【ガンダムSS】主人公「安価でグリプス戦役を生き延びる」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 17:09:43.11 ID:dXRxs7RR0
2で
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 17:10:52.14 ID:2rknBKLM0
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:51:23.04 ID:KO30G1LTo
アルナ「ごめんエマ。隊の先頭をお願い」

エマ「カミーユの援護ね。分かったわ」

アルナ「Zのウェイブライダーなら」ガギュン ドシューン!!

ー大気圏ー

ジェリド「なんだあの新型は!全く攻撃が当たらん!」

カクリコン「ここままではこちらがやられる!」

ジェリド「だ、駄目だ!」バシュ

カクリコン「えぇい、ジェリドめ!弱気な!うぅ、オートマチックか!こ、これではやられる!?」バシュ

カミーユ「もっと離れていれば、撃たれなかったのに!」ボビューン

カクリコン「ぐわあああっ!!」

ジェリド「カクリコン!!」

アルナ「カミーユくん!君は何をやっているの!」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「あのままじゃマラサイは圧縮断熱で燃えちゃう。だったら!そこのマラサイのパイロット!私のウェイブライダーに捕まって!」

カミーユ「アルナさん何をっ!?」

カクリコン「こ、こうか?」ガシッ

アルナ「無防備な相手を撃つなんて。それだとティターンズと同じだよ!」

カミーユ「僕は…そんなつもりじゃ」

アルナ「このまま突入する。カミーユ君も早く!」

カミーユ「わ、分かりました」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:51:48.22 ID:KO30G1LTo
ージャブロー上空ー

アルナ「これが地球…」

アルナ「マラサイのパイロットさん。大丈夫?」

カクリコン「ああ。だが、どうして俺を助けた」

アルナ「あんな戦い方はフェアじゃないと思ったからです。戦争だからって何をやってもいい訳じゃない。私はそう考えています」

カクリコン「甘い考えだ。しかし、その甘さに俺は助けられたのか…」

アルナ「地表に降りたら私の機体へ。捕虜として行動してもらいます」

カクリコン「…分かった。従おう」

『…える…誰…えるかしら?』

アルナ「エゥーゴの回線?誰です?」

『…ルナなの?アルナなの?』

アルナ「その声、レコアなの!?」

レコア『アルナなのね!いい。今から言う事を全軍に伝えて。ジャブローは地下に核爆弾が仕掛けられてて、もうすぐ爆発するわ』

アルナ「爆発!?ど、どうして!?」

レコア『連邦はジャブローを放棄したのよ。残っている部隊はエゥーゴと巻き添えにする為の捨て駒よ』

アルナ「そんな!」

レコア『阻止したかったんだけど、気付いた時には手遅れでね。今は脱出の準備をしているわ。今から送るポイントに集結させて』

アルナ「分かった。マラサイのパイロットさんお願いがあります」

カクリコン「どうした?」

アルナ「ジャブローはもうすぐ爆発するらしいんです。私達を巻き込んで」

カクリコン「バカな!俺達はティターンズだぞ!」

アルナ「多分、それも想定してだと思います。だから一人でも多く脱出できるようにティターンズの回線を使って呼び掛けて下さい」

カクリコン「わ、分かった。やってみよう」

アルナ「この空域にいる全部隊に通達します!間もなくこのジャブローは自爆します!この通信を聞いた人は、ただちの指定するポイントに向かって下さい!ポイントは…」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:52:45.09 ID:KO30G1LTo
ージャブロー 輸送機発着所ー

レコア「アルナ!」

アルナ「レコア!無事だったね!」

レコア「ええ。この変なバッチが役に立ったわ。バスクに選ばれし者とかなんとかって」

アルナ「えぇ…」

レコア「本当はもっと早く連絡したかったんだけどタイミングが合わなくてね」

アルナ「ううん。教えてくれてありがとう」

レコア「で、そこハゲた方は?ティターンズのパイロットスーツよね?」

カクリコン「ハゲではない!カクリコンだ!」

アルナ「カクリコンさんは成り行きで助ける事になったんです」

レコア「へぇ。アルナに感謝しなさい」

カクリコン「言われなくとも分かっている」

カイ「こっちの準備は完了だ。ん?そちらのお嬢さんは?」

アルナ「アルナ・ソートです」

カイ「君がアルナさんかい?俺はカイ・シデン。フリーのジャーナリストさ」

レコア「カイさんは私の手伝いをしてくれたのよ」

アルナ「そうだったの?ありがとうございます!」

カイ「偶然そうなっただけさ。さて、後はどれだけここに集まるかだな」

アルナ「そうですね。みんな来てくれるかな」

レコア「それは分からないわ。ただあまり時間が無いのは事実ね」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユ君!」

カクリコン「貴様は!」

カミーユ「あっ…その」

レコア「話は後よカミーユ。そのガンダムをアウドムラに搬入しなさい」

カミーユ「レコアさん?わ、分かりました!」

ー数十分後ー

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」

クワトロ「彼女で最後か?」

カクリコン「分からんが、呼び掛けに応えた者は集結したと思いたい」

ジェリド「まさかアンタに助けられるとはな」

アルナ「こういう時に敵も味方もありませんから」

ライラ「案外ああいうのが世の中を動かすのかもしれんな」

エマ「そうね」

ジェリド「……」

レコア「もう時間が無いわ。発進の準備をするわよ」

アウドムラとスードリはエゥーゴだけでなく、ティターンズや連邦の兵も収容するとジャブローを離脱する
その直後ジャブローは爆発した
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:53:55.20 ID:KO30G1LTo
ーガルダ級超大型輸送機 アウドムラー

アルナ「どこへ向かうんだろう」

クワトロ「それより問題は…」

エゥーゴ兵「貴様がいなければ!」

ティターンズ兵「貴様こそっ!」

ライラ「やはりこうなったか」

アルナ「みなさん止めて下さい!」

ワー!ギャー!アツクナラナイデマケルワ

アルナ「どうすれば…」

エマ「こうするのよ」スッ

ドンッ!ドンッ! シーン

エマ「いい加減になさい!そもそもエゥーゴの情報が無ければ爆発に巻き込まれて死んでいたかも知れないのよ」

ティターンズ兵「それは、そうだが…」

クワトロ「君たちは同胞ですら平気で捨て石に使うティターンズの体質に疑問を持たないのか?」

ティターンズ兵達「……」

カクリコン「俺はエゥーゴに付く」

ジェリド「カクリコン!?」

カクリコン「俺はこの日だけで2度も命を救われた。しかもエゥーゴにだ!もちろん気に食わん奴がいるのも事実だ」

カミーユ「……」

カクリコン「だが上の連中はどうだ?俺達ティターンズですら切り捨てる。そんな組織でこれからも命を賭けられるか?」

ティターンズ兵「うっ…」

ジェリド「待てカクリコン。今回のはちょっとした行き違いかも知れんだろ」

ライラ「ジェリド、アンタはそのちょっとした行き違いで死んでも仕方ないって言うのか?」

ジェリド「いや、それは…」

エマ「ジェリド中尉。死んでからでは遅いのよ」

ティターンズ兵「そ、そうだ!そうだ!」

連邦兵「責任取れるのかよ!」

ジェリド「ぐっ…」

アルナ「みなさん落ち着いて!ジェリド中尉一人を責めても解決にはなりません」

ジェリド「アンタ」

アルナ「すぐに理解や納得は出来ないと思います。だからみなさん考える時間を作って下さい。それからどうするかを、悔いの無い判断をして下さい」

連邦兵「……」

ティターンズ兵「……」

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/25(日) 21:54:39.29 ID:KO30G1LTo
ーリフレッシュルームー

アルナ「ふぅ…」

レコア「お疲れのようね」

アルナ「これだけの事があればね。でも、こういうの久しぶりかも」

レコア「そうね」

アルナ「少し休ませて…」

レコア「いいわよ。お眠りなさい」

ーケネディ・スペースポートー

クワトロ「しかしこれだけの数をどうするか」

ハヤト「投降した兵の半分をこちらで引き受けるのはどうでしょう?」

クワトロ「そうですね…」

アルナ「……」

エマ「手が空いているならモビルスーツの搬入を手伝ってくれるかしら」

アルナ「え?う、うん。分かった」

エマ「気になる事でも?」

アルナ「これからどうなるのかなって」

エマ「今はクワトロ大尉とハヤト館長に任せましょう」

アルナ「うん」

ー数十分後ー

ブーン! ブーン!

アルナ「警報!?」

ジェリド「救援の部隊か!?ちょうどいい!ティターンズに戻りたい奴は付いてこい!」

アルナ「え?ちょっと!」

エマ「連邦の追撃部隊が来たわ!アルナも急いで!」

アルナ「どうしよう」

アルナの行動
1.モビルスーツ部隊の迎撃
2.ジェリド達を追う
↓1
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 21:54:46.54 ID:OqDG4S2Yo
すごいことになってんな
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 21:55:51.03 ID:QuIN9f+8o
2
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 22:20:13.08 ID:0kL7JARI0
ライラ大尉だけじゃなくカクリコンもエゥーゴ側につくか
慢性人手不足のエゥーゴには嬉しい限りだけど超展開やな
仮にジェリドも来てくれたらカツ使わんで済むし
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/25(日) 22:21:46.17 ID:OqDG4S2Yo
カツも強いといえば強い
ただすごくウザいだけなのだ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 15:12:27.78 ID:nYJgjruFO
アツクナラナイデbotがわいてて草
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/26(月) 18:46:24.78 ID:kFwMmQyDO
アイシャネタもまさか令和の今でも使われるとはね
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/26(月) 19:05:31.38 ID:X8LVazaEo
アルナ「ジェリド中尉達を追おう」

アッシマー「……」ヒューン

ジェリド「おーい!こっちだー!!」

アッシマー「……」ヒューン ビュウン!

アルナ「危ない!」ダッ

ドーン!!

脱走兵達「ぎゃああああ!!」ジュ

アルナ「何をやっているの!」

ジェリド「お、俺達を攻撃したのか?」

アルナ「ここにいるのはエゥーゴやカラバばかりなのよ!状況を考えて!」

ジェリド「……」

アルナ「ここに居たらまた狙われる。アウドムラへ急いで!」

ジェリド「なぜ助けた!」

アルナ「助けるのに理由がいるの?」

ジェリド「ぐっ…」

アルナ「早く!」

ジェリド「くそっ!」

ドーン! ドーン!

ーアウドムラー

アルナ「私も早く迎撃に出ないと」

ジェリド「どうしてだ!」

アルナ「え?」

ジェリド「どうして上手く行かないんだ!何故こうも運は俺を見放す!」

アルナ「ジェリド中尉は自分の事を不幸だと思う?」

ジェリド「当たり前だ!せっかくティターンズになれたと思えば作戦はケチの連続。挙げ句にこのザマだ!これを不幸と言わずして何を不幸と言う!」

アルナ「私は中尉は幸運だと思うよ」

ジェリド「俺に対する嫌味か?」

アルナ「だっていつ死んでもおかしくない戦場で今まで生き延びてるじゃない。大した怪我もなく動けるってそれだけで幸運だと思うな」

ジェリド「そんな当たり前な事…」

アルナ「そんな当たり前な事がもう出来ない人もいるから」

ジェリド「なにが言いたい」

アルナ「30バンチ。私、そこのコロニー出身なの」

ジェリド「なにっ?」

アルナ「だから普通に生きてるって事はそれだけで幸せなんだよ。ジェリド中尉にもそれを分かって欲しいな」

ジェリド「……」

キィイイイイイン!!

アルナ「アウドムラが動き出した?確認するから付いてきて!」

ジェリド「あ、ああ」

シャトル「さらばー地球よー」ゴゴゴゴッ

アルナ「シャトルが打ち上げられてる…」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/26(月) 19:06:12.81 ID:X8LVazaEo
ー暫くしてー

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユくん!残っていたんだね」

カミーユ「アウドムラにいるなら言って下さい!心配したんですよ!貴女にもしもの事があったら…」

アルナ「ごめんなさい」

クワトロ「理由を聞かせてもらおうか」

アルナ「ティターンズの人達が襲撃に乗じて脱走しようとしたので追いかけていたんです」

クワトロ「なに?」

アルナ「だけど脱走した人達は敵と間違えられて攻撃されて、助けられたのはジェリド中尉だけでした」

エマ「呆れた」

ジェリド「……」

カミーユ「お前か!アルナさんを危ない目に合わせた奴は!」グッ

ジェリド「貴様はあの時の!また俺を殴ろうってのか!」

アルナ「暴力は駄目!そうやってすぐに感情的になるのはカミーユ君の悪い所だよ」

クワトロ「そうだぞカミーユ君」

カミーユ「くっ…分かりました」

アルナ「残ったのは大尉達だけなんですか?」

エマ「アポリー中尉とロベルト中尉。レコアやライラ大尉の他、エゥーゴに参加の意思を示した連邦やティターンズの一部はシャトルに乗せて打ち上げたわ」

アルナ「レコア達、宇宙に戻れたんだ。良かった」

クワトロ「問題はスードリにもそれなりの連邦とティターンズの兵が残っていた事だが」

アルナ「また敵になるでしょうか」

クワトロ「可能性はある」

ジェリド「くそっ!スードリに行っていれば!」

エマ「まだそんな事を言っているの?」

カミーユ「僕とアルナさんのZガンダムなら今からでもスードリを沈める事ができます」

アルナ「私は反対」

カミーユ「どうしてです?」

アルナ「残った人達が必ずしも攻撃をしてこないかもしれない」

カミーユ「でもクワトロ大尉の言う通り攻撃して来る可能性もあります」

アルナ「分かってる。こんなのは希望的観測だって事くらい。でも信じてみたいんだ」

カミーユ「アルナさん…」

アルナ「もちろんスードリが攻撃してくるなら私も戦うよ。だから、少しだけ時間をちょうだい」

カミーユ「…分かりました」

クワトロ「話はまとまったな。私はハヤト館長に次の行き先を聞いてくる。警戒は怠るなよ」

アルナ「はい!」

スードリの動向
コンマ50以上ならジャブロー組が追撃部隊を制圧(スードリ隊も味方になる)
コンマ50未満だとブラン隊がスードリで追撃開始(スードリ隊が敵になる)
↓1
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:07:59.95 ID:Dz/sFQMCo
優しい世界でありますように
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:08:07.66 ID:e3rHK2/po
奇跡よ!
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:41:21.21 ID:zGqkSzRM0
この主人公、特筆するくらいMS技量高い訳でもNT能力ある訳でもないのに続々仲間にするな
もしかして前世紀(西暦)の中世代の乱世で女領主とかだったら天下獲れたんじゃないかしら?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 19:43:13.33 ID:BEdyE5SSo
綺麗事を堂々と言えるのはガンダム世界ではレアスキルだもんね
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 20:26:43.15 ID:e3rHK2/po
ニュータイプ能力が全く無いわけでも無さそう
クワトロ大尉が擁護してるし
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/26(月) 21:33:59.43 ID:X8LVazaEo
暫くして

ーアウドムラ機内ー

ブーン! ブーン!

アルナ「なに?敵襲!」

カミーユ「スードリの部隊か!」

クワトロ「確認をする。カミーユとアルナは私に付いてこい。残りはアウドムラで迎撃準備だ」

アルナ「了解!」

カミーユ「了解!」

ー上空ー

ギャプラン「……」ヒューン

カミーユ「あれはモビルアーマー?新型か!」

アルナ「クワトロ大尉、あの新型は私達で抑えます。大尉は残りを!」

クワトロ「了解だ!」

アルナ「こんな所で戦闘を仕掛けるなんて!」

ロザミア「あれが例の新型か?しかしこの私とギャプランならば!」ボシューン

カミーユ「そんな攻撃!」スッ ボビューン

アルナ「カミーユくん気を付けて!地上は市街地だよ!」

ロザミア「場所を気にして戦闘をするバカがいるのかい?どこの能天気だ!」

アルナ「無関係な人を巻き込むのを躊躇わないだなんて!」

ロザミア「どうした!手でも休めてるのか!」

アルナ「くっ…」

カミーユ「アルナさんが狙われてる?させるか!」ボビューン ボビューン

ロザミア「チッ!」

ハロ「アルナイマダ!」

アルナ「え?そこなの?」ボビューン

ロザミア「なにっ!?」バキーン!!

アルナ「当たった!?」

ロザミア「な、なんだ…動きを予知されたのか?調子に乗りすぎたか。スードリに合流する」

スードリ「あなたの為に急いで来たの!」ゴゴゴゴッ

アルナ「スードリ!?」

ロザミア「思ったより早い合流だな。せだが、これで状況は逆転した!」

クワトロ「えぇい!こんな時に!」

スードリ「目標、敵まとめてぜーんぶ!てっー!!」

アクト・ザク達「ぎょえええっ!!」チュドーン

ロザミア「なんだ?何が起きている!こちらは味方だぞ!!」

カミーユ「アルナさん!」

クワトロ「どうやら賭けは君の勝ちのようだ」

アルナ「みたいです!」

カミーユ「後はあのモビルアーマーだけか!」

アルナ「なら!」

アルナの行動
1.ギャプランを撃墜する
2.ギャプランを拿捕する
↓1
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 21:35:09.13 ID:k8LJhmoPo
2
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/26(月) 22:37:08.95 ID:WOhJo3SdO
2
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 15:40:27.76 ID:i7dngzC1o
力はあんまないけど思いは結構ある主人公
力は他の人が担当することでガンダム世界において共通する平和に必要な「思いだけでも力だけでも」成分を満たせる
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/27(火) 22:18:29.34 ID:uGGst27Po
アルナ「あの機体を拿捕する!」ガギィン ガシッ

ロザミア「なにっ!?こうなれば!」

カミーユ「無駄な抵抗はやめろ。でないとコクピットを撃つ!」

ロザミア「…くっ」

クワトロ「このままモビルアーマーをアウドムラに運ぶぞ」

ーアウドムラー

ロザミア「私をどうするつもりだ」

クワトロ「君は捕虜として扱う」

ロザミア「エゥーゴはあなた達は宇宙を落とすのだろう!」

ハヤト「宇宙を落とす?どういう意味だ」

クワトロ「コロニー落としの事だろうな」

ロザミア「エゥーゴはコロニーを落とすのだろう!コロニーを落としてたくさんの人を殺す!」

アルナ「エゥーゴはそんな事はしないよ」

ロザミア「嘘を言うな!エゥーゴは宇宙を…うぅぅぅ!!」

アルナ「ど、どうしたの…えっ?」シュンシュン

アルナ(なに、この感覚は…あの人から恐れや悲しみが伝わってくる…)

カミーユ「これは…アルナさん?」

アルナ「……」

エマ「医療班を呼んでくるわ!」

アルナ「え?わ、私も手伝う!」

ー医務室前ー

エマ「今は落ち着いて眠りについたわ」

アルナ「急にどうしたんだろう」

クワトロ「強化人間だな」

アルナ「強化人間?」

クワトロ「薬物による精神操作や手術などで無理矢理ニュータイプと同様の能力を持たせた人間の事だ」

アルナ「そんな酷い事を…」

クワトロ「彼女のような人間を増やさない為にも我々はティターンズを倒し連邦を正さねばならない」

アルナ「はい。私や彼女のような人間を出さない為にも…」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/27(火) 22:19:48.32 ID:uGGst27Po
ーリフレッシュルームー

エマ「それにしてもスードリが味方に付くとはね」

カミーユ「アルナさんの意見が正しかったですね。もしかしてこうなる事が分かっていたんですか?」

エマ「まるでニュータイプね」

アルナ「まさか偶然だよ」

カミーユ「けど、さっき…」

ガヤガヤ ザワザワ

アルナ「急に騒がしくなったね」

カミーユ「どうしたんでしょう」

エマ「行ってみましょうか」

ーアウドムラ コクピットー

アルナ「輸送機がアウドムラに向かって来ているって本当なんですか?」

ハヤト「そうだ。パイロットは誰だと思う?」

アルナ「んー、分からないです」

ハヤト「アムロ・レイさ」

カミーユ「アムロ・レイって、あの一年戦争でガンダムのパイロットだった?」

ハヤト「そうだ」

アルナ「凄い!そんな人がカラバに合流するんだ!」

エマ「アムロ・レイ。本当にあの時の青年だったのか確認できるのね」

アルナ「どんな人なんだろう。早く会ってみたいな」

カミーユ「僕もです」

ハヤト「なぁに、すぐに会えるさ。ヒッコリーまでの辛抱だ」

アムロ達の乗る輸送機と合流したアウドムラとスードリは
ヒッコリーからの案内人であるベルトーチカ・イルマとも合流し、ヒッコリー基地へと向かう
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/27(火) 22:21:08.48 ID:uGGst27Po
ーヒッコリー基地ー

アムロ「……」

アルナ「あの人がアムロ・レイ…」

アムロ「ん?君は…」

アルナ「は、はい!わ、私はエゥーゴのアルナ・ソート少尉でありましゅ!」

エマ「落ち着きなさい。同じくエマ・シーン中尉であります」

アルナ「う、うん」

アムロ「有名人に出会った訳じゃないんだ。肩肘を張らなくていい」

アルナ「そんな!一年戦争の英雄アムロ・レイと言えば、軍でその名を知らない人はいませんよ!」

アムロ「よしてくれ。君が思うほど俺は大層な人間なんかじゃない」

アルナ「お世辞じゃないのに…」

エマ「あの、以前お会いしたのを覚えておいでですか?」

アムロ「…ああ、思い出したよ。確か自動車のトラブルに遭った旅行者か」

エマ「そうです。私はエゥーゴに参加してからあの時の青年がアムロ大尉と感じるようになったんです」

アムロ「それはどうして?」

エマ「アーガマの空気です。あの空気感こそが大尉が求めているものじゃないかって」

アムロ「憶測で物を言うのは感心しないな」

クワトロ「いや、私もエマ中尉の意見は正しい物の見方だと感じる。アムロ・レイ。君はこんな所で燻っている人ではないはずだ」

アムロ「貴様に何が分かるシャア!」

アルナ「シャア?えっ?」

アムロ「知らなかったのか?このクワトロ・バジーナと名乗る男はシャア・アズナブルなのさ」

アルナ「えっ!えぇえええええええっ!?」

クワトロ「……」

エマ「薄々は感じていたけれど…」

クワトロ「私の事はいい」

カミーユ「よくありませんよ」

クワトロ「カミーユ!」

カミーユ「自分の事は棚に上げておいて人には戦えですか?それって勝手が過ぎると思いませんか?」

クワトロ「今はアムロの話をしている」

アムロ「そうやって逃げるのかシャア!」

アルナ「ど、どうしよう…」

アルナの行動
1.クワトロを擁護する(宇宙ルート)
2.アムロを擁護する(地上ルート)
↓1
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 22:23:20.30 ID:7qfdfKy9o
2
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 22:23:29.85 ID:6vcZUQ3Q0
2で
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/27(火) 22:34:43.32 ID:4PZI3HkDO
片方のルートでしか手に入らない機体があああ(スパロボ脳)
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 18:43:50.15 ID:9ZLfmM2xo
アムロも情けないかもしれないけどクワトロ大尉はねえ
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 20:21:40.44 ID:mPhLNrpho
アルナ「待って下さいクワトロ大尉。アムロ大尉はまだ復帰したばかりなんですよ。それなのにいきなり宇宙へ行けだなんてあんまりです!」

アムロ「アルナ少尉?」

クワトロ「しかし彼の能力は君達も知っての通りだ。その才能を生かさずにいる事は、連邦やティターンズに手を貸していると同じ事だ」

アルナ「アムロ大尉は道具じゃないんですよ!過去に何があったかは知りません。だとしても、少しは思いやりがあってもいいじゃないですか!」

カミーユ「そうです!クワトロ大尉は自分の素性を隠したままなのに卑怯だ!」

クワトロ「綺麗事だけで戦争には勝てんのだ」

アルナ「感情を殺して機械のように戦うくらいなら、私は弱くても人らしくありたい。誰かの為に戦える自分でいたいです!」

クワトロ「くっ…」

ハヤト「クワトロ大尉。あなたの負けです」

クワトロ「ハヤト館長」

ハヤト「ここは待ちましょう。アムロだってその気があるから参加してくれたんだろ?」

アムロ「…まだ分からない。だけど今の自分が出来る事はやるつもりだ」

ハヤト「それでいいんだ」

クワトロ「…分かった。今はアムロ君が復帰してくれた事を喜ぶとしよう」

アムロ「……」

アルナ「その、済みません。私みたいなのが偉そうな事を言ってしまって。罰は受けます」

クワトロ「いや、私も急ぎすぎたようだ。気を付けよう」

アルナ「は、はい…」

ベルトーチカ「話は終わったかしら?」

ハヤト「ああ。すまんね」

ベルトーチカ「シャトルの準備は完了しています。いつでも打ち上げられますよ」

クワトロ「了解した。少尉達もガンダム搬入の準備をしてくれ」

アルナ「私は、地上に残りたいです。勝手な事とは分かっています。でも今はカラバの手助けをしたいんです」

エマ「仕方ないわね。だったら私も残ってあげる」

ハヤト「どうします?」

クワトロ「…分かった許可しよう。ハヤト館長、すまないが頼めるか?」

ハヤト「はい」

カミーユ「だったら僕も」

クワトロ「カミーユは駄目だ」

カミーユ「何故です!」

クワトロ「最新鋭機のZガンダムを2機も地上に残す訳にはいかん」

カミーユ「…了解です」

ハヤト「捕虜はこちらで引き受けます」

クワトロ「お願いする」

アルナ「宇宙に戻っても頑張ってね」

カミーユ「はい。アルナさんとエマさんもお気をつけて」

エマ「ええ」

クワトロ「アムロ。私はいつでも君を待っている」

アムロ「期待はしないでいてくれ」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 20:22:22.14 ID:mPhLNrpho
ーシャトル打ち上げ後ー

ハヤト「しかし本当に良かったのかい?」

アルナ「自分で決めた事ですから」

エマ「アルナだけじゃ不安ですし」

アルナ「酷い!」

アムロ「ははっ、しかしシャアを相手に啖呵を切るとは度胸があるな」

ベルトーチカ「なかなか良かったわよ」

アルナ「そ、それは…クワトロ大尉の言い分が一方的過ぎると思いまして…」

エマ「元はと言えば私の責任でもあります。済みません」

アムロ「気にしなくていい。むしろ少尉が言ってくれたおかげで、俺も少しだけ力を貰えた気がする。2人とも改めてよろしく頼むよ」

アルナ「任せてください!」

エマ「はい」

カラバ兵「さっさと歩け!」

ジェリド「話を聞いてくれ!」

エマ「ジェリド?」

ジェリド「頼む!」

アムロ「彼は?」

アルナ「ティターンズのジェリド・メサ中尉です」

アムロ「ティターンズ?ジャブローの捕虜か」

ハヤト「どうした?」

カラバ兵「この男が自分もアウドムラに乗せろとうるさくて」

ジェリド「アンタ達も俺をアウドムラに乗せるように頼んでくれないか」

アルナ「理由を聞いてもいいですか?」

ジェリド「アンタ達の戦いを間近で見させて欲しい。それでどうするかを考えたい」

エマ「そう言ってまた脱走を企てているんじゃないでしょうね」

ジェリド「そんなんじゃない!虫のいい話とは思うがこの通りだ!頼む!」

ハヤト「そうだな。彼の命はアルナ少尉が救ったんだ。処遇は君に一存する」

アルナ「では…」

ジェリドを連れてくか?
1.連れていく
2.連れていかない
↓1
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 20:24:20.80 ID:9ZLfmM2xo
1
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 20:42:56.47 ID:rrRiQ1LoO
1
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 20:56:37.27 ID:Mn7LN4qM0
あれ?マウアーどうなったんだろ?
ジェリドと一緒で後々こっちの味方になる(可能性がある)ならおいしいし、
そしたら既に主力扱いのカミーユは仕方ないにしろ未成年かつ元々が非戦闘員民間人のカツやファを、
無理に起用する必要無くなるんよな
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:02:56.23 ID:hNWVoBQm0
ちょっと待てよ、これカミーユが今宇宙行ったらフォウと会わないのでは?
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:05:05.15 ID:PqtTF7LVo
酷いこと言っちゃうとカミーユはフォウと会わない方が幸せかもしれないね…
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/28(水) 21:14:09.39 ID:EoRhTM4DO
その代わりシロッコに勝つ可能性も減るんだよね
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:16:36.95 ID:xK7nlBbMO
>>138
TV版はこのタイミングでカミーユは宇宙に上がってるし寧ろ原作通りよ
後でまた地上に降りるのでそこでフォウと再会してる
劇場版はカミーユがブースターに乗る手助けをしてるトコをティターンズの士官に頭撃たれて死亡したと思われる
(というか、それ以後はスイカバーアタックの時にしか来ないしあれに来てくれたの死人ばっかだから)
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:17:10.03 ID:9ZLfmM2xo
劇場版では会ったことないロザミィですら力貸してくれるんだ
幽霊さん達は目立てる場面になったら誰にでも力貸してくれるよ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 21:42:02.88 ID:mPhLNrpho
アルナ「ジェリド中尉がそこまで言うなら。一緒に行きましょう」

ジェリド「すまない」

エマ「今度脱走したらタダでは済まさないわよ」

ジェリド「分かっている」

アムロ「これからどう動くつもりだ?」

ハヤト「スードリは捕虜を乗せてカラバの拠点に向かわせる。アウドムラはホンコンのルオ商会で補給物資を受け取った後、ティターンズの拠点があるニューギニア基地を攻撃する」

アムロ「そうか」

ハヤト「アムロにも働いて貰うぞ」

アムロ「分かっているさ」

アウドムラはスードリと別れるとホンコンへ向けて進路を取る

ー日本近海ー

アルナ「あの国が日本かぁ」

ハヤト「俺やアムロの生まれた国だな」

アルナ「ハヤト館長は分かりすけど、アムロ大尉もですか?」

アムロ「そうさ。日本には一年戦争の時に寄った以来か」

アルナ「そうだったんですか」

カラバ兵「館長!日本からアウドムラに向けて通信が来ています」

ハヤト「なに?通信回線をを開け」

カラバ兵「はい」

ハヤト「こちらはアウドムラのハヤト・コバヤシだ。そちらの所属を聞きたい」

『俺はムラサメ研究所の…ゼロと言う者だ。そちらはエゥーゴか?』

ハヤト「エゥーゴではないが協力組織のカラバだ。ムラサメ研究所が我々に何の用だ?」

ゼロ『俺は今からムラサメ研究所を制圧する。もし協力してくれるならば、研究所のデータを提供する事を約束する』

ハヤト「制圧だと?その理由は?」

ゼロ『これ以上俺のような者を出さない為に。そしてまだここに囚われている俺のような存在を助け出したい。理由はそれだけだ。回答を聞かせてくれ』

ハヤト「ふむ…」

ハヤト「君達はどう思う?」

アムロ「罠の可能性はあるか?」

ハヤト「なんとも言えんな」

アルナ「……」

ハヤト「アルナ少尉はどうだ?彼に協力するべきか拒否してホンコンに向かうべきか。意見を聞きたい」

アルナ「そう、ですね。私だったら…」

アルナの行動
1.協力する
2.協力しない
↓1
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:43:21.53 ID:hNWVoBQm0
1で
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 21:52:57.20 ID:Mn7LN4qM0
スゲーな続々超展開で仲間増えまくりやんけ
今はゼロ何乗ってんだろ?サイコミュ積んだプロトタイプガンダムMarkUかな?
カタログスペックだけは怪物級だけど装甲がガンダリウムγどころかルナチタニウム合金ですら無いから、
この頃だと紙装甲過ぎるんよな… ムーバブル・フレームも無い筈だし
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/28(水) 22:29:45.02 ID:mPhLNrpho
アルナ「行きましょう。助けを求めているならば手を差し伸るべきです」

ジェリド「……」

ハヤト「分かった。君の協力に応えよう」

ゼロ『すまない。座標はそちらに送る。そこで合流しよう』

ハヤト「了解した。アウドムラは日本へ向けて進路を変更する」

ー日本ー

アルナ「あなたがゼロさんですか」

ゼロ「ああ。俺の事はゼロ・ムラサメとでも呼んでくれ。先ずは申し出を受けてくれて感謝する。協力の証に俺とこの機体をそちらの指揮下へ預ける」

アルナ「この機体は…」

ゼロ・ムラサメの機体は?
コンマ00 ウイングガンダムゼロ(TV版)
コンマ05 サイバスター
それ以外 ガンダムMk-U試作0号機
↓1
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 22:30:52.12 ID:9ZLfmM2xo
世界観をぶち壊すチャンスがいつもある
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/28(水) 22:39:27.24 ID:EoRhTM4DO
イデオン来ないかなー
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/28(水) 23:05:03.78 ID:dRy6eh8DO
やばい魔装機神ルート見てみたい…
150 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2022/09/29(木) 02:38:09.09 ID:dC+9jhan0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 07:42:30.32 ID:FeZuHdVAO
そういや超展開ばっかで忘れてたがまだホンコンすら行ってないんだったわ、しかも
@カミーユはもう宇宙に上がった(フォウと出会ってない)
Aそもそもムラサメ研究所がゼロの攻撃で壊滅
Bスードリの追撃部隊はとっくに無い(ロザミアも捕虜→保護 ブラン少佐?シラネ)

