【ガンダムSS】主人公「安価でグリプス戦役を生き延びる」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 22:36:49.49 ID:WqYvydH+0
名前:アルナ・ソート
性別:女性
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 22:40:10.23 ID:+KQ0MjyPo
次にあなたの所属組織とニュータイプの有無を決めます
※ニュータイプの有無はサイコミュ対応機に乗れるか程度です


1.エゥーゴ
2.ティターンズ

ニュータイプ判定
00ー50まで オールドタイプ
51ー99まで ニュータイプ
↓1
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 22:44:35.94 ID:8JscOgIlo
1
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 22:51:56.82 ID:+KQ0MjyPo
最後にあなたの経歴を教えて下さい

1.一年戦争時から連邦軍在籍(大尉)
2.一年戦争時からシャアの部下(中尉)
3.一年戦争後に連邦軍に入隊(少尉)
↓1
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 22:53:31.20 ID:Y2FWDVAEo
3
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/16(金) 23:08:10.85 ID:+KQ0MjyPo
プロフィール
名前 アルナ・ソート
性別 女性
所属 エゥーゴ
能力 ニュータイプ
階級 少尉

エゥーゴへよく来てくれた。私は君の参加を歓迎する


宇宙世紀0087年 3月

ーアーガマ MSハンガーー

アルナ「これがリック・ディアスですか」

クワトロ「そうだ。少尉にもこの機体に慣れてもらう。いいな」

アルナ「は、はい」

クワトロ「それと例の任務だが、少尉はどうする?戦わずとも実戦の空気に触れるだけでも経験になるはずだ」

アルナ「そうですね…」

ガンダム奪取の任務に参加するか?
1.参加する
2.参加しない
↓1
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/16(金) 23:10:53.38 ID:8JscOgIlo
1
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/17(土) 17:35:34.92 ID:0iBpFAd5o
アルナ「私も参加させて下さい」

クワトロ「分かった。作戦決行は明日だ。それまでにマニュアルくらいは目を通しておけよ」

アルナ「了解です!」


ー作戦当日ー

クワトロ「私はグリプス内部の調査をする。アルナはアポリーとロベルトに付いて行くといい」

アルナ「分かりました」

アポリー「よおし。付いてこれるな」

アルナ「は、はい」

ーグリーン・ノア1表面ー

アルナ「アポリー中尉あれを!」

マークトゥー「汚名挽回します」ヒューン

アポリー「ん?あれか!ロベルト!」

ロベルト「Mk-Uの開発は本当だったのか。アルナ、大尉に連絡を頼めるか?」

アルナ「分かりました」

ー合流地点ー

アルナ「大尉!」

クワトロ「どうした?」

アルナ「コロニー内でガンダムを確認しました」

クワトロ「ならばアーガマに動いてもらうか。少尉、アーガマに信号弾を撃て」

アルナ「はい」パシュ

ヒューン カッ!!

アルナ「……」

アルナ「あっ!アーガマの砲撃が!」

ビシュイーン!!

コロニー「ぎゃーす!」ドーンッ!!

クワトロ「よし」

アルナ「あの、コロニーに穴を開けてもいいんですか?」

クワトロ「被害は最小限にしているはずだ」

アルナ「そ、そうですよね」

クワトロ「私達も好きでやっている訳ではない。行けるか?」

アルナ「大丈夫です」

クワトロ「よし。遅れるな」ドシューン

アルナ「は、はい」ドシューン
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/17(土) 17:36:46.13 ID:0iBpFAd5o
ーグリーン・ノア1内部ー

アルナ「前方にモビルスーツ?敵襲!?う、撃ってきた!!」

ジムU達「ヒャッハー!!」バキューン バキューン

アルナ「ひええっ!!」

クワトロ「アルナ下がれ!アポリー、ロベルト!」

ロベルト「いいんですね大尉」

クワトロ「仕方あるまい。アルナも覚悟を決めろ」

アルナ「こ、これが実戦……」

クワトロ「アルナ!」

アルナ「は、はい!」

クワトロ「無理に戦う必要はない。しかし一瞬の判断が己を殺す事になる。それだけは忘れるな」

アルナ「わ、分かりました」

アポリー「今は付いて来るだけでいい」

ロベルト「慌てて前に飛び出るのだけは止めてくれよ」

アルナ「アポリーさん、ロベルトさん…」

クワトロ「ここまで来てMk-Uを見て終わりにしたくはない。可能ならば一機は鹵獲したいものだが…」

ジムU達「ヒャッハー!!」バキューン バキューン

クワトロ「連邦軍は、いつになったらここが地球と地続きで無いって事が分かるんだ!」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.クワトロ達に付いて行く
2.囮になる為に戦列を離れる
↓1
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/17(土) 17:44:06.27 ID:32pEII0OO
1
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/17(土) 18:39:49.05 ID:0iBpFAd5o
アルナ「大尉達に付いていこう」

その後、ガンダムMk-Uは民間人の少年の介入もあって2機を奪取する事に成功した

ーアーガマ MSハンガーー

アルナ「ガンダムの奪取を手伝ったってどんな人なんだろう」

カミーユ「……」

アルナ「君がガンダムMk-Uを動かしたパイロットなの?」

カミーユ「そうですけど。貴女はあのモビルスーツのパイロットなんですか?」

アルナ「うん。アルナ・ソートっていいます」

カミーユ「アルナさんですか。僕はカミーユ・ビダンです」

アルナ「カミーユ君か。よろしくね」

カミーユ「はい」

クワトロ「ブレックス准将…この組織の代表が君に会いたいと言っている。付いてきてくれるか?」

カミーユ「分かりました。じゃあアルナさん」

アルナ「うん」

アルナ「はぁ、あんな若い子がモビルスーツを動かしてるなんて自信無くしそう」

ーアーガマ 食堂ー

アルナ「こういう時は甘いものでも食べて…」

ブーン ブーン

アルナ「えっ?敵襲!?」

ーMSハンガーー

アルナ「襲撃ですか?」

アポリー「そうだ。すぐにでも出られる準備をしておけよ」

アルナ「分かりました」

ライラ『聞こえるか。貴艦の所属を明らかにしろ。当方の命令に、これ以上従わない場合は撃沈をする』

ヘンケン「我が方はエゥーゴだ!命令は聞けない」

ライラ『了解をした。撃沈をする』

アルナ「やっぱりこうなるのね」

赤ディアス「やってみるさ」ドシューン

ヘンケン「モビルスーツ隊発進!」

アルナ「大尉が出たの?私はどうしようか」

アルナの行動
1.クワトロ大尉を追う
2.アーガマの護衛
↓1
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/17(土) 18:49:00.48 ID:uk0Gc/qlo
2
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/18(日) 03:13:21.05 ID:1gV7y8640
統一教会スパイクタンパクISISは、正当に選挙されたスパイクタンパク会における代表者を通じて行動し、ウクライナとウクライナの子孫のために、諸スパイクタンパクISISとの協和による成果と、わがスパイクタンパク全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権がスパイクタンパクISISに存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそもスパイクタンパク政は、スパイクタンパクISISの厳粛な信託によるものであつて、その権威はスパイクタンパクISISに由来し、その権力はスパイクタンパクISISの代表者がこれを行使し、その福利はスパイクタンパクISISがこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。ウクライナは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
統一教会スパイクタンパクISISは、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸スパイクタンパクISISの公正と信義に信頼して、ウクライナの安全と生存を保持しようと決意した。ウクライナは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐるスパイクタンパク際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。ウクライナは、全世界のスパイクタンパクISISが、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
ウクライナは、いづれのスパイクタンパク家も、自スパイクタンパクのことのみに専念して他スパイクタンパクを無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自スパイクタンパクの主権を維持し、他スパイクタンパクと対等関係に立たうとする各スパイクタンパクの責務であると信ずる。
統一教会スパイクタンパクISISは、スパイクタンパク家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 14:51:32.61 ID:5iHDa7m1o
アルナ「アーガマの護衛をしよう」

ー暫くした後ー

パッ!ポン!ポン!

