【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★24【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

672 :ソーマタージ ◆P2bEA4mHeU [saga]:2019/05/17(金) 00:06:00.86 ID:VvuvthhJ0
>>671
進んでいく内、漏れ出る霧が認識出来た。頭上に浮かぶ黄金の立方体のように。
何故かを考えている精神的余裕は無い。ただただ泥の中を泳ぐように進む。

射し込む光。通り過ぎたのは崩壊したメトロには似つかわしくない、マトモな電車。
サイボーグの動体視力ならば、本気を出せば走る車両に乗る乗客一人一人の顔を、車内広告の文字を捉え、覚える事すら可能だ。だが彼は敢えてそれをしなかった。
異様な恐怖があったからだ。確固たる自我が認識するものではない、脳の機能を直接弄られ、数値を押し上げられたかのような恐怖心───


網膜HUDのコントロールモードを起動。気圧、気温、湿度、マナセンサー、世界線計測、現実値、空間座標───。片隅に表示される数値は、どれもその反応を停止させていた。
頬を舐められたような気がした。数度指先は外し、触った部位には何もない。

頭の中で声がする。だが、ソーマタージはこの時をこそ待っていた。
「騙されねェぜ、黒子気取りよ。 こいつァ引っ掛け問題だ」
何者かは知らないが、それは自分達の死を望んでいる。絶望を焚べて沸き立たせようとしている。───それがどうした!

「たまには、射干玉の中を歩くのも悪くない」
先の見えぬ闇を進む事など慣れている。牙を突き立てる相手の見えぬ戦いなど常である。己の人生がそれに等しいのだから。
指先に当たったドアノブ。握ってその感触を、位置を確かめて放つのは、荒ぶる暴風じみたアルマーダ!行く手を阻む物を吹き飛ばす、この上なく分かりやすい意思表示!
「失せろ。俺の歩く道だ」
630.13 KB Speed:1.8   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)