【安価コンマ】可愛い女の子と遊びたい!

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/04(月) 17:15:25.61 ID:zqkGRnL00
人生がつまらないと思い始めたのはいつ頃からだっただろう。先日、ついにアラサーの足音が聞こえてきた私は漠然と考える。

国から奨学金をもらって大学までは出たものの、私はついにその答えを見つけられないまま卒業してしまった。就職活動も熱が入らず、私は非正規労働者として社会に出た。

数年働いて私が得たものは僅かな貯金と、無思考に時間を過ごす術だけだった。学生時代から人付き合いは絶えて久しい。親のない私は親類の家に預けられ、施設で育ち、友人のない日々を送ってきた。当然、女性経験も好奇心で入ってみた風俗だけ、それも虚しくなってすっかりご無沙汰だった。

二十代の半ばを超えて私を襲ったものは恐怖だった。私には私を続けていく以外に能がない。今のままを続けてどうなる。十年後も二十年後も、このまま、今の私を続けていくのか。

職場では年下の新入社員に馬鹿にされ、他の社員に馬鹿にされ、同じ非正規で働く連中にも憐れみの目を向けられて。

顔も覚えていない親に与えられた命にすがって生きていくのか。先の見えない日々のなか、暗い闇の底をひとり彷徨うような人生を?

誕生日を迎えたその日、私は会社を辞めた。引き止める人は誰もいなかった。

そして今、私はぼんやりとベッドに寝転んで、天井を眺めている。私はするべきものを何一つ持っていなかった。ただ、過去の習慣として、同じ時間に起き、同じ時間に食事を摂って、同じ時間に入浴し、同じ時間に眠る。それだけの毎日。

私はかつて、何を趣味としていただろうか。スマホをいじってくだらないサイトを見ていたか。適当に見つけた本を読んでいたか。出かけるようなことはなかったか。そのうちのどれが、私が心から望んだことだったのか。

私は私の人生で、私が生きていくためのよすがを何も得なかった。その結果として、私は今、ひとりで、身の丈に合わない家賃のアパートの一室で、何をするでもなく天井を眺めている。

私が得た唯一のもの、預金通帳の残高を思い浮かべる。同年齢の平均に比べれば間違いなく少ない金額は、今の生活を続ければ一年と保たず枯渇するだろう。そうして、食うものにも困って私は死ぬ。

それもいいと思った。私の人生の締めくくりとしては正しい有様だった。

だがそれは今ではない。私は日持ちのする食料をネット通販で買い込む。具体的には腐る前に消費しきれるだけの米と、水と、その他の日用品。注文を確定して、私はパソコンの電源を落として眠りに落ちた。

チャイムの音で目が冷めた。男の声が、宅配便だと告げている。意外と早い。私は頭を掻きながらベッドから立つ。よれよれのTシャツとパンツ姿。今さら身なりに気を使っても仕方ないか。外にいるのも男のようだし。

私はドアを開けて荷物を受け取る。受け取りのサインをしていると、宅配業者の男に、下、出てますよと指を差される。見ればトランクスの隙間からムスコがこんにちは。これは失礼をば。

ふと視線を感じて首を巡らせると、路上に近所の中学校の制服を着た女の子が顔を赤らめてこちらを見ていた。目が合うと女の子は慌てて駆けていってしまった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ(ゾロ目あり)17:30より採用
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/04(月) 17:16:02.29 ID:zqkGRnL00
安価のチュートリアルを行います、ヒロインのキャラの指定と、そのヒロインとどうするのかを指定ください
今回は初回ということで中学生の女の子に限定します

新キャラの指定には下記キャラシートをご使用ください
キャラシートは簡潔にまとめてくださると助かります
(あまり詳細に詰められるとキャラが扱いづらくなる可能性があります。必要に応じて設定をオミットすることがあるかもしれません。悪しからず)

キャラシート雛形
【年齢・属性】
【容姿・身体的特徴】
【身長】
【男性経験】
【恋人】
【性格】

今回の場合は【年齢・属性】に中学生と記載ください。学年は自由です、ただし指定学年によって多少キャラ背景が変わる可能性があります(中一なら新しい環境への不安、中三なら受験生になったことへの将来への不安などがフレーバーとして追加される可能性があります)

【年齢・属性】には年齢の他、職業や社会的立場を記載ください
年齢の下限は中学生から、上限は三十代までとします(ペド、熟女は僕の守備範囲外なので)
【容姿・身体的特徴】には髪型も記載ください、記載のない場合こちらで適当に決めます
【身長】に関しては低・中・高くらいのアバウトな設定で構いません
女性の身長は中学生以降、平均150cm〜155cm程度だそうなので、低なら140cm半ば程度、中なら150cm台、高なら160cm半ば程度になります。もしそれ以上の低身長、高身長が希望ならその旨を記載ください
【男性経験】【恋人】がキャラ描写に大きく影響する場合があります、例えば今回の中学生の女の子の場合、『彼氏いたことなし処女』なら性への好奇心、『彼氏あり非処女』なら初めてみた大人の男性器に困惑、という体で進めることになります

またキャラシートに【備考】としてそのキャラの話を展開する上でのテーマを僕が追加で記載します、ご了承ください

一例として主人公(本文の『私』)のキャラシートを載せておきます
(【男性経験】→【女性経験】とします)
【年齢・属性】二十代半ば〜後半、無職
【容姿・身体的特徴】容姿普通、中肉中背、性豪、カリ高巨根(20cm前後、場面によって多少ブレあり)
【身長】やや高(170cm後半程度)
【女性経験】風俗のみ
【恋人】なし
【性格】破滅願望
【備考】現在は自暴自棄だが本来は理性的、土壇場で踏みとどまる傾向、他人を思いやる心はあるので他害に対して忌避と罪悪感強め。貯金は百万円〜百五十万円程度
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/04(月) 17:16:57.48 ID:zqkGRnL00
以下注意
・数字安価は一律禁止です
・投下時間は事前に宣言します(二、三十分程度)
・安価指定は投下の十分程度後に行います
・登場ヒロインは複数キャラ可です、ただし一度の安価で指定できるのは一人までです
・登場ヒロインが増えた場合、安価で指定されたキャラはヒロイン数の半分が消化されるまで指定禁止です(ヒロイン六人なら四回目から解禁。レス内で告知します)
ただし複数人数指定の安価の場合は、三分の一が消化されるまで指定禁止とします(ヒロイン六人ならそれぞれ三回目から解禁。レス内で告知します)

話を作る上で必要と判断した場合は事前相談なく安価の内容を改変・設定を追加する場合があります、予めご了承ください

またバッドエンドありの予定です(通報→逮捕等。その他のバリエーションも必要に応じて)
野外露出、青姦、暴力を伴う強姦等、過激な内容の安価をする場合はご注意ください(安全策を講じる場合はその旨を指定ください)
バッドエンドを迎えた場合は今の所、安価直前に戻る予定です。それだけでは対処不能と判断した場合は一からやり直すのも検討します

スレの基本的な進め方については前スレを参照ください
(【安価】セフレが欲しい!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540543564/

以上、よろしくおねがいします
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 17:21:32.81 ID:m+683abcO
質問
今回はチュートリアルってことですけど、キャラがどう行動するか書くんですか?
それともキャラシートだけで>>1が何をするか書くんですか?

もしも、ヒロイン登場しない安価は無効?
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 17:27:23.24 ID:zqkGRnL00
行動安価もお願いします
最初はヒロインが一人なので何をするにしても自動的に遭遇することになりますが

進んでいってヒロインが安価にない場合、行く場所によってヒロインと遭遇したりしなかったりします
そこは臨機応変に
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 17:30:44.27 ID:+6L+ARVy0
投下していいのかな?
【年齢・属性】中学2年生
【容姿・身体的特徴】 髪型は重ための黒髪のロングストレート 眼鏡着用
【身長】中くらい
【男性経験】なし
【恋人】あり
【性格】気弱でいつもオドオドしている
あれから数日間女の子をアパートの前で見かけると思っていたら、女の子の方から話しかけてきた。どうやら最近できた恋人について相談したいらしい
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 17:33:35.25 ID:5h1YvfaDO
年齢・属性 中学1年生
容姿・身体的特徴 髪型はおかっぱ 体格は華奢
身長 小
男性経験 処女
恋人 いない
性格 引っ込み思案で大人しい
夜に酔っぱらいに絡まれている彼女を助ける
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 17:36:06.47 ID:PwUK8p/Bo
【年齢・属性】中学2年生
【容姿・身体的特徴】金髪サイドテールの白ギャル ミニスカお腹丸出し 巨乳
【身長】145cm
【男性経験】皆無
【恋人】無
【性格】キャピキャピな母性の塊

次の日同じ時間にチャイムが鳴りドアを開けるとこのギャルが出会いに来た
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 17:40:27.80 ID:MuGZy3ROO
【年齢・属性】高校二年生 
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい
【身長】175
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 17:42:24.96 ID:zqkGRnL00
>>8採用
急遽歯医者行くことになったので書き溜めはしばらく後になります
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 17:48:11.17 ID:MuGZy3ROO
おつ
期待してるよ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 18:00:21.87 ID:PwUK8p/Bo
わっふるわっふる
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 18:03:58.99 ID:+6L+ARVy0
新作も期待してます
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 18:14:34.44 ID:c7cgSkZ40
単発末尾Oがまた好き勝手やるんだろ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 18:28:24.11 ID:zqkGRnL00
ちょっとキャラシートテンプレを変更

キャラシート雛形
【年齢・属性】
【身長】
【髪型】
【容姿・身体的特徴】
【男性経験】
【恋人】
【性格】

で今後はお願いします(なんか見覚えあるキャラがいるんだよな……)
書き溜めます
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 18:30:36.17 ID:5h1YvfaDO
一旦乙
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 18:55:55.04 ID:REudWrG80
楽しみ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 19:43:20.71 ID:zqkGRnL00
それにしてもやることがない。掃除は終わっているし、キッチンはたいして使うこともないので汚れていないし、洗濯も今する必要はない。朝食も済ませた。

テレビを付けてみたが興味のある番組がない。パソコンを起動して適当にサイトを巡回してみたが、それもすぐに飽きてしまった。こういうとき、スマホゲームにでも手を出していれば手慰みになったのだろうか。

グダグダとしているうちに、時刻はもう昼を指そうとしている。こういうときは外に出て、普段はしないようなことをするのがいいかもしれない。

私は近くのコンビニに向かうことにした。タバコを買うためである。私はタバコを吸ったことがないが、実は憧れがないでもなかった。暇を持て余したときにプカプカとタバコを吹かすのも悪くない。

ついでになにか他のものも買ってみようかと、私は酒類コーナへ。ビールとお酒をいくつか取って、次はお菓子コーナーを覗くことにする。精算のついでにレジでタバコを購入しよう。

金髪ギャル「……あっ、今朝会いましたよね? こんにちはー」

今朝会った――会ってはいないか? 目が合っただけだ――髪を金に染めた制服姿の女の子が真剣にお菓子を吟味しているところに出くわした。女の子は一瞬驚いた顔をしたが、すぐに人懐こい笑顔を浮かべて私に挨拶してくれた。金髪の割にいい娘である。

私も挨拶を返して、この昼間に制服の中学生が出歩いていることを不審に思ったが、何のことはない、今日は中間試験で昼間でしか学校がなかったのだという。

もー、マジ全然解けなくって泣けてきちゃいますよねー、と女の子はあっけらかんと笑うが笑い事ではないのでは。

……というか、なぜ私はコンビニで知らない中学生と歓談しているのか。しかも相手は今朝、恥ずかしいブツを見せてしまった女の子である、女の子がニコニコと笑うたびにこちらとしては気まずさが募ってしまう。

できれば朝のことを謝りたいが、変に蒸し返すのも躊躇われて(いたいけな女子にセクハラは避けたい)、私は適当に会話を切り上げてお菓子を数個手にとってレジへ。店頭に置かれたタバコの種類の多さに内心驚きつつ、とりあえず一番の番号がついたものを購入。

私は女の子にひと声掛けて店を出た。

金髪ギャル「ちょっとちょっと、どこに行くんですかー、置いてかないでくださいよぉ」

何故ついてくるのだ? 今どきの娘の考えることはわからない。今どきじゃなくても人の心などわかった試しはないが。

下の名前を名乗ってきた女の子は結局何も買わなかったのか、ごてごて装飾のついた背嚢に、手にはこれまた装飾過多なペッタンコな鞄を持っているだけ。その鞄には一体何が入るというのだ……?

えへへ、可愛いでしょー、とサイドテールをピコピコ揺らして笑う金髪ギャルはたしかに可愛い。いやそんなことはどうでもいい、今はその歩くたびにチラチラ見えるおへそをどうにかしなくては。サイズが間違っているのでは? やけにボリュームのある胸下くらいまでしかないが。

金髪ギャル「やだセクハラー、どこ見てるんですかぁ? お兄さん、見かけによらずエッチですねぇ……いいですよ? ほらぁ、見たいならどーぞ、ご自由に?」

言うことを間違えた。つい本音が。これだからコミュ経験の不足した私は駄目な人間だ。ショート丈のセーラー服(改造か?)の裾をヒラヒラする金髪ギャルを視界に入れないようにする。

何故私に絡んでくるのだこの娘は。

金髪ギャル「なんでもいいじゃないですか、そんなの。強いて言うなら……興味? 的な? お世話したくなるオーラ出てますよーお兄さん。ほらほら、もっとお話しましょうよー」

そんなことを言われたのは生まれて初めてだ。言い掛かりはやめてもらおうか。

反駁するが金髪ギャルの攻勢は止むことを知らない。お昼ご飯の話題になって、帰って食べると言うと、露骨に不満そう。私は他人にご飯を奢ってあげる金はないのだ。

えー、でもお兄さん、料理とかしなさそう、という金髪ギャルに私は胸を張る。この世には五分で食べられるご飯が存在するのだ。自分で食事を作る必要がどこにあるのか。

金髪ギャル「ダーメですよそんなの、体壊しちゃいますよ。ちゃんとバランス考えた食事にしないとぉー」

やいやい私の食生活を非難してくる金髪ギャルをいなしていると私のアパートに着いたのでさっさと別れた。

金髪ギャル「ちゃんとご飯食べてくださいねー! 明日見に来ますからねー!」

はいはい、と私は階段を上がって、二階の自分の部屋の鍵を開けた。

翌日の朝、私はチャイムの音で目が覚めた。二日連続。違いがあるとすれば、私がひどい二日酔いであること。私は散髪を怠ってボサボサに伸びた髪を掻く。呑み過ぎた……買ってきたのを全部開けてしまった……

チャイムの連打。今開けますよ、と玄関扉を開けて、

金髪ギャル「おはようございまぁす。ご飯ちゃんと食べてますか? って、お兄さん、顔色ヤバいですよ?」

扉を閉めて鍵を掛けた。ちょっとちょっと、とドアがドンドン叩かれる音、お兄さんが碌なの食べてないと思ってー、ウチからご飯持ってきましたからー、一緒に食べましょうよぉー!

うるさい私は二度寝するんだ……金髪ギャルの大声で耳をキンキンして、私が音を上げて玄関を開けたのは数分後のことだった。

料理は普通に美味しかった。金髪ギャルのお手製なのだという。空腹ではあったのでありがたく頂いた。だが金髪ギャルは中間試験があるのでは? こんなことをしている場合ではないだろう。

金髪ギャル「そんなのより人助けのがタイセツですよ、お兄さんはわかってないですねぇ」

私はお礼を言ってから金髪ギャルを叩き出して学校に行かせた。ブーブー言いながら道の角に消えていく背中を見送る。なにかお礼を考えておかないといけない。

それにしてもなぜこんなに私の世話を焼こうとするのか。新手の宗教勧誘か何かか、別の目的があるかもしれない。用心はしておこう。


金髪ギャル
【年齢・属性】中学2年生
【身長】145cm
【髪型】金髪サイドテール
【容姿・身体的特徴】白ギャル ミニスカお腹丸出し 巨乳
【男性経験】皆無
【恋人】無
【性格】キャピキャピな母性の塊
【備考】ペットに大型犬を飼っている。世話好きの本質は絶対の優越と支配欲


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:50より採用
当日、翌日指定可
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 19:55:47.38 ID:qTkHgTQI0
翌日
隣に女性が引っ越してくる
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 19:56:19.72 ID:MuGZy3ROO
当日
金髪ギャルと話して人となりを探る
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 20:00:51.44 ID:5h1YvfaDO
当日夜
なぜかギャルと一緒に夕食を食べることに
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 20:01:52.36 ID:0abThv6kO
当日
食後に膝枕で耳掃除を受け感触と匂いにドギマギしつつ何を対価にすれば良いのか聞いてみる
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 20:12:30.77 ID:PwUK8p/Bo
これは依存してゆきたい
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 21:20:04.25 ID:zqkGRnL00
ソロ目、>>21採用


金髪ギャルを送り出した後、私はベッドに臥せっていた。満腹にはなったが二日酔いの気持ち悪さは消えない。食べてすぐ寝るのは体に悪いと聞くが、今さら私に体の心配など不要だろう。

深酒して翌日寝込むなんて、働いていたときには考えられない醜態だ。これからはこういう時間をもっと作ろう。酒の量には気をつけて。

うたた寝する私の耳が聞き慣れない機械音を拾った。スマホからだった。ロック画面に表示されていたのは元職場の人間に無理やりインストールさせられて、ついぞ使わなかったSNSアプリ。

そこには金髪ギャルの名前が表示されて、私に現況を訊いてきていた。連絡先を交換した覚えはなかった。まさか私が朝食前に歯を磨いている間に勝手に……? なんて恐ろしい奴なんだ。

私は返信せずにスマホの電源を落とした。とても女子中学生の気まぐれに付き合っていられない。私がするべきことは今までしてこなかったことの補填であって、子供と遊ぶことではないのだ。

私は布団をかぶって一眠りすることにした。

目が覚めた。ということは本当に眠っていたのか。カーテンの隙間から見える外は茜色、昼食も摂らずにすっかり寝こけてしまったらしい。まあ別に、今の私は、夕方まで惰眠を貪っても誰に責められるわけでもない。なんて解放的な気分。

だがすぐに私の笑顔は固まった。そういえばここのところ、私の優雅な自堕落生活にダメ出ししてくる不届き者がいるのだった。まさか何もないだろうな、とスマホの電源を入れる。

……通知が数十件!? 怖っ! 最新の通知は『スタンプを送信しました』というもの、右の画は熊がダッシュしているもの、熊の下に今から行くという文字。

嫌な予感。と同時に、チャイムが鳴った。

金髪ギャル「いやー、今日ウチ、親がいないんで、危うく一人で夕食食べることになるとこでしたよ。お兄さんに感謝ですねぇ」

ニコニコとしている金髪ギャルが持ってきたのはカレーだった。それを私が炊いていたご飯(炊いたのは昨日。ずっと保温にしていて金髪ギャルに叱られた)にかけて、私は憮然とする。

友達でも呼べばいいだろう、と言うと、金髪ギャルは嫌ですよそんなの、と意外に冷たい。

金髪ギャル「友達呼んでカレー食べるとか、そんな恥ずかしいこと出来ませんよ。鈍感なお兄さんにはわからないかもしれませんけど」

たしかに。私は金髪ギャルの言葉にうなずく。金髪ギャルには金髪ギャルなりの、友人感の機微というものがあるのかもしれない。友達のいない私にはわからないが。

金髪ギャル「それで? わたしが帰った後、何してたんですか? せっかくライン交換しといたのに、全然返信してくれないんですから」

そういえば金髪ギャルは制服を着替えている。Tシャツの裾を前で結んで、あくまでもへそを見せてくるスタイル。下のホットパンツと膝上まであるソックスに挟まれた白い腿の眩さ、溌剌とした若さの発露。

私は黙ってカレーを食べた。私が昼を抜いたことに勘付いた金髪ギャルがぎゃいぎゃい私を叱るのを右から左に聞き流しながら、私はひたすらカレーを口に運んだ。カレーを食べたのは久しぶりだったので。それ以外に理由はなかった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:30より採用
ゾロ目だったので金髪ギャルとのコミュは続行です
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 21:26:20.20 ID:5h1YvfaDO
食後に膝枕と耳掃除をさせられる
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 21:27:03.30 ID:5h1YvfaDO
すみません
誤って書き込みしてしまいました
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 21:30:05.51 ID:PwUK8p/Bo
立ち上がろうとしてふらつきギャルの胸へダイブ
大胆だねと驚かれつつ汗臭いとお風呂へ連れていかれる
すると何故か一緒に入ってくるギャル
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 21:37:00.52 ID:zqkGRnL00
なんで22:30からだよ、21:30の間違いでした
恥ずかしい……
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 21:38:41.73 ID:zqkGRnL00
うーん、仕方ないので22:30から採用にしておきます、本文レスどおりに
その間に風呂入ってきます
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 21:39:06.14 ID:PwUK8p/Bo
あっだから皆書かなかったのね…
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 22:22:58.04 ID:zqkGRnL00
時間余ってるんで要素を一つ追加
投下終了時に、各ヒロインの一言コメントを載せようと思います

金髪ギャルの場合は、
>>1時点で「はじめて男の人の見ちゃった……」
>>18時点で「話してみたら髪ボサボサだしボヤッとしてるし無愛想だけど食い意地は張ってるしうちの子(飼い犬)みたい。朝のもうちの子がお腹見せるようなものだよね(未去勢)」
ちなみに現時点(>>24)だと「この人放ってたら道端でお腹空かせて倒れてるんじゃ……わたしがお世話してあげないと……」

て感じです
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 22:30:07.49 ID:IBRdsHKB0
さり気なく室内を見回すギャルに 洗い物まで手伝って貰ってありがとうな時間的にもそろそろ帰らないと親が心配するぞ?と言う男に
あ、うんじゃあ一旦家に帰るねっと返事を返すギャル
一旦?と疑問に思うも気にせずまったりする男
夜鳴らされるチャイムにドアを開けると少々大きめのボストンバックを肩に掛けたギャルが おにーさん自堕落な上に生活力皆無っぽいから 今日から住み込みでお世話したげるっ!と押しかけてくる
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 22:30:16.25 ID:PwUK8p/Bo
立ち上がろうとしてふらつきギャルの胸へダイブ
大胆だねと驚かれつつ汗臭いとお風呂へ連れていかれる
すると何故か一緒に入ってくるギャル
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 22:30:42.10 ID:MuGZy3ROO
満腹でウトウトしてたら膝枕に誘導されそのまま寝てしまう
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 22:34:29.03 ID:zqkGRnL00
やべぇよやべぇよ……僕の力量では捌けないよ……
というわけで>>32採用、バッドエンドに入ります
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 23:05:22.50 ID:zqkGRnL00
カチャカチャと金髪ギャルがキッチンで皿を洗う音が聞こえる。ご飯持ってきてくれたんだから皿くらいは私が……と申し出たがえらく固辞された。皿洗いが好きとは親御さん孝行な娘だった。

金髪ギャル「〜♪ えへへ、お兄さんが私のカレー、いっぱい食べてくれて嬉しいです。そんなに美味しかったんですかぁ?」

鼻歌交じりにエプロンで手を拭きながら金髪ギャルが居間に戻ってくる。……エプロンの裾の下は生足とニーソが伸びて、上半身はタンクトップシャツなので、裸エプロンの下にシャツとニーソしか着てないみたいに見える。

ん? どうしましたか、と首を傾げる金髪ギャルが、私が渋面で目を閉じている理由がわかる日は来るのだろうか。わかってほしいような、わかってほしくないような。

ご飯を食べて洗い物までしてもらって、外はすっかり日が落ちて久しい。親がいないとはいえ、というか親がいないからこそ、いつまでも男の家に上がらせたままにするわけにもいくまい。

今日の礼を言って、早く帰るよう金髪ギャルに促す。金髪ギャルは意外に素直にうなずいて、

金髪ギャル「そうですねぇ、じゃあ一旦家に帰りますね?」

さようなら、と金髪ギャルは私の部屋から出ていった。カレーを入れてたタッパーを忘れていたので声を掛けると、置いておいて、とのこと。置かれても困るのだが。

……『一旦』家に帰る? まさか明日も家に来るつもりなのか? 学業はどうした。親は何も言わないのか。

もしかしたら僕が金髪ギャルに、あまり他人様の家に厄介になってはいけないと諭さないといけないのかもしれない。これも大人の務めというやつか。

なんて満腹感に浮かれていると、玄関チャイムの音が鳴った。一体誰だ? 夜中の来訪者にいい思い出はないぞ。玄関扉の向こうから聞こえてきた声。

金髪ギャル『おーい、開けて下さーい、お兄さぁん』

僕が慌てて玄関を開けると、やけに大きなボストンバッグを抱えた金髪娘が立っていた。

金髪ギャル「お兄さんがあーんまり自堕落で、生活力皆無っぽいので、私が毎日お世話してあげますね?」

私がノーリアクションで玄関を閉めようとすると、ガシッと扉を掴まれた。同じ手は食わぬということか。

いやそれはマズイ、親御さん許すわけない、考え直すように言うが、金髪ギャルはどこ吹く風、大丈夫ですってと笑うだけで話にならない。

私は親御さんに話をするから連絡先を教えるよう迫ったが、

金髪ギャル「大丈夫ですっ、わたしがちゃーんと説明しておきましたから!」

その説明絶対大丈夫じゃないやつ。

実際大丈夫じゃなかった。親御さんに捜索願を出されて、数日と経たないうちに警察官が家までやってきた。日本の警察もなかなかやる。毎日毎夜、治安維持に努めてくださって恐縮です。

金髪ギャルはお家の方に引き取られていった。

私の方はと言うと、こんな騒ぎになってとてもここに住んでいられる状況ではなくなったので引っ越しを余儀なくされた。だが、私、無職。不動産屋で部屋を紹介してもらえるわけもなく。

晴れて私はネカフェ難民となったのであった。合掌。
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 23:07:53.10 ID:zqkGRnL00
まあこんな感じにバッドエンドになります、歪な関係を維持するためには男側だけでなく女子の方からも配慮が必要ということですね

>>24から再安価
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、23:20より採用
ゾロ目だったので金髪ギャルとのコミュは続行です
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 23:12:28.62 ID:PwUK8p/Bo
これならぎりセーフだよね…?
立ち上がろうとしてふらつきギャルの胸へダイブ
大胆だねと驚かれつつ汗臭いとお風呂へ連れていかれる
すると何故か一緒に入ってくるギャル
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/04(月) 23:17:28.80 ID:zqkGRnL00
23:20より! 採用!
>>24でTシャツだった金髪ギャルが>>36ではタンクトップになってるのは内緒。裸エプロンっぽく見せたくて自分で引きちぎったということでひとつ)
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 23:20:33.29 ID:04KqdVG20
満腹でウトウトしてたら膝枕に誘導されそのまま寝てしまう
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 23:20:38.20 ID:PwUK8p/Bo
まーた思いっきり時間見てなかった
立ち上がろうとしてふらつきギャルの胸へダイブ
大胆だねと驚かれつつ汗臭いとお風呂へ連れていかれる
すると何故か一緒に入ってくるギャル
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 23:25:48.55 ID:5h1YvfaDO
一緒にお風呂に入ろうとギャルが言い出す
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 23:26:03.96 ID:3MrkIKtlO
食後に膝枕で耳掃除を受け感触と匂いにドギマギしつつ何を対価にすれば良いのか聞いてみる
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/04(月) 23:30:43.70 ID:zqkGRnL00
>>42ゾロ目だし、上手いこと混ぜれそうなんで>>40-41も混ぜます
>>40を一緒にお風呂の動機付け強化に使います。主人公(『私』)は犬扱いなんでそんな感じに
書き溜めます
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/05(火) 00:39:55.11 ID:WuIof4Sf0
カチャカチャと金髪ギャルがキッチンで皿を洗う音が聞こえる。ご飯持ってきてくれたんだから皿くらいは私が……と申し出たがえらく固辞された。皿洗いが好きとは親御さん孝行な娘だった。

金髪ギャル「〜♪」

鼻歌交じりの水音が、ゆっくりと遠くなっていく。瞼が重くて目を開けていられない。おかしい、昼あんなに寝たはずなのに。

あれ? もうおねむなんですか? という声、そうだ、私は眠い。くすくすと笑った声は、もう、満腹になるとすぐ眠くなるんですから、と言って、私は頭を前に引かれた。

急のことに反射的に抵抗したのがいけなかった。顔前面が、ぽすっと柔らかいものに包まれる。汗ばんだそれは中に甘さを内包して鼻腔をくすぐる。んン? 私は顔を挟む双球を手で触れて確かめてみた。

金髪ギャル「あんっ。……お兄さんったら、意外と大胆ですね……? おっぱい揉み揉みして、おっぱい、そんなに好きなんですかぁ?」

好きだが?(即答) いや今のなし。私は慌てて、無意識に胸を揉んでいた手を離した。完全に目が覚めた。というか血の気が引いた。何をやっているのだ私は。いや私は悪くない。私の手が勝手にだな……

というか離してくれないか。私の顔がまだ金髪ギャルの胸に埋まったままなんだが? いいのかこのままで? 私はいいが。いやよくないが。

はっきりしない人ですねぇ、と金髪ギャルは私の顔を両手で挟んで、下に押しやった。ぽすっ、と私の鼻先が当たったのは金髪ギャルの膝の上。

金髪ギャル「そこで大人しくしてください、おっぱい大好きの変態さん。……あの、鼻息当たってくすぐったいので、顔の向き変えてもらっていいですか? ていうか、匂いとか嗅いでませんよね? お兄さん?」

いいだろうちょっとぐらい。思えば私は人に膝枕をしてもらったことなどないし、人にしたこともない。特にしたいとも思わなかったが、撤回しよう。癒やされる……脂肪を程よく蓄えた太腿、顔から伝わる自分と同じくらいの体温、落ち着く人肌の匂い。癒やし……

まったく、仕方がないですねぇ、と金髪ギャルはそれ以上何も言わずに、私の頭を撫でてくれた。あるいは私も、かつて母というものがいたなら、このような時間を得ていたこともあったのかもしれない。

それを今になって金髪ギャルに与えられるとは、人生というものはわからないものだった。

金髪ギャルの意図はわからないが、今はそのままにしておいてもいいのかもしれない。幸福のうちに騙されるなら、私は何も傷つかないはずだった。どうせ先は短いのだから。

寝ちゃダメですよー、と頭上から声。

金髪ギャル「ちゃんとお風呂に入らないと。身繕いは大事ですよぉ?」

私は動物か何かか、と私は反発したが、膝枕をされている身で偉そうなことを言えるわけもなく。私の髪をいじっていた金髪ギャルに、はい起きて、と促されるまま、私は素直に風呂に入ることにした。

とはいえ金髪ギャルを一人にしておいていいことがあるわけがない。金髪ギャルには私のスマホを勝手に操作した前科がある。本人全然悪びれてもいないし。ここはさっさと上がって金髪ギャルを家に帰してしまおう。

ん? それなら、私が風呂にはいるのだから金髪ギャルは家に帰れといえばよかったのでは? 私の頭はおっぱいと膝枕ですっかり馬鹿になっていたようだった。ハニートラップ恐ろしや。
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/05(火) 00:40:22.88 ID:WuIof4Sf0
金髪ギャル「入りますよー」

いいぞぉー。……今なんだって? 髪を洗っていた私が後ろを振り返ると同時に、風呂場のドアが開け放たれた。

金髪ギャル「お兄さんがちゃんと体を洗えるか心配なので、わたしがやってあげますね☆」

ね☆ じゃないだろう!? あっ、目が! 目に泡、痛っ、あー! アッー! シャワー、シャワーはどこ!? イタタタタ!

はいはい、動かないでくださいねー、目開けて下さーい、と金髪ギャルに目の泡を洗い流してもらった。屈辱。

金髪ギャル「お兄さんはシャンプーもマトモに出来ないんですねぇ……これまでどうやって生活してきたんですか?」

屈辱……! 僕の拳は怒りに震えた。そのままなし崩しに金髪ギャルに頭を洗われる。適度な指の強さが気持ち良い。

うち、犬飼ってますから、他人を洗うのは慣れてますからねー、と金髪ギャルはわっしわっしと僕の髪を泡立てていく。シャンプーってこんなに泡立つのか。知らなかった。……今、ナチュラルに私を犬扱いしなかったか?

コンディショナーはどこですか、と訊かれて、そういえば買ってなかったっけ。いや詰替えはあるはず……どこやったかな……

金髪ギャル「……これは本格的に、わたしが生活指導してあげないといけませんね?」

生活指導される側の頭髪して何を言ってるんだ、と思ったのでそのまま言うと、どうやら金髪ギャルの通う私立中学校は染髪OKなのだという。なんて緩い校則なんだ……だからこんな生徒が生まれるんだぞ……

というかいつまで一緒に入っているのか。私は目に泡が入って何も見てないから、早く出ていってほしいのだが。

金髪ギャル「コンディショナーがまだでしょー? こんなに髪ゴワゴワにして、トリートメントもしなきゃ。どうせ買ってないんでしょうけど。それに私、ちゃんと水着着てますから問題ありませんよ。今日夏に向けて友達と買いに行ったんですよね、楽しみー♪」

中間試験はどうしたの……? 出てってほしいっていうのは、そっちだけの問題じゃなくって、こっちの問題もあるんだけれども。

金髪ギャル「男の人ってそんなに大っきくなるものなんですねぇ……」

見ないでぇ……私は足を閉じて内股になって手で股間を押さえていたのだが、どうやっても隠し通せるものではない。年若い娘と一緒にお風呂入ったら誰でもこうなるはず。私は悪くない。私を責めないでくれ。

金髪ギャル「よければぁ、お兄さんの全身、くまなく洗ってあげましょうか? 髪みたいに上手く洗えてないんでしょうしぃ?」

もう勘弁してくれ、という僕の声がよほど情けなかったのか、金髪ギャルは楽しそうに声を立てて笑った。

その後は体洗うから出てけと無理やり金髪ギャルを風呂場から追い出して特急で体を洗って風呂から出た。猛烈に嫌な予感がしたので、体は風呂場の中で自分で拭いたが、

金髪ギャル「シャワーの音が聞こえなくなったと思ったら……ほら、タオル貸してください、頭拭いてあげますから」

ドライヤーまでされた。キレイになっちゃった……私の頭……

なんかもう精神的疲弊が凄まじかったので、金髪ギャルを拝み伏してなんとかお引取り願った。どうしてこんなことになったのか。私が何をしたというのか。


コミュは終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、0:55より採用
翌日指定可


金髪ギャル『はぁーやれやれ、わたしがいないとあの人、どうなってたことかわかったもんじゃないなー、はーやれやれ』
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/05(火) 00:41:42.71 ID:WuIof4Sf0
(新キャラ出してもいいのよ?)
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/05(火) 00:54:04.68 ID:WuIof4Sf0
(僕の悪い癖なんだけど、結構行間読んでほしい部分があったりします)
(友達と水着買いに行ったんなら夕食にも誘えよとか)
(別にカレーなら一日置いてもいいんだから友達にご飯食べに行けよとか)
(お前わざわざ家帰ってからカレーの支度して持ってきたんじゃないんかとか)
(そんな感じで)
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/02/05(火) 00:55:12.20 ID:e/f1qJoKO
【年齢・属性】 20 大学生
【身長】 162
【髪型】 ポニーテール
【容姿・身体的特徴】 細身ながらもしっかり鍛えられている。巨乳
【男性経験】 なし
【恋人】 いない
【性格】 明るく真面目。ほんわかした包容力のある性格。子供好き。芯が強く、意外と行動力がある

翌日
アパートの隣室の女性から挨拶された後、「妹さんですか? 仲良いですねー」と朗らかに言葉をかけられる
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 00:55:25.13 ID:BMDTeL5DO
翌日ふと外を見たら不良に絡まれている、明らかに気の弱い女の子がいる
気の弱い女の子は男に助けを求めるように涙目で見ており、つい助けてしまう
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 01:01:40.93 ID:JPH2Q9W6O
翌日
とりあえずギャルに言われたコンディショナーを買いに薬局に向かうとレジでバイトしてた>>9の娘に軽く絡まれる
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/05(火) 01:16:04.84 ID:WuIof4Sf0
あー……数字安価一律禁止にしちゃったんで>>51は採用しません
厳密に行けるところは厳密に行きたいと思います、>>51には申し訳ないですが
>>49採用、今日は寝ます
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 01:18:30.15 ID:JPH2Q9W6O
注意書きちゃんと読んでなかったこちらこそ申し訳ない…
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/05(火) 01:20:54.89 ID:WuIof4Sf0
補足・たとえば>>50が安価として採用された場合、新たに新キャラシートの安価のみを行うことにします
行動安価は>>50のものを使用します

キャラシートの安価について、>>50でいえば、

【年齢・属性】
【身長】
【髪型】
【容姿・身体的特徴】気弱そうな女子
【男性経験】
【恋人】
【性格】

として、他の部分を安価で指定して貰う形になります、すでに埋まっている【容姿・身体的特徴】について設定を追加することも可です

まあ今回は>>49を採用するのであくまでこういう方式で進むということで
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 11:32:31.64 ID:9sA9uMyxO
20cmの紙筒作って遊んでみたら予想以上にでかくて草
太さの直径は15〜6cm、直径5cmくらいがいい感じ
……口限界まで開けたときの直径とほぼ同じ。これフェラできねぇな……顎外れる……奥も奥歯が邪魔になるだろうな
そりゃ泡のお姫様も巨根嫌がりますわ
考えなしにチンコ設定したけど考え直した方がいいかな……
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/05(火) 17:04:58.31 ID:qEpvbcRIo
>>55
それが良い、無理矢理女の子の中にぶちこむのって最高やろ?
こういう趣旨のスレじゃないのは百も承知だけど
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/06(水) 01:02:11.02 ID:AoW4BhQ50
朝、私は優雅にコーヒーなんて淹れていた。今日の金髪ギャルの襲来はなし。話を聞くに、昨夜、早く帰ってきていた親御さんに遅い帰りを咎められたらしい。そして最近の不審な行動(朝の早出、料理の持ち出し)を詮索されたのだという。

金髪ギャル『怪しまれるといけないので今日は行けませんけど、ちゃんと朝昼晩三食きっちり食べるんですよ! 抜き打ちで見に行きますからね☆』

こいつは私の母親か何か? ならばこのげんなりした気分は噂に聞く反抗期……?

私は頭を振って気分を立て直す。おっと、コーヒーが冷めてしまう。大人の朝といえば一杯のコーヒーから始まるというもの。私は一口飲んで、目を閉じて味わって、すぐさま砂糖とミルクをカップにぶち込んだ。

……外出しよう。家に引き篭もってるから気分も落ち込むのだ。大人の朝は適度な運動から始まるもの。とりあえずコンビニにでも行って雑誌を立ち読みしながら、今日何するかを考えよう。

ポニテ女性「わ、……びっくりした」

玄関扉を開けると廊下の女性を鉢合わせた。おや失礼、と私は謝罪。いえいえこちらこそ、と気持ちの良い笑顔を浮かべた女性は名乗って、

ポニテ「昨日から隣に引っ越してきたんです。大学のお友達が訪ねてきたりしてご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、節度は守りますので、どうぞよろしくお願いします」

聞けばポニテは大学生なのだという。なるほど、たしかに集まれば姦しくなる年頃、騒音に邪魔をされて困るようなことは今の私にはなにもないが、耳栓くらいは買っておいていいかもしれない。

……今は五月の半ば、大学生がこの中途半端な時期に引っ越し? しかも女子の一人暮らし、防犯の備えが厚いとは言えないこのアパートにわざわざ?

疑問に思わないではないが、私は思い直す。別にここに引っ越してはいけないわけでもなし、なにか事情があるのかもしれないし、初対面のただの隣人である私が考えることでもない。

私はこちらこそと頭を下げて、家の鍵を閉めた。さて、コンビニコンビニ。今日は週刊漫画雑誌の発売日、次回の展開が気になるところで前回終わった漫画を読まなければ。

ポニテ「どこまでお出掛けされるんですか? 実は私、最初の講義まではまだ時間があって、どう時間を潰そうか悩んでいたところだったんです」

もしよろしければご一緒に、とポニテは清々しい笑顔。袖がフレア状になったボーダーシャツ、ボトムスの白いパンツは対照的に裾がきゅっと引き絞られて、朝の爽やかな空気がよく似合う清潔な雰囲気。ただ、胸がシャツに作る皺と、パンツの尻を押し上げる確かな存在感がどうしようもなくフェミニンだった。

いやそこのコンビニに行くだけなので。
じゃあそこまでご一緒に。
いやー、雑誌をちょっと立ち読むだけで……。
へー、何を読まれるんですか? 青年向け漫画? 私、あんまり読んだことないですね。どんなのなんですか?
いやー……そのぅ……

私は根負けした。ポニテと微妙な距離を開けて並んで歩く。

仕事辞めてから何故か女性との関わりが急に増えた気がする。女性運でも上がったのか? だが、うち一人が金髪ギャルだということを考えると、むしろ女難のほうかもしれない。

ポニテ「そういえば昨日の夜、中学生くらいなのかな、女の子と階段ですれ違いましたよ。あなたの面倒を見てあげるんだって張り切ってました。妹さんですか?」

……まあ、そんなようなものです。あいつめ、他人様になんてことを言ってるんだ。私の社会的信用がガタ落ちではないか。無職の時点でそんなものは存在しないが。ならいいのか? いやよくはない。今度説教してやる。

ポニテ「……働いてない? じゃあ今は何を……?」

おっと口が滑った。いや、どうせ隣人ならいつかバレることか。私はポニテに、自分が無職であることを認めた。

ポニテ「実家に帰ったりとかは……?」

実家はないと私は簡潔に答えた。私には帰るべき場所もないし、行くべき場所もない。やるべき事もなくなった。気楽なものですよ、と私は笑った。

ポニテは笑わずに、そうですか、と言ったきり黙ってしまった。渾身の無職ジョークが滑ってしまった。残念である。

用事を思い出した、と言うポニテと、ちょうどコンビニの前で別れた。私は心置きなく立ち読みを堪能した。そういえば先日、タバコは買ったのにライターを忘れたので購入。帰ったら大人リベンジといこう。

十数分後、私は噎せに噎せながらゴミ箱にタバコを箱ごと叩き込んでいた。二度と吸うかこんなもの。ライターもガス抜きしたら同じ目に合わせてやる。私は涙目で誓った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/6 17:00より
まだヒロイン二人なのでどちらを選んでも構いません、三人になったら未登場ヒロイン消化まで指定禁止ルールを適用します


ポニテ『あの娘(金髪ギャル)とどういう関係なの……? まさか変な関係じゃないとは思うけど……』

ポニテ
【年齢・属性】 20 大学生
【身長】 162
【髪型】 ポニーテール
【容姿・身体的特徴】 細身ながらもしっかり鍛えられている。巨乳
【男性経験】 なし
【恋人】 いない
【性格】 明るく真面目。ほんわかした包容力のある性格。子供好き。芯が強く、意外と行動力がある
【備考】ストーカー被害。メサイアコンプレックス、漠然とした現状への失望、自己犠牲願望(自己犠牲行為そのものと、それに足るものとの出会いの両方)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/06(水) 01:04:13.87 ID:AoW4BhQ50
(更新遅れたので安価は夕方からで)
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 17:00:23.97 ID:juPV5PEDO
【年齢・属性】中学3年生
【身長】144p
【髪型】おかっぱ
【容姿・身体的特徴】体格は細身で華奢
【男性経験】処女
【恋人】いない
【性格】引っ込み思案で大人しい

夜に酔っぱらいに絡まれていた塾帰りの彼女を助ける
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 17:02:16.70 ID:rdinkaLg0
最初に採用漏れしたキャラを出していいでしょうか?

アパートの前で男の声が聞こえたので見てみたら、男性が女性になにか強く言い寄っていた
女性がすがるような目で見てきたのでたまらず仲裁しに行く
【年齢・属性】 16 高校1年生
【身長】152
【髪型】重ための黒髪のロングストレート
【容姿・身体的特徴】眼鏡着用 トランジスタグラマー
【男性経験】なし
【恋人】あり
【性格】気弱でいつもオドオドしてる
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 17:06:24.54 ID:0WMtGUv40
休日夜
今度はポニテが料理を作りに来た
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/06(水) 19:21:47.03 ID:AoW4BhQ50
ひとりで夕食を摂ったのは数日ぶりだった。喧しいのがいなくて実に快適。私の生活はこうあるべきだ。スマホ画面が告げる通知の嵐は見なかったことにした。電話の着信はスマホの電源を切ることで対応。これで金髪ギャルには何も出来まい。

第一、私には今日、まだやるべきことがあるのだ。今日の大人チャレンジはことごとく失敗に終わったが、ここで終わってはアラサーの名折れ、ひとつここは夜遊びにでも繰り出してみるとしよう。

夜の街に繰り出すのは大人の特権である。女子供はお家で親孝行でもしているがいい。聞いているか金髪ギャル?

私は颯爽と家を出て駅方面に向かった。取り立ててなにもない街だが、駅前なら私でも遊べる場所があるだろう。

適当に入った喫茶店で席にどっかりと腰掛けながら、私はそんな、一時間半ほど前の自分の愚かしさを恨んでいた。どこで遊べというのだ? 遊ぶ場所などカラオケくらいしかない街だぞ? 音楽など聞かない身、フルで歌える曲など片手でも余るというのに。

では呑み屋にでも入るか。夕食を食べた後に? こんなことなら食べて来なければよかった……金髪ギャルめ、作り置きまでして、私に健康な生活を送らせるつもりだな……

足を棒にして歩き回っても収穫はまるでなかったが、しかし、こうしてこの街を探索することなどかつてなかった。これはこれでよかったのかもしれない。

私はミルク色に変色した甘いコーヒーを啜りながら、しばし体を休めることにした。

少し回復したので店を出た。今日は帰ったらすぐに風呂に入って寝てしまおう。一日の終わりをこんな気持ちで迎えられるなら失敗した大人チャレンジも報われよう。私は鼻歌でも歌いたいような気分。

今日は通ったことのない道を使って帰ってみよう。なに、どうせ迷っても困ることはない、いざとなれば公園のベンチででも休ませてもらうとしよう。……ホームレスの縄張りとかあったらどうしよう。私も同類といえば同類だからな。絡まれたら嫌だな。

そんな事を考えていたのがいけなかったのか。大通りから一本外れた路地、道は細く、人の気配もないはずの道に、複数の人影。男が二、少女が一。男は酔っているのか、呂律の回りきっていない調子でなにやら言っている。

「いや、俺らもさァ、別に脅かそうってわけじゃないんだよ? ただぶつかってさァ、こっちゃ謝ってんのに、そっちだけ素通りってのはないだろってんの。わかるぅ? 痛かったなーさっき当たったとこ、鞄のカド? 脇腹にさァ。だからぁ、親呼んで話そうって言ってんの。俺、傷ついちゃったなー、も、謝ってもらうだけじゃ足んねーし。イシャリョーとかあんじゃん? 親呼ばれたくないの? じゃァ、どうやってお兄さんたちを慰めてくれるわけ? あァ? ……チッ、黙りかよ。仕方ねぇなー、じゃ、特別に、お兄さんたちが大人の謝り方教えてあげるから、ちょっとこっちに――」

もしもし警察ですか? 中学生くらいの女の子が変な男に絡まれているんですが。場所は〇〇通りを少し外れたところです。今現場にいます。はい。はい、お願いします。電話は繋げたままのほうがいいですか? はい。――ちょっと、何するんですか離れて、ちょっ、離せ酔っぱらい! 酒くさっ!

私に飛び掛かってスマホをもぎ取ろうとしていた男を、おいやべーぞ早く逃げよう、ともうひとりの男が羽交い締めにして連れて行く。男たちはそのまま道の先の闇の中に消えていった。

私はため息。スマホを壊されなくてよかった。買い直す余裕はなし、弁償させられる保証もなし。男らが小心者で助かった。

おかっぱの少女「……っ、……っ」

少女はセーラー服の前身頃をぎゅっと握って、体の震えに声も出せないでいる。学校鞄を手にして、塾か何かの帰りだろうか、この夜中に酔っぱらいの男二人に絡まれればさぞ怖かっただろう。

もう少しで警察の人が来るから安心しなさい、と私が言うと、少女はさっきよりも大きく肩を震わせて、縋るような目で私を見る。少女の呼吸は浅く、早い。過呼吸の症状。年上の男たちに絡まれるよりも、警察官が来ることの方を恐れているかのよう。

疚しいところがあるわけではないのだから、この少女が警察官に怯える理由はない。そして警察に中学生が保護されれば、まず最初に誰に連絡が行くかを考えて、私は嘆息。妙なことに首を突っ込んでしまった。

私は少女の手を取って大通りの方へ。小さな手、柔らかな指に感じるのは生まれてからの歳月の短さ。少女を狭く暗い路地から大通りに連れ出して、私は少女に早く家に帰るように促した。

おかっぱの少女「あの……でもっ、け、警察って……」

構わないから早く帰りなさい。さあ、と少女の肩を押して、無理やり歩を進ませる。少女は数歩歩いたが、また立ち止まって、

おかっぱの少女「でも……あの……道、逆……です……けど……」

それは失礼した。慣れないことをするとこれだ。早くしないと警察の人が来てしまうから、と少女を急かして帰らせた。少女は振り返り振り返りしながら、やっと大通りを進んで、姿が人混みに紛れていった。

その後やって来た警察に、どっちにも逃げられましたと報告すると、通報はありがたいが現場で電話するなんて危ない真似はするなと叱られた。たしかにそのとおりである。ご足労痛み入ります。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:30より
ヒロインが三人出たので次回から指定制限ルールを適用します、ご了承ください
今回は誰を選んでいただいても可です、新ヒロインも可です


おかっぱ『お父さんとお母さんに知られないで済んでよかった……怒られずに済む……』

おかっぱ
【年齢・属性】中学3年生
【身長】144p
【髪型】おかっぱ
【容姿・身体的特徴】体格は細身で華奢
【男性経験】処女
【恋人】いない
【性格】引っ込み思案で大人しい
【備考】親、学校に従順。いわゆる「真面目でおとなしい」が規範意識が高いわけではない。本質は思考停止
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/06(水) 19:29:58.75 ID:AoW4BhQ50
補足・>>60数字安価でなければありです、都度キャラシートを貼ってください
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 19:32:11.83 ID:v/tgoTOuO
ポニテさん、カレー作り過ぎたとお裾分けに
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 19:43:29.16 ID:0KYbxCT2O
ギャルに言われたコンディショナーを買いにいくと何か少女に絡まれた

【年齢・属性】高校二年生 
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい
【身長】175
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 19:43:31.22 ID:23cK1cZ40
休日おかっぱ
助けてくれたお礼にと手作りのお菓子を持ってきてくれた
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/06(水) 21:20:08.34 ID:AoW4BhQ50
>>66採用、ゾロ目


その日の朝、私は珍しく人待ちをしていた。金髪ギャルではない。ヤツはこちらが待つまでもなく襲来してくる。迷惑な話である。

チャイムが鳴ったので玄関を開ける。

おかっぱの少女「お、……おはよう、ございます……」

土曜日だというのにセーラー服姿のおかっぱ頭の少女がぺこりと一礼した。手に提げたビニールの袋がガサっと音を立てた。この少女の来訪はその包みが目的なのだが、それを受け取ってはいさようなら、というわけにもいくまい。

私は少女を部屋に上げた。なんだかイケないことをしている気分。だが私は無職、アウトローの一部なのだから今さら気にすることではないのかもしれない。

そもそもなぜこの少女が私の家を知っているのかというと、なんのことはない、この少女の登校路上に、私が住んでいるアパートがあるというだけのこと。

朝、とくに理由もなく、通路の手すりにもたれかかってぼんやりしていると、下の道路におかっぱの少女が通るのが見えたのだ。不審者丸出しの私に、少女は一瞬怯えたふうな様子を見せて、それが私だと気付いて二度驚いたようだった。どうもこんにちは。

おろおろきょろきょろしている少女の姿は微笑ましいが、そのままにしておくわけにもいかない。私は階段を降りて少女のもとに向かった。

少女は私の接近を認めて、鞄を取り落として両手を胸の前で固く握る。そう怯えなくてもいいのに、と思って、すぐに考えを改めた。もっと怯えたほうがいい。それで危険が避けられるならなおさらいいはずだった。

こんにちは、これから学校? と訊くと、少女は消え入りそうな声で、はい、とうなずく。そうかそうか、君たちも大変だね、と私は意味のない会話を続ける。少女は依然、はい、と目を逸らしてうつむいたまま、そこを動こうとしない。

私はため息。あまり説教臭いことはいいたくないのだが。

知らない人に話し掛けられて立ち止まっちゃいけないよ。君は逃げることを覚えるべきだ。この前みたいに危ない目に合わないように気を付けなさい。

顔を上げた少女に、行ってらっしゃいと小さく手を振って私は踵を返す。今のは大人っぽい振る舞いだった。子供を正しい方向に導いてやるとは私もなかなか捨てたものではない。

おかっぱの少女「あの……!」

振り向くとおかっぱ頭の少女は立ち去っていなかった。

おかっぱ頭の少女「私、ただ、お礼が言いたかっただけで……知らない人、じゃないですっ、このっ、前、助けてもらって、私、何も言わなくて、それでっ……」

目を上げて私を見る少女の顔は必死で、声を時折震わせながら言い募る。私としては、自分から変な人に近づくべきではないと言いたいのだが、少女の涙目の圧力につい言葉を失ってしまった。

わかったから落ち着きなさい。息を吸って。いいから。吐いて。もう一度。はい吐いて。落ち着いた? うん、よろしい。

はあ、と片手を胸に当てて深呼吸する仕草がなんとも言えない可愛らしさ。悪い大人に目を付けられてないだろうなこの娘……

きゅっと少女は胸に当てた手を握って、私と上目遣いに目を合わせて、

おかっぱの少女「あのっ、私、お礼がしたいんです……お菓子とか、作るの、好きなので……その……ご迷惑でなければ……」

私に少女の好意を無碍に出来るわけがなかったのだった。

そんなわけで今、この少女が家に上がっているのである。うちに椅子なんて上等なものはパソコン用のものしかないので、少女には床に直に座ってもらう。座布団を買っておいてよかった。金髪ギャルの小言もたまには役に立つ。

冷蔵庫からお茶のペットボトルを取り出して、少女の分と私の分を注ぐ。慌てて礼を言った少女が、わたわたと袋からタッパーを取り出して、

おかっぱの少女「昨日、言ったとおり、クッキーを、その……もし、嫌じゃなければ……その……」

私はもちろん頂いた。美味。惜しむらくはお茶がペットボトルのものだということ、これではせっかくのクッキーが引き立たない。でも紅茶とかは手間そうでなかなか手が出ないのだった。悩ましいところ。

そういえば名乗ってもいなかった。私が名乗ると、少女もまた名乗った。

そういえばついでに、なぜおかっぱが制服なのかを尋ねると、今日は学校の用事があるからと言って家を出たかららしい。見た目にも真面目そうな女学生に親に嘘をつかせてしまった。なんだか悪い道に引き込んでしまったような居心地の悪さ。

なんとなく話題を見失った感がある。おかっぱも膝をもじもじさせて、なんとなくそわそわしている。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:30より採用
ゾロ目なのでおかっぱコミュ続行です
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 21:41:13.03 ID:0KYbxCT2O
あんな時間に何してたのかをさり気なく聞いてみる
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 21:50:14.47 ID:juPV5PEDO
彼女の趣味を聞いてみる
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 21:52:55.89 ID:0Js8j8JcO
何かお菓子あるか探してくるからテレビでも見ていてと退室。付けるとAVが公開。
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/06(水) 22:32:44.14 ID:AoW4BhQ50
>>70採用


ダメだ、間が持たない。金髪ギャルみたいなタイプはとにかくひっきりなしに喋るのでこんなことを考える暇もなかったが、おかっぱのような内気な娘だとそうはいかない。一回りくらいは歳上なのだ、私のほうがリードしてやらねば。

……今までまともな人付き合いをしてこなかった私に出来るわけはなかった。おかっぱには間持たせにテレビでも見てもらって、私はなにかお菓子でも見繕おう。金髪ギャルが置いていったものがあったはず。

私はおかっぱにテレビのリモコンを渡してお菓子置き場(設置・管理:金髪ギャル。食べるのもほぼ金髪ギャル)へ。おかっぱに好みはあるのか、背を向けながら訊くが、応えが返って来ない。

ん? と思っていると、突然男女の喘ぎ声が聞こえた。間近に。テレビの方から。

AVをプレイヤーに入れっぱなしだった! しかも外れだったので途中で止めてそのまま寝たんだった。朝になったらすっかり忘れていた。

私は顔を真っ赤にしているおかっぱからリモコンを取り返してテレビ画面を消した。何も見なかったことにしてくれるか? 訊くとおかっぱはコクコクとうなずいたのでこの件はこれでおしまい。そういうことで。

気まずい沈黙、今度は明らかに私のせいだった。恥ずかしい……さっきまでの大人の威厳はどこに行ってしまったというのだ……これでもかって格好つけてたのに台無しである。

私はそそくさとおかっぱの持ってきてくれたクッキーを完食。おやクッキーがなくなってしまったねえ。おっと、気がつけばもうこんな時間だ、そろそろ昼ごはんにしなくては。おかっぱはこの後用事があるのかな? ない? なら気を付けて帰りなさい。変な大人に話しかけられても無視して決して相手をしないこと。いいね?

はいそれじゃあさようなら。さっき見たものについては内緒にしてくれると助かる。お願いします。


おかっぱコミュは終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:40より採用
(おかっぱ解禁まで 2回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ)


おかっぱ『はじめてああいうの見ちゃった……大人の人は皆ああいうもの持ってたり、ああいうことするのかな……すごいなぁ……』
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 22:53:39.23 ID:J63KIUGq0
ポニテ 外を歩いていると、迷子のおばあちゃんと話しているポニテと遭遇。引っ越してきて近くに不慣れなポニテを助けて、一緒におばあちゃんを案内することに
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 22:55:18.63 ID:bYVdouGvO
【年齢・属性】高校二年生
【身長】150
【髪型】黒髪ツインテ アホ毛付き
【容姿・身体的特徴】貧乳 小柄 普段の真面目モードの真顔とからかいモードのジト目ニヤニヤ顔を持つ
【男性経験】無(有りそうに振る舞う)
【恋人】無(有りそう(ry
【性格】誰にでも敬語で飄々としていて、からかい好き。基本攻め、受けには弱々。


電車に乗ると通勤通学ラッシュと遭遇。ぎゅうぎゅうになっていると女の子の痴漢被害目撃&犯人に嫌がらせをして撃退しつつ壁になってあげる。
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 23:04:19.68 ID:0KYbxCT2O
ギャルに言われたコンディショナーを買いにいくと何か少女に絡まれた

【年齢・属性】高校二年生 
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい
【身長】175
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 23:05:51.78 ID:0KYbxCT2O
ってコレもしかして追加ダメな感じかね
ダメだったら申し訳ない
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/06(水) 23:09:37.50 ID:AoW4BhQ50
>>74採用、コミュ続行の場合のみ新キャラ追加、別キャラ指定制限します
それ以外は基本的にいつでも新キャラ追加可です
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/06(水) 23:10:05.07 ID:AoW4BhQ50
風呂ー
これ書き溜めて今回はおしまいかも
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 23:10:56.07 ID:0KYbxCT2O
>>76
了解
理解力不足で申し訳ない
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/06(水) 23:14:53.52 ID:bYVdouGvO
一旦おつー
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/07(木) 02:07:58.22 ID:kr6LyoEG0
そういえばトリートメントを買うのをすっかり忘れていた。買っておかないと次に金髪ギャルが家に来たときに叱られてしまう。かなり早めの昼ご飯を済ませて、私は近所の薬局に向かうことにした。

売り場に並ぶ洗髪剤や髪のコーティング剤のボトルを矯めつ眇めつ。私にはどれも同じに見える。しかし高価いものは高価いな! 最安値のものと比べて倍はするぞ! とりあえず真ん中あたりの値段のを選ぶか? 安いので試すべき? うーむ。

「おいおっさん、さっきから何やってんだ棚の前で突っ立ってよ。あたしが買えねーだろ」

これは失礼、と横を見ると、髪を茶に染めた女子がカゴを片手に私を睨んでいた。私と同程度とは女子にしてはかなりの長身、眼光の鋭さはなかなかの凄味。これは相当な修羅場をくぐってきていることだろう。

私は素直に謝って場所を明け渡した。決してビビったわけではない。というかあの娘制服なのだが、今は平日の昼なのだが。ブラウスの前大きく開けて谷間見えてるのだが。だからどうだということはないが。

不満をかこっても仕方がない、別の買い物をしよう。髭剃りをサボるとこれまた五月蝿いやつがいるのでシェービング剤とカミソリの替刃を購入。あとは……と私は売り場の隅へ。

今日は自慰用のコンドームも補充しに来たのだった。最近はどうも心置きなく致せる時間に乏しいが、それでもストックは順調に数を減らしている。いざという時にすぐ事に入れるよう、暇のあるときに万全の準備をするのが私の自慰モットーだった。

しかし問題はサイズなのだ……Lサイズで太さはかなりギリギリピッタリなのだが、無駄に亀頭が発達しているので、少しキツさがあるのだ。かといってXLでは根本が余るし……やはりLにするべきか……

ヤンキーっぽい女子「早く選べよおっさん……どんだけ悩んでんだよ……」

これは失礼、と横を見ると、そこには先程のヤンキー娘が。さっきと違うのは私を呆れたように見ていること。これは私にとって大事なことなのだ。集中したいので少し待ってくれ。

ヤンキーっぽい女子「ああ? んなもん適当でいーだろーが……おら、これでアンタにゃ十分だろ?」

そう言って渡してきたのは極薄十枚入りと書かれた箱。裏を確認するとレギュラーサイズの表記。私は黙ってそれを吊り下げ直した。

仕方ない、とりあえずLを買っておこう。やめとけっておっさん、あたしが見てるからって見栄張んなくていーよ、とバシバシ私の背中を叩いてくるこの娘も大概おせっかいである。髪染めてるやつは皆こうなのか? 今度から染髪してる子には近づかないでおこう。

なんか手慣れてんのな、と娘はうなずいて、唐突に自己紹介を始めた。名前、高校二年生であること、今日は学校をサボっていること。

ヤンキー「いつもツルンでる奴らも捕まんなくてさ、暇なんだよな。おっさん、あたしと遊ばねぇ?」

遊ばない。私は洗髪剤のコーナーに戻って、中くらいの価格帯のものをカゴに入れる。いーだろおっさん、仕事中にも見えねーし、と付いてくるヤンキー。高校生にはわからないかもしれないが、無職には無職の時間の使い方があるんだぞ(ない)。

だいたい君と遊びに行ったら私が奢ることになるんだろう? 無職の人間にそんな事ができると思うのか?

いや、奢らせるつもりはねぇけどよ、と口をモゴモゴさせるヤンキーを尻目に私は会計を済ませる。大人をからかってないで、高校生なら高校生らしく、仲間内で遊んでなさい。

ヤンキー「あア?」

眉を吊り上げさせるヤンキー、おや、何かの地雷を踏んだ様子。私は戦略的撤退を決め込んだ。久々の全力疾走は百メートルと保たなかったが、ヤンキーが追いかけてくる気配はないので良し。

しかしこれ、明日筋肉痛になりそうだな……もし明日来なくて明後日来たらどうしよう……私の体、おっさん過ぎ……?


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/7 17:00より採用
(ヤンキー解禁まで2回)
(おかっぱ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ)


ヤンキー『んだあのおっさん、ヒトがせっかく誘ってやってんのによ。ムカつく』

ヤンキー
【年齢・属性】高校二年生 
【身長】175
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい
【髪型】茶髪、ボブ(コスプレのため)
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
【備考】男の価値はセックスだ! チンコでしかない男に自分をノせるためのコスプレ=非日常、ハマり込むためのなりきり=それが自分でないならいくらでもハマれる。変身願望はそれが本当は自分だったらいいのにという憧れ
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/07(木) 02:09:50.03 ID:kr6LyoEG0
ヤンキーの髪型の指定がなかったのでこちらで埋めました、金髪ギャルがいるのでヤンキーは茶髪ということに
寝ます
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 09:01:41.11 ID:5CWV6ss9O
おつ
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:07:24.24 ID:zEnFhXSBO
ポニテ 外を歩いていると、迷子のおばあちゃんと話しているポニテと遭遇。引っ越してきたばかりで近くに不慣れなポニテを助けて、一緒におばあちゃんを案内することに
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:24:22.15 ID:HsXP32kbO
【年齢・属性】高校二年生
【身長】150
【髪型】黒髪ツインテ アホ毛付き
【容姿・身体的特徴】貧乳 小柄 普段の真面目モードの真顔とからかいモードのジト目ニヤニヤ顔を持つ
【男性経験】無(有りそうに振る舞う)
【恋人】無(有りそう(ry
【性格】誰にでも敬語で飄々としていて、からかい好き。基本攻め、受けには弱々。


電車に乗ると通勤通学ラッシュと遭遇。ぎゅうぎゅうになっていると女の子の痴漢被害目撃&犯人に嫌がらせをして撃退しつつ壁になってあげる。
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:29:11.24 ID:0UuXle2n0
ポニテ 外を歩いていると、迷子のおばあちゃんと話しているポニテと遭遇。引っ越してきたばかりで近くに不慣れなポニテを助けて、一緒におばあちゃんを案内することに
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:33:04.84 ID:HsXP32kbO
同じの2回貼ったら数字安価禁止の意味が無くなるのでは
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:45:28.65 ID:GJQehzwDO
金髪ギャル

最近できたお洒落なスーパー銭湯に一緒に行ってみないと誘われる
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:46:33.94 ID:Wr3I1CLd0
>>84
結局自分が気に入らないから文句言ってるだけだよなコイツ
自分に甘くて他人に厳しい
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 17:52:05.73 ID:kr6LyoEG0
安価が同内容でかぶった場合はどうしようかな……
そのまま有効にするか、コンマの平均をとってひとまとめにするか……
ちょっと用事なんで出掛けます
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 18:01:44.90 ID:HsXP32kbO
>>88
これOKにしたら単発がコピペして高コンマ取るまで貼るとか3つ全て埋めるとかそういうのやる気がするから…
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 18:46:01.85 ID:kr6LyoEG0
やっぱ平均とるのも不公平感があるので、同一内容の安価が並んだ場合は最初のもののみを対象とすることにします
今回は>>83を安価対象として、>>83>>84>>87から高コンマを採用することになります

そういうわけで>>87採用です、書き溜めます
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/07(木) 19:20:30.68 ID:kr6LyoEG0
書き溜めようと思ったんだけど構想でつまずく……
二人っきりのがいいんだろうけど、それだと主人公(『私』)は友達と行けって一蹴するんだよな、友達の都合が悪いって言ってもじゃあ都合の合う日に行けよって話で
なので、友達同士(女子)でスパ銭に行く足として誘ってるということにします(もう誘っちゃったんのでお願いしますと強請れば墜とせる)

金髪ギャルの同行者の人数を安価ください
また同行者をモブでなくネームドキャラとして設定したい場合は、人数と一緒にキャラシートも載せてください
↓1〜3高コンマ、19:35より採用します
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 19:37:02.54 ID:sIlICIpw0
同行者三人

【年齢・属性】高校2年 ギャルの近所のお姉さん(姉じゃない)
【身長】158
【髪型】黒のセミロング(運動時はまとめている)
【容姿・身体的特徴】実年齢より幼く見える、やや童顔。隠れ巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いる(幼馴染。ラブラブ)
【性格】元気で一途な剣道少女。根はしっかりものの頑張り屋
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 19:50:30.24 ID:I+08p6BE0
同行者2人
【年齢・属性】中学2年 アメリカからの留学生
【身長】163
【髪型】金髪ロング
【容姿・身体的特徴】碧眼 かなりの巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いない
【性格】寡黙でクールな印象だがだが、実際はのんびり屋で天然 
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 19:52:52.64 ID:vk42ArQTo
2人
【年齢・属性】中学2年生
【身長】145
【髪型】オレンジショート 前髪ヘアピン
【容姿・身体的特徴】日焼け褐色 巨乳 八重歯
【男性経験】無
【恋人】有
【性格】 ノリが良く怖いもの知らず

【年齢・属性】中学三年生
【身長】142
【髪型】桃髪サイドテール
【容姿・身体的特徴】ツリ目 巨乳 色白ムチムチ
【男性経験】無
【恋人】有
【性格】生意気 友達以外には手厳しい反応
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 19:54:49.75 ID:GJQehzwDO
同行者1人
【年齢・属性】中学二年
【身長】149
【髪型】黒髪セミロングで片方だけ目を隠している
【容姿・身体的特徴】寸胴体型 オッドアイ
【男性経験】処女
【恋人】いる(ただしネトゲだけの付き合い)
【性格】中二病の残念美人
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 20:10:31.98 ID:kr6LyoEG0
しまった安価の仕方間違えた、キャラシート安価で一レスで二人採用はルール違反
というか>>3の文章おかしいな、「新キャラ登場安価でキャラシ採用は一レスにつき一人まで」って書きたかった
こっちで同行者数決めてからキャラシ採用すればよかったな……どうしよ

僕のミスなんで>>93-95までの4キャラ採用ってことでもいい?
「金髪ギャルと幼馴染二人が留学生に日本文化教えるって体でスパ銭に誘って、足役に主人公(『私』)を誘って、それを知った近所のお姉さんがお目付け役に来た」
的に進めます

安価スレの運営がまずくて申し訳ない、投下前宣言もすっかり忘れてたし
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 20:16:27.80 ID:vk42ArQTo
人数分作るかと勘違いした すまんちゃい…
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 20:19:12.11 ID:sIlICIpw0
了解です
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/07(木) 20:32:32.93 ID:GJQehzwDO
了解です
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/08(金) 00:54:07.91 ID:Awu1XZrw0
私はヘロヘロになりながら帰宅した。たかが十秒ほども思ったように動けないのか。深刻な運動不足である。せめて有り金が尽きるまでは健康的に生きたいものだ。どうせ時間は有り余っているのだから、これからは暇な時に体を動かすことにしよう。

とりあえず風呂に入ってサッパリ。夕食もまだだが今はベッドに倒れ込みたい気分、と横臥する。至福のひととき。たまには運動もしてみるものだ。

と、私が意識を緩めているのに、無粋な着信音。ええい、また金髪ギャルか。そろそろブロックもありだな。だがブロックしたらすぐ家まで文句言いに来そう。面倒だな……

通知に曰く、今度の土曜日、いっしょにスーパー銭湯に行かないか、とのこと。行くわけないだろう。それこそ友達と行けと返信。

返信に曰く(装飾過多で読みづらい)、駅から遠いので電車では行きたくない、だが友達も呼んだので絶対に行きたい、だが運転してくれる人がいない、という。

金髪ギャル文『お兄さんだけが頼りなんですよ〜、お願いしますっ』

何卒、と床に手をついて頭を下げている謎生物(白猫?)のスタンプ。そう言われると私としても悪い気はしない。だが問題は、私が車を持っていないことだった。いやぁ残念だなー、金髪ギャルの助けになれなくて。

金髪ギャル文『レンタカーとかあるでしょー? お願いしますよぅ、レンタカー代はこっちで持ちますからぁー』

……ちょっと待て、何故そこまでして私を誘おうとする? 私は電話をつなげて直接問い質すことにした。何を企んでいる。正直に言えば考えてやらんでもない。

金髪ギャル『実は友達にぃ、足役には宛があるから大丈夫って言っちゃった☆ 友達もチョー乗り気でぇ、留学生の子も誘っちゃったし、これは断れないなぁーって』

……ちょっと待って。私の存在を話したのか? 友達に? 一体なんて説明したんだ?

金髪ギャル『そのままですよ? 私が最近お世話してあげてる、近所に住んでるお兄さんだって。そしたら絶対連れてこいってうるさくてー』

言い方ァ! 犬猫じゃないんだからそんな説明したら、私、ただの怪しい人! それは友達も連れて来いっていいますわ!

いや待てよ。ここで私が行って、金髪ギャルの友達たちに怪しいヤツ認定されれば、金髪ギャルが私と接触するのを妨害してくれるのでは……? そうなれば私には安息の日々が戻ってくるのでは? コンドームやネタの隠し場所とか考えなくてはいいのでは?

私は仕方ないな、という体で引率役を引き受けてやった。大人の役割としてレンタカー代は私が払うことにする(スパ銭の入場料は各自払ってもらうが)。これで最後になるのなら多少は甘い顔も見せてやろうというもの。

そして土曜日、約束の時間は昼過ぎ、この時間からならお昼ご飯を食べに行くこともないので私によし。タカられてはかなわない。

レンタカーで待ち合わせ場所へ。駅前を指定したのは私だった。金髪ギャルは自分の自宅前にしようとしていたが、あいつはきっと馬鹿なのだと思う。

待ち合わせ場所に到着。外に出て金髪ギャルを待つ。ほどなくして金髪ギャルの挨拶が耳に突き刺さった。周囲がザワザワしているのは気のせいではないと思う。

金髪ギャルが引き連れているのは四人。比較的背の高い女子が二、金髪ギャルよりも背の低い女子が二。

それに私と金髪ギャルの計六人で車に乗り込むことになる。六人乗りだと車のレンタル料が跳ね上がるとは知らなかったので、今更、レンタカー代の負担を申し出たことを後悔していた。

黒髪セミロングの女子「今日はスーパー銭湯に連れて行ってくださると聞いています。中学生だけでは不安なので、私が付き添いに。よろしくお願いします」

オレンジっぽい茶髪ショートの女子「へぇー、これがウワサの『お兄さん』……思ったよりフツー? ぽい? ま、いいや、お願いねー!」

ピンクっぽい茶髪サイドテールの女子「たしかにフツーっぽいけどぉー、そういうのに限って変態とか多くない? 絶対そーゆータイプだって! キャハハハっ!」

金髪碧眼外国人の女子「……よろしく……」

名乗ってくれたのは外国人の娘だけだった。留学生なのだという。こんな状況で仲良くしようとしてくれるなんていい娘だなあ。

はいよろしく、と私は軽く自己紹介。自分が無職で時間があるから足役を引き受けたと強調すると、私を見る女の子たちの視線が露骨に厳しくなる。いいぞいいぞ。こんな胡散臭い男を友達に近付かせたくないだろう。期待しているよ。

私は五人の少女を車に収容して運転を始めた。
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/08(金) 00:54:54.03 ID:Awu1XZrw0
車内で口火を切ったのは真っ先に助手席に座った黒髪の女子だった。五人の中で唯一の黒髪、いかにも優等生っぽい生真面目な風貌はどこか幼くもある。

黒髪セミロングの女子「現在は無職ということですが、あの子とはどこで知り合ったんですか? そもそも遊びに行くのに車を出してくれるとは、いったいどういう関係なんですか」

おぉい、私達ってどういう関係なんだ? 私は後ろで友人たちとはしゃいでいる金髪ギャルに回答を丸投げした。

金髪ギャル「えーっとぉ、ちょっと話す機会があって、お兄さんがマトモにご飯も食べないみたいな生活してるから、放っておけなくなって? 的な?」

うわチョーヤサシーじゃん! え、なに、そんなキャラだっけ? ウケるぅー。後ろで声(二人分の声だがどちらがどちらかは不明)

金髪ギャル「いやいやぁ、ウチ犬飼ってるから、そーゆーのほっとけなくてぇ」

犬扱いかよー! アハハハハ、ウケるー! ペットだペット、年上の男をペットにするとかマジやばくない? 遊び行くから足させるとかマジ調教済みじゃん!? アハハハハハ!

そういうことらしいよ、と私は横の座席の少女に言う。……狙い通りに私の評価は地に落ちている。でもこれ、普通に凹むな……これだけ悪く言われると普通に辛い……

助手席の少女はそれ以上何も言わなかった。もしかしたら私の袋叩きっぷりに同情したのかもしれない。

赤信号でそっとバックミラーを調整して後ろの様子を盗み見る。金髪ギャルはほか二人と楽しそうに笑っていたり(私の話題だったり、他の話題だったり)、隣で窓の外を眺めている留学生に話しかけて、何やら教えていたり。

青信号。私はバックミラーを戻して運転を再開する。

件のスーパー銭湯は車なら割合近いところにあった。車があれば仕事帰りにちょっと足を伸ばして通うことも出来るだろうか。いずれにせよ、今の私には縁遠い話だった。

駐車場に車を止めて、私は金髪ギャルに、スーパー銭湯を出る前に連絡をするように言った。周りが降車準備をする中、金髪ギャルはキョトンとした顔。

金髪ギャル「え? いっしょに行かないんですか?」

それはそうだろうと私は首をかしげる。私は単なる運転係なのだから、中まで付き合う必要はないだろう。帰りもちゃんと送ってやるから安心しなさい。

金髪ギャル「えーっ、ここまで来たんですからいっしょに入りましょうよぉー、せっかく水着も買ったんですから」

私の肩を両手で掴んで揺さぶる金髪ギャル。水着? なんのために?

聞けば、場内には水着スペースがあって、男女混合でも銭湯が楽しめるのだそうな。水着で入れるカフェもあるらしい。

ふぅん、と私は気のない返事。残念だけど私手ぶらだし。

レンタルとかもあるはずですから、とあくまで食い下がる金髪ギャルを諭すように言い聞かせる。金髪ギャルはいいとしても、他の娘は私に水着姿を見られたくはないだろう。あの娘らにとっては、私はただの知らない男だぞ? かわいそうだろう?

皆はいや? と面々を見渡す金髪ギャル。いえ私は別に、と黒髪女子。どうでもいいけど早く中入りたいでーす、とピンク髪。えー、じゃあわたしも、とオレンジ髪。留学生は無表情に首を傾けるだけ。

金髪ギャル「ほら、水着なんて海とか行ったら誰にでも見せるんですし、そーゆー自意識過剰はキモいですよっ。ワガママ言わないで早くする!」

埒が明かないと悟ったのか、一旦外に出てから運転席のドアを開けて私を引きずり出そうとする金髪ギャル。私はため息をついて、金髪ギャルの駄々に降参した。
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/08(金) 00:56:46.34 ID:Awu1XZrw0
館内で受付を済ませて水着をレンタル(有料)、いざ更衣室へ。別に私だけ室内風呂に入って休憩室で時間を潰すこともできたが、それをすると金髪ギャルが探しに来かねないので素直に水着に着替えて水着スペースに入った。

それにしてもどうして金髪ギャルは私とこうも遊びたがるのか。行動原理が不明である。オープンして日が浅いためか、休日の昼はかなり混雑している。浅い水面に足だけを中に浸けて金髪ギャルを待った。

金髪ギャル「お待たせしましたー♪」

やって来たのはビキニ&ビキニ&ビキニだった。一瞬で私は事態を認識、皆年の割に胸デカイな! 若さ弾ける肌の輝きに私は目をやられた。似合ってる似合ってる。かわいいヨー。

金髪ギャル「もう、ちゃんと見てないでしょー? ほらほら、似合ってるでしょ?」

あんまり近づくんじゃないよ、体が当たるだろう。当ててんのー♪ 当てるなって言ってるの私は。

留学生「これがニッポンの文化……ハダカのツキアイ……ワビサビ……」

いやそれは違うと思うが……何を教えているんだ金髪ギャルは。私が横目で睨むと、金髪ギャルはてへっと舌を出して笑う。この娘が間違った文化を吸収して国に帰ったらどうするつもりなのだ。

めいめいが湯に入ってくるのを、私は虚空に固定した視界の隅で認める。これは一種の処世術である。実際の視界に入れると障りがあるので。

もうっ、という声と同時に顔をおそらく手で挟まれて、強引に下を向かせられる。目に飛び込んできたのはビキニに支えられた胸の谷間、まっすぐ下に辿ったところにあるへそ、ビキニパンツはさすがの面積の少なさで、若く美しい肌を存分に見せつけてくる。

金髪ギャル「感想は?」

小首を傾げる金髪ギャル。よく似合ってるよ。他には? かわいいですね。他にはどうです? 他? 他、他……あ、水着が可愛いとか。

金髪ギャル「ま、お兄さんにしてはいいでしょう。お兄さんが流暢に女の子を褒められるわけもありませんしぃー」

腹立つなこいつ……足でお湯を蹴って金髪ギャルに掛けてやると、金髪ギャルは仲間を呼んで一方的にお湯を蹴ってきた。多対一とは卑怯な。

オレンジっぽい茶髪ショートの女子「あれー? 私達には何もないんですかぁ? ほらほら、滅多に見られないJCの生水着っすよー?」

ピンクっぽい茶髪サイドテールの女子「アハハハやめなよ、視姦されんじゃ〜ん、マジキモー」

金髪ギャル「ねー、世話が焼けるんだからぁ」

こいつらホントにムカつくぅ……いつか覚えてろよ……

しばらく遊んでから水着可のカフェで休む。金髪ギャルたち三人は連れ立ってトイレに行った。残った留学生と黒髪の娘に内緒でかき氷を奢ってやった。ザクザクと細かい氷塊を口に運ぶ。まだシーズンには早いが、気の早い水着の今にはちょうどよかろう。

オー、ジャパニーズカキゴーリ……これが……と感動している様子の留学生。そんなに喜んでくれるなら奢った甲斐もあったというもの。

黒髪セミロングの女子「私、貴方のことを少し誤解していたようです。あの子が運転役を近所のお兄さんに頼むと言うので、なにかよくない関係なのかとも思いましたが」

あの子があんなに懐いているなら心配ありませんね、と黒髪の娘は頭を下げる。おや? 話の風向きがおかしいぞ。

黒髪の娘は自分の名前を明かして、

剣道少女「あの子とは小さい頃からの付き合いで、私はお姉さんみたいなものなんです。なので、一応訊いておきますが」

きっ、と鋭い眼光に射抜かれる。殺気立った気迫に肺が凍りついたよう。

剣道少女「あの娘とは疚しい関係ではないのですね?」

違いますお姉さん。あいつが勝手に家に上がり込んでくるんです。お姉さんからもなんとか言ってください。

剣道少女「……まぁ、嘘ではないようなので今日のところはいいです。あの子を悲しませたくないので、あの子と無理に離れろとは言いませんが、くれぐれも節度のある付き合いをお願いします」

はいこちらこそ。言うと、やっと剣道少女の体から剣幕が抜けていく。私は全身に冷や汗をかいて冷えた体で、溶けかけたかき氷を掻き込んだ。

そこに金髪ギャルが帰ってきたので、結局全員分のかき氷を奢らせられた。

その後は岩盤浴に行ったり、ゲームコーナーで遊んだり、またお湯に入ったりした。意外にも堪能してしまった……

一通り回ってから帰ることにした。女子らをまた駅まで送って、レンタカーを返却して帰宅。一回りは下の女の子に囲まれてさすがに気疲れしたのか、ベッドに入ってからすぐ寝付いてしまった。
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/08(金) 01:04:01.05 ID:Awu1XZrw0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/8 17:00より採用
(金髪ギャル解禁まで3回)
(ヤンキー解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド)

※剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイドは初登場なので今回は指定可とします、金髪ギャルは指定制限の対象とします


金髪ギャル『ねー、うちの子素直じゃなくて世話焼けるのー♪』

剣道少女『悪い人ではないようでよかったです』

留学生『ンー、ニッポンの文化、楽しかったですねー』

オレンジショート『つーか金髪ギャル、あの男とどういう関係なの? 年上趣味? でもロリコンおっさんとか勘弁だわキモー』

桃髪サイド『(どうでもいい存在と思っている)』


剣道少女
【年齢・属性】高校2年 ギャルの近所のお姉さん(姉じゃない)
【身長】158
【髪型】黒のセミロング(運動時はまとめている)
【容姿・身体的特徴】実年齢より幼く見える、やや童顔。隠れ巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いる(幼馴染。ラブラブ)
【性格】元気で一途な剣道少女。根はしっかりものの頑張り屋
【備考】一度仲良くなった相手はどんな事があっても見捨てない。普通にいい子。だけどそういう清純な子を悪い道に引きずり込んで葛藤してる様を眺めるのって楽しいよね?

留学生
【年齢・属性】中学2年 アメリカからの留学生
【身長】163
【髪型】金髪ロング
【容姿・身体的特徴】碧眼 かなりの巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いない
【性格】寡黙でクールな印象だがだが、実際はのんびり屋で天然
【備考】日本の文化に興味(非オタク)。日本語があまり堪能ではない。性観念は奔放な潜在ビッチ

オレンジショート
【年齢・属性】中学2年生
【身長】145
【髪型】オレンジショート 前髪ヘアピン
【容姿・身体的特徴】日焼け褐色 巨乳 八重歯
【男性経験】無
【恋人】有
【性格】 ノリが良く怖いもの知らず
【備考】友達がいないと何も出来ない。彼氏ともなんとなくで付き合った。同調圧力、薄い個我、場に流される、自分の確固とした意志がない

桃髪サイド
【年齢・属性】中学三年生
【身長】142
【髪型】桃髪サイドテール
【容姿・身体的特徴】ツリ目 巨乳 色白ムチムチ
【男性経験】無
【恋人】有
【性格】生意気 友達以外には手厳しい反応
【備考】女王様タイプ。望むものは親から何でも与えられて、望まないものは親が何でも排除してくれる環境。自分に絶対の自信。友達以外は虫けらか石程度。世界で自分だけは何をしても許されると思っている
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/08(金) 01:09:49.88 ID:Awu1XZrw0
長くなっちゃった割に新キャラの出番が薄くなっちゃった……ごめんよ留学生……さすがに新登場キャラ四人一気は僕の力量では無理があった感
まあとりあえずオレンジショートと桃髪サイドが嫌な女で、剣道少女と留学生がいい子(留学生はヘンな子)だということが伝われば
寝ます

(主人公(『私』)がどんどんギャグに偏りだしている……おかしいな……)
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 03:59:04.51 ID:86hD5hyYO
おつおつ
ショートサイドコンビを躾ていきたいね
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 11:53:01.69 ID:TyuViVi7O
乙です
今回は相手がいる子も攻略対象になるのね
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 14:11:25.63 ID:9NCNFlS+0
おかっぱの霊圧が……消えた……?
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 14:13:53.77 ID:CXn7WlHfO
ポニテとか剣道少女とかの真面目勢とある程度打ち解けさせて、そこから家族の縁とかで主人公に職の斡旋してあげたい
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 15:03:25.64 ID:AYf137VfO
外スマホからなんでID違うけど>>1です

おかっぱが死んだ! このひとでなし!
指定可ヒロイン、下記に変更ください
(指定可:おかっぱ、ポニテ、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド)
新キャラも可、17:00よりよろしくお願いします
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 17:03:59.88 ID:7yt5ILYwO
ポニテ 外を歩いていると、迷子のおばあちゃんと話しているポニテと遭遇。引っ越してきたばかりで近くに不慣れなポニテを助けて、一緒におばあちゃんを案内することに
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 17:11:31.47 ID:yIweYzrDO
桃髪サイドに金髪ギャルとどういう関係なのか詰め寄られる
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 17:13:19.22 ID:zvjU9kCk0
おかっぱ
以前見たAVが忘れられずもう一度見せてくださいとお願いされる
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 17:28:04.52 ID:Awu1XZrw0
(ゾロ目二つ……やべぇよやべぇよ……)
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/08(金) 17:48:06.67 ID:Awu1XZrw0
シナリオ決定、ソロ目なんでボーナス入ります
都合上、迷子のおばあちゃんはおかっぱ祖母ということにします、ご了承ください(おかっぱが『私』の家を訪れる理由付け)
書き溜めます、ちょっと用事があるので更新は遅れると思います
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/09(土) 00:31:24.17 ID:MQvO2Zq00
0:40より投下開始します
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 00:40:17.09 ID:MQvO2Zq00
>>111>>113採用


今日は日曜日、清々しい朝である。運動不足解消にはもってこいの天気。朝食後、軽装に着替えていざ公園へ。少し足を伸ばしたところにある大型公園がジョギングコースとしては最適だろう。

現地に到着、いきなり走り出しては体がついていかないので、入念に準備運動とストレッチ。私ももう若いとは言えなくなってきているのだ。……私のような人間でも、わずかとは言え老いを感じられる年まで生きてこられるとは。

そんな事を考えながら私はゆっくりとしたペースで走り出した。

思っていた以上に体は鈍っていたらしく、十分も経たないうちに私はジョギングからウォーキングに事実上移行していた。全身から噴き出した汗が気持ち悪い。タオルで拭いても肌にベタついた感じが残ってなおさら不快だった。運動不足極まれり。

持参したペットボトルの水を飲み飲み、公園内の道を歩いていく私の横を、私より数十は年上の人達が駆け抜けていった。皆さま健康的で何より。

木々の緑に囲まれた道、池の周りの清冽な空気、ただのウォーキングでも飽きることはなかった。日を浴びて体を動かすのも悪くない。自販機から飲み物を買い足して、昼近くまで園内の散策を続けた。

満足……。全身の心地よい疲労感。家に帰ったら風呂に入って、昼ご飯を少しつまんで横になろう。最高の昼寝になること間違いなし。今後もジョギング(ウォーキング)は続けていこう。

ポニテ「んー、私もこの辺りにまだ詳しくないのでなんとも……あっ」

公園から出ようとしたところで見知った顔を見つけた。ポニテが年配の婦人と何やら話している。どうやら困りごとのようなので、どうせ暇な身の上である、少し首を突っ込んでみることにした。

聞けば婦人は息子夫婦の家に向かう途中なのだという。いつもは駅まで車を出してもらっているのだが、今日は歩いて向かうことにしたらしい。息子との会話の中で脚力の心配をされたのだという。売り言葉に買い言葉、道も記憶にあると言ってしまった手前、迎えを寄越してもらうのは嫌なのだとか。

――ということで大旨正しいと思う。年配の婦人の会話は概して長く、息子夫婦の愚痴や自慢、自分の地域サークルでの活動などあちこちに話題が飛ぶので要旨を掴むのが難しい。

目印になるようなものはないのか訊くと、それがこの大型公園なのだという。

ポニテ「私もこっちに引っ越してきてから日が浅くて。なんとかお婆ちゃんを案内してあげたいと思ったんですけど……」

ふむ。一番手早い方法は婦人に意地を張るのをもらい、素直に息子夫婦に連絡することだった。息子夫婦も憎くて言っているわけではない、一言謝れば関係も悪くならないだろう。

だがそれは婦人の望む解決法ではない。結局、道がわからなくてポニテに訊いている以上、他人を巻き込むつまらない意地など、本来は私の知ったことではない。が、ポニテは婦人の話を聞いた上で家まで案内してあげたいと言う。

私は婦人から使用している駅を聞き出し、スマホで駅と公園の位置を照合。次に、車で送迎中、公園は道のどちら側にあったかを訊く。公園に沿って道を曲がったかという質問には、公園はそのまま通り過ぎてしばらく進んだ先をいくつか曲がったところだという。

駅から公園までは道一本で通じている。つまり駅を南、公園が北として、道を真っ直ぐ北上した後、どこかで分岐したのだろう。

私はため息。私ならある程度までは道を教えられる。どうせ私は無職なので、暇な時間だけなら無限にある。ここは隣人の誼でポニテを助けると思って、婦人を息子夫婦の家近くまで案内してあげることにしよう。

私の申し出に、婦人はあら悪いわね、と当然のような反応。少しは申し訳ながったらどうだと言いたくなったが我慢。これは婦人を助けるためではない、お人好しのポニテを助けるためだと自分に言い聞かせた。

ポニテ「いいんですか? すみません、せっかくのお休みなのに無理を言ってしまって」

私は鷹揚にポニテの謝罪を受けた。ポニテの髪の一房でも食わせてやりたい、少しはこの婦人も改心することだろう。

私が先導する形になって公園の外周に沿って歩く。婦人がのべつ幕なしに喧しいのに、ポニテは笑顔で受け答えしている。私より随分年下なのに、私よりもずっと人間が出来ている。私もこれを見習う努力をしていれば、少しは違った未来があったのだろうか。

公園を離れて道を北上、婦人によれば車でしばらく進んだ先を曲がったとのことなので、歩きなら少しかかる距離だろう。婦人の記憶を尋ねるが、ガソリンスタンドか何かが曲がる前にあった、という程度の薄い記憶だけ。

私は少し考える。ガソスタの見当は付く。だがその先は? 道を虱潰しに回るのか? 婦人の覚束ない記憶を頼りに? 婦人のくだらないプライドのために、親切心から付いてきてくれたポニテを連れ回すのか?

そんなわけがなかった。ガソスタを越えて少しした辺りで私は婦人たちに休憩を提案、婦人も歩き疲れたのだろう、二つ返事で承諾した。

適当なカフェに入る。適当に注文をいれて、私は婦人に宣告した。ここから先は案内できない。ご家族の方に迎えに来てもらえ、と。

婦人は抵抗を示したが、公園からここまで二十分程度は歩いた。駅からの距離も換算すれば、車ならここまで十分掛かるか掛からないか、というところ。息子夫婦が迎えに来るとして時間は大してかかるまい。

ここまで歩いてきたのだから貴方の健脚ぶりは誰が見てもわかるでしょう。細い道を覚えていないのは当然です、いつもは車で、こうして歩いたことはないわけですから。貴方の健康は息子さんたちにとっても喜ばしいことです。連絡をとって差し上げればよろしい。

私は婦人を言い包めることに成功した。ポニテの、「私もぜひ息子さん夫婦にお目に掛かってみたい」という援護射撃が効いたのかもしれない。ポニテも意外に口車に乗せるのが上手い。

私の視線に気づいたポニテが照れたように笑った。
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 00:41:43.67 ID:MQvO2Zq00
私はここでお暇しようとしたが、婦人がぜひと止めるので仕方なく残った。連絡の結果、どうやら婦人の孫が迎えに来てくれるのだそうな。婦人の孫自慢を受け流すこと十分かそこら(主にポニテが)、ドアの鈴が鳴って、婦人があらこっち、と手を上げた。

おかっぱ「お祖母ちゃん……と……え……」

私を見て顔に血を上らせていくおかっぱ。そういえば間違ってAV見せてから初対面だった。そうか、この婦人がおかっぱの祖母だったか……道理で孫自慢の中に、真面目だとか素直だとか、言うことをよく聞くだとかが入っているわけだ。

ポニテ「……? お孫さんとお知り合いですか?」

そうじゃないよ、と私は嘘をついた。AVのことは当然言えないし、夜道で酔っ払いから助けたことも、おかっぱが親に知られたくない様子なので言えない、その礼として家にクッキーを作って持ってきてくれたことも更に言えない。中学生を家に呼ぶとは何事だと言われれば返す言葉がないので。

男の人に慣れてないだけだろう。言った私の顔に、じぃっとポニテの視線が刺さるが、ポニテはそれ以上の追及はしなかった。助かった。

何も気付いていない様子の婦人が、黙ってうつむくおかっぱと退店したので、私も帰ることにした。ポニテも同道。

道すがら、おかっぱとの関係となぜか金髪ギャルとの関係も蒸し返して同時に追及されたので私はなんとか誤魔化した。中学生女子を独身男性の家に日常的に上げていると知られるのは私としても避けたい。それも複数となれば疑惑は限りなく黒である。

私はこうして隣人に怪しまれながら生活していくのか……別に私に守るべき社会的信用などないので構わないといえば構わないのだが。金髪ギャルたちに伝えて、なるべく家に来させないようにしよう。とくに金髪ギャルに。

そんなことをしているとアパートにやっと着いたので、私はポニテの目から逃れるように部屋に入った。金髪ギャルに、隣人に怪しまれているからもう家に来るなと一報。これでわたしの生活の安寧は保たれるだろう。

矢のような通知を私は無視。さて時間はとうに昼を回った、さっきのカフェで軽食をつまんだので、さっさと風呂に入って昼寝してしまおう。今日はなかなか有意義な一日だった。明日もこうだといい。

チャイムの音で目が覚めた。窓から差し込むのは夕陽、時計を見れば夕刻と言っていい時間。思いのほか長く眠ってしまった。はい、と返事をして玄関に。聞こえたのは小さな声、私です、とその娘は言う。

おかっぱ「こ、こんにちは……今日のお礼に、その……お祖母ちゃんの……」

わざわざ家までいいのに、と私は笑ってしまった。おかっぱもその年から律儀だこと。おかっぱをそのままにもできない、私はおかっぱを家に入れた。そういえば寝る前になにか決意した気もするが何だったか。忘れるくらいだから大したことではないのかもしれない。

今日のおかっぱは手ぶらである。祖母が来ているのならいっしょに夕食を食べたりするのではないか? 訊くと、おかっぱは図書館で勉強する、ということに出てきたらしい。ちょうどおかっぱの学校でも中間試験結果が帰ってきた頃合い、普段真面目にしているからこんな嘘でも誰も疑わないのだろうか。

あまり嘘を付くのは感心しないが、と言うと、おかっぱは肩をビクッと震わせる。わざわざお礼を言いに来てくれてありがとう、と続けると、おかっぱの顔がそっと上がって私を盗み見て、私と目が合うとまたうつむいた。実に可愛らしい。

私はお茶とお菓子を出して、おかっぱに少ししたら帰りなさい、と言いつけるが、おかっぱは両手を膝の上でぎゅっと握って、肩をこれでもかと緊張させている。一体どうしたというのだ。

あの、と勢い込んで声を上擦らせて、おかっぱは、

おかっぱ「ああいうのって……! お、大人の……人なら、その、誰でも……」

ああいうの。おかっぱの茹でダコになった顔。羞恥を必死にこらえている様子。

AVに興味があるの? おかっぱは両目を閉じてうつむいたまま、小さくうなずいた。

ふぅん、という私の声は素っ気なかっただろう。おかっぱは目を瞑ったまま。よく知らない男の家に一人で来ることの意味。その男に、あまつさえAVを見せてほしいと頼む意味。これから起こるかもしれない危険。

おかっぱは何もわかっていないのだろう。幼気な少女。この娘の未来は何色だろうか。光に満ち溢れているのだろうか。親がいて、祖母がいて、学校には友人もいることだろう。私とは違って。

いいよ、と私が答えると、おかっぱは目に見えてホッとした。私はテレビの電源を入れてプレーヤーをセット。

ほどなく上映が始まった。最初はありがちな女優インタビュー。際どい質問に女優が答えていくのを、食い入るように見つめているおかっぱ。

私はおかっぱの肩に手を回した。身を竦ませるおかっぱに、ちゃんと画面を見るように言う。女優と男優が熱いキスをし、服を脱がせあいって下着姿になって、女優が男優のパンツの上からソレを擦る。

今あの女の人が何を触っているかわかる? あれは男性器。男の人なら誰でも付いているもの。当然私にも。何のために男の人には男性器が付いていると思う?

言いながら私はおかっぱの脇腹を抱くようにする。ブラウスとキャミソールの下、おかっぱの薄い肉付きが服越しに伝わる。肋骨の凹凸に指を這わせると、おかっぱの体が震えているのがわかった。

男の人のを女の人が咥えたね。ああやって前後に顔を動かして男の人を気持ちよくするんだ。男の人が女の人のパンツの中に手を入れたね? 中に何があるかわかる? 女の人が気持ちよさそうにしているけど。おかっぱ?

君にもあるだろう。

囁いて、私はおかっぱの肩を押した。まるで紙細工でできた人形のように、軽い力だけでおかっぱはあっけなく床に倒れた。私を見上げるおかっぱの目と視線が交錯した。何もわかっていない顔。現実を受け止められなくて感情が希薄になった瞳。

男の家に、一人で、誰にも言わずに来ることがどういうことか、本当にわかってなかったのか? 私はおかっぱの震える顎に手を添えてそう言った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、0:55より採用
ゾロ目のためおかっぱコミュ続行です。これからの行動、展開を安価ください
なお、いずれにしても、何らかの形でポニテにバレます(ゾロ目補正)、留意ください


ポニテ『悪い人じゃないんだろうけど、どうして小さな女の子ばっかりと接点があるの……? やっぱり何かあるのかな?』

おかっぱ『――(思考停止中)』
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 00:55:19.72 ID:1dagK2qWO
体を離して優しく慰めたあと、おかっぱに自分の行動の危険性を教えるようにやんわりと諭す
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 01:05:12.95 ID:+o+vabEGO
こんな風に危ないから一人で男の部屋に入るのはよすんだよ?
と言った後せっかくだから最後まで見て行くと良い私は終わるまでその辺をブラブラしてくるよ あぁ途中で帰るならこの鍵をポストに入れておいてくれと言って外に出る
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 01:55:43.41 ID:+o+vabEGO
1時間経ったしとって良い?

okなら なぁ〜んてね?こう言う事もあるから一人で男の部屋なんて入ったらダメだよ?こう言うものに興味を持つのは悪いことじゃないけどあまり親しくない男の人の部屋に来てまで見る価値はないと思う 悪い事は言わないから今日はもう帰りなさい

と言う
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 01:58:54.08 ID:MQvO2Zq00
安価埋まるまで待ちましょう、朝か昼になるだろうけど
というわけで>>121は安価対象に含めません、でもありがとうね
寝ます
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 02:00:18.15 ID:+o+vabEGO
乙乙
おやす〜ノシ
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 07:04:10.84 ID:/H7y0hGYO
安価出揃ってないなら
本質的にはそんなに真面目じゃ無い事を指摘して自分がどうしたいのか、どうなりたいのかを目を見据えて問い掛ける
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/09(土) 16:26:22.11 ID:MQvO2Zq00
16:40より投下
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 16:41:21.19 ID:MQvO2Zq00
>>120採用


おかっぱは逃げない。私がおかっぱを捕まえているのは軽く手を添えた顎だけ、華奢な女子でも振り解くのは容易い。凍りついた顔、浅く早い呼吸に胸はわずかに上下して、今にも自分に襲いかかろうとする男を見ていることしか出来ないのか。

私がおかっぱを襲う理由はあった。社会からドロップアウトした自分。減っていく貯金。溜まる一方の性欲。自分と違って、未来に溢れ、可能性に満ちた少女への嫉妬。

焦燥感がずっと私の中にあった。このまま何もなすこともなく死ぬのか。それがどのような形であれ、何かに、誰かに、一生残る深い傷跡を残さなければ、私の人生はあまりにも無価値ではないか。そんなのは嫌だ。このままで終わるのだけは嫌だ。

私は長く、長く息を吐いた。肺の中が空っぽになるまで、自分の身の内にあるものを大気に吐き出していく。無性に笑えて仕方がなかった。

私は身を起こしておかっぱから離れた。そんな風に恐怖に固まって、過ぎ去るのを待っていても、脅威は常にすぐ傍にいる。自分の身は自分で守らなければならない。例えば、失うものがなにもない無職の男の家に、誰にも言わず、たった一人で上がり込むなんていうのは以ての外だ。どんな目に合うかしれない。今みたいに。

それじゃ、私は少し出るから、と言って私は立ち上がった。鍵はしていかないから、好きに帰りなさい。帰るときも鍵のことは気にしなくていい、どうせ盗られて困るものは家にはない。

……仮に全財産が盗られたのだとして、少し未来が早まるだけなのだから。内心でそう独り言して、おかっぱを部屋に残して私は家を出た。

ポニテ「あっ、こんにちは! お昼はありがとうございました、道案内に付き合わせてしまって。よければ、今度またお礼をしますね」

ドアを閉めた先でポニテと遭遇した。ああ、うん、と私は生返事。これからどこに行かれるんですか? というポニテの問いにも、ちょっとね、と口を濁した。

ポニテ「あの……鍵、閉めてないみたいですけど、いいんですか?」

いいんだ、と私は答えた。金属製の階段は足を下ろす度カンカンと耳障りな音を立てた。家を出たはいいがどこに行こうか。私に行く宛などないのに。

とにかく私は歩くことにした。今はものを考えるのが苦痛で仕方がなかった。

数十分も経っただろうか、私は河川敷に座っていた。河川と呼ぶには小さめの、むしろ大規模な堀と言ったほうが正しいかもしれない。水量も少なく、ただ眺めるには雄大さに欠けた。それでも流れは続いていく。それはたぶんいいことなのだと思う。

私は帰ることにした。もうおかっぱも家に帰っていることだろう。おかっぱは親に相談するだろうか。警察に通報するのか。それとも黙ったままか。どれでもよかった。どれも大した違いはない。

そうしてアパートに戻ってきた私を出迎えたのは、私の部屋の玄関前に座り込んでいたポニテだった。私の帰宅に気付いて顔を上げたポニテは口をぐっと引き締めて立ち上がり、

ポニテ「……お話があります。お時間、よろしいですか」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 16:43:38.14 ID:MQvO2Zq00
もちろん構わなかった。どこで話すか訊くと、私の部屋で構わないと言う。金髪ギャルにせよおかっぱにせよ、年頃の娘はどうしてこう危機意識が薄いのか。今の私にはどうでもいいことだったが。

私はポニテを家に上げた。なにか飲むか、と声をかけたが、ポニテはお構いなくとにべもない。たしかに怪しい男から飲み物をもらうほど危ないこともない。私は自分の分だけのお茶を用意してテーブルに置いた。

ポニテ「さっき、あなたの部屋に這入らせてもらいました。小さな女の子がぐったりして床に倒れていましたが、どういうことですか」

私は失笑。その質問に意味があるとは思えなかった。危険だと思うなら警察に通報すればいいだけの話で、わざわざ私を詰問する必要はない。

ポニテ「……あの娘に、誰にも話さないでほしいと泣かれてしまって」

なるほど。おかっぱはそれを選んだのか。一番悪い選択だった。自分の身に及んだ脅威を、自分の中に抱え込むだけではおかっぱの将来が不安である。悪い大人に騙されなければいいが。私のような。

ポニテ「あなたは悪くない、何もされていないと何度も言って。いったい、あの娘とどういう関係なんですか? いつも貴方の家に来ている、髪を金に染めた娘もそうですし」

さっきも言ったが、その質問には意味がない。私とあの子達がどのような関係だろうと、私とあの子達だけの問題なら、ポニテに口を挟む余地はない。ポニテが言うべきことは他にあるはずだった。

ポニテ「あの娘……たちに……近付かないでください……」

どうして?

ポニテ「それは……」

言いよどむポニテに先を促す。それが君の言わなければならないことだ。だから私の部屋まで来たのだろう。そうでなければ黙って自分の部屋に帰りなさい。

ポニテ「貴方が、無職で……家族や友人や、守るものがなくて……何をするかわからない、怖い人だからです……」

お願いします、とポニテは両手で顔を覆ってしまった。私は奇妙にスッキリした気分。酷いことを言った側のポニテが心に傷を負っているのはなかなか面白い。

それで? 私は訊いた。顔を上げたポニテは何を言われているのかわからないと言った顔。何を驚いているのだ? 当たり前の話だろう?

私は無職で、天涯孤独で、何も持たない、恐ろしい怪物なんだろう。そんな男に対して、あの子達に近付かないでください? 私がそれを受け入れるとでも? その場では了解したとして、私が心を入れ替える保証がどこにあるというのだ?

目を見開いて私から目を離せないでいるポニテに、私は優しく言ってやる。私を従わせたいのだろう? なら手段は二つ。利益を与えるか、不利益を与えると脅すか。この場合は後者のほうがいいのかな。『これ以上あの子達に近づくようなら、警察に通報する』と言えばいいんだ。それで事は足りる。

でも、と小さく呟くポニテ。『でも』? おかっぱが嫌だと言った? それがどうした? 馬鹿な小娘が他人に知られるのが嫌で言っているだけのこと、このままではあの娘に本当に危害が及ぶかもしれないんだろう? あの娘の意思を尊重することと、あの娘の未来を守ってやること、どちらが重いかなんて、考えるまでもなく明らかだろう?

ポニテは沈黙。少しいじめすぎたかな、と罪悪感がチクリと心を刺した。ポニテはお人好しが過ぎる。おかっぱとは別ベクトルで危険に自分から首を突っ込んでしまうかもしれない。

と考えて、私はクツクツと笑う。まるでポニテ達のことを案じて身近に潜む危機への対策を教えてやっているかのようだ。私はいつからそんな慈善家になったのか。

慣れないことをしている自分がおかしくなったので、もう少し続けることにした。それとも私に利益を提示してみるか? 私が従うに足るメリットを提供できるなら、私は喜んで従うかもしれない。

どうするんだ、とポニテに言葉を投げた。ポニテは無言、うつむいて、必死に考えている様子。ポニテがどんな結論を出すのか気になったので、私はポニテが口を開くのを待つことにした。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、16:55より採用
ゾロ目のためポニテコミュ続行です。これからの行動、展開を安価ください


おかっぱ『嘘。嘘。嘘。信じてたのにお兄さんのこと。でも、私なんかが、私なんかと、私なんかにあんなことが起こるなんて』

ポニテ『どうしよう、どうしよう……お兄さんをあの子達に近づけないために、メリットとデメリット。私にできること……って……』
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 16:54:22.33 ID:8PXHXh7ZO
一瞬男の言うとおり警察へ通報する事を口に出しかけるが即座に飲み込んだ後意を決した顔をして自分を身代わりに差し出すと伝える
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 16:54:55.84 ID:8PXHXh7ZO
すまぬ早漏れした
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 16:55:59.57 ID:OX/3nEnFO
ポニテの叔父が考古学をやっており、体力があり、車の運転ができる助手を求めているので、主人公を紹介したい。ポニテも主人公と隣人として仲良くしたい
これなら、主人公も守るものができて無茶なことはできなくなるでしょうとポニテが告げる
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 16:57:34.23 ID:8PXHXh7ZO
一瞬男の言うとおり警察への通報を提案しかけるが即座に飲み込んだ後意を決した顔で自分の身を差し出す提案をしてきた
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 17:06:52.59 ID:VAKBJ3O00
私自身を好きにしていいというのはどうですか?あの子たちが来ても何もしない事
その変わり来たときは呼び出して気が済むまで私を貪っていただいて構いません
と若干顔を染めながら提案
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 17:22:27.04 ID:+d0HJZGQO
無職は失うものが無いから強い
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 17:23:33.72 ID:MQvO2Zq00
>>132採用、書き溜めます
またおかっぱのコメントを下記に変更します

おかっぱ『嘘。嘘。嘘。信じてたのにお兄さんのこと。怖くて、動けなくて、体中熱くてドキドキして、……私なんかにあんなことが起こるなんて』
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/09(土) 18:52:09.76 ID:MQvO2Zq00
19:00より投下します
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 19:03:33.21 ID:MQvO2Zq00
>>132採用


もっとも、君に差し出せるものがあるかは疑問だが。そう言って私はスマホをテーブルに滑らせる。画面には110の文字、通話ボタンをタップすればすぐに警察に繋がる。

決めるんだ。ここで。他に道はないぞ。見て見ぬふりをして口を噤むのか。それを使って私を脅すのか。君の取れる選択肢はひとつだ。あの子達のために何かしてやりたいんだろう? 君に出来ることは何だ?

さあどうする?

ポニテ「……あの娘達のために……私は……」

手を震わせながらテーブルの上のスマホに手を伸ばすポニテ。そうだ。それでいい。それで全部解決する。それを取って言うんだ、さっきと同じことを。私にあの娘達に近づくなと。私の今を終わらせて、平穏で変化のない闇の中に私を戻してくれ。

ポニテ「私……私……を……」

ポニテはスマホに指を触れる直前で手を止めた。

ポニテ「……私自身を、差し出します」

うつむいたまま、目を逸らしたまま、ポニテは言う。

ポニテ「私を好きにしていいので……あの娘達に、手を出さないでください……」

ふぅん? 私は頬杖をつく。彼女たちは私が呼びつけているわけではない。彼女たちが自分から家に来ることのほうが多いかもしれない。君を好きにする代わりに、あの娘達に家に来るなと言えというのか?

ポニテ「あの娘達に手を出さないでいてくれるなら、あの娘達と何をしても構いませんから……」

あの娘達が家に来るのは止めないと? あの娘達が自分の意志で私に懐いてくるのは構わないと言うんだな? 私が彼女たちにとっていいお兄さん分でいるならそれでいいというわけだ。

つまりは、彼女たちに身代わりに君がなると、そういうことでいいんだな?

ポニテは目を瞑って、小さくうなずいたようだった。なるほど、そういうことならわかった。いいよ。君の提案を受けよう。

それで? 君は私に何をしてくれるんだって? 君の口からはっきりと、言葉に出して言いなさい。

ポニテの身体はカタカタと震えている。それは恐怖にか屈辱にか、それとも今から口にさせられることがあまりにも彼女にとって冒涜的であるからか、私にはわからなかった。

ポニテ「……好きなときに……私を呼び出して……私の体を使ってくれて構いません……どんなことでもしますから、あの娘達には……」

なるほど、と私はテーブルを指で突く。カッと鋭い音にポニテの肩が跳ねる。例えば、今なら、君は、何をしてくれるのかな。言葉を区切るごとにテーブルを突くたび、ポニテは可哀想なほど体を震わせた。

喘ぐような呼吸を繰り返すポニテに、私は優しげに言う。それとも今のは言葉の綾かな? そんな度胸もないのに、つい言ってしまっただけの、中身のない言葉だったとか。そもそも、親しくもないあの娘達のために君が身体を差し出さなければいけない道理もない。

今ならなかったことにできるぞ。あるいはそのスマホを使って、今の会話をそのまま警察に伝えてもいい。私に身体を強要されたと。中学生の女の子たちに手を出されたくなければお前の身体を差し出せと、そう脅されたと。

無職の男の意見と、品行方正な大学生の女の子である君の意見、どちらを警察は信用するかなんて、考えるまでもないよな? それを捨ててまで、私とあの娘達の関係を守ってあげたいのか? あの娘達のために? 君は本当にそこまで出来るのかな?

もう一度だけ考える時間をあげよう。君が言った通りのことを、今、この場でしてもらうからそのつもりで。私には時間がたっぷりあるんだ、君が答えるまで、いつまでだって待っていられる。

それで? 君は私に、あの娘達のために、今、ここで、何をしてくれるというのかな?


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:15より採用
ポニテコミュです、これからの行動、展開を安価ください
もし行為に入るならプレイ内容も指定ください


ポニテ『私にできること。あの娘達のために。この可哀想な人のために。私は……』
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 19:10:16.29 ID:EiDe50c3O
いつ自己犠牲が自分の欲求を満たす為の言い訳になるのか楽しみ
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/02/09(土) 19:15:42.85 ID:cM37hUDoO
ポニテの叔父が考古学をやっており、体力があり、車の運転ができる助手を求めているので、主人公を紹介したい。ポニテも主人公と隣人として仲良くしたい
あなたに守るものができれば、自暴自棄にならないでしょう。それに、本当にひどい人なら、手を出してしまえばいいのに、敢えてそこまで言ってくれるあなたは、十分信頼できると思いましたとポニテが言ってくる
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 19:22:39.12 ID:nWYE/X54O
徐に腕をひっつかんで自分の部屋まで連れ込みそのままガッツリキス
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 19:24:07.18 ID:nWYE/X54O
あーコンマ低かったから書く必要ないがポニテが男の腕ひっつかむって意味でした
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 19:28:54.32 ID:3m1WHaVWO
私の意見は変わりません好きな時に私を弄んで下さい と言って服をぬいで騎乗位で自分から処女を捧げて行く
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 19:35:55.28 ID:MQvO2Zq00
>>138が高コンマなので採用します
ポニテの提案に乗るとそのまま就職して爽やかにエンドを迎えられますが、この状況下でこの提案は逃げなのでそういう展開にします
書き溜めます
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/09(土) 20:30:05.18 ID:MQvO2Zq00
20:40より投下します
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 20:40:28.60 ID:MQvO2Zq00
>>138採用


ポニテ「わ、私の叔父が、考古学をやってるんです……人手が足りないと、雑用助手を欲しがっていて……も、もし、貴方さえよければ、叔父に紹介しますから……」

早口のポニテが、そっと顔を上げて私を伺う。伺うような媚びるような顔。

ポニテ「言葉を尽くして私を思い止まらせようとしてくれた貴方は、貴方が思っているほど、悪い人ではありません……本当にひどい人なら、何も言わずに私を襲ってしまえばいいのに……今は自暴自棄になっているだけで、貴方は十分信頼できる人です、だから――」

私は声を上げて大笑した。笑わずにはいられなかった。そうだろうな、そうだろうとも、それが君にとって一番いいシナリオだ。

なあポニテ。君は結局、この言葉が聞きたいだけなんだろう? 『私はあの娘達に手を出すようなことはしない。誤解させたなら謝る。私を信用してほしい』。

信用、信頼。いい言葉だな。君は私を『信頼』して、私の言葉を『信用』すれば、君はそれ以上何もしなくてもよくなる。もしそれで私が彼女たちに手を出したとしても、それは私が君を裏切ったからだ。君は自分に言い訳ができる。私はちゃんと、君に約束したのにって。

そんなこと、と言いかけるポニテを私は制した。そういうことなんだよ、君の言っていることは。だってそれが、あの娘達のために君が出来る最大のことなんだから。それ以上のことは君の手に余るんだ。君が気に病むことじゃない。

それとね、申し出はありがたいが、私は別に働きたいわけじゃないんだ。守りたいものが欲しいわけでもない。人に提案するときは相手のニーズを掴まないと意味がないよ、気を付けなさい。

そうそう、それと、君を襲わなかった件だけど。別に君のことを慮ったからではないよ。そうだな……好みじゃなかった。私の好みはもっと若い子なんだ。例えばそう、中学生くらいの。だから君ではダメだったんだよ、元からね。

でもそうだな。私は君の熱意に感動してしまった。他人のためにそこまで出来る人はそうはいないよ。就職先を斡旋しようとしたり、口先だけのデマカセでも、自分の体を捧げようとしたり。なかなか出来ることじゃない。

約束してあげよう。『君に敬意を評して、私は決してあの娘達に手を出さない。私を信じてほしい』。

これでもう君に出来ることは何もなくなった。これから後、あの娘達に何があっても、もう君には関係がない。君は私を『信じた』んだから。君自身がそうすることを選んだんだ。

さ、帰りなさい。もう君がここにいる理由はなくなった。君の心配は解消された。さようならポニテ、これからも信頼に足る隣人として、よろしく頼むよ。

ポニテ「本当に……あの娘達に……最初から、そのつもりで……?」

それは君が決めることだ。いいや、君はもう決めたのかな。私が中学生の女の子たちに手を出しかねない危険な人間か、それとも口ではそう言っているだけで、本当は信頼できる大人なのか。

君は私を『信頼できる人』だと言った、それが答えだ。それでこの話はお終いなんだよ。

帰りなさい、と私は重ねて言った。君の欲しかった言葉は与えた。君は私を『信じた』。もうこれ以上話すことはない。安心して君は君の生活を送るといい。

ポニテは座ったまま動かない。縋るような目、進退窮まってどうすることも出来ないでいる。どうした? 私を『信じて』、あの娘達のことは私に任せなさい。なに、悪いようにはしない。約束しよう。

それでもポニテは動こうとしない。動かなければ、何もしなければ、自分は納得していないという抗議になるとでも思っているのか? 甘えるなよ小娘。流石に苛立った私はポニテにあえて辛辣な言葉を投げかける。

自分の言葉に責任も取れないのに、偉そうなことを言うものじゃない。君は逃げた。君には何も出来ない。わかったら早く帰りなさい。私はそう打ち切って、自分の飲み干したコップを流しに運んだ。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:55より採用
ポニテコミュ続行でも構いませんし、他ヒロインコミュでも、新ヒロインでも可です
もし行為に入るならプレイ内容も指定ください

もし他ヒロインを指定する場合は下記の指定制限があります
(ポニテ、おかっぱ解禁まで3回)
(金髪ギャル解禁まで2回)
(指定可:ヤンキー、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド)


ポニテ『違う……私は逃げてなんか……私は私にできることを言っただけで……逃げてなんか……』
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 20:56:54.11 ID:3m1WHaVWO

【年齢・属性】 高校3年生?
【容姿・身体的特徴】 巨乳でブラチラする程制服を着崩している スカートは股下数ミリ程度の超ミニ 銀髪で腰まで届くロングストレート?
【身長】 168cm?
【男性経験】 あり?
【恋人】 なし?
【性格】快楽主義者で今さえ良ければそれで良いを素で行く 人懐っこい 生でのエッチが大好き

両親は事故で他界しており親戚も居ない為一軒家に一人で住んでいるが殆ど帰って居ない 夜になると駅前などでスケベそうな男に夕飯とホテル代と引き換えに私とヤラない?と誘惑している
駅前で↑にエッチな事沢山してあげるから夕飯と一晩泊めるかホテル代出して欲しいなぁ〜と声をかけられる
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 20:58:49.33 ID:kY8EcjOwO
ポニテほぼ錯乱状態で男の袖をひっつかんで家に連れ込む
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 21:00:18.30 ID:YPP8CFyOO
桃髪サイド
雨の中傘を挿してお散歩しているとびしょ濡れになりつつ雨宿りしているのを見つける。取り敢えずここから近い自分の家に案内
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 21:00:45.07 ID:YPP8CFyOO
ゾロ目しゅごい出る
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 21:04:49.96 ID:3m1WHaVWO
ごめんなさい(?)の部分は空白です
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 21:14:35.63 ID:MQvO2Zq00
あのさぁ……
とりあえず直近では>>146採用、その後>>145採用といきます
(ゾロ目なんで>>145ワンナイト直行でもいいかもしれませんでしたが、諸々の都合でできなくなりそうです)
書き溜めます
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 21:15:47.54 ID:5HYqXTFyO
>>150
すまんな
コンマの神様に愛された御身を恨んでくれ…
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/09(土) 22:03:53.09 ID:MQvO2Zq00
22:15より投下します
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 22:16:29.66 ID:MQvO2Zq00
>>145>>146採用


コップを流しで洗っている途中、背後に気配を感じた。どうかしたのか、と問いかけながら、振り返りもせず備え付けのタオルで手を拭いていると、いきなり袖を掴まれた。

ポニテ「っ……!」

なんだなんだ、と言う間にポニテに袖を引っぱられて、私は部屋を連れ出され、隣のポニテの部屋に連れ込まれてしまった。

部屋の中は意外にシンプルで、女子の部屋と言うよりは清潔に整えられた男性の部屋という印象。調度の色も主にモノトーンや木の茶色で統一されてすっきりと落ち着いている。

ポニテはベッドの前で私の袖から手を離した。ポニテは向こうを向いて、顔をうつむけている。

一体何のつもりだ? 私は言う。私と君の話はあれでお終いのはずだ。それとも、君は私が『信用』できなくなったのかな? それは傷ついてしまうなぁ。君から言い出したことなのに。

ポニテ「……どの口が言うんですか……」

そのとおりだった。なら通報するのかな? あいにく私のスマホは部屋に置いたままだから、君が掛けてくれるのかな。

通報はしません、とポニテは言った。

ポニテ「それでは何も解決しません……でも、このままだと、あの娘達が……」

私に襲われてしまうと、そう思っているわけだ。ならどうするのかな? 君が身体を差し出すというのは交渉材料にはならないよ。君は私の好みじゃないと言っただろう。他に君にできることがあるのか?

ポニテがこちらを振り向いた。唇を引き結んだ、決意に満ちた表情。

ポニテ「なんでもしますから……嫌なことでも、恥ずかしいことでも、なんでもします。あの娘達に手を出さないでください」

まだわかっていないようだな。私は唇を噛むポニテに冷たく告げる。君は私に、どうかあの娘達に手を出さないでくださいとお願いする立場だ。なら、相応のやり方があるだろう。

ポニテ「土下座でもしろというならします。だから――」

そうじゃない。私は君のことがタイプじゃないと言ったな? 君は、君のことに興味が無い私を誘惑して、その気にさせて、私を満足させなければならない。そうでなければ私がいつ彼女たちに手を出すかわからないだろう?

だから言っているんだ。お願いする立場なら、相応のやり方があるだろうと。君がそれを土下座だと思うならそうすればいい。判断するのは私だ。私が、君がそれに値すると判断したならそのとおりにするだろう。私が、君がそれに値しないと判断したなら、話はそれで終いだ。私は自分の部屋に戻って、あの娘達と触れ合うだけ。

蒼白になったポニテに、私は冷酷に宣言する。私に君の誠意を見せてみなさい。あの娘達のために。あの娘達を守るために。君は君に出来ることをしなければならない。今。ここで。私の目の前で。

会って数日の、信用ならない恐ろしい男を、君の女で誘ってみせろ。

私は、私はこの女のことが鼻持ちならないのだ、この女のお花畑な思考回路がどうしても我慢ならないのだと自覚しながら、そう言い放った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:30より採用
行為確定です。プレイ内容を安価ください
なおこの後、>>145とエンカウントするので>>145とのセックスはありません、ご了承ください


ポニテ『私がやるしかない。私が守らないと……全部、私が、私さえどんなことがあっても我慢すれば……!』
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:19:12.41 ID:1J0nZcOLO
鼻持ちならないという言葉を知ってまた賢くなった私です
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/09(土) 22:19:34.18 ID:MQvO2Zq00
なお過激なプレイは即バッドエンド直行なのでご注意ください
例)事前準備のないアナルセックス、人目を顧みない露出プレイ、スカトロ系、ハードすぎるSMなど
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:21:57.43 ID:VAKBJ3O00
目の前で[田島「チ○コ破裂するっ!」]しながら淫語で誘うポニテ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:22:53.93 ID:VAKBJ3O00
手が滑った……早漏で済まぬ
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/09(土) 22:23:51.78 ID:5HYqXTFyO
オナニーってうつんだったらメ欄変えないとダメよ
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:30:14.61 ID:IHeHyvo/0
ポニテが主人公の目の前でできるだけ言葉も交えながら扇情的に服を脱ぐ。濃厚なディープキスから始まり、手コキからの大きな胸を使ってパイズリ(ポニテもだんだん興が乗ってくる)。
その後シックスナイン
丹念に秘部をほぐした後、騎乗位でゆっくり挿入。騎乗位で尽くしている内に、ポニテも気持ちよくなってきて、ゆっくりとした対面座位に移行して同時絶頂。
お互い果てた後、抱きしめながらポニテの頭をなでて良かった、綺麗だったと褒める
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/02/09(土) 22:32:57.30 ID:VAKBJ3O00
目の前でオナニーしながら淫語で誘うポニテ

こうだっけか
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:47:53.65 ID:uY+HRUfMO
ビクビクしながら手コキしつつ笑顔で媚ぶポニテにそんなんじゃ足りないと言って正常位でゴム挿入しイカせまくる
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:52:43.41 ID:MQvO2Zq00
残念だけどポニテは処女なので……イカせまくりたいなら今後しっかり開発してあげてください
今回のコースは、おっかなびっくり手コキからの処女発覚、意外に優しくリードされて処女喪失です
書き溜めます
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 22:53:19.67 ID:3m1WHaVWO
恥ずかしそうに服を脱いでオナ 二ーで濡らした後性処理奴隷宣言したながら騎乗位で処女を捧げる
後は私がポニテの口をポニテのパンティーで塞いで思う存分貪る
途中からだいしゅきホールドで私にしがみつきながら気持ちよさそうにするポニテに何度も中出し
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 23:00:30.39 ID:MQvO2Zq00
……と思ったけどポニテ、絶対自己犠牲シチュでオナりまくってるよな……極太バイブとか使っちゃってこじらせ系の……
処女イキ、いけんじゃね? 路線変更します
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/09(土) 23:04:37.04 ID:uY+HRUfMO
わーい
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 02:06:40.09 ID:VHf7acdZ0
>>161採用


ポニテは震える指で自分のブラウスの裾を掴み、ぐいっと一気に脱ぎ捨てた。清楚なレースのブラジャーに包まれたカップは思っていたよりよほど豊かな肉を蓄えていた。

私が無言で見る中、ポニテは脱衣を進めていく。ボトムスを下ろして、ブラを取り去り、片足立ちになってパンツも足から脱き取る。女陰はふさふさとした毛を繁らせて、ひだがわずかに左右にはみ出していた。

思わず、といった体でポニテが股間を隠すのに、私は脱いだものをちゃんと畳むように言う。そのままにしてシワになると困るだろう。身体を隠す暇があったらちゃんと畳みなさい。

ポニテ「……はい」

のろのろとした動きでポニテは床に散らばった服を手に取る。そんなに手を震わせては畳むのも難しいだろう。待っていてあげるから、ちゃんと全部、きれいに畳んで重ねなさい。

ポニテは言うとおりにした。ボトムスを形を整えて畳み、その上にブラウスを置き、ブラジャーとパンツを重ねて置いた。自然、ポニテは床に膝をついた姿勢。

さあ、言ってみなさい。君は私に、これから、ここで、何をしてほしいんだ?

ポニテ「……おね、がいします。精一杯、ご奉仕するので、わ、私の、体っを、せ……、性処理の道具に、お使い、ください」

震える声でポニテは床に手をついて頭を下げた。私はそれを見下ろす。ポニテは頭を床に擦り付けたまま。決めるのは私だった。この女を使うのか。放置してここから出ていくのか。私はどちらを望んでいるのか。

私は笑った。どうでもいいことだった。私のことも。眼の前で無様に懇願してくる女も。金髪ギャルもおかっぱも。

いいよ。使ってあげよう、君を。道具として。モノとして。ゴミみたいに。

引き返すチャンスは散々与えた。どうせ私には守るべきものも、帰るべき場所もない。そこまで自分を犠牲にしたいとポニテが言うなら、そのとおりにしてやろう。

じゃあまずは、と私はズボンのチャックを下ろす。顔を上げたポニテの表情が凍りついた。竿中に血管を幾筋も浮かせて、欲望にギチギチと膨らんだ男性器を私は露わにしていた。

これを気持ちよくしてもらおうか。やり方は分かるかな? はい、と言う返事はか細いながら、ポニテは私の横に膝立ちになって、おそるおそるという風に手を伸ばした。ひんやりとした指が触れた。

竿に添えられたポニテの指が、ゆっくりと前後していく。

ポニテ「こ、これでいいですか? どうしたらいいか、なんでも言ってください、私、言うとおりにしますから」

顔を強張らせながらも懸命に笑みを向けるポニテ。私は言った。そんな軟なシゴキ方じゃ、いつまで経っても終わらないぞ。まさか男のを触ったことがないのか? 君みたいな女の子が、大学生にもなって?

ポニテ「なんっ……!?」

崩れた笑みを羞恥に染めて、顔を背けるのを私は許さない。こちらを向かせて、先程の質問に答えさせる。

ポニテ「……はい。男の人とお付き合いしたことも、こんな、ことを、したこともありません。……これで満足ですか?」

これは少し予想外だった。ポニテは見目も麗しいし、この体付きだ、男が放っておかないと思ってたが。そうか処女か……一から仕込まないといけないのか……そうか……

はぁ、と私はため息。ならゴムなどの準備はないんだな? と訊くと、ゴム……? とポニテは怪訝そう。コンドーム、と言い直すとポニテの顔が赤くなって、ありませんと答えた。

……なら仕方ない。ちょっとそのままで待ってなさい。私の部屋から取ってくる。

言い置いて私はパンツとズボンを履き直して、ポニテの部屋を出て自分の部屋へ。コンドームとローションを引っ掴んで、自室に鍵をして、またポニテの部屋に戻った。なぜ私は何をしているんだ……馬鹿ではないのか……?

だが、まあ、仕方がない。ポニテに経験がないというなら、ある程度こちらからリードしてやらなければ埒が明かないだろう。風俗しか経験がないので若干、いやかなり不安だが、やるしかない。

では始めようか、と私はポニテを立たせて、抱き寄せざま、唇を奪った。驚いて引こうとするポニテの頭を掴んで逃さない。噛まれては困るので舌は入れず、唇だけを重ねて、ポニテの体を抱き締めた。

程よく引き締まったポニテの体は指に心地よい弾力を返した。背中から腰、脇腹を手の平と指で撫で擦って、たっぷりと時間を取ってから、唇を離した。

とろけた瞳のポニテに、キスも初めてだったのか、と訊くと、ポニテは黙って顔を逸らした。ポニテも意外とわかりやすい反応をする。

私はベッドにポニテを横たえた。不安げな様子のポニテの頬に手を添えて、これからポニテの体に触れること、舌を口に入れるから噛まないように注意して、私はもう一度唇を重ねた。

ポニテのぬめった口内を舌で小削いでいく。逃げるポニテの舌を追いかけて捉え、吸い、舌の先で絡め取るように翻弄する。ぴちゃ、とも、くちゃ、ともつかない水音が、私とポニテの触れあったところに聞こえた。

ポニテ「ん……っ、ぷは、んむ、ん……」

キスの傍ら、私はポニテの頬や耳たぶを撫でたり、もう片方の手でポニテの胸をいじったりしていた。仰向けになっても膨らみのわかる胸は、横に流れてさえ指が沈み込んでしまう。ピンと硬くなった乳首を指で捏ね潰すと、ポニテはキスの合間に、かすかに切迫した息を漏らした。
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 02:07:20.85 ID:VHf7acdZ0
私は手の平をポニテの腹にベッタリと押し付けるように揉みながら、徐々に手を下に滑らせていく。指に感じる細い毛の柔らかな感触。つるりと指を下に潜らせて、私はついに秘所に到達した。

あ、とポニテが息を詰めるのを、私はポニテの唇の際に口付けて阻害しない。つんつんと秘唇を指でなぞり取るようにすると、そこは濡れた感触を返した。

私は身を起こしてポニテの陰部を観察する。秘裂上部の淫芽はぷっくりと充血して膨らみ、ひだに挟まれた女穴もぽっかりとした穴を開けている。

私は少し考えて、ポニテに指を中に入れると宣言。中指にローションをなじませて、つぷっと指を押し進めた。処女であるはずの膣はすんなりと指を受け入れた。締りが悪いというわけでは決してないが、それにしたって中の肉が解れ過ぎではないだろうか。

私は人差し指を追加。掘り進めるようにポニテの中を確かめていく。入り口だけでなく、中の方も固さはない。ぐねぐねと指を動かして、時折引き抜いてローションを足し、ポニテが少しでも反応したところを重点的に掘っていく。

うーむ。思い付いて親指の腹で陰核を突付いてやると、

ポニテ「あっ……!」

とポニテは体を仰け反った。クリトリスには包皮があるというが、皮を剥かないでもこの反応。もう片方の手で痛くない程度(おそらく)に乳首を捻り上げてみると、ポニテは今度は軽く体を反って息を詰めた。

……本当に処女? ちょっと中にせよ、外にせよ、熟れすぎてない?

ポニテは腕で顔を隠して横を向いたまましゃべらない。その顔は、隠していても明らかに赤くなっている。

……まあいいだろう。私としてはそちらの方が好都合だ。今度はこちらの準備もしてもらおうか、とポニテの手にローションを垂らして、私の腫れ上がった男根を握らせる。竿を上下に擦らせ、カリのくびれを輪にした指で刺激させる。

いいぞ、よく出来ている、と褒めてやると、一瞬ポニテは口元を緩めて、すぐに真剣な表情を取り繕ったようだった。

もういいぞ、とポニテの手を止めさせて、私はゴムをくるくると装着、亀頭部から竿まで満遍なくローションをなじませた。

私は上からポニテを見下ろした。若い女。美しい女体美。豊満な胸、胸下からくびれた腹には余計な肉はないのに、骨ばった印象は一切なかった。細身の体に無駄なく肉を付けた男好きのする肉体。

いいんだな、と私は最後の確認をした。性処理の道具になると言ったな。それはこういうことだ。君の女を私に明け渡すことだ。私を気持ちよくするためだけに。それで構わないんだな。

ポニテの形の良い胸が上下している。私はポニテの顔を隠している腕を外して、私に顔を向けさせた。ポニテの唇がわなないて、言葉を作った。

ポニテ「……はい。私を使って、気持ちよくなってください。……私の、処女を、差し上げます」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 02:08:00.67 ID:VHf7acdZ0
言葉通りにした。腰を沈めて、私自身をポニテの中に埋め込んでいく。女肉をかき分けるこの感覚はいつぶりか。

ある程度進んだところで奥が支えたので、そこで腰を止めた。ポニテの苦しげな呼吸。初めて男を受け入れたのだから、実際、苦しさを感じているのだろう。

私は腰を止めたまま、体を折ってポニテに唇を重ねる。舌の先だけを絡めた穏やかなキス。ポニテを落ち着かせるように、私はポニテの体に触れていった。

ポニテ「……どうしてキスするんですか? 私は性処理の道具なんですから、もっと乱暴にしてくれてもいいのに」

唇を離した途端、そんな事を言うポニテ。別にいいだろう。君が気持ち良くなりまではしないにせよ、慣らさないままだと私もキツい。私のためにしていることだ。受け入れなさい。

わかりました、と納得していなさそうなポニテに再度キスを仕掛けた。今度は舌全部を絡めた濃厚なキス。ポニテも応えて、ポニテの方からも舌を出して寄越すのを絡め取るようにする。

私は顔を離してポニテの顔を見つめた。ポニテも視線をこちらに返す。私の意を察したポニテが、ほんの少しため息を漏らした。

ポニテ「……まだちょっと苦しいので、優しく動いてくれるなら……徐々に慣れて行くと思います」

私はそうした。緩慢なストロークで私自身をポニテの体に馴染ませるような動き。それをしばらく続けながら、私はポニテに枕を渡すよう促した。枕ですか? と怪訝そうなポニテを催促して枕を受け取り、ポニテの腰の下に敷く。

高くなったポニテの腰を両手で抱えて、私は角度をつけてポニテの腟内を抉った。

ポニテ「あ……っ!? なに、今の……? フワッて、からだ……あっ!」

私は傘の張り出した先端で小突くように、ポニテの腹側の肉を耕していく。指でいじっているところもいい反応をしたが、これだとさらに長さもプラスできるので反応が段違いだった。私も気持ちいいのでなおのこと良し。

ポニテ「あっ、あっ!? ヘンです、お腹、フワッて、あっ、浮いちゃうっ♡ お腹浮いて、飛んでっ♡ あ、ヤダ、ヤダぁ、あっ、あっー♡♡」

股の間の私の体を腿で挟んで、ポニテはぐっと顎をのけぞった。は、というポニテの短い呼吸が落ち着かない。ポニテは中心に私を突き刺したまま、手足をだらりとベッドに投げ出す。

ポニテ「動いてください……♡ 動かないと、お兄さんが、ビュってしないと、終わらないんでしょ……? 早く動いて、終わらせてぇっ、じゃないと私、ひっ、〜〜〜っ♡♡」

膣の入口付近を小突いていたのを、ズルリと奥まで突きこむと、ポニテの反応が挿れた当初とは明らかに変わった。柔らかく包み込むような膣肉はうねうねと侵入者に媚を売り、引き留め、少しでも長く胎内に留めようとする。

いつの間にかポニテは私のモノの大半を咥え込んでいた。ポニテの一番奥を力任せに叩くと、ぐぅっと苦しげな声を出すので私は反省。奥から位置をズラしたところを突き込むと痛みはないようなので、そこを重点的に突いていく。

ポニテ「んっ、ふっ……んん!? あれ、おかしいっ、ヘンです、ソコぉっ! だってさっきまで、全然、あれっ? スゴいっ♡ イイですっ、もっとソコ、グリグリしてぇ♡♡ あっ、おかしいっ、おかしくなっちゃうっ♡♡ あっ♡ 膨らんでっ、わかるっ♡♡ わかります、お兄さんのっ、イイですよ、出してください♡ ♡ 私の中でぇ、気持ちよくなったのっ、いっぱい出して♡♡ お願いぃ♡♡♡」

限界を迎えた欲望が先端から弾けた。ゴム越しとは言え、女の胎内に遠慮なく性を打ち込む感覚。

ポニテ「あ――――♡♡♡ ………っ♡」

全身を押し付けるように射精する私も体を、ポニテは下から抱き留めるようにする。すべてを絞り出すまで、私とポニテはずっとそうしていた。

ポニテの中から己を引き抜く。自分でも予想以上の量が出て、ゴムの先端に溜まっていた。ゴムを取って口を結んで、とポニテがこちらを見ていたので、ポニテの手にゴムを乗せてみた。

ポニテ「わ、……すごい……なんだか、温かい? ですね。まだ出したばっかりだからかな……すごぉい……♡」

私は手の中のゴムで遊んでいるポニテに、少しコップと冷蔵庫借りるよと言い置いてキッチンへ。コップを二つ、冷蔵庫から水のペットボトルを取り出して、テーブルに置く。

ポニテが体を起こすのに手を貸してやってコップを持たせると、ポニテは素直に感謝を述べて飲み始めた。私も飲む。うまい。運動後の水は格別である。

じゃあちょっと休憩にしよう、と言うとポニテはキョトンとした顔。どうした? さすがに連続しては私も無理だぞ。君も、今は体を休めないと後が保たないと思うが。

ポニテ「……ちょっと待ってください。まだするんですか? 男の人って、一回したらインターバルを挟まないといけないんじゃあ……」

ん? だから、そのための休憩だろう。水飲んで、ちょっと一服したらまた始めるからそのつもりで。大丈夫。痛くはしないように気をつけるから。でも痛かったらすぐに言いなさい。我慢することはない。

嘘ぉ……と呟くポニテ。ちょっと待て。性処理をすると言い出したのはポニテだろう? まさか、まさかとは思うが、一回で終わると思っていたのか?

ポニテ「だってぇ……こんなの聞いてませんもん……本当のセックスがこんななんて……」

まあ、なんだ。それはポニテの想像力の欠如だな。よく知らないものに手を出してはいけない。これで身に沁みたろう。

だがそれとこれとは別なので、水を飲んでしばらく一服した後、もう一度体を重ねた。途中でポニテが使い物にならなくなったので焦ったが、なんとか射精まではこぎ着けた。

ポニテ「っ……♡♡♡ はぁ〜〜〜っ♡♡ はぁ〜♡ はぁっ……♡♡ ん……♡♡♡」

よし、多少の不完全燃焼感はあるがおおむね満足。ベッドで伸びているポニテは起きたら自分でなんとかするだろう。私はポニテの部屋のシャワーを借りてから自室に戻った。
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/10(日) 02:10:07.56 ID:VHf7acdZ0
この続きに>>145があるんだけど眠い書けない
明日(今日)起きたら続きやりますたぶん
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 08:07:55.07 ID:eoWWn7lrO
おつ
ポニテちゃんドハマりしそうね
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/10(日) 18:11:53.08 ID:VHf7acdZ0
18:25より投下します
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 18:18:21.84 ID:VHf7acdZ0
(ちょっと調べたら、168cm超ミニスカだと膝上30数センチとかになるらしい)
(スカート短くするのも職人芸の領域で女子はオシャレに命賭けてんなと思った)
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 18:26:31.43 ID:VHf7acdZ0
>>145採用


ポニテを『使って』自室に戻ったが、夜も遅い時間、レトルトとはいえ、今から夕食の用意をするのは億劫だった。再起不能の今のポニテに支度させるわけにもいかず。

仕方がない、今日は外で済ませよう。今日は気分がいいので普段は行けないお高いお店なんかに行ってみたりして、と私は夜の街に繰り出した。

この時間でも駅前はそれなりに混雑している。スーツ姿で行き交う人、友人と連れ立っていく若者、あるいはカップルなのか、手をつないでいる男女なんかとすれ違いながら、私は歩く。

高い店高い店……うーん、どの辺にあるんだろう。道を歩いていれば見つかるかと思っていたが、看板に高級店だと貼り出してくれているわけもない。

これはちゃんと調べないといけないが、道端で立ち止まってスマホをいじるのも往来の邪魔だった。私はひとまず駅舎に避難、柱に背を預けてスマホのブラウザを起動して店を探す。

近所の歩いていける距離で……むむ、さすがに繁華街、候補がいくらでもあるぞ。肉にしようかな、魚もいいな。和洋中どれにしようか。悩むな……せっかく奮発するんだ、今の気分にピッタリ合うものを選びたいのだが……

おにーぃさん、と近くで声がして、私は慌ててスマホから顔を上げた。目に飛び込んできたのは胸の谷間、ブラウスのボタンを胸下まで開けて、特盛の胸を支える縁レースの黒ブラが端から見えていた。

銀髪ロングの女子「おにーさん、今ヒマぁ? あたしー、さっきまで身内とアソんでたんだけどぉー、ノリ悪くてみんな帰っちゃってぇー。あたしオールするつもりだったのにさぁー? だからぁ、おにーさんがお相手してくれると、ウレシーな♪」

人懐っこい笑みを浮かべる女子。知らず肉薄されて、お、おう? と思わず意味のない返事をしてしまった私に、わーい、とその女子は快哉を上げる。女子が飛び跳ねた動きで、衣服としての機能が本当にあるのか疑問なほど恐ろしく短いスカートが翻って、中の下着が見えた。黒!

銀髪ロングの女子「あとあとぉ、あたしお腹すいちゃったから、ご飯おごってー♪ おいしーの食べたーい♪」

じゃー行こっか、と女子に腕を取られて、私は歩き出した。あれ? 私、この娘にご飯奢るの? 何故? 私の高級店は? 二人分払うの?

だが今さら、そんなつもりはないと女子の腕を振り解くのも気が引けた。私は他人に暴力を振るうことに慣れていないのだ。無職になって縛られるものがなくなっても、私はこうして自分自身に縛られているのか。

惜しげもなく胸を押し付けてくる女子に腕に抱きつかれながら、私はそんな事を考えていた。

銀髪ロング「……え、ここぉ? フツーのファミレスなんですケド」

仕方がないだろう、と私は道中で下の名前を明かした女子を置いて、さっさと入店する。私はお金がないのだ。不服なら他を当たりなさい。

あ、待ってくださいよぉ、と付いてきた銀髪ロングと向かい合って座る。私は適当にメイン料理を数皿オーダー、銀髪ロングにも選ばせて注文完了。先に運ばれてきたドリンクを飲みながら、私は料理が運ばれてくるのを待つ態勢に入った。

銀髪ロング「ファミレスになんか連れてこられたの初めて。フツー、こーゆーときって、それなりにオシャレなトコに連れてきません? この後のコトとかもあるしぃー」

おにーさんって意外と天然? と薄笑いをする銀髪ロング。うるさいな。私はお金がないのだ。二人分もお高いお店の代金を払えるか。

ふーん、残念、と銀髪ロングはテーブルの上に置いた私の手に、自分の手を重ねる。ネイルで美しく彩られた爪、指輪の硬い冷たさ、手首の飾りがテーブルに触れて、小さな音を立てた。
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 18:27:41.27 ID:VHf7acdZ0
銀髪ロング「あたし、今日はウチに帰りたくなくてぇ……もしおにーさんが、もっといいトコに連れてってくれてたらぁ、あたし、たぁ〜っくさん、イ・イ・コ・ト♡ してあげたんだけどなぁ〜?」

……ああ! これってそういう!? まったく気付いていなかった。まさか自分の身に起こるとは思っていなかったので。そうか、こういうことって本当にあるんだな……世界は広い……

ちょっと勿体ないことをしたかな、と一瞬思ったが、私はすぐに考えを改めた。ポニテに今日性処理道具になってもらったのは、小さな女の子たちに手を出さないようにするため(建前)。眼の前の女子は高校生だと思われる。

つまりポニテを性処理道具にした以上、論理的に、銀髪ロングにも手を出してはいけないのでは? 援助交際のお誘いとはいえ、若い身空の女の子の性を搾取することに変わりはない。

そういう意味ではファミレスに来たのは間違いではなかった。だいたい、高級店一人分より、ファミレス二人分のほうが安く付くだろうし。

ならよし。私は心置きなく運ばれてきた料理に口をつけた。ファミレスでも十分美味しい。所詮私は貧乏舌、高い店に行こうと安い店だろうと味の違いなどわかるはずもない。身の丈に合った生活をするのが重要なのだ。

銀髪ロング「あのー……あたし、今、この後のお誘いをしたつもりなんだけど……?」

ああそれ? 私は別口に宛があるから必要ない。それよりも早く食べよう、冷めてしまってはせっかくの私の奢りが台無しである。

別口? と眉根を寄せる銀髪ロングだったが、料理が運ばれてくるとすぐ食べ始めたあたり、本当に空腹だったのかもしれない。私と銀髪ロングは他愛ない会話をしながら、注文皿をきれいに完食。会計を済ませて店を出たところで別れた。

銀髪ロング「ホントにこの後シなくていいの? こんなチャンス、めったにないかもよー……?」

と言う銀髪ロングに後ろ手に手を振って私は帰路についた。自室に着いた私は久々の性交に疲れていたのか、歯を磨いてベッドに入ると、すぐに眠ってしまったようだった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:40より採用
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(金髪ギャル解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング)

ちなみに一度関係を持ったヒロインとは、次回安価で指定されるまでになんども性交渉を行っている設定にする場合があります。ご了承ください
(※ポニテは性処理道具枠なのでほぼ間違いなくそうなります)


ポニテ『ホントのセックスってすごぉい……♡ こんなの毎日とか、私、大丈夫なのかな……?』

銀髪ロング『なんかヘンな人だったな……まあいいや、別のヒト引っ掛けよ〜っと♪』


ポニテ
【年齢・属性】 20 大学生
【身長】 162
【髪型】 ポニーテール
【容姿・身体的特徴】 細身ながらもしっかり鍛えられている。巨乳
【男性経験】 なし
【恋人】 いない
【性格】 明るく真面目。ほんわかした包容力のある性格。子供好き。芯が強く、意外と行動力がある
【備考】ストーカー被害。メサイアコンプレックス、漠然とした現状への失望、自己犠牲願望(自己犠牲行為そのものと、それに足るものとの出会いの両方)
・追加:自己犠牲シチュで極太バイブオナ狂い←New!
・追加:性処理道具、いつでもどこでも電話一本で飛んできます←New!

銀髪ロング
【年齢・属性】 高校3年生
【身長】 168cm
【髪型】銀髪で腰まで届くロングストレート
【容姿・身体的特徴】 巨乳でブラチラする程制服を着崩している スカートは股下数ミリ程度の超ミニ
【男性経験】 あり
【恋人】 なし
【性格】快楽主義者、今さえ良ければそれで良し、人懐っこい 生でのエッチが大好き
両親は事故で他界しており親戚も居ない為一軒家に一人で住んでいるが殆ど帰って居ない
夜になると駅前などでスケベそうな男に夕飯とホテル代と引き換えに私とヤラない?と誘惑している
【備考】世界中の何もかもに潜在的な敵意。自分に好色する男も嫌い、自分に靡かない男も嫌い。性的接触は本質的には他者との繋がりへの依存的な不信、かつての幸せな繋がりを外部要因(交通事故)で一方的に奪われたことへの復讐心
裁縫スキルなど意外に女子力高
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 18:40:20.72 ID:eoWWn7lrO
オタク受けの良さそうな清楚系黒髪ロングのメイドさんがビラ配りをしていて捕まってしまう(中身はヤンキーのコスプレ)
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 18:40:40.95 ID:iU5ueh/vo
【年齢・属性】高校二年生
【身長】150
【髪型】黒髪ツインテ アホ毛付き
【容姿・身体的特徴】貧乳 小柄 普段の真面目モードの真顔とからかいモードのジト目ニヤニヤ顔を持つ
【男性経験】無(有りそうに振る舞う)
【恋人】無(有りそう(ry
【性格】誰にでも敬語で飄々としていて、からかい好き。基本攻め、受けには弱々。


電車に乗ると通勤通学ラッシュと遭遇。ぎゅうぎゅうになっていると女の子の痴漢被害目撃&犯人に嫌がらせをして撃退しつつ壁になってあげる。
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 18:41:00.84 ID:mUFWPM9qO
桃髪サイド
雨の中傘を挿してお散歩しているとびしょ濡れになりつつ雨宿りしているのを見つける。取り敢えずここから近い自分の家に案内
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 18:42:54.87 ID:mUFWPM9qO
関係ありそうな娘(例えば銭湯組)とか一緒にコミュっても良いかな
勝手に捏造はしないから
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 19:12:32.75 ID:VHf7acdZ0
・返信>>178複数人安価指定は可です、ただし交友関係の後付は不満が出ることが多いので不可とします
なお、こちらから既存ヒロインの友人その他としてキャラシ安価を出した場合はその限りではないのでご注意ください
(※新キャラシートは一レスにつき一人の採用です、念の為)
そうだな……スパ銭組は初期設定から交友持ちなので、その旨をキャラシの【備考】に加えて再掲します

書き溜めます
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/10(日) 20:42:46.97 ID:VHf7acdZ0
20:55より投下します
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 20:55:34.53 ID:VHf7acdZ0
>>176採用


目が覚めた今日は平日、世の中は今日から学校に仕事に忙しくなる日である。今の私にはまったく何の関係もないが。

いつもの時間に起きて、いつもの時間に朝食を摂る私は、唐突に海が見たいと思った。理由はない。海が特別好きだというわけでも、海で泳ぎたいわけでもない。ただ海が見たくなったのである。

そうと決まればこうしてはおれない。私は金髪ギャルに、今から海を見に行くと送信。これで金髪ギャルが家に来て待ちぼうけを食うこともあるまい。

私は騒がしくなるであろうスマホの電源を落として、いざ駅へ。電車を数本乗り継げば問題なく海が見られるだろう。

そう考えていた私は私史上まれに見る大馬鹿者だった。満員電車にぎゅうぎゅう押しつぶされながら私はそう思った。時間が悪かった……もっと時間をずらして通勤ラッシュを避けるべきだった……

駅に止まる度、人波が乗車口に動いて、それまでよりさらに多い人数が補充されて電車は運行する。私は人波に流される葦である。私は何をやっているんだ……仕事辞めて自由になったのになぜこんな目にあっているのだ……

黒髪二つ結びの女子「……っ」

と、私はふと気付いた。私の斜め前、車内の端、髪を耳の後ろ付近で二つに結った制服の女の子の顔がやけに青褪めているように見える。怯えているような表情。口を押さえている手の震え。

私は女の子を観察。気分が悪いのだろうか。それだけならまだいい。駅に停まったところで降ろしてあげて、駅員を呼ぶなり休ませるなりすればいい。問題は別の可能性。

満員電車。高校生の女の子。怯えている様子。声も出せないほどに。

その時、電車が大きく揺れた。おっとっと、と私は大げさなくらい姿勢を崩して、その女の子の後ろに強引に割り込んだ。ついでに後ろのおっさん達を肩で跳ね飛ばす格好になった。冤罪だったら申し訳ない、おっさん。

迷惑そうな声が上がったが、それもすぐに止んだ。誰も朝から無駄なエネルギーを使いたくはないのだろう。

黒髪二つ結びの女子「あ、あの……ありがとうゴザイマス……」

壁を向いていたはずの女の子がいつの間にかこちらを向いていた。満員電車なので必然的に距離が近くなってしまい、向き合っていると当たってはいけないところが当たりそうなので、私は両手を上げて壁に手を突いて腰を引く。これで私が痴漢に間違われることはない。

ん? ああ、そう。どういたしまして、とポジションを安定させていた私は、遅れて女の子のお礼に反応。しかし近い。身長差があるとはいえこの距離は大変よろしくない。駅はまだか。

黒髪二つ結びの女子「ふぅん……」

私の腕の間にすっぽり収まるくらいの体躯の女の子が、値踏みするような目で私を見上げていた。微妙な居心地の悪さ。というか私はこの恥ずかしい体勢をなんとかしたいのだ。まるで身を盾にしてこの女の子を守っているみたいではないか。私はそんな人間ではないのに。

黒髪二つ結びの女子「やさしーんですね、お兄さん。見ず知らずの私のために、わざわざ壁になってくれるなんて」

これはそういうんじゃなくて、たまたま電車が揺れてこうなっただけで、私の意思ではないのだ。本当に。

言い訳する私に、女の子はどこか冷たさを感じる目を向けている。そんなに見苦しいか、この言い訳? だが大事なことなんだ。私にとっては。

黒髪二つ結びの女子「なんだ。せっかく……と思ったのに」

でもまあ及第点かな。女の子はなにか小さく呟いたようだったが、ガタガタと車輪の音で小うるさい車内では途中がよく聞こえなかった。女の子はポケットから紙片とペンを取り出して、何やらゴソゴソとして、

黒髪二つ結びの女子「はい、これ私の名前と連絡先です。そのうち連絡しますね」

電車が駅に停車した。女の子は私の手に折り畳んだ紙片を押し付けて電車を降りていった。残された私はとりあえず紙片を開けて女の子の名前を確認、なくさないように一応、小さく畳んでポケットに入れた。

そんなこんなで海に着いた。意外に人がいるが、ボードを持っているのはサーファーという人種だろうか。とりあえず靴を脱いで波打ち際まで行ってみたが、季節はまだ春、海水温はまだまだ低い。

やはり海は夏だな、と再認識。うっかりして、タオルを持ってくるのを忘れてしまったのだが、はたしてこれからどうしようか。

私は靴も履けず、海岸に座ってただただ海を眺めていた。そのうち、ベタつきながらも足が乾いたので靴を履き直し、適当な料理屋で昼食をとって帰った。帰りの電車は当然のごとく空いていて、朝とは打って変わって快適だった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:10より採用
(ポニテ解禁まで2回)
(おかっぱ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ヤンキー、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ)


黒髪ツインテ『助けてくれたときはちょっとカッコいいかもって思ったのに……後で恥ずかしがるとか減点、意味わかんない言い訳するとか超減点です。まあこれからに期待?』

黒髪ツインテ
【年齢・属性】高校二年生
【身長】150
【髪型】黒髪ツインテ アホ毛付き
【容姿・身体的特徴】貧乳 小柄 普段の真面目モードの真顔とからかいモードのジト目ニヤニヤ顔を持つ
【男性経験】無(有りそうに振る舞う)
【恋人】無(有りそう(ry
【性格】誰にでも敬語で飄々としていて、からかい好き。基本攻め、受けには弱々
【備考】白馬の王子様症候群。理想と現実の間で悶え苦しむがいい
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/10(日) 20:56:45.42 ID:VHf7acdZ0
また一部のキャラシートを下記に差し替えます

金髪ギャル
【年齢・属性】中学2年生
剣道少女は近所のお姉さん(姉ではない)で懐いている←New!
留学生、オレンジショートのクラスメイト。桃髪サイドと同じ学校←New!
オレンジショートとは小さい頃からの親友←New!
桃髪サイドとは中学からの親友←New!
※金髪ギャルと桃髪サイドが仲良くなる→オレンジショートとも仲良くなるの順←New!
【身長】145cm
【髪型】金髪サイドテール
【容姿・身体的特徴】白ギャル ミニスカお腹丸出し 巨乳
【男性経験】皆無
【恋人】無
【性格】キャピキャピな母性の塊
【備考】ペットに大型犬を飼っている。世話好きの本質は絶対の優越と支配欲

剣道少女
【年齢・属性】高校2年、金髪ギャルの近所のお姉さん(姉じゃない)
金髪ギャルを妹のように思っている←New!
金髪ギャルの親友であるオレンジショート、桃髪サイドのことは性格上、快く思っていない←New!
【身長】158
【髪型】黒のセミロング(運動時はまとめている)
【容姿・身体的特徴】実年齢より幼く見える、やや童顔。隠れ巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いる(幼馴染。ラブラブ)
【性格】元気で一途な剣道少女。根はしっかりものの頑張り屋
【備考】一度仲良くなった相手はどんな事があっても見捨てない。普通にいい子。だけどそういう清純な子を悪い道に引きずり込んで葛藤してる様を眺めるのって楽しいよね?

留学生
【年齢・属性】中学2年 アメリカからの留学生
金髪ギャル、オレンジショートのクラスメイト←New!
桃髪サイドと同じ学校←New!
【身長】163
【髪型】金髪ロング
【容姿・身体的特徴】碧眼 かなりの巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いない
【性格】寡黙でクールな印象だがだが、実際はのんびり屋で天然
【備考】日本の文化に興味(非オタク)。日本語があまり堪能ではない。性観念は奔放な潜在ビッチ

オレンジショート
【年齢・属性】中学2年生
金髪ギャルの小さい頃からの親友、クラスメイト←New!
桃髪サイドと同じ学校、中学からの親友←New!
※金髪ギャルと桃髪サイドが仲良くなる→オレンジショートとも仲良くなるの順←New!
【身長】145
【髪型】オレンジショート 前髪ヘアピン
【容姿・身体的特徴】日焼け褐色 巨乳 八重歯
【男性経験】無
【恋人】有
【性格】 ノリが良く怖いもの知らず
【備考】友達がいないと何も出来ない。彼氏ともなんとなくで付き合った。同調圧力、薄い個我、場に流される、自分の確固とした意志がない

桃髪サイド
【年齢・属性】中学三年生
金髪ギャル、オレンジショートの親友、同じ学校、中学からの付き合い←New!
※金髪ギャルと桃髪サイドが仲良くなる→オレンジショートとも仲良くなるの順←New!
【身長】142
【髪型】桃髪サイドテール
【容姿・身体的特徴】ツリ目 巨乳 色白ムチムチ
【男性経験】無
【恋人】有
【性格】生意気 友達以外には手厳しい反応
【備考】女王様タイプ。望むものは親から何でも与えられて、望まないものは親が何でも排除してくれる環境。自分に絶対の自信。友達以外は虫けらか石程度。世界で自分だけは何をしても許されると思っている
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 21:06:15.34 ID:mUFWPM9qO
桃髪サイド
雨の中傘を挿してお散歩しているとびしょ濡れになりつつ雨宿りしているのを見つける。取り敢えずここから近い自分の家に案内
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 21:10:13.56 ID:upaENJxe0
留学生
町を色々と案内する
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 21:12:09.34 ID:FjzCu6yDO
オタク向けのショップに出入りしているヤンキーを目撃
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 21:50:51.70 ID:WOQez62v0
>>183は時間外だから無効かな?
アパートの大家の娘さんが引っ越してくる
【年齢・属性】大学院1年生
【身長】158
【髪型】黒髪の三つ編み 
【容姿・身体的特徴】垂れ目、眼鏡着用、トランジスタグラマー
【男性経験】無
【恋人】無
【性格】内向的で大人しい
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 22:02:55.44 ID:VHf7acdZ0
マジだぁ……>>186採用ね
書き溜めます
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 22:03:56.58 ID:VHf7acdZ0
(ポニテの読み直してみたけど典型的なカルト宗教の手口だった)
(怖ぁ……)
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 22:17:52.66 ID:p86DYJ3kO
また時間無視してたァ!
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/10(日) 22:38:52.09 ID:VHf7acdZ0
22:50より投下します
また女子で158cmは平均身長ぐらいなので【容姿・身体的特徴】は少し変更を加えます
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 22:51:24.24 ID:VHf7acdZ0
>>186採用


真っ昼間だというのに、私はベッドに大の字になっていた。というのも昨日の夜、無性にムシャクシャしたので、隣のポニテの部屋に押し入ったのである。明日も大学があるというポニテの抗議を無視してつい朝までいただいてしまった。

その後シャワーを借りて自室に戻ってきたわけだが、はたしてポニテは大学に行けたのだろうか。だがポニテの大学事情は性処理道具の契約条項に入っていない。なので私の考えることじゃない。

だから私はこうしてベッドでウトウトしていてもいいのだ……後始末を他人に押し付けられるって最高……

おっと玄関からチャイムが。最近はどうしてこう来訪者が多いのか……はいはい、今出ますよっと。

黒髪三つ編みの女子「こ、こんにちは……突然すみません……えっと、私、大家の娘で、今日引っ越してきて……えっと……」

名乗った娘の話を聞くと、どうもアパートの大家が体を壊したらしく、入院? 家族のもとで療養? のような何かになって、とにかくこのアパートの面倒を見るために、急遽娘を派遣してきたのだという。

ということで合っていると思う。居住者の私としては、アパートのことで何かあればこの娘に話をすればいい、ということ、でいいのか?

大家娘「は、はい……! えと、私も院に行っていることもあるので、できることは少ないと思いますが、その、よろしくお願いします……」

つまり大家の代理としてこの娘が動くということなのだろう。見るからに内気そうだが大丈夫なのだろうか。大家は恰幅のいいおば様でなにかと頼りになったのだが。

……院? 大学院か? 私は大学までなので学士号持ち。この娘は院ということは修士か、はたまた博士か。なるほど。私も下らない意地を張らず、就職浪人として大学院にでも行っていれば少しは違っていたのか。

今さら考えても詮無いことだが。私はこれからよろしく、と頭を下げた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、23:05より採用
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、おかっぱ、ヤンキー、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、大家娘)


大家娘『大家さんのお仕事かぁ……私にできるのかな……院にも慣れないといけないのに……お母さんったら、突然私に行けって言うなんて、私にも都合があるのに……私が人付き合い苦手だって知ってるのに……(ブツブツ)』

大家娘
【年齢・属性】大学院1年生
【身長】158
【髪型】黒髪の三つ編み 
【容姿・身体的特徴】垂れ目、眼鏡着用、いつも猫背気味で体型が目立たない服を着ているが実は巨乳
【男性経験】無
【恋人】無
【性格】内向的で大人しい
【備考】内弁慶。でも弱いのでちょっと強く出られるとすぐ負ける。結構根に持つタイプなので取扱い注意
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 22:59:06.42 ID:VHf7acdZ0
あーあと>>183系の雨シチュはオレンジショートに使いたい……場の空気で人の悪口言うクソキョロ充を正論でいじめてやりたい……雨宿り中なら逃げられないし……
誰か取ってくれないかな……(チラッチラッ)
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 23:01:49.35 ID:p86DYJ3kO
逃げ場がない桃髪虐めてみたかったけど通報される路線だわ
オレンジ
雨の中傘を挿してお散歩しているとびしょ濡れになりつつ雨宿りしているのを見つける。取り敢えずここから近い自分の家に案内
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 23:02:35.64 ID:VHf7acdZ0
時間ン!
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 23:03:02.48 ID:p86DYJ3kO
もう嫌やぁ…
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 23:05:23.97 ID:ZrgSAC8vO
ビラ配りをしているオタク受けが良さそうな清楚系黒髪ロングのメイドさんに捕まる(中身はヤンキー)
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 23:05:35.21 ID:FjzCu6yDO
おかっぱが再びアパートを訪ねて来て、色々考えたけど男のことを何故か嫌いになれない、出来れば友人として付き合っていきたいと告げる
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 23:07:14.49 ID:oLb5Fg020
オレンジ
雨の中傘を挿してお散歩しているとびしょ濡れになりつつ雨宿りしているのを見つける。取り敢えずここから近い自分の家に案内
その後正論で虐める形に
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/10(日) 23:07:39.99 ID:ZrgSAC8vO
リロードしそびれてたがイッチ取って欲しい安価あったのか…すまんな
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/10(日) 23:09:22.24 ID:p86DYJ3kO
気づいたら過ぎてた
でも同じ安価内容2つは意味ないのでセーフ
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/10(日) 23:10:54.98 ID:VHf7acdZ0
・返信>>199気にしなくていいのよ僕のワガママなので
書き溜めます
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/11(月) 01:08:13.48 ID:FlZD9b4J0
1:20より投下します
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/11(月) 01:22:02.08 ID:FlZD9b4J0
>>196採用


世間が休日を迎えても、無職である私は毎日が日曜日なので何も関係がない。が、過去の習慣か、なんとなく解放された気持ちになるのは我ながら度し難い。

今日は昼の街に出てみるか。最近は夜遊びばかりで、昼は健全な遊びしかしていなかった(ポニテを『使う』のも夕方〜夜ばかりだった)。もしかしたら知らない内に、なにか新しい遊び場所でも出来ているかもしれない。

私は駅前に行ってみることにした。

ミニスカメイド服姿の女子「こんにちはー♪ 新しくオープンしました〜っ、よろしくお願いしまーすっ」

長い黒髪のメイドが駅前でビラを配っていた。ついに我が街にもメイドがやってきたのか。メイドの衣装は各所にレースをあしらった白黒モノトーンで一見清楚だが、ミニスカニーソックスに肩脇が露出して、肌面積はかなり多い。一方で胸元はガッチリ守っているので、それでバランスを取っているのかもしれなかった。

それにしてもあのメイド大きいな……身長、私と同じくらいはあるぞ。全体的にかなり肉感が強いので、あの衣装では少し扇情的に過ぎやしないか。私としてはもっとエレガントなゴシックスタイルのエプロンドレスのほうが好みなのだが……

ともあれ私はメイド喫茶なんて行ったことがなかった。どうせやることもないし、これも一種の経験である、私はメイドにビラを貰いに行くことにした。

ミニスカメイド服姿の女子「あっ、どうも、よろしくお願いしま−―――っすッ!」

ビラを受け取ろうとした瞬間、メイドに手首をガシっと掴まれた。握力が強い! いきなりなんだこのメイド!? 暴力的だぞ!?

ミニスカメイド服姿の女子→ヤンキー「見つけたぞあのときのおっさん……せっかくあたしが誘ってやったのに逃げやがってよ……今度は逃さねぇぞ……」

その声、その身長、その凄味……君、ドラッグストアのヤンキーか!? 髪の色から長さから違うぞ! どうする? 握力がすごくて振りほどけない……! 何が望みだ? ここは天下の往来だぞ? 暴力沙汰は警察案件だぞ? ここは穏便にだな……

ヤンキー「何ヌかしてんだ。今のあたしゃ可愛いメイドさんだぞ? いいからちょっとツラ貸せよ。どーせビラももうすぐ捌けそうだしな」

そこでちょっと待ってろ、とドスの利いた声で言われて、私はヤンキーから少し離れたところに控えた。こんにちはー♪ と愛想を振りまいているヤンキーはまるで別人である。『可愛いメイドさんボイス』を完全に作り込んでくるとはコスプレイヤーの鑑。

いやメイド喫茶で働いているならコスプレでなく本職のメイドといってもいいのか? そのあたりは専門家の意見を聞きたいところだ。

そんな事を考えながら、私はヤンキーがビラを捌き切るまでを見守らせられた。春の陽気が少しずつ夏のものに近づいている。夏が来て秋が来て冬が来て、次の春を私が迎えることはおそらくない。

ならこれが私にとって最後の春ということになるのか……

ヤンキー「ふー、捌けた捌けた。……んだよおっさん、シケたツラしやがって。おら行くぞ」

行くってどこへ? お金はあまり持っていないが……という私の言葉に、馬ぁ鹿決まってんだろ、とヤンキーはニヤリと笑って、

ヤンキー「お疲れのおっさんを癒やしにだよ」

それはなかなか魅力的な提案だったので、私はホイホイとヤンキーのあとに付いて行った。

メイド達「お帰りなさいませご主人様―♪ お席にご案内しますねー?」

私はメイド喫茶にいた。いやいいんだけども……初めから来てみるつもりだったし……別に変な期待をしていたわけではないし……

ヤンキー「ご主人様ー? ご注文はお決まりですか?」

まだ決まってません(半笑い)。オススメとかあるんですか?(半笑い)

ヤンキー「オススメはぁ、小悪魔妖精メイドさんの萌え萌えオムライスです☆ ケチャップはメイドさんが掛けてあげますので、期待しててくださいね♪ ……おい、さっきから何ニヤついてんだブッ飛ばすぞ」

笑ってません。それでお願いします。飲み物はウーロン茶で。般若になったヤンキーは一瞬で黒髪ロング清楚メイドの笑顔に戻って、承りましたご主人様♪ と足取り軽くカウンターに消えていった。メイド恐るべし。

待つことしばらく。スマホをいじっているとヤンキーが皿を手にやって来て、

ヤンキー「お待たせしましたご主人様―♪ それじゃオムライスにケチャップでお絵かきしちゃいます☆ どんな絵がいいですか? お名前はどうします、……か」

それじゃあ星で(半笑い)。ヤンキーが一瞬真顔になったので私は表情を消した。名前はなしでいいです。

ヤンキー「承りましたー♪ それじゃあ星っ、と、お皿の周りにぐるっと掛けて、はいできあがり! 美味しくなる魔法をかけますので、ご主人様もご一緒に。手でハートを作って、美味しくな〜れっ、萌え萌えキュン♡」

それじゃあごゆっくりどうぞ、とヤンキーは去っていった。私は手でハートを作って、とびっきりの笑顔を作ったまま、しばらく動けなかった。

早く食べてここから逃げよう。私が考えていたのはそのことだけだった。

特急で食べ終えて会計。横からやって来たヤンキーが、

ヤンキー「おう、帰んのか。な? 来てよかっただろ? 可愛いメイドさんに癒やされたろ? ん?」

そんな事をいうのに笑顔を返しながら、メイドたちの行ってらっしゃいませご主人様のコールを背に、私は退店した。

こんな春が来るなら二度と来なくていい、とそう思った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、1:35より採用
(ヤンキー解禁まで6回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、おかっぱ、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、大家娘)


ヤンキー『客ゲット! シケた顔してたらまた連れ込んでリピーターにしてやろう。これぞWIN-WINってやつだな』
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/11(月) 01:22:48.89 ID:FlZD9b4J0
ヤンキーのキャラシを更新します
ヤンキー
【年齢・属性】高校二年生 
【身長】175
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい
【髪型】茶髪、ボブ(コスプレのため)
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
【備考】男の価値はセックスだ! チンコでしかない男に自分をノせるためのコスプレ=非日常、ハマり込むためのなりきり=それが自分でないならいくらでもハマれる。変身願望はそれが本当は自分だったらいいのにという憧れ
追加:メイド喫茶でバイト中(合法的にコスプレ+遠征費用稼ぎ)←New!
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/02/11(月) 01:46:15.12 ID:dsiwDzGs0
ポニテ ドはまりしてしまったのか呼んでなくても自分から犯されに来るポニテに
どうしてこうなったと思いつつも種付けプレスで朝まで中出しセックスする
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 02:57:13.53 ID:7mZSYGKyO
銀髪ロング
駅前でカラオケに誘われ勢いに負けて行くことになる
歌う男に対して過剰なスキンシップと淫語でエッチのお誘いをしてくる
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 06:23:01.45 ID:qp8JIMfDO
おかっぱが再びアパートを訪ねて来て、色々考えたけど男のことを何故か嫌いになれない、出来れば友人として付き合っていきたいと告げる
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/11(月) 17:40:40.15 ID:FlZD9b4J0
>>206採用


銀髪ロング「あーっ、やっぱりそうだ! おにーさん、ひさしぶりー♪」

トボトボと家路についていた私の腕に誰かが抱きついてきた。見れば見覚えのある胸の谷間が目に入って、見覚えのある黒ブラがチラ見えして、見覚えのある銀髪、見覚えのある顔立ち。声も聞き覚えが。

抱きついてきた動きで丈の短すぎる制服のスカートがふわっと捲れて、上からの視点でも中の下着がちらっと見えた。これも見覚えのある黒!

銀髪ロング「急に今日の相手からドタキャン食らってさー、ホントマジムリってそいつは切ったんだけどぉ、これからどうしよっかなーって思ってたの。ね、おにーさん、代わりにあたしとアソんでくれない?」

人懐っこく笑う銀髪ロング。だができれば他を当たってほしかった。無職は一日の活動限界が早いのである。メイド喫茶という魔境に放り込まれた精神的疲労は深い。帰って休みたい。

えー、おにーさんムショクなの、と銀髪ロング。いかにもそのとおりである。援助交際目的なら、無職でお金のない私は銀髪ロングのお眼鏡に適わない。もっと見るからにお金持ちのおじさんに声を掛けたほうが無駄がないのではないか。

銀髪ロング「ムショクならいつでも遊べるじゃーん♪ 行こ行こっ、まずはねー、カラオケから行っちゃおうー! だいじょーぶ、ワリカンにしといてあげるっ」

それでいいのか、と思ったが抵抗する気力は私にはなく。私は銀髪ロングに腕を引かれるまま、カラオケ屋に入店した。

そういえば私はカラオケに来たことがなかった。学生時代はついぞ来ることがなかったし、非正規として雇用されてからも当然ない。私は銀髪ロングが部屋を取るのをぼうっと見ていた。

そして入室。何系歌うー? と訊かれても私としては返答に困った。金も友人もない身の一人遊びは主にネット視聴、つまりアニソンになるのだが、せいぜい時間潰しにしか見ていなかったのでフルで歌える曲がない。

隠していても仕方がないので私は素直にそう言った。

銀髪ロング「……おにーさん、それで今までどうやって生きてきたんですか?」

どうにもならないから今こうして無職なのだ。私がそう言うと、そりゃそーだ、と銀髪ロングは明るく笑った。

銀髪ロング「よし、じゃー歌おっか! それでイヤなことは全部忘れちゃお? まずはあたしから曲入れるね。入れ方わかる? えっとね、アーティストからでも曲名からでも行けるんだけど、検索して――」

箱型の機械(デンモク? というらしい)で曲を入れる操作を学んでいるうちに、銀髪ロングの入れた曲が始まった。

歌うことで嫌なことを忘れられるなら、銀髪ロングにとっては今日本来の相手からのドタキャンが相当腹に据えかねていたのだろうか。そんな事を考えながら楽しそうに歌う銀髪ロングの歌を聞く。この娘歌上手いな……

曲が終わったので私は拍手。はー、キモチイイー♪ と銀髪ロングは私にマイクを渡して、私の隣に腰掛ける。

銀髪ロング「でもぉ、歌ってると、カラダ、熱くなってきちゃったな……?」

言いながら胸下までしか留めていないボタンを銀髪ロングはゆっくりと外していく。前を完全に開けたブラウスから、面積の大きい黒ブラに支えられた大質量の胸が現れた。胸が大きいとその重量を支えるブラも巨大になる。ポニテもそうだったし。

銀髪ロング「涼しー♪ ……あれ? 曲、入れないの?」

そうだった。私は適当な曲を入れてスタンバイ。歌えない箇所は誤魔化そう。前奏が流れて、いざ歌い出し。画面の歌詞を注視していると腕を突かれた。

見ると銀髪ロングがスカートをたくし上げて中のパンツを見せていた。黒レースというか透けてないかそれ!? 制服女子がスカートの下にそんなの着けていていいのか!?

歌い出しの歌詞が喉に絡んで私は咽せた。私の無様を楽しそうに笑う銀髪ロング。いきなり何をしているんだ。ここカラオケ屋、ドアガラス張り、監視カメラ付きィ! バレたら補導じゃすまないんだぞ私は!?

銀髪ロング「だいじょーぶ。あたし、ここの店員とオトモダチでさ? 色々ユーズーしてもらってるの。この部屋の監視カメラは壊れてるし、店員も見に来ないよ? でもたまたまお客さんが通りかかることはあるかも?」

プツっとした音で、銀髪ロングはブラジャーのフロントホックを外す。転びでた胸はわずかに楕円、ブラウスを押し上げて前に大きく張り出している。結果、先端の淡桃はブラウスの前立てから完全にはみ出して、色付いた円の中に浮く突起まで見えてしまっていた。

くすくすと笑った銀髪ロングが私の膝に跨ってくる。腰まで届く長い髪が揺れて、どことなく甘いような匂いが放出されていた。

銀髪ロング「さっきまでムシャクシャしてたんだけどぉ、歌うたって、あたし、テンアゲしちゃった。でも、もっとアツくなりたいなぁ……おにーさん、付き合って?」

銀髪ロングは私の首に腕を回して、口元に笑顔のような表情を作って私を見下ろしていた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:30より採用
銀髪ロングコミュ続行でも構いませんし、他ヒロインコミュでも、新ヒロインでも可です
もし行為に入るならプレイ内容も指定ください
※ただし銀髪ロングは現在不特定多数と性交渉を行っているため、粘膜接触は禁止です(キスなし、ゴム付きに限りフェラ・挿入あり)
※上記は自衛とポニテの保護の目的で、主人公(『私』)から避けるようにします、ご注意ください。銀髪ロングが性病持ちというわけではありません

もし他ヒロインを指定する場合は下記の指定制限があります
(銀髪ロング解禁まで6回)
(ヤンキー解禁まで5回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、おかっぱ、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、黒髪ツインテ、大家娘)


銀髪ロング『おにーさんが無職とかなんとかどーでもいいよ。誰でもいいからエッチして、今のこのムシャクシャした気持ちを全部ふっ飛ばしたい。それだけ』
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/11(月) 17:41:38.26 ID:FlZD9b4J0
風呂入るので遠めにしてます、よろしく
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 18:20:28.84 ID:4vgA3nYdO
銀髪は連続でセーフ?
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 18:29:38.17 ID:FlZD9b4J0
・返信>>210銀髪ロング続行も可、ですが注意事項があるのでご注意ください
直前に返して申し訳ないけど
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/11(月) 18:33:06.49 ID:h0bjHiJsO
オレンジショート
ビビって飛び出すと急に雨が降り出してきた
雨宿りに店に飛び込むとそこにはオレンジショートが
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 18:33:57.83 ID:qp8JIMfDO
おかっぱが再びアパートを訪ねて来て、色々考えたけど男のことを何故か嫌いになれない、出来れば友人として付き合っていきたいと告げる
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 18:34:06.78 ID:3DRRdwnZ0
おかっぱ
あのときの動悸が忘れられないおかっぱ
もうどうなってもいい、もっとドキドキさせてと言ってくる
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/11(月) 20:33:10.31 ID:FlZD9b4J0
20:45より投下します
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/11(月) 20:47:36.26 ID:FlZD9b4J0
>>213採用


はじめに考えたのはゴムを付けなければ、ということ。銀髪ギャルは明らかに手慣れている。銀髪ギャルを疑うわけではないが、不特定多数と関係を持っているなら、危険もそれに従って大きくなる。このまま流されるのはあまりに危険。

だがこの場でそんな事言えないな……と思った。私にとっては至極当然な思考。だが、何故私は銀髪ギャルにそれが言えないのだろうか。雰囲気を壊してしまうからか。銀髪ギャルに失礼なことを言って嫌われたくないからか。

それは本当に私にとって重要なことなのか。

条件がある、と私は言った。ゴムを付けていいなら君に付き合っても構わない。キスもなしだ。

銀髪ロング「ふぅん? あたし、ナマのほうが好きなんだけどなぁ? 男の人がぁ、あたしに一生懸命腰振って、中にビューってされるのがサイコーに好きなの。おにーさんだってそーでしょ? 現役JKのアソコにぃ、ドピュドピュ〜ってしたいんだよね? ここ、もうこんなにして……♡ 今までで一番大っきいかも……♪」

それとこれとは別だった。ズボンの上から私の股間を擦って喜んでいる銀髪ギャルは、たくさんの男たちとこうしてきたのだろう。事が私一人ならともかく、ポニテに累が及ぶようなことがあっては、その、なんだ。困る。

銀髪ギャル「……それ、あたしにすごーくシツレイなんだけど。それ、わかってて言ってるんだよね。てゆーか、彼女さんいるくせにあたしとこーしてる時点で説得力皆無だけどぉ」

彼女というわけではないが。ともかく、これはそういうビジネスだ。君は私が私でなくても、男なら誰でもいい。私にとっても、君が君である必要はない。以前も言ったが、女なら別に宛があるんだ。

だから言っている。ゴム付きでいいなら君に付き合ってもいい。それが不服なら別の相手を探しなさい。私も別の娘に相手をしてもらうだけのことだ。

銀髪ギャル「なにそれ。マジ萎えるんだけど。あー、もう、マジ冷めちゃった。あたし帰るから」

さようなら。カラオケはフリータイムだったかな? 私はもうしばらく歌っているから、君の分の代金も帰りに私が払っておこう。こういう普通の遊びならいくらでも付き合うから、また誘ってくれると嬉しい。今度は割り勘にしてもらうが。

バカじゃないの、と小さく吐き捨てて銀髪ギャルは部屋を出ていった。私は一人で数曲歌ったが、連続で歌うたうのって結構体力を使う。ドリンクを取りに行ったり、休憩を入れたりして、数時間一人カラオケを満喫した。

夕方を迎えた頃、私はアパートに戻った。少し喉に違和感があるのは久しぶりなのに何曲も歌い過ぎたからか。ちょっとは歌の訓練もしないといけないかもしれない。

と、アパート前に人影。見覚えのあるシルエット。

おかっぱ「あっ……あの……お帰りなさい……」

今日は本当に不意の遭遇ばかりだ。このまま立ち話も何である、私はいらっしゃい、と自室におかっぱを上げた。

今日のおかっぱはマフィンを作って持ってきてくれていた。昼にお友達と一緒に遊ぶときに用意して、その余りなのだという。美味。しかし、それなら随分と待たせてしまったかもしれない。私が謝ると、おかっぱはあわあわとして、

おかっぱ「い、いえ、私が勝手に待ってただけですから……その、こちらこそ、ごめんなさい……」

しばし私とおかっぱは互いに謝りあった。今後はおかっぱの訪問前に連絡を入れさせることにしよう。私とおかっぱは連絡先を交換。無職になってから女の子の連絡先ばかり増えるな……

手中のスマホ画面に表示された私の連絡先を見つめるおかっぱ。私は本題に入ることにした。

この前はあんなに怖い思いをしたのに、どうしてまた来たのか。

あの、その、と声を震わせるおかっぱは、ぎゅっと淡い色合いのスカートの裾を握る。勇気を振り絞ったように顔を上げて、私と顔を合わせた。

おかっぱ「嫌じゃ……なかったです……怖かったけど、お兄さんなら……」

差し込む夕陽よりも顔を赤くして、おかっぱは続ける。

おかっぱ「で、でも、私、こんなだし……体も、小さくて、全然、可愛くないし地味だし……お兄さんが、今までみたいに仲良くしてくれるなら、それだけで……いいですから……」

懸命に言葉を重ねるおかっぱに、私はゆっくりと近づいた。おかっぱの言葉を私は喜ぶべきだった。こんな私でもいいなら、というのはこちらのセリフだった。おかっぱさえいいのなら、ぜひとも私と仲良くしてくれと私の方からお願いしなければいけない立場。

だが私の心には奇妙に冷めた感情が広がっていた。私はおかっぱの肩に手を置く。華奢な肩。以前のように、ほんの少し力を込めただけで簡単に組み敷ける幼さ。

また前みたいなことが起こるかもしれない。今度は前みたいに、直前で止まらないかもしれない。あのAVがあの後何をするのか知っているのかな? 保険の授業をちゃんと受けているなら、中学生なら、それがどんな意味を持つ行為なのか理解しているはずだね?

おかっぱ「……はい。お兄さんが、したいなら……私は……」

震えた声。震える体。うつむいた表情。おかっぱは逃げない。今度はおかっぱ自身の意志で、ここに、私の前に留まることを決意している。

胸の中に拡がる冷たさが範囲を増していく。そいつは暴力的な激しさで言う。望み通りにしてやればいいと。この少女はここで起こったことを誰にも言わない。誰にも相談しない。この少女には何をしても誰にもバレない。誰にも咎められることはない。やってしまえ! どうせ失うものは何もないんだ!

私はおかっぱの肩からゆっくりと指を外した。そういうことなら、こちらこそよろしく。色々変なことを言って悪かったね。君が心配で、つい脅かしてしまった。

おかっぱ「そ、そんなこと……私は別に……んんっ、い、いえ、こちらこそ、よろしくお願いします」

慌てたように咳払いするおかっぱに私は笑顔を向ける。安心しなさい。君みたいな娘に手を出したりしないように、キツく釘を刺されたところなんだ。その人が頑張ってくれている限りは、そんな事は起こらないから。

釘……? と怪訝そうなおかっぱに、今日はどうしようか、と私は訊いた。さすがにアダルトビデオの用意はないが、と冗談めかして言うと、おかっぱは顔を真っ赤にしてうつむいてしまった。
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/11(月) 20:48:02.61 ID:FlZD9b4J0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:00より採用
(おかっぱ解禁まで6回)
(銀髪ロング解禁まで5回)
(ヤンキー解禁まで4回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、おかっぱ、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、黒髪ツインテ、大家娘)


銀髪ロング『現役JKだよ? ありえなくない? フツーに遊ぶとかないでしょ。バカじゃないの。ムシャクシャする、ムシャクシャする、あー、いいや、その辺の男誘ってヤろっと。別に誰でもいいんだし』

おかっぱ『よかった……またお兄さんと仲良く出来る……でも、なんだろ、なんかモヤモヤする……釘を刺されたって誰にだろう……』
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 21:00:25.51 ID:o4em9tbKo
黒髪ツイン
この前のお礼がしたいと呼び出され大型ショッピングモールへ
ツインとデート出来る権利を貰い帰ろうとするも押し止めれデートすることに
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/11(月) 21:04:20.83 ID:1kGc/5IgO
ポニテ
色々な事があって疲れたのでとりあえず話し相手になって欲しくて合いたい旨を伝えるも
ポニテの脳内ピンク化&自己犠牲精神の暴走から自身の中学時代の服装&幼く見えるサイドテールでお出迎え
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 21:07:16.68 ID:SZhZrthgO
桃髪サイド 金髪ギャル
金髪がお世話に来る&桃髪面白そうなので付き添い
世話を焼かれているのを見て爆笑の桃髪、犬に餌をあげるようにご飯を食べさせてくるのでパンツガン見
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/12(火) 00:13:34.51 ID:NnNSpN4k0
>>219採用


暗くなる前におかっぱを家に帰した。今の私は近所の気のいいお兄さん。大人は子供を夜中まで連れ回したりしないのだ。

はぁ、と私は一人になった部屋で一息。一息では足りない気がしたので、はぁ〜〜〜〜〜、っと長く息を吐いた。疲れた……今日だけで三人も女子に絡まれるなんて……おかっぱはともかく、ほか二人の精神的疲労が尋常ではない。

今まで女子と絡むことなんてなかったではないか。なぜ今になってこんな事になっているのだ。このままではお金が尽きる前に精神的死を迎えてしまう。

悩み事は人に話せば楽になるという。そういえば、今の私には多少粗末に扱ってもいい相手がいるのだった。早速使ってみるとしよう。

『今日はちょっと疲れたから相手になって』とポニテに送信。返信はすぐに来た。今大学から帰っている途中なので、あと十分ほどでアパートに着くとのこと。帰ったら準備をするので、準備ができたら呼んでくれるという。

準備? 部屋の片付けでもするのだろうか。まあ別に急いでいるわけではないので私は了承。ベッドに横になってポニテからの連絡を待つ。

ポニテの返信から三十分、やっとポニテから、ポニテの部屋に来るよう指示があった。私は自室を出て隣室のチャイムを押す。ややあってドアが開いた。

ポニテ「い、いらっしゃい……ませ……」

ポニテはポニテじゃなかった。耳の上で括ったサイドテール。ロゴの入ったパステル系のキャミ、フリルが幾つも重なったような膝丈スカート。

何だその中学生女子みたいなファッションは!? いつものシンプルイズビューティフルな女子大生コーデはどこに行った!?

ポニテ「い、いいから早く中に入ってください……! こ、こんな格好、誰かに見られたらどうするんですか!」

確かにそのとおりだった。私は中に入って、ポニテの部屋のテーブルにつく。ポニテも私の前に座る。私はポニテをまじまじと見る。ただでさえ背の高めのポニテ、しかもキャミを内側から押し上げる胸の稜線が顕わで、ポニテの羞恥顔も含め、かなり背徳的な趣があった。

これはこれでありである。私はうなずいた。

しかし何故こんな格好をわざわざ……? まさか準備とはこのことか?

ポニテ「だ、だって、お兄さんがお疲れだっていうので……私なりに、ですね、お相手を……ちゅ、中学生くらいの娘が好みだと聞いてますから、服装だけでもと……」

まあ、(話し)相手になってほしいとは言ったが。別に服装は……ん? 『中学生くらいの娘が好み』?

……ああ!? ポニテ、君、まさかそういう!? (性処理の)相手ってことでそういう格好を!? 君えらくノリノリじゃないか! 身代わりの建前はどこに行ったァ! 違うんだよー、私は今日疲れたから話し相手になってほしかっただけなんだよー! こんな精神状態でエロいことができるわけないだろう! このドスケベ女子大生!

ポニテ「な、なんですかそれ……!? せっかく恥ずかしい思いまでして、着もしない子供っぽい服買っておいたのに……!」

やっぱりドスケベじゃないか(憤怒)、もう頭に来た、君、今日は眠れると思うなよ。覚悟しろよ……!?

ぎゃーぎゃー騒いでいるとチャイムが鳴った。ポニテに応対させると、大家娘から注意を受けているよう。意外と壁薄いんだなこのアパート……

仕方がないので静かにしながらポニテの体をいただくことにした。

ポニテ「……なんですか? 今日はもう帰ってください。もううんざりです……っ、んっ、んはぁっ、やめてくださいっ、今日は、んむ、ん、ん……」

口煩いポニテも抱き寄せてキスを重ねればすぐに大人しくなる。キャミの中に手を入れてブラのホックを外し、キスを続けながら服の下の体をまさぐる。こうすれば十分と経たない内にポニテの顔は期待に蕩けて準備完了。

ベッドに押し倒した後も、幼さを強調するような髪型や今どき中学生だって着ないような服装を指摘しながら上半身の愛撫を継続。いやいや言いながら、体は随分素直だな? ポニテ?

そういえばブラはともかく、下はどんなのを穿いてるのか。気になったので脚を広げさせてスカートをたくし上げさせる。これはまた……ピンク水玉の可愛らしいパンツだことで。

ポニテ「もうやだぁ……恥ずかしくて死にそう……」

その割に、結構パンツ湿ってない……? 君もなかなか度し難い性癖してるな……

一応軽く指で慣らしてから挿入開始。せめて脱がせて、とポニテは言うが、何を訳のわからないことを。脱がしてはせっかくの恥ずかしい服装の意味がないではないか。

『汚れる』ゥ? 私はゴム着けてるんだから、汚れるなら君の体液だけだろう? そんなに汚したくないなら、いつもみたいに私差し置いてイきまくってないで、少しは我慢したらどうだ?

ポニテ「んっ、んっ、わかりました、もう何回もっ、してっ、あっ、来ましたからぁ、あん♡ 全部我慢んっ、してみせますからっ、っ♡ 好きにすればいいじゃないですかっ、私、負けませんからっ」

なんて最初の方は頑張っていたポニテだったが、ポニテの弱いところなんて私は完全に知り尽くしてしまっているわけで。

ポニテ「ヤぁ♡ ヤらぁ♡ もうイひっ、イひらくないぃ♡♡♡ そこドチュドチュってぇぇ、あっ♡ あっ♡ あっ♡ ヤらヤらヤらっ♡♡ ひぅっ、ひっ♡♡ っ〜〜〜〜〜♡♡♡♡」

一丁上がり。まったく、私が一度イくまでに何回絶頂するのかこの娘は。ほら、惚けてないで私を満足させるんだ、私を気持ちよくする道具だろう君は? 気合を入れなさい、と腰を抽送しながら尻を叩くとポニテは悲鳴を上げて膣肉をグネグネとうねらせて私を締め上げる。この好きものめ。

関係を持った最初の方は膣の一番奥、子宮口を力任せに突くと痛がっていたものだが、今ではバックから腰を揺するようにしてコツコツしてやると、

ポニテ「お“♡ お” ♡ そこぉ“♡♡ 揺れっ、揺れてっ♡♡ お腹ぜんぶぅ♡♡♡ 頭っ♡ 揺れっ♡ お” ♡ お“んっ、お”っ――――♡ ♡ ♡」

こんな感じである。ちょっと開発しすぎたというか、ポニテ側に素質がありすぎて勝手に開発されていくというか。

それにしても私の二回目まですら保たないのは性処理道具失格なので、今後はポニテの性技向上に努めないといけない。本気を出す前に潰れるとは手間のかかる道具だなぁと、私はうつ伏せに顔を枕に押し付けて物も言えなくなったポニテに腰を打ち付けていった。
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/12(火) 00:14:18.95 ID:NnNSpN4k0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/12 17:00より採用
(ポニテ解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(銀髪ロング解禁まで4回)
(ヤンキー解禁まで3回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、黒髪ツインテ、大家娘)


ポニテ『〜〜〜〜っ♡♡ あんな子供っぽい服でこんなに興奮するなんて、ホントにお兄さんロリコンさんなんだぁ……♡ 私がちゃんと、こうして満足させてあげないと、ホントに子供に手出しちゃうかも……? だから私がやらなきゃいけないのぉ♡♡ 私頑張るからっ、負けないからぁ、みんな安心してね♡』
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/12(火) 00:15:22.10 ID:NnNSpN4k0
(ちょっとポニテを弱くしすぎた感あるけど一人目だしこんなもので)
(寝ます)
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/12(火) 00:16:54.37 ID:e5Ftet0mO
おつ
ポニテちゃんの明日はどっちだ
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 17:04:56.85 ID:dvAUEZgBO
桃髪サイド 金髪ギャル
金髪がお世話に来る&桃髪面白そうなので付き添い
世話を焼かれているのを見て爆笑の桃髪、犬に餌をあげるようにご飯を食べさせてくるのでパンツガン見
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 17:11:19.08 ID:H28CRJwDO
大学院の飲み会で酔っぱらった大家娘を介抱する
その際大家娘はスキンシップをよくしてきた
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/12(火) 17:12:22.82 ID:+KfIjjIJO
オレンジショート
にわか雨が降ってきたので雨宿りしていると偶然遭遇
露骨に警戒してるのでちょっとからかって遊ぶことに
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 17:51:05.87 ID:NnNSpN4k0
ちょっとねー、本当は良くないんだけど、>>225でオレンジショートが一緒に来ない理由付けに>>227を使いたい
というかオレンジショートを物凄くいじめたい、反省してないところをさらに責め立てて泣かせたい
のでそんな感じで書き溜めます

※完全に僕のワガママなので、オレンジショートの安価制限は他二人と同じヒロイン数の三分の一(4回)とします
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 18:00:52.87 ID:dvAUEZgBO
お好きにしてくだせえ
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/12(火) 18:11:51.86 ID:+KfIjjIJO
モチベも大事だからな
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/12(火) 20:02:10.02 ID:NnNSpN4k0
>>227採用


いつの間にやら暦は進んで、今や六月も半ばに入ろうとしている。私が停滞の日々を無為に過ごしている間にも、私は一日ごとに年を取り、預金口座の残高も減って、ついに残り百万円を切ってしまった。リミットは近い。

昨今ではすっかり短くなってしまった梅雨も、今年に限ってはかなり長引く予想だった。時間は夕方、急に降り出した雨の勢いは強く、一方で気温はあまり下がらない。じっとりとした空気は肌に重い不快感を残している。

こんな天気の中、わざわざ雨が降ってから外出しているのは私くらいのものだろう。私は手に持った傘をくるくると回しながら、早くも道の窪みに出来た水溜まりを蹴飛ばして歩く。そのための長靴装備、そのための雨合羽である(それぞれ¥3,000〜4,000。ホームセンターで購入)。今の私は完全防備、雨など恐るるに足らず。

雨足で白く煙る路面に、走る車も往時よりも少ない。だからこうして、私のようなものでも天下の公道を闊歩できるのである。私はカラオケ用に覚えた古いアニメソングを口ずさみながら雨の街を行く。この雨の中、顔見知りと遭遇するなんてことは滅多に起こるまい。

オレンジショート「……」

シャッターの降りた店の軒下にオレンジショートが佇んでいた。無言の視線が、私の顔から足元に行き、また顔に戻った。私も自分の格好を見下ろす。完全武装である(鼻歌付き)。

一方のオレンジショートは学生カバンをシャッターに立て掛けているだけ、傘なし、雨合羽なし、長靴なし。見ればブラウスもかなり濡れている様子だった。今はそう寒くはないが、この状態が長く続けば風邪のひとつは引いてしまうかもしれない。

なんだか居心地悪そうに目を逸らすオレンジショート。……まさかこの状況で見過ごせるわけもない。やれやれ、と私は雨合羽のフードを被って、手の傘を差し出す。

当惑したようにこちらを見るオレンジショートに、私は傘を少し揺らして受け取るよう促しながら、誰か迎えは来るのか訊いた。オレンジショートは躊躇いがちながらも手を伸ばして、

オレンジショート「来ないよ。皆忙しいもん。カレシも傘忘れたっていうし……」

ホント使えない、と呟くオレンジショート。私は、そう、とだけ返して、それじゃと踵を返した。傘なけれども合羽あり、雨の日の探索はこれからである。

ちょっと待って、と呼び止められて、私は足を止めた。振り返ればオレンジショートは困惑したような表情、まるで自分でもどうして私に声を掛けたかわからないといったよう。

オレンジショート「……どうして助けてくれるの? この前、けっこうヒドいこと言ったと思うけど」

そうだったかな、と私は首を傾げる。そうだったかもしれない。この前、この娘達をスーパー銭湯に連れて行った時、行き帰りの車内で、施設内で、私は心の中に重たいものを抱えていた気がする。

私はあの時、酷いことを言われて傷ついていたのだろうか。

私はオレンジショートに、なぜあの時、初対面の私に対して『ヒドいこと』を行ったのか尋ねた。オレンジショートは当たり前のことを訊かれたみたいな顔で、

オレンジショート「だってそういう空気だったから……」

空気。悪口を言う空気。人に酷いことを言う空気。そうするべきだとその場の全員が暗黙の内に了解する共通認識。そういうこともあるのか。人間の社会では。

オレンジショート「お兄さんにはわからないかもね。女の子の社会ってそんなもんだよ」

その時の私の顔をどのように見たのか、オレンジショートはほんの少し笑ったようだった。

私にオレンジショートの気持ちはわからない。それは当然のことだった。私はそれがわからなかったから仕事を辞めたのだから。

学生の頃からその気はあった。誰かが誰かの悪口を言う。時にそれは私が対象になることもあった。しばらく放っておけばそれも止んで、別の誰かが悪口を言われるようになる。どうでもよかった私はとくに何もしなかった。私は友達がいなかったから、そういうことには慣れっこだったというのもあると思う。

就職――といっても非正規だが――してからはもっとひどくなった。悪口だけなら構わない。それが悪意的な無視になって、仕事に影響するのには困った。業務上必要な連絡が入らなくて業務がストップしても、責められるのは私だったから。

私は誰にも相談しなかった。それは私が、それがどうでもいいことだと思っていたからだと今までは思い込んでいたけど、実際は、自分が傷ついていることを認めたくなかっただけかもしれない。現に私は今、仕事を辞めて、雨の中をこうして意味もなく歩ける自由を満喫している。

私に君の気持ちはわからない。それは至極当然のことだ。逆に君にはわかるのかな? 今まで自分に宛てられてきた悪口が、実は本当にそう思っていたわけではなくて、単に周りに合わせていただけだと言われた人間の気持ちが。

応報が必要なんだ。私は今まで誰かに傷つけられた分を返さなければならない。何かに。誰かに。私は一体どうしたらいいのかな?

オレンジショート「そんなこと……」

ガシャン、と後退ったオレンジショートがシャッターに背をぶつけた。オレンジショートの着ているブラウスは雨に透けて、下に来ている肌着と、その下でブラウスを大きく押し上げる、明るい色のブラジャーの色を透かしていた。

私の視線に気が付いたのか、オレンジショートは慌てた動きで体の前面を腕で隠した。私は薄く笑った。オレンジショートは理解している。私の気持ちを。だからそんなにも怯えているんだろう?

遠くからオレンジショートの名前を呼ぶ少年の声。振り返り見れば、鞄を雨避けにした制服の男の子がこちらに駆けてきている。とすれば、あの子がオレンジショートの付き合っているという子だろうか。

いい子じゃないか。変な男に絡まれている彼女を助けに来てくれるんだから。邪魔者に過ぎない私は早々に退散することにしよう。

それじゃ、と私は今度こそ踵を返した。男の子とすれ違いざま、不審者を見るような目つきで睨まれてしまったが、実際私は不審な人間だった。私はその場を立ち去って雨の街の探索に戻った。
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 20:02:36.97 ID:NnNSpN4k0
>>225はちょっと休んでから
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 20:16:23.11 ID:vIiFyxBjO
一旦おつおつ
雨お家連れ込みは他の娘でやるべ
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/12(火) 23:29:27.50 ID:NnNSpN4k0
23:40より投下します
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/12(火) 23:40:38.41 ID:NnNSpN4k0
>>225採用


雨の翌日、私は寝込んでいた。重装備(長靴と合羽)で雨の街を練り歩くという非日常に思わずテンションが上って、遅くまで歩き回ったのがいけなかった。合羽、通気性が極悪でものすごく蒸れて、汗みずくで長時間で歩いた結果、体を冷やしてしまったらしかった。

金髪ギャル「お兄さんは軽く私の想像を超えてきますねぇ。馬鹿ですねぇ。はい、あーんしてください。あーん」

ピンクっぽい茶髪サイドテールの女子「キャハハッ、ホントにお世話されてるぅー、大の大人がなっさけな〜い♪ ねえねえ、JCにご飯あーんしてもらってどんな気持ち? ねえ? アハハ、マジキモーイ」

バッサリだった。いやバッサリなのはいいが寝かせてくれ……ご飯も一人で食べられるから、そこまで私弱ってない……待て待てスプーンを近づけるな待てって――むぐッ!

金髪ギャル「お兄さんは目を離すとすぐご飯抜いちゃうんですから、おとなしく食べさせられて下さーいハイ暴れなーい」

学校帰りの金髪ギャルともうひとりに私は急襲されて、私は食事の世話をされていた。器を受け取ろうと手を出しても叩き落とされるので私は渋々金髪ギャルお手製の卵雑炊を食べさせられているのである。

ピンク髪っぽい女子はそんな私を見てスナック菓子を食べながら爆笑。金髪ギャルはともかく君は何故私の家にいるんだ。私、君の名前も聞いてないんだが。

ピンクっぽい茶髪サイドテールの女子「ハァ? 無職のヘンなオジサンに名前教えたくないんですけど? バカじゃん?」

じゃあなおさら何故その無職のヘンなオジサンの家に来ているのか。意味がわからないのだが。オレンジショートを見習ったらどうだ、ちょっと脅かしたらもう家には来ないぞ。危機管理の鑑である。

金髪ギャル「はいはーい、お口開けて下さーい」

お前は本当にマイペースだな? フーフーとかしなくていいから自分で食べるから――あむん。モグモグモグ……味はいいんだよなこの雑炊……

ピンクっぽい茶髪サイドテールの女子「金髪ギャルがぁー、お兄さんの世話しなきゃって言うから何するのかキョーミあったんだけど、まさかマジお世話とは思わなかったわー。ブザマキモくて面白すぎだしぃー」

ねー、手が掛かっちゃって困るよね、と金髪ギャル。前々から思っていたが、金髪ギャルは耳に私への悪口を透過する謎フィルターでも入ってるのか? ピンク髪っぽい女の子の罵倒に無反応すぎて逆に怖いのだが。

とりあえず私は器に盛られた分を完食。よく食べましたねー♪ と金髪ギャルは笑顔だが、なんだろう、ご飯食べただけで褒められるとか私、あまりにも下等存在過ぎないか? ピンク髪の娘もさっきから笑い過ぎである。

それじゃ私、食器洗っときますねー、と金髪ギャルはキッチンへ。居間には私と名前も明かさない女の子だけ。私、悪口ばっか言ってくるのでこの娘苦手なのだが。だが金髪ギャルに一人にしないでと泣きつくのはあまりにも存在として弱すぎるのでそんな事は言えないのだった。

ピンクっぽい茶髪サイドテールの女子「アハハハ、はーおかしー……ホぉーントにアンタみたいのがいるんだねー。職にも就いてなくてぇ、自分よりもーっと年下の女の子に好き放題されてヘラヘラして」

と桃髪っぽい女の子は立ち上がって、唐突に名前を明かした。手に取ったのはスナック歌詞の残り。それを指で挟んで私の鼻先に近づける。

桃髪サイド「ほら、私のも食べてよ? さっきみたいに手、使わないで、犬みたいに口でくわえて? こういうのが嬉しいんでしょぉ? ペットくん?」

……現在私はベッドに胡座をかいて、膝で頬杖をついている姿勢。そこに桃髪サイドが目の前に立っている。制服姿だがかなりのミニスカ。そしてうちのベッドは高さが低い。

何が言いたいのかというと、スカートの中が見えそうで見えないギリギリのところなのだ。もう少し首を横に傾ければ見えてしまうかもしれない。スカートから伸びる脚は色白で見た目にもモチモチフワフワとして、その奥地に惹き込まれるような妖しい引力がある。

桃髪サイド「……? ほら、早く。いつまで私に持たせたままにするのぉ? 自覚足りてないんじゃない?」

ピコピコとお菓子を揺らされても私としては反応に困る。金髪ギャルの施しを嫌々ながら受けたのは夕食だからで、食事に必要ないお菓子を桃髪サイドから手ずから食べさせられる謂れはなかった。

なので私は直截にそう言った。桃髪サイドは、

桃髪サイド「うわ、ガチ調教済みじゃん、キモー! チューセーシン高過ぎヤバ、マジウケるんですけどぉー」

甲高い声で笑って手を引っ込めた。私にお菓子を食わせたいのか食わせたくないのかどっちなんだこの娘は。若い子の考えることはわからん。若くなくてもわからないが。

その後、金髪ギャルから、

金髪ギャル「お風呂どうしますぅ? 前みたいに洗ってあげましょーか?」

といやいやそれを他の人が聞いてるところで話すんじゃないよ、となったり、桃髪サイドがそれを聞いてツボに入って復帰できなくなったりで、私は非常に面倒くさくなったのでふたりともさっさと家から叩き出した。まったくもう。病人はもっと労りなさい。

しかし翌日、朝起きると熱は下がっていたので、彼女らの看病もあながち間違いではなかったのかもしれない。だがもう体調は崩すまい。面倒なことになるから。私は固く誓った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、23:55より採用
(ポニテ解禁まで5回)
(金髪ギャル、おかっぱ、オレンジショート、桃髪サイド解禁まで4回)
(銀髪ロング解禁まで3回)
(ヤンキー解禁まで2回)
(指定可:剣道少女、留学生、黒髪ツインテ、大家娘)


オレンジショート『なにあのオッサンマジ意味不なんだけど……なんで私が説教されなきゃなんないのウッザ無職のくせにキモッ(足ガクブル)』

金髪ギャル『あーもー、雨の中走り回るとかうちの子(飼い犬)より目、離しちゃダメじゃん? ホントお兄さんはダメダメなんだから……♪』

桃髪サイド『おもしろそーな玩具発見♪ 金髪ギャルのお手付きなのはシャクだけどぉー』
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 23:56:38.76 ID:H28CRJwDO
大学院の飲み会で酔っぱらった大家娘を介抱する
その際大家娘はスキンシップをよくしてきた
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 23:57:09.36 ID:SeMwPqSDo
黒髪ツイン
この前のお礼がしたいと呼び出され大型ショッピングモールへ
ツインとデート出来る権利というものを貰い、帰ろうとするも押し止めれデートすることに
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 23:57:18.64 ID:KJjtCLIu0
大家娘
再び土砂降りの雨の中で濡れ鼠になった彼女を家に連れ込む形に
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/13(水) 01:28:16.89 ID:xi5nqB8c0
>>236採用、展開上>>235の夜ということにします


夜、私はあまり寝付けずにいた。朝からずっと横になっていたし、夕食もしっかり食べて(食べさせられて)幾分は体力も回復したのだろうか、少しお腹が空いてきた。枕元のスマホを起動、時刻は日付を更新しようというところ。

よし。ここはひとつ夜食と行こう。体に悪いことをするのは奇妙な愉悦がある。自虐的な楽しみというべきか。そうと決まればカップラーメンでも作るか、と私はベッドから起き出した。

カップラーメンはなかった。おかしい、買い置きはちゃんとしてあったはず……あッ、金髪ギャル! あいつ、そういえば今日、桃髪サイドと分けて食べてた! 私の非常食になんてことをするのだ。若干上げかけていた評価を下方修正、やはり金髪ギャルは油断ならない女である。

しかし困った。今の私は完全にカップラーメン醤油味の舌になっている。仕方がない、コンビニにでも行くか。

と、外着に着替えて外に出ると、夜目に何かが蹲っていて肝を冷やした。すわ幽霊か怨霊か、とぎょっとしていると、それは何やらブツブツと呟いている。怖い。

だがコンビニに行くにはそれの後ろを通らなくてはならない。私は意を決した。カニ歩きで通過する。きっと気付かれない。気付かれたらダッシュで逃げよう。最近は運動もしているし肉離れとかは大丈夫のはず。きっと。

よし行け私、勇気を見せろ! 私はそれに近づいた。

大家娘「開かないよぅ……ちゃんと鍵差したのに……差さんなかったし……ノブ回したのに回んない……なんでぇ……鍵どこ、なんで開かないの、私の部屋ぁ……」

大家娘だった。泣き声で床を手でペタペタとしているのは鍵を探しているのだろうか。鍵、目の前に落ちてるけど。近寄ってみると明らかにお酒臭い。明らかに泥酔状態。

私のコンビニ……私は心の中でカップラーメンに別れを告げて、大家娘に話しかけた。

大家娘「私らってね、好きで一人でいるんじゃないんれすよ。わかりますぅ? みんなは彼氏作ったりしてキャンパスライフおーかしてるのに、どーせ私はずーっと一人ですけど、それの何がいけないんですかぁ? ねえ?」

大家娘の部屋の鍵を開けて肩を貸しながら中に入れて、とりあえず座らせて、上着とストール脱がせて。私はクダを巻いてくる大家娘に水を入れて差し出す。これ飲んでちょっと落ち着きなさい。ね。

大家娘「お水らんていらないんれすよお酒呑んだんらからぁー、みんなが彼氏の話ししたりしてるのを遠ぉーくの方で聞きながらチビチビ呑んでただけですけど。私なんて……私だってねえ、ほんとうはぁ……」

うんうんそうだね。はいコップ持って。ほらこぼさないように両手で持って。はい。

大家娘「んー……はぁ、おいし……私だってねぇ、彼氏の一人くらいホントはほしいんですよぅ……でも全然男のヒトとお話できないです……なんか緊張しちゃって……わかりますかお兄さん? ねぇ、わかってくれますかぁ?」

わかったから顔ペチペチしないで。お水もうちょっと飲む? と訊くと、大家娘は、のむぅ……とうなだれて私の方にもたれかかってくる。絡み上戸のテンションは上下が激しい。

かと思えば、もーっ、と両腕を上げて大きく胸を反らした。拳が当たりかけて私は仰け反るが、ちょっと待ってくれ。その胸は何かね?

猫背のうえドレープのゆったりとしたトップスだからわからなかったが、この娘、胸を反らすと予想以上の質量を備えている。その性格でこの酒癖でその体はマズくないか? 今までよく無事だったな?

大家娘「はぇ? なにがれすかぁ? そんなことより聞ーてくらはいよぉ、私はねえ、太ってるんじゃないの、ただ人よりちょっとだけおっぱいが大っきーからそー見えるだけでぇ、でもバレたらいっつも女の子からは嫌われるし、男の人からはヤな目で見られるしぃ……ちょっと聞いてるんですかぁ? おにーさんに言ってるんですよぉ?」

いやその大きさはちょっとじゃないと思うが……いやわかったから、ちゃんと聞いてるから腕バシバシしないで? うんわかるから。大変だよねうん。そうだよねそうそうそう。うんうんわかるよ。うん。

そーなんですよ、と大家娘はかくんとうなずいて沈黙。

大家娘「……ねむ……」

と私の膝に倒れ込んできて寝息を立て始めた。酔っ払いはこれだから。私は大家娘の眼鏡を外して、三つ編み……は解き方がわからないから放置。服も着替えさせるべきだが、それを私がするのは問題だろう。私は大家娘をそのままの服装でベッドに抱え上げた。

とりあえず書き置きを残して大家娘の部屋を出た。鍵をちゃんと締めてポストに入れておく。時計を見ると介抱を始めてから二時間あまりが経っていた。

もはやコンビニに行く気力は残っていなかったので自室に戻って眠った。今日は最後まで嫌に疲れた一日だった……明日はもっとマシな日だといい……


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/13 17:00より採用
(大家娘解禁まで6回)
(ポニテ解禁まで4回)
(金髪ギャル、おかっぱ、オレンジショート、桃髪サイド解禁まで3回)
(銀髪ロング解禁まで2回)
(ヤンキー解禁まで1回)
(指定可:剣道少女、留学生、黒髪ツインテ)


大家娘『……むにゃむにゃ……男の人と普通に話せるなんて……いい夢……(スヤァー)』
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 01:28:42.89 ID:xi5nqB8c0
寝ます
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 01:34:06.74 ID:xi5nqB8c0
(ゲロ吐かせようかとも思ったけどさすがにやめた)
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 17:07:12.61 ID:/xhNcHu3o
黒髪ツインテ
雨の中静かに家で過ごしていると呼び出される。向かうと街角でびしょ濡れになっているツインテを発見、ここで見捨てるのか的な目を向けてくるので取り敢えずお持ち帰り
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/13(水) 17:38:29.79 ID:0+/zYHFFO
剣道少女
ギャル一行が失礼な態度を取っているらしいことを察して謝りに来る
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 17:41:54.18 ID:DjDnJz5CO
【年齢・属性】高校二年生
【身長】156
【髪型】つやつや黒髪おさげ
【容姿・身体的特徴】ちっぱい 着こなした制服 お家では和服 細身だがぷにぷに
【男性経験】無し
【恋人】許嫁有り
【性格】真面目で礼儀正しいが何処か抜けている。世間知らずお嬢様。

買い物帰りバスに乗っていると隣の女の子がもたれかかってくる。目的地まで温もりを楽しんだ後、起こすと乗り過ごし&何処か分からないという状況。電話を貸してあげ親の迎えが来るまで公園で一緒に待つことに。
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/13(水) 19:33:17.55 ID:xi5nqB8c0
19:45より投下します
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/13(水) 19:45:38.23 ID:xi5nqB8c0
>>243採用


剣道少女「あっ、お兄さん! お久しぶりです、おはようございますッ!」

スイーツの棚を物色していた制服の少女――剣道少女に元気よく挨拶をされてしまった。何故このタイミングで、と私は自分を呪った。

いつものコンビニである。今日は午後から天気が崩れるというので、休日の朝から、通販で購入したものをコンビニで受け取っていたのである。

中身は業務用コンドーム(144個)と大容量のラブローション。無論ポニテとの情事に使用するものである。コンドームはポニテを週三で『使う』として月の使用量は平均四十個ほど、四ヶ月と持たず使い切れる計算。

今のところ毎月何かとお金を使うので出費は月に二十万〜二十五万円ほど、このペースでいけば半年ともたず貯金は底をつくので、まあ余ることはないだろうと見越しての大人買いだった。

その受け取り現場を見られるとは不覚。受け取りついでにその日のご飯も買おうと色気を出してコンビニ受取にしたのが間違いだった。素直にアパートまで配達にしておけば……というかこの辺り、学生の通学路に使われ過ぎではないか? 金髪ギャルといい、おかっぱといい、この剣道少女といい。そのうち別の娘と鉢合うかもしれない。警戒しておこう。

おっといけない、行動を停止した私を剣道少女が訝しげに見ている。店員が手渡そうとしている荷物を確認。大きめのダンボール、商品名の記載なし。外からバレることはないと判断。よしイケる。

おはよう、と私は荷物を受け取りながら愛想よく挨拶。制服を着ているということはこれから学校だろうか。休日の朝から学生は大変である。

剣道少女「いえ、部活で近々他校との練習試合があるので、それに向けた準備をしているんです。手を抜いたことが原因で負けるのは悔しいですから」

聞けば部活とは剣道なのだという。この少女の凛とした雰囲気に竹刀はさぞ似合うだろう。そう言うと、剣道少女は少し照れた顔をして、

剣道少女「い、いえ、私なんかその……いえ、ありがとうございます」

そう立ち直りが早くてはからかい甲斐がない。いや、さっきのは冗談ではなくて本当のことなのだが。そう私が笑うと、剣道少女もほんの少しだけ笑ってくれた。

なんというか、かなり気を使われている感じがする。武道系の部活をしているなら剣道少女は体育会系、無職とはいえ年上の私を気遣うのは当然なのかもしれない。

それなら、あまり長々と引き止めて会話をするのも悪い。なにより、レジで受け取ったブツについて詮索されると困る。剣道少女は他の厚かましいのと違って無理に聞き出したりはしなさそうだが、まあ、一応。

じゃあ私はこれで、と私は言おうとして、

剣道少女「あの、少しいいですか? お話したいことがあって」

こんな風に言われては、私に優先するべき用事があるわけもない。剣道少女がスイーツの会計を済ますのを待って一緒に店を出た。

剣道少女「実はあの娘達のことで、貴方にご迷惑をおかけしていないかと……」

曰く、剣道少女と金髪ギャルは小さい頃からの付き合いで、金髪ギャルは小学校からオレンジショート(当時は当然黒髪)と仲良くするようになったらしい。そこまでは別によかったのだが、と剣道少女は顔を曇らせる。

剣道少女「中学に入ってから、あまり良くない娘達と付き合うようになったみたいで……あの、髪を桃色っぽく染めた娘と付き合うようになって、あの娘はともかく、オレンジショートちゃんはかなり影響されてしまって。私にとっては、二人とはあの娘を介した付き合いでしかないので、あまり強く言うことも出来ず……」

この前は本当にすみませんでした、と頭を下げられてしまった。私は苦笑。剣道少女が謝ることではない。謝るなら彼女ら自身か彼女らの保護者からで、剣道少女はそのどれでもない異常、剣道少女からの謝罪を受ける理由はなかった。

剣道少女「それでも私はあの場の年長者として、あの娘達を止めなければいけない立場でした。本当にすみません……」

再び頭を下げる剣道少女。この娘は少し真面目すぎるきらいがあるようだった。私は少女に気づかれないよう小さく嘆息。しかしこれはいい機会かもしれない。ここはひとつ、年長を敬うということを知らない金髪ギャルにお灸を据えてやるとしよう。

そういうことなら、と私は提案した。金髪ギャルはしばしばうちに来て何くれとなく私の世話を焼こうとする。私としてはありがたい部分もあるが、やはり外聞として中学生の女の子が頻繁に家に来るというのはよろしくない。

剣道少女「……つまり、あの娘が貴方の家に行こうとするのを止めてほしいということですか? でも、あの娘は貴方にとても懐いている様子です、あの娘も頑固なところがあるので素直に聞くとは思えませんが……」

そこをなんとか。私を助けると思って。私は剣道少女を拝み伏した。

ややあって、剣道少女は、

剣道少女「……わかりました。私に任せてください。なんとかしてみます」

ということでこれでやっと金髪ギャルが家に来なくなるぞ! やったぁ! これで不健康な生活し放題! 私のハッピー無職ライフはこれから真に始まるのだ!


