小林「あなたは……誰ですか?」トール「……えっ?」【小林さんちのメイドラゴンSS】
1- 20
110: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:07:51.56 ID:DVTuWEAg0

小林『は? ちょ、え、辞めっtて、待っ、ちょt、なn、えぇ、はああああ!?』ワタワタ

滝谷『ははは、小林さん慌てすぎw』ケラケラ

以下略 AAS



111: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:13:43.60 ID:DVTuWEAg0

滝谷『そう。確かに所長のパワハラの証拠集めをしていたのは小林さんだけだったけど、
   それは本来、部署の社員全員で取り組むべき問題だったし、全員が望んでいた事でもあった』

滝谷『それを、面倒事に関わりたくない、責任を負いたくないという利己的な思いから、
以下略 AAS



112: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:20:31.99 ID:DVTuWEAg0

滝谷『そうですぅ! SEの仕事自体は嫌いじゃないけど、あの会社での激務や所長には元々嫌気が差してた。
   そんな中、あそこで仕事を続けられてた一番の理由は、その……色々気の合う小林さんが居たからだ!』ダー!

滝谷『その小林さんが居なくなるなら、強いてあの会社に僕が残る意味は、ほとんど見出せなかった。――だから、辞めようと思ったんだ』
以下略 AAS



113: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:26:48.20 ID:DVTuWEAg0

小林『断る理由なんて何もないさ。有難すぎて申し訳ないくらいだ。やろう、一緒に!』ニギリッ

滝谷『――快諾、だね。誘っといて何だけど、良いのかい? もう少し考えなくても』ハハッ

以下略 AAS



114: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:35:09.51 ID:DVTuWEAg0



………………………………

以下略 AAS



115: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:41:19.51 ID:DVTuWEAg0

トール「……………………」シーン

小林「……? トールちゃん?」ピクッ

以下略 AAS



116: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:44:21.35 ID:DVTuWEAg0

トール(――どーせい? ……ん? え? あ? え、いや、待って?)カチ

トール(今、唐突に、ふと思い付いちゃった事があるけど…… え? もしかして?)カチカチ

以下略 AAS



117: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:48:32.17 ID:DVTuWEAg0

トール「…………ッ! …………ッ!? …………!!」ワナワナ

小林「ん? どしたのトールちゃん?」ケロッ

以下略 AAS



118: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:53:52.20 ID:DVTuWEAg0

トール「ッツツ!!」ハッ!

小林「?」

以下略 AAS



119: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/27(土) 23:57:58.90 ID:DVTuWEAg0

トール「ほ、本当に、そういう関係ではないんですか?」ズイッ

小林「当然でしょ〜! こんなまるで女らしくもない私と恋愛したいなんて男、よっぽどの変人しかいないよ〜」ケラケラ

以下略 AAS



120: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 00:06:54.32 ID:bo7Z/2J70

トール「……………その、なんか、すいません」

滝谷「いいや、トール君は何も悪くないよ……」ズーン

以下略 AAS



121: ◆bhlju8wMK6[sage saga]
2021/11/28(日) 00:11:36.98 ID:bo7Z/2J70
今日はここまで。あともう少しで切りの良い所まで行けそうです。

明日にでも更新できそうならする予定です。それではまた〜。


122: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:03:45.60 ID:bo7Z/2J70
こんばんは。更新していきます〜。


123: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:06:54.78 ID:bo7Z/2J70

………………………………………



以下略 AAS



124: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:10:39.35 ID:bo7Z/2J70

トール「! それは―― え、でもなんで急に、半年もしてから――?」

滝谷「事の次第はこうさ。まず僕達二人が会社を辞めてから半年で、僕達がいた部署の成績はそれはもうガタ落ちしていた」

以下略 AAS



125: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:14:20.27 ID:bo7Z/2J70

滝谷「そうした事実関係が明らかになった段階で、一度話し合いが持たれた。僕と小林さん、会社の上層部でね」

小林「会社もこの件はかなり重く見ていた様でね、あくまで平社員だった私達にも、きっちり頭を下げて謝罪してくれたんだ」

以下略 AAS



126: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:20:44.89 ID:bo7Z/2J70

小林「私もその時ね、滝谷君の話を聞いて改めて考えてみると、
   一度いざこざがあって辞めた会社に再び勤めるのって、何かすごく気まずくなりそうだなーって思って……」

小林「もうフリーランスとしての新しい生活にも慣れ始めていた頃だったし……。
以下略 AAS



127: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:35:09.12 ID:bo7Z/2J70

トール「……でも、会社側もその条件をよく飲みましたね。
    有能な人材であるお二人を呼び戻せず、その上、無能なクソ野郎は雇い続ける事になるのに」

滝谷「ああ、交換条件を出したからね」
以下略 AAS



128: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 17:40:00.87 ID:bo7Z/2J70

小林「まあ、トールちゃんの話だと、社員の業務のブラック具合は今でも……いや昔以上にやばくなってる様だし、
   元同僚達には悪い気はしてるけどね……」ハハ……

滝谷「そう気に病まなくていいよ、小林さん。
以下略 AAS



129: ◆bhlju8wMK6[saga]
2021/11/28(日) 18:12:51.69 ID:bo7Z/2J70

滝谷「――全くもう、からかい過ぎだって……。あー、まだ顔暑い……」パタパタ

小林「ごめんごめん、つい、ね――」ケラケラ

以下略 AAS



130: ◆bhlju8wMK6[sage]
2021/11/28(日) 18:43:54.92 ID:bo7Z/2J70
今回はここまで。やっとひとまず切りの良い所まで上げられました。

途中ですが、ここで本文中の訂正とお詫びを2点。

・小林さんの上司である所長は、原作漫画版では「課長」、アニメ版では「所長」となっています。
以下略 AAS



130Res/160.51 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice