【Fate】聖杯を勝ち取れ!【安価とコンマ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/05/31(木) 23:35:14.32 ID:vWKsZoKJ0

FateのSSです。
基本的に安価、コンマで主人公である「貴方/貴女」を操り聖杯戦争を生きていきます。

1程悪く、9ならば良い結果になります。
0は特殊と扱い、あらゆる補正を受けません。

連取りはコンマは許可しますが、安価の場合は下を採用します。
また、雑談なども下にします。
※場合によっては>>1の判断で再安価や安価下となる場合があります。
  ご了承ください。



戦闘時のコンマ表

0、特殊判定・クリティカルと同じ効果
9、クリティカル・成功大の効果に合わせ三連続取得で追加+3
87、成功大・相手が失敗以下で追加+1
65、成功・特になし
43、失敗・特になし
2、失敗大・相手成功以上で追加−1
1、ファンブル・失敗大に合わせ三連続取得で追加−3


Wiki:https://www2.atwiki.jp/katitore/pages/1.html

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527777314
2 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/05/31(木) 23:36:10.52 ID:vWKsZoKJ0
先代
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519857242/#header
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/31(木) 23:59:38.91 ID:sbSDddOiO
4 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/01(金) 19:08:17.38 ID:jY1eUhHr0

ヴァンプ「……はぁ……はぁ……」

目を閉じ、傷を確認する。

……逃げるならば、これ以上の負傷は避けたい。

ヴァンプ「ったく……ねえあんた、折角なら生きたいでしょ」

巴「……は……おい、何言って……」

ヴァンプ「弱っちいあんたがマスターだとキツイの、可愛くて強い子の方に行きたいの」

そう笑いながら、船を仰ぎ見る。

ヴァンプ「さっさと忘れてね、未練がましいのって嫌い」

爽やかに笑いかけ、首筋に唇を重ねる。

巴「あ、ぅあ……」

ヴァンプ「……ふう、令呪は返してもらったけど……立てるようになったら好きになさい」

それだけ言い、ファニーヴァンプは軽やかに船へと走り出す。



5 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/01(金) 19:08:53.58 ID:jY1eUhHr0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 19:32:21.95 ID:v/fRgbMT0
てや
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 19:34:13.98 ID:v/fRgbMT0
マスター変え来るか
愛歌の補整強くて苦戦してたししょうがないね
8 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/01(金) 21:44:07.32 ID:jY1eUhHr0



……また夢を見た。

定期的に整理の為に行っているが、セイバーと契約したからか、その意思はなくとも見るようになった。

「完璧とは絶対にあり得ぬ」

……製造者が口癖のように言っていた言葉だ。

「欠落を抱えられぬものは完璧ではなく、欠落を抱えてしまったのならば完璧ではない」

様々な顔が製造者の顔を見る。

一つとして同じ顔がないのも、製造者の哲学なのだろう。

「欠落を克服し、欠落とともに歩め」

その言葉とともに、見上げていた顔に生気の光が灯る。

「……お前も含め欠陥だらけだ」

「では完璧に至れるということでしょうか」

「皮肉も言えるか、欠陥機めが」

「ええ、一番完璧に近いので」

……久しく見ていないが、懐かしい……。



9 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/01(金) 22:12:46.41 ID:jY1eUhHr0
4日目、朝



……目を開け、体を起こす。

貴方「………………」

彼は何も変わらない、感情はもっていてもそれが重大な支障にならぬよう設定されている。

欲によってぶれることは決してない、機械として完成されている。

貴方「さて、今朝は……」



登校
1、する
2、しない
>>下
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 22:28:15.02 ID:MFljnZso0
しない
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 22:28:34.38 ID:v/fRgbMT0
登校せずにラニの拠点を奇襲という安価出したい
無効なら↓で
12 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/01(金) 22:43:15.98 ID:jY1eUhHr0

早い段階で今日の指針を決める。

貴方「今日は家にいましょう」

戦闘をするにしても、学校からはできることが狭まる。

……その言葉とともに、マッシュされたポテトを口に運ぶ。

セイバー「分かりました」

貴方「動くまで、自由にしてて結構ですよ」



行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、自由安価
>>下
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/06/01(金) 22:51:07.77 ID:6nzg9iuv0
わくわくざぶーんのプールへ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 22:54:12.05 ID:v/fRgbMT0
折角だからマスター複数人と遭遇するかコンマで判定してほしい
平日だからアレかもしれないけど
15 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/02(土) 12:59:14.05 ID:zY+64fg/0

息抜き目的に、彼はセイバーを連れわくわくざぶーんへと向かう。

セイバー「学校をさぼって遊興とは……マスターもなかなか大胆ですね」

貴方「こういうこともする人がいるそうですよ」

服を脱ぎ、二人は水着に着替える。

がっしりと分厚い体格のセイバー、そして均整のとれた美しい肉体をもつマスター。

平日の昼間でなければ、それなりの人だかりができていたかもしれない。

貴方「好きに遊んでいいですよ、ここで襲う人などいないでしょうから」

セイバー「……そうですね、ですがあまり離れぬようお願いします」

わかりました、と返答し彼は一人でプールサイドを歩く。



出会った人物
98、愛歌
76、美沙夜
54、ラニ
3〜1、出会わない
>>下コンマ >>下2コンマ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 14:34:03.34 ID:2J8tiOOFO
ラニください
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/06/02(土) 14:40:01.94 ID:nuKMDsra0
ほい
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 15:17:57.77 ID:ZZJfRWCg0
ラニのサーヴァントもプールに来てないのかな
なんか絵面が犯罪っぽいけど
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 18:31:09.10 ID:ZZJfRWCg0
ラニの水着ってスク水みたいな健全なやつかビキニみたいな過激なやつかコンマで決め……
冗談です
20 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/02(土) 18:44:43.83 ID:hWzeTRr4O

……プールサイドにいた彼は、不意に視線が既視感のあるものに引っ張られる。

何に意識を引っ張られたのか……注視してみればすぐに分かった。

ラニ「……奇遇ですね」

貴方「泳ぎに来たんですか?」

ラニ「はい、人も多い場所なので……今は少ないですが」

彼は手を差し出し、ラニをプールから引き上げる。

そのまま2人はパラソルのついたテーブル近くの椅子に座る。

ラニ「……貴方も泳ぎに?」

貴方「いえ、気分転換ですよ……遊びに来た、というのが近いですね」



会話候補
ラニか貴方視点で
>>下3までで候補
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 18:52:07.09 ID:ZZJfRWCg0
主人公:いつもの服も貴方に似合っていると思いますがその水着も新鮮で良いですね。それにしてもこの聖杯戦争中貴方とはよく会いますね。運命を感じませんか?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/06/02(土) 19:03:37.51 ID:nuKMDsra0
ラニーが主人公の星を占ってくれる
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 21:07:46.13 ID:WGdZ7xnnO
ラニ「お弁当、というものを錬成してみたんです。宜しければ、食べていただけませんか?」
24 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/03(日) 12:38:21.18 ID:emmdEguJ0
今日は更新できません
25 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/04(月) 19:13:12.56 ID:1keoOY1wO
昨夜から体調不良で今日、明日は更新できそうにありません

申し訳ないです
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 20:59:39.28 ID:tITnqPi+0
どうかお大事に、一日も早く回復なさってください。
27 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/06(水) 07:45:23.50 ID:L+r/2PlB0
体調が良くなったので今日あたり再開します。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 14:09:54.33 ID:G/0q9/xt0
やっとラニ水着回が見れるな
スリーサイズ上は貧乳じゃなさそうなのに小さく描かれるラニ……
29 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/06(水) 22:27:37.64 ID:L+r/2PlB0
ラニ「お弁当、というものを錬成してみたんです。宜しければ、食べていただけませんか?」

そう言いながら、サンドイッチの詰まったバスケットを広げる。

貴方「……とても美味しいですね、刺激的です」

ラニ「マスタードが効きすぎていましたか?」

貴方「いえ、いつも薄味だったので」

ポテトに支配された舌にとって、瑞々しいレタスだけでも新鮮だった。

貴方「……いつもの服も貴方に似合っていると思いますがその水着も新鮮で良いですね」

不意に、彼はそう言葉を漏らす。

紫色の落ち着いた水着は、彼女の魅力をさらに引き立てている。

貴方「それにしてもこの聖杯戦争中貴方とはよく会いますね。運命を感じませんか?」

薄く笑いながら冗談を言うが、彼女はすでにパラソルの外に立っていた。

ラニ「…………あなたは今、悍ましい何かに命運を握られています」

貴方「……冗談立ったのですが」

ラニ「ええ、ですからそう精度は高くありません」

苦笑しながら、彼は立ち上がる。

貴方「当たらないことを願います」



30 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/06(水) 22:28:08.08 ID:L+r/2PlB0

感情判定
5以上で成功
ラニ >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ 破綻者:−1
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 22:32:41.89 ID:G/0q9/xt0
ラニ万歳
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 22:46:39.89 ID:HowE8L1k0
せくろs
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 22:55:13.96 ID:G/0q9/xt0
このラニまだ完全にデレてないよね喋り堅いし
どうしたらラニルート入れるんだ
まあ愛歌様に殺される運命?かもしれんが
34 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/07(木) 18:15:56.22 ID:lZrKOxrI0

ラニ→【友情】
「……好ましい人物です」

貴方→【友情(大)】
「数少ない心を許せる人物」
35 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/07(木) 18:50:19.65 ID:lZrKOxrI0
4日目、昼



プールから戻り、彼は少しの休息をとる。

セイバー「お疲れですか?」

貴方「……そちらも大変の様でしたが」

ラニと話していてあまり女性が話しかけては来なかったが、セイバーは一人であったため絶えず女性が取り囲んでいた。

……平日の昼間とは思えぬ人数であり、おそらく情報が拡散されわざわざ見物に来た人物すらいた。

セイバー「ははは、大変なんかではありませんよ」

貴方「それは結構……」



行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、自由安価
>>下
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 19:40:38.92 ID:NQYLfSqU0
使い魔
37 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/07(木) 20:36:05.44 ID:lZrKOxrI0

カラスの使い魔をベランダに集め、異常が無いか確認する。

貴方「……よし」

追跡や介入の様子はない、罠にかかってはいないようだ。

貴方「さて……」

まだ太陽の位置は高く、セイバーが動くには最適の時間。

だが他のサーヴァントはそうは行かないだろう。



使い魔選択
1、即時報告(即コンマ判定)
2、定期報告(使い魔を戻す、を選択まで飛び続ける)
>>下
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 21:31:02.64 ID:TmCIjgjd0
2
39 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/07(木) 23:37:25.57 ID:lZrKOxrI0

カラスたちを街に潜ませ、敵が尻尾を出すのを待つ。

……派手に動かない分逆探知の危険は少ないが、長時間放置するしかない。

貴方「……良い成果を待ちましょう」

そう言い、ベッドに横になる。

貴方「夜まで魔力を蓄えます、警戒はわかせました」

セイバー「ええ、お任せあれ」
40 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/08(金) 15:58:04.27 ID:cAkwPj+u0
夜に再開します。
41 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/08(金) 22:42:15.50 ID:cAkwPj+u0
4日目、夜



ポテトを補給し終え、口元をナプキンで拭う。

貴方「さてと……」

とっぷりと日は暮れ、冬の夜空が窓の外に広がる。

貴方「次期に動き出す時間でしょうね」

セイバー「ええ、ですがまだ近くにはいないようです」

貴方「アサシンもまだ健在です、必要以上の警戒も大袈裟ではないでしょう」



行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を戻す(1ターン経過)
3、索敵
4、自由安価
>>下
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 22:43:42.56 ID:GBlsuJIw0
1 愛歌
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 22:45:43.30 ID:bSqGlRzt0
暗殺しない暗殺者
44 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 00:12:31.83 ID:xgIJXlXx0

愛歌「こんばんわ」

……扉をあけて現れたのは、自身の命運を握る少女。

貴方「こんばんわ、どうかなされましたか?」

愛歌「うんん、用は無いんだけれど、会いたくて来ちゃった」

貴方「なるほど」

まるで近い将来結ばれる2人かのように、近い将来殺しあう2人は談笑する。

愛歌「お夕飯、食べちゃったかしら……」

貴方「いえ」

愛歌「良かった!」

少女らしく無垢に純粋に、彼女は花のような笑みを浮かべる。



会話候補
愛歌か貴方視点で
>>下3までで候補
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:19:20.25 ID:rA/MZc7B0
愛歌「私と戦いたくないから休戦協定を結んでいるのに、わざわざ学校をさぼってまであの人形(ラニ)と話すなんて悪い人ね。貴方だったらあんな無防備な人形、一瞬で殺せたでしょうに。そんなにあの女のことが気に入ってるのかしら?」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 07:24:12.07 ID:lvebvSWKO
ようやく現行スレに追いついた…

貴方「いえいえ、ただ単純に仕事という事実を差し引いても話しやすい人物なだけですよ。それこそ、貴女との協定のためであれば、油断している彼女の背中を襲っても構いませんし。あぁ、しかし貴女が襲うのなら事前に知らせてくれるとありがたいですね。」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 10:37:33.05 ID:+zLOr1sJO
愛歌「そうそう、昨日は面白い相手と遊んだの。確かアレは真祖というんだったかしら。まあ、思ったよりも手応えがなくて拍子抜けしたのだけれど。貴方がこの聖杯戦争に参戦した理由が漸く分かった気がするわ。あの吸血鬼、もしかしたら私に負けたことで気が立って彷徨いてるかもしれないから、気を付けてね」
48 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 19:41:58.93 ID:xgIJXlXx0

愛歌「私と戦いたくないから休戦協定を結んでいるのに、わざわざ学校をさぼってまであの人形(ラニ)と話すなんて悪い人ね」

お見通しだとでも言いたげに、彼女は目を細め笑う。

それに対し、少しも表情は崩さない。

愛歌「貴方だったらあんな無防備な人形、一瞬で殺せたでしょうに。そんなにあの女のことが気に入ってるのかしら?」

貴方「いえいえ、ただ単純に仕事という事実を差し引いても話しやすい人物なだけですよ」

……本心は見せない、本音か、虚言か。

不真面目ではないが、真剣味の無い声……感情を理解しているからこそ、つかみどころの無さを生み出していた。

貴方「それこそ、貴女との協定のためであれば、油断している彼女の背中を襲っても構いません。あぁ、しかし貴女が襲うのなら事前に知らせてくれるとありがたいですね」

愛歌「ふぅん? まあ、気が向いたらね?」

クスクスと喉を鳴らしながら、愛歌は彼の瞳を見つめる。

愛歌「そうそう、昨日は面白い相手と遊んだの。確かアレは真祖というんだったかしら。まあ、思ったよりも手応えがなくて拍子抜けしたのだけれど」

その情報を聞き、ほんのわずかな表情の変化に愛歌は見逃さない。

愛歌「方がこの聖杯戦争に参戦した理由が漸く分かった気がするわ。あの吸血鬼、もしかしたら私に負けたことで気が立って彷徨いてるかもしれないから、気を付けてね」

……情報提供ではない、と言うのは彼女の性格からいってこれは予告だ。

何をするか、何が起きるか。

貴方「……分かりました、気を付けましょう」

愛歌「そう? ならお喋りもここまでにしましょうか」

打って変わって、彼女の周りの空気は柔らかくなる。



49 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 19:43:02.87 ID:xgIJXlXx0

感情判定
5以上で成功
愛歌 >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ 破綻者:−1
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 20:17:37.94 ID:3HJjdFmZ0
たあっ
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 21:17:00.06 ID:rA/MZc7B0
新ルート開拓
52 : ◆KC4Ah12O6u1H [saga]:2018/06/09(土) 21:26:47.25 ID:xgIJXlXx0

貴方→【好感】
「何はともあれ好感を持たれている」
53 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 21:28:17.70 ID:xgIJXlXx0
4日目、イベント


陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 21:32:59.32 ID:rA/MZc7B0
55 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 22:14:43.81 ID:xgIJXlXx0

状況判定
9〜7、特殊
6〜4、捕捉
32、戦闘
1、襲撃
>>下コンマ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:15:02.80 ID:rA/MZc7B0
死なないでくれラニ
57 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 22:17:53.92 ID:xgIJXlXx0

特殊判定
9〜7、同盟
6〜4、宝具
3〜1、戦闘
>>下コンマ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:18:51.07 ID:3HJjdFmZ0
せいや
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/09(土) 22:19:16.80 ID:v2ybfy1o0
えい
60 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/09(土) 22:42:50.78 ID:xgIJXlXx0

陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
65、アーチャー
43、バーサーカー
21、キャスター
>>下コンマ
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:48:54.78 ID:rA/MZc7B0
ゲートオブスカイ
62 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/10(日) 00:46:23.95 ID:MLIVwgVV0

郊外の森の奥、荘厳に佇む城の中。

美沙夜「…………」

凛とした少女が、ソファに腰かけている。

……その背後には、青い戦士。

ランサー「あんたが誰かと組むなんてな」

美沙夜「誰かの下に着く気もないし、向こうも同じよ……」

その言葉とともに、部屋にホムンクルス……おそらく、ここの城主とそのサーヴァントがやってくる。

……白いホムンクルスと、黒いサーヴァント……やや遅れ、従者らしき女性が入ってくる。

美沙夜(……人間……?)

一瞬疑問符を浮かべるが、その装備を見て納得する。

銃器……おそらく、雇った傭兵か何かだろう。

アサシン「……さて、使い魔で話した通りだ……ここまで来たのだ、回答は聞くまでもないな?」

美沙夜「ええ、勿論」

……二人の間に、ピリピリとした空気が漂う。



63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 01:11:49.69 ID:bf5kcJ640
ファニーヴァンプ、愛歌、槍殺同盟と難敵多い
主人公も誰かと組まないとやばそう
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 04:29:56.38 ID:dPTnNDmq0
悪平等でお互いの補正0だからやばくないで
5割で絶対[ピーーー]マンなんやで
65 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/10(日) 17:45:34.39 ID:BzDf1D9CO
夜に少しだけ更新します
66 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/10(日) 23:37:22.06 ID:MLIVwgVV0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:38:01.36 ID:bf5kcJ640
フォトンレイ
68 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/11(月) 00:20:00.58 ID:THOCxIzO0



「動力がどこにも繋がっていない」

突然私を指し、製造者は言った。

「それはあり得ません」

無論あり得ない、魔術の技術の歯車は回り続けているからこそ私は動いている。

「……お前は今、私の言葉で多少なりとも感情が動いたはずだ」

「そうですね、ただの訂正ではなく……呆れと、少しの動揺があったかと」

そのようなこと、他の人間に心臓に血管が繋がっていないと言いうようなものではないか、と黙考する。

「お前は完璧に感情を理解し、そして表せる……だが……お前は決して感情で動かない……感情という動力はお前の体を動かせない」

「……当たり前では?」

利で行動すること、理で行動すること、間違っているはずがない。

「私が死んだとしても、利がなければ動かんのだろうな……殺意を抱こうが、憤怒を覚えようが、憎悪を滾らせようが」

「ええ」

殺意で殺せるのか、憤怒で消せるのか、憎悪で倒せるのか。

道半ばで倒れるのであれば、感情は行動へ至らない。

「私も耄碌したな……完成だと手放しで喜んでしまった」

「ええ、そうかもしれませんが……完璧ではあります」

「……欠陥を抱けぬ様なら、まだまだ完成は遠い」

「それは残念ですね」



69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:38:25.79 ID:Si+0002u0
前回の主人公もめんどくさいキャラしてたけどこいつも書くの大変そうだ
70 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/11(月) 18:29:54.03 ID:THOCxIzO0
5日目、朝



……ゆっくりと身を起こし、差し込む朝日に目を細める。

貴方「…………」

夢の内容に少しの動揺も見せる事は無く、彼はシャツを手に取る。

セイバー「お早うございます」

貴方「ええ」

短く挨拶を返し、そのままシャワールームへ向かう。



登校
1、する
2、しない
>>下
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 18:34:27.98 ID:Si+0002u0
登校しない
ていうかレオみたいなコンセプトで作られたのか
作った人ハーウェイ関連かね
72 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/11(月) 20:18:00.45 ID:THOCxIzO0

身だしなみを整え、席に着く。

貴方「…………」

テレビから流れるニュースを聞き流しながら、ポテトを食す。

セイバー「今朝はどうしますか?」

貴方「学校はやはり避ける方向で行きます」

セイバー「了解しました」

戦闘を行いづらいにも程がある、なにしろセイバーは派手に戦うタイプのサーヴァントだ。




行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を戻す(2ターン経過)
3、索敵
4、自由安価
>>下
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:21:58.07 ID:KuWpe+SC0
1 ロシェ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:24:44.95 ID:Si+0002u0
まあロシェとは全くコミュしてなかったしな
そういやガウェインとランスロットの因縁もあるのか
ランスロット多分喋れないけど
75 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/11(月) 21:55:31.19 ID:THOCxIzO0

森の中を歩いていた彼は、ふと足を止める。

……えぐれた土に、砕けた木。

貴方「お久しぶりですね」

腕を振るい、迫って来ていたゴーレムが何かに阻まれるように固定される。

ロシェ「……久しぶりだね」

貴方「ここはゴーレムの良い素材が取れるでしょうか?」

白々しく、彼はもう一度腕を振るいゴーレムを解放する。

貴方「……さて……続けますか?」

ロシェ「もういいよ」

呆れた様子でゴーレムを地面に潜らせる。



会話候補
ロシェか貴方視点で
>>下
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 22:04:05.84 ID:Si+0002u0
貴方「まさかロシェさんがユグドミレニアのマスターとして参戦するとは、彼らの人材不足は相当なものですね。
確かにその年で高いレベルの魔術を使いこなす貴方は、魔術師としては天才です。
しかし、人間を理解できない今の貴方では、サーヴァントと心を通わせ共に戦っていく聖杯戦争を勝ち抜くことは不可能でしょう」
77 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/11(月) 22:10:57.31 ID:THOCxIzO0
>>下3までで候補ってのが抜けてました、あともう2つどうぞ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 22:27:16.12 ID:yRT7NsOB0
ロシェ「僕はね、人間と言う生き物が嫌いなんだこれを世間一般では人間嫌いと言うやつ何だろうけどね
あ、君は例外だよだって人間じゃないからね、最もこれは僕が物心つく頃には周りに世話するゴーレムしか居なかったせいでもあるのだけど
ん、あ誤解されぬよう言うと僕の両親は子育てを放棄した訳じゃなくて、単に子育てと言う無駄な労力をゴーレムがしただけさ、僕の親は魔術師で
そして魔術師は効率を求めるものだからね」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:43:04.69 ID:RYwilsnAO
貴方「人間嫌い、貴方の生い立ちを聞くとそうなるのも納得です。しかしその感情を自分のサーヴァントに向けるのは愚策です。サーヴァントといえども過去の「人間」、例えバーサーカーのサーヴァントでも、心があり何かしらの信念を持っています。それを理解しようとしなければ、重大な局面で自分とサーヴァントの間に齟齬が生まれて自らの命を脅かしかねない。だから聖杯を手に入れたいと思うなら、サーヴァントと関係を築きあげ相互理解することが必要不可欠です」
80 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/12(火) 19:36:35.75 ID:PAPzKqbE0
笑みは崩さず、倒れた木に腰かける。

貴方「ユグドミレニアのマスターとして参戦するとは、彼らの人材不足は相当なものですね」

ロシェ「でも一番適任だよ、僕なら勝てる」

その言葉に少しだけ間を置き頷く。

貴方「ええ、魔術師としてはあなたは掛け値なしに天才でしょう……しかし、人嫌いなあなたでは勝ち抜くことは難しいと思いますよ」

……魔術師に雇われ仕事をするのは珍しくない、ユグドミレニアもそういった依頼主の一つだ。

ロシェ「……人嫌いじゃないよ、人間という生き物が嫌いなんだ」

さほど違いは分からないが、彼は心無く成程とうなずく。

魔術師の思考を完全に理解はできない、たとえ同じ魔術師であろうと根源への理念が違うとなれば凡そ話は通じない。

貴方「……以前聞いた生い立ちを考えれば納得はします……しかし、その感情を行動や言動としてサーヴァントにぶつけることに私は愚策だと思います」

淡々と、彼は諭すようにロシェを見つめる。

貴方「まあ、つまらぬ一般論ですが、魔術師の一般論よりはサーヴァントよりかと」

話しを切り上げ、彼は木から立ち上がる。

ロシェ「じゃあそれを今度会うときに試してあげるよ、理解なんて不必要ってね」

貴方「……ええ、分かりました」



81 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/12(火) 19:37:02.41 ID:PAPzKqbE0

感情判定
5以上で成功
ロシェ >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:38:55.36 ID:DShBwskJ0
アダムの炉心にしよう
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:42:51.68 ID:AcBiiFy60
いよっ
84 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/12(火) 20:58:25.69 ID:PAPzKqbE0

シェロ→【普通】
「油断はできない」

貴方→【普通】
「……子供と決めてかからない方がいい」
85 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/12(火) 21:03:04.32 ID:PAPzKqbE0
5日目、昼



セイバー「……動くのなら今の時間が最後でしょうか」

……時計を確認し、静かに頷く。

聖者の数字の効果を発揮できるのは今の時間が最後だろう。

貴方「そうですね……」

……ラニ、ロシェそして美沙夜……そして愛歌。

未だ尻尾をつかめていない陣営もある……どう動くのが最善か。



行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を戻す(3ターン経過)
3、索敵
4、自由安価
>>下
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:03:56.86 ID:DShBwskJ0
4 ラニの拠点を強襲しラニを不意討ち
87 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/12(火) 23:01:32.73 ID:PAPzKqbE0

中央公園、公民館前に二人は辿り着く。

これより日墓地までの一時間ほど、セイバーは無敵の加護を得る。

セイバー「……お任せください、マスター」

貴方「……宝具はギリギリまで隠してください」

その言葉とともに、彼は公民館へと向かう。

白い手袋をとり、手首の少し上に令呪……その手の中の四つの糸の巻き取り装置が埋め込まれていた。

貴方「殺すのは最後の手段でお願いします」

……そう言いながら、二人は公民館へと足を運ぶ。



奇襲判定
コンマ−2ダメージ
>>下コンマ 暗殺者:+2
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 23:22:43.02 ID:maG3JMNG0
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 23:34:56.44 ID:DShBwskJ0
バトルでは負けるなよ
90 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/13(水) 18:36:13.87 ID:o04qC01w0

黒く染められた糸は光を反射せず、また単分子ゆえに緊張を高めても風切り音すら発しない。

小指側の巻取り装置の糸は切断の役目を持ち、即席の殺傷では手軽に使用できる。

ラニ「ッ!?」

まずは、武器を壊した。

身なりからして恐らくキャスターだろう、ならば見慣れぬ武器は警戒するべきだ。

貴方「……あわよくば腕を、と思っていたのですが……」

静かな口調で、穏やかに笑う。

令呪の腕を切り飛ばせば、おそらく一番手短に終えられる。

貴方「命までは取りませんよ、無益なので」

キャスター「おや、つまり吾輩ピンチですかな?」

ラニ「……キャスター、援護を」
91 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/13(水) 19:56:08.06 ID:o04qC01w0

セイバー 筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力A 幸運A
キャスター 筋力E 耐久E 敏捷D 魔力C++ 幸運B

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +14、−18で決着
敏捷差 クラス補正で無効


セイバー
聖者の数字 判定3で宝具判定、判定6か9で追加+3、耐久大増
暗殺者 無効
悪平等 相手マスタースキル無効、ステータス不利無効
ANDROID 無効

キャスター
自己保存 耐久大増、敗北時決着判定を二度振る
エンチャント 補正+1
錬金術(アトラス) 無効


セイバー >>下コンマ
キャスター >>下2コンマ エンチャント:+1
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 19:57:19.81 ID:khZ4kpu50
せいや
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:00:08.19 ID:U/LEHH5X0
大勝利
94 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/13(水) 20:17:28.03 ID:o04qC01w0
セイバー 1、キャスター 9
判定:−10【劣勢】



一閃、彼の胸が横に切り裂かれる。

貴方「……概念、礼装……」

ラニ「貴方用ですよ、そこにキャスターのエンチャントもあります」

……気が付けば、先ほど切断した武器……青銅剣は復元していた。

セイバー「マスター!」

貴方(……誘い込まれたか……)

目を細め、そして次の一太刀を受けるために太い糸を伸ばす。

ラニ「投降を推奨します、あまり加減の出来る装備ではないので」

貴方「心遣い、痛み入ります……」

親指側の一番太い糸を束ねた繊維は、青銅剣にゆっくりと切断されていく。



セイバー >>下コンマ
キャスター >>下2コンマ エンチャント:+1
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:42:18.80 ID:F3BXf2WyO
ガラディーン
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:52:47.35 ID:Edu7lSU3O
97 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/13(水) 21:43:01.88 ID:o04qC01w0
セイバー 10、キャスター 6
判定:−6【不利】



セイバー「ッ!」

手に持つ聖剣を頭上高く、ホールの天井付近まで投げる。

セイバー「―――『転輪する(エクスカリバー)』……」

キャスター「おおッ!? マスターごと葬る気ですかなぁ!?」

仰天するキャスターをよそに、剣をその手に掴み構えをとる。

セイバー「『勝利の剣(ガラディーン)』ッッ!!」

真横に伸びていく灼熱の炎が、公民館ホールを焼く。



宝具判定
98、+12
76、+11
5〜3、+9
21、+8
>>下コンマ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 21:46:37.10 ID:Edu7lSU3O
かつ
99 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/13(水) 22:21:00.69 ID:o04qC01w0
0ボーナス:+3
ダメージ:+12+3=+15
判定:+9【優勢】



ラニ「―――な」

瓦礫の雪崩を避けるため、彼女は大きく後ろへ跳ぶ。

ラニ「……っ!」

対して、彼は避けることもなく瓦礫に潰される。

セイバー「―――っはぁぁぁあ!!」

ラニ「な、っきゃぁ!?」

己のマスターを間接的とは言え殺害したセイバーは、まっすぐにラニへと向かっていく。

ラニ「っ、くぅっ!?」

壁に弾き飛ばされ、呼吸を乱される。

貴方「……お見事です、セイバー」

瓦礫の中から、そんな声が聞こえる。

……瓦礫のなかから、白いドームのようなものが現れる。

貴方「……右手が随分軽くなってしまいましたが、形勢を傾けられたのでよしとしましょう……」

糸のドームの中から、彼は余裕気な笑みを浮かべ現れる。



セイバー >>下コンマ
キャスター >>下2コンマ エンチャント:+1
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 22:28:00.49 ID:U/LEHH5X0
矛盾翌螺旋
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 00:02:50.02 ID:tbZWJgsW0
a
102 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/14(木) 18:12:18.94 ID:DwVf71f40
セイバー 9、キャスター 3
生者の数字:+3
判定:+14【勝利】



決着判定
9〜7、令呪
6〜1、敗北
>>下コンマ
>>下2コンマ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:14:52.09 ID:tbZWJgsW0
104 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/14(木) 19:32:39.24 ID:DwVf71f40

セイバー「……すみません、逃げられたようです」

剣を鞘に納め、申し訳なさそうにする。

貴方「……真名と糸500m使い、令呪と負傷ですか……上々ですね」

満足気に、軽くなった右手を振るう。

……回収は3割程……痛手ではない、何せ今回は雇い主は製造者だ。

貴方「では、帰りましょうか……ラニさんはまた探せばいい……暫くは目立たぬところに隠れるでしょうが」

そう笑いながら、瓦礫に伸びている糸を指を振るい切り離す。
105 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/14(木) 19:54:13.45 ID:DwVf71f40
5日目、夜



貴方「…………」

宝具解放の魔力の負担も、少し残るが大分マシになった。

……夜にでもまた眠りにつけば、明日に疲労を残す事は無い。

貴方「…………少し派手にし過ぎましたね」

ニュースでは公民館ホールの倒壊の事件を報じていた。

……やはり昼間に動くのは必要最低限にするべきか、と思案する。



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を戻す(4ターン経過)
3、索敵
4、自由安価
>>下
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:56:25.18 ID:Hf41198k0
107 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/14(木) 20:58:44.42 ID:DwVf71f40

ベランダに止まっているカラスの群れのリビングに迎え入れる。

ほぼ一日放置した成果……例え成果が無いとしてもその地点にはいないと言う証左にはなる。

貴方「……まあ脱落していなければ六騎もいるのですし、何かしらは収穫は……有ると良いのですが」

静かに苦笑しながら、カラスの記憶を閲覧する。



使い魔判定
5以上で成功
>>下コンマ >>下コンマ二桁目
>>下2コンマ >>下2コンマ二桁目
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:05:11.18 ID:tbZWJgsW0
キュイ
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:06:36.84 ID:Hf41198k0
おりゃ
110 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/14(木) 21:28:38.48 ID:DwVf71f40

陣営判定
98、アーチャー
76、ランサー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:38:00.80 ID:tbZWJgsW0
112 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/16(土) 18:47:12.91 ID:BISz2r840

もういっこ陣営判定
>>下コンマ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:46:10.09 ID:QUqN9O6D0
たあーっ
114 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/16(土) 21:22:16.18 ID:BISz2r840

陣営選択
1、ランサー
2、アーチャー
3、ライダー
4、バーサーカー
5、キャスター
6、アサシン
7、ファニーヴァンプ

>>下


情報判定
98、居場所
7〜5、マスター
4〜2、クラス
1、なにもなし

>>下2 >>下2コンマ二桁目
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 21:22:57.73 ID:5soYENIl0
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 21:23:36.83 ID:QUqN9O6D0
水天日光天照八野鎮石
117 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/16(土) 22:31:26.14 ID:BISz2r840

貴方「…………」

一つのカラス……これは撃ち落されたカラスを目撃しているだけだった。

アーチャー……そうなれば位置情報としての価値も薄い、巡回中に狙撃された可能性も捨てられない。

貴方「こちらは……」

……ロシェの姿と、そのサーヴァントを発見した。

貴方「なるほど、双子館ですか……そこに一人くらいはいるとは思っていましたが……」

黒い甲冑の騎士が傍らにいた、メンツを考えるならば……ランサーかバーサーカーだろう。

アーチャーは位置と時間的に薄いが、可能性は一応ある。

貴方「まさか、アサシンではないとは思いますが……」

そう言いながら、彼はカラスを屋上へ待機させる。



118 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/16(土) 22:46:03.56 ID:BISz2r840
5日目、イベント



陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:54:18.34 ID:QUqN9O6D0
ガウェインvsランスロット
120 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/17(日) 15:43:31.49 ID:StsTkhyr0

※夕方から出かけるので一旦切り上げるので、それまでやってまた夜に再開します。


状況判定
98、イベント
7〜5、捕捉
4〜2、戦闘
1、襲撃
>>下コンマ
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 16:01:51.63 ID:uHCcucDnO
進ませなきゃ
122 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/17(日) 22:59:13.21 ID:StsTkhyr0

陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 23:01:57.48 ID:dyJ3N6hx0
約束された勝利の剣
124 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/18(月) 18:47:20.24 ID:GLtqZ/nB0

……深夜、彼は目を覚ます。

貴方「……糸をサーヴァントが踏みました」

セイバー「ええ、今確認できました」

貴方「さて……昼間ではありませんが、戦えますね?」

セイバー「ええ、お任せを」

そういい、真っ先にセイバーは外に飛び出す。

貴方「さて、と……私も行きますか」

……昼間の消耗も、大分マシになった。

一発くらいならば問題はないだろう。



125 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/18(月) 19:01:03.51 ID:GLtqZ/nB0

セイバー 筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力A 幸運A
バーサーカー 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力C 幸運B

耐久 +16、−15で決着
魔力差 発生


セイバー
聖者の数字 発生せず
暗殺者 補正−1
悪平等 封印
ANDROID 追加+1、二桁目7以上で次回補正+1追加+2

バーサーカー
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1
ゴーレム 耐久増、補正+1


セイバー >>下コンマ 暗殺者:−1
バーサーカー >>下2コンマ 無窮の武練:+1 ゴーレム:+1
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 19:02:11.96 ID:IR0ZUghJO
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 19:26:35.18 ID:xuc77MzO0
128 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/18(月) 20:32:40.73 ID:GLtqZ/nB0
セイバー 5、バーサーカー 9
ANDROID:+1 魔力差:無窮の武練で相殺
判定:−3【拮抗】



バーサーカー「Gaaa……aaaaaaa!!!」

セイバー「く、おおお!」

単純な膂力、そして嵐のような攻勢にセイバーは押される。

手に持っている武器は宝具や類する武装ではないらしく、使い潰す度にゴーレムがその身を削り補給する。

石塊や鉄塊であろうとも、その攻撃の冴えは衰えない。

貴方「……隠蔽のスキルか、宝具……でしょうか」

武器すら隠しているところを見るとかなり徹底している。

……なるほど、ただの駒として使いきるという意思が顕著だ。

貴方「さて……どこに隠れているのでしょうね」

拠点の500m以内には一番細い無色の糸が地面に巡らせている。

ゴーレムの出現で多少は撹乱されたが、確実にマスターはゴーレムを直接指揮できる場所にいる。



セイバー >>下コンマ 暗殺者:ANDROIDで相殺
バーサーカー >>下2コンマ 無窮の武練:+1 ゴーレム:+1
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 20:46:56.29 ID:R5Z67gD70
ナーサリーライム
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 20:59:13.60 ID:azv4BiXhO
無垢式・空の境界
131 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/18(月) 22:07:19.22 ID:GLtqZ/nB0
セイバー 9、バーサーカー 10
ANDROID:+2
判定:−2【拮抗】



……突如として、バーサーカーを覆っていた黒い靄が掻き消えていく。

セイバー「……やはり、貴方でしたか……」

バーサーカー「Gaaaaa……Gawaaaa……innnnnnnnnn!!」

セイバー「サー・ランスロット!」

その手に握られた黒い剣を、聖剣によって鍔迫らせる。

セイバー「おおおおっ!」

バーサーカー「Gaaaaa!!」



セイバー >>下コンマ 暗殺者:−1
バーサーカー >>下2コンマ 無窮の武練:+1 ゴーレム:+1 無毀なる湖光:特殊コンマ表使用
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 22:18:25.58 ID:R5Z67gD70
イスカンダル
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 09:36:16.05 ID:T9UrXIGi0
てんてー
134 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/19(火) 17:38:55.02 ID:mTx8T80V0
今日は再開できません。


バーサーカーコンマ表
9〜7、追加+2・次回補正+1
6〜4、追加+2
3〜1、追加+1
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/20(水) 01:22:02.29 ID:70eQE76T0
136 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/20(水) 19:20:38.69 ID:iIKMt0cs0
セイバー 7、バーサーカー 7
ANDROID:+1 無毀なる湖光:−2
判定:−3【拮抗】



セイバー「はあああ!」

バーサーカー「aaaaaaaa!!」

剣どうしが激しくぶつかり合い、火花が散る。

セイバー「く、お……うおおお!」

例え宝具を発動しようとも、セイバーは首の皮一枚の防勢で凌ぐ。

セイバー「……なるほど、狂乱に身を任せてもその剣筋……流石です、ランスロット卿」

バーサーカー「Gaaaaaa…………!」



連続拮抗判定
0〜6、セイバー
5〜1、バーサーカー
>>下コンマ
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/20(水) 19:59:52.71 ID:QrbOw77w0
かち
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/20(水) 20:01:34.93 ID:QrbOw77w0
うわ負けそう
139 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/20(水) 20:19:10.36 ID:iIKMt0cs0

バーサーカー判定
9〜7、令呪
6〜4、ゴーレム増加
3〜1、撤退
>>下コンマ
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/20(水) 20:23:48.46 ID:quXjzaOp0
おりゃ
141 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/20(水) 21:53:32.50 ID:iIKMt0cs0

ロシェ「なかなかやるけど……!」

隠し持っていたゴーレムの核となる宝石を取り出し、地面に埋め込む。

土塊は動きだし、サーヴァントの元へ向かおうとする。

貴方「見つけましたよ」

ロシェ「なっ!?」

ゴーレムは見えぬ斬撃にその核ごと胴体を切り裂かれ、十三分割される。

貴方「動くと思っていました」

ロシェ「……ふん、見つけたからって勝てるとでも……? どうせだまし討ちしかできない、ケチな暗殺者じゃないですか……!」

貴方「そうですね……同格とはいかないでしょうが、喉元まで刃を突きつけることくらいはできますよ……」



セイバー >>下コンマ 暗殺者:−1
バーサーカー >>下2コンマ 無窮の武練:+1 ゴーレム:+2 無毀なる湖光:+1
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/20(水) 22:07:41.61 ID:QrbOw77w0
宝具打ちたい
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/20(水) 22:14:03.70 ID:zJ4KfdS0O
144 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/20(水) 22:57:12.54 ID:iIKMt0cs0
セイバー 1、バーサーカー 10
ANDROID:+1 無毀なる湖光:−2
判定:−15【敗北】



セイバー「―――が、ぁ……!」

白い鎧に、深々とバーサーカーの剣が突き刺さる。

セイバー「今度、こそ、と……おもい、ましたが……」

バーサーカー「…………■■■■■……」

セイバー「………………」

剣が抜かれ、セイバーは血を流し倒れる。

……その場に残ったバーサーカーは、しばらく佇みそしてマスターの元へと帰る。

ロシェ「…………」

少年の足元には、おそらくマスターであったであろう青年。

……だが息はない、体中が黒くそまり血だまりの中で沈んでいた。

明らかにゴーレムではできない死に方だった。

ロシェ「……帰りますよ」

釈然としていない面持ちで、彼らはその場を後にする。




145 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/20(水) 23:01:02.06 ID:iIKMt0cs0

残機【◆◆◆◆◇】


ガウェインの聖者の数字は夜だと耐久大増しか発動せず、また傷つけられた相手や生前負けたランスロット相手にはそれすら発動しません。

ロシェも内部データの話になりますが、少なくとも雁夜のおじさんよりはずっとマシな魔力をもっているので数ターンは宝具使いっぱなし。

恐ろしく手ごわい相手です。

えー、今回はイベント戦闘だったのでコンテニュー前にもう一度戦うかどうか判定して今日は終わりです。



5以上で回避
>>下コンマ
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/21(木) 01:17:54.80 ID:v3LRLFf40
147 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 18:58:37.42 ID:BBM0BMCd0

選択
1、バーサーカーへ奇襲
2、戦闘回避
>>下
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 19:22:31.42 ID:CWtm9bZY0
悔しいけど2
あとで炉心にしよ
149 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 19:23:58.11 ID:BBM0BMCd0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 19:25:55.02 ID:CWtm9bZY0
151 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 20:05:10.96 ID:BBM0BMCd0
6日目、朝



目を開け、体を起こす。

昨日の戦闘による魔力の消耗はもうない。

また今日、戦うとするならば万全を期すことができる。

貴方「……さて、と……」



登校
1、する
2、しない
>>下
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:06:04.82 ID:+2StWueH0
1
153 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 20:50:33.68 ID:BBM0BMCd0

暫くは、ラニは学校に顔を出すことはないだろう。

……彼女の拠点も分からない、会うのは難しくなるだろう。

貴方「…………」

会話ができなくなるというのは惜しいが、それで勝てるかといえば違う。

結局、大局を見れば一番重視すべきは最後までいかに生き残るか。

貴方「……むずかしいですね……」

なにせ、最後には彼女が立ちはだかっている。

些事に拘っていれば死ぬ、今彼はそんな状況だ。

貴方「行きましょうか」

学校に行く利点はある。

推定マスター、美沙夜の動向を見れること。

……セイバーを連れ、彼は学校へ向かう。



判定
9〜7、美沙夜
6、ラニ
5〜3、何もなし
21、???
>>下コンマ
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 20:56:18.30 ID:CWtm9bZY0
???
155 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 20:59:42.39 ID:BBM0BMCd0

9〜7、二人
6〜4、選択
3〜1、追加
>>下コンマ
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 21:00:46.00 ID:CWtm9bZY0
157 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 21:20:45.90 ID:BBM0BMCd0

※………………(咽る)



特殊(大)判定
9〜7、二人+選択
6〜4、二人
3〜1、襲撃
>>下コンマ
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 21:49:40.16 ID:CWtm9bZY0
159 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/21(木) 22:31:43.27 ID:BBM0BMCd0

人物判定
9〜7、美沙夜
6〜4、ラニ
3〜1、愛歌
>>下コンマ >>下コンマ二桁目(被った場合下にずれる)
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/21(木) 22:33:52.66 ID:CWtm9bZY0
スカンジナビア・ペペロンチーノ
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/22(金) 00:42:59.70 ID:7j0wLi/t0
dg
162 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/22(金) 15:10:13.59 ID:McunjbaE0

※夜に再開します


人物選択
1、美沙夜
2、愛歌
>>下
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 15:48:40.48 ID:9wQj9+DA0
1
164 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/22(金) 16:25:08.23 ID:McunjbaE0

美沙夜「……あら、お早う」

ラニ「お早うございます」

貴方「…………ええ、お二人共お早うございます」

一瞬、ラニと彼の視線が交差する。

お互いに図太い神経だと感心しつつ美沙夜を挟んで歩く。

美沙夜「……私を挟んで変な空気を流さないで頂戴」

詮索はせず、ただそう切り捨てる。

ラニ「気のせいですよ」

貴方「はは、目が合っただけです」

……ラニの行動から目を離せないのは事実だ。

マスターの可能性が高い美沙夜に接触している、同盟を組まれるのは避けたい。



会話候補
美沙夜かラニか貴方視点で
>>下5までで候補                  ※夜に再開します
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 17:51:56.21 ID:X14IEpvx0
美沙夜「あなたなど、いの
     一番に片付けたい」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/22(金) 19:39:19.69 ID:0V6HG0FCO
貴方「お2人は好きな人間、嫌いな人間はいますか?いえ、単純な興味ですが。一言で好きでもlikeとloveで相当意味も異なりますし、純粋にサンプルケースとして知りたいですね。尚、内の同居人は女性関連で少々闇がありそうでレアなケースでした」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/22(金) 23:30:48.55 ID:7j0wLi/t0
ラニ「ノーサンキュー」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 17:26:34.91 ID:YWM1GQ+20
貴方「ラニ、この前は傷付けるような真似をしてすみませんでした。
双子館に黒い騎士がいるそうです。あと何処かに弓兵も潜んでいます。噂では真祖もこの町に潜んでいるのだとか。
このくらいで昨日のことは許してくれませんか、ラニ。
何なら今日の昼御飯を奢りますよ」
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/23(土) 18:07:12.15 ID:UwsxaWG/O
ラニ「人物の好悪といった感情はよく分かりませんが、貴方のそういう冗談を言うところは好きではありません。昼ならカレーライスとカレーうどんを希望します」
170 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/24(日) 18:33:40.60 ID:ddM3Ohw90
再開遅れます
171 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/24(日) 21:58:44.13 ID:ddM3Ohw90

貴方「お二人は人間の好悪というものはありますか?」

会話の少ない空気に耐えられなかったのか、それとも単純な興味からか。

彼は不意に口を開く。

貴方「最近女性関係で特殊なケースの人物にであったもので、純粋に興味がわいたんです……私は利があれば特に嫌うということは無いです」

美沙夜「懐かない類は好まないわね……犬と違って時間を割いても無駄だもの」

……最後に残ったラニに視線を向ける。

ラニ「…………」

どうやら、未だにご機嫌斜めらしい。

貴方「……ラニ、この前は傷付けるような真似をしてすみませんでした……どうでしょう、埋め合わせはなにをすれば……」

ラニ「人物の好悪といった感情はよく分かりませんが、貴方のそういった人の気持ちを軽視する言動は好みません。昼ならカレーライスとカレーうどんを希望します」

貴方「そう、ですか……善処します。では、昼休みにでも学食へ行きましょうか」

そんな会話を交わしているうちに、校門に辿り着く。



172 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/24(日) 21:59:45.56 ID:ddM3Ohw90

感情判定
5以上で成功
美沙夜 >>下コンマ
ラニ >>下コンマ二桁目
貴方→美沙夜 >>下2コンマ
貴方→ラニ >>下2コンマ二桁目
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 22:01:23.54 ID:VaVgeTCn0
たあっ
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 22:06:40.84 ID:so/RqFI8O
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 22:19:46.28 ID:so/RqFI8O
実はラニの出身地誤解してカレー安価出しました(小声)
まぁいいかこんなチョロイン
176 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/24(日) 23:03:19.90 ID:ddM3Ohw90
ラニ→【友情(大)】
「敵対する事になったのは惜しい」

貴方→【友情(歪)】
「重んじるべき関係、だが必要に迫られれば殺す」
177 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/24(日) 23:06:43.76 ID:ddM3Ohw90

午前中の授業を過ごし、席を立つ。

言った手前反故にする気は無い。

ラニ「……待ってましたよ」

貴方「すみません、財布の確認をしていました」

無論金欠というわけでは無いので、奢れる程度には常にある。

ラニ「それでは」

そう言い、ラニは食堂に向かっていく。



行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵(セイバーのみ)
4、自由安価
>>下
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/24(日) 23:11:08.42 ID:so/RqFI8O
4、ラニと昼御飯
179 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/25(月) 18:09:43.03 ID:x31SVcg+0

貴方「…………」

ラニ「その様な昼食で大丈夫なのですか?」

貴方「……? ええ、量もあります」

山盛りのポテトをまるで上機嫌な昼食の様に返答する。

これ以上の追求は不毛だと判断し学食を堪能する。

貴方「どうでしょうか、評判はよく聞くのですが……」

ラニ「はい、美味しいです」

貴方「よかった、奢りがいがありますね」




会話候補
ラニか貴方視点で
>>下3までで候補
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 18:44:45.59 ID:g0pmbUtI0
貴方「その様子ですと、ラニさんにも感情が芽生えつつあるようで良かった。これで貴女が聖杯戦争への恐怖からマスターを降りてくれたら良いのですがね。貴女が他の誰かに殺されることは許しがたいことです。だから死なないでください」
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 22:58:17.87 ID:pnAW5D5yO
ラニ「貴方も私もまるで普通の学生のように過ごしていますね。こうして過ごす時間は嫌いではありません。貴方がまた私に仕掛けてくるとしても、せめて学校では戦わないでください」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/26(火) 07:43:28.81 ID:/AwY/VhQ0
主人公がラニのサーヴァントのことを誉める
183 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/26(火) 16:58:01.41 ID:B4OyD54gO
今日は夜に少しだけ進めます
184 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/26(火) 22:45:02.06 ID:WU908tgv0
貴方「その様子ですと、ラニさんにも感情が芽生えつつあるようで良かった」

薄く笑い、弁当の蓋を閉じる。

……対して、彼女は手を止めない。

貴方「……これで貴女が聖杯戦争への恐怖からマスターを降りてくれたら良いのですが……」

ラニ「ありえません、師からの指示に離脱しても良いなどは無いのです」

その様子に、少しだけ目を細める。

貴方「……あなたが他の誰かに殺されることは許しがたいことです。だから死なないでください……許容できる損失ではありますが、損はしないに限るので」

相変わらずの言動に特に嫌悪感を示すことはなく、ようやく手を止める。

ラニ「貴方も私もまるで普通の学生のように過ごしていますね。こうして過ごす時間は嫌いではありません。貴方がまた仕掛けてくるとしても、学校では戦わないでください」

貴方「……ええ、ここでなければいけない理由がない限りは避けます」

爽やかな笑顔で快諾する。

貴方「時にあなたのキャスター……なかなか油断できませんね、概念礼装程度ならと高を括っていました」

ラニ「そうですね、もう少し前に……できるならマスターの前に立ってくれるのならば文句もありません」

貴方「……怒っていますか?」

ラニ「いいえ」



185 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/26(火) 22:45:46.10 ID:WU908tgv0

感情判定
5以上で成功
ラニ >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/26(火) 22:52:49.61 ID:+R1ZXswIO
like
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 00:31:32.91 ID:VDgV6tswO
188 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/27(水) 18:35:00.42 ID:n9fEH5S10
6日目、昼



貴方「…………さて」

屋上で涼みながら、遠くに沈む夕日を見つめる。

……大きく動いている様子はない。

こちらから動いた結果もキャスターには逃げられた。

貴方「倒すなり、迎合するなり……考えねばなりませんね」



行動選択
1、会話 ※セイバー、ラニ、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、自由安価
>>下
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 18:40:19.45 ID:VV5W+x8Y0
4 教会の監督役に挨拶ついでにマッシュポテトを差し入れして油断させた隙にこっそり教会に使い魔送る
無理なら安価下
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 20:09:39.01 ID:appvM30kO
3
191 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/27(水) 20:14:20.93 ID:n9fEH5S10

貴方「……こんにちは」

璃正「ふむ、こんな時期に来るとは……」

貴方「脱落はしていませんよ」

そう言い、彼は差し入れを渡す。

貴方「少し面倒ごとに巻き込まれまして、挨拶が遅れてしまいました申し訳ありません」

丁寧に謝罪し、タッパーを開ける。

貴方「お裾分けです」

璃正「……ははは、ありがたく受け取るとしよう」

彼の真意をつかみきれないまま、とりあえず受け取る。

貴方「今回はこれだけです、脱落した際はよろしく……いいえ、忘れてください」

苦笑しながら、彼はその場を去ろうとする。



遭遇判定
98、ラニ
76、ロシェ
54、美沙夜
3〜1、なにもなし
>>下コンマ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 20:15:02.84 ID:g6e1lHWO0
せいや
193 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/27(水) 21:56:15.59 ID:n9fEH5S10

美沙夜「……あら、奇遇ね」

……協会の前で、見知った相手と出会う。

貴方「知り合いなんです、マッシュポテトをおすそ分けしたんですよ」

美沙夜「……本当に好きなのね」

貴方「ええ、必要な栄養は取れますしお腹も膨れます」

にこやかに笑い、空の風呂敷を見せる。

美沙夜「ふふ……それをわざわざここまで?」

貴方「ええ」

見透かしているような彼女の言動に対し、少しも動揺を見せない。



会話候補
美沙夜か貴方視点で
>>下3までで候補
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 22:27:27.00 ID:appvM30kO
貴方「こんなこともあろうかと、予備のマッシュポテトも用意しておいて良かった。どうぞこちらのマッシュポテトを受け取って、貴女と貴女のペットで召し上がってみてください。とても効率的な食事ですよ」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/28(木) 01:47:41.71 ID:UUMaLI5H0
同盟交渉いってみよう
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 17:54:12.80 ID:z1MJdbbGO
美沙夜「ラニとはどんな関係?貴方にしては妙にご執心のようだけど」
197 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/28(木) 19:28:27.92 ID:nQ/VgJzC0
ご飯食べ終わったら再開します
198 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/28(木) 21:20:39.58 ID:nQ/VgJzC0

貴方「こんなこともあろうかと、予備のマッシュポテトも用意しておいて良かった」

身体と思っていた風呂敷からもう一つのタッパーが出てくるのを見て、流石に少しだけ目を見開き驚く。

貴方「ぜひ、あなたの『ペット』にも……とても効率的な食事ですよ……勿論、無駄な塩分油分はありません」

含みのある言動をしつつも、わざとらしく自然にふるまう。

……それに対し、美沙夜も自然にふるまう。

面を食らったのは出だしの奇行にだけ、こちらを試すようであるならば相応の態度を彼女は取る。



判定
5以上で成功
>>下コンマ アサシン:+2
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 21:25:23.57 ID:ymRxLHpAO
ごんぎつね
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 21:29:59.97 ID:ymRxLHpAO
空だと思っていた風呂敷、か
手品かよ!
ところで璃正や美沙夜はポテト食べてくれるのかな……毒警戒されて誰も食べてくれなさそう
201 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/28(木) 22:27:21.13 ID:nQ/VgJzC0



美沙夜「……腹芸はここまでにしましょうか、少し急ぐの」

貴方「聞きましょう」

探るのが無意味だと判断すると即座に彼女の言葉に耳を傾ける。

美沙夜「アサシンと同盟を組むことにしたのだけれど……危うく隠れ蓑にされて後ろから刺されるところだったわ」

貴方「それほどに危険ですか?」

その言葉に静かに頷く。

美沙夜「時間を与えれば手が付けられなくなるわ……ところで、貴方のサーヴァントは飛べるかしら」

貴方「……飛行はできません」

美沙夜「なら私と同じく手も足も出せず脱落ね」

……おそらく冗談などではない。

本気で、アサシンは飛ぶのだろう……宝具やサーヴァントの届かない位置まで。

貴方「分かりました、これからよろしくお願いします」

爽やかな笑みを浮かべ、右手を差し出す。

彼女も快くその手をにぎり、そして不意に問いを投げかける。

美沙夜「……てっきりラニさんと同盟を組んでいるのかと思ったのだけれど、そうでもないみたいね?」

貴方「ええ、勿論です……特に彼女と組む利がないので」

……その言葉に少しだけ目を細め、そうとだけ頷き手を放す。



202 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/28(木) 22:27:59.13 ID:nQ/VgJzC0

感情判定
5以上で成功
美沙夜 >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ 破綻者:−1
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 22:31:31.15 ID:ymRxLHpAO
ゲイボルグ♂
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/28(木) 23:29:40.94 ID:Ccwh7QpT0
205 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/29(金) 18:28:10.63 ID:Jg35PoJH0

美沙夜→【友好(大)】
「面白い相手」
206 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/29(金) 19:21:32.07 ID:Jg35PoJH0
6日目、夜



貴方「僥倖でした……棚から牡丹餅とはこういうことなのでしょうね」

彼にしてみれば脱落者を確認できれば、と薄い希望で使い魔を仕掛けたつもりだったが上手く同盟を組めた。

貴方「さて……問題として注意するべきは……」

まずはキャスター、真名は割られ宝具も見せた……警戒するのは戦力よりも、キャスターに真名が割られたこと。

同盟を組まれ夜に襲撃、もしくは宝具対策や向こうのまだわからない宝具……早めに潰すに限る。

同じく、宝具によって空を飛ぶアサシン……詳しく聞いたところ、建築しているようだ。

こちらも早めに潰ぶさなければいけない……もし遅れれば美沙夜は寝首を掻く為に裏切るタイミングをずらし、こちらが同盟に潰される。

更にはロシェのバーサーカー、そして真祖疑惑の街を放浪するサーヴァント。

貴方「……そして、沙条 愛歌のライダーか……」

問題は山積みだ。



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、教会を確認
5、自由安価
>>下
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 19:23:48.75 ID:MfeFBYdM0
2
208 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/29(金) 19:29:21.48 ID:Jg35PoJH0

貴方「……何にせよ、夜には動けない、か」

戦うタイミングはこちらに任せるように伝えた、向こうが襲われたとしてもアサシンと上手くやるだろう。

……いや、楽観視はできない、少なくとも確認はするべきか……?

貴方「………………」

まあとにかく、今はカラス達を街に放つのが先、か。



使い魔選択
1、即時報告(即コンマ判定)
2、定期報告(使い魔を戻す、を選択まで飛び続ける)
>>下
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 19:45:32.89 ID:7fiFY3IvO
1、即時報告
210 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/29(金) 20:34:40.52 ID:Jg35PoJH0

セイバー「……どうでしょうか、ランサーのマスターは」

貴方「信用はできますよ、彼女はそう言う人物です」

そう言い切り、彼は椅子に座る。

貴方「おそらく策に嵌められることを危惧しているのでしょうが……彼女なら教会前でサーヴァントを出しています」

策を使うことはあっても、自分の戦力で叩き潰すことを彼女は好む。

それに、自らの戦力を騙ることはしない。

貴方「偽りはしますが薄っぺらな見栄は張らない方ですよ」



使い魔判定
5以上で成功
>>下コンマ
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 20:40:47.10 ID:MfeFBYdM0
ファンタ
212 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/29(金) 20:48:41.91 ID:Jg35PoJH0

特殊判定
9〜7、特殊
6〜4、二陣営
3〜1、選択
>>下コンマ
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 21:03:03.75 ID:MfeFBYdM0
214 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/29(金) 21:45:55.06 ID:Jg35PoJH0

陣営判定
9〜7、アーチャー
65、バーサーカー
43、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 22:01:02.86 ID:MfeFBYdM0
AUOジョーク
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 22:02:52.84 ID:MfeFBYdM0
またバーサーカーかよ
クラスと拠点分かってるからマスター判明でいいのかな
217 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/06/30(土) 19:15:35.75 ID:VMcN1EbMO
本格的には始められないので判定だけ。


情報判定
9、イベント
8〜6居場所
5、戦闘
4〜1、特になし
>>下コンマ


陣営判定
9〜7、アーチャー
6〜5、キャスター
43、アサシン
21、ファニーヴァンプ
>>下2コンマ
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 19:39:25.94 ID:1VuqrW8V0
はあっ
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 20:14:55.02 ID:Ds1e2jhq0
ああああ
220 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/01(日) 19:31:42.63 ID:t6vosRNOO
今日と明日、再開できません


情報判定
9〜7、居場所
65、マスター
4、戦闘
3〜1、クラス
>>下コンマ
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 19:32:30.39 ID:JB3718Qq0
いよっ
222 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/03(火) 19:03:26.77 ID:qx1+xNQr0

貴方「…………」

彼は少しだけ、目を細める。

……真祖疑惑の正体はサーヴァントであり、そのマスターは……愛歌だった。

貴方「……やれやれ……」

我慢が効かなくなったのか……放置しすぎたのが原因か。

彼女はどこからかサーヴァントを奪い、それを町に放逐している。

貴方「さて……」

おそらくあのサーヴァント、目的は巡回し他の陣営を落とし……あわよくばこちらと接敵し愛歌が出てくるという算段なのだろう。

一言で言うならば、面倒くさい状況だ。

貴方「どうした、ものでしょうか」

眉間を抑えながら、椅子につかれたように座り込む。
223 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/03(火) 19:05:37.24 ID:qx1+xNQr0
6日目、イベント



陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 19:37:39.53 ID:8PzhL/hMO
えい
225 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/03(火) 20:33:50.18 ID:qx1+xNQr0

状況判定
9〜7、イベント
65、捕捉
43、戦闘
1、襲撃
>>下コンマ
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 20:35:41.98 ID:r8/zfV80O
227 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/03(火) 20:48:22.49 ID:qx1+xNQr0

イベント判定
9〜7、同盟
6〜4、戦闘
3〜1、???
>>下コンマ
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 20:49:56.04 ID:ikTq9Uqz0
はあっ
229 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/03(火) 21:03:34.33 ID:qx1+xNQr0

陣営判定
9〜7、セイバー
6、アーチャー
5、ランサー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 21:03:54.46 ID:sMg2JTcr0
戦え
231 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/03(火) 21:53:27.46 ID:qx1+xNQr0

キャスター 筋力E 耐久E 敏捷D 魔力C++ 幸運B
アーチャー 筋力B 耐久B 敏捷A+ 魔力B 幸運C

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +14、−15で決着
敏捷差 クラス補正で無効

キャスター
自己保存 耐久大増、敗北時決着判定を二度振る
エンチャント 補正+1
錬金術(アトラス) 補正+1、相手補正−1

アーチャー
心眼(真) クリティカルで追加+1
千里眼 ファンブルの場合、二桁目成功大で振りなおし
神授の智慧 補正+1、追加+1、耐久増
翅刃虫(臟硯) 補正+2、追加+1



