅうです。
ていうかこのスレが一番大変ですね。
オリジナルがある本編と比べて公式での言及が薄い黒森峰時代のさらに詳細不明な中学時代を書いてるんで。
どうすりゃあいいんだ……ってのは日常茶飯事です。
とはいえ大体の展開はすでに決まっています。
だから、細かい描写さえ埋められればいいのですが、それが簡単にできたら苦労はしないですよね。
とりあえず話に詰まったら一旦作業から離れて別のことをしています。
キャラさえ固まっていれば後はふとした拍子に話が浮かぶんで。
基本明日の自分に丸投げです。



質問の回答になっているかはわかりませんが、こんな感じです。



184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 23:54:36.63 ID:tG3Mg9Eio
おつー
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 00:34:45.81 ID:EwIpfxOO0
タンカスロンも出てきて面白かった。
次回も楽しみです
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 06:33:52.45 ID:VugHVSQIo
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 11:37:43.51 ID:qRD6l69mO
>>184
お返事ありがとうございます!

二週間も前に書き上げているんだなんって、びっくりしました。時間をかけてちゃんと手直しをするんだなって、すごく勉強になりました。
気分転換を大事にされてるんだなって、私もいつかSSをかいてみたくて、困ったときはそうしてみようと思います。

お話しの続き楽しみにしてます! 本当にありがとうございました!
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 20:03:16.89 ID:q29wSmZM0

毎回凄く面白いなぁ
黒森峰中学時代の空白を良質な想像で描きつつエリみほ分を満足に補完してくれる主には感謝しかない
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/06/24(日) 23:16:45.28 ID:kLWVj+VB0

タンカスロン参戦してたのは面白い
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 20:13:19.82 ID:IliLuBDi0
189がsageになってなかったです
申し訳ありません
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 12:25:42.49 ID:J+dJkDHcO
教えてくれ>>1
オラたちはいったああと何度、時の牢獄のようなこの7日間を繰り返せば良いのだ?
時の流れの固定制というくびきからオラ達が開放さらるのは一体いつになるのだ?
尽きることのないこの無限の繰り返しからオラ達はこのスレを最後に助かるのか?

>>1よ、、、どうか未完のまま死んでくれるな>>1よ、、、
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/27(水) 15:04:06.61 ID:8Z5v4oa3O
ポロロン
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 15:21:38.03 ID:J+dJkDHcO
もーミカったらまたこんなくだらない書き込みをしてー
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/28(木) 12:15:27.22 ID:ImXcFT5SO
>>191>>193

ID
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 13:01:16.58 ID:ou0hHNaSO
アキのパソコンを使ってミカが書き込みしてんだルゥオオオオオ!?
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 13:16:41.77 ID:rjuqcQoBO
蘭子「混沌電波第160幕!(ちゃおラジ第160回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521454455/
蘭子「混沌電波第161幕!(ちゃおラジ第161幕)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522060111/
蘭子「混沌電波第162幕!(ちゃおラジ第162回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522664288/
蘭子「混沌電波第163幕!(ちゃおラジ第163回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523269257/
蘭子「混沌電波第164幕!(ちゃおラジ第164回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523873642/
蘭子「混沌電波第165幕!(ちゃおラジ165回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524480376/
蘭子「混沌電波第166幕!(ちゃおラジ第166回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525058301/
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525687791/
蘭子「混沌電波第168幕!(ちゃおラジ第168回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526292766/
蘭子「混沌電波第169幕!(ちゃおラジ第169回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526897877/
蘭子「混沌電波第170幕!(ちゃおラジ第170回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527503737/
蘭子「混沌電波第171幕!(ちゃおラジ171回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528107596/
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
蘭子「混沌電波第173幕!(ちゃおラジ第173回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529353171/
蘭子「混沌電波第174幕!(ちゃおラジ第174回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529922839/
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 19:59:16.21 ID:p6M+gYVkO
ss 作品にあんま関係ないことで盛り上がるのって、スレ主的には迷惑でやめてほしい事なんじゃないのか?
そーでもないのかな?
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 20:19:29.40 ID:owOM5AbWo
その辺は荒らしだからスルーするのが正しい
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 20:40:18.84 ID:p6M+gYVkO
なるほど納得、荒らしやね。

ただ>>192って>>1よな?
乗っかっててなんかワロタ
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 22:24:47.21 ID:NV0k/h070
sagaが入ってて紛らわしかったな >>1じゃないぞ
証明できんが俺だ
でしゃばって失礼 黙って土曜を待つとするよ
201 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 19:49:50.51 ID:aIe+Rcdf0





黒森峰に入学したばかりの頃、妹は、みほはいつもうつむいていた。

そして私はそれを見て見ぬふりをしていた。

今は辛くても黒森峰の環境が、私の背中が、いつかあの子を強くしてくれるのだと信じて。

……私は長女だ。普通の家ではなく、西住流の。

だから強くあろうと誓い、強くあれとみほにも求めた。

あの子なら、みほならきっとそうなれると信じて。

学校も、副隊長の座も、贔屓などではなくあの子に相応しいものだと思ってる。

そしてその期待こそがあの子を苦しめているのだと、私は気づいていた。

だけど私は、それでもみほならきっと乗り越えられると、強くなれると信じていた。

それがあの子のためなのだと。




……それが、私の押し付けなのだとわかっていたのに。




202 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 19:51:04.86 ID:aIe+Rcdf0





まほ「みほ」

みほ「お姉ちゃん?」

まほ「少しいいか」

みほ「いいけど……この間のあれの事?」

まほ「いや、『ニゴバク』についてはお前と逸見が罰を受けた以上、もう言うことは無い」

みほ「そんな略称になってるの?もう消えない汚名だね」

まほ「お母様にはなんとか隠し通してるんだからあまり派手な行動は慎んでくれ」

みほ「二度とするつもりはないよ……それで、何の用なの?」

まほ「いや……その、最近はずいぶんと元気にというか、やる気が出てきたなって」

みほ「?」

まほ「ここに入ったばかりの頃はどこか上の空な事が多かったが、最近は学生生活を楽しんでいるように見える」

みほ「……」



正直、最初は目を疑った。

いつもうつむいて、泣きたいのに泣けないといったような表情だったみほが、まるで昔の、本当に昔の頃のように笑うのだから。



203 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 19:54:08.80 ID:aIe+Rcdf0

まほ「それは……逸見がお前を変えたのか?」

みほ「……かも」

まほ「……そうか」



逸見の事は一年の中でも抜き出た技量の持ち主だったから頭には入れていた。

同時に苛烈とも言える性格であることも把握していた。だから、みほが逸見と毎日のように昼食をとっていると知った時は

逸見がみほをいじめているのでは?と疑ってしまったものだ。



まほ「なんというか、少し意外だな」

みほ「何が?」

まほ「お前と逸見はそりが合うようには見えなかったから」

みほ「……そうだね。私もそう思うよ。だけど……エリカさんって案外優しいんだよ?」

まほ「そうなのか?」



普段の逸見の練習態度を見ると優しさなんてものは排除するタイプだと思っていたのだが。



みほ「うん。学食で一人で食べてた私に初めて声を掛けてくれたのはエリカさんなんだ」

まほ「……すまない」



そんなつもりじゃないのはわかっていても、みほの言葉に責められているかのような居心地の悪さを感じてしまう。




みほ「……あ、ち、違うよ?お姉ちゃんを責めてるとかじゃなくて……」

まほ「だがお前に寂しい思いをさせていたのは事実だ」

みほ「仕方ないよ、勉強だってあるのに2年で隊長やってるんだもの。休み時間にだってやることがいっぱいあるんだから」

まほ「……」

みほ「それに……エリカさんと会えたから。私はもう、寂しくないから」

まほ「……そうか」

204 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 19:56:33.03 ID:aIe+Rcdf0


エリカさんを待たせてるから。そう言ってみほは小走りで去って行った。

あの言葉に、あの笑顔に嘘は無いと思う。

生まれる前から一緒にいた姉妹なのだから、あの子の考えていることなんて言わなくてもわかる。

あの子の、言葉にできないSOSも。

私はひどい姉なのだろう。

大切な妹の、大切だと思っている妹が抱える苦しみをわかっていながら目を背け続けていたのだから。

もしかしたらみほが壊れるのは時間の問題だったのかもしれない。

私が西住流を、家を理由に逃げている間に取り返しのつかない事になっていたのかもしれない。

だけどそうはならなかった。

今、あの子は笑顔で学校に来ている。

戦車道に笑顔で励んでいる。

みほが言うようにそれは逸見の力によるところが大きいのだろう。

感謝してもしきれない。

……なのにどうしてなのだろうか。私の胸の内にかかった靄のような何かは未だ晴れていない。

それはたぶん、私がまだ逸見の事を知らないからだ。

みほの言葉を信じると同時に、私が良く知らない逸見をみほが信じているという事に納得できていないからだ。

ならば、するべきことは一つ。

205 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 19:59:18.43 ID:aIe+Rcdf0







まほ「すまないな。待ち合わせがあるのに急に呼び出して。」

エリカ「いえ、構いませんよ。どうせあの子が勝手に言ってることですから」

まほ「……」

エリカ「それで、聞きたいことってなんでしょうか?」

まほ「みほの事についてだ」

エリカ「……」



みほの名前を出した途端、逸見は顔をしかめる。

あまりにも露骨な態度に本当にみほはこいつと仲が良いのだろうかと心の中で首を捻ってしまう。




まほ「お前は随分みほと親しいみたいだな」

エリカ「そんな事ありませんよ」

まほ「みほはここに入学してから碌に学校での事を話さなかった。……だが、ある日を境に学校での事をよく話すようになったよ。笑顔でな」

エリカ「……」

まほ「そして、みほの話にはいつだってお前がでてくる」




今日エリカさんと

エリカさんが

エリカさんはね



みほの会話には枕詞のように逸見の名が出る。

そしてその時のみほは決まって笑顔だ。




206 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:00:18.40 ID:aIe+Rcdf0


エリカ「……あの子ったら」

まほ「それについては感謝してる。私もできるだけみほの傍にいてやりたいんだが……中々そうはいかなくてな」

エリカ「まるでお母さんですね」

まほ「……私はみほの姉だ。だから、お母様たちの代わりに私があの子を見てやらないといけないんだ」



その結果がうつ向いてばかりだったみほなのだから、口先だけの自分を笑ってしまう。



エリカ「……それだと隊長はどうなるんですか?」



自嘲している私をよそに逸見は心配そうな顔をして私に聞いてくる。



まほ「……?何故私の話が出る」




今はみほの話をしているというにいったいどうしたのだろう。




エリカ「……いえ、なんでもありません」


質問の意図が掴めずにいる私の顔を見て逸見はどこか悲しげな顔をする。

その表情にどこか引っかかるものを覚えるも、それを無視して私は逸見に問いかける。


207 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:01:41.88 ID:aIe+Rcdf0


まほ「逸見……お前はみほをどうしたいんだ」

エリカ「どうしたいって……別にどうしようとも思ってませんよ。私があの子と一緒にいるのはただ利害が一致したからです。

    あの子が持っていなくて、私が持ってるものを、その逆をお互いに教える。それだけです」

まほ「……友達じゃないのか?」

エリカ「違います」



目を見てきっぱりと言い切る。

なんというか、ここまではっきりと言われるとみほが可哀そうになってくる。

しかし、



まほ「……ん?」



言い切った逸見本人が口ごもるような、何かを言いたいような表情をしていることに気づく。

唇をモニュモニュと動かし、なんだかおもしろい表情をしているなぁと呑気に思っていると、

逸見はそっと、ため息のように言葉を吐き出した。

208 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:04:31.11 ID:aIe+Rcdf0

エリカ「……あの子は戦車道が嫌いって言ってました。あれだけ強いのに、恵まれた立場にいるのに。なのに戦車道への愛が無いあの子が私は嫌いでした」

まほ「……」



戦車道に一途な逸見の姿を思えば向上心のないみほの姿は苛立つものだったかもしれない。



エリカ「でも、この間みほは言いました『戦車道の楽しさを思い出せた』って」

まほ「……」

エリカ「みほは、あの子は強いです。ほかの何もかもがダメでも戦車道だけは強いって言いきれます。

    そんなあの子が戦車道を好きになれたのなら、その気持ちを思い出せたのなら……

    きっと、もっと強くなれる。そして私はそんなみほよりも強くなりたい」



逸見はその瞳に強い決意を秘めてそう言い切る。

たしかに逸見は強いだろう。だがそれでもまだみほの方が強い。

当たり前だ。才能が有り、それを育てられる環境にいたみほが、私たちが、弱い事を許されるわけがない。

逸見がそれを理解していないわけがない。

みほや私にとってほとんどの人間は『競争相手』ですらなかった。

だけど今目の前にいる一年生は、それでもみほの『競争相手』であろうとしている。

それがどうにも嬉しくて、私は思わず笑ってしまう。

その態度に不満を覚えたのか、逸見は唇を尖らせる。




エリカ「別に、私だって今すぐあの子より強くなる!だなんて思ってませんよ……」

まほ「ああいや、違うんだ。ただ……みほの事が嫌いと言う割には随分とあの子を評価してるんだなって」

エリカ「……あの子が嫌いだってのは本当ですよ?だからって過小評価はしません。むしろあの子には強くなってもらわなきゃ。私が強くなるために。

    あの子が私から何を学びたいのかなんて興味ありませんが、あの子の強さを間近で見られるのは私にとっても好都合です。……だから、」




逸見は私に向けて、だけどここにはいない誰かに



209 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:05:06.82 ID:aIe+Rcdf0




エリカ「今はもう少し、あの子の隣にいようかなって思います」



210 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:05:57.40 ID:aIe+Rcdf0




優しく微笑んだ



211 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:07:06.17 ID:aIe+Rcdf0

まほ「……そうか」

エリカ「これが私が考えている全てです。納得してもらえましたか?」

まほ「ああ、お前がみほに悪意を持って近づいたわけじゃないというのは良く分かった」

エリカ「別に好意を持ってるわけでもないですけどね」



その言葉を真に受けるには、私は逸見の事を知りすぎた。

どうやら逸見は自分の好意を表に出すのを嫌がるタチらしい。みほ限定で。



まほ「なんにしても、あの子に同級生の話し相手ができた事は素直に嬉しいよ。ただ……」

エリカ「ただ?」



一つだけ懸念が。



まほ「正直、心配のほうが大きい。幼いころから一緒に育ってきた妹が不良と交流しているというのはな」

エリカ「……え?」

まほ「どうした」

エリカ「不良?誰がですか?」


無言で指をさす。

エリカは誰かいるのかと後ろを向く。

その顔を前に向き直らせ、再度指を突きつける。



エリカ「………………違いますっ!?私はそんな、アナーキーな人間じゃありませんよっ!?」

まほ「入学早々、人事への反発。その後もはや恒例となってしまっている期末の決闘。加えてこの間の戦車無断使用の上、学外での戦闘行為からの損傷。……1年にしては随分と経歴を積んでると思うが?」

エリカ「うっ……」


普段の練習では規律や命令に厳格であろうとしている逸見だが、どうもその場の考えで動く癖があるようだ。

その結果が期待の悪童(ホープ)の異名なのだから、逸見が良く分からなくなる。


212 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:08:09.15 ID:aIe+Rcdf0

まほ「……まぁ、そのほとんどに妹が関わってる以上、私も無関係だとは言えないか」

エリカ「あの、誤解しないで欲しいんですが、私は伝統と格式ある黒森峰の戦車道に憧れて、ここに来たんであって……」

まほ「建前は立派だな。実力もあるのがタチが悪い」

エリカ「あのですね……」

まほ「だいたい『榴弾姉妹』って何なんだ。実の姉を差し置いて姉妹呼ばわりはちょっとムッとするぞ」

エリカ「ですからっ!?」

まほ「だが……現状、お前が一番みほと親しいのは事実だ」

エリカ「……私は別に」

まほ「……みほは、あの子は自分の意見を表に出すのが苦手だ。だから、逸見のような人間と一緒にいることでそれを克服できるのなら……もうしばらく様子を見させてもらう」

エリカ「……ご自由に。私は、あの子に良くなってほしいとかこれっぽちも思ってませんから」

まほ「構わないさ。たぶん、それがみほにとっては嬉しいのだろうから」



西住流の娘なのだから

強くあれ

勝て

導け




沢山の期待を背負わされてきたあの子にとって、自分に期待をかけてこない逸見の存在はきっと、とても大きく、それでいて心を軽くしてくれるものなのだろう。

そのぐらいは今の私でもわかる。

ただ、それでも逸見の口から聞きたいことがある。

213 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:11:11.96 ID:aIe+Rcdf0


まほ「逸見、最後に一つだけ教えてくれ。……お前からみて、みほはどんな人間だ?」

エリカ「……何を言っても怒りません?」

まほ「ああ、率直な意見を聞かせてくれ」

エリカ「…………本当に?」

まほ「嘘は言わない」



逸見は口を開いてまた閉じてを繰り返し、ようやく意を決したように口を開く。



エリカ「……臆病で傲慢で、他人の顔色を窺ってばかりで、そのくせ変なところで我を通してくる。一言でいうなら……めんどくさい子ですね」

まほ「……」

エリカ「……お、怒らないんですよね?」

まほ「ん?ああ、もちろんだ。しかし……逸見」

エリカ「はい」

まほ「……みほがお前に関わろうとする理由がなんとなくわかったよ」

エリカ「え?」



不相応な期待をかけてこず、並び立って競い合ってくれて、自分の欠点を真正面から言ってくれる。

逸見は認めようとはしないが、これを友と言わずになんと言うのか。

なのに逸見は友ではない、嫌いだという。

素直ではないその態度に私の中でちょっとだけ悪戯心が芽生えてしまったのを誰が非難できるだろうか。



まほ「なあ、後学のために聞いておきたいんだが、私の嫌いなところはどんな部分だ?」

エリカ「は?え?な、何言ってるんですかっ!?」

まほ「いや、思えば私は隊長らしくあろうとはしてきたが、私個人に対する客観的な意見は聞いたことが無かったからな。

   どうやら逸見は人の欠点を見つけるのが得意なようだから一つ聞いておこうかと」

エリカ「なんか言い方にトゲが……だ、大体隊長に嫌な所なんてありませんよっ!!完璧ですっ!!」

まほ「……本当に?」

エリカ「本当ですってばっ!!それが真実ですっ!!隊長は、隊長の思うようにしてくださいっ!!」

まほ「……そうか。呼び止めてすまなかったな」

エリカ「い、いえ」

まほ「それじゃあまた明日訓練で会おう」

214 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:13:27.44 ID:aIe+Rcdf0





エリカ「……何だったのかしら」

みほ「あ、エリカさんいたいた。もう、待たせすぎだよ」

エリカ「だから帰れって言ったじゃない……」

みほ「エリカさんと一緒に帰りたいんだよ。いいでしょ?」

エリカ「嫌」

みほ「……私帰りにコンビニ寄りたいなー!!エリカさんもどう?」

エリカ「いやだから嫌だって」

みほ「…………そうだね、暗くなる前にさっさと行こう」

エリカ「え、ちょっと何、引っ張らないで。ちょっみほ?みほってばっ!?」

みほ「大丈夫大丈夫コンビニにそんな長居しないから」

エリカ「そういう事じゃなくてっ!?」





遠くから聞こえる二人の会話

まだ出会って一年も経っていないというのにずっと前から一緒にいたように見えて、

背格好の似た二人が隣り合っているとまるで姉妹のようにも見えて、

私の胸にまた別の、どうしようもないざわつきが生まれる。





215 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:15:30.07 ID:aIe+Rcdf0






『でも、この間みほは言いました『戦車道の楽しさを思い出せた』って』






かつてはみほも戦車道を楽しんでいた。しかしそれはもう遠い過去の話だった。

西住流の娘であることを求められた日から、あの子にとって戦車道は重荷でしかなかった。

それは近くにいる私が一番わかっている。

だけど、そのみほが戦車道を楽しいと、そう言ったのであるのなら、

逸見は、私とみほが過ごした十数年を一年足らずで塗り替えてしまったというのか。

うつむいてばかりだったあの子を前に向かせ、

辛い顔ばかりだったあの子を笑顔にさせ、

あまつさえ戦車道の楽しさを思い出させた。



まほ「私は……」



みほがどんな子なのか理解している。

逸見が悪い奴ではないと知ることができた。

それでも、みほの固く閉ざしていた心を開けるのは私以外にいないと思ってた。

あの子がこの学校で私以外に心を開ける人間を見つけられるとは思わなかった。

一期一会だなんて言葉があるが、だとしたらあの子にとって逸見との出会いは間違いなく一生に一度の出会いだったのだろう。


216 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:16:43.75 ID:aIe+Rcdf0

まほ「……」





驚きと嫉妬が入り混じっていた胸の内はいつの間にか穏やかになっていた。

そうだ。私にとってみほが笑顔でいてくれるのならそれ以上はない。たとえそれが私以外の誰かによるものであっても。

あの子が元気に、笑っていてくれるのであれば。

逸見に笑いかけるみほを、それを素っ気なく、だけど隠しきれない優しさで受け止める逸見を、

私は温かい目で見守ろう。

それが、姉として多忙なお母様たちの代わりに私ができる最善だと思うから。
217 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:17:13.95 ID:aIe+Rcdf0




『……それだと隊長はどうなるんですか?』



218 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:17:52.88 ID:aIe+Rcdf0

……私は、一人で大丈夫だ。

西住流の娘として、どんなときでも強くあるために。

頼られる事はあっても、命令することがあっても、決して誰かに寄りかかったりしない。

いつだって私は私として『西住』まほとして。

私は、

私は、

私は、

私は、私は、私は、私は、私は――――――――






―――――なんで私の隣には、




219 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:18:28.33 ID:aIe+Rcdf0





まほ「誰も、いないの……?」




220 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:19:06.56 ID:aIe+Rcdf0





夕日が差し込む廊下に私は一人で、映し出される影は、うずくまっても一つのままだった




221 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:20:59.11 ID:aIe+Rcdf0







夕暮れは過ぎ、空には月がかかっている

私はスイーツの入った袋を手にコンビニから出ると、

後から出てきたエリカさんに向き直る。



みほ「エリカさん付き合ってくれてありがとう」

エリカ「あなたねぇ……暗くなる前に来たのにもう夜よ?なんでそんな長時間居座れるのよ」

みほ「だって、見たいものがいっぱいあるし……」



コンビニはいつだってキラキラしてる。

その季節に合わせた色とりどりの商品が所狭しと並んでいる風景が私は大好きで、

だから商品一つ一つを見て、買いたいものを吟味する。

出来ることなら毎日コンビニで買い物したいぐらいだけど、仕送りは限度があるし健康にも気を使わないといけないからたまにしか来れない。

だからこそ、来た時にはしっかり時間をかけて選びたいんだよ!

そう力説するも、



エリカ「ウィンドウショッピングは休日にしかるべき場所でやりなさい」



バッサリと切り捨てられてしまう。

むぅ、お姉ちゃんと同じことを言う……

今日だってホントはもっといたかったけどエリカさんに怒られしぶしぶ切り上げたのに……



エリカ「まったく、あなた私との今度の決闘忘れないでよね」

みほ「えー……あれまだやるのー?」

エリカ「当たり前でしょ!!私はもっともっと強くなりたいんだから!!」



期末の決闘。最初はお互いが納得するためにやったものだったが、いつの間にか恒例となってしまっていた。

とはいえ、エリカさんにとって私と戦える機会というのは貴重なもので、エリカさんが強くなるために必要な事なのだというのなら、

私もその挑戦を真っ向から受けようと思う。



みほ「……そっか。なら、まだまだ負けてられないな」

エリカ「あら?随分やる気ね」

みほ「だって、私はまだまだエリカさんから教わりたいことがいっぱいあるから。エリカさんに勝たれたら困るの」


222 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:22:39.19 ID:aIe+Rcdf0



『私らしさを見つける』だなんて大口を叩いておきながらいまだにそんなものは見つかってない。

私には確固たる自分なんかなくて、戦車道だって家が大きな流派の家元だから始めただけで、

だから、それを押し付けられた物だと疎み、不相応な期待と重圧にうつ向いてばかりだった。

だから、戦車道が嫌いだった。嫌いになってしまった。

……だけどそれはもう過去の話で、私は今、戦車道が好きだって胸を張って言える。

エリカさんにぶたれ、

エリカさんにこっぴどく叱られ、

エリカさんに手を取ってもらい、

お互いを知り合い、

一緒の戦車に乗って、

それで――――救われた

私にとってエリカさんとの出会いはかけがえのないものだった。

その幸運を私は噛みしめ、誓った約束を決して裏切らないように、

前を向いて、感謝を込めて、本気で向き合う。



みほ「だから、次も本気で勝ちに行くよ」

エリカ「……そ。楽しみにしてるわ」



未来がどうなるかなんてわからない。

私らしさが見つかるかなんてわからない。

でも、今私がエリカさんの隣にいることは間違いなく私の意志で選んだ事であって、

彼女が隣にいることを許してくれるのが嬉しくてたまらなくて。

思わずその手を握ってしまう。



エリカ「何よ」

みほ「私、エリカさんが言うようにドジだからさ。暗い中一人で歩いてたら転んじゃうかも。それに手袋してないから寒いでしょ?」


223 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:24:21.09 ID:aIe+Rcdf0



だから、離さないで。



エリカさんは握られた手をじっと見つめるも振りほどこうとせず、

「仕方ないわね」とため息交じりに呟くと、そのまま私の手を引いて歩きだす。

寒さで澄んだ空気がいつも以上に月明かりを煌めかせ、それを受けるエリカさんの姿もまた、輝きに満ち溢れて見える。

もう何度見惚れたかわからないその姿に、一日の終わりにその姿を見ることができる幸せに、出会いに、

私は神様の存在を信じたくなってしまう。



エリカ「なにニヤニヤしてるのよ」

みほ「ん?……神様っているのかなーって」

エリカ「いたとしても期待するようなもんじゃないわよ。欲しいものがあるのなら自分で手に入れなさい」

みほ「……そっか。……うん、そうだね」



誰かに期待するんじゃなく、自分で。

やっぱりエリカさんは素敵な人だ。



私が彼女と出会えた幸運は、選んだ運命は、神様にだって渡さない。

……なんて恥ずかしい事を思いながらエリカさんの隣をおいてかれないように歩く。

今は、これだけでいい。

伝えたいことも、やりたいこともたくさんあるけれど、

それでも今は、こうやって手を繋いで一緒に帰れるだけで私は満足だ。

エリカさんの冷たい手から伝わる温もりを、優しさを、私は忘れない。

それに救われたことを。

思えばエリカさんと出会ってからまだ一年もたっていない。

なのに、私は自分でも笑ってしまうほど変わった。

前進したか後退したかなんてわからない。

私らしさなんて何も見つかっていない。それでも。

うつむいてばかりだったかつての私とは変わった。

エリカさんには感謝してもしきれない。まぁ、感謝したところで気色悪いと一蹴されるのがオチだろうけど。

だから、


224 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:25:29.16 ID:aIe+Rcdf0




みほ「エリカさん」

エリカ「何よ」

みほ「これからもよろしくね」




今伝えられる精一杯の感謝を伝える。

エリカさんはそれに対していつもの様にあきれたような笑みを浮かべて、

それでも、ちゃんと私の目を見て、



エリカ「……はいはい、よろしくね」

みほ「……うんっ!」



その言葉に私は一層強く繋いだ手を握る。

離さないように、離されないように。

隣にいられるように。



225 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:25:56.42 ID:aIe+Rcdf0




月明かりが照らす帰り道に二人の影がある。



繋いだ手が二人の影を一つにしていた。



226 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:26:25.21 ID:aIe+Rcdf0





私は、一人じゃなかった




227 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/06/30(土) 20:27:07.04 ID:aIe+Rcdf0
ここまで。やっと中1編が終了です。
中2編はさっさと終わらせる予定なのであしからず。
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 20:50:21.68 ID:6XZmEp8wo
乙です!
眩しい灯りもいつかは途絶えるから、その一瞬の瞬きを楽しみにしてますよっと
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 21:28:36.48 ID:MRwy2Hbuo
おつー
黄金時代やねー
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 23:21:55.29 ID:5MB8nyF1O
こっから落とされると思うと正直素直に股が濡れます
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 23:29:42.25 ID:SDn05bZEo
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 23:53:50.81 ID:jj/xc9YL0
これ中1だったな!まほの救済と怒りも描かれそうね
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:46:50.07 ID:YoPMTyJz0
>>1ーシャ
滅びの美学とでもいうのか 落ちるの分かってる前日譚はなんとも言えない良さがあるよね
エリみほ分も補給できた
今週も戦えるぞ
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:49:14.94 ID:NZnLdvrs0


黒森峰ネームドキャラみんなして不器用すぎ問題
そら一度瓦解したら立て直し大変よな 小梅さんはよぅ
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 03:21:44.70 ID:SWJZGocjo
乙ー
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 06:15:56.54 ID:nQnYgk2z0
もしかしてお姉ちゃんが激おこなのって、単純にエリカが大好きだから的な?
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 08:06:09.88 ID:yow25qKM0
エリカを失った後、みほが彼女の想いに応えられず折れてしまったのがまほには悔しかったのだろうか・・・
ともあれあの怒りとも憎しみとも感じられる激情ぷりはタダ事じゃないなぁ・・・
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 10:53:12.36 ID:WIGV4SeTO
乙ー
来週が待ちきれないぜ
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 15:20:59.21 ID:8Pf8IZIj0

まほの心情を思うと切ないな
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 16:28:54.68 ID:SWWwXCDx0

誰がまほちゃんの隣にいたげてよぉ!
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 21:12:09.52 ID:iF/qWUc9o
挟め挟めエリカを挟めww
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 21:25:37.77 ID:pmCX3mH60
みほエリウム吸収
今週も戦える
しかしこの後の鬱展開を思うと心穏やかでいられないな
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 21:51:31.99 ID:EUJ3n1IH0
他の展開省いてエリみほ結ばれるとこだけやってくれてもいいんじゃよ(期待のまなざし
最終的にエロい関係になるとこまでは最低限やるべし
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/02(月) 03:36:26.81 ID:gcKrDhsSO
>>243
気持ち悪いね^^
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/02(月) 13:24:08.29 ID:sUBHpSdqO
中2、中3、高1とまだまだみほエリが楽しめるな
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/02(月) 13:24:52.93 ID:sUBHpSdqO
sageミスすまん
247 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 18:58:08.15 ID:2/8GF8DP0




〜中等部二年 4月〜



休み明けの新学期、学年が一つ上がった私は、クラス分けが張り出された掲示板の前ではしゃいでいた。

その理由はただ一つ。


みほ「エリカさん、よろしくねっ!!」

エリカ「テンション高いわね……」

みほ「だってエリカさんと同じクラスなんだものっ!!」


そう、一年の頃は別のクラスだったエリカさんと同じクラスになったからだ。

これでもう一緒に帰ろうと伝えたのに先に帰られる事はない。

私は飛び跳ねんばかりに喜びをあらわにする。



エリカ「小学生じゃないんだから……いい?私と同じクラスになったからには授業中に居眠りはもちろん、忘れ物だって許さないんだから。規則正しい生活としっかりした態度を徹底しなさい」

みほ「お母さん?」

エリカ「……」

みほ「痛い痛いっ!?手の甲つねらないでエリカさんっ!?」





小梅「……」






248 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 18:59:18.73 ID:2/8GF8DP0






みほ「待ってよエリカさん、一緒に帰ろう?」

エリカ「嫌」

みほ「連れないなぁ……」

エリカ「勘違いしないでよね。同じクラスになったからって友達になっただなんて思わないように」

みほ「……うん」

エリカ「……そんなしょげた顔するんじゃないわよ」

みほ「あ痛っ」



エリカさんの細い指から放たれるデコピンは無駄に高い威力を誇る。

赤くなった額をさすっている私を無視して、エリカさんは話を続ける。




エリカ「わざわざチームメイトの名前覚えたぐらいなんだから、新しいクラスの面子ぐらい覚えておきなさい。……一人くらい、あなたの友達になるようなのがいるかもよ」

みほ「……それは、エリ――――」



小梅「あのっ!!」



突然横からかけられる声。

私とエリカさんが声をしたほうを向くと、そこには一人の少女が立っていた。



エリカ「あなたは……赤星さん?何の用よ」



声の主である小柄な人影は、戦車道チームの仲間にして同じクラスメイトである赤星小梅さん。



小梅「すみません急に……私、その……みほさんの事で話があるんです」

みほ「私?」

小梅「そのっ……逸見さんっ!!もう、西住さんをいじめないでくださいっ!!」

みほ「………………………………え?」

エリカ「…………………………はぁ?」


249 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:04:04.96 ID:2/8GF8DP0



突然の事に私もエリカさんも反応が遅れてしまう。

そんな私たちをよそに、赤星さんは辛そうな面持ちでぎゅっと、手を胸の前で握る。



小梅「逸見さん、みほさんにいつも意地悪言ってて……あんなの、みほさんが可哀そう……」

エリカ「そんなに言ってるっけ?」

みほ「とりあえずこの間言われたのは『箸の使い方が下手くそ。サルでももうちょいきれいに食べるわ』、『人と話してる時に考え込んでほかの情報をシャットダウンするのはやめなさい。鶏の方がまだ話をきいてくれるわ』、

   あと訓練で私が戦車の操縦をミスして一輌だけバックしちゃった時に『ハァー!!さすが副隊長サマね!後ろに目がついてるみたいに綺麗な後退よ!』って言ってきたね」

エリカ「めっちゃ言ってるわね……って、それを言わせるあなたが悪いんでしょ」

みほ「まぁ、それはそうかもだけど」



私からすれば日常茶飯事なエリカさんの嫌味。

最初の頃ならともかく、今となっては挨拶みたいなものだと思っているんだけど。

どうやら赤星さんにとってはそう思えなかったらしい。



小梅「違いますよみほさん!それは逸見さんがただ意地悪なだけです!!この間の『ニゴバク』だってあなたが無理やり巻き込んだんでしょっ!?」

エリカ「その略称定着してるのね」

みほ「赤星さんそれは……………………うん、半分以上エリカさんが勝手にやった事だけど」

エリカ「ちょっ!?」



突然の裏切りにエリカさんは動揺する。

いやだって早朝に呼び出して、U号に乗れ、でなければ帰れ。みたいに言ったくせに後始末を何も考えてなかったのだから不満の一つもでよう。

私の言葉に赤星さんは確信を得たようにつぶやく。



小梅「やっぱり……逸見さん、みほさんは真面目で優しい人なんです。だから、これ以上いじめるのはやめてくださいっ」

エリカ「……なんで今言ってきたの?そう思うなら、いじめられているとわかっていたならもっと早く言ってくれば良かったのに」


250 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:07:40.26 ID:2/8GF8DP0



赤星さんの言葉にエリカさんが返す。

その表情は、声色は、かつて私に対して向けたものとよく似ていて、少し背筋が寒くなる。

だけど赤星さんはその言葉に対して、自分を恥じるようにうつ向いた。



小梅「……逸見さんの言う通りです。私は、みほさんがいじめられてるのに気づいてた。でも、見て見ぬふりをしてた」



罪悪感と後悔が入り混じった声で話す赤星さんの姿に、なんだかこちらまで申し訳なくなってくる。

別にいじめられてるわけじゃないんだけどな……



エリカ「そう。なのに今さら良い子面?ずいぶん太い神経ね。私が一番嫌いなタイプよ」

みほ「エリカさんっ!」



そんな赤星さんの態度などどこ吹く風と言わんばかりに追い打ちをかけるエリカさんを私はいさめる。

実態はどうであれ、赤星さんは私を心配してくれているのだ。それを悪く言うのはやめて欲しい。

エリカさんの指摘を受けた赤星さんは苦しそうに唇を噛みしめる。



小梅「……正直、最初の頃のみほさんは私たちの事なんて気にも留めてないと思ってました」

みほ「え……」

小梅「名前を憶えてくれてても、ミスを優しく諭してくれても……どこか、上の空みたいな……私たちの事なんて気にも留めてないんじゃって……」

エリカ「……よく見てるじゃない」

みほ「うぅ……」



エリカさんの耳打ちに、私は頭を抱えてうずくまりたくなってしまう。

だって赤星さんの言葉は紛れもない事実で、エリカさんが私に対して激怒した理由の一つなのだから。

そんな私に目もくれず赤星さんは前を向くと、強い覚悟を込めた瞳で私たちを見つめてきた。



小梅「だけど、それは私が弱いから、練習が足りないからだって。だから追いつけるように、みほさんに迷惑をかけないように頑張ってきました」

エリカ「……」

小梅「逸見さん、あなたがみほさんを嫌いなのはわかります。だけど……私にとってみほさんは憧れなんです。

   たとえ偽善者と言われようとも今動かなかったら、私はもう一生自分を誇れないっ!」
251 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:08:09.02 ID:2/8GF8DP0



赤星さんの言葉にエリカさんが返す。

その表情は、声色は、かつて私に対して向けたものとよく似ていて、少し背筋が寒くなる。

だけど赤星さんはその言葉に対して、自分を恥じるようにうつ向いた。



小梅「……逸見さんの言う通りです。私は、みほさんがいじめられてるのに気づいてた。でも、見て見ぬふりをしてた」



罪悪感と後悔が入り混じった声で話す赤星さんの姿に、なんだかこちらまで申し訳なくなってくる。

別にいじめられてるわけじゃないんだけどな……



エリカ「そう。なのに今さら良い子面?ずいぶん太い神経ね。私が一番嫌いなタイプよ」

みほ「エリカさんっ!」



そんな赤星さんの態度などどこ吹く風と言わんばかりに追い打ちをかけるエリカさんを私はいさめる。

実態はどうであれ、赤星さんは私を心配してくれているのだ。それを悪く言うのはやめて欲しい。

エリカさんの指摘を受けた赤星さんは苦しそうに唇を噛みしめる。



小梅「……正直、最初の頃のみほさんは私たちの事なんて気にも留めてないと思ってました」

みほ「え……」

小梅「名前を憶えてくれてても、ミスを優しく諭してくれても……どこか、上の空みたいな……私たちの事なんて気にも留めてないんじゃって……」

エリカ「……よく見てるじゃない」

みほ「うぅ……」



エリカさんの耳打ちに、私は頭を抱えてうずくまりたくなってしまう。

だって赤星さんの言葉は紛れもない事実で、エリカさんが私に対して激怒した理由の一つなのだから。

そんな私に目もくれず赤星さんは前を向くと、強い覚悟を込めた瞳で私たちを見つめてきた。



小梅「だけど、それは私が弱いから、練習が足りないからだって。だから追いつけるように、みほさんに迷惑をかけないように頑張ってきました」

エリカ「……」

小梅「逸見さん、あなたがみほさんを嫌いなのはわかります。だけど……私にとってみほさんは憧れなんです。

   たとえ偽善者と言われようとも今動かなかったら、私はもう一生自分を誇れないっ!」
252 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:10:04.47 ID:2/8GF8DP0

力強い決意の言葉。

さっきまでの弱々しい姿が嘘のように確かな意志と、一歩も退かない覚悟を感じる。

……ここで止めておかないともっと面倒な事になる。

確信に近い予感を抱いた私は、赤星さんの誤解を解こうと声を上げる。



みほ「あ、あの赤星さんっ!?あなたは誤か――――」

エリカ「あーら?まーた余計なことを話そうとしてるの?そんな悪い口はこうしてやるわっ!!」

みほ「いははっ!?いはいよえいあしゃんっ!?」



突如エリカさんに両頬を引っ張られ、私の声は遮られる。

それを見た赤星さんはさらに瞳の炎を燃え上がらせる。



小梅「っ……やめてくださいっ!!」

エリカ「赤星さん。私がこの子をどうしようと私の勝手よ」

小梅「そんなことっ……」

エリカ「それでもどうにかしたいのなら、私と勝負しなさい」

小梅「え……?」



突然の提案。

それは赤星さんはもちろん私にとってもいきなりの事であった。

ていうかいつまで私のほっぺ引っ張ってるの……

そう思っていると、エリカさんは私の頬をパッと放し赤星さんに向き直る。



エリカ「あなたが勝ったらこの子に手を出すのはやめてあげるわ」

みほ「えー……?」

エリカ「そこは喜ぶポーズぐらいしなさいよ……」



露骨に不満げな私を見て、エリカさんはまた耳打ちをしてくる。

いやだって、別に私は不満も何もないんだもの。



小梅「……逸見さんが勝った場合は」

エリカ「そうね……その時考えさせてもらうわ」

小梅「それは……」

エリカ「白地小切手って事よ。私のケンカ、買う気ある?」

小梅「……それで構いません」

エリカ「……そう。いい覚悟してるじゃない。そういうの好きよ」



エリカさんは楽しそうに笑う。

その笑顔に何かがあると感じたのか、赤星さんは警戒するように後ずさる。

だけど、赤星さんは先の言葉を撤回しない。強い決意をもって決闘すると決めたのだろう。

……私が賞品なのに私の意志が微塵も介入していないのはどうかと思うな。

253 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:11:09.57 ID:2/8GF8DP0





「えー……副隊長と逸見進級早々また決闘?」

「いや、今回は副隊長じゃなくて、赤星らしいよ?ほら、副隊長審判やってるし」

「うっそ、あの子も大概おとなしい子だと思ってたんだけど」

「逸見は好き嫌いはっきり分かれる性格だからねー恨みの一つや二つ買ってたんじゃない?」

「悪い奴じゃないんだけどなぁ」

「そんなの知ってるよ。なんにしても、決闘で白黒つけるつもりなら見守るしかないでしょ」

「うーん……うちって最近副隊長と逸見の二人に引っ掻き回されてない?」

「骨のある子が2人もいるって思いなさい」

「ものは言いようだな……」


254 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:12:00.33 ID:2/8GF8DP0






小梅(一対一の戦い。この前のみほさんとの試合の事を考えれば、絡め手を使わず真正面からくるはず……なら、こちらは動かず焦らず撃ち抜けばいい……)

エリカ「向こうも準備できたっぽいわね。それじゃあみほ、お願い」

みほ『はい。それじゃあ、始めっ!!』





エリカ「っ!!」

小梅「やっぱり真正面からっ……動かないで、落ち着いて……」


ダァンッ!


エリカ「……」

小梅「っ……怯まない、でもっ!!」


ダァンッ!! ガァンッ!!



小梅「当たったっ!!……っ!?まだ生きてっ……この距離はまずいっ!!下がってっ!!?」





エリカ「赤星さん。あなた思ってたよりやるわね。でも……私のほうが上ねっ!!」




ダァンッ!! シュポッ



255 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:12:42.21 ID:2/8GF8DP0




「お、終わった。早かったなー」

「いやいや、逸見の真っ向勝負を赤星が受けたからでしょ。障害物を盾に持久戦を挑めば……」

「最後に下がろうとして隙を突かれたね」

「うーん、気圧されたって感じかな」

「そうね」

「副隊長に敗けてばっかだけど、やっぱり逸見強いなぁ」

「将来が楽しみね」

「その言い方、年寄臭い」

「うっさい」


256 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:14:34.91 ID:2/8GF8DP0







小梅「っ……私は……」


試合が終わり、転がり落ちるように戦車から出てきた赤星さんに慌てて駆け寄る。


みほ「赤星さん大丈夫!?」

小梅「みほさん……私、ごめんなさい……」

みほ「いや、あのね……?」



己の無力さに打ちひしがれるような瞳で私に謝ってくる赤星さんにこっちまで申し訳ない気持ちになってくる。



エリカ「あら、いいわねその表情。私が勝者だってことを実感できるわ」



そんな赤星さんとは対照的に上機嫌なエリカさんの声。

赤星さんは悔しそうに唇を噛みしめ、だけど何も言い返すことができずただ、体を震わせるだけだった。

流石にこれ以上は見てられない。

私はまだまだ何かを言おうとするエリカさんを手で制し、しゃがみ込む赤星さんに目線を合わせて語り掛ける。



みほ「……あのね、赤星さん。私、エリカさんにいじめられてなんかいないよ?」

小梅「え……?」

みほ「確かにエリカさんは意地悪だし、嫌味っぽいし、強引で後先考えてない時があって、そのせいで私まで怒られて何でこんなことに……ってなったことはあるけどさ」

エリカ「なんか色々こもってない?」



エリカさんの言葉は無視する。


257 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:16:32.47 ID:2/8GF8DP0

みほ「でも、悪い人じゃないよ。優しくて、まっすぐで、何より一緒にいると楽しいの」

エリカ「……」



意地悪なのも、嫌味っぽいのも、強引で後先考えないのも本当だけど、

それ以上に真面目で、優しくて、強い人だって事を私は知ってる。

私がエリカさんと一緒にいるのは誰かに強制されたとかじゃなくて、間違いなく自分で選んだ事なのだから。



小梅「そ、それじゃあ私勘違いで……」

みほ「……でもね、嬉しかったよ。赤星さんが私のために動いてくれて」

小梅「みほさん……」



そう、勘違いとは言え赤星さんが私のために動いてくれたのは紛れもない事実だ。

以前の私は赤星さんやエリカさんの言う通り優しくしているだけで、目の前の人の事なんて知ろうともしなかった。

自分の境遇を悲観するばかりで他人に対して本気で向き合おうとしていなかった。

でも、赤星さんはそんな不誠実な私を慮り、助けようと奔走してくれた。

その結果は赤星さんが思ったものと違ったかもしれないが、かつてエリカさんがしてくれたのと同じことだった。



みほ「だからあんまり落ち込まないで。元をたどればエリカさんが悪いんだし」

エリカ「あなたねぇ……まぁいいわ。赤星さん」

みほ「エリカさん?」


今度はエリカさんが私を押しのけて赤星さんの前に出る。

その表情は先ほどまでのあざ笑うような表情とは打って変わって真面目なものになっていた。



エリカ「約束、守ってもらいましょうか」

みほ「約束って……」

小梅「……なんでもいう事を聞く」

エリカ「覚えてくれてて何より。二度手間は嫌いだもの」

みほ「エリカさんやめようよ。そういうの良くないって」

エリカ「あなたは黙ってなさい。……赤星さん」

小梅「……」



私の抗議はピシャリと制され、沙汰を待つ罪人の様になっている赤星さんに向かってエリカさんは告げた。


258 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:18:20.05 ID:2/8GF8DP0



エリカ「あなた、この子の友達になりなさい」



小梅「え?」

みほ「え?」



先ほどまで満ちていた場の空気とはまるで違うエリカさんの言葉に私と赤星さんはあっけにとられてしまう。

そんな私たちをよそにエリカさんは人差し指を立てた手をリズムよく振りながら得意げに話す。



エリカ「前から思ってたのよ。みほ、あなたはちゃんと友達を作るべきだって」

みほ「えっと……どういう事?」

エリカ「あなた言ったじゃない、自分が何なのか知りたいって。だってのにあなたこの一年で私と隊長以外にまともに関わった人間いる?戦車道以外で」

みほ「えっと……こ、コンビニの店員さんかな?顔覚えられてるし」

エリカ「そりゃ来るたびに30分は最低でも居座る奴の顔は覚えるわよ……」

みほ「うぅ……」



この前行った時は1時間47分56秒(エリカさん計測)居座ってしまったせいでエリカさんに激怒され、店員さんに二人で謝る事態になってしまった。

仕方なかったんだよ……色とりどりの商品が私の心を刺激してやまなくて、全部吟味しない事には買うものなんて選べなかったんだよ……



エリカ「みほ、色んな人からの客観的な意見が今のあなたには必要なのよ」

みほ「それは……うん。そうかもしれないけど、いきなり友達になれってのは……」

エリカ「あら?赤星さんとは仲良くなれないっての?」

みほ「その言い方はズルいよ……」

エリカ「なら決まりね。一応聞いておくけど赤星さん、この子と友達になってくれる?」


その言葉にあっけにとられたままだった赤星さんは我に返り、今度はその表情がぱっと明るくなる。



小梅「は、はいっ!私でよければ是非っ!」

みほ「よ、よろしくお願いします……」

エリカ「はい!お友達条約締結!!」



私と赤星さんの手を掴み固く握手させると、エリカさんは満足そうに腕を組んで頷く。

そんなエリカさんをみた赤星さんは握手をしたままそっと私に耳打ちをする。



小梅「……逸見さんってこんな人だったんですね」

みほ「あはは……まぁ、キツイ時はあるけど、意外と愉快な人でもあるよ?」



真面目だけどいきなり突飛な行動をするエリカさんといると飽きないというのは紛れもない事実だ。

……それに巻き込まれた結果面倒なことになったのも事実だけど。


259 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:19:41.54 ID:2/8GF8DP0



小梅「……あの、みほさんと逸見さんってお友達なんですか?」



小さく手を挙げた赤星さんがエリカさんに質問する。

その質問にエリカさんは露骨に顔をしかめて、



エリカ「はぁ?何言ってるのよ。そんなわけないでしょ」

小梅「違うんですか?」

エリカ「全然違うわ。私はね、この子の事嫌いだもの」

小梅「えー……」



納得できないという表情で私とエリカさんを交互に見る赤星さん。

まぁ、いじめられてるわけじゃないのであれば、普段から一緒にいる私たちを友達だと思うのは当然だと思う。

……エリカさんもそう思ってくれるといいのになぁ



小梅「じゃあみほさんは?」

みほ「私?私はエリカさんの友達だよ」

小梅「えぇ……」



ますます困惑する赤星さん。

エリカさんがどう思っていようとそれはそれとして、私はエリカさんを友達だと思ってる。

その気持ちだけは誰にも否定させない。



エリカ「この子が勝手に言ってるだけ。私は友達じゃないわ」

みほ「あはは……そういう事だから」

小梅「私、なんか疲れてきた……」


色々あって心身ともに疲労している赤星さんはぐったりとうなだれる。

そんな赤星さんを無視して、エリカさんはくるりと向きを変えると更衣室へと向かおうとする。



エリカ「それじゃあ私は着替えて帰るわね。あとは若い二人で仲良くしなさい」



ひらひらと手を振りながらさっさと帰ろうとするエリカさんの歩みは後ろから伸びてきた二つの手によって止められる。



260 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:20:26.16 ID:2/8GF8DP0


エリカ「……何?」

小梅「逸見さん、それはないんじゃないですか?」

みほ「そうだよ。言い出しっぺはエリカさんなんだから」



元をたどれば誤解を招いたのも、それをここまで引きずる事になったのもエリカさんが原因なのだから。

散々振り回した挙句に目的果たしたので帰ります。はないでしょう。

私と赤星さんの気迫にたじろいだのか、エリカさんは何も言い返さず、私と赤星さんはあれやこれやと話し出す。



小梅「とりあえず、クラスメイト同士、交流を深めましょう?」

みほ「お腹減ったしご飯でも」

小梅「いいですね」

エリカ「……あなた達、もう仲良くなってるじゃない」


ため息交じりのエリカさんの言葉に私と赤星さんは思わず吹き出してしまう。

とりあえず、クラスメイト3人の交流の場は今回の騒動の原因にして、最大の立役者であるエリカさんの希望を聞こうと思う。

まぁ、エリカさんが食べたいものなんて聞くまでもないと思うけど。



みほ「エリカさん、ほら早く着替えて行こう?」

小梅「逸見さん、待たせないでください」

エリカ「ったく……めんどくさいのがまた増えたわね」

261 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/07(土) 19:21:18.38 ID:2/8GF8DP0
ここまで。また来週。
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 19:33:05.02 ID:IVhzMSDz0

遂に小梅きた!
263 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/07/07(土) 19:56:29.63 ID:2/8GF8DP0
>>248 小梅「そのっ……逸見さんっ!!もう、西住さんをいじめないでくださいっ!!」
                   ↓
    小梅「そのっ……逸見さんっ!!もう、みほさんをいじめないでくださいっ!!」

上記の通り訂正いたします。
264 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/07/07(土) 20:03:53.57 ID:2/8GF8DP0
>>250>>251がかぶってしまいました。>>251は無視で。
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 20:18:08.38 ID:1KRnX8fM0
最近回想が続くから、エリみほが熱い友情を築き上げ、様々な困難を乗り越えて行く黒森峰黄金期ルート、素晴らしいなあって思ってたけど、ふと現在パートを思い出して鬱になる…
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 22:53:22.38 ID:hWHjNx/O0
瓦解させるために積み上げる楽しさってね……
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 23:48:48.67 ID:l8liHBjDO
乙 小梅まで掘り下げるのか、素晴らしいな
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 23:51:26.33 ID:/kBzWLADO
仲良くなればなるほどそっから墜ちるわけだからね、1、何というサディストッ、恐ろしい子!!
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 12:37:17.00 ID:smhdNLXqo
ここ意外でも話はあるの?
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 12:53:22.79 ID:muXjVJCnO
ここの話は前スレの過去編だよ
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 13:40:03.18 ID:smhdNLXqo
>>270
前スレ教えて
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 14:03:10.76 ID:V75cMH0U0
さすがに書いてあるんだから自分で見ろよ
273 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/07/08(日) 14:17:26.38 ID:ok28dUAr0
>>271

【ガルパン】エリカ「私は、あなたを救えなかったから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514554129/

↑前スレです。よければどうぞ。
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 14:44:55.51 ID:Zjv5eAkzO
これから前スレを見るなら覚悟してからみーや
このスレの気分でおったら血反吐をはかされるで
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 19:31:08.15 ID:o7rO+66Ho
ママ逸見のかほり……

先輩たちもいい奴多いなww
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sagd]:2018/07/09(月) 11:57:31.06 ID:8HCX3pj1O
E■□□□□□□F

E■■■■■■■F
ミホエリウム充填完了!!!
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 19:54:56.48 ID:L/u7CChQo
>>273
見てきた
引き込まれたわ
更新楽しみにしてる
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 00:03:21.94 ID:O/Mf/YV80
もっと濃厚なエリみほ求ム
双頭ディルド使うくらいまで
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 02:25:40.07 ID:5/YESBnwo
キモ
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 20:40:36.52 ID:KUQN/MgSO
流石に278と243は同一人物やろ…
気持ち悪すぎる。
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 20:41:04.29 ID:KUQN/MgSO
流石に278と243は同一人物やろ…
気持ち悪すぎる。
282 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:15:49.83 ID:ZxPhTSO60



大好きな戦車道を、憧れの場所で学ぼうと思い黒森峰に入った。

ここでなら強くなれると、自分の戦車道ができると思って。
 
そして、身の程を教えられた。

自分より強い人なんていくらでもいて、努力で巻き返そうとしても強い人たちは私なんかよりずっと努力を重ねていた。

才能も、努力でも敵わないのなら、私は何のためにここに来たのだろうか。

自分がすべきことも、できることも、やりたかったこともわからなくなり、私はいつの間にか戦車道を楽しめなくなっていた。

そんな人間は他にもいて、私はいつの間にかその人たちと同じように日々が過ぎ去るのを祈るばかりになった。

そんな私たちを頑張っている人たちは見下す。口には出さずともその視線が、表情が、私たちはダメだと伝えてくる。

何も思わなかった。だって、何よりも自分が一番良く分かっているから。

自分が一番、自分を見下しているから。

だけど、無為な日々を過ごす中で、それでも優しくしてくれる人がいた。




『頑張ることは無駄なんかじゃない。最初から強い人なんて誰もいないんだから』




その言葉に勇気づけられ、私は再び頑張ろうって思えた。

その言葉に強い感銘を受けたとか、そんなんじゃない。

ただ、ダメな自分を見捨てていない人がいてくれるのが嬉しかったから。

たとえ今はダメでも頑張って努力して、少しで前に進もうとした。

出遅れた私に実力の差は大きくのしかかってきた。

それでも、毎日少しずつ、できる事からやっていった。もう立ち止まらないために。

あの人に少しで近づくために。

そしてある日気づいてしまった、この人は私の事を見てなんかいない。いや、自分の事すらどうでもいいと言わんばかりにその瞳に何も映してないのだと。

あんなにも強く、優しい人が何故あんな瞳をしているのか私にはわからなかった。

だとしても、あの日かけてくれた言葉に私は勇気づけられた。たとえその言葉に何の意味も込められていなくても、去って行く人たちがいる中でそれでも踏ん張ろうと思えたのはあの人の言葉があったからだ。

私は足掻き続けた。私が一歩進むごとにあの人の正しさを証明できると信じたかったから。

そうすれば、いつかあの人が困難に遭った時に手を差し伸べられると思ったから。



283 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:17:58.48 ID:ZxPhTSO60







小梅「……その結果がこれですか」

みほ「エリカさんまたハンバーグ?」

エリカ「はぁー?あなたの目は節穴?よく見なさい」

みほ「え?……何か違うの?」

エリカ「忘れたの?学食に追加された新メニュー。美容と健康に気を使いつつも、

    食べたいものはガッツリ食べたいと思う少女たちの悩みに答えた期待の一品。

   ―――――豆腐ハンバーグよ」

みほ「やっぱりハンバーグじゃん……」



騒がしさが最高潮な昼食時の学食。

その端にあるテーブル席に私はいた。

正確には私と、みほさんと、逸見さんが。

私の隣に座っているみほさんは、苦笑しながら向かいの逸見さんと話している。

本日のお題目は逸見さんのランチについて。
284 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:21:08.87 ID:ZxPhTSO60

エリカ「何言ってるの豆腐ハンバーグよ?いわば焼き豆腐よ」

みほ「豆腐ハンバーグってひき肉使ってるんじゃ……」

エリカ「四捨五入すれば0になる割合よ」

みほ「何言ってるの……」

小梅「馬鹿ですか」



思わず罵倒してしまうも、食堂の喧騒にかき消されたのか逸見さんは気づいてないようだ。

……みほさんの話からちょくちょく聞いてはいたけど、逸見さんって本当にハンバーグが好きなんですね。

本人は好きじゃないって否定していたが、楽し気に本日のランチについて講釈を垂れている姿を見るとまさしくどの口が、と思ってしまう。

なので私は逸見さんの屁理屈がこれ以上白熱する前に「冷めないうちに食べましょう」と促す。

逸見さんは「そうね」と落ち着きを取り戻し、切り分けた豆腐ハンバーグを一口ほおばる。



エリカ「……」



しかし、先ほどまであんなにウキウキだった逸見さんは途端に無表情になる。


285 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:22:23.75 ID:ZxPhTSO60

みほ「エリカさん?」

エリカ「……やっぱりハンバーグは100%肉じゃないとだめね」



お口に合わなかったようで……



みほ「さっきの演説はなんだったの……」

エリカ「そもそもハンバーグに健康面を求めるのが間違いなのよ。こんなの食べて『ヘルシーなのにしっかりお肉の味がするー!』

    とか言ってる輩は一生大豆でもむさぼってればいいのよ」

みほ「今さら過ぎるし暴論すぎる……」



馬鹿ですか。

二度目の暴言はさすがに胸の内に収める。



エリカ「赤星さん、そのから揚げ二個とハンバーグ4分の一を交換しない?」

小梅「精々美しく健康になってください」


286 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:24:19.57 ID:ZxPhTSO60

エリカさんの提案を固辞し、私はから揚げを食べながら黙々と考える。

みほさんたちと共に行動するようになって早一か月。

現状、私と逸見さんの関係は友達の友達といったとこか。

まぁ逸見さんはみほさんの友達じゃないとの事なので友達の知り合いかもしれない。

とにかく、私は逸見さんと友達ではない。

一緒に行動するようになったとはいえ、実のところ私はまだ逸見さんに対して一線を引いている。

今さらみほさんをいじめてるだなんて勘違いをしてるわけじゃない。

ただ、なんというか私は逸見さんと反りが合わないと思う。

悪口軽口は当たり前、みほさんがあんなにも逸見さんと友達になりたがっているのに、

知ったこっちゃないと素っ気ない態度をとる姿に良い印象を覚えろと言うほうが無理がある。

他でもないみほさん本人が特に気にしてないのだとしてもそれはそれ。

私が逸見さんに対してあまり踏み込まないのはそう言った事情があっての事だ。

……とはいえ、これ以上はお互いのためにならない。

みほさんが逸見さんを信頼している以上、後から来た私があれこれ言ったところでみほさんを惑わせるだけだし、

そのせいで私と逸見さんが険悪になってしまったらみほさんは自分を責めてしまうかもしれない。

私の取れる選択肢は2つ。このまま何食わぬ顔でみほさんたちといるか、逸見さんを置かず、あくまでみほさんとのみ友人関係を続けるか。

決めあぐねているのは私自身の意志の弱さ故だ。

それでも、このままなぁなぁにしていてはいつか禍根を産むことになってしまうかもしれない。

それならば




私は自分の選択肢を決めるため行動することにした。




エリカ「あ、赤星さん私の食器もついでに片づけてくれる?」

小梅「美容のために動きましょう」



とりあえず逸見さんへのマイナス評価が一つ。


287 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:27:06.92 ID:ZxPhTSO60
―逸見さんの事をどう思いますか?



『うーん……気難しい奴?悪い奴じゃないってのはわかるし、真面目で努力しているのは伝わるけど、

 反面それを人にまで求めるのは悪い癖だと思うなぁ。好き嫌いがはっきり分かれる感じ。私は好きだけど』

                                       (3年 匿名希望)



『逸見先輩ですか?私もまだ入学したばかりだから良く分からないですけど……とりあえず綺麗な人ですよね。

 美しい銀髪に碧眼、透き通るような白い肌。遠くからでも見惚れちゃいます。性格だって厳しいって言う子が多いけど、

 それは先輩が何よりも戦車道に真面目だからだし、それに戦車道の授業の時の先輩ってとってもカッコいいんです。

 きりっとした表情と、鋭い言葉にドキドキしちゃう時があって……ほんとに、黒森峰に来て良かったなーって

 あ、先輩って確か逸見先輩と同じクラスでしたよね?その、今度写真撮ってきてもらえませんか?

 逸見先輩がクラスでどんな風なのか知りたいんですっ!!』

                                       (1年 匿名希望)




『……嫌いよ。大嫌い。あいつ、私の事を負け犬って……違う、私は負け犬なんかじゃない。

 負けたくないから、強くなりたいからここに来たの。言われっぱなしなんて我慢できない。

 ……もういい?練習したいんだけど』
                                  
                                      (2年 匿名希望)


『エリカさん?エリカさんは良い人だよ!!そりゃあ厳しいし、嫌味っぽいけどその裏にはいつだってエリカさんの優しさが隠れてて、
 
 叱ってくれるのだって私の事を思ってくれてるからなんだって。それにね、一緒に帰ろって誘うと毎回嫌だって言うんだけど、私が隣を歩いても何も言わないし、

 帰るのが遅くなった日なんか月明かりに照らされておとぎ話に出てくるお姫様みたいに輝くエリカさんを見られて……もう、いっぱい話したいことがあったのに何も言えなくなっちゃって……

 こないだだって――――(その後30分ほど続いたためカット)』


                                     (2年 匿名希望副隊長)




『逸見か?悪い子ではないと思う。ちょっと直情的なところはあるが実力もあって努力も欠かしていない。学業だっておろそかにしていない。

 学生の理想のような人間だ。……まぁ、それはあくまで一面であって私はまだ逸見の事をよく知ってるとは言えないが。

 ただ、妹と仲良くしてくれているのは素直に嬉しい。不良とはいえ私以外にあの子の隣に立ってくれたのは逸見だけだったからな。

 それにちょっと話した感じだと案外愉快な性格をしているな。からかうとなかなか面白い反応を返してくれる。

 そしてそれもまた一面に過ぎないのかもな……私も、もっと逸見の事を知っておくべきか』

        
                                      (3年 匿名希望隊長)





288 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:33:28.11 ID:ZxPhTSO60




小梅「うーん……」



自室の机に広げられた様々な意見が書かれたレポート用紙。

私はそれに向かって頭を悩ませていた。

自身の意志だけで決められないのであれば他人の意見も求める。

そういったわけで私は逸見さんには内緒でその印象を聞いて回ってみた。

その結果わかったのが、逸見さんは上級生からの覚えが良く、加えて二年生以下の隊員の間ではみほさんと二分するほどの人気の持ち主だという事だ。

みほさんの人気は、高い実力とそれの驕らぬ優しさにあふれた言動、対して逸見さんはみほさんには一歩劣るも同級生、上級生を相手にしても一歩も退かない実力の持ち主。

その厳しく、時には苛烈とも言える言動に反発を覚える者も多いが、逆にその力強い姿に惹かれるものも多くいる。

特に逸見さんの容姿はまだ入学したばかりの一年の間ですでにファンクラブ(非公認)なるものができるぐらいには見惚れる者が多いという事だ。

まぁ、私も逸見さんの見た目が良い事については否定の余地はないと思う。まさしく日本人離れした姿はいやでも人の目を惹くだろう。

ちなみに関係ない事だが、逸見さんファンクラブの会員第一号に良く知ってる副隊長の名前があった気がするが気のせいとしておこう。



小梅「なんていうか思ったより好感持たれてるな」



そう、結果だけを見れば逸見さんは隊内でもかなり人気があるのだ。

もちろん全員に聞いたわけではないので多少の偏りはあるだろうが。



小梅「……やっぱり逸見さんは悪い人じゃないのかな」



わざわざ足で稼いだ逸見さんへの個々人が持つイメージ。

その中にはもちろん、逸見さんへの否定、嫌悪感を表す意見もある。


生意気

融通が利かない

副隊長に敗けたくせに偉そう


他にも色々あるが、大体一理あるとは思う。

プライドが高いのも、融通が利かないのも、みほさんに敗けたのも事実だ。


289 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:34:51.89 ID:ZxPhTSO60

小梅「でも、そこが好きって人もいるんだよなぁ……」



生意気なのはやる気があるから

融通が利かないのは真面目だから

負けたのにへこたれないのは根性があるから

ものは言い様と言えばそれまでだが、誰かにとっての短所は他の誰かにとっての長所という事なのだろう。

でもそれを言い出したらますます判断材料が無くなってしまう。



小梅「ていうか私、何で逸見さんの事でこんなに頭悩ませてるんだろ……」



嫌いなら離れればいい。誰とでも仲良くだなんてのは理想としては結構だろうが、

相手が同じ人間である以上どうしても相性というものは存在してしまうのだ。

私が毎日のように逸見さんと顔を合わせているのは友達であるみほさんが逸見さんにベッタリだからだ。

だからと言ってそれに私まで付き合う必要はない。

みほさんと過ごす時間が減るのは残念だが、別に休日とかにいくらでもみほさんと友達らしい事をすることはできる。

なのに私は決断できない。優柔不断な我が身を呪うばかりだ。

結局私は散々頭を悩ませた挙句



小梅「とりあえず……今日はもう寝よう」



明日の自分に期待することにした。


290 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:37:27.19 ID:ZxPhTSO60





翌日の放課後、私は夕日の差し込む廊下を自分の教室に向かって歩いていた。

本来ならもう帰っている頃だが、先生に今日の授業について質問していたためこんな時間になってしまった。



小梅「早く帰ろっと……」



外から聞こえる運動部の掛け声が誰もいない廊下の寂しさを余計に引き立て、私は思わず早歩きになってしまう。

ようやく教室につきその扉に手をかけようとすると中から話声が聞こえてきた。




エリカ「遅いわねぇ」

みほ「赤星さん真面目だから。きっと沢山聞きたいことがあるんだよ」

エリカ「私はちゃんと授業内で理解してるわよ。大体、何で私まで待たされるのよ。あなた達二人で帰ればいいじゃない」




声の主は最近仲良くなれた人と、現在距離感を図りかねてる人。

どうやら二人は私を待っていてくれているらしい。

みほさんには遅くなるから先に帰っててと伝えていたのに。

相変わらずみほさんは優しい人だ。



小梅「でも逸見さんまで……」



普段のみほさんへの態度を見るに、私を待つだなんてせずにさっさと帰ると思っていたのだが。

現に用事があって逸見さんを待たせた挙句さっさと帰られて半泣きになっているみほさんを何度か目撃しているし。


291 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:39:38.32 ID:ZxPhTSO60



みほ「もうちょっとだけ。お願い」

エリカ「あなたねぇ、友達作れとは言ったけどだからといって必ず一緒に帰りなさいとは言ってないでしょ」

みほ「それはそうだけど……」

エリカ「……はぁ、あと5分だけよ」



さっさと入ればいいのに、私の手は扉にかからない。

二人の会話がなぜか気になってしまうのだ。

もしかしたら人目のないところではまた別の逸見さんが見られるかもしれない。

それが良い部分なのか悪い部分なのかはわからないが、停滞した現状を打破する一手になることを期待しよう。

なんだかストーカーみたいになってしまうが二人の会話に集中できるよう、私は静かに教室の前に座り込んだ。



エリカ「あなた勉強はちゃんとしてるの?」

みほ「も、もちろん」

エリカ「説得力無いわねぇ……得意科目を伸ばすのもいいけど、進学するならちゃんと苦手科目もある程度なんとかしなさい」

みほ「うぅ……エリカさんに心配されなくても自分でちゃんと何とかするよ……」

エリカ「出来てないから私にぐちぐち言われるんでしょ。言われたくないならちゃんとしなさい」

みほ「そ、それいったらエリカさんだって色々言われてるでしょ」

エリカ「え、何それ」

みほ「えっと……確か、『ガミガミうるさい』『小姑』『所詮は西住に敗けた敗北者』『ハンバーグばっか食べてるから血気盛んなのかもね』」

エリカ「そいつら全員ぶっ飛ばしに行くから名前教えなさい。ていうか最後のはあなたでしょ」

みほ「情報源の秘匿を条件に教えてもらったんで……」

エリカ「まったく……言われっぱなしは癪だから、見返してやらないと」

みほ「うん、頑張って」

エリカ「あなたもよ」

みほ「え?」

エリカ「あなた、未だに陰でコソコソ言われてるのに気づいてないわけじゃないでしょ?」



……確かに逸見さんの話を聞いて回る中で、みほさんへの陰口をちらほら聞くことがあった。


292 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:40:42.90 ID:ZxPhTSO60


エリカ「家が、姉が。そんな言葉を付けないとあなたを評価できないような人達を見返してやりなさい」

みほ「……」

エリカ「私はあなたに勝ちたいの。そのあなたが馬鹿にされてるのは我慢できないわ」

みほ「……うん」

エリカ「……ならいいわ」



……今のはたぶん、逸見さんなりの励ましなのだろう。

みほさんなら、みほさんの力で他者からの評価を勝ち取れると。

逸見さんはそう伝えたかったのだろう。

そしてみほさんもそれを感じ取ったようで、先ほどよりも少し高くなった声で逸見さんの名を呼ぶ。



みほ「エリカさん」

エリカ「何よ」

みほ「ちゃんと、見ててね」

エリカ「……ええ。見ていてあげるわ。あなたが腑抜けたらまたひっぱたけるようにね」

みほ「あははっ、なら気を付けないと」

エリカ「まったく……」


293 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:43:47.39 ID:ZxPhTSO60


僅かに開いた扉の隙間から教室を覗いてみる

みほさんは笑っていた。心から嬉しそうに。

エリカさんはほほ笑んでいた。あきれたように、小ばかにしたように。だけど、優しさを隠しきれない表情で。

……私は、何を見てきたのだろう。

周りの意見なんかどうでもよかった。あの二人を見ていれば、逸見さんを穿ってみていなければ。

二人の輝きにすぐに気づけたのに。

……いや、気づいてたんだ。



小梅「私、嫉妬してたんだ」



みほさんに認めてもらえるよう、力になれるよう努力し続けて、ようやくその時が来たと思ったらみほさんの隣には誰よりも心強い人がいた。

気づいてしまった。

何も見ていないような瞳だったみほさんが、前を向いている事に。

そうしたのは逸見さんだって事に。

だけど認めたくなかった。

私のやってきたことが無為になった気がして、今まで動いてこなかった私をあざ笑ってるような気がして。

みほさんのためだなんて言いながら、私はみほさんから目を逸らしてた。その隣にいる逸見さんを穿った目で見る事しかしていなかった。

むしろ逸見さんが良い人だとわかっていたからこそやり場のない嫉妬が芽生えてしまったのかもしれない。



小梅「私……全然弱いままだったんだなぁ」



強くなろうと努力してきたのに私は結局弱いままだった。

いくら戦車道が上手になったって、その根っこである心が弱いままだった。

だから、自分で自分の選択肢を決められず誰かの意見を求めた。

情けなくて、恥ずかしくて、頭を抱えてしまいそうになる。

しかしこれ以上二人を待たせるわけにはいかない。

私は両足に力を込めて無理やり立ち上がり、未だ話声の途絶えない教室の扉を開ける。

教室に入った私を見て、一人は嬉しそうに私の名前を呼び、

もう一人はムッとした表情で自分を待たせた事を咎めながらも、次の瞬間にはさっさと帰ろうと出口に向かう。

私ともう一人は颯爽と去って行く背中を追いかけていく。




私はようやく、自分の選ぶ道を決める事ができた



294 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:56:01.31 ID:ZxPhTSO60





夕暮れの校舎裏。昨日と同じように校庭から運動部の掛け声が聞こえてくる。

だけど、昨日と違って私は寂しさを感じていない。

というか、そんなものを感じる余裕なんてない。

今私は緊張と後悔で色々大変なのだ。



小梅「……なんであんな事しちゃったかな」

エリカ「何が?」

小梅「うおおおおおおおおおっ!?」



いきなり横合いからかけられた声に私は乙女をかなぐり捨てた声で叫んでしまう。



エリカ「びっくりしたわね……で?いきなり呼び出すだなんてどうしたのよ」



逸見さんは私の奇声に一瞬驚いたようだったがすぐにいつもの澄ました表情に戻り、本題に入ってくる。

心の準備ができたとは言い難いが、こういう事は勢いも大事だ。

私は胸の高鳴りを抑え込んで逸見さんに用件を伝える。



小梅「ちょっと二人だけで話したいことがあって」

エリカ「そ。手短にね」

小梅「はい。……エリカさん」



大きく息を吸う。

大事なことだから、噛まないように、上ずらないように。

真っ直ぐ目を見つめて。




小梅「私と友達になってください」

エリカ「ええ、いいわよ」




私の決意を込めた告白はあまりにも軽く、あっさりと受け入れられてしまった。



295 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 22:57:46.08 ID:ZxPhTSO60


小梅「……え?」

エリカ「どうしたのよ。そんな意外そうな顔して」

小梅「てっきり断られるかと……」



素気無く断られるかよくて『あ、あんたと友達になんてならないんだからねっ!!』みたいなツンデレムーブが関の山かと思っていたのに……



エリカ「なんでよ」

小梅「だってみほさんがあんなに友達だって言ってるのに一向に友達じゃないって言ってますし……」

エリカ「言ったでしょ。あの子とはライバルであって友達なんかじゃないって」



にしたって一年以上付き合いのあるみほさんを差し置いて私が友達になれるだなんて……



小梅「それに……」

エリカ「それに?」

小梅「……私逸見さんを誤解で悪者扱いしましたし」



正確には誤解と嫉妬で。

逸見さんを穿った目で見て一方的に悪だと決めつけた。

責められたって仕方がない。友だちになりたいだなんて恥知らずだと言われても仕方がない事をした。

だってのに逸見さんはまるで気にした様子ではなく、



エリカ「ああ、あれ?別に気にしてなんかいないわよ?」

小梅「で、でも……」


一歩間違えていれば私は二人の関係だけじゃなく、逸見さんの立場すら悪くしていたのに。


エリカ「自分の行動ががどんな印象を与えるかぐらいわかってる。その上で、私は私のやりたいようにしてるの」

小梅「……」

エリカ「自分のやりたいことを抑え込んで周りに阿るだなんて真似冗談じゃないわ。私はやりたい事が、目指すべき目標があるから黒森峰に来たのよ」

小梅「逸見さん……」

エリカ「だからあなたも気にしないで」



……ああそうか、これが、これこそがみほさんが逸見さんを慕っている理由なんだ。

逸見さんは誰かに振り回されない。

自分の事を信じているんだ。

だから、揺らがない。

だから、誰かに手を差し伸べられる。

だからこそ、こんなにも強い人なんだ。

誤解と嫉妬の紆余曲折の末に、私はようやく逸見さんを理解することができたのかもしれない。



296 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:00:41.14 ID:ZxPhTSO60



小梅「……ありがとうございます」

エリカ「それにね、私あなたの事結構好きよ?」

小梅「え?」

エリカ「あんなののために正面切って喧嘩を売ってくるだなんてなかなか根性あるじゃない」

小梅「あんなのって……」



一応私の恩人なんですけど……



エリカ「それに、あの子の優しさを装った甘えに付き合わなかったのも良いわね」

小梅「……」

エリカ「だから、友達になりましょうか。あなた意外と強いから」



そういって逸見さんは手を差し出してくる。

真っ直ぐ私を見つめて、微笑みながら。



小梅「……はいっ」


だから、私もその手をしっかりと握る。

その瞳を見つめ返す。

宝石のような碧眼に映り込む私は自分でも驚くほど穏やかに、だけど心からの笑みを浮かべていた。




エリカ「よろしくね」

小梅「はいっ、エリカさんっ!!」




297 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:05:14.97 ID:ZxPhTSO60





大好きな戦車道を、憧れの場所で学ぼうと思い黒森峰に入った。

ここでなら強くなれると、自分の戦車道ができると思って。

そして、身の程を教えられた。

自分より強い人なんていくらでもいて、努力で巻き返そうとしても強い人たちは私なんかよりずっと努力を重ねていた。

そして私は自分を信じられなくなった。

前進も、後退もできずただ時が流れるのを待つばかりになった。

そんな自分を、私はますます嫌いになっていった。

だけど、無為な日々を過ごす中で、それでも優しくしてくれる人がいた。

その人の認められるよう、力になれるよう頑張って――――私は大切なものを見失ってた

自分勝手な正義感を振りかざし、力になりたかった人から大切なものを奪おうとしてしまった

なのに、




『だから、友達になりましょうか。あなた意外と強いから』




そんな私を強いと言ってくれる人がいた。

嫉妬で濁った挙句、取り返しのつかないことをしようとした私を、強いと言ってくれる人が。

気高いその姿の内側に、包み込むような優しさを持ったその人の手は冷たくて、なのに温かくて、




私の胸の内はそんな彼女と友達になれた、憧れの二人と友達になれた喜びで満たされていた




298 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:09:41.95 ID:ZxPhTSO60




夕暮れが大分落ちてきた学校前。

校門に寄りかかりながらたたずむ人影が一つ。



みほ「遅いよ二人とも」

小梅「みほさん待たせてすみません」

エリカ「帰ってても良かったのに」



私達を待っていたみほさんにエリカさんはいつもの軽口をぶつける。

それを受けたみほさんはムッと唇を尖らせ、



みほ「だって一緒に帰りたかったんだもの」

エリカ「はいはい、ならさっさと帰りましょう」

みほ「……うんっ!」



みほさんの直球をさらりと受け止めたエリカさんは校門に寄りかかっているみほさんを素通りして颯爽と歩いていく。

慌てて追いかけようとするみほさんに、私は声をかける。



小梅「みほさん」

みほ「何?」

小梅「あなたの言う通りでした。エリカさんは素敵な人です」

みほ「……でしょー?」



渾身のドヤ顔。

みほさんこんな表情もするんだ……



エリカ「こっぱずかしい事を本人の前で言うんじゃないわよ……」



それを聞いて呆れ半分恥ずかしさ半分といった表情のエリカさんに、私は恐る恐る提案をする。



小梅「あの……エリカさん、もしよかったら今度私の自主練に付き合ってくれませんか?」

エリカ「ええ、良いわよ。あなたの努力見させてもらうわ」



またもや二つ返事。

こうもあっさり返されると遠慮する自分が馬鹿みたいに思えてしまう。



小梅「あ、エリカさんの練習もあるからあまり時間は取らせないんで……」

エリカ「あなた、急にしおらしくなったわね?……友達に遠慮することなんかないわよ」

小梅「……ありがとうございます!」


299 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:15:55.07 ID:ZxPhTSO60

思わず大きくなる声。

それとは対照的に私の隣のみほさんはどういうわけか怪訝な表情をする。



みほ「……友達?そういえば『エリカさん』って……」

小梅「あ、そうだ。みほさん私エリカさんと友達になれたんですっ!」

みほ「え」

エリカ「わざわざ言いふらすような事じゃないでしょ」

小梅「だって私嬉しいですから。嬉しい事は周りにも伝えたいじゃないですか。ねぇみほさ――――」

みほ「赤星さんズルいっ!!」



突然の大声。

最初、それがみほさんから発せられたものだとは気づけなかった。



小梅「え?ズ、ズル?」



みほさんは手をブンブン振りながら訴える。



みほ「私、まだエリカさんに友達だって言ってもらってないっ!!」

エリカ「だって友達じゃないもの」

みほ「赤星さんはっ!?」

エリカ「友達よ」

みほ「なんで!?私は!?」



まぁ当然の疑問だろう。

あれだけ自分との友好を固辞している人が、つい最近出会ったばかりの人とは友好を結んでいるのだから。



エリカ「あなたはライバルだもの。友達だなんて馴れ合い御免よ」

みほ「良いよ別に!?ライバルで友達だって良いでしょっ!?」

エリカ「嫌」

みほ「っ……もおおおおおおおおおおおおおおおエリカさんの馬鹿あああああああああああっ!!」


300 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:17:51.48 ID:ZxPhTSO60

バッサリと切り捨てられ許容を超えたのか、みほさんは内より湧き上がる憤りのままに走っていく。

取り残された私は同じように取り残されたエリカさんを嗜める。



小梅「あんまりいじめると可哀そうですよ」

エリカ「事実を言ってるだけよ」

小梅「なんていうか……エリカさんめんどくさいですね」

エリカ「あら?良く知ってるじゃない」

小梅「開き直るあたりさらにめんどくさい……」

エリカ「それが私よ。友達なんだから理解しなさい」

小梅「……ふふっ。はいはい」



エリカさんは直情的で、その場の考えで動いて、それでもって他者の思惑なんかさらりと無視する人だ。

こんなにめんどくさくて、一緒にいて楽しい人はそういないだろう。

きっと、こんな私の内心だってあの人は気にもせず凛々しく、逞しく、彼女らしく。これからも私の友達でいてくれるのだろう。

それが、私が友達になりたいと思った人――――逸見エリカなのだから。



エリカ「ほら、さっさとあの子追いかけるわよ。転ばれたらめんどくさ……あ」

小梅「転びましたね」

エリカ「……まったくもう」



エリカさんは転んで涙目になってるみほさんに駆け寄る。

制服についた埃をはたいて、嫌味ったらしく小言を言う。

私は、それを離れて見つめる。

私はあの二人の友達だ。

そばにいると楽しくて、嬉しくて、暖かい気持ちになれる。

だけど、たまにはあの二人を遠くから離れて見つめていたい。

噛み合ってないようで、これ以上ないくらい噛み合ってる二人を。

一方通行のようで確かに想い合ってる二人を。

私は、あの二人がいつかお互いを友達と呼び合える日を心から待ち望んでいる。

彼女たちならきっと、言葉を交わさずともお互いを理解し合えると思うから。

なので、

301 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:19:55.29 ID:ZxPhTSO60




小梅「私は、ずっとあなた達のそばにいますから」



302 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:20:26.95 ID:ZxPhTSO60




あなた達の輝きを特等席で見たいから



303 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/14(土) 23:21:48.22 ID:ZxPhTSO60
関係ありませんが私の書くガルパンSSにおいて、エリカは超絶美人として設定している事が多いです。

また来週。
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 23:24:50.47 ID:u+teuHqxO
乙 この小梅が事件を経て何を考えるのか・・・
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 23:29:02.13 ID:87Bv+Z/z0

実際造形は作中1位2位を争うくらい整ってるしね
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 23:39:32.85 ID:rwA5Bmc80
匿名希望しても役職でバレバレですわ

濃厚なエリみほ大好きだけど、この作品にR18要素求めるのは違うと思う
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 23:40:12.31 ID:JHadUNa50
乙ー
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 23:56:22.31 ID:wXyk6N03o
おつー
小梅ちゃんも鬼の副隊長になるまでキラキラしていたのね
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/07/15(日) 00:04:15.20 ID:7Fy0TgTGO
エリカママが美人なのは言及するまでもなく純然たる事実だと思いますが!
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/15(日) 00:58:54.69 ID:oMSk7n/c0


どこより厳粛で戦車一筋だからこそ華やかさもある選手は重宝もされらぁね
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/15(日) 02:18:02.59 ID:+MccLgns0

生徒会長に対しても「もおおおお」って怒ってたね
ちょっときたところで今につながってるの凄いわ
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/15(日) 08:20:20.90 ID:fgWRERwi0
落とすなら早く落としてくれませんかね(血涙
エリみほどころか小梅までこんな…こんな…
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/15(日) 16:17:22.75 ID:bW+2ZzxC0
匿名希望副隊長に隊長?

いったい、どこの何住なんだ……
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/16(月) 22:08:03.27 ID:x2NsAoGw0
おつ!
ほんっとこのスレだけ読んでたらみほエリ&小梅の青春サクセスストーリーなのに……
転落を知った上で読む微笑ましい話のなんと残酷なことか
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/16(月) 22:41:03.84 ID:i4IKqN2To
お姉ちゃんはまだエリカを不良扱いしているのか……ww
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 12:46:48.72 ID:SxWo//8m0

>>1のかくSSは他がわからないけどママ爆弾好き
317 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:33:39.84 ID:TPicXKb70




中等部2年―10月―



「ねぇ、今度はあっち行ってみよう」

「えー……もうちょっと落ち着きなさいよ」

「年に一度のお祭りなんだから、もっとはしゃがないと!!」

「はぁ……はいはい。わかりましたよ」

「ヒュー!!話がわかるぅっ!!」

「……このビールノンアルよね?」







まほ「……」



318 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:35:33.65 ID:TPicXKb70



大通りを行進しているブラスバンドのメロディに混ざり、あちこちから歓声と乾杯の声が聞こえる。

季節は秋、黒森峰の学園艦では年に一度の大祭オクトーバーフェストが催されていた。

オクトーバーフェストは黒森峰女学院の中等部、高等部の2年生が中心となって盛り上げていく。

新入生たちと共に、進学する3年生を労う。

入ったばかりの一年は勝手がわからず、それを二年生がフォローすることで次年度に向けて絆を育んでいく。

その分2年生の負担は大きいが、自分たちが受けた恩を返す。そういった風土がここには根付いているようだ。

かくいう私も、去年はくたくたになりながらも働いたのだから、こうやってのんびりノンアルコールビールをのんでも罰は当たらないだろう。

とはいえ、周りが熱狂的に騒いでいる中一人テーブルでヴルストをつまみにちまちま飲んでいるのは正直あまりにも寂しい。

いや、友達がいないわけではない。

いるから。

ただ、今は人を待っているのだ。


319 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:39:46.56 ID:TPicXKb70



みほ「お姉ちゃん、いたいた」

まほ「みほ」

小梅「隊長、待たせてすみません」

まほ「いや、気にするな」



人ごみをかき分けてやってきたのは、ドイツの民族衣装であるディアンドルを着たみほと赤星。

私が一人寂しくテーブルについていたのは友人がいないとかではなく、二人に呼び出されたからだ。



みほ「お姉ちゃん、ビールのおかわりだよ」

まほ「ああ、ありがとう……ん?逸見は」



みほ、逸見、そこに2年生から友人になった赤星を加えた3人は今やどんな時でも一緒にいると思われているぐらい良好な関係を築いている。

もっとも、逸見はそれを認めないだろうが。

しかし私の前にいるのはみほと赤星のみ。

どうしたのだろうかと首を傾げていると、みほが赤星の後ろに視線を向けていることに気づく。



みほ「ほらエリカさん」

小梅「いつまで隠れてるんですか」

エリカ「だ、だって……」



聞き知った声。どうやら逸見は赤星の影に隠れているらしい。

よくみると、目立つ銀髪がちらちらと見えている。

しかし小柄な赤星の影に隠れているとはどれだけ縮こまっているんだ。

みほ「もう、似合ってるんだから見せようよ」

小梅「そうですよ。もったいないです」

エリカ「ちょ、わかった。わかったから押さないでってばっ!?」


320 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:49:25.45 ID:TPicXKb70



慌てる逸見をみほと赤星が押し出す。



まほ「……」



逸見のディアンドル姿はなんというか、言葉にできない。

生来の美しい銀髪と碧眼。白い肌が緊張と恥ずかしさで少し紅潮している。

元より逸見の容姿が優れているのは知っていたが、それに合わせて普段とは違う可愛らしいディアンドルを着た姿は性別問わず行きかう人の目を惹くものとなっていた。



エリカ「……やっぱこれちょっと胸元出すぎてない?」

みほ「そんなこと無いと思うけど」

小梅「もう、普段は威勢がいいのになんでこういう時はそんなしおらしくなっちゃうんですか」

エリカ「うるさいわねっ!?」



いつもはからかう側である逸見が今日に限ってはみほと赤星にからかわれる側になっている。

それはたぶん、3人の絆があってこそのものなのだろう。



みほ「エリカさん、とってもかわいいよ。ね?お姉ちゃん」

まほ「ああ。逸見以上にディアンドルを着こなせる子は黒森峰にはいないと思う」

エリカ「っ……」



正直な感想を伝えると、逸見はますます紅潮してしまう。

いつもは気丈な逸見がそうやって恥ずかしがる姿は、彼女が私とさほど変わらない少女なのだという事を思い出させてくれる。


321 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:52:22.71 ID:TPicXKb70



エリカ「ま、まったく。みんな浮かれすぎなのよ。こんなコスプレみたいな恰好までして」

小梅「何言ってるんですか。中高合同のオクトーバーフェスト、3年生の皆さんに思いっきり楽しんでもらうために2年生が中心となって準備をしてきたんじゃないですか」

みほ「エリカさん凄く頑張ってたでしょ」

エリカ「そうだけど……」



照れ隠しのためか話題を変える逸見。

それに対してすかさず反応したみほと赤星。

そう、戦車道チームが出している店ではノンアルコールビールと軽食を提供する店をやっている。

エリカはその企画から準備、設営、そして今やっているように給仕までこなしている。

戦車道チームの後輩だという事を差し引いても、逸見が我々先輩のために頑張ってくれているのは明白だ。



まほ「逸見、お前の頑張りはみんなが知っている。戦車道チームの隊長としてお礼を言わせてくれ」

エリカ「……私は先輩方に受けた恩を返したいだけです。後輩達にあるべき姿を見せているだけです。別に褒められたくてやってるわけじゃないですから」

小梅「はぁ……ほんと、変なところで融通が利かない人ですね」

みほ「お礼はちゃんと受け取ったほうが良いんでしょ?」



あくまで謙虚な逸見に対してみほと赤星が詰め寄る。

痛いところを突かれたのか逸見は二人に言い返せないようだ。



みほ「……赤星さん」

小梅「はいっ」



そんな逸見を見て、今度は示し合わせるかのように二人は頷き合う。



みほ「そういえばエリカさん、まだ休憩とってなかったでしょ?」

エリカ「え?でもまだ時間じゃ……」

小梅「ちょっとぐらい早めにとったって誰も怒りませんよ。ほら、座って座って」



白々しい二人の演技に戸惑う逸見。

それを無視して赤星が私の対面の席を引くと、みほがエリカをそこに座らせる。



エリカ「ちょ、あなた達?」

みほ「ほら、ノンアルビールにヴルスト。自分たちのお店の味ぐらいちゃんと知っててよ?」

小梅「それじゃあ私たちは仕事に戻りますから、エリカさんごゆっくり」


322 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:53:23.40 ID:TPicXKb70



まるで準備していたかのようにビールと料理をテーブルに並べると、逸見の返答を待たずに二人は人ごみの中に消えていった。

エリカ「あ、あの子たちはっ……」

まほ「いいじゃないか。せっかくだ、ゆっくり話そう」

エリカ「……はい」



怒りと呆れに打ち震える逸見を宥めて、私はみほに注いでもらったグラスを掲げる。

それ見て逸見はどうしたのかと首を傾げている。

まったく、本当に変なところで真面目なんだな。



まほ「せっかくのお祭りなんだ。お前も少し位はしゃいだっていいはずだ」

エリカ「……あ」



ようやく気付いたのか逸見もグラスを掲げる。



まほ「2年生の頑張りに」

エリカ「先輩方の栄光に」



「「乾杯<プロースト>」」


323 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:58:18.42 ID:TPicXKb70






乾杯のおかげもあってか、先ほどまでの重苦しい雰囲気はどこかへ行って、私とエリカは歓談することができていた。



エリカ「今年の優勝も隊長のお力があっての事です」

まほ「あまり持ち上げないでくれ。私はまだ中学生なんだ。こんなところで満足していられない」

エリカ「ふふっ、でも私にはあなたを称賛する言葉しか見つかりませんから」



隊長と隊員としてだけではなく、先輩と後輩としての会話。

周囲の騒がしさが気にならないくらい、私は逸見との会話を楽しんでいる。

……だからこそ、聞きたかった事を問いかける。



まほ「なぁ逸見」

エリカ「はい?」

まほ「お前がみほと赤星を友達にしたのか」

エリカ「急にどうしたんですか」

まほ「赤星に聞いたんだ。お前が二人を友達にしたと」




小梅『え?なんでみほさんとって……エリカさんのおかげですね』




みほに友達(逸見は認めていないが)ができただけでも驚きなのにそこに赤星まで加わって、

その立役者が逸見だというのだから逸見は案外人付き合いが上手い奴なのだろうかと思ってしまう。



エリカ「……赤星さんは元々みほの事を気に懸けてたみたいですから。私が何もせずとも友達になってたと思いますよ」

まほ「……そうか」

エリカ「それに、私にも思惑はありましたし」

まほ「思惑?」

エリカ「あの子がべたつく対象を変えられるかなって。いい加減暑苦しいですし。……まぁ、結局あの子は私と赤星さんの二人にべったりですけど」

まほ「……ふふっ」



その誤魔化すような態度に、赤星の言葉を思い出す。




小梅『エリカさんは誤解されやすい人です。……現に私はあの人を誤解してましたから。

   だけど、それを理解したら今度はこう思えるようになりました。―――――嘘の下手な人だなって』




相変わらず、逸見は嘘が下手なようだ


324 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 22:59:54.15 ID:TPicXKb70



エリカ「笑い事じゃないですよ。物寂しい秋の帰り道を一人で優雅に帰る楽しみを奪われたんですから」

まほ「その代わり得たものもあっただろ?」

エリカ「……さぁ?そんなものありますかね」



とぼける逸見に、私はもう一歩踏み込む。



まほ「……なぁ、お前は二人をどうしたいんだ?」

エリカ「それ、去年も聞きましたね」

まほ「今度は赤星もだ」

エリカ「……赤星さんは友達ですよ。あの子は強いですから」

まほ「……赤星もみほと同じであまり気の強いほうじゃないと思っていたんだがな」

エリカ「その通りです。あの子はきっと、今も気が弱いほうですよ」





エリカ「だから強いんです」





それまでの言葉とは真逆な赤星の評価。

逸見は疑問に思う私の内心を知ってか知らずか、話を続ける。



エリカ「気が弱くても、実力が無くても、それを分かったうえで誰かを助けるために前に出てきた。あの子は……赤星さんは強いです」

まほ「……ああ、そうだな」


325 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:01:07.14 ID:TPicXKb70





『強い』、『弱い』




どうやら逸見は他者を評価するのにその二つを使うらしい。

そこにはたぶん戦車道の腕だけではなく、人としての強さも含まれているのだろう。

赤星とのいざこざと、その顛末については私も聞き及んでいる。

そして、私が知ることのできない何かが二人の間であったのだという事も推測できる。

そのうえで逸見が赤星を『強い』と評価したのであれば。友達になろうと思ったのであるのなら。

これ以上は聞かない。

それは私が、他人が触れていい事情ではない気がするから。

赤星と逸見の二人が結んだ友情を関係ない私が詳らかにしようなんて無粋な真似はできないから。

なので、私は話の焦点を別の人物に当てる。



まほ「それで?赤星と友達になったのはいいが、みほはどうなんだ?いい加減友達に」

エリカ「なってません。なるつもりもありません」

まほ「……はぁ」



相変わらずの一刀両断。

あれだけ慕っている人物にこうも言われてはみほの心労いかんばかりや。となってしまう。



エリカ「そう落胆されても、私あの子の事嫌いですから」

まほ「そういうのをツンデレというのだったか」

エリカ「変な言葉覚えてますね……違いますよ」



赤星が『エリカさんはツンデレの才能がありますねー』と言っていたのだが。


326 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:02:04.35 ID:TPicXKb70



エリカ「私とみほはライバルです。友達なんて甘い関係は赤星さんとだけ結んでいればいい。―――――私は、あの子を倒したいから」

まほ「……そうか」

エリカ「赤星さんが甘い分、私が叩く必要があるんですよ。まぁ、あの子に戦車道以外で褒めるところなんかありませんけど」

まほ「ずいぶんだな」



実の姉の前でそれだけ言えるのだから逆に感心してしまう。



エリカ「前に怒らないって言ったじゃないですか。遠慮はしません。それに、」

まほ「それに?」

エリカ「それが、あの子との協定ですから。みほは『自分らしさ』を、私は『強さ』を。お互いの交流で見つけようって」

まほ「……」

エリカ「私が強さを追い求めるためにも、あの子には強くなって欲しいんです」

まほ「それならばなおさら、赤星のような甘い友人はいないほうがいいんじゃないか?」



誰かに寄りかかり、甘えることは逸見の嫌う弱さにつながってしまうのではないか。

私の問いかけに、逸見は目を伏せ、呟くように答える。



エリカ「……以前のあの子は、誰かの思惑で押しつぶされそうでした」

まほ「……」


327 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:03:58.19 ID:TPicXKb70



その『誰か』には私も含まれていると感じた。

……いや、私自身がそう思っているのだろう。

あの子の辛さを、悲しさを知っていながら目を逸らし続けていた私の罪悪感がそう思わせるのだろう。



エリカ「期待を背負って、重圧に打ち勝てるのなら、それ以上はありません。だけど、そんなのきっと限られた人間だけなんです。

    そしてあの子はそうじゃなかった。いくら強くったって、立ち上がることさえできなかったら……何の意味もない」



意味はないと、はっきり言い切る逸見。

言い換えれば、それだけの価値をみほに見出したという事だ。



まほ「だから、赤星とみほを友達にしたのか」



私の問いかけにエリカは私の目を見つめて、真っ直ぐに答える。



エリカ「私なんかじゃなく、利害関係にない友人の存在が、きっとあの子をもっと強くしてくれる。私はそう思ってます」



甘さを生み出すかもしれない友人が、強さに繋がると。

ストイックな逸見のイメージに合わないその言葉は、だけど逸見らしいと思えてしまう。


328 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:05:55.38 ID:TPicXKb70



まほ「それが、お前がみほ達と一緒にいる理由か」

エリカ「そういうわけです」



みほが赤星と友達になることでもっと強くなる。逸見はそのみほから強さを学び取る。

なるほど、なるほど。

…………………………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………………………うん。



まほ「逸見、お前はめんどくさいな」

エリカ「……それ、赤星さんにも言われました」

まほ「回りくどいしややこしいし、お前はもっとこう、あの二人とわかりやすい関係になれないのか」



逸見が一言、みほに友達だと言えばあのややこしい関係は一本の線になるというのに、

だけど、逸見はそんな事知った事ではないという風に私の視線から顔を逸らす。



まほ「……まぁいいさ。お前たちの関係にいちいち口を出すつもりは無い」

エリカ「そうしてくれるとありがたいです」

まほ「でもな、逸見」

エリカ「はい」



意地悪で意地っ張りで、嘘の下手くそな後輩に、伝えたいことがある。




まほ「それでも、私は知っているよ。お前が、お前たち3人が楽しそうに連れ合う姿を」


329 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:13:01.42 ID:TPicXKb70




みほは嬉しそうに、赤星は慈しむように、逸見はやれやれと言った風に。

三者三様に笑っていた。

その姿を、あの笑顔を見て、それでも逸見の言葉が全て真実だと信じられるほど私は蒙昧じゃない。

私の言葉に、逸見は最初何かを言い返そうとしていたが、やがて観念したかのようにため息をついて、



エリカ「……みほの事は嫌いです。だけど、友達と笑い合ってる時に空気を悪くするほど狭量なつもりはありませんよ」



それはたぶん、逸見が話せる精一杯の本音なのだろう。

だから、今日はこのぐらいでいい。

逸見の本音の全ては聞けなかったが、少なくとも逸見のした事はみほにとっても赤星にとっても嬉しい事だったのだから。



まほ「……逸見、お前は不良なんかじゃないのかもな」

エリカ「ようやくわかってくれましたか!そう、私は品行方正な」

まほ「義に厚い昔ながらの不良なんだな」

エリカ「違ああああああああうっ!!?」

まほ「いやーまさか子供の頃床屋に置いてあったヤンキー漫画の主人公みたいな人間が本当にいるとは思わなかった。あれか、友のために喧嘩したりするのか。『ニゴバク』がそうだったのか」

エリカ「いやだからっ!?」



からかう私に、大声で反論する逸見。

相変わらず、面白い反応を返してくれる。からかい甲斐がある奴だ。

私が飲んでいるのはノンアルコールビールのはずなのに、どういう訳か、楽しくて、笑ってしまう。

祭りの騒がしさを、私たちの声で塗り替えてしまうような、そんな気さえしてしまう。

しかし、その終わりは二人の人影と共に逸見の背後からやって来た。



みほ「エリカさーん、そろそろ休憩終わりだよー」

小梅「流石にそろそろ限界なんでヘルプお願いします」



まほ「もうそんな時間か」

エリカ「ちょっと待ってなさい!!私は今ここで、誤解を解いておかないといけないのっ!!」

小梅「そういうのは後でお願いしまーす」

みほ「ほら、早く戻ろうよ。それじゃあお姉ちゃんまたね」

まほ「……ああ、またな」

エリカ「ちょ、離しなさい!!いいですか隊長!?私は、不良なんかじゃなくて、品行方正な―――」



逸見の抗弁は私に最後まで届くことは無く、3人は再び人ごみに消えていった。

私はまた、一人残された。



まほ「……」

330 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:33:26.05 ID:TPicXKb70



逸見は言った。みほには甘えられる友人がいることで強くなると。

だけど、みほにとってのそれはきっと、赤星だけではない。

初めて叱責をしてくれて、初めて内心を吐露した相手。

そうしてくれたのは、それを受け止めてくれたのは、

押しつぶされそうなみほを救ったのは、他でもない逸見だった。



『エリカさんは、私の嫌いなところを全部嫌いって言ってくれたんだ』



自分のためを思い嫌われることも厭わず叱責してくれる人を、みほは求めていたのかもしれない。

だから、みほにとって、逸見に叱責されることは甘える事と同義なのかもしれない。

そう思える事は、そう思える相手がいる事は、とても幸運な事なのだと思う。

ならば、みほのとっての逸見のような、自分の胸の内を語れる人を持っていない私は、不運なのだろうか。



まほ「……騒がしいな」



周りの歓声が、楽器の音が、耳につく。

どうやら私は祭りというものがあまり好きではないらしい。

どうしようもなく、自分が独りだと思い知らされるから。



あの日夕暮れと共に胸に差し込んだ寂しさを、不安を、私はまだこの胸に抱え込んでいる。

それはきっと私の弱さだ。

逸見が強さを尊ぶのなら、私は逸見にとって嫌悪の対象なのかもしれない。

だから、この弱さは胸の内に抱え続ける。

強くあるために、弱さを見せないために。

私が、西住であるために。


331 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:34:20.80 ID:TPicXKb70






それすら私の弱さだと気づいているのに





332 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:35:55.47 ID:TPicXKb70




〜中等部二年 11月〜




とある山岳地帯。

私たち黒森峰の中等部は練習試合を行った。

結果はもちろん。などと自惚れるつもりはないが、それでも勝利は勝利。

私は隊長として、最後の試合を無事終えることができたようだ。



千代美「いやぁ、負けたよ。完敗だ」

まほ「いや、こちらも危なかった。正直機動戦術に関してはお前に分がある」

千代美「ははは、お前にそう言ってもらえるなら自信になるよ」

まほ「お世辞を言ったつもりはない」



試合後の心地よい疲労感の中、私は相手チームの隊長と和やかに会話をしていた。

年齢を考えると不釣り合いなほど大きなツインテールを揺らしている相手の隊長―――安斎千代美とは、何度か試合をした縁から、

良く練習試合を組ませてもらった仲だ。

まぁ、安斎の学校と良好な関係を築けたのは偏に安斎の人柄があってこそだと思うが。

自慢ではないが私はあまり人付き合いが得意な方ではない。

もちろん、家に恥じない礼儀は身に着けているが、それはそれとして、同年代の人たちと交流するには少々堅苦しいと思われがちだ。

しかし安斎は初対面の時分にして、『お前が西住流のかー!!強いなー!!』といった具合に肩を叩いてきたのだから面食らったものだ。

その安斎からの練習試合の申し込みをそう無碍にできるほど私は冷血ではない。

という訳で、何度かの練習試合を経て今日、私の中等部最後の試合相手となったわけだ。



千代美「そうかー。なら、励みにさせてもらうよ」

まほ「ああ。安斎、中学最後にいい試合ができた。

   来年の全国大会でお前と戦えることを楽しみにしているよ」

千代美「んー……あー……それは難しいかもな」

まほ「どういうことだ?」



いつも朗らかな安斎がどういう訳か頬をかきながら気まずい様子を見せている。


333 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:37:36.47 ID:TPicXKb70




千代美「私は、転校するんだ」

まほ「転校って……そのまま今の学園艦で進学するんじゃないのか」



学園艦は基本的に中高一貫だ。

そして、学園艦のシステム上親元を離れて暮らす人間が多い。

なので、中等部の3年間だけでも母校に愛着を持ち、そのまま進学する人間がほとんどだ。

もちろん転校の事例がないわけではない。

しかし、私の目から見て安斎は母校に対して愛着を持っているように思えたのだが……



千代美「アンツィオ高校ってところにな、転校するんだ」

まほ「……すまない初耳だ。だが大会に出ていないだけで戦車道が盛んなところなのか?」

千代美「いや?そもそも現時点で戦車道チームすら形だけでほとんど履修者がいないそうだ」

まほ「……何故そんなところに」



思わず口が滑った私に、安斎は「こらっ!」と叱りつける。



千代美「そんなとことか言うな。戦車道チームがないだけで立派な学園艦なんだぞ」

まほ「あ……すまない」

千代美「わかればいい。……スカウトされたんだ『戦車道チームを立て直してほしい』ってな」

まほ「……」



スカウト。いわゆる野球留学のように、戦車道でもそういったものはある。

あるにはあるが、中高一貫の学園艦において、あまり聞く話ではない。



千代美「正直色々考えたよ。いくらスカウトされたとはいえ戦車道においては無名も無名な高校への転校だからな」

まほ「……」

千代美「でもな、それ以上に嬉しかったんだ、私の力を必要としてくれる人たちがいるって事が」



嬉しそうに安斎は笑う。

自分の力を評価して、求めてくれる。

その喜びが分からないだなんて言うつもりはない。

だけど、



まほ「それは、今の学校だって」

千代美「その通りだ。だからもう一つ理由がある。……私は、私の戦車道をしたい」

まほ「それだって今の学校で」

千代美「西住、お前ならわかるだろ。歴史が、伝統があるって事は強い結束と統率を生む。だけど同時にどうしようもない息苦しさを感じることも」

まほ「……」

334 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:39:27.90 ID:TPicXKb70



わかる。だなんてものではない。現に私は、みほがその息苦しさに押しつぶされかけていたのを知っているのだから。



千代美「私はさ、1から自分のチームを作りたいんだ。志を共にできる仲間を集めて、私が隊長としてのびのびとやれるチームを」

まほ「それは……随分と自分勝手な話だな」

千代美「スカウトされた身なんだ。それぐらいのわがままは良いと思わないか?」

まほ「……そうだな」

千代美「多分一年目はチームメイトの募集と戦術の確立で終わると思う。……いや、仲間集めすらままならないかもな

    だけど私はあきらめない。新天地で、期待してくれる人たちに応えたいんだ」

まほ「……お前は他人の期待を恐れないのだな」



安斎はおもちゃの山に飛び掛かる子供の様に両手を広げる。



千代美「怖いさ!だけど、それ以上に楽しみなんだっ!!」



力強く、気高い言葉。

それが、それこそが安斎の本質なのだと感じた。



千代美「期待の重圧も、新天地での不安もある。だけど、どうせ苦労するのならせめて笑ってやりたいだろ?」

まほ「……ああ、その通りだ」

335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 23:51:05.61 ID:PhkCmU6Po
ん?
336 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/21(土) 23:58:54.62 ID:TPicXKb70



千代美「待ってろ西住。私の作るチームは強いぞ?」

まほ「なら、黒森峰は最強であろう」

千代美「……頑張れよ」

まほ「そっちこそ」



固く、握手を交わす。

彼女の強さが笑顔が、握った手を通して伝わってくる。

だけど、次第に彼女の笑顔が陰っていく。



まほ「安斎?」

千代美「……西住、結局お前は最後まで強かったな」

まほ「……?ありがとう」



諦めのような感情が込められた誉め言葉に、私は戸惑いながらお礼を返す。

それを聞いた安斎は、悲しそうな表情を振り切るように私を抱きしめる。

そして、ぎゅっと私の両肩を掴んで視線を合わせる。

いつもスキンシップの激しい奴ではあったが、今日に限ってはどうも熱が入ってるようだ。



千代美「……西住、たぶん次にお前と戦うのは随分先になると思う。だからさ、一言だけ言わせてくれ」

まほ「あ、ああ、なんだ?」

千代美「もっと、強くて、弱くなれ」



矛盾した言葉。ともすれば馬鹿にした様にも聞こえるそれに、私は聞き覚えがあった。





『あの子はきっと、今も気が弱いほうですよ――――だから強いんです』



337 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:00:53.43 ID:A+PN/k9Q0




逸見が、赤星を評した言葉。

その言葉の真意を私は未だ図りかねている。

だってそれは、二人の間で結ばれた友情が紡ぎだしたものなのだから。

他人の私が図り知ることなんてできないのだから。

なのに、安斎が言った言葉と、逸見が言った言葉が同じ意味を示しているように私は感じた。



まほ「安斎、教えてくれ。今のは一体どういう――――」





エリカ「隊長」




私の疑問は、その張本人の一人である逸見の声によって遮られた。

言葉に詰まる私に、逸見はどうしたのかという表情をする。

私は深く息をついて、表面上、冷静さを取り戻し、安斎は何事もなかったかのように、逸見を笑顔で出迎える。



まほ「……逸見、どうした」

エリカ「え?いや、撤収完了の報告に……」

まほ「そうか。ありがとう」

千代美「おー、お前が榴弾姉妹の片割れか」

エリカ「初めまして。……って、なんでそのあだ名よそにまで広がってるんですか……」

千代美「戦車道において諜報も立派な戦術だからな」

まほ「これも戦車道だ」



(本人にとっては)不名誉なあだ名が広がっていることに肩を落とす逸見を、

今度はまるで品定めをするかのように安斎がじろじろと見つめる。



千代美「うーん……」

エリカ「な、なんですか?」

千代美「逸見って言ったっけ?お前……細すぎないか?」

エリカ「は?」

338 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:12:38.98 ID:A+PN/k9Q0




あっけにとられた逸見に向かってまるで姉か親かの様に、安斎は語り掛ける。




千代美「ダメだぞー?そりゃあ年頃なんだし美容に気を遣うのはわかるが、だからと言って激しい運動をしてるのにそんな細いんじゃ倒れてしまうぞ」

まほ「ああ、それは私も思ってた」



正直あんな細い体でよく激しい戦車道をこなすことができるものだ。



千代美「だろ?ちゃんと食べろ!!体力をしっかりつけるんだ!!」

エリカ「だ、大丈夫ですっ!!」

千代美「もしかして食欲がないとかか?だったら、食べやすいメニューにいくつか心当たりがあるから後で教えるぞ?」

エリカ「そうじゃなくって!!私はちゃんと自分なりに健康管理はしてますからっ!!」

千代美「むー……本当か?」



案外疑り深い安斎に対して、逸見はきっぱりと言い切る。



エリカ「本当ですっ!!」

千代美「ならいいが……」



みほ「エリカさーん、お姉ちゃーん」

エリカ「みほ、どうしたのよ」

みほ「エリカさんがお姉ちゃん呼びに行ったまま戻ってこないからでしょ……」

まほ「ああ、それはすまなかった」

みほ「ほら、早く帰ろう?」

まほ「そうだな。安斎、お前の作るチームと試合ができる日を楽しみにしている……また会おう」

千代美「ああ。また会おう」


私はそのままみほたちを先導して戻っていく。




千代美「西住っ!!」



339 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:28:24.58 ID:A+PN/k9Q0




後ろからかけられる声。

振り向くと、安斎が胸を張って私を見つめていた。

そして、もう一度大きく息を吸うと、




千代美「私の言葉の意味はお前が見つけろ!!そしたらきっと――――お前に必要なものがわかるはずだっ!!」




そう言うと、安斎は振り向くことなく帰って行った。



エリカ「隊長に必要なものって……どういう意味かしら?」

みほ「お姉ちゃん、安斎さんと何話したの?」

まほ「……」



みほたちの問いに答えず、私は無言で歩みを進める。

そんな私に、二人は疑問符を浮かべながらついてくる。




『もっと、強くて、弱くなれ』



340 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:30:52.97 ID:A+PN/k9Q0



矛盾したその言葉の意味を理解できた時、私に必要なものがわかる。

まるで宝のありかを示したなぞなぞのような安斎の言葉を、私は何度も何度も頭の中で繰り返す。

だけど、答えは出ない。

ただのものの例えで、深い意味などないと切って捨てることもできるのに、

安斎の言葉が、諦めたような、悲しそうな表情が、頭から離れない。

だから、私は一旦考えるのをやめる。

指揮する人間は常に取捨選択を求められる。

今すべきことを、瞬時に判断する必要がある。

いくら考えてもわからないのなら、もっとやるべきことにリソースを回すのだ。

たとえ安斎の言葉に深い意味があろうとも、

たとえ安斎の悲しそうな表情が頭から離れなくても、

それがきっと、私の根幹に関わるものであったとしても、

それがわからない自分が情けなくても、それでも、




まほ「私は、強くなきゃ」




341 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:31:27.64 ID:A+PN/k9Q0





それが、私の存在理由なのだから





342 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:32:05.70 ID:A+PN/k9Q0
めっちゃ難産でしたがこれにて中2編終了です。

また来週。
343 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/22(日) 00:36:07.68 ID:A+PN/k9Q0
>>293  エリカさんはほほ笑んでいた。あきれたように、小ばかにしたように。だけど、優しさを隠しきれない表情で。                                          ↓
     逸見さんはほほ笑んでいた。あきれたように、小ばかにしたように。だけど、優しさを隠しきれない表情で。

>>294  小梅「はい。……エリカさん」
           ↓
     小梅「はい。……逸見さん」


上記のように訂正いたします。
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 00:53:54.83 ID:xBo6fd+QO
お。そうかもう今日で一週間だったか、、、なんか時勢の風物詩みたいにになってきとるぜ。
明日、ゆっくり読ませてもらう。
乙だぜ
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 01:24:13.05 ID:drPaRaFM0


姐さんはホントに人間ができたお方やで…
こんな子がまほのそばにもいたならなぁ
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 03:06:41.28 ID:b1XwH5u00
フェイズエリカがこういう中等部生活だったらなあ…
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 03:40:09.33 ID:8Yy7xgsX0
まほのこともエリカが攻略してれば悲劇は生まれなかったのかな
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 08:28:52.42 ID:rujXBfQPO
慕ってくれる後輩いなくなって一人になるまほ大丈夫かな
孤立して悪化してそう
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 10:26:04.50 ID:0LBjqMRZo
おつー
>私はちゃんと自分なりに健康管理はしてますから
偽エリカも言ってたねww
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 11:10:09.64 ID:19z17FbFO
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/23(月) 07:51:56.63 ID:Iw8iV191O
お姉ちゃんが順調に病んでいってらっしゃる…
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/23(月) 17:54:45.73 ID:/9rKJdLNO
ここから拗らせに拗らせた結果が今のお姉ちゃんの態度だと考えるとあまりにも切ないな
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/23(月) 19:03:12.63 ID:IPY7b2Lz0
うるせぇsageろks
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/23(月) 20:15:46.43 ID:XyWQKiKd0
うむ
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/23(月) 22:31:27.37 ID:mCDj8EYhO
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/07/24(火) 01:44:53.19 ID:LLS+7oHH0
>>1ーシャ
ハッピーエンドになるのかなぁ……
本編、ただまほちゃん倒すだけじゃどうにもならんよね
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 00:06:20.89 ID:y+yM4GHN0
とりあえずエリみほ読めれば許す
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 01:33:00.06 ID:gY3+eGvSO
>>357
上から目線で気持ち悪いから二度と書き込まなくていいよ
359 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:01:06.86 ID:1x1ofSBV0



中等部三年 〜4月〜



季節は過ぎて桜の頃。

黒森峰に入って3度目の春を迎えた私は、今学期最初の戦車道の授業を前にしてロッカールームのベンチで祈るように手を組んで座り込んでいた。



みほ「……とうとう三年生」



うわごとの様な言葉。

誰に向けたわけでもないそれに対して、投げかけられる声が一つ。



エリカ「いつまでそんな浮かない顔してるのよ隊長さん」



私の正面でロッカーに寄りかかっているエリカさんは、ベンチに座る私をじっと見下ろす。



エリカ「もうみんな練習場に出てるわよ。隊長が遅刻してどうするのよ」



360 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:02:55.93 ID:1x1ofSBV0


そう。私は今年から中等部の隊長に就任した。

副隊長からそのまま繰り上がりでの人事。

周りから見れば当たり前の事なのかもしれない。

だけど、

覚悟していたつもりだった。

決意していたはずだった。

それでも。私は今、圧し潰されそうで、

外で私を待っている人たちの期待が、視線が、それに応えられないかもしれない事が怖くて。

私の口から不安が漏れだしてしまう。



みほ「エリカさん、私、私なんかで本当に良いのかな……」

エリカ「今さら何言ってるのよ。ほら、シャキッとしなさい」



やれやれと言った風に私を促すエリカさんは相変わらずで、

だからこそ、安心感を覚えてしまう。

そして、だからこそ。私は言ってはいけない事を口にしようとしてしまう。



みほ「ねぇエリカさん、私なんかよりもあなたの方が―――――」

エリカ「それ以上言ったら怒るわよ」

みほ「っ……」

361 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:05:30.70 ID:1x1ofSBV0


『怒る』だなんて可愛らしい言葉に似使わない、冷たく突き放すような声色。

あの時と同じ、私はまたエリカさんの逆鱗に手を近づけてしまったようだ。

エリカさんの気迫に何も言えずにいると、エリカさんはため息を一つついて、

そっと、膝を曲げて私の目線に合わせてくる。



エリカ「みほ、あなたは隊長に選ばれたの。贔屓じゃなく、実力で」

みほ「……」

エリカ「誰かの期待を理由に逃げるのはやめなさい。それはあまりにも自分勝手な事よ。

    嫌なら、辛いのなら、ちゃんと自分の言葉で言いなさい」



分かっていたはずだった。理解して、二度と同じ過ちを起こさないと自分を戒めたはずだった。



私はかつて目の前の人の決意を侮辱し、踏みにじった。

自分が可哀そうだと嘆くばかりで何も見ていなかった。

正直、思い返しても酷い人間だったと思う。

あんなにも嫌な事から逃げたかったのに、私の目は、耳は、頭は、その嫌な事だけを拾い続けていたのだから。

罵倒されても、軽蔑されても、見限られてもしょうがない人間だった。

だけど彼女は、エリカさんは私を叱ってくれた。

自らの決意を侮辱した、踏みにじった張本人を。

本気で叱り、本気で向き合ってくれた。

手を差し伸べてくれた。

だから私はエリカさんに認めてもらいたくて、エリカさんのようになりたくて、

強くなろうと決意した。

なのにこのザマだ。

自嘲する気力すらなく、私はポツリと謝罪を口にする。



みほ「……ごめんなさい」

エリカ「……いいわ。気持ちがわからないなんて言うつもりはないから」



エリカさんは私から視線を外すと、先ほどのようにロッカーに寄りかかる。



362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 18:05:33.85 ID:1ia1RY+nO









おっ、今日は早い!、








363 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:09:46.78 ID:1x1ofSBV0


エリカ「あなたのお下がりってのが気にくわないけど、それでも私は副隊長よ。あなたを支えるのも仕事のうちなんだから」

みほ「……」



仕事。

そう、私を支えるのはエリカさんにとって仕事でしかない。

知っていた、わかっていた。エリカさんと私は友達じゃないのだから。

だから、そこにどうしようもない寂しさを感じてしまうのは、私の我儘なんだ。

重苦しい空気がロッカールームを満たしていく。



小梅「じれったいなぁもう……」

みほ「赤星さんっ!?」

エリカ「あなた、いつのまに……」



その空気を打ち破ったのはいつの間にかロッカールームの入り口に立っていた赤星小梅さん。

赤星さんはやれやれといった様子で私たちに語り掛ける。



小梅「深刻な顔して何話してるかと思えば、まったく。なんで二人は素直に話せないんですか」

みほ「素直に……って」

エリカ「別に、この子にこれ以上言う事なんてないわよ」

小梅「……はぁ。口を出すつもりはありませんでしたが、このままだと埒が明きませんね」



そう言うと赤星さんは、私とエリカさんの手を交互に取り、



小梅「みほさん、エリカさんはあんなんですから真っ直ぐに言わないとまともなボールなんて返ってきませんよ」

みほ「……」

小梅「エリカさん。あなたがめんどくさいってのはいい加減理解してますけど、もうちょっと手心を加えてください」

エリカ「……ふん」

小梅「二人ともそれなりの付き合いなんですからいい加減学習しましょうよ。回りくどい言い方に回りくどく言い返してたらいつまでたっても伝わりませんって」



「私から言えるのはこれだけです」。そう言って赤星さんは一歩離れるとじっと私たちの様子を見守る。



364 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:11:21.52 ID:1x1ofSBV0


みほ「……」

エリカ「……」



空気が再び重さを纏う。

私は何を言えばいいのか必死で考える。

私がエリカさんに言いたい事、伝えたい事。

私は、エリカさんに隊長を変わってもらいたいのだろうか。

……違う。

私はもう、副隊長の立場を投げ出したかったかつての私とは違う。

たとえ誰かの期待が重くても、それに応えられないことが怖くても、

もう逃げない。

私は、握った手をぎゅっと胸に当てて前を、目に前にいるエリカさんを見つめる。



みほ「……エリカさん」

エリカ「……何?」

みほ「頼りない隊長だけど、それでもみんなと一緒に勝ちたいから。頑張るから―――――私を支えてください」



私の想いを、願いを込めて精一杯紡いだ言葉。

エリカさんはどう思ってくれるのだろうか。

いつもの様に素気無く返してくるのだろうか。

エリカさんはしばらく無言で私を見つめると、ため息を一つつく。

そしてそっと髪をかきあげて、先ほどの私と同じように真っ直ぐこちらを見つめて、



エリカ「……私は、副隊長よ。あなたを支えることが勝利への近道だと思ってる。だから……」



365 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:12:03.43 ID:1x1ofSBV0





エリカ「あなたの味方でいてあげる。……失望させないでよ?」




366 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:14:16.77 ID:1x1ofSBV0



相変わらずどこか棘のある言葉。

だけど、まっすぐな視線が、ほんの少しだけ緩んだ口元が、隠しきれてない優しさが、私の胸の中に流れ込んでくる。



小梅「かー!!エリカさんほんっと素直じゃないですね!!」

エリカ「うるっさいわね」

小梅「なんなんですかエリカさんは一日一回ツンデレないとだめな家訓でもあるんですか」

エリカ「私は、私の思ったことを言っただけよ」

小梅「はぁ……みほさん大変ですね」

みほ「……ううん。そんなことないよ」



いつのまにか私は立ち上がっていた。

足の震えはおさまり、冷えていた心に熱が戻り、

ちゃんと、前を向けていた。

その事に気づいた途端顔がにやけてどうしようもなくて、

「なにニヤニヤしてんのよ」とエリカさんにデコピンされてしまう。

その痛みに、私は真面目な顔を取り戻し、私を見つめる二人に呼びかける。



みほ「二人とも行こう。みんな待ってるよ」

小梅「……はいっ!!」

エリカ「誰のせいだと思ってるのよ」



今度は私が率先して出口に向かう。

外にはもう、沢山の仲間が私たちを待っている。



私は黒森峰学園中等部戦車道チーム隊長、西住みほ

まだまだ弱く、誰かに支えてもらわないとまともに進むことさえできないけれど、

私を支えてくれる人がいるって知ってるから。

道を外した時、ぶってでも引き戻してくれる人がいるから。

不安と恐怖を胸に抱えて歩んでいく。



367 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:15:42.58 ID:1x1ofSBV0



みほ「赤星さん」

小梅「はい」

みほ「エリカさん」

エリカ「何よ」





みほ「今年もよろしくね」



368 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:16:43.81 ID:1x1ofSBV0




私たちの時代が、これから始まる



369 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/07/28(土) 18:17:25.57 ID:1x1ofSBV0
短めだけどきょうはここまでで。また来週。







>>321  エリカはその企画から準備、設営、そして今やっているように給仕までこなしている。

             ↓

     逸見はその企画から準備、設営、そして今やっているように給仕までこなしている。



     それを無視して赤星が私の対面の席を引くと、みほがエリカをそこに座らせる。

              ↓

     それを無視して赤星が私の対面の席を引くと、みほが逸見をそこに座らせる。


上記のように訂正いたします。


370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 18:45:08.60 ID:bulVtmhEo
乙です。台風お気をつけて。。。
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 21:36:55.42 ID:UkTI7ov00
乙です。
中3編も楽しみだなぁ
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 21:44:42.50 ID:JAzH/y7so

まだ安心してみていられる時期だww
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/01(水) 08:32:36.15 ID:x4fngtM4O
いやいや安心できるか分からん
一足飛びにXデーまで飛ぶかも……

>>1
連日暑いから気を付けて
374 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:09:17.01 ID:cEt2RuET0








『中等部での活躍は聞いている。あなたならきっと、私たちを優勝に導いてくれるわ』





『期待してるよ』






『あなたが副隊長なら私の推薦合格は決まったようなものね』





『任せるよ副隊長』




『1年生だからって気後れせずに、あなたの実力を見せてね』



375 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:09:47.90 ID:cEt2RuET0




任せてください



精一杯頑張ります



先輩方の足を引っ張るような真似はしません



肩書に恥じぬ成果を



西住流の力を、勝利をもって証明して見せます




376 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:10:28.88 ID:cEt2RuET0






それが、私の存在理由だから







377 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:13:50.17 ID:cEt2RuET0






まほ「……」



6月の初旬、夕暮れの頃。

私は一人、校舎の前に佇んでいた。

すれ違う生徒達は皆、私の事など目にもくれず部活や、自宅、あるいはお気に入りの寄り道スポットへと向かっていく。

だけど私は知っている。私が、ここでは異物なのだという事を。

なぜならここは中等部の校舎なのだから。

すでに卒業し、別の場所にある高等部に通っている私は、本来ここにいる存在ではない。

制服が一緒のため、私が高等部の人間だとばれていないのは幸いか。



まほ「……」



キョロキョロと周りを見渡す。

目当ての人物はおらず、だけど呼び出すような事も出来ず。

それでも探そうと中等部の校舎に足を踏み入れようとして、私の足はぴたりと止まってしまう。



まほ「……私は、何をしているんだ」



こんなところで大会前の貴重な時間を浪費して。

練習が休みでも、副隊長である私にはやるべきことがいくらでもあるのに。

自分の愚かしさにようやく気付いた私は踵を返して校門に向かおうとする



エリカ「……隊長?」



しかし、その歩みは後ろからかけられた声によって留められる。



まほ「っ!?……逸見か」



驚いて振り向くと、視線の先には見知った顔が。



エリカ「えっと、隊長」

まほ「私はもう隊長ではない。高等部の副隊長だ」



その高等部の副隊長が中等部にいるのだから、なんとも恰好がつかないと心の中で自嘲してしまう。



378 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:15:53.59 ID:cEt2RuET0


エリカ「そうでしたね。……それで、中等部の校舎に何か用ですか?」

まほ「いや……みほを探して」



嘘ではない。確かに私はみほを探していた。

……その理由は言えないが。



エリカ「ああ、そういう事ですか。でも、あの子もう帰っちゃったんですけど……私は日直があって残ってたんです」

まほ「……そうか。意外だな、みほの事なら待っていそうなものだが」

エリカ「実際そう言ってたんで、赤星さんに頼んで連れ帰ってもらったんですよ。……まったく、隊長なのに貴重な時間を浪費しないで欲しいものです」



たぶんそれは、逸見のいつもの軽口なのだろう。

だけど今ここでその貴重な時間を浪費している私にとって、逸見の言葉に責められているような印象を受けてしまう。

そのためか私の口は重くなり、そんな私の様子を見て逸見もまた何も言わなくなってしまう。



まほ「……」

エリカ「……」



しばし流れる無言の時。

中等部にまで来て私は何をしているんだと思い始めたころ、逸見がその沈黙を破った。



エリカ「それで……その、みほに何か」

まほ「……いや、何でもない」

エリカ「何でもないのにわざわざ中等部にまで?」



なんだか妙に食いつくな……

不思議に思うも、私は適当に考えた言い訳で答える。



まほ「……ちょっと、散歩に。近くに寄ったからついでに挨拶でも、と」

エリカ「……はぁ、お二人はやっぱり姉妹なんですね」

まほ「え?」


379 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:18:59.23 ID:cEt2RuET0


逸見はため息とともに呆れたような顔でこちらを見てくる。

どういう意味かと考えていると、逸見はまるで子供の様にクスクスと笑い出す。



エリカ「知ってます?みほは何か不安な事があるとすぐ顔に出すんです。なのに相談するのを怖がって、結局私や赤星さんがあれこれ世話を焼く羽目になるんですよ」

まほ「……」

エリカ「そういうところ、そっくりですね。……隊ちょ、西住さんの方がわかりにくいですけど」

まほ「逸見……」

エリカ「相談に乗るだなんて偉そうな事言うつもりはありませんが、愚痴程度なら聞いてあげられますよ」



逸見は近くのベンチに腰かけて、私に対して「どうぞ」と促す。

……せっかく逸見が気を使ってくれているのに無碍にするのも悪いな。

仕方なく私は逸見の隣に腰かける。

そしてポツリと、語りだす。



まほ「……私は、高等部の副隊長に就任した」

エリカ「ええ、知ってますよ」



何を今さらといった風な逸見。



まほ「中等部の頃の実力を評価されての事だそうだ」

エリカ「当然の判断だと思います」

まほ「そうか。……そう思うか」



無意識のうちに私の声は落ちていく。

それはつまり逸見の答えが私にとって望ましいものではなかったという事で、

だとしたら私は、逸見にどう言って欲しかったのだろうか。

自分の内心すら図りかねてる私の様子を見て、逸見は心配そうに顔を覗いてくる。



エリカ「……西住さんはそう思えないのですか?」

まほ「自分の実力を見誤るほど未熟なつもりは無い。自惚れているように聞こえるかもしれないが、

   私の実力は副隊長に任命されるには十分なものだと思っている……だけど」

エリカ「だけど?」



両ひざに乗せた拳を強く握る。



まほ「私は―――――」


380 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:21:18.72 ID:cEt2RuET0









『私は、強くなきゃ』









381 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:21:56.33 ID:cEt2RuET0


まほ「―――いや、なんでもない」

エリカ「西住さん?」

まほ「すまない逸見。私はもう戻るよ。副隊長としてやるべきことがたくさんあるんだ」



そうだ、私は副隊長なんだ。

大勢の隊員の未来を預かっている人間なんだ。

だというのにこんなところで弱音を、それも後輩に吐いているようではいけない。

そんな弱い人間が、西住流の跡取りだなんて認められない。

私は立ち上がると、そのまま校門に向かおうと足を踏み出す。

しかし、



エリカ「まったく……そんなところまで似なくてもいいのに」



呆れたような逸見の呟きが、私を引き留めた。



エリカ「すみません、愚痴程度なら聞くって言いましたけどあれナシでお願いします。

    今のあなたをこのまま帰すのは、ちょっと寝つきが悪くなりそうなんで。……少し、お説教です」

まほ「……どういう意味だ」

エリカ「西住さん。今のあなたは出会った頃のみほにそっくりです」



逸見は遠くを見るように目を細める。



エリカ「あの頃のみほはまぁ酷い子でしたよ。いつもうつ向いて、人と話しているのに顔すらまともに見なくて、

    不満と不安をいつも抱えてるよな雰囲気で、助けを求めているのにそれを表に出さず口先で謝るばかりの子でした」



……ああ、よく知ってるよ。

生まれた時から一緒の妹の事なのだから。

明るく、元気なあの子がどんどん笑わなくなり、内に秘めた沢山のものを私にすら語らなくなっていた事を。

ベンチに座ったままの逸見は、私を見上げる。



382 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:23:37.61 ID:cEt2RuET0


エリカ「今のあなたはそれと同じです。知って欲しいのに、察してもらいたがってる。……私が一番嫌いなタイプです」

まほ「っ……」



突然、逸見の言葉から温度が消える。

見下ろしているのは私のはずなのに、見下されているような逸見の視線に私は一瞬、たじろいでしまう。

その居心地の悪さを振り払うように、だけど努めて冷静に反論する。



まほ「……何故お前にそこまで言われないといけない。お前が、私の何を知っているというんだ」

エリカ「そこで取り乱さない辺りはさすが年長者ですね。……でも、その質問はもう答えた事があります」




エリカ「あなた、自分の事を一つでも語ったことがありますか?」




氷の様に冷え切った視線に、声色に。私は心臓を握られているような感覚に陥る。

思わず目を逸らすも、冷たい視線がまったく揺らいでいないのを肌が感じてしまう。



まほ「……私は、西住まほだ。西住流の家元の家に生まれ、将来はそれを継いで―――――」

エリカ「それのどこにあなたの話があるんですか。私は『西住流の娘』じゃなくて、『西住まほ』の話が聞きたいんですよ」



苦し紛れの反論はバッサリと切り捨てられ、私はとうとう何も言えなくなってしまう。



エリカ「……みほは、あの子は相変わらず弱くてめんどくさい子ですよ。何かあるたびにエリカさんエリカさんって。

    私が何度注意したってドジするし、この間だって自分の責任を誰かに肩代わりしてもらおうとしたり。ほんと、ダメな子ですね」



そう言いつつも、逸見の表情は柔らかく、その言葉に字面通りの意味が込められているとは到底思えない。

だけど、すぐにその表情は引き締まり、私をじっと見つめる。



エリカ「でも、今のあなたよりはよっぽどマシです」



あまりにもストレートな侮蔑の言葉。

その物言いに不快感より前に動揺を覚えたのは私が未熟な故か、

あるいは、逸見の口からそのような言葉が出たのが意外だったからか。

383 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:25:33.68 ID:cEt2RuET0


エリカ「西住さん、あなたは強いです。……でも、ただ強いだけです」

まほ「それの、何が悪いっ」



今度こそ語気が荒くなるも、動揺で舌が上手く回らない。

そんな私とは対照的に逸見は飄々とした態度で、



エリカ「別に?というより……あなたが疑問に思っているんですよね?『強いだけ』の自分を」

まほ「っ……」



全てを見透かしているような視線。

目の前の少女との交流はそれほど多くなかったはずだ。

だというのに、なんで彼女の言葉はこんなにも私に突き刺さるのだろうか。

なんで、こんなにも―――――逸見は私を理解しているのだろうか。



逸見の言う通り、私は誰かに胸の内を明かしたことは無い。

それは弱さだからだ。

強くあるために弱さを捨てるのは当然の事だから。

だから私は、今日まで強くあったのに。

なのに、いつしか心の奥底にそれでいいのかと思う自分がいた。

そんな弱さが私の中にある事が許せないのに、触れる事すら出来ず目を逸らし続けていた。

分かっていたんだ、それが私の本音なのだと。それが、私の本質なのだと。

だから、触れないよう、気づかないよう、目を逸らし続けていたのに。



まほ「っ……あ……」



『そんな事はない。私は、自分の強さを疑問に思った事なんて無い』



そう言おうと口を開く。

だけど、何も言えず口を閉ざしてしまう。

心にもない事を言える余裕は、すでに私には無かった。


384 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:27:45.63 ID:cEt2RuET0








―――――なんで私の隣には、


『誰も、いないの……?』






385 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:28:28.48 ID:cEt2RuET0
あ、間違えました>>384は無しで。
386 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:29:16.51 ID:cEt2RuET0


エリカ「……あなたの胸の内を知っているのはあなただけです。知ってほしいのなら、受け入れてもらいたいのなら。
  
    ――――言ってください。伝えてください。あなたが何を思っているのか、どうして欲しいのか」



その言葉はただ淡々と、事実だけを伝えているように思えた。

そして、言外にこう伝えていた。――――――何もできないなら、ずっとそうしていろ、と。



いつのまにか、私のすぐそばに『それ』が迫っていた。

心のずっと奥に、たくさんの鍵をかけてしまいこんでいた『それ』は、全ての鍵を解かれ、扉を開けるだけになっていた。

そうしたのは逸見で、だけど逸見は扉を開けようとはしない。

邪魔なものを取り除いても、扉を開けるのは私の手で、私の意志で、と。

それは、逸見が私を尊重しているからだろう。

そして同じくらい逸見が厳しいからなのだろう。

どれだけ障害を取り除いても、一番苦しい部分は私自身の手でやらなくてはいけない。

そうでなくては、意味がないのだと。
387 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:30:02.27 ID:cEt2RuET0








―――――なんで私の隣には、


『誰も、いないの……?』







388 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:30:46.31 ID:cEt2RuET0


かつて、今日と同じような夕暮れの校舎で、私は一人なのだと思い知らされた。

それは当然の事だったんだ。

みほは言った。逸見は『自分の嫌いなところを全部嫌いだと言ってくれる』と。

それはつまり、自分の嫌いなところを、弱さを見せられるという事だ。

なのに私はずっと強くあった。

弱さを見せず、強さだけを求めていた。

……そんな奴の隣に立ってくれる人なんているわけないのに。

私は逃げていたんだ。

自分の弱さから、自分自身から。

目を瞑って、耳を覆って、口を閉ざして。

だけどもう、それはできない。

目の前の逸見から逃げてしまったら、私は一生独りになってしまう気がするから。



389 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:32:03.57 ID:cEt2RuET0




まほ「……私は……私はっ……」



気が付くと私の呼吸は浅くなり、胸の高鳴りは心臓の許容を超えているかのように響いている。



私は今、自分の恥を晒そうとしている。

愚かな自分を、妹の友達に、後輩に。

もしもそれを口にして、受け止めてもらえなかったら。

私の中の何かが崩れてしまうかもしれない。

空気がまるで抵抗するかのように喉に詰まる。

声を出したいのに、体がそれを拒む。

そんな、泣き出しそうな私を逸見はじっと見つめて、





エリカ「大丈夫です。私は、あなたから逃げたりしません」




立ち上がり、目線を合わせてくれる。

夕日に照らされる銀髪が、まるで私を抱きしめるように暖かく煌めく。

その美しさが、暖かさが、こわばっていた私の体を解きほぐす。

それを逃さないよう息を吸って、肺の中を空っぽにする勢いで、


まほ「私はっ……!!」



390 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:33:45.43 ID:cEt2RuET0







まほ「怖いんだッ!!誰かの人生を、目標を、私の失敗で閉ざしてしまうのがッ!!期待に応えられない事がッ!!」






391 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:34:13.96 ID:cEt2RuET0





自分の弱さを吐き出した。





392 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:35:43.64 ID:cEt2RuET0



まほ「……大学の推薦がかかった先輩や、黒森峰で優勝することを夢見ている先輩。私についてきてくれる同級生。皆、各々の夢を、目標を持ってた。
   
   そしてそれらはみんな、私のミスで簡単に崩れてしまうのだという事を、私はようやく理解したんだ」



一度声を出してしまえばもう、止まらない。

懺悔の様に己の弱さをさらけ出していく。



まほ「中学の時はまだ良かった。負けたって、私が叱責されればそれで良かったのだから。だけど、高等部ではもうその言い訳はできない」



嗚咽が声を遮り、自分でも何を言っているのかわからなくなる。

だけど、逸見は何も言わずじっと、私を見つめ続ける。



まほ「どれだけ訓練を重ねても、どれだけ実力をつけていっても、どれだけ才能があっても、

   たった一つの過ちが、たくさんの人の未来を歪めてしまうかもしれない。私は……それが怖いんだッ!!」



私に語り掛けてくる先輩たちはいつだって優しく微笑んでいた。

同級生たちは皆、私ならできると背中を叩いてくれた。

その言葉は純粋な期待と、優しさにあふれていた。

なのに、それが怖くてたまらなかった。

そんな人たちの期待を裏切る事が、期待に応えられない事が、私の心を圧し潰そうとしてきた。



まほ「なぁ逸見……なんでみほはあんなに笑っていられるんだ。あの子だって沢山の重圧に潰れかけていたのに」



みほは、私と同じだったはずなのに。

西住流の娘だから、期待されて、勝利を求められて、圧し潰されそうだったはずなのに。

いつの間にかあの子は重圧を押しのけていた。笑顔で前を向けるようになっていた。

私は、何もしてこなかったのに。

一歩も進めなかったのに。



まほ「なんで、あの子には赤星や、お前のような弱さを認めてくれる友達がいるんだ……

   なんで、私にはお前たちのような理解者がいないんだ……なんで、なんで私はっ……!!」

393 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:36:31.78 ID:cEt2RuET0









まほ「こんなにも、弱いんだッ……」







394 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:37:05.17 ID:cEt2RuET0


私は逸見に縋りつくように膝をつく。

今度こそ、逸見は私を見下ろす形になる。

だけど私は見上げる事すら出来ず、ただ呻いてうつ向く事しかできない。

……なんて情けない姿だ。

これが、こんなのが、黒森峰の副隊長なのか。

こんな弱い存在が西住流の娘なのか。



まほ「戦車道だけが、私の存在理由なのにッ……」



誰かの期待に耐えられない。

そんな自分の本音すら無視してきた結果、私はこんなにも無様な姿をさらしている。



395 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:38:58.75 ID:cEt2RuET0





『……西住、結局お前は最後まで強かったな』






安斎、違うんだ。

私は、私はずっと弱かったんだ。

弱い自分を隠して逃げていただけなんだ。

いくら戦車道が強くても、黒森峰(ここ)に来てからそれが私の喜びになった事なんて無かった。

勝っても、勝っても、勝っても。

それが、誰かからの期待に、重圧になる事が怖かった。

だけど、それに気づかないふりをしていた。

それに気づいてしまったら、直視してしまったら、

『戦車道が強い自分』すら認められなくなったら、

私は、本当に空っぽになってしまう気がしたから。

396 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:40:18.84 ID:cEt2RuET0


『私、黒森峰に来て良かったかも♪』







もしもお前ががうつ向いたままだったら、私はそんな事気にも留めなかったのに。

戦車道だけが自分の存在意義だという事を、強い事が西住流の娘の義務であることを疑う事なんてなかったのに。

なのにお前は、血を分けた妹は、自分だけの道を探そうとしている。

戦車道だけじゃない、自分自身を。

踏み出す勇気すらなかった私には、そんなお前の姿が羨ましくて、妬ましくて、

強さしかない自分が惨めに思えて仕方がなくて。


397 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:40:52.82 ID:cEt2RuET0




エリカ「西住さん」



398 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:41:39.35 ID:cEt2RuET0


降りかかる声に、私は怯える子供のように見上げる。

逸見は無表情でじっと、見下ろす。



エリカ「私は、弱い人が嫌いです」

まほ「……」

エリカ「自分の弱さを誰かのせいにして、誰かの弱さで自分を慰めるような人間が大嫌いです」



感情の込められていないその言葉は、だからこそ、それが逸見にとって偽りのない本心なのだと思えた。



エリカ「弱い人は自分の道すら決める事が出来ません。そんな人のせいで強い誰かの道が妨げられるのが、私は我慢できません」



そうだ。私は、私の弱さで皆の未来を阻んでしまうかもしれない。

いつか、身勝手な嫉妬でみほに取り返しのつかない傷をつけてしまうかもしれない。

それは逸見にとって絶対に許せないもののはずだ。

そんな弱さを抱えた人間が、許されていいはずがない。

こんな弱い私が、誰かを導けるはずがない。

ならばいっそ、ここで。

全部否定してもらえるのなら。

私を、要らないと言ってくれるのなら。

逸見、お前がそう言ってくれるのなら。

みほを笑顔にしたお前が、あんなにも優しいお前が、そう言ってくれるのなら。





私は、ここで終わったほうがいい。




399 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:42:11.67 ID:cEt2RuET0




エリカ「だから、」



私を見下ろす逸見は、




400 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:42:56.47 ID:cEt2RuET0







エリカ「私は、私が大嫌いです」






401 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:43:31.11 ID:cEt2RuET0







今にも泣きだしそうな微笑みを浮かべた







402 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:44:38.66 ID:cEt2RuET0



まほ「え……?」

エリカ「西住さん、あなたは大丈夫ですよ」



逸見はしゃがみ込んで、呆然としている私の手を取る。

それはまるで幼子に語り掛けるかのように。



エリカ「弱い自分を認めて、知った風な口を利いてくる生意気な後輩に胸の内を明かせる。

    情けなくても、弱くても。あなたは、こんなにも強いじゃないですか」

まほ「逸、見……」

エリカ「大丈夫です。自分の弱さを認められるあなたなら、きっと」



…私は、彼女に何を言えばいいのだろうか

そんなにも泣きそうな顔で私を慰めてくれているのに、

私は何も言うことができない。

だって私は、逸見の事を何も知らないから

逸見がどんな人間か知らないから。

私はいつのまにか、逸見の内面まで知った気になっていた。

厳しくも、その内側には優しさを持っているのだと。

友情に篤く、強く、美しく。

それが逸見エリカという人間なのだと。

だけど、今の逸見はさっきまでの私よりも弱々しく、今にも崩れそうなほどで、

それなのに私の手を取ってくれている。

それは優しさだけでなく、まるで贖罪のようにも思えた。

403 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:45:04.71 ID:cEt2RuET0


まほ「逸見」

エリカ「はい」

まほ「なんで、お前は、私にここまでしてくれるんだ」



純粋な疑問。

逸見と私の付き合いはそれほど長く、深いものではないはずだ。

だというのに、彼女はこんなにも私を思ってくれている。

あんなにも泣きそうな顔で、微笑みかけてくれる。

だから問いかける。

私に、それだけの価値があるとは思えないから。



エリカ「……言った事無かったですっけ?私、あなたに憧れて黒森峰に来たんですよ」

まほ「私に……?」

エリカ「ええ」



逸見に手を引かれ、私は再びベンチに腰掛ける。

繋がれた手はなぜか繋いだままで、でもそれがとても暖かくて。

私の心に少し、平穏が戻ってくる。


404 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:45:40.07 ID:cEt2RuET0



エリカ「小学生の頃地元の小学生大会に参加したとき、あなたの試合を見た事があって」



逸見は少し気恥ずかしげにしながらも、だけど嬉しそうにそっと語りだす。

確かに小学生の頃、いくつかの大会に出た事がある。地元が同じである逸見がそれを見た事があるというのはおかしい話ではない。



エリカ「残念ながらあなたと当たることはありませんでしたが。……凄かった。一つしか年が違わないのに、強くて気高くて。

    その姿に、私もああなりたいって。強い学校で学びたいって。そう思ってここに来ました」



その頃はお母様が私に経験を積ませるためにとにかく手当たり次第に戦車道の大会に出場させていた時期だ。

でも……幼い頃のたった一度。それも私の試合を見たぐらいでそんな人生を決める決断をするだなんて……



エリカ「あ、今『その程度の事で』って思いましたね?」

まほ「ち、違っ……」



私の内心を察したのか、逸見はくちびるを不満げにとがらせる。だけど、その顔はすぐに綻ぶ。



エリカ「……ふふっ、わたしもその程度の事だって思います。でも……その程度で充分だったんですよ。私がここに来る理由は」



何の後悔もないという逸見の表情。


405 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:46:40.63 ID:cEt2RuET0



エリカ「私、昔から戦車が好きで、戦車道も戦車に乗れるから始めたんですよ。だから、正直戦車道の良さとか楽しさはよくわかりませんでした」



あんまりにもあっさりと言うものだから流しそうになってしまう。



まほ「え……?」

エリカ「バンバン撃って、ガンガン進みたいのに、作戦とか戦略とかが煩わしくて。地元のクラブもあんまり楽しくなくて」



あの逸見が、誰よりもひたむきに戦車道に取り組んでいる逸見が。

戦車道を楽しいと思えなかっただなんて。



エリカ「でもあなたの試合を見て、戦車道ってあんなに綺麗なんだって。あんなに――――楽しいんだって思えて」



あの頃の私はまだ、自分が背負うたくさんの重荷に気づいていなかった。

ただ目の前の勝負に勝ちたくて、そうするとお父様が、お母様が、みほが、嬉しそうにしてくれたから。

それが、嬉しくて。

……ああ、そうだ。あの頃の私は――――戦車に乗ることが、戦車道が楽しかったんだ。



エリカ「たぶん、あの試合を見なければ私は姉と同じ地元の公立校にでも進学していたと思います。

    戦車道だって、ただの趣味の延長ぐらいで終わっていたと思います。……いや、中学に上がったらもうしなくなってたかも」



逸見は、選ばなかった選択肢を少しだけ寂しげに語る。

その表情は何を思っての事なのか。私は推し量ることができない。

だけど次の瞬間、逸見の表情はパッと明るくなる。



エリカ「でもそうはならなかった。あなたの姿が、私の人生を変えました。

    戦車道がもっと強くなりたい。この競技で私の人生を満たしていきたい。って。

    あの程度の事で私、親に頭を下げて高い学費払ってもらって、受験勉強して、ここに来ました」



「まぁ、だからって追いつけたわけじゃないですけどね」。逸見はそう言うと夕焼け空を見上げる。



エリカ「勢いだけでここまで来ちゃいましたけど、私は後悔したことはありません。だって―――――私、今楽しいですから」


406 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:47:22.22 ID:cEt2RuET0



そして再び私を見つめる。

その瞳は宝石のようにキラキラと輝いていて、

その輝きはきっと、逸見だけのものなのだろう。

だから、私はこんなにも魅せられて、こんなにも惹かれて、

いつのまにか、絵本の続きをせがむ子供のように私は身を乗り出していた。



エリカ「だから感謝しています。あなたに出会えた事を。

    尊敬しています。あなたを……西住まほさんを」



真っ直ぐな視線。それは西住流の娘じゃなくて、私を見つめてくれていた。

その視線に耐えられなくて、私は顔をそむけてしまう。



まほ「……私はそんな事を言われるような人間じゃないよ。今だってこんなにも情けなくて弱い姿をお前に見せているのに」

エリカ「……ええ。おかげで確信できました。強い人は、弱さも持っているんだって」

まほ「……強くて、弱い」



口に含むように呟く。



407 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:48:00.01 ID:cEt2RuET0




『もっと、強くて、弱くなれ』


『あの子はきっと、今も気が弱いほうですよ――――だから強いんです』







……ああそうか。安斎が、逸見が言っていたのはこの事だったのか。

強いだけの心は簡単に折れてしまう。

弱いだけの心は簡単に崩れてしまう。

強さを抱きしめるための弱さと、弱さを守るための強さがあって初めて人は、『強く』なれるんだ。

安斎はそれを私に知って欲しかったんだ。

まだ向き直れない私に、逸見は語り掛ける。



エリカ「何度だって言います。どれだけ情けなくたって、どれだけ怖くたって、弱さを認められるあなたは―――――強い人です」



その言葉は、私が一番求めていたものだったのかもしれない。



408 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:48:29.38 ID:cEt2RuET0





『私の言葉の意味はお前が見つけろ!!そしたらきっと――――お前に必要なものがわかるはずだっ!!』






……うん、見つけたよ。私に必要なものが。

ずっとずっと目を逸らし続けていたものをようやく、私は受け止められたんだ。

それを受け入れてくれる人と、私は出会えたんだ。





409 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 18:49:18.55 ID:cEt2RuET0


