このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】提督「提督として生きること」リシュリュー「その36」【艦これ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/25(金) 22:07:24.54 ID:QZk+0lqCo
 
兵站物資奪還中

一スレ目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391090097/


※前スレ
【安価】提督「提督として生きること」レーベ「その35」【艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1526043873/
2 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/25(金) 22:09:49.61 ID:QZk+0lqCo

【未登場艦娘】

サミュエル

【嫁艦】
・駆逐艦
(島風型)島風
(神風型)神風(妊娠)
(睦月型)睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 長月 三日月
(暁型)暁 響 雷
(白露型)白露 時雨 村雨 夕立 春雨 五月雨 海風 山風 江風 涼風 
(綾波型)曙 漣 潮 朧
(初春型)初霜
(朝潮型)朝潮 大潮 荒潮 満潮 朝雲 山雲 霰 霞
(陽炎型)陽炎 不知火 黒潮 初風 雪風 時津風 天津風 浜風 秋雲 萩風 (浦風)
(夕雲型)夕雲 風雲 長波 早霜 清霜
(秋月型)秋月(双子出産)照月 初月 涼月
(Z1級)レーベ
(マエストラーレ級)リベッチオ

・軽巡 
(天龍型)天龍 龍田
(夕張型)夕張
(長良型)由良
(川内型)川内 神通
(阿賀野型)矢矧

・重巡
(古鷹型)古鷹(女児出産) 加古
(青葉型)青葉 衣笠
(妙高型)那智 足柄
(高翌雄型)摩耶
(利根型)利根 筑摩
(最上型)最上 三隈 鈴谷 熊野
(A・ヒッパー級)プリンツ(男児出産)

・戦艦
(金剛型)金剛(妊娠) 比叡 榛名
(扶桑型)扶桑 山城
(長門型)長門 陸奥
(大和型)大和(婚約)武蔵(婚約)
(ビスマルク級)ビスマルク

・軽空母
(鳳翔型)鳳翔(出産)
(祥鳳型)瑞鳳

・正規空母
(赤城型)赤城
(加賀型)加賀
(蒼龍型)蒼龍
(飛龍型)飛龍
(翔鶴型)翔鶴 瑞鶴(妊娠)
(雲龍型)雲龍(妊娠)天城(妊娠)葛城(妊娠)
(G・ツェッペリン級)グラーフ
(レキシントン級)サラトガ
・装甲空母
(大鳳型)大鳳
・潜水艦
(巡潜乙型改二)伊58
(巡潜甲型改ニ)伊13 伊14
(呂号潜水艦)呂-500
・海防艦
(占守型)国後
(択捉型)択捉
・潜水母艦
大鯨
・工作艦
明石
・深海棲艦
深海海月姫(黒サラトガ)
3 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/25(金) 22:10:16.89 ID:QZk+0lqCo


【フラグ組】

朝雲 お出かけ

最上型 四人揃ってハネムーン

ガングート ケッコンのご挨拶



【提督の鎮守府にいない艦娘一覧】(一部艦娘派遣済み)

新米 名取 野分 

佐世保 朝霜 深雪 嵐 天霧 対馬

本国 長良 iowa 対馬

呉提督(女主人) 速吸 沖波

大佐 リシュリュー 瑞穂 タシュケント イントレピッド

?? 日振 大東
4 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/25(金) 23:58:01.48 ID:QZk+0lqCo

再開しますー
とねちくもやっとか……




ガンビア「す、すみません。私も一緒にいいですか〜……?」


提督「おう……ガンビアか?雰囲気変わったな」


ウォースパイト「そうね。綺麗な髪……リシュリューと並ぶと姉妹みたい」


リシュリュー「あら、そう?」


ガンビア「えへへ……」









↓1 どうなる?
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:00:24.64 ID:qIOQUpiN0
前スレの>>995
ガンビアもレディ仲間に入れる(二人→三人の意味で)
6 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:02:35.29 ID:C8axtiVIo



ウォースパイト「ちょうどいいわ!Gambier、あなたも買い物に行きましょ?」


ガンビア「か、買い物ですか?」


ガンビア「……お、お二人と一緒なら、行きたいです……」


リシュリュー「提督、まさかレディー三人の誘いを断ったりしないわよね?」


提督「はぁー……わかったよ」










※フラグに海外艦と買い物が追加されました

↓1 どうなる?
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:05:51.84 ID:oEuuU1l80
ダイエットのことを思い出して固まる
8 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:07:01.53 ID:C8axtiVIo



リシュリュー(買い物ね……夏場に向けて、気になってるブランドがいくつかあるし)


リシュリュー(……そういえば、ダイエット)


リシュリュー「……」


提督「リシュリュー?」


コマンダン「リシュリュー、大丈夫ですか?」


リシュリュー「……」










↓1 どうなる?
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:08:30.94 ID:NLsb4OFA0
リシュリュー(…今日はもう遅いし、明日から本格的に取り組もう。うん。)

終わり
10 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:09:41.81 ID:C8axtiVIo



リシュリュー「な、なんでもないわ……」


リシュリュー(……今日はもう遅いし、明日から本格的に取り組みましょ……うん)


提督「そうか?ならいいが……」


ガンビア「ふふ、楽しみ……♪」









↓1 どうなる?

五分後までに何もなければこれで終わりますー
11 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:15:18.13 ID:C8axtiVIo



古鷹「〜〜、〜〜」


プリンツ「ーーー!」






利根「……むう」


筑摩「姉様、どうしたのですか?」


利根「どうしたもこうしたもない!いつになったら提督は吾輩たちに手を出すのだ!」


筑摩「確かに……指輪は頂きましたが、夜伽に呼んでもらったことはありませんね」 


利根「……もしや提督は吾輩たちのことを愛しておらぬのか……?」


筑摩「姉様、提督に限ってそんなことありませんよ……」


利根「うぅ〜……」











↓1 どうなる?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:17:57.51 ID:qIOQUpiN0
提督と出会ったけど、提督はそろそろ発情期のせいで話してるときにずっと上の空
13 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:20:29.21 ID:C8axtiVIo



フラフラ…


利根「む、噂をすれば提督!」


筑摩「あ、姉様!」


提督「ん〜……利根に、筑摩か……」


利根「よく聞け提督よ。貴様、艦娘の扱いが少々雑になってるのではないか?」


提督「んー……」


利根「多少の好みはあろうと、すべての艦娘を平等に〜〜〜……」


提督「……」










↓1 どうなる?
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:21:32.49 ID:hR1zoMkY0
利根「うぅ〜吾輩の話を聞け!」ギュウウウ…
提督「っ!ま、待て!早やまるな!」
15 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:23:22.84 ID:C8axtiVIo




利根「うぅ〜……」


利根「吾輩の話を聞け!」ギュウウウ…


提督「っ!ま、待て!早やまるな!」


筑摩「姉様、提督はそろそろ……」


利根「はっ……そ、そうじゃったな……」


提督「すまん……今は我慢するので精一杯なんだ……」









↓1 どうなる?
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:23:55.95 ID:qIOQUpiN0
突然提督の息が早くなる
17 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:26:02.60 ID:C8axtiVIo



利根「そ、そんなに辛いのか……?」


提督「ああ……、っ!」


提督「はぁ、はぁっ……」


利根「提督!?」


筑摩「大丈夫ですか!?」


提督「は、離れてろ!すぐに収まるから……!」


利根「しかし……」










↓1 どうなる?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:26:35.69 ID:8cBVp6n80
襲ってかかると思うが、予想と違って提督が倒れた
19 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:28:05.52 ID:C8axtiVIo



利根(もしかしたら襲われるかもしれんが……こんな提督を放っていくわけにも……)


提督「ぁ……」


バタッ


利根「て、提督!?」


筑摩「倒れるなんて……とにかく、医務室へ連れて行きましょう!」











↓1 どうなる?
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:30:30.51 ID:qIOQUpiN0
医務妖精「はぁ、適当に嫁とやってしまえばいいのに」
利根「まったく、その通りだ!」
提督「うぅ・・・う〜」
21 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:32:13.10 ID:C8axtiVIo




医務妖精「我慢のしすぎだね。なんともないよ」


提督「そ、そうか……」


利根「はぁー……我慢しすぎて倒れるなんて、お主はアホか?」


提督「あ、アホって……」


医務妖精「さっさと適当な嫁艦とやってしまえばいいのに」


利根「そのとーり!」


提督「う……でも……」








↓1 どうなる?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:34:09.77 ID:gQdaO7ek0
筑摩が飲み物を取ってきて、医務室から離れた同時に利根は提督のベッドに引き込まれた
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:35:15.57 ID:UziYBRgg0
利根「嫁にとっては一大イベントなんじゃぞ!?」」
24 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:36:27.92 ID:C8axtiVIo




医務妖精「じゃ、私他の用事あるから」


バタンッ…


利根「まったく……変なとこで律儀になろうとするから」


筑摩「まあまあ……私、飲み物を注いできますね」


スタスタスタ… バタンッ


提督「……」


提督「利根……」


利根「なんじゃ……っうっ!?」ガバッ


利根「て、提督!何をする!?」










↓1 どうなる?
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:37:15.73 ID:qIOQUpiN0
実際に迫られたとき、そこには「ちくま〜///」しか言えないの利根姉であった
26 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:39:49.50 ID:C8axtiVIo



提督「はぁ、はぁ……っ!」


利根「あ、うぅ……」


提督「こんな、露出した姿でウロチョロしやがって……!俺がどんなに苦しかったか……!」


利根「え、あ……///」


提督「お前がその気なら、俺だって……」


利根「ひゃっ……ち///」


利根「ちくま〜、ちくま〜〜!///」









↓1 どうなる?
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:43:21.52 ID:8cBVp6n80
慈悲はない、筑摩が戻る前に喰われる(キンクリ)
28 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:45:08.29 ID:C8axtiVIo



利根「はひ、ひぁ……///」ブルルッ…


ドロォ…


提督「はぁ、はぁ……」


提督「口開けろ、利根……気持ちよくしてたこれを綺麗にするんだ」


利根「ふぁ……///」ペロペロ…


提督(次は筑摩だ……)









↓1 どうなる?
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:47:10.44 ID:NLsb4OFA0
飲み物を持って筑摩が戻ってくる
筑摩「と、利根姉さん!?///」
30 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:49:00.27 ID:C8axtiVIo


ガチャ…


筑摩「失礼しま……と、利根姉さん!?///」


利根「ち、ちくま……っ///」


提督「ちょうどいいところに来た。筑摩、おいで」


筑摩「て、提督、何を……?///」


提督「分かってるだろ。早く」


筑摩「……///」ゴクリ…









↓1 どうなる?
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:50:27.67 ID:qIOQUpiN0
なかなか来ないので、筑摩の前にゆっくりと利根を持ち上げ、一気に落す
利根「んっ!?はひ!?おぉ!?///」
32 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:54:01.41 ID:C8axtiVIo



筑摩「……///」ジリ…


提督「はぁ……しょうがないなぁ」ガシッ


利根「ふぁ、ていとく……?///」


提督「筑摩がヤラせてくれないなら、利根にシてもらおうかな」


利根「や、やめんかっ、ちくま見ては……っ」


ずぷぷっ


利根「んっ!?あぁぁ♥はひっ……♥」


筑摩「そ、そんな!姉様!」


利根「ちくまぁ、み、みるなぁ……んっ♥」


筑摩「あ、あぁ……」









↓1 どうなる?
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:56:23.72 ID:gQdaO7ek0
筑摩、利根に近づいてちくびを舐める
34 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 00:58:23.77 ID:C8axtiVIo



利根「はぁ、ち、ちくま……♥」


筑摩「姉様……なんて淫らな姿に……」


ペロ…


利根「ひゃんっ♥」


提督「可愛い声が漏れたな。利根?」


利根「う、うぅぅ……んんっ♥」


筑摩「姉様、もっと……声を聞かせてください……」










↓1 どうなる?
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 00:59:20.51 ID:qIOQUpiN0
夜戦
36 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 01:03:00.59 ID:C8axtiVIo

今日はここまでですー

初めてが発情提督相手とか可愛そう(小並み)





利根「あっ♥ふぁっ、あっあっ♥」


筑摩「姉様、かわいい……♥」


提督「利根、出る……っ」


どぷっ


利根「うぁっ♥あああぁぁぁっ♥」


提督「ふぅ……」


提督「さ、筑摩」


筑摩「は、はいっ……♥」









↓3までで多数決

キンクリする?しない?

しない場合内容も募集してます
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 01:03:35.88 ID:qIOQUpiN0
しない
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 01:03:54.36 ID:oEuuU1l80
しない
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 01:04:20.45 ID:+YXNwwST0
しない
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 01:20:28.53 ID:ZXHN+HpF0
しない
二人を並べて交互に種付けプレス
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 13:15:01.48 ID:KuT/WuCTO
何でもかんでも安易に孕ませないでほしい
子供なんて未来からたまに来るぐらいで十分
42 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/26(土) 21:23:11.92 ID:wG96rYyro

こんばんは、今日の更新はお休みしますー
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/26(土) 21:54:29.87 ID:qIOQUpiN0
おk−
44 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/27(日) 22:00:52.17 ID:Hr+f2jaxo
すみません、今日も更新は休みますー

明日にはなんとか……
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 22:12:18.35 ID:cxdhWAsI0
いいですぞー更新を待ってるぞー

食材を集めるぞーお茶が出ないけど頑張るぞー
46 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/28(月) 22:29:51.68 ID:XXX/+Ckko


提督は利根の膣内からそれを引き抜くと、座り込んだ筑摩の面前に突きつけた。姉の愛液と精液で汚れたそれを見て、思わず筑摩は喉を鳴らす。そして、覚悟を決めると大きく口を開けてそれを咥えた。


「んっ……」


怒張は熱く硬く、そして大きい。それなのに提督は無遠慮にそれをぐいぐいと筑摩の喉奥へ押し込んでくる。息苦しさに耐えながら、筑摩はなんとか舌を動かし、汚れた怒張を綺麗にしていった。

いつか身体を求められたときの為に練習しておいた舌使い。しかし、実際は想像したのと同じ相手に、しかし百八十度違った状況で振る舞われていた。


「んぶっ、んんっ……」


想像の中では、筑摩は一人で抱いてもらっていた。二人だけでゆっくりお酒を飲みながら、ロマンチックに身体を重ねていく。しかし、今の提督にはロマンチックなんて言葉は貧弱すぎる。まるで道具のように扱われ、愛情などまるで感じない。しかし、筑摩の下腹部はたしかに熱くなっていた。


(あぁ……こんな風にされて、感じるなんて……)


ちらっと上目遣いで提督を見上げる。彼はいつの間にか利根を抱き抱えながら、激しく貪るようにキスをしていた。


(ん……っ、利根姉さん……)


利根は虚ろな眼をしていたが、餌をねだる小鳥のようにキスを求めていた。姉が楽しんでいるなら、自分も楽しんでいいんじゃないか。

そんなことを考えていた筑摩の口内で、提督はぶるぶると怒張を震えさせた。そして、ぐいっと怒張を喉奥にねじ込み、押し流すように射精した。


「んうっ!?ぅぅ……」


思わず離れようとしたが、提督が頭を押さえつけているため逃げることができない。息苦しさに目に涙を滲ませながら、筑摩はひたすらに耐えた。腹の奥を熱くさせながら。


「はぁ、はぁ……♥」


47 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/28(月) 22:30:20.92 ID:XXX/+Ckko


射精を終えたあとの筑摩の息には明らかに色が混じっていた。艶やかで、色っぽい声音に再び怒張は硬さを取り戻す。そのまま興奮にかられて、提督は筑摩の衣服を引き裂くように脱がしていった。

抵抗も許されずに、筑摩はその大人びた身体の全てを提督の視線に晒すこととなった。やや幼児体型気味の姉と違う、すらっと伸びた手足に豊かな胸に腰つき。

未成熟な姉と成熟した妹。裸の二人をベッドに並べると、提督はまだ味わい足りない筑摩の身体に手を伸ばした。姉とはまるで違う、重巡らしい大きさの胸に手を添え、感触を確かめるように揉みしだいていく。


「んっ♥はぁ……っ♥」


指が沈みこむ柔らかい感触。そして時折指で突き出た乳首を弄ぶと、筑摩は甘い声を我慢できなかった。姉が隣にいるということから何とか声は抑えたかったのだが、そんな意志を提督は許さない。快楽の沼へ少しずつ引きずり込むように筑摩そのものを弄んでいく。

いつしか提督は手を胸から脇腹、腰、そして秘所へと移し、胸は舌で弄っていた。愛液の溢れる秘所は提督の太い指も簡単に受け入れ、怒張を挿入する準備として優しく解されていた。


「はぁ♥んんっ、あっ♥っ……♥」


一方利根は隣で妹の喘ぐ声を静かに聞いていた。もちろん、利根にとってこんな経験は初めてのことだ。まるで引き寄せられているかのように、利根は筑摩から視線を外すことができなかった。


「姉さん……♥」


48 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/28(月) 22:30:57.55 ID:XXX/+Ckko


筑摩と目が合い、筑摩がそんな声を漏らす。何時もの様子の筑摩なら、きっと恥ずかしそうにするだろう。だが、今の筑摩は違う。自分も幸せです。そう伝えるかのような、満足げな表情だった。

そして。


「あぁぁぁぁあああっ♥」


筑摩が目を閉じ声をあげた。提督が覆いかぶさるように筑摩の上にのしかかっていた。筑摩の細い足が快感でぴんと天井へ向け伸びていた。

姉の目の前で純潔を失ったのだ。
初めては痛いと聞いていたが、筑摩はそれほど痛みを感じなかった。むしろ突き抜ける快感で神経を焼かれるようだった。提督の怒張は容赦なく筑摩の奥へと進み、上から押さえつけられ逃げることもできない。何もできず、提督の好きに犯されるままだった。


「ふ、深いっ、深、くてぇ……っ♥ああっ♥」


提督にぐりぐりと子宮口に怒張を押し付けられながら、筑摩はただ快感に身を震えさせた。その様子を満足そうに見下ろす提督は、筑摩と身体を密着させると一定のリズムでずんっ、ずんっと腰を振り始めた。


「んっ♥激、しっ……♥あっ、やぁぁっ、んむっ♥」


提督が腰を降るたび、筑摩はたまらなく気持ち良さそうに声を漏らした。その口も提督にキスをされ塞がれる。しかし、筑摩が感じ続けているのは誰の目にも明らかだった。そして、そのうち腰を降るリズムが早まり、動きも激しさを増していく。

筑摩も自分の膣内で怒張が膨らむのを感じながらこれから起こるであろうことを察していた。


(ていとっ、出しっ……♥)


「んんっ、んむぅぅぅぅっ♥」


唇を塞いだまま、提督はぐっと鈴口を最奥に押し付けた。そしてそのまま、今日何度目かの、筑摩には初めての射精を行う。それと同時に筑摩の中で溜まっていた快感も弾け、怒張を痛いくらいに締め付ける。筑摩に抱きしめながら、長い射精を終えると、提督はじっと彼と筑摩の様子を観察していた利根を見つめ返した。
49 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/28(月) 22:41:50.18 ID:XXX/+Ckko


恥ずかしそうに目を伏せた利根だったが、提督は構わず彼女を押し倒した。何か言おうとした唇を塞ぐと、利根は諦めたのか甘えるようにキスに応えてくれた。


「んちゅっ、んんっ……♥」


利根とキスを交わしながら、提督は手探りで彼女の秘所を探す。筑摩と比べると小さいが、経験済みの彼女に遠慮はいらないだろう。そう考えた提督は、利根の膣内にも容赦なく怒張を突き立てた。


「んぎっ……ぷぁ……♥」


筑摩と比べると小柄な利根の膣内はすぐに最奥に届いた。だが、怒張の勢いはそれでも止まらずに、利根が息を出来なくなるほど深く、その身体を押しつぶしていった。呼吸が苦しくなり身体が強ばると、膣内も締め付けを強めてくる。それが堪らなく気持ちよく、提督は利根の身体を激しく深く突き立てていった。


「かひゅっ、ひぁ、ぁっ……♥」


一度射精を終え、提督が離れると利根はようやく落ち着くことができた。だが、筑摩の声が収まればまた自分が襲われる。

今の利根の惚けた頭では、そんなことは思いつきもしなかった。

50 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:00:08.42 ID:XXX/+Ckko


こんばんわー更新はじめますねー






ガチャ…


医務妖精「……ん?」


「あぁっ♥あぉああぁぁっ♥」


「だめっ、だめぇ……♥」


医務妖精「……」


医務妖精「なんで医務室でやるかなぁ……」









選択肢安価

1 放っておく

2 止める

↓1
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:00:34.61 ID:bkuP1VHn0
1
52 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:01:50.78 ID:XXX/+Ckko



医務妖精「……相手をしてるのは利根型の二人かぁ」


医務妖精「ま、いいや。放っておこ……」


医務妖精「〜〜♪」カリカリ…












しばらくたってから…

↓1 どうなる?
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:02:24.94 ID:S/AuG/6b0
周りを見渡すと

ボテ腹になって、クスリをキメたような顔で提督の息子を舐める二人
色んな液体で白に染められた医務室、一日を進んだ日めくり

そして、提督は考えるのをやめた
54 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:04:26.67 ID:XXX/+Ckko



【一日後】



提督「ん、う……」


提督「俺……」


利根「ふーっ♥」


筑摩「ん、ちゅ……♥」


提督「二人とも……」


提督(まる一日経ったのか……今回相手をしてくれたのは利根たちだったんだな)









↓1 どうなる?
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:06:02.04 ID:yLX5hAte0
妖精たちが平然な顔で周りを片付ける
56 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:07:51.99 ID:XXX/+Ckko



妖精「…」ゴソゴソ…


妖精「…」ゴソゴソ…


提督「あ、よ、妖精さんたち……」


提督「そう言えばここ医務室か……」


提督「利根、筑摩……もう舐めるのはいいから。シャワー浴びに行こう」


利根「ていとく〜っ……♥」ギュー…









↓1 どうなる?
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:09:00.77 ID:S/AuG/6b0
提督はシャワー中で謝罪しようと思うと、二人に押し倒された
58 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:10:48.72 ID:XXX/+Ckko



【風呂場】


筑摩「ふぅ……」


提督「……その、すまなかった。二人とも」


提督「色々待たせて、それなのにこんなロマンの欠片もない方法で解決してしまって……」


利根「……そう思うなら」


筑摩「これから、優しく抱いてくれますか?♥」


提督「……ああ」









↓1 どうする?どうなる?

もしくはこれで終わる?
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:11:30.48 ID:VYLbk5lN0
風呂から上がり執務室へ行くと意外な秘書艦が
藤波「またやらかしたの?その発情期って奴、何とか出来ないの?」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:11:30.84 ID:aze5oH8B0
終わる
61 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:15:05.68 ID:XXX/+Ckko



提督「……ふいー」


ガチャ…


提督「はーすっきりした……と」


藤波「ん、お疲れ」


提督「藤波?なんでここに?」


藤波「今日の秘書艦、あたしなの。一人で仕事してたんだけど……」


提督「そ、そうか。それは悪かった、謝るよ」


藤波「……その、発情期ってやつ。何とかならないの?」


提督「うーん……」










↓1 どうなる?
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:16:26.73 ID:S/AuG/6b0
利根と筑摩、提督の考えを知って(>>26)、これからは下着をつけないと思った
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:16:56.58 ID:S/AuG/6b0
↑提督を誘惑するの意味で
64 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:19:37.18 ID:XXX/+Ckko



提督「正直、どうしようもないらしいな……」


藤波「ふーん、大変ね」


提督「まあな……もし藤波を襲うようなことがあったら大変だし……と」


提督(メール?)


『これからは下着は履かないようにします

その気になれば姉さんともども、襲ってくれて大丈夫ですよ 筑摩より』


提督「……」


藤波「……何見てんの?」










↓1 どうなる?
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:20:35.04 ID:GXV5HTbz0
懲りずにムラムラしてきた
66 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:23:21.10 ID:XXX/+Ckko



提督「……」


提督(ヤバいっ、またぶり返してきた……)


藤波「提督、ちょっと大丈夫?」


提督「あー、大丈夫大丈夫……」


提督(誰か嫁艦呼ぶか……?)









↓1 どうなる?
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:23:45.10 ID:ljFxkq2ZO
藤波「それからこれ。朝潮から置き手紙よ。満潮の部屋にあったって「旅に出ます。2週間ぐらいで帰ってきます」だってさ。ねえ?聞いてる?」

終わり
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:24:22.02 ID:FLl2J1eE0
藤波、なんとなく身の危険を感じた
69 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:25:34.29 ID:XXX/+Ckko



藤波「ああ……それからこれ」


提督「ん?」


藤波「朝潮から置き手紙よ。満潮の部屋にあったって。『旅に出ます。2週間ぐらいで帰ってきます』だってさ。ねえ?聞いてる?」


提督「え……何があったんだ?」


藤波「知らないわよ……ほら、仕事するわよ」


提督「……」







↓五分後までに何もなければこれで終わります

その場合五分後に最も近いレスで次の主役安価とります
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:30:34.06 ID:VYLbk5lN0
朝雲
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:30:34.08 ID:Fm3z64tX0
伊19
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:30:34.17 ID:LFxxd3xn0
アークロイヤル
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:30:34.34 ID:S/AuG/6b0
コンマ判定

偶数 朝潮
奇数 提督(朝潮を探しに)
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:30:34.58 ID:afOkgvs/0
阿賀野
75 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:32:46.62 ID:XXX/+Ckko


朝潮了解です








スタスタスタ…


朝潮「……ふぅ」


朝潮「ずいぶん歩いたわね……少し休憩しましょうか」


朝潮「……司令官、怒ってるかしら。前も勝手に出かけたときはすごく怒られたし……」


朝潮「……でも」










↓1 どうする?どうなる?
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:32:57.79 ID:ljFxkq2ZO
旅に出たのは朝潮ではなく満潮
ここ重要
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:35:16.81 ID:TNCb0N040
仮面の人の手がかりを求めて旅をしている
78 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:36:36.90 ID:XXX/+Ckko


あ、そっちか……







朝潮「……私だって満潮が心配だもの」


朝潮「姉として、必ず連れて帰らないと」


朝潮「そうと決まれば、休んでる隙はないわ!」


朝潮「満潮……朝潮がついてるから……!」










↓1 どうなる?
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:40:17.38 ID:S/AuG/6b0
大潮と荒潮が朝潮を追ってきた


少し混乱した・・・
80 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:41:37.93 ID:XXX/+Ckko




荒潮「まったくも〜、二人とも勝手なんだから〜」


大潮「荒潮!早くしないと置いていかれますよ!」


荒潮「そんなに焦らなくても大丈夫よ〜もうすぐ司令官も着くそうだから」










↓1 どうなる?
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:45:22.71 ID:VYLbk5lN0
一方満潮は鎮守府のある島からかなり離れた北海道の外れにある小さな島で休息中だった
82 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:47:08.92 ID:XXX/+Ckko



満潮「……ふぅ」


満潮「こっちは寒いわね……はーっ」


満潮「……みんな怒ってるかしら」


満潮「でも、書き置きはしたんだし……」









↓1 どうなる?
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:48:31.42 ID:S/AuG/6b0
旅に出た理由
コンマ判定

偶数 前の朝潮と同じ
奇数 >>77
ゾロ目 提督が夜伽に呼んでくれない
84 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:51:04.58 ID:XXX/+Ckko




満潮「……鎮守府のある島から沖縄、九州、本州を超えてここまで来たけど」


満潮「私の力は、こんなものじゃないわ……改二にもなって、指輪をもらって」


満潮「みんなに迷惑をかけないで……みんなを助けられるようになってる。そのことを、証明しなくちゃ……」


満潮「……とりあえずは、この島でしばらくサバイバルね!」









 
↓1 どうなる?
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:52:58.35 ID:ljFxkq2ZO
呂500「満潮が気になるの?そんなに心配する事ないですって!」
暁「追いかけるつもりならそんな大人数で行くべきではないわ。相手の気持ちも考えてみて。一人旅を満喫している所に大勢に迫られるのはあまり気分の良いものではないでしょ?」

この二人もこの世界に異なる「自分」がいる事をまだ知らない…
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:53:34.56 ID:M62jJYd00
言った側から前にいたの牛の鳴き声でびっくりした
87 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/28(月) 23:57:15.83 ID:XXX/+Ckko


ワーワー


提督「他の鎮守府にも要請をかけて……」


扶桑「……提督、少しあの子を心配しすぎじゃありませんか?」


提督「何?」


扶桑「満潮は強い子ですから……一人でも大丈夫ですよ」


提督「そんな無責任な……」


暁「でも一人になりたいだけかもしれないわよ?」


提督「……それでもあいつはまだ子供だ。保護者として探す義務がある。あんな書き置きだけで飛び出すなんて……心配するなって方な無理な話だ」











↓1 どうなる?
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:59:13.63 ID:LFxxd3xn0
廃屋など寝床があるか探してみる満潮
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/28(月) 23:59:20.28 ID:S/AuG/6b0
満潮、ようやくウサギを捕まえたけど、[ピーーー]ことに抵抗を感じる
90 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:00:31.79 ID:11mfyHCNo



満潮「ともかく、まずは拠点を探さなきゃ」


満潮「この島は無人島だし、廃屋か何かあればいいけど……」


満潮「……このあたりにはなさそうね。向こうにはあるかしら」スタスタスタ…










↓1 どうなる?
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:03:04.86 ID:es0tF5w10
コンマ判定
コンマが小さいほど、廃墟みたいな廃屋を見つける
コンマが大きいほど、不気味て設備が整っている廃屋を見つける
92 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:04:41.64 ID:11mfyHCNo



満潮「……あるには、あったけど」


満潮「かなり大きいわね……この洋館、元はホテルとかだったのかしら」


満潮「門は鎖がかけられてるけど……あそこからなら入れそう」


スタスタスタ…


満潮「お、お邪魔します……」


ギィィィィ…









↓1 どうなる?
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:05:28.77 ID:akESidBC0
あっちこっちで血の染みが付いてる
94 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:07:19.14 ID:11mfyHCNo



満潮「誰もいない……と、当然よね」


スタスタスタ…


満潮「荒れ放題……どこかに使えるベッドがあればいいんだけど……」


満潮「……やだ、これ染み……?まさか血じゃ……」


満潮「殺人事件でもあったの……この洋館……」











↓1 どうなる?
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:08:03.21 ID:a1mCAazFO
満潮「やっぱり無人島はやめておこう。隣にあるあの島ならちょうど良さそうね。人口もそんな多くないし」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:08:24.69 ID:mhUi0u1n0
食糧庫で大量の保存食を見つける
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:08:56.22 ID:es0tF5w10
とこからポタポタの声が聞こえる
98 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:09:49.35 ID:11mfyHCNo



満潮「……や、やっぱりここはやめとこう……」


満潮「この隣の島なら、少しは人がいるし……」


満潮「う、うん、そうしましょ……」


満潮(こんな不気味なとこ、早く離れたい……)









↓1 どうなる?
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:10:47.99 ID:mhUi0u1n0
海が荒れて移動できない
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:10:59.85 ID:es0tF5w10
洋館から出たの瞬間、まだ洋館の中に居た
満潮「ひぃぃ・・・」
101 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:12:32.18 ID:11mfyHCNo



ザァァァ… ゴロゴロ…


満潮「ひ、ひどい天気……」


満潮「これじゃ移動できないわ……それどころか、外にも出れないし」


満潮「う……ここで天気が晴れるまで待つしか……」









↓1 どうなる?
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:14:14.48 ID:es0tF5w10
洋館の全てのドアが勝手に開いた
103 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:15:47.10 ID:11mfyHCNo



満潮「うぅ……」


満潮(し、司令官……っ)


満潮「な、何弱気になってるの……!?しっかりしなさいよ、私!」


バンバンバンッ!


満潮「ひっ!?と、扉が……」


満潮「か、風よね……?」










↓1 どうなる?
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:16:51.64 ID:BDp2CODk0
97
105 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:18:34.10 ID:11mfyHCNo



ポタッ… ポタッ…


満潮「あ……雨漏りしてるの……?」


満潮「古い屋敷だし、仕方ないわよね……」


ポタッ… ポタッ…


満潮(……鎮守府に戻りたい)


満潮(こんなことになるなんて……)


満潮「司令官に、電話しても……」


満潮「うぅ……」










↓1 どうなる?
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:18:48.18 ID:es0tF5w10
提督たちが隣の島で集合したけど、天気のせいで満潮がいるの島に移動できない
107 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:22:21.63 ID:11mfyHCNo



提督「……」


朝潮「か、勝手に追ってしまい、すみません……」


提督「はー、まったく……」


大潮「それで、司令官!どうして出発しないんですか!?」


提督「海が荒れていて艦娘でも危険なんだ。天候が回復しなきゃ迎えに行けないな……」


荒潮「困ったわね〜……満潮姉さん、泣いてるかも……」










↓1 どうなる?
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:23:33.76 ID:Wy+LrCmU0
100
109 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:26:59.65 ID:11mfyHCNo



満潮「っ……」


満潮「も、もう!こんな島いやっ!」


満潮「早く外に出て、司令官に迎えに……っ!」


ギィィィィ…


満潮「え……」


満潮「な、なんで扉の外が洋館になってるの!?」


満潮「で、出られない……!?」










↓1 どうなる?
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:27:58.65 ID:es0tF5w10
何やら重い物が壁に叩きつける声がこっちに近づいてくる
111 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:29:47.88 ID:11mfyHCNo


ズゥーン…


ズゥーン…


満潮「な、何なのよこの音は……!?」


満潮「か、隠れなきゃ……バレたら、絶対まずい!」


タッタッタッ…


満潮(も、もうやだぁ……朝潮姉さん、時雨、扶桑さん……!)


満潮(司令官、助けて……!)









↓1 どうなる?
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:32:16.83 ID:jvOH4KiE0
U-511が現れた
U「どうしてこんな所に艦娘がいるの?」
113 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:34:39.40 ID:11mfyHCNo


満潮「……!」


「あなた、艦娘?」


満潮「え、あ、ゆ、ゆーちゃん……」


U-511「……? どうしてゆーを知ってるの?」


満潮「な、何言ってるの……私を探しに来たんじゃ……」


満潮「……そもそも、あなた今改装してるんじゃ……」










↓1 どうなる?
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:37:08.03 ID:es0tF5w10
音の方に見たら、U-511が人の形をしてるの”何か”を引っ張ってる
115 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:38:23.11 ID:11mfyHCNo



満潮「え……ゆ、ゆーちゃん、あんたそれ……なに……?」


U-511「ん、これですか……?」


満潮「っ、きゃあああぁぁぁっ!!」


タッタッタッ…


満潮「も、もういやぁっ、しれいかんっ、しれいかんっ!」









↓1 どうなる?
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:39:44.65 ID:zxLT4bV+O
艤装を構えると異形は消えた
その後U511の導きで洋館から無事脱出
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:40:24.72 ID:LJJq2Gr50
後ろからU-511の声が聞こえる
U-511「あなたは、タベレル?」
118 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:41:57.38 ID:11mfyHCNo



満潮「はぁ、はぁ……」


U-511「怖がらないで……ここから出たいの?」


満潮「で、出たいわよ……もうこんな場所にいたくない!」


U-511「……なら、その扉から出て」


満潮「はぁ、はぁ……」フラフラ…


満潮(司令官、しれいかん……)


ギィィィィ…











↓1 どうなる?
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:42:00.97 ID:jvOH4KiE0
幽霊扱いは勘弁
サラが白黒両方いるなら、いいだろう?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:43:14.37 ID:es0tF5w10
U-511「嘘だけどね」
>>100
121 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:45:54.36 ID:11mfyHCNo



満潮「あ……」


U-511「ざんねん……」


満潮「あぅ……あ……」バタッ…


U-511「たおれちゃった……」


U-511「……連絡、したほうがいいのかな」










↓1 どうなる?
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:47:12.17 ID:zxLT4bV+O
すぐに起き上がる
よく見るとU511の表情にも余裕がなくなってきてる
満潮「ホントはあなたも怖いんでしょう?強がらなくていいのに」
123 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:48:40.40 ID:11mfyHCNo



満潮「うぅ……」ムクッ


U-511「あ……」


満潮「はぁ……ねぇ、あんたもここに迷い込んだんでしょ?」


U-511「……」コクリ…


満潮「顔が青いものね……一緒に出る方法、探しましょ」


U-511「わかった……」









↓1 どうなる?
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:50:26.86 ID:pJPnsDSQ0
96
125 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 00:52:18.99 ID:11mfyHCNo



今日はここまでですー

またあしたー






ぐぅぅぅ…


満潮「……お腹すいた」


U-511「あ……こっちきて……」


満潮「何?」


スタスタスタ…


U-511「これ、食料かな」


満潮「え、ええ……保存の聞くものばかり。まだ食べられるわね……」


U-511「よかった……」










↓1 どうなる?
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:53:36.49 ID:mhUi0u1n0
食べ過ぎて太る
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 00:54:45.20 ID:8Gm2pkEU0
U-511は引っ張ってる死体を手放した
U-511「これで、これを食べなくでもいいかな?」
128 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:00:10.15 ID:MoJJg8rNo


こんばんわー更新はじめますねー





満潮「うぷ……た、食べすぎた……」


U-511「大丈夫……?」


満潮「え、ええ……大丈夫」


満潮「……ねぇ、さっきの音はあなたが出してたの?」


U-511「ちがう……ゆーじゃない……」


満潮(……やっぱり、ここには幽霊がいるんだ……)










↓1 どうなる?
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:00:30.58 ID:es0tF5w10
U-511が引っ張ってるものがなくなったけど、聞き返すの勇気がなかった
130 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:01:54.56 ID:MoJJg8rNo



U-511「……」パクパク…


満潮(そう言えば、ゆー……)


満潮(どうしたのなんて、聞けないわよね……)


U-511「……?」







↓1 どうなる?
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:02:34.70 ID:rF6Iqz5a0
改めて洋館を探索するが、いくつおかしいことが起こる
132 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:04:04.00 ID:MoJJg8rNo



満潮「さ、早くここから出ましょ……二人ならなんとかなるはずよ!」


U-511「う、うん、わかった……」







満潮「くっ、ドアが開かない……!さっきまで開いてたのに!」


U-511「他のドアもだめ……」


満潮「くっ、この幽霊屋敷め……」









↓1  どうなる?
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:04:35.24 ID:Uwb2hRrjO
U-511「あなた、満潮にそっくりだね。朝潮型唯一の生き残り、満潮に…」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:04:48.45 ID:mhUi0u1n0
空いている窓を探す
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:04:54.42 ID:es0tF5w10
ドアを開けたでも、開け閉めたびに違うなところに繋がってる
136 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:06:45.39 ID:MoJJg8rNo



U-511「……ねぇ」


満潮「何……?」


U-511「あなた、満潮にそっくりだね……朝潮型唯一の生き残り、満潮に……」


満潮「は?何馬鹿なこと言ってるのよ!第八駆逐隊の皆も、霞たちもみんなピンピンしてるわよ!」


U-511「……?」


満潮「はぁ……ほら、手を止めないで」











↓1 どうなる?
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:07:11.05 ID:es0tF5w10
>>135
138 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:09:05.10 ID:MoJJg8rNo



ガチャ


満潮「あ、開いた!」


U-511「長い廊下……」


満潮「ここを探すのは後にしたほうが良さそうね……」









満潮「……どれも同じ廊下につながってたけど」


U-511「……ほんとに出られるのかな」


満潮「うぅ……」











↓1 どうなる?
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:09:31.40 ID:jvOH4KiE0
天井を撃ち破って脱出するというのはどうだろうか
140 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:11:30.94 ID:MoJJg8rNo



U-511「……ねぇ、満潮は艤装、出せるんだよね?」


満潮「あ、う、うん……」


U-511「なら、屋根に穴を開けて……そこから出るのは?」


満潮「……もう、それしかなさそうね」


ジャキッ


満潮「離れてて……」












↓1 どうなる?
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:12:37.33 ID:es0tF5w10
打ち破ったの穴から下からの視点で自分の下着を見た
満潮「ダメそうね・・・」
142 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:13:51.08 ID:MoJJg8rNo



バゴォン!


パラパラ…


U-511「……ぱんつ?」


満潮「え?あ、ああっ!?」


満潮「く、空間自体が歪んでるの……?」


U-511「……」


満潮「はぁぁ……一体どうやったら出られるのよ……?」










↓1 どうなる?
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:14:45.74 ID:3k6wRfGn0
U-511が迷い込んだからどれだけの時間が過ぎたのを聞いてみる
144 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:16:08.85 ID:MoJJg8rNo




満潮「……そういえば、ゆーちゃん」


U-511「何?」


満潮「あんた、ここに閉じ込められてからどれくらい経ってるの?」


U-511「……んー」








↓1  U-511の返答
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:16:27.69 ID:Uwb2hRrjO
満潮とほぼ同じぐらいの時間に来た
売れそうな品を探すために侵入した
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:16:33.07 ID:es0tF5w10
U-511「もう覚えないです」
満潮「」ソワッ
147 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:18:01.06 ID:MoJJg8rNo



U-511「たぶん、満潮と同じくらい……」


U-511「お宝があると思って入ってきた……」


満潮「お宝ぁ……?なんでそんなもの……」


満潮「はぁぁ……これからどうしよう。司令官を待つしかないのかな……」









↓1 どうなる?
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:19:41.18 ID:es0tF5w10
提督たちの視点から雨が止めたけど、満潮たちから見れば雨が強くなってきた
149 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:21:10.78 ID:MoJJg8rNo



提督「よし、朝潮、大潮、荒潮。行くぞ!」


『了解!』


朝潮(待ってて、満潮……!)









ザァァァ…


満潮「……雨、止まない」


満潮「しれいかん……」


U-511「……」









↓1 どうなる?
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:22:31.57 ID:mhUi0u1n0
地下への階段を見つける
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:22:37.13 ID:Cj7d4KxQ0
提督を待っているときにしばらくU-511のことを聞く
152 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:23:42.78 ID:MoJJg8rNo



U-511「……あ」


U-511「満潮、見て……」


満潮「何……?」


U-511「これ、階段……もしかしたら、出られるかも……」


満潮「……早く、司令官に会いたい……」


U-511「うん、行こう……」









↓1 どうなる?
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:25:55.66 ID:es0tF5w10
下に降りると
何人分の骨と、目が開けないほど輝いてるの宝石と?金を見つける
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:27:00.60 ID:es0tF5w10
?金→ゴールドで、すみません
155 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:27:58.30 ID:MoJJg8rNo



U-511「! おたから!」


満潮「え……わ!」


満潮「すごい宝石に黄金……あ、待ってゆーちゃん!」


U-511「なんで止める……?」


満潮「こんなの怪しいに決まってるでしょ!罠って言ってるようなものよ……」


U-511「う……」









↓1 どうなる?
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:29:21.95 ID:UQisZoX80
提督たちがやってきたけど洋館を見つからない
157 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:30:49.54 ID:MoJJg8rNo



提督「満潮ー!どこだー!?」


大潮「満潮ー!」


荒潮「発振器はこの辺りを示してるのに……」


朝潮「満潮、いったいどこへ……」









↓1 どうなる?
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:31:33.46 ID:Uwb2hRrjO
>>151
Uの話によると提督はUが着任してから割とすぐに死んでいったらしい
提督亡き後の艦隊は統率力が落ちて甚大な犠牲を払いつつも何とか深海棲艦のボス級を撃破できたが生き残りの艦娘はわずか17人で内6名ほどは戦いの後消息不明になっている
幸運艦の雪風や不死鳥の響も提督の加護がなくなればただの艦娘に過ぎず無残にも沈んでいった
159 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:34:33.30 ID:MoJJg8rNo



満潮「と、とにかく、これは保留!」


U-511「うぅ……」


満潮「それより、ゆーちゃん……あなた、なんでここに?」


U-511「軍資金の調達で……」


満潮「え、お金?」


U-511「ゆーの鎮守府、お金ないです……艦娘も人員もなくて……」


U-511「提督も、他の独逸艦も……」


満潮「ちょ、ちょっと待って!?」


満潮(ゆーちゃんの話って、まさかフルタカさんのいた世界の話じゃ……)


満潮(じゃあ、まさかここは別の世界……!?)










↓1 どうなる?
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:37:20.39 ID:es0tF5w10
ドアが閉められ、お宝が赤くなり、血みたいのように溶ける
161 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:39:11.64 ID:MoJJg8rNo



バァンッ!


満潮「あ、ど、ドアが!?」


U-511「あ……」
  

ドロォ…


U-511「お宝……」


満潮「こ、これ、本当に危ないんじゃない……!?」


U-511「……」ゴクリ…


満潮「し、司令官、助けて……!」










↓1 どうなる?
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:40:22.56 ID:mhUi0u1n0
一つだけ残っているガラスの器を見つける
割ると屋敷やU-511が消える
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:41:07.89 ID:/2R6C4WI0
突然、血溜まりが提督たちの下から沸いてきた
164 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:42:44.17 ID:MoJJg8rNo



ズズ…


満潮「はぁ、はぁ……」


満潮(神様、助けて……!もう、司令官に悪態つかないから……!)


ゴトッ…


U-511「あ……」


パリンッ


フッ…


満潮「え……?」


満潮「き、消えた……?」


「満潮ーーー!」


満潮「! 司令官!?」







↓1 どうなる?
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:43:55.37 ID:es0tF5w10
提督の顔を見ると、安心したせいで足に力が入らない
166 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:46:09.80 ID:MoJJg8rNo



提督「! いた、満潮!」


満潮「しれいかんっ……」


満潮(あ、た、立てない……)ヘナッ


提督「満潮、無事か!?怪我してないか?」


満潮「うん、うん……」


提督「そうか……」


満潮「ごめんなさい……ごめん、なさいっ……」ポロポロ…


提督「……はぁー」











↓1 どうなる?
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:46:52.24 ID:Cj7d4KxQ0
不意に洋館があった方角へ見る、血まみれの自分がこっちに手を振っていた
168 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:48:33.89 ID:MoJJg8rNo


提督「ほら、捕まって」


満潮「うん……」ギュウ…


満潮「……!」






満潮?「……」フッ…







満潮「ぅ、ぁ……」ガタガタ…


提督「大丈夫、大丈夫だから。鎮守府に帰ろう」









↓1 どうする?どうなる?
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:49:15.26 ID:mhUi0u1n0
満潮が旅に出た理由を聞く
170 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:51:43.54 ID:MoJJg8rNo



満潮「……ん」


提督「落ち着いたか」


満潮「うん……」


提督「……なんで旅に出たんだ?」


満潮「あたし……自分の力を確かめたくて」


満潮「一人でも生きていけるって、証明したかった……司令官に頼らなくても、大丈夫って……」










↓1 どうなる?
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:52:03.26 ID:es0tF5w10
説教しようと思ったが、満潮の顔を見るとその気がなくなった
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:52:06.04 ID:jvOH4KiE0
満潮「さっきは不覚を取ったけどまだ諦めてないわ。2週間、自分の力で乗り切って見せるから。これは私の試練なの。こんな事で怖気付いてる場合じゃないわ。それに、私には探さなきゃならない人がいるの。司令官、私を信じて待っててくれる?」
提督「そこまで真剣な眼差しで言われちゃ敵わないな。いいだろう。その代わり、朝潮も連れて行くといい」
173 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:53:52.93 ID:MoJJg8rNo



提督「……」


提督(ほんとは朝潮みたいに説教するつもりだったが、よほど怖いものを見てきたらしいな)


提督(あまり叱っても逆効果か……)


満潮「……司令官?」


提督「無事でよかった。もうやるなよ?」


満潮「うん……」









↓1 どうなる?
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:54:09.72 ID:Uwb2hRrjO
>>172
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:55:14.42 ID:pJPnsDSQ0
提督に抱きついて離さない満潮
176 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/29(火) 23:57:52.28 ID:MoJJg8rNo



満潮「あ、あのね。司令官……また旅に出たいって言ったら怒る?」


提督「さっきやるなって言ったろ?」


満潮「で、でも、探したい人がいるの……」


提督「探したい人ね……今度は一人で行くなよ」


満潮「うん!」







※フラグに満潮、朝潮が追加されました

↓1 どうなる? もしくはここで終わる?
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/29(火) 23:58:54.24 ID:es0tF5w10
提督「人探しって・・・誰を探してるんだ?」
満潮「U-511」
提督「・・・んっ?」

終わり
178 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:00:04.91 ID:3p1h+JhVo



提督「……それにしても、人探しか。誰を探すんだ?」


満潮「……ゆーちゃんよ」


提督「は?」


満潮「あの子も、助けなきゃ……」


提督「……満潮」











満潮編 完

↓五分後に最も近いレス 次の主役安価
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:05:04.42 ID:Qj9xrpGaO
U-511
あの後(ガラスを割った時)この世界に来てしまった
今回はまだ提督や満潮とは絡ませない
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:05:04.77 ID:SstHNPLK0
阿賀野
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:05:04.81 ID:4OlXRFYu0
コンマ判定

偶数 沖波
奇数 伊8
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:05:05.03 ID:06gERxmu0
明石
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:05:05.29 ID:WR5D/xpr0
涼月
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:05:05.91 ID:GJ6F93ajO
龍田
185 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:07:46.54 ID:3p1h+JhVo
 


はっちゃん了解ですー







はっちゃん「ふぅ……」


はっちゃん「いい天気ねぇ……外で本を読むと、気持ち良さそう」


はっちゃん「最近は平和で……ふわぁぁ、眠くなっちゃうわ……」








↓1  どうする?どうなる?
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:09:19.87 ID:GJ6F93ajO
間宮に行く
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:09:39.57 ID:0PJ2dYck0
寝たばかりでイクに起こされた
イク「お〜き〜て〜イクと遊ぶの!」
188 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:10:48.66 ID:3p1h+JhVo



はっちゃん「うーん……ちょっと小腹が空いたかも。ここは暑いし」


はっちゃん「間宮さんとこに行って、涼みながら本を読もうっと……♪」スタスタスタ…
  

はっちゃん「ふんふんふーん♪」






【甘味処間宮】


はっちゃん「間宮さーん」


間宮「あら、はっちゃん。いらっしゃい」








↓1 どうなる?
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:11:30.63 ID:06gERxmu0
肥えた伊19がパフェを頬張っている
190 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:13:50.03 ID:3p1h+JhVo



はっちゃん「間宮さんの最中、相変わらず美味しそう……」


はっちゃん「あれ?」


イク「んー、とっても甘いのー♪」


はっちゃん「イクも涼みに来たの?」


イク「そうなの!溜まってたお給料でパフェ食べてたの〜」

 
はっちゃん(……太るってのは禁句かな)








↓1 どうなる?
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:14:20.87 ID:4OlXRFYu0
暑くなってきたので大盛況になっていた
はっちゃん「はぁ・・・別の場所に行こう」
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:14:31.79 ID:vyeGBSnso
伊26がくる
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:14:54.68 ID:rYEuiECcO
水着が破れて腹の肉がとびだす
194 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:16:10.53 ID:3p1h+JhVo



「ふー、あついー」


「まみやさーん、モナカー!」


はっちゃん「あ、に、賑わってきちゃった」


イク「座らないの?」


はっちゃん「別のとこで食べることにする……イク、またね」


イク「はーい、またなのー」








↓1 どうなる?
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:17:03.45 ID:06gERxmu0
居酒屋鳳翔へ
196 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:19:11.94 ID:3p1h+JhVo




はっちゃん「ふー、歩いてくるまでに最中、食べちゃった」


はっちゃん「でも、中でまたなにか食べればいいよね……」


ガラガラ…


はっちゃん「鳳翔さんー」


鳳翔「あら、はちさん。こんにちは」


はっちゃん「こんにちはー」









↓1 どうなる?
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:20:07.11 ID:KZQKlQuZO
伊26が揚げ物の食べ過ぎで太っている
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:20:23.44 ID:WR5D/xpr0
朝から酒を飲むポーラがいた
199 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:21:51.25 ID:3p1h+JhVo



ニム「あ、はっちゃん。はっちゃんも来たの?」


はっちゃん「あー……うん」


はっちゃん「ニム、その料理全部食べるの?」


ニム「? うん、そうだよ!遠征の後だから、お腹空いちゃって……」


はっちゃん「へぇ……」








↓1 どうなる?
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:22:08.44 ID:4OlXRFYu0
隅っこに座るつもりけど先客がいた(次の安価)
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:22:11.28 ID:06gERxmu0
伊19と伊26をダイエットさせるために演習場に呼び出す
202 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:24:20.05 ID:3p1h+JhVo



はっちゃん「えーと、どこに座ろうかな……」


はっちゃん「あの、相席しても……?」


「ん、いいよ〜」









↓1 はっちゃんの相席相手
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:24:30.90 ID:KOcZC2Au0
島風
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:24:33.12 ID:KZQKlQuZO
大鯨
205 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:27:06.95 ID:3p1h+JhVo



島風「はっちゃんは何しに来たの?」


はっちゃん「涼みに来たんです。それと、本を読みに」

 
島風「そっかぁ。ここって冷房もないのにすっごく涼しいから居心地いいんだ!」


鳳翔「ふふ、ありがとう。はちさんは何か食べる?」


はっちゃん「あ、えーと……」










↓1 どうなる?
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:27:27.31 ID:4OlXRFYu0
静かに本を読みたいけど島風が許してくれない
207 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:29:36.60 ID:3p1h+JhVo



はっちゃん「じゃあ何か……簡単なものでいいので、お願いします」


鳳翔「ええ、わかったわ」


はっちゃん「さて……」


島風「……ねーねー、それどんな本?」


はっちゃん「うん?えーと、ラブコメかな?」


島風「へー、面白いの?」


はっちゃん「う、うん……」


島風「ほうほう……」









↓1 どうなる?
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:30:43.51 ID:06gERxmu0
五月蠅いので移動する
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:31:22.11 ID:wyMAm6RD0
二ムまで食い付いてきた
210 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:32:32.00 ID:3p1h+JhVo



島風「……」ジー…


はっちゃん「……」


はっちゃん(しゅ、集中できない……)


はっちゃん「ほ、鳳翔さん。あたし、急用思い出したんで……ごちそうさまでした。お金置いときますね」


島風「あ、待ってよー!」









↓1 どうなる?
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:33:14.15 ID:2b+3gL0DO
201
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:33:19.64 ID:4OlXRFYu0
迷いの末に人が来なさそうところに移動した
フルタカ「・・・?」
はっちゃん「・・・」←部屋の隅っこに座って本を読む
213 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:35:02.87 ID:3p1h+JhVo



はっちゃん「はぁ、はぁ……」


はっちゃん「も、もう本はいいや……それより」


はっちゃん「イクもニムも、ちょっと食べすぎてたよね……」


はっちゃん「流石に運動させないと……うん」









↓1 どうなる?
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:35:36.46 ID:YP1CHA+yO
ダイエット関係の本を探す
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:35:54.81 ID:4OlXRFYu0
演習場のみんなが演習ではなく水遊びをしていた
216 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:38:34.47 ID:3p1h+JhVo



イク「何なの〜?」


ニム「何か楽しいことするの?」


はっちゃん「違う!二人とも、さっきものすごい量の甘いものに油もの食べてたでしょ!」


はっちゃん「やせないと、流石に太るよ……」


イク「うっ……」


ニム「えー?そうかなぁ?」


はっちゃん「だから、三人でダイエットの本を探そう!」









↓1 どうなる?
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:39:04.89 ID:4OlXRFYu0
探し出したけど二人がもうどっかに行った
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:39:05.33 ID:0/ud0phtO
二人の体重とスリーサイズを測る
219 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:41:22.77 ID:3p1h+JhVo


【はちの部屋】




はっちゃん「どう〜?見つかった?」


はっちゃん「……てい、いない……どこに行ったのよ……」


はっちゃん「はぁ……また探すのも面倒ね……」


はっちゃん「……」









↓1 どうなる?
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:41:42.36 ID:0/ud0phtO
218
221 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:43:49.60 ID:3p1h+JhVo


流れが繋がらないんで再安価で…

さっきから何かしてやめてってのが続いてるんで一貫した行動をしてほしい…



↓1 再安価
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:45:00.81 ID:06gERxmu0
伊19と伊26がいそうな間宮へ行く
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:45:03.92 ID:qcEwwS9X0
今回こぞ静かに本を読む
はっちゃん(二人のダイエットを付き合ったら、二人よりはっちゃんが先に痩せそう・・・(心労な意味で))
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:45:20.86 ID:WR5D/xpr0
面倒なので部屋でゴロゴロ
225 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:46:13.50 ID:3p1h+JhVo




はっちゃん「……あの二人なら間宮に戻ってるかな」


はっちゃん「もう人もはけてると思うし……簡単に見つかるといいな」







【間宮】


ガラガラ…


はっちゃん「さて、二人は……」







↓1 イクとニムはいた?
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:47:32.82 ID:0/ud0phtO
いた
強引に捕まえる
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:47:38.72 ID:4OlXRFYu0
いた+二人が>>193
228 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:49:04.47 ID:3p1h+JhVo



イク「あ、は、はっちゃん!」


ニム「あわわわ、見つかっちゃった……!」


はっちゃん「二人とも〜!人が親切にダイエットの仕方を探してるのに!」


ニム「わーん、ごめんなさい〜!」


イク「よ、余計なお世話なの……」









↓1 どうなる?
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:49:47.80 ID:06gERxmu0
二人の現状を理解してもらうために計測
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:49:49.89 ID:4OlXRFYu0
二人を連れて演習場に行く+>>223のセリフ+>>215
231 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:52:34.07 ID:3p1h+JhVo



はっちゃん「……そう言う事なら、二人には自分の現状を数字で教えてあげる」


はっちゃん「ほら、来て!」


イク「むむむ……」







【はっちゃんの部屋】


ニム「それで、何をするの?」

 
はっちゃん「計測するの!スリーサイズを測って、二人がどれだけ太ったか教えてあげる!」










↓1 計測の結果、どんな感じ?
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:53:03.97 ID:4OlXRFYu0
何も言えないがやばい
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:53:17.10 ID:dju7Z2H0O
内臓脂肪も皮下脂肪もやばいメタボ
234 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 00:55:52.72 ID:3p1h+JhVo



今日はここまでですー

またあしたー







イク「……」


ニム「……」


はっちゃん「ね?わかったでしょ?」


イク「うぅ……さすがに、これはイクでもヤバイのね……!」


ニム「う、うん!ニムも痩せる!痩せるよ!」








↓1 どうなる?
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:56:08.91 ID:qcEwwS9X0
230

236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 00:56:36.52 ID:06gERxmu0
お腹の贅肉を揉んで燃焼させる
237 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:00:10.17 ID:kJIpBIpBo


こんばんわー更新はじめますねー




はっちゃん「それじゃ、演習場に行こう」


イク「了解なのね!」
  

はっちゃん(この二人の相手してると、はっちゃんのほうが先に痩せそうね……)



    


【演習場】


ニム「あれー?演習場がプールになってる?」

 
提督「今日は暑いからな。特別だ」


イク「あ、てーとく♪」



    
 



↓1 どうなる?
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:00:24.66 ID:4OlXRFYu0
演習相手を探ししようと思ったら、水鉄砲を持った二人に撃たれた
はち「・・・」←本の中から魚雷を取り出した
イク ニム「「あっ」」
239 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:02:35.90 ID:kJIpBIpBo



はっちゃん「……とりあえず、演習相手を」


「くらえー♪」


はっちゃん「っ、はぶっ!」


ニム「あははは、命中したよっ」


イク「やったのね!」


はっちゃん「……」スッ…


イク ニム「「あ……」」









↓1 どうなる?
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:03:10.66 ID:qcEwwS9X0
魚雷を持ったまま二人を追いかける
241 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:05:16.21 ID:kJIpBIpBo



イク「に、逃げろー!」


はっちゃん「待ちなさーい!」


バシャッ


提督「……元気だなー」









↓1 どうなる?
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:06:06.98 ID:4OlXRFYu0
魚雷を暴発させて、二人と自分も纏めて爆破に巻き込まれる
243 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:08:15.74 ID:kJIpBIpBo




ニム「ひゃあぁぁぁぁっ!」


はっちゃん「もーっ、発射!」


イク「きゃあーっ!」


ピカッ


はっちゃん「あ、近すぎっ……!?」


バッシャーン!


「なんだなんだ?」


「大丈夫?」








↓1  どうなる?
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:10:05.37 ID:RFAdoCFx0
幸いに三人のスク水以外は無事でした
245 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:11:22.66 ID:kJIpBIpBo



提督「おいおい、大丈夫か?」


はっちゃん「う、うぅ……」


イク「やられたの〜……」


ニム「けほっ、けほっ」


提督「あーあ、着換えてきな。ハチもあまり共用させちゃだめだぞ?」


はっちゃん「はい……」










↓1 どうなる?
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:12:58.37 ID:4OlXRFYu0
着替えの水着くはビキニしかない
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:13:03.52 ID:SstHNPLK0
魚がプカーっと浮いてきた
248 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:15:04.93 ID:kJIpBIpBo




はっちゃん「提督、換えの水着ってないですか?」


提督「あ?スク水は?」


イク「補給がないの」


提督「発注しとかないとな……今日はもう普通の水着でいいんじゃないか?」


ニム「えへへ、やった♪」


はっちゃん(はぁ……まあ、これでいいのかな……)









↓1 水遊び中、どうなる?
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:17:36.18 ID:lQq4KRw70
イクは潜って提督の水着を引っ張る
250 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:19:26.80 ID:kJIpBIpBo



はっちゃん「提督、ビーチボールで遊びましょう」


提督「ん、いいぞ」


ニム「わーい♪」







提督「ほっ……」


イク「……いひひっ」


ズルッ


提督「んっ!?」


ニム「提督、パース!」


提督「ま、待って……」









↓1 どうなる?
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:20:46.57 ID:4OlXRFYu0
イクはスパッツをはちに投げたら、提督は慌ててはちの方に迫ってくる
252 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:22:04.94 ID:kJIpBIpBo



はっちゃん「……提督?どうしたんです?」


イク「はっちゃん、パスなのね!」


ヒュンッ!


はっちゃん「はぶっ……な、なにこれ?」


提督「は、ハチ、それをよこせ!」









↓1 どうなる?
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:23:27.22 ID:PAGX+hz20
反射的に逃げるはっちゃんと潜って彼女を追う提督
イク「ふふー計画通りなのねー」
254 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:26:06.16 ID:kJIpBIpBo



ハチ「え!?い、いやですっ!」


バシャッ


提督「逃がすかっ!」


バシャッ!


イク「ふふ、計画通りなのね〜……」


ニム「イクちゃん、さっきの何?」


イク「提督の水着なの〜」


ニム「えぇっ!?///」









↓1 どうなる?
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:27:19.32 ID:4OlXRFYu0
はちを水の中に引っ張ってスパッツを取り戻したが、息子がはちに見られた
256 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:29:19.91 ID:kJIpBIpBo



ハチ「ぷはっ!に、逃げられ……んぶっ!?」


バシャッ…


ブクブク…


提督「ぷはっ!はぁ、はぁ……取り返せた……」


はっちゃん「……///」ブクブク…


提督「ハチ、悪かったな……でもお前が逃げるから俺も追いかけることに……ハチ?」


はっちゃん「……///」


提督「大丈夫か?顔赤いぞ?」










↓1 どうなる?
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:30:45.94 ID:bSYUgPSx0
はっちゃんの視線を追うとナニが勝手に反応した
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:30:58.17 ID:SstHNPLK0
提督の主砲に目掛けて他の潜水艦 接近中
259 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:32:22.64 ID:kJIpBIpBo



はっちゃん「……///」ジー…


提督「……」


ムクッ


はっちゃん「っ、うぅ……///」


提督「あー……」


提督(み、見たのか……)


はっちゃん(あれが、提督の……本で見たのとは、全然違う……///)









↓1 どうなる?
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:32:44.73 ID:4OlXRFYu0
>>258
261 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:35:33.36 ID:kJIpBIpBo



提督「と、とにかくその、悪かっ……んぬっ!?」


ギュウ…


はっちゃん「え、あ?」


提督(だ、誰か握って……や、やめろっ!)


ギニギニ…


提督「や、やめろ!誰だ、やってるのは!?」









↓1 どうなる?
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:36:22.59 ID:RiEQvtGC0
イクとニム
263 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:38:19.70 ID:kJIpBIpBo



提督「捕まえた……このっ!」


バシャッ


イク「あー、見つかっちゃったの〜……」


ニム「うーん、ざんねん……」


提督「お前らなぁ……」


はっちゃん「……///」


イク「ていとく、気持ちよかった?いひひっ♪」


提督「っ……」










↓1 どうなる?
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:39:17.85 ID:4OlXRFYu0
逃げ出したはちを引き止めて弁明するつもりけど、掴むところが間違えてはちの水着を引き離した
265 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:41:51.95 ID:kJIpBIpBo



はっちゃん「わ、私……すみませんっ///」バシャッ


提督「あ、待てハチ!」


スッ シュルッ


はっちゃん「え、あ……きゃっ!?///」


提督「あ、す、すまん!」


はっちゃん「あぁぁぁ……///」かぁぁぁ…









↓1 どうなる?
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:43:43.14 ID:DfpjsXla0
その隙にイクとニムは逃げた
イク「後は提督に任せるね〜」
提督「お前ら、後で覚えていろ・・・」
267 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:45:25.80 ID:kJIpBIpBo



ニム「提督、大変なことしちゃったね♪」


イク「あとは提督に任せるのね」


提督「っ、後で覚えてろよ……」


はっちゃん「……///」


提督「……ハチ」ギュウ…


はっちゃん「ひっ、あ……///」









↓1 どうなる?
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:47:39.20 ID:4OlXRFYu0
水着を返したけど、提督の目ははちの身体から離れない
はち「あ、あの、これを着きたいけど・・・///」
269 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:48:58.56 ID:kJIpBIpBo



提督「ほら、水着……」


はっちゃん「は、はい……///」


提督「……」ジ…


はっちゃん「う……み、見られてたら、着れないです……///」


提督「恥ずかしいか?」


はっちゃん「……当たり前ですよ///」










↓1 どうなる?
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:51:20.80 ID:FyvgP9ho0
提督「俺の身体も見られただろう?これでおあいこな」
はっちゃん「そ、そんな・・・///」
271 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:53:26.81 ID:kJIpBIpBo



提督「さっき俺の身体も見てたろ?おあいこだって」


はっちゃん「う、そ、そんな……///」


提督「ほらほら、急がないと。他の艦娘にバレるぞ?」


はっちゃん「うぅ……///」








↓1 どうなる?
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 23:56:57.38 ID:4OlXRFYu0
はちはまだ動かないので、提督に水着を着られた
273 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/30(水) 23:58:32.99 ID:kJIpBIpBo



はっちゃん「っ……///」


提督「しょうがないな……着せてやるよ」


はっちゃん「だ、大丈夫で……きゃっ!」


モミモミ…


はっちゃん「提督、や、やめ……!///」


提督「ハチ……」


はっちゃん「はぁ、んっ、んん……///」









↓1 どうなる?
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:00:22.44 ID:mM/vXRVc0
途中で素股された
275 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/31(木) 00:03:48.68 ID:5I0i1EYeo



はっちゃん「ていとくっ、こんな……バレちゃいますから……!///」


提督「大丈夫だよ……」


ヌルッ


はっちゃん「きゃうっ!///」


はっちゃん(て、提督の、アレが……っ///)


提督「柔らかくて気持ちいい……」


はっちゃん「う、あ……///」










↓1 どうなる?
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:05:41.06 ID:Ew5K24Tn0
このままはちを抱きしめて耳打ち
提督「声が出したら、これを入れるぞ」
はち「えっ?んっ!?///」
277 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/31(木) 00:07:59.25 ID:5I0i1EYeo



ギュウ…


はっちゃん「て、ていとくっ……///」


提督「声を出すなよ……こんなところで、挿入れられたくないだろ?」


はっちゃん「え、んっ……///」


ヌルッ…


はっちゃん(こ、こえ、抑えなきゃ……っ///)


はっちゃん「ふぅ、うんっ……///」


キャハハハハ…









↓1 どうなる?
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:09:55.97 ID:Nv3rmFTE0
声を抑えるながら腰を無意識に振ってしまう
279 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/31(木) 00:11:47.25 ID:5I0i1EYeo



はっちゃん(擦れて、気持ちいいっ……///)


チャプチャプ…


提督(ハチのやつ、自分から腰を……)


ギュウ…


はっちゃん「ふぁ、てい、とく……///」


提督「ハチ……」









↓1 どうなる?
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:13:30.58 ID:Ew5K24Tn0
提督が一回出したと思いきや、口が押さえられて挿入された
281 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/31(木) 00:15:47.10 ID:5I0i1EYeo


提督「っ……」


ビクッ ビクッ…


はっちゃん(あ、びくびくしてる……///)


グイッ


はっちゃん「んむ……ん、っ〜〜〜っ!?///」


提督「ハチ、愛してる……」


はっちゃん(あ、挿入って、る……!///)









↓1 どうなる?
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:16:30.23 ID:FX7Awmxf0
夜戦
283 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/31(木) 00:19:24.26 ID:5I0i1EYeo



はっちゃん「っ、ん、んんっ……♥」


提督「声出すなよ……皆にバレるぞ」


はっちゃん「っ……!」


提督「っ、すごい締りだな……ばれたときのこと、想像したのか?」


はっちゃん「んん、ん〜……っ!」フルフル…


提督「……ま、いいさ。ゆっくり動くから、な?」









↓3 までで多数決 キンクリする?しない?
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:19:37.66 ID:FX7Awmxf0
しない
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:19:46.42 ID:Ew5K24Tn0
しない
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:20:02.94 ID:oZSXweFC0
しない
287 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/05/31(木) 00:21:53.99 ID:5I0i1EYeo


んじゃ今日はここまでですー

こんなシチュでの夜戦は初めてかな?


内容も募集してますー
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 00:25:03.23 ID:fUZaEPUS0

シチュは水中で盛る
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 01:00:06.39 ID:jTBX7OfzO
演習場にいる他の艦娘に見られながら
290 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 22:30:43.76 ID:Y5RmfTeoo


提督の腕の中でハチが気持ち良さそうに体を震わせる。他の艦娘もいる、そんな状況で身体を重ねることに、彼女は燃えるように興奮してしまっていた。


「くふっ……♥」


提督に口元を抑えられているとはいえ、自分の中で暴れるソレのことを思うとどうしても声が漏れてしまう。肌に触れる水の冷たさと、身体の奥で震えるそれの熱さ。その温度差がハチの思考を蕩けさせていく。


「ハチ、もっと……動くぞ」


そう耳元で告げると、提督は揺する腰の動きを早めていく。単純に押し付けるだけの動作から、引抜き押し付けるように。そうやって奥を突かれると、ハチはどうしても声を抑えることができなくなって。


「んんっ♥あっ、んっ……♥」


皆にバレることなど、ハチの頭からは消えていた。提督の手の隙間から聞こえる声は艶やかだった。声だけではない。身体も、表情も、提督と自分しかいないように興奮の色に染まっていく。

そして、彼女の膣内でソレが膨らんでいった。一層激しさを増す提督の動きに、ハチもなんとかついていく。そして。


「っ〜〜〜……♥」

291 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:00:32.24 ID:Y5RmfTeoo


こんばんわー更新はじめますねー





ハチ「は、はぁ……っ♥」


提督「っ……」ギュウ…


ごぽっ…


ハチ「で、でて、る……♥」


提督「ハチ……」


ハチ「ていとく……んっ」











↓1 どうなる?
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:00:52.01 ID:Ew5K24Tn0
スイッチが入ったハチは提督の指を舐めて、離したくないようにギュッと締め付ける
293 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:02:25.00 ID:Y5RmfTeoo



ハチ「ふぁ……♥」


提督「ハチ?」


ハチ「……♥」チュパチュパ…


提督「甘えん坊だなぁ……」


ハチ「ふぁい……♥」ギュー…


提督(しかし、参ったな……周りにバレてないといいが)









↓1 どうなる?
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:03:25.62 ID:67BOFn0A0
こっそりとはっちゃんを連れ出す
295 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:04:42.76 ID:Y5RmfTeoo



提督「ハチ、今はだめだ」


ハチ「そんなぁ……」ギュー…


提督「本当にみんなに見つかるぞ?」


ハチ「う……///」


提督「こっそりここから離れよう……な?」









↓1 どうなる?
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:06:54.08 ID:Ew5K24Tn0
コンマ判定

偶数 無事に提督の部屋に着く
奇数 誰に見られた(次の安価)
297 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:08:34.18 ID:Y5RmfTeoo



【提督の部屋】


ガチャ…


提督「ふー、ついたついた……」


ハチ「……///」モジモジ…


提督「どうした?ハチ」


ハチ「う……よく考えたら、私とんでもないことを……///」


提督「そうだな。皆がいるプールで夜戦なんて……はははっ」


ハチ「わ、笑わないでくださいっ!///」







↓1  どうなる?
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:09:10.17 ID:FNZwZmbY0
ハチを落ち着かせる
299 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:10:23.98 ID:Y5RmfTeoo



提督「ごめんごめん……おいで」


ハチ「……///」


提督「ハチ……」ギュウ…


ハチ「ん……///」


ハチ(提督……)


提督「よしよし」ナデナデ











↓1 どうなる?
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:11:18.24 ID:Ew5K24Tn0
やけくそになって提督を押し倒して馬乗り
301 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:12:28.34 ID:Y5RmfTeoo



ハチ「……っ!///」ドンッ


提督「おっと?」


ハチ「さっきは、よくもやってくれましたね……」


ハチ「はっちゃんから、仕返しです……!///」


提督「……」


ハチ「んっ……///」











↓1 どうする?どうなる?
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:14:00.34 ID:+g9Bic5RO
その後は疲れ果てて寝てしまう
三時間後に目を覚ます
提督はパソコンで調べ物してる
303 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:15:48.62 ID:Y5RmfTeoo




ハチ「んん……んっ……」


ハチ(あれ、わたし……何して……)


「……」カタカタ…


ハチ「提督……?」


提督「ん、起きたのか」

 
ハチ「……調べものですか?」


提督「まあな」









 
↓1 どうなる?
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:17:15.45 ID:Ew5K24Tn0
提督をこっちに見てて欲しくて無言で抱きつく
提督(ははっ、かわいいやつめ)
305 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:18:26.73 ID:Y5RmfTeoo



提督「……」カタカタ…


ハチ「……」ソワソワ キョロキョロ…


ハチ「っ……」


ギュー…


提督「ん?ハチ?」


ハチ「……///」


提督(かわいいやつだな……)









↓1 どうなる?
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:21:24.93 ID:xMKTL8L20
ハチを膝の上に乗せて一緒に調べ物
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:21:46.36 ID:fUZaEPUS0
指輪 贈呈
308 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:22:56.73 ID:Y5RmfTeoo
 



提督「ここ乗るか?」ポンポン…


ハチ「はい……」


ハチ「……何を調べてたんですか?」


提督「ちょっとなー……」


ハチ「……もしかして、エッチなホームページとか……」ジトー…


提督「ぶっ、違う違う」









↓1 どうなる?
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:24:30.44 ID:Ew5K24Tn0
悪ぶさけでハチと顔が似ってるアダルトビデオを調べる
310 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:25:45.15 ID:Y5RmfTeoo



提督「んー、でもそうだなぁ……」


カタカタ…


ハチ「っ!?な、なんてページ開いてるんですか!///」


提督「この女優さん、ハチによく似てるよな?」


ハチ「知りません……///」 


提督「……」ニヤニヤ







↓1 どうなる?
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:27:07.96 ID:/Bl+Dg430
そのまま観賞タイムに突入
312 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:29:01.39 ID:Y5RmfTeoo



提督「よし、購入!」カチッ


ハチ「あっ……むぅぅ……」


提督「ハチも一緒に見ようぜ?」


ハチ「……///」








『あんあん♥』


提督「……」


ハチ(……私のほうが、胸大きいもん……)ムスー…










↓1 どうなる?
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:30:00.56 ID:FNZwZmbY0
提督「というのは冗談で今調べてるのはこれだ。防波堤に現れ既婚男性を海の底へ連れ去る『着物の魔女』と呼ばれ恐れられているらしい」
314 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:31:31.98 ID:Y5RmfTeoo



提督「……ふぅ」


ハチ「もう、提督のバカ……」


提督「悪かったって。さっきのは冗談……」


提督「今調べてるのはこれだ。防波堤に現れ、既婚男性を海の底へ連れ去る『着物の魔女』と呼ばれる事件……」


ハチ「深海棲艦が関係してるんですか?」


提督「んー、どうだろうな……」









↓1 どうなる?
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:34:27.59 ID:Ew5K24Tn0
提督は犯人の範囲(ユラ)を絞ったけど、なんとなくハチを抱きしめる


お茶が出ないーやる気が抜けるー
316 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:36:59.04 ID:Y5RmfTeoo




提督(ユラの活動範囲はそこまで広がってない……)


提督(この辺を探せば、たぶん……)


提督(……次人を殺せば沈めるといったのは俺だ。もう事件は起こしてほしくないが……調べといて損はないよな)

 
提督「……」ギュウウ…


ハチ「……提督?」








↓1 どうなる?
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:38:39.31 ID:xMKTL8L20
ごまかそうとしてハチの胸を揉んで、さっきのハチの考え事を言い当たる
318 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:40:40.81 ID:Y5RmfTeoo



ハチ「この事件が、どうかしたの……?」


提督「んー……」


モミモミ…


ハチ「っ、て、ていとくっ!///」


提督「さっき『自分のほうが女優より大きい』って思ってたろ?」


ハチ「っ……お、思ってないです……///」


提督「ウソだな。ハチはすぐ顔に出るから」









↓1 どうなる?
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:40:59.90 ID:+g9Bic5RO
ハチに事件が起きた防波堤の偵察を頼む
320 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:43:07.65 ID:Y5RmfTeoo



提督「……なぁ、ハチ」


ハチ「なんですか?」


提督「このあと、暇だよな?この画像の海域を軽く偵察してきてくれるか?」


ハチ「……もしかして、事件に首を突っ込むんですか?」


提督「……頼むよ」


ハチ「……仕方ないですね」










↓1  どうなる?
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:44:13.97 ID:Ew5K24Tn0
「既婚男性」のワードを言いがかりして提督が察して欲しいけど、恥ずかしくてうまく言い出せない
322 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:46:16.67 ID:Y5RmfTeoo



ハチ「で、でも……この幽霊って、既婚男性を狙うんですよね?」


提督「……そうだな」


ハチ「はっちゃんが偵察しても、出てきてくれるでしょうか〜……?」


提督「……あー、そうだな」


提督「別の艦娘に頼むかな……」


ハチ「あ、ぅぅ……」









↓1 どうなる?
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:47:39.62 ID:berAs+Mm0
ハチが泣き出した前に307
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:47:49.80 ID:FNZwZmbY0
風雲なども共に行かせる
325 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:49:16.11 ID:Y5RmfTeoo



ハチ「うぅー……」


提督「っ!ご、ごめんハチ!冗談だ!」


ハチ「ぐすっ……」


提督「……受け取ってもらえるか?」


ハチ「提督……」


ハチ「はいっ……」


ギュー…


提督「よしよし」










↓1 どうなる?
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:50:27.46 ID:EvT/NjzD0
提督「そうと決まれば行くか」
ハチ「...///」
提督「恥ずかしいのか?」モミモミ
提督「どうなんだ?(やばい手が止まらない)」モミモミ
ハチ「うぅ....///」
327 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:52:17.78 ID:Y5RmfTeoo



提督「そうと決まれば、一緒に行くか」モミモミ…


ハチ「……///」


提督「ハチ?」モミモミ…


ハチ「んんっ……///」


提督(ヤバイ、止まらなくなってきた……)


ハチ「はぁ、はぁ……///」










↓1 どうなる?
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:52:59.69 ID:+g9Bic5RO
324
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:53:38.37 ID:Ew5K24Tn0
気がついたら、ハチの中に出したところでした
330 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:54:56.97 ID:Y5RmfTeoo



提督「……つ、続きは偵察が終わってからにしよう」


ハチ「……///」


提督「俺も一緒に行くが、念の為風雲も連れてくか……」


ハチ「あ、そうですね……はっちゃん一人だと、ちょっと心配ですし」










↓1 どうなる?
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:57:05.79 ID:Ew5K24Tn0
風雲の前でも提督から離れない
ハチ「あれだけしておいて、はっちゃんを離せる気?///」ギュウ…
風雲「・・・・・・」
332 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/05/31(木) 23:59:18.67 ID:Y5RmfTeoo


【海岸】



風雲「……」ジトー…


提督「か、風雲、これはな……ハチも離れろって!」


ハチ「イヤです……今日は、はっちゃんが提督に甘える日ですから」


提督「な、なんだそれ……」


ハチ「……言うとおりにしないと、さっきのことバラしちゃいますよ」


提督「っ……」


風雲「……はぁ」











↓1 どうなる?
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/31(木) 23:59:52.05 ID:xMKTL8L20
風雲、黙って自分とハチの胸と比較する
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:00:34.96 ID:nu7ya8riO
防波堤に佇む着物の女性を発見
まだ気付かれてないのでしばらく観察する
335 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:01:27.56 ID:3K7EL+3ho



ハチ「……♪」ムニムニ


風雲「……」


提督「とりあえず、偵察してきてくれ……」


ハチ「はーい」


風雲「……」ゲシッ


提督「いいっつ!?」










↓1 どうなる?
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:02:23.92 ID:agNNG04t0
334
337 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:03:24.29 ID:3K7EL+3ho



風雲「まったく……」


ハチ「あはは……」








ハチ「んー、何もいませんね……」


風雲「よく見なさい。あそこにいるわ」


ハチ「あ!」


ハチ(ほんとだ……でも、誰かに似てるような……)









↓1 どうなる?
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:05:19.92 ID:t7+v9A520
風雲「んで、あいつをどうするの?流石の私も幽霊は〇せないわよ?」
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:05:34.79 ID:clLcNIA40
霧が出ってきて、提督は二人を見失う前に呼び戻る
340 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:06:39.02 ID:3K7EL+3ho

 
風雲「それで、どうするの?流石に幽霊の相手は御免よ」


ハチ「……とりあえず、提督に連絡しましょう」







『そうか。いたか……』


風雲「ええ、どうするの?」


『……』









↓1  どうする?どうなる?
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:06:49.79 ID:nu7ya8riO
望遠鏡で見る
風雲「あの女、由良だわ。何故に着物姿でこんな場所に…」
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:06:56.28 ID:qlrUq5i/0
着物の女性「はぁ...つまらないわ」
着物の女性「この世界のどこかに強くてたくましくて絶倫で何度ヤっても飽きない殿方が居たらなぁ...」

提督「」ゾクゾク
着物の女性「ということで...水上じゃないけど偵察機発艦!」
提督「やっべ!見つかった」テヘッ
風雲「これはひどいわね」アキレ
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:07:19.86 ID:clLcNIA40
>>339
344 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:09:24.20 ID:3K7EL+3ho



風雲「……提督、あの人誰かに似てると思ってたんだけど」


風雲「……由良さんにそっくりよね?」


ハチ「あ!言われてみれば……」


風雲「どういうこと?」


『……』


風雲「……別に話さなくてもいいけど」









↓1 どうなる?
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:09:32.47 ID:clLcNIA40
>>339+ユラはやや不機嫌な顔で提督の前に現れる
346 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:12:32.24 ID:3K7EL+3ho



ハチ「……ん?なんか、霧が……」


『! すぐ戻ってこい!いいな!?』


風雲「了解……!」









スタッ…


提督「ユラ……」


ユラ「……」ムス…


提督「どうした?機嫌が悪いのか?」








↓1 どうなる?
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:12:51.59 ID:qlrUq5i/0
由良「そんなところに隠れてないで、私と一緒に遊びましょ?提督さん」
由良「ほら、ユウダチやムラサメに夜枷を教えたように私が手取り足取りしてあげますから、ね?(はぁと)」
提督(い、いかん、体が勝手に)ユラユラ
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:14:03.47 ID:qlrUq5i/0
あ、じゃあ由良はユラってことで、

前の安価から考えてないと間に合わない...
349 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:16:58.82 ID:3K7EL+3ho



ユラ「ううん……ひさしぶりね、提督さん」


提督「……あれから人は殺してないよな?」


ユラ「うん。ちゃんと約束を守ってるよ……」


ユラ「だからほら、ユラと遊びましょ?ユウダチやムラサメに教えた時みたいに、私が手取り足取り、教えてあげますから……」


ユラ「……ね?」


提督(あ、足が勝手に……)








↓1 どうなる?
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:17:20.82 ID:Bf2Kv33t0
風雲の暗器でユラを仕留める

ユラの身体能力や戦闘力などは基本的に由良と同等
結婚して改二になってる分由良の方が強いまである
異世界から来たからといって時空を超越出来たりするわけではない
これはフルタカやシグレも同じ
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:17:44.11 ID:clLcNIA40
ハチたちが戻ってくる
352 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:20:52.51 ID:3K7EL+3ho



風雲「はっ!」


ユラ「っ……!」


ガクッ…


提督「おっと……ユラ!」


ハチ「ユラさん!?」


風雲「気絶してるだけよ……今のうちに縛りましょう」


ハチ「……提督、この人って」


提督「ああ……別の世界から来た、ユラだ」









↓1 どうなる?
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:23:17.53 ID:clLcNIA40
癖で着物の中に見る提督
「「・・・・・・」」
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:23:58.87 ID:qlrUq5i/0
提督「ユラ...」
ユラ「提督...さん...んっ、ちゅるっ///」
提督「っん、ぢゅるっ!」

風雲「このくそ幽霊め...!」

フルタカシグレの提督ってどうなったんだっけ?
355 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:25:25.55 ID:3K7EL+3ho



風雲「はぁ……また異世界からの訪問者なのね」 
 

ハチ「本当にそっくり……」

 
提督「……」ピラ…


提督「うーん、由良の胸元の黒子もあるな」   


風雲 ハチ「「……」」


提督「あ、いや……」










↓1 どうなる?
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:26:38.07 ID:qlrUq5i/0
>>354

フルタカの提督とユラの提督は違うんだっけ?
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:27:20.02 ID:+u1nGWcq0
提督に任せなれないから二人がユラを運ぶ
358 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:28:38.55 ID:3K7EL+3ho


一緒です

流石に複数の別の世界からいくつも来られると混乱するんでね







ユラ「……」パチッ


風雲「気がついた?」


ユラ「提督さん……」


提督「ユラ、大人しくしてろ。これから鎮守府に連れてくからな」


ユラ「……」


ハチ「……ユラさん……」











↓1  どうなる?
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:29:17.83 ID:nu7ya8riO
357

異世界の提督が実は生きてましたーって展開は萎えるからやめてほしい
360 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:32:02.10 ID:3K7EL+3ho



ハチ「……ユラさん、あなたは私と風雲さんが運びます」


ユラ「……」


風雲「正直、司令官には任せてられないしね」


提督「お、お前らな……」









↓1 どうなる?
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:33:20.35 ID:clLcNIA40
ユラ「血まみれになったユラをどうするつもりですか?提督さん?」2828
提督「・・・っ」
362 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:35:19.44 ID:3K7EL+3ho



ユラ「ふふ……こんなユラを連れて行って、どうするのかしら?」


提督「……ここにいちゃ、また何するか分からないだろ。だから、監視させてもらう」


提督「それで、落ち着いたら……また話をしよう」


ユラ「……ふふっ」


ユラ「ふふ……ユラは、いつまでも待ってますから……」









↓1 どうする?どうなる?
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:37:15.07 ID:nIQ3alph0
運が悪くて由良が提督たちを迎えてきた
364 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:40:04.91 ID:3K7EL+3ho



【鎮守府前】


提督「ふー、ついたついた……」


由良「提督さん、それに風雲ちゃんたちも。おかえりなさい」


風雲「っ!由良さん……」


提督「ま、まずい……」


由良「……? どうしたんです?」









↓1 どうなる?
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:41:00.38 ID:Bf2Kv33t0
地下牢へ連れていく
由良「仕方ないよね。前科があるのなら。なるべくすぐに解放できるように努めるから、待っててね」
366 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:42:56.34 ID:3K7EL+3ho



スタスタスタ…


由良「……そうですか。あの事件の犯人は」


ユラ「……」


提督「その、由良……」


由良「ん、平気です。由良は由良ですから」


由良「……えっと、あなたが何を考えてるのか、由良には分からないけど……なるべく早く出して上げるからね」


ユラ「……」









↓1 どうする?どうなる?
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:46:24.01 ID:clLcNIA40
こんなときでもブレないユラ
ユラ「ねぇ、あなたのここ(黒子)もユラと同じなの?」ピラ…
由良「えっ!?///」
提督「」
368 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:49:56.13 ID:3K7EL+3ho



【地下牢】


ハチ「ふぅ……それじゃ、入ってもらいますね」


ユラ「一つ、いいかしら?」


風雲「何よ?」


ユラ「さっき提督が言ってたんだけど……」


ユラ「あなたのここにも、黒子あるの?」ピラッ


由良「えっ……きゃっ!?いやっ!///」


提督「」


ハチ「あーあ……」











↓1  どうなる?
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:50:27.48 ID:m6uf6TV80
ユラ「ユラのほうが大きいですね、提督さん?」
由良「提督さん?」ゴゴゴゴゴ
370 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:52:37.26 ID:3K7EL+3ho


ユラ「ふーん……」ジー…


由良「や、やだ、やめて……!///」


ユラ「ふふ、この世界のユラより、私のほうが大きいみたいね……」


ユラ「ね、提督さん?」ニヤニヤ


由良「!///」


提督「え?ゆ、由良?」


由良「提督さん、そんなこと考えてたなんて……」


提督「ちちち、違うっ!」










↓1 どうなる?
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 00:53:00.03 ID:nu7ya8riO
ハチ「指輪も貰えたし、事件の犯人も捕らえられたし、これでめでたしめでたし、だね」
372 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 00:57:46.73 ID:3K7EL+3ho

今日はここまでですー




ハチ「……何はともあれ、犯人は捕まえられたし……」


ハチ「一件落着、かな?ふふっ」







由良「提督さんのばかっ!///」パシンッ


提督「へぶっ!」


ユラ「ふふっ……」








ハチ編 完

↓五分後に最も近いレス 次の主役安価
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 01:02:46.45 ID:clLcNIA40
ウォースパイト
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 01:02:46.83 ID:Bf2Kv33t0
朝雲
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 01:02:47.32 ID:t7+v9A520
涼月
376 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:00:40.72 ID:sp0I3HwIo


こんばんわー更新はじめますねー






【執務室】


朝雲「ねぇ、司令?今日って暇?」


提督「ん、暇だが……何かあるのか?」


朝雲「だいぶ前、朝潮型で旅行に行ったとき、あたしになにかしてくれるって約束したわよね?」


提督「……あー、したな。そういえば」


朝雲「あの約束通り、今日は付き合ってよ!」


提督「おう、いいぞ」









↓1 埋め合わせ、何をしよう?
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:01:04.44 ID:clLcNIA40
朝雲はお出かけの服を選んでいるときに、他の朝潮型は「サポート」という名前の尾行を決行する
378 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:02:55.24 ID:sp0I3HwIo



朝雲「とりあえず、出かけるから!準備しといてね!」


提督「はいはい……」









【朝雲の部屋】


朝雲「何着ていこうかしら……」







山雲(あらあら姉さんったら……一人だとちょっと心配ね〜)







↓1 どうなる?
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:04:13.64 ID:ZqgYQE2K0
荒潮は入ってきてコン○ームを渡してきた
380 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:05:33.07 ID:sp0I3HwIo


コンコン


荒潮「お邪魔するわよ〜」


朝雲「荒潮姉さん……何の用?」


荒潮「うふふっ、ちょっとわたすものがあってぇ……」


荒潮「はい」


朝雲「……? なにこれ?」


荒潮「あらあら、知らないの?」










↓1  どうなる?
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:06:48.15 ID:clLcNIA40
提督side
朝潮は首輪を提督に渡す
提督「(いら)ないです」
382 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:07:57.90 ID:sp0I3HwIo


【執務室】


朝潮「どうぞ!」


提督「……いや、朝潮。必要ないから」


朝潮「そうですか?……しかし」


提督「大丈夫大丈夫。大人しく待ってろよ」ナデナデ


朝潮「ふぁう……///」









↓1 どうなる?
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:09:27.52 ID:EGUAyL6yO
朝雲に取り上げられる
朝雲「私にこんな趣味(首輪)はないから!私は奴隷じゃないからね!」
384 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:11:27.08 ID:sp0I3HwIo



ガチャ…


朝雲「司令、準備でき……姉さん?」


朝潮「あ、朝雲!今あなたの首輪を……」


朝雲「く、首輪って……そんなのいらないわよ!私、犬じゃないもん!」


朝潮「……でも、司令官は朝潮と夜戦するとき」


提督「朝潮、ストップ」









↓1 どうなる?
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:11:56.90 ID:clLcNIA40
霞「朝雲に手を出したら承知しないわよ!」
満潮「朝雲を満足しないと承知しないわ!」
提督(どうすればいいんだ・・・)
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:12:30.96 ID:oNXFwD1nO
満潮
避妊薬 持ってくる
387 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:14:12.86 ID:sp0I3HwIo



提督「ちょっと待ってろよ。トイレ行ってくるから」


朝雲「あ、うん……」







提督「ふいー……」


霞「ねぇ、ちょっと」


提督「ん?」


霞「……朝雲に手を出しちゃだめよ」


満潮「でも、楽しませてあげるのよ」


提督「……あいつとは結婚してるし、いいだろ?」


霞「だめ!」








↓1 どうなる?
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:15:25.84 ID:etyeDhiA0
二人に壁ドンして理由を聞こう
389 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:16:40.70 ID:sp0I3HwIo



提督「……ふーん」


ドンッ


霞「っ!」


満潮「うぅ……///」


提督「もしかして、朝雲に嫉妬してるのか?」ニヤニヤ


満潮「ち、違うわよ……バカ///」









↓1 どうなる?
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:18:56.46 ID:clLcNIA40
提督「大丈夫たって、『お前たちの分』まで残してやるよ」ニヤニヤ
満潮「っ・・・うぅ・・・///」
霞「何を言い出すの!?このクズ!!///」
391 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:20:12.71 ID:sp0I3HwIo



提督「……大丈夫大丈夫。帰ったらお前たちにもしてやるよ」ニヤニヤ


満潮「っ……うぅ……///」


霞「何言い出すのよ!このクズ!!///」


提督「はっはっは」









↓1 どうなる?
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:21:46.22 ID:vQKREmUO0
出発までキンクリ
393 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:22:49.95 ID:sp0I3HwIo



提督「おまたせ」


朝雲「遅かったわね……」


提督「悪い悪い。私服、よく似合ってるな」


朝雲「……えへへっ♪」


提督「それじゃ、行こうか」


朝雲「うん!しゅっぱーつ!」










↓1 どうなる?
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/01(金) 23:25:26.13 ID:clLcNIA40
恋人繋ぎするだけで朝雲の顔が赤くなる
提督(初々しいな・・・)ニヤニヤ
395 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:26:50.84 ID:sp0I3HwIo



スタスタスタ…


朝雲「……♪」


提督「朝雲、手」


朝雲「て?あ……うん///」


ギュウ…


朝雲「……///」


提督(初々しいな……)









↓1 どうなる?
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:28:30.01 ID:vbcZxjlh0
朝雲の顔に近づいて行きたい場所を聞く
397 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:29:50.78 ID:sp0I3HwIo



【街中】


提督「さて、朝雲」ズイッ


朝雲「! な、なに?」


提督「街についたが……どこに行きたい?」


朝雲「う……か、考えるから、顔近づけないで!///」


提督「おっと」


朝雲「えっと……///」










↓1 どこに行こう?
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:30:43.11 ID:clLcNIA40
朝雲「司令と一緒になら、どこでも・・・」
言い終わる前にキスされた
399 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:31:48.04 ID:sp0I3HwIo



朝雲「司令と一緒なら、どこでも……んっ///」


提督「よしよし、可愛いやつだな」


朝雲「もう、バカ……///」


提督「それじゃ、そのへんを歩いて回るか」









↓1 どうなる? 
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:35:28.81 ID:nIQ3alph0
尾行してる霞と満潮が掴んでいる壁にヒビが入る
401 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:36:38.18 ID:sp0I3HwIo



スタスタスタ…


霞「っ……あのクズ、こんな街中でキスなんて……」ビキッ


満潮「ほんっと、どうしようもないんだから……!」ビキッ







提督(なんか、視線を感じる……?)


朝雲「〜〜♪」







↓1 どうなる?
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:38:08.59 ID:clLcNIA40
提督たちは喫茶店に入る
403 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:39:13.02 ID:sp0I3HwIo



朝雲「あ、雰囲気いいお店……入りましょ」


提督「ん、いいぞ」


カランカラン


朝雲「わぁ、ステキ……」


提督「少し涼んでいくか」


朝雲「うん!」








↓1 どうなる?
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:40:59.35 ID:etyeDhiA0
朝雲、近くに知り合いが居ないから提督の膝に乗って思いっきり甘える
405 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:42:41.23 ID:sp0I3HwIo



提督「ふぅ、紅茶もうまい」


朝雲「……ねえ、提督。そっちいっていい?」


提督「ん、いいぞ」


朝雲「ありがとう……」





提督「……」


朝雲「……///」


提督「膝の上に乗るのか……」


朝雲「い、いいでしょ!いつもは皆いるから、こんなこと滅多にできないし……///」









↓1 どうなる?
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:45:09.81 ID:clLcNIA40
お菓子をお互いにあ〜んで食べさせる
407 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:46:23.91 ID:sp0I3HwIo




朝雲「司令、ほら……あーん」


提督「あーん……美味い」


朝雲「ほんと?私にも……食べさせてくれる?///」


提督「もちろん。ほら、あーん」


朝雲「あ、あーん……///」









↓1 どうなる?
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:48:07.62 ID:arbDtbbw0
尾行する二人の嫉妬ゲージが有頂天
409 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:49:33.97 ID:sp0I3HwIo




霞「ぐぬぬ……」


満潮「ぬぬ……」


霞 満潮((う、うらやましい……!))


霞(あんなふうに、人目もはばからず甘えるなんて……///)


満潮(どうして朝雲だけ……///)









↓1 どうなる?
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:51:28.96 ID:Bf2Kv33t0
陸奥「尾行とは趣味が悪いわね。面白い場所知ってるから、お姉さんと一緒に遊びに行きましょう?」
二人は陸奥に連れていかれる
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:51:53.26 ID:clLcNIA40
霞と満潮がそのまま二人の間に乱入する前に朝潮と大潮に回収された
412 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:53:39.17 ID:sp0I3HwIo



陸奥「あら、何してるの二人共?」


満潮「あ、陸奥さん……!」


陸奥「……へぇ、提督と朝雲ちゃんのこと見てたのね。嫉妬は良くないわよ?」ニヤニヤ


霞「だ、誰も嫉妬なんて……///」


陸奥「ふふ、まだまだ青いわね。せっかく街に出てるんだし、もっと楽しまなきゃ♪」









↓1 どうなる?
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 23:56:56.23 ID:clLcNIA40
朝雲は霞たちを見えて、慌てて提督を連れ出す
414 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/01(金) 23:58:22.58 ID:sp0I3HwIo



朝雲「……あら?」


提督「どうした?」


朝雲「……い、急いで出ましょ!」


提督「お、おい!?」


朝雲(姉さんたち、ほんとに尾行してくるなんて……もう!邪魔してほしくないのに……!)









↓1 どうなる?
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:01:18.23 ID:Ebvmhw1e0
近くに開催してるコスプレイベントに身を隠す
416 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:02:20.78 ID:JFn2bRURo




朝雲「提督、こっち!」


朝雲(とにかく、人の多いところに……!)


提督(ここって……)








朝雲「ふぅ……」


提督「何をそんなに急いでたんだ?」


朝雲「内緒!それより、ここは……」









↓1 どうなる?
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:03:56.90 ID:icZRsJ0Q0
成り行きで二人組のコスプレ(次の安価)をする
医者&ナースとか、刑事&犯人とか
418 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:05:28.47 ID:JFn2bRURo




係員「いらっしゃいませ、見学の方ですか?」


提督「は、はい……」


係員「ではどうぞ奥へお進みください」


朝雲「わぁぁ、すごいすごい!」


朝雲「提督、これ着ましょう!」


提督「ええ……」










↓1 二人の選んだコスプレの衣装
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:06:42.15 ID:bULHPpuw0
貴族と奴隷
420 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:09:25.93 ID:JFn2bRURo



朝雲「ふふ……いい気味ね、提督!」


提督「……」


提督(流石に朝雲にボロ切れ着せるわけには行かない……仕方ないな)


朝雲「ほらほら、ついて来なさい♪」


提督(……後でお仕置きしてやろう)









↓1 どうなる?
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:15:45.27 ID:RzqUunbe0
スタッフが二人組の名前を聞いてくる
422 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:18:03.16 ID:JFn2bRURo



スタッフ「すみませーん」


提督「? なんですか?」


スタッフ「今雑誌の取材をしてまして……名前を教えてもらってもいいですか?」


朝雲「えっと、あさぐ……むぐ」


提督「すみません。そういった取材はお断りさせてもらってるんで……」











↓1 どうなる?
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:19:32.47 ID:icZRsJ0Q0
朝雲を肩車して、周りから見れば「世話が焼ける貴族と苦労している奴隷」ように見える
424 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:21:06.31 ID:JFn2bRURo



提督「ふぅ……朝雲、ああいうのは断るようにな」


朝雲「ご、ごめんなさい……」


提督「……ま、今日は楽しもう。ほら」


朝雲「わっ……ふふっ」


朝雲「ほらほら、早く早く!」










↓1 どうなる?
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:22:43.38 ID:hsTTm/w30
調子に乗って提督に何かをさせるかを考える
426 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:23:58.33 ID:JFn2bRURo




スタスタスタ…


朝雲「ふっふふーん♪」


朝雲(なかなかいい気分ね、これ……ふふ)


朝雲(こんな機会めったにないし、次は何をさせようかしら……?)


提督「……朝雲?」


朝雲「ふふ、なぁに?」


提督「……なんでもない」









↓1 どうなる?
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:26:26.59 ID:icZRsJ0Q0
提督「・・・夜の世話がいかがかな?お嬢さん?」ニヤニヤ
428 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:28:02.15 ID:JFn2bRURo



朝雲「うーん、うーん……」


提督「……夜のお世話は如何ですか、お嬢様?」ニヤニヤ


朝雲「っ……///」


提督「……朝雲?」


朝雲「……バカ///」









↓1 どうなる?
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:30:31.23 ID:Gb34aQkZ0
提督のせいで頭が夜のお世話から離れない
430 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:31:51.42 ID:JFn2bRURo



提督「……」スタスタスタ…


朝雲「……///」ムラムラ…


『や、そんなとこ、だめぇっ……!』


『奴隷のくせにっ、こんな格好させるなんて……っ』


朝雲「ぁ……///」ビクッ


提督「朝雲?体調悪いのか?」


朝雲「……///」フルフル…










↓1 どうなる?
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:35:32.75 ID:icZRsJ0Q0
無意識に歩きが早くなる、見失う前に提督に手を掴んだ
432 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:36:57.14 ID:JFn2bRURo



提督「ふー、楽しかったな」


朝雲「……///」スタスタスタ…


提督「お、おい?朝雲!」ギュ…


提督「勝手にどこ行くつもりだ?」


朝雲「司令……///」









↓1 どうなる?
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:41:11.12 ID:Nc7NAYEJ0
提督に抱きついて顔を隠すが、密着したせいで落ち着かない
434 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:43:07.76 ID:JFn2bRURo



朝雲「……///」ギュー…


提督「朝雲……?まさか、さっきの話本気にしたのか?」


朝雲「……///」


提督「はぁ……」


朝雲(やだ、顔が熱い……それに、心臓もドクドクいってて……///)










↓1 どうなる?
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:47:13.44 ID:icZRsJ0Q0
提督(はぁ、少し反省したほうがいいな、駆逐艦たちが割りと俺の言葉に忠実してるから、朝潮もこのせいで・・・)
436 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 00:49:12.42 ID:JFn2bRURo


今日はここまでですー

またあしたー


 

提督(……少し反省したほうがいいな)


提督(朝潮たちみたいに、駆逐艦は俺の言うとおりにし過ぎるから……)


提督「朝雲」


朝雲「っ……///」ビクッ


提督「帰るまで待てるか?」


朝雲「うぁ、う……///」









↓1 どうなる?
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 00:50:48.55 ID:icZRsJ0Q0
乙ー

安価下
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/02(土) 01:09:01.59 ID:UvbdQd9n0
提督の動きにいちいち反応した朝雲、反省の意志が砕けそうになった提督
439 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:00:01.77 ID:MOu3lyTlo



こんばんわー更新はじめますねー




朝雲「……///」コクリ…


提督「よしよし……」


朝雲「提督……///」ギュー…


提督(……さっきは反省するって言ったが、正直きついかも……)











↓1 どうなる?
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:01:09.05 ID:icZRsJ0Q0
朝潮からの来電
荒潮(朝潮の声真似)『司令官!首輪を・・・首輪をかけるのです!』
提督(・・・オーマイガー)
441 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:02:37.30 ID:MOu3lyTlo




プルルルル…


提督「おっと、ごめん」


ピッ


提督「もしも……」


『司令官、首輪を!首輪を付けるんです!』


提督「……」


朝雲「……司令?どうしたの?///」


提督「なんでもないよ……」









↓1 どうなる?
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:03:37.63 ID:e15R+Va60
尾行をまくため朝雲を抱き上げて走り出す
443 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:06:09.33 ID:MOu3lyTlo



グイッ

 
朝雲「きゃっ!?///」

 
提督「少し走るぞ!」

 
タッタッタッ…


朝雲「……///」ドキドキ…






  


荒潮「あらあら、あんなに急いで……」


荒潮「これじゃ追いかけるのも大変ね〜……」








↓1 どうなる?
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:07:23.06 ID:icZRsJ0Q0
荒潮「約束したとばいえ・・・嫉妬しちゃうわね」
朝潮「荒潮、どうしたんだ?」
荒潮「なんでもないわ〜早く二人を追うわよ〜」
445 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:08:41.65 ID:MOu3lyTlo



荒潮「……約束したとは言え、嫉妬しちゃうわね」


朝潮「荒潮、どうしたの?」


荒潮「なんでもないわ〜早く二人を追うわよ〜」


朝潮「ええ!」










↓1 どうなる?
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:12:22.70 ID:UvbdQd9n0
何かが間違ってお城みたいな建物に逃げ込んだ
447 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:13:55.81 ID:MOu3lyTlo




提督「はぁ、はぁ……」 


朝雲「司令、ここ……///」


提督「ん?あ……っ、朝雲、こ、これはな……!」


朝雲「……あたし、その……///」モジモジ…


朝雲「うぅ……///」










↓1 どうなる?
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:16:29.62 ID:icZRsJ0Q0
コンマ判定

01-89 欲望の赴くままに(キンクリ)
90-99 落ち着こう
00 大潮が突入してくる
449 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:18:08.87 ID:MOu3lyTlo



 
提督「朝雲……」


ガシッ…


朝雲「んっ……///」










朝雲「ふぁぁぁ……♥」


提督「はぁ、はぁ……朝雲、綺麗にしてくれ……」


朝雲「んん、ちゅ……♥」ペロペロ…


提督「……」ナデナデ…










↓1 どうなる?
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:18:50.53 ID:ttDo52HRO
朝雲の股間に顔を埋めて深呼吸する
それだけに留めておく
451 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:20:08.21 ID:MOu3lyTlo



↓1 再安価で
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:21:12.21 ID:VTisLMI80
提督、頭だけが賢者モード
提督(なんでこんなことになったんだろう・・・)ムクムク
453 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:22:42.72 ID:MOu3lyTlo




提督(はぁ……あれだけ反省するって言ったのに……)ムクムク…


朝雲「司令、もういっかい……///」


提督「……続きはまた今度な。シャワー浴びよう」


朝雲「やだやだ、もういっかいしてよぉ……///」ギュー…










↓1 どうなる?
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:24:39.37 ID:icZRsJ0Q0
お出かけについで謝りたいけど、朝雲の惚け顔を見って、いろんな意味で無理だと察した
455 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:26:15.79 ID:MOu3lyTlo



朝雲「うー……///」


提督「朝雲、その……」ナデナデ


朝雲「……♪///」


提督「……」


提督「はぁ……もう一回やるか」


朝雲「! ありがとう、司令……大好きっ///」









↓1 どうなる?
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:30:39.83 ID:OTzdjdq00
提督(俺はもう彼女たちから離れられないかもしれない)ギュー…
終わり
457 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:32:19.46 ID:MOu3lyTlo



朝雲「ふぁ、きもちい……♥」ドロォ…


提督「……」ナデナデ


提督(俺もこの子達に夢中になってるな……もう離れられない)


提督(ずっと、ずっと一緒だ……)









↓五分後までに何もなければこれで終わります

その場合五分後に最も近いレスで次の主役安価とります
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:37:18.98 ID:S6qky7In0
狭霧
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:37:19.05 ID:icZRsJ0Q0
ウォースパイト
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:37:20.10 ID:+qqhb0iZ0
阿賀野
461 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:39:50.01 ID:MOu3lyTlo



ウォス様了解です








ウォースパイト「……ん、good」


ウォースパイト(紅茶は美味しいし、カシマも帰ってきた。何も不安はないはず、なのに……)


ウォースパイト(……ジャーヴィスの一見以来、どうしてどこか心が休まらないのかしら)


ウォースパイト「……Admiral」









↓1 どうなる?
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:41:26.04 ID:VTisLMI80
意識しないようにするけど、どうしても提督との出来事を思い出しちゃう
463 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:42:46.42 ID:MOu3lyTlo



ウォースパイト「Huh……」


ウォースパイト「独所でもしましょうか……」






ウォースパイト「……」ペラ…


『今日のことは、お互い忘れましょう』


ウォースパイト「っ……」









↓1 どうなる?
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:45:22.54 ID:icZRsJ0Q0
もう一回紅茶を口にしたが、まだまだ提督へ繋がりの記憶が浮かぶ(ジャーヴィスと一緒に提督の紅茶を飲むとき)
465 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:47:23.88 ID:MOu3lyTlo



ウォースパイト「だめね……一度落ち着かないと」






ウォースパイト「……」ゴクリ…


ウォースパイト「huh……」


『すごいわDarling!』


『ふふ、そうか?』


ウォースパイト「……」









↓1 どうなる?
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:51:24.84 ID:Ebvmhw1e0
嫌いでも気づく、ここに来たから提督との思い出はもう鹿島より上回りっている
467 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:53:16.73 ID:MOu3lyTlo




ウォースパイト「……」


ウォースパイト(もう、自分でもごまかせないわね……気づいてしまったもの)


ウォースパイト(私、ここに来てから……カシマよりもAdmiralと一緒にいた思い出のほうが多いわ)


ウォースパイト「Admiral……」











↓1 どうなる?
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:55:10.75 ID:icZRsJ0Q0
思い返すと、鹿島の記憶がなくなったの衝撃が思ったより小さかったが、それを認めたくなかった
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:55:22.88 ID:S6qky7In0
春風「艦娘である以上は仕方ない事ですが海ばかり眺めていては退屈では?山にでも登ってみるのはどうでしょう?いい気分転換になりますよ」
470 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:57:12.41 ID:MOu3lyTlo




ウォースパイト(カシマの記憶が無くなったときもそう。本当なら、もっとショックを受けていたはずなのに……)


ウォースパイト「っ……カシマとAdmiralのことは、別の話よね」


ウォースパイト「私は、Admiralのことを……嫌っては、いない……もちろん、カシマのことも……」











↓1 どうなる?
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/02(土) 23:57:59.44 ID:VTisLMI80
無性にイライラして、部屋から出る
472 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/02(土) 23:59:33.30 ID:MOu3lyTlo



ウォースパイト「っ……」


ウォースパイト「……」


ガチャッ スタスタスタ…


ウォースパイト(何を、苛立ってるの?私は……!)









↓1 どうなる?
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:00:11.46 ID:Ag1S2L0dO
>>469から山登りに誘われる
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:00:38.46 ID:253bb53z0
提督と嫁艦がイチャイチャしてるところを目撃する
475 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:03:06.67 ID:FO5AHd2co



春風「……あら、ウォースパイトさん。御機嫌よう」


ウォースパイト「ハルカゼ……」


春風「どうなさったのですか?何やら深刻そうな表情をしてますが……」


ウォースパイト「……少しね」


春風「……艦娘である以上は仕方ない事ですが、海ばかり眺めていては退屈ですね」


春風「私と山にでも登ってみるのはどうでしょう?いい気分転換になりますよ」


ウォースパイト「……そうね。そうしましょうか」










↓1 どうなる?
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:03:52.34 ID:253bb53z0
>>474、春風を連れてここから離れる
477 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:06:16.61 ID:FO5AHd2co


スタスタスタ…


ウォースパイト「……!」







金剛「えへへ、テートク♪」ギュー…


提督「金剛は甘えん坊だなぁ」


金剛「この子が産まれるまでの間、ハグはお預けだったから……これからはたくさん甘えるデース!」


こんごう「きゃっきゃっ」








春風「あらあら……」


ウォースパイト「……行くわよ、ハルカゼ」


春風「ウォースパイトさん?」






  





↓1 どうなる?
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:07:19.20 ID:12vc5KPr0
出発
479 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:08:19.56 ID:FO5AHd2co




スタスタスタ…


春風(ウォースパイトさん、何かあったのかしら)


春風(先程から何やらお怒りのようですが……)


ウォースパイト「……」


春風「……」









↓1 どうなる?
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:10:28.78 ID:Ag1S2L0dO
皇海山に行く
提督には許可を取ってある
二人だけは心細いのでもう一人誰か連れていく
481 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:12:57.56 ID:FO5AHd2co

実在の山だと整合性が取れないんでそんなに大きくない裏山レベルで…








ウォースパイト「……ハルカゼ、そういえば私たちの他には誰かいないの?」


春風「ええ、事前に話はしておきました。山の入り口で待ってらっしゃいますよ」


ウォースパイト「そう……」










↓1 登山に同行する3人目
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:13:45.17 ID:253bb53z0
黒サラ
483 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:16:48.93 ID:FO5AHd2co



黒サラ「Hi〜♪」


ウォースパイト「……」


黒サラ「もう、そんな嫌そうな顔しないでよ〜」


春風「ご心配なく。淫らな真似はしないよう、きつく言ってますから」


ウォースパイト「そう……それなら、良いのだけど」









↓1 どうなる?
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:17:58.14 ID:3s92orws0
思い出したくないから無意識にコーヒーを用意したウォースパイト
485 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:20:20.44 ID:FO5AHd2co




スタスタスタ…


黒サラ「ふー……少し休憩しましょうか」


ウォースパイト「ええ、ここは暑いわね……」


春風「あら?ウォースパイトさん、今日はコーヒーなんですね」


ウォースパイト「え、ええ……たまには、いいと思って」


黒サラ「ふーん……」










↓1 どうなる?
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:22:48.35 ID:253bb53z0
間違えてブラックコーヒーを持ってきた
ウォースパイト「うぅ・・・」
黒サラ「・・・無理しなくでもいいのに」
487 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:24:45.02 ID:FO5AHd2co



ウォースパイト「……」ゴクッ…


ウォースパイト「うっ、苦……」


黒サラ「大丈夫?交換しましょうか?」


ウォースパイト「へ、平気よ……」


春風「……」


黒サラ「無理しないでいいのに……」


ウォースパイト「……無理なんて、してないわ」










↓1 どうなる?
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:27:40.30 ID:ZARFrWhK0
薄い霧がかかっていた
489 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:29:13.19 ID:FO5AHd2co




スタスタスタ…


黒サラ「あら、霧が出てきたわね……」


春風「逸れないように注意しましょう」


ウォースパイト「……」


春風「ウォースパイトさん?聞いてますか?」


ウォースパイト「っ、え、ええ、大丈夫よ」









↓1 どうなる?
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:32:19.42 ID:4fhGYbY90
視界の悪さから足元が見辛く、派手に転んでしまう
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:32:34.66 ID:253bb53z0
黒サラ「自然はいいですね、空気が旨くて景色が綺麗」
黒サラ『嫌なことを忘れるよね』
ウォースパイト「っ・・・」
492 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:33:39.32 ID:FO5AHd2co



ウォースパイト「っ……」


ウォースパイト(足元が……)グラッ


ズテッ


春風「ウォースパイトさん!?大丈夫ですか?」


ウォースパイト「え、ええ……」









↓1 どうなる?
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:36:01.74 ID:K40FpnPK0
黒サラ「まぁ、あの気高い英国戦艦様が派手に転ぶなんて...」
ウォースパイト「べっ...別にいいじゃないの!」
黒サラ「そうね...>>491
494 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:37:50.55 ID:FO5AHd2co



黒サラ「ふふ、あの気高い英国戦艦様が派手に転ぶなんて……」


ウォースパイト「べ、別にいいじゃないの……」


黒サラ「ふふ……」






春風「ここが頂上ですか」


黒サラ「空気は美味しいし、景色が綺麗で……嫌なことを忘れるわよね?」


ウォースパイト「っ、サラ……」


黒サラ「何?」ニコッ










↓1 どうなる?
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:38:46.08 ID:253bb53z0
足が痛くて歩けないので、黒サラはウォースパイトを背負う
496 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:42:33.83 ID:FO5AHd2co



ウォースパイト「……はぁ。早く降りましょう」


春風「は、はい……」


ウォースパイト「まったく……痛っ!?」ズキッ


黒サラ「ウォースパイト?さっき転んだとき、痛めたんじゃ……」


春風「まあ、どうしましょう……」


黒サラ「……仕方ないわね。ほら、来なさい」


ウォースパイト「……変なところ触ったら、後ろから叩くから」











↓1  どうなる?
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:44:34.08 ID:eOHBqJVx0
山から降りたけどウォースパイトが出発の時より元気がない
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:44:37.73 ID:4fhGYbY90
黒サラ(ウォースパイト、本当にどうしたの?いつもの貴女らしくないわよ?)
ウォースパイト(…自分でもどうすれば良いか分からないのよ)
499 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:46:12.01 ID:FO5AHd2co



黒サラ「ふぅ、到着。帰りは車で帰りましょう」


春風「ウォースパイトさん、まだ痛みますか?」


ウォースパイト「……平気よ。ありがとう、ハルカゼ。それにサラも」


春風「……」


ハルカゼ(気分転換になればと思ったのですが……)










↓1 どうなる?
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:46:36.40 ID:SkLH5dkI0
498
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:47:00.59 ID:4fhGYbY90
>>498
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:47:03.30 ID:K40FpnPK0
ウォースパイト「ちょっと!いつまで背負ってるの!?」
黒サラ「提督は今ごろ朝雲とデートですかね...」
ウォースパイト「無視?ねぇ無視なの?」
ウォースパイト「....ほんと、いいご身分よね」イライラ
黒サラ「ご機嫌ナナメ?」
ウォースパイト「だれだって触手にお尻を触られたらね、そりゃ誰だってイラつくでしょう?」
黒サラ「だってぇ、私ってぇ、か弱い女の子なんだもん☆支えが必要じゃん?☆」テヘッ
ウォースパイト「」イライライライライライラ
503 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:49:27.73 ID:FO5AHd2co



ブロロロ…


黒サラ「ウォースパイト、あなたどうしたの?」


ウォースパイト「……」


黒サラ「いつものあなたらしくないわ……何かあったんじゃない?」


ウォースパイト「何もないわ。ただ……自分でもどうしたらいいのか、分からないの」

 
春風「……」









↓1 どうなる?
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:50:19.43 ID:K40FpnPK0
黒サラが運転に...
ウォスパ「貴女って本当に器用よね」アキレ
黒サラ「なんのこと?」
ウォスパ「ハンドル握りながら私の胸も揉む、というか握るなんて」
黒サラ「いいじゃない?春風は疲れて寝てるんだし、楽しみましょ?」
505 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:53:29.37 ID:FO5AHd2co




黒サラ「ウォースパイト……」


ウォースパイト「……」ベシッ


黒サラ「いたっ!?」


ウォースパイト「運転するときはちゃんと集中しなさい。まったく」


黒サラ「ふふふ……ごめんなさいね」











↓1 どうなる?
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:54:18.09 ID:253bb53z0
ウォースパイト「・・・あなたはもう私のことを察したでしょう?なにも言えないの?」
黒サラ「・・・サラは貴女の背中を押すだけ、どうしたいのは貴女自身で決めることよ」
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:55:06.73 ID:4fhGYbY90
黒サラ「いっそ一回抱かれたら良いじゃない?♪」
ウォースパイト「What!?///」
黒サラ「別に関係持ったからって他の嫁艦のようにべったりする必要はないわ。サラとしても気高い貴女のままでいてほしいし。ただ、無理して距離を取り続けたら、ずっとその痛みに悩まされるわよ。」
508 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 00:56:29.51 ID:FO5AHd2co




ウォースパイト「……」


ウォースパイト「……あなたはもう、察してるでしょう?なにも言わないの……?」


黒サラ「……サラは貴女の背中を押すだけ。どうしたいかは貴女自身で決めることよ」


ウォースパイト「う……」










↓1 どうなる?
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 00:58:22.26 ID:4fhGYbY90
>>507+黒サラ「もし自分だけだと不安ならば、サラも同伴してあげるわ。勿論、無理強いはしないけど。」
510 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:00:37.28 ID:FO5AHd2co



春風「……すぅ、すぅ」


ウォースパイト「……」


黒サラ「……なんなら、いっそ一回抱かれたら良いじゃない?♪」


ウォースパイト「What!?///」


黒サラ「別に関係持ったからって他の嫁艦のようにべったりする必要はないわよ。サラとしても気高い貴女のままでいてほしいし」


黒サラ「ただ、無理して距離を取り続けたら、ずっとその痛みに悩まされるわよ」


ウォースパイト「……」


黒サラ「もし自分一人だと不安なら、サラも同伴してあげるわ。勿論、無理強いはしないけどね」


ウォースパイト「う……」











↓1 どうなる?
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:02:03.85 ID:253bb53z0
答えが思いつかないまま鎮守府に戻った
512 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:03:55.22 ID:FO5AHd2co




黒サラ「さ、着いたわよ」


春風「んん、ふわぁぁぁ……」


春風「? ウォースパイトさん?どうされました?」


ウォースパイト「……なんでも、ないわ……」


ウォースパイト「……///」ドキドキ…








↓1 どうなる?
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:06:01.29 ID:c0aA7G+Z0
提督が古鷹にべったりところを見って、すぐに真顔になる
514 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:08:01.89 ID:FO5AHd2co




【食堂】


スタスタスタ…


ガチャ…


ウォースパイト「……!」






提督「古鷹〜」


古鷹「ふふ、お仕事お疲れ様でした。提督」ナデナデ








ウォースパイト「……」


ジャーヴィス「あれ?ウォースパイト?」






↓1  どうなる?
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:10:38.31 ID:CTxXbYKOO
ウォースパイト「Admiral…話があるの。今すぐ私の部屋に来てくれる?」
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:10:45.23 ID:253bb53z0
二人がキスするまで見ると、手持ち食器のへし折ったウォースパイト
517 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:12:30.14 ID:FO5AHd2co



ウォースパイト「……」スタスタスタ…


ウォースパイト「あ、Admiral」


提督「ん……うぉ、ウォースパイト?どうした?」


ウォースパイト「大事な、話があるの……私の部屋に来てくれる?」


提督「お、おう……」


古鷹「行ってらっしゃい、二人とも」











↓1  どうなる?
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:16:10.50 ID:253bb53z0
部屋に入った瞬間すぐ提督を抱きしめる
ウォースパイト「・・・少し黙ってて///」
519 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:18:14.43 ID:FO5AHd2co



【ウォースパイト】


ガチャ…


提督「それで、何だ?話ってのは……っ!?」


ウォースパイト「……///」


提督「ウォースパイト……?」


ウォースパイト「お願い、少し黙ってて……///」ギュウウ…


提督「……」


ウォースパイト(あぁ、Admiralのニオイ、身体……///)









↓1 どうなる?
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:18:57.88 ID:fz/wl86e0
好きな気持ちを自覚した瞬間なぜが提督を部屋から叩き出した
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:20:05.18 ID:4fhGYbY90
ウォースパイト「…私じゃ決められないから、天に委ねるとするわ。
今からコインを投げるわ。表か裏かを当てられたら…admiral,私を貴方の好きにして。外したら…お願い。今日のことは忘れて。」

次の安価で表か裏かを選択してもらい、そのレスのコンマで判定。奇数なら表、偶数なら裏
522 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:22:36.59 ID:FO5AHd2co



ウォースパイト(Admiral……///)


ウォースパイト「っ!///」バッ!


提督「ウォースパイト……?」


ウォースパイト「で、出ていって!///」


提督「はぁ?」


ウォースパイト「少し落ち着きたいの!出ていってちょうだい!///」


提督「……なんだってんだもう」


バタンッ


ウォースパイト「……///」ドキドキ…










↓1 どうなる?
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:23:14.37 ID:253bb53z0
ドアの向こうへ>>521
524 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:26:36.63 ID:FO5AHd2co



提督「……」


「……私じゃ決められないから、天に委ねるとするわ」

 
提督「おい?なんの話だ?」


「聞いて。今からコインを投げるわ。表か裏か、当てられたら…ろadmiral,私を貴方の好きにして」


「外したら…お願い。今日のことは忘れて」


提督「おい、ウォースパイト。俺の話を……」


「選んで!表か、裏か……」










↓1 表?裏?
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:27:35.98 ID:F3xytsX80
コンマ偶数なら表、奇数なら裏
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:29:25.67 ID:4fhGYbY90
その発想はなかった…絶対に外れる奴だ
527 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:30:38.76 ID:FO5AHd2co



提督「……表だ」


「……」


「……残念ね。裏よ」


提督「お前、どうかしたのかよ?いきなり部屋に連れてきてコイントスに勝ったら好きにしろだと?」


「入って来ないで!」


提督「……」


「もう……忘れるから……」










↓1  どうなる?
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:32:07.02 ID:253bb53z0
『今日のことは、お互い忘れましょう』
提督(っ・・・俺が、あの時で間違えたのせいなのか!?)
529 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:34:36.53 ID:FO5AHd2co




『……今日のことは、お互い忘れないか?』


提督「……俺が、忘れるように言ったからか?」


「そうよ……ずっと、思い出したくなかった。でも、一度思い出せば……止まるわけないじゃない」

 
「あなたのことが、頭から離れなくなって……」


提督「……」











↓1 どうなる?
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:36:13.20 ID:4fhGYbY90
提督「…すまなかった。あの言葉が、そんなにお前を苦しめていたなんて。」
ウォースパイト「もう良いのよ…もう。これで終わり。The end.」
531 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:38:16.34 ID:FO5AHd2co



提督「……すまなかった。あの言葉が、そんなにお前を苦しめていたなんて」


ウォースパイト「もう良いのよ……もう。これで終わり。The end.」


提督「……いいや、終わらせない」


ギィ…


提督「さっきから勝手に自分一人で決めやがって……挙げ句の果てにコイントスだと?」


ウォースパイト「あ、Admiral!何してるのよ!こ、来ないで!」

 
提督「お前が決められないなら、俺が抱き寄せるから」ギュウウ…
  

ウォースパイト「っ……」








↓1 どうなる?
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:41:56.37 ID:/uwS1MFiO
今までの心の痛みを全て洗い流すかのように、提督の胸の中で大泣きする
533 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:43:33.78 ID:FO5AHd2co



ウォースパイト「うぅっ……っああ……」


ウォースパイト「あぁぁぁぁ、ぁぁぁぁ……」ポロポロ…


提督「ウォースパイト……」ギュウ…


ウォースパイト「うぁぁぁ、あど、みらぁ……」











↓1 どうなる?
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:46:33.87 ID:253bb53z0
ウォースパイト「私は・・・貴方が他の女と一緒にいるのは・・・見たくないし、知りたくなかった、もし貴方が当たったら、我慢しようと思う・・・でも・・・やっぱり我慢できない・・・」ポロポロ


関係ない話だけど、ウォースパイトさんはうちの鎮守府の三番目でした(Lv163)
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:47:12.21 ID:4fhGYbY90
暫く泣いたのち、決心する

ウォースパイト「…Admiral,私を抱いて。ただ…一人だと不安だから、黒サラにも手伝ってもらっていい?あと…優しくして。」
536 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 01:49:04.72 ID:FO5AHd2co


今日はここまでですー

またあしたー






ウォースパイト「私は……っ、貴方が他の女と一緒にいるのは、見たくないし、こんな気持ち知りたくもなかった……!」


ウォースパイト「もしコイントスで、貴方が当たったら、我慢しようと思ってたの……でもぉ


ウォースパイト「う……やっぱり、我慢できない……」ポロポロ…


提督「……ごめんな。ウォースパイト」


ウォースパイト「謝らないでよっ……私が、惨めみたいじゃない……」










↓1 どうなる?
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 01:49:41.20 ID:4fhGYbY90
>>535
538 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 23:00:15.35 ID:Wb5jbTRgO



こんばんわー更新はじめますねー








ウォースパイト「……ぐすっ」


提督「落ち着いたか……?」


ウォースパイト「ええ……」


ウォースパイト「……Admiral.お願い、私を抱いて……」


提督「……ハグして欲しいのか?」


ウォースパイト「もうっ、からかわないで……それと、サラも呼んでいいかしら……?」


提督「……サラもか?」


ウォースパイト「嫌なの……?」


提督「……正直、独り占めしたい」


ウォースパイト「っ……///」










↓1 どうなる?
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:00:59.42 ID:253bb53z0
まだ足の痛みを覚え、提督の方へ倒れる
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:01:18.55 ID:1/S5QRMLO
サラ付き+ゴム有りが条件
541 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 23:02:43.00 ID:Wb5jbTRgO



ウォースパイト「Admiral……///』」ガタッ


グラッ


ウォースパイト「きゃっ!?」


提督「おっと」ギュウウ…


ウォースパイト「うぅ……///」


提督「……ウォースパイト」ナデナデ…


ウォースパイト「も、もう、Admiral……///」









↓1 どうなる?
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:03:06.86 ID:1/S5QRMLO
540
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:03:08.24 ID:+gn/dAmP0
提督「ほら、足を出して、マッサージするから」
544 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 23:07:15.07 ID:Wb5jbTRgO


ウォースパイト「……///」


ウォースパイト「やっぱり、サラもいないと駄目よ……///」


提督「そんなに二人きりは嫌か?」


ウォースパイト「ええ……」


ウォースパイト「そ、それと……ちゃんと避妊もして欲しいわ///」


提督「はぁ……仕方ないな」










↓1 どうなる?
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:07:35.25 ID:+gn/dAmP0
543
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:08:53.62 ID:4fhGYbY90
黒サラ「サラをお呼びね?♪」
547 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/03(日) 23:11:23.28 ID:Wb5jbTRgO



提督「とりあえず、脚を伸ばしてくれ。痛むんだろ?」


ウォースパイト「ええ……」


提督「んー、ちょっと腫れてるな。マッサージするから」


ウォースパイト「……お願いするわ」


提督「……」


提督(綺麗な脚だ……)










↓1 どうなる?
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:11:43.85 ID:253bb53z0
提督「・・・そうた、夜まで待ててくれないか?少し準備したいことがあるんだ」ニヤニヤ
ウォースパイト「な、なにをするつもり!?///」
549 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:14:41.39 ID:Wb5jbTRgO


うお、下げてた




提督「……ん、そうだ」


提督「ウォースパイト、夜まで待っててくれないか?少し準備したいことがあるんだ」ニヤニヤ


ウォースパイト「な、何をするつもり……?///」


提督「はは、ちょっと待っててな」











↓1 どうなる?
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:15:43.86 ID:4fhGYbY90
夜になるまでwaspメンバーで暇つぶし
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:15:56.84 ID:Ox8XJ7eW0
マッサージするとき提督の手が少しずつウォースパイトの太ももへ近づく
552 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:18:06.85 ID:Wb5jbTRgO



バタンッ…


ウォースパイト「……行ってしまったわね」


ウォースパイト「ん、もう足は大丈夫みたいだし、少しポーラたちと話でもしましょうか」









【食堂】


天津風「! ウォースパイトさん、こんにちは」


ウォースパイト「Hi、アマツカゼ。それにポーラも」


ポーラ「こんにちは〜」









↓1  どうなる?
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:19:00.89 ID:253bb53z0
夜の約束は一応黒サラと提督以外は隠すつもり
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:20:16.09 ID:FKxf2L9LO
黒サラ(…決めたの?)
ウォースパイト(…そうよ)
黒サラ(Foo!楽しみね)

天津風・ポーラ・涼月「???」

最近加入した涼月を忘れないであげて
555 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:20:20.39 ID:Wb5jbTRgO



天津風「……ウォースパイトさん、何だか嬉しそうね」


ウォースパイト「え?そ、そうかしら……///」


ポーラ「なにかいいことでもありました〜?」


ウォースパイト「ま、まあ、そうね……///」


ウォースパイト(約束のことは、Admiralとサラ以外には黙っておきましょう……)









↓1 どうなる?
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:21:05.98 ID:Ox8XJ7eW0
546
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:21:35.72 ID:FKxf2L9LO
554
558 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:22:51.10 ID:Wb5jbTRgO



サラ「お待たせ〜……あら、ウォースパイト」


涼月「こんにちは……元気になったようですね」


天津風「元気?」


涼月「ええ。サラさんがウォースパイトさんの様子がおかしいと心配してましたから」


黒サラ「それで……どうなったの?」


ウォースパイト「……///」










↓1 どうなる?
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:23:27.28 ID:253bb53z0
>>554
560 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:25:56.09 ID:Wb5jbTRgO



黒サラ(……決めたの?)


ウォースパイト(……Yes///)


黒サラ(Foo!楽しみね)


天津風「……何の話なのかしら?」


ポーラ「うーん……」










↓1 どうなる?
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:28:53.42 ID:12vc5KPr0
ポーラたちの前にも関わらず提督のぬいぐるみを取り出してじーと見る
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:30:03.20 ID:4fhGYbY90
ポーラ「ところで〜今日はどんな案件なんですか〜?」
ウォースパイト「Well,今日はただの暇つぶし。紅茶淹れるわね」
563 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:30:21.60 ID:Wb5jbTRgO



ウォースパイト(……Admiral)


ゴソゴソ…


ウォースパイト「……♪」ギュー…


涼月「……」


天津風「……あれ、提督の人形よね?」ヒソヒソ


涼月「え、ええ……そう見えますが」ヒソヒソ









↓1 どうなる?
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:32:29.20 ID:4fhGYbY90
ポーラ「ウォースパイトさんはてーとくがあまり好きではなかったような?」ヒソヒソ
涼月「どうやら本当に様子が変です」
天津風「変なものでも食べちゃったのかしら?あるいは明石の実験の被害者に?」
565 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:34:02.16 ID:Wb5jbTRgO



ポーラ「むう……ウォースパイトさんてーとくのことはあまり好きではなかったような……?」ヒソヒソ


涼月「どうやら本当に様子が変みたいですね……」ヒソヒソ


天津風「変なものでも食べたのかしら?もしかして、明石さんの実験の被害者に?」ヒソヒソ





ウォースパイト「……♪」ギュー…









↓1 どうなる?
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:36:02.97 ID:FKxf2L9LO
視線を感じて我に帰るウォースパイト+562
567 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:37:22.42 ID:xX5MpkINo



ポーラ 涼月 天津風「「「……」」」ジー…


ウォースパイト「はっ……こ、こほん」


ウォースパイト「こ、紅茶でも淹れようかしら。あなたたちもどう?」


ポーラ「あ、いただきまーす」


黒サラ「……」ニヤニヤ









↓1 どうなる?
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:39:20.45 ID:eC+c+P1j0
タッタッタ
妖精(ごめん!匿って!)

ふるたか「妖精さーん どこー?」
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:39:43.48 ID:4fhGYbY90
ウォースパイト「スズツキ、鎮守府には慣れた?」
涼月「はい、おかげさまで…。こんな私にも、皆さん優しくしてくださりますし…」
ウォースパイト「そう卑下しないで。今は貴女も仲間なのだから。」
570 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:40:40.55 ID:xX5MpkINo



ふよふよ


ウォースパイト「……あら?」


妖精さん「…!」サッ


ウォースパイト「what's?どうしたの?」


ふるたか「ようせいさーん、どこー?」トコトコ…









↓1 どうなる?
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:42:03.57 ID:4fhGYbY90
>>569
572 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:44:18.15 ID:xX5MpkINo



ウォースパイト「……あなたも紅茶飲む?」


ふるたか「あ、のむー!」







ふるたか「……」ゴクゴク…


ウォースパイト「さて……スズツキ、鎮守府には慣れた?」


涼月「はい、おかげさまで……こんな私にも、皆さん優しくしてくださりますから……」


ウォースパイト「そう卑下しないで。今は貴女も仲間なのだから」


涼月「ウォースパイトさん……ありがとうございます」









↓1 どうなる?
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:45:55.13 ID:253bb53z0
ウォースパイトの王冠に隠れる妖精さんを見て、ふるたかはウォースパイトに抱きついてきた
574 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:47:07.85 ID:xX5MpkINo



ふるたか「……」キョロキョロ…


天津風「……ふるたかちゃんはなにか探してるの?」


ふるたか「……あ!」


妖精さん「!」


ふるたか「みつけた!」ギュ!


ウォースパイト「えっ!?ふ、ふるたかちゃん?」










↓1 どうなる?
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:47:37.98 ID:nNte6ef10
ウォースパイト「離れて!」
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:48:21.23 ID:4fhGYbY90
妖精を大事に抱えて走り去るふるたか
577 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:48:47.42 ID:xX5MpkINo



ふるたか「うー」ヨジヨジ


ウォースパイト「ちょ、ちょっと、離れてっ……!」


天津風「だ、大丈夫?」


ふるたか「んー!」


ポーラ「こらこら、だめですよー」グイッ


ふるたか「あー……」


ウォースパイト「ほっ……」










↓1 どうなる?
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:51:30.25 ID:4fhGYbY90
泣いちゃうふるたか
579 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:52:46.43 ID:xX5MpkINo



ふるたか「うぅぅ……」ジワァ…


ポーラ「わわ、ふるたかちゃん!?」


ふるたか「ぅー……」


天津風「な、泣かないで、ね?」


ウォースパイト「……ポーラ、私に抱かせて」


ポーラ「は、はい」


ウォースパイト「よしよし……」


ふるたか「ぐすんっ……」











↓1 どうなる?
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:53:36.12 ID:253bb53z0
ウォースパイトの胸元に落ちた妖精さん、ふるたかは再び動き出す
ウォースパイト「Stop!う、動かないで///」
「「・・・」」
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:54:02.22 ID:FKxf2L9LO
妖精がふるたかの肩にとまる
582 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:55:24.75 ID:xX5MpkINo



妖精さん「…」ジー…


ツルッ


妖精さん「!」


ポトッ


ふるたか「あ」


ウォースパイト「あら……?っ!?」


ふるたか「まてー!」グイッ


ウォースパイト「の、NO!Stop!そこに手を入れちゃ……!///」






「「「……」」」








↓1 どうなる?
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/03(日) 23:56:09.32 ID:Ag1S2L0dO
ウォースパイト「そろそろ幼稚園に通わせたらどうかしら?流石に鎮守府で暴れ回られると迷惑だわ」
584 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/03(日) 23:58:51.29 ID:xX5MpkINo



ウォースパイト「……はぁ」


ふるたか「ご、ごめんなさい……」


ウォースパイト「……そろそろこの子も幼稚園に行かせたらどうかしら。鎮守府の外とも交流を持つべきよ」


ポーラ「あー、提督は考えてるみたいなこと言ってましたけどねぇ」










↓1 どうなる?
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:00:14.58 ID:WZl/8+Em0
場面は提督の準備へ
ちくとねのときから教訓を得て、紅酒や英式料理を用意している
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:00:32.66 ID:a4/hOc7p0
妖精は逃げ出し、ふるたかもそれを追いかけ退去
587 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:02:39.79 ID:C6Tx3F1Oo



【執務室】


提督「……ふう」


提督「この前利根達とした時はムードも何もなかったからな」


提督「ゆっくり酒でも飲みながら……ロマンチックに出来たらいいな」


提督「そろそろ呼びに行くかな……」










↓1 どうなる?
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:05:25.44 ID:G0YrLA+V0
ウォスパ「そういえば、カシマの定期検診が行われてるはずね」

明石の研究室へ

明石「はーい、少しチクッとしますからね」
鹿島「うぅ....」ズキッ
鹿島「いや!!こないで!!」
明石「今回も駄目でしたか...飲み薬を出しておきますから...」
ウォスパ「やはり記憶が...」スタスタ
明石「はい、混濁してますね...こればかりは医療妖精さんに頼むわけには...一応軍規な訳ですし」
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:05:46.13 ID:9bNCmPKv0
ウォースパイトを呼びに行く
590 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:10:15.87 ID:C6Tx3F1Oo




天津風「じゃああたしたちはこれで」


ポーラ「ではでは〜……」


スタスタスタ…


ウォースパイト(そういえば、今日はカシマの定期検診が行われてるはずね)





ガチャ…


ウォースパイト「アカ……」


明石「はーい、少しチクッとしますからね」


鹿島「うぅ……いや……こないで……」


明石「むう……」


ウォースパイト「アカシ、やっぱりカシマの記憶が……」スタスタ


明石「はい、混濁してますね。こればかりは医務妖精さんに頼むわけには……一応軍規な訳ですし」


ウォースパイト「カシマ……」










↓1 どうなる?
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:11:50.69 ID:WZl/8+Em0
後を振り返ると、提督が待っていた
592 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:13:42.97 ID:C6Tx3F1Oo



ウォースパイト「はぁ……」


バタンッ


提督「よ、やっぱりここにいたのか」


ウォースパイト「っ、Admiral……」


提督「準備ができたんだ。執務室に行こう」


ウォースパイト「ま、待って、Saraも呼ぶから……」


提督「まずは二人きりで……いいだろ?」


ウォースパイト「……そ、そうね」









↓1 どうなる?
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:17:20.71 ID:IxYzBud20
ウォースパイトの手を取ってリードする
594 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:18:38.80 ID:C6Tx3F1Oo




【執務室】


ウォースパイト「……これ、Admiralが用意したの?」


提督「ああ。今夜は楽しもうと思ってな」


ウォースパイト「……なかなか素敵ね」


提督「さ、座って」スッ


ウォースパイト「くすっ、ええ……」










↓1 どうなる?
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:22:03.48 ID:WZl/8+Em0
最初の対面を思い出すと、二人もお互いを見つめてクスッと笑る
596 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:23:54.47 ID:C6Tx3F1Oo




ウォースパイト「……美味しい」


提督「……それにしても、まさかウォースパイトと、な」


ウォースパイト「あら……私だってあなたのことを好きになるとは思わなかったわよ?」


提督「そうか……ふふ」


ウォースパイト「ええ……何が起きるのか、分からないものね」










↓1 どうなる?
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:25:22.12 ID:n8QbxAh+0
用意した音楽を流せて、ウォースパイトの手を取る
提督「May I?」
598 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:26:52.82 ID:C6Tx3F1Oo



提督「それじゃ、飲んでばかりも飽きるだろうし……」


カチッ


〜〜〜♪


提督「……踊ってもらえますか?」

 
ウォースパイト「Yes,Of Corse……」









↓1 どうなる?
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:29:54.26 ID:WZl/8+Em0
踊りながら見つめ合う二人はキスする
600 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:31:33.06 ID:C6Tx3F1Oo



提督「……」


ウォースパイト「なかなか、上手いわね……」


提督「はは、ありがとう……」


提督「……ウォースパイト」


ウォースパイト「ん……」


チュッ…


ウォースパイト「……///」


提督「……」ギュウウ…






   



↓1 どうなる?
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:37:54.00 ID:a4/hOc7p0
先に指輪を渡す
602 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:40:45.65 ID:C6Tx3F1Oo



提督「……ウォースパイト」


ウォースパイト「……何かしら?///」


提督「これを、先に……」


提督「……受け取ってもらえますか?」


ウォースパイト「……ええ、お受けします。My Admiral……」









↓1 どうなる?
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:41:51.77 ID:WZl/8+Em0
ゆっくりと自分の服を脱ぐ
ウォースパイト「これから、私を嫉妬すら覚えないほど、あなたに夢中にさせてくれる?」
604 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:43:41.77 ID:C6Tx3F1Oo



ウォースパイト「……Admiral」


ウォースパイト「これから……嫉妬すら覚えないほど、私をあなたに夢中させてくれる?」


シュルッ…


提督「……もちろん。俺も、お前に夢中だ……」











↓1 どうする?どうなる?

このまま夜戦行く?
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:44:35.62 ID:IxYzBud20
夜戦にイク
606 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 00:46:01.91 ID:C6Tx3F1Oo



今日はここまでですー

ついにウォースパイトと……








↓3までで多数決 キンクリする?しない?

内容も募集してます
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:46:50.84 ID:/rx7wE300
しない
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:47:08.63 ID:9LOf81G/0
しない
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:52:54.29 ID:WZl/8+Em0
しない

提督に夢中になって、二回目は自分から避妊なしでお願いしてくる
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 00:57:11.33 ID:a4/hOc7p0
まずは黒サラによくほぐしてもらう
611 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/04(月) 22:26:06.64 ID:J5LrBZIqo


服を脱いだウォースパイトの裸体に、提督の視線はすっかり釘付けになっていた。彫刻のように美しく、同時期のように艶のある彼女肌。普段肌を見せない彼女が自ら見せるその姿から彼女の思いが伝わってくる。愛情、信頼……そのガラスのような感情を壊さぬよう、提督は優しく彼女を抱きしめた。


「Admiral……」


腕を回し、抱き返してくれるウォースパイト。至近距離で見る彼女の瞳は、これ以上ないほど綺麗だった。そのまま提督の視線は、柔らかそうな唇へ移る。上品に紅く染まった唇は、提督を吸い込むように魅了した。提督もそれに逆らわず、もう一度彼女にキスをした。


「んっ……ちゅ……」


先程の唇を重ねるだけのキスとは違う、深く愛し合うキス。提督が舌を挿れると、彼女も舌を絡めてくれる。唾液で濡れた舌が生々しく触れ合う感覚は、ウォースパイトにとっては初めてのものだった。お互いの欲望を剥き出しにしたような、ある意味では悍ましい感覚。だが、目の前にいるのが提督だと思うと、途端に心臓が高鳴る。提督と愛し合っている。頭では分かっていることが、実体験としてウォースパイトに突きつけられた。


「んっ、あど、みらぁ……んんっ……」


キスをしながら、彼女は提督の身体に回した腕に力を込める。より強く抱きしめ、より強く感じ、より強く彼を求めていた。

612 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/04(月) 22:26:33.66 ID:J5LrBZIqo


そんなウォースパイトを半ば引き剥がすようにして提督は彼女から離れた。唇が寂しくなり、思わず声を漏らしたウォースパイトだったが、提督はそれに構わず服を脱ぎはじめた。顕になる提督の肉体からウォースパイトは目を離せなかった。


「ウォースパイト……」


優しく名前を呼んだ提督は、彼女の手を引きベッドに寝かせた。胸元から腹、そして秘所を隠す下着しか身に着けていない彼女の姿に、提督は改めて喉を鳴らした。
ウォースパイトは見られてることに恥ずかしそうに頬を染めたが、身体を隠そうとはしなかった。むしろ、好きに触ってほしいと言わんばかりに、提督の手を引き自分の胸に触らせた。


「Admiral、分かる……?私、すごくドキドキしてる……」


彼女の言葉は途中から途絶え途絶えになった。戦艦らしく豊かな胸の膨らみに触れて、我慢しろという方が無理な話だ。手の平全体で胸の感触を確かめた提督は、何も言わず彼女を見つめた。

613 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/04(月) 22:27:00.37 ID:J5LrBZIqo


くすっと笑ったウォースパイトは背中に手を回し、下着のジッパーを下ろした。下着を脱ぎ去り、隠されていた胸を提督の視線に晒すと、彼はもう興奮してる様子を隠そうともせず、ウォースパイトの胸に飛びついた。


「んっ……Admiral、乱暴すぎよ……♥」


口では提督を諌めているが、嫌そうな様子はまったくない。むしろ、子供のように甘えてくる提督の姿にウォースパイトはどこか安心感すら感じていた。蕾を舐められ、指で摘まれながら、ウォースパイトの身体はじわじわと快感に浸りつつあった。

すると当然、彼女の身体はさらなる刺激を求め始める。提督に胸を弄られながら、ウォースパイトはもどかしそうに内股をこすり合わせた。既に下腹部には熱が籠もり、その熱が漏れるようにして秘所から溢れていた。


「あ……Admiral……下も、触って……」


はしたないと分かりつつ、一方で期待したように上ずった声でウォースパイトは提督に懇願した。提督も頷き、彼女の脚の間へ移動すると濡れ具合を確かめるかのように、そこに指で触れた。


「んっ……」


軽く触れられただけで、背筋を快感がかけていった。戸惑うウォースパイトに構わず、提督は下着に手をかけ、ウォースパイトの身体を一糸まとわぬ裸体へと変えていく。


「あ、あぁぁぁっ……!」


下着を脱がされ脚を開かされ、ウォースパイトの秘所が顕になった。今まで誰にも見せたことない場所を、最愛の男性に見られている。羞恥心と興奮が彼女の身体をさらに駆り立てる。その証拠に、ぴっちり閉じきった秘所がひくひくと動くたび、そこから愛液が溢れていた。


「綺麗だ……」


提督の本心から出た言葉も、ウォースパイトにとってはからかっているのと同じだった。脚を閉じ、そこを隠そうとしたがあろうことか提督はそこに顔を近づけすぅっと深く息を吸っていた。


「Admiralっ!そんな、汚いわ……」


目を背けながら告げるウォースパイトに反論せず、提督はただ舌を秘所に挿入れた。そのままどっと溢れてくる愛液を舐めとり、舌で膣内の感触を確かめていく。


「あぁっ、あっ……♥あど、みらぁ……♥」


614 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/04(月) 22:27:26.95 ID:J5LrBZIqo


自分の内側を舐められる未知の感覚に、ウォースパイトはそれだけで腰を浮かせてガクガクと身体を痙攣させた。ウォースパイトのためにも……それと自身の欲望のためにも、提督は一旦ウォースパイトから離れた。


「はぁ、はぁ……」


呼吸を落ち着けるウォースパイトの目に入ったのは、避妊具を付ける提督の姿。というよりは、想像以上の大きさの彼の怒張だった。びきびきと存在感を示すそれはまるで凶器のようだった。


「ウォースパイト……」


提督が再び名前を呼び、ウォースパイトの手を握る。ウォースパイトもそれに応えるように握り返すと、提督は興奮しているのを隠すようにゆっくり落ち着いた口調で呟いた。


「愛してる……」


その直後、彼がウォースパイトのナカに入ってきた。


「んんっ、んんんっ……!」


めりめりと固く大きいそれはウォースパイトのナカを押し広げて進んでいく。ゆっくりではあるが、着実に。出来るだけ痛みの無いように。少し時間が経って、それはウォースパイトの最奥に届いた。


「っ、はぁ……っ♥」


ウォースパイトは初めての感覚をゆっくりと味わっていた。破瓜の痛み、挿入される異物感と快感。多少の不快感はあれど、不思議とそれを嫌とは思わなかった。きゅっと手を握れば、提督が握り返してくれたからだろうか。不思議なくらい落ち着いているウォースパイトは、我慢しているのか荒い呼吸の提督に優しく囁いた。


「私なら、平気よ……♥ゆっくり、動いて……♥」


その言葉に頷いた提督は、少しずつ彼女の膣内を押し広げるようにしながら腰を引き、ゆっくりとまた押し挿入れていく。

提督にとってはもどかしいくらいにゆっくりだったが、初めてのウォースパイトにはこれくらいがちょうどいいらしい。少しずつ、彼女の表情が蕩けていくに連れ、提督も腰を振る動きを早めていく。


「んっ♥んんっ♥お、おくまでぇ♥んっ……あどみらっ♥」


腰の動きが激しさを増し、快感がより一層ウォースパイトを痺れさせると、彼女は声を我慢しようとした。まだはしたないと思う心が残っているのか、それとも淫らな姿を見られて幻滅されたくないのか。今の提督にそこまで頭は回らなかった。ただ腰を振ることしか頭にない彼は、一気に動きを早めると溜まっていた欲望を吐き出した。


「……っ!」


「んっ♥んぁぁぁっ♥」


放たれた精液はゴムによってウォースパイトの膣内には届かない。だが、その衝撃はウォースパイトを達させるには十分だった。絶頂で走った快感が、彼女の思考を蕩けさせる。


(きもちい……♥)


ゆっくりと怒張を引き抜き、ゴムを外す提督を虚ろな瞳でウォースパイトも見つめていた。ゴムには凄まじい量の精液が貯められている。

思わず喉がなった。初めてのセックスの快感に、雌としての本能が彼女を夢中にさせていた。あれをナカに注がれたら、どれだけ幸せで、どんなに気持ちいいだろうか。


「あ……Admiral」


「今度は、あなたの好きにしていいから……避妊も、あなたが望むなら……♥」


615 : ◆I045Kc4ns6 [saga sage]:2018/06/04(月) 22:27:53.50 ID:J5LrBZIqo


絞り出すような声でウォースパイトは提督に懇願していた。提督は意を察したのか優しく頷くと彼女を優しく抱きしめた。そして、ベッドで四つん這いになるよう囁いた。ドキッとしたウォースパイトだが、今更拒否することはできない。

はしたなさと羞恥心で顔を赤くしながら、提督に尻を向けベッドに四つん這いになった。自分の秘所が丸見えになっていると思うと、ウォースパイトは恥ずかしさで死んでしまいそうだった。

そんなウォースパイトの気持ちなど知らず、提督は彼女の腰を掴み怒張の先端を当てた。濡れたままのそこは先程広げたのもあって簡単に怒張を受け入れていく。


「んんっ♥っ、うぅ……♥」


提督にはもう一つ、ウォースパイトにさせたいことがあった。それは、彼女が感じている声を聴くこと。だが、恥ずかしがっている彼女に声を我慢しないよう告げたところで何にもならない。そこで提督は敢えてーーずんっと今までゆっくり挿入していた怒張を勢い良く最奥に押し付けた。


「ひゃあっ♥あっ、あどみらぅ?なにして……あぁっ♥」


一度我慢できなくなってしまえば、あとは簡単だった。ウォースパイトはあふれる快感に逆らうこともできず、提督に突かれるたび甘い声を漏らすようになっていた。声が漏れるたび締りが増すあたり、彼女にとってもそのほうがいいのかもしれない。