キャスター >>下コンマ エンチャント:+1 錬金術:+1
アーチャー >>下2コンマ 神授の智慧:錬金術で相殺 翅刃虫:+2
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 21:59:47.25 ID:sMg2JTcr0
ラニ
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 22:05:37.49 ID:ocqknSJZO
234 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/04(水) 20:31:03.37 ID:CR9GZv/g0
キャスター 7、アーチャー 9
神授の智慧:−1 翅刃虫:−1
判定:−4【劣勢】



キャスター「ううむ、いったいどこから……」

ラニ「……狙撃、アーチャーですか……」

巻き起こった砂塵の中で、彼女は次の行動を考える。

……そうして、ひとり街へ走る。

キャスター「おお、マスターどちらへ」

ラニ「貴方を囮に距離を詰めます!」

キャスター「なんと!?」



キャスター >>下コンマ エンチャント:+1 錬金術:+1
アーチャー >>下2コンマ 翅刃虫:+2
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 20:34:50.57 ID:x02CHieX0
ラニ「囮役はもちろん私以外が行く」
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 20:51:38.50 ID:Zw4SkrGIO
237 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/05(木) 19:05:05.86 ID:f0Y30Bh10
キャスター 9、アーチャー 10
神授の智慧:−1 翅刃虫:−1
判定:−7【不利】



アーチャー「……二手に分かれましたか……」

目を細め、静かに二人を見下ろす。

アーチャー「では、とどめと行きましょう」

その言葉とともに……星が輝く。

キャスター「おおおっ!? 吾輩ピンチですかなぁ!?」

その絶叫が終わる前に、宝具の矢が着弾する。



宝具判定
98、−12
76、−10
5〜1、−8
>>下コンマ

回避判定
98、+8
76、+6
5〜1、+4
>>下2コンマ
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 19:56:51.37 ID:or+gyMa90
ガルバニズム
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 19:59:20.26 ID:mG5K0iBSO
てやっ
240 : ◆??? [saga]:2018/07/05(木) 23:09:25.38 ID:f0Y30Bh10
ダメージ:−10+6=−4
判定:−11【劣勢】



ラニ「……宝具を切った……多少の消耗があるはず……!」

素早く判断し、彼女は足を速める。

だが……。

ラニ「っ! 蟲、となれば……!」

もはや明白、敵は間桐。

ラニ「御三家、ですか……」



キャスター >>下コンマ エンチャント:+1 錬金術:+1
アーチャー >>下2コンマ 翅刃虫:+2
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 23:15:38.34 ID:or+gyMa90
であえー
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 00:02:29.37 ID:d5S+xGY+0
メイガス・エイジス・エリザベート・チャンネル
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/06(金) 00:03:43.76 ID:c4/l4O1u0
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 00:04:40.61 ID:c4/l4O1u0
245 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 18:08:30.93 ID:2VSH/SsZ0
キャスター 6、アーチャー 9
神授の智慧:−1 翅刃虫:−1
判定:−15【敗北】



決着判定
98、令呪
7〜1、敗北
>>下コンマ
>>下2コンマ
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 18:15:50.29 ID:d5S+xGY+0
アヴェンジャー
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 18:34:30.32 ID:jACHl2w00
hoi
248 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 19:03:20.26 ID:2VSH/SsZ0

ラニ「……手の内は分りました」

傷ついた体で、腕の令呪を消費する。

虫達は辺りを警戒するように飛び、その後消えていく。

アーチャー「……予想よりもキャスターが耐えました、そういった宝具か……あるいはスキルをもっているかと」

臟硯「ならば次はマスターの小娘を殺せばよい……」

いつの間にか現れたマスターに驚いた様子もなく、彼は静かに頷く。



249 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 19:03:54.70 ID:2VSH/SsZ0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 19:04:27.65 ID:d5S+xGY+0
アタランテ
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 19:04:56.73 ID:d5S+xGY+0
アタランテ
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 19:06:08.60 ID:d5S+xGY+0
うわ二重になったすみません
253 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 19:52:45.15 ID:2VSH/SsZ0

「私は悔いている」

「…………」

ただ静かに、彼の言葉に耳を傾ける。

「作り上げたものなぞ、アトラス院にいた頃から変わりもせん……人形を作り、そして失敗した」

「過程に意義を見出せと、あなたは言いましたが…………失礼、失言でした」

「…………ああ、お前が、成功さえ……」

心底悔しそうに、彼は目を閉じる。

……回りの人形たちは、与えられた延命治療という命令をこなし続けている。

「お前ならば、私をどうする……この、哀れな、男を……」

「あなたとおなじですよ、生かす方に価値がある限り、あなたを生かします」

「……そうだ、私の思想と同じだ……違うのは、徹底しているかどうか、か」

呼吸器を外し、けだるげに身を起こす。

「魔術師の思想を持ちながらも魔術遣い未満、お前はつくづく……失敗作だ」

「よく言われます」

薄く笑い、彼は立ち上がる。

「依頼を片付けに行きます」

「もう帰ってくるな」

「ええ、分かりました」

いつものその言葉を笑いながら、彼は工房から出ていく。



254 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 20:06:42.91 ID:2VSH/SsZ0
7日目、朝



貴方「…………」

犬の使い魔から渡されたの情報を確認する。

貴方「森、ですか……この1か月の間にはまだ見てないですね……」

そう考えながら、セイバーの作った朝食を食べる。



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、教会を確認
5、自由安価
>>下
255 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 20:12:59.75 ID:2VSH/SsZ0


行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、教会を確認
5、戦闘 ※アサシン
6、自由安価
>>下
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 20:35:39.13 ID:uKxipdYM0
257 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 20:59:28.20 ID:2VSH/SsZ0

貴方「……少し街を索敵します」

美沙夜『そう、先に報告するのはありがたいのだけれど……それだけじゃあないでしょう?』

貴方「ええ、折角二人いるので有効に使おうかと」

その言葉に、電話越しから鼻で笑うような音が聞こえる。

美沙夜『そう、それで?』

貴方「ええ、それで美沙夜さんに手伝ってもらいたいことがあるんです」



索敵方針
1、同行(補正−2、合流判定なし)
2、別行動(二回判定、合流判定−2)
3、待機(補正なし、合流判定+2)
>>下
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:01:34.92 ID:d5S+xGY+0
2、別行動
259 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 21:14:45.38 ID:2VSH/SsZ0

美沙夜「まさか、顎で使われるとはね」

ブーツを履きながら、彼女は扉に手をかける。

ランサー「なんだ、いくのか?」

美沙夜「セイバーの実力を見るなら側がいいし、減らす分には何も支障はない、それに私が出向けば効率が上がる、メリットはこれだけあるわ」

……つまりそれらを掻き消すような「自分たちの危険」などない、と考えているのだろう。

ランサー「大した自身だよ、気に入ったぜ」

快活に笑い、彼もマスターの後に続く。



索敵判定
5以上で成功
セイバー >>下コンマ 日中:−1
ランサー >>下2コンマ 日中:−1 使い魔(犬):+2
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:15:28.09 ID:uKxipdYM0
おりゃ
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 21:24:13.77 ID:d5S+xGY+0
ファイナル
262 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/06(金) 21:45:49.65 ID:2VSH/SsZ0


陣営判定
98、アーチャー
76、ライダー
5、バーサーカー
43、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
セイバー >>下コンマ


9〜7、、アーチャー
6、ライダー
5〜3、バーサーカー
2、キャスター
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ


263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:55:33.50 ID:iMuSmCIhO
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:29:34.71 ID:d5S+xGY+0
サロメ
265 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/07(土) 19:06:05.22 ID:R7sWJlyXO

※すみません、正しくは下2コンマでした


ランサーvsファニーヴァンプ


特殊選択
1、即時合流
2、陣営選択
3、友好的接触
>>下
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 19:44:44.86 ID:TbxsuVN90
3
267 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/07(土) 19:59:30.99 ID:R7sWJlyXO

陣営判定
98、アーチャー
76、ライダー
5、キャスター
4、バーサーカー
3、アサシン
21、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 19:59:42.36 ID:3LQ4oKyK0
a
269 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/09(月) 18:52:16.86 ID:cpKMDkHEO

愛歌「……あら、居場所ばれちゃった」

貴方「偶然ですよ……戦いに来たのではありません……が」

チラリと、彼女のサーヴァントを見つめる。

……ライダー……ではなく、その奥の女性。

貴方「やはりあなたでしたか……吸血伝承のある英雄……もしくは、吸血の力を持つ反英雄、でしょうか」

与えられた情報と、手元にある情報を元に考察する。

愛歌「ふふ……これでわざわざ招待する理由もなくなったわね……戦いたくなったら、ここに来てね?」

貴方「……ええ、そうします」
270 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/09(月) 18:54:20.10 ID:cpKMDkHEO

行動選択
1、会話(合流判定ー3)
2、合流(合流判定ー2)
>>下
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 19:34:16.68 ID:vPMvFb9xO
2
272 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/09(月) 20:10:20.71 ID:cpKMDkHEO

貴方「……どうやらこちらの同盟相手は敵と遭遇した様です」

その言葉に、彼女は少しだけ目を細める。

貴方「ところで、同盟相手はとうしましょうか?」

愛歌「……最後に戦うって話し? ええ、それくらいのハンデはあげる」

貴方「有難うございます」

素直に感謝を述べ、彼は走る。



合流判定
10ーコンマ
>>下コンマ 別行動:−2
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 20:11:05.36 ID:2TTkdCzU0
274 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/11(水) 18:44:17.28 ID:4cSvoGd90


……目を細め、ランサーは警戒する。

ヴァンプ「……オス、それに女の子……」

ランサー「んだよ、不満か?」

ヴァンプ「当たり前でしょうが」

そう言いながら、装飾の施されたナイフを構える。

ヴァンプ「殺すわ」

獰猛に笑い、赤い瞳を歪ませる。

ランサー「おう、上等だ」

対してランサーも朱槍を構え、好戦的な笑みを浮かべる。
275 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/11(水) 18:49:13.06 ID:4cSvoGd90

ランサー 筋力B 耐久A 敏捷A 魔力C 幸運D
ファニーヴァンプ 筋力C+ 耐久C+ 敏捷A 魔力A 幸運B

耐久 +14、−16で決着
魔力差 対魔力で無効
幸運差 発生

ランサー
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
使い魔(犬) 補正+1、追加+1、二桁目3以下で追加+1

ファニーヴァンプ
禁忌の百合 相手が敵の時補正−1、女性の場合その人数分補正+1
吸血 ダメージを与えた際追加+2


ランサー >>下コンマ 犬:+1
ヴァンプ >>下2コンマ
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 19:15:21.61 ID:w3KtiFUrO
えい
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 19:21:48.57 ID:YTdzbr9T0
わーん
278 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/11(水) 22:09:18.11 ID:4cSvoGd90
ランサー 2、ヴァンプ 7
犬:+1 吸血:−2
判定:−8【劣勢】



ヴァンプ「きゃはははははは! どこ見てんのよぉ!」

壁を蹴り、ジグザグに走り迫ってくる。

ピンボールのような素直な突撃ではなく、時折上に跳びナイフで急停止するなど油断ならない挙動をする。

ランサー「ち、ぃっ!」

背後にマスターを守っている為、ランサーはその機動力を活かせずにいた。

ヴァンプ「のろまぁぁ! きゃはっ!」



ランサー >>下コンマ 犬:+1
ヴァンプ >>下2コンマ
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 22:37:55.67 ID:YTdzbr9T0
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 22:41:14.18 ID:mGi2ixoiO
わふー
281 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/11(水) 23:00:08.60 ID:4cSvoGd90
ランサー 8、ヴァンプ 8
犬:+1
判定:−7【不利】



目を細め、意識を研ぎ澄ませる。

ランサー「―――ッラァ!」

一呼吸の間に、四度の突撃を槍で捌く。

紅い軌跡が彼女の網膜に残り、ファニーヴァンプは歯を鳴らすほどに食いしばる。

ヴァンプ「野蛮、ケーキみたいに斬れちゃいなさいよ」

ランサー「ハ! 腹壊すぜ!」

余裕気に笑い、突き立てたナイフの足場に地面と水平に立つ彼女を見上げる。

ヴァンプ「生意気……生意気生意気生意気ッ!」



ランサー >>下コンマ 犬:+1
ヴァンプ >>下2コンマ
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 12:33:06.19 ID:sfYGMIxc0
さてんるいこ
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 13:09:49.30 ID:uIdswD50O
284 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 19:00:21.53 ID:MIXGxC/k0
ランサー 9、ヴァンプ 10
犬:+2
判定:−7【不利】



ヴァンプ「はぁい」

使い魔の頭を踏みつぶし、彼女は喜色満面に話しかける。

ランサー「んふ、可愛い」

美沙夜「―――ッ!?」

首筋に牙が突き立てられ、白い首筋に接吻する。

ランサー「ちッ、てめぇ!」

ヴァンプ「あーん! 惜しいっ!」

悔しそうに叫びながら、マスターを盾にする。

ランサー「―――ッ!」

ヴァンプ「終わったら、続きね?」

薄く笑い、彼女は後ろに跳ぶ。

ランサー「おい嬢ちゃん! 立てるか!?」

美沙夜「……ランサー……後ろ……っ」

息も絶え絶えに、振り絞った声で警告する。

ランサー「ん、なぁ!?」

突如こちらに牙を剥いてきた犬をランサーは蹴散らす。

ヴァンプ「んふふ、犬どもはこれでオッケーね……邪魔だったもの、次はその青い犬よ」

使い魔の主導権を奪った彼女は、上機嫌に笑う。

ランサー「……てめぇ……上等だ!」




ランサー >>下コンマ
ヴァンプ >>下2コンマ
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 19:08:57.37 ID:sfYGMIxc0
健気系献身的ヒロイン
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 19:24:27.86 ID:DjBnnB2iO
287 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 19:54:09.50 ID:MIXGxC/k0
ランサー 7、ヴァンプ 6
判定:−6【不利】




美沙夜「はっ、はぁ……く、うっ」

猟犬と言う手札を失い、完全に自分が足手纏いになっている状況に美沙夜は歯噛みする。

ランサー「…………」

相対し警戒しているランサーを見上げ、彼女はすり減った体力で立ち上がる。

美沙夜「何を後手に回っているの、あなたが攻め続ければ、あのサーヴァントはこちらにまで来る余裕なんてないでしょう」

ランサー「……はっ、確かになぁ……わりぃ、警戒しすぎだな」

快活に笑い、槍を構えなおす。

……その姿勢は前傾に、より攻撃的な構えに変わる。

ヴァンプ「な・ま・い・き……」



連続不利判定
0〜7、ランサー
6〜1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ 幸運差:−1
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 19:54:53.65 ID:+Miej1pD0
でやっ
289 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 20:00:57.04 ID:MIXGxC/k0

ファニーヴァンプ判定
9〜7、令呪
6〜4、吸血
3〜1、遅延
>>下コンマ
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 20:09:28.06 ID:DjBnnB2iO
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 20:12:10.15 ID:DjBnnB2iO
遅延だとどういう効果になりますか?
292 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 20:19:32.19 ID:MIXGxC/k0

戦場を移動する描写をつけてセイバーの到着がコンマ三分の一ほど遅れます。
293 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 20:27:56.90 ID:MIXGxC/k0


ヴァンプ「離れちゃだめじゃないっ!」

跳びまわった彼女は、容易く美沙夜のもとに辿り着く。

美沙夜「このっ!」

ヴァンプ「あっは、だぁめ」

抵抗する腕をつかみ、その肌に牙を突き立てる。

ランサー「おらぁっ!」

ヴァンプ「うぁっ!?」 なに、すんのよ!」

吸血中の彼女は抗議しながら口元をぬぐう。

……貫かれた肩の傷が、見る見るうちに塞がれていく。

美沙夜「はっ、はぁっ! はあ……! 気にしないで行きなさい……まだ、耐えられるわ……!」

ランサー「……おう……!」

マスターからの魔力の供給がかなり減っているのを感じながら、槍を握る手を強める。



ランサー >>下コンマ 魔力不足:−1
ヴァンプ >>下2コンマ 吸血:+1
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 20:29:02.75 ID:+Miej1pD0
おりゃ
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 20:31:33.53 ID:DjBnnB2iO
回答ありがとうございます
296 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 21:18:29.62 ID:MIXGxC/k0
ランサー 4、ヴァンプ 4
判定:−6【不利】



立体的な機動力で翻弄するファニーヴァンプに対し、ランサーは爆発的な敏捷性で食らいつく。

ランサー「おらぁっ!」

ヴァンプ「っは!」

ドレスを翻し、朱槍を回避する。

眼前に迫るナイフを皮一枚で回避し、壁に着地する。

素早く蹴り反対側に跳ぶが、ナイフで急停止していたファニーヴァンプが嘲笑い三度マスターの元へ跳ぶ。

ランサー「させるか!」

だが距離が遠い、一跳びでの速度ではランサーが速く、美沙夜を肩に抱える。

美沙夜「……っ……もう、すぐよ……」

ランサー「ハ、それは心強いこった……!」

屋根の上まで跳んだ彼は、弱ったマスターを丁寧に下ろす。



ランサー >>下コンマ 魔力不足:−1
ヴァンプ >>下2コンマ 吸血:+1
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 21:19:56.55 ID:+Miej1pD0
はあっ
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 21:25:16.66 ID:DjBnnB2iO
かて
299 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 22:08:59.46 ID:MIXGxC/k0
ランサー 4、ヴァンプ 7
吸血:−2
判定:−12【劣勢】



セイバー「はああぁぁぁ!!」

ヴァンプ「ん、なぁっ!?」

背後からの一撃を、ファニーヴァンプは何とか躱す。

ヴァンプ「危ない、危ない……現代は良いわね、そこらに鏡があるんだから……」

突如現れた敵に軽口をたたきながら挟撃の体勢をとっている二人を見る。

美沙夜「は……はぁ……おそ、かったじゃない……」

貴方「申し訳ありません……ですが、彼女のマスターは割れました」

美沙夜「そう……なら、指揮は、任せるわ……」
300 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 22:26:21.32 ID:MIXGxC/k0

剣槍同盟 筋力B+ 耐久A 敏捷A 魔力A 幸運A
ファニーヴァンプ 筋力C+ 耐久C+ 敏捷A 魔力A 幸運B

筋力差 発生
耐久 +14、−19で決着

ランサー
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
聖者の数字 判定3で宝具判定、判定6か9で追加+3、耐久大増
暗殺者 無効
悪平等 相手マスタースキル無効、ステータス不利無効
ANDROID 無効
使い魔(犬) 封印
魔力不足 無効
同盟 補正+1、耐久増

ファニーヴァンプ
禁忌の百合 相手が敵の時補正−1、女性の場合その人数分補正+1
吸血 ダメージを与えた際追加+2、補正+1



ランサー >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 吸血:+1
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 22:32:28.93 ID:sfYGMIxc0
不利やん
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/12(木) 22:36:23.87 ID:Tc+H6LDT0
so
303 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/12(木) 22:47:44.77 ID:MIXGxC/k0
ランサー 5、ヴァンプ 8
矢避けの加護:+2 吸血:−2
判定:+15【劣勢】



セイバー「はぁぁああ!」

ヴァンプ「ふんっ!」

横薙ぎの剣の一撃を、両足で受け止めそのまま横方向に跳ぶ。

彼の膂力を活かした移動で、一先ず挟撃の位置関係から脱する。

電線にヒールをひっかけ、体勢を立て直す。

ヴァンプ「……オスが三匹も……正直逃げ出したい状況だけれど……押せば勝てるかも」

目を細めながら、ゆっくり息を整える。

ヴァンプ「ふぅ……よし」

電線の張力を活かし、先駆けてきたランサーを釣るように後ろに跳ぶ。



ランサー >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 吸血:+1
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 23:00:17.32 ID:sfYGMIxc0
儚い
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 23:27:51.46 ID:fAfUYRhqO
レフ
306 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/14(土) 20:47:38.64 ID:o2a0RE1T0
剣槍同盟 4、ヴァンプ 7
吸血:−2
判定:−19【敗北】



貴方「―――が、あ……!?」

美沙夜「くあ……ぐっ」

二人はファニーヴァンプに気を取られ、攻撃の瞬間まで背後の敵に気が付かなかった。

愛歌「奇遇ね、二人とも呪いをかけた相手なんて……あははっ」

触手に胴を貫かれた彼は、三画の令呪を使い切る。

貴方「……後はどうぞ」

愛歌「そうね、そうするわ」

即死した美沙夜を放り捨て、さらに大量の泥が流れ込む。

貴方「が、っ……ぐあ……!?」

人工血液が侵され、疑似回路を汚され、電子基板が焼かれる。

激痛と吐き気と悪寒が、彼の肉体に駆け巡る。

愛歌「あははっ、マリオネットの出来上がりね」

上機嫌に笑い、壊れた人形を連れてその場を去る。



307 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/14(土) 20:54:40.08 ID:o2a0RE1T0

残機【◆◆◆◇◇】


コンマが低すぎました、それに判定勝ちで+2の吸血が痛いですね。


コンテニュー先
1、>>272 合流判定
2、>>275 一番最初
3、>>287 連続不利判定
4、>>300 合流後


>>下
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 21:04:44.18 ID:54OJqqlr0
4 から
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 21:08:54.81 ID:ZuMW4lQl0
-15から逆転か聖者の数字発動できれば良いけど
それにしても暗殺者のくせにバトルひどすぎ
310 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/15(日) 18:28:55.97 ID:IKSyVl/10

剣槍同盟 筋力B+ 耐久A 敏捷A 魔力A 幸運A
ファニーヴァンプ 筋力C+ 耐久C+ 敏捷A 魔力A 幸運B

筋力差 発生
耐久 +14、−19で決着

剣槍同盟
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
聖者の数字 判定3で宝具判定、判定6か9で追加+3、耐久大増
暗殺者 無効
悪平等 相手マスタースキル無効、ステータス不利無効
ANDROID 無効
使い魔(犬) 封印
魔力不足 無効
同盟 補正+1、耐久増

ファニーヴァンプ
禁忌の百合 相手が敵の時補正−1、女性の場合その人数分補正+1
吸血 ダメージを与えた際追加+2、補正+1



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 吸血:+1
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/15(日) 18:38:26.15 ID:tnGm3ZBP0
日輪
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/15(日) 18:39:54.04 ID:jtnSlgXl0
おいや
313 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/16(月) 18:58:10.66 ID:OpRu+oHR0
剣槍 7、ヴァンプ 5
判定:−10【劣勢】



ヴァンプ「あああああっ! 面倒くさい!」

ほぼ絶叫しながら、彼女はセイバーの剣を躱す。

背後から飛んできた槍をドレスを翻し躱し、蹴りをランサーに繰り出す。

ランサー「っとぉ!」

身を反らし、姿勢を低くする。

セイバー「はあああ!」

二撃目、振り下ろされた剣をナイフで逸らす。

ヴァンプ「オスがそろって女の子の一人も増えない訳!? 信じらんない!」

怒り心頭、といった面持ちで二人の連携を凌ぐ。



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 吸血:+1
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/16(月) 18:59:24.11 ID:2eU1Q1Kao
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/16(月) 19:06:15.38 ID:SHQLWY8po
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/16(月) 21:29:39.48 ID:mDXA1oNy0
クルーエル・サン
317 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/18(水) 19:01:04.26 ID:mngw5ZbM0
剣槍 3、ヴァンプ 9
聖者の数字:+3 吸血:−2
判定:−17【劣勢】



セイバー「ぐ、ぅ!?」

全力で放たれたナイフの投擲が、彼の腕を深々と突き刺す。

鎧を貫通したその膂力は、美沙夜の魔力を貪欲に吸い取った所以だ。

ヴァンプ「そぉれ!」

その柄に蹴りをかまし、追撃を加える。

セイバー「うおおおおっ!?」

ヴァンプ「っひゃぁ!?」

傷をそのままに、思い切り腕を振るいファニーヴァンプを投げ飛ばす。

ヴァンプ「なんて、ゴリ……!?」

セイバー「―――『転輪する(エクスカリバー)』……ッ!」

すでに宝具を打つ体勢に移ったセイバーに対し、ファニーヴァンプは宙で身を守るように体を丸める。



宝具判定
98、+12
76、+11
5〜3、+9
21、+8
>>下コンマ
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 20:53:23.94 ID:LZ6jRZTr0
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 21:21:51.05 ID:VSVn8fZA0
ガウェインはゴリラ。これ世界共通語
320 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/18(水) 22:07:36.61 ID:mngw5ZbM0
ダメージ:+9
判定:−8【劣勢】



セイバー「―――『勝利の剣(ガラディーン)』ッッッ!!」

ヴァンプ「ッガァァァァァァ!!」

邪悪を焼き払う太陽の炎が、ファニーヴァンプを焼き払う。

だが、煤を払うように回転し、電柱の上に着地する。

ヴァンプ「……っはぁ! はぁ……はぁ……忌々しいわね! 魔力を全部使っちゃったじゃない!」

美沙夜から奪った魔力を回復にあて、こともなげに睨みつけてくる。

ヴァンプ「あんた達をサクッとバラバラにしてやるわ!」

威勢良く吠え、彼女は憎悪を燃やす。



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 22:36:07.50 ID:LZ6jRZTr0
快男児
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 23:25:53.80 ID:UV5qaxffO
323 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/20(金) 18:52:27.43 ID:QRFv/T+g0
剣槍 10、ヴァンプ 10
判定:−8【劣勢】



ランサー「っらぁ!」

ヴァンプ「はああ!」

紅い槍が彼女の胸元を狙い、それらをナイフと立ち回りで捌く。

潤沢な魔力からの膂力も失せた彼女だが、それでもなおランサーに食らいつく。

先までの負傷でランサーには競り勝つことはできるが、その後に控えているセイバーは厳しい。

ヴァンプ(……もう一回吸えれば……駄目ね、殺せはするけど足りない)

目を細め、クレバーに状況を判断する。



特殊判定
9〜7、剣槍同盟
6〜4、戦闘中止
3〜1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 18:52:57.92 ID:Tdc6uza7O
325 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/20(金) 19:11:51.80 ID:QRFv/T+g0

ファニーヴァンプ判定
9〜7、???
6〜4、令呪
3〜1、撤退
>>下コンマ
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 19:39:21.98 ID:alH2Nm4B0
ガレス
327 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/20(金) 20:22:36.06 ID:QRFv/T+g0

愛歌「……ふふふ、追いついた」

貴方「―――ッ!」

一閃、細い糸が敵の首に向かい奔る。

……だが、それを黒い触手が千切り飛ばす。

愛歌「貴方の人生、刈り取りに来たわ」

薄く笑みを浮かべ、満足に動けない美沙夜に触手が振り下ろされる。

貴方「く!」

腰に巻き付けた太い糸で、彼女を後ろに投げる。

貴方「……そうでしたね、最後に戦う約定でした……つまり、ここでの決着は特にその約定を反故にすることではないと」

愛歌「ええ、気まぐれに遊びに来たの……上手く踊ってね」



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 根源接続:コンマ二桁で多い方を参照
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 20:30:56.05 ID:HTmMrKqQ0
おりゃ
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 20:53:19.69 ID:alH2Nm4B0
330 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/20(金) 22:02:38.83 ID:QRFv/T+g0
剣槍 7、ヴァンプ 9
矢避けの加護:+2 吸血:−2 怪物女王:−3
判定:−11【劣勢】



美沙夜「見捨てなさい」

か細く、弱い声が聞こえる。

貴方「……断ります」

毅然とした声が響き、穢された糸を取り込まない様切り捨てる。

美沙夜「なら、ここで殺しなさい」

鬼気迫る、覚悟の言葉が放たれる。

貴方「断ります」

彼女を抱き、触手の一撃を躱す。

貴方「彼女は私を殺しに来ています……ので、たとえあなたを差し出しても無意味ですよ」

静かにそう言い切り、糸を指先から垂らす。

凄まじい速度で、右手の糸は消費されていく。



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 22:58:44.35 ID:alH2Nm4B0
スカサハスカディ
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 23:35:27.28 ID:LvufMmthO
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/20(金) 23:35:51.74 ID:2ABQjgiF0
クルーエル・サン
334 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/23(月) 19:04:39.45 ID:VkIt1cK40
剣槍 7、ヴァンプ 8
吸血:−2 怪物女王:−3
判定:−17【劣勢】


セイバー「ぐあぁ!?」

側面から触手の奇襲を食らい、そのまま吹き飛ばされる。

ランサー「ち……新手か!」

ヴァンプ「あははっ! 援軍よ!」

楽しげに笑いながら、槍の攻撃を捌き距離をとる。



連続劣勢判定
0〜8、剣槍判定
7〜1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/23(月) 19:19:09.58 ID:uxkHM1+Ho
336 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/23(月) 20:40:47.32 ID:VkIt1cK40

剣槍同盟判定
9〜7、撤退
6〜4、宝具
3〜1、令呪
>>下コンマ
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/23(月) 20:41:11.95 ID:Z2t3BZzQ0
いよっ
338 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/23(月) 21:59:18.57 ID:VkIt1cK40
 
宝具判定
9〜7、同時
6〜4、セイバー
3〜1、ランサー
>>下コンマ
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/23(月) 22:01:08.86 ID:Z2t3BZzQ0
どうだ
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/23(月) 22:57:23.96 ID:VkIt1cK40

セイバー「……まず、こちらから焼き払いましょう」

二発目の宝具、マスターの魔力もこれが限度。

三発目はない、彼が持たない。

セイバー「……『転輪する(エクスカリバー)』…………」

触手が襲い掛かる。

……空に聖剣が舞う。

セイバー「『勝利の剣(ガラディーン)』ッッッ!!」

焼尽くす灼熱の焔が、触手達に襲い掛かる。



宝具判定
98、+12
76、+11
5〜3、+9
21、+8
>>下コンマ
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 00:09:45.49 ID:1ZJnfN1lo
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 00:58:48.84 ID:X52EKA5wO
燃える展開
343 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/25(水) 18:53:29.25 ID:yoIk9cMw0
ダメージ:+12
判定:−5【不利】



愛歌「……ふうん……?」

森の中にできた炎を見て、彼女は面白そうに笑う。

愛歌「なかなかやるのね……ふふ」

愉快そうに笑い、目の前に張られた糸を引き裂く。

愛歌「頑張ってね、あはははは」



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 筋力差:+1
ヴァンプ >>下2コンマ
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 18:56:39.04 ID:iyJ59x+Z0
愉悦
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 19:19:17.70 ID:Z0qyT29OO
LISA
346 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/25(水) 19:52:36.76 ID:yoIk9cMw0
剣槍 6、ヴァンプ 10
矢避けの加護:+2 吸血:−2 怪物女王:−3
判定:−10【劣勢】



電柱を蹴り、赤いコマのように回転し突撃する。

ランサー「おう、っらぁ!」

槍で受けるため横に薙ぐが……その攻撃を回転の力で身を躱す。

ヴァンプ「あはッ、あはははは!!」

ランサー「ぐおおおっ!!」

ナイフの滅多刺しを右手で受け致命傷を裂ける。

ヴァンプ「うふっ、しつこいわねぇ……くふふ」



特殊判定
9〜7、合流
6〜4、令呪
3〜1、撤退
>>下コンマ
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 19:55:10.52 ID:Q+iC/zM90
えいっ
348 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/25(水) 21:58:23.78 ID:yoIk9cMw0

愛歌「……あは……うふふ、思わずはしゃいじゃった」

クスクスと笑いながら、拘束された触手を振るい糸を引きちぎる。

愛歌「つまみ食いはここまでにしないと……ごめんなさい、でもこれでもう少しはお行儀よく待ってられるわ」

無邪気に笑い、彼女はファニーヴァンプを近くに呼び寄せ撤退する。

……残された二人は、少しだけ立ち尽くし彼は美沙夜の肩を担ぐ。

貴方「申し訳ありません」

美沙夜「……狙われているの、貴方なのね」

貴方「ええ、最後に戦うという呪をかけられまして……脱落すれば即、死というわけです」

美沙夜「…………似た境遇ってわけね……」

少しだけ窺うように目を向けるが……真意はくみ取れなかった。

美沙夜「……ランサーに後は任せるわ、アサシンに見つかったら厄介ですし」

小さくうなずき、ランサーに任せその場を去る。

貴方「セイバー、ファニーヴァンプとライダー……そして彼女、三人に勝てますか?」

セイバー「難しいですね……最大二発……いえ、確実に決まるという前提で宝具三発、これを正確に彼女たちをとらえれば或いは」

貴方「ゼロではないのなら、諦められませんね」



349 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/25(水) 22:15:50.55 ID:yoIk9cMw0
7日目、昼



貴方「………………」

頭に氷嚢を乗せ、疲れを抜くために楽な姿勢で椅子に座る。

……昼食のポテトを食べ終え、静かに呼吸を繰り返す。

貴方「……眠い……眠気が……寝……」

呂律が回らなくなり始め、意識が朦朧となる。



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、教会を確認
5、戦闘 ※アサシン 、ライダー
6、自由安価
>>下
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:19:57.26 ID:iyJ59x+Z0
6、依頼人(製造者)に連絡を取って主人公の装備の増強とか戦闘能力の強化とかできないか頼んでみる
351 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/25(水) 22:44:14.21 ID:yoIk9cMw0

貴方「……ええ、はい……少し厳しいかと」

『弱音か?」

貴方「事実と所感の報告です、意地を張っても結果を伴わなければ意味がありません」

『……張る意地がないのだったな、で戦力向上の為の装備改修に戦闘力強化だったか』

少しの間の後、しわがれた声が返る。

『糸は200メートルほど、特別製を用意できるかもしれん……戦闘能力に関しては、お前のメンテナンスと学習程度しか思いつかんな』

貴方「いえ、助かります……それで、私はこの街から離れられないのですが……」



判定
5以上で成功
>>下コンマ 依頼主:+1
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/07/26(木) 01:39:25.69 ID:9trzdIY20
どうだ
353 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/26(木) 18:35:17.40 ID:mnQIWyrJ0

少しだけ間を置き、声が返ってくる。

『物資は明日の夜までに届けさせる、改修用のアンドロイドも向かわせる』

貴方「ありがとうございます」

小さく笑みを浮かべ、光明が見えたことに素直に喜ぶ。

『で、結局お前は進歩はないままか?』

貴方「ええ、まあ……申し訳ありません」

『…………まあいい』

短くそう返し、通話が切れる。
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 18:44:06.38 ID:eJM0hh8N0
ああやっと主人公強化だ
355 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/26(木) 19:19:55.76 ID:mnQIWyrJ0
7日目、夜



……昼寝から起き、身を起こす。

セイバー「もう少し寝ていた方が……」

貴方「いえ、食事を採った方が、魔力の回復も見込めます」

よろめきながら、保存していたポテトのタッパを開ける。

……その横で、セイバーが新たなポテトをマッシュし始める。



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、教会を確認
5、戦闘 ※アサシン 、ライダー
6、自由安価
>>下
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/07/26(木) 19:21:52.92 ID:9trzdIY20
泰山のマーボーたべにいく
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 19:31:20.97 ID:eJM0hh8N0
この世界綺礼全く出てないけどいるのかな
コンマで誰かとコミュかな
358 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/26(木) 19:38:18.94 ID:mnQIWyrJ0

……フラフラと街を索敵する。

だが、体力も底をつき壁にもたれ掛かる。

セイバー(一度戻られては)

貴方「賛成です……ああいや、折角出たのだし、買い出しか……食事でも……」

千鳥足で、店の中に入る。

……そこは中華料理屋らしく、辣の香りが鼻を刺激する。

貴方「……とりあえず、これを」



泰山判定
貴方 >>下コンマ 麻婆:−5 破綻者:+3
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 19:39:28.75 ID:aG31IYLG0
たあっ
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/07/26(木) 19:41:41.17 ID:9trzdIY20
だめだったか
361 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/26(木) 21:49:17.83 ID:mnQIWyrJ0

貴方「………………」

一瞬のラグの後、彼は代金を置き席を離れる。

貴方「食べるものではなかったようです」

自分の勘違いだったと納得し、帰路に就く。

セイバー(どうかなさいましたか?)

貴方「いえ、どうやら毒物か何かの専門店だったようです」

セイバー(なんと、間一髪でしたね)
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 22:14:20.29 ID:oqJyJcD6O
wwww
363 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/26(木) 22:37:09.49 ID:mnQIWyrJ0
7日目、イベント



陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/07/26(木) 22:44:39.74 ID:9trzdIY20
どうだ
365 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/26(木) 23:18:55.10 ID:mnQIWyrJ0

状況判定
98、イベント
7〜5、戦闘
4〜2、捕捉
1、襲撃
>>下コンマ
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 23:33:38.48 ID:eJM0hh8N0
アヴィ
367 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 18:27:01.56 ID:ZKpuB7XZ0

イベント判定
9〜7、同盟
6〜4、戦闘
3〜1、???
>>下コンマ
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 18:27:52.99 ID:4tMCmuxjo
369 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 19:36:57.43 ID:ZKpuB7XZ0
ご飯食べるので遅れます。
370 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 20:26:17.54 ID:ZKpuB7XZ0


陣営判定
、セイバー
、ランサー
、アーチャー
、キャスター
>>下コンマ
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:26:55.63 ID:65Cg8/RbO
372 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 20:35:46.15 ID:ZKpuB7XZ0
※ウッカリー

陣営判定
9、セイバー
8、ランサー
7〜4、アーチャー
3〜1、キャスター
>>下コンマ
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:36:31.14 ID:Lae4xPDq0
おりゃ
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:59:14.87 ID:/HQZLB/Q0
また同盟かい
375 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 21:11:40.55 ID:ZKpuB7XZ0

ロシェ「……御三家って言っていたけど……こんなものか」

ぼそりと呟き、ゴーレムから降り門の前に立つ。

臟硯「失望したかね?」

背後に矮小な老人がしわがれた声で笑いかける。

ロシェ「っ……家はあんな風ですけど、実力は確かみたいですね」

バーサーカー「………………」

アーチャー「下がりなさいバーサーカー、それはあなたの主の本意ではありませんよ」

……言葉を理解したのか、それとも敵意を感じれなかったのか……バーサーカーは警戒を緩める。

臟硯「……さて、儂の使い魔を受け取りここまで来たということは……」

ロシェ「ええ、乗りますよ同盟に」

自信に満ちた笑みを浮かべ、老人の手を握る。
376 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 21:20:10.30 ID:ZKpuB7XZ0


夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 21:21:29.86 ID:Lae4xPDq0
おりゃ
378 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 21:55:13.74 ID:ZKpuB7XZ0
欠けている、私には重大な欠陥がある。

それがわかったのは、いつからだろうか。

……そんなこと今更問うまでもない。

(……虚しい)

達成感がない、目標がないからだ。

充実感がない、満ち足りたことがないからだ。

飢餓感がない、必要としたことがないからだ。

……最初からだ、OSに意識を注がれた瞬間……私は世界に興味を無くした。

何もかも既知の世界に放り込まれ、簡単な演算通りに物事は進む。

既視感に満ちていた、知りたいと思えないから……何も知らないですんでいたから。

(この虚しさが消えれば……製造者は、喜ぶのでしょうか……)

……簡単に導き出せる、彼は喜ぶ。

(……ならば、それを我が大目標に設定、自害は先延ばしに)

心臓部を自分の手で引き抜くのは、もう少し……知ってからでいいだろう。

まずは……小目標……ええと、なにをしましょうか。

(……小目標、小目標の選出、と言うことで……)

―――メンテナンスを終え、再起動を行う。

「何か仕事はありますか?」

「………………珍しいではないか……そうだな、極東での聖杯戦争……何か手掛かりになるものを得られるかもしれん、参戦しろ」

「ええ、そうしましょう」



379 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 21:59:42.90 ID:ZKpuB7XZ0
8日目、朝



……大分、回復したようですね……。

貴方「……まあ、もう少しほど……いえ、学校か」

行く意義は薄い。

貴方「さて……こうも俗世的な悩みを抱えるとは……」

どうしたものでしょうか。



登校
1、する
2、しない
>>下
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 22:08:05.86 ID:/HQZLB/Q0
当校する
381 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 22:15:26.64 ID:ZKpuB7XZ0

結局昼間にすることもない。

ランサーの負傷も、美沙夜の回復の報告も聞いていない。

ならば、時間つぶしに学園に行くのも特に時間の無駄ということではない。

貴方(それに、直接美沙夜さんと会えるならば使い魔を介するよりは効率がいい)

そう判断し、彼は学校へと足を運ぶ。



遭遇判定
9〜7、美沙夜
65、ラニ
4〜2、何もなし
1、???
>>下コンマ
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 22:15:48.97 ID:Lae4xPDq0
たあっ
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 22:17:43.82 ID:h5Vs2wUfO
蘭子「混沌電波第151幕!(ちゃおラジ第151回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516011054/
蘭子「混沌電波第152幕!(ちゃおラジ第152回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516615777/
蘭子「混沌電波第153幕!(ちゃおラジ第153回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517221252/
蘭子「混沌電波第154幕!(ちゃおラジ第154回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517828308/
蘭子「混沌電波第155幕!(ちゃおラジ第155回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518405378/
蘭子「混沌電波第156幕!(ちゃおラジ第156回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519035694/
蘭子「混沌電波第157幕!(ちゃおラジ157回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519642167/
蘭子「混沌電波第158幕!(ちゃおラジ第158回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520244800/
蘭子「混沌電波第159幕!(ちゃおラジ第159回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520849603/
蘭子「混沌電波第160幕!(ちゃおラジ第160回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521454455/
蘭子「混沌電波第161幕!(ちゃおラジ第161幕)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522060111/
蘭子「混沌電波第162幕!(ちゃおラジ第162回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522664288/
蘭子「混沌電波第163幕!(ちゃおラジ第163回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523269257/
蘭子「混沌電波第164幕!(ちゃおラジ第164回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523873642/
蘭子「混沌電波第165幕!(ちゃおラジ165回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524480376/
蘭子「混沌電波第166幕!(ちゃおラジ第166回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525058301/
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525687791/
蘭子「混沌電波第168幕!(ちゃおラジ第168回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526292766/
蘭子「混沌電波第169幕!(ちゃおラジ第169回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526897877/
蘭子「混沌電波第170幕!(ちゃおラジ第170回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527503737/
蘭子「混沌電波第171幕!(ちゃおラジ171回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528107596/
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
蘭子「混沌電波第173幕!(ちゃおラジ第173回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529353171/
蘭子「混沌電波第174幕!(ちゃおラジ第174回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529922839/
蘭子「混沌電波第175幕!(ちゃおラジ第175回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530530280/
蘭子「混沌電波第176幕!(ちゃおラジ第176回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531133134/
蘭子「混沌電波第177幕!(ちゃおラジ第177回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532340969/
384 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/29(日) 22:32:52.18 ID:ZKpuB7XZ0

美沙夜「……ふうん、思ったよりも回復は早いのね」

背後から、声をかけられる。

貴方「おはようございます」

美沙夜「ええ、おはよう」

それから会話は止まり、静かな時間が流れていく。

貴方「怪我の方はどうですか?」

美沙夜「魔力と血をゴッソリ持っていかれただけですもの、少し寝ればどうにでもなります」

彼女の体調を一応聞き、戦えるレベルまでに回復させたのだと理解する。



会話候補
美沙夜か貴方視点で
>>下3までで候補
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 23:06:38.97 ID:/HQZLB/Q0
貴方「昨日の戦闘を経て、このままでは沙条愛歌との戦闘に敗北する可能性が7割以上という計算結果となりました。
そのために、貴女にお聞きしたいことがあります。
私の欠陥とは何か、貴方の視点から見えるものを教えていただけませんか。
彼女に勝利するために、私は自分に欠けている何かを見つけ、新たな自分へと生まれ変わらなくてはならない」
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 23:27:57.25 ID:S5Kh4VP/0
美沙夜「どこかの完成した生徒会長様みたいに『みんなを しあわせにする為にうまれてきた』とか言ってほしいの?冗談じゃないわ、言葉単体だけで変わるようならそれだけの重さだったってだけでしょ。大事なのは自分で考えて行動することで、あなたが出した答えがどんなにありきたりでも私はそっちの方が人間臭くて好きよ」
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 23:32:42.38 ID:+qOM6XYTO
美沙夜
「どんな人間になりたいの?」
388 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/30(月) 00:34:58.41 ID:4V7OdWCB0

貴方「昨日の戦闘を経て、このままでは沙条愛歌との戦闘に敗北する可能性が7割以上という計算結果となりました」

彼らしく、無駄な情報のない簡素な推測を述べる。

美沙夜「……それで、何が言いたいのかしら」

貴方「ええ、あなたにお聞きしたいことがあります」

……熱のこもっていない、穏やかな瞳で彼女を見つめる。

貴方「私の欠陥とは欠落とは何か、あなたの視点から見えるものを教えていただけませんか?」

あまり関連性の薄い話題に対し、彼女は茶化すでも憤るでもなく……その真意を推し量るために足を止め見つめ返す。

貴方「彼女に勝利するために、私は自分に欠けている何かを見つけ、新たな自分へと生まれ変わらなくてはならない」

以前投げかけられた、製造者からの指摘。

克服をしなければ、勝つことはできない。

美沙夜「『みんなを しあわせにする為にうまれてきた』とか言ってほしいの? 冗談じゃない、そんなもので変わるようならそれだけの些末な事なのかしら」

冷たく、凛とした声が彼に向けられる。

美沙夜「大事なのは自分で考えて行動することで、あなたが出した答えがどんなにありきたりでも私はそっちの方が人間臭くて好きよ」

貴方「………………」

演算を繰り返し、最適解を探す。

何を言えば、何を行えば、何を考えれば。

……内向的問題に対し、彼の思考は脆弱性を露わにする。

美沙夜「……貴方は、どんな人間になりたいのか、どうしたいのか……自分で言ってみなさい」

貴方「私は……」



判定
9〜7、「死も構わない」
6〜4、「死にたくない」
3〜1、「死を恐れない」
>>下コンマ
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/30(月) 01:14:41.31 ID:YlyDiKsJ0
5
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 16:31:20.39 ID:I86GOb3fO
他コンマだとどんな展開だったんだろ
391 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/30(月) 17:54:13.61 ID:fxqVBe53O
急遽用事ができたので今日は夜少しだけ再開します
392 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/30(月) 22:11:47.35 ID:4V7OdWCB0

貴方「……死を恐れません、連続性の喪失程度……恐怖ではない」

……静かに、自分の答えを口にする。

貴方「恐ろしいのは……結局は徒労だったと、私が折れる事だけです」

人のイドを持つ彼は、静かにそう答える。

美沙夜「合格」

満足気に笑い、彼女は歩みを再開する。

美沙夜「ならば、自分の為すことを為してみればいいわ……使命や願い、野望なのかは分からないけれど」

貴方「……恩返しですよ」

美沙夜「聞いてもいいかしら」

貴方「生み出されたことに関してですよ……生まれた事を感謝したことはありませんが、産みの苦しみにえお経た彼には多少あります」

短く答え……少しだけ笑みを溢す。
393 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/30(月) 22:32:41.11 ID:4V7OdWCB0

貴方「…………」

やはりラニは来ていないようだ。

美沙夜「そこで止まらないで」

貴方「すみません」

教室に入り、カバンを足元に置く。



行動選択
1、会話 ※セイバー、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵(セイバーのみ)
4、自由安価
>>下
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 22:43:29.43 ID:F0YGXZ/L0
3
395 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/30(月) 22:59:42.12 ID:4V7OdWCB0
彼は学校から移動し、静かに街を歩く。

セイバー「…………」

マスターとの連携は取りにくいが、ランサーのマスターが側にいる。

襲撃されたとしてもランサーが出る、逆に裏切られたとしても……手負いのランサー相手ならば令呪によって転移すればいい。

セイバー「さて……」

聖者の数字の効果が発動している間の索敵、マスターに命じられた長くはない時間を活かさなければならない。



索敵判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:−1
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 23:18:42.47 ID:F0YGXZ/L0
死溢るる魔境への門
397 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/30(月) 23:50:43.21 ID:4V7OdWCB0

陣営判定
98、アーチャー
7、ライダー
65、バーサーカー
43、キャスター
2、アサシン
1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 23:56:19.05 ID:mpZ/M+++O
399 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/31(火) 16:36:32.09 ID:BRN745WL0
今日も再開は夜に少しだけです
400 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/31(火) 22:32:51.21 ID:BRN745WL0

同盟判定
5以上で別行動中、10−コンマ二桁目で合流
>>下コンマ

合流判定
10−コンマで合流
>>下2コンマ
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/31(火) 22:47:37.99 ID:zZFaSN680
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/31(火) 22:57:42.77 ID:+Z2u1lxHO
こんなん負けるやん笑
403 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/31(火) 23:34:56.31 ID:BRN745WL0

セイバー「はぁっ!」

視線を感じ、深山の人気のない場所へ移動する。

……その途端、背後を正確に射抜いてくる矢が飛んできた。

バーサーカー「……■■■■■……」

セイバー「なるほど……二対一ですか」

自信ありげに笑い、背後のバーサーカーに向き直る。

さらには……土塊のゴーレムたちが周囲を包囲する。



404 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/07/31(火) 23:49:29.88 ID:BRN745WL0

行動選択
1、合流 A、全員 B、ランサーのみ C、マスターも向かう
2、撤退 A、令呪使用
>>下 (1aという感じにしてください)
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/01(水) 23:23:59.38 ID:MJHWUOSh0
1a
406 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/02(木) 18:34:01.00 ID:pTZd+5bY0
セイバー 筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力A 幸運A
弓狂同盟 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力B 幸運B

耐久 +18、−15で決着
敏捷差 発生

セイバー
聖者の数字 発生せず

弓狂同盟
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1
心眼(真) クリティカルで追加+1
千里眼 ファンブルの場合、二桁目成功大で振りなおし
神授の智慧 補正+1、追加+1、耐久増
翅刃虫(臟硯) 補正+2、追加+1
同盟 補正+1、耐久増


セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 18:37:05.74 ID:W6n9AJa7O
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 18:42:06.87 ID:BFlQOt3XO
409 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/02(木) 19:25:05.16 ID:pTZd+5bY0
セイバー 3、弓狂 9
無窮の武錬:−1 心眼(真):−1 神授の智慧:−1
判定:−10【劣勢】



セイバー「ぐぅっ!?」

肩を射抜かれ、更にバーサーカーの攻撃を受ける。

バーサーカー「■■■■■■!!!!」

ゴーレムに囲まれ、セイバーは合流を図れずにいた。

セイバー「は、ぁ……はあ……何故……」

いち早く、自分の不調……つまり、生者の数字の不発を感じる。

時間は間違いがない、だが……。

バーサーカー「■■■■!!!」

黒い靄を纏ったバーサーカーが、土塊でできた棍棒を振るいセイバーを追い詰める。



セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 19:27:02.30 ID:tLtqWPNs0
おりゃ
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 19:31:53.99 ID:R9trAbNW0
412 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/02(木) 19:51:42.19 ID:pTZd+5bY0
セイバー 10、弓狂 9
無窮の武錬:−1 心眼(真):−1 神授の叡智:−1
判定:−12【劣勢】



セイバー「おおおおっっ!!」

剣を振るい、バーサーカーの鎧を切り裂く。

たたらを踏み、一瞬動きが鈍る。

その隙をつき、ゴーレムの包囲を抜けようとする。

セイバー「ふっ!」

即座に横に跳び、矢がゴーレムの頭を貫き破壊する。



特殊選択
1、合流
2、宝具
3、撤退(判定アリ)
>>下
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 19:54:24.85 ID:D32oIErQ0
1
414 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/02(木) 20:52:21.96 ID:pTZd+5bY0
ランサー「遅れたかぁ、セイバー!」

セイバー「いえ、間に合っていますよ」

背後に跳んできた矢をはじき、挑発的に笑う。

ランサー「アーチャーは任せな、そっちの黒いのは抑えとけ」

セイバー「……ええ、お任せを」

目を細め、静かに剣を構える。
415 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/02(木) 20:58:11.14 ID:pTZd+5bY0
剣槍同盟 筋力B+ 耐久A 敏捷A 魔力A 幸運A
弓狂同盟 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力B 幸運B

耐久 +17、−16で決着

剣槍同盟
聖者の数字 発生せず
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
悪平等 封印
ANDROID 追加+1、二桁目7以上で次回補正+1追加+2
暗殺者 補正−1
使い魔(犬) 補正+1、追加+1、二桁目3以下で追加+1

弓狂同盟
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1
心眼(真) クリティカルで追加+1
千里眼 ファンブルの場合、二桁目成功大で振りなおし
神授の智慧 補正+1、追加+1、耐久増
翅刃虫(臟硯) 補正+2、追加+1


剣槍同盟 >>下コンマ 暗殺者:犬で相殺
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 21:00:30.13 ID:tLtqWPNs0
せいや
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/02(木) 21:02:53.93 ID:R9trAbNW0
418 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/04(土) 18:15:20.46 ID:1HjQcWs+O
夜に少しだけ更新
419 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/04(土) 23:32:42.87 ID:jxybiqL70
全部消えたので今日はもうないです!!!!!!!
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 23:59:26.25 ID:FiO6zBKDo
ありゃりゃ
421 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/05(日) 20:21:35.95 ID:sXcD/EwU0
剣槍 3、弓狂 7
ANDROID:武練で相殺 犬:神授の智慧、翅刃虫で相殺
判定:−16【敗北】



セイバー「おおおおっ!!」

土塊の棍棒を切断し、一太刀浴びせようと剣を振るう。

バーサーカー「Gaaaaaaa……!!」

セイバー「―――ッ!」

その手にはすでに黒き剣が握られていた。

一瞬早く、バーサーカーの剣がセイバーの胴を薙ぐ。

セイバー「ランス、ロ……」

バーサーカー「■■■■■!!!!」

黒き狂戦士は吠え、次の獲物に走る。



422 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/05(日) 20:24:29.02 ID:sXcD/EwU0

残機【◆◆◆◇◇】

補正でいい勝負ですが、しょっぱなが最悪でした。

あと萎えたのでコピペで良いかなって思いましたがちゃんと書きました。

コンテニュー先。


1、>>400 合流判定
2、>>404 行動選択
3、>>406 一番最初
4、>>412 特殊選択

>>下
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 20:37:53.22 ID:ajd0NCGE0
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 20:43:31.57 ID:BjHqGXqgO
有効なら
3、>>406 一番最初で

暗殺者のくせに一体も敵脱落せずにコンティニュー使いきりそうとかネタキャラやん
425 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/05(日) 20:51:43.90 ID:sXcD/EwU0
セイバー 筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力A 幸運A
弓狂同盟 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力B 幸運B

耐久 +18、−15で決着
敏捷差 発生

セイバー
聖者の数字 発生せず

弓狂同盟
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1
心眼(真) クリティカルで追加+1
千里眼 ファンブルの場合、二桁目成功大で振りなおし
神授の智慧 補正+1、追加+1、耐久増
翅刃虫(臟硯) 補正+2、追加+1
同盟 補正+1、耐久増


セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 20:52:27.27 ID:SjOb29xp0
せいや
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 20:57:34.44 ID:BjHqGXqgO
428 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/06(月) 18:04:41.06 ID:E92jM2OUO
家に帰ったら再開予定
429 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/06(月) 20:51:05.90 ID:yrXImQRI0
セイバー 6、弓狂 9
武練:−1 心眼(真):−1 神授の智慧:−1
判定:−7【不利】



バーサーカー「■■■■ッッッ!!」

セイバー「く、ぐあッ!?」

背後の矢を躱した瞬間、バーサーカーがその隙を突く。

……殴りつけた際砕けたこん棒を捨て、ゴーレムの腕を捥ぐ。

周りのゴーレムが攻撃しないのは、おそらくこういった運用が専門のゴーレムだからだろう……本陣が来れば、そのゴーレムたちも戦列に加わる。

セイバー「厄介極まりますね……」



セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 20:52:39.57 ID:9LQKMQpu0
やあっ
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 21:08:13.33 ID:yJ73g7kC0
ファブリーズ
432 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/07(火) 18:19:08.64 ID:n+wyLQVP0
セイバー 6、弓狂 8
武練:−1 神授の智慧:−1
判定:−11【劣勢】



蟲の攻撃はほぼ無視し、目の前のバーサーカーに集中する。

セイバー「ふんっ!」

バーサーカー「……■■!」

ゴーレムの腕は脆く、本気で斬れば切断が可能だ。

体力の消耗はあるが……バーサーカーは武器をとる為に後退する。

その隙を……。

セイバー「くっ!」

アーチャーが見逃すはずがない、狙撃による援護で隙を潰す。

セイバー「っはぁ……っはぁ……」



セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/07(火) 18:54:37.93 ID:qjAMNk8go
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/07(火) 19:30:38.38 ID:TG8m7nzsO
435 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/07(火) 20:20:14.17 ID:n+wyLQVP0
すみません、重大なミスを発見しました、申し訳ない。

ロールバックします、ので残機も一個増加します、本当にすみません。
436 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/07(火) 21:19:57.25 ID:n+wyLQVP0
セイバー「っはぁぁぁぁ!」

バーサーカー「■■■■■ッッッ!!!」

白いセイバーと、黒いバーサーカーがその剣で切り結ぶ。

バーサーカー「■■■■!!」

セイバー「っく、っはぁぁぁ!!」

聖者の数字の効果が消失したのを感じる。

……そこまで時間が経ったのか、そう思いセイバーは目を細める。

セイバー「……し方ありません、ランサーが来るまで粘りましょうか……」
437 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/07(火) 21:20:37.55 ID:n+wyLQVP0
セイバー 筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力A 幸運A
バーサーカー 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力C 幸運B

耐久 +16、−15で決着
魔力差 発生

セイバー
聖者の数字 発生せず


バーサーカー
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1


セイバー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 無窮の武練:+1
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/07(火) 21:21:02.76 ID:qNUFfDMS0
それっ
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/07(火) 21:21:04.21 ID:qjAMNk8go
440 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/07(火) 23:10:52.12 ID:n+wyLQVP0
セイバー 6、バーサーカー 2
武練:−1
判定:+4【有利】



即座に攻撃を止め、後ろに跳ぶ。

……一瞬の後、元居た場所を矢が貫く。

セイバー「アーチャーですか……」

目を細め、狙撃地点を睨む。

位置的に言えば恐らくバーサーカーを挟んだ遠方……背後をとっているバーサーカーを狙う様子は無し。

セイバー「さて、厳しい戦いの様ですね」

涼し気な笑みを浮かべながら、剣を防御寄りに構える。
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/07(火) 23:14:12.00 ID:DceVKZ2Z0
クルーエルサン
442 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/07(火) 23:15:58.20 ID:n+wyLQVP0
セイバー 筋力B+ 耐久B+ 敏捷B 魔力A 幸運A
弓狂同盟 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力B 幸運B

耐久 +18、−15で決着
敏捷差 発生

セイバー
聖者の数字 発生せず

弓狂同盟
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1
心眼(真) クリティカルで追加+1
千里眼 ファンブルの場合、二桁目成功大で振りなおし
神授の智慧 補正+1、追加+1、耐久増
翅刃虫(臟硯) 補正+2、追加+1
同盟 補正+1、耐久増


判定:+4【有利】からスタート


セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/07(火) 23:35:15.19 ID:DceVKZ2Z0
無慈悲な太陽
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 00:09:51.42 ID:jUYQzoLt0
エスカノール
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/08(水) 22:38:57.52 ID:OzQkRxbu0
エレナブラヴァツキー
446 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/09(木) 19:32:29.55 ID:88FnO5Yh0
セイバー 8、弓狂 7
武練:−1 智慧:−1
判定:+3【拮抗】



剣を振るい、ゴーレムの腕と打ち合う。

即座に後ろに跳び、追撃を諦め迎撃する。

矢を両断した後、バーサーカーの攻撃を受ける。

セイバー「流石に、貴方たち二人となると厳しいですね」



セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 翅刃虫:+2 同盟:+1
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 19:38:07.40 ID:1IcoiYIhO
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 19:38:23.52 ID:L8A1CT4P0
はい
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 22:24:43.86 ID:8OtOMQRy0
水着ナタク
450 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/09(木) 23:00:13.24 ID:88FnO5Yh0
セイバー 10、弓狂 7
武練:−1 智慧:−1
判定:+4【有利】



一撃、セイバーはバーサーカーを吹き飛ばす。

バーサーカー「■■■■ッッ!?!?」

ゴーレム達は援護のため、欠けた腕や脚で駆け寄っていく。

その様子に笑みをこぼし、聖剣を構える。

セイバー「ランサーが来る前に形成を傾けましょうっ!」

その言葉とともに、聖剣を高く掲げる。



宝具判定
98、+12
76、+11
5〜3、+9
21、+8
>>下コンマ
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 23:35:52.79 ID:L8A1CT4P0
452 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/09(木) 23:46:10.92 ID:88FnO5Yh0
ダメージ:+12
判定:+16【優勢】



太陽の写し身は炎となり、虫を、ゴーレムを、敵を焼く。

セイバー「……まだ、立ちますか……」

バーサーカー「………………」

黒き靄は晴れる様子はなく、おぼつかぬ輪郭は確かにこちらに意識を向けていた。

セイバー「……来なさい、受けて立ちましょう!」



セイバー >>下コンマ 敏捷差:−1
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1 同盟:+1
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 00:16:28.35 ID:aAN5fZ1mO
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 07:34:37.92 ID:bLIdVoJW0
ユウイチ
455 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 18:54:01.77 ID:6hvP2y3QO
セイバー 4、弓狂 5
武練:−1 智慧:−1
判定:+13【優勢】



バーサーカー「■■■■!!」

倒木を掴み、それを振るう。

セイバー「なッ!? ぐぁ!?」

流石に宝具のダメージを感じさせぬ膂力に意表を突かれ、攻撃を受けてしまう。

そこにさらにアーチャーの狙撃がセイバーの胸を……。

ランサー「っとぉ、あぶねえ……はは、結構やるじゃねえか」

セイバー「助かりました、ランサー」

救援に来たランサーは挑戦的に笑い、アーチャーが狙撃してきた方角に目をやる。
456 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 18:59:47.73 ID:6hvP2y3QO
剣槍同盟 筋力B+ 耐久A 敏捷A 魔力A 幸運A
弓狂同盟 筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力B 幸運B

耐久 +17、−16で決着

剣槍同盟
聖者の数字 発生せず
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
悪平等 封印
ANDROID 追加+1、二桁目7以上で次回補正+1追加+2
暗殺者 補正−1
使い魔(犬) 補正+1、追加+1、二桁目3以下で追加+1

弓狂同盟
精霊の加護 相手スキル一つ封印
無窮の武練 補正+1、追加+1
心眼(真) クリティカルで追加+1
千里眼 ファンブルの場合、二桁目成功大で振りなおし
神授の智慧 補正+1、追加+1、耐久増
翅刃虫(臟硯) 消失


判定:+13【優勢】からスタート


剣槍同盟 >>下コンマ 暗殺者:犬で相殺
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 19:05:30.42 ID:W79/HVeD0
ヘラクレス
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 19:29:35.85 ID:F53qM/220
す?
459 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 19:50:46.55 ID:6hvP2y3QO
剣槍 2、弓狂 7
ANDROID:武練で相殺 犬:知恵で相殺
判定:+6【有利】



ランサー「っはぁ!」

矢を弾き、更に前進する。

バーサーカーに釘付けになっているセイバーだが、接近するランサーを無視はできない。

つまり、前進すればするほどアーチャーの援護を防げる。

アーチャー「ですが……そうなればこちらも無理に同調せずに動けるというものです」



剣槍同盟 >>下コンマ
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 19:51:10.10 ID:BRZt8F/7O
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 19:51:21.49 ID:F53qM/220
あい
462 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 20:23:07.67 ID:6hvP2y3QO
剣槍 10、弓狂 9
犬:武練、智慧で相殺 ANDROID:心眼(真)で相殺
判定:+7【有利】



バーサーカー「■■■■ッッ!!」

背後から犬たちが噛みつき、バーサーカーの猛追を阻止する。

セイバー「っはぁぁぁ!!」

隙だらけのバーサーカーを大上段から斬り更に追撃を行う。

バーサーカー「■■■■!!」

噛みつかれたまま攻撃を続け、剣戟はなおも続く。



宝具判定
9〜7、両方
6〜4、セイバー
3〜1、ランサー
>>下コンマ
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 20:24:48.91 ID:4bzPZu380
おりゃ
464 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 20:36:43.26 ID:6hvP2y3QO
貴方「ランサーさん、どうぞ」

ランサー「おう!」

木と木の間に緩くくくられたワイヤーに足を乗せる。

と、同時に巻き取り機構を全開にしランサーを跳ね飛ばす。

アーチャー「っ!」

空中のランサーに十数本の矢を放つが、空中ですべてをいなす。

ランサー「『刺し穿つ(ゲイ)』―――」

紅い槍を回転させながら、アーチャーの目の前に着地する。

ランサー「『死棘の槍(ボルグ)』ッッッ!」



宝具判定
4で即死、コンマ+3ダメージ
>>下コンマ
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 20:37:21.33 ID:F53qM/220
466 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 20:52:05.92 ID:6hvP2y3QO
ぞろ目ボーナス:+2
ダメージ:3+3+2=+8
判定:+15【優勢】




アーチャー「―――ッッ!!」

確かに、心臓に達する。

だが、霊核に届く前にランサーの側頭部に蹴りが繰り出される。

ランサー「っち、しぶといな……」

ギリギリで防ぐが、

アーチャー「申し訳ない、ここを守る策は弄していたので」

掌を胸に当てる、すると蟲が傷に潜り込む。

アーチャー「応急処置です……流石に、蝕む棘は対処しきれませんが」

ランサー「俺を倒せば、ってか? っは、面白れぇ」

槍を構えると、アーチャーも弓をなおも構える。



剣槍同盟 >>下コンマ
弓狂同盟 >>下2コンマ 無窮の武練:+1 神授の智慧:+1
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 20:52:48.97 ID:W79/HVeD0
CCC
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 20:53:41.86 ID:4bzPZu380
せいや
469 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 21:06:44.27 ID:6hvP2y3QO
剣槍 7、弓狂 8
矢避けの加護:+2 犬:+1 ANDROID:知恵、武練を相殺
判定:+17【勝利】



決着判定
9〜7、令呪離脱
6〜4、一騎脱落
3〜1、二騎脱落
>>下コンマ
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 21:13:34.92 ID:F53qM/22o
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 21:13:50.74 ID:W79/HVeD0
メロスは激怒した。
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 21:15:41.98 ID:W79/HVeD0
すごいぞandroid貴方!
最初はぶっちゃけここでコンティニュー使いきって次の貴方に行くかと思ってたけど
473 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 21:46:26.82 ID:6hvP2y3QO

セイバー「はぁぁぁぁ!!」

バーサーカー「……ッ、■……■……」

鎧を、胸を、霊核を貫く。

セイバー「……去らばです、ランスロット卿」

中天の太陽の元、小さくそう告げる。

バーサーカー「Gaaaa…………」

靄とともに、黒きバーサーカーは消えていく。




ランサー「おらぁッ!」

アーチャー「な……っ!?」

弓を弾き、首筋に槍を当てる。

アーチャー「……見事」

ランサー「お前もな」

そのまま振り抜き、決着をつける。



474 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 21:59:29.23 ID:6hvP2y3QO
8日目、昼



貴方「上出来ですセイバー」

薄く笑い、彼は手を叩く。

セイバー「いえ、あの援護がなければこちらも厳しかったと思います」

貴方「それを持ちこたえられ、かつ優勢に傾けられたのは貴方の実力です」

その言葉に、セイバーは恭しく頭を下げる。

貴方「八騎の内、我々を除けば残りは四騎……早くも半数となりました」

セイバー「ええ、この調子で行きましょう」



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵
4、教会を確認
5、戦闘 ※アサシン 、ライダー
6、自由安価
>>下
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 22:01:20.77 ID:4bzPZu380
476 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/10(金) 23:11:30.84 ID:6hvP2y3QO

貴方「私たちは情報アドバンテージが欠けています」

その言葉にセイバーも頷く。

セイバー「確かに、ライダーとファニーヴァンプ、それにアサシンは分かりましたが……」

貴方「ええ、キャスターが不明です」

もう少しで埋まるピースならば、埋めるに限る。

貴方「欠けたアドバンテージを補いましょう」



索敵方針
1、同行(補正−2、合流判定なし)
2、別行動(二回判定、合流判定−2)
3、待機(補正なし、合流判定+2)
>>下
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 23:15:25.60 ID:F53qM/22o
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 23:51:38.55 ID:W79/HVeD0
いやシェイクスピア戦ったやろwwww
ラニと戦うときラニに止め差すか選択出ないかな
というか貴方はロシェとぞうけんをころしたのか気になる
479 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/14(火) 19:22:41.56 ID:QMQ6yOm6O
夜に再開します
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/14(火) 21:21:54.87 ID:zo7sqrMzO
481 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/14(火) 22:34:10.10 ID:Q30PiVHZ0

美沙夜「……動けるようになったとはいえ、酷使されるとはね」

犬を辺りに放ち、索敵範囲を上げながら彼女はつぶやく。

貴方「陣営でいえばもう半分ですが……万全は期すに限ります」

美沙夜「……分かってます、ボヤいただけ」

そう呟き、体を抱くように腕を組む。

その後ろを歩く彼は、己の魔力の残量を考える。

疑似的な回路に流れる量は、平時の八割、満タン時の五割程度。

宝具の使用は、出来て一度……後先を考えなければ二度が限度か……。

美沙夜「…………」



索敵判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:−1 同行:−2 犬:+1
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/14(火) 22:37:24.67 ID:Sd56K9D1o
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/14(火) 22:39:10.49 ID:d0aIs+lt0
弱いやつだと良いけど
484 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/15(水) 20:12:34.83 ID:3ZDucjed0

陣営判定
9〜7、キャスター
6〜4、アサシン
3〜1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/15(水) 20:14:11.18 ID:RClUNVgW0
えいっ
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/15(水) 20:23:22.43 ID:kdHbwL8w0
コミュほぼ無かった臓硯とロシェは良いけど
互いに好感度高そうなラニまで味気ない退場だったら寂しい
前の貴方の荒耶の時みたいに戦闘後何か違う選択肢とか会話出ると良いけど
487 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/15(水) 22:36:49.23 ID:3ZDucjed0

……なるほど、ここにいましたか。

貴方「確かに霊地ですね」

というよりも、あえてここを狙う意味は無かったので失念していました。

龍洞寺、冬木の霊的要。

貴方「理ではあります、流石ですね」

ラニ「……光栄です」

その声とともに、魔力の宿った剣を抜く。

美沙夜「……ランサー」

セイバー「マスター、援護を」

無論、用意はでいている。

……殺さずにできたなら満点としますか。

貴方「セイバー、とどめは刺さないでください」

セイバー「承りました」
488 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/16(木) 17:32:29.14 ID:t1yswYP9O
具合が悪いので少し寝てから再開します
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/16(木) 18:01:26.95 ID:RiMR71UVO
どうかお大事になさってください
490 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/16(木) 23:03:41.22 ID:bme67+Zr0

剣槍同盟 筋力B+ 耐久A 敏捷A 魔力A 幸運A
キャスター 筋力E 耐久E 敏捷D 魔力C++ 幸運B

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +14、−19で決着
敏捷差 クラス補正で無効

ランサー
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
聖者の数字 判定3で宝具判定、判定6か9で追加+3、耐久大増
暗殺者 無効
悪平等 相手マスタースキル無効、ステータス不利無効
ANDROID 無効
使い魔(犬)  補正+1、追加+1、二桁目3以下で追加+1
同盟 補正+1、耐久増

キャスター
自己保存 耐久大増、敗北時決着判定を二度振る
エンチャント 補正+1
錬金術(アトラス) 無効


剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 犬:+1
キャスター >>下2コンマ エンチャント:+1
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/16(木) 23:10:21.35 ID:i13vraw10
hoi
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/16(木) 23:36:37.84 ID:j7jAI8rA0
493 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/17(金) 19:58:46.32 ID:vWViQrtSO
※体調戻らないので亀進行です




剣槍 7、キャスター 5
犬:+2
判定:+4【有利】



ラニ「―――っ!」

剣を受け止める彼女だが、根本的な膂力の差は大きい。

ただ一度受けるのにも必死だ、その上でランサーのもいる。

……彼は境内に向かい駆ける、キャスターを直接叩く気だろう。

止められない、残念ながらキャスターの援護があってもセイバーに食らいつくのがやっとだ。

ラニ「はぁ……はぁ……っ」



剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 犬:+1
キャスター >>下2コンマ エンチャント:+1
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/17(金) 20:00:08.32 ID:FaCqVrYF0
やあっ
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/17(金) 20:38:42.45 ID:0KP68I6A0
早く良くなると良いですね
496 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/18(土) 18:39:25.45 ID:gdpgpod10
剣槍 4、キャスター 6
犬:+2
判定:+4【有利】



身を引くくし、セイバーの剣を躱す。

一撃でも受ければ決着がつく、躱しきるのも時間の問題だろう。

ならば、ラニの勝ちは短期でケリをつけなければいけない。

セイバー「っく!」

脇を走り去り、マスターの元へと駆ける。

貴方「…………流石にキャスターの援護があると、重い一撃になりますね」

右手と左手の間に巡らせたあやとりのように張った糸で受け止めながら、静かに評価する。




剣槍同盟 >>下コンマ 同盟:+1 犬:+1
キャスター >>下2コンマ エンチャント:+1
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 18:56:47.51 ID:OaRhcrMrO
ほい
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 19:15:26.24 ID:vJwHMdiTO
499 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/18(土) 19:43:09.84 ID:gdpgpod10
剣槍 3、キャスター 5
聖者の数字:+3
判定:+5【有利】



即座にラニに向かい走るが、その向こうのマスターの眼を見て一瞬逡巡する。

ラニ「―――!!」

セイバー「申し訳ありません、マスター」

貴方「汲み取ってくれてありがとうございます」

制止の指示を出していた彼は、セイバーをすんでのところで止めさせた。

セイバー「……次もうまくできるとは限りませんよ」

貴方「ええ、その時は一太刀くらい受ける覚悟はしています」



特殊選択
1、宝具判定
2、交渉(成否判定あり、宝具判定なし)
>>下
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/18(土) 20:13:16.34 ID:jvNOWG990
2成敗戦争から降りるよう説得(脅迫込み)
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 20:27:08.84 ID:7kWVoKwa0
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 20:29:07.38 ID:7kWVoKwa0
別の女連れて「聖杯戦争から降りてくれ」って良い御身分やな笑
でもこの展開良いと思います!
503 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/18(土) 21:47:28.76 ID:gdpgpod10
貴方「聖杯戦争から降りてください」

冷たく、氷のような言葉を彼女に投げかける。

……彼から見れば、もはや詰みの見える形に入っている。

そしてこちらが手を違えることなどない。

貴方「こちらは消耗できないんです……その為なら貴方を殺すのに、躊躇はしませんよ」

優しげな声音のまま、糸を伸ばしていく。

美沙夜「………………」

彼女も、逡巡せず犬の包囲を狭めていく。

ラニ「……なるほど……」



判定
98、???
7〜5、成功
4〜1、失敗
>>下コンマ
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 21:49:52.97 ID:VivMaUcf0
せいや
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 21:53:04.03 ID:eWFGv1sEO
よかったよかった
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/18(土) 22:01:15.21 ID:7kWVoKwa0
良かったラニ……
507 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/19(日) 00:05:38.32 ID:h/5EVrL10
ラニ「……令呪を持って命ずる、自害しなさいキャスター」

令呪を使い彼女は自分のサーヴァントを手放す。

ラニ「負けました」

貴方「良かった」

指を振るい、接近した際に首にかけた糸を緩める。

貴方「友達を手にかけるのは、少し嫌ですからね」

寺中の糸を巻き取り回収しながら、薄く笑う。

美沙夜「……それでは」

彼女は適当に見切りをつけ、山門をくぐりその場を去る。

貴方「送りましょうか、教会まで」

ラニ「……遠慮します」

その言葉を聞き、素直に彼はセイバーを連れ去っていく。
508 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/19(日) 00:25:15.37 ID:h/5EVrL10
そんな感じで今日はここまで。

みんな、胃腸炎には気をつけようね!

明後日の18時に再開します。
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 00:57:38.40 ID:NpjJ3RYo0
あと4騎!
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 17:41:46.85 ID:CnXz9+YPo
511 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/20(月) 21:13:09.53 ID:2APbLeOn0
8日目、夜



「よお、順調か?」

若い男が、ゆっくりと扉を開ける。

……製造者の使者のアンドロイドだろう。

貴方「……アーチャー、キャスター、バーサーカー……3騎を倒し、ランサーと組み、残りは3騎です」

その言葉に、指折り数える。

「8騎か、イレギュラーだが……まあ起こりえる可能性としては高い方か」

若いアンドロイドは、背負っていたカバンを床に置く。

「脱げ、寝ろ、改修を始める」



判定
9〜7、回路増設:???
6〜4、機構改修:追加+1
4〜1、筋力増強:補正+1
>>下コンマ
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 21:14:27.45 ID:B2wyp3Aw0
はあっ
513 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/20(月) 21:58:23.06 ID:2APbLeOn0

「見ろ、くく……穴倉の連中からひきとった逸品だ」

……その繊維を見た彼は、少しだけ意外そうにする。

貴方「技術の流出は嫌っていたはずですが」

「死体は簡単に頷くさ」

貴方「……ああ、同型機が何体かで払っていたのはそういう……」

そうして、分解された掌に繊維を機構に取り付ける。

貴方「エーテライトを振るうなど、想定していませんでした」

「エルトナム並みに使いこなすには習熟が必要だろうが、武器として振るうだけなら十分すぎる。」

愉快そうに、しかし機械的に笑う彼を見上げながら、少し指を動かす。

貴方「必ず、勝ちます」

「そうしてくれると助かる、じゃあな」

工具をカバンにまとめながら、アンドロイドの意識の中から人間性が失われていく。

「……それでは、ご健闘を」
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 22:08:07.83 ID:p7tJcHlc0
これで愛歌をぼこぼこにしてジャパニーズ土下座させてやれるぜ
515 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/20(月) 22:10:36.62 ID:2APbLeOn0
8日目、イベント


陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
6、ライダー
5〜3、アサシン
21、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 22:22:05.45 ID:Y8HPPMPto
517 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/20(月) 22:51:17.37 ID:2APbLeOn0

状況判定
9〜7、イベント
6〜4、戦闘
32、捕捉
1、襲撃
>>下コンマ
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 22:51:44.04 ID:IRhYVuaMo
519 : ◆KC4Ah12O6u1H [saga]:2018/08/20(月) 23:46:15.05 ID:2APbLeOn0

陣営判定
9〜7、セイバー
6〜4、ライダー
3〜1、ファニーヴァンプ
>>下コンマ
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/21(火) 01:30:26.32 ID:tjKyAvS40
ち〇こ
521 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/22(水) 19:17:37.56 ID:qjiejIp80
ヴァンプ「香る、香るわぁ……」

上機嫌に笑いながら、倒れ伏した竜牙兵の頭を踏み砕く。

ヴァンプ「た・の・し・みっ☆」

空からの竜翼兵を見上げながら、口を歪め笑う。

ほぼ同時に落下するように強襲され、反撃とその頭部を蹴り砕く。

ヴァンプ「あっはぁー……ホムンクルスってばどんな味がするのかしらぁ」

ナイフを手遊びで振り回しながら、恍惚の笑みを浮かべる。
522 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/22(水) 19:29:18.21 ID:qjiejIp80

アサシン 筋力E 耐久D 敏捷D 魔力A 幸運A
ファニーヴァンプ 筋力C+ 耐久C+ 敏捷A 魔力A 幸運B

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +14、−13
敏捷差 クラス補正で無効

アサシン
使い魔(鳩) 一度だけ1を5として計算
二重召喚 キャスターとしてステータスを計算する
西洋錬金術 追加+2
魔術師殺し 敵マスター同行時補正+2、補正+1
陣地 耐久増、補正+1

ファニーヴァンプ
禁忌の百合 補正+2
吸血 ダメージを与えた際追加+2


アサシン >>下コンマ 魔術師殺し:+1 陣地:+1
ファニーヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+2
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 19:38:32.46 ID:0FHGhhO20
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 19:53:14.56 ID:SY7TDHqv0
セミ様ビーム
525 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/22(水) 23:10:54.90 ID:qjiejIp80
アサシン 8、ヴァンプ 8
錬金術:+2
判定:+2【拮抗】



アサシン「……ふん、面倒な」

城のなかで水晶越しに侵入者を不機嫌そうに眺める。

アサシン「ランサーを呼べ、ああいう露払いはあいつの仕事だろう」

舞耶「それなのですが……」

アイリ「今朝にアーチャーとバーサーカーを撃退したせいで、負傷して遅れるらしいの」

その言葉に目を細める。

アサシン「ふん……二騎も落としたなら、あいつももう不要だな……こいつを落としたなら排除でもするか」

時期に彼女の宝具も完成する、そうなれば負けることもない……計算高く勝利の道程を導こうとする。



アサシン >>下コンマ 魔術師殺し:+1 陣地:+1
ファニーヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+2
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 23:23:01.78 ID:SY7TDHqv0
はいはいヒュドラ毒
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 23:27:06.99 ID:b8V15uiVO
ヒヤップ
528 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/23(木) 18:56:37.55 ID:+AbebN910
アサシン 9、ヴァンプ 9
錬金術:+2
判定:+4【有利】



ヴァンプ「うぐっ!?」

毒が塗られた鎖がファニーヴァンプの腕を絡め壁に叩き付ける。

ヴァンプ「んのっ!」

力任せに引き千切り、額の出血を拭う。

ヴァンプ「なーんとか城まで来れたけど……駄目ねぇ、大きいわぁ」

溜息を吐きながら扉を開ける。



アサシン >>下コンマ 魔術師殺し:+1 陣地:+1
ファニーヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+2
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 18:57:07.83 ID:56EtD1Tq0
うぐう
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 18:57:16.13 ID:9cK7ERj6O
531 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/23(木) 19:05:34.72 ID:+AbebN910
アサシン 5、ヴァンプ 5
錬金術:+2
判定:+6【有利】



ヴァンプ「……いやん」

ハンカチを取り出しながら、毒の充満した廊下を歩く。

ヴァンプ「換気……してもだめね、空気が魔術で滞留してる……」

目を細め、毒の粘膜感染を抑える。

ヴァンプ「んもぅ、女の子は毒香より香水でしょー」

不満げに笑いながら、速度を増す。



アサシン >>下コンマ 魔術師殺し:+1 陣地:+1
ファニーヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+2
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 19:10:20.76 ID:9cK7ERj6O
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 19:22:00.92 ID:56EtD1Tq0
534 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/23(木) 19:36:11.51 ID:+AbebN910
アサシン 8、ヴァンプ 4
錬金術:+2
判定:+13【優勢】



ヴァンプ「…………ああ、不味い」

漸く罠に気付く。

手首に鎖を巻きつけられた時、感覚を鈍化させる毒を手首の傷口に付着されていた。

……左手首の裂傷に今の今まで気が付かなかったのが証左だろう。

ヴァンプ「判断力も鈍くなってるのかしら……うぅん、気分悪くなってきた……」

薄い紫色の廊下を歩きながら、霞む目を凝らしながら歩みを進める。



アサシン >>下コンマ 魔術師殺し:+1 陣地:+1
ファニーヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+2
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 19:36:59.75 ID:GkrNuxvX0
はあっ
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 20:05:43.63 ID:56EtD1Tqo
537 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/23(木) 20:23:21.10 ID:+AbebN910
アサシン 7、ヴァンプ 5
錬金術:+2
判定:+14【勝利】



決着判定
9〜7、令呪
6〜1、敗北
>>下コンマ
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 20:24:27.47 ID:5EXgLaPuo
539 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/23(木) 20:51:06.39 ID:+AbebN910
ヴァンプ「……んんっ、ごほっ」

咳ばらいをし、窓に向かい走る。

ヴァンプ「無理無理、単騎で落としきれませーん」

待ち構えていた毒竜の口に飲み込まれながら降参宣言する。

噛み砕かれる直前、視界は明転しねじろにしている洞窟に到着する。

ヴァンプ「可愛い女の子の役に立ててうれしいわ愛歌、でもおねえさんを殺しかけるのはもうやめてねー?」

愛歌「……アサシンをとってきたなら考えてあげるわ」

ヴァンプ「……おほほ、これはおねえさんもお手上げ」

肩をすくませながら、ゆっくりと壁に背を預ける。

ヴァンプ「…………き、っつ……」

顔を真っ青にしながら弱ったように地面に横たわる。
540 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/23(木) 21:03:49.04 ID:+AbebN910
夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 21:05:01.79 ID:GkrNuxvX0
おりゃ
542 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/24(金) 22:35:34.57 ID:Egdnsx550



歯車が噛み合わない、クラッチがずれている。

「…………理解できたことがないのです」

よく言われることだ、よく言われているのなら理解できるはずだ。

何が足りない、何が、何が、何が。

「師に同じような……いえ、似て非なる言葉を言われました」

アンドロイドではない新種のホムンクルスたる彼女も同じような機能障害を抱えている。

いや、感情がないことと、感情が行動に及ぼさないことは天と地ほどに違う。

「………………」

そして、空の器を満たすのことが使命の彼女と、製造者の命を実行する私は重要度は些か違う。

……ああ、違う、違うことばかりだ。

きっと得られるものは無い、だが……会話を途切れさせる程不快に思っていない。

だから聞き流すこともない。

「哲学的な疑問、問答だと思います、時間のある我々は考える猶予もあるというわけです」

……ただ、製造者は定命の人間……ああ、失望させたままで本当にいいのか……。



543 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/24(金) 22:36:28.74 ID:Egdnsx550
急性胃腸炎です、今日はここまで、オナカイタイ
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/24(金) 23:49:15.14 ID:PijqT6zh0
お腹を冷やさないようにして寝るのじゃ
乙乙
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/25(土) 11:18:57.60 ID:VbQ77AfDO
ラニのこと夢に出るくらい好きなんか主人公
546 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/26(日) 20:09:40.14 ID:Ts93iIcF0
9日目、朝



身体に異常はない。

機工に異常はなく、機能に異常はない。

これ以上なく、好調だ。

貴方「さてと」

身支度も手早く済ませた……少し早く起きてしまいましたね……。



登校
1、する
2、しない
>>下
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/26(日) 20:21:15.15 ID:fUytQBf6O
1
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/27(月) 15:37:24.76 ID:Ak37VkdqO
セミ様の空中庭園そろそろ完成しそうでヤバいかな
549 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/27(月) 18:34:19.82 ID:+aTz/jFL0
今日も不定期更新です、申し訳ない
550 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/27(月) 18:58:07.86 ID:+aTz/jFL0
貴方「行きましょう」

手早く用意を済ませ、上着を羽織る。

貴方「のこる陣営はアサシンと愛歌さん……強敵ですが、勝つしかありません」

セイバー「ええ、必ず勝ちましょう」

その言葉に目を細める。

……ゆっくりと扉を開け、学校へと向かう。



遭遇判定
97、美沙夜
65、ラニ
4〜2、なにもなし
1、???
>>下コンマ
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/27(月) 19:07:36.41 ID:ZeQ7QsoOO
ほい
552 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/27(月) 20:34:12.97 ID:+aTz/jFL0

……背後を振り返る。

愛歌「おはよう」

貴方「おはようございます」

極自然に隣に立つ敵に、彼も自然に挨拶を交わす。

愛歌「ふふ、どうかしら、今日辺り」

貴方「……そうですね……ああいえ、少し休憩をはさみたいですね」

もともと腹芸をするタイプではない彼は、素直にそう要求する。

そんな彼に、動物をめでるように愛歌は口を歪める。

愛歌「そうね、お行儀よく待ってあげるわ」

貴方「ありがたい」



会話候補
愛歌か貴方視点で
>>下3までで候補
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/27(月) 22:24:47.39 ID:rGdZTQqc0
某スレだと男の娘でクソ雑魚精神なドMオナニストのくせに
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/27(月) 22:41:10.83 ID:B9VZprrD0
貴方:貴方程の人物なら聖杯が無くても何でも出来そうですが、聖杯を手に入れたら何を願うつもりなのですか?
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/27(月) 23:02:10.94 ID:KNhwK9PXO
愛歌「あのアトラスのホムンクルスのこと、殺さないであげたんだってね。随分優しいのね。それは貴方と同じく人に作られしモノというシンパシーからかしら。それとも勝てるはずもない戦いに出向いた彼女への憐れみ?
それで思ったの。……もし私が貴方との戦いに負けそうになったら、貴方は同じことをしてくれる?」
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 16:48:30.62 ID:XwOd4dLTO
愛歌:貴方たち強いのね、三体もサーヴァントを倒すなんて!それに比べて私の手駒ときたら不甲斐なくて困るわ。貴方たちをサーヴァントにすれば良かったかしら?
557 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 18:53:04.66 ID:89GMN4z90

愛歌「あのアトラスのホムンクルスのこと、殺さないであげたんだってね。随分優しいのね」

からかう様に笑いながら、彼の顔を見上げる。

愛歌「それは貴方と同じく人に作られしモノというシンパシーからかしら。それとも勝てるはずもない戦いに出向いた彼女への憐れみ?」

貴方「まさか、そんな感情で動くなら私はここにいません……とったチェスのコマをわざわざ砕く意味はありません」

あの時糸を緩めたのは、彼女が自暴自棄な自爆や特攻を行わなかったからに過ぎない。

愛歌「それじゃあ、もし私と貴方が戦って私が負けたら……貴方は同じ事をしてくれるのかしら?」

貴方「勿論、そういう指令も命令も下されていません……今回の仕事は殺害目標は一つもありません」

平然と彼はそう答える。

……彼女はただ、予想通りの答えを返す玩具を愉快そうに笑う。

貴方「あなた程の人物なら聖杯が無くても何でも出来そうですが、聖杯を手に入れたら何を願うつもりなのですか?」

愛歌「決まってるわ、私の王子様の為に使うの」

恍惚とした表情で、彼女は答える。

……目的や手段も分からない、だが……。

貴方「なんとなく、危険だということは分りました」

思考はそこで止まる。

無意味だ、真意を推し量ることは解決には近づかない。

貴方「……近いうちに決着をつけましょう、必ず」

愛歌「ふふ、相変わらずみたいね……気に入ってるのよ、そういう熱の無さは」
558 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 18:54:04.25 ID:89GMN4z90

感情判定
5以上で成功
愛歌 >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ 破綻者:−1
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 18:55:39.17 ID:BTHV4khkO
うーん
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 19:22:52.21 ID:/T/q/rKRo
561 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 19:52:11.68 ID:89GMN4z90
愛歌→【好意(大)】
「面白い玩具」
562 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 19:56:11.83 ID:89GMN4z90
ラニ「おはようございます」

美沙夜「おはよう」

……目の前で二人がごく自然に挨拶を交わすのを目撃する。

貴方(思っていたより険悪ではないみたいですね)

それに彼女とまた会えるのは良いことだ、そんなことを考えながら教室に向かう。

貴方「おはようございます」

ラニ「……はい、おはようございます」




行動選択
1、会話 ※セイバー、美沙夜、ラニ、愛歌
2、使い魔を飛ばす
3、索敵(セイバーのみ)
4、自由安価
>>下
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 19:58:51.13 ID:akosEb6Y0
564 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 20:26:53.41 ID:89GMN4z90
貴方「…………さて」

カラスたちを街に放ち、屋上を去る。

……嫌な予感がした。

もし、愛歌が性急な手を打つとしたら……アサシンを狙う可能性が十分にある。

貴方(もちろん、それはそれで喜ばしいことですが……)

問題は、それを知るのが遅れた場合……不意打ちの機会を相手が得る可能性がある。

貴方(まあ、もしも、の話に過ぎないのですが……)



使い魔選択
1、即時報告(即コンマ判定)
2、定期報告(使い魔を戻す、を選択まで飛び続ける)
>>下
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 20:29:07.98 ID:/T/q/rKRo
566 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 21:20:56.33 ID:89GMN4z90
貴方「……」

静かに息を吐き、席に着く。

……もしこの学園が戦場になった時、自分はどうするか考える。

貴方「……ふむ」

目を細め、まず二か所を選出する。

屋上かグラウンド、ここなら遮蔽物なくライダーを宝具で吹き飛ばせる。

貴方「…………」

一応糸を張るか、など考えながら午前中の授業に備える。
567 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/28(火) 21:29:26.25 ID:89GMN4z90
9日目、昼



美沙夜「飽きないものなの?」

貴方「……そうですね、味や香りを楽しんだことはないと思います」

そんなことを話しながら、彼女は詰まらなさそうな顔をする。

美沙夜「好き嫌いくらい作ったら?」

貴方「…………善処します」



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を戻す
3、使い魔を飛ばす
4、教会を確認
5、戦闘 ※アサシン 、ライダー
6、自由安価
>>下
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 21:34:09.23 ID:akosEb6Y0
569 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/29(水) 19:05:08.82 ID:D9JSwqx50
教会の入り口に待機させている使い魔を呼び戻す。

……壁に映像を投射し、早回しで様子を映す。

貴方「……さて……」

凄まじい速度で映像は過ぎていく。

それを少しも見逃すことなく、彼は椅子に腰を据え確認していく。



判定
9〜7、成功
6〜1、なにもなし
>>下コンマ
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 19:08:05.81 ID:IISlDeC+0
571 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/29(水) 21:04:26.43 ID:D9JSwqx50
貴方「…………」

目を閉じ、息を吐く。

貴方「やはり、依然としてアサシンもライダーも落ちていないようですね」

そもそもアインツベルンや愛歌が教会に駆け込む、というのは想像できない。

貴方「まあ、それはそれで、動きは簡単です」

そう呟き、彼は静かに目を閉じる。
572 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/29(水) 21:11:05.38 ID:D9JSwqx50
9日目、夜



日は沈み、夜の帳が落ちる。

貴方「…………」

少し、彼は不安を抱く。

もしアサシンが準備を済ませていたら……。

貴方「……悪手だったかもしれませんね」



行動選択
1、会話 ※セイバー、舞弥、ロシェ、美沙夜、愛歌
2、使い魔を戻す
3、使い魔を飛ばす
4、戦闘 ※アサシン 、ライダー
5、自由安価
>>下
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/29(水) 21:56:50.85 ID:bm5iI5Br0
5使い魔でアサシンを確認してから美沙夜と作戦を立てて戦闘に突入
574 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/30(木) 18:52:49.52 ID:1eqFqSqJ0
静かなアインツベルンの城に、彼は目を細める。

使い魔越しとは言え、警戒が薄い。

……完成したのか、それとも体勢を立て直しているだけか。

貴方「今日が期限でしょうね」

太陽が昇るのを待っていられない。

やはり放置は悪手だった、これ以上時間を渡すことなどできない。

美沙夜「……こうしましょう、私がランサーとともに城に入り同盟を打ち切るように告げる」

指を立て、彼女は話し始める。

美沙夜「そして貴方が乱入、手切れとしてセイバー打倒は手伝う、といいアサシンの背後を狙う」

貴方「……それがいいでしょうね」

危険といえば危険な話だ。

……美沙夜はギリギリまでどちらに着くか考える。

現在は多少こちらに傾いている天秤も……もしアサシンが何かしらの工程をすでに終えているのなら、天秤はきっと水平になる。

形勢次第でこちらが切られる。

貴方「合理的です」

彼は最善手を選ぶ。



アサシン判定
裏切りに気付いて……
9〜7、いる
6〜1、いない
>>下コンマ 日数経過:+1
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 18:53:48.67 ID:e0O0JBphO
るー?
576 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/30(木) 19:53:34.87 ID:1eqFqSqJ0

宝具判定
9〜7、完成
6〜1、未完成
>>下コンマ 経過日数:+1
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 20:19:19.00 ID:1wRzjpuI0
いよっ
578 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/30(木) 20:28:35.64 ID:1eqFqSqJ0
ふふふ、病み上がりにはキツイ
579 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/30(木) 20:39:35.91 ID:1eqFqSqJ0



轟音とともに、凄まじい振動がセイバー達を襲う。

貴方「これが、アサシンの用意していた……」

セイバー「……いえ、違います……マスター、あちらを」

指さす先には、浮遊する巨大な影。

貴方「……なるほど、これは……少し予想外でした」

圧倒的威容をもち浮遊する宝具、それに見下ろされながら手を考える。

貴方「糸は地上から1キロまでならあなたをぶら下げられる強度は保てます」

セイバー「……なるほど、では今のうちに上って……っ!?」

砲撃音、それとともに空中庭園に無数の砲弾が着弾する。

……彼らの背後から来た火船……ライダーの宝具だろう。

貴方「……セイバー、ここで決着をつけます」

セイバー「ええ、あの船の迎撃している隙にならば!」



580 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/30(木) 22:08:20.07 ID:1eqFqSqJ0
ライダー「っはっはぁー! 打ちまくりなぁ!」

甲板の上から陽気に声を上げ、砲撃を繰り返す。

愛歌「…………?」

ふと、月明かりを反射するなにかを目にする。

だが焦点が合う前に船は移動し、庭園との砲撃船を始める。

冷たい月光の下、閃光と爆炎が夜を照らしていく。

ヴァンプ「……それじゃ、行きましょ愛歌」

優しく彼女の手を取り、二人は船を飛び下り庭園に降りていく。



戦闘判定
0〜6、vsファニーヴァンプ
5〜1、vsアサシン
>>下コンマ

合流判定
9〜7、接敵
6〜4、失敗
3〜1、合流
>>下コンマ
581 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/08/30(木) 22:08:50.50 ID:1eqFqSqJ0
戦闘判定
0〜6、vsファニーヴァンプ
5〜1、vsアサシン
>>下コンマ

合流判定
9〜7、接敵
6〜4、失敗
3〜1、合流
>>下コンマ二桁目
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 22:19:26.36 ID:dXL3JI/Z0
583 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/15(月) 17:31:26.14 ID:ezcrM9ci0
フゥゥメェツゥゥ!
最っ大級のかーみの才能ぅ!
18:00に再開ぃ!
584 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/15(月) 17:55:54.76 ID:ezcrM9ci0


即座に合流するため、彼は中心に向かう。

……おそらくランサー側も早々に切り捨てられたはずだ、城にまで到着する時間はなかった。

ライダーもここに来た、今完全にセイバーとランサーは浮いた駒だ。

貴方「……っ」

糸が引っ張られる、おそらく犬か何かが発見したのだろう。

セイバー「後ろから何か来ます!」

貴方「ええ、でも間に合いました」

色付きの風が通ったかと思うと、背後で金属音を鳴らす。

美沙夜「始まりから躓いたわね」

貴方「いえ、ここからならまだ私達は打てる手はあります」

……彼のその言葉に、彼女は満足げに笑う。

ランサー「おうおう、意気やよし! って感じじゃねえか」

セイバー「ええ……!」

互いに顔を見合わせ、そして敵を睨む。

ヴァンプ「退きなさい、オスども……はぁいハニー、少し待っててね?」

にこにこと笑い、ナイフを構える。
585 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/15(月) 17:59:25.18 ID:ezcrM9ci0
剣槍同盟 筋力B+ 耐久A 敏捷A 魔力A 幸運A
ファニーヴァンプ 筋力C+ 耐久C+ 敏捷A 魔力A 幸運B

耐久 +15、−19で決着

ランサー
戦闘続行 耐久増、決着判定で好影響
仕切りなおし 決着判定で好影響
矢避けの加護 二桁目クリティカルで追加+2
聖者の数字 耐久大増
暗殺者(改修) 補正−1、追加+1
悪平等 相手マスター不在のため発動せず
ANDROID 追加+1、二桁目7以上で次回補正+1追加+2
使い魔(犬) 補正+1、追加+1、二桁目3以下で追加+1
同盟 補正+1、耐久増

ファニーヴァンプ
禁忌の百合 相手が敵の時補正−1、女性の場合その人数分補正+1
吸血 ダメージを与えた際追加+2、補正+1
令呪 補正+1、追加+2、耐久増


ランサー >>下コンマ 犬:+1 同盟:暗殺者で相殺
ヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+1
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 18:02:09.81 ID:CEdWDwYsO
マイティノベルX
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 19:15:45.23 ID:Iv4Wcq3mO
おひさ
588 : ◆VM1BXrkk7PfX :2018/10/15(月) 20:25:46.60 ID:ezcrM9ci0
剣槍 2、ヴァンプ 5
ANDROID:+2 改修、犬:令呪で相殺 吸血:−2
判定:−4【不利】



狭いとは言えない通路で、彼女は壁や天井を床と同じく動き回る。

直線的な動きはランサーに分があるが、槍の間合いにいてもなお掠り傷一つ受けない。

ランサー「ちぃッ!」

ヴァンプ「あっは! 漲ってるわぁ!」

動きが違う……おそらく、ここで二人を潰すために令呪を切ったか。

貴方「……捨て駒でしょうか、厄介な」

美沙夜「聖杯を抑えれば、と考えているのでしょうね……」

……彼女は足止め、あわよくば英霊を一騎でもという思惑で放たれた凶手と言うわけだ。

貴方「…………似たようなものか」

暗殺者や殺し屋などは大抵帰還よりも成功が重要だ……彼も似たような扱いを受けてことはある。

貴方「セイバー、ここで時間を食われたくありません」

セイバー「……ええ!」


剣槍同盟 >>下コンマ 犬:+1 ANDROID:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+1 吸血:+1
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 20:53:23.93 ID:XtXNkIhY0
ほいさ
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 22:54:21.53 ID:XtXNkIhY0
sei
591 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/15(月) 23:29:49.28 ID:ezcrM9ci0
剣槍 5、ヴァンプ 5
矢避けの加護:+2 ANDROID:+2
判定:±0【拮抗】



彼らはスイッチし、セイバーが前に出る。

重い剣筋をナイフでは受けきれず、そして接近すると脇から槍が迫る。

この連携によってファニーヴァンプをセイバーをナイフの間合いから遠ざける。

ヴァンプ「小ッ賢しいじゃないオスども!」

歯がゆさ全開と言った表情で、歯を剥きながら威嚇する。

ランサー「どうも、こっちのが頑丈なんでな」

セイバー「ええ、引き受けましょうとも」

二人は息を合わせ、戦況をまずは拮抗させる。



剣槍同盟 >>下コンマ 犬:+1 ANDROID:+1
ヴァンプ >>下2コンマ 禁忌の百合:+1
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 03:22:05.90 ID:ZeuTcUv9o
そもそも前回何やってたか忘れた
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 10:31:30.44 ID:/icZy9Um0
どうしても間が空いてしまったからね…
594 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/17(水) 18:12:12.38 ID:7yPjH7cy0
剣槍 10、ヴァンプ 5
矢除けの加護:+2 ANDROID:+2
判定:+9【優勢】



ナイフを天井に突き刺し、敵二人を見上げる。

忌々し気に、彼女は歯をむく。

貴方「二人とも、時間を取られたくありません」

その言葉に二人は軽く頷く。

ランサー「んじゃあ俺がやる、引き続き囮頼むぜ」

セイバー「ええ、お任せを」

快諾したセイバーはファニーヴァンプへと距離を詰める。

彼が一歩を踏み出す直前に彼女は天上を蹴り、脳天に刃を突き立てようとする。

が、柄頭で弾かれ不発に終わる。

……そして、ランサーがセイバーのすぐ背後まで迫ってくる。

ランサー「『刺し穿つ死棘の槍(ゲイボルク)ッッ!!」



宝具判定
コンマ+2ダメージ、4で即死
>>下コンマ
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/10/17(水) 18:49:01.90 ID:gjitMhD+0
ほい
596 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/17(水) 19:13:50.07 ID:7yPjH7cy0
0:+3
ダメージ:+10+2+3=+15
判定:+15【勝利】



ランサー「その心臓―――もらい受ける!」

彼女は咄嗟にセイバーの剣を蹴り槍の刃先から逃れようとする。

ヴァンプ(腕は……この際くれてやるわ、そのまま背中からぶっ刺して―――)

思考が止まる。

何が起こったのだろう、あり得ない軌道で彼女の心臓に深々と紅の槍が突き刺さっていた。

ヴァンプ「ざ、けん、てんじゃあ!」

破壊された霊核のまま彼女はランサーの首筋にナイフを振り下ろす。

セイバー「っはあ!」

片腕が宙に舞い、ナイフが床に突き刺さる。

ヴァンプ「……は、つまんないの―――」

そう吐き捨て、彼女は消滅する。



597 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/17(水) 19:26:36.47 ID:7yPjH7cy0

状況判定
9〜7、vsライダー
6〜4、vsアサシン
3〜1、毒罠
>>下コンマ
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/17(水) 20:09:51.76 ID:YPGnnkb4O
せいや
599 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/10/17(水) 23:07:41.87 ID:7yPjH7cy0

……二人は玉座に辿り着く。

荘厳な玉座の間には、アサシンが待ち構えていた。

貴方(……魔術師殺しは……恐らく愛歌さんの迎撃、でしょうか)

……だとしたのならば、アサシンは片手間で戦うしかない。

貴方「いえ、先と同じように令呪を切っている、と考えるのが妥当か」

美沙夜「こちらも切りましょうか?」

その発言を手で制し、セイバーを見つめる。

セイバー「お任せをマスター、必ずや勝利と聖杯を」

ランサー「おうよ、二人がかりでさらに援護を受けちゃ、流石に過剰だ……ま、危なくなったら頼むわ」

二人はそれぞれ違った印象を受ける笑みを浮かべながらアサシンに対峙する。



185.35 KB Speed:4.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)