【ガンダムSS】主人公「安価でグリプス戦役を生き延びる」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 22:19:24.59 ID:+KQ0MjyPo
初めにあなたの名前と性別をご記入下さい
※宇宙世紀に登場する人物の名前はご遠慮ください
※可能な限りオリジナルの名前でお願いします

名前:
性別:
↓1

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1663334363
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 22:36:49.49 ID:WqYvydH+0
名前:アルナ・ソート
性別:女性
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 22:40:10.23 ID:+KQ0MjyPo
次にあなたの所属組織とニュータイプの有無を決めます
※ニュータイプの有無はサイコミュ対応機に乗れるか程度です


1.エゥーゴ
2.ティターンズ

ニュータイプ判定
00ー50まで オールドタイプ
51ー99まで ニュータイプ
↓1
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 22:44:35.94 ID:8JscOgIlo
1
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 22:51:56.82 ID:+KQ0MjyPo
最後にあなたの経歴を教えて下さい

1.一年戦争時から連邦軍在籍(大尉)
2.一年戦争時からシャアの部下(中尉)
3.一年戦争後に連邦軍に入隊(少尉)
↓1
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 22:53:31.20 ID:Y2FWDVAEo
3
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 23:08:10.85 ID:+KQ0MjyPo
プロフィール
名前 アルナ・ソート
性別 女性
所属 エゥーゴ
能力 ニュータイプ
階級 少尉

エゥーゴへよく来てくれた。私は君の参加を歓迎する


宇宙世紀0087年 3月

ーアーガマ MSハンガーー

アルナ「これがリック・ディアスですか」

クワトロ「そうだ。少尉にもこの機体に慣れてもらう。いいな」

アルナ「は、はい」

クワトロ「それと例の任務だが、少尉はどうする?戦わずとも実戦の空気に触れるだけでも経験になるはずだ」

アルナ「そうですね…」

ガンダム奪取の任務に参加するか?
1.参加する
2.参加しない
↓1
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 23:10:53.38 ID:8JscOgIlo
1
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/17(土) 17:35:34.92 ID:0iBpFAd5o
アルナ「私も参加させて下さい」

クワトロ「分かった。作戦決行は明日だ。それまでにマニュアルくらいは目を通しておけよ」

アルナ「了解です!」


ー作戦当日ー

クワトロ「私はグリプス内部の調査をする。アルナはアポリーとロベルトに付いて行くといい」

アルナ「分かりました」

アポリー「よおし。付いてこれるな」

アルナ「は、はい」

ーグリーン・ノア1表面ー

アルナ「アポリー中尉あれを!」

マークトゥー「汚名挽回します」ヒューン

アポリー「ん?あれか!ロベルト!」

ロベルト「Mk-Uの開発は本当だったのか。アルナ、大尉に連絡を頼めるか?」

アルナ「分かりました」

ー合流地点ー

アルナ「大尉!」

クワトロ「どうした?」

アルナ「コロニー内でガンダムを確認しました」

クワトロ「ならばアーガマに動いてもらうか。少尉、アーガマに信号弾を撃て」

アルナ「はい」パシュ

ヒューン カッ!!

アルナ「……」

アルナ「あっ!アーガマの砲撃が!」

ビシュイーン!!

コロニー「ぎゃーす!」ドーンッ!!

クワトロ「よし」

アルナ「あの、コロニーに穴を開けてもいいんですか?」

クワトロ「被害は最小限にしているはずだ」

アルナ「そ、そうですよね」

クワトロ「私達も好きでやっている訳ではない。行けるか?」

アルナ「大丈夫です」

クワトロ「よし。遅れるな」ドシューン

アルナ「は、はい」ドシューン
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/17(土) 17:36:46.13 ID:0iBpFAd5o
ーグリーン・ノア1内部ー

アルナ「前方にモビルスーツ?敵襲!?う、撃ってきた!!」

ジムU達「ヒャッハー!!」バキューン バキューン

アルナ「ひええっ!!」

クワトロ「アルナ下がれ!アポリー、ロベルト!」

ロベルト「いいんですね大尉」

クワトロ「仕方あるまい。アルナも覚悟を決めろ」

アルナ「こ、これが実戦……」

クワトロ「アルナ!」

アルナ「は、はい!」

クワトロ「無理に戦う必要はない。しかし一瞬の判断が己を殺す事になる。それだけは忘れるな」

アルナ「わ、分かりました」

アポリー「今は付いて来るだけでいい」

ロベルト「慌てて前に飛び出るのだけは止めてくれよ」

アルナ「アポリーさん、ロベルトさん…」

クワトロ「ここまで来てMk-Uを見て終わりにしたくはない。可能ならば一機は鹵獲したいものだが…」

ジムU達「ヒャッハー!!」バキューン バキューン

クワトロ「連邦軍は、いつになったらここが地球と地続きで無いって事が分かるんだ!」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.クワトロ達に付いて行く
2.囮になる為に戦列を離れる
↓1
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/17(土) 17:44:06.27 ID:32pEII0OO
1
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/17(土) 18:39:49.05 ID:0iBpFAd5o
アルナ「大尉達に付いていこう」

その後、ガンダムMk-Uは民間人の少年の介入もあって2機を奪取する事に成功した

ーアーガマ MSハンガーー

アルナ「ガンダムの奪取を手伝ったってどんな人なんだろう」

カミーユ「……」

アルナ「君がガンダムMk-Uを動かしたパイロットなの?」

カミーユ「そうですけど。貴女はあのモビルスーツのパイロットなんですか?」

アルナ「うん。アルナ・ソートっていいます」

カミーユ「アルナさんですか。僕はカミーユ・ビダンです」

アルナ「カミーユ君か。よろしくね」

カミーユ「はい」

クワトロ「ブレックス准将…この組織の代表が君に会いたいと言っている。付いてきてくれるか?」

カミーユ「分かりました。じゃあアルナさん」

アルナ「うん」

アルナ「はぁ、あんな若い子がモビルスーツを動かしてるなんて自信無くしそう」

ーアーガマ 食堂ー

アルナ「こういう時は甘いものでも食べて…」

ブーン ブーン

アルナ「えっ?敵襲!?」

ーMSハンガーー

アルナ「襲撃ですか?」

アポリー「そうだ。すぐにでも出られる準備をしておけよ」

アルナ「分かりました」

ライラ『聞こえるか。貴艦の所属を明らかにしろ。当方の命令に、これ以上従わない場合は撃沈をする』

ヘンケン「我が方はエゥーゴだ!命令は聞けない」

ライラ『了解をした。撃沈をする』

アルナ「やっぱりこうなるのね」

赤ディアス「やってみるさ」ドシューン

ヘンケン「モビルスーツ隊発進!」

アルナ「大尉が出たの?私はどうしようか」

アルナの行動
1.クワトロ大尉を追う
2.アーガマの護衛
↓1
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/17(土) 18:49:00.48 ID:uk0Gc/qlo
2
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/18(日) 03:13:21.05 ID:1gV7y8640
統一教会スパイクタンパクISISは、正当に選挙されたスパイクタンパク会における代表者を通じて行動し、ウクライナとウクライナの子孫のために、諸スパイクタンパクISISとの協和による成果と、わがスパイクタンパク全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権がスパイクタンパクISISに存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそもスパイクタンパク政は、スパイクタンパクISISの厳粛な信託によるものであつて、その権威はスパイクタンパクISISに由来し、その権力はスパイクタンパクISISの代表者がこれを行使し、その福利はスパイクタンパクISISがこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。ウクライナは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
統一教会スパイクタンパクISISは、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸スパイクタンパクISISの公正と信義に信頼して、ウクライナの安全と生存を保持しようと決意した。ウクライナは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐるスパイクタンパク際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。ウクライナは、全世界のスパイクタンパクISISが、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
ウクライナは、いづれのスパイクタンパク家も、自スパイクタンパクのことのみに専念して他スパイクタンパクを無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自スパイクタンパクの主権を維持し、他スパイクタンパクと対等関係に立たうとする各スパイクタンパクの責務であると信ずる。
統一教会スパイクタンパクISISは、スパイクタンパク家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 14:51:32.61 ID:5iHDa7m1o
アルナ「アーガマの護衛をしよう」

ー暫くした後ー

パッ!ポン!ポン!

アルナ「撤退信号!退いてくれたの?」

アポリー「ご苦労さん。戻るぞ」

アルナ「私は何も出来ませんでしたけど」

アポリー「アルナがいてくれたからアーガマは無事だったんだ。少しは自信を持てよ」

アルナ「は、はい」

ー食堂ー

アルナ「疲れたー」

レコア「お疲れ様」

アルナ「レコアー」

レコア「パイロットはどう?」

アルナ「うーん。あんまり役に立ててないかも」

レコア「そんな事はないわよ。さっきもアーガマを守ってくれていたじゃない」

アルナ「それはそうなんだけど」

レコア「まあ、これから次第よ。頑張りなさい」

アルナ「うん」

クルーA「本当なのか?」

クルーB「らしいぜ」

アルナ「どうしたんだろ」

レコア「何かあったの?」

クルーB「ティターンズが白旗掲げてこっちに来てるらしいんだよ」

アルナ「ティターンズが!?」

レコア「行ってみましょうか」

アルナ「だね」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 14:52:02.41 ID:5iHDa7m1o
ー通路ー

クワトロ「……」スタスタ

エマ「……」スタスタ

アルナ「あの人がティターンズなの?年は私やレコアとそう変わらない気がするけど」

レコア「そうね」

アルナ「何を話すのかな」

ー暫くした後ー

クルー「ティターンズがあの子供の親を人質を取ってるらしいぜ!」

アルナ「本当なんですか!?」

クルー「聞き耳を立ててた奴が言っていたから間違いない」

アルナ「そんな…」

トーレス『正体不明のカプセルをキャッチ!』

アルナ「えっ?」

カミーユ「くっ!」ダッ

アルナ「カミーユ君?まさかご両親を助けに行くつもりなの!?」

アルナ「だったら私は…」

アルナの行動
1.カミーユを追う
2.状況を静観する
↓1
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 15:08:00.25 ID:OFzXcusDO
1
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 15:30:30.61 ID:5iHDa7m1o
アルナ「カミーユ君を追おう」

ーMSハンガーー

整備班「おい!Mk-U3号機が勝手に出てったぞ!」

アルナ「やっぱり。急がないと!」

ーディアスコクピットー

アルナ「ヘンケン艦長。Mk-Uは私が追います」

ヘンケン『なんだと!?君では…いや、すぐに動けるのは君しかいない。頼む』

アルナ「必ず連れ戻します。アルナ・ソート、出ます!」ドシューン

ーアーガマ周辺宙域ー

アルナ「カミーユ君!」

カミーユ「貴女は!止めないで下さい!」

アルナ「止めないよ。ご両親を助けたいんだよね。だったら私にも手伝わせて」

カミーユ「アルナさん…分かりました。お願いします」

アルナ「それにしても…」

ハイザック「……」ススッ

アルナ「あのハイザックの動き。何をか狙っているの?」

アルナの行動
1.カミーユとカプセルに向かう
2.ハイザックの方へ向かう
↓1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 15:34:39.81 ID:wKca8YQ7O
1
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 15:54:25.42 ID:5iHDa7m1o
アルナ「気にしても仕方ないか。今はカプセルに急ごう」

カミーユ「あれは!」

ヒルダ「!!」

カミーユ「あなたは何やってんです!そんな所でっ!!」

アルナ「カミーユ君早く!はっ!?」

ハイザック「……」スッ

アルナ「マズイ!」

アルナの行動
1.カプセルを庇う
2.カプセルから退避する
3.ハイザックを撃つ(コンマ70以上で成功)
↓1
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 16:44:15.27 ID:OA7/PDDLo
1
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 17:14:23.39 ID:5iHDa7m1o
ジェリド「コイツはいい!爆弾もろとも消えて無くなれよ!3号機と新型!!」ビシューン ビシューン

アルナ「危ない!」バッ

カミーユ「えっ?」

ジェリド「なにっ!?」

アルナ「うわあああっ!!」ドゴーン!!

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「私の事はいいからお母さんを…」

カミーユ「でも!」

アルナ「早く行きなさい!」

カミーユ「クッ…すぐに大尉達を連れて戻ってきますから!お袋!」 ドシューン!!

ジェリド「待て!」

アルナ「ここから先は通さないわよ」

ジェリド「そんな機体で俺とやろうって言うのかい?その勇気に免じてお前から相手をしてやるよ!」

アルナ「…どうする?」

アルナの行動
1.説得してみる
2.距離を取りつつ攻撃する
3.回避に専念
↓1
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 17:29:39.63 ID:OFzXcusDO
1
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 17:43:25.90 ID:OA7/PDDLo
機体は失ってもいいから生還するのだ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 21:26:25.96 ID:5iHDa7m1o
アルナ「あのカプセルには人が入っていたのよ!それを分かっていて撃ったというの!?」

ジェリド「なに?あれは爆弾のはずだ!そんなデタラメを信じるものか!」

アルナ「本当にあれ爆弾だったら私が庇う事も、あの子がカプセルを持って行く事だって無いでしょ!」

ジェリド「それは…爆発したらタダでは済まんからだろう!」

アルナ「この分からず屋!」

ジェリド「そういう貴様こそ時間稼ぎをしようって魂胆じゃないのか!」

アルナ「そんな訳ないでしょ!」

ジェリド「そうかい!だったら…」

バキューン! バキューン!

ジェリド「なにぃっ!?」

クワトロ「アルナ少尉無事か!」

アルナ「クワトロ大尉!」

アポリー「よく持ち堪えたな。後は任せろ」

ジェリド「やはり俺を騙し討ちする為だったんだな!」

アルナ「ち、違う!」

ジェリド「今度会った時は容赦はせんぞ!」ドシューン!!

アルナ「待って!!」

クワトロ「あのパイロットと何を話していた」

アルナ「説得してみたんです。カプセルは爆弾じゃなくて人が入っていたんだって。でも…」

クワトロ「タイミングが悪かったか」

アルナ「いえ。そのままやられていた可能性もありますし。有り難うございます」

アポリー「何はともあれ無事で良かった。カミーユのお袋さんも助けられたしな」

アルナ「そうですね」

クワトロ「問題はこの作戦が失敗した事でバスクがどう動くかだ。向こうにはまだお父上がいるのだからな」

アルナ「そ、そうだった。どうしよう!」

クワトロ「話はアーガマへ帰還した後だ。君の無事な姿をカミーユ君に見せないといけない」

アルナ「はい」

ーアーガマー

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユ君。ただいま」

カミーユ「本当に無事で良かった。もし、貴女に何かあったら僕は…」

アルナ「気にしないで。私がやりたいと思って動いた事だから」

エマ「アルナさん。あなたの行動は尊敬に値するわ。誰にでも出来る事じゃなくてよ」

アルナ「あはは、ありがとうございます」

クワトロ「念の為に検査は受けておいた方がいい」

アルナ「そうですね。行ってきます」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 21:27:06.09 ID:5iHDa7m1o
ー検査後ー

レコア「お疲れ様。どうだった?」

アルナ「どこにも異常は無いって」

レコア「良かったわね。それにしても凄いじゃない。数時間前まで弱気だった貴女とは思えないわ」

アルナ「レコアのおかげだよ」

レコア「私の?」

アルナ「うん。レコアがあなた次第って言ってくれたから頑張ろうって」

レコア「そう」

アルナ「レコア?」

レコア「なんでもないわ。これからどうするの?」

アルナ「うーん」

アルナの行動
1.カミーユの父を助けるか聞きに行く
2.暫く休む
↓1
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 21:33:01.67 ID:OA7/PDDLo
1
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 22:23:05.43 ID:5iHDa7m1o
アルナ「カミーユのお父さんがまだ捕まってるし。助けるのかを聞かないと」

レコア「まだ終わりじゃないものね」

アルナ「じゃあ行くね」

レコア「ええ」

ーアーガマ ブリッジー

アルナ「艦長」

ヘンケン「アルナ少尉。平気なのか?」

アルナ「私なら問題はありません。それよりカミーユ君のお父さんの事です」

ブレックス「我々もその事を話していたのだよ」

アルナ「なにか良い案でもあるんですか?」

エマ「私がアレキサンドリアに戻ってフランクリン大尉を連れて来ます」

アルナ「エマさんでしたっけ」

エマ「ええ。アルナさん」

アルナ「でもそれってティターンズへの裏切り行為になりませんか?」

エマ「あのカプセルを見せられて、あのままティターンズには居られません」

アルナ「じゃあ」

クワトロ「エマ中尉がエゥーゴに協力してくれるという事だ」

アルナ「いいんですか?」

エマ「ティターンズはもっと誇りある組織だと信じていたわ。でもね、私だって誇りがあるのよ」

アルナ「分かりました」

ブレックス「やるなら早い方がいい。バスクの事だ。何をしてくるか分からんからな」

ヘンケン「そうですね。ではエマ中尉」

エマ「分かりました」

アルナ「…あの」

エマ「なにかしら?」

アルナの行動
1.エマとアレキサンドリアへ行く
2.見送りの挨拶だけする
↓1
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 22:28:27.67 ID:lcPX0mtdo
1
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:52:19.94 ID:q4BojZZ3o
アルナ「私もアレキサンドリアに行きます」

エマ「え?」

クワトロ「潜入するつもりか?危険だぞ!」

アルナ「その上での志願です」

ブレックス「どうやって同行すると言うのだね?」

アルナ「Mk-Uがありますよね?あれを使います。ティターンズに投降したと見せ掛けるんです」

アルナ「もちろん脱走ですから、アーガマから追撃の振りをして貰う必要がありますけど」

ヘンケン「アレキサンドリアに潜入した後はどうする?」

アルナ「そこはエマ中尉次第でしょうか」

エマ「貴女ねぇ!」

アルナ「私だってカミーユ君のお父さんを助けたいんです!」

エマ「どうしてそこまで」

ブレックス「彼女はあの30バンチ出身なのだよ。そこでご両親や友人を亡くしている」

エマ「30バンチってあの伝染病で全滅した?」

ブレックス「やはりそう教え込まれているのか。エゥーゴに来るのならば、近い内に真実を見せなければならんな」

アルナ「私はあの時、コロニーに居なかったから助かったけど…」

エマ「ごめんなさい」

アルナ「いいんです。だから助けられる人がいたら助けたいんです」

エマ「分かったわ。一緒にフランクリン大尉を救出しましょう」

アルナ「はい!」

ーアーガマ MSハンガーー

カミーユ「そんな!アルナさんが行かなくても。僕が行きます!」

アルナ「駄目だよ。もしカミーユ君が捕まったら同じ事の繰り返しになる。そうなったらお母さんはどうなるの?」

カミーユ「それは…分かりました。でも約束して下さい。必ず戻ってくるって」

アルナ「うん。約束」

アストナージ「Mk-Uいつでも出せるぞ」

アルナ「あっ、はい!行ってくるね」

カミーユ「はい。気を付けて」

アルナ「エマ中尉、エスコートお願いしす」

エマ「分かったわ。エマ機、出ます!」ドシューン

アルナ「アルナ機、ガンダムMk-U行きます!」ドシューン
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:52:54.23 ID:q4BojZZ3o
ーアーガマ周辺宙域ー

アルナ「では作戦通りにお願いします」

ヘンケン「了解だ。アーガマ第一種戦闘配備!モビルスーツ隊も出撃だ。ただし絶対に当てるなよ!」

ロベルト「了解!」

クワトロ「上手く行けば途中からティターンズとの戦闘になる。各機、気を抜くなよ。エマ中尉」

エマ「はい。アレキサンドリア聞こえるか!こちらはエマ・シーン中尉だ!アーガマを脱出したが追撃されている!援護を求む!繰り返す…」

アルナ「来るでしょうか?」

エマ「来るわよ」

ハイザック部隊「ヒャッハー!!」ドシューン

エマ「ほらね」

ジェリド「エマ中尉無事ったか!ん?マークトゥーがもう一機?」

エマ「もう一機のパイロットがこちらに投降したいと脱出の手伝いをしてくれたのよ」

アルナ「……」

ジェリド「そうかい。だったら守ってやらんとな!マークトゥーは返して貰うぞ!」ビシューン ビシューン

クワトロ「そろそろアレキサンドリアの有効射程圏内だな。引き上げるぞ」ピッ

ポン!ポン!