これだとホンコンのルオ商会のシャトルでカラバ組以外は何事もなく宇宙上がりそう
ティターンズニューギニア基地のモブ達がちょっかい出してくるかもしれんけど
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 17:32:43.23 ID:eH/3ivigO
まあ、ぶっちゃけ地球極上主義をなんとかしないかぎりは、シャアもハサウェイも地球に歯向かう未来は変えられんだろうな
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 19:02:04.81 ID:a9h/7WPTo
アルナ「この機体は…」

エマ「ガンダムMk-Uに似ているわね」

ゼロ「この機体はガンダムMk-U試作0号機だ。使い手がいないという事でこちらに回ってきた」

エマ「初耳だわ」

アムロ「ムラサメ研究所はどう制圧するつもりなんだ?」

ゼロ「警備のモビルスーツ隊さえ片付ければ施設内は研究員が中心だ。制圧は容易だろう。しかしあの研究所にはサイコガンダムが配備されている。そのマシンを無力化しないといけないんだが…」

エマ「何か問題でも?」

ゼロ「サイコガンダムのパイロットは俺と同じ強化人間がパイロットをしている。出来れば殺したくはないが、その機体は強力な兵器だ。無力化は容易ではないだろう」

アルナ「ゼロさんはその人を助けたいんですよね?だったら私もサイコガンダムのパイロットを救う手助けをしたいです」

アムロ「……」

ゼロ「すまない」

ハヤト「よし、ムラサメ研究所の攻撃は1時間に行う。総員第二種戦闘配備で待機だ」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 19:02:36.15 ID:a9h/7WPTo
ームラサメ研究所ー

ブーン! ブーン!

ハイザック隊「ヒャッハー!!」ドシューン

アルナ「来た!」

ゼロ「サイコガンダムは出ていないのか?」

エマ「このまま制圧できればいいのだけど」

アムロ「……」

アルナ「アムロ大尉、大丈夫ですか?」

アムロ「問題ない。このリック・ディアスは良い機体だな」

アルナ「エゥーゴの主力機ですから」

エマ「来るわよ!」

ゼロ「邪魔をするな!」ドギュウウウ!!

ハイザック隊「ぎゃひーー!!」チュドーン

アルナ「あれがビームライフルの威力なの!?」

エマ「誇張抜きで戦艦の主砲並みね」

アムロ「ティターンズはあんな物を開発していたのか…」

ゼロ「防衛網に穴が出来た。このまま突破する!」

アルナ「はい!」

アムロ「ん?これは!各機バラけろ!」キュピーン!!

ズギュイイイイン!!

アルナ「ひゃあ!」

エマ「くっ…!!」

ゼロ「拡散ビームだと!?まさか!!」

サイコガンダム「もう泣かないで」

アルナ「あれが、サイコガンダムっ!?」

エマ「なんて大きさなの!」

アムロ「あの機体から発せられる感覚は…危険だ」

アッシマー部隊「散弾ある?」ヒューン

アルナ「囲まれた!?」

ゼロ「こちらを誘き寄せる為の罠だったのか!」

フォウ「大人しく投降しろエゥーゴ!さもなければここで全員死ぬ事になる」

ゼロ「フォウか!止せ!」

フォウ「お前は…脱走したプロト・ゼロか!よくもおめおめと帰ってこれた!」

ゼロ「脱走したんじゃない!みんなを助けに戻ってきたんだ!」

フォウ「お前が脱走したせいで私たちがどんな仕打ちを受けたか分かるか!」

ゼロ「それはすまないと思っている。しかし!」

フォウ「黙れ!投降しないと言うのならここでまとめて消えてしまえ!!」

ネクティス部隊「どうも」ヒューン

ゼロ「フォウ!」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.ゼロとサイコガンダムを止める
2.エマと周辺の部隊を迎撃する
↓1
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 19:06:38.84 ID:puTuv3PY0
2で
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 20:21:40.81 ID:a9h/7WPTo
アルナ「私はエマと周りの部隊の相手をします!ゼロさんは説得に専念して下さい!」

ゼロ「分かった」

アムロ「ならばゼロ君の護衛は俺が務めよう」

アルナ「お願いします!」

エマ「行くわよアルナ」

アルナ「了解!」

アッシマー「オラアアア!!」ボビュウ

ハロ「アルナミギダ!」

アルナ「分かった!」スッ

エマ「そこ!」ボビューン

アッシマー「ぐおおっ!?」チュドーン

アルナ「ごめんなさい!」ボビューン

アッシマー「だ、脱出する!!」チュドーン

ネクティス「……」ドシューン

アルナ「撤退した?」

エマ「なんだったのかしら」

フォウ「うあああああっ!!」

アルナ「なにっ?」

ゼロ「フォウ!」

アルナ「何がおきたんです!」

ゼロ「説得を試みたんだが、研究所側がサイコガンダムを無理矢理暴走させたんだ!」

アルナ「そんな…」

アムロ「このままだと危険だ!サイコガンダムは落とす!」

アルナ「待って下さい!ゼロさん。サイコガンダムのコクピットはどこです?」

ゼロ「頭部がコクピットだ。サイコミュのシステムもそこに集中している」

アルナ「分かりました」

アムロ「何ををするつもりだ!」

アルナ「頭部のシステムだけを破壊します」

アムロ「無茶だ!」

アルナ「やってみなければ分かりません!ハロ、サポートをお願い」

ハロ「ハロ!モクヒョウヲネライウテ!モクヒョウヲネライウテ!」

アルナ「撃ちます!」

アルナの狙撃はどうなったか?
コンマ40以上で成功
コンマ40未満でフォウ重傷
コンマ20未満でフォウ死亡
↓1
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 20:22:47.66 ID:LAdrhp4ko
ロックオンのハロまでインストールしてるー
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 20:28:34.82 ID:BASnh01+0
凄い、成功の上に66ぞろ目
楚漢戦争で劉邦の代わりがこの娘だったら項羽すら仲間にして天下獲ったかも
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 23:03:04.05 ID:a9h/7WPTo
アルナ「撃ちます!」ボビューン!!

フォウ「ああああああっ!!」ドーン!!

ゼロ「フォウ!」

サイコガンダム「……」シューン

エマ「止まった?」

ゼロ「確認をする…システムは停止している。彼女は気絶はしているが無事だ」

アルナ「良かった」

アムロ「これは偶然なのか?それとも彼女の想いがそうさせたのか」

ハヤト『モビルスーツ隊聞こえるか!ムラサメ研究所は突入部隊が制圧した』

アムロ「了解だ。ハヤトの奴やるじゃないか」

ームラサメ研究所内ー

カラバ兵「施設内に残っている被検体は全員保護しました」

ハヤト「了解した」

アムロ「モビルスーツも試作機がかなりの数があるな」

ハヤト「使える物は回収してカラバの戦力として使う」

エマ「職員達はどうするのです?」

ゼロ「ここで全員始末する」

職員達「ひぃぃ!?」

アルナ「それは駄目です!」

ゼロ「止めるな!」

アルナ「ここでこの人達を殺せばゼロさんの気は晴れるでしょう。でもそれだけです。それよりこの人達に罪滅ぼしの為に働いて貰った方が建設的です」

ゼロ「…ならば俺達を治療する薬を研究しろ。ここで実験にされた者達全員分のだ!」

アルナ「カラバで保護している強化人間も一人いますので。その人の分も研究して下さい」

ゼロ「もし逆らったり逃げたりしたらその時は…」

ゼロ「お前を殺す」

ゼロ「分かったな!」

職員達「は、はいい!!」

アルナ「サイコガンダムはどうします?」

ハヤト「そうだな。アムロ、お前が使ってみるか?もちろん危険なサイコミュの類は全て取り除いた上でだが」

アムロ「俺がアレをか?」

アルナ「ゼロさんはどうですか?」

ゼロ「アムロ・レイ。お前は純粋なニュータイプだったな。ならば危険なシステムを使う必要性もないだろう。好きにすればいい」

アムロ「少し考えさせてくれないか」

アルナ「分かりました」

ハヤト「よし。データは必要な限り収集しろ!」

その後、ゼロ・ムラサメは正式にカラバのメンバーとなる
サイコガンダムはフルバースト・サイコ・ガンダムとして再生され
アムロの駆るサイコガンダムの力もありニューギニア基地はあっという間に陥落した
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/29(木) 23:03:27.27 ID:a9h/7WPTo
ーニューホンコンー

ハヤト「ニューギニアのティターンズの基地も叩けた。後はキリマンジャロを落とせば地上のティターンズとのミリタリーバランスは崩れるはずだが」

ゼロ「カラバの戦力は十分整っている。叩けるうちにやっておいた方がいい」

ハヤト「しかし、これ以上エマ中尉とアルナ少尉を連れ回す訳にもいかない。彼女達はエゥーゴなんだからな。エゥーゴにはエゥーゴの仕事がある」

ゼロ「そうか…」

ハヤト「宇宙へ戻るなら手配をする。アーガマが拾ってくれるはずだ」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.宇宙へ戻る
2.地上に残る
↓1
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 23:09:02.21 ID:LAdrhp4ko

アムロinサイコガンダムってすごい動きして怖そう
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/29(木) 23:40:55.44 ID:mk0561gDO
トリコロールサイコか
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/29(木) 23:50:00.10 ID:BASnh01+o
フルバースト・サイコ・ガンダムとかあるのね、マジで知らんかったわ
見た目的にはカラーリングからも巨大なパーフェクト・ガンダム(プラモ狂四郎版)にしか見えん
Iフィールドバリア、サイコミュ搭載、MA形態(サイコロ型ではなくGファイタータイプ)で高速飛行かつ長航続性、元機体のバ火力維持、アムロ搭乗… これ1機で地上のティターンズ全部殲滅出来るやろマジで…しかもゼロもカラバ入りしたし
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 01:53:27.04 ID:Bpc6N4O90
主人公の勢力凄まじすぎるな…
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 02:00:50.33 ID:O97AwF+Io
まあ戦いは数だよ兄貴!だからね
局地的に戦力凄まじくても全ての戦局左右できるわけでもあるまい
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 18:47:44.46 ID:nokyLOpWo
アルナ「宇宙に戻ります。今の宇宙の状況を知りたいですから」

ハヤト「分かった。シャトルの準備をしよう」

アムロ「アルナ少尉。君のおかげで目が覚めた気がする。礼を言うよ」

アルナ「お礼なんて!私はそんな大それた事なんてしていません」

アムロ「それでもさ」

ゼロ「俺からも礼を言わせてくれ。フォウを助けてくれて感謝している。ありがとう」

アルナ「皆さん良くなるといいですね」

ゼロ「フォウ達は先に保護されたロザミアと一緒に療養している。これからの彼女達は、戦いとは無縁な人生を歩んで欲しいと思っている」

アルナ「それはゼロさんもですよ!ゼロさんもいつか戦争とは関係の無い生活が送れるように、私も宇宙に上がっても頑張りますから!」

ゼロ「そうだな。お互い平和な世界を目指して戦いを終わらせよう」

アルナ「はい!」

ジェリド「アルナ少尉、いいだろうか?」

アルナ「ジェリド中尉?どうしたんですか」

ジェリド「あれから少尉達の戦いを見て思った。俺もアンタのような一本気のある人間になりたい。だからエゥーゴとして共に戦わせて欲しい。頼む!」

アルナ「えっと…」

ハヤト「彼の処遇は君に一任すると言った。思ったままを答えればいい」

アルナ「分かりました。では、ジェリド中尉。私達と一緒に戦って下さい。そして、この戦いを終わらせましょう」

ジェリド「あ、ああ!よろしく頼む!」

エマ「結局、Mk-Uのテストパイロットは全員エゥーゴに寝返ったのね。自分で言うのもなんだけど複雑な気分だわ」

ジェリド「エマも改めてよろしく頼む」

エマ「ええ。宇宙ではカクリコンもいるだろうし。チームも組めるかしらね」

アルナ「みんなどうしてるかな」

カラバと別れを告げたアルナ達は、シャトルで宇宙へと帰還する
ゼロから提供されたデータはアナハイムが解析を始め、新たな兵器開発がスタートする
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 18:48:50.99 ID:nokyLOpWo
ーアーガマー

アルナ「アルナ・ソート少尉、ただいま帰還しました」

エマ「同じくエマ・シーン中尉、帰還しました」

カミーユ「2人共お帰りなさい!無事で良かった」

アルナ「カミーユ君も元気そうで何よりだよ」

レコア「そうでも無いわよ。アルナと別れて宇宙に戻った時は落ち込んでたわ」

カミーユ「レ、レコアさん!それは言わない約束ですよ!」

レコア「ごめんなさいね。でも、無事で本当に良かったわ。お帰りなさい」

アルナ「うん。ただいま」

クワトロ「地上で何かあったようだな。以前より逞しくなったようにも見える」

アルナ「逞しくなったかは分かりませんけど色々はありました」

クワトロ「そうか。地上での経験は少尉を良い方向へと成長させたようだ」

アルナ「そうだといいです」

アルナ「あの、ライラ大尉やカクリコン中尉はいないんですか?」

クワトロ「ライラ大尉達はラーディッシュへ配属されている。ヘンケン艦長はエマ中尉を欲しがっていたようだが、あいにくと中尉は地上に残ってしまったからな」

エマ「そうなんですか?」

クワトロ「その時の艦長の悲しそうな顔は今も忘れられんよ」

アルナ「私、ヘンケン艦長に悪い事をしちゃったのかな」

エマ「いいのよ。そのおかげで助けられた命もあったのだから」

アルナ「うん、そうだよね」

カミーユ「あの、アルナさん。あそこにいるのは…」

ジェリド「……」

アルナ「ジェリド中尉だよ。これから彼もエゥーゴとして一緒に戦ってくれる事になったから、いきなり殴り合いとかしちゃ駄目だよ」

ジェリド「……」

カミーユ「……」スタスタ

ジェリド「…カミーユ」

カミーユ「ジェリド中尉。あなたとの出会いは最低でした。でも、今は自分の大人げなさを恥じています」

ジェリド「俺の方こそ君の名前を馬鹿にして悪かった。あの時の俺は、ティターンズというだけで自分が偉くなっていたと勘違いをしていた」

ジェリド「だが、そんなものはちっぽけなプライドだって事を思い知らされた。いまさら水に流してくれとは言わない。だが、出来ることなら俺に汚名挽回のチャンスを与えてくれないか」

カミーユ「分かりました。これからはエゥーゴの仲間です。共に戦いましょう」

ジェリド「ああ!」

アルナ「よーし!だったらみんなでご飯でも食べよう!親睦を深めるには食事が一番だからね」

レコア「そんなことを言って、単にアルナが食べたいだけでしょ」

アルナ「ち、違うよ!」

クワトロ「……」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 18:50:23.12 ID:nokyLOpWo
ーアーガマ MSハンガーー

アルナ「あれ、こんなモビルスーツなんてあったっけ」

アポリー「これはリック・ディアスUって機体だ。先行試作機を俺とロベルト用にって手配してくれたんだ」

アルナ「今までのディアスより強そう見えます」

アポリー「だろ?まあ期待しててくれよ。クワトロ大尉の百式も改良されてるんだぜ」

アルナ「そうなんですか?私が地上にいる間にもエゥーゴも戦力が上がっているんですね」

アポリー「ラーディッシュにもガンダムMk-Vってのが配備された。機会がある時にでも見学してみな」

アルナ「はい」

ファ「パイロットのみなさんお弁当を配りますので取りに来てください」

アルナ「あの子は?」

アポリー「カミーユの幼馴染みのファ・ユイリィって子だ。両親が人質に取られているらしくてな。戦えなくともエゥーゴに協力したいって事でアーガマで働いてもらっているんだ」

アルナ「そうなんですか」

ファ「あっ…」

アルナ「初めまして」

ファ「……」

ファ・ユイリィのアルナへの対応
1.初めまして
2.お・ね・い・さ・ま〜
↓1
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 18:57:20.59 ID:MPb3t0jvo
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 19:12:55.12 ID:EvK+nLsN0
リックディアスUか、リックディアス改くらいの性能あるんかな?
ただ、これだけパイロットが増えるとジェリド達ネームド組には量産型じゃなくワンオフ機体をあげたいところ
リックディアス自体はバランスの良い名機だけどこれからアポロ作戦とかあるし力不足になってくから
(主に可変機構ありの第三世代機のせいで)
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 19:46:16.75 ID:YgTy2SRko
2だったら黒子か?
見てみたかったな
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/30(金) 20:00:20.48 ID:SzEfUlrDO
ティターンズに残っている(はず)なのは、不死身の第4小隊にセンチネルやAOZにクール橘さん達以外だとヤザンにシロッコぐらいか?



あ、バイアランカスタムのパイロットもいるか
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 20:23:36.81 ID:drcJqtTCo
ファ「初めまして。あなたがアルナ少尉ですか?」

アルナ「そうだよ」

ファ「カミーユやレコアさんから聞いています。よろしくお願いします」

アルナ「よろしくね」

ファ「私はまだ仕事がありますので。失礼します」

アルナ「うん。またね」

ロベルト「アルナ!ブライト艦長が呼んでるぞ」

アルナ「あ、はい!」

ーアーガマ ブリッジー

ブライト「地上での任務ご苦労だった。アムロにも会ったらしいな」

アルナ「はい」

ブライト「ハヤトから聞いたより尻を叩いてやったそうだな」

アルナ「し、尻ですか!?そんな事はしていませんよ!」

ブライト「言葉の綾だ。それで本題だが、本日付けでアルナ少尉は中尉に昇進となる。引き続き力を貸してもらいたい」

アルナ「ありがとうございます」

ブライト「現在アーガマとラーディシュは別行動をしている。そこで中尉にはこのままアーガマに残るか、ラーディシュへ出向するかを決めて欲しい」

アルナ「…でしたら」

アルナの行動
1.アーガマに残る
2.ラーディシュへ行く
↓1
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 20:24:53.94 ID:MPb3t0jvo
1
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/30(金) 21:27:30.19 ID:drcJqtTCo
アルナ「アーガマに残ります」

ブライト「分かった。エマ中尉はラーディシュへ移動となったので中尉が抜けた分は働いてもらうぞ」

アルナ「了解です!」

ーそれから暫くしてー

アルナ「なんですこれ?」

量産型サイコ「やあ」

フランクリン「これは量産型サイコガンダムという機体だ。アルナ君がムサラメ研究所から手に入れたデータを元に開発した」

アルナ「大丈夫なんですか?」

フランクリン「この機体にサイコミュシステムは搭載されてはいないか、試験的にインコムという疑似オールレンジ兵器を搭載してある。試作機1機を預けるので誰かに乗せてやってくれ」

アルナ「分かりました」

クワトロ「このZガンダムに似た機体は?」

ZプラスC1型「どうも」

フランクリン「これはZガンダムの量産機のZプラスだ。カラバと開発していたA1型を空間戦闘用に再設計したのが、このC1型だ」

クワトロ「ほぅ」

フランクリン「C1型も先行機を2機を預ける。戦果を期待しているぞ」

クワトロ「期待に添えるようにしましょう」

フランクリン「では私はカミーユに会ってくる」

アルナ「はい」

クワトロ「新型が届いたのはいいが、パイロットはどうする?」

ジェリド「俺に1機預けてはくれないか」

クワトロ「ジェリド中尉?そうだな保護観察も終わった身だ。いいだろう」

ジェリド「ありがたい」

ジェリドに乗せる機体
1.量産型サイコガンダム
2.ZプラスC1型
↓1
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/30(金) 21:34:02.47 ID:EvK+nLsN0
ジェリドは一番活躍したのがバイアランだし火力と重装甲より、
機動性俊敏性高い機体の方が合ってるはずの2
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/10/01(土) 06:25:53.97 ID:ZzQ/k30DO
量産型サイコって史実のあの火力お化けか
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 11:06:12.10 ID:y30yPMWZ0
ZZもかなり前倒しで開発されそうな勢いだな。ZU辺りはもう出来ててもおかしくない。
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 12:13:19.20 ID:6FVSf6W/O
戦いは数だよ兄貴と言うし、リ・ガズィとか無理ならジムVとか開発してほしい所ではあるがね
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 12:18:44.34 ID:n6DnxSAbo
ティターンズだって腐ってもちゃんと手練れのエリート集団だし勝てる見込みがないのなら作るかもしれない
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/01(土) 20:30:02.54 ID:RvzOruIbo
クワトロ「ジェリド中尉にはZプラスに乗ってもらう」

ジェリド「了解した」

アルナ「同じZ乗り同士頑張りましょう」

ジェリド「ああ。Z乗りは中尉の方が先任だ。後で練習相手を頼む」

アルナ「分かりました」

クワトロ「アルナ中尉には言っていなかったが私は近いうちに地球に降りる」

アルナ「お仕事ですか?」

クワトロ「連邦議会に出席するブレックス准将の護衛だ」

アルナ「准将の護衛…」

クワトロ「どうした?」

アルナ「いえ。護衛は多い方がいいと思いまして」

クワトロ「同行するのか?」

アルナ「い、いえ!私なんかじゃお役に立てませんよ。私よりずっと強い人が知り合いにいますから、その人にお願いしようかと」

クワトロ「ほぅ」

アルナ「カラバのゼロ・ムラサメって人なんですけど、その人が付いてくれたら安心かも」

クワトロ「君が言うならば信用はあるか。分かった、その人物に連絡を取ってくれるか?」

アルナ「分かりました!」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/01(土) 20:30:37.65 ID:RvzOruIbo
ーそれから数日後ー

ブライト「ティターンズの協力者からの情報だ。ティターンズがフォン・ブラウン市に攻撃を仕掛けるらしい」

アルナ「ティターンズに協力者がいるんですか?」

レコア「ジャブローから脱出した兵士の一部がスパイとしてティターンズへ戻っているのよ」

アルナ「そうなの?」

レコア「そのおかげで活動が随分と楽になっているわ」

アルナ「危険じゃないのかな」

レコア「その人も承知の上で命を懸けているのよ」

アルナ「…そうだよね。その人の為にも頑張ろう」

カミーユ「僕達はどう動くんです?」

ブライト「ゼーター部隊でティターンズの艦隊に陽動を仕掛ける。その間にエゥーゴの艦隊でフォン・ブラウン市の防衛を固める。危険な任務だがやってくれるな?」

ジェリド「当然だ。その為に俺はエゥーゴに入ったんだ」

アルナ「はい!でも、Z部隊って私とカミーユ君とジェリド中尉。あと一人は誰です?」

レコア「私よ」

アルナ「レコアなの!?」

レコア「私もパイロットの訓練は受けているのよ。やってみせるわ」

アルナ「分かった。危ないと思ったら後ろに下がっていいからね」

レコア「大丈夫よ。でもありがとね」

ブライト「今回の作戦はクワトロ大尉は地球へ降りる為に参加はできない。そこで臨時の指揮官を選ぶ」

アルナ「アポリー中尉が適任では?」

アポリー「Z部隊が先発なんだ。指揮官はZ乗りの方がいい」

カミーユ「僕はアルナさんが適任だと思います」

アルナ「えぇっ!?」

レコア「私も賛成するわ」

アルナ「…ジェリド中尉は?」

ジェリド「俺は新参者なんだ。それにお前さんなら皆従うんだろ?だったらその方がいい」

ブライト「決まりだな。アルナ中尉は次の作戦でMS隊の隊長に任命する」

アルナ「分かりました。未熟とは思いますけどよろしくお願いします」

ブライト「作戦決行は5日後だ。各員それまでに準備をやっておけ」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/01(土) 20:31:29.08 ID:RvzOruIbo
ー作戦当日ー

