【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★24【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

405 :ロイ・ゴールドマン>500-501 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/08/17(金) 22:41:19.66 ID:2sOp1yMH0
>>404
魔狩人「私の心配は無用 出血はひどいが 毛母それほどひどくはない・・・直に薬も効いてこよう」

ロイ「そうだな 借りていくぞ」
魔狩人から懐中時計を受け取る 蓋の裏側には青く 仄かに光る文字で個人名が刻まれていた

魔狩人「相手はグールだ 吸血鬼が血を吸い尽くし殺した元人間・・・奴らの尖兵
    身体能力は高いが知能は低い そして物量で攻めてくるのが特徴だ・・・さぁ 向こうだ 行ってくれ」

そして一行は石畳の通りを走る 聞こえてくるのは獣のような叫び声と 肉を打つ音

角を曲がり いた ネイビー色のスーツを着た白人の男

爪の伸びた腕を振り下ろすグールをウィービングで躱し際に右ジャブを一撃 怯んだところに踏み込んで渾身の左ストレートをアゴに入れ その衝撃げ脊椎を損傷

その隙にピッチフォークを白人の男の顔めがけ突き出すもう一体のグールをダッキングでかいくぐりリバーブロー 動きが止まったところで側面に回り キドニーパンチ(腎臓打ち)で内臓破壊を起こす

スーツの男は善戦していた だが敵に包囲された状態であり 仕立てのいいスーツはところどころ破れ血で汚れていた

ロイ「戦闘に介入する!! 突っ込むぞ!!」
ユノに叫び ハルバートを握るロイ 

白人の男「k…君たち ここは危険だ!!」
戦っていた男もこちらに気付く だがその言葉は非戦闘民への警告だったが どうする?
630.13 KB Speed:1.8   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)