タイトルを書くと誰かがストーリーを書いてくれるスレ part6

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 14:24:28.19 ID:VvwMMjEt0

>>23 『真っ赤なガラス』




「お前は誰だ?」


「『誰だ』って、アナタは知ってるはずでしょう? 私はアナタの心。ガラスのような、繊細な心よ」


「今さら何の用だ?」


「今さらじゃあないわ、今だからよ。……最近、曇ってしまってしょうがないの」


「………………」


「でも皮肉ね。曇ったからこそ、アナタも私がわかるようになったのかしら」


「何が言いたい」


「単刀直入に言うわ。やめときなさい。何が……って、そこまで言わなくていいわよね」


「ふざけるな。俺はこのために生きてきたんだ。この日のために生きてきたんだ。お前も俺の心というのなら、この気持ちがわかるだろう」


「えぇわかるわ。だからこそ止めるのよ。アナタが何もわかってないから」


「話にならんな」


「そうね。――私は、私がいくら言ってもアナタを止められないのを知ってるの」


「……なら、何故出てきた」


「知っていてほしいからよ。ここはじきに赤く染まる。アナタの後悔によってね」


「後悔なんてするわけがない。俺はもう行くぞ」


「えぇ、そうね。そう思いたいのよね。アナタは完全に、私を切り離して動いてるんだから」


「――でも、これだけは覚えておいて。割れたガラスはとても危険なの」


「そんなことは子供でも分かることだろう。……それじゃあな」


「………………」


「――……それでも、アナタは忘れてしまう」


「ここが真っ赤に染まって、アナタは私を探す事でしょう」


「でも、割れた私はアナタを傷つけることしかできないの」


「赤い世界で、アナタの血に濡れた私に気付くのはいつになるかしら」


「お願いよ、痛みに泣かないで。きっと、アナタなら乗り越えられるから――」




 お わ り

301.76 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)