クラリス「貴方様と赤い葡萄酒を二人で…」
1- 20
1:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:29:19.17 ID:MEl38wfp0
どうも

誤字・脱字等お見苦しい点あるかもしれません。予めご了承ください。

※作者の妄想注意※

※キャラ崩壊注意※

※がっつりR-18※

肇「プロデューサーと同室…」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1575643758

片桐早苗「元ガキンチョ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1576852876/

↑上記作品の続編です


一応前作(今作とは何のつながりも無い為、読まなくても大丈夫です)

モバP「どうしてこうなった。」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1574841833

とかも書いてます。

SSWiki : ss.vip2ch.com


2:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:29:57.83 ID:MEl38wfp0
もし、もし本当に天に主がおあすのなら、この試練は…あまりにも酷です…

私は、アイドル。偶像であり、もとの語源は宗教用語で崇拝対象を意味します。そんなアイドルに求められるものは多く、整った容姿に、舞踊や歌唱、演劇の才など日々の修練が必要なものばかり。
しかし、そんな修練は耐えられます。

以下略 AAS



3:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:30:25.21 ID:MEl38wfp0
もし、もし本当に天に主がおあすのなら、この試練は…あまりにも酷です…

私は、アイドル。偶像であり、もとの語源は宗教用語で崇拝対象を意味します。そんなアイドルに求められるものは多く、整った容姿に、舞踊や歌唱、演劇の才など日々の修練が必要なものばかり。
しかし、そんな修練は耐えられます。

以下略 AAS



4:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:30:54.92 ID:MEl38wfp0
「乾杯っ」

チンッという音をたてて、二つのグラスが軽くぶつかる。中に入る真っ赤なワインが僅かに波を建てる。

グラスを傾け、一口だけ飲む。香ばしい果実と、アルコールの苦味が口内に広がった。
以下略 AAS



5:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:31:25.62 ID:MEl38wfp0
彼女が全て手作りしたというのだ。うちの事務所の、五十嵐響子にも負けないのではないかと思う。

「ほら、お好きなだけ…」

そう言いかけた時だった。彼女のお腹が大きな音をたてた。
以下略 AAS



6:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:32:23.11 ID:MEl38wfp0
「良いワイン?」

デスクで事務仕事をしていると、ふと同期のプロデューサーに声をかけられた。片桐早苗さんを担当している人だ。

初めて会ったときは、目つきの鋭さに少し怯んでしまった。
以下略 AAS



7:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:32:49.31 ID:MEl38wfp0
「俺が言えたことでもないけど、少し担当アイドルには酒、控えさせろよ?」

そういえば、彼の担当の片桐さんもかなりのお酒好きだったっけ。クラリスさんがお酒そんなに飲まない人で良かった。

「分かってはいるんですけど…お酒を飲んで幸せそうにする楓さん…好きなんですよね…」
以下略 AAS



8:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:34:52.30 ID:MEl38wfp0
「P様。お疲れ様です。」

給湯室の冷蔵庫を開き、貰ったというワインを見ていると横から声をかけられる。

「クラリスさん。お疲れ様です。」
以下略 AAS



9:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:35:37.39 ID:MEl38wfp0
それは言えている。これを女性が一人で飲みきるのは、きついだろう。

……正直、飲んでしまいそうなアイドルが、うちの事務所には何人か思い浮かぶが…

「それは…そうですが…しかし…」
以下略 AAS



10:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:36:08.46 ID:MEl38wfp0
許されないと…理解しています…今だって、心の底からわきあがる罪悪感に押しつぶされそうです。

そんあ罪悪感から逃れるように、ワインを傾けます。

お酒を言い訳に、酔っていたから。などという言い訳をたてにこの時間をすごしました。
以下略 AAS



11:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:36:46.43 ID:MEl38wfp0
ふと、時計を見る。
結構時間が過ぎていた。テーブルの上に並べられていた料理は、もう残り少ない。

「…」

以下略 AAS



12:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:37:15.18 ID:MEl38wfp0
「…」

「っ」

ふと、クラリスさんの手に力が入ったのを感じた。
以下略 AAS



13:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:37:56.17 ID:MEl38wfp0
「……」

「……」

見つめあい、流れる沈黙。
以下略 AAS



14:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:38:24.97 ID:MEl38wfp0
「……」

「はぁ…はぁ…」

口を離すと、彼女の息は少し弾んでいた。
以下略 AAS



15:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:38:54.58 ID:MEl38wfp0
「ここの方が、いいですよね。」

彼女の、シンプルなベッドの上におろす。

「あっ…///」
以下略 AAS



16:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:41:11.04 ID:MEl38wfp0
「んっ///」

キスを続けながら、出来るだけ優しく、彼女の胸に触れる。

「ぁ///」
以下略 AAS



17:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:41:38.91 ID:MEl38wfp0
「ぁ///」

「っ」

その、絹のような触りごこちと、触れた瞬間の彼女の反応につい声が漏れた。
以下略 AAS



18:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:42:14.91 ID:MEl38wfp0
「んんっ/// んっ/// ん〜っ///」

手の中で必死に声を抑えている姿が、余計に俺を刺激する。

「声、我慢しなくてもいいですよ。」
以下略 AAS



19:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:42:42.66 ID:MEl38wfp0
俺の体の下で、体を震わせながら淫らに声を上げ続ける彼女。
普段は、前職の名残か、品行方正で清楚。どこか神秘的な雰囲気すら漂わせている彼女。

この二つのギャップが、たまらなく興奮する。

以下略 AAS



20:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:43:09.03 ID:MEl38wfp0
「はぁ…/// はぁ…///」

彼女の呼吸も、少しまつと落ち着いてきた。

「クラリスさん…」
以下略 AAS



21:名無しNIPPER
2020/02/03(月) 23:43:39.38 ID:MEl38wfp0
「ぁ…」

先端が入る。きつく締まる彼女の中を、まるで裂きながら進んでいる。

「いっ…」
以下略 AAS



31Res/33.57 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice