このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【置き去りにしてた】能力者スレ【大切な言葉】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

48 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2018/01/07(日) 00:37:44.30 ID:s3nQ+WsB0
>>45

【きっと彼女の作る料理は三ツ星だなんてもらえない、どれだけ作ったって食べた客にシェフを呼べと言われて呼びつけられることもないだろう、それでも】
【ごくありふれておいしい料理を作るのならきっととっても上手なのだろう、気取ったレストランで食べる食事とは絶対的に違うけれど、それでも確かにおいしいもの】
【なによりそれを本人がひどく楽しそうにおいしそうに食べるのだからしょうがない、きっと空腹であったトーカーに負けず劣らず――】

――おしぼりか何か持ってくるね。わたしもなんだか手がざらざらするみたい、机もざらざらするし……、最初からもってきておけばよかった。

【それで相手を少しからかうようにして笑う、相手が照れ臭そうにするのも、なんだかちょっぴり面白いように笑って――そう言って立ち上がれば】
【裏の方から言葉通りに持ってくるだろう、おそらく酒場として営業しているときに客に出したりするのだろう、それを一つ二つと彼に手渡し】
【「机のは後で片すから、あんまり一生懸命やらなくって大丈夫だよ」ともいう、――手を置くときにざらざらしたら気になるだろう、とか、その程度の気持ちで】

携帯燃料……調理器具、は、そこらへんのスーパーでもあるかも。お野菜のところで見たよ、卓上でお鍋やれって感じの……調理器具はそこらへんで買えるね。
テントとか寝袋は……それこそ、ホームセンター、なのかな、……「ぬ」のビル、やっぱりぼろぼろだったから、だめだった? ――ううん、マジックバッグは……。
携帯電話のお店も、あっちの方にあるよ。けどまだ開いてないかな――、……?

【それで指先のざりざりをぬぐいながら彼が必要とするものを聞く、一つ一つ、思い浮かぶ答えを挙げていくのだけど――最後に行くにしたがって、なんだかあいまいになり】
【携帯電話のお店はあっち。そういって指指す方向には壁があるけど――たぶん、その壁の向こうの街中の"あっち"なのだろう。そして彼が言いづらそうにするのなら】
【一瞬不思議そうに首をかしげてから――、――ほんの少し遅れて、ああ、と、納得いったようになって】

…………んん、わたしも、なにか紹介できたら、よかったんだけど……、その、ここのお店でっていうと、やっぱり、セリーナに聞かなきゃで……。
"たんぽぽ"のときは、お金もらってないの、だから……えっと、――ううん、待ってね、……ううん。

……ちょっと待ってね。

【――ただ。納得はしたのだけど、すぐにはいどうぞと提供できないのはやはり彼女も雇われだからなのだろう、たとえばこの前の話みたいに】
【彼にUTの余った部屋を貸す、その代金程度にお手伝いしてほしいな、くらいなら、彼女にも言えるのだけど――本当に賃金とかそういう話になれば、彼女の管轄ではなくなり】
【それでも一生懸命考えて考えて――最終的にはそう言って一度席を立つだろう、それでカウンターの裏から持ってくるのは、ついこの前に彼に貸した携帯端末】
【しばし彼を待たせたまま操作することになる、だからちょっと行儀が悪いのだけど――ちらりと見えた画面は無料通話アプリとして有名なもの、どうやら誰かへ連絡を取っている】

――トーカーさん、お花好き? お花とか、植物とか……。
そういうの好きなら――その、絶対に今すぐあげる!って言うのは、わたし、そこのひとじゃないから言えないけど、……えっと、紹介、するよ。

【それで数分後――かたんと机に携帯端末を置いて尋ねるのだろう、少しだけ真面目な顔、だけどちょっと申し訳なさそうであるのは、自分から直接ではないからか】
【「どう、かな――」そうやって尋ねた声が、少しだけ不安そうだった】
1383.80 KB Speed:19.4   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)