ブライト「ゼーター部隊、発進用意!」

カミーユ「カミーユ・ビダン発進します!」ドシューン

ジェリド「ここで汚名挽回をさせてもらう。ジェリド・メサ、Zプラス出るぞ!」ドシューン

レコア「先に行くわよ。レコア・ロンド、Zプラス出ます!」ドシューン

アルナ「よし。アルナ・ソート、Zガンダム行きます!!」ドシューン

ー月面ー

アルナ「私達の任務はあくまで陽動。無理に敵の数を減らそうだなんて考えちゃ駄目だよ」

カミーユ「了解です」

ジェリド「分かっているさ。しかし囮だという事を悟られない為には、こちらも本気だという所を見せなきゃならんだろう」

アルナ「確かにそうかも。ジェリド中尉の意見を採用します」

レコア「そろそろ接敵する頃合いね」

カミーユ「あれか?」

アレキサンドリア「後半へ続く」ゴゴゴゴッ

アルナ「アレキサンドリア1隻?情報ではドゴス・ギアって船もいるはずなんだけど、後方で待機してるの?」

カミーユ「どうします?僕達はアルナさんの指示に従います」

アルナ「じゃあ…」

アルナの行動
1.アレキサンドリアと戦う
2.フォン・ブラウンへ戻る
↓1
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 20:34:01.50 ID:sKHbWu4No
連邦の夢Zガンダム量産
2
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/01(土) 20:53:00.58 ID:XgoiG5Jg0
これ実際の戦場で似たような用兵であったら判断難しいよね
アレキサンドリアは陽動だって判断して無視したら実は本命で大被害に遭う可能性だってあるし
まぁ原作だとジャマイカンが無能で好戦的なのを利用してシロッコがフォン・ブラウン制圧する訳だけど
186 :!random [sage]:2022/10/02(日) 19:51:00.62 ID:+niMzHgAo
はやりに乗って水星いくか
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/02(日) 20:09:38.11 ID:XNK/8hiWo
アルナ「嫌な予感がする。フォン・ブラウンへ戻ろう。アレキサンドリアから部隊が展開する前に離脱する!」

カミーユ「了解」

ーフォン・ブラウン 防衛ラインの外れー

ドゴス・ギア「ブロリー心の俳句」ゴゴゴゴッ

アルナ「あれは!」

レコア「アルナの感が当たったわね」

カミーユ「どうしてこんな所に!」

ジェリド「こちらに情報を流していたのがバレたんだろう」

アルナ「じゃあその人は…」

レコア「消された可能は高いわね」

アルナ「くっ…」

ドゴス・ギア隊「ヒャッハー!!」

カブスレイ部隊「初めまして」

ジェリド「モビルスーツ隊のお出ましだ!」

レコア「見慣れない機体が出てきたわね」

ジェリド「新型だろうとなんだろうが敵は落とすだけだ!」ボビューン!

カミーユ「援護します!」ボビューン!

ドゴス・ギア隊「ぎょえええっ!!」チュドーン

レコア「やるわね。私も負けていられないわ!」ボビューン

サラ「…くっ!!」スッ

レコア「避けた!」

サラ「あれを落とせば!」スッ

アルナ「レコア!」ボビューン ボビューン

サラ「ああああっ!損傷が…撤退します!」ドシューン

シドレ「サラ曹長、撤退したのか!?」

マウアー「構うな。我々の任務はドゴス・ギアをフォン・ブラウンへ上陸させる事だ」

シドレ「は、はい!」

ハイザック隊「うおおおおっ!!」

アルナ「まだ出てくるの!?」

カブスレイ兵「このガブスレイでガンダムを落としてやる!」ボシューン!

ジェリド「やるな!だがこちらもZタイプだ!後れは取らせん!」

レコア「このままだと数で押されるわ!」

アルナ「だけどこのまま下がったら一気に突破される!こっちは手薄なのに」

カミーユ「無理を承知でドゴス・ギアを狙いますか?」

アルナ「ドゴス・ギアか…」

アルナの行動
1.ドゴス・ギアを狙う
2.占領されるのを覚悟でフォン・ブラウンまで下がる
↓1
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:11:49.39 ID:H2ahwUr1o
2
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:28:16.98 ID:sWgHN+A00
マウアーはティターンズのままか、ジャブロー自爆の混乱でジェリドと会ってなかったんだな

幾らZガンダムと派生型のZプラスがが4機もいるとはいえ、
ドゴス・ギアはMSを48機搭載出来る巨艦だから突撃するのは無謀か
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/02(日) 20:38:02.84 ID:XNK/8hiWo
アルナ「占領されるのを覚悟で本体と合流しよう」

カミーユ「分かりました」

ーフォン・ブラウン上空ー

アルナ「ブライト艦長すみません!ドゴス・ギアを抑え切れませんでした」

ブライト「いや、よく持ちこたえた。こちらも総力戦だ。モビルスーツ隊はドゴス・ギアに火力を集中させろ!」

アポリー「くらえっ!」

ロベルト「当たれよ!」

ライラ「火力を集中させるよ!」

カクリコン「了解!」

エマ「ええ!」

シロッコ「いくら火力を集中させようと、このドゴス・ギアは止められはせん。艦長、こちらも砲撃開始だ」

艦長「メガ粒子砲撃て!」

ドシュドシュドシューン!!

カクリコン「しまった!」

ジェリド「カクリコン!」ガシッ

カクリコン「ジェリドか!すまん!」

ジェリド「いいって事よ」

エマ「ジェリド、カクリコン。フォーメーションを立て直すわよ」

カクリコン「おう!」

ジェリド「まかせろ!」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.このまま砲撃をする
2.一度アーガマへ戻る
↓1
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:41:32.17 ID:qy6RPjzFo
2
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 20:42:22.25 ID:sWgHN+A00
メガ・ビーム・ランチャーあるかな?それだったら2に賭ける
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/02(日) 22:46:15.20 ID:XNK/8hiWo
アルナ「ごめん一度アーガマに戻る」

カミーユ「アルナさん?分かりました」

レコア「何か考えがあるのね」

アルナ「うん。だから少しだけお願い」

レコア「分かったわ。行って来なさい」

ーアーガマー

アルナ「アストナージさん、量産型サイコ残ってます?」

アストナージ「ああ。誰も乗ってないから空いているぞ」

アルナ「ちょっと借ります!」

アストナージ「分かった。頼むぞ!」

アルナ「はい!」

ーフォン・ブラウン上空ー

アルナ「今から一斉に砲撃をします。各機は射線上から退避してください!」

ロベルト「量産型サイコガンダムか!」

レコア「あれを使うのね」

アポリー「聞いたな!全機散開しろ!アルナの攻撃に当たるよ!」

アルナ「いっけええええっ!!」

ドシュウウウウウウウウン!!

マウアー「なんだこれはっ!?」

シドレ「少尉!」

ガブスレイ兵「馬鹿なあああっ!!」チュドーン

マウアー「くっ…損傷が大きい!撤退する!」ドーン!

シドレ「マウアー少尉!て、撤退します!」

ドゴス・ギア艦長「なに?エンジンブロックに命中しただと!このままでは航行が困難になります」

シロッコ「あの機体、やってくれたな。まあいい撤退信号を出せ。この空域から離脱する」

ドゴス・ギア「……」ゴゴゴゴッ

アルナ「撤退していく…はっ!」

アルナ「いま、誰かに見られたような気がする…気のせい?」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「え?」

カミーユ「どうかしましたか?」

アルナ「ううん。何でもないよ」

ブライト「アレキサンドリアも撤退を開始した。皆ご苦労だった」

レコア「戻りましょう」

アルナ「うん」

ーアーガマー

ブライト「フォン・ブラウンの占拠は免れた。しかし、再び攻撃を仕掛けて来る可能性がある」

ブライト「アーガマは暫くフォン・ブラウン周辺を警戒する。ラーディッシュはここを離れ、ティターンズの動きを探ってもらう。アルナ中尉はどうする?」

アルナ「でしたら」

アルナの行動
1.アーガマに残る
2.ラーディッシュに移動する
↓1
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 22:47:43.81 ID:RxLkU9Ey0
1で
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/02(日) 22:52:05.64 ID:H2ahwUr1o
戦隊もので巨大戦に移行するかのようなノリで使われる量産型サイコ
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/03(月) 00:01:31.28 ID:WbfGYqs0o
アルナ「アーガマに残ります」

ブライト「分かった、暫くは待機になる。フォン・ブラウン市に降りる事も許可しよう」

アルナ「了解です」

ーフォン・ブラウン市ー

アルナ「これから何をしようか」

アルナの行動
1.ショッピング
2.食事
3.お宝探し
↓1
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 00:02:02.38 ID:RPOs38C0o
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/10/03(月) 01:37:52.30 ID:WbfGYqs0o
アルナ「買い物でもしよう」

ーお店ー

店員「いらっしゃい!」

アルナ「何にしようかな」

店員「こんなのあるよ!」

アルナ「んー、じゃあ…」

アルナが買ったもの
コンマ00 ツインバスターライフル
コンマ03 参式斬艦刀
コンマ06 GNシールドビット
コンマ96 相転移エンジン
それ以外 テム・レイの回路
↓1
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 01:40:27.92 ID:0mc+28XYo
きつい
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 01:46:28.65 ID:I5rLEIz30
何の店だよ
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/10/03(月) 04:48:32.53 ID:8O5Go3sDO
ショッピング(武器屋)
214.06 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)