【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★24【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

686 :ジョシュア・アーリントン ◆4J0Z/LKX/o [saga]:2019/05/20(月) 23:51:50.07 ID:5paCc1Pz0
>>685
「…………ッ!」

まるで撃たれたあの日の如く胸に走る痛み。ジョシュアはぎゅ、と軽く下唇を噛んでイムカを見つめ固まっていた。
格好といい動作といい、余りに無防備なイムカの姿にさしものジョシュアも少々堪えたようで。
今の彼の胸中では天秤の上でコミッサーに対する忠誠とイムカに対する溢れんばかりの愛情とが拮抗しているようだった。

「…………」

しかしそんな己に喝を入れるべく、運ばれてゆくイムカとニュクスを尻目にジョシュアは拳骨を握りしめ、自らの頬に一発叩き込む。
本気のそれはまるで交通事故のような音と衝撃を伴い、無人のリビングの空気をビリビリと揺らす。

「馬鹿野郎ッ……しっかりしろ、ジョシュア……」
「よし、大丈夫……もう大丈夫だ」

何百人をも屠ってきたその拳で気合いを入れて、シャキッとし直すことに成功。
唇の端から滴る血を拭った後、どかっとソファに腰掛けると物凄い勢いで1911の分解清掃を始めた。
もはや目隠ししていても出来るほどに熟達した一連の所作は、今日に至ってはなおのこと鮮やかで、まるで滑るような手際の良さで行われてゆく。

ボトルシップで鍛えた手先は意外と器用であり、震えぬよう徹底的に訓練された指はこういう時に役立つものだ。
α-12に貰ったボトルシップの隣には、ソーマに撃沈された後新しく組み上げた船がすでに完成され、飾られていた。
630.13 KB Speed:1.8   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)