「いや、だめぇ♥こんな、はしたないかっこう……♥あぁぁぁっ♥」


後ろから容赦なく突き上げると、ウォースパイトの身体はきゅうっと怒張を締め付けてくる。そして限界に達した時、ウォースパイトの言葉通り、提督は彼女の最奥に容赦なく白い欲望を吐き出した。


「あっ、あぁぁぁぁぁあああ♥♥♥」

616 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:00:31.25 ID:J5LrBZIqo


こんばんわー更新はじめますねー







ウォースパイト「っ、はぁ、はぁ……あぁ……」


どくっ… どくっ…


提督「っ、うぅ……うぉ、ウォースパイト」


ウォースパイト「あどみらぁ……んっ♥」


提督「結局、中に出しちまったな……」


ウォースパイト「そうね。でも、いいわ……責任、とってくれるのよね?」


提督「ああ、もちろん……」









↓1 どうなる?
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:01:59.16 ID:WZl/8+Em0
珍しく弱々しいな顔を見せるウォースパイト
ウォースパイト「Admiralのこと(嫁たちこと)は仕方ないと思うけど、あまり寂しい思いをさせないで」
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:02:19.92 ID:a4/hOc7p0
二人は幸せなキスをして終了
619 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:04:09.73 ID:J5LrBZIqo



ウォースパイト「……」


ギュウウ…


提督「……ウォースパイト?」


ウォースパイト「あなたの事情は分かるわ……たくさんの艦娘に愛されてるのも知ってる」


ウォースパイト「でも、あまり寂しい思いはさせないで……でないと、私」


提督「……分かってるよ、ウォースパイト」


チュ…


ウォースパイト「ン……」









↓1 どうなる?
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:05:00.42 ID:ipgskHSzO
ビスマルク「正直驚いたわ。貴女がこうなるなんてね」
摩耶「結局、提督に勝てるのはいないと」
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:05:02.31 ID:a4/hOc7p0
>>618
622 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:06:41.84 ID:J5LrBZIqo



コンコン…


ガチャ…


ビスマルク「ていと……あら?」


ウォースパイト「び、ビスマルクっ……!///」


摩耶「ウォースパイトさんもか……」


ビスマルク「……意外ね。あなたは提督には興味なさそうだったし」


摩耶「ああ、まったくだな」


ウォースパイト「Uhh……///」


提督「あまりからかうなって」












↓1 どうなる?
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:07:15.27 ID:WZl/8+Em0
出遅れた黒サラは部屋の隅っこに体育座りしている
黒サラ「約束したのに・・・」
624 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:09:52.61 ID:J5LrBZIqo




ビスマルク「ところで……サラはそこで何をしてるの?」


黒サラ「うぅ……よく聞いてくれたわ……」


提督「さ、サラ……いたのか」


黒サラ「いたわよ!」


ウォースパイト(結局二人きりでシてしまったわね……サラには悪いけど、これでよかったかも)










↓1 どうなる?
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:13:24.99 ID:jOEYiNEX0
提督「っていうかなんの用件だ?」
626 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:15:17.76 ID:J5LrBZIqo



提督「……というか、サラはウォースパイトが気になって来たとして、ビスマルクと摩耶は何のようで来たんだ?」


ウォースパイト「……できれば、出ていって欲しいんだけど///」


ビスマルク「悪かったわね……」









↓1 二人が来た理由
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:16:45.22 ID:04w/yO1a0
U511らしき者を見た
人混みのせいで話しかけることはできなかった
628 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:19:25.03 ID:J5LrBZIqo



ビスマルク「街中でU-511らしき人物を見かけたのよ」


提督「ゆー?そう言えば満潮がそんなこと言ってたな」


ビスマルク「Uボートは他にもあるけど、あれは完全にU-511だったわ。本国に聞いてみたけど、再建造はしてないそうよ」


摩耶「んで、また異世界から来たんじゃねえかってことで相談しに来たんだが……またの機会にするか」


ビスマルク「……そうね。行くわよ、サラ」


サラ「ええ。それじゃ、二人ともごゆっくり〜♪」


バタンッ


ウォースパイト「……Huh」


提督「……」ポリポリ…










↓1 どうなる?
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:19:59.94 ID:a4/hOc7p0
>>618
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:21:49.69 ID:WZl/8+Em0
>>618+
ウォースパイト「Admiral、知っていますか?イギリス人は恋愛と戦争では手段を選ばないということ・・・」
提督「えっ?」
631 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:23:12.99 ID:J5LrBZIqo



提督「……ごほん。ウォースパイト」


ウォースパイト「なに?Admiral……」


提督「改めて、確認させてくれ。まだ、信じられなくて……本当に俺のことを愛してくれてるのか?」


ウォースパイト「……ええ、そうよ」


ウォースパイト「I love you……My Admiral」


チュッ…










ウォースパイト編 完

↓五分後に最も近いレス 次の主役安価
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:28:13.04 ID:04w/yO1a0
大東
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:28:13.27 ID:WZl/8+Em0
ガンビア
634 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:32:34.45 ID:J5LrBZIqo



【新米の鎮守府】


スタスタスタ…


大東「おはよー……」


新米「あ、大東ちゃんおはよう」


名取「おはよう。どう?鎮守府にもは慣れた?」
  

大東「ん、まあ……」


大東「……」










↓1 どうなる?
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:32:51.34 ID:WZl/8+Em0
新米はいい人けど頼りにならないと思ってるから、まだ脱出計画を練っている
636 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:35:42.98 ID:J5LrBZIqo




大東(新米さんはいい人だけど……なんか頼りないし)


大東(ここに居ると……あたいと日振姉だけ働いてないのが、なんか申し訳ないし)


大東(やっぱり、元の島に戻ろう)


伊良湖「大東ちゃん?朝ごはん食べない?」


大東「あ、い、いただきます!」


大東(……ご飯は美味いけど)











↓1 どうなる?
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:37:12.45 ID:v/9kkLR5O
この街についても分からない事だらけなので新米は大東たちを連れてお出かけしようと考える
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:37:50.59 ID:JV/gacAP0
新米、大東を膝の上に乗せてあ〜ん
639 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:39:12.16 ID:J5LrBZIqo



新米「大東ちゃん。今日は予定なかったよね?」


大東「え、う、うん……」


新米「日振ちゃんも連れて、ちょっとお出かけしようと思うんだけどどうかな?あなたたちこの街について、ほとんど知らないでしょ?」


大東「ま、まあ、日振姉がいいって言えばいいけど……」









↓1 どうなる?
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:42:11.92 ID:WZl/8+Em0
日振はもう新米に手馴れた模様
641 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:43:35.45 ID:J5LrBZIqo



日振「ただいまです〜」


名取「あ、日振ちゃんに野分ちゃん」


野分「ただいま帰還しました」

 
新米「お疲れ様。二人ともたくさん食べてね」


日振「わぁ!」


大東(のんきなものね……)










↓1 どうなる?
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:44:45.54 ID:a4/hOc7p0
大東(待てよ?街に出るということは、そのまま人ごみに紛れて逃げればいいんじゃん)
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:45:46.38 ID:JV/gacAP0
日振で638
644 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:46:14.73 ID:J5LrBZIqo



大東(ん……でも、街に出れるってことはそのまま人混みに紛れて逃げ出せるかも……!)


大東(飯食べたら、日振姉とも相談しなくちゃ……)


日振「んん〜、おいしい!」モグモグ


新米「日振ちゃん、このあとみんなでお出かけ……」









↓1 どうなる?
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:49:06.78 ID:WZl/8+Em0
相談してみたけど、日振はあまりここから離れたくない
646 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:51:01.12 ID:J5LrBZIqo




日振「……え?」


大東「だからさ、街に出たときそのまま逃げ出せば簡単に逃げられるって!」


日振「う……で、でも、大東ちゃん」


日振「新米さんはとってもいい人だし、私達を無理やり働かせたりしない……ここにいてもいいんじゃない?」


大東「な、何言ってんだよ!」










↓1 どうなる?
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:51:40.17 ID:04w/yO1a0
日振「それに今逃げ出した事が知れ渡ったら今度はただじゃ済まされなくなるよ」
648 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:54:02.79 ID:J5LrBZIqo



日振「……それに、今度逃げ出した事がバレたら……ただじゃ済まされなくなりそうだし」


大東「う、そ、それは……」


日振「大東ちゃん、司令官の遺言に従いたい気持ちもわかるけど……」











↓1 どうなる?
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:55:06.61 ID:WZl/8+Em0
新米に呼ばれたら、すぐに駆けつけて行った日振
新米「日振ちゃん〜」
日振「わい〜」
大東「むむむ・・・」
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:55:53.42 ID:a4/hOc7p0
コンマ奇数 素直に従う
偶数 だったらあたいだけでも逃げてやる
651 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:56:31.25 ID:J5LrBZIqo



新米「日振ちゃーん、ちょっといいー?」


日振「はーい!」


日振「じゃ、大東ちゃん。またね?」   


大東「……」


大東「……むぅ」










↓1 どうなる?
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/04(月) 23:58:53.50 ID:4c3SG/T40
お出かけ
653 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/04(月) 23:59:45.09 ID:J5LrBZIqo



新米「それじゃ、準備はいい?」
  

日振「はい!」


大東「ん……」


新米「それじゃ、しゅっぱーつ!」


名取 野分「「いってらっしゃーい」」










↓1 どうなる?
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:00:19.56 ID:pJWK+yx0O
大東(仮面のレディ…どこ行っちまったんだよ…)
655 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:02:11.45 ID:y7uKJIwCo



ブロロロ…


大東「……」


大東(あの仮面の艦娘、どこに行ったんだよ……)


大東(最後はあたいたちが悪いとか言ってたし、もう期待してねえけど……)


新米「二人共、ガム食べる?」










↓1 どうなる?
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:02:53.67 ID:mgTOBFau0
650
657 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:05:50.15 ID:y7uKJIwCo



大東(……あたいも、悪い気はしないし)


大東(今日だけは、従っとこう)


日振「……」


日振(大東ちゃん、大丈夫そうね)










↓1 どうなる?
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:07:35.40 ID:GafGRRxq0
新米「大東ちゃん、さっきから考えこと?困ったことあればわたしに教えてね」
大東「・・・はぁ」
659 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:09:04.32 ID:y7uKJIwCo


新米「……大東ちゃん」


大東「っ、は、はいっ!?」


新米「さっきから考えごとしてるみたいだけど……困ったことがあれば、私に聞いてね!」


大東「……はぁ」


日振「ふふふ」










↓1 どうなる?
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:09:44.83 ID:pJWK+yx0O
繁華街へ
661 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:11:53.32 ID:y7uKJIwCo




ザワザワ


日振 大東「「……!」」


新米「ふふ、驚いた?ここは島一番の繁華街だよ」


新米「さ、行こう。はぐれないようにね」


ギュ


日振「はい!」


大東「……」ギュ










↓1 どうなる?

662 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:13:34.65 ID:d7qsRM+B0
ゲームセンターへ
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:14:19.20 ID:GafGRRxq0
六駆とすれ違った
日振(えっ・・・?)
大東(・・・仮面の人?)
664 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:14:41.08 ID:y7uKJIwCo



日振「あ……」


大東「なんだここ?」


新米「ゲームセンターだよ。入ってみる?」


大東「あ、う、うん……」


日振「わぁ、すごく賑やかですね……!」











↓1 どうなる?
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:16:02.96 ID:GafGRRxq0
>>663
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:16:26.87 ID:xRsnN7qx0
663
暁以外の3人のみ
667 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:17:15.51 ID:y7uKJIwCo



日振「あ、あれ面白そう!」


大東「あ、日振姉!」


タッタッタッ…


暁「ーー、ーー……」


日振「……!?」


大東「さっきの……仮面の……!?」









↓1 どうなる?
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:18:03.53 ID:pJWK+yx0O
大東、暁に泣き付く
大東「会いだがっだよぉぉーー!!」
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:18:41.43 ID:mhrEFC1z0
新米を引っ張って後に付く
670 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:20:00.42 ID:y7uKJIwCo



大東「っ……!」


暁「……え?」


ギュー…


大東「どこ行ってんだよ、あんた!」


暁「な、なに?あなただれ?」


大東「しらばっくれるなよ!あたいたちのこと、助けてくれただろ?」


日振「だ、大東ちゃん……」











↓1 どうなる?
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:22:22.94 ID:GafGRRxq0
鍋響「なにが起きた?」
暁「響こそなにが起きたのよ!?何よその鍋!?」
672 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:24:35.68 ID:y7uKJIwCo



響「暁、どうしたの?」


暁「あ、ひ、響……鍋?」


大東「……仲間か?」


暁「妹の響よ……言っておくけど、私はあなたのこと知らないわ。助けたこともないし……人違いじゃない?」


大東「そんなはずは……」


日振「大東ちゃん、もう行こう……?」









↓1 どうなる?
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:26:04.58 ID:ceiBosmY0
なぜが暁と響にも仮面の艦娘の気配を感じる
674 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:27:12.74 ID:y7uKJIwCo



新米「どうかしたの?」


大東「……ううん、何も」


大東(……さっきの艦娘、二人からあの艦娘の気配がした……)


日振「大東ちゃん、もうあの人のことは忘れよう?」


大東「……」










↓1 どうなる?
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:31:28.47 ID:GafGRRxq0
新米は二人を抱き寄せる
新米「一体どうしたの、二人とも酷い顔しているよ?」
676 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 00:33:24.61 ID:y7uKJIwCo




今日はここまでですー






新米「……二人とも」


ギュウウ…


大東「あっ」


日振「新米さん……」


新米「二人ともとっても怖い顔してる。もっと気楽に行こうよ、ね?」










↓1 どうなる?
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:33:48.45 ID:GafGRRxq0
乙ー

安価下
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 00:37:05.09 ID:d7qsRM+B0
UFOキャッチャーに挑戦
このレスのコンマが80-99ならぬいぐるみget
679 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/05(火) 22:19:35.46 ID:gjJOpWMdo

こんばんわー

今日は更新をお休みしますー
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/05(火) 22:47:06.63 ID:GafGRRxq0
おkー
681 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 22:59:59.33 ID:P2pDV9D7o



こんばんわー更新はじめますねー








新米「あ、ほら!UFOキャッチャーがあるよ!やってみよ!」


大東「う、うん……」








大東「くそっ、失敗した!」


日振「も、もう一回……」


日振「……ふふふ」







↓1 どうなる?
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:00:35.81 ID:oTgSE8Wn0
新米は代わりに取ってくるつもりけど、大東と日振より下手だった
683 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:02:21.66 ID:P2pDV9D7o




新米「ふふ、しょうがないなぁ!私が取ってあげる!」





 

新米「……ほ、ほら!」


大東「お、おう……」


日振(新米さん、かなりお金を使ってたような……)


大東「……あ、ありがとう」


新米「えへへ、どういたしまして!」








↓1 どうなる?
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:04:46.92 ID:nLUesx260
日振だけがやってないから遊んでみたら、一回で取れた
685 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:06:20.94 ID:P2pDV9D7o



日振「……あの、私もやってみていいですか?」

 
新米「あ、うん。いいよ」


日振「よーし……うーん、こうかな?」

 
ガコッ


日振「あ、やった!とれた!」


新米 大東「「……」」









↓1 どうなる?
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:08:05.39 ID:oTgSE8Wn0
二人は日振の肩を掴んで勝負をかける
どんなゲームが次の安価で
687 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:09:01.38 ID:P2pDV9D7o



ガシッ


日振「……? ふ、ふたりとも?」


新米「日振ちゃん、次のゲームしようか」


大東「ああ、やろうぜ」


日振「う、うん。いいけど……」










↓1 どうなる?
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:11:23.86 ID:mMqUYEHS0
ガンシューティング
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:11:34.11 ID:LgaJ3Vf80
ダンスゲームをやる
690 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:12:27.51 ID:P2pDV9D7o


新米「じゃあこれ!これやろう!」


日振「は、はぁ……」


大東「ガンシューティングか……新米さん、あたいにやらせてくれ!」


新米「うん、いいよ!頑張ってね!」


日振「……」ポカーン









↓1 どうなる?
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:16:31.79 ID:oTgSE8Wn0
日振とのスコア差が絶望的すぎで大東の顔がポカーン
692 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:18:05.28 ID:P2pDV9D7o



日振「……ふー」


大東「な……」ポカーン


大東「ひ、日振姉!そ、そんなに射撃うまかったか?」


日振「え、普通だと思うけど……」


大東「……むう」









↓1 どうなる?
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:21:20.17 ID:aYsq6y1Y0
新米が大東を慰めるけど裏目に出る
694 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:23:20.40 ID:P2pDV9D7o



新米「だ、大東ちゃん、仕方ないって……しばらく出撃してなかったんだし」


大東「……ふん!」


新米「あわわ……」


大東「……」イライラ…








↓1 どうなる? 
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:24:31.46 ID:mG2nC2LZ0
家電量販店へ行く
696 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:25:56.23 ID:P2pDV9D7o




新米「え、えーっと……二人とも、このあと家電を買いに行きたいんだけど」


大東「……家電?」


新米「うん、いいかな?」


日振「ええ、いいですよ!」










↓1 どうなる?
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:31:39.86 ID:oTgSE8Wn0
新米「最近はお菓子に趣味あるから〜作りたいなと思うんだ」
大東「へぇ〜」
698 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:33:06.86 ID:P2pDV9D7o



【家電量販店】


大東「……ここで何を?」


新米「最近お菓子作りにハマってて……そのための調理機器を買いに来たの」


日振「へぇー……」


新米「うーん、こっちな?」








↓1 どうなる?
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:35:52.31 ID:cyI5nMI00
誰も詳しくないのでなにも選べないようた
700 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:37:13.14 ID:P2pDV9D7o




大東「……なんかたくさんあるなぁ」


日振「どれがいいのかしら……?」


新米「うーん……分からないなぁ」


新米「ちょっと店員さんに聞いてくるね!」


日振「はーい」









↓1 どうなる?
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:42:09.62 ID:oTgSE8Wn0
似たようなものを買いにきたジャーヴィスとウォースパイトは丁寧にお勧めを教える
702 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:44:11.01 ID:P2pDV9D7o



スタスタスタ…


大東「ん?」


ジャーヴィス「Hi!」


日振「こ、こんにちは……あの、新米さん。店員の方に聞いてきたんじゃ?」


新米「ウォースパイトさんたちにばったり会っちゃって……この二人は提督さんのとこの艦娘なの」


ウォースパイト「私達もちょうどお菓子作りに使う家電を買いに来たの」










↓1  どうなる?
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:47:14.05 ID:mG2nC2LZ0
大東「この二人はまるで親子みたいだな」
704 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:48:30.41 ID:P2pDV9D7o



大東「……」ジー…


ジャーヴィス「……? どうかしたの?」


大東「いや、よく似てるなと思って……まるで親子だな」


ジャーヴィス「まあ、聞いた?ウォースパイト」


ウォースパイト「私はそんな歳では……はぁ」


日振「ごご、ごめんなさい!」









↓1 どうなる?
 
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:49:25.31 ID:oTgSE8Wn0
欲しいものを買った後一緒に町を歩いて回る
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:49:37.52 ID:mMqUYEHS0
お勧めに従いワッフルメーカーを買う
707 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:51:40.51 ID:P2pDV9D7o




新米「ウォースパイトさん、ジャーヴィスちゃん、ありがとう!」


ウォースパイト「Your welcome」


ジャーヴィス「困ったときはお互い様よ!」


日振「あの、良ければこれから一緒に町を回りませんか?」


ジャーヴィス「わぁ、楽しそうね!」

 
大東「……ふん」










↓1 どうなる?
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:56:25.59 ID:aYsq6y1Y0
輪から外れた大東
709 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/06(水) 23:57:14.12 ID:P2pDV9D7o




日振「ーー、ーー」


ジャーヴィス「ーー!」


ウォースパイト「ーー……」


大東「……」


大東(なんだよ、日振姉……にこにこしやがって)









↓1  どうなる?
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 23:58:29.81 ID:Vpo/CA45O
仮面の艦娘との色々な出来事を思い出す
3人で秋祭りに参加してはしゃいだり、雪合戦をしたりなど
大東「この人たちともあんな風に笑い合えるようになるのかな…」
711 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:00:19.49 ID:ResisDqQo




大東(……あの仮面つけた艦娘には、いろいろ連れて行ってもらったっけ)


大東(秋祭りとか、雪合戦とか……)


大東(あの艦娘たちとも、仲良くできるようになるのかな……)










↓1 どうなる?
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:02:04.52 ID:U5nZ1YbJ0
新米は大東の頭を撫でて、今はこれなにも聞かないことにした
713 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:03:39.54 ID:ResisDqQo



新米「……」


ナデナデ


大東「……新米さん」

 
新米「……」


大東「……あたいは」









↓1 どうなる? 
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:06:10.85 ID:u8MvUxow0
日振は大東の様子を気づいて、大東の手を取って会話の輪に入る
715 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:08:31.52 ID:ResisDqQo



日振「……あ、大東ちゃん!」グイッ


大東「あ、わわ……」


ジャーヴィス「あら?あなたは?」


日振「妹の大東です」


大東「……」


ウォースパイト「Nice to meet you.ダイトウ」ニコッ








↓1 どうなる?
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:12:00.74 ID:U5nZ1YbJ0
大東「・・・」
ウォースパイト「・・・これは大変そうね」
日振「あ、あははっ・・・(大東ちゃん、普通に提督や新米さんと話してるのに、なんでだろう?)」
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:12:43.00 ID:z4fMDCer0
ジャーヴィス「ダイトウ、顔が怖いわ!そんな顔しちゃだめよ!」
718 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:13:42.32 ID:ResisDqQo



大東「…………」


ウォースパイト「Ah……これは大変そうね」


日振「あ、あははっ……」


日振(大東ちゃん、司令や新米さんとは普通に話してるのに、なんでだろう……?)










↓1 どうなる?
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:14:23.51 ID:8DR06KLL0
717
720 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:15:55.52 ID:ResisDqQo




ジャーヴィス「ダイトウ、顔が怖いわ!そんな顔しちゃNO!」


大東「あ、ご、ごめん……」


ジャーヴィス「それでいいわ!……よろしくね」


大東「……うん、よろしく」


大東「……」









↓1  どうなる?
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:19:34.81 ID:U5nZ1YbJ0
挨拶後すぐに新米の後ろに隠れる
新米(あれ?これ、もしかして・・・)
新米「人見知り・・・」
大東「っ!///」
722 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:20:57.26 ID:ResisDqQo



新米「大東ちゃ……」


大東「……」サッ…


ジャーヴィス「あら?」


新米「……大東ちゃんもしかして人見知りなの?」


大東「ち、違うっ///」










↓1  どうなる?
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:22:56.45 ID:TjRPd/o20
弁明するほどみんなが暖かい目で見守ってくる
724 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:24:06.32 ID:ResisDqQo



大東「あ、あたいはただっ、馴れ合うのが嫌いなだけだっ///」


日振「大東ちゃん……」


ウォースパイト「……なるほどねね」ニコニコ


大東「う……わ、笑うなぁ……///」










↓1 どうなる? 
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:26:23.31 ID:9h3aAhXsO
ウォースパイト「新米の所に着任する以前は何をしていたの?」
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:26:30.46 ID:U5nZ1YbJ0
我慢できずに走り出したつもりが、新米に抱きしめて動けない
新米「(満面の笑み)」
大東「その顔をヤメロ!!///」
727 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:28:05.75 ID:ResisDqQo



ウォースパイト「じゃあまずはお話しから始めましょう。新米のところに着任する前はどこにいたの?」


大東「う……」


大東「ふ、ふつうに、本国にいたよ……」


ジャーヴィス「私はまだ本国には行ったことないわ……Darlingと旅行したいかも」









↓1 どうなる? 
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:29:29.43 ID:U5nZ1YbJ0
>>726
729 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:31:19.91 ID:ResisDqQo



大東「も、もういいだろ……あたいは一人でいるから!」


新米「だーめっ」 


大東「うぅ、離せぇ!」


新米「……」ニコニコ


大東「何笑ってるんだよ!やめろってのー!///」










↓1 どうなる?
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:32:03.79 ID:9h3aAhXsO
ジャーヴィス「本国ってどんな所?」
大東「うっ…」行った事ないので答えられない
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:33:40.50 ID:z4fMDCer0
ウォースパイト「今はそういう年頃なのよね。無理もないわ。」
ジャーヴィス「あたし知ってる!確かハンコーキって言うんでしょ?」
大東「くそ〜っ///」
732 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:34:36.96 ID:ResisDqQo



ジャーヴィス「ねぇねぇ、本国ってどんなところ?」


大東「え、う……それは……」


ジャーヴィス「ステキな場所なら、今度Darlingと行ってみたいけど……そうなのかしら?」


大東「……」


ジャーヴィス「……ダイトウ?」









↓1  どうなる?
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:36:46.17 ID:z4fMDCer0
無理矢理話を反らす大東
大東「ほ、本国のことは他の艦娘からも聞けるだろ!逆に聞くけどイギリスってどんな国なんだ?」
734 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:39:00.85 ID:ResisDqQo




大東「ほ、本国のことは他の艦娘からも聞けるだろ!」


大東「逆に聞くけどさ、イギリスってどんな国なんだ?」

 
ジャーヴィス「England?そうね……」


ウォースパイト「気品溢れる紳士淑女の国よ。あなたたちも一度来るといいわ。歓迎するから」


大東「へ、へぇ……」










↓1 どうなる?
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:41:00.33 ID:U5nZ1YbJ0
ウォースパイト「そうた、Admiralを連れて挨拶しに行かないと・・・(イギリスへ)」
「「??」」
736 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:42:40.26 ID:ResisDqQo



ウォースパイト「……Admiralも一度招待しないとね……」


日振「?」


ジャーヴィス「Darlingがどうかしたの?」


ウォースパイト「な、なんでもないわ……!」


大東「……さっきからDarlingって誰のことなんだ?」









※フラグにウォースパイトが追加されました

↓1  どうなる?
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:44:43.72 ID:z4fMDCer0
ウォースパイト「大東、あまりつまらない意地ばかり張っては駄目よ。」
ジャーヴィス「Smile!これ大事!」
738 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:46:05.72 ID:ResisDqQo



ウォースパイト「こほん……ともかく」


ウォースパイト「ダイトウ、あまりつまらない意地を張ってはそんをするわよ」


ジャーヴィス「そうそう、いつも笑顔で、ね!」


大東「……」


日振「大東ちゃん……」


大東「わ、わかったよ……」










↓1  どうなる?
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:46:24.23 ID:gWzhtaFa0
ウォースパイト「私たちのことは話したし、さっきの話の続きをしましょう?そんな警戒しないでいいわ。私も貴女たちのことを知りたいだけなの。仲間としてね」
740 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:49:23.10 ID:ResisDqQo



ウォースパイト「……さて」


ウォースパイト「私たちのことは話したし、さっきの話の続きをしましょう?」


大東「う……」


ウォースパイト「そんなに警戒しなくていいわ。私も貴女たちのことを知りたいだけなの……仲間として、ね」


大東「仲間……」


日振「……大東ちゃん、この人たちになら」










↓1 どうなる? 
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:51:41.00 ID:U5nZ1YbJ0
亡くなった前任を隠して教える、なお提督との出会いを語うときにウォースパイトは少し怖い顔をした
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:52:15.74 ID:z4fMDCer0
正直に話す
743 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:53:48.82 ID:ResisDqQo




大東「あたしたちは……無人島に住んでた。そこに現れたのが二人の艦娘と提督だったんだ」


大東「あいつら島で好き勝手してて……それを観察してたら見つかって」


大東「なんだかんだあって、ここにいる」


日振「……概ね、こんな感じです」


ジャーヴィス「へぇ……」


ウォースパイト(好き勝手、ね……Huh)









↓1  どうなる?
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:55:44.34 ID:9h3aAhXsO
大東「提督のせいでヲ級が暴走し、その後別の島に移り住む事になった」
時々やってきて助けてくれた仮面艦娘のことは話さないでおく
745 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 00:57:56.64 ID:ResisDqQo



ウォースパイト「……もう少し、詳しく聞かせてもらえる?」


大東「……発情期だか知らないが、提督が野良の深海棲艦を怒らせてさ」


大東「危険だってことで、あたしたちは島を追い出されたんだ」


ジャーヴィス「ハツジョーキ?」


ウォースパイト「知らないでいいわ、Jervis」


大東(あの仮面の艦娘については黙っとくか……)









↓1 どうなる?
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 01:00:18.04 ID:z4fMDCer0
ジャーヴィス「はえ〜…かなり大変だったんだね」
ウォースパイト「Thanks.色々話してくれて。」

ウォースパイト達と別れる
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 01:09:44.65 ID:U5nZ1YbJ0
寝た?乙です
748 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 01:31:19.66 ID:ResisDqQo
あ、今日はここまでですー

すっかり終わった気になってた…


とりあえずまた明日>>746から始めます

749 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/07(木) 22:42:01.88 ID:AQF+vc0Bo

こんばんわー

今日の更新は多忙で休みます、すみません
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:44:21.61 ID:U5nZ1YbJ0
おk−待ってるぞー
751 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:00:10.65 ID:p7JAVW8fo


こんばんわー更新はじめますねー




ジャーヴィス「ふーん……かなり大変だったみたいね……」


ウォースパイト「Thanks.色々話してくれて……」


ジャーヴィス「私達、鎮守府に戻らないといけないからここでお別れね!See you!」


日振「はい、さようならー!」


新米「……いい人たちだったでしょ?」


大東「……まあな」












↓1 どうなる?
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:00:41.84 ID:2MlqiYvz0
三人も気づかないけど、響が尾行していた
響「さて、出てくれるかな、自称レディ?」
753 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:02:08.31 ID:p7JAVW8fo






響「……」ジー…


響(司令官が日振と大東を逃した艦娘のことを話してたけど……)


響(……大東の反応からして、暁型に似てるようだ。尻尾を掴みたいと思うけど……)










↓1 どうなる?
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:03:23.57 ID:rloI+wLQ0
残念だけど仮面の艦娘はこの島にはいない
警戒心が強いので提督の手が届く場所に自分から近づいたりはしない
755 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:04:42.41 ID:p7JAVW8fo



響「……」


響「……だめだな。まるで出てくる気配がない」


響「今日は諦めて暁たちのところに帰ろう……」









新米「じゃあ、私達も帰ろうか」


日振「はい!」








↓1 どうなる?
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:08:33.56 ID:2MlqiYvz0
響が帰ったところで仮面の艦娘は出てきて代わりに三人を尾行する
「あの偽者、やっと帰ってくれたね・・・」
757 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:10:02.96 ID:p7JAVW8fo



スタスタスタ…


仮面の艦娘「……ふぅ、やっと帰ってくれたわね」


仮面の艦娘「日振たち、元気そうだけど……」


仮面の艦娘「……」








ブロロロ…


新米「〜〜♪」


大東「……」


大東(なんだかんだ、楽しかったな……)








↓1 どうなる?
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:11:38.79 ID:RLCBKECq0
仮面の艦娘は新米の鎮守府を特定した後で海に沈む
759 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:13:22.05 ID:p7JAVW8fo




新米「さ、ついたよ!」


日振「新米さん、荷物運びます……んっ!」


大東「無理すんなって、あたいも運ぶから……」


日振「……ふふっ」


大東「っ、な、なんで笑うんだよ……」







チャプンッ…



↓1 どうする?どうなる?

もしくはこれで終わる?

その場合五分後に最も近いレスで次の主役安価とります
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:14:29.73 ID:rloI+wLQ0
仮面の艦娘「私も旅に出ましょうか。この島はあの男のテリトリー。これ以上居ても危険だわ。それにしてもあの白髪の艦娘、死んでいった私の妹にそっくりね…」

終わり
761 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:16:37.28 ID:p7JAVW8fo



コポポ…


仮面の艦娘(私も旅に出ましょう……この島はあの男のテリトリー。これ以上居ても危険だわ)


仮面の艦娘(それにしてもあの白髪の艦娘、死んでいった私の妹にそっくりね……)


仮面の艦娘(……まさか、ね)








大東編 完

↓五分後に最も近いレス 次の主役安価
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:21:37.30 ID:7moJxdbcO
狭霧
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:21:37.36 ID:2MlqiYvz0
コンマ判定

偶数 福江
奇数 対馬
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:21:37.62 ID:TXzvKja60
霧島
765 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:26:13.63 ID:p7JAVW8fo


狭霧了解です、佐世保以来かな





狭霧「……」カリカリ…


狭霧「よし、報告書ができた……あとは執務室に持っていけば」


狭霧「……今日は、やってないわよね……?///」








スタスタスタ…


狭霧(私が提督と初めて会った日、提督は萩風さんと、その……シてて……///)


狭霧(提督は萩風さん以外にもたくさんのお嫁さんがいて……///)


狭霧(……そう考えると、何故か執務室に行くとき緊張してしまうのよね///)


コンコン


狭霧「……提督、狭霧です」










↓1 どうなる?
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:27:21.94 ID:rloI+wLQ0
提督と水無月がいた
767 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:29:07.45 ID:p7JAVW8fo



「入っていいぞ」


狭霧「……」ホッ


狭霧「失礼します」


ガチャ…


水無月「や、狭霧」


狭霧「こんにちは、水無月さん。提督、報告書をお持ちしました」


提督「ありがとう。狭霧の報告書は見やすくていいな」


狭霧「いえ、そんな……」









↓1 どうなる?
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:30:26.11 ID:2MlqiYvz0
どうしても提督と萩風の夜戦を思い出すから上手く返事できない



知らない子を主役にしやがって・・・(未所持)
769 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:32:06.82 ID:p7JAVW8fo



狭霧「……///」


狭霧(水無月さんも、お嫁さんなのよね……///)


水無月「……?」


提督「狭霧……?」


狭霧「! す、すみません!少しぼーっとしてて……///」


提督「おいおい、大丈夫か?」










↓1 どうなる?
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:33:35.89 ID:4X38iGvs0
早めに退出して育てる花の世話をする
771 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:35:09.44 ID:p7JAVW8fo




狭霧「は、はい……それじゃ、私はこれで……!///」


提督「あ」


狭霧「失礼します!///」バタンッ








狭霧「はぁ……緊張した」


狭霧「……気分転換に、花の様子を見てこようかしら」









↓1 どうなる?
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:37:37.09 ID:2MlqiYvz0
それそれの農園を見に行くの涼月や山雲と出会う
773 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:39:20.38 ID:p7JAVW8fo




スタスタスタ…


狭霧「あ、こんにちは」


山雲「あら〜、こんにちは〜」


涼月「こんにちは、狭霧さん。今日は暑いですね」


狭霧「ええ、日差しも強くて……涼月さんはいつもの制服ではないのですね」


涼月「こうも暑いと流石に……」


山雲「こまめに水分をとらないと〜」









↓1 どうなる?
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:43:54.97 ID:/9MWIytk0
ひまわりは腰の高さまで育てていた
775 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:45:25.78 ID:p7JAVW8fo




狭霧「さて……と」


狭霧「ふふ、去年植えた向日葵がもうこんな高さに……夏が楽しみね」

 
狭霧「たくさんお水を上げるから、元気に育ってね」


狭霧「〜〜〜♪」









↓1 どうなる?
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:48:20.46 ID:2MlqiYvz0
涼月と山雲をお手伝いしに行くが、なぜか提督も手伝ってきた
777 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:50:01.23 ID:p7JAVW8fo



涼月「狭霧さん、お手伝いします」


狭霧「あ、ありがとう……あら?」


提督「よ。暇だから様子見に来たんだ」


狭霧「そ、そうですか……///」


山雲「お花さんたち、きれいねー」









↓1 どうなる?
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:52:44.82 ID:IVJTqjXEO
植えた覚えがない黒薔薇が咲いている
厨二な艦娘が持ち込んだに違いない
779 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:54:28.08 ID:p7JAVW8fo



涼月「あら?狭霧さん、こんな花も育ててたんですね」


狭霧「黒いバラ……?いえ、それは私が植えたんじゃないと思います」


涼月「そうなんですか……」 
 

提督「狭霧の選ぶ花は可愛いのが多いな」


狭霧「そ、そうでしょうか……?///」









↓1 どうなる?
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:56:02.41 ID:2MlqiYvz0
(コンマ判定)は雜草を処理するときに四つ葉のクローバーを見つける

偶数 提督
奇数 狭霧
ゾロ目 涼月
781 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/08(金) 23:57:12.47 ID:p7JAVW8fo



狭霧「よいしょ、よいしょ……」


狭霧「……あ」


山雲「あら、四葉ね〜」


狭霧「はい。ちょっとラッキーですね」











↓1 どうなる?
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:57:21.20 ID:KasFAeIW0
狭霧「皆さんは何を育てているのですか」
涼月「勿論、南瓜です♪」
山雲「ふふふ〜…ハーブよ〜」
783 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:00:55.08 ID:xOLE2jn7o



狭霧「ふぅ……」


提督「おーい、休憩しようぜー」


狭霧「はい、分かりました」








涼月「ふぅ……」


狭霧「……あの、涼月さんと山雲さんは何を育ててるんですか?」


山雲「私はハーブよ〜。このお茶にも疲れの取れるハーブを入れてるの〜」


涼月「私はカボチャです……」


提督「涼月のカボチャ料理も山雲のハーブティーもどっちも美味しいな」









↓1 どうなる?
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:03:26.28 ID:M599Xn3u0
涼月は突然に顔が赤くなり息を苦しくなる、提督は顔をボリボリ掻いて涼月を物陰に連れて行く
狭霧「??」
山雲「あ〜あ、まだですか〜」
785 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:05:12.97 ID:xOLE2jn7o



涼月「そ、そんな……っ///」


涼月「うぅ……はぁ///」


提督「……」


狭霧「……?」


提督「すまん、ちょっと席外すから……」


涼月「すみませんっ……///」


スタスタスタ…


山雲「あらら〜……」


狭霧「……??」









↓1 どうなる?
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:05:28.61 ID:VJxr6Ps3O
朝の作業が終わったので朝食に行く
787 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:07:56.23 ID:xOLE2jn7o



朝だと早すぎるので昼にします







狭霧「ふぅ……山雲さん、先に失礼しますね」


山雲「はーい、お疲れ様〜」


狭霧(提督と涼月さん、どうしたのかしら……)


ぐぅぅ〜…


狭霧(……今は、昼食にしましょう///)









↓1 どうなる?
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:08:59.60 ID:M599Xn3u0
食堂の道中で涼月の呻き声を聞こえる
789 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:11:18.82 ID:xOLE2jn7o



スタスタスタ…


「ぅ……」


狭霧「……?」


狭霧「今の声……」


「ぁ、はぁ……」


狭霧「……涼月さん?」キョロキョロ…


狭霧「どこから声が……、っ!?///」






涼月「もっと、突いて、ぁ、ぁあっ!♥」


提督「涼月っ……!」







狭霧「……///」ドキドキ…









↓1 どうなる?
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:12:43.01 ID:uvqGSdAK0
その場から離れる前に涼月と目が合う
791 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:14:58.64 ID:xOLE2jn7o



狭霧(は、離れなきゃ……っ///)


涼月「ぁ、っ……!」


狭霧「!///」


提督「う、くぅっ……」


提督「はぁ、はぁ……すごい締りだったな。どうしたんだ?」


涼月「い、いえ……///」










↓1 どうなる?
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:17:11.26 ID:M599Xn3u0
食堂まで逃げたけど、涼月は提督を連れて相席してきた
狭霧・涼月「・・・///」
提督「?」
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:18:14.18 ID:kf9I8fdZ0
昼食を食べていると、涼月が相席してきた
涼月「…先程、覗いていましたよね?」
794 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:18:33.94 ID:xOLE2jn7o



【食堂】


狭霧「……///」


狭霧(す、涼月さんもお嫁さんがだもの……当然のことよね///)


提督「狭霧、相席していいか?」


狭霧「え、あ、は、はいっ!///」


涼月「……///」


狭霧「う、ぁ……///」


提督「……?」











↓1 どうなる?
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:20:34.66 ID:7VDistyM0
793+提督が固まる
796 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:22:11.27 ID:xOLE2jn7o



涼月「……先程、私と司令の情事を覗いてましたよね?///」


提督「は!?」


狭霧「は、はい……///」


狭霧「声が聞こえて、それで偶然……///」


提督「あ、あのな、狭霧、これはその……」アタフタ










↓1 どうなる?
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:25:18.06 ID:VJxr6Ps3O
狭霧「いいんです。気にしてませんから。それに私には関係ない事ですから」
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:25:18.39 ID:kf9I8fdZ0
狭霧「その…時間や場所を考えた方がいいと思います…。かなり聞こえてきましたので…」
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:25:51.40 ID:M599Xn3u0
提督は狭霧を逃げないように手を掴んただけで彼女が腰抜けた、そのせいで嫁艦たちの視線が襲ってくる
800 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:26:29.70 ID:xOLE2jn7o



狭霧「いいんです……私には、関係ないことでしょうし……」


提督「う……す、すまない」


狭霧「あ、謝らなくていいですから!ほら、食べましょう?///」


涼月「……いただきます」









↓1 どうなる?
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:30:45.04 ID:M599Xn3u0
狭霧に自分のイメージを何とかしたいけど何も思いつかない提督だった
802 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:32:25.75 ID:xOLE2jn7o





提督「……」モグモグ


提督(大分狭霧に警戒されてるな……無理もないか)


提督(萩風のことに、涼月のこと……しかも直接見られたんだしな)


提督(……どうにかしたいが、むむむ)


提督「……」ジー…


狭霧「あ、あの……?///」











↓1 どうなる?
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:33:28.42 ID:kf9I8fdZ0
食べ終わり、涼月と一緒に海辺を散歩することに
804 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:35:41.20 ID:xOLE2jn7o



狭霧「……ごちそうさまでした///」


涼月「狭霧さん、少し散歩しませんか?」


狭霧「は、はい……」


涼月(提督、ここは私に任せてください)ヒソヒソ


提督(お、おう……)








↓1 どうなる? 
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:38:42.20 ID:H7jx+s9vO
狭霧「体調の方は大丈夫なのですか?」
涼月「ああ、先程は一種の発作です… 命に関わる訳ではないのでご心配なく。」
806 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:41:07.03 ID:xOLE2jn7o




スタスタスタ…


狭霧「……あの、体調の方は大丈夫なのですか?」


涼月「ああ……先程は一種の発作です。 命に関わる訳ではないのでご心配はいりません」


狭霧「発作……」


涼月「お恥ずかしい話ですが、私……男性と話すと、その、身体が熱くなってしまうんです……///」


狭霧「……えぇっ!?/// 」


涼月「提督ももちろん例外ではなく……秘書艦を務める時は、休憩ごとに身体を重ねたり……///」


狭霧「はわ、はわわわ……」










↓1 どうなる?
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:43:21.33 ID:M599Xn3u0
涼月は提督との夜戦を語り始める前に提督は思わずに飛び出した
提督「待って、待ってくれ、それ以上はダメだ!いろんな意味でダメだ!」
808 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:45:52.58 ID:xOLE2jn7o



涼月「思えば、提督と初めて身体を重ねた時も、私は……///」


狭霧「……///」ゴクリ…


提督「すす、ストップ!」


涼月「て、提督!?」


提督「涼月!それ以上話すのはだめだ!いろんな意味で!」


涼月「は、はぁ……」


狭霧「……と、とにかく、涼月さんがその、夜戦してたのは……仕方なく、なんですね?///」


涼月「ええ。提督に無理やり誘われたから、というわけではありません」









↓1 どうなる?
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:48:43.83 ID:VJxr6Ps3O
狭霧「そんな慌てなくても別に涼月が話したところで何も変わりませんよ。提督と夜戦なんて、私にはそんな事はできませんから」
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:49:02.65 ID:cr6mWSmw0
涼月、提督の発情期を漏らした前に口を塞がれた
811 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:51:07.11 ID:xOLE2jn7o



提督「だから、狭霧、その……」


狭霧「くすっ……そんなに慌てなくても、別に何も変わりませんよ」


狭霧「私、提督のことは信じてますから。それに……私と夜戦することなんてないでしょうし」


提督「……そんなことないぞ。狭霧はかわいいし」


狭霧「へ?」


涼月(提督、何を言って……)









↓1 どうなる?
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:54:13.90 ID:M599Xn3u0
その後、何も言せずに去る提督
813 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:55:11.36 ID:xOLE2jn7o



狭霧「あ、あの……」


提督「……」スタスタスタ…


狭霧「て、提督さん!?ちょっと!?///」


涼月「……」


狭霧「す、涼月さん、今のは……///」









↓1 どうなる?
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 00:58:20.44 ID:VN/vaSjm0
涼月はなぜが納得したような顔をして、狭霧を置いて去る
815 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 00:59:15.12 ID:xOLE2jn7o



涼月「……ふふふっ」


スタスタスタ…


狭霧「す、涼月さんまで!?///」


狭霧「ちょ、ちょっと、待っ……!///」


狭霧「あ、あぅ……///」










↓1 どうなる?
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 01:03:21.47 ID:M599Xn3u0
落ち着いて(?)花占いをする
817 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 01:04:50.98 ID:xOLE2jn7o



狭霧「……///」


狭霧「お、落ち着いて、花占いでも……///」


狭霧「わ、私は、提督のこと……///」プチッ プチッ









↓1 どうなる?
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 01:06:58.79 ID:BtC+PVij0
結果が出る前に曙に見られた
819 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 01:09:36.97 ID:xOLE2jn7o


今日はここまでですー

またあしたー







狭霧「好き、嫌い、好き……」プチッ


曙「……何してるの?」


狭霧「きゃっ、あ、曙ちゃん!?///」


曙「そんなに驚かないでよ……それで、何してたの?」


狭霧「べ、別に……///」


曙「あやしい……」ジー…









↓1 どうなる?
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 01:11:42.11 ID:5vaFy8Wg0
潮を呼んで狭霧を囲む
821 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:00:08.31 ID:f1VlTNvVo

こんばんわー更新はじめますねー





曙「……潮!」


「はーい」


潮「曙ちゃん、どうかした?あれ、狭霧姉さんまで……」


狭霧「あ、う、潮ちゃん……」


曙「何か隠してるのよ。潮も気になるわよね?」


潮「はい!狭霧姉さん、どうしたんですか?」ニコニコ


狭霧「うぅ……///」









↓1 どうなる?
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:01:37.31 ID:M599Xn3u0
潮「教えてくれるかな・・・?」ヴヴヴヴヴ
狭霧「えっ!?///」
曙「ちょっと!?何を取り出したのよ!?///」
823 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:03:14.67 ID:f1VlTNvVo



狭霧「ちょ、ちょっと、本当に何もないから……///」


潮「狭霧姉さん、嘘をつくとき目を逸らしますよね……」ジー…


曙「そうね。七駆じゃみんな知ってるわ」


狭霧「え、あ、うぅ……///」









↓1 どうなる?
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:04:46.76 ID:1A0uu8NPO
冷静になって考える
そして答えを出す
狭霧「提督のことは尊敬してるし人としては好き。だけど異性として愛してるかと言うと、ちょっと違うかな…」
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:04:51.53 ID:7VDistyM0
花占いの花を取り上げる
826 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:06:37.56 ID:f1VlTNvVo



狭霧「……///」


狭霧「すぅー……はぁー……」


狭霧「えっと、私が悩んでたのは……」









曙「……ふーん」


潮「なるほど……」


狭霧「提督のことは尊敬してるし、人としては好きだけど……異性として愛してるかと聞かれると、ちょっと……」









↓1 どうなる?
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:09:18.90 ID:M599Xn3u0
二人も何とも言えない顔になった
曙(ねぇ、潮、狭霧の言葉、とこか聞いたことがあったような・・・)
潮(レーベさんから、ですよね?)
狭霧「?」
828 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:10:38.31 ID:f1VlTNvVo





潮「……」


曙「……」ポリポリ…


狭霧「……えっと、二人共?」


曙(ねぇ潮、狭霧姉の言葉、どこか聞いたことあるわよね?)


潮(レーベさんから、かな)


曙(あんなこと言っておいて、レーベはいま……)


狭霧「……?」










↓1 どうなる?
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:11:56.27 ID:KwBeDHEV0
気味が悪いので去る
830 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:13:05.29 ID:f1VlTNvVo



狭霧「え、えっと……二人とも、私そろそろ行くね」


曙「あ、待って!」


潮「行っちゃった……」





  


スタスタスタ…


狭霧「はぁ……」


狭霧「潮ちゃんも曙ちゃんも……涼月さんみたいに、提督に……///」









↓1 どうなる?
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:13:53.21 ID:M599Xn3u0
言った側からレーベとぶつかる
832 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:15:55.68 ID:f1VlTNvVo



ドシンッ


狭霧「きゃっ!」


レーベ「あ、ご、ごめん!」


狭霧「いえ、こちらこそ……あ、レーベさんでしたか」


レーベ「君は、サギリだっけ?何か急ぎの用事?」


狭霧「いえ、そういう訳では……」










↓1 どうなる?
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:17:44.63 ID:7VDistyM0
お出かけを誘ってくるレーベ
834 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:19:45.65 ID:f1VlTNvVo



レーベ「……ふーん」


レーベ「なら、ちょっといいかな?僕これから出かけるんだけど……よかったら付き合ってくれない?」


狭霧「え……私が、ですか?」


レーベ「うん。君、なかなか見どころがあると思うんだ」
  

狭霧「……予定もないですし、そういうことならご一緒します」


レーベ「ふふ、ありがとう」











↓1 どうなる?
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:20:38.35 ID:tuJdruXT0
レーベ(中々可愛らしい人だな…)
836 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:22:38.48 ID:f1VlTNvVo





狭霧「それで、どこに向かうんです?」


レーベ「ちょっと買い物にね……」


狭霧「買い物、ですか」


レーベ(花を育ててるのを見たことあるし、服の色使いもきれいだな……)


レーベ(うん、この人ならいいアドバイスをくれそうだ)










↓1 どうなる? 
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:24:48.29 ID:M599Xn3u0
レーベは早霜たちや提督にサプライズしたいから狭霧を誘うのことを教える
狭霧「へぇ〜そうなんですか・・・んん?」←レーベと早霜たちの関係が知らない
838 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:27:16.38 ID:f1VlTNvVo



レーベ「……ん、この店だよ」


狭霧「おしゃれなお店ですね……」


レーベ「そうでしょ?この前たまたま見つけてね……」


レーベ「ここで提督と早霜さんたちにプレゼントを買おうと思うんだ」


狭霧「……提督と、早霜さんたち?」


レーベ「うん、そうだよ」


狭霧「うーん……?」









↓1 どうなる?
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:30:58.08 ID:Z+w0IwQ+0
レーベにプレゼントのアドバイスをして、ついでにレーベにおしゃれな女物を勧める
840 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:33:18.12 ID:f1VlTNvVo




レーベ「これとかどうかな?」


狭霧「うーん、もっと色の鮮やかな方がいいと思います」


レーベ「なるほどね……」


狭霧(レーベさん、傍から見ると中性的で本当に男の子みたい……)


狭霧(もっと女の子らしい服を……例えばあんな服を……)


狭霧「……似合いそう」


レーベ「? 何か言った?」









↓1 どうなる?
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:35:42.27 ID:M599Xn3u0
陽炎と早霜が二人を尾行していた
早霜「はぁ・・・心配性ですね・・・」
陽炎「アンタ、レーベとのきっかけを言ってみる?」
早霜「ふふっ☆、ごめんなさいね」
842 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:37:31.44 ID:f1VlTNvVo




陽炎 早霜「「……」」ジー…


早霜「わざわざ尾行するなんて……心配性ですね」


陽炎「アンタのせいでしょ……」


早霜「ふふふ……」


陽炎「まったく……でもレーベ、あたしたちにサプライズでプレゼントを渡すみたいだけど」


早霜「もうサプライズじゃなくなってしまいましたね……」









↓1 どうなる?
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:40:11.06 ID:KQ61MeRi0
レーベ、狭霧の髪をじーと見てる
狭霧「レーベさんは髪を伸ばしたいの?」
844 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:43:18.88 ID:f1VlTNvVo



狭霧「これとこれ、あとはこれ何か……」


レーベ「……」ジー…


狭霧「? レーベさん?」


レーベ「あ、ごめんね。ジロジロ見て……」


狭霧「……もしかして、髪を伸ばしたいとか思ってませんか?」


レーベ「う……ど、どうして?」


狭霧「何となくです」


レーベ「うぅ……///」


レーベ(僕が髪伸ばしたら、提督がなんていうか、気になるだけなんだけどな……///)











↓1 どうなる?
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:44:08.84 ID:tuJdruXT0
レーベ「とても可憐だなぁって思って」
846 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:45:54.82 ID:f1VlTNvVo



レーベ「……僕は、こんな見た目だからさ。たまに髪の長い子に憧れるんだ」


レーベ「僕も前に伸ばそうとしたことがあるんだけど、似合わなくて……」


狭霧「そうですか……でも、レーベさんにはレーベさんの良さがありますよ」


レーベ「ありがとう。でも、やっぱりあこがれるな……」










↓1 どうなる?
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:49:33.12 ID:M599Xn3u0
目が悪いのおばあさん「あらあら〜二人はデート中かい?若いっていいわね〜」
レーベ「えっ?あ、あの・・・」
陽炎・早霜「「・・・」」
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:49:38.56 ID:hoB29Hpf0
ウィッグの試着を提案してみる
849 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:50:55.41 ID:f1VlTNvVo




おばあさん「あらあら〜」


狭霧「? どうかしました?」


おばあさん「二人はデート中かい?若いっていいわね〜」


レーベ「え……あ、あの……」


陽炎 早霜「「……」」










↓1  どうなる?
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 23:54:20.31 ID:cr6mWSmw0
848+無意識に狭霧へ殺気を飛ばす二人
狭霧(急に寒気が・・・)
851 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/09(土) 23:56:32.87 ID:f1VlTNvVo




レーベ「ごめんね、サギリさん……」


狭霧「い、いえ……」


狭霧(それにしても、なんだか殺気が……)ゾクッ


レーベ「……ねぇ、ちょっといいかな?」


狭霧「? はい?」


レーベ「あの、髪のことなんだけど……ウィッグなら、どうかと思って……」


狭霧「……ええ、付けてみましょうか」









↓1 どうなる?
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:00:08.29 ID:N8zYwm3N0
すっかり女の子になってたレーベ
853 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 00:02:33.48 ID:fGqwPDjmo



レーベ「う……ど、どうかな?」


狭霧「わぁ!すごく似合ってます!」


レーベ「そ、そう?変じゃない……?///」


狭霧「とっても綺麗……ね、次はこの服を!」


レーベ「あ、う、うん……」









レーベ「これが、僕……」


狭霧「見違えるようですね!」


レーベ「うん、本当に……」





↓1 どうなる?
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:06:18.30 ID:f38Lmb2e0
レーベのウィッグや服をチェックするとき、外の二人と目が合う
855 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 00:08:24.35 ID:fGqwPDjmo



狭霧「ふふ、ちょっとチェックさせてくださいね」


レーベ「うん、お願い。慣れてないから……」


狭霧「うーん……ん?」






陽炎 早霜「「……」」ジー…







狭霧「!?」ビクゥッ!


レーベ「ど、どうかした?」


狭霧「い、いえ……」










↓1 どうなる?
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:09:28.97 ID:N8zYwm3N0
ようやくレーベと二人の関係を察しつくけど、あの二人はこっちへ向かっていた
狭霧「あ、あわわわ・・・」
レーベ「?」
857 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 00:11:06.19 ID:fGqwPDjmo



狭霧(何故か知らないけど、すごく怖い目をしてた……!)


狭霧(こ、こっちに来てる!?ど、どうしたら……!)


狭霧「あ、あわわわわ……」


レーベ「……狭霧さん?」








↓1 どうなる?
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:11:48.07 ID:EFSWwMjXO
逃げる
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:12:33.45 ID:sLhhR+YW0
お代を置いて、レーベを引っ張って逃げる
860 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 00:14:42.06 ID:fGqwPDjmo



狭霧「れ、レーベさん、逃げましょう!」


レーベ「え?わ、わぁ!?」


狭霧「すみません!お金、ここに置いときますから!」


タッタッタッ…


レーベ「ど、どうしたの!?何があったの!?」


狭霧「説明は、また後でしますから!」









↓1 どうなる?
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:16:58.18 ID:N8zYwm3N0
逃げ出した狭霧を見て、誤解がさらに加速する
「あなただけは・・・」
「逃がしません・・・」
862 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 00:18:58.09 ID:fGqwPDjmo




陽炎「あーもう!なんで逃げるのよ!?」


早霜「逃げられたら、追うしかありませんね……」


陽炎「あんたがきつく睨むから勘違いされるのよ!」


早霜「睨んでなんかいません……生まれつきこういう目つきなんです……」









↓1 どうなる?
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:20:33.09 ID:HmOI3sVF0
狭霧たちは途中で天霧とぶつかって、そのまま天霧まで引っ張って逃げる
天霧「よぉ、狭霧!久しぶり・・・お、おい!」
864 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 00:22:24.92 ID:fGqwPDjmo



少し早いけど、今日はここまでですー









天霧「ん……お?狭霧?」


狭霧「天霧さん……!」


天霧「そんなに急いでどうし……お、おい!?」


狭霧「いいからついてきて!」


天霧「なんだなんだ……?」










↓1 どうなる?
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:22:58.16 ID:N8zYwm3N0
乙ー

安価下
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:25:49.37 ID:6UerNUVU0
混乱してラブホに逃げ込んだ狭霧たち、冗談抜きで真顔になった陽炎たち
867 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:00:11.28 ID:MP3xOTRco



こんばんわー更新はじめますねー






狭霧「こ、ここに逃げましょう!」


レーベ「わ、ちょ、ちょっと!?」









陽炎「……ここって」


早霜「……」


陽炎「早霜、なんだかんだ追いかけてたけど……」


早霜「……言わないでください」







   


↓1 どうなる?
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:00:45.80 ID:N8zYwm3N0
ウィッグを外すレーベを見て、レーベのこと男だと勘違いした
天霧「なぁ狭霧、こいつは・・・」
狭霧「?レーベさんの服ですか?私が選んだ服です!似合うでしょう?」
天霧「いや、服のことじゃ・・・ん?(狭霧が選んだ・・・だと・・・)」
869 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:02:55.86 ID:MP3xOTRco


  
レーベ「はぁ、はぁ……ふぅ」


レーベ「これ、取っちゃおう……」


天霧「……ん?」


天霧「なぁ狭霧、こいつは……」


狭霧「? レーベさんの服ですか?私が選んだ服です。似合うでしょう?」


天霧「いや、服のことじゃないんだが……」


天霧(それより、狭霧が選んだだと……?)









↓1 どうなる?
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:03:45.28 ID:potnuR1I0
レーベが先に挨拶してきて、レーベのこと聞くタイミングを失った天霧
871 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:05:55.17 ID:MP3xOTRco




レーベ「それより……君とは初対面だよね?」


天霧「ん、あ、おう……」


レーベ「僕はレーベ。レーベレヒト、マース。レーベでいいよ」


天霧「レーベ、ね。あたしは天霧。そこの狭霧の姉だ」










↓1 どうなる?
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:07:19.19 ID:N8zYwm3N0
レーベは服を着替えるときに天霧が止めに入った
天霧「おい待て!あたしと狭霧もいるんだろ!///」
レーベ「えっ」
狭霧「・・・?」
873 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:09:57.18 ID:MP3xOTRco



レーベ「ふぅ……狭霧さん。この服はありがとう。汗かいちゃったし、ちょっと着替えるね」


天霧「っ!? お、おい待て!あたしと狭霧もいるだろ!?///」


レーベ「……? はしたなかったかな」


狭霧「天霧さんこそ、いつも下着姿でうろついてるのに……」









 
↓1 どうなる?
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:11:03.64 ID:UxLgz6A/0
改めて逃げる理由を聞く
875 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:13:47.55 ID:MP3xOTRco



天霧「はぁ……それはそうと、なんで逃げたんだよ?」


レーベ「あ、そう言えばまだ聞いてなかったね」


狭霧「それは、その……」








天霧「へー、陽炎と早霜がね……」


狭霧「すごく怖い顔してたわ……」


レーベ「あー、狭霧さん、天霧さん。それ多分僕のせいだ……」


狭霧「? レーベさん?」










↓1 どうなる? 
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:15:00.26 ID:FuxxB3pa0
狭霧「そろそろ大丈夫なはず。行きましょう!」
877 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:16:49.32 ID:MP3xOTRco



狭霧「と、ともかく、そろそろ大丈夫なはず……鎮守府に戻りましょう」


天霧「そ、そうか?」


レーベ(もし捕まっても僕が話をすればいいか……)


狭霧「行きましょう、二人共!」








↓1  どうなる?
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:19:08.36 ID:N8zYwm3N0
途中でレーベは早霜たちとの関係を説明して、狭霧は顔が赤くなる、天霧は頭が痛くなる
狭霧「あわわ・・・///」
天霧(この女装した人か?二人の艦娘と??)
879 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:21:33.00 ID:MP3xOTRco



早霜「! レーベ!」


レーベ「二人共……ごめんね。僕のせいで勘違いさせて」


陽炎「よかった。勘違いだったのね……」


狭霧「……勘違い?」










レーベ「……というわけなんだ」


狭霧「な、なるほど……///」


天霧(この女装男とこの二人が?……信じられないな)









↓1 どうなる?



880 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:23:20.01 ID:rYqa6g60O
狭霧「どうやら私とは住む世界が違うようね…」
881 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:24:38.38 ID:MP3xOTRco



狭霧「……どうやら、私とは住む世界が違うみたい」


陽炎「そ、そんなことないわよ。私たち三人とも……」


早霜「ええ、提督に指輪を頂いてますから」


狭霧「え?」


レーベ「……///」


天霧「」










↓1 どうなる?
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:28:05.91 ID:N8zYwm3N0
レーベ「お詫びをしたいから、天霧さんも僕たちと一緒に帰りませんか?」
狭霧「そうね、一緒にいこう」
天霧「お、おう・・・」
883 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:28:59.16 ID:MP3xOTRco



レーベ「迷惑かけたお詫びをしたいんだ。天霧さんも、僕たちと一緒に帰らない?」


狭霧「そうね、一緒にいきましょう?」


天霧「お、おう……」


天霧(……大丈夫かなぁ)








↓1 どうなる?
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:32:32.30 ID:sLhhR+YW0
狭霧は三人の恋バナに盛り上がるとき、天霧の頭痛が続く
885 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:34:06.49 ID:MP3xOTRco




狭霧「……あの、三人はどういう経緯でそんな関係に?」


陽炎「うーん、長い話になるんだけど……」












早霜「……というわけ」


レーベ「う、は、恥ずかしい……///」
  

天霧「……」







↓1 どうなる?
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:36:46.36 ID:N8zYwm3N0
提督が迎えてきたけど、天霧は恐ろしいもの見た感じで提督を見る
887 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:38:20.30 ID:MP3xOTRco




提督「ん、おかえりー……狭霧と天霧もいたのか」


狭霧「は、はい……///」


天霧「……」


提督「……天霧?なんだその顔?」


レーベ「提督、あの……僕から渡したいものがあるんだ」


提督「ん?」










↓1 どうなる?
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:42:01.33 ID:f38Lmb2e0
レーベはプレゼントを渡したときにキスする
狭霧「///」
天霧「Oh・・・」
889 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:43:59.11 ID:MP3xOTRco




提督「ん?プレゼントか?」


レーベ「……それと///」


チュ…


レーベ「……///」


提督「レーベ……」





狭霧「きゃ……///」


天霧「……」









↓1 どうなる?
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:44:30.12 ID:FuxxB3pa0
レーベたちは帰っていって狭霧と天霧だけが提督の前に残される
891 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:47:18.94 ID:MP3xOTRco




レーベ「じゃ、じゃあ僕はこれで……///」


陽炎「司令官、また後でね!」


早霜「失礼します……」


スタスタスタ…


提督「……」


狭霧「……///」


天霧「……」










↓1 どうなる?
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:49:06.27 ID:j9RHGzFK0
天霧「何じろじろ見てんだ?」
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:49:34.57 ID:N8zYwm3N0
天霧「なぁ提督・・・お前はバイなのか?」
提督「は ぁ !?」
狭霧「    」
894 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:50:16.88 ID:MP3xOTRco



天霧「……何見てんだよ」


提督「い、いや……」


提督「こほん……天霧、佐世保まで送ろうか?」


天霧「いらねえ!一人で帰れる!」


タッタッタッ…


狭霧「……す、すみません。天霧さんがご迷惑を……」


提督「い、いや、いいよ」











↓1 どうなる?
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:52:25.03 ID:N8zYwm3N0
天霧を追う狭霧
天霧「なぁ狭霧、お前も佐世保に来いよ、この提督は信用にならない」
896 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:54:07.06 ID:MP3xOTRco



狭霧「私、天霧さんが気になるので……失礼します!」


タッタッタッ…










天霧「! 狭霧……」


狭霧「天霧、よかった……」


天霧「……なぁ狭霧。お前も佐世保に来いよ。ここの提督は信用ならない」


狭霧「……え?」









↓1 どうなる?
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:55:25.79 ID:FuxxB3pa0
狭霧「それはできない」
898 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:56:40.23 ID:MP3xOTRco




天霧「なぁ狭霧!」


狭霧「そ、それはできないわ!」


天霧「なんでだよ!まさか、お前まであの提督に……」


狭霧「そ、それは……」










↓1 どうなる?
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:57:49.59 ID:N8zYwm3N0
提督の前に戻って>>893
900 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/10(日) 23:59:57.11 ID:MP3xOTRco



天霧「……なら、俺が直接問い質してやる!」
 

タッタッタッ


狭霧「あ、天霧さん!?」









天霧「おい、提督!」


提督「あ、天霧?お前帰ったんじゃ……」


天霧「お前、バイなんだろ!?」


提督「……はぁ?」


狭霧「」










↓1 どうなる?
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:02:34.60 ID:OIToWa+H0
全てを説明した後、天霧は壁に頭をゴンゴンと打ち付ける
902 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:03:58.61 ID:wisl6d54o




提督「……と言うわけだ」


天霧「……」ガンガンガン!


狭霧「す、すみません!私がちゃんと説明しなかったせいで……///」


天霧「いや、あたしが勘違いしたのが悪いんだ……」


提督「だからいいって。気にしてないし」








↓1 どうなる?
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:06:15.15 ID:f04mEQn2O
狭霧も執務室から抜けようとするが提督に掴まれる
提督「ダメだ(なんとしてもここで悪い印象を払拭せねば)」
904 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:07:43.78 ID:wisl6d54o



天霧「……はぁ、悪かったな。それじゃ」


バタンッ…


狭霧「……あ、あの」


狭霧「私も、これで……失礼しますね」


提督「待ってくれ、狭霧」


狭霧「し……司令?///」


狭霧(どうしよう、やっぱり怒ってるんじゃ……///)


提督(なんとしても、悪いイメージを払拭しなくては……)










↓1 どうなる?
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:11:38.61 ID:pi1dOh/B0
コンマ判定

偶数 提督「い、いい天気だな・・・」
奇数 何も思いつかない、狭霧を見続ける
ゾロ目 提督「今日のパンツは何色?」
906 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:12:46.35 ID:wisl6d54o



提督「……」


提督(ど、どうしよう……?)


狭霧「……///」


狭霧(やっぱり、怒ってるのかしら……?///)










↓1 どうなる?
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:16:09.42 ID:7ElD+aZB0
とにかく飲み物を用意しよう
提督「アイスティーしかなかったんだけどいいかな?」
908 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:17:17.48 ID:wisl6d54o



提督「……はぁ。すまない、ジロジロ見てしまって」


狭霧「い、いえ……」


提督「何か飲むか?」


狭霧「……それじゃ、お言葉に甘えて」


狭霧(よかった、怒ってなかった……)ホッ










↓1 どうなる?
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:22:51.99 ID:pi1dOh/B0
提督「ここにきたからもそれなりな時間を経ったし、俺についでどう思うが聞かせて欲しい、なんせ百人以上の嫁がいるから・・・気分が悪いのは仕方ないと思う」
910 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:25:24.55 ID:wisl6d54o



コトッ…


狭霧「ありがとうございます……」


提督「狭霧、引き止めたのは……君に何かしようとしたわけじゃない」


提督「ここに来てから、それなりに時間を経ったし……俺のことをどう思うか聞かせて欲しい」


狭霧「提督のことを、ですか?」


提督「ああ……遠慮はいらない。すぱっと言ってくれ」










↓1 狭霧の返答
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:27:06.12 ID:W0UBBD5c0
女たらし
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:27:25.33 ID:f04mEQn2O
>>826
狭霧「逆に提督は私のことどう思ってるんです?」
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:27:37.47 ID:tK0I0/8r0
いろんなところがよくわからないけどいい人
914 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:28:54.63 ID:wisl6d54o



狭霧「そ、その……やっぱり、女性関係がだらしない方だなと言うのが、率直な意見です……」


提督「そ、そうか……いや、当然だな」


提督(はぁ……ま、大っきらいってわけでは無さそうだし、安心した……)









↓1 どうなる?
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:29:50.20 ID:pi1dOh/B0
>>913+>>912
916 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:31:56.37 ID:wisl6d54o



狭霧「ただ、他の面については……いい人だな、と思います。よく分からないこともありますけど」


狭霧「……尊敬しています。異性としては、ちょっと見れませんけど……」


提督「そ、そうか……ありがとう、狭霧」


狭霧「いえ……」


狭霧「……あの、提督は狭霧のこと、どう思ってるんです?」


提督「ん、そうだな……」










↓1 狭霧の感想
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:33:48.37 ID:uooXnGES0
大人しくて愛しい
918 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:35:27.96 ID:wisl6d54o



提督「自己主張するタイプじゃないが……細かいとこまで気が利いて、一緒にいると安心できる」


提督「大人しくて愛しい……そんな感じだ」


狭霧「そ、そうですか……///」


狭霧「……少し、照れ臭いですね///」


提督「ふふ……」










↓1 どうなる?
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:37:48.06 ID:lix6iZeH0
秋雲「うわっ、口説いてる…。」
ふるたか「くどいてるー」
920 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:39:08.27 ID:wisl6d54o



秋雲「……」ジー…


ふるたか「……」ジー…


提督「……何してんだ、お前ら」


秋雲「見てよふるたかちゃん、また口説いてるよー」


ふるたか「くどいてるー」


提督「コラー!」


狭霧「ふふっ……///」









↓1 どうなる?
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:40:00.95 ID:5S6uosxc0
狭霧が出て行った後
提督『どうすれば狭霧を攻略できるんだ?』
G『知らない。自分で何とかしろ』
A『提督の方から狭霧を気持ち良くしてあげたらいいんじゃん?』
S『何人嫁を増やせばいいんだか…』
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:40:38.27 ID:pi1dOh/B0
そろそろ自分の正体(深海の力)を教えたいけどまだ決められない提督
提督「教えたいことがあるんだが・・・」
秋雲「おいおい、もう教える気?大丈夫なの?」
狭霧「?」
923 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:43:57.86 ID:wisl6d54o


狭霧は飽くまで口説く目的じゃなかったんで……









提督(……しかし、参ったな。狭霧にはまだあのことを伝えてないが)


提督「……」


秋雲「大丈夫なのぉ提督?もっと仲良くなってからのほうがいいんじゃなーい?」


狭霧「……?」


提督「う、うるさいな……」









↓1 どうなる?
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:46:36.80 ID:xFyoSZt90
秋雲の方が先にうっかりと提督のことを洩らした
925 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:47:55.79 ID:wisl6d54o



秋雲「気をつけなよー、狭霧。この人たまにケダモノになるから」


提督「ちょっ」


狭霧「ケダモノ、ですか?」


秋雲「そ。毎月さ、部屋から出ないよう言われることあるでしょ?あの間この人は……」


提督「ストップ、秋雲!」









↓1 どうなる?
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:51:07.99 ID:W0UBBD5c0
狭霧「さっき見かけたので分かっています」
927 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:53:25.45 ID:wisl6d54o

狭霧「……大丈夫です。私、知ってますから」ニコッ


秋雲「え、あ、そ、そう?」


提督「ほら、出てったでてった」


バタンッ


提督「ふぅ……悪かったな。狭霧」


狭霧「いえ……私、信じてますから」


提督「ん?」


狭霧「秋雲さんの冗談ですよね?ケダモノになるなんて」キョトン


提督「……」











↓1 どうなる?
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:54:45.36 ID:pi1dOh/B0
提督、天霧みたいに壁に頭を打ち付ける
929 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 00:56:51.29 ID:wisl6d54o



提督「……」ガンガンガン!


狭霧「し、司令!?」


提督(こんなに俺を信じてくれて……なんていい子なんだ……)


提督「うぅ……狭霧、その……」


狭霧「は、はい……」


提督「さっきの、話はだな……」


狭霧「はい……」










↓1 どうなる?
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:58:18.92 ID:ebPZSM830
説明より彼女の前に一度変身したほうが早い
931 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 01:00:42.34 ID:wisl6d54o



提督「……はぁ」


提督(言うしか、ないか……彼女のためだ)


ズズズズ…


狭霧「て、提督……?」


深海提督「狭霧。深海棲艦の力をもっていること、これが俺の秘密だ」


深海提督「さっきの秋雲の話は、嘘じゃない。この力の代償に、俺は時折理性を失って艦娘を襲う……」


狭霧「……」











↓1 どうなる?
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:04:40.05 ID:pi1dOh/B0
少し怖がってるけど、それでも提督の手を握ってくる
狭霧「少し変な外見けど、暖かいですね、私たちと同じ・・・」
提督「・・・ありがとう」
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:05:42.90 ID:W0UBBD5c0
狭霧は少し怯えた様子
狭霧「そうやっていろんな艦娘さんに手を出したのですか…?」
934 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 01:06:12.51 ID:wisl6d54o



狭霧「……て、提督」


ギュウウ…


提督「……狭霧」


狭霧「見た目は、ちょっと怖いですけど……手はちゃんと、温かいです。私達と一緒で……」


提督「……ありがとう」









↓五分後までに何もなければこれで終わります

その場合五分後に一番近いレスで主役安価取ります
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:11:11.93 ID:W0UBBD5c0
コマンダン
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:11:12.48 ID:pi1dOh/B0
コンマ判定

偶数 フルタカ
奇数 浜波(シグレ)
ゾロ目 ユラ
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:11:13.06 ID:Q+4XoRGuO
シグレ
938 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 01:13:00.15 ID:wisl6d54o

今日はここまでですー

ジャーヴィスと狭霧は提督の聖域





【メガフロート】


フルタカ「……」

 
ザァァァ…


フルタカ「……」


ヤマシロ「フルタカ、風邪を引くわよ」


フルタカ「ヤマシロ……ありがとう」










↓1 どうなる?
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:20:59.02 ID:W0UBBD5c0
頭領「朝礼するので集まってください」
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 01:43:09.76 ID:pi1dOh/B0
乙ですー

フルタカは鎮守府に戻ったじゃないのか?
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 08:16:53.51 ID:UGM/g+PRO
提督の許可で一時的に連れて来ただけだろう
942 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:00:09.51 ID:wisl6d54o

こんばんわー更新はじめますねー

フルタカの扱いは>>935のとおりです








頭領「お二人共、ここにいたんですね」


頭領「朝礼をします。集まってください」


フルタカ「はい……分かりました」


ヤマシロ「……」


スタスタスタ…










↓1 どうなる?
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:00:35.98 ID:pi1dOh/B0
他の人から見れば真面目な顔をしているけど、前より大分余裕ができた
ヤマシロ(大丈夫かしら・・・フルタカ・・・)
フルタカ(ぬいぐるみを作ったけど、あの子、気に入ってもらえるかな・・・)
944 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:02:15.60 ID:wisl6d54o


ザワザワ…


フソウ「……ヤマシロ、おはよう」


ヤマシロ「おはようございます、姉様」

 
フソウ「フルタカの様子はどうだった?」


ヤマシロ「……まだ、心配です」







フルタカ「……」


フルタカ(ぬいぐるみを作ったけど……あの子、喜んでくれるかな……)










↓1 どうなる?
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:03:27.54 ID:tK0I0/8r0
ヤマシロとフソウは朝礼をやった後でフルタカに話しかける
946 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:04:48.02 ID:wisl6d54o



頭領「では、今日の朝礼はこれで終わりとします……解散」


ザワザワ…


フルタカ「……」スタスタスタ…


「フルタカ」


フルタカ「! フソウ、ヤマシロ」


フソウ「……少し元気になったみたいね」


フルタカ「……ええ」










↓1 どうなる?
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:05:13.72 ID:7/Mox+TtO
少しずつではあるが自分が闇の衝動に蝕まれている事にはフルタカ本人も気付いている
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:05:38.95 ID:pi1dOh/B0
二人はフルタカが作ったぬいぐるみを見て、興味を持っていることに少し安心した
949 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:08:24.04 ID:wisl6d54o



ヤマシロ「フルタカ……もうあの子には会わないの?」


フルタカ「……あの子に合うと、私は自分が抑えられくなるの」


フルタカ「だから、今は手紙だけ。でも、それで満足してるから大丈夫よ。今日は自分で作ったぬいぐるみを送るつもり」


フソウ「そうなの……」









↓1 どうなる?
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:09:27.87 ID:pi1dOh/B0
部屋に戻った届け先がない手紙の続きを書く
「・・・ここにきたから、少し心残りになるものが出来たのです、ごめんなさい・・・提督」
951 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:12:20.11 ID:wisl6d54o




【フルタカの部屋】


フルタカ「……ふぅ」


フルタカ「……」カリカリ…


『…………この世界に来てから、少し心残りになることができました

そちらへ向かうのは、まだ先になりそうです 

どうか、あの子とその周囲に災いの内容見守っていてください』


フルタカ「……提督」











↓1 どうなる?
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:13:06.58 ID:VQEArB430
新しいのぬいぐるみを作る
953 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:14:17.67 ID:wisl6d54o



フルタカ「……」


フルタカ「……ぬいぐるみ、一つだけじゃ寂しいかもしれないわね」


フルタカ「もう一つ、作ってあげよう……」











↓1 どうなる?
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:14:42.38 ID:pi1dOh/B0
浜波、ふるたかと古鷹はメガフロートに向かってる
シグレ(・・・浜波、なんで君まで同行したかい?)
浜波(シグレはまだ彼女に謝っていないでしょう?)
シグレ(・・・大きなお世話だよ)
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:15:21.54 ID:5S6uosxc0
フルタカ(あの子は私の子供ではない。私とそっくりな人が生んだ子。あの人も私の提督ではない。提督とよく似ているだけの異世界の人。分かっている事なのに…それなのに、どうして縋ってしまうんだろう…これ以上あの人達と関わってもあの人達の日常を壊してしまうかもしれないのに…このぬいぐるみを渡したら、私はもう身を引こう…それがお互いの為。あの人達の幸せの為だから…だけどせめて、このぬいぐるみは直接渡したい)
956 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:17:08.62 ID:wisl6d54o



ふるたか「さむいー……」


古鷹「大丈夫?ほら、暖かくして……」


シグレ(……浜波、なんで君まで同行したんだい?)


浜波(シグレはまだ、フルタカさんに謝ってないよね……)


シグレ(……大きなお世話だよ)










↓1 どうなる?
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:17:28.37 ID:7/Mox+TtO
>>955
958 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:20:04.78 ID:wisl6d54o



ふるたか「……」


フルタカ(あの子は……私の子供じゃない。私とそっくりな人が生んだ子)


フルタカ(あの人も私の提督じゃない。提督とよく似ているだけの別人……)


フルタカ(分かっている事なのに……それなのに、どうして縋ってしまうんだろう……)


フルタカ(これ以上、あの人達と関わってもあの人達の日常を壊してしまうだけかもしれないのに……)


フルタカ(……このぬいぐるみを渡したら、私はもう身を引こう……それがお互いの為。あの人達の幸せの為だから……)


フルタカ(……だけどせめて、このぬいぐるみは……)










↓1 どうなる?
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:20:51.19 ID:pi1dOh/B0
途中で提督も付いてきたけど・・・
古鷹「提督・・・」
シグレ「君まで来たら話がややこしいになるから・・・」
ふるたか「カエレー」
提督「お前ら・・・」
960 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:23:09.50 ID:wisl6d54o



ザザッ


『おーい、聞こえるか?』


ふるたか「ぱぱ?」


古鷹「どうしたんです、提督?」


『様子が気になってな……俺も行こうか?』


古鷹「……今回は私達だけで大丈夫ですから」


浜波「う、うん。任せて……」


『……わかった。気をつけろよ』










↓1 どうなる?
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:25:17.04 ID:OIToWa+H0
メガフロートに着く
962 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:26:47.20 ID:wisl6d54o



【メガフロート】


頭領「ようこそ。お待ちしてました」


古鷹「出迎えありがとうございます。では、こちらの書類を……」


ふるたか「おかーさんは?」


古鷹「ふるたか、ちょっと待ってて」


浜波「後で会えるから、待ってよう?」


ふるたか「うん」









↓1 どうなる?
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:28:28.64 ID:pi1dOh/B0
浜波(シグレ・・・ほら、早く)
シグレ「・・・わかったよ、出てきたらいいでしょう?」
964 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:29:51.32 ID:wisl6d54o



古鷹「……ふう。それじゃ、ふるたか、行こう?」


ふるたか「うん!」


浜波(……シグレ、ちゃんと自分で謝れる?)


シグレ(大丈夫だよ……そこまで、子供じゃない)


浜波(そう……わかった)











↓1 どうなる?
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:31:09.05 ID:7/Mox+TtO
シグレを見た瞬間憎悪の炎が湧き上がる
フルタカ「随分とご機嫌ね。浜波という便利な盾がいるからかな?でもいつまでも浜波の中に隠れ住めるとは思わない方がいいわ」
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:31:53.22 ID:RHY4+edO0
古鷹たち来ることが知らないフルタカは珍しく慌てる
967 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:33:21.62 ID:wisl6d54o



コンコン…


フルタカ「? はい?」


ガチャ…


ふるたか「おかあさん!」


古鷹「こんにちは」


フルタカ「! あなたたち……それに」


シグレ「……」


フルタカ「っ……」


フルタカ(この女……!)










↓1 どうなる?
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:34:48.74 ID:pi1dOh/B0
ふるたかが抱きついてきただけで落ち着いたフルタカ
シグレ「はぁ・・・心配して損したよ」
969 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:36:44.22 ID:wisl6d54o



シグレ「ふ、フルタカ……」


ふるたか「わー!」ギュウウ…


フルタカ「っ、ふ、ふるたか……」


ふるたか「ひさしぶり!げんきだった?」


フルタカ「……ええ、元気よ。ふるたかも元気そうね……」











↓1 どうなる?
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:38:29.84 ID:YFwjSbWH0
シグレ「ああ、伝えようと思っていたことがあったんだ」
フルタカ「なんだ?また私に恨み言か?」
シグレ「ユラがこちらに来た」
フルタカ「はぁ、あの傾国艦か...こちらの提督は大丈夫そうか?」
シグレ「まだ、なんとも」
フルタカ「こちらの提督の最期はユラに溺れてたからな、ここの提督は大丈夫だろう」
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:39:44.60 ID:TjYsq00b0
シグレ、一方的に謝った後浜波に切り替える
シグレ「あの時は僕でも提督を止められなかったんだよね・・・ごめん」
972 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:41:41.46 ID:wisl6d54o

ユラとフルタカたちは同一世界出身です




シグレ「……フルタカ、一つ伝えようと思っていたことがあるんだ」


フルタカ「……なにかしら?」


シグレ「ユラも、こちらに来たよ」


フルタカ「……そう。あの娘も」


フルタカ(あの娘がああなったのも君のせい……なんて、また責めるのかしら)










↓1 どうなる?
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:42:39.24 ID:5S6uosxc0
シグレ「いずれ僕の体は浜波から引き離されて元に戻れなくなる。そうなった暁には僕も鎮守府から離れなきゃならなくなる。だけどフルタカ達みたいに深海棲艦の隔離施設で暮らすのは御免かな」
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:43:29.98 ID:pi1dOh/B0
>>971+
フルタカ「えーと、もう一度話してくれる?」2828
シグレ(・・・)
975 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:45:51.72 ID:wisl6d54o



シグレ「……古鷹、ごめん。彼女と二人だけで話がしたい」


古鷹「……シグレ」


ふるたか「もうけんかしない?」


シグレ「うん……約束するよ」


ふるたか「わかった!」


フルタカ「シグレ……」


シグレ「……」





フルタカ「それで、どうしたの?」


シグレ「……いずれ僕は浜波から引き離される。そうなったら、僕も鎮守府から離れなきゃならなくなる……けど」


フルタカ「……あなたは、この世界の提督のそばにいたい。そう言ってたわね」


シグレ「……君にする話じゃないのはわかってるよ。でも、僕は……そんなの嫌だ。誰からも愛されないなんて……」










↓1 どうなる?
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:46:16.01 ID:pi1dOh/B0
>>974


そんなにバッドエンドにしたいのか・・・
977 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:50:49.44 ID:wisl6d54o

別に消えるイコールバッドってわけじゃないと思いますけど…






フルタカ「……シグレ」


シグレ「……そ、それと」


シグレ「あの時は……僕でも提督を止められなかった。君しかいないと思って……だから」


シグレ「そ、その、ごめん……」


フルタカ「……!」


浜波「わっ、し、シグレ?」


フルタカ「……もう一回聞かせてくれる?」ニヤニヤ


浜波「えぇー……」











↓1 どうなる?
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:51:21.70 ID:tK0I0/8r0
浜波「私から引き離されると言われてでも、もう一度私の中に引っ張るだけから、だから・・・」
シグレ(言うな、こっちまで恥ずかしくなるから)
979 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/11(月) 23:55:49.42 ID:wisl6d54o



フルタカ「……浜波、さっきのシグレの話だけど」


浜波「だ、大丈夫です!」


浜波「私から引き離されたとしても、もう一度私が引っ張りこむから……!だから……!」


シグレ(浜波……こっちまで恥ずかしくなるよ……)


フルタカ「そう……ふふ」










↓1 どうなる?
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:56:11.63 ID:7/Mox+TtO
フルタカ「どちらかというと浜波の方がシグレを当てにしているみたいね。シグレなら、浜波から離されても一人で生きていけそうだし」
シグレ「全く、僕がいないとホントダメだね…」
981 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/12(火) 00:00:39.14 ID:Hf+bjR0Ro



フルタカ「……どちらかというと、浜波の方がシグレを当てにしているみたいね。シグレなら、浜波から離されても一人で生きていけそうだし」


浜波「あ、あぅぅぅ……」


シグレ「全く、僕がいないと本当にダメだね……」


浜波「……」









↓1 どうなる?
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:00:58.72 ID:mb7zCzvm0
フルタカ「ふん〜さっきで誰からも愛されないと言ってるだっけ?」
シグレ「っ!黙って聞いていれば・・・///」
983 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/12(火) 00:05:15.71 ID:Hf+bjR0Ro



フルタカ「ふふ……それで、さっきは誰からも愛されないとか言ってたっけ?」 
 

シグレ「う……だ、だって……///」


フルタカ「笑わないわよ……私も、気持ちはわかるから」


シグレ「……そう」










↓1 どうなる? 
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:06:29.49 ID:H2p5BeCo0
ふるたか「まま、しぐれさん、けんかはしていないよね?」
985 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/12(火) 00:09:02.02 ID:Hf+bjR0Ro



キィ… 


シグレ「ん?」


ふるたか「……けんかしてない?」


フルタカ「してないよ。大丈夫、安心して」


ふるたか「うん!」


バタン…









↓1 どうなる?
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:09:23.73 ID:u2LmQ9Z9O
フルタカ「あ、ああ喧嘩はしてないさ、なぁ?」
シグレ「確かに一方的な噛みつきなのかも知れないけどね」
フルタカ「どうして、ユラこの世界にきた?」
シグレ「男をたぶらかしにきたんでしょ?」
フルタカ(もし、提督がいなくて寂しい...とかだったら許せない)
フルタカ(あの傾国艦は早々に始末するべきだ)

傾国艦は"傾国美女"(四字熟語)の艦娘verという感じので気に入った、使って欲しいかなと
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:09:54.83 ID:mb7zCzvm0
シグレ、未だヤマシロとフソウがいることが知らない
フルタカ「ヤマシロとフソウもいるけど、見に行かない?」
シグレ「えっ、本当?」
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:10:24.41 ID:u2LmQ9Z9O
一番最初のシグレとフルタカの会話要らなかったですね。すみません
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:15:05.97 ID:u2LmQ9Z9O
気に入った、

気に入ったらです。すいません、何回も送信失敗してるからなぁ焦りました。
安価ふんでたら安価下で
990 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/12(火) 00:16:47.16 ID:Hf+bjR0Ro

次スレです

【安価】提督「提督として生きること」ウォースパイト「その37」【艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1528729773/

まず今のフルタカの性格からして殺すなんてやりそうにないのと

異世界でも艦娘の性格は変わらないようにしているのでユラがそんな風に呼ばれること自体違和感があるので削除させてもらいます






フルタカ「ところで……この世界でのユラはどんな様子?」


シグレ「男をたぶらかしてるみたいだよ……提督がいなくなって、すっかりおかしくなってる」


フルタカ「……そう」


フルタカ(……ユラ)
 







↓1 どうなる?
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:17:37.07 ID:mb7zCzvm0
>>958のことを打ち明ける
シグレ「はぁ・・・いいかい?今更身を引くなんで皆を傷つけるだけなんだよ・・・さっき浜波の反応も見たよね?」
浜波(シグレ・・・)キラキラ…
992 : ◆I045Kc4ns6 [saga]:2018/06/12(火) 00:20:21.58 ID:Hf+bjR0Ro

このまま埋めお願いします





フルタカ「……シグレ、私からも相談していいかしら?」

 
シグレ「ん……?」








フルタカ「……と言うわけなんだけど」


シグレ「……今更身を引くなんて、皆を傷つけるだけだと思うよ」


フルタカ「そうかしら……」









↓1 どうなる?
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:20:43.93 ID:luDmG5Mm0
そろそろ埋める?
安価下
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:21:03.30 ID:csm/hmYvO
フルタカ「でも私はあの人と結ばれようとは思ってないわ。指輪はもう砕けたけど、私の一番大切な人は亡くなった提督なの」

まだ未婚艦大量に残ってるのに二人目の古鷹、二人目の時雨とかやってたらキリがないだろう
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:21:16.34 ID:H2p5BeCo0
987
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:21:28.05 ID:8ya7dLE50
うめ
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:22:13.42 ID:TPFcCus20
うめ
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:23:13.31 ID:N22UXUfC0
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:23:55.80 ID:H2p5BeCo0
埋め
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:23:59.48 ID:8ya7dLE50
1000なら もしも艦娘の誰かが魔法のランプを手に入れたら
1001 :1001 :Over 1000 Thread
                      ''';;';';;'';;;,.,                  ブーーー
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ブーーー
       ブーーー            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
ブーーー         /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ            ブーーー
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ゚,;,;.゚ ( ゚,;::゚ ( ゚;;:;゚/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \
   /          \. ○   ○ /          \  ○   ○ ./        \  ━━┓┃┃
  /   ○   ○   \(__人__)/   ○   ○   \. (__人__)/    ○   ○   \     ┃   ━━━━━━━━
  |      (__人__)    |.ゝ'゚   |      (__人__)     | ゝ'゚   |.       (__人__)    .|    .┃               ┃┃┃
  \    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚      ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚ \     ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                  ┛
       。≧       三 ==-     。≧       三 ==-      。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。     -ァ,        ≧=- 。      -ァ,        ≧=- 。   SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
       イレ,、                                                      http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
馬場このみ『Touch my heart.』【ミリマス】 @ 2018/06/12(火) 00:00:09.94 ID:fE378DvDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528729204/

樹里「樹里って呼べよ!」P「はい。西城さん」 @ 2018/06/11(月) 23:39:10.09 ID:F986JMs90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528727949/

WOULD CUP実況 @ 2018/06/11(月) 22:35:45.75
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4vip/1528724145/

サーバル「かばんちゃんが百合獣(フレンズ)姦モノのエロ本隠し持ってた……」 @ 2018/06/11(月) 22:28:18.47 ID:ee8S+6oo0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528723698/

コンビニ店員と強盗 @ 2018/06/11(月) 22:10:39.62 ID:QX2gjeQqo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528722639/

酒飲みJJIやBBA ジーランディアから天国に一番近い島 @ 2018/06/11(月) 21:44:39.02 ID:7IJhOblx0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1528721078/

BlackHistory @ 2018/06/11(月) 21:00:10.36 ID:EluGFkP10
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1528718408/

中野有香「つーん」 @ 2018/06/11(月) 20:51:30.89 ID:2uA0mJsL0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528717890/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

308.96 KB Speed:41.6   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)