ジェリド「撤退信号?深追いはしないって事なのか?まあいい。マークトゥーを回収してこちらも帰還する!」

アルナ「上手く行った?」

エマ「これからよ」

アルナ「はい」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:55:22.53 ID:q4BojZZ3o
ー重巡洋艦アレキサンドリアー

エマ「エマ・シーン帰還しました。この者が協力者です。手荒な真似をしないようお願いします」

アルナ「……」

アルナ(ここが、ティターンズの船)

ジェリド「アンタがエゥーゴを裏切ったパイロットか」

アルナ(この声…この人があのハイザックパイロットなの?)

アルナ「……」コクリ

ジェリド「なんだい緊張してるのか?」

エマ「ジェリド。あまりちょっかいを出すのではなくてよ」

ジェリド「まあいいさ。先ずはバスク大佐に報告するんだろ?」

エマ「ええ。行きましょうか」

アルナ「……」コクリ

ジェリド「……」

ーアレキサンドリアブリッジー

バスク「ご苦労だったなエマ・シーン中尉。ガンダム1機を取り返した上に協力者まで連れてくるとは」

エマ「いえ」

バスク「君はなぜエゥーゴを裏切ろうと思ったか聞かせてくれないだろうか」

アルナ「エゥーゴのやり方に嫌気がしたんです。スペースノイドの自由と言っておきながら、平気でコロニーを攻撃する。そんな人達が信用できなくなりました 」

エマ「……」

バスク「ほぅ」

ジャマイカン「ふむ。君は賢い選択をしたな。エゥーゴなど所詮はテロリスト紛いの連中。大義があるはずもない」

アルナ「……」

バスク「いいだろう。だが、我々も手放しで君を信頼する訳にはいない」

アルナ「なにをすれば?」

バスク「手段は問わない。アーガマを沈めて見せろ。必要ならばアレキサンドリアやボスニアの部隊を使ってもいい。ただし沈めるのは君だ」

アルナ「アーガマをですか」

バスク「そうだ。あの船の存在が君自身へのしこりとなる。それを取り除くのだ」

アルナ「分かりました。その任務、お受けします」

エマ「……」

バスク「作戦決行は2時間後とする。それまでに策を考えておく事だ。期待している」

アルナ「はい」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:56:07.92 ID:q4BojZZ3o
ーアレキサンドリア個室ー

エマ「よくあんな事を咄嗟に思い付いたわね」

アルナ「エゥーゴがコロニーに攻撃した事は私にも思うところがあるから」

エマ「アルナ…」

アルナ「それで作戦だけどね」

エマ「え?ええ」

アルナ「これって凄く都合が良い事だと思うの」

エマ「アーガマを沈めろだものね」

アルナ「だから次の作戦でフランクリンさんを人質として私のMk-U同乗させて出撃しようと思うの」

エマ「分かったわ。バスクにはそう伝えておく」

アルナ「お願い」

ー作戦決行時間ー

アルナ「フランクリンさん。貴方には人質となってもらいます」

フランクリン「私を人質に取っても価値はないぞ!それにバスク大佐は許可したのか!?」

アルナ「許可は取ってあります。抵抗すれば…分かりますね?」

フランクリン「そ、そんな…」

アルナ「エマ中尉、準備はよろしいか?」

エマ「いつでも良くてよ」

アルナ「アルナ・ソート、ガンダムMk-U出撃する」ドシューン
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:57:41.30 ID:q4BojZZ3o
ー宇宙空間ー

アルナ「……よし」カチカチ

フランクリン「なにをやっている?」

アルナ「準備ですよ」

フランクリン「準備?」

カクリコン「ん?何をやっている3号機!」

エマ「エゥーゴの部隊が出てきたわ!」

ジェリド「なにっ!?なんでこんなに早く…まさか!!」

アルナ「フランクリンさん。このまま加速します。何かに掴まって!」

フランクリン「わ、分かった!」

ジェリド「貴様っ!」

エマ「追うわよ!」

ジェリド「分かっている!」

クワトロ「アルナ少尉やってくれたか!」

アルナ「クワトロ大尉!フランクリンさんも同乗しています」

アポリー「やるじゃないの!」

クワトロ「よおし。アルナ機とエマ機を援護しろ!」

ロベルト「了解!」

ボティ「了解!」

バキューン! バキューン!

ジェリド「くそぉ!」

エマ「今のうちに!」ドシューン!!

カクリコン「なに?エマ!貴様もかっ!」

ジェリド「エマ!お前も裏切るのかっ!!」

カクリコン「ジェリド冷静になれ」

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」

ジェリド「…そうだな」

カクリコン「まだ策はある。帰還するぞ」

ジェリド「了解だ」

パンッ! ポンポン!

アルナ「撤退した?」

ロベルト「やけにあっさり退いたな」

クワトロ「…なんだ?この違和感は」

アルナ「大尉?」

クワトロ「Mk-Uにおかしな所はないか?」

アルナ「おかしな所……」

爆弾「時間よ、とまれ」カチカチ

フランクリン「ば、爆弾だっ!」

アルナ「まさかあの指揮官はこうなる事を予測していたの!?」

フランクリン「な、なんとかせんかぁ!」

アルナ「ど、どうしよう!!」

アルナの行動
1.Mk-Uを捨てて脱出
2.爆弾解除を試みる
↓1
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:01:50.34 ID:whXVVqCKo
2
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:02:42.74 ID:Y6Y0R8uDO
2
厳しいような気もするけどmk-Uを捨てるのも惜しい
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:09:44.92 ID:yaoUG6vs0
ティターンズ兵にbotがいますね……
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 21:16:32.88 ID:q4BojZZ3o
アルナ「落ち着け私…」

アルナ「爆弾解除を試みます」

フランクリン「正気かっ!?」

クワトロ「危険だぞ!」

アルナ「ここでMk-Uを失う訳には行きません」

クワトロ「分かった」

アルナ「えっと…これかな?」

バスクの音声「クククっ」

アルナ「な、なにっ!?」

バスクの音声「爆弾のカウントを停止したければこれから出る問題を全て答えよ。もし間違えれば爆発する」

アルナ「えぇ…」

バスクの音声「では第一問。バスク・オムのゴーグルの役割はなにか?」

アルナ「えっと…」

アルナの答え
1.目からビームが出る
2.視力の矯正
↓1
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:23:30.35 ID:Y6Y0R8uDO
2
え…なにこれは
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 21:31:06.09 ID:q4BojZZ3o
アルナ「えっと、視力の矯正?」

バスクの音声「正解!では最終問題」

アルナ「はやっ!」

バスクの音声「バスク・オムの年齢は?」

アルナ「そんなの分かるかい!」

フランクリン「私に任せろ。確か大佐の年齢は…」

フランクリンの答え
1.37歳
2.49歳
3.99822歳
↓1
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:33:54.26 ID:vyc48omMo
1
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:38:50.90 ID:LXNWf6q10
随分お茶目なバスクだな、もしかして江〇島塾長じゃないのかコイツ?
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 22:03:57.74 ID:yaoUG6vs0
2
バスクならこのクイズがフェイクとかやりそうだが
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 22:04:24.57 ID:yaoUG6vs0
やっべ更新できてなかった 危ない
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 23:16:26.96 ID:q4BojZZ3o
フランクリン「37歳だ!」

バスクの音声「正解だ。爆弾のカウントは解除された。おめでとう!全問正解の君にはこのバッチを進呈しよう」

アルナ「なんなの!」

フランクリン「まあいいじゃないか」

アルナ「それはそうですけど…」

クワトロ「アーガマへエスコートする。二機とも付いてこい」

エマ「了解」

アルナ「了解です」

ーアーガマー

カミーユ「父さん」

フランクリン「カミーユ…」

ヒルダ「あなた」

フランクリン「ヒルダ。無事だったのか」

ヒルダ「この方に助けられたのよ」

フランクリン「君が?」

アルナ「私は出来る事をしただけです」

フランクリン「そうか」

アルナ「エゥーゴはご家族の安全を保証します。ですので安心してください」

カミーユ「母だけでなく父も。本当にありがとうございます」

フランクリン「……」

クワトロ「これからの事はブレックス准将を交えて話しましょう」

フランクリン「う、うむ」

クワトロ「エマ中尉もこれからについて話しがある。一緒に来て貰えるか?」

エマ「分かりました。アルナさんまた後で話しましょう」

アルナ「うん」

アルナ「ふへぇ、疲れたぁ〜」

アルナ「さすがに少し休もう」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 23:17:24.67 ID:q4BojZZ3o
ーアルナの自室ー

コンコン

アルナ「う〜ん、誰だろ」

レコア『少しいいかしら?それともお休み中?』

アルナ「ううん。いま開けるね」ピッ

レコア「お疲れみたいね」

アルナ「1日で色々ありすぎたもん。インスタントだけどコーヒー飲む?」

レコア「いただこうかしら」

アルナ「急にどうしたの?」

レコア「アルナには先に言っておこうと思ってね。実は任務で地球に降りる事になったのよ」

アルナ「そうなの?」

レコア「その為にアーガマは地球圏へ向けて進路を取っているはず」

アルナ「そう、なんだ。寂しくなるな」

レコア「だから降下前に話しでもと思ってね」

アルナ「そんな今生の別れじゃ…ううん。そうなるかもしれないもんね」

レコア「そんな顔をしないの。今のあなは立派なパイロットなのよ」

アルナ「それは、そうだけど…その任務は危険なの?」

レコア「危険よ」

アルナ「それでも行くの?」

レコア「行くわ。アルナもそうだったでそょ?」

アルナ「うっ…じゃあ」

アルナの行動
1.無事に帰るように約束させる
2.爆弾解除の時に出てきたバッチを渡す
↓1
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 23:21:04.28 ID:whXVVqCKo
幸運のお守りあげる
2
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 23:37:00.39 ID:yaoUG6vs0
発信機の類とかむしろ呪いのアイテム系だったりしない?大丈夫?
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/19(月) 23:48:10.16 ID:nvGjwea+0
統一教会スパイクタンパクISISは、正当に選挙されたスパイクタンパク会における代表者を通じて行動し、ウクライナとウクライナの子孫のために、諸スパイクタンパクISISとの協和による成果と、わがスパイクタンパク全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権がスパイクタンパクISISに存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそもスパイクタンパク政は、スパイクタンパクISISの厳粛な信託によるものであつて、その権威はスパイクタンパクISISに由来し、その権力はスパイクタンパクISISの代表者がこれを行使し、その福利はスパイクタンパクISISがこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。ウクライナは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
統一教会スパイクタンパクISISは、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸スパイクタンパクISISの公正と信義に信頼して、ウクライナの安全と生存を保持しようと決意した。ウクライナは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐるスパイクタンパク際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。ウクライナは、全世界のスパイクタンパクISISが、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
ウクライナは、いづれのスパイクタンパク家も、自スパイクタンパクのことのみに専念して他スパイクタンパクを無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自スパイクタンパクの主権を維持し、他スパイクタンパクと対等関係に立たうとする各スパイクタンパクの責務であると信ずる。
統一教会スパイクタンパクISISは、スパイクタンパク家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 23:50:22.71 ID:ChTcp5e9o
呪いのアイテムならなおさら押し付けても構わんよね
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/20(火) 02:03:50.78 ID:NRjdixpDO
フランクリンバッヂ…
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 18:52:39.31 ID:nCzelE4eo
アルナ「これあげる」

レコア「なにこれ?」

アルナ「爆弾解除の時に出てきたバッチ」

レコア「なんだか不吉そうなバッチね」

アルナ「でも解除した時に出てきたんだよ?お守り代わりにならないかな」

レコア「いいわ。貰ってあげる」

アルナ「無茶だけはしないでね」

レコア「そうね。でも無理はするかもね」

アルナ「もう!」

レコア「あはは」

そして休息後

ーアーガマ ブリッジー

アルナ「まだティターンズの追撃が続いているんですか?」

ヘンケン「連中は簡単には逃がしてくれんらしいな」

ブレックス「立て続けに作戦を潰されたのだ。バスクの面子が許さんのだろう」

アルナ「それでもレコアの作戦をやるんですか?」

クワトロ「彼女から聞いたのか?」

アルナ「はい」

クワトロ「そうか」

ブレックス「やるよ。それだけレコア少尉の任務は重要なものだ」

アルナ「だったら私が守ります。レコアを無事に地球へ降下させる」

ヘンケン「ほぅ、いい顔をするようになったじゃないか」

クワトロ「ここ何日かの経験が彼女を強くしたのでしょう」

アルナ「そんな。私なんて…」

ブレックス「私は良い傾向だと思っているよ。これからもその力を役立てて欲しい」

アルナ「はい!」

ヘンケン「そうだ。少尉のリック・ディアスは修理中だから暫くはMk-Uを使ってくれ」

アルナ「いいんですか?大尉でなく私で」

クワトロ「私には専用のリック・ディアスがあるからな」

アルナ「分かりました。Mk-Uを使わせてもらいます」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 18:53:20.60 ID:nCzelE4eo
ーMSハンガーー

カミーユ「アルナさん」

アルナ「カミーユ君」

カミーユ「どうしたんですか?」

アルナ「Mk-Uを慣らそうかなと思って」

カミーユ「Mk-Uのパイロットになったんですか?」

アルナ「私のディアスが直る間だけね」

カミーユ「僕もパイロットに志願したんです」

アルナ「そうなの?」

カミーユ「親父やお袋もいますしね。あんな人達でも親ですから」

アルナ「あんな人達なんて言ったら駄目だよ。両親に会いたくても、それが叶わなくなってからじゃ遅いから…」

カミーユ「…あっ、すみません」

アルナ「ううん。いいの!それよりMk-Uのシミュレートの練習に付き合ってくれないかな?」

カミーユ「は、はい!僕で良ければ喜んで!」

フランクリン「あんなに嬉しそうなカミーユを見るのは久しぶりかもしれん」

ヒルダ「私たちは家庭を蔑ろにしすぎたのかもしれません。特にあなたが!」

フランクリン「ぐっ、それはお前もだろう!」

ヒルダ「ええ!だからこれからは家庭も大切にすると決めました。でも、別の所で女を作っていたあなたはここで修正させてもらいます!!」バキィ!!

フランクリン「ほげえええっ!!」ビターン

アストナージ「何やってんだあの夫婦は?」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 18:55:15.86 ID:nCzelE4eo
ー食堂ー

エマ「レコア少尉から聞いたわ。30バンチコロニーの事」

アルナ「聞いたんだ」

エマ「あの話は本当なの?」

アルナ「本当だよ。私が戻った時には、みんな毒ガスで…」

エマ「……」

アルナ「嘘だと思うなら実際に見てみる?ブレックス准将に頼めば寄港してくれると思う」

エマ「…そうね。この目で確かめてみるわ。その上で何をやるべきかを考えたい」

アルナ「じゃあブレックス准将には私から言っておくね」

エマ「ええ」

トーレス『間もなくアーガマは地球軌道へと入る。総員第一種戦闘配備!繰り返す…』

アルナ「行かないと!」

エマ「出るのね」

アルナ「レコアを地球へ送らないと行けないから」

エマ「私は保護観察の身だから何も出来ないけど、作戦の成功を願っているわ」

アルナ「ありがとう。行ってくるね」

ーMSハンガーー

アルナ「アストナージさんMk-Uは?」

アストナージ「調整は済ませてある。いつでも出られるぞ。それとカミーユからシミュレートのデータを預かっている。役に立てればって言ってたぞ」

アルナ「ありがとうございます」

レコア「アルナ」

アルナ「必ず守るから安心してね」

レコア「当てにしてるわ」

ディアス隊「いきまーす!」ドシューン!!

アルナ「大尉達は太陽電池衛星に向かうのね。私はどうしよう」

アルナの行動
1.クワトロ大尉達と行動する
2.艦隊周辺を守備する
↓1
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/20(火) 19:11:30.29 ID:tLxpOpq8o
1
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 20:09:29.09 ID:nCzelE4eo
アルナ「クワトロ大尉達と合流しよう。ガンダムMk-Uでます!」ドシューン!!

ー太陽電池衛星付近ー

クワトロ「えぇい!」ボピューン!!

衛星「ぎぃやあああっ!!」チュドーン!!

アルナ「あれ?こっちに来た意味ってあまりなかった?」

アルナ「それじゃあ今アーガマって…」

アルナ「マズイ!!」ドシューン

ーエゥーゴ艦隊付近ー

ハイザック隊「ヒャッハー!!」

アルナ「アーガマが狙われてる!!」

モンブラン「たすけてくれー」

アルナ「モンブランも攻撃されてる!?どうしよう!」

アルナの行動
1.アーガマを守る
2.モンブランの援護
↓1
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/20(火) 20:28:49.96 ID:UPGJdh0oo
2
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/21(水) 10:50:53.32 ID:nE0Z2EMso
美味しそうな名前
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/21(水) 12:35:12.89 ID:h/pBoiTDO
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1662476902/
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/21(水) 19:53:27.88 ID:Dna37UfSo
アルナ「アーガマはまだ大丈夫だと思うから今は!」ドシューン!!

