【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★24【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

403 :ロイ・ゴールドマン>500-501 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/08/17(金) 22:07:43.41 ID:2sOp1yMH0
【科学と幻想が交差する近代イギリス】
霧の都 イギリスのロンドン 一行が飛ばされた時刻は夜 空には美しい月が昇っている

目の前には男が1人いた 首に噛みつかれたのだろう 手で押さえているが 
はめられた白手袋は己の血で塗れ 仕立てのいいスーツをどす黒く染め上げている

下手人はsづぐ目の前で転がっていた 労働者風の継ぎが当てられた服 
毛髪の類は抜け落ち 肌は蒼白くこけていて 牙が異様に伸びている
頭から血がしどと流れてピクリとも動かず スーツの男の もう一方の手には拳銃が握りしめられていた

男「d・・・誰だ・・・!?」
重症だろう だが意識はしっかりしているらしく 脂汗を流し 息を荒くしながらも しっかりと一行を見やる

ロイ「あぁ・・・えと・・・」
何か言い訳を考えようとした が

男「何者かは知らんが戦士と見受ける それに邪な気配も感じぬ 我等魔狩人を欺ける化け物はいない」

魔狩人言葉の響きからこの世界は人ならざる者を狩る一団がいることを知るだろう

魔狩人「貴君らを戦士として頼む この先に私の仲間がいる 彼は動けぬ私を守るために 単身奴らと戦っている・・・
    彼の実力を疑うわけじゃないが…頼む 彼を・・・ロード・ヴィッカムを助けてやってほしい」

ロード・・・下位なれど位を持った 貴族

魔狩人は銃を地面に置き 懐から懐中時計を取り出して差し出してくる

魔狩人「これは魔狩人の身分証の様なものだ こいつを本部に持っていけば 無下にはされん それに悪用されても分かるようにもなっている
    頼む・・・どうか…!」

ロイは同行人に顔を向ける どうするといわんばかりに
630.13 KB Speed:1.8   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)