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:00より採用
(剣道少女解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで3回)
(金髪ギャル、おかっぱ、オレンジショート、桃髪サイド解禁まで2回)
(銀髪ロング解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、留学生、黒髪ツインテ)

※展開上、次に金髪ギャルの安価が取られた場合、必然的に、金髪ギャルの訪問を止められなかった剣道少女を同行させる必要が出てくるかもしれません(実際にどういうことをしているのか確認の目的で)
その場合はやむを得ない措置として直前に告知するつもりです
剣道少女がまだ制限がかかっている場合、その時点の制限に加算する形で安価制限を行うことになると思うのでご注意ください


剣道少女『この前はお兄さんに悪い事しちゃったし、せっかく頼ってもらえたんだから、なんとかして金髪ギャルちゃんを説得しよう! 頑張るぞ!』
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 19:46:52.74 ID:xi5nqB8c0
(金髪ギャルとの関係が先にあるのでコミュ序盤はどうしても話に金髪ギャルを絡めないといけない辛み)
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:01:45.64 ID:/xhNcHu3o
黒髪ツインテ
雨の中静かに家で過ごしていると呼び出される。向かうと街角でびしょ濡れになっているツインテを発見、ここで見捨てるのか的な目を向けてくるので取り敢えずお持ち帰り
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:02:09.26 ID:NX4BbbSg0
留学生
土砂降りの雨の中で濡れ鼠になった彼女を家に連れ込む形に
雨のにおいや彼女の汗のにおいが混ざって妙な気分に
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:02:19.67 ID:a+5okr3pO
【年齢・属性】高校二年生
【身長】156
【髪型】つやつや黒髪おさげ
【容姿・身体的特徴】ちっぱい 着こなした制服 お家では和服 細身だがぷにぷに
【男性経験】無し
【恋人】許嫁有り
【性格】真面目で礼儀正しいが何処か抜けている。世間知らずお嬢様。

買い物帰りバスに乗っていると隣の女の子がもたれかかってくる。目的地まで温もりを楽しんだ後、起こすと乗り過ごし&何処か分からないという状況。電話を貸してあげ親の迎えが来るまで公園で一緒に待つことに。
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:03:26.66 ID:aZadVQKDO
オタク向けのショップに出入りしているヤンキーの姿を見かける
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:11:32.65 ID:xi5nqB8c0
着こなした制服とは一体……? 着崩さないで校則どおりきっちり着た制服ってことでいいのかな
書き溜めます
(キャラ12人で関係持ったのポニテ一人とは展開がちょうどいいのか遅いのか)
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:19:52.38 ID:p6VTQSRSO
校則に従ったミニスカとかピチピチじゃない的な方の意味ですね。
言葉足らずすみませぬ
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:24:59.41 ID:GTR0ssJk0
どうでもいいけど何で毎回ID変えているの?
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/13(水) 20:26:29.21 ID:pPgEw3s+O
わからん VIP行ったりおんJ行くと勝手に変わる
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/14(木) 00:44:47.50 ID:Xa61oAEE0
>>250採用


今日の買い物は少し遠出することにした。遠くの方のスーパーの特売チラシが投函されていたのである。貝の日と題して、ホタテやアサリ、牡蠣とその関連商品が割引されるという。お酒には海産物。これは絶対のコンビネーションである。買わねば。

そういうわけで貝類のツマミを買い漁ってしまった。今晩から晩酌の友はしばらく貝祭りである。酒が進むぞ。

予報では今日の天気は終日曇り。行きは歩いてきたが、両手に荷物を抱えてとなると少し厳しい。ここは素直にバスを使うとしよう。ちなみに我がアパートは最寄りのバス停まで徒歩十分圏内である。それでも歩いて帰るよりはマシ。

そう考えてバスの後部座席で揺られているのだが。

黒髪おさげのセーラー服女子「すー……すー……」

これは予想外だった。制服の女の子が私の方に寄りかかって寝息を立てている。触れた二の腕からじんわりと体温が伝わってくる。私がつい身動ぎをしてしまったのか、おさげの女の子はむずがるような吐息をして、私の肩に顔を押し付けてくる。

すっかり熟睡の様子。昨日夜更かしでもしたのだろうか。バス内標識で現在地をチェック。私宅の最寄り駅まではあと三駅。それならしばらく寝かせておいてあげてもいいか、と私は目的地までそのまま座っていた。

最寄り駅まであと一駅、というところで女の子を起こした。パチリ、と開いた目がまず私を見て、車内を見回して、バス内標識から外に向いて、

黒髪おさげのセーラー服女子「ここはどこでしょう……」

澄んではいるがどこかぽわぽわとした声で少女はつぶやいた。バスは私の目的の駅に到着。少女は窓の外をぼうっと眺めている。乗り降りする人が誰もいないまま、扉が閉まった。

私はひと駅乗り過ごして、少女に事情を聞くことにした。

私と少女が降りたのは次の駅、ここからなら私のアパートまでは大して距離もないので私には問題ないが、少女にとっては別らしかった。少女の目的駅だと言った駅は相当手前で、かなりの距離を乗り過ごしてしまっている。

時刻表を見る限りバスは一時間に一本。戻り方面のバスは今から四十分以上は先だった。

黒髪おさげのセーラー服女子「どうしましょうかしら? わたくし、携帯電話を忘れてしまったようです」

普通ならもう家に着いている頃、家の人に連絡をしないではいらない心配をさせることになるかも。私はため息して、少女に私のスマホを貸し与えた。

丁寧な所作で感謝を告げた少女が家に電話をかけている間、私は少女を観察する。艶のある黒髪は野暮ったさよりも涼やかさを感じさせて、耳の下で二つに括った毛の房が可愛らしいアクセントになっていた。

きっちり着込んだセーラー服は清楚の一言。最近は改造服や着崩しに着崩した格好ばかり見てきたので、剣道少女やこの娘のような格好は見ていて非常に落ち着く。学生はこうでなくてはいけない。

と、電話が終わったようで、少女がスマホを返してきた。お家の人が迎えに来てくれるのでそれまで待つのだという。

黒髪おさげのセーラー服女子「それで、なのですけど。もしよろしければ、少しお話しませんか? ちょうどあちらに公園もあるようですし、是非」

少女が手で示したのは道向かいの小さな公園。たしかに、バス停のベンチで待つよりはいいのかもしれない。私は了承した。

公園のベンチに移って、少女は私に名を名乗り、改めて私に礼を言った。木製のベンチに座る前にハンカチを下に敷くあたり、この娘はかなり教養レベルが高い。言葉遣いからして本物のお嬢様なのかもしれない。

おさげお嬢様「この度は本当にありがとうございました。改めて御宅にお礼にお伺いいたしますね」

スマホの電話を貸しただけで大袈裟な、と私は笑ってしまった。そういえば、と私は袋を漁る。取り出したのはアジのみりん干し。貝を買いに行ったのについ美味しそうで買ってしまったのだった。

ただ話すだけというのも何なので、これを食べながら話そう。だがおさげお嬢様は思案顔で、

おさげお嬢様「学校帰りの買い食いは禁止されています。先生方やお父様の耳に知れたら叱られてしまいますわね」

それを言うなら、知らない人とこうしてお話するのもいけないことではないのか? 私が笑うと、そうかもしれませんわね、と少女も笑って、私の手元から干物をひとつ摘んだ。魚の旨味が凝縮されて美味し。お酒も買っておくんだった。

その後、しばらく少女と談笑した。昨日は家のお客のお相手が遅くなって寝不足だったらしい。学生を遅くまで家の用事に付き合わせるというのもなかなか凄まじいお家事情である。

おさげお嬢様「わたくし、家の方針で、お家では和服を着て過ごしているんです。けれどもやはり洋服のほうが気が楽ですね。軽いですし」

どうやらこの少女の家は相当なところのようだぞ、と薄々感じてきたところで、少女が、あっと声を上げた。黒塗りの車が止まって、中から男が数人出てくる。物々しい雰囲気。

慌てて口の中のアジを飲み込んだ少女に、お嬢様、と男たちが駆け寄ってくる。おさげお嬢様はそれを手で制して、

おさげお嬢様「迎えに来てくれてありがとう。爺やから聞いているかしら? この方がわたくしに電話を貸してくださって、さっきまでお話し相手になってくださっていたの。なにかお礼をしないといけないわね」

じろり、とした視線を男たちから向けられるが、人を悪い虫みたいに見ないでもらいたい。私は善良な無職なのだ。いや、ポニテの件を考えると善良ではないが。

おさげお嬢様「それでは御機嫌よう。またお礼にお伺いさせていただきますね」

そう言っておさげお嬢様は車に乗り込んでいった。私、住所明かしてないんだけど。名前と顔がわかれば済んでるところなんて簡単にわかるのか。お金持ちって怖い。
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/14(木) 00:45:47.26 ID:Xa61oAEE0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/14 17:00より採用
(剣道少女解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで2回)
(金髪ギャル、おかっぱ、オレンジショート、桃髪サイド解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、留学生、銀髪ロング、黒髪ツインテ)


おさげお嬢様『学校の帰りに素敵な出会いをしてしまいましたわ♪ ですけれど、お父様たちはきっとお許しにならないわね……残念だわ……』

おさげお嬢
【年齢・属性】高校二年生
【身長】156
【髪型】つやつや黒髪おさげ
【容姿・身体的特徴】ちっぱい 着こなした制服 お家では和服 細身だがぷにぷに
【男性経験】無し
【恋人】許嫁有り
【性格】真面目で礼儀正しいが何処か抜けている。世間知らずお嬢様。
【備考】旧家の生まれとしてあらゆる事に不可視の制限を受けている(友人付き合い、普段の遊び、息抜きなど)。年上の許嫁もその一環。周りの人間は皆優しいが、それは自分が旧家の出だからだと理解しているし、それ以上のアイデンティティも自分にはないという理解。そのことに不満はないが喜びもない。
心身の成長に従って生じる性的なことへの興味も無意識に抑圧している。将来を嘱望されている大学生の許嫁は家同士の関係上婚姻前に自分に手を出してこないと見越している(許嫁は自分の知らないところでそれなりに女遊びをしていることも承知済み)。
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/14(木) 00:47:08.37 ID:Xa61oAEE0
最近毎日更新で寝不足がキツい
今後は無理しない程度に日を置くかもしれないけど許してほしい
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 00:51:59.63 ID:rgLmrJzPO
了解&おつおつ 体調崩さないようにして下され
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 18:36:45.40 ID:Xa61oAEE0
安価埋まりませんねぇ
今日はお休みの日にしましょうか

安価制限におさげお嬢様が抜けていました、下記に更新します
(剣道少女解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで2回)
(金髪ギャル、おかっぱ、オレンジショート、桃髪サイド解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、留学生、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 18:37:52.74 ID:TfvV22V50
留学生
土砂降りの雨の中で濡れ鼠になった彼女を家に連れ込む形に
雨のにおいや彼女の汗のにおいが混ざって妙な気分に
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/14(木) 19:06:09.09 ID:9u0nEnu9O
時間勘違いしてた
ブラブラしてたら店の客足が延びないのでヤンキーに喫茶店に引き込まれる
交換条件としてリクエストしたキャラを演じるといわれる
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 19:11:29.41 ID:dDSBd7zDO
オタク向けのショップに出入りしているヤンキーの姿を見かける
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 19:11:34.04 ID:iZwgebpRo
時間忘れてた
黒髪ツインテ
雨の中静かに家で過ごしていると呼び出される。向かうと街角でびしょ濡れになっているツインテを発見、ここで見捨てるのか的な目を向けてくるので取り敢えずお持ち帰り
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/15(金) 17:51:18.51 ID:KZwU6ah90
18:05より投下します
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/15(金) 18:05:30.01 ID:KZwU6ah90
>>261採用


おさげお嬢様と別れて帰宅途中、降り出した雨は急速に土砂降りへと変わった。傘持っていないし両手には荷物だし、なぜ今日に限ってこんなことに。こんなことならお下げお嬢様と楽しくお話なんてしなければよかった(暴言)。

アパートまではすぐそこ、下手に雨宿りするよりは急いで帰ってしまったほうがいい。うつむき加減の小走りで私は先を急ぐ。

と、こんな雨の中、セーラー服姿の女の子が傘も差さずに歩いている。私と同じ予報に騙された口か。勝手なシンパシーを感じながらその金髪の女の子の横を通り過ぎようとして、しかし、私は足を緩めた。

見覚えのあるセーラー服。金髪。前に回ってみれば、碧眼の顔は明らかに異国のつくり。

留学生「オー、オニーサン。久しぶり、デス」

雨ですネ、と留学生は何でもないことのように言う。曇天に暗い空の下でひときわ青い瞳が私を向いた。

十数分後、私はアパートの自室に到着していた。

留学生「ありガとうございマス、オニーサン。助かりまシタ」

女の子付きで。本当なら隣室のポニテを頼るところだが、ポニテ、今日に限って家にいない。使えない正処理道具である。あとで折檻してやる。かといって留学生をそのまま放置するわけにもいかず。

結果、こうして私の部屋に上げてしまったわけなのだが、これは失敗だった。一般に異国人は体臭が強いという。一説に香水の発展は体臭隠しの歴史と言われているし、汗腺や食習慣の違いから匂いがキツくなる傾向にあるのだとか。

この、玄関で服を絞っている少女の場合は少し違った。雨の黴を思わせるような生っぽい臭気と混じった、ひたすらに濃密な匂い。不快ではなく、嫌気も感じない、それでも存在を強く主張する匂い。

あるいは菓子のように甘ったるく、あるいは太陽を浴びて温まった生命あふれる土の匂いのような、多種が複雑に折り重なってごった煮になった結果の、濃密としか言いようのない体臭。

留学生「……? どうしましたカ?」

私は留学生の頬に張り付いた髪を払った。留学生はまっすぐに私を見上げる。色素が薄く沈着したまつ毛の一本一本が見て取れる距離。濡れたセーラー服の分厚い生地が留学生の肌に張り付いて、その下の肢体のシルエットを浮き彫りにしている。中学生離れした胸の盛り上がり。発達した骨盤。それを支える腿、きゅっとすぼまった膝から脹脛のライン。

留学生「日本では、こうして仲良し、しますカ? 日本のやり方、教えてクダサイ」

これは一般的な日本の仲良くなり方ではなかった。私は脱衣所からタオルを数枚取り、留学生に放った。

拙く日本語で礼を言って全身の水気を取る留学生。私もタオルでガシガシと頭を拭く。それにしても濡れ鼠である。これは服は脱水に掛けたほうがいいかもしれない。

そういうわけで私は留学生に家のシャワーを貸した。ので、今、風呂場から水音が聞こえて、私の手にはさっきまで留学生が来ていたセーラー服があるのだった。湿った服に体温が移ってまだ微妙に生温かい。うむ。

いや脱水するだけだが。ネットに入れて洗濯機にポイ。スマホで調べたところ脱水時間は一分弱らしいのでとりあえず四十秒で。洗濯もしたほうがいいのだろうが、それは留学生宅でお願いすることにしよう。

それにしても部屋の残り香がすごい。ガツンと鼻から脳に抜ける感じ。私の体は正直なので刺激には簡単に反応するのだが、まさか匂いでやられるとは。新たな領域に踏み込んだ感じ。私匂いフェチだったのかな……

確かめる必要を感じた。私はポニテに、今日ちょっと雨に濡れて帰ってくるようにという文面を送信。理由を訊いてくるのを、いいから、の一言でごり押した。真面目なポニテはちゃんと濡れて帰ってきてくれるだろう。

シャワーから上がった留学生としばし歓談した。さっきまでの濃い匂いも消えたが、シャンプーの香りもこれはこれで。

留学生「ワタシ、アー、日本の、ジンジャ? テラ? にinterested、アー、キョーミ? ですネ。両親はChristian ですが、not so devout……あまり熱心違う、でしたカラ」

話をかいつまむと、宗教観の薄い両親に育てられて、逆にキリスト教以外の宗教に興味を持ったのだとか。それで一応先進国のくくりの日本の、神社仏閣に興味があるそうな。

留学生「日本、スキですネー。みんな優しいデス。オニーサンもジャパニーズワビサビ、教えてくれましたシ、助けてくれるし、スキですよ?」

それはどうも。クラスメイトの中学生にとって神社巡りは渋すぎるだろう。どうせ暇を持て余しているし、もしよければ私が案内しようか、と言うと、留学生はことのほか喜んでくれた。私も喜んでもらえて嬉しい。……こんないい子、さっき勢いで襲ってしまわなくて本当によかった。無職は自制心が薄くて、これだから無職はいけない。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:20より採用
(留学生解禁まで6回)
(剣道少女解禁まで4回)
(大家娘解禁まで3回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、おかっぱ、ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

留学生『日本のジンジャテラ、楽しみですネー、いつにシましょうカ? 〜〜♪』
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 18:09:18.14 ID:63oG4U50o
留学生かわゆい
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 18:22:46.74 ID:ENTUsLTZ0
おかっぱ
あくまで「友達」として町を色々見て回る
しかし最後に訪れた公園がいわゆる「青姦スポット」で知らないカップルの野外プレイを目撃してしまう
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 18:34:36.25 ID:63oG4U50o
黒髪ツインテ
この前のお礼がしたいと呼び出されショッピングモールへ行き、男に似合う服を見繕って貰いつつそこはかとなく距離が近いツインテとデート
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 18:38:48.60 ID:mHEpJMLDO
夜に泣いたおかっぱが家にやってきた
些細なことで親に激しく怒られ、今まで親の言うことに従ってきたのに1回のミスであそこまで怒られたことにショックを受けて飛び出してしまったらしい
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/15(金) 20:48:37.11 ID:KZwU6ah90
21:00より投下します
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/15(金) 21:01:07.69 ID:KZwU6ah90
>>268採用


本日は久々の晴天なり。私は近所の大型公園で人待ちをしていた。雨が上がったのは早朝、木の葉に残った水滴が風に飛んで、時折肌に飛沫いて涼しさを感じる。レジャーシートを持ってきて正解だった。

おかっぱ「す、すみません、お待たせしました……! ちょっとお料理を詰めるのに時間が……」

私を見つけたおかっぱが駆け寄ってきた。まだ待ち合わせ時間前なのだから、おかっぱが遅刻を気にする必要はなかったが、おかっぱはこういう娘で、そこが可愛い。バスケットを腕に掛けて息を弾ませるおかっぱの呼吸が整うのを待った。

それじゃ行こうか、とおかっぱを促すと、おかっぱは、はい、と笑顔で頷いてくれた。心を開かれているのを感じる。

今日のおかっぱは春らしい色合いのワンピースにアウター(ジレ? という奴だ、おそらく)を重ねて、少し大人っぽい雰囲気。夏前の雨上がりの公園にはよく似合っていた。

おかっぱ「あ、あありがとうございます……」

私が素直にそう褒めると、おかっぱは頬を染めてごにょごにょと小さく礼を言った。

おかっぱと一緒に園内を散歩する。こうして公園に来たのはおかっぱから誘いがあったからだ。お弁当をつくるので、今度のお休みに一緒に出掛けませんか、と。私は即座に了承した。

女の子にデートに誘われるのは初めてだった。金髪ギャルらとのスパ銭はただの足役なのでデートには含めない。私がそう言うと、おかっぱは両手を体の前でもじもじとして、そうなんですか、と小さくつぶやいた。その顔がまだ赤いがどうしたのか。訊くがおかっぱは答えてくれなかった。悲しい。

ともあれ、足元が少し悪いことを除けば、雨が上がったばかりの公園の散歩もいいものである。地面から立ち上る土の匂いと、青臭ささえ感じる木々の熱れが合わさって自然独特の匂いが色濃い。ここで食べる食事もきっとうまいぞ。

空腹が襲ってきたので私は昼食を提案、原っぱにレジャーシートを敷いた。一応四隅にペグを埋めて固定。おかっぱ謹製サンドイッチのご賞味タイムである。

おかっぱ「う、上手く作れてるといいんですけど……」

と自信少ななおかっぱがバスケットを開けた。中にはタッパーが二つ、サンドイッチを詰めたものと、おかずを詰めたもの。サンドイッチは数種入っていて、オーソドックスなターキーサンドや卵サンド、ツナ他レタスなどを挟んで彩りも豊か。苺を挟んだものはデザート兼用だろうか、オシャレである。

おかずに関しては言うことなし。卵焼きに肉巻き、ポテトサラダも付いていい感じ。これで自信がないと言われたら私の普段の食事は何だというのか。男の一人暮らしではありえない食事を、私は感涙しながら貪った。

サンドイッチも水っぽくなくて美味しい。コツを訊いてみると、

おかっぱ「えへへ……水切りが大事なんです、お塩振ってキッチンペーパーとか、あとパンにバターをあらかじめ塗るとか。あと、お弁当用に味も濃い目にしたんです。……ふふ、喜んでもらえてよかったです」

私はおかっぱの話に耳を傾けながらお弁当に舌鼓を打った。おかっぱ、これは将来いい彼女さんになるぞ。おかっぱと付き合える男の子は幸せ者であろう。

腹が膨れたところで小休憩。レジャーシートに寝転がる私の上に微弱な風が吹き抜けた。頭元に座るおかっぱと会話。主におかっぱの話を聞く。学業のこと。おかっぱはこの前の中間試験の結果がかなり良かったらしい。学年十位以内とはなかなかやる。私としても喜ばしいことだが、おかっぱは少し影のある笑み。

おかっぱ「……そう言ってくれるのはお兄さんだけです。みんな、あんまりなにも言ってくれないから……」

そういうことなら、と私は少しオーバーにおかっぱを褒めてあげることにした。しかし私は言葉が上手くない、おかっぱにどう褒めてほしいか訊くと、頭を撫でてほしい、と言う。それでいいなら喜んで撫でるとも。

私はおかっぱの頭を撫でながら、偉いぞー、よくやったぞー、と褒めまくった。お菓子作りも上手いし、お料理もお勉強も出来る。それに可愛い。素晴らしい女の子である。おかっぱはもっと自分に自信を持つべきだ。

おかっぱは黙ってされるままだったが、その口元は緩んでいる。頭を撫でるだけではもう片手が手持ち無沙汰なので、シートに置かれたおかっぱの手を握ってみた。数瞬躊躇って、私の手を握り返してくるおかっぱと手で戯れながら、私はおかっぱを褒め続けた。

私の気が済んだところでシートを片して再度散歩へ。植物園があったので入ってみる。今の季節はやはりアジサイが見頃、ひとつところでも青と赤で鮮やかに色を変えているのはどういう技なのか。不思議である。

そうして公園内をぐるっと回っていると、くぐもった人の声が聞こえた気がした。

おかっぱ「そうですか? 私、聞こえませんでしたけど……」

聞き違いならそれでもいいが。ちょうど辺りには人気がない。大型公園なので整備もそれなりにしてあるはずなのだが、ちょうど私達のいる辺りは木々が鬱蒼として管理が行き届いておらず、見通しは甚だ悪かった。

何事もなければそれでいいが、さっきの声は女性のようだった。何らかの事件が起こっているなら見過ごすのは後味が悪い。

私はおかっぱに一言詫て、辺りを少し見て回ることにした。

それを見つけたのは木々に囲まれた裏手、道からは死角になる位置。二つの人影、しかしそれは一体のようにも見えた。

早い話が青姦の最中だった。男女とも下半身を丸出しにして腰を打ち付けあっている。こうしてみると本当に猿の交尾みたいである。日の高いうちから場所をわきまえず行為に耽っているのだから、実際、猿と呼ぶのがふさわしいのかもしれない。

とんだお目汚しである。教育に悪い。私はげんなりしながら、おかっぱに帰ろうと促した。

おかっぱ「あわわわわ……」

おかっぱはガン見だった。中学生だもんね。興味あるよね。ほら、と肩をポンと叩くと、おかっぱはビクッと肩を緊張させた。はい、とうつむいた顔は耳まで赤い。おかっぱは私のシャツの裾を指で摘んだっきり、そこから動こうとしなかった。

男女の低く抑えた喘ぎ声が薄っすらと聞こえる。
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/15(金) 21:02:19.78 ID:KZwU6ah90
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:15より採用
おかっぱコミュ続行でも構いませんし、他ヒロインコミュでも構いません
おかっぱコミュの場合、野外ですので過激なプレイはバッドエンドの恐れがあります、ご注意ください

もし他ヒロインを指定する場合は下記の指定制限があります
他ヒロイン指定の場合、今回のおかっぱコミュは穏便に何事もなく終わります
(おかっぱ解禁まで6回)
(留学生解禁まで5回)
(剣道少女解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)


おかっぱ『あわわわ……あれ、この前見たエッチなの……外なのにあの人達……どうしようどうしよう、お兄さん、私、こういうときどうしたらいいんですか……』
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 21:18:37.24 ID:L7MuMrPGo
桃髪サイド
玩具で遊ぶ為金髪ギャルから借りた合鍵を使い部屋で待っているも待ちくたびれて寝てしまう
そんな中帰宅し、起きないように盗撮したりさわさわする
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 21:18:41.30 ID:mHEpJMLDO
肩を抱き寄せながら、実はこういうのに興味あるの?と囁いてみる
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 21:19:24.16 ID:vxMBZBy2O
黒髪ツインテ
この前のお礼がしたいと呼び出されショッピングモールへ行き、男に似合う服を見繕って貰いつつそこはかとなく距離が近いツインテとデート
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 21:20:38.15 ID:D1Z7Oi2E0
せっかくだしおかっぱの家まで送る
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/16(土) 16:14:40.13 ID:YNqEY4uJ0
16:30より投下します
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 16:31:12.02 ID:YNqEY4uJ0
>>275採用


私はおかっぱの肩に置いた手でおかっぱを抱き寄せた。服越しにもわかる薄い肉付き、高い体温。おかっぱの頭が私の胸にもたれて、さら、と髪が揺れた。

どうする? と私は訊いた。身を屈めておかっぱの後ろ髪を一房手にとって鼻を寄せる。薄っすらとする柑橘系の爽やかな匂いはシャンプーか。それを蒸れたような匂いが上書きして、私の股間を痛いほど張り詰めさせた。私は本格的に軽い匂いフェチなのかもしれない。

どうする、と私は再び訊いた。このまま見ているか。こういうのに興味があるんだろう? あの人達も誰かに見られたいからああして外でヤっているんだ。見学させてもらっても怒ったりしないと思うよ。

それとも。私はおかっぱの耳元で囁く。君もあの人達と同じことがしたいのかな。

おかっぱ「ひ……っ」

おかっぱが息を詰めたのは、私がおかっぱに、私の股間を触らせたからだ。内部から膨張したものに押されて、そこは高くテントを張っている。私はおかっぱの手を掴んで、そこに押し付けた。

どうする、と私は三度訊く。おかっぱは喘ぐような呼吸。子鹿のように震えるのを抱きながら、私はおかっぱの耳の裏に唇を吸い寄せた。あ、と声を上げて身をほんの少しよじるが、おかっぱの動きはそれだけ、目の焦点は薄く、私にされるがまま。

おかっぱ「ここで……お外、で……私ッ……」

は、という吐息の熱れ。私が強く肌を吸うと、おかっぱは口を手で押さえて身悶えした。私は口を離して、今吸った箇所を指で確かめる。赤くなった耳裏は髪で隠れるギリギリのところ。

痕になったら誰かに気付かれるかもね、と言うが、おかっぱはくったりと私に身を預けるだけ。本当に可愛らしい、幼くて脆弱で、花を手折るように詰まれるのを待っている少女。

件の男女も交合を終えたらしかった。私はおかっぱの手を引いてその場から静かに離れた。

おかっぱの生返事にも構わず、私は一方的に他愛ない会話をして、公園出口でおかっぱと別れた。次はどんなことをしておかっぱで遊ぼうか。新しいおもちゃを手に入れた子供のような気持ちで、私はそう思った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、16:50より採用
(おかっぱ解禁まで6回)
(留学生解禁まで5回)
(剣道少女解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

おかっぱ『熱い……私の体、どうなって……どうなっちゃうんだろう、このままお兄さんといっしょだと、私……』
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 16:50:04.85 ID:fQQFjL2iO
桃髪サイド
剣道と金髪ギャルが揉めているのを察知して男を金髪ギャルから奪って自分の玩具にしようと画策
単身乗り込んで本人的に際どい色仕掛けを仕掛けるも所詮高校生の浅知恵なので男にあまり相手にされずプライドが傷付けられて
アプローチがエスカレートしていく
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 16:53:28.53 ID:S3+X93s6O
ポニテ
主人公の食生活を察して、夕食を作ってくれる
一緒にご飯を食べているうちに、なぜか涙ぐんでしまう主人公を、ポニテが優しく抱き締めてくれる
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 16:55:28.92 ID:ax8WfmYSo
黒髪ツインテ
この前のお礼がしたいと呼び出されショッピングモールへ行き、男に似合う服を見繕って貰いつつそこはかとなく距離が近いツインテとデート
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/16(土) 18:43:12.43 ID:YNqEY4uJ0
19:00より投下します
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 19:01:27.16 ID:YNqEY4uJ0
>>282採用


世間一般で言うところの日曜日、私は少し遠出してショッピングモールに向かっていた。世間一般で言うところのデートに誘われたからである。昨日の公園デートに引き続き、違う女の子と立て続けにお出かけするとは。我ながらすっかり軽い男になってしまった。

目的のショッピングモールは駅を降りてすぐ。おーい、と野球帽の女の子が手を振って、

黒髪ツインテ「お兄さん、こっちこっちー」

とするので私も手を上げて応えた。私を誘ったのは黒髪ツインテだった。この前の満員電車で少し助けになったのを気にしてか、わざわざお礼にと誘ってくれたのである。

黒髪ツインテ「ご飯でもいっしょにと思ったんですけど、その前に。お兄さん、ちょっと服のセンスが極悪ですよね? 私が見立ててあげますから、何着か買っていきましょー♪」

私の服そんなダメ? Tシャツ+ジーンズ+アウターシャツのシンプルな感じなんですけど? ダメなのこれ? 嘘でしょ?

黒髪ツインテ「ジャケットももうちょっと選びましょー……? 流行りとかありますし……ボトムスもデニムだけじゃこの先乗り切れませんよ……?」

マジ顔で言われた。そうだったのか……ファッションとは無縁な生活してきたので……ああっ、昨日のデートも、周りの人には『女の子は可愛いけど男の方はね……(笑)』的に思われてたりしたのか? 凹む……

黒髪ツインテ「まあ大丈夫ですよ、私がしっかり選んであげますから!」

と胸をそらすので黒髪ツインテに任せることにした。私が予算を伝えると黒髪ツインテは、大人ならもうちょっといいの着ましょうよ、と渋い顔。これは仕方がないことなのだ。安めので頼むよ。

とりあえず中を見て回ることにした。といっても立ち並ぶ服屋さんは女性向けが大半、男性向けだと紳士向けとほぼイコールで、つまり価格が高い。となると私達の目的に会うのは若者向けかファストファッション系列なのだが、

黒髪ツインテ「お兄さん、年いくつです? 二十歳半ばとか?」

私は臆さず自分の年齢を告げた。黒髪ツインテは頭痛をこらえるように顔を抑えた。

黒髪ツインテ「アラサーならもうちょっといいのを……年齢相応なのを着ましょう……? そういうとこですよお兄さん」

君が私の何を知っているというのか。と思ったが言わないでおいた。私の底なんて浅くて簡単に知れるものなのかもしれない。

仕方ないので数撃ちゃ当たる作戦で、と黒髪ツインテが次々渡してくるのを試着しまくった。でも一度に五着くらい渡してくるのは勘弁してもらえないか。いや、はいわかりました。着てきます……

黒髪ツインテ「お兄さん、何気にスタイルは悪くないですね……身長もそこそこだし、もうちょっとカジュアルめにして……はいこれで。着てみてください」

私は着た。試着室を出ると、黒髪ツインテは数度頷いて、

黒髪ツインテ「ま、お兄さんならこんなもんでしょ。せっかくオシャレで可愛い女の子とデートなんですから、さっきのカッコじゃ一緒に歩けませんからねー?」

言葉のトゲが凄いが、確かに黒髪ツインテはオシャレさんである。Tシャツもアウターもスカートもカラフルな色使い、派手めなニーソックスまで付けているのにとっ散らからずに纏まって見える。大振りな帽子のなせる業か? 単純に黒髪ツインテの顔が可愛いのでそう見えるだけかもしれない。美人は得である。

黒髪ツインテ「か、かわっ……もうっ、いきなりさらっと褒めないでくださいよっ」

ちょっと褒めただけで顔を赤くするとは、攻撃偏重で守りが足りないのでは? 顔を隠す黒髪ツインテに追い打ち攻勢をかけて、逃げようとするのを手でつかまえると、ひゃああっと黒髪ツインテが声にならない叫びを上げるのが楽しい。しばらく褒め殺しにしてから解放して、私はレジに向かった。

そしてクレープ屋さんでクレープと謎ドリンク(ナタデココ的な)を食べてデート終了。今日一日で数着服を買ってしまった。これで私もすっかりオシャレさんである。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、16:50より採用
(黒髪ツインテ解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(留学生解禁まで4回)
(剣道少女解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、おさげお嬢様)

黒髪ツインテ『あ“ー心臓に悪い……いきなり手つなぐとか乙女的に犯罪ですからね? 聞いてますかお兄さん? ちょっと? クレープ美味しいとかじゃなくって……もうっ!』
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/16(土) 19:02:12.26 ID:YNqEY4uJ0
安価採用時間のコピペミスった
19:20より採用で
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 19:21:01.79 ID:oNGB/WyuO
桃髪サイド
剣道と金髪ギャルが揉めているのを察知して男を金髪ギャルから奪って自分の玩具にしようと画策
単身乗り込んで本人的に際どい色仕掛けを仕掛けるも所詮高校生の浅知恵なので男にあまり相手にされずプライドが傷付けられて
アプローチがエスカレートしていく
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:25:21.29 ID:xeK3gQC7O
ポニテ
主人公の食生活を察して、夕食を作ってくれる
一緒にご飯を食べているうちに、なぜか涙ぐんでしまう主人公を、ポニテが優しく抱き締めてくれる
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:26:23.84 ID:FtgEgnBDO
怪しいキャッチにほいほいついていきそうになったおさげお嬢様を助ける
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:26:34.03 ID:Lnxw9qNN0
ヤンキー
ブラブラしてたら店の客足が延びないのでヤンキーに喫茶店に引き込まれる
交換条件としてリクエストしたキャラを演じるといわれる
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/16(土) 21:04:46.42 ID:YNqEY4uJ0
21:20より投下します
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 21:21:38.35 ID:YNqEY4uJ0
>>288採用


思ったより黒髪ツインテとのお買い物に時間をかけてしまった。日が傾いてじきに夕方を迎えようという時間、クレープだけでは少しお腹に足りない。こんなことなら黒髪ツインテも連れて早めの夕食にすればよかった。

だがちょうど街に出ているんだ、今日はここいらで食事をしよう。ぶらつきながら良さそうな店を見繕うことにした。

と、道の端で男女が固まって話している。一方的に喋っているのは男の方、なんともチャラそうな格好をしているのに対して、女の子はいかにも清楚な格好。女の子は一人。さてナンパかキャッチか、周囲を確認するが誰も足を止めない。こんな事は日常茶飯事で関わり合うこともない、といったふう。

雲行きが怪しそうなら私が助けに入るかな、と私は考えて、

「いやー、お嬢さんキレイだし絶対売れるよマジマジ、うちも〇〇とか××とか所属してるんだけど、君ならもっとイケるってマジで。ちょうど近くで撮影してるとこでさ、もしよければ来てみない? 飛び入りってことでさ、ちょっと衣装とか着てもらうけど、ゼンッゼン大丈夫なやつだし、もし嫌だったらすぐ帰ってもらってもいいし。ね? いいでしょ? 謝礼もちゃんと即金で出すし。うちそこらへんはちゃんとしたトコなんでマジで」

おさげお嬢様「そうなんですか。でもわたくしはそういうのは……」

……って何をしているんだこの娘は。明らかに怪しいキャッチじゃん! ついてったらヤバい感じの撮影やってて逃げられなかったら社会のアンダーグラウンドにこんにちはするやつ!

私は慌ててお下げお嬢様の救出に掛かった。ちょっと揉めたが追い払うのにそう時間はかからなかった。保護者ヅラって便利。最近中高生と関わり合うことが多いし、何かあったら恥ずかしがらずに使おう。

おさげお嬢様「あら。またお会いしましたね。助けてくださってありがとうございます。ふふ、貴方様には助けていただいてばかりですね」

などと淑やかに笑っているおさげお嬢様を私はそこらのカフェまで連行。そして説教。私マジ激昂。いや別にそこまで怒っていないが。

いや怒ってはいる。この前のバスでもそうだが、この娘は少し無防備過ぎる。車内で居眠りしていると変な悪戯をしてくる輩もいるかも知れないし、あのキャッチだって相手をしなければさっさと別に娘をターゲットにするのだ。もっと警戒心を養わなければならない。

はい、と素直に聞くおさげお嬢様。聞き分けの良い子は好きである。今後は知らない人に話しかけられたり、どこかに連れて行かれそうになってもちゃんと断るように。

私は運ばれてきたコーヒーにミルクと砂糖を投入しながらそう言って説教を締めた。そういえばおさげお嬢様はこんなところで一人で何をしていたのだ? 何か買うものでもあったのだろうか?

おさげお嬢様「いえ、少し人と会う予定があったもので……今はその帰りに、少しだけ街を歩いてみようと」

ふぅん? それでその子だけ先に帰ってしまった、ということだろうか。まあ一人では何かと危ない、できるだけこういうところには人を誘って来なさい。お嬢様は、そうですね、とカップに口をつけて言葉少な。

お嬢様の人付き合いには、お嬢様なりの悩みがあるのかもしれない。お気楽な身分というか、その辺のしがらみを全部捨てた私にはわからないことだが。

おさげお嬢様「ああ、そういえばまだお礼にお伺いもしていませんでしたね。もしお差し支えなければ、その、貴方様のご連絡先を……」

と言うので私はおさげお嬢様と連絡先を交換。お礼に来る前に一報入れてくれるという。私としてはいつでも構わないのだが。

おさげお嬢様「それではまた今度お会いしに参ります。そうですわね……ふふっ、一人では危ないですし、もしかしたらわたくしから貴方様をお誘いすることがあるかもしれませんわ。そのときはどうぞよろしくお願いいたしますね?」

ふんわりと微笑んでおさげお嬢様は言った。年端もいかない女の子とばかり接点ができるなぁ……


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:40より採用
(おさげお嬢様解禁まで6回)
(黒髪ツインテ解禁まで5回)
(おかっぱ解禁まで4回)
(留学生解禁まで3回)
(剣道少女解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、大家娘)

おさげお嬢様『うふふふ、今日は許嫁の方とお食事だったので気鬱でしたが……ふふ、わからないものですね、出会いというのは』
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:40:37.35 ID:1c7DwlPd0
ポニテ
主人公の食生活を察して、夕食を作ってくれる
一緒にご飯を食べているうちに、なぜか涙ぐんでしまう主人公を、ポニテが優しく抱き締めてくれる
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:40:57.90 ID:zUDQB98Ho
桃髪サイド
玩具で遊ぶ為金髪ギャルから借りた合鍵を使い部屋で待っているも待ちくたびれて寝てしまう
そんな中帰宅し、起きないように盗撮したりさわさわする
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:47:39.32 ID:s27fVX2y0
大家娘
前回酔っぱらって絡んだことを謝り、お詫びとして手作りの夕食を作る
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:48:58.52 ID:nhr3z1ytO
ポニテ
調教の為に買ってきた拘束具でまんぐり返しの格好で拘束した後
コンドーム着けてひたすら種付けプレスでイかせ続ける
自分が疲れたら体力が回復するまで大型バイブでしばらくイジメ倒す
を一日中行う
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/16(土) 22:36:56.40 ID:YNqEY4uJ0
22:50より投下します
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 22:51:23.47 ID:YNqEY4uJ0
>>293採用


家に帰ると桃髪サイドが私のベッドで眠っていた。

見間違いかな? 私は一旦家を出て、玄関から入るところからやり直した。いやー、今日は計らずも女の子二人とデートしてしまったな。しかも両方可愛い子。今日はツイてるなぁ。

桃髪サイド「……zzz」

家に帰ると桃髪サイドが私のベッドで眠っていた。何故ェ!? 怖い怖い怖い、なんでこの娘うちに勝手に上がってるの!? 鍵ちゃんと閉めたし窓も開いてない……うん、確認してみても間違いなく閉まっている。どういうことなの?

テーブルの上には私が隠していたエログッズが沢山。わぁ、コンドームやローションだけじゃなくて、いつかポニテに使おうと思って買ったグッズもある。拘束系のやつ。ちゃんとバレないところに隠したのに、こいつ、徹底的に家探ししやがったな……?

というかなんで家で寝てんだこの娘は。というか何しに来たのか。どうやって家に入ったのか。いつから家に居たのか。聞きたいことは山ほどあった。

しかしそのうちのひとつには解答できそうだ、と私はテーブルに投げ出された鍵を手に取る。家の鍵と同一の形状。合鍵だこれ! いつの間に鍵の型取られてたの!? 恐ろしすぎるんだけれども!

大家娘に言って鍵取替えてもらおう……今時の中学生怖すぎるよぉ……

一頻り怖がって一息つく。この前の様子じゃ、たぶん何を言ってもこの娘には効かないだろう。明らかに私を見下してるし。言うことを聞かせるには年上としての威厳を取り戻すか、あるいは強引に言うことを聞かせるだけの材料を手に入れるか。

この場合は後者のほうが手っ取り早かった。男の部屋に一人で来て勝手に寝る行為の罪深さ、その身に刻んで後悔するがいい。

私は準備に取り掛かった。

まずは水溶き片栗粉を用意します。ちょうどいい濃さにしたら先程のコンドームに流し入れて口を縛りましょう。はい使用済みコンドーム(偽)の出来上がりです! 三分クッキング終了。

それを三個用意して桃髪サイドの眠っている枕元に乱雑に配置。ひとつを指に持たせるようにすれば臨場感アップ? かな? よしそれで。

しかしちょっとパンチが足りない。私は桃髪サイドの服を軽く開ける。こいつ派手な下着付けてんな中学生の分際で……えらくミニのスカートも捲って、っと……パンツ、面積少なっ……こんな服で男の家に上がるとかなに考えてるの? この娘。馬鹿じゃないのか?

アクセントとして太腿やお腹に水溶き片栗粉を垂らしてスマホで撮影。連射である。速度が大事、桃髪サイドが起きる前に全部を終わらせた。

使用済みコンドーム(偽)を回収、桃髪サイドの体もささっと拭いて、服は……まあ、このままでもよかろ。寝てる時に自分では服を緩めたと思わせればよし。撮った写真を確認。完璧に事後である。私、ハメ撮りの才能があるかもしれない。

しかしこれをどう使おうか……私は少し思い付いて、桃髪サイドのスマホを操作。ロック解除が指紋認証! 私は桃髪サイドの親指を使ってロックを解除、メールアドレスを確認して、桃髪サイドに撮った写真を送信。写真を保存。メールを削除、っと。

これで桃髪サイドは撮った覚えのない写真だけがスマホに残っていることになるわけだ。私から言い出さなければ、桃髪サイドは私が撮ったと断定はできないだろう。脅迫に使わなければこの写真は撮られた意味を失う。それにその写真が桃髪サイドのスマホに残っているのも意味がわかるまい。

その不気味さに怯えるがいい。ついでにもう家に来るようなこともなくなればなおいい。というか怖くてもう来れないだろう。たぶん。

というところで私は桃髪サイドを起こした。気分良く寝てるところ悪いが、外、もう暗くなるよ。早く帰りなさい。

寝ぼけ眼をこすっている姿は年相応の可愛らしさだったが、覚醒するとギャーギャー喚かれた。やれ私の帰りが遅いだとか、私が来たのに出掛けてるとは何事だ、とか。はいはいごめんなさいね。早く帰りなさいね。

桃髪サイド「……ていうか、フッ、この数なに? 買いすぎでしょ無職のくせに。あー、無職だからそれしかやることないのか! キャハハ、マジ猿じゃんゴミすぎー! って、ッ、なにこれ、服……アンタ、まさか……!」

なにもしてないよ体におかしなところないでしょ? 変な疑い掛けられても困るんだけど。いいから早く帰って。ご両親心配するよ。

桃髪サイド「……白けた。あー、アンタのせいでせっかくの日曜がダイナシじゃん。今度責任とってよね」

そんなことをブツクサ言いながら桃髪サイドは私の部屋を出ていった。桃髪サイドが写真を見つけるのはいつだろう。見つけた時、どんな顔をするかな。想像しただけでワクワクが止まらなかった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、23:10より採用
(桃髪サイド解禁まで6回)
(おさげお嬢様解禁まで5回)
(黒髪ツインテ解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(留学生解禁まで2回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、大家娘)

桃髪サイド『あー、もう、マジウザいんだけど……私を待たせるとかマジ何サマってか、え、なにこの写真……ウソでしょ……』
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:10:42.91 ID:1c7DwlPd0
ポニテ
主人公の食生活を察して、夕食を作ってくれる
一緒にご飯を食べているうちに、なぜか涙ぐんでしまう主人公を、ポニテが優しく抱き締めてくれる
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 23:11:09.55 ID:1S9HzCAvO
ヤンキー
ブラブラしてたら店の客足が延びないのでヤンキーに喫茶店に引き込まれる
交換条件としてリクエストしたキャラを演じるといわれる
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:11:22.93 ID:s27fVX2y0
大家娘
前回酔っぱらって絡んだことを謝り、お詫びとして手作りの夕食を作る
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:20:06.48 ID:YNqEY4uJ0
ゾロ目なんで>>299だけどコスキャラリクエストかぁ……話としては超ぶりっ子系のを指定するのがいいんだろうけど誰にしようかな
ちょっと休憩
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:20:58.70 ID:zUDQB98Ho
一旦おつおつ
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 23:22:10.93 ID:1S9HzCAvO
おつ
指定具体的だったほうがよかっただろうか
書きやすいキャラでやってくれぃ
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/17(日) 00:21:55.22 ID:jn2ungmw0
そうだピカチュウでもやらせればいいんだ(グルグル目)迷うことなんてないんだ
書き溜めて今日は寝ます
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/17(日) 02:27:49.99 ID:jn2ungmw0
>>299採用


平日の駅前は昼間でも人通りが多い。初夏の日差しが降り注いで、歩いているだけでも汗ばむ季節になった。私が駅前をぶらついているのは訳あってのことではなかった。

暇なのである。無職であり就職活動にも意欲の乏しい私は根本的にやるべきことを持たない。つまり自分でやりたいことを見つけなければならないのだが、これがなかなか難しい。タイムリミットがあるとはいえ無限に等しい時間を私は持て余していた。まだ仕事を辞めて一ヶ月くらいしか経っていないのに。

無職の最大の敵は飽きである。そして一人での活動は必然的に飽きを生む。つまり他者との活動、交流によって時間を充足させる必要が出てくるわけだが、問題は私が無職であるということ。

無職と無職でない人とでは自由になる時間の絶対量が違うのである。そして無職になったのは人付き合いがそもそも好きでなかったから、という側面もある。私は無職に向いていないのかもしれない。だからといって働くことなんて考えないが。

そんなわけで、私は駅前通りをぶらぶら歩いているのだった。適当な喫茶店でも開拓しようか。やっぱり時間潰しは食欲関係になるなぁ。人間の活動に切っても切れないものだから当然なのかもしれないが。

おっと、メイドさんが呼び込みをしている。いつの間にかメイド喫茶のあたりまで来てしまったか。精の出ることで――っと、おっとっと。聞き覚えのある声。見覚えのある体格。逃げねば。

ヤンキー「おっ、いいトコに来たな――ッと! おうおっさん、まあ入れよ。な?」

逃げられなかった。私は有無を言わさず、喫茶店に腕力で連れ込まれた。いやいやいや。君学生だろう? 今平日、学校は? いいのか? 不良学生か?

ヤンキー「誰が不良だよ、ああ? まあちょっと入り用なんだよ。ま、おっさんの気にすることじゃねーよ。はーい、一名様ご来店でーっす☆」

いらっしゃいませご主人様、の号令に迎えられて私は着席。また魔法の呪文をいっしょに唱えさせられるのだろうか。勘弁なんだが。

接客に来たのはまたしてもヤンキーだった。おのれ。

ヤンキー「今の時間は客の入りがどーしても悪くてな。おっさんどーせ暇だろ? 月曜からそんなラフいカッコだし」

ほっとけ。

ヤンキー「まーそんな怒んなよ。そうだ、なんかキャラのリクあっか? あんならそのキャラで接客してやるぜ。美味しくなる魔法もキャラに合わせてやってやるよ。それならいいだろ?」

注文は、と訊かれたので私はパスタを注文。ピカチュウでやって。

ヤンキー「あア? あんだって?」

ピカチュウで全部やって。パスタ持ってくるとこから全部。私に対する接客はこれから全部ピカチュウでやってください。やってくれるんだよな? なあ?

てめェ……とヤンキーの口元がピクピクしている。ほら黙ってないで早くやるんだよピカチュウ様をよ、おう。

ヤンキー「ピ、……ピッピカチュウ。ピカピカ、ピカピカチュウ? ピカピーカ!」

はは、なに言ってるかわかんねえけど再現度高いんじゃない? ヤンキーはすごい笑顔でカウンターに消えていった。私はものすごくいい気分。

しばらくしてヤンキーが料理を手にやって来た。ピカピカ、ピカァ、と皿をテーブルに置くのに笑顔で礼を言うと、ヤンキーは満面の笑みで、ピッピカチュウ! と返した。なかなかのプロ根性。

締めは魔法の呪文。ヤンキーが手でハートを作ったので、私もハートを作る。さあご一緒に。

ヤンキー「ピカピカピカチュ、ピッカピッカチュ〜ッ!」

ピッカピッカチュ〜ッ! はいお疲れ様でーすありがとうございまーす。表情を笑顔で固定したヤンキーの口が動いた。後で覚えてろよ。

後の報復なんて、ヤンキーに完勝した事実に比べれば屁でもない。私は悠然とパスタを食べた。

食べ終わった。一人の食事は早く済むものである。

さて、と。私はこれからどうなるのか。むしろどうされるのか。簀巻きにしてボコボコにされて海に流されるようなことはないだろうが。ないよね? ヤンキー、私にガンつけまくってるんだが。超怖いのだが。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/17 12:00より採用
ゾロ目なのでヤンキーコミュ続行です
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/17(日) 02:29:34.25 ID:jn2ungmw0
ヤンキー『あざとい萌えキャラかエロキャラやんのかと思ったらピカチュウとか……やらされたの初めてだぞ……コケにしやがって許さねえからな……』
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/17(日) 07:34:58.49 ID:+blYcmMhO
おつ
そろそろもう一人抱きたいねぇ
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/17(日) 12:34:55.13 ID:qjOzFmfVO
張り付かれて色々話を振られるが別段オタクって訳でもないし面倒臭いので曖昧に流していると業を煮やしたヤンキーにキン○マ付いてんのかと徐に鷲掴みされる
冗談のつもりで軽いタッチ程度だったが予想外に大きかったのでヤンキーが一瞬メスの顔を覗かせるが敢えて触れない
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 14:09:38.59 ID:GSVA/7JsO

ポニテ
調教の為に買ってきた拘束具でまんぐり返しの格好で拘束した後
コンドーム着けてひたすら種付けプレスでイかせ続ける
自分が疲れたら体力が回復するまで大型バイブでしばらくイジメ倒す
を一日中行う
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 14:14:37.89 ID:N37n+wfO0
意地になったヤンキーは男の住所について強引に聞き出す
夜に押し掛けたヤンキーはあざとい萌えキャラやエロキャラ達のコスプレショーを始める(モデルは適当で)
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 14:30:31.17 ID:jn2ungmw0
ヤンキーコミュなんで>>309は不採用
もう一つ安価が埋まったら書き溜めます
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 15:40:05.60 ID:mNJVuxcXO
ピカチュウになったヤンキー、子供達にじゃれつかれる
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/17(日) 23:16:59.94 ID:jn2ungmw0
風呂入ったら湯あたりしてやんの
みんなも体調管理には気をつけよう!
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/17(日) 23:18:33.68 ID:jn2ungmw0
>>310採用、とりあえずできたとこまで


ヤンキー「お前どこ住みだ? あァ? おら、さっさと言えよ、あたしはまだ仕事あんだよ。あ?」

会計を済ませた私はヤンキーに襟を掴まれて店の裏手に連れて行かれた。私を壁に押し付けて執拗に住所を探ってくる。お礼参りされちゃう……! 暴力反対ッ、暴力はなにも産まないぞ? な?

ヤンキー「手間かけさせんなよ。とっとと住所吐けオラ」

顔近づけてガン飛ばされると純粋に恐怖だった。あ、でもヤンキー、近くで見るとなにげに整った顔をしている。小麦色の肌もキメ細かで、ヤンキーのくせにお肌の手入れ万全じゃないか? ええ?

ああ? と凄まれて襟を締められたので私は降参した。呼吸が苦しいのに数度復唱させられた。ヤンキーは私を片手でシメながらスマホで住所を確認。ここだな? と地図を見せられたので私は首肯した。

ヤンキー「オマエの家覚えたからな、今日の晩、首洗って待ってろよ。逃げたら承知しねえかんな」

逃げたら余計ヤバいことになりそう。私はため息。もう諦めるしかないなこれは……ヤンキー女子を煽るんじゃなかった……せめてあんまり痛くないようにしてくれ……

何言ってんだオマエ、とヤンキーが眉根を寄せるがその表情凶悪なので辞めてくれない? とはいえ、どうもヤンキーは殴り込みに来るつもりではない様子。金か? あんまり持ってないぞ? 無職なので。

ヤンキー「いや本格的に何言ってんだおっさん……まあいいや。じゃ、あたしは仕事に戻るから、また後でな」

後で私なにされるの……? ヤンキーがメイド服のスカートをフリフリ行くのを私は見ていることしか出来なかった。暴力の前に私は無力である。かといって逃げるところがあるでもなし。

私は家で神妙に沙汰を待つことにした。
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/18(月) 18:00:02.30 ID:TXQt0aW10
18:30より投下します
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/18(月) 18:31:41.45 ID:TXQt0aW10
ヤンキー「みんなお待たせ! 美少女探偵マジカルるるも、今日も元気に実力行使! 地球の平和をうっかりドッキリ守っちゃうゾ☆」

私はマジカルるるも降臨に無心でシャッターを切る。まさかこの狭苦しいアパートに日曜朝からテレビでご活躍中のるるもさんがいらっしゃるとはな……

美少女探偵マジカルるるもとは、今お茶の間を騒がせている流血上等のアクション魔法少女探偵ものアニメである。魔界から突如出現した少女るるもは、悪い奴は拳一本でぶっ飛ばす、悪くない奴もたいていロクに話を聞いていないので巻き添えで酷いことになるという言わずと知れたトンチキアニメである。PTAの批判も何のその、いまや子供たちの人気ナンバーワンの国民的アニメとなっていた。大丈夫かこの国。

こんなのが跳梁跋扈してるとか地獄か何か? いいえ魔界です。魔界なら仕方ないね。でもそれなら地上に出てくんじゃねーよと思うがそこはそれ、濃い奴が気まぐれに移動すると災害レベルに騒動を撒き散らすという……何の話だったっけか。

そう、何を隠そうマジカルるるもはヤンキーだったのである。正確にはコスプレ。だが再現度が高すぎる! るるもは魔法少女のくせに無駄にタッパがあるのだ。でかい胸と尻を魔法少女コスに詰め込んで平和の破壊と再生を繰り返しているので、女性でコスしようとすると身長がネックになることが多いのだが。

ヤンキー「マジカル武装ロッドで悪い奴は粉微塵! 放て! マジカル・バズーカ! キュッピピピ〜ンッ!」

その点ヤンキーは背も高いし胸尻もでかいのでるるもコスにはうってつけなのである。衣装もゴテゴテしてる割に各部の露出は多いので、出るとこ出てるのに筋肉質な肉付きのヤンキーはそこもクリア、完璧な着こなしを見せていた。

なお最後の効果音は口で言っている。これも原作再現。あとで編集でビーム出させよう。編集機材もソフトもないけど。あとで買おう。

ヤンキー「フー、いやあー、るるもはやっぱアガんなー! 決めポーズとかもバッチシあるし、ヤリ甲斐あるわマジで。衣装も結構凝ってるしさ、コスしたときちゃんと再現できてると完成度高くなるよなー」

ご満悦のヤンキーが立っているのは我が家の狭い居間である。日も暮れてからヤンキーが撮影道具と衣装を両手にやって来て、

ヤンキー「おう居るな。んじゃ今から撮んぞ」

と言うので急遽撮影会の運びとなったのだった。ライトまでヤンキーの自前。コスプレに本気すぎない? プロか何か?

ヤンキー「あー? ああ、まあ結構イベントとかにも出てんな。ほら、これとかあたしだぜ。結構出来いいだろ?」

スマホで見せられたのはSNS、ポーズ決めたコスプレイヤーのツイート画面。これヤンキー? 髪はウィッグとして、化粧と表情でこんなに別人になれるものなんだな。コスプレイヤーって凄い。うわ、るるもの敵性組織の女幹部コスもある! 露出高ェー! え、これラバー素材? エロくない? 未成年が着ても大丈夫なのコレ? 自作?

ヤンキー「いや? 衣装専門に作ってるとこから買ったり、あとは上手いやつから融通してもらったりとかだな。あたしも多少の直しはできるけどイチからは流石に無理だわ」

よしじゃあ次いくぞー! というわけで撮影続行。私は角度をいろいろ変えたりして撮りまくった。こんなにローアングルで写真を撮るの初めてだし、こんなに女の子にカメラを近づけて撮るのも初めて。うーんいいねぇー、カメコがローアングル指向になるのもわかる。

撮影は続く。ソシャゲの同人コスだったり、オリジナルコスだったり。しかしコス衣装ってどれも露出多いんだな。肌見せドーン、乳バーン、ヘソ出して尻太ももドバーンッ、て感じ。ちょっと股間がムズムズしてきた。いや我慢我慢、今の私はカメラ小僧、写真を撮ることに集中するのだ。

今のヤンキーは婦警コスである。制服っつーかビキニじゃない? ネクタイ、胸の紐から下がってるんだけど。お腹から股間を隠していて逆に卑猥。脚も網タイツだし、ネクタイの下から見えるパンツも角度がエグい。こんな婦警いたら逆に治安乱れるだろ、という感じ。

ヤンキー「あれあれ〜? 怪しいヒト発見! これから取り調べに入っちゃいますっ♪」

今度はそういうのでいくの? ヤンキーは結構役に入り込むタイプらしく、急に寸劇を始める傾向があった。撮影を飽きさせないための配慮だろうか。慣れてる人は気遣いが違うなと思った。

ドン、と肩を押されてベッドに倒れた。危ないだろ、と私が言うより早く、ヤンキーが私に覆いかぶさってくる。目の前でビキニの胸が重力に弾んだ。

氏名、年齢、住所を質問されたので答えていく。尋問プレイ撮影ですか、高度ですね……素人の私についていけるかな……あ、はい、職業は無職です。フリーターでもアルバイトでもないです。無職なので。

マジだったのかよ、と真顔のヤンキー。演技はどうした。気を取り直したヤンキーが、普段とは似ても似つかない猫撫で声で、

ヤンキー「ほかにぃ、本官になにか隠し事はしていませんかぁ? 例えば……コ・コ・と・か?」

艶っぽい仕草でヤンキーが私の股間に手を伸ばしていく。ドスケベポリスじゃないか……! どうしてこんなところに? 絶滅したはずでは? ていうかこれもう尋問じゃなくて強姦だよ強姦! エロ尋問とか治安を預かるものとして恥ずかしくないのか?

ヤンキー「こんなカッコで治安もクソもねーだろ」

いきなり正気に戻るのやめてもらえませんか……? というか正気に戻ったなら早く退いてほしい。こっちにはいろいろ不都合があるのだ。

ヤンキー「バカかオマエ。狭い部屋に男女が二人っきりなんだ。ヤりる事は一つだろうが」

じゅるり、とヤンキーは舌舐めずり。肉食獣の眼光だった。本能的に草食動物タイプの私は直感した。このままじゃ食われる……!
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/18(月) 18:32:07.34 ID:TXQt0aW10
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:50より採用
ヤンキーコミュ続行でも構いませんし、他ヒロインコミュでも可です
もし行為に入るならプレイ内容も指定ください
※ただしヤンキーとは相互に信頼関係がないので粘膜接触は禁止です(キスなし、ゴム付きに限りフェラ・挿入あり。ただしキスについては融通します)
※上記は互いの自衛とポニテ保護が目的です。ヤンキーが性病持ちというわけではありません

もし他ヒロインを指定する場合は下記の指定制限があります
他ヒロイン指定の場合は、展開上の必要から、おそらくヤンキーにポニテを会わせる形になると思います。ご了承ください
(ヤンキー解禁まで6回)
(桃髪サイド解禁まで5回)
(おさげお嬢様解禁まで4回)
(黒髪ツインテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(留学生解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、大家娘)

ヤンキー『昼間っからフラストレーション溜めさせやがって……久々の初心者食いだ、さっさと一発キメて解消しちまおう』
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 18:42:34.45 ID:TXQt0aW10
(実在のるるもとは無関係です)
(語感がいいから採用したけどまさか本当にいるとは思わなかった)
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 19:24:27.16 ID:YaP+opYuo
金髪ギャル
お手製のお昼を食べ昼寝をし、目を覚ますと目隠しに手足は縄で結ばれた状態。最近色んな雌の臭いがするから襲わないそうにと不慣れな手付きで手コキされる。
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 19:31:55.62 ID:FPp4aYVNO
ヤンキー
せめてゴムをつけさせろと渋々従うも余りのデカさにビビる。大丈夫?と心配すると舐めんじゃねぇ!とゴム付きのおちんちん挿入でドスケベポリス敗れる
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/18(月) 19:33:16.71 ID:W2MO5bGnO
ヤンキー
ゴム付きに多少の不満は持ちつつも以前男の買っていたゴム通りのサイズか確認しようと承諾
想像以上の逸物に肉食獣的な笑みを浮かべつつフェラ開始
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/18(月) 19:35:15.56 ID:W2MO5bGnO
あーそういやまじもじるるもってアニメあったなぁ
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/18(月) 21:15:24.88 ID:TXQt0aW10
21:30より投下します
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/18(月) 21:30:38.97 ID:TXQt0aW10
>>321採用


ヤンキー「オラ抵抗すんじゃねーよ、服破けんだろが」

カチャカチャと私のズボンを脱がしにかかるヤンキー。ジャージじゃなくてベルト系のを履いておけばよかった。人間楽したらダメ……! 一手間で抵抗時間が大きく変わるぞ! 知りたくなかった!

私の抵抗空しく、スポーンと私はズボンとさよならした。

ヤンキー「ほぉーん? 抵抗する割にはガチガチじゃねーか、あぁン? パンツの上からでもはっきりわかんぜ? ……ん? んー……お、これはなかなか……」

トランクスの上から固くなった棒をにぎにぎするヤンキー。手付きに照れがない。さらに玉部分まで揉み始めて、こいつ、広義の玉遊びに精通している……!

おらよ、と一気にトランクスがずり下ろされた。まあ、なんだ。私もまだ若さが抜けないということで。そりゃ、ヤンキーのドスケベコス見てたら元気にもなりますよね。

ヤンキー「ほうほうほう、なんだよ、いいモン持ってんじゃねーか。おー、指ギリギリ、このサイズはなかなかねぇぜ? しかしこれは、あたしも本気出さねーといけねえな」

とヤンキーは竿部分に手を這わせながらするすると体を引いて、私の逸物の前でニヤリと笑った。ちょ……っと待ってゴムゴムゴム! ゴムを付けよう!

あア? と眉尻を上げてヤンキーは威嚇顔だが、しかし、これは譲れない。お互いよく知らない同士だし、仮に私が日夜風俗通いだったらどうするのか。ワンナイトで一発性病感染は嫌だろう? な?

ため息しつつ、ヤンキーは仕方ねえなと柔軟な対応。意外に話のわかる奴だった。コンドームは家にあるの使っていただいていいんで、ハイ。どうぞ。

ヤンキーは手慣れた手付きでコンドームを袋から出し、亀頭に当ててクルクルクルっと装着完了。他人の指が自分の敏感な部分に触れる感触はいつになっても刺激的。ポニテにはさせてこなかったが今度させてみよう。

ヤンキー「おうおう、マジでLだなこりゃ……っつーかよ、ちょっとゴム臭くね? 安モンだろこれ」

百個いくらのものなのでそのへんは……。百個!? と目を丸くするヤンキーにコンドーム百四十四個入りの箱を見せると、

ヤンキー「うはははは! 買いすぎだろ無職のくせによ、どんだけ毎日シコってんだよ! つーかマジ臭くてこれじゃどうにもなんねーな……他にねえの?」

他、他……ああ、前ドラッグストアで買ったの、そういえばまだ開けてなかった。六個入りコンドームLサイズ。こちらのほうがまだしも臭いはマシかもしれない。

ヤンキーが開けて臭いを嗅ぐが、まあこれならマシか、ということでゴム交換。うし、やっか、とヤンキーが竿の根本に顔を寄せて、

ヤンキー「ほら見ろよ。オマエのコレ、ちょうどあたしの顔くらいあんだろ。外人とやったことねぇけど、イイトコ張んじゃない? コレ」

なあ、とヤンキーが唾液をまぶすように竿を舐め上げた。大口を開けて舌を伸ばした顔は淫靡そのもの、絡ませるような舌の動きは見た目にも最高だった。

ヤンキー「れろぉ……ん、舐め甲斐あるぜ、オマエの、さ……」

嫣然と流し目を送ったヤンキーの顔がずずずっと上がって、舌を離した。かぱっと開けた口、それをゆっくりと下ろして、ついに亀頭がぬめる口腔に捕まった。

蜜壺を思わせるほどぬるぬるの唾液が絡んで、ヤンキーは赤い先端だけを飴玉みたいに咥える。じゅるる、と口の端から垂れる唾液ごと吸われた。

ヤンキー「ん、じゅぶぶるるっ……はぁ、ほんとデケえな、先っぽ咥えんので精一杯とかどんだけだよ。頼りねぇツラに似合わねぇ、女殺しの付けやがってよ、あァ?」

私を上目遣いに睨んだヤンキーは目を獰猛に細めて笑う。今度は本当に喰らい尽くすようなフェラが始まった。膨れた亀頭だけでなく、竿の中程までを一気に呑み込んで、往復していく。

もはや口の端から唾液が溢れて、激しい水音が立つのも気にも留めない。白く泡立つ竿の上をヤンキーの顔が上下に動いて、上がる動作で強く吸われて、強い快感に私は思わず低く呻いてしまう。ヤンキーのひょっとこ口がニヤッと笑った。

ヤンキー「じゅるる、じゅぞぞぞぞっ、んっ、ぷはぁっ……♡ 情けねえ顔しやがって……ん、れる、オラ、これがいいんだろ? さっきからビクビクさせやがって、先っぽ膨らんでんぞ? こうやって手でシコられて出したいか? 舌で、ほう、舐められはいか? それとも口ん中か? どうなんだよ?」

竿の根本を皮ごと手で扱かれ、竿中程を舌が這ったり、亀頭にキスが振ったりして、結論的にはどれもいい。どれでもOKです!

ヤンキー「しょうがねーなぁ? じゃあ情っさけなく、あたしの手で出しちまえ! 出せ! 出せッ! オラ出せだせ出しちまえみっともなくよぉ! オラッ……、おー、出てんの分かんぜ? あたしの手ん中でビュクビュクって……」

ヤンキーの手が優しく上下して最後まで絞られる。ポニテ調教もいいけど、慣れてる相手にリードされるのもいいな……勝手に気持ちよくしてくれる……

ヤンキー「はぁ……結構出たなおっさん。いや、二十代ならおっさんってほどでもねーか? 第一、こんな出せんなら十分若けーだろ……なあ? そっちも出したばっかのくせに、まだまだヤり足りなさそーじゃん?」

出し切った私のモノからゴムを取って、口も縛らずに精液溜りに入り切らずに溜まった私のザーメンを眺めながら、ヤンキーはそう言った。おっさん呼び望むところの私としてはちょっと休憩を挟みたいのだが。

休憩、駄目?
駄目に決まってんだろ、何オマエだけ満足してんだ、あたしは全然足んねーんだよ。オラ続けんぞ。
ハイ……


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:50より採用
ヤンキーコミュ続行です。今後のプレイ内容を安価ください
今回は前戯の安価のみだったので前戯までです
※ただしヤンキーとは相互に信頼関係がないので粘膜接触は禁止です(キスなし、ゴム付きに限りフェラ・挿入あり。ただしキスについては融通します)
※上記は互いの自衛とポニテ保護が目的です。ヤンキーが性病持ちというわけではありません

ヤンキー『えらい掘り出し物じゃねーか……♪ デカさもあるし持久力もそこそこ、連発もできるとか……今日は久しぶりにあたしが満足するまで付き合わせるか』
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/18(月) 22:20:28.28 ID:ZchxqnO5O
甘い猫撫で声で言葉責め受けながらの手コキ
二度目の射精時にご褒美として優しくディープキスしてくる
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:26:54.70 ID:FlFVXlipO
キスは無しじゃね
騎乗位スタイルで搾り取られる。ヤンキーがイキ疲れて気弱になってる所をガン突き
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:06:01.82 ID:2y+qppfU0
最初は騎乗位で責め立てるヤンキーだが次第に追い込まれ

最終的にはまんぐり返しの格好で延々とイカされ続けて巨根に服従しちゃう
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:15:36.01 ID:TXQt0aW10
>>327採用
寝ます
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/21(木) 19:46:33.90 ID:7Hb266x2O
イッチ無事かい?
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/22(金) 20:41:57.66 ID:Z7fb412q0
眠いしだるいしやる気ナッシンでしたごめんね
21:00より投下します
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/22(金) 21:00:23.95 ID:Z7fb412q0
>>327採用


ヤンキーがビキニパンツに手を掛けて下に降ろしていく。ということは、とヤンキーの意図を汲んで、私はコンドームを付け直す。硬度はさすがに失い気味だが挿入には足りるだろう。

枕元のローションを取ると、ん、とヤンキーが手を差し出してくるので手渡してやる。ヤンキーはローションを手にあけて馴染ませて、私の逸物に塗り拡げる。ヌルヌルとした手指の感触。

ヤンキー「なんだよ、もう硬くなってきてんじゃねーか……頼んねー優男のくせにここだけは男らしいのな? ケケ、よし、じゃあヤっか」

ヤンキーは前傾姿勢で膝立ちして、竿根本を握って固定する。先端がヤンキーの股の間に宛てがわれ、ぐに、とヤンキーの入り口を押し開いた。ヤンキーが眉を顰めているのは充分に慣らしていないからか?

うっせえ黙ってろ、とヤンキーはゆっくりと腰を沈めていく。大きくカサの張った亀頭をすっぽりと飲み込んで、そのままズヌヌっと膣肉を押し分けていく。ヤンキーは角度を微調整しながら、私のほぼ全長を体内に収めた。

ぐねぐねとうねる膣内は侵入者を捕らえて離さない肉の牢獄のよう。生温かな肉の体温。ヤンキーは軽く息をついて自身のお腹に手を当てて、

ヤンキー「はぁー……さすがにキッツいな……! でもどうよ、ゼンブ飲み込んでやったぜ、ちょっとデケぇからってあんま調子乗んなよ?」

歯を剥いた笑みを浮かべて、ヤンキーはピストンを始めた。前後、上下、円運動を織り交ぜた動きは格別の気持ちよさだった。ポニテではこうはいかない。私がそこまで育てていないせいだが。

気持ちいいかどうかでいえば間違いなく気持ちいいし、なんならこのまま一方的に射精まで持って行かれそうだった。――が。

ヤンキー「ぐっ……オラ、オラッ、どうしたよ、さっきよりっ、硬くなってんぞ? フー……っ、さっき出したばっかのくせにもう出すのか? ああ? あたしにされっぱなしで、この早漏野郎がよっ」

威勢よくヤンキーは私を絞るが、言葉の端々に余裕の無さを感じる。やはり慣らしを入れるべきだったか。意地っ張りなヤンキーにリードを任せたのは失敗だったかもしれない。

前傾姿勢のヤンキーはあえて自身のポイントをずらすようにして動いているようだった。私を屈服させる一環なのだろうか、自分は歯を食いしばって耐えて、私に音を上げさせるのに注力している様子。

仕方がないかな、と私はヤンキーの腰を掴んでピストンを制止。あん? と戸惑うヤンキーの胸を押して仰け反らせた。手を後ろについたヤンキーを陰茎の直立で縫い止めている格好。

私は腰を引いて、ヤンキーの腹側を先端で鋭くえぐった。

ヤンキー「あ……!?」

身動ぎしようとするヤンキーの腰を両手で掴んでガッチリ固定。比較的浅めの位置を狙って、角度をつけた突き込みを連続していく。

ヤンキー「あっ、あっ♡ 待て、待てって、あたしがやってたのにっ♡ あたしが責めんだよ、なに勝手に、ひっ♡ ぐぅっ♡」

ヤンキーがシーツを両手で握りしめて堪らえてくれるので、私は遠慮なくヤンキーの中を突き解すことにした。ヤンキーの抵抗が弱まったので腰を掴む手の親指でクリをゆるく潰すと、これまたいい声で鳴いた。

ふーっ、ふーっ、とヤンキーが片手を口に当てて必死に声を押し殺している。ヤンキーの仰け反り姿勢を支える力が弱まったので、私は身を起こしてヤンキーを抱えて、私が寝ていた位置にヤンキーを寝かせた。

ここからは攻守交代といこう。腰を引いたときの膣肉の媚びよう。最初から強情を張らないで、感じる箇所を教えてくれればいいものを。せっかくのセックスだろう? なあ?

ヤンキー「な……に、フザケたことヌかし――うぅぅ……ッ!」

我慢しないでお互い気持ちよくなったほうが得だろうに。そう思いながらヤンキーの奥まで押し進んで、わかるのは中のこなれ具合、経験を積んでいるだけのことはあって充分私を受け入れるに足る柔らかさを備えている。

さて。君はどこをどうされるのがいいのか、素直じゃない君に代わって、君自身に訊くことにしよう。ちなみに私はチンコ全部が弱いぞ? 私がイくのが先か、君の弱点を見つけるのが先か、勝負といこうか。

ハ、とヤンキーは気丈に笑った。

ヤンキー「あんま舐めんなよおっさん……! あたしが負けるわけねーだろ、秒でイかせてやるぜ」
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/22(金) 21:00:56.68 ID:Z7fb412q0
……というのが数十分前。

ヤンキー「ぐっ♡ ぐぅっ♡♡ そこばっか、さっきからぁ♡ ズルいだろそんなのっ、同じとこばっかオマエ……! やめっ、クリやめろっ、イッグぅ♡♡ ムリヤリイカされっ♡♡ あっ♡ ♡ ああっ♡」

奥の方は開発が進んでいないようだったので手前側を重点的に耕すことにした。さっき騎乗位の時に突いたのと同じ箇所。正常位のまま、ヤンキーの腰を抱えあげて浅めの位置をゴリゴリ掘っていく。

次はヤンキーの伸ばした足を持ち上げて突きこむ。高さや角度を微調整、最適な入射角度が判明すればそこで固定して腰のピストンを再開した。

ヤンキー「ふぅっ、ふぐぅっ♡♡ うっ♡ そんなとこ知らないっ♡ そんな奥ッ、今まで感じなっ♡♡ あッーっ、ヘンになる♡ ♡♡ 削れるっ、あたし削れるっ♡♡ 削れてなくなっちゃっ、あぁっ♡♡」

射精感が高まって抽送は深く大きいものになっていく。上から腰を叩きつけるようにして竿を膣に強く摩擦させ、茸のように嵩張ったカリで女をこそぎ落とす快感。両足を踏ん張って、私は腰を下に振り下ろすことしか考えられなくなっていた。

種付けのための体勢、種付けのための交尾、私はゴムを付けていることも忘れて、ひたすら目の前の女の肉を貪って、その時を迎えた。

私は下敷きにしたヤンキーに全身を押し付けて射精。体内の熱がすべてそこから放出されるかのような感覚。

ヤンキー「――――……♡♡♡ ん、んむ……ん……♡」

下から身を擦り寄せて来るヤンキー、薄い障壁に阻まれているとはいえ私の胤を受けて歓ぶ女に、私は口づけを交わしながら、最後の一滴を出し終えるまで繋がり続けた。

ヤンキー「フー……しかしあれだな、やるじゃんおっさん。あたし、あんなに感じたの初めてかもだわ」

ずるずるとカップ麺をすすりながらそんなことをいうヤンキー。そうですか、と私もカップ麺を啜りながら答えた。そう言ってもらえるなら私も頑張った甲斐があるというものだ。

何か腹減ったな、というヤンキーのために私の備蓄を差し出した事後タイムである。シーツ一枚を体に巻きつけてずるずると麺をすする。空腹に沁みる温かさ。そういえば夜、食べてなかったのだった。今は夜更けも夜更け、そりゃ空腹にもなるというもの。

ヤンキー「うし、食った食った。んじゃ、シャワー先に借りるぜ。いいよな?」

よくないが。

おいおいみみっちこと言うなよ、とむくれるヤンキー。おや、言葉の行き違いが。そういうわけじゃなくて。

単純に、今シャワーを浴びても二度手間になるだけだと思うのだが。

え? と瞬きするヤンキー。ゴミを捨てるのは後にすることにして、私は立ったままのヤンキーをベッドに引き倒した。

どうせ不良学生なら、明日も学校サボって私に付き合うように。マジかよ性欲強すぎだろ、と顔を押さえるヤンキーに、

ヤンキー「おい今ラーメン食ったばっかだぞ、歯も磨いてない……っ、んん……ふ……」

知ったことではなかったので私はヤンキーに唇を重ねた。自衛上、本当はキスもするべきではないんだろうけど、まあ、仕方ないよね。ね?

結局朝までヤッて昼過ぎまで眠ってしまった。自堕落……!


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:20より採用
(ヤンキー解禁まで6回)
(桃髪サイド解禁まで5回)
(おさげお嬢様解禁まで4回)
(黒髪ツインテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(留学生解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ポニテ、ヤンキー、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、大家娘)

ヤンキー『あ”ー腰痛ェっつーか重っ……完全にヤりすぎたっつーかヤラれすぎたっつーか……あ”ー、これ、他の奴とヤッた時満足できんのかなー……やべーな……』
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 21:20:24.80 ID:eM0l6Nws0
ポニテ
主人公の食生活を察して、夕食を作ってくれる
一緒にご飯を食べているうちに、なぜか涙ぐんでしまう主人公を、ポニテが優しく抱き締めてくれる
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 21:24:01.10 ID:y+ABlU7co
金髪ギャル
お手製のお昼を食べ昼寝をし、目を覚ますと目隠しに手足は縄で結ばれた状態。最近色んな雌の臭いがするから我慢できず他の娘を襲わないようにと不慣れな手付きで手コキされる。
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 21:26:17.85 ID:XlgSbbsKO
ポニテ
調教の為に買ってきた拘束具でまんぐり返しの格好で拘束した後
コンドーム着けてひたすら種付けプレスでイかせ続ける
自分が疲れたら体力が回復するまで大型バイブでしばらくイジメ倒す
を一日中行う
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 22:45:29.48 ID:Z7fb412q0
>>335採用、でも最近まんぐり返しばっかなのでその点は変えます
書き溜めます
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 01:18:57.29 ID:ee5rHZ2z0
>>335採用


ポニテ「……」

我が家にやって来たポニテは怒っていた。そうとしか言いようがなかった。ヤンキーを家に帰した翌日、朝っぱらから、今から私の部屋に来ると連絡が来て、すぐにチャイムが鳴った。ポニテが無言で立っていた。

中に入れてもポニテは無言。テーブルの前に座って私をじっと見ている。今日は大学、大丈夫なのか、と訊いても反応なし。超怖いのだが。何? 何なの?

ポニテ「昨日……というか、一昨日の晩からですけど。お兄さん、女の人を連れ込んでましたよね。隣の私の部屋まで丸聞こえでしたよ。どういうことなんですか」

あー……まあ、ヤンキー、声大きかったしな……途中からあられもなく声出してたしな。そりゃ聞こえるよね。ご迷惑をおかけしました。大変申し訳ありませんでした……

そうでなくて、とポニテはじとっとした視線。

ポニテ「私がいるのに、どうして他の子に手を出してるんですか? 契約違反です」

ん……? いや? ヤンキーは契約条件に入ってないだろう? 私、むしろ食われた側なのだが。いや、たしかに、年若い娘の不見識に付け込んで性を搾取したことにはなる……のか? どうなんだろう?

ポニテ「問答無用です。これからはこういうことのないようにお願いします」

では、と言って立ち上がろうとするポニテ。その通告は一方的にすぎた。だいたい、ポニテが不甲斐ないからこんな事になっているのではないか? ポニテは私の性処理道具でありながら、私をちゃんと満足させていないだろう? 私が抱いたらすぐ失神するくせに何を偉そうなことを言っているのか、と私は不満に思った。

ので、そのままポニテに伝えた。

ポニテ「なっ、なん……っ、それはお兄さんがっ……!」

私が何だというのか。ポニテはぐぅっと喉を鳴らして、

ポニテ「わかりました。そこまで言われて私も黙っていられません。きちんと満足させてみせますから、今晩は――」

今からだ。大学は休みなさい。私がそう言うと、ポニテは躊躇する様子。そんなことでは困るな。ポニテは私の性処理道具なんだろう? 合わせるべきは私の都合であって、ポニテではない。あの娘達のために、私の道具になると言ったのはポニテの方だ。それを違えるのなら、私も契約を解除するだけだった。

ポニテ「……わかりました。私は……お兄さんの道具ですから。って、あの、お兄さん? それは……? っ……!?」

今更気付いても遅いわ。馬鹿め。

というわけでポニテの部屋である。いつ見ても落ち着いた調度が落ち着くなあ。この新しい『家具』もきっといい出来なんだろうなあ。なぁ? ポニテ?

ポニテ「こ、こんな格好……お兄さんの変態っ……!」

いやそんな格好してるポニテのほうが変態だと思うけど。私が言うと、ポニテは赤い顔でそっぽを向いた。

ポニテはベッドに座った体勢、ただし全裸で足をM字に開いた状態で拘束中である。手枷も付けて、腕も折り畳んだ状態から動かせなくした。ブラボー! 通販で買ったのだが、拘束グッズって便利。ネット時代万歳。

いい眺めである。一家に一台、肉オナホ。それも美女とくればポイント二倍。さらに巨乳で倍率ドン。まさにオナホになるための体と言ってよかった。

ポニテ「こんな格好させられるなんて……死にそう……え? なんですお兄さん、今度は何をするつもりなんですか? 私、こんなにされちゃって、身動きひとつ取れませんけど」

その割に脱がすときも枷するときも無抵抗だったけど……? 私にとっては楽でよかったが。ならいいか。いいな。

よかったので私は事を起こすことにした。
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/23(土) 01:19:26.95 ID:ee5rHZ2z0
ポニテ「はぁー……♡ はぁー……♡ んっ、んぅうっ♡♡ 子宮、ゆっくり揺れてぇ……んっ♡ 私、ホントにオナホみたい……♡」

私はポニテを膝に乗っけて対面座位の状態、ポニテの肩越しにテレビを見ていた。せっかくの肉オナホなのだから片手間に気持ちよくさせてもらおうと思っていたのだが、これがなかなかうまくいかない。

第一。ポニテが意外に身長があること。ポニテを抱えながらテレビを見たり、ご飯を食べたりするのは至難の業だった。ポニテの体が邪魔になるのだ。ポニテの体は気持ちいいのだが、私はセックスがしたいのではない。オナホ扱いしたいのである。

第二。ポニテが耳元で艶やかな声を出すこと。ポニテは結構実況系というか、私がそう言うふうに仕込んだので、つまり私が悪い。だって興奮するんだもの。

第三。私に堪え性がないこと。目の前に大好物がデンと置かれて、どうして喰らいつくのを我慢しなければならないのか。それが美味いことは重々承知の上なのに。

ポニテ「あっ!? あっ、そんないきなりっ、ぐぅっ♡♡ あ、奥ぅ、イイですっ、イイっ! いひっ♡ やぁ♡ お腹押さなっ、当たるとこわかるぅ、わかりますぅ! あ、あ、あっ♡ あぁん♡ あんっ、んンッッ♡♡ はぁ……んー……♡♡♡」

遠慮なく奥を突き壊すように腰を揺すってゴムの中に放精。射精しながらキスする瞬間の多幸感はいつになっても凄まじい。唯一、ポニテの自由になる舌を絡めつつ、私から一滴でも多くを搾り取ろうとする媚肉のわななきに身を委ねた。

永遠にポニテの中に己を埋めていたい欲望を振り切って、私は自分をポニテから引き抜いた。ローションとポニテの分泌物でテラテラ光るゴムを取り去って一息。

少し休憩しますか? と訊いてくるポニテに私は頷いた。だがポニテを休ませるつもりはなかった。ポニテは私の道具なのだから、私の休憩中も私を楽しませてくれなくては。

ポニテの顔が青くなったが、なに、まあ、頑張ってくれたまえ。私はローターとバイブを取り出した。抵抗できない相手に好き放題するのは実に愉快。

マスキングテープでローターを乳首とクリトリスに固定。私のサイズより一回り小さめのバイブにローションを垂らして膣に挿入し、ベルトで固定。口を完全に覆うタイプの口枷(内にボールギャグ付き)も咥えさせて、防音もバッチリ。

目隠しもしてスイッチオン。まずは『弱』で。ポニテが身悶えして低いうめき声を出しているのを放置。私は小腹が空いたので、私の部屋からなにか持ってきて食べよう。

以降、お菓子をつまみながら気紛れに強弱を変更したり、バイブを手で抜き差ししたりした。その度ポニテは敏感に反応して、これ、本当に人間がただの玩具だなあ。変な性癖に目覚めそう。

目隠しを外してみると涙で目を赤くして惚けていたので、バイブの代わりに、とうに復活していた私のモノを差し込んだ。度重なる刺激で中の肉が熱を持って、ローションと合わせてまさに蜜壺といった感じ。

これ明日になったら痛みに代わってたりするのかな、ポニテに悪いなぁ、なんて考えながら腰を抽送した。途中、思い付いて、ポニテの奥に亀頭を擦り付けながら、お腹の上から当たりをつけて子宮付近を電マで刺激してみると、

ポニテ「お”お”お”お”お”お”お”お”」

何かポニテが凄いことになったのでビビってやめた。目の焦点が合わないどころかほとんど白目剥いていたので。口枷しといてよかった……

外を見るとすっかり日暮れ。やり過ぎちゃった。シーツの上はポニテの体液やら何やらで、これが私の部屋でなくてよかったなと思った。ポニテの部屋でも良くないが。

さてと。この惨状をどうするか、そしてポニテが目覚めたらどう言い訳するか、私は頭を悩ませながら、とりあえず部屋の片付けに取り掛かった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/23 12:00より採用
(ポニテ解禁まで6回)
(ヤンキー解禁まで5回)
(桃髪サイド解禁まで4回)
(おさげお嬢様解禁まで3回)
(黒髪ツインテ解禁まで2回)
(おかっぱ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ヤンキー、剣道少女、留学生、オレンジショート、銀髪ロング、大家娘)

ポニテ『………ッ♡♡(失神中)』
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 12:00:52.12 ID:alhjdPKn0
大家娘
前回酔っぱらって絡んだことを謝り、お詫びとして手作りの夕食を作る
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 12:03:46.76 ID:ac0WZXlDO
何か悩んでいる大家娘からデートに誘われる
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 12:08:18.70 ID:+qdYefqWO
金髪ギャル
お手製のお昼を食べ昼寝をし、目を覚ますと目隠しに手足は縄で結ばれた状態。最近色んな雌の臭いがするから我慢できず他の娘を襲わないようにと不慣れな手付きで手コキされる。
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/27(水) 21:46:31.34 ID:+Typ+jWd0
>>339採用


大家娘「あ、あの……この前はどうもありがとうございました……お、お、お見苦しいところを、その……すみません……」

今日も今日とて日がな一日暇な私を訪ねてきたのは大家娘だった。大体の一人遊びはやり尽くしてしまった感がある。朝の新しい日課のジョギング(実質ウォーキング)を終えれば、平日である今日は日中遊ぶ相手もいなかった。

大家娘が訪ねてきたのはこの前、私が泥酔して帰ってきた大家娘を介抱した件だった。あの日からは何日か経っているが。内気そうなのによく勇気を出したものである。

大家娘「それでですね、その、も、もし、お時間よろろろ、ンンッ、お時間、よろしければ、ご飯でもいっしょに……お金は私が……」

是非。私は食い気味に言った。お礼ということは奢り! 昼代が浮く! 最近編集ソフトを買ったりで金遣いが荒くなっちゃっていたのでありがたい。遠慮なく奢られるとしよう。

私達は食事に向かった。

大家娘「ほ、本当にここでいいんですか? わ、私が出しますので、も、もうちょっと別のところでも……もしかして、お気遣いとか……」

ファミレスのなにがいけないのかね? 私はスパゲッティを箸で絡め取りながら言った。安くて量もそれなり、味もまあまあ。店にも入りやすくて店員への気遣いも最低限でよし。個人営業やお高い店ではこうはいかない。

だいたい、私のしたことなんて価値としてはこの程度が妥当だった。缶ジュース一本でもいいところを一食奢らせているのでむしろタカり過ぎとも言える。私も意地汚くなったものである。

大家娘「そうなんでしょうか……私、難しく考えすぎちゃってたのかな……」

そのとおりだった。大したことでもないのだ、顔を合わせた時にでも礼を言っておけばそれでよかったものを、食事なんかに誘うから奢らされる羽目になる。私としてはありがたいが。大家娘はもっと気楽に考えるべきだった。

大家娘はじっとうつむいてテーブルの上に目を落としている。変に叱るようなことを言ってしまったか。どうもこの頃説教臭くていけない。

ところで、と私は話題を変えた。お酒の話、大学院の話を振ると、大家娘はほんの少し微笑って、肩の力が抜けたようだった。和やかな食事。ファミレスだとカジュアル感が出て、私としても格式張らなくて良いので気が楽だった。

食事も終わり際、ふいに大家娘が黙り込んでしまった。デザートアイスを掬うスプーンの手を止めて考え込む様子。どうかしたのか、と訊くと、やや間を置いて、大家娘がガバっと顔を上げた。眼鏡の奥の垂れ目気味の瞳に決意の色。悪い予感。

大家娘「私、こんなに男の人と気楽にお話するの初めてで……中高も女子校で、大学に入って、男の子となんて全然、緊張しちゃって、上手く話せなくて。友達に合コンとかに連れて行かれても空気悪くしちゃうだけで、そんな自分が嫌になっちゃって……」

それで呑み過ぎてあんなことになっちゃったわけか。気持ちはわかるが昨今何かと危ない。正体を失っているところを襲われでもしたらどうするのだ。そう言う話よく聞くが。

大家娘「私なんかにそんなのする人いませんよ」

と大家娘は笑ってまるで取り合わないが、この娘、本当に男の事わかってないんだな……お友達がガッチリガードしてるんだろうなあ……合コン連れ出すのも、自分の目の届く範囲内で男に慣れさせようとしているのだろう。いい友達である。

大家娘「それでですね、もし、本当にもしよければなんですけど……また、私と、こういう風にお話してくれたらなって……も、もちろんお代は私が払いますので、どうか……」

何をそんなに卑屈になっているのか。そんなでは近い内に悪い大人に騙されるぞ。まったく。割り勘です割り勘。いやいやそんな、と恐縮する大家娘を押し切って割り勘を承知させた。会って話をする程度のことで奢られては私としても困る。ちゃんと普通の人付き合いをするべきだ。

次そんなこと言ったら私がお金全部出すからな、と脅すと、大家娘は、すみませんすみませんとひたすら小さくなっていた。勝った。

デザートも済んだので会計に。当然割り勘にした。

大家娘「……ん? あれ? さっきの会話、なにかおかしくありませんでした? 奢るとか奢られるとか……ねえ? お兄さん?」

なんのことだかわからないな。私は大家娘をいなしながらアパートに戻った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:30より採用
(大家娘解禁まで6回)
(ポニテ解禁まで5回)
(ヤンキー解禁まで4回)
(桃髪サイド解禁まで3回)
(おさげお嬢様解禁まで2回)
(黒髪ツインテ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、おかっぱ、剣道少女、留学生、オレンジショート、銀髪ロング)

大家娘『やった、男の人とこんなにお話できるなんて……! お兄さんもいい人そう。この前私を介抱してくれたのがお兄さんでよかったな』
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 21:51:23.77 ID:bbZnwshc0
おかっぱ
この前のことが忘れられないと夜中に裸コートで家に訪ねてくる。人気の無い場所でちょくちょく脱がせて露出プレイをさせてみる。
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 21:52:16.01 ID:bbZnwshc0
いっけね、時間見忘れてた。申し訳ない
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 22:31:17.69 ID:C6TvQyFDO
夜に泣いたおかっぱが家にやってきた
些細なことで親に激しく怒られ、今まで親の言うことに従ってきたのに1回のミスであそこまで怒られたことにショックを受けて飛び出してしまったらしい
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 22:31:55.53 ID:h00/+aWso
金髪ギャル
お手製のお昼を食べ昼寝をし、目を覚ますと目隠しに手足は縄で結ばれた状態。最近色んな雌の臭いがするから我慢できず他の娘を襲わないようにと不慣れな手付きで手コキされる。
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 22:33:38.21 ID:FGnbegrX0
おかっぱ
また一緒にお出かけしてくれないかと誘われるが、おかっぱは露出の高い服装であえて人通りの多いところを歩く
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/28(木) 01:21:07.20 ID:tOal2sRM0
>>345採用


その日の夜、おかっぱが家に来た。おかっぱは赤く腫らした目から涙をぽろぽろとこぼして、必死にしゃくりあげていた。

おかっぱ「おかあさっ、と、おとう……っ、わ、私、そんなじゃないのに、私、もう、どうしたらいいのか……」

小さな肩を不憫なほど震わせるおかっぱに私はひどく動揺した。とりあえずおかっぱを中に入れて落ち着かせて、詳しい話を聞かなければならない。おかっぱを泣かせた者に相応の報いをくれてやる。

おかっぱを座らせて、なにか温かい物でも、とインスタントのコーンスープを作ることにした。レンジで温めた牛乳を使うのが自己流。二つマグカップを用意して、一つをおかっぱに渡した。

おかっぱは両手でカップを持って口をつける。その手の小さなつくり。カップを傾ければ顔のほとんどが隠れてしまうほどおかっぱは小さい。この娘に酷いことをする者がいるとはとても許せなかった。

おかっぱ「……すみません。急に来て」

そんなことはよかった。おかっぱが私に申し訳ながることは何もなかった。おかっぱは落ち着いたのか、事のあらましを静かに語り始めた。

おかっぱ「夕食のとき、私が少しぼうっとしてしまって……そうしたら、お父さんとお母さんに叱られてしまって。最近気が抜けて、勉強とか、他のことにも全然身が入っていないって」

それはおかしい。この前の試験だって好成績だったのに。私がそう言うと、おかっぱはちょっぴり表情を緩めた。

おかっぱ「そう言ってくれるのはお兄さんだけです。……でも、たしかにお父さんたちの言うとおりなんです。今まで気にしてこなかったものが気になるようになって……おしゃれとか、お料理とか。お菓子作りも今まで好きだったけど、もっとレパートリーを増やしたいなって思うようにもなったり」

それを見透かされたのかな。おかっぱはそう言う。

おかっぱ「変に色気付かないで、今は勉強にだけ集中していろって怒られちゃいました。そのとき、私、自分でも不思議なくらい頭がかっとなって、気付いたらお兄さんのところに来ていました。……私、やっぱり変になっちゃったんでしょうか。今までこんな事なかったのに」

マグカップをテーブルに置いて、おかっぱは両手で顔を覆ってしまった。

おかっぱ「私、もうどうしたらいいのか……教えてくださいお兄さん……」

声に涙を滲ませておかっぱは私に言う。私は考える。私はおかっぱに何を言うべきだろうか。おかっぱは中学生だ。幼い体。幼い心。思春期の芽生え。異性に関心を持つのは当たり前のことだった。自惚れでなければ、その対象が私だったということ。それなら。

私は言う。もし仮に君のご両親が間違っていたらどうするのか。おかっぱが正しいのだとして、それで? おかっぱは中学生だ。どうしたってご両親の庇護下にある。世の中はそういう風にできている。さあ、どうする?

おかっぱ「……私は」

両手で顔を覆いながら、なおもうつむいておかっぱは小さく言う。

おかっぱ「お兄さんがいてくれたら、それだけでいいです。ほかになにもいらないです」

そうか、とつぶやいた私の声色の変化に気付いたのか、おかっぱが顔を上げた。目が合う。泣き腫らした瞼。可哀想な女の子だった。よりによって、縋る相手が私しかいないとは。

もし私が悪い大人だったらどうするんだ? 人の心の弱みに付け込んで好き放題する悪い人間だったら。

おかっぱ「お兄さんなら、私、何をされてもいいです。……それで私といっしょにいてくれるなら何でも」

精巧に造られた人形のような美しさでおかっぱは微笑んだ。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、2/28 18:00より採用
おかっぱコミュ続行でも構いませんし、他ヒロインコミュでも可です
もし行為に入るならプレイ内容も指定ください
※おかっぱは処女なのでそれなりの気遣いが必要です。気遣わない場合はそれなりに

もし他ヒロインを指定する場合は下記の指定制限があります
他ヒロイン指定の場合は、展開上の必要があればポニテが登場するかもしれません(おかっぱ達に手を出させない目的で性処理しているので)。ご了承ください
(おかっぱ解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(ヤンキー解禁まで3回)
(桃髪サイド解禁まで2回)
(おさげお嬢様解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女、留学生、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ)

おかっぱ『お兄さんがいてくれるなら他は何でもいいです……何もいりません』
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/28(木) 10:41:36.82 ID:c/+AT2IBO
おつ
身体に気をつけてな
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 18:00:23.07 ID:QNJpkzylO
おかっぱ続行
服を脱がせて全裸にした後、全身を楽しむように優しく愛撫・視姦する
触りやすい恥ずかしい姿勢を色々取るようにお願いして、自分の意思で体を捧げているように強く意識させる
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 18:00:36.98 ID:+tdIOeV60
おかっぱ
まずは愛撫をじっくり行い、彼女の体に快楽をじっくり教え込む
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 18:03:06.68 ID:q9AE9XkDO
おかっぱコミュ続行

おかっぱにディープキスや胸や性器の愛撫をしつつ、最初は手コキの仕方について教える
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 18:17:33.34 ID:v59dp0Eqo
既に埋まってた
コミュ続行はなるべくやってエロイベ行きたいね
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/28(木) 19:26:07.89 ID:AIoSphW+O
さすがのおかっぱ続行か…
半ば堕ちてるとはいえポニテがどう動くか気になるな
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 20:41:17.86 ID:QNJpkzylO
コンマ最低値の立場で言うのもなんだけど全部混ぜられそう
>>351が脱がしたり奉仕が時期尚早と思って「まずは」なら意図とずれるから駄目かな……
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/28(木) 21:55:39.00 ID:tOal2sRM0
22:10より投下します
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/28(木) 22:12:41.76 ID:tOal2sRM0
>>351採用


そういえばまだ言っていなかったことがあった。私はおかっぱに、自分が無職であることを明かした。求職もしていない社会の爪弾き者。少なくともまっとうな大人とは言い難い。

おかっぱ「いいです。そんなの。お兄さんはお兄さんです」

私は笑った。こっちにおいで、と手を差し出すと、おかっぱは素直に膝歩きで寄って私の手を取った。おかっぱの表情は平静のまま、私の言いなりだった。

おかっぱの腕を引いて体を抱き締める。小さな体躯は背に回した腕が余ってしまうほど。部屋着のまま飛び出してきたのかおかっぱは随分と薄着で、服越しに子供特有の高い体温が伝わってくる。

おかっぱは私になされるがまま抵抗らしい抵抗を見せない。呼吸も落ち着いて、私を拒む気配はなかった。

これから私が君に何をするかわかっているね? 私が言うと、おかっぱは、はい、とうなずいた。私はおかっぱの顎を支えて顔を上げさせて、そっと唇を重ねた。唇を触れ合わせるだけのキス。

馬鹿な娘だった。私なんかと一緒にいるために自分の体を対価にしようとは。自分の価値をわかっていない愚かな子供。この娘はきっと将来後悔するだろう。自分の手で自分の人生を毀損したのだ、この娘は。

望むようにしてやればいい、と脳裏に暗い声。どうせ先は短い。同じ破滅するなら、この娘の若く瑞々しい性を搾り取るだけ搾り取ってしまえ。それがこの無垢で哀れな娘の望みなのだ!

おかっぱ「……は……っ、あッ」

唇を離して、放心して私を見上げているおかっぱを抱えて、私はベッドに腰掛けた。おかっぱを膝の上に跨がらせて向かい合わせ、目の位置はわずかに私のほうがまだ高い。至近で目を合わせてもおかっぱに緊張している様子がないのは少し意外だった。

さて。とりあえず、と私はもう一度おかっぱにキス。鳥の求愛のようにつんつんと唇を触れては離すのを繰り返す。おかっぱの腰に手を回して姿勢を支えて、もう片方の手でおかっぱの手を握る。手指を絡めたり、指に間をなぞったり。

キスの連続中、おかっぱをぐいっと抱き寄せて密着。おかっぱを上向かせて唇をついばんで、おかっぱの全身で私という男の体を意識させる。キスをやめたときには、おかっぱは顔をぽうっと上気させて私を見つめていた。

それじゃあ、服、脱いでくれる? と訊くと、おかっぱははじめて羞恥する様子を見せたが、私の言うまま上の服を脱いだ。服の下にあったのは単色のスポーツブラ、細っこい未成熟な肢体。

おかっぱ「わ、私、全然大きくならなくて……恥ずかしい…」

私は答えず、顔を隠すおかっぱの胸中央からお腹にかけてをスポーツブラの上から撫で下ろす。身を固くするおかっぱ、しかし私はそのまま脇腹に移行。骨の凹凸がわかるほど薄い肉付きは、少しでも力を入れて掴めば簡単に壊れてしまいそう。

私は少し考えたが、直截に訊くことにした。おかっぱは普段、こうして自分の体を触ることはあるのか。

目をパチクリさせるおかっぱだが、私は真剣だった。これは大事なことなんだ。おかっぱはいつも、どういう風に自分の体を触る?

おかっぱの顔が急激に赤くなった。首元まで桜色に染めて、あうあうと目を彷徨わせるが、私が真剣なのを悟ってか、おかっぱは観念したように目をぎゅっと瞑って答えた。

おかっぱ「体はあんまり……ただ、その、お、お股に手をはさ、挟んで、ぎゅってしたり、とか、です」

つまり上半身はほぼ未開発。下も、部位としてはクリトリスへの圧迫刺激だろうか。それも間接的。

ポニテの如きなんちゃって処女ではない、マジものの処女だった。これは責任重大である。ちゃんと一から手解きしてやらなければ、最悪、痛みばかりが先行して性嫌悪になってしまいかねない。

よしやるぞ、と気合を入れ直したところで、おかっぱが不安げにこちらを見ているのに気がついた。オナニー告白させて放置してしまった。反省がてら、おかっぱに口付けて、なんでもないと安心させる。

それではキスから入ろうか。私は舌を挿れるから噛まないようにおかっぱに注意。おかっぱはこっくりとうなずいて、顎を上げて待機の姿勢。私はおかっぱの後頭部を支えて唇を重ねて、舌先でまずは歯の前面をノックした。

おかっぱ「あ、……ふぁ、ん、ちゅっ、……ん」

ぞりぞりと唾液を塗り込むように歯列をなぞる。途中、口腔内で右往左往していたおかっぱの舌を捉えて絡め取ったり、甘く吸ったりして刺激を積み重ねる。吸い出したおかっぱの舌をこちらの唇でさらに吸うと、淫靡な水音が頭に響いた。

おかっぱを解放したときにはおかっぱの表情はすっかり蕩けていた。私の舌の責めを受け入れる一方のおかっぱは首まで唾液で濡らしているのでティッシュで拭いてやる。子供の面倒を見てやっているようで何ともいえない気分。
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/02/28(木) 22:14:41.49 ID:tOal2sRM0
私はおかっぱをベッドに横たわらせて、今度は優しくキスをしながら、おもむろにおかっぱの胸に手をやった。ほんの一瞬息を呑むおかっぱの頬を撫でながら、ブラの上からゆっくりと胸を揉む。……サイズ的に揉むというか、ぐにぐにと面で力を加えるイメージ。

おかっぱ「……ごめんなさい。つまらないですよね、私のなんて」

そんなことはない。私は強く否定した。おっぱいに貴賤はないのだ。大きいのは大きいなりに、小さいのは小さいなりにそれぞれ味わい深い。そこに上下はないのだ。あとは個々人のフェチによるだけのこと。

だがおかっぱの場合は少し肉がないのが気になる。興奮よりも先に心配になるのでもっとしっかりご飯を食べてほしいところ。

おかっぱの表情が緩んで、はい、とうなずいた。ん、と顎を上げるのはキスの催促か。私がそう言うと、やっぱり照れた顔をするのが可愛らしい。

今やブラの中に手を入れているのだが、おかっぱ、乳首もあまり発達しておらず、固くなってもどことなく小さい。それでも人差し指でトントンとするたび、ふ、と小さく息を口の端から漏らしていた。

絶頂させようとは考えない。はじめから胸だけでイけるわけもない。触るとなんとなく気持ちいい、位で上出来である。ここまではいい感じ。

それでは本題に入ろう。私は手を下に降ろしていく。おかっぱにしては珍しいショート丈のパンツは部屋着故か。私はおかっぱに下を脱がせてもいいか訊く。至近から私を見上げるおかっぱは、そう訊いても今では強張りもしない。

おかっぱ「はい。私の全部、見てください」

そのとおりにした。ブラも脱がせて、おかっぱは今、何も身に着けていない姿を私に晒していた。感想。背徳感……! 上半身だけでなく、全体に肉付きが薄い。ここに私のを挿れるのか? 挿れていいのか? 壊れない? という感じ。

私は下を触ると宣言。覚悟を決めた顔でうなずきを寄越すおかっぱに私も首肯を返して、とりあえず陰唇を外から触ってみる。産毛しか生えていないそこは、筋をなぞっても中に指が入るビジョンが一切湧かない。

私は思案。ローションで指に潤滑を加えればどうか。実践。ローションを馴染ませるように丹念に解しをいれる。陰核にも手を出してみたが、

おかっぱ「ん……!」

とおかっぱが明らかに身を竦ませるので、いささか直接刺激には時期尚早といったところ。キスの傍ら、性器外部を馴らして、時折首や耳にキスしたり、上半身の愛撫を差し込んで。その内に、ほんの僅かだけ、陰唇の隙間に指が沈むようになった。

上々の成果に満足。長時間の刺激におかっぱは霞がかった瞳で、

おかっぱ「もう終わりですか……? ん……♡ あの人達みたいに、……っ♡ 私の中に、挿れるんじゃ……?」

そうしたいのは山々なのだが、と私はズボンとパンツを下ろす。ぶるんと空を切ったのは我が逸物、凶悪に反り返って高々と天を衝いている。

私の、こんななんだけど、おかっぱの中に入るかな。より具体的に言うと、と私は正常位の体勢で、おかっぱのお腹の上にペニスを乗せる。ここまで届くわけだけど。太さもこれだけあるので、指も入らないでは挿入は難しい。

実際の大きさを体感させるためにおかっぱに触らせてみる。おかっぱの小さな手がにぎにぎと私のモノを行き来して、

おかっぱ「わ……これが、私に……お兄さんと……わぁー……♡」

怯えというよりは期待? 的な反応を見せるおかっぱ。これはちょっと予想外。さすがにビビると思ったんだけど……この娘すごいな……

まあそういうわけで、と私はおかっぱから身を起こす。このまま射精してぶっかけるとお風呂に入れてあげることになって、そうするとおかっぱの親に流石に怪しまれてしまう。と思う。もしかしたら気にしないかもしれないが、注意はしておこう。

これからしっかり馴らしていって、セックスできるように頑張りましょう。おかっぱは表情を引き締めて、

おかっぱ「はい、お兄さん。頑張ります」

おかっぱは素直で可愛いなあ! 可愛さ余ったのでもう一度だけキスをしておいた。服を着たおかっぱ(あんまり薄着なので外を歩かせたくないが、こればかりは仕方がない)が、

おかっぱ「あの……自分でも頑張って、練習してみます」

今日はありがとうございました、おやすみなさい、と帰っていった。……『自分でも頑張る』? どういう宣言なのだ? わからないが、自主練はいいことなのでたぶんいいことなのだろう。


おかっぱコミュは終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:40より採用
(おかっぱ解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(ヤンキー解禁まで3回)
(桃髪サイド解禁まで2回)
(おさげお嬢様解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女、留学生、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ)

おかっぱ『体触られるってこんなに気持ちいいんだ……♡ 少しでも早くお兄さんといっしょになれるように、自分でも頑張ろう……♪』
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 23:05:17.81 ID:v59dp0Eqo
金髪ギャル
お手製のお昼を食べ昼寝をし、目を覚ますと目隠しに手足は縄で結ばれた状態。最近色んな雌の臭いがするから我慢できず他の娘を襲わないようにと不慣れな手付きで手コキされる。
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 23:31:50.62 ID:R/IAmBN/0
剣道少女
夕方、幼馴染の恋人と仲良く歩いているところに遭遇
幼馴染の彼は爽やか野球少年で、子供の頃から剣道少女と共に全国目指して頑張ってきたとのこと
というか甲子園のマウンドで見たことあるぞぉこいつ!?
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 23:49:16.17 ID:0VJ3aID/O
【年齢・属性】中学1年生 孤児 ロシア少女
【身長】143
【髪型】銀髪ロング カチューシャ
【容姿・身体的特徴】細身でちっぱい ミニスカピチピチセーラー服 ニーハイ装着 無表情 身体能力は意外と強い
【男性経験】無し
【恋人】無し
【性格】クールに振る舞う素直で寂しがり屋で無邪気っ娘
懐くと子犬のようになる怖いもの知らずなカタコトタメ口少女

駄菓子屋で大人買いをして公園ベンチで消費していると物欲しそうな視線を受ける。とりあえずお裾分けすると美味しそうに食べるのでどんどん餌付け。
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/09(土) 04:26:13.02 ID:NqL0+eXy0
>>359採用、バッドエンドです


はじめに感じたのは強烈な酩酊感。頭に重く張り付くような眩暈を認識して、私ははじめて自分が覚醒していることに気が付いた。吐き気に近い不快感が胃の底に滞留している。

寝返りを打とうとして、できなかった。手と足に拘束感。自由に手足が動かないのが不思議だったが、それならそれでどうでもよかった。今はただ休みたい……

声「おーい、起きましたかぁー?」

高い声――聞き覚えのある少女の声がしたが、私は返事をしなかった。目を開けるのも声を出すのもひどく億劫だった。

声「あ、また寝ようとしてる、もう、寝ぼすけさんですねぇ。ほら、起きてくださいよぉ」

肩を掴まれてグラグラ揺らされる。もうなんだよ気分が悪いんだよ、今は寝させてくれよ、と私は言ったつもりだったが、実際に口から出たのは呻くような声で、まるで言葉の体をなしていなかった。

仕方なしに目を開けようとしたが、顔を何かで覆われて目を開けることも出来ない。声――金髪ギャルだと不意に得心した――は言う。

金髪ギャル「やぁーっと起きた。クスリ入れ過ぎちゃったかな……? まあいいです、おはようございます、お兄さん? 今どういう状況かわかりますか?」

はいおはようと挨拶を返す。朦朧とした意識の中、金髪ギャルの声が私の頭を素通りしていく。

金髪ギャル「うーん、まだ頭はっきりしてないみたいですねぇ。今ですね、お兄さん、ベッドに手足括りつけられてるんですよ。全然動かないでしょー?」

ああ、それでなぁ……まあそういうこともあるよね……

金髪ギャル「なんでこーゆーことになったのかわかりますぅ?」

ぎゅむ、とソコが掴まれた。急所への直接刺激。倦怠感が重く圧し掛かる四肢、腰から下がスースーしていて、私は自分が下を脱がされているのを理解した。

理解。ん? 急速に脳内が回転する。ベッド。大の字に手足を拘束されている。目隠し。下半身裸。金髪ギャルに股間を掴まれている。……これはどういうこと?

金髪ギャル「お兄さんがあんまり家に来るなって言うから、仕方なくカメラ置いて様子をうかがってたんですけどぉ……お兄さん、いろんな女の子に手、出しすぎですよね? だらしないのはいけませんよぉ?」

うちで飼ってる子――レトリーバーなんですけど――うちの子もそうだったんですけどね、と平静どおりの金髪ギャルの声。

金髪ギャル「散歩に行って、雌を見かけたら誰彼構わず腰振るようになっちゃって。これじゃあ駄目だよねって、家族で相談して、去勢することにしたんです。今までは可哀想だからってしてこなかったんですけど、他人様に迷惑かけるんじゃ仕方ないですよねー」

まあそうかもしれない。しかし金髪ギャルの犬と今の私にどんな関係が? カメラ? いろんな子? ああ、駄目だ、頭がうまく働かない。

金髪ギャル「ですから、ね。他人様に迷惑かけちゃいけないので、私が責任を持ってやってあげますから」

なんか知らないがよろしく。そう言った途端、とてつもない激痛が股間に走って私は昏倒した。


〈去勢エンド〉
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/09(土) 04:34:27.61 ID:NqL0+eXy0
誰が犬畜生風情の性処理を手ずからしてやるのかってことでバッドエンドです
(他の女との関係を知っている→監視カメラ)+四肢拘束の病みっぷりだと去勢以外考えられない
まずは人扱いに昇格しましょう

>>358より再安価
↓1〜3高コンマ、3/9 12:00より採用
(おかっぱ解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(ヤンキー解禁まで3回)
(桃髪サイド解禁まで2回)
(おさげお嬢様解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女、留学生、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ)

※金髪ギャルも指定可です
※たとえば>>361とかだと僕の手に負える気がしないのでかなりアレンジを加えることになると思いますのでご了承ください
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/09(土) 12:33:12.28 ID:ph4vC6q1O
剣道少女と金髪ギャル
張り切りが妙な方向に向いてしまった剣道少女が金髪ギャルを連れてきて三者面談状態に
興奮した剣道少女は保護者ヅラで上から目線の説教口調になってしまい金髪ギャルは内心イライラ
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2019/03/09(土) 12:37:03.14 ID:QDA3jZ7zo
どんくらい修正するのかな
【年齢・属性】中学1年生 孤児 ロシア少女
【身長】143
【髪型】銀髪ロング カチューシャ
【容姿・身体的特徴】細身でちっぱい ミニスカピチピチセーラー服 ニーハイ装着 無表情 身体能力は意外と強い
【男性経験】無し
【恋人】無し
【性格】クールに振る舞う素直で寂しがり屋で無邪気っ娘
懐くと子犬のようになる怖いもの知らずなカタコトタメ口少女

駄菓子屋で大人買いをして公園ベンチで消費していると物欲しそうな視線を受ける。とりあえずお裾分けすると美味しそうに食べるのでどんどん餌付け。
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 12:46:40.96 ID:jBA0gUWGO
剣道少女と金髪ギャル
夕方、部活帰りで剣道少女の幼なじみ&恋人とあわせて三人で歩いているところに遭遇
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/15(金) 07:11:58.98 ID:pOCqGhHs0
>>366採用


剣道少女「あっ、お兄さん! こんにちは!」

夕暮れを背に、ぱっと顔を輝かせて駆け寄ってきたのは剣道少女だった。白と紺を基調としたセーラー服は禁欲的である一方、袖やスカートから伸びる健康的な手脚はすらりとしていながら確かな存在感を放つ肉付き。この年代特有の、爽やかな若々しい精神性と肉感的な妖しさが同居したアンバランスな危うさに一瞬、当てられそうになって、ほんの少し目を逸らせた。

とくに理由なく夕方の散歩に出かければこれだ。剣道少女は制服、となれば学校帰りだろうか、授業終わりにしては遅いが部活終わりにはいささか早い時間帯。剣道少女の後ろには男女が一組、こちらを伺っていた。

剣道少女「はい、私、剣道部なんですが、顧問の先生の事情で今日は少し早めに……なので、今日は友人らが待ってくれて一緒に帰っているんです」

二人とも幼馴染なんです、と剣道少女。ふうん、と一瞥すると、二人とも頭を下げてきたが、私に寄越すのは怪訝そうな視線である。

突然素性の知れない男が小さい頃からのコミュニティに入ってくれば警戒も当然か、と私は二人に目を向ける。そのうちの男の子の方は、高校生の男子にしては可愛らしい顔立ち、長めの髪で、身長も険道少女と同じかそれ以下だろうか。

それが、警戒の中に薄っすらと敵意を混ぜて私を見ている。女の子の方はそんな男子をちらっと見てうつむき気味。笑顔なのは剣道少女だけで、幼馴染と呼んだ二人を私に紹介してくる。

これは相手が悪いなぁと、私は内心、幼馴染の女の子に同情した。見目も良くて、溌溂と明るくて礼儀正しく、部活にも打ち込んでて? 異性の幼馴染として剣道少女以上の娘もおるまい。

いっそ無警戒なくらい人好きのする笑顔の剣道少女に、随分と仲がいいんだね、とありありと含みを持たせて言うと、剣道少女は夕陽に負けないほど赤面した。

剣道少女「……わかりますか? 実は、私とあの子は、その……付き合ってて……」

この娘が彼氏持ちだったとは。人は見かけによらないというか、高校生ならむしろ交際は健全なのだから、むしろ私が失礼である。剣道少女があんまり清潔なイメージで女を感じさせないのでつい。

お幸せに、と祝福すると、剣道少女は嬉しそうに頬を染めたが、男の子は少し頭を下げて、高めの声でどうもと言うだけ。どことなく温度差を感じるのは気のせいだろうか? 単に見知らぬ男に祝福されても嬉しくないだけかもしれない。

それにしても、剣道少女も大概童顔だが、この男の子もかなり幼く見える。長い前髪のせいかな? 背丈だけでなく細っこい腕、スラックスもダボつき気味である。つまり同年代疑似おねショタ……! なんて尊いの……お似合いの二人だわ……

剣道少女「……? はい、ありがとうございます!」

二人の良い将来を願いながら剣道少女と別れた。もうひとりの女の子には別の恋を頑張ってほしいところ。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、3/15 18:00より採用
(剣道少女解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(ヤンキー解禁まで2回)
(桃髪サイド解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、留学生、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

剣道少女『お兄さんいい人だなぁ……彼はいい顔しないけど。付き合ってるんだから彼が一番に決まってるのにね。告白してくれたとき嬉しかったし』
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/15(金) 07:20:17.24 ID:pOCqGhHs0
でもこの娘恋人にエッチさせてあげてないんだよなあ……彼氏をあの子呼びしちゃってさあ……
ざっくりモブに触れとくと、恋人くんも幼馴染ちゃんも剣道少女に劣等感持ちです、勝てないとか釣り合わないとかそんなので
高校生らしい付き合いってことで恋人くんはキスも許されてるのかなーどうかなー、かわいそうですねー
そこに横恋慕系幼馴染ちゃんがいるとなると加熱した三角関係は危険な領域へと突入する……? 系のアレです
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/15(金) 07:24:11.76 ID:pOCqGhHs0
剣道少女の【恋人】欄を更新します

剣道少女
【年齢・属性】高校2年、金髪ギャルの近所のお姉さん(姉じゃない)
金髪ギャルを妹のように思っている
金髪ギャルの親友であるオレンジショート、桃髪サイドのことは性格上、快く思っていない
【身長】158
【髪型】黒のセミロング(運動時はまとめている)
【容姿・身体的特徴】実年齢より幼く見える、やや童顔。隠れ巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いる(幼馴染。ラブラブ)
恋人くんは同年代ショタ枠、恋人くんに横恋慕している幼馴染あり(三人とも長い付き合いで、二人とも剣道少女に劣等感持ち)←New!
【性格】元気で一途な剣道少女。根はしっかりものの頑張り屋
【備考】一度仲良くなった相手はどんな事があっても見捨てない。普通にいい子。だけどそういう清純な子を悪い道に引きずり込んで葛藤してる様を眺めるのって楽しいよね?

という感じで
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/15(金) 10:11:54.16 ID:EAI5nD9FO
高校生ならAやB止まりなのは健全なのでは?(童帝並み感)

登場ヒロインは複数キャラ可です、ただし一度の安価で指定できるのは一人までです
>>97
>「新キャラ登場安価でキャラシ採用は一レスにつき一人まで」と書きたかった

だから>>366の剣道少女と金髪ギャルの指定はOKだと思ってたけど、複数指定はNG扱いでOK?(理解不足ですみません)
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/15(金) 11:56:06.33 ID:pOCqGhHs0
>>370
(やっべ安価内容ミスった……)
複数指定ありですが金髪ギャルを見落としちゃった
今度金髪ギャルが出たら補正掛けます、それで勘弁ください
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/15(金) 12:05:09.47 ID:AvFzAp/UO
了解です、回答ありがとうございます

三人の内の一人が金髪ギャルなのか、モブ幼なじみかで結構状況変わりそうだけど、そこはご愛嬌ということで
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/15(金) 19:06:04.60 ID:WvnqR2XoO
金髪ギャル
いつも通り遊びに来たがどこか不機嫌
剣道少女からお説教を受けて喧嘩したらしいが…
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/15(金) 19:16:11.67 ID:LkC96zmfO
留学生
なにやらホームセンターで興味津々で色々見て回ってるところに遭遇

剣道少女と金髪ギャルと剣道少女の彼氏だったら、どんな展開だったんだろ
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2019/03/15(金) 19:28:12.25 ID:wQPHbhTOo
【年齢・属性】中学1年生 孤児 ロシア少女
【身長】143
【髪型】銀髪ロング カチューシャ
【容姿・身体的特徴】細身でちっぱい ミニスカピチピチセーラー服 ニーハイ装着 無表情 身体能力は意外と強い
【男性経験】無し
【恋人】無し
【性格】クールに振る舞う素直で寂しがり屋で無邪気っ娘
懐くと子犬のようになる怖いもの知らずなカタコトタメ口少女

駄菓子屋で大人買いをして公園ベンチで消費していると物欲しそうな視線を受ける。とりあえずお裾分けすると美味しそうに食べるのでどんどん餌付け。
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/16(土) 05:29:02.40 ID:Ytf4AQzo0
>>374採用


休日、私はホームセンターに来ていた。サイクルフェアのチラシが投函されていたのである。今までは必要のなかった自転車だが、今後、ちょっとした遠出に必要かもしれない。買い物にも使えるし。

それにしてもホームセンターは久々である。それなりに広い店内にワクワクした気持ちが抑えきれない。他にもなにか買おうかな、なんて思っていたら、

留学生「……」

真剣な表情で店の商品と睨めっこしている留学生に遭遇した。留学生は私に気が付くと、オー、と目を丸くして、

留学生「What a coincidence! アー、キグー? です? 合ってますカ?」

合ってる合ってると褒めると、留学生は小さく数度頷いて手応えを掴んでいる様子。しかし奇遇なんて言葉を使うとは留学生の日本語スキルもなかなか高い。

留学生「ンー、教本ではソーでしたヨ? フツーと違うです?」

むしろ凄いことである。留学生の語学学習の成果だろう、金髪ギャルたちではこうはいくまい、あいつらあんまり勉強してなさそうだし本も読まなさそうだし(偏見)。そう言うと、留学生の表情が微細に変化した。困ったような、くすぐったいようなごくごく小さな微笑み。

私は意識して呼吸を一つ置く。留学生はホームセンターに何を買いに来たのだろうか。棚に陳列されているのは雑貨類だが、まさか中学生の女の子がホームセンターで雑貨は買うまい。

留学生はコテンと首を傾ける。

留学生「ンー、Americaではよく家族と行ってましタ。My DadはよくDIY、アー……ア、DIY the meaning is OK? だったのデ、Japanese DIY store、日本語ではhome center? some complicated……アー、日本はドーかなと」

日本のは何でも小さいデスねと留学生。それはアメリカサイズと比べればね。(ちなみにhome centerは家の修繕・改築用品を扱う店舗を指すのだとか。和製英語ってややこしい)

留学生「ンー、それにno guns for sale、ドコにも売ってませんネ? 日本はヘイワですネー、ちょっと落ち着きまセンです。残念? デスねー」

それはアメリカと比べればね! ……残念? その用法合ってる……? 気にはなったが、留学生はごくごく当然のことを言ったみたいな顔。私は深く突っ込まなかった。アメリカってホームセンターで銃売ってるの……? 怖いんだけど……

ともあれ私も買い物を済ませなければ。私が自転車を買いに来たと言うと、留学生は、

留学生「ジテンシャ? アー、bycycle? Oh――」

と妙な反応。なんと留学生は自転車に乗ったことがないのだとか。まあアメリカなら移動は車だろうしそういうこともあるのかも。

ここらへんは駅にも近いし、公共交通網もそれなりに整備されているので自転車は必須ではない。アメリカに戻っても乗る必要がないのだから、留学生が自転車の練習をすべき理由はなかった。

だがこっちで友達と出掛けたりするなら、自転車に乗れるに越したことはない。神社仏閣巡りにも便利だし。それにどうせ無職はいつだって暇で死にそうになっているのだ。

私が、もしよければ自転車の練習に付き合うと提案すると、留学生は殊の外喜んでくれた。

留学生「ガッコーにもジテンシャで来る人もいて、ちょっと、憧れ? ありましたネー、感謝デス」

その子チャリ通で先生に怒られてない……? 自転車通学はダメだよと止めておいたが、留学生はわかったのかわかってないんだか。いいけど。薄い反応がね……いちいちかわいいの……

そんなこんなで安めの自転車をいっしょに見繕った。謎のサボテンストラップを貰ったので留学生にあげた。サングラス掛けてギター持って、ってこういう花の玩具どっかで見たことあるような……いくらオリジナルキャラっていってもさあ……

ついでに自転車の練習用に留学生と連絡先を交換して別れた。空白に近い未来が予定で埋まるのはいいことだ。少なくとも今はそう思う。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、3/16 12:00より採用
(留学生解禁まで6回)
(剣道少女解禁まで5回)
(おかっぱ解禁まで4回)
(大家娘解禁まで3回)
(ポニテ解禁まで2回)
(ヤンキー解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

留学生『ンー♪ ジテンシャでnearby Japanese cultural spotsに行くのもイイですネ! Hm〜〜♪』
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/16(土) 06:08:29.74 ID:Ytf4AQzo0
補足
>>375のロシア少女だけどちょっとキャラ背景濃すぎるので……
たぶん中二病要素を加えることになると思います
孤児→養親に引き取られて愛されて育つも中二病発症して外では孤独を気取るように(家の中では養親にすごく甘えています)
実の両親はどちらもロシア人ですが日本で生まれ育ってロシアに行ったことないです
カタコトはキャラ付け。ロシア語はちょっと勉強してみたけど即投げしたので一切話せませんし書けません(これは僕の都合もあるけど)
見た目は完璧にクールなんだけど突付くとすぐボロがでるような感じで

(だいたい中学生がセーラー服ミニスカニーハイとか可愛い娘でもイタいし……)
(エロ目的ならともかくねえ……)
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/16(土) 12:07:56.51 ID:PMB56daOO
金髪ギャル
オレンジショート、桃髪サイドと遊びにくる
剣道少女と男に対する話で喧嘩したらしく不機嫌気味に不満をこぼしながら連れてきた二人に色々話を振るが
男とトラブルを起こした二人はどこか上の空
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 12:17:59.35 ID:A7K7mbaFO
金髪ギャル
遊びに来たと言ってきて、持参したお茶とお菓子を男と一緒に飲みながら、楽しそうにお姉ちゃんのような剣道少女と、お兄ちゃんのような剣道少女の恋人の自慢話を始める
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/16(土) 22:42:36.88 ID:tSOBw+OuO
桃髪サイド
一人で押し掛けてきてこの前来たときに何があったのか問い詰めてくる
しかし事態が事態なことから言葉に恐れが混ざっており若干しどろもどろ
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/17(日) 06:23:22.13 ID:szwRLtoH0
>>380採用


アパートに戻ると、桃髪サイドが家の玄関前に座り込んでいるのが遠目に見えた。私は踵を返した。

桃髪サイド「あっ、ちょっと! ドコ行くつもり!?」

私を見つけた桃髪サイドがカンカンとけたたましい音を立てて階段を下りてきた。ずんずんと近づいてくる桃髪サイド、険しい顔は凄みすらあって、私は思わず気圧されてしまった。

桃髪サイド「もうっ、鍵変えてるから中で待てなかったじゃんっ! 前もだけど、私待たせてドコほっつき歩いてんの? バカじゃないの?」

いやそれ合鍵……と抗弁を試みる私。だったら何よと見返してくる桃髪サイド。眼力がすごい……! でも私間違ってないもの、そんな目で見たって理不尽に屈する私ではないぞ……!

いいから早く開けなさいよ、とアパートを顎でしゃくる桃髪サイドの仕草があまりにも堂に入っていて、私は言葉を失う。桃髪サイドの頭の高さは私の肩ほどもないくらい小さな体に、この威圧感はどうしたことか。

その年齢で命令慣れしてるとか何者だよ、と敗北感があった。こう、なんというか、格付けに負けたというか……こういう時に強気に言い返せないのが私の弱点だな……

私は観念して、敗北者らしく諾々と玄関を開けて桃髪サイドを招き入れた。

桃髪サイド「この写真どういうこと? アンタがこの前撮ったんでしょ? マジキモイんだけどこういうの。どういうつもりなの」

私の部屋に這入って早々、手にしたスマホを私に突き付けてくる桃髪サイド。画面に映し出されているのは、この前撮った、桃髪サイドの事後写真(偽)。

桃髪サイド「この前でしょ、私が寝てるのをいいことに……これ犯罪だからね、私が通報したらアンタ一瞬で――って、なに笑ってんの? 頭おかしいの?」

まあまあそうカッカしないで、と私は桃髪サイドを部屋の中に通した。桃髪サイドを座布団に座らせながら、私は饗応に湯をケトルで沸かす。インスタントで悪いが、とコーヒーを桃髪サイドに差し出した。

砂糖、と短く言い付ける桃髪サイドに角砂糖の瓶を渡して、私も座卓につく。桃髪サイドよりも一つ多く角砂糖を入れて、ミルクも加えたコーヒーを悠然と啜る。

で? と私は桃髪サイドに訊く。今の写真はなに? 私は身に覚えがないが。

桃髪サイド「なに白ばっくれてんの? この布団も壁紙もここのでしょ、言い逃れ出来るとでも――」

似た家もあったものだね、と私は余裕を崩さない。なるほどよく似ているが、私はやっていない。第一、私の犯行だとして、それを君のスマホに残してどうする? 私の何の得があると?

一瞬、桃髪サイドの目が泳いだ。

桃髪サイド「……はァ? そんなの私が知るわけないじゃん? 無職のキモジジイのやることとかさぁー、マジキモイんだけどホント」

オッサン呼ばわりされることは多々あるがジジイ呼びは初だった。その後も桃髪サイドの口から出てくるのは私を貶める言葉ばかり。桃髪サイドは、私が写真を撮ったのだとハナから決めて掛かっていた。

謎の感動があるのは、こんな人間が現実に存在していることだった。他人を面罵するのに一切の躊躇いがない。おそらく、桃髪サイドはそれがいけないことだとは微塵も考えていない。自分に与えられた当然の権利のように他人を傷つける言葉の刃を振るって、恬として恥じない人間。

何様のつもりなのか。
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/17(日) 06:23:50.49 ID:szwRLtoH0
それで、と私は桃髪サイドの言葉を遮った。座卓の上に猫背に頬杖をついて、やっと普通に座る桃髪サイドと目線が合った。桃髪サイドはどうして私の家に来たのか? 私がその写真を撮ったと本気で思っているのなら、さっさと親なり警察なり、好きに届け出ればいいだろうに。

桃髪サイド「そんなのできるわけ……!」

どうして? 君は体を汚されたんだろう? 一大事じゃないか、早く誰かに相談して私を捕まえてもらわないと。

桃髪サイドは初めて言葉をつまらせた。余裕のない表情。桃髪サイドは追い詰められている。私が思っていた以上に。

なぜか? 私にはその答えがわかっていた。桃髪サイドがいみじくも繰り返していた言葉。

『キモイ』じゃなくて、気味が悪いんだろう? 私が眠っている君に悪戯したとして、その証拠写真が自分のスマホに残っていることの意味がわからなくて、本当に恐ろしいんだろう?

そんな写真の使い所は一つしかない。『この写真をばら撒かれたくなければ言うことを聞け』、つまり君を脅すためのものだ。私が首謀者だとすれば脅迫主は私であるはず。だが君には何もなかった。私もあれ以来、君とは何の接触もしていない。

私の言葉を聞く桃髪サイドの顔は強張っていた。その顔に浮かぶのは嫌悪とも怯えともつかない表情。私はカップの残りを飲み干して続ける。

私が何を考えているのかわからない、だからこれから私が何をしでかすかもわからない。何よりも私がやったという決定的な証拠がない。君が持っているのはその写真だけだ。写真に写っているゴムは? 君の肌に付着している白い液体は今も残っているのかな? 君が親に警察に相談したとして、私は本当に逮捕されるのか? 証拠もないのに?

桃髪サイド「わ、私の親、議員で、ケーサツとも……」

私は笑いを堪えきられなかった。君の親が警察上層部と懇意にしているとして、それで? 警察が事情聴取に来たとして、私は知らないと答えるだろう。それで話は終いだ。なぜなら私は何もしていないから。そんな事は君にだってわかっているんじゃないか?

だが、写真は確かに存在する。君にとって醜聞でしかない写真だけが君の手元に残り続ける。

私は薄っすらと冷笑した。そもそも、私に君の親御さんの御威光が通じるとでも? 社会的立場のある人間ならともかく、無職の、貯金も残り少ないこの私に? それで私が何を失うと?

ひ、と息を呑む桃髪サイドに、私は優しく言う。もう一度、訊いてあげようか。君はどうして私の家に来たのかな? その写真を撮ったに違いないと君が思い込んでいる私の家に、一人で。君には、誰にも知られずに、私に訊かなければならないことがあるのではないか?

桃髪サイド「……本当に、アンタじゃないの……? でもそんなわけない……アンタしか……」

その質問に私は、私じゃない、と答える。実際は私のしたことだとしてもね。私は眠っている君に悪戯なんてしていないし、別の媒体にデータを保存なんてしていないし、何かの拍子に、何の目的もなく、その写真や、それよりももっと過激な写真や動画がネットに拡散されるなんてこともない。そんな事が起こったとしても、少なくとも私には何の関係もないだろうね。

桃髪サイドは今や青褪めて、落とした視線を落ち着き無く彷徨わせている。震える肩、震える唇。少し虐めすぎたかな。だが私は同情するべきではなかった。この娘は他人から謂れのない攻撃をされる経験をしたほうがいい。

桃髪サイドの顔が一瞬、私を伺うように上がって、目が合った途端、桃髪サイドは目を逸らしてしまった。唇を噛む表情に私は興味が湧いた。

この娘はどうするつもりだろう。ここから逃げ出すか。写真を消してほしいと懇願するか。それともあくまで高圧的に、逮捕だ親が議員だと意味のない脅し文句を続けるのか。私は頬杖を付いて、必死に考え込んでいる桃髪サイドの言葉を待った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、3/17 12:00より採用
ゾロ目のため桃髪サイドコミュ続行です

桃髪サイド『ヤバイヤバイヤバイ……どうしよう、こわい……! コイツ何考えてるのか全然わかんない、まさか本気で写真ネットに……? あんなのが出回ったら私……! なんでこうなるの? 意味わかんないなんで……』
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/17(日) 12:14:53.03 ID:1BPX8qHaO
恋人の設定勝手に書いてもいいのかな?
よかったら男への恐怖から家を飛び出そうとするも親や友達、親同士の取り決めとはいえ自分を甘やかしてくれる年上の彼氏にバレるリスクが頭を過った末
屈辱をこらえて男に何でも言うことを聞くから黙っていて欲しいと土下座
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 22:37:38.07 ID:+9YSCp930
本当にあんたじゃないのね?と念を押して確認したあと画像を閉じようとしたら操作を誤って消してしまった桃髪サイド
真っ青になった顔であんたが悪いんだから云々と捲し立ててる所にポニテが何事かと様子を見に来る
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/18(月) 22:26:03.46 ID:U/Cjt9qp0
安価埋まんないね、どうしようか
指定方法変えた方がいいのかな……
とりあえず明日3/19の夕方までに埋まらなければ>>384採用でいきます、今日はお休みです
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/19(火) 12:41:52.95 ID:CyjXDHGbO
怖くなって思考放棄の末逃げ出そうとする桃髪サイド
しかしタイミング悪く金髪ギャルが遊びに来てしまい帰るに帰れなくなってしまう
オマケにタイミング的に男のすぐ隣に座る事になる羽目に
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/19(火) 12:47:10.55 ID:w46bFCqFO
色々あったから仕方ないとはいえ時間開くからどうしても埋まりづらくなるのかもねぇ
続き楽しみにしてるよ
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/19(火) 13:39:32.62 ID:yM9+Gk4Yo
コンマ的に書いたやつ確実に採用されそうな状況だったから書きにくかったんだよね…
見てるから頑張ってー
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/20(水) 17:17:24.68 ID:3sA6ymvu0
>>386採用、>>371のとおり若干補正します


一分も経たずに飽きた。桃髪サイドの整った派手めな顔立ち(メイク込み)も、こう焦燥に気を尖らせていては鑑賞に堪えない。

コーヒーも飲み干してしまってすっかり手持ち無沙汰だった。元はといえば桃髪サイドを怯えさせて私を避けさせるのが目的だったのに、こうしてこの娘が私を訪うているのでは本末転倒。

私は小さくため息。たったそれだけのことに桃髪サイドが身を固くするのが哀れがましかった。我ながらつまらない思い付きをしたものだ。

桃髪サイドがひとりで私に接触してきたのは口止めが目的のはずだった。誰にも相談していないのはなぜかといえば、その答えは明白だった――そしてそのことを考えたとき、桃髪サイドの思惑に思い至って、私は思わず笑ってしまった。

なるほど、それでわざわざ一人できたわけだ。私は下から桃髪サイドの顔を覗き込むようにする。

それで? レコーダーの電池はあとどれくらい保つのかな?

桃髪サイド「……ッ!?」

今度こそ桃髪サイドの顔が凍りついた。膝の上で重ねた手がカタカタと震えている。カマかけ成功。私は自分の顔が笑みの形に歪んでいくのを自覚した。

桃髪サイドはなぜ誰にも相談しなかったか? 誰にも知られたくなかったからだ。なぜ誰にも知られたくなかったのか? プライドが許さないからだ。だから自分だけで事を収めようとした。

なぜ単身、目下容疑者として疑いの余地のない私のもとに現れたのか? 私を油断させるためだ。私を油断させて言質を取るためだ。あの写真は脅迫に使うしかないものなのだか、それを逆用して、私に脅迫させようとしたのだ。

脅迫が実行されれば桃髪サイドは宙ぶらりんの状態から解放されるし、録音データを盾に私に対して優位に立てる。そう踏んでいたのだろう。

彼女に誤算があるとすれば私にそもそも脅迫の意思なんてなかったこと、そしてなによりも私が桃髪サイド最大の武器である親の権力が通用しない存在であることだった。

だから彼女はこんなにも怯えているのだ。私の脅迫を録音したところで全く無意味であることに気が付いたから。逮捕への恐れが私にとって交渉材料にならない以上、私を逆上させれば何をされるかわからないのだから。

なあ、桃髪サイド。私は優しく優しく言う。私がその写真を撮った相手じゃなくってよかったな? 君もずいぶんと危ない橋を渡るものだね、もし私が犯人だったら今ごろ取り返しのつかないことになっていたかもしれない。

なぜ君のスマホにそんな写真が残されているのかはわからないが。そんな写真が出回るようなことがなければいいね。

言って私は座を立って、キッチンのシンク横でコーヒーのお替りを淹れる。桃髪サイドの分もすっかり冷めてしまっているようだが、もしよければ淹れようか、と背を向けたまま声を掛ける。

返事はない。代わりに衣擦れの音と、「痛ッ……」とおそらく桃髪サイドが足を座卓にぶつけた鈍い音。私は気付かないふり。

桃髪サイドがこのまま帰るのならそれでよかった。桃髪サイドとしては詰みの状況、私を写真の送り主と断定できず、また私の行動を制御もできずじまい、できることといえば精々が私の機嫌を損ねないようにすることくらいのもの。

つまりあの写真が生きている限り、桃髪サイドは私に接触してくることはない! 無意味に辛辣に罵倒されることもなくなる! やったぜ! 私は鼻歌交じりにケトルからお湯を注いで、

間延びしたチャイムの音が玄関から響いた。

金髪ギャルの声「お兄さーん私です、開けますよ――ってあれ? 鍵が違う……あれ? 鍵変えました? あれあれ? お兄さん?」

開けてくださいよー、と玄関扉が叩かれる音。もう何だよー、来るなら来るって言えよー、と私はげんなりしながら、四つん這いの姿勢で固まっている桃髪サイド(ミニスカ)を尻目に、お騒がせ娘を黙らせるべく玄関に向かった。
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/20(水) 17:18:39.59 ID:3sA6ymvu0
金髪ギャル「お兄さん家に来るのもしばらくぶりですねー。ちゃんとお掃除もしてるようで感心です。――で? なんで桃髪サイドちゃんが来てるんです? 私には来るなって、剣道少女ちゃんまで使って言ったのに?」

私は尋問されていた。正座の私の真ん前では金髪ギャルの目が三角になっている。怒っている……すごく怒っている……

私は弁明。桃髪サイドさんも勝手に家に来たのであって、今もそれを注意していたところで……

桃髪サイド「はァ? 何適当言ってんの? つーか私のときと態度違くない? つーかなんでこの席位置なわけ? 意味分かんないんだけど」

何故か私の横で一緒に尋問を受けている桃髪サイドを黙らせつつ金髪ギャルに向き直る。いやね? やっぱり中学生の女の子を頻繁に家に上げるのはいろいろ問題があるわけで……ね?

金髪ギャル「留学生ちゃんはお家に連れ込むのに?」

あー……そんなこともありましたねぇ……いやあれは雨でずぶ濡れだったから緊急避難だったというか……本当ならうちに上げるべきじゃなかったんだけどぉ……

金髪ギャル「てゆーか、私がお兄さん家に来てるのはお兄さんがあんまりだらしない生活してるからなんですけど? そのお世話してあげてる私に、他の子経由してまで来るなって言うとかひどくないですか?」

いやー? 私だってひとりで生きていけるし? 人に世話されなくても立派にこうして生きてるわけで……いわばありがた迷惑的な……?

いやー!? と私は言葉を継ぐ。金髪ギャルの表情がさっきまでの怒りから変わったからだ。私の言葉に傷ついたような、呆然とした顔。迷惑とは言い過ぎだったかもしれない。ありがたいと思っているのは事実なのだが、家に来られるのは非常に難しい問題が絡んでくるわけで……迷惑っていうのは言葉の綾っていうか……?

桃髪サイド「……」

しどろもどろになりながら金髪ギャルのフォローをしている途中、桃髪サイドがじっとこちらを見て考え込んでいる様子だったが、ええい、今は金髪ギャル優先である。しかし弱った、どう言えば穏便に私の言いたいことが伝わるのか。私はそういう気遣いができないんだよなあ。だから仕事辞めて無職になったわけで。

弱ったなあ……

桃髪サイド「……もしかしてさー、そういうこと? アンタいろいろ言ってきたけどさあ、結局そういうことなの? 私のことも」

何のことだよいきなり、と私は桃髪サイドの方を見やる。桃髪サイドは腕組みして顔を反らせて私を睨んで、うつむく金髪ギャルにちらっと目を向けた。

桃髪サイド「その娘のこともそうだけど、単にアンタ、周りの目気にしてるだけでしょ。私らみたいな可愛いJCと繋がりあるとかフツーに怪しすぎるもんね? 私のこともそう。アンタ、私になんにもする気ないんでしょ? ああ言っとけば私がアンタに近付かないと思ってるだけ」

どういうこと? と眉を顰める金髪ギャルに、桃髪サイドはあろうことか、例の写真を見せて続ける。

桃髪サイド「ダミーでしょ、これ。アンタにマジでこんな事する度胸なんてないもん。他のデータなんてのもどうせないんでしょ? そんなの持ってたらいざってとき危ないし。……私がビビるとでも思ったの? こんなので」

いやー……と言葉を探す私。何か言わねば。状況は圧倒的に私に不利に傾いた。事態は風雲急を告げている、この状況をなんとか打開して――

金髪ギャル「ふぅ――――ん……こんなのまで撮って……ふぅん……」

ありがとう桃髪サイドちゃん、と金髪ギャルはスマホを桃髪サイドに返して、

金髪ギャル「それで? どういうことなんですかお兄さん?」

私は観念して全部白状した。はいそうです……単純に女子中学生と関わり持つことにビビってます……せっかく無職になって人付き合いからフリーになったのに厄介事は避けたかったので……はい……

女子中学生に身の回りの世話されてるとか人に知られれば説明のしようがないですし……桃髪サイドの件については……その……悪口ばっか言ってくるので……ちょっと懲らしめてやれっていうか……そんな気持ちでした……

私は正座で平身低頭である。項垂れた私の対面に、桃髪サイドと金髪ギャルが並んで私を睨んでいる構図。私は白洲に引き出された罪人のような心地。

と言う二人。

どうする? どうしようか? と言い合っている二人。そういえばオレンジショートさー、話してるとき、コイツのことになると様子ちょっとおかしくない? んー、どうかなー、と私を見るのに、私は大変申し訳ありませんでした、と深々と頭を下げる。

顔を隠しながら、私は内心気が気でない。オレンジショートの件はまあこの際いいとして、おかっぱとのことを知られるのはマズイ。同じ女子中学生でも関係深くなっちゃってるし……大丈夫、バレてないはず……言わなきゃバレない……はず……

私は神妙に二人の沙汰を待った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:00より採用
桃髪サイド、金髪ギャルコミュ続行です

桃髪サイド『どうしてやろうかな? 散々人を、この私を脅かしてぇ……絶対許さないから……』

金髪ギャル『どうしてあげましょうかね? 私じゃない人の目を気にしたり、剣道少女ちゃん使って私から離れようとしたり……そんなこと許した覚えないんだけどなぁ……?』
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/20(水) 18:46:37.44 ID:OrIjUNvqO
おつ
ポニテ責めてる時とはまるで別人…
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/20(水) 19:48:13.97 ID:vWe6TW75O
女性陣がとりあえずオレンジショートも呼んで作戦会議を開くことに
神妙に聞いていたが何やらエッチな方面に話が流れ出して…
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 00:07:19.59 ID:5QVerlkb0
桃髪サイドが『私』を知る他の友人に連絡をとり、このことについてどうしてやろうかと話し合う。
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 12:45:16.58 ID:SipykRW/0
うーん……やっぱり安価指定方法の変更が必要かな
安価に締切りを設けます、今回は本日15:00までにレスなければ>>392を採用します
今後、締切りについては安価指定時にアナウンスすることにします
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 14:18:14.40 ID:Q0TkQGXz0
人付き合いがない仕事なんてないんだよぉ! と社会経験のない中学生に説教される憂き目にあう
そして、「働きたくないでござる!」と抗弁する主に対して、就職しないと今回の件は許さないと二人jから告げられる
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/21(木) 18:21:34.92 ID:SipykRW/0
>>392採用


金髪ギャル「んー、お兄さん、オレンジショートちゃんにもひどいことしたんですよね? ホントお兄さんはダメダメですねえ、どうしようもないですねえ」

それじゃあオレンジショートちゃんもここに呼びますから、と金髪ギャル。はいすみません、お手数かけます……

と金髪ギャルがスマホでオレンジショートを呼び出す横で桃髪サイドは何やらゴソゴソと動き回って――ってちょっと待て、そういえばこの前……!

桃髪サイド「あったあった。前と隠し場所変えてないとか油断しすぎじゃない? てゆーか中、前より減ってるように見えるんですけど、マジキモ……家に来てほしくないってさー、こーゆーの見られたくないからっていうのもあるんでしょ? 自意識カジョーキモいし、そもそもこんなの持ってるとかマジサイテーだし」

ならなんで探すの……? そういう風に馬鹿にされたくないから隠してるのに……?

金髪ギャル「――うん、できるだけ早く来てねー? それじゃ。……オレンジショートちゃん、すぐ来るって。って、うわ、何これ」

座卓に並べられた性具一式に金髪ギャルがドン引きしていた。大容量ローションとそれを小分けにして水と混ぜたボトル、業務用コンドームの箱。SMグッズがないのはポニテの部屋に置きっぱなしにしているからだった。危ないところだった。

桃髪サイド「あれ? 前は他のもあったよね? あの超キモい、人拘束するの」

知らないなあ。勘違いじゃないかな? とうそぶく私に、桃髪サイドは露骨に蔑み顔。はァ? そんなわけないでしょ? と言われてもないものはないので。はい、他にはないです。家には。(嘘ではない。バイブやローター系の女の子に使う用のは大体ポニテのところに置いてある)

しかし金髪ギャルが性具を見てドン引きしたまま一言も発さないのが気になる。一つ二つとうなずいていて考え込んでいるようにも納得を入れているようにも見える。

急に嫌な予感がしてきた。金髪ギャルは善意のつもりでも、凡そ私には私の不利益となるというか、私の意思の所在を考慮していないきらいがある。妙なことになる前に早く場を収めて帰ってもらわないと……でもこれからオレンジショートも増えるんだよなぁ……嫌だなぁ……

ほどなくしてチャイムが鳴った。はぁい、と当たり前みたいに金髪ギャルが出た。オレンジショートが、来たよー、と傘を傘立てに差しながら入ってきた。役者が揃ってしまった。

金髪ギャル「あれ? 雨降ってた?」

オレンジショート「ううん、この前貸してもらってたから……って、うわ、何それ、え? え? うわ、キモっ、え、全部……? うーわキッモ……えー……」

桃髪サイド「いやマジマジ、ほんっとキモいよねー」

金髪ギャル「……ふーん」

すいませんねえ本当にね! 私もわざわざ見せるつもりはなかったんだけどね! ドン引きさせて申し訳ございませんねぇ!

あと、あのー、金髪ギャルさん……? さっきからどうしたの? 口数少ないですけど……? 機嫌を伺うも金髪ギャルは無言。感情が読めないのが逆に怖い。

桃髪サイド「――ってことで、これからコイツに落とし前つけさせようってワケ。で? オレンジショートは何されたの?」

オレンジショート「なんか脅された……みたいな? 超意味わかんなくて逆に怖かったってゆーか……え、じゃああれもそういう、私達と仲良くしたくないっていうだけのことで私、あんなに言われたの? はあ? 何それ?」

状況説明が終わったところで裁きの時間である。罪人私、弁護人なし、罪状、『周りの目を気にして関係を切ろうとした罪』、『そのために彼女らを傷つけた罪』。

判決。

桃髪サイド「死刑で」

オレンジショート「異議なーし」

金髪ギャル「……」

私は死刑になった。裁判終了。解散、お疲れ様でーす。
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/21(木) 18:22:57.65 ID:SipykRW/0
桃髪サイド「じゃ、どうする? 死刑的な償わせ方って何かある?」

オレンジショート「えー、なんか、高い服買ってもらう? とか? あー、ディズニーのスイートとか! 行ってみたくない? どう?」

桃髪サイド「あー行きたいかも。ダブルデート的な感じで彼氏連れてさー、お金だけコイツに出させて、ね、どう? あ、でも金髪ギャル今フリーだったっけ――」

金髪ギャル「ちょっと訊きたいんですけど」

オレンジショートと桃髪サイドの会議を遮った金髪ギャルは、考え込んでいた顔を上げて私の方を見た。

金髪ギャル「お兄さんは私のこと、本当はどう思ってます? 口開けばすぐ帰れとか来るなとか言って、本当は私のこと、ちょっとでも嫌いだったりしますか?」

そんなことはなかった。ほか二人はともかく。

桃髪サイド「は?」

オレンジショート「は?」

だって君ら二人はすぐ私の悪口言うだろう。金髪ギャルは空気読まないところは正直どうかと思うが、何かと助かっているのは事実なので、嫌いになる理由はない。困っているだけなのだ、私は。

だいたい、私と付き合いを持ったところでなにか良いことがあるわけでもない。むしろ有害だろう。私無職だし。あまり親御さんたちに心配かけないほうがいいと思うが。

そうですか、と金髪ギャルは卓上のローションボトルを指先でいじっている。オレンジショートが金髪ギャルの名を呼ぶが、金髪ギャルは何も答えない。ボトルを指で押し引きして、押しすぎたボトルが倒れて卓から落ちたのを見つめるだけ。

金髪ギャル「……私は特に何もいりませんけど、今後、私が来ることに文句言わないでください。あと鍵もください。それとラインしたらすぐ返すこと、私の言うことを素直に聞くこと。あと人と会ったらちゃんと私に報告してください。それを約束してくれるなら許してあげます」

……えっと? うまく意味を飲み込めない私に、金髪ギャルはため息して、

金髪ギャル「ほんっとお兄さんは仕方ないですねえ……私、怒ってるんですからね。生活だらしないし、人付き合いもてんでダメ、それでこんなのばっかり買って……私、お兄さんのこと甘やかしすぎてました。反省してます」

はあーやれやれ、というふうに金髪ギャルは吐息、首を傾げるようにして私を見て、

金髪ギャル「仕方ないので私がちゃんと躾けてあげますから。安心してください」

目がマジだった。これちょっとヤバイことになってない? 桃髪サイドは焦り顔で、

桃髪サイド「ちょ……っと待って……そういう話じゃなかったじゃん? コイツのせいで私ら嫌な思いしたし、それを償わせようって……」

金髪ギャル「うん、桃髪サイドちゃんたちはそうしてもらったらいいよ。あ、でもお兄さん、全然お金ないから、その辺は手加減してあげてほしいかなー」

桃髪サイド「……えー……っと……」

オレンジショート「あー、金髪ギャルってやっぱりそういう……あー……ねー……」

唐突に飛び出した爆弾発言が今までの経緯を吹き飛ばしてしまった。焦土と化した裁判はなあなあに終わったというか、桃髪サイドとオレンジショートが何も言えなくなってしまったので強制終了と相成った。

でも私としてはその要求はちょっと……問題があるというか……

金髪ギャル「大丈夫ですよー、上手くやりますから」

そういうことになった。やべえよやべえよ……何でこうなったの……? 私はこれからどうなるというの……?


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:30より採用、締切り21:00
桃髪サイド、金髪ギャル、オレンジショートコミュ続行でも構いませんし、うち誰かのみのコミュでお構いません
また別キャラのコミュに移るのも可です
別キャラに移る場合、以下の指定制限があります
(留学生解禁まで5回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

金髪ギャル『〜〜♪(ご機嫌)』

桃髪サイド『……まあ、写真の件はどうにかなったし……てゆーか何あれ、金髪ギャル、あんなだった……? アイツみたいなのが趣味とか趣味悪すぎでしょ……でも、ちょっと面白いかも』

オレンジショート『私何しに行ったの……? ただ金髪ギャルの変な性癖見せられただけじゃん? 行き損じゃん? 何なの?』
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 18:36:11.65 ID:hF8Bw2YN0
ID変わってると思うけど>>1です
補足・オレンジショートが今回大人しいのは単に前回コミュを引きずってビビってるだけです
慣れてくればすぐ調子乗るので今後はそんな感じで
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/21(木) 19:45:58.97 ID:vvGaQB/KO
約束してくれたご褒美と今までのお仕置きということで早速金髪ギャルにローション手コキされる
最初はドン引きしていた桃髪サイドとオレンジショートだが自身の経験のなさからくる好奇心に負けて手コキの様子をガン見
結果としてJCに手コキされながら言葉責めされることに
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 20:40:50.57 ID:lR9DAWei0
ヤンキー

唐突に家を訪ねてきたヤンキー
家の中に入るなりあれ以来誰とやっても満足出来なくなったから責任を取れと押し倒される
以降電話一本で無料で抜いてくれるコスプレOKのチンポ奴隷ゲット
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/22(金) 08:30:52.99 ID:8vciZ2G80
>>399採用


それで、と金髪ギャルは立ち上がって、床に落ちたローションのボトルを拾う。指先に引っ掛けて持った手が、ボトル内の水とローションの混合液をかき混ぜるように小さな円を描いて、

金髪ギャル「これってどうやって使うんですかぁ? お兄さん?」

んんん? そりゃまあ、手にあけて局部に塗り伸ばしたりとか……と返して桃髪サイドたちの方に顔を向けると、すぐに反応したのは桃髪サイドの方、

桃髪サイド「キャハハ、羞恥プレイじゃん恥ずっ! それで一人でエッチなの見てシコシコするんでしょ? キモー!」

オレンジショート「あ、アハハ、ホントそれ、マジキモいしー、アハハっ」

うるさいよ、と返して、空気が変わったことに安堵。金髪ギャルが何かヤバイということで、たぶん私と他二人の考えていることは一致した。よしこのままお引取り願おうと考えて、気付いた。

柔和そうに私を見ている金髪ギャルの表情の目がまったく笑っていない。

私を辱める目的で訊いているのではない。純粋に使用方法を訊いてきている。だからこその真顔。だからこそこうして私から目を離さずに、

金髪ギャル「お兄さん? どうやって使うんですか? 私の言うこと、素直に聞いてくれるんですよね?」

私がちゃんと答えるまで許さないという絶対の意思を感じた。あのー……さっきの答えでは不十分だったのでしょうか……?

金髪ギャル「私、こういうのしたことないからわかんないんですけどぉ。これを、こーやって手に付けて、どうするんですか?」

と自分の手の平にローションをトポトポと垂らす金髪ギャル。半固形の軟液が掌上で弄ばれてクチュクチュと泡立った。

いやー……と私は言葉を探す。曖昧な答えは許さない、と金髪ギャルは無言の内に告げている。私の直感は金髪ギャルの満足する回答をとうに導き出していたが、それを口にするわけにはいかなかった。

私は救いを求めて桃髪サイドとオレンジショートに目をやったが、目が合った途端に目を逸らされた。二人とも完全に空気に呑まれてしまっている。

私が言葉に窮しているのを見て、金髪ギャルはゆっくりと顔に微笑みを浮かべた。深く慈愛に満ちたそれは私の全てを受け入れようとしているかのよう。

金髪ギャル「私ぃ、お兄さんに謝らないといけないことがありました。ご飯作ってあげたり、看病してあげたりしてきましたけど、お兄さんの一番欲しいもの、あげてこなかったなーって」

言って金髪ギャルは、座ったままの私と距離を縮めてくる。私は動けない。程よく化粧の乗った顔に浮かぶ、微笑みのように見える表情の隙間からは、私の抗弁を一切却下するほどの強い意志が漏れ出している。

場は完全に金髪ギャルに支配されている。金髪ギャルの一挙手一投足を誰も咎められない。

金髪ギャル「――ここ、ずっと苦しそうにしてましたよね? 本当ならもっと早くにしてあげるべきでしたね、ごめんなさい」

金髪ギャルは片手で私のズボンの前を開けて、中の物を取り出した。半勃ちのそれが女子のひんやりとした指に触れられて急速に固くなろうとするのに、私が反射的に身を捩って逃げようとするのを、金髪ギャルは動かないで、と竿の根本をギュッと握って制した。

金髪ギャル「前、一緒にお風呂に入ったときからこんなにしてましたもんね? だからぁ、あのときの分と、これまでの分、ちゃーんとしっかりしてあげちゃいます☆」

そうして固定された竿中程に、ローションをまぶした方の手が触れた。ネトネトの手指が限りなく少ない摩擦係数で竿を往復していく。

手練でいえば辿々しいものの、この状況はあまりに異常だった。なにせ金髪ギャルの後ろで桃髪サイドとオレンジショートに見られている。金髪ギャルはまるで気にも留めていないが、

桃髪サイド「うわっ……オトコのってあんなになるの……?」

オレンジショート「うわわわ……あわわわわ……」

顔を朱に染めて二人が釘付けになっている視線の上を、金髪ギャルの指がゆっくりと上下する。下卑て膨らむ欲望の輪郭を白日の下にさらされているようで、言い知れない背徳感に私の逸物はますます熱を高めずにはおれない。

ひとり、金髪ギャルだけがくすくすと笑っている。

金髪ギャル「なんとなくわかってきたかも? もう、お兄さんったら、全然やり方教えてくれないんですもん。でもぉ――?」

とぶっくりと傘を張ったカリごと、亀頭をグリグリと指と手の平で横運動に磨くようにされて、

金髪ギャル「あははっ、お兄さん、そういう声も出せるんですね? かわいい……♪ おちんちん、びくびくーってなって、このままじゃ破裂しちゃうかも?」

そう言う金髪ギャルは両手を使って私を弄んでいた。べたべたと私のズボンや床にこぼれるのも気にせず不経済に足されに足されたローションに潤滑されて、金髪ギャルの意外なほど小さな手に、指に、醜悪な男性の象徴がかたどられる様。

異常なほど蓄積された昂奮がついに決壊した。

金髪ギャル「あっ、出たぁ……♡ ……んふふ、はぁーい、素直になったお兄さんには、ご・ほ・う・び……♪」

射精に驚いて手を止めた金髪ギャルに、思わず、竿を扱いて最後まで出し切らせてくれるよう懇願すると、言うとおりにしてくれるばかりか、おもむろに私にキスをしてきた。脳が沸騰しそうな射精の脈動が終わるまで、金髪ギャルとそのまま口付け続けた。

金髪ギャル「わ、体中ベトベト……♡ そんなに気持ちよかったんですかぁ? お兄さん♪」

ブラウスの腹や胸元まで飛んだ精液を付着させて、金髪ギャルはそう言って私に笑顔を向ける。まるで場違いな屈託のない笑み。一旦は鎮静した性衝動の燃え滓が、いまだ私の頭の裏側でくすぶっている。
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/22(金) 08:31:43.03 ID:8vciZ2G80
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、本日19:00より採用、締切り21:00
桃髪サイド、金髪ギャル、オレンジショートコミュ続行でも構いませんし、三人のうち誰かのみのコミュでも構いません
また別キャラのコミュに移るのも可です
別キャラに移る場合、以下の指定制限があります
(留学生解禁まで5回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

金髪ギャル『最初からこうしてあげてればよかったなー、お兄さんも気持ちいいし、私もお兄さんのお世話できるしー♪』

桃髪サイド『うわー……オトコってあんなことになるんだぁ……すっご……』

オレンジショート『どうしよどうしよ、なんかヤバイんだけどなにこれ怖、逃げなきゃ……(ガクブル)』
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2019/03/22(金) 20:11:13.46 ID:8AvfRA4Ho
金髪 桃髪 オレンジ
金髪ギャルが1度洗濯ついでにシャワーを浴びてくると退室、その間桃髪がちんちんに興味津々。最初は突っついたり臭いを嗅いだりだったが、段々と気持ち良い部分が分かりニヤニヤ顔で手コキからの寸止め繰り返し。
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/22(金) 20:55:01.30 ID:8jydYfBW0
金髪更に手コキして来るが途中で疲れて止めてしまう そこに興味深々の桃髪が引き継いで手コキする 疲れた桃髪がじゃあ次はオレンジね?と言われ 嫌々ながらも手コキ そんな感じで男が何も出なくなるまで三人でローテーション組んで手コキする
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/23(土) 03:54:31.55 ID:YyvjX5AA0
>>403採用


金髪ギャルは精液がベッタリと張り付いた両手を顔に近づけて、すんすん鼻を鳴らす。首を傾げて言うには、

金髪ギャル「ちょっとニオイますけど、そこまで臭くもないような……?」

うーんと唸りつつ、金髪ギャルは手とブラウスを洗うために洗面所に向かった。服汚しちゃって大変申し訳ありません……

金髪ギャル「それはいいんですけど、これ、ちゃんと落ちるんですか……? ほら、こんな、服揺らしても全然落ちないですよー?」

いいから早く洗ってきなさい、時間経つと染みになるし臭いがえらいことになるぞ。金髪ギャルはついでにシャワーも浴びるというので、私は喜んで風呂を貸した。私もちょっと頭を冷やしたい。

というか私もズボン、ローションと精液が垂れてベタベタして気持ち悪いんだよな。私も風呂に乱入してやろうか。以前乱入されて恥ずかしい思いをした仕返しに。

と、視線。桃髪サイドとオレンジショート。そういえば二人ともいたね?

……気まずい……! 射精してるところ見られた、よね? っていうか私まだチンコ丸出しじゃん、早く仕舞って――桃髪サイドさん? あの、手に持ってらっしゃるのは……まさか……?

桃髪サイド「えー? なんのことですかぁ〜? 私ぃ、なんのことか全然わかんないんですけどぉ〜」

いやいやいや! それ! スマホ! カシャカシャ音出てるから! いつから撮ってた!? それで私をどうするつもりだ、って、ねえ、手、止めよう? 何枚撮るの?

桃髪サイド「アハハ、アンタのハズカシー写真ゲットー! うーわ、男のシャセーってこんなに情けないんだぁ……って、キャハハハ、マジウケるー!」

壁際に立った桃髪サイドの高笑い。まさにいじめっ子といじめられっ子の構図。屈辱……!

それで、と桃髪サイドはスマホを胸に当ててしなを作って言う。足を肩幅に広げて、ミニ丈のニットワンピースから伸びる生足も露わに、私を見下してくる。だが桃髪サイドの視線の先は私の顔より下のような……あ、私チンチン丸出しのままだった。

いそいそと仕舞おうとすると、なに勝手なことしてんの、と桃髪サイドは傲岸な蔑み顔。

桃髪サイド「まずは私に言うことがあるでしょ? ソレ仕舞いたいなら、どうか仕舞わせてくださいお願いしますって私に許可取るのがスジでしょうが。まあ許さないけど」

え、なぜ? 私のチンチンなのに服に直す自由もないの? 困惑する私、サディスティックに笑う桃髪サイド。ちなみにオレンジショートは壁にへたりこんでいる。気持ちはわかる。非常にわかる。出来ることなら私もそうしたいと切に思う。

……いやいや、何を受け容れ体制に入っているのだ私は。別に私が桃髪サイドの言うことを聞かなければいけない理由はない。金髪ギャルに抵抗意思を砕かれて、手ずから射精まで持っていかれたところだったので、どんなことでも受け容れる種壺野郎になっていた。危ない危ない。

桃髪サイド「ま、そう言うと思ったけど。アレでしょ? どーせ無職だから、こんな写真流出してもノーダメとか思ってんでしょ?」

私の思考が完璧にトレースされている……!? なんてことだ、中学生のくせに、この娘、デキる……! だがそのとおりである、その写真は脅しにはならないぞ。フン、私はそんな安い脅迫になんて負けないのだ!

桃髪サイド「――だから、使い方変えることにする」

言う桃髪サイドは手のスマホをオレンジショートに渡して私に近づいてきて、目の前に膝をついて、

桃髪サイド「それで撮っといてオレンジショート。……前からキョーミはあったんだよね、オトコのこれ。練習台にはもってこいじゃん? アンタは動かないでいればそれでいいから」

JCによるローション手コキ・第二部が開幕した。何故ェ!? あっ、そういえば裁判中、君ら彼氏いるみたいなこと言ってなかった!? 彼氏とやりなさいよこういうことは! 金髪ギャルはなんか変というかヤバい感じだからともかくさぁ!

桃髪サイド「彼氏、イケメンだし優しいんだけどさー、こーゆーの誘って引かれたら嫌じゃん? 親の付き合いもあるし。その点、アンタなら後腐れないし、言い触らす度胸も私を襲う度胸もないし。だからぁ、『写真ばら撒かれたくなかったら黙って動かないで』。それにぃ――」

スコスコと上下する桃髪サイドの手は淀みない。ちょっと待って……さっき出したばっかなのでハーフタイムを……すぐにはムリなんです男って……

えー? と桃髪サイドは止まらない。ニチニチと手全体に粘液をまとって、空気を含んだ摩擦音を立てながら、

桃髪サイド「アンタだってこんなにカタくしてるのに? 熱くて、ビクビクして、このゴツゴツしてるのは血管? ……うわ、ニオイ、スゴイことになってるんだけど。私の手にニオイ付いたらどうしてくれんの? ねえ?」

文句の割に桃髪サイドは楽しそう。すでに絶え間なく降り注ぐ刺激は私の弱点を捉えたものになっている。しかし亀頭が快感に張り詰めると、桃髪サイドはすぐさま察知して手を止めてしまう。このサディストめ……!

桃髪サイド「アハ、イイ顔……♡ ねえ、悔しい? 私みたいな一回り以上小さい女の子に好き放題されてぇ、情けなーい……♡ 嫌いな女の子の手で気持ち良くされる気分ってどうなの? ねえ?」

……え、何? 私、寸止めされていっぱいいっぱいなんだけど? 嫌いっていうか、私は悪口言われるのが嫌なのだが? あと焦らされるのも好きじゃないのだが? 今すぐにでも暴発しそうなのだが?

桃髪サイド「……なにそれ。どう違うのよ……いいやもう、出しちゃえ出しちゃえっ!」

急に先端を手の平で握るように圧迫されて、私はあっけなく上り詰めた。ビュクビュクと竿脈打つたびに噴出する粘液は桃髪サイドの手に阻まれて、どこに到達することも出来ないまま、無為に私のシャツやズボンをボタボタと白く濡らした。

焦らされた結果、二回目にしては多めの射精が終わると、桃髪サイドは陰茎から手を離す。指から白濁が糸を引いた。

桃髪サイド「オトコの精子ってこんな感じなんだ……やらしー……」

手の精液をもてあそぶ桃髪サイド、ぺたんと尻餅をついたまま片手で撮影を続けるオレンジショート、そして、

金髪ギャル「お風呂上がったんですけど。何してるの? ねえ?」

あれ、なんか修羅場っぽい?
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/23(土) 03:55:02.15 ID:YyvjX5AA0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、本日12:00より採用、締切り14:00
桃髪サイド、金髪ギャル、オレンジショートコミュ続行でも構いませんし、三人のうち誰かのみのコミュでも構いません
また別キャラのコミュに移るのも可です
別キャラに移る場合、以下の指定制限があります
(留学生解禁まで5回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

金髪ギャル『もー、全っ然落ちないしセーエキ……仕方ないなーお兄さんは――って、なにこれ。なんで桃髪サイドちゃんがお兄さんのをしてるの? ねえなんで?』

桃髪サイド『なんかチョーシ狂っちゃうな……ほんっと、金髪ギャルの趣味が意味わかんない、コイツのどこがいいの? ほんと意味わかんない』

オレンジショート『――(目の前で起こっていることに頭パンク中)』
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/23(土) 03:57:34.93 ID:YyvjX5AA0
(ちなみに本文には入らなかったけど、オレンジショートは片手撮影、もう片手はどこにあるのかっていう)
(目の前で友達二人の情事見たらそらそうなるよということで)
(オレンジショートがあんまり影薄くなっちゃったので補足です)
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/23(土) 07:57:08.90 ID:x/3db2UkO
おつ
オレンジショートいけない娘だなぁ
お仕置きしないと
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/23(土) 13:13:38.04 ID:CxDe2DHHO
【年齢・属性】 24・高校教師
【身長】 153
【髪型】 ストレートのセミロング
【容姿・身体的特徴】 小柄ながらも、しなやかな体躯。やや童顔で幼く見られ勝ちだが、意外と胸は大きい
【男性経験】 なし
【恋人】 いない(過去にいたことあり)
【性格】 理知的ながらも、穏やかで包容力のある性格。主人公と同じ施設の出で、年上の主人公に面倒を見てもらった経験があり。天文学が趣味

夜、気晴らしに歩いていると、望遠鏡を持った女性を見かけ、なんとなく見ていると、男に気づいた女性がお久しぶりですと親しげに声をかけてきた
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/23(土) 13:58:54.33 ID:lXYO7enHO
金髪ギャルと桃髪サイドが言い争うなかついついオナニーをしてしまったオレンジショート
目ざとく見つけた桃髪サイドが怒っている金髪ギャルをいなしつつオレンジショートにも手コキするように促す
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2019/03/23(土) 13:59:55.02 ID:UI81BVSOO
【年齢・属性】高校一年生
【身長】150
【髪型】白髪ショートボブ
【容姿・身体的特徴】真っ白なお肌でモデル体型 コルセット装着のスカート履き 見かけは落ち着いた雰囲気のマドンナ的な人
【男性経験】無
【恋人】無
【性格】クール系毒舌ボケ大好き少女、ノリが良い。甘いもの好き。


深夜ほろ酔い気分で公園にて突如として悪役ごっこを開始。その様子を見られ変質者と罵られるも乗りよくヒーローとしてごっこをしてくれる。
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/23(土) 16:06:59.87 ID:YyvjX5AA0
>>410採用


桃髪サイド「あ、おかえりー。ほら見てよこれ、コイツまだこんなに出してさぁ、マジウケない?」

金髪ギャル「もー、私がいない間にお兄さんにちょっかい掛けて……服とかに飛んだらけっこう大変だよ、精液って――あれ? 服、キレイなままだね」

あー、こう、出るとこ手のひらで押さえたらだいじょーぶだった。えーずるーい、私もそうすればよかったー、なんて言い合っている二人。私はといえば、シャツからズボンからを精液で汚したまま放心状態である。出してすぐ連発はキツイ……もう出ないよ……

あー風呂入りたい。けど動くのダルい。むしろ横になりたい。あとお腹空いた。あーでも面倒くさいなぁ……

金髪ギャル「お兄さんってばさっきからダメ人間みたいなことばっかり言ってますよ? あーあー、ズボン、そんなに汚しちゃって、仕方ないですねぇ」

抵抗する間もなく、私は金髪ギャルに服を脱がされた。ちょっと待っててくださいね、と金髪ギャルは、桃髪サイドといっしょに洗面所に消えて、すぐに一人で戻ってきた。手にはタオル。

そして私は陰茎をタオルで拭われた。あー待って、二発続けて出したから敏感なの、亀頭はとくに駄目ぇ……! アッー!

とやっている横、桃髪サイドが洗面所から戻ってきた。桃髪サイドは私達を一瞥して、露骨に馬鹿を見るような目を私に向けて、オレンジショートの方へ。そういえばオレンジショートいたな。ずっと大人しかったけど、って金髪ギャルさん? パンツは自分で履けるから! そこまでしなくてもいいから! ね!?

桃髪サイド「写真撮ってくれた?スマホ返して、って、アンタなにやってんの?」

オレンジショート「ぁえ? ……ッ!? えーと、えと、違うのこれは違くて!」

ねえちょっと、とこっちを呼ぶ桃髪サイドをオレンジショートが何やら必死に止めているようだが、こっちは着衣攻防戦で忙しいのだ、そっちに気を割いてる余裕はない。

桃髪サイド「オレンジショートがさー、私らの見てオナニーしてるんだけどぉー!」

オレンジショート「言わないでって、言わないでって言ってるのにぃ! ヒドいよ、なんで言うの桃髪サイドちゃん!?」

何が何だって? と気を緩めた隙に私はパンツを履かされてしまった。私は赤ちゃんか何か? それで、金髪ギャルは何をやりきった的な顔してるの? 思考回路がブラックボックス過ぎて恐怖すらあるんだけど。

いやそれは置いておくとして。

金髪ギャル「え〜? オレンジショートちゃんもお兄さんのおちんちんに興味あったの? じゃあ桃髪サイドちゃんといっしょにしてあげたらよかったのに」

オレンジショート「ちが……違くて……」

桃髪サイド「そうそう、撮ってって言ったのに、写真ぜーんぜん撮らないでパンツの中イジってたんでしょ? 私らの見て。ヘンタイじゃん? 指、超濡れてるんだけど」

オレンジショート「違くて……私はそんなんじゃ……」

直感が降って湧いた。これはマズい雲行き。これはアレ、『そんなに気になるなら実際にやってみればいいじゃん』パターン。 手コキ第三幕が開始されてしまう……! もう私のはこれ以上無理なの! せめて休憩がほしいの! でもいざそういう雰囲気になったら三対一は分が悪い、今決めるしか……!

というかお腹空いた、と私は服を着ながら主張。私カップ麺食べるけど君らはどうする? もう、そんなのばっか食べてるんでしょー、と金髪ギャルが食いついた。いいだろ、この前高価いの買ったから食べたいの私は。今日食べるつもりだったのに君らが押しかけてくるからさあ。

へえ、何買ったの、と今度は桃髪サイドが釣れた。計画通り。そういえばもうそろそろ日が暮れるぞ、家に帰ったほうがいいんじゃない? うんその方がいい。お家の人もご飯作って待ってると思うよ。

ということで強制的にお帰りいただいた。

金髪ギャル「あー、鍵は後でちゃんとくださいねー、あと連絡したらすぐ返信してくださいねー、絶対ですよー!」

はいわかったからさようなら。

桃髪サイド「あー、あと私にも鍵寄越してよね。今度私を待ちぼうけさせたら許さないから」

はいはい、わかったからさようならぁ! 早よ帰って!

オレンジショート「……ありがと」

はいどういたしまして。君は私なんか相手にしてないで彼氏と仲良くね。いい子っぽかったし。桃髪サイドは……あんなだし……仕方ないけど。

オレンジショートはほんの少し笑って、私の家を後にした。なんというか怒涛の一日だった。昼は留学生と癒やしタイムだったのになあ……ままならない……


桃髪サイド、金髪ギャル、オレンジショートコミュ終了です
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、17:00より採用、締切り19:00
(留学生解禁まで5回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

金髪ギャル『お兄さんったら、あんなにかわいい顔しちゃうんだぁ……♡ ほんと、もっと早くしてあげてたらよかったなー、そうしたら、もっと、私も……』

桃髪サイド『オトコ責めるのって楽しー……♪ 次はどうやってアソんでやろっかなー?』

オレンジショート『お兄さんって、ああ見えていい人……なのかな? 前の雨のときも今日も助けてくれて、あんな……おちんちんしてて……ん、やっぱり、濡れちゃってる……』
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/23(土) 16:10:04.60 ID:YyvjX5AA0
(ゾロ目なんで続けようかとも思ったけどちょっとこのコミュ長すぎかなって)
(その分オレンジショートの好感度に補正しました。今後の彼女のオナネタは記憶の中の生チンポですね)
(彼氏かわいそう……)
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/23(土) 16:20:07.09 ID:YyvjX5AA0
(あと金髪ギャルの思考回路ですが、今現在に至っても自己意識としては、お世話対象としか認識していません、その事に疑いも持っていません)
(実際は結構入り組んでいますが。なお独占欲は薄いです、金髪ギャルにとって、主人公(『私』)と他との関係はかなり埒外なので)
(怒るとすれば『他と関係を持っていること』ではなく『他の人に迷惑をかけた』ことに対して、女の子でなく男に怒ります)
(……この娘の見てる世界って普通の人よりかなり狭いんじゃね? って感じで)
(金髪ギャル、初ヒロインなのになかなか行くところまで行かないので、この機会に補足しておきます)
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/23(土) 17:01:19.90 ID:cfo8qAGBO
【年齢・属性】 24・高校教師
【身長】 153
【髪型】 ストレートのセミロング
【容姿・身体的特徴】 小柄ながらも、しなやかな体躯。やや童顔で幼く見られがちだが、意外と胸は大きい
【男性経験】 なし
【恋人】 いない(過去にいたことあり)
【性格】 理知的ながらも、穏やかで包容力のある性格。主人公と同じ施設の出で、年上の主人公に面倒を見てもらった経験があり。天文学が趣味

夜、気晴らしに歩いていると、望遠鏡を持った女性を見かけ、なんとなく見ていると、男に気づいた女性がお久しぶりですと親しげに声をかけてきた
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/23(土) 18:52:03.87 ID:7afLtO9T0
コンビニに行くとおさげお嬢様がコンビニ前で何か考えている様にたむろっていたのを見かけたので話しかける。曰く時間に空きが出来きたのでコンビニに来たのだそうだ
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/24(日) 19:26:05.33 ID:vZvnYLp90
>>415採用。ついに過去を知る者の登場か……


今日は疲れた……回数はともかく強制連発が響いた。お風呂に入って服洗って床掃除して、食事も済ませて、時刻はまだ宵の口。このまま早めに就寝して体を休めてもよかった。

だが一日の終りが掃除で、しかも精液の処理なのは耐えられなかった。お高価めのカップ麺一個では気分を一新するにはとても足りない。

私は出掛けることにした。

どうせなので、買ったばかりの自転車で夜道を駆る。梅雨が明けてから大気はどこか生温かい。湿度の下がらない夜の街は一個の生き物のよう、ペダルを漕いで、肌に纏わり付く微風を引き裂くのはなかなかいい気分だった。

そのうちに人通りが絶えてきた。それもそのはず、いつしか道は山道に差し掛かっていた。坂道をひいこら言いながら進む。こんなことならケチらず電動自転車にすればよかった、いやしかし電動では留学生と練習しづらいか? ならダメか。でも、坂道、キっツい……!

と、坂を登ったところで視界がひらけた。いつの間にか山頂まで来ていたらしい。眼下に広がる街はどこか、苦労して登った割には近いというか、山自体そう大した高さでもないというか。でもここまで来るのけっこう大変だったのだが……自転車だったからかな? そうだよね?

なにはともあれ自販機でお茶を買ってまずは一服。山頂の丘には私の他、女性がひとり望遠鏡を覗いている。私もそれに倣って、ベンチから空を仰いでみた。

澄んだ夜気に星が瞬いていた。街からそう離れていなくても綺麗に見えるものだった。自転車での簡易登山の報酬としては、まあ、悪くなかった。

天体観測なんていつぶりだろう。最後にしたのはいつだったか、私がまだ施設にいた頃、同じ施設仲間に連れられて行ったような……

女性の声「あの、あなた、もしかして――」

急に名前を呼ばれて、私は顔を戻して声の主を見る。さっきまで望遠鏡を覗いていた女性は驚きを顔いっぱいに浮かべていた。その幼さの残る風貌と裏腹の落ち着いた声。

女性「お久しぶりです、……もう、何年ぶりになりますか? あなた、あの頃とちっとも変わらないから、驚いちゃいました」

私はかつての施設仲間と再会した。

彼女は今、高校の先生をしていると言った。記憶の中の彼女は控えめで自己主張の薄い小さな子で、いつも誰かの後ろに隠れている印象があったが、

施設後輩「少しでも私たちみたいな子たちの力になれたらいいなって。施設の子も大半が高校に進学しますが、その後の進路は他の子よりもどうしても困難が多くなってしまいますから」

そう穏やかに笑う彼女に、私は居心地の良さを感じた。一緒にいると心が安らいで、ずっと話を聞いていたくなる感覚。これは生徒からは慕われるであろう。

施設後輩「ところで、あなたは今何を?」

まあそうなるよね。嘘をついても仕方がないので、私は正直に答えることにした。無職で働いていません。働く意欲もないパーフェクト無職である。立派な志を持って働いている後輩を前に、まったく恥ずかしい限りだった。

施設後輩「そうなんですか? もったいない……わたしにできることがあれば何でも言ってください、必ずあなたの力になりますから」

そう言って私の手を両手で包む施設後輩。凄くいい子だった。ふんわりと微笑う彼女はもはや後光が差しているレベルで、闇の住人たる私はその威光で全身が溶けてしまいそう。

彼女の眩しさにとても目を開けていられなくて、私は星を見上げることにした。私が星の光を眺めていられるのはそれが限りなく遠くにあるからで、きっと近付いてしまえば、私はあまりの輝きの強さに耐えられなくなるに違いなかった。

施設後輩「……はい、これでいつでも連絡してくださいね。どんなに些細なことでもいいので」

私は曖昧に笑った。もし星の方から近付いてくる場合はどうすればいいのだろうと、そんなことを思った。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:30より採用、締切り22:00
施設後輩は初出なので次回指定化にします
(留学生解禁まで4回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

施設後輩『まさかまた再会えるなんて……わたし変じゃなかったかな……ううん、そんなことより、昔は助けられてばっかりだったんだもの、今度はわたしが……!』
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/24(日) 19:31:01.77 ID:vZvnYLp90
(その場の気分で造語するけど許して)
(再会える=「あえる」とか、「遇う」だとぱっと見読み間違いそうだし)
(ルビ振れればいいんだけどね)
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 19:31:29.01 ID:vZvnYLp90
施設後輩
【年齢・属性】 24・高校教師
【身長】 153
【髪型】 ストレートのセミロング
【容姿・身体的特徴】 小柄ながらも、しなやかな体躯。やや童顔で幼く見られがちだが、意外と胸は大きい
【男性経験】 なし
【恋人】 いない(過去にいた事あり)
【性格】 理知的ながらも、穏やかで包容力のある性格。主人公と同じ施設の出で、年上の主人公に面倒を見てもらった経験があり。天文学が趣味
【備考】実は主人公(『私』)が初恋の相手で、その面影がずっと消えない。そのため主人公(『私』)を見る目はかなり曇っていて、無自覚に主人公(『私』)を特別視する傾向あり。ちなみに性格は過去の主人公(『私』)を自分の中で理想化したもの(比重としては元からの性向のほうが大きい)。趣味など人格形成の根幹に主人公(『私』)からの肯定がある
他人に心を強く動かされることがなく、そのため他者に区別なく優しくできるが、主人公(『私』)に対しては例外
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 19:36:13.98 ID:vZvnYLp90
(主人公『私』ならこうするっていうふうに施設後輩は無意識に考えてる感じです)
(それで手握って助けになるとか言ってるんですよねぇ……目が曇っている……)
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 20:34:22.49 ID:ul6K3qet0
ポニテ
主人公の食生活を察して、夕食を作ってくれる
一緒にご飯を食べているうちに、施設後輩と会ったこともあり、昔を思い出して寂寥感が出てきた「私」を、ポニテが優しく抱き締めてくれる
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/25(月) 18:37:59.14 ID:QLek1Y8N0
>>421採用


施設後輩『そうかもしれませんね……もしかしたらやり甲斐だけでは務まらないのかも。子供たちの未来を預かる仕事ですから、親御さんたちも、当然子供たち自身だって真剣です。だから色々、難しいこともありますよね』

施設後輩『でも、それも全部ひっくるめて、わたしは今充実しているんだと思います。わたしにできることはとても小さなことですけれど、それが彼ら彼女らが踏み出す勇気の後押しになればいいなって』

彼女の言葉はひとつひとつが善性の塊だった。よく晴れた春の日、窓辺に陽の温もりを受けているときのような安らぎ。かつて同じ場所にいた彼女が言うのなら、もしかしたら今からでも、自分にもそんな未来が待っているのではないかと思った。

そんなことを夢想している自分を、冷めた目で見下ろしている私がいた。彼女の言葉を聞くたび、胸の裡に冷たく凍えるものが広がっていく。残響する声。未来。充実。自分にできることを精一杯努めて、それが他人に認められて、自分も他人の努力を認め合って、少しずつ、誰かと一緒に前に進んで。

自慢ではない。嫌味でもない。彼女は他者から認められるべき日々を積み重ねてきたのだろう。彼女の今は、彼女の今までの結実であって、彼女が今充実を得ているのは至極当然のことだった。

私はそのことに、何かを叫び出しそうになって、

――そこで目が覚めた。端まで閉まっていないカーテンから差す太陽に私は顔をしかめた。ひどく疲れていた。全身の寝汗がうざったくて、起き上がるのも面倒だった。細めた目で時計を見ると時刻は朝と昼の中間。食事する気にもなれなくて、私は再び枕に頭を預けた。

夢を見ていた気がする。どんな夢だったか何も思い出せなかったが、なんとなく同じ夢を見てしまうのが嫌で、私はぼうっと変わり映えのしない自分の部屋の中を眺めていた。

チャイムの音。浮上した意識がそれを知覚して、私は身を起こす。なんとも最悪の気分で、私は顔を押さえた。横目で見る時計は夕方近く、いつの間にかこんな時間まで眠ってしまっていたらしい。

ポニテ『お兄さん? いますか?』

呼びかけてくるポニテの声に嗄れた返事をして、私はベッドを立ってポニテを迎えた。夕陽の眩しさに目を細めた私に、タッパーを手に抱えたポニテが驚いた顔をして、

ポニテ「……どうしました? 顔色が……」

なんでもないよ、と私はあくびをしながらポニテを中に入れた。

もしかしてさっきまで寝てたんですか? と訊かれて私は肯定。ご飯は? と訊かれて私はいや、と首を振る。ポニテはため息。

ポニテ「まずは顔を洗って来てください。……ひどい顔ですよ」

そうかもしれなかった。ポニテの言いつけどおり身支度を整える。洗面所から出てきたときには食事の用意が出来上がっていた。皿に盛られている煮物はポニテがタッパーに詰めてきたものだろうか。チン、と電子レンジからレトルトの白ご飯を取り出して、ポニテは茶碗に盛る。律儀なことで。

いかにも食欲を喚起する匂いに、私は猛烈に空腹を感じた。いただきます。

ポニテ「ご飯も食べないでずっと寝ているなんて……そんなだらしない生活をしていたら病気になってしまいますよ。私がたまたま作り過ぎたから良かったですけど、今までは目を瞑ってきましたが、お兄さんはそうやって自分を大事にしないところが――」

意外にポニテは小言くさい。私は特に言い返すこともなく食事を続ける。濃いめの味付けが空きっ腹に沁みた。

黙々と箸を口に運ぶ私に、ポニテが心配そうな目をするのがわかった。それでもやはり何も言う気にならなくて、私は目を落として食べることに集中した。

ほどなく完食した。私はポニテに、美味だったことと、食事を持ってきてくれたことに感謝を告げた。今度なにか礼をしなければならない。

ポニテは逡巡するふう。そっと私と目を合わせた。

ポニテ「何かありましたか? なんだか落ち込んでいるような……」

『落ち込んでいる』。私は落ち込んでいるのだろうか。たしかになんとなく気分が沈んでいる気はする。だが私に落ち込むようなことがあっただろうか。昨日は中学生たちに散々な目にあったが、別段、翌日まで引きずるようなことでもない。あとは留学生と施設後輩に会ったぐらいである。

だが心に重く圧しかかっているものがあった。ポニテの言うとおり、私は落ち込んでいるのかもしれない。私はこういうときどうやって立ち直っていただろう。私はひとりだったから無理に気分を明るくすることはなかっただろう。その意味もない。沈んだ底で丸くなって、心を鈍化させて回復するのを待っていたのかも。

どうでもいいことだった。私の感情の浮き沈みにどれほどの価値があるのか。まったく馬鹿馬鹿しかった。そう思うと、ほんの少しだけ笑えた気がした。

座卓の汚れた皿を見つめている顔を不意に引かれた。顔が柔らかなものに押し付けられる。生き物の体温、鼓動の音。私はポニテに顔を抱き寄せられていた。

ポニテは何も言わない。何も訊かない。ただ私に彼女の温もりを分け与えるだけ。私はポニテに何かを言うべきだと思った。感謝の言葉か、それとも突っぱねる言葉か。だが私は目を閉じて、ポニテの背を抱き返した。

沈んでいた心が少しだけ軽くなった気がした。

脳の冷静な部分が、この感覚……ノーブラじゃないか……? と囁いていたが、あんまりにも場にそぐわないので私は意図的に黙殺した。だが我慢できなくて指摘してみると、ポニテに軽く頭を叩かれた。

けれどもポニテは私を抱く手を離そうとしなかったので、私もそれ以上何も言わずポニテに抱かれていた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:00より採用、締切り22:00
(ポニテ解禁まで7回)
(留学生解禁まで3回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで2回)
(おかっぱ解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、大家娘、おさげお嬢様、施設後輩)

ポニテ『何を考えてるのかわからない人だけど、意外に弱いところもあるのかな……ってこんなときに茶化さないの。……ブラ付けてくればよかった……(赤面)』
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/25(月) 20:06:54.91 ID:E6jp/YvmO
ヤンキー
散歩中に捕まってメイド喫茶に連れ込まれる
あの日以降欲求不満になっていることをストレートにつげられ双方コスプレしてのイメージプレイに誘われる
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/25(月) 20:10:08.92 ID:AcpcC6aa0
大家娘
カップル割のケーキバイキング一緒に行かないかと誘われる
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/25(月) 20:13:16.76 ID:i/MSA/wDO
大家娘
大家娘の母と一緒にいる大家娘と出会う
恋人と勘違いされる
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/03/28(木) 17:54:24.63 ID:VGAmOgvO0
>>424採用


大家娘『実は友達から、予定が合わなくなったとかで、ケーキバイキングの予約を譲られまして……二人以上じゃないといけないらしいんです。平日午後からなので他の子も都合が悪いって断られてしまって』

大家娘『もしお兄さんが予定が合うならと思いまして。あっ、で、でもその、甘いものが苦手ならお気遣いなく断っていただいていいので、すみませんっ』

そんな文面を大家娘から貰っては行くしかあるまい、というわけで私は人生初のケーキバイキングに赴くことになった。大家娘は午前中、大学にようがあるというので現地集合である。

それはいいのだが。一足早く待ち合わせ場所に付いた私はその建物を見上げる。城もかくやというほど荘厳な外観、自動ドアをくぐれば白基調の格調高いエントランスホールが迎えて、まさしく最高級ホテルの面目躍如だった。

豪華であるのに嫌味のない、どこかシックで落ち着いた意匠の数々は、なるほどこれが一流の仕事かと納得である。そんな広々として美しく整えられたロビーにひとり佇む私が考えていたのは一つだった。

……居た堪れない……!

私は間違ってもこんなところにいてはいけない人間のひとりだった。だってここ、煌びやかなセレブ御用達臭がプンプンするもの……ドレスコードがあれば即排除されてるレベルだった。いや服は以前黒髪ツインテに見立ててもらったものなので間違いはないのだが、さすがにこんなとこだとカジュアル過ぎるというかむしろ私そのものが見合わないというか……だって無職のしがないアラサーだもん……もうむり……土に還りたい……

もはや客だけでなく受付職員氏からの冷たい眼差しさえ幻視してきていよいよもって限界に達してきたとき、

大家娘「す、すみません、遅れちゃって……!」

私を見つけて駆け寄ってきてくれた大家娘は女神のようだった。なんて神々しいんだ……

ともかく、ケーキバイキングである。こんなところのラウンジで行われる催しなんて私からすれば目玉が飛び出る値段がするのではないか?

大家娘「は、はい……もともとは友達がお付き合いしてる人と行くはずだったらしいんですけどドタキャンされちゃったらしくて……それで私と行こうって誘ってくれて、でも今度は友達の予定が急に合わなくなっちゃって……」

それで私に機会が廻ってきたということのようだった。つまりお金の出処は大家娘の友人の彼氏。見も知らぬ他人の金で高級スイーツ食べ放題……! やったぜ!

ラウンジ入り口のカウンターで受付を済ませて、いざテーブルへ。なにやら予約特典のウェルカムドリンクやら何やらがあるらしいが、今はそんなことよりもケーキですケーキ! ああ、はいカップルですそういうことで。はい入場ー!

わあ空気が甘い! 会場には軽く両の指を超える種類のスイーツが敷き詰められて甘味の暴力的な海といった様相、バイキング参加者として我々はこの諸島を制圧しなければならない。ここに女子供という区別はない、みなギラギラと目を光らせた肉食獣、いや糖に飢えた“糖”食獣なのだ!

……と威勢がよかったのは最初の数十分だけだった。口の中が甘ったるい……胃から上ってくる空気さえ糖分過多だった。グロッキーな私を尻目に、

大家娘「おいひい……! “トロピカルスイーツ”っていうだけあってフルーツの種類が多くていいですね! んー♪ クリームも上品な甘さで飽きませんね! 軽食もあるから口さっぱりさせられますし考え尽くされてますね……!」

ね、と笑顔で言われて私も笑顔。大家娘が楽しんでくれてるようで何よりだぁ……だから私にスイーツ勧めようとしないで? 大丈夫だから気持ちだけでお腹いっぱいだからぁ……ンンン……大家娘、意外に笑顔の圧が強い……今の私では勝てない……

味は美味、しかし飲み込むのに苦労しながら、そういえばウェルカムドリンクがどうとか受付で言われたことを思い出した。会場の何処かに用意されてるのだろうか。あー、でも今はいいや……休憩ということで……

とやっていると大家娘が気を利かせて取りに行ってくれた。サンキュー大家娘。それにしてもあと時間どれだけあるの? えーっと、制限時間は九十分だから、あと一時間弱……!? むりむりこれ以上甘いの食べたら死んじゃう!

大家娘「あ、あの……ドリンク、その……」

戦慄する私に、ドリンクを持った大家娘が帰ってきた。大家娘はぎごちない動きでドリンクをテーブルに乗せる。……うん。ありがとう。うわぁキレイな色だなあ、夏らしいスカイブルーで季節先取り感パなーい。SNS映えしそうー。

で? このストローは一体?

大家娘「チケット見せたらこれですねって……そのぅ……」

……あー! 受付の“カップルで”ってそういう!?(※注:小声)いやいやどんなカップルでもこんなストロー使わないよ! ハート型で? カップルが左右から同時に吸うストローとか古典ラブコメ! もはや遺物だよ!

大家娘「でっ、ですよね、いやですよねこんなの、アハハ、すみません私なんか……アハハ……」

口では笑いながらも眉尻を下げてうつむいて、明らかに表情が曇っている大家娘。むむ、これは良くない、すごく良くない反応。気に入らない。のだが。でもなぁ……う――ん、仕方ないのかなあ。相手が私なのが申し訳ないのだが。

やってみる? と訊くと大家娘は赤面で両手をわさわさと振って、

大家娘「いえいえそんな私なんかがそんなえっと畏れ多い……!」

うるさいやるぞ、と私はストローに口をつける。だいたい二人で来てるのにドリンクがこれひとつってどういう了見? ストローもこれ一つだし。だからこれは仕方がないことなんだ……恥ずかしくない……恥ずかしくない……

いいから早く、と大家娘を催促すると、おそるおそる大家娘が顔を近づけてきて、って顔近っ! こんな近づくの!? 馬鹿じゃん!? 誰だこれ考えたの責任者ぁ!

大家娘「〜〜〜っ、はむっ」

ちゅー、と情けない音を奏でてドリンクの水位は焦れったくなるほどゆっくりと減って――あー、大家娘ったら目ー閉じちゃってかーわいーい――ついにゼロになった。私は椅子の背に全身を預けて脱力。やりきった感……ちらっと見た大家娘も同じく脱力している様子。一瞬目が合った気がしたが、慌てて目を逸らされてしまった。

思ったより恥ずかしかった……世のカップルって人前でこんなことしてるの? 心臓強すぎない?

あとはグダグダになりながらバイキング終了時間まで居座ってしまった。日暮れの近い道を二人して帰る。

大家娘「何というか……すごかったですね……つかれた……」

まったく同感だった。今日はもう帰ったら休もう……
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/28(木) 17:54:50.70 ID:VGAmOgvO0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:00より採用、締切り22:00
(大家娘解禁まで7回)
(ポニテ解禁まで6回)
(留学生解禁まで2回)
(金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショート、剣道少女解禁まで1回)
(指定可:おかっぱ、ヤンキー、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

大家娘『恥ずか死ぬ……死んじゃう……心臓止まるぅ……待ってもうむり……あっ、メイクとかもっとちゃんと、あーあ――あ――――(思い出し悶え)』
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/28(木) 20:01:29.93 ID:ky3N87jv0
今日こそお兄さんとセックスしたいと部屋に泊まりに来たおかっぱ セックスすることになった(もしまだ本番が無理なら挿入がうまくいかず素股になったで)
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/28(木) 20:05:40.54 ID:6pfMcaJDO
おかっぱ
本屋に行くと変装したおかっぱに遭遇
あれから勉強の為にこっそりエッチな本を買って練習していたようでそのまま練習の成果としてアパートでフェラチオやナイズリをすることに
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/28(木) 20:17:57.57 ID:bBZn9t7O0
施設後輩
施設後輩が再開する前のことを色々話したいということで家に招くことに
しかし女の直感で自分以外の女性の影を感じ取った施設後輩が、悪い女に騙されたせいで堕落したのではないかと疑いはじめる
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/04/06(土) 23:28:22.32 ID:kjBjrXjO0
>>428採用


おかっぱが家にやってきたのは昼を少し回った頃だった。半袖のブラウスにロング丈のスカートという出で立ち、手土産の手作り菓子はマフィンだった。早速いただくことにした。

コーヒー……は止めにしてパックの紅茶にした。おかっぱはストレートティー、私はミルクティーに砂糖はちみつを気持ち少なめに。それでもおかっぱより糖分多めなので格好がつかないが、それも今更だろうか。

おかっぱ「今日のはカラメルにバナナを混ぜてみました。お兄さん、甘いの好きだからと思って……えへへ」

大変美味だった。味の変化として表面にトッピングされているアーモンドスライスが好相性。紅茶にも合ってこれはいい。私の好みから言って完璧に近かった。

これはパック売りの紅茶では釣り合わないなと称賛する。おかっぱは頬を紅くして照れ笑いするが、私の賛辞を否定しないのが非常に良い。私は深い満足感に首肯しながら菓子に舌鼓をうっていた。

楽しいお茶会だった。私には似合わないくらい明るく正しいコミュニケーション。そして当然、そんなことはおかっぱ訪問の主目的ではなかった。会話の隙間に落ちる小さな沈黙の意味を、私は正確に把握していた。

ついに会話が途切れた。私は言う。ちゃんとメールは消したかな? 連絡先の名前の登録は?

おかっぱ「お兄さんの言い付けどおり、すぐに消しました。名前も、学校のクラスメイトの名前で……」

いい子だ。私はおかっぱにこっちにおいでと手招きして、傍近くに来たおかっぱの手を取って抱き寄せた。高めの体温に交じる甘い匂いはさっきのお菓子由来だろうか。

意味はわかるね、と訊くと、おかっぱは、

おかっぱ「他人に知られると良くないから……証拠を残さないように、ですよね。私も、誰かに邪魔されるのは、いやです……」

言うおかっぱは私の胸に顔を寄せる。目を閉じて甘えるような体勢は私の心音を聞いているのか。間近のおかっぱの吐息にシャツが湿るのがわかった。

私はおかっぱを上向かせて唇を奪った。甘やかなキス――お菓子を食べたばかりなので味として本当に甘い――に、重ねた手をおかっぱがきゅっと握った。小さな手に違わない力の弱々しさ。生物としての優劣。性別、年齢、体の大きさの全て。

今私の手の中にいるのは一方的に食い物にされるだけの存在だった。

おかっぱ「ちゅ、ん……あ……♡ ちゅるる、ぅふ……」

絡めた舌、引き出したおかっぱの舌を唇で挟んで柔く吸う。こちらの口腔に閉じ込めた舌でさえ、こんなにも大きさが違う。

抱く力を強めると、おかっぱはむしろ私に体を委ねるようだった。肩から力を抜いて私にされるがまま。唇を離した私をうっとりと見つめる表情、期待の表れ。絡まって離れない視線。おかっぱは明らかにキス以上を求めていた。

時が止まったような時間。おかっぱの喉が小さく嚥下して、

おかっぱ「意味……ぜんぶ、わかってます」

囁くような小さな声に、私は答えの代わりとしておかっぱを抱き上げてベッドに乗せた。前回と同じにキスと脱衣を並行して、おかっぱの体を確かめていく。薄い肉付きも同じ、触れるたび、小さく息を漏らすのも同じ。違うのはそこから先。

火照りに汗ばむ上半身からじっくりと下って、茂みすら未成熟なそこは、以前と同じくぴっちりと割れ目を閉じていた。うむ。

今度は小指くらいは入るようになるといいな、と思いながら割れ目のキワを撫ぜる。プニプニとした肉の盛り上がりは、はて、ほんのちょっぴりだが以前より固さがほぐれているような。

おかっぱ「……はいぃ……今日に備えて、私、ちゃんと練習を……♡」

胸の前に両手を組んでそんな事を言うおかっぱ。『練習』。……なるほど! なるほどなぁ、ちゃんと自分で慣らしておいてくれたのかぁ、おかっぱは偉いなぁー、うんうん! おかっぱの髪を撫でると、おかっぱは含羞みながらも嬉しそう。私も微笑みを返す。

……なにそれ超エロいな! そんなに私とのことを待ち望んでくれていたのか……私とするためにって自慰って……うーん、興奮が抑えられない! どうしてやろうかしらこの娘……!

とりあえず私も、いい加減窮屈な下を脱ぐことにした。おかっぱがあんまり健気なので触れてもないのにすでに最高硬度である。熱視線のおかっぱに私としてはお恥ずかしい限り。

ローションを片手に開けて馴染ませて、秘唇に塗り伸ばす。口では心配する言葉を掛けるが実際はやめる気なんてなかった。ローションの付いていないもう片方の手でおかっぱの髪やら頬やらを撫でたり、軽く体に触れたり。

痛みがないか、触られてどんなふうかを逐一確認しながらのこれは、なんというか、触診の趣が深くてなかなかどうして、これはこれで知的好奇心がこういい感じというか。ね?

おかっぱ「痛みはそんなに、ぅん……っ♡ でも、はずかしっ、です……! 自分で、より、ひっ、ずっとドキドキって、心臓、スゴくって……」

ふむ……割れ目には指の腹が沈む程度のゆったりとした刺激、とはいえ少し性急だったかも。私はおかっぱの陰部を手の平で押し包むように変更。おかっぱの胸の薄い膨らみ中央にもう片方の手を乗せてみると、たしかに鼓動が早い。

おかっぱは私の思うよりずっと繊細なのだ。そのつもりはなくとも、私のペースがおかっぱには早すぎるということもある。反省。

深呼吸。意識して息を吸って、吐く。おかっぱにも深呼吸をさせる。でも、と口ごもるおかっぱを、いいからの一言で押し切ってやらせた。おかっぱの呼気の震えが止むまで数セット。鼓動も気持ち程度は落ち着いたようだった。

おかっぱ「ごめんなさい……無理を言ってしてもらってるのに、私……」

そんなことはないし、焦ることもなかった。時間を掛けることがいけないなんてわけもない。もっと言ってしまえば、今日最後まで出来なくても構わないのだ。ゆっくり、無理のないペースで行きましょう。

でも、と言うおかっぱの視線は下方に向いている。ああ、これは気にしなくていい。何もしなくてもそのうち収まるので。

しかしおかっぱはごくっと息を呑みこんで、落ち着いたはずの顔色を赤く染めて首を振り、消え入りそうなか細い声で、

おかっぱ「その……私が……し、して、ほしいんです……」

あ、そう……まあ、うん……そうね……察しが悪くてごめんね……? おかっぱが無言で顔を両手で隠してしまうのに、さて、私はどんな顔をしたものか。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、24:00より採用、締切26:00
おかっぱコミュ続行です

おかっぱ『お兄さんの手、スゴぉい……私のとぜんぜん違う……♡ 私のより、固くって大きくって、えへへ……私のだと指、入ったけど、お兄さんのだとどうかな……? お兄さんの、アレとか……ふふ、どうなっちゃうんだろ……うふふ』
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:00:14.79 ID:gXz704ZIO
声が漏れないように常にキスをしながら
膣をほぐすように丁寧に愛撫してイかせまくる
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:06:39.63 ID:Mc+jAVu2O
目隠しと猿轡をして(許可は取る)から全身のくすぐったいと感じるところが性感帯になるまで耳元で囁きながら刺激
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:10:06.10 ID:mHbmoVxq0
シックスナインで同時に絶頂に達した。肉体的でなく精神的な悦びも感じるおかっぱ
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/04/07(日) 02:26:00.12 ID:T+/8K3ch0
>>432採用


まあそういうことなら、と私は対応。割れ目を指で往復すると、下方、膣口は柔らかな泥濘みのような感触。手首の付け根でクリトリスをゆるく圧迫してみる。おかっぱは、ふ、と息を詰めたが、痛みはない様子。このくらいの強さなら大丈夫か。

クリの圧迫を継続しつつ、ローションを塗り込むように膣口をなぞっていたのを、指の腹でぐにぐにと押し込む動きにしていく。おかっぱの息が大きく、深いものになっているのは強いて落ち着こう、私に身を委ねようとしているのだろう。

おかっぱ「ん……キス、もっとください……♡ キスすきです、お兄さん……ん、ん、はぁ……ぁ……♡ あ――――……♡ ♡」

つぷり。とついに指が完全に沈み込んだ。中指の関節ひとつ分、それでも中の締め付けは尋常のものではない。つぽ、と指を引き抜き、ローションを足して再挿入。また抜く。挿れる。それを繰り返す。

……楽しい……!

おかっぱ「お兄さん……? なんだか、ンっ、遊んでませんか、っ、んむ、ん……、……んふふ……♡ ちゅ、ん、んー……♡」

キスでおかっぱの口を封じてやった。そうして、徐々に指がおかっぱの中に埋まっている時間を長くしていって、中の開拓を開始した。

おかっぱ「ンっ、あ、中ぁ……っ、ふ、ンむ――、ぁは……♡」

再度キスで口封じ。おかっぱも悦んでいるので良し。おかっぱの中は意外とスルスルと指が入った。深度としては指の第二関節程度まで、自由度は今ひとつ、といった感。上々の立ち上がりである。

あとはゆーっくりと解していくだけ……調べによると最初から中で感じることはほとんどないらしいので、じっくりと育てていく感覚で。膣内の四方を寸刻みに、指の腹で押し広げるようにする。

おかっぱ「はいっ、痛くは……息、頑張って……、ですけど、でも、なんだか頭真っ白で、なんにもわからなくなっちゃってます……♡ ふわふわって、私、どうなって……?」

ということは、どこがイイとかはまだ早いのかな。とりあえず続行。膣内の感覚に集中させるため、クリの圧迫は控えて、上半身もキスと顔付近の愛撫に止める。首筋に唇を落とすと、おかっぱの頬に添えていた手を両手で包まれた。

そのうちに、中で指の位置を変えるたび、おかっぱは敏感にビクビクと腰から下を震わせるようになった。少しでも反応した箇所を執拗に、ノックし、撫で擦り、突き、押し込んで、

おかっぱ「あ……っ、ああっ、む、んんっ――♡ そこ、ヘンですっ、わたひ、んぐ、ん……っぷは、ヤぁ、もう、キふ、許しへくらはっ、んっ、じゅぷ、ッ……♡ ♡ ん……♡ ♡」

逃げようとするおかっぱの舌を捕まえる。本当に嫌ならやめるが、今のおかっぱの顔ではとてもそうは見えなかった。私の責めを迎えるように腰がくいくいと浮いてしまっているし。

だいたいキスだって無理やり押さえつけてしてるわけでなし、ちょっとでも顔を避ければ私も無理には追わないのだが。

おかっぱ「らってぇ……♡ よけるなんてぇ、もったいな……っ、あ、もうっ、そこばっかりずっとぉ……♡ ♡ んっ、まはキしゅぅ……お兄さぁん……♡」

ビクビクと下腹を震動させるおかっぱ。桜色に火照った頬、女らしい肉付きの乏しい肢体は決して痩せっぽちというわけではない、女になる準備を始めたばかりの頃合い特有の儚さで、私の下で身を情欲の火にくねらせている。

私を見上げるおかっぱの目は濡れて、未成熟な少女らしい所作も失せ、妖艶な色を瞳に灯している。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、4/7 12:00より採用、締切14:00
おかっぱコミュ続行です、どんな形でも次回で打ち切ります
本番でも本番をしなくても構いません、本番の場合、おかっぱは初めてなので展開に相応の制限があります、ご注意ください

おかっぱ『……♡ ♡ ♡(期待一色)』
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 12:11:05.73 ID:C+Aw9A9vO
処女を頂く(生かおかっぱに選ばせたいけどそうするかは>>1に任せます)
抱きしめたりキスをしつつ自分の形に慣らすよう無理の少ない範囲で動かし、挿入したまま愛撫込で一度はイかせる
併せて処女を貰えて嬉しいこと、続ければもっと気持ち良くなれること等を伝え、より依存を強める方向に誘導していく
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 12:15:27.64 ID:7W1mvLem0
正常位の体位で本番をする
最後はほぼ同時にイケたことでおかっぱは精神的に大満足する
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 12:44:16.92 ID:e52QLd0sO
正常位で見つめ合いながら挿入
お互いに絶頂できたが全てを挿入することが
できなかったので膣での[田島「チ○コ破裂するっ!」]を宿題にする
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:12:47.15 ID:Otw9N40UO
やっと週末だ
更新楽しみに待ってます
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/04/13(土) 23:34:10.77 ID:4v3HlQpU0
>>438採用


膣穴はほぐれて処女の面影もとうに失せ、熱っぽい性感の高まりに充血していた。私は花蜜に誘い込まれる虫のよう、紳士ぶって抑えつけていた興奮がうなじをちりちり焦がして私を急き立てる。

交錯する視線。もはや語らいに言葉は要らなかった。ゴムを被せた自分を女の入り口に宛てがい、濡れた感触を返す肉の隘路に押し込んで、

おかっぱ「ッ、あ……!」

私と絡めた手指に力を籠めるおかっぱ。険しい表情で身を強張らせるのに、私は先端を埋めたところで停止。強い締め付け、というよりは慣らしてさえ狭い隙間に力ずくで進入しているよう。

このまま目の前の女肉に欲望の全身を突き込みたいのをよくよく我慢。ここは我慢……! 落ち着け私、今の優先はおかっぱである。

おかっぱ「は……っ、あ、いえ……痛くは、ない、かなって……でも、ちょっと、んっ♡ 苦しい? ような、胸がいっぱいで、うまく言えません……言えません、けど」

汗を浮かせた顔、初めて男を体内に迎えるのだ、余裕なんてないはずのおかっぱは、力の抜けた笑みで、

おかっぱ「うれしいです……お兄さんがくれるの、ぜんぶしあわせで、私、どうにかなっちゃいそう……♡ あっ♪ ああっ……♡ ♡」

あっ、とおかっぱが声を上げたのは、私が腰をゆっくりと奥に進めたからだ。愛液が染み出して熱泉のようになったおかっぱの中に己を浸す。

深さは竿の半ばほど、肉襞の熱と締め付けに、これは動かなくても中折れすることはあるまい。痛みはないとはいえ、まずは私の大きさをおかっぱに刻み込むのが先決である。そのほうが私にとってもいい。はず。

ガツガツ動くだけがセックスではない。だからこそここは我慢。腰を振るのは後だ後。気を紛らわせようと私は身を屈めてキス。おかっぱも熱烈に舌で応えて、私の舌を吸い、絡めて、

おかっぱ「ん……♡ はむ、ん、ちゅ……っ、はー……♡ ♡ じゅぷっ、じゅるるる……♡ んぅ、お兄さん、もっとぉ……んっ、ちゅううっ、ちゅぱっ、はー……はー……♡」

ごくん、とおかっぱは私から奪った唾液を飲み込んだ。私を見上げるおかっぱの淫らがましい視線。言葉よりも雄弁な無言。

私はおかっぱの下腹に手を当てる。薄い皮膚の下で蠕動する肉のわななきはどうしようもなく女だった。以前の大人しい控えめな少女はいない、ここにいるのは男を呼び、求める、肉欲にその身を明け渡した一人の女。

こんな私に身を投げ出した年端もいかない女が、私の一部を体内に受け入れる悦びに震えて、それ以上を求めている。

おかっぱ「わかってます……♡ お兄さん、やさしいから……んっ、こうして、私が慣れるまで、待ってくれて……私、お兄さんなら、どんなことだって、って……なのにこんな、やさしくて、私……なのに……」

おかっぱの微笑み。いじらしく、健気に目を伏せて、

おかっぱ「ほしいんです……♡ お兄さんがもっとほしくて、頭、沸騰してぇ……たまらないんです―――ッ、あっ♡ ♡ ああっ、はっ、あっ♡ ♡ あっ♡ ♡ ♡ 中ぁ、いきなりぃ♡ ♡ あんっ――♡ ♡」

緩慢なストロークは、進めるに従って肉を掻き分け、引く動きで吸い付く肉襞を膨れ上がったカリで引き裂き、いずれも甲乙つけられない快楽を肉棒に与えた。

私はおかっぱの軽い腰を持ち上げるように両手で抱え、おかっぱの中を蹂躙した。最初は浅めに、角度をつけて、時折奥の方までずるりと肉の隙間を割り入って、

おかっぱ「あっ♡ ♡ あは♡ ♡ あっあっ、お兄さんっ♡ 手っ、つないでっ、はぁっ、ぜんぶっ、ぜんぶすごいですっ♡ ♡ どこもぜんぶぅ、ビリビリってぇ♡ ♡ ♡ 頭ふわふわってしますっ♡ ♡」

おかっぱは私の動き一つで悶え、あられもない声でよがった。その嬌態を見下ろす私の胸にあるのは暗い衝動。

『優しい』? おかっぱの言葉が反響する。これは優しさではない。そんな温かな感情ではない。冷たい声が言う。これは求められたものを与えているだけだ。それでいいじゃないか。私は熟れてもいない女を食える。おかっぱの望みは叶う。なんの不服がある?

腰の抽送が徐々に早まっていく。膣壁をぞりぞりと削るように自分を押し付け、突く動きでおかっぱと身を重ねて、

おかっぱ「お兄さんっ♡ ♡ お兄さん、お兄さん♡ ♡ あんっ、あっ♡ あっ、あっ、あっ♡ ♡ ♡ あっ!? ッ―――! 〜〜〜〜っ♡ ♡ ♡ ♡」

おかっぱの膣内が強烈にうねったのに、私もこらえきれず射精した。長い律動、これまでの緩慢な動きで知らず焦らされた熱情をおかっぱの体内に放出する。真下のおかっぱが私にしがみついてくるのに唇を重ねた。

しばらくの間、私とおかっぱはじっと、体内に溜まった熱を交換するように、互いの深い部分を触れ合わせていた。

その後、まさかそのまま家に帰すわけにもいかない、はじめての性行為で全身をくったりさせていたおかっぱを風呂に入れてやり、

おかっぱ「あー……♪ 気持ちいいです……、ん、あれ? お兄さん……? それ、もうそんなに……♡」

いやこれは興奮の余韻というか余波というか。長々とやっちゃったからね。一発だけだとこうもなろうというもの。というかおかっぱ、君、慣れない全身運動の直後でぐったりしているのにその期待の眼差しは一体……?

ともあれ、すっかり外は暗くなっていた。一人で帰すのは気が引けて、おかっぱの足がガクガクしていることもあって途中まで送ることにした。

おかっぱ「お兄さん、今日はありがとうございましたぁ……♡ 今度はもっとちゃんとできるようにがんばりますっ……♡ ♡」

ここまででいいです、と手を離したおかっぱは、そう言って帰っていった。はいさようなら。気を付けてね。

……『もっとちゃんとできるように』ってどういうことだろう。体力つける的ななにかかな? それとも時間を作る的な? まあいいけど。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、0:30より採用、締切2:00
(おかっぱ解禁まで7回)
(大家娘解禁まで6回)
(ポニテ解禁まで5回)
(留学生解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、ヤンキー、剣道少女、オレンジショート、桃髪サイド銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

おかっぱ『すごかった♡ セックス、あんなにすごいんだぁ……♡ 腰から下、ぐずぐずになっちゃって……私だけ。お兄さんの、全部入らなかったし……次は、ちゃんとしよう、ちゃんとできるように頑張ろう……!』
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:36:29.60 ID:/uW7EOFmO
桃髪が最近なんだか上の空のオレンジを家まで連れてきて
オレンジと主人公にエロ本(NTRモノ希望)の真似をするように指示し
その様子を小馬鹿にしながら愉しむ
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:53:06.95 ID:j4is13NEO
ヤンキーがあれから満足にイけなくなったから
責任をとってくれと顔を真っ赤にして内股に滴るぐらいに
濡らした状態で家に来たので望み通りにイかせまくる
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:59:55.07 ID:08fFFhTV0
施設後輩
久しぶりに会ったので色々お話したいと連絡があり、昔話を交えて話が盛り上がる
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/04/21(日) 07:26:58.73 ID:5VMRzHHh0
>>442採用


私は朝、決して目覚めてすぐに起きあがるようなことはしない。惰眠を貪らなくて何が無職か。ベッドでうだうだと微睡んでいるのがいいのだ……至福……まあジョギングなんかもあるのであまり遅くはできないのだが。

そんなわけでいつもの時間に朝食を摂ってジョギングから帰った私だった。こんな規則正しい生活しているから時間が余るのだ。まあいい、とりあえずシャワーだシャワー。

しかし夏本番を迎えていい加減朝でも暑くなってきた。セミもうるさいし。はーやだやだ、クーラーの付いた部屋から出たくないなこれは。風呂上がり、今までなら電気代を気にして控えめにしていた設定温度も今では強気の二十六度でポチッとな。快適ィ!

そしてパンツ一丁で水飲んだりなんかしちゃっていた私は、それに気付いた。

スマホの通知画面。ヤンキーからの受信文、それも複数。受信日時は数分前、私が風呂上がりに寛いでいる間。慌ててアプリを呼び出す。

以下文面。『今何してんだ』『おい』『あ? いい度胸だなシカトか?』『あ?』『あーもういいや、今から行くから家いろよ』『どっか出てんならすぐ帰れ』『いいな』

……怖ッ! え、なに、私、平日の朝っぱらから何されるの!? 恨み買うような真似した? してない……はず。いや前ひんひん私の下で泣かせまくったけどあれからしばらく経つし、そのお礼参りならあの後すぐ来るはず。だよね? あの時結構いい雰囲気で帰ってったし。いやでもあの娘ヤンキーだし、思い出し怒り的なサムシング……?

あり得る。

逃げようと腰を浮かせた時、玄関のチャイムが来訪者を告げた。無慈悲なチャイム連打。私は動かない。もしかしたら居留守が通用するかもという希望を私は捨てていなかった。

チャイムが止んだ。いけるか……?

ヤンキーの声『おいコラ、居んだろ? 出てこいコラァ、ああ?』

駄目でした。ガンガンと扉が乱暴に叩かれるのを止めるべく、私は玄関に向かって、

ヤンキー「あ? んだよ居んじゃねーか、返事寄越せっつかさっさと開けろ……っつか……テメ、なんつーカッコで出て来てんだ!? ああ!?」

顔真っ赤で怒鳴るヤンキー。そういえば私パン一だった。これは失礼……いや、君、前これよりもっとすごいの見てるよね? 何? 照れてるの? ふーん?

うっせえバカと脛を蹴られて悶絶する私の横をヤンキーがすり抜けて行った。私は目に涙を浮かべながら思った。やっぱりお礼参りなんだ……! 前はコスパコだったけど今回はマジ参りされちゃうんだ! もうダメだぁ! タマ取られちゃう物理的に!

さめざめ運命を悲観している私に、ヤンキーは、

ヤンキー「おい何ずっと玄関に居んだよ、早く来いよ」

君がやったんだけどね……? ああん、と凄むヤンキーに、私はやれやれと立ち上がった。

お茶で一服。胡座をかいたヤンキーがコップを煽って、ヤンキーはなぜか制服姿なので胡座は短いスカートの中がそれはそれは無防備なのだが、いや、なんでもないです。はい。

一息でコップを飲み干したヤンキーが、で、と私を睨め付ける。制服のヤンキーと向き合う私はいまだパンツ一丁だった。服着ようとしたらヤンキーが怒るので。

ヤンキー「なんで全然連絡寄越さねーんだ? あ? あれから何週間経ったと思ってんだオマエ、店にも顔出さねーし」

……? なんか連絡するようなことあったっけ? それにメイド喫茶って食事目的だと高価いんだよな。メイドサービスに価値を見出す人種ならともかく、私としてはお金を出すならもうちょっとこう別のサービスをだね、

ヤンキー「あ?」

はいなんでもないです。メイド喫茶いいですよね。メイド最高。お追従する私にヤンキーは舌打ち。私の体温は低下。ああ、私の未来がどんどん暗くなっていく……

ヤンキーはあー、とかうー、とか呻吟して、イライラと膝を揺するのだが、そのたびにですね、中の布地がチラチラと……いや見ないけど……見てませんよ? だから睨むの止めて?

バリバリと頭を掻き毟るヤンキー。私としては腹を空かせた猛獣の檻にいるみたいな心地。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、12:00より採用、締切14:00
ヤンキーコミュ続行です
なお安価内容を若干改変しています、ご了承ください

ヤンキー『あークソ、ムラムラする……! ったくコイツのせいだ、コイツのせいで自分でヤッても他の奴とヤッても全っ然足んねえッ、クソ、クソっ、そのせいでこっちはここんとこ毎日寝不足なのにコイツは平然としやがってェ……』
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 12:07:33.64 ID:NbaRq99PO
我慢の限界が来たヤンキーが誘うが
何かのキャラなのかと勘違いされる。
勘違いされているのを良いことに
自分のされたいことをとっさに考えた
キャラとして要求して快感を貪る

更新嬉しい一週間の励みになってます
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 14:17:05.62 ID:L9B2EJs6O
乗り遅れた
更新嬉しいです!
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/29(月) 21:37:55.02 ID:PuytIwI8O
ゴールデンウィークは更新ない?
楽しみに待ってる
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/04(土) 20:20:18.50 ID:ZKRPLyhaO
もう更新ないの?
ヤンキー好きだから楽しみにしてる
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/05/11(土) 01:21:32.84 ID:jfd+3hl+0
>>445

ヤンキー「あー! も、シャラくせぇ……! なんであたしがこんなに悩まなきゃなんねーんだ? ああ!?」

ひええーいきなりキレたぁー!? テーブルをバンと叩いて立ち上がったヤンキー、これから私の部屋にはバイオレンスの嵐が降るに違いなかった。私は観念して運命を受け入れた。

ヤンキー「おい、いつまでそうしてんだオマエ、さっさと準備しろよ」

言いながらボタンを外してブラウスをぐいっと脱ぎ捨てるヤンキー。男らしい所作だが現れ出たシンプルな装飾のブラジャーに支えられた胸はこんもりと膨らんで、引き締まった腹や肩さえ女性的な曲線の集合だった。

……準備? 首を傾げる私にヤンキーはスカートのホックを外しながら、

ヤンキー「……なに見てんだよ。あたしがオマエん家にくるとか、ヤることは一つだろーが。ああ?」

……あー、あーあーあー、そういう? 暴力じゃなくってそっち? なんだよ脅かすんじゃないよ、それならそうと初めから言ってくれれば予め用意もしたのに。いいけど。

それにしてもあれだね? 君もなかなかのワルだね、学校が面倒だからって男の家に上がり込んで誘うなんて。

ヤンキー「あ?」

うん? それでムシャクシャして朝から家に来たんだろう? ストレス発散ということなら私も拒む理由もない。なんせ無職なのでいくらでも付き合えるわけだ、お互いに都合がいいね?

ヤンキー「……あー、まあ、そうだな。うん。ガッコも何かとメンドーだしな、先公にもなんか知らねーけど目ぇ付けられてるし。うん。あたし別に何もしてねーのにな? うん、ま、そういうこったな。うん」

うんうん頷くヤンキーのスカートがぱさっと床に落ちた。上と揃いで飾り気のないパンツだが、しかしどうだろう。ヤンキーの尻はかなり大きい(経験済み)。太腿同様、十分な筋肉の上に脂肪が乗っているので結果的に大きく太くなるわけだが、私としてはこういう健康的な肉体はすこぶる好みなのだった。股間に即エネルギー充填100%。おかっぱみたいな儚げなのもよいが、こういうマッシブなのも味わい深い。

おや視線が。ヤンキーが慌てたように、

ヤンキー「よし、じゃあヤんぞ。今日はこの前みたいにいかねーかんな、覚悟してろよおっさん? あたしのストレス解消なんだ、満足するまでアンタが泣いても止めねーからな」

……あの、参考までに聞いておきたいんですけど。満足ってどのくらい……?

ヤンキー「あ?」

はいなんでもないでーす今行きまーす。……ヤンキー超やる気なのだが、私、これ、絞り殺されたりしない……?


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、5/12 12:00より採用、締切14:00
ヤンキーコミュ続行です
なお安価内容を若干改変しています、ご了承ください

ヤンキー『なんかうまいこと話し転がったわラッキー♪ さすがにコイツとヤりてーから来たとか言うのは恥ずい……ってか妙な弱み握られたくねーしな。まあいいや、さっさとこのモヤモヤ全部ぶっ飛ばすくらいヤッちまおう。この前はアレだ、なんかコスプレでアガってただけだ。今日はこっちが主導権取ってやる!』
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/11(土) 01:23:07.36 ID:jfd+3hl+0
遅れて申し訳ない、ちょっとずつでも更新できればと思う
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/11(土) 12:45:10.99 ID:jfd+3hl+0
5/12って明日じゃねーかなんてこった
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/12(日) 12:39:08.95 ID:gSmkekNvO
ヤンキー呆気なくチン堕ち
反応は良いので折角だからその内ポニテに使う予定だったエグい道具の実験台になってもらったところM方面に開花
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/12(日) 13:10:49.77 ID:OsA4sc5DO
しばらくスポーツさながら激しく盛っていたが、抜かずに休憩していたところから流れでスローセックス
調子が狂ったような様子から徐々にしおらしさを見せ始める
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/12(日) 18:37:46.14 ID:mPXhIUG30
>>453採用


ヤンキー「ぐっ♡ ふぅっ♡ オラオラもっと突き上げろっ、おっ♡ ♡ あーイイっ、トコっ、当たって……!」

パチュパチャと粘った水音、ヤンキーは私の上で激しく腰を上下に打ち付けて、その度にベッドがギシギシ軋んだ。ヤンキーの膣はぬめった温かな肉筒で、陰茎を包まれて扱き倒される。

主導権を早々にヤンキーに譲り渡したセックスは現在ワンサイドゲームの様相を呈していた。ベッドに押し倒されゴムを付けられローションを撒かれて即挿入。キツそうにしながらも前戯もなしに私のモノを受け入れたヤンキーは、今では、

ヤンキー「オラもっと根性見せろ! ハ、いい眺めだな? あたしの尻にっ、敷かれてっ♡ チンコ勃てやがって、ああ?」

耳にかかった髪を払いながら嗜虐的な笑みを浮かべるヤンキー。凄まじい腰のグラインドにヤンキーの上体が弾んで質量感ある胸が揺れる。眼福! かと思えば私を奥深くまで咥えた状態でグリグリと円運動で絞り上げたりで、強烈な快感が股間から脳髄に走った。

ヤンキー「あ? 待つわけねーだろ? 泣き言言ってんじゃっ、ん♡ テメッ、口の割にチンコ今までより、固……っ♡ ♡ 出んのか? いーぜ、出せあたしん中でッ……♡ ♡ あたしの一番っ、奥……ッ、〜〜〜〜♡ ♡ ♡」

ヤンキーが大きく仰け反って腟内の締め付けがひときわ強まった。手指を絡めてヤンキーが倒れ込まんでしまわないようにしながら、堪えきれず私も精を放った。

私の脈動を身の内で受けるヤンキーは小刻みに震えて、無意識の動きか、膣肉は甘えるように私のモノを抱擁する。セックス後の余韻、二つ分の荒い呼吸だけが室内の音だった。

射ち終わった逸物がしおしおと交合部から転び出る。先端に白濁を溜めたそれを見て、ヤンキーはニヤリと笑う。

ヤンキー「こんなに出しやがって……ふー、水……この分なら次もすぐ出来んな? ちょっと休んだら再開な」

ちょっと待って……体力が……身が持たない……もうちょっと休もう? な? お互い疲れただろ?

ヤンキー「なにおっさんみたいなこと言ってんだよ。つーか言っただろ、あたしが満足するまでヤるって……っつーか、オマエさぁ……」

とヤンキーは私の陰茎を手の平で包むように握って、すりすりと擦るとあら不思議。半勃ちだったソレはヤンキーの手の中で見る見るうちに硬度を取り戻したのです。

ヤンキー「こっちはずいぶん素直だな? アレか? カラダは素直だって奴か? ケケ、休みも要らねーみたいだなこっちの方は」

待ってくれ……そっちはともかく、体がキツいの……現役高校生のペースでやられると死ぬ……チンコ以外の機能が全死亡したただの肉バイブになっちゃう……明日全身筋肉痛でオシャカになっちゃうので何卒ご容赦を……

いいんじゃねーの別に、と言うヤンキーは明らかに本気だった。やっべぇ絞り殺される……体力オバケかこの娘? ランニング(ウォーキング)のみのアラサーでは太刀打ちできないぞ……!

いやわかった! 折衷案で行こう。あ? と眉を上げるヤンキーはもっとセックスがしたい。私はペニスは戦闘続行可能だが体を休めたい。両取りで行きましょう。ね? そういうことでいいよね? ね?

ヤンキー「……ま、いーけどよ。おっさんはおっさんだからな、仕方ねーな。これ、貸しな? いいな?」

うむ。私は重々しく頷いた。……貸し? まあいいや。後で考えよう。
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/12(日) 18:38:20.04 ID:mPXhIUG30
というわけで興奮が冷める前に早速始めましょう。ベッドに二人して横になって側位の体勢、ゴム付けーのローション付けーの、はい挿入。ずぬぬぬ、とヤンキーの中に分け入る感覚。さすがに最初とは違って程よく解れていて、一戦終えた直後なのでまだ中は熱冷めやらない。知らず詰めていた息を吐くと、ヤンキーも同様だったらしく、妙なシンクロっぷりに思わず笑ってしまった。

ヤンキー「はー……オマエの、ここまで挿入ってんだよなぁ……」

深く息を吐きだしながらヤンキーは接合部に手をやり、体内深くに飲み込んだ私のモノの根本に触れる。確かめるような動きでヤンキーは自分の股から下腹を手でなぞる。ちょうどヘソの真下でヤンキーの手が止まるのに想像を掻き立てられた。

んー? と上目遣いにこちらの顔を覗き込んでくるヤンキーに、私はぐっと欲望を堪えて――なんで堪える必要が? ああ、体力回復のためだった――枕元のタオルを一枚、ヤンキーに渡した。私も手に取ると、ヤンキーは得心したよう。

ヤンキー「あー、確かにクーラー付いてっし、汗かいたままだと冷えるか。……あ、ちょっ、自分で拭く……ッ」

いいから。君は私の方を拭いてくれ。しかしヤンキーは本当にいい体をしている。ポニテと同系統というか、程よく鍛えられた体の上に女の脂が乗って、しなやかな触り心地がタオル越しにもわかる。ヤンキーのが上背あるし筋肉付いてるしでより先鋭的な感。私によし。

はい腕上げてー、はい動かない睨まないー、至近距離でその眼光はなかなか……いや、アリか……? ヤンキーの顔が赤いのはもしかして照れ? 照れ隠し? それはそれは……君、かわいい所あるじゃないかね?

ヤンキー「……っせ、バカ……」

ヤンキーが私の背に腕を回して背中を拭いてくれるのに、私はヤンキーの足を持ち上げて拭っていく。ヤンキーの足を私の腰にかけさせると、密着感で思わずドキッとした。ヤンキーの下になった方の足は体勢を変えるのが面倒なので手が届く内腿まででいいかな。

お互い綺麗になったところで一応タオルケットをかぶって体の冷え防止。あー、いい……体は休まる、陰部はヤンキーの中で気持ちいい。ヤンキーの膣は絶え間なく微細に蠕動して、動かなくてもこれならしばらくは持つだろう。

しかしどうにも手持ち無沙汰である。ヤンキーも無言。このままでいてもいいが、と私はヤンキーの顔にかかった髪を払って囁く。ちょっとの間、君の体触っててもいいかな?

ヤンキー「……あ? ああ……」

ぼんやりした様子のヤンキーにもう一度確認すると、ヤンキーはわずかに顔をしかめて、好きにしろよと言う。ちゃんと聞こえているのならいいのだ。では、と私はタオルケットの下のヤンキーの肌に触れた。

一瞬ひんやりとした感触、しかしすぐに内部の熱が伝わってきた。ちゃんと汗を拭いていてよかった。指を押し返す瑞々しい弾力は若さの特権だった。ヤンキーの場合、筋肉が発達しているのでなお良し。そのくせ丸みを帯びた体は極上の部類、それがなんの因果か今、私の手元にあるとは人生わからない。

ヤンキー「ひ……んっ、ン、む! んー……♡ っは、テメ、いきなり……」

抗議してくるヤンキーに構わず、もう一度唇を重ねた。手持ち無沙汰って言っただろう? 言ってないっけ? まあいいから。舌出して、そう。ゆっくりでいい……そう……

じっとりした汗がヤンキーの肌に浮かんで、触れる肌がじんわりと熱を持ち出した。ヤンキーの呼吸が浅くなるのを、強いて深く、大きくするよう言う。局部には触れてこなかった私の手、それでヤンキーの下腹を撫でると、ヤンキーはビクッと肩を跳ねさせる。

呼吸をするんだ。大きく。深く。ヤンキーにそう囁きかけて、ヤンキーの下腹部に加えた圧をほんの少しだけ強めると、途端にヤンキーの呼吸が乱れるのを咎めながら、ゆっくりとした負荷をヤンキーに加えていく。

ヤンキー「はー……♡ はー……♡ ふっ、うっ♡ はっ♡ あー……♡ ♡ あ? あー……中、あたしの一番深いトコ、ズドンって刺さって、逃げらんない……♡ はー……そう、子宮……子宮の入り口、っ♡ オマエのが狙って、動いてないのにグリって……なんだよコレ……? あたし、おかしっ、これ、おかしいって……♡ ♡」

ヤンキーは私に身を寄せて、全身を押し付けているのに無自覚のようだった。ヤンキーの呼吸は震える都度、膣襞の蠕動は活発になって、中が膨らんだかと思えば急に狭くなる。ヤンキーは自分の体の変化に完全に翻弄されている様子。

抱きしめたりキスをすると少し落ち着くようなので、互いの肌の接地面積を増やしてやる。まるで軟体動物が交尾で一つに溶け合っているような心地。

ヤンキー「あっ、中ぁ♡ ビクって……♡ ♡ 来んのか? いーぜ、あたしの中で、出して、あっ♡ あー♡ ♡ あー……はぁ……♡ ♡ ♡ ♡」

ヤンキーの腰を抱いて自分をもっと奥に押し込みながら、溜まりに溜まったものをヤンキーの中で放出した。脳天まで突き抜けるような射精感。

私とヤンキーは汗みずくの体を絡ませ合いながら、長い長い射精が終わっても、互いの体に潜り込むように全身を触れ合わせていた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:00より採用、締切22:00
ゾロ目なのでヤンキーコミュ続行です、ヤンキーコミュは次回で終了です

ヤンキー『あー……頭溶けるぅ……なんだこれ知らねー……♡ すっげー全身毛穴開いてるみてぇ……やべぇー……♡ ♡』
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/12(日) 20:36:13.75 ID:gSmkekNvO
攻守交代と言わんばかりに激しく責め立てる
調子の狂っていたヤンキーは突然の責めに対応出来ず鳴かされるばかりになりより一層男にのめり込んでしまうことに
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/12(日) 21:56:23.42 ID:uAZr0Aa/O
一緒に風呂に入り浴槽に繋がったまま入ったり
鏡に顔が映るように立ちバックしたりして
子宮を何度も責めて身体に覚えさせる
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/12(日) 21:59:10.24 ID:pBBo/4FRO
間に合ったか?

一晩中ヤンキーと交わり何度も奥でイかせて
二人とも寝落ちする
ヤンキーより早く起きたのでちょうど子宮の上あたりの
皮膚にジョークグッズのハート型のタトゥーシールをはる
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/17(金) 00:05:17.17 ID:JPgO6kSb0
>>456採用

濃厚な交わりの余韻に頭の芯が痺れてしまった私は、射精をとうに終えた逸物をヤンキーの中から抜くことも忘れて、眼の前のヤンキーと唇を重ねる。ゆるゆると続くキス、顔に当たるヤンキーの呼気も甘く、その甘さをもっと舌に感じたくて、もっと深く口付けた。

至近に見つめるヤンキーの容貌は、汗に髪を張り付かせて、情交の火照りに蕩けている。

口火を切ったのはヤンキーの方だった。

ヤンキー「……なあ。オマエさ、たった今だよな。出したの。いつ抜くんだとは思ってたけどさ」

優しい口調、しかし呆れたようにヤンキーは言う。

ヤンキー「なんでオマエまだ勃ってるわけ? あん?」

いわゆる『先生怒らないから言ってみろ』式尋問だった。私は目を逸らす。いやこちらとしても不本意というか予想外というか。けっこう満足してるんですけどね? あとフルじゃなくって半勃ちなのでそこを考慮の上、情状酌量をですね……

ん? 私は首をひねる。というか、もしかしてこれで終わるつもりなのか? ヤンキーは。まだ三発しかシてないのだが。まさかヤンキーはこれで満足だとでも? 始める前散々偉そうなことを言っておいて?

ヤンキー「なっ……なんっ、オマ、っなわけ……ねーだろうが? ああ? この程度まだまだヨユーに決まってんだろ」

ですよね、と私はヤンキーに埋めていたモノを引き抜く。ヤンキーが息を呑んだのでちょっと乱暴だったかな。まあいいか。わあ、こんなに出したのか。それは満足度高いはず。

ゴムを取り替えた私を見つめるヤンキーはどことなく引き攣った笑みを浮かべるが、さて。自分の逸物が臨戦態勢を取り戻していくのに、私の笑みは深くなる。

ここまではヤンキーのペースに合わせてきたのだから、ここからは私のペースでやらせてもらうとしよう。観念したようにため息を付くヤンキーに覆いかぶさって、互いの距離を再びゼロに戻していった。

カーテンを締め切った室内は弱めの空調を効かせているが、男女の交わる淫猥な体臭が立ち込めて蒸すような熱気に汗が浮いてくるなあ、と腰を一定のテンポを保って振りながら、そんな事を考える。

四つん這いにしたヤンキーを後ろから責め立てているのだが、うっすらと筋肉の浮いたヤンキーの背中は彫刻めいた美しさで、そこから下った尻の丸みが恐ろしく雄の欲望を刺激した。

腰をガッ突きたくなるのを我慢。私一人で快楽を得るのではなく、私の責めで感じた女の反応で私も良くなるのがいいセックスというものであろう。そうして私は心も体も充足するのだ。そうではないか?

……とはいえもう数発出した後なのでそう簡単には出せない。快楽の込み上げるスピードがそれまでより明らかに遅々としているのが業腹だった。なので、

ヤンキー「あっ♡ あっ♡ そこ、スゴっ♡ ♡ イっ♡ ♡ イってる♡ ♡ イっく♡ ♡ あっ、またっ、あっ! あっ♡ ♡ ♡ 待っへ♡ ♡ ちょっ、これ以上はぁ、も、許ひ、待っ――♡ ♡ ♡ ♡」

ぐねぐねとうねる膣にドスンと強引に突っ込んで、強く腰を振る。男が気持ちよくなるためだけの動作。それでも、完全に出来上がってしまっているヤンキーは、奥深くに私を受け入れただけで背を弓に反らして、甲高く啼いて媚びてくる。

決した雌雄、雄に一方的に蹂躙されることを望んで受け入れる雌の姿。もはや互いに言葉はなく、交合に肌のぶつかる音と喉から出る咆声がすべてだった。身の内に猛る獣の本能のまま、ヤンキーの雌穴に雄の象徴を突き立てた。

ヤンキー「っ♡ ♡ うっ♡ あっ♡ ♡ あっ♡ ♡ あっ!? 〜〜〜っ! ふうううっ♡ ♡ ♡ ……っ♡ ♡」

ヤンキーの胎内に溜め込んだ快楽を打ち込む。若く美しい女に射精する瞬間の達成感といったらない。男女の交わりの醍醐味を存分に味わいながら、最後の一滴を出し切るまで、私の下でぴくぴくと背を震わせるヤンキーを眺めていた。

その後、気が付けば昼を大きく回っていたので昼ご飯にするつもりが、ヤンキーがすっかり駄目になってしまったので困った。そのまま寝かせているわけにもいかず。

仕方がないので風呂入れてベッドの始末をして、ぐずるヤンキーにご飯を食べさせて歯を磨かせてまた寝かせた。疲れた……

さすがに風呂で反応することはなかった。油断しないでよかった。もう一回戦するのはさしもの私も気が引けるというもの。さて私も寝るとしよう、ふてぶてしくベッドの中央に陣取るヤンキーを押しやって私もベッドに横になった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、1:00より採用
ヤンキーコミュ終了です
(ヤンキー解禁まで7回)
(おかっぱ解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

ヤンキー『あー……やべー……どうすんだこれ、こんなの味わったらもうダメだろあたし……どーしよマジで……オトコとか誰でもおんなじだって思ってたのになぁ……やべぇー』
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/17(金) 00:23:27.03 ID:JPgO6kSb0
試験的に依存度を明示していこうかと思います
執筆の上での裏設定なんですけども、管理が面倒になったら止めます

身体依存度と精神依存度に分けてA~Cの三段階に分けます
C:普通。依存なし〜軽度
B:依存度中。主人公(『私』)のことが頭から離れませんがまだ帰ってこられます
A:依存度高。人格が変わるレベルで依存しています。なにがあっても離れません

参考までに関係を持ったヒロインたちの依存度を表示します
金髪ギャル:身体依存度C、精神依存度B
おかっぱ:身体依存度C+、精神依存度B+
ヤンキー:身体依存度B+、精神依存度C+
ポニテ:身体依存度B+、精神依存度B+
オレンジショート:身体依存度C、精神依存度C
桃髪サイド:身体依存度C、精神依存度C

基本的には身体依存度と精神依存度は相関関係にあるので、片一方が高ければもう片方も上がりやすくなります
また身体依存度は精神依存度がAになってはじめてAになる設定です

精神依存度Aには一定のイベント、儀式が必要です
たとえばポニテの場合、ストーカー被害やメサイアコンプレックスによる人間関係の支障などをうまく利用することになると思います
おかっぱの場合は親バレ、友人バレ等の危機かなーとは考えてます。まあその時々の安価でその時の気分でやるので確定ではないですが

まあ精神依存度A昇格イベントはかなりご都合主義と言うかメタ対応になりますがご了承いただければ
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/05/17(金) 00:27:34.37 ID:JPgO6kSb0
(ちなみに前作でいえば目隠れが堂々のダブルAです、良かれと思って従姉を売った女ですので)
(他の関係持った娘はAだったりBだったりですね)
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/17(金) 01:02:53.36 ID:GHhre+Cl0
施設後輩
久しぶりに再会したので、ゆっくりとお話したいと連絡が来る
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/17(金) 01:06:39.94 ID:kTDE4mr60
銀髪ロング 銀髪ロングのおごりでゲーセンで遊ぶ エロプリを撮ろうとはだけたり密着したりで誘惑してくる
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/17(金) 01:07:17.29 ID:hoLb6w1WO
夕方、近所の高校を通りすがると、恋人を熱心に見守っている剣道少女を発見
剣道少女の恋人は野球少年らしく、懸命に練習に励んでいた
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:02:29.96 ID:EwkJ5Tj70
>>463採用


翌日の朝になってヤンキーは私の家からそのまま学校に行った。一旦自分の家に帰ったほうがいいのではないかとも思ったが言わずにおいた。ヤンキーも全く頓着していないし、ヤンキーの家ではそういうことは茶飯事なのかもしれない。

いずれにせよ、一般的な家庭を知らない私に口出しできることではなかった。なによりも今は私のほうがグロッキーである。朝っぱらから夕方近くまでの性交が翌日になってアラサーの体に響いてきていた。ヤンキーは一日休めば元通りなのでこれが若さなのであろう。

そういえばヤンキーが去り際、玄関の扉を開けて、じゃあな、と出て行こうとして、

ヤンキー「……これからはちゃんと店に顔出しに来いよ」

どうせ暇だろ? と言うのはそのとおり。しかし行く前には連絡してこいとは一体どういう? え、なぜ凄むの? 変なこと聞いた?

いいからと強引に押し切られて、ヤンキーの働くメイド喫茶に行くときは事前に連絡することになった。別にいいのだが。無職だし。暇だし。

ヤンキーも帰ったことだし、今日は一日おやすみにしよう。ああ我が愛しの布団よ……他人といるのもいいがやっぱり一人は落ち着くな……おひとりさま歴長いからな私も……

寝ながらスマホをいじったりしてダラダラ過ごした。寝ながらスマホ。食事の時もスマホ片手。トイレに行くにも持ち込んで、スマホは人生一人プレイの強い味方である。スマホがなければ私の生活はどうなっていたことか。

ふとゲームセンターの記事を見つけた。ゲームセンターの市場規模は年々減少傾向なのだという。わざわざゲームセンターに足を運んでゲームをする時代ではなくなったということか。プライズなどの版権グッズ販売がメインになるとはなあ……

普段ゲームセンターに行かない私だが、なんとなく寂しい気分。よし、今日はご飯食べたらゲームセンターに行こう。予算は……五千円もあったら足りるだろう。

そんなわけで午後、どうせなら大きいところに行こうと街のゲームセンターに来てみたのだが。

銀髪ロング「……あ」

制服姿の銀髪ロングと遭遇した。クレーンゲーム筐体の前に以前と変わりない露出の著しい着崩し、これを見誤る男はおるまい。この時間なら知ってる人と会うことはないと思っていたのだが(最近増えた知り合いが学生ばかりだ。おかしい)、学校はどうしたのだ?

私を認識した銀髪ロングの顔、その表情がさっと一瞬で笑顔を作って、あー! と明るい声を上げた。

銀髪ロング「ひさしぶりー、おにーさん♪」

カラオケ以来かな? と私の方に歩み寄って懐っこく笑う銀髪ロングに私は困惑していた。ひとつにはこの前のカラオケで険悪な雰囲気で別れてしまったのに、こんなに好対応されていること。もうひとつは、

男「……誰、そいつ。ねえ」

彼女が男連れであることだった。齢は四十かそこら、少なくとも私より一回りは年嵩の男がクレーンゲームを操作していた手を止めて、銀髪ロングと私に交互に目を向けていた。値踏みするような視線。迷惑そうな態度。

銀髪ロング「んー? んー、ね、あたしたちってどーいうカンケイ? かな?」

小首をかしげてみせる銀髪ロングは前屈み姿勢で、つまりボタンを留めていない豊かな胸の谷間がもろに私の目に――っと、私はナチュラルに下がった視線を前に戻した。どんな関係と言われても、どんな関係でもないというか。

えーひどーい、と全く傷ついていなさそうな銀髪ロングの抗議は今の状況を理解しているのかどうなのか。

男「な、なんだよそいつ。誰なんだよ。い、今はおれがその娘と遊んでるんだろ、邪魔するなよ」

ごもっとも。私も銀髪ロングとこの男性の関係は想像がついている、二人の時間を邪魔するつもりはなかった。

銀髪ロング「あたしちょっとゲーム飽きちゃってさー? あたしずーっと見てるだけでつまんないしー。だからアナタとはこれでオシマイ」

なんか笑顔で超辛辣なこと言ってる……! 男性の顔がさっと赤黒くなって、口から泡を吹き出して叫んだ。

男「だから誰なんだよそいつ! か、か、金は払ってるだろ、ゲーセン行こうって言ったらあんなに乗り気だったじゃないか! どど、どうせそいつもおれと同じだろ、でもおれのほうが絶対いいんだろ、だからあんなに楽しそうだったんだろ、だからおれを選んでくれたんだろ!」

ひええ物凄く怒ってる! なに? なんなの? 説明を求めて銀髪ロングの方を見る。私は一体何に巻き込まれたというのか。気紛れにゲーセン来てみただけなのに。

銀髪ロングと目が合う。相変わらずの笑顔、しかし眉尻が下がっている。銀髪ロングは困っているのだと短い付き合いでもわかった。私はため息。

まあそういうことだから、と私は銀髪ロングの肩を抱いて親密さアピール。貴方には悪いがこの娘の時間は私がもらうと言い放ってやると、男はさらに激昂。歯をぎりぎり軋ませて地団駄踏んで、私を指で差してなにやら言うが、感情が先走り過ぎていてよく聞き取れなかった。

だが言わんとすることはわかったので、私は本心から笑ってしまった。金で女の子を買っておいて、その上気持ちまで期待するのは無理筋だろう。そう思ったが言わない。なにがおかしいんだよと叫ばれても、私には分別があるので、思っていることをストレートに伝えて火に油を注ぐようなことはしないのだ。

すわ揉め事かと店員がすっ飛んできたので、私は銀髪ロングの手を取って急いでその場を離脱した。厄介事は御免なのだ。

銀髪ロング「ゴメンね、ヘンなことに巻き込んじゃって」

店を出て雑踏に紛れてから手を離した。これで追われても撒けるだろうと人心地ついていると、銀髪ロングがそんな事を言う。いつになくしおらしい様子に、私は構わないと返した。大した事ではないし、カラオケでは怒らせてしまったからこれでチャラということで。

私がそう言うと銀髪ロングはちょっと笑った。これからどうするのかを訊かれて、私は別のゲームセンターに行くと返答。なにかしたいゲームがあるのかとの質問には正直に、あまりゲームセンターに行ったことがないので適当に遊ぶつもりだと答えた。

銀髪ロング「それじゃお詫びに、あたしが連れてったげる♪」

言って私の腕を抱いてくる銀髪ロングに、私は腕に当たる双丘の柔らかさと凄まじい量感に唸ったがぐっと我慢、周りの目が痛いので離れるように諭すが離そうとしない。まあそれはそれで。駄目かな? でも強く言おうにも下心で語調がふにゃふにゃしながら、銀髪ロングにリードされるまま道を行く。
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/05/19(日) 06:08:01.59 ID:EwkJ5Tj70
連れて来られたのはさっきのゲームセンターよりは少し小さめでの店。どことなく寂れた感があるのは人が疎らのせいか薄暗い照明のせいか。とはいえ筐体に不具合があるわけではないなら私に文句はなかった。

銀髪ロング「どのゲームしよっか? 最初は二人でできるのがいいかなー。あ、いいよ、今日はあたしの奢り、いっぱい楽しもうね!」

と銀髪ロングは紙幣をコインに崩して今日一の笑顔を見せる。自分の分は出すというのが失礼に思えるようなとびっきりの笑顔だった。顔の造りがいいと笑ったときの威力が倍増である。銀髪ロングにしても妙な借りを作りたくはないのだろうと、私はつべこべ言わず気持ちよく奢られることにした。

ゾンビを銃で撃ち殺したりレースでひたすら壁に擦ったり、クレーンゲームで銀髪ロングが容易く商品を獲るのに賛辞を送ったりしながら(私は五回中収穫ゼロ。悲しい)、ゲームを楽しんだ。非常に楽しい。銀髪ロングはかなりのやり手なので基本的に後ろをついていけば一通り遊べた。でも音ゲーでダンスはちょっと待ってスカートやばいからぁーヒラヒラってぇー! 中ー!

そんなこんなで眼福機会が多々あった。私の体が正直者であることは恥ずかしいので銀髪ロングには隠さねば、と思っていると、

銀髪ロング「そーだ、プリ撮ろ? ゲーセンデビュー記念なんだし♪」

と、腕を取られて店内プリクラコーナーへ。断る理由もなかったので、先に中に入るように言う銀髪ロングに従って女子の顔がでかでかとデザインされた箱の中へ。なにげに私は人生で初プリである。ううむ、ちょっと緊張してきたな……

モゾモゾした気分の私に、お待たせと銀髪ロングがプリクラ機の中に入ってくる。……近っ、こんな距離でプリクラ撮るの? え? これ恋人とかカップルの距離じゃない?

銀髪ロング「機械がポーズの指定してくれるから言うとーりにしてね? だいじょーぶ、あたしがちゃんと教えてアゲル♡」

ポーズまであるの? プリクラって凄いんだねぇ、いや、お願いします。ニッコリと笑む銀髪ロングに任せれば万事問題ないだろう。

機械音声に従ってポーズを取っていく。「もれる」ように(盛る? 意味は詳しくは不明)もっと近づくように言われれば近づき、両腕を駆使して銀髪ロングと共同でハートを作ったり、正面からぎゅっとハグしたり、後ろからピトッとくっつかれたりおんぶしたり恋人繋ぎしたり――って待って待って待って! 心臓が! あと下半身の一部分が状況に追いつかない! なにこれは公共セクハラ機!?

銀髪ロング「え? これくらいトーゼンじゃん? カップルコースなんだし」

カップルってこんなのプリクラで撮るの!? 仕切りあるとはいえ公共空間だよ? 節度と分別大事絶対!

あははと楽しげに笑う銀髪ロングが、撮影終了のアナウンスで外に誘ってくる。撮影ブースとは別のブースで写真に落書きができるのだそうな。おっと、この美肌で目玉の大きい男は誰かな? 私? マジで?

ぐりぐりと文字を書いたりスタンプを押したりする銀髪ロングの手には迷いがないので加工は任せることにした。え、私も? どうしよ、え、時間? いや急に言われても……はい時間と場所、いや字が固いと言われても……はい崩します。違う? 可愛くなんて書けないよ許して!

そうして出てきた写真を見比べてみると、完成度(?)は確かに銀髪ロングの加工したほうがいい。経験の差が出たな……ねえ、そんなに面白い? 私の加工したほうの。ふん、私だってもっと経験を積めば……盛り技術を身につけさえすればぁ……!

銀髪ロング「アハハハ、じゃ、もっかい撮ろっか! 今度はポーズ、あたしが決めるけどいい?」

いいですとも。再挑戦に燃える私は再度、硬貨を投入した銀髪ロングに続いて撮影ブースに入った。銀髪ロングがカップルコースを選んで音声が流れる。……あ、またさっきみたいなポーズ取るのか。銀髪ロングは私と密着するのに気兼ねないようなので、本当に男女関係の経験豊富なのだと実感する。ある意味見事である。

どんなポーズで撮るのか指示を仰ごうと銀髪ロングを見ると、ただでさえはだけたブラウスのボタンを全開にしていた。ブラ丸見え! 今度のもレースのエロいのだヒャッホウ! ……なぜ脱いでるの!? 写真に残るんだよ!?

銀髪ロング「えー? このくらいフツーだよフツー。ほら、もっと近くで、ぎゅってぇ……」

正面から身を寄せてくる銀髪ロング、両手を私の首に回して、顔と顔の距離が近づく。艷やかな唇はふっくらと色付いて、上目遣いに細まった瞳に心まで絡め取られてしまいそう。

私の体の前面に押し付けられる肢体は女として限りなく完成していた。おそらくは男を誘って薄汚い欲望を煽るための。機械音声が撮影を告げる。すぐにもカウントダウンが始まるだろう。

銀髪ロング「助けてくれたお礼に、おにーさんならタダでいいよ♪」

膨れ上がった私の股間さえ、銀髪ロングには感触として正確に伝わっているのだろう。銀髪ロングは楽しそうに、誘うように、煽るように笑顔を浮かべている。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用
銀髪ロングコミュ続行でも構いませんし、別ヒロインのコミュでも構いません

銀髪ロングコミュ続行の場合、プレイ内容等を指定ください。ただし屋外なのでこの場(プリクラ機内)では相応の制限があります、また生本番は禁止です

別ヒロインを選んだ場合、この場から逃走することになりますので以降銀髪ロングが採られた際、コミュはそれが前提になります、ご了承ください
別ヒロインの場合、下記の安価制限があります
(銀髪ロング解禁まで7回)
(ヤンキー解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(指定可:金髪ロング、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

銀髪ロング『助けてもらっちゃったからちゃんとお礼しないと♪ おにーさんも口ではうるさいけどえっちな目で見てくるんだから、素直に言ってくれればいいのになー、もう』
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 06:17:37.50 ID:EwkJ5Tj70
補足
生の解禁条件ですが、現在主人公(『私』)は数ヶ月で資金が尽きることを前提にしているので、その後の責任が取れない行為には踏みとどまります
(生本番による妊娠の可能性、自分を媒介にした性病の拡散など)
じゃあ人付き合いとかどうなのか、となりますが、そこについては軽く考えているということで。自分の他人に与える影響を甘く見積もっているとも言えます(例:おかっぱコミュ)

現在は以上の条件がクリアされていないので生ではしないし、迫られても拒否することになります、生好きな人には申し訳ない
特に銀髪ロングは設定から生エッチ大好きなので展開がどうしても悪い流れになりがちで申し訳なく思います
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 10:03:25.51 ID:qukT0zQiO
施設後輩
久しぶりに再会したので、ゆっくりとお話したいと連絡が来る
色々と話をするなか、かつて二人がいた施設が人手を求めている。『私』なら施設の子達の力になれるのではと告げられる
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 10:17:09.97 ID:35uT5+PPO
プリクラ続行
簡単な勝負をし負けた方が一枚ずつ服を脱ぎながら撮る
最終的にお互ほぼ裸になりキスしながらの撮影などもした
その後撮ったプリクラのデータを送るからと
言われ連絡先を伝えた
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 12:12:32.04 ID:EwkJ5Tj70
13時までで安価締め切ります、安価がつかなかった場合高コンマの>>469が採用されます
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/05/19(日) 20:09:59.43 ID:EwkJ5Tj70
>>469採用


プリクラ機という簡易な密室、密着した肢体から立ち籠める甘ったるい体臭が私の思考をぐずぐずに溶かす。ぺろりと唇を舐める銀髪ロングの舌は唾液に潤っている。その瑞々しさはどんな果実でも及びもつかない。

大丈夫だよ、と銀髪ロングの口が動く。密談するようにかすれた声。

銀髪ロング「誰も来ないよ? お客さん、全然いなかったでしょ。店員さんもやる気なくって滅多に来ないの」

いいでしょ、と言ったのははたしてこの店についてか、それともこれからの行為についてか。私はなにも答えられない。私が感じているのは服越しに触れる銀髪ロングの肉肌、顔に当たる湿った呼気、耳を侵す密やかな声――体中の器官で目の前の女を感じている。

銀髪ロング「うふふ、でも決められないんだよね? おにーさんのココはとっても素直なのに、正直になれないなんてかわいそうじゃない? フフ、やっぱり固ぁい……♪」

ズボンの上から私の股間を撫で擦る銀髪ロングの巧みな手付きに膝が笑ってしまいそう。聞こえているはずの機械音声が耳を素通りする。顔を寄せてきた銀髪ロングの唇が私の首に触れる。濡れた感触。軟らかな舌が首筋を舐めあげて耳たぶをゆるく食まれた。

このままではマズいという思考と、それとは正反対な衝動とが体の中で渦を巻いている。
――この女は私を挑発しているのだ。私という男を舐め腐った報いをくれてやれ。
――そんなことは許されない。少なくともこの場では。もし人に見られでもしたら。
――知ったことではない。私はこの女に煽られた欲求を解消するだけだ。これは正当な行為だ。

どうせ私に失うものなんて……

銀髪ロング「あーあ、撮影時間終わっちゃった。もったいなーい」

くすくすと笑み含みに詰られて私は我に返った。銀髪ロングの顔が遠い。それもそのはず、彼女の体はもう私から離れていた。勘弁してくれ、と息と一緒に胸に詰まっていたものを吐き出す。緊張が一気に解けて座り込みたい気分だった。

それじゃあ撮り直しね、と事もなげに言う銀髪ロングが、私を見て首を傾げてみせる。

銀髪ロング「トーゼンでしょ? 全然ポーズ決まってないし、こんなのぜーんぜん盛れないじゃん? だから撮り直すけどぉ……素直になれないおにーさんのために、ちょっとゲームしよっか」

と私の股間を指差して、

銀髪ロング「おにーさんがソレ萎ませてくれたら撮影終了ね。もし固ぁくしたまんまだったら、あたしの言う通りにポーズしてもらうってことで。いい? そのかわり、撮る度にあたしは一枚ずつ脱いであげるから♡」

よくないです……。私のつぶやきに銀髪ロングは笑って、外のコイン投入口に手だけを出してコインを入れた。よくないですって……という私の弱々しい抗議は全く無視された。逃げ場はなかった。

間近に立たされ、ハグされ、服を捲くられて乳首をいじられ、キスもされた。舌も入れられた。全部プリ撮られた。銀髪ロングの片手は私の股間に固定されていたので勃起を取り繕うことも出来なかった。

最終的には銀髪ロングはパンツのみの上半身裸で、何故か私もズボンを脱がされてパンツ丸出しだった。パンツの中まで手を入れられた。気持ちよかった。ガチガチになっていたのに射精せずに済んだのが自分でも不思議だった。

撮影が終わって服を着て――といっても銀髪ロングは常のごとく衣服の意味がないような露出だが――落書きしてフィニッシュ。うっわぁスケベぇ……銀髪ロング、全部のプリでカメラ目線なのがエロいと思った。

鼻歌を歌いながら写真を加工する銀髪ロングはとても上機嫌だった。プリントされたのを眺めてご満悦。私にもプリクラを送ってくれると言うので言われるまま連絡先を教えた。送られる写真がもはやポルノであることまで考えが至らない精神状態だった。

銀髪ロング「はい、送ったよー♪ うふふ、スゴイよねー、おにーさんの、パンツこんなに押し上げちゃって……もしかして今も勃ってる?」

ちゃんとお願いしてくれれば楽にしてあげたのに。そう言って銀髪ロングは笑う。

銀髪ロング「でもダぁメ。また今度ね?」

じゃあね、と私の頬にキスをして銀髪ロングが行くのを私は呆然と見送った。手元に残ったのはエロプリ写真と銀髪ロングの連絡先。一向に収まる気配のない股間のまま、私はプリクラ機傍で立ち尽くしていた。


銀髪ロングコミュ終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:00より採用
(銀髪ロング解禁まで7回)
(ヤンキー解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(指定可:金髪ロング、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

銀髪ロング『アハ、オトコの人からかうのタノシー♪ ちょっとヘンな人かなって思ったけどやっぱオトコなんだよね、ふふ、いつ我慢できなくて連絡してくるかなー? 楽しみ……♪』
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 20:10:39.01 ID:EwkJ5Tj70
安価期限は23:00までです、忘れてた
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 21:05:20.50 ID:L5devo320
施設後輩
久しぶりに再会したので、ゆっくりとお話したいと連絡が来る
色々と話をするなか、かつて二人がいた施設が人手を求めている。『私』なら施設の子達の力になれるのではとお願いされる
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 23:34:23.22 ID:EMh0+xsuO
待ってる
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/08(土) 06:27:16.00 ID:MCNDjfMN0
>>473採用


休日、私は喫茶店前で人を待っていた。私がプライベートで他人と約束するようになるとは。最近はなんの因果か、そういう機会が増えていた。それ自体は別に構わない。私の予定表は今や白一色、誰とどんな予定を入れようが暇を飽かせるよりはマシというものだ。

だが今日に限っては別かもしれなかった。人通りの絶えない路、行き交う顔、顔、顔……その中に私は待ち人を見つけた。向こうも私を見つけたのか、幼さの抜けない風貌がぱっと華やいでほんの少し足早になる、その仕草。

ああ、本当に彼女と接点があったのだと、褪せて失くしたはずの記憶が証明していた。

施設後輩「お待たせしてしまいましたか? もう少し早く来るべきでしたね、わたしからあなたを誘ったのに」

と彼女が申し訳ながるのに、いや、と私は短く答えた。待ち合わせ時刻まではまだ十分以上あるのだから、施設後輩が謝る必要はなかった。そう言っていただけるとありがたいです、と如才なく彼女が微笑うのに、私はなぜだか気の利いた言葉一つ返せないでいた。

入店して互いに飲み物を注文する。私は無難にコーヒーを、施設後輩はなにやら聞いたことのないハーブティー。店内は木製のインテリアで統一されて、色の配置が絶妙だった。なるほど社会人の女子は洒落た店を知っている。

施設後輩「気に入っていただけましたか? なら、よかったです。……本当に」

人当たりのよい微笑みを浮かべる彼女はパステル基調の出で立ちで、清楚さと女性らしさが完全に同居していた。それでいてどことなくユニセックスな印象があるのは教師という立場故だろうか。

くすくすと彼女が小さく笑う。

施設後輩「実はわたしもはじめてなんです、このお店。お洒落なお店があると同僚から聞いて、一度行ってみたいなって。ふふ、あなたを誘ってみてよかったです」

ほっとしたような笑みの親しみやすさよ。運ばれてきた飲み物を片手に彼女の話に相槌を打つ。あるいは彼女の仕事ぶりであり、生徒のことであり、昔話であり。会話に花が咲いているのは彼女の話しやすさの賜物だった。居心地の良さ。人と語らう楽しみ。

――吐き気がする。なぜなら私に彼女に話すようなことは何もなかったから。私はカップに口をつけて薄っすらとした笑みを顔に貼り付ける。

だいたい何を話せばいいのだ? 仕事を辞めた経緯か? 辞めてから未成年とばかり関係を持っていることか(ポニテは二十歳だが)? 馬鹿馬鹿しい。これほど馬鹿な話もない。

黒々としたカップの水面を眺める私に、そういえば、と彼女が言う。

施設後輩「わたしたちの育った施設が今、人手を求めているそうです。ほら、施設の管理をしてくれていたお爺さんが、もう引退するんだとかで。覚えています? 一度、上級生たちが古新聞なんかを集めて焼き芋をしていた時、お爺さんに見つかってこっぴどく叱られたでしょう。ふふ、いつもはニコニコして優しかったのに、あのときは怖かったなあ」

それで、と彼女は微笑う。人好きのする笑顔。するりと心の中に入ってくる声音。

施設後輩「もしよければ、手伝ってあげていただけませんか? きっとあなたなら、施設の子供達の助けになれるはずです」

私はコーヒーを啜る。その間は私は彼女に返答しないで済む。砂糖もミルクも入れていないそれの苦々しい味が私の口の中を染める。飲み下した後も不快な苦味は消えず、胃の中にムカムカとしたものが残った。

それが言いたくて私を呼んだというわけか。私が言うと、それだけではないですけど、と施設後輩は苦笑して、否定も肯定もしない。

私は笑って、少し考えてみるよと答えた。でも今は前の仕事を辞めたばかりだからしばらくはお休みしたいな。施設にはそのうちに電話を掛けてみるよ。

施設後輩「はい! きっと先生方も喜ばれると思いますよ、あなたのことを話したら皆覚えていらっしゃいましたし」

無邪気に微笑う彼女に私も笑顔を返した。その後、多少の会話を続けて、私達は店を後にした。施設後輩がこの後の予定を聞いてくるのに、少し人と会うと言って、名残惜しそうにする彼女と別れた。

歩きながら私は自分の顔を片手で押さえる。上手く誤魔化せただろうか。嘘だとバレなかっただろうか。私が働く気がないことも、かつて育った施設の電話番号どころか住所も名前すら覚えていないことも、私がすぐにも彼女の前から立ち去りたいと思っていたことも。

だが少なくともあと一度は彼女と会わなければならないだろうとも思った。彼女は今でも施設と交流を持っているのだから、私が連絡を取っていないことなんてすぐに伝わる。きっとその時が決別の瞬間になるのだろう。それを思うと今から気が重かった。

彼女と会わなければこんな気分にならずに済んだのだろうかと、そんな事を考えながら家路についた。


施設後輩コミュ終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用、締切12:00
(施設後輩解禁まで7回)
(銀髪ロング解禁まで6回)
(ヤンキー解禁まで5回)
(おかっぱ解禁まで4回)
(大家娘解禁まで3回)
(ポニテ解禁まで2回)
(指定可:金髪ロング、剣道少女、留学生、オレンジショート、桃髪サイド、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

施設後輩『うふふ、お店、気に入ってくれたかな……彼ならきっとうまくいくよね、だって彼だもの、今は巡り合わせが悪いだけ。次はいつ誘おうかな、すぐに誘っちゃうのは迷惑かな? ふふ……♪』
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 06:28:30.15 ID:MCNDjfMN0
更新遅れて待っていてくれた方には大変申し訳無いです
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 06:46:59.25 ID:GY+nDoYj0
これは期待
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/08(土) 09:19:36.03 ID:16GtY3p/O
後輩曇らせたいね…
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 10:21:28.95 ID:GY+nDoYj0
たまたま剣道少女と会う

金髪ギャルの説得はできなさそうだとかなり申し訳なさそうにされてたため気晴らしにご飯に誘う。
喫茶店で談笑し彼氏の話になりいまいち恋人としての距離感がわからないと相談され、性的なこととかかなりつっこんだ質問する
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 10:33:46.60 ID:e4mKl+uv0
夕方、近所の高校を通りすがると、恋人を熱心に見守っている剣道少女を発見
剣道少女の恋人は野球少年らしく、懸命に練習に励んでいた
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/08(土) 11:56:07.97 ID:16GtY3p/O
オレンジショート
彼氏と一緒に歩いていたときに偶然出会う
家での一件で勝手に助けてもらったと勘違いしているせいかやけに馴れ馴れしく接触してくるオレンジショート
そして態度の急変ぷりと嫉妬からピリピリしている彼氏
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 17:47:29.17 ID:GY+nDoYj0
オレンジショートか
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/09(日) 20:49:39.52 ID:Ha9AJiPE0
>>481採用


嫌に気分が鬱々としている。もういいや、帰ったらちょっとベッドに横になろう。寝れば解決。どうせ今日はもう人と会う予定なんてないのだ。

オレンジショート「あっ」

おっと。出くわしたオレンジショートは彼氏連れだった。仲良くしているようで何より。邪魔しては悪いが無視するのも何である、アイコンタクトくらいはいいだろうと目を合わせると、オレンジショートは見るからに動揺した。おや?

どうした、と急にわたわたし始めたオレンジショートを心配した横の彼氏くんに訊かれたのが追い打ちになったのか、オレンジショートは赤くなった顔で視線をぐるぐると彷徨わせて、

オレンジショート「こ、こんにちはっ、お兄さんっ、久しぶり、ってわけでもないかな、あはは!」

……話し掛けてきちゃったかー……。彼氏くんも誰だよこのおっさんと不審げである。大変申し訳無い。

まあいい。あんなことがあったのだからオレンジショートがテンパるのも無理はない。適当に話を合わせてこの場を離れよう。とはいえこの前の話には触れないほうがいいかな、変に意味深になっても困る。無難にここは彼氏くんの話題でも……

オレンジショート「えーと、あっ、この前! この前はその、ホントに助かったっていうか、皆あんなにしてたし私どうしたらいいのって、だからすごく助かったっていうか……その……」

あははと笑って誤魔化すオレンジショート。んんん……! 気にしなくてもいいよ、私もああしたほうが楽だったからね……!

えーそう? ありがとお兄さん、と私の腕に触れてくるオレンジショートに一応私も笑っておく。仲良し系の触れ合いでそれ自体はセーフなのだが、問題は、

彼氏「……思い出した。そいつこの前雨の時、お前に絡んでたやつだろ。何? 前はすげービビってたじゃん、わけわかんねーんだけど」

オレンジショート「そうだっけ? でも今はそんなでもないし、ね? お兄さん?」

彼氏「……!」

ピリピリ尖った声で詰問する彼氏くんにまるで構わず、私の腕に抱き着くようにしてくるオレンジショート。だからくっつき過ぎだろお前そんなんしねーじゃん、と彼氏くん。別にいいじゃん、何怒ってんの、とオレンジショート。

まあまあ落ち着いて、というか離れて、ととりなそうとした私を、業を煮やした彼氏くんが突き飛ばした。

中学生男子ともなれば大人との身長差はかなり埋まってくる。彼氏くんは運動少年でもあるのだろう、体格もそれなりにしっかりしている少年に突き飛ばされて私は思わずたたらを踏んでしまった。

それでも私の腕を離さなかったオレンジショートが、わわ、と体勢を崩すのを支えようとして、おや意外な重さ……! 私はオレンジショートを腕に抱くように尻餅をついてしまった。

オレンジショート「……っ」

腕の中のオレンジショートが息を呑む音。腕に抱いてみるとかなりの存在感。何とは言わないがおかっぱとはぜんぜん違う。おかっぱはおかっぱで良さがあるのだがこれはこれで。

だから離れろって言ってんだろ! とついに彼氏くんが爆発してオレンジショートの腕を引っ張って起こした。

痛いというオレンジショートの抗議も受け付けず、彼氏くんはオレンジショートを連れて立ち去って行った。やれやれ、妙なことに巻き込まれてしまった。私は尻を払って立ち上がった。

今度こそ私は家に帰ることにした。もう人と会うのはごめんなので何事もなければいいと切に思った。


オレンジショートコミュ終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:30より採用、締切22:30
(オレンジショート解禁まで7回)
(施設後輩解禁まで6回)
(銀髪ロング解禁まで5回)
(ヤンキー解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:金髪ロング、剣道少女、留学生、桃髪サイド、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

オレンジショート『あーヤッバい、毎晩お兄さんのアレばっか頭から離れないせいで、実際会っちゃってテンパったぁ……ヘンじゃなかったかな……っていい加減痛いんだけど引っ張りすぎ、ってここアンタの家じゃん? そんな予定なかった――親いないって、ちょっ、え、嘘だよね……? え? 待っ――』
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 20:50:19.04 ID:Ha9AJiPE0
オレンジショートがどうなったかは次回安価で指定ください
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 21:42:19.67 ID:/6AzOHnB0
夕方、近所の高校を通りすがると、恋人を熱心に見守っている剣道少女を発見
剣道少女の恋人は野球少年らしく、懸命に練習に励んでいた
ちょっとからかってみると、真っ赤にしながらも恋人のことを嬉しそうに語る
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 23:28:41.00 ID:r5p5Xw9bO
最近安価に参加できてないけど
たのしみに待ってます
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 23:40:14.28 ID:Xx7MIYB/o
久しぶりに覗いたら結構進んでて嬉しい
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 08:16:37.07 ID:nDWZ6p0V0
>>485採用


オレンジショートらと別れてしばらく、私は川べりに腰を下ろしていた。我がまちの小さな川は眺めていても大したドラマはない。川を眺めているというより、ただぼうっと時間を潰す行為が重要なのだと思う。

限られた時間を無為に消費している自分に安堵感があった。心に負っていたダメージが癒やされていく感じ。施設後輩に対する劣等感か、それとも中学生風情に突き飛ばされたことか。

どうでもいいことだった。こんなちっぽけな、特別綺麗なわけでも汚いわけでもない、その気になれば数週間で埋め立てられそうな川で癒やされる程度のことなのだ。実に下らない感傷だと言える。

考えるべきことは他にあるはずだった――『考えるべきこと』? 私は自分の思考の愚かさに笑った。一年と持たず資金が枯渇して死ぬ運命の私に何を考えろというのか。ああ、死に方くらいは考えるべきかもしれない。あのアパートで自死するのはさすがに避けるべきだというのはさすがの私でもわかった。

さて、気付けばもう黄昏時である。つまらない考え事で結構な時間を無駄にしてしまったのでお腹が空いてしまった。外で食べる気分でもないのでさっさと帰って家でご飯にしよう。

スマホで地図を確認。家の位置よし。ここからならすぐに見知った道に出られるだろうと歩みを進める前方から、若い男子の掛け声が聞こえた。近くに学校があるのだろうか。大変結構、部活に青春に励むといい。

と差し掛かった道の先、フェンス越しにグラウンドを見つめる制服の女子がいた。体の前にバッグを提げた凛とした佇まい。私の視線に気がついたのか、見知った横顔が私を向いて、

剣道少女「あっ……こんにちはお兄さん、偶然ですね」

驚き顔ながら親しげな笑顔を見せる剣道少女に頷く。ほんの少し慌てた様子の剣道少女が何を熱心に見ていたかといえば、夕暮れ時にもかかわらず練習を続けている野球部たちだった。その中に見覚えのある、他より小柄な男子を見つけて、私は剣道少女に目を戻す。

ふーん、へぇーとじろじろ見やる私の視線を受けた剣道少女は、えへへと含羞んで笑う。以外に乙女反応。ついついからかいたくなって、彼氏を見てたの? なんて聞いてしまった。

剣道少女「はい……あの子、一生懸命だから応援したいんです。小学校からずっと野球一筋で、率先して何でもするのを見てきましたから」

彼女の目を向ける先、シートノックを受ける部員の中に彼の姿はない。おそらくはレギュラーメンバーでノックを受ける部員たちの後方で、あぶれた球をローテーションで拾っている数人のうちの一人が彼だった。

眩しいものを見るように目を細めて彼女は言う。

剣道少女「決して出場機会が多いわけではないですけど、それでも愚痴一つ言わないで、試合では誰よりも声を出して、皆のサポートをして。そういうところが彼の凄いところだと思います。そういうところをずっと……」

好きになったというわけなのだろう。なんとも甘酸っぱい話である。私そういうの好き。顔を真っ赤にしながらも否定しないあたり、剣道少女も乙女回路全開である。私そういうの大好き! やったぜ!

しかしそれなら校舎の中で待ってあげればいいのでは? 剣道少女ももう帰るところなのだろう、一緒に帰って労ってあげれば良いものを。浮かんだ疑問をぶつけてみると、剣道少女は困ったように微笑う。

剣道少女「それが、彼、あんまり私に練習してるところを見られたくないらしくって……気にしなくてもいいのに」

ふむ。まあそういうものなのかもしれない。男の子には男の子の矜持があるのだ。それを理解してあげるべきだろう。

とはいえ私があまり邪魔をしては悪い、彼女らの青春は彼女らのものである。邪魔者でしかない出歯亀者の私は帰ることにした。思わぬところでいいものを見てしまった。心が洗われるよう。世の少年少女はこうあるべき。


剣道少女コミュ終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:00より採用、締切20:00
(剣道少女解禁まで7回)
(オレンジショート解禁まで6回)
(施設後輩解禁まで5回)
(銀髪ロング解禁まで4回)
(ヤンキー解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:金髪ロング、ポニテ、留学生、桃髪サイド、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

剣道少女『そうだ、いつもは先に帰ってるけど、お兄さんの言うとおり、今日は彼と一緒に帰ろうかな。あ、練習終わったみたい、あの、あの子は……用具室の整理? そうなんですね、行ってみます。……、…………、……えっ……?』
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 08:17:56.87 ID:nDWZ6p0V0
下、用具室から聞こえた声。男の子が一、女の子が一。

――ねえ、気付いてた? あの娘、外から見てたよ。

――知ってるよ。もう諦めた。どうせあの娘には僕の気持ちなんかわからないんだ。

――私達の、ね。ミーティングもサボって、私達すっかり悪い子になっちゃった。あの娘とは大違い。

――僕は違う。ちゃんと用具の整理してる。お前とは……

――違う? ホントに? 一度でも拒んだこと、ないくせに。ねえ? あの娘とは進展あった? 手は繋いだんだっけ。キスは? その先は? 私がしてあげたみたいなこと、あの娘はしてくれた?

――うるさいな……あの娘はそういうのとは違うんだ。僕は……僕は別に、そういうことがしたくてあの娘に告白したんじゃ……

――嘘。……っ! (ドサッと物音)ふっ、あはは、ここじゃ駄目だよ、私、あんたの手伝いするって言って出てきたんだから、あんまり遅くなると怪しいでしょ。……我慢できるでしょ? いつもみたいに。嫌ならいいけど。

――……わかった。わかったから、あの娘には……

――わかってるよ。……(小声で聞こえず)(ドアが開いて二人が出てくる)(剣道少女は間一髪で隠れた)(剣道少女はしゃがみ込んでしばらく動かなかった)
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 08:21:23.12 ID:nDWZ6p0V0
オレンジショートと剣道少女はこっちでちょっと既定路線に進めちゃいました、まあ彼氏持ち設定だと自然にこうなりますよね? ということでご容赦を
しかしシナリオ上の都合とはいえクズばっかだな……書いてて楽しいけど……
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/13(木) 08:23:55.47 ID:nDWZ6p0V0
あー補足、「恋人くんに横恋慕している幼馴染」を勝手に野球部マネージャーに当てはめました、ご了承ください
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 09:09:14.71 ID:FUUgXTi5O
いいねいいねー
どんどん爛れていきたい
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 09:47:10.93 ID:hJFou5KPO
彼氏君が剣道少女に
「ずっとこうしたかったんだよね? ごめんね我慢させちゃって」
「これからは私が全部受け止めてあげるから、あの子とは別れてね? やっぱり浮気はだめだよ?」
「勉強も教えて上げるから、一緒に頑張ろ?」
「だって、君には素敵な旦那様になってもらいたいし」
みたいな感じに、食べられちゃう展開を想像したのは私だけでいい
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 10:20:29.22 ID:9HZYZJmRO
留学生hentaiというものに興味深々どういうものかようわからん様子、取り敢えず物を見せて説明すると真っ赤に赤面しておじさんに謝ってくる
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 12:13:51.65 ID:nDWZ6p0V0
安価は18:00からです
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 18:18:14.39 ID:yDKZGhOmO
ポニテ
ポニテが大学のレポートを完成させ、一緒にご飯食べて、一緒にお風呂入ったあと、思いっきりいちゃラブしまくって癒される
一緒の布団に入ってイチャイチャしながら、私をこんな風にした責任取ってくださいね(意訳:勝手にいなくなっちゃだめですよ)と優しく言われる
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 19:24:58.22 ID:EIrslGLwO
金髪ギャル
家に上がり込まれ会った女の子やしたことの報告をするよう言われる
渋っていると射精管理手コキしながら優しく諭すように詰め寄られて屈辱感と管理される安心感の板挟みになりながら結局行動を全部報告する羽目になり
報告が終わった後に誉められながら射精
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 19:27:22.12 ID:nNAS8B8f0
>>494
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 05:30:48.41 ID:Nx1nL/kt0
ゾロ目なので>>497採用


金髪ギャル「あ、もう、どこ行ってたんですかぁ? いいですけど。お帰りなさぁい、お兄さん♪」

家に帰ると笑顔の金髪ギャルがエプロン姿で出迎えてくれた。私は玄関扉を開けたままの姿勢で硬直。なんでいるんだとか、そういえば合鍵を渡してたなとか、そのエプロン新しい奴だなとか、可愛い子の背中丸見えヘソ出しミニキャミソールと生足ホットパンツでエプロンって絵面が犯罪的すぎない? とか、色々な思考が脳内を駆け巡って、私は最終的な結論に辿り着いた。

……肌見せ系世話好き巨乳ギャル幼妻、アリだな! 満点! 私は深く首肯した。

ご飯できてますよ、と金髪ギャルに手を取られて入室。突っ込まないといけないことがあるのは重々承知なのだが、こう、金髪ギャルの頭越しに年齢不相応な胸の谷間が見えてですね……つまり私は何も言えないのだった。

金髪ギャル「はい、召し上がれ♪」

テーブルに並んでいたのは金髪ギャルお手製の料理だった。まあ何はともあれ、私はお腹が空いているのだった。いただきます。肉うまし。煮物うまし。野菜もイケる。きんぴらとか自分ではなかなか食べないからなあ。うむ!

腹がいくらか満ちたところで、そういえば、と金髪ギャルに――すごくニコニコしてこっち見てるけど君は食べないの? 食べてる? ならいいが――ご飯を作ってくれるのなら事前に連絡するように言う。もううちに来るなとは言わないが、もし私が外で食べてたらどうするのだ。

金髪ギャル「ええ〜? ちゃんとしましたよ? 既読にはなってませんけど」

なんだと? 私はスマホを確認。確かに通知が入っていた。時間的には私が川辺で黄昏れていた時か。気付かなかったな……それならそれで電話でもしてくれればいいものを。

次からはそうしますね、と笑う金髪ギャルになんとなく釈然としないものを感じたが、このしぐれ煮なんか特に上手くいったんですよ? はい、あーん♡ としてくるのに閉口して顔を背けたり、逃げ切れずあーんさせられたりしているとどうでもよくなった。味が良いので許すが。金髪ギャルの顔が可愛くて胸が大きくて露出がエロいことは関係がない。

美味しいですか? と訊かれるのに素直に肯定する。中学生でこれだけの料理を作れるのは並のことではない。これは将来男の胃袋をつかんで離すまい。なんのかのと言っても料理は男女付き合いの上で重要なファクターなのである。

金髪ギャル「良かったぁ。ふふ、いっぱい食べてくださいね? ……それで?」

うん? 訊き返す私に、金髪ギャルは笑顔で言った。

金髪ギャル「私が今日来るまで、お兄さんは誰と会ってました?」

私は咳き込んだ。金髪ギャルは笑顔のまま、この前約束しましたよね、と言う。私が来ることに文句を言わないこと、鍵をくれること。これは守ってくれましたね? でもラインはすぐ返してくれなかったなぁ?

金髪ギャル「それと、人と会ったらちゃんと私に報告すること。お兄さんは人との付き合い方がダメダメなんですから、私がしっかり見ててあげないと、って。ねえお兄さん? 私に報告しないで、何人の人と会いました?」

あー服に付いちゃってますよ、お兄さんは本当にだめな子ですねぇ、と近くに寄ってきた金髪ギャルが、私の服に飛ばしてしまった米粒を指で取る。私は蛇に睨まれた蛙のよう。なぜか冷や汗が止まらない。

金髪ギャル「ほらお兄さん? まだまだお料理残ってますからぁ、お腹いっぱいになるまで食べてくださいね? お話はゆっくり聞きますから」

はい……私は料理を口に運ぶ。味はいいのだ。味は。こんな状況でも味覚は正常なんだなあと思った。

とりあえず口に物が入っている状態なら時間は稼げる。私は口の中のご飯をゆっくりよく噛んで味わって食べる。そうだなあ。でもそんなに会ってないよ。(もぐもぐ)数人ぐらいじゃないかな、昔の知り合いに会ったりとか。(もぐもぐ)ああそう、今日はオレンジショートと剣道少女に会ったよ、二人とも彼氏くんと仲良くやってそうで何よりだね?(もぐもぐ)

金髪ギャルはにこやかに私の話を聞いている(でも距離が近い……なぜ元に位置に戻らないのだ? 別にいいが)。よし。自分の巧みな話術に内心でガッツポーズをしているうちに私はテーブルの料理を食べきっていた。

わぁ、全部食べてくれたんですね、と嬉しそうな金髪ギャルに、料理が美味しかったからだと言うと、金髪ギャルはさらに嬉しそうな顔をした。うむ。このところ人と話す機会が多かったから、私も話のスキルが上がったのだなあ。今までの時間は無駄じゃなかったのだなあ。
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 05:34:16.14 ID:Nx1nL/kt0
まあまるきり嘘というわけではないし、むしろ本当のことなのだが、とちょっと得意になっている私に、金髪ギャルは、

金髪ギャル「うふふ、お兄さん? 私、もっとお兄さんの話、詳しく聞きたいです……いいですかぁ……?」

ん、と訊き返そうとした声が言葉にならなかったのは、金髪ギャルが突如私の股間に触れてきたからだった。すりすりと服の上から形を確かめるようなそれに、私が反射的に身を引く直前、金髪ギャルが身を乗り出してささやく。

金髪ギャル「動いちゃダメですよー? ふふ、カタぁくなって……♡ お兄さんの口は素直じゃないのに、こっちのお兄さんは素直ですよねぇ?」

膝立ちの金髪ギャルの肢体が押し付けられる腕、笑み含みの吐息がかかる耳裏、股間への刺激はあくまで微弱に、しかし絶えず触れられて、どくどくと心拍数が上がっていく。

拒絶してはならないと半ば強迫的に思った。それだけはしてはならないと第六感が告げている。これはアレか、別世界線の自分からのメッセージ的ななにかか、それとも本能的なものだろうか。そんなことを逃避的に考えた。

金髪ギャル「もしかしてぇ……私以外の女の子と会ってました?」

なぜわかるの? エスパー? 今度こそ私は恐怖した。ヤバいぞ私じゃ太刀打ちできない……! どうしたらいい? 正直に言ったらいいの? でも女の子と会うどころか体の関係持ちましたとか言ったらもっとヤバくならない? もしかして詰み?

やっぱりそうなんだぁ、とズボンのチャックを開けて取り出した私の逸物を擦る金髪ギャル。ふぅんというその口振り。あっ……気持ちいいんですけどこの雰囲気は……ダメかな……?

金髪ギャル「はぁ……お兄さんは女ゴコロが全ぇーん然わかってないですから、女の子と会うなら私に相談してくれないとすぐに嫌われちゃいますよぉ? 本当に仕方がないですねぇお兄さんは」

……おや? 思っていたのと違う流れに。

金髪ギャル「まったく、お兄さんったら小心者のくせに、女の子と見るとすぐに飛びついちゃうなんて……私がお世話してあげなかったせいですよね? ごめんなさぁい、今度からはちゃぁんとしてあげますから、安心してください☆」

本当に思っていたのと違う流れに! でも、まあ、いいか……いいよね! さっきまでのDead or Alive よりはマシ! はいそうです、すっかり溜まっちゃって女の子を見るとどうにも……へっへっへ、すいませんね、お手数おかけしますぅ。

金髪ギャル「はいはい、いいですよー。それで? 何人の娘と会ってたんですかぁ?」

えーっと、施設後輩に会ってポニテおかっぱヤンキーがうちに来て、大家娘とケーキバイキング行って、銀髪ロングとはゲーセンだったな、それで今日また施設後輩と会って帰りにオレンジショートと剣道少女と会って……つまり八人? 嘘、女の子ばっかり八人? 多くない?

しかもうち五人が未成年って……犯罪じゃん……? いやまあその未成年のうち二人とは関係持ってるので今更なのだが、それにしたって、私の人生に何が起こっているというのか。慄く私に、金髪ギャルはため息する。そして息を吸って、さらに大きなため息をした。

金髪ギャル「んんんん、ちょっと予想外ですねぇ……お兄さん、意外とモテる……? そんなものなんですかねー……でもお兄さんですしぃ……」

なにやら小声で言っているのだが、手を動かしたままなのでまるで耳に入ってこなかった。なにせ手付きが優しくってもどかしくてならないのだ。ローション使ってないのであまり早くされても困るのだが、これはこれで焦らされてるようで……まあこれはこれで……

まあ仕方ないですね、と金髪ギャルは吹っ切ったように私を見上げる。

金髪ギャル「正直に話してくれたんですから、ご褒美、あげないとですね? と言ってもぉ……お兄さんの、シャセーしてもないのにこぉんなにヌルヌル気持ちよさそうですし、ずっとこのままでもいいかもしれませんけど……♪」

勘弁してください……結構な長時間フル勃起で辛いんです……私の懇願に、金髪ギャルはクスクスと笑って、

金髪ギャル「はぁい。それじゃあ前みたいにローションでもぉーっとヌルヌルにして、気持ちよぉーくお射精させてあげますね♪」

金髪ギャルはどこからか私のローションの容器を取り出して両手に塗り伸ばして、ビンビンに反った私のモノを握った。ひんやりとした感触とぬちょっと粘った音、それが今までとは打って変わって一気に上下して、突然の強い快感に私は声を上げて仰け反った。

金髪ギャル「ふふっ、お兄さん、ああんって……うふふ、ふふっ、女の子みたぁい……♡ ふふ……っ」

笑いながらの高速手コキに私は声もない。敏感な亀頭が粘液まみれの手の平で包まれて、カリ首をきゅっと握られてはもう私はダメである。その上の竿刺激、ああ、陰嚢はぁっ、あんまりイジると良くなっ、捻転っして、生殖能力とかがぁああああ! もう駄目だぁ! 許してくれぇ!

金髪ギャル「はぁーい♡ ♡ 気持ちいいですねー♡ 我慢しないで、いーっぱい私のお手手で気持ちよくなってぇ、気持ちよぉーく射精しちゃいましょう♡ うふふ、お兄さん、かーわいい……♡」

耳元でささやかれる言葉の甘やかさに、私の辛抱は限界に達した。噴き上がった白濁が宙を飛んで、空になったテーブルの皿の上にボトボトと落ちていった。

いっぱい出してくださいね、という言葉通り、射精中も金髪ギャルの手は止まらず、最後の一滴まで私は精子を扱き出された。

金髪ギャル「はい、よくできました♡ たくさん射精できて偉いですよー♡ ♡」

高めに高められていたものを放出して意識まで若干脱出していた私の頬に、金髪ギャルが口付けした。そちらに意識を向けた途端、半開きになっていた唇に金髪ギャルの唇が合わさった。

ちゅ、という優しい口付けが繰り返される。金髪ギャルはぺろりと自身の唇を舐めて、まだまだ幼いはずの顔に浮かべた、頑是ない幼子に向けるような慈しみに満ちた笑みを深くした。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用、締切12:00
ゾロ目のため金髪ギャルコミュ続行です
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 05:39:51.66 ID:Nx1nL/kt0
補足・この状況で安心感は合わないかなーということで、恐怖と快楽による管理にしました。こう書くとまるで洗脳テクみたいで怖いですねぇ
同時に現段階では全行動の報告までは行ってません、というかそれやると手コキじゃすまないので……悪しからず
また数字安価は禁止としているので>>498は安価対象から除外しています、ご了承ください
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 11:36:04.34 ID:G+qglUEjO
お兄さんの為にも色々調べてきたから実戦させて欲しいと言ってフェラ(資料が偏っていたのか異様に下品)される
更にフェラをしながら今後の勉強の為にと他の女の子とどんな事をしていたのかと尋問される
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 11:39:49.90 ID:k22mY+zCO
我慢を覚えるために寸止責めをされる
途中服をずらして胸などを見せてくれる
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 11:49:13.82 ID:AuvD7sr9o
後始末に動こうとするも金髪ギャルに制止され、顔を胸に埋める形で抱き寄せられる。
そのまま拭いたりされてると授乳手コキのような状況に興奮してしまい、もう一回してもらうも、匂いに溺れ依存を深めるように心理誘導される。
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/15(土) 12:53:20.14 ID:Nx1nL/kt0
金髪ギャルのコメント忘れてましたね

金髪ギャル『ああよかった、返事返ってこないの、気付かなかっただけなんだ……ちゃんと私の言い付け、守ってくれようとはしてたんだぁ、ふふ、偉い偉―い♪ でもお兄さん、けっこう女の子と接点あるんだなぁ? なら、私がちゃんとしてあげたほうが良いよね?』
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/15(土) 13:21:08.41 ID:Nx1nL/kt0
また金髪ギャル後の安価ですが、ちょっとオレンジショートに喫緊の案件が浮上したので強制的にオレンジショートのイベントを行います
というのも、もしオレンジショートが彼氏にガチレイプされていた場合、以下の流れが自然のためです
@月曜日オレンジショートが学校に来れない
A桃髪サイド、自分たちに欠席の連絡がないことを訝しみ、金髪ギャルから休日オレンジショートが彼氏といたと『私』が言っていたことを聞いて連絡してくる
B『私』、怒った様子の彼氏がオレンジショートを連れて行ったと証言
C桃髪サイド、オレンジショートが電話に出ないと憤慨。授業前なのでこれ以上電話し続けられないので、『私』にオレンジショートに話を聞くよう指示、自分は彼氏に話を聞くと言う
Dオレンジショート電話に出る、レイプと妊娠をほのめかすので内密に産婦人科に連れて行ってアフターピルを処方してもらう
E誰にも知られずに事を収めたいオレンジショートの意を汲んで彼氏に二度とオレンジショートに近づかないよう脅迫。一件落着

ざっくりこういうわけでオレンジショートが次に選ばれるのを待ってられなくなっちゃいます、まさかこうなるとは投下事は考えてなかったんですなあ
この結果、オレンジショートは男性恐怖気味になるも『私』は別、となって作劇上都合が大変いい
桃髪サイドは大凡の事情を察して多少『私』を見直すと、オレンジショートにはレイプされていてもらったほうが良いなあという感じです

もしかしたら産婦人科への付き添い役に剣道少女を抜擢するかもしれませんが、それはそれでオレンジショートが事情を話すのを許可するかといえば微妙、でも一人で行かせるのも悩ましいところ
まあ細部は後で詰めることにしますが

以上、大変申し訳ありませんが、金髪ギャルコミュのあとはオレンジショートイベントに移行します
当然登場キャラに安価制限は掛けないのでなにとぞよろしくお願いします
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 13:28:08.00 ID:LuRS2k2Co
おけおけ
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 14:09:34.34 ID:BR1gxjpAO
はーい
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/15(土) 15:46:06.17 ID:Nx1nL/kt0
>>503採用


それじゃあおちんちんキレイキレイしましょうねー、と金髪ギャルは枕元備え置きのタオルで陰茎を拭ってくれる。安手のタオルのゴワゴワした肌触りに、射精したばかりで敏感な亀頭をゴシゴシとされて腰が引ける私を、

金髪ギャル「はい、動いちゃダメですよぉー? ん……んー、おかしいですね、おちんちん、なんだかムクムクーって……せっかくキレイにしてあげてるところなのに、イケないおちんちんですね?」

それはその生理反応なのでなんとも。もごもご言い訳する私を仕方なさそうに笑って睨んで、金髪ギャルはタオルを取り去る。我が息子の充填率は七十パーセントほど、放っておけばじきに萎むのでお目溢ししてほしいところである。

金髪ギャル「お兄さんったらすーぐおちんちんをこんなにしちゃうんだから……このまま放っておいたらまた女の子のお尻を追っかけちゃうんでしょー? 悪いのはお兄さんじゃなくてぇ、こっちのおちんちんさんなのかな?」

きゅっとペニスの根本を握られて私の体温はだだ下がりだった。さっきから妙な既視感がちらつくのだ。まるで二十余年連れ添った相棒を永遠に喪ってしまったような……

違うんです悪いのは私なんです、だから我が友は、命だけはなにとぞ……! 必死に言い募る私を落ち着かせるように、金髪ギャルは優しく微笑んで、

金髪ギャル「大丈夫ですよお兄さん、ひどいことしたりませんから。ただ、お兄さんはちょっと、我慢を覚えたほうがいいですね?」

言って金髪ギャルは再びローションを両手に広げて、手コキ第二回戦が始まった。ぬちぬちと根本から上に、窄めた手の環で勃起を促すように扱かれる。もう片方の手で亀頭の膨らみ具合を確かめるように触れられれば、私の雄の部分は簡単に奮い立った。

だがさっきまでと明確に違うのは、金髪ギャルの手が一向に速度を上げないことだった。高まる性感、しかし射精には至らず、萎えることもできない絶妙な刺激。え、あの、巧すぎませんか金髪ギャルさん……?

金髪ギャル「そんなの、お兄さんの顔とおちんちん見てれば、今お兄さんがどれくらい気持ちいいかわかりますよぉ。例えばぁ……ここ、裏筋、指でクイクイってすると気持ちいいんですよね? でもこの強さじゃイクには足りないって、お兄さんの顔に書いてありますもん」

本当に口以外はとっても素直な人ですねぇと笑って手コキを続ける金髪ギャル。まったく言うとおりで、性感が焦れったくなるほどじわじわと、しかし際限なく高められていく。開いた口から荒い呼気が漏れて、少しでも快感を逸らそうとする端から、熾火のような快感が私の体を滞留する。

金髪ギャル「ほら、我慢、我慢ですよぉ? ああでも、ただ我慢するだけじゃ辛いですよね……それじゃ、あと十回往復して我慢できたら、ちょっとだけご褒美あげましょうか。初めますよ? はい、いーち、にーい、さーん……」

金髪ギャルのカウントダウンを脳内で復唱する。五、六、七、八、九……十は、十を早く……あああ十だけそんなゆっくりぃ……! 気が狂いそう! 十、十、十! 十を早くくれぇ!

金髪ギャル「はぁーい♡ じゅーうっと。よく我慢できましたねー、えらいですよぉー♡ じゃあ、言ってたとおり、ご褒美です。さっきからずっと気にしてたぁ……はい、おっぱい♪」

ブラを外して胸下までしかないキャミをたくしあげて、金髪ギャルの胸が露わになった。楕円に膨らんだ乳房は年齢不相応な質量を備えている一方、中央に浮いた突起の淡桃はいまだ幼く、大人と子供の狭間にある年代等有のアンバランスさがひたすら背徳的だった。

はっはっ、とお預けを食らった犬のように逸る私に、金髪ギャルは何もかもわかっているというように、いいんですよと微笑む。

金髪ギャル「おっぱい、ほしいんですよね? お兄さんのしたいようにしていい――きゃっ♡ もう、そんなに吸い付いて……ご飯食べたばっかりなのに、もうお腹空いたんですか? もう、食いしん坊なんだから……♡」

金髪ギャルの背に手を回して、目の前の胸にむしゃぶりついた。飴を煮詰めたような甘ったるい匂いが鼻腔をくすぐって、俄然、堪えは利かなかった。

その間もペニスへの刺激は続く。射精が叶わない苦しみ、高まる快感、ぐずる子をあやすように与えられた乳房。時折快感が跳ねて閾値を越えかけると、金髪ギャルは敏感に察知して寸でのところで手を止めてしまう。そして持ち直せばまた……

そうして、もうどうにもならない所まで来た。来てしまった。竿にはびっしりと血管が浮いて、寸止めに寸止めを重ねられてゴム毬のように膨らんだ亀頭は赤々と鬱血していた。先端から涙をとめどなく流してビクビクと小さく脈を打ったそれは、空気摩擦すら快感に変えている。

金髪ギャルは哀れな私に手を触れない。もはや乳首を吸うこともできず、金髪ギャルの胸に頭を預けて震えているだけの私を、抱くこともせず、突き放しもしない。

ただ、こう囁いた。

金髪ギャル「よくこんなになるまで我慢できましたね……♪ 弱音も言わないで頑張りましたねぇ、見直しちゃいましたぁ……お兄さんは私の思ってたとおり、やればできる子で、私、嬉しいです……♡」

今楽にしてあげますね、と金髪ギャルは、とん、と私の先端に触れた。それだけで凄まじい快感が迸って、それまで蓄積させられた快楽ごと、金髪ギャルの指が触れたところから一気に噴き上がった。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、16:30より採用、締切17:30
次回で金髪ギャルコミュ終了です、金髪ギャルコミュ終了後、アナウンスどおりオレンジショートコミュに強制移行します

金髪ギャル『あー、かわいい……♡ 頑張ってるお兄さん見てると胸がキュンキュンしちゃう……ああ、今度のご褒美はどうしようかな、こんなに頑張ってくれたんだからちゃんと褒めてあげないと、ね……ふふ♪』
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 16:37:54.66 ID:FpFAKdqcO
ずっと手だけじゃ可哀想だからご褒美に噂に聞いた事のある舐めたりしゃぶったりを実戦してみたいので教えてほしいと圧をかけてくる金髪
上手くいかなくてすぐに止めるだろうと適当に教えるが
初めてとは思えない巧みなテクニックで焦らされ寸止めされた挙げ句射精を懇願させられて口の中に大量に出してしまう
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 17:29:35.51 ID:AuvD7sr9o
ご褒美はあえてお風呂に。以前言ったように全身を(一応普通に)洗う。
今回は裸で体も隠さないが、以前のような拒絶もなく、視姦するも大人しい姿に満足する金髪ギャル
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/16(日) 10:04:45.38 ID:m9rUcNJB0
ゾロ目なんで>>510>>511どっちも採用します


魂まで根こそぎ引っこ抜かれるような射精感。ゆるゆると手を上下して射精を後押ししてくる金髪ギャルに上半身をぐったりともたれさせて、暴風みたいに全身を荒れ狂う快感をやり過ごす。目を閉じて、女としていまだ成長しきらない体を掻き抱いていると、密着した鼻先に金髪ギャルの肌が薄く汗ばんでいるのがわかった。

金髪ギャル「ひゃっ……」

唇を寄せると、舌に感じるのはかすかな塩味、吐き掛けた吐息に湿る、十代半ばの皺一つない肌のなんと滑らかなことか。触れた肌に伝わる鼓動の小さな音、あるいはそれを無意識下で寄す処としようとしたのか、金髪ギャルの手の中で射精が勢いを失っても私は目の前の柔らかな肌から離れることができなかった。

金髪ギャル「よく頑張りましたねぇ……精子、びゅーってたくさん出てカッコよかったですよぉ……♡」

私の額にキスを落として、金髪ギャルはひたすら私を褒めそやす言葉を囁いた。――いい子です、私がいいって言うまでおちんちん我慢できて偉いですと、あるいはたくさん射精したのを褒めるようなことを、何度も何度も。

次第に鈴口からとろとろと精液の残滓が垂れるくらいにまで落ち着いて、私は思った。射精を褒められるって何……? 我慢できて偉いねって、なんだか物凄く屈辱なのだが……まあびっくりするくらい気持ちよかったのでいいといえばいいんだけど……

金髪ギャル「おちんちん、もう出ませんか? お疲れ様でしたぁ。あは、すっかりドロドロになっちゃいましたねー♪ わ、見てくださいよ、ほら、精子ネバーって」

金髪ギャルが手を合わせたり開いたりするたび、手に塗れた精液が白い糸を引いて、私の萎えたペニスの上に落ちた。あー、精液がテーブルまで飛んでる、っていうか私の下腹部から腿付近までが大量の精液でドロッドロのグッチャグチャだった。

体中にのしかかる重たい疲労感。肌に付着した精液の感触が不快だった。後処理が面倒だな……金髪ギャルにしてもらうか……でも射精させてもらって掃除までさせるのは……いやいや『射精させてもらって』って何だ、まるで私から射精介助を頼んだみたいではないか。

よくわからないまま状況に流されるところだった。危ないところだった。

と、金髪ギャルは両手の平を上にして、何やら考え込んでいる。そして何を思ったのか手を口元に近づけて、

金髪ギャル「ちゅっ、じゅる、んー……匂いは凄いですけど、味はあんまりしないんですね。美味しくはないですけど、変に臭くもないし、苦いっていうよりはナマっぽくて、単純に食べたり飲んだりする用のものじゃないって感じです」

精液の味を品評する金髪ギャル。まあ食用じゃないし無理に口にしなくても……と返した私に金髪ギャルは構わず、ぺろりと出した舌で手の精液を舐め取ったり、ズルズルと啜って、嚥み干してみせた。ん、ん、と眉根を寄せて言うには、

金髪ギャル「喉越しはすごーく悪いですねー、喉の奥に絡んじゃってイガイガーって嫌な感じです。でも、まあ、これなら大丈夫そうですね?」

いやよく飲めるな君……怖いものなしだな……いや待って、ちょっ、いいってタオルで、あとでどうせシャワーで流すんだからそんなことしなくても――

と止める間もなく、私の下腹部に顔を下ろした金髪ギャルの舌が、そこに付着している精液を掬うように絡め取った。ぴちゃぴちゃと舌の触れる湿った感触、あるいは唇で吸って、金髪ギャルは綺麗に白濁を私の肌から消していく。

そして最後のひと雫を口に収めて、金髪ギャルは顎を上げて飲み込んだ。射精した当人である私としてはもはや畏怖である。この娘本当ヤバイな……

は、と金髪ギャルは吐息。その細めた目で見下ろす視線の先。

金髪ギャル「ソコ以外はぜーんぶキレイにしましたけど、フフ、お兄さん? 薄々、そうじゃないかなーとは思ってたんですけどぉ、お兄さんはケダモノか何かですかぁ? あんなに出したのに、まだ足りないなんて」

それは私もそう思う。頷く私。というのも、二発続けて結構な量を放出した私の逸物が、今では鎌首をもたげ始めているのだった。精液舐め取られるなんて初めてだったので。あと飲精も。

お兄さん? と言う金髪ギャルの語気に不穏なものを感じて、私は即座に謝った。決して足りないというわけでなく、これはちょっと気の迷いというのかそんな感じのアレです。はい。なので気にしないでいてくれるとよいです。

金髪ギャルは薄く微笑んで私の言を聞いている。……あ、マズイ。私は言葉の選択を間違ったのを悟った。

金髪ギャル「はあ……やっと素直になってくれたと思ったんですけどねー。どうして誤魔化そうとするんですか? そういうところがダメダメだから、私がこうしてお世話してあげてるのに……もう」

ひええ怒っている……! タマ取られちゃう……! もう駄目だ……私の男としての人生はオシマイなんだぁ……

悲嘆する私に、金髪ギャルは、でも今日は許してあげます、と続けた。けれども、圧が……笑顔の裏から漏れる圧が変わってないんですけど……?

金髪ギャル「手だけじゃ満足できないってことなら、そう言ってくれればいいんですよぉ? それに、今日はい〜っぱい頑張ってくれたんですから、そのご褒美もあげないといけませんし?」

だから、と金髪ギャルは続けて、

金髪ギャル「お兄さんのおちんちんも、私のお口でキレイにしてあげます☆ 私、初めてするので、どうしたらいいのか教えてくださいね?」

口元に指を当ててそう言った。首を傾げた上目遣いでされた宣告に、私は一切の抵抗を放棄することにした。なまじ見た目が可愛いのがどうしようもない。もう好きにしてくれという感じ。
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 10:10:53.34 ID:m9rUcNJB0
はい、と柔和な微笑みを返してくる(少なくとも表情としてはそういう他ない)金髪ギャルは、すすす、とまるで頓着なく私の股間に顔を寄せてくる。今日は外出してそれなりに汗もかいたし、恥垢とかで汚れていないかな、と心配したが、そういえば一発目のときにタオルで拭ってもらっていた。なら大丈夫か。

金髪ギャル「まずはキレイにするところから……♪ 舌をこーひて出ひて、舐めてあげればいいですか?」

べろりと舌を出して見せる金髪ギャル。唾液にぬらぬらと濡れた赤い舌にちょっとドキッとしてしまった。

ごほん。構わないが体勢が問題だった。今は胡座をかいた私の股間に、金髪ギャルが横合いから顔を埋めていくという構図である。この姿勢で舌を使おうとするのは少々大変なので、ベッドや椅子に座って高さを確保するのがいいのだが、

金髪ギャル「んー、あんまりお兄さんに動いてほしくはないんですよねー」

さいですか。それなら別の方法。そもそも口淫には二パターンある。舌を使うか、口の中に咥えるか。この場合は口に咥えるのがやり易いだろう。

とはいえこちらの方法は技術が必要で、歯が触れないように注意をしなければいけないので、初心者にはあまりオススメできない。それに私のは慣れてない娘が咥えるには難があるサイズである、まあ先っぽだけ口に入れるくらいが関の山だろう。金髪ギャルの口は身長相応に小さいことだし。

ま、実際にやるだけやらせてやれば諦めも付くだろう。私はそう考えていた。

こうえふえ(おそらく『こうですね』)と金髪ギャルは口を大きく広げて、ゆっくりと顔を下ろしていく。……あれ、口ってそんなに開くものだっけ? と思っている間に、金髪ギャルの口は亀頭を通過、膨らんだエラにも引っかからず、三分の一ほどを口内に収めてしまった。

金髪ギャル「じゅずぞぞぞぞっ、ん、んっ、はぁっ、じゅぷっ、じゅるるる」

突然の吸引に思わず情けない声をあげてしまった。ヌメヌメとした頬の内側の粘膜が張り付くように密着して、吸い上げられる。金髪ギャルの口が何度も吸い上げを行いながら徐々に上がっていって、ちょうどカリのくびれたところで唇が止まった。そのまま唇を残すように金髪ギャルの顔が引き上げられる。

ゴクンと嚥下したのは付着していた精液だろう、私のペニスはちょうど、金髪ギャルが飲み込んでいた箇所だけ綺麗になっていた。

金髪ギャル「は〜……これでいいんですよね?」

いいけれども……! 何だこの娘、本当にヤバイな! 初めてで何だその技術は!? 性の申し子か何かか? いやまあでも咥えられるのは一部だけだしぃー、私のを全部は飲み込めないしぃー!

金髪ギャル「そうなんですか? ちょっとやってみますね」

言うやいなや私のモノを口に含む金髪ギャルの顔が、私の竿を半ばもいかないあたりで止まった。中でつっかえてしまっている。金髪ギャルはペニスを咥えたまま微妙に頭を左右に振っているが、それで飲み込めるものでもあるまい。

いいから無理しないで、と金髪ギャルの顔に触れた時、ずぬぬっとその頭がさらに深くまで進んだ。さっきまでのつっかえが解消されている……だと……? 今の一瞬で喉を開く方法を会得したのか!? どういう才能なんだこの娘!?

わかった! わかったから、あんまり奥に挿れると喉の奥に当たってえずいちゃうから! ね!? という私の制止が届いたのか、やっと金髪ギャルの顔が止まった。私の竿の三分の二程度を金髪ギャルはその小さな頭で飲み込んでいた。

金髪ギャル「いやあ本当ですねー、あれ以上はちょっと無理かも……ごめんなさいお兄さん」

せっかくのご褒美なのに、と顔を上げた金髪ギャルは申し訳ながるが、謝られても非常に困った。大丈夫……大丈夫だから……っていうか初めてでアレは将来有望すぎるので……はい……
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 10:12:04.34 ID:m9rUcNJB0
金髪ギャル「……わかりました。お口に入らなかった分、お兄さんが気持ちよくなれるよう頑張りますね☆ どうしたらいいか教えてください♡」

あああ逃れられない! 亀頭だけ咥えて口の中で舌を動かしたりとか、奥まで咥えて吸いながら上下に頭を振るとかあああああ、ヤバイこの娘教えたこと全部即座に習得するぅうう! 精子吸われる! 射精促される!

口に入り切らない根本を手で扱くとか私教えてないんだけど!? 陰嚢スリスリされるのゾクゾクするって私言ったっけ!? 涎が口の端から溢れてはしたない音を立てるのも意に介さない口淫に、私の亀頭が限界まで膨らむのを敏感に捉えたのか、金髪ギャルの首振りの速度が上昇した。

……なぜ!? いやいや出ちゃうから、顔離してっ、このままだと君の口の中に出しちゃうから! なんでもっと速くなるの!? 理由がわからないのだが!?

金髪ギャル「じゅっ、じゅぽっ♡ じゅっ、じゅっ、じゅぶっ、ふっ♡ ふっ♡ じゅるるる、じゅぞっ、ちゅううッ――! んぶっ♡ んっ、んぐっ、ぶふっん、ん……♡ ♡」

重ねに重ねた我慢があえなく決壊した。第一射の衝撃に耐えられなかったのか、金髪ギャルは初めこそ口内に放たれた精液を唾液混じりに吹き出してしまっていたが、すぐにコツを掴んだのか口を強く窄めて逃さず、数度に分けて喉を鳴らしていった。

金髪ギャル「はぁ……んっ♡ んっ♡ ぷはぁっ、はあ、はぁ〜〜……お口だとまだまだこんなに出せるなんて、やっぱり、全然あれじゃ足りてなかったんですねぇ……?」

気持ちよかったですか? と訊かれるのに肯定を返した。度重なる射精で私はもう頭がフラフラだった。そうですか、よかったぁと笑顔を見せる金髪ギャルに、はたして私は笑みを返せていたかどうか。

ともあれ、今はただただ休みたかった。今日はもう何もできる気がしない。今なら座ったままでも眠れてしまいそうだ。

金髪ギャル「〜〜〜♪」

当然そんなことは許されなかったのだが。舐めて綺麗にしてもらったとはいえ私は金髪ギャルの唾液まみれ、金髪ギャルは金髪ギャルで私の精液まみれである。そのまま眠るなんて真似を金髪ギャルが許すはずもなく。

こうして一緒にお風呂に入っているのだった。今更互いに隠すものもない、二人とも完全に全裸である。金髪ギャルの手で全身隈なく、隅々まで洗われた。一瞬我が分身が反応仕掛けたのには我ながら呆れるしかない(勃ちはしなかったので多分金髪ギャルには気付かれなかった)。

金髪ギャル「はい、終わりでぇーす♪ もうすっかり大人しいいい子ですね、感心です☆ それじゃ、次は交代ですね」

まあそういうわけだった。私もね、もう君の体に触れるのを嫌がったりはしないけれども、いちいち艶めかしい声出すのやめてもらってもいいですか……? それにしてもこの娘本当に中学生なのか、肉の付き方に偏りがありすぎるだろう……あ、なんでもないです。いやなんでもあります。綺麗なお体ですね。本当に。

いろいろと言いたいことはあったが、金髪ギャルの機嫌は非常に良さそうなのを見ていると、多少精気を抜かれるくらいはいいかという気になった。多少ならね。今回みたいなのは……まあたまになら許すとしよう。たまになら。


アナウンスどおり次回は安価ありません、オレンジショートコミュイベントです

金髪ギャル『ふんふんふーん♪ こうして触れるのも、私に触れてもらうのも、どっちも嫌がらずに素直になってくれてる……♪ んふふ、これだからお兄さんはお世話してあげてる甲斐があるなあ♪』

金髪ギャル依存度:身体依存度C、精神依存度B+
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 10:14:41.18 ID:m9rUcNJB0
補足・金髪ギャルとの関係は今の所一方向的な支配-被支配です、この先に進むにはその枠組を壊すか改変する必要がありますね
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/22(土) 12:16:21.61 ID:G+LkPX4M0
翌月曜日朝、私のスマホに着信。その相手を見て、珍しい人間から珍しい時間に連絡が来たなと思いながら電話に出る。

桃髪サイド『オレンジショートがガッコ来てないんだけど。アンタなんか知らない?』

知らないがと素直に答える。なぜ私がオレンジショートの欠席情報を知っているのだ。

桃髪サイド『はァ? アンタ昨日、あの娘とあの娘のカレシに会ったって金髪ギャルから聞いたんだけど?』

話の繋がりが見えなくて困惑した。たしかに施設後輩と会った帰りに遭遇したのは事実だが、別にオレンジショートが学校を欠席するような何かがあったわけではない。だいたい、急に体調が悪くなることもあるだろうに、なぜわざわざ私に電話して来たのだ?

桃髪サイド『だからぁ、さっきからラインしてるのに全然既読になんないの。寝坊にしろ体調不良にしろいつもは連絡来んのに。で、金髪ギャルが昨日アンタがあの娘らに会ったって言ってたって言うから聞いてんじゃん?』

時刻は八時二十分、時間でいえば朝ホームルームの前であろう。私は少し笑ってしまった。素直にオレンジショートが連絡無しで学校を休んでるのが心配だと言えばいいのに。

何笑ってんのと電話の向こうで声を尖らせる桃髪サイドになんでもないと返して、昨日のオレンジショートらの様子を思い返す。簡単に言えば、オレンジショートと話していたら彼氏くんが怒って、オレンジショートを連れて行った、というところ。彼氏くんも嫉妬深いところがあってかわいらしいものだね。

桃髪サイド『……じゃあカレシとなんかあったのかな……あ、ヤッバ』

唐突に電話が切れた。先生でも入ってきたのだろう。と、通知がポップアップ。『あの娘のカレシには私から話聞いとくからオレンジショートにはアンタが話聞きなさい』『どうせムショクで暇なんだからそれくらい役に立ってよね』『一時間目終わったらまた連絡するから。じゃあね』

あくまで偉そうだなこの娘は……まあいい、自分でオレンジショートに連絡を取らないのは学校がスマホ禁止だからだろう。多少態度が悪いとはいえ、発端が心配から来ているのなら目くじらをたてることでもなかった。

といっても、桃髪サイドが連絡してダメなら私が連絡しても無意味だとは思うが。だが桃髪サイドの剣幕を考えると、二回くらいは駄目元で電話を掛けて、できる限りのことはしたという言い訳を用意しておいたほうがいいかもしれない。

そうと決まればコール。呼び出し音が一回、二回……留守電までは八回だったか、なんて考えていると、呼び出し音が途切れた。おや繋がった。今日は一体どうかしたかな、お友達が君に連絡がつかないからと心配して私に電話しろとうるさくてね――

オレンジショート『……お兄さん……?』

言葉に詰まったのはオレンジショートの声のトーンがあまりに暗かったから。まるで一睡もしていないかのように掠れた声。

電話向こうで嗚咽を怺えるオレンジショートの様子は明らかに尋常でなかった。私はたいした話ではないだろうと高を括っていた自分の浅はかさを呪いながら慎重に言葉を選ぶ。もし悩み事があるなら私でよければ話を聞くこと、ただし他人に言いにくいことなら無理をすることはないこと。

――だが一人で抱えるよりはご両親か友達か、信頼できる相手には話せるなら話したほうがいい。君を心配している人間は大勢いる。もし辛いことがあったなら君を心配している人たちのためにも話してあげてほしいと思う。

――たとえば、そう、君が付き合っている彼氏くんとか。

オレンジショート『ひッ……!』

そう言った途端オレンジショートの様子が急変した。喘鳴まじりの呼吸を苦しげに繰り返している――怯えているのだ。私の言葉がパニックを喚起した。ではそれが答えか。あの後、私の前から連れて行かれた後に、彼と何かがあったのか。オレンジショートをこうまで絶望に陥れるだけの何かが。

私はそれを微笑ましく見送ったというのか。

オレンジショート『わ、わたっ……私っ……妊娠しちゃうかも……やだ、こ、怖い……もしっ、あ、赤ちゃん、できてたら……っ』

助けて、とすすり泣くオレンジショート。告げられた言葉の内容。考えたのはいくつかのこと。事態の深刻さ、私にできることの範囲。それを行うに私がふさわしいのか否か。しかしどれも考えるまでもないことだった。

即答で私はオレンジショートの頼みを了承した。
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/22(土) 12:16:50.25 ID:G+LkPX4M0
そして一時間後、私達は産婦人科医院の前で待ち合せていた。やってきたオレンジショートは目に見えて憔悴していた。顔に暴行の痕が見られないのは救いと言っていいのか、それとも暴行犯の賢しさを嫌悪すべきかわからなかった。

私はできるだけ平静に、この医院にオレンジショートの名前で連絡をしていること、また女性患者に配慮して男子禁制のため私は中までは付き添えないことを再度伝える。事前に伝えてはいたもののやはり不安げなオレンジショートに、診療が終わるまで病院前のカフェで待っていることを告げて診療代の入った封筒を持たせた。

オレンジショートの姿が自動ドアの向こうに消えるのを見届けてからカフェに向かった。席について適当な飲み物を注文。店内は空調がよく効いて、汗に湿ったシャツの背中が冷える感覚が心地よい。

一息。肩の荷を少しだけ下ろした気分。

オレンジショートを産婦人科に連れてきたのは緊急避妊薬――アフターピルを医師に処方してもらうためだった。効果の高いアフターピルは性交後二十四時間以内に服用しなければならないため、薬を手に入れるまでのタイムリミットは今日の午後。

避妊の確実性は言うまでもなく重要だったが、オレンジショートには他にも今日必ずアフターピルを手に入れなければならない理由がある。同じ理由から彼女を医院に連れて来るのは両親や桃髪サイドではなく私でなければならない……

平日の朝だからか、待ち時間はそれほど長くはかからなかった。店内に私を認めたオレンジショートが駆け寄ってきて頭を下げる。

オレンジショート「ありがとう……! ほんっ、ホントに、私、夜ずっとこわくて、ぜんぜん眠れなくて……っ」

喉から声を絞り出して何度も礼を言うオレンジショートを宥めて席につかせる。人の疎らな店内で視線が刺さるが、このくらいの誤解は必要経費だろう。やって来た店員に飲み物を注文させてオレンジショートが泣き止むのを待った。

注文のココアが運ばれてくる頃にはオレンジショートは幾分か落ち着いたようだった。ごめん、迷惑かけちゃったと小さく謝って卓上に置いたのは封筒と診療明細、電話で確認したとおり、用意した金額でぴったり足りたらしい。

オレンジショート「お金、貸してくれてありがと……後でちゃんと返すから……」

その前に、と私はオレンジショートを遮った。これからどうするのかを決めるために彼女に確認しておかなければならないことがあった。

――ご両親に相談するつもりはあるのか。

オレンジショートはビクッと首をすくめた。叱られている小さな子供のように肩を縮めて俯いている。それが答えだった。

私は小さく息を吐いた。つまり大事にはしたくないということか。私の問いにオレンジショートは力なく項垂れている。私を頼った時点ではじめから彼女の意思は明らかだった。親や学校、友人に何も知られたくないからこそ、私という彼女にとってそのどれにも属さない存在は極めて都合が良かった。

ならば私のするべきことはもう一つあった。

オレンジショート「あ、あいつに電話……!? やっ、ヤダ、なんで私から……っ、あんなことされて話し合うことなんて――」

だが必要なことだった。そのために君は私を頼って、私がここにいるのだから。そういうことではなかったのか、と訊いても、オレンジショートはわかっていない様子。

だって彼が君に近づかないようにする必要があるだろう。

私が淡々と言った言葉にオレンジショートはひどく動揺した。見開かれた目、胸を強く押さえて、首を絞められたみたいな顔。その可能性を考えていなかったのか。馬鹿な娘だとは思わない。それだけ彼女が追い詰められていたということだった。

だがもう少し言い方は考えるべきだったかもしれない。これ以上彼女を無闇に傷つけるべきではなかった。慎重に私は言葉を選ぶ。

――親に相談しないということは、彼を止める手立てが打てないということだ。彼に接近禁止を命じられるのは第一に彼の親、彼の親でできなければ公権力がそれをする。そして君ひとりでは彼の親にそれをさせられない。どうしても君の保護者である君の親に話が行く。これは君にはどうしようもない。

――だからこそ私だ。君の望みを叶えられるのは今、この瞬間は私しかいない。彼に連絡を取りなさい。後は私がなんとかしよう。

オレンジショートの喉が嚥下した。どんな言葉を胃に嚥み下したのか、彼女は私の目を見つめてスマホを取り出してタップして私に手渡した。耳に当てたスピーカーからコール音が数度聞こえて、相手が出た。

彼氏「おいなんだよ、今まだ授業中っつかなんでガッコ来てねえの? 昨日休むなっつったろ――」

こんにちは、少しいいかな、と言うと、電話向こうの彼は困惑した様子だった。君には悪いが、君がオレンジショートのしたことの何分の一かは責任を取ってもらおうと、そんなことを考えながら私は次の言葉を放った。
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/06/22(土) 12:17:18.78 ID:G+LkPX4M0
桃髪サイド『――で? なんかあの娘のカレシ、急に授業中に出てって帰って来ないんだけど。なんなの? あの娘からもアンタも連絡来ないしフザケてんの? ねえ?』

昼休みであろう時間にかかってきた桃髪サイドからの電話に、さあ、ととぼけておく。すでにオレンジショートとは別れて家に帰っていた。

桃髪サイド『アンタ何かしたわね……どういうこと? 説明して』

勘が鋭い……。私は別に何もしてないよ、と答えた。当然嘘だった。彼氏くん(元をつけるべきか? まだ正式には別れていないので便宜上『彼氏くん』とする)を呼び出したのは私である。

簡単に言えば、親や警察に知られたくなければオレンジショートに近づくなと脅したのである。約二万円の診療明細が思いの外効いた。アフターピルは保険適用外なのでお高価いのである。この金を請求しない代わりに近づくなと言えば、彼氏くんは割合素直に従ってくれた。

ちなみにこの二万円、中学生には大金だろうとオレンジショートに弁済を求めるつもりはなかったのだが、

オレンジショート『別に大丈夫だけど……? 皆と遊ぶとき、それくらい使うときもあるし、親もなんにも言わないけど』

マジで……? お金持ちの家ってそういうもの……? もうちょっとお金の使い方どうにかしたほうがいいんじゃない?

まあそれは余談である。とにかく、と私は強引に話をまとめた。私から言えることはなにもない。ただオレンジショートにとってはかなり辛いことだったから、話すにせよ話さないにせよ、あの娘の気持ちを汲んであげてほしい。

オレンジショートからは近い内に連絡が行くと思う。あまり急かさないで待ってあげてもらえないか。

桃髪サイド『ふぅん……? まあいいけど。……アンタも相当なお人好しね』

じゃあね、と電話が切れた。私は息を吐く。これでとりあえずは解決だろう。まあ考えの足りない中学生である、足りない頭で自分に都合の良い理屈を乗っけて同じことを繰り返そうとするかもしれないが、今からそんな事を考えていても仕方がない。

とりあえずは休憩だとベッドに横になった。今回は仕方がないとは言え、人間関係の機微に巻き込まれると疲れる……オレンジショートの助けになれたのは良かったが……あの娘らが頼れるまともな大人はいないのか……


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、14:00より採用、締切16:00まで
(金髪ギャル解禁まで7回)
(剣道少女解禁まで6回)
(オレンジショート解禁まで5回)
(施設後輩解禁まで4回)
(銀髪ロング解禁まで3回)
(ヤンキー解禁まで2回)
(おかっぱ解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、留学生、桃髪サイド、黒髪ツインテ、大家娘、おさげお嬢様)
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 12:20:50.64 ID:G+LkPX4M0
(若干進め方に失敗感があるなー)
(前のオレンジショート回でコミュ続行でも別ヒロイン安価でも可にして、コミュ続行なら彼氏くんとどうなったかを指定してもらえばよかったかも)
(別ヒロイン安価なら穏当になんとかなったことにするとかで)
(思いつきで展開制限するのはよくないな……反省)
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 12:39:35.42 ID:G+LkPX4M0
ミスったヒロイン一言コメント忘れてた

オレンジショート『……アイツ、本当に何もしてこない。お兄さんの言うとおりだ……あれ? おかしいな、男子といると体が震える……なんで? お兄さんとはそんなことなかったのに』

桃髪サイド『何があったのかはだいたい予想付いてるけど。あいつ、金髪ギャルとかオレンジシートにはイヤに優しいのね。……私にはそんなのしないくせに』
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 14:06:39.75 ID:9Y1EvNfJ0
なにかとても嫌なことがあったのかかなり酔っぱらっている大家娘 そのまま男と逆レイプ気味に交わる
朝になると大家娘はすでにおらず「昨夜のことは忘れてくださいと」書置きを残していた

522 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 14:08:04.21 ID:8AVkpkS10
ポニテ
ポニテが大学のレポートを完成させ、一緒にご飯食べて、一緒にお風呂入ったあと、思いっきりいちゃラブしまくって癒される
一緒の布団に入ってイチャイチャしながら、私をこんな風にした責任取ってくださいね(意訳:勝手にいなくなっちゃだめですよ)と優しく言われる
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 14:16:04.11 ID:VRONJuIDO
休日、少し様子がおかしい大家娘にデートに誘われる
帰りに告白されて今日はずっと一緒にいたいと男の部屋に泊まり、一線を越える
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 14:23:48.02 ID:G+LkPX4M0
ゾロ目なんで>>523採用確定なんだけど大家娘に何があったというの……考えなきゃ……
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/22(土) 16:40:56.62 ID:l827NOBfO
金持ちのお嬢さんには変わり者が多いんだろうきっと
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/23(日) 08:11:10.59 ID:IZiqqPPI0
ゾロ目なんで本当は>>523なんだけど書きやすさから同じ大家娘安価の>>521を主軸に進めます、申し訳ない


大家娘「あーもう、遅いれふよお兄さぁん、もう私待ちくたびれひゃって……うぇへへへ、あー、なんか暑っつい……暑くないれすか? あれ、靴、靴……んむむ、脱ぐのめんどくさぁい」

夜中に突如酔っ払いが来襲した。インターホンで応答したときから判っていたが大家娘はすっかりぐでんぐでんである。覚束ない足取りでよろける腕を支えて――胸! 柔らかいな……!――玄関口に座らせる。

はい靴脱いで……脱げない? 飲みすぎだろうソレ……っていうか息に酒精プンプンしてて近くにいるだけで酔いそう……はい? あーはいはいわかりました、脱がせてあげるからいい子にして……寄りかからないでぇ柔らかいのが腕に……!

大家娘「ありがとーごじゃいましゅお兄さん♪」

締まりのない笑顔を向けてくる大家娘にどういたしましてと返事をしておくが、君、男の一人暮らしに押しかけて無防備過ぎない? 大丈夫? お水でも飲む?

しかし大家娘はんふふと笑って、手に持っていたコンビニ袋をガサリと揺らした。……あの、その中に入ってるのってまさか……?

大家娘「はいそーです! さっきまで友達と飲んでたんですけど帰されちゃって……私全然足りないのに……なのでお兄さん、朝まで一緒に飲みましょー♪」

今日平日だけど!? 君は明日も大学あるんじゃないの!? 必死に宥めるが、あの、大家娘さん? さっきから抱きつき過ぎ……君酔うとスキンシップ過多になるね? いや、わかった、わかったから離れてぇ揺らさないでぇ……! 付き合う! お酒付き合うから!

そういうことになった。

大家娘が買ってきたのは缶ビール、チューハイ缶、カップの日本酒に焼酎の合計十本以上。……買い過ぎじゃない? ここまで運ぶの重かっただろう、言ってくれれば迎えくらいは……いやその前に説教だけども……

大家娘「そーなんれすよもー重くって重くって大変れしたぁ。ング、ングッン、プハぁ……んー♪ おいしー♪ あ、そうだ、おつまみも買ってきたんだった、うっかりです。えへへ、今出しますねー……あれぇ? おっかしいなぁ、一緒に買って……あ、こっちだった」

どうやら酒類とつまみで袋を分けたらしかった。それは別になんでもいいのだが、

大家娘「あー! お兄さんぜーんぜん飲んでなぁい! 駄ぁ目れすよせっかく一緒に飲んでるんれすからぁ、駆けつけ三杯っていうでしょー? はい、おつまみも見つかりましたから……あ、あーんとか? あーんしちゃいます? やっちゃいます!?」

やらんでいいです。酔っぱらいの相手を素面でなんてできるかと、私もカップ酒を呷った。カッと喉がアルコールで灼ける感覚。わー♪ と大家娘が手を打つのでいい気になって立て続けに酒を胃に流し込んだ。

私は焼酎の匂いが苦手で普段はあまり飲まないのだが、こうして酔いが回ってから飲むとなかなか悪くないではないか。あーでも肉系のつまみはやっぱりビールだなー、胡椒の辛味をシュワシュワした喉越しで一気に洗うのがたまらない。旨し!

えへへと笑っている大家娘が、最初と打って変わって意外に言葉少ななのに首を傾げる。こっちはやっと気分が乗ってきたのに君が冷めてしまっては本末転倒ではないか。

しかし私は寛容なので、もともとすでに酒が入っている大家娘にこれ以上の酒を強要したりはしないのだ。私いい大人。あるいは大家娘はもう眠いのかもしれない。酒を飲めばそういうこともある……

そういえば大家娘はなぜそんなに酒を飲んできたのか? そして私と飲もうとしたのか? 酒で熱を持ってしまって頭がよく働かないのだが。

大家娘「実はですね……ちょっとヤなことがあって……友達に相談してたら、どうせならぶつかってこいってお酒飲まされて……あれ? 私から誘ったんだっけ? 景気付け? 的な?」

どうも要領を得ないが、要するに大家娘はお酒の力で悩み事をどうにかしようとしているということだろう。よろしい、そういうことなら私もとことんまで付き合おうではないか。酒はパワー! 人生のエンジン! 私達は酒の力で動き回る車輪でしかないのだぁ!(意味不明)

大家娘「本当れすか? ホントに私に付き合ってくれます? 最後まで」

おうともさ、私にお任せなさい。そう言うと、大家娘は黙り込んで、ブラウスに手をかけてボタンをプチプチっとやって、おやなかなか……いい下着つけてるじゃないか……白と小振りなレースが清楚でいいね?

――なぜ脱いでる!? そんなノリだったっけこの飲み!?

大家娘「あー、涼しー♪ 楽ぅ……♪ んっ、んむむ、なんですかもー、私暑いんです、ヤぁですっ、スカート脱ぐの邪魔しない……でっ、くださいっ」

さすがに下は……下脱ぐのはマズイって……! スカートを脱ごうとする大家娘と死守しようと腕を押さえる私。膠着状態……! あっ、でもダメっ、目の前になんて豊かな実りの双丘が! つまりおっぱい! おっぱい!

露わな胸を見ないようにぎゅっと目をつむりながら押さえていた大家娘の腕から力が抜けていく。わかってくれたか……

大家娘「……やっぱり私なんかじゃダメです? そんな気持ちになりませんか? そうですよね。私なんか……」

消え入りそうな声で言う大家娘。あの……? 見ると大家娘は涙ぐんでいた。え? なぜ? さっきまでのテンションは? え?

大家娘「お兄さん、この前のお休み、女の人と一緒でしたよね……カフェで、すっごくキレイな人……楽しそうに笑ってて……わ、私、お、男の人とこんな、話したことっ、なくて、ま、舞い上がっちゃって……勇気出しても、わ、私っ、なんか、可愛くないし、嫌ですよね、見たくないっ、ですよね、気持ち、悪っ、ですよね……!」

ごめんなさいと呟く大家娘。色々と察したことはあったし、色々と言いたいことはあった。だが私が今しなければいけないことは一つだった。

私は大家娘の肩にブラウスを掛けてやりながら言った。

大家娘「お兄さん……?」

説教の時間だった。
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/23(日) 08:11:38.95 ID:IZiqqPPI0
大家娘「あの、お兄さん……? 今私そういう気分じゃ……あ、はい。正座、はい」

はい。私も居住まいを正しながら言う。論点は大きく二つあります。君自身に関することと、君が行動を起こそうとしている相手についてです。いいですね?

まずは君に関することだが、なぜ君はそう自分に自身がないのかね? はっきり言うが君が思っているより君はだね、言葉を選ばずに言うと、物凄く男心をくすぐる。ぶっちゃけセックスシンボル。歩くスケベと言っていい

大家娘「セっ……? スケ……っ!?」

いいか? 君の属性を挙げるとだ。黒髪三つ編み眼鏡内気おっぱいで一見地味だけどよく見れば可愛いというかめっちゃ可愛くない? なんで気付かないの皆? 俺だけがこの娘の良さを知ってるんだ系女子なわけだ。男慣れしてないのがさらに追加点の役満コース。

君の周りの男は常に君を狙っていると考えたほうがいい。付き合いたいと言うよりかはこの娘なら簡単にモノにできるだろう感があるというか。おとなしそうだし言うこと何でも聞かせられそうだし。実際にはともかくとして見た目と雰囲気の話でね。いや君、ホントよく今まで無事だったよね……オレンジショートの後だと特にそう思うわ……

オレンジショート? と大家娘が首を傾げるのに、なんでもないと話を戻した。とにかく! 君は男から見てかなりそそる女の子なのだから、もっと自分を大事にしないといけないということだった。わかったかね?

大家娘「……でもお兄さんは私のこと嫌なんですよね。脱いでも全然、見てもくれないし」

嫌なわけないが?(憤怒)私は分別のある大人だから頑張って耐えたのだが? そうじゃなければガン見してたのだが? 私じゃなければ今頃君は一生後悔する羽目になっているところだぞ? 感謝してほしいね、まったく。

大体だね、いくら男慣れしていないからって相手に私を選ぶのは男を見る目がなさすぎるだろう。私、無職のチャランポランだぞ? 女関係も最近どうもだらしないし。そんな男に酔った勢いで処女捨てるとか絶対後悔するぞ。

いやホントに。男って処女厨なところあるから。処女厨ってわかる? 女の子は処女じゃないと絶対嫌っていう考え。せっかく君、可愛くて相手いくらでもいるんだから、相手はもっと選びなさい。ね?

大家娘「……えいっ」

お? と言う間に天地がぐるっと回った。自分が押し倒されたと理解したのは、慣れ親しんだ天井に大家娘の顔があったから。

馬乗りにされている。脇腹に触れる太腿の感触――実際太い――がこれが現実なのだと告げていた。

大家娘「頭がクラクラしてお兄さんの話、よくわっかんないですけどぉ……つまり、酔っ払ってれば合法ってことですよね!」

そんなこと一言も言ってないんだけど!? 私の話の何がどうなってそうなった!? ちょっ、どいて……っ、君、腰までむにゅむにゅして柔らかいなあ……! でも太ってはないってどういうこと? 物理法則おかしくなってない?

大家娘「何だぁ、処女捨てるのってこんなに簡単らったんだぁ……今まで私何やってたんだろ……いいけど……お兄さんがはじめての相手かぁ……うへへ」

おかしくなっているのは大家娘の頭だった。そういえばブラウスの前止めてなかったので丸見えだったブラジャーを、大家娘はパチンと外してブラウスもするっと肩から外してトップレス! ナイスおっぱい! 大きさは当然、形も色もいい感じですね!

……待ってくれ……! そこはマズイ! 触っちゃ駄目ぇ――

大家娘「んっふっふふふ……知ってますよコレぇ……予習はバッチリしてますからぁ♪ 大っきくなってるってことは同意ってことですよね!? ね!?」

ンンン言い逃れできない……! お願いだから待って! ちょっとでいいから! ほら、シャワー! シャワー浴びよう! 体キレイな方がいいでしょ? ね?

大家娘「逃しませんよ……こんな機会もうないかもしれないんですから……絶対モノにしますからね……あ、男の人ってほんとに体固ぁい……♪ ほんとに体の作りが違うんですねぇ?」

シャツの下のお腹を弄られて私はもう駄目だぁ! ヤられる! 犯されちゃうのに私ったらドキドキが止まらない――!


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用、締切12:00
ゾロ目なので大家娘コミュ続行です、逆レイプで本番確定です、プレイ内容を安価ください
ただし大家娘は処女なので相応の制限があるものとします(酒入ってるので痛覚は鈍っていますが無理すると泣きます)

大家娘『ふふふ……処女喪失……ふふ、お兄さんに付き合ってる人がいるとかもう関係ない……ふふふ、セックスなんか怖くない、やってやる……やってやるぞぉ……(自暴自棄)』
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/23(日) 10:42:32.20 ID:9wrbEjNjO
酒のせいで感情にブレがあるのか最初は嬉々としてちんこを触っていたが反応が鈍いことに怒り出したり泣き出したりし出したので
折れた男が色々指導
最終的には不器用ながらも男の上で腰を振りつつセックスが楽しいと御満悦でアヘりだす
男はただひたすら天井のシミを数えている
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/23(日) 11:25:42.68 ID:QVU0jHb80
前戯も何もなくいきなり騎乗位で挿入して挿入して涙目になる大家娘
それでも必死で腰を動かすため、見かねてキスや乳首の愛撫で感じさせて膣を濡らす
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/23(日) 11:39:56.16 ID:tKOyxTWMO
騎乗位でいきなり膣口に当てた後、酔いもあり挿入まではすんなり行かず。
先端の刺激や擦れあい等、焦らすような快感を繰り返した後、結果として万全ではないが多少準備が整ってしまった状態で生挿入
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/15(月) 18:19:41.14 ID:38QXU7JyO
待ってる
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/07/18(木) 19:01:04.24 ID:M70u9rdR0
>>529採用


そのまま寝間着のスウェットをずり降ろされた。勢い余って下のトランクスといっしょに。

大家娘「うわぁ……ほ、本物の男の人の、おち、ん、わっ、ビクって! ひぃぃ……えっえっ、大っき……えっなんか生暖かいし……」

ごくりと生唾を飲み込んだ大家娘は初めて目にしたのであろうビンビンになった男性器に興味津々だった。あああ突っつかないでデリケートなとこなので! 握られると女子の手ってホント柔らかいよね……! 駄目だ興奮が収まらない! というか酒で頭クラクラする! 体に力が入らない……!

と、腿に感じていた重み――実際重い――が退いた。

大家娘が腰を上げていた。私の逸物を握ったまま、もう片手をスカートの中に入れてするっと下ろしたパンツは、ブラと合わせた清楚なナリで大家娘によく似合ってると思った。

……やべーぞ逆レイプだ!

大家娘「いいいい行きますよ? 行きますからね? 抵抗ないってことはいいってことですよね!? 嫌って言ってももう遅いですから!」

よくないんだよぉ! というかゴム! 生はやばいってぇ――! という私の抗議を、大家娘は行きますの一言で封殺。固定するように根本を握られた私の陰茎は、目の前にぶら下げられた餌に正直に反応していた。

唇を引き結んた大家娘は、それを自分の女の入り口に宛てがって、一気に、

大家娘「――――――ッ!?? いいぃぃっ痛――――!」

先端がメリっといったところで動きを止めた。哀切極まる断末魔だった。心の中で合掌。

いやそんなことをしている場合かと首を振って思考を正す。痛いよう、こんなの聞いてないと弱々しく繰り返す大家娘は中腰の姿勢から少しも動けていない。亀頭の先端も埋まったままで、慣れていない膣の痛いほどの締め付けに私は顔を顰めた。

まあ仕方がない、なんにせよ話は陰茎を抜いてからだなと大家娘の腰に手を伸ばして、その手を掴まれた。

大家娘は涙目で私を見ている。無言で。私も無言で、しばし見つめ合った。そして私はようやく理解した。

なんとしてもヤる気だなこの娘……! いやわかった! わかったから落ち着け、待て待てそんなに無理に挿れようとするのは――

大家娘「うぎぎぎぎぎ……!」

ああああメリメリってぇ――! 私だって処女特有の強張った締め付けが痛いのだ! 処女セックス強行で痛いのは女の方だけじゃないのだぞ!

あまりにも聞き分けのない大家娘についに私の怒りが爆発した。怒りのままに陰茎を無理やり引き抜いて、ぐすぐすと泣きべそをかく大家娘の手を引いて抱き寄せた。

大家娘「らってぇ……こうれもしないと私ぃ……ずっとこのままらもん……やだよぉ……」

うう、と私の胸に顔を押し付ける大家娘。はいはい、と大家娘の背中をポンポンとあやして、涙やらなんやらでシャツが湿っていくのを感じながら、私は下半身裸のままぼんやり天井を眺める。

どうしようかな。本当なら適当な慰め言って部屋に帰すべきなのだろうけど。私からすれば何を焦って処女捨てようとしているのかって感じだし。いいじゃん別に。せっかくの器量良しなのだ、ほんの少しの自信を持てばいい男なんて向こうからやって来るに違いないのに。私は嘆息する。
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/07/18(木) 19:02:28.61 ID:M70u9rdR0
セックスしようか。身を起こしながら私がそう言うと、大家娘は「えっ」と顔を上げた。キスの経験はあるかな? 親以外で。

大家娘「……えっ、セック……え? キス? いや……? えっと、ちょ、待っ、近いです顔っ、私ファーストキスでッ、ん、ん……む……!? ……!? …………!?」

ファーストキスご馳走さまでした。感想は? 急でわからなかった? じゃあもう一回。――はい。どう? まだわからない? そう? まあまあ遠慮しないで三回目。ああ、だめだめ。逃さないよ。今度は長くするからそのつもりで。はいスタート。

後頭部を掴まえながらたっぷり時間をかけて重ねた唇を離すと、大家娘は呆然とした風情。急なことに対応できずに思考がストップしてしまっている。再起動には理由が必要だろうか。

私は言う。なぜ急にキスしたか? セックスするのだからキスくらいするだろう。なぜ急にその気になったか? 目の前の据え膳を食べる気になっただけ。あいにく私はクズなので将来の責任を取るつもりはないけれども。

ま、君から襲ってきたのだ、まさか文句は言うまいね? できるだけ痛くはしないようにするから諦めるように。

大家娘「ままま待ってください、こっ、心の準備が……! あっ、さっき私、キ、キキキキスしたんですか? え? なぜ? あっ、夢……?」

どっこい現実です。次は舌入れたのするから舌出して。あと体触るからそのつもりで。服の下に手入れるから。ほら舌。べーってして。舌噛まないようにね。

大家娘「えっえっえっ、あっ、え? れぇ――――? えぅ!?」

意外に長かった大家娘の舌をこちらの舌で絡め取って唇を重ねた。ぬるぬると舌上の唾液を擦り合う、ぴちゃぴちゃという音が口腔から脳に響く。こちらの口内に誘導した大家娘の舌を唇で挟んでゆるく吸うと、私の体の上で大家娘は面白いように体を震わせた。

それでは体の方もいただきます。ブラウスの前が開けているのでいきなり服の下に行ってみよう。

大家娘「ン……っ、あっ、ひ、ん、んむ、ちゅっ♡ ちゅるっ♡ はぁっ♡ んんっ♡ あん♡ あ、ふ♡ ちゅっ♡ ちゅっ♡ んふ……♡」

むむむ。わかってたけど胸大きいな……! 肌もっちもちで肉柔らかめ。乳房の肥大に相応に広がった乳輪、中央にぷっくりと膨らんだ乳頭は大きめで、これは弄り甲斐があって非常によし。

巨乳の魔力に心惹かれて手が離れないので、大家娘の頭を支えていた手を愛撫に回すのは当然の判断だった。胸下、腹……お腹やっわらかいな! あーそっか、私、今まで関係持ったの鍛えてるか肉付き薄いかだものな。うむ! プニプニは良いものだ……

大家娘「はぁー♡ はぁー♡ あ、あの、お♡ お腹と、んっ♡ 胸、ばっかり、その、恥ずかしいです、から……」

何ィ? こんなおっぱいとお腹しておいて触るなと? 生意気だぞ? ン?

ええ……と大家娘は私の謎テンションについて来れていないが、しかし、彼女の言にも一理ある。名残惜しいが胸ばかり触っているわけにもいかないのだ。だからこれが最後の揉み……いやこれで最後……もう一回だけ……

はいじゃあ次は本丸でーす、と大家娘のスカートの中に手を入れる。あ、私手洗ってないや。爪は切ってるからいいとして、ええっとウェットティッシュ……あったあった。いつ何があってもいいように常に枕元に置いてあるのだ。さすが私は準備がいい。

そういうわけで準備のできた私は大家娘の秘部に触れた。さらに触れ、なぞって、指先をちょっと沈めてみたりして。

……なんかすごく濡れてる。
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/07/18(木) 19:02:54.59 ID:M70u9rdR0
大家娘「…………」

顔を背ける大家娘。でも耳まで赤いのが丸わかりだった。いやいいことなんだよ? これからのことを考えたら濡れてるほうがさ。痛みも減るし。私も気持ちいいし。

うん、中も水気たっぷり……指、簡単に入るなぁ……

大家娘「んっ♡ や、待っ、ひぃん♡ ♡ あれっ♡ こんなすぐっ、ヘン♡ ヘンですっからっ♡ なんでぇ?♡ ひ♡ ぐっ♡ んん♡」

いや、いくらでも待つけど……。私は大家娘の膣内に指を挿れたまま静止。むしろ大家娘のほうが私の指を締めたり緩めたりしているのだが。というか腰押し付けてきてる。ついでに触れてもないのにすっかり充血したクリトリスも擦れるようにすると、

大家娘「ひぅ♡ ♡ ♡ あっあっ、あっ?♡ ♡ んッ♡ ♡ ♡」

ビクビク体を震わせて仰け反った。ええ……そんなに愛撫もしてないのに感じ易すぎじゃない……? いやいいんだけども。私には都合がいいし。たとえ、こうして指もう一本追加しても悠々咥えこんであんあん喘いでくれるって凄くやりやすいし。……この娘ホント、今まで良く無事だったな……

大家娘を抱くと決めたのは私だが、こうもあっさりと準備が整ってしまうと若干の戸惑いがあった。まあいいか。いいな。よし。

では、と据え膳を前に舌なめずりをしていたビンビンの逸物にゴムを装着。先程の痛みの記憶が蘇ったのか、大家娘は緊張に身を固くした。

今日はやめておくか、と私は最後の確認をする。大家娘はぐっと歯を噛んで、首を横に振った。瞳に決意の色。

なら始めよう。大家娘の腰を上げさせ、膣口に熱り立った陰茎を宛てがって、ずぬぬぬっと中に差し込んだ。

大家娘「んんん……! んはぁ……っ、はー♡ はー♡ 入ったぁ……」

熱を持った肉筒を開ききった亀頭のエラで掻き分ける。中の感触は最初の挿入時とは全く変わっていた。私のモノを受け入れるに十分な広がりを持って、きつく締め上げてくる。しかしこれは早く動かすと痛いかな。痛いだろうなあ。

とりあえずはペニスを受け入れる感覚に慣らそうと、私は腰を止めたままにする。体位は対面座位、崩した胡座の中に大家娘の尻を収めている状態である。

体位上、近まった大家娘の腰を抱いて唇を重ねた。私の胸付近でまごついている大家娘の手を私の首に回させて密着度を高めて、再び大家娘を抱きしめながら口づけを深くした。

大家娘「ん、ちゅう♡ ♡ ちゅっ、じゅる、じゅぷっ♡ はぁ、んっ、んー……♡ ♡ ちゅっ♡ ちゅっ♡ ――っ、んふぅ……♡ あっ、はー♡ はぁー♡ ♡ ん、んっ♡ れる、れろぉ……♡」

もはや何も指示せずとも舌を絡めて寄越すのに合わせて、大家娘の体に触れていく。触診するように優しく触れるのは挿入の痛みを紛らわせるため。あと触り心地がいい。この、あんまり筋肉のついてない柔らかいのが最高に近い良さ。でも太ってるわけじゃないのが節制感があって好感が持てる。

は、と甘い吐息を漏らして、両腕を私の首に掛け、両脚でしがみついてくる大家娘が私の顔を覗き込む。微睡むような瞳、その中に見え隠れする、今以上を求める色。――男に媚びる女の目。

どうしてほしいのかをあえて訊いた。大家娘はごくっと喉を嚥下させる。上気した頬、喘ぐような呼吸、大家娘の瞳が情欲に染まる。

大家娘「……動いて……♡ たぶん、もう、大丈夫ですっ、からぁ♡」

その答えはわかりきっていた。私はゆっくりとした動きで抽送を開始した。
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/18(木) 19:04:55.52 ID:M70u9rdR0
文章のリハビリがてら今回はここまで
安価は次更新です、次はもうちょい早く投下したい
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/18(木) 19:58:26.05 ID:LmBC1rCDO
お帰りなさい
乙でした
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/07/18(木) 20:17:49.30 ID:79p1O6XzO
おつ
イッチのペースで構わんよ
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/07/26(金) 17:26:12.87 ID:cEmByn3e0
たっぷりと愛蜜で満ちた膣内に呼吸と同じリズムで己を反復させる。腰を揺するような動きは体位上、膣の浅い位置で連続して、ともすれば単調とも言えるが、慣らしにはもってこいである。なんたって大家娘は男女経験がないのだから。

だからこうして、動きが緩い分をキスや愛撫で埋めるのだが、

大家娘「んっ、ちゅ♡ ん、んっ、ぷはっ、はっ♡ あひんっ♡ く、首っ、舐めちゃ、あっ♡ ん〜〜〜♡ ♡ もう、くすぐったいれす……♡ あんっ」

ちょっと強く首筋を吸ってやるとこれである。首筋の赤らんだ肌に舌を這わせると、薄く汗ばんでいるのがわかった。酒気の他に立ち昇る体臭のかぐわしさ。

たまらず大家娘を掻き抱いた。触れ合った箇所に感じる女の柔肌、大家娘の胸が押し潰れる感触、鼻に掛かったような甘ったるい吐息が鼓膜を揺らす。興奮のまま腰をがっつきたくなるのを我慢。我慢……! ンンンもどかしい……!

だが今重要なのは彼女にとっての初セックスを恙なく終えることである。痛いのとか以ての外。たとえ腟内が大量に分泌された愛液でぐずぐずになっていても、そのくせ経験の足りない膣襞の締め付けがきつくても、

大家娘「んっ♡ んっ♡ んあっ、あっ、あっ♡ ちゅっ、ちゅぱ、ちゅるっ、ちゅ、あっ?♡ ♡ あ、はぁ♡ んむ♡ む、ん、んー……♡ ♡ ぷはっ、はっ、はーっ♡ あ…………♡ ♡」

明らかに相手が痛みでない声をこっちの耳元で垂れ流していても! 仮に今は良くても強くすると痛いかもしれないからぁ……! キスも当たり前みたいに受け入れるし舌絡めてくるし、目元火照らせてキスねだってくるのも超エロいけども……!

う、と息が上がって呼吸が乱れるのは、何を隠そう、大家娘の方から腰を押し付けてきているからだった。こっちは必死に我慢してるのに快楽貪りおって、さっきまで処女だったくせにこのドスケベ娘……!

こんなの我慢できるわけもなく。

大家娘「んっ!?♡ ♡ ♡ ん、むぐ、ん……!♡ ♡ ぷあっ、はむ、ん……ちゅっ、ちゅぷ……んふ……♡ ♡ ♡」

ぐりっと限界まで腰を奥に突き挿して射精。じっくり時間を掛けて高まった興奮を自分の尖った先端から注ぎ込むイメージ。唇を合わせ、肌を重なり合わせて、脈動の最後まで大家娘と交わり続けた。

私と大家娘は荒い息をつきながら抱き合っていた。精を放ち終えて萎え始める逸物を引き抜く。我ながら出しも出したり、という量だった。これは疲れるはず。

大家娘「はー……セックス、したんですねー……私が……あー、ねむ……」

そんなことをうとうとと言って、大家娘は眠ってしまったようだった。私も眠い。深酒の後に運動はなかなか……効く……

暗転。

目が覚めた。頭が痛い……二日酔いの症状だった。頭をバリバリ掻きながら起床。どうにも体がベトベトするというか不完全燃焼感があるというか。まあいい。とりあえずは水……

と、テーブルに書き置き。走り書きで、『先に帰ります 昨日はすみませんでした 大家娘』。

……あっ。やっちゃった。私は頭を抱えた。


大家娘コミュは終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:30より採用、締切20:30まで
(大家娘解禁まで7回)
(金髪ギャル解禁まで6回)
(剣道少女解禁まで5回)
(オレンジショート解禁まで4回)
(施設後輩解禁まで3回)
(銀髪ロング解禁まで2回)
(ヤンキー解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、おかっぱ、留学生、桃髪サイド、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

大家娘『あ――――嫌ぁ――やっちゃったぁー! どうしようどうしよう、明日からどんな顔してお兄さんに会おう!? 無理やり押し倒してって私そんなに? そんなに飢えてたの? 嘘でしょーもう! 死にたいぃ……!』
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/26(金) 19:30:23.92 ID:Valo5fGDO
おかっぱ
休日なおかっぱがやって来てイチャイチャする
あれから色々と「練習」してきたらしく、前戯や本番でも積極的に奉仕してくる
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/26(金) 19:34:34.63 ID:hp5Hh1SqO
ポニテ
ポニテが大学のレポートを完成させ、一緒にご飯食べて、一緒にお風呂入ったあと、思いっきりいちゃラブしまくって癒される
一緒の布団に入ってイチャイチャしながら、私をこんな風にした責任取ってくださいね(意訳:勝手にいなくなっちゃだめですよ)と優しく言われる
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/26(金) 19:34:41.62 ID:ffrqID+l0
おかっぱ
放課後の学校帰りのおかっぱと友人に遭遇。明らかに嬉しそうな態度をとるおかっぱとその相手の男に対して友人が色々と質問攻めにしてくる。
とりあえずごまかしてその場を切り抜けて、お互いの為に関係を秘密にしていこうと提案する。
おかっぱは納得したが、その分二人っきりではいいんですねとばかりにそのまま男の自宅で一戦交える。
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/27(土) 03:40:39.74 ID:2qpJ+i8Ho
何故かブクマから消えてて探した
結構進んでて嬉しい 時間合えば参加したいわ
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/07/30(火) 18:21:47.47 ID:mpL2YBN00
>>539採用、かなり踏み込みます

「最近のおかっぱちゃん、何か変わったよね」

お弁当を食べながら友人が言う。うんうんともう一人が同意するのに、私は、そうかな、とだけ答えて箸を口に運んだ。

学校のお昼休みである。中学生ともなれば親にお弁当を作ってもらうのが恥ずかしくなって購買で済ませる生徒も多いなか、私は入学以来ずっと自作していた。おかげで同年代の娘と比べて随分料理にも慣れた、と思う。

そのことに今では感謝しているあたり、実際、私は変わってしまったのかもしれない。

(変えられちゃった、って言うべきかな)

あっ、と席を囲む友人が声を揃えた。どうしたのか訊くと、友人たちは顔を見合わせて、三人で固まった教室の隅から、誰にも聞かれていないか周囲を見回した。ごにょごにょとささやきあって、そうして小声で言う。

「今のおかっぱちゃん、なんていうか……」

「なんか、ときどき、見ててドキってするような顔……してない?」

「だよね? やっぱしてるよね、そういう顔? なんか、余裕っていうか、大人っぽいっていうか。男子と話すのも普通になったし」

「……そんなことないよ。男の子相手だとやっぱり上手く話せないし」

「でも前は、こう、もっと怖がってたじゃん? それで男子にからかわれたりしたけど、今のおかっぱちゃんはなんだか……色っぽいっていうか」

好きな人でもできたとか? なんて訊いてくる友人たちの顔は好奇心に満ちていた。そんな人いないよと軽く否定したが、納得しない二人が却って盛り上がってしまうのに苦笑してしまう。さも困った顔を作って誤魔化しているうちに昼休みが終わってくれた。

話はまた後で聞くからと念押しして自分の席に戻る友人二人に手を振って、私は次の授業の準備をする。机上の教科書とノートの底をトントンと合わせているうちに先生が入室して、午後の授業が始まった。

今までもできるだけ真面目に受けていた授業だが、今はより真剣に取り組むようにしている。とはいえ数学の時間は少し苦手だった。数学自体は特に不得意というわけでもないのだけど、と思ってしまうのは、今日の問題の解答者として私が選ばれているからだ。

解答者は指定された問題を途中式も含めて黒板に書き付けなければならないのだが、

(やっぱり、みんなの前に立つのは、いつまでたっても慣れないな……)

物心ついた頃から引っ込み思案で、人見知りする気質は中学生になっても相変わらずだ。足が震えそうになりながらもなんとか解答し終えて席に戻る。ふう、と一息。

先生から答えが合っていることを褒められるのを、頭をちょっぴりだけ下げてやり過ごす。死にたくなるほど恥ずかしかったそれも、今では以前ほどではない。友人たちが口を揃えて私が変わったと言うのはこういうところかもしれない。

それは喜ばしい変化かもしれなかったが、他人に疑われるようでは困る。気を付けたほうがいいかもしれない。

でも、と思わず笑みがこぼれてしまうのは、そうした私の小さな変化や成長を大袈裟なくらい褒めてくれて、喜んでくれる人がいるからだ。約束は明日、やっと会えるのが待ち遠しくて仕方がなかった。

(……?)

ふと視線を感じた気がして、ちらと周囲を窺う。クラス内の、三本の指で余りがくる数の友人はノートに夢中で、当たり前だが、誰も私を気に掛けてはいなかった。気のせいだろうか。いや、気のせいに違いないし、そのほうが良いに決まっていた。

あの人以外に気に掛けてもらっても邪魔なだけなのだし。

授業が終わり、当番の掃除も終わって、やっと下校である。本当は学校に行く時間がもったいなくて、時折狂おしいくらいになるのだが、そんなわけにもいかない。私は地味でおとなしい従順な子供でいつづけなければならなかった。少なくとも表面上は。

一人での下校である。いつもなら図書室で勉強して部活後の友人たちと帰るのだが、今日はそんなことをしている場合ではない。

(明日はお兄さんと会うんだから、ちゃんと準備しないと――)

「おい」

後ろから声を掛けられたのは、明日は何を用意していこうか考えていた折だった。振り返ると見覚えのある顔――同じクラスの男子生徒。

少し身構えてしまうのは、この男子が私をからかってくる男子グループの急先鋒だったからだ。グループ内では真ん中くらいの背丈で声が大きく、私や他のおとなしい女の子に何かとちょっかいを掛けてくる子。

「なに?」

「いや、べつに……その」

私は内心を悟られないように努めて静かに、もう一度用件を訊いた。男子の浅黒い顔――運動部だったっけ? どうだったかな――がやや赤いように見えた。

「なんかお前、最近ヘンだから気になって……」

「どうして?」

「え? いや、なんとなく……前と雰囲気、全然違うじゃん。お前そんなんじゃなかったろ」

「そう? まあそうかもしれないけど。話はそれだけ? じゃあもう帰るね」

「あ、いや……」

それ以降、特に何かを言うでもなかったので、私は男子に背を向けて家に帰った。少し驚いていたのは、大して関わりのない相手にも自分の変化が筒抜けだったこと。これは本当に気を付けないといけない。

お兄さんと一緒にいたいなら、誰かに欠片でも疑われてはいけないから。

でも今はそんなことより明日のことだ。そうだ、タルトにしよう、アップルタルト。生地は残りがあるからそれを使って、あまり手の込んだものだとかえって気後れしてしまうからシンプルに仕上げて、ああ、私が勝手に作ってくるものにもそうやって優しく気遣ってくれるのが嬉しいのだけど、私としては少しでも美味しくして喜んでほしいのだけど――

そんな事を考えているうちに家に着いてしまった。どうするかは家でゆっくり考えよう。でも明日のことを考える睡眠はしっかりとった方がいいかな。体は念入りに洗って、ああでも、今からこんなにドキドキしてちゃんと寝られるかな、なんて考えが次々湧いてきて止まらない。

その全てが、心が空まで浮いて飛んでいってしまいそうなくらい、楽しくて楽しくて仕方がないのだった。
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/30(火) 18:23:43.49 ID:mpL2YBN00
これまで書いたの眺めてるとおかっぱの精神状況がヤバい領域に行ってたのでそうしました
続きは後日、視点どっちにするかは考え中
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/30(火) 18:38:39.92 ID:EJJgB+iI0
乙でした
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/31(水) 08:56:25.43 ID:xS2wSYaYO

おかっぱちゃんかわいい
ドキドキする
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/31(水) 11:48:26.10 ID:tCsmc3nZ0
恋するおかっぱちゃん可愛い
しかし不穏な影が…
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 15:35:42.77 ID:y2ieGE1E0
目的のアパートは登校路の途中にある。私の家からは少し中学校よりで、家を出て二十分ほどの距離。何の変哲もない普通のアパートなのに、毎朝その建物の前を通るだけで心が浮き立ってしまう。

ましてや今日はその中に入れるのだから、もう心臓のドキドキが止まらなかった。

階段を上がった先の奥の部屋、扉の前で深呼吸を挟む。一回、二回。私は意を決して呼び鈴を鳴らした。

『はい』

待ち望んでいた声。少し低めだけど親しみやすくて、なのに軽薄ではなくて、声を聞くだけで落ち着いてしまうのに、聞いているだけで頭がぼうっとなって体がそわそわしてしまう。

「私です」

そう答えた私の声はどうだろう。人からはよく小さいと怒られてしまうけど、ちゃんと聞こえただろうか。変じゃなかったかな。

知らずうつむいてしまっていた私の前で、ガチャリと音が鳴った。――ドアが開く。

「いらっしゃい」

ドアノブに手をかけたお兄さんに柔和に笑いかけられて、少し前の心配事なんて霧散してしまった。さ、とお兄さんに手で促されるまま、お兄さんの部屋に這入る。

室内はすっきり片付いて、掃除が隅々まで行き届いている。「単にものがないだけだよ。服なんかも全然種類がないから外出に困るくらいだ」なんてお兄さんは笑うけれど、私には大人のお部屋という感じでお兄さんによく合っていると思う。

「じゃ、お茶の用意をするから少し待ってて。今日は何を作って来てくれたのかな? はは、おかっぱのお菓子は美味しいから、私もすっかりアテにしてしまっている」

「あ、はいっ、今日はアップルタルトを……美味しく出来ていればいいんですけど」

と、手の荷物を置きがてら、丸テーブルの横にレンタルビデオ店の袋を見つけた。何を借りたのだろう、勝手に見るのは失礼かな。

(それとも……)

思わず赤面してしまったのは、ここでお兄さんと一緒にアダルトビデオを見たことを思い出したからだ。どうしよう。ちゃんと勉強はしてきたけどお家に来て急にだなんて、でも、

(お兄さんも期待してくれてたってこと……だよね? だったら、私……)

ああ、それ、とカップを手にお兄さんが戻ってきた。

「どうぞ。いや、この前テレビでやってただろう、新作アニメのあれ。私、すっかり忘れてて見損ねちゃってね、いやはや近くの店は全部借りられててさ、置いてるとこ探すのに難儀したよ。結構な店回って……おや、どうした、顔赤いが」

「なんでもないです……」

「……? ああ、そんなことより」

顔を上げると、お兄さんは心配そうな顔。

「今日の服もよく似合っているよ。でももし空調が効きすぎなら言ってほしい、調整する」

お兄さんがそういうのは、私が長袖のカーディガンを着ているからだろう。「いえ、その……」と口籠る私に、お兄さんの顔が沈むのを、慌てて否定する。

「違うんです。これはそういうんじゃなくって……その……」

私は覚悟を決めてカーディガンを脱いだ。二の腕のあたりを押さえてしまったのは空調が寒いからではなく、シャツの肩から下が無防備だから。

「その……私、あんまりノースリーブって着たことなくて……ひ、人に見られるの、恥ずかしくて……わ、私……その……どう、ですか? 変じゃ、ない……ですか?」

そっと上目遣いにお兄さんを盗み見る。緊張の瞬間。ぎゅっと手を握ってお兄さんの答えを待つ。

はたしてお兄さんは快活に笑った。

「ははは、そういう……くく、いや君、相変わらず君は本当に可愛いな。いや本当に。君は本当に可愛いな!」

可愛い可愛いと連呼されて、不意に抱き寄せられた。間近にお兄さんの顔――唇が触れた。

私は目を閉じてお兄さんのキスを感じる。手をおいた肩も、お兄さんの体はどこもかしこも固く大きいのに、唇だけは柔らかくて、とても甘やかだ。

「でも寒かったらちゃんと言うこと。私はあまり察しが良くないんだ。いいね?」

吐息のかかるような距離で見つめられて、少しかすれた声で囁かれれば、私にはうなずくことしかできない。「いい子だ」とお兄さんはまた触れるだけのキス。さっきよりも長い口付けで、私の頭の中はどろどろに溶けてしまうよう。

「そうだな……せっかく作ってもらって悪いのだけど、お菓子はもう少し後にしないか?朝ご飯食べたばかりなんだ。今日は何時までいられるのかな?」

口を離したお兄さんに訊かれる。今日はいつものように図書館に行くと言って出てきたから、お昼ご飯までに帰らないといけない。なぜなら今まではそうしていたから。それ以上遅くなって、お父さんやお母さんに不審がられるわけにはいかないから。

(お兄さんと会うのを誰にも邪魔させない)

お兄さんの胸に抱き止められながら私がそんな事を考えているのを、お兄さんは知ってか知らずか、あっけらかんと笑う。

「なら余裕だな。まだ八時にもなってない。……いやね、実を言うと、アレ、借りたはいいけど見ないまま寝てしまったんだ。借りただけで満足したっていうかね。だからもし君が見逃してたならでいいんだが、いっしょに見ないか」

私は喜んでお兄さんの誘いを受けた。実際のところ、私はテレビで放映されたのを見ていたのだけど、そんなことは、こうしてお兄さんからありがとうと抱き締められることに比べれば些細なことだった。
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 15:36:58.77 ID:y2ieGE1E0
よっ、とお兄さんは私を抱えたまま手を伸ばす。カチカチとリモコンを操作すると、プレイヤーの中にディスクが入ったままだったのか、テレビ画面に映画のメニューが映った。

『本編再生』を選択して、つい先日見たばかりの映画が始まった。それを見る私は、今、お兄さんの膝の中だった。たしかにいっしょに映画を見たいとは言ったけれど、

(まさかこんな体勢で、だなんて……!)

予想以上の近さに肩が強張ってしまう私を、お兄さんは後ろから引き寄せる。両腕の縛めはゆるく、でも、お腹の前で腕を組まれて、まるでお兄さんの腕の中に閉じ込められてしまったみたい。

密着した背中から伝わるじんわりとした体温、振動として聞こえる力強い鼓動の音。私を捕らえる腕は、明らかに私より太く、たくましい、大人の男の人の肉体。

もう、映画の内容なんて、まったく耳に入ってこなかった。

『…………、…………、…………! …………!』

映画は進む。私はお兄さんにはある癖があるのを知っていた。何かに集中していたり、微睡んだりして意識が低下していると、お兄さんは手癖が悪くなる。とにかく手が動き回って落ち着かないのだ。

今起こっているのがそれだった。

「おお……! うーむ……お、凄いな……うん……」

こうして密着していないと聞こえないくらいの声の大きさでお兄さんは感嘆を漏らす。これもお兄さんが集中していて、他のことに気が回っていないときの癖。つまりお兄さんは映画に集中して、他のことが疎かになっている。

そのお兄さんの片手が私の体の上を這い回っていた。シャツの上からお腹を撫で、円を描くようにさすり、それが徐々に、ねっとりと上昇していく。

「う……! くっ、ふ……っ」

ジュニアブラをつけた私の小さな胸を、ささやかなカップの形状を確かめるようになぞられて、私は声を抑えるのに必死だ。

お兄さんの片手に手が捕まっているので、もう片方の手で口元を押さえる。指の間に指を絡めて、親指の腹で手の平を擦られて、たったそれだけの刺激が背筋に甘い電流を走らせる。

(知らない、知らない、知らない! 手の平を触られただけで感じるなんて、知らない……!)

お兄さんの手はまるで魔法みたいに私を気持ちよくしてくれる。それはわかっていたことだけど、まさか手の平でそうなるなんて思いもしなかった。

「あ……」

お兄さんに気付かれないよう、密かに体を震わせている私を、しかしお兄さんは片腕で抱く。前傾した上半身に強く抱擁されて、両の腿で左右から脇腹を挟まれて、私が勝手に動かないようにしっかりと固定される。

鑑賞の邪魔になったのかな、とも思ったが、やはりお兄さんは何も言わないまま。

(私が動いちゃうのはお兄さんのせいなのに。いくら無意識だからって、私が悪いみたいに……)

そんな小さな不満も、お兄さんの手に太腿を撫ぜられて一気に吹き飛んでしまった。ビクッと体を跳ねさせた私を、まるで動くなとでも言うように、お兄さんは縛めを強くした。

その上でお兄さんは手を動かす。膝頭の骨のくぼみを指先で弄んで、膝裏に指を這わせる。性急さはなく、ただただじっくりと、形を確かめる動き。

それが、焦れったくなるくらいゆっくりとした速さで上を目指していく。スカートをたくし上げた手が向かうのは私の体の中心。震えて行き場のない熱が高まる場所――その入口。

(あ……背中に固いの、当たってる。お兄さんの、大っきくなってる)

もぞもぞとお兄さんの腰が動いて、ぐっと押し付けられる。収まりのいい位置を探すような動きでぐりぐりと密着されて、形が嫌でもわかってしまう。鮮烈に刻み込まれた記憶と同じ形のそれは、優しくて、ちょっぴり意地悪だけどあたたかく私に微笑んでくれるお兄さんに似つかわしくない、私を凶暴にこじ開けて別のものに変えるための器官。

何も知らなかった私の体を割って、自分が女なんだって理解らせた、お兄さんの男性器。

かっと頭の中が熱くなる。前は内腿まで侵入されて、後ろは固くなったお兄さんのを押し付けられて、それでも身動きできないように強く強く抱き締められて、声を出すことも許されなくて。だからお兄さんから与えられる何もかもがどこにも逃げられずに私の体をぐるぐると回って、何も考えられないのにお兄さんと触れたところだけがリアルで。

全部全部真っ白になって、肌感覚だけが鋭敏になった私を、お兄さんに触れられたところだけがつなぎとめている。
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 15:37:25.08 ID:y2ieGE1E0
だから。

「ごめんね、そんなつもりじゃなかったんだけども邪魔してしまった。申し訳ない」

「あ――」

耳元で囁かれる言葉、内容なんて頭に入らない、ただ潜めた声に耳をくすぐられる。今までになかった箇所への刺激。それで全身を駆け巡っていた熱が弾けた。体中の細胞が粟立つ感覚、ぞくそくとしたものが背筋を駆けて髪の毛の一本一本までを冒すよう。

閾値を越えた頭の中が沸騰する。思考なんて濁流のような感覚の暴走のせいで掻き消えているのに、お兄さんの手足に捕らえられて、私を私のままで閉じ込める。

はっきりと自覚させられる直感的な思考。意識以下の部分、私を私でいさせる深層に、言葉以上に雄弁なそれが刷り込まれる。

(私の手も足も、髪の毛の一本も、体の中も全部、心だって全部全部、どうしようもないくらいに――)

それはたぶん、出会ったときからずっと、水面に一滴ずつ毒を垂らすように進行していた。きっとお兄さんも無自覚に、私が気付いたときには手遅れになるような密やかさで。

「うわ、もうこんなに経ってる。そんなに長いこと触ってた? 本当に申し訳ない、どこか痛くなってたりしてない? 一時間半近くもとか自分でも驚き……おかっぱ? 大丈夫? ちょっと?」

「だい、らいじょうぶ、れふ……♡」

私の様子に気がついたお兄さんが慌てた声を出すのに、私は絶え絶えになった呼吸から声を絞り出す。そう、私は大丈夫だ。だって、お兄さんが映画よりも私のことを見てくれたから。私のことを気に掛けてくれたから。

だったら、どんなことだって大丈夫に決まっているでしょうという言葉は、すわ一大事という顔をしたお兄さんに抱え上げられて中断した。

「映画、いいんですか? まだ、途中……なのに」

ベッドに寝かされながら私は訊く。お兄さんはまるで壊れ物を扱うみたいにゆっくりと私を横たえて、ああ、と言う。続く言葉を私は知っているようで、でもお兄さんの口から聞きたいような、落ち着いているような逸るような気持ち。

「いいよ。映画なんていつでも見られる。それよりどうしてほしい? なにか欲しい物があれば言ってくれ。用意する」

「……わがまま、言ってもいいですか? 嫌いになりませんか?」

こういうとき、お兄さんは一瞬、何を言っているんだと怒るような顔を見せて、その後。

「馬鹿。そんなわけがないだろう。私は君が思っているよりはもっと、ずっと、君のことを想っているつもりだよ」

いやそれはちょっと言い過ぎかな、なんて言って、あなたは微笑う。泣きたくなるくらい優しいのに、どこかに拭いがたい陰がある、そんな顔であなたが微笑うから、私はどうしようもなく切なくなって、胸が張り裂けそうになって。

だからもう、私はあなたから逃げられない。

「じゃあ……私と、添い寝してくれますか?」

それが私にとってどれだけ幸せなことか知らないお兄さんが、「そんなことでいいのか?」と首を傾げるのがおかしくて、私はお兄さんに気付かれないように密やかに笑った。
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 15:42:36.01 ID:y2ieGE1E0
ちなみに主人公(『私』)はこのとき、「映画おもしれー! ……ちょっと見ない間におかっぱがヤバイことになってる! やべーぞ!」
って感じです。まあそんなに格好のいいやつじゃないので、おかっぱからはそういうふうに見えてるってことで
それにしてもこいつらはいつになったらセックスするんだ……? 前パート長くなりすぎちゃった。待っててくれた人にはごめんなさい
次はちゃんとヤると思うので何卒。たぶんだけど。多分その予定なので続きは後日です
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 16:22:00.19 ID:9JKSyg4ZO
えっちまで長ぇ!
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 19:52:06.33 ID:2A641LHrO
でもえっちぃぞ!
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 21:13:56.44 ID:Q0g+G6nM0

次も楽しみにしてます
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 07:31:16.51 ID:JuBMCRWCO
待ってる
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/03(火) 20:02:50.84 ID:v7RH31lh0
やっべぇ気付いたら一ヶ月も放置してんじゃん
すぐには無理だけど必ず更新するので待ってくれてる人には申し訳ないけどもう少し待ってて
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/03(火) 20:31:07.24 ID:ZRELNrPDO
のんびり待ってます
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/03(火) 22:08:22.57 ID:jyi91nQLo
まちまち
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/09/04(水) 19:13:39.15 ID:roOO4cQfO
まっとるよー
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/23(月) 14:02:04.17 ID:4SpWzZq/O
帰りを待ってる
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/10/09(水) 20:53:42.88 ID:oRrC12aP0
(ち、近い……!)

はじめに浮かんだ言葉はそれだった。ベッドに横になった私がいるのは、同じベッドに寝転ぶお兄さんの腕のなか。

私はお兄さんに腕枕をされていた。互いに向かい合っているから顔を上げればすぐ近くにお兄さんの顔があって、目が合うたびにドキドキしてしまう。

さっきまでこの人に体中を触られていたのだと思うと、体内の深いところがぼっと熱くなる。そんな顔を見られるのが恥ずかしくて、私はお兄さんの胸に顔をうずめた。

「ん? ああ、はいはい」

と何かを納得したお兄さんに頭をギュッとされて、「はふぅ」と私は思わず情けない息を漏らしてしまった。

だけど大丈夫。お兄さんは私のことを嫌いにならないって言ってくれたから、私がちょっとくらい変な声を出したって、私がちょっぴり恥ずかしくなるだけ。

(お兄さんの体、あたたかいな。ずっとこうしていたいな)

そう想ってしまうのは、きっと、とてもはしたないことなのだろうけど、お兄さんはそんな私を許してくれて、こうして抱きしめてくれる。

なんて幸せなんだろう――足の先から頭の天辺まで、頭の中さえ、幸せでいっぱいに満たされているみたい。

(でも、もっと欲しい。もっと幸せになりたい。だって私、知ってしまったから。今以上の幸せをお兄さんに教えられたから)

だったら、もう、私は自分を止められなかった。

「お兄さん、お願いがあるんですけど、いいですか?」

「もちろん。私にできることなら」

「お兄さんの体を触ってみてもいいですか?」

「え? いや、それは構わないが……」と私の不躾なお願いに困惑した様子のお兄さんが私を抱えていた腕を離した。

頭を上げると、お兄さんは微笑んで、

「さっきは私の方から触ったというか触りすぎてしまったから、当然、君には私を触り返す権利がある。私で良ければ存分に触り返すといい。ああ、あまり痛いのは苦手だから痛くしないでくれると助かるな」

「は、はい! 気をつけます……!」

お兄さんの許しが出たので、さっそく触れてみる。まずは胸。シャツの上から手のひらを当てると、布地の裏からじんわりとした体温が手に伝わる。男の人らしいごつごつした感触。

(あ、胸の真ん中、どくどくって、脈が跳ねてる……私よりも確実に強い鼓動の音)

この胸にさっきまで抱かれていたのだと思うと、なんだか気持ちがふわふわとしてしまう。とても現実味のない夢を見ている気分。

「……ふふ、少しくすぐったいな」

「あ……すみません、私、つい」

「ああ、いいんだ、続けて。胸ばかり触られるものだから、他のところはどうするのかなと思って」

「他、ですか?」

「うん。胸から上にいくのか、下にいくのか。今みたいに服の上からでもいいし、服の下に手を入れてくれてもいい。君の好きにするといい」

「……はい。じゃ、じゃあ、その……失礼します」

言われるまま、私はお兄さんのお腹からシャツの下に手を入れる。着痩せというのか、お兄さんはとても優しげな風貌をしている割に、意外なくらい男の人らしい体をしている。引き締まったお腹、分厚い胸板、筋肉で凸凹している肌。

(でも皮膚は柔らかいんだ。いつまでも触っていられそう……あれ? この突起って、服で見えないけど……わ、男の人でも、乳首って固くなるんだぁ。不思議)

ぼうっと頭の中が熱い。まるで自分の意志じゃないみたいに、私の手はお兄さんの体の上を動く。お兄さんの言葉がリフレインする。

(『服の下に手を』/『胸から上か下に』/『君の好きにしていい』――)
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/10/09(水) 20:54:32.99 ID:oRrC12aP0
服の下に潜り込ませていた手はシャツが邪魔でそれより上には行けない。(だから下に行くしかなくて)片手を下へ。さっきとは逆に、胸から下、お腹から、下。ズボンのウエスト部に指が掛かった。(私の好きにしていい)息が上がる。熱っぽい頭。お兄さんは私を止めない。(お兄さんは私を嫌いにならないって)お兄さんの言葉を何度も頭の中で繰り返す。(お兄さんは楽しみにしていた映画よりも私を優先してくれた)(そのうえ添い寝まで許してくれて)(だから大丈夫)(大丈夫)(大丈夫――)

そして私ははじめて自分からそれに触れた。呼吸が震える。ズボンの布地を大きく盛り上げているそれの輪郭を指でかたどる。いっそ私の手よりも大きなそれがビクビクと脈を打つのがわかった。

お兄さんは笑って、恥ずかしいな、なんてちっとも恥ずかしくなさそうに言う。顔を上げると、お兄さんは思っていた通りの微笑みを浮かべていた。

「このまま続けてもいいけど、少し生殺しというか窮屈だな。なあ、おかっぱ」

でも、頭の中の芯がどうしようもなくぞくぞくして、たまらない。

「外に出して直接触ってほしいな。いいかな?」

「……はい」

言われるまま、先が引っかからないようにやや持ち上げながら、パンツごとお兄さんのズボンを引き下ろした。

(あ……)

息を呑んだ。何度見ても慣れない、と思わないでいられない。本当にこんなものが、よりによってお兄さんの体についているのがいまだに信じられなかった。

ぐっとお兄さんのおへそまで反り返ったそれは、間違いなく私の手首なんかよりも優に太い。ごつごつとした血管。エラの張り出した先端は大きく笠を広げた茸のよう。

ツンと青臭さが鼻を突いて、私は喉に引っかかっていた唾の固まりを飲み込んだ。

「さ、いいかな。最初はあまり強く握らないで、ゆっくり触ってみてほしい」

私の手の中でそれが脈を打つ。私が手を動かすたびにビクビクと身悶えして、今にも爆発してしまいそう。

「形。感触。温度。全部確かめて、覚えて、忘れないように」

私の頭はまるでスポンジみたいにお兄さんの声を吸う。お兄さんの声。私の髪や頬を撫でてくれる手の平。与えられるものがあまりに大きすぎて、代わりにもともとあったものが流れ出していく。

「先っぽから透明なのが出てるだろう。それを指につけて、先端を刺激して……デリケートなところだから優しく……そう、気持ちいいよ」

でも、まだ足りない。全然足りない。もっと満たしたいの。もっと満たされたいの。だって記憶が告げている。私はもうその方法を知っている。

私の中をあなたでいっぱいにして、がらくたみたいにつまらない私を生まれ変わらせる方法。

「ん……手が止まってるよ。どうしたのかな、そんなに私を見つめて」

「お、兄さん……わ、私……私……!」

言葉が胸につかえる。お兄さんは何も言わない。私を待ってくれている。だからあとは私が言うだけ。言葉にするだけ。私は大きく息を吸って、吐く。二度、三度と繰り返して、言った。

「私、お兄さんがほしいです……! このまま……直接、お兄さんのを……私に……私の中に、ほしいです」

「……自分が何を言っているのかは理解しているね?」

うなずいた私に、お兄さんはしばらく黙って、のそりと体を起こした。そして、私のお腹を擦るように触れる。

「あ……」

「ゴム無しでのセックス。当然、リスクがある。君はピルを飲んでいないね? だったら妊娠の恐れがある。安全日なんてものはないから、当たるか当たらないかは運次第だ」

お兄さんの指が私のお腹を押す――正確にはその皮膚の下の器官を。震えが背中を駆け上る。お兄さんが触れたところの真下から耐え難い熱が湧いて、止まらない。

「もし妊娠したら? 君はまだ中学生だ。両親にはなんて説明する? それとも人工中絶か? いずれにせよ君への負担は甚大だ。とくに中絶となれば二度と子供を産めない体になるかも」

「……はい」

「本当にわかっているのかな? 君にとっては大変不幸なことだが、私は君が思うほど善良な人間ではないんだ。わかりやすく言ってあげようか」

お兄さんの口が開くのを、私はぼんやり見る。

「君の人生は無茶苦茶になる。今まで君が頑張ってきたことも、将来も、全部パーだ。君が誰かを好きになったときも一生ついてまわる。いっときの過ちでは済まないよ。さあ、どうする? 君の好きにするといい」

お兄さんの言葉に、私はほんの少しだけ笑ってしまった。だっておかしい。私の答えなんて、お兄さんにはわかりきってるはずなのに。
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/10/09(水) 20:55:04.23 ID:oRrC12aP0
(私の)(好きに)(私が決めなきゃ)

私はスカートをたくし上げた。す、と風を冷たく感じる。自分でも驚くほど、下着が濡れている。

もう恥ずかしいなんて言っていられない。スカートの裾を口でくわえて、下着を下ろす。ぬとっと粘ついた液体が糸を引いたのにも構わずに脱ぎ捨てた。

お兄さんの腰の上にまたがる。お兄さんのを手で上向きに固定して、私の入り口にあてがった。ふっ、ふっ、と呼吸が乱れる。怖さはある。自分の腕ほどもあるものを、自分から体内に受け入れないといけない。

(大丈夫、この前はちゃんと入ったから。お兄さんのは大きいけど、大丈夫、ちゃんとできる――)

はぁ、と大きなため息。お兄さんのものだった。

「わかった。そこまで覚悟してるなら、私も覚悟を決めよう。意地悪してごめん」

お兄さんの済まなそうな微笑みはとても優しさに満ちていた。それを見て、緊張が解けて泣きそうになってしまった私に、お兄さんは優しく口づけをして、もう一度謝ってくれた。

「本当にごめん。代わりにできる限り優しくするから、どうか許してほしい」

私はベッドに横たえられながら、甘いキスの雨を受ける。唇、頬、首元、耳、片手の指を絡めあって、お兄さんの唇が触れるたび、頭の中に幸せなものが満ちていく。

そう、これが幸せなのだろうと思う。今までの私の人生と、これからの私の人生を集めても、きっと今以上の幸せはないと思った。

そして、私は予感している。今からはもっと、それ以上の幸せが待っているに違いない。

いつの間にかスカートが除かれて、下は一糸まとわぬ姿、上は開けたノースリーブシャツだけで、ブラもどこかにいっていた。でもそんなのはどうだっていい。

「挿れるよ。力を抜いて」

お兄さんの雄々しくそそり勃ったおちんちんが、私の入り口にあてがわれる。お兄さんの手が私の腰をがっちりと固定して、いつでも好きなタイミングで始められるのに、こうしてお兄さんは私の準備ができるのを待ってくれる。

そんなお兄さんだから、こうして私はあなたが欲しくて、欲しくて、どうしようもなくなるのだ。

「はい……♡ うれしい……来てください……♡ 私のナカでお兄さんを直接感じられるなんて夢みたいです♡」

私はお兄さんに手を重ねて誘うと、お兄さんはうなずきを返した。

ず、と異物が自分の中に侵入する。びりびりと電流が弾ける。侵入は止まらず、私の奥を目指して進んで、そのたびに内側で擦れたところから全身に痺れに似た感覚が飛び散る。

そうして、私の奥を先端が叩いて、止まった。霞んだ視界、お兄さんの顔が降りてきて、唇を落としてくれる。触れるだけのキス。お兄さんと私の一番深いところで繋がりながら、お兄さんの首に両手を回して、何度も口づけあった。

は、と息を整える途中、ふと見ると、私の中に満杯にしたお兄さんのものは、まだ余裕を残している。

「まだ入るんですね、お兄さんのが……♡ 今よりもっとお兄さんのでいっぱいになるなんて、私、もっとおかしくなっちゃいますね♡ ♡」

「え? ああ、うん……うん? いや、入るかな? どうだろう。君は体が小さいからなあ」

お兄さんは首を傾げて、おもむろに腰を引いた。ぞりっと中の壁をえぐられて、また腰を突き込まれて、柔らかさを確かめるように奥を捏ねられ、押し引きされ、私は自分の喉から出たとは思えない声を上げてしまった。

「ん、前よりすごく具合が良くなってるな……! 前も初々しくてよかったが、これは、きついのに柔らかいというか、すごく絡みついてくると言うか……ナマだからか? うーん」

「あっ、お兄、さっ、あっ♡ そんな奥っ、ばっかり、角度っ♡ 変えっ、てっ、何度もされちゃっ、あっ♪ あっあっ、ん、ぐぅ♡ ♡」

「ああ、ごめんごめん、気持ちよくてつい。そんなに何度もしてないのに変わるもんなんだね」

そんな事を言いつつ、揺するような動きで奥を刺激されて、私は文句も言えないくらい溶かされてしまった。実際、お兄さんのを満足に受け入れきれなかった前回の反省から、膣内を毎晩ほぐしていたのだけど、それでも足りないのだから驚きだった。

(でも、前よりは受け入れられてる……やった……♪)

そんな事を考える余裕があったのは最初だけだった。
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/10/09(水) 20:55:30.52 ID:oRrC12aP0
「あっ♡ ♡ ♡ あっ、そこ、お腹、破れっ、破れちゃっ、ああっ♡ ♡ こすれてぇ♡ ♡ おなかのっ、なか、なくなっちゃいます♡ ♡」

前もされた、腰を抱えるように持ち上げられて、ナカの浅いところをこじられたり、

「ひぅ♡ ♡ この体勢、奥っ、深いとこ、当たってっ……! っ♡ ♡んんっ♡ ♡ すごいれふっ、後ろからされるのっ、すごいっ♡ ♡」

四つん這いになって、後ろから腰を打ち付けられたりする。今までは向かい合っての行為だけだったが、こうして一方的にされて、お兄さんの方から求められていると思うと、頭の中が沸騰しそうだった。

「ぐっ、そろそろ限界だ……! 中に、中に出すから、いいな!」

お兄さんの叫びに総毛立つ。射精。私の中に、お兄さんが射精する。妊娠するかもしれない行為。脳裏に浮かぶのは前回の行為のとき。コンドームの中に吐き出された大量の精液が、これから、私の中に……

「はいっ、はいっ♡ ♡ ください♡ お兄さんの、ぜんぶ、わたしの♡ ♡ わたしに、ぜんぶ、だして♡ だしてぇ♡ ♡ いっぱいにしてくらさいぃぃっ♡ ♡」

「ぐおぉ……!」

低い咆哮と同時に、わたしの中の一番深いところに打ち込まれて、それが来た。

体内でお兄さんの男性器が脈動しているのが手に取るようにわかった。お兄さんが熱いものを何度も何度も吐き出して、私の中を満たしていく感覚。全身の感覚器がそこだけに集中して、与えられるものを一滴も逃さないようにしているよう。

それがどれだけ続いたのか、十秒だったのか一分だったのか、もしかしたらもっと長い時間なのかもわからない。私は体の芯から冒してくる快楽に全身を浸していた。

「どうしてこの体位なのかわかる?」

お兄さんの声が耳元でした。

「四つん這いになって、腰を高くして、……精液が外に漏れないようにするためだよ。野生動物がしているのと同じように。これでまた、妊娠の確率が上がってしまったね?」

言われた言葉を、ゆっくりと咀嚼して、飲み込んで、私はまた白い闇の中に落ちた。底なし沼に落ちたみたいな、幸せな夢の中にいるみたいな、恐怖と浮遊感。

その後のことは、もうわからない。流されるまま、お兄さんのする事を受け入れていたのだと思う。

……と言うのは、私が今、こんな状態だからだ。汗やら精液やらでどろどろになっていたからだをお風呂できれいにしてもらい、服も下着から着せてもらって、ベッドで腰を抜かしている。体中が自分のものじゃないみたいに重くて、指先一つ満足に動かせなかった。

「……」

お兄さんはというと、ベッドの下だった。両手を地面について、頭を地面に付けている。つまり土下座だった。本当に土下座ってする人いるんだ、と小さな感動があった。

「大変申し訳ありませんでした……そんなになるまで無理させるつもりはなかったんだけども……いや、それよりも、今後、どうしますか? ナマでヤっちゃったので、ホントに妊娠の恐れがあるのですが……君の言うとおりにします」

お兄さんはなぜか敬語だった。

(……)

言いたいことはある。もし妊娠していたら、お兄さんと私の間に子供ができたなら、私はどうするだろう。答えは決まっているけれども、それをお兄さんに言うつもりはなかった。

お兄さんは私を受け入れてくれるのはわかっているけど、だからって、わざわざお兄さんを困らせるようなことはしたくなかった。

だから、私はさっさと言うことにした。

「大丈夫です……万が一があったらって、ピル、飲んでます」

「えっ……あ、そう……それはどうもありがとう……」

「だから、お兄さん、これからもずっと、生でセックス、しましょうね?」

「え? いや、ピル飲んでてもゴムはちゃんとしたほうが……」

「んー……だめです、立てません……お兄さん、お願いします」

「あ、はい」

お兄さんが抱き起こしてくれうのに身を預けて、私はこっそりと笑う。こんなのを一度味わったら、誰だって二度と手放せなくなるに違いないのだから。

だから、ずっと、これからも、いつまでもこうしていましょうね、お兄さん?


おかっぱコミュは終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:00より採用、締切24:00まで

(おかっぱ解禁まで7回)
(大家娘解禁まで6回)
(金髪ギャル解禁まで5回)
(剣道少女解禁まで4回)
(オレンジショート解禁まで3回)
(施設後輩解禁まで2回)
(銀髪ロング解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、ヤンキー、留学生、桃髪サイド、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

おかっぱ『大好きですお兄さん♡ お兄さんと一緒にいられれば、私、ずっと幸せです♪ ゴミみたいな私に、こんな幸せがあるなんて、不思議です……ずっといっしょですよね? お兄さん♪』
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/09(水) 20:56:58.37 ID:oRrC12aP0
おかっぱ
【年齢・属性】中学3年生
【身長】144p
【髪型】おかっぱ
【容姿・身体的特徴】体格は細身で華奢
【男性経験】処女
【恋人】いない
【性格】引っ込み思案で大人しい
【備考】親、学校に従順。いわゆる「真面目でおとなしい」が規範意識が高いわけではない。本質は思考停止
・主人公(『私』)に精神的に依存。価値判断の根幹に主人公(『私』)を置き、自分を含めた他を下位に位置づけることで精神を安定させている。主人公(『私』)との触れ合いを神様からのご褒美として捉えているため、依存はすれども束縛はしない。「一緒にいて気に掛けてくれればそれだけで幸せ」系女子。ヤバい(確信)←New!

身体依存度B
精神依存度A
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/09(水) 20:58:20.01 ID:oRrC12aP0
いやまさかこんなに間があくとは思わなかった、もし待ってくれてた人がいるならごめんなさい
それにしてもやっと依存Aを出せましたね、感慨深い
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/09(水) 22:07:59.89 ID:zb3epgbf0
ポニテ
ポニテが大学のレポートを完成させ、一緒にご飯食べて、一緒にお風呂入ったあと、思いっきりいちゃラブしまくって癒される
一緒の布団に入ってイチャイチャしながら、私をこんな風にした責任取ってくださいね(意訳:勝手にいなくなっちゃだめですよ)と優しく言われる
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/09(水) 23:41:50.53 ID:2AlkwgIT0
ヤンキー そろそろ突撃してくる頃だと思い至り君で遊んであげるよと連絡を入れる
その際全裸にコートのみの格好で 更に大量のおもちゃで自分の全身を責めつつ近くのコンビニで大量のコンドームを買って来るよう指示 出来ないならもう遊んであげないよと言う指示を最後にヤンキーからの連絡を一切無視して待つ
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/09(水) 23:59:23.07 ID:nKbwSOjsO
留学生
自転車の練習に付き合っていたところ
ゲリラ豪雨に遭い主人公宅に避難
前回のこともあり自制が薄れる
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/10(木) 00:20:46.60 ID:eyAXqugnO
再開嬉しい
今回もエロくて良かった
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/10(木) 00:27:14.79 ID:YqUWm3bI0
更新再開待ってました
おかっぱコミュ良かったです
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/10/10(木) 07:40:15.58 ID:qei2BCZWO
おかえりー
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/10(木) 09:26:15.69 ID:OyFWKCweO
まさか昨日更新あるとは おつおつ
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/10(木) 21:51:18.29 ID:CPtuD8bXO
今回もエロくてよかった
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 18:11:28.83 ID:E+v9Vg710
>>567採用


「私と君の契約を解除しようと思う」

お兄さんの声が言った。まるで事もなげな口ぶりは明日の天気でも話しているよう。私は手元の洗い物を片付けて、備えつけのタオルで丁寧に手を拭ってから台所を出た。

サークルの合宿から帰った数日後だった。児童福祉を学んでいる私はゼミ仲間と一緒にボランティアサークルに所属していて、夏の合宿としてキャンプ地で児童と数日触れ合っていた。

この報告レポートは卒論に向けての資料にもなるため、ここ数日はかかりきりでレポートの作成に取り組んでいたため、こうしてお兄さんの部屋に出向くのは控えていたのだけれども。

座ったまま私を見上げてくるお兄さんの顔には目立った感情が浮いていない。食後に淹れたテーブルの上のお茶は一口分だけ減っていて、それ以上口を付けるつもりはないようだった。

「理由を」

喉に言葉が絡んで詰まった。「理由を教えて下さい」

「私の側の契約不履行だな。君にとっては大変不幸なことですまないが」

「それは……いえ、それでは説明になっていません。私が訊いているのはあなたが私との関係を打ち切らなければいけないと、そう思うに至った理由です」

「ああ、それは簡単なことだ。成り行きで手軽に女子を抱けるようになってね、それを手放すのが惜しくなった。相手は君が私の性処理を引き受ける理由になった娘だ。ほら、あのおかっぱ頭の可愛らしい娘」

つまり君のしてきたことはまるきり無駄だったということだな、とお兄さんは口元を歪めて笑った。

その子のことは当然覚えていた。この部屋で、お兄さんの部屋の中で、この人とのことを誰にも言わないでほしいと泣いて訴えてきた子。

(やっぱりそうなったのか――)

思いながら、またそれとは別の微妙な不快感が胸の中に貯まるのを感じながら私は言葉を作る。

「困ります。考え直してください」

「困るも何も」お兄さんは笑う。「私が君との契約を打ち切って、私になんの不利益があると? 君がとても魅力に溢れた女性であるのは事実だが、代替がきかないわけではない。以前にも言ったがね、そもそも私は中学生くらいの年代の女子が好みなんだ」

「……またあなたはそうやって」

「ん? なにかな?」

私は口を噤む。この人の手口は明らかだった。――私を誘導しようとしている。私が身を引けばそれで良し。もし私が関係の継続を望むなら、私はこう言わなければならない。

(警察に通報されたくなければ、この関係を続けると言え――だなんて、そんな馬鹿なこと)

本当に馬鹿げたことだった。そもそも通報が脅しになるならこんなことにはなっていない。この人が警察への通報によってその身が破滅することを恐れてくれるような人であってくれれば。

そしてこの人の真意はまさにそこにあるのだ。

(……破滅願望)

働いておらず、頼る家族もいない以上、お兄さんの今の生活は貯金で成り立っていることになる。正確な年齢は訊いていないが三十歳前後だろうから、一人暮らしの成人男性の貯蓄高なんて知れている。遠からず生活資金が枯渇するのは目に見えていた。

お兄さんが警察への通報を恐れないのは、それによってお兄さんの未来がいささかも変化しないからだった。せいぜいが早いか遅いかの違いだけ、それもお兄さんにはどうだって構わないのだろう。

もしかしたら私を抱いたのも同じことなのかもしれない。だとすれば――あの時から、私に自分の身を捧げると言わせたときからそうだったのだとしたら。

本当に、私がこの人にできることなんて……
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 18:11:54.97 ID:E+v9Vg710
「どうしたら……どうしたら考え直してくれますか?」

言葉が口をついて出た。一度言葉が出てしまえば、もう止まらなかった。

「わ、私にできることなら、なんでもしますから。どうか考え直してください……お願いします」

「……ふぅん」

お兄さんが立ち上がった。ゆっくりと私に近づいて、私の目の前で止まる。

「……どうしても駄目ですか? 私ではどうしても足りませんか」

顔を顰めて、理解できないというように首を振る彼に、私は小さく尋ねた。お兄さんは嘆息する。

「そういうことになる。君の肌も、唇も、胸も、胎の中も自由にしたが、結局私はあの娘との関係を切れない。君にできることはない」

お兄さんは確かめるように、口にした私の箇所を手で触れる。唇から顎、首を伝って、胸を通り過ぎて、臍の下で指を止める。

それだけのことで、私の身体は総毛立ってしまう。指が触れたところから熱が広がって、体内で暴れているよう。

直感があった。きっとあの子も私と同じなのだ。なぜならこの人には、相手の意思を無視して強引に従わせることなんてできない。常に逃げ道を与えて、私達がいつでも拒絶できるようにする。そして一度拒まれれば、この人は二度と強要するようなことはするまい。

あの子は望んでこの人に抱かれている。そしてこの人にはあの子との関係を拒めない理由がある――その理由はきっと、口で言っているものとはまったく別物なのだと私は確信していた。

私は意識して、口の中に溜まった唾液の固まりを嚥下する。私がこの人に捧げられるもの。ファーストキスも処女さえも失った私が、女として持っている究極のもの。

「避妊なしでの……セックスなら、どうですか? 私にあげられるものは、全部、あげますから」

私のお腹を指すお兄さんの指を両手で包む。男の人らしいしなやかで長い指。これよりも優に太くて固いものが自分に突き刺さる、これまで何度も繰り返された恐ろしい行為が生々しく記憶に焼き付いて離れない。

「わからないな。もし仮に君がそこまでしても、私が君との契約を守るとは限らないんだぞ」

「そういう問題ではありません」

「……これだけのものを捧げられれば、私も契約を守るに違いないとでも? それは浅はかというものだ。現に私はこうして君を裏切って――」

「そんな事も言っていません」

「……いや、本当にわからない。私が他の女の子を食い物にしないために君は私に身を捧げたのだろう。君には私の行動を強制的に縛る手段がある。警察に通報するだけで、君は簡単に目的を達成できる。なぜそうしない? 私には理解できない」

「――本当にわかりませんか? 少しも?」

お兄さんはしばらく黙って、ゆるゆると首を振った。こんなことも言ってあげないとわからないのかと思うと、ため息の出る気持ちだった。

だが仕方がない。この人はこういう人なのだ。私の気持ちを言わずとも察してくれるなんてできない、仕方のない人。

どうして最初からあなたのことを警察に通報しなかったのかなんて、少し考えたらわかることなのに。

「だって、私が見捨てたら、あなたは一人になってしまいます。そして一人で死んでしまう……私には見過ごせません」

そうならないためになら、自分がどうなったって構わない。そう思った。
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 18:13:53.23 ID:E+v9Vg710
ここまで
依存度Aにするためなんでかなり安価内容を改変しています、ご了承ください
……でもこれ逆レコースじゃない? 大丈夫……?
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 21:28:45.34 ID:u1xi2UwEO
既に経験済みだし大丈夫大丈夫
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 12:23:37.17 ID:1NxUvturo
更新おつおつ
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 11:09:50.28 ID:f2tdjEgN0
「なるほど。合点がいった」

おかしいとは思っていた、とお兄さんは言った。

「君を抱くことも、こうして食事を振る舞ってもらうことも、まるで当然のことみたいになっていたが、そもそもそこからしておかしい。君が私の要求を受け入れているのは他の娘を私の手から守るためなのだから、君は私を嫌悪しているのが普通だろう」

お兄さんの眼が、ひたと私に向けられている。震え上がってしまいそうなほどの激情の籠もった視線。

(怒っている……)

ぞくぞくと体の芯が震えた。

「君は私を憎んでいるようには見えなかった。少なくとも私との関係を嫌がってはいない。それが――まさか私を憐れんでいたとはな。ただの欲求不満のエロ娘かとも思っていたが」

「よっ……!? エロ娘……!?」

「違うのか?」

「ちが――」

私は寸でのところで言葉を打ち切った。「どうした? 違うのではないのか?」とお兄さんは言う――その口調の白々しさ。

「まるで私が深い孤独を感じていて、消極的な自死を選ぼうとしているなどと思われているとは非常に心外だ。しかも、なんだって? 私の孤独を君が癒やすと? 文字通り身を挺して? そんな馬鹿げた話はない」

「でも、あなたは――」

「議論の余地はない。君の考えていることはすべて思い違いだ。誤認も甚だしい。私が君を抱いてきたのは手軽に性所理のできる都合の良い道具が手に入ったからで、孤独を癒やすためではない。またその必要もない。――だが、そうだな。もしそうでないというなら、私としても君と関係を続けるのに異論はない」

お兄さんは愉しげに目を細める。こういうときのお兄さんが恐ろしく悪辣なことを考えているのは、これまでの経験からわかっていた。

だが、聞かずにはおれない。

「どういうことですか」

「君が私とのセックスに夢中になってしまって、生ハメも生中出しも試してみたいというのなら、私は喜んで君とセックスすると言っているんだ。もし君が違うというなら、私としては別にそれでも構わないがね」

その時はここでおさらばだ、と嘯くお兄さんに、私は二の句が継げない。この人は、という思いが頭の中を駆け巡って、しかし、それ以上の言葉が浮かばない。

お兄さんはニヤニヤと私を見るだけ。その観察するような眼差しに、私の中で急激に膨れ上がる感情があった。

どこまで私を侮辱すれば気が済むのか、とも思った。あなたを救いたいと思う私の気持ちを否定して、そのうえ泥を塗りかけるのか、とも。

怒り、屈辱、私の尊厳を貶めるような言葉に対する怖れ、反発――そのすべてを上回って塗りつぶす――暗い、歓びに似た感情。

ずっと私は、その言葉が欲しかった。

「わ、わたっ、しは――」呼吸が震える。私は必死に言葉を紡ぐ。「わたし、は」

「『わたしは』?」

ああ、この人は待ってくれている。私が選ぶのを。私の言葉を。私はどちらでも選べる。与えられた退路――お兄さんの望みはそれなのだ。『違う』と言って私に拒絶してほしくて、自分を否定されることを望んでいる。

だから。

「私は、セッ、セックスしたくて、ずっと、欲求不満でした……あなたに抱かれてっ、から、欲しくて、たまら、なくて……」

「それじゃあわからない。何がどこに欲しいのか、どうして欲しいのか。はっきり言葉にしなさい。私は君の口から聞きたい」

「ぁ――」

示された道はどこまでも間違っていて、だからこそ、こんなにも甘い、罪の味がするのだ。

「お兄さんの、おちっ、んちんで、何度も、私の、お――おまんこ、ズポズポされて、期待しちゃってるんです……ナマの射精、されたら、どれだけ気持ちいいんだろうって。だから、私……私を……」

「妊娠してもいいと? 一時の快楽のために? もし妊娠したら? このお腹が醜く大きくなって隠しようがなくなれば、大学の友人にも親にも知れる。周囲のサポートも望めないのに一人で産むつもりかな? 誰とも知れない男の子供を? はは、それとも中絶するかな?私の知ったことではないが」

「……はい」

「君は子供が好きなんだろう? 今回の合宿も充実していたみたいじゃないか。大学を卒業すれば、君は当然、そちらの道に進むだろう。大好きな子供と触れ合って、そのうちいい相手でも見つけて幸せな家庭を築く。君の子供はきっとかわいいだろうね。実に素晴らしい人生だ。――それを自分から投げ出すと?」

「……は、い。そんなのより、お兄さんとセックスしたいです……」

震える声で答えた時、お兄さんの手が私の顔に触れた。唇をなぞる親指、首を触れるか触れないかの力で伝う指、――くすぐったさすらあるはずの感覚が、怖いくらい官能的だった。

お兄さんの顔が見れなくてうつむいた顎に手を添えられる。見上げた視線が交錯した。
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 11:10:39.15 ID:f2tdjEgN0
「いいよ。そこまで言うのなら、君の望みどおりにする。君から私以外のすべてを奪って、代わりに一生消えない傷をあげよう」

お兄さんは嗤いながら私に唇を重ねた。私もまた、舌を絡め返して、頭に流し込まれる罪の味に溺れた。

お兄さんのキスは決して激しくはない。けれども丹念に、私の舌を迎えて絡め、ときには甘く吸われる。口の中で奏でられる卑猥な水音は、口の中どころか、頭の中を犯されているよう。

「んっ……」

胸をまさぐられて息が漏れた。いつの間にか、お兄さんの手は私の両手から抜け出していた。ブラジャーの下から持ち上げるようにされて、息が荒くなるのを自覚した。

でも。(もっと……)思ったときには、口が動いた。

「直接、触ってくださ……あ……」

お兄さんの手が私の服の下に滑り込んだ。慣れた手付きで外されたブラジャーが床に落ちる。後で拾わないと、という益体もない考えが脳裏をかすめたが、それも一瞬だけ。

お兄さんの手が本格的に私の体を這い回れば、余計なことを考えている暇はなかった。

「あっ、あ、もっと、触って……あっ♡ ん、んんっ……ちゅっ♡ んあっ、はぁっ、なんでそんな、ゆっくりぃ……?♡ なんでそこだけ、避けっ、んむ♡ ♡」

「どこを触ってほしい?」

「……っ♡ ♡ ちくびっ、ですっ、服と擦れて、もどかしっ……あっ♡ ッ♡ ♡ んっ♡ ♡ ん、ちゅっ♡ ♡ いきなりっ、あ♡」

やにわに固く張った乳首をつままれて、あられもない声が出た。お兄さんの責めはおそろしく巧みだ。時にはつまんだり、あるいは指の腹で捏ねたり、指の間に挟みながら乳房を揉みしだかれたりもする。あるいは乳輪のキワだけを刺激されたりして、緩急をつけた責めに、私の体は敏感に反応してしまう。

それだけではなかった。(音……)同時に、もう片方の手で執拗に耳を弄くられていた。そのせいで、キスの厭らしい音に意識が向いてしまうのだ。余裕を失くした頭は与えられる刺激に翻弄されるばかりで、私の意識を真っ白に染めていく。

「あ……これ……」

だから、それに触れたのは意識してのことではなかった。立っていることが難しく感じて、お兄さんの体に縋り付いただけ。

その片方の手が、お兄さんの股間に触れていた。

「こんなに硬く……♡」

すりすりとその形を確かめる。ズボンの上からでもその固さははっきりとわかった。根元からの長さも、掴んだ時の太さも、私は知っているのに、確かめずにはいられない。

(だめ)反射的にそう思った。それだけはだめだ、とても許されない、と。いくらこの人を救うためだからといって、そこまでするのはいけないことだ。

私はたしかにそう思っているのに、口から出るのは別の言葉だった。

「あは、おっきぃ……♡ このおちんちん、今日はナマで、なにも付けないで、私のナカに……っ♡ ♡ 想像しただけで、頭っ、ヘンになりそう♡」

でも――そう、これは必要なことなのだ。お兄さんの孤独を癒やすためには、こうして淫乱な女になりきらなければならない。そうしなければ私を抱いてくれないのだから、心にもないことだって口にしなければ。

「ふぅん。それが君の本性か? こんな、キスと胸を触られただけで発情して、いやらしい言葉で男を誘って……」

だから、こんなことを囁かれても、私はこう返さなければならないのだ。

「はい……♡ 私はいけない娘です……おまんこ……ううん、子宮がうずうずして、仕方がなくて、私……♡」

「本当かな? なら、証拠を見せてみなさい。自分でスカートをたくし上げて、パンツを下ろしなさい」

はい、と私は従順にスカートの裾に両手をかける。震える手で、そろそろと上に上げていく。ヒヤリとした風を内腿に感じた。

「パンツを下ろして」

私から身を離したお兄さんが命令する。――逆らおうとも思わなかった。片手をパンツにかけてずり下ろす。羞恥で顔が燃えそうだった。

「こちらを見なさい。顔を背けてはいけない」

許してください、と小さく抗弁した私に、お兄さんは重ねて、お兄さんの方を見るように言った。躊躇いは数瞬、観念して、私はお兄さんに顔を向ける。

「ふん。あの程度のペッティングでこんなに濡らすとは、私のがナマでほしいというのも、あながち嘘ではないのかもしれないな。ははは、あの子達を守りたいとか、私を癒やしたいと口では言っておきながら、実際の君はこうなのだから」

しゃがみ込んでいたお兄さんはつまらなさそうに言った。私の内腿に垂れた愛液を掬って、その軌跡を追うように腿を撫であげる。焦れったくなるようなスローさに、ぞくぞくとした震えが走って、止まらない。
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/11/17(日) 11:11:21.16 ID:f2tdjEgN0
「ん……!?♡ ♡」

到達した割れ目に指先を添わせていたのが、不意につぷりと中に侵入した。途端、感覚が突き抜けた。ギュッと閉じたまぶたの裏がチカチカと明滅する。

「指を挿れただけでこれとは、相変わらず感じやすいな、君は……クリトリスもまだ触ってないぞ」

そんなようなことをお兄さんが言った。時間とともに高まった感覚が緩やかに下りていく。それを待っていたのか、お兄さんが私の中から指を引き抜いた。

「ああ、いいとも。それだけ準備ができていれば十分だろう」

それじゃあ始めようか、とお兄さんは言った。指にまとわり付いたねっとりとした液体が白く光るのを眺めながら、私にベッドに寝転ぶように言う。パンツは脱げと言われても、私は言われるままにするしかない。

服を着たまま、下着だけを脱いだ格好でベッドに乗った私に、お兄さんは指示を飛ばす。――スカートをたくし上げろ。シャツの裾を捲れ。足を開け。陰唇を左右に広げろ。

そして。

「わ、私のっ、ダラダラよだれを垂らした、ほしがりっ、おまんこに、お兄さんの固くて、おっきくて逞しいおちんぽ、挿れてくださいっ♡ ♡ いっぱいおまんこ肉でおちんちん扱いて、遠慮のない中出し、ナマの子宮に浴びせてくださいっ!♡ ♡」

――私の想像しうる限り一番下品な言葉で誘ってみせろ。私にそう指示したお兄さんは、裸になった下半身でペニスをビキビキと膨張させながら、

「……いや、うん。合格です……はい……」

ちょっと? なんですその反応? お兄さん?

「いや……本当にいいんだな? 後で後悔しても遅いんだぞ」

私は笑ってしまった。お兄さんはこの期に及んで往生際が悪い。

「ほしいって言ったのは私です。だから、早く、ください」

私の言葉に、お兄さんは逡巡する色を浮かべていたが、ついに決心したようだった。何も付けていない先端が、私の入り口に宛てがわれる。

永遠にも思える挿入前の一瞬。でもそれは結局、一瞬のことに過ぎない。

「あ――……♡」

お兄さんが腰を前に動かして、どんどんと私の中に侵入していく。体中の血液が沸騰するようだった。――これでもう、後戻りはできない。私も、この人も。

「もっと♡」口から出る声は、自分のものとは思えないくらい媚びたものだった。「いちばん奥まで、ください、はやくぅ♡ 指じゃ届かないの、お兄さんのじゃなきゃ……っ、あっ♡ ♡ ♡」

「ははっ――これがほしいって? はじめの頃は、こうしてっ、奥、されると苦しそうだったのに、なっ」

「あっ、んぅっ♡ ♡ 奥っ、子宮ぅうっ♡ ♡ グリグリされるのイイっ♡ 頭フワって、何も考えっ、られなっ、ああっ♡ ♡ だめ、もうイッちゃっ、イっクぅ♡ ♡ ♡ イっ〜〜〜……♡ ♡ ♡」

奥を少し小突かれただけで軽くイッてしまった。ふわふわと漂ってしまいそうな意識を、お兄さんに掴まれた手の感覚が繋ぎ止める。絡められた指、視線が交わって――今、ほかでもないこの人と繋がっているのだと、強く意識させられる。

(ほしい)――そう本能が訴えていた。もしかしたら逆かもしれない。全部、私の持っているものを差し出したい――そしてこの人から与えられるすべてが欲しい。それは互いに一つのものだった。

「もっと動いてっ、私のナカで気持ちよくなってぇ♡ ♡ 強引にしてもいいからっ、好きにしてぇ♡ お兄さんの気持ち良くなるっ、やり方で、私に、赤ちゃんっ、作らせて♡ ♡」

「――うおおッ!」

吠えたお兄さんが覆いかぶさってきた。小刻みな、しかし猛烈な突き込みに、私はたまらず喘いだ。身を捩っても逃げ場なんてなくて、私は目の前の体に縋り付く。両手でお兄さんの頭を掻き抱いた。

お兄さんのストロークがより早く、小さくなる。同時に、堪えきれないといったふうな低い呻きが聞こえた。考えるより先に口が動いた。

「出してぇ♡ ♡ ナマの先っぽ押し付けてぇ、お兄さんの濃いの、いっぱい♡ ♡ ナカあふれるくらいいっぱいの、だして♡ ♡」

「ううッ……!」

私にひときわ深く突き刺して、お兄さんの身体が止まった。熱いものが体の中の深いところで飛沫いているのがわかった。――射精されていた。髪の毛先まで粟立つようだった。がくがくと腰から下が震えた。

お兄さんの顔が降りてくる。今度は私から唇を重ねた。空恐ろしくなるくらいの幸福感に包まれながら、ひたすら、降り注ぐものすべてを体中で受け止めた。
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 11:12:26.03 ID:f2tdjEgN0
「はぁ――……」

深く息をついたのは湯船の中だった。全身の重ったるい疲労感が湯の中に溶けていくようだ。

お兄さんが一回の行為で満足することはなく、幾度も幾度も求められた結果だった。お兄さんとの行為が一回で終わった試しがなかったから、これは当然予想できたことだった。

「でも、それにしたって……多すぎです……」

私の抗議に、同じ湯船に浸かっているお兄さんが笑った。もう、と後ろのお兄さんにもたれかかると、お兄さんは余計に楽しげに笑った。

こうして一緒にお風呂に入るのにすっかり慣れてしまった。セックスの後、へろへろになった私をお兄さんがキレイにしてくれるのも、よくあること。髪を洗うのも随分と上達していたが、これはもしかしたら他の娘にもしているからかもしれない。

本当に悪い人、とお湯の中のお兄さんの手に手を重ねた。

「そういえば、君、ちゃんとピルは飲んでいるのか? まあ君に限って飲み忘れることはないと思うが」

急にそんなことを訊かれて、私は首を傾げる。お兄さんはなぜか硬直しているようだったが、それもまた不思議で、私は首を傾げた。

「……もしかして飲んでない? 私、いっぱい君の中に出しちゃったんだが……?」

「そうですね。赤ちゃん、本当にできちゃうかも」

「お金は払うから、アフターピル、処方してもらおう。な? いつ行く? 今日?」

「もう夕方ですよ。それに、避妊はしません。しないって言ったでしょう。ねえ、赤ちゃん出来てたらどうしましょうね? お兄さんはどうしてほしいですか? 産んでほしい? それとも中絶? ねえ? お兄さん?」

「いや……待ってくれ……いや、そうか……避妊しないか……そっかぁ……」

顔を見なくても、お兄さんが本気で懊悩しているのがわかった。そこで堕ろせと言えないのがあなたの駄目なところですよ、と思ったが、これは言ってあげるつもりはなかった。

そしてきっと、私が堕ろすといえば反対するだろうことも、私にはわかりきっているけれど、これも見ないふりをしてあげる。今だけですよ、と私はお兄さんの指を握る。

「ね、お兄さん。私をこんなにしたのはお兄さんなんですから、ちゃんと責任、取ってくださいね?」

うっと言葉に詰まるお兄さんが愉快で、私は声を上げて笑った。笑い事じゃないぞ、とお兄さんが不貞腐れるような声を出すので、さらに笑ってしまう。

――きっと運命に近いのだと思う。別にお兄さんの役割は他の誰でも良かった。たとえば私をストーカーしてきていた人でもいいし、私に厭らしい目を向けてくる脂ぎったおじさんでもいいはずだった。

(それがこんな、悪い人ぶってるのに全然悪人になりきれなくて、甘ったるいくらい不器用に優しい人だなんて)

実のところ、生理周期的に言えば今日は妊娠することはないのだが、お兄さんのは量も多ければ濃度もある。もしかしたら精子も生命力旺盛で、排卵期まで生き延びるかも。

もし出来ていなくたって、もう、絶対にどこにも行かせるつもりはないのだけど。私が指を絡めてみると、うんうん唸りながらもお兄さんが指を絡め返してくれる。それはまるで私とお兄さんの未来を暗示しているようで、私は笑みを深くした。
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/11/17(日) 11:12:53.76 ID:f2tdjEgN0
ポニテコミュは終了です。これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、13:00より採用、締切15:00まで

(ポニテ解禁まで7回)
(おかっぱ解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(金髪ギャル解禁まで4回)
(剣道少女解禁まで3回)
(オレンジショート解禁まで2回)
(施設後輩解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、ヤンキー、留学生、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様)

ポニテ『赤ちゃん、出来てたらいいな……♡ ナマ、すっごく気持ちよかったし、ピル飲んでるって嘘ついて今度また……♡ ふふ、ふふふっ♪』
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/11/17(日) 11:13:23.80 ID:f2tdjEgN0
ポニテ
【年齢・属性】 20 大学生
【身長】 162
【髪型】 ポニーテール
【容姿・身体的特徴】 細身ながらもしっかり鍛えられている。巨乳
【男性経験】 なし
【恋人】 いない
【性格】 明るく真面目。ほんわかした包容力のある性格。子供好き。芯が強く、意外と行動力がある
【備考】ストーカー被害。メサイアコンプレックス、漠然とした現状への失望、自己犠牲願望(自己犠牲行為そのものと、それに足るものとの出会いの両方)
・自己犠牲シチュで極太バイブオナ狂い
・性処理道具、いつでもどこでも電話一本で飛んできます
・「可哀想な主人公(『私』)を救うために淫乱な自分を演じる」ことで、自己犠牲願望とセックスにどハマリしている自分とを両立されることに成功した。でも淫乱なのは演技ではなく素。「ダメな人とのセックスって自傷っぽくて最高」系女子。ヤバい(確信)←New!

身体依存度A
精神依存度A
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 11:19:03.64 ID:vaT836Sw0
>>569
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/11/17(日) 12:20:04.79 ID:f2tdjEgN0
(安価は13:00から採用です)
(また数字安価禁止です、ご了承ください)
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 14:32:43.88 ID:chpDWvYNO
留学生
自転車の練習ついでに近くの神社の収穫祭に行き
出店で焼き芋など色々と食べ歩く

作中の時期って現実に合わせて大丈夫だっけ?
ダメなら普通の祭でお願いします
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 15:20:41.62 ID:chpDWvYNO
更新乙です
さすが身体依存度Aとてもエロかったです
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/18(月) 01:08:05.01 ID:75GcxwZbo
神出鬼没 おつおつ
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/22(金) 18:16:35.57 ID:D7WDQEty0
>>588採用(七月、自転車の練習ついでに近くの神社の収穫祭(※→縁日)に行き
出店で焼き芋など色々と食べ歩く)


「お待たせしましタ。ドーです? 似合うデスカ?」

留学生が袖を指先でつまむように押さえながら出てきた。

浴衣である。金髪碧眼西洋美少女+浴衣+サイドにまとめた髪。着慣れない異国の服のせいで落ち着かない所作! イエス! イエス! イエス! 胸の裡で快哉を叫びながら私は厳めしく頷いた。

ソーです? と首を傾げながらもどことなく嬉しそうにしている留学生が微笑ましい。出費を厭わず着付けに連れて来てよかった。

七月の下旬ともなれば、彼女ら中学生はすでに夏休みに突入していた。せっかく日本に留学して来たのなら日本の夏を満喫しなくては甲斐がないというもの。海、スイカ、花火……自転車の練習中、留学生が誘ってきたのは、近所の神社で行われるお祭りだった。

本来ならば友人と行くべきところだが、あいにく皆、家の用事やらなんやらで都合がつかなかったらしい。留学生の通っている中学校はなかなかに上流階級の子弟が集まっているらしく、それなりの、避けて通れないしがらみがあるのだろう(金髪ギャルでさえぶつくさ言いながら田舎に引っ込んでいった)。

そんな折、留学生は納涼祭の張り紙を見たのだという。ぜひ日本の伝統文化に触れてみたいが、一人で参加するのは心もとない。しかし、一緒に行ってくれるはずだった彼女のホームステイ先も急な仕事が入ってしまった。

留学生『だから、オニーサン。いっしょ、お願いしマス。ダメです? お礼しますノデ。なんでもしマス』

そんなふうなお願いをされて、この私が嫌だと言うはずもなかった。別にお礼がどうこうでなく。そして同じ行くなら、と、浴衣をレンタルすることにしたのだった。

店の人に着付けてもらったのは色彩のコントラストが鮮やかな浴衣で、方々に大ぶりの花があしらってあった。しかし決して華美には映らないのは、もっと華やかな存在がそれを纏っているからだ。

花簪で金糸の髪をお団子にまとめ、薄く紅を塗ったのか艷やかな唇、白皙の肌とぱっちりとした睫毛に囲まれたサファイアブルーの瞳は大粒の宝石をはめ込んだよう。この異国的な絢爛たる美貌が和の装いを食って、一種の妖しい色気を漂わせている。

出し惜しみしなくてよかったと心底思った。レンタル一着、一晩一万円ではむしろ安すぎるかもしれない。縁日ではたくさん楽しんでもらおうと心に誓った。

留学生「But I feel so bad……ユカタ、すごくキレイです。ワタシ、アー、お支払い、しますカラ」

いいんだ。私は首を振った。私が払いたいのだ。いいものを見せてくれて感謝の気持ちしかない。お願いだから私に支払わせてくれ。払わせてください。

Hmm……と釈然としない顔の留学生を押し切った。「オニーサンも、カッコイー、ですネ?」というのは、私もついでに浴衣を着付けてもらっていたからだ。なにげに初浴衣。ありがとうとクールに頷いてみせたが、内心テンション爆上がりである。

せっかくの浴衣である、足元も、と下駄も借りた。店から神社までは電車で二駅、歩き慣れない履き物の留学生のために手を繋いで行った。いやそういう下心があって浴衣と下駄を勧めたわけでは……いやほんとに。信じてほしい。

留学生「アー、ハイ、おマツリ終わったラ、ユカタ、返す、シテ……また、お店、行きマスね? ジテンシャ、も、アー……」

つまり、レンタル店までは自転車で行ったので、お祭りの帰りにまた店に寄って浴衣を返して、家までは自転車で帰ることにする、ということである。

神社自体は私も留学生も近場なので、わざわざ浴衣を返しに電車で店まで行って、現地で解散するという手間を掛けなければならなかった。でも仕方ないよね。留学生の浴衣姿、見たいもの。ポニテに着付けをさせるのはさしもの私も気が引けたのである。

でも電車の中まで手を繋ぐことなくない……? アッ、それ、小首傾げて上目遣いにこっち見るのダメです。ときめきハート(不整脈)で死ぬ……いや、ダメじゃないです。むしろどんと来いというかカモンベイベーハリーアップというか……いや何でもないです。はい。

そんなこんなで最寄り駅に着いた。和装特有のちまちました所作で留学生が歩くのに歩調を合わせる。夏の夜長、日が落ちたか落ちずやの時間ではまだまだ明るい。大通りを折れて歩道のない道へ。連れ立った子供たちがはしゃぎ合いながら走り去っていった。かすかに太鼓の低い音……
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/22(金) 18:17:05.64 ID:D7WDQEty0
わあ(Whoa?)、と声を上げて走り出した留学生の手が、私の手の中からするっと抜ける。危ないと言う間もなく、浴衣と下駄に足を取られて転びそうになった留学生を慌てて抱きとめた。

留学生「す、すみまセン……エヘヘ。でも、これが日本のおマツリ……so fantastic……」

感慨に震えている様子の留学生を立たせてやって、一息。腕の中に感触が残って消えない。そして振り撒かれる郁々とした濃密な体臭。留学生自身は無邪気ですらあるのに、彼女の外側はあまりにも性を感じさせてやまない。

もう一度息をついて気持ちを切り替える。よし。

道の両端に縁日の出店が広がっていた。色とりどりの幟を立てて、いかにも美味しそうな匂いがしてくる。とはいえ地元の小さな神社である、縁日もそれほど大きい規模ではなかったが、

留学生「アー……ベビー、カステラ? Baby? What the meaning……ン、ンー、キソバ……わかりまセンね。ヨーヨー? Hmm……」

こんなにも目を輝かせてくれるならなんにせよ良しである。この夏中にもっと大きい神社のお祭に連れて行ってあげたいものだった。きっともっと喜んでくれるぞ。いや、でも、屋台のバリエーションはそんなでもないから、喜び度合いもたいして変わらないかも?

留学生「オニーサン、行きまショウ! 早く、行きたイ、デス!」

よし行こう! 私もお祭りなんて来るの久しぶりなのだ、めいっぱい楽しむぞー!

まずは腹拵え、焼きそば、たこ焼き、フランクフルト、イカ焼きに牛串、かき氷……あ、いかセンベイもある! 私好きなんだよないかセンベイ……目移りするなあ、どれにしようかなー! 悩むぅー!

留学生「ンー♪ 選べないデスね……どうしまショ? どうしマス?」

全部! 全部行こう! とりあえず目についたのは全部! あ、焼きもろこし! 食べたい! 食べよう! すいませーん、焼きもろこし二つー!

そんなわけで。

私は焼きもろこし片手にフランクフルトと牛串の最強装備、留学生は焼きそばとかき氷を両手に持って完璧である。これなら誰にも負けない。欲望に忠実な絶対勝利スタイル……!

……買いすぎた……! 両手ふさがってたら遊べない! とりあえず休憩所を探したがそんな洒落たものはなかった。ちっちゃいお祭りだからこれは仕方がない。

仕方がないので神社前の入口前の階段に腰を下ろすことにした。ハンカチを敷いたけど浴衣汚れないかな……心配……。まあいいや。クリーニング料は覚悟しよう。

では食べよう、となったが、私、串五本を両手の指に挟んで持っているので、これは、無理だな? となった。馬鹿か私は。テンション上がりすぎちゃっていた。

あ、でもかき氷は先に食べたほうがいいな、溶けちゃうので。私が言うと、留学生は焼きそばを膝の上に置いて、匙でかき氷を掬った。いただきます、と口に運ぼうとして、止まった。

留学生「オニーサンから、ですね。アーン」

……いや、いいから、私のことは気にしないで……お兄さん、そういうのドキドキしちゃうほうだから……いや、うん。そうだね。買ったの私だもんね。両手塞がってるからアーンされるのも仕方ないよね。ね?

かき氷は冷たくて美味しかった。「ンー♪ おいしい、デス。オニーサン、アーン」あ、もう一口くれるの? はい。いただきます。……アメリカだと間接キスの文化とかないのかな。こんなの、男子中学生だとドキドキし過ぎで死ぬだろ……私アラサーだけど瀕死だぞ……

かき氷に続いて焼きそばもアーンされつつ消化。あとは串持ちながら遊べばいいだろう。私は立ち上がった。ほっとするのは、アーンの姿勢だと留学生の袷がちょうど目に入って、こう、ね? いや、浴衣ってガードはむしろ堅いんだけどそれがグッとくるというか? ね?

気を取り直して再出陣。金魚掬って射的撃ってヨーヨーと水風船釣って、と定番の屋台を巡る。こんな遊びをしたのは本当に久しぶりだった。最後のお祭りは小学校の時だったか。もう、記憶もおぼろげで、当時のことは思い出せないが、子供時分の私はどうだっただろう。こんなに楽しめていただろうか。

留学生「〜〜〜♪」

水風船をぽんぽんしながら留学生はご満悦。こうして見ると留学生は意外に表情豊かである。表情の変化自体は微細なのだが、慣れると結構わかりやすい。

おや、浴衣が着崩れしている。……って足! 生足! 「?」って白い内腿の際どいとこまで――アッ、帯! 胸元はだけちゃうぅううァー! え? 着崩れってそんなになるもの!? どうしよう、トイレとかで一人で直せる? そんなわけないよね……お祭りのスタッフさんとかに頼めばいいのかな……

留学生「ン……オニーサン、お願い、デス? 他の人、ちょっと、イヤ、です」

あ、そっかぁ……他の人嫌かぁ……女の人にしてもらうのとかは……イヤだよね、そうだよね。うん。……いやでも、私、男だし、さすがに、と躊躇したが、留学生が所在なげに目を伏せるのを見て、肚を決めた。

お店ならある程度信用できても、着替えを(というか直し?)を知らない人に任せるのが心細いというのはわかる。それが異国ならなおさらだろう。これはつまり留学生の信用の現れである。私になら、消去法であったとしても、他の見知らぬ同性よりは信用できると言ってくれている。

ならば応えるしかあるまい。私は人気のない公園に留学生を連れ込んだ。
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/11/22(金) 18:17:39.53 ID:D7WDQEty0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:00より採用、締切23:00まで
留学生コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

留学生コミュ続行の場合、留学生とのこれまでの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください(とくに野外、借り物衣装ですのでその点ご注意ください)

別ヒロイン指定の場合、この場は穏当に、浴衣の着崩れ直してお祭り楽しんでおしまいです
また下記の安価制限があります
(留学生解禁まで7回)
(ポニテ解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(金髪ギャル解禁まで3回)
(剣道少女解禁まで2回)
(オレンジショート解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

留学生『(訳:)日本のお祭りって楽しい♪ ユカタもとっても綺麗で、素敵……時々、お兄さんがヘンなのはそのせい? フフ、どうなのかな……? お兄さん、いい人だし。――確かめてみようかな。ちょっとだけ、ね』
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/22(金) 22:12:58.29 ID:Av8ILKcVO
ヤンキー そろそろ突撃してくる頃だと思い至り君で遊んであげるよと連絡を入れる
その際全裸にコートのみの格好で 更に大量のおもちゃで自分の全身を責めつつ近くのコンビニで大量のコンドームを買って来るよう指示 出来ないならもう遊んであげないよと言う指示を最後にヤンキーからの連絡を一切無視して待つ
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/22(金) 22:17:33.78 ID:mUOUWGO60
施設後輩
休日にばったりスーパーにて遭遇
朗らかな調子で施設後輩の部屋に招待され、手料理を振る舞われる
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/22(金) 22:24:12.44 ID:0aYCGdEpo
留学生
陰でそのまま直そうとするも留学生が微妙に動いてなかなか上手くいかずぐちゃ気味に
ふいに良い事を思いついたと言われ離れると、するっと前面はだけさせてから一から続きをお願いされる
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/23(土) 00:33:26.49 ID:QOI29EYoO
更新乙です
浴衣を着たのはゾロ目のおかげ?
とても良かったです
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/24(日) 16:08:50.45 ID:1Ml2ClBA0
>>596採用、ゾロ目


空は夜の藍色を濃くし始めていた。神社近くの小さな公園は人の気配に乏しく、時間の割にひどく暗い。ベンチの脇にぽつんと立った街灯が、木々や植え込みに深い陰影を生んでいるからかもしれない。

失敗したな、と思った。留学生の浴衣の着崩れを直すのだから、当然、人目に付くところではできない。その点、この公園は神社の奥まったところにあって入り口もわかりづらく、人目を避けるという意味では最適だった。

そして今はそれが仇になっていた。

留学生「ムム……よくわからなイ……What's going on? Hm……オニーサン、すみまセン、やはりワタシでは、直せナイですネ」

浴衣の胸元をあれこれといじって、困った顔で眉を下げる留学生はひたすら可愛かった。しかも生地の薄い肌着から豊かな胸がこぼれて、深い谷間が丸見え、脚ははだけて腿までを曝けていて、なまじっか一部を隠しているのが扇情的でさえあった。

……ヤバいぐらいスタイルがいい。まだ中学生なのにこのダイナマイトボディはさすがのアメリカンスタイル……! すごいぞ!

オニーサン、と呼ばわれて私は頭を振って邪念を飛ばす。一息。落ち着け。たかが浴衣の乱れを直すだけである。別に動揺なんてする必要はない。たとえいかに留学生が可愛くても、スタイルがべらぼうに良くてモデル裸足でも、ロケーションが逢引に絶好でも、そんなことに私は心を乱されはしないのだった。

なぜなら留学生は私を信用して服の乱れを直すよう頼んでいるのだから、それを裏切るような私ではないのだ。

留学生「ン……フフ、ちょっと、アー、くすぐったイ? デス、フフフ」

ごめんね我慢して? モゾモゾしないで、動くともっとずれちゃうから――ぁあああ! ほらぁ! もうぐっちゃぐちゃ! もう何がどうなってるのかわからないよ! スマホで着崩れの直し方見てるのにさっぱりできない! もう、君、無邪気に笑っちゃって……可愛いなぁ本当になあ!

くそ、どうしたらいいんだ……拷問じゃないか……手、ちらちら柔らかいのに当たるし、この近さだと、もう、すっごい濃い匂いがして頭クラクラしてくるし、こっちはもの凄く我慢してるっていうのに……

駄目だぁ、もう手も覚束ねえ! もう、触れば触るほど悪化して留学生があられもない姿に……! うわ、エッ――いや違う違う、私はそんな眼でこの子見てないから。はい。そういうことで。

……誰か助けて……! このままだとなにかとても良くないぞ! くそ、なんでこういうときに限って金髪ギャルやらはいないんだ、呼んでもないときは勝手に来るのに! 職務怠慢だぞ!

留学生「フフフ……ンー、But what should we do……Oh, I have a good idea! オニーサン、すこし、離れテくだサイ」

いいことを思いついた、という顔の留学生が言う。助かった、と私は二歩下がった。とりあえず今は心を静めなければ。ふぅ……

留学生はなにやら後ろ手にごそごそしているが、一体何をしているのだろうか。見やっていると、留学生は、「エイッ」と掛け声した。留学生の浴衣の帯が外れた。

私は盛大にむせた。えっ、何? 何してるの? 浴衣ぺろんってなって中の浴衣用肌着見えてる――っていうか、それ、汗吸って透けてるぅ! でも中にキャミ着てたのね! 良かった! いや良くない!

留学生「アー、涼しイ、です。ラクになりましたネー」

まあ、あれだけ着崩れしてたらそれは不快だったろうけれども! でももうちょっとさあ、手加減してくれませんか……? さっきからこっち、大ダメージ続きなんですけど……!?

ドーしましたカ? と留学生は、笑顔で、

留学生「これデ、ちゃんと、直せる、デスね?」

……そうだね! 私はあらゆる言葉を飲み込んでそう応じた。そんなつもりで留学生が帯取るわけないじゃないか、当たり前ですよね。いやどんなつもりも何もないけど。浴衣直すためです。

はい、浴衣、すぐ直します。……どうやって? 帯、どう結ぶの? え? 一から着付けるの? なんか、浴衣の裾、地面に落ちて溜まってるんだけど。そういえば店で裾上げ的なのされた気が。それもするの? 私が?

……無理じゃね? 直感的にそう思った。だからといって、この状態の留学生を置いて人を呼びに行けるわけもない。もし誰とも知れぬ悪漢が公園に入り込みでもしたら痛恨事である。

私がやるしかない。覚悟を決めて、スマホで浴衣の着付けを検索した。

……え、肌着も? いやさすがにそこまで私がするのは……いいの? 嫌じゃない? あ、そう……はい。わかりました。やります。……ちょっと湿ってるぅ……あ、これ、襦袢って上と下で二層構造になってるのかな。上、背中側で結んでるな。後ろから失礼――ンンンうなじ……! はい、紐、解きました、肌着取ります――上半身キャミだけになってこれは……! ああああああ! 煩悩……!

うん、下もだね! はい! 紐、解きます……前から失礼――手に当たるお腹の感触すっごい! ヒィアアア、柔っわらか温ったかすっごい! しかも下に履いてんの、これ、もう紐じゃん! 布面積すっごい! アアアアアアア……! アア……もう許して……私を解放してぇ……

夜。人気のない暗い公園。そして目の前には薄っすいキャミと紐パンだけの金髪巨乳ムッチムチ美少女。それも超・美少女! しかもこれから肌着を着せて浴衣を着付けるわけで、つまり、さらなる身体的密着状態が私を待っているわけで。

私は言葉にならない嗚咽を垂れながら膝から崩れ落ちた。とても精神が耐えられる気がしなかった。
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/11/24(日) 16:09:34.29 ID:1Ml2ClBA0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:00より採用、締切20:00まで
留学生コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

留学生コミュ続行の場合、留学生とのこれまでの関係上、また他のヒロインとの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください(とくに野外、借り物衣装ですのでその点ご注意ください)

別ヒロイン指定の場合、この場は穏当に、浴衣の着崩れ直して残りのお祭り楽しんでおしまいです。主人公(『私』)が頑張ってそうします
また下記の安価制限があります
(留学生解禁まで7回)
(ポニテ解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(金髪ギャル解禁まで3回)
(剣道少女解禁まで2回)
(オレンジショート解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

留学生『(訳:)ユカタが直せないのも、自分では肌着の付け方がわからないのも本当だけど、フフ、オニーサン、すごい顔……♪ 真っ赤になったり真顔になったり、急に頭振ったり、忙しなくて、ちょっと可愛い……かも? フフ♪』
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/24(日) 18:13:06.77 ID:7WO9YZVrO
留学生
完全にからかいスイッチが入ってしまって直そうと触ってくる男に対してちょっと色っぽく声を出してみたりわざと密着してきたりする
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/24(日) 18:18:47.19 ID:X99+sDBg0
おさげお嬢様
ナンパされていたおさげお嬢様に会う
おさげお嬢様は『私』を見つけるや体を密着させて恋人のふりをしてくる
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/25(月) 00:25:00.67 ID:bFbCqNQoo
ゾロ目パワーだ
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/27(水) 20:35:37.70 ID:xviESsoh0
やっと追いついた
イッチおんJ民なんやな
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/22(日) 05:25:18.57 ID:nkB0iinl0
>>600採用……ゾロ目3連発ってどういう……?
(完全にからかいスイッチが入ってしまって直そうと触ってくる男に対してちょっと色っぽく声を出してみたりわざと密着してきたりする)


ともあれ留学生に肌着を着せてしまわなければどうにもならない。こんなことなら服の換えを用意しておけばよかった。一応、留学生の靴は持ってきていたのだが(慣れない履物で足を痛めては楽しいお祭も台無しである)。

スマホで検索した着付けの動画を再生。とりあえず留学生と一緒に通しで見てみたのだが、留学生いわく、

留学生「アー、たしかにお店で、コーしてましたね? OK、OK」

まあ肌着なんてそう種類もないしね。じゃあ参考にするのはこれで決まりだ、さっそく始めてみよう。

手順はこうだ。まずは腰に裾よけを巻きつける。脚の可動域を確保した上で腰紐を結んで固定。これで下は終わり。半襦袢は少々難しい。胸元が見えないように調節すること、首が詰まらないように衣紋(後ろ襟)を抜くこと。まあ、動画を見ながらやれば出来ない難易度でもない。

いける! 私は裾よけを手に、留学生の後ろに回った。

……尻! 背中! うなじ! 脚ィ……!

視覚情報の暴力だった。だって肉付き良すぎない? なんでこんなに各部にむっちむちのさぁ、そのくせ太ってはなくてさぁ、君、これ、プールの時間とか同級生の男子、拷問だろう。プールから上がれなくなっちゃう。

あ、私は夏前にいっしょにスパ銭行ったんだっけか。水着姿直視してなくてよかった。あの時の私の判断は正しかった……

「オニーサン?」振り向いてくる留学生にうなずきを返して、いざ着付け。腰に裾よけを巻き……巻けない! ちゃんと巻けているか確認するには留学生の肩越しに見ないといけないのだが、そんなの、めっちゃ密着しちゃうじゃないか! めっちゃくだぞ!

そんな謎の造語をしてしまうくらい、私の脳はパニックを起こしていた。なんせ凄いのだ、匂いが。留学生の濃密な体臭にどこか別種の、おそらくは何らかの香水なのだろうが、重たい甘ったるさが渾然として、私をクラッシュさせに来ているのだった。

そのうえ。

留学生「ンフフ……アン♪ くすぐったい、デス。フフ……♪」

なんか艶っぽい声出してくるのだから、もう、私は駄目だった。ああ、身動きしないで、想定外の刺激を私に与えないで! 視覚+嗅覚+聴覚+触覚の殺人級コンボで私の心は瀕死である。「フフ♪」って堪えきらないふうに笑うのがね、ほんと、超可愛くてダメージが最大で、つまり、この気持ちが恋なの……? いいえ煩悩です。私も男だもの、仕方ないね。

でも私は大人だから頑張るのだ。はい裾よけ終わり! 次は上! ガンバルゾー!「オー」と留学生が合わせてくれた。本当にいい子。好き。

私は留学生の正面に回った。半襦袢を羽織らせて、上衿下端に付いた紐を脇から通して……通し……いや、これ……うーん……

留学生「ン? アー、ドーしました?」

あの、大変申し訳ないのですけど、上の方はある程度、留学生自身で着付けをお願いしてもいいでしょうか? 私もサポートするので……

「?」と首をかしげる留学生から目をそらす。私が上の肌着を着付けるのには問題があった。いや、問題と言うなら裾よけの着付けの時点で問題だらけなのだが。

ああ、と留学生は得心した顔。理解してくれたようで何より。留学生は笑顔で、

留学生「大丈夫、デス。おねがいしマス」

いいや大丈夫じゃないです! お願いします!

留学生「ンー、でも、ワタシ、よく、わかりませンねー……おねがい、ダメです?」

ダメじゃないです!(即答)頑張ります! 私に任せて……!

そういうわけで、左上衿の紐を右脇の下に通す作業なわけだが、私が渋ったのは物理構造上必然の問題があるからだった。

留学生「ア」

胸に手が当たるのだ。正確には下乳。留学生は胸が大きいので。「You're so lewd……えっち? デス?」と詰られるのは当然のことだった。私には謝ることしか出来ない。

だがなんというか、留学生の語尾にはからかい的なニュアンスがあって、ちょっと小悪魔的。もしかして全部わかった上でからかわれているのだろうか。そんな疑念がよぎったが、くすくす笑っている留学生に限ってそんなことはあるまい。こんないい子を疑うなんて許されないことだ。反省。

でも感触的に、もしかしてこのキャミ、カップ付いてない……? ノーブラ……? 待て待て、これ以上考えるとただでさえショート寸前な思考回路が焼き切れてしまう。

限りなく正解に近くても確かめなければまだ真実は闇の中なのだ。だからきっと気のせい。年頃の女の子がそんな、浴衣だからノーブラはともかくカップもなしとか、あるわけないです。まさかね。

でも、こうして正面から間近に見ると大きい。胸のことだ。薄いキャミがぱっつぱつになって胸のところだけ布が丸く張って、この質感はやはり……? あ、駄目だ、別のことを考えなきゃ。……谷間深っかいな……! いや違う、もっと別の……ノーブラってことはつまり乳首も……

駄目だ、頭から離れない! ノーブラノーカップキャミ巨乳美少女とか飛び道具すぎるんだもの! 私がエロいんじゃない、これはすべての男に課せられた宿命的な、英語で言えば、passion of fatality ……! カッコいい!

留学生「オニーサン?」

なんかさっきから呼ばれてばっかりだな、と顔を上げると、留学生の顔が近かった。というか近すぎる! とっさに仰け反って距離を取ろうとして、慣れない下駄が滑った。

「あっ」という間もなくバランスを崩した私を、留学生が支えようとしてくれて、「あっ」と言う間もなく留学生の体が降ってきた。

正確には胸が降ってきた。

留学生「アー、大丈夫デス? ごめんなさイ、ワタシ……いたい、くないですカ?」

私は留学生の下敷きになっていた。地面に坐った私が留学生を抱きとめている格好。たかが尻餅をついたくらいでは、留学生の身体が乗ったとて、怪我をすることもない。

だから、心配してくれている留学生に応えられないのは別の理由だった。

留学生「オニーサン? アー……Oh」

顔に胸が当たって、膝の上で留学生を抱きしめて。こうして腰が密着したら、こっちの事情もバレるのだ。微妙に韻を踏んだようで踏んでいないことを考えながら、私は思考を止めた。
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/22(日) 05:26:12.88 ID:nkB0iinl0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、12:00より採用、締切14:00まで
留学生コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

留学生コミュ続行の場合、留学生とのこれまでの関係上、また他のヒロインとの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください(とくに野外、借り物衣装ですのでその点ご注意ください)

別ヒロイン指定の場合、この場は穏当に、浴衣の着崩れ直して残りのお祭り楽しんでおしまいです。主人公(『私』)が頑張ってそうします
また下記の安価制限があります
(留学生解禁まで7回)
(ポニテ解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(金髪ギャル解禁まで3回)
(剣道少女解禁まで2回)
(オレンジショート解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、おさげお嬢様、施設後輩)

留学生『(訳:)あーあ、こんなになるまで耐えててくれてたの? ふーん? ……ふーん』

留学生のキャラ設定を更新します
留学生
【年齢・属性】中学2年 アメリカからの留学生
金髪ギャル、オレンジショートのクラスメイト
桃髪サイドと同じ学校
【身長】163
【髪型】金髪ロング
【容姿・身体的特徴】碧眼 かなりの巨乳
【男性経験】なし
【恋人】いない
【性格】寡黙でクールな印象だが、実際はのんびり屋で天然
【備考】日本の文化に興味(非オタク)。日本語があまり堪能ではない。性観念は奔放な潜在ビッチ
・両親はそれほど敬虔ではないカトリック教徒で、婚前交渉にうるさいわけではないがなんとなく憚られた。せっかく親の目の届かない日本に来たのだから、少しくらい羽を伸ばしてもいいかもと思っているが、幸か不幸か同級生男子はヘタレでそんな機会は来なかった。←New!
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/22(日) 12:28:31.99 ID:Vhh4YW8vO
留学生が何事もなく立ち上がったのでオトコも立ち上がるが不意に後ろに回られる
英語で言葉責め+耳舐めをされながらやわやわと衣服越しにちんちんを愛撫される
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/22(日) 12:59:28.05 ID:UVswynkv0
施設後輩
休日にばったりスーパーにて遭遇
朗らかな調子で施設後輩の部屋に招待され、手料理を振る舞われる
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/22(日) 13:07:23.77 ID:pw4kt1Mw0
おさげお嬢様
ナンパされていたおさげお嬢様に会う
おさげお嬢様は『私』を見つけるや体を密着させて恋人のふりをしてくる
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/22(日) 13:44:26.90 ID:AcVsrDBaO
ゾロ目の宝石箱やー
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/22(日) 16:01:52.50 ID:nkB0iinl0
ゾロ目率高すぎィ! どうすべかな
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/22(日) 16:48:52.03 ID:Bzl6oTjgO
全てはイッチの思いのままに
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/22(日) 18:17:12.29 ID:nkB0iinl0
>>600採用、ゾロ目
(留学生が何事もなく立ち上がったのでオトコも立ち上がるが不意に後ろに回られる
英語で言葉責め+耳舐めをされながらやわやわと衣服越しにちんちんを愛撫される)


どくどくと心臓の音。まるで耳元で脈打っているようだ。指先一つ動かしてはいけない、という淡い思考が、意識の空白で泡になって消える。思考が止まっている限り、私は何も行動しないで済む。

腿に感じる肢体の重み、腕の中の存在の確かさ、顔に押し付けられた双丘の量感、鼻腔を埋め尽くす濃密な体臭、そのどれもが一つのことを意味している。

――考えてはいけない。収斂しつつある思考を強引に打ち切る。ひどい耳鳴りがする。もしかしたら耳鳴りではなく脳内の血潮が沸騰する音かもしれない。深く息をしたいのに、眼前から立ち上る強烈な女の匂いがさせてくれない。(女……)

もう自分を誤魔化しきれないところまで来ているのかもしれない。そう思ったとき、留学生の身体が離れた。

温かな肉体が急に離れた喪失感も、夜気に紛れて霧散した。呼吸を新鮮に感じたが、夏のうだるような熱気は夜の底に籠もっていて、すぐに気のせいだと分かった。

ふう、と息をつく。ともかく立とう、と考えられるくらいには冷静になった。これからのプランはこうだ。まずは留学生に謝る。不可抗力とは言え恥ずかしいことになってしまった。誠心誠意謝れば留学生はきっと許してくれるだろう。他の悪い子連中とは違うのだ。そして着付けを浴衣本体まで完遂する。

これだ。今の私なら大丈夫。やれる……!

と立ち上がろうとして、できなかった。私は後ろから抱きしめられていた。

留学生「Don’t move, my hasty babe」

小さく囁かれる生暖かい呼気が耳孔をくすぐる。留学生だった。私の肩に手を置いて、身を乗り出すように顔を近づけている……

背中に押し当たって大質量のものが撓むのが感触としてわかった。それ以上に驚いたのは、後ろから回された手が私の股間に伸びたからだ。Oh, と吐息をかすれさせて、留学生はその形を確かめるように、ゆっくりと上下に擦る。

留学生「It’s so hard and big……isn’t it? I’m not sure, though」

囁かれる言葉は明らかに異国のもので、混乱した頭ではすぐには飲み込めない。ただ、それがひどく性的なものであることは肌で感じていた。一旦は冷めた頭は今や火がついたように熱を上げて、ぐるぐると言葉未満の情動が脳内を入り乱れていた。

また、留学生の吐息が鼓膜を揺らす。そのたびに体の芯が震え、留学生の手に弄ばれるものはびくびくと硬度を増す。

留学生「Why are you patient to be like this? Yours is throbbing eager……I’m not an innocent girl as you think, all right?」

呼吸を深くしようとするのに、どうしても震えが止まらない。服の上からの刺激だというのに、私はこんなにも張り詰めてしまっている。――そう、浴衣なのだ、私は。今着ているのはレンタル品なのである。

私の焦燥をよそに、留学生の指は私のものを指で挟んだり、先をつまんできたりと、まるで頓着がない。ちゅ、と今度は耳に口付けられた。粘着質な水音が高く鼓膜に響いて、もはや一刻の猶予もなかった。

留学生「What dou you want me?」

直接脳を揺らすような囁きに私はかろうじて答えた。浴衣を汚してはいけないので外に出させてください。お願いします。プリーズ。

くすくすと笑声を吐息に混ぜて、留学生の手が焦らすように私の下着の合わせを外す。外に曝け出たそれの根元に直接、留学生が手を添えた瞬間、高まりきったものが一気に爆ぜた。

留学生「Oh……」

幼子をあやすような手付きに促されるように射精する。脈動が断続するたび、体内に溜まった熱を放出するようだった。

は、と深く息をつく。公園の地面には大量の白濁敵が撒き散らされていた。よくもまあ出したり、という感じ。いっぱい我慢してたからなあ。

いや出したりじゃないよ後処理どうしよう! いやこれ……精液って土とか被せたりしたらいいものなの? さすがに集められないし。とりあえず穴でも掘って……穴掘る用具がないな。チンコはハンカチで拭いてハンカチは捨てればいいとして。浴衣が汚れなかったのは不幸中の幸いだった。

さて、どうしよう?

なんとなく首だけで振り返ってみると、留学生も首を傾げていた。しばらく見つめ合う。私は顔を前に戻した。目の前に広がる惨状に私は頭を抱えた。


次回はゾロ目だったので>>608のおさげお嬢様で進めます
もし希望シチュがあれば↓1〜3高コンマを>>608に追加する形で反映します、締切21:00

留学生『(訳:)うわー、いっぱい……射精ってこんなになるの? これが日本人の普通なのかしら。お兄さんもちゃんと男の人なのね、びっくり』
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/22(日) 18:19:24.93 ID:nkB0iinl0
(普通じゃねえよと自作ながらめっちゃツッコみたくなる)
(でもまあ最初に規格外の経験しちゃうと基準狂うよねということで)
(この先この娘ら苦労するだろうなあ……)
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/22(日) 20:57:28.45 ID:Bzl6oTjgO
ナンパ野郎は血の気が多い感じで暴力に訴えてきそうなのでハッタリと口先三寸で言いくるめる
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/24(火) 16:53:29.39 ID:Vijc/ius0
>>608>>614採用、話の都合上かなり内容を改変しています
(ナンパされていたおさげお嬢様に会う
おさげお嬢様は『私』を見つけるや体を密着させて恋人のふりをしてくる)
(ナンパ野郎は血の気が多い感じで暴力に訴えてきそうなのでハッタリと口先三寸で言いくるめる)


どうしようかな、と私はつぶやいた。最近見つけた喫茶店に私は腰を落ち着けていた。飲み物類が味の割に値段が手頃なのがよく、街に出かけたときは時間があれば通うようになっている。

頼んだミルクティーに角砂糖を大量にぶち込んだものを啜るが、一向に気は晴れない。

結局、後処理は土と砂をかぶせるだけにして公園を後にするしかなかった。余人に迷惑をかけるのは本意ではないし、妙な噂が立つのも避けたかったが、それ以上のことは私の手に余った。

本来なら留学生に、あんなことを軽々しくしてはいけないと懇々と言い含めるところだったが、公園の始末をつけた時点で時刻は八時を大きく回っていた。浴衣の返却を考えれば、さらに留学生の帰宅は遅れてしまう。留学生の滞在先の保護者も別に泊まりの仕事というわけではないのだから、あまり遅くまで中学生を連れ回すことは出来なかった。

とはいえ、と留学生の帰りの様子を振り返る。留学生は下駄を履き替えなかったから、帰りも私が彼女の手を引いて行ったのだが、なんというのか、密着が凄まじかった。胸の中央に私の腕を抱き込むようにされては、浴衣越しに押し付けられる体温やら柔肉の潰れる感触やらで私の制止は語尾がフニャけてしまった。汗顔の至りである。

極めつけは別れ際、浴衣をレンタル店に返した後、Tシャツとハーフパンツに着替えた留学生は自転車にまたがって、こう言ったのだった。

留学生「See you soon again. つづきは、また今度、デスね」

Bye、と婉然とした流し目を残して留学生は行ってしまった。『続き』というのが、お祭りの続きという意味だったらいいな、というのが逃避であろうことは、私も理解していた。

カチャカチャと意味もなくカップの中身をかき回す。いかに糖分を補給すれど妙案が浮かぶでもなし。ひたすら甘ったるいだけの液体を飲み込んで、私は深くため息をついた。

勘定を済ませて店を出た。街の明かりは賑やかで、煮溶かすような夏夜の熱気を喰って怪炎を上げているかのようだった。だがその中に私の居場所はない。早く帰ってしまおう。駐輪代だって馬鹿にはならない。

私が歩き出したときだった。

「え〜、いいじゃん、ちょっと遊ぶだけだって。つーかこれからっしょ夜は。なんなら俺おごるよ? 奢っちゃうよなんでも、いい店あんだよねーこの辺さァ」

おさげお嬢様「いえ、わたくしは……」

「かーっ、おい聞いたか? 『わたくしは』だってよ。スッゲぇお嬢様じゃん! 俺超好みなんだけど。ね、いいじゃん、ちょっとだけ、ほんとちょっとでいいからさ。ほんとお願い! このとおり!」

「うわ、お前が頭下げるとか相当じゃん? ね、こいつがここまで言ってんだからさ、ちょっとくらい付き合ってやってよ。俺からもお願いするわ。ね、頼むよ」

見た目にも清楚な少女が、ゲラゲラと笑う男二人組に挟まれていた。見覚えのあるシチュエーションだった。そして私は絡まれている方にも見覚えがあった。

おさげお嬢様「……あ」

よくよくこの娘ときたら声掛け事案に縁があるようだった。「あ? 何?」と男たちが振り返ってナンパ相手の視線の先に私がいるのを認める。やれやれと私は嘆息して、両者の間に介入することにした。

結論から言えば、私はおさげお嬢様の手を引いて逃走中だった。おかしい、私は親同士が親しい間柄で保護者枠だと説明して穏便にとりなそうとしたのに彼らはけんもほろろ、初手からガン付けから即距離を詰めて恫喝してきたのだった。そして私は暴力沙汰にはめっぽう弱い。

おさげお嬢様が私の手を掴んで逃げ出してくれていなければ今頃は五体満足ではいられなかっただろう。助けるつもりが助けられてしまうとは情けないが、今はとにかく追手を撒かなければならない。おさげお嬢様も息を切らしている。長くは保つまい。

おさげお嬢様「ひとまず、身をっ、隠したほうが……っ」

私はおさげお嬢様の提案に賛成した。だがどこかの店に入ってそこでトラブルになる迷惑は避けたい。どこかの狭い路地にでも身を潜めるべきかと思案する私の手を、おさげお嬢様が引いて、近くの建物に引っ張り込んだ。

建物に入る一瞬前に『休憩○分〇〇〇〇円』という看板が目に止まった。おや?
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/24(火) 16:54:05.17 ID:Vijc/ius0
私たちが身を潜めたのは、つまりは、ラブホテルだった。たしかにここなら、入室してしまえば彼らにはもう追えない。とっさの判断としては最善だったと言える。

私たちがお互いのことをほとんど何も知らない他人同士であることを除けば、だが。

「……」

おさげお嬢様は無言である。建物に入って、ここがどういう施設か理解してからすっかり固まってしまっていた。一応、部屋を取るときに確認したときは、蚊の鳴くような声で応じてくれたのだが。

そんな彼女に、私としては掛ける言葉が見つかっていなかった。非常に気まずい。というか、実を言えば、私もラブホに入るのは初めてなので緊張していたりする。スムーズに部屋が取れてよかった。私にも大人の威厳というものがあるのだ。

そういえば、以前おさげお嬢様と会ったのは梅雨頃だったから、もうひと月は前になるのか。私が言うと、彼女は小さく肯いて、顔をうつむける。

おさげお嬢様「……申し訳ありません、あのときは……あのときも、こうして助けていただいたのに、わたくし、お礼にもお伺いしていません……」

そんなこと、と私は笑った。おさげお嬢様が礼に来なかったのはご両親から了解を得られなかったからだ。自分たちの大切な娘に、どこの馬の骨とも知れぬ無職の男を近づけたいと思う親がどこにいるだろうか。私が親の立場でも、礼の品物を送るに止めさせるに違いなかった。

そんなことは、と言いかけるおさげお嬢様だったが、このまま立ち話も何なので、ひとまずソファに座らせることにした。ベッドのほうは見て見ぬ振りである。ダブルサイズでも追いつかない大きさのベッドに、これまた大きな枕が二つ並んでいるのが嫌に生々しい。いや、何も見てませんけどね。はい。

遠すぎず近すぎない距離に私も掛けた。いずれにせよ、追手が諦めるまで待ったほうがいいのは確かだ。こんな場所で落ち着くも何もないだろうが、と私はおさげお嬢様を見やる。

……童貞を無差別大量自然死させそうだなあ本当に! つやつやさらさらの黒髪、姫カットをおさげにして、身に纏っているのは明らかに高級品、そしてこの嫋やかな美貌である。立ち居振る舞いも楚々とした気品があって、耐性がなければ目に入れただけで昇天してしまいそうだった。

ナンパ男にせよこの前のキャッチにせよ、よくこんな女の子に声をかけられるなと、そこだけは認めてやらなければならない。身の程知らずの蛮勇にせよ、意気地なしのヘタレよりはマシというものだろう。

おさげお嬢様「……違うのです」

え、と私は内心飛び上がる。変なこと考えてるのバレた? とこわごわ様子を窺うと、おさげお嬢様は暗く顔をうつむけている。

おさげお嬢様「あの人達が大事にしているのは名家の娘としてのわたくしだけ。わたくしの気持ちなんてどこにもない……ひとに親切にされたならお礼をするくらい、当たり前のことでしょう? なのにわたくしには、そんな、ささやかな自由すら……」

ぽつりぽつりと言葉を零して、やがておさげお嬢様は淡い笑みを浮かべた。

おさげお嬢様「申し訳ありません。貴方様にお聞かせしても栓のないことですね。わたくし、今日は許嫁の方と夕食をご一緒にしていましたのよ。ふふ、けれど許嫁なんて名ばかり、食事が終わって、少しお話すればそれでお開き。わたくしの家のほうが家格としては上なので、無礼はできないということなのでしょうけれど」

口元に手を当てて上品に微笑むおさげお嬢様は、ゆるゆるとその顔を手で覆った。

おさげお嬢様「……息が詰まりそう……」

絞り出すような声に、この娘は本当に苦しんでいるのだと思った。――だが。

密やかな声が身の内からする。この娘が着ている服は相当に上物だ。髪もよく手入れされているし、出で立ちにはいささかの不健康のかけらもない。

この娘は家に縛られているのだろう。名家の業、一人のひとである以前に家に属する構成体としてあることを要求される生活は、さぞ窮屈に違いない。だが、多くの自由と引き換えに、この娘が得ているものがある。――少なくとも金銭的に不自由はしない未来。

彼女の語った不幸は嘘ではない。そして、いかに苦しみ、心を軋ませても、元凶たる家の呪縛から逃れることができないのもまた事実なのだろう。それは将来に渡る無二の庇護を失うことを意味するから。

――愚かだ、と断じることは容易い。恵まれた分際で卑怯なことを言うな、と詰ることもできる。少なくとも私にはその権利があるはずだった。遠からず野垂れ死ぬ未来が待っている私にだけは。
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/24(火) 16:59:16.50 ID:Vijc/ius0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、19:00より採用、締切21:00まで
おさげお嬢様コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

おさげお嬢様コミュ続行の場合、他のヒロインとの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください

別ヒロイン指定の場合、この場は穏当に過ごしておしまいです
また下記の安価制限があります
(おさげお嬢様解禁まで7回)
(留学生解禁まで6回)
(ポニテ解禁まで5回)
(おかっぱ解禁まで4回)
(大家娘解禁まで3回)
(金髪ギャル解禁まで2回)
(剣道少女解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)

おさげお嬢様『何を言っているのでしょうね、わたくしは、何の縁もない方に、こんなことを……ああ、でも、この方に助けていただいたのはこれで三度目。運命だなんて、そんな夢見がちな乙女のようなこと、あるわけがないのに。……でも』
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/24(火) 17:00:18.37 ID:Vijc/ius0
(ゾロ目なんでちょっとかなりけっこうチョロくしちゃいました)
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/24(火) 20:27:23.65 ID:qiwLXYVyO
ちょっとした意地悪心とお嬢様自身の為に少し厳しく諭してみたところ叱られる免疫の無いお嬢様にクリティカルヒット
自分を救いにきた王子様みたいな視線を向けられた
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/25(水) 19:46:48.32 ID:mlEIweIa0
>>619採用
(ちょっとした意地悪心とお嬢様自身の為に少し厳しく諭してみたところ叱られる免疫の無いお嬢様にクリティカルヒット
自分を救いにきた王子様みたいな視線を向けられた)


君はひとつ思い違いをしている。私の発した言葉におさげお嬢様は顔を上げた。その顔がゆっくりと歪んで、笑みのような表情を作った。

おさげお嬢様「……そうですね。そのとおりです。わたくしはなんて、みっともない愚痴を……」

そういうことではなかった。私は首を振って、言う。君はよく我慢しているとも。よくできた子だ。きっとご両親には自慢の娘に違いない。

だがそれだけだ。君の努力はそれだけの意味しか持っていない。

「どういう……」と困惑する少女に、私は告げた。いい子だと思われたいのだろう? そうして人に褒められることはうれしい。君が由緒正しい家の人間としてふさわしく振る舞うことを誰もが期待している。君はそれに十分応えて、彼らの歓心を得ている……

おさげお嬢様「わたくしは――そんなつもりで今まで、生きてきたわけでは……そんな……ひどい」

『私はこんなに辛い思いをしているのに、どうしてそんなことを言われなければならないのか』――君はそう思っている。それは正しい。君が今感じている感情はすべて正しいものだ。

だから言っている。君は思い違いをしていると。

激した感情の行き場をなくして、理解できないという顔をする少女には、ある種の尋常でない美しさがあった。今まで縋っていた寄す処を砕かれた顔は、道に惑う幼子のようなそれ。

私などの言葉に衝撃を受けなければならないほど、この娘は周囲に恵まれなかったのだと思いながら、私は続ける。

ああ、君はよく我慢しているのだろうさ。実に素晴らしい。褒められて当然だ。君を知る者は口を揃えて、あのお嬢さんはよくできた娘さんだと褒めそやしているのだろう? 君の気持ちも知らずに。

君の思い違いは、君の求めているものと、君の取っている手段が決定的に乖離していることだ。君は、君自身が欲してもいないものを手に入れるために、そんなにも心を磨り減らしている。

だから、君の美しい忍耐は、君自身にとっては何の意味もない。私はそう言葉を結んだ。

おさげお嬢様は胸を押さえて、苦しげに眉を歪めている。苦悶の表情さえ、ある種の背徳的な美を孕んでいて、私は内心で笑いを禁じ得なかった。

ひとつ、いいことを教えてあげよう。私は低く囁いた。君が求められているのは形だ。中身なんて誰も気にしていない。君がただ、そういうふうに見えていればいいだけのこと。

「形……」少女のつぶやきにうなずく。家の看板を傷つけるようなものでなければそれでいいわけさ。従順であればなおいい。余計な心配をしないで済んで大助かりだ。君がどんなに心を痛めていても、辛くて苦しくて仕方なくても、それは彼らにとってはどうでもいいことだ。君は君の家の大事な大事なお嬢さんなのだから、それらしくしてくれていればいい。

おさげお嬢様「……」

まあ、その程度のことだ、と私は明るく言った。暗い顔で私を見上げるおさげお嬢様に、私は言う。どうせ誰もわかってくれないと思っているんだろう? だからひとりで抱え込んでしまった。

つまりは、君はもっと肩の力を抜いてもいいってことだ。誰も君が本当はどう思っているかなんて気にしていないのだから、君だけがそれに大真面目に付き合ってやる義理はない。体裁さえ整えていればあとは多少口煩いだけ、それだって別に全部聞いてやらなければいけないわけではない。

おさげお嬢様「そんな……簡単な話では……」

それは君がそう思い込んでいるだけだ。君の周りはどうだ? たとえば君には許嫁がいるのだとか。もしかしたら彼も、君と同じで、家から雁字搦めにされて息苦しい思いをしているかも。相談してみるのもいいかもしれないよ。

おさげお嬢様「ああ……あの方は、そういう方法をよくご存知かもしれませんね」

おさげお嬢様は笑って言った。「あの方は何人もガールフレンドがいるそうですから」……なるほど。たしかにそれなら、息抜きの方法なんて知り尽くしていることだろう。

というか、こんな許嫁がいて他に女遊びするとか何……? 女の趣味悪すぎない? と思ったが、許嫁氏は彼女に無礼ができない立場だと言っていたような。こんないい子に、いやこんないい子だからこそ手出しできないとは、それはそれで許嫁氏も不憫である。同情はできそうにないが。

まあそういうことだ、と私は話を締めた。おさげお嬢様はほんの少しだけ笑って言う。

おさげお嬢様「そうですね。わたくし、少々真剣に考えすぎていたようです。……そう、わたくしだけがこんな思いをしている必要なんて、どこにもないのですから」

そういうことでもある、とうなずいた私を、おさげお嬢様は見上げる。上目遣いのようにして、ねえ、と私の方に身を乗り出した。

おさげお嬢様「ですけど、わたくし、息抜きの方法なんて詳しくありません。ご指南してくれる先生がいてくれたらいいのですけれど、下手にひとを頼れば、家の方に内通されてしまうかも」

ね? と小首をかしげて、ついさっきまで良家のお嬢様然としていた少女は続けた。

おさげお嬢様「わたくしに、息抜きの方法を教えて下さいませんか?」

そんなふうにお願いされれば、私に否やはなかった。美人に弱すぎないかとも思ったが、こればかりは私にはどうしようもなかった。
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/25(水) 19:47:14.29 ID:mlEIweIa0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、22:00より採用、締切0:00まで
おさげお嬢様コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

おさげお嬢様コミュ続行の場合、他のヒロインとの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください

別ヒロイン指定の場合、この場はおさげお嬢様を帰しておしまいです
また下記の安価制限があります
(おさげお嬢様解禁まで7回)
(留学生解禁まで6回)
(ポニテ解禁まで5回)
(おかっぱ解禁まで4回)
(大家娘解禁まで3回)
(金髪ギャル解禁まで2回)
(剣道少女解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、オレンジショート、桃髪サイド、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)

おさげお嬢様『重石が取れたみたいに気持ちが軽い……そうですわよね、あの方だってたくさんのひとと遊んでいるのですもの。お父様だってご存知のはずなのに何も言わない……だったら、私だって、そうしてはいけない理由はありません。そう……そういうことで、いいのですわよね』
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/25(水) 22:54:42.81 ID:Yv7B9AKY0
桃髪サイドが来訪理由は最近金髪ギャルが忙しくて行けなくて溜まってるだろうから 代わりに処理してあげてと頼まれたからだそうな
最初は手で嫌々処理していたが大量に出してもそそり立つ怒張に興奮してしまう 最終的には挿入以外&お触りを解禁してお互いを責め合う二人
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/25(水) 23:00:57.23 ID:vzCUvCFX0
施設後輩
休日にばったりスーパーにて遭遇
朗らかな調子で施設後輩の部屋に招待され、手料理を振る舞われる
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/26(木) 18:05:40.96 ID:En2+Tn8o0
>>622採用、ただし桃髪サイドとのこれまでの関係上、安価内容をかなり改変しています
……というか安価内容まで行かなかった。申し訳ない
(桃髪サイドが来訪理由は最近金髪ギャルが忙しくて行けなくて溜まってるだろうから 代わりに処理してあげてと頼まれたからだそうな
最初は手で嫌々処理していたが大量に出してもそそり立つ怒張に興奮してしまう 最終的には挿入以外&お触りを解禁してお互いを責め合う二人)


声「ちょっと。ねえ。何バカみたいに寝てんの、早く起きろったら」

ベチベチと顔を叩かれた。何だよ、せっかく気分良く寝てるんだから邪魔するなよ、と私は布団に潜り込んだ。……昨日、私、一人で寝たよな。

……誰!? 怖っわ! 私は飛び起きた。

桃髪サイド「わ、……何、もう、びっくりするじゃん」

口を尖らせる桃髪サイドに、それはこっちの台詞だと私は返した。

考えてみれば何のことはない、私の部屋の合鍵を持っているのは金髪ギャル、桃髪サイド、オレンジショートの三人なのだから、私の知らないうちに部屋に入ってくるのはその三人だけだった。(オレンジショートは他の二人と違って別に合鍵を欲しがっていたわけではないが、仲間はずれも何なので渡している)

理屈の上ではそうだが、と私は澄ました顔でカップを口に運ぶ桃髪サイドをげんなりと見やる。せめて来る前に一言連絡してほしいものだ。心臓に悪い。

桃髪サイド「はァ? なんで私がアンタに気を遣わないといけないわけ? 何様?」

はいはい、君はそういう娘でしたね。私はため息を付いて、もそもそとトーストをかじった。

時計の短針はまだ八にも届いていない。いつもならとっくに目を覚まして朝の運動(ジョギングと呼んでほぼ差し支えないレベルのウォーキング)の時間だったが、昨日は帰ってくるのが遅くなってしまったので、朝も遅れてしまったのだった。

というか、君ら、家の用事で忙しいのではなかったか。家の顔見せやら旅行やらで立て込んでいると金髪ギャルたちと愚痴っていたような。

桃髪サイド「まあね。ま、私のパパは市会議員だけど、今のところ外遊とかの予定もないし? 会期終わりの挨拶回りが済んだら私の仕事は終わり。他の子は海外行ったりでムカつくけど」

さようで。しかし君たちみたいな身分なら、長期休暇はひっきりなしにパーティなんかを開いている印象があるが。コネづくり的な意味で。私がそう言うと、桃髪サイドは軽蔑も顕わに鼻で笑って、「ちょっと、このお茶美味しくないんだけど。もうちょっとマシなの買っといてよね」とやる。私としてはため息しか出ない気分。

そういえば訊くべきことを訊いていなかった。なぜこの娘は、こんな朝っぱらから私を訪れているのだ? 暇なら彼氏がいるのだから相手をしてもらえばいいだろうに。

桃髪サイド「何? 私が来たら迷惑だって言いたいわけ?」

朝いきなり叩き起こされたら誰だって迷惑だろうよ……素直にそう思ったが、桃髪サイドの眼力の前に私は言葉を途中で引っ込めて、別の言葉に言い換える。私の部屋に来たってすることないだろう。それとも何か? 私と連れ立ってお買い物にでも行くのか? お食事でもご一緒にって?