緑ジムU「だ、駄目だ!やられる!」

ライラ「弱腰な機体など!」

バキューン!!

ライラ「なにっ!?」

アルナ「船はやらせない!」

ライラ「ガンダムMk-Uか!パイロットは誰だ!」バキューン! バキューン!

アルナ「くっ!」スッ

ライラ「速いっ!」

アルナ「Mk-Uが私の動きに馴染んでいる?あのデータのおかげなの?だったら!」

アルナ「はぁ!」

ライラ「赤い奴以外にも出来るのがいるって言うのか!」

アルナ「そこっ!」ブンッ

ライラ「チッ!」バチバチッ

アルナ「退いて下さい!」

ライラ「はっ!パイロットは甘ちゃんかい!」

アルナ「無駄な戦いをしたくないだけです!」

ライラ「それを甘いって言うんだよ!」バチバチッ

アルナ「…ッ」

ライラ「半端な気持ちで戦場に来るな!」ドゴッ

アルナ「うわああああっ!!」

ライラ「これで落ちな!」

ビシュン! ビシュン!

ライラ「援軍かっ!?」

クワトロ「無事か!」

アルナ「クワトロ大尉!」

ライラ「こちらの分が悪いか。撤退する!」

アルナ「すみません大尉」

クワトロ「気にするな。それより今はレコア少尉を地球に降ろす事が先だろう。アーガマへ戻るぞ」

アルナ「はい!」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/21(水) 19:54:10.94 ID:Dna37UfSo
ーアーガマ周辺ー

ハイザック隊「うおおおっ!!」

トーレス「ホウセンカをカタパルトデッキに上げます」

レコア「……」

ジェリド「敵の防御が薄い?もらった!」

カミーユ「させるかぁ!」

ジェリド「マークトゥーだとっ!?」

アルナ「カミーユ君!」

カミーユ「このハイザックは僕が抑えます!」

アルナ「分かった!」

ジェリド「くそぉ!ここまで来て!」

トーレス「カウントダウン!10…」

ハイザック「うおおおっ!」

レコア「!!」

アルナ「させる、もんかあああああああっ!!」ドンッ

ハイザック「ごふううううっ!?」ヒューン

トーレス「2、1、ゼロ!」

アルナ「いっけーーーーっ!!」

ホウセンカ「いきまーす!」ドシューン

カッ! ポンポン!

ジェリド「あと少しだったと言うのに!撤退する!!」

アルナ「頑張ってねレコア」

ーアーガマー

アルナ「ふぅ」

エマ「お疲れ様。作戦は成功したみたいね」

アルナ「一時はどうなるかと思ったけどね」

エマ「それで30バンチの件はどうなったのかしら?」

アルナ「そうだった…」

フランクリン「アルナくん少しいいかね」

アルナ「フランクリンさん?」

フランクリン「私とヒルダを先にエゥーゴの研究機関に送ってくれるよう頼んでくれないだろうか?」

アルナ「急にどうしたんですか?」

フランクリン「カミーユが面白い案を思い付いたらしくてな。いや、我が息子ながら良いセンスをしている。私とヒルダが参加すれば早期に開発できるかも知れんのだよ」

アルナ「そうですね。じゃあ…」

アルナの行動
1.30バンチを優先させる
2.フランクリンの頼みを優先させる
↓1
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/21(水) 20:02:37.20 ID:nE0Z2EMso
2
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/21(水) 20:48:08.45 ID:usIuzszO0
そういやヒルダは現在のティターンズ旗艦のアレキサンドリア級やその後のドゴス・ギアの開発設計に携わってたし、
ウォンさんが何とか上層部説得するなりして金や資材や人員出してもらってエゥーゴ版ドゴス・ギア造ってくれないかな?
アーガマは原作運命力で余程トチらない限りは沈むことはないだろうけど、
ラーディッシュはギレンの野望だとくっそ弱いし心許無い
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/22(木) 18:53:12.90 ID:6Vfw5wh8o
アルナ「分かりました。ブレックス准将に聞いてみます」

フランクリン「頼むよ」

アルナ「30バンチの件はもう少し待ってね」

エマ「分かったわ。戦力拡充は必要な事とだしね」

ーアーガマブリッジー

アルナ「という事なんですが」

ブレックス「ふむ。ではアンマンへ寄港するとしよう。クワトロ大尉の新しい機体も搬入したいしな」

アルナ「そうなんですか?どんなモビルスーツなんだろう」

ヘンケン「なぁに。見ればすぐに分かるさ」

ブレックス「よしアンマンへ進路取れ。この辺りでティターンズを撒く必要もあるな」

ヘンケン「グラナダへ向かうと見せ掛けてアンマンへ入るのはどうでしょう?」

ブレックス「うむ。そうしてくれ」

月面都市アンマン

ー宇宙港ー

カミーユ「父さん母さん。向こうでも元気で」

ヒルダ「ええ。しっかり父さんの手綱を握っておくわ」

フランクリン「えぇい!余計な事を言うな!カミーユ。お前の案の機体を必ず実現させてやるから待っておけ」

カミーユ「はは、期待しないで待っているよ」

ードッグエリアー

アルナ「これが大尉の新型!」

百式「やってみるさ」

アルナ「赤くないです」

ヘンケン「目立つだろう」

アルナ「でもこんな色で大丈夫なんですか?」

ブレックス「クワトロ大尉なら心配はいらんだろう」

ヘンケン「全ての敵を引き寄せてくれるかもしれんぞ?」

アルナ「それは助かりますね」

クワトロ「酷い言われようだな」

アルナ「た、大尉!」

クワトロ「アルナ少尉が乗ってみるか?」

アルナ「い、いえ!私は大丈夫です!」

クワトロ「冗談だ」

アルナ「もうやめて下さいよ!」

ブレックス「私はこのままグラナダへ向かう」

クワトロ「分かりました」

ヘンケン「物資の搬入と艦隊の編成もしないとならんから暫くはここに止まるが、アルナはどうする?」

アルナ「私ですか?だったら…」

アルナの行動
1.アンマンで自由行動
2.グラナダで自由行動
↓1
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/22(木) 19:02:29.48 ID:cUXEH7ARo
1
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/22(木) 22:15:34.45 ID:6Vfw5wh8o
アルナ「アンマンでも散策しようかと」

ヘンケン「分かった。だがいつでも出られるのうにしておけよ」

アルナ「分かりました」

ーアンマン市内ー

アルナ「何しようかな」

カミーユ「アルナさん」

アルナ「カミーユ君。ご両親とのお別れは済んだの?」

カミーユ「はい。アルナさんは?」

アルナ「私は…何も考えてないや」

カミーユ「だったら僕と出掛けませんか?」

アルナ「いいよ」

カミーユ「じゃあいきましょう!」

カミーユと遊んだ

アルナ「今日は楽しかった!ありがとう」

カミーユ「僕もです」

アルナ「…あれはなんだろう?」

カミーユ「ジャンクヤードですね。一年戦争時のコロニーの残骸の山らしいです」

アルナ「うーん」

カミーユ「気になりますか?」

アルナ「少し…何かが呼んでるような気がする」

カミーユ「行ってみましょうか」

ージャンクヤードー

アルナ「この辺りのような…これは!」

アルナが見つけた物
コンマ04 試作4号機ガーベラ
コンマ13 ライジングガンダム
コンマ71 ストライクルージュ
それ以外 ハロ
↓1
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/22(木) 22:21:11.07 ID:nB4PxYv3o
モンブラン
アンマン
美味しそう
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/22(木) 22:51:16.27 ID:+VdjU5IqO
まかせよ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/23(金) 02:44:34.38 ID:de5RUp530
惜しい
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2022/09/23(金) 06:57:38.13 ID:Rfnaxaf5o
『だらだらと過ごす』
APEX→ガンダムエボリューション
(4:20〜放送開始)

https://www.twitch.tv/kato_junichi0817
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 15:48:23.43 ID:qF8MKsZto
アルナ「これは!」

ハロ「……」

カミーユ「ハロですね」

アルナ「ハロってSUNの玩具だっけ?」

カミーユ「はい。一年戦争の時もホワイトベース隊にあったらしいです」

アルナ「そうなんだ。でもこのハロ壊れてるね」

カミーユ「直したら使えそうですね。僕でも直せそうですけど、父さんや母さんに預けたら高性能にしてくれるかも」

アルナ「そうなの?じゃあお願いしようかな」

カミーユ「分かりました。そろそろ戻りましょうか」

アルナ「そうだね」

ー出港の日ー

FAガンダムMk-U「やあ」

アルナ「なにこれ!」

フランクリン「Mk-Uに増加装甲を付けたのだよ。機動力はやや落ちるが耐久性能は上がっている」

アルナ「凄い!」

ヒルダ「それとこれを」

ハロ「ハロハロ!」

アルナ「ハロだ!直してくれたんですね」

ハロ「オマエナマエハ?」

アルナ「私はアルナだよ。アルナ・ソート」

ハロ「アルナヨロシクナ!」

ハロ「わっ、賢い!」

ヒルダ「サポートAIとしての機能を備えさせたわ。何かの助けになればいいけど」

アルナ「大切にしますね!」

ヒルダ「私達にはこれくらいしか出来ないけど頑張ってね」

フランクリン「その、なんだ。カミーユにもよろしくと伝えておいてくれ」

アルナ「分かりました。ありがとうございます!」

ドゴオオオオオオンッ!!

アルナ「な、なにっ!?」

トーレス『緊急事態発生!現在、このエリアはティターンズによる攻撃を受けている!モビルスーツ隊は直ちに出撃せよ!繰り返す…』

アルナ「どうしてこんなタイミングで」

ヒルダ「あなたまさか!」

フランクリン「ち、違う!そもそもスパイだったら私がいるのに攻撃させるはずがないだろう!」

アルナ「スパイがいようとティターンズならやりますよ。でも、ここまでしてくれたフランクリンさんを私は信じます」

フランクリン「私もティターンズとは決別すると決めたのだ。アルナ少尉、奴らを撃退してくれ」

アルナ「勿論です。ここは危険なので安全なエリアに」

ヒルダ「分かったわ。行きましょう」

フランクリン「ああ。死ぬんじゃないぞ!」

アルナ「はい!」

Mk-Uコクピット

アルナ「コクピットに新しい設備が増えてる?あっ、ここにハロを置けばいいのかな」ストッ

ハロ「ハロ!アルナエンゴスル!アルナエンゴスル!」

アルナ「お願いね。アルナ・ソート、フルアーマーガンダムMk-U出ます!」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 15:49:05.58 ID:qF8MKsZto
ー戦闘宙域ー

ドーン! ドガーン!

アルナ「月面都市なのにお構いなしに攻撃なんて許せない!」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユくん!君もMk-Uなの?」

カミーユ「本来は一機を残して解体する予定だったみたいなんですけど、両親がこちら側に付いたという事でサンプルは一機だけでいいと残してくれました」

アルナ「そうなんだ」

カミーユ「来ます!」

ティターンズ部隊「ヒャッハー!!」

アルナ「見慣れない機体も混ざっている?」

カミーユ「どうします?」

アルナ「だったら…」

アルナの行動
1.モビルスーツ隊を迎撃
2.アレキサンドリアを強襲する
↓1
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 15:51:26.36 ID:Lom1kYfvo
1
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 16:19:52.04 ID:qF8MKsZto
アルナ「モビルスーツ隊を迎撃しよう。ここを突破されたら市街地まで被害が出る!」

カミーユ「分かりました!」

ジェリド「マークトゥーが二機!エゥーゴめ!こちらの兵器を勝手に使ってくれる!」

ライラ「Mk-U相手だからと無闇に突っ込むんじゃないよ!こっちも新型だ」

ジェリド「分かっている」

カクリコン「それじゃあ手はず通りにやるとするか!」

ジェリド「ああ!」

アルナ「散開した?何をするつもりなの?」

カミーユ「気を付けて」

アルナ「うん」

アルナ「……」

マラサイ「やあ!」

アルナ「そっち!」ボビューン!

マラサイ「こっちだよ!」ボシューン!

アルナ「きゃああ!!」ドーンッ!!

カミーユ「この!」バシューン! バシューン!

マラサイ「フフフ」

カミーユ「くそっ!」

アルナ「上手く地形を利用されてる…だったら!」

アルナの行動
1.思いっきり飛ぶ
2.こちらもカミーユと連携する
3.ハロにお願いしてみる
↓1
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 16:27:36.22 ID:dI8jd91A0
MSにセットしたハロいるんだし3しかない
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 17:27:23.63 ID:qF8MKsZto
アルナ「ハロ敵の位置を捕捉できる?」

ハロ「マカセロ!マカセロ!」パタパタ

ハロ「スキャンカンリョウ!データリンクカイシ!」

アルナ「敵の位置がモニターに反映されてる!今からデータを送るからリンクして!」

カミーユ「分かりました!」

カミーユ「これは!そこかぁ!」バシューン!

カクリコン「ぐおっ!?」ドーン!!

ジェリド「カクリコン!ならばっ!」

ハロ「アルナイケルカ」

アルナ「やってみる!」ボシューン!

ジェリド「ぐおっ!?何故だ!」ドーン!!

ライラ「何を使ったか分からないがこちらの位置が筒抜けになっているのか!撤退するよ!」

カクリコン「えぇい!」ドシューン

ジェリド「この借りは必ず返すぞ!」

アルナ「撤退してくれた?」

カミーユ「やりましたね」

アルナ「ハロのおかげだね」

ハロ「ハロ!ハロ!」

ヘンケン「よし!艦隊はこのまま空域を離脱する!エンジン出力全開!!」

ーアーガマー

ヘンケン「アーガマは戦列を離れて30バンチへ向かう」

アルナ「分かりました」

トーレス「キャプテン!付近の空域から救難信号をキャッチ!」

ヘンケン「なに?どこの所属だ」

トーレス「識別は…連邦のテンプテーションです!」

カミーユ「テンプテーションってブライトキャプテンの船だ!」

アルナ「ブライトキャプテンってホワイトベース隊の艦長さんだっけ」

カミーユ「そうです」

クワトロ「…救援に向かうか?」

カミーユ「いきます!」

クワトロ「アルナはどうする?」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.救援に行く
2.アーガマで待機
↓1
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 17:29:22.93 ID:Lom1kYfvo
1
そのうちMSサイズになりそうハロ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 17:37:41.95 ID:qF8MKsZto
アルナ「私もいきます」

クワトロ「よし付いてこい!」

カミーユ「はい!」

ーテンプテーション空域ー

カミーユ「あれか!」

アルナ「シャトルの周りを何かが飛んでる!」

謎のMA「ブロリーです」ヒューン

クワトロ「このメガ・バズーカ・ランチャー使えるか?」ガチャ

クワトロ「はぁはぁ…あれに乗っている男のプレッシャーか!?」

アルナ「大尉?私がサポートします。ハロ!」

ハロ「ハロ!」

クワトロ「……」

謎のMA「フハハハ」ヒューン

アルナ「今です!」

クワトロ「当たれよ!!」

メガ・バズーカ・ランチャーの攻撃
コンマ70以上でメッサーラ撃墜
それ以外は外れる
↓1
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 17:38:28.29 ID:t3qQ2UEUo
まあ相手はあのシロッコだ
外してもしゃあない
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 20:56:34.59 ID:L5VDGrJ/O
まかせよ
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/23(金) 21:03:06.83 ID:L/bDgtjDO
今回のシロッコは仲間になりそうにないなぁ
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 21:27:36.60 ID:qF8MKsZto
クワトロ「当たれよ!!」キィィン ドギュウウウウウ!!

謎のMA「当たりはせんよ」スッ ドシューン

アルナ「外れた!?」

カミーユ「撤退した?何だったんだ」

クワトロ「詮索より救援が先だ」

カミーユ「は、はい!」

その後、救出したブライト・ノア他民間人を別の船へ移送すると
アーガマは30バンチへ向けて進路を取る
しかし巡洋艦ボスニアがいまだ執拗に追跡していたのであった

ーサイド1 30バンチコロニー近海ー

アルナ「そろそろ到着するって」

エマ「分かったわ」

アルナ「……」

エマ「無理をして行かなくていいのよ」

アルナ「ううん。30バンチはエゥーゴに入ってからも一度訪れた事があるから」

エマ「でも」

アルナ「私なら大丈夫だから」

エマ「ならばいいのだけど」

トーレス『本艦は間もなく30バンチへ入港する』

アルナ「準備しよう」

エマ「そうね」

ー30バンチコロニー内ー

アルナ「……」

ハロ「ハロ!ハロ!」

カミーユ「ここがアルナさんの故郷…」

アルナ「行こうか」

エマ「ええ」

クワトロ「……」

人影「……」ヒョオオオ

カミーユ「あれは!」

アルナ「ミイラだよ人の」

カミーユ「え?」

クワトロ「コロニーのミラーが動かないからな」

カミーユ「どうしてそのままなんですか?」

アルナ「ここで亡くなった人は1500万人。埋葬してあげても人数が多すぎるんだよ…」

カミーユ「何故こんな風に人を殺せるんですか!」

クワトロ「直接刃物を持って殺さないからさ。手に血が付かない人殺しでは痛みは分からんのだ」

アルナ「私は少し別行動します」

クワトロ「分かった」

カミーユ「アルナさん僕も…」

クワトロ「一人にしてやれ」

カミーユ「…はい」

エマ「……」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 21:28:26.26 ID:qF8MKsZto
ーアルナの自宅ー

アルナ「ただいま…」

ヒュオオオオオ…

アルナ「あれから何も変わってないまま。お父さんとお母さんだけは埋葬してあげたけど…」

アルナ「…ううぅぅ」

ハロ「アルナ?アルナ?」

アルナ「…ハロ」

「誰いるのか?」

アルナ「誰?」

ライラ「お前はエゥーゴのパイロットか?…なぜ泣いている?」

アルナ「ここが私の家だからです」

ライラ「なんだと?このコロニーの生き残りなのか」

アルナ「私は当時このコロニーには居なかったから」

ライラ「そう、だったのか」

アルナ「貴女はこの事件を知っていますか?」

ライラ「ああ。毒ガスを散布したとは聞いている」

アルナ「では散布した理由は?」

ライラ「そこまでは知らない」

アルナ「そうですか。ティターンズはデモ活動を鎮圧させる為だけに毒ガスコロニーに使ったんです」

ライラ「デモ活動だと?いくらバスクでもそんな事の為だけに毒ガスなど使うものか!」

アルナ「見て分かりませんか?現実はこれです」

ライラ「くっ…」

アルナ「私は故郷をこんな風にしたティターンズが憎い。それを知らずにティターンズの存在を許している連邦も。だから…」

アルナの行動
1.ライラを撃つ
2.ライラを生け捕りにする
↓1
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 21:29:15.00 ID:4TuhOnQ+o
2
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 21:42:47.24 ID:EdQaQrZ8o
まさかの00
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 22:05:43.46 ID:Mu0V+C1e0
それにしてもハロをサブパイロットってVガンダム先取りしすぎ
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 22:18:04.66 ID:dI8jd91A0
コンマ00が0(イレギュラー、ファンブル)扱いなのか100(クリティカル)扱いなのか気になるところ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2022/09/23(金) 22:22:57.30 ID:Rfnaxaf5o
『ガンダムエボリューションやる』その2
(20:43〜放送開始)

https://www.twitch.tv/kato_junichi0817
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 22:49:38.12 ID:qF8MKsZto
アルナ「貴女を捕らえさせて貰います。この悲劇を一人でも多くの人に知ってもらう為に」

ライラ「そう簡単に捕まるものか!」

アルナ「ハロ!」

ハロ「セントウレベル、ターゲットカクニン。ハイジョカイシ!!」ブォン ドギュウウウウ!!

ライラ「ぐわああああっ!!」ベシャ

アルナ「ハロのバスタートリモチの威力はどうですか?」

ライラ「くっ…動けない」

アルナ「クワトロ大尉。連邦のパイロットを捕獲しました」

クワトロ『なんだと?すぐに向かう』

ーアーガマー

ヘンケン「連邦のパイロットを捕獲したとはな」

アルナ「ハロが手伝ってくれました」

ハロ「ハロ!」

ライラ「時期に異変に気付いて救援がくるさ」

クワトロ「キャプテン」

ヘンケン「すぐにここを離脱する。アーガマ始動!」

ーコロニー周辺宙域ー

トーレス「敵のモビルスーツを確認!」

ヘンケン「早いな。こちらもモビルスーツ隊の発進急げ!」

アルナ「アルナ機出ます!」ドシューン

ボスニア隊「ヒャッハー!!」

アルナ「あのオレンジの新型…マラサイだっけ。だったらアンマンの時のパイロットもいるの?」

ハロ「アルナ、テキガキタゾ!」

アルナ「分かってる!」

ジェリド「ライラが帰って来ない。まさか何かあったのか?なんで俺も一緒に行かなかったんだ!」

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」

ジェリド「そうだな。こんな時こそ冷静にだ」

ジェリド「あれは!貴様がライラをやったのか!」

アルナ「マラサイのパイロットの声…あの時の!」

ジェリド「その声はあの時の女か!ライラはどうした!」

アルナ「ライラ大尉ならエゥーゴが捕虜にしています」

ジェリド「なんだと!だったら取り戻させてもらう!」

アルナ「そうは行きません!」

ジェリド「邪魔をするな!」ボシューン! ボシューン!

アルナ「くっ…」

アルナの行動
1.説得してみる
2.攻撃する
↓1
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 22:50:47.35 ID:X5SoICo6o
もうハロだけでいいんじゃないかな
91 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2022/09/24(土) 02:42:34.86 ID:Mlh4hE/Z0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 14:52:13.76 ID:BbECznReo
アルナ「ライラ大尉には30バンチの真実を信じて貰う為に返せません!」

ジェリド「30バンチの真実だと?」

アルナ「貴方もティターンズなら知らないでは許されない事です。このコロニー30バンチは、ティターンズの毒ガス作戦によって全員殺されたんです!」

ジェリド「エゥーゴが口から出任せを!このコロニーは伝染病で全滅したと聞いた!」

アルナ「都合の悪い真実は伏せ、もっともらしい嘘で固める。ティターンズとはそういう組織なんですよ!」

ジェリド「そうやって貴様は前も俺の動揺を誘って騙し討ちをした!今度会ったら容赦せんと言ったぞ!」

アルナ「くっ…」

エマ「その話は本当よジェリド!」ドシューン

アルナ「エマ!」

ジェリド「エマだと!裏切り者の言葉が信じられるか!」

エマ「そうやって頭ごなしに否定をしていては見える物も見えなくなるわ。もっと物事を大局的に見れないの?」

ジェリド「黙れ!俺はティターンズだ!ティターンズは絶対なんだ!」

ガルバル隊「ぎゃひー!!」チュドーン

クワトロ「アルナ!エマ!」

アルナ「クワトロ大尉!」

ジェリド「このままだと囲まれる!?悔しいが撤退する!」ドシューン

アルナ「あっ…」

エマ「ジェリド」

クワトロ「我々も引き上げるぞ」

アルナ「…分かりました」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 14:56:38.82 ID:BbECznReo
ーアーガマー

ライラ「ボスニアの部隊はどうなった?」

アルナ「撤退しました」

ライラ「アタシは見捨てられたって事か」

アルナ「これからエゥーゴがどう判断を下すか分かりませんが、私はライラ大尉もエゥーゴに加わって欲しいと思っています」

ライラ「アタシがエゥーゴかい?笑えない冗談だね」

アルナ「私は本気です」

ライラ「話は終わりだ。営倉でもどこへでも連れて行きな」

エゥーゴ兵「うぃ」

アルナ「……」

ライラ「そうだ。ジェリド…マラサイのパイロットはどうなった?」

アルナ「ジェリド中尉ですか?あの人には逃げられましたよ。説得をしてみましたけど駄目でした」

ライラ「…そうか。さあ、連れて行きな」

エゥーゴ兵「うぃ」

アルナ「……」

アルナ達はサイド1を離脱すると艦隊と合流する
エゥーゴは地球連邦軍の本拠であるジャブロー攻略作戦
ジャブローの風を実行に移す為に艦隊をサイド4へと集結させていた

アルナはジャブローの風に参加するか?
1.ジャブロー攻略に参加する
2.支援のみで宇宙に残る
↓1
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 15:06:56.23 ID:8TqZie6Qo
1
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 16:24:58.13 ID:BbECznReo
アルナ「このモビルスーツは!」

Zガンダム「Zの鼓動がします」

フランクリン「Zガンダムだ。エゥーゴがジャブローを攻撃すると言うから開発を急がせた。試作機2機をアーガマで使ってもらう」

アルナ「一機はカミーユ君ですよね?もう一機は?」

フランクリン「君だよ」

アルナ「へ?私ですか!?」

フランクリン「既に君の戦闘データを反映させてある。ハロ用の台座も設置してあるんだ。使ってくれんと困る」

アルナ「わ、分かりました」

フランクリン「期待している。私はカミーユにも説明しないといかんからこれで失礼する」

アルナ「はい」

エマ「専用機じゃない。やったわね」

アルナ「私なんかでいいのかな」

クワトロ「それだけ上は君を重要視していると言うことだ。自分に誇りを持て」

アルナ「クワトロ大尉」

エマ「大尉の言う通りよ」

アルナ「う、うん」

ライラ「そんなしけた面をして。なんならアタシが使ってやろうか?」

アルナ「ライラ大尉!?いつこっちに」

ライラ「保護観察が終わったのさ。アタシもこれから作戦に参加する」

アルナ「いいんですか?」

ライラ「アンタがエゥーゴで戦ってくれって言ったんだろ?」

アルナ「そ、そうですね。これからよろしくお願いします!」

ライラ「それでアタシはどれに乗ればいいんだ?」

クワトロ「アルナとカミーユがZに乗る事でMk-Uが空く。エマ中尉とライラ大尉はその穴を埋めてもらいたい」

ライラ「アタシもガンダム乗りって訳か」

エマ「ライラ大尉。色々とわだかまりもあっただろうけど、これからは仲間よ。頼りにしてるわ」

ライラ「ああ。任せておきな」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 16:25:39.86 ID:BbECznReo
ー宇宙世紀0087年5月11日 地球軌道ー

サエグサ「軌道固定!艦隊位置固定!」

トーレス「各艦、モビルスーツ発射軸固定」

ブライト「発進用意。全周囲、索敵怠るな!」

シーサー「了解!」

クワトロ「出るぞ!」ドシューン

ライラ「ライラ・ライラMk-U出るぞ!」ドシューン

カミーユ「Zガンダム行きます!」ドシューン

アルナ「私にこのガンダムが使いこなせるか分からないけど。託されたからにはやってみせる」

アルナ「Zガンダム、アルナ機出ます!」ドシューン

謎のMA「いつかは帰れるといいな」ズシューン!!

シチリア「デデーン」チュドーン!!

クワトロ「ん?編隊が乱れているぞ」

エマ「やられた!?ティターンズか!」ドシューン!!

カミーユ「エマさん、編隊を崩すのか?」

アルナ「エマ!」

アルナの行動
1.エマを追う
2.隊列を維持する
↓1
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 16:27:41.43 ID:ATCPYSZ4o
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 16:28:12.18 ID:ATCPYSZ4o
間違えた
2
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 16:34:22.53 ID:HBXiyw830
シロッコのメッサーラ襲撃だっけ?
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 17:08:32.91 ID:BbECznReo
アルナ「私がエマの抜けた穴埋めをします。モビルスーツ隊のエスコートをやらせて下さい」

クワトロ「了解した。艦長、それでいいか?」

ブライト「分かった。各機、アルナ少尉のZガンダムを中心に隊列を取れ」

アルナ「カミーユ君、エマを頼める?」

カミーユ「分かりました。エマ中尉を連れ戻します!」ドシューン

ライラ「アンタだけじゃ心配だ。アタシも艦隊の軸合わせを手伝う」

アルナ「ありがとうございますライラ大尉」

ライラ「クワトロ大尉。アンタはカミーユとエマの援護に行ってやりな」

クワトロ「しかし」

ライラ「ここで艦隊をやれる訳にはいかないんだろ」

クワトロ「…分かった。モビルスーツ隊は頼んだ」ドシューン

アルナ「このまま進路を取れば…」

ブライト「各機、ティターンズのモビルスーツ隊がそちらに向かっているが構うな。編隊の維持を集中させろ」

アルナ「こんな時に!」

ライラ「こんな時だからさ。そろそろ大気圏だ」

エマ「アルナ聞こえる?」

アルナ「エマ!無事だったんだね」

エマ「カミーユとクワトロ大尉がすぐに駆けつけてくれたおかげで撃退できたわ」

ライラ「これに懲りたら単独行動はやめな」

エマ「ええ。ごめんなさい」

アルナ「カミーユ君は?」

エマ「先程までは一緒だったのだけど…」

アルナ「どこなの?あ、あれは!」

アルナ「マラサイ2機に攻撃されている!?」

アルナの行動
1.カミーユに任せる
2.カミーユの援護に行く
↓1
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 17:09:37.18 ID:1QMhCXuAo
2
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 17:09:43.11 ID:dXRxs7RR0
2で
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 17:10:52.14 ID:2rknBKLM0
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:51:23.04 ID:KO30G1LTo
アルナ「ごめんエマ。隊の先頭をお願い」

エマ「カミーユの援護ね。分かったわ」

アルナ「Zのウェイブライダーなら」ガギュン ドシューン!!

ー大気圏ー

ジェリド「なんだあの新型は!全く攻撃が当たらん!」

カクリコン「ここままではこちらがやられる!」

ジェリド「だ、駄目だ!」バシュ

カクリコン「えぇい、ジェリドめ!弱気な!うぅ、オートマチックか!こ、これではやられる!?」バシュ

カミーユ「もっと離れていれば、撃たれなかったのに!」ボビューン

カクリコン「ぐわあああっ!!」

ジェリド「カクリコン!!」

アルナ「カミーユくん!君は何をやっているの!」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「あのままじゃマラサイは圧縮断熱で燃えちゃう。だったら!そこのマラサイのパイロット!私のウェイブライダーに捕まって!」

カミーユ「アルナさん何をっ!?」

カクリコン「こ、こうか?」ガシッ

アルナ「無防備な相手を撃つなんて。それだとティターンズと同じだよ!」

カミーユ「僕は…そんなつもりじゃ」

アルナ「このまま突入する。カミーユ君も早く!」

カミーユ「わ、分かりました」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:51:48.22 ID:KO30G1LTo
ージャブロー上空ー

アルナ「これが地球…」

アルナ「マラサイのパイロットさん。大丈夫?」

カクリコン「ああ。だが、どうして俺を助けた」

アルナ「あんな戦い方はフェアじゃないと思ったからです。戦争だからって何をやってもいい訳じゃない。私はそう考えています」

カクリコン「甘い考えだ。しかし、その甘さに俺は助けられたのか…」

アルナ「地表に降りたら私の機体へ。捕虜として行動してもらいます」

カクリコン「…分かった。従おう」

『…える…誰…えるかしら?』

アルナ「エゥーゴの回線?誰です?」

『…ルナなの?アルナなの?』

アルナ「その声、レコアなの!?」

レコア『アルナなのね!いい。今から言う事を全軍に伝えて。ジャブローは地下に核爆弾が仕掛けられてて、もうすぐ爆発するわ』

アルナ「爆発!?ど、どうして!?」

レコア『連邦はジャブローを放棄したのよ。残っている部隊はエゥーゴと巻き添えにする為の捨て駒よ』

アルナ「そんな!」

レコア『阻止したかったんだけど、気付いた時には手遅れでね。今は脱出の準備をしているわ。今から送るポイントに集結させて』

アルナ「分かった。マラサイのパイロットさんお願いがあります」

カクリコン「どうした?」

アルナ「ジャブローはもうすぐ爆発するらしいんです。私達を巻き込んで」

カクリコン「バカな!俺達はティターンズだぞ!」

アルナ「多分、それも想定してだと思います。だから一人でも多く脱出できるようにティターンズの回線を使って呼び掛けて下さい」

カクリコン「わ、分かった。やってみよう」

アルナ「この空域にいる全部隊に通達します!間もなくこのジャブローは自爆します!この通信を聞いた人は、ただちの指定するポイントに向かって下さい!ポイントは…」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:52:45.09 ID:KO30G1LTo
ージャブロー 輸送機発着所ー

レコア「アルナ!」

アルナ「レコア!無事だったね!」

レコア「ええ。この変なバッチが役に立ったわ。バスクに選ばれし者とかなんとかって」

アルナ「えぇ…」

レコア「本当はもっと早く連絡したかったんだけどタイミングが合わなくてね」

アルナ「ううん。教えてくれてありがとう」

レコア「で、そこハゲた方は?ティターンズのパイロットスーツよね?」

カクリコン「ハゲではない!カクリコンだ!」

アルナ「カクリコンさんは成り行きで助ける事になったんです」

レコア「へぇ。アルナに感謝しなさい」

カクリコン「言われなくとも分かっている」

カイ「こっちの準備は完了だ。ん?そちらのお嬢さんは?」

アルナ「アルナ・ソートです」

カイ「君がアルナさんかい?俺はカイ・シデン。フリーのジャーナリストさ」

レコア「カイさんは私の手伝いをしてくれたのよ」

アルナ「そうだったの?ありがとうございます!」

カイ「偶然そうなっただけさ。さて、後はどれだけここに集まるかだな」

アルナ「そうですね。みんな来てくれるかな」

レコア「それは分からないわ。ただあまり時間が無いのは事実ね」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユ君!」

カクリコン「貴様は!」

カミーユ「あっ…その」

レコア「話は後よカミーユ。そのガンダムをアウドムラに搬入しなさい」

カミーユ「レコアさん?わ、分かりました!」

ー数十分後ー

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」

クワトロ「彼女で最後か?」

カクリコン「分からんが、呼び掛けに応えた者は集結したと思いたい」

ジェリド「まさかアンタに助けられるとはな」

アルナ「こういう時に敵も味方もありませんから」

ライラ「案外ああいうのが世の中を動かすのかもしれんな」

エマ「そうね」

ジェリド「……」

レコア「もう時間が無いわ。発進の準備をするわよ」

アウドムラとスードリはエゥーゴだけでなく、ティターンズや連邦の兵も収容するとジャブローを離脱する
その直後ジャブローは爆発した
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:53:55.20 ID:KO30G1LTo
ーガルダ級超大型輸送機 アウドムラー

アルナ「どこへ向かうんだろう」

クワトロ「それより問題は…」

エゥーゴ兵「貴様がいなければ!」

ティターンズ兵「貴様こそっ!」

ライラ「やはりこうなったか」

アルナ「みなさん止めて下さい!」

ワー!ギャー!アツクナラナイデマケルワ

アルナ「どうすれば…」

エマ「こうするのよ」スッ

ドンッ!ドンッ! シーン

エマ「いい加減になさい!そもそもエゥーゴの情報が無ければ爆発に巻き込まれて死んでいたかも知れないのよ」

ティターンズ兵「それは、そうだが…」

クワトロ「君たちは同胞ですら平気で捨て石に使うティターンズの体質に疑問を持たないのか?」

ティターンズ兵達「……」

カクリコン「俺はエゥーゴに付く」

ジェリド「カクリコン!?」

カクリコン「俺はこの日だけで2度も命を救われた。しかもエゥーゴにだ!もちろん気に食わん奴がいるのも事実だ」

カミーユ「……」

カクリコン「だが上の連中はどうだ?俺達ティターンズですら切り捨てる。そんな組織でこれからも命を賭けられるか?」

ティターンズ兵「うっ…」

ジェリド「待てカクリコン。今回のはちょっとした行き違いかも知れんだろ」

ライラ「ジェリド、アンタはそのちょっとした行き違いで死んでも仕方ないって言うのか?」

ジェリド「いや、それは…」

エマ「ジェリド中尉。死んでからでは遅いのよ」

ティターンズ兵「そ、そうだ!そうだ!」

連邦兵「責任取れるのかよ!」

ジェリド「ぐっ…」

アルナ「みなさん落ち着いて!ジェリド中尉一人を責めても解決にはなりません」

ジェリド「アンタ」

アルナ「すぐに理解や納得は出来ないと思います。だからみなさん考える時間を作って下さい。それからどうするかを、悔いの無い判断をして下さい」

連邦兵「……」

ティターンズ兵「……」

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:54:39.29 ID:KO30G1LTo
ーリフレッシュルームー

アルナ「ふぅ…」

レコア「お疲れのようね」

アルナ「これだけの事があればね。でも、こういうの久しぶりかも」

レコア「そうね」

アルナ「少し休ませて…」

レコア「いいわよ。お眠りなさい」

ーケネディ・スペースポートー

クワトロ「しかしこれだけの数をどうするか」

ハヤト「投降した兵の半分をこちらで引き受けるのはどうでしょう?」

クワトロ「そうですね…」

アルナ「……」

エマ「手が空いているならモビルスーツの搬入を手伝ってくれるかしら」

アルナ「え?う、うん。分かった」

エマ「気になる事でも?」

アルナ「これからどうなるのかなって」

エマ「今はクワトロ大尉とハヤト館長に任せましょう」

アルナ「うん」

ー数十分後ー

ブーン! ブーン!