アルナ「撤退信号!退いてくれたの?」

アポリー「ご苦労さん。戻るぞ」

アルナ「私は何も出来ませんでしたけど」

アポリー「アルナがいてくれたからアーガマは無事だったんだ。少しは自信を持てよ」

アルナ「は、はい」

ー食堂ー

アルナ「疲れたー」

レコア「お疲れ様」

アルナ「レコアー」

レコア「パイロットはどう?」

アルナ「うーん。あんまり役に立ててないかも」

レコア「そんな事はないわよ。さっきもアーガマを守ってくれていたじゃない」

アルナ「それはそうなんだけど」

レコア「まあ、これから次第よ。頑張りなさい」

アルナ「うん」

クルーA「本当なのか?」

クルーB「らしいぜ」

アルナ「どうしたんだろ」

レコア「何かあったの?」

クルーB「ティターンズが白旗掲げてこっちに来てるらしいんだよ」

アルナ「ティターンズが!?」

レコア「行ってみましょうか」

アルナ「だね」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 14:52:02.41 ID:5iHDa7m1o
ー通路ー

クワトロ「……」スタスタ

エマ「……」スタスタ

アルナ「あの人がティターンズなの?年は私やレコアとそう変わらない気がするけど」

レコア「そうね」

アルナ「何を話すのかな」

ー暫くした後ー

クルー「ティターンズがあの子供の親を人質を取ってるらしいぜ!」

アルナ「本当なんですか!?」

クルー「聞き耳を立ててた奴が言っていたから間違いない」

アルナ「そんな…」

トーレス『正体不明のカプセルをキャッチ!』

アルナ「えっ?」

カミーユ「くっ!」ダッ

アルナ「カミーユ君?まさかご両親を助けに行くつもりなの!?」

アルナ「だったら私は…」

アルナの行動
1.カミーユを追う
2.状況を静観する
↓1
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 15:08:00.25 ID:OFzXcusDO
1
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 15:30:30.61 ID:5iHDa7m1o
アルナ「カミーユ君を追おう」

ーMSハンガーー

整備班「おい!Mk-U3号機が勝手に出てったぞ!」

アルナ「やっぱり。急がないと!」

ーディアスコクピットー

アルナ「ヘンケン艦長。Mk-Uは私が追います」

ヘンケン『なんだと!?君では…いや、すぐに動けるのは君しかいない。頼む』

アルナ「必ず連れ戻します。アルナ・ソート、出ます!」ドシューン

ーアーガマ周辺宙域ー

アルナ「カミーユ君!」

カミーユ「貴女は!止めないで下さい!」

アルナ「止めないよ。ご両親を助けたいんだよね。だったら私にも手伝わせて」

カミーユ「アルナさん…分かりました。お願いします」

アルナ「それにしても…」

ハイザック「……」ススッ

アルナ「あのハイザックの動き。何をか狙っているの?」

アルナの行動
1.カミーユとカプセルに向かう
2.ハイザックの方へ向かう
↓1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 15:34:39.81 ID:wKca8YQ7O
1
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 15:54:25.42 ID:5iHDa7m1o
アルナ「気にしても仕方ないか。今はカプセルに急ごう」

カミーユ「あれは!」

ヒルダ「!!」

カミーユ「あなたは何やってんです!そんな所でっ!!」

アルナ「カミーユ君早く!はっ!?」

ハイザック「……」スッ

アルナ「マズイ!」

アルナの行動
1.カプセルを庇う
2.カプセルから退避する
3.ハイザックを撃つ(コンマ70以上で成功)
↓1
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 16:44:15.27 ID:OA7/PDDLo
1
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 17:14:23.39 ID:5iHDa7m1o
ジェリド「コイツはいい!爆弾もろとも消えて無くなれよ!3号機と新型!!」ビシューン ビシューン

アルナ「危ない!」バッ

カミーユ「えっ?」

ジェリド「なにっ!?」

アルナ「うわあああっ!!」ドゴーン!!

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「私の事はいいからお母さんを…」

カミーユ「でも!」

アルナ「早く行きなさい!」

カミーユ「クッ…すぐに大尉達を連れて戻ってきますから!お袋!」 ドシューン!!

ジェリド「待て!」

アルナ「ここから先は通さないわよ」

ジェリド「そんな機体で俺とやろうって言うのかい?その勇気に免じてお前から相手をしてやるよ!」

アルナ「…どうする?」

アルナの行動
1.説得してみる
2.距離を取りつつ攻撃する
3.回避に専念
↓1
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 17:29:39.63 ID:OFzXcusDO
1
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 17:43:25.90 ID:OA7/PDDLo
機体は失ってもいいから生還するのだ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 21:26:25.96 ID:5iHDa7m1o
アルナ「あのカプセルには人が入っていたのよ!それを分かっていて撃ったというの!?」

ジェリド「なに?あれは爆弾のはずだ!そんなデタラメを信じるものか!」

アルナ「本当にあれ爆弾だったら私が庇う事も、あの子がカプセルを持って行く事だって無いでしょ!」

ジェリド「それは…爆発したらタダでは済まんからだろう!」

アルナ「この分からず屋!」

ジェリド「そういう貴様こそ時間稼ぎをしようって魂胆じゃないのか!」

アルナ「そんな訳ないでしょ!」

ジェリド「そうかい!だったら…」

バキューン! バキューン!

ジェリド「なにぃっ!?」

クワトロ「アルナ少尉無事か!」

アルナ「クワトロ大尉!」

アポリー「よく持ち堪えたな。後は任せろ」

ジェリド「やはり俺を騙し討ちする為だったんだな!」

アルナ「ち、違う!」

ジェリド「今度会った時は容赦はせんぞ!」ドシューン!!

アルナ「待って!!」

クワトロ「あのパイロットと何を話していた」

アルナ「説得してみたんです。カプセルは爆弾じゃなくて人が入っていたんだって。でも…」

クワトロ「タイミングが悪かったか」

アルナ「いえ。そのままやられていた可能性もありますし。有り難うございます」

アポリー「何はともあれ無事で良かった。カミーユのお袋さんも助けられたしな」

アルナ「そうですね」

クワトロ「問題はこの作戦が失敗した事でバスクがどう動くかだ。向こうにはまだお父上がいるのだからな」

アルナ「そ、そうだった。どうしよう!」

クワトロ「話はアーガマへ帰還した後だ。君の無事な姿をカミーユ君に見せないといけない」

アルナ「はい」

ーアーガマー

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユ君。ただいま」

カミーユ「本当に無事で良かった。もし、貴女に何かあったら僕は…」

アルナ「気にしないで。私がやりたいと思って動いた事だから」

エマ「アルナさん。あなたの行動は尊敬に値するわ。誰にでも出来る事じゃなくてよ」

アルナ「あはは、ありがとうございます」

クワトロ「念の為に検査は受けておいた方がいい」

アルナ「そうですね。行ってきます」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 21:27:06.09 ID:5iHDa7m1o
ー検査後ー

レコア「お疲れ様。どうだった?」

アルナ「どこにも異常は無いって」

レコア「良かったわね。それにしても凄いじゃない。数時間前まで弱気だった貴女とは思えないわ」

アルナ「レコアのおかげだよ」

レコア「私の?」

アルナ「うん。レコアがあなた次第って言ってくれたから頑張ろうって」

レコア「そう」

アルナ「レコア?」

レコア「なんでもないわ。これからどうするの?」

アルナ「うーん」

アルナの行動
1.カミーユの父を助けるか聞きに行く
2.暫く休む
↓1
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 21:33:01.67 ID:OA7/PDDLo
1
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/18(日) 22:23:05.43 ID:5iHDa7m1o
アルナ「カミーユのお父さんがまだ捕まってるし。助けるのかを聞かないと」

レコア「まだ終わりじゃないものね」

アルナ「じゃあ行くね」

レコア「ええ」

ーアーガマ ブリッジー

アルナ「艦長」

ヘンケン「アルナ少尉。平気なのか?」

アルナ「私なら問題はありません。それよりカミーユ君のお父さんの事です」

ブレックス「我々もその事を話していたのだよ」

アルナ「なにか良い案でもあるんですか?」

エマ「私がアレキサンドリアに戻ってフランクリン大尉を連れて来ます」

アルナ「エマさんでしたっけ」

エマ「ええ。アルナさん」

アルナ「でもそれってティターンズへの裏切り行為になりませんか?」

エマ「あのカプセルを見せられて、あのままティターンズには居られません」

アルナ「じゃあ」

クワトロ「エマ中尉がエゥーゴに協力してくれるという事だ」

アルナ「いいんですか?」

エマ「ティターンズはもっと誇りある組織だと信じていたわ。でもね、私だって誇りがあるのよ」

アルナ「分かりました」

ブレックス「やるなら早い方がいい。バスクの事だ。何をしてくるか分からんからな」

ヘンケン「そうですね。ではエマ中尉」

エマ「分かりました」

アルナ「…あの」

エマ「なにかしら?」

アルナの行動
1.エマとアレキサンドリアへ行く
2.見送りの挨拶だけする
↓1
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/18(日) 22:28:27.67 ID:lcPX0mtdo
1
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:52:19.94 ID:q4BojZZ3o
アルナ「私もアレキサンドリアに行きます」

エマ「え?」

クワトロ「潜入するつもりか?危険だぞ!」

アルナ「その上での志願です」

ブレックス「どうやって同行すると言うのだね?」

アルナ「Mk-Uがありますよね?あれを使います。ティターンズに投降したと見せ掛けるんです」

アルナ「もちろん脱走ですから、アーガマから追撃の振りをして貰う必要がありますけど」

ヘンケン「アレキサンドリアに潜入した後はどうする?」

アルナ「そこはエマ中尉次第でしょうか」

エマ「貴女ねぇ!」

アルナ「私だってカミーユ君のお父さんを助けたいんです!」

エマ「どうしてそこまで」

ブレックス「彼女はあの30バンチ出身なのだよ。そこでご両親や友人を亡くしている」

エマ「30バンチってあの伝染病で全滅した?」

ブレックス「やはりそう教え込まれているのか。エゥーゴに来るのならば、近い内に真実を見せなければならんな」

アルナ「私はあの時、コロニーに居なかったから助かったけど…」

エマ「ごめんなさい」

アルナ「いいんです。だから助けられる人がいたら助けたいんです」

エマ「分かったわ。一緒にフランクリン大尉を救出しましょう」

アルナ「はい!」

ーアーガマ MSハンガーー

カミーユ「そんな!アルナさんが行かなくても。僕が行きます!」

アルナ「駄目だよ。もしカミーユ君が捕まったら同じ事の繰り返しになる。そうなったらお母さんはどうなるの?」

カミーユ「それは…分かりました。でも約束して下さい。必ず戻ってくるって」

アルナ「うん。約束」

アストナージ「Mk-Uいつでも出せるぞ」

アルナ「あっ、はい!行ってくるね」

カミーユ「はい。気を付けて」

アルナ「エマ中尉、エスコートお願いしす」

エマ「分かったわ。エマ機、出ます!」ドシューン

アルナ「アルナ機、ガンダムMk-U行きます!」ドシューン
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:52:54.23 ID:q4BojZZ3o
ーアーガマ周辺宙域ー

アルナ「では作戦通りにお願いします」

ヘンケン「了解だ。アーガマ第一種戦闘配備!モビルスーツ隊も出撃だ。ただし絶対に当てるなよ!」

ロベルト「了解!」

クワトロ「上手く行けば途中からティターンズとの戦闘になる。各機、気を抜くなよ。エマ中尉」

エマ「はい。アレキサンドリア聞こえるか!こちらはエマ・シーン中尉だ!アーガマを脱出したが追撃されている!援護を求む!繰り返す…」

アルナ「来るでしょうか?」

エマ「来るわよ」

ハイザック部隊「ヒャッハー!!」ドシューン

エマ「ほらね」

ジェリド「エマ中尉無事ったか!ん?マークトゥーがもう一機?」

エマ「もう一機のパイロットがこちらに投降したいと脱出の手伝いをしてくれたのよ」

アルナ「……」

ジェリド「そうかい。だったら守ってやらんとな!マークトゥーは返して貰うぞ!」ビシューン ビシューン

クワトロ「そろそろアレキサンドリアの有効射程圏内だな。引き上げるぞ」ピッ

ポン!ポン!

ジェリド「撤退信号?深追いはしないって事なのか?まあいい。マークトゥーを回収してこちらも帰還する!」

アルナ「上手く行った?」

エマ「これからよ」

アルナ「はい」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:55:22.53 ID:q4BojZZ3o
ー重巡洋艦アレキサンドリアー

エマ「エマ・シーン帰還しました。この者が協力者です。手荒な真似をしないようお願いします」

アルナ「……」

アルナ(ここが、ティターンズの船)

ジェリド「アンタがエゥーゴを裏切ったパイロットか」

アルナ(この声…この人があのハイザックパイロットなの?)

アルナ「……」コクリ

ジェリド「なんだい緊張してるのか?」

エマ「ジェリド。あまりちょっかいを出すのではなくてよ」

ジェリド「まあいいさ。先ずはバスク大佐に報告するんだろ?」

エマ「ええ。行きましょうか」

アルナ「……」コクリ

ジェリド「……」

ーアレキサンドリアブリッジー

バスク「ご苦労だったなエマ・シーン中尉。ガンダム1機を取り返した上に協力者まで連れてくるとは」

エマ「いえ」

バスク「君はなぜエゥーゴを裏切ろうと思ったか聞かせてくれないだろうか」

アルナ「エゥーゴのやり方に嫌気がしたんです。スペースノイドの自由と言っておきながら、平気でコロニーを攻撃する。そんな人達が信用できなくなりました 」

エマ「……」

バスク「ほぅ」

ジャマイカン「ふむ。君は賢い選択をしたな。エゥーゴなど所詮はテロリスト紛いの連中。大義があるはずもない」

アルナ「……」

バスク「いいだろう。だが、我々も手放しで君を信頼する訳にはいない」

アルナ「なにをすれば?」

バスク「手段は問わない。アーガマを沈めて見せろ。必要ならばアレキサンドリアやボスニアの部隊を使ってもいい。ただし沈めるのは君だ」

アルナ「アーガマをですか」

バスク「そうだ。あの船の存在が君自身へのしこりとなる。それを取り除くのだ」

アルナ「分かりました。その任務、お受けします」

エマ「……」

バスク「作戦決行は2時間後とする。それまでに策を考えておく事だ。期待している」

アルナ「はい」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:56:07.92 ID:q4BojZZ3o
ーアレキサンドリア個室ー

エマ「よくあんな事を咄嗟に思い付いたわね」

アルナ「エゥーゴがコロニーに攻撃した事は私にも思うところがあるから」

エマ「アルナ…」

アルナ「それで作戦だけどね」

エマ「え?ええ」

アルナ「これって凄く都合が良い事だと思うの」

エマ「アーガマを沈めろだものね」

アルナ「だから次の作戦でフランクリンさんを人質として私のMk-U同乗させて出撃しようと思うの」

エマ「分かったわ。バスクにはそう伝えておく」

アルナ「お願い」

ー作戦決行時間ー

アルナ「フランクリンさん。貴方には人質となってもらいます」

フランクリン「私を人質に取っても価値はないぞ!それにバスク大佐は許可したのか!?」

アルナ「許可は取ってあります。抵抗すれば…分かりますね?」

フランクリン「そ、そんな…」

アルナ「エマ中尉、準備はよろしいか?」

エマ「いつでも良くてよ」

アルナ「アルナ・ソート、ガンダムMk-U出撃する」ドシューン
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 20:57:41.30 ID:q4BojZZ3o
ー宇宙空間ー

アルナ「……よし」カチカチ

フランクリン「なにをやっている?」

アルナ「準備ですよ」

フランクリン「準備?」

カクリコン「ん?何をやっている3号機!」

エマ「エゥーゴの部隊が出てきたわ!」

ジェリド「なにっ!?なんでこんなに早く…まさか!!」

アルナ「フランクリンさん。このまま加速します。何かに掴まって!」

フランクリン「わ、分かった!」

ジェリド「貴様っ!」

エマ「追うわよ!」

ジェリド「分かっている!」

クワトロ「アルナ少尉やってくれたか!」

アルナ「クワトロ大尉!フランクリンさんも同乗しています」

アポリー「やるじゃないの!」

クワトロ「よおし。アルナ機とエマ機を援護しろ!」

ロベルト「了解!」

ボティ「了解!」

バキューン! バキューン!

ジェリド「くそぉ!」

エマ「今のうちに!」ドシューン!!

カクリコン「なに?エマ!貴様もかっ!」

ジェリド「エマ!お前も裏切るのかっ!!」

カクリコン「ジェリド冷静になれ」

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」

ジェリド「…そうだな」

カクリコン「まだ策はある。帰還するぞ」

ジェリド「了解だ」

パンッ! ポンポン!

アルナ「撤退した?」

ロベルト「やけにあっさり退いたな」

クワトロ「…なんだ?この違和感は」

アルナ「大尉?」

クワトロ「Mk-Uにおかしな所はないか?」

アルナ「おかしな所……」

爆弾「時間よ、とまれ」カチカチ

フランクリン「ば、爆弾だっ!」

アルナ「まさかあの指揮官はこうなる事を予測していたの!?」

フランクリン「な、なんとかせんかぁ!」

アルナ「ど、どうしよう!!」

アルナの行動
1.Mk-Uを捨てて脱出
2.爆弾解除を試みる
↓1
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:01:50.34 ID:whXVVqCKo
2
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:02:42.74 ID:Y6Y0R8uDO
2
厳しいような気もするけどmk-Uを捨てるのも惜しい
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:09:44.92 ID:yaoUG6vs0
ティターンズ兵にbotがいますね……
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 21:16:32.88 ID:q4BojZZ3o
アルナ「落ち着け私…」

アルナ「爆弾解除を試みます」

フランクリン「正気かっ!?」

クワトロ「危険だぞ!」

アルナ「ここでMk-Uを失う訳には行きません」

クワトロ「分かった」

アルナ「えっと…これかな?」

バスクの音声「クククっ」

アルナ「な、なにっ!?」

バスクの音声「爆弾のカウントを停止したければこれから出る問題を全て答えよ。もし間違えれば爆発する」

アルナ「えぇ…」

バスクの音声「では第一問。バスク・オムのゴーグルの役割はなにか?」

アルナ「えっと…」

アルナの答え
1.目からビームが出る
2.視力の矯正
↓1
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:23:30.35 ID:Y6Y0R8uDO
2
え…なにこれは
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 21:31:06.09 ID:q4BojZZ3o
アルナ「えっと、視力の矯正?」

バスクの音声「正解!では最終問題」

アルナ「はやっ!」

バスクの音声「バスク・オムの年齢は?」

アルナ「そんなの分かるかい!」

フランクリン「私に任せろ。確か大佐の年齢は…」

フランクリンの答え
1.37歳
2.49歳
3.99822歳
↓1
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:33:54.26 ID:vyc48omMo
1
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 21:38:50.90 ID:LXNWf6q10
随分お茶目なバスクだな、もしかして江〇島塾長じゃないのかコイツ?
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 22:03:57.74 ID:yaoUG6vs0
2
バスクならこのクイズがフェイクとかやりそうだが
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 22:04:24.57 ID:yaoUG6vs0
やっべ更新できてなかった 危ない
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 23:16:26.96 ID:q4BojZZ3o
フランクリン「37歳だ!」

バスクの音声「正解だ。爆弾のカウントは解除された。おめでとう!全問正解の君にはこのバッチを進呈しよう」

アルナ「なんなの!」

フランクリン「まあいいじゃないか」

アルナ「それはそうですけど…」

クワトロ「アーガマへエスコートする。二機とも付いてこい」

エマ「了解」

アルナ「了解です」

ーアーガマー

カミーユ「父さん」

フランクリン「カミーユ…」

ヒルダ「あなた」

フランクリン「ヒルダ。無事だったのか」

ヒルダ「この方に助けられたのよ」

フランクリン「君が?」

アルナ「私は出来る事をしただけです」

フランクリン「そうか」

アルナ「エゥーゴはご家族の安全を保証します。ですので安心してください」

カミーユ「母だけでなく父も。本当にありがとうございます」

フランクリン「……」

クワトロ「これからの事はブレックス准将を交えて話しましょう」

フランクリン「う、うむ」

クワトロ「エマ中尉もこれからについて話しがある。一緒に来て貰えるか?」

エマ「分かりました。アルナさんまた後で話しましょう」

アルナ「うん」

アルナ「ふへぇ、疲れたぁ〜」

アルナ「さすがに少し休もう」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/19(月) 23:17:24.67 ID:q4BojZZ3o
ーアルナの自室ー

コンコン

アルナ「う〜ん、誰だろ」

レコア『少しいいかしら?それともお休み中?』

アルナ「ううん。いま開けるね」ピッ

レコア「お疲れみたいね」

アルナ「1日で色々ありすぎたもん。インスタントだけどコーヒー飲む?」

レコア「いただこうかしら」

アルナ「急にどうしたの?」

レコア「アルナには先に言っておこうと思ってね。実は任務で地球に降りる事になったのよ」

アルナ「そうなの?」

レコア「その為にアーガマは地球圏へ向けて進路を取っているはず」

アルナ「そう、なんだ。寂しくなるな」

レコア「だから降下前に話しでもと思ってね」

アルナ「そんな今生の別れじゃ…ううん。そうなるかもしれないもんね」

レコア「そんな顔をしないの。今のあなは立派なパイロットなのよ」

アルナ「それは、そうだけど…その任務は危険なの?」

レコア「危険よ」

アルナ「それでも行くの?」

レコア「行くわ。アルナもそうだったでそょ?」

アルナ「うっ…じゃあ」

アルナの行動
1.無事に帰るように約束させる
2.爆弾解除の時に出てきたバッチを渡す
↓1
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 23:21:04.28 ID:whXVVqCKo
幸運のお守りあげる
2
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 23:37:00.39 ID:yaoUG6vs0
発信機の類とかむしろ呪いのアイテム系だったりしない?大丈夫?
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/19(月) 23:48:10.16 ID:nvGjwea+0
統一教会スパイクタンパクISISは、正当に選挙されたスパイクタンパク会における代表者を通じて行動し、ウクライナとウクライナの子孫のために、諸スパイクタンパクISISとの協和による成果と、わがスパイクタンパク全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権がスパイクタンパクISISに存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそもスパイクタンパク政は、スパイクタンパクISISの厳粛な信託によるものであつて、その権威はスパイクタンパクISISに由来し、その権力はスパイクタンパクISISの代表者がこれを行使し、その福利はスパイクタンパクISISがこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。ウクライナは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
統一教会スパイクタンパクISISは、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸スパイクタンパクISISの公正と信義に信頼して、ウクライナの安全と生存を保持しようと決意した。ウクライナは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐるスパイクタンパク際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。ウクライナは、全世界のスパイクタンパクISISが、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
ウクライナは、いづれのスパイクタンパク家も、自スパイクタンパクのことのみに専念して他スパイクタンパクを無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自スパイクタンパクの主権を維持し、他スパイクタンパクと対等関係に立たうとする各スパイクタンパクの責務であると信ずる。
統一教会スパイクタンパクISISは、スパイクタンパク家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/19(月) 23:50:22.71 ID:ChTcp5e9o
呪いのアイテムならなおさら押し付けても構わんよね
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/20(火) 02:03:50.78 ID:NRjdixpDO
フランクリンバッヂ…
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 18:52:39.31 ID:nCzelE4eo
アルナ「これあげる」

レコア「なにこれ?」

アルナ「爆弾解除の時に出てきたバッチ」

レコア「なんだか不吉そうなバッチね」

アルナ「でも解除した時に出てきたんだよ?お守り代わりにならないかな」

レコア「いいわ。貰ってあげる」

アルナ「無茶だけはしないでね」

レコア「そうね。でも無理はするかもね」

アルナ「もう!」

レコア「あはは」

そして休息後

ーアーガマ ブリッジー

アルナ「まだティターンズの追撃が続いているんですか?」

ヘンケン「連中は簡単には逃がしてくれんらしいな」

ブレックス「立て続けに作戦を潰されたのだ。バスクの面子が許さんのだろう」

アルナ「それでもレコアの作戦をやるんですか?」

クワトロ「彼女から聞いたのか?」

アルナ「はい」

クワトロ「そうか」

ブレックス「やるよ。それだけレコア少尉の任務は重要なものだ」

アルナ「だったら私が守ります。レコアを無事に地球へ降下させる」

ヘンケン「ほぅ、いい顔をするようになったじゃないか」

クワトロ「ここ何日かの経験が彼女を強くしたのでしょう」

アルナ「そんな。私なんて…」

ブレックス「私は良い傾向だと思っているよ。これからもその力を役立てて欲しい」

アルナ「はい!」

ヘンケン「そうだ。少尉のリック・ディアスは修理中だから暫くはMk-Uを使ってくれ」

アルナ「いいんですか?大尉でなく私で」

クワトロ「私には専用のリック・ディアスがあるからな」

アルナ「分かりました。Mk-Uを使わせてもらいます」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 18:53:20.60 ID:nCzelE4eo
ーMSハンガーー

カミーユ「アルナさん」

アルナ「カミーユ君」

カミーユ「どうしたんですか?」

アルナ「Mk-Uを慣らそうかなと思って」

カミーユ「Mk-Uのパイロットになったんですか?」

アルナ「私のディアスが直る間だけね」

カミーユ「僕もパイロットに志願したんです」

アルナ「そうなの?」

カミーユ「親父やお袋もいますしね。あんな人達でも親ですから」

アルナ「あんな人達なんて言ったら駄目だよ。両親に会いたくても、それが叶わなくなってからじゃ遅いから…」

カミーユ「…あっ、すみません」

アルナ「ううん。いいの!それよりMk-Uのシミュレートの練習に付き合ってくれないかな?」

カミーユ「は、はい!僕で良ければ喜んで!」

フランクリン「あんなに嬉しそうなカミーユを見るのは久しぶりかもしれん」

ヒルダ「私たちは家庭を蔑ろにしすぎたのかもしれません。特にあなたが!」

フランクリン「ぐっ、それはお前もだろう!」

ヒルダ「ええ!だからこれからは家庭も大切にすると決めました。でも、別の所で女を作っていたあなたはここで修正させてもらいます!!」バキィ!!

フランクリン「ほげえええっ!!」ビターン

アストナージ「何やってんだあの夫婦は?」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 18:55:15.86 ID:nCzelE4eo
ー食堂ー

エマ「レコア少尉から聞いたわ。30バンチコロニーの事」

アルナ「聞いたんだ」

エマ「あの話は本当なの?」

アルナ「本当だよ。私が戻った時には、みんな毒ガスで…」

エマ「……」

アルナ「嘘だと思うなら実際に見てみる?ブレックス准将に頼めば寄港してくれると思う」

エマ「…そうね。この目で確かめてみるわ。その上で何をやるべきかを考えたい」

アルナ「じゃあブレックス准将には私から言っておくね」

エマ「ええ」

トーレス『間もなくアーガマは地球軌道へと入る。総員第一種戦闘配備!繰り返す…』

アルナ「行かないと!」

エマ「出るのね」

アルナ「レコアを地球へ送らないと行けないから」

エマ「私は保護観察の身だから何も出来ないけど、作戦の成功を願っているわ」

アルナ「ありがとう。行ってくるね」

ーMSハンガーー

アルナ「アストナージさんMk-Uは?」

アストナージ「調整は済ませてある。いつでも出られるぞ。それとカミーユからシミュレートのデータを預かっている。役に立てればって言ってたぞ」

アルナ「ありがとうございます」

レコア「アルナ」

アルナ「必ず守るから安心してね」

レコア「当てにしてるわ」

ディアス隊「いきまーす!」ドシューン!!

アルナ「大尉達は太陽電池衛星に向かうのね。私はどうしよう」

アルナの行動
1.クワトロ大尉達と行動する
2.艦隊周辺を守備する
↓1
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/20(火) 19:11:30.29 ID:tLxpOpq8o
1
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/20(火) 20:09:29.09 ID:nCzelE4eo
アルナ「クワトロ大尉達と合流しよう。ガンダムMk-Uでます!」ドシューン!!

ー太陽電池衛星付近ー

クワトロ「えぇい!」ボピューン!!

衛星「ぎぃやあああっ!!」チュドーン!!

アルナ「あれ?こっちに来た意味ってあまりなかった?」

アルナ「それじゃあ今アーガマって…」

アルナ「マズイ!!」ドシューン

ーエゥーゴ艦隊付近ー

ハイザック隊「ヒャッハー!!」

アルナ「アーガマが狙われてる!!」

モンブラン「たすけてくれー」

アルナ「モンブランも攻撃されてる!?どうしよう!」

アルナの行動
1.アーガマを守る
2.モンブランの援護
↓1
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/20(火) 20:28:49.96 ID:UPGJdh0oo
2
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/21(水) 10:50:53.32 ID:nE0Z2EMso
美味しそうな名前
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/21(水) 12:35:12.89 ID:h/pBoiTDO
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1662476902/
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/21(水) 19:53:27.88 ID:Dna37UfSo
アルナ「アーガマはまだ大丈夫だと思うから今は!」ドシューン!!

緑ジムU「だ、駄目だ!やられる!」

ライラ「弱腰な機体など!」

バキューン!!

ライラ「なにっ!?」

アルナ「船はやらせない!」

ライラ「ガンダムMk-Uか!パイロットは誰だ!」バキューン! バキューン!

アルナ「くっ!」スッ

ライラ「速いっ!」

アルナ「Mk-Uが私の動きに馴染んでいる?あのデータのおかげなの?だったら!」

アルナ「はぁ!」

ライラ「赤い奴以外にも出来るのがいるって言うのか!」

アルナ「そこっ!」ブンッ

ライラ「チッ!」バチバチッ

アルナ「退いて下さい!」

ライラ「はっ!パイロットは甘ちゃんかい!」

アルナ「無駄な戦いをしたくないだけです!」

ライラ「それを甘いって言うんだよ!」バチバチッ

アルナ「…ッ」

ライラ「半端な気持ちで戦場に来るな!」ドゴッ

アルナ「うわああああっ!!」

ライラ「これで落ちな!」

ビシュン! ビシュン!

ライラ「援軍かっ!?」

クワトロ「無事か!」

アルナ「クワトロ大尉!」

ライラ「こちらの分が悪いか。撤退する!」

アルナ「すみません大尉」

クワトロ「気にするな。それより今はレコア少尉を地球に降ろす事が先だろう。アーガマへ戻るぞ」

アルナ「はい!」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/21(水) 19:54:10.94 ID:Dna37UfSo
ーアーガマ周辺ー

ハイザック隊「うおおおっ!!」

トーレス「ホウセンカをカタパルトデッキに上げます」

レコア「……」

ジェリド「敵の防御が薄い?もらった!」

カミーユ「させるかぁ!」

ジェリド「マークトゥーだとっ!?」

アルナ「カミーユ君!」

カミーユ「このハイザックは僕が抑えます!」

アルナ「分かった!」

ジェリド「くそぉ!ここまで来て!」

トーレス「カウントダウン!10…」

ハイザック「うおおおっ!」

レコア「!!」

アルナ「させる、もんかあああああああっ!!」ドンッ

ハイザック「ごふううううっ!?」ヒューン

トーレス「2、1、ゼロ!」

アルナ「いっけーーーーっ!!」

ホウセンカ「いきまーす!」ドシューン

カッ! ポンポン!

ジェリド「あと少しだったと言うのに!撤退する!!」

アルナ「頑張ってねレコア」

ーアーガマー

アルナ「ふぅ」

エマ「お疲れ様。作戦は成功したみたいね」

アルナ「一時はどうなるかと思ったけどね」

エマ「それで30バンチの件はどうなったのかしら?」

アルナ「そうだった…」

フランクリン「アルナくん少しいいかね」

アルナ「フランクリンさん?」

フランクリン「私とヒルダを先にエゥーゴの研究機関に送ってくれるよう頼んでくれないだろうか?」

アルナ「急にどうしたんですか?」

フランクリン「カミーユが面白い案を思い付いたらしくてな。いや、我が息子ながら良いセンスをしている。私とヒルダが参加すれば早期に開発できるかも知れんのだよ」

アルナ「そうですね。じゃあ…」

アルナの行動
1.30バンチを優先させる
2.フランクリンの頼みを優先させる
↓1
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/21(水) 20:02:37.20 ID:nE0Z2EMso
2
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/21(水) 20:48:08.45 ID:usIuzszO0
そういやヒルダは現在のティターンズ旗艦のアレキサンドリア級やその後のドゴス・ギアの開発設計に携わってたし、
ウォンさんが何とか上層部説得するなりして金や資材や人員出してもらってエゥーゴ版ドゴス・ギア造ってくれないかな?
アーガマは原作運命力で余程トチらない限りは沈むことはないだろうけど、
ラーディッシュはギレンの野望だとくっそ弱いし心許無い
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/22(木) 18:53:12.90 ID:6Vfw5wh8o
アルナ「分かりました。ブレックス准将に聞いてみます」

フランクリン「頼むよ」

アルナ「30バンチの件はもう少し待ってね」

エマ「分かったわ。戦力拡充は必要な事とだしね」

ーアーガマブリッジー

アルナ「という事なんですが」

ブレックス「ふむ。ではアンマンへ寄港するとしよう。クワトロ大尉の新しい機体も搬入したいしな」

アルナ「そうなんですか?どんなモビルスーツなんだろう」

ヘンケン「なぁに。見ればすぐに分かるさ」

ブレックス「よしアンマンへ進路取れ。この辺りでティターンズを撒く必要もあるな」

ヘンケン「グラナダへ向かうと見せ掛けてアンマンへ入るのはどうでしょう?」

ブレックス「うむ。そうしてくれ」

月面都市アンマン

ー宇宙港ー

カミーユ「父さん母さん。向こうでも元気で」

ヒルダ「ええ。しっかり父さんの手綱を握っておくわ」

フランクリン「えぇい!余計な事を言うな!カミーユ。お前の案の機体を必ず実現させてやるから待っておけ」

カミーユ「はは、期待しないで待っているよ」

ードッグエリアー

アルナ「これが大尉の新型!」

百式「やってみるさ」

アルナ「赤くないです」

ヘンケン「目立つだろう」

アルナ「でもこんな色で大丈夫なんですか?」

ブレックス「クワトロ大尉なら心配はいらんだろう」

ヘンケン「全ての敵を引き寄せてくれるかもしれんぞ?」

アルナ「それは助かりますね」

クワトロ「酷い言われようだな」

アルナ「た、大尉!」

クワトロ「アルナ少尉が乗ってみるか?」

アルナ「い、いえ!私は大丈夫です!」

クワトロ「冗談だ」

アルナ「もうやめて下さいよ!」

ブレックス「私はこのままグラナダへ向かう」

クワトロ「分かりました」

ヘンケン「物資の搬入と艦隊の編成もしないとならんから暫くはここに止まるが、アルナはどうする?」

アルナ「私ですか?だったら…」

アルナの行動
1.アンマンで自由行動
2.グラナダで自由行動
↓1
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/22(木) 19:02:29.48 ID:cUXEH7ARo
1
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/22(木) 22:15:34.45 ID:6Vfw5wh8o
アルナ「アンマンでも散策しようかと」

ヘンケン「分かった。だがいつでも出られるのうにしておけよ」

アルナ「分かりました」

ーアンマン市内ー

アルナ「何しようかな」

カミーユ「アルナさん」

アルナ「カミーユ君。ご両親とのお別れは済んだの?」

カミーユ「はい。アルナさんは?」

アルナ「私は…何も考えてないや」

カミーユ「だったら僕と出掛けませんか?」

アルナ「いいよ」

カミーユ「じゃあいきましょう!」

カミーユと遊んだ

アルナ「今日は楽しかった!ありがとう」

カミーユ「僕もです」

アルナ「…あれはなんだろう?」

カミーユ「ジャンクヤードですね。一年戦争時のコロニーの残骸の山らしいです」

アルナ「うーん」

カミーユ「気になりますか?」

アルナ「少し…何かが呼んでるような気がする」

カミーユ「行ってみましょうか」

ージャンクヤードー

アルナ「この辺りのような…これは!」

アルナが見つけた物
コンマ04 試作4号機ガーベラ
コンマ13 ライジングガンダム
コンマ71 ストライクルージュ
それ以外 ハロ
↓1
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/22(木) 22:21:11.07 ID:nB4PxYv3o
モンブラン
アンマン
美味しそう
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/22(木) 22:51:16.27 ID:+VdjU5IqO
まかせよ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2022/09/23(金) 02:44:34.38 ID:de5RUp530
惜しい
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2022/09/23(金) 06:57:38.13 ID:Rfnaxaf5o
『だらだらと過ごす』
APEX→ガンダムエボリューション
(4:20〜放送開始)

https://www.twitch.tv/kato_junichi0817
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 15:48:23.43 ID:qF8MKsZto
アルナ「これは!」

ハロ「……」

カミーユ「ハロですね」

アルナ「ハロってSUNの玩具だっけ?」

カミーユ「はい。一年戦争の時もホワイトベース隊にあったらしいです」

アルナ「そうなんだ。でもこのハロ壊れてるね」

カミーユ「直したら使えそうですね。僕でも直せそうですけど、父さんや母さんに預けたら高性能にしてくれるかも」

アルナ「そうなの?じゃあお願いしようかな」

カミーユ「分かりました。そろそろ戻りましょうか」

アルナ「そうだね」

ー出港の日ー

FAガンダムMk-U「やあ」

アルナ「なにこれ!」

フランクリン「Mk-Uに増加装甲を付けたのだよ。機動力はやや落ちるが耐久性能は上がっている」

アルナ「凄い!」

ヒルダ「それとこれを」

ハロ「ハロハロ!」

アルナ「ハロだ!直してくれたんですね」

ハロ「オマエナマエハ?」

アルナ「私はアルナだよ。アルナ・ソート」

ハロ「アルナヨロシクナ!」

ハロ「わっ、賢い!」

ヒルダ「サポートAIとしての機能を備えさせたわ。何かの助けになればいいけど」

アルナ「大切にしますね!」

ヒルダ「私達にはこれくらいしか出来ないけど頑張ってね」

フランクリン「その、なんだ。カミーユにもよろしくと伝えておいてくれ」

アルナ「分かりました。ありがとうございます!」

ドゴオオオオオオンッ!!

アルナ「な、なにっ!?」

トーレス『緊急事態発生!現在、このエリアはティターンズによる攻撃を受けている!モビルスーツ隊は直ちに出撃せよ!繰り返す…』

アルナ「どうしてこんなタイミングで」

ヒルダ「あなたまさか!」

フランクリン「ち、違う!そもそもスパイだったら私がいるのに攻撃させるはずがないだろう!」

アルナ「スパイがいようとティターンズならやりますよ。でも、ここまでしてくれたフランクリンさんを私は信じます」

フランクリン「私もティターンズとは決別すると決めたのだ。アルナ少尉、奴らを撃退してくれ」

アルナ「勿論です。ここは危険なので安全なエリアに」

ヒルダ「分かったわ。行きましょう」

フランクリン「ああ。死ぬんじゃないぞ!」

アルナ「はい!」

Mk-Uコクピット

アルナ「コクピットに新しい設備が増えてる?あっ、ここにハロを置けばいいのかな」ストッ

ハロ「ハロ!アルナエンゴスル!アルナエンゴスル!」

アルナ「お願いね。アルナ・ソート、フルアーマーガンダムMk-U出ます!」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 15:49:05.58 ID:qF8MKsZto
ー戦闘宙域ー

ドーン! ドガーン!

アルナ「月面都市なのにお構いなしに攻撃なんて許せない!」

カミーユ「アルナさん!」

アルナ「カミーユくん!君もMk-Uなの?」

カミーユ「本来は一機を残して解体する予定だったみたいなんですけど、両親がこちら側に付いたという事でサンプルは一機だけでいいと残してくれました」

アルナ「そうなんだ」

カミーユ「来ます!」

ティターンズ部隊「ヒャッハー!!」

アルナ「見慣れない機体も混ざっている?」

カミーユ「どうします?」

アルナ「だったら…」

アルナの行動
1.モビルスーツ隊を迎撃
2.アレキサンドリアを強襲する
↓1
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 15:51:26.36 ID:Lom1kYfvo
1
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 16:19:52.04 ID:qF8MKsZto
アルナ「モビルスーツ隊を迎撃しよう。ここを突破されたら市街地まで被害が出る!」

カミーユ「分かりました!」

ジェリド「マークトゥーが二機!エゥーゴめ!こちらの兵器を勝手に使ってくれる!」

ライラ「Mk-U相手だからと無闇に突っ込むんじゃないよ!こっちも新型だ」

ジェリド「分かっている」

カクリコン「それじゃあ手はず通りにやるとするか!」

ジェリド「ああ!」

アルナ「散開した?何をするつもりなの?」

カミーユ「気を付けて」

アルナ「うん」

アルナ「……」

マラサイ「やあ!」

アルナ「そっち!」ボビューン!

マラサイ「こっちだよ!」ボシューン!

アルナ「きゃああ!!」ドーンッ!!

カミーユ「この!」バシューン! バシューン!

マラサイ「フフフ」

カミーユ「くそっ!」

アルナ「上手く地形を利用されてる…だったら!」

アルナの行動
1.思いっきり飛ぶ
2.こちらもカミーユと連携する
3.ハロにお願いしてみる
↓1
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 16:27:36.22 ID:dI8jd91A0
MSにセットしたハロいるんだし3しかない
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 17:27:23.63 ID:qF8MKsZto
アルナ「ハロ敵の位置を捕捉できる?」

ハロ「マカセロ!マカセロ!」パタパタ

ハロ「スキャンカンリョウ!データリンクカイシ!」

アルナ「敵の位置がモニターに反映されてる!今からデータを送るからリンクして!」

カミーユ「分かりました!」

カミーユ「これは!そこかぁ!」バシューン!