隣に座る逸見を見つめる。

宝石のような碧眼に映り込む私は、とても穏やかな表情をしていて。逸見が握ってくれている手が暖かくて。

私は自然と逸見に感謝を伝える。



まほ「逸見……ありがとう。私の弱さを受け入れてくれて。私と、向き合ってくれて」

エリカ「……やめてください。私はただ、あなたの悩みに対してそれっぽい事を言っただけですよ」

まほ「……そうか」



やっぱりお前は、嘘が下手なんだな。



私と逸見はお互い無言で立ち上がる。

そして、向かい合う。



まほ「逸見。みほがお前と一緒にいる理由が、ようやくわかったよ」

エリカ「……早く独り立ちしてもらいたいものですけどね」

まほ「……ふふっ」



夕日が彼女の輪郭を輝きで縁取る。背中にまで伸びる銀髪がそれを受けて周囲を照らしそうなほどに煌めく。

海のように碧く澄んだ瞳が彼女の心の深さを伝えてくれる。

今日この日、私は初めて『逸見エリカ』と出会う事ができた。

誰かの言葉じゃない。私の目で、耳で、心で。

逸見のおかげで私は自分の弱さを認めることができた。

私を、取り戻せた。




まほ「……ねぇ」




410 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:01:56.53 ID:cEt2RuET0






なら、もう取り繕う必要は無い。

私は私として。





411 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:03:02.92 ID:cEt2RuET0


まほ「私、ずっとあなたの事誤解してたみたい」

エリカ「……西住さん?」

まほ「あなたは不良なんかじゃない。とっても頑固で、嘘が下手で、それ以上に――――優しいのね」

エリカ「……あら?私は元々優しいですよ。みほ以外には」



悪戯っぽく笑う逸見に、私も笑い返す。



まほ「ふふっ、そう。……みほは良い友達を見つけられたのね」

エリカ「だから私とあの子は友達じゃ……」

まほ「エリカ」

エリカ「え?」



そういえば、エリカって花の名前だったっけ。

見たことは無いけど、きっと……可憐な花なんだろうな。

呼びかける瞬間、そんな事を思った。




まほ「……あなた達が来るのを待っている」

エリカ「……はいっ!西住さんっ!!」

まほ「それと、」




嬉しそうに返事をするエリカ。

だけど、もう一つ言っておきたいことがある。

私だけじゃ不公平だから。

エリカにもっと私を知って欲しいから。

……みほ達にほんのちょっと対抗したいから。

412 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:03:36.77 ID:cEt2RuET0



まほ「まほでいい。西住さんじゃどっちの事かわからないからな。……またね、エリカ」



そう言って、私はエリカの返事を待たずに去って行く。

名残惜しそうに離した手の温もりを、ぎゅっと握りしめて。




エリカ「……まほさん、頑張ってくださいっ!!」



後ろからかけられる声。

私は振り向くことなく答える。



まほ「ああ。見ていてくれ」



413 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:05:33.81 ID:cEt2RuET0







人影の少ない帰り道、夕焼けが水平線に近づき影が伸びきる頃。

私は歩きながらそっと物思いにふける。




『私は、私が大嫌いです』




まほ「……」



その言葉にどれほどの意味が込められていたのか私に推し量ることはできない。

だけど、その泣きそうな笑顔に、今にも消えてしまいそうな儚い姿に、

どうしようもないくらい寄り添いたくなってしまう。

414 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:07:46.26 ID:cEt2RuET0


まほ「エリカ」



そっと呟く。

自分だけに聞こえるよう。

だけど、ここにはいない誰かに届く事を願って。



エリカ「私は……貴女に、隣にいて欲しい」



弱い私を包み込んでくれた貴女に

私をもっと知ってもらいたい。

自分を嫌いだと言う貴女を、私はもっと知りたい。

そしていつか、貴女にちゃんと自分を好きだと言ってもらいたい。

そうなったとき、私はやっと、貴女と分かり合える気がするから。

貴女が私を理解してくれたように、私も貴女を理解したいから。

理解者<トモダチ>に、なりたいから。



……だけど今は、目の前に集中しよう。

そうすればきっと、あの子は私を見ていてくれるはずだから。

来年、笑顔であの子たちを迎えられるから。

415 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:11:17.46 ID:cEt2RuET0


私は黒森峰学園高等部戦車道チーム副隊長、西住まほ。



とても、弱い人間だ。

でも大丈夫。

どんなに弱くても、それを認められれば、受け止められれば。

見ていてくれる人がいる。そんな私を強いって言ってくれる人がいるから。

私は、弱くて、強い人であろうと思う。



まほ「……」

立ち止まって空を見上げる。

夕日は水平線に接して、月がその姿を煌めかせ始めている。



私は今日という日を一生忘れない。

弱さも、強さも。私の大切な一部なのだとわかった今日を。

その二つを受け入れてくれる人と出会えた今日を。

私は絶対に忘れない。



まほ「……カレンダーに印でもつけておこうかな」



何となく呟いた軽口に自分で笑ってしまう。

そんな必要ないから。

忘れる事なんてないだろうから。

誰かが聞いたら大袈裟だと思うかもしれない。

だけど、そんなことない。

貴女が私にしてくれた事は、私の人生を変えてくれるだろうから。





だって、




416 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:12:51.22 ID:cEt2RuET0







まほ「私は、貴女に救われたから」






417 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:13:25.30 ID:cEt2RuET0







夕日が、私を抱きしめているような気がした






418 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 19:15:18.30 ID:cEt2RuET0
ここまで。
まほの口調は男口調だったり、女口調だったり、資料によってバラバラですけど、
このSSにおいては普段は男口調で、素を出したり、気を許していたり甘える時には女口調になるのかなーって感じで書いてます。

また来週。
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 20:07:10.70 ID:huUN9d1z0
一周回ってエリみほの気配を感じる
バンバン話を進めてくれ
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 20:15:30.27 ID:yU09ED+90
>>414の>エリカ「私は……貴女に、隣にいて欲しい」ってまほのセリフじゃないんですか?
あとカレンダーのくだりサラダ記念日だからとか言うのかと思いましたwwww
421 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/04(土) 20:23:14.01 ID:cEt2RuET0
>>420 おっとマジですね。

>>414   エリカ「私は……貴女に、隣にいて欲しい」
 
            ↓
      まほ「私は……貴女に、隣にいて欲しい」


上記のように訂正いたします。
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 21:41:11.78 ID:b0o/WEFh0
乙!
エリみほも良いがエリまほも尊い…
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 22:26:19.89 ID:Ww2ZQ9e90
過去が分かれば分かるほど辛いな
これならまほも怒るよな
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 01:21:33.39 ID:AcvkktPO0


まぁ、まほの怒りは「どれだけの人を傷つけてると思ってる」とあるし
よりによって一番親しかったみほが扮してるってのが大きいだろうな…
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 01:32:18.11 ID:uwZAE0GQo
おつおつ
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 09:25:02.44 ID:t2MOOYOZo
クレイジーサイコレズ…
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/05(日) 12:59:19.33 ID:6iNXJqmjO
随分刺々しいカウンセリングだなww
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/06(月) 00:07:16.94 ID:SUPyzb+u0
終わってないけど名作だわ
完結楽しみです
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 07:10:05.59 ID:8gUVSpPS0
もう本当このSS書ききったら、√分岐でエリみほまほトリオ(小梅もね)の最強黒森峰12連覇超絶ハーピーエンド√書いて欲しい。

大洗?知らねぇなぁ…
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 20:05:24.35 ID:crIoPbig0
或いは原作通りのみほ大洗転校ルートから何かの手違いで分岐した先がまほがママ爆弾をエリカに投げる世界だったりとか
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/08(水) 09:18:12.34 ID:o6pTOzjE0

女口調になったまほにドキッとする週末でした
普通にギャグ方面な短編をまたみてみたい
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/08(水) 15:49:01.89 ID:onK+gZhWO
お前ら中学生にしては早熟すぎだろ、、、と思うことなかれ、慶應とかの中等部生はまぎでこんなだからビビる。
そら人間としての経験が違うわ、、、
433 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:12:47.17 ID:K1R5xaRg0




中等部3年〜9月〜





黒森峰の母港にほど近い海沿いにあるホテル。

その大ホールの壇上に、私とエリカさんはいた。



みほ「えっと……」



私の言葉を会場の人たちは今か今かと待ちわびる。

その光景に圧倒されて、私は何を言えばいいかわからなくなってしまう。

そんな私の脇腹をエリカさんがみんなからは見えない位置で小突いてくる。



エリカ「さっさとしなさいよ。みんな待ってるわよ」



凛とした立ち姿を崩さず、私にだけ聞こえるようにそう囁く。

それに視線だけで謝って、深呼吸をする。

すると、会場にいる赤星さんが口だけを動かして「頑張ってください」と、伝えてくる。

……うん、大丈夫。ちゃんと練習したんだし。



みほ「……黒森峰学園中等部戦車道チームは今年も大会優勝という栄光を得ることができました。

   これも偏に隊員の皆さん、学校、OG、そして、地域の方々の協力があってこそです」



最後にこれだけ声を張ったのはいつだろうか。

相変わらず大きな声を出すのが苦手だ。

でも、今日は大会で頑張ったみんなを労うためでもあるパーティー。

私は隊長として、しっかりと務めを果たさないと。

434 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:16:25.73 ID:K1R5xaRg0



みほ「私たち3年生は来年度高等部に進学しますが、この経験を忘れず全国大会10連覇を目指して尽力することを誓います」



ここにいる大体の3年生は、そのまま高等部に進学する。

そして待っているのは前人未到の10連覇がかかった全国大会。

今年の9連覇ですらどこも成し得ていない偉業であるのに、10連覇となればかかる期待はそれ以上だ。

そのプレッシャーを私が感じていないわけがない。

怯えていないわけがない。

だけど、今は一緒に進学するみんなのために。

私たちを待っている先輩たちのために。



みほ「そして後輩の皆さんはこれから中等部を背負う自覚を持ってください。あなた達が、未来の黒森峰を引っ張って行くのですから」

 

私たちの背中を見る後輩たちのために。

情けない姿は見せない。

頼りない隊長だったかもしれないけど、偉そうに聞こえるかもしれないけど、

最後くらいはちゃんとした姿を見せよう。

震える手で持った杯を高く掲げる。



みほ「だけど今日は、ここにいる全員で勝利を祝いましょう。皆さん――――乾杯<プロースト>!!」



『乾杯<プロースト>!!!!!』



435 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:19:59.30 ID:K1R5xaRg0




すっかり暗くなったホテルの外。

海風が少し目に沁みるけど、大きな月と、それを写す海が綺麗で、瞬きすらもったいないと思ってしまう。

そんな中、一人歩く私は目当ての人を見つけて声を掛ける。



みほ「エリカさん」



海を見渡せる広場に、私の尋ね人はいた。



エリカ「あら、どうしたの?」



エリカさんは柵に寄りかかったまま、顔だけこちらに向ける。

なびく髪が、月光を反射して光の粒子をまき散らす。

相変わらず立っているだけでサマになる人だ。

瞬きさえ忘れてしまうほど。



みほ「どうしたのはこっちのセリフだよ。勝手にどっか行っちゃって」

エリカ「なんであなたにいちいち許可とらないといけないのよ」

みほ「もう、おかげで私一人でOGの人たちに挨拶する羽目になったんだよ!!」



一人に挨拶してはまた次に。それを何回も繰り返して折角のパーティーだというのに頭ばかり下げていたのだから不満も溜まろう。

せめてエリカさんがいてくれれば、そんな私の負担も減っただろうに。



エリカ「それぐらいあなた一人でやりなさいよ……挨拶回りは隊長の仕事よ」

みほ「うぅ……私がそういうのに向いてないって知ってるくせに……」

エリカ「だからでしょ。苦手は克服しないと」



エリカさんはそう言うが、その声色はいたずらっ子のようでエリカさんがワザと私を一人にしたのだとわかってしまう。

私の不満を感じ取ったのかエリカさんは私から視線を外し、再び海を見つめる。



エリカ「それにしても……よくここにいるってわかったわね」

みほ「ホテルの窓から、たまたま見えたから」

エリカ「そう。運が良いのね」

436 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:23:16.30 ID:K1R5xaRg0



ううん、違うよ。ほんとはたまたまなんかじゃない。

窓の外で、一人佇むエリカさんの姿は遠くからでも絵画のように美しくて、

きっと誰が見てもそこにエリカさんがいるってわかっただろうから。

正直自分でもよく飽きないものだと思うけれど、相変わらず月明かりの下のエリカさんはうっとりするほど綺麗で、

今そんなエリカさんの姿を独り占めしているのに罪悪感すら覚えてしまう。

そんな内心を振り切るために、話題を変える。



みほ「来年、どうなるかな」

エリカ「あら、もう弱気?さっきはあんなに偉そうな演説したのに」



まるで鬼の首を取ったように意地悪に笑いかけるエリカさん。

人の気も知らないで……



みほ「だって、あの場で弱気になったらエリカさん怒るじゃん……」

エリカ「ええ。でも、あなたはちゃんとやり切った。……良かったわよ。やればできるじゃない」

みほ「え?」



彼女は私を見て優しく、微笑みかけてくる。

いつもならそれだけで飛び上がりそうなほど喜ぶ私の内心は、困惑で満たされてしまう。

……今、エリカさんが褒めてくれた?

普段あんだけ嫌味ばっかなエリカさんが、私を。

驚いて目を丸くしている私を見て、エリカさんは「しまった」という顔をすると、



エリカ「あなたがいつもああだったら、私もいちいち嫌味を言わなくて済むのに」



そういっていつもの小馬鹿にしたような表情に戻る。

私はそれに、がっかりしたような、安心したような気持ちになってしまう。



みほ「嫌なら言わなければいいのに……」

エリカ「……そうね」



エリカさんは少し目線を下げて、まるで後悔しているかのように呟く。



みほ「エリカさん……?」


437 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:26:50.31 ID:K1R5xaRg0




一体どうしたのだろうか。今日のエリカさんはなんだかいつもと様子が違う。

どこか、釈然としない様子で、いつもの凛々しさが少し、薄れているように思えてしまう。



エリカ「ねぇみほ。あなたから見て、私はどう見える?」

みほ「え……?どうしたの急に」



突然の問いかけ。

いつだって他人の評価を気にせず、自分らしく真っ直ぐなエリカさんが、自分がどう見られているかを気にするなんて。

本当にどうしたのだろうか。



エリカ「……別に。なんとなくよ」

みほ「……私から見てエリカさんは」



でも、エリカさんが聞きたいというのであれば私は答えようと思う。

私が、エリカさんをどう思っているのかちゃんと伝えるいい機会だと思うし。

私はエリカさんをじっと見つめ、一言ずつ大切に伝えていく。


438 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:28:55.30 ID:K1R5xaRg0



みほ「誰よりも真面目で」



戦車道はもちろん、勉強も、毎日の生活態度も完璧なエリカさん。

それは誰にでもできる事じゃなくて、もちろん私にだって出来ていなくて。

尊敬してしまう。それほどの情熱を彼女はもっている。





みほ「綺麗で」



いつだって彼女の美しさは変わらない。

宝石のような碧眼が、透き通るような白い肌が、

月光のように煌めく長い銀髪が。

怒った顔も、呆れた顔も、笑った顔も。

全部全部、素敵で、見惚れてしまう。







みほ「優しくて」



自分の覚悟を踏みにじった私を見限らず、手を差し伸べてくれた。

私を慮って、行動してくれた。

私が再び戦車道を楽しめるようにしてくれた。

キツイ態度の裏に隠れた優しさが、私を救ってくれた。



439 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:30:01.76 ID:K1R5xaRg0




みほ「強い人だよ」



440 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:30:50.98 ID:K1R5xaRg0


真面目さを、美しさを、優しさを。それらを蔑ろにせず、全部を大事にできる強さこそ、エリカさんの本質なのだろう。



みほ「これが……私から見たエリカさんかな」



我ながら恥ずかしい事を言った自覚はある。でも、言い過ぎなんかじゃない。

私にとってエリカさんはそれだけの人なんだから。

何度聞かれても、同じ答えを返すと思うから。



エリカ「……そう」



だけど、エリカさんは返事をしたきり、無言で海を見続ける。

私は何かマズイ事を言ってしまったのではないかと焦ってしまう。



みほ「あ、あのエリカさん。私、何か変な事―――――」



その時、

海風が彼女の長い銀髪を揺らす

ほんの一瞬、彼女の横顔が月明かりに照らされる

いつだっておとぎ話のお姫様のように美しいエリカさんの横顔は

私が大好きな、月明かりの下のエリカさんの顔は



441 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:32:41.90 ID:K1R5xaRg0




苦悶と、哀しみに満ちていた



442 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:34:42.14 ID:K1R5xaRg0


みほ「……エリカさん?」



彼女の髪が再び横顔を隠す。

私が今見たのは何なのだろうか。

まるで、今にも泣きだしそうなあの顔は。

まるで、かつての私のような表情は。



私が恐る恐る声を掛けると、エリカさんはそっと、私に向き直る。

その表情は先ほどと何も変わらぬ凛としたもので、

月光から彫りだしたようなその容姿は私が見惚れたエリカさんのままで。



エリカ「まったく、恥ずかしい事言ってんじゃないわよ」



そして、いつものように私を小馬鹿にした様子で、

私のおでこをピシッとデコピンする。

その様子は何もおかしくなんかない、いつものエリカさんで。

なら、さっき私が見たエリカさんは―――――



小梅「あ、いたいた二人とも何してるんですか」



私の思考は横から投げつけられた声で遮られる。

プンスカ!という擬音が似合いそうな感じで声を掛けてきたのは、会場に残したままだった赤星さん。



小梅「もう、隊長と副隊長が会場にいなくてどうするんですか」

エリカ「この子はともかく、私は別にいいでしょう」



いや良くないよ。

忘れていたけど、私はエリカさんを呼びに来たんだから。


443 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:37:16.74 ID:K1R5xaRg0


小梅「何言ってるんですか、エリカさんがいないせいで私が後輩の子に詰められたんですよ『逸見先輩はどこですか!?』って」

エリカ「なんでその子は私の事をそんなに気にしてんのよ……」

小梅「そりゃあファンクラ……なんででしょうね?」

エリカ「今何か言おうとしてなかった?」

小梅「何のことでしょうか?」



慌てて誤魔化す赤星さん。

良かった……ファンクラブの事はエリカさんには内緒なんだから。

だってばれたら絶対解散を求められるだろうし。

まぁ、私はいつだってエリカさんのそばにいるから別にいいと言えばいいんだけどね?ふふん。



小梅「とにかく、もう戻りましょう。海風に長く当たってたら髪痛んじゃいますよ」



それはいけない。

私なんかはともかく、エリカさんの綺麗な銀髪が痛んでしまったら悔やんでも悔やみきれない。

私は慌ててエリカさんを連れて戻ろうと手を伸ばす。



みほ「エリカさん戻―――」

エリカ「そうね。なら、もう戻りましょうか」

みほ「あ……」



繋ごうとした私の手は宙を掴み、エリカさんは一人で歩いて行ってしまう。



みほ「……」



私の前を通り過ぎて行ったエリカさんの横顔は、髪に隠れて見えなくて、

そこに、さっきのエリカさんの表情が思い出されて。

私は何も言えなくなる。



小梅「……何かあったんですか?」



伸ばした手を胸の前で握る私を見て、赤星さんが心配そうに語り掛ける。



みほ「……ううん。何にもないよ。いつものエリカさんだった」

小梅「そうですか……」



赤星さんはどこか、納得していないようだったけど、私は気づかないふりをしてエリカさんの後を追う。


444 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:38:17.95 ID:K1R5xaRg0



きっと、あれは私の見間違いなんだろう

多分、エリカさんは体調が悪かったんだろう

だって、エリカさんがあんな表情するわけないもの

あんな、弱々しい表情をするわけないもの

エリカさんは素敵な人だから

私なんかよりもずっと優しい人だから

あんな、私みたいな顔するわけないから




強い人なんだから




445 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:38:57.52 ID:K1R5xaRg0






海風が私の後ろ髪を引いたような気がした





446 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/11(土) 19:39:41.44 ID:K1R5xaRg0
コミケ行きたかったです。

また来週。
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 22:43:57.30 ID:kGECw7b4o
乙でした
始まったか
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/12(日) 02:44:26.26 ID:DEktlEBAO

こっからエリカの掘り下げもあるのか!
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/13(月) 16:17:46.01 ID:e7jbvXnoO
>>1ーシャ
自然体でこんだけフルアーマーメンタルなんてなぁ ないよ
気ィ張ってるよそりゃ みぽりん癒したげて!

最近>>1に触発されてきた
自スレ詰まっててエタりかけてんだけど なんとか続き書き出してみるよ
俺ももう一度まとめ常連に返り咲いてみせるぞ
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/14(火) 18:29:34.03 ID:9CtGdAsXO
何回も言われてそうだけど制作ガワはコレをアニメにすれば…
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 21:24:42.37 ID:jtOtYdiB0
正直このSSが1週間で1番楽しみな事になってるんだけど、
今週分更新はまだなのかな?
452 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:29:35.08 ID:CqMCvVly0






中等部三年 〜10月〜





右を見ればボコ。

左を見ればボコ。

ベットの柄もボコ。

枕元にもボコ。



そんな私の部屋は今、過去最高の動員数を記録していた。



四角いテーブルの上座(この場合、扉から一番遠い窓側の席だろうか)に私。

対面にエリカさん、そして私から見て右側に赤星さんが。


エリカさんはテーブルに肘をついてむすっとした表情をしていて、

対する赤星さんは、嬉しそうににニコニコしている。

そして私は期待に胸を膨らませ、落ち着きなく体を揺らしている。



小梅「それじゃあ、始めましょうか。みほさんの誕生日パーティー」



そう、本日は私の誕生日パーティー。

場所はここ、学生寮の自室。

それほど大きくないテーブルには一人暮らしだとまずお目にかかれない色とりどりの料理と、

私の名前が書かれたケーキが鎮座していて、それだけでテンションが上がってしまう。



エリカ「ちょっとは落ち着きなさいよ」



そんな私を見て向かいのエリカさんは嗜めてくる。

声は出さないようにしてたんだけどな……



453 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:32:07.65 ID:CqMCvVly0


エリカ「そんなそわそわしてたら言わなくてもわかるわよ。もう、子供じゃないんだから」



口に出さなかった私の疑問をすぐ察する当たり、エリカさんが凄いのか私が分かりやすすぎるのか。

とはいえ、



みほ「まだ子供だよ……中学生だよ……」



エリカさんがやたら大人びているだけで15歳なんて子供も良いところだろう。

だいたい、生活費だって親からの仕送りでなんとかなっているのだから、子供であることを否定できないはずだ。

そう伝えると、エリカさんは回答を避け、「さっさと食べましょう」と赤星さんに目配せをした。

めんどくさくなったら逃げるのは子供のすることじゃないのかなあ……



小梅「エリカさん、お小言はそのくらいにして。ほら」



急かすエリカさんに赤星さんが耳打ちをする。

それに対して「……やらないとだめ?」と上目遣いで返すエリカさん。

私がどうしたのだろうと目をぱちくりさせていると、二人は襟を正して私に向き直る。




小梅「みほさん!」

エリカ「……みほ」




小梅「お誕生日おめでとうございます!!」

エリカ「誕生日おめでとう」



「イエー!!パチパチパチ!!」と口で言いながら拍手をする赤星さん。

それに対して「おめでとー……」とめんどくさそうに手を叩くエリカさん。

こうやって誕生日を祝福されるだなんて初めてで、

赤星さんに、エリカさんに祝ってもらえることが嬉しくて、私の目に涙が浮かんでしまう。



みほ「赤星さん、エリカさん……私、私……あ、ありがとうっ……」

エリカ「あーもう。泣くんじゃないわよ」



エリカさんに差し出されたハンカチで涙を拭い、少し赤くなった目でもう一度二人を見つめる。


454 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:33:39.65 ID:CqMCvVly0


みほ「二人とも、本当にありがとう」

エリカ「まぁ、良いわよこの程度」

小梅「できれば西住さんのお姉さんも呼びたかったんですけどね……」

エリカ「まほさんは国際強化選手の合宿に参加してるんだからしょうがないでしょ。遊んでる暇なんてないのよ」



「だから、あなたも変な事言わないの」赤星さんをそう嗜めるエリカさん。

一瞬こちらを向いた瞳に、その言葉がお姉ちゃんと……私を気遣ったものだとすぐに分かってしまう。

私は口には出さず、心の中でありがとうと呟く。



みほ「大丈夫だよ。お姉ちゃんが帰ってきたらまた家族でお祝いしようって言ってるし」

エリカ「なんだ。心配して損した」

小梅「やっぱり心配してたんですね?」



赤星さんのニヤニヤした視線にエリカさんは不満をあらわに睨み返す。

だけども赤星さんは全く堪えた様子はなく、エリカさんは鼻を鳴らし、「もういい」と私の方に向き直る。



エリカ「ほら、辛気臭いのはそこまでにして。さっさと食べましょう」



エリカさんの言葉に頷いて、私は目の前のから揚げを一つ頬張ってみる。

カリッと揚がりつつ、しっかりと味の染み込んだそれは、私が普段食べている惣菜よりも美味しく感じた。

その次にミニハンバーグ。小さいながらも口の中に広がる肉汁が、活力を与えてくれる。



みほ「……おいしい。赤星さんとエリカさん……料理上手なんだね……」

小梅「レシピ見ながらなんですから大したことじゃないですよ」

エリカ「普段作ってるのよりは手間をかけたけどね」



美味しいものはそれだけで気分が高揚する。

頬が緩んでしまう。

ましてやそれが私のために友人が作ってくれたものなのだからなおさらだ。



みほ「でも、食べきれるかな…」

エリカ「全部食べなくていいわよ。ちゃんとタッパー持ってきてるから何回かに分けて食べなさい」

小梅「エリカさん気が利きますね」

エリカ「……せっかく作ったんだから全部食べてもらいたいって思うのは当然でしょ」



そう言ってそっぽを向くエリカさん。

その態度が何だか可愛らしくて私と赤星さんはニコニコしてしまう。ニヤニヤかもしれない。

私たちの反応がうざったいのか、エリカさんは話題を変えようと台所に視線を向ける。

455 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:36:10.34 ID:CqMCvVly0


エリカ「それにしても……あなたのキッチン全然使った形跡がないんだけど?」

みほ「私……あんまり料理しないから」



基本スーパーの惣菜ばかりで、めんどくさい時は連日コンビニ弁当なんて日もある。

我ながら自堕落だと思うも、めんどくさいものはめんどくさいのだ。

私の自白にエリカさんは呆れたように脱力する。



エリカ「あなたねぇ……食事にはちゃんと気を使いなさい。高等部に上がったらもっと練習激しくなるんだから」

みほ「う、うん……」

小梅「まぁまぁ、お説教はそのぐらいにしましょうよ。今日はみほさんが主役なんですから」

エリカ「……そうね」



小言を言うエリカさんと、それを宥める赤星さん。

なんだかお母さんとお父さんみたいだなと、口に出さずに思った。

うちの家族が食卓に集まることはそんなにない。

お母さんは師範としての仕事があるし、お父さんもお父さんで腕利きの整備士としてあちこちを飛び回っているから。

だからこそ、家族全員揃った食卓はとても楽しくて、学校であった事や、何気ない話を聞いてもらうのが嬉しくてしょうがなかった。

それはたぶん、お姉ちゃんもだったのだろう。

普段あまりしゃべらないお姉ちゃんもこの時ばかりは饒舌になって、お父さんに話を聞いてもらおうとあれこれ日々の事を語る。

お父さんはそれを聞いて嬉しそうに頭をなでてくれる。

お母さんも、いつもの厳しさは残っているし小言もいうけれど、時折見せる柔らかな微笑みを私は見逃していなかった。

正直、お母さんに苦手意識を持っているのは否定できないけれど、もしかしたらそれは私の一方的なものなのかもしれない。

キツイ物言いのエリカさんが優しい人なように、お母さんも厳しいだけの人じゃ無いのだと思う。

……次の帰省の時は、お母さんと出かけられるといいな。

そんな事を思いながら私は箸を進めた。



エリカ「野菜もちゃんと食べなさいよね」




お母さんに小言を言われた。



456 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:41:24.36 ID:CqMCvVly0






楽しい時間は流れ、そろそろケーキの出番かなと期待をし始めた頃、

赤星さんがエリカさんにそっと耳打ちをする。

エリカさんはそれに仕方ないわね、といった表情で答えると部屋の隅に向かう。

そこにはエリカさんたちの上着や荷物が積まれていて、それを崩すと、ラッピングされた小さな箱と袋が出てきた。

その時点であれが何かを察し、そわそわしだした私を見て、赤星さんが嬉しそうに微笑む。



小梅「みほさん、誕生日と言えばなんでしょう?ヒントはプで始まってトで終わるカタカナ5文字です」



テレビの視聴者プレゼントクイズみたいな問いかけだね……



エリカ「馬鹿な事やってないで、さっさと渡しちゃいましょう」



「風情のない人ですね」と、赤星さん。

エリカさんは赤星さんに小さい方を渡すと、二人そろって私に向き直る。



小梅「みほさん、お察しの通りプレゼントです」

みほ「い、良いの……?」



恐る恐る尋ねる私に赤星さんは「何言ってるんですか」と微笑む。



小梅「誕生日パーティーは、プレゼントまでセットですよ」

みほ「で、でももう料理もケーキももらったし……」

小梅「あーそういうのいいですからっ!」



じれったいと言わんばかりに私の言葉を遮って、赤星さんは手に持った箱をずいと差し出してくる。



小梅「私からのプレゼントはこれです。はい、どうぞ」



差し出された小箱のラッピングを解いて箱を開けると、カラフルで可愛らしいお菓子たちがあらわれる。




みほ「わぁっ!?マカロン!!良いの!?これ、高かったでしょっ!?」

小梅「お世話になってる人のお祝いぐらいちゃんとしようかなって。みほさんマカロン好きって言ってましたし」

みほ「ありがとう赤星さんっ!!」

小梅「いえいえ、喜んでもらえて何よりです。……それじゃあ」



赤星さんはちらりと隣のエリカさんを見やる。

エリカさんはその視線にそっぽを向いて返すと、一歩私に近づく。

457 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:43:16.21 ID:CqMCvVly0


エリカ「みほ。その……」

みほ「エリカさん……?」



綺麗にラッピングられた袋を大切に、優しく抱いているエリカさんは、緊張なのか唇をぎゅっと結び、恥ずかしそうに頬を染める。

そして何か言おうとして口を開くと、また閉じる。

どうしたのだろうと私が怪訝に思っていると、エリカさんは助けを求めるかのように隣の赤星さん視線を送る。



エリカ「……やっぱり赤星さんが渡してくれない?」

小梅「何言ってるんですか。ほら、エリカさん」



パンッ!と背中を叩かれ、エリカさんはしぶしぶと言った様子でもう一度私を見つめる。

私の視線に、エリカさんは何度か目線を逸らす。

そして深呼吸をすると、意を決したように、その瞳から揺らぎが消える。



エリカ「……みほ、誕生日おめでとう」

みほ「……うん」



シンプルなお祝いの言葉。

どこか不満げなそれは、だけどエリカさんなりのお祝いなのだと感じ取れた。

嬉しくて微笑むと、エリカさんは恥ずかしさのせいか、また私から視線を逸らす。



エリカ「まぁ、あれよ。あなたも一つ年を重ねたんだから、もっとシャキッとしなさい……ってことよ」

小梅「もう……素直じゃないなぁ……」



呆れたような赤星さんの言葉にエリカさんは「うるさい」と目だけで返す。

そして、今度は抱えているモノに目を落として、そっと私に差し出してくる。


エリカ「……ほら、さっさと受け取りなさいよ」

みほ「エリカさん……プレゼント、用意してくれたんだ……」

エリカ「……まぁ、さすがに3年の付き合いになるとね。ちょっとぐらい祝おうって気持ちが出るのは否定できないわ」



素直さからは程遠いエリカさんの物言いに赤星さんは「この人は……」と再び呆れる。

私は差し出されたプレゼントを恐る恐る受け取って、そのまま先ほどエリカさんがそうしていたように大切に、優しく抱きしめる。



みほ「ありがとう。……開けても良い?」

エリカ「当たり前でしょ」

458 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:45:35.27 ID:CqMCvVly0


エリカさんの言葉が言い終わるや否や、私はそっとリボンを解く。

その中には、私が良く知っている、大好きな、あの子が入っていた。




みほ「ボコだぁっ!!」

エリカ「一気にテンション上がったわね……」

小梅「みほさん、本当にその熊さんが好きなんですね」



嬉しくて飛び跳ねんばかりな私。

電灯に透かすようにボコを掲げ、その隅々までじっくりと見つめているとあることに気づく。



みほ「……あれ?このボコ黒森峰の略帽かぶってる。それに包帯の巻き方も見たことない。こんな種類あったっけ?」



「そんなんわかるのね……」と呆れか驚きかよくわからない反応をするエリカさん。

いやわかるよ。私のボコへの愛がどれほどのものなのか、ボコ講座をしつつ教えてあげようかと思っていた時、

赤星さんがニヤニヤとエリカさんに視線を向ける。



小梅「無いと思いますよ?だって……」

エリカ「……」

みほ「どういう事?」



赤星さんの視線の先で、むすっとした表情で腕を組んでるエリカさん。

私の問いかけに赤星さんはクスクスと笑いながら。でも嬉しそうに語り始めた。



小梅「この間寄港したときにエリカさんとプレゼントを探したら、『ボコをボコって君だけのボコを作ろう!!ボコボコキット!!』っていう悪趣……意欲的なものがありましてね」

みほ「そ、そんなのあるのっ!?どこに売ってたのっ!?」



食いつく私に、赤星さんは視線を右左にと泳がせた後、エリカさんの耳元にぼそぼそと語り掛ける。



小梅「えっと……――――どうしましょう、投げ売りされてた最後の一個だからもうないって伝えますか?」

エリカ「……黙っておきましょう。わざわざ希望を潰す必要もないわ。投げ売りをプレゼントにしたってのも人聞きが悪いしね」

小梅「ですね……まぁ、元々妙に強気価格だったのが投げ売りで手ごろになっただけですし」



会話の内容が聞こえず、きょとんとしてる私に赤星さんは申し訳なさそうな表情で手を合わせる。



小梅「ご、ごめんなさい。適当にふらついてたら見つけたものなんでどこで買ったってのはちょっと覚えてなくて……」

みほ「そっかぁ……でも、嬉しいよっ!!でも、ボコに黒森峰の略帽セットがあったんだね」

小梅「あ、それはですね」

エリカ「余計な事言わないの」



赤星さん口に手をやるエリカさん。

でもすぐにその手はどけられてしまう。

459 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:47:36.91 ID:CqMCvVly0



小梅「余計な事じゃありません。……みほさん、その略帽はエリカさんの手作りなんですよ」

みほ「えっ!?て、手作りっ!?」



驚いて腕の中のボコを見てみると、確かに既製品にしては略帽の縫い目が荒いように思えた。

で、でも……手作りって……

驚いて何も言えない私に、エリカさんは居心地悪そうに顔を背ける。



エリカ「……別に、大したことじゃないわよ。キットものをただ作るのもつまんないと思っただけ。だから――――」

みほ「エリカさんっ!!」



そんなエリカさんの様子なんてお構いなしに、私はエリカさんに抱き着く。

先ほどボコを抱えていた時とは違う、大事に、力強く。



エリカ「ちょっ!?な、なによ急にっ!?」

みほ「ありがとうっ!!大切に……一生大切にするからっ!!」



突然のハグにあたふたしていたエリカさんは、私の言葉を聞いてどう思ったのか、

私を引きはがそうとしていた腕をそっとおろす。



エリカ「そこまで気負わなくていいわよ……」

みほ「ううん、大事にする。ダメって言われてもね」

エリカ「……そ。まっ、勝手にしなさい。……喜んでもらえたならそれでいいわ」



ポンポンと私の背中を叩くエリカさん。

子供っぽい扱いだと思ったけれど、エリカさんなりの喜びの表現なのだと納得して、私はより強くエリカさんを抱きしめる。

鼻腔を花のような香りが通り抜ける。

洗剤の匂いか、シャンプーの匂いか、はたまたエリカさん自身が花なのか。

エリカさんの体温を肌で感じて、その香りに包まれて、私の意識は私の体を離れていきそうになる。


パシャリ


そんな私の意識は耳に飛び込んで来たシャッター音によって現実に引き戻される。

驚いて音の来た方を見ると、嬉しそうに、ニヤニヤとカメラを構えた赤星さんがいた。


460 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:50:10.80 ID:CqMCvVly0



エリカ「ちょ、あなたなに撮ってんのよ」



慌てるエリカさんの言葉に、カメラを掲げて返事をする赤星さん。

あのカメラは……確かオクトーバーフェストの時も使ってたもので、赤星さんがお小遣いをためて買ったと嬉しそうに語っていたのを思い出す。



小梅「美しい友情の一ページですよ?シャッターチャンスじゃないですか」

エリカ「あのねぇ、こういうのは記憶に残すのが美しいのよ」



ため息交じりに咎めるエリカさんに赤星さんはノンノンと指を振って反論する。



小梅「思い出は、記憶の中だけじゃなくてちゃんと形にしておくべきなんですよ。
   
   記憶の中の想い出はいつかは薄れてしまいますけど、ちゃんと形に残すことでいつまでも私たちの依り処になってくれますから」



「だから、カメラはこんなにも進化したんですよ」。そういって再びレンズを覗く。



みほ「赤星さん!」

小梅「ええ、現像したら渡しますね」



さすが赤星さん。私の要望を言葉にせずとも感じ取ってくれた。

私は彼女の手を取りブンブン振って感謝と感激を伝える。



小梅「それじゃあついでに、3人で記念写真も撮っておきましょうか」



そう言ってミニ三脚を取り出した赤星さんに、エリカさんが心底めんどくさいという顔をする。



エリカ「別にいいでしょうよ。これで最後ってわけじゃあるまいし」

小梅「あれ?来年も祝ってあげる気マンマンですね?」

エリカ「……言葉の綾よ」



照れたように取り繕うその姿に思わず微笑ましさを感じてしまう。

それは赤星さんも同じだったようで、



小梅「ふふっ、そうしてあげます。それじゃあ撮りましょうか」



鼻歌混じりにカメラをセットする赤星さんの背中を見て、エリカさんは観念したようにため息をついた。




461 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 21:57:38.80 ID:CqMCvVly0






小梅「あ、そうだ聞いておかないと」



写真も散々とって、料理もケーキも堪能して、そろそろお開きかなと寂寥感が胸の内を満たし始めた頃、

お皿を洗っていた赤星さんが唐突につぶやいた。



みほ「何が?」

小梅「エリカさんの誕生日っていつですか?」



その問いかけはお皿を運んでいる私を通り過ぎて、テーブルを拭いているエリカさんに投げられる。

エリカさんの誕生日。

それは、私も前々から知りたかったことだ

何度か聞いたことはあるものの、「なんでそんな事教えないといけないのよ」と素っ気なくされてしまっていたのだ。



エリカ「なんでそんな事教えないといけないのよ」



そしてやはりと言うべきか、エリカさんは赤星さんの問いかけに対して素っ気なく、視線を向けることもなく返す。



小梅「何言ってるんですか。祝った側が次は祝われるのはもはや義務ですよ。拒否権はありません」



皿洗いを終えた赤星さんは手を拭きながらエリカさんの前に正座する。

その強い口調にエリカさんは思うところがあったのか、テーブルを拭く手を止める。



みほ「エリカさん……私も、エリカさんの誕生日お祝いしたいよ」



私も赤星さんの隣に正座して、エリカさんをじっとみつめる。

これで言わないのであれば泣きついてやろうかと思うほどの情感を込めて。

それ受けてエリカさんは2度3度視線を左右に動かし、



エリカ「……3月6日」


ポツリとつぶやいた。


462 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:00:38.28 ID:CqMCvVly0


小梅「……エリカさんって、早生まれだったんですね」

エリカ「この年になるとあんま変わらないわよ」

みほ「つまり、この中で一番年下なのがエリカさんって事だね」

エリカ「……そう言われるのが嫌だったから言わなかったのに」



唇を尖らすエリカさんの姿は、なんだかいつもより可愛らしく思えて、私は少し調子に乗ってしまう



みほ「お姉ちゃんって呼んでも良いよ?」

小梅「小梅お姉ちゃん。リピートアフタミー」

エリカ「ぶっ飛ばすわよ?」



にこやかに拳を握るエリカさんを見て、私たちは正座の姿勢を最大限に活かした平身低頭への姿勢移行で許しを請うた。



エリカ「……私の姉は一人で充分よ。あなたがそうなようにね」



その言葉に顔を上げるとエリカさんはベッドに腰を掛け、すっかり暗くなった窓の外に視線を向けていた。



みほ「……エリカさんのお姉ちゃんってどんな人なの?」

小梅「それ、私も気になります」




エリカさんのお姉ちゃんなのだから綺麗な人なのは間違いがない。

性格も似通っているとしたらツンツン姉妹だね。

そんな益体もない事を考えながら返答を待っていると、エリカさんは苦笑交じりに答える。



エリカ「……構いすぎて猫と妹に嫌われるタイプね」



ああ……エリカさん、苦労してたんだなぁ……

言葉の端からにじみ出る思い出し疲れに私たちはエリカさんの苦労を偲んだ。



エリカ「あなたが羨ましいわ。あんな良いお姉さんがいるのだもの」


463 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:03:00.67 ID:CqMCvVly0



私にそう言って、再び窓の外を見つめる。

確かに、私から見てもお姉ちゃんは良いお姉ちゃんだけど、エリカさんのお姉ちゃんは、エリカさんにとってはいいお姉ちゃんではなかったのかな……

でも、エリカさんみたいに綺麗な妹から嫌われているのは、ちょっと気の毒だな……

会ったこともないエリカさんのお姉ちゃんに少し同情していると、ふと気づく。

エリカさんの視線は、先ほどから窓の外を見つめたまま動いていない。

だけど、その瞳は夜空を見上げているわけではない。ならば何を見ているのか。

たぶん、エリカさんが見ているのは空の向こう、海の向こうの、エリカさんが最も長い時間を過ごしてきた場所。

優しく、懐かしむようなその表情は、その場所が彼女にとって大切な場所なのだと一目で感じさせる。



みほ「……エリカさん」

エリカ「何よ」

みほ「お姉ちゃんの事、大好きなんだね」

エリカ「……帰省するたびに猫かわいがりされるのは大変よ?」



私は思わず笑ってしまう。

だってエリカさんは相変わらず素直じゃないんだもの。

私は、『お姉ちゃん』としか言ってないのに、エリカさんは自分のお姉ちゃんの事なのだと思ったのだから。

それだけで、言葉にしていない思いが充分に伝わってくる。



小梅「エリカさん、家族にもそんな感じなんですね」

みほ「ねー」



赤星さんも同じことを思ったようで、クスクスと笑う。

きっと、エリカさんのお姉ちゃんも同じように思っているのだろう。

姉からすれば、こんなにも可愛らしい妹を可愛がるな、なんて無理なのだから。

顔を見合わせて笑う私たちを見て、エリカさんは唇を尖らせると、

「うるさいわよ」と、私たちの額にデコピンを叩き込んだ。


464 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:06:49.00 ID:CqMCvVly0





楽しい時なんて一瞬で、今度こそパーティーは終わりを告げ、エリカさんと赤星さんも帰る時が来てしまった。



小梅「それじゃあみほさん。また明日」

エリカ「さっさと寝なさいよ」



口々に別れの言葉を言ってくる二人に、私は胸の内の寂しさが出てこないようあえて明るく振舞う。



みほ「二人とも、今日はありがとう!!」

小梅「良いんですよ。私も楽しかったですから」

エリカ「感謝してるのなら、戦車道で返しなさい」



笑顔でこちらを気遣った返事の赤星さんに対して、無表情のエリカさん。

隣に立つ赤星さんの「この人はもうちょっとこう、柔らかい言い回しができないんでしょうか……」という呟きははたしてエリカさんにどう受け取られたのか。

私の言葉を待たず、もう言いたい事は言ったと言わんばかりに、エリカさんはそのまま扉を開いて振り向きもせず出ていく。

赤星さんは私に軽く手を振った後、その後を追っていく。

外にまで見送りに行こうかと一瞬体が動くも、それを無理やり押しとめる。

もう少し、もう少しと、二人の家にまで見送ってしまいそうだから。

その後、一人で帰る自分を想像したら寂しさに圧し潰されそうだから。

扉が閉まり、二人の足音が遠ざかっていき、それも聞こえなくなる。

そうなってようやく私は、無理やり釣り上げていた頬と唇を降ろすことができた。

少しこわばった筋肉を指先でほぐしながら、私は大きなため息をつく。

作り笑いなんて随分久しぶりだった気がする。

それこそ、1年の時以来だろうか。

エリカさんと出会ってから、私の表情から作り笑いが無くなった。

楽しい事を、悲しい事を、怒ったことを、喜んだことを。

しっかりと声と顔と行動にだせるようになった。

でも、だからこそ。

今日みたいに大切な人たちと過ごす時間を全力で楽しめる分、寂しさもひとしおになってしまう。

それはまるで大きな波のように、私にたくさんの喜びを抱かせ、それが引いていくように私の奥底の寂しさを露わにしようとする。

だから、踏ん張って作り笑顔で二人を見送った。

せっかく祝ってくれたのだから最後まで笑っていたいから。

465 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:14:40.67 ID:CqMCvVly0


みほ「……帰っちゃったな」




玄関から見える私の部屋は、すっかりいつも通りになっていて、ただ2つ、テーブルに乗せられているプレゼントだけが、二人がいた事を教えてくれる。

物寂しさを振り切るために、このままシャワーも浴びずに寝てしまおうかと考えるも、テーブルの上のボコが、「ちょっと付き合えよ」と語り掛けてきたような気がして、私は下座に腰を下ろす。

テーブルのボコをどけて、まずは赤星さんがくれたプレゼント、マカロンの箱を開けて覗き込むように見てみる。

カラフルな色彩が、私はここだよと主張するかのように目に飛び込んできて、私はその中から一つ、ピンク色の子を選んで口元に運んで一口齧る。

舌先が触れた瞬間、刺激的なまでの甘さが広がり、多幸感が私の脳内を満たしていく。

それに導かれるように、残りを全部口に放り込む。

もったいないなと思いつつも、好きなものはもったいないぐらいが丁度良いのかもしれない。なんて。



みほ「でも、あんまり遅くに食べると太りそうだな……」



ティッシュで口を拭い、もう一ついってみる?と自分に悪魔の囁きをしてみるも、乙女の本能がそれを強く拒む。

この程度でと思うかもしれないが、もしもマカロンの食べ過ぎでお腹周りが出たなんて言ってしまえば、赤星さんは気に病むだろうし、

エリカさんは指さして笑ってくるだろう。

なので、赤星さんからのマカロンは少しずつ食べていこうと思う。一つ一つ味わって、もったいないぐらいに。

私は箱を閉じて手を拭くと、今度は隣に座らせていたボコを拾い上げる。

相も変わらず愛らしいその姿は包帯と眼帯で着飾り、ますますその魅力を増している。

何よりもその頭上に鎮座する略帽が、アンバランスなようで、弱くても強い信念を持っているボコというキャラクターに対して、ある種正解を導き出しているように思えた。

エリカさんがボコの事をどれだけ知っているのかはわからないけれど、知らないでこれを作ったのだとしたら凄い事だ。



みほ「エリカさんはボコマスターだね」



そうつぶやきながらボコの感触を楽しむ。

手足をチョコチョコ動かして、その愛らしい姿を楽しんでいるうちに、これを作った人の顔が鮮明に思い浮かんでくる。

エリカさんが私のために手作りしてくれたボコ。

私の好きなものを大切な人が作ってくれたという事実が、私の心に燃料をくべ、大きく燃え上がらせる。

もふもふと感触を確かめるだけだった指先にだんだんと力が入っていって、



みほ「ああっ……ボコっボコっボコっ!!」



やがて我慢できなくなった私はボコを抱えてシングルベッドに飛び込むと、落ちないように右左とゴロゴロし始める。

先ほどまでの寂しさはどこかに行って、嬉しさに体がはち切れそうになっていた。



みほ「ボコは凄いよねー可愛いよねーボコだものねー」



明瞭に不明瞭な言葉を語りかけて、勢いのままボコを抱きしめると、訳も分からない興奮が脳内を駆け巡る。

天井に向かって放り投げたり、それなりに鍛えた背筋を活かしてブリッジしたり、

あんまりにも、奇っ怪な様子で、誰かに見られていたら私は学園艦から夜の海に飛び込むかもしれない。

でも、今、この部屋には私ひとり。何を遠慮する事があろうか。

ブレーキをかけず、アクセルを踏みぬく勢いで私はボコをぎゅっと抱きしめる。
466 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:16:13.83 ID:CqMCvVly0



みほ「でもあなたは特別可愛いねーっ、だってあなたはエリ――――」

エリカ「なにしてんの……」




突然の聞き知った声。

コンマ一秒もかからず飛び起きて声の方向を見ると、珍獣を見るような瞳でこちらを見るエリカさんがいた。



みほ「え、エリカさん?なんで?」



油の切れた機械のようにギクシャクしている私の様子に気づいていないのか。エリカさんは頬をかきながら、視線を斜め上に向けている。



エリカ「いや、忘れた事があって……。勝手に入ったのは悪かったけど……ていうかチェーンぐらいしなさいよ。いくら学生寮だからって不用心にもほどがあるわ」

みほ「あ、あーうん。気を付けるよ」



いつもの様に小言を言うエリカさんに対して、汗が吹き出し視線がフラフラと彷徨う私。

なんてことだ、とんでもない痴態を見せてしまった。

いや、ボコを愛でていたのが問題ではない。

『エリカさんからもらった』ボコを愛でていたのが問題なのだ。

数刻前に自分がプレゼントを渡した人間が、そのプレゼントを抱きしめながら『可愛い可愛い』と語り掛けてゴロゴロと狭いベッドを右往左往している様子を見て、

何も思わないのであれば多分その人は機械生命体かなんかだろう。

はしゃぎすぎたっ……いくらエリカさんから貰ったからってはしゃぎすぎたっ……

いや、その前に鍵締めとけば良かったっ……

ていうか扉が開く音くらい気づいてよ私っ……

今さらな後悔にこのまま窓を突き破って学園艦からのダイブを敢行しようかと考えていると、

エリカさんがじっと私の腕の中のボコを見つめていることに気づく。



エリカ「それにしても……あなた本当にそのクマさんが好きなのね」

みほ「え?あ、う、うん!大好きだよ!!」



先ほどの醜態について特に言及しようとしてこない様子に、私はこのまま話を逸らしてしまおうと全力で答える。



エリカ「何が良いんだかわからないけど、こんだけ沢山あるのに」

みほ「ど、どのボコも違うの。みんな違ってみんないいんだから」

エリカ「ふーん、何が良いんだか」
467 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:25:43.79 ID:CqMCvVly0


どうでもいいように呟くエリカさん。

む、その言葉は聞き捨てならない。

あれだけのボコを作れるエリカさんが、その魅力を理解していないだなんてボコ界の損失だ。

私は端的に、かつ分かりやすくエリカさんにボコをプレゼンしようと声を上げる。



みほ「ボコはどんな相手にでも立ち向かうけど弱いからボコボコにされちゃうのっ!」

エリカ「……それのどこがいいの?かっこ悪いだけじゃない」

みほ「いいのっ!それがボコだから!」



力強い私の言葉にエリカさんもボコの良さを理解してくれたのか、そっと微笑む。



エリカ「……なら、ファンのあなたもその子を見習って、もうちょっと強気になりなさい」

みほ「う……そ、それはいいかな……」

エリカ「なんでよ?」

みほ「だって……私には、エリカさんがいるから」



その言葉を口にしてから、不味い事を言ってしまったと気づく。

エリカさんが、甘えるようなことを許すわけがないのに、

浮かれていたせいで、私の口から重さが消えてしまっていた。

折角の誕生日なのにまた小言を言われるのか……

そう思いつつ、それがエリカさんの良さなのだから仕方がないと覚悟を決めて目をつぶるも、

お説教は飛んでこず、どうしたのだろうと恐る恐る目を開くと、

エリカさんはじっと、私を見つめていて、その瞳は優しくて、微笑みを称えている口元が

ゆっくりとその形を変える。



エリカ「……しょうがない子ね」

みほ「え……?」

468 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:26:25.78 ID:CqMCvVly0


その言葉の意味を、一瞬理解できなかった。

エリカさんのセリフを頭の中で反芻することでようやく、エリカさんが怒っているわけではないと分かり、

それがまた違和感と疑問を呼んで私はあっけにとられたままになってしまう。

そんな私を見て、エリカさんは怪訝な顔をする。



エリカ「何よ」

みほ「……怒らないの?」

エリカ「怒られたいの?」



私は風切り音を立てながら首を左右に振る。



エリカ「なら変な事気にしてるんじゃないわよ」



そう言ってエリカさんはじっとこちらを無言で見つめ、部屋に静寂が戻ってくる。

エリカさんのまるで、私を測っているかのような視線に居心地の悪さを感じ、

私は何でも良いから話題を振ろうと、声を出す。




みほ「……エリ――――」

エリカ「みほ」



呼ぼうとしたエリカさんの名前は、それよりも強く出された私の名前によって遮られる。



エリカ「……今日はあなたの誕生日よ」

みほ「う、うん」



先ほどまでそれを祝っていてくれたのに一体どうしたのだろう。



エリカ「誰だって生まれたからには祝福されるべきだわ。相変わらずダメな子でもね」

みほ「エリカさん?」


469 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:27:48.80 ID:CqMCvVly0


エリカさんは視線を落として、口に含むように語る。

それはまるで、自分自身に言い聞かせているように聞こえた。

私がいまいち状況を理解できていないのに、エリカさんは決意を固めたように私を見つめる。



エリカ「だから、まぁ、今日ぐらいは」



ため息交じりの言葉と共に、エリカさんは胸の前で手をぎゅっと握る。



エリカ「きっと、あなたはこれから間違えるんでしょうね。いらん事言って私を怒らせて、変な事言って周りを戸惑わせて、授業中に居眠りして、コンビニに長居して」



小言のような内容なのに、まるで慈しむように



エリカ「頑固なあなたはきっと、誰かの言葉に耳を傾けず突っ走る時があるんでしょうね。その結果、誰かに迷惑をかけて落ち込むんでしょうね」



呆れたような言葉なのに、どこか嬉しそうに



エリカ「その度に、誰かがあなたを怒るんでしょうね。でも……それで良いのかもね」



エリカさんはそっと髪をかきあげる。

花のような香りが目の前の私にまで届いてきて、私の胸の温度が少し上がる。

「みほ」。彼女が、呟くようにその名を呼ぶ。

大きく息を吸って、どこまでも深く、透き通るような碧い瞳で私の視線を釘づけにして、


470 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:29:28.84 ID:CqMCvVly0


エリカ「あなたは一歩ずつ歩みなさい。正解も、間違いも。全部踏みしめて進みなさい。まほさんや、赤星さんが。間違いを正してくれる人があなたにはいるわ。

    あなたを否定する人間が、ここにいるわ。だから、安心して間違いなさい。……ムカついたらぶっ叩いてあげるから」



最後の一言は冗談めかして、悪戯っぽく笑いながら。

なのに、やっぱり恥ずかしかったのかエリカさんはすぐにそっぽを向いてしまう。

私が何も言えずにいると、エリカさんは咳ばらいを一つして、一歩私に近づいてくる。

揺れる銀髪が、揺るがぬ碧眼が、月光のような美貌が。逸見エリカという人間を私に教えてくれる。



エリカ「誕生日おめでとう。今日という日を、私は祝福するわ」



その言葉に嘘なんて一片も感じられず、柔らかな微笑みが、私を抱きしめてくれる。

理解なんて超えた感動の奔流が私の言語野の機能を埋め尽くし、私は吐息でしか返事をできなくなってしまう。

呆然とする私を放って、エリカさんは満足したように玄関へと向かっていく。

無理やり自我を引き戻し、その背中を追いかけると、既にエリカさんはドアノブに手をかけていて、



エリカ「最後に」



何か言おうとしてもただ大きく呼吸をするばかりになってしまう私に、視線だけ向けて、



エリカ「作り笑いするならもっとうまくやりなさい。……あんまり心配させるんじゃないわよ」


471 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:30:56.04 ID:CqMCvVly0


そう言って返事を待たず出て行ってしまう。

彼女の足音がだんだんと離れていき、再び静寂が戻り、ようやく、吐息と言葉の比率が戻ってくる。




みほ「……かなわないなぁ」



私があれこれ考えたところで、エリカさんにはお見通しなのだ。

何もかもから逃げていた私を、誰よりも理解していたように。




『あなたがどんなに辛くったって、苦しくたって、それを言わなきゃ伝わらないわ』




夕焼けと共に焼き付いた記憶が呼び起こされる。

その言葉の意味を、私はようやく理解できた気がする。

私は、寂しいって言ってよかったんだ。

不安を吐き出して良かったんだ。

友達が帰ってしまう物寂しさを、誰かを理由にして押し殺さなくても良かったんだ。

弱さを一人で抱える必要なんてどこにもなくて、私がエリカさんに感じた優しさとはつまり、

弱さを分かち合ってくれる事なんだ。


472 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:33:08.45 ID:CqMCvVly0



エリカさんにとって弱さとは捨てるものではなくて、だけど抱えこむ物でもない。

さらけ出して人目をはばからず泣く事だったんだ。

だから、あの時私に怒ってくれたんだ。

だから、あの時私の手を取ってくれたんだ。

どうしようもないぐらい自分を嫌いでも、臆病でも、それでも、弱さを抱えて前を向く。

嫌な事と、辛い事と向き合う方法は、克服する事だけじゃない。ましてや見て見ぬふりをする事なんかじゃない。

泣いたって、怯えたって、それを認められるなら、分かち合ってくれる人がいるのなら、そのままで良いんだ。

エリカさんはきっと、私が泣きついたら怒るのだろう。もっとしっかりしろと。そんなんだからダメなんだと、否定してくるのだろう。

私にとってそれがどれだけ嬉しい事なのか。

肯定という名の圧力に指先すら自分の思い通りにならない気がしていた。

そんな私を、叩いて、怒って、否定してくれた。

初めて私を見てくれる人に出会えた。

私にとってその出会いは奇跡のように輝いていたもので、

その出会いがあったから、今も私はこの学園艦にいることが出来ている。

そしてその出会いは、エリカさんが、私がいなければあり得なかったことで。

ならば今日という日は間違いなく、私にとっても祝福すべき日なのだ。




胸に宿った温もりをぎゅっと抱きしめるように肩を抱く。

震えるのは、恐怖や悲しみじゃなくて、歓喜しているからで、

私にとって今日という日がかけがえのないものなのだと知れた喜びで。

そう、


473 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:33:50.15 ID:CqMCvVly0





みほ「私、生まれてきて良かった」




474 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:35:26.18 ID:CqMCvVly0





貴女と出会えて、良かった




475 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/18(土) 22:36:38.80 ID:CqMCvVly0
ここまで。また来週。
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 22:53:11.45 ID:zaUhWmjP0
今週も乙

いい話だった。この後の展開が怖い。(こなみかん)
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/18(土) 22:57:18.68 ID:TlcAS37b0
毎週の楽しみにしてます!
なんでこんなに幸せなのにエリカ死んでしまうん?
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 23:45:00.35 ID:Wvqqr0Xa0
3/6は夏の大会明けであり卒業シーズンであり別れの季節なんだよな・・・
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/18(土) 23:59:02.08 ID:pliD6sSXO
エリみほが盛り上がれば盛り上がるほどこの後が怖い
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/19(日) 00:19:20.19 ID:JpjESKkKO
3/6にみほがエリカとして生まれ変わるのか〜?
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 00:41:32.94 ID:tTRAuJdM0
今週も良い話をありがとう
そしてエリカの遅生まれは割と触れられないので、
ネタにしてくれて嬉しい
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 00:48:17.25 ID:tTRAuJdM0
間違えた、早生まれだ
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 01:50:39.80 ID:Nf9HTfZ30
乙 こんなに水魚の交わりな二人が死に別れ!?嘘だと言ってよバーニィ(絶望)

しかしみほは「ベット」派か、だからベッド派の会長に理解できない言われたんやな(適当)
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 06:56:55.05 ID:jEfGlvHU0
公式が一切黒森峰時代描かないからこそ、こういうSSが読めるんだよね。

フェイズエリカ?知らねえなあ
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 14:27:10.60 ID:Oox7i2FD0
ついに更新されたわに!
>>1ーシャ
このジェットコースターが下りへ向けて登ってる感じよ……
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 20:39:53.93 ID:e+K/iBP/o
乙わに
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 20:42:30.52 ID:nWCe5C630
続きが待てなくて読みかえしてるが何度読んでも素晴らしいな
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/21(火) 20:58:26.41 ID:LmdnIgSBo
最後ってわけじゃあるまいし って言ったけど、これがエリカがお祝いした、みほの最後の誕生会になっちゃうのか。

何気ない一言が切なくさせる。
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/22(水) 18:56:23.88 ID:yjGUmthb0
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 02:46:55.24 ID:U/gqJ23mO
どこでもボロカスに言われてるけどフェイズエリカってそんなにひどい内容なのか
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/23(木) 07:10:34.72 ID:md6vGP7K0
個人的にがっかりだったわに
エリカにわに属性をつけた一点は感謝しているわに
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 07:56:41.91 ID:5KmvNxoro
個人的感想としてはとにかく内容が薄かった

二次創作にあるようなエリカのみほへの感情の変化が描かれると思ったら、入学後いきなり勝負吹っかけてその後の中等部時代はカットされ高等部に飛んで愛着のない新キャラ描写がやたらと強い継続戦がありみほの転校に関してダイジェストで終わりとか
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 23:27:26.13 ID:Sh+HbzD3o
痛たたたたたたwwwwwww
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/24(金) 07:42:29.26 ID:Ls+Y/RepO
二次創作は二次創作だから
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/24(金) 07:59:27.72 ID:X71Y/Kd7o
まあフェイズエリカはどう見ても打ち切りみたいな終わり方だったからな
496 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:02:50.65 ID:1geMu67V0




秋の終わりが近づき、冬の気配が色濃くなってきた11月の頃。

山間部にある戦車道の試合会場で、黒森峰の高等部は聖グロリアーナ女学院との練習試合を行った。

結果はもちろん……などと自惚れるつもりは無い。

勝ちこそしたが、まだまだ課題の多い試合だったのは明白だったからだ。

来年はいよいよ10連覇に挑むのだから、油断や慢心などしていられない。

そんなわけでさっさと帰って今日の試合の反省点を纏めたいところなのだが、

私は今、撤収作業で慌ただしい会場を遠くに、待ち人を待っていた。



まほ「……」



高地だけあって風は冷たく、あまり長居するものでもないなと腕をこすりながら考えていると、

後ろから声を掛けられる。



「まほさん」



赤を基調としたパンツァージャケットを身に纏った貴婦人は、その身に違わぬ優雅さで、ゆっくりと歩み寄ってくる。

ダージリン。それが彼女の呼び名だ。

れっきとした日本人なのになんでそんな珍妙な呼び名なのかというと、

聖グロには戦車道の優秀な生徒には紅茶の名を与えるという風習があるらしい。

イギリスの影響を強く受けた学校なだけあって、紅茶へのこだわりは並々ならないということか。

だからといって呼び名にするのはどうかと思う。

自分の事を宇治抹茶と名乗るのと大差ないと思うが。

まぁ、他所の風習に口を出すほど無粋な事はない。

私は彼女に与えられたティーネームで呼びかける。

497 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:11:30.16 ID:1geMu67V0


まほ「ダージリン。呼んだ側が待たせるというのはどうなんだ」

ダージリン「失礼。先輩方と今後についてお話をしていたから」



まったく悪びれた様子のないダージリンに、私は何か言い返そうかと思うも、

そんな事をしたところで、またひらりと交わされるのだろうから時間の無駄だと思い私は反論をあきらめた。



まほ「……まぁいい。別に急いでいるわけじゃないしな。それで?用件はなんだ」

ダージリン「大したことではないわよ。ただ、黒森峰の次期隊長と世間話をしたかっただけ」

まほ「……何故それを」

ダージリン「うちの諜報は優秀ですから」



その一言で察してしまう程度には聖グロの諜報は有名だ。

……諜報が有名というのは果たして良い事なのだろうか?

思わず首を捻ってしまうも、それは私が悩むことでもないかと、すぐに考えるのをやめる。



まほ「……まぁ別に隠すことでもないが」

ダージリン「ええ。どうせすぐに他校にも知れ渡るでしょうね」



どのみちいつまでも隠せるような事ではない。

なら精々今の内から警戒するがいい。私たちはその上を行く。

……そう思うのはちょっと傲慢だろうか?

なんて思っていると、ダージリンは私をじっと見つめる。

その瞳には敵意のような、決意のようなものを感じ取れた。




ダージリン「……今年はあなた達の優勝を阻止できなかったけれど、来年こそは。私たちはmいつまでもあなた方の下に甘んじてるつもりはないわ」

まほ「……ああ、期待しているよ」

498 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:13:10.87 ID:1geMu67V0


ダージリンの才覚は同年代の中でも目を見張るものがある。

それこそ、聖グロでなければ隊長であってもおかしくないほどに。

逆に言えばそんなダージリンでさえ役職が付かないほど、聖グロの層が厚いという事でもある。

だから、ダージリンが慢心せず、上を目指そうという気概を持っているのは私にとっても嬉しい事なのだ。

壁が高ければ高いほど、乗り越え甲斐がある。なによりも、同年代の生徒の活躍に心強さを覚えるから。

しかし私の激励をどう受け取ったのか、ダージリンの目つきはますます鋭くなって、ともすれば怒っているような表情になってしまう。



ダージリン「……随分と余裕なんですね。嫌味だとしたら大したものね」

まほ「そう聞こえたか?」

ダージリン「ええ。……正直、あまりいい気分では無いわね」



……いつも余裕な態度のダージリンにここまで言わせてしまうとは。

相変わらず私はどうも言葉が足りないようだ。

私はあれこれと言い訳を考えるも、何よりもまず謝るのが先だという事に思い至り、謝罪を口にしようと襟を正した。



まほ「それなら謝るよ。すまなかった。私は……ただ楽しみなんだ」

ダージリン「楽しみ?」

まほ「来年、期待の新人が来てくれるからな」

ダージリン「……ああ、妹さんね。確かに西住流の娘が揃うのは脅威だけれど……」



私の言葉に早合点をしたダージリンが「でも、私たちだって優秀な後輩たちが上がってきますわ」。と胸を張る。

私たち姉妹が他校にとっての脅威だというのは、おそらく事実なのだろう。

私自身、みほの進学を心待ちにしている。

けれど、目下私の心弾ませているのはみほではない。

私は、呼び出されたのに待たされた意趣返しを込めて、得意げなダージリンに少し挑発的に返してみる。

499 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:15:29.05 ID:1geMu67V0


まほ「なんだ知らないのか。聖グロの諜報網とやらも大したことないな」

ダージリン「……どういうこと?」



再び鋭くなる双眸。

思った以上に私の挑発は効いてしまったようで、内心焦ってしまう。

そ、そこまで怒らせるつもりは無かったんだが……

日ごろの人間関係の希薄さからくる距離感の測り違いがここに来て不和を産む羽目になってしまった。

いくらなんでも、このままダージリンを帰した日にはあることない事騒ぎ立てられ、とんでもない不躾隊長と揶揄されるやもしれん。

私は誤解(いや、挑発したのは紛れもない事実だが。)を解こうと説明を図る。



まほ「い、いや……みほもそうだが、私が一番待っているのは……エリカなんだ」

ダージリン「逸見、エリカさんの事?」



鋭く細められた瞳は、途端に真ん丸に開き、

ダージリンはあっけにとられたようになってしまう。

なんとか誤魔化せたか……?

私は努めて冷静に、言葉を続ける。



まほ「なんだ知ってるじゃないか」

ダージリン「言ったでしょ?うちの諜報は優秀だって。榴弾姉妹の片割れを知らないわけがないでしょ?」



やっぱり知ってたか。

みほとエリカが知ったらまた頭を痛めてしまうかもな。

まぁ、元をたどればあの二人が蒔いた種なのだから甘んじて受け入れてもらうしかないが。



ダージリン「だけど、エリカさんは今副隊長よ?もちろん優秀なのは間違いないけれど……妹のみほさんよりも期待をかけるだなんて」


500 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:18:43.57 ID:1geMu67V0


それは、まぁ、確かにその通りなのかもしれない。

エリカは優秀な戦車乗りだ。それこそ黒森峰の中高合わせても上から数えたほうが早いのは間違いがない。

だが、残念ながらというと違うかもしれないが、エリカの実力はまだみほには及んでいない。

ダージリンからすれば9連覇を成し遂げ、来年には10連覇の大台がかかっている高校の次期隊長が期待をかけている存在が、みほ以外なのは不思議に思えてしまうのだろう。

私がエリカを待ち望んでいる一番の理由は、戦車道とは関係ない彼女自身の在り様ゆえなのだから。



まほ「……そうだな。はたから見ればそう思うのもまぁ、仕方ないか」



ダージリンはエリカを知らない。データとして知っていても、その人柄を知らない。

ならダージリンの発言も致し方ないのだ。



まほ「でも、エリカは凄いんだぞ?誰よりも努力して、それをひけらかさない。実力だって今はまだみほや私に及ばないが、きっといつか……」



そう、エリカならきっといつか。

ああも弱々しく、ああも優しく、ああも美しいエリカなら。

きっと、そう遠くないうちに



まほ「誰よりも強くなる。……私はそう信じているよ」



ダージリンを真っ直ぐ見据えて、そう告げる。

その言葉に疑いなんか一欠片もなく、

私の脳裏に浮かぶのは、煌めく銀髪をなびかせて指揮を執る彼女の姿だけだった。




ダージリン「あなた……いつのまに、そんな笑うようになったの?」



501 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:22:40.54 ID:1geMu67V0


ダージリンは不思議そうに、驚いたように問いかける。

私はとっさに口の端に触れ、いつの間にか自分の口角が上がっていることに気づく。



まほ「……ああ、私は、人前で笑えるようになったんだな」



思えば他人の前では私はいつだって唇を緩めなかった。

学園艦に来てからは、みほの前ですらあまり笑わなくなっていった。

それはたぶん、誰かに私の内心を見せたくなかった、私自身の弱さだったからだろう。

弱さを認められない私は何よりも弱くて、それを認められない自分が情けなくてしょうがなかった。

だけど、今は違う。

私は、



まほ「……私は、もっと素直になろうって決めたんだ。強がらず、弱さから逃げず。そうすれば、もっと強くなれるって」



私の言葉に、ダージリンは納得したように微笑む。



ダージリン「……そう。変わったのね」

まほ「ああ。……そうしてくれたのがエリカなんだ」

ダージリン「……エリカさんね。一度、会ってみたいものね」



マイペースなダージリンはエリカと相性が悪い気がする。

あれこれ偉そうに講釈を垂れるダージリンに対して、呆れてため息ばかりをつくエリカが目に浮かぶようだ。

だが、それもまたエリカにとってはいい経験になるのかもしれない。

エリカの事だから案外上手くやるかもしれないし、いずれは試合で出会うことになるのだから一度くらい会わせても良いかもな。



まほ「いいんじゃないか?ただ、私が思うに……エリカはお前が苦手だと思うぞ?」

ダージリン「あらそう。ますます会ってみたくなったわ」



ダージリンはそう言うと、いたずらっぽく笑った。


502 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:26:50.17 ID:1geMu67V0






まほが去って行った先を、ダージリンは一人見つめていた。

正確にはまほではなく、まほが帰る学園艦の方角を。



ダージリン「逸見、エリカね」



呟いた言葉は自分自身に向けて言っていた。



ダージリン「まさか、まほさんがあそこまで言うだなんて」


まほの事は中学から知っていたが、その頃の彼女は人前で笑うような人間ではなかった。

いや、お世辞や軽口に対して微笑みで返す程度はあったかもしれないが、心からの笑顔というものはダージリンは見た事がなかった。

そのまほが嬉しそうに、逸見エリカとその名を呼んだ。

あの鋼のように堅牢だった彼女の心をああもほぐしたエリカという存在を、ダージリンは知りたくてしょうがなくなっていた。

戦車道の能力だけではない、エリカの持つ何かがまほを変えたのなら、それを知りたいと。

写真でしか見た事のないエリカの姿を脳裏に浮かべていると、後ろから声がかけられる。



アッサム「また何か変な事を考えてますね」



前髪を上げたブロンドのロングヘア―に大きな黒いリボン。

冷静沈着な面持ちを称えたその容姿はダージリンとはまた違う『淑女』の姿を現していた。



ダージリン「あら、わざわざ迎えに来てくれたの?」

アッサム「いつまでも帰ってこないからですよ」

ダージリン「ちゃんと集合時間には間に合わせるわ」

アッサム「それが信用できないからわざわざ来たんです……それで、どうでした?黒森峰の次期隊長は」

ダージリン「ええ、なかなか面白い話を聞けたわ」



その言葉に、アッサムはピクリと眉を動かす。

ダージリンが面白いという場合、面倒な事になる場合が多いのだ。


503 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:28:27.88 ID:1geMu67V0


アッサム「……どんな話ですか?」

ダージリン「逸見エリカを知ってる?」

アッサム「当然です。というより私が調べてあなたに伝えたんですよ」

ダージリン「そうだったわね。……まほさんがね、エリカさんを随分と買っていたのよ」

アッサム「中等部の副隊長なんですから、それは当然じゃないですか?」

ダージリン「一番期待している。とも言ってたのよ?」

アッサム「……確か、中等部の隊長は彼女の妹だったはずじゃ」

ダージリン「ええ、それなのに。まほさん、よっぽど良い事があったのかもね。エリカさんの事を話してる時ずっと笑顔だったわ」



ダージリンは思い出し笑いをしてしまう。

だってあの鉄面皮がまるで一端の少女のように緩んでいたのだから。



ダージリン「私は、それが気になるわ。あの西住流の娘がそこまで持ち上げる存在がどんな人なのか」

アッサム「そうですか。ならまた調査しないといけないですね」



やれやれといった風にアッサムはダージリンの願いを聞き入れる。

相変わらず面倒ごとを押し付けてくる人だとアッサムは思うも、

調査は自分の得意分野であると同時に、一種の趣味みたいなものだというのも自覚しているので、

拒否するつもりは毛頭ない。

ダージリンもそれを理解しているからこそ、アッサムに頼んだのだから。



ダージリン「頼んだわ。……ねぇ、アッサム?」

アッサム「なんですか」



ダージリンの声色が急にねちっこくへばりつくようなものになる。

そしてアッサムは知っていた。

それがダージリンがおかしなことを思いついた時に出す兆候なのだと。


504 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:36:48.64 ID:1geMu67V0


ダージリン「私も、もっと優雅に余裕を持とうと思うの」

アッサム「いまでも充分余裕ぶってますよ」



だからそのまま何も言わずいつも通りすごせ。

言外にそう言ったつもりであったが、残念ながらダージリンには伝わらず、あるいは無視したのか。

ダージリンは遠足前日の小学生のようにウキウキと語る。



ダージリン「そうね……格言、なんてどうかしら?」

アッサム「は?」



名案ね。と自画自賛するダージリンを、アッサムは何を言っているんだこいつはという表情で見つめる。

そんな視線に気づかず、ダージリンのテンションはどんどん上がっていく。



ダージリン「そうよ、そう。偉人の言葉は現在の私たちに経験からくる知慧を与えてくれる。私もそれにあやかって余裕をもっていられるようにしましょう」

アッサム「また変な事を……」



聖グロの生徒というのは他校と比べて世間知らずな生徒が多いが、それと比べてもダージリンはなかなか個性的な性格をしている。

……オブラートに包んだ言い方だなと、アッサムは思った。

そんな内心などいざ知らず、ダージリンは小走りで自分たちの集合場所へ向かおうとする。



ダージリン「そうと決まれば善は急げよ。帰ったら書店に寄りましょう」



キラキラと目を輝かせる姿には普段の優雅さがまるで感じられず、けれども心から楽しそうに笑う様子に、

アッサムも嬉しくなってしまう。

だから、ダージリンの淑女らしくない小走りに、同じようについていく。





アッサム「……はいはい。どこまでもついていきますよ」





505 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/08/25(土) 22:37:26.21 ID:1geMu67V0
ちょっと短めだけどここまで。
また来週。
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/25(土) 22:51:15.60 ID:Gt28FJwvo
乙です
生まれたころから格言言ってるわけじゃないよなww
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/26(日) 01:04:32.43 ID:KHFAQSMg0
色んな人物の過去が掘り返されて、面白い。
次回も楽しみにしています。
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/26(日) 02:20:43.03 ID:/ccrAMIM0

間違いなく明るく楽しい内容なのに、黒森峰時代終わりの始まりがどんどん見えてきて辛ひ
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/26(日) 22:44:12.23 ID:/p8TQmMs0

ダージリンの格言癖が新しいものだとしたら、それに応えることができる(予定の)ペコさん…
510 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 22:41:47.43 ID:NvqPYlie0





〜中等部三年 2月〜





目の前の少女は呆然と、一点を見つめている。

私はそんな彼女を同じく呆然と見つめている。

少女の長い銀髪が風に揺らめいてて、いつもならそれを何時間見つめていても飽きないのに、

私の視線はふと、彼女が見つめている物に向けられる。

彼女の銀髪と同じように風になびく白い旗。

それが意味するは敗北。

それが意味するは相手の勝利。





その旗は、私の乗る戦車から出ていた。




511 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 22:43:36.76 ID:NvqPYlie0





「おいおい、マジかよ……」

「あの子、勝っちゃった……」

「えっと……妹が手加減したとかじゃないよな?」

「……そもそもそんな暇があったようには見えなかったわ」

「……かぁーっ!!なんなんだあいつ。たった3年で西住流の娘を追い抜いたってのか!?」

「いやぁ……ジャイアントキリングって言ったらあの子怒るでしょうけど……」

「なんていうか、才能ってだけで終わらせたくないな」

「……そうね、あの子は誰よりも努力していたもの。なら喜びましょう。称えましょう、あの子たちの健闘を」

「だな。……ん?あれって、副隊長じゃん。見に来てたんだ」

「ホントだ」

「妹の試合だからって、色々やることあるだろうによく来るなぁ」

「……それ、私たちにも刺さらない?」

「あはは……まぁ、私たちはヒラ隊員なんだからさ。……それにしても隊長、随分と難しい顔してるな」


512 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 22:48:59.14 ID:NvqPYlie0

>>511 「だな。……ん?あれって、副隊長じゃん。見に来てたんだ」
            ↓
    「だな。……ん?あれって、隊長じゃん。見に来てたんだ」


上記のように訂正いたします
513 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 22:50:26.73 ID:NvqPYlie0





エリカ「……」



試合終了の合図はとっくに出ていて、ほかのチームメイトたちはすでに戻ってあとは戦車を回収するのを待つばかりなのだが、

エリカさんは戦車を降りてもなお、呆然と信じられないような目で白旗を見つめている。

このままでは回収車の人たちが困ってしまうと考えた私は、エリカさんに恐る恐る声を掛ける。



みほ「え、エリカさん……?」

エリカ「みほ、私、勝ったの?」



まるで抑揚のない、呟くような声。

その視線は白旗を見つめたまま動かない。



みほ「う、うん。エリカさんの勝ちだよ」

エリカ「……った」

みほ「?」

エリカ「やったああああああああああっ!!勝った、勝ったわよっ!!ついにみほに勝ったっ!!」



両手を天に向けて歓喜の声を上げるエリカさん。

突然の轟音に耳がキーンとなった私は、喜びはしゃぐエリカさんに何と声を掛けていいかわからずオロオロしてしまう。



エリカ「あはははははは!!ざまぁーないわ西住みほっ!!私の勝ちよぉーーー!!」

みほ「え、えっと……エリカさん?」

小梅「最高潮に調子乗ってますね……」



私があっけにとられていると、

いつの間にか隣に立っていた赤星さんが呆れたように言う。



エリカ「あら、赤星さんじゃない。何?私を称えに来たの?残念ねぇ?私についていたらこの勝利の栄光のおこぼれにあずかれたのに」

小梅「うーんめんどくさいテンション……」

みほ「あはは……」



赤星さんは何度か私たちの決闘に参加していてくれたが最近は、

「私はみほさんとエリカさんの両方に肩入れしてるんで、試合には参加しませんよ」、

との事で今回も見学をしていたのだ。


514 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 22:55:31.78 ID:NvqPYlie0



小梅「まぁ、それはそれとして。お二人とも、試合見させてもらいましたよ。相変わらず凄いですね」

エリカ「私の華麗なる戦術はどうだった?」

小梅「そうですねぇ……実のところ、よくわからないとしか……」



顎に手を当てて難しい顔をする赤星さんに、エリカさんは不満げに唇を尖らせる。



エリカ「もう、何見てたのよ」

小梅「だって……エリカさんたちの動きが速すぎて……」

みほ「……うん」



戦車道の試合というのは通常、数時間、長ければ数十時間に渡る。

まず広大なフィールドでの戦車戦は接敵するだけでも時間がかかるからだ。

学園艦での試合の場合、流石に陸ほどのフィールドは確保できないため試合時間自体は短くなるが、それでも2,3時間は優にかかるのが当たり前だ。

しかし、今回の試合にかかった時間はおそらく1時間もないだろう。

私は、エリカさんの強襲に成すすべもなくやられたのだから。



エリカ「そりゃあ、さっさと終わらせるつもりだったからね」

小梅「それにしたって、チーム率いてなんであんな速度で動けるんですか……」

エリカ「元々スタート地点は決まってるし、勝手知ったる学園艦よ?ルートなんてある程度絞れるわ」

小梅「で、でもそんなのみほさんだってわかってたはずじゃ……」

みほ「うん、最近の試合傾向からエリカさんが最短でフラッグ車を狙ってくるのは想定していたし、ルートも見当ついてたけど……」



赤星さんの言う通り、こちらはエリカさんの進路ををいくつか絞り込み、それを迎え撃つ『準備』をしていた。

そう、『準備』をしていたのだ。

陣形を組み、索敵を出して相手を補足、迎え撃つ。

これまでもそうやってエリカさんを倒してきた。

しかし、



みほ「びっくりしたぁ……いきなり現れたんだもの」

小梅「はい……ほんとうにいきなり森から現れるんですもの、どうやってあんな速度を……」

エリカ「別にチームメイトに難しい事を頼んだわけじゃないわ。『このルートを全力で進んで。私が合図したら止まって』。それだけよ」

小梅「そ、それだけであんなタイミングで強襲って……」



戦車道において隊列を組むという事は戦車を動かせるようになって最初に教えられることだ。

だがしかし、隊列を組むことは基礎にして初歩ではない。

チームの練度はもちろん天候、戦車の状態、相手の状況、その他さまざまな要因で隊列というのは乱れてしまう。

そういった中でスピードと間隔を合わせて移動するという事は、それだけで指揮官としての能力を図れるほど重要なものなのだ。


515 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 22:59:40.31 ID:NvqPYlie0


エリカ「スタート地点は決まってる。チームメイトの練度だって把握してるわ。それに車両の種類と、路面の状況、

    あなた達が取る作戦と進路を予想してそれを組み込めば大体の到着時間は割り出せる。あとはこっちが合わせればいいってわけ」

小梅「か、簡単に言ってますけどどんだけ調べ上げたんですか……」

エリカ「何回この子とやってると思ってんのよ。この子のクセぐらいある程度わかってるわ」

みほ「だけど……チームメイトもよくついて行けたね」

エリカ「言ったでしょ。難しい事は何も言ってない。ただ、ついてこいってだけ」



それであんな速度で移動できたのなら世の戦車道選手は苦労しないだろう。

こちらが迎え撃つ準備を終える直前にエリカさんたちは私たちの横腹に突撃してきた。

それがただの無鉄砲な突撃であるのなら対処もできるのだが、そうではなかったという事は私が身をもって知っている。

エリカさんは私たちの進路と速度を完璧に予想して、一番統率が乱れるタイミングを突いたのだ。

どれだけ必勝の策があろうとも、それを弄することが出来なければ何の意味もない。

そう、私は今日、文字通りエリカさんに手も足も出ず負けたのだ。

私が心から感服していると、エリカさんは緩んでいた表情をスッと引き締め、私を見つめる。



エリカ「みほ、あなたは戦車道だけは強いわ。経験と才能からくる正確な予想と的確な判断力。悔しいけど、今の私はまだあなたのレベルまで至れていない」



突然の告白。プライドが高いエリカさんが、私だけでなく赤星さんもいる場で自分が弱いと認めた事に私は驚いてしまう。

そんなことは無い。現にあなたは私に勝ったでしょ。私がそう言う前にエリカさんは、固く結んでいた唇を緩め、



エリカ「だから、あなたに付き合うのはやめたわ。あなたが何かする前に叩く。『電撃<ブリッツ>』それが、私があなたに勝つために磨いた必勝法よ」



強い決意と覚悟を込めて、笑った。



小梅「なんていうか……エリカさん凄いですね」



エリカさんの雰囲気に圧倒され、何も言えない私を横に、

赤星さんは感心と呆れの両方を含んだ言葉を呟く。

それを聞いたエリカさんは嬉しそうに鼻を鳴らす。



エリカ「ふふん、当然でしょ?」

みほ「うん、ほんとに凄いよ……」

エリカ「……とは言え、まだまだ不完全ね」

小梅「え?何がですか?」

エリカ「ホントは二手に分かれたかったわ。挟撃すればもっと確実にフラッグ車を倒せたもの」



赤星さんの疑問に、エリカさんは自分にも説明するように語る。


516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/01(土) 23:00:16.97 ID:/B+xUCyGo
>小梅「うーんめんどくさいテンション……」

517 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:06:17.03 ID:NvqPYlie0


エリカ「でも、今の私じゃ離れた部隊まで細やかな指揮を届けられない。だから、正直賭けの部分も大きかった」

みほ「そ、そんな事無いと思うよ?だって、あの時私たちは何もできずに――――」

エリカ「みほ、私の勝因はあなたの予想を超えた速さで動けた事。……でもね、あなたの敗因はそこじゃないわ」



じっと、どこか非難するような目でエリカさんは私を見つめる。



小梅「どういうことですか?」

エリカ「みほ、あなた最後の瞬間、自分で私を撃とうとしたでしょ」

みほ「う、うん……」



突然の襲撃、混乱の最中でエリカさんの乗るフラッグ車を目視した私は、相打ち覚悟でエリカさんに近づいて行った。

しかし、私の思惑は成らず、結果私たちは殆どの車両を残しながらも、フラッグ車を撃破され敗北を喫することとなった。



エリカ「あなたならきっとそうすると思った。チームが混乱して、自分の制御を離れた時、あなたは自分だけで何とかしようとする。そっちの方が早いと思ってるから」

みほ「それは……」

エリカ「でもね、あなたはあの時、僚車を盾に下がるべきだったのよ。僚車の一輌や二輌やられても、あなたならすぐ立て直せたはず」

みほ「……」

518 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:11:24.49 ID:NvqPYlie0


それは、あまりに非情な判断だと私は思う。

仲間を盾にすることは、私にとって仲間を道具のように扱ってしまうようで、どうしても拒否感が出てしまうから。



エリカ「できないといけないの。勝つためには、非情な決断を下す時がある。あなたはいつか、その立場になるのよ」



言葉にしない私の内心を読み取ったかのようなエリカさんの言葉。

その言葉に私は何か反論しようとして、結局何も言えず口を閉じたままになってしまう。

そんな私を見たエリカさんは、自分の胸に手を当ててため息を一つつくと、



エリカ「……もっと仲間を信じなさい。あなたは、一人で戦ってるわけじゃないのよ」



その言葉には責めるような色は全くなく、

ただただ私への思いやりに溢れているように感じた。



みほ「……そっか、そうだよね」



だから、私はその言葉を素直に受け止める。

そして、心からの想いを込めて



みほ「……エリカさん」

エリカ「何?」

みほ「……初勝利、おめでとう」



彼女への称賛を送った。



519 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:16:29.32 ID:NvqPYlie0


エリカさんは私の称賛に気恥ずかしそうに「うっさいわよ、バーカ」と返すと、今度はにやりと笑って私を見つめる。



エリカ「それじゃあみほぉ?罰ゲームのグラウンド30周行ってもらいましょうか?」

みほ「うぇ……」

小梅「あはは……頑張ってください」

エリカ「私は横から応援してあげてるからさっさと行きなさい」

みほ「絶対馬鹿にするつもりだよぉ……」





まほ「悪いがそれは後にしてもらえるか」






突然かけられた声に私たちは一様に振り向く。

そこにはお姉ちゃんが立っていた。



みほ「お姉ちゃん?」

エリカ「まほさん?どうして中等部に?」

まほ「お前たちの中学最後の対決なんだ。見ておきたいと思うのは当然だろ?―――エリカ」

エリカ「は、はいっ!」

まほ「強くなったな。今回の勝利は運や偶然なんかじゃない、ひたむきな努力の末に手に入れたお前の実力だ。そして、お前はもっと強くなる。期待しているよ」

エリカ「っ……ありがとうございますっ!!」



お姉ちゃんの激励に目元に涙を浮かべたエリカさんは、それを隠すかのようにお辞儀をする。

それを感慨深げに見ていたお姉ちゃんは、しかしすぐにその感情を表情から消して私の方を向く。


520 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:17:49.24 ID:NvqPYlie0


まほ「……みほ、すまないがちょっと来てくれるか?」

みほ「えっ、でも……」

エリカ「別に明日で良いわよ。ランニングなんてあなたからすれば日常茶飯事なんだろうし」

みほ「そ、そう?それじゃあ大丈夫だよ」

まほ「そうか。ならついてきてくれ」

みほ「う、うん……」

小梅「あ、じゃあ私たち校門で待ってますね」

エリカ「えー……?」

小梅「そんな嫌そうな顔しないでくださいよ……」

まほ「いや、二人は先に帰っててくれ。もしかしたら長くなるかもしれないからな」

みほ「え?そうなの?」

エリカ「何の用事なんですか?」

まほ「……すまないがそれは言えない」



無表情なお姉ちゃんが、唇の端をわずかに噛みしめていることに気づく。

いつだって冷静なお姉ちゃんがこんな表情をするだなんて一体どうしたのだろうか。



みほ「お姉ちゃん、本当にどうしたの?」

まほ「……とにかく来てくれ」



私の質問に答えず、お姉ちゃんはすたすたと行ってしまう。

私はそれを慌てて追いかけようとして、エリカさんと赤星さんを振りかえる。



みほ「そ、それじゃあ二人とも、また明日」

小梅「はい……」

エリカ「また明日ね。……それじゃあ、さっさと帰りましょうか」

小梅「……」

521 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:21:01.78 ID:NvqPYlie0




お姉ちゃんは私を連れて高等部の校舎へと入って行った。

高等部なのだから何か中等部と違うのかと思えば別にそんなことは無く、来年度進学する高等部への期待が一つ潰されたように思いちょっとだけガッカリしてしまう。

なんてことを思いながら廊下を歩く私は、先ほどから一言もしゃべらないお姉ちゃんに声を掛ける。



みほ「お姉ちゃん、どこに行くの?」

まほ「高等部の隊長室だ」

みほ「え……?なんで?」



そこは、名前の通り隊長でないと使えない場所だ。

同じ隊長とは言え、中等部の人間である私が用のある場所では無いと思うのだが……



まほ「行けば分かる。……みほ、さっきの試合どうだった?」



話題を変えるようなお姉ちゃんの態度。

けれども、その話題は私にとっても話したい事だったから何も言わず受け入れる。



みほ「……私は、本気で戦ったよ。本気でエリカさんを倒そうとして、負けたの」

まほ「……そうか」

みほ「ホント、びっくりだよ。まさか私が負けるだなんて」

まほ「なんだ、敗北を悔しがるなんてお前らしくないな。それに、エリカの実力はお前が一番知ってるんじゃないのか?」



意外そうなお姉ちゃんの表情。

実際私自身、自分が勝ち負けにここまで思い入れるとは思わなかった。

もちろんエリカさんを見下していたわけではない。

彼女の努力が私に届くであろう事は彼女と戦ってきた私が一番よく知っている。

……でも、それでもこんなにも負けた事が残念なのには訳がある。


522 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:23:41.79 ID:NvqPYlie0


みほ「……私ね、まだ負けたくなかったな」

まほ「何故だ?」

みほ「お姉ちゃん、エリカさんが私と一緒にいる理由知ってる?」

まほ「エリカは……お前より強くなりたいと」

みほ「そう。私が私らしさを見つけるためにエリカさんと一緒にいるように、エリカさんは私より強くなるために、私と一緒にいてくれるの。私たちは、そういう協力関係なの」



あの日、今日のような夕暮れ時に結んだ協定。

エリカさんは、何もない私に、それでも価値を見出してくれた。

私は、そんなエリカさんの煌めくような美しさに惹かれ、その抱きしめるような強さを学びたいと思った。

そうすればいつか、私だけの私が見つけられると思って。



みほ「でもね……私、負けちゃった。それも、私がまったく成長していなかった部分で」



戦車道。それは彼女が認めてくれた私の強さで、だから、私にとっても大事なものになってて、

なのに、私は負けてしまった。



みほ「私ね、仲間を信じてなかった。あれだけ友達だなんだ言ってたのに。エリカさんは仲間を信じてた。だから、全力で突っ込んでこれた」



混乱の最中、私は仲間よりも自分を信じて前に出た。

仲間を信じたエリカさんは振り返らず前に進んできた。

たぶん、その時点で勝ち負けは決まっていたのだろう。



みほ「私はさ、自惚れてたんだよ。戦車道なら、戦車道だけなら、私一人でもなんとかなるって」



私にとって戦車道は生まれたころから共にあるものだった。

お母さんやたくさんの人たちに教えられた経験は誰も持っていないものだと理解していた。

でも、それだけじゃ勝てないという事を、私は理解していなかった。

仲間だ友達だなんだと、散々言っていたのに、私は私一人で戦車道をしていた。



みほ「人としても、戦車道の選手としても、エリカさんは私よりも大事な事を知ってたんだよ。エリカさんは今日の結果は運が良かったって言ってたけど……違う。

   私が今日までエリカさんに勝てていた事こそ、運が良かったんだ」



個人の強さなんて大したことではない。

数に、チームワークに勝る力なんて無いのだから。


523 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:26:45.80 ID:NvqPYlie0


みほ「……でもね、負けて悔しい理由はそれじゃない。むしろ、エリカさんが凄い人だって再確認出来て嬉しいくらいなんだから」

まほ「……なら、何故」

みほ「言ったでしょ?エリカさんは私から戦車道を学ぶために一緒にいてくれているの。……だから、」





みほ「私に勝ったら、エリカさんにはもう、私と一緒にいてくれないんじゃって」





黒森峰に入って早3年。

その時間のほとんどでエリカさんは私のそばにいてくれた。

それが、無くなってしまうかもしれない。

私の視界にあの煌めくような銀髪が映らなくなるかもしれない。

それは、私にとって死ぬよりも恐ろしい事のように思えた。



まほ「……みほ、お前はエリカをそういう風に思っていたのか」



お姉ちゃんの言葉に怒りが灯ったのを感じる。

あまり感情を表に出さないお姉ちゃんが、怒りをあらわにしている。

それはつまり、お姉ちゃんにとってエリカさんがそれほどの存在になったという事だ。

それが、なんだか嬉しくて、そんなお姉ちゃんが眩しくて私は自嘲してしまう。



みほ「……わかってるはずなのにね。エリカさんがそんな人じゃ無いなんてこと」

まほ「……」

みほ「私は……まだまだ弱いままだよ。仲間も、ずっと隣にいたエリカさんも信じ切れていなかった」

524 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:32:07.38 ID:NvqPYlie0


もしかしたら私がエリカさんと積み重ねてきたのは時間だけなのかもしれない。

共に過ごした日々は、ただの数字の連なりでしかなかったのかもしれない。

エリカさんが見せてくれた優しさは、彼女を構成するほんのわずかな部分でしかないのかもしれない。

それでも、私は。



みほ「でも、今日負けてわかった。私、エリカさんとまだまだ一緒にいたい。たとえエリカさんが離れていくとしても、追いかけて、隣に立ちたいの」

まほ「……」



過ごした時間がただの数字だとしても。例えそれがエリカさんの全てではないとしても、彼女がくれた優しさに私は救われたのだから。



みほ「だから、今度は私からエリカさんに挑むよ。私が、エリカさんに本当の意味で勝てるまで」



元より、私はずっとエリカさんの背中を追いかけていたのだ。

それが、私が挑戦者になるという、もっとわかりやすい形になるだけだ。



まほ「……そうか。それは、私も卒業まで退屈しそうにないな」



先ほどまでの怒りはどこへ行ったのか、そっと微笑むお姉ちゃん。

そんな様子に私も安心して口が軽くなってしまう。

525 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:36:09.46 ID:NvqPYlie0



みほ「まぁ、私としては肩の荷が下りた部分もあるかなって」

まほ「なんでだ?」

みほ「だって私、副隊長やらなくていいんだもの」

まほ「……そういえば、あの決闘は副隊長の座を賭けたものだったな」



思えば私たちの関係はエリカさんが私の副隊長という肩書に異議を唱えた事から始まる。

最初の決闘は私の愚かな行いで不意にしてしまったが、それがきっかけで私はエリカさんと一緒にいられるようになったのだ。

もう二度としないと固く誓っているが、それはそれとして、あの戦い自体が全て無駄だったとは思えない。

……たぶん、そんなこと言ったらエリカさんは本気で怒るだろうけど。

なんにしても、副隊長という役職は私とエリカさんを結び付けた因縁なのだ。

そして今日の決闘でその因縁に一つの決着がついた。



みほ「エリカさん、ずっとお姉ちゃんの副官になりたがってたでしょ?そこに実力が備わった以上、エリカさん以上の適任はいないと思う」



少なくとも、指揮能力においてエリカさんは私を上回っているだろう。

個人として強い私よりも、チームとして強いエリカさんの方が、隊を纏めるのにふさわしいはずだ。

私の言葉に、お姉ちゃんは少し逡巡するかのように黙るも、やがて納得したように頷く。



まほ「……ああ、そうかもな」

みほ「でしょ?もう隊長はお姉ちゃんなんだから、実力重視で選んでね?」

まほ「別に私だけの意見で選ぶわけじゃ……」



なんだか不服そうな様子のお姉ちゃんに、私は先ほどから思っていた疑問をぶつける。



みほ「ところでお姉ちゃんさ、エリカさんと何かあったの?」

まほ「……何でそう思う?」



先ほどあれだけ感情豊かだったのが嘘のようにお姉ちゃんから表情が消える。



みほ「お姉ちゃん、最近会うたびにエリカさんのことばっか聞くから。今だって、エリカさんのために怒ろうとしてたでしょ?」

まほ「……」

526 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:37:26.77 ID:NvqPYlie0


お姉ちゃんは、痛いところを突かれたといった様子で唇を尖らせる。

私が回答を待っていると、お姉ちゃんは、視線を外して夕日を見つめだす。

じっと、言葉もなく。どこか潤んだように見える瞳に、私が首を傾げると、ため息をついてこちらに向き直る。

そして決意したように口を開くと。



まほ「……内緒だ」

みほ「えー!?ずるい!!」



私の当然の不満にお姉ちゃんもまた不満げに返す。



まほ「内緒なものは内緒なんだ。姉のプライドにかけて、お前にだけは絶対に言わない」

みほ「むー……」



お姉ちゃんはお姉ちゃんなだけあって、意外と私に甘い部分があったと思うのだが、お互い年を重ねるにつれ、色々変わってきているのかもしれない。

ならばと、私がより強く追及しようと口を開くとするも、私はその口を閉じてしまう。



まほ「……みほ?」



思えば、お姉ちゃんもずいぶんと変わった。

先ほども思ったが、お姉ちゃんはあまり感情を表に出すタイプではない。それは、幼い頃からだ。

別に世の無常を儚んでいるとかではなく、ただただ、感情を表に出すのが苦手なだけだ。

だから、怒りをあらわにしたお姉ちゃんに私は驚いたし、先ほどから笑ったり、不満げに唇を尖らせたりと、表情豊かなお姉ちゃんに違和感すら覚えてしまっている。

それはたぶん、エリカさんがきっかけなのだと思う。

だって、エリカさんの事を話すときのお姉ちゃんは、私だって見た事のない笑顔で笑うのだから。

私の知らないところで、二人に何かあったのかもしれない。

少なくとも、お姉ちゃんを変える程の何かが。

それに、少し嫉妬してしまうのはあまりにもワガママだろうか。

……ワガママなんだろうなぁ。

友達にすらなれていないのにその交友関係にあれこれと口に出すのは間違いなくうざったがられるだろう。

でも、それはもう仕方ないのだ。

私があれだけ友達になりたいと言っているのに素っ気ないエリカさんが悪いのだ。

私はそう開き直る事にした。



まほ「……お前こそ、最近エリカと何かあったのか?ほら、誕生日の時なんかやたら長文でメールを送ってきたじゃないか。私寝てたのに」

みほ「ああ、あれはね、、エリカさんがすっごく優しくて、赤星さんもすっごく優しくて、でもエリカさんがね――――」
527 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:38:08.62 ID:NvqPYlie0





「負けたというのに随分と楽しそうですね」




528 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:38:34.49 ID:NvqPYlie0


みほ「……え?」




弾みあがっていた私の声色は割り入ってきた声によって一気に地へと叩き落される。




529 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:41:18.31 ID:NvqPYlie0


「西住流に敗北は許されないという事を忘れたのですか?」



みほ「な、なんで……」



私たちの視線の先には腕を組んでこちらを見据える黒い影が一つ。

鉄のように、鋼のように冷たい声色は、私の心臓を掴んで圧し潰そうとしているかのように締め付けてくる。



「……まぁ、まずは挨拶からですね」




530 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:43:22.84 ID:NvqPYlie0





しほ「久しぶりですね、みほ。元気なようでなによりです」

みほ「お、お母さん……」




531 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:44:03.06 ID:NvqPYlie0





母との久しぶりの再会というにはあまりにも、不吉なものを感じた。




532 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/09/01(土) 23:45:37.45 ID:NvqPYlie0
投稿日名言してるくせにギリギリに投稿するのはマジであれだと思います(自嘲)

また来週。
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/01(土) 23:46:25.82 ID:/B+xUCyGo
おちゅー
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/02(日) 00:10:13.42 ID:uUNWhf2pO
乙ー
これでまた一週間頑張れる
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/02(日) 00:44:37.26 ID:GZw8jCjR0

このSSがどれだけ暗い方向に進んで行こうと公式が西住サンドしてくれるから安心だね!
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 00:57:36.65 ID:ZOWWUmLC0
あと一週間待つのがつらい
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/02(日) 03:32:50.41 ID:JZ2f1ToM0
安定した投稿頻度、投稿量、クオリティーで提供してくれる>>1に感謝ですよ
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/09/02(日) 04:07:49.14 ID:r26tUv0e0
元気なくしてしぽりんがしおりんになってたママ住殿じゃないですか
まだ覇気がある頃か……
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:53:17.82 ID:ACryeP4Q0
このSSと公式西住サンドがあるんだ。また9月も頑張ってのりきっていきたい
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/16(火) 18:07:45.74 ID:exY01CCrO
復活あげっっっっっ!
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/17(水) 14:46:42.28 ID:zit7YkIiO
復活あげ
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/10/19(金) 17:46:14.55 ID:jCCiSDZCo
>>1はここ復活したの知ってるのかな??
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/19(金) 20:17:01.79 ID:xzloBq9BO
Twitterの内容からしてもう少しすれば帰ってきそうな感じはする
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/19(金) 23:44:21.02 ID:629q6JCjo
>>543
サンキュー有能
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/24(水) 23:41:08.92 ID:uVEE8Dv1O
喜べ作者がTwitterで今週から投稿再開宣言したぞ
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/10/25(木) 00:44:57.99 ID:nwjTKlCto
>>545
歓喜
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/26(金) 10:24:26.88 ID:C7m8SLElO
作者Twitterのアドレスを教えて欲しいであります!
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/26(金) 17:06:03.94 ID:liTh12KHO
作者の酉で検索かければ出てくるよ
549 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/10/27(土) 20:04:14.90 ID:apQ6Z5XO0


沈みゆく夕日が廊下を、私たちを照らす。


しほ「みほ」

みほ「お、お母さんなんで……」


私たちの母、西住しほ。

実家が家元を務めている流派、西住流の師範にして、高校戦車道連盟の理事長でもある、日本の戦車道における重鎮の一人だ。

その役職ゆえに多忙を極め、加えて私たちが一年のほとんどを学園艦で暮らしている事もあり、家族である私たちと顔を合わせることは数えるほどしかない。

しかし、そんなお母さんが今、私たちの前に立っている。

動揺を隠せない私を横にお姉ちゃんが声を出す。


まほ「お母様、隊長室で待ってるんじゃ……」

しほ「あなた達がいつまでたっても来ないと思ったら、随分と楽し気な声が聞こえたので」


どうやらお姉ちゃんはお母さんが黒森峰に来ていたことを知っていたようだ。

というより、お姉ちゃんが私を呼んだ理由がこれというわけか。


みほ「お母さん、何で学園艦に……」

しほ「少し時間が空いたので、あなた達の様子を見るついでに母校に寄っただけですよ」

みほ「そ、そうなんだ」

しほ「それよりも。……みほ、さっきの試合見させてもらいました。まだまだ未熟ですね」


鉄のような視線が更に鋭く私を貫く。

喉が引きつったように動かなくなる。

550 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/10/27(土) 20:11:22.24 ID:apQ6Z5XO0



しほ「初動が遅い。隊員の統率が出来ていないから動き出しが遅くなるのです。……みほ、西住流とは何ですか」

みほ「……撃てば必中 守りは固く 進む姿は乱れ無し 鉄の掟 鋼の心。それが……西住流」


西住流の理念。幼い頃から耳にし、復唱してきたそれは私の戦車道にも深く刻まれている。

……良くも悪くも。


しほ「その通りです。それが分かっていながら先ほどの醜態はどういうわけですか」


お母さんはそう問いかけるも私の返事を待たずさらに続ける。


しほ「相手の逸見さんという方は確かに実力のある子でした。しかし、あなたはそれ以上の才を持ち、研鑽を積み重ねてきたはずです」

みほ「で、でも……」

しほ「油断は戦いにおいて最初に排除すべきもの。黒森峰はまほとあなたが率いていかねばならないのに情けない姿を隊員たちに見せつけてはいけません」


油断。お母さんはそう断じた。私にとってそれはつまり、あの戦いでのエリカさんの勝利を、それに至るまでの努力を否定したに等しい。

私は本気で戦った。エリカさんの本気を本気で受け止めた。油断なんて欠片もなかった。そして今日、エリカさんの本気が私の本気を上回った。

それがどれだけ尊い事なのか。どれだけ眩い事なのか。

何も知らないくせに。私が、エリカさんがどんな思いで今日まで戦ってきたのか、知ろうともしなかったくせに。

心の奥底でふつふつと黒い何かが沸き立つ。

拳が無意識のうちに強く握られる。

周囲の音が遠くなっていく。

自分が何をしようとしてるのか自分でもわからない。だけど、そんな事どうでもいい。

ただ、ただ、私とエリカさんの戦いを侮辱されたことが許せない。

私は感情のまま一歩踏み出そうとして―――――


551 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/10/27(土) 20:17:42.68 ID:apQ6Z5XO0


まほ「申しわけありませんお母様」


その歩みは、前に出てきたお姉ちゃんによって遮られた。


まほ「今回の事は私の責任です。自分の事にかまけてみほへの指導を怠っていました」


頭を下げるお姉ちゃんは一瞬私の方を見る。

その瞳は『何もするな』と語っていた。

お母さんはそんなお姉ちゃんの姿を見てため息を一つ吐く。


しほ「……まほ、あなたが多忙な事は重々承知しています。国際強化選手に選ばれたことも含めてあなたの活躍は私にとっても誇らしいものです」


お母さんにしては珍しい、ストレートな称賛。

母から子へのそれは、おそらく普通の親子であれば微笑ましく温かなものなのだろうが、

お母さんの表情はピクリともせず、冷たい視線に熱がこもることもなく、その内心を読み取ることはできない。


しほ「ですがあなたとみほは姉妹です。みほの評価があなたの評価に繋がる事もあるのです。それが、良い物であっても悪い物であっても」


視線がお姉ちゃんから私に向けられる。

エリカさんとの試合がお姉ちゃんにとって悪い評価に繋がる。

それがお母さんの言いたい事なのだろう。

お姉ちゃんが前にいなければ私は大声で叫んでいただろう。

ふざけないで。馬鹿にしないで。エリカさんを、侮辱しないで!、と。

しかし、今ここで激情を発露すればお姉ちゃんにまで迷惑がかかってしまう。

それを無視できるほど私はワガママにはなれなかった。

552 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/10/27(土) 20:21:55.53 ID:apQ6Z5XO0


しほ「私の目が届かない分、あなたがみほを指導するのです。……忘れてはなりません、あなた達姉妹は黒森峰を、西住流の未来を背負っているのだと」

まほ「……はい」

しほ「来年度の全国大会はあなた達の力を見せつけなさい……以上です」

まほ「ご指導、ありがとうございます」


お姉ちゃんは再度お母さんに頭を下げる。

お母さんはその姿を見下ろし、腕時計に視線をやると少し考えるように口を閉ざす。

そして、相変わらず温度のない声を私たちにかける。


しほ「できれば食事でもと思いましたが、残念ながら時間です。次に会うときは家族での時間が取れるようにしておきます。それではみほ、まほ、また」


そう言い残すと、もう用は無いと言わんばかりに振り向きもせず去っていった。

残された私たちはしばらく何も言わずうつ向いていたが、

やがてお姉ちゃんが顔を上げる。


まほ「……エリカは、強いよ」

みほ「……うん」


そんなの、私が一番よく知ってるよ。


まほ「それでも……みほ、副隊長はお前だ」


私の目を見ず、消えるような声でそう言うと、お姉ちゃんは去っていった。

残された私は動くことができず、どうしようもない感情を拳を握ることで抑え込んでいた。

553 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/10/27(土) 20:23:51.15 ID:apQ6Z5XO0
今日はここまでで。
SS速報が復旧してくれて良かったです。
投稿はこれまで通り毎週土曜を予定しているのでよろしくおねがいします。
それではまた来週。
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/10/27(土) 20:59:43.67 ID:mMSYvk5po
乙。待ってたよ〜。
また土曜日が楽しみな生活キタコレ
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 21:22:20.82 ID:btD2TBrXO
乙ー
久しぶりの更新に心が震えた
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 23:03:46.12 ID:fncCNhl8o
意地の土曜更新乙
復活オメ
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/28(日) 02:12:25.02 ID:nYCKg0wK0
乙々 待ちに待ってたよ
しかししぽりん表情筋硬そうやな
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/28(日) 15:35:58.55 ID:tDhgcFv6O
ssではアホになり同人誌では寝取られてばかりの家元さんチィース
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/29(月) 00:10:04.46 ID:poP0vLP5o
(寝取られてるのは旦那の方では…?)
560 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:40:54.42 ID:WAWLSor50




どれだけ佇んでいたのだろう、ようやく気持ちを持ち直せた私が外に出ると、夕日は沈み切り、月が出ていた。

その光があの人を思い出させてくれて、少しだけ安らぎが戻る。

しかしそんな灯は肌を刺すような寒風にあっさりと攫われてしまい、ただただ体を動かすことにだけ集中しようとする。

そうしないと、どんどん黒い感情が湧き上がってくるから。

久しく忘れていたその感情は、私が黒森峰に来た時より抱えていたもので、

きっといつか、私を飲み込んでいたものだ。

そうなっていたら私はきっとここにはいなかっただろう。

逃げ出すのか、壊すのか。どうするのかはわからないが、少なくとも楽しい学園生活なんて霧散していたのは間違いない。



『忘れてはなりません、あなた達姉妹は黒森峰を、西住流の未来を背負っているのだと』



『……みほ、副隊長はお前だ』



誰かへの期待のために、誰かの努力を、情熱を踏みにじるのが戦車道なら、

それが西住流だというのなら、

私はそんなもの―――――


561 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:45:34.69 ID:WAWLSor50






エリカ「ずいぶん遅かったわね」






562 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:47:12.43 ID:WAWLSor50


黒く染まりかけた思考が、聞き知った声によって掬い上げられる。

いつの間にか私は校門を出ていて、声の主はそこに寄りかかるように私を見つめていた。



みほ「エリカさん……?なんで……」

エリカ「赤星さんに待っててやれって頼まれたのよ」



声の主―――エリカさんは気だるげに髪を掻きあげると、私に向かって不満そうな視線を向ける。

そんな姿ですら、私からすればちょっとした芸術作品のように見えて、この人と自分が同じ人間なのか疑問に思ってしまう。



みほ「でも……こんな時間まで」



いくら頼まれたからってこんな寒い中待っててくれるだなんて……

私の疑問と驚きにエリカさんは声を荒げて返してくる。


563 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:49:50.77 ID:WAWLSor50


エリカ「そうよそう!全く何時間待たせたのよあなた!?この寒空の下、あと5秒遅かったら帰ってたわ!!」



怒鳴りながら近づいてきたエリカさんはしかし私の顔を見るや途端に落ち着きを取り戻し、じっと私を見つめると呆れたようにため息を吐く。



エリカ「……はぁ。何があったか知らないけど、その泣きそうな顔やめてくれる?ただでさえ寒さでイラついてるのに余計にイライラするんだけど」



相変わらず嫌味ったらしい、けれどもどこか私を気遣うようなエリカさんの言葉に、私は安心感と申し訳無さがないまぜになって涙がこらえきれなくなってしまう。



みほ「エリカさん私、私……」

エリカ「ちょ、ホントに泣くやつがある?……どうしたのよ」



ぽろぽろと涙が零れだした私を見てエリカさんは慌てたように駆け寄って、そっと肩に手を置く。

彼女の優しい声色に私は、呟くように、謝るように答える。

564 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:51:44.88 ID:WAWLSor50


みほ「私、副隊長に任命された」

エリカ「……そう」

みほ「エリカさん、ごめんなさい……」



私が嗚咽をこらえながら謝罪の言葉を口にすると、エリカさんは目端を吊り上げ不快感を欠片も隠さない表情をする。



エリカ「はぁ?あなた、随分な嫌味を言えるようになったのね?」

みほ「私、エリカさんが副隊長に相応しいってお姉ちゃんに言ったけど、ダメだった……」

エリカ「……みほ、あなた」



エリカさんの声に怒りがこもる。

当然だ。私は、エリカさんの努力を、エリカさんの想いを守れなかったのだから。

あの時、お姉ちゃんの制止を振り切ってお母さんに叫べばよかった。

エリカさんを馬鹿にしないでと。エリカさんは強いのだと。

それが出来なかった私に、謝られたところで何の意味があるのか。

それでも、私にできる事はひたすら謝罪をすることしかない。

せめて、私に怒りをぶつけることで彼女の気が晴れるのなら。

565 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:54:24.20 ID:WAWLSor50


みほ「ごめんなさいっ……ごめんなさいっ……エリカさんは副隊長の座を賭けた試合に勝ったのにっ……」

エリカ「……………………ん?」



ただただ、謝罪を繰り返す。

自分が情けなくて、それ以上に悔しくて涙が出る。

私はなんて無力なのだろうか。

大切な人の、大切なものすら守れないのに、副隊長の座は私に与えられる。

こんな理不尽があるのだろうか。



みほ「エリカさんがどれだけあの試合に懸けてたのか私も、お姉ちゃんも知ってるのに、なのにあなたの努力を、結果を不意にした。ごめんなさいっ、エリカさんごめんなさいっ……」

エリカ「ちょ、ちょっとまって?」

みほ「だから――――どうしたの?」

566 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 18:59:18.04 ID:WAWLSor50


エリカさんの制止に私が言葉を止めると、エリカさんは先ほどとは違う何というか、凄く微妙な表情になっていた。



エリカ「えっと…………………………え?あれそういう試合だったの?」

みほ「…………………………え?」

エリカ「いや、私はただあなたと戦えば私の勉強になると思ってたから、期末試験みたいなつもりで挑んでたんだけど」



一瞬、エリカさんが私に嫌味を言っているのかと思った。

言われても仕方のない事を私はしたのだから。

だけどエリカさんの表情はこう語っている『何を言ってるんだこいつは』と。



みほ「え、だ、だって勝った奴が副隊長だって……」

エリカ「それは最初の2回だけでしょ?それ以後の試合は副隊長の席の代わりに罰ゲームにしたつもりだったんだけど……」

みほ「え?え?だってエリカさん副隊長っていうか、お姉ちゃんの副官になりたいんじゃ……」

エリカ「そりゃあ、なりたいけど。あなたを押しのけてなったところで意味ないわよ」

567 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 19:16:30.58 ID:WAWLSor50


お互い頭上に無数の『?』を浮かべながら要領のつかめない会話をする。

だってエリカさんはお姉ちゃんに憧れてて、私よりも強くなって副隊長になりたいって……

そして何よりも、



みほ「でも私に勝ったんだよ?」



今日の試合でエリカさんは証明したはずなのに。

逸見エリカは西住みほを超えたのだと。

不屈の闘志とたゆまぬ努力がついに実を結んだのだと。

だというのに目の前のエリカさんは簡単な算数すらできない子供に向けるような呆れた目で私を見つめる。



エリカ「あのねぇ、一回勝った程度で何よ。それ以外全敗よ?そんな成績であなたより上だなんて言えるわけないでしょ恥ずかしい」

みほ「そ、それは……」

エリカ「まったく……高等部の副隊長はあなた。中等部の3年間、あなたがどれだけ貢献してきたか。わからないやつなんていないわ」



エリカさんは白い吐息を吐きながら真っ直ぐに言い放つ。

その言葉には過大評価も過小評価もなく、ただただエリカさんにとっての事実を伝えていると感じた。

568 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 19:19:21.96 ID:WAWLSor50


みほ「……私が、副隊長で良いの?」

エリカ「良いも悪いもない。あなたは、その席に着く義務があるの」



恐る恐る尋ねた私の言葉を甘えも、泣き言も許さないという風にバッサリと言い切る。

僅かな沈黙が私たちの間に訪れると、エリカさんは二度三度、左右に視線を揺らし、そして思い出したかのように声を出す。



エリカ「……あ、だからって油断しない事ね。私はいつだってあなたの席を狙ってるんだから。せいぜい寝首を掻かれないよう気を付けなさい!!」



その言葉が私への気遣いなのだとすぐに気づく。

エリカさんはいつだってそうだから。優しいのに、思慮深いのに、それを表に出すのを恥ずかしがる。

だから、私は思わず笑ってしまう。



みほ「……っふ、あははっエリカさんはエリカさんだね」

エリカ「ケンカなら買うわよ?」

みほ「もー違うってば」

569 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 19:22:51.64 ID:WAWLSor50


その言葉は、私がエリカさんに伝えられる最大級の賛辞だ。

強いのに優しくて、誇り高いのに嫌味っぽい。

ちぐはぐなようで誰よりも真っ直ぐなエリカさんは、今の私にとって無くてはならない人生の道標で、

そんなエリカさんと一緒にいると私の不安なんて小さなものだと思えてしまう。

私は火照った体を冷ますように、夜の冷気を胸いっぱいに吸い込む。

そして少しだけ冷めた頭で、冷え切った唇で、私の覚悟を伝える。



みほ「エリカさん、私はこれからも貴女の挑戦を待ってます。全力で挑んできてください。全力で、迎え撃つから」



私の覚悟にエリカさんは嬉しそうに微笑む。



エリカ「……言うようになったわね。見てなさい?私は、いつか必ずあなたを下して黒森峰のトップに立って見せるから」

570 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 19:26:02.41 ID:WAWLSor50


きっとこれからもエリカさんは私に向かってきてくれるのだろう。

納得するまで、何度も、何度も。

だから私も全力で走って行こう。

例えいつか追い抜かされる日が来るとしても、今度は追いかけられるように。

私は、誰よりも貴女の近くにいたいから。



みほ「エリカさん」

エリカ「何よ」

みほ「一緒に帰ろう?」

エリカ「……散々待たせておいて一人で帰ったらぶっ飛ばすわよ」



そう言ってエリカさんはつかつかと歩いていく。

私は、その背中を小走りで追いかけて―――――その手をぎゅっと握った。

571 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/03(土) 19:26:42.58 ID:WAWLSor50
ここまで。
次回はエリカさんお誕生日スペシャルを予定しております。

また来週。
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/03(土) 21:26:38.72 ID:GEvKI423O
乙ー
誕生日スペシャル…上がれば上がるだけこれからの展開が辛いな
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/04(日) 23:18:18.36 ID:ShVhrT/Uo
おつー
574 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 21:55:22.07 ID:84Q0qfUC0







中等部三年 〜3月6日〜




時間はおそらく18時くらいだろうか。

カーテンが閉め切られ暗い部屋では時計で時間を確認することができず、だからといって携帯を開いては雰囲気が台無しだ。



小梅「それじゃあそろそろはじめましょうか」

エリカ「ねぇ、ホントにいいんだけど……」



私に向かって促す赤星さんにエリカさんが何とも言えない声色で遠慮を示す。

今私たちがいるのはエリカさんの部屋。

とても花の10代のものとは思えない殺風景な部屋は逆にエリカさんらしく、ついつい見回してしまうも、

「行儀悪いわよ」と嗜められて私は再び正面に向き直る。

いつぞやのように、部屋の中央に置かれた四角い座卓でエリカさんを上座に、向かいに私。その間に赤星さんが座っている。

そして私たちの目の前にはろうそくが立てられたケーキがある。

プレートには可愛らしく『お誕生日おめでとう エリカさん』と書かれていて、

ケーキ屋さんに取りに行った時、店員さんに「お友達の誕生日パーティーですか?楽しんでください」と笑顔で言われたのを思い出して私も笑顔になってしまう。

そんな私を見て赤星さんは微笑みながら促してくる。

小梅「それじゃあみほさん」

みほ「うん!」


私たちは二人そろって息を吸い、そして。

575 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 21:57:23.17 ID:84Q0qfUC0







『Happy Birhday to You. Happy Birhday to You.』







手拍子を鳴らしながら練習したわけでもない誕生日の歌を綺麗に合わせて私たちは歌う。

頬を染めているエリカさんは照れているのかそれともろうそくに照らされているからなのか。



576 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 21:58:25.81 ID:84Q0qfUC0






『Happy birthday, dear エリカさん』






今宵は彼女の誕生日。

貴女が私を祝ってくれた以上に私は貴女の誕生日を祝いたい。

そんな思いを歌に込めて、今日という日が少しでも貴女にとって幸せな日であって欲しくて。


577 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:03:10.28 ID:84Q0qfUC0







Happy Birhday to You.







578 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:04:50.40 ID:84Q0qfUC0


それほど大きくない部屋に静寂が戻ってくる。

私たちがエリカさんを見つめると、エリカさん同じように見つめ返す、

そして、諦めたようにため息を吐くと、再び息を吸って、ふっ……と、ロウソクを吹き消した。



小梅「誕生日おめでとうございます、エリカさん」

みほ「おめでとう!」



赤星さんが電灯のスイッチをいれ、部屋に明りが戻る。

私は手が痛くなるくらい全力で拍手をすると、エリカさんは照れ臭そうに笑う。



エリカ「もう、恥ずかしいわね……小学生じゃないんだから」

小梅「ふふっ、小学生だろうと中学生だろうと大人だろうと。祝い事は全力で祝うのが一番なんですよ?」

エリカ「そう……なら、仕方ないわね」



エリカさんは肩をすくめると、そっと微笑んだ。

その様子に少なくとも彼女が悪感情を抱いていない事が分かって安心する。

……そんな人じゃ無いってわかっているのに不安になってしまうのは、私が弱いせいなのかもしれない。



579 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:06:27.99 ID:84Q0qfUC0



小梅「ほら、早くご飯食べちゃいましょう?せっかくエリカさんの好きなハンバーグ作ったんですから」



私の内心をよそに、赤星さんはてきぱきと準備を進める。

ケーキは冷蔵庫に避難させられ、今度は卓上を様々な料理が埋めていく。

私の時はエリカさんと赤星さんが作ってくれたが、今度は私と赤星さんが手分けをして作った。

……まぁ、ほとんど赤星さん任せで私は大した事出来なかったけど。



エリカ「随分豪勢ね……」

小梅「言ったでしょう?お祝い事は全力でって」

エリカ「……そうね」

小梅「それじゃあ、いただきましょう」

エリカ「ええ、いただきます」

みほ「いただきます」



和やかに始まった食事の時間。

だけど私と赤星さんは料理に手を付けず、じっとエリカさんを見つめる。

その視線に一瞬煩わしいといった表情をするも、すぐに視線を戻してメイン料理の一つ、ハンバーグに箸を入れる。

赤星さん曰く『それなりに準備と練習を重ねた自信作』なハンバーグは箸でもすっと切り分けることができ、エリカさんはその欠片をそっと口に含む。

目を閉じ咀嚼をする姿がなんだか妙に艶めかしく思えてしまい頬が熱くなる。

私がそわそわしていると、エリカさんの細い喉がごくりと動く。

恐る恐る声を掛ける。



580 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:09:17.77 ID:84Q0qfUC0



みほ「……どう?」

エリカ「……美味しいわ」

みほ「やった!」

小梅「良かったですねっ」



どこか悔しそうに呟いたその言葉は私たちにとっての勝利宣言であり、私たちは揚揚とハイタッチを交わした。



エリカ「もー……人が食べてるところをじっと見るんじゃないわよ。緊張するじゃない」



恥ずかしそうに愚痴るエリカさん。

その姿に微笑ましさをおぼえながら、私たちも料理に手を付け始める。

……うん、よくできました。



小梅「はい、チーズ」



舌鼓を打っていた私とエリカさんの横顔にシャッター音が浴びせられる。



エリカ「あなたまた……」

小梅「お誕生日に記念写真はつきものですよ」



ファインダー越しに得意げに返す赤星さん。

その様子に最初は不満げだったエリカさんも抗議する気が失せたようで、ため息交じりに赤星さんの隣に行くと、デジカメの表示画面をのぞき込む。


581 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:11:53.36 ID:84Q0qfUC0



エリカ「どうせ撮るならもっとちゃんとした所を残して欲しいわね。ほら、これなんか口あいてるじゃない」



表示画面には先ほど取られたばかりの写真――――ハンバーグを口に運ぼうとしているエリカさんと、それをじっと見つめてる私が写っていた。



エリカ「もう、もの食べてる時の写真ってちょっと行儀悪くない?」

小梅「いいじゃないですか、生活感というか日常の一コマって感じで」

みほ「私もそう思うな」

エリカ「あんまり撮りすぎてもありがたみが薄くなるでしょ」



そう言うエリカさんの顔に微笑みが浮かんでいるのに私たちは何も言わない。

もはやエリカさんが素直じゃないだなんて公然の事実なのだから今さらあれこれ指摘するだけ野暮なのだ。



小梅「思い出せるものはたくさんあるに越したことがありません」



自信満々なその言葉にエリカさんは観念したように肩をすくめる。



エリカ「そ。なら、せめて綺麗に撮ってね?」

小梅「任せてください。カメラ歴一年の腕が火を噴きます」

エリカ「あんま信頼できないわね……」

みほ「大丈夫だよ、エリカさんならどんな写真だって綺麗に写ってるから」



だって私の瞳(ファインダー)に映る貴女はいつだって輝いているから。

……流石に臭すぎるので、言葉にはできないけど。



582 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:15:43.18 ID:84Q0qfUC0








料理もケーキも楽しんで、ある意味今回のメインイベント、プレゼント贈呈の時間が来た。

エリカさんもそれは察していたようで、いつのまにか正座してどこかソワソワしている。

エリカさんにもそんな情緒があったんだなと失礼極まりない事を思ってしまうも、

そんなにも心待ちにしてくれることが嬉しくてたまらない。

だから、私が最初にプレゼントを渡すことにした。



みほ「エリカさん。はい、誕生日おめでとう」

差し出したプレゼントを、エリカさんは恐る恐る受け取る。

チラチラと私の顔を見てる姿はなんだか小動物的だ。



エリカ「……ありがとう」

みほ「開けて?」

エリカ「なんでそっちから催促するのよ……まぁ、開けるけど」



しぶしぶといった様子で包み紙を綺麗に開き、そっと箱を開けると、

中に入っていたのは一枚のハンドタオル。

ワインレッドで彩られたそれは、私が苦心の末に選び抜いたものだ。
583 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:19:34.50 ID:84Q0qfUC0


みほ「普段から使える物が良いなぁって思って」

エリカ「ハンドタオルね……あなたにしては良いセンスしてるじゃない?」

みほ「それ褒めてるの?」

エリカ「褒めてるわよ。手触りも良いし……」

小梅「色もパンツァージャケットに合わせられますね」

みほ「というか、パンツァージャケット着てる時に使ってもらいたいからね」



戦車の中というのは想像以上に蒸し暑いものだ。

夏はもちろん冬だって人の熱気となによりもエンジンの熱がこもって酷い暑さになる。

そんな時に汗を拭えるハンカチがあればと。



エリカ「プレゼントに気を使いすぎじゃない?」

みほ「プレゼントだから気を使うんでしょ」

エリカ「それは……そうね」

小梅「ほらほら、みほさんだけずるいですよ。次は私の番です」



割って入るように赤星さんが身を乗り出して、両手に持った小箱をエリカさんに差し出す。



小梅「私からはこれです」



小さな箱をまるで結婚指輪を差し出すように開く。

その中に鎮座しているのはシルバーのレディース腕時計。

小さく可愛らしい見た目と、気品を感じる色合いが安物ではない事を私たちに語り掛けてくる。



エリカ「……ちょっと、これ高くなかった?」

小梅「まぁ、少しだけ……」

エリカ「だめよ、こんなの受け取れないわ。ほら、あなたの方が似合って……」

小梅「エリカさん」


ピシャリと、エリカさんの言葉を遮る。


584 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:23:04.27 ID:84Q0qfUC0


小梅「その時計は、私がエリカさんに付けて欲しくて、エリカさんに相応しいものを選んだつもりです。気に入らないのであれば仕方がないですが、

   遠慮して受け取らないだなんてやめてください。……私の気持ちは邪魔でしたか?」

エリカ「……ずるいわよそんな言い方」

小梅「知ってます。まぁ、エリカさんに言われる筋合いはありませんが」



まるで意趣返しのように悪戯っぽく笑う小梅さん。

エリカさんはそれに応えるようにふふん、と鼻を鳴らす。



エリカ「そうね。わかった。プレゼント、ありがたくいただくわ」

小梅「ええ。そのために贈ったんですから。それに高いと言ってもあくまでプレゼントとしてはってだけで、時計としては相応のものですよ」

エリカ「わかったから。……ほら、どう?」


エリカさんは私たちに見えるように、手首に巻いた腕時計を掲げる。

小さな腕時計が電灯の明りを反射してシルバーの輝きと共にその存在を主張する。


小梅「よく似合ってますよ」

みほ「うん、エリカさんにピッタリ」

エリカ「……もう」

エリカさんははにかむ様に笑うと、視線を時計に落として何度も何度も、その輝きを楽しんでいた。


585 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:25:18.28 ID:84Q0qfUC0



みほ「それとこれも」


私たちのプレゼントは充分堪能してもらったので、ここでもう一つ。

未だ時計の輝きに目を奪われているエリカさんに、そっと小箱を差し出す。


エリカ「え?二つも?」

みほ「ううん、ハンドタオルは私からで、これはお姉ちゃんから」

エリカ「……まほさんが」



『これ、エリカに渡しておいてくれ』



相変わらずの無表情で言葉少なめに渡されたエリカさんへのプレゼント。

いきなり私の部屋に来たと思えばなんてことは無い、お姉ちゃんもエリカさんの誕生日を祝いたかったらしい。

だから、一緒に行こうと誘ったのにお姉ちゃんはなぜか固辞してさっさと帰ってしまった。



小梅「先輩も来ればよかったのに……」

みほ「新年度が近いからお姉ちゃんも色々忙しいのかも」



お姉ちゃんは新隊長なのだから、私たちを迎えるにあたって色々頭を悩ませているのかもしれない。

……新副隊長である私が呑気にしていていいのかと罪悪感が芽生えるが、今日だけは許してほしい。

明日、何か手伝えることが無いかお姉ちゃんに聞きに行こう。



エリカ「これ、開けて良いのかしら……」

みほ「いいに決まってるでしょ。ほら、早く早く」

エリカ「急かさないでよ」



お姉ちゃんからのプレゼントを手に逡巡しまくってるエリカさんを急かして箱を開けさせると、

中から出てきたのは一本のペンだった。



みほ「……これって、万年筆?」

エリカ「……」

小梅「なかなか渋いプレゼントですね」

みほ「でも、お姉ちゃんの事だからちゃんとしたのだろうし、良い物だと思うよ」



よく見ればその万年筆はお姉ちゃんがいつも使っているのと同じやつのようだ。

なるほど、自分が使ってて使い心地が良かったものをプレゼントしたというわけか。

お姉ちゃんらしい相手の事をよく考えたプレゼントだなと思う。

それにしても、

586 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:27:32.73 ID:84Q0qfUC0


みほ「ハンカチに」

小梅「腕時計に」

エリカ「万年筆……あなたたちのプレゼント、普段使いできるのばっか選んできたわね」



エリカさんは3つのプレゼントを眺めながらそう指摘する。

対する私たちはその言葉にガッツリと思うところがある。



みほ「あー……それはたぶん」

小梅「エリカさんに長く使ってもらいたいからでしょうね」



その言葉にエリカさんはじっと私たちを黙って見つめる。

その視線に私たちは白状するように語りだす。



みほ「色々考えたんだけどさ、初めて贈る誕生日プレゼントだから」

小梅「できるだけ長く、そばに置いてくれるようなものを。そう思いまして」



だから一生懸命選んだ。

品質はもちろん色合いまでしっかりと考えて。

エリカさんにとって日常の一部になってくれるように、そう思って。

……まさか3人とも同じコンセプトでプレゼントを選ぶとは思わなかったけど。



エリカ「……もう、次のあなたたちの誕生日プレゼント、適当にできないじゃない」



呆れと照れ笑いが入り混じった言葉、元より適当にするつもりなんてないだろうに。

でも、期待を煽ったのならそれに応えるのも礼儀だ。



みほ「期待してるよエリカさん?」

小梅「なんなら希望出しておきましょうか?」

エリカ「はしたない事言うんじゃないの。……ちゃんと考えておくわよ。……二人とも」


587 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:32:07.59 ID:84Q0qfUC0


突然姿勢を正したエリカさんが、私たちに呼びかける。

その頬は少し紅潮していて、エリカさんが緊張しているのだとすぐにわかった。


エリカ「……私、家族以外に誕生日を祝われるだなんて初めてで、その……なんて言えばいいかわからないんだけど」



口ごもるように小さくなっていく声、それすら止んで静寂が広がる。

けれども私は、赤星さんは、何も言わずじっと次の言葉を待つ。

そして、



エリカ「料理、美味しかった。ケーキも。小学生みたいだなんて言ったけど、歌、嬉しかった」



ようやく紡がれた言葉は、いつものはっきりした物言いとは真逆なたどたどしく、子供っぽい喋り。

だけど、本当に大切に、慈しむように。



エリカ「プレゼント、本当にありがとう。大事にするわ。ずっとずっと、大切にする」



プレゼントを箱ごと抱きしめる。



エリカ「みほ、赤星さん」



隠せない喜色が声ににじみ出る。



エリカ「私、今日の事を忘れないわ。恩だとかそんなんじゃなくて、ただ……楽しかったから」



彼女の瞳が潤む。

アクアマリンのような瞳が、文字通り海の様に。

どこか、湿度の上がった吐息が、唇を震わす。



エリカ「……うん、楽しかった、みんなではしゃげて、祝ってもらえて。だから」


588 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:32:38.03 ID:84Q0qfUC0








エリカ「本当にありがとう」







589 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/10(土) 22:33:38.56 ID:84Q0qfUC0
今日はここまで。
エリカさん誕生日スペシャルはもうちょっと続きます。
また来週
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/10(土) 22:42:26.37 ID:j00qTr/po
おつおつ
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/10(土) 22:50:13.29 ID:1K+lgYof0

みんなエリカさん好き過ぎだろ
俺も好きだけど
592 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/11/10(土) 23:18:13.80 ID:84Q0qfUC0
>>591
このSSにおいてみほまほ小梅は原作の20倍くらいエリカの事が好きですね
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/11(日) 01:52:58.85 ID:lLbK0HFXO
おつー
ここのエリカさんは愛されてますな
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/11(日) 02:10:04.00 ID:kZ7Gbwgc0

全くこの幸せ空間から半年でアレとは、>>1はとんだ最低野郎(誉め言葉)だぜ
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/12(月) 09:27:22.70 ID:9l8e8g9QO
かわいい(かわいい)
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/14(水) 12:42:50.50 ID:ydlWS5+r0

まほのチョイスが(自分の経験を踏まえたことも含めて)渋すぎる
597 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/11/17(土) 23:13:37.30 ID:+ZhhncjE0






いつものように自室で予習をしていると、机の上の携帯が軽快なメロディを奏でだした。

通知画面には良く知った名前。

私は迷わず通話ボタンを押すと、携帯を耳に当てる。



『……もしもし?』



電話から聞こえてくる声はどこか不安げだ。



まほ「エリカ」

エリカ『あ、良かった……ちゃんと繋がった』

まほ「私が教えたんだからそりゃあ繋がるさ」



何かあった時連絡してくれ。

そう言って渡した連絡先が今回ようやく使われた事に喜ぶべきか、あるいは今日まで全然使われなかったことを寂しがるべきか。



エリカ『そうなんですけどね。……まほさん、プレゼントありがとうございます』

まほ「……喜んでくれたなら良かった。出来るだけ普段使いが出来る物がいいと思ったんだ」



これでも時間がないなりに調べたのだから。

喜んでもらえたのならその苦労が報われるというものだ。



エリカ『ふふっ……みほと赤星さんも同じことを言ってましたよ』

まほ「……考えることは同じか」

598 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:16:16.90 ID:+ZhhncjE0


あの子達のことだからそんな事だろうとは思っていたが。

妹はともかく後輩とも同じ考えを持ってしまうだなんてちょっと単純すぎだろうか。

私が内心唸っていると、電話越しのエリカが苦笑する。



エリカ『ほんと、お節介ばっかりですよ』

まほ「お前が言うのか」



他でもないそのお節介のせいで未だ黒森峰内外に轟く異名を持ってるお前が。



エリカ『あら、私はいらぬお節介はした事ありませんよ』

まほ「……ああ、そうだな」


お前のお節介に救われた奴が少なくともここにいるしな。

きっと、みほも。



エリカ『……今日は楽しかったです。でも……まほさんが来れなくて残念です』

まほ「同級生3人集まって友人の誕生日パーティーをするんだ。邪魔者になるつもりはないさ」

エリカ『そんな事ありませんよ。邪魔者だなんて……』



違うんだよ。お前たちが邪険に扱うだなんて思ってない。

私が、私自身が。自分を邪魔者だと思ってしまうんだ。

少なくとも、あの3人の間に割って入るには私はまだ、距離があるから。

でも、



まほ「だから……次は私も祝わせてもらおうか」


もうすぐ新学期が来る。

待ち望んだ日々が、ようやく始まる。

その時、今度こそ私は近づいて行こうと思う。

遠慮するつもりは、無い。

599 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:21:48.91 ID:+ZhhncjE0


エリカ『…ええ、是非。でも、私ばっかじゃ悪いですよ。まほさんの誕生日っていつでしたっけ?』

まほ「7月1日だ」

エリカ『あ……』



流石というべきか、エリカはすぐに察したようだ。

私の誕生日はちょうど全国大会の時期にある。

場合によっては試合日と重なることもあるし、そうでなくとも大事な時期に呑気に誕生日を祝うつもりはない。

ましてや次は大事な大会なのだから。



まほ「もちろん、大会の真っ最中に祝ってもらうつもりはないさ」

エリカ『……すみません、私無神経な事を……』



10連覇がかかった大会の真っ只中、いくら盤石の体制を築いてきたと思っていようとも、不安をなくすことはできない。

私がそうなのだから後輩たちなんてなおさらだ。

そんな中祝ってもらおうだなんて思えるほど私は鈍感でもなければ無神経でもない。



まほ「気にするな。それに……祝ってもらうなら気兼ねなくしてもらいたいしな」

エリカ『……なら、大会後ですね。あの子たちだけじゃなくて隊員全員を巻き込んじゃいましょうか?』


とんでもないことを言うなコイツは……


まほ「やめてくれ……祝い事ってのは数を揃えれば良いってものじゃないだろ?」

エリカ『きっとみんな喜んで参加してくれると思いますよ?』


本気か冗談かわからない言葉に、私はため息交じりに答える。


まほ「そうじゃなくて……私は、貴女たちに祝われたいのよ」


600 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:26:24.77 ID:+ZhhncjE0



別に他の人に祝われたくないという訳ではない。

ただ、みほがそうであったように、私もそうしてほしいと思うのだ。



エリカ『……ふふっ、わかりました。あの子たちと考えておきます。……楽しみにしててください』

まほ「待ちくたびれるわね」

エリカ『そこは我慢してください。年長さん』



からかう様な声色に、私は拗ねたように唸った。


601 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:28:12.63 ID:+ZhhncjE0




エリカとの電話の後、私はベランダに寄りかかって夜空を眺めていた。

月明かりの美しさが夜風の寒さをほんの少し和らげる。



まほ「もうすぐ、ね」



もうすぐあの子たちが進学してくる。

そして、あの子たちはきっと黒森峰にとって欠かせない戦力となるだろう。

みほもエリカも赤星も、この3年で実力を着けてきた。

まだまだ足りない部分はあるが、あの三人の絆はきっと、何よりも強い武器になるだろう。

そこに割り入ろうとしている私は、もしかしたらお邪魔虫なのかもしれない。

でも、私だって少女なのだ。

友達と和気あいあいと過ごしたいと思うのは悪い事ではないはずだ。

それが後輩だろうとなんだろうと、たかが一歳の差なのだからどうこう言われる筋合いはない。

……言い訳じみてる自覚はある。

ずっと戦車道ばかりだった私は、たぶん人との付き合い方がわからないのかもしれない。

命令するなら、されるなら、何の苦労もないのに。

そこに、戦車道以外の何かを求めようとすると途端に私は不器用になってしまう。

もっと幼いころはそんな事無かったはずなのに。

でも、今は違う。

私は未だ不器用だけれども、それでも求めたいものの為に踏み出せる。

602 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:29:25.28 ID:+ZhhncjE0






『だから感謝しています。あなたに出会えた事を。

 尊敬しています。あなたを……西住まほさんを』






603 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:30:47.86 ID:+ZhhncjE0


ああ、私も感謝しているよ。

尊敬しているよ。

だからもっと理解しあいたいんだ。

不器用な私が、それでも踏み出したいと思えたんだ。

私の事をもっと理解して欲しい、貴女をもっと理解したい。

だから、



まほ「楽しみ」


604 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:31:50.29 ID:+ZhhncjE0




ふふんと鼻をならしたのは、たぶん無意識だった。



605 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:33:46.85 ID:+ZhhncjE0




寒空の下の帰り道、一人ならきっと早く帰りたくて縮こまりながら小走りしていたんだろうけど、、

隣に赤星さんがいるからか、歩みはゆったりとしている。



みほ「エリカさん、喜んでくれて良かったね」

小梅「はい、本当に。でも、ちょっと驚いちゃいました。エリカさんがあんな素直にお礼を言ってくれるだなんて」

みほ「あはは、そうだね。エリカさんの事だから『別に頼んだわけじゃんないけど、とりあえずお礼ぐらいは言っておくわ』みたいに言いそうだったのに」



エリカさんがたまに見せる素直さは、正直ズルいと思う。

普段は意地悪なくせにあんな風に素直に、真っ直ぐにお礼を言われたらなんだって許せてしまう。

それにしたって今日のあの笑顔は私も初めて見る笑顔だった。

いつもの悪戯っぽい笑みとも、クールな微笑みとも違う、本当に心からの笑顔。



小梅「エリカさんも変わってきてるのかもしれませんね」

みほ「エリカさんが?」

小梅「出会った頃からエリカさんはやさしいけど、それ以上に頑なでしたから。みほさんへの態度もそうですが、私にも見せていない部分があると思います」

みほ「エリカさんが見せていない部分……」

小梅「それはたぶん、今日みたいに素直にお礼を言った事だけじゃなくて、もっと深い……エリカさんだけが抱えてる何かがあるんじゃないかなって」



瞬間、脳裏によぎる、いつかの海辺でのエリカさん。

あの、今にも泣きそうな苦悶に満ちた表情を、私は未だに見間違いだと思っている。

エリカさんは私と違って強い人なのだから。

でも、もしかしたら。

私はまだ、エリカさんの全てを知らないのかもしれない。



みほ「……どうしてそう思うの?」

小梅「……なんとなくですかね」



そう答えた赤星さんは一拍押し黙ると、吐き出すように言葉を続ける。


606 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:36:16.98 ID:+ZhhncjE0


小梅「……まぁ、しいていうなら私はエリカさんを遠くから見ていますから」

みほ「え……?」

小梅「みほさんみたいにいつも隣にいるわけじゃないけれど、だからこそなんとなく見えるものがあるんですよ」



赤星さんが私の前に出て、夜風を纏うようにくるりと振り返る。



小梅「私は貴女たちが大好きです。一緒にいて楽しいです。でも、私は貴女たちを少し離れたとこからも見たいんですよ」



そう言って両手の指で四角を作り、私を捉える。そして、慈しむように微笑む。

時折、赤星さんが私たちから距離をとっているのには気づいていた。

率先して写真係をして、まずは自分以外をフレームに収めようとするのも。

それを心苦しく思う事はあった。

けれども、カメラを向けてる赤星さんはいつだって本当に嬉しそうで、

その笑顔を見ればそんな私の心苦しさなんて余計なお世話でしかないのだと理解できる。

私は、友達とは一緒にいたい。隣で他愛もない事で笑ったり、拗ねたりしたい。

でもそれだけが友達の在り方ではないのだろう。

赤星さんのように一歩引いて初めて見える景色があるのだろう。

その上で一言いうのなら、



みほ「赤星さん、結構めんどくさいね」

小梅「あれ?知らなかったんですか?」



私の言葉に赤星さんはおどけて返す。

それはまるで、既にした事のあるやり取りのように滑らかだった。

なので私もそれに応えておどけて見せる。



みほ「ふふっ、私たちまた理解し合えたね」

小梅「まだまだですよ、私が実は他の学校のスパイだとか、異星人だとかそういう秘密を抱えてるかもしれませんよ?」



なんてことだ、そんな秘密を抱えているのに全く気付かせないだなんて。

赤星さんは隠し事の才能があるなぁ。なんてね。



小梅「だから……まぁ、ゆっくり行きましょう。あと3年もあるんです。エリカさんの事も、みほさんの事も、私の事も。ゆっくり伝え合っていきましょう?」

みほ「……うん、そうだね」



そして再び私たちは家路を歩み始める。

散々語り合ったせいか、なんとなく無言の時が流れ数十秒ほどたった時、



みほ「あ」


ふと、思い出したことが。


607 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:38:31.31 ID:+ZhhncjE0



小梅「どうしたんですか?」



いけないいけない。早くお礼を言わなければいけなかったのにすっかり忘れていた。



みほ「そうだ赤星さん。この間はありがとう」

小梅「え?何のことですか?」

みほ「ほら、私とエリカさんが決闘した日、エリカさんに待っててって頼んでくれたんでしょ?」



たぶん、あのまま一人でいたら、私の心は黒い何かに置き換わっていただろうから。

エリカさんの言葉に救われたのと同じく、赤星さんの気づかいにも私は救われたのだ。

本当に嬉しくて、ありがたい。

私はもう一度ぺこりと頭を下げてお礼を言う。



小梅「……何のことですか?」

みほ「……え?」



赤星さんはまるであの時のエリカさんのように『何を言ってるんだこいつは』と言わんばかりの表情で首を傾げる。



小梅「私、あの日は普通にエリカさんと一緒に帰ったんですけど……で、分かれ道でまた明日って」

みほ「つまり……」



私たちは顔を見合わせてため息を吐く。

ああもう、エリカさんは……



小梅「……ほんと、素直じゃない人ですね」

みほ「……全くだね。素直じゃなくて、お節介焼き」

608 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:40:47.32 ID:+ZhhncjE0


きっとこの事を言ったって「なんの事かしら?」とか言って知らんぷりをするのだろう。

なのでこの話はこれでおしまい。

明日からはまた、卒業式と進学、そして副隊長への就任に気を揉むのだ。

素直じゃないお節介焼きさんにいつまでも構ってはいられないのだ。

……まぁ、私から構ってもらいにいくのだろうけど。

とりあえず、私たちはまた一つ、エリカさんへの理解を深めた。



みほ「赤星さん」



それを踏まえてもう一つ、共有しておきたい事がある。



みほ「私ね、忘れないよ。エリカさんのあの笑顔を」



609 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:42:00.97 ID:+ZhhncjE0










『本当にありがとう』









610 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:43:01.57 ID:+ZhhncjE0


いつもの神秘的なまでの微笑みとは違う、年相応の、あるいはそれよりも子供っぽい。

だけど心からの笑顔を。

私は忘れない。



小梅「……そうですね。私も忘れませんよ」



多くを語らずとも赤星さんは私の言葉の意味を理解してくれる。

私たちの共通認識がここに成り立っていることを心から嬉しく思う。



みほ「……月が綺麗だね」

小梅「ええ、本当に」



見上げた空に、雲一つかかっていない月。

その月明かりのような優しさを、夕日のような暖かさを。

悪戯っぽい笑顔を、心を奪う様な美麗な微笑みを、子供のように笑った笑顔を。





そうだ



忘れない



私は、あの笑顔を




611 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:45:11.73 ID:+ZhhncjE0





忘れることが出来ない




612 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:47:05.70 ID:+ZhhncjE0

ああ

ああ

ああ



あそこで終わっていれば良かったのに

美しい思い出のまま、完結できていれば良かったのに

愚かな私が、それ故に大切なものを失う日が来なければ良かったのに

悔やんだところで時を巻き戻すことはできない

それが出来るのであれば私なんて存在していないのだから

消し去りたい過去も、引き裂きたい今も、捨て去りたい未来も、私の意志を汲み取ることなくあり続けるのだ

涙は枯れ、痛みすら曖昧になるほどの絶望

私の罪が、その程度の罰で許されていいわけがない

613 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:48:59.65 ID:+ZhhncjE0






『なにニヤニヤしてるのよ』

『ん?……神様っているのかなーって』





614 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:49:37.13 ID:+ZhhncjE0




天罰なんてありはしなかった

あの人がいないのに、私が存在していることが、神様がいないという証明なのだから



615 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:51:27.88 ID:+ZhhncjE0


ただただあの時の私たちは笑っていた

大切なものの価値に気づいていながら、享受するばかりで何も与えていなかった

もしも私が強ければ、賢ければ、未来は違ったのかもしれない

けれども私は、愚かにもそれが当たり前の日々なのだと、変わらずに明日は、未来はあるのだと信じ続けてた

繋いだ手の温もりが永遠のものだと疑わなかった

そして当然の様に


616 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:52:03.78 ID:+ZhhncjE0











終わりは、すぐそこまで来ていた










617 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/17(土) 23:53:13.96 ID:+ZhhncjE0
えー、あー、はい。やっとこさ中3編が終了です。
来週からいよいよ高1編なんでよろしくおねがいします。
また来週
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/18(日) 00:34:02.58 ID:e3SqNp/Oo
おつー
遂にきたかー
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/18(日) 02:55:33.98 ID:n1KDoeQWO
乙です
ここから黒森峰黄金期ルートに入る分岐はないのか…
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/18(日) 03:03:05.45 ID:6+HbvDK50

死別もだが、正直そこから西住殿が壊れて成り代わろうとする過程がより怖い
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/18(日) 07:38:17.69 ID:0qvpjjCc0
ワンピースの回想かよ
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/19(月) 03:35:33.42 ID:HlavTYr/0
これが終わったら、黄金期ルートも書いて欲しいなあ
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/19(月) 06:27:34.43 ID:gpLWM6vOO
乙 ハッピーエンドの可能性もあるから‼︎‼︎
624 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:10:48.70 ID:1i+sRLwV0







高等部1年 〜5月〜



ざわめきに満ちている食堂。

中等部から高等部に移ってもそういうところは変わらないのだなと少し安心感を覚える。

新年度が始まって一月近くが経ち、ようやく学食に行くのに案内されずともよくなった。

「鶏のほうがもうちょっと物覚えが良いわね」なんて言われる日々とはおさらばなのだ。

私は日替わり定食ののったトレイを揺らさないよう気を付けながらテーブルへと向かう。



みほ「赤星さん、エリカさんおまたせー」

小梅「大丈夫ですよ」

エリカ「別に待ってないわよ」



高校生になるとどうなるのかなんて思っていたが、結果として大して変わっていないというのが本音だ。

制服はそのままだし、校舎こそ高等部のに移ったものの、別に目新しいものがあるわけでもない。

流石に戦車道の練習は中等部よりも厳しくなっているが、それにしたって進学前にはもう高等部の練習に加わっていたので新鮮味も薄れている。

でも、それが嫌なわけじゃない。

こうしてエリカさん、赤星さんと一緒にお昼を食べる時間はどれだけ数を重ねようとも私にとって大切な時間なのだから。

だから、今日も同じテーブルで、好きなものを食べながら、他愛もない話でお昼休みを楽しむのだ。




『文科省は以前より計画していた学園艦の統廃合対象校の選定を行うことを決定』




学食にあるテレビからそんなニュースが流れてくる。

聞くには国の財政状況が云々でお金のかかる学園艦を維持するのが大変だから、いくつか廃校にするといった事のようだ。



みほ「学園艦が統廃合って……うちは大丈夫なのかなぁ……」



独り言のように呟いた不安をエリカさんは耳ざとく拾う。



エリカ「統廃合の対象は公立、それも艦の老朽化や生徒数が減っているようなところが対象よ。うちには関係ないわ」

小梅「そもそも戦車道の優勝常連校の黒森峰を潰す理由なんてありませんよ」

みほ「それもそっか。……でも、選ばれた学校の人たちはなんだか可哀そうだね」


625 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:16:28.62 ID:1i+sRLwV0



学園艦は基本中高一貫だ。小学校を卒業して6年間を親元を離れて過ごしてきた場所なのだ。

これが陸での話ならまた違うのかもしれない。廃校になったとしてもすごした土地や、景色は残っているのかもしれないのだから。

でも学園艦は違う。廃校になれば解体され、そこにあった思い出や景色は跡形も残らず無くなってしまうのだろう。

……それは、きっと辛い事だ。

顔も知らない人たちの気持ちを勝手に想像して、勝手に落ち込んでしまう。

そんな私に赤星さんもつられたようで、箸の進みが遅くなる。



小梅「……そうですね。何年も暮らしてた場所が母校と一緒に無くなってしまうんですから」

エリカ「学園艦の維持費を考えれば仕方のないことよ、公立校は税金で運用しているのだから。」



感傷的な私たちの言葉に対してエリカさんはどこまでも理性的だ。



小梅「エリカさんはクールだなぁ……」

エリカ「……それに浮いた予算でより良い事が出来るのなら廃校になった所の生徒たちも少しは浮かばれるでしょ」

みほ「だといいけど……」

エリカ「よその事考えている暇があるなら今年の大会の事を考えなさい」



この話はこれで終わり!といった風に話題が変わる。

とはいえ、その話題はもう幾度となくされたものなのだが。



小梅「エリカさん最近そればっかですね」

エリカ「当たり前でしょ。今年優勝すれば黒森峰の10連覇、前人未到の大記録に私たちが名を連ねられるかもしれないんだから」

みほ「頑張らないとね」

エリカ「何人ごとみたいなこと言ってるのよ。あなたが一番頑張らないといけないのよふ・く・た・い・ちょ・う」

みほ「うぇぇ……」


呑気な私に唇を尖らせたエリカさんが、対面から額をぐりぐりと押してくる。

たまらずうめき声をあげる私を見て、エリカさんは満足げに微笑むとまた自分のランチに戻る。

今日のエリカさんのメニューは焼きサバ定食だ。

そして昨日はハンバーグだ。



小梅「相変わらず仲いいんですねぇ……」


私たちのやりとりを見て呆れたように笑う小梅さん。

私は「そうだよ」と微笑み返し、エリカさんは「節穴」と簡潔に突っぱねる。

そんな感じにいつも通りの時間を過ごしていると、横合いから声を掛けられる。

626 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:22:03.97 ID:1i+sRLwV0



「あれ?榴弾三姉妹揃い踏みじゃん」

みほ「先輩?どうしたんですか?」



声を掛けてきたのは活発そうなショートヘアーの2年生だった。

その隣にはお淑やかそうな長い黒髪の先輩が微笑んで立っている。

この二人は私とエリカさんの決闘をいつも最前席で見ている人たちだ。

この間のなんてわざわざ中等部まで見に来ていたのだから、よほど私たちに期待してくれているのか、はたまたヒマなのか。



「ごめんね?ご飯食べてる時に」



黒髪の先輩が手刀で謝意を示して、私がそれに返そうとするも、その声は別の声にさえぎられる。



小梅「待って、ちょっと待ってください。…今なんと?」

「ごめんね?ご飯食べてる時に」

小梅「そっちじゃなくて」

「榴弾三姉妹揃い踏みじゃん」

小梅「……なんで私が含まれてるんですか?」



いつもの穏やかな雰囲気が消し飛んだかのような真顔。



「いや、お前らいっつも一緒じゃん?仲間外れは可哀そうだなって私が広めておいたんだ『榴弾姉妹は新たな妹を取り込んで三姉妹となった』って」

小梅「余計なお世話甚だしい……」



赤星さんの苦々しさをふんだんに込めた表情に私は苦笑するしかない。

私、その片割れなんだけどな……


627 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:23:43.09 ID:1i+sRLwV0



「ごめんなさいね……この子、考えなしだから」

小梅「一応それ悪名なんですから私を巻き込まないでくださいよ……」

エリカ「そうですよ、榴弾姉妹はメンバー増員はしません」



赤星さんの不満をよそに黙々と食事を続けていたエリカさんが突然口を挟む。



みほ「エリカさん……」



悪名だと思っていたけれど、エリカさんがこんなにも私とのコンビ名に愛着を持っていてくれただなんて……

からかわれた日々は、めちゃくちゃ怒られた結末は私たちの絆を育むための過程に過ぎなかったのだと、思わず涙しそうになる。



エリカ「私の代わりに赤星さんが入って、今後はみほとの新体制で行ってくれるんですから」

「そうだったのか……代替わり早いな」

小梅「体よく押し付けないでください」



榴弾姉妹なんてやっぱり悪名だ。

さっさと風化してくれないだろうか。



「相変わらず仲いいなーお前ら」

「ちょっと、あんまり邪魔しちゃ悪いわよ。それよりも」

「おっと、そうだそうだ。なぁ隊長知らねー?」

エリカ「隊長ですか?なんでまた」

「一度隊長とお昼一緒に食べようって思ってたんだけどなかなか捕まらなくて……」

「あいつ付き合い悪いからなー。昔っから何考えてるかわかんない顔してるし」

みほ「あはは……」



628 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:25:05.87 ID:1i+sRLwV0


それはまぁ、妹である私も良く知っている。

でも、お姉ちゃんは決して何も考えていないわけではない。

むしろ沢山考えて、悩んでいるから表情を出せないのかもしれない。

私はそれこそ生まれたころから一緒だからお姉ちゃんが何を考えているのかわかるけれど、そうじゃない人には難しいのだと思う。



みほ「たぶん、昔のお姉ちゃんならともかく最近のお姉ちゃんなら先輩を邪険にしてるとかじゃなくて、本当にただ忙しいんだと思いますよ」

「そうかー?その割には新年度に入ってからやたらお前たちと仲が良いし、これはあれか。私たちが嫌われてるのか」

「私を含めないでよ」

みほ「そ、そんな事は無いと思いますよ?ほら、最近のお姉ちゃん結構人と交流しようと努力してるみたいですし」



姉の評判が下がるのは妹である私としても嬉しくないのでフォローを入れる。

とっつきにくいのは事実であるが、最近のお姉ちゃんが変わってきたのもまた事実なのだ。



「……そうだなー、それこそ去年ぐらいから急に雰囲気丸くなったっていうか、

 何考えてるかわかんないのはそのまんまだけど張り詰めたような空気は感じなくなったな」

「何かあったのかな?」






『お姉ちゃん、エリカさんと何かあったの?』

『……内緒だ』




629 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:28:29.45 ID:1i+sRLwV0


脳裏をよぎるあの時の会話。

私はエリカさんをじっと見つめる。

私の視線に気づいたエリカさんは不審げな目つきを返してくる。


エリカ「……何よ?」

みほ「……別に?」


お姉ちゃんとエリカさんの間に何があったかは知らないが、エリカさんが何も言わず、お姉ちゃんが語りたくないというのであれば余計な詮索はしないでおこうと思う。

少なくとも、お姉ちゃんにとっては大切な思い出なのだという事はわかるから。



「副隊長、あなたもなにか困った事とかあったらちゃんと相談してね?指揮系統はあなたの方が上だけど、それでも私たちは先輩なんだから」

みほ「……はい。その時は是非」

「うーん、やっぱ妹の方が愛嬌あるよな。あいつも見習ってほしいわ」

みほ「あはは……」



お姉ちゃんとエリカさんの間に何があったかは知らないが、それはそれとしてもうちょっと人当りを良くするべきだなと思う。

……なぜ妹の私がそこまで姉の社会性を気にかけねばならないのだろうか。

でも、このままだと将来お姉ちゃんが西住流の家元として多くの門下生を引っ張っていくんだし、それ以外にも偉い人と関わるんだろうからやっぱり人との接し方は大事なんじゃ……

いやまて、そもそもお母さんがお世辞にも人当りが良いとは言えない気が。

正直前回の一件もあって偏見が多分に含まれているのは否めないが、それにしたって鉄面皮という言葉が相応しい程度にはアレだし……

とはいえ私が知らないだけで仕事中は営業スマイルが出来る人なのかもしれない。

とにかく、私は私で大変なんだからお姉ちゃんはお姉ちゃんで頑張って。

私が姉の将来への悩みを全力でぶん投げると、活発そうな先輩がふと、思い出したように口を開く。



「そういえばあいつ最近職員室に良く行ってるけどなんか知ってるか?」

みほ「職員室で?なんだろう……もうすぐ大会だし、それの関係かな?」



隊長という役職は思った以上に教師とのかかわりも深い。

当然の事だがいくら隊長であっても生徒だし、その生徒が多くの生徒を纏めるという都合上先生の協力は不可欠なのだから。

私が中等部で隊長を務めていた時も何度か職員室に出向いて今後の練習計画について説明したりした。

たまに赤星さんを連れて行って代わりに説明してもらった。

エリカさんにバレて叱られた。

630 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:29:42.36 ID:1i+sRLwV0


エリカ「隊長勉強も頑張ってるし普通に授業内容の質問とかじゃない?」

「あー、真面目だなー。もうちょっと力抜けばいいのに」

「私たちと違って隊長なんだからしょうがないでしょ」

「そうだけどさ……まぁいいや。邪魔して悪かったな。隊長に会ったら『友達が一緒に飯食いたがってた』って伝えといてくれ」

みほ「あ、はい。わかりました」

「それじゃあまた練習でね?」

「10連覇はすぐそこだ!頑張ろうな!」

エリカ「はい!」



元気よく手を振る先輩と、小さくお淑やかに手を振る先輩。

二者二様の挨拶で去って行き、人波に消えていった。



エリカ「……言われなくても頑張るわよ」

小梅「もう、エリカさんってば……」



何を分かり切ったことをと、鼻を鳴らして囁くエリカさんを赤星さんが嗜める。

だけど私は、無表情でじっと黙り込んでいた。



エリカ「また難しい顔してる」

みほ「え、あっ……」



その言葉にハッとすると、心配そうに私をのぞき込む赤星さんと、呆れたように私を見つめるエリカさんに気づく。



エリカ「対面で辛気臭い顔されるとごはんがまずくなるんだけど」

みほ「ごめんなさい……うん、大丈夫だよ!」

エリカ「……」

みほ「あはは……」



無理やり作った笑顔はすでに一度見破られている。

緩まぬ視線に、私は誤魔化せない事を悟る。


631 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:31:37.16 ID:1i+sRLwV0

みほ「……やっぱりちょっと大丈夫じゃないかな」

小梅「みほさん……?」

エリカ「……どうしたの?」


エリカさんの問いかけは心配とかそんな感情ではなく、ただただ『質問』として聞いてきたように感じた。

私は赤星さんと、エリカさんを交互に見つめて、そっとため息のように言葉を紡ぐ。



みほ「不安、なんだ。1年生で副隊長を任されて、その上10連覇までかかってて。不安で、怖くてしょうがないんだ」



何度も何度も何度も、不安や恐怖を感じてきた。それこそ、ここに入学してからは当たり前のように。

今更過ぎる感情は、けれども吐露するにはまだ私は経験不足だった。



みほ「ごめんなさい、私また……隠そうとしちゃった」



不安を隠す必要はない。エリカさんはそれを何度も教えてくれたのに、まだ私は臆病だった。



エリカ「……みほ、私はね、自分の考えを誰かに察してもらいたいって人が嫌いよ。特に、悩みや不満をね。

    何も言わないくせに『私はこんなに苦しんでることを知ってください』なんて思ってるようなやつが昔から大嫌いよ」

小梅「エリカさん」



エリカさんは小梅さんの咎めるような語気に一旦口を閉じる。

しかし、すぐにまた先ほどの私のようにため息交じりの言葉を吐き出す。



エリカ「……だから昔のあなたが大嫌いだったわ」

みほ「……」



うん、私も大っ嫌いだったよ。

そして、そんな私を嫌いだと言ってくれる貴女が、私は――――




エリカ「でも、年月は人を変えるものね……だいぶマシになったじゃない」



632 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:35:03.51 ID:1i+sRLwV0


エリカさんの言葉にまるで日差しのような優しさが灯る。

こわばった表情が緩み、いつも私をからかうときのような笑顔を私に向けてくる。



エリカ「みほ、あなたの言葉、確かに伝わったわ。だから、私もあなたに、あなた達に言いたいことがある」

小梅「私にもですか?」

エリカ「ええ。……みほ、赤星さん」




エリカ「私も不安よ」




みほ「え……?」

小梅「……」



穏やかに、なんてことないように語られたその言葉は、だけどもエリカさんが言うにはあまりにも異質なように感じた。



みほ「不安……?エリカさんが?」



驚きと動揺のままに投げかけた疑問に、エリカさんは唇を尖らせる。



エリカ「10連覇。それがかかった大会。不安にならないわけないでしょ」

小梅「……ですよねぇ。私も不安でしょうがないですよ。ご飯も喉を通らなくなっちゃいます」

エリカ「その綺麗な皿見てもう一度言ってみなさい……」

みほ「で、でもエリカさんは……」



強い人なのに。私なんかよりもずっとずっと。

動揺を抑えきれない私は、しかし口に出そうとした思いをぐっと飲み込む。

エリカさんが私の瞳を貫きそうなほど鋭く見つめていたから。



エリカ「不安じゃない人なんていないわ。私も、赤星さんも……まほさんも。きっと先輩たちも。みんなそうなのよ、自分だけが特別だなんて思わないで」


633 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:36:49.97 ID:1i+sRLwV0


自分が特別だなんて思ったことが無い。そんな事、言えなかった。

生まれも育ちも、学校での立場も何一つ普通じゃないって思ってたから。

エリカさんたちと一緒にいる事で『自分だけが』なんて気持ち、なくなってたと思っていたのに。

たった今、年月による成長を褒められたばかりだというのに、傲慢だと改めて指摘されて、私はまた、自分が成長していないのだという事を自覚してしまう。

思い上がりを恥じていると、しかしエリカさんもまた私と同じように苦々しい顔をしていることに気づく。



エリカ「……ああ、もう。私はまたこんな……なんでもっと……」

みほ「エリカさん?」



心配になって声を掛けると、エリカさんはバツが悪そうに私を見る。



エリカ「えっと……つまり、だから……うん、もっとまわりを頼りなさい。頼りないあなたを支えてくれる人がいるんだから。誰かの不安を、あなたが解きほぐす事だってあるはずよ」

みほ「……そう、かな」

エリカ「そうよ」

小梅「ええ、そうですよ」


二人の言葉に私はようやく安堵する。

他でもない二人が、私の不安を解きほぐしてくれた。

だから、まずは感謝する。


634 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:38:06.39 ID:1i+sRLwV0


みほ「エリカさん、赤星さん。ありがとう」

エリカ「感謝してるなら行動で示しなさい」

みほ「うん。……エリカさん」

エリカ「何よ」

みほ「大丈夫だよ。私たちがいるから」

エリカ「?………………っ!?」



言葉の意味に気づいた途端、エリカさんが真っ赤になる。

エリカさんや赤星さんがそうしてくれたように私もエリカさんの不安を解きほぐしたい。

沢山の感謝とほんのちょっとの意趣返しを込めた言葉をエリカさんはちゃんと受け取ってくれたようだ。

エリカさんはあたふたしながら必死に口を動かそうとする。



エリカ「わ、わかってるわよっ!じゃなくて、余計なお世話!!」

小梅「わかってるですって。良かったですねみほさん」

みほ「うん!」

エリカ「そうじゃなくて!!」



不安を吐露してもらえること。それが、こんなにも嬉しいものだなんて思わなかった。

信頼してもらえていると実感できる。こんなにも簡単な事で、私たちは分かりあえるんだ。

必死で誤解(誤解じゃない)を解こうと手と口をせわしなく動かすエリカさんを見つめながら、私は胸に灯った暖かさを心地よく感じていた。

635 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:41:07.70 ID:1i+sRLwV0






みほ「あ、一つだけ聞いても良い?」

エリカ「……何よ?」



散々からかった結果、拗ねに拗ねたエリカさんをなんとか宥め倒し、

ようやく落ち着いたところで、私は何度目かの問いかけをする。



みほ「もう、機嫌直してよ。……私の事、まだ嫌い?」

エリカ「嫌い」

小梅「即答ですか……」



呆れたような赤星さんの言葉にエリカさんは「仕方ないじゃない」と小さく返す。

どうやらからかわれた事を根に持っているという訳ではないようだ。



エリカ「だってあなた未だに頼りないし」

みほ「頼りないから頼りなさいって今言ったばかりじゃ……」

エリカ「あのねぇ……頼りないやつが一人で抱え込んだって何も良い事無いけれど、だからってそのままで良いわけないでしょ」

みほ「うぅ……」



ぐうの音も出ない。



エリカ「あと同じこと何度も言わせるのがダメね。似たような事去年も言ったでしょ」

みほ「ぐぅ……」



出た。

まぁ、初めて喧嘩した時と誕生日の時の二回も言ったのにこのザマなんだからそのぐらい言いたくなるだろう、


636 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:43:38.68 ID:1i+sRLwV0


みほ「で、でも友達としてならどう……?いい加減私の事友達だと思ってくれない?」

小梅「凄い。めげない」

エリカ「変な根性つけたわね……ダメよ。友達だなんて無理ね。……あなたにはもう、赤星さんって友達がいるでしょ?」

みほ「エリカさんだって大切な友達だよ」

エリカ「……下らない事言って―――――」

みほ「下らなくなんかない。大切な事だよ」


言葉に、わずかな怒りが乗る。

その言葉はたとえエリカさんであっても許せない言葉だった。

私の大切な人の事を、下らないだなんて言わせない。

私の様子にエリカさんは驚いたように目を見開く。

そしてバツが悪そうに目線を下げると、



エリカ「……そう。悪かったわね、ちょっと考えなしだったわ」



呟くように謝った。

その様子に今度は私たちが驚かされる。

赤星さんなんて「嘘、エリカさんが謝った……」とまるで未知との遭遇をしたかのようだ。

両手を頬に当ててのリアクションはこの間テレビでやってた洋画の影響かもしれない。



エリカ「私を何だと思ってるのよ……みほ」



赤星さんの様子に若干眉をひくつかせるも、エリカさんは私に向き直ると目を閉じゆっくりと開く。



エリカ「……それでも、今は目の前の事に集中しなさい。あなたにとって大切な事なのかもしれないけれど、それは今すぐ成すべき事ではないでしょ?」

みほ「それは……」

エリカ「大会に懸ける思いは私と同じだって、そう思ってるわ。……違う?」



諭すような言葉に私は反論の糸口を見失い、ゆっくりと首を振る。



637 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:45:27.04 ID:1i+sRLwV0


みほ「……ううん、違わないよ」

エリカ「なら、今はそっちを第一に考えなさい。……私は、逃げたりしないわ」



ダメ押しのようにそう付け加える。

本当に……本当にこの人は……

そんな言い方をされてこれ以上食い下がれるわけがない。

計算でやってるのだとしたら極悪だし、素でやってるのならもはや邪悪だ。

私はエリカさんと、エリカさんの思い通りに引き下がってしまう自分の両方に苛立ちつつ、

それを厚めのオブラートに包んでエリカさんに伝える。



みほ「エリカさんはズルいよ」

エリカ「……ええ、よく知ってるわ」


私の精一杯の嫌味にエリカさんは聖母のような微笑みで返す。

それでもう、勝敗は決まった。

私はもう何も言わずただただエリカさんを見つめ返す事しかできなかった。

そうして数秒見つめ合っているのを見かねた赤星さんがパンパンと手を叩き、終了の合図を告げる。



小梅「……はいはい、真面目な会話はそこまでにしましょう?エリカさん、今何時ですか?」

エリカ「え?……あ」



エリカさんが銀色に輝く腕時計に目を落とすと、どうやら時計の針は思っていた以上に進んでいたようだ。

エリカさんが呟いた現在時刻はそう遠くないうちに授業の開始のチャイムがなる時間だった。



小梅「もうすぐ休み時間も終わりです。さっさと食べちゃいましょう」

みほ「わわ、急がないと……」

エリカ「ちょっと袖にお醤油つきそうよ、気を付けなさい」

みほ「うわ、ありがとうエリカさん」

エリカ「もう……出会った頃と変わらないわねあなたは」

みほ「エリカさんもね」

エリカ「……ええ、私は私だから」

小梅「遊んでないでさっさと食べてください!!」


638 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:48:43.11 ID:1i+sRLwV0






大会までの事は語ることが無い。

これまでと同じようにエリカさんたちと一緒にいて、お姉ちゃんもいて、先輩たちもいて、

困ったことがあったらみんなを頼って、

お姉ちゃんがそうであるように、そうであったように、私も副隊長として出来る事を模索しながらも精一杯やってきた。……やってこれたと思う。

もちろんみんなも全力で努力していた。

日々の練習は時間さえ忘れるほど大変で、それが毎日のように続いた結果、気が付くと全国大会が始まってて。

余裕なんて無かった。お姉ちゃんと違って私はそんなに要領がよくないから。

それでも、長くない人生で積み重ねてきたものを出し切ろうと全力を尽くした。

みんなも、それに全力で応えてくれたと思う。

元より黒森峰は優勝常連の強豪校。そこに集まった生徒たちからさらに選りすぐって選ばれた出場選手たちに油断なんてなかった。

当たり前のように努力してきた人たちなのだから。

その身に宿った全てが、勝利の為に積み重ねられたものなのだから。

故に私たちは、まわりの期待通りに勝ち進んで行った。





639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 21:50:26.11 ID:TABS1xZz0
ついに来るのか……
640 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/11/24(土) 21:50:50.33 ID:1i+sRLwV0
ここまで。
流石に黒森峰の名無しが枯渇したのでちょこちょこ出してたオリキャラっぽいモブ先輩を出しましたが、別に深く関わるわけじゃないので忘れてくださって構いません。

また来週。
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 21:53:44.47 ID:TABS1xZz0

今日はここまでか
しかしエリカさんのママ力(ちから)はとどまるところを知らないな
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 22:25:25.47 ID:aC3WZrRzo

逸見鯖食ってるけど大丈夫?
体調悪い?
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 23:28:49.29 ID:ZG0lRI6UO

ついに来てしまうのか、運命のあの日が・・・
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/25(日) 02:13:31.44 ID:Gtt8nAI+0

鉄虎娘は10連覇の夢を見るか?
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 15:50:42.61 ID:NGPdY6/h0
無能ワイ、続きがあったことを初めて知る。前スレで完結だと勝手に思ってたわ。
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:22:11.05 ID:m00wTeBto
wwwwww
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 00:24:35.69 ID:t6yCqDN2O
日付け変わったぞ!
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 01:42:11.45 ID:aoUPWF4p0
休みかな?
盛り上がりそうな場面だけあって残念
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/02(日) 06:41:32.31 ID:o30ow71f0
更新まだ?
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 09:13:12.53 ID:9Vkm8GX80
ageんなゴミクズ
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/02(日) 19:36:15.04 ID:Mvh346IT0
ついにエタったか。残念だ。
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 01:06:42.39 ID:01gqUuXFO
そりゃあーた、毎週コメント10か20かつかなきゃ、モチベーションもい維持できないよ。
それをいざ言葉にすると、「好きでやってんでしょ?見返りもとめんなカス」とか言われちゃうんだもの。
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 04:10:02.70 ID:bYCsTYI40
今週分上がってないやん!
先週リアルタイムで読めなかったから今週分と合わせて読もうと思ってたのに!
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 07:36:04.25 ID:GQi9HFp0O
別にエタった訳ではないと思うけどなぁ…
この先の内容は推敲するのに時間かかるだろうし大人しく更新されるのを待つのみ
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/12/03(月) 10:11:13.68 ID:9LBVVGVho
好きでやってんだから、見返り求めんなカス!黙って待ってろ!
と思いますが、期待の裏返しだとも思えるから気持ちはわかる。
>>1も大変だと思うけど、待ってるから自分の思ってるように書いて欲しい。
656 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/03(月) 21:40:19.31 ID:FqHxLa4e0
うぎゃーめっちゃ心配されてる…
すみません、ちょっと私事で忙しくなってしまい土日に投稿できませんでした。
難産なのは事実ですが、とりあえず今の所は投稿を続ける予定なので、
申し訳ありませんが、今週の土曜は投稿出来ると思うので待っててくれたら幸いです。
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:46:16.64 ID:leXUOfs+0
連絡ありがとうございます
ご無事で何よりです
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 22:15:55.57 ID:f+/duSrqo
待つわに
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 23:10:18.72 ID:L6AuW+6Q0
大変でしょうが、期待しています
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/04(火) 08:44:07.14 ID:tbLRR84R0
近況報告なんて要らないからとっとと書け
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 11:17:33.01 ID:lNnHU4g70
sageられないゴミクズは黙ってろ
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/04(火) 12:21:13.35 ID:Koxblo/l0
(・∀・)
663 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 19:50:12.34 ID:cnbhVROG0




高等部3年〜8月〜




ケイ「ナイスファイト!」


晴天甚だしい山地の空。

目にいたいほどの青空と、それに負けないほどの明るい声が響き渡る。

山岳フィールド。ここでは先ほどまで全国大会の準決勝が行われていた。

対戦相手は強豪、サンダース大付属高校。

私の目の前であっけらかんと笑っている彼女はそのサンダースで副隊長を務めているケイさんだ。


ケイ「さっすが黒森峰!!とっても楽しかったわ!!」

まほ「負けたというのに、随分元気だな」


ポンポンとお姉ちゃんの肩を叩くケイさんはお姉ちゃんの言葉通り負けたとは思えないほど爽やかだ。

準決勝は黒森峰が勝利し、決勝へと駒を進める運びとなった。

しかし、決してサンダースとの試合が楽だったわけではない。

戦車保有数、戦車道履修生共に全国一位の規模を誇るサンダースのチームは選び抜かれた精鋭だ。

特に戦車の保有数故に常にベストコンディションで挑んでくるM4の集団は、足回りで泣きを見る事もある私たちにとって油断できる相手ではなかった。

接戦。それ故に負けた時の悔しさもひとしお。実際サンダースの生徒の中には泣いてる人もいたが、目の前のケイさんはとにかく明るい。

お姉ちゃんとしてもそこが気になったのか怪訝な表情になる。


ケイ「もちろん負けた事は残念よ?今年こそ決勝に行きたかったもの」


その笑顔に僅かな無念さが浮かぶも、ケイさんは「でも、」と続ける。


ケイ「戦車道は戦争じゃないわ。お互い全力を尽くした。なら試合後はノーサイド!私たちは、あなた達を祝福するわ!!」


豪快なサムズアップとウィンク。嘘偽りのない激励に私は彼女の器の大きさを感じた。


664 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 19:53:51.58 ID:cnbhVROG0


ケイ「ミホ、あなたも流石ね!『ボンバーシスターズ』の実力、見せてもらったわ!」

みほ「……はい?」


聞きなれないのに妙にしっくりくる単語に私は首を傾げる。


まほ「……ああ、榴弾姉妹はサンダースだとそう伝わってるのか」

みほ「えっと……そのボンバーシスターズって悪名なんでそんな大声で言わないでもらえると……」


悪名がまさかのローカライズされてることに恐怖しか感じないけれど、だからといって野放しにしておいてはますますまずいことになってしまう。

例の件がいつお母さんに伝わるか戦々恐々な私としてはここでなんとか禍根は潰しておきたい。

私は控えめに懇願する。なんなら肩をもむぐらいならするかもしれない。


ケイ「そうなの?カッコいいと思うわよ!!ダージリンもそう言ってたわ!!」


ここにきて聞きなれない名前が出てきた。

ダージリン、紅茶の名前でないとしたら、たしか聖グロにそう名乗っている人がいた記憶がある。

鋭い戦術眼で追い詰められたとはお姉ちゃんの談だ。


まほ「ダージリンが?」

ケイ「前うちの学園艦に来た時に教えてもらったの。『黒森峰に面白いのがいる』って」

みほ「面白いって……」


こっちからすれば爆発すれば私達だけ吹き飛ばされる爆弾でお手玉されてるようなものなのにずいぶんと気楽なものだ。

私が顔もろくに知らぬダージリンさんに不信を覚え始めた頃、ふとケイさんが疑問を呈する。


ケイ「でも、黒森峰でシスターズって言ったらあなた達の事なのに、ミホとシスターなのはマホじゃなくて、エリカなのね」


ケイさんはそう言って私達から離れた所で撤収の指揮をしてるエリカさんに目を向けた。

エリカさんの綺羅びやかな銀髪は遠目に見ていても彼女の存在を主張していて、私とお姉ちゃんもケイさんにつられて見つめてしまう。

その視線に気づいたのかエリカさんはふと、私達の方を見返してくる。

お姉ちゃんがそれに小さく手を振るとエリカさんは嬉しそうに、ケイさんが全身でブンブンと手を振ると戸惑いながら、そっと手を振り返す。

なので私も手を振ってみたところ、エリカさんはムッとしてそっぽを向いてしまった。

665 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:02:31.37 ID:cnbhVROG0


ケイ「嫌われてるの?」

みほ「うぅ…」

まほ「そんな事ないさ。……ほら」


お姉ちゃんの言葉にもう一度エリカさんに向かって目を細めると、クスクスと悪戯っぽく笑っているのが見えた。

ようやく、からかわれたことに気づいた私は安堵と苛立ちの両方を込めて再度手を振る。今度はケイさんのように全身を使って。

そこまでしてようやくエリカさんはフリフリと、あしらうように手を振り返してくれた。

そんな私たちを見て、お姉ちゃんとケイさんはこらえきれずに笑い出す。


まほ「な?」

ケイ「ええ!確かに仲良しさんね!」

みほ「向こうもそう思ってくれてるといいんだけどね……」


苦笑交じりにそう呟くとケイさんはバンバンと私の背中を叩く。


ケイ「心配ないわ、ノープロブレム!あなた達は立派なシスターズよ!だって、試合、楽しかったでしょ?」


ケイさんは私の瞳をのぞき込むように見てくる。


みほ「そう見えました?」

ケイ「ええ。戦車の動きが生き生きしてる。楽しんでるってこっちにも伝わってきたわ。二人とも、ね?」

みほ「……そっか」


ぐっと、堪えるように拳を握る。

怒りや悔しさのせいじゃない。

ただ、嬉しかったから。

私は、戦車道を楽しめてるんだ。

エリカさんと、みんなと一緒に。

『みんなと一緒に楽しく』

口だけの願望だったものは、確かにそこにあったんだ。

全部が全部報われたわけじゃない。それでも、あの日の私を少しは見返せたのだと思う。

666 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:09:07.26 ID:cnbhVROG0


まほ「……良かったなみほ」

みほ「……うん」

ケイ「ミホ、一つだけ聞かせて。あなたの戦車道って何?」

みほ「え?わ、私の戦車道……?」


投げかけられた問いに私は言葉が詰まってしまう。


ケイ「あなたにとって戦車道はどんなものなのか。どうありたいのか。教えて欲しいの」

みほ「……私にとっての戦車道は」


突然そんな事を言われたって答えなんて用意できていない。

だから、考える。

だから、ケイさんは問いかけたのだろう。

答えのない物の答えを求めて。

そして皮肉なことに、日本で一番大きい戦車道の流派の娘は、自分にとって戦車道がどういうものなのか考えた事も無かったのだ。

深く深く、自分に尋ねる。

あなたにとって戦車道は何?

あなたにとって戦車道はどういうもの?

667 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:12:13.94 ID:cnbhVROG0


――辛いもの?


かつては、今も時々



――楽しいもの?


うん



――いらないもの?


ううん



――大切なもの?


……そのはず



――なら、どうありたいの?


……



熟考を終えた私は顔を上げる。

期待するような眼差しのケイさんから瞳を逸らさず、正々堂々と、


みほ「……ごめんなさい。わからないです」


白旗を上げることにした。


668 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:14:59.81 ID:cnbhVROG0


ケイ「別にそんな難しく考えなくたっていいのよ?」

みほ「それは、できません。私にとっての戦車道はそんな簡単に定義できるほどまとまってなくて……まだ、探してる途中だから」


ただ、それでも確かな事がある。


みほ「……でも、私にとって戦車道は楽しいものです。それだけは、確かです」


息を吸って、胸を張って、答える。


みほ「私はたくさんの人に支えられてここにいます。戦車道を楽しいって思えているのもそんな人たちがいるからで……」

ケイ「……」

みほ「でも、エリカさんがいなかったら……きっとまた違った今になってたって思います」


ああそうだ。

きっとあの人と出会えなかったら私は未だにうずくまって、俯いて、一歩も動かず、なのに誰かに助けを求めていたのだろう。

そうだったのならきっと、幸せだったのだろう。

何も考えず、不満だけを抱えていればいいのだから。

自分を、不幸な人間だと思っていればいいのだから。

そうやって何も見ずにいれば、自分だけを見ていれば、誰も私を否定しなかったのだから。

そんな私を否定してくれた。助けてくれた。伸ばせなかった手を、伸ばせるようにしてくれた。

その手を、掴んでくれた。

私の戦車道はそこから始まったんだ。

だから、


みほ「だから、私の戦車道はエリカさんと、大切な友達と見つけられたらなって」


669 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:18:10.53 ID:cnbhVROG0


なんとも酷い答えだと思う。

問題の先送り、それも大切な人たちまで勝手に巻き込んで。

だけど今の私にはこうとしか言えないのだ。

優柔不断な自分を呪ってしまうが、まぁお姉ちゃんと赤星さんは許してくれるだろう。

エリカさんは嫌味を言ってくれるだろうが。

流石のケイさんも呆れたのか、何かを考えるように腕を組んでじっと目を閉じて、

やがて、ゆっくりと開かれる。


ケイ「……ミホ」

みほ「はい」

ケイ「Goooood!!良いわ!最高よ!」


全力のウィンク&サムズアップ。

戸惑う私をよそに、ケイさんは隣のお姉ちゃんをにびしりと指さす。


ケイ「まほ!あなたの戦車道は何?」

まほ「私か?私は……規律と、勝利。……面白味は無いな」

ケイ「そんなこと無いわ!!誰だって自分だけの戦車道を持ってる。それはきっとその人だけのものよ。その人が持つ、その人だけの輝きが、戦車道にあらわれるのよ!」


まるで映画のワンシーンのように大仰な立ち振る舞い。

それが彼女の本心を全身で表しているのだと大して面識のない私でも理解できた。


ケイ「あなたの輝き、眩しいぐらい感じたわ!!」

まほ「ふふっ、そうか。ありがとう」


再びのサムズアップ。お姉ちゃんはそれに微笑みで返す。


ケイ「ミホ!私の戦車道は仲間と楽しく正々堂々と。どんな時だってフェアプレイ!それが、私の戦車道よ」


670 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:20:25.65 ID:cnbhVROG0



力強く宣言されたその言葉の意味は、戦った私たちも感じている事だ。

真正面から、策はとっても小細工は弄さず、縛りではなく誇りを持って戦うその姿は、

彼女だけの『道』を私たちに見せてくれた。


ケイ「あなたの戦車道がこれからどうなるか私にはわからないけど、あなたの戦車道があなたにとって大切な、素敵なものになることを願ってるわ」

みほ「……はい。ありがとうございますっ」

ケイ「それじゃあ私はそろそろ戻るわね!アリサ……後輩が泣いちゃってるのを慰めないと」


そういえば試合後に泣いてる子がいたな……

それだけ本気で挑んでいたという事なのだろうから笑う気つもりは毛頭ない。

もちろん負けてあげるつもりも無かったが。


ケイ「それじゃあマホ!ミホ!またね!」

みほ「はい、また!」

ケイ「今のあなた達と戦えて良かった。次戦うときはもっと激しくエキサイティングしましょう!!」


ケイさんは私たちに手を振りながら仲間たちの元へと走っていく。

やがてその姿が見えなくなり、私は独り言のようにぽつりとつぶやく。


みほ「……なんだか凄い人だったね」

まほ「ああ。ああいう奴こそ『強い』のだろうな」

みほ「……うん」


隊長を務める人はみんなそうなのだろう。

自分だけの『戦車道』を持ってて、自分らしさを誇っている。

それは、その強さこそが、私が求め続けているものだ。

私の『戦車道』はまだ見つかっていない。『私らしさ』もまだ見つけられていない。

だから探すのだ。

友達と、仲間と共に。

そう思えるようになった事が私が少しは成長した証なのだと、そう信じて。


671 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:23:53.20 ID:cnbhVROG0





小梅「……え?私、決勝出られるんですか?」


先日のサンダースとの準決勝を終え、決勝まで残り二週間を切ったある日の昼下がり。

少し早めに練習場へと向かおうとテクテク歩いてた私は「あ、みつけた。ちょっと来て」といきなり現れたエリカさんに空き教室へと引きずり込まれた。

何の用か尋ねようと私が口を開く前にエリカさんから一言。


『あなた、決勝出られるわよ』


そして先ほどのセリフに繋がる。

我ながら素っ頓狂な声が出たものだと思う。

しかしながらそれだけ目の前のエリカさんの言葉は衝撃というか、いきなり膝カックンをされたかのような脱力感を私に与えた。


小梅「え……え?出られるの決勝?」

エリカ「なんで体言止め?出られるわよ決勝。装填手としてね。良かったわね」

小梅「いや良かったわねってあなた……なんでいきなり……あの、決勝のオーダーってまだ発表されてないですよね?」

エリカ「たぶん今日の練習終わりに発表されると思うわよ?」


つまりはまだ秘匿情報のはず。

だというのに目の前のエリカさんは何の後ろめたさもなく、きょとんとした表情感じで可愛らしく小首をかしげている。


小梅「……まずなんでエリカさんがそれを知ってるんですか?」

エリカ「みほが言ってたのよ」

小梅「秘匿義務!」


全力の情報漏洩とか何をやってるんですかあの副隊長は。


小梅「あの!!みほさんがそういうちょっと緩いところがあるのは知ってるでしょ!?叱ってくださいよ!!」

エリカ「別に私はあの子のお母さんじゃないし……それに」



エリカ「早く教えてあげたかったのよ。みほも、私も」


672 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:30:38.38 ID:cnbhVROG0

気恥ずかしそうにそっぽを向いてそんな事を言われた日にはこれ以上の追及なんてできるわけがない。

卑怯というかもはや悪辣なエリカさんの様子に私は悔しささえ覚えてしまう。


小梅「っ……もう」

エリカ「で、どう?一年生で決勝に出られる気分は」

小梅「……私でいいのかなって」


黒森峰の戦車道チームには多くの隊員がいる。

先輩はもちろん一年生だけでも大勢の人間が毎日しのぎを削っているのだ。

私と違って、中学に入学した時から一生懸命頑張ってきた人だっているのに。

一度は折れて、腐っていた自分が決勝の舞台に立てるのか。

そんな資格、あるのか。

なんとも後ろ向きで、自虐的なのだと自分でも思ってしまう。

そしてそんな私の様子にエリカさんも呆れたようにため息を吐く。


エリカ「何みほみたいなこと言ってるのよ」

小梅「というか、本当に私なんですか?」

エリカ「友達に吐く嘘としては下も下ね」


おどけ気味に肩をすくめるエリカさんの様子を私は笑う事ができない。


小梅「10連覇がかかった決勝の大舞台に一年生の私だなんて……」

エリカ「別にあなただけじゃないわよ。みほはもちろん他にも一年生で出る子はいるわ。もちろん私もね?」


あなたはまず一回戦から出ずっぱりでしょうよ。


673 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:33:06.50 ID:cnbhVROG0


エリカ「そもそも、決勝が一番出せる車輛が多いんだから、あなたが選ばれたって不思議じゃないでしょ」

小梅「で、でも……」

エリカ「出たくないの?」

小梅「い、いえ。決してそんなことは」

エリカ「なら堂々としてなさい」

小梅「は、はい……」


私の自信なさげな様子をどう思ったのか、エリカさんは人差し指をあごに当てて思案するように視線を落とす。

その姿はまるで絵画のように美麗で、カメラをロッカールームにカメラを置いてきてしまった事を後悔してしまう。


エリカ「……何が決め手であなたになったかなんて私は知らないけど、隊長と副隊長が選んだのなら間違いないわよ。少なくとも私はそう思ってる」

小梅「……」

エリカ「……まぁ、私から言えることは一つしかないわね。……あなたの努力が認められたって事よ。喜びなさい」


どこか上から目線なのに真っ直ぐに、なんの嫌味もなく、それでいて確かな称賛を感じる言葉。

それなりに長い付き合いなのだから、その言葉が彼女にとっての本心だという事程度は理解できる。

なら、いつまでもうじうじしてるのは失礼だ。

ちゃんと喜んで、ちゃんと試合に集中しよう。


小梅「……はいっ!やったー!!」

エリカ「はぁ?何浮かれてんのよ。たかがメンバーに選ばれたぐらいで調子に乗られると困るんだけど」

小梅「えぇ……」


マジですかこの人梯子外すのが唐突すぎますよ……


674 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:35:32.42 ID:cnbhVROG0


エリカ「……冗談よ。あなたの仕事ぶり、しっかり見させてもらうわよ?」

小梅「わかりづらいボケはやめてください……っていうか見させてもらうわよって」

エリカ「え?……ああ、まだ言ってなかったわね。あなたの乗るV号、私が車長だから」

小梅「そうなんですか!?やったー!!」


再び諸手を挙げて喜ぶと、今度は困惑した様子を見せるエリカさん。


エリカ「そんな喜ぶような事……?装填手として車長の指揮を見るならみほとか隊長の方がずっといいのに……」

小梅「エリカさんは天上人だからわからないんでしょうけどね!?私たちみたいな試合に出るだけでも一苦労な人間にとっては、貴女だって凄い人なんです!!」

エリカ「そ、そう……褒められて悪い気はしないわね」


エリカさんは私の攻勢に若干引きながらも恥ずかし気に頬をかく。

思えばエリカさんはどうも自分の事を過小評価するきらいがあるようだ。

同年代最強であるみほさんと渡り合ってる貴女の事を見くびる人なんていないのに。

貴女が積み重ねてきた努力を否定する人なんていないのに。

みほさんとはまた違った方向でエリカさんは卑屈なところがあるのだから、持ち上げすぎるぐらいしないと釣り合わないのだ。

そして何よりも、


小梅「それに、友達と一緒の戦車で戦えるだなんて楽しみじゃないですか」


「遊ぶわけじゃないんだから」とか言われそうだがこればっかりは仕方がない。

気心知れた仲の友人と大舞台に挑めることは私にとってこの上ない喜びで、どうしようもないぐらい楽しみな事なのだから。


エリカ「もう、遊ぶわけじゃないんだから……まぁ、良いわ。とにかくよろしくね」

小梅「はい!よろしくお願いします!」


初めて出る全国大会で、10連覇のかかった大舞台で、みほさんとエリカさん。尊敬する友達の指揮を間近で見ながら共に戦える。

私が夢見て入学したことも、その夢が折れて、腐ってた時期も、彼女たちと共に過ごしてきた日々も、

無駄なんかじゃなかった。諦めなくてよかった。信じてきて良かった。

そう思ってしまう程度には、嬉しくてたまらない事だった。

練習場に向かう足取りはリズムよくスキップを踏み、

前を行くエリカさんに見られていなかったのは幸いだった。

675 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/08(土) 20:36:51.30 ID:cnbhVROG0
ここまで。
先週さぼっちゃってすいません。
今後は休みそうなときは事前に言うと思うのでお願いします。
とりあえずまた来週。
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 20:49:00.14 ID:ggDrKGtZo
おつー
遂にプラウダ戦か
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 23:07:47.22 ID:FbGrqsvv0

ついに、運命の試合の時か・・・
678 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/12/08(土) 23:33:06.46 ID:cnbhVROG0
あんまり期待煽りすぎてもあれなんで言っちゃいますけど、もう1,2週はキャラ掘り下げ回です……
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 11:15:21.01 ID:IbyqLq8x0
更新乙
そうか、エリカ車なのか…


680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 13:29:40.34 ID:kuzqGYiSo
こりゃ年内には終わらんな
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 18:13:09.25 ID:V1ClgRwgO
むしろまだ続けて欲しい
682 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:06:12.29 ID:f0IbpfH10





決勝まで残り一週間。

その日が近づくにつれ時の歩みも早くなるように感じてしまう。

別に決勝に出るのが初めてという訳でもないのに背筋が冷たくなるような瞬間が時折襲ってくる。

だからといって焦るほど私の足元は揺らいでいない。

たとえ時間が少なかろうと、少ないからこそ、勝利を盤石にするために練習を怠りはしない。

私だけではなく周りもそうだ。試合に出る面子はもちろん、そうでない人たちも

私は隊長として自身が見本となれるように誰よりも努力をしている。……そのつもりだ。

昔は、それだけで精いっぱいだった。

だが今は違う。

やるべきことをやり、努めるべき事を努め、その上で心に余裕がある。

それは、私が成長したからなのだと思う。

去年までのように弱さを一人だけで抱える事が無くなったのだから。



小梅「エリカさん、帰りましょ」

エリカ「ええ。ちょっと待ってて」

みほ「あ、エリカさん私の事も忘れないでね?」

エリカ「待たないからさっさと帰り支度しちゃいなさい」

みほ「うぇー……」


相も変わらず一緒にいる一年の3人組。

最近は『榴弾三姉妹』などと呼ぶ奴もいるらしいが、本人達は不服そうだ。

まぁ、今となって目立つあだ名程度で収まっているが、事情を知ってる人からすれば完全にただの悪名なのだから仕方ないか。

お母様に知られないように出来るだけ口外は防いでいるが、どうにも最近は他の学園艦にも話が伝わってしまっているようで、

私としてはそろそろ「何も知りませんでした」とお母様に弁明する用意をしないといけないな……だなんて思ってしまう。

そんな自己保身を考えながら私は目当ての人物に声を掛ける。
683 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:07:16.60 ID:f0IbpfH10


まほ「エリカ、ちょっといいか?」

エリカ「何ですか隊長?」

まほ「少し、話したい事があるんだ」

エリカ「はぁ。わかりました」


呼ばれる理由に思い至る点が無いのか、エリカは少し首を傾げながらも了承してくれる。


まほ「すまない。みほ、赤星、ちょっとエリカを借りる」

みほ「良いけどちゃんと返してね?」


まるでエリカは自分のものだと言わんばかりな物言いに、私は微笑ましくなりふっと息を吐いてしまう。

反面、エリカはみほの言葉に不満を抱いたようで、眉をひそめて反論する。


エリカ「別にあなたのものじゃないわよ……先に帰ってなさい」

みほ「わかった。待ってるよ」


全くこたえた様子のないみほにエリカはもう反論する気も失せたようで、ため息とともに赤星に振り向く。


エリカ「……はぁ。赤星さん、お願い」

小梅「はい、ちゃんと待ってます」

エリカ「……行きましょうか」


諦めたようなエリカの言葉に、私はとうとうこらえることができなくなってくぐもったような笑い声を上げてしまった。


684 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:14:23.44 ID:f0IbpfH10






夕日の差し込む隊長室。

その日差しを見ると私の心にも光が差すように思えてくる。


『何度だって言います。どれだけ情けなくたって、どれだけ怖くたって、弱さを認められるあなたは―――――強い人です』


探し求めていたものにようやく出会えた。歓喜に震えた記憶は今も実感を伴って私の胸に根付いている。

きっと忘れはしないのだろう。夕焼けを見るたびに思い出すのだろう。

それが嬉しくて、感慨深くて、私はじっと窓から入る夕焼けの日差しを見つめてしまう。


エリカ「あの、隊長……?」


そんな風に感慨深くなっていると、エリカに声を掛けられる。

しまった、何を一人で物思いにふけっているんだ。


まほ「コーヒーでもいれようか?」

エリカ「あ、いえそんなお構いなく……」


誤魔化し紛れに提案するも、断られてしまう。

……いやそれはそうだろ。みほたちを待たせてるのだから。

どうやら、私は緊張しているらしい。

エリカを呼び出した理由を思えば当然ではあるのだが。

私は咳ばらいをして、今一度エリカに向き直る。


まほ「……エリカ」


私には伝えたい事があるから、その前に伝えなくてはいけない事がある。

話を先延ばしにしたって後が辛くなるだけなのだから覚悟した今、率直にいこう。


まほ「私は、来年ドイツに留学する」

エリカ「え……?」

まほ「戦車道の進んでいるドイツでより深く学ぶことで西住流をより発展させるんだ」

685 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:16:37.70 ID:f0IbpfH10


高等部に入った辺りから考えていた事ではあった。未だプロリーグが無い日本と、プロリーグのある海外。

選手人口も、技術も、海外の方が上だ。

だからこそ、日本の戦車道の顔ともいえる西住流はより強くなければならない。

いずれは後を継ぐ私も、現状維持で良いなんてことは考えていない。

私は、私のやるべき事をやり遂げたいのだ。


エリカ「……もしかして最近職員室によく出入りしてたのって」

まほ「ああ、その事で相談に乗ってもらってた。何分初めての事ばかりだからな」

エリカ「……その、いつになるんですか?」

まほ「早ければ秋には。向こうは秋入学だからな」


卒業も半年早くなるが、単位についてはなんとかなる。

ただ、卒業式に出られないのが、みんなと共に過ごす時間が半年も減ってしまうのが、どうしても胸に突き刺さる。


エリカ「……そう、ですか。でも、凄いじゃないですか!流石隊ちょ――――」

まほ「エリカ」


その声を遮る。

エリカは息が詰まったような顔で私を見る。

その瞳を見つめる。そこに宿るゆるぎない輝きが私の瞳にも飛び込んできて、胸の高鳴りが少し、早くなる。

伝える言葉を頭の中で反芻する。

噛まないように、伝わるように。

受け止めてもらえるように。

……まるで告白するみたいだな。

なんてのは流石に気持ち悪いと自分でも思う。

それでも、伝えたい思いがあるのだから。


まほ「私に、ついてきて欲しい」

エリカ「……え?」

まほ「私と一緒に留学してほしいという事だ」


留学の話が出てからずっと考えていた事だった。

エリカと一緒に行きたい。

二人で並んでドイツの空の下を歩きたい。

辛い事を、楽しい事を、一緒に感じたい。

みほのように、赤星のように。

私だけの思い出を作りたい。
686 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:19:33.41 ID:f0IbpfH10


エリカ「……冗談だとしたらなかなか面白いですね」

まほ「そんな冗談言うと思うか?」


信じられないと言った風に笑うエリカに、私は真顔で返す。

私の様子に一瞬喉を詰まらせたかのように表情をこわばらせると、そっと、目線を外す。


エリカ「……来年って私はまだ2年なんですよ?大学だなんて……」

まほ「そんなの飛び級でどうとでもなるさ。現に島田流の娘は12歳なのに大学に在籍しているんだ」

エリカ「それは実力があるからであって私は……」

まほ「……確かに今のエリカでは難しいかもしれない」

エリカ「でしょう?なら……」


どれだけ私が信頼してようと、今のエリカを飛び級で留学させるだなんてのは無理な話だ。

学力はともかく、実力が伴っていないのにレベルの高い環境に置いたところで潰れるだけだ。

それこそ、あまりにも愚かな行為で救いようのない結果だ。

みほですら難しいであろうそれを、エリカに求めるのは酷な話だという事は理解している。


まほ「だが、まだ時間はある。私が、いや、西住流が全面的にサポートする。お前なら……貴女ならきっと、私に並び立てるはず」

エリカ「まほさん……」


ああそうだ、まだ一年ある。その一年で私が持っているものを全部与えてみせる。

お母様も説得して、最高の環境で、最高の指導を受けさせてみせる。

私もエリカに教える事で学べるものがあるはずだ。

努力を苦としないエリカならきっと今以上に厳しい訓練にだってついてこれるはず。

ましてやエリカは強くなるために黒森峰(ここ)に来たのだ。


まほ「だから、」


ならきっと、私の手を取ってくれる。

いつかの夕焼けの日の時とは逆に、私がエリカに手を差し出す。


まほ「だから……来て、くれないか」


687 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:21:42.71 ID:f0IbpfH10


信じているのに、願っているのに、声は揺らいでしまった。

エリカの瞳が私の手と瞳を交互に見つめる。

流れる沈黙を、差し出してない方の手で裾を握りしめてぐっと堪える。

固唾を飲み込むのを必死で我慢する。

人生でこんなにも緊張したことがあるだろうか。

一瞬が永遠に感じる瞬間とはこういう事なのだと、どこか他人事のように感じたのは恐らくそれ故なのだろう。

やがてエリカの口が吐息をもらし、そっと目を伏せて、


エリカ「……すみません」


その言葉の意味を聞き返すほど私は察しが悪くなかった。


まほ「……貴女は、もっと向上心に溢れた人だと思ってたんだけど」


嫌味ったらしい言葉は無意識のもので、あまりにも情けない、無様な言葉だった。

なのにエリカは全くそれを気にしたそぶりを見せず、ただただ申し訳なさそうな表情をする。


エリカ「お誘いとても光栄です。強くなりたいって気持ちは本当です。あなたについていけるのなら、たとえ分不相応だとしてもついていきたい。そう、思ってます」

まほ「……ならなんで?」


明らかに声色の落ちた私の問いにエリカは決意を込めて答える。


エリカ「……強くなりたいから、留学とかの前にやらなきゃいけない事があるんです」

まほ「それは、何?」

エリカ「みほの、あの子の隣で、私は……あの子が率いる黒森峰を見たいんです。あの子の隣にいなきゃいけないんです」

まほ「……それだけのために、私の話を断るのか」


なんとなくわかっていた。エリカが断る理由はそれしかないと。

……『それだけ』じゃない『それほどの』理由なのだと。


エリカ「ええ。それだけのために。でも、私にとって大切な事です」

まほ「私と一緒に行った方がもっと進んだ戦車道を学べるぞ」

エリカ「違うんですよ。……そうじゃないんです」


エリカは指先をあごに当て思案するような表情をする。

そして納得したように頷くと、優しく私に微笑みかけた。


エリカ「技術とか、そういうのじゃなくてそう、これは―――――約束なんです」

まほ「約束……?」

エリカ「あの子に、『戦車道以外』を教える事」

まほ「……みほはもう、充分お前から教わっているさ」

688 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:24:25.99 ID:f0IbpfH10


そうだ。みほはもうエリカからたくさんのものを教わっている。もらっている。

人との関わり方、勉強、友達と過ごす何気ない日々、自分の言葉の伝え方、そして……前の向き方。

今のあの子を形作ったのは間違いなくエリカで、本当は私がそうしなくてはいけない事で、

なのに私はいつだって自分の事で精いっぱいだった。

その上エリカは私にも手を伸ばしてくれた。

だから、もうエリカはもうそんな事を気にしなくていいのに。

けれどエリカは「わかってないなぁ」といったどこか得意げな顔をする。


エリカ「そうですね、確かに昔に比べればずっとマシになりました。……でもまだダメです」

まほ「エリカから見てみほには何が足りないんだ?」


純粋な疑問だった。頼りない部分は多少残っているものの、今のみほにエリカが心配するような部分があるのかと。


エリカ「……あの子結構不精な所あるんですよ。お醤油こぼしたときに袖で拭おうとするとか信じられません」

まほ「それは……うん」


私が言うのもなんだが一応名家の娘なんだからそのあたりはちゃんとして欲しい……


エリカ「あと未だに人前苦手ですし、威厳が無くて頼りないし親しくない人と会話するのも相変わらず苦手ですね。先生への報告を赤星さんに代弁させるとかほんとふざけてますよ。

    成績も文系はそれなりですけど、理系科目は全然ですし。あ、でも物理に関しては私が教えたからか少しはマシになってました。まぁでも黒森峰の副隊長としては落第レベルですよ。せめて私レベルにはなってもらわないと。

    あと普段の生活で困ったことがあるとすぐに誰かに助けを求めるのもダメですね。私や赤星さんがいつだっているわけじゃないんですから自分一人でもなんとかできるようにしないと。

    そのくせ戦車道の時はなんでも一人でやろうとするし、それで周りが見えなくなって人の話を聞かなくなるのは最悪です。頑固なのはいいけど、だからといって独りよがりになるんじゃダメです」


まほ「ずいぶんと、その、言うな」


いやほんとに。

以前も思ったが姉の前で妹の事をここまでこき下ろせるのはある種尊敬すらしてしまう。

矢継ぎ早にまくし立てられ、私が内心引き気味になっていると、エリカはふん、と鼻をならす。

689 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:27:55.62 ID:f0IbpfH10


エリカ「これでも控えた方ですよ。挙げたらきりがありません」

まほ「えっと、私も一応姉として指導はしたりしてるんだけどな……」

エリカ「隊長は甘いですよ。あの子はもっと厳しく言ってあげたほうが良いんです。

    というか妹の評価があなたの評価に繋がる事もあるんですからそのあたりしっかりしてください」

まほ「あ、はい」


なんだか私まで流れ弾のような説教を受けてしまった。

確かにそういうところ無くは無いと思うけど、私にとってみほはかけがえのない可愛い可愛い妹なのだから、多少そういう部分が出てしまっても仕方が無いというか、

私だって人間だし、昔ならともかく今のみほにあんまり厳しい事を言って嫌われるのも本意ではないし……

先ほどまでの胸の高鳴りはどこかへ行ってしまって、なんというか友達の母親に叱られているかのような居心地の悪さすら感じてしまう。

そんな微妙な気分の私とは対照的にエリカは言いたいことを言いきったのかスッキリしたような表情をしている、

それは直ぐにいつもの凛とした表情に戻っていく。


エリカ「だから、一緒には行けません。私はまだ、あの子を見ていないといけないから。あの子の為じゃなく、私のために。私が、強くなるために」

まほ「……はぁ。そこまで言うのにみほと友達になるつもりは無いっていうのだからめんどくさいな」


エリカは痛いところを突かれたといった風に押し黙る。


まほ「才能や家柄であの子を肯定しない、否定すべき時に否定する。あの子にとってそれがどれだけ尊いものなのか、分からないお前じゃないだろ」

エリカ「散々馬鹿にされてるのに、未だに私と一緒にいようとするなんてあの子の気が知れませんけどね」


そんなの、みほは馬鹿にされただなんて思ってないからだろう。

友達との何気ない会話に混ざる軽口はあの子にとって心地よい音色の一つでしかないのだろうから。


まほ「お前だってみほの事を悪く思ってるわけじゃないだろう?」

エリカ「……」

690 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:30:49.01 ID:f0IbpfH10


再びエリカは黙り込む。

嫌い嫌いなどといくら口で言われたところで、彼女がとる態度からその素振りを見出すのは無理というものだ。

どこの世界に嫌いな奴と食事を共にし、お互いの誕生日を祝い合うやつがいるというのだ。

誰でもわかる事だ。エリカがみほに悪感情を抱いていた事はあったのかもしれない、でもきっとそれは最初だけで今のエリカにとってみほは、決して嫌な存在じゃない。

そうだろう?だって、みほといる時のエリカはいつだって生き生きとしているのだから。


まほ「何でもかんでも全部言葉にすれば良いってものじゃない。言葉にしない事で、意味が生まれる事もある。……それにしたってお前とみほは伝わってなさすぎだ」


言葉にしていない思いはもう十二分に伝わっているはずだ。そこにたった一言あればみほの願いは叶うのに。

4年間求めていた関係に確かな形が生まれるのに。

だけど、エリカは不貞腐れたように唇を尖らせる。


エリカ「だって、友達じゃないですから」

まほ「お前なぁ……」


流石に呆れてしまう。

なんで普段はちゃんとしてるのにこういう時だけ子供みたいな駄々をこねるのか。

いい加減説教したほうが良いのかと考えていると、ふとあることに思い至る。

というよりずっと前から考えていた事だ。

いつだって堂々としていて、先輩だろうとなんだろうと自分の意志を貫くエリカがどういうわけかみほの前ではちぐはぐな言動と行動をしてしまう。

その理由、いや原因は……


まほ「……ああ、そうか」

エリカ「……?」


私は名探偵のようにエリカを指で指す。

行儀が悪いのは重々承知だが、この程度は許して欲しい。

私と私の妹を散々振り回したのだから。

そして私が導き出した答えを突きつける。


まほ「エリカ、あなた――――ただ恥ずかしいだけでしょ」

エリカ「っ!?」


途端に紅潮する肌、限界まで開かれる瞳。

真偽を問わずともそれが私の答えを証明してくれる。


まほ「嫌味っぽいのも、回りくどいのもそのくせみほの事を気に賭けるのも。素直に思いを伝えるのが恥ずかしいからなんでしょ?」

エリカ「ち、違います」


慌てて否定するももはや私の中の確定事項は揺るがない。

全く、本当にめんどくさい奴だ。

約束だ協定だ倒すべき目標だ。

だから友達じゃない。

そんなの理由にならないのに。

嫌いなところがあるのに一緒にいるのは、それ以上に想っているからだろうに。


691 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:33:47.97 ID:f0IbpfH10


まほ「はぁ……私とみほはあなたの小心さのせいでこんなにも心乱されてたのね」


「友達になって」と事あるごとにエリカに言うみほの姿に、いい加減どうにかしてやりたいと思っていたが、

エリカ側の理由は本当にただただエリカの性格のせいだったのだと思うと脱力してしまう。


まほ「そのくせ勢い任せに人に説教するのだからタチが悪いわね」

エリカ「それは……否定しませんけど」


私に対して「言いたいことはちゃんと言え(要約)」なんて言っておきながら自分の事は感情任せに無視するなんてひどい奴だ。

私がどれだけ勇気を振り絞って貴女に弱さを見せたと思っているのか。

ああそうだ、エリカ。貴女は本当に、


まほ「ズルい人」

エリカ「……みほには、言わないでください」


エリカは私の言葉に観念したように肩を落とす。

どこか小動物じみたその様子がみほと重なる。


まほ「……別に、あの子もそれで貴女に失望したりしないわよ」

エリカ「そんな事思ってません。でも……伝えるなら私からじゃないとダメなんです」

まほ「……」

エリカ「私だってこのままでいいだなんて思ってませんよ……でも、お願いします待ってください」


深々と頭を下げて懇願する。


エリカ「あの子に偉そうに言っておいてどの口がってのは分かってます。でも、もう少しだけ。決勝が終わるまでは、何も言わないでください」


『決勝が終わるまで』期限を決めたのはきっとエリカも思っていたのかもしれない『このままじゃいけない』と。

どんな形であれ、曖昧なまま今日まで来た二人の関係はとうとう決断を迫られた。……迫ったのは私だが。

まぁ私が何も言わなくても今度は赤星あたりが何か言っていただろう。

とはいえ、伝えると決めたのなら私がせっつく必要はない。

私は不安げに上目遣いをするエリカを安心させようとその肩に手を置く。


まほ「……そう。なら、何も言わない。……約束よ」

エリカ「……ありがとうございます」


692 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:34:48.94 ID:f0IbpfH10



喧嘩して、理解しあって、共に学んで共に成長する。

同じ時間を、同じ空の下で、共に過ごせる。

笑う事も怒る事も泣く事も楽しむ事も、全部全部それらを彩るために必要なもので、

それを誰よりも形にしているのがみほと、エリカと、赤星で、

私は、私も一緒に、いたかった。

隊長だとか副隊長だとか、憧れとか尊敬とか、先輩とか後輩とか関係ない、

本当にただの友達として。

そうすればなんの気兼ねもなく、あなた達と共にいられたのに。

留学なんてもっと未来の話で、共に過ごせる日々を全力で感じることが出来たのに。

そんな日々はきっと、私にかけがえのないものをたくさんくれたはずだ。


まほ「……私も、もう一年遅く生まれてくれば良かったな」

エリカ「……?そうですね、西住流の娘が双子だとしたらとても心強かったと思います」

まほ「……はぁ。エリカ、あなた変なところで鈍いのね」

エリカ「……?」


疑問符を浮かべ小首をかしげるエリカに私はもうため息しか出ない。

わかっている。たらればの話なんて何の意味もない。

それでも夢想してしまうのだからしょうがないんだ。

『あなた達と同級生だったら卒業まで毎日一緒にいられたのに』

そう言ってしまえば良いのに、言えないのは私がエリカに影響されたからだろうか。

素直になれない彼女のそんなところに。

なら、それもまた愛おしいところなのだ。

私がエリカのズルいところも好きなように。

なのでもう、この話は打ち切りだ。

決まった話に決まった答えしかないのだから。あれこれ論議するだけ時間の無駄だ。

693 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:43:31.06 ID:f0IbpfH10



まほ「帰りましょう。みほたちが待ってる」

エリカ「……ええ。一緒に帰りましょう」


そう言って微笑みと共に扉を開けて私を促す。

それをみほにしてあげなさいよ……と思うものの、『一緒に帰ろう』と誘われたことに胸が弾んだのもまた事実なのでここはもう口をつぐむしかない。

私は黙って廊下に出る。


まほ「エリカ」


―――と思ったけどやっぱり一言だけ。


まほ「それでも、まだ一年ある。私は貴女たちとの思い出をたくさん作りたいわ」


たらればの話じゃない、ちゃんとした現実の話ならば未来を語っても鬼は笑わないだろう。

私はエリカと違ってズルい人じゃないから、言いたい事も伝えたい事も素直に伝えるんだ。

私の素直な言葉にエリカは一瞬驚くも、やがて夕日のように微笑む。


エリカ「……作れますよ。私も、そう思ってますから」


その言葉を聞けただけで満足してしまう。

笑いたければ笑えばいい。私はこの一年を高校生活最高の一年にして見せる。

全力で青春して、胸を張ってドイツに行こう。

戦車道だけじゃなく、それ以外も全力で楽しもう。

西住流の、家の未来のために生きてきた私はようやく10代らしい学生生活の仕方を理解できたのかもしれない。

お母様には怒られるかもしれないが、遅めの反抗期という事で納得してもらおう。

別に戦車道に手を抜くつもりは無いのだから。

むしろ今以上にやる気に満ちているのだから。

声が弾む。喜色が音色となって飛び出す。


まほ「……ふふっ、なら大会終わったら手始めに旅行でも行きましょうか」

エリカ「いきなりですね……」


夕日の差す廊下を並んで歩く。

時折笑い声が響く。

足取りはどこかゆっくりとしてて、一秒でも長くこの時間が続いてほしいという願いが込めらられて。

もう少しすればもう二人増えて笑い声はさらに大きくなるのだろう。

そうしたらきっと、また歩みは遅くなる。永遠にこの時間が続けばいいのにと。


まほ「みほがね、大洗ってとこに行ってみたいって」

エリカ「あ、それ私も聞きました。茨城ですよね?なんか、ボコ……ランド?パーク?ミュージアムだっけ?とにかくそんな感じの遊園地があって、行きたい行きたいって」

まほ「じゃあちょうどいいわね。でも、みほの趣味だけに付き合うのもあれだからほかにも何かないかしら」

エリカ「ああ、えっと確かあんこうが有名で――――――」


694 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/15(土) 22:44:13.41 ID:f0IbpfH10
ここまで。また来週。

年末までに終わらせる予定だったんだけどなぁ…
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/15(土) 23:33:25.79 ID:jqxADaG+o
おつー
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 00:00:54.46 ID:4R+mMyIn0
おつー

来週も楽しみです
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 00:03:16.74 ID:B9/Qc2mE0

やっぱりエリカは面倒臭い性格だなぁ・・・
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 16:24:46.55 ID:VVyJ6Wgl0
おつ
このまま危なげなく10連覇達成して大団円のハッピーエンド!
……ってのが100%ありえないというのが、こう、とても、つらい
でもそれゆえに先が気になる……引き続き楽しみです
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/19(水) 17:20:58.25 ID:44k122Cm0
更新乙
とても惹かれる内容なだけに我がままをいうと、決勝戦のどこかで分岐点を出してセーブしたい
本編ルート(前スレ)と黒森峰大団円ルートをみてみたい
700 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/12/22(土) 08:38:55.14 ID:QThWuIgK0
すみません、今日はたぶん投稿できないと思うので、明日投稿でお願いします。
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2018/12/22(土) 12:49:58.60 ID:frQqLjFao
了解ですよ〜。乙です。
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/22(土) 14:02:23.85 ID:vCYnf8HA0
>>701
sageろks
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/22(土) 21:43:27.19 ID:mVUghoXzo
ほんまや!すんません!
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/23(日) 00:20:14.02 ID:l85/fpXs0
まほの説得(?)のかいあって素直になる決心をしたエリカ
決勝戦の後でみほとようやく友達になるんだなぁ

破滅が避けられない過去編ってどうしてこうも惹かれるのか
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/23(日) 17:57:30.63 ID:NMfow7nl0
wwktk
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/23(日) 18:42:17.53 ID:Lb7KU1rj0
>>705
フィルターもわからないageカス
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/23(日) 19:54:00.76 ID:Fp4ALVIr0
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/23(日) 21:29:21.49 ID:YUDYnbo30
早く
709 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:15:56.79 ID:8Wy7TEBX0








今私がいるのは学園艦の端にある広場。

楽器の練習をしたり、歌を歌ったり、あるいはただベンチに座って水平線に沈む夕日を眺めたりと、

学園艦に住んでいる人たちにとって憩いの場の一つだ。

だけど、焼け付くような太陽は夕日に変わり、その夕日も水平線に沈み切って、街灯と大きな満月が学園艦を照らしている。

そしてここにいるのは私と、私を呼び出したエリカさんだけ。


『今から会える?』


携帯から聞こえたのはあまりにも簡潔なお誘い。

お風呂に入り、今日は早めに寝よっかななんて思ってた矢先の事である。

私は二つ返事で了承すると、エリカさんに指定された場所へと向かうためてくてくと家から歩き始めた。

その道中で『まず用件を聞くべきだった』という事に気づくもすでに歩き出してしまった以上、今更電話をかけなおすのもあれなので会ってから聞けば良いという結論に至った。




私より先に着いていたエリカさんはフェンスに寄りかかってじっと水平線の先を見つめていた。

その姿に見とれてしまうのはもう毎度のことで、だからといって慣れるわけでもないのでやっぱり一瞬息をのんでしまう。


みほ「エリカさん、お待たせ」


とはいえお互いいつまでもぼーっとしてるわけにはいかないので、とりあえず声を掛けてみると、エリカさんはゆっくりと振り向き苦笑する。


エリカ「急に呼び出したのはこっちなんだから待たされただなんて思わないわよ」

みほ「それで、どうしたの急に?明日は決勝なのに」


そう、明日は待ちに待った決勝戦。練習は早めに切り上げられ、各々明日の大舞台に備えているはず。

そんな事エリカさんだってわかっているだろうに、人通りの無くなった夜の広場に私たちはいる。

お姉ちゃんにバレたら小言を言われそうだ。

当然の疑問をぶつけられたエリカさんはしかし、もじもじと落ち着きなく体を揺らす。


エリカ「あー……あれよ、その、ね?」

みほ「……?」


歯切れの悪いエリカさんの様子に私はただただ首を傾げる事しかできない。

 
710 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:21:29.40 ID:8Wy7TEBX0


エリカ「んーと……ちょっと話したかったのよ」

みほ「何それ?電話でもいいじゃん」


なにも決勝前夜に呼び出さなくてもいいのに。

そんな内心を読み取ったのかエリカさんはふんと鼻をならして嗜めるような表情をする。


エリカ「何でもかんでも文明の利器で解決しようとするんじゃないの。現代っ子なんだから」

みほ「同い年に言われたくないよ……」

エリカ「とにかく!いつも私が付き合ってあげてるんだからちょっとぐらい付き合いなさい」

みほ「しょうがないなぁ」


しぶしぶといった風に返すものの、元よりそのつもりだ。

というか、いきなり呼び出されてノコノコ来てしまった時点でさっさと帰るつもりなんて毛頭ない。

決勝前夜の貴重な時間が、エリカさんとのおしゃべりという、また違った貴重な時間に変わるだけなのだから。

エリカさんは「立ち話もなんだから」と、親指でベンチをさす。

私がベンチに座ると続けてエリカさんも腰を下ろす。私との間に一人分の隙間をあけて。


みほ「……」

エリカ「……なによ」


その距離がもどかしくて座ったままずりずりとにじり寄る。


エリカ「暑苦しいからやめてよ……」


本気目の苦言が来てしまった。

だけど、エリカさんはまた距離をとりはしない。

その様子に私とエリカさんの距離を実感できて、胸をなでおろす。

並んで座る私たちに、海風がそっと吹きかかる。

そのくすぐられるような心地よさを目を閉じてゆっくりと感じてみる。

それはエリカさんも同じだったのか、無言の時間がしばし流れる。


エリカ「思えばあなたともそれなりの付き合いになったわね」


ポツリと、独り言のような声。


エリカ「色々あったわ。あなたにムカついて、あなたをぶっ叩いて、あなたを無理やり引き連れてタンカスロンに参加して、めっちゃくちゃ怒られて」

みほ「それ全部中一の頃の事じゃん……」


思わず突っ込むとエリカさんは悪戯っぽく笑う。


711 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:30:30.33 ID:8Wy7TEBX0


エリカ「ああ、そうね。ほかには……教科書忘れたあなたに私の見せてあげたりしたわね」

みほ「それも……毎年の事だねそれ」


ちゃんと翌日の準備はしているのだが、半年に一回くらいは教科書なり宿題なりを忘れてしまう。

……せめて年一といえない辺り、我ながらうっかりが過ぎると思う。

先ほどまで冗談めかして笑ってたエリカさんも呆れた顔でため息を吐く。


エリカ「ほんっとしっかりしなさいよねあなた……」

みほ「あはは……」

エリカ「なんていうか、ろくな思い出が無いわね」

ベンチに寄りかかってため息を吐くその姿に、私は焦ってしまう。

まさかの中一の思い出で黒森峰生活の総決算をされては流石に困る。

は慌てて抗議をしようと彼女の肩をバンバン叩く。


みほ「え、ちょ。良い思い出だってあるでしょっ?ほら、中一の時以外にもさ!」

エリカ「どうだったかしら?」

みほ「もー……」


不満バリバリな私の表情にエリカさんは小さく笑う。


エリカ「……そうね、無くはなかったかも。例えば……赤星さんと友達になれた」


嬉しそうに、懐かしむようにエリカさんは語る。


エリカ「赤星さんがあなたのために立ち向かってこなければ一生交流なんて持たなかったでしょうね」


そんなことない。きっとエリカさんなら私抜きでも赤星さんと友達になれてたはず。

そう言おうと開いた口はそっと白くて長い指で止められる。

エリカさんは黙って聞きなさいと言いたげな表情をすると、言葉を続ける。


エリカ「別にあなただけが理由だなんていうつもりは無いわ。私が本気で向き合ったから赤星さんも私に向き合おうってしてくれたんだから」

みほ「……」

エリカ「あと、まほさんとも仲良くなれた。これも……まぁ、あなたのおかげっちゃおかげね」


712 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:35:28.62 ID:8Wy7TEBX0


お姉ちゃんがエリカさんに関わろうとしたのは確かに私が理由なんだろう。

妹を心配していたから、その交友関係も心配したのかもしれない。

だけど、それでもお姉ちゃんがあんなにも笑ってる姿を見て、自分のおかげだなんて言えるわけがない。

私の気持ちはたぶんエリカさんも分かっているのだろう。だからだろうか、エリカさんは偉ぶって、おどけるように話す。


エリカ「まぁ?赤星さんともまほさんとも仲良くなれたのは私の人徳あってこそなんでしょうけどね?」


白い頬を紅潮させ笑う姿は照れ隠しにすらなってなく、、みているこっちまで照れ臭くなってしまう。


みほ「恥ずかしいなら言わなければいいのに……」

エリカ「……うるさい」


頬の赤みは暑さのせいだと言わんばかりにエリカさんはパタパタと手うちわで扇ぐ。

その微笑ましい様子にちょっと和んでしまう。

でも、やがて扇ぐのをやめて私を見ずに呟く。


エリカ「誕生日、みんなに祝ってもらえて嬉しかった」


頬の赤みはそのままで、小さな声でも確かに届くその言葉は、私たちのした事は確かに彼女にとって幸せな思い出となったのだという確信をもたらしてくれる。

だからそれ以上は聞かずに、一言。


みほ「……楽しい事いっぱいあったね」


きっと、言わなかった事以外にもたくさん。

それこそ語り切れないぐらい、楽しい事があったんだと思う。


エリカ「……そうねぇ、おかげさまで手紙の内容に困った事は無いわね」

みほ「エリカさんの家族もきっと喜んでるよ。『うちの娘にこんなに気立ての良い友達がいるなんて!』って」


以前聞いたことだがエリカさんは家族に手紙を送っているらしい。それも手書きで。

メールや電話じゃなくて、ちゃんと自分で筆をとることで、伝えたい思いを文章に出来るのだと。

そんなエリカさんの事なのだから、きっと手紙の内容なんてありすぎて困るぐらいなんだろう。

伝えたいことをたくさん書いて、家族はそれを読んで遠い海の上で娘が、妹が、楽しくやってることを知って喜ぶのだろう。

713 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:42:58.88 ID:8Wy7TEBX0



エリカ「だから友達じゃないって言ってるでしょ……まぁ家族が喜んでるのは事実だけど」

みほ「でしょー?」

エリカ「はぁ……あ、もう一つあったわ」

みほ「え、何?」

エリカ「あなたと、真正面から戦ってこれたのはなんだかんだ良い思い出かもね」

みほ「……」


真正面から戦う。思えばそれが私とエリカさんの始まりだった。

手加減無しの本気での戦い。本気でぶつかるという事を私はエリカさんから教わった。


エリカ「あなたと戦うたびに強くなっていく自分を実感できた。だから、もっともっと努力しようって思えた」

みほ「貴女と戦うたびに忘れていた何かを思い出していった。だから、もっともっと貴女と戦いたいって思えた」


ぶつかるたびに強くなっていくエリカさんに焦りを覚えた事がある。

そんな気持ち久しく忘れていた。……いや、初めてだったかもしれない。

本気で挑んできて、負けても負けても諦めない人なんて初めてだったから。

私と彼女の距離が0になり、置いていかれる事を恐れた事がある。

私にとって、エリカさんと向き合えるものはそれぐらいしかなかったから。

でも違った。たとえいつか追い抜かれる日が来たとしても、私が歩みを止めなければ、その背中を追い続ければ、彼女はいつだって私と真正面から向き合ってくれる。

ああ、だから、だから。

私は、


みほ「……エリカさん、私戦車道が好きだよ。貴女と戦うたびに、それの気持ちがどんどん大きくなっていくの」

エリカ「なら、これからもたくさん戦いましょう?私はまだまだあなたを倒したいわ」

みほ「……いいよ。私の方が強いって教え続けてあげる」

エリカ「あら、言うようになったじゃない」

みほ「誰かさんのせいでね?」

714 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:53:13.41 ID:8Wy7TEBX0


私の言葉にエリカさんはこらえきれずに吹き出す。

つられて私も声を上げて笑う。

こんな風に笑い合うのは初めてで、私は、エリカさんとこんな風に笑い合えるぐらい近くにいるんだと実感できて、余計に嬉しくて笑ってしまう。

だんだんと笑い声は小さくなっていき、そして静寂が訪れる。

その静かな時間が心地よく感じて、風を感じようと上を向いてみると大きな満月が目に入った。


みほ「……エリカさん」

エリカ「何?」

みほ「……月が綺麗だね」


まばゆいまでの輝きは、けれどもベールのように私を包み込んで優しく、柔らかく感じる。


エリカ「もう、あなたまた……まぁいいわ」


何か言おうとしたエリカさんはけれども二の句を止め、代わりに立ち上がって月を見上げる。

いつだって強く真っ直ぐに前を見つめている碧い輝きを持った瞳は、けれども輝く月とは対象的にどこか寂しそうで、悲しそうに見えた。


みほ「エリカさん?」

エリカ「……私、昔は月って好きじゃなかったわ。太陽の、誰かの力を借りないと輝くこともできない弱い存在に思えて」


『私、月って嫌いなの』


初めて会った頃、エリカさんが月明かりの下でそう呟いた事を思い出す。

あんなにも美しい月を嫌いだと、寂しそうな目でいうのが不思議で、そしてその理由を尋ねた私にこう言った。

『いつか、話すかもね』と。


みほ「……今は違うの?」


その『いつか』が『今』だと感じた。

715 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 22:58:02.91 ID:8Wy7TEBX0



エリカ「……私たちは太陽があるから生きていられる。熱を、光をもらって。だけど、それは時に命を奪うこともあるわ。

    誰も太陽に近づけないし、直接見ることはできない」

みほ「……そうだね」

エリカ「でもね、月は違う。太陽の見えない夜でも、太陽の光を私たちに届けてくれる。その光は、私たちに熱をくれないけれど、この世のどんな宝石よりも美しい光だと思うわ」


エリカさんは月を掴もうとするかのように空に手を伸ばす。

煌々と、どこか揺らめくように降り注ぐ光はエリカさんの手をすり抜けて地面に彼女の影(シルエット)を映し出している。

二度三度、零れ落ちる光を掴みとめようと指を動かし、やがて諦めたように手を落とす。

エリカさんは何もない手のひらをじっと見つめ、なのに嬉しそうに笑う。


エリカ「それに気づいたから、私は月が好きになった。誰かの力を借りたものだとしても、自分だけの輝きを持ってる。とても、素敵だと思わない?」

みほ「……うん」


月の美しさ。私はそれを貴女から教わったんだよ。

月明かりの下で微笑むエリカさんの姿が今でも心に残っている。

月光によって焼き付けられたその情景は私の価値観を変えてしまうほどの輝きを放っていて、

そう、ただただ素敵だった。

今のエリカさんのように、私の瞳を釘付けにした。

美しい記憶と美しい現実に心がいっぱいになる。


エリカ「みほ。あなたは誰かに阿って自分を変えられるほど器用じゃないわ」

みほ「え?」

エリカ「あなた、自分が思っている以上に頑固で不器用なんだから。自信をもってあなたのやりたいようにやりなさい。副隊長さん?」


その声は軽く、からかっているようにも聞こえた。

私のやりたいように。副隊長としての私にそう言った意味を考える。

西住流は『型』を大事にする。一糸乱れぬ規律と隊列こそ黒森峰が、ひいては西住流が強い理由なのだ。

そして戦車道は心を鍛える武道なのだから、在り様もまたそれに足るものであるべきだから。

自分を厳しく律する。西住流の娘ならなおさらだ。

それを間違ってるだなんていうつもりは無い。きっと正しいのだろう。

ただ、時折思ってしまう。もっと、自由に戦車に乗りたいと。

……いや、ちょっと違う。

今でも戦車に乗ることは楽しい。戦車道も、楽しい。

そう思えるようになった事自体、かつての自分を思うと信じられない事なのに。

乱れぬ隊列に美しさ。セオリーに則った作戦で正面から戦う事の楽しさ。

それらは確かに私の中にあるものだ。

でも、ふとした瞬間思ってしまう。伝統やセオリ―じゃない私の、私だけのやり方をやってみたい。と。

もちろんそんな考えすぐに振り払って目の前の事に集中する。

……そんな事を何度も繰り返してきた。

エリカさんは私のそんな迷いを知ってたのかもしれない。


716 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:06:49.62 ID:8Wy7TEBX0


みほ「……だけど、みんながそれを許してくれるかな」


わかっている。こんなのただの杞憂なのだと。

隊員はみんな良い人達で、ちゃんと話せばわかってくれる。

そんな事私だってわかっているのに。

伝統やセオリーを大切に思っているエリカさんがそう言ってくれるのなら、わかってくれるのなら。

私は何も恐れる事なんてないはずなのに。

道からはみ出す事の恐怖もまた、確かに私の中にあるのだ。


『みんながそれを許してくれるかな』


自分が怖いだけなのに他者に責任転嫁する言葉もまた、かつての私の常套句だった。


エリカ「なら、やりたいことがあったら私に言いなさい。あなた、説明するのあんまり得意じゃないんだからそういうのは私がやるわよ」

みほ「エリカさんに迷惑だよ……」


何を難しく考えているのよ、というような軽い声にも、やっぱり落ち込んだ声で返してしまう。

いつものエリカさんならそれにトゲトゲしく注意をするのに、彼女は笑って、慈しむような声を私にかけてくる、


エリカ「言ったでしょ?私は月が好きって。私ひとりじゃダメでも、誰かと一緒なら私も輝けるのよ」

みほ「なら、エリカさんの太陽って……」


私の問いかけにエリカさんは黙ってあごに手を当てる。

その姿は口を閉ざしているようにも、言うべき言葉を選んでいるようにも見えた。

やがて、答えは決まったようでエリカさんはゆっくりと口を開く。


エリカ「……内緒よ」

みほ「そんなぁ!?はっきり言ってください!!」


717 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:12:55.38 ID:8Wy7TEBX0



あれだけ期待を持たせておきながらやっぱ内緒♪だなんてそんなの通用すると思っているのか。

私がなんとかその口を開かせようと詰め寄ると、ビシッっと額にデコピンが飛んでくる。


エリカ「ダメよ。聞きたかったらあなたが隊長になってみなさい」

みほ「お姉ちゃんがいるからまだまだ先だよ……」

エリカ「……どうかしら。案外早くその時はくるかもよ?」

みほ「エリカさん……?」


その言葉の意味をたずねようとする前に、エリカさんは広場から離れようと歩き出す。

私は、その背中に声を掛ける。


みほ「エリカさん」

エリカ「……そろそろ帰りましょうか。あんまり夜更かしするものじゃないわ」

みほ「え?ていうか、呼び出したのエリカさんじゃん……」

エリカ「そうだったかしら?まぁ、結局ここまで付き合ったんだから同罪よ」


なんとも無理やりな共犯認定に、私は呆れてため息しかでなくなってしまう。


みほ「はぁ……」

エリカ「それじゃ、また明日ね。お休み」

みほ「……エリカさんっ!!」


そんな私を置いてさっさと帰ろうとするエリカさんを大声で引き留める。

道に向かっていた足がピタッと止まり、けれどもエリカさんはこちらを向かない。

関係ない。言いたい事があるんだからちゃんと言ってやる。

ああそうだ。それを教えてくれたのが貴女なんだから。



718 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:18:25.79 ID:8Wy7TEBX0


みほ「私は、誰かの期待を背負えるような人間じゃないって思ってた」


エリカさんは、振り向かない。


みほ「期待されて、それに応えられずに失望されるのが怖くて仕方なかった」


銀髪が風に揺らいで、光の粒子をまき散らす。


みほ「なのに期待するのも怖くて、だからホントは一人でいる方が安心してて、そのくせ周りはわかってくれないだなんて思ってて……

   自分勝手で、ワガママで、卑怯だった」


かつての私は、酷く、醜い存在だった。

誰かの優しさに縋ろうとするばかりで誰かには優しくするフリしかしてなかった。


みほ「でもね、貴女は私に怒ってくれた。私の事なんか知らないくせに、知らないから怒ってくれた」

エリカ「……言ったでしょ?あなたの事が嫌いで、ムカついたから引っぱたいて好き勝手言っただけよ」


振り向かないまま、エリカさんは話す。

そんな事が嬉しくて、声がはずんでしまう。


みほ「知ってるよ。でも、それをどう思うかは私の勝手」


だから、私も好き勝手言おうと思う。

勝手な好意を、勝手な感謝を、言葉にしようと思う。

貴女の勝手に私が勝手に救われたように。

719 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:20:42.51 ID:8Wy7TEBX0



みほ「エリカさん、貴女の期待はいつだって私の背中を押してくれた。貴女の否定がいつだって先走る私を繋ぎとめてくれた」


ああ、ああ、ああ、言葉が足りない。

伝えたい思いが溢れているのに、伝えるための言葉を私は持ち合わせていない。

もっと本でも読んでおけば良かった。

それでも、今ある私の言葉をいっぱいに集めて、纏めて。


みほ「エリカさん―――――ありがとう。私は、貴女と出会えてよかったです」


エリカさんが、そっと振り向く。

暗い夜でも、彼女の碧い瞳は、銀髪はどんな時でも美しく輝いている。

その輝きが私にもう一回分の勇気をくれる。

その魔法が解けないうちに、大きく息を吸って、目を逸らしたくなるほど真っすぐで、吸い込まれそうなほど深い瞳をちゃんと見つめて。



みほ「貴女は、私の友達です。貴女がどう思っていようとも、その気持は絶対に変わりません」



きっとこれから先どれだけ時が経とうとも、私の想いは変わらない。

たとえこれから先100万回否定されたって、貴女という友達がいた事を疑わない。

たとえ、貴女に否定されたとしても。

逸見エリカは私の友達なんだって、大声で言ってやる。

エリカさんの瞳を、睨みつけるぐらい強く見つめる。

やがて、エリカさんは観念したかのように肩を落とす。


エリカ「……なんであなたはそんな恥ずかしい事を堂々と言えるのよ」

みほ「……だって、エリカさんは馬鹿にしないでしょ?」


4年ぐらいの付き合いだけど、それぐらいはわかっている。

勇気と無謀ははき違えないのが私の良いところだ。

720 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:21:57.30 ID:8Wy7TEBX0


エリカ「はぁ……尊敬するわ。あなたのそういうところ」

みほ「……褒めてる?」

エリカ「褒めてるわよ。……本当に」

みほ「そっか。なら、嬉しいよ」


私の言葉にエリカさんはもはや返す言葉も無いようで、呆れたように笑う。


エリカ「……今日は私の負けね」

みほ「え?」

エリカ「帰る」


今度こそ私が引き留める間もなくスタスタと歩き去って行く。

そしてその背中が少し小さくなったところでエリカさんはもう一度こちらを振り向く、



エリカ「あー……みほっ!!」


先ほどの私に負けないぐらいの大声。


エリカ「明日、試合終わったらみんなでご飯食べに行きましょう!!」

みほ「……うん!祝勝会だね!!」

エリカ「だったら、さっさと帰って寝なさい!!……また明日」

みほ「……うん、また明日」


私の返事に満足そうにうなずくと今度こそエリカさんは去って行った。

721 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:23:02.73 ID:8Wy7TEBX0


一人広場に残った私は、そっと月を眺める。

煌めく満月に向かっていつかの約束を思い返す。



『本気には本気でぶつかる事』

『厚意には感謝で返すこと』

『しっかりと前を向く事』



その約束を彼女は覚えているだろうか。

もしかしたらもう忘れてるかもしれない。

4年も前の事なのだから、律義に覚えている私の方が変なのだろう。

でも、その約束が私をいつだって支えてくれた。

誰かの本気に本気で応える時

誰かの優しさに感謝で返せた時

前を向いて歩いてる時

貴女の笑顔を思い出す。

貴女が私を見ていてくれると思ってしまう。

だから、これからもその約束を守って行こう。

いつか、約束なんて忘れるぐらい当たり前になれるように。



今ここにいない彼女の代わりに、月に向かってそう誓った。



722 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/23(日) 23:24:57.21 ID:8Wy7TEBX0
ここまで。本日投稿分までは『日常系学園青春ストーリー』というテーマで書いてました。

また土曜に。次は、多分遅れないと良いな…
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/23(日) 23:33:53.40 ID:zsdv1Nvy0
おつです!ついに一区切り……非の打ち所がない青春ストーリーですね、ここまでは(しろめ
一体次からどうなるのか……
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/23(日) 23:37:43.55 ID:YUDYnbo30
乙!
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/24(月) 00:01:42.70 ID:6drMimtLo
おちゅー
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/24(月) 00:15:44.35 ID:nfC8QtFe0
イイハナシダッタノニナー
早く続きが読みたい、1週間が長い
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/24(月) 00:23:00.55 ID:s9H/aPJXO
乙でした。ヤバイ、マジで涙出そう。結末がわかってるだけに辛い。
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/24(月) 00:42:45.27 ID:ho9tx2MY0
毎週すごく楽しみにしてます大好きです
貴重なガルパンSSの書き手さんを応援します
729 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2018/12/24(月) 01:24:29.75 ID:oS6MlcRj0
あ、誤字発見

>>711 は慌てて抗議をしようと彼女の肩をバンバン叩く。 →私は慌てて抗議をしようと彼女の肩をバンバン叩く。

>>713 みほ「……エリカさん、私戦車道が好きだよ。貴女と戦うたびに、それの気持ちがどんどん大きくなっていくの」
                ↓
    みほ「……エリカさん、私戦車道が好きだよ。貴女と戦うたびに、その気持ちがどんどん大きくなっていくの」

上記のように訂正します

730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/24(月) 05:20:45.88 ID:rO9E0NbkO

土曜日が楽しみ
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/24(月) 07:36:34.19 ID:/WZU6jHZO
地の文がしっかりしてるから、いっそ「の前の名前が滑稽に見えてくる。
申し訳程度のss要素というのがなんだか笑える。
凄いことだ!
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/24(月) 09:32:00.63 ID:htOBxo+B0
ここからドン底に叩き落されるのか...(恐怖)
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/25(火) 10:27:21.87 ID:2S3K9GQW0
遂に、遂にやってきたわに

あ、更新乙です
734 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 22:29:53.94 ID:Fz/0tnfx0





晴天快晴夏の空。……とはいかず、少し曇り気味な決勝の会場。

隊長副隊長及び各車長への作戦の確認を済ませたものの、

試合開始まではまだ時間があるため選手達は各々試合に向けて自身の精神を整えている。

私もその例に違わず、少しでも不安要素を無くそうと前日も確認した天気予報を手元の携帯で確認していた。


みほ「……曇り時々晴。大丈夫かな」

小梅「さっきから何度も見てますけど、そう短時間に天気予報は変わらないと思いますよ」


隣に立つ赤星さんからどこか抑揚のない声がかけられる。


みほ「あはは、そうなんだけどね。やっぱり、心配になっちゃって」

小梅「大丈夫ですよ。隊長とみほさんが考えた作戦なんですから。私たちがちゃんとしていれば大丈夫なはずです」

みほ「……うん、そうだね」


車庫に納められている戦車たちは試合開始の時を今か今かと待ちわびてるように見える。

私もまた、赤星さんと共に、車庫の前で待ち人を待ちわびていた。

決勝の会場と言うだけあってか、たくさんの出店などがでていて観客の人たちの楽しそうな声が辺りに響いて賑やかな空気を肌で感じる。

私たちもなにか見てこようかなと思ったものの、流石に試合前に副隊長が遊んでるのは士気にかかわるのではと思いぐっとこらえた。

とはいえ既に準備は終え、やる事といえば先ほどからパカパカと携帯を開いては天気予報のページを見るか、何度も何度も見返した作戦の手順をまた見返すぐらいで、

なら赤星さんとおしゃべりでもと思うものの、どうも先ほどから言葉少なめでそれにつられて私の口も重くなってしまう。

無言の時間がしばし流れ、いい加減何事か話そうかと口を開くと、


エリカ「雁首揃えて呑気してるわねぇ」


いつの間にか車庫の前に来ていた待ち人が呆れたような声をかけてきた。


みほ「あ、エリカさん遅いよどこ行ってたの」

エリカ「飲み物買いに行く言ったでしょ……」

小梅「それにしては随分時間かかりましたね」

エリカ「ああ、ちょっと人と話しててね」

みほ「誰か知り合いでもいたの?」


私の質問に『それ聞いちゃう?聞かれたなら仕方がないなー教えてあげる♪』といったどうもイラっとする笑顔を見せると、揚揚と語りだす。


エリカ「私のファン♪」

みほ「今日ってそんなに気温高くないよね?むしろ山地だから結構涼しいのに……」

エリカ「しばき倒すわよ?いやほんとにファンだって子がいたのよ」


巨大な電子レンジにでも迷い込んで加熱されたのかと一瞬心配するものの、どうやらエリカさんは嘘や見得を張っているわけではないようだ。


735 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 22:32:17.76 ID:Fz/0tnfx0


小梅「……嘘じゃなさそうですね」

エリカ「嘘だったらあんまりにも哀しい嘘でしょ……」


まぁ、エリカさんが自分を大きく見せるような嘘をつく人じゃ無いのは知っている。

それにいざファンがいたと言われれば思い至る節も無くはない。

少なくとも私の周りにそういった子が多数いるのはエリカさん以外には周知の事実だ。


エリカ「たぶん、小学生ぐらいだったかしら」

みほ「エリカさん良くも悪くも中等部の時から目立ってたし、そういう子がいてもおかしくないかも」

エリカ「悪くも、ってのが気になるけどまぁ、目立ってたのは事実かもね……実際不本意な時もあったし」

小梅「でも黒森峰の戦車道チームってそれだけで注目を集めますから。そう、きっとその子も黒森峰に入学したいとかそういうので試合を見てたのかもしれませんね」


自慢じゃないが黒森峰は日本一戦車道に力を入れている高校だ。

マイナースポーツとは言えその道を目指す人間にとっては決して無視できない学校だ。

ただでさえエリカさんは目立つ見た目をしているのだし、試合を見に来た人が憧れてしまうというのもおかしくないと思う。

なのでここは一つ素直に称えようと思う。


みほ「そっか、すごいね!エリカさんのファン第2号だよ!!」

エリカ「1号は誰よ……」

小梅「いや、その子は32号ですね」

エリカ「増えた」


ああ、そんなに増えてたんだ。

1号の栄えある座以外は興味ないから知らなかった。……なんてね。

多分隠れファンも含めればもっといると思うけど。

私が優越感にニヤついていると、エリカさんが何とも座りが悪いといった表情でこちらを見つめているのに気づく。

「どうしたの?」と首を傾げると、エリカさんは二度三度視線を揺らすと、


エリカ「……あー。その子ね、みほのファンだとも言ってたわよ」

みほ「え?」


素っ頓狂な言葉に気の抜けた声が出てしまう。


エリカ「あれよ、中一の時のタンカスロン。あれ見てたんだって」

みほ「うっわぁ……」


否定や困惑の前にただただ信じたくないといった感情が口から飛び出す。


エリカ「私もおんなじ反応しちゃったわよ……ホント、勘弁してよね……」

みほ「同感だよ……」


いやだって、その話が本当なら私たちの悪名、悪行はもうとんでもない範囲にまで広がっているかもしれないのだから。

これはもう、隠すのを諦めてお母さんの耳に入る前に自分から白状して少しでも傷を浅くするべきかもしれない。

お姉ちゃんにも弁護してもらえればもしかしたらお小遣いの減額程度で済むかも……

そんな風に自己保身のための脳内会議を繰り広げていると、ふとエリカさん視線が私の胸元に向けられていることに気づく。

やだエッチ。なんて一瞬思うも、よく見るとその視線は胸ポケット。正確にはそこから出ているボコの携帯ストラップに向けられていた。



736 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 22:40:25.93 ID:Fz/0tnfx0

みほ「どうしたの?ボコストラップ欲しいの?同じのがあと5個あるからあげるよ?」

エリカ「いらないわよ……そういえばあの子、あなたの好きなクマさんのストラップしてたなって」

みほ「え?ボコの?」


嘘、嘘、まさかこんなところでボコリアン(ボコが好きな人)とニアミスするだなんて。


エリカ「ええ。あんな変なクマさん見間違えること無いと思うけど……」

みほ「変じゃない!!」

エリカ「そんな力強く。……まぁ、世の中そういう奇特な人がいてもおかしくないわよね」

みほ「奇特じゃないよ!!」

エリカ「めげないわねぇ……」


呆れ半分感嘆半分といったエリカさんに私はいかにボコが可愛らしく素晴らしいキャラクターなのかを力説しようと踏み出すも、

眼前に差し出された手のひらに圧しとどめられてしまう。

エリカさんの瞳はすでに私を見ておらず、隣にいる赤星さんに向けられていた。


エリカ「それで?あなたはどうしたのよ」

小梅「え、わ、私ですか?」


突然の問いかけに赤星さんはびくりと肩を震わせた。


エリカ「さっきからソワソワというか、妙に挙動不審なのよね。あなたも気づいてたでしょ?」


同意を求められ、私も頷く。


みほ「うん、なんか落ち着きないなというか、どこか上の空って感じで」


先ほどから赤星さんの様子がおかしいという事には気づいていた。

理由を聞こうかと何度か考えたものの、正直私の話術では下手に触れても余計に動揺させてしまうかもしれないと思い、エリカさんの帰還を待ちわびていたというわけだ。

私の同意に確信を得たように頷くと、エリカさんは赤星さんに詰め寄る。


エリカ「ほら、問答するのめんどくさいからさっさと言いなさい」

小梅「えっと、ホントに、ホントに何でもないです。気にしないでください」


「さっさと吐いた方が楽になるわよ」と取り調べのような尋問に、赤星さんはジェスチャー交じりに潔白を主張する。

もちろんそんな事で納得するわけがなく、エリカさんは呆れたようにため息をつく。


エリカ「……はぁ、言っとくけどね赤星さん。付き合いばっか長いこの子と違って、私は、あなたの事はちゃんと知ろうとしてきたつもりよ」

小梅「……」


真っ直ぐな視線に赤星さんは何も言えなくなる。その様子にエリカさんは微笑むと、柔らかく、受け入れるように問いかける。


エリカ「言ってごらんなさい。……友達でしょ?」


殺し文句。

そう言われて拒否できるような関係だったらそもそも友達になんてなってないないだろうに。

人の気持ちを無視する癖にここぞというタイミングでその気持ちをいい様にするのはやっぱりズルいと思う。

そんな風に思えるのは私が言われたわけじゃないからなのだろうけど。

きっと、私が同じように言われたら拒否するなんて発想でなかっただろうから。

赤星さんはたどたどしく唇を動かす。
737 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 22:49:50.09 ID:Fz/0tnfx0


小梅「エリカさん……その、私、緊張、してて……」

エリカ「……まぁそんな事だろうと思ってたわ」

小梅「心配かけたくないとか、そういうのじゃなくて……言葉にしたら余計に緊張しちゃいそうで……」


わからなくもない。言葉にしたら、意識してしまう。緊張が、不安が、体に響いてしまう。

ならばいっそぐっとこらえて抱え込む。

そういうやり方も間違ってはいないのだと思う。


小梅「皆さんは凄いですね、こんな緊張する場所に何度も立ってきて……どうしてたんですか?」

エリカ「……私の場合無理やり体を動かしてたわね。緊張なんてどうしようもできないんだから。必死に体と頭を動かして余計な事を追い出すしかない」


凛と、よどみなく言い放つその姿にエリカさんの在り様が見て取れる。

考えても仕方ない事は考えないようにするしかない。

わかりやすい解決策だ。というよりは次善策というべきか。


みほ「エリカさんは根性論が合ってるね……」

エリカ「実際私から言えるのはそのぐらいよ」

みほ「……でも、それはエリカさんが強いからだと思う」

エリカ「……」


嫌味じみた否定に、エリカさんが不満げに眉を顰める。

私はエリカさんの言葉は間違っていないと思う。

だからって、それが誰にでも通用するわけじゃない。

ましてや赤星さんはエリカさんではないのだから。

私たちの間に不穏な空気が流れる。

それは赤星さんも気づいたようで慌てて間に入ってくる。


小梅「あの、大丈夫ですから。エリカさんの言う通り、試合になればきっと勝手に体が動いてくれますよ」

みほ「……私は、そうは思わないな」


ああそうだ。私は、私だって赤星さんと3年以上の付き合いなのだ。

良いところ、悪いところを知っている。

その上で言わせてもらうなら……赤星さんに必要なのは根性とかじゃないと思う。


みほ「緊張したり、焦ったりしてるとね。間違った選択肢が正しく見えちゃうんだよ」


正しいと思った行動が後から見れば間違いだった。

結果論と言ってしまえばそれまでだが、それで納得できるのは周りの人間だけで、間違えた本人はひどく悔やむことになってしまう。

特に赤星さんは。……私と同じで。


みほ「緊張していても何とか出来るようになるのは慣れしかないと思う。初めて試合に出る赤星さんには難しいと思う」

738 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 22:54:05.12 ID:Fz/0tnfx0


中等部とは規模も人数も重圧も違う。

そんな中で緊張したまま実力を発揮しろだなんてのは無理な話だ。

もっと言うなら試合で全力を発揮するなんてことは出来る方がおかしいのだから。

その時のコンディションは、メンタルは、如実にその試合に現れる。

緊張なんて無視して出来る事をやれなんてのは『出来る人』の言い分で、『出来ない人』には出来ないなりのやり方がある。

だから、エリカさんのやり方は赤星さんの問題解決には相応しくない。

……ただ、これじゃあ私はただケチをつけただけだ。

エリカさんだって赤星さんの事を思ってのアドバイスだったのに、それを否定しただけで終わっては何の意味もない。

私はちゃんと、代替案を提示しなくてはいけないのだ。

心の中で二度三度頭を捻り、一つ思い付く。


みほ「……赤星さん、カメラ持ってきてる?」

小梅「え?あ、はい。ロッカーに置いてありますけど……」

みほ「じゃあ持ってきて。時間はまだあるから慌てなくていいよ」

小梅「あ、は、はい」


トテトテと早歩き気味にロッカーに向かう赤星さんを見送る。


エリカ「カメラ持ってこさせて何するつもり?」

みほ「記念写真。みんなで撮ろう?」

エリカ「……はぁー?なに気の抜けた事言ってるのよ。今大会がどんだけ大事なものなのかわかってないの?」

みほ「大事な大会なのに緊張して力が出し切れなかったら私たちも困るでしょ?」

エリカ「それは……」


エリカさんは私の反論に言葉が詰まり、やがて諦めたように手のひらを上に向けて差し出す。

とりあえず説明を聞く気になってくれたようだ。


みほ「赤星さんは大会出るの初めてで、その上色々かかった決勝なんだよ。だから緊張するのは仕方がない。でも、いつもやってる事をすれば、ちょっとは落ち着いてくれるかなって」

エリカ「……」


私たちが何かするたびに赤星さんはカメラを向けていた。

『思い出は、記憶の中だけじゃなくてちゃんと形にしておくべきなんですよ』とは彼女の言葉だ。

オクトーバーフェスト、休日に遊びに行った時、何気ない練習風景、誕生日パーティー。

文字通り日常を切り取った写真は見るたびにその時の話題で話が弾む。

なら、今この瞬間も切り取ってしまえば日常に過ぎない。

どれだけ緊張してたって、いつもの様に写真を撮れば、そこに日常を思い出す。

ちょっと手間はかかるがプリショットルーティーンみたいなものだろう。

もっとも、効果があるかないかは赤星さん次第だが。


みほ「赤星さんはちゃんと努力してきたよ。知ってるでしょ?」

エリカ「……ええ。良く知ってるわ」


深く頷く。ああそうだ。私も、エリカさんも。赤星さんが努力してここまで来たことを知っている。

私やエリカさんが、時には両方が彼女の自主練に付き合ってその成長を見てきたのだから。

彼女が決勝のメンバーに選ばれたのは決して運や偶然じゃなくて、純然たる実力なのだから。


739 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 22:59:07.91 ID:Fz/0tnfx0


みほ「だから、みんなで笑顔で写真でも撮ればいつも通りを思い出せるかなって。少しでも赤星さんが全力を出せるように」


彼女が、終わった後に後悔することがないように。私は私にできる最善を提示したつもりだ。

なんならカメラを取りに行って帰ってくるまでの間に頭が冷えるかもしれない。そうなったら儲けものってところだろうか。

とはいえ結局のところ赤星さん任せには違いはなく、エリカさんの意見の方が緊張をどうしようもないと割り切る分、覚悟を決められたかもしれない。

ただ、それでも私は私のやり方の方が赤星さんに効くと思ったのだ。

主観的すぎる意見。エリカさんにとっては受け入れがたいものかもしれない。

じっと、だまってこちらを見つめるその視線に後ずさりしないようぐっと堪えるとその口元が緩み、弧を描く。


エリカ「……ちゃんと考えてるのね」

みほ「……うん。友達だってだけじゃなくて、仲間だから」

エリカ「そう。なら……まぁ良いわよ。写真の一枚くらい。装填手に砲弾落とされたらたまったものじゃないもの」


エリカさんの許可が出た事にぐっと拳を握りしめていると、後ろから声をかけられる。


まほ「なるほど、みほもちゃんと人を見られるようになったんだな」

エリカ「た、隊長!?」


声の主はいつの間にか私たちの後ろにいたお姉ちゃんだった。


まほ「お前たちが緊張でもしてないか見に来てみれば、なんだかおもしろそうな事を話していたからな。聞き耳を立てさせてもらった」

みほ「別に普通に聞いてても良いのに……」


むしろお姉ちゃんに意見を求めたほうがより良い解決策が見つかったかもしれないのに。


まほ「私抜きで話してるのが大事なんだ」

エリカ「あの、大丈夫ですか……?」

まほ「何がだ?」

エリカ「いや、大事な時に呑気に記念写真とか……」


恐る恐ると言った問いかけ。お姉ちゃんはそれに何を今さらといった風に返す。


まほ「お前も撮ろうって肯定してただろ。いまさらどうした」

エリカ「いや、さすがに隊長の前で堂々とそういう事するつもりなかったんで……」

まほ「気にするな。別にまだ時間はあるんだ、写真の一枚や二枚問題ないだろ」

エリカ「そ、そう言ってもらえるなら……」


エリカさんはとりあえず隊長からの許可をもらえたことに安堵のため息を漏らす。

740 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 23:04:47.87 ID:Fz/0tnfx0


みほ「エリカさんは気にしぃだね」

エリカ「あなたが無神経すぎるのよ……」


エリカさんは私たちに対しては強気で嫌味っぽいのに、お姉ちゃんにはどうも恭しいというかへりくだった感じで対応する。

憧れの人という本人談を思えば当然なのかもしれないがそれにしたって格差がありすぎじゃないか。

その憧れの人の妹である私にももうちょっと辺りを柔らかくしても良いんじゃないか。などと思っていると、お姉ちゃんが思いついたように小さく挙手をする。


まほ「あ、せっかくだから私も交じっていいか?」

エリカ「え?」

みほ「お姉ちゃんも記念写真一緒に撮りたいの?」


意外。こういうのあんまりやりたがるイメージ無いのに。

妹の私がそう思うぐらいなのだから当然エリカさんも驚きを隠せてない様子だ。


まほ「今日という日が大事な日だと思っているからな。ちょっとぐらい良いだろ」

エリカ「は、はぁ……」

まほ「……ダメ?」


小首をかしげ、エリカさんを見つめる。

驚愕の光景に私は声を出すことが出来ない。

いや、嘘……お姉ちゃんがあんなぶりっ子って……


エリカ「い、いえ!?良いですよ!!私も、一緒に撮りたいです!!」


再びの驚愕はもちろんエリカさんも同じようで、けれども問いかけられた本人であるため両手をパタパタと振って許可の意を示す。


まほ「じゃあ決まりね」

みほ「……なんか強引」


どことなく得意げに鼻を鳴らすお姉ちゃんに、不満というか納得できないものを覚えるものの、ちいさく表現するにとどめる。


まほ「いいだろ別に」


耳ざといお姉ちゃんはそれに唇を尖らせる。これもまた妹である私からしても驚きの事態で、エリカさんもまた―――


小梅「みほさん、持ってきました」


3度目の衝撃は赤星さんのインターセプトで止められた。

いつの間にかお姉ちゃんも加わっている様子に疑問を感じているようで、その視線は私とエリカさんとお姉ちゃんを繰り返し見つめている。

まぁ、準備が出来たのならさっさとやってしまおう。

私は戸惑う赤星さんに笑顔を向ける。


みほ「ありがと。それじゃあ、記念写真撮ろっか」

小梅「……え?」

741 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 23:11:32.11 ID:Fz/0tnfx0





「逸見ーもっとかたまれー何恥ずかしがってるんだー」

みほ「エリカさん、ほらもっと近づいて」

エリカ「はいはい……」

小梅「あの、こんな事してて良いんですか……?」


恐る恐るといった赤星さんの質問。

まぁいきなりカメラ取ってこいからの隊長を交えた記念写真だよ!となればそう思うのも仕方はない。

私たちはたまたま近くを歩いていた活発そうな先輩にシャッターを頼み、曇り気味の空と山々を背景に並んでいる。

出来る事なら快晴だと良かったが、無い物ねだりをしてもしょうがない。

大事なのは被写体であって背景ではないのだから。


エリカ「普段パシャパシャ許可なく撮ってるくせに今さら遠慮するんじゃないの」

小梅「そんな人をパパラッチみたいに……」

まほ「ほら、ちゃんとカメラ見ろ。笑え」

小梅「あ、はい」

みほ「お姉ちゃんこそ笑顔できるの?」

まほ「舐めるなよ。これでも最近は表情筋がついてきたんだ。笑顔の一つや二つ、難なくこなせるさ」

みほ「逆に今まで出来てなかったのが凄いよ……」


呆れと驚きにため息が出てしまい、お姉ちゃんはムッとする。


まほ「というか、エリカの方が固いじゃないか」

エリカ「だ、だって隊長と写真だなんて……」

「ほら、逸見笑えー固いぞー」


先輩からの指示にびくりと肩を震わせ、わたわたとするエリカさんは中々お目にかかれないものだ。

それだけお姉ちゃんとの写真が嬉しいのだろうけど。

なのでちょっとからかってみたくなる。


みほ「言われてるよエリカさん。写真、苦手だっけ?」

エリカ「嫌味な事言うんじゃないわよ……うぅ、だ、大丈夫よ」

みほ「……エリカさん、赤星さん、お姉ちゃん」


呟くような言葉はしかしちゃんと3人に届いたようで、その瞳がこちらを向く。

それを確認した私は、


みほ「――――頑張ろうっ!!」


全力で気合を入れる。

742 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 23:14:51.70 ID:Fz/0tnfx0


まほ「……ああっ」


揺るぎないお姉ちゃんの口元に笑みが浮かぶ。


小梅「……はい!私、やって見せます!!」


覚悟を決めた赤星さんの顔が満面の笑みを称える。


エリカ「……当然よ。私たちは、この日のために努力してきたんだから。……頑張りましょう」


輝く銀髪と透き通るような碧い瞳に、月と太陽のように煌めくその姿に、確かな決意と微笑みが共鳴する。


みほ「……うんっ!!」


三者三様の笑顔に確信をもって、私もまた全力で笑い返す。

ニヤニヤとこちらを見ていた先輩は、笑顔で揃った私たちを見て同じように笑顔になると、ファインダーをのぞき込み、



「よっしゃ、いくぞー。はい、チーズ!!」


743 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 23:15:58.77 ID:Fz/0tnfx0



デジカメの表示画面に写る私たちはきっと、何も怖くなかったのだろう。

楽しくて、楽しみで、友達と、仲間と。共に戦えることを喜んでいたのだろう。

待ち受ける未来になんの不安もなく、前に進めると信じていたのだろう。

それは直視できないほど眩い記憶で、日常で――――永遠だった。

宝石のようなその日々は、私にとってかけがえのないものだった。

積み重ねた日々が、これから続く未来が、前途を照らしてくれるのだと疑わなかった。

故に、時は止まらず――――決勝の合図が、空に響いた。




744 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2018/12/29(土) 23:18:37.28 ID:Fz/0tnfx0
ここまでー。年末最後の更新になります。

新年一発目はたぶん15日になると思いますのでお待ちください。
余裕があったら8日に投稿するかもしれませんがあんまり期待なさらず。
多分あと5、6回ぐらいで終わるのでもうちょっとこのクソ長いスレにお付き合いください。

良いお年を
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/29(土) 23:20:16.19 ID:FinzN2Ndo
おつでしたー
よいおとしをー
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/29(土) 23:36:51.82 ID:/aBPCsMI0
おつでした!
来年も楽しみにしてます!
良いお年を!
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 00:15:32.14 ID:lleQk064O
おつでした。来年も楽しみにしています、よいお年を。
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/30(日) 00:40:28.29 ID:68c9QTiM0
乙です。あと5.6回・・・?回想がって事かな?
今年も有難うございました!良いお年を!
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/30(日) 09:32:47.03 ID:X3c1Dw9q0
マジかー次半月後かー
回想終わったら現在の時間軸に戻るんだよね?そうだよね?
あの後どうなったかも気になってるんだよね
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/30(日) 18:48:42.30 ID:7liPuPn40
乙!来年も楽しみにしてるぜ!
終わるっていうのは回想のことだよな...?
あと5,6回だけじゃバッドエンドしか見えねえぜ...
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/30(日) 22:27:31.06 ID:pjhvBiQM0
乙ですー。
これ大円団迎えて劇場版に進んでも、
どっかの流派の飛び級ボコ好き娘が勘違いしたまんまで、私怨バリバリで指揮する大学選抜チームが襲いかかってくるのでは…
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/30(日) 22:55:01.34 ID:cXqJAbY2o
ルミどうするんだよww
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/31(月) 00:13:17.06 ID:fEYn2Edw0
>>751
大円団ってなんですか?
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/04(金) 09:25:23.56 ID:1aIqUcFH0
早く
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/04(金) 13:01:11.46 ID:PMO2zqez0
>>754
ageカスのくせにいっちょ前に催促なんかしてんじゃねぇよ
756 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 17:46:56.94 ID:sbkqZ6WF0




みほ「……」


薄暗い戦車の中、重苦しい空気が漂っている。

決勝の火ぶたはとっくに切って落とされ、試合開始からすでに2時間近くが経っていた。

状況はあまりよくない。使う予定だった大通りはすでに封鎖されており、中途半端な突撃では無駄死にするのがオチだ。

伏兵が潜んでいるのは間違いない現状、火力機動力防御力に優れたプラウダに対して正面突破は流石に分が悪い。


まほ『釣られた。というわけか』


無線から聞こえる隊長の呟き。恐らく敢えてのものだろう。私の意見を求めているということか。


みほ「……そう思う」


自軍を前に出してこちらとの正面対決と見せかけ、機を見て後退。それを追ってきた相手を包囲する策。

字面だけ見れば単純だかもちろんそんな簡単な事なら私たちが、いや、隊長が追いつめられるわけがない。

プラウダは本気でこちらに攻撃を仕掛けてきて、その上で絶妙なタイミングで退く事でこちらを釣り上げた。

相手の指揮官はかなり優秀らしい。正直お姉ちゃん以外が隊長だったらすでに包囲され殲滅されてただろう。

その策にいち早く気付けたからこそ、いまの膠着状態に落ち着いているのだ。

向こうもこちらを見失っている。

恐らく今は大通りを固めつつ少数で索敵をしているのだろう。

このままではジリ貧。頭の中で何度も考えていた策が、今こそ役に立つかもしれない。

私は覚悟を決め、無線を送る。


みほ「隊長」

まほ『なんだ?』

みほ「隊を二分して川沿いの崖を通って相手の裏手に回り込みましょう」

まほ『崖?確かにあるが……』


その声色は疑問を呈している。

当然だろう、道と言えるものはあるものの、崖という呼称に相応しく戦車一輌通るのがやっとな細さなのだから。

出来る事なら私もこの手は使いたくなかった。しかし、今は一分一秒が惜しい。


みほ「実はね、ちょっと使えるかもって調べておいたんだ。戦車数両程度なら問題なく通れるはずだよ」


多少の懸念はあるものの、別の試合で同じ道を使った例もあり少なくとも私たちの戦車で通る分には大丈夫だと判断した。


みほ「隊長が指揮する部隊は正面に出て敵を抑えてて。別動隊は私が指揮して後ろに回り込む」

まほ『だが……フラッグ車が前に出るのはあまり賛成できないな』


それもまた当然だろう。正面の敵を抑えてもらうという事は必然的に私が率いる部隊は少数になる。

それで隠れているのならともかく、敵の後ろをかくために前に出るのだ。

だが、それでも。


みほ「プラウダに押されている現状、1輌でも戦力は無駄にできない。私が考えた策である以上、私が別動隊の指揮をする方が確実です。

   隊長、ここは勝負にでましょう」

まほ『しかし、わざわざフラッグ車を危険にさらすような真似は……それならば重戦車を盾に中央突破の方が安全だと思うが』
757 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 17:49:42.78 ID:sbkqZ6WF0


半ば博打のような作戦をおいそれと認めるわけにはいかない。

無様な勝利も、無様な負けも、するわけにはいかないのだ。

それが、西住流なのだから。

隊長の、お姉ちゃんの気持ちは良く分かる。実際、突然部隊を二分するのはリスクが大きい。

だが私もここで退けないのだ。優勝しようと赤星さんに、お姉ちゃんに、エリカさんに、みんなに誓ったのだから。

沈黙の無線が数秒続く。


エリカ『隊長。ここは副隊長の策に乗りましょう』


それは、凛とした声に打ち破られた。


まほ『エリカ』

エリカ『悔しいけど、プラウダの力は本物です。多少のリスクは承知の上でここは攻めるべきです』

まほ『……』


2対1。ほかの車長からも意見が出ない以上、あとは隊長の判断に任せるしかない。

こんなところで仲間割れなんてそれこそ自殺行為なのだから。


みほ「お姉ちゃん」

エリカ『隊長』

まほ『……わかった』


ため息と、どこか嬉しそうな吐息の混ざった声に私はほっと胸をなでおろした。

一度判断を下した後は隊長の迅速な指示で隊は二分され、私達は即座に行動に移した。


みほ「……エリカさん、ありがとう」


周囲に気を配りつつ、エリカさんだけに無線をつなげてそっと呟く。


エリカ『気にすることじゃないわ。私はあなたの策のほうが勝てると踏んだだけよ』


そう思ってもらえたことが嬉しいのだと伝えたかったが、生憎おしゃべりに時間を費やしてる暇はない。

私たちはやるべきことがあるのだから。


エリカ『さ、さっさと行きましょう。時間が無いわ』

みほ「……うんっ!!」


758 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 17:51:48.27 ID:sbkqZ6WF0




ガタガタと揺れる車内。道なき道を行ける戦車の力強さは同時に乗ってる人への配慮というものは考えていない。

時折段差か何かを越え、そのたびにガタンと衝撃がお尻に突き刺さる。

今更それに文句を言うつもりは無いが、何とかなるものなら何とかしたいとも思う。

別に痛くないのではなく、我慢できるだけなのだから。

なのでせめて気を紛らわそうと考え、車長席でじっと腕を組んでるエリカさんに顔を向けずに声を掛ける。


小梅「今日のエリカさんいつもより優しいですね」

エリカ「はぁ?私はいつだって優しいわよ」


無駄口叩くな等と怒られると思っていたが、返ってきたのは冗談染みた言葉だった。


小梅「……そうですね」


斜め上の反応になんと返答すればいいかわからず、とりあえず同意でお茶を濁そうと図ってみるものの、エリカさんは何とも言えない表情をする。


エリカ「納得されるとこっちがスベッたみたいじゃない……」

小梅「ああいや、なんていうか……みほさんの意見を堂々と支持するのが珍しいなって」


わかりにくさ面倒くささにおいて他の追随を許さない彼女がみほさんへの助勢をわかりやすくするのは珍しい。

というより、エリカさんが隊長の懸念よりもみほさんの作戦に賛成したのが驚きというべきか。

少なくとも私が知る限りで隊長はエリカさんが最も憧れ、尊敬している人だ。

その隊長よりもみほさんの肩を持ったのが意外だったのだ。


エリカ「……合理的に考えただけよ。それは優しさとは言わないわ。ましてやあの子の味方をしたわけじゃない」

小梅「……そうですね。でも、みほさんは嬉しかったと思いますよ。エリカさんが自分の意見を支持してくれた事」


少なくとも私から見てみほさんと隊長の意見はどちらにも理があった。

いや、防御を固めた正面突破の方が黒森峰らしく、戦術の練度も高いと考えればむしろ隊長の意見の方が正しいとさえ思っていた。

私でさえそう思ったのだからエリカさんだって同じように思っていたはずだ。

それでもエリカさんはみほさんに付いた。そこにエリカさんとみほさんしか見えない何かがあったのだとしても、

誰よりも尊敬しているはずの隊長の意見よりもみほさんを選んだ。

みほさんはきっと、それを喜んだはずだ。心強く、勇気をもらったはずだ。


エリカ「……赤星さんもあの子も隊長も。私を買いかぶってるのよ。私は、そんな――――」

小梅「小梅」


その謙遜を打ち切る。


エリカ「え?」

小梅「小梅、って呼んでください」


エリカさんは謙遜をしだすと、いや卑屈になりだすとめんどくさい。

私の中での結論が決まっている以上エリカさんの謙遜を長々と聞くつもりはない。

だから、話題を変える。私にとって大事な要望を伝えるために。


小梅「いい加減私ばっか名字で呼ばれるのは距離感じちゃいます」

759 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 17:54:16.61 ID:sbkqZ6WF0


エリカさんだけではないみほさんも。

お互いは名前で親しく呼び合ってるのに私だけいつまでも名字というのは仲良し3人組としてはやっぱり気になってしまうものだ。

無論、距離をとられてるだなんて思ってはいないが、だからといって気にならないわけではない。

そう言われてエリカさんは慌てて否定する。


エリカ「あ、いや別にそういうんじゃ……ただ、切り替えるタイミングを見失ってただけで」

小梅「なら、いい機会なんで。小梅。ね?」


そんな事わかっている。だから私の要望は簡潔なのだ。

ウダウダいうつもりも無いし聞くつもりもない。

私は、ただただ、貴女に名前を呼んでもらいたいだけなのだから。

今度はエリカさんの顔を見て、スタッカートを弾くように私の名前を伝える。


エリカ「……ええ、小梅」


薄暗い戦車の中でも輝いて見えるような彼女の微笑み。

隣り合う様な気やすさで呼ばれる名前に、私は満足して前に向き直った。

すると、くすくすと小さな笑い声が車内に響く。一つだけじゃなく、3つ。

すっかり忘れていた。ここにいるのは私とエリカさんだけじゃないのだと。

今更ながら恥ずかしい事を言ってしまったと赤面するも、隣の砲手から「良いわねー青春最高?」とからかわれてしまう。


エリカ「ほら、笑ってないで集中しなさい。大事なのはここからなんだから」


パンパンと手を叩いて集中を促す彼女の顔を私は見れなかった。

ただ、彼女の声は上ずっているように聞こえた。

760 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 17:56:19.89 ID:sbkqZ6WF0




目的地へと向かう道中。私たちの小隊は最大の難所である崖の道、その入り口に入ろうとしていた。

エリカさんが指揮する我らがV号を先頭に、その後ろにみほさんのティーガーT、そのさらに後ろにと、一列になって戦車が続く。

崖は戦車が通るにはギリギリの幅で、視界の悪い戦車では決して楽な道とは言えない。

それ故車長たちはキューポラから体を出して細かく指示を出している。


エリカ「……雨、降ってきちゃったわね」


誰に言ったわけでもないのであろう、かすかに聞こえたエリカさんの重い呟き。

装填手席からわずかに見える空は、先ほどよりもどんよりと灰色になっていて、小雨が車体を打つ音が車内に響いている。


みほ『……戻りましょう。全車後方に注意してゆっくり下がってください』


無線で伝えられるみほさんの諦めたような声。

各車の車長の了解の返答に遅れて、エリカさんの声が無線を通して伝えられる。


エリカ「いえ、いきましょう」

みほ『エリカさん?』


先ほどみほさんの作戦に賛同した時とは逆の否定。

私は思わずエリカさんの方を向くも、キューポラから出ているその顔を伺う事はできない。


エリカ「隊長たちはすでに向かっている。今から戻るんじゃ時間無駄にしてしまうわ。ここは進みましょう」

みほ『でも……』


ためらうみほさんに、エリカさんは優しく落ち着かせるように語り掛ける。


エリカ『雨なら大丈夫よ。急がずにゆっくり行きましょう』

みほ『……わかりました。全車前進!!慌てず、慎重に行ってくださいっ!!』


エリカさんの言葉に安心感を感じたのか、はたまた不退転の決意を感じたのか、みほさんは今一度、前進を指示する。

それに、異を唱える者はいなかった。

761 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 18:00:27.20 ID:sbkqZ6WF0




どれほど経っただろうか。時計を見る事すら出来ない緊張感の中で、雨音が強く、激しくなったことだけは耳で感じることができた。

山の天気は変わりやすいとは言うが、それにしたって急転直下と言えるほどの変動は私たちの予想を超えていた。


小梅「……雨、強くなってきましたね」


言ってからしまったと思う。口にしたところで天気を変えることは出来ない。

風を伴った豪雨は固い戦車の装甲越しに私たちにその勢いを伝えてくる。そんな中で何度もキューポラから顔を出してるエリカさんなんてきっとびっしょりと濡れてしまっているだろう。

風邪をひいてしまうと操縦士の子が車内にいるよう勧めるも、エリカさんはそれを固辞して細かく指示を出している。

先頭車両だからこそ、状況を常に把握して指示を出さなくてはいけない。そう言って豪雨の中ひたすら周囲を警戒し続けている。

そんな中でただ事実だけを伝えたところで何の意味があるのか。ただただ車内の不安を煽るだけになってしまう。


エリカ「ええ……でも、ここまできたら戻るほうが危ないわ。気を付けて、ゆっくりね」


軽率な自分を恥じるも、エリカさんは気にしてはいないようだ。私の軽口に感情を揺さぶられた様子もなく、淡々と冷静に返してくる。

繊細な指示を求められ、全身を雨に打ち付けられているというのに、落ち着いているのは偏に彼女の集中力の賜物なのだろう。

その姿に力強さと心強さを感じ、私を含めた乗員もまた、勇気をもらう。そのおかげか、危なげなく集団は進んで行き、やがて再び外を見ていたエリカさんの口から安堵のため息が漏れる。


エリカ「ゴールが見えてきた。なんとかな―――――止まってッ!!」


その言葉に操縦手が即座に反応する。スピードは出ていなかったものの急な静止に思わずつんのめってしまう。

どうしたのかと尋ねようと上を見た瞬間、轟音が鳴り響く。外の状況は私にはわからない。ただ、一つだけ分かるのは――――砲撃を受けたという事だ。

遅れて無線からみほさんの声が伝わってくる。


みほ『エリカさんっ!?砲撃っ!?』

エリカ「こちらV号っ!!前方に敵車両!!待ち伏せよっ!!」


努めて冷静に、要点だけを伝えようとしているエリカさんの声に私たちも動き出す。先ほどの砲撃はこちらに命中せず、前の地面をえぐるにとどまったようだ。

砲手はすでに敵を捉えているようで、エリカさんの蹴りによる指示と共に射撃を開始する。状況を理解したみほさんもすぐさま指示をだしてくる。


みほ『っ……全車両下がってっ!!』

エリカ「私たちが盾になるから早く下がっ――――」


その言葉は最後まで言葉にならなかった。何かが崩れる音と共に、ぐらりと、体が戦車ごと傾いていく。続いてくる衝撃。


小梅「あ……」


一瞬の浮遊感が永遠のように感じる。重力が横から降ってくる。シートベルトなんかない座席で、装填をしようと不安定な体勢で、持っていた砲弾が私の手を離れ宙に浮く。

庇おうと動く手はゆっくりとしていて、間に合いそうにはない。数キロの砲弾が自由落下で体に当たって痛いで済めば御の字で、

眼前に迫るそれは、たぶん痛いじゃ済まないのだろうなぁと、どこか私を達観させた。

ああ、痛いのかな。こんなことなら反射神経鍛えてれば良かった。どうやって鍛えるのか知らないけど。

そんな事を、呑気に考えてしまった。

その時、


「小梅ッ!!」


聞きなれた声が私の名を呼び、目の前が真っ暗になり――――花のような香りが鼻腔をくすぐった。


762 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/05(土) 18:02:04.76 ID:sbkqZ6WF0
思ったより余裕があったので投稿。あけましておめでとうございます
15日か8日に投稿するって書いてましたけどあれ12月のカレンダー見てましたわ
普通に今後も土曜投稿なんでよろしくお願いいたします

また来週
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/05(土) 18:22:21.77 ID:ruVRIJ8e0
ドキドキしながら読んだぜ
ついに来たなって思いながら
来週も楽しみだ
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/05(土) 18:46:46.32 ID:0DBv6FO7O
思いがけない更新にお年玉貰った気分、乙でした。
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/05(土) 19:29:34.19 ID:bjgE/baJ0
来週も楽しみにしてます
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/05(土) 21:59:25.11 ID:JVYFDx580
明けましておめでとうございます
次の更新楽しみにしてます!

新年早々気分が重くならなくてよかった…
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/08(火) 00:57:38.97 ID:i9ZDlFOE0
乙!今年もよろしく頼むぜ!
奇しくも新年一発目の投稿が運命の回になったな...
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/10(木) 20:27:36.27 ID:NIIrkTIU0
映画の公開ペースが遅すぎてガルパン熱が少し冷めかけていたとはいえこんな名作に今まで気づかなかったとは…
完結まで一気読みできなかったことを残念がるべきかリアルタイムで追いかけられることを喜ぶべきか

769 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 17:49:21.01 ID:Ghx7XHue0





みほ「V号応答してください!!エリカさんっ!?」


必死に呼びかける。何度も、何度も。私の目の前で崖から滑り落ちていったV号は、すでに川の濁流に飲まれゆっくりと流されている。

雨で地盤が緩んでいたのか、地面をえぐった砲撃が足元を崩したのか、その両方か。

今考える事じゃ無いのに、頭の中をぐるぐると『どうして』がめぐり続ける。

それでも、呼びかける事は止めない。


エリカ『……っみほっ!!』

みほ「エリカさんっ!?エリカさんっ!!?」


ようやく返ってきた彼女の声は無線の調子が悪いのか随分とかすれてて、聞き取るのがやっとなほどだった。


みほ「エリカさん大丈夫!?今、救助をっ!!」

エリカ『みほ、私たちは大丈夫っ!!あなたはとにかくフラッグ車をっ……』


それを最後に無線は途絶えてしまう。


みほ「無線が……っ!?早く大会側に連絡をっ!!救護を出してもらってっ!!」

通信手「は、はいっ!!」


怒鳴るように通信手の子に叫び、私は再びキューポラから体を出す。

豪雨が頬を打ち付ける。雨に霞む視界はそれでも、流されていくV号を捉えることが出来た。

鉄塊が流されるほどの激流。それすらも序盤と言った風にどんどんと流れが強くなっているように見えた。

焦りが心を支配していく。プラウダのものであろう砲撃は依然こちらを狙っているが、そんな事を気にしている余裕はない。


みほ「ねぇっ!?救助はっ!?まだなのっ!?」

通信手「れ、連絡はしましたけどすぐには……」


何を、何を悠長な事を。今、目の前でエリカさんたちが危ない目に遭っているのに。

戦車の水密性にしたってあんな濁流に飲まれているのでは意味がないだろう。

救助にどれほどの時間がかかるのか、救助が来るまでにエリカさんたちがどうなるのか。

なら、なら―――――


770 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 17:51:01.15 ID:Ghx7XHue0



『勝つためには、非情な決断を下す時がある。あなたはいつか、その立場になるのよ』





瞬間、脳裏をよぎるエリカさんの言葉。今、ここで私がフラッグ車を離れたら待っているのは敗北の二文字だ。

素人の私が助けに行ったところで、足手まといになるだけだ。それならば。

約束したんだ。エリカさんに、みんなに。優勝するって。非情な決断。それは今するべき事なのかもしれない。

ぐっとこらえて、救助はプロに任せて、そうすればみんな助かって優勝も出来て、全部、全部上手く行って―――――




『みほ』




優しく、抱きしめるような声が私の名を呼んだ気がした。




みほ「……っあああああああああああああッ!!」


通信手「副隊長っ!?」


通信手の子の叫びを背に、私はキューポラを乗り越え、そのまま崖を滑り降りて――いや、滑り落ちていく。

むき出しの手足が岩に削られる。でも痛みを感じる暇なんて無い。川岸に降り立った私は、今一度流されゆくV号を見つける。

既に私との距離はだいぶ開いていて、一刻の猶予も無い。私は、すぐさま川に向かって駆け出し、


みほ「――――エリカさんッ!!」


濁流に飛び込んでいった。


771 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 17:53:25.16 ID:Ghx7XHue0




濁り切った水の中は視界なんて無いに等しい。それでも必死でもがき前に進むうちに大きな影を見つける。


みほ(……V号っ!早く、早くっ!!)


V号を見つけた私は、とにかく近づこうと手足を動かし、ようやく張り付くことに成功する。

既に車体の半分が水没している状況だ。まずは操縦手の子を助けようとハッチを開け、流れ込む水に逆らって引っ張り出す。


操縦手「うぇっ、ゲホッゲホっ!!」


水を飲んだのだろう苦しそうにえづく。けれども状況はそんな時間を与えてくれない。私は彼女をV号の砲塔につかまらせ、続けて通信手、砲手の人を助け、川岸を指さす。


みほ「早く泳いで!!浅瀬に向かって、急いでっ!!」


3人はすぐさま川に飛び込んで泳いでいく。どうやら怪我らしい怪我はないようだ。ここにきて、日ごろの厳しい訓練が功を奏したのかもしれない。


みほ「っ……エリカさん!!赤星さん!!」


息をつく暇はない。まだ、二人残っているのだ。私はキューポラに這い上がり、中を見る。車長席にはエリカさんが、その足元に小梅さんが座っていた。


エリカ「みほっ!?あなた何してるのっ!?」


驚いた様子でこちらを見るエリカさんの姿は、思っていたよりも元気そうで思わず安堵してしまう。しかし、すぐに気を引き締め彼女に呼びかける。


みほ「エリカさんっ!!早くっ!!流れ、どんどん強くなってるッ!!赤星さんも早くっ!!」

エリカ「っ……わかったわ。みほ、この子をお願い」


エリカさんは座ったままひざ元の赤星さんの肩を叩く。赤星さんはふらりと、覚束ない足取りで立ち上がる。


小梅「エリカ、さん……?」

エリカ「落下したときにちょっと頭を打ったみたいだから……お願い、見ててあげて」

小梅「エリカさん私は……大丈夫です、から……」


どこか虚ろな赤星さんにエリカさんは諭すように語り掛ける。


エリカ「怪我人は車長の言う事を聞きなさい。……みほ」

みほ「……わかりました。赤星さんっ!」

小梅「ごめんなさい……」


赤星さんの手を引いて引っ張り出す。波は強く、立っていられないほどで、すぐにでも川岸まで行かないといけない。


エリカ「私もすぐにいくからもう行きなさい!!」


車内から聞こえるエリカさんの声。出来る事なら彼女も一緒に連れていきたいが、赤星さんを抱えた状態でそれは難しい。

とにかく、今はエリカさんを信じて行くしかない。私は肩につかまらせている赤星さんを励ます。


みほ「大丈夫だよ。ほら、しっかりつかまって。……行くよ」


返事を待つ暇は無かった。次の瞬間、私たちは濁流に飛び込んだ。

772 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 17:56:02.36 ID:Ghx7XHue0




ろくに先の見えない川の中を必死で泳いでいく。赤星さんに気を配る余裕は殆どなく、ただただ彼女が流されないよう必死にその体を掴むばかりだ。

我武者羅に、ひたすら手足を動かす。それは赤星さんも同じなのだろう。私の体を掴む手は痛いぐらいに強く力が込められている。

文字通りの一蓮托生。後に続いているであろうエリカさんの目の前で私たちが流されるわけにはいかない。

息継ぎさえ忘れるほどの決死行はやがて体全体で地面を認識することで終わりを告げる。


みほ「っ……はぁ、はぁ、うっ……げほっ!!げほっ!?」


なんとか川岸にたどり着いた私は、必死で息を吸い、飲み込んだ水を吐き出す。

ようやく喋れるぐらいに呼吸を整え、同じようにえづいてた赤星さんに疲れ切った笑顔で呼びかける。


みほ「な、なんとかなったね……」

小梅「は、はい……ありが、とうございます……」


その言葉に安心した私は、ばたりと仰向けに倒れこむ。もう指一本動かせないかな。なんて他人事のように思ってしまうぐらい体から意識が離れていきそうで、

実際もうやるべきことは終わったのだから後は救助の人に任せればいいかと、そっと目を閉じようとして―――――


小梅「……エリカさんは?」


赤星さんの呆然とした呟き。飛び去ろうとした意識は一瞬で体へと戻り、私は飛び跳ねるように体を起こす。


みほ「赤星さん、エリカさんは?」


大きく見開いた目に映るのは、先ほどよりも流れが強くなった川と、僅かに見えているV号だけだった。

すぐに周囲を見渡す。私と、赤星さんしかここにはいない。

嘘、嘘、嘘、


みほ「え……エリカさん?エリカさんっ!!?」


必死で叫ぶ。冷え切った体は声を出すのすら一苦労で、音程なんてまるででたらめな声が喉から出る。

しかし、一向に返事は返ってこない。


小梅「まさか……流され……」


その言葉を否定しようと口を開くも、現にエリカさんはいない。でも、ならどうすればいいのか。

そうだとして、荒れ狂う濁流の中探し出すのは無理だという事はいくら私でも理解できてしまう。


みほ「嫌……嫌!?エリカさんっ!?」


どうすればいいかわからず、ただただ悲鳴のような叫びをあげることしかできない。

目の前が真っ暗になりそうな絶望感の中、ふと視線の先に違和感を覚える。


みほ「もしかして、まだV号の中に……」


川に取り残されたV号のキューボラから、わずかに手が見えた。見えたような、気がした。

真偽なんて考えるつもりはない。次の瞬間、私は川に向かって駆け出していた。


小梅「みほさんっ!?待って、わた、私もっ!!」


773 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 17:58:33.43 ID:Ghx7XHue0


後ろから聞こえる声に答えず、勢いのまま飛び込む。疲れ切っていた体はもはや手足の感覚さえ曖昧で、ただただエリカさんを助けたいという気持ちで何とか手足を動かしていく。

何度も何度も意識が飛びそうになり、それでも体は止まることなく進んで行き、そして、V号に着く事に成功した。


みほ「エリカさんッ!!」


V号は既に車体のほぼ全てが水に浸かっていた。けれども、先ほどまで流されていた車体は今その動きを止めている。

川底に引っかかっているのか。なら、今がチャンスだ。これ以上流される前に助け出さないと。

僅かに水面から出てるキューポラをのぞき込むと、その中に彼女はいた。


エリカ「……」

みほ「エリカさん……?エリカさんっ!!?」


エリカさんの瞳は何もない虚空をじっと映していた。水没が進み車長席すら水に満たされ、彼女の髪が水面に広がりゆらゆらと揺蕩っている。

私の呼びかけに、エリカさんはゆっくりと目を向ける。


エリカ「……バカ、なんで戻ってきたの。危ないじゃない」


心底呆れたといった様なその言葉に怒りを覚えたのは無理も無いと思う。私が、どんな気持ちでいたのか、わからないわけないだろうに。


みほ「それはこっちのセリフだよッ!?こんな時に何して―――」

エリカ「みほ、私はダメよ」

みほ「……え?」


彼女は自嘲するように微笑むと、そっと水に隠れた足を撫でる。


エリカ「戦車が滑り落ちた時にぶつけちゃったみたい。多分、ヒビぐらい入ってると思う。まったく……情けないわね」


そう言って足を上げようとして顔を苦悶に歪める。いや、足だけではない。

よく見ると髪に隠れた彼女のこめかみから血が流れている。多分他にも怪我をしているのだろう。


みほ「そんな……」

エリカ「だから、急いで戻りなさい。これ以上流れが強くなったらあなたでも……。私は、救助を待ってるから」

みほ「っ……嫌っ!!嫌だっ!!」


何を、何を悠長な事を。救助を待つ?未だその影は見えない。すでにエリカさんの体は浮き上がるほどに水に浸かっているのに。

川の流れは、今にもV号を飲み込もうとしているのに。何よりも、誰よりも命が危ないのはエリカさん本人なのに。

なのにエリカさんは慌てた様子もなく諭すように語り掛けてくる。

いや、きっとわかっているのだろう、救助は間に合わない。だからせめてみほ(私)だけでも、と。

そんなの、納得できるわけないのに。


エリカ「我がまま言わないの……これは、私が悪いんだから」

みほ「何言ってるのッ!?悪いとか悪くないとか、そんなの今はどうでもいい!!」

エリカ「みほ……わかって」


774 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 17:59:56.17 ID:Ghx7XHue0



やめて。そんな、そんな諦めた表情をしないで。

そんな、力なく微笑まないで。

私の知ってるエリカさんはそんな弱々しい表情をしないよ。

私の知ってるエリカさんはいつだって強くて、凛々しい人なんだ。

体温を奪われて弱気になっているだけなんだ。そのはずなんだ。

頭の中でぐるぐるとそんな言葉が駆け巡る。

渦巻く感情が私の体を勝手に動かす。

上半身を車内に入れ、エリカさんの手を掴む。


エリカ「みほ、やめて。……やめなさいッ!!」


私の手を振り払おうとするも、力なくただ揺らす事しか出来ない。体温を奪われすぎているのかもしれない。ならばもう、一刻の猶予も無い。

その手を離さないようしっかりとつかんで、力任せに引き上げる。


エリカ「っ……」


脚に響いたのだろう、エリカさんの表情が苦悶にゆがむ。けれども、そんな事を気にしている余裕はない。早く脱出しないと。


みほ「エリカさんっ、絶対に離さないでっ!!」


なんとかエリカさんを引き上げて、車体に掴まらせる。無理やり引き上げた私を睨みつけようとしたエリカさんは、けれども目の前に広がる光景を見て呆然とする。

激流は想像以上になっていたのだろう。大きく見開かれた目が彼女の感情を表していた。

辛うじて上半身をキューポラにとどめている手からゆっくりと力が抜けていく。

その手をしっかりと握りしめる。


エリカ「みほ、やっぱり無理よ。離して」


諦めと絶望、それらがないまぜになったような空虚な声。そんな言葉を聞くつもりは無い。


みほ「……嫌だ」

エリカ「お願い」

みほ「嫌だ」

エリカ「……やめてっ!!離してっ!!」


埒が明かないと見たのだろう。エリカさんは繋いだ手を振りほどこうとするも、やはり力なく揺れるにとどまる。


みほ「やめません、離しません」

エリカ「っ…あなたまで流されるわよっ!?」


力では敵わないと察したのか、エリカさんは必死で私を説得しようとしてくる。私を見つめる瞳には焦りと動揺が浮かんでいる。

分かっている。このままじゃ二人とも助からない。でも、エリカさんなら、エリカさんだけなら。

根拠は無くても確かな自信が、決意が、私に力をくれる。

きっと私なら。貴女を助けられる。

その瞳をじっと見つめて、ゆっくりと語り掛ける。


775 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 18:03:11.16 ID:Ghx7XHue0



みほ「大丈夫です、エリカさん。あなたは絶対に助けますから」



そうだ、絶対に助ける。



エリカ「このままじゃっ、あなたまでっ!!」



私は、どうなってもいい。



エリカ「みほっ、逃げて!!お願い私のことなんかっ!!」

みほ「エリカさん。大丈夫だから」

エリカ「なんで!?みほも死んじゃうっ!?」


こんな時まで人の心配が出来るだなんてやっぱりエリカさんは優しいんだね。

そんな事知っているのに、改めて知ることが出来たのが嬉しく思えてしまう。

その時、激流に耐えきれなくなったのだろう。V号の重い車体がぐらりと、動き出す。


エリカ「っ!?」

みほ「エリカさん、掴まって」


車体が流されるのを感じ取った私は強く、彼女の手を握りしめる。


エリカ「どうして……どうして離してくれないの……?お願いっお願いだから……」


状況の悪化を悟ったのかエリカさんは力なく呟く。

そこにはもう、先ほどまでの突き放すような語気は無く、ただただ懇願するようだった。


エリカ「お願い……あなたまで巻き込みたくないのよ」


必死で私に懇願する。

その瞳が潤んでいるのは雨のせいか、涙のせいか。

それでも、私はその手を掴みとめる。

絶対に、離してなるものか。


みほ「エリカさん」


一瞬の揺らぎもなく彼女の瞳を見つめ続ける。

声色が優しく、包み込むようになっていくのを実感する。

エリカさんのように。かつて、貴女がそうしてくれたように。


みほ「絶対に貴女を死なせたりしない。だって――――」



776 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 18:09:45.80 ID:Ghx7XHue0






『……逸見エリカよ。ま、よろしくね」』




ああそうだ。私が今日までいられたのは貴女がいたからだ。




『精々頑張りなさい」』




何もできなかった私に道を示してくれたんだ。




『強さも、戦車が好きって気持ちも持っているあなたなら、戦車道だって好きになれるわよ。……私は、そう思ってる』




忘れていたものを思い出させてくれた。




『誕生日おめでとう。今日という日を、私は祝福するわ」』




大切な事を教えてくれた。




それはきっと、私の命なんかじゃ足りないくらい大きなもので、それを、貴女は私にくれたんだ。

死んだように生きているだけだった私に、前を向いて歩ける勇気をくれたんだ。

そう、私は――――



777 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 18:10:14.14 ID:Ghx7XHue0







みほ「私は、あなたに救われたから」





778 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 18:15:05.31 ID:Ghx7XHue0



みほ「……だから、絶対に助ける。私がどうなったってかまわない」

エリカ「みほ……」

みほ「大丈夫だから。何があっても、貴女だけは絶対に……」


私が、貴女に出来る事はそれぐらいしかないから。

私なんかのちっぽけな命で貴女を救えるのならこれ以上は無いから。

だから、諦めないで。そう言おうとした時、エリカさんの口元がふっと笑みを作る。


エリカ「馬鹿ねぇ……私なんかのためにここまでするだなんて」


冷え切った指先が私の頬をなでる。

やがて、納得したように頷くと私の濡れきった髪をそっと梳く。


エリカ「そうよね。あなた頑固だものね。言って聞くような子なら、苦労しないものね」


エリカさんは繋いだ手の上にさらに手を重ね、慈しむように握る。

激流の音が遠くなっていく。

彼女の声がまるで直接頭に響くかのようにクリアになっていく。


エリカ「私も、そんなあなただから……」


何かを言おうとして、代わりに彼女の両手が強く私の手を握る。


エリカ「……みほ」


その声色は、冷え切った体を温めてくれるような、愛おしくて、たまらないといったように聞こえて。

初めて聞くその音色に戸惑う私に、エリカさんは嬉しそうに微笑んで―――――




「生きて」




私の手を、振り払った



みほ「――――え?」


流水に体力を奪われていたのか、握り返された事で安心したのか、水で滑ったのか。絶対に離さないと誓った手はいとも簡単にほどかれ、


みほ「―――――――」


何かを叫んだ私の意識はそのまま、荒れ狂う濁流に飲み込まれた。


779 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/12(土) 18:16:35.85 ID:Ghx7XHue0
ここまでー。ようやっとここまで来ました。

また来週。
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/12(土) 18:18:31.31 ID:mPM7N/bD0
ああああ


タイトル来たかー
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/12(土) 20:29:13.92 ID:eYAQuHq6o
来たねー
乙でした
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/13(日) 03:08:12.97 ID:RgR+9mv60
ワンチャン病院で意識不明あるかと思ったけど無理そうか…
辛いけど更新が楽しみ
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/13(日) 15:55:07.03 ID:m+O9bEieO
例え死んでないとしても流されて行方不明になってそうだしなぁ
ここからどうなっていくのか楽しみです
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/14(月) 02:07:00.16 ID:OLA2IKWJ0
エリカぁぁぁぁ……そうか、振り払われてたんだなみぽりん……
乙です。あまりにも辛いが来週を待とう……
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/14(月) 05:04:10.56 ID:tsGxOQ4l0
ここからどうみほが狂っていくのか
正直それが一番見たい
786 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:02:41.98 ID:mYSOjYXE0





夕焼けの差すロッカールームに私は立っていた。


みほ「……あれ?」


来ている服は試合の時に来ていたパンツァージャケットではなく、慣れ親しんだ制服で、

けれども、それはおかしい事なのだ。だって私は確か、決勝に出てたはずじゃ……

どういう訳なのか首を傾げていると、苛立ったような、呆れたような声が耳に届く。


エリカ「何してるのよ。さっさと帰りましょう」


ロッカールームの出口、そこに声の主は立っていた。


みほ「エリカさん」


丁度、夕日の差さない影の中に彼女はいた。けれど、薄暗い影の中でも彼女の輪郭ははっきりとその存在を示していて、

今更ながら随分と整った容姿をしてるなぁ。なんて思ってしまう。

そんな風に感慨深く想う姿がよほど間抜けだったのか、彼女はため息をついて睨みつけてくる。


エリカ「あなたねぇ……何ボケっとしてるのよ。立ったまま寝てたわけ?」


なんとも嫌味たっぷりな様子はもはや慣れっこで、むしろ彼女なりの親愛の表し方とすら思っている。

……流石にこれで本気で嫌われているというのはあんまりにも切ないので、そこはもう考えない事としている。

それよりも、今はこの状況への疑問を尋ねないと。


みほ「エリカさん、私たちって決勝に出てたんじゃ……10連覇のかかった、決勝に」

エリカ「……あなた、本当に立ったまま寝てたの?中一の私たちが高校の試合に出られるわけないでしょ」


呆れとか驚きとかそういうのを通り越して心配そうな目でこちらを見てくる。

でも……中一?何を言って……

余りにも突拍子のない答えに私は戸惑いの声を出す事しかできない。


みほ「え、え?」

エリカ「大体、10連覇って……まだ7連覇できたってところなのに。長期的目標を持つのは大事だけど、目の前の事を無視してたら足元を掬われるだけ。

    あなたが見るべき戦場は高等部の前に中等部よ」


戸惑う私にエリカさんは矢継ぎ早にまくし立ててくる。

そこに呆れはあっても私をからかう様な意図は見えず、エリカさんと私のどちらかがおかしいのだとしたら、急に混乱しだした私がおかしいのだろう。

つまり――――私は寝ぼけていたのだ。


787 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:04:45.29 ID:mYSOjYXE0


みほ「……ごめん、私寝ぼけてたみたい」

エリカ「……その、疲れてるならちゃんと言いなさいよ?倒れられたら困るんだから」


完全に心配と気遣いに振り切った対応に私はただただ申し訳なくなってしまう。

いや、本当にどういうことなのだ。まだ中等部だというのに高等部で大会に出て、決勝の場に立っている夢だなんて。

エリカさんの言う通り気が早いにもほどがある。とりあえず、今は頭を下げるしかない。


みほ「ごめんなさい……大丈夫だよ、もう目は覚めたから」

エリカ「そ、そう。ならいいけど……気を付けなさいよね?あなたただでさえぼーっとしてることが多いんだから」


とりあえず納得してくれたようでほっとする。いくらなんでも立ったまま寝ぼけるなんて曲芸を何度もするとは思えないが、だからといって再発が無いとも言えない。

今日は早めに寝ようかな……などと思いながらももう一つ、気になることがあった。


みほ「今日のエリカさん、なんだか優しいね」


なんというか言い方はアレだがちゃんと私の心配をしてくれる。

いつものエリカさんなら、きっと心配しててもそれを表に出さずに、嫌味交じりにやっぱり心配を隠せてないみたいなすっごくエリカさんらしい心配をしてくれそうなものなのだけれど。

まぁ、それだけ私の様子がよっぽどだったと言われればそうですよね……と納得してしまうのだが。

勝手に気になっておきながら勝手に自己完結しようとしている私の内心なんて知らないであろうエリカさんは、目を見開いてキョトンとした顔をした後、ちょっと唇を尖らせて不満をあらわにする。


エリカ「あのねぇ……何が優しいよ。友達の様子が変だったら心配するのが当たり前でしょうが」


その言葉を、聞き逃すほど私の耳は節穴では無かった。


みほ「エリカさん、今、なんて」

エリカ「はぁ?何、まだ寝ぼけてるの?」

みほ「いいから、もう一回」

エリカ「……友達の様子が変だったら心配するのが友達でしょうが」


聞き間違えでも、寝ぼけた私の妄想でもない。『友達』。その言葉は確かに、私とエリカさんが友情で結ばれているという事を伝えていた。


みほ「え、え、エリカさん、私の友達なの!?」

エリカ「……」


エリカさんが、心底軽蔑したという目で私を見る。


みほ「ああああ違うっ、違うの!?エリカさんと友達なのが嫌なんじゃなくて、エリカさんが私を友達だと思ってくれているのが嬉しくて、

   意外でっ!!驚いただけで決して嫌だとかじゃないの!!嬉しいの!!ホントに!!ボコが天から降ってきたみたい!!」

788 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:06:14.69 ID:mYSOjYXE0



マズイマズイマズイ、今の言い方では散々友達になりたいと言っていたのに「あ、本気にしてたんだー?」という最悪な梯子外しをした様に聞こえてしまう。

焦りに焦る私は訳の分からないジェスチャーを交えて訳の分からない弁解をする。


エリカ「何慌ててんのよ気持ち悪い……今さらどうしたのよ。あなたが友達になってって言ってたんじゃない」

みほ「そ、そうだけど……」


散々言ってたのに全てを袖にされてきたから、いきなり受け入れられたことに驚いているんだけれど、それはエリカさんには伝わらなかったようだ。


エリカ「ならそんな動揺しないでよ。友達になっただけで別に何も変わらないわよ」


そうかもしれない。そうなのだろう。別に私たちが友達になった所でエリカさんはバンバン嫌味を言うだろうし、私が何かやらかしたら怒るのだろう。

でもでも、それでも友達だという彼女の言葉は、私にとってただの『関係性』を表す言葉なんかじゃなくて、なんていうかこう、とにかく大切な事なのだ。


エリカ「ほら、長居してると隊長に怒られるわよ。カギ閉めるの隊長なんだから。もう帰りましょ」


そう言って出口へと踵を返すも、私は感動と感激で身動きが取れない。

そんな私にエリカさんは首だけ動かして視線を向けてくる。


エリカ「……置いてかれたいの?」

みほ「う、ううん!待って!」


その言葉に金縛りは解けて慌ててエリカさんのいる日陰へと向かおうとすると、エリカさんはため息をついてこちらに振り返る。


エリカ「全く、あなたはいっつももたついてるわね。……じゃあ、行きましょうか」


そう言って、手を差し出してくる。



『ほら、いつまでもへたり込んでんじゃないわよ』



懐かしい光景。あの時と違うのは、彼女が日陰にいる事と、私がちゃんと立っている事。エリカさんが、微笑んでいる事。

その姿にたくさんの想い出を思い出す。

そうだ、私たちは友達だ。毎日一緒に帰って、休みの日は一緒に遊んで、時々お泊りして、今日もこの後新しくできたスイーツのお店に行こうって話してて、

なんてことない、でも、楽しくて仕方がない学生生活を送っているんだ。

こんな大切な事を忘れていただなんて私、本当に寝ぼけてたんだな。なんて自嘲して、それさえもきっと二人で笑い合える想い出になるんだろうなって。

そう思えて、私は笑顔で彼女に笑いかける。


みほ「――――うん!」


そう言って、日陰の中で差し出された手を取ろうとした瞬間――――――その手が消えた。


みほ「え?」


手だけじゃない、エリカさんも、床も壁も天井も空も夕日も何もかもが無くなって、真っ白になっていく。


みほ「なに、これ……?エリカさん?エリカさん!!?」


叫んでも返ってくる言葉はなく、何が起きているのかわからないまま、私の視界も意識も真っ白に染まっていって―――――


789 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:09:32.76 ID:mYSOjYXE0




みほ「……ん」


最初に感じたのが、窓から入る日差しの眩しさ。次に感じたのがツンとする消毒液の匂い。

遅れて、全身にまとわりつく倦怠感。意識と共に少しずつ目覚めていく感覚が、私がベッドに寝かされている事を教えてくれた。

―――どこだろう、ここ。

自分の置かれている状況が分からず、私は困惑することしかできない。


みほ「なんで、私……」


その時、少しずつ蘇ってきた感覚が私にもう一つ新しい情報をくれた。――――私の手を握っている誰かの感触を。

もぞもぞと体を動かそうとすると全身に痛みが走り、仕方なく眼球と、わずかに動かせる首だけで握られている右手の方を見てみる。

そこには、包帯に包まれた私の手を握ったまま、こくりこくりと舟をこいでいるお姉ちゃんがいた。


みほ「お姉、ちゃん?」


声すら上手く出せない。けれども、私の掠れ切った声にお姉ちゃんはぱっと目を開く。


まほ「……みほ?――――みほっ、みほっ!目が覚めたんだなっ!?」


お姉ちゃんは縋りつくように私の肩を掴むとぽろぽろとその瞳から涙を流す。その目元には濃い隈が出来ていた。


まほ「良かった……ホントに良かった……」

みほ「お姉ちゃん、ここ、どこ……?」


お姉ちゃんが子供のように泣く姿なんて初めて見るもので、けれども自分の現状が何一つわからない事の方が不安だから、

泣きじゃくるお姉ちゃんに尋ねる。私の質問に、お姉ちゃんははっとして目元を拭い、赤くなった瞳のままゆっくりと語り掛ける。


まほ「ここは病院だよ、お前は入院してるんだ」

みほ「え……なんで……?」


入院、そう言われてようやく私のいる場所が病室なのだと気づく。個室なのか、私の以外ベッドはないようだ。とりあえずここがどこなのかは分かった。

だが、新しい疑問が出てきてしまう。――――なんで私は入院しているのか。


まほ「覚えてないのか?……無理もないな。あれだけの事があったんだから……待ってて、今お医者さんを呼んでくる。お父さんも来てるんだ」

みほ「ねぇ……何があったの……?今は、いつなの?」


そう言って席を立とうとしたお姉ちゃんを呼び止める。お姉ちゃんは一瞬ためらうような表情を見せるも、やがて胸の内を吐き出すように語り始める。


まほ「……お前は決勝の時に事故で流されたV号の乗員を助けて怪我をして、今日まで一週間も眠っていたんだ。」


曖昧だった頭の中に少しずつ記憶がよみがえってくる。ああそうだ、私は決勝に出ていたんだ。

大事な10連覇がかかった試合で、けれどもプラウダの人たちはとても強くて、追いつめられた私たちは、相手の裏を取るために動いて、

雨が、強くなって、プラウダは待ち伏せをしてて、撃たれて、崩れて、V号が、流されて、私は、それを――――


みほ「1週間……っ!?」


その瞬間、ベッドから体を跳ね起こす。

全身に痛みが走り、引きつるような声が出てしまうが、そんな事を気にしている余裕はない。


790 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:11:11.93 ID:mYSOjYXE0


まほ「みほっ!?急に動いたら体が……」

みほ「お姉ちゃん決勝は!?試合はどうなったの!?」

まほ「えっ?」


お姉ちゃんの両肩を掴み揺さぶるように問いかける。


みほ「黒森峰は優勝できたのっ!?」


私は、自身の乗るフラッグ車を放棄した。それがどんな結果を招いたのか、私は知らなくてはいけない。

たとえ、どんな叱責を受けようとも。


まほ「黒森峰は……負けたよ」

みほ「……そっか」


お姉ちゃんの重い、絞り出すような声。わかっていた。あんな足場の悪く狭い道で車長がいなくなった戦車がどうなるかなんて。

胸の奥がじんじんと痛む。私はまた、誰かの期待を無碍にしてしまったのだ。

謝った所で許されはしないのだろう。私はお姉ちゃんの目を見ることが出来ず、そっと視線を落とす。


まほ「……悪いのは私だ。敗北も、事故も隊長である私に責任がある。みほが気にすることじゃない」

みほ「ううん……私がフラッグ車を投げ出したからなんだし。でも、そっか……負けちゃったんだね……」

まほ「……みほ、その……」


私を慰めようとしてくれているのか、その言葉が見つからないのか、お姉ちゃんは私に何か言おうとしては口を閉じるを繰り返す。

慰められる資格なんて私には無い。私は負けることが分かって助けに行ったのだから。

後悔はない。誰かの期待を裏切ったのだとしても、私は私がしなくてはいけない事をしたのだと思っているから。

そこまで割り切っているのに、それでも気持ちが落ち込んでしまうのは避けられない。その感情がため息とともに漏れ出してしまう。


みほ「エリカさんに、怒られちゃうな……」

まほ「……え?」


ああ、私はまた約束を破ってしまった。


みほ「約束したのに……一緒に優勝するって。……でも、仕方ないか。エリカさんの命には代えられないもん」

まほ「み、ほ……」


あの時濁流に飲みこまれているV号を見て、救助が間に合うだなんて到底思えなかった。

そして、動けるのは私だけだった。

だから私は動いた。その行いが軽率な、二次災害を招くものだと咎められるのならば、私は粛々と沙汰を受け入れるつもりだ。

それでも、それでもだ。私は助けたかった。赤星さんを、V号の乗員を、エリカさんを。

10連覇も名誉も誇りも、彼女たちの命より価値があるものとは思えないから。

それよりも、今の私にとって重要なのは私の今後ではない。もっと、大事な人がいる。

791 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:13:55.71 ID:mYSOjYXE0

みほ「お姉ちゃん、エリカさんはどこにいるの?もしかして、入院してるの?そうだ、エリカさん足怪我して……だったら、お見舞にいかないとっ!!」


エリカさんはあの時怪我をしていた。足だけではなく頭や、恐らく見えない所にも。今すぐ彼女の様子を見に行かないと。


みほ「……でも、怒られるの怖いから、お姉ちゃんも一緒に来て……ね?」

まほ「……なぁ、みほ」


いくら覚悟が決まっていようともエリカさんのお小言は耳が痛くなる。

私だって怪我人なのだから勘弁してと言いたいところだが、おそらくエリカさんもそうであろう事を考えると望み薄だ。

私は一縷の望みをかけてお姉ちゃんに懇願する。


みほ「エリカさんお姉ちゃんの事大好きだから、きっとお姉ちゃんの前ならそんなにガミガミ怒ってこないと思うんだ。だから……ね?」

まほ「みほ。聞いてくれ」


正直、姉妹格差についてはいつか是正を促したいところだけれど、とりあえず目先の事をどうにかするためにその不平等を利用させてもらおう。


みほ「ああでも、それはそれで後で二人っきりの時に怒られるだけかも……」

まほ「みほ」


なんてことだ、エリカさんが目先の出来事に囚われてくれるような人ならこんな苦労しなくてすんだのに。

残念ながら私がエリカさんにお小言をくらうのは避けられない未来の様だ。仕方がない、今度ハンバーグをごちそうする事で少しでも留飲を下げてもらおう。

もっとも、そんな子供だましが通用するかははなはだ疑問だが。



みほ「あ、でも別にエリカさんが怖いとか嫌いとかじゃなくて、怒ってくるのはエリカさんが優しいからなんだよ?

   私、こんなんだからさ。エリカさんが怒ってくれると本当に助かるんだだからね、」

まほ「みほっ……!」

みほ「……お姉ちゃん?」


重く、絞り出すような声。

私を押しとどめるようなその様子にお姉ちゃんが何か重大な事を伝えようとしているのだと察する。


まほ「……エリカのことなんだが」

みほ「……もしかして、怪我がひどいの?なら、すぐ行かないと!!?」


何を、何を楽観的に考えていたんだ。あの時、私よりも重傷だったのはエリカさんなのに。

私の全身が包帯に包まれているように、いやそれ以上に、エリカさんの体は大変なことになっているかもしれないのに。

全身に走る痛みが先ほどよりも強くなって私を止めようとする。

そんな事で止まってる場合じゃない。私は無理やり立ち上がろうと手足に力を入れる。


まほ「駄目だ!!そんな体で無理をするんじゃない!!」

みほ「何言ってるの!?私なんかよりもエリカさんの様子の方が心配だよ!!ねぇ、エリカさんはどこにいるのっ!?」

まほ「違う、違うんだみほ。そうじゃないんだ。エリカは、エリカは……」


お姉ちゃんは何かを伝えようと口を開くも、何も言わずに目を伏せる。

歯切れの悪いその様子に痺れを切らした私は、お姉ちゃんの制止を振り切って立ち上がろうとする。


みほ「……もういい、教えてくれないなら自分で探す」

まほ「っ……みほっ……!エリカは……エリカはッ――――――」

792 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:14:37.14 ID:mYSOjYXE0

















793 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:17:15.89 ID:mYSOjYXE0

みほ「………………え?」

まほ「濁流に流されて、助かったのは……お前が助けた4人と、お前、だけなんだ……」


嗚咽を噛み殺そうとしているかのようにお姉ちゃんの言葉は絶え絶えで、その瞳からとめどなく涙が流れ落ちていく。


まほ「わた、私が、悪いんだ……私が……もっと、もっとちゃんと、してれば……」

みほ「…………うそ」


呆然と呟いた言葉は無意識のものだった。

たぶん、最後の理性だったのかもしれない。


みほ「うそ、嘘っ!?そんなはず、だって、だって私はっ!エリカさんを助けに行ってっ!!」


せき止められていた感情が激流となってあふれ出す。

大きく見開いた目から涙が零れだす。

信じられないから、信じたくないから。

だって、だって私はエリカさんを助けに行って、


みほ「嘘だよ……そんな、そんなわけないっ!!私は、私はっ!!!ちゃんとエリカさんの手を掴んでっ!?」


冷え切った彼女の手を必死で握りしめて、何があっても離しはしないと。

激しい濁流の中、私はエリカさんを助けようとして、そのために死ぬ覚悟までして――――――――なら、なんで私が生きているの?

ノイズのような音が頭の中を埋め尽くしていく。

それが、あの豪雨の音だと、激流の音だと気づいた瞬間、蘇る。


頬を撫でる指先


愛おしそうに髪を梳く手つき


彼女の、エリカさんの、貴女の、

794 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:18:10.11 ID:mYSOjYXE0






『生きて』






795 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:18:50.80 ID:mYSOjYXE0




笑顔が




796 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:20:44.89 ID:mYSOjYXE0


みほ「そんな、そんな……そんなのって……」

まほ「みほ……みほっ!!?」


爪が皮膚を突き破りそうなほど強く自分の頭を掴む。

どれだけ揺さぶろうとも記憶は変わらず、私は、生きている。

なら、なら、エリカさんは、エリカさんは。


みほ「私はっ!?エリカさんを助けないといけなかったのにッ!?」


呼吸すら忘れ、体の痛みも、だるさも、何一つ感じなくなって、でも、頭の中を形容の出来ない痛みが襲ってくる。


みほ「私はッ、優勝なんかよりッ、10連覇なんかよりもッ、エリカさんがッ!!エリカさんがいるからッ!!なのに、そんなのっ!?」


私の命なんかどうでもよかったのに。エリカさんが救えればそれでよかったのに。


みほ「あ、あ、あああ、い、嫌ああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!?」

まほ「みほっ!?」


限界を超えた私の精神はもう、もう、叫ぶ、ことしか、できなくて


みほ「わた、私何のためにっ!?なんで、なんでっエリカさんがっ!?」

まほ「みほっ、みほっ!?だ、誰かっ!?誰か医者を呼んでくださいっ!!お父さんっ!!みほ、ねぇ、みほっ!?しっかりしてっ!?みほっ!!?」


エリカさんエリカさんエリカさんエリカさんエリかさんエりかさんえりかサんえリかさんえりかさん






なんで、いないの?





797 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/19(土) 19:23:48.78 ID:mYSOjYXE0
ここまでーまた来週。

そして今更の訂正祭り。



>>68 私の視線の先には、同じようにキューボラから体を出している逸見さんがいる。
              ↓
  私の視線の先には、同じようにキューポラから体を出している逸見さんがいる。


>>249 『人と話してる時に考え込んでほかの情報をシャットダウンするのはやめなさい。鶏の方がまだ話をきいてくれるわ』
                     ↓
    『人と話してる時に考え込んでほかの情報をシャットアウトするのはやめなさい。鶏の方がまだ話をきいてくれるわ』

上記のように訂正いたします。


798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/19(土) 20:54:30.03 ID:MdkcRADHO
乙でした。
まほも辛いだろうにしっかりお姉ちゃんしてるのは流石。でもああなっちゃうんだよなぁ、悲しい。
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/19(土) 21:35:43.87 ID:VkdRHGjkO
四年間唯一の関係性を持ってたエリカを助けられなかった、ってそらあそこまで壊れちゃうよな

大洗への転校やまほとの衝突後がどうなってるのか楽しみ
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/19(土) 22:47:10.03 ID:trNyXa/+0
「いよいよきたな」ってあと何度自分自身言うんだw
ここからみぽりんがエリカになる過程が描かれると思うと滾るものがあるな
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/20(日) 02:11:09.33 ID:aU0Yos/y0

俺はまだハッピーエンド信じてるからな!
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/20(日) 02:11:31.13 ID:7bkvMjm3O

ここまでこうなったお陰で原作みぽりんにも起こった苦悩にはあまり葛藤せずにしっかりとはっきりと決めていけたんだろうね
そしてこうなったからこそ苦悩しまくって本編までにああなるしかなかったんだろうね
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/21(月) 00:03:36.68 ID:hWoag1JXO
更新乙
読んでるだけのこちら側がここまで苦しくなるのに、ここまで書き上げ続ける>>1に感謝と賛辞を。
そして・・・みほとまほにどうか救いを…
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/21(月) 23:53:19.51 ID:r0NsESxU0
早く続きが見たい
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/22(火) 15:41:53.78 ID:OUJeDcHU0
>>804
ageんなゴミクズ
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 00:34:14.77 ID:xhuPaEAd0
807 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/26(土) 19:59:44.31 ID:OnQF/8PI0




静かな病院の廊下。ある病室の外に二つの影があった。

そのうちの一つ――まほは床に膝を抱えて座り込み、もう一つの影―――しほはその隣で壁に寄りかかるように立っていた。

二人とも、目元に深い隈が出来ていて、お世辞にも健康的とは言えない見た目だった。


まほ「……私のせいだ。私が、余計なことを言ったから……」


まほが、顔を膝にうずめたまま泣きそうな声を出す。

彼女の妹みほは、受け入れがたい事実を前に錯乱し、看護師に容態を見られながら薬で眠っている。

そうなったのは自分のせいだと、まほはずっと自分を責め続けている。


しほ「あなたの責任じゃありません。私が事後処理でみほの看病をあなたたちに任せっきりだったから……あなただって、ここ数日ろくに寝てなかったのでしょう?」

まほ「だけど、だけど私は知ってたのにっ!エリカが、みほの……友達だってっ!!」


絞り出すような声。しほの胸に痛いほどの後悔が伝わってくる。娘を、選手たちを、逸見エリカを襲った悲劇は未だ終わってはいない。

事故の原因、被害者及び被害者家族への説明、今後の対策、マスコミへの対応。高校戦車道連盟の理事長であるしほはそれらの対応を必死でしている。

今、病院にいられるのも家政婦兼秘書である菊代に雑務を任せているからに過ぎない。それさえも菊代に大きな負担をかけた上での事である。

ろくに寝ていないのはしほも同じであった。無論そんな弱みを見せるような事はなく、彼女は気丈に前に立ち続けている。

しかし、それでも彼女は母なのだ。娘たちが心身共に傷ついているというのに傍にいてやれない事に、悔しさを感じてしまうのはどうしようもない。

そして、当事者であっても被害者では無い自分では、隣でうつ向いている娘にどれだけ慰めの言葉をかけようとも逆効果でしかないという事を、理解していた。

もっと娘たちと触れ合っていれば、心から話し合える環境を作っていれば、こんなことにならなかったのかもしれない。

そんな考えが頭をよぎる。しかし、しほはすぐにその思いを振り払う。

厳しく、冷たい母なのだという事はわかっている。それでも、それが西住流の次期家元である自分が出来る家族と流派の『両立』なのだと言い聞かせて。
                                            
言い訳じみた内心に自嘲しそうになるも、それを押し殺してしほはまほの肩に手を置く。


しほ「まほ……とにかく、ここは私に任せて。やっぱりあなたは家で休みなさい。常夫さんもいますから」


姉妹の父にしてしほの夫である常夫は、みほが眠っている一週間、まほと共に毎日のように見舞いに来ていた。

みほが目覚めた時も、しほに代わって今後の事を医者と話している最中であった。

今、常夫は家に戻っている。いや、しほが戻らせたのだ。常夫は仕事を休んでまほと共にみほに付きっきりだった。

そんな夫にこれ以上負担をかけるべきではないと判断したしほが家に帰して休ませているのだ。

出来る事ならまほも帰らせたかったが、「絶対に帰らない」そう言って廊下に座り込んだ彼女をこれ以上説得できるとは思えなかった。

ならばせめて貴方だけでも、と。

貴方も、いつまでも仕事を休むわけにはいかない、そうでなくともここで夫にまで倒れられたらどうすればいいのか。

そう言い含めて、ようやく常夫は頷いて、家に帰ってくれた。しほはそれに安堵した。

少なくともいざという時に夫を頼る手がまだ残ったことに。自分でさえどうなるかわからない中、後を任せられる人がいるのが心強いから。

……極限まで張り詰めた心は、これ以上夫の傍にいたら耐えきれなくなり、縋りついて、立てなくなりそうだったから。


「あ、あの……」


悲哀に満ちた会話は、突然かけられた声によって遮られる。二人が声の方に目を向けると、金髪の、随分と小さな、それこそ小学生にすら見えないほど幼い見た目の少女がいた。

けれども、彼女が纏っている服はプラウダの制服で、最低でも中学生なのだという事を示していた。

少女の目は真っ赤に充血していて、今にも泣きだしそうで、震える体を止めようと必死でスカートの裾を掴んでいた。

808 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/26(土) 20:01:57.02 ID:OnQF/8PI0


しほ「……あなたは」

「わ、私は……」


声を掛けてきたものの、二の句を次げないままおどおどとしている少女にしほが尋ね、少女はたどだどしく名を名乗る。

その名を聞いて、最初に反応したのはまほだった。いや、そもそもまほは彼女の顔に見覚えがあった。

決勝の前、挨拶に並んだプラウダの生徒の中で、一際目立つその容姿を、まほは覚えていた。

小学生のような容姿の彼女はつまり、高校生だった。


まほ「それで、お前は……何の用だ」


ようやく立ち上がったまほが少女に問いかける。

少女は病室の扉、おそらくその中にいるみほを震えながら一瞥すると、途切れ途切れに答える。


「わ、私……私が、あの時、V号を撃たせたんです……」


その瞬間、まほが少女に掴みかかる。少女の怯えた様子に構わず、怒りのこもった腕は小柄な少女の体を難なく吊り上げる。


まほ「お前がっ、お前がエリカをッ!?」


充血した瞳は目の前の少女への怒りで一杯で、締め上げる腕はどんどんその力を強めていく。


「ぐっ……あ……」


まほの激しい怒りへの恐怖と締め上げられる苦しさに少女は何も言えなくなる。


まほ「お前のせいでみほはッ!!」

しほ「まほッ!!」


空気を切り裂くような声。それと共にまほの手が掴まれる。

しほの制止に、まほは信じられないといった風に見つめ返す。


まほ「っ……だって、だってお母さんっ!!こいつがっ!!こいつのせいでッ!!?」


娘の叫びにしほは何も言わず、じっと見つめ返す。

その視線にまほは悔しそうに呻くと、ゆっくりと少女を締め上げる力を緩めていき、少女の足が地に戻る。


「げほっ……ごほっ……」


苦しそうに咳き込む少女に目線を合わせるようにしほはしゃがみ込む。


しほ「大丈夫ですか」

「え……?あ……」

しほ「……すみません。娘にはよく言っておきます」


そう言って頭を下げるしほの姿に、まほが納得できないように声を上げる。


まほ「お母さんそいつはッ!!」

しほ「まほ、あなたは下がってなさい」

まほ「だってッ!?」

しほ「――――下がりなさい」

809 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/26(土) 20:03:56.03 ID:OnQF/8PI0


冷たく、どこまでも感情の無い声。厳しく、時に非情なまでに冷静な母だという事は知っていたのに、それでも、初めて聞く声色だった。

その言葉に何も言い返せなくなったまほは、悔しそうに顔を歪めると大きく足音を立ててしほたちから離れていった。

その後ろ姿をしほが悲しそうに見つめていると、目の前の少女から泣き声が聞こえてくる。


「そ、そうです……全部、全部私のせいで……ごめ、ごめんなさい……」


頭を抱えて小さく縮こまり、がくがくと震えている。

ひたすらに、まるで呪文のように謝罪の言葉を呟き続けるその姿はあまりにも痛ましかった。

しほは、彼女の肩にそっと手を置くと、ゆっくりと語り掛ける。


しほ「……違います」

「え……?」


その言葉が信じられなかったのか、少女は大きく目を見開いてしほを見つめる。


しほ「あなたは、チームのためにできることをしただけです。事故は、あくまで事故でしかない。あなたに否はありません」

「だって……だって私のせいで……」


その言葉をしほは首を振って否定する。


しほ「違います。もしも非があるとすれば私たち運営側の人間です。あなた達選手に罪はありません。……あってはいけません」

「そんな、そんなの……」


許されたのに、非は無いと言われたのに、少女はまるで嬉しそうではなく、むしろその瞳は絶望している様に揺れていた。

無理もない。たとえ非はなくとも、知らぬ間に引いた引き金の意味を知った以上、自分に非は無いなどと言われたところでどうやって納得しろというのか。

それでも、その責を背負うべきなのは小さな少女ではなく、私たちなのだ。そう思ったしほは今一度少女に語り掛けようと口を開いて、



「あああああああああああああああっ!!?」



病室から聞こえてきた絶叫に振り返った。


まほ「みほっ!?」


離れてしほたちを見つめていたまほが、絶叫を聞いた途端病室に飛び込む。その後をしほが追う。

病室のベッドでは、先ほどまで眠っていたみほがこの世の終わりのような顔で、叫んで、暴れているのを看護師たちに押さえつけられていた。


みほ「離してっ!!離して!!?エリカさんが、エリカさんのとこにっ!!」

「西住さーん、大丈夫ですよー」

「尖っているものは隠して」

「はいっ」


看護師たちがみほを宥めようとどこか抑揚のない声を掛け続ける。

それを、まほは呆然と見つめていた。


まほ「みほ……」


その呟きはみほの耳には届かない。いや、聞こえていたとしてもきっと何も変わらないだろう。

みほはでたらめに手足を振り回し、何もない虚空に叫び続ける。

810 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/26(土) 20:06:15.84 ID:OnQF/8PI0


みほ「エリカさんっ嫌ッ!!私をっ、私を一人にしないでっ!!?」

まほ「あ……」


まほが膝から崩れ落ちそうになる。後から追ってきたしほがそれを支え、なんとか立たせようとするも、力なくへたり込んでしまう。


しほ「まほ、しっかりしなさい」


そう言うしほの言葉には、いつもの気迫はこもっていなかった。


みほ「なんでっ、なんでエリカさんがっ!?私は、私が助けないといけなかったのにっ!?」

「う、ぁ……」


その時、後ろからうめき声のようなものが聞こえた。

しほが振り向くと、そこにはみほの惨状を見て立ち尽くすプラウダの少女がいた。

しほは心の中で舌打ちをする。見せるつもりはなかった。見せてはいけなかった。

今回の事故が自分のせいだと責めている彼女に、再びショックを与えるような事は避けなければならなかった。

慌てていたのは、動揺していたのは、しほも同じだった。

こうなってしまった以上、彼女をここにいさせてはいけない。

しほは内心の動揺を悟られないよう、少女に話しかける。


しほ「……あなたは、もう帰りなさい。これ以上ここにいても辛いだけです」

「だ、だって……」


少女の瞳は、話しかけているしほを見ていない。

揺らぐ瞳はそれでも、みほの姿を捉え続けていた。


みほ「やだよ……嫌だ!!エリカさんっ!!私の、私の手を握ってッ!!?エリカさんっ!!」


みほが叫ぶたびに、その小さな肩がびくりと震える。

もう、見ていられなかった。


しほ「……お願い、帰って」


突き放すような言葉になったのは、少女を気遣ったからだ。

これ以上、ここにいたら取り返しのつかない傷になる。

しほはそう考えた。


「あ、あ……あ、あああああああああッ!!」


少女は泣き叫びながら走り去っていった。出来る事なら、もっと落ち着いた場所でしっかりと話してあげたかった。

あなたは悪くないと、ちゃんと理由を述べて納得させて、家に帰してあげたかった。

しかし、今のしほにその余裕はない。目の前で愛する娘が泣き叫んでいるのにそれを放っておくことなど出来なかった。

811 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/26(土) 20:07:02.31 ID:OnQF/8PI0



しほ「……ごめんなさい」


もう見えなくなった小さな背中に、しほは謝った。

突き放すような言葉になったのは、少女を気遣ったからだ。

それは、嘘ではない。

けれど……もしかしたら、自分があの子を傷つけてしまうかもしれない。そう思ってしまった。

そんな事絶対にない。そう言い切れない自分をしほは恨んだ。


みほ「エリカさんッ!!エリカさんッ!?どこなのっ!?どこにいるのっ!?ねぇ!!?エリカさんッ!?」

まほ「みほ、わた、私は……私はお前の……」


まほはぶつぶつと、言葉に出来ていない言葉を呟く。

しほは唇を噛みしめ、まほを支え、立ち上がらせようとする。その腕にどれほどの力が込められているのか、自分でもわからなかった。

病室に響く絶叫はどこまでも悲しみと絶望に満ちていて、それでもしほは、気丈に振舞った。


そうするしか、無かった。


812 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/01/26(土) 20:11:28.61 ID:OnQF/8PI0
ここまで。
残念ながら描写する余裕がなかったため説明を入れませんでしたが、今回登場したしほさんはお馴染みのジャケットに乗馬ズボンの格好ではなくて、
レディースのパンツスーツでした。
これにはきちんとした理由があって私が男女問わずスーツ姿が大好きだからです。

また来週。
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/26(土) 22:47:44.76 ID:NLSB0xQ1O
乙でした。
うあーしんどい。カチュに非はないけどつらいよなー。どうやってあそこまで立ち直ったのかプラウダ側の話も読みたいです。
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/27(日) 01:15:00.09 ID:MyMrtVyko
おつー
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/27(日) 01:16:10.02 ID:Okin4Aowo
カチューシャの心境の変化も気になる
確かにみほがやってることはアレだけどよくこっからあんな高圧的な態度になれるな
みほのことを思っての事なのかもしれないけど俺だったら一生立ち直れる気が知れん
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/02(土) 01:03:55.88 ID:OhkqDc4J0
>>812
五等分の花嫁作者のツイートパロで草
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/02(土) 11:19:58.52 ID:bLhoLzEo0

なぜか勝手にニーナ辺りで変換してたけど当時まだ中学生か。
あの態度だからか、なぜかカチューシャが思いうかべてなかったorz
名前でまほが反応できるならカチューシャしかいないのに

そしてスーツ大好きな>>812に癒されたw
818 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:38:40.47 ID:fXHa/LYp0





夏が終わり、秋になった。なったらしい。

私が外の様子を知ることが出来るのは、カーテンの隙間から入る朝の日差しと、何日かに一回コンビニに行く夜道だけだった。

そして今も、カーテンから漏れる日差しが私に朝が来たことを伝える。

もっとも、今の私にとって朝も昼も夜も意味を持たないものなのだが。

あの日以来、私は、学園艦の自室にずっと籠っている。眠れない夜を越え、気絶するように眠りに落ちて、また目覚めて。

そんな事をずっと繰り返している。

今日もそうだ。眠れないまま日が沈み、眠れないまま夜が明けた。おそらくそのうちに私の意識は闇に沈んでいくのだろう。

それだけが、今の私にとって唯一の楽しみなのかもしれない。眠っている間だけは、何も考えずに済むのだから。

そんな事をベッドの上で考えていると、チャイムの音が部屋に届いてくる。

私はそれに小さく舌打ちをすると、気だるい気持ちを無理やり抑えて体を引きずるように玄関へと向かわせる。

なんとか玄関にたどり着くと、扉に寄りかかって三和土に座り込む。タイルと扉の冷たさに少しだけ心地よさを覚えるも、鬱々とした感情にすぐに塗りつぶされてしまう。


まほ『みほ……』


扉の外からお姉ちゃんの声が聞こえる。私は扉に後頭部を軽く打ち付けて返事をする。


まほ『みほ……その、元気か』

みほ「元気だよ」


いつだってお姉ちゃんが最初に言う事はそれだ。そんな事を聞いて何になるのか。

本当はこんなことしたくない。誰かと会話なんてしたくない。けれど、無視をすれば私が『どうにかなった』と思われて部屋に入られてしまう。

それは嫌だから、仕方なくドアを挟んだ会話だけはするようにしている。


まほ『そうか……なら、良かった』

みほ「聞きたい事はそれだけ?なら、もう学校行きなよ」


お姉ちゃんは私が籠りきりになって以来、登校前と放課後に私の部屋の前にやってくる。

そして扉を挟んでどうでもいい事を話すのが日課になっているようだ。

くだらない。私の事なんか放っておいて欲しいのに。

気だるさが心身を蝕んでもうベッドに戻ろうかと思っていた時、お姉ちゃんの気遣うような声が扉越しに伝わってくる


まほ『……みほ、やっぱり家に戻らないか?ちゃんと、病院に行こう』

みほ「嫌だ」


819 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:39:50.12 ID:fXHa/LYp0



病院。私の心を治すために。冗談じゃない。私の居場所はもう、ここしかないのだから。

学校には行けない。あの人との思い出が多すぎるから。

学園艦を降りるつもりは無い。あの人との思い出から離れたくないから。

だから、私はこの部屋にいる。

私の心が病んでいるだなんてわかっている。こんなのが健全だなんてそんな馬鹿な事を言うつもりは無い。

それでも、私はここにいないといけない。ここでしか、生きられない。

ギリギリのバランスの中、今の私が出来る最善がこのザマなのだ。

私の強い拒絶にお姉ちゃんは諦めたようなため息を吐く。


まほ『……わかった。でも、何かあったらすぐに呼んでくれ。お母様もお前の事を心配して――――』

みほ「もういいでしょ。学校、行ってよ」

まほ『……ああ。また、夕方にくるよ』


その言葉に返事はしなかった。

820 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:42:39.80 ID:fXHa/LYp0




あくる日、扉から聞こえる声はいつも聞いていたお姉ちゃんの声じゃなかった。


小梅『……みほさん』


弱々しく私の名前を呼んだその人は、赤星さんだった。随分と、久しぶりに聞く彼女の声は、けれども私に何の感動も与えない。


小梅『ごめんなさい、今まで来られなくて』

みほ「別にいいよ。赤星さんだって大変だったんでしょ」


だから帰って。もう来なくても良い。言外にそう言ったつもりであったが残念ながら赤星さんには伝わらなかったらしい。

赤星さんは嬉しそうに息だけで微笑むと、どこか潤んだ声を出す。


小梅『……みほさん、ありがとう』

みほ「何が」

小梅『私を、助けてくれて』

みほ「……別に」


私の言葉を謙遜とでも思ったのか、赤星さんは私を説き伏せるかのように柔らかく語り掛けてくる。


小梅『みほさん。誰もあなたを責めたりしてません。だから……また、学校に……ううん、一緒に遊んだり、なんでもいいんです。前みたいに……』

みほ「無理だよ。もう、エリカさんはいないんだから」


あの人がいない時点でもう、以前のようにだなんて無理なのだ。そんな事、赤星さんだってわかっているだろうに。


小梅『……エリカさんの事は、確かに残念です。けど、それでも、このままじゃいけないって―――――』


ドアに拳を叩きつける。その音に赤星さんが小さく悲鳴を上げる。

何を分かったような事を、何を悟ったような事を。


みほ「残念……?赤星さんにとって、エリカさんの事はそんな言葉で済むような事なの?」

小梅『ち、違っ……私は、ただみほさんが……』


叩きつけた拳を強く握る。

私が、私が何だというのか。エリカさんの事より、私の方が大事だとでも言いたいのだろうか。

……ふざけないで。


みほ「私にとってエリカさんは大事な人だったの。赤星さんは違ったの?」

小梅『わ、私にとってもエリカさんは大切な人でした。でも、でも今はみほさん、あなたの方が――――』


あなたは、あの人の友達だったのに。私が、終ぞなれなかった友達だったのに。

なんで、なんでそんな事が言えるのか。エリカさんはあなたの事を認めていたのに、褒めていたのに、友達であることを嬉しそうに語っていたのに。

あなたにとって、エリカさんの価値はその程度のものだったというのか。ならばもう、これ以上話す事なんてない。

821 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:43:41.22 ID:fXHa/LYp0


みほ「……帰って」

小梅『違うんですみほさん私は……』

みほ「帰ってッ!!」


激昂にまかせた絶叫。喉に走る裂けるような痛みなんて気にはならなかった。

一瞬の静寂が訪れる。やがて、とん。と、扉に手を置く音がする。


小梅『……ごめんなさい。でも、あなたは私を助けてくれたから。だから、このままになんて』

みほ「赤星さん」

小梅『……なんですか?』


ああ、言ってしまう。ずっと、胸に秘めていた言葉を。

どんな理由があろうとも許されないその言葉を。

擦り切れた私にとって、もう赤星さんとの会話に安らぎなんて覚えられない。

あの人よりも私なんかを大事だという人と会話するだなんて耐えられない。

なら、終わりにすればいい。


みほ「私は―――――あなたより、エリカさんを助けたかった」


何の力もこもってない掠れ切った音が空気に、扉に、わずかに響く。

扉の向こうの赤星さんはどんな顔をしているのだろうか。

泣いているのか怒っているのか。どっちでもいい。私は立ち上がり部屋に戻ろうとする。


小梅『……私も、そうして欲しかったです』


赤星さんの声は、泣きそうなようにも、微笑んでいるようにも聞こえた。


822 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:49:52.76 ID:fXHa/LYp0





その日の夕方、いつもの様に扉の前にやってきたお姉ちゃんの声は、何かをこらえるように重く、沈んでいた。


まほ『みほ。赤星と何かあったか?』

みほ「……別に」


ただ、思っていたことを言っただけだ。


まほ『……赤星はあの事故以来、前以上に頑張ってるよ。あいつだって辛いだろうに、苦しいだろうに。それでも、前を向いているんだ』

みほ「嫌味?」


今もこうやって扉越しじゃないと人と話せない私を笑いたいのか。別に、それでも構わないけど。

他でもない私がそんな自分を嘲笑っているのだから。


まほ『違うっ、違うんだみほ……ただ、私は……お前たちがまた以前のように戻れればと……』

みほ「赤星さんにも言ったけどね――――無理だよ。そんなの」


なんで二人とも同じことを言うのだろうか。

なんで、未だに以前のようにだなんて思えるのだろうか。

失ったものの大きさは同じじゃ無かったのか。赤星さんの悟ったような、諭すような声が蘇り、私は口の端を噛みしめる。


みほ「エリカさんがいないのに元通りなんて無理に決まってるでしょ。……赤星さんはそうじゃなかったみたいだけどね」


恨みがましくつぶやいた言葉にほんの少しだけ失望が入り交じった事に気づく。

もしかしたら私は、赤星さんに期待してたのかもしれない。彼女なら私の気持ちを理解してくれるかもと。

理解なんて求めたところで意味なんて無いのに。分かり合えたところであの人は帰ってこないのに。


まほ『赤星だってエリカの事が辛くないわけじゃないっ!そんなの、お前だってわかってるだろう!?』


お姉ちゃんの泣き叫ぶような問いかけ。それが、妙に耳に響いて思わず顔をしかめる。

ああ、お姉ちゃんも赤星さんと同じか。エリカさんのことをもう過去にしてる。

私の中のエリカさんまで過去にしようとしてる。

そんなの、嫌だ。だから、言ってしまおう。

私はごん、と。後頭部を扉に打つ。


みほ「お姉ちゃん。私ね、赤星さんにこう言ったんだ。『あなたより、エリカさんを助けたかった』って」

まほ『……なんで、そんな事を』


呆然と、震える呟きに私は淡々と返す。


みほ「別に。前々から思ってた事を伝えただけ」

まほ『お前ッ……』


拳を叩きつけたのだろう。大きな音とともに扉が揺れる。

久しぶりに感じるお姉ちゃんの怒り。

それも、私の心に何の揺らぎも起こさない。


みほ「赤星さんだけじゃない。操縦手の子も砲手の子も通信手の子も。放っておけばよかった。エリカさんだけ助ければよかった」

823 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:53:09.17 ID:fXHa/LYp0

そうだ。そうしていればよかった。私はただ、エリカさんだけを助けていれば良かった。

私にとってエリカさんは一番大切な人だった。あの人たちより、私より。

みんなを助けようだなんて我儘で私は大切な人を失った。


まほ『……みほ、お前が助けた人はみんなお前に感謝してたよ』


お姉ちゃんはさっきまでの怒りのこもった声ではなく、泣くのをこらえているかのような声をだす。


まほ『でも……赤星以外の3人は転校したよ』

みほ「……」

まほ『最後までお前に謝ってた。合わせる顔が無いとも』

みほ「……そう」


なんで彼女たちが謝るのだろう。別に、何も悪くないのに。助けたのも、助けられなかったのも私の責任なのに。

どうでもいい人たちの事なのに、なんでかそんな疑問が頭に浮かぶ。同じように疑問に思ったのか、お姉ちゃんは自嘲するように息を吐くと、


まほ『なんでなんだろうな。あの子たちは、何も悪くないのに。お前も、赤星もだ』


お姉ちゃんは私の返事を待たずに続ける。


まほ『なぁみほ。あの事故でお前が責任を感じる事なんてないんだ。悪いのは私なんだ。恨むなら私を恨めばいい。すべての責任は隊長である私にある。だから、』

みほ「お姉ちゃん」


自分に言い聞かせるようなお姉ちゃんの『演説』を遮る。お姉ちゃんが何を言いたいのかよくわかった。

その上で、私の感想を述べる。



みほ「そんなの、どうでもいい」



扉の外から息をのむ音がする。


みほ「お姉ちゃんが悪いとかそんなのどうでもいいの。私が、私がエリカさんを助けられなかった。それが全てなんだよ」

まほ『だからッ!!だからそれは違うんだッ!!』

みほ「違うとか違わないじゃなくて、そうなんだよ。私の中でもう結論は出てるの。私が、全部悪いの」

まほ『みほッ……』


脳裏によみがえるあの日の出来事。それらを一瞬でなぞり、やっぱり私の結論は変わらない。


みほ「私の立てた作戦は読まれてて、そのせいでV号は川に流されて、私は、助けられなくて。私が、エリカさんを死なせたの」

まほ『どうして……わかってくれないんだ。なんで、何で私を……』


縋りつくようなお姉ちゃんの声はもう、泣いていることを隠せていない。それでも私は扉を開ける事は無い。


みほ「お姉ちゃん、帰って。もう、来なくていいよ」


代わりに淡々と帰宅を促すと、お姉ちゃんは必死で嗚咽を抑え込んでいるかのように所々調子の外れた声を出す。


まほ『……赤星には私から謝っておく。……また来るよ』


去って行く足音を聞き届けず、私は部屋へと戻っていった。


824 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 21:57:49.61 ID:fXHa/LYp0





誰もいない部屋で私は一人ベッドにうつぶせになる。

最近はもうコンビニに行くのすら嫌になり、買い込んだカロリーメイトをたまに齧って水を飲むといった有様だ。

いっその事、それすら止めてしまえば楽なのに。空腹と渇きの苦しさなんて、生きている事の苦しさと比べたら大した事じゃ無いのに。

それでも、私は最低限生きようとしてしまう。

寝返りをうち天井を見つめる。あの日以来一度も切っていない髪が顔に張り付いてそれを煩わしそうに払いのける。


みほ「……私、どうなるのかな」


ポツリと虚空に向けて呟いた言葉。いつまでもこんな生活が続けられるだなんて思ってはいない。

学園艦は学生のための場所で、ここは学生のための寮なのだから。

でも、学校には行けない。なら、いずれはここを去らなくてはならなくなる。

家に戻るのか。いや、戻されるのだろう。

でも、今の私はきっと学園艦(ここ)以外では生きていけない。

そうなったら私はどうなるのだろうか。生きていけるのだろうか。

……多分生きるのだろう。どれだけ苦しくても、辛くても、そうしないといけないから。

生きていけないと思うのに、生きていたくないのに。それでも、生きてしまうのだろう。


『生きて』


その言葉があるから、私は今日まで生きてきた。

その言葉のせいで、私は今日まで生きるしかなかった。

あまりにも酷い、残酷な願い。

貴女のいない世界で生きるだなんて、私には耐えられないのに。

いつだって私を励ましてくれた、勇気をくれた彼女の最期の言葉は、私にとって呪いと同じだった。


みほ「エリカさん。なんで、なんでそんな酷い事を言ったの?」


問いかけたところで返事が返ってくることは無い。何度も何度もやった事なのに。

その度にエリカさんがいない事を実感してしまう。

その度に涙が溢れて止まらなくなる。


みほ「……うぐっ、ぐすっ……うぁ、うあぁぁぁ……エリカ、さん……」


あの時、エリカさんを助けに行かずに勝利を目指していればせめてもの慰めになったのに

あの時、エリカさんを助けられていたら勝利も私の命もいらなかったのに

勝利を捨て、大切なものを守ろうとした結果、私は全てを失った

……わかっている。たとえ結末を知っていたとしても、私はあの人を助けに行った。

何もかも失うとわかっていても、私は濁流に飛び込んだのだろう。

それでも、もしも、もしも勝利が残っていたのなら、もしかしたら。

何か変わっていたのかもしれない。

ありもしない仮定にあり得ない結末を重ねて、私は今に絶望する。

そしてまた、気絶するように眠りについて目覚めた時、エリカさんのいない世界に絶望するのだろう。

ならいっその事永遠に眠り続けられればいいのに。

そんな馬鹿な事を考え、せめて一秒でも早く眠りにつけることを願って瞼を閉じると――――軽快な電子音が部屋に鳴り響いた。
825 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 22:03:44.49 ID:fXHa/LYp0
現実に引き戻された私は、テーブルの上で着信音をかき鳴らす携帯を忌々しく睨む。

いくら睨んだところで着信音が止む気配はなく、私は気だるい体を無理やり動かして携帯を手に取った。

画面に映った名前は、よく知っている――――赤星さんの名前だった。

終話ボタンを押そうか一瞬迷ったものの、何度か逡巡した挙句ため息とともに通話ボタンを押す。


小梅『……みほさん?』

みほ「……何」

小梅『よかった……体、大丈夫ですか?』


携帯から聞こえる赤星さんの声は以前と何も変わっていない。


みほ「なんで私に関わろうとするの。私、あなたに酷い事言ったのに」


あの言葉に、私の気持ちに、嘘はなかった。それは、今でも変わらない。それでも、私が赤星さんに言った言葉は自分勝手で許されないものだったという事は分かっている。

私のしたことは、間違いなく彼女の気持ちを踏みにじるものだった。なのに、なんで彼女は私にこうまで関わろうとするのか。


小梅『……友達なんですから当たり前ですよ。あの事だって気にしてません』


何も気にしていない。その言葉通り彼女の声色は明るい。まるで、事故が起きる前のように。

赤星さんの優しさが、気遣いが、私の胸に痛みと苛立ちを与えてくる。それを表に出さないように抑揚のない声を出す。


みほ「……何の用なの」

小梅『みほさん。戦車、乗りませんか?』

みほ「は?」


あまりにも突拍子もない言葉に間抜けな音が出てしまう。


小梅『戦車ですよ戦車』

みほ「何言ってるの……」

小梅『私が操縦しますからみほさんが車長で』


私の苦言なんて無視して赤星さんは明るく説明を続ける。それに反比例するように私の声は重く、沈みこむ。


みほ「……私はもう戦車道はしない。……できないよ」

小梅『そうじゃなくて、ただ乗るだけですよ。本当にただ戦車に乗って学校の練習場を走ってみましょうよ』

みほ「それこそ、何のために」

小梅『……私が、そうして欲しいんです。そうしたいんです』


潤んだ音とは正反対な強い決意の込められた声。真っ直ぐな思いに私は何も言えなくなってしまう。


小梅『明日の夜9時。校門前で待ってます』

みほ「私、行くなんて言ってないけど」

小梅『来てくれないのならそれでも構いません。それでも、待ってます』


私の返事を待たず電話は切れた。私は携帯を机に投げるように置くと、ベッドに座り込む。

赤星さんの誘いを受けるつもりなんて無い。あの人との思い出が多すぎて学校にすらいけない私が戦車に乗るなんてできるとは思えない。

きっと、あの人の声が、笑顔が、輝く姿が鮮明に思い出されて動けなくなってしまう。

そして、そんな彼女がもういない事を再び理解してしまう。そんな恐怖も、絶望も、もう嫌だ。

だから私はこの部屋にいる。エリカさんがいない現実から、エリカさんがいた過去から目を背け、何も考えずにまどろみの中で『生きるだけ』をするために。それが、今の私が出来る最善のはずなのに。

私の瞳は、玄関の扉へと向いていた。
826 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 22:06:31.30 ID:fXHa/LYp0




星の見えぬ夜空。

校門の前にある街灯の下に赤星さんはいた。

吐き出す息は白く、それが今の季節を教えてくれる。

時間を見ているのだろう先ほどからなんども携帯を開いては閉じるを繰り返している。

その横顔は何も変わっていなくて……いや、少し痩せたのかもしれない。

寒空の下ではあまりにも頼りなく見えるその小さな姿を、私は少し離れた暗がりで見ていた。


みほ「赤星さん……」


呟いた言葉は彼女に届かせるつもりは無かった。

わざわざコートを引っ張り出してまであの部屋から出てきたのに、私は彼女に声を掛ける事をためらってしまう。

今更、彼女と会ってどうするのか。戦車に乗って何が変わるのか。

部屋を出る前から、ここに来るまでの間、何度も繰り返した問いは未だに終わらない。

分からないから、知りたいから部屋を出たはずなのに。

わかっている。彼女の誘いは私を思ってのものなのだと。どれだけ自分勝手に振舞い、彼女を傷つけたとしても、そのぐらいはわかる。

だから、ためらってしまう。彼女はもう、私を理解してくれない。ならこのまま会わない方がお互いの為じゃないのか。

今の私が彼女に会ったところでまた傷つけるだけじゃないのか。

言い訳染みた言葉ばかりが頭の中に浮かんでしまう。


それを、唇を噛みしめて抑え込む。


気づいていたんだ。わかっていたんだ。『生きているだけ』じゃ、いけないのだという事に。

エリカさんがいない世界が怖くても、それでも私は生きなくてはならないのだと。



『生きて』



呪いのように私を苛むその言葉は、それでも彼女がくれた最後の言葉で、

だから私は、それを果たさないといけない。

辛くても苦しくても、生きないといけない。

たとえ、赤星さんを、誰かを傷つける事になっても、私は――――生きないといけないのだ。

エリカさんのように美しくなくて、エリカさんのように優しくなくて、エリカさんのように強くない私だけど、

せめて、エリカさんがくれた最後の言葉だけは、守りたいんだ。

私は決意を込め、一歩踏み出す。その足音に赤星さんが振り向く。


小梅「みほさん……?」

みほ「……久しぶりだね。赤星さん」

827 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 22:09:00.19 ID:fXHa/LYp0

出来るだけ柔らかく、明るい声を出そうとしたものの、残念ながら掠れ切った私の喉は低く、しゃがれた音しか出さない。

けれども赤星さんはそんな事気にしていないようで、喜び、目元に涙を浮かべる。


小梅「みほさんっ!!良かったっ……来てくれたんですねっ!?」

みほ「別に。ただ、なんとなく体を動かしたくなったから」


赤星さんのいる街灯の下に私は歩みを進める。


小梅「それで良いんですっ…良かった、本当に良かったっ……」


赤星さんはこらえ切れなくなりその場で泣き始めてしまう。


その姿に、彼女がどれだけ気を張っていたのかを理解する。

ずっと、張り詰めていたのだろう。エリカさんがいなくなった事で、私が、こんな様になった事で。

それでも、私に会いに来て、ひどい言葉を浴びせられて、それでも私を気遣ってくれた。

その優しさが、強さこそが、エリカさんが赤星さんを友達だと認めた理由なのだと、私はようやく実感した。


みほ「赤星さん、ごめんなさい。私、あなたに酷い事を言った」

小梅「謝らないでくださいっ……良いんですよ、今こうして、あなたが来てくれただけで私は嬉しいんですから」


私の謝罪に赤星さんは涙をためたまま笑顔で答える。

私はさらに歩みを進め、


小梅「だからみほさ――――」


街灯の光の下、赤星さんの目の前に立った。


小梅「みほ、さん……」


赤星さんは呆然と目を見開いている。

……ああそうか、さすがに『これ』には驚くか。


みほ「……やっぱり気になる?まるでお婆ちゃんみたいでしょ?」


私はまるで見せびらかすように髪を一束掴んで振って見せる。

そのおどけた様子に、けれども呆然としたままの赤星さん。

まぁ、仕方がないだろう。いくら何でもこればっかりは。


みほ「いつの間にかね、こんなんになっちゃったんだ」


828 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 22:09:41.36 ID:fXHa/LYp0





肩まで伸びた私の髪は――――雪のように、真っ白になっていた。




829 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/02(土) 22:11:52.14 ID:fXHa/LYp0
ここまでー
髪生え変わるの早くね?って思う方がいるかもしれません。
私もそう思います。
たぶんこのSSにおける人類は私たちと比べて髪が伸びるスピードがめっちゃ速いのかもしれません。
そういう事でご納得お願いします。

また来週。
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/02(土) 22:38:11.78 ID:CrrNEa07O
乙でした。
やさぐれてるなぁみぽりん。小梅ちゃんの奮闘に期待。
誰かお姉ちゃんにも救いの手を…
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 00:59:01.88 ID:e5ysYx7Ro
おつー
マリーアントワネットとか一晩だし平気平気ww
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 01:13:05.99 ID:GQlDCzEA0
乙ですー
そういえばみほまほだけじゃなくて赤星さんも少なからず病んでるんだよな…
なんにせよ毎週楽しみに待ってます
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 05:53:11.93 ID:tYHdSjdwo
>>831
まぁマジレスするとあれはあり得ないらしいけどね
逆に言えばマリー・アントワネットの投獄生活期間の2ヶ月で真っ白になる可能性はある。相当なストレスを感じれば。
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 13:24:34.63 ID:HQe++GaR0
惑星ガルパンの話だからOK
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 14:36:58.15 ID:ossf4eG+0
>833
一度生えたあとの髪は脱色・染色しなければ色が変わる事はないし
一ヶ月で伸びる長さは1cm前後だから2ヶ月あっても無理やで

>834
いくら軽戦車つーてもランクルより重いのに
女子高生数人でひっくり返った状態から元に戻せるとか
わしらの世界だったら超人やな
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 16:28:02.40 ID:XwZRdDw20
更新乙
段々と過去編(!?)が時系列本編につながりつつある
いつもありがとう!
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/03(日) 17:04:11.99 ID:xPLGwZMZ0
乙ですいつも楽しみに見ています
作者様がこれをいつ目にするのかはわかりませんが、毎週の更新を楽しみに待っているというファンの一人として、この素晴らしい作品を書いてくださってありがとうという感情をお伝えしたくてコメントします
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 13:38:20.31 ID:v26/Zja/O
地毛だったのか、染めていないと思い込んでるだけだと思ってた
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/06(水) 21:42:05.35 ID:FL7p9tJE0
早くして
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 03:46:26.15 ID:fsX5+B8w0
やばい、みぽりんにシンクロして泣きそうになってきたわ
1番慕ってた人を助けられずに目の前で死なれたりしたらそらこうなるわな
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/09(土) 15:12:39.21 ID:xfGLSgEk0
毎週の楽しみ
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 16:44:58.65 ID:V6mFoo7D0
ageカスに楽しむ権利はないぞ
身の程を知れ
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/09(土) 20:11:53.74 ID:XqJwsQoc0
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 20:32:34.17 ID:pZcxkURu0
作者以外はメール欄にsage入力がマナー
845 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/09(土) 21:12:31.14 ID:5zdhLM0A0

みほ「ごめんね、驚かせちゃって。染めようとは思ってるんだけどさ」

小梅「あ、いえ……私こそすみません。それじゃあこっちに」


これ以上私の姿について触れるのをためらったのだろう。赤星さんは話を打ち切ると私を促す。

私はその後に続き、久しぶりに、本当に久しぶりに校門をくぐった。


小梅「こっちです。昼の内に外に出して隠しておいたんですよ」


赤星さんこちらを振り向かずそのまま学校の裏にある練習場、そのさらに奥にある林の中に入っていく。

その後をついていくと、いつの間にか赤星さんの手には懐中電灯があり、街灯はもちろん、月明かりすら雲でおぼろな林の中を頼りない光で進んで行く。

そして、20メートルほど行ったあたりだろうか。赤星さんが立ち止まり、こちらを振り向く。


小梅「みほさん、これですよ」


懐中電灯の小さな光がその車体を映し出す。全体ははっきりとは見えないが、それでもその戦車が何なのか一目でわかった。


みほ「赤星さん、これ……」

小梅「……はい」



暗い林の中にたたずむそれは――――U号戦車だった。



『私は楽しかったわよ。あなたの実力の一端を垣間見れた気がするわ』



『……楽しかった。本当に、楽しかった』



あの日の夕焼けが笑った記憶が、泣いた記憶が、彼女の笑顔がよみがえる。

その奔流で心が一杯になって、私はその場にしゃがみ込んでしまう。


小梅「みほさん……やっぱり、辛いのなら……」


赤星さんの心配そうな声。私はそれにすぐには答えず、ゆっくりと立ち上がり目を閉じて深呼吸をする。

大きく吸った息を、大きく吐く……よし。


みほ「……大丈夫だよ。……うん、大丈夫」


大丈夫だ。少なくとも、今は。


小梅「……わかりました。それじゃあ私が操縦しますから指示お願いします」

みほ「うん。それで、目的地は?」


赤星さんはそれに言葉ではなく懐中電灯で答える。

その光が示す先は――――――


小梅「学校の裏山。山頂、目指しましょう」


846 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/09(土) 21:13:39.54 ID:5zdhLM0A0




ガタガタと揺れる戦車。

当たり前だが学校の裏山の道は舗装なんてされておらず、道も戦車が一輌通れる程度の幅しかない。


みほ「赤星さんもっとゆっくり」

小梅「ごめんなさいっ久しぶりだから……」


ただでさえ視界の狭い操縦席にこの曇った夜空が加わってしまうと戦車のライトなんて大した意味を持たない。

だから車長である私がしっかりと周囲を見て、操縦手に的確に指示を飛ばさないといけない。


みほ「落ち着いて。赤星さんの代わりに私がちゃんと見てるから」

小梅「はいっ!」


私も内心慌てたり焦ったりしている。

いくらなんでもこんな闇夜に戦車を走らせる経験なんて無いから。

けれどそれを声には出さずに指示を出す。


みほ「この坂、急だから気を付けて」

小梅「はい!」


曲がって、登って、曲がって、時たまガクンとなって。

半年以上碌に動かしていなかった体が悲鳴を上げて、それでも踏ん張って。


みほ「あと10メートル進んだらふもとまで真っ逆さまだよ」

小梅「は、早く言ってください!?」


手探りの中、少しずつ私たちは山頂を目指していく。

そして――――道の終わりが来た。

847 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/09(土) 21:25:04.01 ID:5zdhLM0A0





山頂よりちょっと下のあたりだろうか。依然戦車の前には道が続いているものの、それはふもとへ下りるための道、ここは折り返し地点という事か。

私の視線の先には山頂まで続いているであろう階段がある。


みほ「……ここが目的地、かな」

小梅「……はい。でも、もうちょっと」


赤星さんは戦車から降りると再び懐中電灯を手に階段を上り始める。

明りを持ってない私は慌ててその後をついていく。

そして今度こそ、私たちは山頂へとたどり着いた。


小梅「……どうですか?」

みほ「……綺麗だね」


山頂から見下ろす夜の街は点々と、明りがまるで星のように輝いている。

黒森峰の学園艦が大きいのは知っていたが、こうやって一望するとその大きさを実感できる。

私は地べたに座り込んでじっと、その景色を見つめていた。

すると、同じように隣に座っていた赤星さんが口を開く。


小梅「私、ここに結構来てたんですよ」

みほ「そうなの?」


山登りが趣味だなんて聞いたことがなかったけど。私の疑問に赤星さんは直ぐには答えずじっと街明りを見つめる。


小梅「……昔、私が不貞腐れてた頃。何もかも忘れたくてこの山を登ったんです」

みほ「ずいぶん体育会系だね」

小梅「あはは。戦車道やってるんですからその通りでしょう?」


言われてみればその通りだ。赤星さんも、私も。……あの人も。毎日のように体を動かして、冬でも汗まみれになってた。

昨日のように思い出せるその光景。その思い出に意識が遠のきそうになるのを頭を振って耐える。


小梅「……夕方から登り始めて、登り切ったころにはもう真っ暗で、代わりに街と星と月がキラキラと輝いていました」


「残念ながら今日は街明りだけですけどね」赤星さんはそう言って苦笑する。


小梅「別に、この夜景を見たから奮起したとか、そんなドラマチックな事は無いですけど。

   それでも。あなたの優しさに救われるまで私が逃げ出さなかったのは、この景色があったからかもしれません」


あなたの優しさに救われた。赤星さんはそう言うものの、私はその事をよく覚えていない。

あの頃の私は赤星さんも気づいていた通り自分の事しか見てなくて、上っ面の言葉しか人にかけていなかったから。

だから、救われた。だなんて大仰な事を言われても私はどう返せばいいのかわからない。

それは多分赤星さんも察しているのだろう。私の返事を待たずに話を続ける。


小梅「人間、もう駄目だ。なんて思ってても、なんてことない事でとりあえず明日も頑張ってみようってなるのかもしれません」


さっきより少しだけ薄くなった雲がそのベールを通してわずかに月光を降ろす。

暗闇に慣れた目で辛うじて見える赤星さんの横顔は真剣で、辛そうだった。

848 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/09(土) 21:33:58.70 ID:5zdhLM0A0

小梅「……みほさん」


その瞳が、私を見つめてくる。


小梅「……事故の事、エリカさんの事。忘れろなんて言いません。……忘れる事なんてできません」


潤んだ声はけれども決意を込めた力強さを伝えてくる。


小梅「だけど、黒森峰(ここ)には私たちがいます。隊長が、私が、皆が」


赤星さんは痛みをこらえるかのように胸元を掴み、涙をこらえるかのように大きく目を見開く。


小梅「だから……少しだけ、少しだけで良いんです。前を向いていきませんか?」



『ちゃんと前を向きなさい』



赤星さんの言葉に、かつて交わした約束を思い出す。

強い人だ。エリカさんも、赤星さんも。

私なんかよりもずっと。

今日も私のためにここまでしてくれたのだろう。赤星さんだって辛いだろうに、傷はまだ癒えていないだろうに。

それよりも、私をと。


小梅「みほさん……?」


私は立ち上がって街を見下ろす。星の代わりに輝く街並み。そのあちこちが、私にとって大切な場所だった。


みほ「赤星さん、あそこ。いつも一緒に帰ってた道」


私が指をさすと、隣に立つ赤星さんが懐かしむように目を細める。


小梅「……はい。エリカさんは『あなたたちが勝手についてきてるだけよ』なんて言ってましたけど」

みほ「ほら、たぶんあそこのコンビニかな?私がいつまでも居座ってるからエリカさんに怒られたのは」

小梅「さすがに、私もあれには呆れましたよ」


赤星さんが潤んだ声でクスクスと笑う。

一緒に学んだ学校が。一緒に歩いた帰り道が。一緒に食事したレストランが。一緒にはしゃいだ部屋が。

たくさんの『一緒』が、この街には溢れている。

そして、

849 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/09(土) 21:35:26.44 ID:5zdhLM0A0


みほ「……赤星さん」

小梅「はい」


わかっていたのにずっと拒み続けていた事実がストンと、私の中に落ちてくる。

私以外の人はとっくに理解していたのに、私だけが逃げ続けていた。

でも、もう逃げられない。


みほ「エリカさんは――――もう、いないんだね」

小梅「……はい」

みほ「……そっか」


ああ、そうか。この艦に、この街に、この世界に。エリカさんはもういない。

どれだけ私が泣いても、どれだけ悔やんでも、どれだけ認めなくても。

逸見エリカはもう、過去なんだ。それを、私は理解した。


小梅「みほさん……みほさんっ……」


赤星さんがとうとうこらえきれなくなり泣き出す。

きっと、彼女も思い出したのだろう。エリカさんがいた日々を。

そして、また理解してしまったのだろう。エリカさんがもういないという事を。


みほ「ごめんね、赤星さん。あなただって辛いはずなのに」

小梅「いいんですっ……私は、私は……あなたが、元気になってくれれば……きっとそれを、エリカさんも……」


泣きじゃくる赤星さんに私はこれ以上何も言わなかった。

代わりに、じっと見下ろす。

夜空の代わりに輝く街を。

貴女がいた、貴女といた街を。



私の、『世界』を


850 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/09(土) 21:38:06.22 ID:5zdhLM0A0
ここまで。

>>744であと5,6回で終わるって言いましたけどあれは嘘になりました。

多分あと3回、多くても4回で終わるのでもうちょっとだけ過去編に付き合ってください。

また来週。
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:20:33.20 ID:ZdUVYjaa0

いっそスレ跨いで過去話を続けてもええんやで?
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/09(土) 23:52:02.88 ID:wdfRRyLK0
乙でした
次スレに跨いでも良いんですよー

なんか、回復しかけてるけど、なぜこれからエリカ(偽)になったんだろう?
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 00:08:29.39 ID:eJlQXkKP0
あと数回で明らかになるんやから楽しみに待てばええ
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 01:08:54.59 ID:mdEP/TzUO
乙でした。
ここからが本当の地獄…になるのかなぁ。戦車道やる資格がないとまで言われる何があったのか。
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 11:44:36.33 ID:XEpyBOoN0
なんか立ち直ってきてない?大丈夫?エリカさん化する?
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 22:36:23.00 ID:LwqYGnblO
まだまほの態度が硬化してないんだな
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/11(月) 01:11:56.41 ID:Tfo1HeEC0
乙!続きも期待して待ってる。
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 01:30:32.02 ID:kyN+SCTDO
ここからまたみほを突き落とすような出来事があるんだな…
何にせよ楽しみに待ってます
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 14:11:37.89 ID:F6EtRm/S0
カチューシャのことこ,ろしに行きそう
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:54:46.08 ID:NCslEOZb0
おい!続きはまだか!
早くエリカさん化する過程を見せてくれ!!
861 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:02:19.26 ID:S0bhx1iI0





学校裏の林に戻ってきたのは11時をいくらか過ぎた頃だった。


小梅「戦車しまってきちゃうんで先に帰っててください。風邪、ひかないように」


赤星さんの気遣いをありがたく受け、私は一人U号から降りる。

そして、ハッチから顔を出してる赤星さんに向き直る。


みほ「赤星さん、ありがとう。私、あなたのおかげで大事なことがわかった」


そう。大事なこと。きっと、赤星さんが今日私を呼んでくれなければ気づけなかった事。

部屋にこもっていたらきっと見つけられなかった事。


みほ「まだ、それを言葉には出来ないけど……ちゃんと、考えようと思う。これからの事を」


そう言って赤星さんに向けて口角を上げる。

赤星さんは感極まったように口元をおさえると、目元をそっと拭って笑いかけてくる。


小梅「っ……はい。急がなくていいですから、ゆっくりでいいですから。私も、一緒に考えますから」

みほ「赤星さん……またね」

小梅「はいっ!!またっ!!」


嬉しそうに手を振る赤星さんに背を向け、私は校門へと歩いていった。

私の顔から、表情は消え去っていた。

862 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:10:25.94 ID:S0bhx1iI0




ここは決勝前日の夜、私とエリカさんが二人で話した広場。

赤星さんと別れた後、私は部屋に戻らずここでじっと海を見つめていた。

冷気を伴った潮風は痛いほどで、けれど、今の私にとってそんなのは大した事ではなかった。


みほ「寒いね」


そのつぶやきは誰に向けたものなのだろう。

自分でもわからないまま、私の意識は先程の山頂に戻る。


雲に覆われた夜空の下、街の明かりが星のように輝いてて。

その星空のあちこちに私達はいた。

遊んだり笑ったり怒ったり泣いたり悔やんだり。

様々な景色が、あそこにはあった。

そこに、いつだってエリカさんがいたことも。

そして、だからこそ。私はようやく理解できた。

エリカさんはもう、いないのだと。


みほ「赤星さんには迷惑かけちゃったなぁ」


わかりきったことをいつまでも引きずっていた挙げ句、迷惑をかけ続けてきたのだから。

ただ、今は謝罪の気持ちよりも感謝の気持ちのほうが強い。

赤星さんのおかげで、私はエリカさんの死をようやく理解できた。

どれだけ泣き叫ぼうとも、焦がれようとも、エリカさんはもう、帰ってこないのだと。

私が、赤星さんが、お姉ちゃんが、エリカさんが。

共にいた日々はもう、遠い過去になったのだと。


みほ「あーあ。バッカみたい」


そんな簡単なことを半年以上も引きずり続けていたのだからどうしようもないと自嘲する。


みほ「とりあえず。今後のことを考えないと」


まず学校には行かないと。

勉強はお姉ちゃんが持ってきてくれた課題である程度は進んでいるが、それでも学校の授業に追いついていけるとはとても思えない。

予習復習はちゃんとしないと。

特に理系科目。中でも物理はしっかりとやらないと。早急に。


部屋の模様替えもしないと。今の部屋は派手すぎるし可愛すぎる。もっとシンプルに。

ボコは捨てるか実家に送ろう。あ、でもエリカさんがくれたやつは残しておかないと。


料理もちゃんと出来るようにならないと。ハンバーグって結構難しそうだしね。


それと髪。長さはどうしようも無いけれどせめて毛先は整えないと。


まぁ、そこまですれば後は―――――『私』だけだ。


863 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:13:57.58 ID:S0bhx1iI0


みほ「……くっ、ふふっ……」


閉じた口の端から笑い声が漏れてくる。

ああ、もうすぐだ。もうすぐ、もうすぐ。

早く早く。


『黒森峰(ここ)には私たちがいます。隊長が、私が、皆が』


うん。そうだったんだね。知ってたよ。忘れてたけど。

おかげで、こんなにもスッキリとできた。

皆がいるなら大丈夫だから。お姉ちゃんも赤星さんもエリカさんの事が大好きだったんだから。


『だから……少しだけ、少しだけで良いんです。前を向いていきませんか?』


うん。大丈夫だよ。もう、うつむかないよ。

そんな弱い人はいなくなるから。

そんな弱い私はいなくなるから。


みほ「っ……あはっ、わた、私はっ、くふっ」


こらえきれない。おかしくってたまらない。

赤星さんが教えてくれた、いや、理解させてくれた。

『西住みほ』の本質を。私の『中身』を。

ああ私は、私の中には――――――


みほ「何にもっ、無かったんだぁ」


乾ききった声。

それが引き金となり、はじける様に私は声を上げて笑い出す。


みほ「あはははははッ!!私、何もないっ!!私にはッ!!何もなかった!!」


そう、何もない。


あの瞬間、エリカさんが私にとって過去になった瞬間。

私の中の価値観は崩れ去った。


864 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:17:42.77 ID:S0bhx1iI0


戦車道への情熱、辛さも楽しさも、確かにあった。

友達への友情も家族への愛情も間違いなくあった。

大切なものは、私の中にあった。

でも、今の私にとって何の価値も無かった。

まるで路傍の石ころのように。好きだったはずの戦車でさえ、ただの鉄くずのように思えた。


あの山の頂上で、私の全ては『エリカさんありき』だったのだと、ようやく気付いた。

黒森峰(ここ)に来る前に持っていたものも、黒森峰(ここ)に来てから得たものも。

全部、等しく、エリカさんがいたから大切だったんだ。


いつだって私はエリカさんと共に在ろうとした。

辛い時も、悲しい時も、楽しい時も。

黒森峰に来てからの4年間。それは、私の人生の半分にも満たない。

でもそれで、私の人生は変わった。

間違いなく、私の人生で最も幸せな日々だった。

エリカさんと出会ったあの日から私の世界は、エリカさんの優しい銀色で彩られていたんだ。

その色が輝きをくれた。その世界が私に未来をくれた。

だから、そのエリカさんがいなくなったから。私の世界にはもう、色なんて無いんだ。


乾ききった音が曇った夜空に響く。

笑い声と慟哭が入り交じり、いつのまにか涙がとめどなく流れ、

悲しみと歓喜が入り混じる。

『西住みほ』という人間が過ごしてきた今日までは何の意味も無かったとわかったから。

私にとってエリカさんがどれだけ大きな存在なのかがわかったから。


みほ「エリカさんッ!!大好きっ!!大好きだったよッ!!」


記憶に残る貴女はいつだって美しくて、それはもう、永遠に過ぎ去った姿(シルエット)で


みほ「貴女のいない世界なんて、貴女のいない私になんて、何の価値もないッ!!」


どれだけ手を伸ばそうとも届かなくなって


みほ「エリカさんっ、貴女の言う通りだったッ!!貴女は、私の友達なんかじゃなかったッ!!」 


そんなものじゃ断じてなかった。そんなちっぽけな存在では決してなかった。

そう、貴女は





みほ「貴女は私の―――――全てだったんだッ!!」




865 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:23:38.02 ID:S0bhx1iI0


『エリカさんありがとう。私はあなたのおかげで戦車道に、自分に誇りを持てるようになりました』



ごめんなさいエリカさん。そんなもの、私は持てていなかった。

私の誇りは、貴女と共に在ることだったから。

貴女がいたから、私は『私』でいられたから。


みほ「貴女がいたから、私の世界は輝いていた」


何もない虚空に向けて、愛おしさと感謝を込めて伝える。


エリカさんがいないなら私が生きている理由なんて無い。ううん、私は生きていちゃダメだったんだ。

エリカさんが私の全てで、エリカさんがいたから私が生きている意味になってたんだから。

でも、私は、生きないといけない。

貴女の最期の言葉を守らないといけない。

生きていちゃいけないのに、生きないといけない。


相反する命題は、けれどもあまりにも単純で、簡単な解決策で成立する。


私に生きる意味が無くて、私が生きていたくなくて、

エリカさんに生きていて欲しいのなら。


その時、視界がふっと明るくなる。

見上げると先ほどまで曇り切った夜空が僅かにひらけ、連なった月明かりが私を照らしていた。

偶然というにはあまりにも出来すぎている。

その月明かりに運命を見出すのはあまりにもロマンチックなのかもしれない。

神様なんていないのだから。誰も私を祝福するわけがないのだから。

それでも、この気持だけは嘘でも空っぽでもないから。


みほ「エリカさん。私は、西住みほは、貴女のことが大好きでした」


降り注ぐ月光に向かって両手を広げる


みほ「だから、私の全部を貴女にあげます」


全てを失い、生きているだけの私であっても、貴女の器くらいにはなるかもしれない

私なんかよりも、貴女が生きていたほうがきっと、未来は輝いていて、私はそれを誰よりも望んでいるから。


雲が晴れていく。揺らめく月光がゆっくりと広がっていく。

その輝きが私の『世界を』照らしていく。

そこに、もういなくなった貴女を見た。

だからこれは、『私』の最期の言葉。

『私』が貴女に贈る祝福の言葉。



「おかえりなさい」



866 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:24:16.82 ID:S0bhx1iI0




ごめんなさい




867 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/16(土) 22:28:14.36 ID:S0bhx1iI0
ここまでー

あー!!あー!!あー!!なっがいなっがい!!めっちゃ長くなりました!!
このSSは私が今回投稿分を書きたくなったがために無理やり延命してきましたが、ようやく目的が果たせました。

これなければ>>95あたりで過去編さっさと終わらせて本編に入る予定だったのに思いついたからには書かないと…となった結果ここまで来てしまいました。

もうちょっと、もうちょっとで終わるんでもうちょっとだけお付き合いください。

また来週
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:42:22.24 ID:eF0YnkzS0
あんたスゲーよ、おつ
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:44:02.38 ID:mbYgIXHqo
乙!
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:44:29.79 ID:xaAo1yvm0
乙でした!
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:48:18.70 ID:k+KMJ6Leo
毎週待ってるからゆっくりやってくれ
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:21:31.05 ID:iW6rIEWkO

漸くここまで来た、待った甲斐があったよ
とはいえそうなるのもおかしくないよなぁ、エリカいないと本当に何も変わらず変えずに過ごしてただろうし
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:44:54.03 ID:LOzK0lxH0
お疲れ様です、毎週楽しみにしてます!

あぁ、みぽりんが壊れていくぅ…
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:50:38.53 ID:s9sP+7QT0

来週も楽しみです
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:09:13.06 ID:SexHg4oX0

最初立ち直ったように見えてあれっ?って思ったら開き直って狂っただけだった
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/17(日) 01:12:46.86 ID:Mc4mC+UFO
乙でした。人が壊れる場面をこれほど美しく感じたのは初めてだ、素晴らしすぎる。
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:21:42.67 ID:K9OYxJLZ0
乙!
依存と言うのすら生温いレベルの……まぁ、文字通りみほの全てだったもんなぁエリカ
そしてこれ、最後の一押しをしてしまった小梅の胸中を思うと……
こんなとこで見捨てられるか、もちろん完結まで付き合うぜ
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 13:43:49.03 ID:E7+5hcfQ0
話の展開がうますぎる
こんなに面白いss久しぶりだ
エタらないようにだけ祈ってます
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/17(日) 13:46:11.24 ID:SlXIVAQe0
乙でしたー
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/17(日) 15:13:24.05 ID:c+NvnzQqO
前回吹っ切れて、まだこれから堕ちるのか…って思ってたらもう手遅れだった…
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:16:03.65 ID:tzDl0Z480
開き直ったって言うか、余計自覚しちゃった訳よな
小梅は前向いてほしかったのに悲しいわ
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/18(月) 19:33:03.16 ID:HaAXRT2x0
もうそろそろスレの書き込み上限に達しそうなんだから、
毒にも薬にもならないくだらない感想書いてレス数を消費するな。
作者に気遣いもできないカス共が。
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 19:37:34.96 ID:lcpBHtQe0
句読点ageカスに比べたら幾分かマシだろうよ
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/18(月) 23:59:12.42 ID:SFMjy95v0
( ´ー`)y━・~~~
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 04:51:10.54 ID:BHjp/1MGO
>>882
良識ある人ほど、こーいうバカなレスに反応してしまうので、合えてつっこんどくが、
ほとんどの書き手側からすれば「雑談」ですら嬉しいんだからな。
「自分の作品のスレにそれだけ人がいるんだ」、「読んでくれる人がいるんだ」って感じられるんだから。
んでこの作者さんはそのほとんどに入らないんとは思えない程度に社交的な人だからな。
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 07:48:50.48 ID:/4wsix1U0
>>883-884
ageカス云々の指摘とその直後のage煽りって他のスレでもよく見るけど全部同一人物?
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:08:09.60 ID:1CEh+uxe0
>>886
同じようなレスが何個かあるし、このスレにおいては同一人物なんじゃねーの
888 :888 [888]:2019/02/20(水) 00:35:26.78 ID:XThcE0nR0
888
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 14:37:17.32 ID:dCgwhtP2O
むしろ雑談してくれるなら喜んで迎え入れるわ。
自分の作品投稿以外なんのレスもないスレッドの寂しさと言ったらもうね
人がいつくくらい面白いSSかけよっちゅー話なんだけどさ
誰しもがこんな面白いSSかけるわけじゃねーっちゅーの。
このSSの終わりが近いと思うとつらたん
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 16:07:56.73 ID:D5Fze8PS0
>>1が言うならまだしもお前は誰なんだよwwwwww
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 08:08:13.89 ID:IjFPypirO
誰ってそりゃ読者でしょ

ここまで書き続けて来てくれてありがとう
二年前からずっとおっかけてるぜ
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sagesage]:2019/02/23(土) 13:22:57.06 ID:u/zuRrm7O
何なんだよこの勝手な解釈w
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:01:40.69 ID:OC5mAu7o0
え、二次ってそういうもんだろ?
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:06:21.56 ID:Ym2xybmOO
...まあ、そうかもな。悪かったよ。
更新を待とう。そのために集ったんだ。
それは間違いない(キリッ
895 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:00:31.94 ID:mQ6adVH+0





朝の冬空は彩りが薄く、どこか寂しそうに見える。

道を歩く人はそのほとんどが黒森峰へと向かう生徒たちで、私もまたその一人だった。

いつもなら纏ったコートでも防ぎきれない寒さに身を震わせながら歩いているが今日は違った。

寒さなんて気にならないぐらい心が温かく、歩みは淀みない。

けれども、私はどんどんと道を行く生徒たちに抜かされていく。

それは私の歩幅がいつもより狭くなっているから。

そして、そうしている理由はただ一つ。みほを待っているから。


妹は、みほはあの事故以来一度も学校には来ていない。

学生寮の部屋に閉じこもり、誰とも会おうとはしなかった。

無理やり会おうとしたところであの子を傷つけるだけだから、ただ待つ事しか出来ず、そんな状況に歯がゆい思いを感じていた。

そうして何も進まないまま日々が過ぎ、年が明け、もうすぐ黒森峰ではもうすぐ3学期が始まると言った時、突然みほから電話が来た。


『お姉ちゃん、私ね。学校、また行くよ』


その言葉を一瞬理解できず、私は言葉を失ってしまった。

そしてそれが幻聴や聞き間違いでないと理解した途端、私の両目から涙がこぼれだした。


まほ「……そうか、そうか」


声に喜びと泣き声が同居する。

あの事故以来ずっと塞ぎ込んでいたみほがようやく立ち直ってくれたのだと。


『だから、もう部屋に来なくて大丈夫。ちゃんとご飯も食べてるから』


言いたい事はたくさんあったけど言葉に出来ず、私は嗚咽交じりの吐息で返事をした。



そして待ちわびていた新学期の日が来た。

出来る事なら迎えに行ってあげたかったが、みほには断られたし何より自分一人で部屋を出る決意があの子には必要なのかもしれない。

そう思い私はみほの言葉に従って先に通学路を歩いている。


まほ「まだ、か」


先ほどから何度も後ろを振り返っては小さくため息を吐く。

みほの姿はいまだ見えず、その度に胸の中に小さな疑念が生まれてしまう。


みほは、こないんじゃないかと


そう思うたびに頭を振って疑念を散らす。

私があの子を信じないでどうするのだ。

あの子は、自分で決意したんだ。だから、私はあの子を信じる。

そう思いなおしてまた小さな歩幅で歩み始めると、ふと周囲の様子がおかしい事に気づく。


さっきまで通学路に満ちていた生徒たちの和やかなざわめきが小さくなり、代わりに動揺や驚きの混じった囁きが通学路を満たしていく。

先ほどまで前を向いていた生徒たちの視線が後ろを向いていく。
896 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:03:10.49 ID:mQ6adVH+0

どうしたのだろう。

つられて私も振り返る。

先ほどまで通学路いっぱいに広がっていた人波の真ん中が、まるで道のように開けて、その最奥に一つの影があった。


まるで今にも消え去ってしまいそうな真っ白な輪郭。

それが誰なのか気づけなかった。

間近まで来てようやく、その影が私の欲しっている、待ち望んでいた人なのだと気づくことができた。


まほ「みほ……」

「……久しぶりですね」


赤星から聞いてはいたが、実際に見るとみほの変貌ぶりにどうしても言葉を失ってしまう。

あの鈴の音のような可愛らしい声は、掠れ切って低くなり、

あの穏やかで、見ていると和んでしまう栗毛はまるで雪のように、燃え尽きた灰のように真っ白になっていた。


私の動揺を見て取れたのか、みほは真っ白な前髪を少し不思議そうにいじる。


「赤星さんもですけど、流石にこれには驚きますか」

まほ「その、すまない。聞いてはいたんだが実際に見るとな……」

「別に謝らなくてもいいですよ」

まほ「あ、ああ」


ぎこちない私を置いてみほは颯爽と学校へと向かい歩き出す。

私も慌てて追いかけてその隣を並んで歩く。

やはり今のみほの姿は目立つのだろう。周囲の視線がチクチクと刺さるが、そんな事よりも妹との久しぶりの会話の方が大事だ。


まほ「それにしても……本当に良かったよ。赤星も喜ぶ」


あの事故が残した傷は未だ癒えてはいないのだろう。

それはみほだけではなく私も、赤星も、エリカの家族も。事故の関係者の心には未だに傷が残っているのだろう。


「あの子には迷惑かけてばっかでしたから。ちゃんとそのあたりお礼言っておかないと」

まほ「別に赤星はそんなの求めたりしないさ。友達なんだから」


あの子も事故の当事者なのに、心に負った傷はみほと変わりないはずなのに、誰よりもみほの事を心配していた。

乗員が学校を去っても、一人残って戦車道を続ける決心をするのは決して並大抵のことではない。

その姿は、その精神は、かつてエリカが評した『強い人』という言葉を証明していた。

そんな友達が、みほを想ってくれていることに心から安心する。


「そうだ。隊長、今日は練習あるんですか?」

まほ「……一応、始業式の後に練習はあるが。別に、今日は休んでも良いんだぞ」

897 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:04:54.69 ID:mQ6adVH+0


正直、今のみほにはまだ戦車道をさせたくない。

あれだけの事故があって、大切な人を失って、それでもまた立ち直った強さは本物だと思う。

けれど、まだ自分では気づいていない『傷』があるのかもしれない。

見えない傷は、だからこそ厄介だ。

私はもう二度とみほが悲しむ姿を見たくない。あんな、泣き叫ぶ姿を。

それが心配だから、今はまだゆっくりと普通に学生生活を送って欲しい。

しかしみほは何の憂いも心配も無いといった様子で、


「いえ、参加します。ブランクを早く取り戻さないと」


躊躇いなく言い切ったその声に戦車道への忌避感は感じない。

心配も憂いも私の中にあるが、それでもみほが望むのであれば、本人の意思を尊重してあげようと思う。

戦車道をまた始めてくれる事自体はとても嬉しいのだから。


まほ「そうか。でも無理はしないでくれ」

「はい。お気遣いありがとうございます隊長」


その礼儀正しい返事に私は押し黙ってしまう。

声の事も、髪の事ももう気にしてはいないが、みほと会ってからもう一つ気になっていることがあった。


まほ「なぁ、そんなかしこまらなくてくれ。別に今は試合中でも練習中でもないのだから」

「そうはいかないですよ。体面ってものがあるんですから」


確かに以前私の事は隊長と呼ぶように言った事がある。

でもそれは妹だからといって贔屓はしないという事を周りに知らしめるためと、みほ自身にその事を理解してもらうためのやったことだ。

通学路での何気ない家族の会話にまで持ち込んで欲しいとは思わない。

みほもプライベートでは普通にしていたというのにどうしたのだろうか。


まほ「体面……いや、私たちは姉妹なんだからそんなの気にする奴はいないさ。なぁみほ――――」

「隊長」


みほがその歩みを止める。私が振り返ると、みほはまっすぐこちらを見据え、






「私は、逸見エリカです」






898 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:09:01.38 ID:mQ6adVH+0


まほ「……は、ははっ。何を言ってるんだ」

「私は、あなたの妹の西住みほではありません」


冗談というにはあまりにも唐突すぎるその言葉に、私は乾いた笑いしか返せない。

そんな私を、みほは心底心配したような目で見てくる。


「隊長こそどうしたんですか。私をみほなんかと間違えるだなんて」

まほ「冗談にしては、ちょっと悪ふざけがすぎないか?」

「冗談……いえ、私は冗談なんか言ってませんよ」


どうやらみほの冗談はまだ続いているようだ。いくら事故をひきずらないで欲しいと言っても流石にこれはいけない。

私は咳払いをして、少し声のトーンを落とす。あまり責めすぎないように。説教臭くならないようにしないと……


まほ「……みほ、前向きになるのは良い事だ。必要な事だ。だが……エリカを馬鹿にするような真似はやめるんだ」


いくら事故の当事者であろうとも、いくらみほと親しかったとしても、死者を冒涜するような事を許すわけにはいかない。


まほ「お前がエリカの事で辛い思いをしたのは良く知っている。だけど、だからといって冗談でも言っていい事と悪い事があるだろう?」

「私が逸見エリカであることは嘘でもなければ冗談でもないですよ」


まるで悪気のない、後ろめたさを感じないみほの声に少し、本当に少しだけ苛立ちを覚える。

言葉に、棘が生えていくのを実感してしまう。


まほ「……なぁ頼む。はっきりいって不愉快だ」

「そんな……どうしたんですか隊長」


まるで反省する素振りの見えないみほに私はため息をつく。


まほ「どうかしてるのは、お前だろ……みほ、いい加減にしてくれ。辛い事があるならちゃんと話してくれ」

「ですから私はみほじゃなくて」


まだ言うのか。いくらなんでもこれ以上は私も怒ってしまうかもしれない。

ああでもしかし、みほにも何か事情があって……いや、けれどこんな事許されるわけがない。

でもここでみほを叱責したらまたみほが……落ち着いて、冷静になるんだ。


まほ「みほ……やめてくれ」

「隊長こそいい加減にしてください。私は、逸見エリ―――――」

まほ「やめろッ!!!」


突然、弾けるような声が通学路に響き渡る。

先ほどまでのざわめきは吹き飛んで、沈黙が広がっていく。

怒声の張本人である私もまた、自分が突然放った声に驚き、言葉を失っていた。


周囲の視線が私たちを突き刺してくる。


「隊長……?」

まほ「っ……こっちにこいッ」


それに耐えられなくなった私は無理やりみほの手を引き、逃げるように校門をくぐっていった。

899 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:14:37.67 ID:mQ6adVH+0




みほの手を無理やり引き、私は人気の無い体育館裏にやってきた。

いきなり怒鳴られた挙句こんなところに連れてこられたのを不満に思っているのか、みほは怪訝な様子でこちらを見つめている。


「隊長、急にどうしたんですか。始業式始まっちゃいますよ」

まほ「そんなのより、今はお前の事だ」


始業式なんてどうでもいい。

とにかく、今は目の前のエリカを名乗るみほと話さなければならない。

どうして自分がエリカだなんて言いだしたのか。

それをちゃんと聞きだしてやめるよう諭さなければならない。

隊長だとか姉だとかの前に、人として、私はみほと話さなければならない。


私の様子に逃げられないと悟ったのかみほはふっと、息で笑う。


「……やっぱり、いきなりは難しいか」


みほの声が、いや、話し方が、以前のような柔らかく可愛らしい調子になる。

少なくとも、先ほどまでやっていたエリカの真似はやめてくれたようだ。


まほ「いったい、何のつもりなんだ」

「お姉ちゃん、私はね、西住みほはもういないんだよ」


みほの声は嬉しそうで、楽しそうで、それでも私の混乱を取り去ってはくれない。


まほ「……わからない。何を言っているのか全然わからないぞ」

「だからね、あの事故で死んだのはみほなの。で、エリカさんは生きているの」

まほ「頼む……わかる言葉で言ってくれ」


私の懇願にみほは困ったように笑うと、まるで聞き分けのない子供に話すかのように淡々と語り掛けてくる。


「西住みほなんかよりも、逸見エリカの方が価値があるんだよ。だから、西住みほじゃなくてエリカさんに生きてもらう事にしたの」

まほ「みほ……そんなの、出来るわけないだろ」


何を、何を馬鹿な事を言っているんだ。

子供だって騙せない理屈をまるで世界の真理かのように語ってくる。

その瞳には何の後ろめたさもなく、かつての、エリカがいた時のみほのままで、

ずっとその瞳が戻ることを願っていたのに、今は恐怖すら感じてしまう。


「大丈夫。何も心配することなんてないよ。これからはエリカさんがいるから―――――大丈夫ですよ隊長。これからは私がいますから」


みほの声が再び低く落ちる。

姿勢を正し、先ほどまでの柔らかな雰囲気が消え去って、凛と、張り詰めたような表情になる。

それがみほの言う『エリカさん』なのか。そうだと言うのなら、


まほ「違う……お前は、エリカじゃない」


900 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:24:40.77 ID:mQ6adVH+0

その口調も、立ち姿も、雰囲気も、きっとみほが間近で見たエリカを模倣したものなのだろう。

でもそれは所詮真似でしかなく、私から見たそれはひどく歪で、気持ちの悪いものだ。

どれだけ真似をしようとも、その真似が真に迫れば迫るほど、違和感が、いや、嫌悪感が増していく。


「私はエリカです。エリカになってみせます」

まほ「なあみほ。ちゃんと話そう。今日はもう学校は休んで、私も休むから。一緒にちゃんと話そう」

「大丈夫です。私が、逸見エリカがみほの分も頑張りますから」


みほは、私と会話をしようとはしていない。ただ、自分の言い分を伝えているだけなのだ。

納得してもらおうだなんて思っていない。だってみほは事実を言っているつもりなのだから。


まほ「お前の辛さがわかるだなんて言うつもりは無い。だから、相談してくれ。

   辛い事、悲しい事、ちゃんと話してくれ。誰かを責めたいのなら私を責めるんだ。

   そんな、そんなやり方で自分を責めてはいけない」


みほがエリカを侮辱しようと思ってるわけがない。

だってみほは誰よりもエリカの事を大事に思っていたのだから。


「別に私は自分を責めてなんかいませんよ。悪いのは全部みほなんですから」


なのに、なのになんでそんな事を言うんだ。

エリカはそんな事を言わないなんてこと、分からないわけが無いのに。

みほは、私よりも長くエリカといたのだから。


まほ「……やめろ。エリカだって、そんな事望んでない」

「……望んでますよ」


その言葉には確信めいたものがあった。

みほはそっと微笑む。


「元々あの子に副隊長は荷が重かったんです」

まほ「やめてくれ……」


お前はみほなんだ。エリカはもう、いないんだ。

そんな事をしたって何にもならないんだ。


「というより、あの子に戦車道なんて無理だったんですよ」

まほ「お願いだ……みほ……」


お前はエリカの事を誰よりも知っていたのに。なんで、なんでそんな事を。

エリカはお前の事を大切に思っていたのに。


「だってそうでしょう?あの子は、みほには何も無いんですから。」


その表情が微笑みから、嘲るようなものに変わる。


「何もない癖に人一倍傲慢で、何でもできるって思ってた。あの事故だってみほがいなければ起きませんでした」
901 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:25:32.13 ID:mQ6adVH+0


お前とエリカは友達で、そこに赤星もいて、怒ったり、泣いたり、笑ったりして、

毎日のように、一緒にいて。

エリカは、口ではお前を嫌いだなんて言ってたけど、そんなの嘘だって、わかってるのに。

だってエリカは、私よりもお前と一緒にいる事を選んで、

お前は、エリカのおかげて前を向けるようになったって、

戦車道が、楽しいって、

お前は、お前は、お前は、




「だから……あの子が死んで良かったんですよ」



『だから、今はもう少し、あの子の隣にいようかなって思います』






私が、一番欲しかったものを持っていたのに





902 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:27:37.60 ID:mQ6adVH+0


気が付くと、みほが呆然と頬を押さえてこちらを見つめていた。

私の息は荒くなっていて、いつの間にか握りしめた拳がじんじんと痛んでいて、

自分が何をしたのか分からなくて、

だけど、


「……隊長?」


みほが口を開いた瞬間、私は再び殴りつけていた。


「ど、どうしたんですか西住隊長っ!?」

まほ「やめろッ!!」


みほは何が起きたのかわからないといった目で私を見つめる。

構わず胸倉を掴み上げ頬を殴りつける。

誰かを殴るなんて初めてで、殴り方なんてわからなくて、それでも、胸の奥底から這い出てくるどす黒い感情のまま、私は拳を打ち下ろす。


「まほ、さん……」

まほ「エリカをッ侮辱するなッ!!お前が、エリカなわけあるかッ!!」


そうだ。お前がエリカなわけない。

そんな無様なやつが、エリカなわけがない。

何もかも投げ出して、あまつさえ死者の名を騙るようなやつがエリカなわけが無い。


だから、何度も、何度も殴りつける。

歯にでもあたったのか、拳が裂け、血が出る。

どうでもいい。今はただ、こいつを。


まほ「お前はッ!!エリカじゃないッ!!」

「わ、私は……エリカです」

まほ「っ……だったらっ!!」


だったらどうしようとしたのだろうか。

その終点を理解しないまま、私は再び拳を振り上げて、


小梅「やめてくださいっ!!」


何度目かの殴打は、みほに届くことは無かった。

表での騒ぎを聞きつけたのか、いつのまにかやってきた赤星が私にしがみつき、必死でみほから引き離そうとしていた。


まほ「離せっ!!こいつはッ!!こいつだけはッ!!?」

小梅「お願いです落ち着いてくださいっ!!?みほさんっ、なんで、何があったんですかっ!?」


小柄な赤星のどこにそんな力があったのか、胸倉を掴んだ手はみほから引きはがされ、

その場でへたり込んだみほは、呆然と私をみつめていた。

その様子に構わず私は拳の代わりに怒声を叩きつける。


まほ「ふざけるなッ!!ふざけるなッ!!なんで、なんでッ!?お前は、エリカの友達だったのにッ!!」

小梅「隊長ッ、隊長ッ!!っ……まほさんッ!!」


903 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:30:12.49 ID:mQ6adVH+0


赤星の必死の制止は私の怒りを抑える事は出来ない。

私はただ、目の前のあいつに痛みを与えないといけない。

義憤なんて綺麗なものではなく、憎悪なんて生易しいものではない。

タールのように真っ黒でドロドロとした感情が、私の中から溢れだしてくる。


小梅「まほさんッ!!みほさんもッ!なんで、何があったんですか!?なんでこんなことにっ!?」


赤星が何かを言っている。

でも、私の耳はそれを認識する余裕はない。

許さない。絶対に、許さない。


まほ「エリカは、お前の事をッ、大切に思ってたのに!!


私の絶叫を聞いたみほは、口の端から零れる血をそっと拭うと、また先ほどのように姿勢正しく立ち上がる。

そして先ほどのようにエリカのつもりで、どこまでも歪で、気持ちの悪い模倣で、


「私は、そんな事思ってませんよ。私は――――みほが大嫌いでしたから」


その瞬間、私は赤星を突き飛ばし、みほの胸倉を掴みあげる。

私の怒りを前にみほは無表情なままで、その姿が余計に私の怒りを燃え上がらせる。

だから、


まほ「お前はッ!!なんで、なんでッ!!」


私は『言いたくなかった』事を言ってしまう。




まほ「なんでお前が生きているんだッ!?」




小梅「まほさんッ!!」


突き飛ばされ、倒れこんだままの赤星が悲痛な叫びをあげる。

その声に私はハッとして、自分が言った言葉の意味を理解して、

後悔が津波のように押し寄せようとした時、

みほが、まるで救いを得たかのように微笑んだ。


「……私も、そう思ってるよ」


たぶん、その瞬間、私の妹は死んだのだと思う。


まほ「ッ……ああああああああああああああああああッ!!!!」


赤星の縋りつくような制止でももう止められず、騒ぎを聞きつけた先生たちに止められるまで、

私は怒り狂いながら、泣き叫びながら、ひたすらその『偽物』を殴り続けていた。

904 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/02/23(土) 22:31:48.62 ID:mQ6adVH+0
ここまでー

たぶん来週で終わりになると思います。

もしかしたらもう一回追加されるかもしれません。

まぁどちらにしろもうすぐ終わるのでお付き合いください。

また来週。
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:01:28.83 ID:8+p1pmV9O
お姉ちゃん激おこの理由がついにきたか
確かにまほさんがみほを嫌悪するに十分な理由だと思う
まるで四苦八苦じゃないか
個人的にはもっと拗れろ思う いいぞコレ
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:07:00.93 ID:2cZt5Ju3O
乙でした!
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:30:03.79 ID:QUA+zzPmO

お姉ちゃん・・・
みほに対して"嫉妬"しちゃったんだろうなぁ
とはいえみほにとっても好きな人にストレートな好意を持たれててそれに相応しい振る舞いが出来るまほの存在は羨ましかっただろうに・・・
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/23(土) 23:48:01.46 ID:HvM7hthR0
乙でした
来週も楽しみにまってます。
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:50:14.30 ID:EFaH6+yM0
乙!
こりゃまほもキレるわ……でもみほも心底からの行為だろうからなぁ
……って、来週かその次で終わり?こっから一体どうまとめるんだ……楽しみだ
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:06:40.60 ID:2tM9wONs0
いつも楽しく見てます。
過去編が終わったら、その先もあると嬉しいです!
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:44:42.43 ID:D/zCive+0
ものすごく苦しいのにニヤニヤしてしまう

ああ……
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:51:43.90 ID:TuTUuLIDO
あああどうしてもまほの方に感情移入してしまう
妹がどんどん壊れていくばかりか死人に成り済ますとかそれを間近で見せられるのはキツいものがあるなあ…
ほんとこの1は素晴らしい、これからも楽しみに待ってます乙です
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 17:56:31.83 ID:zewgaK1A0
最後のセリフこそ問題ではあるけどまほを応援するわこんなの…
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/24(日) 18:18:07.72 ID:XmpXG5+8O
乙でした。
あぁお姉ちゃん言うてはならんことを…本心からではないにせよキツイ言葉だわ。エリカの方が価値があるを認めた訳だし。
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 19:33:45.26 ID:H68SLZYbO
この先は何よりみほの自己に対する致命的な自己嫌悪が解けなければならないが
エリカになりすまし憎んでるんだ
まほさんはそれが我慢ならない
沙織さんもそのみほの一面に触れて困惑していたんだね きっとその時もこの今以上に拗らせた残酷な表情をしていたんだろう
いや 長い伏線 たまらんなあ
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 19:49:46.36 ID:xI3lmVC0O
しほが気になる
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 20:02:14.76 ID:NhAYNCwV0
そもそもこうなった根本原因しほさんでは
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 10:56:02.24 ID:YusLAIFsO
西住流として接するばかりで個人や親子としては話し合ってすらなさそうだからね
反抗でもいいからやり取り出来れば少しは違う結果に出来たかもしれないのに・・
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 11:55:13.16 ID:3pS73X/6O
エリカの振りをするだけではなく、エリカの姿でみほを貶めるのが何より許せなかったと言うのは凄く良い落とし所だと思う。まほが2人共をとても大事に思っていたからこそって感じで
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 23:56:32.86 ID:MPvuC5OGO
...あれ?そういえばこれは治るのか?
もはや精神障害者や人格障害者レベルだぞ?
脳がすでに破壊されてる可能性が大。
そもそも人間性を無視して育てられいる時点でだいぶ、いや、かなり危ないのだが...
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/26(火) 03:35:59.36 ID:92T3fJI3o
解離性同一性障害の脳が破壊されてるような表現は如何なものかと思いますがね
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/26(火) 08:07:23.72 ID:2R6+CUgOO
エリカはそんなこと言わない
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/26(火) 12:00:24.16 ID:lNuuMNoaO
すまんかった
だがこれは解離性人格障害ではなくなんか別のものなような気が
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/26(火) 22:35:23.91 ID:fsew8ZQT0
脳が破壊か 他意は無しにあながち間違ってない表現だと思うよ
強いストレスによる変質って、伝え聞くだけの健常者には理解できない感覚を覚えるみたいだし

みぽりん可哀想に
周りもエリカはそんなこと言わないよって言ってあげればああまでにはならなかったかも知れないのに
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 00:20:58.34 ID:veoLnxNco
>>923
愛やぞ
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 10:42:27.55 ID:YmAG5IZqO

Wow!!それは素敵ねッ!!trueloveだわ!!
アリサもあやかりなさいよ!!hey!?
...どうしたのかしら??
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 13:28:56.98 ID:874YpsSDO
もう一週間たったのか
ああ楽しみじゃああ
928 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:15:08.61 ID:d4D1O6AS0





2月も半ばを過ぎたある日の夜、みほは学園艦ではなく陸に、もっというのならみほにとって実家『だった』西住邸の応接間にいた。

そしてそこで彼女の母『だった』しほとテーブルをはさんで向かい合っていた。


しほ「みほ、あなたには転校をしてもらいます」


そう言ってしほはテーブルに一冊のパンフレットを差し出すように置く。


「大洗女学園……?」


聞いたことも無い学校名が書かれたパンフレットにみほは訝し気な表情をするも、何も言わずパラパラとそのページをめくりだす。


「……え?」


突然、あっけにとられたような声がみほの口からもれる。

何度も手元のパンフレットに目を落とし、一通り読み終わったはずなのにまた一から読み直し、そして呆然と呟く。


「なんで……ここ、戦車道が無い……」


何かの間違いではないか。そんな視線をしほに向ける。しかし、しほの表情は揺るがず、それが答えだった。


しほ「……あなたは、少し戦車道から離れるべきです。ちゃんと病院に行って、ゆっくりと学生生活を送って、自分を……労わりなさい」

「そ、そんなっ!?どうしてですか師範っ!?」

しほ「私は、あなたの母です」


取り乱し声を荒げるみほに対して冷静な、けれども絞り出したかのように掠れた声。

みほは一瞬喉が詰まったように呻くも、ゆっくりと深呼吸をして冷静さを取り戻す。


「……師範、考え直してください。今私を失うことが黒森峰にとってどれだけ打撃を与えるか」

しほ「私は、あなたのほうが大事です」


それは西住流の師範の言葉ではなく、ようやく口に出せた母としての言葉だった。


しほにとって家族は大切なものであった。しかし、流派もまた大切なものであった。

未だマイナースポーツでこそあるものの、戦車道の流派として日本最大の規模である西住流。

その実質的なトップであるしほはその一挙手一投足に立場と責任を求められる。

自分の言葉が、行動が、門下生はもちろん数多の関係者たちの未来を変えてしまう事をしほは良く知っている。

だから、常に自分を厳しく律し、娘にもそうあるべしとしてきた。

たとえ冷たいと、親として失格だと思われようとも。

しかしどれだけ冷徹であろうとしようとも、どれだけ冷徹に振舞う事が出来ても、心はそうはなれなかった。

去年の決勝で起きた悲劇。それを忘れた日なんて無かった。

失われた命があった。心身ともに傷ついた生徒がいた。その中に娘たちがいた。

嘆き悲しみ、塞ぎ込む娘たちに何を言えばいいのかわからなかった。

しほに出来たのは後処理と、自らに責任があると事故の当事者たちに伝える事だけだった。

引きこもり、誰とも会わなくなったみほを扉越しに呼びかけても帰ってくる返事は無かった。

結局、またしてもみほの事をまほに任せて、報告を受けるだけだった。


そして、娘は自らを捨てた。

929 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:16:19.35 ID:d4D1O6AS0


しほ「……みほ、あなたが辛い思いをしているというのはよくわかります。ですが、だからといって……

  エリカさんを逃げに使ってはいけません。辛いのなら、苦しいのなら私たちを頼りなさい。……家族なのだから」


この言葉をもっと早くかけられていれば、こんな事態にはなってなかったのかもしれない。

あまりにも今更で、自分勝手な後悔を顔に出さないよう、しほは唇を噛みしめる。


「今さらっ……」


みほはその言葉に目を大きく見開き両手をテーブルに叩きつける。

けれども、言葉の先は声にならず、みほは歯を食いしばりまた、深く息を吐いた。


「……師範。あなたは私が目指すべき目標であって尊敬する人ですが、家族ではありません」

しほ「……みほ」

「私は逸見エリカです。あなたの愚かな娘、西住みほは死んだんです。だから、だから私が」

まほ「アハハハハハッ!!」


突然、廊下から嘲笑が聞こえてくる。

二人がその声の方を向くと、乱暴に戸が開けられ声の主であるまほがその姿を現した。


「隊長……」


まほはみほを見ず、しほに語り掛ける。


まほ「お母様、そこのはもう駄目です。さっさと追い出しましょう」

しほ「まほ、落ち着きなさい」

まほ「落ち着く?エリカを騙ってる偽物を前に、落ち着けだってっ!?」


宥めようとするしほの言葉は、まほの激情をさらに燃え上がらせる。

まほにとってみほは大切な妹だった。

いつだってみほの事を気遣い、彼女を守ろうとしていた。

なのに、今のまほがみほを見る目は別人のように怒りと侮蔑の色に染められている。


しほ「……あなた達は姉妹です」


その言葉をまほは鼻で笑うと、ようやくみほの方を向く。

930 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:18:21.45 ID:d4D1O6AS0


まほ「お母様が言えないなら私が言います」


まほを見つめるみほの瞳は怯えたように揺れていて、それが憎らしくてまほは舌打ちをする。


まほ「みほ、お前のような弱くて醜い偽物は戦車道をやるに値しない」


まほにとってみほは愛する妹だった。

たとえ自分が傷つくとしても妹だけは守ろうと思っていた。


まほ「お前はただ、エリカに依存していただけだ。何もない自分の中身を、エリカで埋めようとしていただけなんだ」


ほんの一月前の彼女ならこんなこと言う訳が無かった。

誰よりも、何よりも、妹であるみほの事を大事に思い、みほが立ち直ってくれることを心から願っていた。

しかし、今はもうそんな姉の姿は見る影もなく、ただただ、目の前の『偽物』への嫌悪と憎悪で満ちていた。


まほ「エリカに依存して、いや寄生して。今度はその存在まで食い散らかすお前を、私は心の底から軽蔑する」

しほ「まほ、やめなさい」


しほが震える声でまほを止める。

しかし、まほはしほを一瞥したきりで、またその憎悪の瞳をみほへと向ける。


まほ「私たちにとって必要だったのは逸見エリカだ。お前のような偽物じゃない――――さっさと出て行け。この家に、黒森峰に、この世界に、お前の居場所なんか無い」

しほ「まほっ!!」


しほの叫び声が部屋に響いて、そして静寂に吸い込まれていく。

それでも姉妹はしほを見ず、みほはうつ向いて、まほはそんなみほを蔑むように見下ろして、口を閉ざす。

仲睦まじかったはずの姉妹の姿は見る影もなく、そこにはもう温度なんてものは存在していないようだった。

それでも、しほはなんとか頭の中で言葉を纏め、辛うじて空気を震わせるような声で二人に呼びかける。


しほ「……みほ、まほ。もうすぐ常夫さんも帰ってきます。そうしたら家族でしっかりと話し合って―――――」

「家族……」


ポツリとみほが呟く。

そしてしほを、まほを、じっと見つめる。

その視線にしほは何かを期待して、まほは心底気持ちの悪いものを見るような目で、みほを見つめる。

そして、


「あなたたちは、私の家族じゃありません」


冷たい声でみほは結論を述べた。

931 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:20:32.45 ID:d4D1O6AS0


「……帰ります」


もう何も話すことは無い。そう言っているかのようにみほは静かに立ち上がり、部屋から出ようとする。

しほは縋りつくようようにその肩を掴み、懇願するように呼び掛ける。


しほ「待ってみほ、話を、話をしましょう?」

「……師範、あなたの娘はもう死んだんです」


まるで、間違っているのはあなたたちだと、現実を見ていないのはあなただと、そう言うかのようにしほに語り掛ける。

しほはもう、声すら出せなくなり、まるですり抜けるように肩に置いた手が落ちていく。


まほ「ああ、その通りだ。お前のような奴が妹だったと思うとぞっとするよ」


まほは、吐き捨てるように言うと、部屋を出て行った。


「……転校の件好きにしてください。だけど、戦車道はやめません。私には、それしかないから」


独り言のようにそう告げると、みほも部屋から出ていく。

娘たちの去った部屋に一人残されたしほは、ひたすら自問自答を繰り返す。

何が悪かったのか。おそらく、何もかもが。

どうすればよかったのか。考えたところで意味はない。

なら、いっそ泣き叫べば良いのか。

そんな事、許されるわけない。誰よりも泣きたいのは、叫びたいのは娘たちなのだから。


しほは、自分が母としてなにも積み重ねてこなかった事を思い知らされた。

娘たちのためだとやってきたことはただの自己満足だったのだと理解してしまった。

どれだけ家族を想っていると思っていても、どれだけ娘たちの幸せを考えていたと言っても、

今の有様が結論だった。

何もできず、どうすればいいかもわからず、


それでも今は、涙の代わりにどこまでも悲痛な呻き声をあげる事しか出来なかった。


932 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:23:38.52 ID:d4D1O6AS0




夕方もすぎ、日の沈んだ港にその二人はいた。

潮風が冷気を伴って体に纏わりついてくる。

けれどもまほは身震い一つせず、目の前のみほを睨みつけている。


「見送り、してくれるんですね」

まほ「勘違いするな。お前がちゃんとこの地を去るのを見届けたいだけだ。二度と、私たちの前に現れないようにな」


怒りと侮蔑を隠しもしないまほの態度にみほは目を逸らす。


「私は……あなたを尊敬しています。誰よりも強いあなたを」

まほ「黙れ」


潮風以上に冷たい声がナイフのように突き立てられる。

みほの肩がびくりと震える。


「知った風な口を聞くな。お前は、何も見てこなかっただろう。私の事も、エリカの事も」


その言葉にみほは反論しなかった。

何を言い返せばいいのかわからなかったし、何を言ったところで意味が無いと思ったから。

だから、みほはまほに背を向けて歩き出す。

これ以上ここにいても仕方が無いから。

みほがフェリーに向かおうとすると、遠くから彼女を呼ぶ声がした。

振り返るとこちらに向かってくる人影が一つ。


小梅「みほさんっ!!」

「……赤星さん」

小梅「なんで、どうしてあなたがっ……」


小梅は息も絶え絶えなまま、みほに縋りつく。


「私は……」


その姿を見たみほの口から柔らかい音が漏れる。

しかし紡がれようとしたその先は、みほが固く唇を結ぶ事で遮られる。

何も語ってくれないみほに焦れたのか、小梅はまほに向かって叫ぶ。


小梅「隊長!!みほさんが転校なんてなにかの間違いですよね!?」

まほ「赤星、そいつはもう私たちとは無関係だ」


その答えは小梅が求めていたものでは無かった。

933 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:25:31.60 ID:d4D1O6AS0


小梅「隊長!!みほさんが転校なんてなにかの間違いですよね!?」

まほ「赤星、そいつはもう私たちとは無関係だ」


その答えは小梅が求めていたものでは無かった。


小梅「何を、何言ってるんですか!?みほさんは、みほさんは私たちのっ!!」


先ほどまでみほに向けていた視線とは全く違う、悲しむような、気遣う様なまほの視線が小梅に向けられる。

どれだけみほに対する憎しみを持っていても、小梅がどれだけみほのためを思って行動してきたのかまほは知っている。

それが無に帰してしまった事に無念さと同情する気持ちを持ってしまう。

だから、小梅にみほが転校するという事を伝えていなかったのだ。

結局、どこから聞きつけたのか小梅は来てしまったが。


小梅「みほさん帰りましょう?誰もあなたを責めてなんかいませんって。大丈夫ですよ!何があっても、私があなたを守りますから!」


小梅が先ほどよりも強くみほの両肩を掴み、無理やり作った笑顔で呼びかける。

だけど、みほは小梅の手をそっと解くと、今度こそ二人に背を向け歩いていく。

その後ろ姿にまほが嘲笑を投げつける。


まほ「まるで流刑者だな。お前に相応しい姿だよ」


みほの足が止まる。


まほ「周りはお前がおかしくなったのだと思うのだろうな。だが違う。お前は、ずっと前からそうだった。

   誰かの優しさに縋ってばかりで自分を見つめてこなかった。その果てがそれか」


まほにとって、みほが黒森峰で見つけた絆は何よりも尊く、掛け替えのないものだった。

エリカを失い、嘆き悲しむ気持ちが分からないわけが無かった。

大切な妹だったから。大切な後輩だったから。

そしてまほはその両方を失った。

まほの瞳には怒りだけじゃなく、諦観も宿っている。

もう、みほには何も期待をしていないと。


まほ「みほ、私はお前を絶対に許さない。お前にとって戦車道が存在意義だというのなら、生きる糧だというのなら――――何もない未来でそのまま朽ちてゆけ」

934 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:27:36.99 ID:d4D1O6AS0


吐き捨てるようなその言葉にやはりみほは何も言わなかった。

代わりに小梅が口を開く。


小梅「ねぇ、みほさん、戻ってくるんですよね?転校だなんて、ちょっとだけなんですよね?」


小梅の声は懇願するかのように潤んでいて、それはつまり、小梅も答えが分かっているという事だった。

みほは小梅を見ずに冷たい声を出す。


「私は、エリカよ」

小梅「ほら、今からちゃんと謝れば、いつものみほさんに戻れば、隊長だって許してくれますよ。ねっ?だから、ほら!私も一緒に謝りますから。だから、」


その手を引いて、黒森峰まで連れ帰りたいのに。なのに、小梅はみほに近づくことが出来ない。

どこまでも強く、みほの背中がそれを拒絶しているのを小梅は感じてしまう。

だから返答なんてさせないように小梅はまくし立てる。何も言わなくても良い、せめて私の言葉に頷いてほしいと。

そう、願って。


「……赤星さん、ごめんなさい」


帰ってきた言葉は冷たく、小梅の望んだものでは無かった。

そして、自分ではみほを引き留められない事を悟った小梅は、感情の失せた声で最後の言葉をかける。


小梅「……みほさん。あなたは、エリカさんじゃないですよ」

「……さようなら」


それで、終わりだった。


935 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:34:47.25 ID:d4D1O6AS0




みほが去った港に、まほと小梅が残される。

小梅はうずくまり涙を流し、まほはそんな小梅を悲し気に見下ろす。


小梅「なんで……なんで……?エリカさんは、エリカさんはこんな事望んで……」

まほ「……だとしても、あいつは超えてはならない一線を越えたんだ」

小梅「だからってみほさんを追い出すんですか!?それこそ、エリカさんは望んでないっ!!」


悲鳴のような声が港に響き渡る。


まほ「そうだろうな。でも、あいつはもう変わらない。ここにいればあいつはずっと『エリカ』のフリをして私たちの前にい続ける。お前に、それが耐えられるのか?」


小梅が悔しそうに歯を食いしばる。

まほは知っていた。小梅が今も事故の事を悔やんでいることを。

「全部自分のせいだ」。そう鏡に向かって呟く彼女を見た事があった。

みほに酷い言葉を投げつけられても、それでも笑顔で前を向いていたのは、後ろを向いたらもう戻れないと知っているからだと。

だから、まほは小梅を自分と同じだと思っていた。

だから、あの日、変わり果てたみほと最初に出会ったのが自分でよかったと思っている。

もしも小梅があの『偽物』と最初に出会っていたら、今度こそ小梅は壊れてしまったかもしれないから。


まほ「……私は耐えられない。次は、殴るだけじゃ済まないかもしれない……これが一番なんだよ」


小梅がゆらりと力なく立ち上がる。


小梅「……エリカさんは必要な人でした」

まほ「ああ。代わりなんて絶対に見つからない」

小梅「みほさんは、必要な人です」

まほ「いいや、空っぽの偽物などいるだけ迷惑だ」


その瞳に強い決意が宿る。


小梅「……なら、私が二人の分も頑張ります」

まほ「……今のお前じゃ無理だ」

小梅「だったらっ!!」


先ほどまでとはまるで違う裂帛の気合が小梅の体に力を与える。

そして、まほを射貫くように睨みつける。


小梅「だったら強くなって見せます。エリカさんの分も、私が……みほさんの居場所を守って見せます。いつか、みほさんを戻して見せます」

まほ「……やれるものならやってみろ。私は、私だけで黒森峰を守って見せる。エリカが憧れてくれた私が」


もしかしたら二人は友達になれたのかもしれない。

たとえ傷のなめ合いと言われようと、それでもいつか本当の絆が生まれたのかもしれない。

しかし、まほと小梅は共に並ばなかった。

強い願いを、一人で果たして見せると決意してしまった。

まほが、小梅が、かつて望んだ未来はもう、遠く、見えなくなっていた。


936 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:36:06.53 ID:d4D1O6AS0




プラウダ高校の学園艦。そこにある学生寮の一室の扉がノックされる。


ノンナ「カチューシャ、私です」


ノックをした長身の生徒―――ノンナは部屋の主の返事が返ってこないのにため息を吐くと、鍵のかかっていないドアノブを回す。


ノンナ「……入ります」


部屋の中は冷え切っており、部屋の隅に置かれたベッドが小さく膨らんでいた。

その膨らみに向かってノンナは声を掛ける。


ノンナ「体調は大丈夫ですか」


返事は帰ってこない。


ノンナ「いい加減、練習に参加してはどうですか?みんな待っていますよ」


膨らみがもぞもぞと動く。


カチューシャ「……私は、戦車道を辞めたって言ったでしょ」


小さくて、今にも消えてしまいそうな声が布団越しに聞こえてくる。

ノンナは辛そうに唇を噛みしめ、逡巡するように視線を揺らすと、ため息のように声を出す。


ノンナ「……今日の会議であなたが隊長になることが決まりました」


その瞬間、跳ね飛ばされるように布団がどけられ、中から小柄な少女――カチューシャと呼ばれる少女が姿を現す。

深い隈に縁どられたその眼は信じられないといったように見開かれ、ただでさえ華奢な手足はノンナが最後に見た時よりも細く、頼りなくなっていた。

その姿にノンナは泣き崩れそうになるも、ぐっとこらえて、震えが声に出ないように伝える。


937 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:38:15.69 ID:d4D1O6AS0

ノンナ「あなたならきっと皆の期待に応えることができます。だから」

カチューシャ「何言ってんのよっ……私は、人殺しよ……」

ノンナ「……あれは事故です。連盟も、国も、何よりも逸見さんの家族がそれを認めてくれたじゃないですか」

カチューシャ「私が命令したッ!!私が撃たせたッ!!足場が悪くなってるだなんて事知ってたのにッ!!勝利に目がくらんで、人の命を奪ったッ!!」


悲痛な叫びにノンナの胸も痛くなる。

それでも、今ここで自分まで泣き出すわけにはいかない。今日、ノンナがカチューシャに会いに来たのは決して同情や慰めるために来たわけではなく、

もっと残酷で、恨まれるような事をするためなのだから。


ノンナ「……それでも、みんなはあなたを隊長に選びました。あなたなら、我々を導けると」

カチューシャ「……お願い、放っておいて。私はもう戦車道を……」


泣き叫ぶ体力すら尽きたのか、カチューシャは再び布団に潜り込もうとする。


ノンナ「……あなたに伝えるべきか迷っていましたが、仕方がありません。……西住みほさんですが」


そして、ノンナによってあの事故の『被害者』の顛末……いや、末路が語られる。

一言紡がれるたびにカチューシャの顔が動揺、後悔、悲痛に歪んでいく。

それは語るノンナも同じであった。

そして、全てを語ったノンナの口が閉じると、カチューシャが理解できないといったように頭をおさえ皮膚が裂けそうなほど強く爪を立てる。


カチューシャ「何よ……何よそれッ!?」


その問いかけにノンナは何も答えない。

何も、答えることなどできないから。


カチューシャ「あの子は何も悪くないじゃないッ!?なのに、なんでッ!?」

ノンナ「わかりません。ですが、それほどの事があったという事なんでしょう」


理由はある程度知っている。どれだけ隠そうとも人の口に戸は立てられ無いのだから。

ましてや、その『被害者』は自分から自分の事を大っぴらにしたのだから。

けれど、知っていることと理解できることは全く違う。

なんでそうしたのか、それが分かってもその論理は理解できない。

きっとその論理はそうなった本人だけが理解しているのだろう。


カチューシャ「私の、せいで……私の、せいなのに……」


カチューシャはぶつぶつと呪文のように自責の念を呟く。

そして数分ほどたったのか、ピタリとそれが止む。

隈だけでなく真っ赤に充血した瞳をノンナに向ける。

938 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:39:27.95 ID:d4D1O6AS0


カチューシャ「あの子は……西住みほは、私を恨んでるかしら」

ノンナ「……わかりません」


そんな事知る由もない。知った所でどうしようも出来ないから。


カチューシャ「私は……あの子の大切な友達を殺した」

ノンナ「違います。あれは事故です」


即座に否定する。

あれは事故だ。それは皆が認めている。

事故の当事者以外は。


カチューシャの震えが止まる。

ノンナを見つめる瞳は先ほどまでの悲痛に染まったものでは無く、強くて、まっすぐな、ノンナが尊敬する同志の瞳になる。


カチューシャ「……隊長、引き受けるわ」

ノンナ「どうするつもりですか」

カチューシャ「別に。ただ優勝を目指すだけよ。……みほが来るまで」

ノンナ「みほさんの転校した学校に戦車道はありません」


ノンナはそれが、とても残酷な仕打ちだと思う。

自分も戦車道を誇りに思っているからこそ、それを取り上げられた者の気持ちが痛いほどわかるから。

そして、同時にこうも思う。それが、一番なのだと。

痛みを、哀しみを、永遠に引きずるぐらいならいっそ、無くしてしまえば良いんだと。

そうしていつか、ちゃんと笑えるようになればと。

そう考えた人の気持ちもまた、痛いほど理解できてしまう。

逆に、もう戦車道をしたくないと言うカチューシャを情で絆して、担ぎ上げようとしている自分は人でなしだと、そうノンナは自嘲する。

もちろん、それを顔に出したりはしないが。


きっと、そんな自分の浅はかな内心もカチューシャは読んでいるのだろうと自分勝手な期待をして。


939 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 22:41:52.79 ID:d4D1O6AS0


カチューシャ「それでも、みほはまた戦車道をやるわ」

ノンナ「どうしてそう思うのですか?」

カチューシャ「だってエリカは戦車道が大好きだったんだから。なら、あの子もきっと燻ったまま消えるつもりなんて無いわ」


カチューシャは知っている。エリカが本気で戦車道に人生を懸けていた事を。

彼女を知っている人から、彼女の家族から、聞いたから。


カチューシャは知ってしまった。エリカの友達がエリカの事を本当に大切に思っていた事を。

それこそ、自分を捨ててしまうほどに。

だから、


カチューシャ「だから、私があの子の敵になる。私を恨んで仇を討とうとしてくれるのならそれでいい。そうでないのなら」


それは、あまりにも悲痛な決意だった。

背負う必要のない覚悟で、ともすれば自分勝手なまでに。


カチューシャ「せめて、『みほ』を取り戻させたい。どんな手を使ってでも、それで恨まれても。それが……私が『あの子』にできる償いだから」


それでも、そうする事でしかカチューシャは立ち上がることが出来なかった。


940 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 23:12:37.43 ID:d4D1O6AS0





黒森峰が、『世界』が。遠く、離れていく。

真っ暗な海が私の前途を表しているようで、いっその事そこに飛び込んでしまえばと何度も思ってしまう。


「……それでも」


私は、逸見エリカとして生きていく。

そう決めたから。そうするしかないから。

どれだけ憎まれようと、どれだけ蔑まれようとも、私にはそうすることでしか、貴女の望みを叶えられないから。


「大丈夫だよエリカさん、貴女はこれからも生き続けるから」


あの時死んだのは西住みほで、生き残ったのは逸見エリカ。

それが一番なのだから



『……逸見エリカよ。ま、よろしくね』



私が『初めて』出会った人。『初めて』私を伝えた人。



『強さも、戦車が好きって気持ちも持っているあなたなら、戦車道だって好きになれるわよ』



私の道を照らしてくれた人。



『精々頑張りなさい』



貴女が私の手を引いてくれた。



『誕生日おめでとう。今日という日を、私は祝福するわ』



貴女がいたから私は前を向けた 。

貴女がいたから、私は今日まで生きてこられた。


なのに、



『生きて』



941 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 23:15:11.19 ID:d4D1O6AS0


貴女の声が、思い出せなくなっていく。

貴女の眩い姿が、掠れて、ノイズまみれになっていく。

記憶に残る貴女はいつだって美しかったのに、

私を支えてくれる唯一の記憶がどんどん崩れていく。

それでも、貴女がくれたたくさんのものが、私の中にはある。

それがあればきっと、私は生きていけるから。

雪のように冷たく、灰のように真っ白な髪(ニセモノ)でも、貴女の素晴らしさを伝える一助にはなってくれるかもしれないから。

空っぽでも、偽物でも、私が『逸見エリカ』だから。


だから、きっと私は――――二度と貴女に会えない。


私が選んだのはそういう事だから。

あまりにも醜悪で、唾棄するような事だから。

たとえそれが貴女の望みを叶えるものであっても、私の未来にはもう、光なんてないのだから。

だから、せめて少しだけ延びた私の最期を貴女に捧げたい。

借り物の姿で、借り物の名前で貴女の素晴らしさを伝えたい。

無様で、滑稽で、愚かでも。

貴女の事を誰も忘れないように。

たとえ、それが消えない罪だとしても。



だって、


942 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 23:16:40.25 ID:d4D1O6AS0



「私は、あなたに救われたから」


943 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 23:19:36.47 ID:d4D1O6AS0
ここまでー。

とりあえずこれで過去編は終わりです。

バカみたいに長くなってしまいましたがここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

ちゃんと次スレで完結させるのでもうちょっと…もうちょっとだけお付き合いお願いします。

とりあえず、読んでくれた方々ありがとうございました。
944 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/02(土) 23:23:09.96 ID:d4D1O6AS0
次スレの開始はちょっと時間をもらって3月23日(土)にさせてもらいます。

新スレ自体は【ガルパン】みほ「私は、あなたたちに救われたから」というスレタイでたぶん明日にでも立てるので、このスレは埋めちゃって大丈夫です。

感想もらえると嬉しいので。

長々と付き合わせてしまいすみませんでした。
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/02(土) 23:29:20.94 ID:vMY1f80vO
乙でした。
久々に物語読んで涙が滲みました。最後のみほの救われたからで涙腺崩壊、感動です。
現在編が楽しみすぎる。
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 23:33:45.51 ID:NsdhyT40o
おつー
これ決勝戦勝てるん?ww
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 23:42:13.40 ID:RjOnSuN40
誰も幸せになれない……
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/02(土) 23:50:28.63 ID:Y7arGBuv0
すごくすごく良かったです。
乙でした。
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/02(土) 23:51:21.73 ID:HaxA9QYg0
過去編乙でした
ハッピーエンドに持っていけるのか…?
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/02(土) 23:59:30.64 ID:3FIqkNjk0
>>1ーシャ
救われるんだな! みほは救われるんだな!? 信じていいんだな!
待ってるぞ!!!!
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 00:01:32.26 ID:6l5KZw6D0
>>1ーシャ
救われるんだな! みほは救われるんだな!? 信じていいんだな!
待ってるぞ!!!!
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 02:10:41.48 ID:mCIx6vRd0
乙、ようやく今に繋がった!
過去編楽しませてもらいました。
また楽しみにしてます!
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 02:12:23.34 ID:x17O8Z/3O
そして時は動き出す
大洗メンバーは逸見エリカの死を疑似体験し、西住みほのヘビー過ぎる過去、そして彼女自身にどう対面するのだろうか...
ワクワクが押し寄せてくるな
ぜひトラブルを100倍にしてくれ
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 02:25:10.31 ID:mQrGvYXx0
すばらっしいです!続きが楽しみ。
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/03(日) 02:52:05.40 ID:ouLFvyQeO
あとの謎は自分を弱くて大嫌いと言ったエリカの心の闇か。凄く気になるところだが現在編で解明されるのか。
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 03:40:55.53 ID:uB98HSLM0
これだけの文才ならバカみたいに長くなってもスラスラ読めるしむしろ大歓迎だ
過去編踏まえて第1部読んだらまた印象変わりそう
自分が仇として相手をするというカチューシャの想いは一応果たされたってことか
結果的にみほに現実を突きつけ直して立ち直らせる一歩目になってくれるんだろうか...
このssのおかげでガルパン熱も冷めずにいるわ
完結編?も自分のペースでいいから楽しみに待ってます
ありがとう!
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 05:10:21.07 ID:I7H1fFOLO
誰か新しいやつが来たらリンク頼む
このサイトトップ画面何故か動かないんだよ俺
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 07:06:02.97 ID:JmJ4kt2EO
乙、毎度毎度たのしみにしておりました
ここからもたのしみにします!!
しかし、これはああなるのも仕方ないよ、西住家はもっと早く家族で話し合えたらこうはならずに済んだのに・・・
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 18:52:42.88 ID:f6sYtml0O
乙乙乙!!!

ガルパン 名作長編にまた新たなるラインナップが加わった。
物語って、いいですねぇ、、、
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 19:03:37.11 ID:dyjkvhxro
乙でした。新章に期待膨らみすぎる
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/03(日) 22:58:29.03 ID:YYvC8em+0
乙でした。

>まほ「そうだろうな。でも、あいつはもう変わらない。ここにいればあいつはずっと『エリカ』のフリをして私たちの前にい続ける。お前に、それが耐えられるのか?」

耐えられず壊れたのはまほの方だったんじゃないかなと思ってる。
エリカが憧れた「強い隊長」は、暴力や西住の権力で実の妹を排除しようとするような人物じゃないはず。
それに、普段であれば、家族として十分に接してこなかったことへの自己反省もしていたと思う。
妹と友人をいっぺんに失ったのだから仕方ないかもしれないが。
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/04(月) 08:45:37.67 ID:J413V0MjO
エレファントさん早くまとめておくれや!
ひさびさにコメント50超えを正当に狙える作品やぞ!
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/04(月) 10:11:44.56 ID:eqiA9PCh0
[ピーーー]ageカス
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/04(月) 11:10:23.52 ID:08AkUZbkO

まさかの3部作。楽しみだ
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/04(月) 20:16:44.21 ID:mzT5DThJ0
wwktk
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/04(月) 22:38:45.99 ID:RTJ1zjGf0
乙! ついに過去編が・・・とてつもなくヘビーだった・・・
みほもまほも小梅もカチューシャも、みんな1人で背負うには重すぎるものを背負っちゃってるな・・・
ほとんどあらゆるものがボロボロに壊れたこの状況から、一体どうなるのか、完結編も楽しみです!
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/05(火) 00:17:15.96 ID:HJqpzElI0
乙です。とてもおもしろく一気に読んでしまいました。続きが気になる!
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/05(火) 13:05:37.60 ID:vBZFss1Z0
母親であることより師範であることを優先したらそりゃ離反されるよな
それでいて1年もたってから母親面で最後の砦だった戦車道さえ奪われるとかね
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 23:24:46.99 ID:/XbvCscz0
信じられるか?
この作者、ママ爆弾の人なんだぜ?
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 23:56:47.84 ID:fPIgaC+AO
ときに我が輩は赤星の小梅ちゃんが逸見エリカの人気を凌駕する日を信じているのだが、それは今この記念すべき世界の変換点である2019年、そして、このスレこそがよき起爆剤になるのではないかと密かに期待しておるのだ。して、貴様らにも、我が輩の新たな境地、ガルパナイズドライフ計画と、新しいフロンティア開拓に協力してくれないだろうか。

おお、心やすき天使、小梅ちゃんに栄光あれ!
おお、聞こえるか、小梅ちゃんと大天使みほのいと細き運命の絆が新しく紡がれていく音が!!

助けて!小梅ちゃんに包まれたい!
小梅ちゃん集団スレに包まれたい!!!
このキチゲーがあ
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/21(木) 23:35:29.04 ID:LcADASx40
早く
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 23:55:03.02 ID:Eh9IOIjn0
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1551876414/29

> 29 : ◆eltIyP8eDQ [saga]:2019/03/06(水) 23:03:42.79 ID:dIIGu14/0

> ちなみに別のスレになりますが、

> 【ガルパン】エリカ「私は、あなたに救われたから」というスレをやってました。

> これはこの間完結しましたが、3月23日(予定)に続きのスレを立てる予定です。めっちゃ長いので気が向いたらでいいので読んでみてください。

> このスレじゃ出来なかったエリカさんの誕生日ネタもちょっとあります。
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/22(金) 12:59:14.59 ID:T64gg8y2O
新スレたった?
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/22(金) 16:24:47.17 ID:eMrE0vZl0
>>973
頭悪そう(確信)
975 : ◆eltIyP8eDQ [sage saga]:2019/03/23(土) 23:51:12.06 ID:cpswsJVq0
【ガルパン】みほ「私は、あなたたちに救われたから」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553347133/

続きのスレ立てました。
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 08:30:24.53 ID:zirrplUjO
↑ありがたい
君には小梅ちゃんポイント100をあげよう
小梅ちゃんポイント10000をためると小梅ちゃんチケットと交換できるんだよ
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 11:05:48.63 ID:dxvpAy+g0
作者だとわかってて言ってるのか知らずに言ってるのか
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 16:36:52.58 ID:u4j06FMNO
あー
この度は私の不注意により皆様及び作者様に大変なご不快を与えてしまいまして、誠に恥ずかしい思いがしています。当時としては寝起きであったためおかしな心持ちでありまして、皆様に対して失礼な態度をとるつもりなど、私といたしまして
うわあああああああああッ
わだぐじわあ うわあああああああああッ
しずれいなあ うわあああああああああッ
(土下座)
708.34 KB Speed:2.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)