「バカなの? そんなわけないでしょ。身の程わきまえなさいよ無職のおっさんの分際で笑えないんだけど」と桃髪サイドがにべもなく切り捨てるのに、そうだろう、とうなずく。けどちょっと言い過ぎでは……? 別にいいけれども……

桃髪サイド「アンタで遊びに来たに決まってるでしょ? ちょっとはない頭使ったら?」

いちいち人を馬鹿にしないと会話ができないのか、この娘は……ん? 私『で』って言った?意味を捉えかねる私に、桃髪サイドは傲然と言い放った。

桃髪サイド「退屈しのぎにアンタの身体を使ってやるって言ってんの。ほら、早く服脱ぎなさいよ、時間の無駄でしょ」

……いやいやいやいや、脱ぎませんけど。何を言っているんだ? 脱ぐわけがないだろう? なぜ私が服を脱ぐ必要が? 意味がわからないのだが?

桃髪サイド「は? 何? アンタに拒否権があるとでも思ってんの? 自分の立場わかってる? アンタが私に何したか忘れたわけじゃないでしょうね」

忘れたわけではないが……ああ、そういえばそうだったな。君に対する埋め合わせを私は何もしていなかった。あのときは金髪ギャルが謎の暴走をしたせいですっかり失念していた。これはしたり。まことに申し訳ない。

しかしそれとこれとは話が別だった。君に対する罪滅ぼしをする意思はあるが、そのために君に何でもするわけではない。君の要求は私にとって受け入れられない。別のものを要求するといい。

桃髪サイド「……アンタ、自分が何言ってんのかわかってんの」

もちろんだとも。君こそ、十分に言葉を選んだほうがいい。君が自分にとって最善の選択をしたいのなら。桃髪サイドは唇を噛んで、私を睨む。

桃髪サイド「金髪ギャルには好きにさせてるくせに」

あれは……イレギュラーというか……拒否すると何しでかすかわからないというか……とにかくあの娘は別! 別です! 「は? なにそれ」と桃髪サイドが言葉を荒げるのを頑として撥ねつける。だって仕方がないだろう! あの娘怖いんだよ! ひとりだけ一歩間違うと即デッドエンド的な糞エロゲみたいな空気してるもの!

私の魂の叫びが通じたのか、桃髪サイドは黙り込んだ。私も一息つく。我ながら情けないことを言ってしまったものだが、まったく本心からの言葉なので、いまさら取り繕うこともできない。別に取り繕うつもりもないが。

桃髪サイド「……アンタ、私のために何をするつもりもないってことよね。マジありえないんだけど。サイアク……」

そう言った桃髪サイドの声はやけに沈んでいて、ちょっと驚いた。私は慎重に言葉を選ぶ。

そういうことではないが、そうなったとしても仕方がない、ということだ。私は君の望みのすべてを叶えられるわけではないし、その気もない。君の要求を私が受け入れられずに、私と君が決裂したとしても、私はそれを甘んじて受け入れるつもりでいる。

その結果、君が何をしようと君の自由だし、私が何をしようと私の自由だ。私と君は対等だから。……金髪ギャルについては、その、つまり、彼女には申し訳ないのだが、あの娘ちょっとヤバい奴なので君と同列視はしかねるのである。桃髪サイドは口は悪いが幾分まともな部類なので。

桃髪サイドは押し黙ったまま。ちょっと物言いが冷たすぎたかな、と思ったが、私と桃髪サイドの関係上、いつかは言わなければならないことだった。

……でもこの娘、私のあられもない姿の写真データを持ってるんだよな。流出されたら嫌だな……この際仕方ないけど……はぁ――――……
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/26(木) 18:06:15.10 ID:En2+Tn8o0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:00より採用、締切22:00まで
桃髪サイドコミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

桃髪サイドコミュ続行の場合、他のヒロインとの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください

別ヒロイン指定の場合、この場は桃髪サイドが帰っておしまいです
また下記の安価制限があります
(桃髪サイド解禁まで7回)
(おさげお嬢様解禁まで6回)
(留学生解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(金髪ギャル解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)

桃髪サイド『なんなのよこれ……何なのよコイツ、なんで私の思い通りになんないの? ムカつく、ムカつく、ムカつく……!』
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/26(木) 20:41:35.41 ID:ZE+J1Wf2O
桃髪サイド
それならばオレンジショートの件の礼もかねてと高そうなショッピングや食事に連れ出される
思惑としては思い通りにならない男をモノを与えて自分のモノとして手中に収めたいという玩具を強請る駄々っ子的思考
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/27(金) 15:52:54.42 ID:On9hCBAD0
>>626採用

桃髪サイド「アンタ、私にしたことの償いをするつもりはあるってことよね」

私はうなずく。限度はあるが、私にできることはするつもりだった。桃髪サイドはじっと私を見つめて、言った。

桃髪サイド「じゃあちょっと付き合って」

そんなわけで、今、私は悲惨な目に遭っていた。両腕に紙袋を大量に吊るして、手にはうず高く箱の山を抱えて、「なにトロトロ歩いてんの? さっさとしなさいよ」という声に、よたよたと従いていく。

私の償いとは桃髪サイドのお買い物の荷物持ちだった。それはいいのだが、ちょっと買いすぎじゃありませんか? 前見えないんですけど!?

こんなに買うなら店から直接運送便で家に送ればいいのでは? という当然の疑問には、荷運び中に傷がつくかもしれないということで許可が降りなかった。たしかに桃髪サイドが買ったのは目が飛び出るような値段のブランド品ばかり。棚買いとか初めて見た……いや、お店の人だってプチプチとか緩衝材は入れてくれるだろう? それでよくない?

桃髪サイド「今日のアンタは私の荷物係なんだから文句言わない。いいわね」

はい……。私は積み上げた荷物を落とさないよう、慎重に歩を進めた。ひとつひとつは大した重さじゃないのだが、バランスをとりながら歩くのがけっこう難しい。これは集中せねば。

それにしても、前を行く桃髪サイドはいやに上機嫌である。荷物全部私に押し付けて、「〜♪」とそれはそれは足取りが軽い。でも、ちょっとはこっちに歩調合わせてくれませんか? こっちは大荷物なので、道行く人に頭下げながら行かなきゃいけないだけど?

……というか、まさかこれ全部、桃髪サイドの家まで持っていくの? 嘘でしょ? 埋め合わせはするとは言ったけどさすがにサド過ぎない……?

震撼する私をよそに、桃髪サイドはある店の中に入っていった。外観からして高級感が溢れていて、私のような社会の下層の人間では立ち入ることすら許されない格を纏っている。もはや何の店かすら想像もつかない。看板とか出てないもの。

呆と突っ立つ私に、店の入り口から顔を出した桃髪サイドが「何やってんの? 早く」と言うので、こわごわ店の敷地に足を踏み入れた。

中はもっとすごかった。店員はバッチリ正装で、遥かに年下の桃髪サイドにきちんと礼を取って、後から従う私にも深々と一礼する。私はといえば普段着どころかもはや部屋着である。ひえええ……とビビリ通しながら、とにかく進んだ。

案内された部屋は個室だった。シックな風合いに統一されてはいたが、調度は間違いなく一級品だろうと推察はついた。なんと、広々とした部屋にはテレビまで備え付けられてある。

荷物を置くよう桃髪サイドに言われたので、そうした。当たり前のような顔をしてソファに座る桃髪サイドの正面に座って――ソファ、ふっかふかだな! いやいや――私は言った。

望みを言うといい。「は?」と眉根を寄せる桃髪サイドだったが、実に白々しい演技をするものだと思う。こんなところに連れてきたのだ、桃髪サイドからはそれなりの要求があると考えるのが自然だった。

桃髪サイド「なにバカ言ってんの。私は単に、ちょっとお腹空いたから寄っただけ。アンタも好きなの頼んでいいから」

そうか……。…………? 今なんて? 好きなの頼んでいいって言った?

桃髪サイド「まあ、どうせ私のついでだし? フ、みすぼらしいアンタじゃ一生お目にかかれないレベルの料理だろうけどね」

瞬時にフル回転した私の頭が答えを導き出した。タダ飯……! やったぜ! ……え、タダ飯? 奢ってくれんの? マジ? 逆に私が奢るんじゃなくて? あ、後で請求書送ってくるとか? そういうのでなく?

桃髪サイド「……ま、オレンジショートの件ではよくやってくれたみたいだし。そのお礼とでも思えば」

えー、マジで? 私、そんな大したことしてないんだけどな〜? うへへ。

と素直に喜べたのは、店員が持ってきたメニュー表を見るまでだった。……あの、このメニュー、値段が書いてないんですけど……。……はい、あー……そうなんですね〜。ありがとうございます。もう少し考えて決めますね。はーい。

店員は出ていった。私は、もう一度メニューを見、さっさと自分の分の注文をした桃髪サイドを見た。

言う。何考えてるの? 君。「なにが?」とリラックスした様子で桃髪サイドはソファに背を預けている。私は眉間のしわを揉みながら、言う。

高価すぎるだろう……。メインと前菜にドリンク付けただけで五千円超えるって、こんなとこ連れて来られても困る。ましてや支払いが他人持ちとか……

桃髪サイド「この個室のチャージ料よりも安いけど?」

なおさらヤバいわ! 怖っわ、上流階級の金銭感覚、こんなのを奢り奢られが普通とかそりゃ人間ぶっ壊れるわ! ムリムリムリ! オレンジショートの件の礼とか言われてもあんまりにも過大すぎる! 勘弁してくれ!

桃髪サイド「は? せっかくひとが奢ってあげようってんのに何? その態度。ありえなくない?」

あのねえ、私のしたことなんて、せいぜい自販機でジュース一本奢ってもらうくらいのことなの! それがこんな、君……ッ、と、それ以上の言葉が出ない。私は喉まで出かかった言葉を、呼吸として吐きだしてクールダウン。ああ、もう、世話の焼ける。

いいか? 私は自分の食事代は自分で支払う。オレンジショートの一件の礼としては受け取れない。それより、礼と言うなら、そんなことよりも遥かに大事なことがあるだろう。

桃髪サイド「……なによ」

オレンジショートを助けたことについて、私はまだ君から感謝の言葉を聞いていない。私がそう言うと、不貞腐れた顔をしていた桃髪サイドが表情を変えた。思い掛けないことを言われたとでもいうように、整った容姿で、派手な化粧をして、身体の成長著しい、まだ中学生の少女はつぶやく。

桃髪サイド「なにそれ……そんなの、ただの言葉じゃん……そんなの、別に、どうだって……」

どうでもよくはない。とても重要なことだ。私がそう言うと、桃髪サイドは毒気を抜かれたように小さく、ありがとう、と言った。私はどういたしまして、と返した。

そして改めて店員を呼んで料理を注文。料理は非常に美味しかった。高価いだけのことはある、といった感じ。でもあの、申し訳ないのだが、個室のチャージ料は手持ちが足りなくてですね、割り勘分は次会ったときに返すのでもいいですか……? あ、いい? ありがとうございます!

しかし桃髪サイドがどうも元気がないのが気になるが、私、なにかしただろうか。別にいいか。私は荷物持ち、桃髪サイドは感謝の言葉、これでお互い貸し借りなしである。実にスッキリした気分。
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/27(金) 15:53:20.55 ID:On9hCBAD0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、18:00より採用、締切20:00まで
桃髪サイドコミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

桃髪サイドコミュ続行の場合、他のヒロインとの関係上、ある程度の制限があります。ご了承ください

別ヒロイン指定の場合、この後は帰っておしまいです
また下記の安価制限があります
(桃髪サイド解禁まで7回)
(おさげお嬢様解禁まで6回)
(留学生解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(金髪ギャル解禁まで1回)
(指定可:ヤンキー、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)

桃髪サイド『……バカみたい。なによ、お礼を言われてないって。バカじゃないの? そんなこと、どうでもいいじゃない。……本当、バカみたいで、嫌になる』
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/27(金) 15:55:54.03 ID:On9hCBAD0
(バカだって思ってるのは、本当は誰に対してなんですかねぇ)
(的な)
(ツンデレと言うか単純に性格の悪い女の子をやり込めるのって楽しいですねー)
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/27(金) 17:07:37.18 ID:On9hCBAD0
(……会員制レストランで五千円て安いかな? 個室チャージ料別としても相場がわからん行ったことねーもんなぁ)
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/12/27(金) 19:21:46.24 ID:PYKWaza+0
ヤンキーから切羽詰まった様子で今すぐ指定した場所に来てと連絡が来る
行ってみるとラブホで訳がわからず混乱する男
そこへ受付のオッチャンがXXX室で彼女が長いことが待ってるよ?と言われる
そこへ向かい扉を開けるとそこには連続寸止めオナニーで完全に出来上がったヤンキーの姿が……
曰く最後にお前としてから何人もの男とシたけどそのたびにお前のを思い出して欲求不満が溜まるばかりだったんだ、責任持って可愛がってくれと懇願される
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/27(金) 19:54:35.43 ID:a6NPeLhp0
剣道少女から最近彼氏とのすれ違いを感じることを相談される
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/27(金) 19:58:27.88 ID:crJtiAJGO
ヤンキー
家の冷房が壊れたから涼ませろと
汗だくでやってくる
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/27(金) 20:00:45.77 ID:M6RhZ5qTO
買い物の帰りに公園を通った際くぐもった喘ぎ声が聴こえた気がして様子を見に行くと銀髪ロングが数人に犯されていたがその後すぐ陵辱者が居なくなったので保護する
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/28(土) 00:01:39.57 ID:IjuCxh6x0
>>633採用
前のスレからそうだけどゾロ目率高くない? 言っても1/10だぜ? おかしくない……?
(家の冷房が壊れたから涼ませろと
汗だくでやってくる)


いやはや、私の生きてきた中で、おそらく一番高級な朝食の時間だった。非常に満足である。桃髪サイドには感謝しかない。会員制レストランとか、来世で人間に生まれ変わっても食べられる気がしないので。

そんな事を考えながら、私は桃髪サイドと別れて家路についていた。桃髪サイドは家の車を呼んでようで、荷物もその中に積んで帰るのだとか。私としては、あの大量の荷物を持って運ばなくて良くなって実に喜ばしい。

そして、スマホに着信があったのは、ちょうど電車が最寄り駅に着いたときだった。ちなみに桃髪サイドの買い物にはタクシーで行った(支払いは桃髪サイドのカード)。やっぱああいうのって教育に良くないよなあ……でも歩きで犯罪に巻き込まれたら、とかを考えると安全的にはタクシーのほうがいいのか? うーん。ああ、電話だった。

着信先はヤンキーだった。店にはこの前行ったけどな、と首をひねりながら出る。

ヤンキー『おう、出たな。今からちょっといいか? どうせ暇だろうけどよ』

暇だが? 何の用だ、と若干イラっとしながら応えると、ヤンキーは、実はさ、と切り出す。

ヤンキー『あたしん家のエアコンがぶっ壊れてよー、直るまでオマエん家に避難してーんだけど。いいよな?』

それは別に構わないが。ヤンキーは、よーし、と喜色を声に混ぜて、

ヤンキー「んじゃ、これからしばらくよろしくな。家賃代わりに家事とかはしてやるから」

よろしいわけがないが? 「あァ? なんだよ」とヤンキーが電話向こうで凄んでくるが、そんなものは直でなければ取るに足らない。あのね、君、そこは友達の家に泊まるとかでいいじゃないか。あるいは、クーラー直るまでは別室で寝るとかでもいい。

何故そこで私が出てくるのだ? 軽々しく男の家に泊まりとか、あんまり良くないぞ。

ヤンキー『あー……、オマエ、まあ、アレだ。ちょっと切るぞ』

電話が切れた。いきなり電話掛けてきていきなり切るとは、一体何なのだ。あいつ押しかけてくる気じゃないだろうな……今度は追い返せるだろうか――

ガッ、と急に肩を組まれた。というか、首に腕を引っ掛けられて、これは、押さえこまれた……!? 何奴!?

ヤンキー「よお、偶然だな? こんなところで会うとはよ」

ああ、君も電車で来たのね、と私は理解した。にやにやと歯を剥いて笑うヤンキーに、私も引き攣った笑みを返す。

そのままの体勢で私は家まで連行された。単純に苦しいし、人目も大変痛いので、ヤンキーに途中で離してくれるよう懇願したが、「離したらオマエ逃げんだろーが」と、ヤンキーは明察だった。ちくしょう。

ヤンキー「……オマエ、ほんと節操ねぇよな。ちったぁ場所を弁えろよ」

私の下半身事情を指摘してくるヤンキーに、君が体を押し付けてくるからでしょ!(小声)とかやってるうちに、家まで着いてしまった。……本気で私の家に来るつもりなのか? 私の家、暇潰すものなんてあんまりないぞ? という土壇場の説得は、「とっとと中入れろ暑いんだよ」とばっさりだった。

ヤンキー「あ〜……やっぱ、いいな、エアコン……業者のやつ、修理来んの二週間とか言いやがんだぜ? このクッソ暑いのにマジねーわ。あー、風もいいな、夏はこれねーとダメだわ。あたし生きていけねー」

私の家に上がり込むなり、ヤンキーは即行で冷房をつけて扇風機もオンにして真ん前に陣取った。胡座をかいて風に当たる、その勝手知ったる態度があんまりふてぶてしくて、私は文句を言う気も失せてしまった。

冷蔵庫から出したお茶をコップに注いでやると、サンキュー、とこれまた気持ちの良い飲みっぷりである。

「あー、けっこう汗かいちまったな」とシャツの胸元をパタパタするヤンキーに、お、今日のブラはライトグリーンか、と――間違えた。胸大きいと汗とか大変だろうな、と――これも違うな? 私は深呼吸。よし。

今、二週間って言わなかった? さすがに聞き捨てならないぞ。エアコン直るまで二週間で、その間、君はどうするって?

ヤンキー「だから言ってんだろ? エアコン直るまで二週間、オマエん家に泊めろって。まあ、オマエが何と言おうがあたしはここに泊まるんだけどな」

待て待て待て。家主は私! 私だぞ! とアピールする私だったが、ヤンキーは「汗流すからシャワー借りんぞ」とまるで聞く気もなく、私の制止も虚しく脱衣所に行ってしまった。

……二週間? さすがにヤバくね? 他の娘と鉢合わせでもしたらどうなることか……どうなるんだろう? 駄目だ、何が起こるかわからない! でも滅茶苦茶ヤバい予感がする! 不思議!

私は状況を打開する方法を必死になって考え始めた。
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/28(土) 00:03:31.42 ID:IjuCxh6x0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、12/28 10:00より採用、締切12:00まで
ヤンキーコミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、主人公(『私』)の家からヤンキーが帰らないので、安価内容によっては内容に指定がなくともヤンキーと絡む場合がありますし、あるいはヤンキーにバイト等で外出させて単独コミュとする場合もあります
※前者の場合は複数人指定として制限は処理します(ヒロイン数×1/3の安価制限)
※ヤンキーは二週間まるまる居着くわけではありません。安価を数回捌いたらヤンキーコミュを強制終了します。ご了承ください

また下記の安価制限があります
(ヤンキー解禁まで7回)
(桃髪サイド解禁まで6回)
(おさげお嬢様解禁まで5回)
(留学生解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)
※安価制限との整合のために、隣室のポニテ、また大家娘は現在帰省中ということで

ヤンキー『エアコン壊れるとかツイてねーけど、もしかしたらいい機会かもな。家は親帰っててウゼーし。いっちょ確かめてみるか。……男なんてどいつも一緒。そうに決まってるけどさ』

ヤンキーのキャラシートを更新します
ヤンキー
【年齢・属性】高校二年生 
【身長】175
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい、小麦肌
【髪型】茶髪、ボブ(コスプレのため)
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
【備考】男の価値はセックスだ! チンコでしかない男に自分をノせるためのコスプレ=非日常、ハマり込むためのなりきり=それが自分でないならいくらでもハマれる。変身願望はそれが本当は自分だったらいいのにという憧れ
・メイド喫茶でバイト中(合法的にコスプレ+遠征費用稼ぎ)
・親とは不仲。母親の再婚相手に反発。泊まりでのコスプレ遠征を母からも放置される程度に家庭は冷え切っている←New!
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 01:09:21.68 ID:IjuCxh6x0
(ちなみに前回の桃髪サイドコミュあたりで八月になっています)
(残金五十万円ほど。このペースだと十月を迎えたら終活です。主人公(『私』)もこのスレも)
(以上、本文に反映させるのを忘れてました)
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/28(土) 10:21:51.62 ID:zdAVRJwEO
金髪ギャル
いつも通りお兄さんの面倒を見にきたらシャワー上がりで首からタオルをかけただけのヤンキーと遭遇
笑顔を貼り付けた金髪ギャルと警戒心露わなヤンキーの腹のさぐり合いに巻き込まれることに
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 10:32:54.49 ID:KV6uepNM0
施設後輩
デートに誘おうとしたらヤンキーと鉢合わせ
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 11:32:49.14 ID:0xJgX92OO
ヤンキー
シャワーを浴びた後に着替えがないことに気がつき
「私」にシャツを借りる
服の洗濯が終わるまで挑発するかのように無防備にすごす
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 11:34:43.65 ID:Z10OUP10O
誘惑するヤンキーを弄びつつ挿入 動いて欲しいなら自分から腰を振れと言いながら更に愛撫
いってぐったりするヤンキーに更に追撃の全力ピストンでいかせまくる
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 16:14:04.32 ID:H8zlUo7cO
更新乙です
週末更新だと思って油断してた次は参加したい
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/28(土) 18:24:41.19 ID:IjuCxh6x0
>>638採用
(金髪ギャルがいつも通りお兄さんの面倒を見にきたらシャワー上がりで首からタオルをかけただけのヤンキーと遭遇
笑顔を貼り付けた金髪ギャルと警戒心露わなヤンキーの腹のさぐり合いに巻き込まれることに)


金髪ギャル「へー、お姉さんのバイト先に……お兄さん、メイド喫茶に通ってたんですねぇ? 知らなかったなぁ?」

ヤンキー「まぁな。店のサービスで客の要望に合わせたキャラで接客したりすんだけどよ、コイツ、あたしにピカチュウでやらせんだぜ? マジありえなくね?」

金髪ギャル「えーひどぉーい、お兄さん、そういう、女の子の気持ちがぜーんぜんわかってないトコありますよねぇ。ホント世話が焼けるっていうかぁ」

ねえ、と金髪ギャルが水を向けてくる。冗談めかしてはいるが目は口ほどに物を言っていた。「あー、まあな。なあ?」と相槌を打つヤンキーも同様。私は、そっすね、と刺すような二つの視線から目をそらした。

なぜこんなことになってるのかといえば、ヤンキーがシャワーから上がったタイミングで金髪ギャルが襲来したからだった。ヤンキーのシャワー中、SNSで『帰ってきましたー! 帰国の予定が早まっちゃって。なので今からお兄さんの家、行きますね☆』と来てから十数分後のことである。

来るな、来ないでくれ、来ないでください今は都合が悪いのだと懇願しても、金髪ギャルが聞き入れるわけもない。だいたい、奴は家の合鍵を持っているのだから、金髪ギャルが我が家に入るのを止める有効な手立ては皆無に等しい。

そして、帰れ帰らないと応酬している最中、「あー、さっぱりした……って、おい、誰だそいつ」と首にタオルを掛けただけのヤンキーと鉢合わせたのだった。空気が凍る音が聞こえた。

そういうわけで、今の状況があるのだった。

ヤンキーと金髪ギャルの会話は、金髪ギャルの海外旅行のお土産(クッキー)をお茶請けに、和やかなムードで行われていた。金髪ギャルは笑顔を絶やさないし、ヤンキーもぶっきらぼうではあれどそれなりの返しをする。出会いは最悪の形だったけれど、意外に仲良くなったな、――なんて思えるほど、私は頭がお花畑ではなかった。

金髪ギャル「そうなんですよねー、お兄さんったらだらしなくって、ちょっと目を離すとご飯は抜くし、食べてもレトルトとかカップ麺ばっかりで。挙げ句、可愛い女の子を見かけたらすぐ尻尾振っちゃって、仕方がないったらないんですよねー。ねえ?」

と言う金髪ギャルの笑顔は、私にはわかる、あれは怒っている時の笑顔だった。圧からすると間違いなくマジギレだった。

ヤンキー「へえええ、そうなのか。じゃあ何、メシとか作ってやったりしてんのか? ……作り置き? おいおいオマエ、それ、マジの世話じゃねーか。……あン? んじゃ、前んとき食ったのって……いや、こっちの話だ。なあ?」

とヤンキーは、私に目を向けるときだけ眼光が凄まじくなる。声だけは金髪ギャル用に明るいのが逆に恐怖だった。

完全に修羅場だった。テーブルを挟んで対面する二人の間で私は正座である。まさに針のむしろ。私にできることはこうして縮こまっていることだけだった。

……いや、なぜ私が縮こまる必要が? 別に私は二人と付き合ってるわけではない。だが、必要がなくてもそうするしかないということはあるのだ。今がそれ。だって怖いもの……私が口出しできる空気じゃない……

そしてついに、その話題が飛び出した。

金髪ギャル「――二週間? 大変ですねー、この時期に。それでお兄さんのところに……へぇ……ずいぶん深ぁい間柄なんですね? ふーん? それじゃあ、エアコンが直るまではお兄さんのおうちに避難しに来ることもあるっていうことですか?」

ヤンキー「あー……まあ、そうだな。そういうことだ」

歯切れの悪い返答をするヤンキーを、金髪ギャルは笑顔のまま、じっと見つめる。「お兄さん?」とヤンキーから目を離さないまま言われても、私は答えられなかった。冷や汗がこめかみを伝う。シャツの背や脇は緊張でぐしょぐしょになっている。

「あー、もうシャラくせー!」ヤンキーは叫んだ。挑むように金髪ギャルを見て、

ヤンキー「エアコン直るまでコイツん家に泊まるつもりだったんだよ。まさか合鍵渡してる女がいるとは思ってなかったからよ。つーか見たトコ、オマエ、中坊ぐらいだろ? なんでガキがこんなおっさんの世話してんだよ、ああン?」

「えー、それはこっちの台詞ですけどー?」と真っ向からやり返した金髪ギャルとヤンキーは、ついに表立って対立した。私は天井を仰いだ。終わった……何が終わったかはわからないけれども。

待てよ? 私は考える。もし私の女癖の悪さに怒って、二人が私を見限って絶縁するというなら、それはそれで悪くないのでは? いずれにせよ長続きするような縁でもない。嫌われ軽蔑されるのは辛いが、自分のこれまでの行いを振り返れば、私に文句を言える筋合いはなかった。

とはいえ、さすがにこんな爆発大炎上は望んでいなかったが。私は、女子二人が口争っているのを右から左に聞き流しながら、ぼんやりとそんな事を考えていた。
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/28(土) 18:25:07.67 ID:IjuCxh6x0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、20:00より採用、締切22:00まで
ヤンキー(+金髪ギャル)コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、ヤンキーと金髪ギャルが主人公(『私』)の家から出ていかないし、主人公(『私』)も家から出られないので、話の都合上、安価内容には制限がかかります
安価内容の反映が手に余ると判断した場合はボツにします。ご了承ください
※追加ヒロインは複数人指定として制限は処理します(ヒロイン数×1/3の安価制限)
※ヤンキーは二週間まるまる居着くわけではありません。安価を数回捌いたらヤンキーコミュを強制終了します。ご了承ください

また下記の安価制限があります
(ヤンキー解禁まで7回)
(桃髪サイド解禁まで6回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで5回)
(留学生解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)
※安価制限との整合のために、隣室のポニテ、また大家娘は現在帰省中ということで

ヤンキー『何だこの中坊、アイツとどういう関係だよ? 付き合ってるとかじゃなさそーだけどよ……っつーかあたしがいんだから家に上げてんじゃねーよ。……つーか、それ言い出したら、あたしとコイツの関係は何なんだって話にもなるか。あー……でもここで帰んのはなぁ』

金髪ギャル『何なんですかね、この人? 私だって、まだお兄さんのおうちにお泊りなんてしたことないのに……ねえ、お兄さん? どういうつもりなのか、あとでたーっぷり訊かせてもらいますからね』
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/28(土) 20:09:50.59 ID:P3dCAsSaO
この後料理対決・給仕対決・奉仕対決と(男にとっては)筆舌につくしがたい地獄のよう死闘を経て謎の友情が芽生えたヤンキーと金髪ギャル
成り行きからレズプレイによってトロトロの準備OKになった金髪ギャルの処女を貰うよう二人からはしたないおねだりを受けて男の理性は蒸発
朝まで好守入れ替わりつつ3P
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 21:48:12.17 ID:hdH/t7A+0
剣道少女
彼氏について相談しに来たが、炎上してる所を見て仲裁に入る
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 21:50:56.75 ID:FNqiZZ1W0
施設後輩
デートに誘おうとしたら修羅場に鉢合わせ
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 21:52:25.60 ID:KSEfGGHbO
ラチが開かないと男に抱きついてキスしながら股間をまさぐりつつ、見ての通りあたし達はこう言う関係で、これから朝までしっぽりたっぷり楽しむ所なんだ、邪魔だからとっとと帰んなそれとも混ざるかい?と肉体関係でマウントを取りつつ挑発するヤンキー
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 22:13:07.85 ID:IjuCxh6x0
んー、コンマ的には>>647だけど、以下の理由からボツにします
・施設後輩は主人公(『私』)の家を知らない
・仮にデートの誘いをSNSまたは電話でしても、この状況で主人公(『私』)は受けられない

以上のため、>>647を繰り下げて>>648までを安価対象として、高コンマの>>648を採用します
>>647には申し訳ない
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/29(日) 00:55:44.76 ID:sWyMosbo0
>>648採用
(ラチが開かないと男に抱きついてキスしながら股間をまさぐりつつ、見ての通りあたし達はこう言う関係で、これから朝までしっぽりたっぷり楽しむ所なんだ、邪魔だからとっとと帰んな、それとも混ざるかい?と肉体関係でマウントを取りつつ挑発するヤンキー)


「埒が明かねえ」というようなことをヤンキーが言った、と思う。はっきりとは覚えていない――そんな事を気にしていられる余裕がなくなっていた。

私はヤンキーにキスされていた。頬をそっと捕らわれて、じっくりと味わうような口付けを交わす。時間が止まったよう。どれほど長くそうしていたのか、ヤンキーの顔が離れても、キスの余韻が深く脳にたゆたった。

ヤンキー「こういうわけだ。シャワー浴びて、これからたっぷり楽しもうってときに邪魔しやがって。お子様にゃまだ早ぇんだよ、さっさと帰れ」

それとも、とヤンキーは私に身体を押し付けるようにしなだれかかって、私の頬に己の頬をすり寄せて、言った。

ヤンキー「あたしらの間に混ざりてーのか? マセガキ」

自分のものだというように私の頬を掴まえたまま、ヤンキーは言い放った。あからさまな挑発。ヤンキーは私の肩に回した手の片方で、あたしの肌を指先で辿るように、ゆっくりと下に降ろしていく。

ヤンキー「ハ、オマエ、こっちはホントに節操ねーよな。あたしのキスでそんなに期待したかよ」

私の股間に指先を纏わりつかせて、私の顔のすぐ横で、ヤンキーがささやく。股間は反応しても、私の身体は硬直したままだった。恐怖の瞬間がすぐそこまで迫っていると、身体が理解していた。

こんな挑発をされて、金髪ギャルが黙っているはずがないことは、これまでの付き合いでよく理解していた。

はぁー、と軽いため息が聞こえた。顔を上げる。金髪ギャルがおそろしく慈愛に満ちた顔をしているのを、私は絶望に似た気持ちで眺めた。

こんなことだろうとは思ってましたけど、と金髪ギャルは口火を切った。

金髪ギャル「私のいない隙に、ほかの人に手を出してるんじゃないかなーって。多少のオイタなら許してあげるつもりでしたけど、これはさすがに許してあげられませんねぇ。今までの躾じゃ足りませんでした? お兄さん?」

ヤンキー「……あ? 何言ってんのオマエ。あたしは、帰れって言ってんだけど?」

あくまで笑みを浮かべる金髪ギャルに私がビビりまくっているのを、触れた肌から感じ取ったのだろう、ヤンキーが私の体を抱く力を強くする。

だが、金髪ギャルは私しか見ていないような顔で言う。「ねえ、お兄さん。その人とはセックスしたんですか? 私、そこまではまだしてあげてなかったですよね。ふふ、お口と手じゃ我慢できませんでした? 本当、仕方ないですねぇ、お兄さんは」

ヤンキー「おい、コイツヤベーぞ」

ごもっともである。私は心の中でうなずく。「つーか口と手ってどういうことだよ」とヤンキーが訊いてくるのは黙殺した。

かたや不穏なうふふ笑いをする金髪ギャルに、かたや私にもたれかかって、頬をペチペチしてくるヤンキー。このままだと、どう事態が転んでも悪くなるのは明白だった。

もういいかな。どうすればこの場が丸く収まるかを考えるのを、私はやめにした。もうだめだ。どうにもならない。ヤンキーも金髪ギャルも引く気はなさそうだし。ていうか、何でこの娘らバチバチやってんの? 何が目的なのだ?

私はヤンキーを押しやって座らせた。私は赤裸々にすべてを語ることにした。

ヤンキーとは何回かセックスしました。金髪ギャルにはご飯作ってもらったり掃除されたり、性処理もされてます。おしまい。

「それだけか?」「それだけですか?」と二人から訊かれても、私にはそうとしか答えられない。なんでそれで今こうなっているのかは私にはわからない、知らない!

だいたいだね、家のエアコン壊れたからって私の家に来るか、フツー? 二週間だぞ? 何考えてるの? 金髪ギャルにしたって、なんでそんなことまでしてくれるか、っていうか、どうしてわざわざしようと思ったのかさっぱりわからない。

何が気に入らないのか、これからどうしたいのか、それぞれ思うところを言いなさい。まずは私から。喧嘩するくらいなら家に来ないでほしいというのが一つ。それで、できれば二人とも帰ってほしいというのが一つだ。

はいヤンキー! 君はどうなんだ? 「いや、あたしは……」じゃないよ、話が進まないだろうが。不満と望みを言いなさい。何が不満だっていうんだ、君は。もしかして私のことが好きなのか? ああ?

ヤンキー「あア? あたしがオマエん家来んのに、ヤる以外あるわけねーだろうが。馬鹿か」

はいけっこう。次、金髪ギャル! 君のほうは?

金髪ギャル「私はお兄さんのお世話ができればそれで。生活全部、私が手取り足取り面倒を見てあげられたらいいんですけど、そうはいきませんからねぇ」

……怖ッ! え? そのなかに私の性欲の処理も入ってるの……? と訊くと、金髪ギャルはあっさりとうなずいた。思っていたとおり、予想以上にヤバい娘だった。え、私、監禁されててもおかしくなかったの……!? それもう好きとかなんとかのレベルじゃないじゃん! 怖すぎるだろ!

ともあれ、これで両者、要求は明らかになった。ヤンキーはセックス! 金髪ギャルは私の生活全般にわたる拘束(性処理含む)!

……どうにもならないな、これは。私は事態の収拾を諦めて、後ろに倒れ込んだ。後頭部をベッドに支えられながら、もう勘弁してくれ、とつぶやいた。いや本当に、なんでこんな羽目になっているのだ? やめてほしいものである。
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/12/29(日) 00:56:10.57 ID:sWyMosbo0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用、締切12:00まで
ヤンキー(+金髪ギャル)コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、ヤンキーと金髪ギャルが主人公(『私』)の家から出ていかないし、主人公(『私』)も家から出られないので、話の都合上、安価内容には制限がかかります
安価内容の反映が手に余ると判断した場合はボツにします。ご了承ください
※追加ヒロインは複数人指定として制限は処理します(ヒロイン数×1/3の安価制限)
※ヤンキーは二週間まるまる居着くわけではありません。安価を数回捌いたらヤンキーコミュを強制終了します。ご了承ください

また下記の安価制限があります
(ヤンキー解禁まで7回)
(桃髪サイド解禁まで6回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで5回)
(留学生解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)
※安価制限との整合のために、隣室のポニテ、また大家娘は現在帰省中ということで

ヤンキー『す、……好きとか、あるわけねーだろ。何言ってんだ。いきなり。この中坊も中房だ、なんでこんな冴えねーおっさんにこだわんだよ。意味わかんねー』

金髪ギャル『私、そんなおかしなこと言ってないんですけどねー? お兄さんはワガママだなぁ、もう』
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/29(日) 10:28:23.32 ID:mfxdIN2fO
ヤンキーと金髪ギャル

女性陣の話し合いの結果
金髪ギャルの居ないところでする場合は
金髪ギャルが状況を知るためハメ撮りを条件に
2週間の間性欲処理はヤンキーに任せることになる

主人公が勃ったままだったので早速見られながらヤンキーとセックス

653 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/29(日) 10:53:11.21 ID:Ofdj+HaPO
ヤンキーと金髪ギャル
なにやらコソコソ話していたがとりあえず二人の現状やりたいことは一致しているとして結局襲われる
男の言ったことが影響したのかヤンキーは何故か妙に甘ったるくからみついてくるし金髪ギャルは前回でコツを掴んだのか男のモノを根元までくわえ込んで絞りつくすようなフェラをしてくる
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/29(日) 11:55:48.41 ID:YfpF/qwtO
剣道少女
彼氏について相談しに来たが、ヤンキーと金髪ギャルがいて困惑
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/29(日) 23:38:18.21 ID:sWyMosbo0
お知らせ・>>654剣道少女ですが、彼氏の浮気なんかを相談しに家まで来るには信頼関係が足りていません
また連絡先を交換していても、現状では相談相手として主人公(『私』)が浮上することもないだろうと思います
安価内容を成立させるための道筋が僕では立てられないため、今回はボツとします、ごめんなさい

>>652採用ですが、金髪ギャルが主人公(『私』)の性欲処理をヤンキーに任せるかどうかの検証を要求することが予想されるため、本筋としては>>653を主軸に進めます
以上、長くなりましたがご了承ください
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/30(月) 00:17:45.49 ID:+lxzbKF5O
ヤンキーが帰るまで、実質的に施設後輩や剣道少女とかは出せないってことだし、いっそのこと出せるキャラを明言して欲しいです
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/30(月) 01:05:14.58 ID:UVY0v1TgO
>>655
了解です
金髪ギャルは『私』とヤンキーより30cmも小さいのに
それを感じさせない圧がある。つよい
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/31(火) 07:05:34.72 ID:+YynGNkG0
>>652>>653部分採用
(女性陣の話し合いの結果、金髪ギャルの居ないところでする場合は、金髪ギャルが状況を知るためハメ撮りを条件に2週間の間性欲処理はヤンキーに任せることになる
主人公が勃ったままだったので早速見られながらヤンキーとセックス)
(なにやらコソコソ話していたがとりあえず二人の現状やりたいことは一致しているとして結局襲われる
男の言ったことが影響したのかヤンキーは何故か妙に甘ったるくからみついてくるし金髪ギャルは前回でコツを掴んだのか男のモノを根元までくわえ込んで絞りつくすようなフェラをしてくる)


「……、……?」「……」と、ヤンキーと金髪ギャルがひそひそ相談しあっている声がする。注意深く耳を傾ければ内容を聞き取ることもできたかもしれないが、やめた。私に聞かれたくないから声を潜めているのだから、わざわざ聞き耳を立てることもない。端的に面倒でもあった。

まあ、どっちかは帰るだろうし、帰らず喧嘩し続けるのなら強制的に退去させるまでだった。どっちも帰ってくれるのが一番なのだが。

「よし、じゃあそういうことで」とヤンキーが手を打った。私は身を起こそうと腹筋に力を込めた。ぬ、……無理! 私は両手を床について身体を起こした。二人の少女は私の対面に並んでいて、高さの差が著しい二対の瞳と目が合う。なにか問題でも?

ヤンキー「いや……、まあいいか。オマエがアレなのは今更だな」

金髪ギャル「ですねぇ」

私はアレ扱いされた。いや私のことはいいのだ。そっち、なにか結論が出たのではないのか?

ヤンキー「あー……まあ、アレだ。あたしとしては、オマエとの相性を確かめたい。二週間ありゃ、期間としては十分だろ? 関係ダレると色々ザツになってくる勘違いクソ野郎もいるしな。んで、コイツは――」

金髪ギャル「お兄さんがえっちなのは知ってたつもりですけど、実際のところ、どの程度までひどいのか確かめておかないと、って。あんまりおちんちんに頭の中支配されっぱなしなのなら去勢も考えないといけませんけど、いきなりっていうのも可哀想ですしねぇ」

「……まあ、そういうこった」とヤンキーは引き気味だった。私はもっと引いていた。金髪ギャルはやる。口先だけで終わらない女なのだ。私が今、傷一つなく五体満足でいることは奇跡に等しい。精神的な傷は取り返しがつかないレベルだが。

……ん? それで、つまりはどういうことなんだ? 猛烈に嫌な予感がするのだが?

ヤンキー「あ? 決まってんだろ、今からヤんだよ。オマエが泣いてやめてくれって言うまでな。やめねーけど」

ええええ、金髪ギャルもいるんだけど!? あ、もしかして、金髪ギャルは帰ってくれて、ヤンキーと私のセックス報告(何だそれは)を待つ的な? そういう展開?

金髪ギャル「私もいっしょに、お兄さんをとことん満足させちゃいます☆ だから安心してくださいね?」

逃げ道はなかった。ばっちりウインク&横ピースを決めた金髪ギャルと、獲物に飛びかかる直前の肉食獣みたいな目で不敵に笑うヤンキーと。

これから私はどうなってしまうのか……!

金髪ギャル「あー♡ もう、相変わらずこんなにして……♪ いけませんねーお兄さんったら、こうなる前に、ちゃぁんと言ってくれないと」

ヤンキー「ッたく、チンコだきゃあイカついよなーオマエ……こんなちっこいガキにされるってんでコーフンしやがって。このロリコン野郎がよ」

ベッドに腰掛けた私は当然のように脱がされていた。前は金髪ギャルに押さえ込まれて、後ろはヤンキーに固められて抵抗の余地はなかった。

ヤンキー「なんとか言ってみろよ変態野郎が」

金髪ギャル「あ、おちんちんピクピクって……私、まだ触ってませんよぉ?」

ヤンキー「はン、乳首まで変態なのかよ? 腹ガックガクじゃねーか……おい、そろそろ咥えてやれよ、やったことあんだろ?」

金髪ギャル「そうですねぇ。お兄さんがおっぱいで気持ちよくなるヘンタイさんだってわかりましたし、ご褒美、あげないとですね? お兄さんが自分の口で言ってくれたなら、もっとよかったですけど」

それじゃあ、と金髪ギャルは、だらんと伸ばした舌の腹を陰茎の根元にべったりと押し付けた。遅々としたペースで頂点まで舐めあげて、顔を横向きに竿を唇に挟んで往復。唾液が摩擦で粘着質な音を立てた。

さも愛おしげに亀頭に口吻けて、金髪ギャルは亀頭を軽く咥えた。舌の表と裏を巧みに使って先だけを舐め回される。低く呻く私を上目遣いにちらっと見て、金髪ギャルは目だけで笑う。思わずドキリとするほどの艶めかしさ。

金髪ギャル「あーん……♡」

と、パツパツになるまで膨れ上がったペニスの先端が、今度こそ飲み込まれた。じゅるじゅると音を立てて、口内の唾液をたっぷりとまぶすと、金髪ギャルは私の長大なペニスを奥へといざない始めた。

ヤンキー「ずいぶん慣れてんじゃねーか……ここまで仕込むとか、マジで変態だな、オマエ」

ささやくような罵倒は完全に冤罪だった。だが、抗弁できない。私を後ろから羽交い締めにしたヤンキーの責め語は甘ったるく掠れて、聞いているだけで耳が蕩けるようだった。ブラを外した胸を擦り付けるように微動しながらの抱擁は、ヤンキーの身体を背中で余さず感じているようでもある。

媚毒を垂らすようなささやき、加えて耳たぶを吸われ、舌を這わされる。それだけでもぞくぞくとした震えが背筋を走って止まないのに、下半身から伝わる刺激はいっそ暴力的ですらあった。

金髪ギャル「んー……♡ んっ、んっ♡ ぐぶ……ッ、ブフッ、じゅぶるる、ジュブッ、んっ♡ ♡」

金髪ギャルは己の限界ギリギリまで深く、私のモノを咥え込んでいた。小さな頭に比例して口腔内も小さいはずだが、歯の一つも当てない口淫技術は絶技とすら言える気持ちよさだった。嘔吐反射すら我が物にしているのか、喉奥で亀頭を締め付けて、時折咽るだけで離さない。

ビン、と欲求が私の中で張り詰めた。それが弾けるほんの少し手前で、金髪ギャルは唇が後に残るくらいゆっくりと顔を引き上げていった。

金髪ギャル「じゅぽっ……ふう、大変でしたぁ……ふふ、お兄さんの、こんなに腫らして……♪ どうしましょうかねー? どうしたいです? お兄さん?」

唾液まみれの亀頭を指先で捏ねられて私は悶絶した。本ッ当、この娘、私のことをよく理解してるよなぁ……!
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/31(火) 07:06:44.04 ID:+YynGNkG0
歯を食いしばる私の顔のすぐ横で、ヤンキーが「うお、すっげぇな……」と低い声を漏らした。呆れたような、感嘆するような調子で続ける。

ヤンキー「性処理してるっていうのはガチっぽいな……つーか、まさか、あたしよりエグいフェラしてんじゃねぇの……?」

たしかにそうかも。しかも金髪ギャルは自己進化するから手がつけられないのだ。私悪くない。

というかそんなことは今はいいんだ、早くこれ、射精寸前のこれをどうにかしてくれ! チンコは爆発寸前だわ、後ろからはヤンキーが抱きついてるわショーパンだから生足チラチラ見えるわ、金髪ギャルは金髪ギャルでこの角度だと谷間がさァ! 露出高くて君たちはそうやっていちいち私を刺してさァ……!

いっそ自分で、というのも、両手をそれぞれヤンキーと金髪ギャルに取られていてできないのだった。もうどっちでもいいから早く! アアア、お願いだから射精させてくれぇ! 生殺しィ……!

ヤンキー「生殺しってンならあたしもだ。悪いけどソレ、あたしがもらっていいか? 準備だけさせた感じで悪いけどな」

金髪ギャル「んー……ま、仕方ないですかねー? お兄さんが他の人とどんな事してたのか、私も知りたいですし」

そうして金髪ギャルが私の股の間から退くと、ヤンキーに顔を横向けさせられた。間髪入れず唇が重なった。いつもと違って、ベッドに膝立ちになったヤンキーのほうが私より位置が高い。舌が上から降ってくるのはなかなか初体験。

互いの口を深くまで犯すような繋がり。首に回されたヤンキーの腕が私を強く抱くのに、私もヤンキーの腰を抱き寄せて応える。そして口付けあったまま、私はヤンキーにベッドの上に押し倒された。

ヤンキーが上で私が下。ヤンキーとするときは始まりはだいたいこうだな。そう思いながら見上げる。

ヤンキーの目が爛々としている。まどろっこしいとばかりにヤンキーはショートパンツと下着を脱ぎ捨てた。

反射的に、ゴムをつけなければいけないと思った。えー、どこに置いてたっけ、ベッドの近くなのは確かだが、と伸ばした手を掴まれた。

ヤンキー「悪いけどさ、もう、一瞬も我慢できねーんだよ……あんなん見せられりゃ誰だってそうなんだろ。オマエも覚悟決めろ」

いやいや! ヤバいって! ていうか、君の方も慣らさないとじゃないか、だから大丈夫、時間的な問題はないはずだ! 安心して任せなさい。悪いようにはしないから。な?

ヤンキー「……だよ」

ボソボソと何事かをつぶやいたヤンキーに問いを返すと、ヤンキーは怒ったように怒鳴った。

ヤンキー「ッせーな、いいからヤんぞ、らァ! 〜〜〜〜ッ、クソ、やっぱ効っくぅ……!♡ ♡」

抵抗空しく、ついに生挿入を許してしまった。コンドームの有無で感触は変わらないと言われるが、当然ながら、そんなことはない。薄皮一枚が取り払われただけで、腟内がぬとぬとの粘液で満たされているのが如実にわかった。

私のほうも金髪ギャルの唾液でヌルヌルだが、それだけでこの膣内の状況は説明がつかない。君……、と私が続きを言う前に、ベッドに手をついて私のモノを胎内の深くに収めきったヤンキーが、きっと顔を上げる。

ヤンキー「……オマエらの見て濡れてたんだよ。文句あっか」

ないです……。いや、本当は言わなければいけないことはあるのだ。人がフェラしてるの見て濡らすってとんだ変態じゃないか、とか、たとえ我慢できなくなったといってもナマは駄目だろう、とか。

だが、そんな思考は、ヤンキーの生膣の感触の前に溶けて消えてしまっていた。

ヤンキー「んっ、あ、んんっ♡ ♡ グッ、くっそ、なんで、こんなっ♡ 動いてる、だけでッ、気持ちいいんだよ……!♡ ♡ クソッ、クソッ、いいトコばっかこすれるッ♡ あっ、あっ、んんんっ……♡ ♡」

口を押さえたヤンキーが腰を上下に揺するたび、無数の襞がぞりぞりと蠢く。突き入れる動きでは包み込むように締め付け、引き抜く動きではカリに吸い付くように纏わり付いてくる。

とうに限界まで上り詰めていた私にこの責めは過酷を極めた。なんせナマである。しかもこの体位。もはやヤンキーは上下のグラインドではなく、私を膣深くに咥えて、ぎゅうぎゅうと締め上げるようになっていた。これが最高に気持ちいいのだ。

「ぐっ、ううッ……!♡ ♡ フーッ、フーッ、うッ♡ ♡ う〜〜〜……っ♡ ♡ ♡」と、必死に声を殺していても、ヤンキーが幾度も絶頂を迎えているのは丸わかりなのだった。そのたび、ナカは締まったり弛んだり、かと思えば入り口は狭まるのに奥は広がったりと、次から次に変化していくのだ。

そうして、私の我慢は長くは保たなかった。

ヤンキー「あッ!?♡ ♡ あっ、はっ、ん……! んんんっ、ッ、〜〜〜〜〜ッッッ♡ ♡ ♡」

射精がヤンキーの胎内深くで弾けた。遠慮の一切をかなぐり捨ててヤンキーの腰を引っ掴んで、ひたすらに己を打ち込む感覚に没頭する。何も考えられない。目の前の女に己を突き立てて、その中身を一分の隙きもなくなるまで自分で満たすことだけが、その瞬間の私のすべてだった。

最後まで撃ち切るまでどれほどの時間がかかったのか。接合部からは収まりきらなかった白い液体がどろどろと漏れ出していた。ヤンキーは両手で口を押さえて、いまだに体中を震わせていた。ヤンキーを呼ばうが聞こえていない様子。

私は体を起こした。ヤンキーの腰を持ち上げて半萎えになったペニスを抜く。ぶるりと大きく震えるヤンキーをベッドに横たえて、できる限り優しく唇を重ねた。軽く梳くように髪に指を差し込むと、応じるようにヤンキーがおとがいをあげるのがいじらしい。

もっと深く、と思ったとき、はたと思い当たった。ここにいるのは私とヤンキーの二人だけではなかった。

金髪ギャル「……」

無言だった。あの金髪ギャルが無言で、顔に何の表情も浮かべずに、私を見ていた。私は直感した。

……死! 私は諦めた。なんだかんだで悪くない人生だった。でも来世は人じゃなくていいな。私疲れちゃった。あ、でも地獄行きだと罪を償うまで輪廻転生できないんだっけ? どっちでもいいか。

私は判決を待つ罪人のような心地で、金髪ギャルの言葉を待った。
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/31(火) 07:07:38.81 ID:+YynGNkG0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用、締切12:00まで
ヤンキー(+金髪ギャル)コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、ヤンキーと金髪ギャルが主人公(『私』)の家から出ていかないし、主人公(『私』)も家から出られないので、話の都合上、安価内容には制限がかかります
安価内容の反映が手に余ると判断した場合はボツにします。ご了承ください
※追加ヒロインは複数人指定として制限は処理します(ヒロイン数×1/3の安価制限)
※ヤンキーは二週間まるまる居着くわけではありません。安価を数回捌いたらヤンキーコミュを強制終了します。ご了承ください

また下記の安価制限があります
(ヤンキー解禁まで7回)
(桃髪サイド解禁まで6回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで5回)
(留学生解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)
※安価制限との整合のために、隣室のポニテ、また大家娘は現在帰省中ということで

ヤンキー『あークソッ、なんでこんな気持ちいいんだよ……ッ、しかも、あたし、アイツが感じてる顔で濡らすとかどうかしてんだろ……ちっくしょ……』

金髪ギャル『あ――……お兄さん、余裕ない顔してた。私がしてあげてるときより、ずっと……やっぱり、性欲って、セックスして子供を作るためのものだから? 口とか手とかの真似っ子じゃ、やっぱり……』
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/31(火) 10:51:26.75 ID:mb1Gr0GLO
ヤンキーと金髪ギャル
金髪ギャルの感情の動きに気づいたヤンキーが準備と称して金髪ギャルを責め立てる
同性から与えられる快楽に戸惑ったり潤んだ瞳でおねだりしてくる何時もと違う金髪ギャルの姿に思わず興奮
理性を溶かしながら金髪ギャルの名器を味わう
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/31(火) 20:30:35.23 ID:+YynGNkG0
ちょっとスレ運営考えたほうがいいなー、最近安価が3つ埋まることのほうが少ないし、安価締切をもうちょっと緩めるべきかも?
あと今回の>>661だと弱百合展開になるわけだけど、ヤンキーにここまで百合描写入れてこなかったからここで入れちゃうのは唐突感がないか、とか
問題はヤンキーと金髪ギャルがお互い知らない同士って点でさ
金髪ギャルと主人公(『私』)の関係を慮るなら、むしろヤンキー自身は休憩ってことで、二人に話をつけさせるほうが自然では、とか
ただ、私の進め方からして複数プレイも当然視野に入るから、こんなことならキャラシートのところで同性愛傾向も項目作っといたほうがよかったかも
基本的には忌避まではいかないことにして、積極的かそうでないか、相手は友人に限られるかどうか、とか?

ちょっと考えます
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/12/31(火) 20:44:09.87 ID:cadMDf7dO

>>1のやりやすいようにやってくれい
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/31(火) 22:35:29.82 ID:nGWDeac90

正直自由安価でネタの引き出しがあまり無いから好きな女の子が安価制限になっている時は安価取るのを控えたりしていてすまないと思ってる
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/31(火) 23:17:11.98 ID:aV27C0pJO
乙です
今日の安価は目が覚めたときには締め切られてて
参加出来なかった申し訳ない
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/01(水) 14:32:02.57 ID:3Ch+mA890
キャラにあった安価したいんだけど人数と期間空いちゃうとどういうキャラか何してたかわからなくなっちゃって安価とりずらいのはちょいある

でもええ感じに書いてくれてるので時間かかっても全然OKだと思います
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/02(木) 12:20:17.65 ID:IxqddEoz0
>>661採用、ですが>>662参考に改変します
(ヤンキーが休憩を言い出して主人公(『私』)と金髪ギャルが二人で話をつけることに
ヤンキーにしたように自分にもするよう金髪ギャルは要求、ねっとりと時間を掛けた前戯でお茶を濁す)


ヤンキー「あ“――――……ちょっと、あたし休憩すっから。腹減ったから適当になんかもらうぜ」

私の身体を押しのけて、ヤンキーはむくりと身を起こした。ベッドから下りようとして、おっと、と股にティッシュを当てる。「出し過ぎなんだよオマエ……」とヤンキーは半目。すみません。

ヤンキー「あたしの知ったことじゃねーけどさ。ちゃんと話、しとけ。いいな」

あとシャツ借りんぞ、とタンスから私のシャツを拝借して、ヤンキーは台所に消えた。なんとも男前である。見習いたいものだ。

金髪ギャル「……」

金髪ギャルは依然として黙ったまま、ベッド脇に立ち尽くして私を見下ろしている。ヤンキーの言うとおりだった。彼女とちゃんと向き合う時が来たからには、いつまでも怖気づいてはいられない。

しかし裸のままではおちおち話もできない。とりあえず数枚のティッシュでしとどに濡れた陰茎を拭って、シャツとパンツを身につける。

私は金髪ギャルに、座卓につくよう促した。なにか飲み物を出すわけではないが、話をするのに、ヤンキーと情交した直後のベッドに金髪ギャルと並んで座るのはさすがに無理。

しかし金髪ギャルは首を振って、あっさりとベッドに腰掛けた。気遣いは無用だったらしい。

金髪ギャル「……お兄さんは、いつもあの人とあんなふうにしてたんですか?」

私のすぐ隣に腰を下ろした金髪ギャルが、そっと手を重ねてくる。ひんやりとした指は、私のそれよりもずっと小さなつくり。私は肯定した。もっとも、いつもはきちんと避妊をしているが。

そうですか、と金髪ギャルが私の手を握る。「あの人だけですか? 他にも、あんなふうにしてる人がいたりして……うふふ。お兄さんってホント、わかりやすいですねぇ」金髪ギャルはおそろしく勘がよかった。私は目を逸らすことしか出来ない。

「そんなに女の子の中に出したいんですかぁ? すっかりケダモノさんですね、お兄さんったら」揶揄するような微笑交じりの声と同時に、柔らかなものが横合いから押し付けられた。

驚いて振り向く。間近に迫った金髪ギャルの顔は、やはり微笑んでいた。あるいは慈母の微笑と言ってもよかった。――その瞳の奥に計り知れないほどの深淵を湛えているのでなければ。

金髪ギャル「ほら、――もう、硬くなってきてますよ? さっき、あの人に、あんなに溢れちゃうくらい出してたのに」

身に付けたばかりの下着の上を金髪ギャルの指先が、つ、と辿る。金髪ギャルの言葉どおり、私の逸物は徐々に硬度を取り戻しつつあった。

いや、ととっさに言い訳しようとしたのを、飲み込む。私はこの娘に向き合うと決めたのだ。必要なのは嘘や欺瞞ではない。真実、私の思っていることそのままをぶつけるのでなければならない。

そうだ。私は認めなければならない。私は性欲が人一倍強いのだ。そして意思も弱い。ここまで関係を持ったのは四人、うち一人は金髪ギャルと同じ中学生だ。誓って言うが、私が無理やり襲ったわけではない。……いや、そうとも言い切れないが、とにかく、嫌がる相手に行為を強要したりは……うん、仮にあったとしてもそういうプレイというか。そんな感じだった。

微笑が消えてジトッとした半目を向けてくる金髪ギャルに、私はもう一度、とにかく、と言った。性欲を満たしたいがために関係を始めたわけではない。セックス抜きでも十分なんだ、本当は。私はもともと友人に乏しいから。ただ、なんというのか、関係を続けていく上でセックスが不可避になっているといえばいいのか……今更、もうしないとも言えないというか……言ってもいいのだが、それはそれで悲しませてしまうのが容易に想像できるし、私も気持ちいいから言えないんだよなあ……

金髪ギャル「……なんとなく、お兄さんの言いたいことはわかりました。おにいさんも意外に色々悩んでるですねぇ……。でも」

しみじみ言う金髪ギャルが、私の股間をきゅっと掴んだ。私は竦み上がった。

あくまで優しく、金髪ギャルは言う。

金髪ギャル「どうして他の人とはセックスするのに、私とはしないのかっていう理由にはなりませんよね?」

そんな話だったっけ!? 突然の話題スイッチに私は恐慌していた。金髪ギャルはやわやわと掌中で揉んだり、陰嚢を指の上で転がしたりと、いっそ愛おしげに弄ぶような手付きだが、いつ豹変して握り潰されるか気が気でない。

実際、返答次第ではそうなってもおかしくはなかった。私は生唾を飲み込んだ。金髪ギャルの問いに、慎重に答える。

別に金髪ギャルと他の娘に優劣があるわけではない。好みの問題でもない。根本的なことを言えば、そこに特段の要因があるわけでもなかった。

強いて言うなら、単にそうせざるを得なかっただけのこと。いやまあ例外はあるのだが(ポニテ)、それにしたって、セックス云々の前に関係が終わるというか通報されると思っていたのだが、そうはならなかったんだよな……ヤンキーとか完全に向こうから来たし。他のは(おかっぱと大家娘)あの場で抱かないのは逆にヤバかったし……

私は咳払い。まあそんな感じだ。人様に胸を張れる関係ではないが、互いの合意のもとで行っていることではある。まあ未成年相手も混じってるからそうも言えないけど。
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/02(木) 12:20:43.89 ID:IxqddEoz0
金髪ギャル「……つまり、あっちから誘ってきたからで、お兄さんは悪くないってことですか?」

そうは言わない。セックス前提の関係でないなら、私も自分から誘ったりはしないし、その気もない相手に持ち掛けることもない、ということだ。性欲にしたって、セックスのほうが気持ちいいのは確かだが、自分で処理できないわけではない。

私はそう答えた。嘘偽りのひとつもなく、私の考えていることをすべて。奇妙に晴れ晴れとした気分だった。これで股間が潰されるなら本望。治療費がいくら掛かるのかだけが不安だったが、なに、どうせ先は長くないのだ。お金が足りなければそれはそれで。

ふと、金髪ギャルがすいっと身を寄せてきた。さっきまでよりも深い密着。私より断然身の丈の小さな金髪ギャルが、私の肩に頬を載せるようにして、ささやくように言う。

金髪ギャル「なら、私がしてほしいって言えば、お兄さんはしてくれるんですか?」

指の先で私の股間を捏ねて、金髪ギャルは小さな笑い声を立てる。「だって、お兄さんのしてることっていけないことです。何人も女の人と関係を持つなんて。駄目なお兄さん。駄目な、おちんちんですねぇ。――だから」

ああ、これは駄目だな。さよなら相棒。来世では幸せになってくれ。チンコに来世あるのか知らんが。だが、覚悟を決めた私に金髪ギャルが言ったのは、想像とまるで正反対だった。

金髪ギャル「お兄さんがするのが私だけになれば解決ですよね?」

いや、それはどうなんだ? 戸惑う私に、金髪ギャルは、「それとも、ほかに、好きな子でもいるんですかぁ? お兄さん?」と、私の股間を握る力をやや強めた。ヒェェ……! 私は早口で、必ずしもそういうわけではないと答えた。

金髪ギャル「じゃあやっぱり駄目じゃないですか。好きでもない人と何人もセックスするなんて」

いや、親愛とかそういう系の好きではあるのだが。私の補足を聞き流した金髪ギャルは、吐息が掛かりそうな距離の私を見上げて、ニッコリと笑った。

金髪ギャル「お兄さんはなぁんにも気にしなくていいんですよ。私がお兄さんのしたいこと、全部、全部させてあげますから。ね?」

金髪ギャルの一切の曇りがない瞳が、じっと私のほうを向いていた。私は縫い止められたように身動きもならない。

それが、金髪ギャルが顔を下向けたことで、ふっと途絶えた。思わず息をついてしまう私に、金髪ギャルは小さな声で、どうして、と言った。

金髪ギャル「お兄さんって、いつもそう。私、ただ、お兄さんのためにしてあげたいって、それだけなのに……私は、お兄さんに喜んでほしいのに。どうして、そんな顔するの……」

声は悲痛で、哀願の響きすらある。まるで自分を受け入れてほしいと嘆くようなそれ。

私は考える。どうして金髪ギャルの申し出を当然のように受け入れ難いものに感じているのか。なぜ私は金髪ギャルに恐怖しているのか。答えは簡単だ。金髪ギャルが理解できないから。理解できないものを拒むのは極めて自然なことではある。

ではなぜ私は金髪ギャルのことが理解できないと感じるのか。なぜそのことにこれほどまで怯えなければならないのか。身体的に危害を及ぼされるからか。否、それ以前の忌避がある。それはなぜか。

私が向き合わなければならないのはそれではないのか。

私は言う。私が金髪ギャルの言い分を素直に受け入れられないこと。私が金髪ギャルを避けたいと感じていること。私が金髪ギャルに恐怖に近い感情を抱いていること。それはすべてひとつのことだった。

私は、金髪ギャルが私の世話を焼こうとすること、それ自体が受け入れ難いのだ。そして、金髪ギャルが私に執着するふうでいることが理解できない。食事の世話、風呂、そのうえ性処理? なぜだ。なぜ君は私にそこまでしようとする。君がそうするだけの価値が私にあるのか? この私に?

まったく馬鹿げている。君は、私の性欲処理のために、君自身の体を使えと言う。ありえない取引だ。君にそんなことをさせるわけにはいかない。君が嫌いだからではない。私が君を嫌っているなら、むしろ嬉々として君を使わせてもらっているだろう。

それは、性欲の処理だけに他人の身体を使用する行為は、悪意があってはじめて成立するからだ。あるいは他人をそのように使うことに何も感じていないか。いずれにせよ、私は金髪ギャルのことをそんなふうに使うことは出来ない。私には向いていないんだ、そういうのは。

そこまでを言ってから、私は言うことにした。……ところで、君、いつまで私のチンコ触ってるの? 今、私、かなり真面目なことを言っているんだけど。金髪ギャル? ちょっと?
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/02(木) 12:21:09.61 ID:IxqddEoz0
ヤンキー「ヤッてやりゃいいじゃねーか、面倒くせーな」

戻ってきたヤンキーが口を挟んできた。上シャツだけで目に良し。じゃない、タッパあるから下丸出しでこれは……いやいや……ヤンキーは脚もいいんだよな……いやいやいや。

金髪ギャル「あ、今、ビクビクって」

ちょっと待ってくれ。せっかく私、超真面目フェイズに入っていたのに、横槍を入れるのはヤメてくれないか。しかし、ヤンキーは、「さっきから聞いてりゃウダウダってよ」と面倒くささ極まるとでも言いたげに、

ヤンキー「結局、処女がイキってるだけだろ? それか、経験したことあんの同クラのしょぼチンコだけで舐め腐ってんのか。オマエがなんて言おうと無駄だって。つーか、そんな距離感で今更なに言ってんだお前」

確かに。手コキもフェラも飲精もさせておいてセックスは駄目っていうのも説得力皆無だった。うなずく私を余所に、ヤンキーは続ける。「それに、ソイツも諦める気、ねーみたいだしな」

金髪ギャル「まあそうですけど。お兄さんが嫌がるなら、夜中、お兄さんが寝てるときにヤッちゃってもいいですし」

「お、おう」とヤンキーが圧されている。だがヤンキーは見誤っている。金髪ギャルのこれはイキリではない。脅しではなく予告なのだ。金髪ギャルはガチ。たぶん、鍵変えても別の手で私の家に侵入してくることは間違いなかった。

ヤンキー「つーか、ここまで言わせてんだから、オマエも覚悟決めろや。あア?」

君は一体誰の味方なんだ……「いいからとっとと済ませろ。次あたしなんだからな」あ、そういうこと。いや、でもなあ……

ああ、そういえば、なんだが。私は金髪ギャルの方を向く。さっきヤンキーも言っていたけど、結局、金髪ギャルはそういう経験あるのか?

金髪ギャル「え? ありませんけど」

ないかー……そっかー……うーん。「ないと駄目なんですか?」と金髪ギャル。そういうわけではないのだが。「処女だと慣らすの時間掛かんだよ。無理矢理ヤると死ぬほど痛てーぞ。マジで」とヤンキーの言葉には妙に実感が籠もっていた。まあそういうわけである。

というか、その場合、ヤンキーはどうするのだ? どっか行くの? 気になったので訊いてみると、ヤンキーは、

ヤンキー「あー、それな。どうすっかな……」

決めてないならなんで口出したの……? うっせえとヤンキーはガンを飛ばしてくるが、シャツ一枚な痴女スタイルだとてんで迫力がなかった。

しかし、どうするかな。ヤるしかないのか? うーん……と唸っていた私に、決め手になったのは、金髪ギャルの言葉だった。

金髪ギャル「私だって、セックスがどういうものかわからないことには始まりませんしねー。だから、お兄さん? 私に、大人のセックス、教えて下さい☆」

にぱっと明るい笑顔で言われてしまえば、私はため息するしかないのだった。ここらが年貢の納め時という奴なのだろう。

しぶしぶ了承した私だったが、「ありがとうございます、お兄さん♪」と、両腕で飛びつかれて首に抱きつくようにされると、これはこれでいいか、と思ってしまうあたり、まったくどうしようもなかった。

とにかく、そういうことになった。

構図としては、ベッドに腰掛けた私が、金髪ギャルを膝の上に乗せて、後ろから抱きしめている格好。膝に抱き上げることで身長差をカバーしたのだが、この体勢だと、

金髪ギャル「ん、お尻になにか、当たってますよぉ? カタぁいのが♪」

そういうこともある。得意げに振り向いてくる金髪ギャルの首筋に顔を埋める。毎度のことながら、金髪ギャルからはやけにいい匂いがする。我が事ながら、よくこれ相手に我慢してきたものだ。

ちなみにヤンキーは座卓でスマホを触っている。ソシャゲのスタミナを消費するのだとか。帰らないと言うなら放っておくまでである。最中の話を余人に聞かれるのはちょっと恥ずかしいが。

やれやれ、と内心で嘆息しながら、目の前の小ぶりな耳のすぐ下に唇を寄せた。あ、という、金髪ギャルのむずがるような声。そのまま、耳殻や耳の裏側に唇を這わせて、金髪ギャルの肢体を腕の中に抱く力を強めた。

こうしてみると、金髪ギャルはほどよく肉が付いていて、無類の抱き心地の良さだった。脂肪が多いというよりは、健康的な肉体を素地として、その上に無駄なく脂肪を敷き詰めた感じ。若さのなせる業とも言えるかもしれない。

金髪ギャル「……それ、私が年取ったら太るって言いたいんですかぁ?」

どうかな? 金髪ギャルが運動嫌いで、将来的にも改善されなければ可能性はあるかも。益体もないことを嘯きながら、私は金髪ギャルのTシャツを脱がせた。

ブラカップに押し込められた柔肉の質量は圧巻のひとこと。この乳房が、この年齢の、この身長の娘にくっ付いているのは奇跡といってよかった。しかも――と考えて、一瞬だけ迷って、ここまできて取り繕おうとする自分が馬鹿らしくなった。

金髪ギャルのような、顔の良さが極まったレベルの娘がこんな胸をしているのだから、もはや破壊力は質量兵器級である。巨乳は美少女との相互作用でさらに輝きを増すのだ。互いが互いを引き立てる的な。

ブラもレースというか、各部に透けをあしらってオシャレである。こういう、下品になりすぎない程度に色っぽい下着、いいよね。いい。

と、金髪ギャルが無言なのに気が付いた。どうかしたのだろうか。なにか気になることでも?

金髪ギャル「……いえ? ただ、お兄さんって、そうやって素直に女の子を褒められるんだなって思って」

私はもう開き直ることにしたので、素直も何もなかった。だいたい、嘘を付くな誤魔化すなとうるさく言っていたのは金髪ギャルのほうだろう。おかしなことを言うものである。

惜しくはあるが惜しんでばかりもいられない、私は金髪ギャルのブラのホックを外した。金髪ギャルの乳首は乳房に比べて控えめである。乳輪も同様。これはこれで。

金髪ギャル「ん……お兄さん、おっぱい、好きですよねぇ……? 気付いたらじーって見てますし」

当然である。私も男の端くれ、目の前におっぱいがあるならついつい目が追ってしまうのだった。大っきいおっぱいなら尚更。しかも金髪ギャルはたいてい服の防御力が薄いので、つまりはナイスおっぱいなのである。眼力も増そうというものだった。
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/02(木) 12:21:35.78 ID:IxqddEoz0
私は金髪ギャルに断ってから、たわわに実った胸に触れた。ツンと張った乳房の付け根から持ち上げるように円を描く。大きさに反してやや硬い印象があるのは、まだ金髪ギャルが中学生だからか。つまりまだまだ成長途中だということ……? 本当、この娘、ポテンシャルの塊だな……

ゆっくりゆっくり揉みしだきつつ、徐々に指を先へと移動させていく。乳輪を掻くように爪の先を沿わせると、金髪ギャルは笑うように小さく息を吐いた。

そのまま乳首に触れてみる。ある程度は固くなっているが、尖っているとまでは言えない程度の固さ。ほんの少しだけ抓んで、指の腹で捏ねて、様子をうかがう。

金髪ギャル「ん、ん……あ……ん」

声の様子からするに、痛みや嫌悪感があるわけではない、と判断。とはいえ感度はかなり未発達か。感じていないわけではなさそうなので、このまま時間を掛けて育てればいいのだろうけど。

おそらく、と言う以上の確度での確信はあったが、万一ということもある。迷ったが、やはり訊いておくことにした。

金髪ギャル「あー……そうですね、自分ではあんまり触りませんねぇ。必要を感じなかったというか」

やっぱりか……! 女の子って、このくらいの年齢だとあまり自慰ってしないのだろうか。私の中学生時分はそれはもうひどいものだったのだが。なるほどジェンダーである(?)。

しかし、だとすると、性感が未発達どころか、性的な刺激をまともに受けること自体が初ということか。そういうことなら、方針を大々的に修正する必要があるかもしれない。

私はやや考えて、金髪ギャルに体勢を変えると宣言。でもちょっと名残惜しいのでもう一度金髪ギャルの体を抱きしめておく。もうちょっとだけ。

そうして私は金髪ギャルをベッドに仰向けに寝かせた。身を屈めて唇を重ねる。後ろからするのもいいが、やはり向き合ってするのは大変いい。何度も唇をついばむ。舌は入れても、激しく交わることはせずに、じっくりとお互いを確かめ合うようにする。

キスの合間に、とりあえず、思い付く限りのことを言う。金髪ギャルの唇はプルプルして気持ちいいとか、キレイに染まった髪がよく似合っているとか、金髪ギャルの服が肌見せ系趣味だからいつもドキドキして仕方ないとか、そんなようなことである。

金髪ギャル「いきなりどうしたんですかぁ? 今まで、そんなこと全然、……ん、あ……そうやってキスばっかり、セックスしてくれるんじゃ、――あ……もう、こんなにキスされちゃ、私、何も言えなくなっちゃうじゃないですか――」

最後の言葉を引き取るように唇を奪う。片手は金髪ギャルの指と絡めて、もう片方の手だけで金髪ギャルの胸をやんわりと揉む。ゆっくりと、大きな動きは、感じ方としては緩やかなものだろうが、今はそれでいい。

そもそも金髪ギャルは、性的な観点では、発育過剰なだけの幼子に等しい。肉体的なアプローチに躍起になってもたいした益はない。セックスも愛撫も、男女間のコミュニケーションの一形態なのだとするなら、こうして唇を重ねて、言葉を交わして、互いを見つめるだけでも、目的からすれば大きく的を外してはおるまい。

金髪ギャル「そんなものですか?」

そんなものだ。私は金髪ギャルに、下を脱がせる許可を求めた。金髪ギャルがうなずきを寄越すのを見て取ってから、超ミニのショートパンツを脱がせた。現れたショーツもブラと合わせて透け系。ナイスパンツ! 私はとりあえず拝んでおいた。

パンツも脱がせれば、出てきたのは子供らしい一本筋である。毛も薄く生えだしたところ、という感じでいかにも幼い。ううむ。私は一言断って、筋の周辺、恥丘と大陰唇あたりに触れてみる。プニプニとした感触。うむ!

しかし、これ、指入るのか……? ちょっとだけ陰唇を押し広げてみたけど、これ、狭すぎっていうか小指の先ほども穴なくない? という感じ。

結論。今日は挿入無理!「えー」と言われても、絶対入らないもの。無理なものは無理。「やってみないとわかりませんよ?」と言うのは、そのとおりではあるので、実際に触ってみることにした。

す、と筋に指を滑らせる。ぬとぬととした透明な液体が染み出していた。割れ目に沿って指を往復。その途中、ぷくっと盛り上がった肉目に指先がわずかに掛かって、ピクっと金髪ギャルの体が小さく跳ねる。

金髪ギャル「……あれ? 今のって、なに……」

クリトリスはかなり敏感になっているよう。表情の険からすると敏感すぎるのかもしれない。慣れていないうちからあまり強い刺激を与えるのは良くないか。私は意識して軽く、陰部付近を広く撫ぜる。

また、思い出したようにキスを落とす。最初は首。そこから下へと、ナメクジが這うよりよほど緩慢に、唇で触れ、唾液の跡を引いていく。片方の胸、乳輪のキワを円を描くようにして、そっと乳頭を口に含む。さきほどよりは充血して固くなったそれを、優しく舐め、舌で転がす。「あ……」という声は、はたして陰部と胸、どちらへの刺激だろうか。

私は身体を起こして、金髪ギャルと目を合わせる。あの金髪ギャルが、心なしか瞳を潤ませ、頬や目元を紅潮させている姿は、ことのほかキた。このままヤッてしまいたくもあるが、こればかりは仕方がない。だって絶対入らないし。

金髪ギャル「……もう終わりですか? お兄さん、こんなになってるのに。――私とセックスしたくて、そうなってるんですよね? もう……」

と、金髪ギャルに股間の膨らみをパンツの上から撫でられる。完全に臨戦態勢なのは確かだった。ああ、あまり触らないで? 暴発してしまうので。

私の言葉がおかしかったのか、金髪ギャルはクスクスと笑う。「いいです。今日は許してあげます。けど、今度はちゃんと、セックスしてくださいね? 約束ですよ?」と言われても、私としてはなんとも。一朝一夕で事はならない。金髪ギャルの女性器がこうである以上、準備にはそれなりの時間がかかるだろう。セックスへの道は一日にしてならずなのである。

はぁい、と返事をするあたり、金髪ギャルは素直なのかそうでないのか。どちらでもいいか? どちらでもいいな。そう思いながら、私は金髪ギャルに口付けした。
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/02(木) 12:22:01.77 ID:IxqddEoz0
ヤンキー「……おい、オマエら、いつまでやってんだよ……挿入もしてねーのに、もう一時間だぞ……」

おっと、そういえばヤンキーもいたのだった。時計を見れば、金髪ギャルの愛撫を始めてから、たしかに一時間はゆうに過ぎている。なんと。いや、でも普通、これくらいはするだろう? だがヤンキーは、しねーよ、とうんざりした様子。そうなのかな……

まあいいや。お昼にはまだ早いが、だからって何をするのもないし、ひとまずお昼にするとしようか。

ヤンキー「なに言ってんだ。次はあたしの番だっつったろーが」

そういうことになった。当然金髪ギャルも帰らないが、手を出すこともしてこなかったので、なんというのか、変則的3P? 二人セックスと観察者? 的なものになった。

具体的には、ヤンキーに挿入して、中出しして、終われば金髪ギャルに口でお掃除されて、そのまま金髪ギャルへの愛撫に入って、水飲み休憩を挟んだり、ご飯(金髪ギャル作)を食べたりして私が復活すればまた……という感じ。私だけほぼ休み無しなのはどうなのか。労働基準法違反では?

そんなこんなで、さすがに金髪ギャルは泊まりではなく、夕方には帰った。なので我が家には私とヤンキーだけ。

つまり何も変わらず、続行である。夕食にしたところでヤンキーが汗やら体液やらでベトベトだったので風呂に入れて、その日は終了。

翌日からは、前述のサイクルの金髪ギャルがヤンキーに置き換わっただけで、大きな変化はなかった。どうせポニテや他の娘も帰省中なのだし、一日中セックスしたりしてなかったりしても誰も咎めはすまい。

家も出ないでそんな生活を数日続けた。ヤンキーのスマホが鳴ったのはその時だった。

ヤンキー「……ぁえ? なに……だれだ、この番号……」

どうやらエアコンの設置が急遽早まったらしい。エアコン設置業者の頑張りに感謝である。この数日で何度も身体を重ねたヤンキーだが、そのたび、「あ? 大丈夫に……決まってんだろーが」と威勢がよさを崩さなかったので、もしかしたら本当に相性がいいのかもしれない。

エアコンの設置には立ち会いが必要だと言うのでヤンキーを起こしたが、「あー……わかった。行く、から、ちょっと待って……」と、ベッドにうつ伏せたまま、どうもグズグズとしてはっきりしない。

仕方がないので、タクシーを呼んでヤンキー宅まで同行することになった。女子の家に入るのはそれが初めてだった。ご両親は不在らしく、堂々とヤンキーの部屋にお邪魔した。インテリアにそこはかとなく女子っぽさがあって、なにげに私、大興奮である。

ちなみにヤンキーは「あー……」と自室に戻るなり、ノータイムでベッドに入っていった。帰省本能的な何かなのか、揺すっても起きなかったので、結局、エアコン設置には私が立ち会う羽目になったり、帰る時の戸締まりに悩んだりしたが、概ねつつがなく、ヤンキーをヤンキー宅に返すことに成功した。やったぜ。
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/02(木) 12:32:22.47 ID:IxqddEoz0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、14:30より採用、締切17:00まで
ヤンキー+金髪ギャルコミュ終了です

下記の安価制限があります
(ヤンキー解禁まで7回)
(桃髪サイド解禁まで6回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで5回)
(留学生解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、施設後輩)

ヤンキー『あ――――……ッベー……マジ一日中ヤりまくりじゃねーか……。ずっとハメ続けってんじゃなくて、一回出したら休憩して、あたしん身体いじって、また復活したらヤッて、って……あたしが感覚戻る前にまた始めっから、ずっと、頭ん中おかしくなるみてーに……ッベーわマジ』

金髪ギャル『お兄さんの方から触られるのって、もしかして、初めて? なんだか、身体中ポカポカしてて、あれが気持ちいいってことなのかも。……あれ? なんか、ヘンだな。お兄さんのこと考えると、身体がムズムズして、あのときみたいに、身体熱くなって、……こうするの、これ、もしかして、気持ちいい……?』
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 12:41:19.00 ID:IxqddEoz0
――あ、桃髪サイドちゃん? ありがとうねー、お兄さんの様子を見に行ってほしいなんて頼んじゃって。どうだった? お兄さんは。

――別に。いつもどおりじゃないの。いつもみたいに馬鹿みたいな顔してた。

――そっか。じゃあ、あれ、本当にいつものことなのかも。いつも、お兄さん、ああいうふうに……そっかー……

――何が? アイツと何かあったの?

――あ、うん。お兄さんとセックスすることにしたんだけど、私、全然慣れてないから、また今度って。自分で慣らせるものなのかな? じゃあねー。

――待って。え? どういうこと? 金髪ギャル? 切れてる……いやいやいや。おかしいでしょ……何考えてんのよアンタ……アイツも……えー……

というような電話があったりなかったり。ちなみにオレンジショートにも同様の話は伝わって、二人に根掘り葉掘り訊かれて金髪ギャルは正直に全部答えています。
次オレンジショートと桃髪サイドが安価に指定されればそれを前提に話を作るかもしれません。作らないかも。その時決めます
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 14:48:19.00 ID:0dOAfuMwo
新キャラって今は無しなんだっけ?
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 14:49:33.67 ID:IxqddEoz0
>>674
お好きにしていただいてOKですが、残りレスを考えるとあまり掘り下げは厳しいかと
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 14:56:06.91 ID:qBibDDEU0
施設後輩
一緒に外出(デート)しようと誘われる。(手の込んだお弁当つき)
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/02(木) 15:19:52.57 ID:0dOAfuMwo
黒髪ツインテ
涼みに市民プールにて流れるプールに身を任せていると浮き輪を装備しているツインテにばったり遭遇。級友(モブ)の中で自分だけ泳げないのを気にして特訓中を見られてしまったとアワアワしている。
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/03(金) 13:34:29.28 ID:Ye1PRNjB0
>>676採用
(8月。一緒に外出(デート)しようと誘われる。(手の込んだお弁当つき))


施設後輩「あ……♪ ああ、いえ、風が気持ちいいなって。うまく木陰を見つけられてよかったですね」

帽子を押さえて施設後輩は笑う。屈託のない柔らかな笑顔に、私も笑みを返して、そこにレジャーシートを広げることにした。

シートに座って手際よくバケットからお弁当箱を広げていく施設後輩から、そっと視線を外した。園内には燦々と夏の日差しが降り注いでいる。遠くに噴水が高く吹き上がっているのが見えた。木陰は静かで、微風が芝生をそよがせている。

施設後輩からの誘いで、私は彼女とピクニックに来ていた。この公園は大きな噴水が特徴的で、休日はよく賑わっているのだと、施設後輩は言った。

施設後輩「でも、なかなか来る機会がなくて……ちょうど夏休み中の研修が一通り済んだので、わたしも息抜きがしたかったんです。急な誘いでしたのに、こうして引き受けていただけて、助かりました」

はにかんで微笑う施設後輩から紙皿を受け取る。忙しいだろうに、施設後輩はわざわざお弁当を作って来てくれていた。ありがたくいただく。……美味! お弁当の定番、からあげが特にいい。卵焼きも甘さ控えめで私好みで、ほか、肉巻きもそぼろご飯も何もかもが素晴らしかった。もう全部だなこれは。全部おいしい。私はひたすら舌鼓を打った。

施設後輩「うふふ、そんなに喜んでもらえるなら、頑張ってよかったな……ちゃんと好きなもの、聞いててよかった」

なにか言った? 「いいえ? 喜んでくれて嬉しいな、って」そう? それにしても美味しい。この肉巻きとか、下味ついててよく手が込んでるぞ……あ、このチキンおいしい! ピリ辛系とはやるな……!

ここまでしてもらうと申し訳ない気もするが、施設後輩はニコニコして私が食べるのを見ているので、遠慮は逆に失礼な気もする。人の好意は素直に受け取るべき。私は最近学んだのだ。

しかし、このあたりは公園の目玉である噴水から離れているせいか、人もまばらだった。彼らも私達と同じようにシートを敷いたり敷いていなかったりだが、誰も彼も男女で距離が近く、カップルなのだろうと察しはついた。

つまり、ここ、デートスポットでは? そう思ったが、よもや施設後輩にそんなつもりはあるまい。勘違い、ダメ、絶対。一義的には、誘っても妙な噂の立たない相手として私が選ばれただけだろう。

そして、施設後輩が私を誘ったからには、別の意義があって然るべきだった。

お弁当はけっこうな分量があったが、綺麗に食べきってしまった。主に私が。なにかお返しを考えておかねばならないが、そんな機会は来ないかもしれない。少なくとも、施設後輩には私の返礼を受け取る気がなくなるだろうことは間違いない。

なぜなら私はここに来るまでに、彼女の好意を足蹴にしているのだから。

お弁当箱を片付けた施設後輩に、すこし歩かないかと誘われる。私は了承した。行き先は噴水と逆方向、川沿いの道を二人で歩く。さらさらと川の流れる音が耳に涼しい。白いTシャツとスキニージーンズという気取らない出で立ちが爽やかな施設後輩に、夏の公園はぴったりだった。

施設後輩は何も言わず、私の二歩ほど先を、ゆっくりとしたペースで歩いているだけ。追いつこうと思えばすぐにも追いつける。並ぼうという意志さえあれば、彼女と並んで歩くことは簡単だった。

私は立ち止まって、問う。どうして何も訊かないのか。施設後輩は数歩進んで、振り返った。「何がですか?」と問い返す彼女は、やはり柔らかく微笑っている。

私は失笑した。私がかつて育った施設に連絡をとっていないことぐらい、施設後輩がわかっていないはずはなかった。

施設後輩「そう聞いています。それがどうかしましたか?」

どうもこうも。君がわざわざ紹介してくれた働き口だ、それを私は無視したのだから、君が私を責めるのは当然ではないか。私が言うと、施設後輩は目を瞬かせる。そんなことは考えもしていなかった、というような反応。

予想していなかった様子に私は困惑した。絶縁覚悟だったのだが、と様子をうかがっていると、施設後輩は不思議そうに言う。

施設後輩「だって、今は疲れているから、しばらく休むって仰っていたでしょう。今はお休みなんでしょう? 急ぐことなんてありません」

当たり前みたいに言われると返答に困った。いっそのこと、怒ってくれたほうがいくらかマシなのだ。これでは、働く気なんかそもそもないのだ、なんて言えないではないか。

この後輩、ちょっと、懐が深すぎる。教師ってみんなこうなの? すごくない? 私は内心、途方に暮れた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、16:00より採用、締切19:00まで
施設後輩コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、下記の安価制限があります
(施設後輩解禁まで7回)
(ヤンキー解禁まで6回)
(桃髪サイド解禁まで5回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで4回)
(留学生解禁まで3回)
(ポニテ解禁まで2回)
(おかっぱ解禁まで1回)
(指定可:剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ、大家娘)

施設後輩『ふふ、デートでこんなに心が躍るなんてはじめて♪ とってもいいところだし、誘ってよかったな、本当に。これじゃ、彼を元気づけるんじゃなくて、私のほうが元気をもらってるみたい。うふふ、楽しい……♪』
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 13:41:16.95 ID:Ye1PRNjB0
そう言えば依存度の件、忘れてましたね
ヤンキー:身体依存度B++、精神依存度B+
金髪ギャル:身体依存度C+、精神依存度B++

ちなみに依存度B++は依存度Aに限りなく近い依存度Bという意味です
身体依存度と精神依存度に乖離が大きい場合の歪みですね
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 16:02:51.15 ID:kZ/BvZkS0
大家娘
帰省から帰ってきた大家娘が色々とお土産を渡しに来たが、前回の件もあり気まずい雰囲気
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 16:06:51.71 ID:VeLi7+4kO
施設後輩
明るく、楽しそうに昔話や施設後輩の生徒達の話をしてくれる
そっと手を繋いできて、子供の時を思い出しますとはにかむ
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/03(金) 16:11:05.75 ID:KhWJJX2DO
前回の逆レイプに対して土下座しそうな勢いで謝る大家娘
しかし抱かれたときの感触を忘れられない大家娘は、もし男さえ良ければまた抱かれたいと正直な気持ちも告白する
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/04(土) 07:00:36.92 ID:Ci8EgUTg0
>>682採用とついでに>>680も混ぜます
(帰省から帰った大家娘がお土産を渡しに来る)
(前回の逆レイプに対して土下座しそうな勢いで謝ってくる。しかし抱かれたときの感触を忘れられない大家娘は、もし男さえ良ければまた抱かれたいと正直な気持ちも告白する)


ピクニックから帰ると、私の部屋の前に人影があった。服装からして若い女性のようだが、
はて。知り合いなら事前に連絡をくれているか、勝手に合鍵で中に這入っているかなのだが。

いったい誰だろう。私はアパートの階段を上った。

大家娘「大丈夫、大丈夫……挨拶するだけ、お土産渡して、この前はごめんなさいって謝るだけ……でも、もし、もし、き、嫌われてたらどうしよう……ううっ、こんなことなら次の日にすぐ謝ってたらよかった……私の馬鹿……! なんで逃げちゃったかな、でもでもでもぉ……うぅぅ……」

……めっちゃブツブツ言ってる……! 大家娘は鬼気迫った様子で、何やら箱のようなものを両腕で抱えていた。私が階段を上る音にも気が付いていない。

恐る恐る近づいて声を掛けた。こんにちは。

「ひやああぁぁっ!?」いい悲鳴をもらった。大家娘が文字通り飛び上がって、抱えていた箱を取り落したのをすかさずキャッチ。危ない危ない。

大家娘「……あれ? お兄さん……?」

驚きのあまり大家娘は涙目で、そこにいるのが私だとわかると、「びっくりしたぁ……おどかさないでくださいよぉ」と睨んでくる。かわいい。私は謝りながら箱を大家娘に返して、とりあえず立ち話も何である、大家娘を部屋に招き入れた。

聞けば、大家娘は大学休みで、入院中の母親を見舞いがてら、実家に帰っていたのだという。持参の箱は私へのお土産らしかった。焼き菓子の詰め合わせとはありがたい。さっそく開けて大家娘と賞味。紅茶も入れた。うまい。

あの、と大家娘が言ったのは、私が二袋目のお菓子を開けたときだった。大家娘は指をもじもじとさせながら、あっちこっちに視線をやって、上目遣いに私を見る。

大家娘「そ、その……この前のこと、なんですけど……」

『この前のこと』と大家娘が言うからには、心当たりはひとつしかない。私は手のお菓子を置いて姿勢を正した。あうあうと口籠って、なかなか切り出せないでいる大家娘の代わりに、私のほうからそれを言った。

この前は申し訳ないことをした、と私は頭を下げた。いくら酔っていたとはいえ、泥酔状態の大家娘を抱くのは違法である。刑法でいえば準強姦。謝って許される性質のものではない、取り返しのつかない犯罪行為である。大家娘には済まないことをしてしまった。

許してほしいとは言わない。君の気の済むようにしてほしい。頭を下げながらそう言うと、慌てた声音が降ってきた。

大家娘「そ、そんな、あ、謝らないでください……! 私、そんなつもりじゃ、――とにかく、頭、上げてくださいっ」

顔を上げると、大家娘は赤い顔で、ワタワタとさせていた両手を胸の前でぎゅっと握って、

大家娘「私から誘ったことですし……それに、嫌じゃなかったっていうか、むしろ逆で、すっごく気持ちよかったっていうか……! だから、私、本当はもっと、って、思っ……てて……その……」

自分が何を言っているのか理解した大家娘が、あうあうと言葉を探して、ついに見つからなかったのか、きゅうと声にならない呻きを上げて黙ってしまった。両手で眼鏡の上から顔を覆ってはいるが、大家娘の耳は真っ赤なので、どんな表情をしているかは簡単に想像がついた。

選択肢は二つだった。聞かなかったことにするか、聞いてしまったことにするか。どうしよう? どうする? 私は本人に訊いてみることにした。

大家娘「そんなオプションが……? じゃあ、その……聞かなかったことに……いや、それもちょっと、こう……それはそれで感があるというか……」

どっちだよと思ったが、いずれにせよ、私には言っておかなければことがあった。え、と顔を上げた大家娘に通告する。

私、君のこと、責任を取るつもりはないから。そのつもりで。

「ええええええ!?」と驚かれても困った。君の処女を美味しく頂いたのは事実だが、それはそれ、これはこれである。ちょっと色々問題があって、付き合うとかそういうのはNG案件なのだ。申し訳ない。

大家娘「えっ、でもこの前、セっ……ってことは、私のこと、ちょっとでもいいなって思ってくれたってことじゃあ……?」

やっぱり大家娘はそう思ってたか……まあそうだよな。普通はそう思うよな、と申し訳無さがマックスである。大家娘に非があるわけではない。いいかどうかで言えば大変いいし、付き合いたいかどうかで言えば付き合いたいに決まっているのだが。

と返したところで、なんだか面倒になって、もう私は率直に言ってしまうことにした。

ちょっと、私、無職なんだけど、こう、体の関係を持っている女の子が何人かいてだね……現在進行系で。付き合うとかは難しいのだ。申し訳ない。

えっえっえ、と私の言葉を受け止めかねて大家娘はフリーズした。瞬きをくり返す大家娘と見つめ合うことしばし、大家娘の頭脳が弾き出した答えはこうだった。

大家娘「処女損……!」

そのとおりだったので私は再び頭を下げた。「お兄さん、そんな、……プレイボーイみたいな……?」まったくそのとおりだったので、私は頭の位置をさらに深く下げた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、12:00より採用、締切15:00まで
大家娘コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、下記の安価制限があります
(大家娘解禁まで7回)
(施設後輩解禁まで6回)
(ヤンキー解禁まで5回)
(桃髪サイド解禁まで4回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで3回)
(留学生解禁まで2回)
(ポニテ解禁まで1回)
(指定可:おかっぱ、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング、黒髪ツインテ)

大家娘『えっ、あっ、えっ……? いや、最初にお兄さんのこと襲ったのは私なんだけど、それはそうなんだけど、……え? 嘘ぉ……いや、私も、もしかしたら初彼氏できるかもって下心はあったけどぉ……えー……』
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/04(土) 12:54:32.81 ID:FHqkPCHWo
黒髪ツインテ
涼みに市民プールにて流れるプールに身を任せていると浮き輪を装備しているツインテにばったり遭遇。級友(モブ)の中で自分だけ泳げないのを気にして1人特訓中を見られてしまったとアワアワしている。
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/04(土) 13:03:32.43 ID:iMvyKaE50
おかっぱ
男の家に遊びに来たおかっぱとイチャイチャ
おかっぱが女の勘で自分以外の女性とセックスしたのを感じたが、堕ちた余裕というべきかそのままセックスと流れ込み敢えて他の女性と比較させながら男とのセックスを楽しむ
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/04(土) 13:05:30.23 ID:6DtNhlNDO
大家娘
一旦退散したと思いきや、しばらくして再びお酒を飲んだ大家娘が登場
半分開き直った状態でまた逆レイプ
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/05(日) 12:37:42.98 ID:Fh0ELOYr0
>>684採用
(八月。涼みに市民プールにて流れるプールに身を任せていると浮き輪を装備しているツインテにばったり遭遇。級友(モブ)の中で自分だけ泳げないのを気にして1人特訓中を見られてしまったとアワアワしている)


昼、私は市民プールにやって来ていた。世間は夏休み、利用客でごった返す中で、私はひとり水面に漂っていた。炎天の日差しで肌が焦げて、じりじりという音が聞こえそうなくらいの真夏日。

目を閉じる。空っぽになった頭に喧騒は遠い。炙るような太陽の熱と、水中の冷たさとに挟まれながら、あるかなしかの波にぼんやりと流されるままだった。

結局、あの後は口八丁手八丁で大家娘を丸め込んだのだった。大家娘の用件は帰省のお土産を私に持ってくることだったから、私がお土産を受け取った時点で彼女の用は終わっている。その他のことは余録である。

大家娘は適当にいい相手を掴まえて、健全に関係を育むべきなのだ。人格に問題があるわけでもなく、それであの身体とくれば男など選り取り見取りである。

それに、とすこし笑ってしまったのは、大家娘が弾みで告白した内容を思い出したからだった。初めてであんなに感じられるのなら、少なくとも性生活で男を飽きさせることはない。私なんぞに引っかかったのは犬にでも噛まれたと思って、どうか幸せになってほしいものだ。

しかし暑い。というか熱い。一応、日焼け止めは塗っているが、この日差しである。目を閉じていても瞼の裏が白熱しているもの。せめてサングラスかなにかが必要だったかもしれない。

そんな事を考えていた矢先だった。見知った声が降ってきたのは。

声「……お兄さん?」

半身をプールに浸けたまま頭だけを振り仰ぐ。天地逆さまの視界に、浮き輪を腰に抱えた少女がひとり。髪を二つに結んで、プールサイドから呆れたように私を見下ろす顔は見覚えがあった。

黒髪ツインテ「ひとりで何やってるんですか。ものすっごく浮いてますよ、お兄さん」

それはたしかに浮いているが。こうしているのも意外と気持ちがいいぞ。黒髪ツインテもやってみるといい。「イヤですけど……雑に仲間にしようとしないでください」黒髪ツインテはつれなかった。

黒髪ツインテ「お兄さんは誰とプールに? お連れさんは?」

私ひとりだが? 答えて、私は浮かぶのをやめて水中に立った。「えー……プール来てひとりで水面に浮いてるだけって……寂しすぎません……?」ドン引かれながら言われると結構心に刺さった。

そう言う黒髪ツインテも見たところひとりである。友人の着替え待ちでもしているのか。だとすれば邪魔をしてもいけない、私は離れたところに行っておこうか。

私の提案に、黒髪ツインテは、あー、とか、いや、とか言い淀むばかり。首をかしげる私に、黒髪ツインテは両手を体の前で組んで、もじもじさせながら、

黒髪ツインテ「実は私もひとりだったり……あはは」

黒髪ツインテもお一人様仲間だった。しかし妙である。私はともかく、黒髪ツインテならプールで遊ぶ相手に事欠かないはず。

私の視線に気付いたのかそうでないのか、黒髪ツインテは足の先だけを水面に浸して、すぐに引っ込めた。身を屈めてちゃぷちゃぷと水を手で掬って、小さくため息した。

黒髪ツインテ「ヤなとこ見られちゃいましたね。間が悪いったらないです。……泳げないんです、私」

聞けば黒髪ツインテは小学校の頃からずっと水泳が苦手なのだという。小中と泳げないままで来て、高校では水泳の授業がないが、友達内でプールに行かないかという話になったのだとか。

黒髪ツインテ「去年はなんとか誤魔化したんですけど、今年はさすがに断れなくて。それで特訓に来てみたら」

私が漂っていたというわけだった。なんだか悪いことをしてしまった。謝る私に、黒髪ツインテはやれやれとおどけてみせるが、その実、面に浮かぶ憂いは深い。

――そんな顔をするくらいならプールなど断ってしまえばいいのでは、という言葉を飲み込む。断れるものなら黒髪ツインテだって断っているだろう。けれども、嫌なものを嫌と言うのは、簡単なようで、とても難しいのだ。こと人間関係が絡めば特に。

場の空気を壊したくない、いらない気を使わせたくない。それでもし孤立したら。もし嫌われて悪口を言われるようになったら。

黒髪ツインテは明るくて人懐こい子だが、皆が皆、彼女に好意を持つかといえば、そんなことはないのだろう。そういえば初めて会ったときも、他人の悪意に怯えて身を竦ませていた。黒髪ツインテはそういうものに人一倍敏感なのかもしれない。

私にできることはあるだろうか。考えてはみたがとくに思い付かなかったので、気になっていることを先に片付けることにした。

先程、黒髪ツインテは泳ぎの特訓に来たと言ったが、それでなぜ上にパーカーを着ているのだ? 格好からして泳ぐ気なくない?「ラッシュガードですよ、知りません? 流行としてはけっこう長いですけど」と呆れ顔で訂正された。流行りに疎くて恥ずかしい。

おっと、ジトッとした目で睨まれている。黒髪ツインテは口元をニヤつかせて、上目遣いに首を傾げてみせて、

黒髪ツインテ「そんなに私の水着、見たいんですか? お兄さんったら、意外とダイターン♪」

見たいに決まってるが。私は真顔で言った。え、と瞠目する黒髪ツインテに、再度言う。私は黒髪ツインテの水着姿が見たいのだが? パーカー――長袖ラッシュガードもこれはこれでいいけども。普通の服っぽい裾から生足伸びてるのがいいよね。裸足なのも高得点――うわっぷ! なんで水掛けるの? いきなりひどくない――ぷぇ!?

黒髪ツインテ「いきなりヘンなこと言うからですよ、もうっ」

ひとしきり実力行使で黙らされた。はぁ、とため息して黒髪ツインテは立ち上がった。ジジジっとラッシュガードのファスナーを下ろしていく。

中から現れたのはチューブトップ系のビキニだった。肩紐のあるタイプなので、もしかしたら別の名称があるかもしれない。落ち着いたデザインが大人っぽく、夏空の下、黒髪ツインテの肌を飾っていた。

黒髪ツインテ「ほら、感想はないんですか? ――って、聞かなくてもわかりますけどね? お兄さんは見過ぎですけど」

笑いながら咎められたので、とりあえず謝ったが、視線は外さなかった。いいよなあ女子の水着姿。本当にいいなあ! 華奢な黒髪ツインテとビキニの取り合わせが抜群にいい。かわいいとキレイが素晴らしく融合している。パーフェクトだ……プール来てよかった……
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/05(日) 12:38:08.45 ID:Fh0ELOYr0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、14:00より採用、締切17:00まで
黒髪ツインテコミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、下記の安価制限があります
(黒髪ツインテ解禁まで7回)
(大家娘解禁まで6回)
(施設後輩解禁まで5回)
(ヤンキー解禁まで4回)
(桃髪サイド解禁まで3回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで2回)
(留学生解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、おかっぱ、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング)

黒髪ツインテ『プールって苦手なんですよねー。私泳げないし、人に肌見られるの嫌だし……どうしたって比べられますしねー……って、お兄さん、見過ぎですから、もうっ』
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 14:12:57.35 ID:fqjOjtiyo
黒髪ツインテ
どうせ暇だからと練習を手伝ってあげることに。狭いので黒髪ツインテとかなり密着してしまい何度もやわっこい感触を味わいビッキビキに下半身が反応してしまう。
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 14:13:28.81 ID:wa8j/vEDO
おかっぱ
浴衣姿のおかっぱと花火大会に行く
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 14:32:53.26 ID:swFfGMGb0
ポニテ
なにやら難関国家資格に合格したとのことで、お祝いという名目で「私」の部屋に押しかけて手料理を作ってイチャイチャしてきた
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/05(日) 14:33:34.04 ID:onlBL332O
黒髪ツインテ
まずは浮き輪無しで水に浮くことから慣れようと言い
最初は腰を支えてあげたりしながらプールサイドに二人で浮かぶ
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/08(水) 17:33:49.24 ID:0Og4vD8u0
ダメだぁ中学生のおかっぱと花火見るうまい言い訳が思いつかない
ギャルJC三人衆と違っておかっぱは素行が良い設定なんだよな
・当然友達も行儀が良いので子供だけで花火大会は許可されない、最悪友人親が引率に来るかも
・トイレとかでひとり抜け出すのも厳しそう(友達ないし引率者がいっしょに付いてくる可能性大)
また、
・他人に主人公(『私』)との関係を疑わせるのはおかっぱにとって絶対NG
・かつおかっぱは我慢できる子なので誘うのは我慢するはず

以上から>>690はボツとします、たいへん申し訳ない
繰り下げで>>692までを安価対象として>>689を採用します
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 17:51:14.58 ID:4d0+a2ixO
了解です
楽しみに待ってます
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 17:56:11.87 ID:pYTNoSoDO
おかっぱ選ばれなくて残念……

次こそおかっぱ選ばれるように安価頑張るか
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/09(木) 23:08:53.80 ID:zv2EDObs0
>>689採用
(どうせ暇だからと練習を手伝ってあげることに。狭いので黒髪ツインテとかなり密着してしまい何度もやわっこい感触を味わいビッキビキに下半身が反応してしまう)


よ、と掛け声して黒髪ツインテがプールに入ってきた。ニコニコ笑いながら近づいてくる。非常に可愛いのが逆に不気味。

私の真ん前で止まった黒髪ツインテは、不意に目を細めて、彼女より背の高い私を見下ろすように顎を上げた。小首を傾げ、腰に手を当てて言うには、

黒髪ツインテ「ねえ、お兄さん? 華の女子高生の水着姿を見ておいて、まさかただで帰るつもりはないですよね?」

脅迫だった。私は即座に受け入れた。いいだろう。君の水着姿に見合うものを支払おう。要求はなにか? 好きに言うといい。

「……私が言うのもなんですけど、内容も聞かないでそんなこと言っていいんですか? 好きに言っちゃいますよ?」と引いてしまうあたり、黒髪ツインテは常識人である。ここのところアクの強い相手ばかりだったので心が洗われるよう。

おっと、思考が脱線した。私は黒髪ツインテに向き直って言う。黒髪ツインテの水着姿はたいへん素晴らしいので、大概のことは請け合うつもりだった。それに、この娘ならあまり無体な注文はするまい。そのくらいの打算は私にもできるのだ。

黒髪ツインテ「……、……まあ、いいです」

口元をもにゅもにゅさせていた黒髪ツインテだったが、すぐに気持ちを切り替えたらしい。それじゃあ、と両手を合わせて首傾げ、上目遣いに言う。

黒髪ツインテ「お兄さん、どうせ暇なら、少しは有意義なことをしたほうがいいと思いません? たとえば、泳げなくて困っている可愛い水着の女の子を助けてあげるとか」

そういうことになった。私は可愛い女の子のおねだりにめっぽう弱いのだった。

周囲の邪魔にならないよう、プールの奥に移動した。とはいえ私も、とりたてて泳ぎが上手いわけではない。はたして人に、それもカナヅチの黒髪ツインテに有効な泳ぎを教えられるかは甚だ怪しかった。

しかし、「お願いします♪」と笑顔付きで言われれば私に否やはないのである。

いいだろう。私にできる全てをもって、黒髪ツインテに泳ぎというものを教えてやるとしよう。私は固く誓った。

そこで詳しく話を聞くと、以下の様らしい。

黒髪ツインテ「んー、どうも私、水に浮かないんですよねー……先生たちには、もっと力を抜けって言われて、私的にはそうしてるんですけど」

ふむ。私は考えをまとめる。おそらく先生がたの言は正しい。人体はそもそも水に浮く。比重の関係であまり筋肉を付けすぎていると沈むのだが、見たところ黒髪ツインテは可愛らしい少女体型、それが浮かないということは考えにくい。「お兄さん? 今どこ見てうなずきました?」と黒髪ツインテは目敏かった。私はいいと思うよ。うん。

そして力を抜くと一言で言っても、闇雲に脱力すればいいわけではない……と思う。つまりは浮翌力の受け方に問題があるのではないか。

実践してみた。まずは、さっきの私のように、大の字浮きから始めてみよう。顔が水面から出ている方が何かと安心だろう。

私はプールの底を軽く蹴る。両手両足を広げて身体を反らす。手足は伸ばすが軽く曲がっても可、大事なのは必要以上に力まないこと。そうして大きく息を吸えば、浮くわけだ。今の私みたいに。

黒髪ツインテ「うーん……理屈はわかるんですけどねー」

まあそうだろう。頭では理解できていても身体で再現できないことはよくある。私は身体を曲げて立ち姿勢になった。次は黒髪ツインテの番である、さあ、と手で促した。

一瞬の間。

はい、と頷いた黒髪ツインテを制した。黒髪ツインテは淡く笑みを浮かべている。さも何も問題はありませんよと言いたげなのに、どこか私の言葉を待っているようでもあった。

――隠しようもなく強張った表情。それをとっさに笑顔で取り繕ったのはなぜか。

黒髪ツインテの望みは明らかだった。私が何も気づかないふりでこのまま指導を続けること。だから黒髪ツインテは作り物の笑顔を浮かべて、私にこれ以上踏み込むなと告げているのだと、私にはわかっていた。

だから、私は言う。水が怖いなら初めからそう言うべきだ。私は学校の先生ではないし、黒髪ツインテに何かを強制することもない。

黒髪ツインテは笑う。

黒髪ツインテ「別に怖いわけじゃないんですよ。トラウマみたいなのもないですし。……ただ、ダメなんですよねー、自分でも不思議なんですけど。足が地面から離れると、勝手に身体が固まって、思い通りにならなくなって、それで――だから、私、バタ足なんかもできたことないんです。小学生の時から。あはは、そんな子、私だけでしたけど。それで――それ、で」

不意に黒髪ツインテは言葉に詰まった。「どうしてでしょうね……」とうつむきながらの述懐は誰に向けたものか。少なくとも私ではないのは確かだった。
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/09(木) 23:09:26.57 ID:zv2EDObs0
だが、私が答えるとするなら、答えはこうだ。怖いものは怖いのだから仕方がない。人間は膝丈くらいの水深で溺れることもある。水を怖がる理由は様々だが、共通しているのは、どうしようもないほどの不安感ではないか。理屈ではないから、君自身がどうこうできるものでもない。

黒髪ツインテ「つまり、私が泳げる時は来ないってことですか? もうちょっとオブラートに包むとか……なにげにお兄さんってドS?」

まだ話終わってないぞォ! いいかね? 必要なのは君の不安感を和らげる措置だ。たとえば信頼できる人に手を引いてもらったり、姿勢を支えてもらったりするとか、だな。

私が言うと、「学校の授業とかで、先生にそうしてもらったことありましたけど」と黒髪ツインテは首をひねる。おそらくその時の失敗原因は緊張だろう。学校の授業で相手が先生では気負って当然。リラックスとはほど遠かろう。

ま、候補としては、たとえばご両親か兄弟姉妹、親友、友達……この人なら頼っても迷惑に思われたりしないから気楽って相手にお願いするのがいい。さすがにご両親はアレかな? まあそんな感じで。

黒髪ツインテ「……そうかもですね。たとえば、頼ったらすぐ引き受けてくれて、私のことを親身に考えてくれて、ちょうど今暇してる人なんかがいたらいいんですけど」

微妙に含みを持った言い方をする黒髪ツインテだが、さて。流れ的には私のことなのだろうが、私に適合するのはせいぜいが暇っていう項目ぐらいである。つまり黒髪ツインテが言っているのは私ではない。論理的結論である。

黒髪ツインテ「いやいや、お兄さんのことですよ。なに自分は関係ないみたいな顔してるんですか」

私のことだった。おかしい、私のロジックに間違いが……? というか私は黒髪ツインテにどう見えているのだ。いいけど。

というわけでレッスン1。水に顔を浸けましょう。「馬鹿にしてません?」と言われても私は大真面目である。私が手を引いていてあげるからやってごらんなさい。十秒三セット。顔を水に浸けてる間は鼻から息をゆっくり吐くこと、顔を上げたら口で息を吸うこと。はいはじめ。

黒髪ツインテ「…………!」

やらせてみると黒髪ツインテはかなり重症だった。顔を水に浸けるだけで体が萎縮してしまっている。私の手を強く握って十秒。それにしても女子の手って柔らかいな、という思考を追い出しながら、三セット繰り返した。

うーむ。とりあえず、次、大の字浮き、いってみよう。私がちゃんと支えるので安心するといい。

黒髪ツインテ「それ、自転車の練習とかで、後ろ離さないって言ったくせに途中で離すのじゃないですよね?」

そんなことしないよ……この場面でつまらない遊び心出したりはしない。ふぅん、と黒髪ツインテはなんとなくフラットな表情で、これはちょっとレア顔かもしれない。

しかしどうするか。ひとつには、普通に黒髪ツインテにプールの底を蹴らせて大の字浮き体勢に入らせる方法。その後、腰と肩ら辺でも支えればいいだろう。だが、最初の踏ん切りを黒髪ツインテにさせるのは酷かもしれない。

私たちが採ったのはふたつ目の方法だった。まずは私が黒髪ツインテをお姫様抱っこします。黒髪ツインテを水面に浸けます。黒髪ツインテを大の字にさせて、腰と肩を支えます。ハイ完成。これなら無用の不安感を黒髪ツインテに与えることなく、水に浮く感覚を掴ませられる。完璧な計画だった。理論上は。

黒髪ツインテ「あはは、……お兄さんって、けっこうしっかりした体つきしてるんですね。びっくり」

お姫様抱っこ顔が近い! 近い近い! ヒィィこっちの首に腕かけてきてさらに近い!背中薄いのにやらかい! 脚細っそい! 軽ッ! しかしここはプール……! 我慢! 私は我慢できる男……!

呼吸を整えつつ黒髪ツインテを水面に。肩を抱いた手はそのままに、膝を抱えていた手を徐々に動かして――ェェェェ!

