このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【置き去りにしてた】能力者スレ【大切な言葉】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

21 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage saga]:2018/01/06(土) 02:14:31.65 ID:dKwxGh2r0
>>20

【頂く、という言葉を聞けば一度小さく頷いてみせる】
【それならそれでいい。妖狐という存在にとっては不要な物らしく】
【続く言葉。名を尋ねられると――少々以外そうに瞳をぱちぱちと開閉し】

……ふむ、名前。あぁ確かに、妖狐では呼びづらいでしょうねえ。

ならば、そう――"クズノハ"とでもお呼びなさい。
この一体の妖怪の……名目上の長、のようなものですかね。
とは言え普段は里に居ますから。また会った時は、どうぞよろしく。

【ウェイン――と、相手の名前を脳裏に刻むように呟けば】
【それで十分に互いを認めあったということになるだろう】
【或いは、敢えて好物何ていうのを伝えたのは、次に会うときを考えているのかも知れず】

……さて、私は帰りますよ。
貴方も行く所があるのなら、雪が降るまえに行ったほうが良い。
この辺りの夜は冷えますからね。……こちら、餞別です。

【そういってふわりとウェインに向かって飛ばすのは、式神の札】
【触れればほのかに温かく、胸元に納めれば良い暖になるだろう】

【――もし青年がそれに礼を言おうと顔を上げたならば】
【既にそこに妖狐の姿はなく、ざぁ、と枯れ木がざわめくばかり】
【さながら狐に化かされたような――けれど、確かに胸元の暖かみは残っていた】
1383.80 KB Speed:19.4   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)