ハリー・ポッター「僕の言うことを聞け」ドラ子・マルフォイ「……はい」
1- 20
1:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:13:04.37 ID:kNKMPaOnO
「いよいよ明日だな、ドラ子よ」
「はい、お父様!」

マルフォイ家の一人娘、ドラ子・マルフォイはホグワーツ入学を明日に控え、不安と期待が入り混じった複雑な心境で父から訓示を頂いた。

「今更言うまでもないが、マルフォイ家の名に恥じぬよう、勉学に励むように」
「はい! しかと心得ました!」
「魔法薬学を担当しているセブルス・スネイプと私は旧知の仲だ。何か困ったら頼るように」
「はい! わかりました!」

ホグワーツへの入学が決まってから今日に至るまで、ドラ子の父、ルシウス・マルフォイは一言一句全く同じ訓示を何度も繰り返していた。
隣で聞いていたドラ子の母、ナルシッサ・マルフォイはそんな夫に苦笑しつつ口を挟んだ。

SSWiki : ss.vip2ch.com



2:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:15:59.63 ID:kNKMPaOnO
「あなた、ドラ子なら大丈夫ですよ」
「ええい! お前は黙っておれ!」
「そんなに我が子が信用出来ませんか?」
「お前は自分の娘が心配ではないのか!?」
「私達の娘ならきっと上手くやれますよ」
以下略 AAS



3:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:17:51.79 ID:kNKMPaOnO
「もっとも重要な話とは何ですか、お父様?」

キョトンと首を傾げるドラ子の肩から、父親譲りの美しいプラチナブロンドの髪が、まるで銀糸のような輝きを放ってサラサラと流れた。
母親譲りの青白く尖った顎が特徴的な顔立ちは一見すると冷たい印象を見るものに与えるが、好奇心に輝く瞳は年相応な愛くるしさを放っており、そんな魔法界随一の美少女である愛娘に対して忠告めいたことを口にするのは父としては大変心苦しかったが、何よりも娘の為にこれだけは言っておかなければならなかった。

以下略 AAS



4:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:19:27.61 ID:kNKMPaOnO
「では、その闇の帝王の手から逃れた、生き残った男の子についてはどこまで知っておる?」
「たしか私と同い歳であったと記憶してます」
「そうだ。そして私が集めた情報によると、その子供も明日、ホグワーツに入学するらしい」
「そ、それは真ですか、お父様!」

以下略 AAS



5:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:21:29.73 ID:kNKMPaOnO
あくる日、ホグワーツに向かう汽車の中にて。

「お前がハリー・ポッターか?」

号泣して暫しの別れを惜しむ父と、そんな情けない夫の背を撫でつつ車窓から身を乗り出して手を振る娘に手を振り返す母との別れを終えて、ドラ子は列車を隈なく見て回った。
以下略 AAS



6:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:23:41.08 ID:kNKMPaOnO
「ハリー! 君ね、いくらいけ好かない奴だからって、女の子を泣かせるのはよくないよ!」
「そうよ! 謝りなさい!」
「ええっ!? ご、ごめん! ほんとごめん!」

それまでの高飛車な雰囲気は消え失せて年相応な少女のように泣きじゃくるドラ子を見て、ロナルド・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャー双方から非難の声があがり、ハリーは慌ててドラ子に謝罪するも一向に泣き止まず。
以下略 AAS



7:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:25:24.00 ID:kNKMPaOnO
「でも、僕は君たちと一緒に……」
「なぁに、すぐにまた学校で会えるさ」
「そうよ。だからその子の話を聞いてあげて」

難色を示すと常日頃から能天気なロンは気さくに再会を約束して、世話焼き気質のハーマイオニーに再び促されたので、仕方なくハリーは座席を立ち、泣きじゃくる少女に声をかけた。
以下略 AAS



8:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:26:37.07 ID:kNKMPaOnO
「ひっく……えっく……」
「あのさそろそろ泣き止んでくれないかな?」

場面は変わりドラ子のコンパートメントにて。
未だひゃっくりを繰り返すドラ子にどう接していいのかわからず、ハリーは困っていた。
以下略 AAS



9:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:28:09.69 ID:kNKMPaOnO
とはいえ、ハリー・ポッターは別だ。
彼はクラッブやゴイルとは全然違った。
少し痩せすぎだけど、可愛い顔をしている。
そして何より、どことなく物憂げで儚い。
そんな表情に、自分と通ずるものを感じて。
以下略 AAS



10:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:29:43.51 ID:kNKMPaOnO
「ど、どうして家来になってくれないの?」
「僕には君に従う理由がないからね」

面食らって尋ねると、さらりと回答された。

以下略 AAS



11:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:31:32.65 ID:kNKMPaOnO
「あの噂って、本当なの?」
「噂? ああ、闇の帝王がどうのってやつ?」
「偉大な闇の帝王を本当に打ち負かしたの?」
「ヴォルデモートは偉大なんかじゃない」

以下略 AAS



12:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:33:16.55 ID:kNKMPaOnO
「あなたは傲慢なのね」
「君ほどじゃないさ」

率直に所感を述べると、即座に言い返された。

以下略 AAS



13:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:34:48.37 ID:kNKMPaOnO
「ねえ、さっきの人たちだけど……」
「ロンとハーマイオニーのことかい?」
「あまり、親しくなるのはお勧めしないわ」

ドラ子は不思議だった。完全に無意識である。
以下略 AAS



14:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:36:31.61 ID:kNKMPaOnO
「なんで血統の重要性を理解してくれないの」
「純血だったら魔法を上手く扱えるのかい?」
「そりゃあ、もちろん……」
「でもハーマイオニーは僕の眼鏡を直したよ」

以下略 AAS



15:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:38:44.98 ID:kNKMPaOnO
「なんでまた泣くかな……そんなに怖かった?」

先程の迫力が嘘のようになりを潜めたハリーは困った顔をして、ドラ子の背中を撫でている。

彼は別に顔が怖いわけではなくむしろ可愛い。
以下略 AAS



16:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:41:00.35 ID:kNKMPaOnO
『うーむ。これは難しい……どうしたものか』

ホグワーツに着いて早々、儀式が始まった。
帽子が決定する、恒例の組み分けの時間だ。
ホグワーツのクラスは各学年ごとに4クラス。
以下略 AAS



17:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:43:43.24 ID:kNKMPaOnO
「もし良ければ、隣に座ってもいいかな?」
「ふぇっ……は、はい。どうぞお掛けください」

ドラ子は目の前の光景が信じられない。
ハリーは両親をあのお方に奪われた。
以下略 AAS



18:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:46:05.11 ID:kNKMPaOnO
「吾輩がスリザリンの寮監のセブルス・スネイプである。授業は魔法薬学を担当している」

宴の後、新入生達はこれからの学校生活で家となる寮へと向かい寮監の教授の訓示を頂いた。

「本日より栄えあるスリザリンの寮生となった諸君らにわざわざ言う必要はないとは思うが、校則を破った者は速やかに実家へと送還する。さて、何故吾輩がそんな分かり切った説明をしているかと言えば、それはひとえに……」
以下略 AAS



19:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:48:45.95 ID:kNKMPaOnO
「あの、ひとつ伺ってもよろしいですか……?」

荷解きを終えてから、ドラ子が寮の談話室に戻ると、ハリーはひとりで暖炉の前にソファに座っていたので、恐る恐る尋ねてみたのだけど。

「ドラ子」
以下略 AAS



20:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:51:13.17 ID:kNKMPaOnO
「……わかった。積極的に関わってみるよ」
「ほ、ほんと!?」
「とりあえず、距離を測る。それからあの人に合った接し方を模索してみる。これでいい?」
「うん! それでいいと思う!」

以下略 AAS



21:名無しNIPPER[sage saga]
2019/12/07(土) 21:52:54.70 ID:kNKMPaOnO
「ポッター、集中しろ」
「はい、先生」

入学からまもなく、授業が始まった。
ドラ子は常に、ハリーの隣に座った。
以下略 AAS



67Res/81.46 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice