過去ログ - 矢澤にこ「きっと青春が聞こえる」
1- 20
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:48:52.20 ID:VQCioLVjo
諸注意

シリアス、卒業ネタ

アニメ2期と時間軸は同じですが、2期とは違う世界の話です。
アニメ1期のあとのifものという感じです。

SSWiki : ss.vip2ch.com



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:52:22.17 ID:VQCioLVjo
introduction



 家に帰るまで、ツインテールは解かない。
以下略



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:52:56.68 ID:VQCioLVjo
 ここから私のプライベートタイムがはじまるのだ。
 一口、二口、微発泡の柔らかい刺激が喉に心地いい。
 今日は少しいいことがあったので、ささやかなお祝いだ。

 ああ、気分がいいな。
以下略



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:53:23.83 ID:VQCioLVjo
 この中に入っているのは、『私たち』そのものだ。
 今でもときどき思い出す。
 『私』が『私たち』だった、あの頃。
 今なお色褪せない、私たちの奇跡が、ここにあるんだ。

以下略



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:53:49.94 ID:VQCioLVjo
 ピアノが軽やかに踊る。
 シンセベースが柔らかくうねり、スネアが陽気に跳ねる。

 そして――

以下略



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:54:38.27 ID:VQCioLVjo
Track1 『僕らは今のなかで』



 ラブライブ本戦から数日後、いつもの部室。
以下略



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:55:17.25 ID:VQCioLVjo
 それから今に至るまで、みんなどこか上の空で、ぼんやりしていた。

 だけどそれは傷心を引きずっているような感じでもなくて、
 燃え尽き症候群というのだろうか、やけにゆったりした空気が支配していた。

以下略



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:55:43.41 ID:VQCioLVjo
【にこ】
「あんたたち、スクールアイドル続けないわけ? 来年もきっとあるわよ、ラブライブ」

 希が軽い調子で続く。

以下略



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:56:23.48 ID:VQCioLVjo
 と、そこに屋外から声が聞こえてきた。

【凛】
「ああ、ごめーん」

以下略



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:57:04.70 ID:VQCioLVjo
【にこ】
「そこにいなさいよー。私も行くから」

【希】
「あ、うちもー」
以下略



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:57:31.92 ID:VQCioLVjo
 私は運動は得意な方じゃないけれど、球遊びは妹たちと度々することがあったので、
 まるきり下手っぴというわけではなかった。

【凛】
「いっくよー」
以下略



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:58:03.83 ID:VQCioLVjo
【希】
「これからどうするん?」

【にこ】
「別にいいんじゃない、このままで。新学期になればまた変わるわ」
以下略



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:58:29.93 ID:VQCioLVjo
 希は言葉を切ったけど、言わんとしていることは察した。
 アイドル活動を続けるかどうかを問いたいのだろう。

 なんとなく口幅ったくて、今まではっきりとは言わないようにしていた。
 だけど、今こいつになら話してもいい、そんな気分になった。
以下略



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/09(月) 23:59:37.36 ID:VQCioLVjo
【希】
「そっか! うんうん、それがええよ」

【にこ】
「そんなこと気にしてたの?」
以下略



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:00:09.76 ID:fMip50o4o
【にこ】
「ほんと、あんたはいつもそう。人のことばっかり」

【希】
「うーん、うち、そんなに何かしたかなあ?」
以下略



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:00:47.16 ID:fMip50o4o
【にこ】
「わかってんのよ。私だって穂乃果たちのことを見てた。
 そしたらね、いつもあんたが視界の端にいるわけ。私はあんたよりも外側から見てたの。
 だからあんたが色々やってるのも見えてた」

以下略



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:01:24.34 ID:fMip50o4o
【にこ】
「ありがとう、希」

 希は、一瞬ちょっと呆けた顔になって、それから「ん」と喉を鳴らし、にっこり笑った。

以下略



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:01:52.71 ID:fMip50o4o
 私はこれ以上この話をしたくなかったので、話題を変えた。

【にこ】
「ねえ、希。次の部長、誰がいいかしら」

以下略



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:02:21.15 ID:fMip50o4o
 部室に声をかける。

【にこ】
「誰か、ペン持ってきて、ペン!」

以下略



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:02:59.03 ID:fMip50o4o
 突然声をかけられて慌てる花陽に、構わずボールを投げる。
 花陽は覚束ない足取りでおたおたしていたけれど、
 なんとか両手とお腹でボールを捕まえた。
 そしてボールを見て、戸惑いの声を上げた。

以下略



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]
2014/06/10(火) 00:03:37.14 ID:fMip50o4o
【にこ】
「それを受け取ったら部長にならなくちゃいけないのよ、私もそうして部長になったの」

【花陽】
「ええ?! そ、そうなの……?」
以下略



224Res/83.72 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice