過去ログ - 朝倉涼子「彼の下駄箱に手紙を入れたわ」
1- 20
1:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:29:45.11 ID:pFBqYFQN0
今日、彼の下駄箱にノートの切れ端を入れた。

『放課後誰もいなくなったら、一年五組の教室まで来て』

紙にはただそれだけのことを書いた。

SSWiki : ss.vip2ch.com



2:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:30:17.42 ID:pFBqYFQN0
わたしは今日、彼を教室に呼び出して殺す。

そこにあたしの意思は存在しない。

わたしを創った存在の希望に沿うだけ。
以下略



3:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:30:45.84 ID:pFBqYFQN0
そして放課後、彼は教室にやってきた。

彼が来ないので帰ろうと思った瞬間だった。

「遅いよ」
以下略



4:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:31:42.60 ID:pFBqYFQN0
彼はわたしが呼び出したことが心底意外だったのか、教室の入り口で引き戸に手をかけたまま固まっていた。

「入ったら?」

わたしは彼に入室をうながす。
以下略



5:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:32:35.65 ID:pFBqYFQN0
「用があることは確かなんだけどね。ちょっと訊きたいことがあるの」

なんとなく彼に興味が湧き、質問をしてみる。

「人間はさあ、よく『やらなくて後悔するよりも、やって後悔するほうがいい』って言うよね。これ、どう思う?」
以下略



6:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:33:23.37 ID:pFBqYFQN0
そして座り込んでいる彼と暫しの雑談。彼が立ち上がるのを待つ。

『彼女』はまだ来ない。そうこうしているうちに彼が弱々しく立ち上がる。

そして彼は脱兎の様に駆け出し教室から出ようとした。
以下略



7:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:34:21.03 ID:pFBqYFQN0
何者かがわたしの情報制御空間にアクセスしようとしていることが解った。

わたしにはそれが誰なのか解る。

それが出来て、しかもそれを行うのは『彼女』しかいないから。
以下略



8:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:35:12.12 ID:pFBqYFQN0
「天井部分の空間閉鎖も、情報封鎖も甘い。だからわたしに気づかれる。侵入を許す」

天井を破って現れた『彼女』はわたしにそう言った。

やはり『彼女』は優秀だ。
以下略



9:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:36:19.74 ID:pFBqYFQN0
わたしは『彼女』に敵わない。

所詮、わたしはバックアップだからだ。

それでもあたしは全力で戦った。
以下略



10:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:36:50.51 ID:pFBqYFQN0
そしてわたしは『彼女』に負けた。

解り切っていたことだった。

何故ならわたしは『彼女』のバックアップなのだから。
以下略



11:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:39:22.82 ID:pFBqYFQN0
あたしが消える前に彼に警告を与える。

「いつかまた、わたしみたいな急進派が来るかもしれない。それか、長門さんの操り主が意見を変えるかもしれない」

それはまたわたしかも知れないと思いつつも警句を与えた。
以下略



12:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:40:12.95 ID:pFBqYFQN0
あたしは消える。では再び出会うであろうわたしは?

もしも出会い方が違ったのならあたしは彼と違う関係になれたのかな?

次に出会うであろうわたしは彼とどうなるのであろうか。
以下略



13:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:41:12.49 ID:pFBqYFQN0
諦観したあたしは自然と笑顔になった。

そしてあたしの笑顔も思考も存在も、今のわたしも砂となり、いずれその中に埋もれていくのを感じた


14:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 04:41:57.33 ID:pFBqYFQN0
もしも消えなかったら………最後の想いを込めて伝えた。

「じゃあね」


以下略



15:名無しNIPPER[sage]
2015/01/19(月) 07:05:30.60 ID:gpWHQseSO
こうなって良かったと心から思った乙
「あたし」と「わたし」使い分けにどんな意図が込められてるのか非常に気になる


16:名無しNIPPER[sage]
2015/01/19(月) 08:05:25.78 ID:9H1hC05W0
朝倉たそー


17:名無しNIPPER[sage]
2015/01/19(月) 08:23:48.55 ID:h9cJmcBbo
あとがきで自分はこんな頭のおかしなこと考えてるアピールのくささがやばい


18:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 18:33:20.16 ID:pFBqYFQN0
初志貫徹で真面目に書こう。

ここからは基本的に当初の予定通りのSSです。


19:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 18:34:41.48 ID:pFBqYFQN0
今日、彼の下駄箱にノートの切れ端を入れた。

『放課後誰もいなくなったら、一年五組の教室まで来て』

紙にはただそれだけのことを書いた。


20:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 18:35:16.28 ID:pFBqYFQN0
わたしは今日、彼を教室に呼び出して殺す。

そこにあたしの意思は存在しない。

わたしを創った存在の希望に沿うだけ。
以下略



21:名無しNIPPER[sage saga]
2015/01/19(月) 18:35:59.16 ID:pFBqYFQN0
そして放課後、彼は教室にこなかった。

夕闇に沈んだ教室で一人、安堵の溜息をついた。

わたしは来ても来なくてもどちらでも良かった。
以下略



67Res/37.56 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice