【舞台を焦がせ】能力者スレ【炎を燃やせ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

50 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(愛知県) [sage saga]:2018/04/14(土) 21:50:11.62 ID:WAaDbTBq0
>>43

――実に、…騒がしい男だ。とても、愚かしい。
どうだ。お前の嫌いな能力者に膝を折らされる気分は。

【精神安定剤を謳う白い人物は、表情にやや歪んだ愉悦を滲ませていた】
【先程まではロボットと揶揄されていたのに対して、今は人間味を前面に押し出している】
【破顔とまでは行かないが、右側の口角をやや吊り上げ、侮蔑を込めた視線を送っていたのだ】

何をした?愚問だ。その答えは、お前が一番理解しているだろうに。
それに人に答えを求めるその行為はより愚かだ。ハハハハッ、嘲笑ってやろう。

【体の奥底からの熱量を抑えられない。現象としては興奮と表現するのだろう】
【単なる精神安定剤を自称するその人物は、自身に向けられる苛烈な殺意を前に感情の滾りを隠さない】

【抑圧してきた感情の奔流と言わんばかりに、白い人物は男へと睥睨を向ける】
【まだ足りないか。良いだろう。思う存分黒く黒く。黒より黒く染めてやる】

【感情の奔流と共に、自身の抑圧してきた痛みの自己主張は時間経過と共に強くなり】
【乱反射されたレーザーを左右後方に飛び退き回避しようとしても足は上手く動かず】
【右肩を貫く。両足に更なる穴を増やす。脇腹に更なる傷痕を刻み、再び膝を折った】

ぐっああああッッッあああッ!痛みとはこうも度し難いか!痛みを抑圧しきれないな!
――だがこれは私自身の痛みだ!お前の苦しみの十分の一でも与えられてると思うなよ!
一分一厘たりとも私のものだ。

【感情の発露ともに満身創痍になっていく白い人物は、眼前の男への更なる抑圧へ着手する】
【自身の血液と共に、再び黒い水を流し、先程より小さい水球を形成し抑圧されて尚吼える男へ射出した】

憎いか。憎いだろう。
だが案ずるな。その感情は直ぐに抑圧される。最早何も考えずとも良いほどに。

【黒い水球の効果は、精神的抑圧。先程の灰色の水球と異なり精神的抑圧のみに効果を絞っている】
【その為、精神的な抑圧は先程の比ではない。――だが、それでも相手の精神を完全に抑圧できるかと言えば難しいだろう】
605.46 KB Speed:54.2   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)