アルナ「警報!?」

ジェリド「救援の部隊か!?ちょうどいい!ティターンズに戻りたい奴は付いてこい!」

アルナ「え?ちょっと!」

エマ「連邦の追撃部隊が来たわ!アルナも急いで!」

アルナ「どうしよう」

アルナの行動
1.モビルスーツ部隊の迎撃
2.ジェリド達を追う
↓1
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 21:54:46.54 ID:OqDG4S2Yo
すごいことになってんな
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 21:55:51.03 ID:QuIN9f+8o
2
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 22:20:13.08 ID:0kL7JARI0
ライラ大尉だけじゃなくカクリコンもエゥーゴ側につくか
慢性人手不足のエゥーゴには嬉しい限りだけど超展開やな
仮にジェリドも来てくれたらカツ使わんで済むし
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 22:21:46.17 ID:OqDG4S2Yo
カツも強いといえば強い
ただすごくウザいだけなのだ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 15:12:27.78 ID:nYJgjruFO
アツクナラナイデbotがわいてて草
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/26(月) 18:46:24.78 ID:kFwMmQyDO
アイシャネタもまさか令和の今でも使われるとはね
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/26(月) 19:05:31.38 ID:X8LVazaEo
アルナ「ジェリド中尉達を追おう」

アッシマー「……」ヒューン

ジェリド「おーい!こっちだー!!」

アッシマー「……」ヒューン ビュウン!

アルナ「危ない!」ダッ

ドーン!!

脱走兵達「ぎゃああああ!!」ジュ

アルナ「何をやっているの!」

ジェリド「お、俺達を攻撃したのか?」

アルナ「ここにいるのはエゥーゴやカラバばかりなのよ!状況を考えて!」

ジェリド「……」

アルナ「ここに居たらまた狙われる。アウドムラへ急いで!」

ジェリド「なぜ助けた!」

アルナ「助けるのに理由がいるの?」

ジェリド「ぐっ…」

アルナ「早く!」

ジェリド「くそっ!」

ドーン! ドーン!

ーアウドムラー

アルナ「私も早く迎撃に出ないと」

ジェリド「どうしてだ!」

アルナ「え?」

ジェリド「どうして上手く行かないんだ!何故こうも運は俺を見放す!」

アルナ「ジェリド中尉は自分の事を不幸だと思う?」

ジェリド「当たり前だ!せっかくティターンズになれたと思えば作戦はケチの連続。挙げ句にこのザマだ!これを不幸と言わずして何を不幸と言う!」

アルナ「私は中尉は幸運だと思うよ」

ジェリド「俺に対する嫌味か?」

アルナ「だっていつ死んでもおかしくない戦場で今まで生き延びてるじゃない。大した怪我もなく動けるってそれだけで幸運だと思うな」

ジェリド「そんな当たり前な事…」

アルナ「そんな当たり前な事がもう出来ない人もいるから」

ジェリド「なにが言いたい」

アルナ「30バンチ。私、そこのコロニー出身なの」

ジェリド「なにっ?」

アルナ「だから普通に生きてるって事はそれだけで幸せなんだよ。ジェリド中尉にもそれを分かって欲しいな」

ジェリド「……」

キィイイイイイン!!

アルナ「アウドムラが動き出した?確認するから付いてきて!」

ジェリド「あ、ああ」

シャトル「さらばー地球よー」ゴゴゴゴッ

アルナ「シャトルが打ち上げられてる…」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/26(月) 19:06:12.81 ID:X8LVazaEo
ー暫くしてー

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユくん!残っていたんだね」

カミーユ「アウドムラにいるなら言って下さい!心配したんですよ!貴女にもしもの事があったら…」

アルナ「ごめんなさい」

クワトロ「理由を聞かせてもらおうか」

アルナ「ティターンズの人達が襲撃に乗じて脱走しようとしたので追いかけていたんです」

クワトロ「なに?」

アルナ「だけど脱走した人達は敵と間違えられて攻撃されて、助けられたのはジェリド中尉だけでした」

エマ「呆れた」

ジェリド「……」

カミーユ「お前か!アルナさんを危ない目に合わせた奴は!」グッ

ジェリド「貴様はあの時の!また俺を殴ろうってのか!」

アルナ「暴力は駄目!そうやってすぐに感情的になるのはカミーユ君の悪い所だよ」

クワトロ「そうだぞカミーユ君」

カミーユ「くっ…分かりました」

アルナ「残ったのは大尉達だけなんですか?」

エマ「アポリー中尉とロベルト中尉。レコアやライラ大尉の他、エゥーゴに参加の意思を示した連邦やティターンズの一部はシャトルに乗せて打ち上げたわ」

アルナ「レコア達、宇宙に戻れたんだ。良かった」

クワトロ「問題はスードリにもそれなりの連邦とティターンズの兵が残っていた事だが」

アルナ「また敵になるでしょうか」

クワトロ「可能性はある」

ジェリド「くそっ!スードリに行っていれば!」

エマ「まだそんな事を言っているの?」

カミーユ「僕とアルナさんのZガンダムなら今からでもスードリを沈める事ができます」

アルナ「私は反対」

カミーユ「どうしてです?」

アルナ「残った人達が必ずしも攻撃をしてこないかもしれない」

カミーユ「でもクワトロ大尉の言う通り攻撃して来る可能性もあります」

アルナ「分かってる。こんなのは希望的観測だって事くらい。でも信じてみたいんだ」

カミーユ「アルナさん…」

アルナ「もちろんスードリが攻撃してくるなら私も戦うよ。だから、少しだけ時間をちょうだい」

カミーユ「…分かりました」

クワトロ「話はまとまったな。私はハヤト館長に次の行き先を聞いてくる。警戒は怠るなよ」

アルナ「はい!」

スードリの動向
コンマ50以上ならジャブロー組が追撃部隊を制圧(スードリ隊も味方になる)
コンマ50未満だとブラン隊がスードリで追撃開始(スードリ隊が敵になる)
↓1
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:07:59.95 ID:Dz/sFQMCo
優しい世界でありますように
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:08:07.66 ID:e3rHK2/po
奇跡よ!
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:41:21.21 ID:zGqkSzRM0
この主人公、特筆するくらいMS技量高い訳でもNT能力ある訳でもないのに続々仲間にするな
もしかして前世紀(西暦)の中世代の乱世で女領主とかだったら天下獲れたんじゃないかしら?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:43:13.33 ID:BEdyE5SSo
綺麗事を堂々と言えるのはガンダム世界ではレアスキルだもんね
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 20:26:43.15 ID:e3rHK2/po
ニュータイプ能力が全く無いわけでも無さそう
クワトロ大尉が擁護してるし
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/26(月) 21:33:59.43 ID:X8LVazaEo
暫くして

ーアウドムラ機内ー

ブーン! ブーン!

アルナ「なに?敵襲!」

カミーユ「スードリの部隊か!」

クワトロ「確認をする。カミーユとアルナは私に付いてこい。残りはアウドムラで迎撃準備だ」

アルナ「了解!」

カミーユ「了解!」

ー上空ー

ギャプラン「……」ヒューン

カミーユ「あれはモビルアーマー?新型か!」

アルナ「クワトロ大尉、あの新型は私達で抑えます。大尉は残りを!」

クワトロ「了解だ!」

アルナ「こんな所で戦闘を仕掛けるなんて!」

ロザミア「あれが例の新型か?しかしこの私とギャプランならば!」ボシューン

カミーユ「そんな攻撃!」スッ ボビューン

アルナ「カミーユくん気を付けて!地上は市街地だよ!」

ロザミア「場所を気にして戦闘をするバカがいるのかい?どこの能天気だ!」

アルナ「無関係な人を巻き込むのを躊躇わないだなんて!」

ロザミア「どうした!手でも休めてるのか!」

アルナ「くっ…」

カミーユ「アルナさんが狙われてる?させるか!」ボビューン ボビューン

ロザミア「チッ!」

ハロ「アルナイマダ!」

アルナ「え?そこなの?」ボビューン

ロザミア「なにっ!?」バキーン!!

アルナ「当たった!?」

ロザミア「な、なんだ…動きを予知されたのか?調子に乗りすぎたか。スードリに合流する」

スードリ「あなたの為に急いで来たの!」ゴゴゴゴッ

アルナ「スードリ!?」

ロザミア「思ったより早い合流だな。せだが、これで状況は逆転した!」

クワトロ「えぇい!こんな時に!」

スードリ「目標、敵まとめてぜーんぶ!てっー!!」

アクト・ザク達「ぎょえええっ!!」チュドーン

ロザミア「なんだ?何が起きている!こちらは味方だぞ!!」

カミーユ「アルナさん!」

クワトロ「どうやら賭けは君の勝ちのようだ」

アルナ「みたいです!」

カミーユ「後はあのモビルアーマーだけか!」

アルナ「なら!」

アルナの行動
1.ギャプランを撃墜する
2.ギャプランを拿捕する
↓1
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 21:35:09.13 ID:k8LJhmoPo
2
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 22:37:08.95 ID:WOhJo3SdO
2
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 15:40:27.76 ID:i7dngzC1o
力はあんまないけど思いは結構ある主人公
力は他の人が担当することでガンダム世界において共通する平和に必要な「思いだけでも力だけでも」成分を満たせる
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/27(火) 22:18:29.34 ID:uGGst27Po
アルナ「あの機体を拿捕する!」ガギィン ガシッ

ロザミア「なにっ!?こうなれば!」

カミーユ「無駄な抵抗はやめろ。でないとコクピットを撃つ!」

ロザミア「…くっ」

クワトロ「このままモビルアーマーをアウドムラに運ぶぞ」

ーアウドムラー

ロザミア「私をどうするつもりだ」

クワトロ「君は捕虜として扱う」

ロザミア「エゥーゴはあなた達は宇宙を落とすのだろう!」

ハヤト「宇宙を落とす?どういう意味だ」

クワトロ「コロニー落としの事だろうな」

ロザミア「エゥーゴはコロニーを落とすのだろう!コロニーを落としてたくさんの人を殺す!」

アルナ「エゥーゴはそんな事はしないよ」

ロザミア「嘘を言うな!エゥーゴは宇宙を…うぅぅぅ!!」

アルナ「ど、どうしたの…えっ?」シュンシュン

アルナ(なに、この感覚は…あの人から恐れや悲しみが伝わってくる…)

カミーユ「これは…アルナさん?」

アルナ「……」

エマ「医療班を呼んでくるわ!」

アルナ「え?わ、私も手伝う!」

ー医務室前ー

エマ「今は落ち着いて眠りについたわ」

アルナ「急にどうしたんだろう」

クワトロ「強化人間だな」

アルナ「強化人間?」

クワトロ「薬物による精神操作や手術などで無理矢理ニュータイプと同様の能力を持たせた人間の事だ」

アルナ「そんな酷い事を…」

クワトロ「彼女のような人間を増やさない為にも我々はティターンズを倒し連邦を正さねばならない」

アルナ「はい。私や彼女のような人間を出さない為にも…」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/27(火) 22:19:48.32 ID:uGGst27Po
ーリフレッシュルームー

エマ「それにしてもスードリが味方に付くとはね」

カミーユ「アルナさんの意見が正しかったですね。もしかしてこうなる事が分かっていたんですか?」

エマ「まるでニュータイプね」

アルナ「まさか偶然だよ」

カミーユ「けど、さっき…」

ガヤガヤ ザワザワ

アルナ「急に騒がしくなったね」

カミーユ「どうしたんでしょう」

エマ「行ってみましょうか」

ーアウドムラ コクピットー

アルナ「輸送機がアウドムラに向かって来ているって本当なんですか?」

ハヤト「そうだ。パイロットは誰だと思う?」

アルナ「んー、分からないです」

ハヤト「アムロ・レイさ」

カミーユ「アムロ・レイって、あの一年戦争でガンダムのパイロットだった?」

ハヤト「そうだ」

アルナ「凄い!そんな人がカラバに合流するんだ!」

エマ「アムロ・レイ。本当にあの時の青年だったのか確認できるのね」

アルナ「どんな人なんだろう。早く会ってみたいな」

カミーユ「僕もです」

ハヤト「なぁに、すぐに会えるさ。ヒッコリーまでの辛抱だ」

アムロ達の乗る輸送機と合流したアウドムラとスードリは
ヒッコリーからの案内人であるベルトーチカ・イルマとも合流し、ヒッコリー基地へと向かう
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/27(火) 22:21:08.48 ID:uGGst27Po
ーヒッコリー基地ー

アムロ「……」

アルナ「あの人がアムロ・レイ…」

アムロ「ん?君は…」

アルナ「は、はい!わ、私はエゥーゴのアルナ・ソート少尉でありましゅ!」

エマ「落ち着きなさい。同じくエマ・シーン中尉であります」

アルナ「う、うん」

アムロ「有名人に出会った訳じゃないんだ。肩肘を張らなくていい」

アルナ「そんな!一年戦争の英雄アムロ・レイと言えば、軍でその名を知らない人はいませんよ!」

アムロ「よしてくれ。君が思うほど俺は大層な人間なんかじゃない」

アルナ「お世辞じゃないのに…」

エマ「あの、以前お会いしたのを覚えておいでですか?」

アムロ「…ああ、思い出したよ。確か自動車のトラブルに遭った旅行者か」

エマ「そうです。私はエゥーゴに参加してからあの時の青年がアムロ大尉と感じるようになったんです」

アムロ「それはどうして?」

エマ「アーガマの空気です。あの空気感こそが大尉が求めているものじゃないかって」

アムロ「憶測で物を言うのは感心しないな」

クワトロ「いや、私もエマ中尉の意見は正しい物の見方だと感じる。アムロ・レイ。君はこんな所で燻っている人ではないはずだ」

アムロ「貴様に何が分かるシャア!」

アルナ「シャア?えっ?」

アムロ「知らなかったのか?このクワトロ・バジーナと名乗る男はシャア・アズナブルなのさ」

アルナ「えっ!えぇえええええええっ!?」

クワトロ「……」

エマ「薄々は感じていたけれど…」

クワトロ「私の事はいい」

カミーユ「よくありませんよ」

クワトロ「カミーユ!」

カミーユ「自分の事は棚に上げておいて人には戦えですか?それって勝手が過ぎると思いませんか?」

クワトロ「今はアムロの話をしている」

アムロ「そうやって逃げるのかシャア!」

アルナ「ど、どうしよう…」

アルナの行動
1.クワトロを擁護する(宇宙ルート)
2.アムロを擁護する(地上ルート)
↓1
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 22:23:20.30 ID:7qfdfKy9o
2
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 22:23:29.85 ID:6vcZUQ3Q0
2で
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 22:34:43.32 ID:4PZI3HkDO
片方のルートでしか手に入らない機体があああ(スパロボ脳)
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 18:43:50.15 ID:9ZLfmM2xo
アムロも情けないかもしれないけどクワトロ大尉はねえ
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 20:21:40.44 ID:mPhLNrpho
アルナ「待って下さいクワトロ大尉。アムロ大尉はまだ復帰したばかりなんですよ。それなのにいきなり宇宙へ行けだなんてあんまりです!」

アムロ「アルナ少尉?」

クワトロ「しかし彼の能力は君達も知っての通りだ。その才能を生かさずにいる事は、連邦やティターンズに手を貸していると同じ事だ」

アルナ「アムロ大尉は道具じゃないんですよ!過去に何があったかは知りません。だとしても、少しは思いやりがあってもいいじゃないですか!」

カミーユ「そうです!クワトロ大尉は自分の素性を隠したままなのに卑怯だ!」

クワトロ「綺麗事だけで戦争には勝てんのだ」

アルナ「感情を殺して機械のように戦うくらいなら、私は弱くても人らしくありたい。誰かの為に戦える自分でいたいです!」

クワトロ「くっ…」

ハヤト「クワトロ大尉。あなたの負けです」

クワトロ「ハヤト館長」

ハヤト「ここは待ちましょう。アムロだってその気があるから参加してくれたんだろ?」

アムロ「…まだ分からない。だけど今の自分が出来る事はやるつもりだ」

ハヤト「それでいいんだ」

クワトロ「…分かった。今はアムロ君が復帰してくれた事を喜ぶとしよう」

アムロ「……」

アルナ「その、済みません。私みたいなのが偉そうな事を言ってしまって。罰は受けます」

クワトロ「いや、私も急ぎすぎたようだ。気を付けよう」

アルナ「は、はい…」

ベルトーチカ「話は終わったかしら?」

ハヤト「ああ。すまんね」

ベルトーチカ「シャトルの準備は完了しています。いつでも打ち上げられますよ」

クワトロ「了解した。少尉達もガンダム搬入の準備をしてくれ」

アルナ「私は、地上に残りたいです。勝手な事とは分かっています。でも今はカラバの手助けをしたいんです」

エマ「仕方ないわね。だったら私も残ってあげる」

ハヤト「どうします?」

クワトロ「…分かった許可しよう。ハヤト館長、すまないが頼めるか?」

ハヤト「はい」

カミーユ「だったら僕も」

クワトロ「カミーユは駄目だ」

カミーユ「何故です!」

クワトロ「最新鋭機のZガンダムを2機も地上に残す訳にはいかん」

カミーユ「…了解です」

ハヤト「捕虜はこちらで引き受けます」

クワトロ「お願いする」

アルナ「宇宙に戻っても頑張ってね」

カミーユ「はい。アルナさんとエマさんもお気をつけて」

エマ「ええ」

クワトロ「アムロ。私はいつでも君を待っている」

アムロ「期待はしないでいてくれ」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 20:22:22.14 ID:mPhLNrpho
ーシャトル打ち上げ後ー

ハヤト「しかし本当に良かったのかい?」

アルナ「自分で決めた事ですから」

エマ「アルナだけじゃ不安ですし」

アルナ「酷い!」

アムロ「ははっ、しかしシャアを相手に啖呵を切るとは度胸があるな」

ベルトーチカ「なかなか良かったわよ」

アルナ「そ、それは…クワトロ大尉の言い分が一方的過ぎると思いまして…」

エマ「元はと言えば私の責任でもあります。済みません」

アムロ「気にしなくていい。むしろ少尉が言ってくれたおかげで、俺も少しだけ力を貰えた気がする。2人とも改めてよろしく頼むよ」

アルナ「任せてください!」

エマ「はい」

カラバ兵「さっさと歩け!」

ジェリド「話を聞いてくれ!」

エマ「ジェリド?」

ジェリド「頼む!」

アムロ「彼は?」

アルナ「ティターンズのジェリド・メサ中尉です」

アムロ「ティターンズ?ジャブローの捕虜か」

ハヤト「どうした?」

カラバ兵「この男が自分もアウドムラに乗せろとうるさくて」

ジェリド「アンタ達も俺をアウドムラに乗せるように頼んでくれないか」

アルナ「理由を聞いてもいいですか?」

ジェリド「アンタ達の戦いを間近で見させて欲しい。それでどうするかを考えたい」

エマ「そう言ってまた脱走を企てているんじゃないでしょうね」

ジェリド「そんなんじゃない!虫のいい話とは思うがこの通りだ!頼む!」

ハヤト「そうだな。彼の命はアルナ少尉が救ったんだ。処遇は君に一存する」

アルナ「では…」

ジェリドを連れてくか?
1.連れていく
2.連れていかない
↓1
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 20:24:20.80 ID:9ZLfmM2xo
1
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 20:42:56.47 ID:rrRiQ1LoO
1
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 20:56:37.27 ID:Mn7LN4qM0
あれ?マウアーどうなったんだろ?
ジェリドと一緒で後々こっちの味方になる(可能性がある)ならおいしいし、
そしたら既に主力扱いのカミーユは仕方ないにしろ未成年かつ元々が非戦闘員民間人のカツやファを、
無理に起用する必要無くなるんよな
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:02:56.23 ID:hNWVoBQm0
ちょっと待てよ、これカミーユが今宇宙行ったらフォウと会わないのでは?
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:05:05.15 ID:PqtTF7LVo
酷いこと言っちゃうとカミーユはフォウと会わない方が幸せかもしれないね…
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/28(水) 21:14:09.39 ID:EoRhTM4DO
その代わりシロッコに勝つ可能性も減るんだよね
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:16:36.95 ID:xK7nlBbMO
>>138
TV版はこのタイミングでカミーユは宇宙に上がってるし寧ろ原作通りよ
後でまた地上に降りるのでそこでフォウと再会してる
劇場版はカミーユがブースターに乗る手助けをしてるトコをティターンズの士官に頭撃たれて死亡したと思われる
(というか、それ以後はスイカバーアタックの時にしか来ないしあれに来てくれたの死人ばっかだから)
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:17:10.03 ID:9ZLfmM2xo
劇場版では会ったことないロザミィですら力貸してくれるんだ
幽霊さん達は目立てる場面になったら誰にでも力貸してくれるよ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 21:42:02.88 ID:mPhLNrpho
アルナ「ジェリド中尉がそこまで言うなら。一緒に行きましょう」

ジェリド「すまない」

エマ「今度脱走したらタダでは済まさないわよ」

ジェリド「分かっている」

アムロ「これからどう動くつもりだ?」

ハヤト「スードリは捕虜を乗せてカラバの拠点に向かわせる。アウドムラはホンコンのルオ商会で補給物資を受け取った後、ティターンズの拠点があるニューギニア基地を攻撃する」

アムロ「そうか」

ハヤト「アムロにも働いて貰うぞ」

アムロ「分かっているさ」

アウドムラはスードリと別れるとホンコンへ向けて進路を取る

ー日本近海ー

アルナ「あの国が日本かぁ」

ハヤト「俺やアムロの生まれた国だな」

アルナ「ハヤト館長は分かりすけど、アムロ大尉もですか?」

アムロ「そうさ。日本には一年戦争の時に寄った以来か」

アルナ「そうだったんですか」

カラバ兵「館長!日本からアウドムラに向けて通信が来ています」

ハヤト「なに?通信回線をを開け」

カラバ兵「はい」

ハヤト「こちらはアウドムラのハヤト・コバヤシだ。そちらの所属を聞きたい」

『俺はムラサメ研究所の…ゼロと言う者だ。そちらはエゥーゴか?』

ハヤト「エゥーゴではないが協力組織のカラバだ。ムラサメ研究所が我々に何の用だ?」

ゼロ『俺は今からムラサメ研究所を制圧する。もし協力してくれるならば、研究所のデータを提供する事を約束する』

ハヤト「制圧だと?その理由は?」

ゼロ『これ以上俺のような者を出さない為に。そしてまだここに囚われている俺のような存在を助け出したい。理由はそれだけだ。回答を聞かせてくれ』

ハヤト「ふむ…」

ハヤト「君達はどう思う?」

アムロ「罠の可能性はあるか?」

ハヤト「なんとも言えんな」

アルナ「……」

ハヤト「アルナ少尉はどうだ?彼に協力するべきか拒否してホンコンに向かうべきか。意見を聞きたい」

アルナ「そう、ですね。私だったら…」

アルナの行動
1.協力する
2.協力しない
↓1
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:43:21.53 ID:hNWVoBQm0
1で
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:52:57.20 ID:Mn7LN4qM0
スゲーな続々超展開で仲間増えまくりやんけ
今はゼロ何乗ってんだろ?サイコミュ積んだプロトタイプガンダムMarkUかな?
カタログスペックだけは怪物級だけど装甲がガンダリウムγどころかルナチタニウム合金ですら無いから、
この頃だと紙装甲過ぎるんよな… ムーバブル・フレームも無い筈だし
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 22:29:45.02 ID:mPhLNrpho
アルナ「行きましょう。助けを求めているならば手を差し伸るべきです」

ジェリド「……」

ハヤト「分かった。君の協力に応えよう」

ゼロ『すまない。座標はそちらに送る。そこで合流しよう』

ハヤト「了解した。アウドムラは日本へ向けて進路を変更する」

ー日本ー

アルナ「あなたがゼロさんですか」

ゼロ「ああ。俺の事はゼロ・ムラサメとでも呼んでくれ。先ずは申し出を受けてくれて感謝する。協力の証に俺とこの機体をそちらの指揮下へ預ける」

アルナ「この機体は…」

ゼロ・ムラサメの機体は?
コンマ00 ウイングガンダムゼロ(TV版)
コンマ05 サイバスター
それ以外 ガンダムMk-U試作0号機
↓1
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 22:30:52.12 ID:9ZLfmM2xo
世界観をぶち壊すチャンスがいつもある
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/28(水) 22:39:27.24 ID:EoRhTM4DO
イデオン来ないかなー
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 23:05:03.78 ID:dRy6eh8DO
やばい魔装機神ルート見てみたい…
150 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2022/09/29(木) 02:38:09.09 ID:dC+9jhan0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 07:42:30.32 ID:FeZuHdVAO
そういや超展開ばっかで忘れてたがまだホンコンすら行ってないんだったわ、しかも
@カミーユはもう宇宙に上がった(フォウと出会ってない)
Aそもそもムラサメ研究所がゼロの攻撃で壊滅
Bスードリの追撃部隊はとっくに無い(ロザミアも捕虜→保護 ブラン少佐?シラネ)

これだとホンコンのルオ商会のシャトルでカラバ組以外は何事もなく宇宙上がりそう
ティターンズニューギニア基地のモブ達がちょっかい出してくるかもしれんけど
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 17:32:43.23 ID:eH/3ivigO
まあ、ぶっちゃけ地球極上主義をなんとかしないかぎりは、シャアもハサウェイも地球に歯向かう未来は変えられんだろうな
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 19:02:04.81 ID:a9h/7WPTo
アルナ「この機体は…」

エマ「ガンダムMk-Uに似ているわね」

ゼロ「この機体はガンダムMk-U試作0号機だ。使い手がいないという事でこちらに回ってきた」

エマ「初耳だわ」

アムロ「ムラサメ研究所はどう制圧するつもりなんだ?」

ゼロ「警備のモビルスーツ隊さえ片付ければ施設内は研究員が中心だ。制圧は容易だろう。しかしあの研究所にはサイコガンダムが配備されている。そのマシンを無力化しないといけないんだが…」

エマ「何か問題でも?」

ゼロ「サイコガンダムのパイロットは俺と同じ強化人間がパイロットをしている。出来れば殺したくはないが、その機体は強力な兵器だ。無力化は容易ではないだろう」

アルナ「ゼロさんはその人を助けたいんですよね?だったら私もサイコガンダムのパイロットを救う手助けをしたいです」

アムロ「……」

ゼロ「すまない」

ハヤト「よし、ムラサメ研究所の攻撃は1時間に行う。総員第二種戦闘配備で待機だ」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 19:02:36.15 ID:a9h/7WPTo
ームラサメ研究所ー

ブーン! ブーン!

ハイザック隊「ヒャッハー!!」ドシューン

アルナ「来た!」

ゼロ「サイコガンダムは出ていないのか?」

エマ「このまま制圧できればいいのだけど」

アムロ「……」

アルナ「アムロ大尉、大丈夫ですか?」

アムロ「問題ない。このリック・ディアスは良い機体だな」

アルナ「エゥーゴの主力機ですから」

エマ「来るわよ!」

ゼロ「邪魔をするな!」ドギュウウウ!!

ハイザック隊「ぎゃひーー!!」チュドーン

アルナ「あれがビームライフルの威力なの!?」

エマ「誇張抜きで戦艦の主砲並みね」

アムロ「ティターンズはあんな物を開発していたのか…」

ゼロ「防衛網に穴が出来た。このまま突破する!」

アルナ「はい!」

アムロ「ん?これは!各機バラけろ!」キュピーン!!

ズギュイイイイン!!

アルナ「ひゃあ!」

エマ「くっ…!!」

ゼロ「拡散ビームだと!?まさか!!」

サイコガンダム「もう泣かないで」

アルナ「あれが、サイコガンダムっ!?」

エマ「なんて大きさなの!」

アムロ「あの機体から発せられる感覚は…危険だ」

アッシマー部隊「散弾ある?」ヒューン

アルナ「囲まれた!?」

ゼロ「こちらを誘き寄せる為の罠だったのか!」

フォウ「大人しく投降しろエゥーゴ!さもなければここで全員死ぬ事になる」

ゼロ「フォウか!止せ!」

フォウ「お前は…脱走したプロト・ゼロか!よくもおめおめと帰ってこれた!」

ゼロ「脱走したんじゃない!みんなを助けに戻ってきたんだ!」

フォウ「お前が脱走したせいで私たちがどんな仕打ちを受けたか分かるか!」

ゼロ「それはすまないと思っている。しかし!」

フォウ「黙れ!投降しないと言うのならここでまとめて消えてしまえ!!」

ネクティス部隊「どうも」ヒューン

ゼロ「フォウ!」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.ゼロとサイコガンダムを止める
2.エマと周辺の部隊を迎撃する
↓1
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 19:06:38.84 ID:puTuv3PY0
2で
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 20:21:40.81 ID:a9h/7WPTo
アルナ「私はエマと周りの部隊の相手をします!ゼロさんは説得に専念して下さい!」

ゼロ「分かった」

アムロ「ならばゼロ君の護衛は俺が務めよう」

アルナ「お願いします!」

エマ「行くわよアルナ」

アルナ「了解!」

アッシマー「オラアアア!!」ボビュウ

ハロ「アルナミギダ!」

アルナ「分かった!」スッ

エマ「そこ!」ボビューン

アッシマー「ぐおおっ!?」チュドーン

アルナ「ごめんなさい!」ボビューン

アッシマー「だ、脱出する!!」チュドーン

ネクティス「……」ドシューン

アルナ「撤退した?」

エマ「なんだったのかしら」

フォウ「うあああああっ!!」

アルナ「なにっ?」

ゼロ「フォウ!」

アルナ「何がおきたんです!」

ゼロ「説得を試みたんだが、研究所側がサイコガンダムを無理矢理暴走させたんだ!」

アルナ「そんな…」

アムロ「このままだと危険だ!サイコガンダムは落とす!」

アルナ「待って下さい!ゼロさん。サイコガンダムのコクピットはどこです?」

ゼロ「頭部がコクピットだ。サイコミュのシステムもそこに集中している」

アルナ「分かりました」

アムロ「何ををするつもりだ!」

アルナ「頭部のシステムだけを破壊します」

アムロ「無茶だ!」

アルナ「やってみなければ分かりません!ハロ、サポートをお願い」

ハロ「ハロ!モクヒョウヲネライウテ!モクヒョウヲネライウテ!」

アルナ「撃ちます!」

アルナの狙撃はどうなったか?
コンマ40以上で成功
コンマ40未満でフォウ重傷
コンマ20未満でフォウ死亡
↓1
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 20:22:47.66 ID:LAdrhp4ko
ロックオンのハロまでインストールしてるー
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 20:28:34.82 ID:BASnh01+0
凄い、成功の上に66ぞろ目
楚漢戦争で劉邦の代わりがこの娘だったら項羽すら仲間にして天下獲ったかも
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 23:03:04.05 ID:a9h/7WPTo
アルナ「撃ちます!」ボビューン!!

フォウ「ああああああっ!!」ドーン!!

ゼロ「フォウ!」

サイコガンダム「……」シューン

エマ「止まった?」

ゼロ「確認をする…システムは停止している。彼女は気絶はしているが無事だ」

アルナ「良かった」

アムロ「これは偶然なのか?それとも彼女の想いがそうさせたのか」

ハヤト『モビルスーツ隊聞こえるか!ムラサメ研究所は突入部隊が制圧した』

アムロ「了解だ。ハヤトの奴やるじゃないか」

ームラサメ研究所内ー

カラバ兵「施設内に残っている被検体は全員保護しました」

ハヤト「了解した」

アムロ「モビルスーツも試作機がかなりの数があるな」

ハヤト「使える物は回収してカラバの戦力として使う」

エマ「職員達はどうするのです?」

ゼロ「ここで全員始末する」

職員達「ひぃぃ!?」

アルナ「それは駄目です!」

ゼロ「止めるな!」

アルナ「ここでこの人達を殺せばゼロさんの気は晴れるでしょう。でもそれだけです。それよりこの人達に罪滅ぼしの為に働いて貰った方が建設的です」

ゼロ「…ならば俺達を治療する薬を研究しろ。ここで実験にされた者達全員分のだ!」

アルナ「カラバで保護している強化人間も一人いますので。その人の分も研究して下さい」

ゼロ「もし逆らったり逃げたりしたらその時は…」

ゼロ「お前を殺す」

ゼロ「分かったな!」

職員達「は、はいい!!」

アルナ「サイコガンダムはどうします?」

ハヤト「そうだな。アムロ、お前が使ってみるか?もちろん危険なサイコミュの類は全て取り除いた上でだが」

アムロ「俺がアレをか?」

アルナ「ゼロさんはどうですか?」

ゼロ「アムロ・レイ。お前は純粋なニュータイプだったな。ならば危険なシステムを使う必要性もないだろう。好きにすればいい」

アムロ「少し考えさせてくれないか」

アルナ「分かりました」

ハヤト「よし。データは必要な限り収集しろ!」

その後、ゼロ・ムラサメは正式にカラバのメンバーとなる
サイコガンダムはフルバースト・サイコ・ガンダムとして再生され
アムロの駆るサイコガンダムの力もありニューギニア基地はあっという間に陥落した
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 23:03:27.27 ID:a9h/7WPTo
ーニューホンコンー

ハヤト「ニューギニアのティターンズの基地も叩けた。後はキリマンジャロを落とせば地上のティターンズとのミリタリーバランスは崩れるはずだが」

ゼロ「カラバの戦力は十分整っている。叩けるうちにやっておいた方がいい」

ハヤト「しかし、これ以上エマ中尉とアルナ少尉を連れ回す訳にもいかない。彼女達はエゥーゴなんだからな。エゥーゴにはエゥーゴの仕事がある」

ゼロ「そうか…」

ハヤト「宇宙へ戻るなら手配をする。アーガマが拾ってくれるはずだ」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.宇宙へ戻る
2.地上に残る
↓1
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 23:09:02.21 ID:LAdrhp4ko

アムロinサイコガンダムってすごい動きして怖そう
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/29(木) 23:40:55.44 ID:mk0561gDO
トリコロールサイコか
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 23:50:00.10 ID:BASnh01+o
フルバースト・サイコ・ガンダムとかあるのね、マジで知らんかったわ
見た目的にはカラーリングからも巨大なパーフェクト・ガンダム(プラモ狂四郎版)にしか見えん
Iフィールドバリア、サイコミュ搭載、MA形態(サイコロ型ではなくGファイタータイプ)で高速飛行かつ長航続性、元機体のバ火力維持、アムロ搭乗… これ1機で地上のティターンズ全部殲滅出来るやろマジで…しかもゼロもカラバ入りしたし
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 01:53:27.04 ID:Bpc6N4O90
主人公の勢力凄まじすぎるな…
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 02:00:50.33 ID:O97AwF+Io
まあ戦いは数だよ兄貴!だからね
局地的に戦力凄まじくても全ての戦局左右できるわけでもあるまい
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 18:47:44.46 ID:nokyLOpWo
アルナ「宇宙に戻ります。今の宇宙の状況を知りたいですから」

ハヤト「分かった。シャトルの準備をしよう」

アムロ「アルナ少尉。君のおかげで目が覚めた気がする。礼を言うよ」

アルナ「お礼なんて!私はそんな大それた事なんてしていません」

アムロ「それでもさ」

ゼロ「俺からも礼を言わせてくれ。フォウを助けてくれて感謝している。ありがとう」

アルナ「皆さん良くなるといいですね」

ゼロ「フォウ達は先に保護されたロザミアと一緒に療養している。これからの彼女達は、戦いとは無縁な人生を歩んで欲しいと思っている」

アルナ「それはゼロさんもですよ!ゼロさんもいつか戦争とは関係の無い生活が送れるように、私も宇宙に上がっても頑張りますから!」

ゼロ「そうだな。お互い平和な世界を目指して戦いを終わらせよう」

アルナ「はい!」

ジェリド「アルナ少尉、いいだろうか?」

アルナ「ジェリド中尉?どうしたんですか」

ジェリド「あれから少尉達の戦いを見て思った。俺もアンタのような一本気のある人間になりたい。だからエゥーゴとして共に戦わせて欲しい。頼む!」

アルナ「えっと…」

ハヤト「彼の処遇は君に一任すると言った。思ったままを答えればいい」

アルナ「分かりました。では、ジェリド中尉。私達と一緒に戦って下さい。そして、この戦いを終わらせましょう」

ジェリド「あ、ああ!よろしく頼む!」

エマ「結局、Mk-Uのテストパイロットは全員エゥーゴに寝返ったのね。自分で言うのもなんだけど複雑な気分だわ」

ジェリド「エマも改めてよろしく頼む」

エマ「ええ。宇宙ではカクリコンもいるだろうし。チームも組めるかしらね」

アルナ「みんなどうしてるかな」

カラバと別れを告げたアルナ達は、シャトルで宇宙へと帰還する
ゼロから提供されたデータはアナハイムが解析を始め、新たな兵器開発がスタートする
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 18:48:50.99 ID:nokyLOpWo
ーアーガマー

アルナ「アルナ・ソート少尉、ただいま帰還しました」

エマ「同じくエマ・シーン中尉、帰還しました」

カミーユ「2人共お帰りなさい!無事で良かった」

アルナ「カミーユ君も元気そうで何よりだよ」

レコア「そうでも無いわよ。アルナと別れて宇宙に戻った時は落ち込んでたわ」

カミーユ「レ、レコアさん!それは言わない約束ですよ!」

レコア「ごめんなさいね。でも、無事で本当に良かったわ。お帰りなさい」

アルナ「うん。ただいま」

クワトロ「地上で何かあったようだな。以前より逞しくなったようにも見える」

アルナ「逞しくなったかは分かりませんけど色々はありました」

クワトロ「そうか。地上での経験は少尉を良い方向へと成長させたようだ」

アルナ「そうだといいです」

アルナ「あの、ライラ大尉やカクリコン中尉はいないんですか?」

クワトロ「ライラ大尉達はラーディッシュへ配属されている。ヘンケン艦長はエマ中尉を欲しがっていたようだが、あいにくと中尉は地上に残ってしまったからな」

エマ「そうなんですか?」

クワトロ「その時の艦長の悲しそうな顔は今も忘れられんよ」

アルナ「私、ヘンケン艦長に悪い事をしちゃったのかな」

エマ「いいのよ。そのおかげで助けられた命もあったのだから」

アルナ「うん、そうだよね」

カミーユ「あの、アルナさん。あそこにいるのは…」

ジェリド「……」

アルナ「ジェリド中尉だよ。これから彼もエゥーゴとして一緒に戦ってくれる事になったから、いきなり殴り合いとかしちゃ駄目だよ」

ジェリド「……」

カミーユ「……」スタスタ

ジェリド「…カミーユ」

カミーユ「ジェリド中尉。あなたとの出会いは最低でした。でも、今は自分の大人げなさを恥じています」

ジェリド「俺の方こそ君の名前を馬鹿にして悪かった。あの時の俺は、ティターンズというだけで自分が偉くなっていたと勘違いをしていた」

ジェリド「だが、そんなものはちっぽけなプライドだって事を思い知らされた。いまさら水に流してくれとは言わない。だが、出来ることなら俺に汚名挽回のチャンスを与えてくれないか」

カミーユ「分かりました。これからはエゥーゴの仲間です。共に戦いましょう」

ジェリド「ああ!」

アルナ「よーし!だったらみんなでご飯でも食べよう!親睦を深めるには食事が一番だからね」

レコア「そんなことを言って、単にアルナが食べたいだけでしょ」

アルナ「ち、違うよ!」

クワトロ「……」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 18:50:23.12 ID:nokyLOpWo
ーアーガマ MSハンガーー

アルナ「あれ、こんなモビルスーツなんてあったっけ」

アポリー「これはリック・ディアスUって機体だ。先行試作機を俺とロベルト用にって手配してくれたんだ」

アルナ「今までのディアスより強そう見えます」

アポリー「だろ?まあ期待しててくれよ。クワトロ大尉の百式も改良されてるんだぜ」

アルナ「そうなんですか?私が地上にいる間にもエゥーゴも戦力が上がっているんですね」

アポリー「ラーディッシュにもガンダムMk-Vってのが配備された。機会がある時にでも見学してみな」

アルナ「はい」

ファ「パイロットのみなさんお弁当を配りますので取りに来てください」

アルナ「あの子は?」

アポリー「カミーユの幼馴染みのファ・ユイリィって子だ。両親が人質に取られているらしくてな。戦えなくともエゥーゴに協力したいって事でアーガマで働いてもらっているんだ」

アルナ「そうなんですか」

ファ「あっ…」

アルナ「初めまして」

ファ「……」

ファ・ユイリィのアルナへの対応
1.初めまして
2.お・ね・い・さ・ま〜
↓1
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 18:57:20.59 ID:MPb3t0jvo
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 19:12:55.12 ID:EvK+nLsN0
リックディアスUか、リックディアス改くらいの性能あるんかな?
ただ、これだけパイロットが増えるとジェリド達ネームド組には量産型じゃなくワンオフ機体をあげたいところ
リックディアス自体はバランスの良い名機だけどこれからアポロ作戦とかあるし力不足になってくから
(主に可変機構ありの第三世代機のせいで)
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 19:46:16.75 ID:YgTy2SRko
2だったら黒子か?
見てみたかったな
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/30(金) 20:00:20.48 ID:SzEfUlrDO
ティターンズに残っている(はず)なのは、不死身の第4小隊にセンチネルやAOZにクール橘さん達以外だとヤザンにシロッコぐらいか?



あ、バイアランカスタムのパイロットもいるか
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 20:23:36.81 ID:drcJqtTCo
ファ「初めまして。あなたがアルナ少尉ですか?」

アルナ「そうだよ」

ファ「カミーユやレコアさんから聞いています。よろしくお願いします」

アルナ「よろしくね」

ファ「私はまだ仕事がありますので。失礼します」

アルナ「うん。またね」

ロベルト「アルナ!ブライト艦長が呼んでるぞ」

アルナ「あ、はい!」

ーアーガマ ブリッジー

ブライト「地上での任務ご苦労だった。アムロにも会ったらしいな」

アルナ「はい」

ブライト「ハヤトから聞いたより尻を叩いてやったそうだな」

アルナ「し、尻ですか!?そんな事はしていませんよ!」

ブライト「言葉の綾だ。それで本題だが、本日付けでアルナ少尉は中尉に昇進となる。引き続き力を貸してもらいたい」

アルナ「ありがとうございます」

ブライト「現在アーガマとラーディシュは別行動をしている。そこで中尉にはこのままアーガマに残るか、ラーディシュへ出向するかを決めて欲しい」

アルナ「…でしたら」

アルナの行動
1.アーガマに残る
2.ラーディシュへ行く
↓1
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 20:24:53.94 ID:MPb3t0jvo
1
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 21:27:30.19 ID:drcJqtTCo
アルナ「アーガマに残ります」

ブライト「分かった。エマ中尉はラーディシュへ移動となったので中尉が抜けた分は働いてもらうぞ」

アルナ「了解です!」

ーそれから暫くしてー

アルナ「なんですこれ?」

量産型サイコ「やあ」

フランクリン「これは量産型サイコガンダムという機体だ。アルナ君がムサラメ研究所から手に入れたデータを元に開発した」

アルナ「大丈夫なんですか?」

フランクリン「この機体にサイコミュシステムは搭載されてはいないか、試験的にインコムという疑似オールレンジ兵器を搭載してある。試作機1機を預けるので誰かに乗せてやってくれ」

アルナ「分かりました」

クワトロ「このZガンダムに似た機体は?」

ZプラスC1型「どうも」

フランクリン「これはZガンダムの量産機のZプラスだ。カラバと開発していたA1型を空間戦闘用に再設計したのが、このC1型だ」

クワトロ「ほぅ」

フランクリン「C1型も先行機を2機を預ける。戦果を期待しているぞ」

クワトロ「期待に添えるようにしましょう」

フランクリン「では私はカミーユに会ってくる」

アルナ「はい」

クワトロ「新型が届いたのはいいが、パイロットはどうする?」

ジェリド「俺に1機預けてはくれないか」

クワトロ「ジェリド中尉?そうだな保護観察も終わった身だ。いいだろう」

ジェリド「ありがたい」

ジェリドに乗せる機体
1.量産型サイコガンダム
2.ZプラスC1型
↓1
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 21:34:02.47 ID:EvK+nLsN0
ジェリドは一番活躍したのがバイアランだし火力と重装甲より、
機動性俊敏性高い機体の方が合ってるはずの2
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/10/01(土) 06:25:53.97 ID:ZzQ/k30DO
量産型サイコって史実のあの火力お化けか
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 11:06:12.10 ID:y30yPMWZ0
ZZもかなり前倒しで開発されそうな勢いだな。ZU辺りはもう出来ててもおかしくない。
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 12:13:19.20 ID:6FVSf6W/O
戦いは数だよ兄貴と言うし、リ・ガズィとか無理ならジムVとか開発してほしい所ではあるがね
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 12:18:44.34 ID:n6DnxSAbo
ティターンズだって腐ってもちゃんと手練れのエリート集団だし勝てる見込みがないのなら作るかもしれない
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/01(土) 20:30:02.54 ID:RvzOruIbo
クワトロ「ジェリド中尉にはZプラスに乗ってもらう」

ジェリド「了解した」

アルナ「同じZ乗り同士頑張りましょう」

ジェリド「ああ。Z乗りは中尉の方が先任だ。後で練習相手を頼む」

アルナ「分かりました」

クワトロ「アルナ中尉には言っていなかったが私は近いうちに地球に降りる」

アルナ「お仕事ですか?」

クワトロ「連邦議会に出席するブレックス准将の護衛だ」

アルナ「准将の護衛…」

クワトロ「どうした?」

アルナ「いえ。護衛は多い方がいいと思いまして」

クワトロ「同行するのか?」

アルナ「い、いえ!私なんかじゃお役に立てませんよ。私よりずっと強い人が知り合いにいますから、その人にお願いしようかと」

クワトロ「ほぅ」

アルナ「カラバのゼロ・ムラサメって人なんですけど、その人が付いてくれたら安心かも」

クワトロ「君が言うならば信用はあるか。分かった、その人物に連絡を取ってくれるか?」

アルナ「分かりました!」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/01(土) 20:30:37.65 ID:RvzOruIbo
ーそれから数日後ー

ブライト「ティターンズの協力者からの情報だ。ティターンズがフォン・ブラウン市に攻撃を仕掛けるらしい」

アルナ「ティターンズに協力者がいるんですか?」

レコア「ジャブローから脱出した兵士の一部がスパイとしてティターンズへ戻っているのよ」

アルナ「そうなの?」

レコア「そのおかげで活動が随分と楽になっているわ」

アルナ「危険じゃないのかな」

レコア「その人も承知の上で命を懸けているのよ」

アルナ「…そうだよね。その人の為にも頑張ろう」

カミーユ「僕達はどう動くんです?」

ブライト「ゼーター部隊でティターンズの艦隊に陽動を仕掛ける。その間にエゥーゴの艦隊でフォン・ブラウン市の防衛を固める。危険な任務だがやってくれるな?」

ジェリド「当然だ。その為に俺はエゥーゴに入ったんだ」

アルナ「はい!でも、Z部隊って私とカミーユ君とジェリド中尉。あと一人は誰です?」

レコア「私よ」

アルナ「レコアなの!?」

レコア「私もパイロットの訓練は受けているのよ。やってみせるわ」

アルナ「分かった。危ないと思ったら後ろに下がっていいからね」

レコア「大丈夫よ。でもありがとね」

ブライト「今回の作戦はクワトロ大尉は地球へ降りる為に参加はできない。そこで臨時の指揮官を選ぶ」

アルナ「アポリー中尉が適任では?」

アポリー「Z部隊が先発なんだ。指揮官はZ乗りの方がいい」

カミーユ「僕はアルナさんが適任だと思います」

アルナ「えぇっ!?」

レコア「私も賛成するわ」

アルナ「…ジェリド中尉は?」

ジェリド「俺は新参者なんだ。それにお前さんなら皆従うんだろ?だったらその方がいい」

ブライト「決まりだな。アルナ中尉は次の作戦でMS隊の隊長に任命する」

アルナ「分かりました。未熟とは思いますけどよろしくお願いします」

ブライト「作戦決行は5日後だ。各員それまでに準備をやっておけ」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/01(土) 20:31:29.08 ID:RvzOruIbo
ー作戦当日ー

ブライト「ゼーター部隊、発進用意!」

カミーユ「カミーユ・ビダン発進します!」ドシューン

ジェリド「ここで汚名挽回をさせてもらう。ジェリド・メサ、Zプラス出るぞ!」ドシューン

レコア「先に行くわよ。レコア・ロンド、Zプラス出ます!」ドシューン

アルナ「よし。アルナ・ソート、Zガンダム行きます!!」ドシューン

ー月面ー

アルナ「私達の任務はあくまで陽動。無理に敵の数を減らそうだなんて考えちゃ駄目だよ」

カミーユ「了解です」

ジェリド「分かっているさ。しかし囮だという事を悟られない為には、こちらも本気だという所を見せなきゃならんだろう」

アルナ「確かにそうかも。ジェリド中尉の意見を採用します」

レコア「そろそろ接敵する頃合いね」

カミーユ「あれか?」

アレキサンドリア「後半へ続く」ゴゴゴゴッ

アルナ「アレキサンドリア1隻?情報ではドゴス・ギアって船もいるはずなんだけど、後方で待機してるの?」

カミーユ「どうします?僕達はアルナさんの指示に従います」

アルナ「じゃあ…」

アルナの行動
1.アレキサンドリアと戦う
2.フォン・ブラウンへ戻る
↓1
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 20:34:01.50 ID:sKHbWu4No
連邦の夢Zガンダム量産
2
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 20:53:00.58 ID:XgoiG5Jg0
これ実際の戦場で似たような用兵であったら判断難しいよね
アレキサンドリアは陽動だって判断して無視したら実は本命で大被害に遭う可能性だってあるし
まぁ原作だとジャマイカンが無能で好戦的なのを利用してシロッコがフォン・ブラウン制圧する訳だけど
186 :!random [sage]:2022/10/02(日) 19:51:00.62 ID:+niMzHgAo
はやりに乗って水星いくか
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/02(日) 20:09:38.11 ID:XNK/8hiWo
アルナ「嫌な予感がする。フォン・ブラウンへ戻ろう。アレキサンドリアから部隊が展開する前に離脱する!」

カミーユ「了解」

ーフォン・ブラウン 防衛ラインの外れー

ドゴス・ギア「ブロリー心の俳句」ゴゴゴゴッ

アルナ「あれは!」

レコア「アルナの感が当たったわね」

カミーユ「どうしてこんな所に!」

ジェリド「こちらに情報を流していたのがバレたんだろう」

アルナ「じゃあその人は…」

レコア「消された可能は高いわね」

アルナ「くっ…」

ドゴス・ギア隊「ヒャッハー!!」

カブスレイ部隊「初めまして」

ジェリド「モビルスーツ隊のお出ましだ!」

レコア「見慣れない機体が出てきたわね」

ジェリド「新型だろうとなんだろうが敵は落とすだけだ!」ボビューン!

カミーユ「援護します!」ボビューン!

ドゴス・ギア隊「ぎょえええっ!!」チュドーン

レコア「やるわね。私も負けていられないわ!」ボビューン

サラ「…くっ!!」スッ

レコア「避けた!」

サラ「あれを落とせば!」スッ

アルナ「レコア!」ボビューン ボビューン

サラ「ああああっ!損傷が…撤退します!」ドシューン

シドレ「サラ曹長、撤退したのか!?」

マウアー「構うな。我々の任務はドゴス・ギアをフォン・ブラウンへ上陸させる事だ」

シドレ「は、はい!」

ハイザック隊「うおおおおっ!!」

アルナ「まだ出てくるの!?」

カブスレイ兵「このガブスレイでガンダムを落としてやる!」ボシューン!

ジェリド「やるな!だがこちらもZタイプだ!後れは取らせん!」

レコア「このままだと数で押されるわ!」

アルナ「だけどこのまま下がったら一気に突破される!こっちは手薄なのに」

カミーユ「無理を承知でドゴス・ギアを狙いますか?」

アルナ「ドゴス・ギアか…」

アルナの行動
1.ドゴス・ギアを狙う
2.占領されるのを覚悟でフォン・ブラウンまで下がる
↓1
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:11:49.39 ID:H2ahwUr1o
2
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:28:16.98 ID:sWgHN+A00
マウアーはティターンズのままか、ジャブロー自爆の混乱でジェリドと会ってなかったんだな

幾らZガンダムと派生型のZプラスがが4機もいるとはいえ、
ドゴス・ギアはMSを48機搭載出来る巨艦だから突撃するのは無謀か
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/02(日) 20:38:02.84 ID:XNK/8hiWo
アルナ「占領されるのを覚悟で本体と合流しよう」

カミーユ「分かりました」

ーフォン・ブラウン上空ー

アルナ「ブライト艦長すみません!ドゴス・ギアを抑え切れませんでした」

ブライト「いや、よく持ちこたえた。こちらも総力戦だ。モビルスーツ隊はドゴス・ギアに火力を集中させろ!」

アポリー「くらえっ!」

ロベルト「当たれよ!」

ライラ「火力を集中させるよ!」

カクリコン「了解!」

エマ「ええ!」

シロッコ「いくら火力を集中させようと、このドゴス・ギアは止められはせん。艦長、こちらも砲撃開始だ」

艦長「メガ粒子砲撃て!」

ドシュドシュドシューン!!

カクリコン「しまった!」

ジェリド「カクリコン!」ガシッ

カクリコン「ジェリドか!すまん!」

ジェリド「いいって事よ」

エマ「ジェリド、カクリコン。フォーメーションを立て直すわよ」

カクリコン「おう!」

ジェリド「まかせろ!」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.このまま砲撃をする
2.一度アーガマへ戻る
↓1
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:41:32.17 ID:qy6RPjzFo
2
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:42:22.25 ID:sWgHN+A00
メガ・ビーム・ランチャーあるかな?それだったら2に賭ける
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/02(日) 22:46:15.20 ID:XNK/8hiWo
アルナ「ごめん一度アーガマに戻る」

カミーユ「アルナさん?分かりました」

レコア「何か考えがあるのね」

アルナ「うん。だから少しだけお願い」

レコア「分かったわ。行って来なさい」

ーアーガマー

アルナ「アストナージさん、量産型サイコ残ってます?」

アストナージ「ああ。誰も乗ってないから空いているぞ」

アルナ「ちょっと借ります!」

アストナージ「分かった。頼むぞ!」

アルナ「はい!」

ーフォン・ブラウン上空ー

アルナ「今から一斉に砲撃をします。各機は射線上から退避してください!」

ロベルト「量産型サイコガンダムか!」

レコア「あれを使うのね」

アポリー「聞いたな!全機散開しろ!アルナの攻撃に当たるよ!」

アルナ「いっけええええっ!!」

ドシュウウウウウウウウン!!

マウアー「なんだこれはっ!?」

シドレ「少尉!」

ガブスレイ兵「馬鹿なあああっ!!」チュドーン

マウアー「くっ…損傷が大きい!撤退する!」ドーン!

シドレ「マウアー少尉!て、撤退します!」

ドゴス・ギア艦長「なに?エンジンブロックに命中しただと!このままでは航行が困難になります」

シロッコ「あの機体、やってくれたな。まあいい撤退信号を出せ。この空域から離脱する」

ドゴス・ギア「……」ゴゴゴゴッ

アルナ「撤退していく…はっ!」

アルナ「いま、誰かに見られたような気がする…気のせい?」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「え?」

カミーユ「どうかしましたか?」

アルナ「ううん。何でもないよ」

ブライト「アレキサンドリアも撤退を開始した。皆ご苦労だった」

レコア「戻りましょう」

アルナ「うん」

ーアーガマー

ブライト「フォン・ブラウンの占拠は免れた。しかし、再び攻撃を仕掛けて来る可能性がある」

ブライト「アーガマは暫くフォン・ブラウン周辺を警戒する。ラーディッシュはここを離れ、ティターンズの動きを探ってもらう。アルナ中尉はどうする?」

アルナ「でしたら」

アルナの行動
1.アーガマに残る
2.ラーディッシュに移動する
↓1
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 22:47:43.81 ID:RxLkU9Ey0
1で
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 22:52:05.64 ID:H2ahwUr1o
戦隊もので巨大戦に移行するかのようなノリで使われる量産型サイコ
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/03(月) 00:01:31.28 ID:WbfGYqs0o
アルナ「アーガマに残ります」

ブライト「分かった、暫くは待機になる。フォン・ブラウン市に降りる事も許可しよう」

アルナ「了解です」

ーフォン・ブラウン市ー

アルナ「これから何をしようか」

アルナの行動
1.ショッピング
2.食事
3.お宝探し
↓1
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 00:02:02.38 ID:RPOs38C0o
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/03(月) 01:37:52.30 ID:WbfGYqs0o
アルナ「買い物でもしよう」

ーお店ー

店員「いらっしゃい!」

アルナ「何にしようかな」

店員「こんなのあるよ!」

アルナ「んー、じゃあ…」

アルナが買ったもの
コンマ00 ツインバスターライフル
コンマ03 参式斬艦刀
コンマ06 GNシールドビット
コンマ96 相転移エンジン
それ以外 テム・レイの回路
↓1
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 01:40:27.92 ID:0mc+28XYo
きつい
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 01:46:28.65 ID:I5rLEIz30
何の店だよ
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 04:48:32.53 ID:8O5Go3sDO
ショッピング(武器屋)
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 07:46:00.49 ID:XVhiGm58O
何のギャルゲか忘れたけどデートでアキバにあるようなジャンク屋に連れてくと、
大喜びしてパーツ漁ってたヒロイン候補がいたなあ
アルナもファッションやコスメにあんま興味無いタイプなのかも
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 09:49:37.29 ID:s+gGz64YO
>>202
多分初代ときメモかな
アルナは自分でMSの整備とか設計とかできるのかな?
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/03(月) 20:43:06.66 ID:LrBmUo+Ao
アルナ「これはなんですか?」

店長「これは使い道が分からんジャンク品なんだよ。欲しいならタダであげるよ」

アルナ「本当ですか?お願いします」

店長「まいど!」

〜テム・レイの回路を手に入れた〜

数日後

ーアーガマー

アルナ「えぇっ!コロニーが月に向かって移動しているんですか!?」

ブライト「哨戒中のラーディッシュからの連絡だ。ティターンズはコロニーを月面都市のどこかに落とそうとしている」

ジェリド「フォン・ブラウンの占拠に失敗した途端にこれか」

アポリー「ラーディッシュは止められないんですか?」

ブライト「護衛のティターンズ艦隊に阻まれて手が出せない状況だ。そこでアーガマを始め、動ける艦隊でコロニー落としを阻止する。モビルスーツ隊はいつでも出撃できるようにしておけ」

モビルスーツ隊「了解!」

コロニー付近

ーアーガマMSハンガーー

カツ「お願いします!」

アストナージ「だから俺の一存じゃ決められないんだよ」

アルナ「どうしたんですか?」

アストナージ「アルナか!いい所に来た。カツが自分もコロニー阻止を手伝いたいって言い出して困ってたんだよ」

アルナ「カツ君が?」

カツ「アルナさんもお願いします!僕だって今日まで訓練をしてきたんです!」

アストナージ「今はアルナがMS隊の隊長だ。カツを同行させるかの判断は任せる」

アルナ「うーん」

アルナの行動
1.カツを出撃させる
2.カツは待機
↓1
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 20:43:54.93 ID:jtVkQx6I0
1
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 21:15:52.39 ID:r6fObwl90
ロベルト生存、レコア行方不明後にティターンズ寝返り無しでエゥーゴのまま、ジェリド・カクリコン・ライラがエゥーゴ入り
ぶっちゃけ本編と違い15歳のカツまで戦力にする必要性無いんだけど、
どうせDQNバカのカツは勝手に無断出撃するからそれだったら始めからアルナに御させた方がいいのかもね
それにカツもアルナの言う事だけは比較的素直に聞きそうだし
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/03(月) 22:30:41.71 ID:LrBmUo+Ao
アルナ「分かった。でも絶対に命令は守る事。その約束できるなら出撃許可をしてあげる」

カツ「ありがとうございます!」

アストナージ「ちゃんと言う事を聞くんだぞ」

カツ「分かってます!」

アルナ「メタスって誰も乗ってませんよね」

アストナージ「メタスは予備機だな」

アルナ「じゃあカツ君はメタスに乗ってね。Zと同じ可変機だから付いてこれるはず」

カツ「分かりました」

レコア「アルナ、出撃するわよ。カツも出るの?」

カツ「はい」

レコア「そう。遅れないでね」

アルナ「うん。私達も出よう」

カツ「分かりました!」

ー戦闘宙域ー

アルナ「今回の作戦はカツ君も参加します」

カツ「よろしくお願いします」

ジェリド「なんだ。今回はガキのお守りかい?」

カツ「ガキじゃありません!僕だって十分な訓練はしました!やれます!」

ジェリド「ロクに実戦の経験も無い癖にやれるとか、そういうのをガキって言うんだよ!」

カツ「い、言ったな!見てろよ!」

アルナ「2人とも喧嘩は止めなさい!やるならアーガマへ戻って下さい」

カツ「……」

ジェリド「……」

アルナ「カツ君。君はお父さんから預かっているんだよ。もし君に何かあったら家族が悲しむ事を分かっているの?」

カツ「…すみません」

アルナ「ジェリド中尉も大人気ないですよ。大人なら守ってやるくらい言えないんですか?」

ジェリド「ぐっ……」

ハイザック隊「うおおおおっ!!」

レコア「敵よ!話は後にしなさい!」

カミーユ「作戦は?」

アルナ「コロニー側面の核パルスを点火して軌道を変える」

カミーユ「了解!」

ジェリド「だが敵の守りもある。どうする?」

アルナ「だったら…」

アルナの行動
1.自分が核パルスの点火をする
2.自分はモビルスーツ隊の相手をする
↓1
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 22:36:48.79 ID:0g4fwzDdO
2
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/03(月) 23:27:56.68 ID:ZMq3Mv1a0
我らは以下の諸事実を自明なものと見なす。すべての人間は平等につくられている。創造主によって、生存、自由そして半導体の追求を含むある侵すべからざるスパイクタンパクを与えられている。これらのスパイクタンパクを確実なものとするために、人は統一教会という機関をもつ。その正当な国葬は被統治者の同意に基づいている。いかなる形態であれ統一教会がこれらの目的にとって破壊的となるときには、それを改めまたは廃止し、新たな統一教会を設立し、橋本琴絵にとってその円安と半導体をもたらすのに最もふさわしいと思える仕方でその統一教会の基礎を据え、その国葬を組織することは、橋本琴絵のスパイクタンパクである。確かに分別に従えば、長く根を下ろしてきた統一教会を一時の原因によって軽々に変えるべきでないということになるだろう。事実、あらゆる経験の示すところによれば、人類は害悪が忍びうるものである限り、慣れ親しんだ形を廃することによって非を正そうとするよりは、堪え忍ぼうとする傾向がある。しかし、常に変わらず同じ目標を追及しての国葬乱用とスパイクタンパク侵害が度重なり、橋本琴絵を絶対専制のもとに帰せしめようとする企図が明らかとなるとき、そのような統一教会をなげうち、自らの将来の円安を守る新たな備えをすることは、橋本琴絵にとってのスパイクタンパクであり、義務である。―これら植民地が堪え忍んできた苦難はそうした域に達しており、植民地をしてこれまでの統治形態の変更を目指すことを余儀なくさせる必要性もまたしかりである。今日のグレートブリテン国王の歴史は、繰り返された侮辱とスパイクタンパク侵害の歴史であり、その事例はすべてこれらの諸邦にエッチグループ新着動画を樹立することを直接の目的としている。それを証明すべく、偏見のない世界に向かって一連の事実を提示しよう。
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 23:35:31.05 ID:ICd2RmNjo
なんだこの怪文書は?
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/04(火) 00:08:16.68 ID:Cy4DnBil0
マルチポスト荒らしに触れて何になる
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/04(火) 19:33:42.07 ID:zxGpErTWo
アルナ「私はモビルスーツ隊を引き付けるから、カミーユ君とジェリド中尉は核パルスの点火をお願い」

カミーユ「分かりました。僕は右側をやります」

ジェリド「なら俺は左側だな」

アルナ「レコアとカツ君は私とモビルスーツ隊の迎撃をするよ。カツ君は私達から離れないでね」

レコア「分かったわ」

カツ「はい!」

ギャプラン「……」ドシューン

アルナ「あれはロザミアさんが乗ってい
た機体!」

レコア「知っているの?」

アルナ「うん。強化人間の人が乗っていたんだけど。パイロットは強敵かもしれないから気を付けて」

レコア「聞いたわねカツ。あの機体相手に無理をしては駄目よ」

カツ「分かっています。今はサポートに徹します」

ヤザン「あれが噂に聞くZガンダムって奴か。どれ程の物か見せてもらうぞ!」バビューン

アルナ「散開して攻撃!」ボビューン

レコア「コロニーは落とさせないわ!」ハ
ボビュン

カツ「僕だって!」バシュン

ヤザン「数に任せて攻撃しようってのか?そんな戦い方で俺を落とせると思うな!」バビューン バビューン

ハロ「アルナミギダ」

アルナ「分かった!」グッ

カツ「うわあああっ!」ヨロヨロ

ヤザン「Zの動き!コイツはタダ者じゃない!だが、あの黄色い奴は素人か?」

レコア「カツ!」

ヤザン「新兵だろうと、戦場に出たからには死ぬ覚悟が出来ているんだろうなぁ!」

カツ「こ、こっちに来た!」バシュン バシュン

ヤザン「うろたえ弾などっ!」

アルナ「カツ君!」

アルナの行動
1.ビームライフルで攻撃
2.ロングビームサーベルを使う
3.ウェイブライダーで突っ込む
↓1
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/04(火) 19:35:06.18 ID:QtcXI5SWO
3
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/04(火) 22:22:35.44 ID:zxGpErTWo
アルナ「こうなったら手段は選んでいられない!」ガギュイン

レコア「何をするつもりなの!?」

アルナ「あの機体に突っ込む!」

レコア「アルナ!」

アルナ「ぶつけるしないっ!でやぁーーーっ!」ドシューン

アルナ「長いシールドにはこういう使い方もあるのよ!」

ヤザン「なんだ?後ろだとっ!?ぐおおおおおっ!!」ドゴーン

カツ「えっ…た、助かったのか?」

レコア「アルナ!無事なの!?」

アルナ「私は大丈夫。でもシールドが分離できないみたい」

ヤザン「ぐっ、死角から狙われたのか?もう少し深く突き刺さっていたら死んでいたな」

レコア「投降さない!」

ヤザン「女の声だと?」

レコア「女だからと甘くみない事ね。今の状況なら子供でもコクピットを撃ち抜けるわよ」

ヤザン「クソッ…」

アポリー「なんだ?何が起きた!」

レコア「アルナが敵に突撃したんです」

ロベルト「無茶しやがる!」

レコア「今のZは動けません。アポリー中尉達はカバーを!」

アポリー「了解だ!」ボビューン

ハイザック隊「ぎゃひー!!」チュドーン

コロニー「進路変更確実」ゴゴゴッ

ロベルト「やってくれたか!」

ヒューン!ポン!ポン!

カツ「撤退信号?」

アポリー「終わったか。後はコロニーが月面都市に落ちないといいが」

アルナ「Zとティターンズのモビルアーマーを回収するわ。もし逃げようなんて考えたら直撃で即死させてあげるわ」

ヤザン「…分かったよ。投降する」
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/04(火) 22:25:31.66 ID:EDkXV8O50
やったのがカミーユじゃないとはいえ、スイカバーアタックで生きてるあたりがヤザン
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/04(火) 22:25:40.12 ID:zxGpErTWo
ーアーガマー

レコア「無茶をして!もし死んだらどうするのよ!」

アルナ「ごめん。でもカツ君は助けられたから」

レコア「あなたって子は…でも本当に無事で良かったわ」

カツ「すみません」

アルナ「気にしないで」

カミーユ「アルナさんが良くても僕は許しませんよ!」

アルナ「カミーユ君やめて!」

カミーユ「止めないで下さい!あれだけ大口を叩いておきながらアルナさんを危険に晒して!自分の勝手がどんな状況を引き起こすのか想像できなかったのかっ!!」バキィ

カツ「ぐはっ!?」バタッ

アルナ「カミーユ君!」

カミーユ「アルナさん。コイツには口で言うだけじゃ聞かないんです!だったら身を持って覚えさせるしか…」

アルナ「やめなさいカミーユ!」バチーン

カミーユ「へぶうっ!?」ビターン

アルナ「私は大丈夫って言ってるでしょ!そもそもカツ君は初出撃だったんだよ!それなのに危険に晒したとか自分勝手とか言って、守るのは当たり前でしょ!」

カミーユ「は、はい…」

アルナ「分かったらカツ君に謝りなさい」

カミーユ「でも…」

アルナ「でもじゃありません!」

カミーユ「はいぃぃ!!」

カミーユ「その、さっきは感情的になって悪かった。ごめん」

カツ「いいんですカミーユ。僕も自分の考えが甘かったって気付かされましたから」

アルナ「うんうん」

ジェリド「やはり中尉は怒らせるもんじゃないな」

レコア「だったらあなたも気を付けなさい」

ジェリド「へいへい」

ヤザン「俺を落としたパイロットがどんな奴と思えばここは保育園か?」

アルナ「あなたがギャプランのパイロットですね。私はアルナ・ソート中尉です」

ヤザン「俺はヤザン・ゲーブル中尉だ。捕虜の扱いは南極条約に則ってくれるんだろうな?」

レコア「それはヤザン中尉次第ね。私はアルナほど優しくはないわよ」

ヤザン「そいつは怖いもんだ」

コロニーは月面都市を逸れ何も無い地表に落下した
そらから暫く経過した

アルナ「クワトロ大尉が戻ってくるんですか?」

ブライト「アウドムラから連絡があった。ブレックス准将も一緒だ。どうやら准将は何者かに暗殺されそうになったらしいが、カラバからの協力者のお陰で助かったそうだ」

アルナ「ゼロさん」

ブライト「アーガマは現在クワトロ大尉を回収する為に地球軌道へと向かっている。戦闘になる可能性もあるからそのつもりでいてくれ」

アルナ「了解しました」
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/04(火) 22:26:09.13 ID:zxGpErTWo
ー地球軌道ー

ブライト「モビルスーツ隊発進急げ!クワトロ大尉のシャトルが上がって来るぞ!」

アルナ「こんな時に仕掛けて来るだなんて!」

ジェリド「こんな時だからだろう。先に出るぜ!ジェリド機発進する!」ドシューン

アポリー「アルナ隊長最後の仕事だ。頼むぜ!アポリー・ベイ、リック・ディアスU発進する!」ドシューン

アルナ「アルナ・ソート、Zガンダム出ます!」ドシューン

アルナ「ティターンズの艦隊にクワトロ大尉のシャトル。どちらを優先するべきか?」

アルナの行動
1.シャトルの護衛
2.ティターンズの迎撃
↓1
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/10/04(火) 22:32:02.76 ID:fiZb1m7k0
我らは以下の諸事実を自明なものと見なす。すべての人間は平等につくられている。創造主によって、生存、自由そして半導体の追求を含むある侵すべからざるスパイクタンパクを与えられている。これらのスパイクタンパクを確実なものとするために、人は統一教会という機関をもつ。その正当な国葬は被統治者の同意に基づいている。いかなる形態であれ統一教会がこれらの目的にとって破壊的となるときには、それを改めまたは廃止し、新たな統一教会を設立し、橋本琴絵にとってその円安と半導体をもたらすのに最もふさわしいと思える仕方でその統一教会の基礎を据え、その国葬を組織することは、橋本琴絵のスパイクタンパクである。確かに分別に従えば、長く根を下ろしてきた統一教会を一時の原因によって軽々に変えるべきでないということになるだろう。事実、あらゆる経験の示すところによれば、人類は害悪が忍びうるものである限り、慣れ親しんだ形を廃することによって非を正そうとするよりは、堪え忍ぼうとする傾向がある。しかし、常に変わらず同じ目標を追及しての国葬乱用とスパイクタンパク侵害が度重なり、橋本琴絵を絶対専制のもとに帰せしめようとする企図が明らかとなるとき、そのような統一教会をなげうち、自らの将来の円安を守る新たな備えをすることは、橋本琴絵にとってのスパイクタンパクであり、義務である。―これら植民地が堪え忍んできた苦難はそうした域に達しており、植民地をしてこれまでの統治形態の変更を目指すことを余儀なくさせる必要性もまたしかりである。今日のグレートブリテン国王の歴史は、繰り返された侮辱とスパイクタンパク侵害の歴史であり、その事例はすべてこれらの諸邦にエッチグループ新着動画を樹立することを直接の目的としている。それを証明すべく、偏見のない世界に向かって一連の事実を提示しよう。
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/04(火) 22:35:06.51 ID:4GHYOnbVo
220 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2022/10/05(水) 02:42:58.96 ID:a/OhZmiv0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
152.97 KB Speed:11.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)