カクリコン「ぐおっ!?」ドーン!!

ジェリド「カクリコン!ならばっ!」

ハロ「アルナイケルカ」

アルナ「やってみる!」ボシューン!

ジェリド「ぐおっ!?何故だ!」ドーン!!

ライラ「何を使ったか分からないがこちらの位置が筒抜けになっているのか!撤退するよ!」

カクリコン「えぇい!」ドシューン

ジェリド「この借りは必ず返すぞ!」

アルナ「撤退してくれた?」

カミーユ「やりましたね」

アルナ「ハロのおかげだね」

ハロ「ハロ!ハロ!」

ヘンケン「よし!艦隊はこのまま空域を離脱する!エンジン出力全開!!」

ーアーガマー

ヘンケン「アーガマは戦列を離れて30バンチへ向かう」

アルナ「分かりました」

トーレス「キャプテン!付近の空域から救難信号をキャッチ!」

ヘンケン「なに?どこの所属だ」

トーレス「識別は…連邦のテンプテーションです!」

カミーユ「テンプテーションってブライトキャプテンの船だ!」

アルナ「ブライトキャプテンってホワイトベース隊の艦長さんだっけ」

カミーユ「そうです」

クワトロ「…救援に向かうか?」

カミーユ「いきます!」

クワトロ「アルナはどうする?」

アルナ「私は…」

アルナの行動
1.救援に行く
2.アーガマで待機
↓1
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 17:29:22.93 ID:Lom1kYfvo
1
そのうちMSサイズになりそうハロ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 17:37:41.95 ID:qF8MKsZto
アルナ「私もいきます」

クワトロ「よし付いてこい!」

カミーユ「はい!」

ーテンプテーション空域ー

カミーユ「あれか!」

アルナ「シャトルの周りを何かが飛んでる!」

謎のMA「ブロリーです」ヒューン

クワトロ「このメガ・バズーカ・ランチャー使えるか?」ガチャ

クワトロ「はぁはぁ…あれに乗っている男のプレッシャーか!?」

アルナ「大尉?私がサポートします。ハロ!」

ハロ「ハロ!」

クワトロ「……」

謎のMA「フハハハ」ヒューン

アルナ「今です!」

クワトロ「当たれよ!!」

メガ・バズーカ・ランチャーの攻撃
コンマ70以上でメッサーラ撃墜
それ以外は外れる
↓1
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 17:38:28.29 ID:t3qQ2UEUo
まあ相手はあのシロッコだ
外してもしゃあない
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 20:56:34.59 ID:L5VDGrJ/O
まかせよ
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2022/09/23(金) 21:03:06.83 ID:L/bDgtjDO
今回のシロッコは仲間になりそうにないなぁ
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 21:27:36.60 ID:qF8MKsZto
クワトロ「当たれよ!!」キィィン ドギュウウウウウ!!

謎のMA「当たりはせんよ」スッ ドシューン

アルナ「外れた!?」

カミーユ「撤退した?何だったんだ」

クワトロ「詮索より救援が先だ」

カミーユ「は、はい!」

その後、救出したブライト・ノア他民間人を別の船へ移送すると
アーガマは30バンチへ向けて進路を取る
しかし巡洋艦ボスニアがいまだ執拗に追跡していたのであった

ーサイド1 30バンチコロニー近海ー

アルナ「そろそろ到着するって」

エマ「分かったわ」

アルナ「……」

エマ「無理をして行かなくていいのよ」

アルナ「ううん。30バンチはエゥーゴに入ってからも一度訪れた事があるから」

エマ「でも」

アルナ「私なら大丈夫だから」

エマ「ならばいいのだけど」

トーレス『本艦は間もなく30バンチへ入港する』

アルナ「準備しよう」

エマ「そうね」

ー30バンチコロニー内ー

アルナ「……」

ハロ「ハロ!ハロ!」

カミーユ「ここがアルナさんの故郷…」

アルナ「行こうか」

エマ「ええ」

クワトロ「……」

人影「……」ヒョオオオ

カミーユ「あれは!」

アルナ「ミイラだよ人の」

カミーユ「え?」

クワトロ「コロニーのミラーが動かないからな」

カミーユ「どうしてそのままなんですか?」

アルナ「ここで亡くなった人は1500万人。埋葬してあげても人数が多すぎるんだよ…」

カミーユ「何故こんな風に人を殺せるんですか!」

クワトロ「直接刃物を持って殺さないからさ。手に血が付かない人殺しでは痛みは分からんのだ」

アルナ「私は少し別行動します」

クワトロ「分かった」

カミーユ「アルナさん僕も…」

クワトロ「一人にしてやれ」

カミーユ「…はい」

エマ「……」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 21:28:26.26 ID:qF8MKsZto
ーアルナの自宅ー

アルナ「ただいま…」

ヒュオオオオオ…

アルナ「あれから何も変わってないまま。お父さんとお母さんだけは埋葬してあげたけど…」

アルナ「…ううぅぅ」

ハロ「アルナ?アルナ?」

アルナ「…ハロ」

「誰いるのか?」

アルナ「誰?」

ライラ「お前はエゥーゴのパイロットか?…なぜ泣いている?」

アルナ「ここが私の家だからです」

ライラ「なんだと?このコロニーの生き残りなのか」

アルナ「私は当時このコロニーには居なかったから」

ライラ「そう、だったのか」

アルナ「貴女はこの事件を知っていますか?」

ライラ「ああ。毒ガスを散布したとは聞いている」

アルナ「では散布した理由は?」

ライラ「そこまでは知らない」

アルナ「そうですか。ティターンズはデモ活動を鎮圧させる為だけに毒ガスコロニーに使ったんです」

ライラ「デモ活動だと?いくらバスクでもそんな事の為だけに毒ガスなど使うものか!」

アルナ「見て分かりませんか?現実はこれです」

ライラ「くっ…」

アルナ「私は故郷をこんな風にしたティターンズが憎い。それを知らずにティターンズの存在を許している連邦も。だから…」

アルナの行動
1.ライラを撃つ
2.ライラを生け捕りにする
↓1
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 21:29:15.00 ID:4TuhOnQ+o
2
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 21:42:47.24 ID:EdQaQrZ8o
まさかの00
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 22:05:43.46 ID:Mu0V+C1e0
それにしてもハロをサブパイロットってVガンダム先取りしすぎ
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 22:18:04.66 ID:dI8jd91A0
コンマ00が0(イレギュラー、ファンブル)扱いなのか100(クリティカル)扱いなのか気になるところ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2022/09/23(金) 22:22:57.30 ID:Rfnaxaf5o
『ガンダムエボリューションやる』その2
(20:43〜放送開始)

https://www.twitch.tv/kato_junichi0817
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/23(金) 22:49:38.12 ID:qF8MKsZto
アルナ「貴女を捕らえさせて貰います。この悲劇を一人でも多くの人に知ってもらう為に」

ライラ「そう簡単に捕まるものか!」

アルナ「ハロ!」

ハロ「セントウレベル、ターゲットカクニン。ハイジョカイシ!!」ブォン ドギュウウウウ!!

ライラ「ぐわああああっ!!」ベシャ

アルナ「ハロのバスタートリモチの威力はどうですか?」

ライラ「くっ…動けない」

アルナ「クワトロ大尉。連邦のパイロットを捕獲しました」

クワトロ『なんだと?すぐに向かう』

ーアーガマー

ヘンケン「連邦のパイロットを捕獲したとはな」

アルナ「ハロが手伝ってくれました」

ハロ「ハロ!」

ライラ「時期に異変に気付いて救援がくるさ」

クワトロ「キャプテン」

ヘンケン「すぐにここを離脱する。アーガマ始動!」

ーコロニー周辺宙域ー

トーレス「敵のモビルスーツを確認!」

ヘンケン「早いな。こちらもモビルスーツ隊の発進急げ!」

アルナ「アルナ機出ます!」ドシューン

ボスニア隊「ヒャッハー!!」

アルナ「あのオレンジの新型…マラサイだっけ。だったらアンマンの時のパイロットもいるの?」

ハロ「アルナ、テキガキタゾ!」

アルナ「分かってる!」

ジェリド「ライラが帰って来ない。まさか何かあったのか?なんで俺も一緒に行かなかったんだ!」

ティターンズ兵「アツクナラナイデマケルワ」

ジェリド「そうだな。こんな時こそ冷静にだ」

ジェリド「あれは!貴様がライラをやったのか!」

アルナ「マラサイのパイロットの声…あの時の!」

ジェリド「その声はあの時の女か!ライラはどうした!」

アルナ「ライラ大尉ならエゥーゴが捕虜にしています」

ジェリド「なんだと!だったら取り戻させてもらう!」

アルナ「そうは行きません!」

ジェリド「邪魔をするな!」ボシューン! ボシューン!

アルナ「くっ…」

アルナの行動
1.説得してみる
2.攻撃する
↓1
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/23(金) 22:50:47.35 ID:X5SoICo6o
もうハロだけでいいんじゃないかな
91 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2022/09/24(土) 02:42:34.86 ID:Mlh4hE/Z0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 14:52:13.76 ID:BbECznReo
アルナ「ライラ大尉には30バンチの真実を信じて貰う為に返せません!」

ジェリド「30バンチの真実だと?」

アルナ「貴方もティターンズなら知らないでは許されない事です。このコロニー30バンチは、ティターンズの毒ガス作戦によって全員殺されたんです!」

ジェリド「エゥーゴが口から出任せを!このコロニーは伝染病で全滅したと聞いた!」

アルナ「都合の悪い真実は伏せ、もっともらしい嘘で固める。ティターンズとはそういう組織なんですよ!」

ジェリド「そうやって貴様は前も俺の動揺を誘って騙し討ちをした!今度会ったら容赦せんと言ったぞ!」

アルナ「くっ…」

エマ「その話は本当よジェリド!」ドシューン

アルナ「エマ!」

ジェリド「エマだと!裏切り者の言葉が信じられるか!」

エマ「そうやって頭ごなしに否定をしていては見える物も見えなくなるわ。もっと物事を大局的に見れないの?」

ジェリド「黙れ!俺はティターンズだ!ティターンズは絶対なんだ!」

ガルバル隊「ぎゃひー!!」チュドーン

クワトロ「アルナ!エマ!」

アルナ「クワトロ大尉!」

ジェリド「このままだと囲まれる!?悔しいが撤退する!」ドシューン

アルナ「あっ…」

エマ「ジェリド」

クワトロ「我々も引き上げるぞ」

アルナ「…分かりました」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 14:56:38.82 ID:BbECznReo
ーアーガマー

ライラ「ボスニアの部隊はどうなった?」

アルナ「撤退しました」

ライラ「アタシは見捨てられたって事か」

アルナ「これからエゥーゴがどう判断を下すか分かりませんが、私はライラ大尉もエゥーゴに加わって欲しいと思っています」

ライラ「アタシがエゥーゴかい?笑えない冗談だね」

アルナ「私は本気です」

ライラ「話は終わりだ。営倉でもどこへでも連れて行きな」

エゥーゴ兵「うぃ」

アルナ「……」

ライラ「そうだ。ジェリド…マラサイのパイロットはどうなった?」

アルナ「ジェリド中尉ですか?あの人には逃げられましたよ。説得をしてみましたけど駄目でした」

ライラ「…そうか。さあ、連れて行きな」

エゥーゴ兵「うぃ」

アルナ「……」

アルナ達はサイド1を離脱すると艦隊と合流する
エゥーゴは地球連邦軍の本拠であるジャブロー攻略作戦
ジャブローの風を実行に移す為に艦隊をサイド4へと集結させていた

アルナはジャブローの風に参加するか?
1.ジャブロー攻略に参加する
2.支援のみで宇宙に残る
↓1
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 15:06:56.23 ID:8TqZie6Qo
1
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 16:24:58.13 ID:BbECznReo
アルナ「このモビルスーツは!」

Zガンダム「Zの鼓動がします」

フランクリン「Zガンダムだ。エゥーゴがジャブローを攻撃すると言うから開発を急がせた。試作機2機をアーガマで使ってもらう」

アルナ「一機はカミーユ君ですよね?もう一機は?」

フランクリン「君だよ」

アルナ「へ?私ですか!?」

フランクリン「既に君の戦闘データを反映させてある。ハロ用の台座も設置してあるんだ。使ってくれんと困る」

アルナ「わ、分かりました」

フランクリン「期待している。私はカミーユにも説明しないといかんからこれで失礼する」

アルナ「はい」

エマ「専用機じゃない。やったわね」

アルナ「私なんかでいいのかな」

クワトロ「それだけ上は君を重要視していると言うことだ。自分に誇りを持て」

アルナ「クワトロ大尉」

エマ「大尉の言う通りよ」

アルナ「う、うん」

ライラ「そんなしけた面をして。なんならアタシが使ってやろうか?」

アルナ「ライラ大尉!?いつこっちに」

ライラ「保護観察が終わったのさ。アタシもこれから作戦に参加する」

アルナ「いいんですか?」

ライラ「アンタがエゥーゴで戦ってくれって言ったんだろ?」

アルナ「そ、そうですね。これからよろしくお願いします!」

ライラ「それでアタシはどれに乗ればいいんだ?」

クワトロ「アルナとカミーユがZに乗る事でMk-Uが空く。エマ中尉とライラ大尉はその穴を埋めてもらいたい」

ライラ「アタシもガンダム乗りって訳か」

エマ「ライラ大尉。色々とわだかまりもあっただろうけど、これからは仲間よ。頼りにしてるわ」

ライラ「ああ。任せておきな」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 16:25:39.86 ID:BbECznReo
ー宇宙世紀0087年5月11日 地球軌道ー

サエグサ「軌道固定!艦隊位置固定!」

トーレス「各艦、モビルスーツ発射軸固定」

ブライト「発進用意。全周囲、索敵怠るな!」

シーサー「了解!」

クワトロ「出るぞ!」ドシューン

ライラ「ライラ・ライラMk-U出るぞ!」ドシューン

カミーユ「Zガンダム行きます!」ドシューン

アルナ「私にこのガンダムが使いこなせるか分からないけど。託されたからにはやってみせる」

アルナ「Zガンダム、アルナ機出ます!」ドシューン

謎のMA「いつかは帰れるといいな」ズシューン!!

シチリア「デデーン」チュドーン!!

クワトロ「ん?編隊が乱れているぞ」

エマ「やられた!?ティターンズか!」ドシューン!!

カミーユ「エマさん、編隊を崩すのか?」

アルナ「エマ!」

アルナの行動
1.エマを追う
2.隊列を維持する
↓1
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 16:27:41.43 ID:ATCPYSZ4o
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 16:28:12.18 ID:ATCPYSZ4o
間違えた
2
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 16:34:22.53 ID:HBXiyw830
シロッコのメッサーラ襲撃だっけ?
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2022/09/24(土) 17:08:32.91 ID:BbECznReo
アルナ「私がエマの抜けた穴埋めをします。モビルスーツ隊のエスコートをやらせて下さい」

クワトロ「了解した。艦長、それでいいか?」

ブライト「分かった。各機、アルナ少尉のZガンダムを中心に隊列を取れ」

アルナ「カミーユ君、エマを頼める?」

カミーユ「分かりました。エマ中尉を連れ戻します!」ドシューン

ライラ「アンタだけじゃ心配だ。アタシも艦隊の軸合わせを手伝う」

アルナ「ありがとうございますライラ大尉」

ライラ「クワトロ大尉。アンタはカミーユとエマの援護に行ってやりな」

クワトロ「しかし」

ライラ「ここで艦隊をやれる訳にはいかないんだろ」

クワトロ「…分かった。モビルスーツ隊は頼んだ」ドシューン

アルナ「このまま進路を取れば…」

ブライト「各機、ティターンズのモビルスーツ隊がそちらに向かっているが構うな。編隊の維持を集中させろ」

アルナ「こんな時に!」

ライラ「こんな時だからさ。そろそろ大気圏だ」

エマ「アルナ聞こえる?」

アルナ「エマ!無事だったんだね」

エマ「カミーユとクワトロ大尉がすぐに駆けつけてくれたおかげで撃退できたわ」

ライラ「これに懲りたら単独行動はやめな」

エマ「ええ。ごめんなさい」

アルナ「カミーユ君は?」

エマ「先程までは一緒だったのだけど…」

アルナ「どこなの?あ、あれは!」

アルナ「マラサイ2機に攻撃されている!?」

アルナの行動
1.カミーユに任せる
2.カミーユの援護に行く
↓1
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2022/09/24(土) 17:09:37.18 ID:1QMhCXuAo
2
214.06 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)