黒髪ツインテ「ちょっ……今、おしり、触ッ……!?」

違うんだ……! そんなつもりはなかったんだ! 肩と腰を支えることで上半身を水面に出さないといけなくて、腰に動かした手の通過点にたまたまお尻ががががが――、

ヤバい。不可抗力が私の身体に発生していた。若い女体には十分慣れてもいい頃だったが、いかんせん私の肉体は目の前の性欲に勝てた試しがない。

エマージェンシーであった。しかもこの感覚……もしかするともしかするか? いやいやいや……とちょっと動かしてみると、あるはずの布の締め付けが、あるべきところのやや下方にあった。

露出している……! 水中だし、端のほうだし結構混んでるし、すぐにバレるということはないはず。きっと。まだセーフ。ギリギリで生存ライン。

黒髪ツインテ「あー、たしかに、力抜きすぎるとけっこう身体沈みますね……なるほど、力の抜き方ってこういう……」

少なくともこの娘にバレるわけにはいかない。初対面で痴漢にもの凄く怯えてたし。もしかしたら異性から性的に見られることに恐怖があるのかもしれないのだ。

なんとしても乗り切らねば……! 私は必死に己を落ち着かせようとしたが、手の中に女子高生の肉体を感じているのである。落ち着けるわけもなく。

私はただ、誰にも露見しませんようにと祈りを捧げることしか出来なかった。
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/09(木) 23:11:15.21 ID:zv2EDObs0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、0:00より採用、締切1/10 18:00まで
黒髪ツインテコミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、下記の安価制限があります
(黒髪ツインテ解禁まで7回)
(大家娘解禁まで6回)
(施設後輩解禁まで5回)
(ヤンキー解禁まで4回)
(桃髪サイド解禁まで3回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで2回)
(留学生解禁まで1回)
(指定可:ポニテ、おかっぱ、剣道少女、オレンジショート、銀髪ロング)

黒髪ツインテ『あ、私、浮いてる……! 浮いてますお兄さん! わあ、ちゃんと支えてもらってると、力抜いても沈まないし、逆に、私の身体もちゃんと浮いてきて……浮くって、けっこう気持ちいいかも? あはは♪』
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 00:01:57.83 ID:kiIBcfU60
おかっぱ
男の家に遊びに来たおかっぱとイチャイチャ
おかっぱが女の勘で自分以外の女性とセックスしたのを感じたが、堕ちた余裕というべきかそのままセックスと流れ込み敢えて他の女性と比較させながら男とのセックスを楽しむ
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 00:06:14.29 ID:9kLVS+CDO
おかっぱ
男の家でまったり過ごす
プールでの疲れが取れない男の為にマッサージしたり、膝枕したり
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 00:06:22.54 ID:ZDRnf4NA0
剣道少女
彼氏と一緒にいるところを目撃したが、どこか微妙な気配を感じて尾行をする
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 17:22:15.16 ID:/87ZI8kk0
>>699採用、更新はもう少し待って

・お知らせ
次回安価より試験的に、安価で選ばれなかったヒロインに対する救済措置を行います
(選ばれなかった回数)×5をコンマに加算します(ゾロ目補正なし)
今回で言えば、
ポニテ(+5)、剣道少女(+30)、オレンジショート(+30)、銀髪ロング(+35)となります
管理が面倒くさそうならやめますが、まあ試しにという感じで
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 17:39:02.41 ID:NbfUM3e/O
おけい
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/10(金) 17:54:59.83 ID:9kLVS+CDO
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/14(火) 00:46:42.50 ID:41PQaUU70
>>699採用
(八月。男の家に遊びに来たおかっぱとイチャイチャ
おかっぱが女の勘で自分以外の女性とセックスしたのを感じたが、堕ちた余裕というべきかそのままセックスと流れ込み敢えて他の女性と比較させながら男とのセックスを楽しむ)


おかっぱを膝に抱き上げて最初に思うのは、その小ささだ。ベッドに腰掛けてさえ頭一つ分は小さな身体は、膝に乗せてやっと顔の高さが合う。肉付きの乏しい腰に腕を回す。手を伸ばすと、大腿さえ掌に楽々収まってしまう。女として花開くにはまだ時間が必要な、いまだ細く、幼い肢体。

おかっぱ「あ、……お兄さん、その……もう少し強く抱きしめてもらえますか? ぎゅううって、強く……お兄さんのこと、もっと、感じたいんです……あっ♪」

甘ったるく蕩けた声、むずがるように吐息を掠れさせて、おかっぱは彼女を絞め上げるように抱く私の腕にそっと手を添えてくる。鼻先をおかっぱの髪がくすぐって、ほのかに甘く香った。

出会った頃に比べて、おかっぱは随分と変わった。いつからか甘めの、しかし主張しすぎない程度の香水を付けてくるようになるとは。香水の付け方なんて誰に習ったのか。

おかっぱ「お兄さんが喜ぶかなって、お店の人に……少し恥ずかしかったですけど」

そんないじらしいことを言うので、ついついおかっぱを抱いたままベッドに倒れ込んでしまった。とりあえず、気が収まるまで思いつく限りおかっぱを褒め称える。

まずおかっぱは可愛い。いやいや地味って、君、それ、褒め言葉だぞ。派手じゃないことと可愛さは両立するのだ。まあおかっぱは地味ではないけどね。可愛いので。そして頑張り屋さんなのにちょっと控えめとか……髪もサラサラでいい匂いしてさァ! もう褒めるのに可愛いしか言葉が出てこないわけだな。そういうことだ。おかっぱは可愛い。

……私、こんなに語彙少なかったっけ? まあいいか。いいな。と思ったが、

おかっぱ「……」

おかっぱが黙ってしまったあたり、やらかした感があった。可愛い連呼しすぎて嘘っぽくなったかもしれない。全部本音なのだが。

こういうときに困ってしまうのは、おかっぱと会うのが大抵の場合、私の家になってしまうことだった。家で出来ることなんて、食べる飲む、テレビを見る(ドラマや映画を借りてくる)、あとはこうやって駄弁るくらいしかないのだ。

できればどこかに出掛けたいところだったが、ネックなのはおかっぱが中学生という点。家ならこうして抱きしめたりできるが、外でやるのは絵面が悪いというかリアルに犯罪である。

つまり、何が言いたいかというと、気まずくなったときに間が持たないということである。さて、どうやっておかっぱの機嫌を取ろうか。考えていると、横倒しの腕の中でおかっぱがもぞもぞと動いて、こちらに身体を向けた。

目が合う。それが、私の胸に顔を押し付けるようにして、言う。

おかっぱ「私は可愛いですか? お兄さんにとって、ちゃんと出来てますか? ――お兄さんがこうしてくれてるのは、そういうことだって、思ってもいいですか」

すり、とおかっぱが私の股間を擦る。ゾクゾクとした感覚が上ってくるのは、そこがすっかり固く張り詰めているからだ。――おかっぱとあまり外出できないのはこれが理由でもあった。

どうにも抑制がきかなくなっている自覚はあった。模範的な中学生であるおかっぱには門限が存在する。夕ご飯までには家に帰すとなると、まさかデート中にホテルに連れ込むわけにもいかず。そして、私の家に来させるとなれば、やることなんてそう多くはない。

そして今は夏休み、おかっぱは日中、曜日に関わらず時間があるとなれば、やることは一つだった。セックスである。おかっぱが家に来ればセックス。というか、近頃はおかっぱといるとほとんど最終的には事に及んでいる有様だった。

こうなってくると、もはやおかっぱが可愛いから反応するのか、都合よく抱ける存在に味を占めているのかわからない。おかっぱの質問に答えるのは至難だった。

私の回答に、おかっぱはおもむろに身を寄せて、吐息紛れにささやいた。

おかっぱ「他のひとと比べて、どうですか? そのひとと、私と」

一気に肝が瞬間冷凍された。唐突な断罪フェイズだった。が、なに、たしかに、私のしていることはおかっぱに対して不誠実の極み。むしろ今まで責められなかったのがおかしい。せめてありのままに答えて沙汰を待とう。

私の回答は以下のとおりだった。おかっぱを可愛いと思っているのは確かだし、だからこれまで何度も身体を重ねてきたわけだが、まあ、なんだ。他の可愛い娘を見つけたらこうなってしまうんだな。節操がないのは大変申し訳なく思っています……

どんな反応が返ってくるかと私は身を固くする――しかし、おかっぱは小さく笑った。

おかっぱ「べつに怒ってるわけじゃないです。お兄さんが他のひととシてるのは、ずっとわかってましたし」

バレてた。え? なぜ? 我が家にそんな痕跡残ってた?「はい。それはもう」というおかっぱの返答に、私は乾いた笑みが浮かぶ。なんというか、もう、勝てる気がしなかった。

おかっぱ「お兄さんは、やさしくて、格好いいから……だから、もし、私より他のひとがって、そうなったら、もう私なんて、お兄さんにいらないって、そうしたら」

私はおかっぱを抱き返した。おかっぱは嗚咽を噛むように小さく声を震わせる。本当に小さな身体だった。こんなに幼い、純だった少女を、こんな台詞を言わせるまで歪めてしまった。

罪悪感が私の口をついて出た。本当ならこんなことはするべきではないんだ。私が分別のある大人なら、こんな形じゃなくて、もっと……正しいやり方があったはずなんだ。君と他の娘を比べるような、そんな、君たちを蔑ろにするようなものじゃない、別のなにかが――

言い差した言葉に、するりとおかっぱの言葉が滑り込んだ。

おかっぱ「でも、私、こんなに満たされてます……お兄さんに触れて、触れられて、言葉も全部、もうお兄さんなしじゃ生きていけないくらい。間違いなんてないんです。こうして、お兄さんといられることが、私の幸せで――ずっとずっと、永遠に続けばいいなって」

――だから、本当は誰かに負けていてもいいんです、とおかっぱは言う。

おかっぱ「何番でもいいですから、いっしょにいさせてください、……なんて、嘘。私、ほしいだけです。お兄さんとセックスしてると、頭の中が真っ白に弾けて、何も考えられなくなる代わりに、怖いくらいの幸せで頭がいっぱいになって。――だから、私、最近はお兄さんのお家ばっかり来てる」

言われた言葉。おかっぱは依然、私の胸に顔を埋めたまま、私の股間を撫で回している。婀娜っぽい手付き。それは男の誘い方に慣れた女のそれで。

私は我慢の必要を失った。
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/14(火) 00:47:12.75 ID:41PQaUU70
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、10:00より採用、締切20:00まで
おかっぱコミュ続行です、プレイ内容を安価ください(一応次回で終了予定)

おかっぱ『お兄さんにとって意味のある存在でいたい。そのためなら、他のことなんていらない。お兄さんがいてくれるなら、何だって』
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/14(火) 10:59:14.90 ID:ICZsFnoiO
外でおかっぱの健全な水着姿を楽しめないなら
家で不健全な水着姿を楽しめばいいじゃないと
マイクロビキニ(濡れると透ける)を着せて風呂で
水を掛けあったり息止め勝負したり遊んだあとセックス
挿入時におかっぱが足を滑らせた衝撃でついに
『私』のモノを全て呑み込む
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/14(火) 12:31:52.40 ID:IQKRfjZDO
おかっぱが男の為に用意して結局見せられなかった水着や浴衣を着て着衣プレイ
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/14(火) 13:17:02.84 ID:U9kZr0eP0
ずっと繋がったまま一日過ごす
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/18(土) 07:22:29.17 ID:dM1knocI0
>>707採用
(外でおかっぱの健全な水着姿を楽しめないなら家で不健全な水着姿を楽しめばいいじゃない! とマイクロビキニ(濡れ透け……!)着せてお風呂で遊んだあとセックス
挿入時におかっぱが足を滑らせた衝撃でついに『私』のモノを全て呑み込む)


おかっぱ「あ、あの……き、着ました、けど……これは、ちょっと……」

脱衣場からの声。再度、あの、と呼ばわれる。私が返答しないでいると、しばらくしておかっぱが現れた。腕で身体を隠しているので、それではせっかくの衣装が台無しである、腕を退けるように言うと、首から頬までを紅潮させながら、ゆっくりと腕を外していく。

貧乳ロリJCマイクロビキニ……!おかっぱが両手で顔を覆うのをよそに、私は拳を握りしめた。おかっぱは肌が綺麗だから水着がよく似合うなあ! イエー!

おかっぱ「お兄さんのいじわる……私なんかがこんなの着ても仕方ないのに。胸も全然で、ほかのところだって――」

それ以上は言わせなかった。いいかね? 君には何度も言っているが、胸の大小に貴賤はないのだ。とくにマイクロビキニでは体の線がモロに出る。それが華奢なロリ体型+おとなしい系地味かわ女子というギャップで、さらに紐系水着! Hoo――! わかるか、この感動が!? いやわかってくれ、これはいいものなんだ、大丈夫、おかっぱもすぐに良さがわかるから。ね?

おかっぱが引き気味の顔をしていたので我に返った。私はちょっと頭がおかしくなっていた。でも仕方なくない? 貧乳ロリJCマイクロビキニなんだぞ? ちょっとくらい脳の回路が狂っても許されるべきである。私は悪くない。

「えっと、喜んでもらえた……? なら、よかったです」とおかっぱはなんとも言えない笑みを浮かべた。うむ。

それでは準備しようか、と促すと、「何をですか?」とおかっぱはきょとんとした顔。やれやれ。不慣れなおかっぱのために教えてやるとしよう。

水着を着たなら行き先は水場と決まっている。

そんなわけで風呂場にやって来たのだった。湯船に湯を張る間、水着の出来を確かめていたのだが、なかなかどうして。もともとはポニテに着せて辱めてやろうと買ったものだったが、上下セパレートの紐式なので、十分おかっぱにもサイズ調整ができていた。お金をケチらなくてよかった。通販送料込みで五千円くらいしたからな。

しかし、私は水着を確かめているだけなのに、どうしてかおかっぱはもじもじと身体をくねらせるので、その度に動かないように指示しなくてはならなかった。わあ、胸とか股の生地ってこんなに薄いんだー、すごいなー。紐食い込んだりしてない? 本当かなあ? 痛くならないようにちゃんと調節しないとねー。とやっていただけなのに。不思議ー。

さて風呂場である。狭い洗い場に立って並ぶと、おかっぱは背が低いので、マイクロビキニの真上からの視点が手に入るわけだが、これが最高にいい。薄い胸の盛り上がりに薄い布板が張り付いて垂涎ものである。そのまま下も見えるのがさらにいい……最高……!

ちなみに私は全裸である。お風呂だからね。「お兄さんの、いつもよりスゴくなってますね……?♡」と手を添えられて、よほどその場でどうにかしてやろうかとも思ったが、私は我慢した。私たちにはしなければならないことがあるのだ。

すなわち、プールに行けないのならお風呂場で遊べばいいじゃない! 作戦である。私は黒髪ツインテの一件で懲りたのだ。もう公共空間で局部を露出したりなんかしない。私もいたずらにお巡りさんのお世話になりたくはない。

とりあえずいっしょに湯船に入って、水を掛け合ってみる。無言で。しかし、私とおかっぱとでは、同じ無言でも意味が違った。私は何の面白みもないマッパだが、おかっぱは水着である。マイクロビキニ、極薄素材。しかも彩度低めのパールオレンジ。

透けるんだな、これが。

私の視線に、おかっぱは不思議そうな顔で自分の胸元を見た。ゆるゆるとその顔が上がって、私と目が合う。しばらく、胸元を隠そうとするおかっぱと、隠させまいとする私とで格闘が起こった。結果は私の勝ち。正確には、おかっぱが小さく吐息して抵抗を止めた形。私は勝者の特権として思う存分、透け水着を堪能させてもらった。

次は息止め対決。これは開始して即敗北した。息を大きく吸って水面に顔をつけて数秒、おかっぱに水中の我が愚息を握られて、息を全部吐き出してしまったのだった。咳き込みながらルール違反を主張したが、「なんですか?」と勃ちっぱなしの愚息を人質にされては負けを認める他ない。おかっぱも強くなったものだ。

不意に、おかっぱがくすくすと笑った。「楽しいですね。こんな、なんでもないことなのに」と、おかっぱがしなだれかかってくる。受け止めると、本当に背中の肉が薄かった。

やっぱりいいなあ、おかっぱ……と思って、気付いた。おかっぱの背から下に撫で下ろすと、筋肉の薄い肌の感触がどこまでも続いている。

……水着は? 訊くと、おかっぱは答えなかった。代わりに、私のそそり勃った逸物に片手を添えて、片脚を上げる。跨がられて先端がぐちゅりと濡れたものに触れた。

待て待て待て、ゴム付けてないから、ね? 待って?「ダメです♡ ピル、飲んでるって言いましたよね?」それは前に聞いたけれども! 前戯もしてないしさァ!? とおかっぱを止めようと腰に両手を触れた瞬間。

あっ、とバランスを崩したおかっぱの身体が急に沈んだ。ズブっと勢いよく、宛てがわれていた肉穴に先端が滑り込んだ。
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/18(土) 07:24:03.69 ID:dM1knocI0
おかっぱ「……挿入っちゃいましたね?♡ ふふ、お兄さんの、おっきいです……♪♡ ♡」

と淫奔に笑うおかっぱの膣内は予想外に潤っていて、私のモノを中ほどまで受け入れていた。肉竿を絞り上げるような締め付け。私は唾液を嚥み下す。ともすればがむしゃらに目の前にぶら下がった餌を蹂躙しかねない己を自覚していた。

場所と体勢がなによりマズかった。湯船の中は脚を伸ばしきれない狭さで、思う様動くには窮屈極まりない。それがフラストレーションになって、さらに獣欲は苛烈になる。一方で、腰上に乗ったおかっぱは軽く、腕に抱き竦めて奥まで突き刺すには手頃なのだった。

――そんな思考が頭を飛び交って、私はおかっぱが深く息をしていることに気が付いていなかった。

おかっぱ「はー……♡ はー……♡」

下腹部に手を当てて呼吸を整えているおかっぱ。調息のような息遣い。私はそれが何のためか、おかっぱのただならぬ気迫でわかった。

おかっぱが調整しているのは手を触れている皮膚の直下、私のモノを咥えている彼女自身の内部だった。――これまでは私の全長からすれば七割程度を受け入れるのが限界だったそれ。

ゆっくりとおかっぱの腰が降下する。少しも行かないうちに先端が行き止まった。そのままではそれ以上奥へはいけない。おかっぱは口に手を当て、それでも呼吸の乱れを隠せず、腰を揺すって膣内の当たり具合を調整しようとする。

しかし、おかっぱの軽い上体で、可動範囲の狭い湯船の中で完遂するのは困難に違いなかった。私はおかっぱを抱き締めた。ぎゅっと強く、腕に力を籠める。

おかっぱ「イヤです、時間をかけたら、きっとできますから、お兄さんの、ちゃんと、ぜんぶ、私に……! お願いします……っ」

嫌々と身動ぎするおかっぱに、わかっている、とささやく。え、と抵抗を弱めるおかっぱに、しっかり掴まっているように言うと、おかっぱは慌ててしがみ付いてきた。

私は片腕でおかっぱの尻をホールド。(お尻の肉はいくぶん付いてきたか?)空いた手で浴槽の縁を掴んで、慎重に立ち上がった。

そうして縁に腰掛ければ、自由度の高い対面座位の完成である。湯船の中だとお湯が膣内に入って良くないしね。浴槽の縁は思ったより幅が狭くて体重を掛けるのはちょっと怖いが、あまり激しくしなければバランスを崩すことはないだろう。

さて、それではおかっぱのちょうどいい角度を探そうか? ここかな? こう? おかっぱは軽いから簡単に持ち上げられるなあ。手軽に試せて大変よろしい、と両手と腰を微細に揺すったり突き上げたりすると、

おかっぱ「あっ♡ ♡ ひぁっ、あんっ♡ ♡ あっあっあっ、ちょっとずつ、ちがうところ、当たってぇ♡ ユサユサって、これっ、すごいっ♡ ♡ すごっ、ひっ、あッ!?♡ ♡ ああ、ぁ――――♡ ♡ ♡」

こんな感じに全身で抱きついてくるのが素晴らしい。おかっぱは小さくて非力なので、力いっぱい抱きつかれても可愛いだけなのだ。それをあられもなく善がらせ、啼かせるのが愉しくて、さらに続行する。

コツコツと奥、子宮口の感触をカリに感じながら考える。これ以上奥に進みたければ邪魔者を排除しなければならない。つまり子宮である。そもそも膣は伸縮性が高い。子宮さえうまく避けられれば全部挿入られるのだが……

と、とりあえずおかっぱの上体をやや奥に倒しながら腹側を小削ぐように抉る。それにしてもナマだとやっぱり締め付けきついのにヌルヌルでたまらないな……! とやっていると、ぬるっといった。

おかっぱ「あ……、あぇ? あ――……?」

おかっぱの尻が私の腿に降りている。呆けたようなおかっぱと視線が重なった。

おかっぱ「ぜんぶ、はいった……? お兄さんの、私に、なか、ぜんぶ、やっと――」

ぶるぶると体中を震わせて、おかっぱがしがみついてくる。何もしていないのにビクビク肩を跳ねさせているのが肌でわかる。おかっぱも胎内もそれに連動して、ひっきりなしに締め付けと弛緩を繰り返していた。中に咥えた肉棒を抱擁しては自由にし、根元だけを締めたかと思えば全長をきつく絞る。ただ、そのすべてが、奥へ奥へと貪欲に引き込むような動きをしていた。

おかっぱ「あ――――……♡ ♡ ♡ ♡」

私は射精していた。忘我の心地で、肉襞の誘惑に請われるままに、高まっていたものを吐き出していく。永遠に等しい時間を少しでも長く味わいたくて、私は腕の中のおかっぱと唇を重ねた。

繋がり合ったところから溶け合って、ひとつの生命になったようだった。私とおかっぱは随分と長い間そうしていた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、12:00より採用、締切15:00まで
おかっぱコミュ終了です、下記の安価制限があります
(おかっぱ解禁まで7回)
(黒髪ツインテ解禁まで6回)
(大家娘解禁まで5回)
(施設後輩解禁まで4回)
(ヤンキー解禁まで3回)
(桃髪サイド解禁まで2回)
(金髪ギャル、おさげお嬢様解禁まで1回)
(指定可:ポニテ(+5)、剣道少女(+30)、留学生、オレンジショート(+30)、銀髪ロング(+35))

おかっぱ『私、気付いた。お兄さんと私の間にあるものは永遠なんだって。ほかの誰にも、時間にだって邪魔できないの』

おかっぱ依存度:身体依存度A、精神依存度A
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 12:01:54.96 ID:+ra/reFi0
ポニテ
なにやら難関国家資格に合格したとのことで、お祝いという名目で「私」の部屋に押しかけて手料理を作ってイチャイチャしてきた
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/18(土) 12:14:36.63 ID:wdtTMZybO
留学生
この前のお礼にと押し掛けてきて手料理を振る舞ってくれる
一見すると言動は今までと変わらないよう見えるが衣装や行動の端々にビッチの本性をのぞかせるような大胆さで男を誘惑する
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 13:56:53.03 ID:ijOBRLvjO
銀髪ロング
街でばったり出会いどうして
連絡をくれなかったのかと絡まれる
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 16:17:42.05 ID:dM1knocI0
>>712採用、ですが国家資格合格ではなく、模試成績が良好だったということに改変して進めます
(ポニテの将来設計を考えると社会福祉系の資格になるけど、試験資格が大学の課程を修了しないと得られないため)
(……と思う。ネット調べなので正確かは知らないけど、大学二年生のポニテだと試験受けられないんじゃないかな)

書き溜めます
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 00:55:59.54 ID:soFuc+qeO
乙です
控えめな子にマイクロビキニは良いものだ
ヤりまくりで好成績修めるポニテ凄い
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/20(月) 21:40:49.26 ID:ojykF9Iq0
>>712採用、一部改変
(なにやら難関国家資格の模試で好成績だったとのことで、お祝いという名目でポニテの部屋にお呼ばれした。ポニテの手料理を食べながらイチャイチャしてきた)


ポニテ「お兄さ〜ん♪ お料理、美味しいですか? ……そう? ふふ、よかったぁ……は〜い、次は鶏の揚げ焼きです。あ〜ん♪♡」

私は言われたとおりにした。あーん。美味しいです(モグモグ)。はい。

ポニテ「うふふふっ♪ それじゃあ、今度は私にしてください。あ〜ん♪♡ ……ん〜〜っ、美味しい……お兄さんに食べさせてもらうと、とっても美味しく感じます……不思議ですね?」

そうですね。喜んでいただけたならよかったです。私は言われるまま、あーんしたりされたりした。

卓上に並んだ料理はたしかにどれも美味だった。ポニテが料理上手なのは承知していたのだが、ひとつだけ、いつもと異なっている点があった。

ポニテ「んっ、んっ、んっ――ぷはぁ。お酒、おいしい……♪」

ポニテが上機嫌に傾けているグラスの中身が問題なのだった。今まで一緒に飲んだことがなかったので知らなかったが、まさかポニテがここまでお酒に弱いとは……! それ、アルコール度数かなり低いぞ……!?

事の起こりは、珍しくポニテから、彼女の部屋に来てもらえないかという誘いがあったことだった。用があればポニテは向こうから家に来るタイプである。さて、どうしたかな、と私は隣のポニテ宅を訪ったのだが。

ポニテ『いらっしゃいませ、お兄さんっ! さあ、入って入って』

笑顔のポニテに出迎えられて中に入ってみれば、えらく豪勢なご馳走が用意されていたのだった。おそらくパーティ用の大テーブルに、所狭しと料理が盛り付けられていた。なぜか中華風の。

そこに、ポニテの部屋では滅多に見ないお酒類が並んでいたので、もしや何かのお祝いかとも思ったが、あいにく私にはとんと人に祝われる謂れはなかった。

私が怪訝にするのはわかっていたのだろう、ポニテは少し含羞んで言う。

ポニテ『実はですね、この前受けた模試の成績がとっても良かったので、自分のですけどお祝いがしたくて……』

聞けば、さる国家資格の模試なのだという。ポニテの将来設計を考えれば、取っておけば間違いなく有利になるであろう資格で、大学のカリキュラムでいえば三年次から対策講義が始まるものなのだという。

ポニテ『私は個人的に資格の勉強をしていたんです。先生方が力試しに受けてみたらどうだって進めてくれて。そうしたら』

なんと合格点を軽く上回る成績を叩き出したのだとか。試験資格は大学の卒業が必要なので(厳密には違うそうだが、その理解で間違ってはいないらしい)、すぐに国家資格が得られるわけではないのだが、ポニテはいわばほぼ内定状態といっていいことになる。

それはめでたい。祝わねば。しかし、そういうことなら、料理なんかの用意は私がするべきだったのでは? ポニテのお祝いの準備をポニテ自身がするのでは意味がないではないか。

私が言うと、ポニテは笑って首を振った。

ポニテ『もともとは、私が自分を褒めてあげたいと思っただけなんです。まだ本試ではないので先のことはわかりませんが、少なくとも、これまでの努力は報われたんだって。――それで、ですね』

指を体の前で絡ませて、ほんの少し上目に私を見て、ポニテは言った。

ポニテ『もし、お兄さんがいっしょにお祝いしてくれたら、とってもうれしいなって思って……』

意外に水臭いことを言うものだ、と私は笑ってしまった。当然祝わせてもらうとも。それとは別に、なにか祝いの品を考えなければならない。さすがにポニテ作の料理を食べてポニテへの祝福を仕舞いにするわけにもいくまい。

しかし、なにげにポニテとお酒を飲むのは初めてである。ご飯は結構な頻度で一緒に食べているのだが。「私も普段は飲まないんですけどね。たまにはいいでしょう?」というポニテの言に乗って、とりあえずビールで乾杯したのだった。

そうしたらポニテが壊れた。最初は何てことなかったのだ。それが、グラスを傾けるスピードがやたら早いことに気が付いたときにはもう遅かった。ポニテが飲んでたのがもっぱら低度数のチューハイだったので油断していたのだ。

そして今に至る。

ポニテ「えへへへ……♪ ねえ、お兄さん? 私、頑張りましたよね? ね? だから、もっと、も〜っと褒めてください♪ ほら、はやく、はやくっ」

と、食事中なのにずずいっと身を乗り出して腕を取ってきたり、

ポニテ「…………♪ お兄さんの手、きもちいいです♪ もっと撫でて……?」

頭を撫でたら撫でたで目を細めてふにゃふにゃした笑顔見せたり。こんな無防備なポニテ見たことないぞ!? ヤベェー、超・可愛い……! いつものポニテもいいけど、こういうのもいいな!

……つーか、この娘、お酒飲んだらこうなんの? ポニテは二十歳なんだから、今までお酒の席もあっただろうに。こんなの、大学生男子が見たら獣になるぞ……?

ポニテ「え〜〜〜? ねえ、お兄さん? それって、もしかして、心配してくれてるんですか? ん〜〜?」

とポニテが猫みたいに笑いながらぴったりくっついてくる。ポニテのそういう表情は新鮮で、けっこうクるものがあった。ほほう、君、そんな挑発的な流し目できたんだな? なかなかいいじゃないかね……?

なんて考えていた私の、膝に置いていた手の上に、ポニテの手が重なった。ひやりとした手。滑らかな皮膚。心臓が一瞬、大きく跳ねた。

ポニテ「――それとも、もしかして、嫉妬?」

囁かれた言葉が鼓膜を揺らした。ねえ、と今日何度目かの呼びかけとともに、ポニテが寄りかかってくる。私のシャツの胸を?きむしる指。腕に感じる艶やかな肢体の感触。

それでも、一番淫らなのは、囁きに交じる熱っぽい吐息だろうか。

ポニテ「ご褒美、今もらってもいいですか?」

ちゅ、と首筋に口付けられる。微かな水気を含んだ音が身震いするくらい官能的だった。
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/20(月) 21:41:57.30 ID:ojykF9Iq0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、0:00より採用、締切1/21 18:00まで
ポニテコミュ続行です、プレイ内容を安価ください(一応次回で終了予定)

ポニテ『一週間。学費や家賃の負担をかけてるんだから、長期休暇に帰省してお礼を言うのは当たり前のことなんだけど。すごく長かったな……』

(ちなみにポニテは酔ってると見せかけてほぼ素面です。演技派……!)
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/21(火) 01:01:52.25 ID:xmVRy0BKO
お風呂に入って、お互い洗いっこ
体を使って優しく扇情的に洗ってくるポニテ
お風呂出てから、ポニテに素肌にエプロン着させて、妄想新婚いちゃラブプレイから仮想子作りプレイ
何度も交わったあと、ポニテが「私」を優しく胸に抱き締めて頭を撫でてくれた
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/21(火) 15:43:51.13 ID:e3aIsyEZO
御褒美名目でポニテに使おうと思っていたちょっとしたSMグッズを代わる代わる使う
口では色々いうポニテだが身も心も男に溺れてる状態なので男から与えられるM快楽に目覚めていく
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/21(火) 16:21:47.69 ID:IARvdWUzO
ご褒美ということ+酔っていたので優しく抱いていたら
いつもみたいに激しくしないのかと言われたので
拘束+以前中断したお腹にマッサージ器を当てての
奥責めを気絶するまで行いその様子が形に残るように録画しておく
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 02:59:32.84 ID:0fGErDbO0
>>721採用
ついでに>>719>>720も部分的に採り入れます
(ご褒美ということ+酔っていたので優しく抱いていたら、いつもみたいに激しくしないのかと言われたので拘束+以前中断したお腹にマッサージ器を当てての奥責めを録画しながらやる)


そうと決まれば準備である。ちゃんと歯を磨いてシャワーも浴びないと。セックスは衛生的にね! お兄さんとの約束だぞ! おや、どうしたポニテ、そんな顔をして。マーボー味のキスがご所望かね?

そう言って洗面所にポニテを押しやったわけだが、ポニテは先にお風呂の用意をすると言う。一緒に歯磨きしたほうが時間効率よくないか? 私の至極もっともな意見を、ポニテは却下した。

ポニテ「いえ、私はもう磨いてますので」

いつの間に……? まあ手間が省けていいけど。というかお風呂の用意って何? まさかお湯張るの? 私、簡単にシャワーで済ますつもりだったのだが? 「――いいですから。早く歯磨きしておいてください」ハイわかりました。歯磨きしてます……

ちなみに歯磨きセットはポニテ宅に用意してあったりする。いちいち持ってくの面倒なので。シャコシャコ磨くが歯間が気になる。でも歯間まで磨き出すと所要時間が倍加するよな……目視でわかる範囲にするか……

と、浴室のポニテから呼ばれたので、口を濯いで脱衣して浴室の扉を開けた。一歩踏み入れて、違和感。椅子がいつもと違った。椅子中央を大きな溝が貫いているシルエット。

……スケベ椅子だこれ……!

ポニテ「早く入ってください。中が冷えてしまいます」

あ、ハイ。震撼しながらも中に入ると、浴室には温かな蒸気が漂っていた。床もじんわり温かい。なるほど、準備とはこういうことか。感心しつつ、こんなに気遣われるとそれはそれでくすぐったい。

椅子に掛けるように言われて腰を下ろす。スケベ椅子に。いや、正確には介護椅子か。なんというのか、尻への接地面が小さくてポジショニングが落ち着かない感がある。こんな形でスケベ椅子童貞もとい介護椅子童貞を失うことになるとは。

そういえばポニテは何をしているのだ? 首を捻って振り返ろうとしたとき、「こんなものでいいかな」とポニテの声。

ポニテ「前を向いていてください。私が洗ってあげます」

そう? 悪いね、なんて言う間に、軽くシャワーを掛けられる。いい心地。それから、むにゅう、っと背中に素晴らしく柔らかいものが潰れる中にちょっと固いのが混じっているような気がして、それが上下に動いてムニムニそしてコリコリと――って、これは……!?

ポニテ「腕、上げてください。冷たくないですか?」

ハイ! 大丈夫です! 答えて腕を上げると、脇の下から泡泡なポニテの手が入ってきて、私の胸に泡を円運動で擦っていく。つまりポニテの体勢からして私の背中に当たっているのは、結論から言うとおっぱいボディ洗体だ! ――なんてこった、おっぱいで洗体だと!? 私はいくら払えばいいんだ!? さては君、私の身体が目当てだったんだな……!?

ポニテ「……腕、洗いますね」

と、胸の谷間に泡を追加したポニテに腕を取られた。そして胸の谷間を腕がズリズリっとして、温ったか柔らか幸せ感覚……! すっごい滑るなこのボディソープ!? ヌルヌルで気持ちがいい!

もう片方の腕でもやられた。その頃には私の頭の中はおっぱいでいっぱいだった。ポニテのおっぱいは柔らかさの中にハリがあって、でも固くはなくて、ぷくっとした乳首が可愛らしいアクセントの高品質おっぱいなのである。

そんな事を言っているとおっぱいが離れた。おお待ってくれ、病めるときも健やかなるときも我が人生はおっぱいとともにあれ……

ポニテ「何言ってるんですか、もう……ほら、こっち、向き直してください」

おっぱい……。私はしぶしぶ身体の向きを変えて座り直す。ええい、さっきから座りにくいのだ、この椅子は。作ったやつは何を考えていたのだ?

そんな不満は、ポニテの姿を見て吹っ飛んだ。全身泡泡なのはいいとして(よくはない。すごくエロい)、浴室のそれほど明るくはない照明で、なぜかテカテカに光って見えた。

……ものすごくエロいな……! もう頭がどうにかなりそう!

そんな一方で、ポニテの視線は私の一点に集中していた。指を伸ばして、それの根本から、す、と伝わせる。

ポニテ「もう。キレイにしなきゃいけないって言ったの、お兄さんですよ? それなのに、先の方から、トロトロ〜って出しちゃって……どういうつもりなんですか?」

指先で突かれて、ビンビンに固くなったペニスからは透明な雫がダラダラとこぼれていた。いや、これは私、悪くなくない? ポニテにおっぱい押し付けられてプラス一点、体中を指で触られて二点、それにそんな泡テカ姿見せられたら当然の結果である。私は悪くない。

「泡テカ?」と首を傾げられるが、なんでそんなテカテカしてるの? 泡はいいよ、でもテカテカは卑怯だよ。再戦を希望する。

ポニテ「ダメです。というか、今は私がお兄さんを洗っている番です。――大事なところなんですから、しっかりキレイにしないといけませんよね?」

念入りに洗われた。百歩譲って竿とか先端を洗うのはいいけど(よくない)、竿コスコスしながらお尻とか陰嚢洗うのはヤバいです! 椅子の溝ってそういう……、あひィ! ああああ、亀頭……! あァー!

というところで終了された。「はい、キレイになりましたね。泡を流します」と、丁寧にシャワーを掛けてキレイにされた。
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 03:01:03.06 ID:0fGErDbO0
……次はポニテの番だな? そうだな? 私が手ずから君を洗ってくれるわ。覚悟しろ……!

ポニテ「いえ? 私はご飯の前にシャワーを浴びてたので。それじゃあ出ましょうか」

君ィ……えらく手際が良いじゃないかね? と問い詰めたかったが、浴室を出て体を拭かれるところまでやられて、それ以上の言及はできなかった。具体的には股間を丁寧に拭われたのが刺激的すぎたのだった。ふわふわなタオルがいい感じに擦れたので。新しい扉を開いたらどうしてくれるのだ

もう許さん。拭かれ終わった時点で、私のフラストレーションは上限を突破していた。今まで散々弄んでくれたこの娘に裁きの鉄槌を下してやらねば。鉄槌(意味深)。ふふふ。

しかし、私は考えた。それこそがこの賢しい娘の思惑なのだ。ポニテは私をわざと怒らせることで、お仕置き名目に自分が滅茶苦茶に犯されるよう画策しているのだ。ポニテはドスケベだからな!

だったら、私の採る方針は一つだった。テキパキと自分の身体を拭いて、タオルを籠に入れたポニテの顔を引き寄せた。――ベッドに行こうか? ささやくと、ポニテがぴくりと肩を震わせたのに、私は努めてやわらかく微笑んだ。

脱衣場を出て、ベッドにポニテと並んで腰掛ける。目を合わせ、ポニテの頬に手を添えて、そっと唇を重ねた。ちゅ、ちゅ、と軽い口付け。ポニテの後頭部を支えると、応じるように、ポニテの手が私の胸板をまさぐる。それを肯定と受け取って、みずみずしい唇の間に舌を伸ばした。

はじめは浅く、あいさつ程度に。唾液を塗り合うように、絡まりを深めていっては、また軽いものに戻す。それを、いつもより周期を長くして繰り返す。

ポニテ「んふ、固ぁくなってますよ♪ ふふっ、えっちな形……♡ ♡」

キスの合間に、ポニテが私の股間に触れた。握ったりはせず、その輪郭を指で辿るだけ。その程度の刺激で竿を反応させてしまう私を、ポニテはクスクスと笑った。

明らかに誘うような言動は、常のポニテにはないものだった。もしかすると、ポニテは本当に酔っているだけなのかもしれない。まあ、許しはしないし、いずれにしても私のやることは変わらない。

とはいえ、ちょっと考えものだった。なにせ、そんなに欲しいのか? と意地悪く訊いてやっても、「はい♡ 本当はお風呂のときから、ずっと……♡」なんて言うのだ。ポニテはドスケベのくせに羞恥心だけは人並な女なのに。アルコールでその辺のリミッター飛んでいるのだろうけど。

私はポニテをベッドに横たえた。ポニテの瞳には隠しきれない期待の色。私は笑って、サイドポニテに口付けた。

そのままじっくり愛撫ルートに突入してやった。乳首ィ? すぐには触らないよ、勿体ないだろう。大きく円を描くように揉みしだいたり、胸の付け根から肩までほぐすようにしたり、指先だけで乳頭ギリギリを攻めたり、軽く爪で掻いてみたり。話はそれからだ。

ポニテ「あっ、やぁっ♡ ♡ もっとちゃんと、触って、んむっ!?♡ んっ、ぷは、もう、お兄さ……っ!♡ ♡」

ははは、ポニテは身体中、触り心地がいいなあ。へそのライン、腹直筋がうっすら浮いて綺麗なんだよな。清楚なナリして太腿なんか締まってるのにムッチリしててさ? もうたまらないよね。

とやっているとポニテが涙目だったので、いじめるのはこのくらいで打ち止め。そろそろ本丸へ、と目をやった。指でも触れてみる。外の襞に沿って指を添わせた。……滅茶苦茶濡れてるなあ、ポニテ?

ポニテ「だって、お兄さんが焦らすからぁ……! あっ、ヤだ、いきなり指……っ♡ イっ♡ ♡ 待って、お兄さんっ、ひっ……!?♡ ♡ ♡」

指を中に挿れただけでこれである。さすがにポニテは感度がいいというか、男に都合のいい身体をしているというか。

苦しくないか、とか、このくらいだったら痛くないか、と気遣った言葉を掛けながらポニテの膣を責めていく。

――実際のところ、私はポニテの欲しいスピードも強弱も把握している。それをこうして確かめてやるのは、私はちゃんとポニテのことを大事にしているというポーズの意味合いが濃い。ま、女子の身体は複雑である。本当に感じ方が日によって違っていたりするので、無駄にはならないのだけど。

ついでに、膣を弄くりながら乳首をきゅっと捻ってやると、「〜〜〜ッ!?♡ ♡ ♡」とポニテは軽く仰け反った。本当に感じやすい女である。ポニテの反応が落ち着き出したところで、乳首を離してやって、キスをしたり、顔に触れたりして、ポニテを引き戻していく。

ただ、完全には降りきらないように、膣への刺激は微弱ながら続ける。油断したところで、今度はクリトリスを親指の腹で押してやると、「あっ?♡ 待って、さっきイったばっかりで、私、すぐっ、あ――――♡ ♡ ♡」軽くタップしてやるだけで、さっきと同じくらいには上り詰めるのが心底愉快だった。

頃合いを見て、指を引き抜く。眼下、ポニテの身体は完全に出来上がっていた。桜色に色付いた肌、荒い呼吸ですっきりとしたへそが上下して、こんもりと膨らんだ胸には珠のように汗が浮かんでは、その稜線を滑り落ちていく。大きく股を開いて秘所をさらけ出しているのに、目だけは腕で隠す風情に、獣欲が燃え上がった。
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 03:01:37.69 ID:0fGErDbO0
私の方もセルフ焦らしプレイだったので、これ以上は待てなかった。さて、ゴムゴム……とベッド近辺を探したところで、ポニテが言った。

ポニテ「ああ、コンドーム、補充するのを忘れてました。うっかり」

腕を上げたポニテが、どうしましょう、と笑った。私は奥歯を噛みしめる。ンンン、当初の方針から言えばここは我慢の一手……! これは私をさんざん弄んでくれたポニテへの復讐なのである。誰が思い通りにしてやるものか。

そういえば、これはポニテへのご褒美名目だった気もするが、知ったことではなかった。私のするべき行動は、ちょっと中断して服着て私の部屋戻ってゴム取ってくるだけ。なんだ簡単じゃないか。余裕余裕。

ポニテ「あ、あ――……やっと、挿入ったぁ……♡ ♡ 指じゃ、届かないところまでっ、あッ♡ ♡ 一気に……っ♡ ♡ ♡」

無理でした。私は腰を突き出して、ポニテの胎内深くまで己を埋め込んでいた。ポニテは締まりがいいというよりは、襞がうねうね纏わり付いて離れない感覚で、最高に具合がいいのである。初っ端から奥まで挿入しても、事前にきっちり準備してやればらくらく受け容れてくれるのもポニテのいいところ。

こんなの、私が我慢できるわけがないのだった。

ポニテ「ん……っ♡ ♡」

このまま動いてもよかったが、なんとなくもったいなさを感じた。私はポニテに覆いかぶさるようにして、唇を重ねる。重力に従って、ポニテの一番深くに自分を押し付けながら、熱烈に舌を絡ませ合う。

そうしながら腰を微細に揺すって、少しでも奥に自分を潜り込ませていくと、ポニテも私の頭を抱き込んで、あられもない声で善がった。それを唇で塞いで、言葉の代わりに、言葉以上のものを交換しあって。

ポニテ「ッ――――……♡ ♡ ♡ ♡」

脳が白く爆ぜるような射精。深く深く結合して、自分の遺伝子をポニテに捩じ込んでいく。絞り上げるような動きをする肉穴に脈動を促されるようにして、ひたすら、自分の欠片を放出していた。

一息。なんというか、普段の二発分くらいを一度で出し切った感。一息を大きく取っていると、下から抱き締められた。髪を指で梳くように撫でられる。ポニテの胎内に突き挿していたものが、ゆっくりと萎えていくのを感じながら、私はポニテの体温に身を委ねていた。

ささやき声が、耳元でした。

ポニテ「今日のお兄さん、すっごく優しいんですね……?♡ 私、あんなに頑張って誘ったのに……ふふっ♡ ♡ ――って、あの、お兄さん? どうしました? 顔、笑ってますけど……笑ってないですよね、それ……?」

そのとおりだった。人が優しくしてあげていれば調子に乗りおって……! 私は行動を開始した。

ハイ、ポニテの三分クッキング。ポニテの部屋に避難させていた拘束グッズを取り出します。ポニテに装着します。終わり。

懐かしの腕折り畳み+M字開脚である。数度は気をやっていたようだから抵抗も少なくてよかった。ははン、いい格好じゃないか、ポニテ?

ポニテ「……これからどうするつもりですか。前みたいに、私をモノみたいに扱うんですか?」

まさかまさか。そんなことはしないとも。たんに、興味があるだけだ。

首をかしげるポニテに、私は電動マッサージ器を取り出した。この前はビビって途中で終わっちゃったからね。今度は容赦しない。

顔を引き攣らせるポニテに言い放って、私は笑った。さっき大量に出したにもかかわらず、一物がじわじわと硬度を取り戻しつつあるのだから、つくづく私は好奇心に弱い。

というわけでポニテにも協力していただいた。ポニテをベッドに据え置いて、その前に立つ。舐めるように命じると、割合素直に応じた。

ポニテ「れぇ――、ちゅっ♡ ちゅっ、ぇ――……んむっ。はむ、んっ、じゅるるるる……♡ あむっ、んっ、んっ、はぁー……♡ ♡」

ポニテは拘束されながらも器用に顔を傾けて、竿を唇で挟んだり、舐めたり咥えたりと献身的だった。この娘、ほんとエロいな……

大分復活してきたので、今度は遠慮なくポニテの中に挿入れた。体位は背面座位。時間を置いてしまったので深度は浅くにとどめて、乳首をいじったり、キスをしたりで慣らす。先の精液も合わさって、ほどなく状態が整った。

ポニテ「ぃひ……ッ!?♡ ♡」

ズブっと奥まで挿し込むといい声で啼く。ゴツゴツと揺らしてやるとさらにいい。ポニテはこうなると、どこを触っても感じるようになる。乳首やクリトリスなんかの性感帯はもちろん、首や腹、腿を指先でなぞるだけで全身をゾクゾクと震わせる。

耳元で囁くだけでもそうなのだ。これからポニテはどうなっちゃうんだろうな? 楽しみだなあ!

――結論から言えば、ポニテは三十分保たなかった。ちょっと楽しくなって、口枷せずに頑張って声を抑えさせたのが想定以上の効果を発揮したのかもしれない。

ガチガチに勃ったのを奥まで突き刺したまま、ちょうどその先端部あたりに電マを当てて、グリグリっといったのだが、

ポニテ「ふ――――ッ♡ ♡ ♡ ンふ―――――ううううッッ、ん“ん”ん“ん”ん“あ”あ“あ”あ“あ” ♡ ♡ ♡ ♡ ♡」

最後のほう、イヤイヤって身体をくねらせるのを無理やり押さえつけながら続行したら、すごい声出したのでかなりビビった。ほか、歯をかなり食いしばったりもしているようなので、慌てて口枷咥えさせて続けたらオチた。完全に白目剥いてたもの。

ぶっちゃけ、白目気絶とか、興奮以前に引くよなあ……あ、射精はしました。一応ね。
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 03:02:10.80 ID:0fGErDbO0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、1/22 18:00より採用、締切21:00まで
ポニテコミュ終了です、下記の安価制限があります
(ポニテ解禁まで7回)
(おかっぱ解禁まで6回)
(黒髪ツインテ解禁まで5回)
(大家娘解禁まで4回)
(施設後輩解禁まで3回)
(ヤンキー解禁まで2回)
(桃髪サイド解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル、剣道少女(+35)、留学生(+5)、オレンジショート(+35)、銀髪ロング(+40)、おさげお嬢様)

ポニテ『(事前:)お酒に酔ってるフリなら、いやらしい女みたいに振る舞ってもいいよね? もし、いつもより激しくされたらどうしよう……♡ ♡
→(事後:)…………っ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ もうダメ、私、絶対お兄さんに勝てないっ♡ ♡ だって、セックス、すごすぎるもんっ♡ ♡ ♡ もう、絶対、離れないっ、離さないっ……!♡ ♡ ♡』
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 18:14:38.63 ID:rb0+A61DO
金髪ギャル
お祭りの時のお礼にとご飯を作りにやってくる
一見すると様子は変わらないが衣装や挙動はビッチの本性を露わにして男を誘惑してくる
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 18:23:33.84 ID:zrThhVM40
剣道少女
思いつめてるとこをみられおじさんに声をかけられる、彼氏とのことで悩んでることを相談
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 20:05:21.70 ID:bY/2T2YtO
留学生
この前のお礼にと押し掛けてきて手料理を振る舞ってくれる
一見すると言動は今までと変わらないよう見えるが衣装や行動の端々にビッチの本性をのぞかせるような大胆さで男を誘惑する
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 20:11:11.85 ID:0fGErDbO0
たぶん>>726は留学生の間違いですかね、一つ繰り下げます
締め切り21:00まで、もう1レス安価を受け付けます
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 21:35:08.59 ID:OdJ438iGo
金髪ギャルと留学生の内容一緒じゃんと思ったら間違えか
と思ったけどサラっと連投してて草
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/23(木) 19:25:54.95 ID:qDuR8p/H0
>>727採用
(八月。剣道少女が思いつめてるとこをみられおじさんに声をかけられる、彼氏とのことで悩んでることを相談)
(※前回コミュで彼氏くんの裏切りが発覚したのは六月です)


少年「最近、明らかにおかしいじゃないか! ラインだって全然くれないし、部活休みだからどこか行こうって言っても断るし……前までは、学校から帰るのも、そっちから誘ってくれてたのに……僕、なにかした? したなら言ってよ、謝るから」

少女「そんなことないよ……そんなつもりじゃなくて、本当に、色々忙しいだけで」

少年「嘘だ。絶対避けてる。もう一ヶ月以上そんなんじゃん、いい加減にしてよ!」

少女「っ……」

道端で制服の少年少女が修羅場だった。おや、別れ話? 路上で惚れた腫れたの話なんて、今どきの子は進んでいる。ここはUターンすべきかな。青春のほろ苦い一ページに水を差すのも野暮というもの。あと、巻き込まれたりすると厄介だし。

踵を返そうとしたが、言い合うふたりに見覚えがある気がした。ンン? と注視していると、何やら不穏な気配。

「話をさせてよ――」言って、おそらく少女の手を取ろうとしたのだろう、少年が少女に近付いて手を伸ばしたその時。ぱしっと乾いた音。少女が彼の手を払った音だった。

――というか揉めてるの、剣道少女と、たしか彼氏くんではないか。道理で見覚えがあるわけだ。慌てて、まあまあと割って入る。まあ落ち着いて。道端で揉め事は控えたほうがいいと思うよ。

少年→彼氏くん「な、なんですか、いきなり……! 誰ですか、あなた! これは僕と彼女の問題なんです。邪魔しないでください、僕はその娘と付き合ってるんだ」

少女→剣道少女「あ……」

位置関係上、私が剣道少女を後ろに庇って、彼氏くんの前に立ちはだかっている格好だった。彼氏くんの剣幕は今にも掴みかからんばかり。私は首を掻く。

率直に言って面倒を感じていた。恋仲のあれやこれやに、よく面識もないのに介入したのは後悔しかない。なので、さっさと別の適任者に場を譲るとしよう。

端的に言う。彼氏くんは冷静ではないようだ。興奮している。その状態の彼を女の子と二人きりにすることはできない。共通の友人か、信頼できる相手を呼びなさい。その人が到着次第、私はこの場を立ち去る。

彼氏くん「か、勝手に話を進めないでください! 関係ない人は引っ込んでてよ!」

叫ぶ彼氏くんはずいぶんと頑なだった。ま、思春期だしね。素直に聞き入れられるほうがおかしいか。

私は背後の剣道少女を振り返る。彼女は安堵と困惑の入り混じった、ひどく複雑な表情をしていた。ただ、少なくとも、私の介入を喜んではいないことだけは確実だった。恋仲の男女は取り扱いが難しい。

そういえば、この前はもうひとりいたっけ。剣道少女と、彼氏くんと、もうひとり。たしか女の子だったかな。その子でもいいから呼ぶといい。

もう帰りたい一心で私がそう言うと、剣道少女は息を呑んで身を固くした。ん? と怪訝に思いつつ、前に向き直ると、彼氏くんも同じように硬直していた。竦み上がったように私を見て、一歩、二歩と後退りして。

彼氏くんはそのまま背を向けて走っていってしまった。なんとも尋常でない様子だったが、ともあれ、なんとかなった。そういうことにしておこう。

一息ついてから、剣道少女に振り返った。目が合う。その瞳になにかの感情が浮かんで、私がそれを見て取る前に、さっと面を伏せてしまった。

剣道少女「ありがとうございました。みっともないところを見せてしまって……このお礼は、かならず」

頭を下げる剣道少女に、ああいや、気にすることはないと言い掛けて、思い直した。お礼とは、剣道少女の心配を解消するためなのかもしれない。つまりは私への口止めである。それを考えれば、何かを謝礼としてもらっておいたほうが彼女の気が休まるのかも。

とはいえ、近くに自販機のたぐいもない。時刻で言えばお昼ちょうど、散歩の途中だから昼食を奢ってもらうのも良いかもしれないが、さっきの今では彼女にとって負担だろう。

部外者の私はここで別れるのが先決かな。そうは思ったが、

剣道少女「…………」

無言で頭を下げ続ける剣道少女に、それじゃ、の一言だけで立ち去るのは薄情すぎやしないか。とはいえ気の利いた言葉のひとつも浮かばないし、そんなものを彼女が今必要としているとは思えない。しかし、何も言わないでいることもできない。

――あまり私が口出しするべきではないが、ひとつだけ、いいかな。彼と話すときは、誰かに同席してもらったほうがいいと思う。君のためにも、彼のためにも。

できるだけ優しく言って、私は今度こそ踵を返した。いかにお似合いのカップルでも、喧嘩するときは喧嘩するし、上手くいかない時期もあるのだろう。世知辛いことである。

そのとき、後ろから声が聞こえた。剣道少女の、聞いたことのない声。

剣道少女「同席なんて頼めません。こんなの、誰にも言えない……」

ぽつりと言った声は揺れて、見る間に剣道少女の瞳から涙がこぼれた。両手で顔を覆ってしまって小さく嗚咽する彼女を、私は必死に宥めながら、心のなかで思った。

……やっぱり人の恋路に手を出すものじゃないな! 経験値ゼロの私にできることなんてゼロどころかマイナスなのだ。下手に慰めて地雷踏んだら責任取れないもの……!

自分の無力と無能を思い知ること数分。一応の落ち着きを取り戻したとはいえ、まさかこの状態の剣道少女を置いて帰るわけにはいかない。

何にせよ話を聞かねば始まらない。ちょうど時間も頃合いなので、ファミリーレストランで昼食がてら事情を聞くことにした。
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/23(木) 19:27:17.33 ID:qDuR8p/H0
結論。あいつ浮気してやがった……! 可愛い顔してクズとはやってくれるなあ! この剣道少女放っぽってよその女に走るとかいい趣味してるぜ! しかも相手が共通の幼馴染と学校でとか爛れてるぅー! 以上が私の率直な感想である。

しかし剣道少女は本気で苦悩しているようだった。誰にも言えない、と彼女は言った。恋人と幼馴染が浮気した。それを、責めるでもなく、別れるでもなく、とはどういうことか。

剣道少女「私、もう、どうしていいのかわからないんです……私はただ、今までみたいに、ずっと仲良くしていたかっただけなのに。どうしてこんなことになってしまったのかって、考えても考えてもわからなくて……『私にはあの子達の気持ちがわからない』だなんて、どうしてそんなことを」

それは嘆きの言葉、関係が続けられないことを悲嘆する言葉であって、怒りはどこにもなかった。深い悲しみの中にあるのは、それはそうなのだろう。しかし、恋人をいわば寝取られて、怒りもなければ嫉妬もないことなんてあり得るのか?

私は思案する。思案した内容を検討する。検討した結果をもって推測を立てる。最後に、それを私が言っていいのかを考えた。今から言う言葉は剣道少女の悲しみに追い打ちをかけるものだろうから。

私は言うことにした。どうせ短い付き合いなのだ。傷つけ嫌われたところでなんになる?

――君は本当に彼のことが好きだったのか? 私にはそうは思えないが。

剣道少女「え? それは、好きですよ。だから恋人になったんですから」

君は裏切られた。手酷い裏切りだ、よりによって相手が共通の幼馴染とは。同情に値する。だが、それならどうして、君は怒っていない?

君の悲しみは本当なんだろう。関係が壊れたことを心から嘆いている。だがそれは今まで築いてきた繋がりが壊れることが悲しいのであって、恋人を盗られたことを怒っているわけではない。意味することはひとつだ。

剣道少女「それは――」

君は彼のことを一人の男として見做していなかった、ということだ。君にとっては、幼馴染も恋人関係も大した違いはなかったのだろう。

だが、彼はそうではなかった。君と恋人になりたかった。だから、君には彼の気持ちがわからない、となる。幼馴染の彼女にとってはどうかな? もしかしたら彼のことが好きだったのかも。だとすれば、やはり、君には彼女の気持ちがわかっていない、ということになるね。

剣道少女「いや、でも、私は、ちゃんと……」

下世話なことを聞こうか。君は彼とどこまで進んでいたのかな? 手繋ぎ? キスは? その先だって、恋人なら当たり前にする。君たちの場合はどうだった?

剣道少女は唖然としたまま、何も答えられない。それが、彼や彼女にとっての答えだったのだろう。だから結託して、剣道少女に隠れて関係を持った。これは復讐だ。知らず知らずのうちに剣道少女に傷つけられてきた彼らの憂さ晴らし。

もしかしたら、彼の浮気は、彼女だったら君がしてくれないことをしてくれるからかもしれないな? 恋人が相手にしてくれないんだから他の女に走る。よく聞く話だ。

私は言って、コップの水を飲み干した。剣道少女は口の中で、そんな、とか、でも、とか繰り返している。

ま、こんなのは部外者の無責任な勘ぐりに過ぎない。君が気にすることではない。だって君は、これからも、何も言わずに彼らと関係を続けていくんだろう?

剣道少女「――え?」

やっと剣道少女がこちらを見た。無防備な顔。それを土足で踏み荒らしている自覚はあった。私は薄ら笑いで続ける。

君の取れる行動は二つに一つ。別れるか別れないか。それだけだ。彼らと関係を断ち切るかどうかだ。君が二人の関係に気づいた以上、彼と別れるなら、もう彼らと友人ではいられないだろう。

逆に、彼らとの絆にこれからも縋るのであれば、君は今まで同様、知らんふりでいればいい。いいじゃないか。君が何も知らないままなら、ずっと、これからも恋人でいられるし、小さい頃からの友人でいられるんだ。君が我慢しさえすればね。

決めるのは君だ。ついでにサービスしてあげようか? もし彼を恋人として取り戻したいなら、話は簡単だ。抱かせてやればいいのさ。彼はずっとそれを望んでいたんだから。ああ、あるいは君が下手だから、という可能性もある。その場合はご愁傷さまだね。

剣道少女「――――」

私のあまりに下品な言葉に、剣道少女はフリーズしてしまったようだった。言葉の意味を理解して、咀嚼して飲み込んだとき、彼女はどんな反応をするのだろうか。

不謹慎ながら気になったが、それ以上に罪悪感がすごい。こんないい子に何を言っているんだ、私は。調子に乗って言い過ぎてしまった。

ビンタの一発くらいは覚悟しておこう。一発じゃ済まないかな……むしろ、何もされずに泣かれたりするほうがダメージでかいかな。あーあ、下手打ったなあ……


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、1/22 22:00より採用、締切24:00まで
剣道少女コミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、下記の安価制限があります
(剣道少女解禁まで7回)
(ポニテ解禁まで6回)
(おかっぱ解禁まで5回)
(黒髪ツインテ解禁まで4回)
(大家娘解禁まで3回)
(施設後輩解禁まで2回)
(ヤンキー解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル(+5)、留学生(+10)、オレンジショート(+40)、桃髪サイド、銀髪ロング(+45)、おさげお嬢様(+5))

剣道少女『……キス、したことなかった。だって、なんだか改まってするの、恥ずかしかったから。その先だって考えたことなかった。……そのせい? 私が悪いの? そうだったの?』
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:20:38.07 ID:9rnwzok+O

買い物の帰りに公園を通った際 くぐもった喘ぎ声が聴こえた気がして様子を見に行くと 銀髪ロングが数人に犯されていた 暫く様子を見ていると満足した陵辱者達が居なくなったので自分からの家に保護する
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:06:40.85 ID:cEIN+iDno
オレンジショート
だいぶ元気になった様子で彼女が自宅襲来。感謝の菓子折りとともにあれから男が苦手になってしまいそのリハビリに付き合って欲しいと頼まれる。取り敢えずお話したり、手を繋いでみたり、抱き着いてみたり…とだんだん彼女の芽生えた欲求が溢れ出す。ついでに珍珍も暴れ出す。
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/24(金) 18:41:06.03 ID:tA4W7a0M0
>>734採用
(だいぶ元気になった様子で彼女が自宅襲来。感謝の菓子折りとともにあれから男が苦手になってしまいそのリハビリに付き合って欲しいと頼まれる。取り敢えずお話したり、手を繋いでみたり、抱き着いてみたり…とだんだん彼女の芽生えた欲求が溢れ出す。ついでに珍珍も暴れ出す)


罪悪感を抱えながら家に帰ると、玄関に知らない靴があった。小さなサイズのスニーカーはおそらく女物。私は嘆息する。来るなら来るで連絡をよこしてほしいものだ。今日は金髪ギャルと桃髪サイドのどちらが来たのだ? と中に這入る。

オレンジショート「あ、……お、おかえり?」

どちらでもなかった。おかえりと言われて素直にただいまと返したあたり、私も動揺しているらしかった。

正直なところ、オレンジショートが私の家に来ることは二度とないと思っていた。例の一件、オレンジショートと(元)彼氏くんのことは済んだ。私にできることはないし、彼女も関係者である私と顔を合わせたくはないだろうから。

そんなオレンジショートは脚の間に両手を挟むようにして、ぎごちなくぺたんと座っていた。ロングパーカーにニーソックスをあわせたスタイル。……太腿、見えているのだが? え? え? もしかして穿いてない……? いやいや、まさかそんな。でもこの角度で下見えないって穿いてない……いやいや……

オレンジショート「……? どうしたの突っ立って」

いや何も。なにか飲む? 「じゃあオレンジジュース」と答えながらオレンジショートが脚を横に束ねて座り直した。冷蔵庫に向かいながら私は見逃さなかった。彼女は下にショートパンツを穿いていた。あ、ちゃんと穿いていたのね。ふーん。へぇー。

……それはそれでいいな! いいものを見た。私的には穿いてないよりむしろ高ポイント……! 私はありがとうの気持ちでコップを出して、オレンジショートに注いだ。ハイどうぞ。「あ、ありがとう……」とオレンジショートは引き気味だが、はて。

一服。オレンジショートがお土産だと言って持ってきた焼き菓子をひとかけつまむ。つい不埒なことを考えてしまった。オレンジショートにとってはトラウマだろうに。自己嫌悪。

しかし解せない。なぜオレンジショートは私の家に来た? もしかすると、なにか差し迫った事態が起こったのかも。訊いてみると、オレンジショートはテーブルの上で指をいじいじして、ちょっと上目遣いに首を傾げて、

オレンジショート「ああ、うん。ちょっとお願いがあって。いい?」

いいよ! 即答してから我に返った。いや、時と場合によるが、私にできる限りのことはしようと言い添える。通るかな? どうだ? オレンジショートの反応やいかに。

オレンジショート「うん。ありがと」

セーフ……! 責任無制限の約束とか、金髪ギャルとか桃髪サイド相手だと完全に言質を取られていたからな。オレンジショートがいい子で助かった。でも日焼け褐色肌の見た目活発系女子がちょっとしおらしくしてみせるとか反則だと思う。

ていうかパーカーがぶかぶかだから、胸元から中のTシャツが見えてて破壊力高いんだよなあ……! 谷間は見えないけど布下からの膨らみが明らかにすごくて誘引性がヤバいのだ。なぜ、こう、身長はミニマムなくせに胸はビッグサイズなの? おかしくない?

実はちょっと困ったことがあって、とオレンジショートが話し始めたのに、私は真面目な顔でそんな事を考えていたのだった。いかんいかん。ちゃんと聞いてやらねば。

オレンジショートの困り事とは、以下のようなことらしい。

オレンジショート「この前から、なんか、男子と上手く話せなくて。何ていうのかな……男子が近くにいるって思うと、頭がぼうっとして、息が苦しくなったり、気分が悪くなって。それで二人に相談してみたら、お兄さんに話してみたらって」

私は、そう、とだけ答えた。それ以上のことはとても言えなかった。オレンジショートの身に起きていたのはトラウマ症状としか思えなかったから。それもかなり深刻な。

私は自分の対処が間違っていたことを悟った。オレンジショートには専門家のカウンセリングが必要だ。少なくとも、私なんかが話を聞くよりはよっぽどいい。その道を私が閉ざした。誰にも知られたくないというオレンジショートの意向に沿って。

――親や警察に相談するよう彼女を説得するべきだった。然るべき人、然るべき機関に事態を委ねること。それは事後、オレンジショートのサポート体制を整えるためにも必要だったのに。
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/24(金) 18:41:31.88 ID:tA4W7a0M0
オレンジショート「授業も全然集中できなくて、成績もだいぶ落ちちゃった。あんまり眠れてないんだよね。ベッドに入ったらヘンに目が冴えちゃってさ? それで授業中に寝落ちしたりとかしちゃって」

あっけらかんと笑う彼女は、一見、ひどいトラウマに苛まれているようには見えない。だがそれが、かえって彼女の負った心の傷の深さを暗示してはいないか。傷を負ったことを自覚しないために心を鈍麻させているのでは。それとも素人の浅知恵だろうか?

そんなことひとつ確かな判断ができない私だけが、今、オレンジショートが頼る事のできる唯一の相手なのだった。そう仕向けたのは私だった。犯した過ちはあまりに重大だった。

どうする、と自問する。一番いいのは完全に事態を手放してしまうことだ。今からでも遅くはない、素人は引っ込んで専門家に任せるべきだ。――だが。

オレンジショート「お兄さんと話してるぶんにはそんなことないんだけど。なんていうのかな、落ち着くっていうか。なんでかな」

――この少女は見捨てられたと思いはしないか。恋人に性的な暴行を受けて、唯一事情を知っている相手に助けを求めた。ここで、私には荷が重いと言ったらこの娘はどうなる? 誰が助けてやれる?

――だが、所詮私は無関係な人間に過ぎない。何をどうするべきかもわからない上、私には先がない。貯金もわずか、数ヶ月のうちに家を引き払って死に場所を探さなければならない。この娘を支え続けられるわけではない。ならさっさと手放すべきだ。そのフォローは家族や友人、専門機関にやらせればいい。それが私にできる最善の道だ。

他に選択肢は――、

オレンジショート「それで、お兄さんにお願いなんだけど、――お兄さん? どうかした?」

訊かれて、思考から意識が覚めた。いや、と私は首を振る。オレンジショートは不思議そうにしながらも、でね、と続ける。

オレンジショート「お兄さんと話すのはできるってわかったから、ほかのことはどうなのかなって。手、出してもらっていい?」

それはいいけど。私はテーブルの上に右手を置く。オレンジショートはじっと私の手を見つめて、きゅっと唇を結ぶ。決意の表情。

そうして、オレンジショートはそっと、私の手に自分の手を重ねた。ひやりとした小さな手だった。

オレンジショート「……触れる……他の人だと絶対できないのに……」

呆然とつぶやいて、オレンジショートは私の手を握った。幼い子がするような力加減で、触れたものがちゃんとそこにあるのだと確かめるように。

ああ、駄目だ、と私は思った。私は流されようとしている。私はこの手を振りほどかないといけない。私は無責任だ。気紛れに仏心を出してはいけなかった。心を鬼にしなくてはならないと、わかっているのに。

オレンジショート「温ったかい……」

胸に飛び込んできたオレンジショートを、私は抱きとめていた。ぎゅっと縋るような仕草。すりすりと私の胸に顔を寄せてくる小さな体躯を引き離すことなど、到底できそうになかった。

一方で私は焦燥していた。背中に手を回して抱き付かれているということは、当然、身体が密着しているわけで。髪からは女子らしく無駄にいい匂いもしてくるわけで。

今はヤバいって、となんとか抑えようとしても、私の体が言うことを聞いてくれた試しはないのだった。はい。勃ちました。こんな状況なのにね。相手、性的暴行の被害者なんだから、勃起バレは一番やってはいけないことだよな。わかってるんだけどどうにもならなかった。

オレンジショートを抱き返している私にできることは、できる限り腰を引くことだけだった。どうかオレンジショートに下半身が触れませんように。それかさっさと勃起が収まってくれますように。お願いします神様。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、21:00より採用、締切0:00まで
オレンジショートコミュ続行でも構いませんし、別のヒロインコミュでも構いません

別ヒロイン指定の場合、下記の安価制限があります
(剣道少女解禁まで7回)
(剣道少女解禁まで6回)
(ポニテ解禁まで5回)
(おかっぱ解禁まで4回)
(黒髪ツインテ解禁まで3回)
(大家娘解禁まで2回)
(施設後輩解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル(+10)、ヤンキー、留学生(+15)、桃髪サイド(+5)、銀髪ロング(+50)、おさげお嬢様(+10))

オレンジショート『イヤなこと、全部、溶けていくみたい……二人の言うとおりだった。お願いしたら、ちゃんと助けてくれる。お兄さんはそういう人ってこと、なんだよね。――アイツなんかと違って。ほかの男子とも違う。お兄さんは私を助けてくれる人なんだ』
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 18:53:53.82 ID:tA4W7a0M0
(なんか思ったよりシリアスになった)
(あと、オレンジショートの夢の中では、彼氏からの暴行の記憶と主人公(『私』)の記憶とが錯綜しています)
(金髪ギャル:お兄さんだったら助けてくれるよ!派。助けなかったら躾けなきゃいけないなー(ウキウキ))
(桃髪サイド:あいつ馬鹿なお人好しだからちょっと頼ればすぐ靡くでしょ?派。また主人公(『私』)の出方を伺う意味もあり)

・補足
今回は低コンマでしたが、>>733みたいな即通報案件は安価そのままは採用できません
おそらく輪姦未遂の段階で飛び出してって止めさせて、その後銀髪ロングからは別に助けてくれなくてもよかったけど?的な反応されますね
自分家に保護するのも筋道がおかしいので、銀髪ロング宅まで送っていき、逆に送り狼(送られ狼?)されるんじゃないかな
と思います
ちらほら当該安価のような内容がレスされるので、念のため事前通告しておきます
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 21:18:21.24 ID:qmuIu3+1O
オレンジショート
お兄さんで嫌な記憶を全部上書きしてほしいと迫られる
安心感を与えるように素肌に触れていく
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 21:33:52.55 ID:8ZBMEqw7O
留学生
学生服で男の家に来たと思ったら、この間の続きをしに来たと言う留学生。
着替えと大量のコンドームを見せ付けつついっぱいしましょうね?と抱きつきながら誘惑してくる
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 02:54:18.64 ID:FCa3kftf0
今回はゾロ目だから>>739採用だけど、コミュ続行の安価が出たらそれにも補正掛けないと駄目かこれ
コミュ終わったら7回休みだから×5で(+35)補正とか? どうすっかな
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 11:43:51.55 ID:yftPKnE9o
連続コミュがやりにくくはなったね
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/26(日) 08:32:01.01 ID:mYnVb+O40
>>739採用
(男の家に来たと思ったら、この間の続きをしに来たと言う留学生
着替えとコンドームの箱(五個入り)を見せ付けつついっぱいしましょうね?と抱きつきながら誘惑してくる)


留学生「こんにちハ、オニーサン。おひさしブリ、デス♪」

笑顔の留学生を玄関で出迎えた。手に提げたバッグは単に遊びに来たにしては大きいが、何を持ってきたのだろう。訊いてみても留学生は軽く笑うだけ。微妙に意味深である。

トイレを貸して欲しい、と留学生が言うので、ひとまずそうした。しかし、私の家に来る女の子は決まって真っ先にトイレに行きたがるのだが、なぜなのだろう。謎である。別にいいのだけども。

トイレから戻った留学生にお茶を出す。ありがとうゴザイマスと湯呑をすする留学生と、なんとなく一息。

本当はもう少し早く来るつもりだった、というようなことを留学生は言った。

留学生「But, my Dad and Mom came to Japan, なのデ、アー、カンコウ? ですネ。いっしょに行きましタ。お祭リも行きましたネー。They looked like they were having a lot of fun!」

そんなに嬉しそうに言ってくれるとこっちも嬉しくなってしまう。ご両親も日本旅行を楽しんでくれたなら何よりだった。「日本のヒト、みんなシンセツ、って言ってましタ」とニコニコする留学生。それは嬉しいなあ。

留学生「でも、日本のヒト、みんなイイヒト、違いマス。ネ? オニーサン?」

笑顔でそう言われると、私としては目を逸らすしかなかった。ちらっと様子をうかがう。留学生は無邪気に笑っている。少なくともそのように見える。私は再度目を逸らした。

実は留学生が我が家に来たいと連絡してきたのは昨日だったりする。それを、オレンジショートが家に来ているから、と断ったのだった。

正確に言えば、オレンジショートが私の家のベッドで寝ていたから。

別に疚しい事はしていない。抱きついてきたオレンジショートを抱き返して、背中をポンポンしたり、頭を撫でたりしていただけだ。オレンジショートの身に起きた男性恐怖は、事の経緯からすれば当然の防衛反応である。何一つ否定するべきものはなかった。

なので、ひたすらオレンジショートを肯定する言葉だけを掛けていたのだが、そうしているうちにオレンジショートがすうすうと寝息を立て始めてしまったのだ。最近はよく眠れていないと言っていたので、さぞ毎日苦しんでいたのだろう。

起こすのも忍びないので、そのまま寝かせることにした。そうなるとオレンジショートがいつ目を覚ますかわからない。そういうわけで、留学生の来訪を翌日、つまり今日にしてもらったのだった。

留学生「オニーサン、意外に、アー、女たらし? ですネ?」

返す言葉もなかった。「女の敵?」とまで言われても、困ったことに言い訳できないのが辛いところ。

ジョーダンです、と笑み含みに言う留学生に、私は両手を上げて降参のポーズ。留学生は声を立てて笑った。

留学生「オレンジショート、最近、ヘンでしタ。boyが近く、来ますネ? すると、She looks nervous …とても。相談できたなら、よかったデス」

私も深くうなずいた。相手が私でなければ、彼女にとってもっといい結果になったのだろうが。「でも、ソレとコレとは話がベツですネ? ワタシ、準備してましたヨ?」あ、ハイ。そうですね。ごめんなさい。……準備? なんの?

留学生は答えの代わりに、持ってきた手荷物からあるものを取り出した。

箱だった。ちょっと小洒落た装丁だが、私は知っている。だって色々調べたから。……コンドームだコレ! ジェル付き五個入り、素材はラテックス! 安心と信頼のメイドインジャパン……!

留学生「この前の続き、しまショ?」

すすす、と膝立ちでにじり寄って来た留学生が抱き着いてきた。留学生は基本的にシンプルなファッションを好む。今日だって、Tシャツとハーフパンツに野球帽でラフにまとめてきているのに、バッチリ決まって見えるのは異国の血のなせる業か。

というよりも、単純に顔の造形が良くてスタイルが抜群に良いからまとまって見えるのか? だってエロいもん! Tシャツは胸の盛り上がりが神がかった曲線だし、ハーパンの太腿はもはや凶器である。もうムチムチプリプリというか、肉がみっちり詰まっててパツパツというかそんなんなのだ。外国の人ってすごいなあ! 骨格からして違うよね!

留学生「フフ♪ オニーサンも、準備OKですネ?」

さわさわと股間に手を這わされて、耳に吐息がかかるくらい近くて。ほのかな薫香がそこかしこから湧いている。留学生のにおいだ。どこか甘ったるい、重たく濃密な体臭。脳髄が痺れる。どくどくと心臓が脈を打って、耳から飛び出すよう。

衝動的に私は留学生を押し倒した。床に手を押し付けて、返事も待たずに唇を重ねた。


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、12:00より採用、締切15:00まで
留学生コミュ続行です。ゾロ目なのでプレイ確定、ただし留学生は初体験なのでそれなりの制限があります(留学生の自慰状況は、回数頻度ともに多め・指のみ・指入れありです)
プレイ内容を安価ください

留学生『(訳:)お兄さん家に来てるの、トイレとか洗面所の様子からして、オレンジショートだけじゃないわね……。うふふ、好都合。遊び相手は慣れてるヒトのほうがいいもの♪ ああ、楽しみ……♪』
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/26(日) 08:32:56.86 ID:mYnVb+O40
(学生服は拾えなかった。ごめん)
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 12:28:32.51 ID:bWjB6ElIO
ゴムごしにフェラチオ。
69でお互い弄くって楽しみ、射精後の膨らんだコンドームをみて期待感から発情
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 12:30:12.81 ID:gG8Yz7+sO
具合を見るためにも69の体勢になるように促す
流石に未経験だけあって留学生の技術は拙いが自信が楽しむ事優先の愛撫や此方からの刺激で軽くイってもフェラを止めない姿勢にビッチであることを確信
自分の思うがままのエロい女に染めたくなる欲望がふつふつとわき上がってくる
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 14:51:39.00 ID:h+FnJ6g9O
一度手マンでイカせてから対面座位でキスしつつ 留学生が慣れるまでゆっくりセックス 慣れてきたら少しずつ激しくしてコンドームが無くなるまで何度もやりまくる
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 15:15:44.50 ID:KunHKSyFO
留学生のゾロ目率がやばい
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 01:04:06.95 ID:gXL+u1630
(前もゾロ目祭りだったような……)

・補足
留学生はエッチなことがしたいから誘ってるわけではなく、性交渉への精神的な垣根が低い感じです
誘われたら誰とでも関係持っちゃうし、自分も軽い気持ちで男を誘っちゃう尻軽系ビッチですね
有形無形の親からの抑圧に無意識的に反発している側面もあるかな、どうせ留学終わったらリセットだろ的打算も込みで

少なくとも留学生本人は今のところちょっとした火遊びのつもりです。そういう感じで進めます、ご了承ください
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 10:14:33.99 ID:azMb0J7I0
>>746採用
(一度手マンでイカせてから対面座位でキスしつつ、留学生が慣れるまでゆっくりセックス。慣れてきたら少しずつ激しくしてコンドームが無くなるまで何度もやりまくる)



完全に留学生を組み敷いた。ぷるぷるとした弾力が心地よい唇に吸い付く。留学生は目立った抵抗をしなかった。は、と至近距離で吐息を交わす。わずかに花のような香り。美しく長い睫毛は、髪色に比して色が濃かった。ほぼ黒に近い毛色。

脳裏に考えが閃く。――歯は磨いてあるから息はOK。毎食後磨くようにしていてよかった。シャワーも朝入った。手も事前に洗ってある。つまり何も問題はないな! 続行ー!

指を絡め、唇を重ねながら、留学生の身体に触れた。薄いTシャツ越しの体温を遡上していくと、胸で手がつかえた。これは、と驚愕を飲み込みつつ、それの作る盛り上がりに手のひらを添わせる。……でっかいなあ! これ! ブラあるからアレだけどこの時点でもう質量がすごい! うおお……!

留学生「フフ、オニーサン、ワタシの胸、好きです? オッパイ星人?」

めっちゃ好きィ! 私、もう、このおっぱいだけで生きていけるわ……。だって、これ、ほんっとすっごいもん……。ブラジャー外してもいい? 直接さわりたいんです。お願い、触らせて? お願いします……!

「おっぱいだけでいいデスか?」と悪戯っぽく留学生が目を細めるのに、私は断固として首を振った。おっぱいは手始めだ。今日は留学生のすべてを手に入れるまでここから帰しはしない。

留学生は笑った。口が開く。常のたどたどしい日本語ではなく、艶を含んだ女の口調。

留学生「What do you mean? Tell me what are you gonna to me ……?」

私は留学生に深く口付けることで答えた。絡めた舌で唾液を塗り合う、淫靡な音が脳に響く。私は再度、留学生の体に触れながら、徐々にTシャツの下へと侵入していく。

ハリのある肌を撫ぜながら、私はブラジャーの背面のホックを片手で外そうとして失敗した。あれ、外れない……!? 両手を使ってリトライ。やや苦戦したが成功した。四段ホックって……! 四段って……!

気を取り直して留学生の肌に直に触れていく。お腹の感触もよかったが、胸のその質量物は圧巻だった。手に余るし、指で掴みきれないのだ。こんなのはじめて。あー、すごい。すごいなぁ……。一生揉んでいられる……

今や留学生は服を胸上まで捲くりあげた格好だった。顔! おっぱい! ヘソ! と好きなもの詰め合わせセットな感じでお得感。留学生はムチムチしているくせに腹回りはスッキリと細いのだ。ちょっと肉体美としてパーフェクトすぎて参ってしまう。

そうして、手で、唇で、留学生の身体を楽しんだ。とくに首を軽く吸うと甘い声を立てるので、首が弱いのか? 舐めるとくすぐったそうにしながらも興奮を隠せていない。

発見だった。留学生は首がいい。白くてすべすべで、全体の印象の割に細くて、とてもいい首だった。舐めたときの舌触りもいいし、ほのかな塩味がかなりそそる。ちょっとした吸血鬼気分で吸ってやると、留学生は思わず、という切迫感で、鼻に掛かった吐息を漏らした。

一方、留学生もされっぱなしではいてくれない。

留学生「Have you wanted to touch me so much? ウフフ、オカエシ、です♪」

やり返してくる留学生は、顔だけを見ればスキンシップをして喜ぶ可愛らしい少女だが、その手の行き先は私の股間だった。服の上から、私の邪魔にならないように、指先だけでガチガチに張ったモノに触れてくる。カリカリと掻くような刺激がもどかしい。

――続きはベッドで。私が言うと、留学生は私を見つめ、ふっと笑って私に手を伸べた。

場をベッドに移した。留学生はTシャツとハーフパンツを脱いでショーツのみでベッドに腰掛けている。――最高にいいな! 良好な肉付きが単純に私に刺さる! そのくせセルライトのブヨブヨした質感が皆無なのは若さの証か。いい……

留学生「アー……ホメ言葉? です? オニーサンはわかりやすいノデいいですネー」

と言うのも私は全裸だからである。私の中の正直者は留学生のあられもない姿にビンビンに反応していたのだった。当然と言える。

私も留学生の隣に腰掛けた。この距離でも美人なんだから美人ってすごいな。そんな感想をしながら、キスから再開する。

お互いの頭を抱き合うようにして、出させた舌を唇で挟んだ。やわく吸う。片手で背中を抱き擦ると、留学生の肩がピクリと跳ねた。

う、と私の喉から声が漏れたのは、再び留学生が私の股間に手を伸ばしたから。猛ったモノの形を確かめるように撫で回される。竿を往復し、亀頭の先端を指の腹で掬われて、

留学生「フフ……♪」

目で笑ってよこすのは、私が留学生の手の中でビクビクと反応させてしまっているからだろう。

――不意に匂い立つものがあった。体温に温められてむらむらと薫香を強めるそれは、間違いなく留学生自身のにおいだった。獣としての本性を喚び起こされるよう。私は本能に従って手を伸ばす。

「ア……」留学生のそこは、薄布の上からわかるくらい湿っていた。布表面に浮いた溝に沿ってなぞると、留学生は明らかな嬌声を上げた。

これ以上は一刻の我慢もならない。邪魔なものを取り払う。姿を見せたのは、何一つ身に纏わない留学生自身だった。本当に何もない、まっさらな筋。外国の人が陰毛きっちり処理してるって本当だったんだ……! 私は感動に震えた。

唇を重ねつつ、私たちは互いの性器を弄りあった。留学生は強く握ったり扱いたりはしてこないので、それがあちらでの流儀なのかも。ならば私も合わせよう。わあ、毛の感触が本当にない。徹底している……。

溝に指を滑らせてみると、それだけでぬるぬるとしたものが指に絡んだ。それを潤滑代わりに指を往復する。大きなストライドは、時折、ぷくっとした肉芽に引っ掛かる。そのたび、

留学生「ン……♡ That’s so good ……♡ C’mon, touch me more, ――アンっ♡ ♡」

じっと私から目を離さずに、留学生はそう囁く。目を合わせながら、舌を吸い、私の剛直を弄ぶ彼女は、私の表情の揺れを愉しんでいるかのようで。

無性に苛立ちを覚えた私は、ずぷりと留学生の秘裂に指を埋めた。
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 10:15:04.52 ID:azMb0J7I0
十分に濡れたそこは拒むどころか、淫らに纏わり付いてくる。何度か指を抜き挿しして、留学生の弱い箇所を探す。留学生も、「a little upper, please …… oh, yes……」と誘導してくれるので、そのとおりに掘ってみる。

指を曲げたり、指の腹で掻いたり、タップしたり。繰り返して行う。あ、と留学生が高く声を上げた。

見つけた。

留学生「Oh my god, that’s driving me crazy! No, please, wait for a little while …… Oh no!♡ ♡」

留学生の教えた箇所より、もう少しだけ奥まったところだった。指を鉤のように曲げて、ぐっと押し込む。爪を立てないように連続すると、留学生はいやいやと頭を振って身を捩った。クリトリスや乳首を弄ったり、首筋を吸ったりと変化を加えるとさらに声高に喘いだ。

口で色々と言う割にはずいぶんと反応がいい。私みたいな異国の男を誘うくらいだ、本国ではさぞ遊んでいたのだろう。初対面では純朴そのものに見えたが、なかなかどうして、人は見かけによらないものだ。

留学生「Ah!?♡ ♡ I’m gonna come! Incredible!♡ I’m coming, Oh yes, Yes!♡ ア――♡ ♡」

ビクビクと留学生の体が震えた。ピンと足を伸ばして仰け反るのを支える。荒い呼吸でお腹が艶かしく上下するのを眺めながら、ゆっくりと指を引き抜く。指で淫液がぬらぬらと光った。

このまま押し倒すのもいいが、それだと加減ができないかもしれない。そう考えられるくらいには冷静だった。

私はコンドームを装着して、留学生を膝に跨がらせた。私よりも目線が高くなった留学生の諸手が首に巻き付いて、情熱的に唇を吸われる。押し付けられた豊満な柔肉が鎖骨で潰れる感触。

至近で見つめ合った。情欲の火を目に灯して、濡れた赤い唇が囁いた。

留学生「Come inside me, baby? I wanna feel you with my deepest place ……♡」

私は自らの先端を持って、腰を浮かせた留学生の入り口に宛てがった。ゆっくり、ゆっくり、焦らすような巧遅さで、留学生は私の膨れ上がった亀頭を呑み込んでいく。十分に濡らしたからか、コンドームに塗布されたジェルのおかげか、さした引っ掛かりもなかった。

は、と熱っぽい息を吐いて、留学生が上体を預けてくる。私のモノの半分以上を体内に収めていた。熱泉を思わせる内部に、芯まで溶かされてしまいそうだった。割り拡げた膣襞が抱擁するように絡みついてくる。

留学生「とても大きいデス……♡ たくさんのトコロに当たっテ、気持ちイイですヨ……?♡ ♡ ンっ♡ ♡」

細めた目を蕩かせて、留学生は腰を小さく上下に揺する。控えめな抽挿だが、彼女の中に取り込まれた陰茎に尋常でない快楽をもたらした。

中の気持ちよさは言うに及ばず、それと同等以上に私を興奮させたのは、目の前で弾む存在だった。留学生が動くたび、たっぷんたっぷん揺れてむにゅって顔に当たるのだ。沸騰した血液が股間に流入した結果、留学生の中を?き分けるモノの感度は急激に上昇していた。

それは留学生も同様らしかった。

留学生「ンっ♡ ンアアっ、This spot is so great……!♡ ♡ Right there, Oh, Yes, Yes!♡ ♡ ココ、すごく、イイ♡ ♡ ♡ いいデスっオニーサンっ♡ ♡ ンウウウ♡ ♡」

身体を前に倒して私に寄り掛かり、腰を細かく揺する留学生。よほどいいのだろう、泣き声に似た声を垂れ流しながら、腰の動きを止めることはしなかった。ぐずぐずに溶けるような膣壁を嵩張ったカリで裂き、削る感覚は、私にとっても眩暈がするほどの快楽の極致だった。

留学生のにおいも最高潮に達していた。汗の浮いた肌、体温の上昇で振りまかれる濃厚な薫香に頭までどっぷりと浸かっているようで。

堪えきれなかった感覚が一気に爆発した。

留学生「――――ッ♡ ♡ ♡」

声にならない悲鳴を上げて留学生がしがみついてくる。ブルブルと身体中を震わせて、留学生は英語で何事かをつぶやいていたが、忘我の心地の私には判然とせず。

私の脈動が落ち着くまで、私と留学生はきつく抱き合っていた。

そんなセックスである。当然、一度や二度で終わるはずもなかった。

留学生「Oh yes, Ah ha, Yes!♡ ♡ You’ re wonderful! OH my GOD, much harder, harder, C’mon!♡ ♡」

相手からもめちゃくちゃ求められたので。熱烈と言う言葉がぴったりな感じ。外国の人っていうか、アメリカの人のオープンさって凄いね? 私にはどストライクです。楚々とした大和撫子風もいいし、羞恥心で照れ照れしてるのもいいけど、こういうのも大変すばらしい。

個人的にはやはりバックかな。腰引っ掴んで分厚いお尻に自分を捩じ込むのがたまらない。四つん這いの金髪を振り乱して喘がせる征服感が最高。腰押し付けながら乳揉んで首の汗舐めるといい反応をするのだ、これが。髪から漂う匂いで興奮も再充填で、勢い、激しくしてしまってもきっちり受け止めて、それまで以上に善がってくれる。

結局、五個すべて使い切ってしまったのだった。ジェル付き良いな……買い足しとくか……。というか、事が終わるまで、前戯込みで優に四半日はかかってしまったのだが、

留学生「〜〜〜♪ You’re amazing, baby! とっても気持ちよかっタですヨ、オニーサン♪ フフ♪ ワタシ、アー、ハジメテ? でしたケド、とっても、so satisfied……満足? ですネー」

買い置きのインスタント麺をすすりながら、留学生はすこぶる元気だった。……っていうか初めて? 嘘でしょ……?


これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、13:00より採用、締切17:00まで
留学生コミュ終了です、下記の安価制限があります
(留学生解禁まで7回)
(オレンジショート解禁まで6回)
(剣道少女解禁まで5回)
(ポニテ解禁まで4回)
(おかっぱ解禁まで3回)
(黒髪ツインテ解禁まで2回)
(大家娘解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル(+15)、ヤンキー(+5)、桃髪サイド(+10)、銀髪ロング(+55)、おさげお嬢様(+15)、施設後輩)

留学生『(訳:)と〜っても気持ちよかった♡ ♡ あー、セックスってこんなに良かったのね。ハマっちゃいそう……♪』
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 10:26:55.07 ID:azMb0J7I0
・補足
なんで留学生相手だとさっさと手ェ出したのに、金髪ギャルとか桃髪サイド、銀髪ロングにはなかなかヤらないのかと思われる向きがあるかもしれません
基本的に主人公(『私』)はガードが固いのです、正攻法ではなかなか厳しい
留学生は片言によるいい子先入観が働いていたので懐に入りやすかったわけです

たとえば桃髪サイドなら
なんかむしゃくしゃするので「セックスとか大したことないだろ」的に彼氏にヤらせてやったらこれが強引だわ下手だわ痛いわで散々な目に遭い
こんなの誰にも言えないってんで格下認定してる主人公(『私』)を虐めて憂さ晴らそうとやってくるけど当然邪険にされて、思いのほか傷ついて
金髪ギャルやオレンジショートには優しいのになんで私にはそうなのかって泣いて見せればあるいは、って感じですね
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 13:09:44.96 ID:e1MZ3V8yO
施設後輩
施設後輩の家に招待され、手料理を振る舞われる
食後、色々と明るく話しかけてくるが、昔の話に触れたせいか施設後輩の距離が近い
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 13:14:42.44 ID:6aV2FUFIO
ヤンキー
この前のお礼に手料理を振る舞ってくれる
折角なので何時ものノリで衣装に裸エプロンをリクエストしたらちょっと恥じらったり
料理を誉めていいお嫁さんになれると言ったら顔を赤くしたり何だか様子がおかしい
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 14:13:10.86 ID:sDYYiEQrO
銀髪ロング
街で偶然出会いおにーさんは色んな女性の匂いさせて楽しそうですね
同類だと思ってたのにと拗ねられる
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 16:30:12.66 ID:dO2HUvU5O
『私』は餌付けしたいオーラでも出てるのかというレベルで
ご飯作って貰ってるな羨ましい
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 16:44:27.08 ID:NsdhCxYeO
なにかにつけてカップめんばっかり喰ってるからな
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 17:25:48.00 ID:sZQnT3rB0
(ちょっと悩み中、次で依存度Aに持っていきたいのよ)
(ヤンキーは当初設定からコスプレしてるからコスプレを話に絡めたいけど僕コスプレに無知でさ)
(撮影にしろ技術にしろ人間関係にしろ全然わからないんだよな)
(ファンタジー全開で話に都合よく進めるしかないな……しばらく書き溜めます)
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 20:15:42.11 ID:5E8M+zwQO
無理しないでな
待っとるで
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 22:35:30.52 ID:QjauBUchO
かなり難産みたいけど頑張ってください
楽しみに待ってます
強気な子が堕ちるの良いよね
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/24(月) 08:22:49.75 ID:i9POS5db0
>>753採用
(この前のお礼に手料理を振る舞ってくれる
折角なので何時ものノリで衣装に裸エプロンをリクエストしたらちょっと恥じらったり、料理を誉めていいお嫁さんになれると言ったら顔を赤くしたり何だか様子がおかしい)



「――ふぅん? いいんじゃないか? よく撮れている。なんというか、そう、表情がイキイキしている。衣装もよく似合っていていいね。うん。私はとてもいい写真だと思うよ。掛け値なしに」

「おい、なんか言いたげだな? ああ? あたしのコス写真に文句あんのか? コラ」

いやいやいや、と手と首を振るのにガンを垂れると、そいつは不意に真面目な顔をした。厳かさすら感じさせる真剣な表情。口が開く。

「エロすぎないです、か……って、ほら、君はふぐ暴力い訴はえぁああ――――……!」

「つまんねーこと、わざわざ、溜めて、言うんじゃねーよッ」

言葉を句切りつつ、つねっていた頬を解放してやると、馬鹿は憮然とした顔で頬を揉みながら、「いや、私、悪くなくない? いや絶対私悪くないぞ」と言い出した。あ? やんのか?

「これはエロ以外の何物でもないでしょ……君も見たまえ、この芸術作品を」

「いやこれあたしだけどな?」

「エロ蹲踞ミニスカ押さえーのギリギリ見えない構図……! これ撮った奴はわかってるな! ペットボトル飲んでるのは自然に脇を見せるためで、舌出して飲み口から溢れる雫を舐め取っている……! エロじゃんこれ! 脇! 乳、谷間! へそ! 脚ィ! イエー!」

「…………」

「何を引いているのかね? 君のコスプレ写真だろうに」

「いや……キモいわオマエ……」

「え、マジ引き……? そんなに今の私アレだった? ねえ? こっち見て話し合おう。まだ間に合う。そうだろう? そうだって言って? ちょっと?」

馬鹿が手を伸ばしてくるのを叩き落としながら、あたしは目を逸らすふりで、パソコンのディスプレイに表示されたあたしのコスプレ写真を眺める。そこに写っているのは馬鹿に言われた通りの格好でこちらを睥睨しているあたし。

正直、会心の一枚ではあった。あたしは緩みそうになる頬に気を入れる。狙い通り褒められると(褒められてるんだよな? まあそういうことにしておく)、それはそれでむず痒い。

「あーもう、しつけー! あたしがオマエん家に来た理由、忘れてねーだろうな」

「……、…………、ああ! 申し訳ない、エロ写真(全年齢)の衝撃でつい。しかし君も律儀だな? この前の礼に食事を作りに来てくれるとは」

こいつ括弧の中まで口にしやがった……。

ともかく、あたしがコイツの家にわざわざ来たのはそういうわけだった。あれだ、一宿一飯ならぬ三宿三飯の恩義というやつ。実際はそれだけが理由でもなかったりもするが。

「というか、この前のお礼と言うなら、私は十分に元を取ったつもりでいたが」

「……はン。あの程度、あたしにかかりゃワケねーっての。物の数にも入んねーよ」

なるほど、とあっさり納得された。コイツの中のあたしはいったいどうなってるんだと思うが、これはあたしの自業自得だった。ちょっとした意地を引っ込められないままここまで来てしまったというか。

そしてそれが、あたしがコイツに手ずから飯を作ってやることになった原因でもある。

あたしは台所に移動した。なにげに広いワークスペースに持ち込んだ食材を置いて、とりあえず調理器具のチェック。アイツは一通り揃っていると言っていたけど、たしかに、包丁、まな板はいいとして、その他、大小鍋やボウル、篩、当然のようにフライパンもいくつかある。調味料も一揃いはあった。

あたしはため息。「なにか手伝うことはあるか? まあ何もできないが」とのこのこ顔を出してきたため息の元凶を追い出して――なんかあたしの頭の天辺から爪先までを一瞥して何度か頷いていたが何なんだ? エプロンしか付けてねーだろうが。ああ?――調理を開始した。

――料理ができない男の家にこんだけ台所の用意がいいってことは、まあ、そういうことだった。つーかあたし、その現場に遭遇したしな。この前。

あたしの部屋のエアコンがぶっ壊れてここに世話になったときのことだ。男と女が一つ部屋の中、となればやることは一つだし、あたしもそのつもりで来たのだが、生活がちょっと事前の想像を超えていたというか、予想以上だったというか。

ま、モノが揃ってんならあたしには好都合だった。あたしは調理に取り掛かる。中学の頃には家の台所を勝手に使っていたから、簡単な料理なら目を瞑っていてもできるくらいには自信がある。あたしは手と体を動かしながら思い返す。

あたしの誤算は、アイツの性欲の強さを見誤っていたことだった。まさか丸三日抱き潰されるとは思わなかった。といっても、アイツは遅漏ってわけではないから、挿入時間自体は言うほど長くはない。いや、ヤッてる時間がめちゃくちゃ長いから挿れてる時間も長いといえば長いのだが、そういうことじゃない。

アイツの問題はむしろ、気分が冷めないってことにある。フツー、男って出すもん出したらとりあえず一段落ってなるもんだろ。他の男はそうだったし、インターバルどころか一回でお終いっていうのもよくあった。許さなかったけどな。あたしの下でもうムリって大の男がひいひい泣いてたのは今思い返しても笑える。

アイツは違うっつーか、そもそもこっちの身体に触れたがるのだ。一発出した後も、スキンシップの延長上くらいのノリで身体中を弄くってきやがる。そこからが本番だって言うみたいに、散々聞いてるだけで恥ずかしくなることを平然と口にしながらされると、かなりクる。キた。

あれヤベーんだよな。「ベッドの君はずいぶん可愛くなるよな。もっと顔をよく見せて」とか手ェ握られながら頬撫でられてキスされるのはけっこう――ってこれはいいだろ今は。あたしは首を振る。

そうこうしている間にアイツのモノが復活してくる。たっぷり時間をかけてくるからその分回数が多くなるのは当然っちゃ当然か? だけど、その間中、ずっと気分が高まったまま降りてこられないあたしにはたまったもんじゃない。

一日目が終わって、二日目の朝を迎えた頃には、あたしはすっかり腰が抜けてしまっていた。腰から下がぐずぐずになって立てないとか初めてだぜ、あたし。
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/24(月) 08:24:15.61 ID:i9POS5db0
それでまあ、目が覚めても起きる気にならなくてベッドで死んでいたら、来客があったのだ。インターホンが鳴って、玄関のドアが開く音がして、聞こえてきたのは若い女の声。思わず耳を澄ませると、どうもこんな事を言っていた。

「――もう。他の娘を連れ込むのはいいですけど、ご飯はちゃんと食べてるんですか? ――へえ? 一日中声がしてたような気がするんですけど? ――嘘ですけどね。はい、これ。中の彼女と一緒に食べてくださいね。それじゃ」

この前バッティングした金髪の中学生とは違う声だった。もう少し落ち着いた、大人びた声。隣部屋の住人だと察しはついた。それが飯を作って持ってきて、中のあたしと食べろ? どういうことだ? つーかこの前の中学生は? わけわからん。

飯はうまかった。相当できるな、という感じ。手が込んでないように見えてかなり作り込んでいる。あたしにはわかる。

そういえばあたし、コイツに料理できるとこ見せてなかったから、もしかして料理できない女だと思われてねえ? いや別にだからってどうだってわけじゃないけど、なんか腹が立った。アレだ。舐められるのは癪だしな。そういうことだな。

あたしがコイツに飯を作る気になったのは、そういうわけだった。

「おお……」

「なんだよ」

「いや、本当に料理ができるんだなって。感心感心。いただきます。――あ、エプロンは取らないでそのままで。お願いしますハイ」

おう、と返して、妙に緊張している自分に気が付いた。そういえば全然意識していなかったが、男に料理食わせるのこれが初めてか? マジか。いや、別に、関係ねえか。相手コイツだぜ? 緊張するだけ損ってもんだろ。な?

作ったのはポトフとオムライス、クリームパスタ、それに小鉢を少々。手早くできて失敗せず、万人受けするメニューだった。ちょっと守りに入った感もあるが、

「おお……おお……」

「いや、それ、どういう反応だ? ああ?」

「君、本当に料理できたんだな……おいしい……おいしい……ちょっと衝撃だ……」

「オマエ、やっぱあたしのこと舐めてるよな? そうだよな?」

「……ただの裸エプロンっぽい格好してる新婚ほやほやバカップルっぽい浮かれ新妻幼妻っぽいヤンキー女子高生じゃなかったのか……衝撃だこれは……」

「なッ……!? 新婚、バカップル――ッてオマ、オマエ、なに言ってんだバカいきなり! つーかあたし、フツーにエプロンしてるだけだろ!?」

「服の防御力の低さが敗因だな。上はビミョーにトップスが見えているが下は完全にエプロンで隠れてて生脚! 腰紐結わえたくびれ! 尻! って感じだから実質裸エプロンだ。君は実質裸エプロンで調理して私の前に座っているのだ! ――いや、本当に美味しいな。君は将来良い家庭を築けるだろう」

「オマ……オマエッ……何言って……」

澄まし顔で言われた言葉に一瞬言葉を失った。そのことに自分でも驚く。こいつの言ってることは何でもないことだ。つまらない冗談。テンションの振れ幅がヤバいけどそれだけだな。――それなのに、なんであたしはこんなに動揺してるんだ?

あたしの様子をどう解釈したのか、ああ、と大真面目に言葉を継いで、目の前であたしの作った飯を食っている奴は言う。

「食事は生活の基本だ。女だから料理ができるべきとは言わないが、できておくに越したことはない。腕が良ければなお良いな。男にも同じことが言えるがね」

「…………」

「――ん? まだ説明足りないか? そうだな……君はこの料理を作るのにさほどの時間がかかっていない。味に比べれば驚異的な時短っぷりだな。家庭を持てば料理に割く時間も限られるだろうから、君はその意味でも家庭人として優秀だ。未来の伴侶も子供も毎日の食事でしっかり満足させられるだろう」

言われた言葉。内容を、あたしは咀嚼して、呑み込んで。

「んん……? 本当にどうした? まあなんだ。こんなのはただの与太話だ。私も結婚生活なんて送ったことないからな。食事は生活のほんの一部で、現実の日々の営みはもっと複雑だろう。ま、君なら大丈夫だと思うがね。――実質裸エプロンの格好ができるわけだし」

「オマエは」あたしはやっと言う。「オマエはどうなんだよ。あたしなら大丈夫って、あたしの何を知ってんだ」

「私か? 私ならイチコロだな。実質裸エプロンで瀕死なのだから、フルパワー裸エプロンなんかされたらその日は仕事に行けなくなる。私は働いていないが」

「そういうことじゃねぇ――」

いや待て。こいつは見た目の割に馬鹿だから言葉の節々が意味不明なのだが(裸エプロンに実質もフルパワーもあるか? 馬鹿か?)、言わんとしていることは、つまり、

「――――」

「ホントどうした? さっきから様子おかしいし、顔、もの凄く赤いぞ……? 体調悪いなら無理せず休みなさい。ほら」

「うっせ、なんでもねーよ。いいから、今からあたしがする質問に答えろ。いいな。――いやよくない。ちょっと待て。いいな」

顔を手で覆って、一呼吸、二呼吸。対面の馬鹿は何も言わず律儀に待ってくれている。こういうところ、ホント馬鹿だよなこいつ。そう思うと、余計な気負いが抜けていった。言えあたし。別に大したこと訊くわけじゃねぇんだし。ちょっと訊いてみるくらいの気持ちで。

言った。

「オマエ、あたしとなら上手くやれるっていいたいのか? あー、アレだ、つまり、――ケッコンとかそーいうの。カテイとか。子どもとか。裸エプロンがどうとか。そういうアレがアレしたやつ」

あー、くそ、上手く言えなかった。顔が熱い。なんだってんだ。……っつーか返事遅せーな。あたしはそっとアイツを盗み見る。

アイツはちょっと困った顔をしていた。――あ? ンだその顔?
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 08:24:49.89 ID:i9POS5db0
(とりあえずできたとこまで)
(もうちょい続きます)
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/24(月) 17:06:07.45 ID:XfIwF4GYO
ひとまず乙
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 21:22:57.26 ID:/Fidfm+PO
楽しみに待ってる
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 22:46:12.22 ID:2m5uzce6O
更新かと思ってワクワクした期待
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/21(土) 01:00:34.01 ID:UzbiFqMy0
「うーん、それにしても美味しいなあ。スープも具材の味がよく染み出てて、これはいくらでも入るぞお。鶏ガラベースとの相性が抜群だなあ」

凄まじい棒読みだった。

「…………」

「人参がいいよな。優しい甘さっていうのか? 野菜本来の甘さっていうか。いいよねー、うん。じゃがいもも柔らかいのに形崩れてないのが嬉しいね?」

「…………」

「いやー……おいしいなあ……おいしい……」

「…………」

「あー……その……」

うろうろと往生際悪い視線が、やっとあたしに向いた。ポトフのお椀を置いて、観念したように、

「さっきの、聞かなかったことにしたいと思うが、いいだろうか」

「いい、わけ、ねー・だろう・がっ!」

座卓の下の足を蹴ってやった。五回。ひいひいと悲鳴を上げるのを見て少し溜飲が下がる。少しだけな。許さねーけどな。つーか、誤魔化すにしても、もうちょっとなんかあんだろ。答えたくねーってんならよ。

そして、答えたくないってことは、つまり、そういうことだった。

「痛ったい……君、的確に脛とか骨狙うってほんと容赦ないね……?」

はあ、と溜息をつくのが聞こえた。

あたしはテーブルの上に並べた料理を見る。何作ろうかって、一応、いろいろ考えたんだ。肉メインにしたほうがいいんだろうけど、それじゃ、いつものあたしらしすぎるかな、とかさ。ちょっとくらい、そうじゃないあたしでもいいじゃんって。

ああ、だめだ。泣きそう。でもここで泣くのはナシだ。それじゃ、なんか、告ってフラれて傷ついてるみたいになるじゃねーか。あたしはこう言わなくちゃいけない。笑って、『ただの冗談だろ、真に受けてんじゃねーよ』って、あークソ、泣くなって、クソ――

「私は悪くない」

いきなり降ってきた言葉に、あたしは顔を上げた。今何つった?

「私は悪くない。間違えたのは君だ。反省するように」

「どういう意味だオラ、ああ? あたしが何を間違えたってんだよ」

「結婚やそれにまつわる話題を私に振ったことだよ。たとえ冗談でも、無職のアラサーにまるで気があるみたいな発言は慎むべきだ」

「なッ……に、言ってんだよ、ンなわけねーだろ……」

「それならいい。話はこれでお終いだ」

食事が再開した。流れ的にあたしも続く。うん。うまいな。さすがあたし。

……ん?

「いやどういうことだよ。ワケわかんねーこと言って煙に巻こうとしてねーか?」

「……駄目か……! せっかくそれっぽくまとまったのに……!」

「あ? ――オイ、動くな。止まれ」

「いやいやいやいやいやいや……」

テーブル回り込んでちょっと詰めただけであっさり降参した。抵抗しねーんなら最初から吐いとけと、さらに距離を詰めながら思う。

「……わかったわかった。白状する。しますけど、これは……」

「文句あんのか? あ?」

「ないです……」

は、とあたしは馬鹿の上で鼻を鳴らした。カンペキなマウントポジションだ。上下関係がはっきりしてスゲーいい気分。でも、あたしの中の怒りメーターは着実に上昇中だった。コイツ、あたしが腹に乗ったとき、「ぐぇっ」って呻きやがったからな……あたしはそんなに重いか? ああ?

ともあれ。

「これでやっと話が聞けるな。いいか? あたしが今から質問する。オマエは答える。舐めたクチ利いたらぶん殴る。いいな」

「いいです……」

「よし。んじゃ質問その一。――『あたしが悪い』ってのは何だ? ああ? オラ答えろオラオラオラ」

「おふっ、おおっ、ちょ、待っ、お腹殴っ……! 待っ……!?」

「あん? 何だって? 聞こえねーなあ?」

ひとしきり続けてからやめてやる。「くおお……!」と身を捩ってるのを尻の下で感じるのが愉快でしかたない。
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/21(土) 01:02:08.70 ID:UzbiFqMy0
「で? どうなんだよ」

「……その質問に正確に答えるのにはいくつかの前提を共有する必要がある。――待て。これ大事なこと。ホント。だから拳を下ろすんだ」

あたしが構えを解くと、心底ほっとしたような息をつく。

「君と私は気楽なセフレ関係だったが、それを君が崩すようなことを言ったので、聞かなかったことにして有耶無耶にするつもりだった。まとめるとそうなる」

順を追って説明する、とあたしの尻に敷かれながら、指を立てて、いつもの真面目くさった顔で続ける。

「私は無職のアラサーだ。そんな男とセフレ以上の関係になるのは君にとって賢い選択ではない。君の発言の真意はさておいて、牽制の必要を感じたわけだな。ちなみに『君が悪い』と言ったのは、君を怒らせるためで、他意はない」

「……あたしが怒って、オマエを殴って出てくってか。そうなればいいと思ってたってか。――あたしの気持ちは迷惑ってことかよ」

どうなんだよ、とあたしは目の前の男を睨みつける。そうしていないとなんだか泣きそうだったから。

「迷惑ということではない。今の状態は、『ワルぶってる女の子が、一回り年上のタチの悪い男に引っ掛かってる』構図だ。私としては、正直、これ以上を引き受けるのはキャパが足りないので……」

「――『これ以上』? 隣の女と、あの、この前の中坊か? どういう関係なんだよマジで」

「あー……んー……」

うろうろと言葉を探すふうだったので、腹を殴ってやる。とっとと言え。

「……隣の娘は『私が他の女の子に手を出さないため』という体で関係を持ったが、今は私への同情的な意味で関係が継続している。あの、君が会った金髪の娘は……なんか、私に執着して、何くれと世話を焼こうとしてくる。理由は不明だ。実は他にも、もうひとり中学生の娘と関係を持っている。少々不安定な娘で私に依存的だから、おいそれと無碍にできない。その他、何人か関係を持っている相手がいる」

「……オマエ何してんの?」

本心からそう言った。真面目そうな面して何人と同時進行してんだ? フツーにねーわ。マジねーわ。

「最初は軽い気持ちだったんだ……! どうせ長続きしないだろってコナ掛けてたら、いつの間にかこんなことに……! なんで? おかしくない? 私だぞ? 今までモテたことなんてなかったのに」

「あー……」

あたしはなんとなく得心がいった。あたしの下でマジで不思議そうに首を捻っているコイツは、一見、本当になんでもない、どこにでもいそうな男だ。特別ツラが良いってわけでもないし、性格だって別に良いってほど良いわけじゃない。

なんであたしがコイツと続いてるかって言えば、答えは一つしかなかった。

(コイツ、セックスうめーんだよなあ……)

だからって、それが好きとかそういう感情に繋がるわけじゃない。と思う。あたしはそんな簡単な女じゃねーし。でもまあ、コイツ、そんな顔が悪いってこともないし、中身もまあ、悪いヤツじゃない。

色々もろもろ、悪い条件差っ引いても、最終的には悪くない感じに落ち着くんだ。好きとか将来のこととかは抜きにして。……あたし以外の女に見境なく手ェ出してんのは気に食わねーけど。

「まあ、君が私に特別な感情を抱いているわけではないなら、それでいいんだ。どうせそう長くは保たないしな。……ッ!?」

「――ハハ、さっきのメシの臭い。いいけどさ」

「いや……ンン? なんで? 今、キスする場面だった? あれ?」と驚いてる馬鹿は掛け値なしの間抜け面だった。まあ、そんなのに好き好んで付き合ってるあたしもひとのこと言えないけど。

「――おし。ヤんぞ。脱げ。いや、脱がす。――あン? なに抵抗してんだ? オラとっとと脱げオラ、ああ?」

「えええええ、どういうこと!? 何事なの!? やっだ君、唐突な逆レ展開……!? 待っ――待って待って、感情が追いつかないからァあああ――!?」

「あ? こんなおっ勃てといて何吐かしてんだ。オラよっ……と!」

ショーパンを脱ぐのももどかしく、ゴムも付けてないソレを、一気にあたしの中に埋める。ろくに慣らしもしてないから、流石にキツくて、息をするのもしんどい。

(けど、このヤバいくらいの異物感が、最ッ高にイイ……!)

怖いくらいの快楽物質が体中を駆け巡るのに、あたしは歯を食いしばって耐える。自分の体内に男の一部を受け容れている実感で頭がどうにかなりそうだった。

そんなあたしをどう判断したのか、あたしの下の奴は小さくため息をついた。ゆっくりと身を起こしてくる。頭一つ分の高低差。腰を抱かれて、手を握られて。たったそれだけで、あたしは身体の力が抜けてしまった。

「……まったく。君はいつも唐突だな。女の子の考えることは私にはさっぱりだ」

「ンだよ。文句あっか」

「ない。とりあえずは、まあ、そうだな。君の流儀に合わせよう」

「あん?」

「――とりあえずヤッてから考えるってことで」

キスの味は、やっぱりさっき食べたメシの味だった。でもまあ、

「……♡」

悪くねーかな、って思うくらいには、あたしはコイツにイカれてしまってるみたいだった。

「あ、ちょっと待て。よっと……あとブラ取って、っと。あとはエプロンだけだけど、どうすんだ? ン?」

「……エプロンはそのままでお願いします……!」

「アッハッハ、馬ぁー鹿♪♡ ♡ ――……♡ ♡ ♡」
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/21(土) 01:02:45.94 ID:UzbiFqMy0
これからどうしますか?↓1〜3高コンマ、3/21 10:00より採用、締切15:00まで
ヤンキーコミュ終了です、下記の安価制限があります
(ヤンキー解禁まで7回)
(留学生解禁まで6回)
(オレンジショート解禁まで5回)
(剣道少女解禁まで4回)
(ポニテ解禁まで3回)
(おかっぱ解禁まで2回)
(黒髪ツインテ解禁まで1回)
(指定可:金髪ギャル(+20)、桃髪サイド(+15)、銀髪ロング(+60)、大家娘、おさげお嬢様(+20)、施設後輩(+5))

ヤンキー『あー……まあ、ややこしいことはいいや。別に。焦ることねーよな。時間はいくらでもあんだし。つーか、一旦コイツとヤったらもう他の男とできねーよな……引っ掛かった他の女はご愁傷さまだわ……って、オイ、ちょっと休ませろって触んなバカ。どんだけ底ナシなんだよッ、あーもう、しっかたねーなぁ、ッとによー……♡ ♡』
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/21(土) 01:03:23.96 ID:UzbiFqMy0
ヤンキー
【年齢・属性】高校二年生 
【身長】175
【容姿・身体的特徴】ヤンキー風味 割と筋肉質だが胸と尻がデカい、小麦肌
【髪型】茶髪、ボブ(コスプレのため)
【男性経験】あり
【恋人】今はフリー
【性格】ガサツな言動で勘違いされやすいが根は優しい
実は変身願望があるコスプレオタクでコスプレ中は完全にキャラに入り込んでなりきってしまう
コスプレも学生等現実的なモノから悪の女幹部等ファンタジーまで多様に行う
【備考】男の価値はセックスだ! チンコでしかない男に自分をノせるためのコスプレ=非日常、ハマり込むためのなりきり=それが自分でないならいくらでもハマれる。変身願望はそれが本当の自分だったらいいのにという憧れ
・メイド喫茶でバイト中(合法的にコスプレ+遠征費用稼ぎ)
・親とは不仲。母親の再婚相手に反発。泊まりでのコスプレ遠征を母からも放置される程度に家庭は冷え切っている
・セックスの相性で人を好きになるクソチョロJK。なんやかんやあってもセックスすればだいたい解決する時空に生きている系女子。将来がヤバい(確信)←New!

身体依存度A
精神依存度A
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/03/21(土) 01:11:48.06 ID:UzbiFqMy0
(更新間隔空いて申し訳ない。過去安価でもそうだけど間隔空くときは空くので待ってくれてる人には申し訳無さしかない)
(エロ控えめになっちゃったのは許して……ヤンキーはセックスより本人の恋愛観をどうにかしないといけないので……)
(あと本人があんまり小難しいこと考えないので会話中心になりました)
(そんな感じで)
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/21(土) 01:29:55.56 ID:ckV7rT8LO
おつおつ
ムリせんでな
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 11:57:59.75 ID:Ip5VN5Cxo
再開嬉しい
桃髪サイド
どこかツンツン感を和らげた彼女が襲来。普段より無防備な格好を晒しまくり&何故かすんごい近くに寄ってくるので目のやり場に困るを通り越して息子がクレイジーボンバーに。それに気づく桃髪…にやにやしつつ言及開始。
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 12:26:02.99 ID:vV9SSgiFO
施設後輩
心配してきて日用品とか食材を持って「私」の部屋にやってきて、手料理を振る舞ってくれる
食後、色々と明るく話しかけてくるが、昔の話に触れたせいか施設後輩の距離が近い
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 17:54:26.99 ID:UzbiFqMy0
>>773採用、しばらくお待ちあれ
こいつ女子にご飯作ってもらってばっかだなホント……
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 02:13:33.13 ID:GSybUdbNO
更新乙です
気がついたら飼われてたとかなりそう
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 19:47:48.19 ID:z2IG/Rp70
・業務連絡
PCが逝ったので更新遅れます
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/03/31(火) 07:08:44.97 ID:I+axVaqoO
お大事に…
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/03(金) 01:09:50.60 ID:Bcd/b93oO
oh…
ゆっくり待ってます
854.33 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)